Microsoft Word - 土地なし-02 基礎のキソ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 土地なし-02 基礎のキソ"

Transcription

1 超簡単!3 分でわかる 自分の家に対する 計画 が整理つきます 家づくり基礎のキソ ハウスネット 家づくりサポート事務局

2 -1 この資料を読んでいるあなたは なんとな ~ く家づくりを考えはじめたのでしょうか? それともある日突然? その理由は? 様々なはずです たとえば マンションより やはり戸建てがいいなぁ ~と 子供の学区の件で 手狭になってきたので いよいよ 同居しなければならないから この度 結婚を機に ただ これらは家を借りることでもクリアになります 唯一 賃貸からの脱却を と考えている方は 買うまたは建てるという選択しか残っていません 家を買うのか 借りるのか? そのことを まず最初に考えなければいけません ちなみに借りる場合は 当然 家づくり とは言いません さてあなたは?

3 -2 買った方が得なのか? 借りた方が得なのか? 家 を 物件 又は 商品 として売っている方例えば マンション販売員さん建売の不動産やさんハウスメーカーの営業マンに尋ねるとそりゃ ~ 当然買う方が得ですよ! と言われます 家を持つ方が得 本当にそうでしょうか? というのは確かに高度成長期の時に買っておけば 坪 20 万ぐらいのものがいまでは3 倍や5 倍になったかもしれません しかしバブル以降はご存知の通り 上がったり下がったり バブルのピーク時に買った人は 半値になったり 給料も下がったり 会社も倒産したりで その高額なローンが払えず自己破産したりしています だから今の時代では簡単には不動産を買っていた方が得ではないのでは? ですので 家を建てることは楽しいですよ! だから賃貸ではなくなにがなんでも絶対今家を建てるまたは買うべきです! とは正直言えないものです 私は 売る営業マンではないので あなたもがんばって 無理して家を買う ( 建てる ) ということを推奨するつもりはありません できれば がんばらないで無理しない程度に買うことを推奨したいです 小さくても大きくても という発想にしてほしいものです そこに住む家族が満足 楽しければいい 子供の部屋は 6 帖はほしい! LDK はできるだけ大きく! システムバスは 1 坪より大きく! 広 ~ いバルコニー! できれば屋上があればいい!! これらがすべて満たされなければ幸せにはなれないのでしょうか? そんなことはないですよね

4 例えば家族 3 人なら子供の勉強と書斎などは一緒にしてもその方がご家族の生活にあっているかもしれませんよね 家具をさほど置かないならリビング広くなくてもいいですよね 広すぎたら光熱費などの維持費もかかりますよ年にほんの数回のために屋上でバーベキューするより小さい家を建てて土地の空いたスペースでご近所の方招いてバーベキューできますよね 大きな子供部屋子供が将来出ていけば -3 家に払う費用を無理することで年 2 回の楽しい家族旅行やめますか? 家族が楽しみにしている外食やめますか? 子供が喜び かつあなたも大好きな車もやめますか? 服などを買うのも我慢しなければなりません それらは無理をした家のローンのためです 家を買っても好きな服をきて 車で外食や家族旅行を今のまま 是非 続けることができるようにしてください そう意味であなたはがんばりすぎないでください がんばらないで無駄 無理 無茶をなくして楽しい家をつくりましょう これを踏まえたうえで家づくりには様々なことを クリアしながら 進めていかなければなりません さてそんなあなたの家づくりは簡単にいえばこう進んでいきます 家を建てたい! と決まればお金について考えて建てることができる家の大きさを理解して建てたい家をイメージしてそのパートナーを抜粋して 商談をはじめプランと価格を具現化して最適なパートナーを選び 契約して 工事が始まり 引き渡されます では それぞれご説明していきましょう

5 -4 1. 家を建てたいと考える あなたは 賃貸と比較検討した結果 色々な理由から家を建てたい家を持ちたいと考え始めたことになります ここまで決心したのであればその理由はどうでもいいのです ではどうしたらできるのか何か問題があるのかを考えていきましょう 2. お金について考える ご予算はいくらでしょうか? まずその前にあなたに土地はありますか? これから探すのでしょうか? で頭金はなし それであれば 大変厳しいかもしれません しかし買えないということではないです 色々な可能性を探れば 買うことはできると思います 例えば建物も既にしっかり建っている ( 欠陥ではないということが条件 ) または建てようとする土地付きの建物であれば 買える可能性は高いでしょう ところが土地がないのに建てる建物もよくわからないでそれに対して銀行が融資をしてくれるとは思えないですよね ところが土地は いくらで建物には いくらぐらいがかかりますので その額を融資してほしい となれば担保評価して支払いの審査もして あなたによってはOKとなります その審査というのは 銀行によって 支店によって 窓口の担当者によっ て 対応などは様々なようです これを書いている私自身が マンションから戸建てへ引っ越した際 売却による赤字をほぼ全額を預貯金に加え足らない分を同居す る親に助けてもらい すっからかんになって ほぼ0でローン 組みました経験者の一人です しかしそんな私でも ほぼ です 引っ越し費用 登記費用 税金 ローンの手数料などの分は 現金でもっていました その時 子供の為の積み立てにも一切手をつけませんでした

6 家のローンについては できるだけ借りないことがベストです それができるなら苦労しないときっと言われるでしょう ( 笑 ) つまり何が言いたいかと言いますと借りるのはできるだけ少なく 借りても できるだけ繰越返済などでできるだけ早く返すということが基本です これについては ご理解いただけますよね -5 であれば繰越返済できるだけの つまりあなたが子供さんの教育費などの必要である預貯金以外にも 繰越返済できるだけの余裕がなければ ローンを借りて繰越返済できないまま生活していかなければなりません しかも冒頭のように家族の楽しみを我慢して となります これであなたが待望の家をもっても本当に幸せなのでしょうか? そこをよく考えて認識してくださいね 頭金がないということは全額ローンを組んで家を買っても遊びも繰越返済もできないということになります それでも良ければ全額ローンを組んでください 経験中である私が 実際に大変な思いをしています なぜ繰越返済を薦めるのかといえば 少し計算をしてみましょう 仮に4000 万借りて35 年のローン期間で金利 3% として利息額は約 2400 万!! そうです もう一軒家が建ちます! 参考ホームページ また意外と見落とすのが手狭と感じて家づくりをしたのち今の家より大きくなったり便利になったりすると維持費も膨らみます 例えば照明器具や空調機器が増えます トイレも増えれば洗浄便座も おふろも大きくなったり 庭ができて散水すれば水道代も 予算は いくらということを再認識してその可能性をさがして仮に小さくてもわがままのない身の丈に合った無駄無理無茶をしない家づくりをしてもいい家できます できるだけ大きな部屋たくさんお部屋大きなバルコニーを望めば

7 -6 当然 それらをクリアできるだけの広さの土地や家が必要となります で頭金も土地もない となれば当然厳しいですよね いまだに時折チラシで120% ローンとかあります これは 3000 万の家を買っても3600 万まで貸しますよというものです そりゃいいわ助かるわ ではなくて先ほども言いましたようにできるだけあなたは お金を借りないということが原点です この余分に貸してくれる600 万 35 年借りて金利 3% で利息 370 万です あなただけは お忘れなく 3. 建てることができる家の大きさについて 土地があるのでどんな大きさでも建てることができるというものではありません そんなことが許されると住宅ばかり建っているところにビルなどが建ってしまいます そのことでその周りの低層の家は いっさい日があたらないということにもなっていったりします 土地には 建築基準法によって様々な条件がついています 面積に対して 容積に対して 高さに対して 道路に対して など 具体的なそれは インターネットや雑誌にも掲載されているので また機会あれば ゆっくり勉強されたらいいと思います 最低限度としての知識は 土地に対しての建てることができる 面積の割合を示す建ペイ率だけでも知っておいてください 仮に土地 30 坪あっても 建ペイ率によって24 坪建てることが できたり 12 坪しか建てることができないところもあったりします あとついでに道路も確認しておいてください 土地に道路が接しているかどうか です え! 道路が接していない土地なんてあるの? そうなんです そんな土地 実際にあるのです 見た目は道路でも 法的に道路ではないという道が

8 実は 安い土地は ほとんどこういうケースが多いです お気を付けください 家をイメージする さてあなたのご家族は どんな家をイメージしているのでしょうか? 建て替える方も 土地から探している方も まだこの段階では 大きさなどのことは重要視せずに家の外観や中のイメージを色々な写真などからつかむようにしてください もちろん ご近所の家でもかまいません あなたのご家族が どんな家を建てようかな? と想像するとワクワクするのか? がポイントです さてその家からの判断ですが 書店の雑誌で言いますと建築家の作品であれば 住宅特集 JT という雑誌になります 値段が高いので 立ち読みしてみてください ハウスメーカーの家であれば リクルートの 月刊ハウジング ハウスメーカー対象で全国誌なので掲載料が馬鹿みたいに高いです だから工務店が掲載されていないのです 雑誌の住宅展示場です 中小企業の住宅会社や工務店の家であればリクルート発行の 大阪で家を建てる となるでしょう ただし 費用さえ払えば 掲載できるので掲載しているからといって安心であるとは限りません 他に工務店やハウスメーカー以上作品以下というのが 住まいの設計 や ニューハウス などです もちろん ハウスメーカーのカタログの中から抜粋してもいいですし ホームページからでもいいです 何度も言いますが その回答としてご近所の建売のような感じでいいです という答えも当然あります それは 決していい加減な という意味ではなくて デザインだけでしっかりした基礎や構造で建てるのは当然のことです その家のイメージを想像すれば家族みんなが楽しくなるそれが大事ですその気持ち忘れないでくださいね

9 -8 5. パートナーを抜粋する 家のイメージまでしておきながら このパートナーの抜粋をテキトーに選ばれる方が多いのが現実です そりゃそうですよねはじめての家づくりだからわかりませんよね 建設会社や工務店 実は建築家にも得手不得手とあるのです 例えば 建築家などは これまでの経験上鉄筋コンクリート造 (RC 造 ) ばかりされてきた人が いきなり木造などはできないのです え!? 理由ですか? 単純に経験がないからです 1 級建築士だろうが関係ないです その資格だけで判断するなら 時間にゆとりのあるサラリーマンの建築関係会社に資格を持っているたくさんいてますよ その知識も経験もない 1 級建築士 例えばツーバイを批判している人に限ってツーバイの経験がない人が多いのも事実なのです 実は 10 数年前までは私もその一人でした 設計事務所でも リフォーム会社でも扱うものはツーバイ以外のものばかり ツーバイって なんとなく建て方や理屈はわかっているけど 経験することって ないなぁ ~ って感じていましたが ここ数年で実際に経験することができました さて木造を希望しているあなたが 鉄骨や RCを薦める人に相談するからおかしくなったり 不愉快になるのです あなたは 酒屋に本を買いに行っているようなものです まぁそれもコンビニと考えればクリアできますけど 無垢材を使った自然素材の家を望んでいるあなたは ハウスメーカーに行くだけ無駄なんです 理由は 絶対に建てないからです モデルハウスで見かけないでしょ! もし見かけたならその会社は立派な相談相手いや商談相手と考えてもいいでしょう 家のイメージをしないで 漠然とした状態で整理をしないまま いきなり住宅展示場に行って あるハウスメーカーのモデルハウスへ行くから 混乱したり なんか違うぞ! と感じることになる場合が多いのです

10 家のイメージをして適正なパートナーを抜粋する! これを意識すれば あなたの家づくりの情報は整理されます より具現化する さてあなたは 希望する家を建ててくれそうな抜粋した数社と商談をはじめていきます あっ! ここで注意しておきます 必ず数社ですよ え~!? 別に1 社でもいいやん!! ってあなたは思うかもしれません もちろんそれでもかまいません 何の問題もないです 価格以外は! その理由は では あなたは業者の立場になって考えてみてください 目の前にいるお客さんは どうやら自分の会社にしか頼んでいないようだ ということは比較する会社がいないので価格に関しては 何でも受け入れるだろう こういうお客さんからは高利益を取ることができるのです という心理が当然働きますよね これは あなたに決めましたと契約前にいってもその会社 というより担当者 の心理は 同じことです 当社に決めたんだから 利益落とす必要ない! となります ところが競争相手が存在するのはわかるけどその相手が見えなくて いくらで出してくるのかわからない場合の商談では せっかく商談をしてプランを提出しているので 目の前のお客さんから 自社が選ばれようと がんばり ますよね きっと! 前者の甘い関係と後者の緊張した関係で同じ価格が出ると思わるでしょうか? ここがポイントです ですのであなたは抜粋したパートナー数社と必ず商談をしてください その数社との商談での提案 価格 仕様などをわかるまで確認して徐々に絞り込み 商談したときの空気感も感じましょう 肌の合う空気感のあう会社がもし見つかれば きっとそこがあなたの相手です

11 -10 ただし 契約前だけ価格だけを合わせてきて 契約後に追加変更で結局 帳尻を合わせる会社 担当者 は多いのでくれぐれもお気を付けください さすがプロ! という提案が出てきたり レゴのブロックのように組み合わせたようななんの面白みのないプランやあなたが言った通りのプランをしてきたり 様々です もちろんどんなプランにも正解 も不正解 もないのです あなたが いいと思えばそれでいいのですが プロのアドバイスも素直に聞き 譲るところは譲りましょうね そのプロが アドバイスしてくれるだけの提案力があればいいと願うだけです 7. 最適なパートナーを選ぶ さてすべての条件が整い あなたにとっては まるで結婚相手を見つけるような感覚で 1 社のみ家づくりのパートナーを決めることになります それが決まれば結婚届け つまり契約です ここでの注意点!! 先ほども警告しましたが この時点では 追加工事などに関しては必ず価格まですべて ご確認したうえでご契約するように心がけてください 特にハウスメーカーで 営業 という仕事である彼らは 一日 厳密にいえばひと月単位 でも早く契約を と希望されます 優しい心を持ったあなたは 同情してどうせ契約するなら少しでも早く と思われるかもしれませんが 彼らはあなたの優しさを逆手にとります あなたは契約後いくら増えるかどうかもわからないような状態での契約だけはしないでください 特に契約を急かすような会社は余計にご注意ください 契約後打ち合わせした結果の価格は 競合もなく高いのか安いのかもわからず 比較するものがないので あなたが要望するなら それはいくらであってもきっとするはずと彼らは考えるのです

12 これは別途工事追加工事オプション工事がこれらにあたります あなたは釣られた魚にはならないように -11 契約する前には 保証等に関しての説明や工期に関しての確認 契約した段階で あなたが仕様も納得できていて 大枠の工事費用も つかんでいるなら あとは工事に対して注目すればいいだけです 8. いよいよ工事が始まり そして引き渡されます 契約して打ち合わせした内容に基づき役所にこんなもの建てますという建築確認申請を出すことになります この申請の許可が下りてからいよいよ着工となります 解体工事があれば家を壊して 地鎮祭となり 図面通りになるよう実際の土地で建物の配置を確認したのち 基礎工事をおこない 家のカタチである構造体が姿を現し上棟となります この段階までは 誰しも早く感じることができるでしょう ここから外装内装工事や設備関係など様々な職人が工程によって現場に入り完成させていきます あなたは これまで図面やCGなどのイメージしか見たことがなかった空間が実現していきます 工事途中で見ると壁や家具などがないので さすがに広く感じますが 壁ができていくと現実の空間となっていきます 嫌々仕事をしている大工さんが手がける家と釘一本一本に気持ちを込めて打つ大工さんやそれぞれの職人さんが笑顔でしてくれている現場では 全く違いとてもいい家ができます この感覚あなたにもなんとなくわかりますよね 間違った選択をしていないあなたの家づくりは きっと気持ちのいい現場となっているでしょう この職人さんたちも全てあなたの家づくりをするために集まった ご縁 です あなたの選択は 入口の部分さえ整理できていたら はじめての家づくりでもきっと失敗しません 成功するために 3 回も家を建てる必要などありません

13 氾濫している情報の整理 さてあなたが家づくりを実際進めてみて きっと感じることになるのは インターネットがない時代では 情報はテレビや一部の雑誌でしか得ることがなかったのですが 今の時代では 簡単に無料で情報が手に入れることができますが とてもその情報は混乱しているということにぶつかるでしょう なにがよくて 何が悪いのか? 相反する例えば木造を売る企業は 鉄骨の批判を当然のようにしています しかも デメリットの情報を言いっぱなしにします もちろんあなたに解決方法などは教えません そんなことをするとあなたは鉄骨で建てるかもしれないからです おわかりですよね そんなことが当たり前のようにインターネットなどで 一方的に発信されているから あなたはわからなくなってしまいますが 家づくりでは どんなことでもある程度は解決方法があるものです それが あなたは納得できるかどうかです ですので あなただけは家づくりにおいて 情報に振り回されないで あなたのご家族が本当に建てたい家や工法で建てる これが一番です

14 10. あなたのご家族の家づくり何が重要か? -13 もう一度考えてください あなただけでなく 誰しも予算がいくらでもあるわけでもありません 家も何でもいい とはほとんどの方が思っていません どうせ建てるなら と誰も考えています 予算を含めて 我が家の家づくりにおける優先順位は何か 今一度考えてみてください 必ず迷った際 選別するときに基準となるはずです 予算構造や性能プレゼン 提案営業担当者の雰囲気 などです まだはじまらない はじまったばかりの段階では 営業マンの雰囲気 という理由は考えられないかもしれませんが 実は ハウスメーカーで建てる理由で最も多い理由なのです

15 -14 最後に ほとんど誰もが はじめて経験することであるにも関わらず高額であるし 専門的な知識も必要で 実際に施工する会社の選択 見積り内容の正しい判断などをおこなうのは大変むずかしいといえます ですのであなたは気持ちよく商談する相手ではなく まずは 相談相手を見つけてください ハウスネットでも あなたの家族構成ライフスタイル 予算 その他の事情に一番適した家づくりについてアドバイスをし プランニング 見積り 契約 施工から完成まで スタッフが第三者的にコンサルティングをおこない あなたのご家族の家づくりをサポートします このサービスによって消費者であるあなたも プロである企業も 予算や時間を最大限有効に使えることになります これがハウスネットが推奨する無駄 無理 無茶のない 家づくりなのです で できるだけ楽しくアドバイスをします あなたの楽しい家づくりもハウスネットからはじめましょう 追伸 : 拙い文章ながらはじめての家づくりをされる方にわかりやすく一生懸命お伝えしたつもりです ご質問ご相談などありましたらハウスネットまでメールでお送りくださいできる限り一つ一つ丁寧にお答えしていきます ハウスネット家づくりサポート & パートナー探し支援事務局 代表 ハウスネットプラス多田裕