平塚市の平和月間にちなんで 平塚市図書館では毎年 平和や戦争をテーマ とした特集展示を行っています また 図書館にある平和や戦争に関する図書 を紹介する目録を作成しています 今年度は 語り継ぐ 戦争と平和 をテーマに 図書を紹介しています 終戦から 60 年以上経ち 次の世代 次の世代へと語り継がれ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "平塚市の平和月間にちなんで 平塚市図書館では毎年 平和や戦争をテーマ とした特集展示を行っています また 図書館にある平和や戦争に関する図書 を紹介する目録を作成しています 今年度は 語り継ぐ 戦争と平和 をテーマに 図書を紹介しています 終戦から 60 年以上経ち 次の世代 次の世代へと語り継がれ"

Transcription

1 特集展示 平和の本 目録平成 26 年 (2014 年 ) 版 語り継ぐ 戦争と平和 平塚市平和月間 平成 26 年 7 月 12 日 ( 土 )~8 月 16 日 ( 土 )

2 平塚市の平和月間にちなんで 平塚市図書館では毎年 平和や戦争をテーマ とした特集展示を行っています また 図書館にある平和や戦争に関する図書 を紹介する目録を作成しています 今年度は 語り継ぐ 戦争と平和 をテーマに 図書を紹介しています 終戦から 60 年以上経ち 次の世代 次の世代へと語り継がれてきた戦争と平 和 戦争を体験された方々の想いを 今を生きる若い世代の皆様に知っていた だき 戦争とは? 平和とは? を考えるきっかけにしていただければと思いま す 目次 語り継ぐ 戦争と平和 本の紹介 ( 一般 ) 語り継ぐ 戦争と平和 本の紹介 ( 児童 ) 語り継ぐ 戦争と平和 視聴覚資料の紹介 1 ページ 5 ページ 8 ページ 戦争と平和に関する新しい本リスト ( 一般向け ) 9 ページ 戦争と平和に関する新しい本リスト ( 児童向け ) 14 ページ 紹介されている本の所蔵場所などのデータは 平成 26 年 6 月現在のものです

3 平和の本平成 26 年 (2014 年 ) 版 特集 語り継ぐ 戦争と平和 一般向けの本 戦闘帽の学徒たち 盛岡中学第三報国隊の記録 著者 出版社 出版年 所蔵場所 小川達雄 / 著 戦闘帽の学徒たち 出版委員会 1979 年 3 階参考室書庫 KH916 ( 禁帯出 ) 昭和 20 年 6 月 平塚駅に降り立った若者たちがいました 遠い岩手県から平塚の軍需工場に学徒動員でやってきた 著者を含む盛岡中学校の生徒たちです 故郷を遠く離れたこの地での過酷な労働 米軍戦闘機による機銃掃射 そして7 月 16 日の平塚空襲 あの惨事を体験したのは もともと平塚に住んでいる住民だけではありませんでした この本は 市民からの情報提供を受け 県外にお住まいの著者の手元に1 冊しか残っていなかったものを ご厚意でお譲りいただいたものです 当時の平塚の住宅地の様子や学徒たちの生活が 鮮やかに生き生きと描かれているこの本は かつてこの平塚でどんなことが起こっていたのかを伝える たいへん貴重な1 冊です - 1 -

4 平和の本平成 26 年 (2014 年 ) 版 原爆といのち 漫画家たちの戦争 著者 出版社 出版年 所蔵場所 手塚治虫 ほか 金の星社 年 2 階貸出室 / 著 M 手塚治虫 赤塚不二夫ら著名漫画家による6 本の短編漫画集 長崎 広島に投下された原子爆弾により苦悩する人々の姿や 変わり果てた街並みが描かれています なぜ人はこんなにも苦しみ後悔するのに 戦争を繰り返すのでしょうか 6 人の漫画家たちからのメッセージがつまった一冊です はだしのゲン の元となった中沢啓治の自伝漫画 おれは見た も収録しています 事例研究日本と日本軍の失敗のメカニズム 間違いはなぜ繰り返されるのか 著者 出版社 出版年 所蔵場所 猪瀬直樹 ほか 中央公論社 年 2 階貸出室 / 著 一般 一般 南館一般 過去の戦争の失敗 ( 情報の握り潰し 分析の誤り 思い込み ) を検証することで 責任者不在 という問題が 組織を合理的に失敗し続けるものにすることを明らかにしていく1 冊です そして 今もなお日本が抱えている 責任者不在 という問題に迫っていきます - 2 -

5 平和の本平成 26 年 (2014 年 ) 版 零戦 搭乗員たちが見つめた太平洋戦争 著者 出版社 出版年 所蔵場所 神立尚紀 / 著大島隆之 / 著 講談社 年 2 階貸出室 一般 南館 一般 この本は 平成 25 年 8 月にNHK-BSプレミアムで放送された同名番組では放送しきれなかった 零戦の元搭乗員の方々のインタビューを掲載したものです 零戦での初空戦から始まり 日米開戦を経て 特攻はどうして始まったのかなどにも触れ それぞれの元搭乗員の戦後についても語られます 今後年々語ることのできる人が少なくなっていく戦争体験者の 生の声 を 今一度読んで 感じて 考えてみませんか その日から 子供の戦争 戦後体験記 著者出版社出版年所蔵場所 寺井稔 / 著日本文学館 年 2 階貸出室 その日 昭和 20 年 3 月 10 日の東京大空襲 非戦闘員の一般市民に対して焼夷爆弾攻撃が加えられました 戦火の中を生き延びた少年の目を通して この物語は語られていきます 父母から離れての疎開 寂しさの中でも農業体験や疎開先の人々との触れ合い 小さな喜びや新しい発見がある日々 様々なことを相談し 協力しあっての日常生活から生まれる相互扶助の精神 子どもならではの視点から 戦時下の生活が描かれています - 3 -

6 平和の本平成 26 年 (2014 年 ) 版 誰も戦争を教えてくれなかった 著者 出版社 出版年 所蔵場所 古市憲寿 / 著 講談社 年 2 階貸出室 一般 南館 一般 だから僕は 旅を始めた 著者は1985 年生まれの社会学者で この本は28 歳の時の著作です きっかけは ハワイ観光中ガイドブックにあったパールハーバーの アリゾナ メモリアル を訪れたことです そこは真珠湾攻撃について学べるビジターセンターで 沈没した 戦艦アリゾナ の残骸を見ることができます 敗戦国に生まれた著者は そこで戦争のイメージがある意味裏切られてしまい 戦争についてあまりにも知らない自分に気が付きます そこで 中国 ポーランドやドイツなどの戦争博物館を巡る旅に出ます 第二次世界大戦に関係した各国の戦争博物館について 著者の視点で書かれています 文章は軽快で読みやすく 先に序章を読んだ後はどの章から読んでも分かるような構成になっています 日本国憲法 ( 小学館アーカイブス ) 著者 出版社 出版年 所蔵場所 写楽 編集部 / 編 小学館 年 2 階貸出室 一般 この本の初版は1982 年ですが 昨今 憲法についての関心が高まる中で軽装版が出版されました 昨年 この本の編集者へのインタビュー等をテレビや新聞でご覧になった方も多いのではないでしょうか ルビと注釈つきの日本国憲法の条文に 写真を織り交ぜた珍しい構成となっています - 4 -

7 平和の本平成 26 年 (2014 年 ) 版 特集 語り継ぐ 戦争と平和 児童向けの本 せんそう昭和 20 年 3 月 10 日東京大空襲のこと 著者 出版社 出版年 所蔵場所 塚本千恵子 / 文 東京書籍 2014 年 児童 E 塚本やすし / 絵 6 歳のちえこは 東京で洋品店をしている両親たちと暮らしていました 昭和 20 年 3 月 10 日の深夜 アメリカの爆撃機 B-29の大群がやってきて爆弾を落とし 東京の町は火の海に変わりました 母親と逃げていた ちえこの服にも火が燃え移り 覆いかぶさって火を消した母親は亡くなってしまいます 炎に包まれ 赤く燃え上がった町の様子が迫ってくるように描かれ 悲惨さを伝えてきます 奇跡的に助かった作者の体験を 画家である作者の息子が絵にした本です 平和を考える戦争遺物 1 子どもたちと戦争 著者出版社出版年所蔵場所 岩脇彰 / 編汐文社 年 1 階こども室 210 児童 210 この本は戦争に関する実物の資料の中から 特に子どもに関係するものをカラー写真で紹介しています 当時は子どもたちも軍事訓練を受けており その際に使用された訓練用の模擬銃や手りゅう弾などを紹介しています その一方 武器や兵士などが描かれたお菓子の袋や おもちゃの銃 潜水艦 戦車 さらには 日中戦争をテーマにしたすごろく 軍艦などが描かれたメンコなど 日常生活の隅々にまで戦争が染み渡っていた様子がうかがえます この本に紹介されている品々の実物を 子どもの頃に実際に使った人がいるかもしれません そうした方たちから戦時中の話を聞くきっかけにしてみませんか - 5 -

8 平和の本平成 26 年 (2014 年 ) 版 せんそうってなんだったの? 語りつぎお話絵本ほんとうにあった 4 つのお話 著者出版社出版年所蔵場所 田代脩 / 監修学研教育出版 年児童 210 南館児童 210 実際に戦争を体験された4 人の本当にあったお話絵本です 戦後 70 年近く経った現在では 子どもたちの親世代は戦争を体験していません 祖父母世代でも経験された方は少なくなり 戦争の悲惨さを伝え続けるのは難しくなっています この絵本では 体験者のお話が絵でも分かりやすく表現され 小さい子にも容易にイメージできると思います いつの時代にも子どもたちには夢や希望がありました しかし それらを戦争によって奪われた子が大勢いたのです 4 人のお話から戦争が毎日の暮らしにどのようにかかわったか知ることができます - 6 -

9 平和の本平成 26 年 (2014 年 ) 版 光のうつしえ 廣島ヒロシマ広島 著者出版社出版年所蔵場所 朽木祥 / 作講談社 年 1 階こども室 913 あなたは おいくつ? 舞台は原爆投下から25 年後の広島 12 歳の希未は灯籠流しの夜 見知らぬ老婦人に声をかけられます 誰かの面影をさがす老婦人 仏壇の前で涙を流す母 忘れられない人を胸に絵を描く美術教師 あの日一瞬にして奪われた だれか の面影をさがし未だ消えない傷みを抱える人々がいることを知った希未は 美術部の友達とともに あのころの廣島とヒロシマ というテーマで 被ばく体験の聞き取りを行い 文化祭に向けて作品を作ることを決めます 中学生 3 人が自分たちの身近な人たちの被爆体験の聞き取りを通じて 惨禍に向き合い 平和とは何かを考える物語です 日本の戦争遺跡図鑑 - そこで 何が起こったの? 歴史を正しく知るために - 著者 出版社 出版年 所蔵場所 戦争遺跡保存全 PHP 研究所 年 1 階こども室 210 国ネットワーク 児童 210 / 監修 児童 210 戦争遺跡とは 明治時代から太平洋戦争が終わるまでの時代 日本が関わった軍事施設や戦争で壊された建物 戦争に関わる施設や事件の跡地などです この本は国内の代表的な戦争遺跡を豊富な写真入りで紹介し 成り立ちや歴史を解説しています こうした遺跡によって 戦争を体験していない若い人たちにも 戦時中の状況を身体全体で感じ 戦争の恐ろしさ 悲惨さを学ぶことができます 見学する際に注目したいポイントなどもわかりやすく示されているので 身近な遺跡について調べる際にも役立つ本です - 7 -

10 平和の本平成 26 年 (2014 年 ) 版 特集 語り継ぐ 戦争と平和 視聴覚資料 さとうきび畑 (CD) 著者 出版社 出版年 所蔵場所 寺島尚彦 / 作詞 作曲森山良子 / ヴォーカル ソニー ミュージックエンターテイメント 2002 年 一般 CD CB Dモ4205 青々と茂った農作物の葉を風が揺らしていく 日本だけではなく 様々な国々でも見られる日常の風景です そんな情景のなかに忍び寄ってくる 戦争 鉄の雤に打たれ死んだ父 戦争の終った日に生まれた子 さとうきびが沖縄を彷彿とさせ 沖縄戦の悲惨さや命のつながりの力強さを 淡々と語りかける曲調がより一層 平和 を謳い上げています ガラスのうさぎ 高木敏子 ~ 言葉の力で平和を築く ~(DVD) 著者 出版社 出版年 所蔵場所 笠原良郎 / 監修高木敏子 / 出演 紀伊國屋書店 2008 年 2 階貸出室 DVD 灰 J677 DVD 397 戦争児童文学の名作 ガラスのうさぎ は 出版から30 年以上経った現在でも広く読まれ 世界各国語に翻訳もされています 著者である高木敏子さんは神奈川県二宮町で疎開中に 東京大空襲によって母と2 人の妹を失い 二宮空襲で父を失いました ガラスのうさぎ は高木さん自身の戦争体験を基に書かれました 高木さんが生涯をかけて伝える戦争の残酷さ 平和の大切さを訴えるメッセージが 胸に迫ってきます - 8 -

11 戦争と平和に関する新しい本 ( 一般向け ) ( 平成 25 年 6 月 1 日 ~ 平成 26 年 5 月 31 日に図書館に入った本です ) タイトル著者表示出版者出版年館名 綾瀬はるか 戦争 を聞く ( 岩波ジュニア新書 741) 生きる 一枚のハガキ ( リンダブックス ) 永遠の 0 と日本人 ( 幻冬舎新書お -19-1) TBS テレビ NEW S23 取材班編 小野田寛郎著 岩波書店 PHP 研究所 沖縄 - 日本で最も戦場に近い場所 - 吉田敏浩著毎日新聞社 2012 神やぶれたまはず - 昭和二十年八月十五日正午 - 聞き書き集平塚ものがたり - 平塚市中央公民館平成 23 年度後期市民アカデミー 思い出の話 昔の話を聞いて 書いて まとめてみよう 地域人物史 聞き書き編 聞き書き集平塚ものがたり第二集 - 平塚市中央公民館平成 24 年度前期市民アカデミー 思い出の話 昔の話を聞いて 書いて まとめてみよう 地域人物史 聞き書き編 Ⅱ 巨大戦艦大和 - 乗組員たちが見つめた生と死 - 検証太平洋戦争とその戦略 1 総力戦の時代 検証太平洋戦争とその戦略 2 戦争と外交 同盟戦略 新藤兼人著鈴木詠崇文芸協力 長谷川三千子著 三宅正樹編著庄司潤一郎編著石津朋之編著山本文史編著 三宅正樹編著庄司潤一郎編著石津朋之編著山本文史編著 泰文堂 中央公論新社 平塚市中央公民館 平塚市中央公民館 中央公論新社 中央公論新社 2011 小川榮太郎著幻冬舎 2012 NHK 取材班著 NHK 出版 所蔵状況書架請求記号 2 階 YA YA 210 ア O 2 階文庫 B 916 オ O 一般文庫本 B シン N 文学文庫 B シン O オ O 一般新書判 G オ O 17~18 G オ O ヨ O ハ O 一般 ハ O 一般 ハ O 2 階地域 KY 916 キ N 地域資料 KY 916 ナ N 2 階 12 KY 916 ナ N 一般地域 KY 916 ヒ N 2 階地域 KY 916 キ N 地域資料 KY 916 ス O 2 階 12 KY 916 ナ O 一般地域 KY 916 ス N ニ O 一般 ニ O ミ O ミ O - 9 -

12 タイトル著者表示出版者出版年館名 原爆投下への道程 - 認知症とルーズベルト - 原爆投下とアメリカ人の核認識 - 通常兵器から 核 兵器へ - コレクション戦争と文学別巻 戦争と文学 案内 - 典 - 殺す理由 - なぜアメリカ人は戦争を選ぶのか - 写真記録沖縄戦 - 決定版国内唯一の 戦場 から 基地の島 へ - 写真でみる女性と戦争 マイケル D. ゴーディン著林義勝訳藤田怜史訳武井望訳浅田次郎編集委員奥泉光編集委員川村湊編集委員高橋敏夫編集委員成田龍一編集 彩流社 集英社 大田昌秀編著高文研 2014 ブレンダ ラルフ ルイス著松尾恭子訳 原書房 従軍歌謡慰問団馬場マコト著白水社 2012 終戦史 - なぜ決断できなかったのか - 吉見直人著 NHK 出版 小学 4 年生の世界平和 ジョン ハンター著伊藤真訳 KADOKA WA 2014 少国民戦争文化史山中恒著辺境社 図解特攻のすべて すべてわかる図解太平洋戦争 - 地図と写真で読む日米決戦の全貌 -( 学校で教えない教科書 ) 零戦 - 搭乗員たちが見つめた太平洋戦争 - 戦後はまだ - 刻まれた加害と被害の記憶山本宗補写真集 - 戦時下のベルリン - 空襲と窮乏の生活 戦場の軍法会議 - 日本兵はなぜ処刑されたのか- 戦争と沖縄改版 ( 岩波ジュニア新書 19) 戦争と飢餓 本多巍耀著 リチャード E. ルーベンスタイン著小沢千重子訳 近現代史編纂会編 世界情勢を読む会編著 神立尚紀著大島隆之著 日本文芸社 山本宗補写真 文彩流社 ロジャー ムーアハウス著高儀進訳 NHK 取材班著北博昭著 NHK 出版 池宮城秀意著岩波書店 2012 リジー コリンガム著宇丹貴代実訳黒輪篤嗣訳 芙蓉書房出版 紀伊國屋書店 山川出版社 白水社 2012 河出書房新社 講談社 2012 所蔵状況書架請求記号 ホ O 一般 ホ O 2 階 コ O 2 階全集 Z ア O ル O 2 階 ル O 2 階新着 オ P ル O 2 階芸術 ハ O ヨ O ハ P 文学 909 ヤ O キ O 一般 キ O セ O 2 階技術 コ O 一般 コ O 一般 コ O ヤ ム O 2 階 ム N ニ O 2 階 YA YA 219 セ O コ O

13 タイトル著者表示出版者出版年館名 戦争の条件 ( 集英社新書 0686) 藤原帰一著集英社 疎開した四〇万冊の図書 その日から - 子供の戦争 戦後体験記 - 祖父たちの零戦 ( 講談社文庫こ 81-1) 寺井稔著日本文学館 太平洋戦争通史筒居譲二著文芸社 太平洋の試練 - 真珠湾からミッドウェイまで - 上 太平洋の試練 - 真珠湾からミッドウェイまで - 下 大本営発表のマイク - 私の十五年戦争 - 近藤富枝著 河出書房新社 闘う零戦 - 隊員たちの写真集 - 渡辺洋二編著文藝春秋 立ち上がるヒロシマ 1952( 岩波写真文庫アーカイヴス ) 鎮魂の旅 - 大東亜戦争秘録 - 早坂隆著 中央公論新社 移動図 同期の桜 は唄わせない清武英利著ワック 東京空襲下の生活日録 - 銃後 が戦場化した 10 カ月 - 金高謙二著 イアン トール著村上和久訳 イアン トール著村上和久訳 岩波書店編集部編 幻戯書房 神立尚紀著講談社 文藝春秋 文藝春秋 岩波書店 誰も戦争を教えてくれなかった古市憲寿著講談社 早乙女勝元著東京新聞 所蔵状況書架請求記号 フ O 2 階 フ O 一般 カ O 2 階 カ O 2 階文学 テ O 一般文庫本 B コ O 一般 15 B コ O 一般 ツ O ト O 一般 ト O 2 階 ト O 一般 ト O ト O 一般 ト O 2 階 ト O 一般 ト O 2 階文学 コ O ワ O イ 2 階 イ O フ O 一般 フ O 17~ フ O 車内一般 209 フ O ハ O 2 階伝記 ナ O サ O

14 タイトル著者表示出版者出版年館名 ドキュメント太平洋戦争全史上 ( 講談社文庫か 129-1) ドキュメント太平洋戦争全史下 ( 講談社文庫か 129-2) 独裁者に原爆を売る男たち - 核の世界地図 -( 文春新書 941) 特攻 - 最後のインタビュー - 特攻 - 最後の証言 -( 文春文庫と 27-1) 日本が戦ってくれて感謝しています - アジアが賞賛する日本とあの戦争 - 日本国憲法第 2 版 ( 小学館アーカイヴス ) 会川晴之著文藝春秋 特攻最後のインタビュー 制作委員会著 特攻最後の証言 制作委員会著 ハート出版 文藝春秋 日本人はなぜ特攻を選んだのか黄文雄著徳間書店 日本のいちばん長い日決定版 ( 文春半藤一利著文藝春秋 2006 文庫は8-15) 日本の戦争と宗教 ( 講談小川原正道著講談社 2014 社選書メチエ 566) 日本兵を殺した父 - ピュリツァー賞作家が見た沖縄戦と元兵士たち - 敗戦 - 満州追想 - 岩見隆夫著原書房 橋本勝の 21 世紀版戰爭と平和橋本勝イラストと文七つ森書館 2014 はだしのゲン 創作の真実 移動図 遥かな空 - 泰緬鉄道 -その生と死- 小林弘忠著毎日新聞社 - ひと目でわかる 日中戦争 時代の武 PHP 研究水間政憲著 士道精神所被爆アオギリと生きる- 語り部 沼田鈴広岩近広著岩波書店 子の伝言 -( 岩波ジュニア新書 740) 被爆医師のヒロシマ -21 世紀を生きる君たちに - ヒロシマの記憶原発の刻印 - ヒロシマを知り原発を考える - 亀井宏著講談社 亀井宏著 井上和彦著 デール マハリッジ著藤井留美訳 大村克巳著 肥田舜太郎著 講談社 産経新聞出版 原書房 中央公論新社 新日本出版社 写楽 編集部編集小学館 肥田舜太郎著遊絲社 所蔵状況書架請求記号 2 階文庫 B カ O 17~18 B カ O 2 階文庫 B カ O 17~18 B カ O ア O ト O 17~18 B ト O 1 階新刊棚 イ O 一般 イ O シ O 2 階 シ O コ P 17~18 B ハ O 1 階新刊棚 オ P マ O 一般 マ O 2 階文学 916 イ O 2 階書庫 A ハ O 2 階芸術 オ O 1 階新刊棚 オ O 車内一般 726 オ O コ O ミ O 2 階 YA YA 319 ヒ O ヒ O 一般 ヒ O YA YA ヒ O 2 階 ヒ O

15 法医学者の見た戦後日本 タイトル著者表示出版者出版年館名 忘却のしかた 記憶のしかた - 日本 アメリカ 戦争 - 僕の島は戦場だった - 封印された沖縄戦の記憶 - ぼくは戦争は大きらい - やなせたかしの平和への思い - 北海道を守った占守島の戦い ( 祥伝社新書 332) 炎の証言第 15 号 漫画家たちの 中国で日本人の戦争体験を語る - モダン ライフと戦争 - スクリーンのなかの女性たち -( 歴史文化ライブラリー 364) 靖国 と 千鳥ケ淵 を考える ( 祥伝社新書 328) ヤルタからヒロシマへ - 終戦と冷戦の覇権争い - 桂秀策著 ジョン W. ダワー著外岡秀俊訳 丸善プラネット 岩波書店 移動図 石川好著潮出版社 蘭印戦跡紀行 -インドネシアに 日本 を見に行く-( 切手紀行シリーズ 6) 内藤陽介著 彩流社 臨時軍事費特別会計 - 帝国日本を破滅させた魔性の制度 - 鈴木晟著 講談社 私の東京平和散歩 ( ウォーク ) 早乙女勝元著 新日本出版社 私は世界の破壊者となった - 原子爆弾の開発と投下 - 切手が語る戦争と平和 - 写真資料 - 戦闘帽の学徒たち - 盛岡中学第三報国隊の記録 - 佐野眞一著 やなせたかし著 上原卓著祥伝社 平塚の空襲と戦災を記録する会 / 編 ジョナサン フェッター ヴォーム著内田昌之訳澤田哲生日本語版監修 原亨編著 小川達雄著 集英社インターナショナル 小学館クリエイティブ 平塚市博物館 イースト プレス 宜野座菜央見著吉川弘文館 堀内光雄著祥伝社 マイケル ドブズ著三浦元博訳 白水社 日本図書センター P&S 2008 戦闘帽の 学徒たち 1979 出版委員会 所蔵状況書架請求記号文学 カ O タ O サ O 一般 サ O 一般 サ O 2 階芸術 ヤ O 車内一般 726 ヤ O 一般新書判 G ウ O 2 階 ウ O 2 階地域 KY ヒ O 地域資料 KY ヒ O 2 階 12 KY ヒ O 一般地域 KY ヒ O イ O 2 階芸術 キ O 一般 キ O 一般新書判 G ホ O 2 階 ホ O ト O 一般 ト O 2 階 ナ O 1 階新刊棚 ス O 2 階文学 サ O 2 階 フ O 3 階参考図 O( 禁帯 ) 3 階書庫 S KH916( 禁帯 )

16 戦争と平和に関する新しい本 ( 児童向け ) ( 平成 25 年 6 月 1 日 ~ 平成 26 年 5 月 31 日に図書館に入った本です ) 所蔵状況タイトル著者表示出版者出版年書架館名請求記号 1 階 1~7 沖縄を知る本 - 現地の記者が伝える- 吉岡攻監修 WAVE 出版 オ P 北御門二郎魂の自由を求めて - トルストイに魅せられた良心的兵役拒否者 -( ジュニア ノンフィクション ) ぶな葉一著銀の鈴社 階新刊棚 289 キ P きみがおしえてくれた 今西乃子文新日本出版絵本アーソ 加納果林絵社 E キ O げんばくとげんぱつ 増山麗奈文 絵 子どもの未 1 階えほん 来社 E ケ O 禎子の千羽鶴 ( 戦争ノンフィクション ) 少年口伝隊一九四五 児 9~ サ O 佐々木雅弘著学研パブリッ児童 5~7 くまおり純装画 本 シング 916 サ O 文イラスト BM 庫児童移動図 916 サ O 児 1317 井上ひさし著 912 シ O 講談社 ヒラノトシユキ絵児 シ O 1 階 1~7 367 セ O 世界の女性問題 2 暴力 差別 戦争 関橋眞理著 汐文社 児童 セ O 児 2~4 367 セ O せんそう- 昭和 20 年 3 月 10 日東京大空襲塚本千恵子文塚児童えほん東京書籍 2014 のこと- 本やすし絵 E セ P 田代脩監修ささき児 1 せんそうってなんだったの?- 語りつぎおあり作井上こみち学研教育出 210 セ O 話絵本ほんとうにあった4つのお話 - 作戸田和代作夏版児童 1 目尚吾ほか画 210 セ O ゾウと旅した戦争の冬 児 ソ O マイケル モー児童 1~2 パーゴ作徳間書店 933 ソ O 杉田七重訳児 ソ O 児童 1~2 ジーン ブッカー 933 タ O だれにも言えない約束 ( 文研じゅべにーる ) 作岡本さゆり訳文研出版 車内児童中山成子絵移動図 933 タ O 1 階 1~7 210 ニ O 戦争遺跡保存全日本の戦争遺跡図鑑 -そこで 何が起こっ児童 6 国ネットワーク監 PHP 研究所 たの? 歴史を正しく知るために- 210 ニ O 修児 ニ O 児 ハ P 灰色の地平線のかなたに 児童 1~2 ルータ セペティス 933 ハ M 岩波書店 2012 作野沢佳織訳児 ハ M 児童 5~7 933 ハ N

17 所蔵状況 タイトル著者表示出版者出版年書架館名請求記号 パオ~ンおじさんとの夏 かまだしゅんそう新日本出版児 9~12 作柴田文香絵社 913 ハ O 光のうつしえ- 廣島ヒロシマ広島 - 朽木祥作 講談社 児 ヒ O 児 ヒ O フアン ファリアス日ざかり村に戦争がくる ( 世界傑作童話シ児童 1~2 作宇野和美訳福音館書店 リーズ ) 963 ヒ O 堀越千秋画児 ヒ O 1 階 1~7 289 フ O 児童 6 ヴィヴィアナ マッ武器より一冊の本をください- 少女マララ 289 フ O ツァ著金の星社 ユスフザイの祈り- 児 2~4 横山千里訳 289 フ O 児童 フ O 平和 環境につながるノーベル賞 若林文高監修 文研出版 2014 児童 ヘ P 1 階 1~7 平和を考える戦争遺物 1 子どもたちと戦 210 ヘ O 汐文社 争児 ヘ O 1 階 1~7 平和を考える戦争遺物 2 ある兵士の歩 210 ヘ O 汐文社 み児 ヘ O 平和を考える戦争遺物 3 女たちの戦争 汐文社 1 階 1~7 210 ヘ O 児 ヘ O 1 階 1~7 平和を考える戦争遺物 4 沖縄戦と米軍 210 ヘ P 汐文社 2014 占領 1 階新刊棚 210 ヘ P 1 階 1~7 平和を考える戦争遺物 5 広島 長崎 空 210 ヘ P 汐文社 2014 襲 1 階新刊棚 210 ヘ P 児 1317 ぼくは満員電車で原爆を浴びた-11 歳の米澤鐡志語り 916 ホ O 小学館 少年が生きぬいたヒロシマ- 由井りょう子文児 9~ ホ O やぁ こうちゃんおぅ ふく- 戦争って児 1317 とよしまのりあき著郁朋社 さぁ 悲しい別れということなのかなぁ ヤ O 児童 6 ランドセルは海を越えて ( シリーズ 自然い内堀タケシ写真 376 ラ O ポプラ社 のちひと 14) 文児 2~4 376 ラ O ヨシコ ウチダ文 1 階えほん E ワ O わすれないよいつまでも- 日系アメリカ人ジョアナ ヤードお話コーナ晶文社 少女の物語 -( いのちのバトン シリーズ) リー絵 E ワ O 浜崎絵梨訳車内児童移動図 E ワ O

18 特集展示 平和の本目録平成 26 年版 平成 26 年 (2014 年 )7 月発行編集平塚市中央図書館発行平塚市中央図書館 神奈川県平塚市浅間町 電話 : FAX:

19 核兵器廃絶平和都市宣言わたくしたちのまち平塚は 過去に戦災を被り市域の多くを焼失した悲しい歴史をもつています そして今のわたくしたちには こうした惨禍をくり返すことのないよう 平和を守り次代へ引き継いでいく責務があります しかし 現在地球上には 数多くの核兵器が蓄えられ 人類に深刻な脅威を与えています 世界の平和と安全は すべての人の願いです 平塚市は 国際平和の年 を迎えるにあたり 美しい地球と輝かしい未来を守るため 国是である非核三原則の順守とあらゆる核兵器の廃絶を願い 核兵器廃絶平和都市 を宣言します昭和六十年十二月二十日平塚市

20