1年国語総合(現代文) 2014年間学習指導計画_

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1年国語総合(現代文) 2014年間学習指導計画_"

Transcription

1 国語総合 ( 現代文 ) 年級 年全クラス単位数 (5 単位中 ) 精選国語総合現代文編 ( 筑摩書房 ) 新しい常用漢字 ( 数研出版 ) はじめての評論文 0 選 ( 明治書院 ) 新国語総合ガイド ( 京都書房 ) 末考査まで はじめに 境目 思い出せない記憶 評論一 結ばれていく時間 ことばとは何か 小説一 羅生門 漢字第 5 回 ~ 第 4 回 評論二 デジタル社会 演じられた風景 随想 此処に井戸水と葡萄酒があるよ 小説二 待ち伏せ 漢字第 5 回 ~ 第 0 回 随想 評論文の構造をつかむ力を養う 随想 評論文における話題と内容を読み取り 主題をつかむ力を養う 小説について 物語の流れを読み取り 場面ごとに内容を整理する力を養う 小説の登場人物について 物語の展開に応じた心理の変化を読み取る力を養う 随想 評論文の構造的な読解に習熟する 小説について 場面ごとの内容をつかみ 人物の心理の変化を読み取る力を磨く 小説作品全体を通して 作者の意図や主題を考える 3 末考査まで 年末考査まで 評論三 魔術化する科技術 失われた両腕 詩 二十億光年の孤独 およぐひと 小景異情 漢字第 回 ~ 第 30 回 短歌 俳句評論四 主体という物語 コンクリートの時代 小説三 急須 漢字第 3 回 ~ 第 40 回 評論五 身体 この遠きもの 評論六 マルジャーナの知恵 名づけと所有 漢字第 4 回 ~ 第 50 回 評論文の構造的な読解に習熟する 評論文の内容から重要事項を読み取り 主題をつかむ力を磨く 評論文の主題について考察を深める 詩を鑑賞する態度を養う 短歌 俳句を鑑賞し 創作活動を行う 小説の中の 場面の移り変わりや象徴的表現から 心情の変化を的確に読み取る 小説作品の内容と主題について考察し 的確に表現出来る 評論文の構造的な読解に習熟する 評論文の内容から重要事項を読み取り 主題をつかむ力を磨く 評論文の主題について考察を深める 家庭習に積極的に取り組み 自主的に習出来ているか 授業での読解や考察に集中して自主的に取り組めているか 習内容を演習に生かし 主体的に読解力の向上に取り組めているか 本文を集中して読み 本文に即して内容を正確に把握出来るか 授業を通じて 文章の読解についての方法論を理解し 実践出来るか 演習で 読解方法を意識的に実践し 自己の到達度や問題点を考えられるか 本文の内容を把握し 的確に表現出来るか 本文の内容や主題について 多角的に考察し 質問に答えられるか その際 答えるべき内容を 正確に的確に解答出来るか 本文の内容を正確に理解し それについて考察を深められるか 本文の内容から幅広く関心を広げ 読書や研究によって教養を高められるか 語彙や文法事項について 正確な知識を増やすことが出来るか 評価方法各種校内テスト 課題授業態度 ノート課題 各種校内テスト課題 各種校内テスト 習のポイント ( 授業中や家庭習の方法 ) 休業中の課題や 小テスト 提出課題は 計画的 継続的に取り組み 返却後も必ず復習する 授業中は 習活動に集中し 提示された内容について深く考える努力をする 3 課題テスト 定考査 模試は 返却後よく点検し 間違えた問題についてはなぜ間違えたのかを解明しておく 4 詳細は 各担当者の指示に従うこと

2 国語総合 ( 古典 ) 年級 年全クラス単位数 3(5 単位中 ) 精選国語総合古典編 ( 筑摩書房 ) 完全マスター古典文法 ( 第一習社 ) 漢文必携 ( 桐原書店 ) 新国語総合ガイド ( 京都書房 ) 3 末考査まで 末考査まで 年末考査まで 古文 古文入門 児のそら寝 絵仏師良秀 大江山 物語 竹取物語 3 文法 古典文法入門 活用のある自立語 ( 用言 ) 漢文 漢文入門 訓読入門 故事成語 漢文必携 基礎編古文 物語 伊勢物語 随筆 徒然草 3 文法 活用のある自立語 ( 用言 ) 付属語 ( 助詞 助動詞 ) 漢文 唐詩 漢文必携 句形編 語彙編 資料編古文 日記 土佐日記 随筆 方丈記 3 文法 付属語 ( 助詞 助動詞 ) 漢文 史伝 管鮑之交 刺客荊軻 死諸葛走生仲達 漢文必携 句形編 語彙編 資料編 古文 軍記 平家物語 和歌と俳諧 万葉集 古今和歌集 新古今和歌集 3 文法 付属語 ( 助詞 助動詞 ) 漢文 文章 雑説 漢文必携 句形編 語彙編 資料編 古文 俳諧 奥の細道 文法 敬語 修辞法 紛らわしい語の識別 漢文 思想 論語 漢文必携 句形編 語彙編 資料編 歴史的仮名遣いの特徴とその読み方につ いて理解し 本文を正確に音読している 古文に特有の語や文法を認識し 古語辞 典や文法書を使うことができる 活用の概念と 係り結びを理解している 用言の活用を理解し活用表を作成できる 訓点を理解し漢文を書き下し文にできる 本文を正しく音読することができる 基本的な助動詞 助詞の意味用法につい て理解している 文法事項を踏まえて現代語訳できる 基本的な句形と近体詩のきまりを理解し 唐詩を鑑賞する 本文を正しく音読することができる 文法事項を踏まえて現代語訳できる 日記文の特徴を理解して読み味わうことができる 漢文の句形を理解し 中国の歴史や文化に親しみながら史伝を読む 本文を正しく音読することができる 古語の意味を調べ 既習の文法事項も踏まえて正確に現代語訳できる 敬語表現の種類と用法を理解している 和歌の修辞を理解し口語訳 鑑賞できる 用言や助動詞の知識を用いて紛らわしい語の識別ができる 本文を正しく音読することができる 文法事項を踏まえて現代語訳できる 奥の細道 の特徴を理解して読み味わうことができる それぞれの作品の文史的事項の理解 漢文の句形を理解し 中国の歴史や文化に親しみながら史伝を読む 国語や言語文化に関心を深め 国語力の向上をはかっているか 進んで表現したり, 理解したりしようとしているか 古典作品の勝れた表現を読み味わうことが出来るか 古典の習を通じて教養を高めることが出来るか 古典の習を通じて 自分で考えたり発展させたりしながら習内容を定着させることが出来るか 古典文の筆者や登場人物の心情をりかいするとともに 自分の意見を持ち 発表出来るか 習内容をもとに 自分の考えをまとめ 目的や場面に応じて的確に表現出来るか 文法事項や漢文のきまりを理解し 解釈に生かせるか 語彙を豊かにし 鑑賞能力を高められるか 音声 文法 表記 語彙 語句 漢字などの知識を理解し身につけているか 文章の構成や展開を的確に捉えることが出来るか 様々な文章を読み味わい 歴史や背景について主体的に知識を持ち 鑑賞に生かせるか 評価方法授業の予習復習 課題授業態度 ノート 課題定考査 課題定考査 課題 習のポイント ( 授業中や家庭習の方法 ) 予習として 本文を音読し ノートに書き写す 重要語句を辞書で調べノートに書く 副教材を予習や授業や課題 小テストで活用し 文語文法 漢文の句形 文史的事項を習得する 3 授業時には 辞書 完全マスター古典文法 漢文必携 国語便覧などを持参する 4 詳細については 担当者の指示に従うこと

3 古典 B 年級 年単位数 3 古典 B 古文編 漢文編 ( 筑摩書房 ) 完全マスター古典文法 ( 第一習社 ) 漢文必携 ( 桐原書店 ) 古文単語 35( 尚文出版 ) 新国語総合ガイド 3 末考査まで 末考査まで 年末考査まで 古文 説話 物語 古典文法用言 修辞法古文単語読解必修語 入試必修語漢文 故事 漢文必携訓読 書き下し文 再読文字 助字 古文 随筆一 古典文法助詞 助動詞 敬語古文単語入試必修語漢文 文章一 漢詩 ( 近体詩 漢文必携否定形禁止形部分否定形二重否定形 古文 日記 随筆二 古典文法助詞 助動詞 敬語古文単語入試必修語最重要敬語漢文 詩 ( 二 ) 史伝二 漢文必携疑問形反語形詠嘆形 古文 物語三 和歌 歌謡 俳諧 古典文法まぎらわしい語の識別古文単語入試重要語漢文 史伝二 漢文必携使役形受身形仮定形限定形累加形 古文 物語二 古典文法修辞法日本文史 ( 上代 ~ 近世 ) 古文単語入試重要語入試攻略語漢文 文章二 思想 漢文必携比較形選択形比況形抑揚形願望形倒置形 一年次に習した古文の基礎的な事項と用言について確認する 和歌の修辞法を知り 和歌を読む力をつける 一年次に習した漢文の基礎的な事項を確認する 漢文の語彙力を高める意識を持つ 一年次に習した 助詞 助動詞 敬語について確認する 中古の文章をもとに敬語の用法を理解する 漢文の長文を読む力をつける 漢詩の基本を復習する 難度の高い古文教材を用いて これまで習した古典文法を再確認する 古文単語の語彙力を高める 史記の文章を読み 多角的な視点で漢文を読解する姿勢を身につける 難度の高い古文教材を用いて 古典文法の力を定着させ 高める 識別について復習し 実際の文章の中で応用できるようになる 史記の白眉とも言える文章に触れ 漢文読解の幅を広げる 中古を代表する文にふれ 古典文法の力を完成させるとともに 古文読解の幅を広げる 中国思想の根本である儒家の思想を理解し 漢文読解力を練成する 各担当の指示した予習をして授業に臨んでいるか 小テストは十分準備をして受けているか 授業に積極的に取り組んでいるか その日のうちに復習しているか 習した内容をもとに 効果的な習法方を確立しようと努力しているか 応用問題に対処できる力を身につけたか 習内容を正確に筋道を立てて再現できるか 問に対して的確なことばで解答できているか 古文単語 古典文法を正しく覚えているか 漢文の句形 語彙を正しく覚えているか 文史の概要を 理解したか 評価方法 予習状況 小テスト 授業への取り組み 定考査 授業への取り組み 定考査 各種課題 模擬試験 定考査 小テスト 模擬試験 習のポイント ( 授業中や家庭習の方法 ) 習内容を整理して把握するために ノートの作り方を工夫する 担当者の指導がある場合は指導に従 う ノートを作りながら予習し 授業で確認したことを書き込み 即日復習する習慣をつける 覚えるべき事項は集中して覚え 知識として定着するようくり返し復習する また 覚えたことをもとに 考えながら解釈することで 確かな力を身につける シラバスの運用は授業担当者の判断で行うので 授業中の連絡や指示を良く聞くこと

4 現代文 B 精選現代文 B( 筑摩書房 ) ちくま評論入門 ( 筑摩書房 ) 生きる現代文読解語 ( 駿台文庫 ) 生きる漢字 語彙力 ( 駿台文庫 ) 新国語総合ガイド 年級 年単位数 末考査まで 教科書 評論一 小説一 評論入門 Ⅱ 部第一章現代文読解語 / 漢字 語彙力 教科書 評論二 小説二 随想 評論入門 Ⅱ 部第二章 現代文読解語 / 漢字 語彙力 文章の構造を考えなら読み 主題にたどりつく力を養う 入試に頻出の漢字の読み書きに習熟する 文章の構造を考えなら読み 主題にたどりつく力を高める 入試に頻出の漢字の読み書きに習熟する 3 末考査まで 年末考査まで 教科書 評論三 随想 評論入門 Ⅱ 部第五章現代文読解語 / 漢字 語彙力 教科書 評論四 小説三 評論入門 Ⅱ 部第六章現代文読解語 / 漢字 語彙力 教科書 評論五 六 詩歌 評論入門 Ⅱ 部第八章現代文読解語 / 漢字 語彙力 文章の構造を考えなら読み 主題にたどりつく力を練成する 入試に頻出の漢字の読み書きに習熟する 近代の文史の概要を知る 文章の構造を考えなら読み 主題にたどりつく力を完成させる 入試に頻出の漢字の読み書きに習熟する 難度の高い評論や 多様な文章にふれ これまで身につけた読解力を用いて読み解く力を磨く 入試に頻出の漢字の読み書きに習熟する 小テストは十分準備をして受けているか 授業に積極的に取り組んでいるか 与えられた課題に意欲的に取り組み 限を守って提出できているか 文章を正しく読み取り よく考えて 答案や発表などに 生かしているか 問に対して的確なことばで解答できるか 自己の考察を的確なことばで説明できるか 語彙力や 評論用語をよく理解して覚え 読解に生かしているか 日常生活の中で 読書や新聞を読むことを通じて 主体的に語彙や知識を養う努力をしているか 評価方法 小テスト 各種課題 授業への取り組み 定考査 各種課題 発表 定考査 各種課題 模擬試験 定考査 各種課題 模擬試験 習のポイント ( 授業中や家庭習の方法 ) 漢字や語句 文史などの知識は 小テストや課題を終えたところで習を終えず くり返し復習して定着させる 授業や考査 模試などでは 集中して文章を読み 的確に読み取ることを目標として 主体的に読解をすすめる 普段から 読書をしたり新聞を読むなど 文章に触れる機会を自ら作り 教養を養っておく シラバスの運用は授業担当者の判断で行うので 授業中の連絡や指示を良く聞くこと

5 科目名 年級 国語総合 3 年理系生徒単位数 筑摩書房精選国語総合現代文編 古典編筑摩書房ちくま評論入門桐原書店漢文必携 第一習社完全マスター古典文法桐原書店上級入試漢字 いいずな書店古文単語 330 尚文出版現代文マーク完答 4 古典マーク完答 4 末考査まで 末考査まで 現代文マーク完答 4 評論第一回 ~ 第四回 小説第一回 ~ 第四回古典マーク完答 4 古文第一回 ~ 第四回 漢文第一回 ~ 第四回上級入試漢字最頻出漢字第 章漢文必携基礎編 句形編完全マスター古典文法第 章 ~ 第三章古文単語 330 小テスト ~5 回精選国語総合現代文編 古典編を適宜使用現代文マーク完答 4 評論第五回 ~ 第八回 小説第五回 ~ 第八回古典マーク完答 4 古文第五回 ~ 第八回 漢文第五回 ~ 第八回上級入試漢字第 章 第 3 章漢文必携語彙編 読解編完全マスター古典文法第四章 ~ 第六章古文単語 330 小テスト 6~9 回精選国語総合現代文編 古典編を適宜使用 現代文マーク完答 4 評論第九回 ~ 第十二回 小説第九回 ~ 第十二回古典マーク完答 4 古文第九回 ~ 第十二回 漢文第九回 ~ 第十二回上級入試漢字第 4 章 第 5 章漢文必携重要句形 語彙 漢文の基礎知識の確認完全マスター古典文法まぎらわしい語の識別古文単語 330 小テスト 0~4 回精選国語総合現代文編 古典編を適宜使用 センター試験過去問等を用いた問題演習国公立大二次試験対策を中心とした問題演習上級入試漢字漢文必携完全マスター古典文法古文単語 330 などを用いた 習のまとめ 評論文を 論理的 総合的に読解する力を養う 文的な文章の場面や構成を正しく把握し 心理描写や象徴表現を読み取る力を養う 漢字や語彙の正確な知識を持ち 正しく使える力を養う古文単語や文法 古典常識などの基礎的な知識を確認し 的確に読解する力を養う 漢文句形の知識を確認し読解力を養う 評論文を 理的 総合的に読解し 問題を解く力を磨く 文的文章について 正しい読解をもとに問題に答える力を磨く 漢字や語彙の正確な知識を持ち 正しく使える力を養う古文読解力をかため 読解力を高める 漢文句形や漢語の知識を的確に用いて 漢文を読解する力を高める 評論文を 論理的 総合的に読解し 問題を解く力を高める 文的文章を正しく読み取り 味わうなかで 問題に的確に対応する力を高める 漢字や語彙の正確な知識を持ち 正しく使える力を養う様々な古文を読み解き 問題に答える力を養う 様々な漢文を読み解き 問題に答える力を養う 問題演習を通じて 総合的な国語力を鍛える また 実戦的な読解力 解答力を養う センター試験過去問題等の演習を通じて センター試験の受験に備える また 二次試験に国語を課す大の過去問等の演習を通じて 論述力の総仕上げを行う 月以降特別講座東大 京大等二次対策論述指導 特別講座センター試験総合演習 進路希望に応じて 国語力を高め 問題に対応する力を磨く 評価の観点 読解方法の指導に従って 積極的に読解に取り組んでいるか問題演習などに積極的に取り組んでいるか基礎的な知識を定着させる努力をしているか 設問に対して的確な解答ができるか 正しい文字や言葉づかいで解答できるか読解内容や考察を 的確に表現できているか 語彙について正しい知識を十分に修得し 定着させているか 評価方法授業 小テスト 定考査授業 小テスト 定考査授業 小テスト 定考査小テスト 定考査 習のポイント ( 授業中や家庭習の方法 ) シラバスを目安として 授業担当者が具体的な指示を行うので よく聴いて従うこと 担当者からの 課題や演習に関する指示をよく聴き 積極的に取り組むこと 習した内容を復習し 定着させることに努めること 正確な知識を基礎として 思考し 表現していく姿勢を自ら持つようにすること

6 現代文演習 記述問題テキスト自主作成教材 年級 3 年選択単位数 評論文の読解方法を理解する主旨をまとめるための分析的読解の演習をする 授業での習内容を基に 文章を的確に読みとることができる 末考査まで 評論文の要約をする文的文章の読解方法を理解する 読みとった内容を適切に表現できる 文化論 科論 言語論など 様々な分野の評論を読み 現代の典型的な思考の枠組みを読み取る 様々な分野の文章の特質を掴むことができる 末考査まで 入試問題における小説 随筆に特有の表現を理解する二百字要約や百二十字 八十字説明などの設問に対応した演習をする 設問に応じた記述解答ができる 月以降 個々の進路に応じた問題演習を行い 読解及び表現の総 復習をする 様々な文章を的確に読み 理解し 適切に表現することができる 評論 小説等の読解を通じ 自己の思考を定められた時間内にまとめる 評論的文章の論理展開を的確に捉える文的文章の心情を読み取る 分析的な読解により文章の特色をとらえる分析的な読解を基に思索を深め自らの表現に活かす 近現代の評論における典型的な思考の枠組みを理解する小説における文化的な知識を身につける 評価方法課題提出 発表定考査課題提出 発表定考査 習のポイント ( 授業中や家庭習の方法 ) 問題演習時には自分の思考過程を本文に明確に残すようにする 読解力をつけるためにどのような方法が示されたのかを復習し 以後の問題演習に活かすよう 心がける

7 年級 現代文 3 年単位数 明治書院新精選現代文 筑摩書房ちくま評論選改訂版桐原書店上級入試漢字尚文出版現代文マーク完答 末考査まで 新精選現代文評論 () 小説 () 評論 () ちくま評論選 断片と全体 港千尋 キャラ 化する若者たち 斎藤環 私 はどこへいく? 黒崎政男上級入試漢字最頻出漢字第 章センター問題集 ( 適宜使用 ) 新精選現代文小説 () 評論 (3) ちくま評論選 ナショナリズムは悪なのか 萱野稔人 贅沢 のすすめ 國分功一郎 巫女 の視点 大澤真幸上級入試漢字最頻出漢字第 章センター問題集 ( 適宜使用 ) 評論文を 論理的 総合的に読解し 要約する力を養う文的な文章の場面や構成を正しく把握し 心理描写や象徴表現を読み取る力を養う 読解内容について理解を深め 考えたことを的確に表現する力を養う漢字や語彙の正確な知識を持ち 正しく使える力を養う 評論文を 論理的 総合的に読解し 要約する力を養う文的な文章の場面や構成を正しく把握し 心理描写や象徴表現を読み取る力を養う 読解内容について理解を深め 考えたことを的確に表現する力を養う漢字や語彙の正確な知識を持ち 正しく使える力を養う 末考査まで 新精選現代文随想 評論 (4) 小説 (3) ちくま評論選 生命倫理試論 村上陽一郎 畏怖する人間 柄谷行人 象徴の政治 御威光 渡辺浩上級入試漢字最頻出漢字第 章センター問題集 ( 適宜使用 ) 新精選現代文詩歌 評論 (5) 様々な文章ちくま評論選 言語の経験 熊野純彦 幕末における視座の変革 丸山眞男 安楽 への全体主義 藤田省三上級入試漢字最頻出漢字第 9 0 章四字熟語センター問題集 ( 適宜使用 ) 大入試問題演習 月以降特別講座国公立二次対策論述指導 特別講座難関大入試問題演習 特別講座センター試験総合演習 評論文を 論理的 総合的に読解し 要約する力を養う文的な文章の場面や構成を正しく把握し 心理描写や象徴表現を読み取る力を養う 読解内容について理解を深め 考えたことを的確に表現する力を養う漢字や語彙の正確な知識を持ち 正しく使える力を養う 評論文を 論理的 総合的に読解し 要約する力を養う文的な文章の場面や構成を正しく把握し 心理描写や象徴表現を読み取る力を養う 読解内容について理解を深め 考えたことを的確に表現する力を養う漢字や語彙の正確な知識を持ち 正しく使える力を養う 確かな国語力を用いて 問題に応じて読解力 表現力を発揮できるようになる 読解方法の指導に従って 積極的に読解に取り組んでいるか問題演習などに積極的に取り組んでいるか語彙力を高める努力をしているか 設問に対して的確な解答ができるか 正しい文字や言葉づかいで解答できるか読解内容や考察を 的確に表現できているか 語彙について正しい知識を十分に修得し 定着させているか 評価方法授業 小テスト 定考査授業 小テスト 定考査授業 小テスト 定考査小テスト 定考査 習のポイント ( 授業中や家庭習の方法 ) シラバスを目安として 授業担当者が具体的な指示を行うので よく聴いて従うこと 担当者からの 課題や演習に関する指示をよく聴き 積極的に取り組むこと 習した内容を復習し 定着させることに努めること 正確な知識を基礎として 思考し 表現していく姿勢を自ら持つようにすること 理系 文系で分割授業を行う 理系では 授業時間内に センター対策を行う

8 古典 大修館書店古典 改訂版力をつける古典ステップ 3 古文単語 330 国語総合ガイド日栄社漢文の基礎演習 年級 3 年文 Ⅰ 文 Ⅱ 単位数 4 末考査まで 末考査まで 古文編二随筆枕草子三物語 ( 一 ) 大和物語堤中納言物語漢文編一逸話と寓話二李白と杜甫力をつける古典ステップ3 古文 ~5 漢文 6 7 古文単語 330 小テスト 国語総合ガイド古典文史古文編四日記蜻蛉日記紫式部日記五説話 ( 二 ) 今昔物語集六物語 ( 二 ) 源氏物語漢文編三史記群像四自然と人生五諸子百家の思想力をつける古典ステップ3 古文 6~0 漢文 8 9 頻出古文単語 330 小テスト 国語総合ガイド古典文史古文編六物語 ( 二 ) 源氏物語七評論 ( 一 ) 無名抄風姿花伝八物語 ( 三 ) 大鏡雨月物語漢文編六白楽天と日本の文七伝奇小説の世界力をつける古典ステップ3 古文 ~5 漢文 0 古文単語 330 小テスト 国語総合ガイド古典文史古文編九劇文曽根崎心中十評論 ( 二 ) 笈の小文三冊子去来抄玉勝間力をつける古典ステップ3 古文 6~8 漢文 3 古文単語 330 小テスト 国語総合ガイド古典文史大受験古典問題演習 月以降大受験古典問題演習 特別講座国公立大二次対策 特別講座難関私大 古典文法 漢文句法知識の確認基礎読解力の確立 大受験に対応する 古典文法 漢文句法を実践的に習熟させる読解力の錬成 大受験に対応する 古典文法 漢文句法を問題演習等通じて完成する読解力の完成 国公立大や難関私大受験に対応する読解力 解答力の錬成 過去問 読解と記述問題練習を通じて 受験に向けて総合的な古典の力を確立する 十分に予習して授業に臨んでいるか積極的に授業に参加しているか 自ら考え 知識を活用する習を行っているか 現代語訳や論述において 知識や思考を的確に表現できているか 古典習に必要な基礎知識を身に着けているか文法や文史の知識を読解や思考に生かしているか 評価方法授業 ノート点検授業 定考査授業 定考査授業 小テスト 定考査 習のポイント ( 授業中や家庭習の方法 ) シラバスを目安として 授業担当者が具体的な指示を行うので よく聴いて従うこと 担当者からの 予習や課題などに関する指示をよく聴き 積極的に取り組むこと 習した内容を復習し 定着させることに努めること 正確な知識を基礎として 思考し 表現していく姿勢を自ら持つようにすること

9