A 計算に使用したモデル ( 平面図 立面図 面積表 ) 自立循環型住宅設計ガイドライン設定モデル住宅 ( 一般モデル ) 木造 2 階建延床面積 m2 1~3 地域 4~7 地域 寒冷地モデル 温暖地モデル 部位 面積 [ m2 ] 長さ [m] 部位 面積 [ m2 ] 長さ [m

Save this PDF as:

Size: px
Start display at page:

Download "A 計算に使用したモデル ( 平面図 立面図 面積表 ) 自立循環型住宅設計ガイドライン設定モデル住宅 ( 一般モデル ) 木造 2 階建延床面積 m2 1~3 地域 4~7 地域 寒冷地モデル 温暖地モデル 部位 面積 [ m2 ] 長さ [m] 部位 面積 [ m2 ] 長さ [m"

Transcription

1 G1,G2 外皮水準と住宅シナリオ設定に用いた条件 概要 1. 計算モデル 設定項目 設定内容 自立循環型住宅設計ガイドライン設定モデル住宅 ( 一般モデル ) 平面図及び立体図はページ A をご参照ください 2. 構法木造軸組構法 3. 断熱仕様 別表の仕様にて外皮性能 U A 値を確認した ページ B 表 1 表 2 をご参照ください 4. 暖房負荷 室内温熱環境計算に使用したプログラム AECAD Ver (Windows7 対応 ) AESimHeat Ver (Windows7 対応 ) 1 気象データ 2 計算地点 3シミュレーションに用いた断熱仕様 4 居住者 5 内部発熱 照明機器 6 暖冷房設定 7 換気設定 24 時間換気局所換気 拡張アメダス気象データ 95 年版 1 地域 : 旭川 2 地域 : 札幌 3 地域 : 盛岡 4 地域 : 仙台 5 地域 : 宇都宮 6 地域 : 東京 7 地域 : 鹿児島各地域のG1,G2 代表仕様例で提示の部位 U 値を満たす断熱仕様を設定し算出した ページB 表 3 表 4をご参照ください 4 人 ( 夫婦 子供 2 人 ) 在室者スケジュールは 住宅事業主の判断基準 の設定と同じとした 詳細はページCをご参照ください 内部発熱及び照明機器は 住宅事業主の判断基準 の設定と同じとした 詳細をはページDをご参照ください 住宅事業建築主基準 の暖房スケジュールを元にしながら ユーザー調査 (*) を参考に暖房方式を決定した 1 2 地域 : 暖房は居室連続暖房方式 3 地域 : 主居室は平日連続暖房 休日は日中連続暖房 その他居室は間歇暖房方式 4~6 地域 : 居室間歇方式 冷房は全地域とも共通で 住宅事業主の判断基準 の部分間欠の設定と同じとした 詳細はページEをご参照ください 住宅事業建築主基準 の換気量 換気経路と同じ設定とした 換気量 160m3 /h 詳細はページFをご参照ください 住宅事業建築主基準 の換気量 換気経路と同じ設定とした 台所 (300m2/h) 浴室(100m2/h) トイレ(40m3/h) に設置 詳細は別シートGをご参照ください 自然換気 0 回 /h 室間相互換気 熱交換換気 H25 年省エネルギー基準に準拠した算定 判断の方法及び解説 に記載のの換気量 換気経路と同じ設定とした 台所 LD:5,000[ m3 /h] 1 階ホール 2 階ホール :273[ m3 /h] なし 8 通風 窓の開閉設定なし

2 A 計算に使用したモデル ( 平面図 立面図 面積表 ) 自立循環型住宅設計ガイドライン設定モデル住宅 ( 一般モデル ) 木造 2 階建延床面積 m2 1~3 地域 4~7 地域 寒冷地モデル 温暖地モデル 部位 面積 [ m2 ] 長さ [m] 部位 面積 [ m2 ] 長さ [m] 天井 天井 外壁 南 外壁 南 東 東 北 北 西 西 窓 南 窓 南 東 東 北 北 西 西 ドア北 ドア北 西 西 床 床 土間床 5.80 土間床 5.80 基礎周長外気側 基礎周長外気側 床下側 床下側 外皮面積合計 外皮面積合計

3 B. 検証に用いた断熱仕様 外皮性能計算に用いた部位 U 値用いた部位 U 値 HEAT20 G1 表 1 部位 1,2 地域 3 地域 4 地域 5 地域 6,7 地域 天井 壁 (0.261) (0.433) 床 (0.342) 土間 外気に接する部分 その他の部分 開口部 窓 ドアのU 値 窓のガラスη HEAT20 G2 表 2 部位 1,2,3 地域 4,5 地域 6,7 地域 天井 壁 床 (0.342) 土間 外気に接する部分 その他の部分 開口部 窓 ドアのU 値 窓のガラスη 代表的な仕様例として提示する仕様に ( ) 内値の部位 U 値になる仕様があるため 外皮計算には ( ) 内の値を用いて各地域 グレードでの推奨 UA 値を満たすことを検証した 暖房負荷 温熱環境シミュレーションに用いた各部位仕様上記いの部位 U 値を満たす断熱仕様の中で 部位 U 値が大きいものを選びシミュレーションに用いた 表 1,2のU 値を満たす想定仕様例のうち部位 U 値の大きい仕様を選んでいるたね設計ガイドブックで代表仕様例で例示の仕様と異なる場合がある HEAT20 G1 表 3 部位 1,2 地域 3 地域 4 地域 5 地域 6,7 地域 天井吹込 GW18K400mm 吹込 GW18K270mm 吹込 GW18K270mm 吹込 GW18K300mm GW10K200 壁 充填 HGW16K105mm HGW16K105mm HGW16K105mm 外張 XPS3 種 45mm XPS3 種 45mm HGW λ mm ( 充填のみ ) HGW16K105mm ( 充填のみ ) XPS3 種 15mm 根太間 HGW16K45mm HGW16K45mm HGW16K45mm HGW16K45mm ( 剛床仕様 ) 床 大引間 HGW16K100mm HGW16K100mm HGW16K100mm HGW16K100mm XPS3 種 95mm 土間床等の外周 外気に接する外気接 XPS3 種 100mm XPS3 種 100mm XPS3 種 100mm XPS3 種 100mm XPS3 種 100mm その他の部分 XPS3 種 50mm XPS3 種 35mm XPS3 種 35mm XPS3 種 35mm XPS3 種 35mm 窓 ドアのU 値設定 U1.6 U1.9 U1.9 U1.9 U2.33 ダブルLowE 三層複層 LowE 複層 (G12 以上 ) LowE 複層 (G12 以上 ) LowE 複層 (G12 以上 ) LowE 複層 (A10 以上 ) 窓硝子設定 G7 以上 2 日射取得型日射取得型日射取得型日射取得型日射取得型 窓ガラスη ドア 断熱ドア (U1.6 以下 ) 断熱ドア (U1.9 以下 ) 断熱ドア (U1.9 以下 ) 断熱ドア (U1.9 以下 ) 断熱ドア (U2.33 以下 ) HEAT20 G2 表 4 部位 1,2,3 地域 4,5 地域 6,7 地域 天井断熱のとき吹込 GW18K400mm 吹込 GW18K400mm 吹込 GW18K270mm 壁充填 HGW16K105mm HGW16K105mm HGW16K105mm 外張 HGW16K100mm HGW16K100mm XPS3 種 25mm 根太間 HGW16K100 ( 剛床仕様 ) HGW16K100 床 大引間 XPS3 種 75mm XPS3 種 75mm XPS3 種 95mm 土間床等の外周外気に接する外気接 XPS3 種 100mm XPS3 種 100mm XPS3 種 100mm その他の部分 XPS3 種 100mm XPS3 種 50mm XPS3 種 35mm 窓 ドアのU 値設定 U1.3 U1.6 U1.9 ダブルLowE 三層複層ダブルLowE 三層複層 LowE 複層 (G12 以上 ) 窓硝子設定 G7 以上 2 日射取得型 G7 以上 2 日射取得型日射取得型 表 3,4のU 値に含む内装下地材は下記の通り天井せっこうボード9.5mm 厚壁充填 + 付加断熱仕様の場合は合板 9mm 厚 ( 内装下地材の石こうボードは含んでいない ) 床根太仕様の場合は合板 12mm 厚 剛床仕様の場合は合板 24mm 厚 表 3,4の断熱材表記の名称と断熱材熱伝導率は下記の透り表記断熱材名称 熱伝導率 λ[w/(m K)] XPS3 種 押出法ポリスチレンフォーム3 種 HGW16K 高性能グラスウール16K 吹込 GW18K 吹込グラスウール PF フェノールフォーム HGW λ0.034 高性能グラスウール λ0.034の製品 0.034

4 C 在室者の設定 [ 人数 ] 休日 AM LD 平日 AM PM 休日 AM PM 子供室 1 平日 AM PM 休日 AM PM 子供室 2 平日 AM PM 休日 AM PM 寝室 平日 AM PM 休日 AM PM

5 D. 内部発熱 照明機器の設定 内部発熱最大発熱量 ( 顕熱 ) または最大水蒸気量 ( 潜熱 ) に対する割合 [%] 室名 顕熱 / 発熱量 / 単位 平日 / 潜熱 水蒸気量 休日 AM LD 顕熱 [W] 平日 AM PM 休日 AM PM 台所 顕熱 60 [W] 平日 AM 休日 PM 顕熱 [W] 平日 AM PM 休日 AM PM 潜熱 50 [g/h] 平日 AM PM 休日 AM PM F 便所 顕熱 30 [W] 平日 AM 休日 PM 洗面脱衣顕熱 [W] 平日 AM PM 休日 AM PM 子供室 1 顕熱 80 [W] 平日 AM PM 休日 AM PM 子供室 2 顕熱 50 [W] 平日 AM PM 休日 AM PM 寝室 顕熱 [W] 平日 AM PM 休日 AM PM 照明設備最大発熱量に対する割合 [%] 室名 照明 最大 単位 平日 / 種類 発熱量 休日 AM 玄関 白熱灯 57 [W] 平日 AM PM 休日 AM PM LD 蛍光灯 [W] 平日 AM PM 休日 AM PM 台所 蛍光灯 [W] 平日 AM PM 休日 AM PM F 廊下 白熱灯 114 [W] 平日 AM PM 休日 AM PM F 便所 白熱灯 8.55 [W] 平日 AM PM 休日 AM PM 洗面脱衣白熱灯 66.5 [W] 平日 AM PM 休日 AM PM 浴室 白熱灯 40.5 [W] 平日 AM PM 休日 AM PM 子供室 1 蛍光灯 70 [W] 平日 AM PM 休日 AM PM 子供室 2 蛍光灯 70 [W] 平日 AM PM 休日 AM PM 寝室 蛍光灯 52.5 [W] 平日 AM PM 休日 AM PM

6 E. 暖冷房設定 暖房設定 (1 2 地域 ) 対象室 : 居室 (LDK 和室 寝室 子供室 1 2) 暖房 :20 設定で 24 時間連続運転 住宅事業主の判断基準 の部分間欠と同じ暖房設定 住宅事業主の判断基準 の部分間欠の27 冷房設定 暖房設定 (3 地域 ) 住宅事業主の判断基準 の部分間欠と異なる暖房設定 住宅事業主の判断基準 の部分間欠の28 冷房設定 暖房温度設定 温度 [ ] 休日 AM LDK 平日 AM PM 休日 AM PM 子供室 1 平日 AM PM 休日 AM PM 子供室 2 平日 AM PM 休日 AM PM 寝室 平日 AM PM 休日 AM PM 和室は暖房運転なし 暖房設定 (4~6 地域 ) 暖房温度設定 温度 [ ] 休日 AM LDK 平日 AM PM 休日 AM PM 子供室 1 平日 AM PM 休日 AM PM 子供室 2 平日 AM PM 休日 AM PM 寝室 平日 AM PM 休日 AM PM 和室は暖房運転なし 冷房設定 全地域共通 住宅事業主の判断基準 の部分間欠の場合と同じ 冷房温度設定 温度 [ ] 休日 AM LDK 平日 AM PM 休日 AM PM 子供室 1 平日 AM PM 休日 AM PM 子供室 2 平日 AM PM 休日 AM PM 寝室 平日 AM PM 休日 AM PM 和室は冷房運転なし 冷房湿度設定 湿度 [%] 休日 AM LDK 平日 AM PM 休日 AM PM 子供室 1 平日 AM PM 休日 AM PM 子供室 2 平日 AM PM 休日 AM PM 寝室 平日 AM PM 休日 AM PM 和室は冷房運転なし

7 F.24 時間換気の設定 常時換気 空間名換気量 [ m3 ] 送風方向用途給気室間排気 LD 外気 LD 給気 20 LD 外気 LD 給気 20 和室 外気 和室 給気 20 台所 外気 台所 給気 20 寝室 外気 寝室 給気 20 クロゼット ( 寝室 ) 外気 クロゼット 給気 20 子供室 1 外気 子供室 1 給気 20 子供室 2 外気 子供室 2 給気 20 ( 室内経路 ) LD 1 階ホール 室内経路 60 ( 室内経路 ) 和室 1 階ホール 室内経路 20 ( 室内経路 ) 台所 LD 室内経路 20 ( 室内経路 ) 1 階ホール 1 階トイレ 室内経路 ( 室内経路 ) 1 階ホール 洗面所 室内経路 ( 室内経路 ) 寝室 2 階ホール 室内経路 40 ( 室内経路 ) 子供室 1 ホール (2F) 室内経路 20 ( 室内経路 ) 子供室 2 ホール (2F) 室内経路 20 1 階ホール 1 階ホール 外気 排気 洗面所 洗面所 外気 排気 階トイレ 1 階トイレ 外気 排気 階ホール 2 階ホール 外気 排気 40 2 階トイレ 2 階トイレ 外気 排気 階 2 階 寝室とクローゼットは同一空間の設定にした

8 G. 局所換気の設定 H25 省エネルギー基準 住宅事業建築主基準の一次エネルギー消費量計算方法の設定と同じ 局所換気設備の別排気量 室名 排気量 [ m3 /h] AM 台所 平日 AM PM 休日 AM PM Fトイレ 平日 AM PM 休日 AM PM 浴室 平日 AM PM 休日 AM PM 住宅事業建築主の判断の基準におけるエネルギー消費量計算方法の解説 より 空間が連続している室間の総合換気量 居間 食堂 (LD) と台所 (K) や 1 階ホールと 2 階ホール は 空間的に連続するものとする 暖房負荷の計算では 各区画の空気が相互に流れるとし 各室の相互換気量を以下の通り設定する 自然換気回数自然換気回数は 0 回 /h としている 室名 相互換気量 [ m3 /h] 台所 LD 5,000 1 階ホール 2 階ホール 273

9 H. 15 を下回る割合 の算出方法 室ごとの面積 [ m2 ] 室ごとの暖房期間中に15 未満となる時間数 [h] の合計 100 = 15 を下回る割合 [%] 延べ床面積 [ m2 ] 暖房期間日数 [ 日 ] 24[h] 温度作用温度 [ ] 温度を算定した室 LD 1 階ホール ( 玄関 廊下 階段 ) 台所 浴室 和室 洗面室 寝室 (+ クロセ ット ) 1 階トイレ 子供室 1 2 階ホール 子供室 2 2 階トイレ 暖房期間 旭川 9/28~5/31 宇都宮 10/10~5/15 札幌 10/1~6/2 東京 11/11~4/17 盛岡 9/30~5/31 鹿児島 12/6~3/22 仙台 10/1~6/2 13 を下回る割合 10 を下回る割合 も同じ算出方法

1

1 1 2 AC 3 4 5 6 7 8 9 10 寒冷地特別外皮強化型 1 地域代表都市旭川日射区分 :A2 外皮の性能と仕様例 UA 値 η A 値 窓 1 開口部 ドア 0.25 η AH1.9 η AC1.1 樹脂サッシ 1.30W/ m2 K Low-E 三層ガラス (Low-E2 枚 G9 2) 日射取得型 1.75W/ m2 K 断熱材種類屋根 天井外壁床基礎 ( 外気 ) 基礎 ( 内側

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 評価協外皮計算書 AFGC 追記版 を使用した外皮計算手順 この計算書は 一般社団法人住宅性能評価 表示協会 作成の外皮性能計算書 (Ver3.2) に旭ファイバーグラスで追記をしたものです 既に入力されている面積や開口部情報は 自立循環型住宅への設計ガイドライン に掲載の 寒冷地モデルプラン の情報です [ 充填 + 付加断熱用 ] 2016 年 10 月 11 日 評価協外皮計算書 AFGC 追記版

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 評価協外皮計算書 AFGC 追記版 を使用した外皮計算手順 この計算書は 一般社団法人住宅性能評価 表示協会 作成の外皮性能計算書 (Ver3.2) に旭ファイバーグラスで追記をしたものです 既に入力されている面積や開口部情報は 自立循環型住宅への設計ガイドライン に掲載の 温暖地モデルプラン の情報です [ 充填断熱用 ] 2016 年 10 月 1 日 評価協外皮計算書 AFGC 追記版 記入方法ご案内

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2020 年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会 Investigation committee of Hyper Enhanced insulation and Advanced Technique for 2020 houses HEAT 20 設計ガイドブック +PLUS の使い方 旭ファイバーグラス 渉外技術担当部長布井洋二 HEAT 20 HEAT20 の目指す家づくり GB+ P5 2

More information

2

2 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 省エネルギー基準の改正について 省エネルギー基準が 2013 年 ( 平成 25 年 ) に改正され 2015 年 3 月までの移行期間を経て 2015 年 4 月から完全移行となりました あわせて 品確法の住宅性能表示も改正されました 省エネルギー基準の改正のポイント 1 外皮性能基準 2 一次エネルギー消費量基準 建築主の判断基準 設計 施工指針 改正前平成

More information

性能基準 計算ルート 性能基準 計算ルート の評価フロー項目 床 壁 天井等は断熱材以外にも色々な材料で構成されていますので 各材料の熱伝導率と厚さで熱抵抗値を求 め それを合算して各部位のを逆算します 計算で求める方法が3種 あらかじめ示された構成の数値で求 める方法が2種あります 面積を拾う 詳

性能基準 計算ルート 性能基準 計算ルート の評価フロー項目 床 壁 天井等は断熱材以外にも色々な材料で構成されていますので 各材料の熱伝導率と厚さで熱抵抗値を求 め それを合算して各部位のを逆算します 計算で求める方法が3種 あらかじめ示された構成の数値で求 める方法が2種あります 面積を拾う 詳 省 エ ネ ル ギ ー 基 準 住 宅 省エネルギー基準の具体的な内容と算出方法 性能基準 計算ルート の評価フロー 外皮平均は 各部位の面積 温度差係数などを求め計算し また 平均日射熱取得率は 各部 位の面積 日射熱取得率 などを求め計算します U 温度差係数 H 屋根 天井 ドア 窓 床 基礎 外皮熱損失量 q 外皮熱損失量 q 外皮等の 面積の合計 ΣA 外皮平均 冷房期の平均日射熱取得率

More information

記入例 計算結果 -1 青字 : 自動入力 住宅の外皮平均熱貫流率 外皮平均日射熱取得率及び日射熱取得量 ( 冷房期 暖房期 ) 外皮熱損失量計算書 ( 登録番号 ) 省エネ邸 新築 工事 ( 作成者 ) 印 ( 所属 ) 省エネ太郎 株式会社 コーポーレーション 支店

記入例 計算結果 -1 青字 : 自動入力 住宅の外皮平均熱貫流率 外皮平均日射熱取得率及び日射熱取得量 ( 冷房期 暖房期 ) 外皮熱損失量計算書 ( 登録番号 ) 省エネ邸 新築 工事 ( 作成者 ) 印 ( 所属 ) 省エネ太郎 株式会社 コーポーレーション 支店 記入例 算結果 - 住宅の外皮平均熱貫流率 外皮平均日射熱取得率及び日射熱取得量 ( ) 外皮熱損失量算書 ( 登録番号 ) 000-00-00-0000 省エネ邸 新築 工事 ( 作成者 ) 印 ( 所属 ) 省エネ太郎 株式会社 コーポーレーション 支店省エネ事業部 住宅の所在地 3-03 東京都 区 町 -- 住宅の規模 地上 住宅の構造 木造軸組工法 床面積合 ( 主たる居室 + その他の居室

More information

5

5 商品特長 基本性能 商品特長 施工例 ハイレベルな断熱性能 快適な生活を頼もしくバックアップします アルミと樹脂の複合構造を採用し 高い断熱クオリティをもつ エピソード エピソード Type S 引違い系 単体 面格子付 断熱性と日射熱取得率 シャッター付 平成25年省エネルギー基準 雨戸付 室外側 ア ルミ 室内側 樹 脂 建具とガラスの組合せによる熱貫流率および日射熱取得率 設計施工指針 別表第7

More information

【配布資料】

【配布資料】 省エネルギー計画書等届出書添付資料参考例 仕様基準 ( 簡易なポイント法 ) 集計表 * 本集計表は 省令に基づく 届出書 添付資料の参考例です 具体的には所管行政庁の指示に従って下さい * 仕様基準 ( 簡易なポイント法 ) の適用規模は,000 m未満の建築物となります * 空気調和設備以外の機械換気設備のエネルギーの効率的利用 昇降機に係るエネルギーの効率的利用 については 仕様基準 ( 簡易なポイント法

More information

ARCHITREND ZERO 外皮性能計算編

ARCHITREND ZERO 外皮性能計算編 外皮平均熱貫流率 (U A 値 ) と平均 射熱取得率 (η A 値 ) を計算し 目標等級以上になるか確認します 住宅の改正省エネルギー基準の 建築主の判断基準 による外皮性能の評価方法となります 外皮等の面積を算定する際 寸法の取り方は特定 政庁 申請機関によって異なる場合があります 申請を う際には 必ず事前に地域の特定 政庁 申請機関に確認を ってから作業を進めてください 初期設定の確認 変更

More information

第二面 1. 建築物の位置 延べ面積 構造 設備及び用途並びに敷地面積に関する事項 建築物に関する事項 1. 地名地番 2. 敷地面積 m2 3. 建築面積 m2 4. 延べ面積 m2 5. 建築物の階数 地上 階 地下 階 6. 建築物の用途 一戸建ての住宅 共同住宅等 非住宅建築物 複合建築物

第二面 1. 建築物の位置 延べ面積 構造 設備及び用途並びに敷地面積に関する事項 建築物に関する事項 1. 地名地番 2. 敷地面積 m2 3. 建築面積 m2 4. 延べ面積 m2 5. 建築物の階数 地上 階 地下 階 6. 建築物の用途 一戸建ての住宅 共同住宅等 非住宅建築物 複合建築物 様式第三十七 第三十条第一項関係 日本工業規格 A 列 4 番 第一面 建築物のエネルギー消費性能に係る認定申請書 年月日 所管行政庁 殿 申請者の住所又は主たる事務所の所在地申請者の氏名又は名称代表者の氏名 印 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律第 36 条第 1 項の規定により 建築物エネルギー 消費性能基準に適合している旨の認定を申請します この申請書及び添付図書に記載の事項は 事実

More information

外気カット制御 有 外気冷房制御 無 全熱交換器制御 有 ( 全熱交換効率 0.) 2 換気設備 室用途毎に基準設定換気風量 ( 換気回数 ) 基準設定全圧損失 標準的な送風機の送風機効 率 伝達効率 余裕率 モータ効率を定め これらを標準設備仕様とする 基準設定換気風量 : 設計者へのヒアリング調

外気カット制御 有 外気冷房制御 無 全熱交換器制御 有 ( 全熱交換効率 0.) 2 換気設備 室用途毎に基準設定換気風量 ( 換気回数 ) 基準設定全圧損失 標準的な送風機の送風機効 率 伝達効率 余裕率 モータ効率を定め これらを標準設備仕様とする 基準設定換気風量 : 設計者へのヒアリング調 建築物の基準一次エネルギー消費量の算定方法について ( 案 ) 参考資料 -1 ( 第 1 回合同会議配布資料 -2 を改訂 ) 1. 基準一次エネルギー消費量の算定方法について (1) 目標水準とする 基準一次エネルギー消費量 は 設備毎 地域毎 室用途毎に与えられる 基準一次エネルギー消費量原単位 (MJ/m2 年 ) を元に算出される (2) 基準一次エネルギー消費量原単位 は 次の(3) の通り決定する

More information

< C CA9955C E786C73>

< C CA9955C E786C73> 木造戸建住宅の判定基準は 次の 省エネ等級 4 の基準いずれかの基準に適合していること 省エネラベルの基準エコポイント適用対象検討に関する早見表は 省エネ等級 4 の基準を満たす断熱性能を一目でわかるようにまとめたものです エコポイント対象住宅証明書 の発行依頼には 依頼書や設計内容説明書 各種図面等のご提出が必要となります 詳しくは 別紙 エコポイント対象住宅証明書 発行業務についてのご案内を参照願います

More information

見直し後11 基準相当1.64GJ/ m2年hh11 基準相当見直しH11 基準と見直し後の省エネ基準の比較について 住宅 建築物判断基準小委員会及び省エネルギー判断基準等小委員会平成 24 年 8 月 31 日第 2 回合同会議資料 1-1 より抜粋 設備機器の性能向上により 15~25% 程度省

見直し後11 基準相当1.64GJ/ m2年hh11 基準相当見直しH11 基準と見直し後の省エネ基準の比較について 住宅 建築物判断基準小委員会及び省エネルギー判断基準等小委員会平成 24 年 8 月 31 日第 2 回合同会議資料 1-1 より抜粋 設備機器の性能向上により 15~25% 程度省 資料 2 認定基準の水準等について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 見直し後11 基準相当1.64GJ/ m2年hh11 基準相当見直しH11 基準と見直し後の省エネ基準の比較について 住宅 建築物判断基準小委員会及び省エネルギー判断基準等小委員会平成

More information

( 第二面 ) 1. 建築主 イ. 氏名のフリガナ ロ. 氏名 ハ. 郵便番号 ニ. 住所 ホ. 電話番号 2. 代理者 イ. 氏名 ロ. 勤務先 ハ. 郵便番号 ニ. 住所 ホ. 電話番号 3. 設計者 イ. 氏名 ロ. 勤務先 ハ. 郵便番号 ニ. 住所 ホ. 電話番号 4. 備考

( 第二面 ) 1. 建築主 イ. 氏名のフリガナ ロ. 氏名 ハ. 郵便番号 ニ. 住所 ホ. 電話番号 2. 代理者 イ. 氏名 ロ. 勤務先 ハ. 郵便番号 ニ. 住所 ホ. 電話番号 3. 設計者 イ. 氏名 ロ. 勤務先 ハ. 郵便番号 ニ. 住所 ホ. 電話番号 4. 備考 様式第二十二 ( 第十二条第一項及び附則第二条第一項関係 )( 日本工業規格 A 列 4 番 ) ( 第一面 ) 届出書 年月日 所管行政庁 殿 届出者の住所又は主たる事務所の所在地届出者の氏名又は名称代表者の氏名 印 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律第 19 条第 1 項前段又は同法附則第 3 条第 2 項前 段の規定による届出をします この届出書及び添付図書に記載の事項は 事実に相違ありません

More information

結露の発生を防止する対策に関する試験ガイドライン

結露の発生を防止する対策に関する試験ガイドライン 計算の結果による温熱環境 ( 結露の発生を防止する対策 ) に関する試験ガイドライン 一般社団法人住宅性能評価 表示協会 ( 平成 21 年 11 月 2 日制定 平成 27 年 2 月 27 日修正 ) このガイドラインは 5-1 断熱等性能等級 の (3) ハの結露の発生を防止する対策に関する 基準において 計算の結果をもとに結露の発生を防止する特別の構造方法に関する試験の方法を 定めるものである

More information

Microsoft Word - 防露試験ガイドライン doc

Microsoft Word - 防露試験ガイドライン doc 計算の結果による温熱環境 ( 結露の発生を防止する対策 ) に関する試験ガイドライン 一般社団法人住宅性能評価 表示協会 ( 平成 21 年 11 月 2 日制定 ) このガイドラインは 5-1 省エネルギー対策等級 の (3) イ3 結露の発生を防止する対策に関する基準において 計算の結果をもとに結露の発生を防止する特別の構造方法に関する試験を行う際の方法を定めるものである 1. 定義 (1) 試験

More information

換気計画と換気計算方法 ( 居室の必要換気回数 0.5 回 /h 以上 ) パッシブエネルギージャパン株式会社

換気計画と換気計算方法 ( 居室の必要換気回数 0.5 回 /h 以上 ) パッシブエネルギージャパン株式会社 換気計画と換気計算方法 ( 居室の必要換気回数 0.5 回 /h 以上 ) パッシブエネルギージャパン株式会社 せせらぎ の仕組み 建物全体の せせらぎ の数の半数が給気 半数が排気 (70 秒後に給気と排気が入れ替わる ) 偶数台設置を基本とする ( 熱交換率が低下する ) 70 秒後 70 秒後 70 秒毎の切換えで蓄熱体に効率良く熱を蓄える構造となっている 換気計画の必要基本情報 平面寸法平面図

More information

すまいのエコナビ ホームズ君レポート 壁体内結露判定

すまいのエコナビ ホームズ君レポート 壁体内結露判定 住宅性能診断士ホームズ君 省エネ診断エキスパート すまいのエコナビ ホームズ君レポート 壁体内結露判定 壁の中の結露は どこまで予測できる? 2018/9/5 1 飽和水蒸気量 露点温度とは 空気は温度によって含むことができる水蒸気の量 ( 飽和水蒸気量 ) が異なり 暖かい空気ほど多くの水蒸気を含むことができます 飽和水蒸気量 水蒸気をたくさん含んだ空気が冷やされ 飽和水蒸気量 が小さくなると これを超えた余分な水蒸気が液体に変わります

More information

2-16 (3) 居室の床面積 ( ) の計算 2-16 (4) 非居室の床面積の計算 ( ) 2-16~1 7 ( 全文 ) ( 削除 ) ( 全文 ) ( 削除 ) (3) 主たる居室 の床面積 主たる居室 の面積は リビング ( 居間 ) ダイニング ( 食堂 ) 及びキッチン ( 台所 )

2-16 (3) 居室の床面積 ( ) の計算 2-16 (4) 非居室の床面積の計算 ( ) 2-16~1 7 ( 全文 ) ( 削除 ) ( 全文 ) ( 削除 ) (3) 主たる居室 の床面積 主たる居室 の面積は リビング ( 居間 ) ダイニング ( 食堂 ) 及びキッチン ( 台所 ) 平成 25 年 7 月 11 日 一次エネルギー消費量算定プログラムの解説 ( 住宅編 ) の修正 1. 全体的な語句の修正 頁 修正箇所 修正前 ( 誤 ) 修正後 ( 正 ) 自然風 通風 FF 暖房設備 FF 暖房機 電気蓄熱式暖房 電気蓄熱暖房器 2. 評価方法の変更を伴う主な修正 頁 修正箇所 修正前 ( 誤 ) 修正後 ( 正 ) 2-4 1-1 住宅の一次エネルギー消費量算定プログラムの機能

More information

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF FC C8AEE8F8082CC8CA992BC82B582C982A882AF82E98A4F94E78AEE8F8082CC90DD92E882C982C

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF FC C8AEE8F8082CC8CA992BC82B582C982A882AF82E98A4F94E78AEE8F8082CC90DD92E882C982C 資料 2 省エネ基準の見直しにおける外皮基準の設定について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 素案 (8 月 21 日会議資料 ) 修正案建築省エネ基準の見直しにおける外皮基準の設定について ヒートショックや結露防止の観点から

More information

Microsoft PowerPoint pptx[読み取り専用]

Microsoft PowerPoint pptx[読み取り専用] 検査機関名 : ( 一財 ) 愛知県建築住宅センター 改正省エネ基準に係る照会事例の解説 1. 基礎高さが 40 cmを超える場合の取扱い 2. 地下室の取扱い 3. 土間床の取扱い 4. 小屋壁等の取扱い 5. バスユニット下部の断熱処理 6. 結露防止対策 7. 併用住宅の断熱措置 8. 一次エネルギー消費量等級の提出書類 ( 設備機器 ) 9. 自己適合宣言書による試験品質 生産品質の確認方法

More information

平成25年省エネルギー基準の評価フロー 平成25年省エネルギー基準の評価フローは大きく分けて3種類 性能基準 計算ルート で2種 仕様基準で1種です 仕様基準の附則は当分の間使用可となっています 建築主の判断基準 本則 設計施工指針 性能基準 計算ルート 仕様基準 外皮の性能 外皮の仕様 躯体の断熱

平成25年省エネルギー基準の評価フロー 平成25年省エネルギー基準の評価フローは大きく分けて3種類 性能基準 計算ルート で2種 仕様基準で1種です 仕様基準の附則は当分の間使用可となっています 建築主の判断基準 本則 設計施工指針 性能基準 計算ルート 仕様基準 外皮の性能 外皮の仕様 躯体の断熱 省 エ ネ ル ギ ー 基 準 住 宅 平成25年省エネルギー基準の具体的な内容と算出方法 平成25年省エネルギー基準における変更点 平成11年基準 平成25年基準 地域区分 地域区分 Ⅰ Ⅵ 6 区 分 外皮の省エネルギー性能 Q値 W/ K 外皮の省エネルギー性能 建物から逃げる熱量 改正 建物に侵入する日射量 外皮等面積の合計 外皮平均熱貫流率 ηa値 延床面積 夏季日射取得係数 外皮熱損失量

More information

<4D F736F F D208E9197BF315F B838D C8C768E5A977697CC5F FC C8AEE8F808F808B925F E646F63>

<4D F736F F D208E9197BF315F B838D C8C768E5A977697CC5F FC C8AEE8F808F808B925F E646F63> 一次エネルギー消費量の算定要領 ( 平成 28 年省エネ基準準拠 ) 本算定要領は 地域型住宅グリーン化事業 における 高度省エネ型 ( ゼロ エネルギー住宅 ) の応募にあたり 建築物エネルギー消費性能基準等を定める省令における算出方法等に関する事項 ( 国土交通省告示第 265 号 平成 28 年 1 月 29 日 ) による一次エネルギー消費量算定方法( 以下 平成 28 年省エネ基準一次エネルギー消費量算定方法

More information

資料 4 H 検討会 木造庁舎計画 設計基準の熱負荷計算について (1) 木造建築物に使用する材料の熱定数表を下に示す 熱伝導率 容積比熱 材料名 λ cρ [W/(m K)] [kj/(m 3 K)] 複合金属サイディング 55% アルミ- 亜鉛めっき鋼板 45 3,600 + 硬質

資料 4 H 検討会 木造庁舎計画 設計基準の熱負荷計算について (1) 木造建築物に使用する材料の熱定数表を下に示す 熱伝導率 容積比熱 材料名 λ cρ [W/(m K)] [kj/(m 3 K)] 複合金属サイディング 55% アルミ- 亜鉛めっき鋼板 45 3,600 + 硬質 資料 4 H23.2.24 検討会 木造庁舎計画 設計基準の熱負荷計算について (1) 木造建築物に使用する材料の熱定数表を下に示す 熱伝導率 容積比熱 材料名 λ cρ [W/(m K)] [kj/(m 3 K)] 複合金属サイディング 55% アルミ- 亜鉛めっき鋼板 45 3,600 + 硬質ウレタンフォーム 0.028 47 + 石膏ボード 0.17 1,000 +ロックウール 0.064

More information

4.3 用語の定義 気密性能建物の内外を隔てる外周部分 ( 建物外皮 ) または建物の部位で内外を隔てる部分の密閉性の程度を意味し 総相当隙間面積または相当隙間面積で表す 建物外皮 外壁 屋根 天井 基礎 床 開口部などの部位であって 建物内外を気密に隔て る部分をいう 共同

4.3 用語の定義 気密性能建物の内外を隔てる外周部分 ( 建物外皮 ) または建物の部位で内外を隔てる部分の密閉性の程度を意味し 総相当隙間面積または相当隙間面積で表す 建物外皮 外壁 屋根 天井 基礎 床 開口部などの部位であって 建物内外を気密に隔て る部分をいう 共同 4 章気密性能測定 相当隙間面積の測定は 気密工事完了後に 建築環境 省エネルギー機構が認定した気密測定技能者が試験を実施することとし 試験方法は JIS A2201:2003 送風機による住宅等の気密性能試験法 又は同財団の定める住宅の気密性能試験方法によるものとする 以下に JIS による試験方法 ( 減圧法の場合 ) の要点を記す 4.1 適用範囲 JIS A2201 は 送風機を用いて建物内外に圧力差を生じさせ

More information

<93CD8F6F976C8EAE81698B4C8DDA97E1816A2E786C7378>

<93CD8F6F976C8EAE81698B4C8DDA97E1816A2E786C7378> 様式第二十二 ( 第十二条第一項及び附則第二条第一項関係 )( 日本工業規格 A 列 4 番 ) ( 第一面 ) 委任状は不要です 図面に押印は不要です 根拠を示した図面を添付してください 追加資料として求める場合があります 届出書 平成 29 年 7 月 1 日 福岡市長 殿 工事に着手する日の 21 日前までに届け出てください 設計者ではなく, 建築主です 届出者が法人である場合, 代表者の氏名を併せて記載してください

More information

Microsoft Word - モデル建物法H28_解説書_ALL_v2.1_ docx

Microsoft Word - モデル建物法H28_解説書_ALL_v2.1_ docx 国土交通省国土技術政策総合研究所 国立研究開発法人建築研究所は プログラム及び資料等に より 使用者が直接間接に蒙ったいかなる損害に対しても 何らの保証責任及び賠償責任を負う ものではありません 使用者の責任のもと プログラムの使用 結果の利用を行ってください Ø Ø Ø Ø Ø Ø Ø Ø Ø モデル建物法入力支援ツール Ver.2 では 次の更新を行いました 1 モデル建物法入力支援ツールの裏で動いている計算エンジンを更新

More information

章の表紙

章の表紙 テキスト 2 章 ( P 8~25) 省エネルギー基準について 新たに施行される建築物省エネ法については 非住宅 の基準を含みますが 本講習では 戸建住宅 に絞った内容で示しております 詳しくは 国土交通省ホームページ等をご参照ください 1 省エネ関連法令 ( 全体 ) 2 住宅の省エネに関する法体系の変遷 S55 省エネ基準 1980 年 (S55) 制定 断熱性 参考 窓仕様イメージ 2(Ⅰ)

More information

[ 建築主等に関する事項 ] 1. 建築主 イ. 氏名のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 ( 第二面 2. 代理者 イ. 資 格 ( 建築士 ( 登録 第 号 ロ. 氏 名 ハ. 建築士事務所名 ( 建築士事務所 ( 知事登録 第 号 ニ. 郵便番号

[ 建築主等に関する事項 ] 1. 建築主 イ. 氏名のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 ( 第二面 2. 代理者 イ. 資 格 ( 建築士 ( 登録 第 号 ロ. 氏 名 ハ. 建築士事務所名 ( 建築士事務所 ( 知事登録 第 号 ニ. 郵便番号 様式第一 ( 第一条第一項関係 ( 日本工業規格 A 列 4 番 ( 第一面 計画書 平成年月日 登録建築物エネルギー消費性能判定機関ビューローベリタスジャパン株式会社 御中 提出者の住所又は 主たる事務所の所在地 提出者の氏名又は名称 印 代表者の氏名 設計者氏名 印 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律第 12 条第 1 項 ( 同法第 15 条第 2 項の規定により読み替えて適用される場合を含む

More information

設計製図 問題図 1 図 2に示されたマンション住戸の専有部分について 施主の要望 を理解して 提案者 ( あなた ) の判断で 実現可能なリフォーム計画案を作成し 3. リフォームの設計条件 4. 要求図面等 にしたがって答えなさい なお リフォーム費用については 今回の出題条件としません 1.

設計製図 問題図 1 図 2に示されたマンション住戸の専有部分について 施主の要望 を理解して 提案者 ( あなた ) の判断で 実現可能なリフォーム計画案を作成し 3. リフォームの設計条件 4. 要求図面等 にしたがって答えなさい なお リフォーム費用については 今回の出題条件としません 1. 第 26 回 ( 平成 29 年度 ) マンションリフォームマネジャー試験 設計製図試験 問題用紙 平成 29 年 10 月 1 日 ( 日 ) 次の注意事項をよく読んでから始めてください [ 注意事項 ] 1. この問題用紙は 表紙を含めて 5 枚あります 落丁 乱丁があれば速やかに挙手し 試験監理員に申し出てください 2. 受験番号と氏名を必ず解答用紙に記入してください 3. 解答にあたり適用すべき法令等については

More information

パッシブ設計実測比較_薪ストーブ編

パッシブ設計実測比較_薪ストーブ編 住宅性能診断士ホームズ君 省エネ診断エキスパート パッシブ設計オプション 室温シミュレーションと実測温度の比較 薪ストーブ編 2018/5/25 1 概要 1階 1階リビングに設置された薪ストーブを17時 22時まで稼働した場合の 実測の室温と パッシブ設計 ( )のシミュレーションで求 めた室温との比較を行う 暖房器具 薪ストーブ(輻射式) 最大出力 バーモントキャスティングス社 アンコール model

More information

新表紙~2

新表紙~2 - 2 - 27 53 28 記号 断熱材の種類 λ: 熱伝導率 (W/m K) B グラスウール断熱材 12K(12-45 12-44) 16K(16-45 16-44) 20K(20-42 20-41) 高性能グラスウール断熱材 10K(HG10-45 HG10-44 HG10-43) 12K(HG12-43 HG12-42 HG12-41) ロックウール断熱材 (LA LB LC)

More information

事例6_住宅用断熱材

事例6_住宅用断熱材 省エネルギーその 5- 住宅用断熱材 1. 調査の目的住宅において消費されるエネルギーのうち 消費量が大きいものの一つして冷暖房 ( 特に暖房 ) に必要なエネルギーが挙げられる 冷暖房によって室内を快適な温度にしても室外との温度差があると 住宅の壁や天井 屋根 床 窓や出入口などから熱が流出 流入してしまう 冷暖房時の省エネルギーを行うには 住まいの断熱性と気密性を高めることが有効である 断熱材を用いて室内を包むようにすき間なく覆うことにより

More information

住宅性能表示 断熱等性能等級

住宅性能表示 断熱等性能等級 住宅性能表示 断熱等性能等級 建物名 省エネサンプルプラン 1. 断熱等性能等級判定表 2. 外皮平均熱貫流率 (UA 値 ) 計算表 3. 冷房期の平均日射熱取得率 (ηa 値 ) 計算表 4. 外皮性能算定平面図 5. 結露防止の基準判定表 6. 断熱仕様明細表 7. 断熱仕様別面積計算表 8. 外皮等面積計算表 9. 外皮等面積根拠図 10. 一次エネルギー消費量算定条件 ( ) 11. 居室面積根拠図

More information

<826295CF8D588C7689E68F912E786C73>

<826295CF8D588C7689E68F912E786C73> 様式第二 ( 第二条第一項関係 )( 日本工業規格 A 列 4 番 ) ( 第一面 ) 変更計画書 年月日 殿 提出者の住所又は主たる事務所の所在地提出者の氏名又は名称代表者の氏名 印 設計者氏名 印 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律第 12 条第 2 項 ( 同法第 15 条第 2 項の規定により読み替えて適用される場合を含む ) の規定により 変更後の建築物エネルギー消費性能確保 計画を提出します

More information

Microsoft Word - モデル建物法H28_解説書_ALL_v2.3_ docx

Microsoft Word - モデル建物法H28_解説書_ALL_v2.3_ docx 国土交通省国土技術政策総合研究所 国立研究開発法人建築研究所は プログラム及び資料等に より 使用者が直接間接に蒙ったいかなる損害に対しても 何らの保証責任及び賠償責任を負う ものではありません 使用者の責任のもと プログラムの使用 結果の利用を行ってください 省エネ適合性判定 建築物省エネ法における省エネルギー基準の体系を図 a-2 に示します 建築物省エネ法第 2 条第 3 号で定める建築物エネルギー消費性能基準

More information

計資料 50 設

計資料 50 設 49 計資料 50 設 断 熱 の目的と基 本 的 な 知 識 断熱設計の手法 自立循環型住宅の例 自立循環型住宅の15要素技術の手法と省エネルギー効果 出典 パンフレット 活かしてください 自立循環型住宅 一財 建築環境 省エネルギー機構 IBEC 51 設計資料 52 断熱の目的と基本的な知識 断熱の効果 断熱の効果 ( エネルギー料金 ) Q 値と年間暖冷房費の比較 出典 : 近畿大学岩前研究室

More information

Tel.0117005330 Tel.0522182971 Tel.0924751012 Tel.0222663781 Tel.0662635505 Tel.0332886306 Tel.0825462278 01 02 03 04 05 06 07 08 09 01 02 03 中古物件をリフォームする際に 天井 床を超高断熱化 マンションから築10年の中古物件に引っ越す際に 天井と床の断熱リフォームをしました

More information

<4D F736F F F696E74202D F955D89BF8AEE8F AEE8F CC8A F E B835794D48D8693FC82E8816A2E >

<4D F736F F F696E74202D F955D89BF8AEE8F AEE8F CC8A F E B835794D48D8693FC82E8816A2E > 長期優良住宅化リフォーム推進事業 事前に公表した募集要領( 案 ) や講習会テキストでは住宅性能に係る評価基準を ( イ ) 基準 ( ロ ) 基準と記載しておりますが 公募時にはそれぞれ S 基準 A 基準としておりますのでご留意ください (1) 1. 劣化対策 ( 必須 ) 1-1. 木造 インスペクションで認められた劣化事象が補修され ( 又は維持保全計画に記載され ) かつ 小屋裏 一定以上の小屋裏換気措置

More information

2804_jigyousha_B_seinou

2804_jigyousha_B_seinou [ 参考書式 ] 断熱等性能等級 4( 性能基準 ) [ 金利 Bプラン ] フラット 35S( 省エネルギー性 ) の における 断熱等性能等級 4 の性能基準により フラット 35S( 金利 B プラン ) 省エネルギー性 の を行う場合は 以下の内容をご確認ください 方位 天井断熱の混在 ( 小屋裏収納等 ) 真北方向と壁面に対する垂線との角度を図面に表記している 各面の方位 8 区分に応じて

More information

長寿命住宅(200年住宅)税制の創設 (登録免許税・不動産取得税・固定資産税)

長寿命住宅(200年住宅)税制の創設 (登録免許税・不動産取得税・固定資産税) 平成 29 年 4 月 個人が 自己の居住の用に供する家屋について一定の耐震改修又は一定の省エネ改修工事と併せて行う一定の耐久性向上改修工事 ( 長期優良住宅化リフォーム ) を行った場合 工事費相当額の 0% をその年分の所得税額から控除する特例を受けることができます ( 注 ) 投資型 ローン型減税のいずれか選択制となります 適用期限 : 平成 29 年 4 月 日 ~ 平成 年 2 月 日 所得税の投資型減税

More information

Microsoft Word - ★ 改正省エネ講習QA doc

Microsoft Word - ★ 改正省エネ講習QA doc 改正省エネ基準と住宅事業主基準の解説講習に関する Q&A 平成 22 年 4 月 1 日制定 透湿抵抗比の規定に関する内容 透湿抵抗比の規定は木造以外の住宅にも適用できるのでしょうか また適用できる部位を教えてください 透湿抵抗比の規定は木造軸組構法のほか 枠組壁工法 鉄骨造及び鉄筋コンクリート造等に適用できます ただし熱橋部は本ルールの適用外です 部位は 外壁及び天井

More information

2016_11月版

2016_11月版 旭ファイバーグラス 断熱材製品一覧 2018.06.01 熱伝導率の測定温度 : 23 JIS A 9523 23 70 アクリアネクスト α ( 高性能防湿フィルム付 ミクロン厚 JIS A 6930 同等品 ) 熱抵抗値熱伝導率丌燃材料 施工坪数施工部位厚さ幅長さ 壁 ACN アルファ 395 6 枚 ACNアルファ GWHG20-34 高性能 20 2880 430 6 枚 約 2.3 坪分壁

More information

1 外皮断熱性能の強化 1.1 断熱強化の必要性 昭和 40 年代以降 大量に供給された公営住宅ストックを建て替えのみで更新していくことは困難であり 既存ストックの有効活用は重要性を増しています 既存の道営住宅の年代別ストックを見ると 北海道環境共生型公共賃貸住宅整備指針 が策定され断熱水準が強化さ

1 外皮断熱性能の強化 1.1 断熱強化の必要性 昭和 40 年代以降 大量に供給された公営住宅ストックを建て替えのみで更新していくことは困難であり 既存ストックの有効活用は重要性を増しています 既存の道営住宅の年代別ストックを見ると 北海道環境共生型公共賃貸住宅整備指針 が策定され断熱水準が強化さ 1 外皮断熱性能の強化 1.1 断熱強化の必要性 1.2 改修仕様例 2 換気設備の改修 2.1 改修前の確認事項 2.2 改修方法 3 屋根雪障害対策 3.1 設計手法 1 外皮断熱性能の強化 1.1 断熱強化の必要性 昭和 40 年代以降 大量に供給された公営住宅ストックを建て替えのみで更新していくことは困難であり 既存ストックの有効活用は重要性を増しています 既存の道営住宅の年代別ストックを見ると

More information

設計製図 問題図 1 図 2に示されたマンション住戸の専有部分について 施主の要望 を理解して 提案者 ( あなた ) の判断で 実現可能なリフォーム計画案を作成し 3. リフォームの設計条件 4. 要求図面等 にしたがって答えなさい なお リフォーム費用については 今回の出題内容の条件としません

設計製図 問題図 1 図 2に示されたマンション住戸の専有部分について 施主の要望 を理解して 提案者 ( あなた ) の判断で 実現可能なリフォーム計画案を作成し 3. リフォームの設計条件 4. 要求図面等 にしたがって答えなさい なお リフォーム費用については 今回の出題内容の条件としません 第 25 回 ( 平成 28 年度 ) マンションリフォームマネジャー試験 設計製図試験 問題用紙 平成 28 年 10 月 2 日 ( 日 ) 次の注意事項をよく読んでから始めてください [ 注意事項 ] 1. 表紙を含めて問題用紙は 5 枚あります 落丁 乱丁があれば速やかに挙手し 試験 監理員に申し出てください 2. 受験番号と氏名を必ず解答用紙に記入してください 3. 解答にあたり適用すべき法令等については

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2020 年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会 Investigation committee of Hyper Enhanced insulation and Advanced Technique for 2020 houses HEAT 20 設計 WG からの報告 設計ガイドブック 2016+ の内容と新たな住宅外皮性能グレード ( 地独 ) 北海道立総合研究機構建築研究本部北方建築総合研究所副所長

More information

平成28年省エネ基準 (詳細版)

平成28年省エネ基準 (詳細版) ホームズ君 省エネ診断エキスパート ( 公財 ) 日本住宅 木材技術センター P0404 建物名 住宅性能表示 断熱等性能等級 伏図次郎 2 階 日付 :2018 年 06 月 26 日 15:36:19 P0404 1. 断熱等性能等級判定表 2. 外皮平均熱貫流率 (U A 値 ) 計算表 3. 冷房期の平均日射熱取得率 (η AC 値 ) 計算表 4. 外皮性能算定平面図 5. 結露防止の基準判定表

More information

1. プログラムを開く 閉じる Q1-1 QPEX が動かない A Excel2007 以降対応となっています お使いの Excel のバージョンをご確認ください Q1-2 QPEX 保存後 ボタン操作が効かなくなる A マクロ有効ブックとして保存していますか 保存時にファイルの名前の下の ファイル

1. プログラムを開く 閉じる Q1-1 QPEX が動かない A Excel2007 以降対応となっています お使いの Excel のバージョンをご確認ください Q1-2 QPEX 保存後 ボタン操作が効かなくなる A マクロ有効ブックとして保存していますか 保存時にファイルの名前の下の ファイル QPEX 入力に関する Q&A 以下目次から該当する項目をクリックすると 各項目の Q&A ページへ移動します 1. プログラムを開く 閉じる 2. 地点を選択する 3. 住宅概要の入力 4. 面積入力 5. 断面選択 ( 屋根 天井 外壁 床 ) 6. 断面入力 ( 屋根 天井 外壁 床 ) 7. 基礎選択 基礎入力 8. 開口部入力 9. 日射遮蔽物の入力 10. 換気の入力 11. 熱容量の入力

More information

平成 29 年度家庭部門の CO 2 排出実態統計調査の分析事例 ( 参考資料 ) 平成 31 年 3 月 環境省地球環境局 低炭素社会推進室 1 はじめに環境省は 家庭部門の詳細な CO 2 排出実態等を把握し 地球温暖化対策の企画 立案に資する基礎資料を得ることを目的に 平成 29 年度から 統

平成 29 年度家庭部門の CO 2 排出実態統計調査の分析事例 ( 参考資料 ) 平成 31 年 3 月 環境省地球環境局 低炭素社会推進室 1 はじめに環境省は 家庭部門の詳細な CO 2 排出実態等を把握し 地球温暖化対策の企画 立案に資する基礎資料を得ることを目的に 平成 29 年度から 統 平成 年度家庭部門の CO 排出実態統計調査の分析事例 ( 参考資料 ) 平成 1 年 月 環境省地球環境局 低炭素社会推進室 1 はじめに環境省は 家庭部門の詳細な CO 排出実態等を把握し 地球温暖化対策の企画 立案に資する基礎資料を得ることを目的に 平成 年度から 統計法に基づく一般統計調査として 家庭部門の CO 排出実態統計調査 ( 以下 家庭 CO 統計 という ) を実施している 本資料は

More information

Microsoft PowerPoint - 長井 (Web公開用).ppt

Microsoft PowerPoint - 長井 (Web公開用).ppt 建物熱特性の試験方法 に関する研究 長井達夫東京理科大学 発表内容 熱損失係数の同定法 定常法と非定常法の比較 非定常法における加熱法 RC 造における熱損失係数の同定 定常法における必要実測期間 非定常法における計測期間と信頼性 熱損失係数同定以外の熱性能把握法 部位別熱損失測定の必要性 長谷川 吉野のグレード評価 現場測定に基づく住宅熱損失係数 の推定法に関する研究 実測対象及び実測概要 Q=2.86[W/m2

More information

2-5 住宅の設備

2-5 住宅の設備 2-5 住宅の設備 < 台所の型 > 食事室 居間兼用 の台所の割合は建築の時期が新しくなるほど上昇 住宅を台所の型別にみると, 独立の台所 は1654 万戸で住宅全体の31.7%, 食事室兼用 ( いわゆるDK) は1550 万戸 (29.8%), 食事室 居間兼用 ( いわゆるLDK) は1605 万戸 (30.8%), その他と兼用 は248 万戸 (4.8%), 他世帯と共用の台所 は11

More information

フォームフォーム考資料ウレタンフォーム押出法ポリスチレンフォーム断熱ェノールフォームフ材 A 建材名称 λ A 1 種 b B C A 2 種 b B C A B a C D 硬質ウレタンポリエチレン吹付け硬質 熱貫流率 (U 値 ) 計算

フォームフォーム考資料ウレタンフォーム押出法ポリスチレンフォーム断熱ェノールフォームフ材 A 建材名称 λ A 1 種 b B C A 2 種 b B C A B a C D 硬質ウレタンポリエチレン吹付け硬質 熱貫流率 (U 値 ) 計算 コンクリート系木質系木質系資料編 / 断熱に関する数字 断熱に関する数字 の熱性能を表わす主な用語は λ( ラムダ ) R( アール ) U( ユー ) の です これらは相互に関連があり 断熱設計に頻繁に登場する基本用語です の熱の伝わりやすさ の熱の伝わりにくさ 断熱性能を表わす値 ラムダ λ 熱伝導率 単位 :W/(m K) 例 ロックウール ( マット ) λ = アール R熱抵抗 単位 :

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション T13K707D 蜂谷亮祐 指導教員 赤林伸一教授 研究目的 住宅における冷暖房のエネルギー消費量は 住宅全体のエネルギー消費の約 1/ 4 を占め 冷暖房機器の運転効率の向上は省エネルギーの観点から極めて重要である 動力 照明他 38.1% 厨房 9.1% 冷房 % 2014 年度 34,330 MJ/ 世帯 暖房 22.9% 給湯 27.8% 24.9% 図世帯当たりのエネルギー消費原単位と用途別エネルギー消費の推移

More information

JIS A9521 F JIS A9521 F 計資料 JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521

JIS A9521 F JIS A9521 F 計資料 JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 63 JIS A9521 F JIS A9521 F 計資料 JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521

More information

スライド 1

スライド 1 愛媛県民間木造住宅耐震化促進事業 耐震改修事例集 ( 抜粋 : 西条市 ) 愛媛県建築物耐震改修促進連絡協議会 補強事例 27 1 ( 西条市 ) 建築年 昭和 53 年 2 階 約 23m2 1 階 約 64m2 延面積 約 87m2 耐震補強の概要耐力壁関係の補強 構造用合板新設 (1 階 31 箇所 2 階 13 箇所 ) 接合部関係の補強 補強箇所の接合部 ( 引き寄せ金物 かど金物など )

More information

Microsoft Word - モデル建物法H28_解説書_ALL_v2.1_ docx

Microsoft Word - モデル建物法H28_解説書_ALL_v2.1_ docx 国土交通省国土技術政策総合研究所 国立研究開発法人建築研究所は プログラム及び資料等に より 使用者が直接間接に蒙ったいかなる損害に対しても 何らの保証責任及び賠償責任を負う ものではありません 使用者の責任のもと プログラムの使用 結果の利用を行ってください Ø Ø Ø Ø Ø Ø Ø Ø Ø モデル建物法入力支援ツール Ver.2 では 次の更新を行いました 1 モデル建物法入力支援ツールの裏で動いている計算エンジンを更新

More information

<8E7B8D E838A8358C495CA8E86352E786C73>

<8E7B8D E838A8358C495CA8E86352E786C73> 施工状況現場検査チェックシート 見本 別紙 5 6 枚 記載された内容は 事実の相違ないことを住宅検査員 施工 ( 管理 ) 者連名で報告します 住宅の名称 住宅の所在地 工事施工者 住所代表者氏名又は名称電話 : - - 印 ゆうゆう検査員 施工 ( 管理 ) 者 建築士番号氏名電話 : - - 住所氏名電話 : - - 印 印 検査対象工程検査年月日検査員の署名施工 ( 管理 ) 者の署名 第

More information

助成制度の概要 趣 旨 市内における環境負荷の低減及び空き家の有効活用を図るため 住宅の断熱改修や省エネ型設備機器など省エネ改修を行った場合 その工事費用の一部を助成します 対象となる住宅 市内の一戸建て住宅 ( 空き家も含む ) 共同住宅の住戸専用部分 店舗や事務所併用住宅等は住宅部分のみ対象 同

助成制度の概要 趣 旨 市内における環境負荷の低減及び空き家の有効活用を図るため 住宅の断熱改修や省エネ型設備機器など省エネ改修を行った場合 その工事費用の一部を助成します 対象となる住宅 市内の一戸建て住宅 ( 空き家も含む ) 共同住宅の住戸専用部分 店舗や事務所併用住宅等は住宅部分のみ対象 同 平成 30 年度 小樽市住宅エコリフォーム助成制度 断熱改修工事や省エネ型機器の設置 の費用の一部を助成します 断熱改修壁 床 天井の断熱材窓やガラスの取替え 省エネ型機器設置エコジョーズエコキュートなど 受付期間 平成 30 年 4 月 2 日から 先着順で受け付けします 予算額に達した時点で受付を終了いたします 既に工事着手している場合は 対象となりません 新築工事は対象となりません 受付先 問合せ等

More information

要件 1住宅借入金等特別控除住宅の新築 購入購入につき証明がされたものであること増改築等こと 2認定住宅の特別控除の特例住宅借入金等新築等に係るれたものであること 3住宅の再取得等に係る住宅借入金等特別控除の控除額の特例 控除を受けるための要件 ( マイホームの新築等をして 平成 30 年中に居住の用に供した場合 ) 6 住宅ローン等の返済期間が10 年以上で 分割して返済すること中古住宅の 7 建築後使用されたことがある家屋であること

More information

環境・設備からみたLCCM住宅へのアプローチ

環境・設備からみたLCCM住宅へのアプローチ LCCM 住宅の概要 Life Cycle Carbon Minus 住宅研究部住宅情報システム研究官桑沢保夫 1 研究の背景 2008 年のCO2 排出量 : 住宅や業務用建築 1990 年比で30~40% の増加 政府 : 2020 年に温室効果ガスを 1990 年比で 25% 削減 新成長戦略 ( 平成 22 年 6 月 18 日閣議決定 ) の長期目標国土交通省 : 省エネ基準への適合義務づけの必要性

More information

Microsoft PowerPoint - 大阪府-1

Microsoft PowerPoint - 大阪府-1 自立循環型住宅設計ガイドライン. 章 自然風の利用 制御 用気象データ資料 大阪府 大阪府 能勢 豊中 枚方 大阪 生駒山 堺 熊取 本データの使用方法 本データの作成方法 各ボタンをクリックすると該当ページへ移動します 本ファイル内の移動は ボタン を押すことで移動することができます また しおり 等の機能によっても移動できます 上記の地図は CraftMAP(http://www.craftmap.box-i.net)

More information

[ 建築主等に関する事項 ] 1. 建築主 イ. 氏名のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 ( 第二面 2. 代理者 イ. 資 格 ( 建築士 ( 登録 第 号 ロ. 氏 名 ハ. 建築士事務所名 ( 建築士事務所 ( 知事登録 第 号 ニ. 郵便番号

[ 建築主等に関する事項 ] 1. 建築主 イ. 氏名のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 ( 第二面 2. 代理者 イ. 資 格 ( 建築士 ( 登録 第 号 ロ. 氏 名 ハ. 建築士事務所名 ( 建築士事務所 ( 知事登録 第 号 ニ. 郵便番号 別記様式第一 ( 第一面 軽微変更該当証明申請書 平成年月日 登録建築物エネルギー消費性能判定機関ビューローベリタスジャパン株式会社 御中 申請者の住所又は 主たる事務所の所在地 申請者の氏名又は名称 印 代表者の氏名 設計者氏名 印 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律施行規則第 11 条の規定により 建築物エネルギー消費性能確保計画 ( 非住宅部分に係る部分に限る の変更が同規則第 3

More information

Microsoft Word - UA_ηA計算補助資料

Microsoft Word - UA_ηA計算補助資料 外皮平均熱貫流率 及び平均日射熱取得率算定のための補助資料 1. 計算対象部位 1 2. 外皮等の面積の算定ルール 2 (1) 屋根 天井 2 (2) 壁 2 1) 水平方向の面積算定 2 2) 木造部位における垂直方向の面積算定 3 3) 鉄筋コンクリート造部位における垂直方向の面積算定 5 4) 鉄骨造部位における垂直方向の面積算定 6 5) 基礎廻り 7 6) 地下室 8 (3) 床 9 (4)

More information

『省エネ等級4取得のための設計・申請・施工サポート』

『省エネ等級4取得のための設計・申請・施工サポート』 省エネ等級 4 取得のための設計 申請 施工サポート 1 省エネ等級 4 取得のための設計 申請 施工サポート ~ 設計 申請マニュアル ~ 株式会社アルファフォーラム 省エネ等級 4 取得のための設計 申請 施工サポート 2 1. 型式認定の概要 内容 認定番号 取得中 認定をした型式に係る住宅又はその部分の種類 住宅 認定をした型式に係る性能表示事項 5-1 省エネルギー対策等級 認定をした型式の性能

More information

住宅性能表示 断熱等性能等級

住宅性能表示 断熱等性能等級 ホームズ君 省エネ診断エキスパート ( 公財 ) 日本住宅 木材技術センター P0404 建物名 住宅性能表示 断熱等性能等級 省エネサンプルプラン 日付 :2018 年 04 月 20 日 11:05:12 P0404 1. 断熱等性能等級判定表 2. 外皮平均熱貫流率 (U A 値 ) 計算表 3. 冷房期の平均日射熱取得率 (η AC 値 ) 計算表 4. 外皮性能算定平面図 5. 結露防止の基準判定表

More information

3. 対象工事について 次のいずれかに該当する工事で町内業者 ( 建築工事業の建設業許可を 受けた町内に本店を有する事業者 ) が行う改修工事 1 ) 省エネルギー型改善工事 居室の窓の断熱改修 屋根又は天井全体の断熱改修 壁全体の断熱改修 床全体の断熱改修 エコ住宅設備の設置 L E D 照明器具

3. 対象工事について 次のいずれかに該当する工事で町内業者 ( 建築工事業の建設業許可を 受けた町内に本店を有する事業者 ) が行う改修工事 1 ) 省エネルギー型改善工事 居室の窓の断熱改修 屋根又は天井全体の断熱改修 壁全体の断熱改修 床全体の断熱改修 エコ住宅設備の設置 L E D 照明器具 岩内町住宅リフォーム補助事業について (H29.07.20) 1. 目的について平成 31 年度までの3 年間 町内において持ち家のリフォームを行う方に対し 補助金を交付することで地域の住生活産業の活性化と良質な住宅ストックの形成等を図ることを目的としています 2. 主な要件について 対象者の要件 補助金の交付申請時において町内に住所を有すること 世帯全員が町民税 固定資産税 軽自動車税及び国民健康保険税の滞納がないこと

More information

住宅・建築物の 着実な省エネルギー設計への誘導

住宅・建築物の 着実な省エネルギー設計への誘導 平成 27 年度国総研講演会 2015 年 12 月 3 日 ( 木 ) 住宅 建築物の 着実な省エネルギー設計への誘導 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 国土技術政策総合研究所 住宅研究部長福山洋 概要 1 本年 7 月に 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律 ( 建築物省エネ法 ) が成立 住宅 建築物の省エネルギー化に向けた動きが本格化

More information

<4D F736F F F696E74202D F8EC08DDD8C9A95A B29835A B8BF392B22E >

<4D F736F F F696E74202D F8EC08DDD8C9A95A B29835A B8BF392B22E > セントラル空調での計算事例 (A ビル ) 実在建物 ( 事務所ビル 14 階建 延床 20,000 m2 ) を対象とした建築及びセントラル空調システムの入力方法のデモと演習 第 6 回 BEST 省エネ基準対応ツール の特徴と使い方 2015/11/27 小林弘造 ( 日建設計 ) 1 今日の講習内容 1. 0 から建築 ~ セントラル空調システムの入力 1.1 建築 PAL* の計算 1.2

More information

Microsoft Word - ⑤-1 駒場別表1凡例.doc

Microsoft Word - ⑤-1 駒場別表1凡例.doc 別表 1 諸室の要求水準 用人員であり 実際とは異なると思われるので注意すること また 時間帯 ( 曜日等を含む ) についても あくまでも目安のため に想定 ( 仮置き ) したものであり 維持管理業務や 学校事務 教 < 表記内容の説明 > 育研究の補助 購買 書籍 食堂運営の各業務に関する要求水準を 示したものではないので注意すること これらについては 要求水 諸室の要求水準は 別表 1 とともに

More information

02.xdw

02.xdw 日付 :0 年 0 月 3 日 4:3:00 4 分割法 建物名モデルプラン 4 分割法判定表 4 分割法存在壁量明細表 4 分割法平面図 4 分割法床面積根拠図 4 分割法床面積計算表 注意事項 平成 年建設省告示第 35 号 木造建築物の軸組の設置の基準を定める件 に基づき 壁量充足率および壁率比を用いて軸組を釣合い良く配置する方法に準拠した計算を行います 4 分割法と偏心率の判定結果については

More information

給水管 給湯管又は排水管の維持管理又は更新の容易性を高める工事 木造 鉄骨 RC イ 給水管又は給湯管を維持管理上有効な位置に取り替える工事 ロ 排水管を維持管理上又は更新上有効なもの及び位置に取り替える工事 ハ 給水管 給湯管又は排水管の主要接合部等を点検し又は排水管を清掃するための開 口を床 壁

給水管 給湯管又は排水管の維持管理又は更新の容易性を高める工事 木造 鉄骨 RC イ 給水管又は給湯管を維持管理上有効な位置に取り替える工事 ロ 排水管を維持管理上又は更新上有効なもの及び位置に取り替える工事 ハ 給水管 給湯管又は排水管の主要接合部等を点検し又は排水管を清掃するための開 口を床 壁 平成 29 年 4 月 個人が 自己の居住の用に供する家屋について一定の耐震改修又は一定の省エネ改修工事と併せて行う一定の耐久性向上改修工事 ( 長期優良住宅化リフォーム ) を行った場合 工事費相当額の 0% をその年分の所得税額から控除する特例を受けることができます ( 注 ) 投資型 ローン型減税のいずれか選択制となります 適用期限 : 平成 29 年 4 月 日 ~ 平成 33 年 2 月

More information

<4D F736F F F696E74202D2092B788E42D C838B834D815B8C768E5A2E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D2092B788E42D C838B834D815B8C768E5A2E B8CDD8AB B83685D> 放射 ( 輻射 ) 冷暖房の 消費エネルギー計算 東京理科大学長井達夫 はじめに 放射冷暖房の位置付け 放射 建築一体化 水式 TABS 天井パネル 床下配管 + 床下給気 チャンバー給気 + 有孔パネル 空気式 水 空気式 チルドビーム パッシブ アクティブ 自立型 自立パネル ( 水 電気 ) 対流 空調機 FCU 放射冷暖房の位置付け 建築一体化 天井パネル 自立型 放射 水式 TABS 天井パネル

More information

passive-design EVAluator ver.3.1 マニュアル Ver.1.0 第 1 版 第 2 版 第 3 版 Ver.2.0 第 4 版 Ver.3.0 第 5 版 Ve

passive-design EVAluator ver.3.1 マニュアル Ver.1.0 第 1 版 第 2 版 第 3 版 Ver.2.0 第 4 版 Ver.3.0 第 5 版 Ve passive-design EVAluator ver.3.1 マニュアル Ver.1.0 第 1 版 2015-09-01 第 2 版 2015-12-11 第 3 版 2016-02-24 Ver.2.0 第 4 版 2016-06-14 Ver.3.0 第 5 版 2017-07-07 Ver.3.1 第 6 版 2018-04-05 目次 目次 目次... - 1 - 使用許諾契約書...

More information

第1章第2章第3章第4章36 解説計算の流れ基準の解説取得率の解説得率の計算の流れ得率の基準の解説消費量基準の概要消費量基準の解説資料ロ UHi は 当該部位を熱の貫流する方向に構成している材料の種類及び厚さ 熱橋 ( 構造 部材 下地材 窓枠下材その他断熱構造を貫通する部分であって 断熱性能が周囲

第1章第2章第3章第4章36 解説計算の流れ基準の解説取得率の解説得率の計算の流れ得率の基準の解説消費量基準の概要消費量基準の解説資料ロ UHi は 当該部位を熱の貫流する方向に構成している材料の種類及び厚さ 熱橋 ( 構造 部材 下地材 窓枠下材その他断熱構造を貫通する部分であって 断熱性能が周囲 第1章第2章第3章第4章36 解説計算の流れ基準の解説取得率の解説得率の計算の流れ得率の基準の解説消費量基準の概要消費量基準の解説資料ロ UHi は 当該部位を熱の貫流する方向に構成している材料の種類及び厚さ 熱橋 ( 構造 部材 下地材 窓枠下材その他断熱構造を貫通する部分であって 断熱性能が周囲の部 分より劣るものをいう ) により貫流する熱量 隣接空間との温度差による貫流熱量の低 減等を勘案した数値とする

More information

3. 線熱貫流率の求め方鉄筋コンクリート造等の住宅の線熱貫流率は 以下の (1) から (3) までの方法により求める 100 分の 1 未満の端数を切り上げた小数第二位までの値とする (1) を含む壁体全体の貫流熱損失 (Qw) を求める { 熱橋長さ (W)=1m} 壁体の長さ (L W ) の

3. 線熱貫流率の求め方鉄筋コンクリート造等の住宅の線熱貫流率は 以下の (1) から (3) までの方法により求める 100 分の 1 未満の端数を切り上げた小数第二位までの値とする (1) を含む壁体全体の貫流熱損失 (Qw) を求める { 熱橋長さ (W)=1m} 壁体の長さ (L W ) の 鉄筋コンクリート造等の熱橋部位の線熱貫流率計算要領 一般社団法人住宅性能評価 表示協会 平成 28 年 6 月 3 日制定 本要領は 鉄筋コンクリート造等の住宅における構造部材等による熱橋 ( 以下 という ) を含む部位 ( 以下 熱橋部位 という ) の線熱貫流率を定常 2 次元伝熱計算プログラムで計算する方法を示すものである なお 本要領に基づく計算は 当分の間 住宅型式性能認定の取得に限定して使用できるものとし

More information

スライド 1

スライド 1 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 省エネルギー基準改正の概要 省エネルギー基準の見直しの必要性 現行の省エネ基準は 建物全体の省エネ性能を客観的に比較しにくいこと等から 一次エネルギー消費量を指標として建物全体の省エネ性能を評価できる基準に見直す必要

More information

Microsoft PowerPoint - 愛知県-1

Microsoft PowerPoint - 愛知県-1 自立循環型住宅設計ガイドライン. 章 自然風の利用 制御 用気象データ資料 愛知県 愛知県 稲武 八開 名古屋 豊田 海 岡崎 蒲郡 鳳来 知多 豊橋 本データの使用方法 伊良湖 本データの作成方法 各ボタンをクリックすると該当ページへ移動します 本ファイル内の移動は ボタン を押すことで移動することができます また しおり 等の機能によっても移動できます 上記の地図は CraftMAP(http://www.craftmap.box-i.net)

More information

住宅の省エネエネ改修改修に伴う固定資産税固定資産税の減額制度減額制度について 平成 20 年 1 月 1 日以前に建てられた住宅 ( 賃貸住宅を除く ) について 平成 20 年 4 月 1 日から平成 32 年 3 月 31 日までの間に 一定の要件を満たす省エネ改修工事を行った場合 120 m2

住宅の省エネエネ改修改修に伴う固定資産税固定資産税の減額制度減額制度について 平成 20 年 1 月 1 日以前に建てられた住宅 ( 賃貸住宅を除く ) について 平成 20 年 4 月 1 日から平成 32 年 3 月 31 日までの間に 一定の要件を満たす省エネ改修工事を行った場合 120 m2 住宅省エネ改修に伴う固定資産税減額申告書 菰野町長 平成年月日 納税義務者住所 氏名 印 下記のとおり住宅省エネ改修を完了しましたので 固定資産税の減額を申告します 家屋の所在 菰野町 家屋番号 種類 専用住宅 併用住宅 共同住宅 構 造 木造 軽量鉄骨造 鉄骨造 床 面 積 m2 居住部分の床面積 m2 建築年月日 年 月 日 登記年月日 年 月 日 省エネ改修が完了した年月日省エネ改修に要した費用

More information

5.1.2 気密材の種類と特長気密層は 室内と外気の境界部分に連続して設けなくてはならない 一口に気密層といっても 躯体工法 断熱工法の違いにより 必ずしも部材構成として新たに一層増えるわけではなく 従来のほかの目的を持つ部材 例えば防湿層 断熱材 防風層 あるいは構造躯体自体を気密層として考えるこ

5.1.2 気密材の種類と特長気密層は 室内と外気の境界部分に連続して設けなくてはならない 一口に気密層といっても 躯体工法 断熱工法の違いにより 必ずしも部材構成として新たに一層増えるわけではなく 従来のほかの目的を持つ部材 例えば防湿層 断熱材 防風層 あるいは構造躯体自体を気密層として考えるこ 気密性能の確保と防露への配慮 5章 5章 5 1 気密性能の確保と防露への配慮 気密性能の確保 5 1 1 住宅の気密化の目的 住宅の気密化の目的は 以下の4つが挙げられる 図 5.1.1 (1)漏気負荷を減らし省エネルギー化と室内温度環境の快適性向上を図る (2)壁体通気を抑制し断熱性能の低下を防止する (3)壁体内結露を防止する (4)計画換気の性能保持 1) 図 5.1.1 気密化の目的 -

More information

国土交通省告示第五百十五号

国土交通省告示第五百十五号 岐阜市まるっと省エネ住宅認定制度に係る断熱性を高める工事の内容 岐阜市まるっと省エネ住宅認定制度評価要領に定める断熱性を高める工事は 国土交通省告示第 515 号に定める省エネ改修促進税制 ( 固定資産税 ) の適用対象工事内容と同一とし 次に掲げる要件のすべてに該当するもの ( 当該改修工事に附帯して必要となる改修工事を含む ) とする ア窓の断熱性を高める改修工事 ( 外気に接する窓 ( 既存の窓の室内側に設置する既存の窓と一体となった窓を含む

More information

ます () 使用にあたっての注意事項 本シートはMicrosoft 社製表計算ソフトExcelで使用されるExcel 97-00ブック形式 ( 拡張子 :xls) のファイルとして作成されています 作成はWindows 版 Excel 00 上で行っていますが Windows 版 Excelであれば

ます () 使用にあたっての注意事項 本シートはMicrosoft 社製表計算ソフトExcelで使用されるExcel 97-00ブック形式 ( 拡張子 :xls) のファイルとして作成されています 作成はWindows 版 Excel 00 上で行っていますが Windows 版 Excelであれば 通風を確保する措置の有無の判定シートの使い方について 0/7/6 () 通風を確保する措置の有無の判定シートの概要 本資料が説明対象としているVersionは下記の通りです 一次エネルギー消費量算定プログラム( 住宅用 ):Ver..7 通風を確保する措置の有無の判定シート:Ver.0.06 今後 Versionがあがるにつれ 本資料の記述が該当しなくなる場合があります その際には 修正に伴って公表される情報をご確認下さい

More information

3. 用語の定義 第一章の定義を適用する 4. 記号及び単位 4.1 記号 本計算で用いる記号及び単位は表 1 による 表 1 記号及び単位 記号 意味 単位 一般部位の部分の面積比率 - 側窓の伝熱開口面積 m 2 側窓の伝熱開口面積 m 2 一般部位の部分の層の建材等の厚さ m 一般部位の部分の

3. 用語の定義 第一章の定義を適用する 4. 記号及び単位 4.1 記号 本計算で用いる記号及び単位は表 1 による 表 1 記号及び単位 記号 意味 単位 一般部位の部分の面積比率 - 側窓の伝熱開口面積 m 2 側窓の伝熱開口面積 m 2 一般部位の部分の層の建材等の厚さ m 一般部位の部分の 第三節熱貫流率及び線熱貫流率 1. 適用範囲 この計算は 用途が住宅である建築物又は建築物の部分における 外皮の部位の熱貫流率及び熱橋等の線熱貫流率の計算について適用する 2. 引用規格 JIS A1420:1999 建築用構成材の断熱性試験方法 - 校正熱箱法及び保護熱箱法 JIS A1492:2006 出窓及び天窓の断熱性試験方法 JIS A2102-1:2011 窓及びドアの熱性能 - 熱貫流率の計算

More information

<4D F736F F F696E74202D F8EC08DDD8C9A95A B29835A B8BF392B22E >

<4D F736F F F696E74202D F8EC08DDD8C9A95A B29835A B8BF392B22E > 実在建物 (A ビル ) を対象とした建築及びセントラル空調システムの簡易な入力方法のデモンストレーションと演習 第 6 回 BEST 改正省エネ基準対応ツール の特徴と使い方 2014/8/29 小林弘造 ( 日建設計 ) 1 今日の講習内容 1. 0 から建築 ~ セントラル空調システムの入力 1.1 建築 PAL* の計算 1.2 セントラル空調システム 台数制御の優先順位 セントラルの基準仕様

More information

三建設備工業つくばみらい技術センター汎用機器を用いた潜熱処理システムの運転実績

三建設備工業つくばみらい技術センター汎用機器を用いた潜熱処理システムの運転実績 三建設備工業つくばみらい技術センター汎用機器を用いた潜熱処理システムの運転実績 三建設備工業 技術本部技術研究所佐藤英樹 キーワード / ZEB 潜熱処理システム 汎用機器 1. はじめに 三建設備工業つくばみらい技術センターでは, ゼロエネルギービル (ZEB) をめざして, 地中熱利用の天井放射空調システムを中心とした改修工事を行い 1),2010 年 1 月より運用を開始した 2011 年度は,

More information

<4D F736F F D208A4F D82C98AD682B782E990AB945C8AEE8F8089FC92E DC58F498CB495B6816A2E646F6378>

<4D F736F F D208A4F D82C98AD682B782E990AB945C8AEE8F8089FC92E DC58F498CB495B6816A2E646F6378> 外断熱建物に関する性能基準 平成 15 年 4 月 1 日北開局営調第 12 号 最終改定平成 27 年 4 月 30 日北開局営整第 8 号 第 1 編総則 第 1 章目的この基準は 官庁施設の基本的性能基準 ( 平成 25 年 3 月 29 日国営整第 197 号 国営設 134 号 ) に基づき 同基準に定めのある事項のほか 国家機関の建築物及びその附帯施設 ( 以下 官庁施設 という ) において外断熱工法を採用する場合に必要となる性能の項目並びに技術的事項及び検証方法を定め

More information

02report_chap2

02report_chap2 生活変化に対応できる計画 ひと昔前は 夫婦二人に子供二人の四人家族を標準世帯として住宅を造り また購入の基準としてい た しかし 少子高齢化の現在このような世帯は標準型とはいえない 仮にそのような標準型世帯を理 想とし将来設計を立てたとしても瞬時にそのような家族形態になることはそうそうない また家族形態 は多様化しその形態もフレキシブルである 自分自身でさえ 10 年後 20 年後のことを断定することはで

More information

6.2.2 断熱省エネルギーと快適な居住環境の実現のためには 断熱性能の向上が重要となる 断熱性能は戸建住宅に準じて 各地域区分における次世代省エネ基準の等級 4を標準とし できればひとつ上の地域レベルを目指したい 断熱は切れ目 ( 断熱断点 ) をつくらないことが原則だが やむを得ず断熱断点が生ず

6.2.2 断熱省エネルギーと快適な居住環境の実現のためには 断熱性能の向上が重要となる 断熱性能は戸建住宅に準じて 各地域区分における次世代省エネ基準の等級 4を標準とし できればひとつ上の地域レベルを目指したい 断熱は切れ目 ( 断熱断点 ) をつくらないことが原則だが やむを得ず断熱断点が生ず 第 6 章 集合住宅について 6.1 はじめに災害復興住宅として建設される集合住宅としては 高層 (6 以上 ) となることは考えにくく 土地の有効活用を考慮すると 低層 (1~2 階 ) となる可能性も低いものと考えられる また 木造長屋形式の集合住宅 ( テラスハウス タウンハウス等 ) については 戸建住宅の考え方を援用できるものと考えられる よって 本章では 鉄筋コンクリート造中層 (3~5

More information

スライド 1

スライド 1 よく分かる! 省令準耐火 ( 木造軸組工法 ) ~ 基準の概要 & よくある質問 ~ Web セミナー用テキスト 1 目次 省令準耐火構造の住宅 の特徴 木造軸組工法による省令準耐火構造 ( 概要 ) よくある質問 省令準耐火構造の住宅 のメリットとは? 2 省令準耐火構造の住宅 の特徴 3 省令準耐火構造の住宅 の特徴 特徴 1 外部からの延焼防止 特徴 2 各室防火 特徴 3 他室への延焼遅延

More information

(Microsoft PowerPoint - \216R\223c\221\262\230_2011 [\214\335\212\267\203\202\201[\203h])

(Microsoft PowerPoint - \216R\223c\221\262\230_2011 [\214\335\212\267\203\202\201[\203h]) 発電所建屋を対象とした 室内温熱環境の実態把握と 数値流体解析に関する研究 T07K712E 山田丈指導教員赤林伸一教授 研究背景 発電所建屋 ( タービン建屋 ) などの施設では 室内に蒸気タービン本体や熱交換器等の巨大な発熱機器が存在するため 作業環境の悪化や制御用の電子機器に対する影響が懸念される 今後の電力需要の変動や突発的な機器の不具合等により特に高温となる夏場に点検が行われることも考えられ

More information

Heading title

Heading title 寺島今朝成株式会社ウッドビルド市川渡株式会社ケー アイ エス岩前篤近畿大学 平成 26 年度住宅 建築物技術高度化事業 1. 背景 目的 -1- 技術開発の内容 CO2 排出量 の削減 地球温暖化防止 電力消費の削減と平準化 電力不足への対応 グローバルな要求事項 今後の電力供給体制への影響が大きい 地球温暖化が叫ばれる中 グローバルな要求事項として CO2 排出量の削減が求められている 加えて震災後の電力供給体制に対し

More information

設計内容説明書 ( バリアフリー性 : 等級 3 対応 ) 専用部分 ( 第二面 ) 手すり 通路及び出入口の幅員 ( 日常生活空間 ) 寝室 便所及び浴室 ( 日常生活空間 ) 廊下階段 ( 開放されている側 ) 転落防止 手すり子 通路 出入口 ( バルコニー勝手口を除く ) 浴室 便所 特定寝

設計内容説明書 ( バリアフリー性 : 等級 3 対応 ) 専用部分 ( 第二面 ) 手すり 通路及び出入口の幅員 ( 日常生活空間 ) 寝室 便所及び浴室 ( 日常生活空間 ) 廊下階段 ( 開放されている側 ) 転落防止 手すり子 通路 出入口 ( バルコニー勝手口を除く ) 浴室 便所 特定寝 設計内容説明書 ( バリアフリー性 : 等級 3 対応 ) 専用部分 ( 第一面 ) 建築物の名称 : 部屋の配置等 段差 階段 手すり 勾配等 蹴込み 形状 階段 動作補助手すり バルコニー転落防止 便所 住宅工事仕様書 適 ( 特定寝室階 室名 : ) 平面図 不適 非接地住宅のみ記入 ( ) 20 ( ) 180( 内外の高低差 120 以下 ) + 手すり設置 ( ) ( ) 250 + 手すり下地設置

More information

<4D F736F F D2093C192E88C9A927A95A881698F5A91EE816A82CC8FC C915B927582CC93CD8F6F834B E646F63>

<4D F736F F D2093C192E88C9A927A95A881698F5A91EE816A82CC8FC C915B927582CC93CD8F6F834B E646F63> 第 4 章 住宅の省エネルギー措置の届出作成ガイド 4.1 届出に必要な書類と添付図書新築時に必要な届出書類は 省令様式の届出書とその根拠を示す図書である ( 正副 2 通を提出 ) つまり 届出書の 第三面( 住宅の用途に供する建築物 ) に関連して 省エネルギー基準の適用に当たって使用した計算表及び必要図面などを 申請内容に応じて添付することになる 申請内容や選択した評価方法に応じて 必要な資料は異なるので

More information

第 6 章 シート防水資料集 尚 今回の改正では 省エネ法に基づく届け出 定期報告の対象範囲については H21 年 4 月 1 日の法改正 施行内容に変更はなく その内容については下表に示す 対象建築に係る届出維持保全状況の報告 床面積 2000 m2以上の建築物 ( 第一種特定建築物 ) 床面積

第 6 章 シート防水資料集 尚 今回の改正では 省エネ法に基づく届け出 定期報告の対象範囲については H21 年 4 月 1 日の法改正 施行内容に変更はなく その内容については下表に示す 対象建築に係る届出維持保全状況の報告 床面積 2000 m2以上の建築物 ( 第一種特定建築物 ) 床面積 非住宅建築物昇降機 CEC/EV 3. 省エネルギー基準 (H25 年改正 ) 1. 省エネルギーに関する法律 : エネルギーの使用の合理化等に関する法律 通称 省エネ法 ( 制定 : 昭和 54 年 6 月 ) 主な変遷 :H4 年基準 ( 新省エネ ) H11 年基準 ( 次世代省エネ ) H25 年基準 ( 今回改正 ) (1) 改正の背景低炭素社会の実現にむけた国のロードマップ 低炭素化社会に向けた住まいと住まい方の推進に関する工程表

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Ver..0.0 ネット ゼロ エネルギー ハウス申請の手引 はじめにお読みください ZE 申請の手引についてこの手引は 本事業に申請する住宅の一次エネルギー消費削減率を算出するための手順書となっております 申請する住宅の外皮性能 設備等の情報は 計画に則した内容で計算支援プログラムに入力し その計算結果表にそって正しく申請書類を作成してください 参考資料についてこの手引の最後に以下の内容について

More information

外皮性能計算 かんたんご利用ガイド

外皮性能計算 かんたんご利用ガイド 外皮性能計算編 1 省エネ化と外皮性能計算 1 2 基本操作の流れ 3 3 図 表の配置方法 17 4 判定プログラムに連携する方法 26 1. 省エネ化と外皮性能計算 省エネ化に関する国策 9 秒~ 地球温暖化ガスの排出量削減に対して 国は住宅の省エネルギー 化を最重要課題として位置付けています その課題に対して政府や業界各社の取り組み 省エネルギーの推進 太陽光発電などの再生可能エネルギーの導入

More information

表紙

表紙 名古屋市における住まいの意識と住宅需要 - 平成 15 年住宅需要実態調査から - 平成 1 7 年 1 月 名古屋市住宅都市局 目次 Ⅰ 調査の概要... 3 Ⅱ 用語の解説... 19 Ⅲ 調査結果の概要... 29 1. 現在の住まい方に対する感じ方... 29 (1) 住宅に対する総合評価 住宅の各要素に対する評価... 29 (2) 住環境に対する総合評価 各要素の評価... 36 (3)

More information

:010_ :3/24/2005 3:27 PM :05/03/28 14:39

:010_ :3/24/2005 3:27 PM :05/03/28 14:39 :010_896300101703 :3/24/2005 3:27 PM :05/03/28 14:39 :010_896300101703 :3/24/2005 3:27 PM :05/03/28 14:39 :010_896300101703 :3/24/2005 3:27 PM :05/03/28 14:39 :010_896300101703 :3/24/2005 3:27 PM :05/03/28

More information

消防法施行規則等の一部を改正する省令等の公布について ( 参考資料 ) 別紙 1 1 改正理由 (1) 背景住宅宿泊事業法 ( 平成 9 年法律第 65 号 ) が平成 30 年 6 月 15 日に施行され 住宅宿泊事業に係る事前の届出が同年 3 月 15 日に開始された ( 住宅宿泊事業法の施行期

消防法施行規則等の一部を改正する省令等の公布について ( 参考資料 ) 別紙 1 1 改正理由 (1) 背景住宅宿泊事業法 ( 平成 9 年法律第 65 号 ) が平成 30 年 6 月 15 日に施行され 住宅宿泊事業に係る事前の届出が同年 3 月 15 日に開始された ( 住宅宿泊事業法の施行期 事務連絡 平成 30 年 6 月 1 日 各都道府県消防防災主管課東京消防庁 各指定都市消防本部 } 御中 消防庁予防課 消防法施行規則等の一部を改正する省令等の参考資料の送付について 消防法施行規則等の一部を改正する省令等の公布について ( 平成 30 年 6 月 1 日付け消防予第 369 号 ) により 消防法施行規則の一部を改正する省令等の公布について通知したところですが 改正後の消防法施行規則等の基本的な考え方や具体例等について別紙

More information

Microsoft PowerPoint _BEST建築初級_講義用.pptx

Microsoft PowerPoint _BEST建築初級_講義用.pptx 建築計算の基本とデータ構成 株式会社 建設計 久保 真俊 1 1.BESTの概要 2. 建築単独計算に必要な入力項目 3. 気象データ 4. スケジュールデータ 5. 隣接ゾーンとの熱的相互影響 6. 計算時間間隔 7. 最大負荷計算 8. 計算タイプの切り替え 2 BEST 簡易版 計画の初期段階で 発注者や建築設計者でも計算できるツールです BEST( 誘導基準認定ツール ) H28 年省エネ基準に対応した設計ツールです

More information