平成 27 年 心修 伊藤龍人日高三喜夫木藤恒夫青年期の自閉症スペクトラム傾向者の背景感情を伴う表情認知 心修 岩下芳美 山本眞利子安永悟 心修 上野素直徳田智代園田直子 SNS の利用に悩んだ経験のある大学生に対するストレングス認知再構成法の試み 性格特性とコミ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "平成 27 年 心修 伊藤龍人日高三喜夫木藤恒夫青年期の自閉症スペクトラム傾向者の背景感情を伴う表情認知 心修 岩下芳美 山本眞利子安永悟 心修 上野素直徳田智代園田直子 SNS の利用に悩んだ経験のある大学生に対するストレングス認知再構成法の試み 性格特性とコミ"

Transcription

1 平成 28 年 心修 岡村祐一津田彰木藤恒夫有料老人ホーム入居者を対象とした統合生理心理学的研究 心修 串間貴仁徳田智代山本眞利子夫婦関係および家族システムの機能状態が大学生の不安に及ぼす影響 心修 武富美那子徳田智代富田真弓 友人関係と家族関係が大学生の対人的疎外感に及ぼす影響 - 対人的疎外感の主観的幸福感への影響を含めた検討 - 心修 中嶋梓山本眞利子江村理奈抑うつと対人恐怖心性が大学生の不登校傾向に及ぼす影響 心修 中野友貴日高三喜夫安永悟自律訓練法とイメージ呼吸法の効果の検討 心修 東裕香莉 日高三喜夫園田直子 保育士と保護者が捉える 気になる子 に対する認識の差異の検討 - 保育士が捉える親子関係と保護者の子どもの受容が及ぼす影響 - 心修 福田瑛日高三喜夫津田彰 自分らしくあること に関する尺度作成の試み 心修 松崎倫子徳田智代木藤恒夫 ソーシャル サポートが死別経験への意味付けを介して大学生の成長感に与える影響 心修 松橋舞山本眞利子日高三喜夫ストレングス カードを用いた個人回想法の実践 心修 山口真穂 山本眞利子徳田智代 ストレングスシンキングシートを用いた認知再構成法が反すう 自動思考 抑うつに及ぼす影響 心修 増井沙奈江安永悟原口雅浩 協同認識の構造とその発達 - 協同認識尺度の開発を中心に - 修士 ( 心理学 ) 1

2 平成 27 年 心修 伊藤龍人日高三喜夫木藤恒夫青年期の自閉症スペクトラム傾向者の背景感情を伴う表情認知 心修 岩下芳美 山本眞利子安永悟 心修 上野素直徳田智代園田直子 SNS の利用に悩んだ経験のある大学生に対するストレングス認知再構成法の試み 性格特性とコミュニケーションスキルが他者受容に及ぼす影響 - 大学適応 ストレスを踏まえた検討 - 心修 緒方南奈徳田智代原口雅浩母親に対する甘えが大学生の精神的自立に及ぼす影響 心修 加納愛里山本眞利子徳田智代大学生によるポジティブな自己像の筆記が抑うつに及ぼす影響 心修 川村優佳 心修 江田舞 心修 白山智子 日高三喜夫山本眞利子 山本眞利子富田真弓 日高三喜夫津田彰 認知方略の違いと絶望感, 被害的思い込みへのとらわれやすさに関する研究 大学生におけるポジティビティがレジリエンス, コーピング, 落ち込み, 感情に及ぼす影響 精神科看護師のバーンアウトに影響する共感性, 内省力及び対人ストレスコーピングの検討 心修 髙木夏紀徳田智代日高三喜夫非行少年に関わる対人援助職の職業性ストレスとソーシャルサポートの関連 心修 田中絵理奈徳田智代木藤恒夫乳幼児をもつ母親の自己効力感の源泉に関する研究 心修 徳村悠 日高三喜夫安永悟 ハラスメントにより生じるストレスに対する対処方略の選択および精神的健康との関連 心修 中古賀史日高三喜夫園田直子大学生における自己注目と自己受容, 抑うつに関する研究 心修 原口優日高三喜夫原口雅浩心身症傾向尺度開発の試み 心修 村上志桜里津田彰徳田智代友人, 先輩に対する発言抑制と精神的健康との関連 2

3 心修 吉田正弥 日高三喜夫山本眞利子 視覚シンボルの意味理解に関する研究 - コミュニケーション支援の JIS 絵記号を用いて - 心修 松永有紀子安永悟富田真弓協同学習が批判的思考態度の育成に及ぼす効果修士 ( 心理学 ) 心修 山口大樹園田直子津田彰一般大学で教職を目指す学生の教師観と教師不安修士 ( 心理学 ) 心修 石田有紀園田直子日高三喜夫養護教諭の一人前意識と自己教育力の視点からのキャリア発達修士 ( 心理学 ) 平成 26 年 心修 今吉千尋 稲谷ふみ枝津田彰 心修 江口詩帆徳田智代岩元澄子 障害のある子どもをもつ母親の育児不安へ対する祖父母サポート機能に関する研究大学院生における ストレス体験と自己成長感をつなぐモデル の構築 -ストレス体験に対する意味の付与に着目して- 心修 草木迫諒稲谷ふみ枝藤本学行動評価尺度を適用した認知症高齢者の行動観察による BPSD の理解 心修 木稲裕理江日高三喜夫山本眞利子アダルト チルドレン特性の嗜癖傾向とストレスに関する研究 心修 藤直子 日高三喜夫園田直子 心修 冨松慶太朗津田彰木藤恒夫 心修 二宮なつみ徳田智代原口雅浩 心修 藤原彩香 日高三喜夫稲谷ふみ枝 女子大学生における月経前不快気分障害と境界例心性および過食傾向との関連 青年期版こころとからだの早期健康チェック (Comprehensive Health Check for Students,CHCS) 質問紙の開発 児童期の共食状況が家族イメージに与える影響 - 大学生を対象に - 大学生のふれあい恐怖についての研究 - 家族 個人内要因の影響 - 3

4 心修 松藤江梨岩元澄子日高三喜夫小児がん経験者の困難と対処に関する基礎研究 心修 迎真由美徳田智代原口雅浩自閉症児の偏食に関する母親の困りとピアサポートの効果 心修 山川由紀山本眞利子徳田智代ストレングスカードと SFA シートを用いた大学生の就職活動不安低減の試み 平成 25 年 心修 福田優里子 山本眞利子原口雅浩 グループワークにおける大学生の就職活動版ストレングスカードの効果に関する研究 心修 池田優香徳田智代日高三喜夫青年の親性準備性と自我同一性及び親役割受容との関連 心修 伊藤香織 山本眞利子原口雅浩 心修 大坪祥子岩元澄子藤本学 大学生版スピーチ場面不安尺度の作成とスピーチ場面における見積もりモデルに関する研究 発達障害児の母親の育児ストレスに関する研究 - 母親の認知的評価とソーシャルサポートに焦点をおいて - 心修 過能理子稲谷ふみ枝安永悟青年期における自己嫌悪感に関する研究 心修 河野祥子岩元澄子藤本学単位取得不良学生の行動特徴と個人要因の関連および支援の検討 心修 斉藤汐里稲谷ふみ枝安永悟ペットとの関係性がペットロス後の心理的回復過程に及ぼす影響について 心修 佐々木絢子津田彰山本眞利子天然クスノキ精油の鎮静効果における心理生理学的検討 心修 嶋村泰代岩元澄子藤本学 思春期のダウン症きょうだい児の親の養育態度 - 同胞関係および生活充実感との関連 - 心修 末永好葉山本眞利子原口雅浩ストレングスの認知再構成法が自動思考と抑うつに及ぼす影響 4

5 心修 須川笑花稲谷ふみ枝安永悟介護専門職者の死別体験と心理的適応 心修 中原潤一徳田智代日高三喜夫 心修 姫野俊太郎 日高三喜夫稲谷ふみ枝 大学生における社会的望ましさ反応と自尊感情が主観的 Well-Being に及ぼす影響 - 自己欺瞞の視点から - メンタライゼーション中心面接法の作成とメンタライゼーションベースドセラピーの効果に関する研究 心修 藤本彩日高三喜夫稲谷ふみ枝大学生における過剰適応と完全主義および摂食障害傾向との関連 心修 三原健吾津田彰山本眞利子 ポジティブ心理学的ウェルビーイングと心理生物学的ストレス反応との関連性 心修 上田亨 園田直子 岩元澄子 情短施設の入所児の特性と施設への適応 社会的スキルとの関連 修士 ( 心理学 ) 心修 久家慶子 木藤恒夫 津田彰 高齢女性の化粧 修士 ( 心理学 ) 心修 木庭早苗 木藤恒夫 津田彰 焦りの程度が時間制約下におけるパフォーマンスへ及ぼす影響 修士 ( 心理学 ) 心修 長潔容江 原口雅浩 徳田智代 絵画の秩序性と評価の関係 修士 ( 心理学 ) 心修 増田奈央子 木藤恒夫 津田彰 感情喚起刺激が有効視野に及ぼす影響 修士 ( 心理学 ) 心修 松島亜希子 園田直子 岩元澄子 精神疾患患者の家族の患者への感情に影響を及ぼす要因 修士 ( 心理学 ) 5

6 平成 24 年 心修 深川知美 日高三喜夫原口雅浩 時間不安に関する基礎的研究 - 時間不安場面尺度の作成と強迫傾向 タイプ A との関連 - 心修 跡部陽子徳田智代原口雅浩親子関係 夫婦関係認知が青年の恋愛依存傾向に及ぼす影響 心修 安部真莉絵日高三喜夫岩元澄子保育士と保護者による 気になる子 の行動特徴についての評価 心修 家永貴久岩元澄子原口雅浩母親が幼児に施すタッチケアの心理的効果 心修 沖原奈々絵山本眞利子徳田智代援助要請促進尺度の作成と援助要請促進要因の悩み領域別における違い 心修 小野香里津田彰岩元澄子 就労者のメンタルヘルスに関連する心理社会的要因 - パーティション分析の適用 - 心修 國平明裕日高三喜夫岩元澄子メンタライジング能力の測定に関する基礎的研究 心修 近藤恵岩元澄子原口雅浩大学生の食行動異常傾向に関連する心理社会的要因の検討 心修 櫻木悠香岩元澄子原口雅浩 青年期の愛着の変容に関する研究 - 見捨てられ不安 と 親密性回避 の低減を目的とした内観的ワークの効果 - 心修 末松亮日高三喜夫原口雅浩第 1 空間感覚練習が自律訓練法の練習動機に及ぼす影響 心修 高田菜美 徳田智代 原口雅浩 心修 竹田七恵 山本眞利子藤本学 心修 田中里英 稲谷ふみ枝園田直子 ゆるし尺度日本語版の作成および侵害利益の記述が大学生のゆるしに与える影響 日本人大学生のレジリエンス尺度の開発及びレジリエンスと立ち直りと精神的健康に関する研究 知的障害のある子をもつ親の防犯意識 - 子どもが被害に遭うことに対する不安と対処 - 心修 逸見文子徳田智代安永悟大学生活に対する不本意感の解消過程 6

7 心修 松原昭 津田彰 日高三喜夫大学生における睡眠の質および睡眠時間が精神的健康度に及ぼす影響性 心修 笠木理江 園田直子 原口雅浩 ワーキングメモリがテキスト学習に及ぼす影響 修士 ( 心理学 ) 心修 城戸由香里 木藤恒夫 稲谷ふみ枝高齢者の認知症予防 修士 ( 心理学 ) 心修 田中京子原口雅浩稲谷ふみ枝 後期高齢者の自伝的記憶に関する研究 - バンプ現象と適応の関連 - 修士 ( 心理学 ) 心修 藤林まど花園田直子安永悟ネガティブ感情対処方略の発達的変化と体調不良との関連修士 ( 心理学 ) 平成 23 年 心修 吉田渉人徳田智代稲谷ふみ枝 対人支援ボランティアにおけるボランティア満足とバーンアウトの関係 心修 阿部美咲 山本眞利子原口雅浩 大学生における対人恐怖心性と対人関係場面でのロールレタリングに関する研究 心修 梅野礼弐津田彰岩元澄子 Systematic Treatment Selection(STS) 自記式日本語版作成の試み 心修 岡田紀子 山本眞利子藤本学 高校生の自己評価と自己受容が進路選択自己効力に及ぼす影響 - 包括的自己認識の観点に基づくワークを用いて - 心修 柿添紗衣徳田智代園田直子 大学生の将来目標に対する意識が無気力低下に与える影響 - 学年別による検討 - 心修 白水晶子 日高三喜夫稲谷ふみ枝 児童の領域別効力感に及ぼすボディパーカッションの効果に関する基礎的研究 7

8 心修 髙山えり子徳田智代原口雅浩 青年期 成人前期に受傷した脊髄損傷者の障害と共にある日常 - 日常の再構築プロセス - - 加齢に伴う変化と対処プロセス - 心修 富松梨花子 稲谷ふみ枝園田直子 死生観の世代間研究 -Erikson,E.H. の心理社会的発達と死別体験, 宗教との関連 - 心修 南里百合香徳田智代原口雅浩 大学生の自己分化度と精神的健康との関連および家族に関する諸要因からの影響について 心修 布川智恵 稲谷ふみ枝木藤恒夫 精神科看護師の職業ストレスと職務満足に関する研究 - 病棟機能別の比較 - 心修 林あさみ日高三喜夫原口雅浩自律訓練法 標準練習の指導方法に関する研究 心修 平野植子 稲谷ふみ枝徳田智代 家族介護者の認知的介護評価の特徴 - 家族会を通した男性介護者の支援のために - 心修 ペエ美沙 岩元澄子 園田直子 心修 松田輝美 津田彰 原口雅浩 心修 道原里奈 岩元澄子 原口雅浩 心修 山本登 岩元澄子 原口雅浩 心修 太田研吾 園田直子 安永悟 乳児期早期の基本的情動の発達と活動水準および母親の情動表現性の影響 中国人留学生におけるストレスマネジメント行動とソーシャルサポートが精神的健康と精神的回復力におよぼす影響 発達障害児をもつ母親の抑うつに関連する要因の研究 - 子供と母親の属性とソーシャルサポートに着目して - 特異的自己効力感および重要性認知と一般性自己効力感の関連 -- 卒業論文作成と進路選択を課題として -- 作業療法における統合失調症入院患者の主体性回復のプロセスの検討と行動観察尺度の作成 修士 ( 心理学 ) 心修 柯一丹原口雅浩園田直子恋愛における告白の規定因に関する日中比較修士 ( 心理学 ) 心修 田中彩佳原口雅浩稲谷ふみ枝ペットとのかかわりによる癒し効果修士 ( 心理学 ) 心修 平山哲行藤本学安永悟貢献パターンがチームの目的達成に及ぼす影響修士 ( 心理学 ) 8

9 平成 22 年 心修 今里和敬日高三喜夫津田彰成人アトピー性皮膚炎のかゆみの構造と心理的援助に関する質的研究 心修 打和華子 心修 江﨑早苗 稲谷ふみ枝木藤恒夫 稲谷ふみ枝木藤恒夫 心修 吉良晴子津田彰徳田智代 心修 近松正孝 山本眞利子稲谷ふみ枝 軽度認知障害における継時的アセスメントツールとしての日本版 Montreal Cognitive Assessment-Mini-Mental State Examination と比較して - 認知症ケアにおける 認知症の行動および心理症状 (BPSD) に対する介護職員の認識に関する研究 - 認知症高齢者のコミュニケーション能力との関連 - 積極的な治療を受けているがん患者への回想法の適用とそのスピリチュアリティの表出 中途身体障がい者の被サポート感と自立に関する研究 - 受傷から就労までの期間と心理社会的自立 - 心修 西雅美日高三喜夫津田彰糖尿病患者の自己意識に関する臨床心理学的研究 心修 前田春菜徳田智代原口雅浩中年期夫婦の自己分化度と対人葛藤方略 夫婦関係満足度との関連 心修 松原智子岩元澄子原口雅浩子どもの抑うつの特徴および関連する心理社会的要因についての検討 心修 森岡育子岩元澄子原口雅浩 心修 山﨑しおり 稲谷ふみ枝山本眞利子 小学校 1 年生の実態とレジリエンスとの関連 - 入学期の情緒 行動の特徴と学校適応感に着目して - 地域在住高齢者に対する構造的個人回想法の効果の検討 - エピソード記憶と回想との関連 - 心修 山﨑将史津田彰原口雅浩循環器疾患患者におけるうつ病と睡眠障害に関する観察研究 心修 山園エリ日高三喜夫原口雅浩自律訓練法の習得と完全主義傾向の関連 心修 渡辺良子津田彰稲谷ふみ枝 定期的な身体活動の継続に影響を及ぼす心理的要因の検討 - 男性勤労者を対象として - 9

10 心修 有馬將太園田直子藤本学同性愛者の心理的な所属集団移動の検討修士 ( 心理学 ) 心修 内山美枝子園田直子安永悟 作業療法場面での情報収集におけるモニタリング能力の熟達過程 - 作業療法士教育の改善を目的とする熟達過程の分析 - 修士 ( 心理学 ) 心修 古川香木藤恒夫原口雅浩姿勢制御と半側空間無視修士 ( 心理学 ) 心修 山田慧美安永悟原口雅浩 協同の認識と学校適応の関係 - 中 1 ギャップをてがかりに - 修士 ( 心理学 ) 平成 21 年 心修 赤塚史岩元澄子原口雅浩アスペルガー障害の症状と情緒 行動的特徴および学校生活との関連 心修 鬼木美穂徳田智代岩元澄子 心修 片山秀実徳田智代稲谷ふみ枝 特別支援教育現場における発達障害児に対するソーシャルストーりー の介入効果 特別養護老人ホーム入居者の家族介護者における施設家族介護負担感に関する研究 - ソーシャルサポートに着目して - 心修 斉藤正己稲谷ふみ枝木藤恒夫介護職員におよぼすエイジズムの影響 心修 末継奏子岩元澄子原口雅浩産後の抑うつに対する妊娠期からの介入の検討 心修 立部なな恵山本眞利子日高三喜夫 心修 辻野真季子徳田智代稲谷ふみ枝 SST の宿題に HTRS を導入した実験的研究 - 大学生のコミュニケーション場面における言語的 非言語的スキルに及ぼす影響 - 看護専門学生の自尊感情 自己肯定感における構成的エンカウンター グループの効果 10

11 心修 豊島菜月津田彰稲谷ふみ枝主観的幸福感がストレス過程に与える影響 心修 鄧科津田彰原口雅浩 心修 中村大介山本眞利子日高三喜夫 多理論統合モデルに基づく中国人大学生のストレスマネジメント行動に関する研究 外在化を用いたワークシートとフォーカシングが問題認識に及ぼす実験的研究 心修 永吉和之 稲谷ふみ枝木藤恒夫 視覚に障害のある高校生における進路意識と自己評価との関連 心修 野中雅代 稲谷ふみ枝津田彰 介護職員のストレスマネジメントにおけるストレスマネジメント自己効力感 心修 佐藤鑑永 木藤恒夫 稲谷ふみ枝バーチャル ペットによる癒し 修士 ( 心理学 ) 心修 須藤文安永悟原口雅浩 PISA 型読解力を促進する授業の開発と評価 -LTD 話し合い学習法の小学校授業への適用 - 修士 ( 心理学 ) 心修 盛﨑俊浩木藤恒夫原口雅浩会話の公準違反と欺瞞性認知修士 ( 心理学 ) 平成 20 年 心修 池田貴子津田彰原口雅浩多理論統合モデル (TTM) に基づく減量行動の変容と実践に関する研究 心修 浦井彩山本眞利子日高三喜夫 場面の違いにおける友人に対する怒りの表出行動のズレと精神的健康および満足感に関する研究 心修 片岡佳代子日高三喜夫徳田智代青年期の自己分化とその変容に関する研究 心修 小出京稲谷ふみ枝日高三喜夫 大学生を対象としたストレスマネジメント教育に関する研究 - アサーション トレーニングを中心としたプログラム - 11

12 心修 權藤和子山本眞利子日高三喜夫コンプリメントシート記述プログラム (CDP) が問題解決力に及ぼす影響 心修 志水智美徳田智代岩元澄子 精神科急性期病棟入院の統合失調症患者に対する心理教育の効果に関する研究 心修 下田竜也岩元澄子原口雅浩大学生における自己受容に至るプロセスのモデルの検討 心修 大東美穂子岩元澄子山本眞利子 心修 武田真理子徳田智代原口雅浩 心修 田中仁章日高三喜夫藤本学 青年の孤独に対する捉え方 - 孤独感, 自己意識, 精神的健康, 自我同一性との関連 - 大学生のアパシー傾向の研究 - 理想自己の視点から - 権威的信念と社会不安 - 社会不安発生過程と面接上の留意事項に関する考察 - 心修 辻翔太日高三喜夫山本眞利子話の焦点の当て方の違いが面接の効果と相互作用に与える影響の検討 心修 天満翔日高三喜夫原口雅浩 自己愛人格傾向のロールシャッハ テストの特徴 - 自己心理学的観点からの検討 - 心修 中富尚宏山本眞利子津田彰幼稚園教諭のストレスに関する研究 心修 中野慎也稲谷ふみ枝徳田智代 心修 藤嵜真士徳田智代稲谷ふみ枝 心修 船津亮太稲谷ふみ枝原口雅浩 介護施設スタッフの精神的健康度に寄与する対人関係要因の検討 - ソーシャル サポートと主観的反応としての被受容感 被拒絶感に着目して - 児童期の抑うつについての横断的研究 - 家族機能と孤独感との関係から - 発達障害児を対象としたソーシャルスキルトレーニングについての実践研究 - プログラム評価ならびに評価方法の検討 - 心修 本多美貴津田彰原口雅浩女性のワークストレスと主観的幸福感, 起床時コルチゾール反応との関連性 心修 松島淳津田彰稲谷ふみ枝 心修 松平有理子稲谷ふみ枝山本眞利子 心修 宮﨑江里子徳田智代原口雅浩 新人看護師の職業ストレスと職場適応のプロセス - 病棟を単位とした職場コミュニティのエスノグラフィー - マルチモード アプローチ :BASIC I.D. のストレスマネジメントへの応用 - 介護福祉施設女性管理職を対象として - ひきこもりのリスクに関連する心理的特性の研究 - 愛着と家族システム機能状態の視点から - 心修 矢野宏之岩元澄子原口雅浩関連性理論からみた自閉症児の発話解釈 12

13 心修 山﨑貞政津田彰福山裕夫 心修 山中毅日高三喜夫山本眞利子 メンタルストレス テスト負荷時の終末呼気中二酸化炭素分圧 (PetCO₂) の変化に関する基礎的検討 自律訓練法 標準練習における練習者の特性に関する検討 ~ 曖昧さの非耐性について ~ 心修 吉田弥生岩元澄子木藤恒夫統合失調症患者の服薬行動に影響を及ぼす心理的要因について 心修 高天碩木藤恒夫原口雅浩中国語母語話者の日本語漢字単語処理と心的辞書修士 ( 心理学 ) 13

14 平成 19 年 心修 安部希 日高三喜夫山本眞利子 心修 岩佐俊輔津田彰山本眞利子 試行カウンセリングにおける信頼感を中心とした自己意識 他者意識に関する研究 ロールプレイを用いた構成的 EG が対人援助ボランティア学生のストレス低減に及ぼす影響 心修 北川仁視 日高三喜夫山本眞利子緩和ケア病棟看護師における二次的外傷性ストレスに関する研究 心修 熊河美晴日高三喜夫原口雅浩箱庭印象評定尺度作成及び母子合同箱庭制作による効果の事例的研究 心修 瀬川明美岩元澄子園田直子 ADHD 児の自尊心に関する研究 ~ 一般児童との比較および A 市 Summer Treatment Program の効果 ~ 心修 立花直子岩元澄子園田直子保護者の要求と保育士の実践に差が生じている対応の検討 心修 田中いづみ 岩元澄子 徳田智代 心修 田村あさひ 日高三喜夫原口雅浩 心修 堤美沙子 日高三喜夫徳田智代 青年期における内的作業モデルの変容可能性と変容にかかわる要因についての研究 項目反応理論による不安反応尺度の作成と運用 - 自律訓練法による不安低減の効果 - 青年の対人ストレス状況における認知的評価とコーピングの組合せと精神的健康との関係 心修 山田香子岩元澄子徳田智代過去のいじめ被害体験への意味づけと心的影響に関する研究 心修 林哲也 心修 早瀬由紀 日高三喜夫山本眞利子心の整理法による心理的変化の数量化への試み 日高三喜夫山本眞利子精神療法過程 Q セットを用いた試行カウンセリング場面の検討 心修 平尾渉津田彰山本眞利子 大学生のライフイベントに対する認知の違いが精神的健康と性格特性に及ぼす影響 心修 眞木理岩元澄子徳田智代うつ病についての知識を提供することによる効果測定 14

15 心修 松永真由美岩元澄子徳田智代 現代青年の友人関係に関する研究 - 基本的信頼感 社会的スキル 精神的健康との関連 - 心修 村山浩由津田彰日高三喜夫ストレスマネジメント行動変容に対する多理論統合モデル (TTM) 尺度の作成 心修 柳田亜矢子日高三喜夫徳田智代ロールレタリングが家族との心理的距離と自己肯定感に与える効果 心修 山形俊 日高三喜夫原口雅浩 強迫性を有する神経性食欲不振症患者の臨床的特徴 - 強迫性と完全主義との関連について - 心修 山口沙矢香 日高三喜夫山本眞利子微笑みがカウンセラーの印象に及ぼす影響 心修 片岡祥園田直子木藤恒夫 青年期における恋愛関係の形成状態と捉え方 - アタッチメント理論をベースにした 現在 と 現在から過去 へのアプローチ - 心修 髙橋奈津子園田直子原口雅浩コミュニケーションメディアが自己呈示と印象形成に及ぼす影響 心修 田村宗徳原口雅浩木藤恒夫視覚系と運動系の解離 平成 18 年 心修 志波信宏 山上敏子 徳田智代 心修 伊波清憲 日高三喜夫木藤恒夫 施設入所高齢者のソーシャルサポートに関する研究 - ソーシャルサポートと精神的健康との関連 - 青年期における 悩み方 の分類に関する研究 - 悩み方質問紙を用いて - 心修 伊福麻希日高三喜夫徳田智代青年の恋愛依存傾向に関する尺度の作成および親子関係との関連について 心修 今永桐子岩元澄子徳田智代 幼児を育てる親の発達に関連する要因の検討 - 就業形態に注目して - 15

16 心修 大津千尋岩元澄子山本眞利子本来感と社会的スキルに関する研究 心修 川島枝里子日高三喜夫園田直子個人志向性 社会志向性が怒りの経験および精神的健康に与える影響 心修 小島知子岩元澄子園田直子 被虐待幼児の行動特徴に関する研究 - 乳児院 児童養護施設における調査から - 心修 鈴山可奈子山上敏子徳田智代夫婦関係および家族システムの機能状態が青年期の不安に及ぼす影響 心修 龍岡隆道山上敏子原口雅浩不登校生徒を対象とした宿泊体験におけるウォーミングアップ導入の効果 心修 中嶋渥 日高三喜夫山本眞利子 大学生の進路不決断に関する研究 - ロールレタリングが大学生の進路不決断に及ぼす影響 - 心修 秀島眞佐子岩元澄子原口雅浩 Grünwald の空間図式の発達的観点からの実証的検討 心修 福谷靖博山上敏子岩元澄子 某市某エリアにおける消防職員の健康状態と 生活習慣及び性格 行動パターンとの関連 心修 堀内聡津田彰原口雅浩唾液中カテコラミン代謝産物によるストレス状態の評価に関する基礎的研究 心修 道本典明日高三喜夫山本眞利子大学生を対象にしたコンプリメントの効果に関する研究 心修 吉川晃弘 日高三喜夫原口雅浩 学生を対象にした気分に関する箱庭療法の研究 - 効果検定および不安指標作成の試み - 心修 梅野理恵佐藤静一園田直子 教師との共感 ( 好意的 ) 関係及び非好意的関係の成立と教師のリーダーシップに関する研究 修士 ( 心理学 ) 心修 大浦理恵子安永悟園田直子読み手を特定することが文書産出におよぼす効果修士 ( 心理学 ) 16

17 平成 17 年 心修 平山亜由美 山上敏子 徳田智代 心修 井上真理子 日高三喜夫原口雅浩 大学生の抑うつに対するソーシャルサポートとソーシャルスキルの効果について 初回面接におけるカウンセラー側の要因がその後の面接でのカウンセラーとクライエントとの関係に及ぼす影響 心修 竹下薫津田彰佐藤静一高校生の食卓とメンタルヘルスとの関連 心修 江田早紀 日高三喜夫原口雅浩 パーソナリティ特性としての対人感受性の諸側面に関する研究 - 質問紙法およびロールシャッハ テストによる検討 - 心修 原田和奈山上敏子岩元澄子入院児の不安と不安へのサポートについて 心修 石井洋平津田彰福山裕夫 陽性 陰性情動が探索眼球運動に及ぼす影響 - 情動機能を把握する客観的指標としての有用性の検討 - 心修 森川美希岩元澄子園田直子妊娠への態度と夫との関係が周産期の抑うつに及ぼす影響 心修 河野貴之 岩元澄子 徳田智代 心修 原口真幸 日高三喜夫徳田智代 心修 笹栗邦子 山上敏子 佐藤静一 心修 坂本直子 山上敏子 原口雅浩 ADHD 児の自尊心の向上 維持に関する研究 -Summer Treatment Program を通して - 中核葛藤関係テーマ (CCRT) 法による初心の心理臨床家の訓練に関する研究 - 紙上訓練とロール プレイにおける検討 - 身体障害者における心理的自立の検討 - 身体的自立 統制感 自尊感情との関連 肝がん患者の QOL 不安 抑うつの入院経過による変化胃がん ポリープ患者との比較 - 生きがいと前向きさとの関連 - 心修 古賀将之山上敏子園田直子高機能広汎性発達障害児の P-F スタディとウェクスラー知能検査の関連 心修 宮﨑晃子津田彰岩元澄子 心修 西山順子岩元澄子山上敏子 中学生のタイプ A 行動パターンと社会性と情動の能力 - 自尊感情関係との関連性 子どもの行動特徴と親の子どもに対する気持ちとの関連 - 児童精神科を受診した子どもの親の場合 - 17

18 心修 山下史美子津田彰原口雅浩学習障害周辺児にみられる読字困難と眼球運動の関連について 心修 田中依里 岩元澄子 山上敏子 心修 衣川朋宏 日高三喜夫徳田智代 心修 近藤素子 日高三喜夫原口雅浩 心修 高山由樹 日高三喜夫徳田智代 心修 岡島藤香 津田彰 園田直子 心修 峰千春 岩元澄子 山上敏子 心修 末安直子 山上敏子 徳田智代 幼児のストレスへの保護者の対応に関する研究 - 保護者のストレスと親発達に着目して - 認知症高齢者の在宅介護者における介護評価について - 抑うつ 不安 自尊感情との関連 - 不安反応に関する研究 - 項目反応理論による不安反応尺度の作成 - 思春期のアトピー性皮膚炎に関する研究 - 質問紙と連想をもとにした面接による検討 - ひとはどのように 多発性硬化症と共にある という経験をしているのか - 神経難病患者の語りの質的研究 - 子どものバウムテストにみる抑うつ指標 -Birleson s Scale for Children を用いての検討 健常者学生の身体像境界得点に示された自我機能の特徴について Barrier Score と Penetration Score の関係 心修 金ウィ淵 津田彰 原口雅浩 活命法の心身のリラクセーションに及ぼす効果 心修 佐伯知芳 安永悟 木藤恒夫 社会と自己の関係性からみた進路決定 修士 ( 心理学 ) 心修 中村佳奈 園田直子 佐藤静一 健康型高齢者住宅入居者の生活満足度と人間関係 修士 ( 心理学 ) 平成 16 年 心修 西山孝子日高三喜夫山上敏子間主観的アプローチによる臨床的 共感 への接近 18

19 心修 北村誠一郎 日高三喜夫辻丸秀策 心修 田上雅之 日高三喜夫徳田智代 心修 鎌田美都子 津田彰 原口雅浩 心修 前川昭子 日高三喜夫原口雅浩 心修 右近法子 津田彰 原口雅浩 心修 土井美由起 日高三喜夫徳田智代 心修 上原万里 日高三喜夫山上敏子 心修 山口智也 辻丸秀策 徳田智代 心修 芝﨑紘美 山上敏子 徳田智代 心修 井上寛子 山上敏子 原口雅浩 心修 中原理絵 山上敏子 徳田智代 心修 高松幸茂 津田彰 徳田智代 自律訓練法 標準練習のリラクセーション効果測定の試み - 自己評定式尺度を用いた検討 - 言語表現による内的変化の過程 - 体験過程理論からみた ぴったりきた感触 を中心に - 女子高校生を対象としたアサーティヴネス トレーニングの自己 他者評価による効果検討 医療面接満足感に及ぼす医師の診察態度の影響 - ロールプレイ場面の分析 - 潰瘍性大腸炎患者に対する心理的アプローチ - 再燃防止を目的としたアプローチ - 風景構成法における項目逐次提示による構成プロセス - 保護 強制の側面から - イメージプログラムが幼児に及ぼす影響 - 感情の変化と主観的ストレス反応を中心に - カウンセリングにおける雰囲気と治療関係について - 試行カウンセリングを用いた検討 - 障害児きょうだいの抑うつと不安について - 家事の手伝いや障害児の世話との関連 - AD/HD 児の欲求不満場面での反応特徴と生活場面への認知および自尊感情との関連性 デイケア通所統合失調症患者におけるソーシャルサポートと QOL との関係について 思春期不登校の子どもの社会参加を促進した母親による援助プロセスの研究 - グラウンデッド セオリー アプローチを用いて - 心修 坂本有希原岡一馬佐藤静一自己開示における受け手の反応と開示者の感情との関連修士 ( 心理学 ) 19

20 平成 15 年 1 猿渡綾子妙木浩之山上敏子観察的自我をとおしてみるロールレタリング ( 役割交換書簡法 ) 臨床心理学 2 笹栗慶子山上敏子日高三喜夫 不登校児を持つ親への臨床動作法による援助 - 適応指導教室での実践 - 臨床心理学 3 北川妙津田彰河合千恵子がん患者の家族が語る療養過程における問題とその援助臨床心理学 4 蓑輪早織山上敏子日高三喜夫 神経性食欲不振症患者の 親の養育態度認知と心理的特性について - 質問紙とバウムテストによる検討 - 臨床心理学 5 新谷綾子妙木浩之山上敏子 WAT の臨床的活用へ向けて臨床心理学 6 武田園子日高三喜夫山上敏子 7 吉松紀子妙木浩之山上敏子 8 佐伯はるか日高三喜夫辻丸秀策 受動的注意集中に関する研究 - 受動的注意集中の教示と心理的効果の検討 - 対象選択と家族イメージ - 動的家族画を通して - 治療関係形成に関わる要因の検討 - ラポールを中心に - 臨床心理学 臨床心理学 臨床心理学 9 福元理奈日高三喜夫山上敏子夢の想起頻度と夢の記録に関する研究臨床心理学 10 土橋功昌 辻丸秀策 妙木浩之 11 吉田はるか 山上敏子 園田直子 12 牟田口孝子 妙木浩之 山上敏子 13 上瀧純一 津田彰 辻丸秀策 14 山村早苗 津田彰 原口雅浩 悲嘆に関する比較研究 - 二人称の死 と 三人称の死 による悲嘆 - 成人女性の well-being と精神的健康 - 社会活動による影響 - 児童期における抑うつと母親との愛着の関連 - 母子画に表現される母親との愛着をとおして - 読み返しを伴う筆記による自己開示が健康に及ぼす効果 - ストレス マネジメントの一技法としての検討 - ADHD 児を持つ母親の子育てストレッサーに関する質的研究 ~ 母親の語りから見えてくるもの ~ 臨床心理学臨床心理学臨床心理学臨床心理学臨床心理学 20

21 15 小野あづさ津田彰原口雅浩 高次脳機能障害のリハビリテーション - 注意機能の改善をねらったトレーニングの有用性 - 臨床心理学 16 高木梢日高三喜夫山上敏子アサーション トレーニングが女子学生に及ぼす自己評価と攻撃性への効果臨床心理学 17 森佐和子津田彰原口雅浩 バイオフィードバック訓練の適用による月経痛及び月経随伴症状の緩和効果について 臨床心理学 18 井上慎司妙木浩之山上敏子共感過程における体験過程の意義臨床心理学 19 堤裕和里津田彰原口雅浩女子中学生を対象とした通い型アサーション トレーニングの適用臨床心理学 20 和田玲子妙木浩之津田彰 乳幼児をもつ母親の情緒応答性に影響する諸要因 : 主に母性, その環境と育児不安の関係から 臨床心理学 21 赤須大典 佐藤静一 原岡一馬 集団同一性と内集団成員評価に関する研究 心理学 22 木之下智 安永悟 原岡一馬 認知的バイアスと社会的手がかりが交渉結果の評価に及ぼす効果 心理学 23 江上千代美 安永悟 園田直子 看護学生の人生目標と社会的適応 心理学 24 野中麻衣子 園田直子 佐藤静一 糖尿病患者の飲酒習慣とその改善に関する心理学的研究 心理学 25 篠原英一郎 原岡一馬 佐藤静一 同調経験の有無が その後の同調行動生起に与える影響 心理学 26 長濱文与安永悟木藤恒夫 認知過程の外在化が文章理解に及ぼす影響 - 縮約 の視点から - 心理学 21

22 平成 14 年 1 穴井千鶴津田彰園田直子 2 永冨香織津田彰原口雅浩 3 原聡子山上敏子日高三喜夫 4 佐藤章郎山上敏子辻丸秀策 首尾一貫感覚からみた育児期女性 - 心理的援助プログラムの実践報告 - 中学生のオプティミズム ペシミズムに関する研究 - 学校ストレス 学校適応との関連性を中心に - 障害児をもつ父親の養育上のストレスと育児 家事における変化 - 親訓練が父親に及ぼす影響 - AD/HD 児と精神遅滞児の親における養育行動変容過程の共通点 相違点 ~ 親訓練のビデオ解析 ~ 臨床心理学臨床心理学臨床心理学臨床心理学 5 岡村尚昌津田彰赤須崇精神神経免疫学的指標を用いた心理社会生物学的研究臨床心理学 6 嶋田佳樹濱田哲郎日高三喜夫バイオフィードバック訓練における習熟度の個人差とトレーナーの役割臨床心理学 7 吉田良子津田彰日高三喜夫高校生におけるソーシャル サポートの学校ストレス軽減効果に関する研究臨床心理学 8 向笠章子津田彰辻丸秀策 9 佐々木信佳山上敏子園田直子 10 名嘉さつき山上敏子日高三喜夫 11 石橋大樹山上敏子日高三喜夫 12 石橋正次津田彰辻丸秀策 超低出生体重児における発達的特徴 - 聖マリア病院の発達支援の蓄積から - 母親の持つ育児グループへの関心と子育て条件の関連 - 自主型グループが主な地域を例にとって - 精神疾患患者をもつ家族の健康と患者への対応に関する研究 - 家族を対象とする心理教育プログラムを通して - 大学生における一人でいる能力に関する基礎的研究 - 一人でいる能力尺度の作成, 共感性との関連性について - 感情と認知についての精神生理学的研究 - 事象関連電位に及ぼす色の影響 - 臨床心理学臨床心理学臨床心理学臨床心理学臨床心理学 13 藤生朋子津田彰妙木浩之近景 中景 遠景の視点から見た風景構成法臨床心理学 14 中嶋祥子山上敏子園田直子 プレイセラピー記録の数量化の試み ~ 場面緘黙児の事例より ~ 臨床心理学 22

23 15 江平麻弥津田彰辻丸秀策睡眠時無呼吸症候群における気分状態と QOL の検討臨床心理学 16 中村京子津田彰妙木浩之睡眠相後退症候群におけるパーソナリティ要因と気分状態の検討臨床心理学 17 島川泉辻丸秀策津田彰アルコール症の季節性に関する研究臨床心理学 18 福田和久辻丸秀策日高三喜夫 自律訓練法 標準練習の初期練習過程における練習中の諸反応に関する研究 - 心理身体的反応と不安 気分感情の関連性についての検討 - 臨床心理学 19 本山亮山上敏子妙木浩之低出生体重児をもつ母親の育児不安に関する研究臨床心理学 20 田中芳幸津田彰辻丸秀策 中学生における規範意識が学校ストレスおよび学校生活の楽しさに及ぼす影響 臨床心理学 21 中島充代津田彰日高三喜夫術後乳がん患者への心理社会的グループアプローチによる実証研究臨床心理学 22 進藤富美濱田哲郎妙木浩之解決志向アプローチによる面接の効用臨床心理学 23 中島範子原岡一馬佐藤静一 保育園児を持つ母親のワーク ファミリーコンフリクト - 子どものときの母親就労に対する認知と現在子どもに与えている影響の認知との観点から - 心理学 24 大串慎一郎安永悟園田直子父親の家庭関与と大学生の精神的健康 将来の展望との関係心理学 23

介護における尊厳の保持 自立支援 9 時間 介護職が 利用者の尊厳のある暮らしを支える専門職であることを自覚し 自立支援 介 護予防という介護 福祉サービスを提供するにあたっての基本的視点及びやってはいけ ない行動例を理解している 1 人権と尊厳を支える介護 人権と尊厳の保持 ICF QOL ノーマ

介護における尊厳の保持 自立支援 9 時間 介護職が 利用者の尊厳のある暮らしを支える専門職であることを自覚し 自立支援 介 護予防という介護 福祉サービスを提供するにあたっての基本的視点及びやってはいけ ない行動例を理解している 1 人権と尊厳を支える介護 人権と尊厳の保持 ICF QOL ノーマ 介護職員初任者研修 ほほえみ介護塾 シラバス 研修事業者名 使用教材 一般財団法人宇治市福祉サービス公社 介護職員初任者研修テキスト 公益財団法人介護労働安定センター 科目名 職務の理解 6 時間 研修に先立ち これからの介護が目指すべき その人の生活を支える 在宅におけるケ ア 等の実践について 介護職がどのような環境で どのような形で どのような仕事を 行うのか 具体的イメージを持って実感し 以降の研修に実践的に取り組めるようにす

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Maruzen ebook Libraryは 学術 研究機関の為の学術情報に特化した 電子書籍をご提供する丸善雄松堂オリジナルのプラットフォームです 丸善雄松堂の機関向け電子書籍提供サービス 最新情報をご案内中 QRコードからご覧頂けます https://elib.maruzen.co.jp/ 学術認証フェデレーションと連携 No.2018-623 発達 教育関連 動画カタログ 医学映像教育センターのDVDが

More information

回数テーマ学習内容学びのポイント 2 過去に行われた自閉症児の教育 2 感覚統合法によるアプローチ 認知発達を重視したアプローチ 感覚統合法における指導段階について学ぶ 自閉症児に対する感覚統合法の実際を学ぶ 感覚統合法の問題点について学ぶ 言語 認知障害説について学ぶ 自閉症児における認知障害につ

回数テーマ学習内容学びのポイント 2 過去に行われた自閉症児の教育 2 感覚統合法によるアプローチ 認知発達を重視したアプローチ 感覚統合法における指導段階について学ぶ 自閉症児に対する感覚統合法の実際を学ぶ 感覚統合法の問題点について学ぶ 言語 認知障害説について学ぶ 自閉症児における認知障害につ 心理 生理 病理 科目の内容指導法自閉症教育総論 単位数履修方法配当年次 2 R or SR 3 年以上 科目コード EG4735 担当教員 青木真澄 わが国で, 自閉性障害のある児童生徒に学校教育が行われてから約 30 年の年月が経過している 彼らの 障害の程度に応じて, 通常の学級や通級指導教室, 特別支援学級, あるいは特別支援学校で多様な教育が 行われてきた しかし, 未だなお, 彼らに効果的であると実証された指導方法は確立されていない

More information

論文題目 大学生のお金に対する信念が家計管理と社会参加に果たす役割 氏名 渡辺伸子 論文概要本論文では, お金に対する態度の中でも認知的な面での個人差を お金に対する信念 と呼び, お金に対する信念が家計管理および社会参加の領域でどのような役割を果たしているか明らかにすることを目指した つまり, お

論文題目 大学生のお金に対する信念が家計管理と社会参加に果たす役割 氏名 渡辺伸子 論文概要本論文では, お金に対する態度の中でも認知的な面での個人差を お金に対する信念 と呼び, お金に対する信念が家計管理および社会参加の領域でどのような役割を果たしているか明らかにすることを目指した つまり, お 論文題目 大学生のお金に対する信念が家計管理と社会参加に果たす役割 氏名 渡辺伸子 論文概要本論文では, お金に対する態度の中でも認知的な面での個人差を お金に対する信念 と呼び, お金に対する信念が家計管理および社会参加の領域でどのような役割を果たしているか明らかにすることを目指した つまり, お金に対する信念の構造の把握と関連領域の整理を試みた 第 Ⅰ 部の理論的検討は第 1 章から第 5 章までであった

More information

支援マニュアル No.10 発達障害者のためのリラクゼーション技能トレーニング ~ ストレス 疲労のセルフモニタリングと対処方法 ~ 別添 1 支援マニュアルの構成 1 トレーニングの概要 2 トレーニングの進め方 3 トレーニングの解説 資料集トレーニングのガイドブックアセスメントツール集講座用ス

支援マニュアル No.10 発達障害者のためのリラクゼーション技能トレーニング ~ ストレス 疲労のセルフモニタリングと対処方法 ~ 別添 1 支援マニュアルの構成 1 トレーニングの概要 2 トレーニングの進め方 3 トレーニングの解説 資料集トレーニングのガイドブックアセスメントツール集講座用ス 報道資料 独立行政法人高齢 障害 求職者雇用支援機構ニュース Japan Organization for Employment of the Elderly, Persons with Disabilities and Job Seekers 平成 26 年 7 月 25 日第 162 号 261-8558 千葉県千葉市美浜区若葉 3-1-2 先駆的な職業リハビリテーション技法のご案内 障害者職業総合センター職業センターでは

More information

Microsoft Word - Fin2014_9_30_26年度構想発表抄録集.docx

Microsoft Word - Fin2014_9_30_26年度構想発表抄録集.docx 中京大学大学院心理学研究科 平成 26 年度修士論文構想発表会抄録集 各発表者の在籍責任時間まとめ 梶井 10 月 7 日 ( 火 ) 伊藤加藤金谷簗瀬 加藤金谷柴田平沢平光 柴田 牛田梶井中西 山本 佐藤 梶井 加藤 10 月 8 日 ( 水 ) 佐藤冨田 金谷谷口冨田中西 加藤柴田谷口 伊藤牛田柴田中西 牛田 平沢 簗瀬 山本 佐藤 伊藤 加藤 佐藤山本 谷口冨田 平沢平光 平光 簗瀬 山本 平成

More information

wslist01

wslist01 身体のなかの心, 心のなかの身体 11 月 26 日 ( 土 )13:30 ~ 14 :30( 第 1 会場 メインホール ) SL-1. Current practice and future of consultation-liaison psychiatry in Mayo Clinic 11 月 25 日 ( 金 )16:00 ~ 17:00 ( 第 1 会場 メインホール ) SL-2.

More information

系統看護学講座 クイックリファレンス 2012年 母性看護学

系統看護学講座 クイックリファレンス 2012年 母性看護学 母性看護学 母性看護学 目標 Ⅰ. 母性看護の対象となる人々 関連する保健医療の仕組み 倫理的問題 人間の性と生殖のしくみについての理解を問う 1 母性看護の概念 母性看護の主な概念 a 母性の概念 母性の発達 母性看護学 [1]( 母性看護学概論 ): 第 1 章 母性とは (p.2 12) 公衆衛生 : 第 5 章 C リプロダクティヴ ヘルス / ライツ (p.115 130) 家族論 家族関係論

More information

「手術看護を知り術前・術後の看護につなげる」

「手術看護を知り術前・術後の看護につなげる」 2017 年 2 月 1 日 作成者 : 山田さおり 慢性心不全看護エキスパートナース育成コース 1. 目的江南厚生病院に通院あるいは入院している心不全患者に質の高いケアを提供できるようになるために 看護師が慢性心不全看護分野の知識や技術を習得することを目的とする 2. 対象レベルⅡ 以上で各分野の知識と技術習得を希望する者 ( 今年度は院内スタッフを対象にしています ) 期間中 80% 以上参加できる者

More information

Microsoft Word - シラバス.doc

Microsoft Word - シラバス.doc 1 多様なサービスと理解 (1) 職務の理解 これからの介護が目指すべき その人の生活を支える 在宅におけるケア 等の実践について 介護職がどのような環境で どのような形で どのような仕事を行うのか 具体的なイメージを持って実感し 以降の研修に実践的に取り組めるようにさせる 2. 2. 多様なサービスの理解 2 介護職の仕事内容や働く現場の理解 3. 3. 介護職の仕事内容や働く現場の理解 3 (

More information

3) 適切な薬物療法ができる 4) 支持的関係を確立し 個人精神療法を適切に用い 集団精神療法を学ぶ 5) 心理社会的療法 精神科リハビリテーションを行い 早期に地域に復帰させる方法を学ぶ 10. 気分障害 : 2) 病歴を聴取し 精神症状を把握し 病型の把握 診断 鑑別診断ができる 3) 人格特徴

3) 適切な薬物療法ができる 4) 支持的関係を確立し 個人精神療法を適切に用い 集団精神療法を学ぶ 5) 心理社会的療法 精神科リハビリテーションを行い 早期に地域に復帰させる方法を学ぶ 10. 気分障害 : 2) 病歴を聴取し 精神症状を把握し 病型の把握 診断 鑑別診断ができる 3) 人格特徴 専門研修プログラム整備基準項目 5 別紙 1 専門技能 ( 診療 検査 診断 処置 手術など ) 1 年目 1 患者及び家族との面接 : 面接によって情報を抽出し診断に結びつけるとともに 良好な治療関係を維持する 2. 診断と治療計画 : 精神 身体症状を的確に把握して診断し 適切な治療を選択するとともに 経過に応じて診断と治療を見直す 3. 疾患の概念と病態の理解 : 疾患の概念および病態を理解し

More information

様式 3 論文内容の要旨 氏名 ( 神﨑光子 ) 論文題名 周産期における家族機能が母親の抑うつ 育児自己効力感 育児関連のストレス反応に及ぼす影響 論文内容の要旨 緒言 女性にとって周産期は 妊娠 分娩 産褥各期の身体的変化だけでなく 心理的 社会的にも変化が著しいため うつ病を中心とした気分障害

様式 3 論文内容の要旨 氏名 ( 神﨑光子 ) 論文題名 周産期における家族機能が母親の抑うつ 育児自己効力感 育児関連のストレス反応に及ぼす影響 論文内容の要旨 緒言 女性にとって周産期は 妊娠 分娩 産褥各期の身体的変化だけでなく 心理的 社会的にも変化が著しいため うつ病を中心とした気分障害 Title Author(s) 周産期における家族機能が母親の抑うつ 育児自己効力感 育児関連のストレス反応に及ぼす影響 神﨑, 光子 Citation Issue Date Text Version none URL http://hdl.handle.net/11094/53903 DOI rights 様式 3 論文内容の要旨 氏名 ( 神﨑光子 ) 論文題名 周産期における家族機能が母親の抑うつ

More information

修士論文 ( 要旨 ) 2017 年 1 月 攻撃行動に対する表出形態を考慮した心理的ストレッサーと攻撃性の関連 指導小関俊祐先生 心理学研究科臨床心理学専攻 215J4010 立花美紀

修士論文 ( 要旨 ) 2017 年 1 月 攻撃行動に対する表出形態を考慮した心理的ストレッサーと攻撃性の関連 指導小関俊祐先生 心理学研究科臨床心理学専攻 215J4010 立花美紀 修士論文 ( 要旨 ) 2017 年 1 月 攻撃行動に対する表出形態を考慮した心理的ストレッサーと攻撃性の関連 指導小関俊祐先生 心理学研究科臨床心理学専攻 215J4010 立花美紀 Master s Thesis (Abstract) January 2017 The Relationship between Psychological Stressors and Aggression, with

More information

Microsoft Word - 博士論文概要.docx

Microsoft Word - 博士論文概要.docx [ 博士論文概要 ] 平成 25 年度 金多賢 筑波大学大学院人間総合科学研究科 感性認知脳科学専攻 1. 背景と目的映像メディアは, 情報伝達における効果的なメディアの一つでありながら, 容易に感情喚起が可能な媒体である. 誰でも簡単に映像を配信できるメディア社会への変化にともない, 見る人の状態が配慮されていない映像が氾濫することで見る人の不快な感情を生起させる問題が生じている. したがって,

More information

000-はじめに.indd

000-はじめに.indd 2 リハビリテーション看護 (1) 概要 ア 看護部の理念 方針 理念 患者様とともにリハビリテーションのゴール 目標 を目指し できるかぎりの自立を支援 し 安全で質の高い看護を提供します 方針 1 人間の生命 人間としての尊厳および権利を尊重した看護サービスを提供します 2 リハビリテーション看護の専門性を発揮し 患者様の日常生活行動の獲得に向けて 見守る 待つ ともに考える 姿勢を持ってかかわり

More information

表紙.indd

表紙.indd 教育実践学研究 23,2018 1 Studies of Educational Psychology for Children (Adults) with Intellectual Disabilities * 鳥海順子 TORIUMI Junko 要約 : 本研究では, の動向を把握するために, 日本特殊教育学会における過去 25 年間の学会発表論文について分析を行った 具体的には, 日本特殊教育学会の1982

More information

鈴木さなえ 社会福祉士 介護福祉士 介護支援専門員 兼任 諸橋利枝 精神保健福祉士 社会福祉士 介護支援専門員 兼任 2 介護における尊厳の保持 自立支援 高浦康弘 社会福祉士 介護支援専門員 兼任 2 自立に向けた介護 斉藤智恵 介護福祉士 兼任 長谷川純子 介護福祉士 介護支援専門員 兼任 野村

鈴木さなえ 社会福祉士 介護福祉士 介護支援専門員 兼任 諸橋利枝 精神保健福祉士 社会福祉士 介護支援専門員 兼任 2 介護における尊厳の保持 自立支援 高浦康弘 社会福祉士 介護支援専門員 兼任 2 自立に向けた介護 斉藤智恵 介護福祉士 兼任 長谷川純子 介護福祉士 介護支援専門員 兼任 野村 講師一覧 別添様式 15 社会福祉法人富士白苑介護職員初任者研修 平成 30 年 6 月 11 日現在 科目番号 / 科目名項目番号 / 項目名 講師名 資格等 専任 兼任 1 職務の理解 高浦康弘 社会福祉士 介護支援専門員 兼任 1 多様なサービスの理解 斉藤智恵 介護福祉士 兼任 長谷川純子 介護福祉士 介護支援専門員 兼任 江口由美 介護福祉士 介護支援専門員 兼任 白井仁 介護福祉士 兼任

More information

SBOs- 3: がん診断期の患者の心身の特徴について述べることができる SBOs- 4: がん治療期 ; 化学療法を受けている患者の心身の特徴について述べることができる SBOs- 5: がん治療期 ; 放射線療法を受けている患者の心身の特徴について述べることができる SBOs- 6: がん治療期

SBOs- 3: がん診断期の患者の心身の特徴について述べることができる SBOs- 4: がん治療期 ; 化学療法を受けている患者の心身の特徴について述べることができる SBOs- 5: がん治療期 ; 放射線療法を受けている患者の心身の特徴について述べることができる SBOs- 6: がん治療期 がん看護エキスパートナース育成計画 2009 年 6 月 25 日 作成者 : 祖父江正代 1. 目的江南厚生病院に通院あるいは入院しているがん患者に質の高いケアを提供できるようになるために 看護師ががん看護 ( とくに緩和ケア ) 分野の知識や技術を修得することを目的とする 2. 対象者 1) レベル Ⅱ 以上で各分野の知識と技術修得を希望する者 2) 期間中 80% 以上参加できる者 3. 教育期間

More information

<4D F736F F F696E74202D AAE90AC94C5817A835F C581698FE39E8A90E690B6816A2E >

<4D F736F F F696E74202D AAE90AC94C5817A835F C581698FE39E8A90E690B6816A2E > 労災疾病等 13 分野医学研究 開発 普及事業 第 2 期 ( 平成 21 年度 ~ 平成 25 年度 ) 分野名 働く女性のためのメディカル ケア 働く女性における介護ストレスに関する研究 - 女性介護離職者の軽減をめざして - 働く女性健康研究センター 主任研究者中部労災病院女性診療科 神経内科部長上條美樹子 研究の目的 現代社会においては女性労働力の確保は経済復興の大きな柱と考えられ 育児休暇制度や勤務形態の工夫など

More information

BA081: 教養 B( 放送大学 心理学概論 ) 科目番号 科目名 BA081 教養 B 放送大学 心理学概論 (Liberal Arts B) 科目区分 必修 選択 授業の方法 単位数 教養教育系科目 選択 講義 2 単位 履修年次 実施学期 曜時限 使用教室 1 年次 2 学期 月曜 1 限

BA081: 教養 B( 放送大学 心理学概論 ) 科目番号 科目名 BA081 教養 B 放送大学 心理学概論 (Liberal Arts B) 科目区分 必修 選択 授業の方法 単位数 教養教育系科目 選択 講義 2 単位 履修年次 実施学期 曜時限 使用教室 1 年次 2 学期 月曜 1 限 BA081: 教養 B( 放送大学 心理学概論 ) 科目番号 科目名 BA081 教養 B 放送大学 心理学概論 (Liberal Arts B) 科目区分 必修 選択 授業の方法 単位数 教養教育系科目 選択 講義 2 単位 履修年次 実施学期 曜時限 使用教室 1 年次 2 学期 月曜 1 限 215 室 受講対象 総合デザイン学科 担当教員 ( オフィスアワー ) 星薫 ( 放送大学 ) 森津太子

More information

<4D F736F F D20906C8AD489C88A778CA48B8689C881408BB38A77979D944F82C6906C8DDE88E790AC96DA95572E646F6378>

<4D F736F F D20906C8AD489C88A778CA48B8689C881408BB38A77979D944F82C6906C8DDE88E790AC96DA95572E646F6378> 人間科学研究科の教学理念 人材育成目的と 3 ポリシー 教学理念 人間科学研究科は 総合的な心理学をもとにして 人間それ自身の研究を拓き 対人援助 人間理解にかかわる関連分野の諸科学や多様に取り組まれている実践を包括する 広い意味での人間科学の創造をめざす 細分化している専門の深まりを 社会のなかの人間科学としての広がりのなかで自らの研究主題を構築しなおす研究力を養い 社会のなかに活きる心理学 人間科学の創造をとおして

More information

年中児スクリーニングの事後支援 年中児スクリーニングの事後支援として 22 市町村が園巡回を実施しているが SST は 5 市町村の実施 ペアレントトレーニングは 7 市町村の実施に止まっており 事後支援を実施する市町村の拡大が課題 園巡回 : 専門職が保育所 幼稚園を巡回し 保育士等に指導 助言

年中児スクリーニングの事後支援 年中児スクリーニングの事後支援として 22 市町村が園巡回を実施しているが SST は 5 市町村の実施 ペアレントトレーニングは 7 市町村の実施に止まっており 事後支援を実施する市町村の拡大が課題 園巡回 : 専門職が保育所 幼稚園を巡回し 保育士等に指導 助言 資料 発達障害者支援の課題と方向性 ( たたき台案 ) 1. 発達障害者支援によって目指すべき社会 発達障害者の一人一人が持つ学習面 行動面 社会性 コミュニケーション等に係る課題に対して 様々な分野の関係者が連携し ライフステージ ( 乳幼児期 ~ 成人期 ) を通じて継続的に支援を提供し 対応能力の向上を図ることにより 二次的な障害の発生を防止し 成人期に企業等で一般就労を行うなど 発達障害者が自立と社会参加を実現できる社会を目指す

More information

Microsoft Word - 4㕕H30 �践蕖㕕管璃蕖㕕㇫ㅪ�ㅥㅩㅀ.docx

Microsoft Word - 4ã••H30 å®�践蕖㕕管璃蕖㕕㇫ㅪã‡�ㅥㅩㅀ.docx :31.5 時間 (1,890 分 ) 実習 : 課題設定 240 分 他施設実習 1 日 職場実習 4 週間 実習のまとめ 180 分 第 1 日目 オリエンテーション 9:30~9:40(10 分 ) ( 第 2 回旭川 9:45~9:55) 1 認知症ケアの基本的理解 認知症ケアの基本的視点と理念 9:40~12:40(180 分 ) ( 第 2 回旭川 9:55~12:55) 高齢者施策における認知症ケアの方向性と位置づけを理解し

More information

Ⅲ 目指すべき姿 特別支援教育推進の基本方針を受けて 小中学校 高等学校 特別支援学校などそれぞれの場面で 具体的な取組において目指すべき姿のイメージを示します 1 小中学校普通学級 1 小中学校普通学級の目指すべき姿 支援体制 多様な学びの場 特別支援教室の有効活用 1チームによる支援校内委員会を

Ⅲ 目指すべき姿 特別支援教育推進の基本方針を受けて 小中学校 高等学校 特別支援学校などそれぞれの場面で 具体的な取組において目指すべき姿のイメージを示します 1 小中学校普通学級 1 小中学校普通学級の目指すべき姿 支援体制 多様な学びの場 特別支援教室の有効活用 1チームによる支援校内委員会を Ⅲ 目指すべき姿 特別支援教育推進の基本方針を受けて 小中学校 高等学校 特別支援学校などそれぞれの場面で 具体的な取組において目指すべき姿のイメージを示します 1 小中学校普通学級 1 小中学校普通学級の目指すべき姿 支援体制 多様な学びの場 特別支援教室の有効活用 1チームによる支援校内委員会を開催し 支援の必要な児童生徒についての情報や支援方針を 担任や特別支援教育コーディネーターだけでなく全職員で共有し

More information

学力向上のための取り組み

学力向上のための取り組み スクールソーシャルワーカー (SSW) 活用事業 堺市教育委員会事務局生徒指導課 社会の変化と複雑化 多様化する課題 少子化 核家族化 情報化 など社会の変化 家族形態の変容 人間関係の希薄化 情報の氾濫 価値観の多様化など いじめ 不登校 暴力行為 虐待 ひきこもり 家庭内暴力など 学校の抱える課題が 複雑化 多様化している 心理や福祉の専門家と連携した組織的な対応が必要 専門家と連携した対応例

More information

(目的)

(目的) 目的 期待される能力 ( 目的 ) 1. 糖尿病を持ちながら生活をする対象に対し 悪化を防ぎ 健康な生活が継続できるような質の高い技術を用いて援助でき 発症予防においても貢献できる糖尿病看護認定看護師を育成する 2. 糖尿病教育 看護分野において優れた実践力を発揮し あらゆる分野の看護職に対して必要に応じて相談 支援ができ医療チームにおいて連携が図れる 3. 1,2 を通して 糖尿病教育 看護分野全体の質の向上を図る

More information

調査結果概要 ( 旭川市の傾向 ) 健康状態等 子どもを病院に受診させなかった ( できなかった ) 経験のある人が 18.8% いる 参考 : 北海道 ( 注 ) 17.8% 経済状況 家計について, 生活のため貯金を取り崩している世帯は 13.3%, 借金をしている世帯は 7.8% となっており

調査結果概要 ( 旭川市の傾向 ) 健康状態等 子どもを病院に受診させなかった ( できなかった ) 経験のある人が 18.8% いる 参考 : 北海道 ( 注 ) 17.8% 経済状況 家計について, 生活のため貯金を取り崩している世帯は 13.3%, 借金をしている世帯は 7.8% となっており 旭川市子どもの生活実態調査調査結果 速報版 平成 29 年 11 月 2 日 調査目的子どもの生活環境や家庭の実態を把握することにより, 本市の課題や特性を踏まえた子どもの貧困に係る施策展開の基礎資料とする 調査対象市内の小中学校 高等学校に在籍する対象学年の全児童生徒及び保護者対象学年学校数保護者児童 / 生徒対象者数 2 年生 2,514 人 (2,514 人 1) 55 校 5 年生 5,450

More information

0_____目次.indd

0_____目次.indd 2 研究内容別傾向 ① BPSD ① - 1 他の研究内容との重複 BPSD に関連する研究64件のうち重複している研究内容は 家族 に関連する研究が15件 23.4% と 最も多く 次いで 評価法 に関連する研究が11件 17.2% となっている さらに 介護職員 に関 連する研究が10件 15.6% ストレス 負担感 に関する研究が 9 件 14.1% となっている 表① -1 他の研究内容との重複件数

More information

表 1 全国調査の標準版性別尺度平均と標準偏差 (SD) 男性 女性 合計 標準版の尺度 人数平均 SD 人数平均 SD 人数平均 SD t 検定 仕事の負担 仕事の量的負担 *** 仕事の質的負担

表 1 全国調査の標準版性別尺度平均と標準偏差 (SD) 男性 女性 合計 標準版の尺度 人数平均 SD 人数平均 SD 人数平均 SD t 検定 仕事の負担 仕事の量的負担 *** 仕事の質的負担 表 1 全国調査の標準版性別尺度平均と標準偏差 (SD) 男性 女性 合計 標準版の尺度 人数平均 SD 人数平均 SD 人数平均 SD t 検定 仕事の負担 仕事の量的負担 839 2.03 0.72 782 2.26 0.79 1621 2.14 0.76 *** 仕事の質的負担 840 2.07 0.65 777 2.27 0.76 1617 2.16 0.71 *** 身体的負担度 841

More information

認定看護師教育基準カリキュラム

認定看護師教育基準カリキュラム 認定看護師教育基準カリキュラム 分野 : 慢性心不全看護平成 28 年 3 月改正 ( 目的 ) 1. 安定期 増悪期 人生の最終段階にある慢性心不全患者とその家族に対し 熟練した看護技術を用いて水準の高い看護実践ができる能力を育成する 2. 安定期 増悪期 人生の最終段階にある慢性心不全患者とその家族の看護において 看護実践を通して他の看護職者に対して指導ができる能力を育成する 3. 安定期 増悪期

More information

9(1) 介護の基本的な考え方 9() 介護に関するこころのしくみの基礎的理解 9() 介護に関するからだのしくみの基礎的理解 9(4) 生活と家事 5 9(5) 快適な居住環境整備と介護 9(6) 整容に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護 4 4 理論と法的根拠に基づき介護を行うこと

9(1) 介護の基本的な考え方 9() 介護に関するこころのしくみの基礎的理解 9() 介護に関するからだのしくみの基礎的理解 9(4) 生活と家事 5 9(5) 快適な居住環境整備と介護 9(6) 整容に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護 4 4 理論と法的根拠に基づき介護を行うこと 介護職員初任者研修研修カリキュラム ( 科目別シラバス 科目別特徴等 ) 事業者名 : 公益財団法人東京しごと財団 平成 9 年 1 月 5 日現在 担当科目時間 ( 項目 科目番号 科目名 ) 数 科目別特徴 指導体制 1(1) 多様なサービスの理解 国の介護施策とその動向 介護サービスの全体像をとらえる 1() 介護職の仕事内容や働く現場の理解 (1) 人権と尊厳を支える介護 5 () 自立に向けた介護

More information

社会福祉学部 臨床心理学科 占部 友衣さん 社会福祉学部 臨床心理学科 3年 大阪府 桃山学院高等学校 出身 大学入学後 心理学には 社会心理学 や 犯 罪心理学 など 多彩な分野があることを知り 驚きました 私は2年次に犯罪心理学の授業で 非行少年の家族や親子関係に関心をもち 研 究を進めています

社会福祉学部 臨床心理学科 占部 友衣さん 社会福祉学部 臨床心理学科 3年 大阪府 桃山学院高等学校 出身 大学入学後 心理学には 社会心理学 や 犯 罪心理学 など 多彩な分野があることを知り 驚きました 私は2年次に犯罪心理学の授業で 非行少年の家族や親子関係に関心をもち 研 究を進めています 社会福祉学部 心 理 臨 床コース 心 理 子ども学コース 広く深く 心理と福祉から ひとのこころ を追究する 講義による理論学習と 演習 実習による体験学習を組み合わせ 心理学の知識や技術を学び 複雑で奥深い人の こころ について科学的に理解します 本学の第1種指定大学院でも教鞭を執る 現場経験豊富な教員たちの指導によって 高度な知識と実践的なスキルを身につけ 専門領域はもちろんのこと 学んだことを活かしあらゆる業界での就職が可能です

More information

School of Health &Physical Education University of Tsukuba

School of Health &Physical Education University of Tsukuba University of Tsukuba School of Health & Physical Education University of Tsukuba http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp School of Health &Physical Education University of Tsukuba School of Health & Physical

More information

1 発達とそのメカニズム 7/21 幼児教育 保育に関する理解を深め 適切 (1) 幼児教育 保育の意義 2 幼児教育 保育の役割と機能及び現状と課題 8/21 12/15 2/13 3 幼児教育 保育と児童福祉の関係性 12/19 な環境を構成し 個々 1 幼児期にふさわしい生活 7/21 12/

1 発達とそのメカニズム 7/21 幼児教育 保育に関する理解を深め 適切 (1) 幼児教育 保育の意義 2 幼児教育 保育の役割と機能及び現状と課題 8/21 12/15 2/13 3 幼児教育 保育と児童福祉の関係性 12/19 な環境を構成し 個々 1 幼児期にふさわしい生活 7/21 12/ キャリアアップ研修 内容及び実施予定 1 社会人 組織の一員としての基礎分野ねらい内容具体的な内容協会民間 社会人としてのモラ社会人 組織の一 1 社会人としてのマナー 倫理観 コミュニケ ション力 5/16 ル ルール マナーを社会人としての基礎員としての基礎知り 組織の一員とし 2 意欲 情熱 主体性 責任感 協調性 自制心 やりきる力 5/16 2 人権 自らの人権感覚を高 1 子どもの最善の利益の尊重

More information

<4D F736F F D E937893FC8A778E8E8CB196E291E8>

<4D F736F F D E937893FC8A778E8E8CB196E291E8> 博士前期課程第 1 期入学試験問題 小論文 2017 年 1 月 21 日 ( 土 ) 実施 問題 A~L のうち 2 問を選択し 答えなさい 問題 A 現在の日本の学校教育で行われている教育活動の具体例を挙げ その成立背景 歴史的変遷を概観した上で 今日的な課題を論じなさい その際 各種の学校段階のいずれかを想定して論じること 問題 B 次期学習指導要領が目指す教育の方向性について 中央教育審議会の提言のキーワードを二つ以上挙げて論じなさい

More information

神経発達障害診療ノート

神経発達障害診療ノート Part 1 総論 入門編 ここではまず, 最も基本的な重要事項を解説します. 神経発達障害とは 神経発達障害 ( 神経発達症 ) とは, 成長の過程で次第に明らかとなる行動やコミュニケーションの障害であり, 自閉スペクトラム症 ( 自閉性スペクトラム障害 autism spectrum disorder: ASD) や注意欠如 多動症 (attention deficit/hyperactivity

More information

履修モデル 1 短期大学士 ( ) 二種免許状 保育士 認定ベビーシッター の区分 資格 単位数保育士 資格必要単位数 保育士 認定ベビーシッター 卒修業科選目択必 個々の学生の得意な分野を伸ばし 魅力のある保育者を育てる 子どもの保健 Ⅰ 1 必修 必修 4 保育原理 1 必修 必修 2 児童家庭

履修モデル 1 短期大学士 ( ) 二種免許状 保育士 認定ベビーシッター の区分 資格 単位数保育士 資格必要単位数 保育士 認定ベビーシッター 卒修業科選目択必 個々の学生の得意な分野を伸ばし 魅力のある保育者を育てる 子どもの保健 Ⅰ 1 必修 必修 4 保育原理 1 必修 必修 2 児童家庭 幼児教育科 履修モデル について幼児教育科は2 年間で短期大学士 ( ) 二種免許状 保育士 認定ベビーシッター等の資格が取得できる科です 科の目的は 就学前の子どもの教育や保育についての専門教育と研究を行い 教育 保育実践力の向上と一人ひとりの個性を伸ばして 社会のニーズに応えられる資質の高い教諭 及び保育士の育成 としています これは 二種免許状 保育士などの資格を取得するとともに 教育や保育について考える力を養うための基礎的研究を行い

More information

DV問題と向き合う被害女性の心理:彼女たちはなぜ暴力的環境に留まってしまうのか

DV問題と向き合う被害女性の心理:彼女たちはなぜ暴力的環境に留まってしまうのか Nara Women's University Digital I Title Author(s) Citation DV 問題と向き合う被害女性の心理 : 彼女たちはなぜ暴力的環境に留まってしまうのか 宇治, 和子 奈良女子大学博士論文, 博士 ( 学術 ), 博課甲第 577 号, 平成 27 24 日学位授与 Issue Date 2015-03-24 Description URL http://hdl.handle.net/10935/4013

More information

科目名

科目名 科目名 こころとからだのしくみと生活支援技術 講師名石黒美穂子 授業時間数 75 介護技術の根拠となる人体の構造や機能に関する知識を習得し 安全な介護サービスの 提供方法等を理解し 基礎的な一部または全介助等の介護が実践できる 2 尊厳を保持し その人の自立及び自律を尊重し 持てる力を発揮してもらいながらその 人の在宅 地域等での生活を支える知識や介護技術を講義と演習を一体的に実施する中 で習得する

More information

~この方法で政策形成能力のレベルアップが図れます~

~この方法で政策形成能力のレベルアップが図れます~ コード B02(rev.03) ~ 柔軟な組織運営を目指す ~ 組織活性化の進め方 本コースは 組織活性化は組織成果を出していくための十分な条件である ことを前提として 組織の基本理解 原則を踏まえ 組織活性化のポイントについて理解を深めていくことを狙いとしています ケーススタディを通じて具体的な状況における組織活性化策を検討することで 柔軟な組織運営能力を高めていきます 2. 組織の基本理解 3.

More information

子供の心 行動の問題には 必ず家族の問題がある 子が健康に成長するには健康な家庭が必要 健康な家庭は健康な夫婦から構成される 健康な夫婦は精神的 社会的に自立した男女の自覚的な協力によってはじめて実現される 自立した男女は健全な家庭で成長しうる 子の健康な成長には家族全体の健康な成長が必要 家族全体

子供の心 行動の問題には 必ず家族の問題がある 子が健康に成長するには健康な家庭が必要 健康な家庭は健康な夫婦から構成される 健康な夫婦は精神的 社会的に自立した男女の自覚的な協力によってはじめて実現される 自立した男女は健全な家庭で成長しうる 子の健康な成長には家族全体の健康な成長が必要 家族全体 家庭における精神的健康 平成 19 年 6 月 30 日第 10 回北海道いじめ 暴力 引きこもり治療研究会医療法人耕仁会札幌太田病院太田秀造 子供の心 行動の問題には 必ず家族の問題がある 子が健康に成長するには健康な家庭が必要 健康な家庭は健康な夫婦から構成される 健康な夫婦は精神的 社会的に自立した男女の自覚的な協力によってはじめて実現される 自立した男女は健全な家庭で成長しうる 子の健康な成長には家族全体の健康な成長が必要

More information

( 続紙 1) 京都大学博士 ( 教育学 ) 氏名小山内秀和 論文題目 物語世界への没入体験 - 測定ツールの開発と読解における役割 - ( 論文内容の要旨 ) 本論文は, 読者が物語世界に没入する体験を明らかにする測定ツールを開発し, 読解における役割を実証的に解明した認知心理学的研究である 8

( 続紙 1) 京都大学博士 ( 教育学 ) 氏名小山内秀和 論文題目 物語世界への没入体験 - 測定ツールの開発と読解における役割 - ( 論文内容の要旨 ) 本論文は, 読者が物語世界に没入する体験を明らかにする測定ツールを開発し, 読解における役割を実証的に解明した認知心理学的研究である 8 Title 物語世界への没入体験 - 測定ツールの開発と読解における役割 -( Abstract_ 要旨 ) Author(s) 小山内, 秀和 Citation Kyoto University ( 京都大学 ) Issue Date 2014-03-24 URL https://doi.org/10.14989/doctor.k18 Right 許諾条件により本文は 2015-03-01 に公開

More information

Microsoft Word - 207J5018.doc

Microsoft Word - 207J5018.doc 修士論文 ( 要旨 ) 2009 年 1 月 大学生の進路決定における心理的プロセスに関する記述的研究 指導種市康太郎准教授 国際学研究科人間科学専攻臨床心理学専修 207J5018 西村圭子 目次 Ⅰ 問題と目的 1 1 はじめに 1 2 問題 1 3 目的 6 Ⅱ 研究の方法 6 1 予備調査 6 2 本調査 7 3 分析方法 9 Ⅲ 結果 12 1 カテゴリーごとの説明 12 2 パターンの分析

More information

自己愛人格目録は 以下 7 因子が抽出された 誇大感 (α=.877) 自己愛憤怒 (α=.867) 他者支配欲求 (α=.768) 賞賛欲求 (α=.702) 他者回避 (α=.789) 他者評価への恐れ (α=.843) 対人過敏 (α=.782) 情動的共感性は 以下 5 因子が抽出された 感

自己愛人格目録は 以下 7 因子が抽出された 誇大感 (α=.877) 自己愛憤怒 (α=.867) 他者支配欲求 (α=.768) 賞賛欲求 (α=.702) 他者回避 (α=.789) 他者評価への恐れ (α=.843) 対人過敏 (α=.782) 情動的共感性は 以下 5 因子が抽出された 感 自己愛と攻撃性との関連 情動的共感性の視点から 心理教育実践専修 2510007 木村沙央 Ⅰ. 問題と目的現代人は自己愛的になってきているという見方がある 狩野 (2007) は 自己愛が強過ぎる場合 理想の自己イメージばかり膨らみ現実の自己とのギャップに苦しみ さまざまな心的疾患を抱える場合が多い と述べた 自己愛は青年期をピークに高まるとされる Gabbard(1987) は 自己愛人格特性に

More information

1 単位対象学年 組 区分 1 年 必修 奥村秀章 黒尾卓宏 晝間久美 保健体育 保健 我が国の健康水準 健康であるための成立要因や条件について理解させ 飲酒や喫煙等の生活習慣について考える 薬物乱用 感染症 エイズの予防対策の重要性について認識させる ストレス社会への対処の仕方や身

1 単位対象学年 組 区分 1 年 必修 奥村秀章 黒尾卓宏 晝間久美 保健体育 保健 我が国の健康水準 健康であるための成立要因や条件について理解させ 飲酒や喫煙等の生活習慣について考える 薬物乱用 感染症 エイズの予防対策の重要性について認識させる ストレス社会への対処の仕方や身 3 単位 対象学年 組 区分 1 年 1234567 必修 黒尾卓宏 笹川浩司 奥村秀章 奥浦隆二 各種球技運動の基本的技能の習得及びルール ( 審判法 ) の理解 陸上 縄跳びを通した体つくり運動 各種球技運動の基本及び発展的技能の習得とゲームを楽しむことができる態度を養う 縄跳びを通した体つくり運動 柔道では 受け身を中心とした体の動かし方 守り方ができる サッカー バスケットボールの戦術を理解させ

More information

居宅介護支援事業者向け説明会

居宅介護支援事業者向け説明会 介護予防ケアマネジメントの類型 介護予防サービス計画 ( 現行プラン ) ケアマネジメント A ( 原則的プラン ) ケアマネジメント B ( 簡略化プラン ) ケアマネジメント C ( 初回のみプラン ) 予防給付のみ予防給付と総合事業 総合事業のみ総合事業のみ総合事業のみ 介護予防サービス 介護予防サービスに相当事業 訪問型 (A B C) 通所型 (A B C) 一般介護予防事業を組みあわせて使う場合

More information

さらに, そのプロセスの第 2 段階において分類方法が標準化されたことにより, 文書記録, 情報交換, そして栄養ケアの影響を調べる専門能力が大いに強化されたことが認められている 以上の結果から,ADA の標準言語委員会が, 専門職が用いる特別な栄養診断の用語の分類方法を作成するために結成された そ

さらに, そのプロセスの第 2 段階において分類方法が標準化されたことにより, 文書記録, 情報交換, そして栄養ケアの影響を調べる専門能力が大いに強化されたことが認められている 以上の結果から,ADA の標準言語委員会が, 専門職が用いる特別な栄養診断の用語の分類方法を作成するために結成された そ アメリカ栄養士会 (ADA) は, 絶えず言い続けているのであるが, 戦略的な計画は栄養士会としての優先的課題であり, それは委員会, ワーキンググループおよび作業部会が栄養士の専門性を向上させるために作成しているツールである 2002 年,ADA 品質管理委員会は, 食物 栄養の専門職の必要性を増大させるADA の戦略的計画を達成させる目的と, 彼らが市場で競争力がつくための援助をするために, 栄養ケアモデル

More information

13 Ⅱ-1-(2)-2 経営の改善や業務の実行性を高める取組に指導力を発揮している Ⅱ-2 福祉人材の確保 育成 Ⅱ-2-(1) 福祉人材の確保 育成計画 人事管理の体制が整備されている 14 Ⅱ-2-(1)-1 必要な福祉人材の確保 定着等に関する具体的な計画が確立し 取組が実施されている 15

13 Ⅱ-1-(2)-2 経営の改善や業務の実行性を高める取組に指導力を発揮している Ⅱ-2 福祉人材の確保 育成 Ⅱ-2-(1) 福祉人材の確保 育成計画 人事管理の体制が整備されている 14 Ⅱ-2-(1)-1 必要な福祉人材の確保 定着等に関する具体的な計画が確立し 取組が実施されている 15 大阪府福祉サービス第三者評価基準ガイドライン 児童福祉分野 ( 保育所 ) の評価基準項目 ( 必須評価基準 ) 網掛け部分は推奨評価基準 評価対象 Ⅰ 福祉サービスの基本方針と組織 Ⅰ-1 理念 基本方針 Ⅰ-1-(1) 理念 基本方針が確立 周知されている 1 Ⅰ-1-(1)-1 理念 基本方針が明文化され周知が図られている Ⅰ-2 経営状況の把握 Ⅰ-2-(1) 経営環境の変化等に適切に対応している

More information

untitled

untitled Japan Community Health care Organization 神経内科について 神経内科 鈴 木 秀一郎 神経内科が主に診療している病気は れば後遺症なく完治できる病気も少なか 脳 脊髄 末梢神経 筋肉の病気になり らずあります 精神的な問題ではなく手 ますが 近年人口の高齢化と共に患者数 足に力が入らない 思うように動かすこ が増えています 具体的な病気としては とができないなど体が不自由になった場

More information

QOL) を向上させる支援に目を向けることが必要になると考えられる それには統合失調症患者の生活の質に対する思いや考えを理解し, その意向を汲みながら, 具体的な支援を考えなければならない また, そのような背景のもと, 精神医療や精神保健福祉の領域において統合失調症患者の QOL 向上を目的とした

QOL) を向上させる支援に目を向けることが必要になると考えられる それには統合失調症患者の生活の質に対する思いや考えを理解し, その意向を汲みながら, 具体的な支援を考えなければならない また, そのような背景のもと, 精神医療や精神保健福祉の領域において統合失調症患者の QOL 向上を目的とした 学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 中村博文 論文審査担当者 主査西川徹副査田上美千佳 高瀬浩造 論文題目 Structural equation model of factors related to quality of life for community-dwelling schizophrenic patients in Japan ( 論文内容の要旨 ) < 要旨 > 本研究の目的は,

More information

Exploring the Art of Vocabulary Learning Strategies: A Closer Look at Japanese EFL University Students A Dissertation Submitted t

Exploring the Art of Vocabulary Learning Strategies: A Closer Look at Japanese EFL University Students A Dissertation Submitted t Exploring the Art of Vocabulary Learning Strategies: A Closer Look at Japanese EFL University Students MIZUMOTO, Atsushi Graduate School of Foreign Language Education and Research, Kansai University, Osaka,

More information

乳児期からの幼児教育について 大阪総合保育大学 大方美香

乳児期からの幼児教育について   大阪総合保育大学 大方美香 資料 2 乳児期からの幼児教育について 大阪総合保育大学 大方美香 背景 ( 保育をめぐる近年の状況 ) 量 と 質 の両面から子どもの育ちと子育てを社会全体で支える 子ども 子育て支援新制度 の施行 ( 平成 27 年 4 月 ) 子育て世帯における子育ての負担や孤立感の高まり 児童虐待相談件数の増加 (42,664 件 (H20) 103,286 件 (H27)) 等 0~2 歳児を中心とした保育所利用児童数の増加

More information

Taro-自立活動とは

Taro-自立活動とは e-learning: 特別支援教育自立活動とは障害のある児童生徒が自立し社会参加するためには 知識や技能を習得していく各 教科等の指導の他に 学習上又は生活上の困難さに対応する力を獲得することができ るようにする自立活動の指導が必要です ここでは 自立活動とは何か どうして自立活動が必要なのか 自立活動をどのよ うに教育課程に位置づければよいのかについて解説します 1 はじめに特別支援教育対象者の増加

More information

CQ2. 単胎児分娩後の高年初産婦において 母乳育児を推進するための産後 1か月までのケアは何か 希望する授乳方法を確認し 母乳育児に対するモチベーションが高まるように支援する 分娩様式にかかわらず出産当日からの母子同室ができるように支援する ただし 母親 の疲労状態に配慮しながらすすめることが必要

CQ2. 単胎児分娩後の高年初産婦において 母乳育児を推進するための産後 1か月までのケアは何か 希望する授乳方法を確認し 母乳育児に対するモチベーションが高まるように支援する 分娩様式にかかわらず出産当日からの母子同室ができるように支援する ただし 母親 の疲労状態に配慮しながらすすめることが必要 35 歳以上で初めてお子様を出産された方への看護ケアのガイドラインです CQ1. 単胎児分娩後の高年初産婦において 産後の蓄積疲労予防のための産後 1 か月まで のケアは何か 褥婦と児が一緒に寝られるベッド幅であることや安全柵などで安全性が確保されていることを前提に 経腟分娩を経験した褥婦には 添い寝授乳の実施を支援する ただし 英国ユニセフの あなたと赤ちゃんとベッドで一緒に寝ること母乳育児をしているお母さんたちへのガイド

More information

子どもの心を診るための発達検査

子どもの心を診るための発達検査 Ch ap ter 1 概説 本章では まず心理検査とその使用についての基本事項を中心に解説し た 1 臨床心理検査 神経心理検査とは何か 小児医療で用いられるアセスメントツールは 知的障害の有無と鑑 別 認知機能の評価 教育支援あるいは生活上の支援を適正に行うた めの問題点の評価や二次障害の検出などを目的に行う心理検査であ り 臨床心理検査と神経心理検査に大別される これは 検査の目的 による分類である

More information

自殺意識調査(結果概要)

自殺意識調査(結果概要) 日本財団自殺意識調査 2016 ( 結果概要 ) 報告書公表時資料 2017 年 3 月 1 日 1 日本財団における自殺対策事業 自殺対策基本法改正 H28 年 4 月 日本財団いのち支える自殺対策プロジェクト 自殺対策 モデル自治体構築 日本財団 ライフリンク 自治体 調査 啓発 対策への提言 9 月 10 日世界自殺予防デー 自殺対策の地域モデルを全国へ 2 調査概要 目的 対象 日本全国における自殺念慮と自殺未遂の実態を明らかにすることで

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平成 6 年度全国施設長会議第 4 分科会 これからの障害児支援の充実 発展に向けて 社会福祉法人カナンの園 奥中山学園 園長藤村正治 子育ち 子育て支援支援の連続性 学生 生徒 大学 専門学校 専攻科 高校 支援学校 中学校 支援学校 短期入所 障害児入所施設 児童 幼児 乳児 小学校 支援学校 5 歳児検診 保育所 幼稚園 療育相談 幼児教室 子育て教室 児童センター 保育所等訪問事業 発達支援事業

More information

7 本時の指導構想 (1) 本時のねらい本時は, 前時までの活動を受けて, 単元テーマ なぜ働くのだろう について, さらに考えを深めるための自己課題を設定させる () 論理の意識化を図る学習活動 に関わって 考えがいのある課題設定 学習課題を 職業調べの自己課題を設定する と設定する ( 学習課題

7 本時の指導構想 (1) 本時のねらい本時は, 前時までの活動を受けて, 単元テーマ なぜ働くのだろう について, さらに考えを深めるための自己課題を設定させる () 論理の意識化を図る学習活動 に関わって 考えがいのある課題設定 学習課題を 職業調べの自己課題を設定する と設定する ( 学習課題 第 1 学年けやき学習 ( 総合的な学習の時間 ) 学習指導案指導者小笠原健浩 1 日時平成 8 年 7 月 1 日 ( 金 ) 公開授業 1 第 1 校時 学級上田中学校 1 年 4 組男子 0 名女子 18 名計 8 名南校舎 4 階 1 年 4 組教室 主題 なぜ働くのだろう 4 主題について 1 学年に行う けやき学習 は, 職業調べ と 小学校訪問 を中核に据えて学習していく 本単元は 学年で行う

More information

資料5 親の会が主体となって構築した発達障害児のための教材・教具データベース

資料5 親の会が主体となって構築した発達障害児のための教材・教具データベース 1 文科省 障害のある児童生徒の教材の充実に関する検討会 資料 2013.6.4 資料 5 親の会が主体となって構築した 発達障害児のための 教材 教具データベース 山岡修 (NPO 法人全国 LD 親の会 顧問 ) 全国 LD 親の会山岡修 2 特別支援教育とは? 特別支援教育とは 従来の特殊教育の対象の障害だけでなく LD ADHD 高機能自閉症を含めて障害のある児童生徒の自立や社会参加に向けて

More information

Microsoft PowerPoint - 中学校学習評価.pptx

Microsoft PowerPoint - 中学校学習評価.pptx 教育課程研究集会資料 平成 23 年 8 月 学習評価の方向性 学習評価の意義や現在の学習評価の在り方が小 中学校を中心に定着 新学習指導要領における学習評価について 次代を担う児童 生徒に 生きる力 をはぐくむ理念を引き継ぐ 今回の学習評価の改善に係る 3 つの基本的な考え方 現在行われている学習評価の在り方を基本的に維持しつつ, その深化を図る 新しい学習指導要領における改善事項を反映 教育は,

More information

系統看護学講座 クイックリファレンス 2013年7月作成

系統看護学講座 クイックリファレンス 2013年7月作成 母性看護学 母性看護学 目標 Ⅰ. 母性看護の概念および人間の性と生殖について基本的な理解を問う 大項目中項目小項目系統看護学講座の該当箇所 1 母性看護の概念 A 母性看護の主な概念 a 母性 父性 母性看護の概念 母性看護学 [1]( 母性看護学概論 ): 第 1 章 A 母性とは (p.2 12) 公衆衛生 : 第 5 章 C リプロダクティヴ ヘルス / ライツ (p.115 130) 家族論

More information

2018(H30)学則別表2新 コピー.xls

2018(H30)学則別表2新 コピー.xls 別表第 -1 教職に関する科目 ( 人間科学部経営学科 ) [ 中学校 社会 ] 教職概論 教育学概論 教育心理学 発達心理学 教育社会学 1 科目 学校経営論 以上 教育制度論 選択 教育課程論 社会科教育法 Ⅰ 社会科教育法 Ⅱ 社会科 公民科教育法 Ⅰ 社会科 公民科教育法 Ⅱ 道徳教育の指導法 教育方法論 特別活動の指導法 生徒指導論 教育相談 教育実習教職実践演習 5 教育実習 Ⅰ 5 教職実践演習

More information

< DCF B835C A D8A772E786477>

< DCF B835C A D8A772E786477> パーソナリティ心理学 責任者 コーディネーター 人間科学科心理学 行動科学分野藤澤美穂助教 担当講座 学科 ( 分野 ) 人間科学科心理学 行動科学分野 教養教育センター 担当教員藤澤美穂助教 中島淳子非常勤講師 対象学年 1 期間後期 区分 時間数 講義 21 時間 学習方針 ( 講義概要等 ) パーソナリティ personality は 日本語では 人格 と訳され その人の 人となり のことを意味する

More information

1993 年度 (H5) 発達心理学研究 Ⅱ 繁多進 2 発達心理学研究 Ⅲ 宮下孝広 3 発達心理学研究 Ⅳ 高田洋一郎 3 発達心理学演習 Ⅰ 東洋 3 発達心理学演習 Ⅱ 繁多進 2 発達心理学特殊講義 Ⅰ 宮本美沙子 3 発達心理学特殊講義 Ⅱ 田島信元 8 発達心理学特殊講義 Ⅲ 中村孝

1993 年度 (H5) 発達心理学研究 Ⅱ 繁多進 2 発達心理学研究 Ⅲ 宮下孝広 3 発達心理学研究 Ⅳ 高田洋一郎 3 発達心理学演習 Ⅰ 東洋 3 発達心理学演習 Ⅱ 繁多進 2 発達心理学特殊講義 Ⅰ 宮本美沙子 3 発達心理学特殊講義 Ⅱ 田島信元 8 発達心理学特殊講義 Ⅲ 中村孝 公認心理師科目 1 保健医療分野に関する理論と支援の展開 2 福祉分野に関する理論と支援の展開 3 教育分野に関する理論と支援の展開 4 司法 犯罪分野に関する理論と支援の展開 5 産業 労働分野に関する理論と支援の展開 6 心理的アセスメントに関する理論と実践 7 心理支援に関する理論と実践 8 家族関係 集団 地域社会における心理支援に関する理論と実践 9 心の健康教育に関する理論と実践 10

More information

3 介護の基本 2 介護職の職業倫理 講師名資格等 兼任 瀬口知子 教員免許福祉 看護 有里さつき 教員免許福祉 看護 宮 ゆかり 教員免許福祉 3 介護の基本 3 介護における安全の確保とリスクマネジメント 教員免許福祉 瀬口知子 教員免許福祉 看護 有里さつき 教員免許福祉 看護 宮 ゆかり 教

3 介護の基本 2 介護職の職業倫理 講師名資格等 兼任 瀬口知子 教員免許福祉 看護 有里さつき 教員免許福祉 看護 宮 ゆかり 教員免許福祉 3 介護の基本 3 介護における安全の確保とリスクマネジメント 教員免許福祉 瀬口知子 教員免許福祉 看護 有里さつき 教員免許福祉 看護 宮 ゆかり 教 別添様式 13 講師一覧 事業者名鹿児島立開陽高等学校研修事業の名称鹿児島立開陽高等学校介護職員初任者研修平成 28 年 4 月 1 日現在科目番号 / 科目名講師名資格等 兼任項目番号 / 項目名 1 職種の理解 1 多様なサービスの理解 1 職種の理解 2 介護職の仕事内容や働く現場の理解 2 介護における尊厳の保持 自立支援 1 人権と尊厳を支える介護 2 介護における尊厳の保持 自立支援 2

More information

高齢化率が上昇する中 認定看護師は患者への直接的な看護だけでなく看護職への指導 看護体制づくりなどのさまざまな場面におけるキーパーソンとして 今後もさらなる活躍が期待されます 高齢者の生活を支える主な分野と所属状況は 以下の通りです 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 脳卒中発症直後から 患者の

高齢化率が上昇する中 認定看護師は患者への直接的な看護だけでなく看護職への指導 看護体制づくりなどのさまざまな場面におけるキーパーソンとして 今後もさらなる活躍が期待されます 高齢者の生活を支える主な分野と所属状況は 以下の通りです 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 脳卒中発症直後から 患者の 認定看護師 21 分野 1 万 7,443 人に専門性を発揮し 高齢者や長期療養者の生活を支える 公益社団法人日本看護協会 ( 会長 坂本すが 会員数 70 万人 ) は このたび 第 24 回認定看護師認定審査 を実施しました 審査に合格した 1,626 人が新たに認定され 認定看護師は 1 万 7,443 人となりました (5 ページ参照 ) 認定看護師は 高度化し専門分化が進む医療の現場において

More information

総合診療

総合診療 総合診療 (1 ヶ月水準 ) 1. 研修内容 : 総合診療研修では 外来を主な研修の場とし 一般症候からの診断推論 診療方針の立て方について学習する 外来から入院となった症例は 受け持ち医として入院診療に従事する 適宜 専門科と診療連携する 診断における病歴聴取と身体所見取得の重要性を理解し症候に応じて特異度の高いものを選択し診断する習慣を身につける 複数領域にまたがった疾患を有する患者 (multi-morbidity)

More information

コーチング心理学におけるメソッド開発の試み 東北大学大学院 徳吉陽河

コーチング心理学におけるメソッド開発の試み 東北大学大学院 徳吉陽河 コーチング心理学における メソッド開発の試み シナリオ ( 質問票 G FAQ) のツール作成と検証を通して 東北心理学会 2010/09/12 発表 東北大学大学院徳吉陽河 的 コーチング心理学 ( 主に認知行動コーチング ) の 標準化された質問票 (G FAQ) の作成し, コーチング心理学へのメソッドとして活用することを目的 認知行動科学, 学習理論など学術に基づいたシナリオ 手順書を作成する必要がある

More information

<838A815B835F815B834A838A834C C42E786C73>

<838A815B835F815B834A838A834C C42E786C73> 平成 28 年度認知症介護実践研修 : 実践リーダー研修カリキュラム ( 案 ) 目的 : 実践者研修で得られた知識 技術をさらに深め 施設 事業所において ケアチームを効果的 効率的に機能させる能力を有した指導者を養成することを目的とする 目標 : 1. チーム運営に必要なリーダーシップ能力を修得する 2. 多職種チームにおいて理念を共有し合意形成を行う能力を修得する 3. おもに OJT を通じた人材育成についての知識

More information

甲37号

甲37号 氏名 ( 本籍地 ) LE CAM NHUNG( ベトナム ) 学位の種類 博士 ( 文学 ) 学位記番号 甲第 75 号 学位授与年月日 平成 28 年 3 月 16 日 学位授与の要件 昭和女子大学学位規則第 5 条第 1 項該当 論 文 題 目 ベトナム人日本語学習者の産出文章に見られる視点の表し方及びその指導法に関する研究 - 学習者の< 気づき>を重視する指導法を中心に- 論文審査委員 (

More information

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会 第 3 章保健指導実施者が有すべき資質医療保険者が 健診 保健指導 事業を実施することとなり 本事業に関わる医師 保健師 管理栄養士等は新たな能力を開発することが求められる それは 効果的 効率的な事業の企画 立案ができ そして事業の評価ができる能力である また 保健指導に当たっては対象者の身体の状態に配慮しつつ行動変容に確実につながる支援ができる能力を獲得する必要がある (1) 健診 保健指導 事業の企画

More information

第 2 節キャリア コンサルティングの理解 (4) キャリア コンサルタントの能力 Ⅰ キャリア コンサルティングの社会的意義に対する理解 1 社会 経済的動向とキャリア形成支援の必要性の認識 2 キャリア コンサルティングの役割の理解 3 キャリア コンサルティングを担う者の活動範囲と義務 ( 活

第 2 節キャリア コンサルティングの理解 (4) キャリア コンサルタントの能力 Ⅰ キャリア コンサルティングの社会的意義に対する理解 1 社会 経済的動向とキャリア形成支援の必要性の認識 2 キャリア コンサルティングの役割の理解 3 キャリア コンサルティングを担う者の活動範囲と義務 ( 活 学生のテーマ 1) 職業生活設計 ( キャリア形成支援 = 進路決定 ) 2) 職業選択 = 就職支援 ( 自己理解 職業理解 マッチング ) 3) 職業能力開発 ( 資格の取得 知識を活用するための能力 就職するための能力 ) 若者のテーマ 1) 職業生活設計 ( 非正規雇用 キャリアショック 転機 職場への定着 内的キャリアと外的キャリア等 ) 2) 職業選択 = 勤務継続 転職 ( 自己理解

More information

事業者名称 ( 事業者番号 ): 地域密着型特別養護老人ホームきいと ( ) 提供サービス名 : 地域密着型介護老人福祉施設 TEL 評価年月日 :H30 年 3 月 7 日 評価結果整理表 共通項目 Ⅰ 福祉サービスの基本方針と組織 1 理念 基本方針

事業者名称 ( 事業者番号 ): 地域密着型特別養護老人ホームきいと ( ) 提供サービス名 : 地域密着型介護老人福祉施設 TEL 評価年月日 :H30 年 3 月 7 日 評価結果整理表 共通項目 Ⅰ 福祉サービスの基本方針と組織 1 理念 基本方針 事業者名称 ( 事業者番号 ): 地域密着型特別養護老人ホームきいと (59050075) 提供サービス名 : 地域密着型介護老人福祉施設 TEL.0748-48-750 評価年月日 :H0 年 月 7 日 評価結果整理表 共通項目 Ⅰ 福祉サービスの基本方針と組織 理念 基本方針 () 理念 基本方針が確立されている 法人の事業所の理念が明文化されている 法人や事業所の運営理念に基づく基本方針が明文化されている

More information

2015年度 SCスケジュール0401(一覧).xls

2015年度 SCスケジュール0401(一覧).xls 星槎学 2015/5/16( 土 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) TV( 発信 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) 星槎学 2015/6/13( 土 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) TV( 発信 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) TV( 受信 ) 星槎学 2015/11/14( 土 )

More information

”ƒ.pdf

”ƒ.pdf 32. 成人期の未受診の高機能広汎性発達障害が疑われるひきこもり者に対する支援について 岩田光宏真志田直希勇智子伊藤桂子小川朋美正德篤司永井朋小坂淳 森川将行 ( 堺市こころの健康センター ) はじめに 内閣府が2010 年に発表した 若者の意識に関する調査 ( ひきこもりに関する実態調査 ) 1) によると 全国のひきこもり者の推計数を69.6 万人としている また 厚生労働省は ひきこもりの評価

More information

認知症医療従事者等向け研修事業要領

認知症医療従事者等向け研修事業要領 認知症医療従事者等向けの研修に係る要領 26 福保高在第 954 号 平成 2 7 年 3 月 1 9 日 1 趣旨この要領は 東京都認知症疾患医療センター運営事業実施要綱 ( 平成 23 年 2 月 1 日付 22 福保高在第 536 号 )( 以下 実施要綱 という ) 第 6の1(3) 第 7の5(2) に基づき 地域拠点型認知症疾患医療センターが実施する研修に関して必要な事項を定めるものとする

More information

Microsoft Word - 概要3.doc

Microsoft Word - 概要3.doc 装い としてのダイエットと痩身願望 - 印象管理の視点から - 東洋大学大学院社会学研究科鈴木公啓 要旨 本論文は, 痩身願望とダイエットを装いの中に位置づけたうえで, 印象管理の視点からその心理的メカニズムを検討することを目的とした 全体として, 明らかになったのは以下のとおりである まず, 痩身が装いの一つであること, そして, それは独特の位置づけであり, また, 他の装いの前提条件的な位置づけであることが明らかになった

More information

Microsoft Word - 212J4055.docx

Microsoft Word - 212J4055.docx 修士論文 ( 要旨 ) 2014 年 1 月 夫の育児参加が母親の生活満足に及ぼす影響についての質的研究 指導山口創先生 心理学研究科健康心理学専攻 212J4055 藤原映 目次 はじめに 1 第 1 節本研究の目的と意義 1 第 2 節研究方法 1 第 3 節分析結果 2 第 4 節考察 2 引用文献 参考文献 はじめに 1980 年代頃までのわが国の夫婦関係は 高度経済成長期に性別役割分業家族が成立して以来

More information

はじめての子どもが生まれる前に 赤ちゃんの世話をしたことがある割合 (25 年度と 20 年度の 比較 ) 利用ニーズ把握のための調査 ( 平成 20 年 ( 市民意識調査 ) 25 年 ( 未就学児 )) < 平成 20 年 > 無回答 2.9% < 平成 25 年 > 無回答 %

はじめての子どもが生まれる前に 赤ちゃんの世話をしたことがある割合 (25 年度と 20 年度の 比較 ) 利用ニーズ把握のための調査 ( 平成 20 年 ( 市民意識調査 ) 25 年 ( 未就学児 )) < 平成 20 年 > 無回答 2.9% < 平成 25 年 > 無回答 % 施策分野 2 出産 子育てがしやすく 子育てが楽しいと思える環境をつくる基本施策 5 生まれる前から乳幼児期の一貫した支援 1 現状と課題 妊娠 出産に関する正しい知識の普及啓発と相談支援 結婚年齢の上昇等に伴い 35 歳以上の高年齢で妊娠 出産される方の増加が続いています 35 歳以上の高齢出産の割合は 平成 15 年では 17.8% であったものが 平成 24 年には約 32.0% まで上昇し

More information

スライド 1

スライド 1 株式会社ポジティビティ 研修プログラム p.2 リーダーシップ研修プログラム (1day) p.3 レジリエンス研修プログラム (1day) p.4 組織開発研修プログラム (2days) p.5 戦略策定研修プログラム (2days) p.6 キャリア開発研修プログラム (4 時間 ) p.7 ポジティブ心理学入門セミナー (3 時間 ) リーダーシップ研修プログラム (1day) 10:30 11:00

More information

H30全国HP

H30全国HP 平成 30 年度 (2018 年度 ) 学力 学習状況調査 市の学力調査の概要 1 調査の目的 義務教育の機会均等とその水準の維持向上の観点から 的な児童生徒の学力や学習状況を把握 分析し 教育施策の成果と課題を検証し その改善を図る 学校における児童生徒への教育指導の充実や学習状況の改善等に役立てる 教育に関する継続的な検証改善サイクルを確立する 2 本市における実施状況について 1 調査期日平成

More information

フレイルのみかた

フレイルのみかた 1フレイルとは? POINT OF STUDY フレイルの概念 高齢期に生理的予備能が低下することでストレスに対する脆弱性が亢進し, 不健康を引き起こしやすい状態は Frailty と表現されており 1), 転倒や日常生活の障害, 要介護の発生, 死亡のリスクを増大させる要因となる. これまでは, 虚弱 や 老衰 などの用語で表現されることが多く, 心身が加齢により老いて衰え, 不可逆的な印象を与えることが懸念されてきた.

More information

平成 25 年度教育課程普通科 教科科目 標準単位数 1 年 平成 25 年入学生 2 年 3 年 文系生物理系創造文化系 文系生物理系創造文化系 平成 24 年入学生 平成 23 年入学生 1 年 2 年 3 年 1 年 2 年 3 年 国語 国語表現 Ⅰ 2 E 2 E 2 E 2 E 2 国語

平成 25 年度教育課程普通科 教科科目 標準単位数 1 年 平成 25 年入学生 2 年 3 年 文系生物理系創造文化系 文系生物理系創造文化系 平成 24 年入学生 平成 23 年入学生 1 年 2 年 3 年 1 年 2 年 3 年 国語 国語表現 Ⅰ 2 E 2 E 2 E 2 E 2 国語 平成 25 年度教育課程普通科 1 年 2 年 3 年 文系生物理系創造文化系 文系生物理系創造文化系 平成 24 年入学生 平成 23 年入学生 国語 国語表現 Ⅰ 2 E 2 E 2 E 2 E 2 国語表現 Ⅱ 2 α 3 α 3 国語総合 4 5 4 4 現代文 4 3 3 3 3 古典 4 β 3 β 3 古典講読 2 2 α 2 2 α 2 国語表現 3 1 1 1 2 2 2 現代文

More information

子どもの保健 Ⅰ・Ⅱ .indd

子どもの保健 Ⅰ・Ⅱ .indd 子どもの保健 Ⅰ 指定教科書 図表で学ぶ子どもの保健 Ⅰ 加藤忠明 岩田力編著建帛社 2,520 円 はじめに 今年度より 前カリキュラムでの 小児保健 と 精神保健 が統合され 子どもの保健 Ⅰ となった これは 保育士養成のカリキュラム全体の見直しの中で 近年急速に変化している子どもの出生や発育を取り巻く環境を十分に 保育者が理解し 対応できるようにしなければならないとの観点から より保育環境

More information

一般看護師領域 キャリアレベル ミドル (Ⅲ) 退院支援看護師育成プログラム ~ 希望を地域へつなぐ ~

一般看護師領域 キャリアレベル ミドル (Ⅲ) 退院支援看護師育成プログラム ~ 希望を地域へつなぐ ~ 一般看護師領域 キャリアレベル ミドル (Ⅲ) 退院支援看護師育成プログラム ~ 希望を地域へつなぐ ~ 目次 Ⅰ 退院支援看護師育成プログラムの概要 1) 目的 2) 育成する能力 3) 期待される成果と今後の展開 Ⅱ 研修プログラム Ⅲ 退院支援看護師に対する資格認定について 1) 資格の認定 2) 認定基準 3) その他 研修受講申請等の流れ Ⅳ 募集要項 Ⅰ 退院支援看護師育成プログラムの概要

More information

Microsoft PowerPoint - syogaku [互換モード]

Microsoft PowerPoint - syogaku [互換モード] 確かな学力の育成 ~ 学力 学習状況調査結果及び授業改善 ~ 第 2 回学力向上推進員研修会 ( 小学校部会 ) 平成 21 年 11 月 13 日 ( 金 ) 確かな学力の育成 ~ 学力 学習状況調査結果及び授業改善 ~ 1 学力調査結果 2 結果の分析と授業改善 設問別の特徴と授業改善のポイント 3 学習状況調査結果 1 学力調査結果 平成 21 年度学力 学習状況調査 知識 と 活用 における平均正答率

More information

問題 近年, アスペルガー障害を含む自閉症スペク トラムとアレキシサイミアとの間には概念的な オーバーラップがあることが議論されている Fitzgerld & Bellgrove (2006) 福島 高須 (20) 2

問題 近年, アスペルガー障害を含む自閉症スペク トラムとアレキシサイミアとの間には概念的な オーバーラップがあることが議論されている Fitzgerld & Bellgrove (2006) 福島 高須 (20) 2 一般研究発表 EV06 自閉症スペクトラムが アレキシサイミア傾向に 与える影響 後藤和史 ( 愛知みずほ大学人間科学部 ) キーワード アレキシサイミア自閉症スペクトラム構造方程式モデリング 問題 近年, アスペルガー障害を含む自閉症スペク トラムとアレキシサイミアとの間には概念的な オーバーラップがあることが議論されている Fitzgerld & Bellgrove (2006) 福島 高須 (20)

More information

4 子育てしやすいようにするための制度の導入 仕事内容への配慮子育て中の社員のため以下のような配慮がありますか? 短時間勤務ができる フレックスタイムによる勤務ができる 勤務時間等 始業 終業時刻の繰上げ 繰下げによる勤務ができる 残業などの所定外労働を制限することができる 育児サービスを受けるため

4 子育てしやすいようにするための制度の導入 仕事内容への配慮子育て中の社員のため以下のような配慮がありますか? 短時間勤務ができる フレックスタイムによる勤務ができる 勤務時間等 始業 終業時刻の繰上げ 繰下げによる勤務ができる 残業などの所定外労働を制限することができる 育児サービスを受けるため 第 2 号様式 ( 第 3 条関係 ) ワーク ライフ バランス ( 仕事と生活の調和 ) レベル診断チェックシート あなたの会社でのワーク ライフ バランス ( 仕事と子育て 介護 地域活動の両立 働きやすい職場環境 ) の推進状況がわかります 該当する項目に をご記入ください 子育て支援 1 安心して子どもを産むことができる環境の整備妊娠中の女性のために以下のような配慮をしていますか? 職場の雰囲気づくり

More information

教育学科幼児教育コース < 保育士モデル> 分野別数 学部共通 キリスト教学 英語 AⅠ 情報処理礎 子どもと人権 礎演習 ことばの表現教育 社会福祉学 英語 AⅡ 体育総合 生活 児童家庭福祉 英語 BⅠ( コミュニケーション ) 教育礎論 音楽 Ⅰ( 礎 ) 保育原理 Ⅰ 英語 BⅡ( コミュニ

教育学科幼児教育コース < 保育士モデル> 分野別数 学部共通 キリスト教学 英語 AⅠ 情報処理礎 子どもと人権 礎演習 ことばの表現教育 社会福祉学 英語 AⅡ 体育総合 生活 児童家庭福祉 英語 BⅠ( コミュニケーション ) 教育礎論 音楽 Ⅰ( 礎 ) 保育原理 Ⅰ 英語 BⅡ( コミュニ 教育学科幼児教育コース < 幼稚園教員モデル> 総合教育科目 学部共通 幼児教育コース 初等教育コース共通 幼児教育コース キリスト教学 英語 AⅠ 情報処理礎 国際理解 礎演習 ことばの表現教育 保育原理 Ⅰ 英語 AⅡ 子どもと人権 体育総合 生活 幼児教育礎演習 英語 BⅠ( コミュニケーション ) 人と環境 教育礎論 音楽 Ⅰ( 礎 ) 英語 BⅡ( コミュニケーション ) 教育制論 体育

More information

月 6 日金 幼児期の子どもの健康障害と看護 2 川崎病幼児期の子どもの健康障害と看護 3 髄膜炎 月 13 日金 C401 学童期の子どもの健康障害と看護 2 糖尿病学童期の子どもの健康障害と看護 3 紫斑病看護過程 3 まとめネフローゼ症候群の子

月 6 日金 幼児期の子どもの健康障害と看護 2 川崎病幼児期の子どもの健康障害と看護 3 髄膜炎 月 13 日金 C401 学童期の子どもの健康障害と看護 2 糖尿病学童期の子どもの健康障害と看護 3 紫斑病看護過程 3 まとめネフローゼ症候群の子 科目名授業方法単位 / 時間数必修 選択担当教員 小児看護学活動論演習 2 単位 /60 時間必修 佐鹿孝子 杉山智江 科目の目標 健康な子どもの理解を基盤に 健康障害や入院が子どもと家族に及ぼす影響を理解する また 健康障害の ある子どもと家族がセルフケア能力を高め ウェルビーイングの実現を目指した看護をするための基礎的知識 と援助方法を修得する 学習の具体的な目標 1) 健康障害のある子どもと家族を取り巻く環境について説明できる

More information

賀茂精神医療センターにおける精神科臨床研修プログラム 1. 研修の理念当院の理念である 共に生きる 社会の実現を目指す に則り 本来あるべき精神医療とは何かを 共に考えて実践していくことを最大の目標とする 将来いずれの診療科に進むことになっても リエゾン精神医学が普及した今日においては 精神疾患 症

賀茂精神医療センターにおける精神科臨床研修プログラム 1. 研修の理念当院の理念である 共に生きる 社会の実現を目指す に則り 本来あるべき精神医療とは何かを 共に考えて実践していくことを最大の目標とする 将来いずれの診療科に進むことになっても リエゾン精神医学が普及した今日においては 精神疾患 症 賀茂精神医療センターにおける精神科臨床研修プログラム 1. 研修の理念当院の理念である 共に生きる 社会の実現を目指す に則り 本来あるべき精神医療とは何かを 共に考えて実践していくことを最大の目標とする 将来いずれの診療科に進むことになっても リエゾン精神医学が普及した今日においては 精神疾患 症状 治療 処遇 リハビリテーション等について 正しい理解をもち 患者さんやその家族 他の院内 院外のスタッフと共に歩むことができなければならない

More information

月曜日 2 時限 ( つづき ) 心理学原書講読 B 前 小林由紀 精神衛生前 細野正美 心理学史前 福田玄明 221 月曜日 3 時限 (13:20 14:50) Ⅱ Ⅱ 前 1A 後半山根律子 前 1A 後半山根律子 1460

月曜日 2 時限 ( つづき ) 心理学原書講読 B 前 小林由紀 精神衛生前 細野正美 心理学史前 福田玄明 221 月曜日 3 時限 (13:20 14:50) Ⅱ Ⅱ 前 1A 後半山根律子 前 1A 後半山根律子 1460 この時間割表の内容は公開日以降 更新されません 変更情報の有無は 以下の学生ポータルメニューを参照してください 変更以外の変更情報 訂正表 変更 授業開始から履修登録期間終了まで : 変更情報一覧 履修登録期間終了後は 各自の時間割表に表示されます なお 後期履修登録に関する詳細な情報は 夏期休業期間前に 学生ポータルでお知らせします 1. 障害児 者の施設実習 は 説明会に参加した上で履修許可を受けた学生のみが履修できます

More information

<8E9197BF81698E518D6C33816A95DB88E78E6D8E8E8CB A8F4389C896DA88EA97972E786C7378>

<8E9197BF81698E518D6C33816A95DB88E78E6D8E8E8CB A8F4389C896DA88EA97972E786C7378> 第 7 回保育士養成課程等検討会 平成 24 年 10 月 22 日 参考資料 3 保育士と履修科目一覧 1 社会福祉 1 現代社会における社会福祉の意義と歴史的変遷 (1) 社会福祉の理念と概念 (2) 社会福祉の歴史的変遷 2 社会福祉と児童家庭福祉 (1) 社会福祉の一分野としての児童家庭福祉 (2) 児童の人権擁護と社会福祉 (3) 家庭支援と社会福祉 3 社会福祉の制度と実施体系 (1)

More information

精神看護学特論 Ⅰ 2 単位 ( 春学期 ) 科目責任者浅沼奈美 ( 本学教授 ) 1. 教育目的 : 精神保健医療福祉に関する歴史と法制度や体制 国際的な動向 日本における動向および当事者の活動の変遷を学び 精神保健看護の立場から 精神保健医療福祉の体制が抱えている課題や今後のあり方について学ぶ

精神看護学特論 Ⅰ 2 単位 ( 春学期 ) 科目責任者浅沼奈美 ( 本学教授 ) 1. 教育目的 : 精神保健医療福祉に関する歴史と法制度や体制 国際的な動向 日本における動向および当事者の活動の変遷を学び 精神保健看護の立場から 精神保健医療福祉の体制が抱えている課題や今後のあり方について学ぶ 単位単位専攻分野共通科目 専攻分野専門科目 実習科目専門看護分野 : 精神看護 専攻教育課程照合表 科目大学院該当科目その科目の内容履修認定 2. 精神 身体状態の評価に関する科目 3. 精神科治療技法に関する科目 4. 精神看護理論 援助技法に関する科目 精神看護学特論 Ⅱ 精神看護学特論 Ⅲ 精神看護学演習 Ⅰ 精神看護学特論 Ⅳ 精神看護学演習 Ⅱ 精神 身体状態のアセスメントができる為に 精神保健上の問題のメカニズムを心身医学の捉え方をふまえ理解し診断

More information

愛知県アルコール健康障害対策推進計画 の概要 Ⅰ はじめに 1 計画策定の趣旨酒類は私たちの生活に豊かさと潤いを与える一方で 多量の飲酒 未成年者や妊婦の飲酒等の不適切な飲酒は アルコール健康障害の原因となる アルコール健康障害は 本人の健康問題だけでなく 家族への深刻な影響や飲酒運転 自殺等の重大

愛知県アルコール健康障害対策推進計画 の概要 Ⅰ はじめに 1 計画策定の趣旨酒類は私たちの生活に豊かさと潤いを与える一方で 多量の飲酒 未成年者や妊婦の飲酒等の不適切な飲酒は アルコール健康障害の原因となる アルコール健康障害は 本人の健康問題だけでなく 家族への深刻な影響や飲酒運転 自殺等の重大 愛知県アルコール健康障害対策推進計画 の概要 Ⅰ はじめに 1 計画策定の趣旨酒類は私たちの生活に豊かさと潤いを与える一方で 多量の飲酒 未成年者や妊婦の飲酒の不適切な飲酒は アルコール健康障害の原因となる アルコール健康障害は 本人の健康問題だけでなく 家族への深刻な影響や飲酒運転 自殺の重大な社会問題を生じさせる危険性が高く その対策は極めて重要な課題である 平成 26 年 6 月に施行されたアルコール健康障害対策基本法において

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 卒研発表会 個人の性格によって変化するパーソナルスペースの形状比較 大阪工業大学情報科学部情報メディア学科ヒューマンインタフェース研究室 2012 年 2 月 16 日 C07-102 村田誠弥 C08-099 森原海里 はじめに パーソナルスペースとは 個人の身体を取り巻く目に見えない空間領域 携帯用の縄張り パーソナルスペースの役割 コミュニケーション相手と適切な距離を取ることによって, やり取りを円滑に行う

More information

7 1 2 7 1 15 1 2 (12 7 1 )15 6 42 21 17 15 21 26 16 22 20 20 16 27 14 23 8 19 4 12 6 23 86 / 230) 63 / 356 / 91 / 11.7 22 / 18.4 16 / 17 48 12 PTSD 57 9 97 23 13 20 2 25 2 12 5

More information

2017 年 6 月 16 日 ( 金 ) プレ & インターンシップ 夏期インターンシップの活用とその後の採用スケジュールなどについて説明します 3 年生だけでなく インターンや就職活動に興味のある 1,2 年生も参加してください 2017 年 6 月 22 日 ( 木 ) 外国人留学生の活動対策

2017 年 6 月 16 日 ( 金 ) プレ & インターンシップ 夏期インターンシップの活用とその後の採用スケジュールなどについて説明します 3 年生だけでなく インターンや就職活動に興味のある 1,2 年生も参加してください 2017 年 6 月 22 日 ( 木 ) 外国人留学生の活動対策 2017 年 4 月 21 日 ( 金 ) 2017 年 4 月 26 日 ( 水 ) ( 神奈川県教育委員会 2017 年 4 月 28 日 ( 金 ) SPI まるわかり講座 筆記試験の一つとして多くの企業で採用されている SPI その開発元であるリクルート様を講師にお迎えして SPI とは何か? どのように活用されているのか? 対策にはどのようなポイントがあるのか? などの点について解説していただきます

More information

各論第 3 章介護保険 保健福祉サービスの充実

各論第 3 章介護保険 保健福祉サービスの充実 第 3 章介護保険 保健福祉サービスの充実 1 高齢者福祉サービスの充実 施策の方向性 一人暮らし高齢者や介護 支援を必要とする高齢者などが, できる限り住み慣れた地域において安心して自立した生活が送れるよう, 介護保険サービスの他にも日常生活の支援に努めます また, 家族介護者に対しても安心して在宅介護を継続できるよう, 支援の充実を図ります そのほか, 高齢者やその家族, サービス提供事業者等に対し高齢者虐待に対する問題意識を高めるとともに,

More information