ニュースリリース ゼポ米国貿易統計分析速報 2015/3/4 Zepol Japan アジア発米国向けコンテナ NVOs ランキング 2014 (Asia Top 25) 郵船ロジステイクス 20 位 M&A で近鉄エクスプレス 日本郵便も 25 位内に TEU

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "ニュースリリース ゼポ米国貿易統計分析速報 2015/3/4 Zepol Japan アジア発米国向けコンテナ NVOs ランキング 2014 (Asia Top 25) 郵船ロジステイクス 20 位 M&A で近鉄エクスプレス 日本郵便も 25 位内に TEU"

Transcription

1 ニュースリリース ゼポ米国貿易統計分析速報 2015/3/4 Zepol Japan アジア発米国向けコンテナ NVOs ランキング 2014 (Asia Top 25) 郵船ロジステイクス 20 位 M&A で近鉄エクスプレス 日本郵便も 25 位内に TEU アジア発米国向けコンテナ NVOs トップ 5 シエア拡大 2012~ Expeditors International Christal Lines Apex Shipping Blue Anchor Line Orient Express Container Asia NVOs Top 5 シエア 21% 22% 24% Source: Zepol TradeiQ-Import Zepol ( ゼポ ) Corporation ( 米国ミネアポリス は 3 月 4 日, 米国税関 ACE*B/L 統計データベースを基に 2014 年のアジア発米国向け海上コンテナNVOCC 取扱量ランキングをまとめ Asia NVOs Top 25 として発表しました それによりますと アジア 18 カ国 地域発の TEU (B/L Loading Port/ 母船積地ベース 実入り FROB 含 *) ベースで NVOの取扱量は 40% を占め 2014 年の前年比は 10% 増で 平均 (7% 増 ) を上回る伸びを示しました そのアジア発米国向けNVO 市場の53% を上位 25 社 (Asia Top 25) で占めていますが 25 社の 2014 年の伸びは 前年比 15% 増と NVO 全体の10% 増よりも高く シエアも 2012 年以来 毎年 1% ずつ増えています 更に NVO 市場を牽引してきた 国際大手 NVOトップ 5 社の顔ぶれはこの 3 年間も同じですが ランキングは大きく変化しており 特に 5 位だった Christal Line が M&A 戦略で一気に 2 位となりました ( グラフ参照 ) 同時に トップ 5 社の前年比は 25 社の伸びを上回る20% 増となっており 5 社のシエアも 2012 年 21% 201 年 23% 2014 年 24% と拡大しています NVO が400 社 (*) を越えるアジア市場の中で トップ 5 社を中心に 25 社が 5 割以上を取扱う構図となっております (* 取扱量 1,000 TEU 以上 ) 1

2 その中で 先月発表された近鉄エクスプレスと日本郵便 2 社の海外大手 NV Oの買収の結果 日系としては いままで郵船ロジステイクス 1 社 (20 位 ) だけのトップ 25 社グループに 新たに 2 社が加わり (2014 年実績の単純な合算では ) それぞれ 21 位 24 位を占めることになります トップ 25 社グループで 20 位がシエア1% ラインとなっていますが 20 位 ~25 位のランキングは 別表の通り 2013 年に比べても 3 社が 26 位以下から上がってきている状況です 25 社全体では 13 社が前年よりもランキングを上げており 伸び率 ( 前年比 ) でも 13 社が二桁増を示しています ( 表 3 ハイライト参照 ) なお 2014 年ランキングでは 26 位以下 100 位までの日系 NVOは エアタイガーエクスプレス 日本通運 三菱倉庫 近鉄エクスプレス リコーロジステクス 住商グローバルロジステクス CDSグループ 日新 三井倉庫の 9 社です ( 参考リスト参照 ) 表 1: アジア発米国向け NVO 市場概観 3 年間の傾向 (TEUベース % ) Asia NVOs Top 5 シエア 21% 22% 24% Asia NVOs Top 5 前年比 -2% 12% 20% Asia NVOs Top 25 シエア 52% 53% 54% Asia NVOs Top 25 前年比 0% 1% 15% Asia NVOs 合計前年比 -2% 0% 10% Asia18 ヵ国発合計前年比 0% 3% 7% Asia 18 ヵ国発 NVOs 取扱シエア 40% 38% 40% 日系 NVOs10 社のシエア 5.9% 6% 4.5% 日系 NVOs+M&A 2 社合算シエア 5.7% Source: Zepol TradeIQ-Import 表 2: 近鉄エクスプレス 日本郵便の M&A 後のシエア変化 (20~25 位 ) 2,014 Ranking Carrier Code - 社名 ( ) 内買収側企業 TEU 2014 シエア 前年比 20 YASV+YUGL- 郵船ロジステイクス 58, % -13% 41+56=21 KWEO+APLL- ( 近鉄エクスプレス ) 47, % 18% TGFH - Toll Global Forwarding ( 日本郵便 ) 44, % 9% 2014 実績を単純合算 151, % 2% Source: Zepol TradeIQ-Import 2

3 表 3: アジア発米国向けコンテナ NVO 取扱量 2014 年ランキング - Asia Top 25 ( 母船積地ベース TEU, 実入り FROB 含 ) Asia Top Carrier Code- NVO 社名 TEUs シエア 前年比 (%) (%) 1 (1) EXDO - Expeditors International 368, % 7% 2 (5) CHSL - Christal Lines 296, % 78% 3 (2) AMAW - Apex Shipping 242, % 10% 4 (4) BANQ - Blue Anchor Line 231, % 17% 5 (3) OERT - Orient Express Container 227, % 9% 6 (8) HNLT - Honour Lane Shipping Ltd 144, % 21% 7 (7) TOPO - Topocean Consolidation Service 131, % 9% 8 (6) SHKK - Schenkerocean 129, % 4% 9 (11) HYSL - Hecny Shipping 120, % 12% 10 (14) DEWC - De Well Container Shipping 114, % 20% 11 (10) UASI - Ups Asia Group 114, % 6% 12 (13) DMAL - Danmar Lines 112, % 16% 13 (12) SMMB - Seamaster Logistics 108, % 8% 14 (15) PNEP - Pantainer Express Line 85, % 0% 15 (17) FTNV - Fedex Trade Networks Transport 78, % 10% 16 (16) CHQF - China International Freight 72, % 0% 17 (19) CCJL - China Container Line 70, % 9% 18 (21) TLKP - Translink Shipping 67, % 31% 19 (20) OSTI - Orient Star Transport Intl 61, % 14% 20 (18) YASV+YUGL Yusen Logistics 58, % -13% 21 (32) JPSA - Japan Star America 46, % 43% 22 (27) COHE - Cohesion Freight 45, % 31% 23 (24) TGFH - Toll Global Forwarding 44, % 9% 24 (23) UNPC - Uti United States 43, % 4% 25 (30) MCLM - Mcl multi Container Line 43, % 28% 上位 25 社合計 3,061, % 15% NVOs 全社合計 (NVO 取扱い比率 40%) 5,693, % 10% アジア18ヵ国 地域発米国向け直航分合計 14,421,625 7% 参考 :26~100 位の日系各社 (APLL 参考併記 ) 32 (29) ATXF - Air Tiger Express Asia 35, % 4% 34 (35) NPNE - Nippon Express 34, % 12% 38 (39) MQLA - Mitsubishi Logistics 28, % 15% 41 (45) KWEO - Kintetsu World Express 28, % 20% 3

4 55 (60) APLL - APL Logistics 19, % 15% 64 (66) RHLS - Ricoh Logistics Corporation 16, % 8% 66 (87) STSW+SGBO Sumisho Global Logistics 16, % 31% 68 (58) CFHL - CDS Group 16, % -8% 77 (84) NSQP+NSN Nissin 13, % 5% 97 (95) MUIK - Mitsui Soko 9, % -2% 10 社合計 218, % 10% Source; Zepol TradeIQ-Import Note: *ACE: Automated Commercial Environment 米国税関電子化情報システム ) ** FROB (Freight Remaining On Board = 米国経由第三国向け貨物 ); アジア発米国向け ( 往航 ) コンテナ量の全体を把握する為 FROB を含めています 米国輸入分 TEU は FROB 分を除いて求めます TEU 統計を比較する際には 集計範囲と定義を確認することが重要です 以上 ** Zepol ( ゼポ ) トレードデータとは??? * Zepol( ゼポ ) では 米国税関から公表される ACE(Automated Commercial Environment) 電子データシステム B/L 記載データを Zepol( ゼポ ) が独自開発した検索エンジンによりデータベース化した米国貿易統計データで, 通関後約 1 週間から10 日以内にでオンラインで分析することを可能としました (Zepol TradeIQ) * 米国輸入 B/L データは 海上輸入の全件を対象としており コンテナ貨物に限らず自動車専用船など不定期貨物 (Non Containerized) も B/L 別データの分析が可能です * 毎日約 3 万件に及ぶ全米各港からの B/L データが 2003 年以来 1.4 億件蓄積されました ゼポのデータベースにユーザーはどのパソコンからでも簡単にアクセスし 検索 作表 保存 ダウンロードが可能で ITのパワーをフルに活用したクラウド型 オンラインデータベースとして 幅広く各業界企業 公的機関から高く評価されています * PC 画面上で B/L #, Shipper, Consignee, Ports, Carrier, NVOCC, Products, TEU などの B/L 記載項目毎の詳細分析が簡単に出来ます 4

5 * 又 Container Type, LCL/FCL, Empty/Loaded, FROB 貨物の区分なども簡単で目的に 応じたマトリクス分析が出来ます * ゼポでは 世界の企業情報データベースとして知られる D&B 社 ( 米国 ダンアントブラッドストリート社 ) と提携 Shipper, Consignee, Notify 先などの B/L 記載の社名 住所と D&B 企業 ID データをドッキングさせ ゼポのプラットフォーム上で 同時に活用できる D&B Insight データをオプションとして提供しております 米国 日本に限らず 世界中の B/L 記載企業のデータ分析に威力を発揮します * 毎月 約 35 日後に発表される米国商務省貿易統計も 同じゼポ検索エンジンを使い コンテナ貨物 航空貨物について 重量 金額別 国別 米国港別に HS 品目コード (2~10 桁 ) 別のマトリックス分析が商務省発表と同日に可能となりました (Zepol TradeView ) Zepol では HSコード別上位 5か国の輸出入合計価額のトレンドデータを無料検索 できる Free Tool Box を ホームページ上で提供しています Zepol.com/Zepol Japan/News 例えば 日本の米国からの輸入トップ品目の豚肉 ( 冷凍 ) について ; と入力結果 豚肉米国発 (Export) 相手国 Top 5 ランキング December 2014 U.S. Exports Top 5 Countries Value Japan $57,587,460 Korea, South $44,125,626 Australia $13,038,531 China $10,003,715 Mexico $9,895,419 5

6 Q: 豚肉米国向け (Import) 相手国 December 2014 U.S. Imports Top 5 Countries Value Canada $14,433,273 Denmark $9,444,546 Poland $5,071,366 Ireland $3,571,767 Mexico $3,159,027 Meat Of Swine, Nesoi, Frozen Source: Zepol TradeView/ 米商務省 12 月貿易統計 (2/6/2015 発表 ) * Zepol TradeIQ は政府統計として基本データとしての価値に加えて 米国情報公開法により入手可能となっている通関 B/Lデータの開示情報でもあるため 日本国内では得られないファクト情報として見逃せない希少価値があります ただし ゼポで提供するデータは 米国情報公開法で一部の企業名など非公開扱いとされているデータは Blank Data として例外として取り扱っており 米国税関から公表されるデータ範囲を越えた価額情報などを独自調査データとして提供することは行っておりません * ゼポのクライアント会員はポートオーソリティなど公共機関も含めた海運 航空輸送関係者に限らず 化学 食品 機械 電機 自動車など 各種業界から法律事務所まで広範囲にわたり 1,300 社以上 ( Fortune 社以上含む ) のグローバル企業で 6

7 活用されています 例えば国別 港別の品目別トレンド画面から 即時に荷主 相 手港 輸入先 船社 /NVOCC 品目 数量などアクチャル情報への掘り下げを行い アクションに結び付けています * マクロレベルの統計データを B/L データ HS 品目別データなどミクロレベルのデー タまで一貫させて オンラインで解析ができるのがゼポ データベースの価値です Zepol( ゼポ ) 米国貿易統計データ分析ツール TradeIQ-Import TradeIQ-Export TradeView 米国海上輸入通関米国海上輸出通関米商務省貿易統計 B/L データ ( 毎日 ) B/L データ ( 毎日 ) データ ( 月次 ) 米国税関電子情報システムと直結 独自に米国商務省とデーデータベース化 累積 B/L 数 1.3 億件以上タ直結 同時更新 Compliance IQ 米国貿易諸規制情報コンプライアンス米国関係省庁発表情報ワンストップ検索 Zepol ( ゼポ ) 独自開発検索エンジン 共通プラットフォーム上 ワンインターフェイス インターネット快適アクセス クラウド型ユーザーフレンドリー DBオンラインサービス ゼポジャパン分析による日本向け発表資料のバックナンバーの検索先 : / Zepol Japan /News ( 日本語 pdf ) Index:: Asia 10 Countries & Japan TEU Update Month (Japanese) 本リリースの分析内容と Zepol ( ゼポ ) データの分析活用方法などお問い合わせ先 : Zepol Japan 南石正和