[ ] H27 H H26 3. H25 HP

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "[ ] H27 H H26 3. H25 HP"

Transcription

1 [ ] H27 H H26 3. H25 HP

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35 * 1 * 2 * 3 * 4 * 5 * 6

36

37 平成 25 年度に実施した個別指導において保険薬局に改善を求めた主な指摘事項 東北厚生局平成 26 年 12 月

38 目次 Ⅰ 調剤と調剤技術料に関する事項 1 処方内容の薬学的確認 P1~4 2 処方内容の変更 P4~4 3 後発医薬品への変更調剤 P4~5 4 分割調剤 P5~5 5 処方せんの取扱い P5~5 6 調剤済の処方せんの取扱い P5~6 7 調剤録の取扱い P6~6 8 調剤技術料 P6~8 Ⅱ 薬学管理料に関する事項 9 薬剤服用歴の記録 P 8 ~ 9 10 薬学管理料 P9~12 Ⅲ 請求事務等に関する事項 11 調剤報酬請求 P12~12 12 事務的取扱い P12~13

39 Ⅰ 調剤と調剤技術料に関する事項 1 処方内容の薬学的確認 薬学的に見て処方内容に疑義があるものについて 処方医への疑義照会が行われていない例が認められたので 必ず疑義照会を行うこと また 疑義照会を行った場合は 照会 回答内容の要点等について 処方せんの備考欄及び薬剤服用歴の記録等に記載すること ( 掲載した薬剤は平成 25 年度において指摘した内容であり 掲載時点の平成 26 年 12 月現在 用法が変更している薬剤もありますのでご留意願います ) (1) 薬事法による承認内容と異なる用法 用量で処方されているもの [1] 1 日 2 回投与 保険適用の用法は 1 日 1 回であるが 1 日 2 回の指示のまま投薬されていた ジプレキサ錠 5mg パキシル錠 20mg パロキセチン錠 ( 精神神経用剤 ) メインテート錠 ( 不整脈用剤 ) ラシックス錠 ( 利尿剤 ) アテレック錠 10mg アバプロ錠 イミダプリル塩酸塩錠 イルベタン錠 50mg インヒベース錠 0.5mg エースコール錠 2mg オルメテック錠 20mg カルデナリン錠 2mg カルブロック錠 8mg シラザベース錠 シルニジピン錠 タナトリル錠 5mg チバセン錠 ディオバン錠 40mg ドキサゾシン錠 ドキサゾン錠 1mg ニューロタン錠 フロセミド錠 40mg ブロプレス錠 4mg ミカムロ配合錠 AP ミカルディス錠 40mg ラジレス錠 ロサルタンカリウム錠 レニベース錠 ( 血圧降下剤 ) アムロジピン錠 2.5mg アムロジン錠 ジルチアゼム塩酸塩 R カプセル 100mg ノルバスク OD 錠 バイロテンシン錠 ヘルベッサー R カプセル 100mg ( 血管拡張剤 ) クレストール錠 リピトール錠 10mg ローコール錠 ( 高脂血症用剤 ) タケプロン OD 錠 15mg ( 消化性潰痬用剤 ) プルゼニド錠 12mg ( 下剤 浣腸剤 ) デトルシトールカプセル 2mg フリバス錠 ベシケア OD 錠 5mg ( その他の泌尿生殖器官及び肛門用薬 ) モーラステープ L40mg ロキソニンテープ 100mg ロキソニンパップ 100mg ( 鎮痛 鎮痒 収斂 消炎剤 ) ワンアルファ錠 ( ビタミン A 及び D 剤 ) プラビックス錠 ( その他の血液 体液用薬 ) グラクディブ錠 50mg ( 糖尿病用剤 ) アレジオン錠 20mg ( その他のアレルギー用薬 ) クラビット錠 250mg ( 合成抗菌剤 ) [2] 1 日 3 回投与 1 保険適用の用法は 1 日 1 回であるが 1 日 3 回の指示のまま投薬されていた アダラート CR 錠 20mg ( 血管拡張剤 ) セレニカ R 錠 200mg ( 抗てんかん剤 ) ブロプレス錠 4mg ( 血圧降下剤 ) 2 保険適用の用法は 1 日 1~2 回であるが 1 日 3 回の指示のまま投薬されていた デパケン R 錠 200mg ( 抗てんかん剤 ) 3 保険適用の用法は 1 日 2 回であるが 1 日 3 回の指示のまま投薬されていた アダラート L 錠 20mg ( 血管拡張剤 ) ハイペン錠 200mg ( 解熱鎮痛消炎剤 ) アロチノロール塩酸塩錠 10mg DSP ( 不整脈用剤 ) [3] 1 日 4 回投与 保険適用の用法は 1 日 2 回であるが 1 日 4 回の指示のまま投薬されていた - 1 -

40 ペミラストン点眼液 0.1% ( 眼科用剤 ) [4] 食前投与 1 保険適用の用法は食直前であるが 食前に投薬されていた グルコバイ錠 50mg ベイスン錠 0.3mg ボグリボース OD 錠 0.3mg ( 糖尿病用剤 ) クラバモックス小児用配合ドライシロップ ( 主としてグラム陽性菌 マイコプラズマに作用するもの ) 2 保険適用の用法は食直後であるが 食前に投薬されていた エクセラーゼ配合錠 ( 健胃消化剤 ) [5] 食後投与 1 保険適用の用法は空腹時であるが 食後寝前に投薬されていた アルロイド G 内用液 5% 40mL ( 健胃消化剤 ) 2 保険適用の用法は食前又は食間であるが 食後に投薬されていた ツムラ茵蔯蒿湯エキス顆粒 ( 医療用 ) ツムラ加味逍遙散エキス顆粒 ( 医療用 )7.5g ツムラ牛車腎気丸エキス顆粒 ( 医療用 ) ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒 ( 医療用 )2.5g ツムラ小建中湯エキス顆粒 ( 医療用 )7.5g ツムラ小青竜湯エキス顆粒 ( 医療用 )3g ツムラ大建中湯エキス顆粒 ( 医療用 )7.5g ツムラ半夏厚朴湯エキス顆粒 ( 医療用 )7.5g ツムラ防風通聖散エキス顆粒 ( 医療用 )2.5g ツムラ抑肝散エキス顆粒 ( 医療用 )2.5g ( 漢方製剤 ) 3 保険適用の用法は食前であるが 食後に投薬されていた ガナトン錠 50mg ドンペリドン錠 10mg ナウゼリン錠 10mg プリンペラン錠 5mg ( その他の消化器官用薬 ) 4 保険適用の用法は食直後であるが 食後に投薬されていた イコサペント酸エチルカプセル 300mg エパデール S600 エパラ粒状カプセル 600m g ( その他の血液 体液用薬 ) 5 保険適用の用法は朝及び就寝前であるが 朝夕食後に投薬されていた アシノン錠 75mg プロマック D 錠 75mg ( 消化性潰瘍用剤 ) アレロック錠 5mg ( その他のアレルギー用薬 ) 6 保険適用の用法は就寝前であるが 朝食後に投薬されていた ザイザル錠 5mg シングレア錠 10mg ( その他のアレルギー用薬 ) 7 保険適用の用法は就寝前であるが 夕食後に投薬されていた ガスター D 錠 20mg ファモチジン D 錠 20mg ( 消化性潰瘍用剤 ) 8 保険適用の用法は起床時であるが 朝食後に投薬されていた ボノテオ錠 50mg ( 他に分類されない代謝性医薬品 ) 9 保険適用の用法は朝食後であるが 夕食後に投薬されていた レザルタス配合錠 ( 血圧降下剤 ) (2) 薬剤の処方内容により禁忌例への使用が疑われるもの 1 緑内障が疑われる患者に対するマイスリー錠の投与 2 胃潰瘍が疑われる患者に対するオキミナス錠 60mg の投与 3 クラリスロマイシン錠 200mg とジヒデルゴット錠 1mg の併用投与 (3) 薬事法による承認内容と異なる効能効果 ( 適応症 ) での処方が疑われるもの 統合失調症が疑われる不眠症患者に対するマイスリー錠 10mg の投与 (4) 投与期間の上限が設けられているが その上限を超えて投薬されているもの 1 ネリプロクト軟膏の 1 週を超える投与 2 ゾルピデム酒石酸塩錠 デュロテップ MT パッチ マイスリー錠 10mg2 錠 モルヒネ塩酸塩錠 レンドルミン D 錠 ワイパックス錠の 30 日を超える投与 3 オメプラール錠 タケプロン OD 錠 パリエット錠 ラベプラゾール Na 塩錠 ランソプラゾール OD 錠の 6 週又は 8 週を超える投与 ( 胃 十二指腸 吻合部潰瘍 逆流性食道炎の場合 ) - 2 -

41 4 維持療法に伴わないタケプロンカプセル 30mg の 8 週を超える投与 5 キネダック錠 ケタスカプセル サアミオン錠 セロクラール錠の 12 週を超える投与 (5) 重複投与 不必要と思われる多剤併用 1 アボビスカプセルとガスモチン錠 2 アレグラ錠とクラリチンレディタブ錠 3 SG 配合顆粒 2g とセレコックス錠 100mg2 錠 (1 日 2 回朝夕食後の投与 ) 4 オルメテック錠 20mg とブロプレス錠 12 5 オロパタジン塩酸塩 OD 錠 5mg とケトテンカプセル 1mg 6 ガスター D 錠 20mg とタケプロンカプセル 30 7 カルデナリン錠 1mg とデタントール錠 0.5mg 8 クラビット錠 500mg とミノマイシンカプセル 100mg 9 コディオ配合錠 EX とラシックス錠 10mg 10 サイトテック錠 200μg3 錠とガスター D 錠 20mg2 錠及びパリエット錠 10mg1 錠 11 シングレア錠 10mg とセチリジン塩酸塩錠 10mg 及びアレルオフ錠 セルベックス細粒とセルベックスカプセル 13 同一部位 ( 腰部 頚部 両肩 ) に対し ボルタレンゲル 1%150g アドフィードパップ 80m g 及びヤクバンテープ 40mg と 3 種類の外用薬を処方 14 トラムセット配合錠とロキソプロフェン錠 15 トラムセット配合錠とロルカム錠 16 ナウゼリン OD 錠 10mg3 錠とプリンペラン錠 5mg3 錠 (1 日 3 回食後の投与 ) 17 ネキシウムカプセル 20mg1 カプセルとアシノン錠 150mg1 錠 18 ノルバスク錠 5mg1 錠とアダラート CR 錠 20mg1 錠の Ca 拮抗薬の併用投与 19 PL 配合顆粒 3g ポンタールカプセル 250mg ブルフェン錠 100mg 及びロキソニン錠 6 0mg を 1 日 3 回食後の併用投与 20 フルイトラン錠 1mg とラシックス錠 20mg 21プロブレス錠とディオバン錠22メコバマイド錠とシグマビタン配合カプセル B25 (6) 倍量処方が疑われるもの 1 エバミール錠 1mg (1 日 2 錠 ) 2 ハルシオン錠 0.25mg (1 日 2 錠 ) 3 マイスリー錠 5mg (1 日 2 錠 ) 4 メイラックス錠 2mg (1 日 2 錠 ) 5 ユーロジン 2mg 錠 (1 日 2 錠 ) 6 レンドルミン D 錠 0.25mg (1 日 2 錠 ) (7) 過量投与されているもの または疑われるもの 1 ルナベル配合錠 (63 日分 ) 2 ロヒプノール錠 2 (1 日 1 回 2 錠 ) 3 ベリチーム配合顆粒の 1 回 3g (1 日 3 回 ) 4 高齢者にアモバン錠 10mg (1 日 1 回 2 錠 ) 5 プルゼニド錠 12mg (1 日 1 回 5 錠就寝前 ) 6 高齢者にサイレース錠 1mg (1 日 1 回 2 錠 ) 7 高齢者にロヒプノール錠 1mg (1 日 1 回 2 錠 ) 8 ヤクバンテープ 40mg (21 日分で 112 枚処方 ) 9 トラマゾリン点鼻液 0.118% AFP 100mL 1 日 2 回点鼻 ( 毎月処方 ) 10 ユリノーム錠 50mg 1 日 1 回 1 錠朝食後 (3 日おきに ) (14 日分の処方 ) ( 他の内服薬が全て 28 日分 ) 11 ボルタレンサポ 25mg 40 個 ボルタレンサポ 50mg 40 個 ボルタレン SR カプセル 37. 5mg 2 カプセルの外用 内服薬を 3 種類同日に処方 - 3 -

42 12 モーラステープ20mg 7cm 10cm 56 枚とモーラステープL40mg 10cm 14cm 280 枚 ( いずれも1 日 1 回左肩に貼付 ) を2 医療機関より処方 (8) 相互作用 ( 併用注意 ) があるもの 1 クレメジン細粒分包 2gと他剤の同時服用 2 ディオバン錠とグルコサンK 細粒 (9) 月余に渡る投与 シナール配合顆粒 ハイシー顆粒 パントシン錠 ビタノイリンカプセル メチコバール錠 ラコールNF 配合経腸用液 1000mL (10) 頓服薬について過剰な回数の投与があるため 服薬状況を確認すること ( 毎日定期的に服用しているようであれば内服薬とするよう処方医と相談すべき ) 1 マイスリー錠 5mgを2 月 14 日に28 回分と3 月 14 日に28 回分投与 2 リスミー錠 1mgを12 月 5 日に35 回分と1 月 9 日に42 回分投与 3 レンドルミンD 錠 0.25mgを2 月 14 日に30 回分と3 月 14 日に30 回分投与 (11) 2 以上の規格単位がある医薬品の場合に 適切な規格品が処方されていないもの 1 アダラートCR 錠 20mg 2 錠 1 日 1 回 2 エビリファイ錠 6mg 4 錠 1 日 1 回 3 オキシコンチン錠 5mg 4 錠 1 日 2 回 4 オルメテック錠 20mg 2 錠 1 日 1 回 5 カルデナリン錠 2mg 4 錠 1 日 2 回 6 グラクティブ錠 50mg 2 錠 1 日 1 回 7 サインバルタカプセル20mg 3カプセル 1 日 1 回 8 ジャヌビア錠 50mg 2 錠 1 日 1 回 9 セロクエル100mg 錠 6 錠 1 日 1 回 10 テオフィリン錠 100mg TYK 4 錠 1 日 2 回 11 デパケン錠 100mg 8 錠 1 日 2 回 12 トレドミン錠 25mg 4 錠 1 日 2 回 13 ノルバスク錠 5mg 2 錠 1 日 1 回 14 ピドキサール錠 10mg 4 錠 1 日 2 回 15 プレタールOD 錠 50mg 4 錠 1 日 2 回 16 ミカルディス錠 40mg 2 錠 1 日 1 回 17 ムコダイン錠 250mg 6 錠 1 日 3 回 18 メマリー錠 10mg 2 錠 1 日 1 回 19 リスパダール錠 1mg 9 錠 1 日 3 回 20 リリカカプセル75mg 4カプセル 1 日 2 回 (12) 薬学的に問題があると思われる調剤方法により行われている例が認められたので 有効性 安全性を確認の上 適切な調剤に努めること メチコバール錠の粉砕 2 処方内容の変更 処方内容を変更している場合に 次のような不適切な例が認められたので改めること 例 : 処方内容を変更して調剤を行う場合に 処方医の同意を得ていない ( 別剤形 含量規格の異なる後発医薬品への変更を除く ) : 薬剤の規格単位の変更について 処方医の同意を得て処方内容を変更して調剤した場合に その変更内容が処方せんの備考欄等に記載されていない 3 後発医薬品への変更調剤 後発医薬品への変更調剤に 次のような不適切な例が認められたので改めること 例 : 一般名処方に係る処方せんを受け付けた場合であって 当該処方に係る後発医薬品を - 4 -

43 支給可能又は備蓄しているにもかかわらず 先発医薬品を調剤している : 後発医薬品への変更を認めている処方せんにおいて 患者に対して後発医薬品に関する説明を適切に行っていない 4 分割調剤 分割調剤の取扱いに 次のような不備のある例が認められたので改めること 例 : 分割調剤した総量が処方せんの備考欄に記載されていない : 処方せん及び調剤録が分割調剤のルールに従って処理されていない 5 処方せんの取扱い 処方せんの処方欄の記載が不備なまま調剤している例が認められたので改めること 処方せんの受付に当たっては不備な点がないことを確認し 不備な点がある場合は必要な疑義照会を行うこと (1) 用法 用量の指示等の記載が不完全であるもの例 : 内服薬と頓服薬の区別が不明瞭 : 注射薬の具体的な用法 用量の記載がない : 医師の指示通り 医師指示 用法口授 のみと記載している :2 以上の規格単位がある医薬品の場合に 規格単位等が示されていない (2) 外用薬の適応部位 用法の記載がないもの又は記載が不適切なもの例 : 軟膏の塗布部位の記載がない (3) 記載事項に不備があるもの例 : 以下余白の記載がない : 処方医の押印が不鮮明 : 医薬品を略称により記載している ( 約束処方の疑い ) : 後発医薬品への変更不可署名欄の記載が不完全 : 使用期間の訂正を 処方医の印と異なる印で訂正している : 保険医氏名印 欄が姓のみのサインで 保険医の処方であるかの確認が不十分 (4) 保険薬剤師が FAX によって電送されたもののみで調剤し原本確認を行っていないもの (5) 同一保険医療機関の複数の処方医からの処方について 長期間に渡り処方数量に少量の差異が見られる例があるので 残薬状況の確認を含め処方医へ連絡 確認を行うこと 6 調剤済の処方せんの取扱い (1) 調剤済となった場合 ( 又は調剤済とならなかった場合 ) に 処方せんに記載すべき事項の一部の記載が不適切である例が認められたので改めること 例 : 調剤済年月日が FAX の受付年月日になっている : 調剤済年月日 欄への記載及び 保険薬剤師の署名又は記名 押印 について 所定欄に記載されていない : 調剤済年月日 欄への記載及び 保険薬剤師の署名又は記名 押印 について 保険薬剤師が適切に行っていない : 保険薬剤師の署名又は記名 押印について 一部欠落し不鮮明である : 保険薬剤師の署名又は記名 押印について 調剤した薬剤師以外の分も押印されている : 保険薬剤師の署名又は記名 押印について 同一人が複数の印を使用している : 保険薬剤師の署名又は記名 押印について 2 名の保険薬剤師の記載があり 最終的責任者の確認ができない : 処方せんに不必要な記載が行われている ( 入力者の表示 鉛筆書きの記載 調剤済 のゴム印表示 後発医薬品の名称 一部負担金額及び備考欄へのメモ書き ) - 5 -

44 (2) 処方医への疑義照会について 回答内容等の記載が不適切である例が認められたので改めること 例 : 記載内容が不明瞭 : 回答内容を鉛筆で記載している : 誰が誰にいつ照会したか不明瞭 : 照会時間が記載されていない : 要点を備考欄に記載していない : 要点を薬剤師本人が記載していない : 照会した薬剤師名を記載していない (3) コピーした処方せんに調剤済みの記載を行い保管している例が認められたので改めること (4) 調剤済み処方せんと 裏面に貼付している調剤録の調剤済年月日に異なる例が認められた 調剤済み処方せんの裏面を調剤録として活用する場合は 十分に確認すること (5) 処方せんが複数枚に渡る時は 全ての処方せんについて調剤済みとなった旨の処理を行うこと 7 調剤録の取扱い (1) 調剤録に必要な事項を記載していない例があるため 処方せんと一体管理するなどの方法により作成を行うこと 例 : 請求点数の記載漏れ : 薬剤名 分量を記載していない : 調剤した薬剤師の氏名を記載していない : 後発医薬品に変更した場合の内容 ( 薬剤名 ) を記載していない (2) 調剤録の作成を確認できない例があるので適切に管理を行うこと (3) 調剤録に不必要な記載 貼付が行われている ( 鉛筆等での記載 事務員の押印 ) (4) 調剤した薬剤師の氏名が複数の薬剤師の姓のみの ( 連名 ) で記載されており 最終的な責任を負う薬剤師が特定できない例が認められたので改めること (5) 調剤録の訂正について 不適切な例が認められたので改めること 例 : 誤って記載した場合 二本線等で抹消されていない : 即時に訂正せず時間をおいて訂正していたため 訂正事項が漏れている : 請求点数が訂正となっているにもかかわらず 訂正前の請求点数が記載されたままとなっている (6) 調剤録の保存 管理について 電磁的な保存を行っている場合 不適切な例が認められたので改めること 例 : 運用管理規程の内容が不十分 : アクセス権限が適切に設定されていない : 真正性について 故意又は過失による虚偽入力, 書換え, 消去及び混同を防止するための措置が不十分 : 保存性について 記録された情報が法令等で定められた期間に渡って真正性を保ち 適切に保管され取り扱われるような対策を講じていない 8 調剤技術料 調剤技術料の請求については 算定要件を十分に理解し適切に請求すること (1) 基準調剤加算 1 保険薬剤師に在宅患者訪問薬剤管理指導に必要な研修等を受講させていないので改めること 2 薬学的管理指導計画書の様式を備えていないので改めること 3 調剤従事者等の資質向上を図るための研修実施計画書及び研修実施記録が作成さ - 6 -

45 れていないので改めること 4 連絡先 電話番号等を記載した文書を 原則として初回の処方せん受付時に 患者又はその家族等に交付していないので改めること 5 インターネットを通じて常に最新の医薬品緊急安全性情報等の収集を行い 保険薬剤師に周知を行っていないので改めること 6 自局に直接連絡が取れる連絡先電話番号を保険薬局の外側の見やすい場所に掲示していないので改めること 7 在宅患者訪問薬剤管理指導を行う薬局であることを保険薬局の内側及び外側の見やすい場所に掲示していないので改めること (2) 後発医薬品調剤体制加算 1 施設基準に係る届出をしていないにもかかわらず 後発医薬品調剤体制加算 1 を加算して保険請求を行っている例が認められたので改めること 2 毎月 直近 3 か月間に調剤した後発医薬品の規格単位数量の割合を確認する必要があるが 直近 1 か月の割合で確認している例が認められたので改めること 3 後発医薬品の調剤を積極的に行っている旨を保険薬局の内側及び外側の見やすい場所に掲示していないので改めること 4 施設基準に係る届出について 区分変更があったにもかかわらず 変更による届出を行っていない例が認められたので改めること (3) 調剤料 1 規格が異なる同一薬剤を異なる用法で処方されている場合の調剤料は 1 剤として算定すること 例 : エビリファイ内用液 3mL エビリファイ内用液 6mL : デパス錠 0.5mg デパス錠 1mg 2 外用薬で算定すべきものを注射薬で算定している例が認められたので改めること 3 外用薬で 1 剤として算定すべき同一薬剤を 2 剤として調剤料を算定している例が認められたので改めること 4 隔日投与の患者に誤った調剤料が算定されている例が認められたので改めること 5 調剤数量に誤りがあり 調剤料が過少に算定されている例が認められたので改めること 6 本来 頓服薬として請求すべきところ 内服薬で誤請求している例が認められたので改めること 7 処方せんは内服の指示であり 毎日定時に服用している睡眠導入剤を頓服で算定している例が認められたので改めること (4) 嚥下困難者用製剤加算 1 粉砕した薬剤の散剤等が薬価収載されている例が認められたので改めること 例 : ガスター D 錠 20mg ガスモチン錠 5mg クラビット錠 500mg 2 嚥下障害等がない患者に対して調剤を行っている例が認められたので改めること 3 嚥下困難のため全て粉砕の指示があったにもかかわらず 自家製剤加算を算定している例が認められたので改めること (5) 一包化加算 1 一包化に当たり 配合変化のある散剤に関しては別包とすること 2 一包化加算を算定した場合に自家製剤加算を算定している例が認められたので改めること 3 複数の診療科からの処方について一包化する場合は 処方医全てに確認した上で調剤すること 4 計量混合調剤加算を算定すべきところ 一包化加算を算定している例が認められたので改めること 5 治療上の必要性が認められない患者に対して 行われている例が認められたので改め - 7 -

46 ること 6 服用時点の異なる 2 種類以上の内服用固形剤又は 1 剤であっても 3 種類以上の内服用固形剤が処方されていないものに 算定している例が認められたので改めること 7 薬剤師が一包化の必要性を認め 医師の了解を得た後に一包化を行った場合に 医師からの了解及び一包化の理由を調剤録等に記載していない例が認められたので改めること (6) 時間外 休日 深夜加算 夜間 休日等加算 1 時間外 休日 深夜加算の算定誤りが認められたので改めること 2 夜間 休日等加算について 処方せんの受付時間を当該患者の薬剤服用歴の記録又は調剤録に記載していない例が認められたので改めること 3 夜間 休日等加算について 届出と異なる開局時間の掲示がされているので改めること 4 夜間 休日等加算について 開局時間 加算の対象日及び受付時間帯を保険薬局の内側及び外側のわかりやすい場所に掲示していないので改めること (7) 自家製剤加算 1 同一剤形及び同一規格を有する医薬品が薬価基準に収載されているものに対して算定している例が認められたので改めること 例 : オルメテック錠 20mg 0.5 錠 オルメテック錠 10mg の規格あり : チラーヂン S 錠 50μg 0.5 錠 チラーヂン S 錠 25μg 規格あり 2 調剤録等に製剤工程を記載していない又は記載が不十分である 3 計量混合調剤加算を算定すべきものを自家製剤加算で算定している例が認められたので改めること 4 嚥下困難者用製剤加算を算定すべきものを自家製剤加算で算定している例が認められたので改めること (8) 計量混合調剤加算 1 一包化加算を算定しているにもかかわらず 計量混合調剤加算を算定している例が認められたので改めること 2 自家製剤加算を算定すべきものを計量混合調剤加算で算定している例が認められたので改めること 3 計量混合調剤加算の算定において 薬学的に問題があると認められる場合は 疑義照会のうえ 適切に対応し請求すること 4 計量混合調剤加算の算定において 医療上の必要性が認められない精製水を混合して算定している例が認められたので改めること Ⅱ 薬学管理料に関する事項 9 薬剤服用歴の記録 (1) 薬剤服用歴の記録の活用 1 処方内容の十分なチェックや患者への充実した薬剤服用歴管理 指導を行うために 薬剤服用歴の記録を 処方せん受付から調剤 鑑査 服薬指導 投薬の各時点において利用すること 例 : 重複投与を見過ごしたまま投薬している例が認められた 2 複数枚の保存に当たっては 散逸防止の意味からも上部等を貼付して保存 管理すること 3 活用できる指導記録を作成するために 患者の全ての記録が必要に応じて直ちに参照できるよう その書式及び作成方法を再検討すること (2) 電子薬歴関連 - 8 -

47 1 見読性の確保の観点から 必要に応じ書面での表示について随時確認を行うこと 2 薬剤服用歴の記録を電子媒体による保存を行う場合は 運用管理規程を定めること 3 真正性について 虚偽入力 書き換え 消去 混同を防止するための対策が十分ではない 4 ハイリスク薬指導画面の内容で印刷ができないため 必要に応じて書面に表示できるよう改めること (3) 薬剤服用歴の記録への記録方法 記録内容 1 薬剤服用歴の記録への記録方法が適切に行われていない例が認められたので改めること 例 : 判読不可能である : 付箋等を使用している : 不必要な鉛筆書きを行っている : 指導した保険薬剤師の氏名の記載漏れ : 指導の内容が記号化 略語化されている : 訂正事項に修正液 修正テープを使用している : 手帳の確認や疑義照会を行った者について 保険薬剤師以外の者の氏名が記載されている 2 表紙について 作成年月日を記載していない例が認められたので改めること 3 一包化の根拠等について 内容を把握し記載していない例が認められたので改めること 4 複数の表紙があるので 情報を一つにまとめ整理すること 5 それぞれの確認項目の収集日 確認日の記載が無く 不明瞭な例が認められたので改めること 6 メモ等が多数混在した状態で保存 管理されている例が認められたので改めること 7 記録簿に最初から複数の薬剤師名が印刷されている例が認められたので改めること 8 経時的記録内容について いつ 誰が聴取し記録したのかが時系列に記録されていない例が認められたので改めること 9 経時的記録内容について 患者情報と指導内容とチェック項目に齟齬があり 入力後の確認が不十分である例が認められたので改めること 10 患者の初回からの記録を保管していない例が認められたので 最終記入の日から 3 年間保存すること 11 患者情報等の記録が 診療科ごとに区分され記入されており 患者の総合的な状況のチェックとなっていない例が認められたので改めること 12 処方内容に関する照会の要点等の記録が適切に行われていない例が認められたので改めること 13 記録記載までに一定期間経過している例が認められたので 遅滞なく 薬剤服用歴に必要な事項を記載すること 14 継続的な管理 指導を行うに当たり 新たな患者情報の収集があった際には特記事項として指導記録の表紙に追記すること また 収集した患者情報のうち重要事項については 指導記録の表紙に特記する等 患者情報の整理 集約を行うこと 10 薬学管理料 (1) 薬剤服用歴管理指導料 薬剤服用歴管理指導料の算定に当たっては 算定要件を認識し 処方せん受付の都度 患者の服薬状況 服薬期間中の体調の変化及び残薬の状況等を確認し 重大な副作用を中心にモニターを行うなど 指導内容の充実を図るとともに 薬剤服用歴への指導内容の要点記載をさらに充実させること 1 薬剤服用歴に服薬指導の要点を記載していない又は不十分にもかかわらず 薬剤服 - 9 -

48 用歴管理指導料を算定している例が認められたので 適切に取り扱うこと 例 : 服薬指導前に当該指導料が算定されている : 単純な内容が記載されているゴム印を一律に使用している : 記載内容が画一的であるにもかかわらず 機械的に一律算定されている ( しっかり飲み続けましょう 体調を維持するため薬をきちんと飲むこと 問題なし 特に変わりなし do 処方です 続けて服用してください これまでどおり服用してください 等 ) : 点眼薬に係る使用方法 保管方法等具体的な内容及び指導内容について 記載が乏しい 2 医薬分業の意義を十分認識し 服薬状況等の情報収集及び患者への指導内容の充実を図ること 例 : 投与されている医薬品の安全性もしくは効果の確認の基礎となる患者の基本的情報の収集が不十分 : 患者情報の収集が不十分なため 適応症病名が複数ある薬剤について 患者の傷病名に適さない服薬指導を行っている : ワーファリンなどを服用している患者について ワーファリン手帳等を確認するなど 情報収集が適切に行われていない ( 運転 嗜好品 アルコールの摂取等 ) : 飲食物についても相互作用が認められるもの等について 薬学的観点から聴取 確認した内容を具体的に記載し指導していくこと 3 指導内容に画一的な例が多く認められた 十分な対話から患者の状況に則した指導を行うとともに 指導内容に持続性を持たせること 4 どのような副作用等に着目して聴取を行ったかなど 薬学的な観点から聴取 確認した内容を記載し 患者への指導に より活用できる記録となるよう努めること 例 : 収集した患者情報をもとに 分析検討を行った内容が薬学的に不十分である例が認められた : 単純な生活指導内容にとどまらず 患者が安全に薬を服用するための適切な指導を行うよう工夫すること : 複数の薬剤が処方されている場合は 薬剤の効能 ( 副作用等 ) に関して 患者に対し十分に説明を行うこと : 屯服薬については 1 日量の上限等投与される薬剤に係る適切な服薬指導を行い 指導の要点を記載すること 5 残薬の状況について 患者又はその家族等から確認すること また 残薬が相当程度認められると判断される場合には 処方医に対して連絡 投与日数等の確認を行うよう努めること 例 : 残薬がある患者に 新たに類似薬処方が出されているものについて 服用方法の説明がされていない : 残薬の状況等の情報を収集し その要点を記録していない 6 自己調剤 自家調剤について 不適切である例が認められたので改めること例 : 自己調剤を行った場合に 当該指導料を算定している : 自家調剤 ( 保険薬剤師間 ) を行った場合に 当該指導料を算定している例は不適切 7 薬剤情報提供文書について 不適切である例が認められたので改めること 効能, 効果 副作用 服用及び保管取扱い上の注意事項が記載されていない又は不十分である 例 : エパデール S600mg ガスモチン錠 5mg ゼローダ錠 300 薬剤情報提供文書に記載すべき事項が記載されていない ( 後発医薬品に関する情報 ( 在庫の有無 )) ( 情報提供を行った保険薬剤師の氏名 ) ( 保険薬局又は保険薬剤師の連絡先 ) 複数の異なる薬効を有する薬剤について 効能, 効果に関して個々の患者の病状に

49 応じた内容となっていない例が認められた 例 : アーチスト錠 アルマイラー錠 50 ケタスカプセル タケプロン OD 錠 パルギン錠 ヒュミラ皮下注 40mg ランソプラゾール OD 錠 リウマトレックスカプセル リザベンカプセル 重大な副作用の注意事項が記載されていない ( 副作用発現時の対応に関する事項については 患者が理解しやすいように製薬会社作成の注意喚起の説明書等を積極的に活用すること ) 例 : アイデイト錠 アクトス錠 アセトアミノフェン錠 インヴェガ錠 ザイロリック錠 酸化マグネシウム錠 セルセプトカプセル 250 ピオグリタゾン錠 マグミット錠 ラミクタール錠 25mg リーマス錠 ロキソニン錠 8 手帳への記載による情報提供について 不適切である例が認められたので改めること 投薬された薬剤や患者の年齢に応じた内容になっていない 投薬された薬剤により発生すると考えられる症状 ( 相互作用含む ) 等の記載がない 服用に際して注意すべき事項が 投薬された薬剤や患者の病態に応じた内容になっていない 必要な情報が記載された簡潔な文書 ( シール等 ) を患者に交付していない 手帳を持参しなかった患者へ交付したシールについて 次回の貼付確認が不十分 (2) 麻薬管理指導加算 1 指導の要点を薬剤服用歴の記録に記載していない又は不十分な例が認められたので改めること 2 麻薬の服用状況 残薬の状況及び保管状況を確認していない例が認められたので改めること 3 麻薬による疼痛緩和等の効果や副作用の有無の確認が行われていない又は不十分である例が認められたので改めること 4 残薬の取扱方法も含めた保管取扱い上の注意等に関する指導が適切に行われていない例が認められたので改めること (3) 重複投薬 相互作用防止加算 1 一枚の処方せん中の重複投薬等に対して算定している例が認められたので改めること 2 薬剤服用歴の記録に基づき 併用薬との重複投薬及び併用薬 飲食物等との相互作用を防止するために 処方医に対して連絡 確認を行った場合に算定するとなっているが 算定要件を満たしていないものに算定している例が認められたので改めること (4) 特定薬剤管理指導加算 1 特に安全管理が必要な医薬品に該当しない医薬品について算定している例が認められたので改めること 例 : アムロジピン OD 錠 ケナログ口腔用軟膏 0.1% ファモガスト錠 フェブリク錠 フルイトラン錠 2 特に安全管理が必要な医薬品が複数処方されている場合に その全てについての必要な薬学的管理及び指導を行っていない例が認められたので改めること 3 特に安全管理が必要な医薬品について 患者から収集した情報のみが記載されている例が認められたので 患者又はその家族等に当該薬剤が特に安全管理が必要な医薬品である旨を伝え 適切な説明及び指導を行い その内容を薬剤服用歴の記録に具体的に記載するよう改めること 例 : アマリール 1mg 錠 グラクティブ錠 グリメピリド錠 テオフィリン徐放錠 テグレトール錠 ネシーナ錠 ピオグリタゾン錠 ビカルタミド錠 ボグリボース錠 メトグルコ錠 ユーエフティ配合カプセル 4 対象となる医薬品に関して患者又はその家族等に対して確認した内容及び行った指導の要点について 薬剤服用歴の記録に記載されていない例が認められたので改める

50 こと 5 指導内容にかかわらず機械的に一律算定されている傾向が認められたので 算定要件を十分に理解すること (5) 乳幼児服薬指導加算 1 処方せんの受付の際に確認した 乳幼児に係る体重 適切な剤形その他必要な事項について 薬剤服用歴の記録及び手帳に記載していない例が認められたので改めること 2 患者の家族等に対して行った適切な服薬方法 誤飲防止等の必要な服薬指導の要点について 薬剤服用歴の記録及び手帳に記載していないにもかかわらず 6 歳未満の乳幼児の処方に対し一律に乳幼児服薬指導加算を算定しているので改めること (6) 在宅患者訪問薬剤管理指導料 1 心身の特性及び処方薬剤等を踏まえて薬学的管理指導計画書を策定していない例が認められたので改めること 2 薬学的管理指導計画書に実施すべき指導の内容の記載が不十分な例が認められたので改めること 3 薬学的管理指導計画書の策定に当たり 処方医から必要な情報提供を受けていない例が認められたので改めること. 4 算定する日の間隔が 6 日以上となっていない例が認められたので改めること 5 処方医から指示があった場合に適切な対応ができるよう 在宅患者に対する体制を整備していない例が認められたので改めること Ⅲ 請求事務等に関する事項 11 調剤報酬請求 1 保険薬剤師は 必ず処方せん 調剤録 調剤報酬明細書との照合チェックを十分に行うこと 2 調剤報酬明細書の記載方法に不適切な例が認められたので 記載要領を十分に理解すること 例 :1 剤として記載すべき同一薬剤を 2 剤として記載している : 記載不要の 医師の指示通り 等の文言の記載がされている : 医薬品名 用法 剤形 用量 ( 外用薬を除く ) 等を省略している : 医薬品名が 調剤録等に記載されている医薬品名と相違している : 内服薬であるにもかかわらず 外用薬として調剤報酬明細書に記載されていた : 一包化加算の算定対象となる調剤報酬点数欄の加算料欄に 包 と記載すること 12 事務的取扱い (1) 登録 届出事項 1 保険調剤に従事する薬剤師が 保険薬剤師としての登録を受けていない 2 届出事項に変更があった場合は その都度速やかに東北厚生局長へ変更 ( 異動 ) 届を提出すること 例 : 開局日 開局時間 保険薬剤師の異動 ( 常勤 非常勤 ) 管理薬剤師の異動 (2) 掲示事項 1 保険薬局の掲示事項に関して 不適切な例が認められたので改めること 例 : 届出している施設基準に係る事項を掲示していない : 調剤報酬点数表の一覧を掲示していない : 薬剤服用歴管理指導料に関する事項を掲示していない : 個別の調剤報酬の算定項目が分かる明細書の発行の有無に係る掲示をしていな

51 い 2 保険外負担について 費用徴収に係るサービス等の内容及び料金を薬局内の見やすい場所に 患者にとって分かりやすく掲示すること 例 : 患者の希望に基づく一包化の費用 : 容器代を実費徴収する場合の費用 (3) 一部負担金に係る事項 一部負担金の取扱いにおいて 不適切な例が認められたので改めること 例 : 自家調剤に係る患者について 一部負担金未収のまま納入督促も行われていない : 管理簿等の作成がなく未収の一部負担金の管理が不十分である : 薬剤交付前に領収証 明細書を作成し 一部負担金の計算を処方せん受付時に行っている (4) 領収証 明細書に係る事項 1 領収証の様式について 標準例で定められている内容を満たしていないので 各項目について改めること 2 電子請求を行っている保険薬局は 正当な理由がない限り 項目ごとに記載した明細書についても無償で交付すること (5) 薬局の管理 1 後発医薬品の取扱いについて 備蓄に関する体制その他の後発医薬品の調剤に必要な体制の確保に努めること 2 別の薬局からサポートで来ている薬剤師の勤務状況を当該薬局で管理していない不適切な例が認められたので改めること (6) 保険薬局の独立性 薬担規則第 2 条の 3 における 金品その他の財産上の利益 の供与について 便宜供与の事実と誤解されかねない例があるので改めること (7) 薬剤師数 処方せん受付け枚数に比べて保険薬剤師数が不足しているので早急に補充すること (8) その他 1 被保険者証等のコピーを保有することは個人情報保護の観点から好ましくないので行わないよう改めること 2 健康保険法をはじめとする薬剤師法 薬事法等 関係法令に関する理解が不足しているので 習得に努めること

52

53

54

55 [ ] ( ) 1

56 ( ) & [ ]

57 [ ]

58

59 !! ! 1!!! 2.5mg 40.7!! 2mg 185.1!

60 Rp1 1mg 100mg Rp2 10mg Rp3 10mg Rp Rp g 1 0.9g 1 0.3g Rp g 0.6g !! 3! 2! 1!!!!!!!

61 !!!

301226更新 (薬局)平成29 年度に実施した個別指導指摘事項(溶け込み)

301226更新 (薬局)平成29 年度に実施した個別指導指摘事項(溶け込み) 平成 29 年度に実施した個別指導において保険薬局に改善を求めた主な指摘事項 東海北陸厚生局 目次 Ⅰ 調剤全般に関する事項 1 処方せんの取扱い 1 2 処方内容に関する薬学的確認 1 3 調剤 1 4 調剤済処方せんの取扱い 1 5 調剤録等の取扱い 2 Ⅱ 調剤技術料に関する事項 1 調剤料 2 2 一包化加算 2 3 自家製剤加算 2 Ⅲ 薬剤管理料に関する事項 1 薬剤服用歴管理指導料 2

More information

目次 Ⅰ 調剤等に関する事項 1 処方せん 1 2 調剤等 2 3 処方せん 調剤録の保存 3 Ⅱ 調剤技術料に関する事項 1 調剤料 3 2 調剤料又は調剤技術料に係る加算 3 Ⅲ 薬学管理料に関する事項 1 薬剤服用歴管理指導料 3 Ⅳ 薬剤料等の請求 1 薬剤料 5 Ⅴ 事務的事項 1 届出事

目次 Ⅰ 調剤等に関する事項 1 処方せん 1 2 調剤等 2 3 処方せん 調剤録の保存 3 Ⅱ 調剤技術料に関する事項 1 調剤料 3 2 調剤料又は調剤技術料に係る加算 3 Ⅲ 薬学管理料に関する事項 1 薬剤服用歴管理指導料 3 Ⅳ 薬剤料等の請求 1 薬剤料 5 Ⅴ 事務的事項 1 届出事 平成 29 年度に実施した個別指導において保険薬局に改善を求めた主な指摘事項 四国厚生支局 平成 3 0 年 8 月 目次 Ⅰ 調剤等に関する事項 1 処方せん 1 2 調剤等 2 3 処方せん 調剤録の保存 3 Ⅱ 調剤技術料に関する事項 1 調剤料 3 2 調剤料又は調剤技術料に係る加算 3 Ⅲ 薬学管理料に関する事項 1 薬剤服用歴管理指導料 3 Ⅳ 薬剤料等の請求 1 薬剤料 5 Ⅴ 事務的事項

More information

目次 Ⅰ 調剤等に関する事項 1 処方せん 1 2 調剤等 2 3 処方せん 調剤録の保存 3 Ⅱ 調剤技術料に関する事項 1 調剤料 3 2 調剤料又は調剤技術料に係る加算 3 Ⅲ 薬学管理料に関する事項 1 薬剤服用歴管理指導料 3 Ⅳ 事務的事項 1 新規 届出事項 5 2 掲示事項 5 Ⅴ

目次 Ⅰ 調剤等に関する事項 1 処方せん 1 2 調剤等 2 3 処方せん 調剤録の保存 3 Ⅱ 調剤技術料に関する事項 1 調剤料 3 2 調剤料又は調剤技術料に係る加算 3 Ⅲ 薬学管理料に関する事項 1 薬剤服用歴管理指導料 3 Ⅳ 事務的事項 1 新規 届出事項 5 2 掲示事項 5 Ⅴ 平成 26 年度に実施した個別指導に おいて保険薬局に改善を求めた主な 指摘事項 四国厚生支局 平成 2 7 年 8 月 目次 Ⅰ 調剤等に関する事項 1 処方せん 1 2 調剤等 2 3 処方せん 調剤録の保存 3 Ⅱ 調剤技術料に関する事項 1 調剤料 3 2 調剤料又は調剤技術料に係る加算 3 Ⅲ 薬学管理料に関する事項 1 薬剤服用歴管理指導料 3 Ⅳ 事務的事項 1 新規 届出事項 5 2

More information

疑義照会 株式会社ツルハ調剤運営本部薬事教育部髙野紀子 2 薬事法による承認内容と異なる用法 用量の処方 アダラート CR 錠 アムロジン錠 ディオバン錠 カルデナリン錠等の 1 日 2 回投与 ( 承認 ;1 日 1 回 ) プリンペラン錠の食後投与 ( 承認 ; 食前 ) 漢方エキス製剤の食後投

疑義照会 株式会社ツルハ調剤運営本部薬事教育部髙野紀子 2 薬事法による承認内容と異なる用法 用量の処方 アダラート CR 錠 アムロジン錠 ディオバン錠 カルデナリン錠等の 1 日 2 回投与 ( 承認 ;1 日 1 回 ) プリンペラン錠の食後投与 ( 承認 ; 食前 ) 漢方エキス製剤の食後投 医会紹介 旭川日赤会 旭川日赤会会長大山公三 ( 医療法人社団大山内科医院 ) 部会報告 平成 26 年度旭川市医師会女性医師部会研修会 旭川市医師会女性医師部会副部会長林朋子 ( 医療法人社団はやし内科胃腸科小児科医院 ) 旭川日赤会をご紹介致します ( 旭川日赤会につきましては 平成 15 年 12 月の旭医だより 103 に柴野信夫会長のもと一度紹介がなされておりまして 一部重なる部分のあることをご容赦下さい

More information

はじめに 監査について 最新の監査状況については 平成 25 年 1 月 31 日付けで公表 平成 23 年度における保険医療機関等の指導 監査等の実施状況について フッター 2

はじめに 監査について 最新の監査状況については 平成 25 年 1 月 31 日付けで公表 平成 23 年度における保険医療機関等の指導 監査等の実施状況について   フッター 2 最近の指導監査の状況について ~ 保険薬局 保険医療機関 ( 薬剤部関係 ) の主な指摘事項 ~ - 平成 24 年度社会保険指導者研修会 - ( 平成 25 年 3 月 22 日 ) 1 はじめに 監査について 最新の監査状況については 平成 25 年 1 月 31 日付けで公表 平成 23 年度における保険医療機関等の指導 監査等の実施状況について http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002srvj.html

More information

Microsoft Word - 個別指導主な指摘事項一覧(薬局)(26年度実施)

Microsoft Word - 個別指導主な指摘事項一覧(薬局)(26年度実施) 平成 26 年度に実施した個別指導において保険薬局に改善を求めた主な指摘事項 東海北陸厚生局 目 次 Ⅰ 調剤全般に関する事項 1 処方せんの取扱い 1 2 処方内容の変更 1 3 処方内容に関する薬学的確認 1 4 調剤 4 5 調剤済処方せんの取扱い 5 6 調剤録等の取扱い 5 Ⅱ 調剤技術料に関する事項 1 基準調剤加算 5 2 嚥下困難者用製剤加算 6 3 一包化加算 6 4 自家製剤加算

More information

平成 29 年度版として各県の項目を統合したものです 平成 29 年度に実施した個別指導におい て保険薬局 ( 調剤 ) に改善を求めた主な 指摘事項 東北厚生局 平成 31 年 3 月

平成 29 年度版として各県の項目を統合したものです 平成 29 年度に実施した個別指導におい て保険薬局 ( 調剤 ) に改善を求めた主な 指摘事項 東北厚生局 平成 31 年 3 月 平成 29 年度版として各県の項目を統合したものです 平成 29 年度に実施した個別指導におい て保険薬局 ( 調剤 ) に改善を求めた主な 指摘事項 東北厚生局 平成 31 年 3 月 目次 Ⅰ 調剤全般に関する事項 1 処方せんの取扱い P1 2 処方内容の変更 P1 3 処方内容に関する薬学的確認 P1~2 4 後発医薬品への変更調剤 P2 5 調剤済処方せんの取扱い P3 6 調剤録の取扱い

More information

目 次 Ⅰ 調剤等に関する事項 1 処方せん 1 2 調剤等 4 3 処方せん 調剤録の保存 4 Ⅱ 調剤技術料に関する事項 1 基準調剤加算 4 2 調剤料 4 3 調剤料又は調剤技術料に係る加算 4 4 後発医薬品の調剤 5 Ⅲ 薬学管理料に関する事項 1 薬剤服用歴管理指導料 5 2 服薬情報

目 次 Ⅰ 調剤等に関する事項 1 処方せん 1 2 調剤等 4 3 処方せん 調剤録の保存 4 Ⅱ 調剤技術料に関する事項 1 基準調剤加算 4 2 調剤料 4 3 調剤料又は調剤技術料に係る加算 4 4 後発医薬品の調剤 5 Ⅲ 薬学管理料に関する事項 1 薬剤服用歴管理指導料 5 2 服薬情報 平成 27 年度に実施した個別指導において保険薬局に改善を求めた主な指摘事項 四国厚生支局 平成 2 8 年 3 月 目 次 Ⅰ 調剤等に関する事項 1 処方せん 1 2 調剤等 4 3 処方せん 調剤録の保存 4 Ⅱ 調剤技術料に関する事項 1 基準調剤加算 4 2 調剤料 4 3 調剤料又は調剤技術料に係る加算 4 4 後発医薬品の調剤 5 Ⅲ 薬学管理料に関する事項 1 薬剤服用歴管理指導料

More information

目次 Ⅰ 調剤と調剤技術料に関する事項 1 処方内容の薬学的確認 P1~5 2 処方内容の変更 P5~5 3 後発医薬品への変更調剤 P5~5 4 分割調剤 P5~5 5 処方せんの取扱い P5~6 6 調剤済の処方せんの取扱い P6~7 7 調剤録の取扱い P7~8 8 調剤技術料 P8~10 Ⅱ

目次 Ⅰ 調剤と調剤技術料に関する事項 1 処方内容の薬学的確認 P1~5 2 処方内容の変更 P5~5 3 後発医薬品への変更調剤 P5~5 4 分割調剤 P5~5 5 処方せんの取扱い P5~6 6 調剤済の処方せんの取扱い P6~7 7 調剤録の取扱い P7~8 8 調剤技術料 P8~10 Ⅱ 平成 26 年度版として各県の項目を統合したものです 平成 26 年度に実施した個別指導において保険薬局に改善を求めた主な指摘事項 東北厚生局平成 2 8 年 6 月 目次 Ⅰ 調剤と調剤技術料に関する事項 1 処方内容の薬学的確認 P1~5 2 処方内容の変更 P5~5 3 後発医薬品への変更調剤 P5~5 4 分割調剤 P5~5 5 処方せんの取扱い P5~6 6 調剤済の処方せんの取扱い P6~7

More information

保険QA_ _第1章.indd

保険QA_ _第1章.indd 28 Q&A 目次 第 1 章調剤技術料 調剤基本料 Q1 Q23 平成 28 年度改定による変更点 Q1 Q4 2 処方せん受付, 受付回数 Q5 Q9 10 算定点数 Q10 Q12 14 妥結率 Q13 16 基準調剤加算 Q14 18 後発医薬品調剤体制加算 Q15 Q16 18 分割調剤 Q17 Q23 19 調剤料 Q24 Q112 平成 28 年度改定による変更点 Q24 31 内服薬

More information

目 次 Ⅰ 調 剤 と 調 剤 技 術 料 に 関 する 事 項 1 処 方 内 容 の 薬 学 的 確 認 P1~4 2 処 方 内 容 の 変 更 P4~4 3 後 発 医 薬 品 への 変 更 調 剤 P4~5 4 分 割 調 剤 P5~5 5 処 方 せんの 取 扱 い P5~5 6 調 剤

目 次 Ⅰ 調 剤 と 調 剤 技 術 料 に 関 する 事 項 1 処 方 内 容 の 薬 学 的 確 認 P1~4 2 処 方 内 容 の 変 更 P4~4 3 後 発 医 薬 品 への 変 更 調 剤 P4~5 4 分 割 調 剤 P5~5 5 処 方 せんの 取 扱 い P5~5 6 調 剤 平 成 25 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 薬 局 に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 東 北 厚 生 局 平 成 26 年 12 月 目 次 Ⅰ 調 剤 と 調 剤 技 術 料 に 関 する 事 項 1 処 方 内 容 の 薬 学 的 確 認 P1~4 2 処 方 内 容 の 変 更 P4~4 3 後 発 医 薬 品 への 変 更 調 剤 P4~5 4

More information

目 次 Ⅰ 調剤全般に関する事項 1 処方せんの取扱い 1 2 処方内容の変更 1 3 処方内容に関する薬学的確認 2 4 調剤 4 5 調剤済処方せんの取扱い 5 6 調剤録の取扱い 5 7 処方せん及び調剤録の保存 6 Ⅱ 調剤技術料に関する事項 1 調剤基本料 6 2 後発医薬品調剤体制加算

目 次 Ⅰ 調剤全般に関する事項 1 処方せんの取扱い 1 2 処方内容の変更 1 3 処方内容に関する薬学的確認 2 4 調剤 4 5 調剤済処方せんの取扱い 5 6 調剤録の取扱い 5 7 処方せん及び調剤録の保存 6 Ⅱ 調剤技術料に関する事項 1 調剤基本料 6 2 後発医薬品調剤体制加算 平成 27 年度に実施した個別指導において 保険薬局に改善を求めた主な指摘事項 中国四国厚生局 目 次 Ⅰ 調剤全般に関する事項 1 処方せんの取扱い 1 2 処方内容の変更 1 3 処方内容に関する薬学的確認 2 4 調剤 4 5 調剤済処方せんの取扱い 5 6 調剤録の取扱い 5 7 処方せん及び調剤録の保存 6 Ⅱ 調剤技術料に関する事項 1 調剤基本料 6 2 後発医薬品調剤体制加算 6 3

More information

Point

Point 2017 年 7 月 6 日 19:00~ 滋賀医科大学臨床講義室 1 疑義照会簡素化プロトコル説明会 滋賀医科大学医学部附属病院薬剤部炭昌樹 疑義照会簡素化プロトコルとは? 目的 調剤上の形式的な照会を簡素化して 患者待ち時間の短縮 保険薬局薬剤師 処方医の業務負担を軽減する 薬物療法の安全性の向上 患者指導 残薬対策等の充実を図る 疑義照会簡素化プロトコルとは? 薬剤師法第 23 条 2 項薬剤師は

More information

Microsoft Word 【反映版】平成28年度の指摘事項

Microsoft Word 【反映版】平成28年度の指摘事項 平成 28 年度版として各県の項目を統合したものです 平成 28 年度に実施した個別指導において保 険薬局に改善を求めた主な指摘事項 東北厚生局平成 30 年 2 月 目次 Ⅰ 調剤全般に関する事項 1 処方せんの取扱い P1 2 処方内容の変更 P1~2 3 処方内容に関する薬学的確認 P2~6 4 後発医薬品への変更調剤 P7 5 調剤済処方せんの取扱い P7~8 6 調剤録の取扱い P8~9

More information

2 成分が同一の剤形変更 例 タケプロンOD 錠 15mg タケプロンカプセル 15mg ユリーフOD 錠 4mg ユリーフ錠 4mg コカールドライシロップ 40% カロナール細粒 20% ( 粉砕 ) レボフロキサシン錠 500mg レボフロキサシン細粒 10% 患者に説明 ( 価格 服用方法等

2 成分が同一の剤形変更 例 タケプロンOD 錠 15mg タケプロンカプセル 15mg ユリーフOD 錠 4mg ユリーフ錠 4mg コカールドライシロップ 40% カロナール細粒 20% ( 粉砕 ) レボフロキサシン錠 500mg レボフロキサシン細粒 10% 患者に説明 ( 価格 服用方法等 院外処方箋における疑義照会簡素化プロトコル 八尾薬薬連携版 ( 処方変更に係る原則 ) 先発医薬品において 変更不可 の欄にチェックがあり かつ保険医署名欄に処方医の署名又は記名 押印がある場合は 処方薬を後発医薬品に変更できない 含量規格変更不可 又は 剤形変更不可 の記載がある場合は その指示に従う 処方変更は 各医薬品の適応及び用法用量を遵守した変更とすること また安定性や溶解性 体内動態等を考慮し

More information

2 成分が同一の剤形変更 例 タケプロンOD 錠 15mg タケプロンカプセル 15mg ユリーフOD 錠 4mg ユリーフ錠 4mg コカールドライシロップ 40% カロナール細粒 20% ( 粉砕 ) レボフロキサシン錠 500mg レボフロキサシン細粒 10% 患者に説明 ( 価格 服用方法等

2 成分が同一の剤形変更 例 タケプロンOD 錠 15mg タケプロンカプセル 15mg ユリーフOD 錠 4mg ユリーフ錠 4mg コカールドライシロップ 40% カロナール細粒 20% ( 粉砕 ) レボフロキサシン錠 500mg レボフロキサシン細粒 10% 患者に説明 ( 価格 服用方法等 院外処方箋における疑義照会簡素化プロトコル 八尾薬薬連携版 ( 処方変更に係る原則 ) 先発医薬品において 変更不可 の欄にチェックがあり かつ保険医署名欄に処方医の署名又は記名 押印がある場合は 処方薬を後発医薬品に変更できない 含量規格変更不可 又は 剤形変更不可 の記載がある場合は その指示に従う 処方変更は 各医薬品の適応及び用法用量を遵守した変更とすること また安定性や溶解性 体内動態等を考慮し

More information

Ⅱ 調剤録等の取扱いについて

Ⅱ 調剤録等の取扱いについて 調剤報酬明細書の記載要領 について 鹿児島県薬剤師会 薬局機能委員会 委員長西島徹 1 調剤報酬請求書 ( 様式第 4) 2 調剤報酬明細書 ( 様式第 5) 医療保険と公費の併用の場合 ( その 1) 処方欄と単位薬剤料欄の記載の記載 同一明細書の同一 処方 欄において 医療保険と公費負担医療の支給薬剤が異なる場合は 当該 処方 欄の公費負担医療に係る分にアンダーラインを付すこと 医療保険と公費負担医療の支給薬剤が異なる場合は

More information

Microsoft PowerPoint - 【厚労省】説明資料_ pptx

Microsoft PowerPoint - 【厚労省】説明資料_ pptx 診療報酬 ( 調剤技術料 ) 平成 29 年 11 月 16 日 ( 木 ) 厚生労働省保険局 調剤技術料の評価内容と患者メリット 医師が患者に処 箋を交付し 薬局の薬剤師がその処 箋に基づき調剤を い 医師と薬剤師が独 した 場で業務を分担し 薬物療法の有効性及び安全性の向上を通じ 国 医療の質的向上を図る 薬局の薬剤師は 患者の薬歴管理を い 重複投薬 相互作 の有無を確認し 患者に適した薬となるよう医師と調整するとともに

More information

3 電子情報処理組織の使用による請求又は光ディスク等を用いた請求により療養の給付費等の請求を行うこと ( 以下 レセプト電子請求 という ) が義務付けられた保険医療機関 ( 正当な理由を有する400 床未満の病院及び診療所を除く なお 400 床未満の病院にあっては 平成 27 年度末までに限る

3 電子情報処理組織の使用による請求又は光ディスク等を用いた請求により療養の給付費等の請求を行うこと ( 以下 レセプト電子請求 という ) が義務付けられた保険医療機関 ( 正当な理由を有する400 床未満の病院及び診療所を除く なお 400 床未満の病院にあっては 平成 27 年度末までに限る 保発 0305 第 2 号平成 26 年 3 月 5 日 地方厚生 ( 支 ) 局長 都道府県知事 殿 厚生労働省保険局長 ( 公印省略 ) 医療費の内容の分かる領収証及び個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書の交付について 標記については 保険医療機関及び保険医療養担当規則等の一部を改正する省令 ( 平成 26 年厚生労働省令第 17 号 ) 及び高齢者の医療の確保に関する法律の規定による療養の給付等の取扱い及び担当に関する基準及び高齢者の医療の確保に関する法律の規定による療養の給付等の取扱い及び担当に関する基準の一部を改正する件の一部を改正する告示

More information

201601

201601 2016年1月 事例1 内服薬調剤 規格 剤形間違いに関する事例 事例番号 000000045723 後発医薬品への変更を希望している患者 今回 マイスリー錠5mgから10mgに変更になったが 入力者 調剤者ともに変更に気付かず ゾルピデム酒石酸塩錠5mg DSP にて入力 調剤した また 鑑査者も 規格の変更に気付かなかった 交付時に患者から指摘を受けて間違いがわかり 訂正した 患者は処方日数の調整を希望し

More information

Microsoft Word - 07【再訂正最終版】平成27年度個別指導における主な指摘事項(薬局)

Microsoft Word - 07【再訂正最終版】平成27年度個別指導における主な指摘事項(薬局) 平成 27 年度版として各県の項目を統合したものです 平成 27 年度に実施した個別指導において保険薬局に改善を求めた主な指摘事項 東北厚生局平成 29 年 2 月 目次 Ⅰ 調剤全般に関する事項 1 処方せんの取扱い P1~1 2 処方内容の変更 P2~2 3 処方内容に関する薬学的確認 P2~7 4 後発医薬品への変更調剤 P7~7 5 調剤済の処方せんの取扱い P7~8 6 調剤録の取扱い P8~9

More information

05【最終版】平成27年度個別指導における主な指摘事項(薬局)

05【最終版】平成27年度個別指導における主な指摘事項(薬局) 平成 27 年度版として各県の項目を統合したものです 平成 27 年度に実施した個別指導において保険薬局に改善を求めた主な指摘事項 東北厚生局平成 29 年 2 月 目次 Ⅰ 調剤全般に関する事項 1 処方せんの取扱い P1~1 2 処方内容の変更 P2~2 3 処方内容に関する薬学的確認 P2~7 4 後発医薬品への変更調剤 P7~7 5 調剤済の処方せんの取扱い P7~8 6 調剤録の取扱い P8~9

More information

平成 30 年度調剤報酬改定に係る 都薬によくある問い合わせ ( 平成 28 年 ) 調剤基本料 1 ( 平成 30 年 ) 調剤基本料 1 の場合は提出不要 様式 87 の 3 地域支援体制加算の施設基準に係る届出書添付書類 2 麻薬小売業者免許証の番号 ( 届出する全薬局 ) 該当番号を記載 3

平成 30 年度調剤報酬改定に係る 都薬によくある問い合わせ ( 平成 28 年 ) 調剤基本料 1 ( 平成 30 年 ) 調剤基本料 1 の場合は提出不要 様式 87 の 3 地域支援体制加算の施設基準に係る届出書添付書類 2 麻薬小売業者免許証の番号 ( 届出する全薬局 ) 該当番号を記載 3 至急事務連絡 地区薬剤師会医療保険担当役員殿 平成 30 年 4 月 9 日 公益社団法人東京都薬剤師会 常務理事 山田純一 特掲診療料の施設基準に係る届出書の記載方法等について ( 追加連絡 ) 平素は当会の会務推進にご尽力賜り心より御礼申し上げます さて 今般の調剤報酬改定に伴い 標記届出に関する記載方法を平成 30 年 4 月 6 日付でご案内をしたところですが 本日 関東信越厚生局東京事務所より後発医薬品の調剤割合に関しまして追加連絡がありました

More information

に 正当な理由がない限り無償で交付しなければならないものであるとともに 交付が義務付けられている領収証は 指定訪問看護の費用額算定表における訪問看護基本療養費 訪問看護管理療養費 訪問看護情報提供療養費及び訪問看護ターミナルケア療養費の別に金額の内訳の分かるものとし 別紙様式 4を標準とするものであ

に 正当な理由がない限り無償で交付しなければならないものであるとともに 交付が義務付けられている領収証は 指定訪問看護の費用額算定表における訪問看護基本療養費 訪問看護管理療養費 訪問看護情報提供療養費及び訪問看護ターミナルケア療養費の別に金額の内訳の分かるものとし 別紙様式 4を標準とするものであ 保発 0 3 0 5 第 2 号 平成 3 0 年 3 月 5 日 地方厚生 ( 支 ) 局長 都道府県知事 殿 厚生労働省保険局長 ( 公印省略 ) 医療費の内容の分かる領収証及び個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書の交付について 標記については 電子情報処理組織の使用による請求又は光ディスク等を用いた請求により療養の給付費等の請求を行うこと ( 以下 レセプト電子請求 という ) が義務付けられた保険医療機関及び保険薬局において

More information

目 次 Ⅰ 調 剤 と 調 剤 技 術 料 1 調 剤 内 容 について P 1~ 2 2 処 方 せんの 取 扱 いについて P 3~ 3 3 調 剤 済 処 方 せんの 取 扱 いについて P 3~ 3 4 調 剤 録 の 取 扱 いについて P 3~ 3 5 調 剤 技 術 料 について P

目 次 Ⅰ 調 剤 と 調 剤 技 術 料 1 調 剤 内 容 について P 1~ 2 2 処 方 せんの 取 扱 いについて P 3~ 3 3 調 剤 済 処 方 せんの 取 扱 いについて P 3~ 3 4 調 剤 録 の 取 扱 いについて P 3~ 3 5 調 剤 技 術 料 について P 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 薬 局 に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 東 北 厚 生 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 調 剤 と 調 剤 技 術 料 1 調 剤 内 容 について P 1~ 2 2 処 方 せんの 取 扱 いについて P 3~ 3 3 調 剤 済 処 方 せんの 取 扱 いについて P 3~ 3 4 調 剤 録

More information

<4D F736F F F696E74202D202888F38DFC AB38ED28FEE95F182CC8BA4974C82C98AD682B782E B D B2E >

<4D F736F F F696E74202D202888F38DFC AB38ED28FEE95F182CC8BA4974C82C98AD682B782E B D B2E > // 広島県地域保健対策協議会医薬品の適正使用検討特別委員会講演会 患者情報の共有に関するアンケート ( 平成 年 月 ~ 月実施 ) 薬剤師 /,0 医師 / 歯科医師 0/ 看護師 / ( 訪問看護ステーション ) 薬剤師 Ⅰ- 薬剤師 Ⅰ- 医師 歯科医師と共有すると有用な情報は? 医師 歯科医師と共有することができるとしたら, 副作用の早期発見や未然防止, 医薬品の適正使用のために有用なのは?

More information

Ⅲ名称類似に関する事 その他の事例 5 (0.3%) (0.6%) (0.4%) (0.5%) (0.5%) 例 Ⅲ 事例の分析 薬局ヒヤリ ハット事例収集 分析事業 名称類似に関する事例 2017 年年報 2. 報告件数 2017 年の報告件数および報告事例の

Ⅲ名称類似に関する事 その他の事例 5 (0.3%) (0.6%) (0.4%) (0.5%) (0.5%) 例 Ⅲ 事例の分析 薬局ヒヤリ ハット事例収集 分析事業 名称類似に関する事例 2017 年年報 2. 報告件数 2017 年の報告件数および報告事例の 2017 年年報 名称類似に関する事例 名称類似に関する事例 はじめに 医薬品の販売名の中には 名称が類似しているものがあり それらの間での薬剤取り違えの事例が報告されている 特に 薬効が異なる薬剤と取り違えた場合や ハイリスク薬を取り違えた場合は医療事故につながる可能性がある 本事業では 平成 21 年年報より 名称類似に関する事例を分析テーマとして取り上げ 継続して分析を行っている 名称類似に関する事いる後発医薬品については一般的名称別に

More information

Microsoft Word - 薬局個別指導指摘事項一覧

Microsoft Word - 薬局個別指導指摘事項一覧 平成 25 年度に実施した個別指導において保険薬局に改善を求めた主な指摘事項 東海北陸厚生局 目次 Ⅰ 調剤全般に関する事項 1 処方せんの取扱い 1 2 調剤録等の取扱い 6 3 調剤済処方せんの取扱い 6 Ⅱ 調剤技術料に関する事項 4 基準調剤加算 7 5 調剤料 7 6 嚥下困難者用製剤加算 7 7 一包化加算 7 8 調剤料の夜間 休日等加算 8 9 自家製剤加算 8 10 計量混合調剤加算

More information

により算定する ただし 処方せんの受付回 数が 1 月に 600 回以下の保険薬局を除く により算定する 注の削除 注 4 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合 ( 削除 ) しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険薬局において調剤した場合には 基準調剤加算として所定点数に32 点を加算する

により算定する ただし 処方せんの受付回 数が 1 月に 600 回以下の保険薬局を除く により算定する 注の削除 注 4 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合 ( 削除 ) しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険薬局において調剤した場合には 基準調剤加算として所定点数に32 点を加算する 3 調剤報酬点数表 項目現行改正案 第 1 節 調剤技術料 00 調剤基本料 ( 処方箋の受付 1 回 につき ) 項目の見直し 1 調剤基本料 1 41 点 1 調剤基本料 1 41 点 2 調剤基本料 2 25 点 2 調剤基本料 2 25 点 3 調剤基本料 3 20 点 3 調剤基本料 3 4 調剤基本料 4 31 点 イ 同一グループの保険薬局 ( 財務上又は営業 5 調剤基本料 5 19

More information

【案5】H29年度 調剤医療費の動向_プレスリリース

【案5】H29年度 調剤医療費の動向_プレスリリース Press Release 報道関係者各位 30 年 9 月 21 日 照会先 保険局調査課課長山内孝一郎 ( 内線 :3291) 数理企画官仲津留隆 ( 内線 :3293) 担当係医療機関医療費係 ( 内線 :3298) 電話 :03-5253-1111( 代表 ) 03-3595-2579( 直通 ) 調剤医療費 ( 電算処理分 ) の動向 を公表します 厚生労働省では 毎月 調剤医療費の動向及び薬剤の使用状況等を迅速に把握するために

More information

目次 Ⅰ 調剤と調剤技術料の請求 1 1. 処方せんの取扱いについて 2. その他 Ⅱ 薬学管理料 6 Ⅲ 調剤録等の取扱いについて 11 Ⅳ 調剤内容について 11 Ⅴ 事務的事項について 12 Ⅵ その他 15

目次 Ⅰ 調剤と調剤技術料の請求 1 1. 処方せんの取扱いについて 2. その他 Ⅱ 薬学管理料 6 Ⅲ 調剤録等の取扱いについて 11 Ⅳ 調剤内容について 11 Ⅴ 事務的事項について 12 Ⅵ その他 15 平成 22 年度に実施した個別指導において 保険薬局に改善を求めた主な指摘事項 九州厚生局 目次 Ⅰ 調剤と調剤技術料の請求 1 1. 処方せんの取扱いについて 2. その他 Ⅱ 薬学管理料 6 Ⅲ 調剤録等の取扱いについて 11 Ⅳ 調剤内容について 11 Ⅴ 事務的事項について 12 Ⅵ その他 15 Ⅰ 調剤と調剤技術料の請求 1. 処方せんの取扱いについて (1) 処方せん受付及び処方内容に関する事項

More information

平成 22 年 調剤報酬改定説明会 主催社団法人茨城県薬剤師会 本日の配布資料は 診療報酬改定に関わる膨大な資料の中から 保険薬局に関係する部分を取りまとめたものです スライドの説明順とは必ずしも一致しませんので ご了承ください 1/41

平成 22 年 調剤報酬改定説明会 主催社団法人茨城県薬剤師会 本日の配布資料は 診療報酬改定に関わる膨大な資料の中から 保険薬局に関係する部分を取りまとめたものです スライドの説明順とは必ずしも一致しませんので ご了承ください 1/41 平成 22 年 調剤報酬改定説明会 主催社団法人茨城県薬剤師会 本日の配布資料は 診療報酬改定に関わる膨大な資料の中から 保険薬局に関係する部分を取りまとめたものです スライドの説明順とは必ずしも一致しませんので ご了承ください 1/41 平成 22 年度調剤報酬改定の内容 1. 後発医薬品使用促進に関連する改定 2. 調剤技術料に関する改定 3. 薬学管理料に関する改定 4. 明細書発行の義務化

More information

別添 1 平成 21 年度における保険医療機関等の指導及び監査の実施状況 平成 21 年度における保険医療機関等の指導及び監査の実施状況について ( 概況 ) ( 出典厚生労働省 HP:

別添 1 平成 21 年度における保険医療機関等の指導及び監査の実施状況 平成 21 年度における保険医療機関等の指導及び監査の実施状況について ( 概況 ) ( 出典厚生労働省 HP: 最近の指導監査の状況について - 平成 23 年度社会保険指導者研修会 - ( 平成 23 年 11 月 5 日 ) 別添 1 平成 21 年度における保険医療機関等の指導及び監査の実施状況 平成 21 年度における保険医療機関等の指導及び監査の実施状況について ( 概況 ) ( 出典厚生労働省 HP: http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000z4fa.html)

More information

< F2D F289BF8AEE8F808D908EA CA926D>

< F2D F289BF8AEE8F808D908EA CA926D> 保医発 0912 第 1 号平成 23 年 9 月 12 日 地方厚生 ( 支 ) 局医療課長都道府県民生主管部 ( 局 ) 国民健康保険主管課 ( 部 ) 長都道府県後期高齢者医療主管部 ( 局 ) 後期高齢者医療主管課 ( 部 ) 長 殿 厚生労働省保険局医療課長 使用薬剤の薬価 ( 薬価基準 ) 等の一部改正について 使用薬剤の薬価( 薬価基準 ) ( 平成 20 年厚生労働省告示第 60 号

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 日医工 MPI 行政情報 http://www.nichiiko.co.jp/stu-ge/ 一包化加算と外来服薬支援料 日医工株式会社事業開発部 MPI グループ構成 :( 公社 ) 日本医業経営コンサルタント協会認定登録番号第 4828 長岡俊広日医工株式会社学術部作成 :( 公社 ) 日本医業経営コンサルタント協会認定登録番号第 6345 寺坂裕美日医工医業経営研究所 ( 日医工 MPI) 監修

More information

<4D F736F F F696E74202D208DC58BDF82CC8E7793B18AC48DB882CC8FF38BB582C982C282A282C >

<4D F736F F F696E74202D208DC58BDF82CC8E7793B18AC48DB882CC8FF38BB582C982C282A282C > 健康保険法に基づく指導 監査について 指導 ( 健康保険法第 73 条等 ) 保険調剤の質的向上と適正化を図ることを目的として行う 最近の指導監査の状況について資料 P60 参照 保険講習会テキスト資料 P115~ ( 保険調剤の概念 ) 1 集団指導 新規 1 年以内の教育的指導 ( 現在は指定後半年で実施している ) 診療報酬改定時に行われるもの 保険調剤は契約調剤であり保険者との公法上の契約である

More information

後発医薬品への変更調剤について

後発医薬品への変更調剤について 後発医薬品への変更調剤 について 平成 24 年 4 月日本薬剤師会 報告事例 1 変更調剤 平成 21 年 年報 ( 平成 22 年 10 月 5 日公表 ) より 報告事例 1 変更調剤 平成 21 年 年報 ( 平成 22 年 10 月 5 日公表 ) より 背景 要因 これまで何ヶ月も後発医薬品で調剤しており 本人が後発医薬品を強く希望していたこともあって 処方箋が後発医薬品変更可となっているかをあまり確認せず

More information

院外処方箋記載マニュアル

院外処方箋記載マニュアル 院外処方せんマニュアル 平成 26 年 4 月 八尾市立病院 1. 対象患者 (1) 院外処方せんで対応する患者 ( 院外調剤 ) 次の患者は 院外処方せんで対応します 外来患者 院内全職員 (2) 院外処方せんで対応しない患者 ( 院内調剤 ) 次の患者は 基本的に院内処方せんで対応します 入院中の患者 ( 退院時を含む ) 入院患者の他科受診 時間外救急外来で受診した患者 ( 救急外来 小児救急

More information

ニ後発医薬品の使用に積極的に取り組んでいる旨を当該保険医療機関の見やすい場所に掲示している こと 4 施設基準 通知 第 36 の 3 外来後発医薬品使用体制加算 1 外来後発医薬品使用体制加算に関する施設基準 (1) 診療所であって 薬剤部門又は薬剤師が後発医薬品の品質 安全性 安定供給体制等の情

ニ後発医薬品の使用に積極的に取り組んでいる旨を当該保険医療機関の見やすい場所に掲示している こと 4 施設基準 通知 第 36 の 3 外来後発医薬品使用体制加算 1 外来後発医薬品使用体制加算に関する施設基準 (1) 診療所であって 薬剤部門又は薬剤師が後発医薬品の品質 安全性 安定供給体制等の情 平成 28 年度診療報酬改定外来後発医薬品使用体制加算 1 点数 告示 F100 処方料注 11 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において投薬を行った場合には 外来後発医薬品使用体制加算として 当該基準に係る区分に従い 1 処方につき次に掲げる点数をそれぞれ加算する イ外来後発医薬品使用体制加算 1 4 点ロ外来後発医薬品使用体制加算 2

More information

20140901

20140901 2014年9月 事例1 注射薬調剤 薬剤取違えに関する事例 事例番号 000000039234 ノボラピッド注フレックスペンの処方のところ レベミル注フレックスペンで調剤した 交付時に誤りに気付 き 訂正して渡した 休憩時間がずれ込み薬剤師1人 事務員1人の少ない人数で業務していた 患者からの問い合わせの電話があ り薬剤師が応対し 交付を待つ患者の処方の調剤鑑査ができていなかった 急いでいる患者が

More information

1 分析の主旨 ビタミン剤 うがい薬 湿布薬 保湿剤に関しては 医療費適正化の観点か ら 診療報酬改定で様々な対応を行ってきている 本分析は 2012 年度から2016 年度 ( 平成 24 年度から平成 28 年度 ) の調剤レセプトのデータを用いて これらの医薬品の薬剤料 数量等の推移を示したも

1 分析の主旨 ビタミン剤 うがい薬 湿布薬 保湿剤に関しては 医療費適正化の観点か ら 診療報酬改定で様々な対応を行ってきている 本分析は 2012 年度から2016 年度 ( 平成 24 年度から平成 28 年度 ) の調剤レセプトのデータを用いて これらの医薬品の薬剤料 数量等の推移を示したも 特定の医薬品の薬剤料等の推移について 保険局調査課 ( 平成 30 年 5 月 ) 2012 年 4 月から 2017 年 3 月調剤分 (2012 年 5 月から 2017 年 4 月審査分 ) の調剤レセプト ( 電算処理分 ) のデータを用いて ビタミン剤 うがい薬 湿布薬 保湿剤の薬剤料等の推移を示したものである 1 分析の主旨 ビタミン剤 うがい薬 湿布薬 保湿剤に関しては 医療費適正化の観点か

More information

Ⅲ-3 試用医薬品に関する基準 平成 10 年 1 月 20 日公正取引委員会届出改定平成 13 年 3 月 19 日公正取引委員会届出改定平成 16 年 5 月 25 日公正取引委員会届出改定平成 17 年 3 月 29 日公正取引委員会届出改定平成 26 年 6 月 16 日公正取引委員会 消費

Ⅲ-3 試用医薬品に関する基準 平成 10 年 1 月 20 日公正取引委員会届出改定平成 13 年 3 月 19 日公正取引委員会届出改定平成 16 年 5 月 25 日公正取引委員会届出改定平成 17 年 3 月 29 日公正取引委員会届出改定平成 26 年 6 月 16 日公正取引委員会 消費 Ⅲ-3 試用医薬品に関する基準 平成 10 年 1 月 20 日公正取引委員会届出改定平成 13 年 3 月 19 日公正取引委員会届出改定平成 16 年 5 月 25 日公正取引委員会届出改定平成 17 年 3 月 29 日公正取引委員会届出改定平成 26 年 6 月 16 日公正取引委員会 消費者庁長官届出 本基準は規約第 5 条第 3 号 施行規則第 2 条 ( 試用医薬品提供基準 ) に基づくものである

More information

Microsoft Word - 平成28年度診療報酬改定における主要改定項目.docx

Microsoft Word - 平成28年度診療報酬改定における主要改定項目.docx 平成 28 年 3 月 4 日 平成 28 年度診療報酬改定における主要改定項目 ( 病院 診療所薬剤師関係 ) 一般社団法人日本病院薬剤師会 1. 入院基本料 病棟薬剤業務実施加算新設病棟薬剤業務実施加算 2 80 点 (1 日につき ) [ 算定要件 ] 病棟薬剤業務実施加算 2 救命救急入院料 特定集中治療室管理料 脳卒中ケアユニット入院医療管理料 小児特定集中治療室管理料 新生児特定集中治療室管理料又は総合周産期特定集中治療室管理料を算定する治療室において

More information

H27ヒヤリ・ハット年報本文.indb

H27ヒヤリ・ハット年報本文.indb 共有すべき事例 の再発 類似事例 はじめに本事業では 報告されたヒヤリ ハット事例の中から 特に 広く医療安全対策に有用な情報として共有することが必要であると思われる事例を 総合評価部会委員によって 共有すべき事例 として選定し 委員からの意見 事例のポイント を付してホームページに掲載している しかし 一度注意喚起したことによって同種の事例の発生がなくなることは容易ではないことから 基本的で重要と考えられる内容を繰り返し情報提供することが必要であると思われる

More information

目 次 Ⅰ 調 剤 等 に 関 する 事 項 1 処 方 せん 1 2 調 剤 等 4 3 処 方 せん 調 剤 録 の 保 存 4 Ⅱ 調 剤 技 術 料 に 関 する 事 項 1 基 準 調 剤 加 算 4 2 調 剤 料 4 3 調 剤 料 又 は 調 剤 技 術 料 に 係 る 加 算 4

目 次 Ⅰ 調 剤 等 に 関 する 事 項 1 処 方 せん 1 2 調 剤 等 4 3 処 方 せん 調 剤 録 の 保 存 4 Ⅱ 調 剤 技 術 料 に 関 する 事 項 1 基 準 調 剤 加 算 4 2 調 剤 料 4 3 調 剤 料 又 は 調 剤 技 術 料 に 係 る 加 算 4 平 成 27 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 薬 局 に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 2 8 年 3 月 目 次 Ⅰ 調 剤 等 に 関 する 事 項 1 処 方 せん 1 2 調 剤 等 4 3 処 方 せん 調 剤 録 の 保 存 4 Ⅱ 調 剤 技 術 料 に 関 する 事 項 1 基 準 調 剤 加 算 4 2 調

More information

① 事務連絡 平成 28 年 3 月 31 日 地方厚生 ( 支 ) 局医療課都道府県民生主管部 ( 局 ) 国民健康保険主管課 ( 部 ) 都道府県後期高齢者医療主管部 ( 局 ) 後期高齢者医療主管課 ( 部 ) 御中 厚生労働省保険局医療課 疑義解釈資料の送付について ( その 1) 診療報酬の算定方法の一部を改正する件 ( 平成 28 年厚生労働省告示第 52 号 ) 等については 診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について

More information

かかりつけ薬剤師について 新 かかりつけ薬剤師指導料 70 点 かかりつけ薬剤師 薬局の評価一元的 継続的な服薬管理の評価 主な算定要件 患者の同意が必要 同意を得た次の来局時以降に算定可能となる 患者の署名付きの同意書を作成した上で保管し 患者の薬剤服用歴にその旨を記載すること 患者 1 人に対し

かかりつけ薬剤師について 新 かかりつけ薬剤師指導料 70 点 かかりつけ薬剤師 薬局の評価一元的 継続的な服薬管理の評価 主な算定要件 患者の同意が必要 同意を得た次の来局時以降に算定可能となる 患者の署名付きの同意書を作成した上で保管し 患者の薬剤服用歴にその旨を記載すること 患者 1 人に対し 平成 28 年度診療報酬改定速報 ( 調剤 ) 28.2.10 個別改定項目に基づく考察 調剤関連抜粋 2016.2.11 株式会社ユナイテッドサーブ かかりつけ薬剤師について 新 かかりつけ薬剤師指導料 70 点 かかりつけ薬剤師 薬局の評価一元的 継続的な服薬管理の評価 主な算定要件 患者の同意が必要 同意を得た次の来局時以降に算定可能となる 患者の署名付きの同意書を作成した上で保管し 患者の薬剤服用歴にその旨を記載すること

More information

用法・用量DB

用法・用量DB データベース データベースの概要 医療用医薬品の添付文書に記載されているに関するデータベースです 処方薬の適正な投与量 ( 上限 下限 ) や投与日数 ( 上限 下限 ) などのチェック および患者さんへの服薬指導にご利用いただくことが可能です 本データベースは 医療用医薬品の添付文書に記載されているの情報を網羅しています データベースの特徴 年齢や体重 体表面積 適応病名 投与経路 療法毎にデータを作成しているため

More information

目次 Ⅰ 診療に関する事項 1 診療録 P 1~ 2 2 傷病名等 P 2~ 2 3 基本診療料等 P 2~ 5 4 医学管理等 P 5~ 7 5 在宅医療 P 7~ 8 6 検査 P 8~10 7 画像診断 P10~10 8 投薬等 P10~12 9 注射 P12~12 10 リハビリテーション

目次 Ⅰ 診療に関する事項 1 診療録 P 1~ 2 2 傷病名等 P 2~ 2 3 基本診療料等 P 2~ 5 4 医学管理等 P 5~ 7 5 在宅医療 P 7~ 8 6 検査 P 8~10 7 画像診断 P10~10 8 投薬等 P10~12 9 注射 P12~12 10 リハビリテーション 平成 25 年度に実施した個別指導において 保険医療機関 ( 医科 ) に改善を求めた主な 指摘事項 東北厚生局 平成 26 年 12 月 目次 Ⅰ 診療に関する事項 1 診療録 P 1~ 2 2 傷病名等 P 2~ 2 3 基本診療料等 P 2~ 5 4 医学管理等 P 5~ 7 5 在宅医療 P 7~ 8 6 検査 P 8~10 7 画像診断 P10~10 8 投薬等 P10~12 9 注射 P12~12

More information

適時調査・個別指導指摘事項

適時調査・個別指導指摘事項 平成 25 年度に実施した個別指導において 保険医療機関 ( 医科 ) に改善を求めた主な 指摘事項 東北厚生局 平成 26 年 12 月 目次 Ⅰ 診療に関する事項 1 診療録 P 1~ 2 2 傷病名等 P 2~ 2 3 基本診療料等 P 2~ 5 4 医学管理等 P 5~ 7 5 在宅医療 P 7~ 8 6 検査 P 8~10 7 画像診断 P10~10 8 投薬等 P10~12 9 注射 P12~12

More information

1. 医薬品の採用 購入 1) 国 ( 厚生労働省 ) が医薬品として承認しているもの ( 保険収載されていない医薬品を含む ) はその作用 効果及び副作用をよく理解した上で さらに複数の製品がある場合はそれらの品質や薬価を考慮し 採用を決定する 2) 一成分一品目 ( 一規格 ) を原則とし 採用

1. 医薬品の採用 購入 1) 国 ( 厚生労働省 ) が医薬品として承認しているもの ( 保険収載されていない医薬品を含む ) はその作用 効果及び副作用をよく理解した上で さらに複数の製品がある場合はそれらの品質や薬価を考慮し 採用を決定する 2) 一成分一品目 ( 一規格 ) を原則とし 採用 医薬品の安全使用のための業務に関する手順書 平成年月日作成 医療機関名 : 1. 医薬品の採用 購入 1) 国 ( 厚生労働省 ) が医薬品として承認しているもの ( 保険収載されていない医薬品を含む ) はその作用 効果及び副作用をよく理解した上で さらに複数の製品がある場合はそれらの品質や薬価を考慮し 採用を決定する 2) 一成分一品目 ( 一規格 ) を原則とし 採用医薬品数は最低限とする (

More information

④資料2ー2

④資料2ー2 平成 30 年 7 月 5 日第 4 回医薬品医療機器制度部会資料 2-2 平成 30 年 7 月 5 日 第 4 回厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会提出資料 薬剤師 薬局による取り組み ( 事例 ) 公益社団法人日本薬剤師会 Japan Pharmaceutical Association All Rights Reserved. 1 1. 患者に適した薬剤への処方変更につなげたケース ケース小児患者インフルエンザの疑いで診療所を受診抗インフルエンザ吸入薬

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 日医工 MPI 行政情報 http://www.nichiiko.co.jp/stu-ge/ 後発医薬品への変更ルール (2016 年版 ) 株式会社日医工医業経営研究所 ( 日医工 MPI) ( 公社 ) 日本医業経営コンサルタント協会認定登録番号第 6345 号寺坂裕美 資料 No.20160517-431 変更調剤ルールそのものについての改定はありませんが ルール等の変遷 (P4) に 2016

More information

スライド 1

スライド 1 本資料は 下記日付時点の最新の情報を記載するように注意して作成しておりますが 正確性を保証するものではありません あらかじめご了解の上ご使用願います 平成 30 年度診療報酬改定 答申案 3 共通 ( 医科 調剤 ) 2018.2.21 東和薬品 出典 : 厚生労働省ホームページ (http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188411.html)

More information

20140801

20140801 2014年8月 事例1 疑義照会 薬剤変更に関する事例 事例番号 000000038674 80歳代の男性患者の家族が来局した 発熱で受診し ユナシン錠375mg2錠 2 3日分 ビオフェルミ ンR散3g 3 3日分が処方された ユナシン錠375mgの錠剤は大きく 患者は以前に大きい錠剤が飲み 込めないことがあったので 家族に確認すると 最近飲み込みが以前にも増して悪くなった とのことだっ たので

More information

2016/08/24 切り替え分 厚労省薬効分類 従来の採用商品名 院内採用商品名 表示名称 催眠鎮静剤 抗不安剤 マイスリー錠 5mg ゾルピデム酒石酸塩 OD 錠 5mg トーワ ( 向 ) ゾルピデム酒石酸塩 OD 錠 (5mg) 解熱鎮痛消炎剤 ロキソニン細粒 10% ロキソプロフェンNa

2016/08/24 切り替え分 厚労省薬効分類 従来の採用商品名 院内採用商品名 表示名称 催眠鎮静剤 抗不安剤 マイスリー錠 5mg ゾルピデム酒石酸塩 OD 錠 5mg トーワ ( 向 ) ゾルピデム酒石酸塩 OD 錠 (5mg) 解熱鎮痛消炎剤 ロキソニン細粒 10% ロキソプロフェンNa 2017/01/25 切り替え分 従来の採用商品名 院内採用商品名 予定表示名称 イソバイドシロップ70% イソソルビド内用液 70% CEO イソソルビド内用液 70%(700mg/mL) イミグラン錠 50mg スマトリプタン錠 50mg アスペン スマトリプタン錠 (50mg) バルトレックス錠 500 バラシクロビル錠 500mg アスペン バラシクロビル錠 (500mg) バルトレックス顆粒

More information

< F2D C D838A8BDB92CA926D2E6A7464>

< F2D C D838A8BDB92CA926D2E6A7464> 保医発 0221 第 31 号平成 25 年 2 月 21 日 地方厚生 ( 支 ) 局医療課長都道府県民生主管部 ( 局 ) 国民健康保険主管課 ( 部 ) 長都道府県後期高齢者医療主管部 ( 局 ) 後期高齢者医療主管課 ( 部 ) 長 殿 厚生労働省保険局医療課長 ヘリコバクター ピロリ感染の診断及び治療に関する取扱いについて の一部改正について 今般 ヘリコバクター ピロリ感染の診断及び治療に使用する医薬品の効能

More information

保険調剤の理解のために

保険調剤の理解のために 保険薬局平成 24 年度調剤報酬改定説明会配布用 ( 平成 24 年 3 月 ) 保険調剤の理解のために 目次 Ⅰ 保険薬剤師 保険薬局の責務 1 保険薬剤師 保険薬局 2 2 保険調剤の基本的ルール 3 Ⅱ 保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則 4 Ⅲ 調剤報酬点数表等における留意事項 1 調剤報酬点数表 5 2 処方せん 6 3 調剤録 8 4 調剤基本料 8 5 調剤料 9 6 薬学管理料 10

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 患者のための薬局ビジョン 参考資料 昭和 45 年 47 年 49 年 51 年 53 年 55 年 57 年 59 年 61 年 63 年 平成 2 年 4 年 6 年 8 年 10 年 12 年 14 年 16 年 18 年 20 年 22 年 24 年 26 年 医薬分業率の年次推移 本文 の p2 患者のための薬局ビジョンの主な該当ページ 80.0 70.0 処方箋発行枚数 百万枚 医薬分業率

More information

スライド 1

スライド 1 薬生審査発 0328 第 1 号薬生安発 0328 第 2 号平成 28 年 3 月 28 日 都道府県各保健所設置市衛生主管部 ( 局 ) 長殿特別区 厚生労働省医薬 生活衛生局審査管理課長 ( 公印省略 ) 厚生労働省医薬 生活衛生局安全対策課長 ( 公印省略 ) ビガバトリン製剤の使用に当たっての留意事項について ビガバトリン製剤 ( 販売名 : サブリル散分包 500mg 以下 本剤 という

More information

資料 1 薬の処方せんの使用期間の徒過の防止について 現状 処方せんの使用期間は 交付の日を含めて 4 日以内 ただし 特殊の事情があると認められる場合は 医師の判断により延長が可能 医療機関が用いる処方せんの使用期間欄の記載は 文字が小さく患者が見落としやすい 処方せんに使用期間を記載すること以外

資料 1 薬の処方せんの使用期間の徒過の防止について 現状 処方せんの使用期間は 交付の日を含めて 4 日以内 ただし 特殊の事情があると認められる場合は 医師の判断により延長が可能 医療機関が用いる処方せんの使用期間欄の記載は 文字が小さく患者が見落としやすい 処方せんに使用期間を記載すること以外 薬の処方せんの使用期間の徒過の防止について ( 概要 ) - 行政苦情救済推進会議の意見を踏まえたあっせん - 平成 22 年 3 月 30 日 総務省行政評価局は 次の行政相談を受け 行政苦情救済推進会議 ( 座長 : 堀田力 ) に諮り その意見を踏まえて 平成 22 年 3 月 30 日 厚生労働省に対しあっせんします ( 行政相談の要旨 ) 3 連休前の金曜日に病院から処方せんをもらったが

More information

( 別添 ) 保険医療機関又は保険薬局に係る電子情報処理組織等を用いた費用の請求に関する取扱要領 1 電子情報処理組織による診療 ( 調剤 ) 報酬の請求の届出保険医療機関又は保険薬局 ( 以下 保険医療機関等 という ) は 療養の給付及び公費負担医療に関する費用の請求に関する省令 ( 以下 請求

( 別添 ) 保険医療機関又は保険薬局に係る電子情報処理組織等を用いた費用の請求に関する取扱要領 1 電子情報処理組織による診療 ( 調剤 ) 報酬の請求の届出保険医療機関又は保険薬局 ( 以下 保険医療機関等 という ) は 療養の給付及び公費負担医療に関する費用の請求に関する省令 ( 以下 請求 ( 別添 ) 保険医療機関又は保険薬局に係る電子情報処理組織等を用いた費用の請求に関する取扱要領 1 電子情報処理組織による診療 ( 調剤 ) 報酬の請求の届出保険医療機関又は保険薬局 ( 以下 保険医療機関等 という ) は 療養の給付及び公費負担医療に関する費用の請求に関する省令 ( 以下 請求省令 という ) の定めるところにより 診療 ( 調剤 ) 報酬の請求に当たって 電子情報処理組織を使用する場合

More information

薬局ヒヤリ ハット事例収集 分析事業平成 24 年年報 薬局ヒヤリ ハット事例の分析 重要である これに関連し 本事業に報告される事例には お薬手帳 の情報に基づいて薬剤師が疑義照会をして調剤の誤りに気付いた事例や 薬剤情報提供書の内容を見て調剤の誤りに気付いた事例 レセプトコンピューターへの入力を

薬局ヒヤリ ハット事例収集 分析事業平成 24 年年報 薬局ヒヤリ ハット事例の分析 重要である これに関連し 本事業に報告される事例には お薬手帳 の情報に基づいて薬剤師が疑義照会をして調剤の誤りに気付いた事例や 薬剤情報提供書の内容を見て調剤の誤りに気付いた事例 レセプトコンピューターへの入力を 薬局ヒヤリ ハット事例の分析薬局ヒヤリ ハット事例収集 分析事業平成 24 年年報 7 はじめに 2 3 4 5 6 7 8 誤った医薬品を投薬し 患者や家族もそのことに気付かないまま内服する事例が本事業や医療事故情報収集等事業において報告されている また 正しい医薬品を投薬し 患者が内服していても 異なる医療機関を受診した際に同効薬の重複処方や併用禁忌薬の処方などがなされた事例も報告されている このような事象が医療事故につながることを防止するために

More information

愛媛県病院薬剤師会 プレアボイド講演会(安永)

愛媛県病院薬剤師会 プレアボイド講演会(安永) 2016.9.2 平成 28 年度愛媛県病院薬剤師会プレアボイド講演会 薬局プレアボイドの 調査報告と事例紹介 愛媛大学医学部附属病院薬剤部安永大輝 プレアボイド事例共有システムの概要 各施設での取り組みを解析し 医薬経済効果を算出 ( 医療費に対する薬剤師の介入効果を用いて取り組みの効果を評価 ) 事務局 事例の蓄積 収集 発信 調査期間 薬局プレアボイド 452 件 保険薬局 24 施設

More information

C オノンドライシロップ10% 10%1g ハ ラ 100g 1300 g C ムコダインDS50% 50%1g ハ ラ 100g 3000 g C ラキソベロン内用液 0.75% 0.75%1mL 10mL 10 瓶 3800 ml C ツムラ甘麦大棗湯エキス顆粒 ( 医療用 ) 1g 2.5g

C オノンドライシロップ10% 10%1g ハ ラ 100g 1300 g C ムコダインDS50% 50%1g ハ ラ 100g 3000 g C ラキソベロン内用液 0.75% 0.75%1mL 10mL 10 瓶 3800 ml C ツムラ甘麦大棗湯エキス顆粒 ( 医療用 ) 1g 2.5g 静岡医療福祉センター ( 平成 30 年 4 月 2 日から院外処方開始 使用薬剤年間使用量 ABC リスト 静岡市駿河区曲金 5-3-30 FAX 054-287-7982 TEL ( 代 )054-285-0753 ランク 品名 規格 包装形態 購入数量単位名 A ストラテラ内用液 0.4% 0.4%1mL 100mL 27500 ml A ストラテラカプセル10mg 10mg1カプセル PTP

More information

ビタマル配合錠 PTP 1000 錠 扶桑薬品 14 ビタミン剤 14 ビタダン配合錠 PTP 1000 錠 沢井製薬 15 造血薬 抗アレルギー薬 副腎皮質ステロイド 17 フェロ グラデュメット錠 105 mg PTP 100 錠 アボットジャパン プランルカストカプセル

ビタマル配合錠 PTP 1000 錠 扶桑薬品 14 ビタミン剤 14 ビタダン配合錠 PTP 1000 錠 沢井製薬 15 造血薬 抗アレルギー薬 副腎皮質ステロイド 17 フェロ グラデュメット錠 105 mg PTP 100 錠 アボットジャパン プランルカストカプセル 1 抗アレルギー薬 1 フェキソフェナジン塩酸塩錠 60 mg PTP 500 錠 エルメッドエーザイ フェキソフェナジン塩酸塩錠 60 mg PTP 500 錠 ファイザー ニチファーゲン配合錠 PTP 100 錠 日新 2 肝機能改善薬 2 グリチロン配合錠 PTP 100 錠 エーザイ 3 消化性潰瘍治療薬 3 4 抗アレルギー薬 4 5 去痰薬 5 6 抗アレルギー薬 6 7 気管支拡張薬

More information

<955D89BF955C2D E786C73>

<955D89BF955C2D E786C73> 病院実務実習 - 評価表 - 学籍番号 : 実習施設名 : 指導薬剤師名 : (1) 病院調剤を実践する 病院調剤業務の全体の流れ 患者の診療過程に同行し その体験を通して診療システムを概説できる 評価について 3: 必要時の指導 補助により業務を遂行できる ( 到達目標 40% 以上,60% 未満 ) 4: 管理 監督のもとで自ら業務を遂行できる ( 到達目標 60% 以上, 80% 未満 ) 到達度チェック

More information

Microsoft Word - 光風病院調剤内規(抜粋版)20130523

Microsoft Word - 光風病院調剤内規(抜粋版)20130523 2013.4.1 現 在 調 剤 内 規 ( 抜 粋 ) 1 散 薬 調 剤 分 包 (1) 散 剤 が2 種 類 以 上 の 処 方 は 原 則 としてすべての 散 剤 を 混 合 する ただし 下 記 の 薬 品 は 除 外 し 別 包 とする 別 包 散 剤 漢 方 製 剤 シナール 顆 粒 マーロックス 顆 粒 1.2g ラクツロースP 末 9g アミノバクト 顆 粒 4.74g ワッサーV

More information

政策課題分析シリーズ14(本文2)

政策課題分析シリーズ14(本文2) 1.2. 外来投薬に係る技術料の費用構造の分析以上のように 医薬分業を進めてきた報酬の付与方法や水準について 改善を求める動きが出てきた背景には 医療費に占める調剤費の割合が高まってきたこともある 本節では 社会医療診療行為別統計 ( 調査 ) 9 を用い 外来時に投薬を受ける場面を想定し 院内処方の場合と院外処方の場合に分解し それぞれに係る外来薬剤費やその技術料について分析する ( 院外処方の増加により

More information

鑑-H リンゼス錠他 留意事項通知の一部改正等について

鑑-H リンゼス錠他 留意事項通知の一部改正等について 日医発第 617 号 ( 保 154) 平成 30 年 8 月 29 日 都道府県医師会長殿 日本医師会長横倉義武 医薬品医療機器等法上の効能 効果等の変更に伴う留意事項の一部改正等について 平成 30 年 8 月 21 日付け保医発 0821 第 1 号厚生労働省保険局医療課長通知により 添付資料の通り保険適用上の取扱いに関する留意事項が一部改正されましたのでお知らせ申し上げます 今回の改正は 同日付けで添付資料の医薬品の効能

More information

薬局ヒヤリ ハット事例の分析薬局ヒヤリ ハット事例収集 分析事業平成 24 年年報 図表 5-1 共有すべき事例 の公表を通知する電子メール (2012 年 12 月分より抜粋 ) (^-^)_θ 薬局ヒヤリ ハット 共有すべき事例 のお知らせ第 23 号 01 共有すべき事例 2012 年 12

薬局ヒヤリ ハット事例の分析薬局ヒヤリ ハット事例収集 分析事業平成 24 年年報 図表 5-1 共有すべき事例 の公表を通知する電子メール (2012 年 12 月分より抜粋 ) (^-^)_θ 薬局ヒヤリ ハット 共有すべき事例 のお知らせ第 23 号 01 共有すべき事例 2012 年 12 薬局ヒヤリ ハット事例収集 分析事業平成 24 年年報 薬局ヒヤリ ハット事例の分析 5 はじめに 本事業では報告されたヒヤリ ハット事例の中から 特に 広く医療安全対策に有用な情報として共有することが必要であると思われる事例を 専門家によって 共有すべき事例 1) として選定し 専門家からの意見 事例のポイント を付してホームページに掲載している 平成 23 年年報では 内服薬調剤 薬剤取違え のうち

More information

厚生労働省による 平成 30 年度介護報酬改定に関する Q&A(Vol.1) に対する 八王子介護支援専門員連絡協議会からの質問内容と八王子市からの回答 Q1 訪問看護ステーションによるリハビリのみの提供の場合の考え方について厚労省 Q&A(Vol.1) での該当項目問 21 問 22 問 23 A

厚生労働省による 平成 30 年度介護報酬改定に関する Q&A(Vol.1) に対する 八王子介護支援専門員連絡協議会からの質問内容と八王子市からの回答 Q1 訪問看護ステーションによるリハビリのみの提供の場合の考え方について厚労省 Q&A(Vol.1) での該当項目問 21 問 22 問 23 A 厚生労働省による 平成 30 年度介護報酬改定に関する &A(Vol.1) に対する 八王子介護支援専門員連絡協議会からの質問内容と八王子市からの回答 1 訪問看護ステーションによるリハビリのみの提供の場合の考え方について厚労省 &A(Vol.1) での該当項目問 21 問 22 問 23 A1 訪問看護ステーションの理学療法士等がリハビリを提供しているケースについては 訪問看護計画作成にあたり 訪問看護サービスの利用開始時及び利用者の状態の変化等に合わせ

More information

静岡県立静岡がんセンター臨床研究事務局の業務手順書

静岡県立静岡がんセンター臨床研究事務局の業務手順書 治験薬管理者の業務手順書 更新履歴 版 承認日 承認者 1.0 平成 15 年 3 月 14 日 施行 経営戦略会議 2.0 平成 15 年 4 月 15 日 改正 経営戦略会議 3.0 平成 16 年 3 月 31 日 改正 経営戦略会議 4.0 平成 17 年 6 月 20 日 改正 経営戦略会議 5.0 平成 18 年 3 月 10 日 改正 経営戦略会議 6.0 平成 20 年 1 月 28

More information

スライド 1

スライド 1 背景 国民医療費の増大 国や製薬メーカーによる GE の積極的な推進 調剤薬局の現場では 代替調剤に関する 患者とのトラブル が 増加し そのことが GE 使用促進の弊害の 一部となっている トラブル とは GE 代替調剤により 効果 服用 ( 使用 ) 体調や心証など 患者に何かしらの影響を及ぼした事例のこと 1 目的 薬剤師は 患者が納得かつ安心して GE を使用できるよう努めなければならない!

More information

より詳細な情報を望まれる場合は 担当の医師または薬剤師におたずねください また 患者向医薬品ガイド 医療専門家向けの 添付文書情報 が医薬品医療機器総合機構のホームページに掲載されています

より詳細な情報を望まれる場合は 担当の医師または薬剤師におたずねください また 患者向医薬品ガイド 医療専門家向けの 添付文書情報 が医薬品医療機器総合機構のホームページに掲載されています くすりのしおり内服剤 2014 年 6 月作成薬には効果 ( ベネフィット ) だけでなく副作用 ( リスク ) があります 副作用をなるべく抑え 効果を最大限に引き出すことが大切です そのために この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です 商品名 : バルサルタン錠 20mg AA 主成分 : バルサルタン (Valsartan) 剤形 : 淡黄色の錠剤 直径約 7.2mm 厚さ約 3.1mm

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 当薬局における 医療安全に関する取り組み 川島大希 1 高橋祐 1 古橋ひとみ 1 中村良夫 1 久田万名美 1 福田潤子 1 宮澤峰子 1 ( 株式会社マルゼンマルゼン薬局 1 ) 目的 薬局の日常業務を行うにあたり, 医療安全対策は切っても切り離せない問題である. 平成 18 年 6 月の薬事法 ( 現薬機法 ) 改正により, 薬局における安全管理体制の整備が義務付けられている. 安全管理のために職員に対する定期的な研修やインシデント事例の収集,

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 組織で取り組む トレーシンク レホ ートの現状と分析 越智英治 1 石元秀和 1 菊田基 1 牧野和隆 2 1 株式会社トマト 2 就実大学薬学部臨床薬学教室 医師 患者 スタッフ 薬剤師 A 薬剤師 C トレーシンク レホ ート 疑義照会症例検討会薬局内勉強会 薬局薬剤師の仕事の範囲 薬剤師 B TR 表とは? 文章を用いて 患者様が医師に伝えていない治療上重要な事柄を医師へ伝える手段 TR 表と疑義照会の違いは?

More information

Microsoft Word - 日薬連宛抗インフル薬通知(写).doc

Microsoft Word - 日薬連宛抗インフル薬通知(写).doc 薬生安発 0821 第 1 号 平成 3 0 年 8 月 2 1 日 日本製薬団体連合会 安全性委員会委員長 殿 厚生労働省医薬 生活衛生局医薬安全対策課長 抗インフルエンザウイルス薬の 使用上の注意 の改訂について 平成 30 年度第 1 回薬事 食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会 ( 平成 30 年 5 月 16 日開催 ) 及び平成 30 年度第 4 回薬事 食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会

More information

Microsoft Word 疑義照会事例(デパス)

Microsoft Word 疑義照会事例(デパス) 分類 禁忌 重複相互作用 約 1 年半 疾患禁忌とは知らずに重症筋無力症患者に デパス錠を調剤していた デパス錠 0.5mg 2011 年 1 月 27 日 75 歳 女性 神経内科 処方内容 ( 疑義照会前 ) イソジンガーグル液 7 % 2 本 1 日 数回 メスチノン錠 3 錠 1 日 3 回 毎食後 84 日分 マーズレン S 配合顆粒 ( 0.5 g ) 1.5 g 1 日 3 回 毎食後

More information

目次 Ⅰ 診療に係る事項 1 診療録 P 1~ 1 2 傷病名等 P 1~ 2 3 基本診療料等 P 2~ 4 4 医学管理 P 4~ 6 5 在宅医療 P 6~ 7 6 検査 P 7~ 8 7 画像診断 P 8~ 8 8 投薬 P 8~10 9 注射 P11~11 10 リハビリテーション P11

目次 Ⅰ 診療に係る事項 1 診療録 P 1~ 1 2 傷病名等 P 1~ 2 3 基本診療料等 P 2~ 4 4 医学管理 P 4~ 6 5 在宅医療 P 6~ 7 6 検査 P 7~ 8 7 画像診断 P 8~ 8 8 投薬 P 8~10 9 注射 P11~11 10 リハビリテーション P11 平成 24 年度に実施した個別指導において 保険医療機関 ( 医科 ) に改善を求めた主な 指摘事項 東北厚生局 平成 26 年 2 月 目次 Ⅰ 診療に係る事項 1 診療録 P 1~ 1 2 傷病名等 P 1~ 2 3 基本診療料等 P 2~ 4 4 医学管理 P 4~ 6 5 在宅医療 P 6~ 7 6 検査 P 7~ 8 7 画像診断 P 8~ 8 8 投薬 P 8~10 9 注射 P11~11

More information

調剤内規

調剤内規 調剤内規 大分大学医学部附属病院薬剤部 Ⅰ 通則 ( 1) 処方箋への記入はすべて赤色で行う. ( 2) 各自, 調剤印を処方箋押印欄 ( 薬剤部用と送付用 ) と薬袋に押印する. ( 3) 処方に疑義のある場合, 必ず問い合わせを行い, 以下の事項を処方せんに記入する. a) 問い合わせを行った薬剤師名 b) 問い合わせた医師名 c) 照会日時 照会内容 d) 結果 ( 4) 剤形の指定がない場合,

More information

44 11: 急性中耳炎 35~40Kg クラバモックス小児用配合ドライシロップ 636.5mg( 分包製剤 ) g 1: 内服 34:1 日 2 回朝夕食直前に 5 分包製剤にて 45 11: 急性中耳炎 40Kg~ クラバモックス小児用配合ドライシロップ 636.5mg( 分包製

44 11: 急性中耳炎 35~40Kg クラバモックス小児用配合ドライシロップ 636.5mg( 分包製剤 ) g 1: 内服 34:1 日 2 回朝夕食直前に 5 分包製剤にて 45 11: 急性中耳炎 40Kg~ クラバモックス小児用配合ドライシロップ 636.5mg( 分包製 1 11: 急性中耳炎 ~4Kg オーグメンチン配合錠 250RS 375mg 0.00000 錠 1: 内服 40:1 日 1 回 5 処方後内服開始 2 11: 急性中耳炎 4~6Kg オーグメンチン配合錠 250RS 375mg 0.00000 錠 1: 内服 40:1 日 1 回 5 処方後内服開始 3 11: 急性中耳炎 6~8Kg オーグメンチン配合錠 250RS 375mg 0.00000

More information

5_使用上の注意(37薬効)Web作業用.indd

5_使用上の注意(37薬効)Web作業用.indd 34 ビタミン主薬製剤 1 ビタミン A 主薬製剤 使用上の注意と記載条件 1. 次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談することあ医師の治療を受けている人 い妊娠 3 ヵ月以内の妊婦, 妊娠していると思われる人又は妊娠を希望する人 ( 妊娠 3 ヵ月前から妊娠 3 ヵ月までの間にビタミン A を 1 日 10,000 国際単位以上摂取した妊婦から生まれた児に先天異常の割合が上昇したとの報告がある )

More information

(2) レパーサ皮下注 140mgシリンジ及び同 140mgペン 1 本製剤については 最適使用推進ガイドラインに従い 有効性及び安全性に関する情報が十分蓄積するまでの間 本製剤の恩恵を強く受けることが期待される患者に対して使用するとともに 副作用が発現した際に必要な対応をとることが可能な一定の要件

(2) レパーサ皮下注 140mgシリンジ及び同 140mgペン 1 本製剤については 最適使用推進ガイドラインに従い 有効性及び安全性に関する情報が十分蓄積するまでの間 本製剤の恩恵を強く受けることが期待される患者に対して使用するとともに 副作用が発現した際に必要な対応をとることが可能な一定の要件 保医発 0331 第 9 号 平成 29 年 3 月 31 日 地方厚生 ( 支 ) 局医療課長都道府県民生主管部 ( 局 ) 国民健康保険主管課 ( 部 ) 長都道府県後期高齢者医療主管部 ( 局 ) 後期高齢者医療主管課 ( 部 ) 長 殿 厚生労働省保険局医療課長 ( 公印省略 ) 抗 PCSK9 抗体製剤に係る最適使用推進ガイドラインの策定に伴う留意事項の 一部改正について 抗 PCSK9

More information

相互作用DB

相互作用DB データベース データベースの概要 医療用医薬品の添付文書に記載されている全てのの情報に関する データベースです 医療用医薬品 22 チェックの結果として 添付文書の該当箇所の 併用薬剤名 や 併用飲食物 発現事象 理由 を表示することが可能です 医療用医薬品 また 内服薬 外用薬 注射薬を問わず 右図の組み合わせにおけるのチェックを行うことが可能です OTC 医薬品同士の組み合わせについても のチェックを行うことが可能です

More information

介護老人保健施設における医療関係自主点検表

介護老人保健施設における医療関係自主点検表 病院立入検査薬事事前調査表 < 記入上の留意事項 > 本調査は 貴施設内の 薬局 薬品庫における医薬品等の管理 薬局以外の医薬品等の管理 に関して 薬事関係の現在の状況を確認するためのものです 薬局以外の場所については 該当箇所の責任者の立会のうえ 薬剤師が点検してください 適 否 欄には 点検して適切であれば 不適切な部分があった場合は を記載してください 取扱いが無い項目については - を記載してください

More information

DI-News 06-26

DI-News 06-26 2017 年 9 月 13 日 2017 年 7 月 28 日 ( 金 ) に開催されました薬事委員会において審議の結果 下の医薬品は当院採用医薬品から削除され 後発医薬品に切替えることとなりましたのでお知らせ致します エルプラット点滴静注液 (P.807) 100mg-20mL オキサリプラチン点滴静注液 (100mg-20mL) 切替え日 : 2017 年 9 月 14 日 ( 木 ) 連絡先

More information

<4D F736F F F696E74202D208E7396F22096F296F298418C6782C982C282A282C448502E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D208E7396F22096F296F298418C6782C982C282A282C448502E B8CDD8AB B83685D> 薬薬連携について 薬薬連携の意義 目的 方法 薬薬連携とは 薬局薬剤師と病院薬剤師が連携すること 目的は 患者さんにより安心で継続した薬物療法を提供するため どのようにして お薬手帳 と 薬剤適正使用のための施設間情報連絡書 ( 以下 施設間情報連絡書 ) を用いて行う 施設間情報連絡書 薬剤師が他の施設の 薬剤師へ情報を提供し 円滑な連携を図っていく上 では 統一した書式を作成 し 活用することが望ましい

More information

日が沈むのがはやくなり 涼しい風が吹くようになって参りました 皆様いかがお過ごしでしょうか 9 月 22 日の秋分の日を過ぎると徐々に 昼が短くなり夜の方が長くなって参ります また この時期を境にして徐々に寒くなっていきます 皆様 体調には気を付けて秋を楽しんでいきましょう 食欲? 運動? 読書?

日が沈むのがはやくなり 涼しい風が吹くようになって参りました 皆様いかがお過ごしでしょうか 9 月 22 日の秋分の日を過ぎると徐々に 昼が短くなり夜の方が長くなって参ります また この時期を境にして徐々に寒くなっていきます 皆様 体調には気を付けて秋を楽しんでいきましょう 食欲? 運動? 読書? 日が沈むのがはやくなり 涼しい風が吹くようになって参りました 皆様いかがお過ごしでしょうか 9 月 22 日の秋分の日を過ぎると徐々に 昼が短くなり夜の方が長くなって参ります また この時期を境にして徐々に寒くなっていきます 皆様 体調には気を付けて秋を楽しんでいきましょう 食欲? 運動? 読書? どの秋を楽しみますか? 1. 調剤 湿布薬の入力 ( コメント ) について お問い合わせを多くいただきます

More information

添付文書情報 の検索方法 1. 検索条件を設定の上 検索実行 ボタンをクリックすると検索します 検索結果として 右フレームに該当する医療用医薬品の販売名の一覧が 販売名の昇順で表示されます 2. 右のフレームで参照したい販売名をクリックすると 新しいタブで該当する医療用医薬品の添付文書情報が表示され

添付文書情報 の検索方法 1. 検索条件を設定の上 検索実行 ボタンをクリックすると検索します 検索結果として 右フレームに該当する医療用医薬品の販売名の一覧が 販売名の昇順で表示されます 2. 右のフレームで参照したい販売名をクリックすると 新しいタブで該当する医療用医薬品の添付文書情報が表示され 添付文書情報 の検索方法 1. 検索条件を設定の上 検索実行 ボタンをクリックすると検索します 検索結果として 右フレームに該当する医療用医薬品の販売名の一覧が 販売名の昇順で表示されます 2. 右のフレームで参照したい販売名をクリックすると 新しいタブで該当する医療用医薬品の添付文書情報が表示されます 検索条件設定時の注意 検索はテキスト文章 (SGML 又は XML) が対象となっており 画像及び

More information

第 6 章 医療提供体制の整備 第 1 節安全 安心な医療の提供 1 医療の安全確保 1 現状と課題 (1) 医療安全相談体制等 現 状 課 題 県庁に 医療安全支援センター を設置するとともに 保健所に医療安全相談窓口を設置し 患者 家族等からの苦情 相談への対応や相談内容等の医療機関への情報提 医療提供者と受療者間の問題解決が円滑に行えるよう 医療安全支援センターや医療安全相談窓口において 適切な相談対応や助言

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 日医工 MPI 行政情報 http://www.nichiiko.co.jp/stu-ge/ 分割 2018 (MPI の FAQ 解説付き ) 日医工医業経営研究所 ( 日医工 MPI) ( 公社 ) 日本医業経営コンサルタント協会認定登録番号第 4217 号菊地祐男 作成支援 :( 公社 ) 日本医業経営コンサルタント協会認定登録番号第 4463 長岡俊広作成支援 :( 公社 ) 日本医業経営コンサルタント協会認定登録番号第

More information

在宅医療の現状と課題

在宅医療の現状と課題 山本委員提出資料 在宅医療における 薬剤師の役割と課題 日本薬剤師会副会長山本信夫 1 在宅医療における薬剤師の役割 課題 取り組み 役割 処方せんに基づき患者の状態に応じた調剤 ( 一包化 懸濁法 麻薬 無菌調剤 ) 患者宅への医薬品 衛生材料の供給薬歴管理 ( 薬の飲み合わせの確認 ) 服薬の説明 ( 服薬方法や効果等の説明 服薬指導 支援 ) 服薬状況と保管状況の確認 ( 服薬方法の改善 服薬カレンダー等による服薬管理

More information

骨粗しょう症調査

骨粗しょう症調査 2012 年 11 月 13 日 ファイザー株式会社 処方薬の飲み残しに関する意識 実態調査 参考資料 Ⅰ. 調査設計 Ⅱ. 調査結果のまとめ Ⅰ. 調査設計 1. 調査の目的 平成 24 年春の診療報酬改定において による 残薬の確認 が新たに算定要件として加えられてから 半年以上が経過 約 500 億円分ともいわれる飲み忘れ等による薬の無駄をなくし医療費削減に繋げることを目的に導入されたこの 残薬の確認

More information

日本医師会に寄せられる後発医薬品への意見 1 平成 27 年 3 月 29 日第 134 回日本医師会臨時代議員会に提出された質問 ( 抜粋 ) 後発医薬品 ( ジェネリック ) 使用は本当に医療費削減効果が あるのか? 厚生労働省は医療費のうち薬剤費の削減のためジェネリック医薬品の使用促進を進めて

日本医師会に寄せられる後発医薬品への意見 1 平成 27 年 3 月 29 日第 134 回日本医師会臨時代議員会に提出された質問 ( 抜粋 ) 後発医薬品 ( ジェネリック ) 使用は本当に医療費削減効果が あるのか? 厚生労働省は医療費のうち薬剤費の削減のためジェネリック医薬品の使用促進を進めて 資料 1 ( 日本医師会提出資料 ) 歳出改革 WG 重要課題検証サブ グループ ( 第 4 回 ) 後発医薬品の普及に係る現状と今後の課題 副会長今村聡 日本医師会に寄せられる後発医薬品への意見 1 平成 27 年 3 月 29 日第 134 回日本医師会臨時代議員会に提出された質問 ( 抜粋 ) 後発医薬品 ( ジェネリック ) 使用は本当に医療費削減効果が あるのか? 厚生労働省は医療費のうち薬剤費の削減のためジェネリック医薬品の使用促進を進めているが

More information

本資料は 厚生労働省保険局が運用している 診療報酬情報提供サービス 及び 社会保険診療報酬支払基金 で案内されている情報をもとに作成しています お知らせ ( 薬 )0 1 7 平成 26 年 12 月 11 日 医薬品マスターの改定について 今般 平成 26 年 12 月 11 日付け厚生労働省告示

本資料は 厚生労働省保険局が運用している 診療報酬情報提供サービス 及び 社会保険診療報酬支払基金 で案内されている情報をもとに作成しています お知らせ ( 薬 )0 1 7 平成 26 年 12 月 11 日 医薬品マスターの改定について 今般 平成 26 年 12 月 11 日付け厚生労働省告示 本資料は 厚生労働省保険局が運用している 診療報酬情報提供サービス 及び 社会保険診療報酬支払基金 で案内されている情報をもとに作成しています お知らせ ( 薬 )0 1 6 平成 26 年 1 2 月 5 日 医薬品マスターの改定について 今般 薬価基準収載医薬品の商品名について 下記のとおり医薬品コードを設定しましたのでお知らせします 記 新規医薬品 ( 変更区分 3 ) 医薬品医薬品名 規格名コード

More information

D961H は AstraZeneca R&D Mӧlndal( スウェーデン ) において開発された オメプラゾールの一方の光学異性体 (S- 体 ) のみを含有するプロトンポンプ阻害剤である ネキシウム (D961H の日本における販売名 ) 錠 20 mg 及び 40 mg は を対象として

D961H は AstraZeneca R&D Mӧlndal( スウェーデン ) において開発された オメプラゾールの一方の光学異性体 (S- 体 ) のみを含有するプロトンポンプ阻害剤である ネキシウム (D961H の日本における販売名 ) 錠 20 mg 及び 40 mg は を対象として 第 2 部 CTD の概要 一般名 : エソメプラゾールマグネシウム水和物 版番号 : 2.2 緒言 ネキシウム カプセル ネキシウム 懸濁用顆粒分包 本資料に記載された情報に係る権利はアストラゼネカ株式会社に帰属します 弊社の事前の承諾なく本資料の内容を他に開示することは禁じられています D961H は AstraZeneca R&D Mӧlndal( スウェーデン ) において開発された オメプラゾールの一方の光学異性体

More information

薬局ヒヤリ ハット事例の分析薬局ヒヤリ ハット事例収集 分析事業平成 24 年年報 Ⅰ 疑義照会に関する分析 ) 疑義照会の事例全体に関する分析 () 報告件数 平成 24 年 月 日から同年 2 月 3 日までに報告されたヒヤリ ハット事例のうち 事例の概要に ついて 疑義照会 が選択されていた事

薬局ヒヤリ ハット事例の分析薬局ヒヤリ ハット事例収集 分析事業平成 24 年年報 Ⅰ 疑義照会に関する分析 ) 疑義照会の事例全体に関する分析 () 報告件数 平成 24 年 月 日から同年 2 月 3 日までに報告されたヒヤリ ハット事例のうち 事例の概要に ついて 疑義照会 が選択されていた事 薬局ヒヤリ ハット事例収集 分析事業平成 24 年年報 薬局ヒヤリ ハット事例の分析 4 はじめに 薬剤師は 患者から処方せんを応需した際 処方内容を監査し 処方内容に疑問がある場合は 医師に疑義照会し疑問を解消してから適切に調剤 交付を行う 具体的な疑義内容として 用法用量 併用薬 副作用歴 禁忌投与 重複投与などが挙げられる 本事業では 疑義照会の事例についても報告の対象としており 薬局でエラーを発見し

More information

事務連絡 平成 26 年 9 月 5 日 地方厚生 ( 支 ) 局医療課都道府県民生主管部 ( 局 ) 国民健康保険主管課 ( 部 ) 都道府県後期高齢者医療主管部 ( 局 ) 後期高齢者医療主管課 ( 部 ) 御中 厚生労働省保険局医療課 疑義解釈資料の送付について ( その 9) 診療報酬の算定

事務連絡 平成 26 年 9 月 5 日 地方厚生 ( 支 ) 局医療課都道府県民生主管部 ( 局 ) 国民健康保険主管課 ( 部 ) 都道府県後期高齢者医療主管部 ( 局 ) 後期高齢者医療主管課 ( 部 ) 御中 厚生労働省保険局医療課 疑義解釈資料の送付について ( その 9) 診療報酬の算定 ( 保 110) 平成 26 年 9 月 5 日 都道府県医師会社会保険担当理事殿 日本医師会常任理事松本純一 厚生労働省 疑義解釈資料の送付について ( その9) 及び平成 26 年度診療報酬改定関連通知の一部訂正についての送付について 平成 26 年度診療報酬改定に関する情報等につきましては 平成 26 年 3 月 14 日付日医発第 1221 号 ( 保 279) 平成 26 年度診療報酬改定に係る省令

More information

東医療センター** 薬事委員会内規

東医療センター** 薬事委員会内規 東医療センター 薬事委員会内規 ( 組織 ) 第 1 条 本学東医療センターに薬事委員会 ( 以下委員会 ) を設ける 2013.05 改定 7 版 2013.01 改定 6 版 2011.11 改定 5 版 2010.9 改定 4 版 2009.5 改定 3 版 2002.5 改定 2 版 2001.7 第 1 版 ( 目的 ) 第 2 条 委員会は病院長の諮問機関で 薬事に関する重要事項を審議し

More information