国語 ( 書写を含む ) 社会算数理科生活 音楽 図画工作家庭 教員の養成に係る授業科目 ( 小一種免 ) 初等国語 2 初等社会科 2 初等数学 2 初等理科 2 子どもの生活と環境 2 初等音楽 Ⅰ 1 初等音楽 Ⅱ 1 音楽表現技術 2 初等図工 2 家庭科概論 2 初等 Ⅰ 1 初等 Ⅱ 1

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "国語 ( 書写を含む ) 社会算数理科生活 音楽 図画工作家庭 教員の養成に係る授業科目 ( 小一種免 ) 初等国語 2 初等社会科 2 初等数学 2 初等理科 2 子どもの生活と環境 2 初等音楽 Ⅰ 1 初等音楽 Ⅱ 1 音楽表現技術 2 初等図工 2 家庭科概論 2 初等 Ⅰ 1 初等 Ⅱ 1"

Transcription

1 国語 算数生活 音楽 図画工作 教員の養成に係る授業科目 ( 幼一種免 ) 初等国語 2 言語表現 2 初等数学 2 子どもの生活と環境 2 初等音楽 Ⅰ 1 3 教科 (1 教科 2 単位以上 )6 単 初等音楽 Ⅱ 1 位選択必修 音楽表現技術 2 初等図工 2 初等 Ⅰ 1 初等 Ⅱ 1 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等教育の基礎理論に関する科目 保育者論 2 保育原理 2 教育課程の意義及び編成の方法 教育課程論 ( 初等 ) 2 幼児教育指導計画論 2 保育指導論 2 環境 2 人間関係 2 保育内容の指導法 言葉 2 健康 2 表現 ( 音楽 ) 2 表現 ( 造形 ) 2 表現 ( 身体 ) 2 教育の方法及び技術( 情報機器及び教材の活用を含む ) 教育の方法 技術 ( 初等 ) 2 教育評価 ( 初等 ) 2 生徒指導 教育相談及び進路指導等に関する科目 幼児理解の理論及び方法 幼児理解 2 教育相談( カウンセリングに関する基礎的な知識を含む ) の 教育相談 ( 初等 ) 2 理論及び方法 学校カウンセリング ( 初等 ) 2 ( 初等 ) 5 外国語コミュニケーション 情報機器の操作 これら 7 科目から 5 科目 10 単位選択必修 ただし,6 単位を限度として小学校教諭の普通免許状の授与を受ける場合の各教科の指導法又は特別活動の指導法の単位をもって充てることができる

2 国語 ( 書写を含む ) 社会算数理科生活 音楽 図画工作家庭 教員の養成に係る授業科目 ( 小一種免 ) 初等国語 2 初等社会科 2 初等数学 2 初等理科 2 子どもの生活と環境 2 初等音楽 Ⅰ 1 初等音楽 Ⅱ 1 音楽表現技術 2 初等図工 2 家庭科概論 2 初等 Ⅰ 1 初等 Ⅱ 1 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等 教育の基礎理論に関する科目 幼児 児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程( 障害のある 幼児 児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程を含む ) 教育課程の意義及び編成の方法 教育課程論 ( 初等 ) 2 初等国語科指導法 2 書写を含む 初等社会科指導法 2 初等数学科指導法 2 初等理科指導法 2 初等生活科指導法 2 初等音楽科指導法 2 初等図工科指導法 2 初等家庭科指導法 2 初等科指導法 2 道徳の指導法 道徳教育 ( 小学校 ) 2 特別活動の指導法 特別活動指導法 ( 小学校 ) 2 教育の方法及び技術 ( 情報機器及び教材の活用を含む ) 外国語コミュニケーション 情報機器の操作 教育の方法 技術 ( 初等 ) 2 教育評価 ( 初等 ) 2 生徒指導 ( 小学校 ) 教育相談 ( 初等 ) 2 学校カウンセリング ( 初等 ) 2 ( 初等 ) 教科 (1 教科 2 単位以上 )8 単位選択必修

3 教職の意義等に関する科目 教員の養成に係る授業科目 ( 中一種免 国語 ) 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容 ( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等 教育の基礎理論に関する科目 日本語学概説 2 日本文法 2 日本語学講読 2 日本語学特講 2 日本語学演習 2 日本文学史 2 近代文学概説 2 日本文学概説 2 日本文学講読 2 日本文学特講 2 日本文学演習 Ⅰ 2 日本文学演習 Ⅱ 2 漢文学概説 2 漢文学講読 2 漢文学特講 2 漢文学演習 Ⅰ 2 漢文学演習 Ⅱ 2 書道 Ⅰ 2 書写を中心 書道 Ⅱ 2 書道 Ⅲ 2 書道 Ⅳ 2 中等国語科指導法 Ⅰ 2 中等国語科指導法 Ⅱ 2 中等国語科指導法 Ⅲ 2 中等国語科指導法 Ⅳ 2 道徳の指導法 道徳教育 2 特別活動の指導法 特別活動指導法 2 教育の方法及び技術 ( 情報機器及び教材の活用を含む ) 外国語コミュニケーション情報機器の操作 国語学 ( 音声言語及び文章表現に関するものを含む ) 国文学 ( 国文学史を含む ) 漢文学 書道 ( 書写を中心とする ) 生徒指導 2 すべての選択科目から 5 科目選択必修

4 教員の養成に係る授業科目 ( 中一種免 社会 ) 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容 ( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等 教育の基礎理論に関する科目 法律学 政治学 社会学 経済学 哲学 倫理学 宗教学 歴史学概論 2 日本史特講 2 日本史各論 2 日本史演習 2 東洋史特講 2 東洋史各論 2 東洋史演習 2 西洋史特講 2 西洋史各論 2 西洋史演習 2 地理学 地誌学概論 2 地理学特講 2 地理学各論 2 地理学演習 2 地誌学特講 2 地誌学各論 2 地誌学演習 2 法律学概論 2 政治学概論 2 法律学特講 2 法律学各論 2 法律学演習 2 政治学特講 2 政治学各論 2 政治学演習 2 社会学概論 2 経済学概論 2 社会学特講 2 社会学各論 2 社会学演習 2 経済学特講 2 経済学各論 2 経済学演習 2 哲学概論 2 哲学特講 2 哲学各論 2 哲学演習 2 倫理学特講 2 中等社会科指導法 Ⅰ 2 中等社会科指導法 Ⅱ 2 日本史及び外国史 地理学 ( 地誌を含む ) 中等社会科指導法 Ⅲ 2 中等社会科指導法 Ⅳ 2 中等社会科指導法 Ⅴ 2 中等社会科指導法 Ⅵ 2 道徳の指導法 道徳教育 2 特別活動の指導法 特別活動指導法 2 教育の方法及び技術 ( 情報機器及び教材の活用を含む ) 生徒指導 2 選択科目のうち選択必修科目として履修した科目以外から 5 科目選択必修

5 外国語コミュニケーション情報機器の操作

6 教員の養成に係る授業科目 ( 中一種免 数学 ) 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容 ( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等 教育の基礎理論に関する科目 代数学概説 2 代数学 Ⅰ 2 代数学 Ⅱ 2 代数学 Ⅲ 2 代数学特講 2 幾何学概説 2 幾何学 Ⅰ 2 幾何学 Ⅱ 2 幾何学 Ⅲ 2 幾何学特講 2 解析学概説 2 解析学 Ⅰ 2 解析学 Ⅱ 2 解析学 Ⅲ 2 解析学特講 2 確率論 2 確率論特講 2 統計学特講 2 情報数学 2 情報数学特講 2 中等数学科指導法 Ⅰ 2 中等数学科指導法 Ⅱ 2 中等数学科指導法 Ⅲ 2 中等数学科指導法 Ⅳ 2 道徳の指導法 道徳教育 2 特別活動の指導法 特別活動指導法 2 外国語コミュニケーション情報機器の操作 確率論 統計学 コンピュータ 代数学 幾何学 解析学 教育の方法及び技術 ( 情報機器及び教材の活用を含む ) 生徒指導 2 すべての選択科目から 5 科目選択必修

7 教員の養成に係る授業科目 ( 中一種免 理科 ) 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容 ( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等 教育の基礎理論に関する科目 生物学 生物学実験 ( コンピュータ活用を含む ) 地学 物理学 Ⅰ 2 物理学 Ⅱ 2 物理学 Ⅲ 2 物理学演習 Ⅰ 2 物理学演習 Ⅱ 2 物理学特講 2 物理学実験 Ⅰ 1 物理学実験 Ⅱ 1 化学 Ⅰ 2 化学 Ⅱ 2 化学 Ⅲ 2 化学演習 Ⅰ 2 化学演習 Ⅱ 2 化学特講 2 分析化学 Ⅰ 2 分析化学 Ⅱ 2 化学実験 Ⅰ 1 化学実験 Ⅱ 1 生物学 Ⅰ 2 生物学 Ⅱ 2 生物学 Ⅲ 2 生物学演習 Ⅰ 2 生物学演習 Ⅱ 2 生物学特講 2 環境生理学演習 Ⅰ 2 環境生理学演習 Ⅱ 2 動物学概論 Ⅰ 2 動物学概論 Ⅱ 2 生物学実験 Ⅰ 1 生物学実験 Ⅱ 1 地学 Ⅰ 2 地学 Ⅱ 2 地学 Ⅲ 2 地学演習 Ⅰ 2 地学演習 Ⅱ 2 地学特講 2 地学実験 Ⅰ 1 地学実験 Ⅱ 1 中等理科指導法 Ⅰ 2 物理学 物理学実験 ( コンピュータ活用を含む ) 化学 化学実験 ( コンピュータ活用を含む ) 地学実験 ( コンピュータ活用を含む ) 中等理科指導法 Ⅱ 2 中等理科指導法 Ⅲ 2 中等理科指導法 Ⅳ 2 道徳の指導法 道徳教育 2 特別活動の指導法 特別活動指導法 2 教育の方法及び技術 ( 情報機器及び教材の活用を含む ) 生徒指導 2 すべての選択科目から 8 単位選択必修

8 外国語コミュニケーション情報機器の操作

9 教員の養成に係る授業科目 ( 中一種免 音楽 ) 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容 ( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等 教育の基礎理論に関する科目 ソルフェージュⅠ 2 ソルフェージュⅡ 2 声楽 Ⅰ 2 声楽 Ⅱ 2 声楽 Ⅲ 2 合唱 Ⅰ 2 合唱 Ⅱ 2 声楽特講 2 器楽 Ⅰ 2 器楽 Ⅱ 2 器楽 Ⅲ 2 器楽 Ⅳ 2 器楽特講 2 指揮法 Ⅰ 2 指揮法 Ⅱ 2 音楽理論 音楽史 2 音楽理論 作曲法 Ⅰ 2 音楽理論 作曲法 Ⅱ 2 音楽史 Ⅰ 2 音楽史 Ⅱ 2 音楽理論特講 2 作曲法特講 2 音楽史特講 2 中等音楽科指導法 Ⅰ 2 中等音楽科指導法 Ⅱ 2 中等音楽科指導法 Ⅲ 2 中等音楽科指導法 Ⅳ 2 道徳の指導法 道徳教育 2 特別活動の指導法 特別活動指導法 2 外国語コミュニケーション 情報機器の操作 ソルフェージュ 声学 ( 合唱及び日本の伝統的な歌唱を含む ) 器楽 ( 合奏及び伴奏並びに和楽器を含む ) 指揮法 音楽理論 作曲法 ( 編曲法を含む ) 及び音楽史 ( 日本の伝統音楽及び諸民族の音楽を含む ) 教育の方法及び技術 ( 情報機器及び教材の活用を含む ) 生徒指導 2 すべての選択科目から 5 科目選択必修

10 教員の養成に係る授業科目 ( 中一種免 美術 ) 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容 ( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等 デッサン 2 西洋画基礎 2 日本画基礎 2 西洋画応用 2 西洋画専門 2 日本画応用 2 日本画専門 2 版画基礎 2 版画応用 2 造形 2 彫刻基礎 2 彫刻応用 2 彫刻専門 2 デザイン 2 グラフィックデザイン 2 工芸 2 木材工芸基礎 2 陶芸基礎 2 木材工芸応用 2 木材工芸専門 2 美術理論基礎 2 美術理論応用 2 美術理論専門 2 日本 東洋美術史概説 2 絵画論 2 彫刻論 2 中等美術科指導法 Ⅰ 2 中等美術科指導法 Ⅱ 2 中等美術科指導法 Ⅲ 2 中等美術科指導法 Ⅳ 2 道徳の指導法 道徳教育 2 特別活動の指導法 特別活動指導法 2 情報機器の操作 絵画 ( 映像メディア表現を含む ) 工芸 美術理論及び美術史 ( 鑑賞並びに日本の伝統美術及びアジアの美術を含む ) 教職の意義等に関する科目 教育の基礎理論に関する科目 外国語コミュニケーション 彫刻 デザイン ( 映像メディア表現を含む ) 教育の方法及び技術 ( 情報機器及び教材の活用を含む ) 生徒指導 2 すべての選択科目から 5 科目選択必修

11 教員の養成に係る授業科目 ( 中一種免 保健 ) 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容 ( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等 教育の基礎理論に関する科目 個人スポーツ実技 1 集団スポーツ実技 1 対人スポーツ実技 1 ダンス 表現 1 海浜スポーツ実習 2 キャンプ実習 2 スキー実習 2 スポーツ心理学 2 スポーツ社会学 2 スポーツ社会史 2 スポーツ運動学 2 トレーニング論 2 コーチング論 2 バイオメカニクス 2 スポーツ生理学 2 生理学実習 1 スポーツ解剖学 2 衛生学 公衆衛生学 2 学校保健 2 救急処置法 2 中等保健科指導法 Ⅰ 2 中等保健科指導法 Ⅱ 2 中等保健科指導法 Ⅲ 2 中等保健科指導法 Ⅳ 2 道徳の指導法 道徳教育 2 特別活動の指導法 特別活動指導法 2 教育の方法及び技術 ( 情報機器及び教材の活用を含む ) 外国語コミュニケーション情報機器の操作 実技 原理 心理学 経営管理学 社会学 及び運動学 ( 運動方法学を含む ) 生理学 ( 運動生理学を含む ) 衛生学及び公衆衛生学 学校保健 ( 小児保健 精神保健 学校安全及び救急処置を含む ) 生徒指導 2 いずれか 2 科目選択必修 すべての科目のうち選択必修科目として履修した科目以外から 8 単位選択必修

12 教員の養成に係る授業科目 ( 中一種免 技術 ) 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容 ( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等 教育の基礎理論に関する科目 木材加工 Ⅰ 2 木材加工 Ⅱ 2 設計製図 2 木材加工特講 2 金属加工 Ⅰ 2 金属加工 機械実習 2 金属加工特講 2 機械工学 Ⅰ 2 機械工学 Ⅱ 2 機械特講 2 電気工学 Ⅰ 2 電気工学 Ⅱ 2 電気実習 2 電気特講 2 栽培 2 栽培実習 2 情報工学 Ⅰ 2 情報工学 Ⅱ 2 情報実習 Ⅰ 2 情報実習 Ⅱ 2 情報特講 2 技術科指導法 Ⅰ 2 技術科指導法 Ⅱ 2 技術科指導法 Ⅲ 2 技術科指導法 Ⅳ 2 道徳の指導法 道徳教育 2 特別活動の指導法 特別活動指導法 2 教育の方法及び技術 ( 情報機器及び教材の活用を含む ) 外国語コミュニケーション情報機器の操作 木材加工 ( 製図及び実習を含む ) 金属加工 ( 製図及び実習を含む ) 機械 ( 実習を含む ) 電気 ( 実習を含む ) 栽培 ( 実習を含む ) 情報とコンピュータ ( 実習を含む ) 生徒指導 2 すべての選択科目から 4 科目選択必修

13 教員の養成に係る授業科目 ( 中一種免 家庭 ) 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容 ( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等 家庭経営学 2 家庭経営学特講 2 被服学概論 2 繊維計測学実験 2 被服製作実習 2 被服管理学 Ⅰ 2 衣生活環境学演習 Ⅰ 2 衣生活環境学演習 Ⅱ 2 被服学特講 2 食物学概論 2 栄養学 2 食品学 2 調理実習 2 食生活論 2 食生活論演習 Ⅰ 2 食生活論演習 Ⅱ 2 食物学特講 2 住環境学 2 住生活学 2 住環境実習 2 住生活環境演習 Ⅰ 2 住生活環境演習 Ⅱ 2 住居学特講 2 保育学 2 保育学特講 2 中等家庭科指導法 Ⅰ 2 中等家庭科指導法 Ⅱ 2 中等家庭科指導法 Ⅲ 2 中等家庭科指導法 Ⅳ 2 道徳の指導法 道徳教育 2 特別活動の指導法 特別活動指導法 2 外国語コミュニケーション情報機器の操作 住居学 教育の方法及び技術 ( 情報機器及び教材の活用を含む ) 家庭経営学 ( 家族関係学及び家庭経済学を含む ) 教職の意義等に関する科目 教育の基礎理論に関する科目 被服学 ( 被服製作実習を含む ) 食物学 ( 栄養学 食品学及び調理実習を含む ) 保育学 ( 実習を含む ) 生徒指導 2 すべての選択科目から 10 単位選択必修

14 教員の養成に係る授業科目 ( 中一種免 英語 ) 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容 ( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等 教育の基礎理論に関する科目 英文法基礎 2 文法論 2 言語文化論 2 英語学基礎演習 2 英語学理論演習 2 英語学特講 2 英米文学概論 2 英米文学基礎演習 2 英米文学演習 Ⅰ 2 英米文学演習 Ⅱ 2 英米文学特講 2 英作文 Ⅰ 2 英作文 Ⅱ 2 英会話 Ⅰ 2 英会話 Ⅱ 2 英会話 Ⅲ 2 英語コミ特講 2 英米文化論 2 比較文化論 2 比較文化特講 2 英語科指導法 Ⅰ 2 英語科指導法 Ⅱ 2 英語科指導法 Ⅲ 2 英語科指導法 Ⅳ 2 道徳の指導法 道徳教育 2 特別活動の指導法 特別活動指導法 2 教育の方法及び技術 ( 情報機器及び教材の活用を含む ) 外国語コミュニケーション情報機器の操作 英語学 英米文学 英語コミュニケーション 異文化理解 生徒指導 2 すべての科目のうち選択必修科目として履修した科目以外から 5 科目選択必修

15 教員の養成に係る授業科目 ( 高一種免 国語 ) 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等教育の基礎理論に関する科目 日本語学概説 2 日本文法 2 日本語学講読 2 日本語学特講 2 日本語学演習 2 日本文学史 2 近代文学概説 2 日本文学概説 2 日本文学講読 2 日本文学特講 2 日本文学演習 Ⅰ 2 日本文学演習 Ⅱ 2 漢文学概説 2 漢文学講読 2 漢文学特講 2 漢文学演習 Ⅰ 2 漢文学演習 Ⅱ 2 中等国語科指導法 Ⅰ 2 中等国語科指導法 Ⅱ 2 中等国語科指導法 Ⅲ 2 中等国語科指導法 Ⅳ 2 特別活動の指導法特別活動指導法 2 教育の方法及び技術( 情報機器及び教材の活用を含む ) 教科又は教職に関する科目 大学が加える教職に関する科目に準ずる科目 外国語コミュニケーション情報機器の操作 国語学 ( 音声言語及び文章表現に関するものを含む ) 国文学 ( 国文学史を含む ) 漢文学 生徒指導 道徳教育 2 2 すべての選択科目から 6 科目選択必修 Ⅰ Ⅱ Ⅳ から 1 科目選択必修

16 教員の養成に係る授業科目 ( 高一種免 地理歴史 ) 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等教育の基礎理論に関する科目 歴史学概論 2 日本史特講 2 日本史各論 2 日本史演習 2 東洋史特講 2 東洋史各論 2 東洋史演習 2 西洋史特講 2 西洋史各論 2 西洋史演習 2 地理学 地誌学概論 2 地理学特講 2 地理学各論 2 地理学演習 2 地誌学特講 2 地誌学各論 2 地誌学演習 2 中等社会科指導法 Ⅰ 2 中等社会科指導法 Ⅱ 2 中等社会科指導法 Ⅲ 2 中等社会科指導法 Ⅳ 2 特別活動の指導法特別活動指導法 2 教育の方法及び技術( 情報機器及び教材の活用を含む ) 教科又は教職に関する科目 大学が加える教職に関する科目に準ずる科目 情報機器の操作 外国語コミュニケーション 日本史 外国史 人文地理学及び自然地理学 地誌 生徒指導 2 道徳教育 2 すべての選択科目から 5 科目選択必修 Ⅰ Ⅱ Ⅳ から 1 科目選択必修

17 教員の養成に係る授業科目 ( 高一種免 公民 ) 法律学 ( 国際法を含む ) 政治学 ( 国際政治を含む ) 社会学 経済学 ( 国際経済を含む ) 哲学 倫理学 宗教学 心理学 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等教育の基礎理論に関する科目 法律学概論 2 政治学概論 2 法律学特講 2 法律学各論 2 法律学演習 2 政治学特講 2 政治学各論 2 政治学演習 2 社会学概論 2 経済学概論 2 社会学特講 2 社会学各論 2 社会学演習 2 経済学特講 2 経済学各論 2 経済学演習 2 哲学概論 2 哲学特講 2 哲学各論 2 哲学演習 2 倫理学特講 2 中等社会科指導法 Ⅰ 2 中等社会科指導法 Ⅱ 2 中等社会科指導法 Ⅴ 2 中等社会科指導法 Ⅵ 2 特別活動の指導法特別活動指導法 2 教育の方法及び技術( 情報機器及び教材の活用を含む ) 教科又は教職に関する科目 大学が加える教職に関する科目に準ずる科目 外国語コミュニケーション情報機器の操作 生徒指導 道徳教育 2 2 Ⅰ Ⅱ Ⅵ から 1 科目選択必修

18 教員の養成に係る授業科目 ( 高一種免 数学 ) 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等教育の基礎理論に関する科目 代数学概説 2 代数学 Ⅰ 2 代数学 Ⅱ 2 代数学 Ⅲ 2 代数学特講 2 幾何学概説 2 幾何学 Ⅰ 2 幾何学 Ⅱ 2 幾何学 Ⅲ 2 幾何学特講 2 解析学概説 2 解析学 Ⅰ 2 解析学 Ⅱ 2 解析学 Ⅲ 2 解析学特講 2 確率論 2 確率論特講 2 統計学特講 2 情報数学 2 情報数学特講 2 中等数学科指導法 Ⅰ 2 中等数学科指導法 Ⅱ 2 中等数学科指導法 Ⅲ 2 中等数学科指導法 Ⅳ 2 特別活動の指導法特別活動指導法 2 教育の方法及び技術( 情報機器及び教材の活用を含む ) 教科又は教職に関する科目 大学が加える教職に関する科目に準ずる科目 外国語コミュニケーション情報機器の操作 代数学 幾何学 解析学 確率論 統計学 コンピュータ 生徒指導 2 道徳教育 2 すべての選択科目から 5 科目選択必修 Ⅰ Ⅱ Ⅳ から 1 科目選択必修

19 教員の養成に係る授業科目 ( 高一種免 理科 ) 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等教育の基礎理論に関する科目 物理学 Ⅰ 2 物理学 Ⅱ 2 物理学 Ⅲ 2 物理学演習 Ⅰ 2 物理学演習 Ⅱ 2 物理学特講 2 化学 Ⅰ 2 化学 Ⅱ 2 化学 Ⅲ 2 化学演習 Ⅰ 2 化学演習 Ⅱ 2 化学特講 2 分析化学 Ⅰ 2 分析化学 Ⅱ 2 生物学 Ⅰ 2 生物学 Ⅱ 2 生物学 Ⅲ 2 生物学演習 Ⅰ 2 生物学演習 Ⅱ 2 生物学特講 2 環境生理学演習 Ⅰ 2 環境生理学演習 Ⅱ 2 動物学概論 Ⅰ 2 動物学概論 Ⅱ 2 地学 Ⅰ 2 地学 Ⅱ 2 地学 Ⅲ 2 地学演習 Ⅰ 2 地学演習 Ⅱ 2 地学特講 2 物理学実験 Ⅰ 1 化学実験 Ⅰ 1 生物学実験 Ⅰ 1 地学実験 Ⅰ 1 物理学実験 Ⅱ 1 化学実験 Ⅱ 1 生物学実験 Ⅱ 1 地学実験 Ⅱ 1 中等理科指導法 Ⅰ 2 中等理科指導法 Ⅱ 2 中等理科指導法 Ⅲ 2 中等理科指導法 Ⅳ 2 特別活動の指導法特別活動指導法 2 教育の方法及び技術( 情報機器及び教材の活用を含む ) 物理学 物理学実験 ( コンピュータ活用を含む ) 化学実験 ( コンピュータ活用を含む ) 生物学実験 ( コンピュータ活用を含む ) 地学実験 ( コンピュータ活用を含む ) 化学 生物学 地学 生徒指導 2 すべての科目のうち選択必修科目として履修した科目以外から 11 単位選択必修 Ⅰ Ⅱ Ⅳ から 1 科目選択必修

20 教科又は教職に関する科目 大学が加える教職に関する科目に準ずる科目 外国語コミュニケーション情報機器の操作 道徳教育 2

21 教員の養成に係る授業科目 ( 高一種免 音楽 ) 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等教育の基礎理論に関する科目 ソルフェージュⅠ 2 ソルフェージュⅡ 2 声楽 Ⅰ 2 声楽 Ⅱ 2 声楽 Ⅲ 2 合唱 Ⅰ 2 合唱 Ⅱ 2 声楽特講 2 器楽 Ⅰ 2 器楽 Ⅱ 2 器楽 Ⅲ 2 器楽 Ⅳ 2 器楽特講 2 指揮法 Ⅰ 2 指揮法 Ⅱ 2 音楽理論 音楽史 2 音楽理論 作曲法 Ⅰ 2 音楽理論 作曲法 Ⅱ 2 音楽史 Ⅰ 2 音楽史 Ⅱ 2 音楽理論特講 2 作曲法特講 2 音楽史特講 2 中等音楽科指導法 Ⅰ 2 中等音楽科指導法 Ⅱ 2 中等音楽科指導法 Ⅲ 2 中等音楽科指導法 Ⅳ 2 特別活動の指導法特別活動指導法 2 教育の方法及び技術( 情報機器及び教材の活用を含む ) 大学が加える教職に関する科目に準ずる科目 外国語コミュニケーション 情報機器の操作 ソルフェージュ 声学 ( 合唱及び日本の伝統的な歌唱を含む ) 器楽 ( 合奏及び伴奏並びに和楽器を含む ) 指揮法 音楽理論 作曲法 ( 編曲法を含む ) 及び音楽史 ( 日本の伝統音楽及び諸民族の音楽を含む ) 教科又は教職に関する科目 生徒指導 2 道徳教育 2 すべての選択科目から 5 科目選択必修 Ⅰ Ⅱ Ⅳ から 1 科目選択必修

22 教員の養成に係る授業科目 ( 高一種免 美術 ) 絵画 ( 映像メディア表現を含む ) 彫刻 デザイン ( 映像メディア表現を含む ) 美術理論及び美術史 ( 鑑賞並びに日本の伝統美術及びアジアの美術を含む ) 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等教育の基礎理論に関する科目 デッサン 2 西洋画基礎 2 日本画基礎 2 西洋画応用 2 西洋画専門 2 日本画応用 2 日本画専門 2 版画基礎 2 版画応用 2 造形 2 彫刻基礎 2 彫刻応用 2 彫刻専門 2 デザイン 2 グラフィックデザイン 2 美術理論基礎 2 美術理論応用 2 美術理論専門 2 日本 東洋美術史概説 2 絵画論 2 彫刻論 2 中等美術科指導法 Ⅰ 2 中等美術科指導法 Ⅱ 2 中等美術科指導法 Ⅲ 2 中等美術科指導法 Ⅳ 2 特別活動の指導法特別活動指導法 2 教育の方法及び技術( 情報機器及び教材の活用を含む ) 教科又は教職に関する科目 大学が加える教職に関する科目に準ずる科目 外国語コミュニケーション情報機器の操作 生徒指導 道徳教育 2 2 すべての選択科目から 5 科目選択必修 Ⅰ Ⅱ Ⅳ から 1 科目選択必修

23 教員の養成に係る授業科目 ( 高一種免 書道 ) 書論, 鑑賞 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等教育の基礎理論に関する科目 書道 Ⅰ 2 書道 Ⅱ 2 書道 Ⅳ 2 書道 Ⅲ 2 書道史 Ⅰ 2 書道史 Ⅱ 2 書論 2 鑑賞 2 日本文学史 2 日本文学概説 2 近代文学概説 2 日本文学購読 2 日本文学特講 2 日本文学演習 Ⅰ 2 日本文学演習 Ⅱ 2 漢文学概説 2 漢文学講読 2 漢文学特講 2 漢文学演習 Ⅰ 2 漢文学演習 Ⅱ 2 書道科指導法 Ⅰ 2 書道科指導法 Ⅱ 2 特別活動の指導法 特別活動指導法 2 教育の方法及び技術( 情報機器及び教材の活用を含む ) 生徒指導 教育相談及び進路指導等に関する科目 生徒指導の理論及び方法 進路指導の理論及び方法 生徒指導 2 教育相談( カウンセリングに関する基礎的な知識を含む ) の理 論及び方法 教科又は教職に関する科目 外国語コミュニケーション情報機器の操作 書道 ( 書写を含む ) 書道史 国文学, 漢文学 大学が加える教職に関する科目に準ずる科目 道徳教育 2 すべての選択科目のうち選択必修科目として履修した科目以外から 1 科目選択必修

24 教員の養成に係る授業科目 ( 高一種免 保健 ) 実技 原理 心理学 経営管理学 社会学 及び運動学 ( 運動方法学を含む ) 生理学 ( 運動生理学を含む ) 衛生学及び公衆衛生学 学校保健 ( 小児保健 精神保健 学校安全及び救急処置を含む ) 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等教育の基礎理論に関する科目 個人スポーツ実技 1 集団スポーツ実技 1 対人スポーツ実技 1 ダンス 表現 1 海浜スポーツ実習 2 キャンプ実習 2 スキー実習 2 スポーツ心理学 2 スポーツ社会学 2 スポーツ社会史 2 スポーツ運動学 2 トレーニング論 2 コーチング論 2 バイオメカニクス 2 スポーツ生理学 2 生理学実習 1 スポーツ解剖学 2 衛生学 公衆衛生学 2 学校保健 2 救急処置法 2 中等保健科指導法 Ⅰ 2 中等保健科指導法 Ⅱ 2 中等保健科指導法 Ⅲ 2 中等保健科指導法 Ⅳ 2 特別活動の指導法特別活動指導法 2 教育の方法及び技術( 情報機器及び教材の活用を含む ) 教科又は教職に関する科目 外国語コミュニケーション情報機器の操作 大学が加える教職に関する科目に準ずる科目 生徒指導 道徳教育 2 2 いずれか 2 科目選択必修 すべての科目のうち選択必修科目として履修した科目以外から 8 単位選択必修 Ⅰ Ⅱ Ⅳ から 1 科目選択必修

25 教員の養成に係る授業科目 ( 高一種免 家庭 ) 家庭経営学 ( 家族関係学及び家庭経済学を含む ) 被服学 ( 被服製作実習を含む ) 食物学 ( 栄養学 食品学及び調理実習を含む ) 住居学 ( 製図を含む ) 保育学 ( 実習及び家庭看護を含む ) 家庭電気 機械及び情報処理 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等教育の基礎理論に関する科目 家庭経営学 2 家庭経営学特講 2 被服学概論 2 繊維計測学実験 2 被服製作実習 2 被服管理学 Ⅰ 2 衣生活環境学演習 Ⅰ 2 衣生活環境学演習 Ⅱ 2 被服学特講 2 食物学概論 2 栄養学 2 食品学 2 調理実習 2 食生活論 2 食生活論演習 Ⅰ 2 食生活論演習 Ⅱ 2 食物学特講 2 住環境学 2 住生活学 2 住環境実習 2 住生活環境演習 Ⅰ 2 住生活環境演習 Ⅱ 2 住居学特講 2 保育学 2 保育学特講 2 家庭電気 機械 2 中等家庭科指導法 Ⅰ 2 中等家庭科指導法 Ⅱ 2 中等家庭科指導法 Ⅲ 2 中等家庭科指導法 Ⅳ 2 特別活動の指導法特別活動指導法 2 教育の方法及び技術( 情報機器及び教材の活用を含む ) 教科又は教職に関する科目 大学が加える教職に関する科目に準ずる科目 生徒指導 道徳教育 2 2 すべての選択科目から 6 単位選択必修 Ⅰ Ⅱ Ⅳ から 1 科目選択必修

26 外国語コミュニケーション 情報機器の操作

27 教員の養成に係る授業科目 ( 高一種免 英語 ) 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路選択に資する各種の機会の提供等教育の基礎理論に関する科目 英文法基礎 2 文法論 2 言語文化論 2 英語学基礎演習 2 英語学理論演習 2 英語学特講 2 英米文学概論 2 英米文学基礎演習 2 英米文学演習 Ⅰ 2 英米文学演習 Ⅱ 2 英米文学特講 2 英作文 Ⅰ 2 英作文 Ⅱ 2 英会話 Ⅰ 2 英会話 Ⅱ 2 英会話 Ⅲ 2 英語コミ特講 2 英米文化論 2 比較文化論 2 比較文化特講 2 英語科指導法 Ⅰ 2 英語科指導法 Ⅱ 2 英語科指導法 Ⅲ 2 英語科指導法 Ⅳ 2 特別活動の指導法特別活動指導法 2 教育の方法及び技術( 情報機器及び教材の活用を含む ) 教科又は教職に関する科目 外国語コミュニケーション情報機器の操作 英語学 英米文学 英語コミュニケーション 異文化理解 大学が加える教職に関する科目に準ずる科目 生徒指導 道徳教育 2 2 すべての科目のうち選択必修科目として履修した科目以外から 5 科目選択必修 Ⅰ Ⅱ Ⅳ から 1 科目選択必修

28 教員の養成に係る授業科目 ( 特支一種免 知 肢 病 ) 特別支援教育に関する科目 免許状に定められることとなる特別支援教育領域以外の領域に関する科目 特別支援教育の基礎理論に関する科目 特別支援教育領域に関する科目 心身に障害のある幼児 児童又は生徒の心理 生理及び病理に関する科目 心身に障害のある幼児 児童又は生徒の 心身に障害のある幼児 児童又は生徒の心理 生理及び病理に関する科目 幼児 児童又は生徒の 心身に障害のある幼児 児童又は生徒についての 特別支援教育概論 2 障害児教育学基礎理論 2 障害者生涯支援論 2 知的障害心理学 2 知的障害生理 病理学 2 肢体不自由心理 生理 病理学 2 病弱心理 生理 病理学 2 知的障害教育課程論 2 知的障害教育の理論と実際 2 肢体不自由教育指導法 2 病弱教育指導法 2 知的障害教育指導法 2 重複障害の理解と教育 1 発達障害等の理解と教育 2 視覚障害の理解と教育 1 聴覚障害の理解と教育 1 特別支援 4

< BB388F582CC977B90AC82C98C5782E98EF68BC689C896DA288BB388E78A E786C7378>

< BB388F582CC977B90AC82C98C5782E98EF68BC689C896DA288BB388E78A E786C7378> 教員の養成に係る授業科目 ( 幼一種免 ) 国語 初等国語 2 言語表現 2 算数 初等数学 2 生活 子どもの生活と環境 2 初等音楽 Ⅰ 1 3 教科 (1 教科 2 単位以上 )6 単 音楽 初等音楽 Ⅱ 1 位選択必修 音楽表現技術 2 図画工作 初等図工 2 初等 Ⅰ 1 初等 Ⅱ 1 教職に関する科目 教職の意義等に関する科目 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容( 研修 服務及び身分保障等を含む

More information

資料5-2 教員免許状取得に係る必要単位数等の概要

資料5-2 教員免許状取得に係る必要単位数等の概要 教員免許状取得に係る必要単位数等の概要 資料 5-2 教員免許状の授与を受ける場合 (1) (2) に示す単位数を修得することが必要となっ ている また 小学校 中学校の教員免許状を取得する場合には その単位に加えて (3) に示す介護等体験が必要となっている (1) 教育職員免許法第 5 条別表第 1 に定める科目 ( 教職課程において修得すべき科目 ) 第一欄 第二欄 第三欄 所要資格 基礎資格

More information

2018(H30)学則別表2新 コピー.xls

2018(H30)学則別表2新 コピー.xls 別表第 -1 教職に関する科目 ( 人間科学部経営学科 ) [ 中学校 社会 ] 教職概論 教育学概論 教育心理学 発達心理学 教育社会学 1 科目 学校経営論 以上 教育制度論 選択 教育課程論 社会科教育法 Ⅰ 社会科教育法 Ⅱ 社会科 公民科教育法 Ⅰ 社会科 公民科教育法 Ⅱ 道徳教育の指導法 教育方法論 特別活動の指導法 生徒指導論 教育相談 教育実習教職実践演習 5 教育実習 Ⅰ 5 教職実践演習

More information

教科に関する科目中一種 ( 国語 ) 学芸学部日本語日本文学科免許法施行規則に定める授業科目科目区分 国語学 ( 音声言語及び文章表現に関するものを含む ) 国文学 ( 国文学史を含む ) 漢文学 書道 ( 書写を中心とする ) 日本語学概論 Ⅰ( 含音声言語学 ) 必修 日本語学概論 Ⅱ 必修 現

教科に関する科目中一種 ( 国語 ) 学芸学部日本語日本文学科免許法施行規則に定める授業科目科目区分 国語学 ( 音声言語及び文章表現に関するものを含む ) 国文学 ( 国文学史を含む ) 漢文学 書道 ( 書写を中心とする ) 日本語学概論 Ⅰ( 含音声言語学 ) 必修 日本語学概論 Ⅱ 必修 現 教育職員免許法施行規則 66 条の 6 に定める科目 免許法施行規則に定める科目区分 日本国憲法 体育 外国語コミュニケーション 情報機器の操作 授業科目 単位数 備考 日本国憲法 必修 球技スポーツ 1 ラケットスポーツ 1 健康スポーツ 1 シーズンスポーツ 1 英語 Ⅰ 1 英語 Ⅱ 1 英語 Ⅲ 1 英語 Ⅳ 1 中国語 Ⅰ 1 中国語 Ⅱ 1 韓国 / 朝鮮語 Ⅰ 1 韓国 / 朝鮮語 Ⅱ

More information

教職課程を開設している学部・学科の専任教員数及び授業科目等_2018

教職課程を開設している学部・学科の専任教員数及び授業科目等_2018 2. 教職課程を開設している学部 学科の専任教員数及び授業科目等 教職課程開設学部 学科 免許種 区分 専任教員数 ( 延人数 ) 参照別表 教科に関する科目 英語 7 1 国語 4 2 外国語学部国際言語学科 中学校 高等学校 一種 教職に関する科目 4 3 教科又は教職に関する科目 高校のみ 栄養に係る教育に関する科目 0 4 0 5 人間科学部健康栄養学科 栄養教諭一種 教職に関する科目 5

More information

資料6-1 専修免許状取得のための必要単位数等に関する規定(抜粋)

資料6-1 専修免許状取得のための必要単位数等に関する規定(抜粋) 専修免許状取得のための必要単位数等に関する規定 ( 抜粋 ) 資料 6-1 教育職員免許法 ( 昭和二十四年法律第百四十七号 ) 第五条普通免許状は 別表第一 別表第二若しくは 別表第二の二に定める基礎資格を有し かつ 大学若しくは文部科学大臣の指定する養護教諭養成機関において別表第一 別表第二若しくは別表第二の二に定める単位を修得した者又はその免許状を授与するため行う教育職員検定に合格した者に授与する

More information

教科に関する科目 ( 経済学部教員免許取得コース ) 学校 / 社会高校 / 地歴高校 / 高 一般的包括的科目 学社会 高校地歴 高校 日本史 日本史 T 日本経済史 430 T 外国史 A( 西洋史 ) 934 T 外国史 B( 東洋史 ) 9334 T 日本史及び外国史 外国史

教科に関する科目 ( 経済学部教員免許取得コース ) 学校 / 社会高校 / 地歴高校 / 高 一般的包括的科目 学社会 高校地歴 高校 日本史 日本史 T 日本経済史 430 T 外国史 A( 西洋史 ) 934 T 外国史 B( 東洋史 ) 9334 T 日本史及び外国史 外国史 学部 学科別の教員免許状取得に必要な科目一覧 教員免許状取得を希望する方は 教員免許法に定められた に該当する 教員免許状取得に必要な科目 単位を修得する必要があります. 高教職課程 ( 経済学部 法学部 教員免許取得コース ) 教職に関する科目 ( 経済学部 法学部教員免許取得コース共通 ) 高 学社会 高 地歴 高 教職の意義及び教員の役割 教職の意義等に関する科目 教員の職務内容 ( 研修 服務及び身分保障等を含む

More information

教育学科幼児教育コース < 保育士モデル> 分野別数 学部共通 キリスト教学 英語 AⅠ 情報処理礎 子どもと人権 礎演習 ことばの表現教育 社会福祉学 英語 AⅡ 体育総合 生活 児童家庭福祉 英語 BⅠ( コミュニケーション ) 教育礎論 音楽 Ⅰ( 礎 ) 保育原理 Ⅰ 英語 BⅡ( コミュニ

教育学科幼児教育コース < 保育士モデル> 分野別数 学部共通 キリスト教学 英語 AⅠ 情報処理礎 子どもと人権 礎演習 ことばの表現教育 社会福祉学 英語 AⅡ 体育総合 生活 児童家庭福祉 英語 BⅠ( コミュニケーション ) 教育礎論 音楽 Ⅰ( 礎 ) 保育原理 Ⅰ 英語 BⅡ( コミュニ 教育学科幼児教育コース < 幼稚園教員モデル> 総合教育科目 学部共通 幼児教育コース 初等教育コース共通 幼児教育コース キリスト教学 英語 AⅠ 情報処理礎 国際理解 礎演習 ことばの表現教育 保育原理 Ⅰ 英語 AⅡ 子どもと人権 体育総合 生活 幼児教育礎演習 英語 BⅠ( コミュニケーション ) 人と環境 教育礎論 音楽 Ⅰ( 礎 ) 英語 BⅡ( コミュニケーション ) 教育制論 体育

More information

別表 3-1 教科に関する科目一覧表 中学校教諭 理科本課程に開設する対応科目及び単位数 応用生物学課程 は必修科目を示す 高等学校教諭理科 本課程に開設する対応科目及び単位数 物理学 基礎力学 () 基礎力学 () 物理学 基礎電磁気学 () 基礎電磁気学 () 物理学実験 物理学基礎実験 A()

別表 3-1 教科に関する科目一覧表 中学校教諭 理科本課程に開設する対応科目及び単位数 応用生物学課程 は必修科目を示す 高等学校教諭理科 本課程に開設する対応科目及び単位数 物理学 基礎力学 () 基礎力学 () 物理学 基礎電磁気学 () 基礎電磁気学 () 物理学実験 物理学基礎実験 A() 別表 1 教職に関する科目一覧表 印は必修科目を表す 科目 教職の意義等に関する科目 教育の基礎理論に関する科目 教育課程及び指導法に関する科目 生徒指導 教育相談及び進路指導等に関する科目 等 各科目に含める必要事項 (1) 教職の意義及び教員の役割 () 教員の職務内容 ( 研修 服務及び身分保障を含む ) (3) 進路選択に資する各種の機会の提供等 単位数 中学校教諭 左記に対応する本学部開設科目

More information

2015年度 SCスケジュール0401(一覧).xls

2015年度 SCスケジュール0401(一覧).xls 星槎学 2015/5/16( 土 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) TV( 発信 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) 星槎学 2015/6/13( 土 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) TV( 発信 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) 星槎学 2015/11/14( 土 )

More information

平成 25 年度教育課程普通科 教科科目 標準単位数 1 年 平成 25 年入学生 2 年 3 年 文系生物理系創造文化系 文系生物理系創造文化系 平成 24 年入学生 平成 23 年入学生 1 年 2 年 3 年 1 年 2 年 3 年 国語 国語表現 Ⅰ 2 E 2 E 2 E 2 E 2 国語

平成 25 年度教育課程普通科 教科科目 標準単位数 1 年 平成 25 年入学生 2 年 3 年 文系生物理系創造文化系 文系生物理系創造文化系 平成 24 年入学生 平成 23 年入学生 1 年 2 年 3 年 1 年 2 年 3 年 国語 国語表現 Ⅰ 2 E 2 E 2 E 2 E 2 国語 平成 25 年度教育課程普通科 1 年 2 年 3 年 文系生物理系創造文化系 文系生物理系創造文化系 平成 24 年入学生 平成 23 年入学生 国語 国語表現 Ⅰ 2 E 2 E 2 E 2 E 2 国語表現 Ⅱ 2 α 3 α 3 国語総合 4 5 4 4 現代文 4 3 3 3 3 古典 4 β 3 β 3 古典講読 2 2 α 2 2 α 2 国語表現 3 1 1 1 2 2 2 現代文

More information

資料7 新学習指導要領関係資料

資料7 新学習指導要領関係資料 3335 4345 5253 1011 2021 172 19117 (11/812/7 20117 20215 (2/163/16 20328 20613 201222 (12/231/21 2139 221130 1011 1 1 1 () 24 小学校の標準授業時数について 現行 改訂 学年 教科等 学年 1 2 3 4 5 6 計 1 2 3 4 5 6 計 国語 272 280 235

More information

Microsoft Word - 【再補正】長野県立大学学則案0606国内追加.docx

Microsoft Word - 【再補正】長野県立大学学則案0606国内追加.docx ( 別表 )( 第 18 条関係 ) 1 グローバルマネジメント学科 授業科目 単位数 Foundations of EnglishⅠ 1 Basic English CommunicationⅠ 1 Foundations of EnglishⅡ 1 Basic English CommunicationⅡ 1 Comprehensive EnglishⅠ 1 Academic English CommunicationⅠ

More information

sankohoki_sekokisoku

sankohoki_sekokisoku 1 章単位の修得方法等 単位の修得方法等 1 条教育職員免許法 ( 昭和 4 年法律 147 号 以下 免許法 という ) 別表一から別表八までにおける単位の修得方法等に関しては, この章の定めるところによる 単位の計算方法 1 条の 免許法別表一から別表八までにおける単位の計算方法は, 大学設置基準 ( 昭和 31 年文部省令 8 号 ) 1 条 項及び 3 項 ( 大学院設置基準 ( 昭和 49

More information

( 中高 教職に関する科目 ) 認定を受けている学部学科等の教育課程及び教員組織 ( 中高 教職に関する科目 ) 認定を受けている学部 学科等 学部 人間社会学部 学科等 人間スポーツ学科 スポーツ科学科 言語コミュニケーション学部英語コミュニケーション学科 科目各科目に含める必要事項必選 教職の意

( 中高 教職に関する科目 ) 認定を受けている学部学科等の教育課程及び教員組織 ( 中高 教職に関する科目 ) 認定を受けている学部 学科等 学部 人間社会学部 学科等 人間スポーツ学科 スポーツ科学科 言語コミュニケーション学部英語コミュニケーション学科 科目各科目に含める必要事項必選 教職の意 ( 中高 教職に関する科目 ) 認定を受けているの教育課程及び教員組織 ( 中高 教職に関する科目 ) 人間社会 人間スポーツ学科 スポーツ科学科 言語コミュニケーション英語コミュニケーション学科 科目各科目に含める要事項 教職の意義等に関する科目 等 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容 ( 研修 服務及び身分保障等を含む ) 進路択に資する各種の機会の提供等 教職概論 30 00 50 中一種免

More information

各学科 課程 専攻別開設授業科目 ( 教職関係 ) 総合情報学科 ( 昼間コース ) 中学校教諭 1 種免許状 ( 数学 ) 高等学校教諭 1 種免許状 ( 数学 ) 代数学 線形代数学第一 2 線形代数学第二 2 離散数学 2 応用代数学 2 オペレーションズ リサーチ基礎 2 数論アルゴリズム

各学科 課程 専攻別開設授業科目 ( 教職関係 ) 総合情報学科 ( 昼間コース ) 中学校教諭 1 種免許状 ( 数学 ) 高等学校教諭 1 種免許状 ( 数学 ) 代数学 線形代数学第一 2 線形代数学第二 2 離散数学 2 応用代数学 2 オペレーションズ リサーチ基礎 2 数論アルゴリズム 免許状取得に必要な履修科目 教育職員免許法施行規則に 左に該当する本学の 履修 高等学校教諭 高等学校教諭 中学校教諭 定める修得を要する科目 開設科目及び単位数 年次 専修免許状 1 種免許状 1 種免許状 教職の意義等に関する科目教職論 2 1 年 2 単位 2 単位 2 単位 教 教育原理 2 1 年 職 に教育の基礎理論に関する科教育心理学 2 1 年 6 単位 6 単位 6 単位 関目 す

More information

<4D F736F F D208BB388E788CF88F589EF89EF8B638E9197BF955C8E C4816A2E646F6378>

<4D F736F F D208BB388E788CF88F589EF89EF8B638E9197BF955C8E C4816A2E646F6378> 29 第 8 号議案 教育職員免許法並びに教育職員免許法施行法施行細則の一部改正 について このことについて 教育職員免許法並びに教育職員免許法施行法施行細則を 一部改正したいので 別紙案を添えて請議します 平成 29 年 3 月 27 日提出 教育長平松直巳 説明 この案を提出するのは 教育職員免許法施行規則の一部を改正する省令 ( 平 成 28 年文部科学省令第 20 号 ) 等に伴い 関係規定の所要の改正を行う必要

More information

教員の養成に係る授業科目

教員の養成に係る授業科目 (2) 教育職員免許状の取得について 比治山大学教職課程に関する規程 に基づき, 本学で取得できる教育職員免許状お よび免許教科の種類は, 次のとおりです 免許状の種類 免許教科 免許状授与の所要資格を取得させるための課程を置く学部 学科 コース 中学校教諭一種免許状高等学校教諭一種免許状中学校教諭一種免許状高等学校教諭一種免許状 国語国語英語英語 現代文化学部言語文化学科日本語文化コース 現代文化学部言語文化学科国際コミュニケーションコース

More information

科目等履修生特別科目等履修生特修生正科生(3年次編入学) 募集概要資格の取得について各種教員免許状 よくある質問出願書類記入例 幼稚園教諭免許取得上の注意点 1 を取得するときには 本学での科目の開設状況により 教職に関する科目 のうち 教育の基礎理論に関する科目 の単位数については 免許法施行規則

科目等履修生特別科目等履修生特修生正科生(3年次編入学) 募集概要資格の取得について各種教員免許状 よくある質問出願書類記入例 幼稚園教諭免許取得上の注意点 1 を取得するときには 本学での科目の開設状況により 教職に関する科目 のうち 教育の基礎理論に関する科目 の単位数については 免許法施行規則 はじめに科目等履修生特別科目等履修生特修生資格の取得について(2) 免許法施行規則に定める科目と本学開講科目との対照表 幼稚園教諭免許 (2018 年度入学生対象 ) 1 免許状取得における必修科目は 選択必修科目は 選択科目は で表示 2 免許法施行規則に定める科目区分の単位数欄の ( ) 内の数字は 幼稚園教諭の最低修得単位数を意味する 募出願にあたって募集概要集概要集概要募集概要募集概要募集概要各種教員免許状

More information

別表 ( 第 39 条 第 43 条 第 43 条の2 関係 ) Ⅰ の配置及び文学部共通科目 ( 英米文学科 フランス文学科 日本文学科 史学科 比較芸術学科共通 ) 共通科目 芸術文化論 Ⅰ 2 芸術文化論 Ⅱ 2 文化財科学 Ⅰ 2 文化財科学 Ⅱ 2 日本の思想 Ⅰ 2 日本の思想 Ⅱ 2

別表 ( 第 39 条 第 43 条 第 43 条の2 関係 ) Ⅰ の配置及び文学部共通科目 ( 英米文学科 フランス文学科 日本文学科 史学科 比較芸術学科共通 ) 共通科目 芸術文化論 Ⅰ 2 芸術文化論 Ⅱ 2 文化財科学 Ⅰ 2 文化財科学 Ⅱ 2 日本の思想 Ⅰ 2 日本の思想 Ⅱ 2 別表 ( 第 39 条 第 43 条 第 43 条の2 関係 ) Ⅰ の配置及び文学部外国語科目 ( 日本文学科 史学科 比較芸術学科 ) 外国語科目 外国語 Ⅰ 英語講読 Ⅰ 英語講読 Ⅱ 英作文 オーラル イングリッシュⅠA オーラル イングリッシュⅠB オーラル イングリッシュⅡA オーラル イングリッシュⅡB 日本語初級 A- 外国人留学生 ( 日本文学科 史学科 ) のみ履修可 日本語初級

More information

共科 通目 基礎情報学コンピュータ演習 -A( 絵画 映像メディア表現を含む ) コンピュータ演習 -A( デザイン 映像メディア表現を含む ) コンピュータ演習 -B( 絵画 映像メディア表現を含む ) コンピュータ演習 -B( デザイン 映像メディア表現を含む ) コンピュータ演習 -A( 絵画

共科 通目 基礎情報学コンピュータ演習 -A( 絵画 映像メディア表現を含む ) コンピュータ演習 -A( デザイン 映像メディア表現を含む ) コンピュータ演習 -B( 絵画 映像メディア表現を含む ) コンピュータ演習 -B( デザイン 映像メディア表現を含む ) コンピュータ演習 -A( 絵画 別表第 美術学部学科目 ( 総合芸術学科選択必修 ) 区分 基礎講義科目 授 業 科 目 必修 芸術文化系列 単位数 芸術科学系列 単位数 芸術学 美術史系列 単位数 単位数 哲 学 宇宙の物理 芸術学概論 哲 学 宇宙の物理 工 芸 概 説 人 間 学 現代物理 日本美術史概説 歴 史 学 現代物理 東洋美術史概説 歴 史 学 化 学 東洋美術史概説 文学概論 化 学 西洋美術史概説 美 学 現代生物学

More information

5 所要資格 基礎 免許 在職年数 有することを必要とする学校の免許状高等学校教諭普通免許状 1 基礎免許取得後 当該免許で良好な成績で勤務したことを必要とする最低在職年数以下に掲げる高等学校等における教員経験 高等学校 3 年 中等教育学校の後期課程 特別支援学校の高等部 基礎免許取得後 大学等に

5 所要資格 基礎 免許 在職年数 有することを必要とする学校の免許状高等学校教諭普通免許状 1 基礎免許取得後 当該免許で良好な成績で勤務したことを必要とする最低在職年数以下に掲げる高等学校等における教員経験 高等学校 3 年 中等教育学校の後期課程 特別支援学校の高等部 基礎免許取得後 大学等に 中学校教諭二種免許状の所要資格 1 概要高等学校教諭普通免許状取得後 高等学校に相当する学校の教員として3 年間良好な成績で勤務し かつ大学等において所定の単位 (9 単位 ) を修得した上で 教育職員検定 ( 人物 学力 実務及び身体の審査 ) に合格した者に中学校教諭二種免許状を授与します 2 在職年数の算定について (1) 在職期間の算定は 民法の期間計算の例により 日を単位として計算します

More information

11 教員免許状取得に関する単位履修要領 平成 18 年 3 月 9 日 ( 全部改正 ) 1. 学科課程と教職課程学科ごとに取得できる免許状は社会学科中学校教諭一種免許状 ( 社会 ), 高等学校教諭一種免許状 ( 地理歴史 ), 高等学校教諭免許状 ( 公民 ) 言語文化学科中学校教諭一種免許状

11 教員免許状取得に関する単位履修要領 平成 18 年 3 月 9 日 ( 全部改正 ) 1. 学科課程と教職課程学科ごとに取得できる免許状は社会学科中学校教諭一種免許状 ( 社会 ), 高等学校教諭一種免許状 ( 地理歴史 ), 高等学校教諭免許状 ( 公民 ) 言語文化学科中学校教諭一種免許状 11 教員免許状取得に関する単位履修要領 平成 18 年 3 月 9 日 ( 全部改正 ) 1. 学科課程と教職課程学科ごとに取得できる免許状は社会学科中学校教諭一種免許状 ( 社会 ), 高等学校教諭一種免許状 ( 地理歴史 ), 高等学校教諭免許状 ( 公民 ) 言語文化学科中学校教諭一種免許状 ( 国語 ), 高等学校教諭一種免許状 ( 国語 ) 中学校教諭一種免許状 ( 英語 ), 高等学校教諭一種免許状

More information

部局 科目識別 科目名 単位 科目ナンバー ASP 武道系 スポーツ実習 Ⅰ 柔道 1 ASP01511 スポーツ実習 Ⅱ 柔道 1 ASP01521 スポーツ実習 Ⅲ 柔道 1 ASP02511 スポーツ実習 Ⅳ 柔道 1 ASP02521 スポーツ実習 Ⅴ 柔道 1 ASP03511 スポーツ実

部局 科目識別 科目名 単位 科目ナンバー ASP 武道系 スポーツ実習 Ⅰ 柔道 1 ASP01511 スポーツ実習 Ⅱ 柔道 1 ASP01521 スポーツ実習 Ⅲ 柔道 1 ASP02511 スポーツ実習 Ⅳ 柔道 1 ASP02521 スポーツ実習 Ⅴ 柔道 1 ASP03511 スポーツ実 平成 30(2018) 年度開設科目科目ナンバー一覧 総合教育科目 ( 学部共通 世田谷 6 大学コンソーシアム含む 経営学部においては関連科目群 ( 専門選択科目 ) の特別講義 Ⅰ 及び Ⅲ 参照 ) 部局 科目識別 科目名 単位 科目ナンバー 部局 科目識別 科目名 単位 科目ナンバー RPL 防災 防災リーダー養成論 2 RPL01001 LAN 科学系 文系数学 ( 基礎 ) 2 LAN01001

More information

部局 科目識別 科目名 単位 科目ナンバー ASP 武道系 スポーツ実習 Ⅰ 柔道 1 ASP01511 スポーツ実習 Ⅱ 柔道 1 ASP01521 スポーツ実習 Ⅲ 柔道 1 ASP02511 スポーツ実習 Ⅳ 柔道 1 ASP02521 スポーツ実習 Ⅴ 柔道 1 ASP03511 スポーツ実

部局 科目識別 科目名 単位 科目ナンバー ASP 武道系 スポーツ実習 Ⅰ 柔道 1 ASP01511 スポーツ実習 Ⅱ 柔道 1 ASP01521 スポーツ実習 Ⅲ 柔道 1 ASP02511 スポーツ実習 Ⅳ 柔道 1 ASP02521 スポーツ実習 Ⅴ 柔道 1 ASP03511 スポーツ実 平成 30(2018) 年度開設科 科 ナンバー 覧 総合教育科目 ( 学部共通 世田谷 6 大学コンソーシアム含む ) RPL 防災 防災リーダー養成論 2 RPL01001 LAN 科学系 文系数学 ( 基礎 ) 2 LAN01001 防災リーダー養成論実習 2 RPL01002 文系数学 ( 応用 ) 2 LAN01002 LAH 思想 哲学 A 2 LAH01001 自然科学 ( 物理系 A)

More information

別表 (1) 免許状の種類及び資格 免許状の種類 所要資格 教科に関する科目 大学における最低修得単位数 教科又は 特別支援教育に関する科目 中 専修免許状修士の学位を有すること 学 校 一種免許状学士の学位を有すること 教 二種免許状短期大学士の学位を有すること

別表 (1) 免許状の種類及び資格 免許状の種類 所要資格 教科に関する科目 大学における最低修得単位数 教科又は 特別支援教育に関する科目 中 専修免許状修士の学位を有すること 学 校 一種免許状学士の学位を有すること 教 二種免許状短期大学士の学位を有すること 5. 教職科目の履修方法教員の資格を得ようとする者は 在学中に その希望する免許状の種類に応じて 免許法の定める必要単位を修得し 資格要件を満たしたのち 各都道府県教育委員会に申請することとなります (1) 免許状の種類等免許状の種類と資格は別表 (1) 本学大学院において取得できる免許状の種類及び教科は別表(2) のとおりです なお 所属研究科以外の免許状の種類及び教科であっても 他研究科開設科目の履修により要件を充たした場合

More information

イ養護教諭二種免許状 養護教諭一種免許状 養護教諭二種免許状を有する者が 養護教諭一種免許状の授与を受けようと する場合は 次の表に定めるところにより 在職年数を満たし 単位を修得し なければなりません ( 別表第 6) 養護教諭二種免許状を有する者 1 のアは 保健師助産師看護師法第 7 条に規定

イ養護教諭二種免許状 養護教諭一種免許状 養護教諭二種免許状を有する者が 養護教諭一種免許状の授与を受けようと する場合は 次の表に定めるところにより 在職年数を満たし 単位を修得し なければなりません ( 別表第 6) 養護教諭二種免許状を有する者 1 のアは 保健師助産師看護師法第 7 条に規定 (6) 養護教諭又は栄養教諭の上級免許状を取得する方法 ア養護教諭一種免許状 養護教諭専修免許状養護教諭一種免許状を有する者が 養護教諭専修免許状の授与を受けようとする場合は 次の表に定めるところにより 在職年数を満たし 単位を修得しなければなりません ( 別表第 6) 養護又は教職に関する科目 養護教諭一種免許状を有する者 3 15 1 とは 養護教諭一種免許状を取得した後に 養護をつかさどる主幹教諭

More information

<4D F736F F D A8FE38B8996C68B968FF F08EE693BE82B782E995FB9640>

<4D F736F F D A8FE38B8996C68B968FF F08EE693BE82B782E995FB9640> (2) 上級免許状等を取得する方法ア幼稚園教諭一種免許状 幼稚園教諭専修免許状幼稚園教諭一種免許状を有する者が 幼稚園教諭専修免許状の授与を受けようとする場合は 次の表に定めるところにより 在職年数を満たし 単位を修得しなければなりません ( 別表第 3) 在職年数及び単位数 教科又は教職に関する科目 幼稚園教諭一種免許状を有する者 3 15 備考 1 とは 幼稚園教諭一種免許状を取得した後に 幼稚園

More information

Microsoft Word - 農ABP2.doc

Microsoft Word - 農ABP2.doc ( 農学部 ) (ABP 留学生コースを除く ) ( 教養 ) 基軸教育 小 新入生セミナー新入生セミナー 2 選択演習 1 学部指定履修 ( 欄外の 注意 1 を参照 ) 情報処理 * 情報処理 2 選択演習 1 学部指定履修 英語 * 英語コミュニケーション Ⅰ 1 必修演習 1 英語演習 Ⅰ 1 選択必修 演習 1 この2 は 1 1 を必修とし1 を超えて修 得できない ( 英語演習 Ⅰを必ず履修すること

More information

DATA BOOK 2014 NAGOYA UNIVERSITY OF ARTS CONTENTS 02

DATA BOOK 2014 NAGOYA UNIVERSITY OF ARTS CONTENTS 02 DATA BOOK 01 DATA BOOK 2014 NAGOYA UNIVERSITY OF ARTS CONTENTS 02 03 chapter 1 P 04 chapter 2 P 28 chapter 3 P 58 chapter 4 P 72 Chapter 1 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 DATA BOOK2014_P04-27_cs55.indd

More information

5 履修年次が指定されている授業科目の規程に反して履修登録を行った場合は, 当該授業科目についての履修登録は承認されない 6 履修登録に不明確な部分がある場合は, 当該部分の履修登録は承認されない ( 履修登録の変更 ) 第 11 条いったん履修登録をした後においては, 正当な理由なしに変更, 追加

5 履修年次が指定されている授業科目の規程に反して履修登録を行った場合は, 当該授業科目についての履修登録は承認されない 6 履修登録に不明確な部分がある場合は, 当該部分の履修登録は承認されない ( 履修登録の変更 ) 第 11 条いったん履修登録をした後においては, 正当な理由なしに変更, 追加 プール学院大学教育学部履修規程 ( 目的 ) 第 1 条この規程は, プール学院大学学則第 26 条の規定に基づき, プール学院大学教育学部 ( 以下 本学部 という ) において開設する授業科目の履修に関し, 必要な事項を定めることを目的とする ( 教育課程の編成 ) 第 2 条本学部の教育課程は, 基礎教育科目, 教養科目, 専門基礎科目および専門科目からなり, 各授業科目を科目, 及び選択科目に分ける

More information

Microsoft Word - 理ABP2.doc

Microsoft Word - 理ABP2.doc ( 理学部 ) (ABP 留学生コースを除く ) ( 教養科目 ) 科目区分 基軸教育新入生セミナー新入生セミナー 2 演習 1 学部指定履修科目 ( 欄外の 注意 1 を参照 ) 科目情報処理 * 情報処理 2 演習 1 学部指定履修科目 英語 * 英語コミュニケーション Ⅰ 1 演習 1 英語演習 Ⅰ 1 演習 1 この2 科目は 1 科目 1 をとし1 を超えて修 得できない ( 英語演習 Ⅰを必ず履修すること

More information

小学校教諭 免許状取得課程 ( 課程正科生 ) 区分法定科目区分開講科目 大学課程正科生 単位数 履修一年次小二通信面接教小科及び教職に関する科目教科及び教科の指導法に関する科目 [ 第二欄 ] 教育の基礎的理解に関する科目 教科に関する専門的事項 教育の理念並びに教育に関する歴史及び思想 教育に関

小学校教諭 免許状取得課程 ( 課程正科生 ) 区分法定科目区分開講科目 大学課程正科生 単位数 履修一年次小二通信面接教小科及び教職に関する科目教科及び教科の指導法に関する科目 [ 第二欄 ] 教育の基礎的理解に関する科目 教科に関する専門的事項 教育の理念並びに教育に関する歴史及び思想 教育に関 幼科及び教職に関 幼稚園教諭 免許状取得課程 ( 課程正科生 ) 区分 法定科目区分 開講科目 単位数二通信 履修一年次幼国 語 初等教科研究 国語 2 3 算 数 初等教科研究 数学 2 3 生 活 初等教科研究 生活 2 3 初等教科研究 音楽実技 Ⅰ 2 3 4 初等教科研究 音楽実技 Ⅱ 2 3 4 領域に関する音楽初等教科研究 音楽理論 Ⅰ 1 3 専門的事項初等教科研究 音楽理論 Ⅱ 1

More information

< E89BB A838A834C D E786C73>

< E89BB A838A834C D E786C73> 応用化学科 カリキュラムマップ ( 共通教養科目 ) 授業科目名 単位数 必修 選択の別 学年 学期 C D E F G H 113 自校学習 1 選択科目 1 年 前期 112 人権と社会 1 2 113 人権と社会 2( 受講するには 人権と社会 1 を履修しなければならない ) 112 暮らしのなかの憲法 2 112 住みよい社会と福祉 2 112 現代社会と法 2 122 環境と社会 2 122

More information

1 大学等を卒業して小学校教諭普通免許状を取得する ( 免許法別表第 1) 基礎資格 種類 基礎資格 専修 修士の学位 ( 大学 ( 短期大学を除く ) の専攻科又は大学院に1 年以上在学し,30 単位以上修得した場合を含む ) 一種 学士の学位 ( 学校教育法第 102 条第 2 項により大学院へ

1 大学等を卒業して小学校教諭普通免許状を取得する ( 免許法別表第 1) 基礎資格 種類 基礎資格 専修 修士の学位 ( 大学 ( 短期大学を除く ) の専攻科又は大学院に1 年以上在学し,30 単位以上修得した場合を含む ) 一種 学士の学位 ( 学校教育法第 102 条第 2 項により大学院へ 小学校教諭普通免許状の取得 所有する免許等により, 様々な取得方法があります 次により該当するページをクリックしてください〇大学等を卒業して初めて免許状を取得する方, すでに取得した免許状の単位を流用して免許状を取得する方は, 別表第 1(2ページ ) を参照してください (1) 小学校教諭二種免許状 別表第 1(2 ページ ) の他に, 在職年数を利用して, 表の方法により取得することもできます

More information

英語英米文学科中学校 高等学校 ( 英語 ) オーラル コミュニケーション 2 1 ミラー他 免許法に規程されている科目 必修 選択 英語学 英語学概論 4 1 宮下治政 英米文学 イギリス文学概論 4 1 菅野素子 アメリカ文学概論 4 1 深谷素子 英語コミュニケーション 社会言語学研究 4 3

英語英米文学科中学校 高等学校 ( 英語 ) オーラル コミュニケーション 2 1 ミラー他 免許法に規程されている科目 必修 選択 英語学 英語学概論 4 1 宮下治政 英米文学 イギリス文学概論 4 1 菅野素子 アメリカ文学概論 4 1 深谷素子 英語コミュニケーション 社会言語学研究 4 3 教員養成のための授業科目ごとの授業の方法及び内容並びに年間の授業計画 教職課程の科目及び担当 日本文学科中学校 高等学校 ( 国語 ) 英語 Ⅱ 2 1 宮下治政他 免許法に規程されている科目 必修 選択 国語学 日本語学概論 4 2 小林恭治 屋名池誠 日本語史 4 2 広瀬満希子 日本語学演習 4 2 須藤敬 広瀬満希子 国文学 国文学概論 4 2 神林尚子 石澤一志 国文学史 8 2 高田信敬他

More information

公式WEBサイト_取得できる免許・資格(H27入学生~)Ver_02

公式WEBサイト_取得できる免許・資格(H27入学生~)Ver_02 教育職員免許状 ( 学部 ) 学校教育系の学生は 卒業要件を満たすと 指定された教育職員免許状を取得することができます その他に各専攻 選修で取得可能な教育職員免許状があります 教育支援系の学生は 教育職員免許状取得が卒業要件とはなっていませんが 所定の単位を修得すれば各課程 専攻で定められた教育職員免許状を取得することもできます 学校教育系 初等教育教員養成課程 選修卒業要件 国語 社会 数学 理科

More information

数学(中学校一種 高等学校一種) 以上次配当の必修科目すべての修得を含む) 以上 以上 教科に関する科目 理学部数理 物理学科 (0 年度入学者から適用 ) 免許法に規定された科目 年次 年次 年次 年次 注 単 要件 代数学 集合論 線形代数 Ⅲ 代数学 Ⅰ 代数学 Ⅱ 代数学応用 位 (0 以上

数学(中学校一種 高等学校一種) 以上次配当の必修科目すべての修得を含む) 以上 以上 教科に関する科目 理学部数理 物理学科 (0 年度入学者から適用 ) 免許法に規定された科目 年次 年次 年次 年次 注 単 要件 代数学 集合論 線形代数 Ⅲ 代数学 Ⅰ 代数学 Ⅱ 代数学応用 位 (0 以上 -7 理学部 教科に関する科目 履修方法と留意事項 取得できる教員免許状 数理 物理学科は, 中学校教諭一種 数学 理科 高等学校教諭一種 数学 理科 の免許状を, 情報科学科は, 中学校教諭一種 数学 高等学校教諭一種 数学 情報 の免許状を, 化学科と生物科学科は中学校教諭一種 高等学校教諭一種 理科 の免許状を取得できます 必要な科目と数 教員のためには, 66 条科目, 教職に関する科目,

More information

5 大学において修得することを必要とする最低単位数 免許状の種類 基礎資格 教職に関する科目 教科に関する科目 教科又は教職に関する科目 合計 A 表中, 幼一種免に必要な科目から 学士の学 A 表中, 幼一種免 C 表中, 幼一種免 37を超えて修得した単位 一種位を有すに必要な科目からに必要な科

5 大学において修得することを必要とする最低単位数 免許状の種類 基礎資格 教職に関する科目 教科に関する科目 教科又は教職に関する科目 合計 A 表中, 幼一種免に必要な科目から 学士の学 A 表中, 幼一種免 C 表中, 幼一種免 37を超えて修得した単位 一種位を有すに必要な科目からに必要な科 07 履修の手引 平成 9 年度入学者適用 愛媛大学教育学部 5 大学において修得することを必要とする最低単位数 免許状の種類 基礎資格 教職に関する科目 教科に関する科目 教科又は教職に関する科目 合計 A 表中, 幼一種免に必要な科目から 学士の学 A 表中, 幼一種免 C 表中, 幼一種免 37を超えて修得した単位 一種位を有すに必要な科目からに必要な科目から C 表中,6を超えて修得した単位

More information

教科に関する科目 中一種免 ( 社会 ) 人文学部現代文化学科 免許法施行規則に定める科目本学で開設する授業科目科目授業科目単位年次 日本史概論 世界史概論先史文化論 日本史及び外国史 古学北海道の古学と文化遺産 近現代日本史和の精神史 アジアの歴史欧米の歴史 社会思想史 人文地理学 地理学地誌を含

教科に関する科目 中一種免 ( 社会 ) 人文学部現代文化学科 免許法施行規則に定める科目本学で開設する授業科目科目授業科目単位年次 日本史概論 世界史概論先史文化論 日本史及び外国史 古学北海道の古学と文化遺産 近現代日本史和の精神史 アジアの歴史欧米の歴史 社会思想史 人文地理学 地理学地誌を含 履修科目 [0-7 年度入学生 ] 中学校一種免許状 ( 社会 ) 高等学校一種免許状 ( 公民 ) 教職に関する科目 中一種免 ( 社会 ) 高一種免 ( 公民 ) 人文学部現代文化学科 心理学科臨床心理専攻 免許法施行規則に定める科目区分等本学で開設する授業科目開講年 期 科目各科目に含める必要事項単位授業科目単位年次学期 教職の意義等に関 する科目 教育の基 礎理論に関する科 目 教職の意義及び教員の役割

More information

ライフプランニング学科ライフデザインコース 学科 専攻名ミッション ( 教育目標 ) 到達目標到達目標に対応する授業科目 年 年 3 年授業科目春春春春組織のミッション到達目標 ( 綱 ) 到達目標 ( 細 ) 科目区分 科目区分 科目区分 3 家庭を経営する専門的知識と能力を身につけている に関す

ライフプランニング学科ライフデザインコース 学科 専攻名ミッション ( 教育目標 ) 到達目標到達目標に対応する授業科目 年 年 3 年授業科目春春春春組織のミッション到達目標 ( 綱 ) 到達目標 ( 細 ) 科目区分 科目区分 科目区分 3 家庭を経営する専門的知識と能力を身につけている に関す 平成 30 年度入学生カリキュラム学科 専攻名ライフプランニング学科ライフデザインコースミッション ( 教育目標 ) 到達目標到達目標に対応する授業科目 年 年 3 年授業科目春春春春組織のミッション到達目標 ( 綱 ) 到達目標 ( 細 ) 科目区分 科目区分 科目区分 3 理想の暮らしを実現するために 自ら人生をデザインできる能力を身につけて卒業できることを約束します の専門家として もしくは食の専門家として自身の暮らしはもとより

More information

Microsoft Word doc

Microsoft Word doc ( 情報学部 ) (ABP 留学生コースを除く ) ( 教養科目 ) 科目単選択 必修授業履修小科目区分授業科目区分位の別形態年次 基軸教育新入生セミナー新入生セミナー 2 選択演習 1 学部指定履修科目 ( 欄外の 注意 1 を参照 ) 科目情報処理 * 情報処理 2 選択演習 1 現代教養 英語 * 英語コミュニケーション Ⅰ 1 必修演習 1 英語演習 Ⅰ 1 選択必修 演習 1 この2 科目は

More information

( 幼 教科又は教職に関する科目 ) 認定を受けている学部学科等の教育課程及び教員組織 ( 教科又は教職に関する科目 ) 認定を受けている学部 学科等 入学定員 80. 免許状取得に必要な最低修得単位数. 学位 教科又は教職に関する科目 0 単位学士 ( 教育学 ) 免許法施行規則に定める科目区分

( 幼 教科又は教職に関する科目 ) 認定を受けている学部学科等の教育課程及び教員組織 ( 教科又は教職に関する科目 ) 認定を受けている学部 学科等 入学定員 80. 免許状取得に必要な最低修得単位数. 学位 教科又は教職に関する科目 0 単位学士 ( 教育学 ) 免許法施行規則に定める科目区分 ( 幼 教科に関する科目 ) 認定を受けている学部学科等の教育課程及び教員組織 ( 幼 教科に関する科目 ) 認定を受けている学部 学科等 入学定員 80. 免許状取得に必要な最低修得単位数. 学位 教科に関する科目 6 単位学士 ( 教育学 ) 認定を受けて免許法施行規則に定め共通いる免許状のる単位数開設種類科目区分授業科目学校学科必修 選択 種等 等 幼一種免 国 語 国語の基礎 小 教授准教授講師助教

More information

履修モデル 1 短期大学士 ( ) 二種免許状 保育士 認定ベビーシッター の区分 資格 単位数保育士 資格必要単位数 保育士 認定ベビーシッター 卒修業科選目択必 個々の学生の得意な分野を伸ばし 魅力のある保育者を育てる 子どもの保健 Ⅰ 1 必修 必修 4 保育原理 1 必修 必修 2 児童家庭

履修モデル 1 短期大学士 ( ) 二種免許状 保育士 認定ベビーシッター の区分 資格 単位数保育士 資格必要単位数 保育士 認定ベビーシッター 卒修業科選目択必 個々の学生の得意な分野を伸ばし 魅力のある保育者を育てる 子どもの保健 Ⅰ 1 必修 必修 4 保育原理 1 必修 必修 2 児童家庭 幼児教育科 履修モデル について幼児教育科は2 年間で短期大学士 ( ) 二種免許状 保育士 認定ベビーシッター等の資格が取得できる科です 科の目的は 就学前の子どもの教育や保育についての専門教育と研究を行い 教育 保育実践力の向上と一人ひとりの個性を伸ばして 社会のニーズに応えられる資質の高い教諭 及び保育士の育成 としています これは 二種免許状 保育士などの資格を取得するとともに 教育や保育について考える力を養うための基礎的研究を行い

More information

データ解析分野 () 履修モデル 公開日 : 平成 0 月 日 アナリスト コンサルタント系 ( コンサルティング 証券 銀行マーケティング分析金融データ分析データサイエンティスト税理士 会計士ビッグデータ解析 データアナリストとして経営企画 戦略の立案 評価をする 学 専門 & ( 選択および選択

データ解析分野 () 履修モデル 公開日 : 平成 0 月 日 アナリスト コンサルタント系 ( コンサルティング 証券 銀行マーケティング分析金融データ分析データサイエンティスト税理士 会計士ビッグデータ解析 データアナリストとして経営企画 戦略の立案 評価をする 学 専門 & ( 選択および選択 データ解析分野 () 履修モデル 公開日 : 平成 0 月 日 システム開発系 ( メーカー 金融機関 ) マーケティングシステム e コマース金融システム システムエンジニアとしてマーケティング 金融システムを設計 開発する 学 一般 ( 必修 ) 一般 ( 選択 ) 一般 ( 選択 )( 次以降 ) 英語 ( 必修 ) 英語 ( 選択 ) 専門基礎 ( 必修 ) 専門基礎 ( 選択必修もしくは選択

More information

1 教科に関する科目 ( 中学校 高等学校 ) の履修方法 < 国語 > 免許法施行規則に単中学校 1 種中学校 種高等学校 1 種定める科目区分授業科目位数科目必修選択必修必修選択必修必修選択必修 国語学 ( 音声言語及び日本語学概論 文章表現に関するもの日本語文化論 を含む ) 日本語学 Ⅰ 日

1 教科に関する科目 ( 中学校 高等学校 ) の履修方法 < 国語 > 免許法施行規則に単中学校 1 種中学校 種高等学校 1 種定める科目区分授業科目位数科目必修選択必修必修選択必修必修選択必修 国語学 ( 音声言語及び日本語学概論 文章表現に関するもの日本語文化論 を含む ) 日本語学 Ⅰ 日 教育職員免許状取得に必要な科目 単位等 ( 平成 8 年度入学者用 ) 教育職員免許状の授与を受けるためには, 基礎資格 ( 学士の学位を有すること等 ) を有し, 大学において所定の科目 単位を修得しなければなりません 詳細については, 教育職員免許法等について を参照すること 教科及び教職に関する科目の所要 ( 教育職員免許法別表第 1 関係 ) 免許法で定める最低取得 免許状の種類 教科に関する科目

More information

幼児教育学科 平成 7 年度入学者対象 ( 学生番号 5 ) < 卒業に必要な単位数 > 科目区分 単位数 必修科目 専門教育科目 8 外国語科目 4 単位 専門教育科目 66 選択必修科目 共通教育科目 0 88 単位以上 健康スホ ーツ科目 専門教育科目 共通教育科目外国語科目 選択科目 健康ス

幼児教育学科 平成 7 年度入学者対象 ( 学生番号 5 ) < 卒業に必要な単位数 > 科目区分 単位数 必修科目 専門教育科目 8 外国語科目 4 単位 専門教育科目 66 選択必修科目 共通教育科目 0 88 単位以上 健康スホ ーツ科目 専門教育科目 共通教育科目外国語科目 選択科目 健康ス 幼児教育学科 幼児教育学科 平成 7 年度入学者対象 ( 学生番号 5 ) < 卒業に必要な単位数 > 科目区分 単位数 必修科目 専門教育科目 8 外国語科目 4 単位 専門教育科目 66 選択必修科目 共通教育科目 0 88 単位以上 健康スホ ーツ科目 専門教育科目 共通教育科目外国語科目 選択科目 健康スホ ーツ科目他学科開設科目教職 資格関係科目 4 単位以上 合 計 4 単位以上 幼児教育学科

More information

2 次 2 次 率 2 次 2 次 大阪教育 ( 教育 - 小中 - 保健体育 ) 69 ( 教育 - 中等 - 保健体育 ) 奈良教育 ( 教育 - 教科 - 英語 ( 中 )) 55.0 山口 ( 教育 - 学校 - 国語 ) 50.0 ( 教育 - 学校 - 英語 ) 52.5 福岡教育 (

2 次 2 次 率 2 次 2 次 大阪教育 ( 教育 - 小中 - 保健体育 ) 69 ( 教育 - 中等 - 保健体育 ) 奈良教育 ( 教育 - 教科 - 英語 ( 中 )) 55.0 山口 ( 教育 - 学校 - 国語 ) 50.0 ( 教育 - 学校 - 英語 ) 52.5 福岡教育 ( 2 次 2 次 率 2 次 2 次 85 金沢 ( 文系一括 ) 東京学芸 ( 教育 - 中等 - 数学 ) 60.0 81 東京学芸 ( 教育 - 中等 - 数学 ) 東京学芸 ( 教育 - 中等 - 英語 ) 62.5 80 東京学芸 ( 教育 - 中等 - 社会 ) 東京学芸 ( 教育 - 中等 - 社会 ) 62.5 79 東京学芸 ( 教育 - 初等 - 学校心理 ) 78 信州 ( 教育

More information

1 教養科目 ( 基礎教育科目 ) 必修 選択必修 1 年次 年次 東京音楽大学入門講座 心理学 宗教学 哲学 倫理学 応用倫理学 日本 東洋文学 西洋文学 芸術学 日本史 西洋史 東洋史 日本文化論 西洋文化論 東洋文化論 環境と経済 現代社会と法 憲法 数学 宇宙科学 自然科学 日本語表現法 教

1 教養科目 ( 基礎教育科目 ) 必修 選択必修 1 年次 年次 東京音楽大学入門講座 心理学 宗教学 哲学 倫理学 応用倫理学 日本 東洋文学 西洋文学 芸術学 日本史 西洋史 東洋史 日本文化論 西洋文化論 東洋文化論 環境と経済 現代社会と法 憲法 数学 宇宙科学 自然科学 日本語表現法 教 カリキュラム マップ 1 教養科目 ( 基礎教育科目 ) 外国語 ( 基礎教育科目 ) 3 声楽専攻 ( 声楽演奏家コース ) 声楽専攻 ( 声楽 ) 5 器楽専攻 ( ピアノ演奏家コース / ピアノ演奏家コース エクセレンス ) 6 器楽専攻 ( ピアノ ) 7 器楽専攻 ( チェンバロ オルガン ) 8 器楽専攻 ( 弦楽器 ) 9 器楽専攻 ( 管打楽器 ) 10 作曲指揮専攻 ( 作曲 芸術音楽コース

More information

総合マネジメント学部産業福祉マネジメント学科 ( 平成 20 年 4 月以降に入学した者に限る ) 学科目の項 1 及び 9 については 平成 24 年 4 月 1 日より科目名変更 1 労働基準法 ( 又は労働法 Ⅰ 及び Ⅱ) [H24.4 より前 ] 労働基準法 [H24.4 以降 ] 2 労

総合マネジメント学部産業福祉マネジメント学科 ( 平成 20 年 4 月以降に入学した者に限る ) 学科目の項 1 及び 9 については 平成 24 年 4 月 1 日より科目名変更 1 労働基準法 ( 又は労働法 Ⅰ 及び Ⅱ) [H24.4 より前 ] 労働基準法 [H24.4 以降 ] 2 労 別紙 労働安全衛生規則第 62 条に基づく別表第四第一種衛生管理者免許の項下欄第三号 ( 学校教育法による大学において 保健衛生に関する学科を専攻して卒業した者 ( 大学評価 学位授与機構により学士の学位を授与された者 ( 当該学科を専攻した者に限る ) で労働衛生に関する講座又は学科目を修めたもの ) に該当する学科等について 本表 ( 平成 30 年 8 月 22 日現在 ) に示された学科を専攻して卒業した者で

More information

第 3 節 中学校 1 取得方法の概要 (1) 免許状の種類 免許状 ア 中学校教諭 2 種免許状 ( 平成元年 3 月 31 日までの名称は 中学校教諭 2 級普通免許状 ) イ 中学校教諭 1 種免許状 ( 平成元年 3 月 31 日までの名称は 中学校教諭 1 級普通免許状 ) の種類 ウ 中学校教諭専修免許状 ( 平成元年 4 月 1 日から新設 ) 教科等 ア 教科 国語 社会 数学 理科

More information

3 1. 社会福祉専攻社会福祉コース 社会福祉士受験資格 + 福祉科教諭一種教員免許状 高校 モデル 基科礎目 ション 健康 コミュ ニケー 教養 年次 ソーシャルワーク演習 Ⅰ ソーシャルワーク演習 Ⅱ 社会福祉入門 情報処理演習 Ⅰ * 4 要履修 4 10 健康 スポーツ * 1 アメリカの文化と言語 Ⅰ* アメリカの文化と言語 Ⅱ 文章表現 心理学概論 医学概論 社会学概論 学概論 法学 憲法

More information

<4D F736F F D CA8E C782DD91D682A6955C82C882C7>

<4D F736F F D CA8E C782DD91D682A6955C82C882C7> 小学校の一種免許状の取得方及び旧下で修得した科目の読み替え表 別紙 2 の 1 教育職員免許の改正により 今後の単位修得方は下表 A のとおりとなります その場合 旧下で修得した B に掲げるそれぞれの科目 ( 本県の認定講習において 平成 11 年度以前に修得した科目 ) の単位は 下表のように A に掲げる科目 ( 規則に規定する科目 ) の単位に読み替えることができます A 規則 ( 免許施行規則

More information

区分 最卒低業資格数 セメ セメ 基本 現代社会と文化 身体学基礎日本事情 日本語 (())環境思想史 日本文化史 平和学 宗教と人間 イ 日本と西洋 日本と中国 日本と韓国 朝鮮 日本国憲法 世界の政治 文化人類学 都市と農村 民族とマイノリティ 8 ジェンダー論 以 イ 心理学概論 上 ロ スポ

区分 最卒低業資格数 セメ セメ 基本 現代社会と文化 身体学基礎日本事情 日本語 (())環境思想史 日本文化史 平和学 宗教と人間 イ 日本と西洋 日本と中国 日本と韓国 朝鮮 日本国憲法 世界の政治 文化人類学 都市と農村 民族とマイノリティ 8 ジェンダー論 以 イ 心理学概論 上 ロ スポ 生活環境学 (1) 基本 ( 数を でかこんだものは必修 ) 区分 最卒低業資格数 セメ セメ 人間環境学概論 文化環境学概論 基本 人間環境の基礎 コミュニ ケーション英語 言語文化 必 )身体環境学概論 生活環境学概論 8 (経済学の基礎 修を ロ 社会学の基礎 含 ロ 歴史学の基礎 む 健康管理の基礎 ) 心理学の基礎 以上 体育学の基礎 身体学の基礎 データ処理の基礎 化学の基礎 生物学の基礎

More information

体育学部 平成 30 年度前期火曜日時間割 スホ ーツ医学 2 A21-26 トレーニンク 実践演習 2 A21-23 スホ ーツ生理学 2 A21-26 文学 2 A21-26 スホ ーツ生理学 2 A27-32 専門運動方法 ( トランホ リン ) 2 A24-26 文学 2 A27-32 トレ

体育学部 平成 30 年度前期火曜日時間割 スホ ーツ医学 2 A21-26 トレーニンク 実践演習 2 A21-23 スホ ーツ生理学 2 A21-26 文学 2 A21-26 スホ ーツ生理学 2 A27-32 専門運動方法 ( トランホ リン ) 2 A24-26 文学 2 A27-32 トレ 体育学部 平成 30 年度前期月曜日時間割 運動方法 水泳 1 A21.22 運動方法 武道 ( 剣道 ) 1 A21-26 運動方法 卓球 1 A21-26 運動方法 体つくり運動 ( 体操 ) 1 A21.22 運動方法 タ ンス ( フォークタ ンスを含む ) 1 A23.24 運動方法 武道 ( 柔道 ) 1 A21-26 運動方法 ハ ト ミントン 1 A21-26 運動方法 水泳 1 A23.24

More information

< 表 4 > 工業 の教科又は教職に関する科目 教育職員免許状の種類授業科目最低単位数 高一種免 工業 < 表 5 > 工業 の教科に関する科目 ( 授業科目 ) 機械工学科, 電気電子工学科, 環境建設工学科及び機能材料工学科 で開設する専門教育科目 表 5 機械工学科電気電子工学科環境建設工学

< 表 4 > 工業 の教科又は教職に関する科目 教育職員免許状の種類授業科目最低単位数 高一種免 工業 < 表 5 > 工業 の教科に関する科目 ( 授業科目 ) 機械工学科, 電気電子工学科, 環境建設工学科及び機能材料工学科 で開設する専門教育科目 表 5 機械工学科電気電子工学科環境建設工学 < 表 1 > 工業 の教科に関する科目 1 科目の区分 授業科目 単位数 週授業時数 1 年 2 年 3 年 4 年前後前後前後前後 職業指導職業指導概論 2 2 備 考 < 表 2 > 工業 の教科に関する科目 2 科目の区分 高一種免 工業 授業科目最低単位数 工業の関係科目 機械工学科, 電気電子工学科, 環境建設工学科及び機能材料工学科 で開設する専門教育科目 表 5 18 < 表 3 >

More information

平成 28 年度大分大学入学者選抜における実施教科 科目等について ( 予告 ) 平成 27 年 8 月大分大学 平成 28 年度入学者選抜 ( 一般入試 大学入試センター試験を課す推薦入試及びAO 入試 ) における大学入試センター試験の利用教科 科目及び個別学力検査等の出題教科 科目については,

平成 28 年度大分大学入学者選抜における実施教科 科目等について ( 予告 ) 平成 27 年 8 月大分大学 平成 28 年度入学者選抜 ( 一般入試 大学入試センター試験を課す推薦入試及びAO 入試 ) における大学入試センター試験の利用教科 科目及び個別学力検査等の出題教科 科目については, 平成 28 年度大分大学入学者選抜における実施教科 科目等について ( 予告 ) 平成 27 年 8 月大分大学 平成 28 年度入学者選抜 ( 一般入試 大学入試センター試験を課す推薦入試及びAO 入試 ) における大学入試センター試験の利用教科 科目及び個別学力検査等の出題教科 科目については, 次のとおり公表します なお, 現時点 ( 平成 27 年 8 月 ) での内容であり, 今後, 変更する可能性もありますので,

More information

学士課程 1 年次学士課程 2 年次学士課程 3 4 年次修士課程 1 年次修士課程 2 年次前期後期前期後期前期後期前期後期前期後期 必修科目選択必修科目選択科目 必修科目 選択必修科目 選択科目 経営戦略を学ぶ 経営戦略のたて方とその実行方法をグローバルな視点で学ぶ 経営学入門 経営学入門 経営

学士課程 1 年次学士課程 2 年次学士課程 3 4 年次修士課程 1 年次修士課程 2 年次前期後期前期後期前期後期前期後期前期後期 必修科目選択必修科目選択科目 必修科目 選択必修科目 選択科目 経営戦略を学ぶ 経営戦略のたて方とその実行方法をグローバルな視点で学ぶ 経営学入門 経営学入門 経営 経営学部 ( 平成 28 年度以降入学者適用 ) 学士課程 1 年次学士課程 2 年次学士課程 3 年次学士課程 4 年次修士課程 1 年次 修士課程 2 年次 必修科目選択必修科目選択科目必修科目選択必修科目選択科目 卒業論文を作成する 将来を考える 卒業論文を作成する将来を考える キャリアデザイン キャリアデザイン キャリアデザイン Ⅲ 特別講義 ゼミナール A ゼミナール サマーインターンシップ

More information

Microsoft Word docx

Microsoft Word docx 別表 Ⅰ-A 学校教育教員養成課程履修基準 () 卒業所要単位数 (ABP 留学生コースを 除く ) 科目区分及び必修 選択の別 必修及び選 択の単位数 備考 英語 基軸教育科目 初修外国語 情報処理 教養科目 必修 選択 現代教養科目 教職等資格科目 基軸教育科目 ( 学部指定履修科目 ) 健康体育 個別分野科 目 4 学際科目 教職教養科 目 小計 0 初修外国語 新入生セミ ナー 6 * 教育の原理

More information

< F838A F838B815B838B81698A A2E786C7378>

< F838A F838B815B838B81698A A2E786C7378> 法学部ナンバリングコード付番ルール ( 例憲法 Ⅰ 011-A-110 法学科が開設した必修の入門的 基礎的内容の科目 ) 1 開設部門コード法学部共通 010 法学科 011 政治学科 012 3 通し番号 法学部共通 (010) 100 番台 入門的 基礎的内容 ( 主として大学 1 2 年次での履修が望ましい科目 ) 200 番台 300 番台法学科 (011) 100 番台 200 番台 300

More information

Microsoft Word doc

Microsoft Word doc 工学部 (ABP 留学生コースを除く ) ( 教養 ) 基軸教育 小 単位 選択 必修の別 新入生セミナー新入生セミナー 必修演習 情報処理 * 情報処理 2 必修演習 英語 * 英語コミュニケーション Ⅰ 必修演習 英語演習 Ⅰ 選択必修 演習 この2 は 単位を必修とし 単位を超えて単位修得できない ( 英語演 習 Ⅰを必ず履修すること 不可の場合は再履修できないので 基礎英語演習を履 基礎英語演習

More information

< 教科に関する科目 > 免許状の種類 中一種 ( 数学 ) 高一種 ( 数学 ) 教育職員免許法施行規則で定める科目 代数学 離散系論 3 オートマトンと言語理論 3 幾何学 位相幾何学概論 計算幾何学 (018 年度廃止 ) ( 1) ビジュアルコンピューティングのための幾何学 応用幾何とトポロ

< 教科に関する科目 > 免許状の種類 中一種 ( 数学 ) 高一種 ( 数学 ) 教育職員免許法施行規則で定める科目 代数学 離散系論 3 オートマトンと言語理論 3 幾何学 位相幾何学概論 計算幾何学 (018 年度廃止 ) ( 1) ビジュアルコンピューティングのための幾何学 応用幾何とトポロ Ⅱ-ⅳ 教職課程 1 教育職員免許状 取得できる免許状の種類中学校教諭一種免許状 ( 数学 ) 高等学校教諭一種免許状 ( 数学 ) 高等学校教諭一種免許状 ( 情報 ) 履修科目 教育職員免許法により 教員免許状を取得するには 取得する免許の種類に応じて 以下に定める所定の単 位数を修得する必要があります 中学校一種 高等学校一種 教科に関する科目 0 0 教職に関する科目 31 3 教科又は教職に関する科目

More information

児童教育学科カリキュラムポリシー全学共通の基礎教育 武蔵野 BASIS を学び 自己基礎力を培ったうえで 次のように各学年で学修を積み重ねます 1 年次は 4 年間の学修の見通しを立て 乳児期から青年期までの発達の基礎や保育 教育の原理を理解します 2 年次は 子どもの発達過程や個人差に応じた保育

児童教育学科カリキュラムポリシー全学共通の基礎教育 武蔵野 BASIS を学び 自己基礎力を培ったうえで 次のように各学年で学修を積み重ねます 1 年次は 4 年間の学修の見通しを立て 乳児期から青年期までの発達の基礎や保育 教育の原理を理解します 2 年次は 子どもの発達過程や個人差に応じた保育 児童教育学科カリキュラムポリシー全学共通の基礎教育 武蔵野 BASIS を学び 自己基礎力を培ったうえで 次のように各学年で学修を積み重ねます 1 年次は 4 年間の学修の見通しを立て 乳児期から青年期までの発達の基礎や保育 教育の原理を理解します 2 年次は 子どもの発達過程や個人差に応じた保育 教育のあり方を学び 教科や領域の専門性を生かした教材作成能力を身につけます 3 年次は 保育職 教育職の意義を理解し

More information

<次年度以降の募集人員の変更について>

<次年度以降の募集人員の変更について> 平成 9 年度千葉大学入学者選抜 ( 一般入試 ) における出題教科 科目等の追加 修正について ( 予告 ) 平成 7 年 月平成 7 年 9 月追加 修正千葉大学 平成 9 年度大学入試センター試験の指定教科 科目及び個別学力検査等の出題教科 科目について, 平成 7 年 月に公表いたしましたが, 平成 8 年度入学者選抜より国際教養学部の設置及び文学部の学部改組等が文部科学省に認められたことにより追加

More information

Microsoft Word - Ⅰ-A7-20 英語.doc

Microsoft Word - Ⅰ-A7-20 英語.doc 別表 Ⅰ-A3 学校教育教員養成課程履修基準 (2) 門科目 (ABP 留学生コースを除く ) 門科目 区分 授 業 科 目 単位数 授業形態 年次 備 考 教職入門 Ⅰ 1 演 1 2 欄 教職入門 Ⅱ 1 演 3 教職実践演習 ( 教諭 ) 2 演 4 6 欄 教職実践演習 ( 養護教諭 ) 2 演 4 6 欄 養護教育攻のみで必修 教職に関する科目 教科又は教職に関する科目 教科に関する科目

More information

都市デザイン工学科 2018 年度以降入学生対象 2018~ 年度 _C ディプロマ ポリシー 実践力のある専門的技術者となるべく 在学中だけでなく生涯にわたって主体的に学修活動を積み重ねる関心と意欲を持続できる 主体的に生涯学習を継続する意欲 (1) と関心 (2) 人文社会科学や自然科学 情報技

都市デザイン工学科 2018 年度以降入学生対象 2018~ 年度 _C ディプロマ ポリシー 実践力のある専門的技術者となるべく 在学中だけでなく生涯にわたって主体的に学修活動を積み重ねる関心と意欲を持続できる 主体的に生涯学習を継続する意欲 (1) と関心 (2) 人文社会科学や自然科学 情報技 都市デザイン工学科 2018 年度以降入学生対象 2018~ 年度 _C ディプロマ ポリシー 実践力のある専門的技術者となるべく 在学中だけでなく生涯にわたって主体的に学修活動を積み重ねる関心と意欲を持続できる 主体的に生涯学習を継続する意欲 (1) と関心 (2) 人文社会科学や自然科学 情報技術など 技術者に求められる幅広い教養とスキルを身につけそれらを活用できる 技術者に求められる文 理 情報系の素養

More information

一般入試前期 (2 科目型 ) 一般入試ネット出願フリーパス対象入試 ( 詳細は 14 ページ参照 ) 試験会場 試験会場試験日本学 ( 日進キャンパス ) 2 月 6 日 ( 水 ) 2 月 7 日 ( 木 ) 2 月 8 日 ( 金 ) 一般入試前期 (3 科目型 ) との併願可 対象学科 全学

一般入試前期 (2 科目型 ) 一般入試ネット出願フリーパス対象入試 ( 詳細は 14 ページ参照 ) 試験会場 試験会場試験日本学 ( 日進キャンパス ) 2 月 6 日 ( 水 ) 2 月 7 日 ( 木 ) 2 月 8 日 ( 金 ) 一般入試前期 (3 科目型 ) との併願可 対象学科 全学 体の評定平均値が3.2以上 特に定めない 4 入学試験科目等 一般公募推薦特別選抜入試 AO 入試 Ⅱ 推薦入試ネット出願フリーパス対象入試 ( 詳細は 14 ページ参照 ) 学科 / 専攻 [ コース ] 推薦基準 選考方法 看護 管理栄養 ヒューマンケア 映像メディア学科(欠席が過メディア造形度にデザイン学科多くない者ファッション造形学科適性検査の選択については出願時に届け出ること 全: 個人面接)面接

More information

() 総合教育 総合教育 区分 教養教育 言語文化 演 習 人文科学 社会科学 自然科学 学際領域 英語 初修外国語 日本語 科科身目学体 最卒低業 1 年次 年次 3 年次 4 年次資格数 自然の形としくみ演習 3 6 教養入門ゼミ () 表現力基礎演習 プレゼンテーション演習 文学 哲学 論理学

() 総合教育 総合教育 区分 教養教育 言語文化 演 習 人文科学 社会科学 自然科学 学際領域 英語 初修外国語 日本語 科科身目学体 最卒低業 1 年次 年次 3 年次 4 年次資格数 自然の形としくみ演習 3 6 教養入門ゼミ () 表現力基礎演習 プレゼンテーション演習 文学 哲学 論理学 建築 環境デザイン学科 (1) フィールド教育 ( 数を でかこんだものは必修 ) 区分 最卒低業資格数 週 時 間 数 1 年次 年次 3 年次 4 年次 フィールド教育 プラクティス フィールド フィール教ド養関科連目 フィールドプラクティス1 8 フィールドプラクティス 8 アートとデザイン くらしとデザイン 1 まちづくり 観光とデザイン 自然科学とデザイン メディアとデザイン 表現と鑑賞

More information

<95BD90AC E937891E595AA91E58A7793FC8A778ED B282C982A882AF82E92D32>

<95BD90AC E937891E595AA91E58A7793FC8A778ED B282C982A882AF82E92D32> 平成 27 年度大分大学入学者選抜 ( 一般入試 ) における実施教科 科目等について ( 予告 ) 平成 24 年度から実施される新高等学校学習指導要領による 数学, 理科 を含む平成 27 年度大学入試センター試験利用教科 科目及び個別学力検査等の出題教科 科目については, 平成 27 年度大分大学入学者選抜 ( 一般入試 ) における実施教科 科目等 ( 予告 ) について のとおりとします

More information

( 中 教科又は教職に関する科目 ) 認定を受けているの教育課程及び教員組織 ( 中 教科又は教職に関する科目 ) 商商学科 200 中一種免 ( 社会 ) 経済 経済学科 255 中一種免 ( 社会 ) 国際関係国際関係学科 150 中一種免 ( 社会 ) 認定を受けている 国際メディア学科 10

( 中 教科又は教職に関する科目 ) 認定を受けているの教育課程及び教員組織 ( 中 教科又は教職に関する科目 ) 商商学科 200 中一種免 ( 社会 ) 経済 経済学科 255 中一種免 ( 社会 ) 国際関係国際関係学科 150 中一種免 ( 社会 ) 認定を受けている 国際メディア学科 10 三教員の養成に係る ( 中高 教職に関する科目 ) 認定を受けているの教育課程及び教員組織 ( 中高 教職に関する科目 ) 認定を受けている 商 経済 国際関係 人間社会 言語コミュニケーション 商学科 経済学科 国際関係学科 国際メディア学科 福祉心理学科 人間スポーツ学科 スポーツ科学科 英語コミュニケーション学科 科目各科目に含める要事項 教職の意義等に関する科目 教育の基礎理論に関する科目

More information

<4D F736F F F696E74202D2090B B689BB8DE097F08E6A8A7789C8979A8F4391CC8C6E907D2E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D2090B B689BB8DE097F08E6A8A7789C8979A8F4391CC8C6E907D2E B8CDD8AB B83685D> 奈良大学通信教育部のカリキュラム体系 卒業要件 0 単位 卒業要件 60 単位 卒業要件 単位 卒業要件単位 : 合計 単位以上 奈良大学通信教育部の学科目間の関係図 史学 文化財学 史学講読 Ⅰ 史学講読 Ⅱ 専門基礎知識の修得 文化財学講読 Ⅰ 文化財学講読 Ⅱ 学問の基礎的展望 東洋史概論西洋史概論 史料学概論 考古学概論美術史概論 専門知識の細分 拡大 日本史特殊講義 奈良文化論 考古学特殊講義

More information

教育課程等の概要

教育課程等の概要 必教当年次授修A群(教養科目 日本語 日本文化科目)留学生のための日本事情 B 1 後 2 共通教育科目イタリア語イタリア語入門 Ⅱ 1 後 2 2 授業科目の概要 < 国際文化学部音楽学科 > (1) 授業科目表 科目区分授業科目の名称配単位数選自択由専任教員等の配置准講助助教授師教手備 B群(外国語)題フレッシュマン教育科目新入生ゼミナール 1 前 2 1 精神と文化 人間と社会 自然と生命 日本語

More information

(国語科教育分野)(社会科教育分野)(数学科教育分野)(科教育分野)(音楽科教育分(美術科教育分(技術科教育(家庭科教(英語科教(保健体育科教員養成課程入試区分 特別支援教育教中学校教員養成課程中学校教員養成課程中学校教員養成課程中学校教員養成課程中学校教員養中学校教員養中学校教員中学校教員中学校教

(国語科教育分野)(社会科教育分野)(数学科教育分野)(科教育分野)(音楽科教育分(美術科教育分(技術科教育(家庭科教(英語科教(保健体育科教員養成課程入試区分 特別支援教育教中学校教員養成課程中学校教員養成課程中学校教員養成課程中学校教員養成課程中学校教員養中学校教員養中学校教員中学校教員中学校教 (音楽科選修)(図画工作科選修)入試区分 小学校教員養小学校教員養成課程前期前期後期前期後期前期後期前期前期前期センター 特色型入試 2次試験2次試験センター2次試験センター2次試験センター2次試験センター2次試験センター2次試センタ2次試センタ2次試センタ2次試セン2次セン2次試験3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 7 3 7 国通常型入試 政治 経済数学千葉大学 学部国際教養学部文学部教育学部科庭(/国学科

More information

住環境テ サ イン学科 建築環境工学住居 建築デザイン 准教授または講師教授または准教授 住環境設備 住環境工学 環境工学演習 環境計画演習ほか住居計画 住環境デザイン概論 設計演習ほか 博士 ( または Ph.D) の学位を有する方 もしくは取得を目指して研究を進めている方 博士 ( または Ph

住環境テ サ イン学科 建築環境工学住居 建築デザイン 准教授または講師教授または准教授 住環境設備 住環境工学 環境工学演習 環境計画演習ほか住居計画 住環境デザイン概論 設計演習ほか 博士 ( または Ph.D) の学位を有する方 もしくは取得を目指して研究を進めている方 博士 ( または Ph 採用時期 :207 年 0 月 日応募期限 :207 年 5 月 2 日 ( 金 ) 摂南大学教員公募内容一覧 学部 薬学教育 特任講師任期 2 年 6 ヵ月 物理学 有機化学 Ⅰ 物理化学 Ⅰ 基盤実習ほか 薬剤師免許 (*) を有すること ( 見込み可 ) 2 博士の学位を持っていることが望ましい 3 化学 物理等に関する教育 研究能力の高いこと 薬学部 薬学科 微生物学 特任助教任期 2 年

More information

注 1. 年次以上で教職課程科目 ( 教職論 を除く を履修するには 所定の教職課程登録を行っていなければならない. * 印の教育実習は 取得する免許状の種類の別により 以下のとおり単位を修得しなければならない 免許状の種類授業科目 (1 中学校教諭免許状及び高等学校教諭免許状教育実習 A(4 単位

注 1. 年次以上で教職課程科目 ( 教職論 を除く を履修するには 所定の教職課程登録を行っていなければならない. * 印の教育実習は 取得する免許状の種類の別により 以下のとおり単位を修得しなければならない 免許状の種類授業科目 (1 中学校教諭免許状及び高等学校教諭免許状教育実習 A(4 単位 1. 教職に関する科目 013 年度以降入学者に適用 本学に免許法施行規則に定める科目区分等おける 左記に対応する本学教育課程中の科目 最低修 科目 各科目に含める必要事項 得単位 授業科目名 単位数履修年次 備考 数 教職の意義等に関する科目 教育の基礎理論に関する科目 教育課程及び指導法に関する科目 生徒指導 教育相談及び進路指導等に関する科目 教育実習 教職の意義及び教員の役割 教員の職務内容(

More information

教育公務員特例法等の一部を改正する法律について

教育公務員特例法等の一部を改正する法律について 平成 2 8 年 1 1 月 2 1 日中央教育審議会教育課程部会資料 教育公務員特例法等の一部を改正する法律 について 1. 教育公務員特例法の一部改正 2. 教育職員免許法の一部改正 3. 独立行政法人教員研修センター法の一部改正 文部科学省初等中等教育局教職員課 1 これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上について ( 答申 ) 概要 (1/2) 背景 教育課程 授業方法の改革 ( アクティブ

More information

建築学科 建築学 47 電気電子工学 50 電気情報工学科 電子通信工学 52 計算機工学 54 化学プロセス 生命工学化学プロセス 生命工学 56 物質科学工学科 応用化学応用化学 58 工学部 材料科学工学工学材料科学工学 60 建設都市工学建設都市工学 62 地球環境工学科 船舶海洋システム工

建築学科 建築学 47 電気電子工学 50 電気情報工学科 電子通信工学 52 計算機工学 54 化学プロセス 生命工学化学プロセス 生命工学 56 物質科学工学科 応用化学応用化学 58 工学部 材料科学工学工学材料科学工学 60 建設都市工学建設都市工学 62 地球環境工学科 船舶海洋システム工 目次 学部 学科 コース ( 保健学科は専攻 ) 学位 ( 学士 ) 学位プログラム ページ 哲学 歴史学文学部人文学科文学人文学 1 文学人間科学 教育学部 法学部 教育学教育 教育心理学 10 法学法学 13 経済学部 経済 経営学科 経済工学科 経済学 経済 経営学 20 経済工学 25 物理学科 物理学物理学 28 情報理学情報理学 29 理学部 化学科地球惑星科学科 理学 化学 30 地球惑星科学

More information

DiovNT

DiovNT 履修計画表 ( 平成 26 年度 1 年生用 ) 学科番号学生氏名学年別取得単位数必修必修選択選択専門専門共通共通年年年年計画 計画 計画 計画 スポ科 マネ科 健康 卒業所要単位 選択 はこの表に記載されている全科目が対象となります 但し, 単位の分割はできません スポーツ科学科で特別支援学校の免許状を取得する場合, 並びにスポーツマネジメント学科で教職免許状を取得しようとする場合は, それぞれ条件がありますので注意して下さい

More information

スライド 1

スライド 1 教育職員免許法 同施行規則の改正及び 再課程認定について 日本教育大学協会学長 学部長等連絡協議会平成 29 年 10 月 5 日 文部科学省初等中等教育局教職員課 教員免許企画室長 長谷浩之 教職課程に係る科目区分の大括り化 履修内容の充実 教職課程において より実践的指導力のある教員を養成するため以下の改正を実施 1. 科目区分の大括り化 ( 法律事項 ) 現在 教科に関する科目 ( 大学レベルの学問的

More information

認定こども園法改正に伴う幼稚園免許状授与の所要資格の特例について(概要資料)

認定こども園法改正に伴う幼稚園免許状授与の所要資格の特例について(概要資料) 認定こども園法改正に伴う幼稚園教諭免許状授与の所要資格の特例について 1. 幼保連携型認定こども園と保育教諭 認定こども園法の改正により 学校及び児童福祉施設としての法的位置付けを持つ単一の施設 として 新たな 幼保連携型認定こども園 が創設 幼稚園 ( 学校 ) 現行制度 保育所 ( 児童福祉施設 ) 幼稚園は学校教育法に基づく認可 保育所は児童福祉法に基づく認可 それぞれの法体系に基づく指導監督

More information

初修外国語 Ⅱ 通 4 クラス編成に教員追加 (7) 3 クラス編成による教員減 (6) 4 一部担当教員の変更 (8) 初修外国語 Ⅲ 3 通 3 クラス編成による教員減 (7) 教 養 教 人 間 教 育 情報 小計 (9 ) 中計 (5 ) 情報倫理 倫理学 前 心理学 Ⅰ 前 心

初修外国語 Ⅱ 通 4 クラス編成に教員追加 (7) 3 クラス編成による教員減 (6) 4 一部担当教員の変更 (8) 初修外国語 Ⅲ 3 通 3 クラス編成による教員減 (7) 教 養 教 人 間 教 育 情報 小計 (9 ) 中計 (5 ) 情報倫理 倫理学 前 心理学 Ⅰ 前 心 授業の概要 < 医療情報学部 医療情報学 > () 授業表 区分 授業の名称 配当年次 日本語表現 Ⅰ 前 日本語表現 Ⅱ 後 単位数専任教員等の配置必修選択自由教授准教授講師助教助手 0 0 0 備 考 教員の退職に伴う担当教員変更と教 3 員増 (8) クラス増及び専任教員の育児休業からの復帰に伴う教員追加 (7) 専任教員の育児休業に伴う教員減 (6) クラス増に伴う教員追加 (5) 専任教員の出産予定に伴う担当教員

More information

基礎共通科目 社会科学系 自然科学系 法を学ぶ 自然の歴史 を学ぶ 学際融合系 経済を学ぶ 社会を学ぶ 現代科学を学ぶ 情報を学ぶ 導入共通科目 産業と経済 2 1 企業と情報 2 1 歴史と経済 2 1 現代社会と企業 2 1 世界と経済 2 1 暮らしと経済 2 1 福祉と経済 2 1 社会とフ

基礎共通科目 社会科学系 自然科学系 法を学ぶ 自然の歴史 を学ぶ 学際融合系 経済を学ぶ 社会を学ぶ 現代科学を学ぶ 情報を学ぶ 導入共通科目 産業と経済 2 1 企業と情報 2 1 歴史と経済 2 1 現代社会と企業 2 1 世界と経済 2 1 暮らしと経済 2 1 福祉と経済 2 1 社会とフ 全学部共通科目 卒業認定 学位授与の方針 甲南大学 ( 以下 本学 という ) では 学則第 1 条に定める 学問の府として広くかつ深く学芸を教授研究するとともに 学生一人ひとりの天賦の特性を啓発し 人物教育率先の甲南学園建学の理念を実現することを目的としています その実現のために 4 年以上在学し本学の学位プログラムの課程を修め 各学部所定の必要を修得することを通して 下記の能力 資質を身につけ

More information

愛知県立愛知総合科高等学校全日制課程 平成 28 年度入学 [ 機械制御科 ] 学 科 名 機械制御科 数 学 A また 3 年 英語表現 Ⅱ の履修には 数 学 B 年 英語表現 Ⅰ の履修が必要 技術基礎 2~ 情報技術基礎 2

愛知県立愛知総合科高等学校全日制課程 平成 28 年度入学 [ 機械制御科 ] 学 科 名 機械制御科 数 学 A また 3 年 英語表現 Ⅱ の履修には 数 学 B 年 英語表現 Ⅰ の履修が必要 技術基礎 2~ 情報技術基礎 2 愛知県立愛知総合科高等学校全日制課程 平成 28 年度入学 [ 機械加科 ] H28.11 改訂 学 科 名 機械加科 数 学 A 2 1 2 1 2 2 また 3 年 英語表現 Ⅱ の履修には 数 学 B 2 1 2 1 2 2 2 年 英語表現 Ⅰ の履修が必要 2 技術基礎 2~4 4 4 4 情報技術基礎 2 単位で代替 実 習 6~20 2 6 6 5 5 13 13 製 図 2~10 2

More information

010国語の観点

010国語の観点 視覚障害者を教育する特別支援学校普通学級用 国語, 社会, 算数 ( 数学 ), 理科, 外国語, その他 種 文部科学省著作の視覚障害者を教育する特別支援 別 ( 一般文字使用者用 ) 学校用教科書 ( 点字使用者用 ) 点字版教科書 拡大教科書 各教科目標やに則して, 適切にまとめられている にもとづいて点訳したものである にもとづいて点訳したものである にもとづいて拡大したものである 点字使用の児童生徒の

More information

趣旨等を記載した書類

趣旨等を記載した書類 資料 6-1 教員の年齢構成と定年に関する規程の関係 本学の定年年齢は 学校法人明治学院就業規則第 15 条で 勤務員が 60 歳に達したときは ( ただし, 教授は当分の間 65 歳とする ) その直後の 3 月 31 日に退職する と規定されている しかし 実際の適用では 68 歳まで専任教員として勤務することがいわゆる労働慣行として認められてきた 008 年 1 月 3 日 学校法人明治学院理事会と明治学院大学教員組合との間で上記定年年齢に関する団体交渉が行なわれ

More information

教科 大学入試センター試験の利用教科 科目名個別学力検査等 科目名等教科等科目名等 前期国国語国現代文 古典人文学類地歴世 A, 世 B, 日 A, 日 B, 地理 A, 地理 B 地歴世 B, 日 B, 地理 B 人文 文化公民現社, 倫, 政経, 倫 政経公民倫 学 群 数 数 Ⅰ 数 A 外

教科 大学入試センター試験の利用教科 科目名個別学力検査等 科目名等教科等科目名等 前期国国語国現代文 古典人文学類地歴世 A, 世 B, 日 A, 日 B, 地理 A, 地理 B 地歴世 B, 日 B, 地理 B 人文 文化公民現社, 倫, 政経, 倫 政経公民倫 学 群 数 数 Ⅰ 数 A 外 平成 28 年度筑波大学入学者選抜における出題教科 科目等について ( 予告 ) 平成 25 年 8 月筑波大学 新高等学校学習指導要領による平成 28 年度大学入試センター試験の利用教科 科目及び個別学力検査等の出題教科 科目等は, 次のとおりです なお, 教科 科目等は現時点での内容であり, 今後諸事情により変更する場合がありますので, 本学からの発表についてご注意ください 個別学力検査等について

More information

2019

2019 2019 1 Q&A 2 3 Q&A 4 5 6 Q&A 7 8 9 10 ( 基礎を付した科目は 2 科目で 1 科目分とみなす ) 6科目型Ⅲ 募集人員 試験科目 配点 大学入試センター試験利用入試 各学部 学科 専修ともに本学独自の個別学力試験は課しません 学部教科科目 科目型 3科目型配点文学科 専修 募集人員 ( 約 ) 4キリスト教学科史学科教育学科文学科ドイツ文学専修フランス文学専修日本文学専修文芸

More information

種の機会の提供等第三欄3 教職に関する科目 教職課程 免許法施行規則に定める科目区分等 高校高校科目名単位数前後前後前後前後第二欄教職に関する科目 最低修得 単位数 年次 年次 3 年次 年次 教職の意義及び教員の役割教職の意教員の職務内容 ( 研義等に関修 服務及び身分保障等を含む ) する科目進

種の機会の提供等第三欄3 教職に関する科目 教職課程 免許法施行規則に定める科目区分等 高校高校科目名単位数前後前後前後前後第二欄教職に関する科目 最低修得 単位数 年次 年次 3 年次 年次 教職の意義及び教員の役割教職の意教員の職務内容 ( 研義等に関修 服務及び身分保障等を含む ) する科目進 学部 芸術学部メディア映像学科 生 (08 年 月入学 ) 取得可能免許高等学校教諭一種情報 第 66 条の 6 に定める科目教育職員免許法施行規則最低修得第 66 条の 6 に定める科目単位数 年次 年次 3 年次 年次科目名単位数前後前後前後前後 日本国憲法 日本国憲法 保健体育概論 () 体育 保健体育実技 Ⅰ 保健体育実技 Ⅱ 外国語コミュニケーション 英会話 Ⅰ 情報機器の操作 コンピュータリテラシ

More information

<31382E8A7791A B696BD89C88A DD927589C896DA816A2E786C7378>

<31382E8A7791A B696BD89C88A DD927589C896DA816A2E786C7378> 理工学部 生命科学部設置科目 教養科目 英語科目 コミュニケーション ストラテジー 2 コンプリヘンシヴ イングリッシュⅠ 1 コンプリヘンシヴ イングリッシュⅡ 1 アカデミック ライティング 2 アカデミック リーディングⅠ 1 アカデミック リーディングⅡ 1 教養科目 人文 社会 自然科学系 哲学入門 2 言語学概論 2 日本文化論 2 アジア文化論 2 ヨーロッパ アメリカ文化論 2 アフリカ文化論

More information

教養教育科目の小計 () () () () () 外国語科目 外国語科目の小計 (2) (2) (2) (2) (2) 初期教育科目門科目商学部卒業所要単位 ( 留学生教育プログラム ) 科目区分 養教育科目第 1 群 ~ 第 10 群およびの任意科目 学科経営国際ビジネス会計 コース 経営 経営情

教養教育科目の小計 () () () () () 外国語科目 外国語科目の小計 (2) (2) (2) (2) (2) 初期教育科目門科目商学部卒業所要単位 ( 留学生教育プログラム ) 科目区分 養教育科目第 1 群 ~ 第 10 群およびの任意科目 学科経営国際ビジネス会計 コース 経営 経営情 養教育科目 教養教育科目の小計 (20) (20) (20) (20) (20) 外国語科目 外国語科目の小計 (16) (16) (16) (16) (16) 初期教育科目門科目商学部卒業所要単位 学科経営国際ビジネス会計 コース流通科目区分経営経営情報 マーケティング A 系列 ( 第 1 群 ~ 第 3 群 ) 4 4 4 4 4 教B 系列 ( 第 4 群 ~ 第 6 群 ) 4 4 4 4

More information

旧カリ生向け科目読み替え表_

旧カリ生向け科目読み替え表_ 2015 年度以前進学生用 2016 年 4 月カリキュラム改訂に伴う 科目読み替え表 2016 年 3 月 教養学部後期課程 科目読み替え表の見方 対応科目が 1 対 1 の場合 科目名単位数科目区分または種別科目名単位数科目区分または種別講義 A 2 コース科目講義 A' 2 コース科目新カリキュラムの 講義 A' を修得した場合は 旧カリキュラムの 講義 A に自動的に読み替える 旧カリキュラムと新カリキュラムで科目名

More information

文学部共通科目履修系統図 共通科目 群 学年 必修選択 科目 1 基礎科目 必修 91 宗教学 (4 通 ) A 1 a 93 日本語 (4 通 ) 95 体育 (2 通 ) 97 体育 ( 保健コース )(2 通 ) 2 外国語科目 必修 91 英語 Ⅰ(2 通 ) B a 93 英語 Ⅱ(2 通

文学部共通科目履修系統図 共通科目 群 学年 必修選択 科目 1 基礎科目 必修 91 宗教学 (4 通 ) A 1 a 93 日本語 (4 通 ) 95 体育 (2 通 ) 97 体育 ( 保健コース )(2 通 ) 2 外国語科目 必修 91 英語 Ⅰ(2 通 ) B a 93 英語 Ⅱ(2 通 文学部共通科目履修系統図 共通科目 群 学年 科目 基礎科目 9 宗教学 (4 通 ) A a 93 日本語 (4 通 ) 95 体育 ( 通 ) 97 体育 ( 保健コース )( 通 ) 外国語科目 9 英語 Ⅰ( 通 ) B a 93 英語 Ⅱ( 通 ) b 0 フランス語 ⅠA( 前 ) 03 ドイツ語 ⅠA( 前 ) 05 中国語 ⅠA( 前 ) 0 フランス語 ⅠB( 後 ) 04 ドイツ語

More information

学則・奨学関係

学則・奨学関係 交通機械工学 (1) 実践育 ( 単位数を でかこんだものは必修 ) 単 位 最卒低業単資位格数 週 時 間 数 1 年次 年次 3 年次 4 年次 前 後 前 後 前 後 前 後 期 期 期 期 期 期 期 期 日本とコミュニケーション 1 1 日本とコミュニケーション 1 実践育 キャリアプランニング 4 キャリアデザイン1 1 以 上キャリアデザイン 1 インターンシップ ( 集中 ) 実践特別

More information

区分 番号 名称 年次 必修 選択 GE019 ドイツ語 Ⅰ 読む 書く1 1 2 GE020 ドイツ語 Ⅰ 読む 書く2 1 2 GE021 ドイツ語 Ⅰ 聴く 話す1 1 2 E 群 GE022 ドイツ語 Ⅰ 聴く 話す2 1 2 GE023 ドイツ語 Ⅱ 文法 言語と GE024

区分 番号 名称 年次 必修 選択 GE019 ドイツ語 Ⅰ 読む 書く1 1 2 GE020 ドイツ語 Ⅰ 読む 書く2 1 2 GE021 ドイツ語 Ⅰ 聴く 話す1 1 2 E 群 GE022 ドイツ語 Ⅰ 聴く 話す2 1 2 GE023 ドイツ語 Ⅱ 文法 言語と GE024 別表第 1 (1) 共通基礎科目 区分番号名称年次必修選択 GA001 キリスト教学 1 1 2 A 群 GA002 キリスト教学 2 1 2 GA003 哲学 1 1 2 宗教と思想 GA004 哲学 2 1 2 GA005 文学 1 1 2 GA006 文学 2 1 2 GB001 心理学 1 1 2 GB002 心理学 2 1 2 B 群 GB003 文化人類学 1 1 2 GB004 文化人類学

More information

情報 芸術コース 情報コースの説明 情報社会を生きていくために必要な技術や表現方法 考え方について学習するコースです コンピュータに興味を持っている人や コンピュータで表現することに興味を持っている人は選択してください < ディジタルデザイン Ⅰ>(2 年 ) コンピュータを利用して画像や映像を制作

情報 芸術コース 情報コースの説明 情報社会を生きていくために必要な技術や表現方法 考え方について学習するコースです コンピュータに興味を持っている人や コンピュータで表現することに興味を持っている人は選択してください < ディジタルデザイン Ⅰ>(2 年 ) コンピュータを利用して画像や映像を制作 スポーツコース スポーツコースの説明 論理的なスポーツ医療知識を習得します 様々なスポーツを学びます スポーツを通じて人々の健康維持に貢献できる人材を育成します < 専攻スポーツ Ⅰ>(2 年生 ) と < 専攻スポーツ Ⅱ>(3 年生 ) 男女バレー 男女バスケ 野球 サッカーの 6 つのクラブに所属している 2 年生と 3 年生は部活動と連携して自分の得意な専門種目の時間をより多く確保し クラブ活動とは違う視点で授業を受けることができます

More information

教育実践高度化専攻 ( 教職大学院 ) 教育実践高度化専攻 ( 教職大学院 ) は リーダーシップ開発コース 教育実践開発コースの 2 つのコースからなります 教職大学院では 研究者教員 実務家教員 連携協力校 ( 松山市内の小 中学校計 82 校 県立高等学校 2 校 附属学校園 5 校園ほか )

教育実践高度化専攻 ( 教職大学院 ) 教育実践高度化専攻 ( 教職大学院 ) は リーダーシップ開発コース 教育実践開発コースの 2 つのコースからなります 教職大学院では 研究者教員 実務家教員 連携協力校 ( 松山市内の小 中学校計 82 校 県立高等学校 2 校 附属学校園 5 校園ほか ) 愛媛大学大学院 教育学研究科案内 2017 教育実践高度化専攻 ( 教職大学院 ) 特別支援教育専攻 教科教育専攻 学校臨床心理専攻 新しい教育学研究科へようこそ 平成 28 年 4 月 教育学研究科に教育実践高度化専攻 ( 教職大学院 ) が新設されました 教職大学院は 教員養成の高度化と教育現場における様々な今日的課題に適切に対応できる実践的指導力を身につけた人材を育成することを目的としています

More information

福岡教育大学教育学部の新たな入学者選抜方法等についてのQ&A(最終版)

福岡教育大学教育学部の新たな入学者選抜方法等についてのQ&A(最終版) 福岡教育大学教育学部の入学者選抜方法等についての Q&A ~ 小学校等の教員を目指す方々の受験 入学を期待します ~ 平成 29 年 4 月 本学教育学部の入学者選抜方法等について理解を深められるよう, これまでに本学に寄せられたご質問に対する考え方を掲載します 小学校教員, 中学校教員等の教職への高い意欲, 教職を目指すうえでの基礎的な力を持つ高校生等の方々が, 他の資料とあわせて参考にされ, 教職を目指して本学を受験

More information

<8BB388E78A E786C73>

<8BB388E78A E786C73> S702130 池本喜代正特別支援教育概論 S702110 司城紀代美知的障害児心理 生理 病理 S702180 池本喜代正知的障害児教育課程論 障害とは何か その概念について考察を加え 障害児教育がどのような変遷をしてきたかを学び 今日の特別ニーズ教育の国際的動向について学ぶ そして我が国の特別支援教育の制度 課題について考察する 知的障害児に関して, 心理的特性とその支援方法, 生理 病理の基本的知識を扱う

More information

採用時期 :2020 年 4 月 1 日応募期限 :2019 年 5 月 9 日 ( 木 ) 学部学科等専攻分野等 摂南大学教員公募内容一覧 職階人数担当授業科目等 応募資格等 生命科学科 生体高分子分野 特任助教任期 5 年 1 生物基礎実習 生命科学理科教育演習 生化学実習ほか 1 博士の学位

採用時期 :2020 年 4 月 1 日応募期限 :2019 年 5 月 9 日 ( 木 ) 学部学科等専攻分野等 摂南大学教員公募内容一覧 職階人数担当授業科目等 応募資格等 生命科学科 生体高分子分野 特任助教任期 5 年 1 生物基礎実習 生命科学理科教育演習 生化学実習ほか 1 博士の学位 生命科学科 生体高分子分野 特任助教任期 5 年 生物基礎実習 生命科学理科教育演習 生化学実習ほか 博士の学位 ( 理学の領域 ) を有する方 もしくは博士課程の単位を取得している方 (2020 年 3 月末日までに取得見込みの方を含む ) 3 中学校 高等学校教諭専修免許状 ( 理科 ) を有する方が望ましい 住環境テ サ イン学科 住環境デザイン学 住環境マネジメント または環境建築デザイン

More information