日本語教育学会発表資料(李・伊東・島田・近藤)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "日本語教育学会発表資料(李・伊東・島田・近藤)"

Transcription

1 2018 年度日本語教育学会春季大会パネルセッション 1 PPT 資料 : 日本語教育におけるこれからの評価研究を考える 李在鎬 ( 早稲田大学 ) 伊東祐郎 ( 東京外国語大学 ) 島田めぐみ ( 日本大学 ) 近藤ブラウン妃美 ( ハワイ大学マノア校 )

2 ゴール 言語教育における評価の重要性を確認した上で, これからの日本語教育における評価活動および研究の活性化のため, 特に今後の日本語テスト開発や研究においてどのような視点が必要か検討する

3 発表 1 評価研究を支える理論的視点について論じる 具体的には, 評価研究の過去と現在をつなぐ視点としてコミュニケーション能力論から心理測定, 第二言語習得理論の理論的展開にいたる枠組みを概観した上でテストと評価リテラシーについて考える 発表 2 テスト研究の実際を支える方法論的視点および分析的視点について論じる 特にデータ科学の観点から, データに対して, どのような分析方法があるかを述べ, 統計的手法を用いる意味と重要性を指摘する 発表 3 テストの波及効果に注目し, テスト評価が学習者や社会に与える影響力を妥当性や実用性に関連付けて考察する 事例として, 海外の日本語教育現場で最も影響力のある 3 つの日本語能力テストを取り上げ, 今後の日本語能力テスト開発及び研究の課題も提示する 発表 4 コンピュータやウェブを利用したテストに注目し, 何を, どこまでできるかについて論じる 特に評価研究の新たな視点として, 自然言語処理の技術を応用したパフォーマンス評価の可能性について考える

4 狙い ( 願い ) 1. 評価の研究の面白さ 奥深さを伝える 2. 面白い話だったなぁ で終わらせない 3. 日頃の教育実践や研究に評価研究を意識する 伊東祐郎 近藤ブラウン妃美 島田めぐみ 野口裕之 李在鎬 ( 編 )

5 日本語教育学会 2018 春季大会パネル 評価研究の理論的視点 : テスティングと評価リテラシー 伊東祐郎 /ITO Sukero ( 東京外国語大学 )

6 発表 1 の目的 日本語教育における評価リテラシーについて考えてみる 言語テストが測定しようとしている日本語力の可視化について再確認する 妥当性と信頼性の高いテストの開発 実施に必要な事項をまとめてみる

7 身近に存在する測定道具 以下に示すものの数値はどのように測定してい るのか 1 身 長 身長計 2 体 重 体重計 物理特性 3 視 力 視力検査表 4 聴 力 聴力検査 5 知 能 知能検査 潜在特性 6 日本語力?

8 リテラシーとは リテラシー ( 英 : literacy) とは 原義では 読解記述力 を指す 転じて現代では ( 何らかのカタチで表現されたものを ) 適切に理解 解釈 分析し 改めて記述 表現する という意味に使われるようになり 日本語の 識字率 と同じ意味で用いられている (Wikipedia より )

9 評価リテラシー (LAL) とは 評価リテラシー ( 英 :Language Assessment Literacy(LAL)) とは 言語能力の評価にかかわる一連の手続きに必要となる技能的知識 (knowledge skills) と言われている 具体的には 1 評価方法の設計 2 評価の実施 3 評価結果の解釈 4 評価結果の活用 6 評価の事後報告に求められる技能的知識である テストの信頼性と妥当性を高めるための技能的知識

10 テスティングの史的変遷 (Spolsky,1978) 前科学的測定時代 (Pre-scientific era) 心理測定 構造言語学の時代 (The psychometric-structuralist era) 心理 社会言語学の時代 (The psycholinguistic-sociolinguistic era)

11 (1) 前科学的測定時代 テストの作成から 実施 採点 評価までの一連の作業は教師が管理運営 テストに関する特別な知識や作問技術など専門性が問われることがない時代 テストの精度の指標である信頼性や妥当性などの視点からテストを分析 評価することのなかった時代

12 (2) 心理測定 構造言語学の時代 教育測定や言語学から科学的基盤を得て テスト理論が独自の研究領域として確立 教育測定学は 集団知能検査の開発と平行して確立される 当時のテスト理論は テストの結果として得られる得点を真の値と誤差の和としてとらえ 記述統計学を基礎として信頼性を重視

13 (3) 心理 社会言語学の時代 言語能力はそれを構成する各要素が独立して存在するものではない 総合的かつ有機的に機能してはじめてコミュニケーションができる 統合的測定法 (integrative test) として提唱される 外国語能力を有機的な統合体であるとする立場

14 読解テストはどのような能力を 文法能力 文法 - 形態論 統語論 語彙 規則 - 綴り 句読点 社会言語学的能力 目的 トピック 背景知識 方略的能力 スキャニング スキミング 談話能力 結束生 一貫性 測定しようとしているか?

15 < グラフ 1> 読解 到達度テスト 得点分布 ~2 ~8 0 ~14 ~20 ~26 ~32 ~38 ~44 ~50 ~56 ~62 ~68 ~74 ~80 ~86 ~92 ~98

16 < グラフ 2> 読解 熟達度テスト 得点分布 ~2 ~8 ~14 ~20 ~26 ~32 ~38 ~44 ~50 ~56 ~62 ~68 ~74 ~80 ~86 ~92 ~98

17 2 つの異なる読解テストの得点を どう解釈すべきか? ある学生の 2 つの異なる読解テストの得点結果 到達度テスト 80 点 熟達度テスト 94 点 ( 最高点 ) この学生の読解力の解釈と得点の正しい利用法はいかにあるべきか?

18 2つの異なる読解テストが測定していたものは何か? 読解テキスト ( テスト内容 ) は どのような観点で選ばれていたのか テスト課題 ( 設問 ) は どのような読解能力 ( フ ロフィシェンシー ) を測定しようと設定されていたのか

19 重要な点 読解テキスト ( テストの内容 ) の妥当性を検討すると共に テスト得点を使用する方法の妥当性を検討することが重要である テスト得点がどのような読解能力を反映し 妥当性に貢献しているかを検討することが重要である 妥当性を検証するために テストが試験開発者が想定する言語能力をテスト得点に十分に影響を与えている と明確に説明できる根拠 (= 妥当性の根拠 ) が必要である

20 妥当性の根拠 妥当性 = 適切性 有意味性 有用性 テスト得点の解釈と利用との間の関係を裏付ける証拠を収集する (1) 内容適切性 (2) 基準関連性 (3) 構成概念の有意味性

21 妥当性の検討とは 問題作成のための手順の検討である テスト実施にかかわる全ての側面 手順は成績に影響を与える すなわち成績に差異を生むことになる

22 テスト得点に影響を与える要因 (Bachman,1990) プロフィシェンシー テスト方法の側面 テストの得点 個人的特性 ランダムな要因

23 テスト得点に影響を与える要因 1テスト方法の側面 言語能力を引き出すためのテスト方法にかかわる特性や諸相 テスト環境 テスト受験の指示 解答方法 課題に対する作業の特性 テスト形式 課題への慣れ 不慣れ 試験官の個性 特性

24 テスト得点に影響を与える要因 2 個人的特性 測定したい言語能力の一部とは考えられない受験者の特性 認知様式についての知識 特定の領域についての知識 年齢 性別 人種 民族 文化などの集団的特性 教育歴 社会背景 生活環境 テストにかかわる知恵 ( テスト準備 対策 )

25 テスト得点に影響を与える要因 3ランダムな要因 予測不可能で一時的な状態 状況によって変化する環境 精神的緊張感 認知的特徴 テスト実施者の任務遂行の方法

26 日本語教師に求められる LAL 1 言語運用能力を構成している要素と言語習得にかかわる知識 2 初級 中級 上級という言語運用能力の発達 漸増性にかかわる知識 3 言語運用能力の測定を目的としたテスト開発におけるテスト課題と発問の設定能力 4テストの信頼性 妥当性などテストの精度検証に必要な知識や技能

27 主な参考図書 日本語教師のためのテスト作成マニュアル 伊東祐郎 (2008) アルク 日本語教師のための評価入門 近藤ブラウン妃実 (2012) くろしお出版 テストを作る 関正昭 平高史也編村上京子他著 (2013) スリーエーネットワーク 言語テストの基礎知識 ブラウン, J.B. 和田稔訳 (1999) 大修館書店 < 実践 > 言語テスト作成法 バックマン, L.F. 他 大友賢二他監訳 (2000) 大修館書店 外国語の学習 教授 評価のためのヨーロッパ共通参照枠 吉島茂 大橋理枝訳編 (2004) 朝日出版

28 ありがとうございました

29

30 A L

31 4 E 4 4 F C R F8 E F 3

32 1 2. -

33

34 H : D e a D2 M lt H H s e Ia IzF H 1 H D s zf F H -. n

35 H : D t D2 M H nh a zt I z I F H 1 l H D F F H -. s e n

36 a 7 a 3 H = = M

37 . G

38 -.

39 k ) 8 a h 6 a h 6 h S i

40 u S ) z a 8 i 6 i 6 h k

41 . - 2

42 ( 6 - ( ). ( ) ) 0 6 ) 24

43 ( 6 - ( ). ( ) ) 0 6 ) 24

44 2-3 2.

45

46

47

48

49

50 Y Y h g f z v Opwysrps i -0 ST z g f z rps i STz Trprkyoc su nc dz ah iystz rps ey Tz c c gc ml t F A F 7J7 2, 8 AD7E F E 7 9 E D. F F F E I EF K E7 8 F 8 D ED F F 17D7

51 評価研究の社会的視点 : 日本語能力テストの波及効果 近藤ブラウン妃美ハワイ大学マノア校 Kimi Kondo-Brown University of Hawai i at Mānoa 日本語教育学会春季大会 2018 年 5 月 26 日 1

52 日本語テスト評価の影響力 テストの実施や受験という活動そのもの テスト結果の解釈と使用 社会全体 マクロ (Macro) レベル 教育現場 カリキュラム 指導マイクロ (Micro) レベル 学習者 学習 動機付け テストの影響力 (IMPACT) (Bachman & Palmer, 1996) 波及効果 (WASHBACK EFFECT) = 主にテストの指導と学習への影響力 (Hughes, 1989; 2003) 2

53 テスト評価の影響力と妥当性 Messick (1988) のテスト評価の妥当性枠組み Evidential basis ( 証拠ベース ) Consequential basis ( 影響ベース ) 実証的証拠 (empirical evidence) と理論的根拠が, テスト得点の解釈と使用の適切さをどの程度支持できるかを示す度合い テスト結果の解釈と使用の正当性を学習者, 教育現場, そして社会に与える影響という側面から判断 テスト開発者や使用者の価値判断 (value implications) がテスト評価にどのような影響? 3

54 言語テスト評価で有益な波及効果を達成する条件 ヒューズ, アーサー (2003) 英語のテストはこう作る 靜哲夫 ( 訳 ), 研究社社 [Hughes, A. (2003). Testing for language teachers (2nd ed.). Cambridge, UK: Cambridge University Press. 伸ばしてやりたい能力をテストせよ - 例えば, 話す能力を伸ばす努力をさせたいなら, 話す能力をテストすべきだ これは至極当たりまえのことである が驚くべきことに, この当たり前のことが非常にしばしば無視されている ( ヒューズ 2003, p. 58 [ 靜訳 ]) 直接テスティングを用いよー伸ばしてやりたい技能を直接テストすれば, そのテスト対策としてそういう技能を練習することになる ( ヒューズ 2003, p. 60 [ 靜訳 ]) 4

55 テスト評価の波及効果の予測の難しさ 保守的なテスト形式について推定される負の波及効果と, コミュニカティブなアセスメント ( 進化した形と思われている ) について推定される正の波及効果に関する両方の研究では, 波及効果は, 多くの場合, なかなか予測が難しいことが示されている ( マクナマラ 2004, p.89 [ 伊東他監訳 ]) マクナマラ, ティム (2004) 言語テスティング概論 伊東祐郎 三枝令子 島田めぐみ 野口裕之 ( 監訳 ), スリーエーネットワーク [McNamara, T. F. (2000) Language testing. Oxford: Oxford University Press. ] テストの波及効果の事後調査の必要性 5

56 テスト評価の実用性 言語を教えたりテストしたりするのに時間と資金が無限に使える最高の環境も考えられるであろうが, 残念ながら, このようなことは極めてまれである ( 中略 ) 教育やテストにどれほど経費がかかるか考えた上で決定を下さねばならない状況に常に直面している ( ブラウン 2005, p. 39 [ 和田訳 ]) ブラウン,J.D. (2005) 言語テストの基礎知識 正しい問題作成 評価のために 和田稔 ( 訳 ), 大修館書店 [Brown, J. D. (1996). Testing in language programs. Upper Saddle River, NJ: Prentice-Hall.] 6

57 テスト評価の有用 ( 有益 ) 性 (Green, 2014, p. 58) 有益な影響 (beneficial consequences) 妥当性 信頼性 実用性 ( 必要条件 ) Green, A. (2014). Exploring language assessment and testing: Language in action. New York, NY: Routledge. 7

58 米国で最も影響力のある日本語能力テスト : 現状と課題 1) 日本語能力試験 (Japanese Language Proficiency Test: JLPT) 2) 全米外国語教育協会 (The American Council on the Teaching of Foreign Languages: ACTFL) の日本語インタビュー式口頭能力試験 (Oral Proficiency Interview: OPI) 3) 日本語 AP [Advanced Placement] 試験 8

59 日本語能力試験 (JLPT) マークシートを使った選択式の受容テスト 言語知識 文字 語彙 文法 読解 聴解 課題遂行 のための言語コミュニケーション能力を測る 9

60 日本語能力試験の影響力 1) 日本の多くの教育機関や企業が日本 語能力証明として利用している最重要テストの一つ ( 大隅 谷内 2015) 2) 2017 年度の受験者数は 88 万人を超 え, 海外での受験者は全体の約 3 分の 2 を占めている 参考 : 日本語能力試験ホームページ ( 10

61 日本語能力試験の波及効果 海外日本語学習者の学習意欲を高め, 日本語能力向上に役立ってきた ( 例, 田口 ブシマキナ ノヴィコワ 2016) 留学 就職 11

62 日本語能力試験の妥当性 1) マークシート式の受容テストで, 課題遂行のための言語コミュニケーション能力 を測っているというには, それなりの妥当性検証が必要 2) 受容テストだけを使用すると, そのテスト結果の解釈があてはまる領域 ( 一般化の領域 (domain of generalization) ) は 受容能力 の領域に限られるのではないか? 12

63 日本語能力試験 : 今後の課題 1) 今後の調査で, 日本語能力試験と ACTFL OPI の結果を比べる等, 同試験とスピーキング パフォーマンスの関係をもっと明らかにすべきだ (Hatasa & Watanabe, 2017, p. 199) 2) 今後, もし何らかのパフォーマンス テストを導入できるようになれば, その波及効果は大きい テストが変われば, 受験者がテスト準備のためにする学習方法や内容も変わる (Bachman & Palmer, 1996) 13

64 日本語能力試験 : 今後の課題 3) 口頭能力部門を増設するための調査 ( 年 ) が行われた ( 安高 2013) 4) 直接テストの増設が難しいのであれば, ACTFL OPI のようなパフォーマンス テスト が日本の大学や企業で認可される可 能性を検討する意味があるのでは? 14

65 全米外国語教育協会開発のインタビュー式口頭能力試験 (The American Council on the Teaching of Foreign Languages Oral Proficiency Interview[ACTFL OPI]) 15

66 ACTFL OPI について 1) 口頭の言語能力の測定を意図したテスト 2) 妥当性の面で, 過去に厳しい評価も受けてきたが, 今日米国で同試験よりも優れているとされる口頭テストは, まだ開発されていない ( 近藤ブラウン 2013, pp ) 3) プログラム評価や能力 資格認定の目的で米国で最も広域に使用されている 16

67 外国語教員免許取得のための ACTFL OPI 1) 米国の教員養成認定審議会は, 外国語教員免許候補者に ACTFL OPI 及び WPT の受 験を義務付け, 候補者は州認定の能力基準に達していなければ, 教員免許を取得できない 2) 全米の外国語教員養成プログラムのアクレディテ ション ( 教育の質保証認定 ) や教員候補者に多大な影響 (Glisan, Swender, & Surface, 2013) 17

68 外国語教員免許取得のための ACTFL OPI 米国の外国語教員養成にプラスの影響 (Kissau, 2014) 厳しすぎる (Burke, 2013) 中級上 上級下の 能力認定基準 適切である (Tedick, 2013) 能力認定基準を下げている州もある 18

69 ACTFL OPI のオンライン化 : 日本語 OPIc の実施 1) 以前は対面式か電話応答で OPI が行なわれていたが, 実用性を高めるためにオンライン化 $139/OPI $70/OPIc 2) 2017 年から日本語でもコンピュータ ベースの OPIc が使用できるようになった 19

70 日本語 OPIc の能力判定範囲 各レベルでターゲットになっている能力判定範囲〇実際のパフォーマンスが, 受験者の選んだターゲットレベルから外れても, 判定可能な能力範囲 初級下 初級中 初級上 中級下 中級中 中級上 上級下 上級中 上級上 超級 1 〇 2 〇〇 〇 3 〇〇〇〇 4 〇 〇 5 〇〇 20

71 ACTFL OPI&OPIc: 今後の課題 1) 他言語 ( スペイン語 ) を扱った研究においては,OPIc の能力判定が OPI の結果より高い傾向にあると報告されている (Thomson, Cox, & Knapp, 2016) 2) 受験者に OPI と OPIc のどちらの口頭テストが望ましいかという問いには, OPI] と答えた者が圧倒的に多かった (Brown, Cox, & Thomson, 2017) 3) 今後, 日本語 OPIc の妥当性検証も必要 21

72 日本語 AP 試験 Japanese Language and Culture Exam(2007 年開始 ) 大学進学適正試験を管理しているカレッジ ボード (College board) の大学単位認 定試験 毎年,2400 名以上の高校生が日本語 A P 試験を受けている 22

73 日本語 AP 試験 米国のナショナル スタンダーズ (National Standards)( ワールド ランゲージ教育基準 ) に基づく コミュニケーション能力 日本文化の知識 やりとり interpersonal 解釈 interpretive 発表 presentational 23

74 日本語 AP 試験 : 構成 すべての設問がコンピュータ べース テスト内容 設問形式 設問数 点数配分 リスニング 多枝選択 % リーディング 多枝選択 % スピーキング ( 対話型 ) 自由回答 % スピーキング ( 提示型 ) 自由回答 % ライティング ( 対話型 ) 自由回答 / 記述式ライティング ( 提示型 ) 自由回答 / 記述式 % % 24

75 日本語 AP 試験 : 5 段階の能力判定 米国の大学で日本語を約 2 年間学んだ学習者に期待される日本語能力レベル ( 中級下 ~ 中級中 ) にどの程度達しているのか? 5 点 : Extremely well qualified 4 点 : Well qualified 3 点 : Qualified 2 点 : Possibly qualified 1 点 :No recommendation 大学単位取得可能25 合格点

76 日本語 AP 試験結果 (2017 年度 ) 米国の外国語 800 継承語としての600 日本語学習者に400 大きな影響 200 NON STANDARD 受験者 ( 継承語学習者等 ) 0 5 点 4 点 3 点 2 点 1 点 STANDARD 受験者 Data derived from: 26

77 日本語 AP 試験 : 今後の課題 1) 日本語 AP 試験の妥当性研究はあまりない 2) 多枝選択問題の項目分析は定期的にされているらしいが, 自由回答問題の妥当性に関しては実態がよくわからない 日本語 AP 試験 ( 自由回答問題 ) の妥当性検証 (Suzumura, in progress) 3) 米国での日本語教育を後押ししているようだが ( 国際交流基金 2017), 妥当性に関する事後調査を基に, テスト開発者やテスト結果の利用者 ( 例. 大学 ) は何をすべきか? 27

78 まとめ : 米国で最も影響力のある日本語能力テスト AP JLPT 妥当性に関する今後の研究課題 プラスの 影響力 ACTFL OPI 実用性とのバランス 妥当性 実用性 28

79 引用文献 1) 安高紀子 (2015) コンピュータによる日本語口頭能力テスト 李在鎬 ( 編 ) 日本語教育のための言語テストガイドブック 第 10 章, くろしお出版,pp ) 大隅敦子 谷内美智子 (2015) コンピュータによる日本語口頭能力テスト 李在鎬 ( 編 ) 日本語教育のための言語テストガイドブック 第 2 章, くろしお出版,pp ) 国際交流基金 (2017) 日本語教育国 地域別情報 : 米国 2017 年度 < ( 2018 年 1 月 5 日 ) 4) 近藤ブラウン妃美 (2012) 日本語教師のための評価入門 くろしお出版 5) ユーズ, アーサー (2003) 英語のテストはこう作る 靜哲夫 ( 訳 ), 研究社 [Hughes, A. (2003). Testing for language teachers (2nd ed.). Cambridge, UK: Cambridge University Press. 6) 田口智之 ブシマキナ, アナスタシア ノヴィコワ, オリガ (2016) 日本語学習動機づけ分析のための学習課題価値尺度の作成 : ロシア人大学生を対象に APU 言語研究論叢 第 1 巻, < cube.ritsumei.ac.jp/repo/repository/rcube/7633/aplj.pdf> (2018 年 2 月 15 日 ) 7) ブラウン,J.D. (2005) 言語テストの基礎知識 正しい問題作成 評価のために 和田稔 ( 訳 ), 大修館書店 [Brown, J. D. (1996). Testing in language programs. Upper Saddle River, NJ: Prentice Hall.] 29

80 引用文献 8) マクナマラ, ティム (2004) 言語テスティング概論 伊東祐郎 三枝令子 島田めぐみ 野口裕之 ( 監訳 ), スリーエーネットワーク [McNamara, T. F. (2000) Language testing. Oxford: Oxford University Press. ] 9) Bachman, L. F., & Palmer, A. S. (1996). Language testing in practice:designing and developing useful language tests. Oxford, UK: Oxford University Press. 10) Burke, B. (2013). Looking into a crystal ball: Is requiring high stakes language proficiency tests really going to improve world language education? The Modern Language Journal, 97 (2), ) Brown, A. V., Cox, T. L., & Thompson, G. L. (2017). A comparative discourse analysis of Spanish past narrations from the ACTFL OPI and OPIc. Foreign Language Annals, 50 (4), ) Glisan, E. W., Swender, E., & Surface, E. A. (2013). Oral proficiency standards and Foreign language teacher candidates: Current findings and future research directions. Foreign Language Annals, 46 (2), ) Green, A. (2014). Exploring language assessment and testing: Language in action. New York, NY: Routledge. 30

81 引用文献 14) Hatasa, Y., & Watanabe, T. (2017). Japanese as a second language assessment in Japan: Current issues and future directions. Language Assessment Quarterly, 14 (3), ) Hughes, A. (1989). Testing for language teachers. Cambridge, UK: Cambridge University Press. 16) Kissau, S. (2014). The impact of the oral proficiency interview on one foreign language teacher education program. Foreign Language Annals, 47, ) Messick, S. (1988). The once and future issues of validity: Assessing the meaning and consequences of measurement. In H. Wainer & H. I. Braun (Eds.), Test validity (pp ). Hillsdale, NJ: Lawrence Erlbaum Associates. 18) Suzumura, N. (in progress). Examining the usefulness of the computer based speaking tasks of the AP Japanese language and culture exam. PhD Dissertation. University of Hawaii at Manoa. 19) Tedick, D. J. (2013). Embracing proficiency and program standards and rising to the challenge: A response to Burke. The Modern Language Journal, 97 (2), ) Thompson, G. L., Cox, T. L., & Knapp, N. (2016). Comparing the OPI and OPIc: The effect of test method on oral proficiency scores and student preference. Foreign Language Annals, 49,

82 評価研究の拡張的視点 : コンピュータ工学と評価研究 李在鎬 ( 早稲田大学 )

83 発表目的 1. コンピュータを用いた評価の現状を紹介する 特に英語圏での研究状況や教育工学分野における研究状況を紹介 2. テキストマイニングによる評価研究の事例紹介 作文の自動評価に関するシステムを紹介

84 テスト テクノロジー Chapelle&Voss 2016, 言語学習とテクノロジーの進化を検討 LLT(Language, Learning and Technology) で 198 本の論文あり 学習者の言語能力の評価は言語教育の重要な部分であり コンピュータ技術の影響を言語学習と同じくらい重要なもの (Chapelle&Voss 2016) テクノロジーの有用性 : 適応型テスティング (Adaptive Testing) と作文の自動評価 (Automated Writing Evaluation) Chapelle, C.A. & Voss, E. (2016). 20 years of technology and language assessment in Language Learning & Technology. Language, Learning and Technology 20(2):

85 テスト テクノロジー CBT: コンピュータを用いて出題, 実施されるテストの総称 90 年台 CALL(computer-assisted language learning) を言語テストへ拡張,CALT (Computer-Assisted Language Testing) から Computer-Adaptive Language Testing(Brown 1997, Dunkel 1999) 言語テストにおけるテクノロジーの飛躍的進化 CAT(Computer-Adaptive Test, コンピュータ適応型テスト )( 赤倉 柏原 2016): 受験者の解答履歴から学力である能力値を逐次的に推定し, その能力値に応じて情報量が最大の項目を出題する CBT の方式 * 難しすぎず易しすぎずの項目 Brown, J. D. (1997). Computers in language testing: Present research and some future directions. Language Learning & Technology, 1(1), Dunkel, P. A. (1999). Considerations in developing or using second/foreign language proficiency computer-adaptive tests. Language Learning & Technology, 2(2), 日本教育工学会 ( 監修 ) 赤倉貴子 柏原昭博 ( 編 )(2016) e ラーニング /e テスティング ( 教育工学選書 2) ミネルヴァ書房

86 テスト テクノロジー e テスティング,IBT: コンピュータ + ネットワークでテストを展開 CBT の成 形 3 つの特徴 ( 植野 永岡 ( 編 )(2009)) 1. マルチメディアによる質問項目の提示 2. ネットワーク上でのテスト実施 3. コンピュータの計算 / 推論機能によるテスト構成支援 これらの有機的融合でペーパーベースのテストでは実現できないメリットが得られる 植野真臣 永岡慶三 ( 編 )(2009) e テスティング 培風館

87 テスト テクノロジー テストにコンピュータを導入する意義は何か? CBTの意義 (Educational Testing Service 1996) 1. テスト設計の強化 2. テスト管理のスケジューリングの柔軟性の向上 3. テストの管理をより標準化できる 4. 受験者の能力に応じた測定が可能 5. ライティングテストの選択的導入 6. 多様な回答行動を記録 7. テストデザインと実施における将来の革新につながるプラットフォーム Educational Testing Service. (1996). TOEFL: Announcing computer-based testing. Princeton, NJ: Educational Testing Service.

88 テスト テクノロジー 受験者視点でみた CBT の優れている点 (Brown1997) 1. 多枝選択式のテストでは得点の計算が人間よりはるかに正確 2. テストの得点を即座にフィードバックできる 3. 項目応答理論を導入することで個人の能力にあった適確な測定ができる 4. 各個人ベースのテストを配信することで自分のペースに合わせてテストを受けられる 5. 多くの学生はコンピュータを好み, テストプロセスを楽しむことができる Brown, J. D. (1997). Computers in language testing: Present research and some future directions. Language Learning & Technology, 1(1),

89 テスト テクノロジー 作成者 実施者視点でみた CBT e テスティングの優れている点 ( 植野 2012, 李 2015) 1. テストの配布 回収が自動で可能 2. テストの印刷 運搬のコストがかからない 3. 多様な素材 ( 動画, 音声 ) を利用したテスト作成が可能 4. テスト素材の提示に関する制御が可能 5. 回答行動に関する数値データからテストの改善が可能 6. テストの自動構成が可能 植野真臣 (2012) e テスティング 永岡慶三ほか ( 編 ) 教育工学における学習評価 ミネルヴァ書房李在鎬 ( 編 )(2015) 日本語教育のための言語テストガイドブック くろしお出版

90 正答率によって上位群と下位群に分岐する 作文テストで得点率 :25% 以下 テストの自動構成の例 J100 J300 作文テストで得点率 :26% 以上 J400 J パターン1: 文法分岐テスト (10 問 ) で50% 以下は,J100に判定 テストは終了 2. パターン2: 文完成で25% 以下は初級向け 3. パターン3: 文完成で25% 以上は中上級向け

91 テスト テクノロジー 開発者視点でみた CBT の優れている点 ( 赤倉 2016) 1. テストをコンピュータを使って実施することにより ペーパーテストでは収集できない情報を大量に得ることができること 2. 大規模な出題項目 ( テストの問題 ) データベースを含む 出題項目を管理するためのアイテムバンクを構築できることから 受験者の能力を測定するための最適な項目を出題できる適応型テストの構成が容易であること イノベーションにつなげられる 得点以外の情報で学習者の理解度を確認できる 新たなフィードバックができる 赤倉貴子 柏原昭博 ( 編 )(2016) e ラーニング /e テスティング ( 教育工学選書 2) ミネルヴァ書房

92 テスト テクノロジー デメリット (Brown1997) 1. インフラが整っているところでしか実施できない ( 現在は解決 ) 2. マシンパワーや画面サイズの制約をうけることも考えられる ( 現在は解決 ) 3. ICT リテラシーが成績に影響する 4. コンピュータ操作に対する不安がパフォーマンスに影響する Brown, J. D. (1997). Computers in language testing: Present research and some future directions. Language Learning & Technology, 1(1),

93 テスト テクノロジー CBT をめぐる様々な技術革新 1. 新たなプラットフォームの提案 小規模システムの提案 (Googleフォームや Kahoot! など ) も提案 2. 個人認証技術の進化 ( 画像認識技術 生体認証 ) 3. ウェブベースのシステム化により 身近な存在として定着 次の10 年に向けての研究課題 1. パフォーマンス評価, 産出能力の評価 2. 関連技術の導入 ( 言語処理, 音声認識, 機械学習 ) 3. 学習者の誤りの可視化

94 英作文における誤りの可視化例 学習者の作文をもとにアニメーション 教材をもとにアニメーション 東本崇仁 (2016) 教育現場での e テスティング技術の利用 応用 赤倉貴子 柏原昭博 ( 編 )(2016) e ラーニング /e テスティング ( 教育工学選書 2) ミネルヴァ書房

95 テスト テクノロジー 人のことばを理解しているかのように振る舞う機械 1. 自然言語処理の要素技術 ( 形態素解析, 係り受け解析, 文脈処理, 照応処理 ) をもとに進化 2. ウェブによる大量データの収集が可能 3. 汎用的な方法論を利用 テキストマイニング, データマイニング ( 豊田 2008), エデュケーショナルデータマイニング (Romero and Ventura (2013) Romero, C., & Ventura, S. (2013). Data mining in education. Wiley Interdisciplinary Reviews: Data Mining and Knowledge Discovery 3(1), 豊田秀樹 (2008) データマイニング入門 東京図書.

96 JWRITER 作文のレベル = 平均文 中級後半語数 TTR 動詞数 中級前半語数 総文字数 和語数 漢語数 0.007(R 2 =0.760) 李 部 迫田 (2017) 李在鎬, 部陽 郎, 迫田久美子 (2017) 人工知能の仕組みを利用した学習者作文評価システム jwriter I-JAS を利用した試み 日本語教育学会 2017 秋季大会 ( 新潟朱鷺メッセ )

97 学習者コーパスの活用 1. I-JAS(International Corpus of Japanese as a Second Language) の作文データから日本語の習熟度に応じたことばの癖を学習 2. 新しいテキストに対して,I-JAS のどのレベルともっとも類似しているかを回帰式でもって判定 3. より良い作文を書くためのアドバイスなども行う ( 診断的評価 ) 語彙のバランスの良し悪し, 表現の さ, 語彙の分かりやすさなど

98 評価指標について Type/Token Ratio 平均文 漢語 TTR 中級後半語彙

99 評価指標について

100 人の評価とコンピュータの評価 縦軸 : 日本語作文 30 編に対して大学教員 44 名がつけた 5 段階評定値に対して IRT(Item Response Theory: 項目応答理論 ) 系モデルで各作文の潜在特性尺度値 ( 以下, 能力値 θ ) を推定 ( 伊集院ほか 2017 のデータ ) 横軸 :jwriter による評価値 伊集院郁子, 李在鎬, 小森和子, 野口裕之 (2017) IRT 系モデルと Readability による日本語作文の定量的分析 大学教員による評価とコンピュータによる自動評価の比較 日本語教育学会 2017 秋季大会 ( 新潟朱鷺メッセ )

101 より良いコンピュータベースのパフォーマンス評価のために 1. 現状として人の評価に対して,7 8 割程度しか当てられない 2. 評価指標の妥当性の検証が難しい なぜこれらの指標が選択されたのかは分からない データがこうなっているから 3. コンピュータ分析指標と作文教育の指導方針が異なっている

102 より良いコンピュータベースのパフォーマンス評価のために 1. 現状として人の評価に対して,7 8 割程度しか当てられない 人間同士でもずれることを考えると, この精度が限界 2. 評価指標の妥当性の検証が難しい なぜこれらの指標が選択されたのかは分からない データがこうなっているから 日本語教師の経験知を移植する 人の評価ではどんなところに注目するのかを調査 3. コンピュータ分析指標と作文教育の指導方針が異なっている モダリティをもとに論理構造の把握できるシステムへ 例示 ( あげられる ),

103 最後に 言語能力を評価する立場としての教師に求められるもの 1. 評価リテラシー ( 伊東 )+ 統計リテラシー ( 島田 )+IT リテラシー ( 李 ) 2. 意識改革 : テストがかわれば, 教育や受験者や社会がかわる ( 近藤 ) あまり勉強してないな 今学期の学生はできがわるいな 現象 今学期の問題は出来が悪いな 学生の能力に合わない問題を作ったかも 評価を意識しない教師 評価を意識する教師

<4D F736F F D E382E32372E979B82D982A98C7697CA8D918CEA8A77975C8D658F575F93FC8D6594C52E646F6378>

<4D F736F F D E382E32372E979B82D982A98C7697CA8D918CEA8A77975C8D658F575F93FC8D6594C52E646F6378> 日本語学習者の発話量と言語テストの得点の関連性について 李在鎬 ( 筑波大学 ), 村田裕美子 ( ミュンヘン大学 ) 小林典子 ( 元筑波大学 ), 酒井たか子 ( 筑波大学 ) 1. 研究背景学習者コーパスとは, 言語学習者の産出データを格納したデータベースのことである 一般的には, 学習言語の熟達度 (proficiency) の差が言語使用にどのようなバイアスを与えるかを調査する目的で使用する

More information

Exploring the Art of Vocabulary Learning Strategies: A Closer Look at Japanese EFL University Students A Dissertation Submitted t

Exploring the Art of Vocabulary Learning Strategies: A Closer Look at Japanese EFL University Students A Dissertation Submitted t Exploring the Art of Vocabulary Learning Strategies: A Closer Look at Japanese EFL University Students MIZUMOTO, Atsushi Graduate School of Foreign Language Education and Research, Kansai University, Osaka,

More information

10 AB C D 4

10 AB C D 4 10 AB C D 4 2001 19,250 1994, 2001 2002 2001, 1999, 2000 20022002 2002 5 2002 Bachman & Palmer The American Council on the Teaching of Foreign Language: ACTFL Oral Proficiency Interview OPI OPI 19912001

More information

「外国語活動」と「小学校英語」をつなぐ,評価のあり方について

「外国語活動」と「小学校英語」をつなぐ,評価のあり方について A 第 27 回研究助成 研究部門報告 Ⅰ 英語能力テストに関する研究 外国語活動 と 小学校英語 をつなぐ, 評価のあり方について 到達度テストによる授業改善と指導と評価の一体化をめざして 北海道 / 名寄市立中名寄小学校教諭久保稔申請時 : 北海道 / 中富良野町立中富良野小学校教諭 概要 23 5 6 3 1 3 4 1 2 1 はじめに 1.1 本研究の中に見られる用語の概念 3 1 35

More information

Présentation PowerPoint

Présentation PowerPoint 学習の可視化 多様化に関する研究会 2013 年 12 月 11 日 フランス語学習者における CEFR-J を用いた自己評価と 客観評価との関係 杉山香織 ( 東京外国語大学大学院博士課程 ) 川口裕司 ( 東京外国語大学 ) フランス語での取り組みの一例 学習の可視化に向けて CEFR-J を基にした can-do の調査 ( 自己評価 ) CEFR-J を基にしたタスクの作成 調査 ( 客観評価

More information

24 京都教育大学教育実践研究紀要 第17号 内容 発達段階に応じてどのように充実を図るかが重要であるとされ CAN-DOの形で指標形式が示されてい る そこでは ヨーロッパ言語共通参照枠 CEFR の日本版であるCEFR-Jを参考に 系統だった指導と学習 評価 筆記テストのみならず スピーチ イン

24 京都教育大学教育実践研究紀要 第17号 内容 発達段階に応じてどのように充実を図るかが重要であるとされ CAN-DOの形で指標形式が示されてい る そこでは ヨーロッパ言語共通参照枠 CEFR の日本版であるCEFR-Jを参考に 系統だった指導と学習 評価 筆記テストのみならず スピーチ イン 京都教育大学教育実践研究紀要 第17号 2017 23 小学校英語における児童の方略的能力育成を目指した指導 泉 惠美子 京都教育大学 Developing students strategic competence in elementary school English classes Emiko IZUMI 2016年11月30日受理 抄録 小学校外国語活動においては 体験的な活動を通してコミュニケーション能力の素地を育成すること

More information

【資料4】「英検CAN-DOリスト」の概要と「提言1」に関する調査報告)(抜粋)

【資料4】「英検CAN-DOリスト」の概要と「提言1」に関する調査報告)(抜粋) 文部科学省外国語教育におけるにおける CAN-DO リスト の形でのでの学習到達目標設定学習到達目標設定に関するする検討会議 英検 CAN-DO リスト の概要概要と 提言 1 に関するする調査報告 ( 抜粋 ) 2014 年 2 月 24 日公益財団法人日本英語検定協会制作部アドバイザー柳瀬和明 1 英検 Can-do 調査の目的 1. 英検合格者の 英語使用に対する自信の度合い 初級から上級まで幅広い学習者が受験する英検の各級合格者を通して

More information

11_寄稿論文_李_再校.mcd

11_寄稿論文_李_再校.mcd 148 2011.4 1 4 Alderson 1996, Chapelle 2001, Huston 2002, Barker 2004, Rimmer 2006, Chodorow et al. 2010 He & Dai 2006 2 3 4 2 5 4 1. 2. 3. 1 2 (1) 3 90 (2) 80 1964 Brown 80 90 British National Corpus

More information

112013 19891990 90 2008 136 2008 evaluation TylerR. W.1902-19942008p. 26 7 113

112013 19891990 90 2008 136 2008 evaluation TylerR. W.1902-19942008p. 26 7 113 1 * OPI Can-do statements 1 1 10 1980 * ichis@gipc.akita-u.ac.jp 1 112 112013 19891990 90 2008 136 2008 evaluation TylerR. W.1902-19942008p. 26 7 113 1 2 1 1962 146 2010 1983 114 112013 1983 4 3 1 2 49

More information

教授要目及び科目一覧_本文.indd

教授要目及び科目一覧_本文.indd Ⅱ 英語科目 英語第一 (English 1) 田村斉敏教授ほか 0-1-0 1Q 将来の留学先を含めて大学レベルで行う学修 研究活動のために必要な英語運用力の基盤構築を行う 同時に, 国際意 識の醸成を通じて英語を使ったコミュニケーションに積極的に参加する姿勢を育てていく 英語第二 (English 2) 田村斉敏教授ほか 0-1-0 2Q 英語第一に引き続き, 将来の留学先を含めて大学レベルで行う学修

More information

論文題目 大学生のお金に対する信念が家計管理と社会参加に果たす役割 氏名 渡辺伸子 論文概要本論文では, お金に対する態度の中でも認知的な面での個人差を お金に対する信念 と呼び, お金に対する信念が家計管理および社会参加の領域でどのような役割を果たしているか明らかにすることを目指した つまり, お

論文題目 大学生のお金に対する信念が家計管理と社会参加に果たす役割 氏名 渡辺伸子 論文概要本論文では, お金に対する態度の中でも認知的な面での個人差を お金に対する信念 と呼び, お金に対する信念が家計管理および社会参加の領域でどのような役割を果たしているか明らかにすることを目指した つまり, お 論文題目 大学生のお金に対する信念が家計管理と社会参加に果たす役割 氏名 渡辺伸子 論文概要本論文では, お金に対する態度の中でも認知的な面での個人差を お金に対する信念 と呼び, お金に対する信念が家計管理および社会参加の領域でどのような役割を果たしているか明らかにすることを目指した つまり, お金に対する信念の構造の把握と関連領域の整理を試みた 第 Ⅰ 部の理論的検討は第 1 章から第 5 章までであった

More information

スライド 1

スライド 1 心理と言語 A 第 13 回 論文レビュー Gass, S., & Mackey, A. (2007). Input, interaction, and output in second language acquisition. Logo The theory and its constructs (1) モデル (models) - 何らかの現象の how を説明 記述する 理論 (theories)

More information

2017 年 9 月 8 日 このリリースは文部科学記者会でも発表しています 報道関係各位 株式会社イーオンイーオン 中学 高校の英語教師を対象とした 中高における英語教育実態調査 2017 を実施 英会話教室を運営する株式会社イーオン ( 本社 : 東京都新宿区 代表取締役 : 三宅義和 以下 イ

2017 年 9 月 8 日 このリリースは文部科学記者会でも発表しています 報道関係各位 株式会社イーオンイーオン 中学 高校の英語教師を対象とした 中高における英語教育実態調査 2017 を実施 英会話教室を運営する株式会社イーオン ( 本社 : 東京都新宿区 代表取締役 : 三宅義和 以下 イ 2017 年 9 月 8 日 このリリースは文部科学記者会でも発表しています 報道関係各位 株式会社イーオンイーオン 中学 高校の英語教師を対象とした 中高における英語教育実態調査 2017 を実施 英会話教室を運営する株式会社イーオン ( 本社 : 東京都新宿区 代表取締役 : 三宅義和 以下 イーオン ) は 中学 高校で英語を教えている現役教師 339 名を対象に 中高における英語教育実態調査

More information

成績評価を「学習のための評価」に

成績評価を「学習のための評価」に 成績評価を 学習のための評価 に 群馬県立高崎高等学校 SSHの評価に関する情報交換会 2017 年 1 月 10 日 ( 火 )13:10~15:30 田中正弘 ( 筑波大学 ) 成績評価を 学習のための評価 に Page 2 学習のための評価 学習のための評価 とは, 評価に関する情報を, 生徒の学習成果を高める目的に用いることである 学習のための評価は, 形成的評価と呼ばれる 総括的評価は,

More information

表 1 各研修の概要 研修 Ⅰ 研修 Ⅱ 研修 Ⅲ 調査対象者数 ( 出身国数 ) 49 名 (30 か国 ) 15 名 (3 か国 ) 32 名 (30 か国 ) 研修期間 ( 実施時期 ) 約 6 か月 (10 月 ~3 月 ) 約 2 か月 (1 月 ~3 月 ) 約 8 か月 (10 月 ~

表 1 各研修の概要 研修 Ⅰ 研修 Ⅱ 研修 Ⅲ 調査対象者数 ( 出身国数 ) 49 名 (30 か国 ) 15 名 (3 か国 ) 32 名 (30 か国 ) 研修期間 ( 実施時期 ) 約 6 か月 (10 月 ~3 月 ) 約 2 か月 (1 月 ~3 月 ) 約 8 か月 (10 月 ~ JF 日本語教育スタンダードに基づいたパフォーマンス評価と日本語能力試験の合否判定との関係 国際交流基金研修参加者を対象とした試行調査 国際交流基金日本語事業運営部 1. はじめに JF 日本語教育スタンダード ( 以下 JFS) は 相互理解のための日本語 を理念に 2010 年に開発された 日本語の教え方 学び方 そして学習成果の評価のし方を考えるためのツールである JFS は CEFR(Common

More information

山梨大学教職大学院専攻長 堀哲夫教授提出資料

山梨大学教職大学院専攻長 堀哲夫教授提出資料 1 (1) (2) CST(core science teacher) 21 24 2 (1) (2) (3) 3 4 (1) PDCA Plan, Do, Check, Action OPPA One Page Portfolio Assessment (2) 5 OPPA (1) OPPA(One Page Portfolio Assessment : ) OPPA (2) OPPA 6 (1)

More information

英語 ポイント 1 民間の資格 検定試験を用いて4 技能 ( 読む 聞く 書く 話す ) を評価 2 段階別評価 CEFR ( セファール ) を活用 3 大学入学共通テストでは 筆記 ( リーディング ) とリスニングを実施 ポイント 1 民間の資格 検定試験を用いて 4 技能 ( 読む 聞く 書

英語 ポイント 1 民間の資格 検定試験を用いて4 技能 ( 読む 聞く 書く 話す ) を評価 2 段階別評価 CEFR ( セファール ) を活用 3 大学入学共通テストでは 筆記 ( リーディング ) とリスニングを実施 ポイント 1 民間の資格 検定試験を用いて 4 技能 ( 読む 聞く 書 英語 ポイント 1 民間の資格 検定試験を用いて4 技能 ( 読む 聞く 書く 話す ) を評価 2 段階別評価 CEFR ( セファール ) を活用 3 大学入学共通テストでは 筆記 ( リーディング ) とリスニングを実施 ポイント 1 民間の資格 検定試験を用いて 4 技能 ( 読む 聞く 書く 話す ) を評価 (1) 英語の民間試験はいつ受けるの? 英語では 他の教科と違い 民間の資格 検定試験も活用します

More information

a)発表題目

a)発表題目 特別企画 : 英語能力テスト最新事情 発表概要 Special Event: Recent Trends in English Proficiency Tests SESSION1 ( 共同研究棟第 3 AV 教室 : 2F) 発表 1 10:00-10:30 T-SST (Telephone Standard Speaking Test) アルク教育社 発表 2 10:30-11:00 英語コミュニケーションテスト

More information

甲37号

甲37号 氏名 ( 本籍地 ) LE CAM NHUNG( ベトナム ) 学位の種類 博士 ( 文学 ) 学位記番号 甲第 75 号 学位授与年月日 平成 28 年 3 月 16 日 学位授与の要件 昭和女子大学学位規則第 5 条第 1 項該当 論 文 題 目 ベトナム人日本語学習者の産出文章に見られる視点の表し方及びその指導法に関する研究 - 学習者の< 気づき>を重視する指導法を中心に- 論文審査委員 (

More information

Microsoft PowerPoint - 表紙

Microsoft PowerPoint - 表紙 高校学習指導要領 ( 外国語編 ) の中で伸ばすべき能力とされる 論理的思考力の伸長要因同定とその測定にむけて 花﨑美紀 ( 信州大学学術研究院人文科学系 ) 菊池聡 ( 信州大学学術研究院人文科学系 ) 花﨑一夫 ( 信州大学学術研究院総合人間科学系 ) 大塚崇史 ( 慶應義塾大学博士課程 松本秀峰中等教育学校 ) 1. はじめに 高等学校学習指導要領 ( 外国語編 ) にも明記されている通り 論理的思考力を伸ばすことが

More information

<4D F736F F D2092CA96F388C493E08E6D834B >

<4D F736F F D2092CA96F388C493E08E6D834B > 通訳案内士試験ガイドライン Ⅰ. 試験全体について (1) 目的 試験の目的は 通訳案内士として必要な知識及び能力を有するかどうかを判定すること ( 通訳案内士法第 5 条 ) であり 出題方針も 通訳案内の実務に沿った内容 レベルの問題を出題することとする (2) 試験方法 受験資格は 不問とする 試験科目は 筆記 ( 第 1 次 ) 試験については外国語 日本地理 日本歴史及び一般常 識 ( 産業

More information

修士論文 ( 要旨 ) 2012 年 1 月 聴解ストラテジーを用いた教授法の開発と実践 指導宮副ウォン裕子教授 言語教育研究科日本語教育専攻 210J3019 梁凱傑

修士論文 ( 要旨 ) 2012 年 1 月 聴解ストラテジーを用いた教授法の開発と実践 指導宮副ウォン裕子教授 言語教育研究科日本語教育専攻 210J3019 梁凱傑 修士論文 ( 要旨 ) 2012 年 1 月 聴解ストラテジーを用いた教授法の開発と実践 指導宮副ウォン裕子教授 言語教育研究科日本語教育専攻 210J3019 梁凱傑 目次 第一章研究の背景と目的第二章先行研究 2.1 海外における聴解ストラテジーの研究 2.2 日本における聴解ストラテジーの研究 2.3 日本における聴解教材の分析 2.4 本研究の位置付け第三章聴解授業の実践 3.1 実践概要

More information

平成23年度全国学力・学習状況調査問題を活用した結果の分析   資料

平成23年度全国学力・学習状況調査問題を活用した結果の分析   資料 平成 23 年度全国学力 学習状況調査問題を活用した結果の分析 1 調査結果の概要 (1) 全体的な傾向 伊達市教育委員会 市内の小 中学校においては 全体として以下のような特徴がみられた 平成 23 年度全国学力 学習状況調査問題を活用した北海道における学力等調査は 札 幌市を除く178 市町村 及び特別支援学校小学部 特別支援学校中学部 中等教育学校 が実施をした 実施した学校数と児童生徒数については

More information

Beyer, B. K. 1985 Critical thinking : What is it? Social Education, 49, 270-276. Ennis, R. H. 1962 A concept of critical thinking : A proposed basis for research in the teaching and evaluation of critical

More information

【教】⑩山森直人先生【本文】/【教】⑩山森直人先生【本文】

【教】⑩山森直人先生【本文】/【教】⑩山森直人先生【本文】 c.f. pp community of practice c.f. pp c.f. p pp c.f. Hutchins, CD c.f. teacher development surpriseschön, inquiryfreeman, puzzles Allwright, P P P P P P e IC Microsoft Excel KJ P P P P P P ALT ALT T ALT

More information

<4D F736F F F696E74202D FA8C6F B938C8FD888EA95948FE38FEA8AE98BC6817A81758A4F8D91906C97AF8A7790B682CC8DCC977082C693FA967B8CEA945C97CD82C98AD682B782E992B28DB881768C8B89CA838C837C815B83678DC58F4994C52E70707

<4D F736F F F696E74202D FA8C6F B938C8FD888EA95948FE38FEA8AE98BC6817A81758A4F8D91906C97AF8A7790B682CC8DCC977082C693FA967B8CEA945C97CD82C98AD682B782E992B28DB881768C8B89CA838C837C815B83678DC58F4994C52E70707 外国人留学生の採用と日本語能力に関する調査 結果レポート 調査趣旨 これまでに官公庁 公的機関や人材会社が実施した調査では 外国人留学生の採用にあたって企業が日本語能力を重視していることが指摘されてきました 例えば 経済産業省の調査 ( ) では 外国人留学生採用の決め手となった理由として 最も多くの企業が 日本語能力 を挙げています 日本で就労する上で 日本語が重要であることは疑う余地がありません

More information

説明項目 1. 審査で注目すべき要求事項の変化点 2. 変化点に対応した審査はどうあるべきか 文書化した情報 外部 内部の課題の特定 リスク 機会 関連する利害関係者の特定 プロセスの計画 実施 3. ISO 14001:2015への移行 EMS 適用範囲 リーダーシップ パフォーマンス その他 (

説明項目 1. 審査で注目すべき要求事項の変化点 2. 変化点に対応した審査はどうあるべきか 文書化した情報 外部 内部の課題の特定 リスク 機会 関連する利害関係者の特定 プロセスの計画 実施 3. ISO 14001:2015への移行 EMS 適用範囲 リーダーシップ パフォーマンス その他 ( ISO/FDIS 14001 ~ 認証審査における考え方 ~ 2015 年 7 月 13 日 17 日 JAB 認定センター 1 説明項目 1. 審査で注目すべき要求事項の変化点 2. 変化点に対応した審査はどうあるべきか 文書化した情報 外部 内部の課題の特定 リスク 機会 関連する利害関係者の特定 プロセスの計画 実施 3. ISO 14001:2015への移行 EMS 適用範囲 リーダーシップ

More information

PowerPoint 프레젠테이션

PowerPoint 프레젠테이션 Power ESL メイン マンツーマンクラス = 4 時間 グループクラス = 4 時間 合計レッスン時間数 = 11 時間半 Power ESL コースは 1:1=4 コマ 4:1=4 コマで構成されており 当校で最安値でかつ最も人気のコースとなっています 多国籍のクラスメイトとのグループクラスは英語学習以外の部分でもたくさんの良い刺激があり 特にはディスカッションが一番人気のクラスとなっています

More information

56 語学教育研究所紀要 Vol.10 上記項目を前年度と比較すると, 数値はほとんど変わらない データの分析及び考察は別稿にゆずることにし, ここでは前年度と大きく異なる点は自由記載が多くなったことであることを指摘したい 回収回答者の半数近くが自由記載に積極的だった 昨年度は教師に対する感謝の言葉

56 語学教育研究所紀要 Vol.10 上記項目を前年度と比較すると, 数値はほとんど変わらない データの分析及び考察は別稿にゆずることにし, ここでは前年度と大きく異なる点は自由記載が多くなったことであることを指摘したい 回収回答者の半数近くが自由記載に積極的だった 昨年度は教師に対する感謝の言葉 55 英語科目 英語 I に関するアンケート調査結果報告 ( その2) 松 村豊子 英語 I の授業は平成 23 年度も前年度に引き続き, Spoken English を言語基盤とし, 同じ授業目的, 形態, そして, 内容を設定し, 基礎教養科目の 1 つとして開講された 具体的には, 共通テーマ (Self-introduction, My Favorite Things, My Favorite

More information

11号02/百々瀬.indd

11号02/百々瀬.indd Vol. 112011 ピア エデュケーションによる栄養学科学生の栄養教育の実践 Nutrition Education by College Students of Nutrition Science through the Peer Education System 百々瀬いづみ IzumiMOMOSE 山部秀子 Shuko YAMABE A ºpeer education" system has

More information

A pp CALL College Life CD-ROM Development of CD-ROM English Teaching Materials, College Life Series, for Improving English Communica

A pp CALL College Life CD-ROM Development of CD-ROM English Teaching Materials, College Life Series, for Improving English Communica A CALL College Life CD-ROM Development of CD-ROM English Teaching Materials, College Life Series, for Improving English Communicative Skills of Japanese College Students The purpose of the present study

More information

< 受験生トレンド > 受験生に必須のアイテム 受験生の半数以上が勉強に SNS を活用 3 人に 1 人以上が活用している Twitter が第 1 位に 目的は モチベーションを上げたい 記録に残したい 共有して安心したい が上位に 勉強専門アカウントについては約 5 割が興味 約 2 割が活用

< 受験生トレンド > 受験生に必須のアイテム 受験生の半数以上が勉強に SNS を活用 3 人に 1 人以上が活用している Twitter が第 1 位に 目的は モチベーションを上げたい 記録に残したい 共有して安心したい が上位に 勉強専門アカウントについては約 5 割が興味 約 2 割が活用 2017 年 3 月 28 日学校法人高宮学園代々木ゼミナール - 受験生に関する実態調査 - 受験生の半数以上が勉強に SNS を活用 勉強専門アカウントについては約 5 割が興味 約 2 割が活用 受験生の約 6 割が 英語 4 技能 を意識 対策を始めているのは 4 人に 1 人 自身の英語力 7 割以上が 自信がない と回答しながら 6 割が海外志向 ~ 塾 予備校選びで最も参考にするのは

More information

早稲田大学大学院日本語教育研究科 修士論文概要書 論文題目 ネパール人日本語学習者による日本語のリズム生成 大熊伊宗 2018 年 3 月

早稲田大学大学院日本語教育研究科 修士論文概要書 論文題目 ネパール人日本語学習者による日本語のリズム生成 大熊伊宗 2018 年 3 月 早稲田大学大学院日本語教育研究科 修士論文概要書 論文題目 ネパール人日本語学習者による日本語のリズム生成 大熊伊宗 2018 年 3 月 本研究は ネパール人日本語学習者 ( 以下 NPLS) のリズム生成の特徴を明らかにし NPLS に対する発音学習支援 リズム習得研究に示唆を与えるものである 以下 本論文 の流れに沿って 概要を記述する 第一章序論 第一章では 本研究の問題意識 意義 目的 本論文の構成を記した

More information

説明項目 1. 審査で注目すべき要求事項の変化点 2. 変化点に対応した審査はどうあるべきか 文書化した情報 外部 内部の課題の特定 リスク 機会 利害関係者の特定 QMS 適用範囲 3. ISO 9001:2015への移行 リーダーシップ パフォーマンス 組織の知識 その他 ( 考慮する 必要に応

説明項目 1. 審査で注目すべき要求事項の変化点 2. 変化点に対応した審査はどうあるべきか 文書化した情報 外部 内部の課題の特定 リスク 機会 利害関係者の特定 QMS 適用範囲 3. ISO 9001:2015への移行 リーダーシップ パフォーマンス 組織の知識 その他 ( 考慮する 必要に応 ISO/FDIS 9001 ~ 認証審査における考え方 ~ 2015 年 7 月 14 日 23 日 JAB 認定センター 1 説明項目 1. 審査で注目すべき要求事項の変化点 2. 変化点に対応した審査はどうあるべきか 文書化した情報 外部 内部の課題の特定 リスク 機会 利害関係者の特定 QMS 適用範囲 3. ISO 9001:2015への移行 リーダーシップ パフォーマンス 組織の知識 その他

More information

02’ÓŠ¹/“Hfi¡

02’ÓŠ¹/“Hfi¡ CALL CALL CALL CALL CALL CALL JACET CALLComputer Assisted Language Learning CALL CALL CALL CALL CALL CALL Ehrman & Oxford p Ehrman & Oxford MBTI Myers-Briggs Type IndicatorMBTI proficiency MBTIproficiency

More information

ケンブリッジ国際児童英検 (YLE テスト ) 学校 スクール関係者の方へ ~ 早期英語学習で子どもたちの将来にとって有利なスタートを ~

ケンブリッジ国際児童英検 (YLE テスト ) 学校 スクール関係者の方へ ~ 早期英語学習で子どもたちの将来にとって有利なスタートを ~ ケンブリッジ国際児童英検 (YLE テスト ) 学校 スクール関係者の方へ ~ 早期英語学習で子どもたちの将来にとって有利なスタートを ~ Cambridge English: ヤングラーナーズ Cambridge English: ヤングラーナーズ テスト ( ケンブリッジ国際児童英検 : 以下 YLE テスト ) は 子どもたちのやる気を育てる楽しい英語テストで 3 つのレベルが設定されています

More information

本文/YAZ325T

本文/YAZ325T ! "19, 2009 3! " # $# $ # $ 2007 # $ # $# $ 1 1987 1994 Matsumoto and Okamoto 2003 # $ 1997 Thomson and Otsuji 2003 Siegal and Okamoto 2003 2006 2008 7 # $ Sunderland, et al. 2001 THOMSON Kinoshita Chihiro

More information

慶應外語 2019 年度春学期三田正科注意 : やむをえない理由により 予告なしに担当講師が代講または変更となることがあります 講座開始後 この変更を理由に講座をキャンセルされる場合 受講料の返還はいたしません 講座コード C ベトナム語 基礎コース 担当者 グエン Nguyễn ミン

慶應外語 2019 年度春学期三田正科注意 : やむをえない理由により 予告なしに担当講師が代講または変更となることがあります 講座開始後 この変更を理由に講座をキャンセルされる場合 受講料の返還はいたしません 講座コード C ベトナム語 基礎コース 担当者 グエン Nguyễn ミン 131001C ベトナム語 基礎コース グエン Nguyễn ミン Minh トゥアン Tuấn 月曜日 最初に 文字 記号と発音の関係を理解し 6 つの声調 母音 子音などを正しく発音できる ように練習します それらを身につけた上で 挨拶や自己紹介 どこそこに何々がある 何時何分に何々する 等々の簡単な日常会話を身につけます 講座の進め方 到達目標この講座で重視している項目 初回から 4 回までは

More information

2018 年 9 月 3 日 このリリースは文部科学記者会でも発表しています 報道関係各位 株式会社イーオンイーオン 中学 高校の英語教師を対象とした 中高における英語教育実態調査 2018 を実施 英会話教室を運営する株式会社イーオン ( 本社 : 東京都新宿区 代表取締役 : 三宅義和 以下 イ

2018 年 9 月 3 日 このリリースは文部科学記者会でも発表しています 報道関係各位 株式会社イーオンイーオン 中学 高校の英語教師を対象とした 中高における英語教育実態調査 2018 を実施 英会話教室を運営する株式会社イーオン ( 本社 : 東京都新宿区 代表取締役 : 三宅義和 以下 イ 2018 年 9 月 3 日 このリリースは文部科学記者会でも発表しています 報道関係各位 株式会社イーオンイーオン の英語教師を対象とした 中高における英語教育実態調査 2018 を実施 英会話教室を運営する株式会社イーオン ( 本社 : 東京都新宿区 代表取締役 : 三宅義和 以下 イーオン ) は で英語を教えている現役教師 269 名を対象に 中高における英語教育実態調査 2018 を実施しました

More information

Water Sunshine

Water Sunshine 全国英語教育学会 2016 年 8 月 20 日 ( 土 ) 第 42 回埼玉大会 獨協大学 中高生の英語学習に関する実態調査 2014 学習実態と学習への意識の関係性などを探る 工藤洋路 ( 玉川大学 ) 大規模調査 調査の背景 2008 年 中学校英語に関する基本調査 ( 教員調査 ) 2009 年 中学校英語に関する基本調査 ( 生徒調査 ) ヒアリング調査 2013 年 中高生に対する聞き取り調査

More information

研究開発の概要のイメージ ①画像 音声 映像情報の分析技術 周辺コンテンツや他情報源から収集したテキスト情報の分析 画像特徴量分析による信憑性検証 Web画像の典型度 過不足性 W b画像の典型度 過不足性 整合性の分析 映像 音声の偏り分析や 映像 音声の偏り分析や 視聴者評価情報の分析 Webア

研究開発の概要のイメージ ①画像 音声 映像情報の分析技術 周辺コンテンツや他情報源から収集したテキスト情報の分析 画像特徴量分析による信憑性検証 Web画像の典型度 過不足性 W b画像の典型度 過不足性 整合性の分析 映像 音声の偏り分析や 映像 音声の偏り分析や 視聴者評価情報の分析 Webア 電気通信サービスにおける情報信憑性検証技術に関する研究開発 課題ア Webコンテンツ分析技術開発成果について 1. 施策の目標 ネットワーク上の文字 音声 画像 映像情報について 情報の信頼性を分析する技術を確立し 信頼できる情報を提供することで 誰でもが思いのまま 簡単に 信頼して コンテンツを取り扱い 高度に利活用できる環境を実現する 2. 研究開発の背景 画像 音声 映像情報がWebコンテンツの一部としてインターネット上に大量に流通しているが

More information

2019 年 2 月 12 日株式会社ベネッセホールディングス代表取締役社長安達保 進研ゼミ 受講費内で英語検定試験対策や入試対策も! 学年を超え英語 4 技能を学ぶ 12 段階習熟度別トレーニンク 導入 ~2019 年 4 月号教材から小中高講座で提供開始 ~ 株式会社ベネッセホールディングスの子

2019 年 2 月 12 日株式会社ベネッセホールディングス代表取締役社長安達保 進研ゼミ 受講費内で英語検定試験対策や入試対策も! 学年を超え英語 4 技能を学ぶ 12 段階習熟度別トレーニンク 導入 ~2019 年 4 月号教材から小中高講座で提供開始 ~ 株式会社ベネッセホールディングスの子 2019 年 2 月 12 日株式会社ベネッセホールディングス代表取締役社長安達保 進研ゼミ 受講費内で英語検定試験対策や入試対策も! 学年を超え英語 4 技能を学ぶ 12 段階習熟度別トレーニンク 導入 ~2019 年 4 月号教材から小中高講座で提供開始 ~ 株式会社ベネッセホールディングスの子会社である株式会社ベネッセコーポレーション ( 本社 : 岡山市 代表取締役 : 小林仁 ) が展開する小中高生向け通信講座

More information

課題研究の進め方 これは,10 年経験者研修講座の各教科の課題研究の研修で使っている資料をまとめたものです 課題研究の進め方 と 課題研究報告書の書き方 について, 教科を限定せずに一般的に紹介してありますので, 校内研修などにご活用ください

課題研究の進め方 これは,10 年経験者研修講座の各教科の課題研究の研修で使っている資料をまとめたものです 課題研究の進め方 と 課題研究報告書の書き方 について, 教科を限定せずに一般的に紹介してありますので, 校内研修などにご活用ください 課題研究の進め方 これは,10 年経験者研修講座の各教科の課題研究の研修で使っている資料をまとめたものです 課題研究の進め方 と 課題研究報告書の書き方 について, 教科を限定せずに一般的に紹介してありますので, 校内研修などにご活用ください 課題研究の進め方 Ⅰ 課題研究の進め方 1 課題研究 のねらい日頃の教育実践を通して研究すべき課題を設定し, その究明を図ることにより, 教員としての資質の向上を図る

More information

booklet_B.xlsx

booklet_B.xlsx 駒澤 学外国語第 部 ( 英語教育部 ) 各選択クラスのと到達 標について レベルI: 実 英語資格試験 Ⅰa( 聴解 ) TOEIC 受験対策を 的とした授業でListening Section に必要な英語の聴解 を養います また TOEIC S&W のスピーキングの対策としてスピーキングの練習も います 英語の聴解 を鍛え TOEIC500 点取得を 指します レベルI: 実 英語資格試験 Ⅰb(

More information

授業科目名英語科教育基礎論 a (Basics of English Language Education a) 科目番号 授業形態講義単位数 1 単位標準履修年次 2 年次実施学期春 AB 曜時限水曜 2 時限対象学群 学類担当教員 ( 連絡先 ) 斉田智里 ( 非常勤講師 ) オ

授業科目名英語科教育基礎論 a (Basics of English Language Education a) 科目番号 授業形態講義単位数 1 単位標準履修年次 2 年次実施学期春 AB 曜時限水曜 2 時限対象学群 学類担当教員 ( 連絡先 ) 斉田智里 ( 非常勤講師 ) オ 授業科目名英語科教育基礎論 a (Basics of English Language Education a) 科目番号 9433004 授業形態講義単位数 1 単位標準履修年次 2 年次実施学期春 AB 曜時限水曜 2 時限対象学群 学類担当教員 ( 連絡先 ) 斉田智里 ( 非常勤講師 ) 学習指導の基盤となる英語の実態についての知識を深めるとともに, 英語の指導に関する基 礎的概念を理解する

More information

งานนำเสนอ PowerPoint

งานนำเสนอ PowerPoint まるごと日本のことばと文化中級 1(B1) 出版記念セミナー 第 2 部 海外の日本語講座からの実践報告 トピック 9 伝統的な祭り の授業実践国際交流基金バンコク日本文化センター 日本語専任講師ルキッラック トリッティマー まるごと日本のことばと文化中級 1(B1) 出版記念セミナー 0 国際交流基金バンコク日本文化センター JF 講座日本語日本文化体験講座 ( 単発講座 ) 日本の風呂敷体験 観光で学ぶ日本語

More information

2016/4/27 応用言語学演習 Ⅱa 人文学類 4 年 R.M. 論文紹介 Plakans, L. (2009). The role of reading strategies in integrated L2 writing tasks. Journal of English for Acad

2016/4/27 応用言語学演習 Ⅱa 人文学類 4 年 R.M. 論文紹介 Plakans, L. (2009). The role of reading strategies in integrated L2 writing tasks. Journal of English for Acad 2016/4/27 応用言語学演習 Ⅱa 人文学類 4 年 R.M. 論文紹介 Plakans, L. (2009). The role of reading strategies in integrated L2 writing tasks. Journal of English for Academic Purposes, 8, 252 266. 概要 本研究では 統合型 reading-writing

More information

紀要8.pdf

紀要8.pdf 大学教育研究紀要 第8号 0 79 90 CEFR チェックリストを使った日本語能力の自己評価の変化 坂 野 永 理 大 久 保 理 恵 Changes in Self-Assessment of Japanese Language Ability Using the CEFR Self-Assessment Checklists Eri BANNO Rie OKUBO 要旨 本稿では CEFR のスイス版自己評価チェックリストを使い

More information

<4D F736F F D AA90CD E7792E88D5A82CC8FF38BB5816A819A819B2E646F63>

<4D F736F F D AA90CD E7792E88D5A82CC8FF38BB5816A819A819B2E646F63> 8 分析 6 中学校学力向上対策事業研究指定校の状況 中学校学力向上対策事業は, 複数の中学校が連携するなどして学習指導の内容及び方法に係る実践的な研究を進め, その成果を検証 普及することにより, 本県中学生の学力向上を図ることを目的としたものであり, 平成 21 年度から展開し, 今年度が最終年度である タイプ Ⅰ: 学力向上研究推進地域 ( 学校横断型 ) タイプ Ⅱ:

More information

(Microsoft Word - \207U\202P.doc)

(Microsoft Word - \207U\202P.doc) ( 科目別結果別結果の経年変化 平均通過率 通過率 % 以上の生徒の割合 通過率 % 以上の生徒の割合 国語数学外国語 A 問題 B 問題 A 問題 B 問題 A 問題 B 問題国語国語数学数学 Ⅰ 数学数学 Ⅰ OCⅠ 英語 Ⅰ OCⅠ 英語 Ⅰ 総合総合基礎基礎 H3 7.3 73. 35. 9..1. 5.1 9.7.5 7. H 73. 7. 3. 71. 57. 73.. 9.9 5.5

More information

<4D F736F F D2092CA96F388C493E08E6D834B A6D92E8816A2E646F63>

<4D F736F F D2092CA96F388C493E08E6D834B A6D92E8816A2E646F63> 通訳案内士試験ガイドライン Ⅰ. 試験全体について (1) 目的 試験の目的は 通訳案内士として必要な知識及び能力を有するかどうかを判定すること ( 通訳案内士法第 5 条 ) であり 出題方針も 通訳案内の実務に沿った内容 レベルの問題を出題することとする (2) 試験方法 受験資格は 不問とする 試験科目は 筆記 ( 第 1 次 ) 試験については外国語 日本地理 日本歴史及び一般常 識 ( 産業

More information

博士論文概要 タイトル : 物語談話における文法と談話構造 氏名 : 奥川育子 本論文の目的は自然な日本語の物語談話 (Narrative) とはどのようなものなのかを明らかにすること また 日本語学習者の誤用 中間言語分析を通じて 日本語上級者であっても習得が難しい 一つの構造体としてのまとまりを

博士論文概要 タイトル : 物語談話における文法と談話構造 氏名 : 奥川育子 本論文の目的は自然な日本語の物語談話 (Narrative) とはどのようなものなのかを明らかにすること また 日本語学習者の誤用 中間言語分析を通じて 日本語上級者であっても習得が難しい 一つの構造体としてのまとまりを 博士論文概要 タイトル : 物語談話における文法と談話構造 氏名 : 奥川育子 本論文の目的は自然な日本語の物語談話 (Narrative) とはどのようなものなのかを明らかにすること また 日本語学習者の誤用 中間言語分析を通じて 日本語上級者であっても習得が難しい 一つの構造体としてのまとまりを構成する 談話展開技術がどのようなものか明らかにすることである そのため 日本語母語話者と学習者に言葉のないアニメーションのストーリーを書いてもらった物語談話を認知機能言語学の観点から分析し

More information

<4D F736F F D DC58F498A6D92E894C5817A30345F93FA967B8CEA814593FA967B95B689BB89C896DA5F A778F4388C493E E646F6378>

<4D F736F F D DC58F498A6D92E894C5817A30345F93FA967B8CEA814593FA967B95B689BB89C896DA5F A778F4388C493E E646F6378> 4. 日本語 日本文化科目 日本語科目をとるための予約と登録の手順日本語 日本文化科目は大学院留学生が単位を取得することができる科目です 研究生も単位に関係なく受講できます ただし, 本学ならびに日本の他大学の学部にて学位 ( 学士 ) を取得した学生, および高い日本語能力を有すると判断される学生は受講できません 1. 日本語クラス予約システム (https://cuckoo.js.ila.titech.ac.jp/~yamagen/regist-h/)

More information

SEM44-西堀ゆり.indd

SEM44-西堀ゆり.indd 1.はじめに: 激 変 する 英 語 と 情 報 コミュニケーション ICT Information & Communications Technology: 1 2008 EFL: English as a Foreign Language 2001 2 199 3 200 2. 協 調 場 と NBLT(Network-based Language Teaching) 201 e- e- 1990

More information

回数テーマ学習内容学びのポイント 2 過去に行われた自閉症児の教育 2 感覚統合法によるアプローチ 認知発達を重視したアプローチ 感覚統合法における指導段階について学ぶ 自閉症児に対する感覚統合法の実際を学ぶ 感覚統合法の問題点について学ぶ 言語 認知障害説について学ぶ 自閉症児における認知障害につ

回数テーマ学習内容学びのポイント 2 過去に行われた自閉症児の教育 2 感覚統合法によるアプローチ 認知発達を重視したアプローチ 感覚統合法における指導段階について学ぶ 自閉症児に対する感覚統合法の実際を学ぶ 感覚統合法の問題点について学ぶ 言語 認知障害説について学ぶ 自閉症児における認知障害につ 心理 生理 病理 科目の内容指導法自閉症教育総論 単位数履修方法配当年次 2 R or SR 3 年以上 科目コード EG4735 担当教員 青木真澄 わが国で, 自閉性障害のある児童生徒に学校教育が行われてから約 30 年の年月が経過している 彼らの 障害の程度に応じて, 通常の学級や通級指導教室, 特別支援学級, あるいは特別支援学校で多様な教育が 行われてきた しかし, 未だなお, 彼らに効果的であると実証された指導方法は確立されていない

More information

今年度は 創立 125 周年 です 平成 29 年度 12 月号杉並区立杉並第三小学校 杉並区高円寺南 TEL FAX 杉三小の子

今年度は 創立 125 周年 です   平成 29 年度 12 月号杉並区立杉並第三小学校 杉並区高円寺南 TEL FAX 杉三小の子 今年度は 創立 125 周年 です http://www.suginami-school.ed.jp/sugi3sho 平成 29 年度 12 月号立杉並第三小学校 166-3 高円寺南 1-15-13 TEL 3-3314-1564 FAX 3-3314-1449 杉三小の子供たち 2 学力 学習状況等の調査結果 より 校長 織茂直樹 今年度も 学力 学習状況等の調査を 1 学期に 3 種類 (

More information

英語科教育学 2 学期末課題 : 文献研究英語教育コース 1 年 M.O. Kim, D., & Gilman, D. A. (2008). Effects of text, audio, and graphic aids in multimedia instruction for vocabula

英語科教育学 2 学期末課題 : 文献研究英語教育コース 1 年 M.O. Kim, D., & Gilman, D. A. (2008). Effects of text, audio, and graphic aids in multimedia instruction for vocabula 英語科教育学 2 学期末課題 : 文献研究英語教育コース 1 年 M.O. Kim, D., & Gilman, D. A. (2008). Effects of text, audio, and graphic aids in multimedia instruction for vocabulary learning. Educational Technology & Society, 11(3),

More information

IPSJ SIG Technical Report Vol.2014-CE-126 No /10/11 1,a) Kinect Support System for Romaji Learning through Exercise Abstract: Educatio

IPSJ SIG Technical Report Vol.2014-CE-126 No /10/11 1,a) Kinect Support System for Romaji Learning through Exercise Abstract: Educatio 1,a) 1 1 1 1 2 Kinect Support System for Romaji Learning through Exercise Abstract: Education with information devices has been increasing over the years. We propose support system for Romaji learning

More information

1 2 1 2012 39 1964 1997 1 p. 65 1 88 2 1 2 2 1 2 5 3 2 1 89 1 2012 Frantzen & Magnan 2005 2010 6 N2 2014 3 3.1 2015 2009 1 2 3 2 90 2 3 2 B1 B1 1 2 1 2 1 2 1 3.2 1 2014 2015 2 2 2014 2015 9 4.1 91 1 2

More information

簿記教育における習熟度別クラス編成 簿記教育における習熟度別クラス編成 濱田峰子 要旨 近年 学生の多様化に伴い きめ細やかな個別対応や対話型授業が可能な少人数の習熟度別クラス編成の重要性が増している そのため 本学では入学時にプレイスメントテストを実施し 国語 数学 英語の 3 教科については習熟

簿記教育における習熟度別クラス編成 簿記教育における習熟度別クラス編成 濱田峰子 要旨 近年 学生の多様化に伴い きめ細やかな個別対応や対話型授業が可能な少人数の習熟度別クラス編成の重要性が増している そのため 本学では入学時にプレイスメントテストを実施し 国語 数学 英語の 3 教科については習熟 濱田峰子 要旨 近年 学生の多様化に伴い きめ細やかな個別対応や対話型授業が可能な少人数の習熟度別クラス編成の重要性が増している そのため 本学では入学時にプレイスメントテストを実施し 国語 数学 英語の 3 教科については習熟度別クラス編成を実施している 本稿では さらにの導入へ向けて 既存のプレイスメントテストを活用したクラス編成の可能性について検討した 3 教科に関するプレイスメントテストの偏差値を説明変数

More information

どのような便益があり得るか? より重要な ( ハイリスクの ) プロセス及びそれらのアウトプットに焦点が当たる 相互に依存するプロセスについての理解 定義及び統合が改善される プロセス及びマネジメントシステム全体の計画策定 実施 確認及び改善の体系的なマネジメント 資源の有効利用及び説明責任の強化

どのような便益があり得るか? より重要な ( ハイリスクの ) プロセス及びそれらのアウトプットに焦点が当たる 相互に依存するプロセスについての理解 定義及び統合が改善される プロセス及びマネジメントシステム全体の計画策定 実施 確認及び改善の体系的なマネジメント 資源の有効利用及び説明責任の強化 ISO 9001:2015 におけるプロセスアプローチ この文書の目的 : この文書の目的は ISO 9001:2015 におけるプロセスアプローチについて説明することである プロセスアプローチは 業種 形態 規模又は複雑さに関わらず あらゆる組織及びマネジメントシステムに適用することができる プロセスアプローチとは何か? 全ての組織が目標達成のためにプロセスを用いている プロセスとは : インプットを使用して意図した結果を生み出す

More information

情報技術論 教養科目 4 群 / 選択 / 前期 / 講義 / 2 単位 / 1 年次司書資格科目 / 必修 ここ数年で急速に身近な生活の中に浸透してきた情報通信技術 (ICT) の基礎知識や概念を学ぶことにより 現代の社会基盤であるインターネットやコンピュータ システムの利点 欠点 それらをふまえ

情報技術論 教養科目 4 群 / 選択 / 前期 / 講義 / 2 単位 / 1 年次司書資格科目 / 必修 ここ数年で急速に身近な生活の中に浸透してきた情報通信技術 (ICT) の基礎知識や概念を学ぶことにより 現代の社会基盤であるインターネットやコンピュータ システムの利点 欠点 それらをふまえ メディアと情報伝達 大野隆士近藤諭 教養科目 4 群 / 選択 / 後期 / 講義 / 2 単位 / 1 年次 教養科目 受講生参加科目 司書資格科目 / 選択 メディアの発展とそれに伴うコミュニケーションへの影響についての理解を通して コミュニケーションや情報伝達がどのように変化してきたのかを学ぶ 方法として 授業内でグループを組み ディスカッション 問題発見 解決法の提示などといったアクティブ

More information

平成19 年度国際交流基金 項目別評価シート

平成19 年度国際交流基金 項目別評価シート No.1No.2 No.8 1 2 3 4 5 6 7 8 3,000 IT 4.4 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 19 22 23 18 B 19 20 19 18 19 8 20 4 1 JFIC 24 2 2 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 18 76.61877.1 132 23.41822.9 36 37 39

More information

ISO9001:2015規格要求事項解説テキスト(サンプル) 株式会社ハピネックス提供資料

ISO9001:2015規格要求事項解説テキスト(サンプル) 株式会社ハピネックス提供資料 テキストの構造 1. 適用範囲 2. 引用規格 3. 用語及び定義 4. 規格要求事項 要求事項 網掛け部分です 罫線を引いている部分は Shall 事項 (~ すること ) 部分です 解 ISO9001:2015FDIS 規格要求事項 Shall 事項は S001~S126 まで計 126 個あります 説 網掛け部分の規格要求事項を講師がわかりやすく解説したものです

More information

236390恵泉女学園大学2018年度学生生活ハンドブック.indd

236390恵泉女学園大学2018年度学生生活ハンドブック.indd 1. 日本語教員を目指すあなたに必要なことは? 11-2 1.1 日本語教員 になるための養成課程とは 11-2 1.2 現在の日本語教員資格の状況は 11-2 1.3 日本語教員養成課程の主専攻 副専攻とは 11-2 1.4 日本語教員養成課程を履修するためには 11-2 1.5 教育実習参加条件について 11-2 1.6 履修手続きについて 11-2 1.7 修了証 11-2 2. 日本語教員養成課程開講科目表

More information

JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) 独立行政法人国際協力機構 評価部 2014 年 5 月 1

JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) 独立行政法人国際協力機構 評価部 2014 年 5 月 1 JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) 独立行政法人国際協力機構 評価部 2014 年 5 月 1 JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) ( 事業評価の目的 ) 1. JICA は 主に 1PDCA(Plan; 事前 Do; 実施 Check; 事後 Action; フィードバック ) サイクルを通じた事業のさらなる改善 及び 2 日本国民及び相手国を含むその他ステークホルダーへの説明責任

More information

日本語教育紀要8/pdf用表紙

日本語教育紀要8/pdf用表紙 CEFR Byram Lázár Intercultural Communicative Competence Common European Framework of Reference for Languages Council of Europe CEFR plurilingual and pluricultural competence Intercultural Competence Byram

More information

4 単元の評価規準 コミュニケーションへの関心 意欲 態度 外国語表現の能力 外国語理解の能力 言語や文化についての知識 理解 与えられた話題に対し 聞いたり読んだりした 1 比較構文の用法を理解 て, ペアで協力して積極 こと, 学んだことや経 している 的に自分の意見や考えを 験したことに基づき

4 単元の評価規準 コミュニケーションへの関心 意欲 態度 外国語表現の能力 外国語理解の能力 言語や文化についての知識 理解 与えられた話題に対し 聞いたり読んだりした 1 比較構文の用法を理解 て, ペアで協力して積極 こと, 学んだことや経 している 的に自分の意見や考えを 験したことに基づき 高等学校第 1 学年英語表現 Ⅰ 学習指導案 日時平成 9 年 11 月 7 日 ( 火 ) 第 校時 指導者教育センター所員相島倫子 1 単元名 Lesson 8 比較を使って表現する (DUALSCOPE English Expression 数研出版 ) 単元について 英語表現 Ⅰ の目標は, 英語を通じて, 積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育成するとともに, 事実や意見などを多様な観点から考察し,

More information

コーチング心理学におけるメソッド開発の試み 東北大学大学院 徳吉陽河

コーチング心理学におけるメソッド開発の試み 東北大学大学院 徳吉陽河 コーチング心理学における メソッド開発の試み シナリオ ( 質問票 G FAQ) のツール作成と検証を通して 東北心理学会 2010/09/12 発表 東北大学大学院徳吉陽河 的 コーチング心理学 ( 主に認知行動コーチング ) の 標準化された質問票 (G FAQ) の作成し, コーチング心理学へのメソッドとして活用することを目的 認知行動科学, 学習理論など学術に基づいたシナリオ 手順書を作成する必要がある

More information

2 教科に関する調査の結果 ( 各教科での % ) (1) 小学校 国語 4 年生 5 年生 6 年生 狭山市埼玉県狭山市埼玉県狭山市埼玉県 平領均域正等答別率 話すこと 聞くこと 書くこと

2 教科に関する調査の結果 ( 各教科での % ) (1) 小学校 国語 4 年生 5 年生 6 年生 狭山市埼玉県狭山市埼玉県狭山市埼玉県 平領均域正等答別率 話すこと 聞くこと 書くこと 平成 27 年度埼玉県学力 学習状況調査の結果の概要 狭山市立小学校 中学校 埼玉県学力 学習状況調査は 埼玉県内の小中学校を対象とした学力調査として 本年度から新たな形で実施することとなりました 本調査は 小学校 4 年生以上の児童生徒を対象に毎年実施されます そのことにより 児童生徒一人一人の学力がどれだけ伸びているのか と言う視点で 教師が一人一人の学力の伸びを把握できることや児童生徒が学力の伸びを実感することによって

More information

ヤングラーナーズ(YLE)英語検定

ヤングラーナーズ(YLE)英語検定 受験者 保護者のための受験ガイド 保護者の皆さまへ このガイドブックでは ヤングラーナーズ英語検定 (YLE) のスターターズ ムーバーズ フライヤーズの 各テストについてご案内いたします テストの形式や内容 テスト当日の心構え テスト終 了後の流れについてもお知らせしています テストについて 対策学習と準備 このガイドブックはぜひお子さまと一緒にお読み下さい オンラインでご覧頂く際には リンクからテスト情報

More information

論文内容の要旨

論文内容の要旨 論文の内容の要旨 大腸癌検診における精密検査の受診に関連する要因 指導教員甲斐一郎教授東京大学大学院医学系研究科平成 16 年 4 月進学博士課程健康科学 看護学専攻氏名鄭迎芳 第 Ⅰ 章緒言日本の大腸癌による死亡者数は急増し 年齢調整死亡率は諸外国に比べて上位の水準に達している しかし 日本の大腸癌検診では 一次検診で精密検査 ( 以下 精査と略す ) が必要と判定された者の精査受診率は 60%

More information

<4D F736F F D208EC08F4B8CA48B86838C837C815B83678D9191F22E646F63>

<4D F736F F D208EC08F4B8CA48B86838C837C815B83678D9191F22E646F63> 中上級クラスにおけるタスクについて 国沢里美 1. はじめに中級以上になると初級に比べて言語的な理由による制限が少なくなり 活動のバリエーションが増える しかし それと同時に学習者それぞれのニーズも多様化することが予想される 今回の実習では 中級以上のクラスであるからこそできる活動を考え 実践した 本稿では 今回の実習におけるタスクの選定について述べる まず 昨年度までの実習報告や事前アンケート インタビューによりコース開始前に決定したタスクについて述べる

More information

10_村井元_0227.indd

10_村井元_0227.indd 英語の講義の理解力を深めるため のアプローチについて MI Survey Report Using Gardner's Multiple Intelligence Theory into Effective Pedagogical Approaches for EFL Students Gen MURAI Ad 2006 Howard Gardner MI Multiple Intelligences

More information

(2) 国語科 国語 A 国語 A においては 平均正答率が平均を上回っている 国語 A の正答数の分布では 平均に比べ 中位層が薄く 上位層 下位層が厚い傾向が見られる 漢字を読む 漢字を書く 設問において 平均正答率が平均を下回っている 国語 B 国語 B においては 平均正答率が平均を上回って

(2) 国語科 国語 A 国語 A においては 平均正答率が平均を上回っている 国語 A の正答数の分布では 平均に比べ 中位層が薄く 上位層 下位層が厚い傾向が見られる 漢字を読む 漢字を書く 設問において 平均正答率が平均を下回っている 国語 B 国語 B においては 平均正答率が平均を上回って 小学校 6 年生児童の保護者の皆様 平成 26 年 10 月 3 日 立明野小学校長岡部吉則 平成 26 年度学力 学習状況調査の調査結果について 秋冷の候 保護者の皆様におかれましては ますます御清栄のことと拝察申し上げます また 日頃からの教育活動に対しまして 御理解と御協力をいただき感謝申し上げます さて 本年 4 月 22 日 ( 火 ) に実施しました学力 学習状況調査の結果が本年 8 月末に北海道教育委員会から公表され

More information

The Annual Report of Educational Psychology in Japan 2008, Vol.47, 148-158 Qualitative Research in Action:Reflections on its Implications for Educational Psychology Yuji MORO (GRADUATE SCHOOL OF COMPREHENSIVE

More information

Microsoft Word - 医療学科AP(0613修正マスタ).docx

Microsoft Word - 医療学科AP(0613修正マスタ).docx 医療情報学部医療情報学科入学者受入れの方針 ( アドミッション ポリシー ) 医療情報学部医療情報学科診療情報管理専攻卒業認定 学位授与の方針 ( ディプロマ ポリシー ) で定めている育成すべき人材像を実現するため及び教育課程編成 実施の方針 ( カリキュラム ポリシー ) に定める教育を受けるために 高等学校等での学びや諸活動 資格 検定試験等で得た基礎学力 基礎知識 語学力 読解力 論理的思考力及び主体的に学ぶ意欲等を身に付け

More information

H30全国HP

H30全国HP 平成 30 年度 (2018 年度 ) 学力 学習状況調査 市の学力調査の概要 1 調査の目的 義務教育の機会均等とその水準の維持向上の観点から 的な児童生徒の学力や学習状況を把握 分析し 教育施策の成果と課題を検証し その改善を図る 学校における児童生徒への教育指導の充実や学習状況の改善等に役立てる 教育に関する継続的な検証改善サイクルを確立する 2 本市における実施状況について 1 調査期日平成

More information

応用言語学特講発表資料第 7 章前半担当 :M.Y. [ 第 7 章 ] 語彙の習得 1. 第二言語学習者が目標とすべき語彙サイズ A) 語彙サイズ の定義第二言語習得論の中でよく用いられる 語彙サイズ には研究者のなかでも複数の見解がある (Nation&Meara,2002) それらは以下のとお

応用言語学特講発表資料第 7 章前半担当 :M.Y. [ 第 7 章 ] 語彙の習得 1. 第二言語学習者が目標とすべき語彙サイズ A) 語彙サイズ の定義第二言語習得論の中でよく用いられる 語彙サイズ には研究者のなかでも複数の見解がある (Nation&Meara,2002) それらは以下のとお [ 第 7 章 ] 語彙の習得 1. 第二言語学習者が目標とすべき語彙サイズ A) 語彙サイズ の定義第二言語習得論の中でよく用いられる 語彙サイズ には研究者のなかでも複数の見解がある (Nation&Meara,2002) それらは以下のとおりである 1 ワード ファミリー (word family) 1 つの動詞の活用形 屈折形 派生語を全てその動詞の基幹語の family であると数える概念

More information

注意:やむをえない理由により、予告なしに担当講師が代講または変更となることがあります

注意:やむをえない理由により、予告なしに担当講師が代講または変更となることがあります 061001C スペイン語基礎コース 山本昭代プリエトベロニカ Prieto, Verónica 火曜日 金曜日 木曜日 もっとも基本的な身の周りの必要を満たすことができるよう スペイン語圏地域の日常生活 で非常によく使われる表現を理解し 使えるようになることを目指します 各課は表現 文法 語彙 文化の 4 つの内容から構成されています 個人に関する情報 自己紹介 挨拶 教室で のコミュニケーション等の基本的表現から始まり

More information

理科教育学研究

理科教育学研究 Vol.No. 資料論文 doi:. /sjst.sp 昆虫の体のつくり の学習前後における児童の認識状態の評価 自由記述法と描画法を併用して A B AB A A B B [ キーワード ] 1. はじめに 1.1 問題の所在 Cinici Shepardson Shepardson Cinici 1.2 評価実施の目的 2. 評価の実施の方法 2.1 評価ツールの選定, 及び評価シートの作成 B

More information

目 次 1 学力調査の概要 1 2 内容別調査結果の概要 (1) 内容別正答率 2 (2) 分類 区分別正答率 小学校国語 A( 知識 ) 国語 B( 活用 ) 3 小学校算数 A( 知識 ) 算数 B( 活用 ) 5 中学校国語 A( 知識 ) 国語 B( 活用 ) 7 中学校数学 A( 知識 )

目 次 1 学力調査の概要 1 2 内容別調査結果の概要 (1) 内容別正答率 2 (2) 分類 区分別正答率 小学校国語 A( 知識 ) 国語 B( 活用 ) 3 小学校算数 A( 知識 ) 算数 B( 活用 ) 5 中学校国語 A( 知識 ) 国語 B( 活用 ) 7 中学校数学 A( 知識 ) ホームページ掲載資料 平成 29 年度 学力 学習状況調査結果 ( 立小 中学校概要 ) 平成 29 年 4 月 18 日実施 教育委員会 目 次 1 学力調査の概要 1 2 内容別調査結果の概要 (1) 内容別正答率 2 (2) 分類 区分別正答率 小学校国語 A( 知識 ) 国語 B( 活用 ) 3 小学校算数 A( 知識 ) 算数 B( 活用 ) 5 中学校国語 A( 知識 ) 国語 B( 活用

More information

岡山大学教師教育開発センター紀要, 第 4 号 (2014),pp 原著 全学日本語コースレベル設定と ACTFL-OPI 実践報告 森岡明美 1 坂野永理 1 内丸裕佳子 1 岡山大学言語教育センターの全学日本語コースでは, 初級から上級まで7レベルのクラスを提供しているが, この

岡山大学教師教育開発センター紀要, 第 4 号 (2014),pp 原著 全学日本語コースレベル設定と ACTFL-OPI 実践報告 森岡明美 1 坂野永理 1 内丸裕佳子 1 岡山大学言語教育センターの全学日本語コースでは, 初級から上級まで7レベルのクラスを提供しているが, この 原著 全学日本語コースレベル設定と ACTFL-OPI 森岡明美坂野永理内丸裕佳子 Reevaluating the Seven Levels of the Japanese Language Classes Based on the ACTFL-OPI Akemi MORIOKA, Eri BANNO, Yukako UCHIMARU 2014 岡山大学教師教育開発センター紀要第 4 号別冊 Reprinted

More information

201/扉

201/扉 Mohammad Reza SARKAR ARANI Associate Professor, Allameh Tabatabai University Visiting Research Scholar, International Research Center for Japanese Studies 200718 Mohammad Reza SARKAR ARANI Visiting Research

More information

Microsoft PowerPoint - 【結果レポート】「大学におけるビジネス日本語教育の実施状況に関する調査」

Microsoft PowerPoint - 【結果レポート】「大学におけるビジネス日本語教育の実施状況に関する調査」 大学におけるビジネス日本語教育の実施状況に関する調査 結果レポート 調査趣旨 本アンケート上で使用する 留学生 とは 学部 大学院に所属する 正規留学生 (6 ヶ月以内の滞在 留学生別科 大学付属の日本語教育機関等所属の学生を除く ) を指します 近年 経営のグローバル化や日本国内の人口減少に対応するため 外国人留学生採用に対して積極的な意向を示す日本企業が増加しています (*1) また 国も平成

More information

テレビ会議システムを使用した異文化間プレゼンテーション能力の向上のための指導【共同研究】

テレビ会議システムを使用した異文化間プレゼンテーション能力の向上のための指導【共同研究】 B 第 27 回研究助成 実践部門報告 Ⅲ 英語能力向上をめざす教育実践 オーストラリアの高校生とのテレビ会議授業を通して 共同研究 代表者 : 北海道 / 北海道千歳高等学校教諭山崎秀樹 概要 1 1.1 背景 はじめに 2014 IT ICT ICT SELHi SGH ICT tele/video-conference system 1990 2000 SELHi SGH ICT 2013 1

More information

目次 1. 平成 30 年度日本語教育能力検定試験実施要項 1 2. 平成 30 年度日本語教育能力検定試験実施状況 5 (1) 実施日 5 (2) 応募者数 受験者数 5 (3) 合格者数 5 (4) 実施会場 5 3. 平成 30 年度日本語教育能力検定試験平均点等一覧 6 4. 日本語教育能力

目次 1. 平成 30 年度日本語教育能力検定試験実施要項 1 2. 平成 30 年度日本語教育能力検定試験実施状況 5 (1) 実施日 5 (2) 応募者数 受験者数 5 (3) 合格者数 5 (4) 実施会場 5 3. 平成 30 年度日本語教育能力検定試験平均点等一覧 6 4. 日本語教育能力 平成 30 年度 日本語教育能力検定試験 結果の概要 公益財団法人日本国際教育支援協会 目次 1. 平成 30 年度日本語教育能力検定試験実施要項 1 2. 平成 30 年度日本語教育能力検定試験実施状況 5 (1) 実施日 5 (2) 応募者数 受験者数 5 (3) 合格者数 5 (4) 実施会場 5 3. 平成 30 年度日本語教育能力検定試験平均点等一覧 6 4. 日本語教育能力検定試験実施状況

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation はじめての Blackboard メディアセンター 1 < 本書の目的 > 本書はBlackboardに初めてログインする教員の方々にBlackboardとはどのようなシステムであるのかという全体像を捉えていただく目的で作成しています 個別機能の操作方法は別途ご用意しているマニュアルを参照いただき Blackboardで何ができるか理解いただき ご活用いただければ幸いです 2 < 目次 > Ⅰ.Blackboardとは?

More information

Microsoft PowerPoint - 【ESAC資料】資格制度案内 ppt

Microsoft PowerPoint - 【ESAC資料】資格制度案内 ppt 英語学習アドバイザー資格認定制度 English Study Advisors Certificate(ESAC ) 目次 P02 英語学習アドバイザー資格認定制度とは? P03 P04 P05 資格取得までの流れ 制度概要 TSST のご案内 121101 [ESAC]-P1 英語学習アドバイザー資格認定制度とは? English Study Advisors' Certificate (ESAC

More information

と 測定を繰り返した時のばらつき の和が 全体のばらつき () に対して どれくらいの割合となるかがわかり 測定システムを評価することができる MSA 第 4 版スタディガイド ジャパン プレクサス (010)p.104 では % GRR の値が10% 未満であれば 一般に受容れられる測定システムと

と 測定を繰り返した時のばらつき の和が 全体のばらつき () に対して どれくらいの割合となるかがわかり 測定システムを評価することができる MSA 第 4 版スタディガイド ジャパン プレクサス (010)p.104 では % GRR の値が10% 未満であれば 一般に受容れられる測定システムと .5 Gage R&R による解析.5.1 Gage R&Rとは Gage R&R(Gage Repeatability and Reproducibility ) とは 測定システム分析 (MSA: Measurement System Analysis) ともいわれ 測定プロセスを管理または審査するための手法である MSAでは ばらつきの大きさを 変動 という尺度で表し 測定システムのどこに原因があるのか

More information

Microsoft Word - 全国調査分析(H30算数)

Microsoft Word - 全国調査分析(H30算数) 平成 30 年度全国学力 学習状況調査結果 ( 小学校 : 算数 ) 1 結果のポイント ( : 成果 : 課題 ) 数値はすべて公立学校のもの 小学校 : 算数 A( 知識 ) 全問題数 :14 問 ( 選択式 10 問 短答式 4 問 ) 平均正答率 65( 選択式 64.2 短答式 68.0) で 7 年連続で全国平均を上回っている 正答率は 12 問が全国平均を上回っている 無解答率は全問が全国平均を下回っている

More information

2 116

2 116 1 北陸大学 紀要 第27号 2003 pp. 115 122 中国人日本語学習者が間違えやすい表現について 王 国 華 A Study on the Expressions in which Chinese Learners of Japanese Frequently Make Mistakes Wang GuoHua Received October 28, 2003 1 はじめに 中国語を母国語とする日本語学習者の数は年々増え続けている

More information

Microsoft Word - 209J4009.doc

Microsoft Word - 209J4009.doc 修士論文要旨 2011 年 1 月 キャリア アダプタビリティが大学生の就職活動に与える影響 指導種市康太郎准教授 心理学研究科臨床心理学専攻 209J4009 藤原智佳子 目次 Ⅰ. 問題の背景と所在 3 1. 若年労働者のキャリアに関する問題 3 2. 企業が求める人材 3 2-1. 高度成長期以降に望まれた人材像 3 2-2. 今日望まれている人材像 4 3. 若年労働者へのキャリア支援の変遷

More information

Microsoft Word - 農ABP2.doc

Microsoft Word - 農ABP2.doc ( 農学部 ) (ABP 留学生コースを除く ) ( 教養 ) 基軸教育 小 新入生セミナー新入生セミナー 2 選択演習 1 学部指定履修 ( 欄外の 注意 1 を参照 ) 情報処理 * 情報処理 2 選択演習 1 学部指定履修 英語 * 英語コミュニケーション Ⅰ 1 必修演習 1 英語演習 Ⅰ 1 選択必修 演習 1 この2 は 1 1 を必修とし1 を超えて修 得できない ( 英語演習 Ⅰを必ず履修すること

More information

教育 学びのイノベーション事業 ( 平成 23~25 年度 ) 総務省と連携し 一人一台の情報端末や電子黒板 無線 LAN 等が整備された環境の下で 教科指導や特別支援教育において ICT を効果的に活用して 子供たちが主体的に学習する 新たな学び を創造する実証研究を実施 小学校 (10 校 )

教育 学びのイノベーション事業 ( 平成 23~25 年度 ) 総務省と連携し 一人一台の情報端末や電子黒板 無線 LAN 等が整備された環境の下で 教科指導や特別支援教育において ICT を効果的に活用して 子供たちが主体的に学習する 新たな学び を創造する実証研究を実施 小学校 (10 校 ) 秋のレビュー説明資料 平成 25 年 11 月 文部科学省 生涯学習政策局情報教育課 教育 学びのイノベーション事業 ( 平成 23~25 年度 ) 総務省と連携し 一人一台の情報端末や電子黒板 無線 LAN 等が整備された環境の下で 教科指導や特別支援教育において ICT を効果的に活用して 子供たちが主体的に学習する 新たな学び を創造する実証研究を実施 小学校 (10 校 ) ( 実証校 )

More information

O-27567

O-27567 そこに そこがあるのか? 自明性 (Obviousness) における固有性 (Inherency) と 機能的クレーム (Functional Claiming) 最近の判決において 連邦巡回裁判所は 当事者系レビューにおける電気ケーブルの製造を対象とする特許について その無効を支持した この支持は 特許審判部 (Patent and Trial and Appeal Board (PTAB))

More information

【NEM】発表資料(web掲載用).pptx

【NEM】発表資料(web掲載用).pptx ユーザビリティ評価方法の 実践的拡張および適用 ソフトウェアテストシンポジウム 2013 東京 2013 年 1 月 30 日 ( 水 )~31 日 ( 木 ) 株式会社日立製作所 IT プラットフォーム事業本部 プラットフォーム QA 本部ソフト品質保証部 河野哲也 TAN LIPTONG 岩本善行 ソフトウェア本部生産技術部白井明居駒幹夫 NE 比 ( 倍 ) 非熟練者平均 ( 秒 ) 熟練者平均

More information

TALC Teaching and Language Corpora Wichmann et al. ; Kettemann & Marko ; Burnard & McEnery ; Aston ; Hunston ; Granger et al. ; Tan ; Sinclair ; Aston

TALC Teaching and Language Corpora Wichmann et al. ; Kettemann & Marko ; Burnard & McEnery ; Aston ; Hunston ; Granger et al. ; Tan ; Sinclair ; Aston TALC Teaching and Language CorporaWichmann et al. ; Kettemann & Marko ; Burnard & McEnery ; Aston ; Hunston ; Granger et al. ; Tan ; Sinclair ; Aston, Bernardini & Stewart G. Leech Leech Leech direct use

More information

J-SOX 自己点検評価プロセスの構築

J-SOX 自己点検評価プロセスの構築 統制自己評価 (CSA) 支援サービスのご案内 目次 1. 弊社がご提供するサービス 2. 各サービスの詳細 1. 自己点検における評価モデルの構築支援 2. 請負を含めた実地指導 3. 会社による自己点検状況の評価とアドバイス ( 参考 1) 実施基準における自己点検の取扱い ( 参考 2) 実務指針 ( 改正案 ) における自己点検の取扱い ( 参考 3) 自己点検導入のメリット デメリット (

More information