目 次 1. 国鉄清算事業の組織等 (1) 国鉄清算事業 (2) 組織図 ( 略図 ) (3) 所在地 (4) 国鉄清算事業の沿革 (5) 国鉄長期債務の処理及び事業の収支構造 国鉄清算事業の業務 (1) 土地の処分 (2)JR 株式の処分 (3) 経営自立支援 (4) 旧

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 1. 国鉄清算事業の組織等 (1) 国鉄清算事業 (2) 組織図 ( 略図 ) (3) 所在地 (4) 国鉄清算事業の沿革 (5) 国鉄長期債務の処理及び事業の収支構造 国鉄清算事業の業務 (1) 土地の処分 (2)JR 株式の処分 (3) 経営自立支援 (4) 旧"

Transcription

1 独立行政法人鉄道建設 運輸施設整備支援機構 国鉄清算事業関係

2 目 次 1. 国鉄清算事業の組織等 (1) 国鉄清算事業 (2) 組織図 ( 略図 ) (3) 所在地 (4) 国鉄清算事業の沿革 (5) 国鉄長期債務の処理及び事業の収支構造 国鉄清算事業の業務 (1) 土地の処分 (2)JR 株式の処分 (3) 経営自立支援 (4) 旧国鉄の職員に係る年金等の費用の負担

3 1. 国鉄清算事業の組織等 (1) 国鉄清算事業 昭和 62 年 4 月 1 日の国鉄改革の実施に伴って発足した旧日本国有鉄道清算事業団は 旧日本国有鉄道から引き継いだ約 25.5 兆円の国鉄長期債務等の償還のため 約 11 年半余に渡って旧日本国有鉄道から承継した土地や JR 株式の処分を行ってきましたが 日本国有鉄道清算事業団の債務等の処理に関する法律に基づき 平成 10 年 10 月 22 日に解散し 旧日本鉄道建設公団に年金等の支払業務及び土地や JR 株式の処分等の業務 ( 特例業務 ) が引き継がれました これらの業務は 同公団がこれまで行ってきた業務と比べると異質かつ暫定的な業務でしたので 同公団内に新たに旧国鉄清算事業本部を設置し それぞれの業務を明確に区分して実施しました さらに 旧日本鉄道建設公団は 特殊法人改革に伴い 平成 15 年 10 月 1 日に解散し 旧運輸施設整備事業団と統合し 新たに独立行政法人鉄道建設 運輸施設整備支援機構が発足しました 特例業務については 旧日本鉄道建設公団と同様に 同機構内に旧国鉄清算事業本部を設置し それぞれの業務を明確に区分して実施してきました その後 資産処分の順調な進捗に伴い 平成 20 年 3 月 31 日に事業本部制を廃止しました 平成 23 年には JR 北海道 JR 四国 JR 九州及び JR 貨物会社の経営自立を支援するために経営自立推進 財務部を設置し 現在に至っております * なお 組織の名称については 以降の文中で以下のとおり表記しています 旧日本国有鉄道 旧国鉄 旧日本国有鉄道清算事業団 旧清算事業団 旧日本鉄道建設公団国鉄清算事業本部 旧清算事業本部 ( 公団 ) 独立行政法人鉄道建設 運輸施設整備支援機構旧国鉄清算事業本部 旧清算事業本部 ( 機構 ) 平成 20 年 4 月 1 日以降に国鉄清算事業の業務 ( 特例業務 ) を執り行う各組織の総称 国鉄清算事業関係 JR 東日本 JR 東海及び JR 西日本の総称 JR 本州三社 (2) 組織図 ( 略図 ) 国鉄清算事業用地統括役 経営自立推進統括役 審議役 理事長資産処分審議会 理事長代理 理事監事 国鉄清算事業管理部国鉄清算事業用地部担経営自立推進 財務部共済業務室 管 理 課 職 員 課 企 画 課 用地業務課 経営自立推進 財務企画課 財務管理課 担 - 1 -

4 1. 国鉄清算事業の組織等 (3) 所在地 本社 住所 神奈川県横浜市中区本町 横浜アイランドタワー 19 階 22 階 * 入館の際は 24 階総合受付での手続きが必要です 国鉄清算事業管理部 (22 階 : 管理課 職員課 ) 部署国鉄清算事業用地部 (19 階 : 企画課 用地業務課 ) 経営自立推進 財務部 (19 階 : 経営自立推進 財務企画課 財務管理課 ) 共済業務室 (19 階 ) 電話 地図 みなとみらい線馬車道駅 :( 徒歩数分 / 野毛 桜木町口の1b( アイランドタワー連絡口 ) から地下通路を経て アイランドタワー内エレベーターホールに直結 ) 2 JR 線桜木町駅 :( 徒歩約 7 分 / 改札を出て左手 MM21 方面 方向へ進み 外に出て すぐ斜め右手のエスカレーターを経由して ワシントンホテルの脇のペデストリアンデッキを通行後 階段を降り 弁天橋を渡る ) 3 横浜市営地下鉄線桜木町駅 :( 徒歩約 8 分 / 改札を出て右手 出口 1( みなとみらい 21) 方向へ進み 新港地区方面出口 MM 線馬車道駅 関内方面 みなとみらい 21 方面 の看板に従い 地上に出た後 JR 根岸線の高架橋をくぐり 郵便局の脇を抜けて 弁天橋を渡る ) - 2 -

5 1. 国鉄清算事業の組織等 (4) 国鉄清算事業の沿革 昭和 24 年 6 月 1 日 昭和 60 年 7 月 26 日 日本国有鉄道発足 国鉄経営の悪化昭和 39 年度単年度赤字へ転落昭和 41 年度累積赤字へ転落 以降債務累積国鉄経営破たんへ 国鉄改革に関する意見 ( 日本国有鉄道再建監理委員会 ) 鉄道事業は 6 つの旅客会社 1 つの貨物会社へ分割 民営化 日本国有鉄道 で余剰人員対策 国鉄長期債務等処理など 昭和 62 年 4 月 1 日 国鉄改革日本国有鉄道清算事業団発足 日本国有鉄道より継承 1 国鉄長期債務等の処理 国鉄長期債務等 37.1 兆円のうち 25.5 兆円を承継 ( 内訳国鉄長期債務 16.4 兆円 その他長期債務 3.4 兆円年金等将来費用 5.7 兆円 ) 21のための資産売却 ( 土地 株式など ) 承継資産土地 :9,238 ha J R 株式 : 919 万株など 3 雇用対策 臨時業務 (3 年間限り ) 平成 10 年 10 月 19 日 日本国有鉄道清算事業団の債務等の処理に関する法律 公布 ( 平成 10 年 10 月 22 日施行 ) 平成 10 年 10 月 22 日 平成 10 年 10 月 22 日 日本国有鉄道清算事業団が解散 日本鉄道建設公団に国鉄清算事業本部を設置 日本国有鉄道清算事業団より継承 発足時に年金等の負担 : 3.9 兆円 承継資産土地 :1,259 ha J R 株式 : 397 万株など 平成 14 年 12 月 18 日 独立行政法人鉄道建設 運輸施設整備支援機構法 公布 ( 平成 15 年 10 月 1 日施行 ) 平成 15 年 10 月 1 日 平成 15 年 10 月 1 日 平成 20 年 3 月 31 日 日本鉄道建設公団が解散 独立行政法人鉄道建設 運輸施設整備支援機構発足同機構内に国鉄清算事業本部を設置 日本鉄道建設公団国鉄清算事業本部より継承 承継資産土地 : 303 ha J R 株式 : 247 万株など 事業本部制廃止 平成 23 年 6 月 8 日 日本国有鉄道清算事業団の債務等の処理に関する法律等の一部を改正する法律 成立 ( 同年 8 月 1 日施行 ) 平成 23 年 9 月 1 日経営自立推進 財務部を設置 - 3 -

6 1. 国鉄清算事業の組織等 (5) 国鉄長期債務の処理及び事業の収支構造 日本国有鉄道清算事業団解散時における長期債務残高とその処理 有利子債務 28.3 兆円 無利子債務 年金等将来費用 *1 平成 10 年 10 月 22 日当時 ( 単位 : 兆円 ) 厚生年金移換金 0.7 *2 国の一般会計に承継 国が免除 国鉄清算事業本部が負担 JR が負担 *3 * *1 *2 将来発生が見込まれる年金等負担を債務に置き換えて評価した額です 総支払額としては約 6.5 兆円にのぼると見込まれていました 有利子債務のうち 本州四国連絡橋公団債務 ( 約 205 億円 ) 及び日本鉄道建設公団債券債務 ( 約 42 億円 ) については 国鉄清算事業本部が承継しました *3 単位未満四捨五入のため 合計が合わない部分があります 国鉄清算事業の収支構造 収 入 支 出 土地売却収入 旧国鉄職員の年金等の給付 J R 株式売却収入 旧国鉄職員のアスベスト被害等の業務災害補償の支払 東海道新幹線等を J R に譲渡した債権収入の一部 土地処分に伴う瑕疵担保補償費用等 その他収入 JR 北海道 四国 貨物会社の経営自立のための支援措置等 上図のとおり 国鉄清算事業の収支構造は 左記収入合計額により右記支出合計額を賄うものであり 特定項目の収入が特定支出の項目に充てられるものとはなっておりません - 4 -

7 2. 国鉄清算事業の業務 (1) 土地の処分 1 処分の進捗状況 国鉄改革の際に旧清算事業団が承継した土地 (9,238ha) は順次売却が進められてきました 現在保有している土地は梅田駅 ( 北 ) の約 9.7ha のみとなっています 旧清算事業本部 ( 公団 ) が処分した土地 11% 旧清算事業本部 ( 機構 ) 以降処分した土地 2.9% 国鉄清算事業関係が保有する土地 0.1% 旧清算事業団が処分した土地 86% 2 保有土地の現況 梅田駅 ( 北 ) 梅田駅 ( 北 ) ( 平成 29 年 5 月 ) 現況 グランフロント大阪 2 期開発区域 ( 平成 27 年 3 月 30 日大阪市発表 ) 梅田駅 ( 北 ) の土地については 第 1 期開発区域として 先行開発区域の土地 ( 約 7.0 ha) を UR 都市機構と連携し 民間開発事業者へ売却しました 当該区域は 平成 25 年 4 月に グランフロント大阪 として開業し現在活況を呈しています 第 2 期開発区域の土地 ( 約 14.0ha) は 早期処分及び大阪市が進めるまちづくりへの協力の観点から 平成 27 年 10 月に UR 都市機構と土地売買契約を締結しました そのうち防災公園区域 ( 約 4.3ha) については 平成 28 年 2 月に土地の引渡を完了しました 現在 残る民間開発対象地 ( 約 9.7ha) については UR 都市機構により平成 29 年 12 月から開発事業者募集が開始されました 今後は 開発事業者が決定した後に譲渡価格を確定し 土地の引渡しを完了することとしています - 5 -

8 2. 国鉄清算事業の業務 (2)JR 株式の処分 JR 株式については これまでに JR 東日本 JR 西日本 JR 東海及び JR 九州の株式を全て売却しており これら 4 社は完全民営化されました 残る JR 北海道 JR 四国及び JR 貨物の株式については 国等の関係機関と連携を図りつつ 各社の今後の経営状況の推移等を見極めながら 適切な処分方法の検討等を行っています JR 株式の処分の経緯 1JR 本州三社株式の第 1 次売却平成 5 年 10 月にJR 東日本株式 250 万株 平成 8 年 10 月にJR 西日本株式約 万株 平成 9 年 10 月にJR 東海株式約 万株を それぞれ売却しました JR 本州三社は 株式売却直後に東京証券取引所等への上場を果たしています 2JR 本州三社株式の第 2 次 第 3 次売却平成 11 年 8 月にJR 東日本株式 100 万株を売却しました ( 第 2 次売却 ) その後 平成 13 年 12 月にJR 本州 3 社を適用対象から除外すること等を内容とする 旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律 ( 以下 JR 会社法 という ) の一部改正法が施行されたことにより JR 本州三社の完全民営化に向け 法制面での環境が整備されました これを受け 平成 14 年 6 月にJR 東日本株式 50 万株を売却 ( 第 3 次売却 ) 平成 16 年 3 月にJR 西日本株式約 63.4 万株を売却 ( 第 2 次売却 ) 平成 17 年 7 月にJR 東海株式 60 万株を売却 ( 第 2 次売却 ) し さらに 平成 18 年 4 月にJR 東海の自己株式の買付に応じて 約 28.6 万株を売却し JR 本州 3 社の株式の売却が全て終了しました 3JR 九州株式の売却平成 28 年 4 月にJR 九州を適用対象から除外すること等を内容とするJR 会社法の一部改正法が施行され これを受け 平成 28 年 10 月にJR 九州の株式 1 億 6,000 万株を一括売却し JR 九州は東京証券取引所等への上場を果たしました 旧国鉄から承継されたJR 本州三社及びJR 九州の株式については 計 1 億 6,824 万株の売却が終了し 4 兆 4,503 億円の収入がありました 旧清算事業団売却実績現時点発足時発行会社保有株式数売却株式数売却収入売却年月保有株式数 ( 万 株 ) ( 万 株 ) ( 億 円 ) ( 万 株 ) ,759 平成 JR 東日本 ,520 平成 ,660 平成 ,859 平成 JR 東海 ,770 平成 ,290 平成 JR 西日本 ,878 平成 ,607 平成 小計 ,343 ー 0 JR 北海道 18 ー ー ー 18 JR 四国 7 ー ー ー 7 JR 九州 32 ( ) 16,000 4,160 平成 JR 貨物 38 ー ー ー 38 小計 95 16,000 4,160 ー 63 総計 ,824 44,503 ー 63 JR 九州は 平成 28 年 8 月に 32 万株を 500 分割し 発行済株式総数を 1 億 6,000 万株としました - 6 -

9 2. 国鉄清算事業の業務 (3) 経営自立支援 機構の特例業務勘定における利益剰余金等の取扱いに関する関係三大臣合意 ( 平成 22 年 12 月 21 日 ) 及び日本国有鉄道清算事業団の債務等の処理に関する法律の規定等に基づき JR 北海道 JR 四国及び JR 貨物の経営自立を図るため 平成 23 年度から 1 経営の安定化を図るための特別債券の発行 2 老朽化した鉄道施設等の更新その他会社の経営基盤の強化に必要な鉄道施設等の整備に必要な資金に対して無利子資金の貸付け又は助成金の交付の支援を実施し さらに 平成 28 年度からは 3 安全対策に対する追加的支援措置を実施しています 1 機構特別債券の発行による支援特別債券発行額 :JR 北海道 2,200 億円 JR 四国 1,400 億円発行日 : 平成 23 年度 ( 償還期間 20 年 ) 利率 : 当初の 10 年間は 2.5% その後の 10 年間は市場金利の動向その他の事情を勘案して国土交通大臣が定める利率 特別債券の引受けに要する資金についても機構が無利子貸付を行っている 2 無利子貸付け又は助成金交付による支援支援額 :JR 北海道 600 億円 ( 無利子貸付 1/2 助成金 1/2) JR 四国 400 億円 ( 無利子貸付 1/2 助成金 1/2) JR 貨物 700 億円 ( 無利子貸付 ) 190 億円 ( 青函トンネル用機関車等で 無利子貸付 1/2 助成金 1/2) 3 無利子貸付け又は助成金交付による追加的支援措置支援額 :JR 北海道 1,200 億円 ( 設備投資 600 億円 修繕費 600 億円 ) JR 四国 200 億円 ( 設備投資 112 億円 修繕費 88 億円 ) 設備投資無利子貸付 1/2 助成金 1/2 修繕費無利子貸付 機構の支援を活用した鉄道施設等の整備の一例 JR 北海道 PCマクラギ化 ( 木マクラギ ) (PCマクラギ) JR 四国特急車両の老朽更新 (2000 系気動車 ) (8600 系電車 ) JR 貨物電気機関車の老朽更新青函共用走行用機関車の新製 (EF67 形電気機関車 ) (EF210 形電気機関車 ) (EH800 形交流電気機関車 )

10 2. 国鉄清算事業の業務 (4) 旧国鉄職員に係る年金等の費用の負担 鉄道共済年金は 平成 9 年 4 月に厚生年金に統合され 統合時点以後については 厚生年金と財政が一本化されました このため 統合後の旧鉄道共済に関する年金給付費用については厚生年金から支給されることになりました しかしながら 統合前の期間にかかる費用については 次のような負担をすることとされています 1 積立金の移換に関する負担 鉄道共済年金の厚生年金への統合に際しては 統合前の期間のうち昭和 31 年 7 月以降の期間に係る積立対応部分の給付費用として 移換金を旧社会保険庁に対して納付することとされました この移換金の積立不足分のうち 昭和 62 年 3 月までの旧国鉄期間に係る部分の額については旧清算事業団が負担することとされましたが 同事業団の解散に伴い この額のうち 国鉄改革により JR 等 * 注 ) の社員となった者に係る分の 1/2 に当たる額を JR 等 * 注 ) が負担し それ以外の額を旧清算事業本部 ( 公団及び機構 ) が負担することとなりました ( 平成 19 年 2 月に残額を繰上一括償還することにより完済 ) 移換金負担区分 ( 考え方 ) S31.7 S62.4 H9.4 公共法施行 JR 発足 厚生年金統合 就職 退職 追加費用による費用負担期間 就職 S において 国鉄共済組合の組合員であって S において日本鉄道共済組合の組合員となった者 ( 同日において JR 各社に使用される者となった者 ) 就職 就職 退職 ( 退職 ) ( 退職 ) : 旧清算事業団及び旧清算事業本部が負担 移換金額 ( 繰上一括償還時 ) 総額 1 兆 2,083 億円 : 長期債務処理法によりJR 各社が負担 積立金充当額 2,706 億円 旧清算事業本部 ( 機構 ) 負担 5,924 億円 : 厚年法等改正法によりJR 各社が負担 JR 各社負担 3,453 億円 ( 当初分 1,683 億円 追加分 1,770 億円 ) * 単位未満を四捨五入しているため 計算が合わない場合があります * 注 ) JR 等 とは 平成 10 年 10 月 22 日の事業団解散当時において JR7 社のほか 旧運輸施設整備事業団 ( 現独立行政法人鉄道建設 運輸施設整備支援機構 ) 旧日本テレコム ( 株 )( 現ソフトバンク ( 株 )) 鉄道情報システム ( 株 ) ( 財 ) 鉄道総合技術研究所及び本州のジェイアールバス 5 社をいいます - 8 -

11 2. 国鉄清算事業の業務 2 3 追加費用の負担 昭和 31 年 7 月に旧三公社の共済制度の改正が行われ それまで恩給などさまざまな制度の形態で支給されていた年金について 共済組合からの支給に一本化することになりました その際 そうした各種の年金制度を共済年金に通算するための費用が追加的に必要となり この追加費用については 国鉄改革以前には事業主としての旧国鉄が負担していました 昭和 62 年 4 月以後 JR 会社に事業主として負担させることは JR 会社の経営を圧迫するとの観点から 旧清算事業団が負担することとされ さらに同事業団の解散に当たっては 旧清算事業本部 ( 公団及び機構 ) 本部制の廃止に当たっては 国鉄清算業務関係が負担することとされました 支払額は平成 30 年度以降の総額で約 6,102 億円と推計 ( 現在価値に割引計算 ) されており 今後約 50 年間にわたり支払が発生するものと見込まれています その他の負担 国鉄清算事業関係では 上記の共済年金関係の負担の他にも 次のような費用を負担することとされています 恩給負担昭和 31 年 7 月前に退職した旧国鉄職員のうち 官吏に相当する者に対する年金である恩給については 保険料徴収の制度がなく 年金給付の際に全額事業主である旧国鉄が負担していました 国鉄改革時には 追加費用と同様に旧国鉄の地位を引き継いだ旧清算事業団が処理することになり さらに同事業団の解散に当たっては 旧清算事業本部 ( 公団及び機構 ) 本部制の廃止に当たっては 国鉄清算事業関係が負担することになりました 支払額は平成 30 年度以降総額で約 16 億円と推計 ( 現在価値に割引計算 ) されており 約 30 年間にわたり支払が発生するものと見込まれています 業務災害補償旧国鉄は国と同様に労災保険の対象外とされたことから 業務中に罹災した職員に対しては 旧国鉄が直接補償を行っていました 国鉄改革時には 旧国鉄の地位を引き継いだ旧清算事業団が旧国鉄の傷病年金 障害年金及び遺族年金等の支払を行うこととなり 同事業団の解散に当たっては 旧清算事業本部 ( 公団及び機構 ) 本部制の廃止に当たっては 国鉄清算事業関係がその処理を引き継ぐことになりました 支払額は平成 30 年度以降総額で約 184 億円と推計 ( 現在価値に割引計算 ) されており 約 30 年間に渡り支払が発生するものと見込まれています なお 昨今 大きな社会問題となっているアスベスト ( 石綿 ) 暴露に伴う被災者への補償に 被災された旧国鉄職員の方々及び亡くなられた方の遺族に対して 業務災害補償 ( 時効により遺族補償を受ける権利が消滅したご遺族に対する救済も含む ) を行っています 国の 石綿による健康被害の救済に関する法律の一部を改正する法律 の制定にあわせ 業務災害補償規定の改正を実施し 時効救済の請求期限を国と同様に平成 34 年 3 月 27 日まで延長しました 平成 30 年 6 月作成