東京大学政策ビジョン研究センター知的財産権とイノベーション研究ユニット主催 IoT, BD, AI 時代の知財戦略を考えるシンポジウム 日立の社会イノベーション事業と知財部門の新たな取り組み 2016 年 6 月 20 日株式会社日立製作所知的財産本部副本部長戸田裕二 Hitachi, Ltd. 2

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "東京大学政策ビジョン研究センター知的財産権とイノベーション研究ユニット主催 IoT, BD, AI 時代の知財戦略を考えるシンポジウム 日立の社会イノベーション事業と知財部門の新たな取り組み 2016 年 6 月 20 日株式会社日立製作所知的財産本部副本部長戸田裕二 Hitachi, Ltd. 2"

Transcription

1 東京大学政策ビジョン研究センター知的財産権とイノベーション研究ユニット主催 IoT, BD, AI 時代の知財戦略を考えるシンポジウム 日立の社会イノベーション事業と知財部門の新たな取り組み 2016 年 6 月 20 日株式会社日立製作所知的財産本部副本部長戸田裕二

2 Contents 1. 日立のビジネス状況 2. 知財から見たチャレンジ 1

3 1.1 時代に先駆けて取り組んできた社会イノベーション事業 OT IT プロダクト システムで社会やお客さまにイノベーションを提供 OT 制御 運用 IT 把握 分析 予測 プロダクト システム ハード 材料 EPC SI 出典 : 東原敏昭 2018 中期経営計画 (2016 年 5 月 18 日 ) ( 注 )IT: Information Technology, EPC: Engineering, Procurement and Construction, SI: System integration, OT: Operational Technology 2

4 1.2 社会イノベーション事業の機会拡大 デジタル化の進行が産業 社会インフラの再編を加速 欧州 Industrie 4.0 中国中国製造 2025 日本 Society 5.0 アジアスマートシティ 北米 Industrial Internet デジタル化の進行 ロボティクス アナリティクス 人工知能 セキュリティ モノ占有クローズド個別最適 出典 : 東原敏昭 2018 中期経営計画 (2016 年 5 月 18 日 ) コトシェアオープン全体最適 3

5 60.00Hz 〇 10:08 OUTPUT FQ OUTPUT FQ OUTPUT FQ 60.00Hz 60.00Hz 60.00Hz Local Command source Remote 1.3 社会イノベーション事業を次のステージへ 製品 材料事業 SI EPC を強化 デジタル化で成長デジタル技術を活用した社会イノベーションを創り日立の成長を牽引 協創 ( オープン ) 全体の成長を牽引 個別 ( オーダーメード ) ベース事業 ベース事業 大規模プロジェクト (EPC 事業 ) 得意分野に集中 収益力向上 システムインテグレーション (SI 事業 ) 大規模プロジェクト推進 プロジェクトマネジメント継続強化 デジタル技術を活用した社会イノベーション事業 ( サービス事業 ) IoT プラットフォーム プロダクト ( 製品 材料事業 ) 強い製品への集中 デジタル化対応強化 牽引事業 ベース事業 応用 ( スケーラブル ) 単独 ( クローズ ) ( 注 )IoT: Internet of Things 出典 : 東原敏昭 2018 中期経営計画 (2016 年 5 月 18 日 ) 4

6 1.4 社会イノベーション事業の加速 日立の技術 ノウハウをフロントがまとめてサービス提供 従来 お客さま 2016 年度 ~ お客さま 営業 営業 フロント 地域拠点 お客さまのセグメント (12 ビジネスユニット ) サービスをお客さまの近くで開発 提供 事業部 SI EPC 事業部 プラットフォーム 社会イノベーションのコア プラットフォームでサービスを迅速 & 効率的に提供 工場 工場 プロダクト 産業機器 自動車部品 材料等 プロダクトで価値を提供 出典 : 東原敏昭 2018 中期経営計画 (2016 年 5 月 18 日 ) 5

7 1.5 IoT プラットフォーム Lumada 社会イノベーションのコアお客さまがデジタル技術によるイノベーションを早く簡単に手に入れる手段 1 Lumada の特長 Lumada = illuminate data Single Platform, Multiple Solutions 複数事業分野でソリューションを実現 Cross Domain Business Ecosystem お客さま お客さまお客さまお客さま 日立のフロント 2 Open オープンアーキテクチャーでパートナーも利用可能 IoT プラットフォーム Lumada ソリューション機能群 お客さま パートナーのプラットフォーム 3 Adaptable お客さまの資産と簡単に接続段階的拡張が可能 ( 共生自律分散 ) 4 Verified and Secure 社会イノベーションでの経験に基づく信頼できる技術 電力エネルギー アナリティクス 産業 流通 水 人工知能 Hitachi AI Technology/H 基本機能群 アーバン 共生自律分散 IT OT IoT 金融 公共ヘルスケア セキュリティ Society 5.0 Industrie 4.0 Industrial Internet 中国製造 2025 他 出典 : 東原敏昭 2018 中期経営計画 (2016 年 5 月 18 日 ) 6

8 Contents 1. 日立のビジネス状況 2. 知財から見たチャレンジ 7

9 2.1 新事業体制にあわせて知財部門も組織改変 知財部門ミッション ワールドクラスの知財プロフェッショナルサービスプロバイダーとして サービス事業の拡大とプロダクトの競争力強化を牽引 社会イノベーション協創センタ テクノロジーイノベーションセンタ 基礎研究センタ フロント プラットフォーム プロダクト 社会イノベーション知財部 フロント活動の知財サポート プラットフォームの知財戦略策定 実行 知財プラットホーム部 ライセンス 契約交渉 知財マネジメント本部 プロダクトの知財戦略策定 実行 8

10 2.2 お客様 パートナーとの協創 競合 / 顧客 / パートナー プロダクト事業 顧客協創事業 知財戦略 知財の役割 主な活動 主な対象 競争力強化 維持 競争戦略 差別化ポイントを守る知財権取得 参入障壁として知財権を活用 知財リスク低減 特許権 意匠権 商標権 特許ライセンス契約 協創戦略 顧客 パートナーとのパートナーシップ構築 促進 顧客訴求ポイントについて知財確保 パートナーシップ構築 促進へ知財活用 顧客 パートナー知財の適切な取扱い 左記 + 著作権 営業秘密 競争法 開発契約 知的財産権本部 知的財産権本部 9

11 2.3 ビジネスモデルとの関係性 IoT 時代の価値創出 データ インフォメーションインテリジェンス ナレッジ 価値創出 事業上のキーファクター オープンなデータ利活用環境 オープンなデータ連携環境人工知能 セキュリティ等 知財から見たチャレンジ データ利活用の自由度 Open/Close 戦略の進化標準化オープンソースソフト (OSS) ( 注 )OSS: Open-source software 10

12 2.4 データ利活用の自由度 契約上の検討事項例 出典 : 経済産業省経済産業政策局 データ利活用等に関する制度 ルールについて, 平成 28 年 3 月 データの内容 提供方法 仕様 利用範囲 取扱条件 データに知財権が認められる場合の権利の帰属先 対価 データ提供者の義務 データ受領者の義務遵守事項不可抗力免責契約解除 期限の利益喪失秘密保持義務 出典 : 経済産業省商務情報政策局情報経済課 データに関する取引の推進を目的とした契約ガイドライン, 平成 27 年 10 月 11

13 2.5 Open/Close 戦略の進化 IoT 事業においては パートナー 顧客 場合によっては同業他社など複数の多様な entity が生態系を形成 これを実現する人工知能 セキュリティーなどの要素技術 従来 IoT 時代 優位性確保を捉える単位 自社 vs 競合他社 自社対他 entity & 自生態系対他生態系 Open/Close の策定の考え方 自社強み技術を生かした 自社優位性確保 秘匿 / 公開 使わせるか / 使わせないかの二元論 特許権中心の戦略 生態系内のほかのentityと共有する情報の範囲 程度などを自生態系の成長のために最適策定 多元 多軸の知財戦略の検討 知的財産権だけでなく 知的財産や契約関係も包含した戦略 12

14