プログラム 2 はじめに 平成 24 年度より 草津川跡地を市民が集う空間にしようという取り組みが始まりました 平成 26 年度は 市民のみなさんが草津川 跡地でやりたいと思う活動について話し合い 3 つのコンセプトを決めました その話し合いの中で 市民活動の愛称 くさねっこ が誕生し 活動チームを

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "プログラム 2 はじめに 平成 24 年度より 草津川跡地を市民が集う空間にしようという取り組みが始まりました 平成 26 年度は 市民のみなさんが草津川 跡地でやりたいと思う活動について話し合い 3 つのコンセプトを決めました その話し合いの中で 市民活動の愛称 くさねっこ が誕生し 活動チームを"

Transcription

1 日 程 2015 年 11 月 15 日 ( 日 ) 時 間 13 時半 ~16 時半 : ふりかえりワークショップ 場 所 草津市役所 8 階大会議室 参加者 35 名 ふりかえりワークショップ 社会実験 くさねっこ文化祭 が無事終了しました! 今回は くさねっこ メンバーで文化祭をふりかえり 今後の活動へ向けた話し合いを実施しました 文化祭を通して感じた課題や問題点を共有 協議し くさねっこ のこれからの取り組みを考えました プログラム 1 オープニング 2 はじめに 3 発表 ~くさねっこ文化祭開催報告 ~ 4 アイスブレイク 5 ワーク ~これからの活動へ向けて~ 6 意見発表 7 今後の活動について プログラム 1 オープニング くさねっこ文化祭 は 平成 29 年春にオープンする草津川跡地において どんな市民活動ができるかという社会実験として行われました 当日のみなさんの活動 準備の段階からの活動を拝見し 大変心強く感じました 本日のふりかえりワークショップでは 文化祭を通じて気付いた課題 問題点等を協議いただき 平成 29 年春のオープに向けて 準備段階 そしてオープン後の運営につきましてもご尽力いただけたらと思います これからも どうぞよろしくお願いします 草津市役所都市計画部田邊理事 -1-

2 プログラム 2 はじめに 平成 24 年度より 草津川跡地を市民が集う空間にしようという取り組みが始まりました 平成 26 年度は 市民のみなさんが草津川 跡地でやりたいと思う活動について話し合い 3 つのコンセプトを決めました その話し合いの中で 市民活動の愛称 くさねっこ が誕生し 活動チームを結成しました くさねっこ文化祭 は 将来の跡地での活動をイメージした様々な企画を披露し 市民活 動のルール作りなどに活かそうという取り組みです 5 月のキックオフミーティング 各チームミーティング そして決起集会に直 前の準備 これから 情報発信チームの南部さんの編集した動画を鑑賞しながら 文化祭のことはもちろん 文化祭までのことも思 い出していただき 何ができて何ができなかったのか これからどうしていきたいかを考えていきたいと思います プログラム 3 発表 : くさねっこ文化祭開催報告 studio-l 林 文化祭当日の動画鑑賞の様子 今回は 3 時間と長丁場! 気持ちも体も和やかに参加いただけたらと お菓子とドリンクを プログラムチーム 草津川の昔話とうた ママとベビーのコーラス隊 くさねっこ音頭と歌と体操 弾き語り キレイに着こなし輝く キラメク Let s dancing 天井川の歴史と草津ミニガイド ローズマリーを使ったリースづくり 堀江さん 瀬戸さん 鈴村さん 伊吹さん 鑑継さん 山本さん石川さん伊吹さん初めて屋外で実施したということもあり 昔話や歌の良さを室内以外の場所で伝える難しさを感じました また 実際に遊んでもらいながら わらべ歌をうたうなど 演出の方法についても考える機会をもつことができました 高校生や年配の方と 子どもたちがふれあう様子を見て 将来の草津川跡地でこういうことができたら嬉しいなと思いました みなさんの協力に感謝の気持ちでいっぱいです 社会実験の中で見えてきた課題をこれからの活動にいかしていきたいと思います 橋口さん駒井さん着物を着る機会を増やしたい 滋賀の地場産業を広めたい という思いは伝わったと思う反面 草津川跡地でやりたいとことだと伝えきれなかったことが反省です みなさんと一緒に踊ることに意義があると思っていました ダンスを通じて 良い繋がりができたのでは ありがとうございました 天井川の歴史や工事の様子など 多くの方に展示を見ていただきました ミニガイドもいろいろなところを見られたと好評でした ローズマリーの香りやニワタスの庭をほめてもらいました 跡地も自然溢れる公園になれば 他のプログラムを回れなかったのが反省です ミニミニリースづくり あんな虫 こんな虫をつくろう! 香る de 草津 みんなでお絵かき 交流チーム 情報発信チーム サポーターチーム 中井さん 檀原さん 杉江さん 佐山さん 南部さん 鈴木 ( 道 ) さん 木村さん たくさんの子どもたちに楽しく作ってもらえました 次は 木の実といった材料はすべて草津産であることを PR しながら作りたいです 高校生ボランティアの協力もあり 雰囲気良く子どもたちに楽しんでもらえました 公園ができたら 季節の素材を使った工作をしたいです 来場者に声をかけることの大切さ そして声かけがプログラム参加の機会につながるのだということを感じることができました 河村 ( 完 ) さん重原さん子どもたちに草津川跡地での夢やどんなことをしたいかを自由に描いてもらい 跡地の説明や PR もしました 見てすぐわかる展示の仕方は大事だと感じました 交流チームの仲間と文化祭を実施できたことが 成功の一番の大きな要素だと思います 天気にも恵まれ 人が交流できる楽しいアイデアと企画が生まれました 出会えた仲間といろいろな芽を育てていこうと思います 当日は 顔はめ を中心に実施しました 文化祭までに ホームページ Facebook の作成 動画でのカウントダウンと インターネットを中心に PR しました 効果的でかつ継続的なメディア対策を考えていきたいです 当日は案内 誘導 来場者へのヒアリング メッセージボードを設置し 会場の状況把握や来場者との交流ができました 草津川跡地のことをより多くの方に知っていただき 楽しい 夢がある場であると伝えたいです 欠席者からの文化祭の感想 草津産の旬の野菜を知ろう! 鈴木 ( 佳 ) さん 谷さん 多くの方に参加いただき 草津産の野菜を PR できました 今回は販売はなしでしたが 購入の問合わせを受けるほど 関心を持っていただけました 健康マージャン体験 石本さん 麻雀を屋外で実施できたことが新鮮でした より健康さを PR できたと思います 草津川跡地で 世界初の屋外世界大会開催を目指します プチ織りいろんな素材で織物が簡単にできるということを体験いただけて大変良かったです 課題は効率よ河村 ( 朱 ) さんく説明すること またチャレンジしたいです プログラム 4 アイスブレイク ものづくりスキルの高い くさねっこ にふさわしい? チーム対抗 折り紙で紙風船を何個つくれますか? ゲームを実施しました チームの作戦力と結束力を試すゲームで 回数を重ねることで どれだけ紙風船の制作数が増えるかを競いました 結果はいかに?! 作戦会議 紙風船をいかにたくさん作るかを 2 分間考えました 作り方を教える姿も 紙風船づくり 制限時間 90 秒の中で 紙風船の数を競います チームの結束力が試されます! 結果発表 タイムアップ! 一斉に手を止めます! さて 数はどこまで伸ばせたかな?? 最終結果 1 回目 2 個だったチームが 3 回目には 10 個まで作れるように! 分業作戦と結束力が功を奏しました! -2-

3 プログラム 5 ワーク : これからの活動へ向けて 今回は くさねっこ文化祭 をやってみて みなさんが立てた行動目標を達成できたかを考えます まずは良かったこと 反省点を各チーム内で共有し 次に自分たちがやりたいこと やったほうがいいと思うことを考え 共有します 5 月のワークショップ以降 みなさんが体験し考えたことが これからの活動の財産となります! くさねっこ文化祭 は楽しかったが 自分たちだけでなく 一緒に楽しんで参加する仲間を増やそうという意見が多く出ました 情報発信では 口コミには限界があり 市のホームページといった広報手段をより活用していくべきではという意見がありました 子育て支援センターといった市の施設とも連携し 紙媒体を設置するなどの活動も必要だと思います ミーティングの回数が多かったという反面 一緒に準備作業を進めることで 良い仲間づくりの機会にもなりました 良かったことは 来場者との繋がり くさねっこ メンバーとの繋がりが出来たことです 課題としては 声かけといったサポートや若手メンバーが少ないという意見がありました くさねっこ文化祭 を通じて出来たつながりを大切に 次のイベントへと繋げたいと思います イベント実施へ向けた意見が多くあり 会場づくりの改善や 飲食コーナーの設置 出てくるゴミを拾うダンスワークショップなど くさねっこ をより多くの方に知ってもらいたいと思います 事前準備について 将来自分たちだけで活動をするイメージを持って しっかりとした準備をしようという意見がありました 事前の広報活動も インターネットに加えて 紙媒体や 地元の既存団体へお願いすることも必要だと感じました 他団体と連携するためにも くさねっこ メンバーが出向いて 仲間を増やす活動もやっていきたいです まだまだ くさねっこ は知られていないので 一緒に楽しく活動する仲間を増やしていきたいと思います 消防 警察 危機管理課など 連携を増やしてはどうかという意見がありました 小中学校も巻き込み 例えば吹奏楽部の発表会をプログラムにするなど 連携に力を入れることで くさねっこ の活動の幅が広がるという意見が出ました 良かった点は 人との繋がり 繋がりを絶やさないために ニワタスマルシェで定期的に くさねっこ ブースを持ち回りで出すなど 他のイベントに参加することで 結束力を高めながら PR したいと思います 私たち参加者自身が くさねっこ文化祭 をとても楽しみました 参加する楽しさを まだ くさねっこ を知らない方に伝え 仲間を増やしていきたいと思います 新しい仲間が増えれば 一緒に楽しむ仲間が増えることになります 草津川跡地についても もっと情報共有をすれば 関心を持つ方が増え さらにいろいろなアイデアや企画が生まれると思います 仲間同士でも協力し合って くさねっこ をより PR したいと思います プログラム 6 おわりに 本日は 貴重な時間をいただきまして ありがとうございました いただきましたご意見や課題 関わり方について 今後考えていく必要があると感じています 先日 くさねっこ で まちあかり イベントへ参加し 草津川跡地を PR いただきました いろんな場で アピールしていただけたらと思います 次回 12 月 20 日 ( 日 ) も みなさんお誘い合わせの上ご参加ください 青木総括副部長 -3-

4 番外編 1 街あかり に参加しました! 11 月 6 日 7 日は くさねっこの有志で 街あかり に参加し 草津川跡地での活動を PR してきました リースや飾りつけに足を止めた方から くさねっこって何? との質問 くさねっこ文化祭での話も交えながら一生懸命説明しました! みんなで手分けして準備 スタートまで時間が迫る! ガーランドをとりつけて 飾りつけのバランスは? 準備完了! 街あかりスタート くさねっこにあかりが灯る 立ち止まってくれる方も くさねっこの説明です 番外編 2 まだまだ 情報発信中! くさねっこ文化祭が終わっても 情報発信チームの活動は継続中です くさねっこ文化祭のふりかえりだけではなく 草津川跡地の定点観測や工事状況も発信しています Facebook や YouTube をぜひご覧ください YouTube Facebook の検索で くさねっこ と入力してみましょう! くさねっこ Facebook ページ : -4-

5 番外編 3 ふりかえりワークショップ 終了後 会場を本陣前にある 金燕の家 へ移動し くさねっこ文化祭 打ち上げスタート! 文化祭の想い出話にはじまり くさねっこや草津への熱い思いと 話は尽きません! 共に活動し 語り合う仲間が増えたことを 改めて実感する場にもなりました くさねっこ文化祭打ち上げ まずは くさねっこポーズ! みんなで乾杯! お疲れさま! 誕生月グループでモグモグ制限時間 30 秒! 自己紹介緊急企画?! サルサ体験! ふりかえりアンケート くさねっこ文化祭のキックオフミーティングから開催までの取り組みで印象に残ったこと 会場装飾などの手作り品のクオリティーが高い & 早い 参加されているみなさんの熱意がすごいです 多くのみなさんと知り合い くさねっこで心ひとつになれたこと 準備の時間で 今まであまりお話ができてない方と交流できたこと これから くさねっこメンバーと一緒に取り組んでみたいこと それぞれのグループの活動に一緒に参加したりするのもいいと思います プレ文化祭などをくさねっこの中でやって メンバーに意見を言えるような場があればいいと思いました 他のイベントとのジョイント もっと多くのメンバーに参加していただいて楽しく交流したい くさねっこ講演会 日時 2015 年 12 月 20 日 ( 日 ) 10 時 ~12 時 場所 草津市役所 2 階特大会議室 内容 草津川跡地プロジェクトと これからの くさねっこ の活動について より日常的な活動にしていくための体制づくりやルールづくりを考えて いくための講演会となります studio-l 代表 山崎亮 草津川跡地整備プロジェクトと くさねっこ 草津市内を東西に流れる旧草津川の跡地が 将来にわたって様々な活動ができる空間となるように 市民の皆さんと話し合いながら計画をすすめています 話し合いの中から生まれた跡地での市民活動の愛称 くさねっこ 跡地にまかれた市民活動の種が芽吹き 草が根を張るように つな がりが広がっていってほしいという想いが込められています -5-