応募シンポジウム 2 日時 :11 月 20 日 ( 金 )15 時 00 分 ~16 時 40 分 児童福祉領域における人材育成 代表者 : 中垣真通 ( 子どもの虹情報研修センター ) 発表者 : 川松亮 ( 子どもの虹情報研修センター ) 加藤曜子 ( 流通科学大学 ) 増沢高 ( 子 どもの

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "応募シンポジウム 2 日時 :11 月 20 日 ( 金 )15 時 00 分 ~16 時 40 分 児童福祉領域における人材育成 代表者 : 中垣真通 ( 子どもの虹情報研修センター ) 発表者 : 川松亮 ( 子どもの虹情報研修センター ) 加藤曜子 ( 流通科学大学 ) 増沢高 ( 子 どもの"

Transcription

1 応募シンポジウム 1 日時 :11 月 20 日 ( 金 )15 時 00 分 ~16 時 40 分 DV 被害母子への地域連携支援 代表者 : 有園博子 ( 兵庫教育大学大学院 ) 発表者 : 松原裕子 ( 兵庫県伊丹市配偶者暴力相談支援センター ) 濱岡里緒( 兵庫県女性家庭センター ) 西山みどり( 社会福祉法人伊丹母子ホーム ) 中村有生( 兵庫県立清水が丘学園 ) 有園博子( 兵庫教育大学大学院 ) キーワード : 自立生活 暴力の再演 家族再生 DV 防止法 ( 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律 ) 制定後 14 年経過し 現在 DV 相談窓口は全国に配偶者暴力相談支援センター (DVセンター) 約 240 ヶ所 男女共同参画センター 330 ヶ所以上が設置され 各市区町村での福祉課窓口を含めると非常に多くの機関で相談支援を行っている 支援者は 関連する多様な支援制度やシステムを理解した上で 福祉 警察 司法 教育 医療など様々な支援リソースを組み合わせて対応することが必要である しかしDVでは 子ども虐待での要保護児童対策地域協議会のような地域連携システムが十分に整備されていないのが現状である そこでこのシンポジウムでは DV 被害者支援を行っている各機関の方々に登壇いただき それぞれの立場でDV 被害女性と子どもへの支援の実例や連携支援について報告いただき 現状での支援の到達点と今後の課題を明確にしたい 登壇いただく方々は 市のDVセンター 県の一時保護所 ( シェルター ) シェルター退所後に関わる母子生活支援施設や情緒障害児短期治療施設および心理相談機関のメンバーである なお 倫理的配慮として個人が特定されないよう内容を構成している 1

2 応募シンポジウム 2 日時 :11 月 20 日 ( 金 )15 時 00 分 ~16 時 40 分 児童福祉領域における人材育成 代表者 : 中垣真通 ( 子どもの虹情報研修センター ) 発表者 : 川松亮 ( 子どもの虹情報研修センター ) 加藤曜子 ( 流通科学大学 ) 増沢高 ( 子 どもの虹情報研修センター ) キーワード : 子ども虐待 人材育成 研修体系 2000 年の虐待防止法制定以降 虐待ケースへの対応は積極的に取り組む方向で進んでいる しかし 対応するケースの増加やケースの抱えた課題の深刻さなどから援助の現場は困難を極めている 虐待防止法には児童虐待に携わる援助者の専門性の向上がうたわれているように 虐待ケースへの対応 援助には専門性の担保が不可欠であることはいうまでもない しかし制定後 15 年を迎えた現在においても児童虐待対応における人材の専門性が充分に確保されたとはいいがたい現状にある その背景に人材育成の重要性に対する認識の不足 児童福祉分野で人材育成のビジョンや体系が未整備であること 人事と育成体系がかみ合っていないこと 研修を十分に受ける余裕がないこと SV など相談や指導を受ける体制が十分でないことなどが挙げられよう 増沢らはこれまでも JaSPCAN において人材育成の分科会を 3 回実施してきた 特定の都道府県や市町村などから人材育成の取り組みを報告していただくことを繰り返してきた 今年度の分科会では これまでの報告を踏まえ 児童相談所 市区町村 児童福祉施設など児童福祉分野の人材育成に関する現状と課題について考察し 人材育成が進まない背景とそれをどう乗り越えていったらよいのか検討を深める 2

3 応募シンポジウム 3 日時 :11 月 20 日 ( 金 )15 時 00 分 ~16 時 40 分 児童相談所における性的虐待対応とソーシャルワーク - 子どもを守るためにこれからの 10 年に何をすべきか - 代表者 : 鈴木浩之 ( 神奈川県鎌倉三浦地域児童相談所 ) 発表者 : 菱川愛 ( 東海大学 ) 山本恒雄( 社会福祉法人恩賜財団母子愛育会愛育研究所 ) 仲島光比古 ( 長野県松本児童相談所 ) 渡邉直( 千葉県銚子児童相談所 ) 畑岡眞紀( 横浜市中央児童相談所 ) 橋本純 ( 埼玉県熊谷児童相談所 ) 府川健太郎 ( 横須賀市児童相談所 ) 大久保千恵 ( さいたま市児童相談所 ) 稲葉史絵( 神奈川県中央児童相談所 ) キーワード : 被害確認面接 性的虐待対応ガイドライン ソーシャルワーク 宮城大会での報告から 10 年目となる 告白した子どもが 守られていると思える実践をどれだけ積み重ねただろうか 性的虐待は顕在化しにくい虐待である 虐待対応件数が顕著な増加を示しているのに対して 性的虐待は微増である 都市圏の児童相談所 ( 以下 児相 ) では性的虐待の割合は 1~ 2% 程度である 発見される性的虐待の増加が虐待対応システムの成熟度のひとつを示すならば いまだ 我国のシステムは多くの課題があるといわざるを得ない 10 年前にはじめられた被害確認面接の導入は 今や 7 割以上の児相が何らかの形で導入していると言う 更に 2011 年に 性的虐待対応ガイドライン が示され 虐待対応のボトムアップに確実に貢献している しかし その行間を埋めるのは実務家の実践の積み重ねである ガイドラインに従えば そこに方針があると言うことではない 本シンポジウムでは 10 年目の節目を迎え これからの未来を見据えた性的虐待対応のあり方 被害確認面接 ( 司法面接 ) の導入のあり方 各児童相談所のガイドラインの作成経過 そして これを活用した実践報告 その成果と課題を報告する なお 発表にあたっては発表者の所属の倫理綱領等を遵守する 3

4 応募シンポジウム 4 日時 :11 月 20 日 ( 金 )15 時 00 分 ~16 時 40 分 子どもシェルターの設立及び運営における課題 代表者 : 影山秀人 ( 特定非営利活動法人子どもセンターてんぽ ) 発表者 : 森本志磨子 ( 子どもセンターぬっく ) 中川雅博 ( 特定非営利活動法人子どもセン ターぽると ) 未定 ( 社会福祉法人カリヨン子どもセンター ) キーワード : 子どもシェルター 児童自立生活援助事業 10 代後半の子どもの自立 子どもシェルターの設立にあたっては 関係機関 特に行政機関の理解と協力が必要不可欠であるが 子どもシェルターがどのような活動をしているか 実際に入所した子がどのようなところに退所していくのか それぞれの地域にどの程度の具体的なニーズがあるか 等を理解してもらうことには困難が伴う また 子どもシェルターの運営にあたっては, 児童自立生活援助事業における位置付けや一時保護委託との区別, 他の都道府県の子どもが入所した場合の割愛の問題や 自立準備ホーム 補導委託との関係など, 制度上の課題がいくつか存在する 本シンポジウムでは これら点について,1これからシェルターを設立しようとしている団体 2 児童自立生活援助事業の適用後に運営を開始したシェルター 3 児童自立生活援助事業の適用前から運営していたシェルター, の3 者から, それぞれが直面する課題を報告してもらった上で, パネルディスカッションを行い, 可能であれば, 厚生労働省の担当者から会場発言をいただくなどして, 子どもシェルターの設立及び運営における課題について, 共通の理解を深めたい 4

5 応募シンポジウム 5 日時 :11 月 20 日 ( 金 )15 時 00 分 ~16 時 40 分 周産期母子医療センターにおける職権保護を考える - 虐待の恐れ とどう向き合うか - 代表者 : 菊地祐子 ( 東京都立小児総合医療センター子ども家族支援部門心理福祉科 ) 発表者 : 公家里依 ( 東京都立小児総合医療センター子ども家族支援部門心理福祉科 ) 濱中知恵子 ( 東京都立多摩総合医療センター医療相談係統括課 ) 間宮規子( 東京都立小児総合医療センター子ども家族支援部門心理福祉科 ) 木村恵子( 東京都八王子児童相談所児童福祉係 ) 馬渕泰至( みなと青山法律事務所 ) キーワード : 周産期 職権保護 虐待の恐れ 東京都立多摩総合医療センターと小児総合医療センターは東京都西部の中核的な総合周産期母子医療センターに位置付けられている その中で 若年妊婦 飛び込み出産 未治療の精神疾患 経済苦 ゴミ屋敷の住人 DV 虐待の既往など 我々医療者が退院後の子どのも安全について心配を抱くケースにしばしば遭遇する しかし 周産期領域においては 虐待の懸念 はあっても 虐待の事実 は存在しないため ケースワークに苦労することも稀ではない 産科 新生児科の領域で虐待が心配されるケースに出会ったとき 我々は如何にその親子と向き合うべきか 子どもの安全を担保するために一体何ができるのか 何が足りないのか 現在の日本の施策を鑑みながら 医療 児童福祉 法律家それぞれの立場から考えてみたい 5

6 応募シンポジウム 6 日時 :11 月 20 日 ( 金 )15 時 00 分 ~16 時 40 分 保健機関における子ども虐待を支援する保健師のための支援体制 代表者 : 山田和子 ( 和歌山県立医科大学保健看護学部 ) 発表者 : 丸山睦 ( 堺市西保健センター ) 新居久代 ( 尼崎市保健所健康増進課 ) 池田裕子 ( 京都府長岡京市健康福祉部 ) キーワード : 保健師 支援体制 職場 子ども虐待は 事例毎に子ども 親 家庭の状況が異なり 専門的な 高度な判断 支援が必要である また 支援を求める事例だけでなく 支援を求めない事例へも支援をする必要があり 支援方法は事例に応じて 工夫していく必要がある 一方 保健機関において保健師は, 子ども虐待の予防 早期発見 支援と幅広い役割を担っている さらに 母子手帳交付時の面接 乳児全戸訪問 健診未受診児への訪問 特定妊婦への支援など近年取り組みは広がってきている しかし 死亡事例検証委員会の報告にみられるように 保健師が関与することが多い 0 歳児の死亡が多く ( 厚生労働省 2014) また 重症事例への支援も多くなってきている 保健師が支援を工夫するには 新しい知識を得たり 日常的にスーパーバイズを受けたり 事例検討を行うなど保健師を支援する職場内の体制が必要である しかし これまでは保健師個人に支援を任されることが多く 職場組織として保健師を支援する体制は不十分である そこで 各自治体の保健機関における取り組みを紹介していただき 職場として保健師を支援するための体制について 参加者の皆さんと考えていきたい なお 本分科会は保健機関における保健師の取り組みについて発表 議論を行うもので 個々の事例については発表しない 6

7 応募シンポジウム 7 日時 :11 月 20 日 ( 金 )15 時 00 分 ~16 時 40 分 DV 被害を受けた女性と子どもに向けた心理教育プログラム びーらぶ の展開 - 地域での包括的支援に向けて - 代表者 : 佐藤浩子 (NPO 法人女性ネット Saya-Saya) 発表者 : 宍倉和美 ( びーらぶチバ ) キーワード : 世代間連鎖 DV 虐待への理解と回復 支援者養成 昨年度ジャスピカン イスピカンで紹介した びーらぶプログラム だが その後 民間団体だけでなく 行政の中でもプログラム実施が増えてきている 今まで全国で80プログラムの実施をしてきた中での 各地で提供する支援者であるインストラクターの養成により 地域支援の幅を増やし 虐待と DV のスケールを持ち対応していくことを可能にして来ている DV にさらされた子どもの回復に 母親への自立支援に繋がる母子に同時に行われる心理教育プログラム びーらぶ が 他の地域支援とともに効果を上げてきていると言える 行政によっては 継続して予算を前年度より増やして 積極的に びーらぶプログラム を取り入れてきている現状がある 暴力被害から離れた後の 母子の関係性を向上させ 母の養育力をアップしながら 子どもの傷つきを癒し 他者との信頼関係の構築や 誤学習した価値観を手放し 新たな尊重し合える関係性を具体的な学び直しをしていくことで 暴力被害者 加害者 傍観者を作らない地域社会を予防の観点としても期待をされている 現在 体系的に地域の力で 暴力被害母子へのエンパワメントをしていく びーらぶ プログラムの展開を紹介する 7

8 応募シンポジウム 8 日時 :11 月 20 日 ( 金 )17 時 00 分 ~18 時 40 分 性的虐待事案に係る児童とその保護者への支援の在り方について 代表者 : 八木修司 ( 関西福祉大学社会福祉学部社会福祉学科 ) 発表者 : 山本恒雄 ( 社会福祉法人恩賜財団母子愛育会愛育研究所 ) 佐藤朋幸( 東大阪子ども家庭センター ) 佐々木敦志( 大阪府障がい者自立相談支援センター ) 中村有生( 兵庫県立清水が丘学園 ) 司会 指定討論者 : 岡本正子 ( 大阪教育大学 ) 八木修司( 関西福祉大学 ) キーワード : 児童相談所 非加害保護者支援 情緒障害児短期治療施設 本シンポジウムでは平成 26 年度厚生労働学研究費補助金政策科学総合研究事業の 性的虐待事案に係る童とその保護者への支援の在り方に関する研究 の報告を行う 本研究は3 班で構成され 分担研究 1では 児童相談所における性暴力被害児への支援の在り方 として性的虐待 家庭内性暴力被害にあった子どもの児童相談所における対応の実態調査を行い 一時保護過程における子どもへの対応 支援につき 児童相談所として統一的な基本的対応手順 手法をより具体的に整理する必要があることが明らかとなった 分担研究 2では 性的虐待 家庭内性暴力被害事案の非加害保護者を中心とした家族支援の在り方に関する研究 として子どもへの支援に不可欠な非加害保護者を中心とした家族への初期対応時点から中 長期的視点を踏まえた支援の在り方について 児童相談所への質問紙調査を行った 分担研究 3では 情緒障害児短期治療施設における性暴力被害児への支援の在り方に関する研究 として児童福祉施設における子どもと保護者への治療的支援の在り方の開発を目的として 情緒障害児短期治療施設における性的虐待を受けた子どもの入所状況や治療の実情の調査を行った 当日は それぞれの班からの報告を行う 8

9 応募シンポジウム 9 日時 :11 月 20 日 ( 金 )17 時 00 分 ~18 時 40 分 子育て経験者による切れ目のない支援 - 産前サポート システム等の開発を中心に - 代表者 : 西郷泰之 ( 大正大学 ) 発表者 : 三輪眞知子 ( 梅花女子大学 ) 高城智佳( 京都文教大学 ) 清水彩( 神戸大学 ) 小俣みどり ( 子育てネットワークピッコロ HSJ 理事 ) 森田圭子( わこう子育てネットワーク HSJ 理事 ) 黒田奈々(NPO 法人ドロップインセンター ) キーワード : 母子保健 産前 産後サポート ホームスタート 家庭訪問型子育て支援ホームスタートの活動は 利用者の満足度も高く その成果についてもエビデンスがあり安全 安心で効果的な支援として 全国約 80 の市町村で実施され 7つの県が県行政として活動の促進に力を入れてきている しかし ホームスタートは乳幼児が一人でもいる家庭への子育て経験者による支援であることから 妊婦への支援は一般的には実施していない しかし 利用者側のニーズが高いことや 国の事業である妊娠出産包括支援事業の中の産前 産後サポートは 助産師等の専門家による相談支援や 子育て経験者やシニア世代等の話し相手等の支援により 家庭や地域での孤立感の解消を図る と子育て経験者によるホームスタートのような支援を想定している そこで ホームスタートの子育て経験者によるシステムを基盤に 産前や周産期における子育て経験者による切れ目のない支援システムを開発するための調査研究及び試行事業の中間報告をシンポジウム形式で行い 成果とともに検討課題の整理等を行う場としたい 9

10 応募シンポジウム 10 日時 :11 月 20 日 ( 金 )17 時 00 分 ~18 時 40 分 MY TREE ペアレンツ プログラムの効果を解析する - ナラティブと事例 統計学的分析 第三者評価 - 代表者 : 中川和子 (MY TREE ペアレンツ プログラムセンター ) 発表者 : 森田ゆり ( エンパワメント センター ) 八重樫牧子 ( 福山市立大学 ) 中川和子 (MY TREE ペアレンツ プログラムセンター ) キーワード : 親の回復支援プログラム 効果測定 エンパワメント MY TREE は 心理教育とグループ エンパワメントの方法を用いて 保護者の虐待的言動を終止 減少させることを目的としている 本シンポジウムでは MY TREE の効果について 3つの視点 ( ナラティブな視点 統計学的視点 第三者の視点 ) で分析 検討した結果を報告する 最初に 修了生のナラティブと事例から MY TREE プログラムの目的 <セルフケアと問題解決による虐待的言動の終始 >がどのように達成されているかを プログラム開発者が論じる 次に MY TREE の参加者にプログラムを受講する前と 受講後に 子どもへの関わりや自分についての認識などを自己評価したアンケートの分析結果を報告する アンケートは参加者が自己と向き合い 課題を認識するツールのひとつとして実施してきた 2010 年から 2014 年までのアンケート結果から 欠損値のない 173 名について統計的な分析を行った 研究デザインと方法論については 福山市立大学の八重樫牧子氏の協力を得た シンポジウムでは 分析結果を八重樫牧子氏から発表して頂く 最後に第三者評価として 参加者の担当者 ( ケースワーカー相談員等 ) に参加者の変化を評価するアンケートを実施した集計結果を報告する 10

11 応募シンポジウム 11 日時 :11 月 20 日 ( 金 )17 時 00 分 ~18 時 40 分 体罰, 虐待の予防, 防止のための諸施策と効果的かつ子どもの権利を尊重するペアレンテ ィングプログラムについて 代表者 : 森保道 (NPO 法人子どもすこやかサポートネット日本弁護士連合会子どもの権利委員会 ) 発表者 : 田沢茂之 (NPO 法人子どもすこやかサポートネット大正大学講師 ) 高祖常子 (NPO 法人子どもすこやかサポートネット認定特定非営利活動法人児童虐待防止全国ネットワーク ) 森保道(NPO 法人子どもすこやかサポートネット日本弁護士連合会子どもの権利委員会 ) キーワード : 体罰 虐待の予防 子どもの権利 子どもに対する体罰, 虐待を予防, 防止する諸施策として, 家庭を含めたあらゆる状況における体罰の法的明示的禁止と体罰の弊害や体罰に代わる非暴力的な子育て方法等の啓発, 普及が効果的であり, 日本は, 国連子どもの権利委員会等から繰り返し, 体罰禁止の法制化と, 非暴力的な子育て方法等の啓発を実現するように勧告を受けています 世界的に体罰の法的明示的禁止を実現した国は加速度的に増加し2015 年 4 月現在 46 か国となり, さらに増加する動きがありますが, 体罰禁止法制化を実現した国々の効果検証の報告を行います また, 子どもの権利を尊重し, 子どものすこやかな成長発達を促す効果的なペアレンティングプログラムについて考えます 11

12 応募シンポジウム 12 日時 :11 月 20 日 ( 金 )17 時 00 分 ~18 時 40 分 子どもと家族を中心に据える家族応援会議の実際 代表者 : 井上薫 ( 同朋大学 ) 発表者 : 荻澤歩 ( 長野県中央児童相談所 ) 井上直美 ( 衆善会乳児院 ) キーワード : 家族応援会議 児童相談所 児童福祉施設 家族応援会議とは 子どものために家族を応援する会議であり 初期アセスメント 子どもの保護先 面会交流 安全計画づくり モニタリングなど各段階の意思決定を家族とその応援団 関係者が共働的に行う手法である 子どもや家族 親族 知人等が参加し 参加者の力を発揮してもらう流れをつくることで 自分たちに合った 自分たちが使える 自分たちが責任を持つ 自分たちの目標 計画 となって 子どもの安全や家族の主体的行動の可能性が高まる 会議のファシリテーターの役割は 会議に明確な目的を持たせ 必要な人が招待され 全員に会議の心構えができるようにし 共働的な話し合いになるように会議を進行することである 子どもの参加には 子どもの関与を最大にし 安全感への配慮が必要である 本シンポでは 児童相談所や入所型児童福祉施設において 安全パートナリング (Parker,2015) や三つの家 (Weld ら,2015) を取り入れ 家族応援会議に先駆的に挑戦した実践者から報告を求め 難しい問題を話し合うためのツールやファシリテーション上の工夫 会議参加者それぞれにとっての家族応援会議の効果 意義について明らかにする 12

13 応募シンポジウム 13 日時 :11 月 20 日 ( 金 )17 時 00 分 ~18 時 40 分 社会的養護の施設における性暴力ネットワークへの取り組み Ⅵ - 性的問題に対する包括的ケアに向けた取組み - 代表者 : 石川智 ( 杏林大学 ) 発表者 : 星野崇啓 ( さいたま子どものこころクリニック ) 吉野りえ ( 埼玉性的虐待研究会 ) 吉田玲奈 ( 埼玉性的虐待研究会 ) キーワード : 児童養護施設 性的問題 包括的ケア 埼玉県内の児童福祉施設職員有志による 施設で起きる性的問題へのよりよい対応の為の研究会 ( 埼玉性的虐待研究会 : 埼性研 ) では 性的問題行動のある子どもを対象としたグループプログラムの開発 実施 施設で起きる性的問題の実態調査 性的問題に関する職員研修の企画 運営といった多方面にわたる活動を行ってきている 当会はそもそも 施設で性暴力が起きた際 被害児童のケアに比べ加害児童をケアできるような体制が整っていなかった状況に問題を感じ 各施設から加害児童を集めグループ治療等のケアを実施できるような枠組みを作れないか模索するところから始まった しかし活動上の様々な困難や制約に相対し 一方でケア実践や調査 研修等から施設における性的問題の実際を知っていく中で 施設での性的問題への対応は当事者の個別的ケアに留まらず 施設全体を視野に入れた包括的なものとする必要性を認識するに至った 本シンポジウムでは 施設における性的問題についての調査報告 ( 石川 ) 当会の沿革と包括的ケアの実際 ( 吉野 ) 実施施設側からのコメント( 吉田 ) について発表し 施設における性的問題へのケアのあり方についてフロアと意見交換したい 13

14 応募シンポジウム 14 日時 :11 月 20 日 ( 金 )17 時 00 分 ~18 時 40 分 生活保護世帯のひとり親家庭を対象とした親支援プログラム (NP) の実践 代表者 : 柴田俊一 ( 常葉大学 ) 発表者 : 櫻幸恵 ( 岩手県立大学 ) キーワード : 生活保護世帯 ひとり親 Nobody's Perfect 児童虐待予防や子育て支援を目的として 親支援プログラムがいくつか実践をされているが 多くの場合参加者の自由な申し込みによる応募方式をとっているため 比較的 参加意欲の高い親が応募してくるという現状がある ところが 本来支援が必要であったり 学習をしてもらいたいと関係者が望む親は 自ら申し込みをして参加してくることは 少ないという現状がある カナダから導入された親支援プログラム Nobody's Perfect(NP) は 多くの自治体や 子育て支援団体により実践が行われてきたが 応募状況は やはり参加意欲の高い親が申し込みをしてくる状況にはかわりはない カナダでは 本来必要な親はなかなか出てこれないことを前提として タクシーチケットや 食糧などを提示し参加を促し 親のための学習が必要な階層の親にプログラムを届けてきている 今回 もっとも孤立しやすい状況にある生活保護家庭で ひとり親家庭へ交通費等を支給するかたちで NP への参加を促した実践につき報告を行い 今後の親支援プログラムの在り方につき検討を加えたい 14

15 応募シンポジウム 15 日時 :11 月 21 日 ( 土 )9 時 00 分 ~10 時 40 分 児童相談所一時保護所の支援の充実 代表者 : 茂木健司 ( 埼玉県中央児童相談所 ) 発表者 : 和田一郎 ( 社会福祉法人恩賜財団母子愛育会愛育研究所 ) 大崎元( 建築工房匠屋 ) 阪東美智子( 国立保健医療科学院 ) 石坂陽子( 新潟県長岡児童相談所 ) 吉田潤( 新潟市児童相談所 ) 鈴木勲( 公立大学法人会津大学会津大学短期大学部社会福祉学科 ) キーワード : 児童相談所一時保護所 社会的養護 運営指針 H25 26 年度の2か年にわたる子ども総研の調査研究で全国の一時保護所 ( 以下 一保と省略 ) の地域差が明らかになった 背景には 政令指定都市の増加 老朽化した一保の改築 急増する一時保護要請に応えるための増改築などが考えられる 従来 一保所に関する問題は 保護要請の多い大都市部の大規模施設を念頭に置いた議論が多かった 地域差が標準的な施設 ( 建物等物理面 ) や標準的なケアの構築を困難にしている要因の一つとも考えられる しかし 支援の充実を考えた場合 全国標準の作成は不可欠である 一方 児童養護施設は社会的養護の課題と将来像では 1 小規模化と施設機能の地域分散化による家庭的養護の推進 2 本体施設は 精神的不安定等が落ち着くまでの専門的ケアや 地域支援を行うセンター施設として 高機能化が示されており 実際に自治体ごとに整備計画が進められている しかし 大都市部の一所は 1とは正反対の大規模化と2と同様の高機能化が進められている 今年度は地域の小規模な一所への焦点化と今まであまり顧みられなかった建築家の視点からも 一所の支援の充実を図るための諸条件を検討したい 倫理的配慮 : 当分科会では個人情報を含むものは扱わない 発表 1 発表 2の調査研究は日本子ども家庭総合研究所の倫理委員会の承認を得ている また 各発表者からは 日本社会福祉学会の研究倫理指針 を遵守する旨の誓約書を徴した 15

16 応募シンポジウム 16 日時 :11 月 21 日 ( 土 )9 時 00 分 ~10 時 40 分 日本におけるライフストーリーワーク普及に向けた土台作り - 政令指定都市の実践と地域性の違いに注目して - 代表者 : 平田修三 ( 早稲田大学人間科学総合センター ) 発表者 : 前川未来 ( 名古屋市西部児童相談所 ) 井上幸子( 名古屋市中央児童相談所 ) 細貝祐輔 ( 浜松市児童相談所 ) 山本智佳央( 三重県児童相談センター ( 四日市市派遣 )) 平田修三 ( 早稲田大学人間科学総合センター ) キーワード : ライフストーリーワーク 児童相談所 政令指令都市 子ども虐待防止学会では第 14 回大会 (2008 年 ) 以降 ライフストーリーワーク ( 以下 LSW) をテーマにした企画が継続開催中である こうした企画が日本の LSW の発展に貢献した側面は大きいと考えられる 実際 そこでの企画 報告者らを中心に 2011 年からメーリングリストが組織され 2013 年からは LSW 実践 研究交流会 が毎年開催されるなど LSW 実践者 研究者同士の交流の輪は着実に広がりつつある その一方で LSW の全国的な普及 実態に目を向けると LSW の実施に対するニーズは高いものの なかなか進展していかない実情がある ( 曽田 2013) また 先述したメーリングリスト 交流会では 自治体ごとの地域性 組織体制の違いによって課題が異なることも議論されるようになった そこで今回の報告では 新潟市での開催であるということも踏まえ 政令指定都市児童相談所における LSW の実践 人材育成の実態について紹介しつつ 自治体の違いに応じた LSW の特徴 課題を検討したうえで 実施体制確保のためのアイデアをフロアと共に意見交換したい 16

17 応募シンポジウム 17 日時 :11 月 21 日 ( 土 )9 時 00 分 ~10 時 40 分 サインズ オブ セーフティ アプローチ - 子どもにとって意味のある結果を出せる人 組織を創っていく - 代表者 : 菱川愛 ( 東海大学 ) 発表者 : 岡野典子 ( 茨城県筑西児童相談所 ) 渡邉直( 千葉県銚子児童相談所 ) 田中久子 ( 埼玉県所沢児童相談所 ) 森田聖美( さいたま市児童相談所 ) 鈴木浩之( 神奈川県鎌倉三浦地域児童相談所 ) キーワード : 児童虐待 人材育成 サインズ オブ セーフティ アプローチ 2009 年 西オーストラリア州本課が改革を行った 児童虐待問題において採用されたのは サインズ オブ セーフティ アプローチ (SoS) であった 現在 イギリス カナダ アメリカ オランダ デンマークにおいても到達目標 研修計画 予算を策定した組織的な導入 5 ヶ年計画が実行されている では 日本においてはこれまでどうだったろうか?SoS の実践は 困難ケースにあっても子どもたち 家族の願いが実現する可能性の扉を開けてきた アセスメントに続き 危害が起きてきた一連の流れに直接的に歯止めをかけるルール 段取りをいろいろなインフォーマルな人の力を借りて子どもの生活に取り込む それらが維持され 確実なものになった時終結するという SoS の一貫した援助の展開に忠実に取組んできた 日本語と言う防壁によるガラバゴス諸島的進化を妨げるべく継続的な研修 国内 海外の児童相談所現場との実践交流を続けてきた 現在 議論は児童虐待対応現場の人材育成に移行している シンポジウムでは どうして SoS なのか に対する疑問への答えとして 優れた実践の報告及び現場における研修計画 事業化の取組みについて報告を行なう 17

18 応募シンポジウム 18 日時 :11 月 21 日 ( 土 )9 時 00 分 ~10 時 40 分 性的問題行動を行った男児への支援 - 児童相談所と児童自立支援施設の立場から - 代表者 : 相澤林太郎 ( 子どもの虹情報研修センター ) 発表者 : 小柳紘介 ( 国立武蔵野学院 ) 田口謙作 ( 千葉県東上総児童相談所 ) 三枝将史 ( 埼 玉県越谷児童相談所 ) キーワード : 性的問題行動 在宅支援 アフターケア 児童相談所や児童福祉施設における子どもの性的加害行動への支援については 再発予防や家族支援等 対応のヒントが海外から導入され それぞれの現場で工夫がされているものと思われるが アセスメントや支援 再発予防も含め 性加害を行った子どもへの支援の全体像については まだまだ検討する必要のあることは多い 本シンポジウムでは 児童福祉施設内でではなく 地域で性的加害行動を行った男児への児童相談所 児童自立支援施設による支援に焦点をあてたい 性的問題行動を抱える子どもへの支援については 性的問題行動に特化した支援だけでは不十分であり 子どもの全体的な状態像のアセスメントと支援 家族や地域等 その子どもをとりまく環境のアセスメントとアプローチが必要になってくる そういった視野のもと 今回は各機関での取り組み 課題点 工夫点等を報告し 参加者の意見を交えることで どのような支援の全体像が考えられるかについて検討を進めていきたいと考えている 18

19 応募シンポジウム 19 日時 :11 月 21 日 ( 土 )9 時 00 分 ~10 時 40 分 虐待予防は母子保健から - ハイリスク アプローチの親支援グループを保健師が活用しよう - 代表者 : 山下洋子 ( とよたまこころの診療所 ) 発表者 : 鷲山拓男 ( とよたまこころの診療所 ) 高橋千草( 東京都世田谷区砧総合支所健康づくり課保健相談係 ) 小泉奈央子( 東京都世田谷区玉川総合支所健康づくり課保健相談係 ) 石丸明子 ( 東京都国分寺市福祉保健部健康推進課 ) キーワード : 虐待予防 母子保健 ハイリスク親支援グループ 2012 年高知りょうま大会では 母子保健における虐待ハイリスク事例を対象とした二次予防のための ハイリスク親支援グループ と近年さまざまに報告されている認知行動療法的 スキルトレーニング的なグループとの違いを明確にしたうえで ハイリスク親支援グループを母子保健が行う重要性を 虐待予防の公衆衛生 集団療法の観点の双方から確認し有効性の評価のあり方について議論した また保健師が支援活動のツールの一つとしてグループを活用出来るように具体的なしくみを報告した 今回はその続編として グループの有効性について国内外の文献から示すとともに 3 か所の保健機関の保健師による実践報告を行う 東京都世田谷区砧および玉川はグループが事例の変化成長にとどまらず保健師にとって OJT の場になっていることを実感した 安定した運営のための工夫 そしてグループの積み重ねがどのように保健師の変化や成長につながっていくかを報告したい 東京都国分寺市は 2007 年に立ち上げたグループが 3 年で休止せざるを得なくなったが 2013 年に再度立ち上げるに至った 休止後から再開までの保健師の思いと取り組みを報告したい 19

20 応募シンポジウム 20 日時 :11 月 21 日 ( 土 )9 時 00 分 ~10 時 40 分 支援と介入 - 児童相談所のこれからを考える PART2 代表者 : 久保樹里 ( 大阪市こども相談センター ) 発表者 : 市村好弘 ( 大阪市こども相談センター ) 千賀則史 ( 愛知学園 ) 菅野道英 ( 滋賀 県彦根子ども家庭相談センター ) 川松亮 ( 子どもの虹情報研修センター ) キーワード : 児童相談所 子ども虐待 支援と介入 児童相談所 ( 以下 児相と記す ) はさまざまな子どもの相談に応じる機関とされているが 多くの児相において虐待対応 それも初期対応にかなりのエネルギーが使われているのが現状である 児相ダイヤル3 桁化により その傾向はますます高まることが予想される 児相の歴史を振り返ると 保護者と子どもの個別のニーズと社会的な課題に対応するため 組織を変え やり方を工夫し柔軟に対応してきたが 子ども虐待対応は 児相のあり方を大きく変えることになった 第 19 回大会では 介入と支援ー児童相談所のこれからを考える というテーマで 虐待の定義とシステム 法整備を曖昧にしたままの状況のなかで 児相が虐待対応において介入的手法と 一転して支援的手法の両方を担う児相の現状を考える分科会を企画した 第 20 回大会では 児相を支える職員の人材育成問題にポイントをおいたシンポジウムを企画した これをふまえて 今回は 児相が子どもの福祉と権利擁護にかかわる行政機関としての役割を果たすために 機関自体を見直す必要性を含めて 今後の方向性について論議していきたい 20

21 応募シンポジウム 21 日時 :11 月 21 日 ( 土 )9 時 00 分 ~10 時 40 分 子ども虐待における親支援に認知行動療法を援用する - マクロからミクロまで - 代表者 : 坂戸美和子 ( 新潟県中央福祉相談センター ) 発表者 : 坂戸美和子 ( 新潟県中央福祉相談センター ) 白川美也子 ( こころとからだ 光の 花クリニック ) キーワード : 親支援 面接 認知行動療法 子ども虐待対応における親支援についての実践研究の歴史は浅いといえるでしょう 子ども虐待の定義が あくまで親の養育行動に基づいてなされているのに 肝心な親の行動を改善していくための方法論が確立されていないのが現状なのではないでしょうか? これは不思議なことです その理由として 虐待防止法が成立するまで 虐待をする親は 親本人に相談意思がなければ 福祉機関は関わる術を持たなかったため その支援は 被虐待後に様々に症状を呈してくる子どもに対して行われるのが主であったことが影響していると思われます しかし 虐待防止法成立後 親の相談意思とは無関係に 児相を初め相談機関は親に関わっていくことになりました 本シンポジウムでは 子どもに対し認知行動療法 ( 全般 AF-CBT TF-CBT など ) やその他の治療技法を援用しつつ 親に対しては 法に基づく福祉介入をマクロ 臨床場面での介入をミクロとして その本質が面接ということにおいては共通することを示した上で 昨今エビデンスが高い治療法として日本にも導入されている TF-CBT や AF-CBT の治療構造や治療技法とも照合して ロールプレイで理解を深めて行く参加型のワークショップをおこないます 21

22 応募シンポジウム 22 日時 :11 月 21 日 ( 土 )9 時 00 分 ~10 時 40 分 保育所における子ども虐待予防 代表者 : 二宮恒夫 ( 徳島大学医学部保健学科 ) 発表者 : 笠井由美 中尾久美子 ( 徳島市子ども施設課 ) 中津郁子 ( 鳴門教育大学大学院 ) 二宮恒夫 ( 徳島大学医学部保健学科 ) 岡久玲子 ( 徳島大学大学院 ) キーワード : 箱庭あそび 虐待予防ソフト レジリエンス 保育所は 子どもと親に毎日接する場であり 子ども虐待の予防 子ども 親への心理支援の重要な役割を担っている 保育所には 子育て困難な養育者の心理的負担の軽減を図る目的で入所する子どもや 愛着障害を疑わせる気になる子どもがいる 保育士からみた気になる子ども 家族背景の実態調査の結果 支援の対象者は多く 子どもの成長に伴う切れ目ない連携支援の充実が大切である 子どもの心理支援のため導入した 箱庭療法セットを利用した 箱庭あそび は子どもに好評であり 臨床心理士の保育所訪問により心理支援の充実が図られた 保育士の幼児の心理面への理解や 観察力 幼児への対応力がより深まっていくことが期待される 子ども 親の心理支援の経過記録は 要保護児童対策地域協議会の個別ケース検討会開催の判断や 保育士の支援力量の向上に役立てられるよう 経過が自己評価点数の変動で把握できるように 虐待予防ソフト ( 保育所用 ) を開発した レジリエンスの視点からの子育て支援を模索するため 幼児を育児中の母親のもつレジリエンスに関する調査を行い レジリエンスは母親の成育歴や 子どもについての困りごと 子育て環境に関係していた 22

23 応募シンポジウム 23 日時 :11 月 21 日 ( 土 )9 時 00 分 ~10 時 40 分 不自然なキズと証拠の残し方 - 身体外表と口腔の損傷 病態について - 代表者 : 都築民幸 ( 日本歯科大学生命歯学部歯科法医学講座 ) 発表者 : 都築民幸 ( 日本歯科大学生命歯学部歯科法医学講座 ) 美作宗太郎( 秋田大学大学院医学系研究科社会環境医学系法医科学講座 ) 岩原香織( 日本歯科大学生命歯学部歯科法医学講座 ) キーワード : 損傷の外表検査 損傷の記録 早期発見 子ども虐待を早期に発見 防止するためには, 不自然な損傷 病態に早期に気付くことが重要である しかし, これらを評価するには, 専門的な知識が必要となることも多く, 損傷 病態の程度によっては判断が困難な場合も多く, だれでもが容易に判断できるわけではない 現在, 各地で, 児童相談所協力医師制度が実施され, 子ども虐待が疑われる損傷 病態のある事例について, 協力医師から医学上の相談や医学的知見を得ることにより, 迅速かつ適切な相談援助業務の実施を図ることが行われている 明らかに子ども虐待が疑われるような重篤な損傷 病態では, 医療機関において臨床医により医療記録が残されれば, これらをもとに虐待の評価を行うことが可能であるが, 損傷や病態が軽微で, 医療機関を受診していない場合は, 初期の記録がない事例も多く, 後日, 虐待の評価を行ったり, 損傷や病態についての意見書を作成することが困難な場合も少なくない 本シンポジウムでは, 児童相談所職員など子どもに関わる職種の方々に, 虐待が疑われる身体や口腔の損傷 病態を理解していただき, マネキンを用いて資料採取を経験していただく予定である 23

24 応募シンポジウム 24 日時 :11 月 21 日 ( 土 )11 時 00 分 ~12 時 40 分 性感染症と性的虐待 代表者 : 藤林武史 ( 福岡市こども総合相談センター ) 発表者 : 久保健二 ( 福岡市こども総合相談センター ) 高瀬泉( 山口大学大学院医学系研究科法医 生体侵襲解析医学分野 性暴力救援センター 大阪 SACHICO) 加藤治子( 阪南中央病院産婦人科 性暴力救援センター 大阪 SACHICO) 岩佐嘉彦( いぶき法律事務所 ) 助言者 : 山本恒雄 ( 社会福祉法人恩賜財団母子愛育会愛育研究所 ) キーワード : 性感染症 性的虐待 法医学鑑定 医療機関から児童相談所に寄せられる虐待通告の一つに 思春期以前の子どもの性感染症がある 性感染症の発症をきっかけとして 子どもが医療者や児童相談所職員に対して性的虐待の事実を語ることもあるが 子ども本人からの開示が得られない場合もある その場合であっても 性感染症の事実をもって他者からの性被害を疑い 特に家族内発症者がいる場合などは 児童相談所として一時保護や児童福祉法 28 条の申し立てを行ってきた 申し立ての過程でわかってきたことは 入浴やタオルの共用などの非性的接触で性感染症が発生すると主張する医師が少なくないこと 医学論文や細菌学の教科書にもその記述がみられることである 本分科会では 思春期以前の子どもの性感染症の通告事例を元に 通告時の追加の診察や検査はどこまで必要なのか 法的にはどのように対応すべきなのか 臨床医と法医学それぞれ医療の専門家からの提言をいただいた上で 弁護士とソーシャルワーカーの立場からの助言を踏まえて 今まで議論されることのほとんどなかった性感染症と性的虐待の関連について検討する なお 本シンポジウムにおける事例提示は個人が特定されない形でおこなう 24

25 応募シンポジウム 25 日時 :11 月 21 日 ( 土 )11 時 00 分 ~12 時 40 分 支援につなげるための子ども虐待対応システムのあり方 : 安全 ニーズ リスク 家族の 参加 支援型対応 代表者 : 畠山由佳子 ( 神戸女子短期大学 ) 発表者 : 有村大士 ( 日本社会事業大学 ) 伊藤徳馬( 茅ヶ崎市子ども育成相談課 ) 加藤曜子 ( 流通科学大学 ) 笹井康治( 沼津市こども家庭課 ) 田代充生( 鎌倉三浦地域児童相談所 ) 土橋俊彦( 神奈川県中里学園 ) 八木安理子( 枚方市家庭児童相談所 ) 吉田恵子( 堺市子ども家庭課 ) 渡邉直( 千葉県銚子児童相談所 ) 坂清隆( 横浜市北部児童相談所 ) キーワード : 子ども虐待対応システム Differential Response 支援型対応 早期発見 早期対応を目的とした子ども虐待通報システムは通報ダイヤルの 3 桁化を控えさらに整いつつある マルトリートメントやネグレクト 心理的虐待などを含めた多様なケースを虐待ケースとして対応することになっているが 実際には安全確認の後の対応については 対応システムは整備されているとは言えない 早期発見を啓発しているが 結局は対応が追い付かず 支援どころか安全確保さえ危うい状態が続いているのではないか 本シンポジウム発表メンバーは平成 年度学術研究助成基金助成研究 日本における児童虐待対応ケースに対する区分対応システムの開発的研究 の研究チームメンバーである 本研究チームは子どもの安全を最優先としながらも ケースの内容に合わせて 強制的に介入し 安全確保する対応 と 家族のニーズに対する支援を提供する対応 に振り分けるシステムの開発について研究を重ねてきた 本シンポジウムでは今までの研究会での議論を踏まえ 安全 ニーズ リスク 家族の参加 支援型対応 の 3 つの論点について 現状での課題や展望について発表し 参加者とともに活発な議論を持ちたいと考えている 25

26 応募シンポジウム 26 日時 :11 月 21 日 ( 土 )11 時 00 分 ~12 時 40 分 ネグレクトケースへの在宅支援を問い直す 代表者 : 山本智佳央 ( 四日市市こども保健福祉課家庭児童相談室 ) 発表者 : 山野良一 ( 千葉明徳短期大学 ) 木野内由美子( 船橋市役所児童家庭課家庭児童相談室 ) 山本智佳央( 四日市市役所こども保健福祉課家庭児童相談室 ) 野口啓示( 社会福祉法人神戸少年の町地域小規模児童養護施設野口ホーム ) キーワード : ネグレクト 在宅支援 多重的逆境 近年 児童相談所の児童虐待対応はリスク アセスメントに主眼を置き その結果 ( 生命の危険等のリスクが低い ) ネグレクトケースは市町村が在宅支援を任される という全国的な傾向がある 市町村は親に自発的な改善を求め 困難な場合は各種支援サービスの利用を勧めるが 親が拒めばサービス提供は困難になり 事態の改善そのものが難しくなるという現状がある 現行の在宅支援策はネグレクトの改善や連鎖防止にどこまで有効なのか 市 児童養護施設からの状況報告と併せて問題提起したい 山野は ネグレクトを抱える家族の特徴について貧困問題を主軸としつつ 多重的逆境 の視点から報告する 木野内と山本は 市 ( 家庭児童相談室 ) でのネグレクト家庭への支援の現状と課題について報告する 野口は 児童養護施設に入所してくるネグレクトケースの特徴と支援の現状を報告する 26

27 応募シンポジウム 27 日時 :11 月 21 日 ( 土 )11 時 00 分 ~12 時 40 分 虐待 貧困の連鎖を断ち切る子どもの自己肯定感 エンパワメントの地域コミュニティー の実践 代表者 : 荘保共子 ( 特定非営利活動法人こどもの里 ) 発表者 : 弘田洋二 ( 大阪市立大学大学院創造都市研究科 ) 八重樫牧子 ( 福山市立大学教育 学部児童教育学科 ) キーワード : 自己肯定感 エンパワメント 虐待 貧困の連鎖を断ち切る 地域コミュニ ティー 虐待およびその防止 外傷性の体験からの回復についてはコミュニティー実践が不可欠である その一つに こどもの里 で 1986 年より毎冬取り組まれている 子ども夜回り がある 子ども夜まわり は 子どもたち自身が自尊感情を回復するエンパワメントの実践である 貧困課題が集積された地域性の中で生み出された民間レベルでの 子どもの最善の利益 を軸に子どもの育ちを支援し子どもの権利を守る取り組みである 全国が釜ヶ崎化している中 今後, 児童館などの 子どもの居場所 において このような体験学習を取り入れて 子どもたちのエンパワメントを図っていくことが課題となる 自己肯定感および自尊感情 理想形成などが果たす情緒的な発達基盤の心理学的な意義を検討する 提供者中心の公益サービスの視点からの支援策でなく 子どもが主人公 とする利用者中心の視点を持つ地域を基盤とした民間の力と協働して 子どもの最善の利益 を問いながら 子どものライフステージに則した開放性と即座性のある切れ目のない包摂的支援の出来る こどもの里 の取り組みをモデルとした 子どもの居場所 を全中学校区に 1 か所設置することを提案する 27

28 応募シンポジウム 28 日時 :11 月 21 日 ( 土 )11 時 00 分 ~12 時 40 分 ライフストーリーワーク実施における支援者の価値観について考える 代表者 : 才村眞理 ( 帝塚山大学 ) 発表者 : 才村眞理 ( 帝塚山大学 ) 山野康弘( 情緒障害児短期治療施設希望の杜 ) 南まどか ( 大阪府商工労働部就業促進課 ) 新籾晃子( 大阪府東大阪子ども家庭センター ) 司会者 : 浅野恭子 ( 大阪府中央子ども家庭センター ) キーワード : ライフストーリーワーク 社会的養護児童 支援者の価値観 ライフストーリーワークとは 社会的養護のもとで暮らす子どもの わたしって誰? なぜ親子分離されたの? これからどうなるの? の疑問に応えるため 信頼できる大人と共に 自身の過去を整理し たくさんの人が支えてくれてきたこと 自身の良いところを認識するなど アイデンティティを取り戻す作業です この実践には さまざまな懸念が存在しますが それを乗り越える価値観が支援者チームには必要です このシンポジウムではライフストーリーワーク実施上の さまざまな視点における価値について考え 実践の可能性についてディスカッションしたいと思います 4 人のシンポジストは 子どもの知る権利 施設の実施体制 児童相談所の姿勢 生みの親をどうとらえるかの価値 についての視点より発表します その後 会場の皆様とのディスカッションを期待しています なお この発表は 当事者である子どもや親のプライバシーを配慮し 具体的な事例を出す場合は 架空事例を出す予定です 28

29 応募シンポジウム 29 日時 :11 月 21 日 ( 土 )11 時 00 分 ~12 時 40 分 救急医療と児童相談所との連携 - 勉強会を通して - 代表者 : 長谷川多美子 ( 大分県中央児童相談所 ) 発表者 : 後藤慎司 和氣陽子 ( 大分県中央児童相談所 ) 石井圭亮 ( 大分大学医学部付属病 院高度救命救急センター ) キーワード : 児童相談所 医療 ネットワーク 昨年度 大分県で初めての 救急医療と児童相談所の勉強会 を大分大学医学部附属病院の小児科のご協力のもと開催できました 1 回目の勉強会は 大分市内の 2 次 3 次の救急医療がある病院ということで限定しました 2 回目の勉強会では 大分県下すべての 2 次 3 次救急病院を招き 顔の見える関係づくり を目的に定期の勉強会への定着を図ろうとしています 児童相談所は救急医療現場の実際を知りません 一方で 救急医療の現場も児童相談所について知らないことが多いのではないでしょうか? 通告についてもお互い相手を知らないため 通告すればどうなるのか? 子どもにとってそれが良い方針なのだろうか? というような不安が実際に通告をする際の大きなハードルとなっていました 勉強会の中では 通告後の子どものその後が心配なので連絡がほしい 等 当然とも言える率直な意見が聞かれました 本分科会では これまでの勉強会の中で見えてきた課題 さらに連携を発展していくにはどのような取り組みが必要なのか? 具体的な事例を通しながら フロアーを交えて 皆さんで考えていければと思います 29

30 応募シンポジウム 30 日時 :11 月 21 日 ( 土 )11 時 00 分 ~12 時 40 分 若年妊娠による児童虐待 虐待死亡事故防止 - 新潟の新たな連携の試み - 代表者 : 石附幸子 ( 特定非営利活動法人子ども 人権ネット CAP にいがた ) 発表者 : 佐山光子 ( 公益法人新潟県助産師会 ) 徳永昭輝( 新潟県産婦人科医会 ) 佐藤勇 ( 新潟県小児科医会 ) 石橋一( 新潟県新発田児童相談所 ) 朝倉安都子( 特定非営利活動法人女のスペース にいがた ) 工藤ひとし( 元公立中学校 ) 太田美津子 大塚美保( 特定非営利活動法人子ども 人権ネット CAP にいがた ) キーワード : 若年妊娠 ネットワーク 予防 新潟県内では 2007 年女子高校生が学校のトイレで出産し新生児が死亡した事件 2010 年 19 歳の父親からの虐待死亡事件 2014 年 17 歳の女子による虐待死亡事件と続いた 2010 年の死亡事例等の検証結果では 若年層の妊娠や望まない妊娠の回避 予防教育の必要性が提言された CAP にいがたでは人権を柱とした予防教育を通し 性的虐待 性暴力 デートレイプに対して正しい知識と 被害者にも加害者にもならないスキルを提供してきた この問題に対して教育分野 医療分野 児童福祉分野 市民団体それぞれが対応してきてはいたが つながりを持って取り組むことが少なかった そこで CAP にいがたでは教師 助産師 産婦人科医 小児科医 児童福祉関係者 市民団体を構成員としたプロジェクトを組み 過去 2 年間 若年妊娠による虐待 虐待死亡事故予防 に取り組んだ 具体的には 若者に向けた啓発冊子 親や教師に向けた読本を作成し 県内の中高 特別支援学校 児童養護施設に配布し 必要とする生徒やおとなに直接情報や知識が届くように取り組んできた その冊子を紹介しながら 取り組みの様子を報告し 今後の活動を提案する 30

31 応募シンポジウム 31 日時 :11 月 21 日 ( 土 )11 時 00 分 ~12 時 40 分 各地域での多機関連携チーム (MDT) への取り組み 代表者 : 田上幸治 ( 神奈川県立こども医療センター総合診療科 ) 発表者 : 田崎みどり ( 横浜市西部児童相談所医師 ) 丸山佳子( 神奈川県立こども医療センター医療福祉相談室 ) 石垣光雄( 高松地方検察庁刑事部長 ) 木下あゆみ( 四国こどもとおとなの医療センター小児科 ) 山田不二子( 特定非営利活動法人チャイルドファーストジャパン ) キーワード : 多機関連携チーム 虐待対応 ネットワーク 多機関連携チーム (MDT) とは 子ども虐待に対して 効果的な対応を保証するために共同 協力して一緒に働く専門家集団である その内容は 医学的評価から子ども 親 保護者 療育者やその他の個人の精神科的 心理学的診断と評価 サービスの提供や援助まで多岐にわたる 調査により子どもや家族への精神的な外傷を減らせる 組織間のコミュニケーション 協力 共同の改善により正確な診断やより適切な介入ができるなど 利点も多いが日本では進まないのが現状である 今回 各地域で MDT もしくは MDT へと繋がる取組を紹介するとともに 日本における MDT の今後の方向性や課題を検討する 発表者は医療機関 児童相談所 子どもの権利擁護センター 検察と虐待に関わる多くの機関からの発表である 31

32 応募シンポジウム 32 日時 :11 月 21 日 ( 土 )14 時 00 分 ~15 時 40 分 児童自立支援施設と児童相談所とが協働で行う性問題行動防止治療教育プログラムについ て 代表者 : 岡本光司 ( 大阪市立阿武山学園 ) 発表者 : 田宮雄介 髙津周平 濱村浩一 ( 大阪市こども相談センター ) 佃修 ( 大阪市立阿武山学園 ) 助言者 : 藤岡淳子 ( 大阪大学 ) キーワード : 性問題行動治療教育プログラム 児童自立支援施設 協働 近年 性問題行動を主訴として児童自立支援施設に入所する者が増えている現状があり 児童が再び同じ行為をしないための再発防止が喫緊の課題となっている 児童自立支援施設では 従来行ってきた夫婦小舎制の 育ち直し 育て直しの教育 に加えて 性問題行動に焦点を当てた専門的なアプローチとして 性問題行動治療教育プログラムが 全国の児童自立支援施設で取り組まれるようになってきている 一方で 児童に治療教育プログラムをただ単に行っただけでは 大きな変化が期待できず それを支える組織的な枠組みと 関係機関の緊密な連携の中で家族支援を行っていくことが同時に求められる 今回のシンポジウムにおいては 児童自立支援施設で暮らす加害児童に対して 児童相談所や保護者等関係者と協働して 性問題行動に取り組んでいく体制 ( このゆびとまれプロジェクト ) を紹介すると共に 関わった事例について 児童自立支援施設及び児童相談所の担当者それぞれの立場から報告する そして最後に 大阪大学の藤岡淳子教授より 実践事例を通じて 児童自立支援施設 児童相談所及び大学 ( 研究機関 ) の協働 性問題行動の再発防止に向けた取り組みの意義や スーパーバイズ (SV) の押さえ所 ( ポイント ) について総括する予定である 32

33 応募シンポジウム 33 日時 :11 月 21 日 ( 土 )14 時 00 分 ~15 時 40 分 189 から受理やその後の対応を考える 代表者 : 河浦龍生 ( 福岡市こども総合相談センター ) 発表者 : 畠山由佳子 ( 神戸女子短期大学 ) 山本恒雄 ( 社会福祉法人恩賜財団母子愛育会愛 育研究所 ) 山口祐二 ( ワーカーズコープ九州沖縄事業本部 ) キーワード : 通告の拡散 安全確認 DR 児童虐待の対応件数が増え続けるなかで 大都市の児童相談所は 泣き声 通告や 面前 DV 通告が著しく増大し その対応に悩まされている 全通告の半分程度を占める都市もあり 通告バブル と感じさせるような事態である さらに 189 導入実施がそれに拍車をかけるのではないかと不安視する意見も強い 悩まされているのは 現在の児童相談所の体制では量的に対応が困難というだけではない 福岡市の経験では 泣き声 通告では特に子どもの安全に問題はなく 安全確認訪問での保護者の反応である 虐待者と思われている ことへの驚愕と怒り悲しみであり 地域への不信感を露わにする場面に多く出くわす 通告内容に関わらず すべてを受理し 国のガイドラインに基づく48 時間以内の安全確認対応が返って 育児不安を増長し地域との繋がりを弱め 孤立化を促進しているではないかと思ってしまう 189 の導入実施に当たって様々な議論があるが さらに深めるために この分科会では米国の経験に学びながら 通告受理のあり方やその後の対応の在り方を考えてみたい 33

34 応募シンポジウム 34 日時 :11 月 21 日 ( 土 )14 時 00 分 ~15 時 40 分 乳幼児揺さぶられ症候群の分野別 ( 福祉 教育 保健 ) の一般予防の取組みと今後の可能性 代表者 : 松岡典子 ( 特定非営利活動法人 MC サポートセンターみっくみえ SSPJ) 発表者 : 伊藤弘子 ( 子育て応援隊ほっとタイム ) 久保恭子( 神奈川工科大学看護学科 ) 樋浦えり子 ( 桑名市役所保健福祉部地域保健課母子保健係長兼子ども総合相談センター ) キーワード : 乳幼児揺さぶられ症候群 一般予防 あかちゃんの泣き 当団体では 2010 年にオーストラリアの The Children Hospital at Westmead( 以下 CHW) が開発し世界各国で利用されている SBS 予防啓発 DVD の日本語版を作成し 日本でも SBS の予防教育を実施してきた また 2012 年より CHW が実施している予防教育ファシリテーター養成プログラムの日本版を作成し 既に全国で 120 名以上のファシリテーターを養成してきた 養成されたファシリテーターは ポピュレーションアプローチとして それぞれの地域の子育て支援センターや教育分野等で SBS 予防教育を展開していることから SBS 予防に関わる人員体制を整えつつあるといえる また SBS の現状として 乳幼児の泣き声対応がわからないことで SBS が起きやすい 一方で 泣き声通告があると虐待を疑われて保護者は傷つく という虐待に対する社会的な文脈も存在している 本分科会では 地域で SBS 予防を発展させるために 1SBS 予防教育を実施している市区町村 保健センター 大学での取り組みを報告し 2 今後 あかちゃんの泣きへの対処法 をどのように効果的に社会に伝えていくか そして3 予防講座などを受講しない層にどのように必要な情報を伝えていくか という 3 点を議論する 34

35 応募シンポジウム 35 日時 :11 月 21 日 ( 土 )14 時 00 分 ~15 時 40 分 妊娠期から始まる母子のメンタルヘルスの支援のための多職種地域連携構築のために 代表者 : 立花良之 ( 国立成育医療研究センターこころの診療部乳幼児メンタルヘルス診療科 ) 発表者 : 立花良之 ( 国立成育医療研究センターこころの診療部乳幼児メンタルヘルス診療科 ) 一瀬篤( 厚生労働省雇用均等児童家庭局母子保健課 ) 樽井寛美( 長野県須坂市健康福祉部 ) 小泉典章( 長野県精神保健福祉センター ) キーワード : 妊娠期 メンタルヘルス 多職種地域連携 平成 24 年度に児童相談所が対応した虐待による死亡事例では 0 歳が 43.1% 2 歳未満が 67.2% と乳幼児の占める割合が非常に高く ハイリスク症例に対し早期からの支援が望まれる 出産後の養育について出産前に支援を行うことが特に必要と認められる妊婦を 特定妊婦 として支援する取り組みが各地で行われている 一方で 近年うつ病の早期発見 治療推進のため 地域のかかりつけ医をうつ病発見のゲートキーパーとして かかりつけ医と精神科医との連携を強化するシステムである G-P ネット (G:General Physician=かかりつけ医 P:Psychiatrist= 精神科医 ) が各地で展開されている このような精神保健における早期介入の仕組みは 母子保健領域で特定妊婦への対応にも適用しうると考えられる 本シンポジウムでは 母子保健領域でこの G-P ネットの仕組みを生かし 妊産褥婦や児に関わる職種がメンタルヘルス不調の母親の早期発見のゲートキーパーになり 地域で連携して母子をサポートしていく医療 保健 福祉の連携モデルをテーマとする 精神科医 行政政策担当官 地域精神保健 母子保健の立場から演者が話題提供し 参加者とともにディスカッションを行いたい 35

36 応募シンポジウム 36 日時 :11 月 21 日 ( 土 )14 時 00 分 ~15 時 40 分 地域を現場とする子ども生活支援の現在とこれから 代表者 : 田中哲 ( 東京都立小児総合医療センター ) 発表者 : 天野敬子 ( 特定非営利活動法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク ) 問矢美沙子 ( 江東区南砂子ども家庭支援センター みずべ ) 森時尾(NPO 法人学ボラ サポート プロジェクト ) キーワード : 生活支援 地域 民間団体 家庭の経済状況やコミュニティとの関係は 家庭での養育状況と深く関わり このため経済的困窮や孤立は虐待やネグレクトが発生するリスクに直結している 経済的にも社会的にも養育困難な状況にある家庭での子どもたちの生活を支援するためには 子どもたちの生活の場である地域での活動を展開することが最も望ましいことはいうまでもない 制度的な基盤のないこうした地域での支援を継続的に行うためには 福祉行政の背景を持つ必要があるが 同時にこうした養育困難家庭は 公的支援に対する根強い抵抗感のために支援困難に陥っている可能性も大きい こうしたジレンマを打破するために 公的な支援を受けた民間団体が全国各地で活動を展開している 今回のシンポジウムに 活動の例として集まった東京の 3 団体は 決して歴史が長いわけでもなく 組織化が進んでいるわけでもないが それぞれ独自の発想と形態を持っている これらの団体から何かを学ぶというよりは 同様の活動を現在展開していたり 企画したりしている人々がこの場で邂逅し これからの地域を活動の現場とした支援活動を創出していく出発点を共有できるようになることを目指したいと考えている 36

37 応募シンポジウム 37 日時 :11 月 21 日 ( 土 )14 時 00 分 ~15 時 40 分 社会的養護におけるアタッチメント支援の意義と展望 : 安心感の輪 子育てプログラム (COS-P) の実践 代表者 : 北川恵 ( 甲南大学文学部 ) 発表者 : 久保樹里 ( 大阪市こども相談センター ) 河合克子 宮口智恵 ( 特定非営利活動法 人チャイルド リソース センター ) 森田展彰 ( 筑波大学医学医療系 ) キーワード : 社会的養護 関係性支援 アタッチメント アタッチメントに焦点づけた子どもと養育者の関係性支援の重要性が世界乳幼児精神保健領域で認められている 安心感の輪 子育てプログラム (COS-P)( Cooper et al., 2009; 北川他訳, 2013) は 子どもの欲求への理解を高める心理教育と 養育者自身の関わり方のパターンを振り返る内省的対話からなり 全 8 回で関係性を扱えるものとして注目されている 日本でも子育て支援現場などで実践が広がっているが とりわけ 関係性に深刻な傷つきを抱えた子どもと修復的に関わる社会的養護提供者に有益な支援と考えられる シンポジウムでは そうした先駆的な取り組みを 2 例話題提供していただく また 日本の児童福祉の現場でアタッチメントの視点に基づく実践を取り入れていくことの意義と課題について指定討論をしていただき その後 フロア全体で検討したい 37

38 応募シンポジウム 38 日時 :11 月 21 日 ( 土 )14 時 00 分 ~15 時 40 分 家庭養護のさらなる推進と支援に向けて九州からの発信 - 行政 施設 市民 3 つのモデルの実践レポート - 代表者 : 松崎佳子 ( 九州大学 ) 発表者 : 後藤慎司 ( 大分県中央児童相談所 ) 山川浩徳 ( 児童養護施設シオン園 ) 坂本雅 子 ( 特定非営利活動法人 SOS 子どもの村 JAPAN) キーワード : 家庭養護 地域 里親支援 平成 26 年度の里親委託率は 15.6% となり 子ども子育てビジョンの目標値にほぼ達したが 地方自治体間では 44.7%~6.2% と非常に大きい較差となっている また 家庭養護の推進は 里親委託率の問題ではなく 国連の代替養育ガイドラインにあるように 子どもの最善の利益を中核にした社会的養護のあり方の適切性 質の保証が問われているものであることを考える必要がある 福岡市は行政と市民団体との連携で 大分県は行政が主導的に取り組む中で ここ 10 年間でそれぞれ里親委託率を約 30% に大きく増加させた自治体である 本シンポジウムでは 両自治体のこれまでの先進的な取り組みのなかで見えてきた課題や里親支援のあり方 今後家庭養護の推進を展開していくにはどのような取り組みが必要かについて 児童相談所とNPOの立場から話題提供していただく また 施設に設置された里親支援専門相談員は 今後大きな役割を担っていくと思われるが 現在は試行錯誤の段階と言える そのなかで専門性を生かし 地域展開をすすめる実践活動をしている里親支援専門相談員から話題提供していただき 参加者と共にさらなる家庭養護の推進について検討していきたい なお シンポの進行に関しては 個人情報への倫理的配慮のもとに行う 38

39 応募シンポジウム 39 日時 :11 月 21 日 ( 土 )14 時 00 分 ~15 時 40 分 ネグレクト事例を支援する保健師の困難さとケアの方向性の検討 代表者 : 小林恵子 ( 新潟大学大学院保健学研究科 ) 発表者 : 小林恵子 ( 新潟大学大学院保健学研究科 ) 北岡英子 ( 神奈川県立保健福祉大学看 護学科 ) キーワード : ネグレクト 保健師 ケア Olds(2008) はハイリスクの家庭に看護師が訪問することで, 子どもの虐待のリスクを減少させることができたことを報告している 日本においても 大阪府における保健師の支援によって虐待の死亡率を減少させることや 保健師が虐待の重症化 再発予防のために 家庭訪問を繰り返し 親への共感を示したり 具体的な育児指導を行っていることが報告されている ( 小林 ;2009) が 日本における看護職の虐待事例の効果的な支援内容やアウトカムはほとんど報告されていない 虐待のなかでも ネグレクト事例は母子保健活動をとおして発見 支援する機会が多く その家族の様相から特有の支援が必要ではないかと考える 研究者らが調査によって蓄積してきたネグレクト事例の様相や保健師のケアの困難さについて報告し実践現場に還元するとともに 参加されている保健師等 実践者との意見交換をとおして より有効な支援方法を見出していきたいと考える. 文献 : Olds DL. (2008). Preventing child maltreatment and crime with prenatal and infancy support of parents:the nurse-family partnership, J Scand Stud Criminol Crime Prev,9(S1), 小林美智子 (2009). 子ども虐待発生予防における母子保健のめざすもの. 子どもの虐待とネグレクト,11(3),

40 応募シンポジウム 40 日時 :11 月 21 日 ( 土 )14 時 00 分 ~15 時 40 分 情短 / 児童養護施設の子ども達とヨガ : 子ども達のヨガ実演 ヨガとマインドフルネス実践 報告 効果調査 代表者 : 森田ゆり ( エンパワメント センター ) 発表者 :10 人の情短 / 児童養護施設の子どもたち 和田一郎 ( 社会福祉法人恩賜財団母子愛 育会愛育研究所 ) 森田ゆり ( エンパワメント センター ) キーワード : ヨガ瞑想 マインドフルネス 心と身体のエンパワメント 子ども参画セッションです 子どもの社会参画の権利は 子どもの権利条約 の4つの大きな柱の一つです 本学会に於ける子どもたちのプレゼンスから学びます 1 情短 / 児童養護施設の子ども達によるヨガ パーフォーマンスを見ていただき 2 その後 子ども達のリードでヨガのミニ体験をしていただきます 3 四つの情短 / 児童養護施設でのヨガクラス一年間の実践報告森田ゆり ( エンパワメント センター ) 目的 : 子どもの心と身体のエンパワメント方法 : ヒーリング ヨガの ALOHA KIDS YOGA とマインドフルネス反応 : 4 ヨガクラスの効果調査の報告和田一郎 ( 社会福祉法人恩賜財団母子愛育会愛育研究所 ) 5 全国の情短/ 養護 / 自立支援施設にヨガを! プロジェクトの今とこれから森田ゆり 6 質疑応答 40

41 応募シンポジウム 41 日時 :11 月 21 日 ( 土 )16 時 00 分 ~17 時 40 分 個別ケース検討会議の進め方 児相と市の共同発表エピソード 4 - 司会者の覚醒 - 代表者 : 矢後芳明 ( 神奈川県厚木児童相談所 ) 発表者 : 吉川まり子 髙木尋子 ( 伊勢原市子ども部子ども家庭相談室 ) 矢後芳明 ( 神奈川 県厚木児童相談所 ) キーワード : 個別ケース検討会議 要保護児童対策地域協議会 サインズオブセーフティ アプローチ 現在 児童虐待の通告を受理すると 必要に応じて子どもや保護者に関わる機関が集まり 個別ケース検討会議が開催されます この家庭をチームで支援するための作戦会議を最近では市町村の要保護児童対策地域協議会事務局が主催し 司会を務めることが多くなりました どこの要対協も 会議においてスムーズな進行を心がけていますが 一般的な手順は同じです 1 守秘義務の確認 2 情報の共有 3 課題の整理 4 役割分担 5 今後の支援の確認ところが 手順は同じでも この会議に対する参加者の評価は分かれますし 要体協の連携 活性化 なにより支援効果にまで影響します その要因について考えます 私たちは これまで実践してきた会議の内容を再評価し 効果的な進行はどのように成立するかを考察しました このシンポジウムでは そこから見えてきた会議の進め方のポイントや進行の技術について 会議を再現しつつ報告 提言し 会場との討論でより効果的な個別ケース検討会議の在り方を考えます 41

42 応募シンポジウム 42 日時 :11 月 21 日 ( 土 )16 時 00 分 ~17 時 40 分 性虐待 性暴力被害当事者支援 親 子どもをどう支えるのか - 実践の現場から - 代表者 : 荻野茂子 ( 特定非営利活動法人女のスペース ながおか ) 発表者 : 細金和子 ( 婦人保護施設慈愛寮 ) 井上摩耶子 ( 日本フェミニストカウンセリン グ学会ウィメンズカウンセリング京都 ) キーワード : 性虐待 性暴力 母子支援 NPO 法人女のスペース ながおかは本年設立 15 周年を迎えた 当法人は女性と子どものための相談支援活動を標榜し 暴力被害当事者の相談から避難 自立 自律支援を続けてきた 避難を余儀なくされる女性たちは子どもを同伴していることも多く 子どもたちへの支援も欠かせない DV に曝された子どもにとって家庭は虐待環境であり過酷な状況を生きて来ているが 更に性虐待被害を受けていることもある しかし母親は 子どもの被害に目を向け支える余裕がない 大きくなった子どもが生き難さを抱えカウンセリングに訪れるとき 子ども時代の性虐待 性暴力被害やネグレクトが語られる 被害を逃れるためには早くに家を出るしかなく巷に出てしまう子どもたちもいる そして社会の中でまた性暴力被害を負う 子ども時代に充分な愛着関係を経験しないままに親になってしまう女性たち ケアされない心の傷は母親としての養育機能を育まない DV と虐待は社会の問題である 支援の現場から慈愛寮の細金さんには 性虐待被害等の母親とその児どもへの支援 について フェミニストカウンセリンク 学会の井上さんには 若年性暴力被害者へのカウンセリング アドヴォケイト支援 についてお話頂く 42

43 応募シンポジウム 43 日時 :11 月 21 日 ( 土 )16 時 00 分 ~17 時 40 分 性暴力救援センター 大阪 SACHICO に訪れる 性非行 の子どもたちへの総合的支援の 試み 代表者 : 高瀬泉 ( 山口大学大学院医学系研究科法医 生体侵襲解析医学分野 性暴力救援センター大阪 ) 発表者 : 加藤治子 楠本裕紀 ( 阪南中央病院産婦人科 性暴力救援センター 大阪 ) 原田薫 ( ウィメンズセンター大阪 性暴力救援センター 大阪 ) キーワード : 性暴力 性的虐待 性非行 性暴力救援センター 大阪 SACHICO は 大阪府松原市の阪南中央病院内にあり 性暴力被害にあった女性への医師と支援員による産婦人科的救急医療と心のケアを中心として 弁護士 カウンセラー 児童相談所 警察などと連携した総合的支援をめざしてきた 児童相談所からは 主に性的虐待の被害児が紹介されてきており その数は年間 40 人を超えている これらの子どもたちとは別に 性非行 の子どもたちが紹介されてくることも少なくない この子どもたちは 性的な逸脱行動を自ら行った 非行 の子として扱われて連れて来られる しかし 性非行 に至った経過を聞き いとも簡単に多数の男たちが児につながり 性的搾取の対象 にしてしまわれる様子を聞くと むしろ 社会の中の不特定多数による性的被害児 といえるのではないだろうか? 性非行 の子どもたちの被虐待歴 性感染症の実態から むしろ 性的被害児 という視点でとらえ直した支援が必要だと考え その一環として 今回母親への支援の試みを報告する 43

44 応募シンポジウム 44 日時 :11 月 21 日 ( 土 )16 時 00 分 ~17 時 40 分 虐待対応と司法関与 - ここから将来の虐待対応の方向性を発信する - 代表者 : 久保健二 ( 福岡市こども総合相談センター ) 発表者 : 川崎二三彦 峯本耕治 川松亮 ( 子どもの虹情報研修センター ) 赤井兼太 河浦 龍生 ( 福岡市こども総合相談センター ) キーワード : 司法関与 児童相談所 虐待対応 わが国の児童福祉, 特に虐待対応においては, 司法が積極的に関与する仕組みになっていない そればかりか, 子ども権利条約は親子分離に司法審査を要求しているが, わが国では一時保護につき司法審査を要件としておらず, 又, わが憲法は住居の不可侵を保障しているが, 児童虐待等では児相が令状なく立入調査ができるなど権利侵害のおそれのある場面では司法関与は皆無だった この点, 過去, 司法関与の必要性が指摘されることはあったが, ほとんど実現することなく, 臨検 捜索など児相への権限集中だけで虐待対応制度が構築されてきた 一方, 一時保護や立入調査などの強制手段は, 保護者とのあつれきを生じさせ, 児相職員を疲弊させるとともにかかる手段に出ることにちゅうちょさせ, 虐待死亡など子どもの利益を害する結果を招くこともある 司法関与により, 可及的に権利侵害のおそれが解消され, 又強制手段が的確, 迅速に行われ, ひいては子どもの利益擁護に資するのではないかと考える しかし, 司法関与実現への障壁は少なくない そこで, 現場の職員等の生の声を聴き, その意見や海外の虐待対応状況などを踏まえて, 司法関与の今後の方向性を検討したい なお, 事例を取り扱う場合は, 個人が特定されないよう特段の配慮をする 44

45 応募シンポジウム 45 日時 :11 月 21 日 ( 土 )16 時 00 分 ~17 時 40 分 教師による性的虐待 - 教え子を支配する心理と学校の隠蔽体質 - 代表者 : 亀井明子 (NPO 法人スクール セクシュアル ハラスメント防止全国ネットワー ク ) 発表者 : 池谷孝司 ( 一般 ) キーワード : 特別権力関係 支配 隠蔽体質 わいせつ行為で処分される教師が急増している 1990 年度に懲戒免職になった公立小中高校のわいせつ教師はわずか3 人 それが2012 年度にはなんと40 倍の119 人に達した 停職などを含む処分者全体では 13 年度は200 人を超えた 教師の質が急に落ちるはずはない 処分が厳しくなって表面化しただけだ それでも発覚するのは氷山の一角で 闇から闇に葬られる被害は多い 教師から教え子へのわいせつ行為とは 特別権力関係 で子どもを 支配 する 性的虐待 だ 決して性的に異常な 一部の不心得者 による犯罪ではない 被害の舞台になりやすい部活動を例に取ると分かりやすいが 教師は教え子を思い通りに支配したがる そのために体罰を振るうこともある わいせつ行為も同根だ さらに学校には この権力犯罪を組織ぐるみで隠蔽する体質があり その結果 被害がなかなか表面化せずに拡大する あってはならないこと は なかったこと にされ 加害者が事実を否定すると 訴えた子どもが うそつき にされてしまうことも珍しくない 教育関係者は なぜ学校で と言うが 学校だからこそ起きる構造なのだ 学校が抱える闇の本質を考える 45

46 応募シンポジウム 46 日時 :11 月 21 日 ( 土 )16 時 00 分 ~17 時 40 分 データで考える市区町村児童家庭相談機関ならではの役割 - 現場職員による表現しづらい現場の数値化の挑戦 - 代表者 : 小泉誠 ( 相模原市緑こども家庭相談課 ) 発表者 : 広谷健次 ( 相模原市南こども家庭相談課 ) 鈴木峻輔( 相模原市中央こども家庭相談課 ) 石川なつみ( 相模原市児童相談所 ) 八木安理子( 枚方市家庭児童相談所 ) 北村充 ( 豊橋市こども家庭課 ) キーワード : 市区町村 児童家庭相談機関 現場職員 私たちは2 年前の 第 19 回児童虐待防止学会 松本大会 において 家庭訪問の場面を撮影した手作り DVD を基に 参加者と一緒に市区町村児童家庭相談機関のあり方等について議論した 今回は第 2 弾として 現場 の生の状況を具体的な二つのテーマに絞って取り上げ 結果をデータ等で報告し議論する 明確化できない業務だからこそ 具体的に示すことで現場が抱えている課題 支援者の思い 今後の果たすべき役割等を考察する機会とする 一つ目は スーパーバイザー (SV) とケースワーカー (CW) の業務の実際 SV 及び CW の具体的な業務内容を毎日記録して CW が受けるスーパーバイズの内容とその割合 SV の進行管理業務の状況等をデータ化し分析することで 現場職員が今求められているあり方などを考察する 二つ目は 終結の実際 昨年度終結に至ったケースの一部をデータ化し 終結時の状況やその背景などを様々な角度から分析する 明確に示しきれない 支援のゴール のあり方を考察し 市区町村の支援の意義や目指すべき役割について議論する 発表当日は 他の自治体職員も含めたパネルディスカッション及び参加者全体での討論により考察を深めていく 46

47 応募シンポジウム 47 日時 :11 月 21 日 ( 土 )16 時 00 分 ~17 時 40 分 児童養護施設における児童の逸脱行動への対応 代表者 : 遠藤洋二 ( 関西福祉科学大学 ) 発表者 : 橋本和明 ( 花園大学 ) 藤原正範 ( 鈴鹿医療科学大学 ) 小林英義 ( 東洋大学 ) キーワード : 児童養護施設 施設内非行 虐待と非行の連鎖 社会的養護の現状について( 参考資料 ) ( 厚生労働省雇用均等 児童家庭局 :2014) によると 児童養護施設に入所している児童の 53.4% に虐待の体験を有していることからも 児童養護施設にとって被虐待児童のケアは最重要課題のひとつとなったとも言える 児童養護施設関係者からは 当該児童の中には 反応性愛着障害や広汎性発達障害などの課題をかかえる児童も少なからず存在し 施設や学校において不適応行動を繰り返し 時として施設全体を巻き込み 適切な施設運営自体を危うくさせる例もある との意見も聞かれる 被虐待経験を有する入所児童の増加がもたらす影響については慎重な分析が必要であるが 現実として児童養護施設が児童の逸脱行動に苦慮していることは事実であろう 本シンポジウムでは 児童養護施設の現状と課題を 児童の逸脱行動 を中核的なテーマとし 虐待と非行の連鎖 施設が崩壊, 再生をしていく要因分析 地域連携 措置変更 児童養護施設と児童自立支援施設との連携 児童間性暴力 といった支援から掘り下げてみたい 47

48 応募シンポジウム 48 日時 :11 月 21 日 ( 土 )16 時 00 分 ~17 時 40 分 フォレンジック看護学 - 性虐待児への支援の充実を求めて - 代表者 : 家吉望み ( 東京有明医療大学看護学部看護学科 ) 発表者 : 加納尚美 ( 茨城県立医療大学保健医療学部看護学科 ) 家吉望み( 東京有明医療大学看護学部看護学科 ) 藤田景子( 金沢大学医薬保健研究域保健学系看護科学領域 ) 大屋夕希子( 性暴力救援センター東京 (SARC 東京 )) キーワード : 性虐待 看護ケア 性暴力被害者支援看護師 フォレンジック看護とは 暴力と虐待の被害者と加害者への特別なケアを指し 暴力の根絶 実態の把握と予防 多様な被害者支援 専門職者の教育等および実践活動支援が行われている 特に 性暴力被害者への支援活動として 被害者の面談からアセスメント 証拠採取 適切なケアを行い多職種と連携する 性暴力被害者支援看護師 (SANE) の活動は 北アメリカを中心に広がり 社会的評価を得ている 今回は 性虐待への支援の充実を求めて支援の現状と課題を整理したい そこで 海外の性暴力被害者支援看護師の活動実態を報告し医療機関受診時の医療支援の在り方を議論したい 医療機関の支援の実態報告から支援内容および課題を整理したい 医療機関受診時の子どもの視点に焦点を当てた支援の在り方を議論し 支援の充実を図っていきたいと考えている また DV と児童虐待にも目を向け 保健医療機関や地域における予防や早期介入等のケアの実践報告から支援の連携についても深めたい 性暴力被害者支援に取り組むワンストップ支援機関の活動報告からも性虐待への支援の在り方を議論したい 48

49 応募シンポジウム 49 日時 :11 月 21 日 ( 土 )16 時 00 分 ~17 時 40 分 生きづらさを抱える子どもの背景にある虐待と発達の課題 - 障がいのある子どもへの CAP からの戦略 - 代表者 : 木村里美 ( 一般社団法人 J-CAPTA) 発表者 : 西野緑 ( 大阪府教育委員会 ) 轟千栄子 ( とどろき医院 ) 木村里美 ( 一般社団 法人 J-CAPTA) キーワード : 子ども虐待 障がいのある子どもへの CAP プログラム 生きづらさを抱える 子ども CAP(Child Assault Prevention) は 虐待を含む子どもへのあらゆる暴力を予防する教育プログラムです 子どもの被害を包括的に捉え 子どもの年齢や教育的ニーズにあわせて提供する CAP は 特別支援教育の現場でも活用されています 本分科会では 最初に 学校現場から 生きづらさを抱える子ども の背景にある虐待と発達の課題について 学校の取り組みと課題を報告し 問題提起を行います 次に 小児科医から小児科外来で出会う発達障害およびグレーゾーンの子どもたちの 生きづらさ ど その家族が抱える課題にどう向き合い支援したらよいかについて報告します 最後に 障がいのある子どもへの CAP プログラム開発者から 教職員や保護者にとって 背景が虐待であれ 障がいであれ 生きづらさを抱えた子ども への理解と対応のヒントになり かつ直接子どもをエンパワメントする 障がいのある子どもへの暴力防止教育 の取り組みを報告し 参加者の皆さんと今後の展望を議論したいと思います 49

Microsoft Word - 第1章~第5章.doc

Microsoft Word - 第1章~第5章.doc 第 2 章 DV の現状と課題 5 1 DV 被害の状況 (1) 相談の状況 1 神戸市配偶者暴力相談支援センター ( 女性のためのDV 相談室 ) における相談件数神戸市配偶者暴力相談支援センター ( 以下 支援センター という ) において 被害者からの相談を受けています 平成 21 年度の相談延件数は 2,810 件となっています 1 日の平均件数は 平成 18 年度 3.9 件であったものが

More information

児童虐待防止対策体制総合強化プラン 平成 30 年 12 月 18 日 児童虐待防止対策に関する関係府省庁連絡会議決定 1. 目的 2016 年 5 月に全会一致で成立した児童福祉法等の一部を改正する法律 ( 平成 28 年法律第 63 号 以下 平成 28 年改正法 という ) においては 子ども

児童虐待防止対策体制総合強化プラン 平成 30 年 12 月 18 日 児童虐待防止対策に関する関係府省庁連絡会議決定 1. 目的 2016 年 5 月に全会一致で成立した児童福祉法等の一部を改正する法律 ( 平成 28 年法律第 63 号 以下 平成 28 年改正法 という ) においては 子ども 児童虐待防止対策体制総合強化プラン 平成 30 年 12 月 18 日 児童虐待防止対策に関する関係府省庁連絡会議決定 1. 目的 2016 年 5 月に全会一致で成立した児童福祉法等の一部を改正する法律 ( 平成 28 年法律第 63 号 以下 平成 28 年改正法 という ) においては 子どもの家庭養育優先原則や国 都道府県 市町村の役割と責務の明確化など児童福祉法の理念を明確化するとともに

More information

【資料3】「児童福祉法等の一部を改正する法律」の概要(7.22現在)

【資料3】「児童福祉法等の一部を改正する法律」の概要(7.22現在) 児童福祉法等の一部を改正する法律 ( 平成 28 年法律第 63 号 ) の概要 資料 3 ( 平成 28 年 5 月 27 日成立 6 月 3 日公布 ) 全ての児童が健全に育成されるよう 児童虐待について発生予防から自立支援まで一連の対策の更なる強化等を図るため 児童福祉法の理念を明確化するとともに 母子健康包括支援センターの全国展開 市町村及び児童相談所の体制の強化 里親委託の推進等の所要の措置を講ずる

More information

13 Ⅱ-1-(2)-2 経営の改善や業務の実行性を高める取組に指導力を発揮している Ⅱ-2 福祉人材の確保 育成 Ⅱ-2-(1) 福祉人材の確保 育成計画 人事管理の体制が整備されている 14 Ⅱ-2-(1)-1 必要な福祉人材の確保 定着等に関する具体的な計画が確立し 取組が実施されている 15

13 Ⅱ-1-(2)-2 経営の改善や業務の実行性を高める取組に指導力を発揮している Ⅱ-2 福祉人材の確保 育成 Ⅱ-2-(1) 福祉人材の確保 育成計画 人事管理の体制が整備されている 14 Ⅱ-2-(1)-1 必要な福祉人材の確保 定着等に関する具体的な計画が確立し 取組が実施されている 15 大阪府福祉サービス第三者評価基準ガイドライン 児童福祉分野 ( 保育所 ) の評価基準項目 ( 必須評価基準 ) 網掛け部分は推奨評価基準 評価対象 Ⅰ 福祉サービスの基本方針と組織 Ⅰ-1 理念 基本方針 Ⅰ-1-(1) 理念 基本方針が確立 周知されている 1 Ⅰ-1-(1)-1 理念 基本方針が明文化され周知が図られている Ⅰ-2 経営状況の把握 Ⅰ-2-(1) 経営環境の変化等に適切に対応している

More information

shiryou2-1_shikuchouson-survey2.docx

shiryou2-1_shikuchouson-survey2.docx 資料 2-1 市町村相談窓口への調査結果 ( 自由記述分類 ) 概要 女性相談 DV 相談 2-(2). 保護に至らない課題 ( 自由記述 ) 離別により住み慣れた地域や友人等から離れることによる喪失感が大きく 離脱の決意が難 しい 子どもを転校させたくない 介護を必要とする親を一人にできないなど子ども等への思いや 関係を重視する 仕事を続けたい 携帯を使用したい ペットを置いておけないなどの本人のニーズと一時保

More information

⑤5 地方公共団体における検証等に関する調査結果

⑤5 地方公共団体における検証等に関する調査結果 5 地方公共団体における検証等に関する調査結果国及び地方公共団体は 重大な子ども虐待事例についての調査研究及び検証を行うことが責務とされており 地方公共団体が行う検証については 地方公共団体における児童虐待による死亡事例等の検証について ( 平成 20 年 3 月 14 日付け雇児総発第 0314002 号厚生労働省雇用均等 児童家庭局総務課長通知 ) により詳細を示している 今回 平成 29 年

More information

下の図は 平成 25 年 8 月 28 日の社会保障審議会介護保険部会資料であるが 平成 27 年度以降 在宅医療連携拠点事業は 介護保険法の中での恒久的な制度として位置づけられる計画である 在宅医療 介護の連携推進についてのイメージでは 介護の中心的機関である地域包括支援センターと医療サイドから医

下の図は 平成 25 年 8 月 28 日の社会保障審議会介護保険部会資料であるが 平成 27 年度以降 在宅医療連携拠点事業は 介護保険法の中での恒久的な制度として位置づけられる計画である 在宅医療 介護の連携推進についてのイメージでは 介護の中心的機関である地域包括支援センターと医療サイドから医 1 下の図は 平成 25 年 8 月 28 日の社会保障審議会介護保険部会資料であるが 平成 27 年度以降 在宅医療連携拠点事業は 介護保険法の中での恒久的な制度として位置づけられる計画である 在宅医療 介護の連携推進についてのイメージでは 介護の中心的機関である地域包括支援センターと医療サイドから医療 介護の連携を司る医師会等による在宅医療連携拠点機能施設を 市町村がコーディネートし これを都道府県が後方支援する形が提唱されている

More information

愛知県アルコール健康障害対策推進計画 の概要 Ⅰ はじめに 1 計画策定の趣旨酒類は私たちの生活に豊かさと潤いを与える一方で 多量の飲酒 未成年者や妊婦の飲酒等の不適切な飲酒は アルコール健康障害の原因となる アルコール健康障害は 本人の健康問題だけでなく 家族への深刻な影響や飲酒運転 自殺等の重大

愛知県アルコール健康障害対策推進計画 の概要 Ⅰ はじめに 1 計画策定の趣旨酒類は私たちの生活に豊かさと潤いを与える一方で 多量の飲酒 未成年者や妊婦の飲酒等の不適切な飲酒は アルコール健康障害の原因となる アルコール健康障害は 本人の健康問題だけでなく 家族への深刻な影響や飲酒運転 自殺等の重大 愛知県アルコール健康障害対策推進計画 の概要 Ⅰ はじめに 1 計画策定の趣旨酒類は私たちの生活に豊かさと潤いを与える一方で 多量の飲酒 未成年者や妊婦の飲酒の不適切な飲酒は アルコール健康障害の原因となる アルコール健康障害は 本人の健康問題だけでなく 家族への深刻な影響や飲酒運転 自殺の重大な社会問題を生じさせる危険性が高く その対策は極めて重要な課題である 平成 26 年 6 月に施行されたアルコール健康障害対策基本法において

More information

6 女性への暴力やセクシュアル・ハラスメントの防止

6 女性への暴力やセクシュアル・ハラスメントの防止 第 1 部 6 への暴力やセクシュアル ハラスメントの防止 6 への暴力やセクシュアル ハラスメントの防止 (1) 全国調査にみるドメスティック バイオレンス (DV) の実態 内閣府調査によれば 結婚経験者のうち 配偶者 ( 事実婚や別居中の夫婦 元配偶者も含む ) から 身体的暴行 心理的攻撃 性的強要 の何らかの暴力を1 回以上受けた人の割合は では 33.2% では 17.4% にのぼっています

More information

Microsoft Word - 4㕕H30 �践蕖㕕管璃蕖㕕㇫ㅪ�ㅥㅩㅀ.docx

Microsoft Word - 4ã••H30 å®�践蕖㕕管璃蕖㕕㇫ㅪã‡�ㅥㅩㅀ.docx :31.5 時間 (1,890 分 ) 実習 : 課題設定 240 分 他施設実習 1 日 職場実習 4 週間 実習のまとめ 180 分 第 1 日目 オリエンテーション 9:30~9:40(10 分 ) ( 第 2 回旭川 9:45~9:55) 1 認知症ケアの基本的理解 認知症ケアの基本的視点と理念 9:40~12:40(180 分 ) ( 第 2 回旭川 9:55~12:55) 高齢者施策における認知症ケアの方向性と位置づけを理解し

More information

社会的責任に関する円卓会議の役割と協働プロジェクト 1. 役割 本円卓会議の役割は 安全 安心で持続可能な経済社会を実現するために 多様な担い手が様々な課題を 協働の力 で解決するための協働戦略を策定し その実現に向けて行動することにあります この役割を果たすために 現在 以下の担い手の代表等が参加

社会的責任に関する円卓会議の役割と協働プロジェクト 1. 役割 本円卓会議の役割は 安全 安心で持続可能な経済社会を実現するために 多様な担い手が様々な課題を 協働の力 で解決するための協働戦略を策定し その実現に向けて行動することにあります この役割を果たすために 現在 以下の担い手の代表等が参加 私たちの社会的責任 宣言 ~ 協働の力 で新しい公共を実現する~ 平成 22 年 5 月 12 日社会的責任に関する円卓会議 社会的責任に関する円卓会議 ( 以下 本円卓会議 という ) は 経済 社会 文化 生活など 様々な分野における多様な担い手が対等 平等に意見交換し 政府だけでは解決できない諸課題を 協働の力 で解決するための道筋を見出していく会議体として 平成 21 年 3 月に設立されました

More information

学力向上のための取り組み

学力向上のための取り組み スクールソーシャルワーカー (SSW) 活用事業 堺市教育委員会事務局生徒指導課 社会の変化と複雑化 多様化する課題 少子化 核家族化 情報化 など社会の変化 家族形態の変容 人間関係の希薄化 情報の氾濫 価値観の多様化など いじめ 不登校 暴力行為 虐待 ひきこもり 家庭内暴力など 学校の抱える課題が 複雑化 多様化している 心理や福祉の専門家と連携した組織的な対応が必要 専門家と連携した対応例

More information

<4D F736F F F696E74202D208ED089EF959F8E F958B5A8F70985F315F91E630338D E328C8E313393FA8D E >

<4D F736F F F696E74202D208ED089EF959F8E F958B5A8F70985F315F91E630338D E328C8E313393FA8D E > 第 2 章では ソーシャルワーク実践を方向づけるものとして ソーシャルワークの価値を学習しました ソーシャルワーク専門職は ソーシャルワークの価値を深く理解し ソーシャルワーク実践のなかにしっかりと位置づけ 具現化していかなければなりません 1 価値 は 人の判断や行動に影響を与えます ソーシャルワーカーの判断にも 価値 が大きく影響します ソーシャルワークとしてどのような援助の方向性をとるのか さまざまな制約の中で援助や社会資源の配分をどのような優先順位で行うか

More information

児童相談所が虐待通告や子育ての悩み相談に対して確実に対応できる体制強化 滋賀県彦根子ども家庭相談センター菅野道英 児童相談所の使命 2 子どもの発達上のニーズを適切に充たし 現在 ~ 未来の 生きやすさ を保障する 子どもが発達の過程で示すさまざまな症状や問題についての相談に応じ 専門的支援を行って

児童相談所が虐待通告や子育ての悩み相談に対して確実に対応できる体制強化 滋賀県彦根子ども家庭相談センター菅野道英 児童相談所の使命 2 子どもの発達上のニーズを適切に充たし 現在 ~ 未来の 生きやすさ を保障する 子どもが発達の過程で示すさまざまな症状や問題についての相談に応じ 専門的支援を行って 児童相談所が虐待通告や子育ての悩み相談に対して確実に対応できる体制強化 滋賀県彦根子ども家庭相談センター菅野道英 児童相談所の使命 2 子どもの発達上のニーズを適切に充たし 現在 ~ 未来の 生きやすさ を保障する 子どもが発達の過程で示すさまざまな症状や問題についての相談に応じ 専門的支援を行っていく 時代の要請に応じて 30 年前は障害児療育 その後は登校拒否 そして現在は児童虐待 非行問題は常に

More information

別添2 乳児家庭全戸訪問事業の実施状況

別添2 乳児家庭全戸訪問事業の実施状況 Ⅱ 乳児家庭全戸訪問事業の実施状況について 別添 2 1. 実施の有無 ( 平成 25 年 4 月 1 日現在 ) 乳児家庭全戸訪問事業を実施している市町村 ( 特別区を含む 以下同じ ) は 全国 1,742 市町村のうち 1,660か所 (95.3%) であった 表 Ⅱ-1 都道府県ごとの乳児家庭全戸訪問事業の実施状況 ( 平成 25 年 4 月 1 日現在 ) 乳児家庭全戸訪問事業 乳児家庭全戸訪問事業

More information

~この方法で政策形成能力のレベルアップが図れます~

~この方法で政策形成能力のレベルアップが図れます~ コード B02(rev.03) ~ 柔軟な組織運営を目指す ~ 組織活性化の進め方 本コースは 組織活性化は組織成果を出していくための十分な条件である ことを前提として 組織の基本理解 原則を踏まえ 組織活性化のポイントについて理解を深めていくことを狙いとしています ケーススタディを通じて具体的な状況における組織活性化策を検討することで 柔軟な組織運営能力を高めていきます 2. 組織の基本理解 3.

More information

資料 3 全国精神保健福祉センター長会による自殺予防総合対策センターの業務のあり方に関するアンケート調査の結果全国精神保健福祉センター長会会長田邊等 全国精神保健福祉センター長会は 自殺予防総合対策センターの業務の在り方に関する検討チームにて 参考資料として使用されることを目的として 研修 講演 講

資料 3 全国精神保健福祉センター長会による自殺予防総合対策センターの業務のあり方に関するアンケート調査の結果全国精神保健福祉センター長会会長田邊等 全国精神保健福祉センター長会は 自殺予防総合対策センターの業務の在り方に関する検討チームにて 参考資料として使用されることを目的として 研修 講演 講 資料 3 全国精神保健福祉センター長会による自殺予防総合対策センターの業務のあり方に関するアンケート調査の結果全国精神保健福祉センター長会会長田邊等 全国精神保健福祉センター長会は 自殺予防総合対策センターの業務の在り方に関する検討チームにて 参考資料として使用されることを目的として 研修 講演 講義 調査研究 統計資料 刊行物の有益性 及び今後の要望に関して 質問紙票によるアンケート調査を行った

More information

系統看護学講座 クイックリファレンス 2012年 母性看護学

系統看護学講座 クイックリファレンス 2012年 母性看護学 母性看護学 母性看護学 目標 Ⅰ. 母性看護の対象となる人々 関連する保健医療の仕組み 倫理的問題 人間の性と生殖のしくみについての理解を問う 1 母性看護の概念 母性看護の主な概念 a 母性の概念 母性の発達 母性看護学 [1]( 母性看護学概論 ): 第 1 章 母性とは (p.2 12) 公衆衛生 : 第 5 章 C リプロダクティヴ ヘルス / ライツ (p.115 130) 家族論 家族関係論

More information

乳児家庭全戸訪問事業(一部改正)

乳児家庭全戸訪問事業(一部改正) 雇児発 0403 第 3 号 平成 2 9 年 4 月 3 日 各都道府県知事殿 厚生労働省雇用均等 児童家庭局長 ( 公印省略 ) 乳児家庭全戸訪問事業の実施について の一部改正について 標記について 乳児家庭全戸訪問事業の実施について ( 平成 26 年 5 月 29 日雇児発 0529 第 32 号本職通知 以下 本職通知 という ) により実施されているところであるが 今般 本職通知の一部を別紙新旧対照表のとおり改正し

More information

.T.v...ec6

.T.v...ec6 子育て支援推進都市をめざして 鈴鹿市は 子育て支援の先進都市をめざして取り組んでいます その一環として市は平 成16に 子育て支援総合推進モデル市町村事業 を導入しました これは 次世 代育成支援行動計画において各種の子育て支援事業に積極的に取り組もうとする市町村 を国が指するもので 全国で49市町村が指されたものです このため 鈴鹿市では 通常の市町村がを設するサービスよりも多くのメニューについてを設して

More information

1 発達とそのメカニズム 7/21 幼児教育 保育に関する理解を深め 適切 (1) 幼児教育 保育の意義 2 幼児教育 保育の役割と機能及び現状と課題 8/21 12/15 2/13 3 幼児教育 保育と児童福祉の関係性 12/19 な環境を構成し 個々 1 幼児期にふさわしい生活 7/21 12/

1 発達とそのメカニズム 7/21 幼児教育 保育に関する理解を深め 適切 (1) 幼児教育 保育の意義 2 幼児教育 保育の役割と機能及び現状と課題 8/21 12/15 2/13 3 幼児教育 保育と児童福祉の関係性 12/19 な環境を構成し 個々 1 幼児期にふさわしい生活 7/21 12/ キャリアアップ研修 内容及び実施予定 1 社会人 組織の一員としての基礎分野ねらい内容具体的な内容協会民間 社会人としてのモラ社会人 組織の一 1 社会人としてのマナー 倫理観 コミュニケ ション力 5/16 ル ルール マナーを社会人としての基礎員としての基礎知り 組織の一員とし 2 意欲 情熱 主体性 責任感 協調性 自制心 やりきる力 5/16 2 人権 自らの人権感覚を高 1 子どもの最善の利益の尊重

More information

周南市版地域ケア会議 運用マニュアル 1 地域ケア会議の定義 地域ケア会議は 地域包括支援センターまたは市町村が主催し 設置 運営する 行政職員をはじめ 地域の関係者から構成される会議体 と定義されています 地域ケア会議の構成員は 会議の目的に応じ 行政職員 センター職員 介護支援専門員 介護サービ

周南市版地域ケア会議 運用マニュアル 1 地域ケア会議の定義 地域ケア会議は 地域包括支援センターまたは市町村が主催し 設置 運営する 行政職員をはじめ 地域の関係者から構成される会議体 と定義されています 地域ケア会議の構成員は 会議の目的に応じ 行政職員 センター職員 介護支援専門員 介護サービ 周南市版地域ケア会議 運用マニュアル改訂版 平成 28 年 6 月 周南市地域福祉課 地域包括支援センター 周南市版地域ケア会議 運用マニュアル 1 地域ケア会議の定義 地域ケア会議は 地域包括支援センターまたは市町村が主催し 設置 運営する 行政職員をはじめ 地域の関係者から構成される会議体 と定義されています 地域ケア会議の構成員は 会議の目的に応じ 行政職員 センター職員 介護支援専門員 介護サービス事業者

More information

2 保険者協議会からの意見 ( 医療法第 30 条の 4 第 14 項の規定に基づく意見聴取 ) (1) 照会日平成 28 年 3 月 3 日 ( 同日開催の保険者協議会において説明も実施 ) (2) 期限平成 28 年 3 月 30 日 (3) 意見数 25 件 ( 総論 3 件 各論 22 件

2 保険者協議会からの意見 ( 医療法第 30 条の 4 第 14 項の規定に基づく意見聴取 ) (1) 照会日平成 28 年 3 月 3 日 ( 同日開催の保険者協議会において説明も実施 ) (2) 期限平成 28 年 3 月 30 日 (3) 意見数 25 件 ( 総論 3 件 各論 22 件 資料 1-1 地域医療構想 ( 案 ) に対する意見について 1 市町村からの意見 ( 医療法第 30 条の 4 第 14 項の規定に基づく意見聴取 ) (1) 照会日平成 28 年 3 月 3 日 (2) 期限平成 28 年 3 月 30 日 (3) 意件数 5 件 (4 市 ) (4) 意見の内容 主な意見と県の回答 1 医療提供体制について 日常の医療 緊急時の医療 在宅医療体制の整備 特に周産期

More information

1. 子育て短期支援事業の概要 根拠法 子育て短期支援事業 は 児童福祉法 ( 昭和 22 年法律第 164 号 以下 法 という ) 第 6 条の 3 第 3 項に規定する市町村が実施する事業 用語の意味 児童 児童福祉法第 4 条に規定する者をいう 保護者 児童福祉法第 6 条に規定する者をいう

1. 子育て短期支援事業の概要 根拠法 子育て短期支援事業 は 児童福祉法 ( 昭和 22 年法律第 164 号 以下 法 という ) 第 6 条の 3 第 3 項に規定する市町村が実施する事業 用語の意味 児童 児童福祉法第 4 条に規定する者をいう 保護者 児童福祉法第 6 条に規定する者をいう 資料 3-1 子育て短期支援事業 ( ショートステイ事業 ) の運用に係る取扱い 1. 子育て短期支援事業の概要 2. 事業の位置づけ 3. 対象者 ( 利用者の想定イメージ ) 4. 利用見込み量 5. 事業実施基準額 ( 国 県補助基準額 ) 6. 保護者負担額 7. 利用の流れ 8. 利用決定会議 ( 初期アセスメント ) 1 1. 子育て短期支援事業の概要 根拠法 子育て短期支援事業 は 児童福祉法

More information

文化庁平成 27 年度都道府県 市区町村等日本語教育担当者研修 2015 年 7 月 1 日 生活者としての外国人 に対する日本語教育の体制整備に向けた役割分担 日本語教育担当者が地域課題に挑む10のステップ よねせはるこ米勢治子 ( 東海日本語ネットワーク )

文化庁平成 27 年度都道府県 市区町村等日本語教育担当者研修 2015 年 7 月 1 日 生活者としての外国人 に対する日本語教育の体制整備に向けた役割分担 日本語教育担当者が地域課題に挑む10のステップ よねせはるこ米勢治子 ( 東海日本語ネットワーク ) 文化庁平成 27 年度都道府県 市区町村等日本語教育担当者研修 2015 年 7 月 1 日 生活者としての外国人 に対する日本語教育の体制整備に向けた役割分担 日本語教育担当者が地域課題に挑む10のステップ よねせはるこ米勢治子 pxl03143@nifty.com ( 東海日本語ネットワーク ) 演習 1( 導入 ) 実践事例報告を聞く前に 地域における日本語教育の体制整備に向けた自治体等の役割

More information

府立高校 <P138> 支援学校 <P138> 保健センター <P139> 支援の必要な家庭の発見 子ども 保護者 親族からの相談 登校状況などを通して支援の必要な家庭を発見 (P50 表 2-3-4) 4 割程度が保護者の相談支援を実施 (P4 図 2-1-2) ケースに対応する中での課題として

府立高校 <P138> 支援学校 <P138> 保健センター <P139> 支援の必要な家庭の発見 子ども 保護者 親族からの相談 登校状況などを通して支援の必要な家庭を発見 (P50 表 2-3-4) 4 割程度が保護者の相談支援を実施 (P4 図 2-1-2) ケースに対応する中での課題として 支援機関等調査 結果報告について ( 概要 ) 支援機関等調査 児童養護施設退所児童等の実態調査概要資料 4 Ⅰ 調査概要 1. 調査目的 4. 対象機関及び回答数 回答数計 445 件 子どもや家庭の抱える課題が複合的であることから 就学前から高校生年齢の子 < 内訳 > どもに関わる支援機関等への調査を行い 子どもの貧困に関する課題の背景や支援 保育所 幼稚園 認定こども園 ( 公立 民間 )

More information

地域子育て支援拠点事業について

地域子育て支援拠点事業について 地域子育て支援拠点事業 背景課題 3 歳未満児の約 7~8 割は家庭で子育て 子育てが孤立化し 核家族化 地域のつながりの希薄化子育ての不安感 負担感 男性の子育てへの関わりが少ない 子どもの多様な大人 子ども 児童数の減少との関わりの減 地域子育て支援拠点の設置子育て中の親子が気軽に集い 相互交流や子育ての不安 悩みを相談できる場を提供 地域子育て支援拠点 公共施設や保育所 児童館等の地域の身近な場所で

More information

平成30年度精神保健に関する技術研修過程(自治体推薦による申込研修)

平成30年度精神保健に関する技術研修過程(自治体推薦による申込研修) 平成 30 年度 精神保健に関する技術研修課程 自治体推薦による申込受付の研修 国立研究開発法人国立精神 神経医療研究センター精神保健研究所 187-8553 東京都小平市小川東町 4-1-1 電話 042(341)2711( 代表 ) 精神保健研究所ホームページ研修情報案内 (http://www.ncnp.go.jp/nimh/kenshu/index.html) < 目次 > 自治体推薦による申込受付の各研修課程要項

More information

平成18年度標準調査票

平成18年度標準調査票 平成 29 年度 チェック式自己評価用 作成日 ( 完成日 ) 施設 事業所名 作成関係者 組織マネジメント分析シートの記入手順 組織マネジメント分析シート 自己評価用 経営層合議用 平成 年 月 日 カテゴリー 1. リーダーシップと意思決定 2. 経営における社会的責任 3. 利用者意向や地域 事業環境の把握と活用 4. 計画の策定と着実な実行 5. 職員と組織の能力向上 6. サービス提供のプロセス

More information

資料1 第1回会議のポイントについて

資料1 第1回会議のポイントについて 総合型地域スポーツクラブの在り方に関する検討会議 第 1 回会議のポイント 資料 1 論点 : 総合型クラブを取り巻く現状等 渋谷 人口減少による地域スポーツの存続危機 ( 小学生のスポーツ組織 学校運動部活動 ) 厳しい地方財政によるスポーツの場の縮小 ( 公共スポーツ施設 学校体育施設 ) 松田 人口減少や少子 高齢化社会における共助 共生社会の創造の必要性 人口減少や少子 高齢化といった社会的な変動を見据えて

More information

介護における尊厳の保持 自立支援 9 時間 介護職が 利用者の尊厳のある暮らしを支える専門職であることを自覚し 自立支援 介 護予防という介護 福祉サービスを提供するにあたっての基本的視点及びやってはいけ ない行動例を理解している 1 人権と尊厳を支える介護 人権と尊厳の保持 ICF QOL ノーマ

介護における尊厳の保持 自立支援 9 時間 介護職が 利用者の尊厳のある暮らしを支える専門職であることを自覚し 自立支援 介 護予防という介護 福祉サービスを提供するにあたっての基本的視点及びやってはいけ ない行動例を理解している 1 人権と尊厳を支える介護 人権と尊厳の保持 ICF QOL ノーマ 介護職員初任者研修 ほほえみ介護塾 シラバス 研修事業者名 使用教材 一般財団法人宇治市福祉サービス公社 介護職員初任者研修テキスト 公益財団法人介護労働安定センター 科目名 職務の理解 6 時間 研修に先立ち これからの介護が目指すべき その人の生活を支える 在宅におけるケ ア 等の実践について 介護職がどのような環境で どのような形で どのような仕事を 行うのか 具体的イメージを持って実感し 以降の研修に実践的に取り組めるようにす

More information

事業者名称 ( 事業者番号 ): 地域密着型特別養護老人ホームきいと ( ) 提供サービス名 : 地域密着型介護老人福祉施設 TEL 評価年月日 :H30 年 3 月 7 日 評価結果整理表 共通項目 Ⅰ 福祉サービスの基本方針と組織 1 理念 基本方針

事業者名称 ( 事業者番号 ): 地域密着型特別養護老人ホームきいと ( ) 提供サービス名 : 地域密着型介護老人福祉施設 TEL 評価年月日 :H30 年 3 月 7 日 評価結果整理表 共通項目 Ⅰ 福祉サービスの基本方針と組織 1 理念 基本方針 事業者名称 ( 事業者番号 ): 地域密着型特別養護老人ホームきいと (59050075) 提供サービス名 : 地域密着型介護老人福祉施設 TEL.0748-48-750 評価年月日 :H0 年 月 7 日 評価結果整理表 共通項目 Ⅰ 福祉サービスの基本方針と組織 理念 基本方針 () 理念 基本方針が確立されている 法人の事業所の理念が明文化されている 法人や事業所の運営理念に基づく基本方針が明文化されている

More information

Microsoft PowerPoint - 矢庭第3日(第6章ケアマネジメントのプロセス)

Microsoft PowerPoint - 矢庭第3日(第6章ケアマネジメントのプロセス) 介護支援専門員実務研修 3 日目 13:45~15:45 第 6 章 ケアマネジメントのプロセス 1 本科目の目的と修得目標 目的 ケアマネジメントプロセスの全体像を理解する 修得目標 1. ケアマネジメントプロセスの構成と流れについて説明 できる 2. 各プロセスの意義について説明できる 3. 各プロセスの目的について説明できる 4. 各プロセスの関連性を述べることができる 5. ケアマネジメントプロセスの全体像について説明できる

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平成 6 年度全国施設長会議第 4 分科会 これからの障害児支援の充実 発展に向けて 社会福祉法人カナンの園 奥中山学園 園長藤村正治 子育ち 子育て支援支援の連続性 学生 生徒 大学 専門学校 専攻科 高校 支援学校 中学校 支援学校 短期入所 障害児入所施設 児童 幼児 乳児 小学校 支援学校 5 歳児検診 保育所 幼稚園 療育相談 幼児教室 子育て教室 児童センター 保育所等訪問事業 発達支援事業

More information

高齢者虐待防止対応マニュアル別冊 6 関係機関との連携 (1) 各機関の役割 市町村や地域包括支援センター等の関係機関は それぞれ対応可能な範囲があります 範囲を超えた対応は行うことができません また 事例によって関係機関の対応を依頼する場合があります 市町村が中心となるコアメンバー会議によって 大

高齢者虐待防止対応マニュアル別冊 6 関係機関との連携 (1) 各機関の役割 市町村や地域包括支援センター等の関係機関は それぞれ対応可能な範囲があります 範囲を超えた対応は行うことができません また 事例によって関係機関の対応を依頼する場合があります 市町村が中心となるコアメンバー会議によって 大 6 関係機関との連携 (1) 各機関の役割 市町村や地域包括支援センター等の関係機関は それぞれ対応可能な範囲があります 範囲を超えた対応は行うことができません また 事例によって関係機関の対応を依頼する場合があります 市町村が中心となるコアメンバー会議によって 大まかな方針を決定する際に 協力を依頼する関係機関についても検討します 地域包括支援市町村介護保険事業所介護支援専門員民生委員センター 早期発見

More information

資料4-4 新しい時代の教育や地方創生の実現に向けた学校と地域の連携・協働の在り方と今後の推進方策について 審議のまとめ(参考資料)

資料4-4 新しい時代の教育や地方創生の実現に向けた学校と地域の連携・協働の在り方と今後の推進方策について 審議のまとめ(参考資料) 資料 4-4 審議のまとめ参考資料 ( 抜粋 ) コミュニティ スクールと地域学校協働本部 ( 仮称 ) の効果的な連携 協働の在り方に関する参考資料 位置付け度的これからのコミュニティ スクールの仕組みの在り方 ( イメージ ) 地域の人々と目標やビジョンを共有し 地域と一体となって子どもたちを育む 地域とともにある学校 へと転換 学校における地域との連携 協働体制を組織的 継続的に確立する観点から

More information

はじめての子どもが生まれる前に 赤ちゃんの世話をしたことがある割合 (25 年度と 20 年度の 比較 ) 利用ニーズ把握のための調査 ( 平成 20 年 ( 市民意識調査 ) 25 年 ( 未就学児 )) < 平成 20 年 > 無回答 2.9% < 平成 25 年 > 無回答 %

はじめての子どもが生まれる前に 赤ちゃんの世話をしたことがある割合 (25 年度と 20 年度の 比較 ) 利用ニーズ把握のための調査 ( 平成 20 年 ( 市民意識調査 ) 25 年 ( 未就学児 )) < 平成 20 年 > 無回答 2.9% < 平成 25 年 > 無回答 % 施策分野 2 出産 子育てがしやすく 子育てが楽しいと思える環境をつくる基本施策 5 生まれる前から乳幼児期の一貫した支援 1 現状と課題 妊娠 出産に関する正しい知識の普及啓発と相談支援 結婚年齢の上昇等に伴い 35 歳以上の高年齢で妊娠 出産される方の増加が続いています 35 歳以上の高齢出産の割合は 平成 15 年では 17.8% であったものが 平成 24 年には約 32.0% まで上昇し

More information

長野県プレスリリース 平成16年7月23日

長野県プレスリリース 平成16年7月23日 予期せぬ妊娠に悩む女性の支援 新生児 乳幼児の特別養子縁組 ( ) と里親委託のあり方等について ( 案 ) 平成 30 年 (2018 年 )3 月 長野県新生児里親委託のあり方等検討協議会 児童相談所による養子縁組里親への委託と民間養子縁組機関との連携を含む ( 本文中も同様 ) 新生児里親委託のあり方等検討協議会 での検討経過 第 1 回協議会 (H29.3.17) 社会的養護及び妊娠 出産に係る支援体制の現状と課題についての協議

More information

Ⅲ 目指すべき姿 特別支援教育推進の基本方針を受けて 小中学校 高等学校 特別支援学校などそれぞれの場面で 具体的な取組において目指すべき姿のイメージを示します 1 小中学校普通学級 1 小中学校普通学級の目指すべき姿 支援体制 多様な学びの場 特別支援教室の有効活用 1チームによる支援校内委員会を

Ⅲ 目指すべき姿 特別支援教育推進の基本方針を受けて 小中学校 高等学校 特別支援学校などそれぞれの場面で 具体的な取組において目指すべき姿のイメージを示します 1 小中学校普通学級 1 小中学校普通学級の目指すべき姿 支援体制 多様な学びの場 特別支援教室の有効活用 1チームによる支援校内委員会を Ⅲ 目指すべき姿 特別支援教育推進の基本方針を受けて 小中学校 高等学校 特別支援学校などそれぞれの場面で 具体的な取組において目指すべき姿のイメージを示します 1 小中学校普通学級 1 小中学校普通学級の目指すべき姿 支援体制 多様な学びの場 特別支援教室の有効活用 1チームによる支援校内委員会を開催し 支援の必要な児童生徒についての情報や支援方針を 担任や特別支援教育コーディネーターだけでなく全職員で共有し

More information

4 研修について考慮する事項 1. 研修の対象者 a. 職種横断的な研修か 限定した職種への研修か b. 部署 部門を横断する研修か 部署及び部門別か c. 職種別の研修か 2. 研修内容とプログラム a. 研修の企画においては 対象者や研修内容に応じて開催時刻を考慮する b. 全員への周知が必要な

4 研修について考慮する事項 1. 研修の対象者 a. 職種横断的な研修か 限定した職種への研修か b. 部署 部門を横断する研修か 部署及び部門別か c. 職種別の研修か 2. 研修内容とプログラム a. 研修の企画においては 対象者や研修内容に応じて開催時刻を考慮する b. 全員への周知が必要な 新井病院 医療安全管理者の業務指針 新井病院医療安全管理者業務指針 1. はじめに医療機関の管理者は 自ら安全管理体制を確保するとともに 医療安全管理者を配置するにあたっては 必要な権限を委譲し また 必要な資源を付与して その活動を推進することで医療機関内の安全管理につとめなければならない 2. 医療安全管理者の位置づけ医療安全管理者とは 病院管理者 ( 病院長 ) の任命を受け 安全管理のために必要な権限の委譲と

More information

調査実施概況 小学校 ( 都道府県 ( 指定都市除く )) 教育委員会数 ( 1) 学校数児童数 ( 2) 全体 実施数 調査対象者在籍学校数 実施数国語 A 国語 B 主体的 対話的で深い学びに関する状況 ( 3) 算数 A 算数 B 質問紙 平均正答率 13~15 問 国語

調査実施概況 小学校 ( 都道府県 ( 指定都市除く )) 教育委員会数 ( 1) 学校数児童数 ( 2) 全体 実施数 調査対象者在籍学校数 実施数国語 A 国語 B 主体的 対話的で深い学びに関する状況 ( 3) 算数 A 算数 B 質問紙 平均正答率 13~15 問 国語 調査実施概況 小学校 ( 都道府県 ) 教育委員会数 ( 1) 学校数児童数 ( 2) 全体 実施数 調査対象者在籍学校数 主体的 対話的で深い学びに関する状況 ( 3) 実施数国語 A 国語 B 算数 A 算数 B 質問紙 1 2 3 4 5 平均正答率 13~15 問 国語 A(%) 正答数別四分位 12 問 10~11 問 国語 B(%) 正答数別四分位平均正答率 0~9 問 7~9 問 5~6

More information

Microsoft PowerPoint - 中板委員提出資料

Microsoft PowerPoint - 中板委員提出資料 中板委員提出資料 ハイリスク親支援グループ (High-risk Parent Support Group) 公益社団法人日本看護協会常任理事中板育美 ハイリスク親支援グループ (High-risk Parent Support Group) サポート グループ型の親グループは 親支援グループ ( 鷲山 2006) Parent Support Group( 中板 2008) 親教育グループを 親支援グループ

More information

歯科中間報告(案)概要

歯科中間報告(案)概要 平成 30 年 9 月 20 日 第 41 回地域保健健康増進栄養部会 資料 4 歯科口腔保健の推進に関する基本的事項 中間評価 ( 案 ) の概要 医政局歯科保健課歯科口腔保健推進室 歯科口腔保健の推進に関する法律と基本的事項について 目的 ( 第 1 条関係 ) 口腔の健康は 国民が健康で質の高い生活を営む上で基礎的かつ重要な役割 国民の日常生活における歯科疾患の予防に向けた取組が口腔の健康の保持に極めて有効国民保健の向上に寄与するため

More information

障害児・発達障害支援_

障害児・発達障害支援_ 事務連絡平成 30 年 12 月 25 日 各 都道府県指定都市 障害保健福祉主管部局御中 厚生労働省社会 援護局障害保健福祉部 障害福祉課障害児 発達障害者支援室 平成 31 年度予算案における障害児 発達障害者支援施策について 障害保健福祉行政の推進について 日頃よりご尽力をいただき厚く御礼申し上げます 障害児 発達障害者支援施策については 平成 31 年度概算要求において新規施策の要求を行っていたところですが

More information

(2) 検討の方向性 1 グループホームを本体施設の近くに設置したり 複数のグループホームを集積することで 本体施設との連携 グループホーム間の連携を強化し 職員の負担の軽減や 子どもの安全確保を強化できないか 地域小規模 FH の隣接複数設置 + 本 4 ユ 園 ニット + 本 園 4 ユ ニット

(2) 検討の方向性 1 グループホームを本体施設の近くに設置したり 複数のグループホームを集積することで 本体施設との連携 グループホーム間の連携を強化し 職員の負担の軽減や 子どもの安全確保を強化できないか 地域小規模 FH の隣接複数設置 + 本 4 ユ 園 ニット + 本 園 4 ユ ニット 資料 6 児童養護施設等の小規模化及び家庭的養護の推進に向けた 課題と方向性 ( 素案 ) 1 小規模化 地域分散化 (1) 施設の声 小規模化 1 一人勤務の時間が長くなる 孤立する 抱込みなど職員の負担が大きい OJT ができない 2 養育に困難を伴う子どもが増える中 特に夜間の一人勤務の体制では安全面が低下する 3 職員間の連携が困難 4 本体施設の定員が少ないとローテーションを組めない 5

More information

問 2 次の文中のの部分を選択肢の中の適切な語句で埋め 完全な文章とせよ なお 本問は平成 28 年厚生労働白書を参照している A とは 地域の事情に応じて高齢者が 可能な限り 住み慣れた地域で B に応じ自立した日常生活を営むことができるよう 医療 介護 介護予防 C 及び自立した日常生活の支援が

問 2 次の文中のの部分を選択肢の中の適切な語句で埋め 完全な文章とせよ なお 本問は平成 28 年厚生労働白書を参照している A とは 地域の事情に応じて高齢者が 可能な限り 住み慣れた地域で B に応じ自立した日常生活を営むことができるよう 医療 介護 介護予防 C 及び自立した日常生活の支援が 選択式 対策編 平成 28 年厚生労働白書 問 1 次の文中のの部分を選択肢の中の適切な語句で埋め 完全な文章とせよ なお 本問は平成 28 年厚生労働白書を参照している 1 国民医療費とは 医療機関等における保険診療の対象となり得る傷病の治療に要した費用を推計したものであり 具体的には 医療保険制度等による給付 後期高齢者医療制度や公費負担医療制度による給付 これに伴う患者の一部負担などによって支払われた医療費を合算したものである

More information

(1) 庁内外の関係機関と密に連携を図りつつ必要に応じてひとり親家庭を訪問 1 背景ひとり親家庭からの相談窓口に寄せられる相談件数は増加傾向にある また養育に問題を抱える父母からの相談 父母や子どもが精神的に不安定であるケースに関する相談等 相談内容やその背景も複雑化してきていることから 碧南市では

(1) 庁内外の関係機関と密に連携を図りつつ必要に応じてひとり親家庭を訪問 1 背景ひとり親家庭からの相談窓口に寄せられる相談件数は増加傾向にある また養育に問題を抱える父母からの相談 父母や子どもが精神的に不安定であるケースに関する相談等 相談内容やその背景も複雑化してきていることから 碧南市では 碧南市基礎情報 人口 71,346 人 世帯 26,477 世帯 ( 平成 27 年国勢調査より ( 総務省 )) 母子 父子世帯数 母子 父子世帯数 2,252 世帯 ( 母子世帯 1,878 世帯 父子世帯 374 世帯 )( 平成 27 年の国勢調査の結果より 一般世帯数のうち 20 歳未満世帯員のいる母子世帯および父子世帯 ( 他の世帯員がいる世帯を含む )) 母子世帯 : 未婚 死別又は離別の女親と

More information

議会改革度調査2013 テーマ別分析② 政務活動費

議会改革度調査2013 テーマ別分析② 政務活動費 議会改革度調査 2015 議会と住民が対話する場とその充実 今回の調査で重視したポイントは PDCA サイクルと住民が議会に参加する取り組みです その例として 議会と住民が対話する場 について解説します 議会改革調査部会 2016/7/5 議会が住民と直接対話する場 議会報告会 ( ) などの 議会が住民と直接対話する場 を開催している議会は昨年度とほぼ変わらず < 議会報告会等を開催している議会の割合

More information

<4D F736F F D20906C8AD489C88A778CA48B8689C881408BB38A77979D944F82C6906C8DDE88E790AC96DA95572E646F6378>

<4D F736F F D20906C8AD489C88A778CA48B8689C881408BB38A77979D944F82C6906C8DDE88E790AC96DA95572E646F6378> 人間科学研究科の教学理念 人材育成目的と 3 ポリシー 教学理念 人間科学研究科は 総合的な心理学をもとにして 人間それ自身の研究を拓き 対人援助 人間理解にかかわる関連分野の諸科学や多様に取り組まれている実践を包括する 広い意味での人間科学の創造をめざす 細分化している専門の深まりを 社会のなかの人間科学としての広がりのなかで自らの研究主題を構築しなおす研究力を養い 社会のなかに活きる心理学 人間科学の創造をとおして

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 1 5 回地域医療構想に関する W G 平成 3 0 年 7 月 2 0 日 資料 2-1 1. 地域医療構想調整会議の活性化に向けた方策 ( その 3) 1 公立 公的病院等を中心とした機能分化 連携の推進について 2 地元に密着した 地域医療構想アドバイザー について 1 経済財政運営と改革の基本方針 2018 ( 平成 30 年 6 月 15 日閣議決定 )[ 抜粋 ] 4. 主要分野ごとの計画の基本方針と重要課題

More information

学生確保の見通し及び申請者としての取組状況

学生確保の見通し及び申請者としての取組状況 資料 23 ソーシャルビジネス推進研究会報告書 平成 22 年度地域新成長産業創出促進事業 ( ソーシャルビジネス / コミュニティビジネス連携強化事業 ) 抜粋 平成 23 年 3 月 目次 1. ソーシャルビジネス推進研究会の趣旨... 2 (1) ソーシャルビジネス推進研究会の目的... 2 (2) 政府の取組におけるソーシャルビジネスの位置づけ... 3 (3) 本研究会におけるソーシャルビジネスの概念の整理...

More information

はじめに 佐世保市では平成 16 年 3 月に次世代育成支援対策推進法に基づく 次世代育成支援佐世保市行動計画 ( 前期行動計画 ) を 平成 22 年 3 月には後期計画である させぼっ子未来プラン を策定し 子どもを安心して産み育てることのできる環境の充実や地域での子どもと子育て支援 子育てと仕事の両立支援など 子どもと子育てを支援するための総合的な施策に取り組んでまいりました そのような中 平成

More information

平成23年9月29日WG後修正

平成23年9月29日WG後修正 大阪大学男女共同参画推進基本計画 ( 仮称 ) に向けて ( 提言 ) 多様な人材活用推進本部 Ⅰ これまでの取組と提言の考え方 大阪大学における男女共同参画推進の経緯大阪大学においては 平成 17 年度に 男女共同参画に関する検討ワーキング を立ち上げ アンケート調査などの活動を経て 大阪大学における多様な人材活用推進に関する基本理念 ( 以下 基本理念 という ) を平成 18 年に制定した また

More information

社会的不利・困難を抱える「若者応援プログラム集」

社会的不利・困難を抱える「若者応援プログラム集」 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 COLUMN 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 300 43 44 45 46 113-0022 4-23-19 201 Fax : 03-5834-7433 47 48 49 50 50 51 52 53 54

More information

体罰の実態把握について(セット)公表資料250423

体罰の実態把握について(セット)公表資料250423 体罰の実態把握について ( 第 次報告 ) 平成 25 年 4 月 26 日 ( 金 ). 趣旨 児童生徒に対する体罰の実態を把握し 体罰禁止の徹底を図るため 平成 25 年 月 23 日付初等中等教育局長及びスポーツ 青少年局長通知により各都道府県 指定都市教育委員会等に対して依頼したもの 2. 対象 3. 調査期日 報告項目 国公私立の ( 通信制を除く ) 中等教育学校 第 次報告 : 平成

More information

チェック式自己評価組織マネジメント分析シート カテゴリー 1 リーダーシップと意思決定 サブカテゴリー 1 事業所が目指していることの実現に向けて一丸となっている 事業所が目指していること ( 理念 ビジョン 基本方針など ) を明示している 事業所が目指していること ( 理念 基本方針

チェック式自己評価組織マネジメント分析シート カテゴリー 1 リーダーシップと意思決定 サブカテゴリー 1 事業所が目指していることの実現に向けて一丸となっている 事業所が目指していること ( 理念 ビジョン 基本方針など ) を明示している 事業所が目指していること ( 理念 基本方針 平成 23 年度 チェック式自己評価用 作成日 ( 完成日 ) 施設 事業所名 作成関係者 組織マネジメント分析シートの記入手順 組織マネジメント分析シート 自己評価用 経営層合議用 平成 年 月 日 カテゴリー 1. リーダーシップと意思決定 2. 経営における社会的責任 3. 利用者意向や地域 事業環境の把握と活用 4. 計画の策定と着実な実行 5. 職員と組織の能力向上 6. サービス提供のプロセス

More information

2コアメンバー会議の開催時期コアメンバー会議は 事実確認調査で得られた情報や相談 通報内容に基づき 緊急性を判断し 緊急性が高いと判断される事例については 早急に開催します 3 協議内容 虐待の事実認定情報の内容により虐待の事実の有無の判断を行います 情報の内容虐待の事実の有無の判断 高齢者の権利を

2コアメンバー会議の開催時期コアメンバー会議は 事実確認調査で得られた情報や相談 通報内容に基づき 緊急性を判断し 緊急性が高いと判断される事例については 早急に開催します 3 協議内容 虐待の事実認定情報の内容により虐待の事実の有無の判断を行います 情報の内容虐待の事実の有無の判断 高齢者の権利を 2 虐待の事実認定 (1) 虐待の事実認定の概要 市町村は 虐待の相談 通報に対し 事実確認のための調査等を実施し 虐待の事実の有無及び緊急性 当面の対応方法を判断します 虐待の事実認定が 以後の市町村の権限行使の根拠となります そのため 市町村内の組織としての判断が必要です ただし 虐待の認定がない高齢者であったとしても 必要な高齢者に対しては 支援を検討する必要があります 虐待の事実認定をするうえでのポイント

More information

このような現状を踏まえると これからの介護予防は 機能回復訓練などの高齢者本人へのアプローチだけではなく 生活環境の調整や 地域の中に生きがい 役割を持って生活できるような居場所と出番づくりなど 高齢者本人を取り巻く環境へのアプローチも含めた バランスのとれたアプローチが重要である このような効果的

このような現状を踏まえると これからの介護予防は 機能回復訓練などの高齢者本人へのアプローチだけではなく 生活環境の調整や 地域の中に生きがい 役割を持って生活できるような居場所と出番づくりなど 高齢者本人を取り巻く環境へのアプローチも含めた バランスのとれたアプローチが重要である このような効果的 介護予防の推進について 1. 基本的な考え方 介護予防は 高齢者が要介護状態等となることの予防や要介護状態等の軽減 悪化の防止を目的として行うものである 特に 生活機能の低下した高齢者に対しては リハビリテーションの理念を踏まえて 心身機能 活動 参加 のそれぞれの要素にバランスよく働きかけることが重要であり 単に高齢者の運動機能や栄養状態といった心身機能の改善だけを目指すものではなく 日常生活の活動を高め

More information

千葉県 地域包括ケアシステム構築に向けた取組事例 1 市区町村名 銚子市 2 人口 ( 1) 68,930 人平成 25 年 4 月 1 日現在 ( ) 3 高齢化率 ( 1) 65 歳以上人口 20,936 人 ( 高齢化率 30.37%) ( ) (65 歳以上 75 歳以上それぞれについて記載

千葉県 地域包括ケアシステム構築に向けた取組事例 1 市区町村名 銚子市 2 人口 ( 1) 68,930 人平成 25 年 4 月 1 日現在 ( ) 3 高齢化率 ( 1) 65 歳以上人口 20,936 人 ( 高齢化率 30.37%) ( ) (65 歳以上 75 歳以上それぞれについて記載 認知症高齢者見守り SOS ネットワーク ( 千葉県銚子市 ) 徘徊等で行方不明になる可能性のある認知症高齢者を事前に登録 行方不明になった際に協力団体や防災メールを通じて捜索依頼 認知症高齢者の事前登録 認知症高齢者が行方不明 市役所からの捜索依頼 防災メールを登録した市民 協定締結団体の役割 メール配信 通常業務の範囲内での捜索 職員等に対する啓発 家族等からの捜索依頼 学 校 銚子警察署 協力要請

More information

鎌倉市関谷小学校いじめ防止基本方針 平成 26 年 4 月 鎌倉市立関谷小学校

鎌倉市関谷小学校いじめ防止基本方針 平成 26 年 4 月 鎌倉市立関谷小学校 鎌倉市関谷小学校いじめ防止基本方針 平成 26 年 4 月 鎌倉市立関谷小学校 学校教育目標 強く美しくよく考える子 (1) 明るく健康な子 ( コメント : 心身ともに強く ) (2) 心の美しい子 ( コメント : 公正な考え 人権感覚がある ) (3) よく考えすすんで行う子 ( コメント : 自ら判断ができ それにもとづいた行動をとる ) いじめの定義 いじめ とは, 児童等に対して, 当該児童等が在籍する学校に在籍している等当該児童等と一定の人的関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為

More information

Taro-07_学校体育・健康教育(学

Taro-07_学校体育・健康教育(学 Q7: 学校保健安全法 ( 平成 2 1 年 4 月 1 日施行 ) についてその概要を教えて ほしい A: 今回の学校保健法の一部改正は 学校保健と学校安全の一層の充実を図るために行われ 学校保健法 から 学校保健安全法 に改称された 学校保健に関する内容では 学校環境衛生基準の法制化や保健室と養護教諭の役割が明確にされ 学校安全に関する内容では 災害や不審者の侵入事件等への対処要領の策定及び適確な対応の確保

More information

平成 24 年度職場体験 インターンシップ実施状況等調査 ( 平成 25 年 3 月現在 ) 国立教育政策研究所生徒指導 進路指導研究センター Ⅰ 公立中学校における職場体験の実施状況等調査 ( 集計結果 ) ( ) は 23 年度の数値 1 職場体験の実施状況について ( 平成 24 年度調査時点

平成 24 年度職場体験 インターンシップ実施状況等調査 ( 平成 25 年 3 月現在 ) 国立教育政策研究所生徒指導 進路指導研究センター Ⅰ 公立中学校における職場体験の実施状況等調査 ( 集計結果 ) ( ) は 23 年度の数値 1 職場体験の実施状況について ( 平成 24 年度調査時点 平成 2 5 年 9 月 2 4 日国立教育政策研究所生徒指導 進路指導研究センター 平成 24 年度職場体験 インターンシップ実施状況等調査結果 ( 概要 ) 1 本調査は, 全国の国 公 私立の中学校及び高等学校 ( 全日制 定時制 通信制 ) を対象に, 平成 24 年度の中学校職場体験 高等学校インターンシップの全国的な実施状況を平成 25 年 3 月現在で取りまとめたものである 2 中学校職場体験

More information

精神医学研究 教育と精神医療を繋ぐ 双方向の対話 10:00 11:00 特別講演 3 司会 尾崎 紀夫 JSL3 名古屋大学大学院医学系研究科精神医学 親と子どもの心療学分野 AMED のミッション 情報共有と分散統合 末松 誠 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 11:10 12:10 特別講

精神医学研究 教育と精神医療を繋ぐ 双方向の対話 10:00 11:00 特別講演 3 司会 尾崎 紀夫 JSL3 名古屋大学大学院医学系研究科精神医学 親と子どもの心療学分野 AMED のミッション 情報共有と分散統合 末松 誠 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 11:10 12:10 特別講 The 113th Annual Meeting of the Japanese Society of Psychiatry and Neurology -94- 精神医学研究 教育と精神医療を繋ぐ 双方向の対話 10:00 11:00 特別講演 3 司会 尾崎 紀夫 JSL3 名古屋大学大学院医学系研究科精神医学 親と子どもの心療学分野 AMED のミッション 情報共有と分散統合 末松 誠 国立研究開発法人日本医療研究開発機構

More information

平成18年度標準調査票

平成18年度標準調査票 平成 30 年度 チェック式自己評価用 組織マネジメント分析シート 自己評価用 経営層合議用 作成日 ( 完成日 ) 施設 事業所名 作成関係者 平成年月日 ( 役職名 ) ( 氏名 ) カテゴリー 1. リーダーシップと意思決定 2. 事業所を取り巻く環境の把握 活用及び計画の策定と実行 3. 経営における社会的責任 4. リスクマネジメント 5. 職員と組織の能力向上 6. サービス提供のプロセス

More information

<4D F736F F D20CADFCCDEBAD D9595B68E9A816A8AEC91BD95FB8E735F5F91E682558AFA89EE8CEC95DB8CAF8E968BC68C7689E >

<4D F736F F D20CADFCCDEBAD D9595B68E9A816A8AEC91BD95FB8E735F5F91E682558AFA89EE8CEC95DB8CAF8E968BC68C7689E > 第 3 章 計画の基本理念等と 重点的な取り組み 第 3 章計画の基本的な考え方 第 3 章計画の基本的な考え方 1 計画の基本理念 地域包括ケアシステムの構築高齢者が住み慣れた地域で可能な限り継続して生活できるよう 個々の高齢者の状態やその変化に応じ 医療 介護 予防 住まい 生活支援が一体的かつ継続的に提供できる体制を構築します 病院 急性期 回復期 慢性期 病気になったら 医療 介護が必要になったら

More information

DV問題と向き合う被害女性の心理:彼女たちはなぜ暴力的環境に留まってしまうのか

DV問題と向き合う被害女性の心理:彼女たちはなぜ暴力的環境に留まってしまうのか Nara Women's University Digital I Title Author(s) Citation DV 問題と向き合う被害女性の心理 : 彼女たちはなぜ暴力的環境に留まってしまうのか 宇治, 和子 奈良女子大学博士論文, 博士 ( 学術 ), 博課甲第 577 号, 平成 27 24 日学位授与 Issue Date 2015-03-24 Description URL http://hdl.handle.net/10935/4013

More information

< F DC58F4994C5816A>

< F DC58F4994C5816A> 地域の課題を解決する話し合いの場 地域プラットフォーム をみんなで立ち上げましょう! 地域プラットフォーム 立ち上げ 運営のヒント集 奈良県くらし創造部協働推進課 地域プラットフォーム 立ち上げ 運営のヒント集 目次 はじめに 1 ヒント集のねらい ----------------------- 1 2 ヒント集の構成 ------------------------ 1 第 1 部地域プラットフォームとは

More information

3 調査結果 1 平成 30 年度大分県学力定着状況調査 学年 小学校 5 年生 教科 国語 算数 理科 項目 知識 活用 知識 活用 知識 活用 大分県平均正答率 大分県偏差値

3 調査結果 1 平成 30 年度大分県学力定着状況調査 学年 小学校 5 年生 教科 国語 算数 理科 項目 知識 活用 知識 活用 知識 活用 大分県平均正答率 大分県偏差値 平成 30 年度 大分県学力定着状況調査 全国学力 学習状況調査 別府市の結果 別府市教育委員会 1 調査結果公表の目的平成 30 年度 大分県学力定着状況調査 及び 全国学力 学習状況調査 の調査結果 及び別府市全体の課題と課題解決の方策を公表することにより 別府市児童生徒の学力向上に向けて 学校 家庭 地域がそれぞれの果たすべき役割を認識し 一体となって取組を推進する機運を高めることを目的としています

More information

第 2 節キャリア コンサルティングの理解 (4) キャリア コンサルタントの能力 Ⅰ キャリア コンサルティングの社会的意義に対する理解 1 社会 経済的動向とキャリア形成支援の必要性の認識 2 キャリア コンサルティングの役割の理解 3 キャリア コンサルティングを担う者の活動範囲と義務 ( 活

第 2 節キャリア コンサルティングの理解 (4) キャリア コンサルタントの能力 Ⅰ キャリア コンサルティングの社会的意義に対する理解 1 社会 経済的動向とキャリア形成支援の必要性の認識 2 キャリア コンサルティングの役割の理解 3 キャリア コンサルティングを担う者の活動範囲と義務 ( 活 学生のテーマ 1) 職業生活設計 ( キャリア形成支援 = 進路決定 ) 2) 職業選択 = 就職支援 ( 自己理解 職業理解 マッチング ) 3) 職業能力開発 ( 資格の取得 知識を活用するための能力 就職するための能力 ) 若者のテーマ 1) 職業生活設計 ( 非正規雇用 キャリアショック 転機 職場への定着 内的キャリアと外的キャリア等 ) 2) 職業選択 = 勤務継続 転職 ( 自己理解

More information

< F2D E968BC681698E968CE3816A817A C8250>

< F2D E968BC681698E968CE3816A817A C8250> 事業評価書 ( 事後 ) 平成 21 年 8 月 評価対象 ( 事業名 ) 主管部局 課室関係部局 課室関連する政策体系 医療施設の耐震化を促進するための補助事業医政局指導課 基本目標 Ⅰ 安心 信頼してかかれる医療の確保と国民の健康づくりを推進すること 施策目標 1 地域において必要な医療を提供できる体制を整備すること 施策目標 1-1 日常生活圏の中で良質かつ適切な医療が効率的に提供できる体制を構築すること

More information

介護保険制度改正の全体図 2 総合事業のあり方の検討における基本的な考え方本市における総合事業のあり方を検討するに当たりましては 現在 予防給付として介護保険サービスを受けている対象者の状況や 本市におけるボランティア NPO 等の社会資源の状況などを踏まえるとともに 以下の事項に留意しながら検討を

介護保険制度改正の全体図 2 総合事業のあり方の検討における基本的な考え方本市における総合事業のあり方を検討するに当たりましては 現在 予防給付として介護保険サービスを受けている対象者の状況や 本市におけるボランティア NPO 等の社会資源の状況などを踏まえるとともに 以下の事項に留意しながら検討を 資料 3-1 介護予防 日常生活支援総合事業の実施について 1 介護予防 日常生活支援総合事業の概要団塊の世代が75 歳以上となる2025 年に向けて 単身高齢者世帯や高齢者夫婦のみ世帯 認知症高齢者の増加が予想される中で 介護が必要な状態になっても住み慣れた地域で暮らし続けることができるようにするため 介護だけではなく 医療や予防 生活支援 住まいを包括的に提供する地域包括ケアシステムの構築が求められております

More information

利用者満足の向上センターのチラシの配布など センターのPRのために具体的な取り組みを行っている 苦情対応体制を整備している 特記事項 名刺 サービス情報誌 広報での PR イベントでのパネル設置など実施 相談の際のプライバシーの確保を図っている 公平性 中立性の確保 業務改善への取り組み 相談室の整

利用者満足の向上センターのチラシの配布など センターのPRのために具体的な取り組みを行っている 苦情対応体制を整備している 特記事項 名刺 サービス情報誌 広報での PR イベントでのパネル設置など実施 相談の際のプライバシーの確保を図っている 公平性 中立性の確保 業務改善への取り組み 相談室の整 地域包括支援センター事業評価票 隠岐の島町 1. 組織 運営体制 職員の適正配置 社会福祉士 1.0 人保健師 2.0 人主任ケアマネ 1.0 人事務 0.0 人合計 4.0 人人員基準第 1 号被保険者数 評価項目 配置を義務付けられている 3 職種の人員を センターに配置できている 1000 人未満 1000 人以上 2000 人未満 2000 人以上 3000 人未満 3000 人以上 配置すべき人員

More information

「子ども・若者の生活困窮支援のあり方に関する研究」報告書

「子ども・若者の生活困窮支援のあり方に関する研究」報告書 平成 24 年度厚生労働省社会福祉推進事業 子ども 若者の生活困窮支援のあり方に 関する研究 報告書 平成 25 年 3 月 n=1075 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 19.6 14.5 24.1 17.0 20.7 4.1 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90%

More information

(Microsoft Word - \222\361\214\276.doc)

(Microsoft Word - \222\361\214\276.doc) 中間報告にあたって 社協社協におけるにおける権利擁護権利擁護システムシステムに関するする調査研究委員会調査研究委員会 としてのとしての提言 社協における権利擁護システムに関する調査研究委員会 として 中間報告をとりまとめるにあたり 下記のとおり 提言をいたします 本事業は判断能力の不十分な方の地域生活を支える上で なくてはならない存在であり すばらしい実績をあげてきました 実態調査の結果からも 本事業の利用により

More information

JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) 独立行政法人国際協力機構 評価部 2014 年 5 月 1

JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) 独立行政法人国際協力機構 評価部 2014 年 5 月 1 JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) 独立行政法人国際協力機構 評価部 2014 年 5 月 1 JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) ( 事業評価の目的 ) 1. JICA は 主に 1PDCA(Plan; 事前 Do; 実施 Check; 事後 Action; フィードバック ) サイクルを通じた事業のさらなる改善 及び 2 日本国民及び相手国を含むその他ステークホルダーへの説明責任

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Maruzen ebook Libraryは 学術 研究機関の為の学術情報に特化した 電子書籍をご提供する丸善雄松堂オリジナルのプラットフォームです 丸善雄松堂の機関向け電子書籍提供サービス 最新情報をご案内中 QRコードからご覧頂けます https://elib.maruzen.co.jp/ 学術認証フェデレーションと連携 No.2018-623 発達 教育関連 動画カタログ 医学映像教育センターのDVDが

More information

子宮頸がん予防措置の実施の推進に関する法律案要綱

子宮頸がん予防措置の実施の推進に関する法律案要綱 第一総則 子宮頸がん予防措置の実施の推進に関する法律案要綱 一目的 けいりこの法律は 子宮頸がんの罹患が女性の生活の質に多大な影響を与えるものであり 近年の子宮頸が んの罹患の若年化の進行が当該影響を一層深刻なものとしている状況及びその罹患による死亡率が高い 状況にあること並びに大部分の子宮頸がんにヒトパピローマウイルスが関与しており 予防ワクチンの 接種及び子宮頸部の前がん病変 ( 子宮頸がんに係る子宮頸部の異形成その他の子宮頸がんの発症前にお

More information

<4D F736F F D B28DB8955B817A81698EBF96E282CC82DD E7194C5816A90B68A888DA28B878ED28EA997A78E A C98C5782E992A193E08A4F82CC98418C6782C98AD682B782E992B28DB82E646F6378>

<4D F736F F D B28DB8955B817A81698EBF96E282CC82DD E7194C5816A90B68A888DA28B878ED28EA997A78E A C98C5782E992A193E08A4F82CC98418C6782C98AD682B782E992B28DB82E646F6378> 生活困窮者自立支援制度に係る庁内外の連携に関する調査票 電子版 質問はQ1からQ23 まであります ご回答にあたっては 質問で指定されている場合を除き 2018 年 2 月 1 日現在の状況をお答えください ご連絡先をご記入ください 自治体名ご担当部署名ご担当者名 TEL ご連絡先 FAX 電子メール Ⅰ 生活困窮者自立支援事業の実施状況について Q1 生活困窮者自立支援制度所管課の職員体制について

More information

必要性 学習指導要領の改訂により総則において情報モラルを身に付けるよう指導することを明示 背 景 ひぼう インターネット上での誹謗中傷やいじめ, 犯罪や違法 有害情報などの問題が発生している現状 情報社会に積極的に参画する態度を育てることは今後ますます重要 目 情報モラル教育とは 標 情報手段をいか

必要性 学習指導要領の改訂により総則において情報モラルを身に付けるよう指導することを明示 背 景 ひぼう インターネット上での誹謗中傷やいじめ, 犯罪や違法 有害情報などの問題が発生している現状 情報社会に積極的に参画する態度を育てることは今後ますます重要 目 情報モラル教育とは 標 情報手段をいか 必要性 学習指導要領の改訂により総則において情報モラルを身に付けるよう指導することを明示 背 景 ひぼう インターネット上での誹謗中傷やいじめ, 犯罪や違法 有害情報などの問題が発生している現状 情報社会に積極的に参画する態度を育てることは今後ますます重要 目 情報モラル教育とは 標 情報手段をいかに上手に賢く使っていくか, そのための判断力や心構えを身に付ける 情報社会の特性の一側面である影の部分を理解

More information

に養育されるよう また 児童を家庭及び当該養育環境において養育することが適当でない場合は 児童ができる限り 良好な家庭的環境 において養育されるよう 必要な措置を講ずることとする ( 同法第 3 条の2) なお 家庭 とは 実父母や親族等を養育者とする環境を 家庭における養育環境と同様の養育環境 と

に養育されるよう また 児童を家庭及び当該養育環境において養育することが適当でない場合は 児童ができる限り 良好な家庭的環境 において養育されるよう 必要な措置を講ずることとする ( 同法第 3 条の2) なお 家庭 とは 実父母や親族等を養育者とする環境を 家庭における養育環境と同様の養育環境 と 平成 28 年児童福祉法等改正のポイント ( 平成 28 年 6 月 3 日公布 順次施行 ) 項 目 改正内容 施行日 Ⅰ 児童福祉法の理念の明確化等 1 児童の福祉を保障するための原理の明確化 以下の内容を児童福祉法第 1 条及び第 2 条に規定する なお これらは 児童の福祉を保障する ための原理 であり 児童に関する全ての法令の施 行に当たって 常に尊重されなければならない ( 児 童福祉法第

More information

<4D F736F F D2094C68DDF94ED8A518ED28E E E2E646F6378>

<4D F736F F D2094C68DDF94ED8A518ED28E E E2E646F6378> Ⅲ 様々なニーズに対応するための関係機関 団体の連携 1 関係機関 団体の連携の必要性犯罪被害者等の抱える問題は様々であり, ニーズに応じて, 他の機関 団体と連携 協働して問題に取り組むことが重要です また, 犯罪そのものも多様であり, 一つの機関 団体では対応しきれない犯罪被害者等が相談に訪れることもあります そうした場合であっても, より適切な他機関 団体との連携を図ることで, 支援につなげていくことが望まれます

More information

第2章 主な回答結果一覧(3ヵ年比較)

第2章 主な回答結果一覧(3ヵ年比較) 7. 女性に対する暴力について (1) 夫婦間での暴力に対する考え は 身体を傷つける可能性のある物でなぐる で 91.1% は 交友関係や電話やメールを細かく監視する で 35.2% 問 17. あなたは 次の (1)~(11) のようなことが夫婦の間で行われた場合 それをどのように感じますか あなたの考えに近いものを選んでください ( それぞれ1つずつに ) 図 7-1 =1,081 (1) 平手で打つ

More information

<4D F736F F D E937893FC8A778E8E8CB196E291E8>

<4D F736F F D E937893FC8A778E8E8CB196E291E8> 博士前期課程第 1 期入学試験問題 小論文 2017 年 1 月 21 日 ( 土 ) 実施 問題 A~L のうち 2 問を選択し 答えなさい 問題 A 現在の日本の学校教育で行われている教育活動の具体例を挙げ その成立背景 歴史的変遷を概観した上で 今日的な課題を論じなさい その際 各種の学校段階のいずれかを想定して論じること 問題 B 次期学習指導要領が目指す教育の方向性について 中央教育審議会の提言のキーワードを二つ以上挙げて論じなさい

More information

学習指導要領の領域等の平均正答率をみると 各教科のすべての領域でほぼ同じ値か わずかに低い値を示しています 国語では A 問題のすべての領域で 全国の平均正答率をわずかながら低い値を示しています このことから 基礎知識をしっかりと定着させるための日常的な学習活動が必要です 家庭学習が形式的になってい

学習指導要領の領域等の平均正答率をみると 各教科のすべての領域でほぼ同じ値か わずかに低い値を示しています 国語では A 問題のすべての領域で 全国の平均正答率をわずかながら低い値を示しています このことから 基礎知識をしっかりと定着させるための日常的な学習活動が必要です 家庭学習が形式的になってい 平成 30 年度全国学力 学習状況調査の結果から ( 平成 30 年 4 月 17 日実施 ) 小諸市教育委員会文部科学省では 次の目的で小学校第 6 学年 中学校第 3 学年 原則として全児童生徒を対象に 全国学力 学習状況調査 を毎年実施しています 義務教育の機会均等とその水準の維持向上の観点から 全国的な児童生徒の学力や学習状況を把握分析し 教育施策の成果と課題を検証し その改善を図る そのような取組を通じて

More information

- 目次 - Ⅰ 計画策定の趣旨等 1 Ⅱ 船橋市における自殺の現状 2 Ⅲ 船橋市の自殺対策における取組 3 Ⅳ 船橋市の自殺対策推進体制 6

- 目次 - Ⅰ 計画策定の趣旨等 1 Ⅱ 船橋市における自殺の現状 2 Ⅲ 船橋市の自殺対策における取組 3 Ⅳ 船橋市の自殺対策推進体制 6 船橋市自殺対策計画 概要版 ~ 誰も自殺に追い込まれることのない生きる道をつなぐ船橋市 ~ ( 案 ) 船橋市 平成 31(2019) 年 3 月 - 目次 - Ⅰ 計画策定の趣旨等 1 Ⅱ 船橋市における自殺の現状 2 Ⅲ 船橋市の自殺対策における取組 3 Ⅳ 船橋市の自殺対策推進体制 6 Ⅰ 計画策定の趣旨等 国においては 平成 18(2006) 年に 自殺対策基本法

More information

Microsoft Word - 単純集計_センター長.docx

Microsoft Word - 単純集計_センター長.docx 認知症高齢者を支える地域づくり に向けた業務環境改善に関する調査 _ 単純集計結果 ( センター長 管理者用調査 ) 地域包括 援センター ( 以下 センター ) の概要 - センター管轄地域の および 齢化率について 問 1 センター管轄地域の人口 1 万人 ~2 万人未満 20 11.5 2 万人 ~3 万人未満 65 37.4 3 万人 ~4 万人未満 37 21.3 4 万人 ~5 万人未満

More information

Microsoft PowerPoint - (2505リバイス)ひきこもり関連施策

Microsoft PowerPoint - (2505リバイス)ひきこもり関連施策 ひきこもり関連施策 平成 25 年 5 月厚生労働省 ひきこもり とは ひきこもり について ひきこもりとは 様々な要因の結果として 社会的参加 ( 義務教育を含む就学 非常勤職を含む就労 家庭外での交遊など ) を回避し 原則的には 6 か月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態 ( 他者と関わらない形での外出をしている場合も含む ) ひきこもりには 確定診断がなされる前の精神障害が含まれている可能性がある

More information

<4D F736F F F696E74202D E81798E9197BF33817A8FAC8E998B7E8B7D88E397C391CC90A782CC8CBB8FF32E >

<4D F736F F F696E74202D E81798E9197BF33817A8FAC8E998B7E8B7D88E397C391CC90A782CC8CBB8FF32E > 1 資料 3 小児救急医療体制の現状 厚生労働省医政局指導課 2 児科医数の推移 現状 小児科医師数は平成 12 年から22 年で14,156 人から15,870 人に増加している 対象となる小児人口はいずれも減少しており 小児人口に対する小児科医師数も増加している ( 平成 12-22 年人口動態調査及び医師 歯科医師 薬剤師調査を元に医政局指導課作成 ) 児科医師数 ( ) 20,000000

More information

地域生活サポートセンターいこな

地域生活サポートセンターいこな 2013 年度事業報告 地域生活サポートセンターいこな 2014/04 2013 年度は 国の ( 2012 年度 4 月からの ) 今後 3 年間を目標に 全ての対象者に対しての計画相談を実施する 方向性を考え 計画相談の拡大 従業者 1 名増員 及び 事業所移転による体制整備 を主な目標に掲げた これらの目標に沿って 今年度の総括を行う 1 相談支援事業 計画相談の新規利用者を拡大する 3 月末時点で契約件数は

More information

市町村における住民自治や住民参加、協働に関する取組状況調査

市町村における住民自治や住民参加、協働に関する取組状況調査 市町村における住民自治や住民参加 協働等に関する取組状況調査結果 ( 平成 24 年度 ) 道内市町村における地域力向上の取組を把揜するため 住民自治や住民参加 協働に関 する取組状況の調査を行い その結果を取りまとめました ( 平成 24 年 6 月調査 179 市町村回答 ) 調査の趣旨 少子高齢化や過疎化が進むこれからの地域社会において 例えば 災害時の助け合いや子育て 高齢者の生活介助など

More information

1 子ども 子育て支援新制度がはじまります 子ども 子育て支援法 等の成立により すべての子どもと子育て家庭を総合的に支援していく 子ども 子育て支援新制度 が平成 27 年 4 月から全国的にスタートします 子ども 子育て支援新制度 では 幼稚園や保育所 地域の子育て支援の充実を図るとともに 認定

1 子ども 子育て支援新制度がはじまります 子ども 子育て支援法 等の成立により すべての子どもと子育て家庭を総合的に支援していく 子ども 子育て支援新制度 が平成 27 年 4 月から全国的にスタートします 子ども 子育て支援新制度 では 幼稚園や保育所 地域の子育て支援の充実を図るとともに 認定 船橋市 子ども 子育て 支援事業計画 概要版 平成 27 年 3 月 船橋市 1 子ども 子育て支援新制度がはじまります 子ども 子育て支援法 等の成立により すべての子どもと子育て家庭を総合的に支援していく 子ども 子育て支援新制度 が平成 27 年 4 月から全国的にスタートします 子ども 子育て支援新制度 では 幼稚園や保育所 地域の子育て支援の充実を図るとともに 認定こども園や小規模保育事業等の普及をめざします

More information

P5 26 行目 なお 農村部は 地理的状況や通学時 間等の関係から なお 農村部は 地理的状況や通学時 間等から P5 27 行目 複式学級は 小規模化による学習面 生活面のデメリットがより顕著となる 複式学級は 教育上の課題が大きいことから ことが懸念されるなど 教育上の課題が大きいことから P

P5 26 行目 なお 農村部は 地理的状況や通学時 間等の関係から なお 農村部は 地理的状況や通学時 間等から P5 27 行目 複式学級は 小規模化による学習面 生活面のデメリットがより顕著となる 複式学級は 教育上の課題が大きいことから ことが懸念されるなど 教育上の課題が大きいことから P 資料 34 検討報告書 ( たたき台 ) から 検討報告書 ( 案 ) への変更等箇所 表紙 ( 案 ) ( たたき台 ) 目次 3 学校規模等の適正化に向けて検討すべき方策 (3) 小規模特認校の指定拡大 (4) 小中一貫校の設置 4 学校規模等の適正化にあたっての留意事項 (1) 通学距離 通学時間等への配慮 (2) 学級編制への配慮 (5) エリア ファミリー ( 幼保小中の連携 ) の充実

More information

看護師のクリニカルラダー ニ ズをとらえる力 ケアする力 協働する力 意思決定を支える力 レベル Ⅰ 定義 : 基本的な看護手順に従い必要に応じ助言を得て看護を実践する 到達目標 ; 助言を得てケアの受け手や状況 ( 場 ) のニーズをとらえる 行動目標 情報収集 1 助言を受けながら情報収集の基本

看護師のクリニカルラダー ニ ズをとらえる力 ケアする力 協働する力 意思決定を支える力 レベル Ⅰ 定義 : 基本的な看護手順に従い必要に応じ助言を得て看護を実践する 到達目標 ; 助言を得てケアの受け手や状況 ( 場 ) のニーズをとらえる 行動目標 情報収集 1 助言を受けながら情報収集の基本 レベル Ⅰ 定義 : 基本的な看護手順に従い必要に応じ助言を得て看護を実践する 到達目標 ; 助言を得てケアの受け手や状況 ( 場 ) のーズをとらえる 行動目標 情報収集 1 助言を受けながら情報収集の基本的な技術が実践できる ( 患者のーズを身体的 精神的 社会的 スピリチュアルな側面から把握 ) 2 日常ケアに必要な基本的知識 ( バイタルサイン 検査値などの正常値 自部署の代表的な疾患の病態生理

More information

69gou.indd

69gou.indd 2 第69号 一般社団法人 全国病児保育協議会ニュース 2013年 平成25年 5月1日 東 京 支 部 報 告 平成24年12月2日 日 に 東京支部合同研修 会が新宿のNSビルで行われました 東京だけでは なく 埼玉 千葉 神奈川など他県からも参加して いただき 実りのある勉強会となりました 最初の講義は 会長の稲見先生より 病児保育総 論 を 私たちが目指す保育や施設での役目 病児 保育の専門性を高める病児保育専門士について

More information

宮城県福祉サービス第三者評価のご案内(宮城県)

宮城県福祉サービス第三者評価のご案内(宮城県) サービスの質の向上に向けて 宮城県福祉サービス第三者評価 シンボルマーク 宮城県保健福祉部社会福祉課 (1) 福祉サービス第三者評価の定義福祉サービス第三者評価とは, 事業者の実施するサービスの質を当事者 ( 事業者及び利用者 ) 以外の公正 中立な第三者機関が, 専門的かつ客観的な立場から評価する取組です (2) 福祉サービス第三者評価の目的 1サービスの質の向上 個々の事業者が事業運営における問題点を把握し,

More information

1 策定にあたって 本県の現状と課題 1 策定の趣旨 団塊の世代の高齢化を契機として 高齢化が一層 進行し 要介護者 認知症高齢者 単独 夫婦のみ の世帯の高齢者が増加する一方で 現役世代人口は 減少していきます 都市部と過疎地域では高齢化率が 2 倍以上の開き のある地域もありますが 10 年後には都市部での急 激な高齢化が見込まれます 高齢化の進展に伴う医療 介護サービス利用者の 増加等により

More information

第 2 章計画の推進及び進行管理 1 計画の推進 県 市町村及び県民が 関係機関等と相互に連携を図りながら 県民の歯 口腔の健康づくりを推進します 県における推進 (1) 全県的な推進 県全域の課題を踏まえた基本的施策や方向性を示すとともに 取組の成果について継続的な評価を行い 県民の生涯を通じた歯

第 2 章計画の推進及び進行管理 1 計画の推進 県 市町村及び県民が 関係機関等と相互に連携を図りながら 県民の歯 口腔の健康づくりを推進します 県における推進 (1) 全県的な推進 県全域の課題を踏まえた基本的施策や方向性を示すとともに 取組の成果について継続的な評価を行い 県民の生涯を通じた歯 第 2 章計画の推進及び進行管理 1 計画の推進 県 市町村及び県民が 関係機関等と相互に連携を図りながら 県民の歯 口腔の健康づくりを推進します 県における推進 (1) 全県的な推進 県全域の課題を踏まえた基本的施策や方向性を示すとともに 取組の成果について継続的な評価を行い 県民の生涯を通じた歯科保健施策を推進します 中心となる歯科関係団体等 県歯科医師会 歯科保健協会及び歯科大学等関係団体 県における検討

More information

平成29年度 障害者白書(PDF版)

平成29年度 障害者白書(PDF版) 8 相談窓口 障害児に関する相談がしたい 相談窓口 1 児童相談所 ( 平成 28 年 4 月現在で全国 209か所 ) 全国児童相談所一覧 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/dv30/zisouichiran.html 2 保健所 ( 平成 29 年 4 月現在で全国 481か所 ) 保健所 URL: 厚生労働省 : 健康 : 保健所管轄区域案内 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/

More information

1) 3 層構造による進捗管理の仕組みを理解しているか 持続可能な開発に向けた意欲目標としての 17 のゴール より具体的な行動目標としての 169 のターゲット 達成度を計測する評価するインディケーターに基づく進捗管理 2) 目標の設定と管理 優先的に取り組む目標( マテリアリティ ) の設定のプ

1) 3 層構造による進捗管理の仕組みを理解しているか 持続可能な開発に向けた意欲目標としての 17 のゴール より具体的な行動目標としての 169 のターゲット 達成度を計測する評価するインディケーターに基づく進捗管理 2) 目標の設定と管理 優先的に取り組む目標( マテリアリティ ) の設定のプ 資料 1 自治体による SDGs の取組の評価の視点 評価における基本的姿勢評価に際しては 実質的に効果の上がりそうな企画 取組を高く評価するという評価サイドの姿勢を明確にし これを自治体サイドにも認知してもらうことが重要である 主要な視点として 以下のような事例が指摘される SDGs の取組が地方創生や地域活性化に 実質的に貢献する企画となっているか 自身の過去 現在を踏まえて未来を見据えた 独自性の高い内容を提案しているか

More information

第 10 回児童虐待対応における司法関与及び特別養子縁組制度の利用促進の在り方に関する検討会 平成 29 年 1 月 16 日 参考資料 2 児童虐待対応における司法関与の在り方について ( これまでの議論の整理 ) 1. はじめに 平成 28 年 3 月 10 日に取りまとめられた 新たな子ども家

第 10 回児童虐待対応における司法関与及び特別養子縁組制度の利用促進の在り方に関する検討会 平成 29 年 1 月 16 日 参考資料 2 児童虐待対応における司法関与の在り方について ( これまでの議論の整理 ) 1. はじめに 平成 28 年 3 月 10 日に取りまとめられた 新たな子ども家 第 10 回児童虐待対応における司法関与及び特別養子縁組制度の利用促進の在り方に関する検討会 平成 29 年 1 月 16 日 参考資料 2 児童虐待対応における司法関与の在り方について ( これまでの議論の整理 ) 1. はじめに 平成 28 年 3 月 10 日に取りまとめられた 新たな子ども家庭福祉のあり方に関する専門委員会報告 ( 提言 ) において 要保護児童の保護措置等の手続における裁判所の関与のあり方については

More information