2008 年度上期未踏 IT 人材発掘 育成事業採択案件評価書 1. 担当 PM 田中二郎 PM( 筑波大学大学院システム情報工学研究科教授 ) 2. 採択者氏名チーフクリエータ : 北山朝也 ( 株式会社ソニー コンピュータエンタテインメントソフトウェアプラットフォーム開発部 ) コクリエータ :

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2008 年度上期未踏 IT 人材発掘 育成事業採択案件評価書 1. 担当 PM 田中二郎 PM( 筑波大学大学院システム情報工学研究科教授 ) 2. 採択者氏名チーフクリエータ : 北山朝也 ( 株式会社ソニー コンピュータエンタテインメントソフトウェアプラットフォーム開発部 ) コクリエータ :"

Transcription

1 2008 年度上期未踏 IT 人材発掘 育成事業採択案件評価書 1. 担当 PM 田中二郎 PM( 筑波大学大学院システム情報工学研究科教授 ) 2. 採択者氏名チーフクリエータ : 北山朝也 ( 株式会社ソニー コンピュータエンタテインメントソフトウェアプラットフォーム開発部 ) コクリエータ : 川田正明 ( 慶應義塾大学大学院政策 メディア研究科博士課程 ) コクリエータ : 丸岡和人 ( 株式会社レベリオ テクノロジーズ代表取締役社長 ) 3. プロジェクト管理組織 株式会社オープンテクノロジーズ 4. 委託金支払額 4,498,200 円 5. テーマ名 リビングにネットコンテンツを届ける DLNA サーバソフトウェア corockets の開発 6. 関連 Web サイト なし 7. テーマ概要 ネット上に存在する動画などのマルチメディアコンテンツをリビングにおいて視聴可 能にすることが本プロジェクトの目的である 現状 ネットコンテンツはリビングで液

2 晶テレビなどを通して視聴されることは少なく ほとんど PC を通してリビングとは異なる部屋で視聴されるている これは ネットコンテンツをリビングで視聴するというライフスタイルが確立されていないことと供に リビングにおけるネットコンテンツのを快適に視聴出来ることを可能にするソフトウェアが存在しないことが原因である このような現状を打破し ユーザに新たな視聴環境を提供するため ネットコンテンツをリビングに届ける DLNA サーバソフトウェア corockets の開発を行う DLNA とは Digital Living Network Alliance の略であり 各デバイス間でマルチメディアコンテンツを共有することを可能にするためのガイドラインである DLNA サーバソフトウェアである corockets を利用することでユーザは以下のことが可能になる 1. ユーザは DLNA プレイヤーを通し corockets が ネットチャンネル という名前で提供する動画ファイルを視聴可能となる ネットチャンネルは 30 分番組という形態をとり 英語学習 音楽 教養 人気の動画 といったテーマの中からユーザが見たいと思うテーマを選択し視聴することが可能である 2. ユーザは DLNA プレイヤーを通して YouTube Flickr Picasa といった Web サービス上に存在するユーザ所有のコンテンツ Podcast などの Media RSS によって配信されるマルチメディアコンテンツを視聴することが可能になる 3. ユーザは PC 内に存在する様々な規格のコンテンツを プレイリストを含め全て DLNA プレイヤーを通して視聴することが可能になる 現在 上記のような機能を備えた DLNA サーバソフトウェアは存在しておらず リビングにウェブ上に存在するコンテンツをネットチャンネルというユーザが受動的に視聴できる形で提供することで リビングにおけるウェブコンテンツの新しい視聴の仕方を提案する 8. 採択理由 リビングでネットコンテンツを閲覧するという姿勢には共感できる どのように質の高 いネットコンテンツを編集できるかというところが問題となりそう 9. 開発目標 corockets は 家庭内にある PC 上で動作し 自動的にユーザのニーズに即したネットコンテンツを収集し そのネットコンテンツをリビングに DLNA サーバとして配信する corockets.com で配布されるアドオンを用いて corockets を自分のニーズを満た

3 すコンテンツを自動的に収集するようにカスタマイズすることで 自分好みのコンテン ツがあたかもテレビ放送のチャンネルのようにリビングに自動的に届く環境を構築可 能とする 10. 進捗概要 以下のような機能 特徴を備えたソフトウェアの設計 実装を行った 1. ネットコンテンツの収集方法が定義されたアドオンをインストールすることで 個人のニーズに即したネットコンテンツを自動的に収集する corockets は corockets.com が配布するアドオンのインストール用 URL をインストール用 URL ボックスにコピー & ペーストするだけで アドオンがインストール可能となり 容易に自分好みのコンテンツを収集するように corockets を設定可能である 2. 収集されたコンテンツは PC 上で corockets の GUI から快適に閲覧可能である また コンテンツをお気に入り機能を通して管理することも出来る GUI のコンセプトはシンプルでクリーンな印象を与えつつ メディアコンテンツへアクセスするために必要な時間が最小となっている点である 現在ノートパソコンの売り上げの半分を占めると言われるネットブックのような低解像度環境においても 十分に操作性が高くなることを特に考慮して設計 実装を行った 3. 収集されたコンテンツは corockets が DLNA サーバとなり家庭内ネットワークに配信され PLAYSTATION 3 XBOX360 液晶テレビのような DLNA プレイヤー機能を備えた AV 機器から再生可能となる DLNA に関しては DLNA 1.0 に互換し PLAYSTATION 3 液晶テレビの両方で問題なくコンテンツが視聴可能であることが確認出来た 11. 成果 図 1 が corockets のスクリーンショットである

4 図 1.coRockets のスクリーンショット corockets は現在 で公開中である corockets を DLNA サーバとして考えてみた場合 corockets を Windows Media Player 11 DiXiM PS3 Media Server といった現在普及していうる DLNA サーバと比較して優位と思われる主な点は 以下の 2 点である 1. 優れたユーザビリティを備えたコンテンツブラウザが実装されている 2. アドオン形式で容易に自動的に取得するコンテンツを拡張可能であり さらに アドオンが一箇所に集中管理されている 12. プロジェクト評価ネットコンテンツ収集機能を備えた DLNA サーバである corockets と corockets 用アドオンの管理 公開を可能とする Web サーバである corockets.com が開発された corockets を起動し corockets.com で配布されるアドオンを用いてカスタマイズ

5 することで 自分のニーズを満たすコンテンツが あたかもTVのチャンネルのようにリビングに自動的に届く環境を構築することが可能となった corockets は現在 で公開されておりこれについても大いに評価できる 13. 今後の課題情報と家電の融合という言葉は良く聞くが いずれも家庭用のテレビにブラウザを実装し 家電を賢くするというアプローチであった corockets は 家庭内にある PC 上で動作するが ここで新規性を感じたのは リビングでコンテンツを視聴する際に 視聴用のディスプレィの他に傍らに PC を置くという設定である 将来このような設定がより一般的になると思われる 今後の課題としては corockets 用アドオンの管理 公開を行う Web サーバである corockets.com の更なる内容の充実が期待される