平成23年度事業報告書

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "平成23年度事業報告書"

Transcription

1 平成 23 年度事業報告書 財団法人東京医大がん研究事業団

2 目 次 1. がんの予防及び撲滅のために必要な各種の研究 調査事業 P2 ~ P3 2. がんの病態に関する研究 早期診断 治療等に関する研究事業 P3 ~ P4 3. 本事業団施設の無償利用事業 P4 4. がんの研究者に対する研究助成金の交付事業 P5 5. がん特に肺がん 消化器がん検診を中心にした検診事業 P6 6. がんの予防 診療及び治療に関する医師への教育 研修事業 P6 ~ P7 7. がんの専門医養成の教育事業 P7 ~ P8 8. がんに関する知識を普及するための 講演会等の開催事業 P8 ~ P10 9. 会議 P10 ~ P11 1

3 1. がんの予防及び撲滅のために必要な各種の研究 調査事業 (1) 肺がんの予防 早期発見に関する研究を4 月から3 月に実施した a. 気管支病変の早期発見を目的とした新しい気管支鏡システムの開発 b. 肺がんの発がん過程に関する基礎研究 c. 効率的な肺がん検診の開発 (2) 肺がんの治療に関する以下の研究を4 月から3 月に実施した a. 低侵襲治療法の開発 b. 肺がんの集学的治療に関する研究 (3) 消化器がんの予防に関する以下の研究を4 月から3 月に実施した a.helicobacter pylori 除菌による胃がんの予防の可能性 - 除菌による萎縮性胃炎の改善と胃がん発生抑制 - b. 慢性活動性胃炎に対するHelicobacter pylori 除菌により未分化型胃がん発生抑制の可能性の研究 c. いわゆる 鳥肌胃炎 と未分化型胃がんとの関連についての研究 d. 拡大内視鏡観察および分光内視鏡 (NBI) を用いたHelicobacter pylori 関連胃炎の診断と発癌の可能性に関する研究 (4) 肝細胞がんに関する研究を4 月から3 月に実施した a. 肝がんに対する定位放射線治療に関する研究 b. 放射線肝障害の定量化に関する研究 (5) 造血器悪性腫瘍の治療に関する以下の研究を4 月から3 月に実施した a. 慢性骨髄性白血病のチロシンキナーゼ阻害薬の中止基準の策定 b. 脱メチル化薬による造血器悪性腫瘍の治療に関する研究 (6) 頭頸部がんの予防に関する以下の研究を4 月から3 月に実施した a. 喉頭および口腔白色前癌病変に対するbcl-2 遺伝子とcyclinD 遺伝子発現解析による発がんの予防研究 b. 喫煙 飲酒などのハイリスクグループに対するCGHマイクロアレイによるスクリーニング法の確立 c.hpvの頭頸部癌に対する関与の解析 d. 食品に含まれる頭頸部がん抑制物質の開発 e. 逆流性食道炎と頭頸部がん発生に及ぼす因子の解析 f. 口腔中咽頭前がん病変に対する光線力学的診断法の開発 g. 頭頸部癌に特有なmicroRNAの解析 (7) 頭頸部がんの治療に関する以下の研究を4 月から3 月に実施した a. 臓器温存 機能保存を目的とした強力な化学放射線療法併用法の開発と安全性の確立 b. 進行がんに対する形態保存を目的としたセルジンガー法による超選択的抗がん剤大量動注治療法の確立 2

4 c. ハイリスク症例に対する術後化学放射線療法の確立 d. 鼻腔 T/NK 悪性リンパ腫に関する治療法の確立 e. 頭頸部がん病変に対する光線力学的診断法の確立 f. 早期頭頸部がんへの新光感受性物質とダイオードレーザーの組み合わせによる臨床研究 g. がんの治療での摂食障害 嚥下障害に対する機能回復に関する研究 h. 終末期医療に対するベストサポートケアおよびQOLの維持に関する研究 i. マイクロアレー解析により頭頸部癌に特有な遺伝子の蛋白の合成と交代による治療法の開発 j. 頭頸部がん手術におけるダビンチによるロボット手術法の安全性と新術式の確立 以上の事業は 今後 多くの市民の健康と福祉の向上に寄与できるものである 2. がんの病態に関する研究 早期診断 治療等に関する研究事業 (1) 低侵襲治療を可能にする早期肺がんの診断法の開発を4 月から3 月に実施した a. 新しい肺がんのバイオマーカーの研究 b. 次世代気管支鏡システムの開発 (2) 肺がんの質的評価に関する研究を4 月から3 月に実施した a. 糖鎖 プロテオームによるがんの悪性度評価 b. 血液検体を用いたバイオマーカー探索 c. 薬剤耐性に関する遺伝子の探索 d. マイクロRNAによるがんの質的評価 (3) 肺がんに対する個別化医療の研究を4 月から3 月に実施した a.egfr 遺伝子変異の測定法の研究 b. 遺伝子発現に基づく薬剤選択に関する研究 c. タンパク解析による薬剤選択に関する研究 d. マイクロRNA 解析によるがんの質的評価 (4) 消化器がん ( 食道がん, 胃がん, 大腸がん, 肝臓がん, 膵臓がん, 胆道がん ) に関する以下の研究を4 月から3 月に実施した a. 免疫染色を用いたがん細胞の悪性度に関する研究 b. 内視鏡的粘膜切除における完全切除率向上のための研究 c. 高度進行消化管がん患者の生存期間延長と疼痛緩和に関する研究 d. 委縮過形成性胃炎と癌発生の研究 e. 経鼻内視鏡による胃がんスクリーニングの検討 3

5 (5)CT 検診車の開発に関する研究を4 月から3 月に実施した a.ct 撮影における被曝低減化に関する研究 (6) 造血器悪性腫瘍の病態解明に関する以下の研究を4 月から3 月に実施した a. 造血器悪性腫瘍におけるmicroRNA 発現の臨床的意義 b. 骨髄異形成症候群における遺伝子メチル化機構に関する研究 c. 造血器悪性腫瘍におけるテロメアに関する研究 (7) 頭頸部がんに関する以下の研究を4 月から3 月に実施した a. 光変調画像を利用した咽頭がんの早期発見と治療方法の確立 b. 頭頸部がん遺伝子の同定に関する研究 c. 鼻腔 T/NK 悪性リンパ腫に関する遺伝子解析と発症メカニズムの解明 d. 頭頸部がん病変に対する新光感受性物質とダイオードレーザの組み合わせによる光線力学的診断 治療方法の研究 e. 頭頸部組織への新光感受性物質によるPDTの至適レーザ照射量の研究 f. 胃酸逆流が頭頸部がん発生に関連していることを実証する研究以上の事業は 今後 多くの市民の健康と福祉の向上に寄与できるものである 3. 本事業団の施設の無償利用事業 (1) がんの診断 治療並びに研究に関する機器の無償利用の供与を4 月から3 月に実施した 以上の事業は 超音波診断装置他三点の無償利用の供与をがん研究者に対し実施 対象者の健康と福祉の向上に寄与できた 4

6 4. がん研究者に対する研究助成金の交付事業 (1) がん研究者に対する研究助成金の交付 ( 平成 23 年 10 月 ) 平成 23 年度がん研究助成金授与候補者募集に対し 12 名より申請を受け 提出された申請書を研究助成金審査委員会において慎重に審査した結果 下記の研究者 12 名に対して研究助成金を交付した 氏名 所属 研 究 題 目 ( 交付金額 ) 1 池田あゆみ 東京医大 精巣腫瘍におけるリンパ行性転移の解析 ( マウス精巣における慢性炎症モ 人体構造学 デルを用いた解析 )(300,000) 2 篠原 広志 東京医大 グリオーマを構成するグリア細胞のニューロンへの分化機構の解明 組織 神経解剖学 (300,000) 3 車 暁芳 東京医大 水溶性フェノキサジンによる腫瘍血管新生と転移抑制のメカニズム 生化学 (300,000) 4 大野慎一郎 東京医大 エクソソームを用いた核酸医薬のドラッグデリバリーシステムの開発 分子病理学 (300,000) 5 大槻 和重 東京医大 マイクロ RNA プロファイリングによる慢性骨髄性白血病におけるグリベッ 内科学第一講座 ク中止例の分子生物学的検討 (300,000) 6 梶原 直央 東京医大 肺癌および縦隔腫瘍に対するロボット支援手術の適応拡大 外科学第一講座 (300,000) 7 原留 享子 東京医大 脈絡膜悪性黒色腫におけるサイトカイン ケモカインの解析とその発現の 眼科 意義 (300,000) 8 河野 通秀 東京医大 口腔扁平上皮癌における VEGF-C D/VEGFR-3 シグナル発現について 口腔外科学 (300,000) 9 永光 雄造 東京医大 子宮悪性腫瘍における血中 microrna の測定の意義 産科婦人科学 (300,000) 10 権藤 立男 東京医大 ホルモン不応性前立腺癌と進行膀胱癌における新規 NF-κB 阻害剤併用抗癌 泌尿器科学 治療戦略の開発 (300,000) 11 齋藤 和博 東京医大 EOB プリモビスト造影拡散強調像における肝血管腫と転移性肝腫瘍の鑑別 放射線医学 (300,000) 12 竹村 晃 茨城医療センター肝腫瘍に対する 水溶性フェノキサジン化合物と 2-deoxy-D-glucose の抗 外科学第四講座 腫瘍効果の検討 (300,000) 5

7 5. がん特に肺がん 消化器がん検診を中心にした検診事業 (1) 集団検診等を本事業団所在地および東京都内にて 4 月から 3 月に実施した a. 自治体契約集団検診等 21,887 名 ( がん検診含む ) (2) 受診者登録 受診率 検診管理 要精検率 要精検結果 紹介患者の予後調査等検診事業における総合的管理を更に充実させるための検討を4 月から3 月に実施した (3) 検診データバンクの構築に関し 各種検診データ及び画像資料等の蓄積 整理並びに保管等についての検討を4 月から3 月に実施した 6. がんの予防 診療及び治療に関する医師への教育 研修事業 (1) 肺がんを中心に 東京都内の開業医 専門医に対し 次の事業を東京医科大学と共催 a. 胸部 X 線読影会 ( 隔月第 3 月曜日 東京医大病院内 約 40 名 ) 奇数月に開催し X 線読影の基本的な講義と症例提示 議論を行った b. 症例検討会 ( 毎週月曜日 東京医大病院内 約 40 名 ) 治療前カンファランスとキャンサーボードを兼ねた検討会である c. 講演会 ( 東京医大病院内 約 60 名 ) 講演会を下記のごとく行った 開催名 開催日 演者 演題 第 1 回新都心呼吸器外科セミナー 6 月 24 日 広島大学原爆放射線医科学研究所腫瘍外科教授岡田守人先生 肺区域切除術 第 10 回 Tokyo Photodynamic Therapy in Lung Oncology Meeting 7 月 27 日 Dr. Yei-San Hsieh cancer with pleural metastasis Dr. Shang-Jyh Kao Present Day Lung Cancer in Taiwan (2) その他のがんに関し 医師に対し 次の事業を実施 a. がん治療セミナー日時 : 平成 23 年 6 月 16 日 ( 木 ) 演題 :MDSの治療演者 : 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科附属原爆後障害医療研究施設分子医療部門分子治療研究分野 ( 原研内科 ) 教授宮崎泰司先生 6

8 b. リンパ腫カンファランス平成 23 年 5 月 12 日 ( 木 ) Diffuse large B cell Lymphoma / Follicular Lymphoma, Grade 2 参加人数 :30 名平成 24 年 2 月 16 日 ( 木 ) T-cell prolymphocytic leukemia / CD5 陽性 DLBCL 参加人数 :30 名 7. がん専門医養成の教育事業 (1) 肺がんの専門医養成のため 東京都内の開業医 専門医に対し 次の事業を東京医科大学と共催 a. 外部の施設より研究者を招聘しての講義を実施講演会を下記のごとく行った 開催名 開催日 演者 演題 第 1 回新都心呼吸器外科セミナー 6 月 24 日 広島大学原爆放射線医科学研究所腫瘍外科教授岡田守人先生 肺区域切除術 第 10 回 Tokyo Photodynamic Therapy in Lung Oncology Meeting 7 月 27 日 Dr. Yei-San Hsieh cancer with pleural metastasis Dr. Shang-Jyh Kao Present Day Lung Cancer in Taiwan (2) 血液疾患の専門医養成について以下のセミナーを東京医科大学と共催 a. 血液学セミナー第 31 回血液学セミナー講師 : 岡本真一郎氏 ( 慶應義塾大学医学部血液内科教授 ) 演題 : 造血幹細胞移植後の感染症 Management 日時 : 平成 23 年 7 月 7 日 ( 木 ) 第 32 回血液学セミナー講師 : 山口素子氏 ( 三重大学大学院医学研究科血液 腫瘍内科学講師 ) 演題 :NK/T 細胞リンパ腫の治療日時 : 平成 24 年 2 月 23 日 ( 木 ) 7

9 8. がんに関する正しい知識を普及するための 講演会等の開催事業 (1) 一般市民を対象にした がんの予防等に関する講演会 ( 公開講座 ) の開催 1 講演名 : 東京医大市民公開講座 苦しくないがん治療を目指して ~ 第 1 回がんと診断されたら ~ 開催年月日 : 平成 23 年 5 月 12 日 ( 木 )15:30-19:00 参加人数 :171 名 講師 : 横山智央氏他 ( 東京医科大学病院臨床腫瘍科講師 ) 2 講演名 : 東京医大市民公開講座 今年の夏の海外旅行 ~ 健康対策は万全に ~ 開催年月日 : 平成 23 年 6 月 23 日 ( 木 )15:30-19:00 参加人数 :41 名 講師 : 濱田篤郎氏 ( 東京医科大学病院渡航者医療センター教授 ) 増山茂氏 ( 東京医科大学病院渡航者医療センター兼任教授 ) 3 講演名 : 東京医大市民公開講座 ある日 がん と言われたら ~ 診断 治療 緩和まで 地域でつくるがん診療 ~ 開催年月日 : 平成 23 年 7 月 1 日 ( 金 )17:30-18:30 参加人数 :70 名 講師 : 柏谷優子氏 ( 東京医科大学病院緩和ケア支援室看護師長 ) 品田雄市氏 ( 東京医科大学病院医療福祉相談室係長 ) 4 講演名 : 東京医大市民公開講座 心臓病に負けないために ~ その予防から 治療の最先端まで ~ 開催年月日 : 平成 23 年 8 月 10 日 ( 水 )17:30-18:30 参加人数 :122 名 講師 : 田中信大氏 ( 東京医科大学病院循環器内科准教授 ) 5 講演名 : 東京医大市民公開講座 膵臓がんの診断と治療 肺がん ~ 知っておきたい最新情報 ~ 開催年月日 : 平成 23 年 9 月 14 日 ( 水 )17:30-19:00 参加人数 : 約 128 名 講師 : 糸井隆夫氏 ( 東京医科大学病院消化器内科准教授 ) 8

10 大平達夫氏 ( 東京医科大学病院呼吸器外科 甲状腺外科准教授 ) 6 講演名 : 東京医大市民公開講座 乳がんになる前に聴いてほしい話 ~ 日本人女性の約 16 人に 1 人が乳がんに!~ 開催年月日 : 平成 23 年 10 月 5 日 ( 水 )17:30-18:30 参加人数 :68 名 講師 : 山田公人氏 ( 東京医科大学病院乳腺科講師 ) 7 講演名 : 東京医大市民公開講座いい皮ふの日 乾癬の最新情報 ~ 新しい治療薬の登場 ~ 開催年月日 : 平成 23 年 11 月 7 日 ( 月 )17:30-18:30 参加人数 :80 名 講師 : 大久保ゆかり氏 ( 東京医科大学病院皮膚科准教授 ) 8 講演名 : 東京医大市民公開講座 足の痛みで悩んでいませんか? ~ 外反母趾の予防と治療 ~ 開催年月日 : 平成 23 年 11 月 24 日 ( 木 )17:30-18:30 参加人数 :57 名 講師 : 小山尊士氏 ( 東京医科大学病院整形外科助教 ) 9 講演名 : 東京医大市民公開講座 今から始める花粉症対策! ~2012 年の動向と予防方法について ~ 開催年月日 : 平成 23 年 12 月 16 日 ( 金 )17:30-18:30 参加人数 :80 名 講師 : 北村剛一氏 ( 東京医科大学病院耳鼻咽喉科講師 ) 10 講演名 : 東京医大市民公開講座 膀胱がん 前立腺がん 腎がんに立ち向かう ~ 泌尿器科がん治療最前線 ~ 開催年月日 : 平成 24 年 2 月 20 日 ( 月 )17:30-18:30 参加人数 :254 名 講師 : 橘政昭氏 ( 東京医科大学病院泌尿器科主任教授 ) 11 講演名 : 東京医大市民公開講座 肩こり 頸部痛の皆さんへ ~ 解消法のウソと常識 ~ 認知症への理解と誤解 開催年月日 : 平成 24 年 3 月 14 日 ( 水 )17:30-19:00 9

11 参加人数 :228 名講師 : 田中英俊氏 ( 東京医科大学病院整形外科助教 ) 櫻井博文氏 ( 東京医科大学病院老年病科准教授 ) 市民公開講座は 本事業団が東京医科大学および東京医科大学病院と共催し 毎回多くの市 民の方々が参加され がん等の医療情報等を提供することができ 好評を得た 9. 会議 1. 理事会 (1) 平成 23 年 5 月 31 日 ( 火 ) 次の議案を審議 承認した 第 1 号議案平成 22 年度事業報告書 ( 案 ) の審議について第 2 号議案平成 22 年度計算書類の審議について第 3 号議案任期満了に伴う評議員の改選について第 4 号議案次期理事長および常務理事の候補者選出について第 5 号議案新公益法人制度への移行のための今後の検討について (2) 平成 23 年 12 月 19 日 ( 月 ) 次の議案を審議 承認した 第 1 号議案新公益法人制度への移行に伴う公益認定申請について第 2 号議案理事長の選出に関する件について 2. 評議員会 (1) 平成 23 年 5 月 31 日 ( 火 ) 次の議案を審議 承認した 第 1 号議案平成 22 年度事業報告書 ( 案 ) の審議について第 2 号議案平成 22 年度計算書類の審議について第 3 号議案任期満了に伴う役員の改選について第 4 号議案新公益法人制度への移行のための今後の検討について (2) 平成 23 年 12 月 19 日 ( 月 ) 次の議案を審議 承認した 第 1 号議案新公益法人制度への移行に伴う公益認定申請について (3) 平成 24 年 2 月 13 日 ( 月 ) 次の議案を審議 承認した 第 1 号議案理事の選任について 10

12 3. 委員会 (1) 研究助成金審査委員会 平成 23 年 10 月 4 日 ( 火 ) 議題 : 平成 23 年度がん研究助成金の審査および決定について (2) 経理委員会 平成 23 年 5 月 25 日 ( 金 ) 議題 : 平成 22 年度事業報告書 ( 案 ) の件 平成 22 年度計算書類の件 以上 11