モジュール型調節計 プロセス/温度調節計 SR Mini HG

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "モジュール型調節計 プロセス/温度調節計 SR Mini HG"

Transcription

1 モジュール型調節計 [ プロセス / 温度調節計 ] CE マーキング適合 UL cul 認定 R

2 C % MPa rpm 高性能多点コントロールシステム 小型のモジュールタイプコントローラを連結して構成する 省スペースコントローラです 温度制御 高精度型制御 デジタル / アナログ入出力等 多種のモジュールを用意し 様々なアプリケーション形態に対応可能です 他社製 PLCとのプログラムレス接続が可能な 通信仕様 DeviceNet PROFIBUS CCLinkのフィールドネットワーク対応 MODBUSプロトコル対応など 外部機器とのフレキシブルなインターフェイスを実現しました PLC 計装に向けた温度管理の世界が 今ここに さらに広がります

3 MITSUBISHI JW1CPU SHARP MITSUBISHI JW1CPU SHARP PLC とプログラムレス接続 ( 各社 PLC 専用コマンドプロトコル通信 ) HPCPJ PLC の特定のレジスタ領域で が親機となり PLC からのフラグ操作だけで温度データをみ書きできます 三菱電機製 MELSEC シリーズ オムロン製 SYSMAC シリーズ シャープ製 JW シリーズ LG 製 PLC MASTERK/GROFAGM シリーズと接続でき PLC 計装を利用した温度管理システム構築が手軽に低コストで実現します * 通信を使用するには 電源 CPU モジュールに HPCPJ モジュールを選択します プログラムレス接続 三菱電機製 MELSEC A, AnA, AnU LG 製 PLC MASTERK GROFAGM オムロン製 SYSMAC CS1 シャープ製 JW30H,50H,70H,1H 優れた拡張性 CCLink PROFIBUS DeviceNet のフィールドネットワーク 高速で汎用性のある MODBUS プロトコルに対応可能です 電源 CPU モジュールに "HPCPJ" タイプを使用すると と MODBUS( または RKC 標準 ) プロトコル通信を同時に使用できます 設定 管理 メンテナンス MODBUS RKC 標準 さらに PLC 操作パネル パネルコンピュータ等を構成し 上位 PLC リンク を利用したシステム構築により 既存の押出成形ライン制御システムのリニューアル ( 再構築 ) といったシステムエンジニアリングにも対応致します HPCPJ 各社 PLC 専用コマンドプロトコル通信 MODBUS プロトコル通信 MODBUS RKC 標準プロトコル通信 ANCI X B1 フィールドネットワーク CCLink PROFIBUS DeviceNet 装置 *PROFIBUS DeviceNet への接続には外付けの専用変換器が必要となります *CCLink への接続には 電源 CPU モジュールに HPCPG を選択し CCLink 通信変換器 HLNKA を連結して使用します 多彩なアプリケーションに対応可能 多点のヒータ制御にて 少数の調節計で温度制御が実現できる出力レシオ制御 この分配出力温度制御機能を本体に内蔵しました 操作器に高価なサイリスタユニットを使用せずに SSR ユニットを利用したプロファイルコントロールが可能 多点温度制御システムの大幅なコストダウンに加え 小型化 省スペース化が実現できます その他 温度制御以外にも 連続炉のベルトスピード制御に最適なスピードコントロールモジュール 温度特性に遅れ要素が大きい制御系に最適なカスケード制御モジュールを用意し 様々なプロセス制御に対応可能です * 分配出力温度制御機能とスピードコントロール機能 (HSIO モジュール ) を使用するには 電源 CPU モジュールに HPCPJ モジュールを選択します PCPJ SIO TIOB PDP 大型焼成炉の多点分配出力温度制御 マスタ CH 入力 HPCPJ HTIO HDOG HTIOモジュールで演算したマスタCH 制御部の制御出力を HDOモジュールからバイアス レシオをかけて 各ヒータに分配出力します SSR 分配制御出力 ch1 ch2 ch3 マスタ CH SSR 分配制御出力 パルス入力 温度制御 パルスエンコーダから ベルト炉のスピードコントロール + 温度制御 ch61 ch62 ch63 モータ速度制御出力 モータドライバへ < プロファイル作成例 > 高精度 高性能高精度制御モジュール ( 温度入力タイプ ) HTIOE(1ch) HTIOF(2ch: 測温抵抗体入力のみ ) サンプリング周期 0.1 秒 精度 0.1% の高性能型制御モジュールを用意しております 高精度な温度制御はもちろん 電圧電流入力タイプを使用した圧力 流量等の高速に変化するプロセス制御にも対応可能です 高精度制御モジュール ( 電圧電流入力タイプ ) HTIOH(1ch) HTIOJ(2ch) *2ch 仕様はサンプリング周期が 0.2 秒となります

4 MITSUBISHI Hardware ハードウェア構成 1mm コントロールユニット 288mm 最大 20ch 電源 CPU モジュールに各機能モジュールを最大 10 台まで接続できます 温度制御モジュールを 10 台構成すると 1 ユニットで 20ch のコンパクトな多点温度制御システムが実現します その他 必要な種類のモジュールを組み合わせ 最適な入出力構成のコントローラを省スペースで実現できます mm 電源 CPU モジュール 機能モジュール MODBUS/RKC 標準 ( 何れか選択 ) 最大 20ch 最大 20ch ホストに PC または操作パネルを使用した場合 最大 16 ユニットの をマルチドロップ接続できます ( 温調最大 320ch) 他社製 PLC を使用した PLC 通信 () 接続の場合 最大 4 ユニットの をマルチドロップ接続できます ( 温調最大 80ch) 最大 16 ユニット 最大 4 ユニット 電源 CPU モジュール 機能モジュールへの電源供給 データの管理およびホストコンピュータ等のインターフェイスを行うモジュールです コントロールユニットに必ず 1 台使用します 温度制御 デジタル入出力等の各種機能を搭載したモジュールです 装置の制御形態に合わせて 必要な種類の機能モジュールを電源 CPU モジュールに連結して構成します 制御モジュール デジタル入出力モジュール アナログ入出力モジュール 温度制御モジュール 温度制御用のモジュールです 入力は熱電対 測温抵抗体の 2 種類 制御点数は 1 点または 2 点の 2 種類が選択できます 制御点数 1 点仕様は ヒータ断線警報用 CT 入力付タイプも選べます 加熱冷却制御モジュール オーバー / アンダーシュートを抑制するファジイ機能搭載のモジュールも用意しました 高精度温度制御モジュール測定精度が 0.1% の温度制御用のモジュールです 入力は熱電対 測温抵抗体の 2 種類 制御点数は 1 点または 2 点の 2 種類が選択できます * 制御点数 2 点タイプは測温抵抗体のみとなります また 精度は 0.2% になります. 電圧 電流入力制御モジュール 直流電圧 電流入力仕様の高精度制御モジュールです 豊富な入力の種類に加え 0.1 秒のサンプリング周期で温度制御以外のアプリケーションに対応が可能です デジタル入力モジュール シーケンサ等 外部からの接点信号を利用して コントロールユニットの運転条件等を切換できるモジュールです マルチメモリエリア /STOP 等の切換が可能です デジタル出力モジュール 各種警報出力用のモジュールです 各チャネル独立に警報出力が可能です デジタル出力モジュール ( 分配出力 ) 1 点のマスタ温調チャネルからの制御出力を多点に分配し それぞれにバイアスとレシオをかけて出力するモジュールです 操作器にサイリスタユニットを使用せず SSRを使用してバイアス レシオ分配制御が可能で さらにマスタ制御チャネルは1 点で済むため 簡易多点温度制御システムを低コストで構築できます * 電源 CPUモジュールはHPCPJモジュールを使用します アナログ入力モジュール 生産ラインからのアナログ信号を入力して ラインのモニタとして利用できます 精度はフルスケールの 0.1% サンプリング周期 0.1 秒 (2 点入力 入力間絶縁タイプ ) または 0.2 秒 (4 点入力 入力間非絶縁タイプ ) の 2 種類を用意しました 警報 2 点を標準装備しています アナログ出力モジュール 測定値または設定値等をアナログ信号として出力できます 記録計等と接続してコントローラの運転状態を記録できます 温度入力モジュール 熱電対 測温抵抗体入力用モジュールで 温度モニタ用として使用できます 警報 2 点を標準装備し 高精度型のモジュールも用意してあります * 制御点数 2 点タイプは 0.2 秒のサンプリング周期になります. カスケード制御モジュール 温度検出部と熱源 ( ヒータなど ) との間に大きな時間的遅れがある場合 カスケード制御により安定した温度コントロールを実現できます 位置比例制御モジュール コントロールモータによるバルブ制御を利用した温度制御が可能なモジュールです フィードバック抵抗を持たないコントロールモータを駆動できます スピードコントロールモジュール ロータリーエンコーダ等からのパルスを入力して モータの速度等を制御します 電流検出器入力モジュール 電流検出器入力モジュール 電流検出器 (CT) 入力用のモジュールです 温度制御モジュールと組み合わせ ヒータ断線警報機能として使用します 単相 三相のどちらでも使用できます 通信変換モジュール CCLink 通信変換モジュール をCCLinkに接続できます 最大局数 64 以内で 最大 16ユニットまで増設可能です * 電源 CPUモジュールはPCPGモジュールを使用します 通信変換モジュール を (MODBUS/TCP) に接続できます MODBUS/TCP と無手順動作の 2 つのモードから選択できます * 電源 CPU モジュールは HPCPJ モジュールを使用します

5 モジュールまたは機種名 電源 /CPU モジュール 温度制御モジュール 精度 :±( レンジスパンの 0.3%+1digit) 温度制御モジュール ( 加熱 / 冷却タイプ ) 精度 :±( レンジスパンの0.3%+1digit) 高精度温度制御モジュール 精度 :±( レンジスパンの0.1%+1digit) HTIOFは0.2% 高精度温度制御モジュール ( 加熱 / 冷却タイプ ) 精度 :±( レンジスパンの0.1%+1digit) 直流電圧 電流入力制御モジュール精度 :±( レンジスパンの0.1%+1digit) カスケード制御モジュール精度 :±( レンジスパンの0.1%+1digit) 位置比例制御モジュール精度 :±( レンジスパンの0.3%+1digit) スピードコントロールモジュール 精度 :±( レンジスパンの 0.1%+1digit) HPCPA HPCPB HPCPG HPCPJ HTIOA HTIOB HTIOP HTIOC HTIOD HTIOE HTIOF HTIOR HTIOG HTIOH HTIOJ HCIOA HTIOK HSIOA 温度入力モジュール HTIA 精度 :±( レンジスパンの0.3%+1digit) HTIC 高精度温度入力モジュール精度 :±( レンジスパンの0.1%+1digit) HTIB 電流検出器入力モジュール HCTA デジタル出力モジュール アナログ入力モジュール 機器構成一覧 HAIB 仕 標準タイプ AC1~120V/2~240V/DC24V, 出力デジタル出力 :4 点通信機能 :RKC 標準 /MODBUS (RS422A/RS232C) *MODBUSプロトコル仕様は型式末尾に"Z1021" を指定 標準タイプ AC1~120V/2~240V/DC24V, 出力デジタル出力 :2 点 デジタル入力 :3 点通信機能 :RKC 標準 /MODBUS (RS422A/RS232C) *MODBUSプロトコル仕様は型式末尾に"Z1021" を指定 CCLink 通信変換器 (HLNKA) 接続専用タイプ DC24V, 出力デジタル出力 :4 点通信機能 :RKC 標準 (RS422A,RS232C) HDOA HDOB 各種警報出力リレー接点出力 :8 点 (4 点毎コモン共通出力 ) 各種警報出力オープンコレクタ出力 :8 点各種警報出力リレー接点出力 :4 点 ( 全点コモン独立出力 ) HDOC イベント出力オープンコレクタ出力 :8 点 HDOD 各種警報出力オープンコレクタ出力 :16 点 ( コネクタタイプ ) HDOG 分配制御出力オープンコレクタ出力 :16 点 ( コネクタタイプ ) *PCPモジュールはHPCPJモジュールを使用します HAIA アナログ入力 :4 点 ( 入力間非絶縁 ) サンプリング周期 :0.2 秒 DC 0~10mV,0~1mV,0~1V,0~5V,0~10V,1~5V,1~1V,5~5V,10~10V,0~20mA,4~20mA 様 <HPCPG モジュールは接続する機能モジュールに制限があります > 通信内蔵タイプ 分配制御出力 (HDOG 併用 ) タイプ スピードコントロール (HSIOA 併用 ) タイプ AC1~120V/2~240V/DC24V, 出力デジタル出力 :8 点通信機能 (RKC 標準 :RS485, RS422A, RS232C), (MODBUS:RS485, RS422A), (:RS485, RS422A) 熱電対 測温抵抗体入力 :1 点, ブリリアントPIDまたは二位置制御,CT 入力 :1 点, 警報出力 :1 点, サンプリング周期 :0.5 秒熱電対 測温抵抗体入力 :2 点, ブリリアントPIDまたは二位置制御, サンプリング周期 :0.5 秒熱電対 測温抵抗体入力 :2 点, ファジイ機能付ブリリアントPID 制御, サンプリング周期 :0.5 秒熱電対 測温抵抗体入力 :1 点, ブリリアントPID 制御, CT 入力 :1 点, サンプリング周期 :0.5 秒 熱電対 測温抵抗体入力 :2 点, ブリリアントPID 制御, CT 入力 :2 点, サンプリング周期 :0.5 秒熱電対 測温抵抗体入力 :1 点, ブリリアントPIDまたは二位置制御, 警報出力 :1 点, サンプリング周期 :0.1 秒測温抵抗体入力 :2 点, ブリリアントPIDまたは二位置制御, サンプリング周期 :0.2 秒熱電対 測温抵抗体入力 :1 点, ファジイ機能付ブリリアントPID 制御,CT 入力 :1 点, 警報出力 :1 点, サンプリング周期 :0.1 秒 熱電対 測温抵抗体入力 :1 点, ブリリアント PID 制御, サンプリング周期 :0.1 秒 直流電圧 電流入力 :1 点, ブリリアント PID または二位置制御, 警報出力 :1 点, サンプリング周期 :0.1 秒 直流電圧 電流入力 :2 点, ブリリアント PID または二位置制御, サンプリング周期 :0.2 秒 熱電対 測温抵抗体 直流電圧 直流電流入力 :2 点 ( マスタ / スレーブ : 各 1 点 ) ブリリアントPID 制御 ( スレーブは加熱 / 冷却制御も可能 ), デジタル入力 :2 点, サンプリング周期 :0.1 秒 熱電対 測温抵抗体入力 :1 点, PID 制御 ( 速度型 ), 開度帰還抵抗入力 ( 開度表示用 ) 電圧パルス ( ロータリーエンコーダ ) 入力 :1 点, PID 制御 ( オープンループ / クローズドループ型 )), デジタル入力 :2 点入力応答範囲 :2Hz~50kHz, サンプリング周期 :0.1 秒 測温抵抗体入力 :4 点, サンプリング周期 :0.5 秒 熱電対入力 :4 点, サンプリング周期 :0.5 秒熱電対 測温抵抗体入力 :2 点, サンプリング周期 :0.1 秒 CT 入力 :6 点 ( 当社専用電流検出器 :0~30A 用, 0~1A 用 ) アナログ入力 :2 点 ( 入力間絶縁 ) サンプリング周期 :0.1 秒 DC 0~10mV,0~1mV,0~1V,0~5V,0~10V,1~5V,1~1V,5~5V,10~10V,0~20mA,4~20mA アナログ出力モジュールデジタル入力モジュール CCLink 通信変換器 通信変換器 HAOA HAOB HDIA HDIB HLNKA HLNKB アナログ出力 :4 点 ( 出力間非絶縁 ) DC 0~1V,0~5V,0~10V,1~5V,0~20mA,4~20mA アナログ出力 :2 点 ( 出力間絶縁 ) DC 0~1V,0~5V,0~10V,1~5V,0~20mA,4~20mA DC24V 入力 :8 点 (4 点毎コモン共通 ) イベント入力 DC24V:8 点 (4 点毎コモン共通 ) CCLink 接続用通信変換器 *PCPモジュールはHPCPGモジュールを使用します 接続用通信変換器 周辺機器 PROFIBUS 通信変換器 DeviceNet 通信変換器 COMG COMH PROFIBUS COMG コントロールユニット DeviceNet COMH コントロールユニット

6 生産数モニタ目標数 1 個 STOP ESC + OK FX3UC32MTLT FX3UC16EX POWER FX3UC32EYT JW1CPU SHARP Network ネットワーク構成 PLC 計装を利用した温度管理システム構築が手軽に低コストで実現するフレキシブルなネットワーク接続が可能です ローカルでの温度設定 確認から 上位トータル管理まで 様々な形態の温度データニーズにお応え致します フィールドネットワーク ネットワーク変換器 COMH DeviceNet 管理 PC/PLC ネットワーク変換器 COMG PROFIBUS CCLink (MODBUS/TCP) 通信変換モジュール HLNKB *HLNKA モジュールを使用するには 電源 CPU モジュールに "HPCPG" モジュールを組み合わせます HPCPG CCLink 通信変換モジュール HLNKA HLNKA モジュールにより CCLink へダイレクトに接続できます HLNKB モジュールにより (MODBUS/TCP) へダイレクトに接続できます 表示設定パネル 他社製操作パネル プログラマブル表示器との接続が可能です 画面の作成についてもご相談下さい RKC 標準 コントローラ MODBUS(RS232Cを除く ) RS232C/422A/485 MODBUS プロトコル通信または RKC 標準プロトコル通信 (ANCI X B1) *MODBUS プロトコルと RKC 標準プロトコルは いずれか選択となります RS422A/485 PLC 各社専用コマンドプロトコル通信 ( プログラムレス接続 ) PLC * 通信は 電源 CPU モジュールが HPCPJ モジュール時のみ有効です 三菱電機製 シャープ製 LG Industrial Systems 製 オムロン製 PLC リンク 接続可能な PLC 機種 MELSEC FX3UC MITSUBISHI MELSEC 生産数 1628 個残数 8372 個 POWER MELSEC A, AnA, AnU, Q, QnA, FX JW30H,50H, JW70H,1H PLC MASTERK GROFAGM SYSMAC CS1 SYSMAC CJ1 接続する PLC のユニット モジュール ( 計算機リンクユニット ) ( リンクユニット ) (C net I/Fモジュール ) ( 各上位リンクユニット ) FX485PCIFSET JW10CM CS1 αシリーズの JW21CM CPUユニット内蔵のCOMポート ( 計算機リンクユニット ) AJ71UC24 A1SJ71UC24R2/R4/PRF A1SJ71C24R2/R4/PRF A1SCPUC24R2 A2CCPUC24(PRF) QJ71C24 FX2N485ADP/485BD 等 G3LCUEA G4LCUEA G6LCUEC G7LCUEC シリアルコミュニケーションボード CS1WSCB41 またはシリアルコミュニケーションユニット CS1WSCU21 装置 *A シリーズ共通コマンド ( 形式 4) が使用できるユニット (CJ1シリーズの場合) シリアルコミュニケーションユニット CJ1WSCU41

7 CCLink 通信変換器 HLNKA CCLink との通信仕様 通信形態 : CCLink Ver. 2./Ver 対応 通信速度 : 156kbps 625kbps 2.5Mbps 5Mbps 10Mbps 占有局数 : 4 局占有 / 1ユニット ( 最大 64 局 ) 通信距離 (Ver.1.10 対応ケーブルの場合 ) 通信速度 ネットワーク最大長 10Mbps 1m 以下 5Mbps 160m 以下 2.5Mbps 4m 以下 625kbps 9m 以下 156kbps 12m 以下 との通信仕様 最大接続台数 : HLNKA 1 台に対して温度制御モジュール8 台 ( 最大 8または16ch) 温度調節計通信 : 内部バス接続 HPCPG HLNKAを使用する場合 PCPモジュールは専用品となります ( 型式 :HPCPG) 最大 8 台 CCLink 4 局占有 4 局占有 最大 64 局 ( 最大 16 ユニット ) 接続可能なモジュールの種類 電源 /CPU モジュール (HPCPG 電源電圧 DC24V) 接続可能モジュール温度制御モジュール (HTIOA,B,C,D,E,F,G,H,J,P,R) ヒータ断線警報用電流検出器モジュール (HCTA) CCLink 接続用モジュール (HLNKA) * 温度制御モジュール内蔵の電流検出器入力 (CT 入力 ) 機能は 使用できません 通信変換モジュール HLNKB との通信仕様 物理層 : (10BASET/1BASETX 自動認識 ) アプリケーション層 : MODBUS/TCP または無手順動作 (*) 通信データ : MODBUS メッセージフォーマットに準拠 (MODBUS/TCP) ANSI X3.28 サブカテゴリ2.5 A4 準拠 ( 無手順動作 ) IP アドレス : ~ (MODBUS/TCP) との通信仕様 最大接続台数 : HLNKBモジュール1 台に対して:16ユニット SR Mini 通信 : RS422A プロトコル : MODBUS/TCP 選択時 : MODBUSRTU 無手順動作選択時 : MODBUSRTU または RKC 通信 (ANSI X3.28 サブカテゴリ2.5 A4) (*) 接続する電源 CPU(PCP) モジュールにより 仕様が異なります HPCPJ 接続時 (MODBUS/TCP 無手順動作使用可能 ) HPCPA Z1021 仕様接続時 (MODBUS/TCP 無手順動作使用可能 ) HPCPA 標準仕様接続時 ( 無手順動作のみ使用可能 ) ( 最大 16 ユニット ) MAPAN 接続時の PLC レジスタ使用範囲 三菱電機製 MELSEC シリーズと接続した場合 扱えるデータ ( 対応データ ) と RKC 標準または MODBUS 通信は同時に使用できます PLC COMPORT1 COMPORT2 COMPORT3 RKC 標準または MODBUS 計算機リンクユニット MELSEC Q 最大 4ユニット D0260 1ch 温度測定値 D 1ch 温度設定値 SYSTEM シーケンサ (MELSEC Q) 温度調節計 () D~D19 主設定 (SV) ch1~20 D20~D39 警報設定 (1) ch1~20 D40~D59 警報設定 (2) ch1~20 D60~D79 HBA 設定 ch1~20 D80~D99 運転モード切換 ch1~20 D01~D0119 オート / マニュアル切換 ch1~20 D0120~D0139 マニュアル出力設定値 ch1~20 D0140~D0159 オーバーラップ / デッドバンド ch1~20 D0160~D0179 比例帯 1( 加熱側 ) ch1~20 D0180~D0199 比例帯 2( 冷却側 ) ch1~20 D02~D0219 積分時間 (I) ch1~20 D0220~D0239 微分時間 (D) ch1~20 D0240~D0259 PID/AT ch1~20 D0260~D0279 測定値 (PV) ch1~20 D0280~D0299 出力値 1( 加熱側 ) ch1~20 D03~D0319 出力値 1( 冷却側 ) ch1~20 D0320~D0339 ヒータ電流値 ch1~20 D0340~D0359 動作 警報状態 * ch1~20 D0360~D0379 ( 予約 ) D0380 設定出要求 (0: モニタ 1: 設定出 2: 設定書込 ) D0381 通信状態 (0: 1: モニタ書込 2: 設定出 3: 設定書込 ) D0382~D0399 ( 予約 ) 属性 * 動作 警報状態について各 chの状態をbit 毎に表す b0 加熱側出力状態 b1 加熱側出力状態 b2 警報 1 状態 b3 警報 2 状態 0:OFF b4 バーンアウト状態 1:ON b5 HBA 状態 b6 LBA 状態 b7 昇温完了状態 b8 設定エラー SR Miniを複数台使用する場合は それぞれのPCPモジュールのアドレス設定用スイッチを設定します 同時に シーケンサの対応レジスタ番号は 設定されたアドレス番号にともない 自動的にシフト設定されます オムロン製 SYSMAC シリーズと接続した場合 HPCPJ モジュール COMPORT1, 2 は RKC 標準 /MODBUS 通信にも切換可能です SYSMAC CS1 シリアルコミュニケーションユニット DM0260 1ch 温度測定値 DM 1ch 温度設定値 最大 4 ユニット SYSTEM 扱えるデータ ( 対応データ ) シーケンサ (CS1) 温度調節計 () 属性 DM~DM19 主設定 (SV) ch1~20 DM20~DM39 警報設定 (1) ch1~20 DM40~DM59 警報設定 (2) ch1~20 DM60~DM79 HBA 設定 ch1~20 DM80~DM99 運転モード切換 ch1~20 DM01~DM0119 オート / マニュアル切換 ch1~20 DM0120~DM0139 マニュアル出力設定値 ch1~20 DM0140~DM0159 オーバーラップ / デッドバンド ch1~20 DM0160~DM0179 比例帯 1( 加熱側 ) ch1~20 DM0180~DM0199 比例帯 2( 冷却側 ) ch1~20 DM02~DM0219 積分時間 (I) ch1~20 DM0220~DM0239 微分時間 (D) ch1~20 DM0240~DM0259 PID/AT ch1~20 DM0260~DM0279 測定値 (PV) ch1~20 DM0280~DM0299 出力値 1( 加熱側 ) ch1~20 DM03~DM0319 出力値 1( 冷却側 ) ch1~20 DM0320~DM0339 ヒータ電流値 ch1~20 DM0340~DM0359 動作 警報状態 * ch1~20 DM0360~DM0379 ( 予約 ) DM0380 設定出要求 (0: モニタ 1: 設定出 2: 設定書込 ) DM0381 通信状態 (0: 1: モニタ書込 2: 設定出 3: 設定書込 ) DM0382~DM0399 ( 予約 ) * 動作 警報状態について各 chの状態をbit 毎に表す b0 加熱側出力状態 b1 加熱側出力状態 b2 警報 1 状態 b3 警報 2 状態 0:OFF b4 バーンアウト状態 1:ON b5 HBA 状態 b6 LBA 状態 b7 昇温完了状態 b8 設定エラー SR Miniを複数台使用する場合は それぞれのPCPモジュールのアドレス設定用スイッチを設定します 同時に シーケンサの対応レジスタ番号は 設定されたアドレス番号にともない 自動的にシフト設定されます

8 TIO HGPCP RX TX FAREX SRM FAREX SRM PCP RX1 RX2 EVENT TX1 TX2 START TIO DO RX TX LNK RX TX LNK 外形寸法図 単位 :mm 電源 CPU モジュール (HPCPA/B) 電源 CPU モジュール (HPCPJ) 通信変換モジュール (HLNKA) 通信変換モジュール (HLNKB) 48 DO 各機能モジュール (HTIO/TI/CT/AI/AO/DI/DO/SIO) *HTIOD, HCIO, HDOGを除く 各機能モジュール (HTIOD,HCIO) 各機能モジュール (HDOG) 端子カバーを装着した場合 *HPCPJ, HDOG, HLNKA/Bを除く 2 端子カバー 端子カバー モジュール型温度調節計ラインアップ制御スタイルに合わせてお選びいただけます SRZ SRX SRV 超小型モジュール温度調節計 高速サンプリング型モジュール温度調節計 ネットワーク対応型モジュール温度調節計 CCLink 対応 VTIOL/M デジタル入出力モジュール ZDIO デジタル入出力モジュール XDI XDO 温度制御モジュール XTIO DeviceNet 対応 VTIOJ/K 拡張通信モジュール ZCOM 温度制御モジュール ZTIO 基本モジュール 増設モジュール PROFIBUS 対応 VTIOG/H 対応 VTIOP/Q 1 台で最大 4ch の温度制御が可能な超小型の温度調節計 優れたコストパフォーマンス 温調モジュール単体で 通信が可能 秒の高速サンプリングで高速に変化するプロセスの制御に最適 1 台で 2ch の温度制御が可能 プログラム制御機能を標準搭載 CCLink DeviceNet PROFIBUS および に対応した温度調節計 1 台で2chの温度制御が可能! 安全に関するご注意 ご使用のまえに取扱説明書をよくおみの上 正しくお使いください 本製品は 産業機械 工作機械 計測機器に使用されることを意図しています ( 人命に係わる医療機器等にはご使用にならないでください ) 本製品の故障や異常でシステムの重大な事故につながる恐れのある場合には 事故防止のため 外部に適切な保護装置を設置してください 設置場所は 記載のない条件 環境を避けてください 輸出貿易管理令に関するご注意 大量破壊兵器等 ( 軍事用途 軍事設備等 ) で使用されることがないよう 最終用途や最終客先を調査してください 尚 再販売についても不正に輸出されないよう十分に注意してください 模倣品に関するご注意 弊社模倣品が出回っていますので ご購入の際はご注意ください 模倣品自体の保証および模倣品によって引き起こされる故障 事故等のトラブルは 一切責任を負いかねますのでご了承ください 免責事項 当社製品の故障により誘発されるお客様の損害および逸失利益につきましては 一切の責任を負わないものとしますのでご了承ください R ホームページ 本社東京都大田区久が原 (3751) (3754)3316 技術的なお問い合わせは カスタマーサービス専用電話 03(3755)6622 をご利用ください 記載内容は 改良のためお断りなく変更することがあります ご了承ください 標準価格は消費税を含んでおりません 消費税は別途申し受けます 東北営業所埼玉営業所長野営業所名古屋営業所大阪営業所 広島営業所九州営業所茨城事業所 CMHG95C 宮城県黒川郡富谷町成田 233 成田ビル埼玉県久喜市南栗橋 長野市篠ノ井会 8551 エーワンビル名古屋市西区浅間 1120 クラウチビル大阪市淀川区宮原 4536 セントラル新大阪ビル 広島市西区中広町 3318 中広セントラルビル熊本市中央区帯山 茨城県結城郡八千代町佐野 (348) (55)16 026(299) (524) (4807) (297)7724 0(385) (48) (351) (52) (299) (524) (6395) (295)8405 0(385) (49)2839 広島営業所は 2016 年 2 月 1 日より上記住所へ移転となりました 電話番号 FAX 番号も変更となります Printed in Japan : MAR.2016 OBB8H(P) All Rights Reserved.