会議後回収 平成 27 年度財政投融資計画の機関別概要 ( 注 1) 計数については整理の結果 異同を生ずることがある ( 注 2) 閣議決定の引用に際しては 初出の場合のみ件名及び閣議決定日を記載し それ以降の引用は閣議決定日を省略している

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "会議後回収 平成 27 年度財政投融資計画の機関別概要 ( 注 1) 計数については整理の結果 異同を生ずることがある ( 注 2) 閣議決定の引用に際しては 初出の場合のみ件名及び閣議決定日を記載し それ以降の引用は閣議決定日を省略している"

Transcription

1 会議後回収 平成 27 年度財政投融資計画の機関別概要 ( 注 1) 計数については整理の結果 異同を生ずることがある ( 注 2) 閣議決定の引用に際しては 初出の場合のみ件名及び閣議決定日を記載し それ以降の引用は閣議決定日を省略している

2 1. 地域活性化支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) 株式会社 日本政策金融公庫 ( 国民一般向け業務 ) ( 2.0) ( 3.6) 22,100 21,300 21,350 20,550 政府保証政府保証 貸付規模 30,613 29,793 うち 普通貸付 25,000 23,900 ( 経営改善資金貸付除き ) 経営改善資金貸付 2,500 2,700 生活衛生資金貸付 1,150 1,150 教育資金貸付 1,800 1,900 財投機関債 1,900 1, 年度計画については 日本再興戦略 改訂 ( 平成 26 年 6 月 24 日閣議決定 ) において 創業支援や事業承継を契機とした既存事業からの撤退 新事業展開 ( 第二創業 ) の促進を図ることとされたこと また小規模事業者の資金繰りに万全を期するため 必要な貸付規模を確保することとしている なお 26 年度補正予算においては 小規模事業者の資金繰り支援や創業支援 原材料高等に対応した省エネ設備投資の支援等を行うため 100 億円の財投追加 ( ) を行った

3 1. 地域活性化支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) 株式会社 日本政策金融公庫 ( 中小企業者向け業務 ) ( 10.7) ( 13.0) 16,205 14,100 14,650 12,760 産業投資産業投資 政府保証政府保証 1,100 1,100 事業規模 26,231 23,401 財投機関債 1,100 1, 年度計画については 日本再興戦略 改訂 において 創業支援や事業承継を契機とした既存事業からの撤退 新事業展開 ( 第二創業 ) の促進を図ることとされたこと また中小企業の資金繰りに万全を期するため 必要な事業規模を確保することとしている なお 26 年度補正予算においては 中小企業の資金繰り支援や創業支援 原材料高等に対応した省エネ設備投資の支援等を行うため 400 億円の財投追加 ( 200 億円 産業投資 200 億円 ) を行った

4 1. 地域活性化支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) 株式会社 日本政策金融公庫 ( 農林水産業者向け業務 ) ( 3.3) (37.4) 1,740 2,390 1,740 2,390 貸付規模 3,500 4,000 財投機関債 年度計画においては 農林漁業の成長産業化を推進するため 地域の担い手となる農業者の育成 確保及び経営規模の拡大や生産性向上 6 次産業化等を支援することとしている なお 26 年度補正予算においては 認定農業者が取り組む経営規模の拡大等に対する支援や米価下落の影響を受けた農業者の資金繰りに対する支援を行うため 500 億円の財投追加 ( ) を行った

5 1. 地域活性化支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) 株式会社 日本政策金融公庫 ( 危機対応円滑化業務 ) ( 36.8) ( 19.4) 10,320 8,320 10,320 8,320 貸付規模 12,320 10,320 通常災害向けとして1,320 億円を計上するとと もに 震災対応の進捗状況を踏まえ 東日本大震災に 対応するものとして7,000 億円を計上している ( 注 ) その他 東日本大震災対応として 財投の役 割を補完するものとして政府保証債 (5 年未満 ) 2,000 億円を措置している

6 1. 地域活性化支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) 株式会社 日本政策金融公庫 ( 特定事業等促進円滑化業務 ) (0.0) (50.0) 1,000 1,500 1,000 1,500 貸付規模 1,000 1,500 業務開始時からの案件実績及び27 年度に想定され る資金需要 経済産業動向等を踏まえた結果 特定事 業促進円滑化業務において500 億円 事業再編促進 円滑化業務において1,000 億円を計上している

7 1. 地域活性化支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) ( 参考 ) 株式会社日本政策金融公庫 合計 ( 14.1) ( 7.3) 51,365 47,610 49,060 45,520 産業投資産業投資 政府保証政府保証 1,850 1,850 事業規模 73,664 69,014 財投機関債 3,200 3,000

8 1. 地域活性化支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) 株式会社 日本政策投資銀行 (0.0) (10.0) 6,500 7,150 3,000 3,000 産業投資産業投資 政府保証政府保証 3,500 3,500 事業規模 21,000 22,300 財投機関債 4,000 4,000 長期の事業資金に係る投融資機能やリスクテイク機能を発揮し 成長への貢献 インフラ エネルギー 地域に応じた活性化 等を中心とした取組みに必要な投融資を進めることとしている また 27 年度より 企業間連携や休眠技術の活用などの企業の成長に向けた取組みを支援するため 資本性資金等の成長マネーの供給を強化することとしている

9 1. 地域活性化支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) 沖縄振興開発金融公庫 ( 1.2) ( 16.8) 産業投資産業投資 事業規模 1,438 1,440 財投機関債 経済財政運営と改革の基本方針 2014 ( 平成 2 6 年 6 月 24 日閣議決定 ) 及び 沖縄振興基本方針 ( 平成 24 年 5 月 11 日内閣総理大臣決定 ) 等を踏まえ 沖縄振興策を総合的 積極的に推進していくため 沖縄の総合政策金融機関として 各種支援を行うこととしている 沖縄 21 世紀ビジョン基本計画 に掲げられている沖縄リーディング産業支援事業にも引き続き戦略的に取り組むこととしている ( 参考 ) 沖縄リーディング産業 観光リゾート産業 情報通信関連産業 臨空 臨港型産業 沖縄の優位性を生かした次世代産業 人流 物流を支える産業

10 1. 地域活性化支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) ( 皆増 ) (92.6) 株式会社 貸付規模 商工組合中央金庫 産業投資 産業投資 財投機関債 2,402 2, 日本再興戦略 改訂 2014 等を踏まえ 地 域経済の活性化を目的に 地域の中核を担う中堅 中小企業等 ( 地域中核企業 ) の新事業展開や経営改 善に必要となる長期資金を供給する制度を創設する こととしている また 特定分野に優れ世界で存在感を示す中堅 中小企業等 ( グローバルニッチトップ企業 ) に対し 海外市場に乗り出す際に必要となる長期資金を供給 することとしている

11 1. 地域活性化支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) (0.0) (0.0) 独立行政法人 2 2 事業規模 奄美群島振興開発基金 産業投資 産業投資 2 2 奄美群島において奄美群島振興開発計画に基づく事 業を行う中小規模の事業者等に対し 信用保証業務及び 融資業務を的確に行うこととしている 27 年度における財政投融資については 信用保証業 務に係る債務保証基金への繰入れに必要な資金を確保 することとしている

12 1. 地域活性化支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) 独立行政法人都市再生機構 (13.3) ( 15.1) 5,561 4,720 5,561 4,714 産業投資産業投資 - 6 事業規模 2,602 2,801 うち都市再生事業 1,329 1,403 賃貸住宅事業 震災復興事業 財投機関債 都市再生事業において 大規模な基盤整備や密集市街地の解消を図る事業等を実施するほか 独立行政法人改革等に関する基本的な方針 ( 平成 25 年 12 月 24 日閣議決定 ) において 開発型 SPC( 特別目的会社 ) の活用など民間との連携手法を多様化することにより 民間支援を強化する とされたことを踏まえ 機構が民間事業者とともに開発型 SPCの組成 出資を行うこととしている 賃貸住宅事業については 賃貸住宅のストック再編に必要となる建設戸数に的確に対応することとしている また 震災復興事業については 東日本大震災による被災者向けの災害公営住宅 ( 買取方式 ) の供給を促進するため 地方公共団体の要請に基づき 災害公営住宅の整備を実施することとしている

13 1. 地域活性化支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) 株式会社民間資金等活用事業推進機構 (33.8) ( 36.2) 3,212 2,050 産業投資産業投資 政府保証政府保証 2,912 2,000 事業規模 3,956 3,050 経済財政運営と改革の基本方針 2014 等を踏まえ 利用料金収入により資金の回収を行うPFI 事業等に対し金融支援等を実施することにより 国の資金を呼び水としてインフラ事業への民間投資を喚起し 財政負担の縮減や民間の事業機会の創出を図り 日本の成長力強化に寄与することとしている

14 1. 地域活性化支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) (6.3) (0.4) 独立行政法人 事業規模 鉄道建設 運輸 うち 施設整備支援機構 ( 建設勘定 ) 産業投資 民鉄線 ( 海事勘定 ) 旅客船建造費 貨物船建造費 ( 地域公共交通等勘定 ( 仮称 )) 出資 10 財投機関債 1,630 1,480 民鉄線事業については 新規の採択は行わないもの の 大都市及びその他周辺の鉄道網の整備を促進するた め 既採択路線 ( 小田急小田原線 ) について引き続き着 実に整備を進めることとしている 船舶共有建造事業については ジェットフォイル等に より離島住民等の足を確保するとともに離島経済等を 活性化するため 規模 制度を拡充することとしている 地域公共交通等勘定 ( 仮称 ) の出資事業については 経済財政運営と改革の基本方針 2014 において 民間の資金やノウハウを活かし 都市機能の集約を含 めた都市再生や地域公共交通網の再構築を推進 とされ たことを踏まえ 地域公共交通の活性化 再生のため 地域の民間交通事業者等の主導による地域公共交通ネ ットワークの再構築を支援するスキームを創設するこ ととしている

15 1. 地域活性化支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) (3.3) (0.0) 一般財団法人 事業規模 民間都市開発推進機構 政府保証 政府保証 うち 社債取得業務 貸付業務 優良な都市開発プロジェクトの事業化を促進するた め メザニン支援業務を実施し 特に民間では調達が困 難なミドルリスク資金の供給の円滑化を図ることとし ている

16 1. 地域活性化支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) (-) ( 皆増 ) 預金保険機構 - 70 事業規模 - - 産業投資 産業投資 - 70 ( 注 ) 国の出資金は 預金保険機構を経由して株式会 社地域経済活性化支援機構に出資されるため 預 金保険機構の事業規模としては計上しない なお 株式会社地域経済活性化支援機構の事業 規模としては 170 億円を予定している 27 年度については 日本再興戦略 改訂 等において 株式会社地域経済活性化支援機構に 追加されたファンド機能を 地域観光 まちづくり活 性化ファンド 地域ヘルスケア産業支援ファンド 早期経営改善等支援ファンド 及び 東日本大震災 復興 成長支援ファンド の 4 類型のファンドに活用 するよう指摘されていることを踏まえ 同機構が民間 と共同で組成する 4 類型のファンドに 資金の出し手 として出資するため 必要な資金を供給することとし ている なお 26 年度補正予算においては この 4 類型の ファンドにリスクマネーを供給するため 30 億円の 財投追加 ( 産業投資 ) を行った

17 1. 地域活性化支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) ( 57.1) ( 66.7) 株式会社 事業規模 農林漁業成長 産業投資 産業投資 産業化支援機構 年度計画においては 日本再興戦略 改訂 において 6 次産業化を推進するため 農 林漁業成長産業化ファンド (A-FIVE) を積極的に活用 する とされたことを踏まえ 引き続きサブファンド による案件組成や 機構の直接出資による大型案件の 組成に取り組むこととしている

18 2. 海外投融資等支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) 株式会社国際協力銀行 ( 34.0) ( 9.7) 8,310 7,500 3,000 2,500 産業投資産業投資 政府保証政府保証 5,000 5,000 事業規模 22,500 18,200 うち輸出 2,000 2,000 輸入 投資 19,000 14,500 事業開発等 出資 1,000 1,000 財投機関債 資源 エネルギーの確保 日本企業の国際競争力維持 向上 地球環境保全事業の促進等のため 出融資や保証等の様々な金融手法を通じた支援を行うこととしている

19 2. 海外投融資等支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) 独立行政法人 国際協力機構 ( 有償資金協力業務 ) (25.4) ( 9.4) 4,820 4,366 4,220 3,766 政府保証政府保証 事業規模 9,885 9,885 うち直接借款 9,646 9,605 海外投融資 財投機関債 開発途上地域の経済及び社会の開発若しくは復興又は経済の安定に寄与することを通じて 国際協力の促進並びに我が国及び国際経済社会の健全な発展に資するため 開発途上地域の政府等に対して有償の資金供与を行うこととしている

20 2. 海外投融資等支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) ( 27.1) ( 13.6) 独立行政法人 事業規模 1,322 1,270 石油天然ガス うち 金属鉱物資源機構 34 9 ( 石油天然ガス等勘定 ) 産業投資 産業投資 共同石油備蓄施設整備融資 ( 投融資等 金属鉱産物備蓄勘定 ) 天然ガス業務 石炭業務 地熱業務 金属鉱物業務 海外開発債務保証基金 26 - ( 金属鉱業一般勘定 ) 鉱害防止融資 7 4 鉱害負担金融資 1 1 天然資源探鉱 開発等支援事業については 経済 財政運営と改革の基本方針 2014 において 資 源 エネルギーを安価かつ安定的に確保する とされ ており 出融資 債務保証を通じ 天然ガス 石炭 地熱 金属鉱物の探鉱 開発等を支援することとして いる 共同石油備蓄施設整備融資事業及び鉱害防止融資 事業については 共同備蓄会社及び鉱害防止事業者に 対して必要な資金を供給することとしている

21 2. 海外投融資等支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) 株式会社 海外交通 都市開発 事業支援機構 ( 皆増 ) ( 35.0) 1, 産業投資産業投資 政府保証政府保証 事業規模 1, 日本再興戦略 改訂 2014 において インフラ輸出については インフラシステム輸出戦略 改訂版の新たな施策を迅速かつ着実に実施し 受注目標の達成を図っていく とされたことを踏まえ 交通事業 都市開発事業の海外市場への我が国事業者の参入促進を図るため 必要な資金を供給することとしている

22 2. 海外投融資等支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) (-) ( 皆増 ) 株式会社 事業規模 海外通信 放送基盤整備等 産業投資 産業投資 事業支援機構 ( 仮称 ) 海外における通信 放送インフラ事業に対し 我が国 事業者の参入促進を図るため 出資や事業参画等の支援 を行う機構を創設することとしている

23 2. 海外投融資等支援 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) 株式会社 海外需要開拓支援機構 ( 40.0) 産業投資 ( 66.7) 事業規模 産業投資 年度計画においては 日本再興戦略 改訂 2014 に掲げられているクールジャパン機構によ るリスクマネーの供給を図るため クールジャパン ( 衣食住やアニメ ドラマ 音楽など ) 関連企業の海 外展開の支援に必要な資金を供給することとしてい る

24 3. 教育 福祉 医療 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) 独立行政法人 日本学生支援機構 ( 0.1) ( 9.3) 8,596 7,797 8,596 7,797 貸付規模 8,677 7,966 ( 貸与人員 95.7 万人 87.7 万人 ) 財投機関債 1,800 1,200 有利子奨学金事業について 進学意欲のある学生等が経済的理由により進学等を断念することがないよう 貸与基準を満たす奨学金希望者全員に貸与するために必要な貸付規模を確保することとしている また グローバル人材の育成強化を図るため 海外留学奨学金は長期留学に重点化することとしている

25 3. 教育 福祉 医療 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) 独立行政法人 福祉医療機構 ( 5.2) (15.6) 3,986 4,608 3,986 4,608 貸付規模 4,416 4,186 うち一般勘定 4,416 4,186 ( 福祉貸付 2,880 2,865) ( 医療貸付 1,536 1,321) 財投機関債 福祉医療サービスの基盤強化を図るため 子育て 医療 福祉施設の整備促進などに係る資金需要に的確に対応することとしている また 日本再興戦略改訂 2014 に掲げられている待機児童解消や 小 1の壁 への対応に向けた施設整備を推進するため 融資対象を拡充することとしている

26 3. 教育 福祉 医療 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) (2.7) (1.6) 独立行政法人 貸付規模 国立大学財務 うち 経営センター 施設整備費 設備整備費 財投機関債 医療機能の強化を図るため 国立大学附属病院の施設 及び医療機械の整備に係る資金需要に的確に対応し 高 度先端医療を推進することとしている

27 3. 教育 福祉 医療 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) ( 4.7) (0.0) 日本私立学校振興 貸付規模 共済事業団 うち 一般施設費 教育環境整備費 災害復旧 公害対策費 3 3 特別施設費 私立学校の教育の充実及び向上を図るため 学校法人 等の整備計画を勘案しつつ 資金需要に的確に対応する こととしている また 日本再興戦略改訂 2014 に掲げられて いる待機児童解消への対応に向けた施設整備を推進す るため 融資対象を拡充することとしている なお 26 年度補正予算においては 私立学校の耐震 化等を加速するため 84 億円の財投追加 ( ) を行った

28 3. 教育 福祉 医療 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) (15.5) (2.7) 独立行政法人 事業規模 国立病院機構 うち 老朽建替整備 その他の建物整備 医療機械等整備 財投機関債 50 - 医療機能の強化を図るため 九州がんセンター等の病 院施設及び医療機械の整備に必要な資金を確保し 国の 医療政策及び地域医療を推進することとしている

29 3. 教育 福祉 医療 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) ( 皆増 ) ( 85.0) 独立行政法人 事業規模 地域医療機能推進機構 うち 建物整備 医療機械整備 財投機関債 50 - 医療機能の強化を図るため 老朽化した病院の建替整 備等に必要な資金を確保し 地域における医療機能の確 保を図ることとしている

30 3. 教育 福祉 医療 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) (-) ( 皆増 ) 国立研究開発法人 - 33 事業規模 - 47 国立循環器病研究 うち センター - 33 建物整備 - 47 ( 独立行政法人 国立循環器病研究センター ) 医療機能の強化を図るため 病院施設の建替整備に必 要な資金を確保し 脳卒中 心臓病等の循環器の疾患に 対する高度専門医療を推進することとしている なお 独立行政法人通則法の一部を改正する法律の 施行に伴う関係法律の整備に関する法律 ( 平 26 法 6 7) に基づき 平成 27 年 4 月 1 日から 独立行政法人 国立循環器病研究センター から 国立研究開発法人国 立循環器病研究センター へ名称変更される

31 3. 教育 福祉 医療 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) (-) ( 皆増 ) 国立研究開発法人 - 20 事業規模 - 22 国立長寿医療研究 うち センター - 20 建物整備 - 22 ( 独立行政法人 国立長寿医療研究センター ) 医療機能の強化を図るため 病院施設の建替整備に必 要な資金を確保し 加齢に伴う疾患に対する高度専門医 療を推進することとしている なお 独立行政法人通則法の一部を改正する法律の 施行に伴う関係法律の整備に関する法律 ( 平 26 法 6 7) に基づき 平成 27 年 4 月 1 日から 独立行政法人 国立長寿医療研究センター から 国立研究開発法人国 立長寿医療研究センター へ名称変更される

32 3. 教育 福祉 医療 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) (5.6) ( 21.1) 国立研究開発法人 19 国立がん研究センター 19 ( 独立行政法人国立がん研究センター ) 事業規模 うち 建物整備 5 25 医療機械整備 14 - 医療機能の強化を図るため 東病院の病院施設の整 備に必要な資金を確保し がんその他の悪性新生物に よる疾患に対する高度専門医療を推進することとして いる なお 独立行政法人通則法の一部を改正する法律の 施行に伴う関係法律の整備に関する法律 ( 平 26 法 6 7) に基づき 平成 27 年 4 月 1 日から 独立行政法 人国立がん研究センター から 国立研究開発法人国 立がん研究センター へ名称変更される

33 3. 教育 福祉 医療 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) (-) ( 皆増 ) 国立研究開発法人 - 15 事業規模 - 15 国立成育医療研究 うち センター - 15 建物整備 - 15 ( 独立行政法人 国立成育医療研究センター ) 空調設備等の更新 整備に必要な資金を確保し 小児 周産期 産科等の疾患に対する高度専門医療を推進する こととしている なお 独立行政法人通則法の一部を改正する法律の 施行に伴う関係法律の整備に関する法律 ( 平 26 法 6 7) に基づき 平成 27 年 4 月 1 日から 独立行政法人 国立成育医療研究センター から 国立研究開発法人国 立成育医療研究センター へ名称変更される

34 4. 地方 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) 地方公共団体 ( 6.2) ( 5.3) 34,530 32,690 34,530 32,690 事業規模 ( 地方債計画総額 ) 129, ,064 国が責任を持って対応すべき分野や国の政策と密接な関係のある分野に対して 地方公共団体の円滑な資金調達に配慮し 必要な財投規模を確保している

35 4. 地方 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) 地方公共団体金融機構 ( 46.2) (14.3) 6,300 7,200 政府保証政府保証 6,300 7,200 支出額 32,080 31,326 旧公営企業金融公庫から承継した債権の管理及び回 収等の業務を行うとされており 財政投融資は 当該業 務を円滑に実施するために必要となる既発の政府保証 債の借換えに限定することとしている

36 5. その他の機関 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) 独立行政法人 日本高速道路保有 債務返済機構 ( 18.7) ( 35.5) 19,400 12,510 事業規模 - - 政府保証政府保証財投機関債 5,200 3,300 19,400 12, 年度計画においては 高速道路の新設 改築等に係る債務の確実な返済等に必要な資金を確保することとしている

37 5. その他の機関 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) 独立行政法人住宅金融支援機構 ( 13.6) ( 7.9) 2,280 2,100 2,280 2,100 事業規模 25,123 33,884 うち証券化支援事業 21,162 30,103 住宅資金融通事業 3,961 3,781 財投機関債 20,720 28,944 うち資産担保証券 18,770 23,711 一般担保債券 1,950 5,233 証券化支援業務は 民間金融機関による長期 固定住宅ローンの支援 補完を行うこととしている 財政投融資は 住宅資金融通事業における災害復興向け融資に対応しており 特に 東日本大震災により被害を受けた住宅の円滑な再建等に必要となる資金需要に的確に対応することとしている

38 5. その他の機関 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) (279.3) (2.4) 中部国際空港 事業規模 株式会社 政府保証 政府保証 財投機関債 空港建設事業に係る債務の借換に必要な資金を確保 することとしている

39 5. その他の機関 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) ( 31.8) ( 33.3) 新関西国際空港 事業規模 1, 株式会社 政府保証 政府保証 財投機関債 空港建設事業に係る債務の借換に必要な資金を確保 することとしている

40 5. その他の機関 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) (16.2) (15.2) 独立行政法人 事業規模 水資源機構 財投機関債 水資源開発基本計画に基づく水資源の開発又は利用 のための施設の改築等を実施することとしている なお 26 年度補正予算においては 老朽化 防災対 策の事業として用水路の整備を推進するため 3 億円の 財投追加 ( ) を行った

41 5. その他の機関 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) ( 30.3) ( 51.6) エネルギー対策特別会計 事業規模 うち 国家石油備蓄基地に係る資本的支出 国家石油ガス備蓄基地に係る資本的支出 国家備蓄事業では国家石油 石油ガス備蓄基地の設置 及び管理を実施することとしている 27 年度計画においては 国家石油 石油ガス備蓄基 地に係る資本的支出を行うこととしている

42 5. その他の機関 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) ( 1.5) ( 1.6) 国立研究開発法人 64 森林総合研究所 64 ( 独立行政法人森林総合研究所 ) 63 事業規模 水源をかん養するために必要な森林の造成に係る事 業を実施することとしている なお 独立行政法人通則法の一部を改正する法律の 施行に伴う関係法律の整備に関する法律 ( 平 26 法 6 7) に基づき 平成 27 年 4 月 1 日から 独立行政法人 森林総合研究所 から 国立研究開発法人森林総合研究 所 へ名称変更される

43 5. その他の機関 ( 単位 : 億円 計画額上段の ( ) 書きは対前年度伸率 (%)) ( 29.3) 食料安定供給特別会計 ( 国営土地改良事業勘定 ) (10.3) 事業規模 食料の安定供給の確保等に資するため 国営かんがい 排水事業等を実施することとしている

資料 1-1 資料 1-1 平成 29 年度財政融資資金運用報告について 平成 30 年度財政融資資金運用報告について 平成令和元年 30 年 7 月 26 日財務省理財局財務省理財局

資料 1-1 資料 1-1 平成 29 年度財政融資資金運用報告について 平成 30 年度財政融資資金運用報告について 平成令和元年 30 年 7 月 26 日財務省理財局財務省理財局 資料 1-1 資料 1-1 平成 29 年度財政融資資金運用報告について 平成 30 年度財政融資資金運用報告について 平成令和元年 30 年 7 月 26 日財務省理財局財務省理財局 1. 平成 30 年度における財政投融資計画の運用状況 ( 報告書 12~16 ページ ) 当初計画額 14 兆 4,631 億円に 改定額 6,458 億円及び平成 29 年度からの繰越額 1 兆 9,602 億円を加えた改定後現額

More information

日本政策金融公庫 日本政策金融公庫 国民生活事業のご案内 国民生活事業のご案内

日本政策金融公庫 日本政策金融公庫 国民生活事業のご案内 国民生活事業のご案内 日本政策金融公庫 日本政策金融公庫 国民生活事業のご案内 国民生活事業のご案内 218 218 Contents 2 ごあいさつ 3 日本政策金融公庫の概要 4 国民生活事業の概要 5 融資の特徴 5 小規模事業者へのサポート 7 東日本大震災 平成 28 年熊本地震への対応 8 セーフティネット機能の発揮 9 成長戦略分野への取組み 13 商工会議所 商工会 地域金融機関 生活衛生同業組合などとの連携

More information

貿易特化指数を用いた 日本の製造業の 国際競争力の推移

貿易特化指数を用いた 日本の製造業の 国際競争力の推移 中小企業経営力強化支援法について 平成 24 年 8 月中小企業庁 中小企業の海外における商品の需要の開拓の促進等のための中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律等の一部を改正する法律 ( 中小企業経営力強化支援法 ) の概要 改正対象は 中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律 中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律 中小企業者と農林漁業者との連携による事業活動の促進に関する法律背景

More information

企画書タイトル - 企画書サブタイトル -

企画書タイトル - 企画書サブタイトル - 中期経営計画 ( 平成 27~29 年度 ) 一部改定 基本目標 JBIC ならではの金融仲介機能の発揮により 我が国企業の国際事業展開及び資源獲得への支援を深化し 我が国の持続的な成長に繋がる新たなビジネス機会の探索と創造に貢献します 平成 29 年 1 月 一部改定のコンセプト 株式会社国際協力銀行 (JBIC) は 平成 27 年 6 月に策定した 平成 27~29 年度中期経営計画 ( 中期経営計画

More information

平成 30 年 8 月 31 日 平成 31 年度の財政投融資計画要求書 ( 機関名 : 株式会社日本政策金融公庫 ( 特定事業等促進円滑化業務 )) 1. 平成 31 年度の財政投融資計画要求額 ( 単位 : 億円 %) 平成 31 年度平成 30 年度対前年度比区分要求額当初計画額金額伸率 (1

平成 30 年 8 月 31 日 平成 31 年度の財政投融資計画要求書 ( 機関名 : 株式会社日本政策金融公庫 ( 特定事業等促進円滑化業務 )) 1. 平成 31 年度の財政投融資計画要求額 ( 単位 : 億円 %) 平成 31 年度平成 30 年度対前年度比区分要求額当初計画額金額伸率 (1 平成 30 年 8 月 31 日 平成 31 年度の財政投融資計画要求書 ( 機関名 : 株式会社日本政策金融公庫 ( 特定事業等促進円滑化業務 )) 1. 平成 31 年度の財政投融資計画要求額 ( 単位 : 億円 %) 平成 31 年度平成 30 年度対前年度比区分要求額当初計画額金額伸率 (1) 財政融資 1,400 700 700 100.0 (2) 産業投資 - - - - うち出資 -

More information

規制 制度改革に関する閣議決定事項に係るフォローアップ調査の結果 ( 抜粋 ) 規制 制度改革に係る追加方針 ( 抜粋 ) 平成 23 年 7 月 22 日閣議決定 番号 規制 制度改革に係る追加方針 ( 平成 23 年 7 月 22 日閣議決定 ) における決定内容 規制 制度改革事項 規制 制度

規制 制度改革に関する閣議決定事項に係るフォローアップ調査の結果 ( 抜粋 ) 規制 制度改革に係る追加方針 ( 抜粋 ) 平成 23 年 7 月 22 日閣議決定 番号 規制 制度改革に係る追加方針 ( 平成 23 年 7 月 22 日閣議決定 ) における決定内容 規制 制度改革事項 規制 制度 5 農林水産業信用保証保険制度と 中小企業信用保険制度の連携強化による 資金供給の円滑化 平成 2 4 年 1 1 月 規制 制度改革に関する閣議決定事項に係るフォローアップ調査の結果 ( 抜粋 ) 規制 制度改革に係る追加方針 ( 抜粋 ) 平成 23 年 7 月 22 日閣議決定 番号 規制 制度改革に係る追加方針 ( 平成 23 年 7 月 22 日閣議決定 ) における決定内容 規制 制度改革事項

More information

untitled

untitled 資料 2 参考資料 1 主務府省名 独立行政法人名 独立行政法人の資産及び負債の状況 ( 平成 17 年度末 )( 未定稿 ) 土地 1 建物 2 小計 3(1+2) 資産 貸付金 4 その他 5 合計 3+4+5 長期借入金 6 債券 7 負債 小計 8(6+7) その他 9 ( 単位 : 億円 ) 内閣府 国立公文書館 9 47 56 13 69 10 10 国民生活センター 63 13 76

More information

財政投融資 財政投融資とは 租税ではなく 有償資金 すなわち金利を付して返済しなければならない資金を用いて 民間では困難な大規模 超長期プロジェクトを実施したり 民間金融では困難な長期資金を供給したりすることにより 財政政策のなかで有償資金の活用が適切な政策分野に効率的 効果的に対応する仕組みです

財政投融資 財政投融資とは 租税ではなく 有償資金 すなわち金利を付して返済しなければならない資金を用いて 民間では困難な大規模 超長期プロジェクトを実施したり 民間金融では困難な長期資金を供給したりすることにより 財政政策のなかで有償資金の活用が適切な政策分野に効率的 効果的に対応する仕組みです 財政投融資 財政投融資とは 租税ではなく 有償資金 すなわち金利を付して返済しなければならない資金を用いて 民間では困難な大規模 超長期プロジェクトを実施したり 民間金融では困難な長期資金を供給したりすることにより 財政政策のなかで有償資金の活用が適切な政策分野に効率的 効果的に対応する仕組みです その意味で 財政投融資は財政政策を金融的手法を用いて実施する手段であるということができます ( 財政投融資レポート

More information

住宅ローンの貸出実績

住宅ローンの貸出実績 19 23 18 18 10 10 72 28 200716 19 198 1: 220079 : 1616 19 19 16 独立行政法人住宅金融支援機構に係る整理合理化案の概要 資料 5-2 所在地 東京都文京区 役職員数役員 11 名 職員 1,021 名 ( 平成 19 年 4 月 1 日現在 ) 業務内容 (1) 証券化支援事業 証券化の仕組みにより 民間金融機関による長期 固定金利の住宅ローンの供給を支援

More information

C o n t e n t s 1 日本政策金融公庫の概要 2 総裁メッセージ 4 プロフィール 5 主な業務 6 経営理念 7 業務運営計画 (2012 年度 2014 年度 ) 9 日本政策金融公庫の取組み 10 震災への対応 11 政策金融の実施 13 総合力を発揮したお客さまサービス向上の取

C o n t e n t s 1 日本政策金融公庫の概要 2 総裁メッセージ 4 プロフィール 5 主な業務 6 経営理念 7 業務運営計画 (2012 年度 2014 年度 ) 9 日本政策金融公庫の取組み 10 震災への対応 11 政策金融の実施 13 総合力を発揮したお客さまサービス向上の取 2012 ディスクロージャー誌 C o n t e n t s 1 日本政策金融公庫の概要 2 総裁メッセージ 4 プロフィール 5 主な業務 6 経営理念 7 業務運営計画 (2012 年度 2014 年度 ) 9 日本政策金融公庫の取組み 10 震災への対応 11 政策金融の実施 13 総合力を発揮したお客さまサービス向上の取組み 15 平成 23 年度の業務概況及び決算概要 17 資金調達 19

More information

平成22年2月●日

平成22年2月●日 中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律第 7 条第 1 項に規定する説明書類 平成 22 年 11 月 15 日山口県信用農業協同組合連合会 当会は 地域金融機関として 健全な事業を営む農業者をはじめとする地域のお客様に対して必要な資金を円滑に供給していくこと を 最も重要な役割のひとつであることと認識し その実現に向けて取組んでおります 今般 中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置法

More information

また 関係省庁等においては 今般の措置も踏まえ 本スキームを前提とした以下のような制度を構築する予定である - 政府系金融機関による 災害対応型劣後ローン の供給 ( 三次補正 ) 政府系金融機関が 旧債務の負担等により新規融資を受けることが困難な被災中小企業に対して 資本性借入金 の条件に合致した

また 関係省庁等においては 今般の措置も踏まえ 本スキームを前提とした以下のような制度を構築する予定である - 政府系金融機関による 災害対応型劣後ローン の供給 ( 三次補正 ) 政府系金融機関が 旧債務の負担等により新規融資を受けることが困難な被災中小企業に対して 資本性借入金 の条件に合致した 資本性借入金 の積極活用について( 平成 23 年 11 月 23 日金融庁 ) 2012 年 4 月掲載 金融庁においては 平成 23 年 11 月 22 日 資本性借入金 の積極的な活用を促進することにより 東日本大震災の影響や今般の急激な円高の進行等から資本不足に直面している企業のバランスシートの改善を図り 経営改善につながるよう 今般 金融検査マニュアルの運用の明確化を行うこととしました 詳細は以下のとおりです

More information

施策 1: リニア中央新幹線や整備新幹線等の整備加速 鉄道建設 運輸施設整備支援機構 2 兆 3,279 億円 ( 財政融資 ) 現下の低金利状況を活かし 財投債を原資とする財政投融資の手法を積極的に活用 工夫することにより リニア中央新幹線の全線開業を最大 8 年間前倒し 整備新幹線の整備を加速化

施策 1: リニア中央新幹線や整備新幹線等の整備加速 鉄道建設 運輸施設整備支援機構 2 兆 3,279 億円 ( 財政融資 ) 現下の低金利状況を活かし 財投債を原資とする財政投融資の手法を積極的に活用 工夫することにより リニア中央新幹線の全線開業を最大 8 年間前倒し 整備新幹線の整備を加速化 平成 28 年度第 2 次補正予算における財政投融資計画の追加について 平成 28 年 8 月 24 日財務省 未来への投資を実現する経済対策 ( 平成 28 年 8 月 2 日閣議決定 ) を踏まえ 現下の低金利状況を活かし インフラ整備に対する超長期の資金供給等を行い 未来への投資を加速させる 投融資追加額 3 兆 6,022 億円 ( うち財政融資 3 兆 1,039 億円 産業投資 2,694

More information

資料1:地球温暖化対策基本法案(環境大臣案の概要)

資料1:地球温暖化対策基本法案(環境大臣案の概要) 地球温暖化対策基本法案 ( 環境大臣案の概要 ) 平成 22 年 2 月 環境省において検討途上の案の概要であり 各方面の意見を受け 今後 変更があり得る 1 目的この法律は 気候系に対して危険な人為的干渉を及ぼすこととならない水準において大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させ地球温暖化を防止すること及び地球温暖化に適応することが人類共通の課題であり すべての主要国が参加する公平なかつ実効性が確保された地球温暖化の防止のための国際的な枠組みの下に地球温暖化の防止に取り組むことが重要であることにかんがみ

More information

2 政策体系における政策目的の位置付け 3 達成目標及び測定指標 4-5 福島 震災復興 租税特別措置等により達成しようとする目標 政策の達成目標と同じ 租税特別措置等による達成目標に係る測定指標 仮設施設の整備数 8 有効性等 政策目的に対する租税特別措置等の達成目標実現による寄与 東日本大震災で

2 政策体系における政策目的の位置付け 3 達成目標及び測定指標 4-5 福島 震災復興 租税特別措置等により達成しようとする目標 政策の達成目標と同じ 租税特別措置等による達成目標に係る測定指標 仮設施設の整備数 8 有効性等 政策目的に対する租税特別措置等の達成目標実現による寄与 東日本大震災で 租税特別措置等に係る政策の事前評価書 1 政策評価の対象とした租税特別措置等の名称 独立行政法人中小企業基盤整備機構の仮設施設整備事業に係る特例措置の延長 ( 国税 18)( 印紙税 : 外 登録免許税 : 外 ) ( 地方税 17)( 不動産取得税 : 外 固定資産税 : 外 都市計画税 : 外 ) 2 要望の内容 独立行政法人中小企業基盤整備機構 ( 以下 中小機構 という ) が中小機構法第

More information

untitled

untitled 2nd Stage 10/413/3 3 地域密着型金融の推進 2 具体的取り組み A 顧客企業に対するコンサルティング機能の発揮 創業 新事業開拓を目指すお客さまへの支援 技術やサービスにおいて新規性 成長性のある企業に対し かながわ成長企業支援投資事業組合 通 称 成長支援ファンド 当行グループ企業である横浜キャピタルと共同で設立 を活用したエクイティに よる安定資金を供給するほか 当行グループの機能を活用し企業の経営をバックアップすることにより

More information

資料 5 総務省提出資料 平成 30 年 12 月 21 日 総務省情報流通行政局

資料 5 総務省提出資料 平成 30 年 12 月 21 日 総務省情報流通行政局 資料 5 総務省提出資料 平成 30 年 12 月 21 日 総務省情報流通行政局 日本の放送コンテンツ海外輸出額の推移 1 日本の放送コンテンツ海外輸出額は 2010 年度以降 毎年増加を続け 2016 年度末で 393.5 億円 ( 対前年度比 36.4% 増 ) 放送コンテンツの海外展開については 従来の目標として 2018 年度までに放送コンテンツ関連海外市場売上高を現在 (2010 年度

More information

中小企業等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置

中小企業等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置 金融円滑化にかかる基本的方針 体制の概要および実施状況 平成 30 年 5 月 15 日新潟県信用農業協同組合連合会 当会は 新潟県内の農業協同組合等の出資団体とその構成員である組合員の経済的 社会的地位の向上を図ることを第一義的使命とするとともに 地域の金融機関として農業及び関連する産業の振興 地域社会の発展に寄与することを基本的使命としており 健全な事業を営む農業事業者 中小企業者等 お客さまの期待と信頼に応え

More information

み状 (3) お取引先への専門家派遣必要に応じて お取引先へ税理士や中小企業診断士などの専門家を直接派遣する 外部専門家派遣制度 を活用し 経営支援機能の強化を図っています 19 況中小企業の経営の改善及び活性化のための取組み状況 中小企業の経営の改善及び活性化のための取組 3. 中小企業の経営支援

み状 (3) お取引先への専門家派遣必要に応じて お取引先へ税理士や中小企業診断士などの専門家を直接派遣する 外部専門家派遣制度 を活用し 経営支援機能の強化を図っています 19 況中小企業の経営の改善及び活性化のための取組み状況 中小企業の経営の改善及び活性化のための取組 3. 中小企業の経営支援 小企業の経営の改善及び活性化のための取組み状況を締結し 中小企業の経営支援体制の強化に取り組んでいます 中中小企業の経営の改善及び活性化のための取組み状況 は 中小企業経営力強化支援法に基づき 関東財務局および関東経済産業局より 経営革新等支援機関 として認定されました 経営革新等支援機関 とは 中小企業の経営力の強化を図るため 国の認定により 中小企業の経営分析 事業計画策定や実施に関する指導 助言を行う機関です

More information

( 会社及び個人 ) ( 適用日 : 平成 30 年 12 月 12 日 年利 :%) 一 般 貸 付 振 興 事 業 貸 付 設備資金 設備資金 運転資金 基準利率 1.16 ~ 2.85 % 特別利率 A 0.76 ~ 1.89 % 特別利率 B 0.51 ~ 1.90 % 特別利率 C 0.3

( 会社及び個人 ) ( 適用日 : 平成 30 年 12 月 12 日 年利 :%) 一 般 貸 付 振 興 事 業 貸 付 設備資金 設備資金 運転資金 基準利率 1.16 ~ 2.85 % 特別利率 A 0.76 ~ 1.89 % 特別利率 B 0.51 ~ 1.90 % 特別利率 C 0.3 ( 会社及び個人 ) ( 適用日 : 平成 30 年 12 月 12 日 年利 :%) 一 般 貸 付 振 興 事 業 貸 付 設備資金 設備資金 運転資金 基準利率 1.16 ~ 2.85 % 特別利率 A 0.76 ~ 1.89 % 特別利率 0.51 ~ 1.90 % 特別利率 0.30 ~ 1.39 % 特別利率 0.51 ~ 2.20 % 基準利率 1.16 ~ 2.65 % 特別利率 A

More information

平成22 年 11月 15日

平成22 年 11月 15日 各位 平成 25 年 5 月 15 日 金融円滑化への対応状況について ( 平成 25 年 3 月末現在 ) 那須信用組合 ( 理事長熊谷勝美 ) は 平成 25 年 3 月 31 日現在における金融円滑化の対応状況についてとりまとめましたので 下記のとおりお知らせ致します なお 金融円滑化への対応方針 体制整備の状況 貸付条件の変更等の実施状況等 小企業金融円滑化法に基づく説明書類は 別紙のとおりです

More information

平成 25 年 12 月 12 日 各位 株式会社みちのく銀行 株式会社民間資金等活用事業推進機構 への出資および 地方公共団体向け PFI セミナー の開催について ~PFI に関する内閣府 日本政策投資銀行との共催セミナーは 県内金融機関で初の取組み ~ みちのく銀行 ( 頭取髙田邦洋 ) は

平成 25 年 12 月 12 日 各位 株式会社みちのく銀行 株式会社民間資金等活用事業推進機構 への出資および 地方公共団体向け PFI セミナー の開催について ~PFI に関する内閣府 日本政策投資銀行との共催セミナーは 県内金融機関で初の取組み ~ みちのく銀行 ( 頭取髙田邦洋 ) は 平成 25 年 12 月 12 日 各位 株式会社みちのく銀行 株式会社民間資金等活用事業推進機構 への出資および 地方公共団体向け PFI セミナー の開催について ~PFI に関する内閣府 日本政策投資銀行との共催セミナーは 県内金融機関で初の取組み ~ みちのく銀行 ( 頭取髙田邦洋 ) は 民間資金を活用した社会インフラ整備を目的に設立された 株式会社民間資金等活用事業推進機構 ( 以下 PFI

More information

平成 31 事業年度 自平成 31 年 4 月 1 日 (2019 年 4 月 1 日 ) 至平成 32 年 3 月 31 日 (2020 年 3 月 31 日 ) 第 15 期 事業計画 ( 案 ) 本州四国連絡高速道路株式会社 - 0 -

平成 31 事業年度 自平成 31 年 4 月 1 日 (2019 年 4 月 1 日 ) 至平成 32 年 3 月 31 日 (2020 年 3 月 31 日 ) 第 15 期 事業計画 ( 案 ) 本州四国連絡高速道路株式会社 - 0 - 平成 31 事業年度 自平成 31 年 4 月 1 日 (2019 年 4 月 1 日 ) 至平成 32 年 3 月 31 日 (2020 年 3 月 31 日 ) 第 15 期 事業計画 ( 案 ) 本州四国連絡高速道路株式会社 0 Ⅰ. 高速道路株式会社法第 10 条に基づく事業計画について 事業計画については 高速道路株式会社法 ( 以下 会社法 という ) 第 10 条に基づき 高速道路株式会社

More information

金融円滑化に対する当金庫の取組状況 平成 27 年 11 月 13 日 高岡信用金庫

金融円滑化に対する当金庫の取組状況 平成 27 年 11 月 13 日 高岡信用金庫 金融円滑化に対する当金庫の取組状況 11 月 13 日 高岡信用金庫 金融円滑化に対する当金庫の取組状況について 高岡信用金庫 平成 21 年 12 月に施行されました中小企業金融円滑化法は 3 月に期限が到来いたしましたが 当金庫においては 今後もこれまで同様に協同組織理念の原点である相互扶助の精神のもと 地域の中小企業および個人のお客様に必要な資金を安定的に供給し 地域経済の発展に寄与するため

More information

( 会社及び個人 ) ( 適用日 : 平成 28 年 12 月 9 日 年利 :%) 一 般 貸 付 振 興 事 業 貸 付 設備資金 設備資金 運転資金 日本政策金融公庫国民生活事業 ( 生活衛生資金貸付 ) 主要利率一覧表 下記以外の設備資金 ( 注 2) 融資の種類利率 ( 注 1) 省エネル

( 会社及び個人 ) ( 適用日 : 平成 28 年 12 月 9 日 年利 :%) 一 般 貸 付 振 興 事 業 貸 付 設備資金 設備資金 運転資金 日本政策金融公庫国民生活事業 ( 生活衛生資金貸付 ) 主要利率一覧表 下記以外の設備資金 ( 注 2) 融資の種類利率 ( 注 1) 省エネル ( 会社及び個人 ) ( 適用日 : 平成 28 年 12 月 9 日 年利 :%) 一 般 貸 付 振 興 事 業 貸 付 設備資金 設備資金 運転資金 日本政策金融公庫国民生活事業 ( 生活衛生資金貸付 ) 主要利率一覧表 下記以外の設備資金 ( 注 2) 融資の種類利率 ( 注 1) 省エネルギー設備 衛生設備等 ( 注 2) 福祉増進資金防災 環境対策資金雇用安定資金 生活衛生新企業育成資金

More information

豊橋市 PPP/PFI 手法導入優先的検討方針 効率的かつ効果的な公共施設等の整備等を進めることを目的として 多様なPPP/P FI 手法導入を優先的に検討するための指針 ( 平成 27 年 12 月 15 日民間資金等活用事業推進会議決定 ) に基づき 公共施設等の整備等に多様なPPP/PFI 手

豊橋市 PPP/PFI 手法導入優先的検討方針 効率的かつ効果的な公共施設等の整備等を進めることを目的として 多様なPPP/P FI 手法導入を優先的に検討するための指針 ( 平成 27 年 12 月 15 日民間資金等活用事業推進会議決定 ) に基づき 公共施設等の整備等に多様なPPP/PFI 手 豊橋市 PPP/PFI 手法導入優先的検討方針 効率的かつ効果的な公共施設等の整備等を進めることを目的として 多様なPPP/P FI 手法導入を優先的に検討するための指針 ( 平成 27 年 12 月 15 日民間資金等活用事業推進会議決定 ) に基づき 公共施設等の整備等に多様なPPP/PFI 手法を導入するための優先的検討方針を次のように定める 第 1 章総則 1 目的本方針は 優先的検討を行うに当たって必要な手続を定めることにより

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 復興特区における税 金融上の特例措置 資料 4-2 復興特区における税制上の特例措置 利子補給金制度 (1 頁 ) 産業集積関係の課税の特例の対象となる地域のイメージ (2 頁 ) 復興産業集積区域における新規立地促進税制 (3 頁 ) 復興産業集積区域における特別償却又は税額控除 (4 頁 ) 復興産業集積区域における法人税の特別控除 (5 頁 ) 復興産業集積区域における研究開発税制の特例等 (6

More information

160627_26年度評価結果の反映状況(理事長説明後)

160627_26年度評価結果の反映状況(理事長説明後) 独立行政法人住宅金融支援機構の平成 26 事業年度評価結果の主要な反映状況 1. 役員人事への反映について 役員人事への反映 中期目標に定められた業務について 中期計画に沿った年度計画が順調に達成され 主務大臣による平成 26 年度の評価結果が B 評定であったことを踏まえ 役員の解任等は行わなかった 2. 法人の運営 予算への反映について 評価項目平成 26 事業年度評価における主な指摘事項平成

More information

金融円滑化に関する方針 千葉銀行は 地域金融機関として 金融サービスの提供をつうじて 地域のお客さまニーズにお応えし 地域の発展に貢献する という役割 使命を果たす 姿勢を堅持してまいりました 特に 地域への円滑な資金供給をはじめとする金融仲介機能の発揮やお客さまへの経営健全化支援等による地域密着型

金融円滑化に関する方針 千葉銀行は 地域金融機関として 金融サービスの提供をつうじて 地域のお客さまニーズにお応えし 地域の発展に貢献する という役割 使命を果たす 姿勢を堅持してまいりました 特に 地域への円滑な資金供給をはじめとする金融仲介機能の発揮やお客さまへの経営健全化支援等による地域密着型 金融円滑化に関する方針 2017 年 11 月 1 日現在 金融円滑化に関する方針 千葉銀行は 地域金融機関として 金融サービスの提供をつうじて 地域のお客さまニーズにお応えし 地域の発展に貢献する という役割 使命を果たす 姿勢を堅持してまいりました 特に 地域への円滑な資金供給をはじめとする金融仲介機能の発揮やお客さまへの経営健全化支援等による地域密着型金融の推進については 従来から最も重要な経営課題として位置づけ

More information

中小企業等経営強化法の概要

中小企業等経営強化法の概要 中小企業等経営強化法の概要 平成 28 年 7 月 中小企業庁 1. 生産性向上のための措置の必要性 (1) 生産性向上の必要性 (3) 業種別の課題への対応 少子高齢化 人手不足等の状況においては 製造業はもとより 相対的により生産性の低い非製造業において 中小企業 小規模事業者等の生産性の向上が不可欠 生産性向上のための取組は 事業分野ごとに企業が抱える経営課題や解決手法が異なるため 同業者等のベストプラクティスをもとに

More information

【 金融円滑化に関する基本方針・体制について 】

【 金融円滑化に関する基本方針・体制について 】 金融円滑化にかかる体制の概要 第 1 第 6 条第 1 項第 1 号に規定する法第 4 条及び第 5 条の規定に基づく措置の実施に関する方針 ( 別紙のとおり ) 第 2 第 6 条第 1 項第 2 号に規定する法第 4 条及び第 5 条の規定に基づく措置の状況を適切に把握するための体制に関する事項 当 JAでは, 金融円滑化法第 4 条および第 5 条の規定に基づく対応措置を適切に把握し, お客様からの申込みに対して円滑な対応が出来るよう,

More information

要望理由 (1) 政策目的 既存住宅の流通の円滑化を通じ 既存住宅流通 リフォーム市場の拡大 活性化を図る また 消費者のニーズに応じた住宅を選択できる環境を整備するとともに 既存住宅の耐震化を促進し 住宅ストックの品質 性能を高め 国民の住生活の向上を目指す (2) 施策の必要性 国民がライフステ

要望理由 (1) 政策目的 既存住宅の流通の円滑化を通じ 既存住宅流通 リフォーム市場の拡大 活性化を図る また 消費者のニーズに応じた住宅を選択できる環境を整備するとともに 既存住宅の耐震化を促進し 住宅ストックの品質 性能を高め 国民の住生活の向上を目指す (2) 施策の必要性 国民がライフステ 平成 30 年度地方税制改正 ( 税負担軽減措置等 ) 要望事項 ( 新設 拡充 延長 その他 ) No 7 府省庁名国土交通省 対象税目個人住民税法人住民税事業税不動産取得税固定資産税事業所税その他 ( ) 要望項目名 要望内容 ( 概要 ) 一定の住宅用地に係る税額の減額措置の拡充 特例措置の対象 ( 支援措置を必要とする制度の概要 ) (1) 耐震基準不適合既存住宅を取得後に耐震改修工事を行う場合の敷地への適用個人が耐震基準に適合しない既存住宅を取得し

More information

Microsoft PowerPoint アンケート調査

Microsoft PowerPoint アンケート調査 不動産投資市場の活性化に関するアンケート調査 1. 調査対象 (1) 売上高十億円以上及び資本金一億円以上の不動産業を行っている会社 263 社不動産証券化を実施するアセットマネジメント会社 86 社 :349 社 (2) 都市銀行 地方銀行 第二地方銀行 信託銀行 保険会社 証券会社 ノンバンク 政府系 系統系金融機関 147 社厚生年金基金 企業年金基金 1,197 団体 :1,344 社 団体

More information

企画書タイトル - 企画書サブタイトル -

企画書タイトル - 企画書サブタイトル - 中期経営計画 ( 平成 27~29 年度 ) 基本目標 JBICならではの金融仲介機能の発揮により 我が国企業の国際事業展開及び資源獲得への支援を深化し 我が国の持続的な成長に繋がる新たなビジネス機会の探索と創造に貢献します 2015 年 6 月 平成 27~29 年度中期経営計画の基本目標 株式会社国際協力銀行 (JBIC) は 平成 24 年 4 月に発足し 案件形成段階からの関与やリスクマネーの供給を始めとする多様な金融機能の活用により

More information

借換保証制度要綱(H ~)[1]

借換保証制度要綱(H ~)[1] 借換保証制度要綱 Ⅰ 制度目的本制度は 現下におけるデフレの進行等の中小企業 小規模事業者 ( 以下 中小企業者 という ) をめぐる厳しい金融経済情勢にかんがみ 中小企業の保証付きの既往借入金の借換え及び当該借換えに伴う新たな事業資金に対する保証を促進することにより 中小企業者の月々の返済額の軽減及び資金調達の円滑化等を推進することを目的とするものです Ⅱ 緊急保証の借換え 1 総則原材料価格高騰対応等緊急保証

More information

国立大学法人富山大学 PPP/PFI 手法導入優先的検討要項

国立大学法人富山大学 PPP/PFI 手法導入優先的検討要項 国立大学法人富山大学 PPP/PFI 手法導入優先的検討要項平成 29 年 3 月 28 日制定 ( 目的 ) 第 1 条この要項は 多様な PPP/PFI 手法導入を優先的に検討するための指針 ( 平成 27 年 12 月 15 日民間資金等活用事業推進会議決定 ) を踏まえ 国立大学法人富山大学 ( 以下 本学 という ) の整備等に多様な PPP/PFI 手法を導入するための優先的検討を行うに当たって必要な手続きを定めることにより

More information

7.関係会社の概要

7.関係会社の概要 7. 関係会社の概要 株式会社整理回収機構 ( 平成 28 年 3 月 31 日現在 ) 所在地本社 100-0005 東京都千代田区丸の内 3-4-2 新日石ビル資本金 120 億円事業内容 1 破綻金融機関等との合併により承継し 若しくは破綻金融機関等から譲り受けた事業の整理等並びに破綻金融機関等から買い取った資産の管理 回収及び処分 2 破綻金融機関の業務を承継する承継銀行業務 3 金融機関から買い取った特定回収困難債権の管理

More information

併せて 先進事例を統一的なフォーマットでデータベース化する また 意欲ある地域が先進的な取組みを行った人材に 目的に応じて容易に相談できるよう 内閣官房において 各省の人材システムを再点検し 総合的なコンシェルジュ機能を強化する 各種の既存施策に加え 当面 今通常国会に提出を予定している 都市再生法

併せて 先進事例を統一的なフォーマットでデータベース化する また 意欲ある地域が先進的な取組みを行った人材に 目的に応じて容易に相談できるよう 内閣官房において 各省の人材システムを再点検し 総合的なコンシェルジュ機能を強化する 各種の既存施策に加え 当面 今通常国会に提出を予定している 都市再生法 別紙 1 成長戦略改訂に向けた地域活性化の取組みについて 平成 26 年 1 月 28 日決定平成 26 年 3 月 25 日改訂 Ⅰ 基本的考え方 成長戦略の改訂に向け これまでの施策の成果が実感できない地方において 新たな活力ある地域づくりと地域産業の成長のためのビジョンを提供し その具体化を図る このため 地域の直面している 超高齢化 人口減少社会における持続可能な都市 地域の形成 地域産業の成長

More information

国庫の状況報告書

国庫の状況報告書 平成 20 年度第 3 四半期 国庫の状況報告書 国庫の状況 平成 20 年度第 3 四半期財務省調査 目 次 頁 1 財政資金対民間収支 1 2 国庫対日銀収支 3 3 政府預金 4 別表 1 財政資金対民間収支実績表 6 別表 2 財政投融資収支実績表 8 別表 3 外国為替資金収支実績表 10 別表 4 国庫対日銀収支実績表 11 別表 5 政府預金増減及び現在高表 11 別表 6 財政資金収支析表

More information

中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律第 7 条第 1 項に規定する説明書類 奄美信用組合 奄美信用組合は 奄美地区における金融の円滑化への取り組みをこれまで以上に強化するとともに その取り組み姿勢をお客様にご理解していただき 借入の条件変更等に関する ご要望 ご相談に迅速

中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律第 7 条第 1 項に規定する説明書類 奄美信用組合 奄美信用組合は 奄美地区における金融の円滑化への取り組みをこれまで以上に強化するとともに その取り組み姿勢をお客様にご理解していただき 借入の条件変更等に関する ご要望 ご相談に迅速 中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律第 7 条第 1 項に規定する説明書類 奄美信用組合 奄美信用組合は 奄美地区における金融の円滑化への取り組みをこれまで以上に強化するとともに その取り組み姿勢をお客様にご理解していただき 借入の条件変更等に関する ご要望 ご相談に迅速かつ適切に対応しております 今般 中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律 (

More information

内閣府告示第二百三十二号民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律 ( 平成十一年法律第百十七号 ) 第五十三条第一項の規定に基づき株式会社民間資金等活用事業推進機構支援基準を次のとおり定めたので同条第 三項の規定に基づきこれを公表する 平成二十五年十月四日内閣総理大臣安倍晋三株式会

内閣府告示第二百三十二号民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律 ( 平成十一年法律第百十七号 ) 第五十三条第一項の規定に基づき株式会社民間資金等活用事業推進機構支援基準を次のとおり定めたので同条第 三項の規定に基づきこれを公表する 平成二十五年十月四日内閣総理大臣安倍晋三株式会 内閣府告示第二百三十二号民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律 ( 平成十一年法律第百十七号 ) 第五十三条第一項の規定に基づき株式会社民間資金等活用事業推進機構支援基準を次のとおり定めたので同条第 三項の規定に基づきこれを公表する 平成二十五年十月四日内閣総理大臣安倍晋三株式会社民間資金等活用事業推進機構支援基準株式会社民間資金等活用事業推進機構 ( 以下 機構 という ) が特定選定事業等支援の業務の実施並びに特定選定事業等支援の対象となる事業者及び当該特定選定事業等支援の内容を決定するに当たって従うべき基準は

More information

中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律

中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律 中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律 第 7 条第 1 項に規定する説明書類 第 1 府令 6 条第 1 項第 1 号に規定する法第 4 条及び第 5 条の規定に基づく措置の実施に 関する方針の概要 1. 取組方針目的 中小業者等金融円滑化基本方針 当組合は 地域の中小企業事業者並びに住宅資金借入者の最も身近な頼れる相談相手として お客様の悩みを一緒に考え 問題の解決に努めていくため

More information

第2章 機構及び定員の改正

第2章 機構及び定員の改正 2.2015 年度中小企業関連予算の概要 57 2.2015 年度中小企業関連予算の概要 Ⅰ. 予算額及び財政投融資額 1. 中小企業対策費 2015 年度当初 ( 注 1) 2014 年度当初 ( 注 2) 対前年比 政府全体 1,856 億円 1,853 億円 +3 億円 ( 注 1) 政府全体の中小企業対策費は 経済産業省の他 財務省及び厚生労働省が計上 ( 注 2) この他 地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策

More information

Microsoft Word - H290324優先的検討規程(裁定).docx

Microsoft Word - H290324優先的検討規程(裁定).docx 国立大学法人山形大学 PPP/PFI 手法導入の優先的検討に関する方針 ( 平成 29 年 3 月 24 日施設担当理事裁定 ) ( 目的 ) 第 1 この方針は 多様な PPP/PFI 手法導入を優先的に検討するための指針 ( 平成 27 年 12 月 15 日民間資金等活用事業推進会議決定 ) に基づき 効率的かつ効果的に施設を整備するとともに 低廉かつ良好なサービスの提供を確保するため 多様な

More information

農山性化1 農山漁村の 6 次産業化の考え方 雇用と所得を確保し 若者や子供も集落に定住できる社会を構築するため 農林漁業生産と加工 販売の一体化や 地域資源を活用した新たな産業の創出を促進するなど 農山漁村の 6 次産業化を推進 現 状 農山漁村に由来する様々な地域資源 マーケットの拡大を図りつつ

農山性化1 農山漁村の 6 次産業化の考え方 雇用と所得を確保し 若者や子供も集落に定住できる社会を構築するため 農林漁業生産と加工 販売の一体化や 地域資源を活用した新たな産業の創出を促進するなど 農山漁村の 6 次産業化を推進 現 状 農山漁村に由来する様々な地域資源 マーケットの拡大を図りつつ 資料 6-1 農山漁村の 6 次産業化の推進について 平成 23 年 2 月 農山性化1 農山漁村の 6 次産業化の考え方 雇用と所得を確保し 若者や子供も集落に定住できる社会を構築するため 農林漁業生産と加工 販売の一体化や 地域資源を活用した新たな産業の創出を促進するなど 農山漁村の 6 次産業化を推進 現 状 農山漁村に由来する様々な地域資源 マーケットの拡大を図りつつ 農山漁村の 6 次産業化

More information

< F2D E738BC794B A C8892E >

< F2D E738BC794B A C8892E > 備計画一体となって Ⅰ 都市再生 地域づくり 1 都市再生 地域再生の推進 平成 17 年度税制改正概要 ( 都市 地域整備局関連部分 ) (1) 都市再生特別措置法に規定する国土交通大臣の認定を受けた地方都市等における地域再生に資する民間都市開発事業に係る特例措置の創設 ( 所得税 法人税 登録免許税 個人住民税 不動産取得税 ) 地方都市等における都市再生 地域再生を推進するため 都市再生整備計画に記載された事業と一体的に施行される民間都市開発事業について国土交通大臣の認定制度を創設し

More information

説明会

説明会 第三次中期経営計画について 平成 27 年 6 月 15 日 目次 第 1 部 第二次中期経営計画の回顧 第二次中期経営計画の回顧 3 第 2 部 第三次中期経営計画 業務環境 5 第三次中期経営計画の基本的な考え方 6 第三次中期経営計画の概要 7 第三次中期経営計画の主な取り組み 8 1 第 1 部 第二次中期経営計画の回顧 2 第二次中期経営計画の回顧 計画を策定した平成 24 年 3 月以降

More information

中小機構の概要 設立 : 平成 16 年 7 月 1 日 たかだ 中小機構の支援機能 ひろし 役職員 : 理事長高田坦史 ( 役員 13 名 職員 784 名 ) 主要拠点 : 本部 ( 東京 ) 地域本部 (9 地域本部 + 沖縄事務所 ) 中小企業大学校 (9 校 ) ~ 創業 新事業展開から成

中小機構の概要 設立 : 平成 16 年 7 月 1 日 たかだ 中小機構の支援機能 ひろし 役職員 : 理事長高田坦史 ( 役員 13 名 職員 784 名 ) 主要拠点 : 本部 ( 東京 ) 地域本部 (9 地域本部 + 沖縄事務所 ) 中小企業大学校 (9 校 ) ~ 創業 新事業展開から成 健康 医療戦略ファンドタスクフォース資料 機密性資料 4 健康 医療分野への資金供給の取り組み 平成 26 年 10 月 30 日 独立行政法人中小企業基盤整備機構理事長高田坦史 中小機構の概要 設立 : 平成 16 年 7 月 1 日 たかだ 中小機構の支援機能 ひろし 役職員 : 理事長高田坦史 ( 役員 13 名 職員 784 名 ) 主要拠点 : 本部 ( 東京 ) 地域本部 (9 地域本部

More information

図表 1 各特別会計ごとの平成 17 年度歳入歳出決算状況 ( 単位 : 億円 ) 1. 事業特別会計 収納済歳入額 (1) 支出済歳出額 (2) 繰越額 不用額 歳計剰余金 (1-2) 翌年度歳入に繰入 歳計剰余金の処理状況 他勘定に繰入 翌年度の一般会計に繰入 44 条資金に積立て 積立金 資金

図表 1 各特別会計ごとの平成 17 年度歳入歳出決算状況 ( 単位 : 億円 ) 1. 事業特別会計 収納済歳入額 (1) 支出済歳出額 (2) 繰越額 不用額 歳計剰余金 (1-2) 翌年度歳入に繰入 歳計剰余金の処理状況 他勘定に繰入 翌年度の一般会計に繰入 44 条資金に積立て 積立金 資金 13 図表 1 各特別会計ごとの平成 17 年度歳入歳出決算状況 ( 単位 : 億円 ) 1. 事業特別会計 収納済歳入額 (1) 支出済歳出額 (2) 繰越額 不用額 歳計剰余金 (1-2) 翌年度歳入に繰入 歳計剰余金の処理状況 他勘定に繰入 翌年度の一般会計に繰入 44 条資金に積立て 積立金 資金残高 積立金 資金名 (1) 企業 国有林野事業 5,433 5,279 492 254 153

More information

【事例】平成○年度○○カテゴリーに係る全体方針の策定

【事例】平成○年度○○カテゴリーに係る全体方針の策定 資料 1 日本政策金融公庫の ガバナンスについて 平成 20 年 7 月 30 日 国民生活金融公庫農林漁業金融公庫中小企業金融公庫国際協力銀行 基本理念活動指針政策金融の的確な実施国の政策の下 民間金融機関の補完を旨としつつ 社会のニーズに対応して 種々の手法により 政策金融を機動的に実施する ガバナンスの重視高度なガバナンスを求め 透明性の高い効率的な事業運営に努めるとともに 国民に対する説明責任を果たす

More information

農地中間管理機構 ( 仮称 ) の制度の骨格 ( 案 ) 資料 農地中間管理機構の指定都道府県のコントロールの下に適切に構造改革 生産コスト引下げを推進するため 都道府県段階に設置する 1 都道府県知事は 農地中間管理事業を公平かつ適正に行うことができる法人 ( 地方公共団体の第 3セク

農地中間管理機構 ( 仮称 ) の制度の骨格 ( 案 ) 資料 農地中間管理機構の指定都道府県のコントロールの下に適切に構造改革 生産コスト引下げを推進するため 都道府県段階に設置する 1 都道府県知事は 農地中間管理事業を公平かつ適正に行うことができる法人 ( 地方公共団体の第 3セク 農地中間管理機構 ( 仮称 ) の制度の骨格 ( 案 ) 資料 3-1 1 農地中間管理機構の指定都道府県のコントロールの下に適切に構造改革 生産コスト引下げを推進するため 都道府県段階に設置する 1 都道府県知事は 農地中間管理事業を公平かつ適正に行うことができる法人 ( 地方公共団体の第 3セクター ) を 都道府県に一を限って指定する 2 従前の農地保有合理化法人制度は 廃止する 2 事業農地中間管理機構の事業は

More information

1 制度の概要 (1) 金融機関の破綻処理に係る施策の実施体制金融庁は 預金保険法 ( 昭和 46 年法律第 34 号 以下 法 という ) 等の規定に基づき 金融機関の破綻処理等のための施策を 預金保険機構及び株式会社整理回収機構 ( 以下 整理回収機構 という ) を通じて実施してきている (2

1 制度の概要 (1) 金融機関の破綻処理に係る施策の実施体制金融庁は 預金保険法 ( 昭和 46 年法律第 34 号 以下 法 という ) 等の規定に基づき 金融機関の破綻処理等のための施策を 預金保険機構及び株式会社整理回収機構 ( 以下 整理回収機構 という ) を通じて実施してきている (2 株式会社整理回収機構が保有する平成 11 12 両年度の整理回収業務から生じた利益に係る資金について その有効活用を図るため 預金保険機構を通じて国に納付させるなど 国の財政に寄与する方策を検討するよう内閣府特命担当大臣に対して意見を表示したものについての報告書 ( 要旨 ) 平成 2 2 年 9 月 会計検査院 1 制度の概要 (1) 金融機関の破綻処理に係る施策の実施体制金融庁は 預金保険法 (

More information

各 位 平成 27 年 5 月 11 日 会社名株式会社みちのく銀行代表者名取締役頭取髙田邦洋 ( コード番号 8350 東証第一部 ) 問合せ先経営企画部長須藤慎治 ( ) 第四次中期経営計画の策定について 株式会社みちのく銀行 ( 頭取髙田邦洋 ) は 平成 27 年 4

各 位 平成 27 年 5 月 11 日 会社名株式会社みちのく銀行代表者名取締役頭取髙田邦洋 ( コード番号 8350 東証第一部 ) 問合せ先経営企画部長須藤慎治 ( ) 第四次中期経営計画の策定について 株式会社みちのく銀行 ( 頭取髙田邦洋 ) は 平成 27 年 4 各 位 平成 27 年 5 月 11 日 会社名株式会社みちのく銀行代表者名取締役頭取髙田邦洋 ( コード番号 8350 東証第一部 ) 問合せ先経営企画部長須藤慎治 ( 017-774-1116) 第四次中期経営計画の策定について 株式会社みちのく銀行 ( 頭取髙田邦洋 ) は 平成 27 年 4 月 ~ 平成 30 年 3 月の 3 ヵ年を計画期間とする 第四次中期経営計画 をスタートいたしましたので

More information

福島復興再生特別措置法の一部を改正する法律 について <1. 特定復興再生拠点区域の復興及び再生を推進するための計画制度の創設 > 従来 帰還困難区域は 将来にわたって居住を制限することを原則とした区域 として設定 平成 29 年 5 月復興庁 地元からの要望や与党からの提言を踏まえ 1 帰還困難区

福島復興再生特別措置法の一部を改正する法律 について <1. 特定復興再生拠点区域の復興及び再生を推進するための計画制度の創設 > 従来 帰還困難区域は 将来にわたって居住を制限することを原則とした区域 として設定 平成 29 年 5 月復興庁 地元からの要望や与党からの提言を踏まえ 1 帰還困難区 福島復興再生特別措置法の一部を改正する法律 ( 概要 ) 平成 29 年 5 月復興庁 帰還困難区域内の復興 再生に向けた環境整備 被災事業者の生業の復興 再生を担う 組織の体制強化 浜通り地域の新たな産業基盤の構築 福島県産農林水産物等の風評払拭 等に必要な措置を講ずる 1. 特定復興再生拠点区域の復興及び再生を推進するための計画制度の創設 市町村長は 帰還困難区域のうち 避難指示を解除し 帰還者等の居住を可能とすることを目指す

More information

資料 2-2 成長戦略改訂に向けた地域活性化の取組みについて ( 案 ) 内閣官房地域活性化統合事務局 成長戦略の改訂に向け これまでの施策の成果が実感できない地方において 新たな活力ある地域づくりと地域産業の成長のためのビジョンを提供しその具体化を図る 超高齢化 人口減少社会における持続可能な都市

資料 2-2 成長戦略改訂に向けた地域活性化の取組みについて ( 案 ) 内閣官房地域活性化統合事務局 成長戦略の改訂に向け これまでの施策の成果が実感できない地方において 新たな活力ある地域づくりと地域産業の成長のためのビジョンを提供しその具体化を図る 超高齢化 人口減少社会における持続可能な都市 成長戦略改訂に向けた地域活性化の取組みについて ( 案 ) 資料 2-1 平成 26 年 1 月 28 日 Ⅰ 基本的考え方 成長戦略の改訂に向け これまでの施策の成果が実感できない地方において 新たな活力ある地域づくりと地域産業の成長のためのビジョンを提供し その具体化を図る このため 地域の直面している 超高齢化 人口減少社会における持続可能な都市 地域の形成 地域産業の成長 雇用の維持創出の

More information

<4D F736F F D FAC8AE98BC68ED C991CE82B782E98BE0975A82CC897E8A8A89BB82F0907D82E982BD82DF82CC97D58E9E915

<4D F736F F D FAC8AE98BC68ED C991CE82B782E98BE0975A82CC897E8A8A89BB82F0907D82E982BD82DF82CC97D58E9E915 中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律第 7 条第 1 項に規定する説明書類 平成 24 年 11 月 14 日 東京都世田谷区粕谷 3-1-1 東京中央農業協同組合 当組合は 農業者の協同組織金融機関として 健全な事業を営む農業者をはじめとする地域のお客様に対して必要な資金を円滑に供給していくこと を 金融機関として最も重要な役割の一つであることを認識し その実現に向けて取り組んでおります

More information

地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律(第7次地方分権一括法)の概要

地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律(第7次地方分権一括法)の概要 地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律 ( 第 7 次地方分権一括法 ) の概要 平成 29 年 4 月内閣府地方分権改革推進室平成 29 年 4 月 19 日成立平成 29 年 4 月 26 日公布 第 7 次地方分権一括法 提案募集方式 に基づく地方からの提案について 平成 28 年の地方からの提案等に関する対応方針 ( 平成 28 年 12 月 20

More information

<97DF98618CB3944E FAC8AE98BC682CC82BD82DF82CC8BE0975A82CC82B582A882E82E786477>

<97DF98618CB3944E FAC8AE98BC682CC82BD82DF82CC8BE0975A82CC82B582A882E82E786477> 令和元年度中小企業のための 金融のしおり 佐賀県 産業労働部経営支援課 ... 1 II.... 2 II.1.... 2 II.1.A.... 2 II.1.B.... 7 II.1.C.... 9 i.... 9 i.1.... 9 i.2.... 9 i.3.... 10 ii.... 12 ii.1.... 12 ii.2.... 16 ii.3.... 23 II.2.... 27 II.3....

More information

沖縄公庫の業務との関連で見た 沖縄の中小企業

沖縄公庫の業務との関連で見た 沖縄の中小企業 2 2.2 沖縄公庫の業務との関連で見た 沖縄の中小企業 沖縄公庫が沖縄振興施策に果たしてきた役割 ( 平成 17~26 年度累計 ) ( 単位 : 件 億円 ) NO 7 施策ベース NO 15 施策ベース件数金額 1 21 世紀 万国津梁 実現の基盤づくり 2 リーディング産業と地場産業が好循環構造をもつ経済の構築 (1) 自立型経済の構築に向けた基盤の整備 45 654 (2) アジアと日本の架け橋となる国際物流拠点の形成

More information

⑴ 政策目的 市街地再開発事業の推進により 土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図るとともに コンパクトシティの推進及び密集市街地の解消を図る 新設 拡充又は延長を必要とする理由 ⑵ 施策の必要性 以下の施策の推進のため 本措置の延長により 民間事業者による早期かつ着実な保留床の取得を促

⑴ 政策目的 市街地再開発事業の推進により 土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図るとともに コンパクトシティの推進及び密集市街地の解消を図る 新設 拡充又は延長を必要とする理由 ⑵ 施策の必要性 以下の施策の推進のため 本措置の延長により 民間事業者による早期かつ着実な保留床の取得を促 平成 29 年度税制改正 ( 租税特別措置 ) 要望事項 ( 新設 拡充 延長 ) 制度名 ( 国土交通省都市局市街地整備課 ) 市街地再開発事業における特定の事業用資産の買換え等の特例措置の延長 税目所得税 法人税 要 望 既成市街地等内の資産を譲渡して市街地再開発事業により整備された施設建築物及びその敷地を取得した場合の事業用資産の買換特例 ( 繰延割合 80%) の適用期限を 3 年間延長する

More information

11

11 (1) 宇宙基本法 ( 平成二十年五月二十八日法律第四十三号 ) 第一章総則 ( 目的 ) 第一条この法律は 科学技術の進展その他の内外の諸情勢の変化に伴い 宇宙の開発及び利用 ( 以下 宇宙開発利用 という ) の重要性が増大していることにかんがみ 日本国憲法の平和主義の理念を踏まえ 環境との調和に配慮しつつ 我が国において宇宙開発利用の果たす役割を拡大するため 宇宙開発利用に関し 基本理念及びその実現を図るために基本となる事項を定め

More information

平成30年度事業計画書(みだし:HP用)

平成30年度事業計画書(みだし:HP用) 平成 30 年度事業計画書 平成 30 年度収支予算書 平成 30 年 3 月 一般財団法人港湾空港総合技術センター 平成 30 年度事業計画書 平成 30 年度事業計画 我が国は 世界に先駆けて人口減少 超高齢社会を迎えているものの 港湾及び空港については ストック効果のある社会インフラであり 防災 減災の役割や 物流 人流機能等により経済成長を支える役割をもつことから 今後とも継続的に整備されるものと考えられる

More information

平成 29 年度税制改正 ( 租税特別措置 ) 要望事項 ( 新設 拡充 延長 ) 制度名既存住宅のリフォームに係る特例措置の拡充 税目所得税 ( 国土交通省 ) 既存住宅流通 リフォーム市場の活性化に向けて 耐震性 省エネ性 耐久性に優れた良質な住宅ストックの形成を促進するため 既存住宅の耐震 省

平成 29 年度税制改正 ( 租税特別措置 ) 要望事項 ( 新設 拡充 延長 ) 制度名既存住宅のリフォームに係る特例措置の拡充 税目所得税 ( 国土交通省 ) 既存住宅流通 リフォーム市場の活性化に向けて 耐震性 省エネ性 耐久性に優れた良質な住宅ストックの形成を促進するため 既存住宅の耐震 省 平成 29 年度税制改正 ( 租税特別措置 ) 要望事項 ( 新設 拡充 延長 ) 制度名既存住宅のリフォームに係る特例措置の拡充 税目所得税 ( 国土交通省 ) 既存住宅流通 リフォーム市場の活化に向けて 耐震 省エネ 耐久に優れた良質な住宅ストックの形成を促進するため 既存住宅の耐震 省エネリフォームに係る特例措置を拡充する 要望の内容 < 耐震 省エネリフォームに係る現行制度の概要 > ローン型減税

More information

RO ( 改修 Rehabilitate- 運営等 Operate) 方式ハ民間事業者が公共施設等の設計及び建 BT( 建設 Build- 移転 Transfer) 方式設又は製造を担う手法民間建設借上方式 2 優先的検討の対象とする事業及び検討開始時期一優先的検討の対象とする事業建築物の整備等に関

RO ( 改修 Rehabilitate- 運営等 Operate) 方式ハ民間事業者が公共施設等の設計及び建 BT( 建設 Build- 移転 Transfer) 方式設又は製造を担う手法民間建設借上方式 2 優先的検討の対象とする事業及び検討開始時期一優先的検討の対象とする事業建築物の整備等に関 国土交通省優先的検討規程 1 総則一目的本規程は 国土交通省が自ら実施する公共施設整備事業について優先的検討を行うに当たって必要な手続を定めることにより 新たな事業機会の創出や民間投資の喚起を図り 効率的かつ効果的に社会資本を整備するとともに 国民に対する低廉かつ良好なサービスの提供を確保し もって国民経済及び地域経済の健全な発展に寄与することを目的とする 二定義本規程において 次に掲げる用語の意義は

More information

法人会の税制改正に関する提言の主な実現事項 ( 速報版 ) 本年 1 月 29 日に 平成 25 年度税制改正大綱 が閣議決定されました 平成 25 年度税制改正では 成長と富の創出 の実現に向けた税制上の措置が講じられるともに 社会保障と税の一体改革 を着実に実施するため 所得税 資産税についても

法人会の税制改正に関する提言の主な実現事項 ( 速報版 ) 本年 1 月 29 日に 平成 25 年度税制改正大綱 が閣議決定されました 平成 25 年度税制改正では 成長と富の創出 の実現に向けた税制上の措置が講じられるともに 社会保障と税の一体改革 を着実に実施するため 所得税 資産税についても 法人会の税制改正に関する提言の主な実現事項 ( 速報版 ) 本年 1 月 29 日に 平成 25 年度税制改正大綱 が閣議決定されました 平成 25 年度税制改正では 成長と富の創出 の実現に向けた税制上の措置が講じられるともに 社会保障と税の一体改革 を着実に実施するため 所得税 資産税についても所要の措置が講じられます 法人会では 平成 25 年度税制改正に関する提言 を取りまとめ 政府 政党

More information

平成20年度税制改正(地方税)要望事項

平成20年度税制改正(地方税)要望事項 平成 31 年度地方税制改正 ( 税負担軽減措置等 ) 要望事項 ( 新設 拡充 延長 その他 ) No 14 府省庁名 内閣府 対象税目個人住民税法人住民税事業税不動産取得税固定資産税事業所税その他 ( 都市計画税 ) 要望項目名 要望内容 ( 概要 ) 特定都市再生緊急整備地域に係る課税の特例措置の拡充及び延長 特例措置の対象 ( 支援措置を必要とする制度の概要 ) 都市再生特別措置法に基づき

More information

<4D F736F F D D F8C668DDA F090E BA90BF92868FAC8AE98BC690558BBB F4390B32E646F63>

<4D F736F F D D F8C668DDA F090E BA90BF92868FAC8AE98BC690558BBB F4390B32E646F63> 下請中小企業振興法 1 法律の概要 下請中小企業振興法 ( 以下 下請振興法 という ) は 下請中小企業の経営基盤の強化を効率的に促進するための措置を講ずるとともに 下請企業振興協会による下請取引のあっせん等を推進することにより 下請関係を改善して 下請関係にある中小企業者が自主的にその事業を運営し かつ その能力を最も有効に発揮することができるよう下請中小企業の振興を図り もって国民経済の健全な発展に寄与すること

More information

図 4-1 総額 と 純計 の違い ( 平成 30 年度当初予算 ) 総額ベース で見た場合 純計ベース で見た場合 国の財政 兆円兆 国の財政 兆円兆 A 特会 A 特会 一般会計 B 特会 X 勘定 Y 勘定 一般会計 B 特会 X 勘定 Y 勘定

図 4-1 総額 と 純計 の違い ( 平成 30 年度当初予算 ) 総額ベース で見た場合 純計ベース で見た場合 国の財政 兆円兆 国の財政 兆円兆 A 特会 A 特会 一般会計 B 特会 X 勘定 Y 勘定 一般会計 B 特会 X 勘定 Y 勘定 一般会計 特別会計を含めた国全体の財政規模 (1) 国全体の財政規模の様々な見方国の会計には 一般会計と特別会計がありますが これらの会計は相互に完全に独立しているわけではなく 一般会計から特別会計へ財源が繰り入れられているなど その歳出と歳入の多くが重複して計上されています また 各特別会計それぞれの性格や目的は多種多様であり その歳出の中にも性格の異なる様々なものがあります このため 特別会計を含めた国全体の財政規模を見るうえでは

More information

H28秋_24地方税財源

H28秋_24地方税財源 次世代に向けて持続可能な地方税財政基盤の確立について 1. 提案 要望項目 提案 要望先 総務省 (1) 地方交付税総額の確保 充実 減少等特別対策事業費等における取組の成果を反映した算定 減少等特別対策事業費 における 取組の成果 へ配分の段階的引き上げ 地域の元気創造事業費 における 地域活性化分 へ配分の重点化 緊急防災 減災事業債の延長および対象事業等の拡大 老朽化対策に係る地方財政計画における所要総額の確保

More information

独立行政法人中小企業基盤整備機構 第3期中期目標

独立行政法人中小企業基盤整備機構 第3期中期目標 平成 27 年 11 月 20 日 経済産業省 独立行政法人中小企業基盤整備機構第 3 期中期目標 前文 独立行政法人中小企業基盤整備機構 ( 以下 機構 という ) は 我が国で唯一の中小企業政策全般にわたる総合的な支援 実施機関として 平成 16 年 7 月に設立された これまで機構は 中小企業基本法の基本施策に対応した (1) 創業 新事業展開の促進 (2) 経営基盤の強化 (3) 経営環境の変化への対応の円滑化という3つの事業の枠組みに加え

More information

-2-1, , ,702 2,

-2-1, , ,702 2, 9-1- 1 1,236 10 20 10 30 4,216 5.4 10 5.4 15.4 -2-1,150 2 250 2 420 8,000 270 200 3,702 2,946 310 100 105 Cool Earth - 127 42 36 4 30 20 16 260 295 2 48 52 42-3- -4-20 10 146 151 201 10 705 31 19 35 12

More information

中期事業計画の評価 平成 27 年度 ~ 平成 29 年度 香川県信用保証協会

中期事業計画の評価 平成 27 年度 ~ 平成 29 年度 香川県信用保証協会 中期事業計画の評価 平成 27 年度 ~ 平成 29 年度 1. 地域の動向及び信用保証協会の実績 地域経済や中小企業 小規模事業者の活性化に地域金融機関とともに貢献していくため 公的機関及び金融にかかわる機関としての透明性 公平性の確保や健全な業務運営と経営の効率化に努めてきました 平成 27 年度から平成 29 年度までの 3 か年の状況は以下のとおりです (1) 地域経済及び中小企業の動向 県内においては

More information

第3回成長資金の供給促進に関する検討会配付資料

第3回成長資金の供給促進に関する検討会配付資料 資料 2 成長資金の供給に向けた地方銀行の取組み - 地域密着型金融の推進を通じて - 2014 年 10 月 23 日 一般社団法人全国地方銀行協会 見た位置付け 効果等顧客 地域サイドから( 中小企業向け貸出増加 利回り改善 ) 位置付け 効果等1. 地域密着型金融の取組み経緯と成長資金の供給に向けた現状認識 1 地域密着型金融の推進は 不良債権問題への対応に向けた集中的 重点的期間を経て 平成

More information

資料 2-2 財政制度等審議会財政投融資分科会 編成上の論点 地方公共団体 平成 26 年 11 月 28 日財務省理財局

資料 2-2 財政制度等審議会財政投融資分科会 編成上の論点 地方公共団体 平成 26 年 11 月 28 日財務省理財局 資料 2-2 財政制度等審議会財政投融資分科会 編成上の論点 地方公共団体 平成 26 年 11 月 28 日財務省理財局 ( 機関名 : 地方公共団体 ) [ 平成 27 年度要求の概要 ] [ 編成上の論点 ] 27 年度要求 (A) < 通常収支分 > 26 年度当初 うち通常収支分 (B) ( 単位 : 億円 ) 増減 ( ) 額 (A)-(B) 事業規模 128,027 129,827 128,301

More information

別紙 2 様式第十八 ( 第 13 条関係 ) 認定事業再編計画の内容の公表 1. 認定をした年月日平成 27 年 7 月 6 日 2. 認定事業者名 WAKUWAKU JAPAN 株式会社 3. 認定事業再編計画の目標 (1) 事業再編に係る事業の目標スカパー JSAT グループ ( 以下 スカパ

別紙 2 様式第十八 ( 第 13 条関係 ) 認定事業再編計画の内容の公表 1. 認定をした年月日平成 27 年 7 月 6 日 2. 認定事業者名 WAKUWAKU JAPAN 株式会社 3. 認定事業再編計画の目標 (1) 事業再編に係る事業の目標スカパー JSAT グループ ( 以下 スカパ 別紙 1 WAKUWAKU JAPAN 株式会社の 事業再編計画 のポイント スカパー JSAT 株式会社 ( 以下 スカパー という ) として行っている 海外向け日本コンテンツ専門チャンネル WAKUWAKU JAPAN 事業 ( 以下 WAKUWAKU JAPAN 事業 ) について 当該事業を専門に行う子会社 WAKUWAKU JAPAN 株式会社に事業承継するとともに 第三者割当増資を行い

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 中小企業 小規模事業者対策のポイント 取引価格の適正化に取り組みます 資金繰り 事業再生を支援します ものづくり 商業 サービス革新 省エネ設備の導入を支援します 小規模事業者の持続化 創業を目指す方 地域資源の活用を応援します 人材の育成 確保を支援します 事業承継の円滑化に取り組みます 詳しい情報は 中小企業庁ホームページや中小企業庁が委託して運営する支援ポータルサイト ミラサポ でご覧いただけます

More information

未来投資戦略2018(PFI関連部分抜粋)

未来投資戦略2018(PFI関連部分抜粋) 1 未来投資戦略 2018 ( 平成 30 年 6 月 15 日閣議決定 )( 抜粋 ) 1 第 1 基本的視座と重点施策 2. 第 4 次産業革命技術がもたらす変化 / 新たな展開 : Society 5.0 (3) 行政 インフラ が変わる ( 略 ) さらに 港湾 空港 道路 上下水道などのインフラ管理でも 民間活力 (PPP/PFI 等 ) や技術革新の徹底活用を図ることにより 設置及びメンテナンスのコストの劇的な改善がなされるのみならず

More information

少額の資金であれば 融資の可否の判断を迅速に行います < 資金名 : スーパー L 資金 農業近代化資金 ( クイック融資制度 )> 認定農業者等 ( スーパー L 資金 ) 認定農業者等及び一定の要件を満たす集落営農組織 ( 農業近代化資金 ) スーパー L 資金 農業近代化資金について 500

少額の資金であれば 融資の可否の判断を迅速に行います < 資金名 : スーパー L 資金 農業近代化資金 ( クイック融資制度 )> 認定農業者等 ( スーパー L 資金 ) 認定農業者等及び一定の要件を満たす集落営農組織 ( 農業近代化資金 ) スーパー L 資金 農業近代化資金について 500 資金貸付対象者貸付金利 ( 注 5) 償還期限貸付限度額日本政策金融公庫の 80% に相当する額農協等資金の確保 33 農業用機械 施設の整備などに必要な資金を借りたい 融資 借受予定者やその資金使途に応じて 制度資金が利用できます 経営体育成強化資金 主業農業者 ( 注 2) 25 年以内 1.5 億円 5 億円 農業改良資金 ( 注 3) 個別法に基づく農業改良資金融通法の特例適用者 ( 注 4)

More information

施策の体系 本目標3 地域力と行政の連携がつくる人と地球に優しいまち179

施策の体系 本目標3 地域力と行政の連携がつくる人と地球に優しいまち179 地域力と行政の連携がつくる人と地球に優しいまち178 個別目標 3-3 施策 3-3-1 区は 効率的で活力ある区政を実現し 地域との連携 協働を進めます 行政力を最大限に発揮できる体制をつくります 10 年後のめざす姿 区は 中長期的な社会状況の変化に柔軟に対応できる財政力と組織体制を整え 最小の経費で最大の効果を発揮する区政運営を実現しています 区は 地域力を最大限に引き出すための施策を積極的にしています

More information

一般会計 特別会計を含めた国全体の財政規模 (1) 国全体の財政規模の様々な見方国の会計には 一般会計と特別会計がありますが これらの会計は相互に完全に独立しているわけではなく 一般会計から特別会計へ財源が繰り入れられているなど その歳出と歳入の多くが重複して計上されています また 各特別会計それぞ

一般会計 特別会計を含めた国全体の財政規模 (1) 国全体の財政規模の様々な見方国の会計には 一般会計と特別会計がありますが これらの会計は相互に完全に独立しているわけではなく 一般会計から特別会計へ財源が繰り入れられているなど その歳出と歳入の多くが重複して計上されています また 各特別会計それぞ 一般会計 特別会計を含めた国全体の財政規模 (1) 国全体の財政規模の様々な見方国の会計には 一般会計と特別会計がありますが これらの会計は相互に完全に独立しているわけではなく 一般会計から特別会計へ財源が繰り入れられているなど その歳出と歳入の多くが重複して計上されています また 各特別会計それぞれの性格や目的は多種多様であり その歳出の中にも性格の異なる様々なものがあります このため 特別会計を含めた国全体の財政規模を見るうえでは

More information

手法 という ) を検討するものとする この場合において 唯一の手法を選択することが困難であるときは 複数の手法を選択できるものとする なお 本規程の対象とする PPP/PFI 手法は次に掲げるものとする イ民間事業者が公共施設等の運営等を担う手法ロ民間事業者が公共施設等の設計 建設又は製造及び運営

手法 という ) を検討するものとする この場合において 唯一の手法を選択することが困難であるときは 複数の手法を選択できるものとする なお 本規程の対象とする PPP/PFI 手法は次に掲げるものとする イ民間事業者が公共施設等の運営等を担う手法ロ民間事業者が公共施設等の設計 建設又は製造及び運営 富山市 PPP/PFI 手法導入優先的検討規程 新たな事業機会の創出や民間投資の喚起を図るとともに効率的かつ効果的な公共施設等 の整備等を進めることを目的として 公共施設等の整備等に多様な PPP/PFI 手法を導入す るための優先的検討規程を次のように定める 1 目的 本規程は 優先的検討を行うに当たって必要な手続を定めることにより 新たな事業機会の創出や民間投資の喚起を図り 効率的かつ効果的に社会資本を整備するとともに

More information

望の内容平成 30 年度税制改正 ( 租税特別措置 ) 要望事項 ( 新設 拡充 延長 ) ( 経済産業省中小企業庁経営支援部創業 新事業促進課 ) 制度名 産業競争力強化法に基づく創業支援事業計画の認定自治体における登録免許税の軽減措置の延長 税 目 登録免許税 ( 租税特別措置法第 80 条第

望の内容平成 30 年度税制改正 ( 租税特別措置 ) 要望事項 ( 新設 拡充 延長 ) ( 経済産業省中小企業庁経営支援部創業 新事業促進課 ) 制度名 産業競争力強化法に基づく創業支援事業計画の認定自治体における登録免許税の軽減措置の延長 税 目 登録免許税 ( 租税特別措置法第 80 条第 望の内容平成 30 年度税制改正 ( 租税特別措置 ) 要望事項 ( 新設 拡充 延長 ) ( 経済産業省中小企業庁経営支援部創業 新事業促進課 ) 制度名 産業競争力強化法に基づく創業支援事業計画の認定自治体における登録免許税の軽減措置の延長 税 目 登録免許税 ( 租税特別措置法第 80 条第 2 項 ) ( 租税特別措置法施行規則第 30 条の2 第 4 項 ) 産業競争力強化法に基づく登録免許税の軽減措置を平成

More information

高齢者住宅施策の現状と今後の方向性

高齢者住宅施策の現状と今後の方向性 住宅セーフティネット 平成 28 年 11 月 5 日 国土交通省住宅局 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 住宅セーフティネット制度の比較 住宅セーフティネットの基本的な考え方 公営住宅公的な賃貸住宅民間賃貸住宅の入居円滑化 法的枠組み 基本的な考え方 ( 施策対象 ) ( 公的関与 ) ( 国の支援 ) 公営住宅法 (S26)

More information

る 1 減価補償金を交付すべきこととなる被災市街地復興土地区画整理事業において 公共施設の整備改善事業の用に供するために土地等が地方公共団体等に買い取られる場合 2 第二種市街地再開発事業の用に供するために土地等が地方公共団体等に買い取られる場合 (3) 特定住宅被災市町村の区域内にある土地等が 国

る 1 減価補償金を交付すべきこととなる被災市街地復興土地区画整理事業において 公共施設の整備改善事業の用に供するために土地等が地方公共団体等に買い取られる場合 2 第二種市街地再開発事業の用に供するために土地等が地方公共団体等に買い取られる場合 (3) 特定住宅被災市町村の区域内にある土地等が 国 東日本大震災からの復興に向けた税制上の対応 ( 地方税 ) 資料 4 は阪神 淡路大震災時にはなかったもの は阪神 淡路大震災時の対応を拡充したもの 東日本大震災に係る地方税における税制上の緊急対応として2 度にわたり措置を講じているところであるが その後の復旧 復興の状況等を踏まえ さらに以下の措置を講ずる 個人住民税 1. 住宅の再取得等に係る住宅ローン控除の特例大震災により所有する居住用家屋が居住の用に供することができなくなった者が

More information

仮訳 日本と ASEAN 各国との二国間金融協力について 2013 年 5 月 3 日 ( 於 : インド デリー ) 日本は ASEAN+3 財務大臣 中央銀行総裁プロセスの下 チェンマイ イニシアティブやアジア債券市場育成イニシアティブ等の地域金融協力を推進してきました また 日本は中国や韓国を

仮訳 日本と ASEAN 各国との二国間金融協力について 2013 年 5 月 3 日 ( 於 : インド デリー ) 日本は ASEAN+3 財務大臣 中央銀行総裁プロセスの下 チェンマイ イニシアティブやアジア債券市場育成イニシアティブ等の地域金融協力を推進してきました また 日本は中国や韓国を 日本と ASEAN 各国との二国間金融協力について 2013 年 5 月 3 日 ( 於 : インド デリー ) 日本は ASEAN+3 財務大臣 中央銀行総裁プロセスの下 チェンマイ イニシアティブやアジア債券市場育成イニシアティブ等の地域金融協力を推進してきました また 日本は中国や韓国をはじめとするアジア各国との積極的な政策対話や二国間金融協力を継続的に実施してきました こうした対話の枠組みや二国間金融協力をアジア域内の他の重点国との間にも広げるため

More information

平成 29 年 4 月 1 日規程第 18-5 号国立研究開発法人国立がん研究センター PPP/PFI 手法導入優先的検討規程 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 国立研究開発法人国立がん研究センター ( 以下 センター という ) の公共施設等の整備等における優先的検討を行うに当たって必要な手続を

平成 29 年 4 月 1 日規程第 18-5 号国立研究開発法人国立がん研究センター PPP/PFI 手法導入優先的検討規程 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 国立研究開発法人国立がん研究センター ( 以下 センター という ) の公共施設等の整備等における優先的検討を行うに当たって必要な手続を 平成 29 年 4 月 1 日規程第 18-5 号国立研究開発法人国立がん研究センター PPP/PFI 手法導入優先的検討規程 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 国立研究開発法人国立がん研究センター ( 以下 センター という ) の公共施設等の整備等における優先的検討を行うに当たって必要な手続を定めることにより 新たな事業機会の創出や民間投資の喚起を図り 効率的かつ効果的に整備するとともに 低廉かつ良好なサービスの提供を確保することを目的とする

More information

四国中央市住宅マスタープラン 概要版 平成 30 年 3 月四国中央市 Since

四国中央市住宅マスタープラン 概要版 平成 30 年 3 月四国中央市 Since 四国中央市住宅マスタープラン 概要版 平成 30 年 3 月四国中央市 Since 2018.3 0 住宅マスタープランについて 計画策定の趣旨 四国中央市においては 少子高齢化や人口 世帯が減少すると予測されており これに伴い 住まいに対するニーズや 空家の増加などへの対応が課題となっています また 東日本大震災や熊本地震以降 市民の意識変化により 安心 安全な住まいづくりが一層求められるようになるなど

More information

平成22年○月○日

平成22年○月○日 平成 30 年 5 月 15 日 横浜農業協同組合 金融円滑化にかかる基本方針 体制の概要および実施状況 横浜農業協同組合 ( 代表理事組合長黒沼利三 ) は 農業および地域金融における円滑な資金供給を最も重要な社会的役割の一つと位置づけ その実現に向けて取り組んでおります 平成 30 年 における当組合の金融円滑化にかかる措置の実施状況について公表いたします 金融円滑化にかかる実施状況は 下記の資料を参照願います

More information

<4D F736F F D2092B789AA8E EE B193FC974490E693498C9F93A28B4B92F E378DF492E8816A2E646F6378>

<4D F736F F D2092B789AA8E EE B193FC974490E693498C9F93A28B4B92F E378DF492E8816A2E646F6378> 長岡市 PPP/PFI 手法導入優先的検討規程 新たな事業機会の創出や民間投資の喚起を図るとともに効率的かつ効果的な公共施設等の整備等を進めることを目的として 公共施設等の整備等に多様な PPP/PFI 手法を導入するための優先的検討規程を次のように定める 1 総則 (1) 目的本規程は 優先的検討を行うに当たって必要な手続を定めることにより 新たな事業機会の創出や民間投資の喚起を図り 効率的かつ効果的に社会資本を整備するとともに

More information

12_15_中期計画表紙.ai

12_15_中期計画表紙.ai 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 52 53 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69

More information

Microsoft Word - ①_川之江信用金庫_方針.doc

Microsoft Word - ①_川之江信用金庫_方針.doc 地域金融円滑化のための基本方針 川之江信用金庫は 地域金融機関として 中小企業の健全な発展と一般大衆の豊かな生活実現に努め 地域社会に貢献するため 以下の方針に基づき 地域金融の円滑化に全力を傾注して取り組んでまいります また 金融円滑化に関する相談 申込 苦情等への適切かつ迅速な対応 お客様の経営改善または再生に向けた取り組みへの適切な支援 を実践し 金融円滑化への取組状況を適切に把握するため 以下のように方針および態勢を新たに整備します

More information

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF342D315F91E6338FCD323190A28B498ED089EF82C982A882AF82E BD82C889BA908593B982CC >

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF342D315F91E6338FCD323190A28B498ED089EF82C982A882AF82E BD82C889BA908593B982CC > 資料 4-1 第 3 章 21 世紀社会における 新たな下水道の姿と目標 ( 案 ) 第 3 章全体構成 は資料 4-2 の対応頁を示す 第 2 章 ( まとめ ) 第 3 章 2. 社会経済情勢の変化を踏まえた国民 社会が求めるインフラ像 1.21 世紀社会における下水道像 (5 つのスローガン コード ) 2. 基本コンセプトと 3 つの柱 3.3 つの柱の基本方針と長期的な目標 1) 時代 地域ニーズへの対応下水道像

More information

<4D F736F F D E682518D868B6388C4817A E968BC68C7689E6>

<4D F736F F D E682518D868B6388C4817A E968BC68C7689E6> 平成 28 年度事業計画書 ( 案 ) 新規 事業拡充 1. 地域産業活性化に関する調査研究事業該当事業無し 2. 地域産業活性化に関する情報の収集及び提供該当事業無し 3. 地域産業活性化に資する研究開発の促進 1 戦略的基盤技術高度化支援事業 ( 事業管理機関 ) 経済産業省 委託事業 戦略的基盤技術高度化支援事業 の事業管理機関業務を本年度も実施する 新規事業分 検討中 2 研究開発支援事業

More information

< F2D FB906A81698A6D92E894C5816A2E6A7464>

< F2D FB906A81698A6D92E894C5816A2E6A7464> 平成 29 年度における国立大学法人上越教育大学の中小企業者に関する契約の方針 国立大学法人上越教育大学 ( 以下 本法人 という ) は 官公需についての中小企業者の受注の確保に関する法律 ( 昭和 41 年法律第 97 号 以下 法 という ) 第 5 条の規定に基づき 中小企業者に関する国等の契約の基本方針 ( 平成 29 年 7 月 25 日閣議決定 以下 基本方針 という ) に即して 平成

More information

News Release 2014 年 3 月 24 日 伊丹市と新関西国際空港株式会社が 伊丹市域におけるまちづくりの推進 について合意 伊丹市と新関西国際空港株式会社は 伊丹市域の生活環境の改善 地域コミュニティの再生等を図るためのまちづくりを連携して推進するため 2014 年 3 月 24 日

News Release 2014 年 3 月 24 日 伊丹市と新関西国際空港株式会社が 伊丹市域におけるまちづくりの推進 について合意 伊丹市と新関西国際空港株式会社は 伊丹市域の生活環境の改善 地域コミュニティの再生等を図るためのまちづくりを連携して推進するため 2014 年 3 月 24 日 News Release 2014 年 3 月 24 日 伊丹市と新関西国際空港株式会社が 伊丹市域におけるまちづくりの推進 について合意 伊丹市と新関西国際空港株式会社は 伊丹市域の生活環境の改善 地域コミュニティの再生等を図るためのまちづくりを連携して推進するため 2014 年 3 月 24 日 ) 伊丹市域におけるまちづくりの推進に関する基本合意 および これに基づく 大阪国際空港周辺場外用地

More information

金融行政の動向について

金融行政の動向について 金融行政の動向について - 事業性評価を通じた金融仲介機能の質的改善とツールとしての知的財産 - 平成 28 年 10 月 24 日福岡財務支局理財部長井秀典 地域金融に係る行政運営に関するこれまでの経緯 平成 15 年 3 月 リレーションシップバンキングの機能強化に向けて ( 金融審議会第二部会報告 ) ( 注 ) リレーションシップバンキング ( 地域密着型金融 ): 金融機関が顧客との間で親密な関係を長

More information

財政制度等審議会財政投融資分科会 財政投融資の対象分野 株式会社大和総研副理事長川村雄介 2014 年 3 月 26 日

財政制度等審議会財政投融資分科会 財政投融資の対象分野 株式会社大和総研副理事長川村雄介 2014 年 3 月 26 日 財政制度等審議会財政投融資分科会 財政投融資の対象分野 株式会社大和総研副理事長川村雄介 2014 年 3 月 26 日 財政投融資の対象分野を考えるに際しての問題意識 財政投融資の役割や意義について一定の整理 ( 国の信用で調達した資金やペイシェント リスク マネーを 民業圧迫を避けつつ政策目的を達成するために活用すること ) はなされているものの 対象分野の選定といった観点からは 何を KPI

More information

6次産業ガイドブック表1

6次産業ガイドブック表1 北海道6次産業化展示交流会 平成27年度北海道委託事業 6次産業化支援体制整備事業 平成26年度北海道委託事業 6次産業化支援体制整備事業 北海道6次産業化展示交流会 6 出展品ガイドブック 日 時 平成28年2月2日 火 13 00 17 00 会 場 ロイトン札幌 3F ロイトンホール 主 催 北海道 実施主体 (公財)北海道中小企業総合支援センター 北海道6次産業化サポートセンター 後 援 農林水産省北海道農政事務所

More information

社会的責任に関する円卓会議の役割と協働プロジェクト 1. 役割 本円卓会議の役割は 安全 安心で持続可能な経済社会を実現するために 多様な担い手が様々な課題を 協働の力 で解決するための協働戦略を策定し その実現に向けて行動することにあります この役割を果たすために 現在 以下の担い手の代表等が参加

社会的責任に関する円卓会議の役割と協働プロジェクト 1. 役割 本円卓会議の役割は 安全 安心で持続可能な経済社会を実現するために 多様な担い手が様々な課題を 協働の力 で解決するための協働戦略を策定し その実現に向けて行動することにあります この役割を果たすために 現在 以下の担い手の代表等が参加 私たちの社会的責任 宣言 ~ 協働の力 で新しい公共を実現する~ 平成 22 年 5 月 12 日社会的責任に関する円卓会議 社会的責任に関する円卓会議 ( 以下 本円卓会議 という ) は 経済 社会 文化 生活など 様々な分野における多様な担い手が対等 平等に意見交換し 政府だけでは解決できない諸課題を 協働の力 で解決するための道筋を見出していく会議体として 平成 21 年 3 月に設立されました

More information

<4D F736F F D A6D92E8817A95BD90AC E937895EF8A87944E8E9F8DE096B195F18D908F912E646F63>

<4D F736F F D A6D92E8817A95BD90AC E937895EF8A87944E8E9F8DE096B195F18D908F912E646F63> 4 連結財務書類の要旨と分析荒川区では 区と連携協力して行政サービスを実施している関係団体を連結して一つの行政サービス実施主体とみなし その財政状況を明らかにするため 連結財務書類を作成しています 地方自治体と関係団体等を連結して1つの行政サービス実施主体としてとらえることにより 公的資金等によって形成された資産の状況 その財源とされた負債 純資産の状況 さらには行政サービス提供に要したコストや資金収支の状況などを総合的に明らかにすることができます

More information