社会福祉法人石見さくら会中期事業計画書 ( 計画期間 : 平成 27 年度 ~ 平成 29 年度 ) 1

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "社会福祉法人石見さくら会中期事業計画書 ( 計画期間 : 平成 27 年度 ~ 平成 29 年度 ) 1"

Transcription

1 社会福祉法人石見さくら会中期事業計画書 ( 計画期間 : 平成 27 年度 ~ 平成 29 年度 ) 1

2 はじめに本会は 平成 15 年 3 月 11 日に設立認可を受け 平成 15 年 6 月 1 日に老人デイサービスセンター希望の郷の事業を開始したのが始まりである その後 邑南町より高齢者福祉事業 ( 特別養護老人ホーム桃源の家 養護老人ホーム香梅苑 ) 及び児童福祉事業 ( いわみ西保育所 東保育所 日貫保育所 ) の運営に関し 指定管理を受ける中で 事業規模を拡大させてきた 平成 24 年 5 月 1 日から特別養護老人ホーム桃源の家が また平成 26 年 4 月 1 日から養護老人ホーム香梅苑が邑南町の指定管理による運営から本会による民設民営へ移行し 名実ともに本会による経営へ移行した 法人設立から10 年余りが経過し 今日まで順調に事業推移してきたのも 地域の皆様と利用者関係各位の支援の賜物であり また 役職員による日々の業務努力の結果として感謝申し上げる これまでの10 年余りは介護保険制度が平成 12 年にスタートし 施設整備を急ぐ政策的誘導から 施設運営を主体とする本会においても 比較的財政的に安定した事業運営を行うことができた しかし 今日 介護保険制度を取り巻く環境は 大きく変化する局面を迎えている その一つは2025 年問題として指摘される団塊世代の高齢化による 超高齢化社会の到来である 現在 国は 入所施設数の絶対的不足から在宅介護 ( 地域包括ケアシステムの構築 ) へ政策の重点を移行させようとしている また 社会福祉基礎構造改革によって 社会福祉の量的拡大を図るため 生協や農協 民間企業など多様な事業主体が 福祉市場に参入し 利用者による事業者選択の幅を広げる状況となっている こうした中で 社会福祉法人に対する民間企業等からのイコールフッティングの要求等により 社会福祉法人の経営の不透明性について議論されるなかで 経営の透明性確保が強く要求され ガバナンス強化に向けた社会福祉法人制度改革が議論されている また 児童福祉においても平成 27 年 4 月より子ども 子育て支援新制度が施行される 従来の保育所と幼稚園の機能の一体化を図る認定こども園制度等が実施されるなかで 保育所の幼児教育機能が求められることになるなど 保育サービスの充実 強化が図られる このように 児童福祉に関わる環境も大きく変化しようとしている 社会福祉法人は 公の支配を受ける法人として 極めて公益性が高い存在であるとともに わが国の社会環境の変化による社会福祉に係る国の諸施策が変化するなかで 多様な福祉ニーズへ対応するための諸機能を発揮することが求められている このため 地域の福祉に関わる多様なニーズへの積極的対応を図る中で 地域での存在感を高めとともに 経営の透明度を高め 安定した経営基盤を築くことが 今後ますます求められこととなる こうしたことから この度 本会は中期計画を策定することとした 社会福祉法人石見さくら会 理事長溝邊毅 2

3 目 次 1. 社会福祉法人を取り巻く環境... 5 (1) 社会 経済的環境の変化... 5 (2) 社会福祉法人制度改革への動き.5 (3) 人材不足による獲得競争の激化 6 (4) 福祉市場の準市場化の浸透 社会福祉法人の特性と経営 本会の現状について... 8 (1) 地域ニーズへの対応について... 8 (2) 財務状況の公表について... 8 (3) ガバナンスについて... 8 (4) 内部留保について... 8 (5) 本会の事業業績推移 本会の経営方針について (1) 経営理念及び基本方針 (2) 戦略方針 (3) 基本的な事業方針 (4) 組織風土の醸成 (5) 人財育成方針 (6) 要員確保方針 (7) 施設整備等の方針 (8) 財務力強化方針 (9) ガバナンス強化方針 本会の内部留保額についての検証 (1) 実在部留保額と必要内部留保額の検証 (2) 毎期必要内部留保額の検証 か年の中期経営計画 (1)3か年の収益 資金計画 (2) 事業計画 (3) 要員及び人件費計画 (4) 人財育成計画 (5) 処遇改善計画 (6) 各拠点区分別積立及び使用計画

4 (7) 新規事業計画 ( 地域貢献事業計画 ) (8) 外部評価等導入計画 (9) 情報公開度向上計画 (10) 法人制度改革への対応

5 1. 社会福祉法人を取り巻く環境 (1) 社会 経済的環境の変化我が国では少子高齢化の進展による人口減少社会が到来している 現在の社会保障制度は 右肩上がりの持続的な経済成長と人口増加を前提として設計された しかし 今日 その前提条件が大きく変わってきている 我が国の社会保障の財源構成は 保険料 60% 公費 30% 資産収入 10% で 保険料が中心財源となっている 少子高齢化により社会保障給付費が増加 (1970 年の3.5 兆円から2014 年には115.2 兆円へ増加 ) する中で 現役世代の保険料負担能力が追い付かない状況となりつつある また これまでのデフレ経済による税収の落ち込みにより 国債の発行残高が膨大となっており 税収不足を国債で補うという これまでの国の財政運営構造も限界となりつつある こうした背景により 少子高齢化社会に対応した社会保障制度の構造改革 ( 社会保障費の改革 ) が叫ばれている 社会保障制度の改革は 社会福祉法人の経営に当然大きな影響を与えることになる (2) 社会福祉法人制度改革への動き社会福祉法人は 戦後我が国の福祉に係る行政サービスの受託者として 重要な役割を果たしてきた このため 行政から補助金や税制の優遇措置を受ける形で今日に至っている 一方 介護保険制度の創設による社会福祉基礎構造改革により 福祉の量的拡大のもと 措置制度から契約制度へ移行する中で 多元的な主体による福祉サービスが提供されるようになった 福祉の準市場化とともに 近年ではイコールフッティングが叫ばれ 社会福祉法人制度の改革論議へと繋がってきた 社会福祉法人制度改革における指摘として 地域ニーズへの不十分な対応 目的が明確でない多額の内部留保の問題 社会福祉法人の財務諸表の開示問題 ( 不十分な開示度 ) など 社会福祉法人の経営の透明性や経営管理体制 ( ガバナンス ) の問題などがあげられている 平成 27 年 2 月に提出された 社会保障審議会福祉部会報告書 ~ 社会福祉法人制度改革について~ では 評議員会機能強化等経営組織の在り方の見直し 情報開示の方向性等運営の透明性の確保 役員報酬 関係者への利益供与等に係る適正かつ公正な支出管理 地域における公益的な取組の責務 内部留保の明確化と福祉サービスへの再投下等が提言された 高い公益性と非営利性が求められる社会福祉法人は本来のあるべき姿への回帰が強く求められる状況となっている 5

6 (3) 人材不足による獲得競争の激化介護の担い手が将来は全国で30 万人程度不足すると予測されている 現在でも全国レベルで求人に対しての十分な人員が確保できていない状況となっている 今後ますます進むと予測されている人口減少傾向により 職員の不足問題が一層顕在化することが予想される こうしたなかで 法人間での人材獲得競争が激化し 恒常的に必要人員が確保できない状況が到来する (4) 福祉市場の準市場化の浸透福祉市場においては多様な経営主体が参入してきており 今後もこうした状況は続くと考えられる サービスの需要者にとっては 多様な選択肢により より適正なサービスを享受できるという経済合理性を有している 一方 サービスの供給者である事業者にとっては 需要者側の多様な選択肢により質的サービスの競合が発生してくる これにより サービス力 ( 競争力 ) が劣る事業者の淘汰が始まることになる つまり 社会福祉法人といえども サービス力 ( 競争力 ) のない法人は市場の競争原理から淘汰される時代を迎えているといえる また 事業者間ではイコールフッティングがますます叫ばれる可能性がある 社会福祉法人は 制度改革に則って 社会福祉法人の本来の使命 役割を果たさなければ 社会的な批判に晒され こうした面からも 市場からの退却を余儀無くされる可能性がある 6

7 2. 社会福祉法人の特性と経営社会福祉法人は 社会福祉法 ( 昭和 26 年法律第 45 号 ) に基づき設立される法人である その基本的特徴は 公益性 非営利性 公共性 ( 行政からの補助金や税制優遇を受ける一方 社会的信用の確保のために 所轄庁の指導監督を受ける ) にある こうした 基本的特徴を踏まえて 社会福祉法 24 条では 経営の原則として 社会福祉法人は 社会福祉事業の主たる担い手としてふさわしい事業を確実 効果的かつ適正に行うため 自主的にその経営基盤の強化を図るとともに その提供する福祉サービスの質の向上及び事業経営の透明性の確保を図らなければならない と規定しており 社会福祉の主たる担い手として安定 継続した経営が求められている つまり 社会福祉法人には 制度的に規定された価格水準での収入による効率的 効果的な事業運営による経営基盤の拡充とサービス力の向上及び経営の透明性が求められることになる また こうした法人経営を行うためには 経営の実施主体である 評議員会 理事 理事会 監事による組織統治が有効に機能することが求められる 7

8 3. 本会の現状について社会福祉法人の制度改革のなかで指摘された諸項目について 本会の現状について考察してみる (1) 地域ニーズへの対応について本会の事業は社会福祉事業 ( 高齢者福祉事業と児童福祉事業 ) と公益事業を行っている 社会福祉法人の事業の基本は社会福祉事業であり 地域住民や利用者の負託に応え 信頼を得るためには この事業をしっかり行い その責務を果たすことが第一である 国はこのことを当然の前提要件として 現在の社会福祉事業では対応できない地域ニーズへ積極的に対応すべきと指摘している こうした点に関しては 個別事業所で介護者家族の会での講習会の開催など邑南町とも連携しながら行ってきているが その取り組みが十分地域住民や利用者に評価されているかどうかは 検証してみることが必要である また 本会は施設サービスを中心としており 多様な福祉ニーズに対応できているかどうかは 課題が残るといえる (2) 財務状況の公表について財務情報の開示については 財務諸表の各事業所への配置の他 監督庁の指導のもと広報誌への掲示を行い ホームページ上での公開も行っている しかし 基本的には財務情報の開示が中心であり その他の情報 ( 定款 事業計画 役員報酬規程等 ) の公開は実施しておらず 必ずしも監督庁が要請している情報公開度に達しているとは言えない面がある (3) ガバナンスについて本会の経営管理体制は 評議員会 理事会 監事を置き 監事には評議員会 理事会への出席を求めている また 監事による定期的な会計監査 業務監査を実施し 各役員が相互牽制機能を果たすことにより 社会福祉法人としての経営管理体制を整えている ただし 第三者評価の受審や外部監査への取り組みはなく 第三者からの客観的評価に基づく経営管理体制の整備という面では 課題を残している (4) 内部留保について内部留保 ( 過去の利益の蓄積額 ) は 将来の事業資金確保や事業リスクに備え 事業の安定継続を図るための準備資産である それは利益剰余金として捉えられる 平成 25 年度の本会の状況をみると その他積立金と次期繰越活動収支差額の合計は923 百万円となる 8

9 内部留保額の多寡については 介護老人福祉施設等の運営及び財政状況に関する調査研究事業報告書 ( 平成 25 年 3 月 ) において 判定尺度が示されている 内部留保額の水準は 基本的には金額自体の多寡よりも 法人の実情に応じて論じられるべきものであり 必要内部留保額 を精査したうえで 判断すべきと考える (5) 本会の事業業績推移 法人全体 単位 : 千円 H23 年度 H24 年度 H25 年度 事業活動収入 870, , ,413 事業活動支出 785, , ,968 事業活動収支差額 85, , ,444 経常収支差額 81, , ,017 人件費 544, , ,638 福利厚生費 5,321 6,536 5,292 業務委託費 44,150 51,131 50,582 減価償却費 9,324 46,587 47,902 人件費率 経常収支差額率 労働分配率 平成 25 年度事業所別経常収支差額 単位 : 千円 本部 希望の郷 桃源の家 香梅苑 訪問 保育所 居宅 事業活動収入 1,122 42, , ,760 26, ,528 7,678 事業活動支出 26,496 36, , ,413 24, ,367 7,689 事業活動収支差額 -25,374 5, ,107 44,347 1,271 31, 経常収支差額 18,629 4,515 82,725 38, ,161 1,989 法人全体では 経常収支差額率が 10% を超えており 高収益率を維持してき ている その要因は 桃源の家の国庫補助率 (66%) が高いことと 総体的に 人件費率が低くなっているためである また これまで香梅苑及び保育所は公設 民営であり 償却負担がないこともその要因と言える 事業所別でみると 桃源の家が全体の事業活動収支差額の 64% を生み出して いる この要因の一つは国庫補助金率が高いためで 全体の収入における桃源の 家の収入割合 (51%) に比べて 事業活動収支差額の割合が高くなっている 9

10 4. 本会の経営方針について (1) 経営理念及び基本方針本会の経営理念は 地域住民が多様な個性に基づいて自分らしく 生き生きと自立して暮らすことができる 豊かで活力ある福祉コミュニティ の実現に資する ことである この理念に基づき 社会福祉事業の安定的 継続的経営に努め 多様な生活課題や福祉需要に柔軟かつ主体的に取り組み 地域に根ざした社会貢献に寄与することを基本方針としている 近年の社会福祉法人に係る議論からすれば 本会の経営理念 基本方針と合致するものであり これまでの基本的方向は間違ったものでないと断言できる このため 今後も全役職員が経営理念 基本方針をしっかりと認識して 自信と誇りを持って事業に取り組んでいくことがなによりも重要なことである (2) 戦略方針本会の中期的な戦略は 経営理念 基本方針を基にして 本会の強みをより強化する方向で 事業運営を行っていくことである その強みとは 施設サービスを基本に高齢者福祉事業と児童福祉事業という いわば全世代に関わりのある事業を展開していることである その強みを一層強化するためには 高齢者福祉事業と児童福祉事業の相乗効果を高めることが必要である 高齢者福祉事業と児童福祉事業の事業所間の相互交流はもとより 高齢者福祉事業で得る知見と児童福祉事業で得る知見を掛け合わせることにより 新たな社会的価値を生み出すことを目指すことが 強みをより一層強化することに繋がる 本会は 新たな社会的価値を生み出すことにより 他法人との差別化を図り 地域での存在感を高め この地域になくてはならない社会福祉法人になることを目指す こうした法人を目指すことにより 全職員が誇りを持って働ける法人になることが 本会の基本的な方向である (3) 基本的な事業方針本会は地域住民の多様な生活ニーズや福祉ニーズに積極的に対応していくことによって 地域住民が生き生きとして暮らせる地域づくりに貢献することが 基本的な事業方針であり 方向性である この事業方針を実現するために 本会の強みである現在の施設を中心とした事業展開を一層強化するとともに 施設サービスでは対応できない生活ニーズ 10

11 や福祉ニーズに対応するための新たなサービスの開発 展開に取り組むこととする 施設サービスの充実 強化の方向性としては 外部環境の変化へ対応しつつ既存施設における高齢者福祉 児童福祉サービスの充実 強化を図ることとする このため 各事業所において 既存サービスの強み 弱みを把握し 強化すべき点を明確にした上で取り組んでいく その際の着眼点は 利用者ニーズがベースとなることから 利用者視点に立ち 利用者満足度を向上させるものであることが必要である また それは同時に各事業所における職員のサービス力 ( 技術力 ) の向上が伴うものでなくてはならない また 本会の強みを一層強化するうえにおいては 不足する経営資源については 他法人等との連携を強化することによって補完していくことも検討する必要がある それによって より充実したサービスを提供することが可能となり 利用者 地域住民等の満足度を向上させることに繋がる 新たなサービスの実施は 先述した高齢者福祉事業と児童福祉事業との相乗効果や他法人との連携の中から生まれる この新たなサービスには 地域貢献事業も包摂するものであるが この地域において先駆的に取り組み 本会の存在感を高めることとする (4) 組織風土の醸成職員が経営理念 基本方針に沿って事業に取り組んでいくためには 役職員がそれらを理解し 認識し 行動に結び付けていくことが必要である それは 組織風土と言えるものでもある 経営理念 基本方針からいえることは 職員がそれぞれの個性を尊重し合いながら 生き生きと仕事ができる職場づくりが必要であり こうした職場が形成されないと 経営理念 基本方針の実現は難しいと認識する こうした職場形成においては 当然高い倫理観と法令等の遵守 ( コンプライアンス ) がそのベースになければならない このため 職員がコンプライアンスを当然のこととして認識し 判断し 行動する組織づくりに取り組んでいく (5) 人財育成方針本会において最も重要な内部資源は人財である 人財の育成 充実なくして安定的 継続的経営はできない このため 本会の経営理念 基本方針を共有できる人財育成に積極的に取り組んでいく それは 職員間 家族間 地域住民間など 様々なレベルでのコミュニティにおいて お互いの個性や考え方 立場を理解し 尊重することができる人財の育成である こうした人財を育成するためには まず経営理念 基本方針についてしっか 11

12 りと教育することが必要となる また 人的サービス力 ( 技術力 ) を高めるために 個々の職員の能力の向上を図る必要がある このためOJT OFFJ Tにしっかりと取組むことが必要であり 各事業所において階層別 職種別の計画的な研修に取り組んでいく また 自己啓発支援 (SDS) を実施する また 本会の強みでもある高齢者福祉事業内 児童福祉事業内の知見の相互交流とともに 高齢者福祉事業と児童福祉事業間の知見の相互交流を高めることが 人財育成 サービス力 ( 技術力 ) 向上に必要である このため 事業所内での研修とともに 事業所間での研修にも取り組んでいく 職員個々の能力を客観的に把握し 向上させていくことは 本会の人的サービス力 ( 技術力 ) を向上させるうえにおいては必要なことであり 職員のキャリアパスを明確にすることにも繋がる こうした観点を主眼として 人事考課制度の適正な実施を行っていく さらに人事考課制度を有期契約職員へも適用することによって 優秀な職員に対しての適正な処遇を実施 ( 正規職員へ登用等 ) していくことにより 基本的には 正規職員の構成割合を5 割まで高めていく (6) 要員確保方針本会の安定的な運営を図るためには 人財育成とともに 必要な要員数を確保することが必要である 全国でみると介護分野における有効求人倍率 ( 平成 25 年 ) は1.82 倍で全産業 (0.93 倍 ) を大幅に上回る状況となっている 平成 26 年に入っても同様な状況が続いている 今後都市部での高齢化率の上昇 ( 団塊世代が75 歳を迎えることによる ) と若年労働者の減少により 2025 年には介護職員は現在よりも100 万人増の249 万人が必要と推計されなかで 介護職員は30 万人不足すると予測されており 人員獲得競争は一層激化する このため 地方での介護分野での要員確保が一層難しくなることが懸念される 要員確保のためには 定着率の向上とともに 新規職員の採用力の向上が必要である 定着率の向上には処遇面の改善とともに 最大の離職理由が職場の方針や人間関係となっていることから 職場全体の良好な人間関係作りに努めることが非常に重要である 良好な人間関係作りは 組織風土の形成に係る問題であり 経営理念 基本方針を共有化し 事業活動での実践行動へと結び付けていく 処遇面の改善については 有期契約職員から正規職員への登用 初任給の引き上げ 福利厚生面の充実 有期契約職員の賃金水準等について検討する 新規職員の採用力向上のためには ハローワーク等への求人活動だけでなく インターンシップの実施 高校生に対する施設見学 ボランティア活動の積極 12

13 的な受け入れ 専門学校等への求人活動の実施 地縁人縁を通じての求職者情 報の収集を行っていく (7) 施設整備等の方針本会の福祉事業の基本的な基盤は施設であり それが強みの一つでもある つまり 施設無くして事業は成り立たない このため 施設の環境整備を行っていくことは 利用者の方 地域住民の方の満足度を高める重要な要素であるとともに それはとりもなおさず本会の強みをより強化し 安定的事業運営を図ることに繋がるものである 施設整備には基本財産である建物本体以外に 関連設備機器の補修 改善があるとともに 介護機器等の充実を図ることも 利用者満足度を高める大きな要素である こうしたことから 必要な積立を計画的に実施し 施設整備等の充実に取り組んでいく (8) 財務力強化方針新たなサービスの展開 人財の育成 施設整備等については 何れも資金が必要となる このため 必要な資金を確保するための財務力の強化は安定的 継続的経営のためには不可欠な条件である 社会福祉法人は制度的に規定された価格水準での運営が求められる このため 効率的 効果的な経営を行うなかで 適正な収益を確保する必要がある この制度的に規定された価格水準は 逆に言えば 政策次第で価格水準が大きく変化するという事業リスクを有していることになる このため 必要収益を確保し 必要な内部留保を維持することは 法人にとって事業リスクに備える意味においても 当然必要なことである 必要収益については 3か年の収益計画で示すこととする (9) ガバナンス強化方針高い公益性と非営利性という社会福祉法人の特性を十分認識するなかで これまでどおり評議員会 理事 理事会 監事のそれぞれの機関が適正に機能するように 評議員 理事及び監事が相互牽制を行いながら適正な運営を図っていく 法人全体の資金管理の効率化及び事務処理の効率化等を図るため 本部事務局に法人に関わる経理事務の集約化等 事務の集中処理体制の構築を検討する また 現在国で検討されている外部監査 第三者評価の受審率目標の設定等については その議論を踏まえて対応を行っていく 13

14 5. 本会の内部留保額についての検証 (1) 実在部留保額と必要内部留保額の検証現在の本会の実在内部留保額が必要内部留保額に達しているのかどうか この検証なくして 将来の事業リスクへの備えに対する水準がどの程度なのかが分からない 必要内部留保の最低水準は 施設運営を中心とする本会では 一般的には所要運転資金のほか 施設建替え準備金 修繕準備金 器具什器等の買替準備金の合計額となる だだし 介護保険事業での所要運転資金についての内部留保での備えについては 2か月後に回収される未収金で運転資金が賄われることから 事業開始当初の2ヶ月を除けば 単年度収支が合うため その必要性が乏しいという見解がある なお 社会福祉法人は一般的に補助金により施設建設を行っていることから 国庫補助金等特別積立金が純資産の部にある つまり 補助金がある以上は内部留保額が少なくて済むことになる ただし 今後も同様に補助金が出るのかは 不透明である 法人経営からすると そうしたリスクにも備えることも必要である こうしたことから 本会の内部留保の検証については 将来の補助金を考慮しない中での必要内部留保について検証する その算定式は以下のとおり 実在内部留保額 = 現預金 現預金相当額 -( 流動負債 + 退職給与引当金 ) 内部資金の蓄積額のうち 現在事業体に未使用資産の状態で留保されている額 必要内部留保額 = 減価償却累計額 + 再建設価格上昇累計額 - 施設整備借入金返済累計額 + 大規模修繕費累計額再建設価格上昇累計額 =[[( 現在の市場価格の1 床当たり建設費 - 当初の建設時 1 床当たり建設費 )] ベッド数 ] 耐用年数 ]] 経過年数現在の市場価格の1 床当たり建設費 =1,100 万円大規模修繕費累計額 =[( 現在の市場価格の1 床当たり大規模修繕費用 ] ベッド数 ) 15 年 ] 経過年数 1 床当たり大規模修繕費用 =100 万円 * 現在の市場価格の1 床当たり建設費及び1 床当たり大規模修繕費は介護老人福祉施設等の運営及び財政状況に関する調査研究事業報告書 ( 平成 25 年 3 月 ) によるもの これによると 大規模修繕費は当初建設価格の約 10% 程度となる * 今回試算した実在内部留保額と必要内部留保額の考え方についても 基本的には上記報告書に基づいている 報告書では 所要運転資金は上記理由により内部留保から除外している なお 今後実在内部留保額と必要内部留保額の算定方式が当局から示されれば それに沿う形で 修正していく 14

15 実在内部留保額 ( 平成 26 年 3 月末 ) の算定 単位 : 百万円 本部 希望の郷桃源の家 香梅苑 訪問 保育所 居宅 法人全体 現預金 流動負債 実在留保額 必要内部留保額 ( 平成 26 年 3 月末 ) の算定 必要内部留保額 単位 : 百万円 本部 希望の郷桃源の家香梅苑 訪問 保育所 居宅 合計 減価償却累計額 価格上昇累計額 返済累計額 修繕費累計額 合計 桃源の家は建設時価格からすると再建設による価格上昇分は見込む必要は ないが 将来的には必要となる可能性があるため 現時点から織り込んでいく 実在内部留保額と必要内部留保額の差 ( 平成 26 年 3 月末現在 ) 単位 : 百万円 本部 希望の郷 桃源の家 香梅苑 訪問 保育所 居宅 合計 実在内部留保額 必要内部留保額 差引額 実在内部留保額と必要内部留保額を比較すると 実在内部留保額が必要内部 留保額を 18 百万円下回っており やや内部留保不足の状態となっているもの の ほぼその額が均衡する状態となっている 個別事業所でみると 香梅苑の内部留保不足 ( 242 百万円 ) が大きく 今後の対応が必要となっている (2) 毎期必要内部留保額の検証 今後毎期必要となる内部留保額 ( 今後計画的に積立を行うべき額 ) について 検証する 算定式は原則必要内部留保額の単年度分 ( 平成 26 年度新規取得分 を加算 ) ということになる 単位 : 百万円 本部 希望の郷 桃源の家 香梅苑 訪問 保育所 居宅 合計 減価償却額 価格上昇額 返済額 修繕費 合計 これによると毎期 80 百万円の内部留保 ( 積立金 ) が必要となる しかしな がら この内部留保額には 香梅苑の内部留保不足が算入されていないことに 留意する必要がある また 桃源の家は借入返済額が控除されている 15

16 6.3か年の中期経営計画 (1)3か年の収益 資金計画本会が利用者や地域住民 職員等利害関係者の負託に応え 安定的 継続的経営を行うために 平成 27 年度から平成 29 年度の収益及び資金収支計画は 以下のとおりとする 1 事業活動収益計画 単位 : 百万円 平成 26 年度計画 平成 27 年度 平成 28 年度 平成 29 年度 サービス活動収益 サービス活動費用 サービス活動増減差額 経常増減差額 減価償却費 施設整備等積立金 人件費 人件費率 経常増減差額率 5.50% 労働分配率 80.7% 85.3% 86.9% 87.9% サービス活動収益は経常経費補助金収入 寄附金収入 雑収入を除く 人件費には福利厚生費含む 2 資金収支計画 単位 : 百万円 平成 26 年度計画 平成 27 年度 平成 28 年度 平成 29 年度 動事 事業活動収入 収業 事業活動支出 支活 事業活動資金収支差額 備施施設整備等収入 支等設施設整備等支出 収整施設整備等資金収支差額 のそその他の活動収入 収活の支その他の活動支出 動他その他の活動資金収支差額 当期資金収支差額 平成 26 年度計画は中間補正時をベースとしたもの 平成 27 年度から平成 29 年度の事業活動収益計画値の条件は以下のとおり サービス活動収益は介護報酬 3% 減を見込む サービス活動費用は平成 27 年度サービス活動収益の 95% 程度を見込む 平成 28 年度から平成 29 年度は サービス活動収益の 96% 程度を見込む 資金収支をプラスにするためには 人件費増加分を 事業費 事務費の圧縮 16

17 により対応しなければならないが 収入予算からその限界値は96% となるため これにより 平成 28 年度は事業費 9 百万円削減 平成 29 年度は事業費 9 百万円 事務費 6 百万円の削減を見込む 人件費は人件費計画による 労働分配率の計算における付加価値額については 平成 26 年度計画の事業費 (140 百万円 ) 業務委託費(50 百万円 ) 減価償却費(78 百万円 ) 国庫補助金等特別積立金取崩額 (45 百万円 ) をベースとして 平成 28 年度及び平成 29 年度の事業費は各 9 百万円ずつの削減により算出する 平成 27 年度から平成 29 年度の資金収支計画の条件は以下のとおり 施設等収支は桃源の家の毎年の借入金返済 15 百万円の他 平成 27 年度には桃源の家土地造成 10 百万円 平成 28 年度は香梅苑大規模修繕 52 百万円 平成 29 年度は各事業所の備品等の買替 18 百万円を見込む 施設整備等積立及び使用は積立 使用計画による 取得分は一応全て固定資産として計画 (2) 事業計画本会事業の基本的な方向は 4 (3) 基本的な事業方針 に記載したとおりである 本会の事業は高齢者福祉事業及び児童福祉事業を二本柱として 高齢者福祉事業については 特別養護老人ホーム 養護老人ホーム デイサービスセンター 訪問介護事業所及び公益事業としての居宅介護支援事業所の運営を引き続き行う また 児童福祉事業については いわみ西保育所 東保育所 日貫保育所 子育て支援センターの運営を引き続き行う 1 高齢者介護事業入所系サービス 訪問系サービスとも地域包括ケアシステムの構築に向けた対応が求められており 今後国の重点政策として取り組まれることになる このため 各事業所はそれぞれの機能を活かして または 求められる機能を強化することにより こうした変化へ対応していく 特に重度介護者への対応及び認知症高齢者への対応は 加算対象でもあることから 強化機能としての取り組みを行う 2 児童福祉事業 平成 27 年度から子ども 子育て支援制度が実施され 保育機能とともに幼 児期の教育機能の充実や一時預かり機能及び延長保育機能の充実等が求めら 17

18 れる こうしたことは これまで実施してきた保育サービスについて 一層の充実を図ることが求められるとともに 新たな機能 ( 幼児教育機能 ) への取り組みも求められることになる 児童保育 幼児教育は幼児期にある子ども達の成長に関わる重要な使命を帯びており 本会の経営理念 基本方針を踏まえて独自性を持ったサービスに取り組んでいく これらの事業計画については 各事業所の年度事業計画として具体的に立案し 実施する なお 地域貢献活動のための事業計画については 新規事業計画の項目で記載する (3) 要員及び人件費計画本会の職員構成は 30 歳代後半の年代層と50 歳代後半から60 歳代前半の年代層が比較的多くなっている その反面 20 歳代が比較的少ない状況となっている 年代別の正規職員の構成割合を見ても 基本的には各年代 (60 歳代を除く ) で50% を上回っているものの 20 歳代前半では50% を下回っている 20 歳代の正規職員が比較的少ないことから 正規職員の増加は 基本的には新卒採用等による若年層を中心としたものにする 新卒採用のためには 学校訪問や地縁人縁による新卒者情報の収集が必要である このため 本部事務局等による情報収集 訪問活動を実施する また 60 歳代以降は有期契約職員が大半を占めており 70 歳代も10 名を超える職員がいる 今後も離職の増加により職員数の維持に不安が残る状況が続く このため 引き続き 高齢者福祉事業の有期契約職員については60 歳代前半の職員確保に努めるものとする 正規職員数は 新卒採用と有期契約職員からの転換者及び定年退職者により計画する また 有期契約職員から正規職員への転換者は 基本的には契約職員からの転換が見込まれるため 契約職員数については 原則正規職員への転換者数分が減少することを見込む 平成 29 年度には正規職員の構成を全体の5 割まで高めていくことを目標として 要員計画は以下のとおりとする 1 正規職員採用計画及び退職予定者 単位 : 人 正規職員増減数 平成 27 年度 平成 28 年度 平成 29 年度 新卒採用 契約職からの転換 定年退職者

19 2 人員計画 単位 : 人 % 平成 26 年度平成 27 年度平成 28 年度平成 29 年度 人数 構成 人数 構成 人数 構成 人数 構成 正規職員 契約職員 パート職員 派遣職員 合計 正規職員数 = 前期末職員数 + 新卒採用者 + 契約職員からの転換者 - 定年退職者 契約職員数 = 前期末職員数 - 正規職員への転換者 + 転換者補充人員 ( 原則補充 なし ) パート職員数 = 現状の人数を維持 派遣職員数 = 計画期間中退職予定者なし 3 人件費計画 単位 : 人 % 百万円 平成 27 年度 平成 28 年度 平成 29 年度 人員 平均人 昇給 人件 人員 平均人 昇給 人件 人員 平均人昇給 人件 数 件費 率 費 数 件費 率 費 数 件費 率 費 正規職員 契約職員 パート職員 派遣職員 合計 役員報酬 退職金共済 法定福利費 福利厚生費 合計 昇給率は 正規職員の基本給 ( 年齢給の昇給及び職能給 3 号俸昇給 ) を想定 (4) 人財育成計画職員が本会の経営理念 基本方針の理解を深め それによって 判断 行動へと結びつけるために理念教育を実施する こうした教育成果は 人事考課 ( 能力評価 ) において評価していく 職員の職務遂行能力の向上を図るため 各事業所において年度計画として業務に係る研修を職種別 階層別に計画する なお 高齢者福祉事業においては 認知症高齢者への対応力が求められており そのための研修 ( 実践リーダー研修 指導者研修等 ) 受講等を計画する また 福祉業務の成果 ( 成績 ) は数値では表せない部分が多いが 業務プロ 19

20 セスを改善し 業務効率を上げることは必要なことである このため 各事業所の業務課題を解決する能力も人財育成においては必要となる 特に 介護分野については 入所系 通所系という違った事業分野を有していることから 複数の事業所間の知見を交流させることにより 職員の業務改善能力の向上を図る 本会業務に関わる資格取得を目的した自己啓発について 受講料補助や資格取得による報奨金制度等の創設を計画する (5) 処遇改善計画有期契約職員から正規職員への転換は 処遇改善の一つといえるが 全ての有期契約職員について 対応できるものではない また 正規職員の構成割合を高めることにより 毎年度の人件費は基本的には増加することとなる このように人件費が総体的に膨らむ中で 職員の処遇の改善を検討することが必要となる 処遇改善には賃金水準とともに福利厚生面の措置など 総合的な取り組みが必要となる 賃金水準については 平成 26 年度より初任給の見直しを行ったが 今後も近隣の状況を見ながら その引上げを検討する 当面は職能給テーブル表の見直しを行わないが 人事考課により適正は昇格 昇給に繋げていく また 福利厚生面での課題を検討し 改善すべき事項については 見直しを図る 有期契約職員の処遇改善 特に賃金については 人事考課を導入することから 計画期間中に人事管理委員会で具体的な改善策を協議し 実施することとする (6) 各拠点区分別積立及び使用計画 1 拠点区分別積立金計画各拠点区分の毎期の積立金は 施設整備等積立金として その毎期の積立合計額は 毎期必要内部留保額 80 百万円である しかし 桃源の家の施設建設借入金返済額 15 百万円が控除されている このため 将来借入金に依存しないなかでの 施設再建設を予定するものとして 95 百万円の積立を計画する また 計画には織り込まないが 香梅苑については 242 百万円の不足が生じていることから 当期支払資金の状況をみながら上乗せも検討する 2 拠点区分別使用計画 希望の郷 桃源の家 香梅苑の基本財産再建設分については 耐用年数経 20

21 過時点での使用を計画しているため 原則は中途での取崩は行わない このため 3か年の計画期間中での取崩を原則計画しない また 希望の郷は大規模修繕分の積立てを別途計画していないため 発生する場合は 再建設分での対応とするが 平成 26 年度に大規模修繕を行ったため 3か年の計画期間中での取崩は計画しない 桃源の家 香梅苑の基本財産大規模修繕分については 建設後 15 年を目途として計画する このため 桃源の家については 3か年の計画期間中での取崩は計画しないが 香梅苑については 計画期間中に建設後 15 年を迎えることから 取崩を計画する ただし 大規模修繕対応の積立金は計画期間中では不足 ( 修繕費 52 百万円のうち 修繕積立金予定額 19 百万円で3 3 百万円不足 ) することから 不足額は前期末支払資金の取崩を予定する 器具什器等については 買替等により取崩が発生するが 計画としては 耐用年数が経過した物件での買替を計画期間の最終年度に見込む 各拠点区分別の積立金計画及び使用計画は次表のとおりとし 各事業所の単年度事業計画として 確実に実施していく 21

22 拠点区分別積立 使用計画表 単位 : 百万円 拠点区分 平成 26 年度末 平成 27 年度計画平成 28 年度計画 平成 29 年度計画 積立 本部 取崩 累計額 積立 希望の郷 取崩 累計額 積立 桃源の家 取崩 0 7 累計額 積立 香梅苑 取崩 累計額 積立 いわみ西保育所 取崩 累計額 積立 東保育所 取崩 累計額 積立 日貫保育所 取崩 0 1 累計額 積立 居宅介護事業所 取崩 累計額 積立 合計 取崩 累計額 毎期の施設整備等積立金内訳 単位 : 百万円 毎期積立金内訳 本部 希望の郷 桃源の家 香梅苑 いわみ西 東 日貫 居宅 合計 基本財産再建設分 基本財産修繕分 器具 什器等分 合計 ( 保育所の設備等について ) 保育所施設は邑南町所有であり 現在は本会での償却負担が軽減されている しかし 将来民設民営に移行した場合には 香梅苑と同様の問題 ( 減価償却未実施による内部留保不足 ) が生じる懸念がある このため 計画的な積立は難しいが 単年度で保育所の資金収支に余裕があれば 積立を検討する 22

23 ( 地域貢献事業への対応について ) 平成 28 年度から 地域貢献事業の義務化が予定されており その資金的手当 ( 積立金 ) が必要となる予定である 現時点ではその内容等が明確ではないことから 3か年の計画期間中での積立金は計画していないが 具体化すれば 資金対応を検討する ただ 本会の全体の内部留保の状況をみると 決して余裕がある状況ではないことを考慮する必要がある 平成 27 年度より日和地区での ひだまりサロン事業 を地域貢献事業として計画し 資金負担 ( 最低年間約 22 万円 ) を予定している これに関しては 現状地域貢献事業の会計処理 ( 積立金の計上等 ) が決まっていないことから 桃源の家拠点区分に ひだまりサロン事業 のサービス区分を設けて対応する (7) 新規事業計画 ( 地域貢献事業計画 ) 3か年の計画期間中での新規事業としては 地域貢献事業を検討し 実施していく 平成 27 年度においては 石見地域における高齢者向けサロン事業を計画する 平成 27 年 2 月に報告された 社会保障審議会福祉部会報告書 ~ 社会福祉法人制度改革について~ では 再投下可能財産の有無の検証とその投下優先順位として 1 社会福祉事業 2 地域公益事業 3その他公益事業の順となっている つまり 本会に再投下可能財産があれば まず社会福祉事業でのサービスの充実 強化 ( 既存サービスを含めて ) を検討することになり それを検討した結果 なお再投下財産があれば地域公益事業を検討することになる 計画期間中で新規サービス等の実施については 本制度の動向等情報収集をするなかで 具体的な検討を行うこととする (8) 外部評価等導入計画第三者評価の受審については 計画期間中に1 事業所の実施を計画する 外部監査については サービス活動収益が10 億円以上といわれており 現状の本会の規模等からみて この 3 年間では具体的な計画に織り込まない だだし 外部監査の導入範囲も拡大される見込みであり 第三者評価の受審率目標の設定化など 国におけるそれらの審議動向を踏まえて 計画期間中でも柔軟に対応していくこととする (9) 情報公開度向上計画 経営の透明度を高めるため 積極的に情報公開を行っていく そのため ホ 23

24 ームページの積極的活用 広報誌の発行等を引き続き行う ホームページの活用としては 定款 役員名簿 評議員名簿 事業計画 役員報酬規程 入札情報等を掲載する また 本会における事業活動情報を幅広く知らせるために 随時イベント情報等を掲載するなど 情報更新に努め 最新の情報提供を行う (10) 法人制度改革への対応平成 27 年 2 月に報告された 社会保障審議会福祉部会報告書 ~ 社会福祉法人制度改革について~ に基づいて 今後社会福祉法人制度の改革が審議されることになる 改革の方向性は 社会福祉法人にとって確かに大きなものである しかし 将来 報告書に沿った改革が義務づけられれば 本会も適切に対応していかなければならない そのためにも 事務局が中心となって情報収集を行い 適時適切な情報を役員へ報告し 制度改革に向けて適切な対応を図っていく 以上 24