1 教育をめぐる現状に関する各種データ (1) 教育を取り巻く環境の変化 1 の推移 ( 全国 ) 14 千万 S5 S55 S6 H2 H7 H12 H17 H22 H 増減率 ( 仙台市 ) 万 1,83,

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1 教育をめぐる現状に関する各種データ (1) 教育を取り巻く環境の変化 1 の推移 ( 全国 ) 14 千万 S5 S55 S6 H2 H7 H12 H17 H22 H 増減率 ( 仙台市 ) 万 1,83,"

Transcription

1

2 1 教育をめぐる現状に関する各種データ (1) 教育を取り巻く環境の変化 1 の推移 ( 全国 ) 14 千万 S5 S55 S6 H2 H7 H12 H17 H22 H 増減率 ( 仙台市 ) 万 1,83, S5 S55 S6 H2 H7 H12 H17 H22 H27 出典 平成 27 年国勢調査 速報集計結果 (1) 教育を取り巻く環境の変化 2 少 齢化 齢者割合 ( 全国 ) 12, 1, 8, 6, 4, 2, 万 12,77 12,658 12,48 2,924 3,395 3, ,13 7,681 7, ,66 3, ,772 1,726 9, ,867 3,767 5,786 5,1 8,673 3,464 4, 歳以上 歳 14 歳 齢化率 1,68 1,582 1,456 1,23 1, (H22) 齢者割合 ( 仙台市 ) 215 (H27) 22 (H32) 23 (H42) 24 (H52) 25 (H62) 26 (H72) 万 (H22) 215 (H27) 22 (H32) 23 (H42) (H52) (H62) (H72) 歳以上 歳 14 歳 齢化率

3 (1) 教育を取り巻く環境の変化 3 家族形態の変容 世帯数と 世帯当たりの員 ( 全国 ) 千万世帯 世帯数 1 世帯当たり員 S45 S5 S55 S6 H2 H7 H12 H17 H22 H27 2 世帯数と 世帯当たりの員 ( 仙台市 ) 万世帯 6 世帯数 世帯当たり員 S45 S5 S55 S6 H2 H7 H12 H17 H22 H27 2 出典 平成 27 年国勢調査 速報集計結果 (2) 児童 徒の 肯定感 分には良いところがあると思うと回答した児童 徒の割合 ( 全国 仙台市 ) ( どちらかといえば を含む ) 仙台市全国全国仙台市 6. H21 H25 H26 H27 H28 8. 中 全国 仙台市 6. H21 H25 H26 H27 H28 出典 : 全国学 学習状況調査 41

4 (3) いじめ 不登校 1 認知件数 不登校児童数 いじめ認知件数 件 H24 より早期発 針の徹底 全国 のいじめ実態把握調査を開始 認知件数が増 7,558 1,7 13,765 14,125 14,49 1,761 1,592 1,733 12,4 12,533 12,676 中学校 学校 ,13 6,488 H22 不登校児童 徒数 ,18 1,75 1,13 1, ,7 中学校 学校 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H2 H21 H22 出典 : 児童 徒の問題 動等 徒指導上の諸問題に関する調査 ( 部科学省 ) (3) いじめ 不登校 2 相談件数等 児童 徒に対する相談等実績 不登校児童 徒 保護者に対する業務実績 スクールカウンセラー さわやか相談員等 学校教育ボランティア相談員配置校数 のケア緊急 援事業対象校数 配置校数 対応件数 51,932 55,41 53,262 48,312 47,184 配置校数 対応件数 4,18 37,448 37,798 37,245 33, 児遊の杜 杜のひろば 級児童 徒数 ハートフルサポーター登録者数 ボランティア養成講座参加者数 不登校相談事業における相談件数 保護者 援事業 親の会 参加者数 いじめに関する児童 徒の意識 いじめはどんなことがあっても 1. いけないことだと思う と回答した割合 の気持ちが分かる間になりたいと思う と回答した割合 H H22 H28 中 3 42 出典 : 仙台市 活 学習状況調査

5 (4) 児童 徒の 活習慣 毎朝朝 を べる児童 徒の割合 男 5 中 2 男 中 H24 H25 H26 H27 物アレルギーを有する児童 徒数とその割合 出典 : 仙台市健康実態調査 5, 4,5 全体中学校 学校全児童 徒に占める割合 , 3, , , 1, , , 2. 1,5 1,.6 2, H6 H7 H8 H9 H1 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H2 H21 H22. (5) 児童 徒の体 運動 運動習慣 体 1. 秒 m : 5 男 S58 S63 H5 H1 H15 H2 H25 H27 週に 3 以上運動する児童 徒の割合 H24 H25 H26 H27 全国仙台市 秒 出典 : 仙台市健康実態調査 5m : 中 2 男 S58 S63 H5 H1 H15 H2 H25 H27 5 男 5 中 2 男 中 2 全国仙台市 kg 握 : 5 男 全国仙台市 kg 握 : 中 2 男 全国仙台市 S58 S63 H5 H1 H15 H2 H25 H S58 S63 H5 H1 H15 H2 H25 H27 出典 : 全国体 運動能, 運動習慣等調査 43

6 (6) 児童 徒の学 国語の 知識 に関する問題の正答率 9 点 学校 全国 9 点 中学校 全国 85 宮城県 85 宮城県 8 仙台市 8 仙台市 H21 H22 H24 H25 H26 H27 H28 6 H21 H22 H24 H25 H26 H27 H28 算数 数学の 知識 に関する問題の正答率 8 点 学校 全国宮城県仙台市 75 点 中学校 全国 宮城県 仙台市 H21 H22 H24 H25 H26 H27 H28 6 H21 H22 H24 H25 H26 H27 H28 出典 : 全国学 学習状況調査結果 ( H23 は震災のため実施せず ) (7) 多様な教育ニーズ 1 活 学習サポーター登録実績 校 1 1, 実施校 登録者数 H21 H22 外国 等指導協 者派遣事業実績 , 回 児童 徒数 1 4 指導協 者 登録数 5 2 指導回数 44

7 (8) 特別 援教育 特別 援学級に在籍する児童 徒数 学校 中学校 2 H17 H18 H19 H2 H21 H22 発達障害とその可能性がある児童 徒数 4, 3,5 3, 2,5 2, 1,5 1,614 2, 2,434 2,55 2,683 2,873 2,968 3,231 3,235 3,332 中学校診断無 学校診断無 1, 中学校診断有 5 H18 H19 H2 H21 H22 学校診断有 (9) 社会教育施設 1 館者数 ボランティア数 社会教育施設 館者数 12 1 万 せんだいメディアテーク科学館 8 78 天 台 6 博物館 4 歴史 俗資料館 2 富沢遺跡保存館 社会教育施設におけるボランティア数 2, 1,863 1,741 1,8 1,671 1,6 1,429 1,4 1,194 1,2 1, 縄 の森広場 歴史 俗資料館天 台 ジュニアリーダー富沢遺跡保存館読書活動推進 縄 の森広場科学館 化財サポーター博物館 泉岳 然ふれあい館泉岳 然ふれあい館 博物館 化財サポーター 科学館縄 の森広場 読書活動推進富沢遺跡保存館 ジュニアリーダー天 台 歴史 俗資料館 全施設が震災のため H23 に 定時期休館, 博物館は H26 に 規模改修のため 4 ヶ 閉館 45

8 (9) 社会教育施設 2 市 センター 図書館の利 者等 市 センターにおける講座等 件 1,1 講座等事業数 万 4 講座等参加者数 ( 延べ ) 件 5 学校地域連携事業数 498 1, 1,47 1,43 1,4 1, 図書館利 者数 貸出数 蔵書数 万 図書館利 者数 貸出数 利 者数 年間貸出数 万冊 万冊 188 市 図書館蔵書数 (1) 学校 援地域本部 本部数 活動 数 本部数 8 本部数 活動 数 12, 6 本部数 活動 数 11,248 1, 4 8, 6, , 2, ボランティア実数 12, 1, 8, 6, 4, 2, 2,934 4,75 5,465 8,698 11,28 46

9 (11) 児童 徒の家庭 活 家庭での話し合いの時間 家のに話をしっかりと聞いてもらっている児童 徒の割合 中 1 中 中 3 H22 H28 スマホ所持率 通信アプリの利 率 スマホの所持率 H23 H24 H25 H26 H27 H 通信アプリを 1 時間以上利 する児童 徒の割合 H26 H27 H 中 1 中 2 中 中 1 中 2 中 3 出典 : 平成 28 仙台市 活 学習状況調査 (12) 教職員の多忙化 教職員の勤務時間外の在校時間 (1 あたり 平均時間 ) 7 6 時間 学校中学校 等学校 中等教育学校 47

10 2 第 2 期仙台市教育振興基本計画検討委員会について 第 2 期仙台市教育振興基本計画検討委員会委員名簿 任期 : 平成 28 年 5 11 平成 29 年 1 18 氏名 所属 委員長佐藤静宮城教育大学教職大学院教授 副委員長庄司弘美仙台市社会学級研究会会長 委員荒美也子 宮城県警察本部生活安全部少年課少年サポートセンターせんだい所長 委員荒川陽子地域生活支援オレンジねっと代表 委員伊㔟みゆき 委員熊谷祐彦 特定非営利活動法人まなびのたねネットワーク代表理事 仙台市立東仙台中学校校長 ( 仙台市中学校長会会長 ) 委員佐藤健東北大学災害科学国際研究所教授 委員瀨野幸治 仙台市医師会参与瀬野整形外科診療所院長 委員田所希衣子外国人の子ども サポートの会代表 委員鍋島孝敏 宮城県中小企業家同友会代表理事日東イシダ株式会社代表取締役社長 委員野口和人東北大学大学院教育学研究科教授 委員久光のぞみ仙台市 PTA 協議会副会長 委員深澤百合子東北大学大学院国際文化研究科教授 委員古澤康夫 仙台市立上杉山通小学校校長 ( 仙台市小学校長会顧問 ) 委員堀田龍也東北大学大学院情報科学研究科教授 委員三塚明彦 委員横澤行夫 仙台市立仙台高等学校校長 ( 仙台市立高等学校長会会長 ) 仙台市私立幼稚園 PTA 連合会副会長, 学校法人お人形社学園理事長, お人形社幼稚園 お人形社第二幼稚園園長 48

11 第 2 期仙台市教育振興基本計画検討委員会協議経過 第 1 回検討委員会平成 28 年 5 月 11 日 委員長等選出 教育長より検討依頼 会議運営方法審議 第 2 回検討委員会平成 28 年 5 月 26 日 協議事項 教育をめぐる現状について これまでの取組みの総括( 第 1 期計画の振り返り ) について 第 3 回検討委員会平成 28 年 7 月 5 日 協議事項 これまでの取組みの総括( 第 1 期計画の振り返り ) について 第 4 回検討委員会平成 28 年 8 月 4 日 協議事項 第 2 期仙台市教育振興基本計画の施策の方向性 策定の考え方について 第 5 回検討委員会平成 28 年 9 月 2 日 協議事項 第 2 期仙台市教育振興基本計画骨子 ( 案 ) について 第 6 回検討委員会平成 28 年 9 月 8 日 協議事項 第 2 期仙台市教育振興基本計画骨子 ( 全体案 ) について 第 7 回検討委員会平成 28 年 1 月 13 日 協議事項 第 2 期仙台市教育振興基本計画中間案について 第 2 期仙台市教育振興基本計画中間案にかかる市民意見 ( パブリックコメント ) の聴取について 第 8 回検討委員会平成 28 年 12 月 5 日 協議事項 第 2 期仙台市教育振興基本計画中間案にかかる市民意見 ( パブリックコメント ) について 第 9 回検討委員会平成 29 年 1 月 16 日 協議事項 第 2 期仙台市教育振興基本計画最終案について 平成 29 年 1 月 18 日 教育長に対し計画案報告 第 2 期仙台市教育振興基本計画中間案に関する意見公募 ( パブリックコメント ) の実施結果 1 実施期間平成 28 年 1 月 29 日 ( 土 )~ 平成 28 年 11 月 28 日 ( 月 ) 2 意見募集結果 ⑴ 提出者 団体数 26 ⑵ 意見件数

12 第 2 期仙台市教育振興基本計画検討委員会設置要綱 ( 平成 28 年 3 月 16 日教育長決裁 ) ( 設置 ) 第 1 条教育基本法第 17 条第 2 項に基づく教育振興基本計画の策定に関し 教育に関する各界の意見を広く反映させるため 第 2 期仙台市教育振興基本計画検討委員会 ( 以下 委員会 という ) を設置する ( 所掌事項 ) 第 2 条委員会は 本市の教育振興基本計画に関する事項を検討し 同計画の案を教育長に報告する ( 組織等 ) 第 3 条委員会は教育に関する各界の有識者をもって組織し 委員は 教育長が委嘱又は任命する 2 委員会は 前条に規定する報告が終了したときに解散する ( 委員長及び副委員長 ) 第 4 条委員会に委員長及び副委員長を置き 委員の互選によって定める 2 委員長は 委員会を代表し 会務を総括する 3 副委員長は委員長を補佐し 委員長に事故のあるときは その職務を代理する ( 会議 ) 第 5 条委員長は 委員会の会議を招集し その議長となる 2 委員会は 委員の過半数が出席しなければ会議を開くことができない 3 委員長は 必要があると認めるときは 会議に関係者の出席を求め その意見を聴き 又は説明を求めることができる ( 事務局 ) 第 6 条委員会の事務局は 教育局総務企画部総務課に置く ( その他 ) 第 7 条この要綱に定めるもののほか 委員会の運営に関し必要な事項は 委員長が別に定める 附則 ( 施行期日 ) 1 この要綱は 平成 28 年 3 月 16 日から施行する ( 要綱の失効 ) 2 この要綱は 委員会の解散をもって効力を失う 5

13

14 第 2 期仙台市教育振興基本計画 平成 29 年 1 月 編集 発行仙台市教育委員会総務企画部総務課仙台市青葉区上杉一丁目 5 番 12 号 P-Z164 この印刷製品は 環境に配慮した資材と工場で製造されています この印刷物は 輸送マイレージ低減による CO2 削減や地産地消に着目し 国産米ぬか油を使用した新しい環境配慮型インキ ライスインキ で印刷し 印刷用の紙へリサイクルできます