2016 年 5 月 1 日 桜井真樹子 Director, Composer 声明 ( 天台宗 ) 白拍子 作曲を池辺晋一郎 龍笛を芝祐靖に またジャワ島でガムランをサプトノに師事する さらに比叡山で天台宗大原流声明を中山玄晋に師事 1988 年東京音楽大学専攻科作曲終了と同時にイスラエルに行き

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2016 年 5 月 1 日 桜井真樹子 Director, Composer 声明 ( 天台宗 ) 白拍子 作曲を池辺晋一郎 龍笛を芝祐靖に またジャワ島でガムランをサプトノに師事する さらに比叡山で天台宗大原流声明を中山玄晋に師事 1988 年東京音楽大学専攻科作曲終了と同時にイスラエルに行き"

Transcription

1 2016 年 5 月 1 日 桜井真樹子 Director, Composer 声明 ( 天台宗 ) 白拍子 作曲を池辺晋一郎 龍笛を芝祐靖に またジャワ島でガムランをサプトノに師事する さらに比叡山で天台宗大原流声明を中山玄晋に師事 1988 年東京音楽大学専攻科作曲終了と同時にイスラエルに行き ユダヤ教の音楽を研究 1993 年 Tokyo Experimental Art Ensemble 参加 ( パリ ) サウンド カルチャー ジャパン 93 出演 同年 11 月 声明の地平線 PARTⅠ 1994 年 声明の地平線 PARTⅡ 1994 年 3 月 ~9 月に ACC( アジア文化交流基金 ) 奨学金を得て渡米 その間 Music from Japan 94 出演 ( ニューヨーク ) 1995 年 万霊の響き 藤枝守とのデュオ 1995 年 桜井真樹子ソロー イン ニューヨーク ルーレット ( ニューヨーク ) 1996 年ソロ パフォーマンス メソ アメリカの息吹 芸術文化振興基金助成事業 シアター X( 東京 ) 1996 年 天界音楽百千種楽 七聲会 アミット ロイ 中川博志 クラット ヒロコ 川崎義博と共演 ジーベック ホール ( 神戸 ) 1996~97 年 桜井真樹子を聴く会第 1-3 回 ギャラリー冬青 ( 東京 ) 1998 年 桜井真樹子 + 高橋裕 ヴィオロン ( 東京 ) 1999 年 桜井真樹子声明の地平線 99 池田舎( 東京 ) 童謡( わざうた )~ 古代の少女の巫女が予言を謡う~ プロジェクト 平安の女性歌謡と舞踊の複曲と創作等の活動がある 成富ミヲリ書籍 絵はすぐに上手くならない 彩流社より発売中 イラストレーター兼デザイナー兼アニメーター 近年はコンセプトデザインがメイン プロ向けデッサンスクール トライトーン アートラボ 主宰 有限会社トライトーン代表取締役 即興ボーカリスト 原始神母 mks kalo など プログレ アバンギャルドが活動フィールド 指原一登 タブラを 巨匠 Pt.Anindo Chatterjee Sri.Anubrata Chatterjee 及び U-zhaan 氏に師事 国内外で活躍する演奏家 舞踊家 アーティストと多数共演 海外公演など 国内に留まらない精力的な演奏活動を展開中 主宰する HEAT beat MUSIC では 各種自主企画 共同企画 および海外からのアーティスト招聘なども積極的に行うほか タブラ教室 ワークショップの運営にも力を入れている

2 2016 年 5 月 2 日 成田護サウンダンス 1968 年青森出身 87 年絵画 音楽パフォーマンス開始 97 年自作の電気タンバリン etc. で音楽とダンスが融合した時空 Soundance を創出 バイブレーションや音色 響きそのものがダンスになり また身体の動きや生体分子が音の響きをいききと紡いでいく同時双方向の表現 使う楽器は多岐にわたる またアバンギャルド ロック 舞台音楽などの作詞作曲を続行 これまで多くのダンサーに音楽が使用される 私が私であることは私の中の 謎 を発明すること 亞弥 ( あや ) 幼少時にモダンバレエ ( 金光郁子舞踊学園 ) そ の後 音楽や美術や文学に興味を深める 武蔵野美術大学在学中に祭りやパフォーマンスにおける人体感覚の変容をテーマに 溶ける身体 感情伝達の身体のフォルムをテーマに 表相標本箱 を制作 1994 年コンテンポラリーダンスの勅使河原三郎 ws KARAS に参加 同時期に舞踏家 土方巽 創業のショウクラブ 将軍 にダンサー 演出で参加 2004 年頃より音楽家 美術家 詩人などのアーティストと即興ダンスでのコラボレーションを多数開始 2009 年舞踏家 雫境 (dakei) 氏のユニット 雫 (shizuku) に参加し スペイン 韓国でのダンスフェス参加 個人でも 2009 年と 2011 年ドイツにてミュージシャンとのパフォーマンスツアーを行う 2010 年末よりソロ開始 2012 年フランスにて雫境氏とともに アニエス b. 初監督映画 My Name is Hmmmm... /( ジョナス メカス アントニオ ネグリ ダグラス ゴードンらと共に出演 ) に参加 舞踏家 上杉満代 氏の ws 火曜会 に参加 現在 毎週月曜日に神田 楽道庵 で ws を開催中 ノブナガケン本名 信長憲一 1969 年福岡県生 東京都在住 音楽をやってはいるが ミュージシャンや音楽家と言うには少し違うと思っている ブラスバンド / ハードコア / 弾き語り / ノイズ音響などを経て 現在はフリーフォームで Improvisation( 即興演奏 ) を主体に活動 繊細 強靭 サイケデリックな微音から轟音まで行き来する 主な使用楽器は打楽器 ( ドラムス フレームドラム etc) / 弦楽器 ( 大正琴 ギター etc) / 笛 (thumpy etc) / ヴォイスなど ソロ 音楽家 舞踏家 / ダンサー 詩人 美術家 映像作家 華道家などとのセッション / コラボレーションを続けている

3 2016 年 5 月 3 日 ななこぶらくだ ( ベリーダンス )

4 2016 年 5 月 5 日 米澤一平 生まれた頃から毎日様々な映画 特撮ヒーロー アニメ等映像や 漫画 童話 偉人伝など本に親しみ たまに暗黒舞踏やパントマイム プロレスの舞台を観る家庭環境で育ち 15 歳でタップダンスを始める 世界的タップダンサー熊谷和徳に師事 06 年青山円形劇場熊谷和徳単独公演 5days TAPPERS RIOT にサポート出演したことをきっかけに 以来 10 年間彼の活動に様々な形で携わる 熊谷主宰タップダンスカンパニーにメインダンサーとして所属しながら 自身では 11 年にタップダンスの本場 NY にて1 年間の修行を経て帰国後 東京を中心に日本全国から これまでにフランス 台湾 インドネシアなど国内外でソロタップダンサーとして活躍 タップダンスの根源的なルーツをアフリカ 黒人の音楽であると捉えその文化伝統をリスペクトしながらも 現代としてのタップダンスの新しいアートへの可能性の追究として 音楽家 ダンサー 美術家 俳優 大道芸人 映像作家 エンジニア等様々な業界 アーティストと関わりながらタップダンサーとしては異例な程様々なコラボレーションによる共同作品発表 即興パフォーマンス等 柔軟かつクリエイティブに活動している また定期的に自主公演やイベント企画を主催で手がけながら 常に新しい世界との出会いを求め挑戦し続けている Maguna Tech 武智博美 武智圭佑

5 2016 年 5 月 6 日 Alexander Sigman s award-winning instrumental, electroacoustic, multimedia, and installation works have been featured on major international festivals, exhibitions, institutions, and venues across Europe, Asia, Australia, and the US. In June 2007, Sigman was Composer-in-Residence at the Musiques Démesurées festival in Clermont-Ferrand, France. Subsequently, he was awarded residency fellowships by the Akademie Schloss Solitude (Stuttgart, Germany), the Djerassi Foundation, and the Paul Dresher Ensemble Artists Residency Center. In , he undertook a musical research residency at IRCAM. Associate Professor and Chair of the Music program at the International College of Liberal Arts (icla) of Yamanashi Gakuin University in Kofu, Japan. Nominal/Noumenal, Sigman s first portrait recording, was released on Carrier Records in This album features performances by Les Percussions de Strasbourg, Ensemble SurPlus, and ensemble ascolta. His violin and electronics piece VURTRUVURT is included on violinist/violist Miranda Cuckson's solo CD Melting the Darkness, released in November 2014 on the Urlicht Audiovisual label. Rie Tashiro ダンサー 振付家ストリートカルチャーに刺激を受け ダンスを始める 横浜ダンスコレクション EX2015 コンペティション I ファイナリスト Seoul performing arts festival はじめ様々な海外のフェスティバルに召喚される また明治大学教養デザイン研究科にて コンタクトインプロヴィゼーションにおける教育的価値 をテーマにダウン症の子供へのダンスの影響を研究し修士号を取得 その他インストラクターとして活動やファッションショーへの振り付けなどを行う

6 2016 年 5 月 7 日 大塚惇平笙 ヴォイスパフォーマンスの活動を通して笙の響きの世界と出会う 早稲田大学第一文学部卒業 音楽文化論を小沼純一氏に師事 田島和枝氏に笙の手ほどきを受ける その後 東京藝術大学音楽学部邦楽科雅楽専攻卒業 笙 琵琶 右舞 歌物を専攻 現在 笙 右舞 歌物を豊英秋氏 ( 元宮内庁式部職楽部首席楽長 ) に師事 雅楽古典の演奏 研究をベースにしつつ 現代音楽や即興演奏 他ジャンルとの交流を積極的に行う 最近では平河町ミュージックス 春の響きを聴く (2012) 浅草公会堂 邦楽爛漫 (2013) 大江戸助六太鼓公演 音で見る 大江戸百景 (2014) 信濃の国原始感覚美術祭 2014 水のうたがき (2014) 阿佐ヶ谷アートフォレスト 2015 雪雄子舞踏 鵲草 杉原信幸 大塚惇平 (2015) 出雲やおよろずアートプロジェクト あめつち 神迎前夜ライブ (2015) 目白庭園秋の庭園ライトアップ 大塚惇平雅楽コンサート (2015) 日中韓芸術祭平山素子作品 やおよろず (2015) 他 雅楽古典や他ジャンルとのコラボレーション企画 都内ギャラリーでの演奏 屋久島益救神社 丹生都比売神社 高麗神社等の寺社にての奏楽奉仕等 精力的に演奏活動を行っている Ryo りょう 17 弦箏 13 弦箏 唄 オーストラリアの大学在学中 箏に出会い習い始める コンピューターミュージックを学ぶため日本に帰国 同時に 17 弦箏と 13 弦箏を沢井一恵氏に師事 2003 年から箏の自作曲 即興演奏によるライブ活動開始 様々な音楽家 舞踏家 映像作家 ダンサーとコラボレーションを続ける 3 年間沢井一恵氏の内弟子となり 2008 年に箏の講師免許を取得 2010 年から和楽器と華道家や舞踏家による日本特有の間 美を表現した 夢 シリーズの演出とプロジュースを手がける 2011 年 5 月ドイツ ベルリンとミュンヘンにて舞踏家との即興ライブツアーを行う 2012 年瞑想を始める 2015 年身体も即興し始める 空と水面に反射する光がとても好き カラス忍者 神楽 忍者伝統継承のため修行をつづける またその布教のため ロボレス ( 歌舞伎町 ) にて忍者ショークリーエーションの監修 監督を受け持つ 2015 年 9 月 携帯などのコミュニケーションが完全に不能である パフアニューギニアの文明未到地帯に滞在 人肉食を文化様式に包含する先住民と暮らす

7 2016 年 5 月 8 日クロージング フィエスタ 白石雪妃 ( 書 ) 2014 FIFA ワールドカップ日本代表新ユニフォームのコンセプト 円陣 揮毫 2014 年ミャンマー連邦共和国 国軍司令官の日本公式訪問において揮毫 2014 年フランスにて 10 カ所に及ぶライブツアーを成功させた NY パリで個展 アートフェア参加 London Improvisers Orchestra と共演 マリアシュナイダーオーケストラの Jay Anderson 氏 (bass) Frank Kimbrough 氏 (pf) と共演 Gil Evance Project の Adam Unsworth 氏 (Hr) と共演 2015 年イタリア万博参加 書とアクセサリーデザイナー -RYONA とのコラボブランド en- 縁は 伊勢丹 渋谷ヒカリエ 近鉄本店などを経て様々な場所で展示販売をおこなっている 四谷三丁目喫茶茶会記書道サロン主宰 表参道書道教室講師 TARO バンスリー ( 北インド音楽 ) 92 年より巨匠ハリ プラサード チョウラスィア師の弟子である中川博志氏に 96 年より巨匠ニキル ベナルジー師の愛弟子 H. アミット ロイ氏に師事 06 年より継続的にオーストラリア Woodford folk festival に出演 07 年坂本龍一プロデュース ロハス クラシックコンサート 出演 映画 手塚治虫のブッダ赤い砂漠よ永遠に (2011) 映画 るろうに剣心 ( ) スーパー歌舞伎 Ⅱ ワンピース (2015) で挿入曲を演奏 インド オーストラリア 南米 北米をはじめ国内外で演奏活動を行う インド古典音楽の深い理解に基づく 叙情的かつダイナミックな演奏で 各方面より高い評価を受ける らるふ ( 口琴 ) 2003 年から 2004 年にかけて 元村八分の渡辺作郎 ( カント ) 氏主催の音楽集団 山脈ズ ( ) にて口琴及びヴォイスとして活動 アルバム マーブル シープ ミーツ のレコーディングに参加 2004 年 1 月 びやぼんの夜 ( 府中カフェスロー ) 出演 2006 年よりアーティスト集団 東京フラワーズと共に西麻布 京都 表参道 新宿ゴールデン街などでギャラリーライブを行う