~ inv~stigated. p~riod

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "~ inv~stigated. p~riod"

Transcription

1 ~ inv~stigated p~id

2 -R e~pnse

3 HGLP地震計に記録された深発地 震による s および 波の解析一一一山岸 05 L i s t feathquakes Table N T( GM T) I 恥B A tatin MATUHIRO 0 :53: :53: :03: :5 5:5 4 KAMITAKARA Phtl( a) Nseismgam fww s h tandl n g p e i d HGLOandHGHIf Neathquake - 3-

4 験震時報第 3 8巻 第 4 号 0 6 E-W 綴 へ ん 抑制向哨叫抑制t~畑町時〆判明叩制問哨同州毛布叩W叫向錦地問料品輸蜘押輔 急~ 失会 んv ゐ ~叩耐叫叩叫叩/ 軸哨 t 冊 〆;- ゾザ f df ん I l / I V 九 九 ヘ!! ; fム / / ぷ ) / 〆-^内t~仰 否 拶 彰 f ーヘザザ----~-----~~ザー一一 ii~3 t 十一 山~>~ fþ ~~ /一 J-<\~~; ハ -A_V / \/ ペハハ! J -~ i \) 町~ /司 山~~~_-~~--~ j J戸 ゐ~ 畑 ~ø- d 司 -刊可/守 ψ叫日相aly~ --ø\j 川叩臥旬 丸γ; - ~~ 0 ( 7 d s s ノ -_ :~ J 叫hご\/へ日仏 甲山~- # ::; -ん da444udj\ j ( ( f f se ~ ~ / /~ 叩~; 弘 一一 一 ご:ごにュエナ -- -ヶーいザ 立 行 h - f Phtl( b) E Wseismgam fww s h tandlng-peid HGLOandHG-HIf N eathquake band が拡大された ので 従来明瞭に観測されな かっ た LP 地 震計と HGLO の記録を比較すれば 振幅 の大き の地球技反射波が出現するに至った このうち 長周期l さに 差 は認められるが総 合的にみて大へん良く似た波形 s 波は特定地城で発生した地震で しか も限られた を示し またいずれの成分でも HG-HI は倍率が非常に 地 震計だけに出現するものでないことを示すために 3 高く 短周期の波をほとんど記録していないことがわか この深発地震による s 皮の記録を掲げた Pht 0時09分頃に見られる大きな振動は地 るなお記録中 ( a b ) は樺太南方沖 に発生した N の地 震で 震計の検定マークである HG-HI の水平 2成分には 松代への入射 は N200E である 記録はおのおの 3成分 時 07分45 秒頃に 波 時 0分 0秒頃に s t 皮 a)は N ( b)は E Wおよび ( )は UDを示 に分け ( が出現し 波の波形を反転して重ね合わせると そ し それぞれ一番上 に国際標準長周期地 震 計 (以下 LP 波の波形が得られる程 周期や振 のままただちに s と記す) 中段は HG-LO 下段に HG-HI の記録を掲げ 幅の大 きさが類似している 記録上 両種の波は平均周 た これらの記録から それぞれの成分で P波初動のセ 期 約 22秒の短周期波ではじまり つづいて平均周期約40 ンス はいずれも良く合致 し 震央方向に正しく 向かい 秒の卓越した長周期波形を形成している これら 2つの - 4-

5 HGLP地震計に記録された深発地震による s および 波の解析一一一山岸 0 7 \~/岬酔踊挿話曜 i s? \~ P h t l( ) UD seismgam f lngp e i d f WW HGLO and HG-HI f N eathquake phase の出現時刻付近には LP HG-LO およびすべて の上下動成分の記録には 波すらも見られず HG- HI の記録の 中間に掲げた国際標準短周期地震 計 (以下 P と略す 水平 2成分にだけ HG-HIとほぼ同時刻に 波が出現 している な お 同地 震 s 波が出現 していないので その部分の記録 平均周期約 2秒の 計には は省略した HGHI の記録は 時 3分から(図中 波 s 波を認めること ができる 波は 波の波形を押しつぶしたような形 皮よりいくらか延 びている また s 波では N 成分を慾目で見れば s を示し 波の周期は 波の波形に似通 っているといえよう 次に Pht2 ( a b ) はN2 の地 震記録で 父 島西方沖の深発地震である N の場合と同じく お 時 23分頃 に 印 最下段の記録につづき のおの地震計の成分別 に分け LP HG-LO HG-HI の 時 25分頃には波形 の乱れた 順に上から並べてある 松代からの震央距離 は N の - 5-

6 0 8 投! 震時報第 3 8巻 第 4 号 d 品開柳欄同 v γ 哨胸骨輔問噛相補酬明間句酬岬柚腕ゆ仇帽明端 制船内例制叩綱恥 ~一~州 ぺ J戸へ J ι J 二 ヅ 布 f f J J γ 九 一 q正f 人 切 噌 帥哨 6欄 圃申 叩 蜘 噌 咽 剛 帽 柑 岬噛 噛 噛 - J~拘蜘岨桝品品ぬ一-一九抑制醐A Pht2( a) N seismgam f lng-peid f WW HG-LO and HG-HI f N2 eathquake - 6-

7

8 0 験 震 時 報 第 38巻 第 4号 日 引何内 附柑尚嗣帆明結問岬料品鞘拙誠学知 支 9ワ3 J 似 s 刷 嶋 附 柚 岬 拘 峨 開 明 院 内 耐 明 酬 明 品 〆 Wザ 判 持V p I i f 岬 噛併 寸哨内ゆ叫岬* #/4静J酬 州 向 w 時 時 四 均 車 内 W 偽対内が均郁 J υ-d t s t fs: 03:0 0 6C ゴ刊 A ) グ争 /郁# ω 2 省 #ya V 調 4 哨~~~開柑桝 -酬 I~!>!岬~~ ぷ 抑制則W世 #~4>抽-叫 肘 矧 肌 〆 叩W 肘 何 世 附 叩 婚 のv v ;7ゅ〆判附昇 内> O/Ii;;~旬 川 妙 ゆ沖 V端~M哨明 -~ 仙川叫ぶ崎 -由 -_ ;>内側酬ザザ 川内柄 W時 句 附 Pht 2( ) - 8-

9 HGLP地 震計に記録された深発地 震による 討 を 色 弘 嗣相糊嶋哨麟押切拘輔氏 開隊輸剣勝鞠醐刷柄 畑醐蝉掛町輯糊刷相時舟榊 ( b J s および 波の解析一一 山岸 υ F イATUHI RO(~e t ìh 仇I p e i E! 戸 b ν Pht 3( a) E W seismgam eded a t KAMITAKARA f lng-peid seismgam f N3 eathquake ( b) E W seismgam eded a t MATUHIRO f Beni任 lng-peid seismgam f N 3 eathquake ( ) E W seismgam eded a t MATUHIRO f WW lng-peid seismgam f N3 eathquake - 9-

10

11 波と s~ 波との波形を比ベると, 両成分と

12

13

14 ~ ハ haat~isti

15 土 ~, 二町内 : 日 ~ω ご主主攻市本 222 之 ~ 一 ~(ù

16

17 5~8