3 再診患者数の変動 再診患者数の立ち上がりは 3 月 6 日の週からで ピークは 3 月 27 日の週であった ピーク後も 4 月中は 3 人以上 / 週の状況が続いた この時期の患者は ヒノキ花粉の影響を受けているものと思われる 飛散花粉数の 2 次ピークは 再診患者数 ( 週計 ) のピークの

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "3 再診患者数の変動 再診患者数の立ち上がりは 3 月 6 日の週からで ピークは 3 月 27 日の週であった ピーク後も 4 月中は 3 人以上 / 週の状況が続いた この時期の患者は ヒノキ花粉の影響を受けているものと思われる 飛散花粉数の 2 次ピークは 再診患者数 ( 週計 ) のピークの"

Transcription

1 資料 3 花粉症患者動向調査 西端耳鼻咽喉科西端慎一 スギ ヒノキ花粉シーズンに 千代田区の西端耳鼻咽喉科を受診した花粉症患者の受診状況を調査した 1 調査期間平成 29 年 1 月 4 日 ~5 月 14 日 2 調査内容上記期間に来院したスギ ヒノキ花粉症患者に対して 診療日ごとの初診患者数 再診患者数及び花粉症患者全体の症状の印象について調査を行った また 患者数及び飛散花粉数の週計を用いて 患者動向の解析を行った 初診 再診について初診 : 調査シーズンにおける 症状が出てから初めての受診 ( 症状が出る前の初期治療としての受診は初診としない ) 再診 : 初診としてカウントした後の受診 飛散花粉数は 千代田区のダーラム型で測定したデータを用いた 週計の期間は 患者数については月曜日 ~ 金曜日 飛散花粉数については土曜日 ~ 金曜日の合計数とした 3 調査結果 (1) 今年の患者数と飛散花粉数 ( 図 1~5 表 1) 1 患者数と飛散花粉数 平成 29 年平成 28 年過去 1 年平均 平成 28 年との比率 過去 1 年平均との比率 花粉飛散数 ( 個 /cm 2 ) 初診 再診 飛散開始日 2 月 16 日 2 月 13 日 2 月 12 日 2 初診患者数の変動 花粉の飛散開始日は 2 月 16 日で 平成 28 年と比べて 3 日遅く 過去 1 年平均 (2 月 12 日 ) よりも 4 日遅かった 初診患者数の立ち上がり (3 人以上 / 週 ) は 2 月 13 日から 19 日の週で 飛散開始時期とほぼ同時であった また 前年より 1 週間ほど早く 過去 1 年平均 (2 月 9 日 ) より 1 週間程早かった 初診患者数のピークは 3 月 6 日から 3 月 12 日で 174 名であった 初診患者の立ち上がりからピークまでは 3 週間であった 飛散花粉数の 1 次ピークは 初診患者数 ( 週計 ) のピークと同じ時期であった 1

2 3 再診患者数の変動 再診患者数の立ち上がりは 3 月 6 日の週からで ピークは 3 月 27 日の週であった ピーク後も 4 月中は 3 人以上 / 週の状況が続いた この時期の患者は ヒノキ花粉の影響を受けているものと思われる 飛散花粉数の 2 次ピークは 再診患者数 ( 週計 ) のピークの 2 週間後であった (2) これまでの患者数と飛散花粉数の関係 1 初診患者数と飛散花粉数との関係 ( 図 6~7) 平成 7 年の大飛散を境に初診患者数が増え それ以降の相関が高いことは 昨年までと同様の傾向である 平成 29 年の初診患者数は 過去 1 年間で 3 番目に多く 飛散花粉数は 5 番目に少なかった 2 再診患者数と飛散花粉数との関係 ( 図 8) 再診患者数と飛散花粉数に高い相関は見られない 特に 平成 19 年 ~ 平成 29 年は過去と比べて再診患者数が低い状態が続いていが これは 長期処方が可能となったことが 影響しているものと考えられる 3 初診患者数に対する再診患者数の比の経年変化 ( 図 9) 初診患者数に対する再診患者数の比 ( 再診患者数 / 初診患者数 ) は 年々下がっており 平成 29 年は.52 であった 2 と同様に 長期処方が可能となったことが 影響しているものと考えられる 4 初診患者数の立ち上がり時期と飛散開始日 1 月の飛散花粉数の関係 ( 表 1 図 1~11) 患者の立ち上がり時期と飛散開始日には有意な相関は見られなかったが 患者の立ち上がり時期と 1 月の花粉数には有意な相関が見られた 平成 29 年度は 1 月の花粉数が過去 5 番目に多かった 5 初診患者の終息時期と飛散花粉数との関係 ( 表 2 図 12~14) 初診患者数がピークを迎えた後 初めて 3 人未満となった週を終息時期とし 飛散花粉数との関係を検討した 初診患者の終息時期は 総花粉数及びスギ花粉数との関係においては 有意な差が見られた 4 まとめ 千代田の飛散花粉数は平成 28 年の約.9 倍であり 初診患者数は約.8 倍であった 千代田の花粉飛散開始日は 過去 1 年平均より 4 日遅い 2 月 16 日であった 初診患者数の立ち上がり時期は 過去 1 年平均より 1 週間程早かった 2

3 35 飛散花粉数 ( 個 /cm 2 ) 12 初診患者数 再診患者数 花粉数 ( 千代田 ) 平成 ( 年 ) 図 1 患者数と飛散花粉数 (H2- 年 )

4 飛散花粉数 ( 個 /cm 2 ) 飛散花粉数 ( 個 /cm 2 ) 飛散花粉数 ( 個 /cm 2 ) 飛散花粉数 ( 個 /cm 2 ) 初診患者数の立ち上がり (3 人以上 / 週 ) 飛散開始日初診患者数のピーク初診患者数の終息 (3 人以下 / 週 ) 初診 (853 人 ) 再診 (346 人 ) 花粉 (3148 個 /cm2) ( 日 ) 1 月 2 月 3 月 4 月 図 2 週毎の患者数と飛散花粉数 ( 平成 26 年 ) 初診 (973 人 ) 再診 (543 人 ) 花粉 (471 個 /cm2) ( 日 ) 1 月 2 月 3 月 4 月 図 3 週毎の患者数と飛散花粉数 ( 平成 27 年 ) 初診 (14 人 ) 再診 (533 人 ) 花粉 (4221 個 /cm2) ( 日 ) 1 月 2 月 3 月 4 月 図 4 週毎の患者数と飛散花粉数 ( 平成 28 年 ) 初診 (878 人 ) 再診 (454 人 ) 花粉 (3948 個 /cm2) 174 #DIV/! #DIV/! #DIV/! #DIV/! 昨年との比 1 月 2 月 #DIV/! 3 月過去 14 年との比月図 5 週毎の患者数と飛散花粉数 ( 平成 29 年 )

5 1,8 1,6 1,4 1,2 1, ,6 1,4 1,2 1, H25 2, 4, 6, 8, 1, 12, 図 6 初診患者数と飛散花粉数 (H2- 年 ) 対数回帰式 r=.9227 p=1.e-1 H25 r=.8768 p=2.e-9 花粉数 ( 個 /cm 2 シース ン ) 直線回帰式 r=.949 p=7.31e-11 2, 4, 6, 8, 1, 花粉数 ( 個 /cm 2 シース ン ) 図 7-2 初診患者数とスギ飛散花粉数 (H7- 年 ) 1,6 1,4 対数回帰式 r=.91 1,2 p=1.18e-9 1, H 直線回帰式 2 r=.9187 p=1.63e-9 2, 4, 6, 8, 1, 12, 花粉数 ( 個 /cm 2 シース ン ) 図 7-1 初診患者数と飛散花粉数 (H7- 年 ) 1,6 1,4 対数回帰式 r=.7168 p=1.744e-4 1,2 1, H 直線回帰式 2 r=.6481 p=1.11e-3 1, 2, 3, 花粉数 ( 個 /cm 2 シース ン) 図 7-3 初診患者数とヒノキ飛散花粉数 (H7- 年 )

6 3,5 対数回帰式 3, r=.345 2,5 p= , 1,5 1, 直線回帰式 5 r=.3119 H25 p= , 4, 6, 8, 1, 12, 花粉数 ( 個 /cm 2 シース ン) 図 8 再診患者数と飛散花粉数 (H7- 年 ) 患者数比 ( 再診 / 初診 ) y = -.871x r = p=2.57e-11. 平成 図 9 初診患者数に対する再診患者数の比 花粉数患者数 ( 個 /cm 2 シース ン) ( 人 ) 14, 飛散花粉数患者数比初診患者数再診患者数 12, 1, 8, 6, 4, 2, ( 年 )

7 表 1 初診患者の変動と千代田区の飛散花粉数 3 人以上 / 週間となったとき 調査総飛散花粉数 1 月の花粉数初診患者数の患者立ち上がりから患者立ち上がりから初診患者数のピーク期間飛散開始日年 ( 個 /cm 2 シース ン) ( 個 /cm 2 月) 立ち上がり時期飛散開始日までの日数患者ピークまでの日数 H 月 3 日 ~ 2 月 5 日 3 月 6 日 ~ 3 月 12 日 2 月 23 日 18 日 ~ 24 日 5 週 H 月 12 日 ~ 2 月 18 日 3 月 11 日 ~ 3 月 17 日 2 月 13 日 5 日 ~ 1 日 4 週 H 月 3 日 ~ 2 月 9 日 3 月 1 日 ~ 3 月 16 日 2 月 1 日 1 日 ~ 7 日 5 週 H 月 16 日 ~ 2 月 22 日 3 月 2 日 ~ 3 月 8 日 2 月 17 日 5 日 ~ 1 日 2 週 H 月 15 日 ~ 2 月 21 日 3 月 1 日 ~ 3 月 7 日 2 月 15 日 6 日 ~ 日 2 週 H 月 31 日 ~ 2 月 6 日 3 月 6 日 ~ 3 月 12 日 2 月 14 日 8 日 ~ 14 日 5 週 H 月 5 日 ~ 2 月 11 日 3 月 5 日 ~ 3 月 11 日 2 月 2 日 9 日 ~ 15 日 4 週 H 月 28 日 ~ 2 月 3 日 2 月 25 日 ~ 3 月 3 日 2 月 6 日 3 日 ~ 9 日 4 週 H 月 27 日 ~ 2 月 2 日 2 月 24 日 ~ 3 月 2 日 2 月 12 日 1 日 ~ 16 日 4 週 H 月 2 日 ~ 2 月 8 日 2 月 23 日 ~ 2 月 29 日 2 月 2 日 12 日 ~ 18 日 3 週 H 月 25 日 ~ 1 月 31 日 3 月 7 日 ~ 3 月 13 日 2 月 22 日 22 日 ~ 28 日 6 週 H 月 13 日 ~ 2 月 19 日 3 月 6 日 ~ 3 月 12 日 2 月 13 日 6 日 ~ 日 3 週 H 月 5 日 ~ 2 月 11 日 2 月 26 日 ~ 3 月 4 日 1 月 31 日 11 日 ~ 5 日 3 週 H 月 11 日 ~ 2 月 17 日 3 月 17 日 ~ 3 月 23 日 2 月 22 日 5 日 ~ 11 日 5 週 H 月 2 日 ~ 2 月 8 日 2 月 16 日 ~ 2 月 22 日 2 月 6 日 2 日 ~ 4 日 2 週 H 月 25 日 ~ 1 月 31 日 3 月 1 日 ~ 3 月 7 日 2 月 8 日 8 日 ~ 14 日 5 週 H 月 7 日 ~ 2 月 13 日 2 月 28 日 ~ 3 月 6 日 2 月 17 日 4 日 ~ 1 日 3 週 H 月 6 日 ~ 2 月 12 日 3 月 5 日 ~ 3 月 11 日 3 月 3 日 2 日 ~ 26 日 4 週 H 月 18 日 ~ 2 月 24 日 3 月 11 日 ~ 3 月 17 日 2 月 14 日 1 日 ~ 4 日 3 週 月 17 日 ~ 2 月 23 日 3 月 1 日 ~ 3 月 16 日 2 月 2 日 21 日 ~ 15 日 3 週 月 16 日 ~ 2 月 22 日 3 月 2 日 ~ 3 月 8 日 2 月 11 日 11 日 ~ 5 日 2 週 月 8 日 ~ 2 月 14 日 2 月 29 日 ~ 3 月 6 日 2 月 13 日 1 日 ~ 5 日 3 週 月 13 日 ~ 2 月 19 日 3 月 6 日 ~ 3 月 12 日 2 月 16 日 3 日 ~ 3 日 3 週 : マイナス 立ち上がり時期 2 月 24 日 y = -.438x r=-.48 p=.857 立ち上がり時期 2 月 24 日 y = x r=-.484 p= 月 17 日 2 月 1 日 2 月 17 日 2 月 1 日 2 月 3 日 2 月 3 日 1 月 27 日 1 月 27 日 1 月 2 日 1 月 28 日 2 月 2 日 2 月 7 日 2 月 12 日 2 月 17 日 2 月 22 日 2 月 27 日 3 月 4 日 図 1 患者の立ち上がりと飛散開始日 飛散開始日 1 月 2 日 花粉数 ( 個 /cm 2 月) 図 11 患者の立ち上がりと 1 月の花粉数

8 表 2 初診患者の終息時期 * の一覧 * 初診患者数がピークを迎えたあと初めて 3 人未満となった週 年 総花粉数 ( 個 /cm 2 シーズン ) スギ花粉数 ( 個 /cm 2 シーズン ) ヒノキ花粉数 ( 個 /cm 2 シーズン ) 初診患者終息週 H 月 17 日 H 月 1 日 H 月 31 日 H 月 6 日 H 月 22 日 H 月 24 日 H 月 16 日 H 月 8 日 H 月 14 日 H 月 12 日 H 月 25 日 H 月 3 日 H 月 2 日 H 月 14 日 H 月 13 日 H 月 29 日 H 月 25 日 H 月 9 日 H 月 15 日 月 14 日 月 6 日 月 18 日 月 24 日 花粉数 ( 個 /cm 2 シーズン) 12 r= p=2.32e 月 15 日 3 月 25 日 4 月 4 日 4 月 14 日 4 月 24 日 図 12 初診患者終息時期と総花粉数の関連 花粉数 ( 個 /cm 2 シーズン) 1 8 r=.6743 p=5.78e 月 15 日 3 月 25 日 4 月 4 日 4 月 14 日 4 月 24 日 図 13 初診患者終息時期とスギ花粉数の関連 花粉数 ( 個 /cm 2 シーズン ) r=.6694 p=6.56e-4 3 月 15 日 3 月 25 日 4 月 4 日 4 月 14 日 4 月 24 日 図 14 初診患者終息時期とヒノキ花粉数の関連

9 花粉数 ( 個 /cm2 日 ) 飛散開始日 2/16 最大飛散日 4/ 図 15 平成 29 年春における花粉数 花粉累計 受診累計 初診累計 発症累計 花粉数花粉累計受診累計初診累計発症累計 累積 (%) 1% 9% 8% 7% 6% 5% 4% 3% 2% 1% % 月 図 16 平成 28 年春における花粉数 花粉累計 受診累計 初診累計 発症累計

10 参考 1 ( 人 ) 1,8 1,6 1, (%) ,2 6 患者数 1, 割合 飛散花粉数 5,76 1,253 8,494 1,438 6,68 3,148 4,71 4,221 H21 H22 H23 H24 H 総患者数初診患者数初期治療群初診患者割合初期治療群割合 ( 年度 ) 総患者数に対する初診患者及び初期治療群 の割合 発症前に受診した患者

11 参考 y =.2234x R=.857(p=.5) R 2 = y = Ln(x) R=.8379(p=.1) R 2 = 花粉数 ( 千代田区 : スギ+ヒノキ H2~H15 ) と再診患者数 (H2~H15) 花粉数 ( 個 /cm2 シース ン ) y =.545x R=.6394(p=.138) R² = y = 18.63ln(x) R=.3833(p=.1761) R² = 花粉数 ( 個 /cm2 シース ン) 花粉数 ( 千代田区 : スギ+ヒノキ H16~ ) と再診患者数 (H16~)

平成11年東京都におけるスギ・ヒノキ科花粉飛散状況

平成11年東京都におけるスギ・ヒノキ科花粉飛散状況 資料 1 平成 28 年春の東京都におけるスギ ヒノキ花粉飛散状況 元東邦大学薬学部教授 佐橋紀男 平成 28 年春の東京都 ( 都内 )12 地点におけるスギおよびヒノキ花粉の飛散状況をまとめるため 12 地点の平成 28 年 1 月 4 日から観測終了日の 5 月 11 日までの月別日飛散数を基に 以下の図表を作成した これらの図表タイトルは末ページに表 1~6 図 1~5 として記載した 今回はこれらの図表を基に平成

More information

<4D F736F F D DC58F4994C5817A C8E89D495B294F28E558C588CFC82DC82C682DF8251>

<4D F736F F D DC58F4994C5817A C8E89D495B294F28E558C588CFC82DC82C682DF8251> NEWS RELEASE ウェザーニューズ 2~3 月の花粉飛散傾向のまとめ発表 2012 年 4 月 12 日 花粉飛散量 例年の 9 割の飛散を確認 シーズン終了までこれまでと同程度の飛散に ~ 4 月中旬現在 近畿 関東はヒノキ花粉 北陸 東北はスギ花粉のピークに北海道のシラカバ花粉は 4 月下旬から飛散開始 ~ 株式会社ウェザーニューズ ( 本社 : 東京都港区 代表取締役社長 : 草開千仁

More information

<4D F736F F D DC58F4994C5817A E89D495B28C588CFC82DC82C682DF>

<4D F736F F D DC58F4994C5817A E89D495B28C588CFC82DC82C682DF> NEWS RELEASE 2013 年 5 月 30 日 2013 年のスギ ヒノキ花粉飛散傾向のまとめ 花粉飛散数 関東で平年の約 3 倍以上 全国では平年比の 7 割増を観測 ~ 関東では症状も 辛い が倍増 花粉症の 2 人に 1 人が症状の重さを実感 ~ 株式会社ウェザーニューズ ( 本社 : 東京都港区 代表取締役社長 : 草開千仁 ) は 全国的にスギ ヒノキの花粉シーズンの終了を迎え

More information

Microsoft Word - 【最終版】2012年花粉傾向まとめ.doc

Microsoft Word - 【最終版】2012年花粉傾向まとめ.doc NEWS RELEASE 2012 年 6 月 13 日 2012 年のスギ ヒノキ花粉飛散傾向のまとめ 花粉飛散量 九州では平年の 3 割増 全国では 1 割減を観測 ~ 飛散開始が平年より遅く 全国的に約 4 日短い花粉シーズンに ~ 株式会社ウェザーニューズ ( 本社 : 東京都港区 代表取締役社長 : 草開千仁 ) は 全国的にスギ ヒノキの花粉シーズンの終了を迎え 一般の方と共に展開した

More information

A B A E

A B A E 10533-68-3955 10533-68-3955 10533-68-3804 RP A-6 10533-68-3804 10533-69-9615 10533-57-2161 B-2 10533-68-2274 10533-68-2221 10533-67-6282 A-6 10533-57-2161 E-3 10533-68-5161 10533-68-3553 D-2 D-2 10533-69-5258

More information

平成 30 年度第 1 回 東京都花粉症対策検討委員会 日時平成 30 年 9 月 20 日 ( 木 ) 14:03~15:43 場所東京都健康安全研究センター本館 6 階会議室

平成 30 年度第 1 回 東京都花粉症対策検討委員会 日時平成 30 年 9 月 20 日 ( 木 ) 14:03~15:43 場所東京都健康安全研究センター本館 6 階会議室 平成 30 年度第 1 回 東京都花粉症対策検討委員会 日時平成 30 年 9 月 20 日 ( 木 ) 14:03~15:43 場所東京都健康安全研究センター本館 6 階会議室 午後 2 時 03 分開会 1 開会 秋場健康危機管理情報課長それでは 定刻を若干過ぎましたが ただいまより平成 3 0 年度第 1 回東京都花粉症対策検討委員会を開催させていただきます 議事に先立ちまして 東京都健康安全研究センター企画調整部長の遠藤よりご挨拶申し上げます

More information

福井県衛生環境研究センター年報第 13 巻 (2014) 用語の定義花粉飛散に関する用語の定義は ( 財 ) 日本アレルギー協会の 空中花粉測定および花粉情報標準化委員会 ( 平成 6 年 ) 合意事項 に基づく ( 表 1) 表 1 用語の定義 飛散開始日 飛散終了日 花粉飛散ランク基

福井県衛生環境研究センター年報第 13 巻 (2014) 用語の定義花粉飛散に関する用語の定義は ( 財 ) 日本アレルギー協会の 空中花粉測定および花粉情報標準化委員会 ( 平成 6 年 ) 合意事項 に基づく ( 表 1) 表 1 用語の定義 飛散開始日 飛散終了日 花粉飛散ランク基 調査研究 県内スギ ヒノキ花粉の飛散予測および情報提供に関する研究 高岡大 酒井忠彰 泉宏導 花粉情報提供システム推進チーム Survey Research on Forecast and Information of Airborne Cryptomeria Japonica and Cupressaceae Pollen in Fukui Prefecture Dai TAKAOKA, Tadaaki

More information

ぐに花粉の飛散シーズンに入らなかったのは 暖冬の影響で休眠打破が遅れたことが影響していると考えられます ( スギの雄花は寒さを経験することにより 休眠を終えて花粉飛散の準備に入ると言われています ) その後 暖かい日や風が強い日を中心にスギ花粉が多く飛びましたが 3 月中旬には関東を中心に寒い日が続

ぐに花粉の飛散シーズンに入らなかったのは 暖冬の影響で休眠打破が遅れたことが影響していると考えられます ( スギの雄花は寒さを経験することにより 休眠を終えて花粉飛散の準備に入ると言われています ) その後 暖かい日や風が強い日を中心にスギ花粉が多く飛びましたが 3 月中旬には関東を中心に寒い日が続 NEWS RELEASE 2016 年 4 月 8 日 ウェザーニューズ 第五回花粉飛散傾向を発表東北はスギ花粉の飛散ピーク! 西 東日本はまもなくヒノキ花粉のピークに ~ 花粉の総飛散量は西日本ほど多く 九州北部では昨年の約 1.5 倍に 株式会社ウェザーニューズ ( 本社 : 千葉市美浜区 代表取締役社長 : 草開千仁 ) は 最新の花粉飛散傾向を発表しました 現在 東北ではスギ花粉が飛散ピークを迎えており

More information

(H8) 1,412 (H9) 40,007 (H15) 30,103 851

(H8) 1,412 (H9) 40,007 (H15) 30,103 851 (H8) 1,412 (H9) 40,007 (H15) 30,103 851 (H3) 1,466 (H3) 9,862 (H15) 4,450 704 9,795 1,677 18,488 402 44,175 3,824 8,592 853 7,635 1,695 2,202 179 5,127 841 27,631 452 35,173 177 123,797 186 45,727 1,735

More information

22 25 34 44 10 12 14 15 11 12 16 18 19 20 21 11 12 22 10 23 24 12 25 11 12 2611 27 11 28 10 12 29 10 30 10 31 32 10 11 12 33 10 11 12 34

22 25 34 44 10 12 14 15 11 12 16 18 19 20 21 11 12 22 10 23 24 12 25 11 12 2611 27 11 28 10 12 29 10 30 10 31 32 10 11 12 33 10 11 12 34 22 25 34 44 10 12 14 15 11 12 16 18 19 20 21 11 12 22 10 23 24 12 25 11 12 2611 27 11 28 10 12 29 10 30 10 31 32 10 11 12 33 10 11 12 34 35 10 12 36 10 12 37 10 38 10 11 12 39 10 11 12 40 11 12 41 10 11

More information

- 1 - - 2 - - 3 - - 4 - H19 H18-5 - H19.7H20.3 8,629 11,600-6 - - 7 - - 8 - - 9 - H20.7 20 / - 10 - - 11 - 1 8,000 16,000 4,000 2 50 12 80-12 - 20 3040 50 18a 19a - 13 - - 14 - 1,000-15 - 3,000 4,500 560

More information

17 12 12 13301515 2F1 P2 1 22 P19 160

17 12 12 13301515 2F1 P2 1 22 P19 160 136 17 12 12 13301515 2F1 P2 1 22 P19 160 161 15 87 15 P5 26 4 162 10 3 60 1/3 3 1 163 137 138 139 % %.%. (. ) ( ) 48 32 13 40 43 30 42 50 13 99 140 39 12 12 42 55 35 6 79 2004 16 17 39 37 53 13 1 1.2

More information

より高い平均気温であったが,2 月に入ってからは降雪等の影響により平年よりも気温が低い日が続き, 飛散開始が遅れたと推測された 29 年の飛散開始日は過去 18 年間 (1988 年 ~27 年 ) の中で 3 番目に早く, 気温が平年よりも高かったことが影響し, 予測よりも早まったと思われた 予測

より高い平均気温であったが,2 月に入ってからは降雪等の影響により平年よりも気温が低い日が続き, 飛散開始が遅れたと推測された 29 年の飛散開始日は過去 18 年間 (1988 年 ~27 年 ) の中で 3 番目に早く, 気温が平年よりも高かったことが影響し, 予測よりも早まったと思われた 予測 甲府地区における花粉飛散状況 (28~29) 高橋史恵 坂本恵 A Survey of Airborne Pollens in Kofu, Yamanashi (28~29) Fumie TAKAHASHI and Megumi SAKAMOTO キーワード : 花粉, 花粉, 飛散数, 飛散開始日 花粉症は様々な花粉が原因となって発症するアレルギー性疾患で, 国民の 5 人から 6 人に 1 人が罹患しているともいわれており,

More information

花粉症患者実態調査(平成28年度) 概要版

花粉症患者実態調査(平成28年度) 概要版 花粉症患者実態調査 ( 平成 28 年度 ) 概要版 調査目的 都内における最新の花粉症推定有病率や花粉症患者の予防 治療等の状況を把握する 花粉症患者の実態等を 今後の都における花粉症予防 治療対策の基礎資料とする 調査方法住民基本台帳から無作為抽出した方へアンケート協力依頼を郵送し 回答者を重症度分類毎に一定数抽出し 花粉症検診への協力依頼を郵送した 花粉症検診において 医師による問診 鼻鏡検査

More information

180 30 30 180 180 181 (3)(4) (3)(4)(2) 60 180 (1) (2) 20 (3)

180 30 30 180 180 181 (3)(4) (3)(4)(2) 60 180 (1) (2) 20 (3) 12 12 72 (1) (2) (3) 12 (1) (2) (3) (1) (2) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (1) (2) 180 30 30 180 180 181 (3)(4) (3)(4)(2) 60 180 (1) (2) 20 (3) 30 16 (1) 31 (2) 31 (3) (1) (2) (3) (4) 30

More information

... 6

... 6 ... 6 1) 2) No. 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 No. 1 2 2 3 3cm 4

More information

untitled

untitled 1....1 2....2 2.1...2 2.2...2 3....14 3.1...14 3.2...14 4....15 4.1...15 4.2...18 4.3...21 4.4...23 4.5...26 5....27 5.1...27 5.2...35 5.3...54 5.4...64 5.5...75 6....79 6.1...79 6.2...85 6.3...94 6.4...

More information

113 120cm 1120cm 3 10cm 900 500+240 10 1 2 3 5 4 5 3 8 6 3 8 6 7 6 8 4 4 4 4 23 23 5 5 7

More information

untitled

untitled 21 14 487 2,322 2 7 48 4 15 ( 27) 14 3(1867) 3 () 1 2 3 ( 901923 ) 5 (1536) 3 4 5 6 7 8 ( ) () () 9 10 21 11 12 13 14 16 17 18 20 1 19 20 21 22 23 21 22 24 25 26 27 28 22 5 29 30cm 7.5m 1865 3 1820 5

More information

1948 1907 4024 1925 14 19281929 30 111931 4 3 15 4 16 3 15 4 161933 813 1935 12 17 11 17 1938 1945 2010 14 221 1945 10 1946 11 1947 1048 1947 1949 24

1948 1907 4024 1925 14 19281929 30 111931 4 3 15 4 16 3 15 4 161933 813 1935 12 17 11 17 1938 1945 2010 14 221 1945 10 1946 11 1947 1048 1947 1949 24 15 4 16 1988 63 28 19314 29 3 15 4 16 19283 15294 16 1930 113132 3 15 4 16 33 13 35 12 3 15 4 16 1945 10 10 10 10 40 1948 1907 4024 1925 14 19281929 30 111931 4 3 15 4 16 3 15 4 161933 813 1935 12 17 11

More information

裁定審議会における裁定の概要 (平成23年度)

裁定審議会における裁定の概要 (平成23年度) 23 23 23 4 24 3 10 11 12 13 14 () 1 23 7 21 23 12 14 (19 ) 30 1.876% 60 8 24 19 78 27 1 (10) 37 (3) 2 22 9 21 23 5 9 21 12 1 22 2 27 89 10 11 6 A B 3 21 12 1 12 10 10 12 5 1 9 1 2 61 ( 21 10 1 11 30 )

More information

Microsoft Word - 入居のしおり.doc

Microsoft Word - 入居のしおり.doc 1 1 2 2 2 3 2 4 3 5 3 6 3 7 3 8 4 1 7 2 7 3 7 4 8 5 9 6 9 7 10 8 10 9 11 10 11 11 11 12 12 13 13 1 14 2 17 3 18 4 19 5 20 6 22 (1) 24 (2) 24 (3) 24 (4) 24 (5) 24 (6) 25 (7) 25 (8) 25 (9) 25 1 29 (1) 29

More information

和県監査H15港湾.PDF

和県監査H15港湾.PDF ...1...1...1...1...1...1...1...1...2...2...2...3...3...3...5...5...10...11...12...13...13...13...14...14...14...14...14...14...15...15...15...15...15 ...16...17 14...17...18...18...19...21...23 2...25...27...27...28...28...28

More information

2002 (1) (2) (3) (4) (5) (1) (2) (3) (4) (5) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (1) (2) (3) (4) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) No 2,500 3 200 200 200 200 200 50 200 No, 3 1 2 00 No 2,500 200 7 2,000 7

More information

-26-

-26- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36- -37- -38- cm -39- -40- 1 2 3 4 4 3 2 1 5 5-41- -42- -43- -44- -45- -46- -47- -48- -49- -50- cm -51- -52- -53- -54- -55- -56- -57- -58- -59- -60-

More information

-1- 4 1 2 4-2- -- 2 2 cm 0 80cm 2 80cm 80cm 80cm 50cm 80cm 50cm 6 80cm 100 50 50 cm 10 6 4 50cm 4 4 50cm -4- -5- cm 50cm 4 4 4 50cm 50cm 4 80cm 50cm 80cm 50cm 6 cm -6- 20 250cm 1 2 1 4 0cm 60cm cm cm 1

More information

untitled

untitled () () () () () ( ) () ( ) () ( ) () 2 () () 2 () () ( ) () () () 2 () () 2 3 ( ) () ( ) 2 3 4 () () 2 3 4 () () ( )( ) ( ) 2 ( ) 3 () () 2 3 () () 2 3 () () () () () () () () (( ) ( ) (( ))( )( ) ) 2 3

More information

河川砂防技術基準・基本計画編.PDF

河川砂防技術基準・基本計画編.PDF 4 1 1 1 1 1 2 1 2.1 1 2.2 2 2.3 2 2.4 2 3 2 4 3 2 4 1 4 1.1 4 1.2 4 2 4 2.1 4 2.2 4 2.3 5 2.4 5 2.5 5 2.5.1 5 2.5.2 5 2.6 5 2.6.1 5 2.6.2 5 2.6.3 5 2.6.4 5 2.6.5 6 2.7 6 2.7.1 6 2.7.2 6 2.7.3 6 2.7.4

More information

4 100g

4 100g 100g 10 20 30 40 50 60 70 80 4 5 7 9 12 15 19 24 60 100 10 80 100 20 10 5 20 195 20-1- 60 60 15 100 60 100 15 15 15 100 15 15 60 100 10 60 100 100 15 10 10 60 100 15 10 15 10 5-2- 80 80 24 100 80 100 24

More information

( )

( ) ( ) () () 3 cm cm cm cm cm cm 1000 1500 50 500 1000 1000 1500 1000 10 50 300 1000 2000 1000 1500 50 10 1000 2000 300 50 1000 2000 1000 1500 50 10 1000 2000 300 30 10 300 1000 2000 1000 1500 1000

More information

今回の調査では 主に次のような結果が得られました 花粉症の現状と生活に及ぼす影響の実態 スギ花粉症を初めて発症してから 10 年以上経つ人が 66.8% と 長年花粉症に悩まされている人が多いという結果に 10 年以上経つ人の割合が多い地域としては静岡県 栃木県 群馬県 山梨県等が上位に 今までにス

今回の調査では 主に次のような結果が得られました 花粉症の現状と生活に及ぼす影響の実態 スギ花粉症を初めて発症してから 10 年以上経つ人が 66.8% と 長年花粉症に悩まされている人が多いという結果に 10 年以上経つ人の割合が多い地域としては静岡県 栃木県 群馬県 山梨県等が上位に 今までにス 各位 2017 年 4 月 25 日 47 都道府県スギ花粉症に対する意識 実態調査 スギ花粉症が 完治しないこと に患者の 78.5% が不満一方で ほぼ毎年医療機関を受診している割合は 30.1% に止まる ~ 医療機関を受診したことがない理由は 市販薬での対応 (35.4%) 受診しても治らないと思うから(30.5%)~ 花粉症の現状と生活に及ぼす影響の実態 スギ花粉症を発症してから 10 年以上経つ人が

More information

陽だまり 15 Vol. 2014.2 公益財団法人 丹後中央病院 広報誌 627-8555 京都府京丹後市峰山町杉谷158-1 TEL 0772(62)0791 http://tangohp.com 診療科のご紹介 耳鼻咽喉科 耳鼻咽喉科外来は 医師1名 看護師2名 医療クラーク1名で 診療を行っています 平均年齢は50+α歳のベテランスタッフで 日々老体に鞭打ち 診察に勤しんでおります 外来日は

More information

<4D F736F F D DC58F4994C5817A89D495B28C588CFC82DC82C682DF>

<4D F736F F D DC58F4994C5817A89D495B28C588CFC82DC82C682DF> NEWS RELEASE 2011 年 5 月 26 日 2011 年のスギ ヒノキ花粉飛散傾向のまとめ発表 スギ ヒノキ花粉の飛散数 昨年の 5 倍以上 症状も 辛い が倍増 ~ 関東 東海で飛散数が多く 静岡県は昨シーズンの 12 倍の飛散を観測 ~ 株式会社ウェザーニューズ ( 本社 : 東京都港区 代表取締役社長 : 草開千仁 ) は 全国的にスギ ヒノキの花粉シーズンの終了を迎えた 5 月末

More information

Microsoft PowerPoint 指標の定義[version1.4_1].ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint 指標の定義[version1.4_1].ppt [互換モード] 指標の定義 2014 年一般 精神共通 version1.4_1 全国自治体病院協議会 医療の質の評価 公表等推進事業 今回の事業において参加病院では計算を必要とされません 参考資料です 指標の定義 Version1.4_1 1 共 01: 入院患者満足度 満足のいく治療を受けたと回答した入院患者数 ( 満足 + やや満足 ) 項目 25 項目 26 患者満足度の有効回答数 ( 入院 ) 項目 25

More information

< F2D94AD90B68CB992B28DB895F18D90955C8E E9197BF8254>

< F2D94AD90B68CB992B28DB895F18D90955C8E E9197BF8254> 資料 5 スギ花粉発生源の推定の概要 スギ花粉発生源調査については 平成 17 年シーズン (2 月 ~4 月 ) 及び平成 18 年シーズン (2 月 ~4 月 ) の2カ年間の調査を行い 首都圏では東京駅 中京では名古屋駅 京阪神では大阪駅を中心とする半径 10km 圏内の都市部に到達した花粉の発生源をシミュレーションし推定しました ( 注 1) 2カ年の平均データから 一般的に広く用いられている評価ランクを活用し

More information

16

16 15 16 3-1 3-2 3-3 3-3-1 2 2-1 2 3-3-2 3 3-1 17 ) 3-3-3 115 115 8 10 3-2 3-2 1 1573 24 617 47 322 70 193 93 107 2 1441 25 600 48 313 71 192 94 106 3 884 26 592 49 262 72 189 95 98 4 883 27 571 50 304 73

More information

<2014年の花粉飛散傾向発表。2月上旬から花粉シーズン到来、対策は1月から>

<2014年の花粉飛散傾向発表。2月上旬から花粉シーズン到来、対策は1月から> NEWS RELEASE 2013 年 11 月 28 日ウェザーニューズ 2014 年の花粉飛散傾向発表 来春の花粉 2 月上旬から花粉シーズン到来の見込み 花粉症の対策は 1 月から ~ 飛散ピークは昨シーズンより遅め 西 東日本は 3 月上旬 中旬 北陸は 3 月下旬と予想 ~ 株式会社ウェザーニューズ ( 本社 : 千葉市美浜区代表取締役社長 : 草開千仁 ) は 11 月 28 日 ( 木

More information

600人の耳鼻咽喉科医師とその家族対象 アレルギー疾患に関する全国調査

600人の耳鼻咽喉科医師とその家族対象 アレルギー疾患に関する全国調査 平成 30 年 12 月 26 日 東京都港区虎ノ門 4-3-9 株式会社 QLife( キューライフ ) ~600 人の耳鼻咽喉科医師とその家族対象アレルギー疾患に関する全国調査 ~ アレルギー疾患の罹患率 スギ ( ヒノキ ) 花粉症は 37.2% 通年性アレルギー性鼻炎は 26.9% 薬物治療以外の花粉症対策医師がすすめるのは マスク 空気清浄機 室内のこまめな清掃 洗濯物の室内干し 株式会社

More information

図 3. 新規 HIV 感染者報告数の国籍別 性別年次推移 図 4. 新規 AIDS 患者報告数の国籍別 性別年次推移 (2) 感染経路 1 HIV 感染者 2016 年の HIV 感染者報告例の感染経路で 異性間の性的接触による感染が 170 件 (16.8%) 同性間の性的接触による感染が 73

図 3. 新規 HIV 感染者報告数の国籍別 性別年次推移 図 4. 新規 AIDS 患者報告数の国籍別 性別年次推移 (2) 感染経路 1 HIV 感染者 2016 年の HIV 感染者報告例の感染経路で 異性間の性的接触による感染が 170 件 (16.8%) 同性間の性的接触による感染が 73 Ⅰ. 平成 28(2016) 年エイズ発生動向 概要 厚生労働省エイズ動向委員会エイズ動向委員会は 都道府県等からの報告に基づき日本国内の患者発生動向を把握し公表している 本稿では 平成 28(2016) 年 1 年間の発生動向の概要を報告する 2016 年に報告された HIV 感染者数は 1,011 件 AIDS 患者数は 437 件であり 両者を合わせた新規報告件数は 1,448 件であった 2016

More information

<マスク> マスクの装用は吸い込む花粉をおよそ3 分の1から6 分の1に減らし 鼻の症状を軽くする効果があります ( 図 3-1 参照 ) 性能の良いマスクでは95% 以上の花粉をカットできるものがありますが 大事なことは顔にフィットするものを選ぶことで 横に隙間ができるとそこから花粉が入ってしまい

<マスク> マスクの装用は吸い込む花粉をおよそ3 分の1から6 分の1に減らし 鼻の症状を軽くする効果があります ( 図 3-1 参照 ) 性能の良いマスクでは95% 以上の花粉をカットできるものがありますが 大事なことは顔にフィットするものを選ぶことで 横に隙間ができるとそこから花粉が入ってしまい . 花粉症の予防と治療 1. 花粉のばく露を防ぐために 花粉症の原因が花粉であることは はっきり分かっています このため 花粉症の症状を緩和させたり発症を遅らせるためには 花粉についての知識を持って いかに花粉を避けるかが予防の基本になります 花粉の予測や花粉情報を有効に使いましょう また 一般的に花粉は昼前後と夕方に多く飛散します 外出時の服装やマスク メガネなどで花粉を防ぎ 帰宅した時には家の中に花粉を持ちこまないようにしましょう

More information

平成 27(2015) 年エイズ発生動向 概要 厚生労働省エイズ動向委員会エイズ動向委員会は 3 ヶ月ごとに委員会を開催し 都道府県等からの報告に基づき日本国内の患者発生動向を把握し公表している 本稿では 平成 27(2015) 年 1 年間の発生動向の概要を報告する 2015 年に報告された HI

平成 27(2015) 年エイズ発生動向 概要 厚生労働省エイズ動向委員会エイズ動向委員会は 3 ヶ月ごとに委員会を開催し 都道府県等からの報告に基づき日本国内の患者発生動向を把握し公表している 本稿では 平成 27(2015) 年 1 年間の発生動向の概要を報告する 2015 年に報告された HI 平成 27(2015) 年エイズ発生動向 概要 厚生労働省エイズ動向委員会エイズ動向委員会は 3 ヶ月ごとに委員会を開催し 都道府県等からの報告に基づき日本国内の患者発生動向を把握し公表している 本稿では 平成 27(2015) 年 1 年間の発生動向の概要を報告する 2015 年に報告された HIV 感染者数は 1,006 件 AIDS 患者数は 428 件であり 両者を合わせた新規報告件数は 1,434

More information

あら

あら NEWS RELEASE ウェザーニューズ 第二回花粉飛散傾向を発表来春の花粉シーズンは 2 月初めの到来予想 2015 年 11 月 26 日 ~ 飛散のピークは 西 東日本は 2 月下旬 3 月中旬 北日本は 3 月中旬からの予想 株式会社ウェザーニューズ ( 本社 : 千葉市美浜区代表取締役社長 : 草開千仁 ) は 11 月 26 日 2016 年の花粉シーズンにおける全国の スギ ヒノキ花粉飛散

More information

月中旬までの飛散量も昨年より少なく 半分程度の所もあります このため 東北では昨年よりもまだ症状が軽 い傾向ですが シーズンを通した飛散量は平年並で 昨年より多い予想なので 油断は禁物です 右の症状のグラフは スマホアプリ ウェザーニュースタッチ の 花粉 Ch. に 2017 年 1 月 19 日

月中旬までの飛散量も昨年より少なく 半分程度の所もあります このため 東北では昨年よりもまだ症状が軽 い傾向ですが シーズンを通した飛散量は平年並で 昨年より多い予想なので 油断は禁物です 右の症状のグラフは スマホアプリ ウェザーニュースタッチ の 花粉 Ch. に 2017 年 1 月 19 日 NEWS RELEASE 2017 年 3 月 30 日 ウェザーニューズ 第五回花粉飛散傾向 を 12 エリア毎にグラフで発表西 東日本はまもなくヒノキ花粉のピークへ! 東北はスギ花粉のピーク ~3 月中旬までの総飛散量を集計 特に九州で多く 昨年比 10 倍以上の観測も 株式会社ウェザーニューズ ( 本社 : 千葉市美浜区 代表取締役社長 : 草開千仁 ) は 3 月中旬までの中間報告を含めた最新の花粉飛散傾向を発表しました

More information

Microsoft Word - 【修正】2~3月花粉飛散傾向まとめ.doc

Microsoft Word - 【修正】2~3月花粉飛散傾向まとめ.doc NEWS RELEASE 2014 年 4 月 10 日ウェザーニューズ 花粉飛散傾向の中間まとめ発表花粉飛散量 関東は昨シーズン比 8 割減を確認 シーズン全体を通しても 5 割以下の予想 ~ 関東のヒノキ花粉は今がピーク 昨年より約一週間早くシーズン終了へ 株式会社ウェザーニューズ ( 本社 : 千葉市美浜区 代表取締役社長 : 草開千仁 ) は 今後も飛散が見込まれる花粉に対して十分な対策を取っていただくため

More information

スライド 1

スライド 1 Copyright QLife, Inc. All Rights Reserved. P. 花粉症に伴う 目のかゆみ に関する一般生活者 5000 人調査報告書 平成 24 年 12 月 7 日 株式会社 QLife( キューライフ ) Copyright QLife, Inc. All Rights Reserved. P. 1 調査の背景 日本気象協会の予測 ( 2013 年春の花粉飛散予測 (

More information

Taro-08緊急間伐最終.jtd

Taro-08緊急間伐最終.jtd (3-1) スギ ヒノキ花粉削減に関する総合研究 課題名 E 花粉間伐実施後のモニタリング 1 調査年度 平成 2 年度 2 予算区分 県単 ( 県有林事業 ) 3 担当者 越地 正 毛利敏夫 三橋正敏 齋藤央嗣 ( 平成 14 年度 ~ 平成 16 年度実施 ) 4 目的スギ花粉症は大きな社会問題になっており 山側でも緊急の花粉発生源対策が求められている 神奈川県ではこれまでに花粉の少ないスギ品種を選抜し実用化している

More information

目次 Ⅰ. 業務の目的... 1 Ⅱ. 花粉飛散量等の予測 及び各種情報提供に係わる調査 検討 平成 28 年春の全国スギ ヒノキ花粉の飛散終息予測 飛散終息予測 報道発表資料 予測の評価 スギ ヒノキ花粉

目次 Ⅰ. 業務の目的... 1 Ⅱ. 花粉飛散量等の予測 及び各種情報提供に係わる調査 検討 平成 28 年春の全国スギ ヒノキ花粉の飛散終息予測 飛散終息予測 報道発表資料 予測の評価 スギ ヒノキ花粉 平成 28 年度 環境省請負業務 平成 28 年度 花粉症に関する予測検討業務 報告書 平成 28 年 5 月 31 日 ウェザー サービス株式会社 目次 Ⅰ. 業務の目的... 1 Ⅱ. 花粉飛散量等の予測 及び各種情報提供に係わる調査 検討... 2 1. 平成 28 年春の全国スギ ヒノキ花粉の飛散終息予測... 2 1-1. 飛散終息予測... 2 1-2. 報道発表資料... 5 2. 予測の評価...

More information

スギ花芽 (11 月下旬の様子 )

スギ花芽 (11 月下旬の様子 ) 平成 30 年版 スギ花芽 (11 月下旬の様子 ) 近年 アレルギー疾患が国民生活に多大な影響を及ぼしている現状及びアレルギー疾患が生活環境に係る多様かつ複合的な要因によって発生することなどに鑑み アレルギー疾患対策の一層の充実を図るため 平成 26 年にアレルギー疾患対策基本法が制定され この法律で花粉症はアレルギー疾患と定義されました 都は 昭和 58 年度から花粉症対策に着手し 花粉観測や花粉予報

More information

花粉シーズンにおける コンタクトレンズ装用者のためのアイケア 3 カ条 眼科専門医深川和己先生は 意識調査の結果を踏まえ以下のようにコメントされています 花粉が本格的に飛散する春季は コンタクトレンズユーザーにとって目のトラブルがおきやすい季節です 昨今 花粉以外にもアレルギーを引き起こすさまざまな

花粉シーズンにおける コンタクトレンズ装用者のためのアイケア 3 カ条 眼科専門医深川和己先生は 意識調査の結果を踏まえ以下のようにコメントされています 花粉が本格的に飛散する春季は コンタクトレンズユーザーにとって目のトラブルがおきやすい季節です 昨今 花粉以外にもアレルギーを引き起こすさまざまな 報道関係各位 2014 年 1 月 16 日ジョンソン エンド ジョンソン株式会社ビジョンケアカンパニー 2014 年花粉シーズン 7 割以上が PM2.5 や黄砂の影響を懸念装用者の 9 割が花粉シーズンもコンタクトレンズを使いたい早めの眼科受診 & レンズに汚れを残さないことがポイント ジョンソン エンド ジョンソン株式会社ビジョンケアカンパニー ( 本社 : 東京都千代田区 代表取締役プレジデント

More information

untitled

untitled Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 3 4 5 6 H15 7 39.0 % 45.0 % 44.2 % 42.9 % 37.9 % 60.0 % 64.1 % 59.1 % 56.8 % 52.0 % 8 9 3.4 4.3 1.5 27.9 34.1 14.3 16.2 21.1 5.4 15.0 17.6 9.3

More information

2015 年 11 月 5 日 乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取がアトピー性皮膚炎症状を改善 株式会社ヤクルト本社 ( 社長根岸孝成 ) では アトピー性皮膚炎患者を対象に 乳酸菌 ラクトバチルスプランタルム YIT 0132 ( 以下 乳酸菌 LP0132) を含む発酵果汁飲料 ( 以下 乳酸菌発酵果

2015 年 11 月 5 日 乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取がアトピー性皮膚炎症状を改善 株式会社ヤクルト本社 ( 社長根岸孝成 ) では アトピー性皮膚炎患者を対象に 乳酸菌 ラクトバチルスプランタルム YIT 0132 ( 以下 乳酸菌 LP0132) を含む発酵果汁飲料 ( 以下 乳酸菌発酵果 2015 年 11 月 5 日 乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取がアトピー性皮膚炎症状を改善 株式会社ヤクルト本社 ( 社長根岸孝成 ) では アトピー性皮膚炎患者を対象に 乳酸菌 ラクトバチルスプランタルム YIT 0132 ( 以下 乳酸菌 LP0132) を含む発酵果汁飲料 ( 以下 乳酸菌発酵果汁飲料 ) の飲用試験を実施した結果 アトピー性皮膚炎症状を改善する効果が確認されました なお 本研究成果は

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 顧客セグメント別研修 ( ドクターマーケット ) CFP R 認定者松木祐司 研修資料 : 顧客配付厳禁 松木祐司 ( マツキユウジ ) CFP 1 級 FP 技能士 外資系損害保険会社 外資系生命保険会社を経て独立系の FP となる 独自の理論と分析で 価値ある保険商品の選別と保険の効果を高める活用法の提案に取り組む 主に ドクターのライフプラン実現のためのコンサルティングや 経済誌 医院経営雑誌

More information

P.1P.3 P.4P.7 P.8P.12 P.13P.25 P.26P.32 P.33

P.1P.3 P.4P.7 P.8P.12 P.13P.25 P.26P.32 P.33 : : P.1P.3 P.4P.7 P.8P.12 P.13P.25 P.26P.32 P.33 27 26 10 26 10 25 10 0.7% 331 % 26 10 25 10 287,018 280,446 6,572 30,236 32,708 2,472 317,254 313,154 4,100 172,724 168,173 4,551 6,420 6,579 159 179,144

More information

- 32 -

- 32 - - 32 - - 33 - - 34 - 1-35 - - 36 - 2-37 - - 38 - 3-39 - - 40 - 4-41 - - 42 - 5 22 1.0-43 - - 44 - 6 2-45 - - 46 - 7-47 - - 48 - 8-49 - - 50 - 9-51 - - 52 - 10-53 - - 54 - 11-55 - - 57 - 1 5 10 10-58 -

More information

2 / 7

2 / 7 1 / 7 1.30 1.301.00m 2.00 2.001.00m 1.70 1.701.00m 2.4 2.41.0m 2.0 2.01.0m 1.08 1.20.9m 1.08 1.20.9m 2.5 2.51.0m 2.5 2.51.0m 0.9 1.00.9m 1.44 1.60.9m 2 / 7 ml ml 3 / 7 4 / 7 ) 5 / 7 6 / 7 0798-56-1710

More information

untitled

untitled 1 ( 14 1517 18 20 24 2 3 4 5 1947H18536H23 5,2332,155 12H22-H25.3 209144H22-H25.3 H23.4 KI 24,090H25.5 H24.3 5,233H25.5 2,155H22-H23 1,068H22-H23 1.2%H224.1%H24 1947H18536H23 1.34H171.55H22 1H23 553,059

More information

総合診療

総合診療 総合診療 (1 ヶ月水準 ) 1. 研修内容 : 総合診療研修では 外来を主な研修の場とし 一般症候からの診断推論 診療方針の立て方について学習する 外来から入院となった症例は 受け持ち医として入院診療に従事する 適宜 専門科と診療連携する 診断における病歴聴取と身体所見取得の重要性を理解し症候に応じて特異度の高いものを選択し診断する習慣を身につける 複数領域にまたがった疾患を有する患者 (multi-morbidity)

More information

スライド 1

スライド 1 1-3. 医療費の要素分解 資料 1-3 医療費の要素分解 医療費データの元になるのは レセプト 保険局調査課では 審査支払機関からレセプトの件数 診療日数 点数をベースにデータ を入手している 医療費の伸び率を明らかにするために 受診の頻度を表す 1 人当たり日数 と密度を表す 1 日当たり費用 に区分して分析を行っている 医療費医療費 = 人数 人数 1 人当たり医療費 受診延日数医療費 = 人数

More information

アレルギー性鼻炎治療中患者さんの治療に対する本音調査 結果報告書

アレルギー性鼻炎治療中患者さんの治療に対する本音調査 結果報告書 医療機関に通院中のアレルギー性鼻炎患者対象 治療に対するホンネ 調査結果報告書 2017 年 10 月 31 日株式会社 QLife 調査主体 : 株式会社 QLife( キューライフ ) 実施概要 : (1) 調査対象 : アレルギー性鼻炎で医療機関に通院している患者 (2) 有効回収数 : 2702 人 (3) 調査方法 : 耳鼻咽喉科を標榜するクリニックを受診した患者に対するインターネット調査

More information

調査背景 スイッチ OTC 医薬品が相次いで発売されるなど 近年 特に治療選択肢が広がっている花粉症 患者はどのような基準で 自分 ( 市販薬 ) で治す と 医療機関 ( 処方薬 ) で治す を選択しているのだろうか 2016 年に医療機関を受診した花粉症患者の受療 市販薬使用実態について 大規模

調査背景 スイッチ OTC 医薬品が相次いで発売されるなど 近年 特に治療選択肢が広がっている花粉症 患者はどのような基準で 自分 ( 市販薬 ) で治す と 医療機関 ( 処方薬 ) で治す を選択しているのだろうか 2016 年に医療機関を受診した花粉症患者の受療 市販薬使用実態について 大規模 花粉症患者の受療 市販薬使用実態調査結果報告書 2017 年 1 月 13 日株式会社 QLife 本調査に関するお問い合わせ先株式会社 QLife 107-0052 東京都港区赤坂 1-11-44 赤坂インターシティ 10F TEL:03-6685-2515 / E-mail:ifo@qlife.co.jp QLife 編集部田中智貴 -1- 調査背景 スイッチ OTC 医薬品が相次いで発売されるなど

More information

Microsoft Word - 【最終版】花粉症_0531.doc

Microsoft Word - 【最終版】花粉症_0531.doc 報道関係各位 2013 年の花粉症に関する実態調査 今年 花粉症を発症したのは 45% 昨シーズンの 41% から増加 花粉症の主な症状は 鼻水 くしゃみ 目のかゆみ が 8 割以上 最もつらい症状は 鼻づまり 発症者の半数が市販薬を利用 病院を利用した人は 3 割 両方利用した人は 16% 花粉症対策商品トップは マスク 目薬 鼻炎薬 点鼻薬 花粉症で通院した診療科は 耳鼻科 50% 内科 眼科

More information

untitled

untitled 1 1. 2. 3. 2 4 H23142 3 9098 4 5 H10H13 1138 H14H17 1267 6 H18H21 1287 7 H22H23 1,4-8 9 23 142 92 463 533 9 10 4 10 10 11 143 16 12 45 8 23 13 23 14 23 15 23 3 16 17 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f380053/

More information

2017 年 3 月臨時増刊号 [No.165] 平成 28 年のトピックス 1 新たに報告された HIV 感染者 AIDS 患者を合わせた数は 464 件で 前年から 29 件増加した HIV 感染者は前年から 3 件 AIDS 患者は前年から 26 件増加した ( 図 -1) 2 HIV 感染者

2017 年 3 月臨時増刊号 [No.165] 平成 28 年のトピックス 1 新たに報告された HIV 感染者 AIDS 患者を合わせた数は 464 件で 前年から 29 件増加した HIV 感染者は前年から 3 件 AIDS 患者は前年から 26 件増加した ( 図 -1) 2 HIV 感染者 217 年 3 月臨時増刊号 [No.165] 平成 28 年のトピックス 1 新たに報告された HIV 感染者 AIDS 患者を合わせた数は 464 で 前年から 29 増加した HIV 感染者は前年から 3 AIDS 患者は前年から 26 増加した 図 -1 2 HIV 感染者 AIDS 患者を合わせた報告数の概要として 主に以下のことが挙げられる 図 -2 3 4 外国籍男性は前年から 11

More information

花粉の飛散シーズンに外出する場合は マスクやメガネを着用し 花粉が目や鼻などに付かないよう注意しましょう 帽子をかぶることも効果があります 帰宅したときには 洋服や髪の毛に付いた花粉をよく払い落としてから家の中に入り うがい 手洗い 洗顔をしましょう なるべく室内に花粉を入れないように注意しましょう

花粉の飛散シーズンに外出する場合は マスクやメガネを着用し 花粉が目や鼻などに付かないよう注意しましょう 帽子をかぶることも効果があります 帰宅したときには 洋服や髪の毛に付いた花粉をよく払い落としてから家の中に入り うがい 手洗い 洗顔をしましょう なるべく室内に花粉を入れないように注意しましょう 花粉症は 花粉が原因となりますが 花粉を吸い込んでしまっても その量が少なければ症状も軽く 服薬等により症状を抑制しやすくなります つらい症状を軽減させるには 花粉をできるだけ避けることが重要です 花粉の飛散シーズン前に風邪を引くと 粘膜の上皮が弱く なり 花粉症の症状がひどくなることがあります 花粉の飛散シーズンに外出する場合は マスクやメガネを着用し 花粉が目や鼻などに付かないよう注意しましょう

More information

心房細動1章[ ].indd

心房細動1章[ ].indd 1 心房細動は, 循環器医のみならず一般臨床医も遭遇することの多い不整脈で, 明らかな基礎疾患を持たない例にも発症し, その有病率は加齢とともに増加する. 動悸などにより QOL が低下するのみならず, しばしば心機能低下, 血栓塞栓症を引き起こす原因となり, 日常診療上最も重要な不整脈のひとつである. 1 [A] 米国の一般人口における心房細動の有病率については,4 つの疫学調査をまとめた Feinberg

More information

量 都市への花粉飛散量との関係については 他地域の調査例 ( 横山 金指, 福島,2001) で高い相関関係が報告されているが 神奈川県の調査データについては これまで蓄積が不十分であったため 関係が明らかでなかった そこで今回 神奈川県で測定した雄花着花点数と スギ林で実測してい

量 都市への花粉飛散量との関係については 他地域の調査例 ( 横山 金指, 福島,2001) で高い相関関係が報告されているが 神奈川県の調査データについては これまで蓄積が不十分であったため 関係が明らかでなかった そこで今回 神奈川県で測定した雄花着花点数と スギ林で実測してい 神自環保セ報 8(2011) 神奈川県におけるスギ林の着花状況と花粉飛散予測 調査 研究報告 齋藤央嗣 * 越地正 * 毛利敏夫 * * 河野明子 Prediction of the pollen scattering and the male flower setting of the japanese cedar(cryptomerica japonica) forest in Kanagawa

More information

90 27 1 29 ( ) 27 4 26 ( ) 27 4 29 ( ) 4 27 3 30 ( ) 1 30 4 27 4 8 ( ) 16 ( ) 9 P2 3 301 27 4 14 ( ) 15 ( ) 9 5 27 4 21 ( ) 4 27 4 21 ( ) 8 30 5 27 4 23 ( ) 5 10 11 12 13 4 3 4 14 27 4 23 ( 27 4 25 ( )

More information

文書5

文書5 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 3 12 13 14 15 16 17 18 19 20 3-1 21 22 23 24 3-3 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 5.現状の施設配置から見た移動距離予測 第 5 章 現状の施設配置から見た移動距離予測

More information

180 140 22

180 140 22 21 180 140 22 23 25 50 1 3 350 140 500cm 600 140 24 25 26 27 28 29 30 31 1/12 8.3 1/15 6.7 10 1/8 12.5 1/20 140 90 75 150 60 150 10 30 15 35 2,000 30 32 1 1 1 2 1 3 1 4 1 5 1 6 1 7 1 8 1 9 % 100 50 33.3

More information

第 4 章事業収支シミュレーション 1. シミュレーションの作成 本章では アンケート調査結果から得られた9 月収支差プラスの事業所データ 4 をもとに その平均像をもとにした事業所 1か月当たりの事業実態のシミュレーションを試みることとする 試算にあたっては 利用者数の設定から 単月ベースの事業所

第 4 章事業収支シミュレーション 1. シミュレーションの作成 本章では アンケート調査結果から得られた9 月収支差プラスの事業所データ 4 をもとに その平均像をもとにした事業所 1か月当たりの事業実態のシミュレーションを試みることとする 試算にあたっては 利用者数の設定から 単月ベースの事業所 第 4 章事業収支シミュレーション 115 第 4 章事業収支シミュレーション 1. シミュレーションの作成 本章では アンケート調査結果から得られた9 月収支差プラスの事業所データ 4 をもとに その平均像をもとにした事業所 1か月当たりの事業実態のシミュレーションを試みることとする 試算にあたっては 利用者数の設定から 単月ベースの事業所のサービス提供時間 売上高 人件費 総職員数 訪問介護員数の算出を試みた

More information

<4D F736F F D DC58F4994C5817A91E68E4F89F189D495B28FC792B28DB8>

<4D F736F F D DC58F4994C5817A91E68E4F89F189D495B28FC792B28DB8> NEWS RELEASE 2011 年 5 月 20 日 第三回花粉症調査 結果発表 花粉症デビューのシーズンは意外と楽!? 大量飛散の今シーズン 花粉症デビューの 7 割が症状 重くない!? ~ 花粉症経験者の 9 割が対策した今シーズン 花粉症デビューの 4 割が対策なし~ 株式会社ウェザーニューズ ( 本社 : 東京都港区 代表取締役社長 : 草開千仁 ) は 全国的に花粉シーズンの終盤を迎えた

More information

0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2

0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2 24 11 10 24 12 10 30 1 0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2 23% 29% 71% 67% 6% 4% n=1525 n=1137 6% +6% -4% -2% 21% 30% 5% 35% 6% 6% 11% 40% 37% 36 172 166 371 213 226 177 54 382 704 216

More information

健康保険・船員保険          被保険者実態調査報告

健康保険・船員保険          被保険者実態調査報告 健康保険 船員保険被保険者実態調査報告 平成 28 年 10 月 厚生労働省保険局 5. 標準報酬月額別扶養率 標準報酬月額別にみた扶養率を示したものが表 7 及び図 3 である 男性についてみると 協会 ( 一般 ) は概ね標準報酬月額 19 万円から 53 万円の間で 組合健保は概ね標準報酬月額 22 万円から 79 万円の間で 標準報酬月額の上昇に伴い扶養率も増加する傾向にある また 男性は標準報酬月額

More information

定点報告疾患 ( 定点当たり報告数の上位 3 疾患の発生状況 ) (1) インフルエンザ 第 51 週のインフルエンザの報告数は 1025 人で, 前週より 633 人多く, 定点当たりの報告数は であった 年齢別では,10~14 歳 (240 人 ),7 歳 (94 人 ),8 歳 (

定点報告疾患 ( 定点当たり報告数の上位 3 疾患の発生状況 ) (1) インフルエンザ 第 51 週のインフルエンザの報告数は 1025 人で, 前週より 633 人多く, 定点当たりの報告数は であった 年齢別では,10~14 歳 (240 人 ),7 歳 (94 人 ),8 歳 ( 鹿児島県感染症発生動向調査事業 感染症のホームページアドレス http://www.pref.kagoshima.jp/kenko-fukushi/kenko-iryo/kansen/index.html 県では第 51 週にインフルエンザの定点当たり患者報告数が 11.14 となり, 注意報基準値を超えたことから,12 月 27 日に インフルエンザ流行発生注意報 が発令されました インフルエンザの報告数が

More information

40,000 人 36,000 人 32,000 人 被保険者 被保険者数の年間推移 [ 年齢階層別 ] ( 5 カ年比較 / 平成 25 年 ~ ) 被保険者数が多い年齢層は 25~49 歳で 中でも最も多いのは 40~44 歳の階層となっています 28,000 人 24,000 人 20,000

40,000 人 36,000 人 32,000 人 被保険者 被保険者数の年間推移 [ 年齢階層別 ] ( 5 カ年比較 / 平成 25 年 ~ ) 被保険者数が多い年齢層は 25~49 歳で 中でも最も多いのは 40~44 歳の階層となっています 28,000 人 24,000 人 20,000 1. 加入者 平均標準報酬月額の状況 加入者 ( 被保険者 被扶養者 ) の状況 270,000 人 加入者数の月別推移 ( 平成 28 年 4 月 ~ 平成 30 年 4 月 ) 被保険者 計 447,994 人 260,000 人 250,000 人 計 438,908 人 計 443,642 人 250,951 人 240,000 人 230,000 人 240,763 人 扶養率 0.82

More information

<82D282A982C1746F95F18D908F57967B95B E696E6464>

<82D282A982C1746F95F18D908F57967B95B E696E6464> 1 2 (90cm 70cm 2015) 3 (68cm 28cm 30cm 12kg 2015) (77.5 109.5cm 2015) 4 (22cm 50cm 50cm 4.6kg 2015) (45cm 62.5cm 2015) (47.4cm 62.5cm 2014) 5 (28.5cm 23.5cm) (45cm 62cm 2015) (97cm 107cm 2015) 6 7 8 9

More information

40,000 人 36,000 人 32,000 人 被保険者 被保険者数の年間推移 [ 年齢階層別 ] ( 5 カ年比較 / 平成 25 年 ~ ) 被保険者数が多い年齢層は 25~49 歳で 中でも最も多いのは 40~44 歳の階層となっています 28,000 人 24,000 人 20,000

40,000 人 36,000 人 32,000 人 被保険者 被保険者数の年間推移 [ 年齢階層別 ] ( 5 カ年比較 / 平成 25 年 ~ ) 被保険者数が多い年齢層は 25~49 歳で 中でも最も多いのは 40~44 歳の階層となっています 28,000 人 24,000 人 20,000 1. 加入者 平均標準報酬月額の状況 加入者 ( 被保険者 被扶養者 ) の状況 270,000 人 加入者数の月別推移 ( 平成 28 年 7 月 ~ 平成 30 年 7 月 ) 被保険者 計 447,719 人 260,000 人 250,000 人 計 438,678 人 計 443,856 人 251,026 人 240,000 人 230,000 人 220,000 人 240,506 人

More information

40,000 人 36,000 人 32,000 人 被保険者 被保険者数の年間推移 [ 年齢階層別 ] ( 5 カ年比較 / 平成 25 年 ~ ) 被保険者数が多い年齢層は 25~49 歳で 中でも最も多いのは 40~44 歳の階層となっています 28,000 人 24,000 人 20,000

40,000 人 36,000 人 32,000 人 被保険者 被保険者数の年間推移 [ 年齢階層別 ] ( 5 カ年比較 / 平成 25 年 ~ ) 被保険者数が多い年齢層は 25~49 歳で 中でも最も多いのは 40~44 歳の階層となっています 28,000 人 24,000 人 20,000 1. 加入者 平均標準報酬月額の状況 加入者 ( 被保険者 被扶養者 ) の状況 270,000 人 加入者数の月別推移 ( 平成 28 年 6 月 ~ 平成 30 年 6 月 ) 被保険者 計 447,754 人 260,000 人 250,000 人 計 438,576 人 計 443,035 人 251,143 人 240,000 人 230,000 人 220,000 人 240,576 人

More information

東京都感染症発生動向調査データの解析 - インフルエンザ定点医療機関とインフルエンザ - * * * 灘岡陽子, 原綾子, 池田一夫, * * ** 阿保満, 神谷信行, 矢野一好 Comparative Analysis of Infectious Disease Surveillance Dat

東京都感染症発生動向調査データの解析 - インフルエンザ定点医療機関とインフルエンザ - * * * 灘岡陽子, 原綾子, 池田一夫, * * ** 阿保満, 神谷信行, 矢野一好 Comparative Analysis of Infectious Disease Surveillance Dat 東京都感染症発生動向調査データの解析 - インフルエンザ定点医療機関とインフルエンザ - 灘岡陽子, 原綾子, 池田一夫, 阿保満, 神谷信行, 矢野一好 Comparative Analysis of Infectious Disease Surveillance Data in Tokyo Influenza Sentinel Clinics and Influenza Yoko NADAOKA,Ayako

More information

Microsoft Word - H28概要

Microsoft Word - H28概要 健康保険 船員保険被保険者実態調査報告 平成 28 年 10 月 厚生労働省保険局 5. 標準報酬月額別扶養率 標準報酬月額別にみた扶養率を示したものが表 7 及び図 3 である 男性についてみると 協会 ( 一般 ) は概ね標準報酬月額 19 万円から 53 万円の間で 組合健保は概ね標準報酬月額 22 万円から 79 万円の間で 標準報酬月額の上昇に伴い扶養率も増加する傾向にある また 男性は標準報酬月額

More information