競走馬の馬名に「パブリシティ権」を認めた事例

Save this PDF as:
Size: px
Start display at page:

Download "競走馬の馬名に「パブリシティ権」を認めた事例"

Transcription

1 企業と発明 (2004 年 11 月号 ) 掲載 ( 社団法人発明協会大阪支部発行 ) 米国における特許権侵害を日本の裁判所で判断した事例 Ⅰ 平成 15 年 10 月 16 日東京地裁平成 14 年 ( ワ ) 第 1943 号 ( サンゴ砂事件 ) レクシア特許法律事務所 弁護士 弁理士山田威一郎 Ⅰ はじめに近年 経済活動のグローバル化 ボーダレス化が進展する中で 企業にとっては世界的な特許戦略の構築が急務の課題となっており 特許紛争も国際化の傾向が顕著である こうした中で昨年 10 月に東京地裁から出された本判決は 米国における特許権侵害の成否につき我が国の裁判所が具体的な判断を下した最高裁 下級審を通じて初めての判決であり 実務上 重要な意味を持つ 本稿では 本判決における国際裁判管轄 準拠法についての考え方を紹介した上で 外国における特許権侵害を日本の裁判所で争うことの可否 利害得失について検討を加える 米国特許権侵害の具体的判断の部分については 次号 (12 月号 ) で立花顕治弁理士 ( 米国研修中 ) が解説を加える予定である し 米国にも輸出 販売していた 同じく日本法人であるY( 被告 ) は サンゴ砂を利用した健康増進のための組成物等の発明について米国特許権を有しており Xの米国での大口取引先 H 社 (X 製品にビタミン類などを混合したカルシウム健康食品を米国で販売していた ) に対し X 製品およびH 社製品はYの特許権を侵害するものであること Yとしては米国での訴訟提起の用意があること等を主張する警告書を送った この警告を受けて XはH 社との取引ができなくなった そこで XはYに対し 1 米国における Xに対する差止請求権の不存在確認 2X の取引先に対しX 製品の販売行為がYの米国特許権を侵害する旨の警告をすることの差止 3 米国におけるXの取引先に対する差止請求権の不存在確認 4Xの取引先に 対し同社による X 製品の販売行為が Y の米 Ⅱ 事実の概要日本法人であるX( 原告 ) は 日本国内で造礁サンゴ化石を粉砕したサンゴ化石微粉末を製造し これを健康食品として販売 国特許権を侵害する旨の警告をすることの差止 5 虚偽事実の告知 流布についての損害賠償を求めて東京地裁に訴えを提起した 1

2 これに対し Yは 我が国の国際裁判管轄の不存在 訴えの利益の不存在 原告製品は被告米国特許を侵害するものであることを主張して争った 年 ( オ ) 第 764 号同 8 年 6 月 24 日第二小法廷判決 民集 50 巻 7 号 1451 頁 最高裁平成 5 年 ( オ ) 第 1660 号同 9 年 11 月 11 日第三小法廷判決 民集 51 巻 10 号 4055 頁参照 ) Ⅲ 判決要旨請求 1(X への差止請求権不存在確認 ) 請求 24( 営業誹謗行為の差止 ) は認容 請求 5( 損害賠償 ) は一部認容 請求 3( 取引先への差止請求権不存在確認 ) は訴えの利益を認めず却下 (1) まず 国際裁判管轄について以下のように述べる 国際裁判管轄については 国際的に承認された一般的な準則が存在せず 国際慣習法の成熟も十分ではないため 具体的な事案について我が国に国際裁判管轄を認めるかどうかは 当事者間の公平や裁判の適正 迅速の理念により条理に従って決定するのが相当である そして 我が国の裁判所に提起された訴訟事件につき 我が国の民事訴訟法の規定する裁判籍のいずれかが我が国内に存する場合には 我が国において裁判を行うことが当事者間の公平 裁判の適正 迅速の理念に反するような特段の事情が存在しない限り 当該訴訟事件につき我が国の国際裁判管轄を肯定するのが相当である ( 最高裁昭和 55 年 ( オ ) 第 130 号同 56 年 10 月 16 日第二小法廷判決 民集 35 巻 7 号 1224 頁 最高裁平成 5 そして これを本件についてみるに 被告は我が国内に本店を有する日本法人であり 被告の普通裁判籍が我が国内に存するものであるから ( 民訴法 4 条 4 項 ) 上記のような特段の事情のない限り 我が国の国際裁判管轄を肯定するのが相当である 被告は 特許権については属地主義が適用されることを挙げて 上記の各請求に係る訴えについては 我が国の国際裁判管轄が否定される旨を主張する しかしながら 特許権の属地主義の原則とは 各国の特許権が その成立 移転 効力等につき 当該国の法律によって定められ 特許権の効力が当該国の領域内においてのみ認められることを意味するものであり ( 最高裁平成 7 年 ( オ ) 第 1988 号同 9 年 7 月 1 日第三小法廷判決 民集 51 巻 6 号 2299 頁 ) 特許権の実体法上の効果に関するものであって 特許権に関する訴訟の国際裁判管轄につき言及するものではない 特許権に基づく差止請求は 私人の財産権に基づく請求であるから 通常の私法上の請求に係る訴えとして 上記の原則に従い 我が国の国際裁判管轄を肯定すべきかどうかを判断すべきものであり 被告の普 2

3 通裁判籍が我が国に存する場合には 我が国の国際裁判管轄が肯定されるものである たしかに 特許権については その成立要件や効力などは 各国の経済政策上の観点から当該国の法律により規律されるものであって その限度において当該国の政策上の判断とかかわるものであるが その点は 差止請求訴訟における準拠法を判断するに当たって考慮されるものであるにしても 当該特許権の登録国以外の国の国際裁判管轄を否定する理由となるものではない ( 最高裁平成 12 年 ( 受 ) 第 580 号同 14 年 9 月 26 日第一小法廷判決 民集 56 巻 7 号 1551 頁参照 ) なお 特許権の成立を否定し あるいは特許権を無効とする判決を求める訴訟については 一般に 当該特許権の登録国の専属管轄に属するものと解されている 特許権に基づく差止請求訴訟においては 相手方において当該特許の無効を抗弁として主張して特許権者の請求を争うことが 実定法ないし判例法上認められている場合も少なくないが このような場合において 当該抗弁が理由があるものとして特許権者の差止請求が棄却されたとしても 当該特許についての無効判断は 当該差止請求訴訟の判決における理由中の判断として訴訟当事者間において効力を有するものにすぎず 当該特許権を対世的に無効とするものではないから 当該抗弁が許容されていること が登録国以外の国の国際裁判管轄を否定する理由となるものではなく 差止請求訴訟において相手方から特許無効の抗弁が主張されているとしても 登録国以外の国の裁判所において当該訴訟の審理を遂行することを妨げる理由となるものでもない 本件は 米国特許権に基づく差止請求権の存否が争われている事案であるところ 米国においては 差止請求訴訟において相手方が特許無効を抗弁として主張することができることが 法律に明文で規定されているものであるが ( 米国特許法 282 条 (2) 項 ) 当該訴訟における特許無効の判断により 当該特許が直ちに対世的に無効となるものではない 本件は 特許権に基づく差止請求の不存在確認請求訴訟であり いわゆる消極的確認訴訟であるが 差止請求訴訟について述べた上記の点は 同様に妥当するものである また 原告による米国内における原告製品の販売につき 被告が本件米国特許権に基づいて差止請求訴訟を提起する場合については 相手方である原告の本店所在地である我が国か あるいは特許権の登録国であり侵害行為地でもある米国に国際裁判管轄を認め得るものと解されるが 特許権者たる被告の本店が我が国に存すること等に照らせば 被告が我が国において本件訴訟に応訴することが 米国において差止請求 3

4 訴訟を提起して追行することに比して 不利益を被る事情が存在するとは認められない この点に照らせば 本件は 被告による差止請求訴訟の提起に先んじて 原告から差止請求権不存在確認訴訟を我が国において提起したものであるが 原告が本件訴訟の提起により我が国の国際裁判管轄を不当に取得したということもできない 以上によれば 本件においては 被告の普通裁判籍が我が国内に存するものであり 我が国において裁判を行うことが当事者間の公平 裁判の適正 迅速の理念に反するような特段の事情も存在しないから 我が国の国際裁判管轄を肯定すべきものである (2) 次に 原告製品の販売が本件米国特許権を侵害するかどうかを判断する上での準拠法について 以下のように述べる 米国特許権に基づく差止請求は 被害者に生じた過去の損害のてん補を図ることを目的とする不法行為に基づく請求とは趣旨も性格も異にするものであり 米国特許権の独占的排他的効力に基づくものというべきであるから その法律関係の性質は特許権の効力と決定すべきである 特許権の効力の準拠法については 法例等に直接の定めがないから 条理に基づいて決定すべきところ 1 特許権は 国ごとに出願及び登録を経て権利として認められるものであり 2 特許権について属地主義の原則を採用す る国が多く それによれば 各国の特許権がその成立 移転 効力等につき当該国の法律によって定められ 特許権の効力が当該国の領域内においてのみ認められるとされており 3 特許権の効力が当該国の領域内においてのみ認められる以上 当該特許権の保護が要求される国は 登録された国であることに照らせば 特許権と最も密接な関係があるのは 当該特許権が登録された国と解するのが相当であるから 当該特許権と最も密接な関係がある国である当該特許権が登録された国の法律によると解するのが相当である ( 最高裁平成 12 年 ( 受 ) 第 580 号同 14 年 9 月 26 日第一小法廷判決 民集 56 巻 7 号 1551 頁参照 ) したがって 請求の趣旨第 1 項の請求については 米国特許法が準拠法となる (3) そして 特許権侵害の成否については 米国特許法に基づき 原告製品は被告特許の文言侵害にも均等侵害にも該当しないと述べ 被告が 原告の米国内の取引先に対して 特許権侵害の警告をした行為は 不正競争防止法 2 条 1 項 14 号所定の不正競争行為 ( 営業誹謗行為 ) に該当すると判断している Ⅳ 本判決についての考察 1. 国際的な私法関係をめぐる紛争を規律するための枠組本件のように国際的な私法関係をめぐる 4

5 紛争が我が国の裁判所に提起された場合 まず 我が国の裁判所が当該事件の裁判管轄権を有するかが問題となる そして次に 当該事案に適用されるべき法律はいずれの国の法律かを決定する必要がある 前者が国際裁判管轄権の問題であり 後者が準拠法の問題である 国際裁判管轄の問題と準拠法の問題は各々別個の問題であり 日本の裁判所において外国法が適用されることも往々にして起こりうる 樹 外国特許権侵害の国際裁判管轄 日本工業所有権法学会年報 21 号 59 頁 ) いかなる場合に 我が国の国際裁判管轄を認めるべきかについては 特許権侵害訴訟も財産権関連訴訟の一類型にすぎない以上 原則として 財産関連事件についての国際裁判管轄についての一般的な管轄ルールが妥当すると考えてよい 我が国における財産関連事件の国際裁判管轄の決定基準については 学説上 逆推知説 ( 国際裁判 管轄は 民事訴訟法上の土地管轄に関する 2. 我が国の裁判所に訴訟を提起することが可能か ( 国際裁判管轄 ) 外国特許権侵害訴訟の国際裁判管轄について 古くは 属地主義の原則を理由にこれを否定する見解が有力であった ( 豊崎光衛 工業所有権法 ( 新版 増補 ) 法律学全集 (1980 年 )37 頁参照 ) しかし 現在では属地主義の原則は実体法上の権利の効力に関する原則であり国際裁判管轄を否定する根拠にはならないとして 外国特許権侵害訴訟につき我が国の裁判管轄を肯定する見解が通説となっている ( 田中徹 外国特許権侵害の裁判管轄権と法令 11 条 2 項 ジュリスト215 号 94 頁 紋谷鴨男 知的財産の法的保護 国際私法の争点 ( 新版 )560 頁 山田鐐一 国際私法 38 8 頁 高部眞規子 特許権侵害訴訟と国際裁判管轄 牧野利秋判事退官記念論文集 知的財産権法と現代社会 125 頁 茶園成 規定から逆に推知するほかはなく 民事訴訟法の規定する裁判籍が日本国内に存在する場合には 我が国の国際裁判管轄を肯定する考え方 ) と管轄配分説 ( 国際裁判管轄の問題を国際社会における裁判機能の分配の問題ととらえ 国際的配慮に基づいて民事訴訟法の土地管轄の規定に修正を加え 国際民事訴訟法独自の国際裁判管轄の規範を確立すべきであるとの考え方 ) の対立があるが 最判昭和 56 年 10 月 16 日民集 35 巻 7 号 1224 頁 ( マレーシア航空事件 ) は逆推知説を採用している その後 最判平 9 年 11 月 11 日民集 51 巻 10 号 4055 頁は 我が国で裁判を行うことが当事者間の公平 裁判の適正 迅速を期するという理念に反する特段の事情があると認められる場合には 我が国の国際裁判管轄を否定すべきである と判示し 逆推知説に一定の修正を加えている ( 修正逆推知説 ) 本判決は 5

6 我が国の裁判所に提起された訴訟事件につき 我が国の民事訴訟法の規定する裁判籍のいずれかが我が国内に存する場合には 我が国において裁判を行うことが当事者間の公平 裁判の適正 迅速の理念に反するような特段の事情が存在しない限り 当該訴訟事件につき我が国の国際裁判管轄を肯定するのが相当である と述べ 前記判例の枠組で本件の国際裁判管轄を判断すべきとしている そして その上で 被告が日本国内に本店を有する日本法人であり 被告の普通裁判籍が日本国内に存すること 我が国において裁判を行うことが当事者間の公平 裁判の適正 迅速の理念に反するような特段の事情も存在しないことを理由 求 損害賠償請求ともに法令 11 条により不法行為地法が準拠法になるとの見解 3 差止請求については特許権の効力の問題であり保護国法が準拠法になり 損害賠償請求については法令 11 条により不法行為地法が準拠法になるとの見解の対立があるが 外国特許権が当該外国で侵害された事案については 権利の保護国と不法行為地国とが一致するため いずれの説を採ったとしても結論に影響はない 本判決は 3の見解を採った最高裁平成 14 年 9 月 26 日第一小法廷判決民集第 56 巻 7 号 1551 頁 ( カードリーダー事件 ) に従い 権利保護国法たる米国法を準拠法としている に 我が国の国際裁判管轄を肯定している かかる判断は 前記の通説的見解によった ものであり 学説の立場からも支持しうる ものである 4. 本件における実体的判断 前述した国際裁判管轄 準拠法の議論を 受けて 本件では 原告製品が被告の米国 特許を侵害するか否かの判断がなされてお 3. 外国特許権侵害訴訟につきどこの国の法が適用されるか ( 準拠法 ) 外国特許権が当該外国で侵害された場合に当該外国の特許法が準拠法として適用されることについては学説上も争いはなく 当然の帰結として受け入れられている 外国特許権侵害事件についての適用法規の決定方法については 1 属地主義の原則を根拠に特許権の効力に関する問題には保護国法が適用されるとする見解 2 差止請 り 結論としては文言侵害にも均等侵害にも該当しないとの判断がなされている ( この点の解説は次号に譲る ) そして その上で 被告が原告の取引先に対し特許権侵害の警告を送った行為が不正競争防止法 2 条 1 項 14 号所定の不正競争行為 ( 営業誹謗行為 ) に該当するとの判断がなされている 取引先への特許権侵害警告が客観的事実に反して行われた場合 ( すなわち 特許権侵害に該当しなかった 6

7 場合 ) 当該警告は営業誹謗行為に該当するというのが今日までの裁判例の基本的立場であり ( 東京地判昭和 47 年 3 月 17 日 フイゴ履事件 判タ278 号 374 頁 大阪地判昭和 49 年 9 月 10 日 チャコピー事件 無体集 6 巻 2 号 217 頁 ) 本判決は従来の裁判例に沿った妥当な判断であるといえよ 企業の場合 原告が日本で訴訟を提起することを認めるとは考えにくいため 合意管轄 応訴管轄が認められる事例は稀であろう そのため 実際に我が国に国際裁判管轄が認められるのは 主に日本企業同士の争いと考えてよい ( 本件も日本法人同士の争いである ) う 2. 差止請求についても我が国の裁判管轄 Ⅴ 特許権侵害訴訟の国際裁判管轄に関する今後の課題 1. どのような場合に我が国の裁判管轄が認められるか本判決は 一般の財産関連訴訟における管轄ルールが特許権侵害訴訟にも適用されることしたが これによると 被告が日本に住所または主たる営業所を有する場合 ( 民訴法 4 条 ) のほか 合意管轄 ( 民訴法 11 条 ) 応訴管轄( 民訴法 12 条 ) が認められる場合に我が国の国際裁判管轄が肯定されることになる 不法行為地管轄 ( 民訴法 5 条 9 号 ) については不法行為地が外国となるため適用の余地はなく 義務履行地管轄 ( 民訴法 5 条 1 号 ) については原告の所在地が日本であることのみをもって損害賠償の義務履行地である日本に管轄を認めることには消極的な見解が有力である ( 前掲高部 特許権侵害訴訟と国際裁判管轄 ) 被告が日本に何らの拠点も有さない外国 は認められるか前述した通り 外国の特許権侵害についても我が国の裁判管轄を肯定するのが現在の通説的見解であり 本判決の考えでもあるが 差止請求訴訟について我が国の裁判管轄を認めてよいかについては 依然として学説上の対立がある 否定説は 我が国の裁判所が外国における差止の是非を判断することは当該国の主権を侵害することになるとの理由で外国における差止請求の可否については我が国の裁判所は判断できないとする ( 前掲高部 特許権侵害訴訟と国際裁判管轄 ) これに対し 肯定説は 我が国の裁判所の判断は外国における特許法に従い外国でも禁止される行為だけであり また執行法上の効果も当然に外国に及ぶものではないから 差止請求を認めても外国主権を侵害することにはならないとする ( 前掲田中 外国特許権侵害の裁判管轄権と法令 11 条 2 項 前掲茶園 外国特許権侵害の国際裁判管 7

8 轄 ) 学説上は 肯定説が多数であり 本判決も差止請求訴訟の裁判管轄を肯定することを当然の前提としている しかし 東京地裁の高部判事が前記論文の中で否定説をとっていることもあり 今後の判例の展開が注目される としても差し控えるべきとの見解 ( 前掲高部 特許権侵害訴訟と国際裁判管轄 ) が真っ向から対立している この点 本判決は 権利無効の抗弁が提出される可能性があることが我が国の国際裁判管轄を否定する根拠になるかとのコンテクストにおいて 抗弁が理由があるも のとして特許権者の差止請求が棄却された 3. 権利無効の抗弁の扱い我が国では 最判平成 12 年 4 月 11 日民集 54 巻 4 号 1368 頁 ( キルビー事件 ) により 無効理由が存在することが明らかな特許権に基づく権利行使は権利の濫用に当たるとされたが 諸外国においても特許権侵害訴訟において権利無効の抗弁を認める国が多い そこで 我が国で提起された外国特許の侵害事件について権利無効の抗弁が提出された場合に 裁判所が権利の有効性の判断をすることができるかが問題となる 特許の有効性の判断は登録国の専属管轄であるとの考えが国際的にも一般的であり 我が国でも通説であるが 特許権侵害訴訟で権利無効の抗弁が提出された場合 侵害訴訟の管轄裁判所はそれにつき判断を としても 当該特許についての無効判断は 当該差止請求訴訟の判決における理由中の判断として訴訟当事者間において効力を有するものにすぎず 当該特許権を対世的に無効とするものではないから 当該抗弁が許容されていることが登録国以外の国の国際裁判管轄を否定する理由となるものではなく 差止請求訴訟において相手方から特許無効の抗弁が主張されているとしても 登録国以外の国の裁判所において当該訴訟の審理を遂行することを妨げる理由となるものでもない と述べており ( 実際に権利無効の抗弁の成否が判断されたわけではない ) 権利の有効性についても侵害訴訟の先決問題としてであれば審理可能であるとの考えをとっているものと理解できる しなくてはならなくなるため 両国の判断 の抵触が問題となるのである 学説では 権利無効の抗弁についても審理可能であるとする見解 ( 前掲茶園 外国特許権侵害の国際裁判管轄 ) と権利の有効性の判断は侵害判断の先決問題であった 4. 我が国に訴訟を提起することが有効なのはどうような場合か (1) 判決の承認 執行の手続外国における特許権を侵害する相手方が日本に住所または主たる営業所を有する場 8

9 合 特許権者としては 侵害訴訟を権利保護国で提起するか 日本で提起するかの選択権を持つ そこで 特許権者としては いかなる場合に 我が国で訴訟を提起することが効果的かを十分に検討する必要がある この問題を考えるにあたっては まず 外国判決の承認 執行の手続を理解しておく必要がある 判決の効力は 原則として 判決がなされた国の国内のみに及び 外国判決を執行するためには 執行を行う国で外国判決の承認 執行を求める必要がある 例えば 我が国の裁判所で外国特許に基づく侵害品の差止判決が出された場合 侵害国での差止の執行を行うためには侵害国で我が国の判決の承認を受け 執行の手続をとらなくてはならない また 損害賠償を命ずる判決が出された場合 被告が我が国に保有する財産については判決を債務名義として強制執行が可能であるが 被告が外国で保有する財産について強制執行を行うためにはやはり執行を行う国での判決の承認を受け 執行の手続をとる必要がある 外国判決の承認 執行の手続は国によってまちまちであるが 国際間の礼譲 手続の重複の回避等の観点から 外国判決の内容に踏み込んだ審査はなされないのが一般的である (2) 外国での差止を求める訴訟を日本に提起する意義外国における侵害行為の差止を認める判決を我が国の裁判所で得たとしても 当該外国でこれを執行するためには 当該外国で判決の承認を受け 執行の手続をとらなくてはならない また 我が国で訴訟を提起する場合には 我が国の裁判所が当該国の法規 判例等を調査適用する能力があるかどうかを十分に考慮する必要がある 米国特許法のように 情報の豊富な法規については裁判所の的確な判断を期待できるだろうが それ以外の場合 ( 例えばアフリカや南米の国の特許権侵害事件 ) には 我が国の裁判所の調査判断能力を越える場合もあり かえって紛争の長期化 複雑化を招く危険性があるので注意が必要である 訴訟を提起する特許権者としては 上記の点を十分に踏まえた上で 訴訟に要する費用 期間 判断の信頼性 安定性 執行の容易性等を個別具体的に検討した上で 侵害国で訴訟を提起するか 我が国で訴訟を提起するかを検討すべきである なお 侵害訴訟については我が国の裁判管轄を認めないとの見解 ( 前掲高部 特許権侵害訴訟と国際裁判管轄 ) をとった場合 そもそも日本での訴訟提起は認められ ないことになる 9

10 (3) 外国特許権侵害に基づく損害賠償請求訴訟を日本に提起する意義過去の侵害に関する損害賠償を目的とした訴訟については 差止請求訴訟の場合よりも日本で訴訟を提起するメリットが大き が日本に住所 営業所等を有することが前提となるため 米国企業から米国で特許権侵害訴訟を提起された際の対抗策として日本で消極的確認訴訟を提起することは原則として認められない い 被告が我が国に財産を保有する場合 ( 被 告が日本法人の場合など ) 我が国の判決を債務名義として被告財産に強制執行をかけることが可能であり 外国判決の承認 執行の手続が不要だからである ただし この場合も前述した裁判所の調査判断能力の問題は残るため 特許権者としては 種々の要素を検討した上で 訴訟提起国を決定すべきである Ⅴ 最後に冒頭でも述べたとおり 次号でも引き続き本判決を取り上げる 本稿では 米国特許権侵害の判断手法についての判決紹介及び解説を省略したため この点については次号に掲載予定の 米国における特許権侵害を日本の裁判所で判断した事例 Ⅱ ( 立花顕治弁理士担当 ) をご参照いただきたい 以上 (4) 消極的確認訴訟を日本に提起する意義本判決の事案のように 相手方から特許権侵害訴訟が提起されるのに先立ち 差止請求権不存在確認訴訟または損害賠償請求権不存在確認訴訟を我が国に提起したり 外国で特許権侵害事件が起こされた場合の対抗策として我が国で差止請求権不存在確認訴訟等を提起することなども一般の財産関連事件ではよく行われる手法である 外国で判決が確定する前に 我が国で消極的確認の判決を受けておけば 外国判決が日本で承認され執行されることを阻止することができるため 消極的確認訴訟の提起も有効な場合がある ただし あくまで被告 10

2006 年度 民事執行 保全法講義 第 4 回 関西大学法学部教授栗田隆

2006 年度 民事執行 保全法講義 第 4 回 関西大学法学部教授栗田隆 2006 年度 民事執行 保全法講義 第 4 回 関西大学法学部教授栗田隆 T. Kurita 2 目 次 1. 執行文に関する争いの解決 ( 民執 32 条 -34 条 ) 2. 請求異議の訴え ( 民執 35 条 ) 3. 執行停止の裁判 ( 民執 36 条 37 条 ) 執行文の付与等に関する異議 (32 条 ) 債権者 執行文付与申立て 執行文付与拒絶 債権者 異議 書記官 事件の記録の存する裁判所の裁判所書記官

More information

審決取消判決の拘束力

審決取消判決の拘束力 (1) 審決取消判決の拘束力の範囲 - 発明の進歩性判断の場合 - 特許業務法人サンクレスト国際特許事務所弁理士喜多秀樹 1. はじめに審決取消訴訟の取消判決が確定すると 従前の審決が取り消されるため事件は特許庁の審判手続に戻り 審判官は更に必要な審理を行って再び審決をしなければならない ( 特許法 181 条 5 項 ) この場合 その後の審決が 先の取消判決を無視して前審決と同じ理由で同じ結論を下すと

More information

Microsoft Word - 一弁知的所有権研究部会2017年7月13日「商標登録無効の抗弁」(三村)

Microsoft Word - 一弁知的所有権研究部会2017年7月13日「商標登録無効の抗弁」(三村) 第一東京弁護士会知的所有権部会研究会 2017 年 7 月 13 日 弁護士三村量一商標登録無効の抗弁と除斥期間最高裁第三小法廷平成 29 年 2 月 28 日判決 ( 平成 27 年 ( 受 ) 第 1876 号 ) EemaX( エマックス ) 事件 第 1 事案の概要上告人 ( 本訴被告 反訴原告 商標権者 ): 株式会社エマックス東京被上告人 ( 本訴原告 反訴被告 ): 株式会社日本建装工業

More information

民事訴訟法

民事訴訟法 2015 年民事訴訟法 3 関西大学法学部教授栗田隆 第 4 回 ( 目次 ) (42 条 -46 条 ) (42 条 -46 条 ) 債権者 保証債務履行請求 Y 保証人 Z 主債務者 T. Kurita 2 の意義 とは 他人間の訴訟の結果について利害関係を有する第三者が 当事者の一方を勝訴させることによって自己の利益を守るために訴訟に参加することをいう 人は 自らの利益を守るために自らの名と費用において訴訟を追行するが

More information

< F2D8CA48B8689EF8E9197BF31352E6A7464>

< F2D8CA48B8689EF8E9197BF31352E6A7464> 研究会資料 15 扶養関係事件の国際裁判管轄に関する論点の検討 第 1 夫婦, 親子その他の親族関係から生ずる扶養の義務に関する審判事件につき, 次のような規律を設けることについて, どのように考えるか 裁判所は, 夫婦, 親子その他の親族関係から生ずる扶養の義務に関する審判 事件 ( ただし, 子の監護に要する費用の分担の処分の審判事件を含む ) ( 注 ) について, 次のいずれかに該当するときは,

More information

平成  年(行ツ)第  号

平成  年(行ツ)第  号 平成 26 年 ( 行ツ ) 第 96 号, 平成 26 年 ( 行ヒ ) 第 101 号 選挙無効請求事件 平成 26 年 7 月 9 日第二小法廷決定 主 文 本件上告を棄却する 本件を上告審として受理しない 上告費用及び上告受理申立費用は上告人兼申立人の負担とする 理 由 1 上告について民事事件について最高裁判所に上告をすることが許されるのは, 民訴法 312 条 1 項又は2 項所定の場合に限られるところ,

More information

平成  年(オ)第  号

平成  年(オ)第  号 平成 25 年 ( 行ヒ ) 第 35 号固定資産税等賦課取消請求事件 平成 26 年 9 月 25 日第一小法廷判決 主 文 原判決を破棄する 被上告人の控訴を棄却する 控訴費用及び上告費用は被上告人の負担とする 理 由 上告代理人岩谷彰, 同水島有美, 同谷川光洋の上告受理申立て理由について 1 本件は, 被上告人が, 坂戸市長から自己の所有する家屋に係る平成 22 年度の固定資産税及び都市計画税

More information

上陸不許可処分取消し請求事件 平成21年7月24日 事件番号:平成21(行ウ)123 東京地方裁判所 民事第38部

上陸不許可処分取消し請求事件 平成21年7月24日 事件番号:平成21(行ウ)123 東京地方裁判所 民事第38部 上陸不許可処分取消し請求事件平成 21 年 7 月 24 日事件番号 : 平成 21( 行ウ )123 東京地方裁判所民事第 38 部 裁判長裁判官 : 杉原則彦 裁判官 : 品田幸男 角谷昌毅 < 主文 > 1. 本件訴えを いずれも却下する 2. 訴訟費用は 原告の負担とする < 事実および理由 > 第 1: 請求 1. 大阪入国管理局 関西空港支局 特別審理官が原告に対して平成 20 年 9

More information

7 平成 28 年 10 月 3 日 処分庁は 法第 73 条の2 第 1 項及び条例第 43 条第 1 項の規定により 本件不動産の取得について審査請求人に対し 本件処分を行った 8 平成 28 年 11 月 25 日 審査請求人は 審査庁に対し 本件処分の取消しを求める審査請求を行った 第 4

7 平成 28 年 10 月 3 日 処分庁は 法第 73 条の2 第 1 項及び条例第 43 条第 1 項の規定により 本件不動産の取得について審査請求人に対し 本件処分を行った 8 平成 28 年 11 月 25 日 審査請求人は 審査庁に対し 本件処分の取消しを求める審査請求を行った 第 4 諮問番号 : 平成 29 年諮問第 9 号 答申番号 : 平成 30 年答申第 1 号 答申書 第 1 京都府行政不服審査会 ( 以下 審査会 という ) の結論本件諮問に係る審査請求 ( 以下 本件審査請求 という ) は 棄却されるべきであるとする審査庁の判断は 妥当である 第 2 事案の概要本件は 京都府 広域振興局長 ( 知事の権限の受任者 以下 処分庁 という ) が審査請求人に対して行った地方税法

More information

に表現したものということはできない イ原告キャッチフレーズ1は, 音楽を聞くように英語を聞き流すだけ/ 英語がどんどん好きになる というものであり,17 文字の第 1 文と12 文字の第 2 文からなるものであるが, いずれもありふれた言葉の組合せであり, それぞれの文章を単独で見ても,2 文の組合

に表現したものということはできない イ原告キャッチフレーズ1は, 音楽を聞くように英語を聞き流すだけ/ 英語がどんどん好きになる というものであり,17 文字の第 1 文と12 文字の第 2 文からなるものであるが, いずれもありふれた言葉の組合せであり, それぞれの文章を単独で見ても,2 文の組合 D-102 キャッチフレーズ 著作権侵害等差止等請求事件 : 東京地裁平成 26( ワ )21237 平成 27 年 3 月 20 日 ( 民 29 部 ) 判決 < 請求棄却 > キーワード 広告 ( 新聞 ウェブサイト ), キャッチフレーズ, 著作物, 不正競争 ( 商品等 表示 ), 一般不法行為, 競争関係の有無 事案の概要 1 本件は, 原告 ( 株式会社エスプリライン ) が, 被告

More information

できない状況になっていること 約 6 分間のテレビ番組中で 2 分間を超える放映を し たこと等を理由に損害賠償請求が認容された X1 X2 および Y の双方が上告受理申立て 2 判旨 :Y1 敗訴部分破棄 請求棄却 X1,X2 敗訴部分上告却下ないし上告棄却最高裁は 北朝鮮の著作物について日本国

できない状況になっていること 約 6 分間のテレビ番組中で 2 分間を超える放映を し たこと等を理由に損害賠償請求が認容された X1 X2 および Y の双方が上告受理申立て 2 判旨 :Y1 敗訴部分破棄 請求棄却 X1,X2 敗訴部分上告却下ないし上告棄却最高裁は 北朝鮮の著作物について日本国 著作権侵害と一般不法行為の成否 ~ 北朝鮮映画事件 ( 最一小判平成 23 年 12 月 8 日 ) 弁護士南摩雄己 第 1 本稿の目的ある行為について著作権侵害が否定された場合 その行為についてなお違法であるとして民法 709 条に基づく不法行為 ( 以下 一般不法行為 ) が成立しうるか という問題がある 民法の原則どおりに考えれば 違法が存在する限り一般不法行為が成立するとも考えられる しかし

More information

市町村合併の推進状況について

市町村合併の推進状況について 住民監査請求 住民訴訟制度について 参考資料 1 住民監査請求 住民訴訟制度について 1 制度の意義住民からの請求に基づいて 地方公共団体の執行機関又は職員の行う違法 不当な行為又は怠る事実の発生を防止し 又はこれらによって生じる損害の賠償等を求めることを通じて 地方公共団体の財務の適正を確保し 住民全体の利益を保護することを目的とする制度 住民訴訟は 地方自治の本旨に基づく住民参政の一環として 裁判所に請求する権能を与え

More information

(4) 抗告人は, 平成 28 年 8 月 26 日, 本件仮登記の抹消登記を経由した (5) 抗告人は, 平成 28 年 9 月 7 日, 東京地方裁判所に対し, 本件再生手続に係る再生手続開始の申立てをし, 同月 20 日, 再生手続開始の決定を受けた 上記申立てに当たり抗告人が提出した債権者一

(4) 抗告人は, 平成 28 年 8 月 26 日, 本件仮登記の抹消登記を経由した (5) 抗告人は, 平成 28 年 9 月 7 日, 東京地方裁判所に対し, 本件再生手続に係る再生手続開始の申立てをし, 同月 20 日, 再生手続開始の決定を受けた 上記申立てに当たり抗告人が提出した債権者一 平成 29 年 ( 許 ) 第 19 号再生計画認可決定に対する抗告審の取消決定に対す る許可抗告事件 平成 29 年 12 月 19 日第三小法廷決定 主 文 本件抗告を棄却する 抗告費用は抗告人の負担とする 理 由 抗告代理人村上誠, 同今朝丸一, 同赤尾さやかの抗告理由について 1 本件は, 抗告人を再生債務者とする小規模個人再生 ( 以下 本件再生手続 という ) における住宅資金特別条項を定めた再生計画について,

More information

東京地判平成 15 年 10 月 16 日 - サンゴ砂米国特許事件 弁護士秋山佳胤 第 1 はじめに本件は 米国での製品の販売行為が 米国特許権を侵害するかという点について 東京地裁において 米国特許クレームを解釈し 均等論の成否まで検討して非侵害であることを判断したものである 1 外国特許権の侵

東京地判平成 15 年 10 月 16 日 - サンゴ砂米国特許事件 弁護士秋山佳胤 第 1 はじめに本件は 米国での製品の販売行為が 米国特許権を侵害するかという点について 東京地裁において 米国特許クレームを解釈し 均等論の成否まで検討して非侵害であることを判断したものである 1 外国特許権の侵 東京地判平成 15 年 10 月 16 日 - サンゴ砂米国特許事件 弁護士秋山佳胤 第 1 はじめに本件は 米国での製品の販売行為が 米国特許権を侵害するかという点について 東京地裁において 米国特許クレームを解釈し 均等論の成否まで検討して非侵害であることを判断したものである 1 外国特許権の侵害の有無について 我が国の裁判所が 具体的内容に踏み込んで判断した初めての事案であるので紹介する 2

More information

平成 27 年 2 月までに, 第 1 審原告に対し, 労働者災害補償保険法 ( 以下 労災保険法 という ) に基づく給付 ( 以下 労災保険給付 という ) として, 療養補償給付, 休業補償給付及び障害補償給付を行った このことから, 本件事故に係る第 1 審原告の第 1 審被告に対する自賠法

平成 27 年 2 月までに, 第 1 審原告に対し, 労働者災害補償保険法 ( 以下 労災保険法 という ) に基づく給付 ( 以下 労災保険給付 という ) として, 療養補償給付, 休業補償給付及び障害補償給付を行った このことから, 本件事故に係る第 1 審原告の第 1 審被告に対する自賠法 平成 29 年 ( 受 ) 第 659 号, 第 660 号保険金請求事件 平成 30 年 9 月 27 日第一小法廷判決 主 文 1 第 1 審被告の上告を棄却する 2 原判決中,344 万円に対する平成 27 年 2 月 20 日から本判決確定の日の前日までの遅延損害金の支払請求を棄却した部分を破棄し, 同部分につき本件を東京高等裁判所に差し戻す 3 第 1 審原告のその余の上告を棄却する 4

More information

併等の前後を通じて 上告人ら という 同様に, 上告人 X1 銀行についても, 合併等の前後を通じて 上告人 X1 銀行 という ) との間で, 上告人らを債券の管理会社として, また, 本件第 5 回債券から本件第 7 回債券までにつき上告人 X1 銀行との間で, 同上告人を債券の管理会社として,

併等の前後を通じて 上告人ら という 同様に, 上告人 X1 銀行についても, 合併等の前後を通じて 上告人 X1 銀行 という ) との間で, 上告人らを債券の管理会社として, また, 本件第 5 回債券から本件第 7 回債券までにつき上告人 X1 銀行との間で, 同上告人を債券の管理会社として, 平成 26 年 ( 受 ) 第 949 号債券償還等請求事件 平成 28 年 6 月 2 日第一小法廷判決 主 文 原判決を破棄し, 第 1 審判決を取り消す 本件を東京地方裁判所に差し戻す 理 由 上告代理人江尻隆ほかの上告受理申立て理由 ( ただし, 排除されたものを除く ) について 1 本件は, いずれも銀行である上告人らが, 外国国家である被上告人が発行したいわゆるソブリン債である円建て債券を保有する債権者らから訴訟追行権を授与された訴訟担当者であるなどと主張して,

More information

Microsoft PowerPoint - procedure210

Microsoft PowerPoint - procedure210 2011 年度民事訴訟法講義 22 関西大学法学部教授栗田隆 1. 判決の確定 2. 判決の内容的効力 ( 既判力 執行力 形成 力 ) 3. 外国判決の効力 4. 既判力の作用 5. 客観的範囲 (114 条 ) 時的範囲( 民事執行 法 35 条 2 項 ) 判決の形式的確定力 (116 条 ) 判決に対する通常の不服申立方法がなくなった時に 判決は確定したという 判決が通常の方法ではもはや取り消され得ない状態に入り

More information

事実 ) ⑴ 当事者原告は, 昭和 9 年 4 月から昭和 63 年 6 月までの間, 被告に雇用されていた ⑵ 本件特許 被告は, 次の内容により特定される本件特許の出願人であり, 特許権者であった ( 甲 1ないし4, 弁論の全趣旨 ) 特許番号特許第 号登録日平成 11 年 1

事実 ) ⑴ 当事者原告は, 昭和 9 年 4 月から昭和 63 年 6 月までの間, 被告に雇用されていた ⑵ 本件特許 被告は, 次の内容により特定される本件特許の出願人であり, 特許権者であった ( 甲 1ないし4, 弁論の全趣旨 ) 特許番号特許第 号登録日平成 11 年 1 平成 30 年 2 月 28 日判決言渡同日原本交付裁判所書記官 平成 29 年 ( ワ ) 第 3879 号民事訴訟請求事件 口頭弁論終結日平成 30 年 1 月 1 日 判 決 原告 A 被告日本電気株式会社 同訴訟代理人弁護士髙﨑仁 同羽田長愛 主 文 1 原告の請求を棄却する 2 訴訟費用は原告の負担とする 事実及び理由 第 1 請求 被告は, 原告に対し,00 万円を支払え 1 第 2 事案の概要等

More information

Microsoft Word - 行政法⑨

Microsoft Word - 行政法⑨ GET ビジネス学習舘 2013 行政書士講座 第 9 回行政法テキスト補助 本書は 著作権法 によって 著作権等の権利が保護されています 本書の一部又は全部につき 無断で天気 複写その他の方法で記録されると 著作等の権利侵害となります 上記のような使い方をされる方は あらかじめ岐阜ひまわり事務所の許諾を求めてください http://ido.gyosei.or.jp 第 4 章行政事件訴訟法 (46

More information

日税研メールマガジン vol.111 ( 平成 28 年 6 月 15 日発行 ) 公益財団法人日本税務研究センター Article 取締役に対する報酬の追認株主総会決議の効力日本大学法学部教授大久保拓也 一中小会社における取締役の報酬規制の不遵守とその対策取締役の報酬は ( 指名委員会等設置会社以

日税研メールマガジン vol.111 ( 平成 28 年 6 月 15 日発行 ) 公益財団法人日本税務研究センター Article 取締役に対する報酬の追認株主総会決議の効力日本大学法学部教授大久保拓也 一中小会社における取締役の報酬規制の不遵守とその対策取締役の報酬は ( 指名委員会等設置会社以 Article 取締役に対する報酬の追認株主総会決議の効力日本大学法学部教授大久保拓也 一中小会社における取締役の報酬規制の不遵守とその対策取締役の報酬は ( 指名委員会等設置会社以外の株式会社では ) 定款または株主総会の決議によって定めなければならず ( 会社法 361 条 ) それを経ずに支給された報酬は無効と考えられている ところが 中小閉鎖的会社においては株主総会を開催せず しかも定款規定も整備していないまま報酬を支給しているケースが多くみられる

More information

Microsoft Word 資料1 プロダクト・バイ・プロセスクレームに関する審査基準の改訂についてv16

Microsoft Word 資料1 プロダクト・バイ・プロセスクレームに関する審査基準の改訂についてv16 プロダクト バイ プロセス クレームに関する 審査基準の点検 改訂について 1. 背景 平成 27 年 6 月 5 日 プロダクト バイ プロセス クレームに関する最高裁判決が2 件出された ( プラバスタチンナトリウム事件 最高裁判決( 最判平成 27 年 6 月 5 日 ( 平成 24 年 ( 受 ) 第 1204 号, 同 2658 号 ))) 本事件は 侵害訴訟に関するものであるが 発明の要旨認定の在り方にも触れているため

More information

目次 1. 訂正発明 ( クレーム 13) と控訴人製法 ( スライド 3) 2. ボールスプライン最高裁判決 (1998 年 スライド 4) 3. 大合議判決の三つの争点 ( スライド 5) 4. 均等の 5 要件の立証責任 ( スライド 6) 5. 特許発明の本質的部分 ( 第 1 要件 )(

目次 1. 訂正発明 ( クレーム 13) と控訴人製法 ( スライド 3) 2. ボールスプライン最高裁判決 (1998 年 スライド 4) 3. 大合議判決の三つの争点 ( スライド 5) 4. 均等の 5 要件の立証責任 ( スライド 6) 5. 特許発明の本質的部分 ( 第 1 要件 )( 均等論 知的財産高等裁判所 大合議判決 2016 年 3 月 25 日 (2015 年 ( ネ ) 第 10014 号 ) 日欧知的財産司法シンポジウム 2016 2016 年 11 月 18 日 知的財産高等裁判所所長 設樂隆一 1 目次 1. 訂正発明 ( クレーム 13) と控訴人製法 ( スライド 3) 2. ボールスプライン最高裁判決 (1998 年 スライド 4) 3. 大合議判決の三つの争点

More information

平成 27 年度 特定行政書士法定研修 考査問題 解答と解説 本解答と解説は 正式に公表されたものではなく 作成者が独自に作成したものであり 内容の信頼性については保証しない 以下の事項に全て該当 遵守する場合にのみ 利用を許可する 東京都行政書士会葛飾支部会員であること 営利目的でないこと 内容を

平成 27 年度 特定行政書士法定研修 考査問題 解答と解説 本解答と解説は 正式に公表されたものではなく 作成者が独自に作成したものであり 内容の信頼性については保証しない 以下の事項に全て該当 遵守する場合にのみ 利用を許可する 東京都行政書士会葛飾支部会員であること 営利目的でないこと 内容を 平成 27 年度 特定行政書士法定研修 考査問題 解答と解説 本解答と解説は 正式に公表されたものではなく 作成者が独自に作成したものであり 内容の信頼性については保証しない 以下の事項に全て該当 遵守する場合にのみ 利用を許可する 東京都行政書士会葛飾支部会員であること 営利目的でないこと 内容を改変しないこと 上記に該当する場合は 特別な許可を得ていること 本書は無償で利用できるが 著作権は放棄していない

More information

Microsoft PowerPoint - procedure111

Microsoft PowerPoint - procedure111 2007 年度 民事訴訟法講義 11 関西大学法学部教授栗田隆 第 11 回 1. 訴訟要件 (140 条 141 条 ) 2. 訴訟類型と訴えの客観的利益 (134 条 135 条 ) T. Kurita 2 訴訟要件の意義 訴訟要件請求について判決をするために必要な訴訟法の観点から定められた要件 訴え 訴訟要件具備 請求について判決する本案判決 訴訟要件不備 請求について判決しない訴え却下判決

More information

( 事案の全体像は複数当事者による複数事件で ついての慰謝料 30 万円 あり非常に複雑であるため 仮差押えに関する部 3 本件損害賠償請求訴訟の弁護士報酬 分を抜粋した なお 仮差押えの被保全債権の額 70 万円 は 1 億円程度と思われるが 担保の額は不明であ を認容した る ) なお 仮差押え

( 事案の全体像は複数当事者による複数事件で ついての慰謝料 30 万円 あり非常に複雑であるため 仮差押えに関する部 3 本件損害賠償請求訴訟の弁護士報酬 分を抜粋した なお 仮差押えの被保全債権の額 70 万円 は 1 億円程度と思われるが 担保の額は不明であ を認容した る ) なお 仮差押え 参考資料 1 不当な仮差押命令に関する損害賠償請求についての近時の裁判例 1 2 裁判所 判決日 文献番号等事案の概要結果 被告は 原告の取得した本件各土地を同人から買い受けるとの売買契約が成立したと主張して 同契約に基づく所有権移転登記請求権を被保全権利とする処分禁止の仮処分決定を得た ( 担保の額は 8000 万円 ) ものの 原告と被告との間の本東京地裁平成 26 年 1 月 23 日判件各土地に関する所有権移転登記手続に係る本決

More information

ア原告は, 平成 26 年 12 月 26 日に設立された, 電気機械器具の研究及び開発等を目的とする株式会社である イ合併前会社ワイラン インクは, 平成 4 年 (1992 年 ) に設立された, カナダ法人である 同社は, 平成 29 年 (2017 年 )6 月 1 日付けで, 他のカナダ法

ア原告は, 平成 26 年 12 月 26 日に設立された, 電気機械器具の研究及び開発等を目的とする株式会社である イ合併前会社ワイラン インクは, 平成 4 年 (1992 年 ) に設立された, カナダ法人である 同社は, 平成 29 年 (2017 年 )6 月 1 日付けで, 他のカナダ法 平成 29 年 7 月 27 日判決言渡同日原本領収裁判所書記官 平成 28 年 ( ワ ) 第 25969 号債務不存在確認請求事件 口頭弁論の終結の日平成 29 年 6 月 13 日 判 決 原告オリオン電機株式会社 同訴訟代理人弁護士小倉秀夫 合併前会社ワイラン インク訴訟承継人 被 告 クオーターヒル インク 同訴訟代理人弁護士 田 中 伸一郎 同 佐 竹 勝 一 主 文 1 本件訴えを却下する

More information

<4D F736F F D2094DB944690BF8B818C8892E BC96BC8F88979D8DCF82DD816A2E646F63>

<4D F736F F D2094DB944690BF8B818C8892E BC96BC8F88979D8DCF82DD816A2E646F63> 平成 24 年 ( モ ) 第 51 号否認請求申立事件 ( 基本事件平成 24 年 ( フ ) 第 214 号 ) 決 主 文 定 1 申立人が A 株式会社に対して別紙債権目録記載の債権を有することを 確認する 2 申立手続費用は相手方の負担とする 理 由 第 1 申立ての趣旨主文と同旨 第 2 事案の概要本件は, 否認請求の事案である 破産会社の破産管財人である申立人が, 破産会社による相手方に対する債権譲渡行為について,1

More information

ものであった また, 本件規則には, 貸付けの要件として, 当該資金の借入れにつき漁業協同組合の理事会において議決されていることが定められていた (3) 東洋町公告式条例 ( 昭和 34 年東洋町条例第 1 号 )3 条,2 条 2 項には, 規則の公布は, 同条例の定める7か所の掲示場に掲示して行

ものであった また, 本件規則には, 貸付けの要件として, 当該資金の借入れにつき漁業協同組合の理事会において議決されていることが定められていた (3) 東洋町公告式条例 ( 昭和 34 年東洋町条例第 1 号 )3 条,2 条 2 項には, 規則の公布は, 同条例の定める7か所の掲示場に掲示して行 平成 27 年 ( 行ヒ ) 第 156 号損害賠償請求事件 平成 28 年 1 月 22 日第二小法廷判決 主 文 原判決中上告人敗訴部分を破棄する 前項の部分につき本件を高松高等裁判所に差し戻す 理 由 上告代理人小泉武嗣の上告受理申立て理由 ( ただし, 排除されたものを除く ) について 1 本件は, 東洋町がA 漁協 ( 以下 A 漁協 という ) に対し漁業災害対策資金として1000 万円を貸し付けたこと

More information

平成  年 月 日判決言渡し 同日判決原本領収 裁判所書記官

平成  年 月 日判決言渡し 同日判決原本領収 裁判所書記官 平成 27 年 1 月 29 日判決言渡平成 26 年 ( ネ ) 第 10095 号不正競争行為差止等請求控訴事件 ( 原審東京地方裁判所平成 25 年 ( ワ ) 第 28860 号 ) 口頭弁論終結日平成 26 年 12 月 17 日 判 決 控訴人 ( 一審原告 ) X 訴訟代理人弁護士勝部環震 被控訴人 ( 一審被告 ) Y 被控訴人 ( 一審被告 ) 株式会社宝島社 両名訴訟代理人弁護士芳賀淳

More information

( ただし, 子の監護に要する費用の分担の処分の審判事件を含む ) について, 扶養義務者 ( 申立人となる場合を除く ) の住所地は, その手続保障の観点から, 管轄原因とすることが相当であると解されるが, どのように考えるべきか ( なお, 子の監護に要する費用の分担の処分の審判事件については,

( ただし, 子の監護に要する費用の分担の処分の審判事件を含む ) について, 扶養義務者 ( 申立人となる場合を除く ) の住所地は, その手続保障の観点から, 管轄原因とすることが相当であると解されるが, どのように考えるべきか ( なお, 子の監護に要する費用の分担の処分の審判事件については, 国際裁判管轄法制 ( 人事訴訟事件及び家事事件関係 ) 部会資料 3-3 検討課題 扶養関係事件 第 1 扶養関係事件の国際裁判管轄権 裁判所は, 夫婦, 親子その他の親族関係から生ずる扶養の義務に関する審判事件 ( ただし, 子の監護に要する費用の分担の処分の審判事件を含む )( 注 ) について, 次のいずれかに該当するときは, 管轄権を有するものとする 1 扶養義務者 ( 申立人となる場合を除く

More information

法第 20 条は, 有期契約労働者の労働条件が期間の定めがあることにより無期契約労働者の労働条件と相違する場合, その相違は, 職務の内容 ( 労働者の業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度をいう 以下同じ ), 当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して, 有期契約労働者にとって不合

法第 20 条は, 有期契約労働者の労働条件が期間の定めがあることにより無期契約労働者の労働条件と相違する場合, その相違は, 職務の内容 ( 労働者の業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度をいう 以下同じ ), 当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して, 有期契約労働者にとって不合 Q45. 有期契約労働者が正社員と同じ待遇を要求する 1 問題の所在有期契約労働者の労働条件は個別労働契約, 就業規則等により決定されるべきものですので, 正社員と同じ待遇を要求することは認められないのが原則です しかし, 有期契約労働者が正社員と同じ仕事に従事し, 同じ責任を負担しているにもかかわらず, 単に有期契約というだけの理由で労働条件が低くなっているような場合には, 期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止

More information

た損害賠償金 2 0 万円及びこれに対する遅延損害金 6 3 万 9 円の合計 3 3 万 9 6 円 ( 以下 本件損害賠償金 J という ) を支払 った エなお, 明和地所は, 平成 2 0 年 5 月 1 6 日, 国立市に対し, 本件損害賠償 金と同額の 3 3 万 9 6 円の寄附 (

た損害賠償金 2 0 万円及びこれに対する遅延損害金 6 3 万 9 円の合計 3 3 万 9 6 円 ( 以下 本件損害賠償金 J という ) を支払 った エなお, 明和地所は, 平成 2 0 年 5 月 1 6 日, 国立市に対し, 本件損害賠償 金と同額の 3 3 万 9 6 円の寄附 ( 平成 2 6 年 9 月 2 5 日午後 1 時 1 5 分判決言渡し ( 3 号法廷 ) 平成 2 3 年 ( ワ ) 第 4 1 号損害賠償請求事件 東京地方裁判所民事第 2 部 増田稔 ( 裁判長 ), 替藤充洋, 不破大輔 判決要旨 当事者 原告国立市 被告上原公子 ( 元国立市長 ) 主文 原告国立市の請求を棄却する 訴訟費用は原告国立市の負担とする 事案の概要 本件訴訟に至る経過 1 (

More information

ことができる 1. 特許主務官庁に出頭して面接に応じる と規定している さらに 台湾専利法第 76 条は 特許主務官庁は 無効審判を審理する際 請求によりまたは職権で 期限を指定して次の各号の事項を行うよう特許権者に通知することができる 1. 特許主務官庁に出頭して面接に応じる と規定している なお

ことができる 1. 特許主務官庁に出頭して面接に応じる と規定している さらに 台湾専利法第 76 条は 特許主務官庁は 無効審判を審理する際 請求によりまたは職権で 期限を指定して次の各号の事項を行うよう特許権者に通知することができる 1. 特許主務官庁に出頭して面接に応じる と規定している なお 台湾における特許出願および意匠出願の審査官面接 理律法律事務所郭家佑 ( 弁理士 ) 理律法律事務所は 1965 年に創設され 台湾における最大手総合法律事務所である 特許 意匠 商標 その他知的財産に関する権利取得や 権利行使 訴訟 紛争解決 会社投資など 全ての法律分野を包括するリーガルサービスを提供している 郭家佑は 理律法律事務所のシニア顧問で 台湾の弁理士である 主な担当分野は 特許ならびに意匠出願のプロセキューション

More information

年 10 月 18 日から支払済みまで年 5 分の割合による金員を支払え 3 被控訴人 Y1 は, 控訴人に対し,100 万円及びこれに対する平成 24 年 1 0 月 18 日から支払済みまで年 5 分の割合による金員を支払え 4 被控訴人有限会社シーエムシー リサーチ ( 以下 被控訴人リサーチ

年 10 月 18 日から支払済みまで年 5 分の割合による金員を支払え 3 被控訴人 Y1 は, 控訴人に対し,100 万円及びこれに対する平成 24 年 1 0 月 18 日から支払済みまで年 5 分の割合による金員を支払え 4 被控訴人有限会社シーエムシー リサーチ ( 以下 被控訴人リサーチ 平成 26 年 2 月 19 日判決言渡平成 25 年 ( ネ ) 第 10070 号著作権侵害差止等請求控訴事件 ( 原審東京地方裁判所平成 24 年 ( ワ ) 第 25843 号 ) 口頭弁論終結日平成 26 年 1 月 22 日 判 決 控訴人 ( 原告 ) X 訴訟代理人弁護士寒河江孝允 被控訴人 ( 被告 ) 有限会社シーエムシー リサーチ 被控訴人 ( 被告 ) 株式会社シーエムシー出版

More information

1 本件は, 別紙 2 著作物目録記載の映画の著作物 ( 以下 本件著作物 という ) の著作権者であると主張する原告が, 氏名不詳者 ( 以下 本件投稿者 という ) が被告の提供するインターネット接続サービスを経由してインターネット上のウェブサイト FC2 動画 ( 以下 本件サイト という )

1 本件は, 別紙 2 著作物目録記載の映画の著作物 ( 以下 本件著作物 という ) の著作権者であると主張する原告が, 氏名不詳者 ( 以下 本件投稿者 という ) が被告の提供するインターネット接続サービスを経由してインターネット上のウェブサイト FC2 動画 ( 以下 本件サイト という ) 平成 29 年 6 月 26 日判決言渡同日原本交付裁判所書記官 平成 29 年 ( ワ ) 第 9799 号発信者情報開示請求事件 口頭弁論終結日平成 29 年 月 22 日 判 決 原 告 有限会社プレステー ジ 同訴訟代理人弁護士 提 箸 欣 也 同 渡 邉 俊 太 郎 同 野 口 耕 治 同藤沢浩一 同成豪哲 同小椋優 同鶴谷秀哲 1 被告ビッグローブ株式会社 同訴訟代理人弁護士平出晋一 同髙橋利昌

More information

< F2D947A957A8E9197BF F81408ED DE092638AD6>

< F2D947A957A8E9197BF F81408ED DE092638AD6> 国際裁判管轄法制部会資料 10 平成 20 年 12 月 19 日 社団 財団関係の訴えの類型 社団 財団関係の訴えの相関図 社団 財団 イ 1(1) ロ ハ 1(3) 1(4) 2(1) 社員役員発起人 検査役 イ ニ 1(2) 1(5) 2(2) 2(3) 社員債権者役員 ( 注 ) 実線の矢印が法第 5 条第 8 号の訴えを示し ( 矢印の始点が原告, 終点が被告 ), イ ないし ニ の表記は法第

More information

情報の開示を求める事案である 1 前提となる事実 ( 当事者間に争いのない事実並びに後掲の証拠及び弁論の全趣旨により容易に認められる事実 ) 当事者 ア原告は, 国内及び海外向けのモバイルゲームサービスの提供等を業とす る株式会社である ( 甲 1の2) イ被告は, 電気通信事業を営む株式会社である

情報の開示を求める事案である 1 前提となる事実 ( 当事者間に争いのない事実並びに後掲の証拠及び弁論の全趣旨により容易に認められる事実 ) 当事者 ア原告は, 国内及び海外向けのモバイルゲームサービスの提供等を業とす る株式会社である ( 甲 1の2) イ被告は, 電気通信事業を営む株式会社である 平成 29 年 12 月 12 日判決言渡同日原本交付裁判所書記官 平成 29 年 ( ワ ) 第 2732 号発信者情報開示請求事件 口頭弁論終結日平成 29 年 11 月 21 日 判 決 原告株式会社コロプラ 同訴訟代理人弁護士鎌田真理雄 小西智志 被告エキサイト株式会社 同訴訟代理人弁護士藤井康弘 主 文 1 1 被告は, 原告に対し, 別紙発信者情報目録記載の各情報を開示せよ 2 訴訟費用は被告の負担とする

More information

控訴人は, 控訴人にも上記の退職改定をした上で平成 22 年 3 月分の特別老齢厚生年金を支給すべきであったと主張したが, 被控訴人は, 退職改定の要件として, 被保険者資格を喪失した日から起算して1か月を経過した時点で受給権者であることが必要であるところ, 控訴人は, 同年 月 日に65 歳に達し

控訴人は, 控訴人にも上記の退職改定をした上で平成 22 年 3 月分の特別老齢厚生年金を支給すべきであったと主張したが, 被控訴人は, 退職改定の要件として, 被保険者資格を喪失した日から起算して1か月を経過した時点で受給権者であることが必要であるところ, 控訴人は, 同年 月 日に65 歳に達し 平成 25 年 7 月 4 日判決言渡平成 25 年 ( 行コ ) 第 71 号不作為の違法確認請求控 訴事件 主 文 1 本件控訴を棄却する 2 控訴費用は控訴人の負担とする 事実及び理由第 1 控訴の趣旨 1 原判決を取り消す 2 厚生労働大臣が平成 22 年 4 月 15 日付けで控訴人に対してした被保険者期間を411 月, 年金額を179 万 4500 円とする老齢厚生年金支給処分を取り消す

More information

(イ係)

(イ係) 平成 26 年 5 月 19 日判決言渡 平成 25 年 ( 行コ ) 第 391 号所得税更正処分取消請求控訴事件 主 文 本件控訴を棄却する 控訴費用は控訴人の負担とする 事実及び理由 第 1 控訴の趣旨 1 原判決を取り消す 2 四日市税務署長が平成 25 年 3 月 15 日付けで控訴人に対してした平成 21 年分所得税の更正処分のうち課税総所得金額 2361 万 7000 円, 還付金の額に相当する税額

More information

2 譲渡禁止特約の効力改正前は 譲渡禁止特約を付した場合は債権の譲渡はできない ( ただし 特約の存在を知らない第三者等には対抗できない ) とされていましたが 改正法では このような特約があっても債権の譲渡は効力を妨げられないことを明記しました ( 466Ⅱ 1) ただし 3に記載するとおり 債務

2 譲渡禁止特約の効力改正前は 譲渡禁止特約を付した場合は債権の譲渡はできない ( ただし 特約の存在を知らない第三者等には対抗できない ) とされていましたが 改正法では このような特約があっても債権の譲渡は効力を妨げられないことを明記しました ( 466Ⅱ 1) ただし 3に記載するとおり 債務 LM ニュースレター Vol.29 平成 30 年 2 月 改正債権法の要点解説 (7) 債権譲渡 債務引受 改正債権法の要点解説第 7 回では 債権譲渡 債務引受 の改正点について説明します 債権譲渡については債権の担保化 流動化による企業の資金調達を円滑化する観点から大幅な改正がなされており 実務への影響もありますので 特に留意が必要です 第 1 債権譲渡 1 改正の経緯貸付金 売掛金などの債権は

More information

Microsoft Word - 行政法⑨

Microsoft Word - 行政法⑨ GET ビジネス学習舘 2014 行政書士講座 第 9 回行政法テキスト補助 本書は 著作権法 によって 著作権等の権利が保護されています 本書の一部又は全部につき 無断で天気 複写その他の方法で記録されると 著作等の権利侵害となります 上記のような使い方をされる方は あらかじめ岐阜ひまわり事務所の許諾を求めてください http://ido.gyosei.or.jp 3. 執行停止の取消し審査庁は執行を停止した後でも

More information

Unit1 権利能力等, 制限行為能力者 ( 未成年 ) 1 未成年者が婚姻をしたときは, その未成年者は, 婚姻後にした法律行為を未成年であることを理由として取り消すことはできない (H エ ) 2 未成年者が法定代理人の同意を得ないで贈与を受けた場合において, その贈与契約が負担付の

Unit1 権利能力等, 制限行為能力者 ( 未成年 ) 1 未成年者が婚姻をしたときは, その未成年者は, 婚姻後にした法律行為を未成年であることを理由として取り消すことはできない (H エ ) 2 未成年者が法定代理人の同意を得ないで贈与を受けた場合において, その贈与契約が負担付の Unit1 権利能力等, 制限行為能力者 ( 未成年 ) 1 未成年者が婚姻をしたときは, その未成年者は, 婚姻後にした法律行為を未成年であることを理由として取り消すことはできない (H27-04- エ ) 2 未成年者が法定代理人の同意を得ないで贈与を受けた場合において, その贈与契約が負担付のものでないときは, その未成年者は, その贈与契約を取り消すことはできない (H27-04- オ )

More information

求めるなどしている事案である 2 原審の確定した事実関係の概要等は, 次のとおりである (1) 上告人は, 不動産賃貸業等を目的とする株式会社であり, 被上告会社は, 総合コンサルティング業等を目的とする会社である 被上告人 Y 3 は, 平成 19 年当時, パソコンの解体業務の受託等を目的とする

求めるなどしている事案である 2 原審の確定した事実関係の概要等は, 次のとおりである (1) 上告人は, 不動産賃貸業等を目的とする株式会社であり, 被上告会社は, 総合コンサルティング業等を目的とする会社である 被上告人 Y 3 は, 平成 19 年当時, パソコンの解体業務の受託等を目的とする 平成 27 年 ( 受 ) 第 766 号損害賠償請求事件 平成 28 年 9 月 6 日第三小法廷判決 主 文 1 原判決中, 上告人の被上告人ら各自に対する1 億 6 500 万円及びこれに対する平成 20 年 1 月 23 日から支払済みまで年 5 分の割合による金員の支払請求に関する部分を破棄する 2 前項の部分につき, 本件を東京高等裁判所に差し戻す 3 上告人のその余の上告を却下する 4

More information

平成  年(オ)第  号

平成  年(オ)第  号 平成 24 年 ( 受 ) 第 1478 号損害賠償請求事件 平成 27 年 3 月 4 日大法廷判決 主 文 本件上告を棄却する 上告費用は上告人らの負担とする 理 由 上告代理人川人博ほかの上告受理申立て理由第 2について 1 本件は, 過度の飲酒による急性アルコール中毒から心停止に至り死亡したA の相続人である上告人らが,Aが死亡したのは, 長時間の時間外労働等による心理的負荷の蓄積によって精神障害を発症し,

More information

Microsoft Word - CAFC Update(112)

Microsoft Word - CAFC Update(112) 明細書の記載がクレーム解釈に与える影響 ~Apple 社 FaceTimeに対する特許権侵害訴訟 ~ 米国特許判例紹介 (112) 2014 年 10 月 28 日執筆者弁理士河野英仁 SCIENCE APPLICATIONS INTERNATIONAL CORPORATION, Plaintiff-Appellee, v. APPLE INC., Defendant-Appellant, 1. 概要特許明細書を作成する上で悩ましいのが

More information

する 理 由 第 1 事案の概要 1 本件は, 平成 21 年 ( 受 ) 第 602 号被上告人 同第 603 号上告人 ( 以下 1 審原告 X1 という ) 及び平成 21 年 ( 受 ) 第 603 号上告人 ( 以下 1 審原告 X 2 といい,1 審原告 X 1と1 審原告 X 2を併せ

する 理 由 第 1 事案の概要 1 本件は, 平成 21 年 ( 受 ) 第 602 号被上告人 同第 603 号上告人 ( 以下 1 審原告 X1 という ) 及び平成 21 年 ( 受 ) 第 603 号上告人 ( 以下 1 審原告 X 2 といい,1 審原告 X 1と1 審原告 X 2を併せ 主 文 1 平成 21 年 ( 受 ) 第 602 号上告人 同第 603 号被上告人の上告に基づき, 原判決中, 平成 21 年 ( 受 ) 第 602 号上告人 同第 603 号被上告人の敗訴部分を破棄する 2 前項の部分に関する平成 21 年 ( 受 ) 第 602 号被上告人 同第 603 号上告人の請求を棄却する 3 原判決中予備的請求に関する部分についての平成 2 1 年 ( 受 ) 第

More information

<4D F736F F D208FA495578CA0904E8A FD782C982A882AF82E991B98A F9E8A7A82CC8E5A92E82096F6E05694FC89C02E646F63>

<4D F736F F D208FA495578CA0904E8A FD782C982A882AF82E991B98A F9E8A7A82CC8E5A92E82096F6E05694FC89C02E646F63> 商標権侵害訴訟におけるにおける損害賠償額損害賠償額の算定 1 損害賠償請求権の根拠民法 709 条 商標法自体には 損害賠償請求権の根拠規定はない 弁護士柳澤美佳 ダイソン株式会社勤務 2 損害賠償の範囲 1 積極的損害例 : 侵害の調査に要した費用 ( 東京地判昭 43 3 6) 弁護士費用 ( 最判昭 44 2 27) 最近では 信用損害 精神的損害なども ( 大阪地判昭 56 1 30 など

More information

Microsoft Word - 渉外離婚.docx

Microsoft Word - 渉外離婚.docx 渉外離婚について -1 written by 岡部健一 13.12.14 事例アメリカ人の夫と日本人の妻が日本で結婚し 婚姻届を役所に提出しました 二人の間には1 人の子どもが産まれ 1 年が経ちました その間 夫はアメリカでレストラン経営をするため 日本とアメリカを行ったり来たりしており 妻も夫に同行し 夫の実家で数週間を過ごすこともありました ある日 夫がアメリカに行ったまま帰ってこないようになり

More information

第 1 民法第 536 条第 1 項の削除の是非民法第 536 条第 1 項については 同項を削除するという案が示されているが ( 中間試案第 12 1) 同項を維持すべきであるという考え方もある ( 中間試案第 12 1 の ( 注 ) 参照 ) 同項の削除の是非について どのように考えるか 中間

第 1 民法第 536 条第 1 項の削除の是非民法第 536 条第 1 項については 同項を削除するという案が示されているが ( 中間試案第 12 1) 同項を維持すべきであるという考え方もある ( 中間試案第 12 1 の ( 注 ) 参照 ) 同項の削除の是非について どのように考えるか 中間 民法 ( 債権関係 ) 部会資料 68B 民法 ( 債権関係 ) の改正に関する要綱案の取りまとめに向けた検討 (5) 目次 第 1 民法第 536 条第 1 項の削除の是非... 1 i 第 1 民法第 536 条第 1 項の削除の是非民法第 536 条第 1 項については 同項を削除するという案が示されているが ( 中間試案第 12 1) 同項を維持すべきであるという考え方もある ( 中間試案第

More information

12-12.indd

12-12.indd 12 12 ( 水 ) No. 14833 1 部 370 円 ( 税込み ) 目 次 リツイート事件 ⑴ 第 1 はじめに本件は 氏名不詳者らにインターネット上の短文投稿サイト ツイッター 上で写真を無断で使用されたと主張し控訴人 X( 一審原告 ) が 米国ツイッター社等に対して 発信者の情報開示請求を行った事案である 1 本件では 氏名不詳者によるツイッターでの投稿 ( ツイート ) が公衆送信権侵害にあたる等一部につい

More information

訂正情報書籍 170 頁 173 頁中の 特許電子図書館 が, 刊行後の 2015 年 3 月 20 日にサービスを終了し, 特許情報プラットフォーム ( BTmTopPage) へと模様替えされた よって,

訂正情報書籍 170 頁 173 頁中の 特許電子図書館 が, 刊行後の 2015 年 3 月 20 日にサービスを終了し, 特許情報プラットフォーム (  BTmTopPage) へと模様替えされた よって, 訂正情報書籍 170 頁 173 頁中の 特許電子図書館 が, 刊行後の 2015 年 3 月 20 日にサービスを終了し, 特許情報プラットフォーム (https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/ BTmTopPage) へと模様替えされた よって, 本文を次のように変更する 170 頁 :1 審と 2 審の裁判官は同じ明細書を見ているのに, このように異なる判断をしている

More information

民法 ( 債権関係 ) の改正における経過措置に関して 現段階で検討中の基本的な方針 及び経過措置案の骨子は 概ね以下のとおりである ( 定型約款に関するものを除く ) 第 1 民法総則 ( 時効を除く ) の規定の改正に関する経過措置 民法総則 ( 時効を除く ) における改正後の規定 ( 部会資

民法 ( 債権関係 ) の改正における経過措置に関して 現段階で検討中の基本的な方針 及び経過措置案の骨子は 概ね以下のとおりである ( 定型約款に関するものを除く ) 第 1 民法総則 ( 時効を除く ) の規定の改正に関する経過措置 民法総則 ( 時効を除く ) における改正後の規定 ( 部会資 民法 ( 債権関係 ) 部会資料 85 民法 ( 債権関係 ) の改正に関する要綱案の取りまとめに向けた検討 (18) 目次 第 1 民法総則 ( 時効を除く ) の規定の改正に関する経過措置... 1 第 2 時効の規定の改正に関する経過措置... 1 第 3 債権総則の規定の改正に関する経過措置... 2 第 4 契約総則 各則の規定の改正に関する経過措置... 4 i 民法 ( 債権関係 )

More information

東京弁護士会知的財産権法部 知財高裁10年の回顧と今後の知財高裁の使命 判例形成における知財高裁の役割  国際的な知財紛争の解決について

東京弁護士会知的財産権法部 知財高裁10年の回顧と今後の知財高裁の使命 判例形成における知財高裁の役割  国際的な知財紛争の解決について 東京弁護士会知的財産権法部知財高裁 10 年の回顧と今後の知財高裁の使命判例形成における知財高裁の役割 国際的な知財紛争の解決について 知的財産高等裁判所第 2 部 判事 中村 恭 第 4 部 判事 柵木 澄子 要約本講演録は, 平成 27 年 10 月 13 日, 東京弁護士会知的財産権法部において 知財高裁 10 年の回顧と今後の知財高裁の使命 と題して, 同部部員が問題を提起し, 知的財産高等裁判所の判事に

More information

問 2 戦略的な知的財産管理を適切に行っていくためには, 組織体制と同様に知的財産関連予算の取扱も重要である その負担部署としては知的財産部門と事業部門に分けることができる この予算負担部署について述べた (1)~(3) について,( イ ) 内在する課題 ( 問題点 ) があるかないか,( ロ )

問 2 戦略的な知的財産管理を適切に行っていくためには, 組織体制と同様に知的財産関連予算の取扱も重要である その負担部署としては知的財産部門と事業部門に分けることができる この予算負担部署について述べた (1)~(3) について,( イ ) 内在する課題 ( 問題点 ) があるかないか,( ロ ) ( はじめに ) すべての問題文の条件設定において, 特に断りのない限り, 他に特殊な事情がないものとします また, 各問題の選択枝における条件設定は独立したものと考え, 同一問題内における他の選択枝には影響しないものとします 特に日時の指定のない限り,2017 年 9 月 1 日現在で施行されている法律等に基づいて解答しなさい PartⅠ 問 1~ 問 2に答えなさい ( 出典 : 戦略的な知的財産管理に向けて-

More information

被告は 高年法 9 条 2 項に規定する協定をするため努力したにもかかわらず協議が調わ なかったものと認めることはできず 本件就業規則 29 条が高年法附則 5 条 1 項の要件を具 備していないというべきである 本件継続雇用制度の導入を定める本件就業規則 29 条は 手続要件を欠き無効であり 原

被告は 高年法 9 条 2 項に規定する協定をするため努力したにもかかわらず協議が調わ なかったものと認めることはできず 本件就業規則 29 条が高年法附則 5 条 1 項の要件を具 備していないというべきである 本件継続雇用制度の導入を定める本件就業規則 29 条は 手続要件を欠き無効であり 原 資料 2 高年齢者等の雇用の安定等に関する法律 改正 ( 平成 18 年 ) 後の裁判例概要 1 定年前のグループ会社への転籍による継続雇用制度に関する裁判例 NTT 東日本事件 ( 平成 21 年 11 月 16 日東京地裁判決 ) 本件制度は 定年前のグループ会社への転籍により 定年までの給与の減額を伴うが 各グループ会社の給与水準は 同一地域における同業種の賃金水準等を参考にしつつ 大幅な減額にならないよう一定の配慮をしたうえで設定され

More information

したがって, 本件売却は,362 条 4 項 1 号に基づき取締役会決議が必要である 2) 利益相反取引に該当するか (356 条 1 項 2 号,3 号 ) 甲社は取締役会設置会社であるから, 本件売却が甲社において直接取引または間接取引に該当するときも,356 条 1 項 2 号または3 号,3

したがって, 本件売却は,362 条 4 項 1 号に基づき取締役会決議が必要である 2) 利益相反取引に該当するか (356 条 1 項 2 号,3 号 ) 甲社は取締役会設置会社であるから, 本件売却が甲社において直接取引または間接取引に該当するときも,356 条 1 項 2 号または3 号,3 2018 年度同志社大学大学院司法研究科 後期日程入学試験問題解説 商法 設例の事案の概要甲社 ( 取締役会設置会社 ) 代表取締役 A( 株式 40%) A の配偶者 B 非役員,25% 保有レストランP 乙社代表取締役 C (Bの兄) Bが全株式を保有 AもBも日常的な経営に関与せず レストランQ( 総資産の40%) 客観的な評価額 8000 万円 乙社への売却価額 5000 万円 Qを譲り受け,

More information

政令で定める障害の程度に該当するものであるときは, その者の請求に基づき, 公害健康被害認定審査会の意見を聴いて, その障害の程度に応じた支給をする旨を定めている (2) 公健法 13 条 1 項は, 補償給付を受けることができる者に対し, 同一の事由について, 損害の塡補がされた場合 ( 同法 1

政令で定める障害の程度に該当するものであるときは, その者の請求に基づき, 公害健康被害認定審査会の意見を聴いて, その障害の程度に応じた支給をする旨を定めている (2) 公健法 13 条 1 項は, 補償給付を受けることができる者に対し, 同一の事由について, 損害の塡補がされた場合 ( 同法 1 平成 28 年 ( 行ヒ ) 第 371 号障害補償費不支給決定取消等請求事件 平成 29 年 9 月 8 日第二小法廷判決 主 文 原判決中上告人敗訴部分を破棄する 前項の部分につき, 被上告人の控訴を棄却する 控訴費用及び上告費用は被上告人の負担とする 理 由 上告代理人定塚誠ほかの上告受理申立て理由について 1 本件は, 水俣病の認定を受けた被上告人が, 公害健康被害の補償等に関する法律 (

More information

_第16回公益通報者保護専門調査会_資料2

_第16回公益通報者保護専門調査会_資料2 資料 2 第 16 回公益通報者保護専門調査会 不利益取扱いが通報を理由とすることの立証責任の緩和 平成 30 年 6 月 28 日 消費者庁 第 1 問題の所在 1. 関連する現行法の規定等 公益通報者保護法 ( 平成十六年法律第百二十二号 )< 下線は引用者 > 第三条公益通報者が次の各号に掲げる場合においてそれぞれ当該各号に定める公益通報をしたことを理由として前条第一項第一号に掲げる事業者が行った解雇は

More information

<4D F736F F D F93FC82E D835382CC82DD816A2E646F63>

<4D F736F F D F93FC82E D835382CC82DD816A2E646F63> ケーブル用コネクタ東京地裁平成 19 年 8 月 29 日判決平成 17 年 ( ワ ) 第 22016 号特許権侵害差止等請求事件 弁護士近藤祐史 第 1 事案の概要本件は ケーブル用コネクタに関する後記の特許権 ( 以下 本件特許権 といい その特許を 本件特許 後記請求項 1の特許発明を 本件発明 1 請求項 4の特許発明を 本件発明 2 本件発明 1 及び本件発明 2を併せて 本件発明 という

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 不正の利益を得る目的又はその保有者に損害を加える目的 の具体事例について 参考資料 2 < 不正の利益を得る目的又はその保有者に損害を加える目的 ( 図利加害目的 ) あり > (1) 契約当事者の信頼を著しく裏切るケース C 社が A 社から提供を受けたデータについて 第三者提供禁止を認識しながら 取引先から 自社で使用したいから提供してほしい との要請を受けて 取引先との関係構築のため A 社に無断で取引先に提供する行為

More information

13 条,14 条 1 項に違反するものとはいえない このように解すべきことは, 当裁判所の判例 ( 最高裁昭和 28 年 ( オ ) 第 389 号同 30 年 7 月 20 日大法廷判決 民集 9 巻 9 号 1122 頁, 最高裁昭和 37 年 ( オ ) 第 1472 号同 39 年 5 月

13 条,14 条 1 項に違反するものとはいえない このように解すべきことは, 当裁判所の判例 ( 最高裁昭和 28 年 ( オ ) 第 389 号同 30 年 7 月 20 日大法廷判決 民集 9 巻 9 号 1122 頁, 最高裁昭和 37 年 ( オ ) 第 1472 号同 39 年 5 月 平成 30 年 ( ク ) 第 269 号性別の取扱いの変更申立て却下審判に対する抗 告棄却決定に対する特別抗告事件 平成 31 年 1 月 23 日第二小法廷決定 主 文 本件抗告を棄却する 抗告費用は抗告人の負担とする 理 由 抗告代理人大山知康の抗告理由について性同一性障害者につき性別の取扱いの変更の審判が認められるための要件として 生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること

More information

日韓比較 国際知的財産法研究⑹ 知的財産権に関する国際裁判管轄の原則 韓国案と日本の修正案の差異を中心に 李 聖 昊* 2009年7月26日に修正提出された日本側の 2 被告の国籍 知的財産権に関する国際私法原則 草案 以下 3 被告の有体財産の所在 日本修正案 という の中 第2部の国際裁判 4

日韓比較 国際知的財産法研究⑹ 知的財産権に関する国際裁判管轄の原則 韓国案と日本の修正案の差異を中心に 李 聖 昊* 2009年7月26日に修正提出された日本側の 2 被告の国籍 知的財産権に関する国際私法原則 草案 以下 3 被告の有体財産の所在 日本修正案 という の中 第2部の国際裁判 4 日韓比較 国際知的財産法研究⑹ 知的財産権に関する国際裁判管轄の原則 韓国案と日本の修正案の差異を中心に 李 聖 昊* 2009年7月26日に修正提出された日本側の 2 被告の国籍 知的財産権に関する国際私法原則 草案 以下 3 被告の有体財産の所在 日本修正案 という の中 第2部の国際裁判 4 当該国の法に基づいた被告の知的財産権 管轄権の部分は 2006年12月に提出された韓国 の所在 側 国際知的財産訴訟に関する原則

More information

次のように補正するほかは, 原判決の事実及び理由中の第 2に記載のとおりであるから, これを引用する 1 原判決 3 頁 20 行目の次に行を改めて次のように加える 原審は, 控訴人の請求をいずれも理由がないとして棄却した これに対し, 控訴人が控訴をした 2 原判決 11 頁 5 行目から6 行目

次のように補正するほかは, 原判決の事実及び理由中の第 2に記載のとおりであるから, これを引用する 1 原判決 3 頁 20 行目の次に行を改めて次のように加える 原審は, 控訴人の請求をいずれも理由がないとして棄却した これに対し, 控訴人が控訴をした 2 原判決 11 頁 5 行目から6 行目 主 文 本件控訴を棄却する 控訴費用は控訴人の負担とする 事実及び理由第 1 控訴の趣旨 1 原判決を取り消す 2 処分行政庁が平成 19 年 6 月 27 日付けでした控訴人の平成 16 年 10 月分の源泉徴収に係る所得税の納税告知処分及び不納付加算税賦課決定処分をいずれも取り消す 3 被控訴人は, 控訴人に対し7446 万 1087 円及びうち39 万 4200 円に対する平成 19 年 6

More information

60 第 3 章 空き家 空き地への法的対応 解 説 1 空家対策特別措置法に基づく処置空家対策特別措置法では 特定空家等 に該当する建物については 市町村長が建物所有者に対して 建物の修繕や除却を命じることができるとしています ここにいう 特定空家等 とは 適切な管理が行われていない空家等のうち特

60 第 3 章 空き家 空き地への法的対応 解 説 1 空家対策特別措置法に基づく処置空家対策特別措置法では 特定空家等 に該当する建物については 市町村長が建物所有者に対して 建物の修繕や除却を命じることができるとしています ここにいう 特定空家等 とは 適切な管理が行われていない空家等のうち特 第 3 章空き家 空き地への法的対応 59 第 1 損害発生前の法的手段 ( 妨害排除 ) Q17 隣の空き家が傾いてきた場合の対応 Q 隣の空き家が年々私の敷地に傾いてきています 今年はとうとう私の家に接触するぐらい傾いてきまし た このままでは私の敷地に侵入してきそうですが 何とか止めてもらう方法はありませんか A 空家対策特別措置法は 適切な管理が行われていない空き家のうち ある一定の状態になったものを

More information

きる ( 改正前民法 436 条 ) 1 改正法と同じ 2 前項の債権を有する連帯債務者が相殺を援用しない間は その連帯債務者の負担部分についてのみ他の連帯債務者が相殺を援用することができる 本条は 負担部分の限度で 他の連帯債務者が債権者に対して債務の履行を拒むことができると規定したものであり 判

きる ( 改正前民法 436 条 ) 1 改正法と同じ 2 前項の債権を有する連帯債務者が相殺を援用しない間は その連帯債務者の負担部分についてのみ他の連帯債務者が相殺を援用することができる 本条は 負担部分の限度で 他の連帯債務者が債権者に対して債務の履行を拒むことができると規定したものであり 判 第 17 多数当事者 1 連帯債務 ( 変更 ) 民法第 432 条債務の目的がその性質上可分である場合において 法令の規定又は当事者の意思表示によって数人が連帯して債務を負担するときは 債権者は その連帯債務者の一人に対し 又は同時に若しくは順次に全ての連帯債務者に対し 全部又は一部の履行を請求することができる ( 改正前民法 432 条 ) 数人が連帯債務を負担するときは 債権者は その連帯債務者の一人に対し

More information

Microsoft PowerPoint ?1530_Contributory Infringement in Japan.ppt

Microsoft PowerPoint ?1530_Contributory Infringement in Japan.ppt 間接侵害を取り巻く日本の現状 2009.9.28 青和特許法律事務所弁護士山口健司 1 目次 1. 間接侵害とは? 2. 間接侵害の類型 1 のみ 侵害 (1 号 4 号 ) 2 故意侵害 (2 号 5 号 ) 3 所持侵害 (3 号 6 号 ) 3. 直接侵害が存在しない場合 1 個人的 家庭的実施 2 試験研究のための実施 3 ライセンシーの実施 4 直接侵害が海外で行われる場合 日本の特許権侵害を海外で積極的に誘導する行為の責任

More information

21855F41214EA DB3000CCBA

21855F41214EA DB3000CCBA 平成 15 年 5 月 27 日判決言渡 同日原本領収裁判所書記官平成 15 年 ( ネ ) 第 320 号特許権侵害差止等請求控訴事件 ( 原審 大阪地方裁判所平成 13 年 ( ワ ) 第 9922 号 ) 判決 控訴人 (1 審原告 ) アンドウケミカル株式会社同訴訟代理人弁護士北方貞男被控訴人 (1 審被告 ) 有限会社空閑園芸同訴訟代理人弁護士後藤昌弘同川岸弘樹同補佐人弁理士広江武典同宇野健一主文

More information

?? TAX LAW NEWSLETTER 2017 年 2 月号 (Vol.24) 国税庁 米国リミテッド パートナーシップをパススルー ( 構成員課税 ) と取り扱うとの見解を公表 Ⅰ. はじめに Ⅱ. これまでの議論 Ⅲ. 今回の国税庁の見解の内容 Ⅳ. 最高裁判決との関係 ( 納税者のパスス

?? TAX LAW NEWSLETTER 2017 年 2 月号 (Vol.24) 国税庁 米国リミテッド パートナーシップをパススルー ( 構成員課税 ) と取り扱うとの見解を公表 Ⅰ. はじめに Ⅱ. これまでの議論 Ⅲ. 今回の国税庁の見解の内容 Ⅳ. 最高裁判決との関係 ( 納税者のパスス 2017 年 2 月号 (Vol.24) 国税庁 米国リミテッド パートナーシップをパススルー ( 構成員課税 ) と取り扱うとの見解を公表 Ⅰ. はじめに Ⅱ. これまでの議論 Ⅲ. 今回の国税庁の見解の内容 Ⅳ. 最高裁判決との関係 ( 納税者のパススルー / 団体課税の選択が認められるか ) Ⅴ. 実務への影響 森 濱田松本法律事務所 弁護士 税理士大石篤史 TEL. 03 5223 7767

More information

< F31322D985F935F A6D92E8816A2E6A7464>

< F31322D985F935F A6D92E8816A2E6A7464> 子及びその他の親族に対する扶養料の国際的な回収に関する条約草案 及び 扶養義務の準拠法に関する議定書草案 についての論点メモ平成 19 年 10 月 16 日 ( 前注 ) 本論点メモに記載していない事項については, これまでの審議結果等に基づき主張してきた意見や, 提出してきた意見を原則として維持するという前提である 第 1 中央当局を介する申立てに関する手続の実効的な利用について ( 本条約草案第

More information

<4D F736F F D2090AC89CA95A887458F8A974C8ED282AA95A CC8FEA8D8782CC97AA8EAE91E38EB78D732E646F6378>

<4D F736F F D2090AC89CA95A887458F8A974C8ED282AA95A CC8FEA8D8782CC97AA8EAE91E38EB78D732E646F6378> 所有者が複数の場合 ( 遺産共有を含む 共有 の場合 ) における 過失がなくてその措置を命ぜられるべき者を確知することができないとき ( 法 14 条 10 項 ) の適用について ( 一社 ) 岡山住まいと暮らしの相談センター理事 弁護士小寺立名 1 所有者が複数の場合 ( 遺産共有を含む 共有 の場合 ) における 過失がなくてそ の措置を命ぜられるべき者を確知することができないとき ( 法

More information

<4D F736F F D2089EF8ED096408CA48B8689EF8E9197BF E7189BB A2E646F63>

<4D F736F F D2089EF8ED096408CA48B8689EF8E9197BF E7189BB A2E646F63> 会社法研究会資料 13 株主総会資料の新たな電子提供制度に関する検討 ( 前注 1) 本資料における 新たな電子提供制度 とは, 概要として, 米国やカナダの Notice & Access 制度 ( その概要は参考資料 8を参照 ) を参考とした以下の1から3までに掲げるような内容の株主総会資料の電子提供制度をいう 1 株主総会の招集に際して法令上株主に対して提供しなければならない情報 ( 以下

More information

CAFC Update(135)

CAFC Update(135) 完成品組み立てのために一部品を輸出した場合の侵害の成否 ~ 最高裁判所の構成部品の解釈 ~ 米国特許判例紹介 (135) 2017 年 4 月 3 日執筆者河野特許事務所所長弁理士河野英仁 LIFE TECHNOLOGIES CORPORATION, ET AL., PETITIONERS v. PROMEGA CORPORATION 1. 概要特許製品の最終的な組み立てを米国外で行うために 完成前の部品を米国外へ輸出する行為を特許権侵害行為とする規定が米国特許法第

More information

【PDF】MyJCB利用者規定(セブン銀行用)

【PDF】MyJCB利用者規定(セブン銀行用) MyJCB 利用者規定 ( セブン銀行用 ) 第 1 条 (MyJCBサービス) 株式会社ジェーシービー ( 以下 JCB といいます ) および株式会社セブン銀行 ( 以下 当社 といいます ) が 両社所定のWEBサイトである MyJCB において提供するサービスを MyJCBサービス ( 以下 本サービス といいます ) といいます 第 2 条 ( 利用申込 登録等 ) 1. お客さまは 本規定を承認のうえ

More information

<4D F736F F D20819A DB90C5916B8B7997A796408BD68E7E82C982C282A282C482CC88D38CA98F912E646F63>

<4D F736F F D20819A DB90C5916B8B7997A796408BD68E7E82C982C282A282C482CC88D38CA98F912E646F63> 不利益課税遡及立法についての意見書 2014 年 ( 平成 26 年 )3 月 19 日日本弁護士連合会 第 1 意見の趣旨 2004 年 3 月 26 日に国会において可決 成立した 所得税法等の一部を改正する法律 によって改正された租税特別措置法附則第 27 条第 1 項 第 6 項 ( 以下 租税特措法附則 という ) は, 施行日より前に遡り, 同年 1 月 1 日以降に行われた個人の土地建物等の譲渡に関する譲渡損益について他の種類の所得との損益通算を禁止したが,

More information

〔問 1〕 抵当権に関する次の記述のうち,民法の規定によれば,誤っているものはどれか

〔問 1〕 抵当権に関する次の記述のうち,民法の規定によれば,誤っているものはどれか ( 宅建 ) 要点解説講義 要点確認テスト 2 権利関係 2 問題 制限時間 20 分 問 1 不動産の物権変動の対抗要件に関する次の記述のうち 民法の規定及び判例によれば 誤っているものはどれか なお この問において 第三者とはいわゆる背信的悪意者を含まないものとする 1 甲不動産につき兄と弟が各自 2 分の1の共有持分で共同相続した後に 兄が弟に断ることなく単独で所有権を相続取得した旨の登記をした場合

More information

丙は 平成 12 年 7 月 27 日に死亡し 同人の相続が開始した ( 以下 この相続を 本件相続 という ) 本件相続に係る共同相続人は 原告ら及び丁の3 名である (3) 相続税の申告原告らは 法定の申告期限内に 武蔵府中税務署長に対し 相続税法 ( 平成 15 年法律第 8 号による改正前の

丙は 平成 12 年 7 月 27 日に死亡し 同人の相続が開始した ( 以下 この相続を 本件相続 という ) 本件相続に係る共同相続人は 原告ら及び丁の3 名である (3) 相続税の申告原告らは 法定の申告期限内に 武蔵府中税務署長に対し 相続税法 ( 平成 15 年法律第 8 号による改正前の 税務訴訟資料第 263 号 -249( 順号 12373) 東京地方裁判所平成 年 ( ) 第 号裁決取消請求事件 国側当事者 国 ( 国税不服審判所長 ) 平成 24 年 4 月 24 日棄却 控訴 判原告被告同代表者法務大臣裁決行政庁同指定代理人 決 選定当事者甲 ( 選定者は別紙選定者目録記載のとおり ) 国小川敏夫国税不服審判所長孝橋宏渡邊未来子野村昌也山口克也阿部晃子小板橋賢一甲斐香 主文

More information

平成 30 年 10 月 26 日判決言渡同日原本領収裁判所書記官 平成 30 年 ( ワ ) 第 号発信者情報開示請求事件 口頭弁論終結日平成 30 年 9 月 28 日 判 決 5 原告 X 同訴訟代理人弁護士 上 岡 弘 明 被 告 G M O ペパボ株式会社 同訴訟代理人弁護士

平成 30 年 10 月 26 日判決言渡同日原本領収裁判所書記官 平成 30 年 ( ワ ) 第 号発信者情報開示請求事件 口頭弁論終結日平成 30 年 9 月 28 日 判 決 5 原告 X 同訴訟代理人弁護士 上 岡 弘 明 被 告 G M O ペパボ株式会社 同訴訟代理人弁護士 平成 30 年 月 26 日判決言渡同日原本領収裁判所書記官 平成 30 年 ( ワ ) 第 21931 号発信者情報開示請求事件 口頭弁論終結日平成 30 年 9 月 28 日 判 決 原告 X 同訴訟代理人弁護士 上 岡 弘 明 被 告 G M O ペパボ株式会社 同訴訟代理人弁護士 佐 藤 明 夫 尾 西 祥 平 塩川理恵 松本雄真 主 文 1 被告は, 原告に対し, 別紙侵害行為目録記載の行為に係る別紙発信者

More information

債務者 代理人弁護士 債権者一般 債務整理開始通知 送付 支払 停止 債務者の代理人弁護士から債権者一般への債務整理開始通知の送付と 支払の停止 最二判平成 79 年 65 月 69 日判時 7669 号 頁 判タ 6889 号 685 頁 金法 6967 号 65 頁 金判 6956 号 76 頁

債務者 代理人弁護士 債権者一般 債務整理開始通知 送付 支払 停止 債務者の代理人弁護士から債権者一般への債務整理開始通知の送付と 支払の停止 最二判平成 79 年 65 月 69 日判時 7669 号 頁 判タ 6889 号 685 頁 金法 6967 号 65 頁 金判 6956 号 76 頁 債務者 代理人弁護士 債権者一般 債務整理開始通知 送付 支払 停止 債務者の代理人弁護士から債権者一般への債務整理開始通知の送付と 支払の停止 最二判平成 79 年 65 月 69 日判時 7669 号 頁 判タ 6889 号 685 頁 金法 6967 号 65 頁 金判 6956 号 76 頁 近 藤 隆 司. 事実の概要 給与所得者 あ A 平成 76 年 月 68 日 弁護士法人 あ B

More information

点で 本規約の内容とおりに成立するものとします 3. 当社は OCN ID( メールアドレス ) でログインする機能 の利用申込みがあった場合でも 任意の判断により OCN ID( メールアドレス ) でログインする機能 の利用をお断りする場合があります この場合 申込者と当社の間に利用契約は成立し

点で 本規約の内容とおりに成立するものとします 3. 当社は OCN ID( メールアドレス ) でログインする機能 の利用申込みがあった場合でも 任意の判断により OCN ID( メールアドレス ) でログインする機能 の利用をお断りする場合があります この場合 申込者と当社の間に利用契約は成立し OCN ID( メールアドレス ) でログインする機能の利用規約 第 1 条 ( 本規約の適用 ) OCN ID( メールアドレス ) でログインする機能の利用規約 ( 以下 本規約 といいます ) はエヌ ティ ティ コミュニケーションズ株式会社 ( 以下 当社 といいます ) が提供する OCN ID( メールアドレス ) でログインする機能 の利用に関し お客様と当社との間に適用されます 第

More information

REPORT あいぎ特許事務所 名古屋市中村区名駅 第一はせ川ビル 6 階 TEL(052) FAX(052) 作成 : 平成 27 年 4 月 10 日作成者 : 弁理士北裕介弁理士松嶋俊紀 事件名 入金端末事件 事件種別 審決取消

REPORT あいぎ特許事務所 名古屋市中村区名駅 第一はせ川ビル 6 階 TEL(052) FAX(052) 作成 : 平成 27 年 4 月 10 日作成者 : 弁理士北裕介弁理士松嶋俊紀 事件名 入金端末事件 事件種別 審決取消 作成 : 平成 27 年 4 月 10 日作成者 : 弁理士北裕介弁理士松嶋俊紀 事件名 入金端末事件 事件種別 審決取消訴訟 ( 不服 2012-26122 号審決取消請求事件 ) 事件番号 平成 26 年 ( 行ケ ) 第 10057 号 裁判所部名 知財高裁 3 部 判決日 平成 27 年 2 月 18 日判決 キーワード 増項補正 第 17 条の2 第 5 項第 2 号所定の 特許請求の範囲の減縮

More information

( 続紙 1 ) 京都大学博士 ( 法学 ) 氏名重本達哉 論文題目 ドイツにおける行政執行の規範構造 - 行政執行の一般要件と行政執行の 例外 の諸相 - ( 論文内容の要旨 ) 本論文は ドイツにおける行政強制法の現況を把握することを課題とするもので 第 1 部 行政執行の一般要件 - 行政行為

( 続紙 1 ) 京都大学博士 ( 法学 ) 氏名重本達哉 論文題目 ドイツにおける行政執行の規範構造 - 行政執行の一般要件と行政執行の 例外 の諸相 - ( 論文内容の要旨 ) 本論文は ドイツにおける行政強制法の現況を把握することを課題とするもので 第 1 部 行政執行の一般要件 - 行政行為 Title ドイツにおける行政執行の規範構造 - 行政執行の一般要件と行政執行の 例外 の諸相 -( Abstract_ 要旨 ) Author(s) 重本, 達哉 Citation Kyoto University ( 京都大学 ) Issue Date 2010-03-23 URL http://hdl.handle.net/2433/120749 Right Type Thesis or Dissertation

More information

PPTVIEW

PPTVIEW 労働基準法第 4 条 ( 男女同一賃金の原則 ) にかかわる裁判例 女性であることを理由とした差別的取扱いとは 女性であることを理由として とは 労働者が女性であることのみを理由として あるいは 社会通念としてまたはその事業場において 女性労働者が一般的または平均的に能率が悪いこと 勤続年数が短いこと 主たる生計の維持者ではないことなどを理由とする ことを意味します なお 差別的取扱いをする とは

More information

日弁連総第 110 号 2016 年 ( 平成 28 年 )3 月 31 日 徳島刑務所長竹中晃平殿 日本弁護士連合会 会長村越 進 警告書 当連合会は,X 氏申立てに係る人権救済申立事件 (2014 年度第 6 号 ) につき, 貴所に対し, 以下のとおり警告する 第 1 警告の趣旨再審請求弁護人

日弁連総第 110 号 2016 年 ( 平成 28 年 )3 月 31 日 徳島刑務所長竹中晃平殿 日本弁護士連合会 会長村越 進 警告書 当連合会は,X 氏申立てに係る人権救済申立事件 (2014 年度第 6 号 ) につき, 貴所に対し, 以下のとおり警告する 第 1 警告の趣旨再審請求弁護人 日弁連総第 110 号 2016 年 ( 平成 28 年 )3 月 31 日 徳島刑務所長竹中晃平殿 日本弁護士連合会 会長村越 進 警告書 当連合会は,X 氏申立てに係る人権救済申立事件 (2014 年度第 6 号 ) につき, 貴所に対し, 以下のとおり警告する 第 1 警告の趣旨再審請求弁護人が受刑者と再審請求手続の打合せをするために秘密面会の申出をした場合にこれを許さない刑事施設の長の措置は,

More information

2 控訴費用は, 控訴人らの負担とする 事実及び理由第 1 控訴の趣旨 1 原判決を取り消す 2 被控訴人株式会社バイオセレンタック, 同 Y1 及び同 Y2は, 控訴人コスメディ製薬株式会社に対し, 各自 2200 万円及びこれに対する平成 27 年 12 月 1 日から支払済みまで年 5 分の割

2 控訴費用は, 控訴人らの負担とする 事実及び理由第 1 控訴の趣旨 1 原判決を取り消す 2 被控訴人株式会社バイオセレンタック, 同 Y1 及び同 Y2は, 控訴人コスメディ製薬株式会社に対し, 各自 2200 万円及びこれに対する平成 27 年 12 月 1 日から支払済みまで年 5 分の割 平成 29 年 3 月 22 日判決言渡平成 28 年 ( ネ ) 第 10094 号損害賠償請求控訴事件 ( 原審 : 大阪地方裁判所平成 27 年 ( ワ ) 第 11759 号 ) 口頭弁論終結日平成 28 年 12 月 20 日 判 決 控訴人コスメディ製薬株式会社 控訴人 X 上記 2 名訴訟代理人弁護士伊原友己 同加古尊温 被控訴人株式会社バイオセレンタック 被控訴人 Y1 被控訴人 Y2

More information

イ特許専門業務特許戦略 法務 情報 調査 特許戦略に関し 次に掲げる事項について専門的な知識を有すること (1) 特許出願戦略 ( ポートフォリオ戦略等 ) (2) 研究開発戦略と特許戦略の関係 (3) 事業戦略と特許戦略の関係 (4) 標準化戦略 法務に関し 次に掲げる事項について専門的な知識を有

イ特許専門業務特許戦略 法務 情報 調査 特許戦略に関し 次に掲げる事項について専門的な知識を有すること (1) 特許出願戦略 ( ポートフォリオ戦略等 ) (2) 研究開発戦略と特許戦略の関係 (3) 事業戦略と特許戦略の関係 (4) 標準化戦略 法務に関し 次に掲げる事項について専門的な知識を有 1 1 級知的財産管理技能検定試験の試験科目及びその範囲並びにその細目 (1) 技能検定試験の合格に必要な技能及びこれに関する知識の程度知的財産管理の職種における上級の技能者が通常有すべき技能及びこれに関する知識の程度 ( 知的財産管理に関する業務上の課題の発見と解決を主導することができる技能及びこれに関する専門的な知識の程度 ) を基準とする (2) 試験科目及びその範囲表 1 の左欄のとおりである

More information

職選挙法等の改正により一部改められたものの,1 人別枠方式は維持されたまま, 衆議院が解散され, 選挙区割りの未了を理由に, 従前の選挙区割りに基づいて本件選挙を施行するものとされたことにより, 投票価値の平等が害されたまま投票を行わざるを得ないという重大な損害を被ることとなったのであり, 憲法違反

職選挙法等の改正により一部改められたものの,1 人別枠方式は維持されたまま, 衆議院が解散され, 選挙区割りの未了を理由に, 従前の選挙区割りに基づいて本件選挙を施行するものとされたことにより, 投票価値の平等が害されたまま投票を行わざるを得ないという重大な損害を被ることとなったのであり, 憲法違反 平成 24 年 11 月 22 日判決言渡 平成 24 年 ( 行ウ ) 第 784 号衆議院議員総選挙公示差止等請求事件 主 文 1 本件各訴えをいずれも却下する 2 訴訟費用は原告らの負担とする 事実及び理由 1 請求 (1) ア主位的請求内閣は, 天皇に対し, 平成 24 年 11 月 16 日の衆議院解散に基づく総選挙の施行の公示に係る助言と承認をしてはならない イ予備的請求仮に上記アの選挙の施行の公示がされたときは,

More information

1 A 所有の土地について A が B に B が C に売り渡し A から B へ B から C へそれぞれ所有権移転登記がなされた C が移転登記を受ける際に AB 間の売買契約が B の詐欺に基づくものであることを知らなかった場合で 当該登記の後に A により AB 間の売買契約が取り消された

1 A 所有の土地について A が B に B が C に売り渡し A から B へ B から C へそれぞれ所有権移転登記がなされた C が移転登記を受ける際に AB 間の売買契約が B の詐欺に基づくものであることを知らなかった場合で 当該登記の後に A により AB 間の売買契約が取り消された 1 A 所有の土地について A が B に B が C に売り渡し A から B へ B から C へそれぞれ所有権移転登記がなされた C が移転登記を受ける際に AB 間の売買契約が B の詐欺に基づくものであることを知らなかった場合で 当該登記の後に A により AB 間の売買契約が取り消されたとき C は A に対して土地の所有権の取得を対抗できる (96-51) 2 A が B の欺罔行為によって

More information

監査に関する品質管理基準の設定に係る意見書

監査に関する品質管理基準の設定に係る意見書 監査に関する品質管理基準の設定に係る意見書 監査に関する品質管理基準の設定について 平成 17 年 10 月 28 日企業会計審議会 一経緯 当審議会は 平成 17 年 1 月の総会において 監査の品質管理の具体化 厳格化に関する審議を開始することを決定し 平成 17 年 3 月から監査部会において審議を進めてきた これは 監査法人の審査体制や内部管理体制等の監査の品質管理に関連する非違事例が発生したことに対応し

More information

東京地方裁判所委員会 ( 第 36 回 ) 議事概要 ( 東京地方裁判所委員会事務局 ) 第 1 日時平成 27 年 10 月 22 日 ( 木 )15:00~17:00 第 2 場所東京地方裁判所第 1 会議室第 3 出席者 ( 委員 ) 貝阿彌誠, 足立哲, 大沢陽一郎, 大野正隆, 岡田ヒロミ

東京地方裁判所委員会 ( 第 36 回 ) 議事概要 ( 東京地方裁判所委員会事務局 ) 第 1 日時平成 27 年 10 月 22 日 ( 木 )15:00~17:00 第 2 場所東京地方裁判所第 1 会議室第 3 出席者 ( 委員 ) 貝阿彌誠, 足立哲, 大沢陽一郎, 大野正隆, 岡田ヒロミ 第 36 回 東京地方裁判所委員会 ( 平成 27 年 10 月 22 日開催 ) 東京地方裁判所委員会 ( 第 36 回 ) 議事概要 ( 東京地方裁判所委員会事務局 ) 第 1 日時平成 27 年 10 月 22 日 ( 木 )15:00~17:00 第 2 場所東京地方裁判所第 1 会議室第 3 出席者 ( 委員 ) 貝阿彌誠, 足立哲, 大沢陽一郎, 大野正隆, 岡田ヒロミ, 門田美知子,

More information

経済産業省 受託調査 ASEAN 主要国における司法動向調査 2016 年 3 月 日本貿易振興機構 (JETRO) バンコク事務所知的財産部

経済産業省 受託調査 ASEAN 主要国における司法動向調査 2016 年 3 月 日本貿易振興機構 (JETRO) バンコク事務所知的財産部 経済産業省 受託調査 ASEAN 主要国における司法動向調査 2016 年 3 月 日本貿易振興機構 (JETRO) バンコク事務所知的財産部 2. 意匠権関連判例 審決例 (1) 自転車用泥除け意匠権侵害訴訟 (Magic Cycle Industrial v. A N T Commercial & Others) 1 概要原告 / 上告人 :Magic Cycle Industrial Co.,

More information

そこで、X男は、八年前にY女が出した離婚届は民法742条に該当し、無効だと裁判を起こした

そこで、X男は、八年前にY女が出した離婚届は民法742条に該当し、無効だと裁判を起こした 7 届出意思を欠く無効な婚姻の追認 最高裁昭和 47 年 7 月 25 日第三小法廷判決 ( 昭和 45 年 ( オ ) 第 238 号婚姻無効確認請求事件 ) 民集 26 巻 6 号 1263 頁 判時 677 号 53 頁 2010 年 4 月 21 日報告分 婚姻の無効 = 成り立つと婚姻の成立要件 1 当事者間に婚姻をする意思がないとき 742 条 1 号 婚姻は当事者の自由な意思の合致によって成立するので

More information

実務家の条文の読み方=六法の使い方の基礎

実務家の条文の読み方=六法の使い方の基礎 実務家の条文の読み方 = 六法の使い方の基礎弁護士柏谷周希第 1 実務家にとっての条文とは 1 実務家は法律を使って事件処理をするのが仕事 2 六法を使いこなす 条文を覚えることではない 六法は手元にあるし いつでも調べられる 求められるのは法的思考能力 法的思考能力とは1 法解釈能力と2 事実認定 ( あてはめ ) 能力 条文を解釈 適用でき 事件を処理できるということが六法を使いこなすということ

More information

応して 本件著作物 1 などといい, 併せて 本件各著作物 という ) の著作権者であると主張する原告が, 氏名不詳者 ( 後述する本件各動画の番号に対応して, 本件投稿者 1 などといい, 併せて 本件各投稿者 という ) が被告の提供するインターネット接続サービスを経由してインターネット上のウェ

応して 本件著作物 1 などといい, 併せて 本件各著作物 という ) の著作権者であると主張する原告が, 氏名不詳者 ( 後述する本件各動画の番号に対応して, 本件投稿者 1 などといい, 併せて 本件各投稿者 という ) が被告の提供するインターネット接続サービスを経由してインターネット上のウェ 平成 30 年 2 月 28 日判決言渡同日原本交付裁判所書記官 平成 29 年 ( ワ ) 第 39440 号発信者情報開示請求事件 口頭弁論終結日平成 30 年 1 月 1 日 判 決 原 告 有限会社プレステー ジ 同訴訟代理人弁護士 渡 邉 俊 太 郎 同 提 箸 欣 也 同 野 口 耕 治 同藤沢浩一 同成豪哲 同小椋優 同鶴谷秀哲 1 被告エヌ ティ ティ コミュニケーションズ株式会社

More information

取得に対しては 分割前の当該共有物に係る持分割合を超える部分の取得を除いて 不動産取得税を課することができないとするだけであって 分割の方法に制約を設けているものではないから 共有する土地が隣接している場合と隣接していない場合を区別し 隣接していない土地を一体として分割する場合に非課税が適用されない

取得に対しては 分割前の当該共有物に係る持分割合を超える部分の取得を除いて 不動産取得税を課することができないとするだけであって 分割の方法に制約を設けているものではないから 共有する土地が隣接している場合と隣接していない場合を区別し 隣接していない土地を一体として分割する場合に非課税が適用されない 諮問番号 : 平成 29 年諮問第 7 号 答申番号 : 平成 30 年答申第 5 号 答申書 第 1 京都府行政不服審査会 ( 以下 審査会 という ) の結論本件諮問に係る審査請求 ( 以下 本件審査請求 という ) は 棄却されるべきであるとする審査庁の判断は 妥当でない 第 2 事案の概要本件は 審査請求人及び審査請求人と土地を共有している者 ( 以下 共有者 という ) が共有に係る1~6の6

More information

の補正書 において, 審査請求の趣旨を この開示請求は本人の給与のみずましにかかわる書面である為 としているが, 原処分を取り消し, 本件対象保有個人情報の開示を求めている審査請求として, 以下, 原処分の妥当性について検討する 2 原処分の妥当性について (1) 給与所得の源泉徴収票について給与所

の補正書 において, 審査請求の趣旨を この開示請求は本人の給与のみずましにかかわる書面である為 としているが, 原処分を取り消し, 本件対象保有個人情報の開示を求めている審査請求として, 以下, 原処分の妥当性について検討する 2 原処分の妥当性について (1) 給与所得の源泉徴収票について給与所 諮問庁 : 国税庁長官諮問日 : 平成 30 年 10 月 10 日 ( 平成 30 年 ( 行個 ) 諮問第 178 号 ) 答申日 : 平成 30 年 12 月 7 日 ( 平成 30 年度 ( 行個 ) 答申第 144 号 ) 事件名 : 特定法人等が特定税務署に法定調書として提出した本人に係る給与所得の源泉徴収票の不開示決定 ( 存否応答拒否 ) に関する件 答申書 第 1 審査会の結論特定法人

More information

事実及び理由 第 1 控訴の趣旨 1 原判決を取り消す 2 被控訴人は, 原判決別紙被告方法目録記載のサービスを実施してはならない 3 被控訴人は, 前項のサービスのために用いる電話番号使用状況調査用コンピュータ及び電話番号使用状況履歴データが記録された記録媒体 ( マスター記録媒体及びマスター記録

事実及び理由 第 1 控訴の趣旨 1 原判決を取り消す 2 被控訴人は, 原判決別紙被告方法目録記載のサービスを実施してはならない 3 被控訴人は, 前項のサービスのために用いる電話番号使用状況調査用コンピュータ及び電話番号使用状況履歴データが記録された記録媒体 ( マスター記録媒体及びマスター記録 平成 24 年 1 月 16 日判決言渡平成 23 年 ( ネ ) 第 10056 号特許権侵害差止等請求控訴事件 ( 原審 東京地方裁判所平成 21 年 ( ワ ) 第 35411 号 ) 口頭弁論終結日平成 23 年 11 月 29 日 判 決 控訴人 ( 原告 ) 株式会社ジンテック 訴訟代理人弁護士 田 中 浩 之 野 口 明 男 飯 塚 卓 也 弁理士 原 島 典 孝 被控訴人 ( 被告

More information

Microsoft PowerPoint - 01_職務発明制度に関する基礎的考察(飯田先生).pptx

Microsoft PowerPoint - 01_職務発明制度に関する基礎的考察(飯田先生).pptx 弁護士飯田秀郷 1 職務発明制度の全体構造 従業者による 特許を受ける権利 の原始取得 産業上利用できる発明をした者は その発明について特許を受けることができる (29 条 1 項柱書 ) 使用者の法定実施権 職務発明について特許を受けたとき使用者はその特許権について通常実施権を有する (35 条 1 項 ) 事前の定めによる使用者への権利の承継 あらかじめ ( 職務発明の完成前 ) 契約 勤務規則その他の定めにより

More information

返還の必要性を十分説明しており 手続は適法である 第 3 審理員意見書の要旨 1 結論本件審査請求には理由がないので 棄却されるべきである 2 理由 (1) 本件の争点は 本件保険が法第 4 条第 1 項に規定する 利用し得る資産 に該当するかどうかであるが その判断に当たっては 処分庁が判断の要素

返還の必要性を十分説明しており 手続は適法である 第 3 審理員意見書の要旨 1 結論本件審査請求には理由がないので 棄却されるべきである 2 理由 (1) 本件の争点は 本件保険が法第 4 条第 1 項に規定する 利用し得る資産 に該当するかどうかであるが その判断に当たっては 処分庁が判断の要素 諮問番号 : 平成 30 年度諮問第 1 号答申番号 : 平成 30 年度答申第 1 号 答申書 第 1 審査会の結論 福祉事務所長 ( 以下 処分庁 という ) が審査請求人に対して行った生活保護法 ( 昭和 25 年法律第 144 号 以下 法 という ) 第 63 条に基づく費用返還決定処分 ( 以下 本件処分 という ) に係る平成 29 年 8 月 15 日付け審査請求 ( 以下 本件審査請求

More information

達したときに消滅する旨を定めている ( 附則 10 条 ) (3) ア法 43 条 1 項は, 老齢厚生年金の額は, 被保険者であった全期間の平均標準報酬額の所定の割合に相当する額に被保険者期間の月数を乗じて算出された額とする旨を定めているところ, 男子であって昭和 16 年 4 月 2 日から同

達したときに消滅する旨を定めている ( 附則 10 条 ) (3) ア法 43 条 1 項は, 老齢厚生年金の額は, 被保険者であった全期間の平均標準報酬額の所定の割合に相当する額に被保険者期間の月数を乗じて算出された額とする旨を定めているところ, 男子であって昭和 16 年 4 月 2 日から同 平成 28 年 ( 行ヒ ) 第 14 号特別支給の老齢厚生年金決定取消請求事件 平成 29 年 4 月 21 日第二小法廷判決 主 文 原判決を破棄し, 第 1 審判決を取り消す 被上告人の請求を棄却する 訴訟の総費用は被上告人の負担とする 理 由 上告代理人定塚誠ほかの上告受理申立て理由について 1 本件は, 被上告人が, 厚生労働大臣から, 厚生年金保険法 ( 平成 25 年法律第 63 号による改正前のもの

More information

12

12 11 12 13 19 21 31 32 37 1 規定されている 信義誠実の原則は 民法に規定あり 権利の行使及び義務の履行は 信義に従い誠実に行わなければならない と 民 法の条文に規定されています 信義誠実の原則 民法1条 1 2 規定されていない 法律行為の一部が無効についての民法の規定なし 法律行為の一部が無効となる場合であっても 法律行為のその余の部分の効力は妨 げられないものとする旨の規定は

More information