無断複写 転用 転記を禁じます 国際財務報告基準 (IFRS) 連結財務諸表シリーズ シリーズ <5>IAS 第 31 号 ジョイント ベンチャーに対する持分 ( 平成 22 年 7 月 31 日現在 ) 1. ジョイント ベンチャーの対する持分 ( 総論 ) 本シリーズでは ジョイント ベンチャー

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "無断複写 転用 転記を禁じます 国際財務報告基準 (IFRS) 連結財務諸表シリーズ シリーズ <5>IAS 第 31 号 ジョイント ベンチャーに対する持分 ( 平成 22 年 7 月 31 日現在 ) 1. ジョイント ベンチャーの対する持分 ( 総論 ) 本シリーズでは ジョイント ベンチャー"

Transcription

1 国際財務報告基準 (IFRS) 連結財務諸表シリーズ シリーズ <5>IAS 第 31 号 ジョイント ベンチャーに対する持分 ( 平成 22 年 7 月 31 日現在 ) 1. ジョイント ベンチャーの対する持分 ( 総論 ) 本シリーズでは ジョイント ベンチャーに対する持分の会計処理について IAS31 号 ジョイント ベンチャーに対する持分 を中心に解説します IAS31 号は ジョイント ベンチャーの活動が行われる組織又は形態を問わず 共同支配投資企業及び投資企業の財務諸表におけるジョイント ベンチャーに対する持分の会計処理及びジョイント ベンチャーの資産 負債 収益及び費用に関する報告に適用します ただし 関連会社に対する投資の場合と同様に ベンチャー キャピタル企業又はミューチュアル ファンド ユニット トラスト及び投資連動型保険ファンドを含むその他の類似企業において IAS39 号 金融商品 : 認識及び測定 にある公正価値オプションを適用した場合や売買目的保有に分類された場合には IAS31 号に従った処理は行われず IAS39 号に従った会計処理が行われます (IAS31.1) 共同支配とは 経済活動に対する契約上合意された支配の共有をいい その活動に関連する戦略的な財務上及び営業上の決定に際して 支配を共有する当事者 ( 共同支配投資企業 ) の一致した合意を必要とする場合をいいます (IAS31.3) また ジョイント ベンチャーとは 複数の当事者が共同支配により ある経済活動を行う契約上の取り決めをいいます (IAS31.3) IAS31 号では ジョイント ベンチャーを 1 共同支配の営業活動 2 共同支配の資産 3 共同支配企業の 3 つに大きく識別し 会計処理を定めています これらの共通した特徴は 複数の共同支配投資企業が契約上の取決めによって拘束されていること及び共同支配を確立させる契約上の取決めがあることが挙げられます (IAS31.7) 2. 契約上の取決め 契約上の取決めの存在により 共同支配を伴う持分は 投資企業が重要な影響を有して いる関連会社に対する投資と区分されます 共同支配を確立させる契約が存在しない活動 は IAS31 号のジョイント ベンチャーには該当しません (IAS31.9) 1

2 契約上の取決めは 例えば共同支配投資企業間の契約又は覚書などの様々な方法が証拠となります その取決めがジョイント ベンチャーの定款又は他の規約に盛り込まれることもあります 契約上の取決めは その様式が何であれ 通常は書面で 次の事項について取り交わされます (IAS31.10) 1 ジョイント ベンチャーの活動 期間及び報告の義務 2 ジョイント ベンチャーの取締役会又は同等の統治機関の選定及び共同支配投資企業の投票権 3 共同支配投資企業による資本拠出 4 ジョイント ベンチャーによる生産物 収益 費用又は業績に対する共同支配投資企業の持分 上記のように 契約上の取決めによって ジョイント ベンチャーに対する共同支配が 確立します この契約上の取決めによって どの共同投資企業も ジョイント ベンチャ ーの活動を一方的に支配することはできません (IAS31.11) 契約上の取決めによって 共同支配投資企業のうち 1 社が 当該ジョイント ベンチャーの運営者又は管理者となることもあります 運営者は ジョイント ベンチャーを支配することはありませんが 契約上の取決めに従って 共同支配投資企業が合意し 当該運営者に委託した財務及び経営上の方針内でその職務を遂行することになります ただし 運営者がその経済活動の財務及び経営上の方針を統治する力を有している場合には 運営者はそのベンチャーを支配し そのベンチャーはその運営者の子会社となるため ジョイント ベンチャーには該当しません (IAS31.12) なお ジョイント ベンチャーの運営者又は管理者は IAS18 号 収益 に従って 管理報酬を会計処理します (IAS31.52) また 単独の又は複数の共同支配投資企業が ジョイント ベンチャーの活動の運営者又は管理者として職務を遂行する場合には 運営者は 通常 そのような職務に対して管理報酬が支払われるため このような報酬は ジョイント ベンチャーで費用として会計処理します (IAS31.53) 2

3 3. 共同支配の営業活動 共同支配の営業活動の例としては 複数の共同支配投資企業が特定の製品 例えば航空機などの生産 販売及び供給を共同で行うために それぞれの営業 資源及び技術を組み合わせる場合です それぞれの共同支配投資企業は 製造工程において異なる部分を担当し それぞれの共同支配投資企業は 各自の費用を負担し 航空機の売却から得た収益のうち持分相当額の配分を受けます この配分は 契約上の取決めによって決定されます (IAS31.14) このケースは それぞれの共同支配投資企業は 自己の所有する資産を利用し 業務遂行は各共同支配投資企業の従業員によって遂行されます 共同支配の営業に対する持分については 共同支配投資企業は 財務諸表において次の 項目を認識しなければなりません (IAS31.15) 1 共同支配投資企業の支配する資産及び生じた負債 2 共同支配投資企業に生じた費用及びジョイント ベンチャーによる商品の販売又は役務提 供から得た収益のうち持分相当額 資産 負債 収益及び費用は 共同支配投資企業の財務諸表で認識されているため 当該共同支配投資企業が連結財務諸表を開示している場合には 当該項目に関しては 調整又はその他連結手続は要求されません (IAS31.16) また 共同支配投資企業は ジョイント ベンチャーの業績を評価できるように管理用の決算を作成することもありますが ジョイント ベンチャー自体について別個の会計記録も要求されず ジョイント ベンチャーに関する財務諸表が作成されないこともあります (IAS31.17) 4. 共同支配の資産 ジョイント ベンチャーの中には ジョイント ベンチャーに拠出されたか又はジョイント ベンチャーのために取得され ジョイント ベンチャーの目的のために提供された 1 つ以上の資産を共同支配投資企業が共同支配し しばしば共同所有しているものがあります 当該資産は 共同支配投資企業の便益を得るために用いられ それぞれの共同支配投資企業は 当該資産の生産物の分配を受け また生じた費用のうち合意された割合に応じて費用を負担します (IAS31.18) このパターンのジョイント ベンチャーを 共同支配の資産 といいます 石油 ガス及び鉱物掘削業の活動の多くは 共同支配の資産が関わ 3

4 っています 多くの石油生産企業が 石油パイプラインを共同支配して運営しています それぞれの共同支配投資企業は 当該パイプラインを用いて生産物を輸送し パイプラインの使用に伴う費用のうち合意された割合を負担します 共同支配の資産の他の例として 2 つの企業が不動産を共同で支配し それぞれの企業は 受取賃料の分配を受け 費用の持分を負担する場合があります (IAS31.20) 共同支配投資企業は 共同支配の資産に対する持分に関して 財務諸表に次の項目を認 識しなければなりません (IAS31.21) 1 資産の性質に従って分類された共同支配の資産のうち持分相当額 2 共同支配投資企業に生じた負債 3 ジョイント ベンチャーに関連する他の共同支配投資企業と共同で生じた負債のうち持分相当額 4 ジョイント ベンチャーの生産物のうち持分にかかる売却または使用から得た収益及びジョイント ベンチャーによって生じた費用のうち持分相当額 5 ジョイント ベンチャーに対する持分に関して生じた費用 この資産 負債 収益及び費用は 共同支配投資企業の個別財務諸表で認識されるので 当該企業が連結財務諸表を作成する場合に これらの項目に関する調整又はその他の連結 手続は要求されません (IAS31.22) また 共同支配の営業と同様に ジョイント ベンチャーの成果を評価するために内部 管理用の決算は作成することがあっても ジョイント ベンチャーに関する財務諸表は作 成しないのが一般的です (IAS31.23) 5. 共同支配企業 共同支配企業は それぞれの共同支配投資企業が持分を有する法人 パートナーシップ又は他の事業体の設立を伴うジョイント ベンチャーです 当該企業は 共同支配投資企業の間の契約上の取決めによってその経済活動が共同支配されていることを除いては 他の企業と同一の方法で運営されます (IAS31.24) 共同支配企業は ジョイント ベンチャーの資産を支配し 負債及び費用を生じさせ 収益を稼得します 共同支配企業は ジ 4

5 ョイント ベンチャーの活動のために 自己の名義によって契約を締結し 資金調達を行 います 共同支配投資企業は 共同支配企業の利益の配分を受ける権利を有する場合もあ れば 生産物の配分を受ける場合もあります (IAS31.25) 共同支配企業の多くは 共同支配の営業活動又は共同支配の資産に関してジョイント ベンチャーと実質的に類似しています 例えば 共同支配投資企業は 税金又はその他の理由のために 石油パイプラインなどの共同支配の資産を共同支配企業に移す場合があります 同様に 共同支配投資企業は 共同運営される資産を共同支配企業へ拠出する場合があります また 共同支配の営業には 例えば 製品の設計 販売 供給又はアフターサービスなどの特定の活動を行う共同支配企業の設立を伴うものもあります (IAS31.27) 共同支配企業は 会計記録を保持し 他の企業と同一の方法で IFRS に準拠して財務諸表が作成されます (IAS31.28) また それぞれの共同支配投資企業は 通常 共同支配企業に現金又は他の資源を拠出するため これらの拠出が 共同支配投資企業の会計記録に含まれ 共同支配企業に対する投資として財務諸表において認識されます (IAS31.29) 6. 共同支配企業における比例連結と持分法 共同支配投資企業は 比例連結又は持分法のどちらかによって共同支配企業に対する持分を認識します (IAS31.30) ここで 比例連結とは 共同支配投資企業の財務諸表において 共同支配企業の資産 負債 収益及び費用の各科目に対する共同支配投資企業の持分相当額を 科目ごとに類似の項目と合算するか又は独立科目として報告する 会計処理及び報告の方法をいいます (IAS31.3) 比例連結を採用する場合 共同支配投資企業の固有の資産 負債 収益及び費用とジョ イント ベンチャーのそれらとを合算して処理する方法と 区分して処理する方法の 2 つ が認められています (IAS31.34) 比例連結の会計処理方法は ほとんどが IAS27 号に定める子会社に対する投資の連結手続と類似しています (IAS31.33) 法的に相殺する権利が存在し その相殺によって 資産の実現又は負債の決済の期待を示す場合を除き ある資産又は負債を他の負債又は資産の減額によって相殺したり ある収益又は費用を他の費用又は収益の減額によって相殺したりすることは不適切とされています (IAS31.35) 共同支配投資企業は 共同支配企業に対する共同支配を喪失した日から 比例連結の適用を中止します (IAS31.36) 例えば 共同支配投資企業が持分を処分した場合 又は 共同支配投資企業が共同支配を喪失することになる外部からの制限が加えられた場合に起こります (IAS31.37) 5

6 上記の比例連結以外に 持分法によって会計処理することも認められています 共同支配投資企業の中には 支配されている項目 ( 共同支配投資企業の固有項目 ) と共同支配されている項目 ( 共同支配企業に対する共同支配投資企業の持分相当額 ) が混在していることが不適切であるという考えや 共同支配企業に対しては 共同支配というより重要な影響力を有しているに過ぎないと考えている企業も多く この場合 比例連結よりも持分法の適用が肯定されます IAS31 号では持分法の適用を奨励はしていませんが 適用そのものを認めています (IAS31.40) 持分法により処理する場合は IAS28 号と同様の会計処理になると考えられます 7. 共同支配投資企業とジョイント ベンチャーとの取引 共同支配投資企業が ジョイント ベンチャーに資産を拠出又は売却する場合には その取引から生じる利得又は損失のうち部分的な認識は 当該取引の実質を反映しなければなりません 当該資産がジョイント ベンチャーによって保持されていてはいるが 共同支配投資企業が所有に伴う重大なリスクと経済価値をジョイント ベンチャーに移転している場合には 共同支配投資企業は その利得又は損失のうち 他の共同支配投資企業の持分に帰属する額のみを認識しなければなりません 拠出又は売却が流動資産の正味実現可能価額の減少又は減損損失の証拠を示している場合 共同支配投資企業は その損失の全額を認識しなければなりません (IAS31.48) 上記のとおり 共同支配企業の資本持分と交換に行われた共同支配企業に対する非貨幣性資産の拠出については 共同支配投資企業は 他の共同支配投資企業の資本持分に帰属する部分の利得又は損失を純損益に認識しますが 以下の場合には 認識しません (SIC13.5) 下記の 1~3 に該当する場合には 未実現損益として認識されます 1 拠出された非貨幣性資産についての所有権に伴う重大なリスクと便益が共同支配企業に 移転されていない場合 2 当該非貨幣性資産の拠出による利得又は損失を信頼性をもって測定できない場合拠出取引ついて IAS16 号 有形固定資産 に条件が記載されているように 経済的実 3 質を欠いている場合 6

7 共同投資企業が共同支配企業に対する資本持分の受領に加えて 貨幣性又は非貨幣性資産を受け取る場合には その共同支配投資企業は 当該取引によいる利得又は損失の適切な部分を純損益に認識しなければなりません (SIC13.6) ただし 上記の 1~3 に該当する場合には未実現損益として同様に処理されます 未実現損益は 比例連結方式においては関連する資産から又は持分法においては投資勘 定から消去します 未実現損益を共同支配投資企業の連結財政状態計算書に繰延損益とし て表示してはなりません (SIC13.7) 共同支配投資企業が資産をジョイント ベンチャーから購入する場合には 共同支配投資企業は 独立した第三者に当該資産を売却するまでは 当該取引から生じるジョイント ベンチャーの利益に対する持分相当額を認識してはなりません 共同支配投資企業は これらの取引から生じた損失についても 利益と同一の方法で認識しなければなりません ただし このような損失が 流動資産の正味実現可能価額の減少又は減損損失によるものである場合には直ちに認識しなければなりません (IAS31.49) なお 共同支配投資企業とジョイント ベンチャーとの取引により資産の減損があったかどうかを検討するため 共同支配投資企業は IAS36 号 資産の減損 に従って回収可能価額を算定します 使用価値を算定する際には 共同支配投資企業は 当該資産の将来キャッシュ フローを ジョイント ベンチャーによる継続的使用及び最終処分に基づいて見積ります (IAS31.50) 8. その他の会計処理 IFRS5 号 売買目的で保有する非流動資産及び非継続事業 に従って売買目的として分 類される共同支配企業に対する持分は IFRS5 号に従って会計処理しなければなりません (IAS31.42) また 投資企業が企業に対する共同支配を喪失した場合には 以前の共同支配企業が子会社又は関連会社とならない限り 残存している投資をその日から IAS39 号に従って会計処理します また 子会社となった場合には IAS27 号 連結及び個別財務諸表 及び IFRS3 号 企業結合 に従った会計処理 関連会社となる場合には IAS28 号に従った会計処理となります 投資企業は 残存する投資の公正価値及び共同支配企業に対する持分の一部の処分による収入額と共同支配を喪失した日現在の投資の帳簿価額との差額を純損益として処理します (IAS31.45) 投資が IAS39 号に従った会計処理となった場合 共同支配を喪 7

8 失した日の投資の公正価値を IAS39 号に従って金融資産として当初認識した時の公正価 値とみなします (IAS31.45A) また 投資企業が企業に対する共同支配を喪失した場合に 投資企業は当該共同支配企業に関してその他の包括利益に認識されたすべての金額を 共同支配企業が関連する資産又は負債を直接処分したとした場合に要求されるのと同じように会計処理しなければなりません (IAS31.45B) 子会社や関連会社への投資の場合と同様です 9. 開示 共同支配投資企業は 損失の可能性が極めて少ない場合を除き 次の偶発負債の合計額 を 他の偶発負債とは別個に開示しなければなりません (IAS31.54) 1 ジョイント ベンチャーに対する持分に関連して発生した共同支配投資企業の偶発負債及び他の共同支配投資企業と共同して負うこととなった偶発負債のうち持分相当額 2 ジョイント ベンチャー自体の偶発負債で共同支配投資企業が偶発的支払義務を負っているもののうち 持分相当額 3 ジョイント ベンチャーの他の共同支配投資企業の負債について 共同支配投資企業が偶発的支払義務を負っているために 偶発負債となっているもの 共同支配投資企業は ジョイント ベンチャーに対する持分に関して 他の支出契約と は別個に次の支出契約の合計額を開示しなければなりません (IAS31.55) 1 ジョイント ベンチャーに対する持分に関連して生じた共同支配投資企業の資本的支出契約及び他の共同支配投資企業と共同で生じた資本的支出契約のうち持分相当額 2 ジョイント ベンチャー自体の資本的支出契約のうち持分相当額 共同支配投資企業は 重要なジョイント ベンチャーに対する持分の一覧表と説明 共同支配企業に対する持分割合を開示しなければなりません また 共同支配企業に対する持分を科目ごとに比例連結の報告様式又は持分法のいずれかを用いて認識する場合 ジョイント ベンチャーに対する持分に相当する流動資産 固定資産 流動負債 固定負債 収益及び費用のそれぞれの合計額を開示しなければなりません (IAS31.56) 共同支配投資企業は 共同支配企業に対する持分を認識するために用いた方法を開示しなければなりません (IAS31.57) 8

IFRS基礎講座 IAS第11号/18号 収益

IFRS基礎講座 IAS第11号/18号 収益 IFRS 基礎講座 収益 のモジュールを始めます このモジュールには IAS 第 18 号 収益 および IAS 第 11 号 工事契約 に関する解説が含まれます これらの基準書は IFRS 第 15 号 顧客との契約による収益 の適用開始により 廃止されます パート 1 では 収益に関連する取引の識別を中心に解説します パート 2 では 収益の認識規準を中心に解説します パート 3 では 工事契約について解説します

More information

IFRS基礎講座 IAS第12号 法人所得税

IFRS基礎講座 IAS第12号 法人所得税 IFRS 基礎講座 IAS 第 12 号 法人所得税 のモジュールを始めます パート 1 では 法人所得税の範囲 および税効果会計を中心に解説します パート 2 では 繰延税金資産および負債の認識を中心に解説します IFRS における 法人所得税 とは 課税所得を課税標準として課される 国内および国外のすべての税金をいいます 例えば 法人税 住民税所得割 事業税所得割などが IFRS における法人所得税に該当します

More information

平成30年公認会計士試験

平成30年公認会計士試験 第 3 問答案用紙 問題 1 1 新株予約権 2 75,000 3 75,000 4 0 5 3,000 6 70,000 7 7,000 8 42,000 金額がマイナスの場合には, その金額の前に を付すこと 9 2,074,000 会計基準の新設及び改正並びに商法の改正により, 以前よりも純資産の部に直接計上される 項目や純資産の部の変動要因が増加している そこで, ディスクロージャーの透明性の確保

More information

リリース

リリース への移行に関する開示 当社は 当連結会計年度の連結財務諸表から を適用しています 移行日は 2015 年 4 月 1 日です (1) 第 1 号の免除規定 第 1 号 国際財務報告基準の初度適用 は を初めて適用する企業 ( 以下 初度適用企業 ) に対して を遡及適用することを求めています ただし 一部については遡及適用しないことを任意で選択できる免除規定と 遡及適用を禁止する強制的な例外規定を定めています

More information

IFRS基礎講座 IAS第21号 外貨換算

IFRS基礎講座 IAS第21号 外貨換算 IFRS 基礎講座 IAS 第 21 号 外貨換算 のモジュールを始めます パート 1 では 外貨建取引の会計処理を中心に解説します パート 2 では 外貨建財務諸表の換算を中心に解説します 企業は 取引を行うにあたって通常 様々な種類の通貨を使用します これらのうち 企業が営業活動を行う主たる経済環境の通貨を機能通貨といいます 例えば 日本企業の場合 営業活動を行う主たる経済環境の通貨は 通常

More information

2. 基準差調整表 当行は 日本基準に準拠した財務諸表に加えて IFRS 財務諸表を参考情報として開示しております 日本基準と IFRS では重要な会計方針が異なることから 以下のとおり当行の資産 負債及び資本に対する調整表並びに当期利益の調整表を記載しております (1) 資産 負債及び資本に対する

2. 基準差調整表 当行は 日本基準に準拠した財務諸表に加えて IFRS 財務諸表を参考情報として開示しております 日本基準と IFRS では重要な会計方針が異なることから 以下のとおり当行の資産 負債及び資本に対する調整表並びに当期利益の調整表を記載しております (1) 資産 負債及び資本に対する 2. 基準差調整表 当行は 日本基準に準拠した財務諸表に加えて IFRS 財務諸表を参考情報として開示しております 日本基準と IFRS では重要な会計方針が異なることから 以下のとおり当行の 及び資本に対する調整表並びに当期利益の調整表を記載しております (1) 及び資本に対する調整表 第 4 期末 ( 平成 27 年度末 ) 現金預け金 1,220,187 - - 1,220,187 現金預け金

More information

日本基準でいう 法人税等 に相当するものです 繰延税金負債 将来加算一時差異に関連して将来の期に課される税額をいいます 繰延税金資産 将来減算一時差異 税務上の欠損金の繰越し 税額控除の繰越し に関連して将来の期に 回収されることとなる税額をいいます 一時差異 ある資産または負債の財政状態計算書上の

日本基準でいう 法人税等 に相当するものです 繰延税金負債 将来加算一時差異に関連して将来の期に課される税額をいいます 繰延税金資産 将来減算一時差異 税務上の欠損金の繰越し 税額控除の繰越し に関連して将来の期に 回収されることとなる税額をいいます 一時差異 ある資産または負債の財政状態計算書上の 国際財務報告基準 (IFRS) 税効果シリーズ シリーズ IAS 第 12 号 法人所得税 (1/3) ( 平成 23 年 1 月 31 日現在 ) 1. 目的 範囲 IAS 第 12 号 法人所得税 の目的は 法人所得税の会計処理を定めることにあります 法 人所得税の会計処理に関する主たる論点は 次の事項に関して当期および将来の税務上の 影響をどのように会計処理するかにあります 1 企業の財政状態計算書で認識されている資産

More information

1. 国際財務報告基準に準拠した財務諸表 ( 抜粋 翻訳 ) 国際財務報告基準に準拠した財務諸表の作成方法について当行の国際財務報告基準に準拠した財務諸表 ( 以下 IFRS 財務諸表 という ) は 平成 27 年 3 月末時点で国際会計基準審議会 (IAS B) が公表している基準及び解釈指針に

1. 国際財務報告基準に準拠した財務諸表 ( 抜粋 翻訳 ) 国際財務報告基準に準拠した財務諸表の作成方法について当行の国際財務報告基準に準拠した財務諸表 ( 以下 IFRS 財務諸表 という ) は 平成 27 年 3 月末時点で国際会計基準審議会 (IAS B) が公表している基準及び解釈指針に 1. 国際財務報告基準に準拠した財務諸表 ( 抜粋 翻訳 ) 国際財務報告基準に準拠した財務諸表の作成方法について当行の国際財務報告基準に準拠した財務諸表 ( 以下 IFRS 財務諸表 という ) は 平成 27 年 3 月末時点で国際会計基準審議会 (IAS B) が公表している基準及び解釈指針に準拠して英文により作成しております なお IFRS 財務諸表その他の事項の金額については 百万円未満を切り捨てて表示しております

More information

スライド 1

スライド 1 IFRS 基礎講座 IAS 第 16 号 有形固定資産 のモジュールを始めます Part 1 では有形固定資産の認識及び当初測定を中心に解説します Part 2 では減価償却など 事後測定を中心に解説します 有形固定資産の 定義 と 認識規準 を満たす項目は IAS 第 16 号に従い有形固定資産として会計処理を行います 有形固定資産の定義として 保有目的と使用期間の検討を行います 保有目的が 財またはサービスの生産や提供のための使用

More information

2018 年 8 月 10 日 各 位 上場会社名 エムスリー株式会社 ( コード番号 :2413 東証第一部 ) ( ) 本社所在地 東京都港区赤坂一丁目 11 番 44 号 赤坂インターシティ 代表者 代表取締役 谷村格 問合せ先 取締役 辻高宏

2018 年 8 月 10 日 各 位 上場会社名 エムスリー株式会社 ( コード番号 :2413 東証第一部 ) (   ) 本社所在地 東京都港区赤坂一丁目 11 番 44 号 赤坂インターシティ 代表者 代表取締役 谷村格 問合せ先 取締役 辻高宏 2018 年 8 月 10 日 各 位 上場会社名 エムスリー株式会社 ( コード番号 :2413 東証第一部 ) ( http://corporate.m3.com ) 本社所在地 東京都港区赤坂一丁目 11 番 44 号 赤坂インターシティ 代表者 代表取締役 谷村格 問合せ先 取締役 辻高宏 電話番号 03-6229-8900( 代表 ) ( 訂正 ) 2019 年 3 月期第 1 四半期決算短信

More information

ならないとされている (IFRS 第 15 号第 8 項 ) 4. 顧客との契約の一部が IFRS 第 15 号の範囲に含まれ 一部が他の基準の範囲に含まれる場合については 取引価格の測定に関する要求事項を設けている (IFRS 第 15 号第 7 項 ) ( 意見募集文書に寄せられた意見 ) 5.

ならないとされている (IFRS 第 15 号第 8 項 ) 4. 顧客との契約の一部が IFRS 第 15 号の範囲に含まれ 一部が他の基準の範囲に含まれる場合については 取引価格の測定に関する要求事項を設けている (IFRS 第 15 号第 7 項 ) ( 意見募集文書に寄せられた意見 ) 5. 第 346 回企業会計基準委員会 資料番号審議事項 (4)-2 日付 2016 年 10 月 6 日 プロジェクト 項目 収益認識に関する包括的な会計基準の開発 会計基準の範囲の検討 本資料の目的 1. 本資料では 我が国の収益認識基準の開発に向けて 開発する日本基準の範囲につ いて審議を行うことを目的としている 会計基準の範囲 (IFRS 第 15 号の範囲 ) 2. IFRS 第 15 号においては

More information

IFRS 第 11 号および IFRS 第 12 号は 不動産業界におけるジョイント アレンジメントの会計処理について重要な影響を及ぼす可能性がある ジョイント アレンジメントは 例えば リスクの共有 資金調達 付加的な専門的ノウハウを取り入れる手段といった様々な理由により 不動産業界では一般的であ

IFRS 第 11 号および IFRS 第 12 号は 不動産業界におけるジョイント アレンジメントの会計処理について重要な影響を及ぼす可能性がある ジョイント アレンジメントは 例えば リスクの共有 資金調達 付加的な専門的ノウハウを取り入れる手段といった様々な理由により 不動産業界では一般的であ IFRS Global office 2011 年 9 月 注 : 本資料は Deloitte の IFRS Global Office が作成し 有限責任監査法人トーマツが翻訳したものです この日本語版は 読者のご理解の参考までに作成したものであり 原文については英語版ニュースレターをご参照下さい IFRS industry insights ジョイント アレンジメントに関する新基準書 - 不動産業界に関する洞察

More information

念.pwd

念.pwd 連載 IFRS 及び IAS の解説 第 20 回 IAS 第 8 号 IFRS 第 5 号 公認士 ほしの星野 まさひろ正博 本稿では IAS 第 8 号 方針 上の見積りの変更及び誤謬 ( 以下 IAS 第 8 号 という ) 及び IFRS 第 5 号 売却目的で保有する非流動資産及び廃止事業 ( 以下 IFRS 第 5 号 という ) について説明する 特に IAS 第 8 号では 1 方針の決定方法

More information

IFRS基礎講座 IFRS第1号 初度適用

IFRS基礎講座 IFRS第1号 初度適用 IFRS 基礎講座 IFRS 第 1 号 初度適用 のモジュールを始めます パート 1 では 初度適用の概要について解説します パート 2 では 初度適用における遡及適用の原則と例外を中心に解説します パート 3 では 初度適用における表示および開示について解説します 初度適用とは IFRS で作成された財務諸表を初めて表示することをいいます 企業が最初の IFRS 財務諸表を表示する場合 その企業を

More information

IFRSへの移行に関する開示

IFRSへの移行に関する開示 への移行に関する開示 に移行するにあたり 当社の開始連結財政状態計算書は 第 1 号に基づき への移行日である 2013 年 4 月 1 日現在で作成されており 従前のに準拠して作成されてきた数値に必要な調整を加えている 第 1 号の適用による影響は 移行日において利益剰余金又はその他の包括利益累計額で調整している 当社が採用した の初度適用の方法や へ移行するための調整は下記のとおりである (1)

More information

日本基準基礎講座 資本会計

日本基準基礎講座 資本会計 日本基準基礎講座 資本会計 のモジュールを始めます 資本会計のモジュールでは 貸借対照表における純資産の主な内容についてパートに分けて解説します パート1では 純資産及び株主資本について解説します パート2では 株主資本以外について また 新株予約権及び非支配株主持分について解説します パート3では 包括利益について解説します 純資産とは 資産にも負債にも該当しないものです 貸借対照表は 資産の部

More information

Microsoft Word - Q&A 第22回 2892号2008年11月08日.doc

Microsoft Word - Q&A 第22回 2892号2008年11月08日.doc ここれだけは知っておきたい! 国際財務報告基準 Q&A Keyword22: 中間財務報告 Q. 中間財務報告について教えてください また, 日本の基準とは何か違いがあるのですか A. 国際会計基準第 34 号 (IAS34 号 ) 中間財務報告(Interim Financial Reporting) では, 中間財務諸表を作成する場合に従うべき, 開示項目を含む最小限の内容を定義し, かつ採用すべき認識及び測定の原則を規定しています

More information

IFRS第3号「企業結合」修正案及びIAS第27号「連結及び個別財務諸表」修正案に対する

IFRS第3号「企業結合」修正案及びIAS第27号「連結及び個別財務諸表」修正案に対する 国際会計基準審議会御中 2005 年 10 月 28 日 IFRS 第 3 号 企業結合 修正案及び IAS 第 27 号 連結及び個別財務諸表 修正案に対するコメント 企業会計基準委員会 (ASBJ) は IFRS 第 3 号 企業結合 修正案及び IAS 第 27 号 連結及び個別財務諸表 修正案に対してコメントする ここに記載されている見解は国際対応専門委員会のものである Ⅰ 総論 1. 親会社説

More information

1. のれんを資産として認識し その後の期間にわたり償却するという要求事項を設けるべきであることに同意するか 同意する場合 次のどの理由で償却を支持するのか (a) 取得日時点で存在しているのれんは 時の経過に応じて消費され 自己創設のれんに置き換わる したがって のれんは 企業を取得するコストの一

1. のれんを資産として認識し その後の期間にわたり償却するという要求事項を設けるべきであることに同意するか 同意する場合 次のどの理由で償却を支持するのか (a) 取得日時点で存在しているのれんは 時の経過に応じて消費され 自己創設のれんに置き換わる したがって のれんは 企業を取得するコストの一 ディスカッション ペーパー のれんはなお償却しなくてよいか のれんの会計処理及び開示 に対する意見 平成 26 年 9 月 30 日 日本公認会計士協会 日本公認会計士協会は 企業会計基準委員会 (ASBJ) 欧州財務報告諮問グループ (EFRAG) 及びイタリアの会計基準設定主体 (OIC) のリサーチ グループによるリサーチ活動に敬意を表すとともに ディスカッション ペーパー のれんはなお償却しなくてよいか

More information

日本基準基礎講座 有形固定資産

日本基準基礎講座 有形固定資産 有形固定資産 のモジュールを始めます Part 1 は有形固定資産の認識及び当初測定を中心に解説します Part 2 は減価償却など 事後測定を中心に解説します 有形固定資産とは 原則として 1 年以上事業のために使用することを目的として所有する資産のうち 物理的な形態があるものをいいます 有形固定資産は その性質上 使用や時の経過により価値が減少する償却資産 使用や時の経過により価値が減少しない非償却資産

More information

『学校法人会計の目的と企業会計との違い』

『学校法人会計の目的と企業会計との違い』 学校法人会計の目的と企業会計との違い ( 平成 27 年度以降 ) 平成 27 年度より 学校法人会計基準が一部改正されました 社会 経済状況の大きな変化 会計のグローバル化等を踏まえた様々な企業会計基準の改正等を受け 学校法人の経営状態を社会に分かりやすく説明する仕組みが求められていることが背景にあります これにより 主に以下の変更がありました (1) 資金収支計算書に加えて 新たに活動区分ごとの資金の流れがわかる

More information

IFRS連結財務諸表記載例2013年版-3

IFRS連結財務諸表記載例2013年版-3 付録 1- 連結包括利益計算書 (1 計算書方式の事例 ) IAS 1.10(b) 2012 年 12 月 31 日に終了する事業年度 IAS 1.51(b)(c) 注釈当グループは 損益計算書を 2 計算書方式により表示している この付録では 1 計算書方式による包括利益計算書を例示している IAS 1.10(b) IAS 1.51(b)(c) 2012 年 2011 年 修正再表示後 * IAS

More information

スライド 1

スライド 1 1. 財務諸表の表示 - 総論 IFRS 対応により主要財務諸表の名称 形式が変更される (IAS 1 号 ) 現行 貸借対照表 (Balance Sheet) 損益計算書 (Profit or Loss Statement) キャッシュフロー計算書 (Cash Flow Statement) 株主資本変動計算書 (Statement of changes in equity) IFRS 財政状態計算書

More information

Microsoft Word - IFRSコラム原稿第2回 H doc

Microsoft Word - IFRSコラム原稿第2回 H doc Q IFRS が導入された時に作成すべき財務諸表はどうなりますか A IFRS 導入年度だけではなく 比較対象期間についても IFRS に準拠した財務諸表の作成が必要です また 比較対象期間の期首の開始財政状態計算書および日本基準との調整表の開示が必要です 解説 2015 年 3 月期を IFRS 適用初年度として作成すべき財務諸表は以下のとおりです 2010 年 3 月期 2011 年 3 月期

More information

平成25年度 第134回 日商簿記検定 1級 商業簿記 解説

平成25年度 第134回 日商簿記検定 1級 商業簿記 解説 平成 25 年度第 134 回日商簿記検定試験 1 級 - 商業簿記 - 解 説 ( 注 ) 金額の単位はすべて千円である 1.20X4 年度末の連結決算 ⑴ S 社の資本の流れ 20X1 20X3 20X4 資本金 30,000 30,000 30,000 +3,000 +1,000( 利益 ) 利益剰余金 5,000 8,000 8,600 400( 配当 ) +700 +100 評価 換算差額等

More information

平成 29 年度連結計算書類 計算書類 ( 平成 29 年 4 月 1 日から平成 30 年 3 月 31 日まで ) 連結計算書類 連結財政状態計算書 53 連結損益計算書 54 連結包括利益計算書 ( ご参考 ) 55 連結持分変動計算書 56 計算書類 貸借対照表 57 損益計算書 58 株主

平成 29 年度連結計算書類 計算書類 ( 平成 29 年 4 月 1 日から平成 30 年 3 月 31 日まで ) 連結計算書類 連結財政状態計算書 53 連結損益計算書 54 連結包括利益計算書 ( ご参考 ) 55 連結持分変動計算書 56 計算書類 貸借対照表 57 損益計算書 58 株主 連結計算書類 計算書類 ( 平成 29 年 4 月 1 日から平成 30 年 3 月 31 日まで ) 連結計算書類 連結財政状態計算書 53 連結損益計算書 54 連結包括利益計算書 ( ご参考 ) 55 連結持分変動計算書 56 計算書類 貸借対照表 57 損益計算書 58 株主資本等変動計算書 59 52 連結計算書類 連結財政状態計算書 国際会計基準により作成 53 流動資産 資産の部 平成

More information

IFRSポイント講座 第8部 連結(1)

IFRSポイント講座 第8部 連結(1) 2010 年 4 月 2 日 vol. 22 第 8 部連結 (1) 連結 の部では 3 回にわたり 以下の説明 及び想定される実務上の論点に触れていきます IAS 第 27 号の定める連結財務諸表 SIC 第 12 号の定める特別目的事業体 IAS 第 28 号の定める関連会社に対する投資 IAS 第 31 号の定めるジョイント ベンチャーに対する持分 連結の範囲 特別目的事業体 (SPE) 決算日の異なる子会社

More information

IFRS基礎講座 IAS第37号 引当金、偶発負債及び偶発資産

IFRS基礎講座 IAS第37号 引当金、偶発負債及び偶発資産 IFRS 基礎講座 IAS 第 37 号 引当金 偶発負債及び偶発資産 のモジュールを始めます パート 1 では 引当金とその認識要件について解説します パート 2 では 引当金の測定を中心に解説します パート 3 では 偶発負債と偶発資産について解説します 引当金とは 時期または金額が不確実な負債をいいます 引当金は 決済時に必要とされる将来の支出の時期や金額が 不確実であるという点で 時期や金額が

More information

念.pwd

念.pwd 解説 IFRIC 解釈指針第 19 号持分金融商品による金融負債の消滅 (ExtinguishingFinancialLiabilities withequityinstruments) 元国際会計基準審議会 (IASB) 実務研究員公認会計士 おおき大木 まさし正志 1 はじめに国際財務報告解釈指針委員会 (IFRIC) は 昨今の金融危機を背景としてデット エクイティ スワップ取引とよばれる金融取引について

More information

Microsoft Word - 不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第6回.doc

Microsoft Word - 不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第6回.doc 第 6 回 固定資産の減価償却 あらた監査法人代表社員公認会計士清水毅 はじめに 投資不動産の会計処理については 第 2 回 投資不動産の会計処理 で解説したとおり 国際会計基準 ( 以下 IAS) 第 40 号 投資不動産 の規定により 1) 公正価値による評価 ( 公正価値モデル ) と2) 原価による評価 ( 原価モデル ) の選択適用が認められています 原価モデル を選択した不動産ファンドは

More information

念.pwd

念.pwd 連載 IFRS 及び IAS の解説 第 24 回 IAS 第 7 号 キャッシュ フロー計算書 IAS 第 24 号 関連当事者についての開示 公認会計士 やまもと山本 ち千 づ鶴 こ子 本稿で取り扱う IAS 第 7 号は キャッシュ フロー計算書の作成 開示方法について規定した基準である 現在 財務諸表の表示 プロジェクトにおいて財務諸表の表示に関する全般的な見直しが協議されており キャッシュ

More information

平成29年3月期 決算短信〔IFRS〕(連結)

平成29年3月期 決算短信〔IFRS〕(連結) 4. 連結財務諸表及び主な注記 (1) 連結財政状態計算書 資産 流動資産 (2016 年 3 月 31 日 ) (2017 年 3 月 31 日 ) 現金及び現金同等物 99,937 92,628 営業債権及びその他の債権 249,498 243,195 棚卸資産 121,361 136,020 未収法人所得税 3,210 1,878 その他の金融資産 3,327 6,924 その他の流動資産 18,249

More information

念.pwd

念.pwd 連載 IFRS 及び IAS の解説 第 21 回 IAS 第 12 号 法人所得税 公認会計士 ほしの星野 まさひろ正博 現行の IAS 第 12 号 法人所得税 ( 以下 IAS 第 12 号 という ) は 昭和 54 年 7 月に公表された IAS 第 12 号 法人税の会計処理 を置き換えて 平成 8 年 10 月に国際会計基準委員会 (IASC) から公表された法人所得税に関する基準である

More information

営業活動によるキャッシュ フロー の区分には 税引前当期純利益 減価償却費などの非資金損益項目 有価証券売却損益などの投資活動や財務活動の区分に含まれる損益項目 営業活動に係る資産 負債の増減 利息および配当金の受取額等が表示されます この中で 小計欄 ( 1) の上と下で性質が異なる取引が表示され

営業活動によるキャッシュ フロー の区分には 税引前当期純利益 減価償却費などの非資金損益項目 有価証券売却損益などの投資活動や財務活動の区分に含まれる損益項目 営業活動に係る資産 負債の増減 利息および配当金の受取額等が表示されます この中で 小計欄 ( 1) の上と下で性質が異なる取引が表示され 設例で解説 キャッシュ フロー計算書 第 1 回 : 営業活動によるキャッシュ フロー (1) 2015.11.18 新日本有限責任監査法人公認会計士山岸正典 新日本有限責任監査法人公認会計士七海健太郎 1. はじめにこれから 4 回にわたり キャッシュ フロー計算書について設例を使って解説していきます キャッシュ フロー計算書は そのキャッシュ フローを生み出した企業活動の性格によって 営業活動によるキャッシュ

More information

新しい収益認識基準が収益以外に及ぼす影響

新しい収益認識基準が収益以外に及ぼす影響 Applying IFRS 新しい収益認識基準が収益以外に及ぼす影響 2015 年 2 月 1. 概要... 3 2. 主な留意事項... 3 2.1. 非金融資産の売却... 3 2.2. 広告宣伝費... 4 2.3. サービス委譲契約... 4 2.3.1. 履行義務の識別... 4 2.3.2. 取引価格の算定及び配分... 5 2.3.3. 一定期間にわたる履行義務の充足... 5 2.3.4.

More information

連結会計入門 ( 第 6 版 ) 練習問題解答 解説 練習問題 1 解答 解説 (129 頁 ) ( 解説 ) S 社株式の取得に係るP 社の個別上の処理は次のとおりである 第 1 回取得 ( 平成 1 年 3 月 31 日 ) ( 借 )S 社株式 48,000 ( 貸 ) 現預金 48,000

連結会計入門 ( 第 6 版 ) 練習問題解答 解説 練習問題 1 解答 解説 (129 頁 ) ( 解説 ) S 社株式の取得に係るP 社の個別上の処理は次のとおりである 第 1 回取得 ( 平成 1 年 3 月 31 日 ) ( 借 )S 社株式 48,000 ( 貸 ) 現預金 48,000 連結会計入門 ( 第 6 版 ) 練習問題解答 解説 練習問題 1 解答 解説 (129 頁 ) ( 解説 ) S 社株式の取得に係るP 社の個別上の処理は次のとおりである 第 1 回取得 ( 平成 1 年 3 月 31 日 ) ( 借 )S 社株式 48,000 ( 貸 ) 現預金 48,000 第 2 回取得 ( 平成 2 年 3 月 31 日 ) ( 借 )S 社株式 260,000 ( 貸

More information

その他資本剰余金の処分による配当を受けた株主の

その他資本剰余金の処分による配当を受けた株主の 企業会計基準適用指針第 3 号その他資本剰余金の処分による配当を受けた株主の会計処理 目次 平成 14 年 2 月 21 日改正平成 17 年 12 月 27 日企業会計基準委員会 目的 1 適用指針 2 範囲 2 会計処理 3 適用時期 7 議決 8 結論の背景 9 検討の経緯 9 会計処理 10 項 - 1 - 目的 1. 本適用指針は その他資本剰余金の処分による配当を受けた株主の会計処理を定めるものである

More information

Report

Report 会計基準等の適用時期 平成 30 年 4 月 3 日現在 1. 平成 30 年 3 月期 1-1 平成 30 年 3 月期から適用されるもの 区分会計基準等適用時期内容 連結財務諸表関係 ( 実務対応報告 18 号 ) 連結財務諸表作成における在外子会社等の会計処理に関する当面の取扱い ( 実務対応報告第 18 号 ) 持分法適用関連会社の会計処理に関する当面の取扱い ( 実務対応報告第 24 号

More information

平成28年度 第143回 日商簿記検定 1級 会計学 解説

平成28年度 第143回 日商簿記検定 1級 会計学 解説 平成 28 年度第 143 回日商簿記検定試験 1 級 - 会計学 - 解 説 第 1 問 ⑴ 固定資産の減損に係る会計基準注解注 1 1. ⑵ 金融商品に関する会計基準 32 ⑶ 1 株当たり当期純利益に関する会計基準 20 ⑷ 事業分離等に関する会計基準 16 ⑸ 四半期財務諸表に関する会計基準 39 からのお知らせ 自分の未来を考えるセミナー 未来塾 を開催します 何のために働くのか? 本当の学力を身に付けること

More information

説明会資料 IFRSの導入について

説明会資料 IFRSの導入について 国際会計基準 () の導入について 2013 年 12 月 13 日 三井物産株式会社 目次 1. 導入の目的 2. 導入時期 3. 開始 B/Sへの影響 4. 13/3 期連結財務諸表への影響 5. その他の米国会計基準 () との主要な差異 6. 導入による当社主要財務指標への影響 本資料は 導入に伴い現時点で想定される当社連結財務諸表への影響 並びに当社において米国会計基準と との主要な差異と考える項目についての説明を目的に作成されたものです

More information

(訂正・数値データ訂正)「平成25年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について

(訂正・数値データ訂正)「平成25年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について 各 位 2013 年 6 月 14 日 会社名イオンフィナンシャルサービス株式会社代表者名代表取締役社長神谷和秀 ( コード番号 8570 東証第一部 ) 問合せ先取締役経営管理担当若林秀樹 (TEL 03-5281-2057) ( 訂正 数値データ訂正 ) 平成 25 年 3 月期決算短信 日本基準 ( 連結 ) の一部訂正について 2013 年 5 月 17 日 15 時 00 分に発表いたしました

More information

平成26年度 第138回 日商簿記検定 1級 会計学 解説

平成26年度 第138回 日商簿記検定 1級 会計学 解説 平成 26 年度第 138 回日商簿記検定試験 1 級 - 会計学 - 解 説 第 1 問 1 ヘッジ会計とは ヘッジ取引のうち一定の要件を満たすものについて ヘッジ対象に係る損益とヘッジ手段に係る損益を同一の会計期間に認識し ヘッジの効果を会計に反映させる特殊な会計処理のことをいう ( 金融商品に関する会計基準 29 参照 ) ヘッジ会計の会計処理には 繰延ヘッジと時価ヘッジの 2 種類の会計処理がある

More information

連結貸借対照表 ( 単位 : 百万円 ) 当連結会計年度 ( 平成 29 年 3 月 31 日 ) 資産の部 流動資産 現金及び預金 7,156 受取手形及び売掛金 11,478 商品及び製品 49,208 仕掛品 590 原材料及び貯蔵品 1,329 繰延税金資産 4,270 その他 8,476

連結貸借対照表 ( 単位 : 百万円 ) 当連結会計年度 ( 平成 29 年 3 月 31 日 ) 資産の部 流動資産 現金及び預金 7,156 受取手形及び売掛金 11,478 商品及び製品 49,208 仕掛品 590 原材料及び貯蔵品 1,329 繰延税金資産 4,270 その他 8,476 連結貸借対照表 ( 平成 29 年 3 月 31 日 ) 資産の部 流動資産 現金及び預金 7,156 受取手形及び売掛金 11,478 商品及び製品 49,208 仕掛品 590 原材料及び貯蔵品 1,329 繰延税金資産 4,270 その他 8,476 貸倒引当金 140 流動資産合計 82,369 固定資産有形固定資産建物及び構築物 67,320 減価償却累計額 38,306 建物及び構築物

More information

念.pwd

念.pwd 連載 IFRS 及び IAS の解説 第 18 回 IAS 第 27 号 連結及び個別財務諸表 SIC 解釈指針第 12 号 連結 - 特別目的事業体 IAS 第 28 号 関連会社に対する投資 公認会計士 おおさわ大澤 えいこ栄子 国際財務報告基準 (IFRS) では 企業集団 ( グループ ) を報告企業及びその子会社と定義し IAS 第 27 号 連結及び個別財務諸表 に準拠して連結財務諸表を作成することを定めている

More information

企業結合ステップ2に関連するJICPA実務指針等の改正について⑦・連結税効果実務指針(その2)

企業結合ステップ2に関連するJICPA実務指針等の改正について⑦・連結税効果実務指針(その2) 会計 監査 企業結合ステップ 2 に関連する JICPA 実務指針等の改正について 7 連結税効果実務指針 ( その 2) 公認会計士長 ながぬま 沼 ようすけ 洋佑 1. はじめに 平成 26 年 2 月 24 日 日本公認会計士協会 (JICPA) は 企業会計基準委員会 (ASBJ) によ り平成 25 年 9 月に改正された連結会計基準及び企業結合会計基準 ( 企業結合ステップ2) に対応するため

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E31328C8E8AFA8C888E5A925A904D C8E86816A2E646F63>

<4D F736F F D2095BD90AC E31328C8E8AFA8C888E5A925A904D C8E86816A2E646F63> アンジェス MG (4563) 平成 19 年 12 月期決算短信ファイル名 :060_9390600652003.doc 更新日時 :2/6/2008 1:40 PM 印刷日時 :2008/02/0716:48 5. 連結財務諸表等 連結財務諸表 1 連結貸借対照表 区分 注記番号 前連結会計年度 ( 平成 18 年 12 月 31 日 ) 構成比金額 ( 千円 ) 当連結会計年度 ( 平成 19

More information

東京電力エナジーパートナー

東京電力エナジーパートナー 第 1 期 計算書類 平成 27 年 4 月 1 日から平成 28 年 3 月 31 日まで 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 株主資本等変動計算書 個 別 注 記 表 東京電力エナジーパートナー株式会社 ( 旧社名東京電力小売電気事業分割準備株式会社 ) 貸借対照表 ( 平成 28 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 円 ) 資産の部 負債の部 科 目 金 額 科 目 金 額 流動資産

More information

連結財務諸表記載例 2016年 初度適用版

連結財務諸表記載例 2016年 初度適用版 IFRS 2016 目次 略語一覧... 2 序論... 3 優良工業株式会社 ( 初度適用企業 ) の株主に対する独立監査人の監査報告書... 8 連結損益計算書... 9 連結包括利益計算書... 11 連結財政状態計算書... 13 連結持分変動計算書... 15 連結キャッシュ フロー計算書... 18 連結財務諸表の注記... 22 付録 1- 連結包括利益計算書 (1 計算書方式の例示

More information

監査手続の実施状況に関する表示 この決算短信は 金融商品取引法に基づく監査手続の対象外であります なお この決算短信の開示時点において 金融商品取引法に基づく連結財務諸表の監 査手続は終了しております 業績予想の適切な利用に関する説明 その他特記事項 (IFRS の任意適用について ) 当社は 平成

監査手続の実施状況に関する表示 この決算短信は 金融商品取引法に基づく監査手続の対象外であります なお この決算短信の開示時点において 金融商品取引法に基づく連結財務諸表の監 査手続は終了しております 業績予想の適切な利用に関する説明 その他特記事項 (IFRS の任意適用について ) 当社は 平成 平成 28 年 3 月期決算短信 IFRS ( 連結 ) 平成 28 年 6 月 22 日上場会社名株式会社 LIXIL グループ上場取引所東名コード番号 5938 URL http://www.lixil.com/jp/investor/ 代表者 ( 役職名 ) 代表執行役社長 ( 氏名 ) 瀬戸欣哉問合せ先責任者 ( 役職名 ) IR 室長 ( 氏名 ) 齊藤惠史 TEL 03-6268-8806

More information

Microsoft Word - 訂正短信提出2303.docx

Microsoft Word - 訂正短信提出2303.docx 平成 23 年 6 月 24 日 各位 会社名 代表者名 東京コスモス電機株式会社 代表取締役社長寺田実 ( コード :6772 東証第 2 部 ) 問合せ先取締役島崎雅尚 TEL.03-3255-3917 ( 訂正 数値データ訂正あり ) 平成 23 年 3 月期決算短信 日本基準 ( 連結 ) の一部訂正について 当社は 平成 23 年 5 月 13 日に発表しました表記開示資料について 一部訂正がありましたのでお知らせします

More information

Microsoft Word IFRSコラム原稿第6回_Final _1_.doc

Microsoft Word IFRSコラム原稿第6回_Final _1_.doc Q IFRS の数理計算上の差異に関する会計処理について概要を説明してください また 実務にどのような影響が生じますか? A 数理計算上の差異の認識方法には 回廊方式による遅延認識 その他の規則的な方式による遅延認識 その他の包括利益への即時認識の 3 つの方法があります その他の規則的な方式による遅延認識は 回廊方式よりも早期に認識する方式である必要があります IFRS での数理計算上の差異の処理方法は以下の

More information

2017年度(平成29年度)連結決算概要

2017年度(平成29年度)連結決算概要 2018 年 4 月 27 日 2 0 1 7 年 度 連 結 決 算 概 要 自 2017 年至 2018 年 4 月 1 日 3 月 31 日 富士通株式会社 報道関係者お問い合わせ先 電話 :03-6252-2175( 直通 ) 広報 IR 室 平成 30 年 3 月期決算短信 IFRS ( 連結 ) 平成 30 年 4 月 27 日 上場会社名 富士通株式会社 上場取引所 東名 コード番号

More information

<4D F736F F D2081A F838D815B836F838B8F5A94CC81408C768E5A8F9197DE8B7982D1958D91AE96BE8DD78F F

<4D F736F F D2081A F838D815B836F838B8F5A94CC81408C768E5A8F9197DE8B7982D1958D91AE96BE8DD78F F 貸借対照表 ( 平成 28 年 6 月 30 日現在 ) 資産の部負債の部 ( 単位 : 千円 ) 流動資産 1,849,964 流動負債 460,780 現金及び預金 1,118,009 短期借入金 2,400 売掛金 95,652 1 年内返済予定の 6,240 長期借入金販売用不動産 13,645 未払金 41,252 貯蔵品 1,154 未払法人税等 159,371 前払費用 47,335

More information

Microsoft Word - # VIX短期先物指数 1305半期_決算短信.doc

Microsoft Word - # VIX短期先物指数 1305半期_決算短信.doc 平成 25 年 11 月期中間決算短信 ( 平成 24 年 11 月 15 日 ~ 平成 25 年 5 月 14 日 ) 平成 25 年 6 月 13 日 上場取引所大証 フ ァ ン ド 名 国際のETF VIX 短期先物指数 コ ー ド 番 号 1552 連動対象指数 円換算したS&P500 VIX 短期先物指数 主要投資資産 指数連動有価証券 売 買 単 位 1 口 管 理 会 社 国際投信投資顧問株式会社

More information

1FG短信表紙.XLS

1FG短信表紙.XLS < 付表 > ( 有価証券関係 ) 1. 当中間連結会計期間 ( 平成 18 年 9 月 30 日現在 ) ( 注 1) 中間連結貸借対照表の 有価証券 のほか 現金預け金 中の譲渡性預け金並びに 買入金銭債権 中の貸付債権信託受益権等も含めて記載しております ( 注 2) 子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものについては 中間財務諸表における注記事項として記載しております (1) 満期保有目的の債券で時価のあるもの

More information

03-08_会計監査(収益認識に関するインダストリー別③)小売業-ポイント制度、商品券

03-08_会計監査(収益認識に関するインダストリー別③)小売業-ポイント制度、商品券 会計 監査 収益認識に関する会計基準等 インダストリー別解説シリーズ (3) 第 3 回小売業 - ポイント制度 商品券 公認会計士 いしかわ 石川 よし慶 はじめに 2018 年 3 月 30 日に企業会計基準第 29 号 収益認識に 関する会計基準 ( 以下 収益認識会計基準 という ) 企業会計基準適用指針第 30 号 収益認識に関する会計 基準の適用指針 ( 以下 収益認識適用指針 といい

More information

<928D8B4C8E968D DE90458B8B A2E786C73>

<928D8B4C8E968D DE90458B8B A2E786C73> 各位 平成 18 年 6 月 9 日上場会社名 KYB 株式会社 ( 登記社名カヤバ工業株式会社 ) コード番号 7242 (URL http://www.kyb.co.jp ) 代表者代表取締役社長小澤忠彦問合せ先責任者取締役経理部長東海林孝文 平成 18 年 3 月期 決算発表資料の追加 ( 注記事項 ) 一部訂正について 平成 18 年 5 月 9 日に発表いたしました 平成 18 年 3 月期決算短信

More information

国家公務員共済組合連合会 民間企業仮定貸借対照表 旧令長期経理 平成 26 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 円 ) 科目 金額 ( 資産の部 ) Ⅰ 流動資産 現金 預金 311,585,825 未収金 8,790,209 貸倒引当金 7,091,757 1,698,452 流動資産合計 3

国家公務員共済組合連合会 民間企業仮定貸借対照表 旧令長期経理 平成 26 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 円 ) 科目 金額 ( 資産の部 ) Ⅰ 流動資産 現金 預金 311,585,825 未収金 8,790,209 貸倒引当金 7,091,757 1,698,452 流動資産合計 3 国家公務員共済組合連合会 民間企業仮定貸借対照表 平成 26 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 円 ) 科目 金額 ( 資産の部 ) Ⅰ 流動資産 現金 預金 311,585,825 未収金 8,790,209 貸倒引当金 7,091,757 1,698,452 流動資産合計 313,284,277 Ⅱ 固定資産 1 有形固定資産 器具備品 19,857,353 減価償却累計額 18,563,441

More information

リコーグループサステナビリティレポート p

リコーグループサステナビリティレポート p 業績概要 連結損益計算書 2011 年 2012 年および2013 年 3 月 31 日に終了した事業年度 2011 年 3 月期 2012 年 3 月期 2013 年 3 月期 2013 年 3 月期 売上高 : 製品売上高 935,280 876,399 868,128 $ 9,235,404 アフターセールスおよびレンタル収入 901,402 920,827 941,564 10,016,638

More information

収益認識に関する会計基準

収益認識に関する会計基準 収益認識に関する会計基準 ( 公開草案 ) アヴァンセコンサルティング株式会社 公認会計士 税理士野村昌弘 平成 29 年 7 月 20 日に 日本の会計基準の設定主体である企業会計基準委員会から 収益認識に関する会計基準 ( 案 ) 収益認識に関する会計基準の適用指針( 案 ) が公表されました 平成 29 年 10 月 20 日までコメントを募集しており その後コメントへの対応を検討 協議し 平成

More information

平成 29 年 3 月期決算短信 IFRS ( 連結 ) 平成 29 年 4 月 26 日 上場会社名 日信工業株式会社 上場取引所 東 コード番号 7230 URLhttp:// 代表者 ( 役職名 ) 代表取締役社長 ( 氏名 ) 大河原栄次 問合せ先責

平成 29 年 3 月期決算短信 IFRS ( 連結 ) 平成 29 年 4 月 26 日 上場会社名 日信工業株式会社 上場取引所 東 コード番号 7230 URLhttp://  代表者 ( 役職名 ) 代表取締役社長 ( 氏名 ) 大河原栄次 問合せ先責 平成 29 年 3 月期決算短信 IFRS ( 連結 ) 平成 29 年 4 月 26 日 上場会社名 日信工業株式会社 上場取引所 東 コード番号 7230 URLhttp://www.nissinkogyo.co.jp 代表者 ( 役職名 ) 代表取締役社長 ( 氏名 ) 大河原栄次 問合せ先責任者 ( 役職名 ) 事業管理部長 ( 氏名 ) 青山禎紀 TEL0268-63-1230 定時株主総会開催予定日

More information

日本基準基礎講座 収益

日本基準基礎講座 収益 日本基準基礎講座 収益 のモジュールを始めます パート 1 では 収益の定義や収益認識の考え方を中心に解説します パート 2 では ソフトウェア取引および工事契約に係る収益認識について解説します 日本基準上 収益 という用語は特に定義されていませんが 一般に 純利益または非支配持分に帰属する損益を増加させる項目であり 原則として 資産の増加や負債の減少を伴って生じるものと考えられます 収益の例としては

More information

「資産除去債務に関する会計基準(案)」及び

「資産除去債務に関する会計基準(案)」及び 企業会計基準委員会御中 平成 20 年 2 月 4 日 株式会社プロネクサス プロネクサス総合研究所 資産除去債務に関する会計基準 ( 案 ) 及び 資産除去債務に関する会計基準の適用指針 ( 案 ) に対する意見 平成 19 年 12 月 27 日に公表されました標記会計基準 ( 案 ) ならびに適用指針 ( 案 ) につい て 当研究所内に設置されている ディスクロージャー基本問題研究会 で取りまとめた意見等を提出致しますので

More information

念.pwd

念.pwd 連載 IFRS 及び IAS の解説 第 11 回 IAS 第 38 号 無形資産 公認会計士 たなべ田邉 ともこ朋子 1 はじめに本稿では IAS 第 38 号 無形資産 について概説する 本基準書は 無形資産の会計処理に関する取扱いを規定することを目的としており 具体的には 特定の要件を満たす無形資産を財務諸表上で認識及び測定するための方法を明確にしている また 内部創出無形資産の一例として研究開発費の取扱いについても規定している

More information

参考 企業会計基準第 25 号 ( 平成 22 年 6 月 ) からの改正点 平成 24 年 6 月 29 日 企業会計基準第 25 号 包括利益の表示に関する会計基準 の設例 企業会計基準第 25 号 包括利益の表示に関する会計基準 ( 平成 22 年 6 月 30 日 ) の設例を次のように改正

参考 企業会計基準第 25 号 ( 平成 22 年 6 月 ) からの改正点 平成 24 年 6 月 29 日 企業会計基準第 25 号 包括利益の表示に関する会計基準 の設例 企業会計基準第 25 号 包括利益の表示に関する会計基準 ( 平成 22 年 6 月 30 日 ) の設例を次のように改正 参考 企業会計基準第 25 号 ( 平成 22 年 6 月 ) からの改正点 平成 24 年 6 月 29 日 企業会計基準第 25 号 包括利益の表示に関する会計基準 の設例 企業会計基準第 25 号 包括利益の表示に関する会計基準 ( 平成 22 年 6 月 30 日 ) の設例を次のように改正する ( 改正部分に下線又は取消線を付している ) 参考 1. 設例 以下の設例は 本会計基準で示された内容についての理解を深めるために参考として示されたものであり

More information

連結損益計算書(四半期)

連結損益計算書(四半期) 2017/4-6 2017/7-9 2017/10-12 2018/1-3 2018/4-6 売上収益 212,729 215,292 230,771 238,391 231,855 売上原価 92,668 89,302 97,876 102,620 101,250 販売費及び一般管理費 72,781 83,221 83,636 99,934 90,998 その他収益及び費用 4,929-3,566

More information

第 16 回ビジネス会計検定試験より抜粋 ( 平成 27 年 3 月 8 日施行 ) 次の< 資料 1>から< 資料 5>により 問 1 から 問 11 の設問に答えなさい 分析にあたって 連結貸借対照表数値 従業員数 発行済株式数および株価は期末の数値を用いることとし 純資産を自己資本とみなす は

第 16 回ビジネス会計検定試験より抜粋 ( 平成 27 年 3 月 8 日施行 ) 次の< 資料 1>から< 資料 5>により 問 1 から 問 11 の設問に答えなさい 分析にあたって 連結貸借対照表数値 従業員数 発行済株式数および株価は期末の数値を用いることとし 純資産を自己資本とみなす は 第 16 回ビジネス会計検定試験より抜粋 ( 平成 27 年 3 月 8 日施行 ) 次の< 資料 1>から< 資料 5>により 問 1 から 問 11 の設問に答えなさい 分析にあたって 連結貸借対照表数値 従業員数 発行済株式数および株価は期末の数値を用いることとし 純資産を自己資本とみなす はマイナスを意味する < 資料 1> 連結貸借対照表 ( 単位 : 百万円 ) 資産の部流動資産現金及び預金

More information

(2) サマリー情報 1 ページ 1. 平成 29 年 3 月期の連結業績 ( 平成 28 年 4 月 1 日 ~ 平成 29 年 3 月 31 日 ) (2) 連結財政状態 訂正前 総資産 純資産 自己資本比率 1 株当たり純資産 百万円 百万円 % 円銭 29 年 3 月期 2,699 1,23

(2) サマリー情報 1 ページ 1. 平成 29 年 3 月期の連結業績 ( 平成 28 年 4 月 1 日 ~ 平成 29 年 3 月 31 日 ) (2) 連結財政状態 訂正前 総資産 純資産 自己資本比率 1 株当たり純資産 百万円 百万円 % 円銭 29 年 3 月期 2,699 1,23 各位 平成 29 年 6 月 2 日 会社名 株式会社ソルガム ジャパン ホールディングス 代表者名 代表取締役社長赤尾伸悟 (JASDAQ コード6636) 問合せ先 取締役管理部長中原麗 電 話 03-3449-3939 ( 訂正 数値データ訂正 ) 平成 29 年 3 月期決算短信 日本基準 ( 連結 ) の一部訂正について 当社は 平成 29 年 5 月 15 日に発表いたしました 平成 29

More information

有価証券管理規程 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 株式会社 ( 以下 会社 という ) の有価証券の運用および管理を適正に行うため 会社の保有する有価証券に関する管理基準および管理手続を定めるとともに 余裕資金の有効運用ならびに経営効率の向上を図ることを目的とする ( 有価証券の

有価証券管理規程 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 株式会社 ( 以下 会社 という ) の有価証券の運用および管理を適正に行うため 会社の保有する有価証券に関する管理基準および管理手続を定めるとともに 余裕資金の有効運用ならびに経営効率の向上を図ることを目的とする ( 有価証券の 有価証券管理規程 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 社 ( 以下 会社 という ) の有価証券の運用および管理を適正に行うため 会社の保有する有価証券に関する管理基準および管理手続を定めるとともに 余裕資金の有効運用ならびに経営効率の向上を図ることを目的とする ( 有価証券の種類 ) 第 2 条この規程において 有価証券とは金融商品取引法第 2 条に定められている有価証券をいう 1

More information

Microsoft Word - M&A会計 日本基準とIFRS 第5回.doc

Microsoft Word - M&A会計 日本基準とIFRS 第5回.doc 図解でわかる! M&A 会計日本基準と IFRS 第 5 回企業結合と 無形資産 あらた監査法人公認会計士 清水 毅 公認会計士 山田 雅治 はじめに金融庁 企業会計審議会は 2009 年 6 月に 我が国における国際会計基準の取扱いに関する意見書 ( 中間報告 ) を公表しました 国際財務報告基準 ( 以下 IFRS ) の適用については 2010 年 3 月期から国際的な財務 事業活動を行っている上場企業の連結財務諸表に

More information

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(計算書類及び連結計算書類)新旧対照表

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(計算書類及び連結計算書類)新旧対照表 会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型 ( 計算書類及び連結計算書類 ) 新旧対照表 新 Ⅲ 計算書類 旧 Ⅲ 計算書類 第 1 貸借対照表 貸借対照表 ( 平成 年 月 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科目 金額 科目 金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 流動負債 現金及び預金 支払手形 受取手形 買掛金 売掛金 短期借入金 有価証券 リース債務 商品及び製品

More information

野村アセットマネジメント株式会社 平成30年3月期 個別財務諸表の概要 (PDF)

野村アセットマネジメント株式会社 平成30年3月期 個別財務諸表の概要 (PDF) 野村アセットマネジメント株式会社 平成 30 年 3 月期 個別財務諸表の概要 ( 未監査 ) 貸借対照表 科 目 ( 資産の部 ) 前期 当期 前期比 (29.3.31) (30.3.31) 増減 流動資産現金 預金 127 919 792 金銭の信託 52,247 47,936 4,311 有価証券 15,700 22,600 6,900 未収委託者報酬 16,287 24,059 7,772

More information

2016IFRS連結財務諸表記載例

2016IFRS連結財務諸表記載例 目次 略語一覧... 2 序論... 3 優良工業株式会社の株主に対する独立監査人の監査報告書... 8 連結損益計算書... 9 連結包括利益計算書... 11 連結財政状態計算書... 13 連結持分変動計算書... 15 連結キャッシュ フロー計算書... 17 連結財務諸表の注記... 21 付録 1- 連結包括利益計算書 (1 計算書方式の例示 )... 127 付録 2- 連結損益計算書

More information

NO 連結精算表科目 & 連結開示 前連結会計 当連結会計 増減差額 科目 借 年度 年度 借方 方 連結借対照表 千円 千円 千円 千円 開 38 社債 20,000,000 5,000,000 開 39 長期借入金 16,500,000 16,071,500 開 40 リース債務 632,000

NO 連結精算表科目 & 連結開示 前連結会計 当連結会計 増減差額 科目 借 年度 年度 借方 方 連結借対照表 千円 千円 千円 千円 開 38 社債 20,000,000 5,000,000 開 39 長期借入金 16,500,000 16,071,500 開 40 リース債務 632,000 基礎演習問題 1(P.237) (CF1 比較連結借対照表及び増減差額 ) NO 連結精算表科目 & 連結開示 前連結会計 当連結会計 増減差額 科目 借 年度 年度 借方 方 連結借対照表 千円 千円 千円 千円 [ 資産 ] 開 1 現金及び預金 借 122,630,315 16,725,419 105,904,896 開 2 受取手形及び売掛金 借 3,942,500 7,545,666 3,603,166

More information

クトにおいて, コストオイルとして回収対象な探査 探鉱および評価に関する支出を資産計上 ( 投資その他の資産 ) し, 回収に応じて償却する IFRSにおいては, 探査 探鉱および評価に関する支出について,IFRS6 号 鉱物資源の探査及び評価 が定められている IFRS6 号は, 企業が, 探査

クトにおいて, コストオイルとして回収対象な探査 探鉱および評価に関する支出を資産計上 ( 投資その他の資産 ) し, 回収に応じて償却する IFRSにおいては, 探査 探鉱および評価に関する支出について,IFRS6 号 鉱物資源の探査及び評価 が定められている IFRS6 号は, 企業が, 探査 石油 天然ガス開発事業に関する重要会計論点 PwC あらた有限責任監査法人財務報告アドバイザリー部シニアマネージャー手塚大輔 はじめに石油 天然ガスの開発事業は, 現代社会に必要不可欠な資源を取り扱うため, 開発した石油 天然ガスは相当の価格で販売できる蓋然性が高いというポジティブな性格がある一方で, 開発プロジェクトは, ライフサイクルが長く, 投資額は多額であり, また, 地政学的な影響を受けやすいという,

More information

Microsoft Word doc

Microsoft Word doc 非営利法人委員会報告第 31 号 公益法人会計基準に関する実務指針 ( その 3) 平成 19 年 3 月 29 日日本公認会計士協会 目次固定資産の減損会計... 1 1. 減損会計の適用...1 2. 時価評価の対象範囲... 3 3. 減損処理の対象資産... 3 4. 時価の著しい下落... 3 5. 減価償却費不足額がある場合の減損処理... 3 6. 使用価値の算定...6 7. 会計処理及び財務諸表における開示方法...

More information

営業報告書

営業報告書 計算書類 ( 第 15 期 ) 平成 2 7 年 4 月 1 日から 平成 2 8 年 3 月 31 日まで アストライ債権回収株式会社 貸借対照表 ( 平成 28 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流 動 資 産 2,971,172 流 動 負 債 72,264 現金及び預金 48,880 未 払 金 56,440 買 取 債 権 2,854,255

More information

念.pwd

念.pwd 連載 IFRS 及び IAS の解説 第 28 回 IAS21 外国為替レート変動の影響 IFRIC16 在外営業活動体に対する純投資のヘッジ 公認士 なかい中井 ゆう雄 いち一 ろう郎 企業は 外貨建取引 若しくは在外営業活動体を保有することで 在外活動を行うことが可能であり 本稿の前半で取り上げる IAS 第 21 号は 企業の財務諸表に外貨建取引及び在外営業活動体を計上するための方法と 財務諸表を表示通貨に換算するための方法を規定している

More information

第4期 決算報告書

第4期  決算報告書 計算書類 ( 会社法第 435 条第 2 項の規定に基づく書類 ) 第 4 期 自平成 21 年 4 月 1 日至平成 22 年 3 月 31 日 1. 貸借対照表 2. 損益計算書 3. 株主資本等変動計算書 4. 個別注記表 エイチ エス債権回収株式会社 貸借対照表 平成 22 年 3 月 31 日 エイチ エス債権回収株式会社 ( 単位 : 千円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金

More information

従って IFRSにおいては これらの減価償却計算の構成要素について どこまで どのように厳密に見積りを行うかについて下記の 減価償却とIFRS についての説明で述べるような論点が生じます なお 無形固定資産の償却については 日本基準では一般に税法に準拠して定額法によることが多いですが IFRSにおい

従って IFRSにおいては これらの減価償却計算の構成要素について どこまで どのように厳密に見積りを行うかについて下記の 減価償却とIFRS についての説明で述べるような論点が生じます なお 無形固定資産の償却については 日本基準では一般に税法に準拠して定額法によることが多いですが IFRSにおい Q 有形固定資産 無形資産の減価償却方法について 日本基準と IFRS で考え方の違いはありますか A 減価償却方法について日本基準と IFRS に基本的な考え方の違いはありませんが 実務上の運用に差異が生じるものと考えられます 日本基準においても IFRS においても 資産の取得価額から残存価額を控除し 耐用年数にわたり一 定の償却を行うという基本的な考え方に違いはありません (IFRSにおける再評価モデルを除く)

More information

計算書類等

計算書類等 ご参考計算書類等 連結財政状態計算書 ( 平成 29 年 3 月 31 日現在 ) 流動資産 計算書類等 科目金額科目金額 現金及び現金同等物 営業債権 その他の金融資産 棚卸資産 その他の流動資産 非流動資産 資産の部 持分法で会計処理されている投資 その他の金融資産 有形固定資産 のれん及び無形資産 その他の非流動資産 3,204,819 1,270,787 847,003 143,519 806,309

More information

( )

( ) ( ) わが国のリート ( 不動産投資信託 ) に投資し 東京証券取引所が算出 公表する 東証 REIT 指数 ( 配当込み 以下同じ ) に連動する投資成果をめざします わが国のリート ( 不動産投資信託 ) に投資し 東京証券取引所が算出 公表する 東証 REIT 指数 に連動する投資成果をめざして運用を行ないます 組入銘柄はベンチマークである 東証 REIT 指数 の構成銘柄 ( 採用予定を含みます

More information

第 298 回企業会計基準委員会 資料番号 日付 審議事項 (2)-4 DT 年 10 月 23 日 プロジェクト 項目 税効果会計 今後の検討の進め方 本資料の目的 1. 本資料は 繰延税金資産の回収可能性に関わるグループ 2 の検討状況を踏まえ 今 後の検討の進め方につ

第 298 回企業会計基準委員会 資料番号 日付 審議事項 (2)-4 DT 年 10 月 23 日 プロジェクト 項目 税効果会計 今後の検討の進め方 本資料の目的 1. 本資料は 繰延税金資産の回収可能性に関わるグループ 2 の検討状況を踏まえ 今 後の検討の進め方につ 第 298 回企業会計基準委員会 資料番号 日付 2014 年 10 月 23 日 プロジェクト 項目 税効果会計 今後の検討の進め方 本資料の目的 1. 本資料は 繰延税金資産の回収可能性に関わるグループ 2 の検討状況を踏まえ 今 後の検討の進め方について審議することを目的とする 背景 2. 第 1 回税効果会計専門委員会 ( 以下 専門委員会 という ) において 検討の範 囲及び進め方が審議され

More information

Microsoft PowerPoint - IFRS財務インパクト分析配布資料

Microsoft PowerPoint - IFRS財務インパクト分析配布資料 IFRS( 国際会計基準 ) 適用準備のための システム診断 インパクト分析 ~ 財務諸表数値への影響度 ~ 株式会社 NTT データ経営研究所 IFRS = International Financial Reporting Standards 国際会計基準 はじめに 経済がグローバル化する中 会計基準の相違を調和させることが世界的な懸念でありましたが ついに アメリカが国際会計基準採用に向けてのロードマップを

More information

営業活動によるキャッシュ フロー 投資活動によるキャッシュ フロー 財務活動によるキャッシュ フロー 現金及び現金同等物期末残高 百万円 百万円 百万円 百万円 28 年 3 月期 12,634 11,407 4,547 34, 年 3 月期 14, ,391 38,41

営業活動によるキャッシュ フロー 投資活動によるキャッシュ フロー 財務活動によるキャッシュ フロー 現金及び現金同等物期末残高 百万円 百万円 百万円 百万円 28 年 3 月期 12,634 11,407 4,547 34, 年 3 月期 14, ,391 38,41 平成 28 年 5 月 23 日 各 位 会社名 株式会社ワコールホールディングス 代表者名代表取締役社長塚本能交 ( コード番号 3591 東証第 1 部 ) 問合せ先経営企画部長宮城晃 TEL (075)6821010 ( 訂正 数値データ訂正 ) 平成 28 年 3 月期決算短信 米国基準 ( 連結 ) の一部訂正について 平成 28 年 5 月 9 日に公表いたしました 平成 28 年 3

More information

3. その他 (1) 期中における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) 無 (2) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 無 2 1 以外の会計方針の変更 無 3 会計上の見積りの変更 無 4 修正再表示 無 (3)

3. その他 (1) 期中における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) 無 (2) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 無 2 1 以外の会計方針の変更 無 3 会計上の見積りの変更 無 4 修正再表示 無 (3) 平成 30 年 3 月期中間決算短信 平成 29 年 11 月 28 日 会社名株式会社産業経済新聞社 URL http://sankei p 代表者 ( 役職名 ) 代表取締役社長 ( 氏名 ) 飯塚浩彦 問合せ先責任者 ( 役職名 ) 経理本部長 ( 氏名 ) 近藤真史 TEL (03)323 1-7111 ( 百万円未満切捨 ) 1. 平成 29 年 9 月中間期の連結業績 ( 平成 29 年

More information

監査手続の実施状況に関する表示この決算短信は 金融商品取引法に基づく監査手続きの対象外ですが この決算短信の開示時点において 金融商品取引法に基づく連結財務諸表の監査手続きは終了しております 業績予想の適切な利用に関する説明 その他特記事項 ( 国際会計基準 (IFRS) の適用 ) 当社は 平成

監査手続の実施状況に関する表示この決算短信は 金融商品取引法に基づく監査手続きの対象外ですが この決算短信の開示時点において 金融商品取引法に基づく連結財務諸表の監査手続きは終了しております 業績予想の適切な利用に関する説明 その他特記事項 ( 国際会計基準 (IFRS) の適用 ) 当社は 平成 平成 28 年 12 月期決算短信 IFRS ( 連結 ) 平成 29 年 3 月 31 日 上場会社名 株式会社ブロードリーフ 上場取引所東 コード番号 3673 URL http://www.broadleaf.co.jp 代表者 ( 役職名 ) 代表取締役社長 ( 氏名 ) 大山堅司 問合せ先責任者 ( 役職名 ) 取締役副社長 ( 氏名 ) 山中健一 TEL 03-5781-3100 ( 百万円未満四捨五入

More information

2017IFRS連結財務諸表記載例

2017IFRS連結財務諸表記載例 目次 略語一覧... 2 序論... 3 連結損益計算書... 8 連結包括利益計算書... 10 連結財政状態計算書... 12 連結持分変動計算書... 14 連結キャッシュ フロー計算書... 16 連結財務諸表の注記... 20 付録 1- 連結純損益及びその他の包括利益計算書 (1 計算書方式の例示 )... 129 付録 2- 連結損益計算書 ( 費用性質法の例示 )... 131 付録

More information

平成28年度 第144回 日商簿記検定 1級 会計学 解説

平成28年度 第144回 日商簿記検定 1級 会計学 解説 平成 28 年度第 144 回日商簿記検定試験 1 級 - 会計学 - 解 説 第 1 問語句 ( 数値 ) 記入 1. 退職給付会計 ⑴ 個別上の処理 1 期首退職給付引当金 :300,000 千円 ( 期首退職給付債務 )-250,000 千円 ( 期首年金資産 ) +36,000 千円 ( 未認識過去勤務費用 有利差異 )=86,000 千円 2 年金資産への拠出額 ( 借 ) 退職給付引当金

More information

計 算 書 類

計 算 書 類 貸借対照表 (2013 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 [ 資産の部 ] [ 負債の部 ] 流 動 資 産 (4,314,705) 流 動 負 債 (3,639,670) 現金及び預金 3,410,184 未 払 金 82,133 前 払 費 用 29,630 未 払 費 用 167,492 未 収 入 金 548,065 未払法人税等 496,563

More information

1

1 1 2 3 4 イーストスプリング インド消費関連ファンド当ファンドのリスクについて 基準価額の変動要因 投資信託は預貯金とは異なります 当ファンドは 投資信託証券への投資を通じて主に値動きのある有価証券に投資するため 当ファンドの基準価額は投資する有価証券等の値動きによる影響を受け 変動します また 外貨建資産に投資しますので 為替変動リスクもあります したがって 当ファンドは投資元本が保証されているものではなく

More information

平成30年3月期 決算短信〔IFRS〕(連結)

平成30年3月期 決算短信〔IFRS〕(連結) IFRS ( 連結 ) 平成 30 年 4 月 26 日 上場会社名 SBIホールディングス株式会社 上場取引所東 コード番号 8473 URL http://www.sbigroup.co.jp/ 代表者 ( 役職名 ) 代表取締役執行役員社長 ( 氏名 ) 北尾吉孝 問合せ先責任者 ( 役職名 ) 取締役執行役員専務 ( 氏名 ) 森田俊平 TEL 03-6229-0100 定時株主総会開催予定日平成

More information

<4D F736F F D F816992F990B C B835E92F990B3816A E31328C8E8AFA208C888E5A925A904D816B93F

<4D F736F F D F816992F990B C B835E92F990B3816A E31328C8E8AFA208C888E5A925A904D816B93F 各 位 2019 年 3 月 26 日 会社名株式会社フルキャストホールディングス代表者名代表取締役社長 CEO 坂巻一樹 ( コード番号 4848 東証第一部 ) 問い合わせ先財務 IR 部長朝武康臣電話番号 03-4530-4830 ( 訂正 数値データ訂正 ) 2018 年 12 月期決算短信 日本基準 ( 連結 ) の一部訂正について 2019 年 2 月 8 日に発表いたしました 2018

More information

連結の補足 連結の 3 年目のタイムテーブル B/S 項目 5つ 68,000 20%=13,600 のれん 8,960 土地 10,000 繰延税金負債( 固定 ) 0 利益剰余金期首残高 1+2, ,120 P/L 項目 3 つ 少数株主損益 4 1,000 のれん償却額 5 1,1

連結の補足 連結の 3 年目のタイムテーブル B/S 項目 5つ 68,000 20%=13,600 のれん 8,960 土地 10,000 繰延税金負債( 固定 ) 0 利益剰余金期首残高 1+2, ,120 P/L 項目 3 つ 少数株主損益 4 1,000 のれん償却額 5 1,1 連結会計超入門 Web 特典 付録では収録できなかった内容を書きました 簿記 1 級 会計士試験では税効果会計の仕訳が出てきますので 追加しました A4 カラー印刷でお使いください 5/12 Ver2.0 アップストリームの税効果を修正しました もくじ 連結の補足 連結の 3 年目のタイムテーブルと下書き P.02 未実現利益の消去: 棚卸資産の仕訳の意味 ダウンストリーム P.03 アップストリーム

More information

審議_3_-3 損益の段階別表示0602.doc

審議_3_-3 損益の段階別表示0602.doc 論点 4 損益の段階別表示 検討事項 1. 損益計算書における損益の段階別表示に関して見直しを行うかどうかを検討する 我が国の会計基準の取扱い 2. 我が国では 損益計算書において 営業損益計算 経常損益計算及び純損益計算の区分を設けなければならないとされている ( 企業会計原則第二 2 及び企業会計基準第 22 号 連結財務諸表に関する会計基準 第 39 項 ) 3. 営業損益計算の区分は 当該企業の営業活動から生ずる費用及び収益

More information

2 事業活動収支計算書 ( 旧消費収支計算書 ) 関係 (1) 従前の 消費収支計算書 の名称が 事業活動収支計算書 に変更され 収支を経常的収支及び臨時的収支に区分して それぞれの収支状況を把握できるようになりました 第 15 条関係 別添資料 p2 9 41~46 82 参照 消費収入 消費支出

2 事業活動収支計算書 ( 旧消費収支計算書 ) 関係 (1) 従前の 消費収支計算書 の名称が 事業活動収支計算書 に変更され 収支を経常的収支及び臨時的収支に区分して それぞれの収支状況を把握できるようになりました 第 15 条関係 別添資料 p2 9 41~46 82 参照 消費収入 消費支出 学校法人会計基準の改正点 1 資金収支計算書関係 (1) 資金収支計算書の内訳書として 新たに活動区分ごとの資金の流れがわかる 活動区分資金収支計算書 の作成が必要となりました 第 14 条の 2 第 1 項関係 別添資料 p2 8 39 40 参照 知事所轄法人については 活動区分資金収支計算書の作成を要しません 資金収支計算書資金収支計算書 内訳書 資 金 収 支 内 訳 表 資 金 収 支 内

More information

注記事項 (1) 期中における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) : 無 新規 社 ( 社名 ) 除外 社 ( 社名 ) (2) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 : 有 2 1 以外の会計方針の変更 : 無 3

注記事項 (1) 期中における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) : 無 新規 社 ( 社名 ) 除外 社 ( 社名 ) (2) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 : 有 2 1 以外の会計方針の変更 : 無 3 平成 29 年 3 月期決算短信 日本基準 ( 連結 ) 平成 29 年 4 月 28 日 上場会社名 ヤマトホールディングス株式会社 上場取引所 東 コード番号 9064 URL http://www.yamato-hd.co.jp/ 代表者 ( 役職名 ) 取締役社長 ( 氏名 ) 山内雅喜 問合せ先責任者 ( 役職名 ) 専務執行役員財務戦略担当 ( 氏名 ) 芝﨑健一 TEL 03-3541-4141

More information

別添質問に対する回答質問 1 Tax Basis( 税務基準額 ) 及び Temporary Difference( 一時差異 ) の定義について本公開草案では Tax Basis( 税務基準額 ) の定義を変更することを提案しており これにより Tax Basis が資産の回収や負債の決済について

別添質問に対する回答質問 1 Tax Basis( 税務基準額 ) 及び Temporary Difference( 一時差異 ) の定義について本公開草案では Tax Basis( 税務基準額 ) の定義を変更することを提案しており これにより Tax Basis が資産の回収や負債の決済について 2009 年 7 月 31 日 国際会計基準審議会 30 Cannon Street London EC4M 6XH United Kingdom 国際財務報告基準公開草案第 X 号 法人所得税 に対するコメント 我々は 法人所得税プロジェクトに関する国際会計基準審議会 (IASB) の長年の努力に敬意を表するとともに 国際財務報告基準公開草案第 X 号 法人所得税 ( 以下 本公開草案 という )

More information

<4D F736F F D20834F838D815B836F838B8F5A94CC81408C768E5A8F9197DE E718CF68D90817A E36>

<4D F736F F D20834F838D815B836F838B8F5A94CC81408C768E5A8F9197DE E718CF68D90817A E36> 貸借対照表 ( 平成 24 年 6 月 30 日現在 ) 資産の部負債の部 ( 単位 : 千円 ) 流動資産 1,467,088 流動負債 803,958 現金及び預金 788,789 短期借入金 14,000 売掛金 138,029 1 年内返済予定の 47,952 長期借入金貯蔵品 857 未払金 90,238 前払費用 27,516 未収収益 12,626 未払法人税等 247,756 未払消費税等

More information

新しい連結基準 IASBは グループの連結に係る問題およびオフバランスシート活動について取り扱っている以下の5 つの新基準を公表しました IFRS 第 10 号 連結財務諸表 IFRS 第 11 号 ジョイント アレンジメント IFRS 第 12 号 他の企業に対する持分の開示 IAS 第 27 号

新しい連結基準 IASBは グループの連結に係る問題およびオフバランスシート活動について取り扱っている以下の5 つの新基準を公表しました IFRS 第 10 号 連結財務諸表 IFRS 第 11 号 ジョイント アレンジメント IFRS 第 12 号 他の企業に対する持分の開示 IAS 第 27 号 IFRS News June 2011 special edition 連結 ジョイント アレンジメントおよび関連する開示に係る新しい基準は 他の企業への重大な関与があるすべての企業が注目すべき一つのパッケージです IFRS 第 10 号では 1 つの企業が他の企業を支配しているかの評価を行う際に改訂されたフレームワークを提供しており 従来の子会社と特別目的ビークル (special purpose

More information