Architectural A.,,. Institute エ Stit, of f Japan 鑷 n カテゴリー II 日本建築学会計画系論文集第 555 号,45 52,2002 年 5 月 J.Archit.Plann.Environ.Eng.,AIJ,No,555,45 52,May,20

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Architectural A.,,. Institute エ Stit, of f Japan 鑷 n カテゴリー II 日本建築学会計画系論文集第 555 号,45 52,2002 年 5 月 J.Archit.Plann.Environ.Eng.,AIJ,No,555,45 52,May,20"

Transcription

1 Architectural A.. Institute エ Stit of f Japan 鑷 n カテゴリー II 日本建築学会計画系論文集第 555 号 年 5 月 J.Archit.Plann.Environ.Eng.AIJNo May 2002 大空問工場の夏季 冬季の熱負荷および室内環境に関する実測 FIELD MEASUREMENT ON THE HEAT LOAD AND INDOOR ENVIRONMENT OF A LARGE FACTORY SPACE 調査研究 翫融 宋 城 基 * 伽舷 木 醜 村 鯵 漉 建 嘘 * M 齦 The e t fth m a u em nt th h at l d d i d en i nm さ tうf 1 ge air c nditiqned 飴 t ry. pace i comparison with the simulation results are describedtogetherwith the results ofth サ questionnaire to the workers. twas 債 ) und thauh ai c nditi i g ffe tively 1 d th w k p e i umm and th 飢 the c d i w 御 e 麟 m th west p 琶貫 t6 th.heatedw ki g Qn. f t d t al p t i wi t Th v rtj a1 噸 at e g di t b i y ly pp ed 旗 h p 景 e ab ve 3m 費 m th fi i umm whu th p ce b v w h at d t b at hi 帥 u ゆ蝋 mp at e i wi t. みlth gh agreater amount ofheat bad was resulted with simulation than measuremeqt.ltcou1 :d bejudged thatthe simulation expressed the heatloadofthis factoryquite well except fbr the start up periodboth 童 n summer and wjnte 耽 The resuhs ofcfd a 日 alys 童 s tumed ut quitesimila t th m a ed e u i h eg d t h di ib 卿 p t n f i emp a 巳 d ai.fl w Th w ke s fth 飴 t 塀 w e ligmy ti fi d with th i d e vi ment i umm6 a d wipt a 偽 d 含 唄 he q 岫 naire and seemed to be accustomed to ra 重 herlow temperature inwintel KeyWO rds : Large Faeto 厂 y SpaceHeat Loadtndoor Eη V り鷹砿拘 θ14 漉 α 5μ κ 2θ 鷹 Simuiation NumerieatAna!ysis 大空間工場 熱負荷 室内環境 実測 シミュレーション 数値解析 1. はじめに 工場においても空調は作業者の安全衛生と快適な作業環境の揚を維 持することによって作業効率を向上させ さらに機械部品 電気製品 の故障を軽減させ 生産性を高めるこ とに寄与している しかし 作業域を中心とした空調を行う際にどれくらいの設備容量とエネルギー 使用量の低減とが図られるかを予測するには 熱負荷計算を正しく行 わなければならない 従来の大空間空調の研究では アトリウム 体 育館 ドームを対象とした大空間の室内温熱環境や熱負荷を予測する 研究がある 特に般の大空間の予測モデル としては空間を高さ方向 に分割し 空間と空間の問の空気移動の評価により上下温度分布と熱 負荷を予測する宮川のモデル 1 と戸河里ら 2 ) のブロックモデルがあ る 特に後者は実建物の実測からその有効性が確認されており これ に基いて空気調和衛生工学会 熱負荷算法小委員会で開発された大空 間プログラム ダイクウカン 3) がよく使われている 実測 模型実 験 CFD を用いた村 ± ら 4 ) i) 6 ) の研究もあり また 小林ら 7) による アトリウム内の温熱環境の実測とアンケート調査研究もある このよ うなア トリウム ドームなどの大空間に対する研究は多くなされてい るが 大空間工場の熱負荷を対象とした研究はほとんどない状況にあ る そこで 本研究では居住域空調が行われている大空間工場の夏季 と冬季の実測結果と大空間プログラムを用いた計算結果とアンケート 調査から 大空聞工場の室内空調熱負荷と温熱環境に関する総合的な 評価を目的としている さらに 数値計算 (CFD) を用い 夏季および 冬季の空調による工場の気流 温度性状の解析を行い その結果を実測結果と比較した 2. 建物およびシステ厶概要 実測した大空間工場は福岡県のある製缶プレス工場で 建築面積 900m2 延床面積 967.2m2 天井高さ約 97m の鉄骨造スレート葺き 部 2 階建ての構造で 東西に細長い形状をしている 工場は東側の 1 階に奥行 4m の倉庫とトイレがあり 2 階にも同じ奥行の事務室と休憩 室がある 工場空間の東側では製缶プレス作業を行っているが 西側 の部分は物置スペースとなっている 図 1 に工場の断面図及び平面 図を 写真 1 に工場内部を示す 工揚の空調システムは氷蓄熱 ( 冷蓄 熱専用 ) ビルマルチ方式で 室外機 3 台 蓄熱ユニ ッ ト 1 台 室内機 16 台から成っている 室内機は工場空間に 14 台 事務室と休憩室に それぞれ 1 台が設置されている また工場空間内の室内機は高さ 35m の壁面から斜め下向きに空気を吹出している 今回測定した工場は製 缶プレス作業による騒音のため壁に吸音材を使用し 断熱性がよく 気密性がよい反面 外気導入がない ただし 西側の壁面に高さ 65m 幅 5m の大きな製品運搬用自勦上下シャッターがあり この開閉によ る自然換気量が大きい と思われる また 空調機と生産機器は土日を 除く平目は 8 :30 17 : 30 毎日同じパターンで運転が行われている 奪早稲田大学大学院理工学研究科博士課程 工修 * 早稲田大学理工学総合研究センター教授 工博 Graduate StudentGraduate School of Science and EngineeringWaseda University M.Eng. Prof.Advanced Research Institute for Science and Engineeri Waseda UniversityDr.Eng. 45 NII-Electronic N 工工 Electronio Library

2 く 1 S ; 製品運搬用上下シャッター ( 西壁 ) D ; 吹出口 ( 床上約 35m) D 四 S D : 室内温度測定 ( 床上.m ) : 各表面温度測定 : 連続室内温度測定地点 ( 床上 1.5m ). (D :pnv 計測 ( 夏季 ) :CO2 測定地点 ( 冬は中央のみ測定床上 1.m ) 匚コ : グローブ温度 ( 床上 1.1m ) O : 作業者の位置回 :Phlv 計測 ( 冬季 ) 図 1 工場の断面図と平面図および測定位置 1 単位 : mm ] 室内温熱環境ア ンケート 辱月日 表 1 写真 1 工場内部 測定項目および測定機器 測定目損 1 定潰腱機 メーカー全体電力量 1 点 60 分積算デマンドロガー 空調システ 電力 ム 工場内動力 1 60 ロ込み温 湿度 16 点連続し温 湿度 16 点測定室内温度 5 皿 16 点 ( 週聞 ) 室内温度 (4m) 6 点室内温度 6 点 1 日 3 回測定 ( 夏 : 8 月 日 冬 : 2 月 16 日. 工 8 日 ) 3 点 60 分積算クランプオン 10 分間隔瞬時値 PMV 2 点 5 分 室内温慶 (1.1 皿 ) シュ間隔 電力計 自己記録型温湿度計 ポータブル P 贓 v 計 ( 冬季 ) テイア 日置電機 ンドデイ 京都電子工業 外気温 湿度 1 点 60 温湿度 テ アン げ ハ 5m ンディ温湿度メッ電圧データガーロ 神栄 室内風向 r 気流査器. 明理化学工業 室内風速し嵐速 12 点 低温度型熱式諷速計 グローブ温度 4 点高速グローブ温度計 P}IV1 点 5 分 ポータブル P 卜囎 ) 日本カノマック 英弘精機 京都電子工業 CO CO21 点 co2 モニタ しかし 工場空間の空調は 13 :00 14 :00 の昼休みの間停止する また 生産機器は 10:40 10 :50 15 :40 15 : 50 の休憩時間にも停止する 3. 測定およびアンケートの概要 測定期間は 999 年 8 月 8 目 月 24 日 200G 年 2 月 16 日 22 日の それぞれ 1 週間行った また 測定は 1 週聞連続測定と 2 日間 (8 月 18 日と 20 日および 3 月 16 日と 18 日 ) のトラバース測定に分け 工場内 外の環境 空調システムの電力消費量 室内温熱康境について行っ た 連続測定においては室内温度は 床上ユ.5m(6 点 ) 4m (6 点 ) に 自己記録型小型温度計を設置し 0 分間隔で測定した 室内表面温度 聴. 嬲 1 男 女 } 1 ( 記 Ml ) Ith 年代 :_ ( 例え ;30 代 ) 記入時間 :_. このアンケートは作業場の憲内環境調査を目的としています 1 番から 8 番まで各項目にしるしをつけてください. 1 鯉. 適快や快快常 2. 温冷感 3 湿度感 4. 気流感 寒非い常 } こ 気流感を感じる 寒い 憲い. やや もどなちいらで 湿非 o 常に鼕 てやいや検 どち =k い 1 つ も て V る な 気流感を感じない 1 こ や暑いや しややてい駝る燥 5. 4 番の答えがである方のみ答えてください その簿流懣は快適ですか? はい 5 におい ない いいえ に おわ に やおやう に おう に非おう 7. この温熱環境をあなたは受け入れることができますか? はいいいえ 8. 作業内容を書いてください ( ご協力ありがとうございました. もし. 気になるあるいは作業環境についてご意見があ りましたら 言お願い します e 図 2 アンケート内容 も壁面 4 点 天井面 床面各 1 点について室内温度と同じく連続測定 した さらに 吹出し 吸込み温湿度 外気温湿度も連続測定した トラバース測定においては 作業に支障をきたさないこととかっ冷房 負荷が番大きい 大きい 常に いる燥して 管い 乾 いる 詈い 非常に 乾非常燥にして と思われる 11 : 00 と 5 :00 暖房負荷が番 と思われる 9 :30 の暖房立上がり直後の工場空問の上下温度 分布 居住域温度 室内風速 室内風向を 1 日 3 回 分間間隔で測定 を行っ た また PMV 測定は図 に示すように 夏季は作業に支障を 来たすため中央部 点 (PMV) でトラバース測定を 冬季は夏季と違 い機器のレイアウトが変わ 6 たため作業者近傍の 2 点 (PMV PMV2 ) で 連続測定を行った 被験者の代謝量は夏季と冬季ともに作業内容が同 じであるため 2met 着衣量は夏季 0.7cl 冬季 0.85elo とした 測 定項目及び測定機器仕様などを表 1 に示す 室内温熱環境のアンケート調査は 作業中の快適感 温冷感 湿度 感 気流感について 1 日 2 回 (10 :30 15 ;3D) 夏季 冬季あわせて 約 146 データ x5 項目の回答を得た アンケート調査は工場の全ての 亠 46 NII-Electronic N 工工 Eleotronio Library

3 I _ 700 ミ 600 邑 500 囓お 400m 〆 f _ 70 畫 60 遡 螢 とシミュレーション結果の比較にまとめる なお ここでは居住城を 床上 3m 以下の空間とする また ここで用いる各時刻表示は 1 回のトラバース測定に 1 時間程度かかることから 9 :30 0:30 11 :30 12 :30 15 :00 16:00 とした 4.t 外気温度と日射量 夏季の測定期間中の温湿度は ( 平均 % ( 平均 79.26% ) 冬季の洳定期間中の温湿度は〇.3 47 ( 平均 % ( 平均 54% ) の範囲で変動した また 夏 季の測定期間中には快晴目は無く 雨の日か曇天日が多かったため 例年より平均湿度は高い値であった 冬季も測定期間中の 2 月 19 日 図 3 外気温湿度 日射量の変動 の午前から 2 月 20 日午前にかけては雨が降っ たため例年より湿度が 高い値となった 図 2 に夏季と冬季の測定期間中の外気温湿度と福岡 気象データの目射量変動を示す 4.2 水平温度分布および水平気流速度分布 代表目として 8 月 20 目と 2 月 16 日の居住域床上 1 ユ m での水平温度 分布測定結果を図 4 と図 5 に示す 8 月 20 日は工場の中央部が全般的 に温度が約 L5 くらい低く 2 月 16 日は東部が全般的に温度が高い 傾向にあった これは西部に室内機が設置されていないことと西部に ある運搬用自動上下ジャソターによる外気の流入のためと思われる この工場は主に中央部から東部で作業が行われており 工場空調の負荷計算用基準値は空気調和 衛生工学会の設計用最大熱 負荷計算法によると夏季 冬季 であるこ とから作 業環境としては適切な空調が行われてい ると言える 図 6 に 8 月 20 日 ( 夏季 ) および図 7 に 2 月 6 日 ( 冬季 ) の 9 :30 0:30 1 ;30 12 : :00 16 :00 に測定した居住域の水平気流速度分布を示す 8 図 4 8H20 日の床上 11m の水平温度分布 ( 上 :9:30 10:30 中 :11 :30 12 :30 下 : 15 ;00 16 :00) 月 20 日と 2 月 16 H の気流速度分布の測定結果では 工場の居住域気流速度は 0.5m s 以下であり 室内機が多く設置されている中央部で 0.5ms 東側では 03 O.4m s であった また 夏の場合は空調機 が主に設置されている中央部と東部に気流速度の大きい部分が形成さ れているが 冬は工場の西部から東部にかけて気流がほぼ均に分布 していることがわかる また 水平温度分布と気流分布とを総合的に 見てみると 8 月 20 日の場合は主に空調機が設置されてい る中央部と 東部では吹出し空気により室内温度が他の場所よりも少し低くなっ て おり さらに気流速度が大. きくなっ ていることから吹出し気流による 冷却効果がよく現れていることがわかる 冬季の 9 :30 10 :30 1 : :30 の測定結果では推奨値より低い温度となっている さらに 図 9 に示すように 2 月 16 日の場合は気流向きの測定結果から 西 部から東部に向けて冷たい空気が拡散されていることがわかる 今回の測定から大空聞工場では 図 8 に示すように夏は冷房気流が主に作 業が行われてい るところを冷却し 冬季は空調機が設置されていない 西部の冷たい空気が空調されている中央部と東部へ拡散されるという 結果となった 図 5 2 月 16 日の床上 1.1m の水平温度分布 ( 上 :9:30 10 :3e 中 : 11 ;30 12:30 下 :15:00 16:00 ) 4 3. 空気質環境 この工場では強制換気は行われてい ないが 図 10 に示すように工 作業者を対象とし 午前 午後の体憩時聞に行った 回答に応じてくれた作業者は毎日同じ作業者である アンケート内容を図 2 に示す 4 測定結果 この節では外気温度と目射量 水平温度 気流分布 空気質の測定 結果を示し 上下温度分布と熱負荷の結果については 7 節の実測結果 場の CO C 濃度は般環境の建築基準法 ビル髄法の CO ( 基準値 1000ppm 以下 ) CO ( 基準値 10ppm 以下 ) の基準値以下であ? た これ は西壁面に製品運送のための自動シャッターがあり その開閉による 自然換気量が多かったためと思われる なお 作業に使われている潤 滑油の臭気が強かっ たが 粉塵 揮発性化学物質などの測定は行っ て いない 47 NII-Electronic N 工工 Eleotronio Library

4 _ 0. 趣醗 ( :301 ). 媼凵 暫房皇 2 0. 廼 論マ癡渥 6 躍 L 亠 L 6... ( 上 図 6 8 月 20 日の床上 1. ユ m の水平気流分布 ;9 :30 10:30 中 : 1 :30 12 ;30 下 : 15 :00 6 :00) 鴟 α 曁 Ω Ω 墮 Q 軣皀弖堕 ザ 7 ( 厂 Ω Ω5 鑾 0 炉 Of ワ 0 厂 p D 0_. (1: 壁喚 甥 tti ttt ド il 1 ei o ( 甑麺.... muofqs 図 72 月 16 日の床上 1.1 皿の水平気流分布 ( 上 :9 :30 10 :30 中 : 11 :30 12:30 下 :15:00 v16! 高宀弓 r り A 4 1F ( ρ A 図 88 月 20 日の床上 1.1m の水平気流風向 ( 左 : 9 :30 0:30 中 :1:30 12 ;30 右 : 15 ;00 6 :00) 05 l i l 1111? is.ittill 丶 丶 ノ 図 9 2 月 16 日の床上 1.1m の水平気流風向 ( 左 :9 :30 10:30 中 :1:30 12 :30 右 :5 :00 16:00) 図 CO2 (S 〆 18) 02 8 〆 20) 口 CO2 2 〆ユ 6 圏匚 2 21S) 日 CD 2 16} 口 CO 2 〆 : 冨 遡 700 弩 600 巳 500 塁 躑 300 警 図 10. ノ塾禦 _ 禽 シミュレ亀ショソ 已〆 20 諤 諤 : 5. アンケート跼査結果 ] じつ 粟測 2 15} 尸. ; シミュレー } li 時刻 [hour ] ション 2 〆 16) 空調によるの居住域の室内温度変動と CO2 CO 濃度 [6 20 葱 1510 夏季と冬季の実測期間中のアンケート調査による快適感 温冷感 湿度感 気流感などの 146 データ 5 項目のうち有効回答の 6 割の結 果を図 11 図 13 に示す 5.1 快適感 図 11 に示す快適感と周囲温度とのアンケ ト調査結果から この 工場は 夏季は周囲温度が で やや不快 と 不快 の間 であり 冬季は で 快適 と やや不快 の問の結果となっ た ところが この工場の温熱環境を受け入れることができるのか の質問に対し 受け入れるのができる と答えたのが夏の場合 6 割 以上 冬の場合 8 割以上であっ た このような結果から作業者はこの 5 工場の環境に満足していることが言える 5.2 温冷感 :00) 図 12 に示すアンケートと PMV 測定による温冷感と作業者の周囲温 度との相関の結果からこの工場では周囲温度と温冷感との相関がある と判断できる 夏季の場合は周囲温度が でアンケートと PMv 測定結果ともに やや暑い と 暑い の間であった また 冬季の 場合 13 以下で PMV 測定結果では やや寒い と 寒い との聞で あったが アンケート結果は やや寒い の結果であった これは作 業による人体発熱が大きいこととこの工場の作業者がこの工場の温熱 環境に慣れていたことを示すものと考えられる 5.3 湿度感 図 13 に示す湿度感と湿球温度との相関を見ると夏季の作業場の湿 度感は全体的に どちらでもない より やや湿っている 冬季の は どちらでもない より やや乾燥している との結果となった また 湿度感と湿球温度の相関関係では夏季より冬季の方が相関が高 い結果となった なお 湿度感と相対湿度との関係も調べたが 相関 は低かった 5.4 気流感とにおい 気流感は 夏の揚合は作業員の 2 害 llが気流感を感じ そのうち 5 割 以上が その気流感は快適だと答えた また 冬の場合は 3 割以上が 気流感を感じ そのうち 6 割がその気流は快適だと答えた においについては 夏と冬のアンケート結果 におう におわ ない 1 とも1 割を占めた また 作業者の経験年齢が多いに対する馴れが現れていた ほどにおい 48 NII-Electronic N 工工 Eleotronio Library

5 憤嶼坦 0 0 : 快適 1r やや不快 2 : 不快 3 : 非常に不快 乾球温度丁 [ ] ユー ー 2 3 O [ 快適感 噸囎 雫 94 T キ ao うア > 爨ロ而 乾球温度 T 匚 蹤 35 LO 罫. ii : 蟄 1 廻 庚適感 = 00043x2 r O1793x 班 ( 季目関係数 :0.46) 2 ズ難躍 i : 壁醐欝 lll. : : ll 1. 櫞驫 1 30 乾球 度丁 ] 図 12 温冷感のアンケート調査結果 3 : 非常に寒い 2 : 寒い 11 やや寒い 0 : どちらでもない 1 : やや暑い 2r 暑い 3 ; }EmSt こ暑レ丶 3 尸 21 ー鵬誌饗登..... 迴鏤 艇芭. 蠧丶ア 0 憊彈蕪齟 123. 温冷. 感 = 015T. 281 唄 (.T. 稻関係數而 :69) 凵 29 ー 20 ] 乾球温度 T [ 湿球温度 T [ ] 2 ( 相関係数 : ) ( 上 : 夏季 下 : 冬季 ) 6. シミュレーション条件 D1 ダイクウカン によるシミュレーション条件シミュレー ョ. ンには空気調和 衛生工学会の大空間プログラム ダイクウカン を用いた この工場の空調時間は土日を除く平目で 夏は 8 :30 17 : 冬は 8 :30 18 :00 であるが シミ = レーションでは計 に必要な気象データの外気温 湿度を 1 時聞間隔で測定した ことと気象 からの目射量データも 1 時間聞隔のデータしかなかったため 空 時間を 8 : ;00 とした また 居住域温度の測定結 から午前と午後の室内平均温度がかなり異なっていたため シミュ 戟 [ ションの設定温度としては居住域平均温度の測定値の各時聞帯の 平均値を用いた さらに 実際の工場では換気設備はあるものの工場 の作業事情により機械換気による外気導入は行っていない この工場 の建築の気密性は高いが 西側にある製品運搬用上下シャッターから 自然換気があるため シャッターの開閉回数測定から換気回数を夏ヘ1 回〆 h 冬は0. 5 回〆 h と推定した また 内部発熱量は電力を調べ 入体発熱は作業員の実数から求めた 壁面の放射 対流 伝達 率については表 2 のシミュレーション計算条件に示す値で与 た 居住域の空調轂定温度を表 3 に示す ここで 初期温度とは ミ = レーションのために必要な値で 各時間帯の前の時間の室温 測定値を用いた また 気象条件としての外気温 湿度は実測データを用い 日 ヒ量に ついてはその日の福 の気象データを用いた 空間分割は高さ方向に下から 5 分割 ( m ) とし 居住域高さを床から 3 皿とした 6 2GFD 値解析条件非圧縮 ( デカルト座標系 ) モジュールを用いて 8 月 2 フ 15 時および 2 月 16 日の 10 時のの室内温度分布と気流分 の数値解析を試みた 計算は k ε 乱流モデルを用い 定常計算を行った注 B 設計対象空間は工場空聞のみとした e 実際の工場の機械や照明などの形状を単純化 させた上で計算を行った また 床上 3.5m のところの壁面に 0 6m ( 横 0. m ( 縦 ) の吹出口 14 個を その下の床上 2. ている 図 11 快適感のアンケート調査結果 ( 上 : 夏季 下 : 冬季 ) 3 : 非常に湿ってる 2 : 湿っている 1 二やや湿って る 2 : 0 : どちらでもな 3 : 非常に乾燥して n53. いる 齒 1 箇巡唄湿度感 = 0.40T 1 燥やして ( 牽係..i.. 自関数 e:3δ. や燥る 9 18 を配置さ た 空間メッシュ ;i :. i 二...; = 9792 である 表 4 に計算のための境界条件を示 表 2 大空間シミ = レーショの 計算条件 1. 2 ト 5 1 のところにO. 6m ( 横 ).3m 縦 ) の吸込湿球温慶 T [ ] 図 1 シ度のアンケート調査結果 ( } : 夏 下 : 冬季 ) 3 蜍シミ戟 x 午前 F 時 12 時 A 空間 <TAB><TAB>6 [ 皿 幅) 5 掾 i 奥行 j<tab> 午後 18 栫 j<tab> ~10 田 <TAB> 繹 )<TAB><TAB><TAB> 回 <TAB> 18<TAB>t<TAB> 空 x 空調 <TAB> コ温 時間 a[ ド <TAB> 照明 <TAB><TAB> 26C4<TAB><TAB><TAB><TAB><TAB> 設人体 機 <TAB><TAB>8 月 8 日セ <TAB>9 2<TAB>27 <TAB>3 Wm <TAB><TAB> C5 <TAB><TAB> <TAB><TAB><TAB> 空 CAV<TAB> 月 19 日 f<tab>2 2<TAB>28 吹出 <TAB> し <TAB>1 <TAB><TAB><TAB>2 A<TAB>27 5 <TAB><TAB><TAB>i<TAB><TAB> <TAB>80 日 31D4<TAB>2 :<TAB>0. 65 <TAB><TAB><TAB> 8<TAB>24 <TAB><TAB><TAB><TAB><TAB> 吹オ <TAB>14<TAB>8 3 日午 z<tab> 気 O 気温 シ度 r<tab> 測 A[ 閭ター <TAB> 午 <TAB>2 <TAB> 日量 データ <TAB>8 月 24 日 <TAB> <TAB>7.8<TAB> 割 5 數 <TAB><TAB> 午 <TAB>1 2<TAB>12 <TAB><TAB><TAB><TAB><TAB> 達率 :<TAB> ( 上向き 2 月 16 日 <TAB> 午 f<tab>16.3<tab>. <TAB> [ f K] D33 i コ向き )<TAB> <TAB>10. <TAB>1 <TAB><TAB>4 5<TAB>2 月 17 日 <TAB> 午 κ<tab>17. 17D2<TAB><TAB> 他の <TAB> 放射熱 ` 達率 :<TAB>4C65 [WY 1<TAB><TAB><TAB><TAB><TA 1<TAB>11.5<TAB>13 5 : CB <TAB>2 l C 〆 K<TAB>2 8 日 <TAB> p 齟 <TAB><TAB><TAB><TAB>21.3<TAB>21. 1<TAB> <TAB>0 5( ~) <TAB><TAB>112.2<TAB>13. 4 口 h<tab>1 1 日 <TAB><TAB>9. 7<TAB> 0 <TAB> 窓面積ヲ <TAB>W:0 33 E :0.38 <TAB> 午前 <TAB> 7<TAB>13<TAB> 鄲 : 45<TAB>2 午 κ<tab> 21 <TAB>SrO D2<TAB> ユ 8.7 表 4 CFD 計算境界条件 <TAB><TAB> 吹出口 <TAB> 込口 <TAB><TAB> 各部分西 <TAB> 8 月 20 目 <TAB> 温度 ] <TAB>15<TAB>free<TAB>4L<TAB> <TAB> <TAB>1 m s<tab> =4 5 直下 = C4<TAB>r<TAB><TAB>sli<TAB>2 月 16 日 <TAB> 温度匚 <TAB>32<TAB>free<TAB> 14.2 工 O U<TAB> <TAB>L m 〆 s<tab> 水 己 3. 6 = 垂直下 2. よ <TAB> <TAB><TAB>51ip<TAB>7. 実測結果と ダ クウカン シミュレーション結果の比較 7. 1 上下温度分布 8 月 20 日と 2 月 6 日の上下温度分 布測定結果とシミュレーション Di 結図果を NII-Electronic と図 15 に示す 測定結果から上下 Library 温度差は場所に よって異な

6 冖互 め厘 断面 A + 断面 A 断面 B 昏断面 B 三 鳩窪嚔 断面 A 凸シミュレーショー. ン篇断面 B 三 5 抑嫗 温度 [ ] 温度 [ ] 温度 [ 1 図 14 8 月 20 日の上下温度分布 ( 左 :9:30 10:30 中 :11 :30 2:30 右 :15 :00 16:00) 蹇 5M 価 温度 [ 1 量亜雪嬢 図 15 2 月 16 日の上下温度分布 に大きな製品運搬用自動上下シャッターがあり そこからの外気の流 入があるためと思われる 上下温度分布測定結果からこの工場は夏季 では成層空調になっていることが分かる 居住域の上下温度分布は夏 季と冬季ともに ISO 7730の推奨値 3 以内に収まっており 居住域の 上下温度差の許容範囲は満足されている また 床から3m 以上の上 部空聞では 夏季は高さ方向に温度勾配が現れているが 冬季の温度 は居住域より数度高く上下方向にほとんど均になっている 2 月 18 日の上下温度分布ではシミュレーションと測定とで異なる結果となっ た これは図ユ 4 からわかるように 夏の代表日 8 月 20 目の断面 A はシミュレーションと実測の空調による居住域の室内変動はほぼ致 を見せているが 冬の代表日 2 月 16 日の場合は測定とシミ = レーショ ンとの居住域温度が異なっており その分上下温度差が生じているた めと考えられる しかし 対象工場に対する大空間シミュレーション の結果は夏においては上下温度分布をよく捉えていると言える 7 2 熱負荷 夏季の測定期間中の日積算熱負荷は測定で W m2 日 シ ミュレーションで Wm2 日であった また 冬季の場合は測定で W m2 日 シミュレーションで Wfm2 日となっ た 図 16 に 8 月 18 日と 8 月 20 日の実測とシミュレーションの熱負荷 変動を示す 1 日の熱負荷変動は冷房の立ち上がりの 8 時を除いて実 測とシミュレーションとでよく致している 8 時のシミュレーショ ンと実測との熱負荷が異なったのは実際の空調時間は 8 :30 からであ り シミュレーションでは 8 時からとなっているためと考えられる また 室内設定温度を午前中定としたため シミュレーションでは ( 左 i 11:30 12 : ー r 即レ 愚 屮い聖の [ 廩 判 匝 15 :00 16: : 急 温度 [ ] 温度 [ ] :9 :30 10 :30 中 :11 :30 12 ;30 右 :15 :00 16:00) 冷房の立ち上がり時の熱負荷が過大となった lf 町廿 lli 罎 1 ゴ 図 17 に 2 月 6 日と 2 月 18 目の 1 日の熱負荷変動を示す c 熱負荷変 動パターンは午前を除いて実測とシミュレーションでほぼ同じ傾向の 結果となった しかし 午前においては空調の立ち上がり時間である 8 時では実測とかなり異なっており 負荷変動も異なる結果となった これは冷房と同様に実際の空調時間は 8 :30 からであり またシミュ レーションでは居住域設定温度を午前の平均温度を用いて計算したた め 8 時には空調設定温度と実際の室内制御温度とは 5 以上の温度 差があることからこのような結果となったと思われる また 熱負荷 の測定結果から工場の 1 日の負荷変動は空調立ち上がりを除いた時間 帯では外乱の変動とほとんど関係なく毎日ほぼ同じ変動をしているこ とがわかった 夏季と冬季の測定期閲中の目積算熱負荷を図 18 に示す 夏季と冬 季の測定期間中の熱負荷は全般的にシミュレーションの方が多い結果 となった これはシミュレーションでは設定温度を定にして熱負荷 を計算するが 実際の場合は制御対象の居住域温度が時間によって変 動するため 熱負荷変動が正確に定な設定温度の場合と異なるため と思われる また 今回行っ c9 25 た熱負荷計算に用いた日射量は 工場の ある地域と異なる福岡の気象庁のデータであるため その分誤差が生 じることになる しかし シミュレーションでは熱負荷変動は測定結 果と少し異なるが 実際の大空間工揚の熱負荷が比較的精度よく求められたと思われる 8. 実測結果と CFD 数値解析結果の比較 8 1 水平断面温度および気流速度分布 50 NII-Electronic N 工工 Eleotronio Library

7 Architectural A. h. Institute エ of f Japan 掃 n ;ii ドベ冨 ll: 葭. 逾 1 哩 10 冨 ) 40e 300m πo P D O O O 工 月 18 日 8 月 20 日 図 16 測定とシミュレーションの熱負荷変動 (8A8 8 20) 300 竈 200 還 E 磁 100 日射量. 外気温度 測定熱負荷 F 呂 15 鐙 醐 200an O O o 月 16 日 2 月 18 日 図 17 測定とシミュレーションの熱負荷変動 (2 〆 ) 1500 冠 1200 蠢 goo II 齪 シ J レー Jl 図 19 CFD 数値解析による床上 1lm の水平断面温度分布 乏戸 ざ } ( 丗 妥噸 亠 雪ダ岬 ( 謝 ( 上 :8 月 20 目 15:00 下 : 2 月 16 日 IO :00 ) 斥 ヴ 壬彡姿 7 嘸 05 ア篝きぐ 眄 茖 ま屯ミへ ) 7 ミへ拿 ) 鱗蠶 製靆記 覊 亥 欝 驛泌 趣 緯 爨 図 20 CFD 数値解析による床上.1m の水平断面気流速度分布 ( 上 : 8 月 20 日ユ 5:00 下 :2 月 16 日 10 :00 ) 虚 兀 tt 匚 饗 6 1 仁 鬱瓜 300 IFI1 図 2l CFD 数値解析による断面の垂直断面温度分布 ( 左 :8 月 20 日 15 :00 右 :2 月ユ 6 日 10 :00) 図 18 日積算熱負荷 ( 左 : 夏季 右 : 冬季 ) CFD 解析の例として 8 月 20 日 15:00 と 2 月 16 日 10 :00 の水平断面 温度分布と気流速度分布の結果をそれぞれ図 19 と図 20 に示す 図 19 に示す床上ユ.1m の水平断面温度分布の計算結果では 実測結果と同 じく主に空調機が設置されている中央部と東部の温度が作業が行われ ていない西部より夏季 8 月 20 日の 15:00 は低く 冬季 2 月 16 日の 10: 00 は高くなった ところが 8 月 2Q 日の CFD 計算結果では実測より西 部で は約 2 中央部と東部では約 0.5 高く 2 月 16 目では実測よ り西部では 0.1 中央部と東部では約 1 高い結果となった これ は実際の工揚では西部のシャッターからの自然換気があるが CFD 計 算ではこれを考慮してないためと考えられる しかし 温度分布の形 状は実際の状況をよく捉えているといえる また 図 20 に示す水平気流速度分布の CFD 解析結果を見ると 8 月 20 日と2 月 16 目の気流速度は主に空調機が設置されているところで m 〆 s であった また 8 月 20 H と 2 月 16 日の気流方向は全 結果であった ところが 図 8 に示す 8 月 20 日の 15 :00 16 : 00 の測 定結果では CFD 計算結果と異なって西部から中央部にかけては逆の方 向であっ た これは実測の場合は 時間かけて測定したため また CFD 計算では西部にある上下自動シャ ッターの開閉を考慮していない ため と思われる 82 垂直断面温度分布 図 21 に CFD 解析による夏季 8 月 20 日ユ5 :00 と冬季 2 月 16 日 le:oo の断面の垂直断面温度分布結果を示す 居住域全体が空調の設 定温度にほぼ近くなっている また 東部の断面の CFD 計算結 果では 居住域を除いた上下温度分布で 図 14 に示す 8 月 20 日の 15: 00 16:00 の断面 B の測定結果と 図 15 の 2 月 6 日の 9 :30 ユ 0 : 30 の断面 A と B の測定結果とほぼ同じ結果となった これは西 部の上下自動シャッターからの外気の影響がこの断面では少ないためではないかと考えられる 9. 考察 1) 般的に冬季には冷気に触れると不快と感じるが アンケート調査 体的に西部から中央部にかけては西から東へ東部では東から西への 結果で は気流感に対して作業者の半数以上が快適と回答した これ 51 NII-Electronic N 工工 Eleotronlo Llbrary Library

8 は この工場で主に作業を行っ ているところは暖房空気が届いている ので 暖気流に触れることが快適に感じたためと思われる 2) 夏季に大きな皐下温度分布が形成される主な原因は日射と内部発 熱によるもの 温度分布の と考えられる 図 4 に示すように特に 8 月 20 日の上下 トラバース測定結果をみると 11:30 2 :30 の測定結果で は 他の時間より上下温度差が小さい結果となっている これは 1: :30 の測定前の時間に雨が降ったため 屋根面に降り注ぐ直達 日射が. ないことと 雨により前の時間に温ま. った屋根面が冷やされた ため 屋根面の温度が下ったと考えられる. また. この工場の作業内 容上機器からの内部発熱はそれほどなく 作業人数も少ないため 1: 30 2 ;30 の上下温度差は他の時間より小さくなったと思われる 3 > 図 15 に示すように冬は室内空気温度より吹出し温度が高いため 3m 以上の空間を暖めているのは 空気の密度差により吹出された空気 が 3m 以下の居住域に届く分もあるが 直接 3m 以上の空間に拡散され る分もあるため 吹出し空気が 3m 以上の空間を暖めることとなり そ のため結果的に温度成層が生じたと思われる 4 ) 図 15 に示すように夏季に比べて冬季の実測結果とシミュレーショ ンの結果はあまりよい致を見せてない これはまず居住域の室内温 度変動の測定結果から夏の場合は室内温度変動はシミ = レーシ ョンの 居住域の空調設定値とほぼ致を見せているが 冬の場合は測定値の 室内温度が変動し場所によっても異なっているので その分上下温度 差が生じたと思われる また 測定値は瞬時値であるため西側にある 大きな製品運搬用上下シャッターからの冷たい外気が居住域温度を下 げるが シミュレーションでは空間全体の換気回数のみを算入してい るため上下温度分布が異なったと思われる 5) 図 18 に示すようにシミュレーションによる日積算熱負荷は冬季の 場合がより実測に近い結果となっている これは 図 16 図 17 に示 す実測とシミュレーションとの熱負荷変動が夏季より冬季に近い結果 を示していることから シミュレーションの日積算の熱負荷は夏季よ り冬季の方が測定結果に近くなったと思われる 6)CFD による数値解析では 西部にある上下自動シャッターの開閉を 考慮していないため居住域の水平温度分布や気流分布などが所々で実 測結果とやや違う結果となったが その分布形状は実測結果をよくと らえられていると思われる このことから他の日時についても急激な外乱の変動はないことから同様の結果が得られるものと推定される また 図 9 の水平温度分布と図 20 の水平気流速度分布の結果から 大空間の空調の場合主に作業が行われているところを中心に空調できることが CFD 解析でも示されたと考えられる 10. 結論 夏季と冬季の大空間工場の空調による室内環境と熱負荷について実 測とシミュレーションおよび CFD 解析を行い 以下の結果を得た 1) この測定を行った工場では夏は冷房気流が主に作業が行われてい る空聞を冷却し 冬季は空調機が設置されていない西部の冷たい空気 が暖房されている中央部と東部へ拡散されるという状況が確認され た 2> 上下温度分布の測定結果から 床から 3m 以上の空間では夏季の場 合上下温度差が現れているが 冬季ではほとんどなく 居住域より上 部の空間が暖められることが明らかとなった 3 ) また 夏の居住域温度は実測とシミュレーションとで少し違うも のの上下温度差はよく致した 冬はシミュレーションの方が 11 時より 15 時の上下温度差が大きい結果となった これはシミュレー ションでは実際のような居住域の温度変動がなく 常時設定温度に保たれるとしているためと思われる 4 ) 夏冬ともに空調の立ち上がりの 8 時の熱負荷が実測よりシミュ レーションの方が大きくなった これは実際の空調時間は 8 :30 から で またシミュレーシ g ンでは居住域設定温度を午前の平均温度を用 いて計算したため 8 時にはシミュレーションの空調設定温度と実際 の室内設定温度とが異なっているためだと思われる 5 ) 夏と冬の測定期間中の日積算熱負荷は全般的にシミュレーション の方が多くなったが 熱負荷の日変動の比較からシミュレーションは 立上がり時を除いてこの工場の熱負荷をよく示すことができたと判断される 6 ) アンケート調査結果と PMV 測定結果からこの工場の作業員は夏季 冬季とも温熱環壌にやや満足しており 冬季の温熱環境に慣れている と思われる また においに関しては夏季 冬季ともに平均的に やにおう と回答した 7)8 月 20 目の CFD 計算結果では実測より西部では約 2 中央部と東 部では約 0.5 高く 2 月 16 日では実測より西部では 01 中央部 と東部では約 高い結果となった これは実際の工場では西部の自 動上下シャッターからの自然換気があるが CFD 計算ではこれを考慮 してないためと考えられる しかし CFD による数値解析では 居住 域の温度分布や気流分布などが実測結果とおおむね同じ形状になっ ことから実際の状況がよく捉えられたといえる 本研究は早稲田大学理工学総合研究センターと九州電力電工との共同研究によるもので部は既に報告した S 謝辞 や 九 本研究にあたり九州電力株式会社の山下政夫氏 山崎達也氏 株式会社九電工の北村邦彦氏 毛利美氏に多大な協力を頂きまた ここに記レて深謝の意を表します 注 ) 気流解析には α flow 気流解析プログラムを用いた 文献 1 ) 宮川 : 大空間の上下温度分布算定に関する実験的研究 日本建築学会論文報 告集 第 286 号 pp 昭和騒 年 12 月 2) 戸河里 荒井 三浦 ; 大空間の空調 熱環境計画手法の研究 ( その 1 その 2 ) 日本建築学会計画系論文報告集 第 427 号 pp 年 9 月 第 435 号 pp 年 5 月 3 ) 空気調和 衛生工学会 : 大空間の熱負荷計算法 熱負荷算法小委員会報告集 1993 年 3 月 4 ) 平松 原田 村上 他 : 実験用実大アトリウム内の温熱環境解析 ( その 1 5) 日本建築学会学術講演梗概集 D 1995 年 空気調和衛生学会学術講演 論文集 年 5> 平松 原田 村上 他 : 自然室温時における室内温熱環暁の統計的解析 その 2 実験用実大アトリウム内の温熱環境解析 目本建築学会計画系論文 集 第 504 号 1998 年 2 月 第 435 号 pp 年 5 月 6 > 加藤 村上 他 : 自然換気される大規模卸市場内の夏季温熱空気環境に閲する研究 ( その 1 その 2 ) 空気調和 衛生工学会学術講演論文集 pp 年 10 月 7 ) 小林 他 : 低層建物におけるアトリウム環境の実測調査 ( その 1 5 ) 日. 本建築学会学術講演梗概集 pp 年 9 月 8 ) 宋 木村 北村 他 ; 大空聞工揚の熱負荷に関する研究 ( その工 その 2) 空気調和 衛生工学会学術講演論文集 pp 年 9 月 (2001 年 7 月 6 日原稿受理.2002 年工月 18 日採用決定 ) た 52 NII-Electronic N 工工 Eleotronio Library

新事業分野提案資料 AED(自動体外式除細動器) 提案書

新事業分野提案資料 AED(自動体外式除細動器) 提案書 エコミスト冷却効果測定結果資料 ( エコミスト SS エコミスト FS 他 ) 平成 23 年 3 月 株式会社イマギイレ 1 エコミスト SS 冷却効果測定結果 エコミスト SS( システムタイプ ) を自社整備工場に設置し 夏期の冷却効果 = 気温低減効果を任意の条件下で実測した結果を示したものです 2 エコミスト SS 冷却効果 ( 大宮工場デモ機 : 測定概要 ) 測定期間 :2009 年

More information

パッシブ設計実測比較_薪ストーブ編

パッシブ設計実測比較_薪ストーブ編 住宅性能診断士ホームズ君 省エネ診断エキスパート パッシブ設計オプション 室温シミュレーションと実測温度の比較 薪ストーブ編 2018/5/25 1 概要 1階 1階リビングに設置された薪ストーブを17時 22時まで稼働した場合の 実測の室温と パッシブ設計 ( )のシミュレーションで求 めた室温との比較を行う 暖房器具 薪ストーブ(輻射式) 最大出力 バーモントキャスティングス社 アンコール model

More information

Microsoft PowerPoint - 第7章(自然対流熱伝達 )_H27.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 第7章(自然対流熱伝達 )_H27.ppt [互換モード] 第 7 章自然対流熱伝達 伝熱工学の基礎 : 伝熱の基本要素 フーリエの法則 ニュートンの冷却則 次元定常熱伝導 : 熱伝導率 熱通過率 熱伝導方程式 次元定常熱伝導 : ラプラスの方程式 数値解析の基礎 非定常熱伝導 : 非定常熱伝導方程式 ラプラス変換 フーリエ数とビオ数 対流熱伝達の基礎 : 熱伝達率 速度境界層と温度境界層 層流境界層と乱流境界層 境界層厚さ 混合平均温度 強制対流熱伝達 :

More information

粒子画像流速測定法を用いた室内流速測定法に関する研究

粒子画像流速測定法を用いた室内流速測定法に関する研究 可視化手法を用いた室内気流分布の測定法に関する研究 -PIV を用いた通風時及び空調吹出気流の測定 - T08K729D 大久保肇 指導教員 赤林伸一教授 流れの可視化は古来より流れの特性を直感的に把握する手法として様々な測定法が試みられている 近年の画像処理技術の発展及び PC の性能向上により粒子画像流速測定法 (PIV ) が実用化されている Particle Image Velocimetry

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション T13K707D 蜂谷亮祐 指導教員 赤林伸一教授 研究目的 住宅における冷暖房のエネルギー消費量は 住宅全体のエネルギー消費の約 1/ 4 を占め 冷暖房機器の運転効率の向上は省エネルギーの観点から極めて重要である 動力 照明他 38.1% 厨房 9.1% 冷房 % 2014 年度 34,330 MJ/ 世帯 暖房 22.9% 給湯 27.8% 24.9% 図世帯当たりのエネルギー消費原単位と用途別エネルギー消費の推移

More information

3. 測定結果 床吹出し空調は 7 階会議室と 17 階幹部室で実施したが 計測結果は室用途や使用状況から若干の違いはあるものの ほぼ同様な傾向を示すことから本報告はその内容を特徴的に表す 17 階幹部室の計測データを報告する 夏期 (1) 室内温度分布 冬期 図.4 17 階幹部室温度 ( 床吹出

3. 測定結果 床吹出し空調は 7 階会議室と 17 階幹部室で実施したが 計測結果は室用途や使用状況から若干の違いはあるものの ほぼ同様な傾向を示すことから本報告はその内容を特徴的に表す 17 階幹部室の計測データを報告する 夏期 (1) 室内温度分布 冬期 図.4 17 階幹部室温度 ( 床吹出 平成 23 年度 クールビズ / ウォームビズ空調における効果検証について 札幌第 1 地方合同庁舎の事例報告 北海道開発局営繕部営繕整備課 佐藤貴裕永井宏明 本報告は 平成 2 21 年度に実施した札幌第 1 地方合同庁舎の空調設備改修工事において 床吹出し空調システムを採用したクールビズ / ウォームビズ対策を主体とした改修内容について効果 検証を行ったものである 今回の報告が 行政サービス環境の確保と空調エネルギーの削減を両立させるひとつの手法として

More information

Microsoft Word - 防露試験ガイドライン doc

Microsoft Word - 防露試験ガイドライン doc 計算の結果による温熱環境 ( 結露の発生を防止する対策 ) に関する試験ガイドライン 一般社団法人住宅性能評価 表示協会 ( 平成 21 年 11 月 2 日制定 ) このガイドラインは 5-1 省エネルギー対策等級 の (3) イ3 結露の発生を防止する対策に関する基準において 計算の結果をもとに結露の発生を防止する特別の構造方法に関する試験を行う際の方法を定めるものである 1. 定義 (1) 試験

More information

粒子画像流速測定法を用いた室内流速測定法に関する研究

粒子画像流速測定法を用いた室内流速測定法に関する研究 住宅用電化厨房を対象とした高効率換気 空調方式に関する実験的研究レンジ周辺の気流性状に関する PIV 解析とレンジフード捕集率の測定 T13K700G 永田貴一 指導教員 赤林伸一教授 研究目的 近年 住宅用厨房において電磁調理器 (IH レンジ ) が普及している IH レンジはガスレンジに比較してレンジ上に生じる上昇気流速度が遅く 人の動きや空調に伴う室内気流の擾乱を受けやすいと考えられる 又

More information

<4D F736F F F696E74202D2092B788E42D C838B834D815B8C768E5A2E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D2092B788E42D C838B834D815B8C768E5A2E B8CDD8AB B83685D> 放射 ( 輻射 ) 冷暖房の 消費エネルギー計算 東京理科大学長井達夫 はじめに 放射冷暖房の位置付け 放射 建築一体化 水式 TABS 天井パネル 床下配管 + 床下給気 チャンバー給気 + 有孔パネル 空気式 水 空気式 チルドビーム パッシブ アクティブ 自立型 自立パネル ( 水 電気 ) 対流 空調機 FCU 放射冷暖房の位置付け 建築一体化 天井パネル 自立型 放射 水式 TABS 天井パネル

More information

Microsoft PowerPoint - 資料7-5.ppt

Microsoft PowerPoint - 資料7-5.ppt 太陽エネルギー新利用システム技術開発研究事業 ( 事後評価 ) 第 1 回分科会資料 資料 7-5 新エネルギー技術開発研究太陽エネルギー新利用システム技術開発研究空気集熱式ソーラー除湿涼房システムの研究開発 委託先名オーエム計画株式会社 原簿 P.ⅴ-1 1 概要 < 研究開発の背景 > OMソーラーシステムは空気集熱式太陽熱暖房 換気 給湯システムである 施設建築 ( 宿泊施設 病院などを除く

More information

外気カット制御 有 外気冷房制御 無 全熱交換器制御 有 ( 全熱交換効率 0.) 2 換気設備 室用途毎に基準設定換気風量 ( 換気回数 ) 基準設定全圧損失 標準的な送風機の送風機効 率 伝達効率 余裕率 モータ効率を定め これらを標準設備仕様とする 基準設定換気風量 : 設計者へのヒアリング調

外気カット制御 有 外気冷房制御 無 全熱交換器制御 有 ( 全熱交換効率 0.) 2 換気設備 室用途毎に基準設定換気風量 ( 換気回数 ) 基準設定全圧損失 標準的な送風機の送風機効 率 伝達効率 余裕率 モータ効率を定め これらを標準設備仕様とする 基準設定換気風量 : 設計者へのヒアリング調 建築物の基準一次エネルギー消費量の算定方法について ( 案 ) 参考資料 -1 ( 第 1 回合同会議配布資料 -2 を改訂 ) 1. 基準一次エネルギー消費量の算定方法について (1) 目標水準とする 基準一次エネルギー消費量 は 設備毎 地域毎 室用途毎に与えられる 基準一次エネルギー消費量原単位 (MJ/m2 年 ) を元に算出される (2) 基準一次エネルギー消費量原単位 は 次の(3) の通り決定する

More information

平均皮温・体内温予測モデルを用いた暑熱環境の評価−予測モデルの検証実験−

平均皮温・体内温予測モデルを用いた暑熱環境の評価−予測モデルの検証実験− Title 平均皮温 体内温予測モデルを用いた暑熱環境の評価 予測モデルの検証実験 中谷, 則天 ; 桑原, 浩平 ; 窪田, 英樹 ; 濱田, 靖弘 ; 中村, 真人 ; 馬締, 俊佑 ; 加藤, Author(s) 行 ; 渡部, 弘隆 Citation 衛生工学シンポジウム論文集, 3: 27-3 Issue Date 5-- Doc URL http://hdl.handle.net/25/

More information

結露の発生を防止する対策に関する試験ガイドライン

結露の発生を防止する対策に関する試験ガイドライン 計算の結果による温熱環境 ( 結露の発生を防止する対策 ) に関する試験ガイドライン 一般社団法人住宅性能評価 表示協会 ( 平成 21 年 11 月 2 日制定 平成 27 年 2 月 27 日修正 ) このガイドラインは 5-1 断熱等性能等級 の (3) ハの結露の発生を防止する対策に関する 基準において 計算の結果をもとに結露の発生を防止する特別の構造方法に関する試験の方法を 定めるものである

More information

はじめに 平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます 平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます この度は 屋根改修に際し 弊社 イソタンシステム ご提案の機会を賜りまこの度は 屋根改修に際し 弊社 イソタンシステム ご提案の機会を賜りました事を重ねて御礼申し上げます した事を重ねて御礼申し

はじめに 平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます 平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます この度は 屋根改修に際し 弊社 イソタンシステム ご提案の機会を賜りまこの度は 屋根改修に際し 弊社 イソタンシステム ご提案の機会を賜りました事を重ねて御礼申し上げます した事を重ねて御礼申し 御中 提案書 イソタンシステム断熱効果試算 2012 年 10 月 この資料の無断複製 使用を一切禁止致します はじめに 平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます 平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます この度は 屋根改修に際し 弊社 イソタンシステム ご提案の機会を賜りまこの度は 屋根改修に際し 弊社 イソタンシステム ご提案の機会を賜りました事を重ねて御礼申し上げます した事を重ねて御礼申し上げます

More information

実験題吊  「加速度センサーを作ってみよう《

実験題吊  「加速度センサーを作ってみよう《 加速度センサーを作ってみよう 茨城工業高等専門学校専攻科 山越好太 1. 加速度センサー? 最近話題のセンサーに 加速度センサー というものがあります これは文字通り 加速度 を測るセンサーで 主に動きの検出に使われたり 地球から受ける重力加速度を測定することで傾きを測ることなどにも使われています 最近ではゲーム機をはじめ携帯電話などにも搭載されるようになってきています 2. 加速度センサーの仕組み加速度センサーにも様々な種類があります

More information

() 実験 Ⅱ. 太陽の寿命を計算する 秒あたりに太陽が放出している全エネルギー量を計測データをもとに求める 太陽の放出エネルギーの起源は, 水素の原子核 4 個が核融合しヘリウムになるときのエネルギーと仮定し, 質量とエネルギーの等価性から 回の核融合で放出される全放射エネルギーを求める 3.から

() 実験 Ⅱ. 太陽の寿命を計算する 秒あたりに太陽が放出している全エネルギー量を計測データをもとに求める 太陽の放出エネルギーの起源は, 水素の原子核 4 個が核融合しヘリウムになるときのエネルギーと仮定し, 質量とエネルギーの等価性から 回の核融合で放出される全放射エネルギーを求める 3.から 55 要旨 水温上昇から太陽の寿命を算出する 53 町野友哉 636 山口裕也 私たちは, 地球環境に大きな影響を与えている太陽がいつまで今のままであり続けるのかと疑問をもちました そこで私たちは太陽の寿命を求めました 太陽がどのように燃えているのかを調べたら水素原子がヘリウム原子に変化する核融合反応によってエネルギーが発生していることが分かった そこで, この反応が終わるのを寿命と考えて算出した

More information

<4D F736F F D2091E6358FCD31328B438FDB A5182F08ADC82DE816A2E646F6378>

<4D F736F F D2091E6358FCD31328B438FDB A5182F08ADC82DE816A2E646F6378> 注 : 大阪管区気象台における平成 15 年から平成 24 年の観測データを元に作成 図 5-12-3 日最大平均風速の風向出現頻度 346 5.12. 2 施設の存在に伴う影響の予測 評価 (1) 予測内容施設の存在に伴う影響として 建築物の出現が事業計画地周辺の風環境に及ぼす影響について 風洞実験により予測した 予測内容は表 5-12-2 に示すとおりである 表 5-12-2 予測内容 予測項目予測範囲

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 評価協外皮計算書 AFGC 追記版 を使用した外皮計算手順 この計算書は 一般社団法人住宅性能評価 表示協会 作成の外皮性能計算書 (Ver3.2) に旭ファイバーグラスで追記をしたものです 既に入力されている面積や開口部情報は 自立循環型住宅への設計ガイドライン に掲載の 温暖地モデルプラン の情報です [ 充填断熱用 ] 2016 年 10 月 1 日 評価協外皮計算書 AFGC 追記版 記入方法ご案内

More information

タンニン酸を用いた師範RO/NF膜の酸化剤体制処理

タンニン酸を用いた師範RO/NF膜の酸化剤体制処理 戸建住宅の建物配置と通風量の関係に関する研究 竹本優貴 1* 竹林英樹 1* 1 工学研究科建築学専攻 キーワード : 戸建住宅 自然通風 CFD 換気回数 住宅団地 本研究では, 実在住宅モデルを対象として開口面積や主風向と換気回数の関係を分析した. 更に, モデル化した住宅街区を対象として隣棟間隔や角地などの住宅配置と平均通風量比の関係を分析した. 標準的な住宅団地では, 南側と北側の住宅間の換気回数に大きな差が生じるが,

More information

<4D F736F F D208EAD93874B B205A454289BB89FC8F438EC08FD88E8E8CB12E646F63>

<4D F736F F D208EAD93874B B205A454289BB89FC8F438EC08FD88E8E8CB12E646F63> 鹿島 KI ビル ZEB 化改修実証試験 Renovation Technology for Kajima KI Building towards the Net-Zero Energy Building 鹿島建設株式会社建築設計本部設備設計統括グループ KAJIMA CORPORATION,Architectural Design Division Mechanical and Electrical

More information

風力発電インデックスの算出方法について 1. 風力発電インデックスについて風力発電インデックスは 気象庁 GPV(RSM) 1 局地気象モデル 2 (ANEMOS:LAWEPS-1 次領域モデル ) マスコンモデル 3 により 1km メッシュの地上高 70m における 24 時間の毎時風速を予測し

風力発電インデックスの算出方法について 1. 風力発電インデックスについて風力発電インデックスは 気象庁 GPV(RSM) 1 局地気象モデル 2 (ANEMOS:LAWEPS-1 次領域モデル ) マスコンモデル 3 により 1km メッシュの地上高 70m における 24 時間の毎時風速を予測し 風力発電インデックスの算出方法について 1. 風力発電インデックスについて風力発電インデックスは 気象庁 GPV(RSM) 1 局地気象モデル 2 (ANEMOS:LAWEPS-1 次領域モデル ) マスコンモデル 3 により 1km メッシュの地上高 70m における 24 時間の毎時風速を予測し 2000kW 定格風車の設備利用率として表示させたものです 数値は風車の定格出力 (2000kW)

More information

放射併用パーソナル空調システムの導入事例

放射併用パーソナル空調システムの導入事例 放射併用パーソナル空調システムの導入事例 キーワード / 空調計画 放射空調 パーソナル空調 事務所 リニューアル 1. はじめに 近年, オフィスの知的生産性に関する研究が産官学で広く実施され, その関心が高まってきており, これまで以上にオフィス空間の居住環境の質を高めることが望まれている さらに, 環境負荷低減は, 社会的な絶対条件であり, 快適なオフィス環境の創出を省エネルギーで達成することが求められている

More information

5

5 商品特長 基本性能 商品特長 施工例 ハイレベルな断熱性能 快適な生活を頼もしくバックアップします アルミと樹脂の複合構造を採用し 高い断熱クオリティをもつ エピソード エピソード Type S 引違い系 単体 面格子付 断熱性と日射熱取得率 シャッター付 平成25年省エネルギー基準 雨戸付 室外側 ア ルミ 室内側 樹 脂 建具とガラスの組合せによる熱貫流率および日射熱取得率 設計施工指針 別表第7

More information

< 検証実験の背景 > SNS 上で 夏場にエアコンをつけっぱなし運転したら電気代が安くなった という情報が拡散したことをきっかけに エアコンをつけっぱなしするのとこまめに入り切りするのでは どちらが安くなるか に関心が集まっています 夏場のエアコン利用に関して 100 名の方にアンケートを行ったと

< 検証実験の背景 > SNS 上で 夏場にエアコンをつけっぱなし運転したら電気代が安くなった という情報が拡散したことをきっかけに エアコンをつけっぱなしするのとこまめに入り切りするのでは どちらが安くなるか に関心が集まっています 夏場のエアコン利用に関して 100 名の方にアンケートを行ったと ニュースレター 第 5 回 ダイキン空気のお悩み調査隊がゆく! 2016 年 8 月 12 日 8 月の猛暑日 大阪の築 10 年 南向きマンション 2 部屋での検証結果日中 30 分の外出ならエアコンは切るより つけっぱなし がお得でした! 時間に関係なくいつでも つけっぱなし にするのは逆効果 ダイキン工業株式会社は 空気のプロとして空気にまつわる課題や悩みごと 素朴な疑問を検証する ダイキン空気のお悩み調査隊

More information

三建設備工業つくばみらい技術センター汎用機器を用いた潜熱処理システムの運転実績

三建設備工業つくばみらい技術センター汎用機器を用いた潜熱処理システムの運転実績 三建設備工業つくばみらい技術センター汎用機器を用いた潜熱処理システムの運転実績 三建設備工業 技術本部技術研究所佐藤英樹 キーワード / ZEB 潜熱処理システム 汎用機器 1. はじめに 三建設備工業つくばみらい技術センターでは, ゼロエネルギービル (ZEB) をめざして, 地中熱利用の天井放射空調システムを中心とした改修工事を行い 1),2010 年 1 月より運用を開始した 2011 年度は,

More information

工場など天井が高く、中・大規模な空間の効率的な空調を実現する置換換気空調用パッケージエアコンを製品化

工場など天井が高く、中・大規模な空間の効率的な空調を実現する置換換気空調用パッケージエアコンを製品化 2009 年 7 月 28 日 日立アプライアンス株式会社 工場など天井が高く 中 大規模な空間の効率的な空調を実現する置換換気空調用パッケージエアコン (*1) を製品化 建屋全体を空調する混合空調方式 (*2) に比べ 消費電力量や CO2 排出量を約 4 割削減 (*3) 可能 日立アプライアンス株式会社 ( 取締役社長 : 石津尚澄 ) は 工場など 天井が高く 中 大規模な建屋などにおいて

More information

加熱式たばこ使用時の空気環境影響について

加熱式たばこ使用時の空気環境影響について 加熱式たばこ使用時の空気環境影響について 2018 年 10 月 2 日 日本たばこ産業株式会社 加熱式たばこ使用時の室内空気環境への影響調査 1 調査実施者 日本たばこ産業株式会社 調査銘柄 当社銘柄 他社銘柄 当社代表銘柄 ( タール 6mg) 調査概要 喫茶店におけるおよび非における室内空気環境への影響調査 実在する飲食店 ( カフェ ) において でたばこを 15 分間使用した際のと非の室内空気環境への影響を調査

More information

A 計算に使用したモデル ( 平面図 立面図 面積表 ) 自立循環型住宅設計ガイドライン設定モデル住宅 ( 一般モデル ) 木造 2 階建延床面積 m2 1~3 地域 4~7 地域 寒冷地モデル 温暖地モデル 部位 面積 [ m2 ] 長さ [m] 部位 面積 [ m2 ] 長さ [m

A 計算に使用したモデル ( 平面図 立面図 面積表 ) 自立循環型住宅設計ガイドライン設定モデル住宅 ( 一般モデル ) 木造 2 階建延床面積 m2 1~3 地域 4~7 地域 寒冷地モデル 温暖地モデル 部位 面積 [ m2 ] 長さ [m] 部位 面積 [ m2 ] 長さ [m G1,G2 外皮水準と住宅シナリオ設定に用いた条件 概要 1. 計算モデル 設定項目 設定内容 自立循環型住宅設計ガイドライン設定モデル住宅 ( 一般モデル ) 平面図及び立体図はページ A をご参照ください 2. 構法木造軸組構法 3. 断熱仕様 別表の仕様にて外皮性能 U A 値を確認した ページ B 表 1 表 2 をご参照ください 4. 暖房負荷 室内温熱環境計算に使用したプログラム AECAD

More information

1

1 あなたご自身のことについてお答え下さい 性別 年齢 この職場における勤続年数 他の厨房で働いたことがありますか? ある と答えた方に伺います 今までに何カ所の厨房で働いたことがありますか? その厨房の種類 それが何カ所目の厨房であるかもお書き下さい 期間 これからお答えいただくアンケートにおいては 以下の事を注意して下さい あなたは暑がりですか寒がりですか? あなたは汗かきですか? 今日のあなたの体調はいかがですか?

More information

PRESS RELEASE (2016/11/29) 九州大学広報室 福岡市西区元岡 744 TEL: FAX: URL:

PRESS RELEASE (2016/11/29) 九州大学広報室 福岡市西区元岡 744 TEL: FAX: URL: PRESS RELEASE (2016/11/29) 九州大学広報室 819-0395 福岡市西区元岡 744 TEL:092-802-2130 FAX:092-802-2139 MAIL:koho@jimu.kyushu-u.ac.jp URL:http://www.kyushu-u.ac.jp 地形起因の大気乱流が大型風車の構造強度に与える影響の評価に成功 - 大規模風力発電の普及 拡大に期待

More information

技術名

技術名 統合環境制御装置の開発 農業技術センター [ 背景 ねらい ] 県内の先進的農家では光合成を促進することなどを目的に ハウス内の温度 湿度 炭酸ガス濃度を制御する栽培方法が行われている この栽培方法では その日の気象状況により 温度 湿度 炭酸ガス濃度を制御する装置の設定値を自動的に調整する統合環境制御が効率的であるが 既存の装置では刻々と変化する気象状況に応じて設定条件を変更することは不可能である

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 評価協外皮計算書 AFGC 追記版 を使用した外皮計算手順 この計算書は 一般社団法人住宅性能評価 表示協会 作成の外皮性能計算書 (Ver3.2) に旭ファイバーグラスで追記をしたものです 既に入力されている面積や開口部情報は 自立循環型住宅への設計ガイドライン に掲載の 寒冷地モデルプラン の情報です [ 充填 + 付加断熱用 ] 2016 年 10 月 11 日 評価協外皮計算書 AFGC 追記版

More information

Microsoft Word - 第5章.doc

Microsoft Word - 第5章.doc 第 5 章表面ひび割れ幅法 5-1 解析対象 ( 表面ひび割れ幅法 ) 表面ひび割れ幅法は 図 5-1 に示すように コンクリート表面より生じるひび割れを対象とした解析方法である. すなわち コンクリートの弾性係数が断面で一様に変化し 特に方向性を持たない表面にひび割れを解析の対象とする. スラブ状構造物の場合には地盤を拘束体とみなし また壁状構造物の場合にはフーチングを拘束体として それぞれ外部拘束係数を定める.

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

研究成果報告書

研究成果報告書 様式 C-19 科学研究費補助金研究成果報告書 平成 21 年 6 月 13 日現在 研究種目 : 基盤研究 (C) 研究期間 :2007~2008 課題番号 :19560598 研究課題名 ( 和文 ) 外気負荷低減型空調システムのシミュレーションによる研究 研究課題名 ( 英文 ) Simulation study on the indoor climate control systems focused

More information

EOS: 材料データシート(アルミニウム)

EOS: 材料データシート(アルミニウム) EOS EOS は EOSINT M システムで処理できるように最適化された粉末状のアルミニウム合金である 本書は 下記のシステム仕様により EOS 粉末 (EOS art.-no. 9011-0024) で造形した部品の情報とデータを提供する - EOSINT M 270 Installation Mode Xtended PSW 3.4 とデフォルトジョブ AlSi10Mg_030_default.job

More information

スライド 1

スライド 1 平成 25 年度三団体情報交換会 : 技術報告 無断配布禁止 日射による内部温度上昇の基礎研究 ( 鋼板製キャヒ ネット 樹脂製ホ ックス ) 2013 年 5 月 10 日 一般社団法人キャビネット工業会 技術部会技術委員後藤茂之 テーマ 日射によるキャビネット内部温度上昇の基礎研究 ( 鋼板製キャヒ ネット 樹脂製ホ ックス ) p2 研究背景 キャビネット及びボックス内に設置される機器の多種多様化

More information

Kuken kogyo Co.,Ltd. D & Return Grille Catalog Contents Photo Index Photo Index Photo Index Floor Multi Automatic Type Automatic Type Automatic Type Automatic Type Automatic Type オート型温度センサー付シリーズ

More information

Microsoft Word - testing_method_desiccant_ docx

Microsoft Word - testing_method_desiccant_ docx 調湿外気処理機の性能試験方法 及び表示方法 2017 年 3 月 まえがき この指針は 国土交通省国土技術政策総合研究所及び国立研究開発法人建築研究所の協力の下 一般社団法人日本サステナブル建築協会建築物新省エネ基準検討委員会設備込基準 WG 空調 換気 SWG 熱源特性 TG で作成した指針である この指針につき 同一性を害しない形で 複製 無料配布することは許容するが 変更 切除 加工その他の改変

More information

30 3 3 6,745 3,000 JK 34 2 2

30 3 3 6,745 3,000 JK 34 2 2 .03.06 1 30 3 3 6,745 3,000 JK 34 2 2 3 110 70 LVL 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 エネルギー ①パッシブ技術と先進アクティブ技術で 80%省エネルギーを実現する住宅 提案と結果 エネマネハウス 反省点 GJ 55.0 電気使用量の増大 予想される原因と して建物のボリューム 空調負荷 45.0 20.9 給湯負荷抑制 35.0

More information

Microsoft PowerPoint _BEST建築初級_講義用.pptx

Microsoft PowerPoint _BEST建築初級_講義用.pptx 建築計算の基本とデータ構成 株式会社 建設計 久保 真俊 1 1.BESTの概要 2. 建築単独計算に必要な入力項目 3. 気象データ 4. スケジュールデータ 5. 隣接ゾーンとの熱的相互影響 6. 計算時間間隔 7. 最大負荷計算 8. 計算タイプの切り替え 2 BEST 簡易版 計画の初期段階で 発注者や建築設計者でも計算できるツールです BEST( 誘導基準認定ツール ) H28 年省エネ基準に対応した設計ツールです

More information

オフィスのエアコンの設定温度 ( 冷房時 ) は 26 が最多 (24.8%)! Q1. 夏場 あなたが勤めるオフィスの冷房の設定温度は 通常何 に設定していますか? 22 以下 1.9%( 19) %( 17) %( 57) %(163) %(2

オフィスのエアコンの設定温度 ( 冷房時 ) は 26 が最多 (24.8%)! Q1. 夏場 あなたが勤めるオフィスの冷房の設定温度は 通常何 に設定していますか? 22 以下 1.9%( 19) %( 17) %( 57) %(163) %(2 NEWS RELEASE 報道関係各位 2017 年 8 月 7 日 ビジネスパーソン 1,000 名に聞く 夏のオフィス環境に関する意識と実態調査 ~ クールビズ 28 は エアコンの設定温度 ではなく 室内温度 ~ 7 割以上がクールビズを勘違いしていた! ビルを まるごと 心地よくする 三菱電機ビルテクノサービス株式会社では 夏のオフィスにおけるクールビズや空調機器 ( エアコンなど ) に関する意識や実態を探るべく

More information

Microsoft PowerPoint - hiei_MasterThesis

Microsoft PowerPoint - hiei_MasterThesis LHC 加速器での鉛鉛衝突における中性 πおよびω 中間子測定の最適化 日栄綾子 M081043 クォーク物理学研究室 目的 概要 目的 LHC 加速器における TeV 領域の鉛鉛衝突実験における中性 π および ω 中間子の測定の実現可能性の検証 および実際の測定へ向けた最適化 何故鉛鉛衝突を利用して 何を知りたいのか中性 πおよびω 中間子測定の魅力 ALICE 実験検出器群 概要予想される統計量およびバックグランドに対するシグナルの有意性を見積もった

More information

1 (1) X = AB + AB, Y = C D + C D, Z = AD + AD P A, B, C, D P = (XY + X Y + X Y )(Y Z + Y Z + Y Z )(ZX + Z X + Z X ) (2) Q A, B, C, D Q = AB C D + AB C

1 (1) X = AB + AB, Y = C D + C D, Z = AD + AD P A, B, C, D P = (XY + X Y + X Y )(Y Z + Y Z + Y Z )(ZX + Z X + Z X ) (2) Q A, B, C, D Q = AB C D + AB C 平成 28 年度 10 月期入学 / 平成 29 年度 4 月期入学京都大学大学院情報学研究科修士課程システム科学専攻入学者選抜試験問題 専門科目 試験日時 : 平成 28 年 8 月 8 日 ( 月 ) 午後 1 時 00 分より同 4 時 00 分 問題冊子頁数 ( 表紙 中表紙 裏表紙を除いて ): 15 頁 選択科目 : 下記の科目のうち 2 科目を選択し解答すること 注意 : 論理回路 (3)

More information

図 - 1 設備関連改修工事の取組み 2. 自然エネルギーと高効率機器を利用した熱源システム 2.1 熱源システム概要熱源システムは, 自然エネルギーの有効利用 高効率 トップランナーシステムの採用 をポイントとして計画し, 電気とガス, および氷蓄熱システム ( 既設再利用 ) による夜間電力を利

図 - 1 設備関連改修工事の取組み 2. 自然エネルギーと高効率機器を利用した熱源システム 2.1 熱源システム概要熱源システムは, 自然エネルギーの有効利用 高効率 トップランナーシステムの採用 をポイントとして計画し, 電気とガス, および氷蓄熱システム ( 既設再利用 ) による夜間電力を利 リニューアルの動向 2013 特集 2. オフィスのリニューアル事例 新菱冷熱工業本社ビルにおける省エネ改修 福井雅英 MASAHIDE FUKUI ( 新菱冷熱工業 中央研究所サステナブルエネルギーシステムグループ ) はじめに 1970 年の竣工から40 年が経過した新菱冷熱本社ビル ( 以下, 本社ビルとよぶ ) は, 基本設備は竣工当初のものであり, 老朽化に対する対応が求められていた また,

More information

発売の狙い 昨今の電力事情から節電に対する関心は高く 業務用エアコンにおいてもより一層の省エネ 節電を強く求められています また エネルギー効率が高い製品の使用を促進するために 省エネルギー法で 2015 年度に具体的に達成すべき基準値が定められています 当社は今回 機器本体の省エネ性の向上を図り

発売の狙い 昨今の電力事情から節電に対する関心は高く 業務用エアコンにおいてもより一層の省エネ 節電を強く求められています また エネルギー効率が高い製品の使用を促進するために 省エネルギー法で 2015 年度に具体的に達成すべき基準値が定められています 当社は今回 機器本体の省エネ性の向上を図り ( リ本 No.1402) 2014 年 1 月 16 日三菱電機株式会社 4 方向天井カセット形をフルモデルチェンジ 省エネ性 快適性が向上三菱電機パッケージエアコン スリム ZR シリーズ新商品発売のお知らせ 三菱電機株式会社は 4 方向天井カセット形の全能力帯において業界トップ 1 の通年エネルギー消費効率 (APF) を達成した店舗 事務所用パッケージエアコン スリム ZR シリーズ新商品

More information

画像類似度測定の初歩的な手法の検証

画像類似度測定の初歩的な手法の検証 画像類似度測定の初歩的な手法の検証 島根大学総合理工学部数理 情報システム学科 計算機科学講座田中研究室 S539 森瀧昌志 1 目次 第 1 章序論第 章画像間類似度測定の初歩的な手法について.1 A. 画素値の平均を用いる手法.. 画素値のヒストグラムを用いる手法.3 C. 相関係数を用いる手法.4 D. 解像度を合わせる手法.5 E. 振れ幅のヒストグラムを用いる手法.6 F. 周波数ごとの振れ幅を比較する手法第

More information

64 3 g=9.85 m/s 2 g=9.791 m/s 2 36, km ( ) 1 () 2 () m/s : : a) b) kg/m kg/m k

64 3 g=9.85 m/s 2 g=9.791 m/s 2 36, km ( ) 1 () 2 () m/s : : a) b) kg/m kg/m k 63 3 Section 3.1 g 3.1 3.1: : 64 3 g=9.85 m/s 2 g=9.791 m/s 2 36, km ( ) 1 () 2 () 3 9.8 m/s 2 3.2 3.2: : a) b) 5 15 4 1 1. 1 3 14. 1 3 kg/m 3 2 3.3 1 3 5.8 1 3 kg/m 3 3 2.65 1 3 kg/m 3 4 6 m 3.1. 65 5

More information

京都大学博士 ( 工学 ) 氏名宮口克一 論文題目 塩素固定化材を用いた断面修復材と犠牲陽極材を併用した断面修復工法の鉄筋防食性能に関する研究 ( 論文内容の要旨 ) 本論文は, 塩害を受けたコンクリート構造物の対策として一般的な対策のひとつである, 断面修復工法を検討の対象とし, その耐久性をより

京都大学博士 ( 工学 ) 氏名宮口克一 論文題目 塩素固定化材を用いた断面修復材と犠牲陽極材を併用した断面修復工法の鉄筋防食性能に関する研究 ( 論文内容の要旨 ) 本論文は, 塩害を受けたコンクリート構造物の対策として一般的な対策のひとつである, 断面修復工法を検討の対象とし, その耐久性をより 塩素固定化材を用いた断面修復材と犠牲陽極材を併用し Titleた断面修復工法の鉄筋防食性能に関する研究 ( Abstract_ 要旨 ) Author(s) 宮口, 克一 Citation Kyoto University ( 京都大学 ) Issue Date 2015-01-23 URL https://doi.org/10.14989/doctor.k18 Right Type Thesis

More information

を大きくとる必要があるためだけではなく 急勾配の 状を採用した (写真3-1 図3-D 屋根により面積当たりの気積を大きくとることで上下 の温度差をつくり出し 熱気を上部へ逃がして 下部 3.2芝土屋根 のアクティブゾーンを涼しく保つ働きがあると考えら 高温多湿な東南アジアにおいて一般的な伝統的建築

を大きくとる必要があるためだけではなく 急勾配の 状を採用した (写真3-1 図3-D 屋根により面積当たりの気積を大きくとることで上下 の温度差をつくり出し 熱気を上部へ逃がして 下部 3.2芝土屋根 のアクティブゾーンを涼しく保つ働きがあると考えら 高温多湿な東南アジアにおいて一般的な伝統的建築 を大きくとる必要があるためだけではなく 急勾配の 状を採用した (写真3-1 図3-D 屋根により面積当たりの気積を大きくとることで上下 の温度差をつくり出し 熱気を上部へ逃がして 下部 3.2芝土屋根 のアクティブゾーンを涼しく保つ働きがあると考えら 高温多湿な東南アジアにおいて一般的な伝統的建築形 れる 式として葺葺き高床式をみることができる (写真3-2)茅葺きは高い断熱性能を持っだけではなく蒸散によ

More information

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護 イタリア 各 都 市 における 滞 在 税 ( 宿 泊 税 )の に 関 して 平 素 は 格 別 の お 引 き 立 て を 賜 り 誠 に 有 難 う ご ざ い ま す こ の 度 2 0 1 1 年 1 月 1 日 よ り ロ ー マ に お い て ご 宿 泊 の お 客 様 を 対 象 に 滞 在 寄 付 金 ( C o n t r i b u t o d i S o g g i o r

More information

強度のメカニズム コンクリートは 骨材同士をセメントペーストで結合したものです したがって コンクリート強度は セメントペーストの接着力に支配されます セメントペーストの接着力は 水セメント比 (W/C 質量比 ) によって決められます 水セメント比が小さいほど 高濃度のセメントペーストとなり 接着

強度のメカニズム コンクリートは 骨材同士をセメントペーストで結合したものです したがって コンクリート強度は セメントペーストの接着力に支配されます セメントペーストの接着力は 水セメント比 (W/C 質量比 ) によって決められます 水セメント比が小さいほど 高濃度のセメントペーストとなり 接着 コンクリートの強度 コンクリートの最も重要な特性は強度です ここでは まず コンクリート強度の基本的特性について解説し 次に 呼び強度および配合強度がどのように設定されるか について説明します 強度のメカニズム 強度の影響要因 強度性状 構造物の強度と供試体強度 配合 ( 調合 ) 強度と呼び強度の算定 材料強度のばらつき 配合強度の設定 呼び強度の割増し 構造体強度補正値 舞鶴市および周辺部における構造体強度補正値

More information

スライド 1

スライド 1 2014 年度空気調和衛生工学会大会知的生産性 Ⅱ 1 オフィスサポート空間の光 視環境が自律神経を介して執務者の疲労 眠気 作業効率に与える影響 慶應義塾大学小川聡慶應義塾大学伊香賀俊治大成建設市原真希大成建設張本和芳慶應義塾大学青木世奈 背景 : 知識創造向上に向けたオフィスづくりの動向 オフィスにおける執務者の知的生産性向上の重要性文 1 アイディア創出の知識創造を高める建築空間が必要文 2

More information

補足資料 1-2 運用実施 温水ボイラの空気比低減による燃料消費量の削減 (13A ガス ) 現状 問題点都市ガスボイラを使用 燃料を完全燃焼させるための空気比が大きい ( 排ガス温度 200 空気比 1.5) そのため 排ガス量が増加し 排ガス熱損失が増加している 空気比 21/{21-( 排ガス

補足資料 1-2 運用実施 温水ボイラの空気比低減による燃料消費量の削減 (13A ガス ) 現状 問題点都市ガスボイラを使用 燃料を完全燃焼させるための空気比が大きい ( 排ガス温度 200 空気比 1.5) そのため 排ガス量が増加し 排ガス熱損失が増加している 空気比 21/{21-( 排ガス 補足資料 1-1 ガス吸収式冷温水機の空気比調整による燃焼効率上昇 運用実施 現状 問題点 施設のベース空調に使用している吸収式冷温水機の燃料用空気は必要以上に供給している 設定 ( 排ガス温度 140 空気比 1.43) で運転 ガス吸収式冷温水機において燃焼用空気を必要以上に供給すると 排ガス量が増えエネルギー損失が増大する 空気量を適正値に下げることで省エネとなる 燃焼時の空気比を 1.3 に調整するため

More information

Acrobat Distiller, Job 2

Acrobat Distiller, Job 2 2 3 4 5 Eg φm s M f 2 qv ( q qφ ) = qφ qχ + + qφ 0 0 = 6 p p ( Ei E f ) kt = n e i Q SC = qn W A n p ( E f Ei ) kt = n e i 7 8 2 d φ( x) qn = A 2 dx ε ε 0 s φ qn s 2ε ε A ( x) = ( x W ) 2 0 E s A 2 EOX

More information

密集市街地における換気・通風性能簡易評価ツールの開発 (その2 流体計算部分の開発)」

密集市街地における換気・通風性能簡易評価ツールの開発 (その2 流体計算部分の開発)」 OpenCAE ワークショップ 2013 2013.6.21 密集市街地における換気 通風性能簡易評価ツールの開発その 2 : 流体計算部分の開発 福本雅彦 ( 株式会社森村設計 ) 小縣信也 ( 株式会社森村設計 ) 勝又済 ( 国土交通省国土技術政策総合研究所 ) 西澤繁毅 ( 国土交通省国土技術政策総合研究所 ) 岩見達也 ( 国土交通省国土技術政策総合研究所 ) 概要 換気 通風性能簡易評価ツール

More information

第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以 下 の 性 能 評 価 に 適 用 する (1) 建 築 基 準 法 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 20 条 の7 第 1 項 第 二 号 表 及 び 令 第 20 条 の 8 第 2 項 の 認 定 に 係 る 性 能 評

第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以 下 の 性 能 評 価 に 適 用 する (1) 建 築 基 準 法 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 20 条 の7 第 1 項 第 二 号 表 及 び 令 第 20 条 の 8 第 2 項 の 認 定 に 係 る 性 能 評 一 般 財 団 法 人 ベターリビング 平 成 16 年 7 月 23 日 制 定 平 成 19 年 6 月 20 日 改 定 平 成 23 年 12 月 1 日 改 定 シックハウス 対 策 に 関 する 居 室 等 の 性 能 評 価 業 務 方 法 書 注 ) 本 業 務 方 法 書 は 予 告 なく 変 更 することがあります 1 第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以

More information

【配布資料】

【配布資料】 省エネルギー計画書等届出書添付資料参考例 仕様基準 ( 簡易なポイント法 ) 集計表 * 本集計表は 省令に基づく 届出書 添付資料の参考例です 具体的には所管行政庁の指示に従って下さい * 仕様基準 ( 簡易なポイント法 ) の適用規模は,000 m未満の建築物となります * 空気調和設備以外の機械換気設備のエネルギーの効率的利用 昇降機に係るエネルギーの効率的利用 については 仕様基準 ( 簡易なポイント法

More information

2. 実建物における熱性能の検証薄型ダブルスキンの開発段階では, 数値解析や実大温熱実験装置による熱性能の検討を行い, 窓の基本性能を検証した さらに, 実大試験装置によって, 気密 水密 耐風圧性能や層間変位追従性能などのサッシ基本性能の検証を行った その上で, 味の素株式会社食品グローバル開発セ

2. 実建物における熱性能の検証薄型ダブルスキンの開発段階では, 数値解析や実大温熱実験装置による熱性能の検討を行い, 窓の基本性能を検証した さらに, 実大試験装置によって, 気密 水密 耐風圧性能や層間変位追従性能などのサッシ基本性能の検証を行った その上で, 味の素株式会社食品グローバル開発セ 薄型ダブルスキンによる熱負荷低減手法の研究 実建物における熱性能検証及び CFD 解析による検討 藤井浩史 *1 樋渡潔 *1 *1 張本和芳御器谷良一 *2 横井睦己 *3 熊谷智夫 *2 *2 藤村淳一 Keywords : double-skin facade, window systems, heat load, field measurement, CFD analysis ダブルスキン,

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 緑のカーテンによる生活環境改善効果 独立行政法人建築研究所住宅 都市研究グループ 加藤真司 1 2 研究目的 緑のカーテンは 日射遮蔽による屋内の温熱環境改善効果を有し それに伴う夏季の消費電力の軽減が期待されている ただし 緑のカーテンの効果は 単に植物による日射遮蔽効果によるのみでなく 窓の開閉といった生活スタイルとの関連性が大きいと考えられる このため 緑のカーテンによる生活環境改善効果を 物理的改善効果

More information

電中研レビュー No48

電中研レビュー No48 π ú π ª π ú ñ ñ ñ A B C D À Ã Õ Œ œ π ª º Ω æ ø ƒ À Ã Õ Œ ñ œ ÿ Ÿ fi fl  ÊÁ ËÍ Î Ï ÌÓ A BC ñ π ª ºΩ v Fv v F i v Fv n F iv i n FvF i v n v R F R R R i n nr i R i nr v n æ ø π ª º Ω π ª º Ω A B C

More information

Microsoft PowerPoint - H24 aragane.pptx

Microsoft PowerPoint - H24 aragane.pptx 海上人工島の経年品質変化 研究背景 目的 解析条件 ( 境界条件 構成モデル 施工履歴 材料パラメータ ) 実測値と解析値の比較 ( 沈下量 ) 将来の不等沈下予測 ケーススタディー ( 埋土施工前に地盤改良を行う : 一面に海上 SD を打設 ) 研究背景 目的 解析条件 ( 境界条件 構成モデル 施工履歴 材料パラメータ ) 実測値と解析値の比較 ( 沈下量 ) 将来の不等沈下予測 ケーススタディー

More information

3. 試験体および実験条件 試験体は丸孔千鳥配置 (6 配置 ) のステンレス製パンチングメタルであり, 寸法は 70mm 70mm である 実験条件は, 孔径および板厚をパラメータとし ( 開口率は一定 ), および実験風速を変化させて計測する ( 表 -1, 図 -4, 図 -) パンチングメタ

3. 試験体および実験条件 試験体は丸孔千鳥配置 (6 配置 ) のステンレス製パンチングメタルであり, 寸法は 70mm 70mm である 実験条件は, 孔径および板厚をパラメータとし ( 開口率は一定 ), および実験風速を変化させて計測する ( 表 -1, 図 -4, 図 -) パンチングメタ パンチングメタルから発生する風騒音に関する研究 孔径および板厚による影響 吉川優 *1 浅見豊 *1 田端淳 *2 *2 冨高隆 Keywords : perforated metal, low noise wind tunnel test, aerodynamic noise パンチングメタル, 低騒音風洞実験, 風騒音 1. はじめにバルコニー手摺や目隠しパネル, または化粧部材としてパンチングメタルが広く使用されている

More information

Microsoft PowerPoint - 長井 (Web公開用).ppt

Microsoft PowerPoint - 長井 (Web公開用).ppt 建物熱特性の試験方法 に関する研究 長井達夫東京理科大学 発表内容 熱損失係数の同定法 定常法と非定常法の比較 非定常法における加熱法 RC 造における熱損失係数の同定 定常法における必要実測期間 非定常法における計測期間と信頼性 熱損失係数同定以外の熱性能把握法 部位別熱損失測定の必要性 長谷川 吉野のグレード評価 現場測定に基づく住宅熱損失係数 の推定法に関する研究 実測対象及び実測概要 Q=2.86[W/m2

More information

Microsoft PowerPoint - Š’Š¬“H−w†i…„…C…m…‰…Y’fl†j.ppt

Microsoft PowerPoint - Š’Š¬“H−w†i…„…C…m…‰…Y’fl†j.ppt 乱流とは? 不規則運動であり, 速度の時空間的な変化が複雑であり, 個々の測定結果にはまったく再現性がなく, 偶然の値である. 渦運動 3 次元流れ 非定常流 乱流は確率過程 (Stochastic Process) である. 乱流工学 1 レイノルズの実験 UD = = ν 慣性力粘性力 乱流工学 F レイノルズ数 U L / U 3 = mα = ρl = ρ 慣性力 L U u U A = µ

More information

本共同研究の目的 H7~8 年度共同研究. 非定常伝熱現象として評価. 外断熱と内断熱外壁の直接比較 3. 外断熱, 内断熱コンクリート外壁による熱伝達率測定 4. 損失熱量比較シミュレーション H9 年度 ~ 5. 実験値を用いた数値シミュレーション 6. 空調機器のランニングコスト試算 以上,

本共同研究の目的 H7~8 年度共同研究. 非定常伝熱現象として評価. 外断熱と内断熱外壁の直接比較 3. 外断熱, 内断熱コンクリート外壁による熱伝達率測定 4. 損失熱量比較シミュレーション H9 年度 ~ 5. 実験値を用いた数値シミュレーション 6. 空調機器のランニングコスト試算 以上, 平成 7-8 年度鳥取県産官学共同研究研究成果報告 外断熱建築物のライフサイクルコスト低減に関する研究 ~ 外断熱工法による断熱性能に関する非定常評価 ~ 米子工業高等専門学校機械工学科 准教授森田慎一 平成 9(7) 年 9 月 7 日 ( 木 )4:~5: フジ化成工業株式会社 ( 米子市 ) 外断熱工法研究に関する背景 ( 高耐久性 ) 外断熱工法は, 耐久性能の向上および冷暖房ランニングコスト抑制が期待できることから,

More information

Q = va = kia (1.2) 1.2 ( ) 2 ( 1.2) 1.2(a) (1.2) k = Q/iA = Q L/h A (1.3) 1.2(b) t 1 t 2 h 1 h 2 a

Q = va = kia (1.2) 1.2 ( ) 2 ( 1.2) 1.2(a) (1.2) k = Q/iA = Q L/h A (1.3) 1.2(b) t 1 t 2 h 1 h 2 a 1 1 1.1 (Darcy) v(cm/s) (1.1) v = ki (1.1) v k i 1.1 h ( )L i = h/l 1.1 t 1 h(cm) (t 2 t 1 ) 1.1 A Q(cm 3 /s) 2 1 1.1 Q = va = kia (1.2) 1.2 ( ) 2 ( 1.2) 1.2(a) (1.2) k = Q/iA = Q L/h A (1.3) 1.2(b) t

More information

2001 Mg-Zn-Y LPSO(Long Period Stacking Order) Mg,,,. LPSO ( ), Mg, Zn,Y. Mg Zn, Y fcc( ) L1 2. LPSO Mg,., Mg L1 2, Zn,Y,, Y.,, Zn, Y Mg. Zn,Y., 926, 1

2001 Mg-Zn-Y LPSO(Long Period Stacking Order) Mg,,,. LPSO ( ), Mg, Zn,Y. Mg Zn, Y fcc( ) L1 2. LPSO Mg,., Mg L1 2, Zn,Y,, Y.,, Zn, Y Mg. Zn,Y., 926, 1 Mg-LPSO 2566 2016 3 2001 Mg-Zn-Y LPSO(Long Period Stacking Order) Mg,,,. LPSO ( ), Mg, Zn,Y. Mg Zn, Y fcc( ) L1 2. LPSO Mg,., Mg L1 2, Zn,Y,, Y.,, Zn, Y Mg. Zn,Y., 926, 1 1,.,,., 1 C 8, 2 A 9.., Zn,Y,.

More information

877 スギ花粉の放出と拡散過程に関する研究 第6図 関東地方におけるスギ花粉飛散量分布のシミュレーション 点の多い所ほど 花粉濃度が高く計算 された地域 果 これらの花粉が遠く離れたアフリカ南端や さら 4 1 スギ花粉の発生と拡散過程のモデル化 に遠い南アメリカから 卓越する西風によって輸送さ わが国には 世界的にも他に類を見ない空間的に密 れたものであることを明らかにした スギ花粉の拡散 な気象観測システムであるアメダス

More information

大成建設技術センター報第 4 号 (28) 3. 操作 制御システムの概要 3. パーソナル空調に要求される操作 制御機構パーソナル空調の個人単位の操作 制御の特徴を活かし 個人にとっては好みの操作を可能とし 2 管理側にとっては在席状況に応じて個々の吹出しユニットを ON/OFF して細やかに省エ

大成建設技術センター報第 4 号 (28) 3. 操作 制御システムの概要 3. パーソナル空調に要求される操作 制御機構パーソナル空調の個人単位の操作 制御の特徴を活かし 個人にとっては好みの操作を可能とし 2 管理側にとっては在席状況に応じて個々の吹出しユニットを ON/OFF して細やかに省エ 大成建設技術センター報第 4 号 (28) 天井吹出型パーソナル空調システムの 省エネルギー効果に関する研究 自席パソコンとの連動制御による省エネルギー効果 張本和芳 * 仁志出博一 *2 小林信郷 *2 加藤美好 *2 * 齋藤正文 Keywords : Personal Air Conditioning System, Task & Ambient Air Conditioning System,

More information

Microsoft Word - 3.1_3.2章_0802.doc

Microsoft Word - 3.1_3.2章_0802.doc 3.1 湖沼に対する負荷の内訳 第 3 章湖沼水質に影響を及ぼす負荷の把握 湖沼水質に影響を与える負荷には 外部負荷 内部負荷及び直接負荷がある 最近の調査研究では面源負荷 ( 外部負荷の一部 ) の寄与がこれまでの見積もりより大きいことが指摘されている また これにより 湖沼の水質改善を推進するためには 流入負荷対策と合わせて これまで湖沼内に蓄積してきた底泥からの溶出負荷 ( 内部負荷の一部 )

More information

技術資料4 気温等の測定方法

技術資料4 気温等の測定方法 ヒートアイランド現象を把握するための測定は 気温の他にも 地表面温度や放射環境 風など様々な項目があります また 対象となるスケールや対策の目的などによって 測定すべき項目や測定方法が異なります この技術資料では ヒートアイランド現象の現況把握手法について それぞれの手法の概要や特徴を整理しました (1) 気温の観測 1 都市内の気温などを観測する方法として 定点観測と移動観測があります 定点観測

More information

2 図微小要素の流体の流入出 方向の断面の流体の流入出の収支断面 Ⅰ から微小要素に流入出する流体の流量 Q 断面 Ⅰ は 以下のように定式化できる Q 断面 Ⅰ 流量 密度 流速 断面 Ⅰ の面積 微小要素の断面 Ⅰ から だけ移動した断面 Ⅱ を流入出する流体の流量 Q 断面 Ⅱ は以下のように

2 図微小要素の流体の流入出 方向の断面の流体の流入出の収支断面 Ⅰ から微小要素に流入出する流体の流量 Q 断面 Ⅰ は 以下のように定式化できる Q 断面 Ⅰ 流量 密度 流速 断面 Ⅰ の面積 微小要素の断面 Ⅰ から だけ移動した断面 Ⅱ を流入出する流体の流量 Q 断面 Ⅱ は以下のように 3 章 Web に Link 解説 連続式 微分表示 の誘導.64 *4. 連続式連続式は ある領域の内部にある流体の質量の収支が その表面からの流入出の合計と等しくなることを定式化したものであり 流体における質量保存則を示したものである 2. 連続式 微分表示 の誘導図のような微小要素 コントロールボリューム の領域内の流体の増減と外部からの流体の流入出を考えることで定式化できる 微小要素 流入

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 完全人工光型植物工場の 省エネルギー化に関する研究 各種照明器具によるライフサイクルコストの検討 T14K651K 浅利夏菜子指導教員赤林伸一教授 研究目的 研究目的 図 S 社の完全人工光型植物工場 近年 完全密閉下で光 温熱空気環境を制御し 無農薬 無菌で植物を通年計画生産する完全人工光型植物工場が注目されている しかし完全人工光型植物工場では露地栽培では不要な照明 空調用エネルギー費用が必要であり

More information

1. 研究の背景 目的 背景 臼杵の町は 城下町であったこともあり 地形を上手に利用した特色のある街並みが形成されている 現在臼杵では 歴史的景観を保存 再生する街並みづくりが行われている そして中央通商店街周辺においても整備計画が持ち上がっている 目的 VR をもちいた景観シミュレーションにより

1. 研究の背景 目的 背景 臼杵の町は 城下町であったこともあり 地形を上手に利用した特色のある街並みが形成されている 現在臼杵では 歴史的景観を保存 再生する街並みづくりが行われている そして中央通商店街周辺においても整備計画が持ち上がっている 目的 VR をもちいた景観シミュレーションにより VR を用いた商店街の ビスタ景観の評価に関する研究 大分大学工学部建設工学科都市計画研究室 安東奈美 實敏江 1. 研究の背景 目的 背景 臼杵の町は 城下町であったこともあり 地形を上手に利用した特色のある街並みが形成されている 現在臼杵では 歴史的景観を保存 再生する街並みづくりが行われている そして中央通商店街周辺においても整備計画が持ち上がっている 目的 VR をもちいた景観シミュレーションにより

More information

理数科1年校外研修しおり

理数科1年校外研修しおり 理 数 科 1 年 生, 蒜 山 研 修 に 行 っ て き ま し た 8 月 1 日 ( 木 ) 最 初 の 研 修 : 岡 山 大 学 地 球 物 質 科 学 研 究 セ ン タ ー ( 鳥 取 県 三 朝 ) 研 究 セ ン タ ー の 研 究 に つ い て の 講 演 の 後, 班 別 に 分 か れ, 隕 石 や 地 球 を つ く る 物 質 の 観 察, 超 高 圧 発 生 装 置

More information

C O N T E N T S 63 37 100

C O N T E N T S 63 37 100 2016.6 C O N T E N T S 63 37 100 1 2 75,000-1,480-750 2 0 6 12 18 24 54,000-1,050-750 1.4 0 12 18 24 6 16,000 80 95 80 87-240 1 15,000 床 暖 房 床か ら暖 か 床暖房のポイント て いっ ほ O INT P 2 す る っと お 肌 や のど が 床 暖 房

More information

Application Note 光束の評価方法に関して Light Emitting Diode 目次 1. 概要 2. 評価方法 3. 注意事項 4. まとめ This document contains tentative information; the contents may chang

Application Note 光束の評価方法に関して Light Emitting Diode 目次 1. 概要 2. 評価方法 3. 注意事項 4. まとめ This document contains tentative information; the contents may chang 光束の評価方法に関して 目次 1. 概要 2. 評価方法 3. 注意事項 4. まとめ 1/6 1. 概要 本書では 日亜化学工業株式会社製 LED について積分球にて光束を評価する上での評価方法と注意事項を示します 2. 評価方法 通常 LED の光束を評価する際は積分球を用いて評価を行います 積分球のサイズも数 inch クラスのものから 1inch クラスまでの様々なサイズのものがありますが

More information

COOL 盤用クーラ ノンフロンシリーズ スタンダードシリーズ スタンダード海外モデル オプション AIRCON 屋外盤用クーラ 電子除湿器 強制対流タイプ ODE-F110-AW ODE-F122-AW 除湿能力 F110:10ml /h F122:22ml /h PAT. H:162mm H:250mm COOL 電子冷却器 AQUA 水冷熱交換器 梱包内容 本体 :1 台 ドレンホース φ8

More information

NHK環境報告書2008

NHK環境報告書2008 1 2008 2008 2 2008 3 4 2008 Environmental Report 2008 5 6 2008 2001 15%2000 20007.3% 10%2002 50 20063 20026.3% 10%2003 1618 20038.0% 10%2003 200316.8% 20%2003 200319.1% 20%2003 200317.8% 120082012 200820081

More information

1次元伝熱モデル(非定常)

1次元伝熱モデル(非定常) セラミックスで囲まれた部屋の遠赤外線放射効果 -GAINA 塗布膜の 次元非定常伝熱解析 - 6 年 9 月 7 日 ( 月 4 日加筆 西村二郎. まえがき天井 壁 ( 好ましくは床も がセラミックスでできている部屋でエアコンを使うことを考えてみよう ( 図 参照 セラミックス層が薄く( したがって比熱が小さい しかもそれに続く層の伝導熱伝達がセラミックス層対比で著しく小さい場合 セラミックス層の表面温度は速やかにエアコンの設定温度に近付く

More information

予報時間を39時間に延長したMSMの初期時刻別統計検証

予報時間を39時間に延長したMSMの初期時刻別統計検証 第 1 章領域拡張 予報時間 39 時間化されたメソモデルの特性 1.1 メソモデルの領域拡張 予報時間 39 時間化の概 1 要メソモデル (MSM) は 2013 年 3 月に予報領域が拡張された また 2013 年 5 月に全初期時刻における予報時間が39 時間に延長された 表 1.1.1に今回の変更前後の主な仕様を また 図 1.1.1に領域拡張前後の予報領域を示す 本節では 仕様拡張の目的及び概要を説明する

More information

Microsoft Word - 演習5_蒸発装置

Microsoft Word - 演習5_蒸発装置 1-4) q T sat T w T S E D.N.B.(Departure from Nucleate Boiling)h(=q/ T sat ) F q B q D 3) 1 5-7) 4) T W [K] T B [K]T BPR [K] B.P.E.Boiling Pressure Rising T B T W T BPR (3.1) Dühring T BPR T W T W T B T

More information

ルームエアコン「ステンレス・クリーン 白くまくん」Xシリーズを発売

ルームエアコン「ステンレス・クリーン 白くまくん」Xシリーズを発売 2014 年 9 月 17 日日立アプライアンス株式会社 業界初 (*1) くらしカメラ 3D で 気流の通り道 を見つけ 冬は足もとを暖かく 夏は部屋全体も涼しくルームエアコン ステンレス クリーン白くまくん X シリーズを発売 3 分割フロントフラップ を新採用し よりきめ細かい気流制御を実現 RAS-X40E2 クリアホワイト (W) 日立アプライアンス株式会社 ( 取締役社長 : 二宮隆典

More information

軸受内部すきまと予圧 δeff =δo (δf +δt ) (8.1) δeff: 運転すきま mm δo: 軸受内部すきま mm δf : しめしろによる内部すきまの減少量 mm δt: 内輪と外輪の温度差による内部すきまの減少量 mm (1) しめしろによる内部すきまの減少量しめしろを与えて軸受

軸受内部すきまと予圧 δeff =δo (δf +δt ) (8.1) δeff: 運転すきま mm δo: 軸受内部すきま mm δf : しめしろによる内部すきまの減少量 mm δt: 内輪と外輪の温度差による内部すきまの減少量 mm (1) しめしろによる内部すきまの減少量しめしろを与えて軸受 軸受内部すきまと予圧 8. 軸受内部すきまと予圧 8. 1 軸受内部すきま軸受内部すきまとは, 軸又はハウジングに取り付ける前の状態で, 図 8.1に示すように内輪又は外輪のいずれかを固定して, 固定されていない軌道輪をラジアル方向又はアキシアル方向に移動させたときの軌道輪の移動量をいう 移動させる方向によって, それぞれラジアル内部すきま又はアキシアル内部すきまと呼ぶ 軸受内部すきまを測定する場合は,

More information

4.3 用語の定義 気密性能建物の内外を隔てる外周部分 ( 建物外皮 ) または建物の部位で内外を隔てる部分の密閉性の程度を意味し 総相当隙間面積または相当隙間面積で表す 建物外皮 外壁 屋根 天井 基礎 床 開口部などの部位であって 建物内外を気密に隔て る部分をいう 共同

4.3 用語の定義 気密性能建物の内外を隔てる外周部分 ( 建物外皮 ) または建物の部位で内外を隔てる部分の密閉性の程度を意味し 総相当隙間面積または相当隙間面積で表す 建物外皮 外壁 屋根 天井 基礎 床 開口部などの部位であって 建物内外を気密に隔て る部分をいう 共同 4 章気密性能測定 相当隙間面積の測定は 気密工事完了後に 建築環境 省エネルギー機構が認定した気密測定技能者が試験を実施することとし 試験方法は JIS A2201:2003 送風機による住宅等の気密性能試験法 又は同財団の定める住宅の気密性能試験方法によるものとする 以下に JIS による試験方法 ( 減圧法の場合 ) の要点を記す 4.1 適用範囲 JIS A2201 は 送風機を用いて建物内外に圧力差を生じさせ

More information

32 エアフローについて り 室内空気を誘引します 図5 誘引比は一 夏期の除湿モードでは 外気はと全熱交換 次空気100 /hに対し350 /hの室内空気を誘引 器で熱交換し プレクーラーで予冷し相対湿度を し 450 /hの風量として室内に吹出されます 高めます 次にデシカントローターで除湿した

32 エアフローについて り 室内空気を誘引します 図5 誘引比は一 夏期の除湿モードでは 外気はと全熱交換 次空気100 /hに対し350 /hの室内空気を誘引 器で熱交換し プレクーラーで予冷し相対湿度を し 450 /hの風量として室内に吹出されます 高めます 次にデシカントローターで除湿した 顕潜分離で快適空調 デシカント外調機とチルドビームシステム快適執務環境を創造し 仕事の効率向上を図る ( 一財 ) 建築コスト管理システム研究所 新技術調査検討会 私たちが快適に仕事をする上で 空気調和設備はなくてはならないものとなっております しかし 空気調和の目的である 温度 湿度 気流 空気の清浄度に対して 温度のみの制御を行う やや不快な執務環境も見受けられます 日本の気候風土は 高温多湿であり

More information

伝熱学課題

伝熱学課題 練習問題解答例 < 第 9 章熱交換器 > 9. 入口温度 0 の kg/ の水と 入口温度 0 の 0 kg/ の水の間で熱交換を行 う 前者の出口温度が 40 の時 後者の出口温度はいくらか 解 ) 式 (9.) を使う,,,, において どちらの流体も水より に注意して 0 40 0 0, これを解いて, 9. 0 の水を用いて 0.MPa の飽和蒸気 kg/ と熱交換させ 蒸気を復水させること

More information

パソコンシミュレータの現状

パソコンシミュレータの現状 第 2 章微分 偏微分, 写像 豊橋技術科学大学森謙一郎 2. 連続関数と微分 工学において物理現象を支配する方程式は微分方程式で表されていることが多く, 有限要素法も微分方程式を解く数値解析法であり, 定式化においては微分 積分が一般的に用いられており. 数学の基礎知識が必要になる. 図 2. に示すように, 微分は連続な関数 f() の傾きを求めることであり, 微小な に対して傾きを表し, を無限に

More information

ブレースの配置と耐力

ブレースの配置と耐力 システム天井新耐震基準 平成 20 年 10 月制定平成 23 年 9 月改定 1 はじめに 平成 13 年芸予地震 平成 15 年十勝沖地震 および平成 17 年宮城沖地震において 天井の脱落被害が発生し 大規 模空間の天井の崩落対策についての技術的助言 1) 2) 3) が国土交通省から出されたことを契機に 各方面で天井の耐震性に関する研究や実験が行われてきました ロックウール工業会においては

More information

<4D F736F F F696E74202D F8EC08DDD8C9A95A B29835A B8BF392B22E >

<4D F736F F F696E74202D F8EC08DDD8C9A95A B29835A B8BF392B22E > セントラル空調での計算事例 (A ビル ) 実在建物 ( 事務所ビル 14 階建 延床 20,000 m2 ) を対象とした建築及びセントラル空調システムの入力方法のデモと演習 第 6 回 BEST 省エネ基準対応ツール の特徴と使い方 2015/11/27 小林弘造 ( 日建設計 ) 1 今日の講習内容 1. 0 から建築 ~ セントラル空調システムの入力 1.1 建築 PAL* の計算 1.2

More information

Microsoft PowerPoint - BEST講習会1004.pptx

Microsoft PowerPoint - BEST講習会1004.pptx 2015 年度 BEST 専門版 講習会 [ 建築 ] プログラムの使い方 中級 (2015/10/16) 自然換気とハイブリッド空調の省エネ効果 本佳嗣 ( 本設計 ) Agenda 2 1. 然換気システムとは 2.BEST 専 版 然換気計算機能の特徴 3. 上の注意点 中性帯の さ 換気 積 然換気許可条件 4. 標準オフィスモデルを使った演習 5. 設計で活 するための検討例 ハイブリッド空調の省エネ効果

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.27

コンクリート工学年次論文集 Vol.27 論文アクティブ赤外線法における照射光源の影響に関する基礎的研究 田中寿志 *1 仁平達也 * 鳥取誠一 *3 *4 栗田耕一 要旨 : アクティブ赤外線法に用いる照射設備は, はく離検知の程度に大きな影響を及ぼす そこで, 本研究では, 遠赤外線, キセノンランプ, およびハロゲンランプを用いた場合のコンクリート平板の照射試験および非定常熱伝導解析を行い, 熱伝導の挙動を確認した また, 照射条件を検討するために,

More information

君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂

君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂 君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂 む 雰 囲 製 作 者 英 語 授 業 習 訳 堅 苦 役 割 メ カ ム ド ク ッ シ ャ 面 白 自 発 想 ぼ 今 度 空 読 今 入 付 会 主 導 権 握 題 換 タ ミ ン グ 全 次 第 天 然 周 来 楽 百 倍 百 倍

More information

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 5 平 成 2 0 年 8 月 2 9 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

cc 熱 ~ 対 [ ~ 怖 い 'C ] I~ ~ w' 場 '.. ~h ~ ~ ~ ~'---J'---J'---l.1 '~ '-...'~, 一, 'J ア ~ ア ~ '- '- 1ぃ n/ J\. /)IL 子.-~ ' 斗 出 ヰミ 日 れ~ 斗 汽 午 ぷL4Fいn L 斗 20 宝 ~ ~ 三 60~ r. ぷ 乞 三 一 l 〆 勺 1./'1 一 _.. ~ _..ν 勺 一

More information

Microsoft PowerPoint - 集積回路工学(5)_ pptm

Microsoft PowerPoint - 集積回路工学(5)_ pptm 集積回路工学 東京工業大学大学院理工学研究科電子物理工学専攻 松澤昭 2009/0/4 集積回路工学 A.Matuzawa (5MOS 論理回路の電気特性とスケーリング則 資料は松澤研のホームページ htt://c.e.titech.ac.j にあります 2009/0/4 集積回路工学 A.Matuzawa 2 インバータ回路 このようなインバータ回路をシミュレーションした 2009/0/4 集積回路工学

More information

7 章問題解答 7-1 予習 1. 長方形断面であるため, 断面積 A と潤辺 S は, 水深 h, 水路幅 B を用い以下で表される A = Bh, S = B + 2h 径深 R の算定式に代入すると以下のようになる A Bh h R = = = S B + 2 h 1+ 2( h B) 分母の

7 章問題解答 7-1 予習 1. 長方形断面であるため, 断面積 A と潤辺 S は, 水深 h, 水路幅 B を用い以下で表される A = Bh, S = B + 2h 径深 R の算定式に代入すると以下のようになる A Bh h R = = = S B + 2 h 1+ 2( h B) 分母の 7 章問題解答 7- 予習. 長方形断面であるため, 断面積 と潤辺 S は, 水深, 水路幅 B を用い以下で表される B, S B + 径深 R の算定式に代入すると以下のようになる B R S B + ( B) 分母の /B は河幅が水深に対して十分に広ければ, 非常に小さな値となるため, 上式は R ( B) となり, 径深 R は水深 で近似できる. マニングの式の水深 を等流水深 0 と置き換えると,

More information

実画像 赤外線カメラによる熱画像写真 2 南区小学校 (I) A 34.2 B 32.8 C 33.2 C A B A 36.1 B.5 C 50.2 実画像 写真 3 都筑区家庭 (S) 赤外線カメラによる熱画像 植栽されているのは 主にゴーヤ アサガオ ヘチマなどの一年草で 庭やベランダなどに栽

実画像 赤外線カメラによる熱画像写真 2 南区小学校 (I) A 34.2 B 32.8 C 33.2 C A B A 36.1 B.5 C 50.2 実画像 写真 3 都筑区家庭 (S) 赤外線カメラによる熱画像 植栽されているのは 主にゴーヤ アサガオ ヘチマなどの一年草で 庭やベランダなどに栽 横浜市環境科学研究所報第 32 号 2008 緑のカーテンの温度低減効果 福田亜佐子 佐俣満夫 白砂裕一郎 下村光一郎 井上友博 ( 横浜市環境科学研究所 ) Surface temperature measured on green screen Asako Fukuda,Mitsuo Samata, Yuichirou Shirasuna,Kouichirou Shimomura,Tomohiro

More information

Taro-解答例NO3放物運動H16

Taro-解答例NO3放物運動H16 放物運動 解答のポイント 初速度, 水平との角度 θ で 高さ の所から投げあげるとき 秒後の速度 =θ =θ - 秒後の位置 =θ 3 ( 水平飛行距離 ) =θ - + 4 ( 高さ ) ~4 の導出は 基本問題 参照 ( 地上から投げた場合の図 : 教科書参照 ) 最高点の 高さ 最高点では において = 水平到達距離 より 最高点に到達する時刻 を求め 4に代入すると最高点の高さH 地上では

More information