ユーザーマニュアル FLIR Kx5 シリーズ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "ユーザーマニュアル FLIR Kx5 シリーズ"

Transcription

1 ユーザーマニュアル FLIR Kx5 シリーズ

2

3

4 Important note Before operating the device, you must read, understand, and follow all instructions, warnings, cautions, and legal disclaimers. Důležitá poznámka Před použitím zařízení si přečtěte veškeré pokyny, upozornění, varování a vyvázání se ze záruky, ujistěte se, že jim rozumíte, a řiďte se jimi. Vigtig meddelelse Før du betjener enheden, skal du du læse, forstå og følge alle anvisninger, advarsler, sikkerhedsforanstaltninger og ansvarsfraskrivelser. Wichtiger Hinweis Bevor Sie das Gerät in Betrieb nehmen, lesen, verstehen und befolgen Sie unbedingt alle Anweisungen, Warnungen, Vorsichtshinweise und Haftungsausschlüsse Σημαντική σημείωση Πριν από τη λειτουργία της συσκευής, πρέπει να διαβάσετε, να κατανοήσετε και να ακολουθήσετε όλες τις οδηγίες, προειδοποιήσεις, προφυλάξεις και νομικές αποποιήσεις. Nota importante Antes de usar el dispositivo, debe leer, comprender y seguir toda la información sobre instrucciones, advertencias, precauciones y renuncias de responsabilidad. Tärkeä huomautus Ennen laitteen käyttämistä on luettava ja ymmärrettävä kaikki ohjeet, vakavat varoitukset, varoitukset ja lakitiedotteet sekä noudatettava niitä. Remarque importante Avant d'utiliser l'appareil, vous devez lire, comprendre et suivre l'ensemble des instructions, avertissements, mises en garde et clauses légales de non-responsabilité. Fontos megjegyzés Az eszköz használata előtt figyelmesen olvassa el és tartsa be az összes utasítást, figyelmeztetést, óvintézkedést és jogi nyilatkozatot. Nota importante Prima di utilizzare il dispositivo, è importante leggere, capire e seguire tutte le istruzioni, avvertenze, precauzioni ed esclusioni di responsabilità legali. 重要な注意デバイスをご使用になる前に あらゆる指示 警告 注意事項 および免責条項をお読み頂き その内容を理解して従ってください 중요한참고사항장치를작동하기전에반드시다음의사용설명서와경고, 주의사항, 법적책임제한을읽고이해하며따라야합니다. Viktig Før du bruker enheten, må du lese, forstå og følge instruksjoner, advarsler og informasjon om ansvarsfraskrivelse. Belangrijke opmerking Zorg ervoor dat u, voordat u het apparaat gaat gebruiken, alle instructies, waarschuwingen en juridische informatie hebt doorgelezen en begrepen, en dat u deze opvolgt en in acht neemt. Ważna uwaga Przed rozpoczęciem korzystania z urządzenia należy koniecznie zapoznać się z wszystkimi instrukcjami, ostrzeżeniami, przestrogami i uwagami prawnymi. Należy zawsze postępować zgodnie z zaleceniami tam zawartymi. Nota importante Antes de utilizar o dispositivo, deverá proceder à leitura e compreensão de todos os avisos, precauções, instruções e isenções de responsabilidade legal e assegurar-se do seu cumprimento. Важное примечание До того, как пользоваться устройством, вам необходимо прочитать и понять все предупреждения, предостережения и юридические ограничения ответственности и следовать им. Viktig information Innan du använder enheten måste du läsa, förstå och följa alla anvisningar, varningar, försiktighetsåtgärder och ansvarsfriskrivningar. Önemli not Cihazı çalıştırmadan önce tüm talimatları, uyarıları, ikazları ve yasal açıklamaları okumalı, anlamalı ve bunlara uymalısınız. 重要注意事项在操作设备之前, 您必须阅读 理解并遵循所有说明 警告 注意事项和法律免责声明 重要注意事項操作裝置之前, 您務必閱讀 了解並遵循所有說明 警告 注意事項與法律免責聲明

5 ユーザーマニュアル FLIR Kx5 シリーズ #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp v

6

7 目次 1 免責条項 免責条項 用途に関する統計情報 用途についての統計情報 米国政府規制 著作権 品質保証 特許権 EULA Terms 安全情報 カメラに貼られたラベル FLIR K45 および FLIR K FLIR K マーキングの推奨事項と制限 ユーザーへの通知 ユーザーフォーラム 電気廃棄物の処理 トレーニング 文書の更新 このマニュアルについての重要なお知らせ 正規版に関する注記 ユーザーヘルプ 一般 質問を送信する ダウンロード FLIR Kx5 シリーズサービスに関する重要な情報 カメラを初めて使う (FLIR K65) クイックスタートガイド 付属品およびサービスのリスト システム構成の概要 図 説明 システム部品 カメラ (FLIR K45 FLIR K55) 図 説明 カメラ (FLIR K65) 図 説明 ラニヤードストラップと巻き取り式ストラップ ハンドルストラップと巻き取り式ストラップ 首かけストラップ 画面要素 図 説明 バッテリー状態インジケーター 設定メニューアイコン 操作 バッテリーを取り外す (FLIR K45 FLIR K55) 手順 バッテリーを取り外す (FLIR K65) 手順 バッテリーの充電 #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp vii

8 目次 一般 手順 カメラをオン オフする カメラモードの選択 一般 各カメラモードの説明 画像の保存 一般 図 手順 ビデオクリップの録画 (FLIR K55 および FLIR K65) 一般 図 手順 連続ビデオ録画 (FLIR K55および FLIR K65) 一般 画像のフリーズ 一般 図 手順 コンピュータへのカメラの接続 一般 Procedure (FLIR K45 FLIR K55) Procedure (FLIR K65) 保存した画像の表示 一般 手順 保存したビデオクリップの表示 一般 手順 設定の変更 ( カメラ ) 一般 手順 設定の変更 (FLIR Tools) [ 一般設定 ] タブ [ ユーザーインターフェース ] タブ 車載充電器 ( オプションのアクセサリ ) はじめに 部品と機能 適切な位置の選択 推奨されるケーブル面積およびヒューズ 取り付け手順 カメラの充電 バッテリーの個別充電 掃除 顧客サポート 技術データ オンライン視野計算機 技術データに関する注記 正規版に関する注記 FLIR K FLIR K FLIR K In-truck charger #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp viii

9 目次 15 機械製図 CE 適合宣言書 洗浄 汚染除去および消毒 掃除 カメラの筐体 ケーブルおよびその他のアイテム 赤外線レンズ 汚染除去と消毒 メンテナンス 検査 およびサービス 保守 検査 サービス 保管条件 FLIR Systems について 赤外線カメラを超える機能 知識の共有 カスタマーサポート 赤外線技術の歴史 #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp ix

10

11 1 免責条項 1.1 免責条項 FLIR Systems が製造するすべての製品は FLIR Systems の指示に従い通常の方法で保存 使用 保守が行われることを条件に 素材および製造時の不良に対して 最初の購入の配達日から 1 年間の保証が提供されます FLIR Systems が製造する非冷却式携帯型赤外線カメラは FLIR Systems の指示に従い通常の方法で保存 使用 保守が行われ かつ 最初の購入から 60 日以内に製品登録することを条件に 素材および製造時の不良に対して 最初の購入の配達日から 2 年間の保証が提供されます FLIR Systems が製造する非冷却式携帯型赤外線カメラ用検知器には FLIR Systems の指示に従い通常の方法で保存 使用 保守が行われ かつ 最初の購入から 60 日以内に製品登録することを条件に 素材および製造時の不良に対して 最初の購入の配達日から 10 年間の保証が提供されます FLIR Systems が製造したものではないが FLIR Systems が最初の購入者に納品したシステムに含まれる製品には 特定のサプライヤーの保証のみが持ち越されます FLIR Systems はそのような製品に対しては いかなる責任も負いません この保証は最初の購入者のみを対象とし 譲渡できません また 誤用 不注意 事故または異常な操作で不良が生じた製品には適用されません 消耗品はこの保証から除外されます この保証の対象となる製品で不良が発生した場合 更なる損害を防ぐため その製品を続けて使用してはいけません 購入者はすぐに不良を FLIR Systems に報告するものとします これを怠ると保証は適用されません FLIR Systems は 調査により製品の不良が素材によりまたは製造時に発生したことが証明され かつ 上記 1 年の期間内に FLIR Systems に当該製品が返品されたときは 不良製品を自己の自由裁量にて無償で修理または交換するものとします FLIR Systems は上記以外の不良については いかなる責務も法的責任も負いません 明示または黙示による他の保証は一切提供されません 特に FLIR Systems は 商品性および特定目的への適合性に関する黙示の保証は提供いたしません FLIR Systems は 直接 間接 特別 付随的または派生的な損失または損害については 契約 不法行為 その他いかなる法理に基づくものであっても その責任を負わないものとします この保証には スウェーデンの法律が適用されます この保証に起因または関連して生じるすべての紛争 論争または申し立ては ストックホルム商業会議所仲裁裁判所の規則に従って 仲裁により最終的に解決するものとします 仲裁場所はストックホルムとします 仲裁手続で使用する言語は英語とします 1.2 用途に関する統計情報 FLIR Systems は 自社のソフトウェアおよびサービスの品質の維持と向上に役立てるために 用途について匿名の統計情報を収集する権限を有します 1.3 用途についての統計情報 FLIR Camera Monitor サービスで USB ケーブル経由でコンピュータに接続された FLIR カメラが検出されると レジストリエントリ HKEY_ LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa\- LmCompatibilityLevel が自動的にレベル 2 に変更されます この変更は ネットワークログオンをサポートするリモートネットワークサービスがカメラデバイスに実装されている場合にのみ行われます 1.4 米国政府規制 この製品は米国輸出規制の対象となる場合があります 問い合わせは にお送りください 1.5 著作権 2016, FLIR Systems, Inc. すべての国での無断複製転載を禁じます ソースコードを含むソフトウェアは FLIR Systems の書面による事前承諾がない限り そのいずれの部分も 電子メディア 磁気メディア 光学メディア 手作業などの方式または手段により複製 譲渡 複写 または別の言語もしくはコンピュータ言語に翻訳することを禁じます FLIR Systems の事前の書面による承諾なく 本書全体またはその一部を 電子メディアまたは機械が読み取りできる形式に複写 コピー印刷 複製 翻訳 または送信することを禁じます 本書に記載された製品に表示される名称および記号は FLIR Systems および / または関連会社の登録商標または商標です 本書にて参照されるその他の商標 商用名 または社名は識別のみを目的に使用されており 各所有者の所有物です 1.6 品質保証 これらの製品が開発および製造される品質管理システムは ISO 9001 規格に準拠していることが証明されています FLIR Systems は開発続行ポリシーを公約しています そのため 事前に通知することなく各製品を変更および改良する権利を保持しています 1.7 特許権 ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; 68657; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; D EULA Terms You have acquired a device ( INFRARED CAMERA ) that includes software licensed by FLIR Systems AB from Microsoft Licensing, GP or its affiliates ( MS ). Those installed software products of MS origin, as well as associated media, printed materials, and online or electronic documentation ( SOFTWARE ) are protected by international intellectual property laws and treaties. The SOFTWARE is licensed, not sold. All rights reserved. IF YOU DO NOT AGREE TO THIS END USER LICENSE AGREEMENT ( EULA ), DO NOT USE THE DEVICE OR COPY THE SOFTWARE. INSTEAD, PROMPTLY CONTACT FLIR Systems AB FOR INSTRUCTIONS ON RETURN OF THE UNUSED DEVICE(S) FOR A REFUND. ANY USE OF THE SOFTWARE, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO USE ON THE DEVICE, WILL CONSTITUTE YOUR AGREEMENT TO THIS EULA (OR RATIFICATION OF ANY PREVIOUS CONSENT). GRANT OF SOFTWARE LICENSE. This EULA grants you the following license: You may use the SOFTWARE only on the DEVICE. NOT FAULT TOLERANT. THE SOFTWARE IS NOT FAULT TOLERANT. FLIR Systems AB HAS INDEPENDENTLY DETERMINED HOW TO USE THE SOFTWARE IN THE DEVICE, AND MS HAS RELIED UPON FLIR Systems AB TO CONDUCT SUFFICIENT TESTING TO DETERMINE THAT THE SOFTWARE IS SUITABLE FOR SUCH USE. NO WARRANTIES FOR THE SOFTWARE. THE SOFTWARE is provided AS IS and with all faults. THE ENTIRE RISK AS TO SATISFACTORY QUALITY, PERFORMANCE, ACCURACY, AND EFFORT (INCLUDING LACK OF NEGLIGENCE) IS WITH YOU. ALSO, THERE IS NO WARRANTY AGAINST INTERFERENCE WITH YOUR ENJOYMENT OF THE SOFTWARE OR AGAINST INFRINGEMENT. IF YOU HAVE RECEIVED ANY WARRANTIES REGARDING THE DEVICE OR THE SOFTWARE, THOSE WARRANTIES DO NOT ORIGINATE FROM, AND ARE NOT BINDING ON, MS. No Liability for Certain Damages. EXCEPT AS PROHIBITED BY LAW, MS SHALL HAVE NO LIABILITY FOR ANY INDIRECT, SPECIAL, CONSEQUENTIAL OR INCIDENTAL DAMAGES ARISING FROM OR IN CONNECTION WITH THE USE OR PERFORMANCE OF THE SOFTWARE. THIS LIMITATION SHALL APPLY EVEN IF ANY REMEDY FAILS OF ITS ESSENTIAL PURPOSE. IN NO EVENT SHALL MS BE LIABLE FOR ANY AMOUNT IN EXCESS OF U.S. TWO HUNDRED FIFTY DOLLARS (U.S.$250.00). Limitations on Reverse Engineering, Decompilation, and Disassembly. You may not reverse engineer, decompile, or disassemble the SOFTWARE, except and only to the extent that such activity is expressly permitted by applicable law notwithstanding this limitation. SOFTWARE TRANSFER ALLOWED BUT WITH RESTRICTIONS. You may permanently transfer rights under this EULA only as part of a permanent sale or transfer of the Device, and only if the recipient agrees to this EULA. If the SOFTWARE is an upgrade, any transfer must also include all prior versions of the SOFTWARE. EXPORT RESTRICTIONS. You acknowledge that SOFTWARE is subject to U.S. export jurisdiction. You agree to comply with all applicable international and national laws that apply to the SOFTWARE, including the U.S. Export Administration Regulations, as well as end-user, end-use and destination restrictions issued by U.S. and other governments. For additional information see #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 1

12 2 安全情報 警告 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ バッテリーを分解したり 改造したりしないでください バッテリーには安全および保護のための部品が含まれており それが損傷すると 過熱 爆発または発火の原因になります 警告 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ バッテリー液が漏れて液体が目に入った場合は 目をこすらないでください 目を水でよくすすぎ すぐに治療を受けてください すぐに治療を受けない場合 バッテリー液によって目を損傷することがあります 警告 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ 指定された充電時間に充電が完了しなかった場合は 充電を継続しないでください バッテリーの充電を続けると バッテリーが加熱して 爆発や発火のおそれがあり 怪我の原因となることがあります 警告 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ バッテリーの放電には 正しい装置のみを使用してください 正しい装置を使用しないと バッテリーの性能の低下や寿命の短縮につながることがあります また 不適切な電流がバッテリーに流れてしまうこともあり これによりバッテリーが加熱し 爆発で怪我をする可能性があります 警告 液体を使用される前には 該当する MSDS ( 製品安全データシート ) と容器に記載されている警告ラベルをお読みください 液体は取り扱いによっては危険な場合があり 怪我の原因となることがあります 注意 レンズカバーを装着しているかどうかを問わず 赤外線カメラを高エネルギー源 ( 例えば レーザー光線を放射する機器や太陽 ) に向けないでください カメラの精度に望ましくない影響を与えることがあります また カメラの検出素子を損傷することもあります 注意 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ FLIR Systems 製シガーライターソケットにバッテリーを接続するための特別アダプターがないときは バッテリーを車のシガーライターソケットに直接接続しないでください バッテリーが損傷する可能性があります 注意 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ バッテリーの陽極と陰極を金属の物体 ( ワイヤなど ) でつながないでください バッテリーが損傷する可能性があります 注意 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ バッテリーを水や塩水に付けたり バッテリーを濡らさないようにしてください バッテリーが損傷する可能性があります 注意 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ バッテリーに穴をあけないでください バッテリーが損傷する可能性があります #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 2

13 2 安全情報 注意 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ ハンマーでバッテリーをたたかないでください バッテリーが損傷する可能性があります 注意 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ 足でバッテリーを踏んだり蹴ったりしないでください バッテリーが損傷する可能性があります 注意 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ バッテリーを火の中や近くに置いたり 直射日光に当てないでください バッテリーが高温になると 組み込みの保護機能が作動し 充電が中止されます また バッテリーが熱くなると 保護機能が破壊され バッテリーのさらなる過熱 損傷 発火の原因になります 注意 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ バッテリーを火の中に入れたり 熱でバッテリーの温度を上げないでください バッテリーが損傷したり 怪我の原因となる可能性があります 注意 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ バッテリーを火やストーブ その他の高温になる場所に入れたり それらの近くに置かないでください 怪我の原因となる可能性があります 注意 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ バッテリーに直接はんだ付けしないでください バッテリーが損傷する可能性があります 注意 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ バッテリーの使用中 充電中 または保管中に異常なにおいがしたり 熱くなったり 色が変わったり 形が変わったり または他の異常な状況が見られたときは バッテリーを使用しないください これらの問題が見られた場合は 販売店に相談してください バッテリーが損傷したり 怪我の原因となる可能性があります 注意 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ バッテリーを充電するときは 指定された充電器のみを使用してください 指定の充電器を使用しないと バッテリーが損傷する可能性があります 注意 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ カメラには 指定されたバッテリーのみを使用してください 指定のバッテリーを使用しないと カメラとバッテリーが損傷するおそれがあります 注意 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ バッテリーを充電できる温度範囲は 0 C から +45 C です この範囲外の気温でバッテリーを充電すると バッテリーの過熱や故障の原因になります また バッテリーの性能が低下したり 耐用年数が短くなったりします #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 3

14 2 安全情報 注意 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ バッテリーを放電できる温度範囲は ユーザー資料または技術データに別途指定がない限り -15 C から +50 C です この範囲外の気温でバッテリーを使用すると バッテリーの性能が低下したり 寿命が縮むことがあります 注意 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ バッテリーが古くなったときは 処分する前にバッテリーの両極をテープなどで絶縁してください 絶縁しないとバッテリーが損傷し 怪我の原因になることがあります 注意 適用対象 : 1 つまたは複数のバッテリーを装着したカメラ バッテリーを装着する前に 水分や湿気をバッテリーから取り除いてください 水分や湿気を取り除かないと バッテリーが損傷する可能性があります 注意 カメラ ケーブル その他のアイテムに 溶剤や同様の液体を使用しないでください バッテリーが損傷し 怪我の原因になることがあります 注意 赤外線レンズは注意してクリーニングしてください レンズは損傷しやすい反射防止コーティングが施されており これが損傷すると赤外線レンズも損傷する可能性があります 注意 赤外線レンズをクリーニングし過ぎないようにしてください これにより カメラレンズの反射防止コーティングが損傷することがあります 注保護構造グレードは カメラのすべての開口部が指定のカバー ハッチ またはキャップで閉じられている場合にのみ適用されます ( これにはデータストレージ バッテリーおよびコネクタ部分などが含まれます ) 注意 FLIR K シリーズカメラを使用する場合でも 標準消化手順を変更しないでください FLIR K シリーズカメラは代替技術ではありません 注意 適切なトレーニングを受けていなければ FLIR K シリーズカメラを使用しないでください カメラの操作者が適切なトレーニングを受けていないと 赤外線画像の分析が不正確になり そのために消火活動中に誤った決定が行われる可能性があります このトレーニングの必須項目は以下のとおりです 赤外線カメラの仕組みとその限界 画像の解釈方法 カメラを安全に操作する方法 注意 Torx T20 ねじには 80 Ncm 以上のトルク値を使用しないでください この数値以上のトルク値を使用すると カメラが損傷するおそれがあります 注意 該当するメーカーの指示で指定された機器だけを使用してください 指定外の機器を使用すると 機器の保護機能が十分に発揮されません また 機器が損傷する恐れがあります #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 4

15 2 安全情報 注意 部品番号 T (FLIR Systems AB が提供 ) の表記があるバッテリーのみを使用してください それ以外のバッテリーを使用した場合 機器が損傷する恐れがあります 警告 バッテリーの交換は 安全とされている場所でのみ行うようにしてください 指示に従わない場合 爆発することがあります 爆発により怪我や死亡事故につながったり 機器が損傷したりする可能性もあります 注意 周囲に可燃性物質がないことを確認しない限り 開かないでください 火災や爆発のおそれがあります さらに怪我や死亡事故の原因になったり 機器が損傷したりする可能性もあります 注意 分類 ( 危険 ) 領域では 接続ポートを使用しないでください 怪我や機器への損傷が発生するおそれがあります 2.1 カメラに貼られたラベル FLIR K45 および FLIR K FLIR K マーキングの推奨事項と制限 適用対象 : FLIR K65 カメラ本体に対して物理的にマーキングしないでください この場合のマーキングには ラベル 刻印 印刷 溶解などが含まれます カメラを識別または追跡する必要がある場合は FLIR Tools を使用し カメラのファームウェアにカスタムブート画像を追加することよって識別を行ってください 詳細は [ ユーザーインターフェース ] タブ, ページ 43 を参照してください #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 5

16 3 ユーザーへの通知 3.1 ユーザーフォーラム 弊社のユーザーフォーラムでは 赤外線分析を行う世界中のユーザーと意見を交換したり 問題や赤外線ソリューションを共有したりすることができます フォーラムに参加するには 次のサイトを参照してください 電気廃棄物の処理 ほとんどの電気製品と同様 この装置は環境にやさしい方法で処理を行う必要があります また 電気廃棄物に関する既存の規制を順守する必要があります 詳細については お近くの FLIR Systems 代理店にお問い合わせください 3.3 トレーニング 赤外線測定のトレーニング情報については 次のサイトを参照してください 文書の更新 取扱説明書は年に数回更新されます また 製品にとって重要な変更通知も定期的に発行されます 最新のマニュアル 翻訳されたマニュアル および通知にアクセスするには 以下の [Download] タブにアクセスしてください オンライン登録にはほんの数分しかかかりません ダウンロードエリアでは 他の製品の取扱説明書の最新版や旧バージョンでサポートが終了した製品の取扱説明書も提供されています 3.5 このマニュアルについての重要なお知らせ FLIR Systems は モデルラインのいくつかのカメラをカバーした汎用マニュアルを発行しています 従って マニュアルの記載や説明が お使いの特定のカメラには当てはまらない場合もありますので ご注意ください 3.6 正規版に関する注記 この文書の正規版は英語です 誤訳による相違がある場合には 英語版が優先されます 最新の変更は英語版から反映されます #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 6

17 4 ユーザーヘルプ 4.1 一般 カスタマーサポートをお求めの場合は 次のサイトを参照してください 質問を送信する ユーザーヘルプチームに質問を送信するには ユーザー登録が必要になります オンライン登録は数分で完了します ナレッジベースで既存の質問と回答などを検索するだけであれば ユーザー登録は不要です 質問を送信するときは 次の情報を入手していることを確認してください カメラのモデル名 カメラの製造番号 カメラとデバイスの間の通信プロトコルまたは方法 ( 例えば SD カードリーダー HDMI Ethernet USB または FireWire) デバイスタイプ (PC/Mac/iPhone/iPad/Android デバイスなど ) FLIR Systems 製のプログラムのバージョン マニュアルの正式名称 出版番号および改訂番号 #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 7

18 4 ユーザーヘルプ 4.3 ダウンロード 製品に適用可能な場合 ユーザーヘルプサイトでは 以下のものもダウンロードできます 赤外線カメラ用のファームウェア更新 PC/Mac ソフトウェア用のプログラム更新 PC/Mac ソフトウェアのフリーウェアおよび評価バージョン 最新版 旧版 およびサポートが終了した製品のユーザーマニュアル 機械製図 (*.dxf および *.pdf フォーマット ) CAD データモデル (*.stp フォーマット ) 適用事例 技術データシート 製品カタログ #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 8

19 5 FLIR Kx5 シリーズサービスに関する重要な情報 カメラをお送りいただく前に サービス部門にご連絡ください 多くの問題は電話で解決できます 電話で問題が解決できれば カメラの送付は不要となります FLIR のサービス部門にカメラを送る際には クリーニング 汚染除去 消毒を十分に行ってください カメラに有害な残留物が付着していてはいけません 有害な残留物には 消火用化合物 放射能 生体有害物質 化学的火災の残留物などがありますが これに限定されません FLIR Systems は サービス部門に送付されたカメラに汚染があった場合 その汚染除去と消毒にかかる費用全額を請求する権利を留保します #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 9

20 6 カメラを初めて使う (FLIR K65) 適用対象 : FLIR K65 カメラを初めてお使いになるときは カメラのアンロックコードを入力してカメラをロック解除する必要があります このコードは カメラのシリアル番号に基づいています カメラのアンロックコードを取得するには FLIR カスタマーサポートアカウントを使用してログインし カメラを登録する必要があります FLIR カスタマーサポートアカウントを既にお持ちの場合は 同じログイン資格情報をご使用いただけます 次の手順に従います 1. カメラを初めて起動する前に バッテリーを 4 時間充電するか 青色のバッテリー状態 LED が継続的に点灯するまで充電します 2. オン / オフボタンを押して カメラの電源を入れます 次のようなダイアログボックスが表示されます 3. インターネットに接続しているコンピュータまたはその他のデバイスを使用して 次の Web サイトにアクセスします 次のようなダイアログが表示されます 4. 既存の FLIR カスタマーサポートアカウントにログインするには 次のようにします 4.1. [Username] および [Password] を入力します 4.2. [Log In] をクリックします #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 10

21 6 カメラを初めて使う (FLIR K65) 5. 新しい FLIR カスタマーサポートアカウントを作成するには 次のようにします 5.1. [Create a New Account] をクリックします 5.2. 必要な情報を入力して [Create Account] をクリックします 6. カメラで モードボタンを押します ダイアログボックスが表示されます カメラのシリアル番号 (S/N) が画面上部に表示されます #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 11

22 6 カメラを初めて使う (FLIR K65) 7. コンピュータで カメラのシリアル番号を入力して [Validate] をクリックします 8. シリアル番号が検証されたら [Continue] をクリックします #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 12

23 6 カメラを初めて使う (FLIR K65) 9. 必要な情報を入力して [Register Product] をクリックします 10. 登録が完了したら 4 桁のコードが表示されます 注 このコードは FLIR カスタマーサポートアカウントに登録したアドレス宛に電子メールでも送信されます また FLIR カスタマーサポートポータルの [My Stuff] > [Products] にも表示されます #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 13

24 6 カメラを初めて使う (FLIR K65) 11. カメラで 次のようにしてコードを入力します モードボタンを繰り返し押して数字を変更します ズームボタンを押して次の桁に移動します すべての桁が入力されたら ズームボタンを押してを選択します もう一度ズームボタンを押して 確定します 12. 入力したコードに応じて 次のいずれかのようになります 正しいコードが入力された場合 が少しの間表示されます その後 ロック解除ダイアログボックスが閉じます 間違ったコードが入力された場合 が少しの間表示されます その後 ロック解除ダイアログがゼロに設定され コードを再度入力できます 13. これでカメラが完全に作動するようになり 赤外線画像が表示されます 14. カメラの電源をオフにするには オン / オフボタンを 10 秒以上押し続けます 注次回カメラをオンにすると 起動時から完全に作動します 再度 ロック解除手順を実行する必要はありません #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 14

25 7 クイックスタートガイド すぐにカメラを使い始めるには以下の手順に従ってください 1. カメラを初めて起動する前に バッテリーを 4 時間充電するか 青色のバッテリー状態 LED が継続的に点灯するまで充電します 2. [ オン / オフ ] ボタンを押して カメラの電源を入れます 3. カメラを対象物に向けます 4. モードボタンを押して 適切なカメラモードを選択します 5. トリガーを引いて画像を保存します 6. USB ケーブルを使ってカメラをコンピューターに接続します 7. 次のいずれかを実行します Microsoft Windows Explorer でドラッグアンドドロップ操作を行い 画像をコンピュータに移動します 注ドラッグアンドドロップ操作を使用して画像を移動しても カメラの画像は削除されません FLIR Tools を使用して 画像をコンピュータに移動します FLIR Tools では 画像を分析して PDF レポートを作成できます 注トリガーの機能は FLIR Tools にある設定値で設定します セクション [ ユーザーインターフェース ] タブ, ページ 43 を参照してください #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 15

26 8 付属品およびサービスのリスト Product name Battery charger, incl. power supply with multi plugs (Exx, Kxx) Battery Li-ion 3.6 V, 4.4 Ah, 16 Wh Carabiner strap Cigarette lighter adapter kit, 12 VDC, 1.2 m/3.9 ft. FLIR K65 accessory kit In-truck charger Lanyard strap Li-Ion Battery pack 3.6 V 16 Wh Neck strap Retractable lanyard Part no. T T199368ACC T129915ACC T T T198322ACC T198416ACC T198310ACC T127724ACC T127722ACC Screwdriver TX20 T911309ACC Transport case Kxx T198441ACC Tripod Adapter, Kxx T198457ACC USB cable Std A <-> Mini-B 注 FLIR Systems は 事前の通知なく どの時点においてもモデル 部品や付属品 およびその他のアイテムを製造中止にしたり 仕様を変更したりする権限を有します #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 16

27 9 システム構成の概要 9.1 図 9.2 説明 1. FLIR P/N: , USB cable Std A <-> Mini-B 2. FLIR P/N: T127724ACC, Neck strap 1 3. FLIR P/N: T198416ACC, Strap lanyard 1 4. FLIR P/N: T198457ACC, Tripod Adapter, Kxx 1 5. FLIR P/N: T198125, Battery charger, incl. power supply with multi plugs 6. FLIR P/N: T198509, Cigarette lighter adapter kit, 12 VDC, 1.2 m/3.9 ft 7. FLIR P/N: T198310ACC, Li-Ion Battery pack 3.6 V 16 Wh 8. FLIR P/N: T127722ACC, Retractable lanyard 1 1. The inclusion of this item is dependent on model. #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 17

28 9 システム構成の概要 9. FLIR P/N: T198322ACC, In-truck charger 10. FLIR P/N: T198441ACC, Transport case Kxx #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 18

29 10 システム部品 10.1 カメラ (FLIR K45 FLIR K55) 図 説明 1. USB Mini-B コネクタ : コンピュータに接続し FLIR Tools を使用して画像をダウンロードします 2. ラニヤードストラップ / 首かけストラップの取り付け位置 ( 左側および右側 ) 3. バッテリーを固定するエキセントリックラッチ 4. オン / オフボタン このボタンには 次の 3 つの機能があります [ オン / オフ ] ボタンを押して カメラの電源を入れます [ オン / オフ ] ボタンを 3 秒以上 (10 秒未満 ) 押すと カメラはスタンバイモードになります 6 時間経つとカメラの電源が自動的にオフになります カメラの電源を切るには [ オン / オフ ] ボタンを 10 秒以上押し続けます 5. モードボタン : 繰り返し押して カメラモードを選択します 6. セットアップメニューおよび保存済み画像へのアクセス : モードボタンとズームボタンを同時に押します 7. ズームボタン ( ズーム係数 2 ) 8. 車載充電器用のコネクタ 9. トリガー 10. 三脚アダプター用マウント 11. 巻き取り式ストラップの取り付け位置 12. バッテリー #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 19

30 10 システム部品 10.2 カメラ (FLIR K65) 図 説明 1. USB Mini-B コネクタ : コンピュータに接続し FLIR Tools を使って画像をダウンロードします USB Mini-B コネクタは トルクスねじ (T20) で固定されたプラスチックカバーで保護されています 注意 Torx T20 ねじには 80 Ncm 以上のトルク値を使用しないでください この数値以上のトルク値を使用すると カメラが損傷するおそれがあります 2. ラニヤードストラップ / 首かけストラップの取り付け位置 ( 左側および右側 ) 3. バッテリーを固定するためのラッチ ラッチは Torx ねじ (T20) で締め付けます 注意 Torx T20 ねじには 80 Ncm 以上のトルク値を使用しないでください この数値以上のトルク値を使用すると カメラが損傷するおそれがあります 4. オン / オフボタン このボタンには 次の 3 つの機能があります [ オン / オフ ] ボタンを押して カメラの電源を入れます [ オン / オフ ] ボタンを 3 秒以上 (10 秒未満 ) 押すと カメラはスタンバイモードになります 6 時間経つとカメラの電源が自動的にオフになります カメラの電源を切るには [ オン / オフ ] ボタンを 10 秒以上押し続けます 5. モードボタン : 繰り返し押して カメラモードを選択します 6. セットアップメニューおよび保存済み画像へのアクセス : モードボタンとズームボタンを同時に押します 7. ズームボタン ( ズーム係数 2) 8. 車載充電器用のコネクタ #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 20

31 10 システム部品 9. トリガー 10. 三脚アダプター用マウント 11. 巻き取り式ストラップの取り付け位置 12. バッテリー 10.3 ラニヤードストラップと巻き取り式ストラップ 10.4 ハンドルストラップと巻き取り式ストラップ #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 21

32 10 システム部品 10.5 首かけストラップ #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 22

33 11 画面要素 11.1 図 11.2 説明 1. 基本モード 人命救助や鎮火を伴う初期の消火活動に対応した多目的モードです 2. モノクロファイヤーファイティングモード 人命救助や鎮火を伴う初期の消火活動に対応した多目的モードです 3. ファイヤーモード 基本モードに似ていますが 温度の色分けの開始点がより高温に設定されています 4. サーチ & レスキューモード 人物を捜索しながら赤外線画像の高コントラストを維持するように最適化されています 5. ヒートディテクションモード 鎮火後の調査時に ホットスポットを検索するように最適化されています 6. 低感度モードインジケータ このインジケータは カメラが過熱エリアを識別し 基本モード モノクロファイヤーファイティングモード またはファイヤーモードで自動的に低感度モードに切り替わったときに表示されます 7. 過熱インジケータ このインジケータは 内部過熱が原因で赤外線画像撮影装置がシャットダウンすることを視覚的に警告します 8. カラー参照インジケータ記号の変化 新しいモードが選択されると カラー温度参照の三角形が参照バーの上に表示されます 三角形の表示時間は 1 秒です 9. 参照バー 10. 温度バー 11. スポットメーター温度 #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 23

34 11 画面要素 12. バッテリー状態インジケータ 13. スポットメーター 14. カメラが基本モードではないことを示すプラス記号 注 緑色のアイコンは 物体に応じてカメラが高感度レンジと低感度レンジを自動的に切り替えることを示します 青色のアイコンは 温度レンジがロックされていることを示します 基本モード以外のモードを使用するには 特別なトレーニングが必要な場合があります 11.3 バッテリー状態インジケーター 自動レンジ高感度レンジ説明 電力 75% 電力 50% 電力 25% 点滅インジケータ 残りの電力が最低 5 分です 11.4 設定メニューアイコン アイコン 説明 温度単位設定 温度表示設定 日付設定 時刻設定 出荷時のデフォルト設定 #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 24

35 12 操作 注意 適切なトレーニングを受けていなければ FLIR K シリーズカメラを使用しないでください カメラの操作者が適切なトレーニングを受けていないと 赤外線画像の分析が不正確になり そのために消火活動中に誤った決定が行われる可能性があります このトレーニングの必須項目は以下のとおりです 赤外線カメラの仕組みとその限界 画像の解釈方法 カメラを安全に操作する方法 12.1 バッテリーを取り外す (FLIR K45 FLIR K55) 手順 次の手順に従います 1. エキセントリックラッチを引きます 2. バッテリーケースからバッテリーを引き出してください #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 25

36 12 操作 12.2 バッテリーを取り外す (FLIR K65) 手順次の手順に従います 1. Torx T20 ねじを緩めて ラッチを引き上げます 注意 Torx T20 ねじには 80 Ncm 以上のトルク値を使用しないでください この数値以上のトルク値を使用すると カメラが損傷するおそれがあります 2. バッテリーケースからバッテリーを引き出してください 12.3 バッテリーの充電 警告 装置のそばにコンセントを置いて 利用しやすいようにしてください 一般 カメラを初めて起動する前に バッテリーを 4 時間充電するか 青色のバッテリー状態 LED が継続的に点灯するまで充電します 手順 次の手順に従います 1. バッテリーをスタンドアロンバッテリー充電器に入れます 2. 電源ケーブルプラグをスタンドアロンバッテリー充電器のコネクタに接続します 3. 電源メイン電気プラグをメインソケットに接続します 4. 青色のバッテリー状態 LED が点灯し続ける場合は 電源ケーブルプラグを外してください 12.4 カメラをオン オフする [ オン / オフ ] ボタンを押して カメラの電源を入れます #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 26

37 12 操作 [ オン / オフ ] ボタンを 3 秒以上 (10 秒未満 ) 押すと カメラはスタンバイモードになります 6 時間経つとカメラの電源が自動的にオフになります カメラの電源を切るには [ オン / オフ ] ボタンを 10 秒以上押し続けます #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 27

38 12 操作 12.5 カメラモードの選択 一般 カメラには 5 種類のカメラモードが用意されています カメラモードは モードボタンを押して選択します 用意されているカメラモードは 次の 5 種類です 1. 基本モード 2. モノクロファイヤーファイティングモード 3. ファイヤーモード 4. サーチ & レスキューモード 5. ヒートディテクションモード 各モードは 特定の種類の消火活動に対して最適化されています また 各モードは次のように動作が変化します 緑色のアイコンのモード ( リストの 1 3): 温度 150 C を超える物体がカメラの視野に入ると カメラが高感度範囲 ( 20 ~ +150 C)) から低感度範囲 (0 ~ +650 C)) に自動的に切り替わります 青色のアイコンのモード ( リストの 4 ~ 5): 温度レンジが 高感度レンジ ( 20 ~ +150 C)) にロックされます このモードは カメラの視野に 150 C を超える温度を持つ物体が存在する場合でも 150 C 未満の温度を持つ物体の画像を最適な画質に維持する場合に便利です 自動温度レンジの選択 一般 自動温度レンジの選択は LCD エリアの矩形範囲 (x1, y1) = ( 幅の 15% 高さの 15%) から (x2, y2) = ( 幅の 85% 高さの 85%) で定義される測定エリアに基づきます セクション の図を参照してください 高感度レンジから低感度レンジまでの自動変更は 測定エリア内のピクセルの 2% 以上が常に (1 秒間以上 ) 高感度レンジの最高温度を超える温度である場合に起こります 低感度レンジから高感度レンジまでの自動変更は 測定エリア内のピクセルの 98% 以上が常に 1 秒間以上 高感度レンジの最高温度より 50 C 未満の温度である場合に起こります 図 説明 1. LCD エリア 2. 自動エリア変更を有効にするエリア #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 28

39 12 操作 各カメラモードの説明 基本モード 図 12.1 基本モード 基本モードは カメラのデフォルトモードで 人命救助や鎮火を伴う初期の消火活動に対応した多目的モードです 火災シーンの安全かつ一貫した温度の色分けを保ちながら 最適な赤外線画像を維持できるように カメラが高感度レンジまたは低感度レンジに自動的に切り替わります 自動レンジ 温度の色分け : +150 ~ +650 C 高感度レンジ : 20 ~ +150 C 低感度レンジ : 0 ~ +650 C 注他のモードから基本モードに切り替えるには オン / オフボタンを 1 秒未満押します モノクロファイヤーファイティングモード 図 12.2 モノクロファイヤーファイティングモード モノクロファイヤーファイティングモードは 基本モードに基づく標準化されたファイヤーモードで 人命救助や鎮火を伴う初期の消火活動に対応した多目的モードです 温度の色分け機能を使用しない消防隊を対象として設計されています 最適な赤外線画像を維持できるように カメラが高感度レンジまたは低感度レンジに自動的に切り替わります 自動レンジ 高感度レンジ : 20 ~ +150 C 低感度レンジ : 0 ~ +650 C #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 29

40 12 操作 ファイヤーモード 図 12.3 ファイヤーモード ファイヤーモードは 基本モードと似ていますが 温度の色分けについて より高温の開始点を持っています 大量の炎や高い背景温度がすでに存在する 背景温度が高い火災シーンに適しています 安全かつ一貫した温度の色分けを保ちながら 最適な赤外線画像を維持できるように カメラが高感度レンジまたは低感度レンジに自動的に切り替わります 自動レンジ 温度の色分け : +250 ~ +650 C 高感度レンジ : 20 ~ +150 C 低感度レンジ : 0 ~ +650 C サーチ & レスキューモード 図 12.4 サーチ & レスキューモード サーチレスキューモードは 地勢内 建物内や交通事故現場などにおける人間の探知中に 赤外線画像のコントラストが高く保たれるように最適化されています 高感度レンジのみ 温度の色分け : +100 ~ +150 C 高感度レンジ : 20 ~ +150 C #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 30

41 12 操作 ヒートディテクションモード 図 12.5 ヒートディテクションモード ヒートディテクションモードは 鎮火後の調査時にホットスポットを検索するように最適化されており 一般的には隠れた炎が残されていないか確認する目的で使用します このモードは 熱パターンを検出する目的で使用することもできます たとえば 事故車の座席に人物の兆候が残されているかどうかを調べ 全員が見つかったことを確認する目的で使用します また 水中に落ちた人や開かれた景色の中で人物を捜索するために使用することもできます 高感度レンジのみ 温度の色分け : シーンの中で 20% の最も温度が高いエリア 高感度レンジ : 20 ~ +150 C #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 31

42 12 操作 12.6 画像の保存 一般 画像は カメラのアーカイブに保存できます 注アーカイブには 最大で 200 枚の画像を保存できます 画像数が 200 を超えると 先入先出の原則に基づいて画像が削除されます つまり 201 枚目の画像が保存されると 1 枚目の画像が削除され 202 枚目の画像が保存されると 2 枚目の画像が削除されることになります 図 手順 注トリガーの機能は FLIR Tools にある設定値で設定します セクション [ ユーザーインターフェース ] タブ, ページ 43 を参照してください 次の手順に従います 1. カメラを対象物に向けます 2. 画像を保存するには トリガーを引きます #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 32

43 12 操作 12.7 ビデオクリップの録画 (FLIR K55 および FLIR K65) 一般 ビデオクリップを録画して カメラのアーカイブに保存できます 図 手順 注トリガーの機能は FLIR Tools にある設定値で設定します セクション [ ユーザーインターフェース ] タブ, ページ 43 を参照してください 次の手順に従います 1. カメラを対象物に向けます 2. FLIR Tools の [ トリガーボタン ] 設定値に応じて 次のいずれかを実行して録画を開始します [ 録画オン / オフ ] 設定値の場合は トリガーを引きます [ ビデオ録画 ] 設定値の場合は トリガーを引き 引いたままにします 3. ビデオクリップの録画中は 画面中央の左側に点滅する円が表示されます 4. FLIR Tools の [ トリガーボタン ] 設定値に応じて 次のいずれかを実行して録画を停止します [ 録画オン / オフ ] 設定値の場合は トリガーを引きます [ ビデオ録画 ] 設定値の場合は トリガーを放します #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 33

44 12 操作 12.8 連続ビデオ録画 (FLIR K55 および FLIR K65) 一般 カメラの電源を入れたら連続ビデオ録画が開始されるように設定できます 録画を停止することはできません 注連続ビデオ録画機能は FLIR Toolsにある設定値で設定します セクション [ ユーザーインターフェース ] タブ, ページ 43を参照してください #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 34

45 12 操作 12.9 画像のフリーズ 一般画像をフリーズすることができます 図 手順 注トリガーの機能は FLIR Tools にある設定値で設定します セクション [ ユーザーインターフェース ] タブ, ページ 43 を参照してください 次の手順に従います 1. カメラを対象物に向けます 2. 以下を行ってください : 画像をフリーズするには トリガーを引いたままにします ライブ画像に戻るには トリガーを放します #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 35

46 12 操作 コンピュータへのカメラの接続 一般 カメラは USB ケーブルを使用してコンピュータに接続できます 接続すると カメラのアーカイブからコンピュータに画像を移すことができます また FLIR Tools ソフトウェアに画像をインポートすることもできます FLIR Tools 用のダウンロードカードは 輸送用ケースに入っています Procedure (FLIR K45 FLIR K55) 次の手順に従います 1. カメラ上部のゴム製カバーを持ち上げます 2. 金属製のリングをしっかりとつまみます 3. リングを反時計回りに約 90 回転します 4. プラスチック製のインサートを引き出します 注意 プラスチック製のインサートには O リングシールが取り付けられています O リングシールを傷付けないでください #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 36

47 12 操作 5. コネクタベイの USB Mini-B コネクタに USB ケーブルを接続します 6. 次のいずれかを実行します Microsoft Windows Explorer でドラッグアンドドロップ操作を行い 画像をコンピュータに移動します 注ドラッグアンドドロップ操作を使用して画像を移動しても カメラの画像は削除されません FLIR Tools を使用して 画像をコンピュータに移動します Procedure (FLIR K65) 次の手順に従います 1. カメラ上部のゴム製カバーを持ち上げます 2. 金属製のリングを持ち上げます 3. Torx T20 ねじを緩めます 注意 Torx T20 ねじには 80 Ncm 以上のトルク値を使用しないでください この数値以上のトルク値を使用すると カメラが損傷するおそれがあります #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 37

48 12 操作 4. プラスチック製のインサートを引き出します 注意 プラスチック製のインサートには O リングシールが取り付けられています O リングシールを傷付けないでください 5. コネクタベイの USB Mini-B コネクタに USB ケーブルを接続します 6. 次のいずれかを実行します Microsoft Windows Explorer でドラッグアンドドロップ操作を行い 画像をコンピュータに移動します 注ドラッグアンドドロップ操作を使用して画像を移動しても カメラの画像は削除されません FLIR Tools を使用して 画像をコンピュータに移動します #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 38

49 12 操作 保存した画像の表示 一般 画像を保存すると カメラのアーカイブに画像が保管されます 画像を再び表示するには アーカイブから呼び出します 手順 次の手順に従います 1. モードおよびズームボタンを同時に押します これにより メインメニューが表示されます 2. モードボタンを押して を選択します これにより 以下の画面が表示されます 3. アーカイブで 以下の操作を実行します モードボタンを押してを選択し 次の画像に移動します トリガーを押すと前の画像に移動します ズームボタンを押して保持してを選択し 特定の画像を拡大します 4. オン / オフボタンを押してを選択し アーカイブを終了します #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 39

50 12 操作 保存したビデオクリップの表示 一般 ビデオクリップを保存すると カメラのアーカイブに保管されます ビデオクリップを表示するには アーカイブから呼び出します 手順 次の手順に従います 1. モードおよびズームボタンを同時に押します これにより メインメニューが表示されます 2. モードボタンを押してを選択します これにより 以下の画像が表示されます ビデオクリップはフィルムストリップアイコンで示されます 3. 以下を行ってください : アーカイブで次のアイテムに移動するには モードボタンを押してを選択します アーカイブで次のアイテムに移動するには トリガーを押します 4. 以下を行ってください : ビデオクリップの表示を開始するには ズームボタンを押し続けてを選択します ビデオクリップの表示を停止するには ズームボタンを放します 5. アーカイブを終了するには オン / オフボタンを押してを選択します #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 40

51 12 操作 設定の変更 ( カメラ ) 一般 カメラの各種設定を変更できます 変更できる設定には 次のようなものがあります 温度単位 温度表示 日付 時刻 出荷時のデフォルト設定 手順 次の手順に従います 1. モードおよびズームボタンを同時に押します これにより メインメニューが表示されます 2. ズームボタンを押してを選択します これにより 設定メニューが表示されます 3. モードボタンを押してを選択し 変更するパラメータに移動します 4. ズームボタンを押してを選択し 値を変更します 5. オン / オフボタンを押してを選択し 変更内容を確定してダイアログボックスを終了します #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 41

52 12 操作 工場出荷時設定に復元する すべてのカメラ設定を出荷時のデフォルトに復元できます 注 これにより FLIR Tools を使って変更された設定も復元できます 次の手順に従います 1. モードおよびズームボタンを同時に押します これにより メインメニューが表示されます 2. ズームボタンを押して を選択します これにより 設定メニューが表示されます 3. 復元が選択されるまで モードボタンを繰り返し押します 4. ズームボタンを押して を選択します これにより ダイアログボックスが表示されます 5. 次のいずれかを実行します モードボタンを押してを選択し 工場出荷時設定に復元します オン / オフボタンを押してを選択し 復元操作を取り消し 設定メニューを終了します #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 42

53 12 操作 設定の変更 (FLIR Tools) [ 一般設定 ] タブ 図 説明 [ 地域設定 ] 領域 : カメラの日時をコンピュータと同期する場合は このチェックボックスの選択をオンにします [Firmware info] 領域 : カメラのファームウェアの新しいバージョンがあるかどうかを確認する場合は [Check for updates] をクリックして 画面に表示される指示に従います [ 工場出荷時設定に復元する ] 領域 : カメラのすべての設定を復元する場合は [ 復元 ] をクリックします [ ユーザーインターフェース ] タブ 図 #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 43

54 12 操作 説明 [Camera modes ( カメラモード )] 領域 : カメラをどのモードで有効にするかを設定する場合は カメラモードを選択します 各カメラモードの詳細については 各カメラモードの説明, ページ 29 を参照してください [ トリガーボタン ] エリア : カメラにはトリガーボタンが付いています トリガーボタンエリアにある設定値を使用して トリガーボタンの機能を選択できます トリガーボタンをクリック ( 短く押す ) または保持 ( 長押し ) したときに起こる動作を選択できます [ アクションなし ] [ アクションなし ]: 選択すると トリガーボタンのあらゆる機能が無効になります トリガーを押しても 何も起こりません [ アクションなし ] [ 画像のフリーズ ]: 選択すると トリガーを長押ししたときに画像がフリーズします トリガーを放したときに画像のフリーズが解除されます トリガーを短く押したときは何も起こりません [ アクションなし ] [ ビデオ録画 ] (FLIR K45 には適用されません ): 選択すると トリガーを長押ししたときに録画が開始されます トリガーを放したときに録画が停止します トリガーを短く押したときは何も起こりません [ 画像の保存 ] [ アクションなし ]: 選択すると トリガーを短く押したときに画像が保存されます トリガーを長押ししたときは何も起こりません [ 画像の保存 ] [ 画像のフリーズ ]: 選択すると トリガーを短く押したときに画像が保存され トリガーを長押ししたときに画像がフリーズします トリガーを放したときは画像のフリーズが解除されます [ 画像の保存 ] [ ビデオ録画 ] (FLIR K45 には適用されません ): 選択すると トリガーを短く押すと画像が保存され トリガーを長押ししたときは録画が開始されます トリガーを放したときは録画が停止します [ 録画オン / オフ ] [ アクションなし ] (FLIR K45 には適用されません ): 選択すると トリガーを押したときに録画が開始され トリガーをもう一度押したときに録画が停止します トリガーを長押ししたときは何も起こりません [ 連続録画 ( トリガー無効 )] (FLIR K45 には適用されません ): 選択すると カメラの電源を入れたときに連続ビデオ録画が開始されます 録画を停止することはできません トリガーを押しても 何も起こりません [ ゲインモード ] エリア : [ 自動ゲインモード ]: 選択すると シーン温度に応じて高感度レンジと低感度レンジが自動的に切り替わります カメラが 2 つのモードの間で切り替わる温度レベルは 150 C です [ 低ゲインモード ]: カメラ操作を低感度レンジ内でのみ行う場合に選択します この利点は 温度が 150 C よりも高い物体がシーン内に入った際にカメラが非均質補正 (NUC) を行わないことです ただし 欠点は 感度が低くなり 信号ノイズレベルが高くなることです [ 温度単位 ] 領域 : 温度の単位を変更する場合は [Celsius] または [Fahrenheit] を選択します [Thermal indication] 領域 : [Digital readout only]: 画像に表示される温度情報をスポットメーターの温度のみにする場合に選択します 温度が自動的にカラー化されるモードでは カラー化は変わりませんが 静的な温度カラー参照アイコンが表示されなくなります [Reference bar]: 温度表示値が自動的にカラー化されるモードでは 温度カラー参照バーが熱表示領域に縦に表示されます この静的アイコンが 使用しているカメラモードの範囲に温度を表すカラーがどのように適用されるかを示します 温度が上昇するにつれて 黄 オレンジ 赤と色が変化します [Temp bar]: 熱情報を温度計のように温度バーとして画像に表示する場合に選択します これにより 画像の右側に動的な温度バーが縦に表示されます この動的バーの一番上が測定されたスポットの温度です 温度が自動的にカラー化されるモードでは 画像のカラー化は変わらず 静的な温度カラー参照バーが温度バーの横に表示されます [ カスタムブート画像の追加 ] エリア : 起動中に好みの画像を選択して表示する場合は [Browse] をクリックして 該当する画像ファイルに移動します これは 所属する消 #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 44

55 12 操作 防署のカメラを識別する場合などに便利です 画像に消防署のロゴと一意の識別番号を含めておけば 所属する消防署のカメラを常に把握できます この画像には カメラのメニューでもアクセスできます #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 45

56 13 車載充電器 ( オプションのアクセサリ ) 13.1 はじめに Flir Systems の FLIR Kx5 シリーズ車載充電器をお買い上げいただきありがとうございます 本製品は 消防車の運転室や機材室など 適切な室内の平坦な面に設置することを目的としています 本製品には ケーブルの配線用に 5 つのポートが用意されており 1 ポートは金属製ブラケットの後部から配線します また 車載充電器の両側に 1 ポートずつ配置されています この車載充電器には 標準の FLIR Systems 電源を使用して電力を供給することもできます また ユニットの前面下部にはバッテリー充電器が用意されています 13.2 部品と機能 1. 上部カバー #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 46

57 13 車載充電器 ( オプションのアクセサリ ) 2. カメラ充電器の LED インジケータ 3. 充電器の筐体を金属製ブラケットに取り付ける穴 4. クレイドルのコネクタ 5. 標準の FLIR Systems 電源を使用して充電器に電力を供給するためのコネクタ 6. 充電器の筐体を金属製ブラケットに取り付ける穴 7. バッテリー充電器の LED インジケータ 8. バッテリースロット 9. 充電中にバッテリーを固定するエキセントリックラッチ 10. ケーブルポート (1/4) 注 金属ブラケットの背面にもポートが 1 つあります 11. 配線サポート VDC ケーブル台座 13. ケーブル用のくぼみ 14. 配線サポート 13.3 適切な位置の選択 車載充電器を取り付ける前に 適切な位置を検討してください 取り付け位置は 雨や泥はねから保護された場所でなければなりません また 消防車の VDC 電源と車載充電器を接続する常設ケーブルを取り付けやすい場所である必要があります そのほかに 車載充電器の後ろにあるパネルや機材にアクセスしやすい場所にすることも重要な点です 13.4 推奨されるケーブル面積およびヒューズ ケーブル面積 ヒューズ 1.5 mm 2 (No. 15 AWG) 5 A 13.5 取り付け手順 次の手順に従います 1. 消防車の VDC 電源から車載充電器の選択した取り付け位置まで配線する常設ケーブルを取り付けます まだ VDC 電源にケーブルを接続しないでください 配線には バッテリーの近くに取り付けられたヒューズを含める必要があります 推奨されるヒューズについては 上記を参照してください 2. 金属製ブラケットを固定している 2 本のねじを取り外します 3. 金属製ブラケットを取り外します 4. 金属製ブラケットをテンプレートとして使用し 取り付け穴を開ける位置にマークを付けます 5. ドリルで穴を開けます 6. 車載充電器に付属するリベットやねじを使用して 金属製ブラケットを取り付けます 7. 車載充電器後部のケーブル台座にケーブルを接続します 注 ケーブル台座にケーブルを接続するときは 極性を書き留めておきます 8. 使用するケーブルポートから出るようにケーブルを配線します 9. 上記の手順 2 で取り外した 2 本のねじを使用して 車載充電器を金属製ブラケットに取り付けます 10. 消防車の VDC 電源に 常設ケーブルを接続します #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 47

58 13 車載充電器 ( オプションのアクセサリ ) 13.6 カメラの充電 次の手順に従います 1. 車載充電器の上部カバーを引き上げます 2. カメラを所定の位置に押し込みます 3. 上部カバーを押し下げます カメラの充電が始まります 青色のライトが継続して点灯したら カメラの充電は完了です 完全に放電したカメラの充電には 約 4 時間かかります 13.7 バッテリーの個別充電 FLIR Kx5 シリーズバッテリーは ユニットの前面下部にあるバッテリー充電器を使用して個別に充電できます 次の手順に従います 1. カメラ底部のエキセントリックラッチを引きます 2. カメラからバッテリーを引き出します 3. 充電器の前面下部にあるスロットに バッテリーを押し込みます 4. 充電器のエキセントリックラッチを使用してバッテリーを固定します バッテリーの充電が始まります 青色のライトが継続して点灯したら バッテリーの充電は完了です 完全に放電したバッテリーの充電には 約 4 時間かかります 13.8 掃除 注意 掃除を行う前に 消防車の VDC 電源から車載充電器の接続を外しておきます 車載充電器は 温水または弱清浄液を使用して掃除できます 溶剤などの液体は使用しないでください 13.9 顧客サポート 問題が発生した場合は 顧客サポート ( までお問い合わせください #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 48

59 14 技術データ 目次 14.1 オンライン視野計算機 技術データに関する注記 正規版に関する注記 FLIR K FLIR K FLIR K In-truck charger オンライン視野計算機 にアクセスし カメラシリーズの写真をクリックすると レンズとカメラのあらゆる組み合せに対する視野一覧表をご確認いただけます 14.2 技術データに関する注記 FLIR Systems は 予告なく いつでも仕様を変更する権限を有します 最近の変更については をご確認ください 14.3 正規版に関する注記 この文書の正規版は英語です 誤訳による相違がある場合には 英語版が優先されます 最新の変更は英語版から反映されます #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 49

60 14 技術データ 14.4 FLIR K45 P/N: Rev.: 概要 FLIRK45 は 極端に厳しい条件下での動作を想定して設計された 頑丈で信頼性の高い赤外線カメラです FLIR K45 は グローブを着けていても操作しやすい 直感的に使用できるインターフェースを備えています 鮮明で明瞭な画像により 煙の中でも操作が可能であり 迅速で正確な判断を行うことができます 利点 : 高い耐久性と信頼性 : FLIRK45 は 厳しい動作条件に対応できるように設計されています 2 m の高さからのコンクリート床面への落下にも耐えられます また IP67 に準拠した防水性能を備え 最高気温 +85 C または 5 分間であれば +260 C まで十分に動作します 明瞭で鮮明な赤外線画像 : メンテナンス不要の非冷却マイクロボロメーターセンサーにより 明瞭で細部まで確認できる ピクセルの画像が得られます これは デジタル画像処理を強化する技術である FSX でさらに改善されています 赤外線画像は大型で明るい 4 インチディスプレイに表示されるため 操作しやすく 迅速で正確な判断が可能です グローブを着けた消防士の手でも容易な操作性 : 直感的に使えるシンプルなユーザーインターフェースにより 本来の職務に集中できます FLIRK シリーズは ユニットの上部にある 3 つの大きなボタンだけで制御できます グローブを着けた消防士に最適です 画像および光学データ 赤外線分解能 サーマル感度 /NETD ピクセル < C 視野 (FOV) 被写界深度 焦点距離 空間分解能 (IFOV) 0.84 m to infinity 9 mm F 値 1.25 画像周波数 フォーカス ズーム 検出素子データ 検出素子タイプ 3.6 mrad 60 Hz 固定 2 倍デジタルズーム スペクトル領域 7.5 ~ 13 µm ピッチ 25 µm 焦点面アレイ (FPA) 非冷却マイクロボロメーター 画像表示ディスプレイ自動レンジコントラスト最適化画像表示モード画像モード 4 インチ LCD ピクセル バックライト はい FLIR Tools を使用してオン / オフ選択可能 FSX を使ってデジタル画像処理 赤外線画像 TI 基本ファイヤーファイティングモード モノクロファイヤーファイティングモード ファイヤーモード サーチ & レスキューモード ヒートディテクションモード サムネイルギャラリー #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 50

61 14 技術データ 測定 対象物温度レンジ -20 C ~ +150 C 0 C ~ +650 C 精度 ±4 C または読み値の ±4% ( 周囲温度 10 C ~ 35 C) 測定分析 スポットメーター 1 熱の自動検出 アイソサーモ 設定 ヒートディテクションモード ( シーンの最高温 20% をカラー化 ) 設定コマンド国に合わせた設定 ( 単位 日付 時間形式 ) はい 言語画像の保存画像の保存保存メディア画像保存容量画像保存モードファイル形式画像注釈レポート生成ビデオストリーミング非解析用赤外線ビデオストリーミング USB USB 互換性 FLIR ソフトウェアと互換性ありデータ通信インターフェースインターフェース 日本語 標準 JPEG 内部フラッシュメモリー 画像 200 枚 赤外線のみ 標準 JPEG 別のソフトウェア (FLIR Tools) USB で非圧縮カラービデオ USB Mini-B FLIR Tools PC デバイスから更新 PC とのデータ転送 電源システム バッテリータイプ バッテリー電圧 バッテリー容量 バッテリー動作時間 充電システム 充電時間 充電温度 電源管理 スリープモードからの起動時間 リチウムイオン 3.6 V 4.4 Ah (+20 C ~ +25 C) 周辺温度 +25 C 通常使用で約 4 時間 バッテリーの充電はカメラ内部で行われます 2 ベイ充電器 オプションの車載充電器 2 時間で容量の 85% 充電状況は LED に表示 0 C ~ +45 C 自動シャットダウンおよびスリープモード 4 秒未満 起動時間 17 秒未満 ( 赤外線画像 GUI なし ) #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 51

62 14 技術データ 環境データ 動作温度レンジ 保管温度範囲 湿度 ( 動作 保管 ) 相対湿度 -20 C ~ +85 C +150 C: 15 分 +260 C: 5 分 -40 C ~ +85 C IEC /24 時間相対湿度 95% +25 C ~ +40 C/ 2 サイクル 相対湿度 95% +25 C ~ +40 C 非結露 指令 NFPA 1801:2013 仕様適合設計 : EMC 磁界 振動 衝撃加速度抵抗 腐食 表面摩耗表示 耐熱性 熱と枠 製品ラベル耐久性 保護構造 IP 67 (IEC 60529) EN :2005 ( 不活性 ) EN :2011 ( 放射 ) FCC 47 CFR 第 15 章クラス B ( 放射 ) 衝撃 25 g (IEC ) 振動 2 g (IEC ) EN 連続磁界用テストレベル 5 ( 過酷な産業環境 ) 落下コンクリート床面まで 2 m(iec ) 安全性 ( 電源 ) CE/EN/UL/CSA/PSE 物理データ カメラ重量 ( バッテリー込み ) バッテリーの重量 カメラサイズ ( 長さ 幅 高さ ) 1.1 ±0.05 kg kg mm 三脚架 UNC ¼ インチ -20 ( 要アダプタ ) 材料配送情報同梱物梱包 重量 PPSU シリコンゴム アルミニウム 鋳造 難燃性のマグネシウム合金 赤外線カメラ バッテリー ( 各 2) バッテリー充電器 輸送用ハードケース ストラップ 首かけストラップ 電源 マニュアル ( 印刷物 ) 巻き取り式ストラップ 三脚アダプタ USB ケーブル 5.7 kg 梱包 サイズ mm EAN UPC 原産国 エストニア #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 52

63 14 技術データ サプライとアクセサリ : ; USB cable Std A <-> Mini-B T198509; Cigarette lighter adapter kit, 12 VDC, 1.2 m/3.9 ft. T198125; Battery charger, incl. power supply with multi plugs (Exx, Kxx) T198310ACC; Li-Ion Battery pack 3.6 V 16 Wh T127724ACC; Neck strap T127722ACC; Retractable lanyard T198416ACC; Lanyard strap T198457ACC; Tripod Adapter, Kxx T198441ACC; Transport case Kxx T198322ACC; In-truck charger T199368ACC; Battery Li-ion 3.6 V, 4.4 Ah, 16 Wh T129915ACC; Carabiner strap #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 53

64 14 技術データ 14.5 FLIR K55 P/N: Rev.: 概要 FLIRK55 は 極端に厳しい条件下での動作を想定して設計された 頑丈で信頼性の高い赤外線カメラです FLIR K55 は グローブを着けていても操作しやすい 直感的に使用できるインターフェースを備えています 鮮明で明瞭な画像により 煙の中でも操作が可能であり 迅速で正確な判断を行うことができます 利点 : 高い耐久性と信頼性 : FLIRK455 は 厳しい動作条件に対応できるように設計されています 2 m の高さからのコンクリート床面への落下にも耐えられます また IP67 に準拠した防水性能を備え 最高気温 +85 C または 5 分間であれば +260 C まで十分に動作します 明瞭で鮮明な赤外線画像 : メンテナンス不要の非冷却マイクロボロメーターセンサーにより 明瞭で細部まで確認できる ピクセルの画像が得られます これは デジタル画像処理を強化する技術である FSX でさらに改善されています 赤外線画像は大型で明るい 4 インチディスプレイに表示されるため 操作しやすく 迅速で正確な判断が可能です グローブを着けた消防士の手でも容易な操作性 : 直感的に使えるシンプルなユーザーインターフェースにより 本来の職務に集中できます FLIRK シリーズは ユニットの上部にある 3 つの大きなボタンだけで制御できます グローブを着けた消防士に最適です 録画 画像および光学データ 赤外線分解能 サーマル感度 /NETD ピクセル < C 視野 (FOV) 被写界深度 焦点距離 空間分解能 (IFOV) 0.84 m to infinity 9 mm F 値 1.25 画像周波数 フォーカス ズーム 検出素子データ 検出素子タイプ 2.8 mrad 60 Hz 固定 2 倍デジタルズーム スペクトル領域 7.5 ~ 13 µm ピッチ 25 µm 焦点面アレイ (FPA) 非冷却マイクロボロメーター 画像表示ディスプレイ自動レンジコントラスト最適化画像表示モード画像モード 4 インチ LCD ピクセル バックライト はい FLIR Tools を使用してオン / オフ選択可能 FSX を使ってデジタル画像処理 赤外線画像 TI 基本ファイヤーファイティングモード モノクロファイヤーファイティングモード ファイヤーモード サーチ & レスキューモード ヒートディテクションモード サムネイルギャラリー #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 54

65 14 技術データ 測定 対象物温度レンジ -20 C ~ +150 C 0 C ~ +650 C 精度 ±4 C または読み値の ±4% ( 周囲温度 10 C ~ 35 C) 測定分析 スポットメーター 1 熱の自動検出 アイソサーモ 設定 ヒートディテクションモード ( シーンの最高温 20% をカラー化 ) 設定コマンド国に合わせた設定 ( 単位 日付 時間形式 ) はい 言語画像の保存画像の保存保存メディア画像保存容量 日本語標準 JPEG 内部フラッシュメモリー合計 200 ファイル 注 ファイルの合計数は 保存したビデオクリップの数と共依存です 画像保存モードファイル形式画像注釈レポート生成カメラでのビデオ録画非解析用赤外線ビデオ録画ストレージ容量 赤外線のみ 標準 JPEG 別のソフトウェア (FLIR Tools) MPEG-4 で内部フラッシュメモリーへ それぞれ最長 5 分のファイルで 合計 200 ファイルです 注 ファイルの合計数は 保存した画像の数と共依存です ビデオストリーミング非解析用赤外線ビデオストリーミング USB USB 互換性 FLIR ソフトウェアと互換性ありデータ通信インターフェースインターフェース電源システムバッテリータイプバッテリー電圧バッテリー容量バッテリー動作時間 USB で非圧縮カラービデオ USB Mini-B FLIR Tools PC デバイスから更新 PC とのデータ転送 リチウムイオン 3.6 V 4.4 Ah (+20 C ~ +25 C) 周辺温度 +25 C 通常使用で約 4 時間 #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 55

66 14 技術データ 電源システム 充電システム 充電時間 充電温度 電源管理 スリープモードからの起動時間 バッテリーの充電はカメラ内部で行われます 2 ベイ充電器 オプションの車載充電器 2 時間で容量の 85% 充電状況は LED に表示 0 C ~ +45 C 自動シャットダウンおよびスリープモード 4 秒未満 起動時間 17 秒未満 ( 赤外線画像 GUI なし ) 環境データ 動作温度レンジ 保管温度範囲 湿度 ( 動作 保管 ) 相対湿度 -20 C ~ +85 C +150 C: 15 分 +260 C: 5 分 -40 C ~ +85 C IEC /24 時間相対湿度 95% +25 C ~ +40 C/ 2 サイクル 相対湿度 95% +25 C ~ +40 C 非結露 指令 NFPA 1801:2013 仕様適合設計 : EMC 磁界 振動 衝撃加速度抵抗 腐食 表面摩耗表示 耐熱性 熱と枠 製品ラベル耐久性 保護構造 IP 67 (IEC 60529) EN :2005 ( 不活性 ) EN :2011 ( 放射 ) FCC 47 CFR 第 15 章クラス B ( 放射 ) 衝撃 25 g (IEC ) 振動 2 g (IEC ) EN 連続磁界用テストレベル 5 ( 過酷な産業環境 ) 落下コンクリート床面まで 2 m(iec ) 安全性 ( 電源 ) CE/EN/UL/CSA/PSE 物理データカメラ重量 ( バッテリー込み ) バッテリーの重量カメラサイズ ( 長さ 幅 高さ ) 1.1 ±0.05 kg kg mm 三脚架 UNC ¼ インチ -20 ( 要アダプタ ) 材料 PPSU シリコンゴム アルミニウム 鋳造 難燃性のマグネシウム合金 #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 56

67 14 技術データ 配送情報 同梱物 梱包 重量 赤外線カメラ バッテリー ( 各 2) バッテリー充電器 輸送用ハードケース ストラップ 首かけストラップ 電源 マニュアル ( 印刷物 ) 巻き取り式ストラップ 三脚アダプタ USB ケーブル 5.7 kg 梱包 サイズ mm EAN UPC 原産国 サプライとアクセサリ : エストニア ; USB cable Std A <-> Mini-B T198509; Cigarette lighter adapter kit, 12 VDC, 1.2 m/3.9 ft. T198125; Battery charger, incl. power supply with multi plugs (Exx, Kxx) T198310ACC; Li-Ion Battery pack 3.6 V 16 Wh T127724ACC; Neck strap T127722ACC; Retractable lanyard T198416ACC; Lanyard strap T198457ACC; Tripod Adapter, Kxx T198441ACC; Transport case Kxx T198322ACC; In-truck charger T199368ACC; Battery Li-ion 3.6 V, 4.4 Ah, 16 Wh T129915ACC; Carabiner strap #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 57

68 14 技術データ 14.6 FLIR K65 P/N: Rev.: 概要 FLIR K65 は 極端に厳しい条件下での動作を想定して設計された 頑丈で信頼性の高い赤外線カメラです FLIR K65 は グローブを着けていても操作しやすい 直感的に使用できるインターフェースを備えています 鮮明で明瞭な画像により 煙の中でも操作が可能であり 迅速で正確な判断を行うことができます 利点 : NFPA 準拠 高い耐久性と信頼性 : FLIR K65 は 厳しい動作条件に対応できるように設計されています 2 m の高さからのコンクリート床面への落下にも耐えられます また IP67 に準拠した防水性能を備え 最高気温 85 C で動作するだけでなく 最高気温 +150 で 15 分間動作し さらに 5 分間であれば +260 C まで十分に動作します 明瞭で鮮明な赤外線画像 : メンテナンス不要の非冷却マイクロボロメーターセンサーにより 明瞭で細部まで確認できる ピクセルの画像が得られます これは デジタル画像処理を強化する技術である FSX でさらに改善されています 赤外線画像は大型で明るい 4 インチディスプレイに表示されるため 操作しやすく 迅速で正確な判断が可能です グローブを着けた消防士の手でも容易な操作性 : 直感的に使えるシンプルなユーザーインターフェースにより 本来の職務に集中できます FLIRK シリーズは ユニットの上部にある 3 つの大きなボタンだけで制御できます グローブを着けた消防士に最適です 録画 画像および光学データ 赤外線分解能 サーマル感度 /NETD ピクセル < C 視野 (FOV) 被写界深度 焦点距離 空間分解能 (IFOV) 0.84 m to infinity 9 mm F 値 1.25 画像周波数 フォーカス ズーム 検出素子データ 検出素子タイプ 2.8 mrad 60 Hz 固定 2 倍デジタルズーム スペクトル領域 8 ~ 14 µm ピッチ 25 µm 焦点面アレイ (FPA) 非冷却マイクロボロメーター (VOx) 画像表示ディスプレイ自動レンジコントラスト最適化 4 インチ LCD ピクセル バックライト はい FLIR Tools を使用してオン / オフ選択可能 FSX を使ってデジタル画像処理 #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 58

69 14 技術データ 画像表示モード 画像モード 赤外線画像 TI 基本 NFPA ファイヤーファイティングモード モノクロファイヤーファイティングモード ファイヤーモード サーチ & レスキューモード ヒートディテクションモード サムネイルギャラリー 測定 対象物温度レンジ -20 C ~ +150 C 0 C ~ +650 C 精度 ±4 C または読み値の ±4% ( 周囲温度 10 C ~ 35 C) 測定分析 スポットメーター 1 熱の自動検出 アイソサーモ 設定 ヒートディテクションモード ( シーンの最高温 20% をカラー化 ) はい NFPA 準拠 設定コマンド国に合わせた設定 ( 単位 日付 時間形式 ) 言語画像の保存画像の保存保存メディア画像保存容量 日本語標準 JPEG 内部フラッシュメモリー合計 200 ファイル 注 ファイル数は 保存したビデオクリップの数と共依存です 画像保存モードファイル形式画像注釈レポート生成カメラでのビデオ録画非解析用赤外線ビデオ録画ストレージ容量 赤外線のみ 標準 JPEG 別のソフトウェア (FLIR Tools) MPEG-4 で内部フラッシュメモリーへ それぞれ最長 5 分のファイルで 合計 200 ファイルです 注 ファイルの合計数は 保存した画像の数と共依存です ビデオストリーミング非解析用赤外線ビデオストリーミング USB USB 互換性 FLIR ソフトウェアと互換性あり USB で非圧縮カラービデオ USB Mini-B FLIR Tools #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 59

70 14 技術データ データ通信インターフェースインターフェース電源システムバッテリータイプバッテリー電圧バッテリー容量バッテリー動作時間 PC デバイスから更新 PC とのデータ転送 リチウムイオン 3.6 V 4.4 Ah (+20 C ~ +25 C) 周辺温度 +25 C 通常使用で約 4 時間 充電システム 充電時間 充電温度 電源管理 スリープモードからの起動時間 注 この動作時間は カメラのモードによって変わることはありません バッテリーの充電はカメラ内部で行われます 2 ベイ充電器 オプションの車載充電器 2 時間で容量の 85% 充電状況は LED に表示 0 C ~ +45 C 自動シャットダウンおよびスリープモード 4 秒未満 起動時間 17 秒未満 ( 赤外線画像 GUI なし ) 環境データ 動作温度レンジ 保管温度範囲 湿度 ( 動作 保管 ) 相対湿度 -20 C ~ +85 C +150 C: 15 分 +260 C: 5 分 -40 C ~ +85 C IEC /24 時間相対湿度 95% +25 C ~ +40 C/ 2 サイクル 相対湿度 95% +25 C ~ +40 C 非結露 指令 NFPA 1801:2013 仕様により認証済み : EMC 磁界 振動 衝撃加速度抵抗 腐食 表面摩耗表示 耐熱性 熱と枠 製品ラベル耐久性 保護構造 IP 67 (IEC 60529) EN :2005 ( 不活性 ) EN :2011 ( 放射 ) FCC 47 CFR 第 15 章クラス B ( 放射 ) 衝撃 25 g (IEC ) 振動 2 g (IEC ) EN 連続磁界用テストレベル 5 ( 過酷な産業環境 ) 落下コンクリート床面まで 2 m(iec ) 安全性 ( 電源 ) CE/EN/UL/CSA/PSE 認証 準拠 NFPA1801:2013 ANSI/ISA に準拠して事前認証され クラス I 第 2 部のガスグループ C および D T4 に適合しています #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 60

71 14 技術データ 物理データカメラ重量 ( バッテリー込み ) バッテリーの重量カメラサイズ ( 長さ 幅 高さ ) 1.1 ±0.05 kg kg mm 三脚架 UNC ¼ インチ -20 ( 要アダプタ ) 材料配送情報同梱物梱包 重量 PPSU シリコンゴム アルミニウム 鋳造 難燃性のマグネシウム合金 赤外線カメラ バッテリー ( 各 2) バッテリー充電器 輸送用ハードケース 電源 マニュアル ( 印刷物 ) トルクスドライバー (T20) USB ケーブル 5.7 kg 梱包 サイズ mm EAN UPC 原産国 サプライとアクセサリ : エストニア ; USB cable Std A <-> Mini-B T198509; Cigarette lighter adapter kit, 12 VDC, 1.2 m/3.9 ft. T198125; Battery charger, incl. power supply with multi plugs (Exx, Kxx) T198310ACC; Li-Ion Battery pack 3.6 V 16 Wh T127724ACC; Neck strap T127722ACC; Retractable lanyard T198416ACC; Lanyard strap T198457ACC; Tripod Adapter, Kxx T198441ACC; Transport case Kxx T911309ACC; Screwdriver TX20 T198322ACC; In-truck charger T199398; FLIR K65 accessory kit T199368ACC; Battery Li-ion 3.6 V, 4.4 Ah, 16 Wh T129915ACC; Carabiner strap #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 61

72 14 技術データ 14.7 In-truck charger P/N: T Rev.: 電源システム充電時間充電温度外部電源 コネクタタイプ DC 動作電源環境データ動作温度レンジ保管温度レンジ < 4 時間 0 C ~ +45 C (+32 F ~ +113 F) ねじ留め端子または HRS_UK60-3PT 12/ 24 V DC 公称 ( V DC) 最大 36 ワットまたは 12 VDC で 3000 ma (5 アンペアヒューズ ) 40 C ~ +85 C (-40 F ~ +185 F) 40 C ~ +85 C (-40 F ~ +185 F) 相対湿度 EMC 保護構造 IP 20 非結露の湿度 5% ~ 95% で動作 EN 放射 EN 不活性状態 FCC47CFR パート 15 クラス B NFPA 要件 ISO 道路運送車両 - 伝導及び結合による電気妨害パート 2: 供給ラインにのみ沿って 電気過渡伝導 衝撃露出後の動作 : 5 パルスまで / 各軸まで / 30 g 11 ms のハーフサインプロファイルの方向 ( 合計 30) へ 振動 露出後の動作 : 4, 3 g rms ランダムプロファアイル 各軸 8 時間 物理データ重量サイズ ( 長さ 幅 高さ ) 材料カラー配送情報同梱物梱包 重量 kg 380 mm 180 mm 153 mm (15 インチ 7.1 インチ 6 インチ ) PC / ABS 灰色 / 黒 充電器 マニュアル カードボードボックス 3.2 kg (7.0 lb.) 梱包 サイズ mm ( インチ ) EAN UPC 原産国 次の製品との互換性があります ; FLIR K ; FLIR K ; FLIR K ( エストニアプラント ) エストニア #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 62

73 15 機械製図 [ 次のページを参照 ] #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 63

74 6,36 ±0,04 161,5 ±1 4,87 ±0,04 123,7 ±1 4,46 ±0, ±1 3,29 ±0,02 83,5 ±0,5 11,08 ±0,04 281,5 ±1 8,04 ±0, ±1 2,5 ±0,02 63,5 ±0,5 A B C D E F G H A B C D E F G Konstr/Drawn Datum/Date Kontr/Check Material P. MARCUS Ändrad av/modified by Ändrad/Modified Ytjämnhet/Roughness P. MARCUS Ra µm Där ej annat anges/unless otherwise stated Benämning/Denomination Gen tol Utdrag ur/excerpt from ISO 2768-m Hålkälsradier Fillet radii 0,5-6 (6)-30 (30)-120 (120)-400 (400)-1000 ±0,1 ±0,2 ±0,3 ±0,5 ±0,8 Kanter brutna Edges broken Ytbehandling/Surface treatment Skala/Scale ISO 2768-mK 1:2 1(2) Basic dimension drawing ArtNo. Ritn nr/drawing No T Blad/Sheet Size A3 Rev Denna handling får ej delges annan, kopieras i sin helhet eller delar utan vårt medgivande. Överträdelse härav beivras med stöd av gällande lag. FLIR SYSTEMS AB This document must not be communicated or copied completely or in part, without our permission. Any infringement will lead to legal proceedings. FLIR SYSTEMS AB

75 13,5 Tripod adapter 1/4"-20 0, ,98 25 A B C D E F G H A B C D E F G Konstr/Drawn Datum/Date Kontr/Check Material P. MARCUS Ändrad av/modified by Ändrad/Modified Ytjämnhet/Roughness P. MARCUS Ra µm Där ej annat anges/unless otherwise stated Benämning/Denomination Gen tol Utdrag ur/excerpt from ISO 2768-m Hålkälsradier Fillet radii 0,5-6 (6)-30 (30)-120 (120)-400 (400)-1000 ±0,1 ±0,2 ±0,3 ±0,5 ±0,8 Kanter brutna Edges broken Ytbehandling/Surface treatment Skala/Scale ISO 2768-mK 1:2 2(2) Basic dimension drawing ArtNo. Ritn nr/drawing No T Blad/Sheet Size A3 Rev Denna handling får ej delges annan, kopieras i sin helhet eller delar utan vårt medgivande. Överträdelse härav beivras med stöd av gällande lag. FLIR SYSTEMS AB This document must not be communicated or copied completely or in part, without our permission. Any infringement will lead to legal proceedings. FLIR SYSTEMS AB

76 This document must not be communicated or copied completely or in part, without our permission. Any infringement will lead to legal proceedings. FLIR SYSTEMS AB Mounting hole 10x ø5,0 6,02 ±0, ±1 7,08 ±0, ±1 Mounting hole 6x ø6,3 14,96 ±0, ±1 Denna handling får ej delges annan, kopieras i sin helhet eller delar utan vårt medgivande. Överträdelse härav beivras med stöd av gällande lag. FLIR SYSTEMS AB - Konstr/Drawn Där ej annat anges/unless otherwise stated Gen tol ISO 2768-mK Utdrag ur/excerpt from ISO 2768-m 0,5-6 ±0,1 (6)-30 ±0,2 (30)-120 ±0,3 (120)-400 ±0,5 (400)-1000 ±0,8 Hålkälsradier Fillet radii Kanter brutna Edges broken Kontr/Check P. MARCUS MABR Ändrad av/modified by P. MARCUS Datum/Date Ändrad/Modified Benämning/Denomination Ytjämnhet/Roughness Ra µm Basic dimensions In-truck charger Material Ytbehandling/Surface treatment Skala/Scale 1:5 Art.No. Ritn nr/drawing No T Blad/Sheet Size 1(1) A4 Rev A

77 16 CE 適合宣言書 [ 次のページを参照 ] #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 67

78

79 17 洗浄 汚染除去および消毒 17.1 掃除 カメラの筐体 ケーブルおよびその他のアイテム 液体 以下のいずれかの液体を使用してください 温水 弱清浄液 備品 柔らかい布 手順 次の手順に従います 1. 液体に布を浸す 2. 布を絞って余分の水分を落とす 3. 布で拭いてきれいにする 注意 カメラ ケーブルおよびその他のアイテムに 溶剤や同様の液体を使用しないでください 損傷の原因になることがあります 赤外線レンズ 液体 以下のいずれかの液体を使用してください 30% 以上のイソプロピルアルコールを使用している市販のレンズクリーニング液 96% エチルアルコール (C 2H 5OH) 備品 脱脂綿 注意 使用するレンズクリーニング用の布は 乾燥しているものにしてください 上記のセクション で挙げられている液体は使用しないでください これらの液体により レンズクリーニング用の布の目が粗くなる場合があります このような生地は レンズの表面に悪影響を与えることがあります 手順 次の手順に従います 1. 液体に脱脂綿を浸す 2. 脱脂綿を絞って余分の水分を落とす 3. 一度のみレンズを拭き 脱脂綿を捨てる 警告 液体を使用される前には 該当する MSDS ( 製品安全データシート ) と容器に記載されている警告ラベルをお読みください 液体は取り扱いによっては危険な場合があります 注意 赤外線レンズは注意してクリーニングしてください レンズには 反射防止膜が施されています 赤外線レンズをクリーニングするときは 力を入れ過ぎないでください 反射防止膜が損傷を受けることがあります #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 69

80 17 洗浄 汚染除去および消毒 17.2 汚染除去と消毒 FLIR のサービス部門にカメラを送る際には クリーニング 汚染除去 消毒を十分に行ってください カメラに有害な残留物が付着していてはいけません 有害な残留物には 消火用化合物 放射能 生体有害物質 化学的火災の残留物などがありますが これに限定されません FLIR Systems は サービス部門に送付されたカメラに汚染があった場合 その汚染除去と消毒にかかる費用全額を請求する権利を留保します #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 70

81 18 メンテナンス 検査 およびサービス 次のメンテナンスおよび検査手順を実施します 18.1 保守 毎回使用後に : 1. セクション 17.1 掃除, ページ 69 に従って カメラを清掃します 2. セクション 12.3 バッテリーの充電, ページ 26 に従って バッテリーを充電します 18.2 検査 毎回使用後に : 1. 機能 およびバッテリーを固定するラッチにゆるみがないことを確認します 注意 Torx T20 ねじには 80 Ncm 以上のトルク値を使用しないでください この数値以上のトルク値を使用すると カメラが損傷するおそれがあります 2. レンズにひっかき傷がないか検査します 3. 液晶にひっかき傷がないか検査します 4. カメラ本体に損傷がないか検査します 5. すべてのボタンおよびトリガーの機能を確認します 6. ラニヤードストラップ / 首かけストラップの取り付け位置 巻き取り式ストラップの取り付け位置を検査します 18.3 サービス サービス部門への連絡先詳細については 次のリンクを使用します : #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 71

82 19 保管条件 次の保管条件を守ってください 保存温度範囲 保管湿度 40 C ~ +85 C IEC /24 時間 +25 C ~ +40 C で相対湿度 95%/2 サイクル #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 72

83 20 FLIR Systems について FLIR Systems は 高性能の赤外線イメージングシステム開発のパイオニアとして 1978 年に創立され 商業 工業 官庁用のさまざまなアプリケーションに応じたサーマルイメージングシステムのデザイン 製造 販売で世界をリードしています 現在 FLIR Systems には 1958 年以来赤外線技術ですぐれた業績をあげている 5 つの大きな会社が統合されています - スウェーデンの AGEMA Infrared Systems ( 旧社名 AGA Infrared Systems) 米国の 3 つの会社 Indigo Systems FSI Inframetrics およびフランスの Cedip 社です 2007 年以降 センサー技術分野で世界トップクラスの専門知識を有する以下の複数の会社が FLIR Systems により買収されました Extech Instruments (2007 年 ) Ifara Tecnologías (2008 年 ) Salvador Imaging (2009 年 ) OmniTech Partners (2009 年 ) Directed Perception (2009 年 ) Raymarine (2010 年 ) ICx Technologies (2010 年 ) TackTick Marine Digital Instruments (2011 年 ) Aerius Photonics (2011 年 ) Lorex Technology (2012 年 ) Traficon (2012 年 ) MARSS (2013 年 ) DigitalOptics マイクロオプティックス事業 (2013 年 ) DVTEL (2015 年 ) Point Grey Research(2016 年 ) Prox Dynamics(2016 年 ) 図 年代前半からの特許文書 FLIR Systems は アメリカに 3 つ ( オレゴン州ポートランド マサチューセッツ州ボストン カリフォルニア州サンタバーバラ ) スウェーデン ( ストックホルム ) に 1 つの製造工場があります 2007 年には エストニアのタリンにも製造工場が建設されました ベルギー ブラジル 中国 フランス ドイツ イギリス 香港 イタリア 日本 韓国 スウェーデン アメリカに直轄の営業所を置き 世界中に張り巡らされた代理店のネットワークと共に国際的なお客様をサポートしています #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 73

84 20 FLIR Systems について FLIR Systems は赤外線カメラ産業の革新を牽引してきました 既存のカメラの向上 新しいカメラの開発を継続的に続けることにより 市場需要を先取りしています 例を挙げると 産業検査用の初めてのバッテリー駆動のポータブルカメラ 初めての非冷却式赤外線カメラなどです 図 : Thermovision Model 661 カメラの重量は約 25 kg オシロスコープは 20 kg 三脚は 15 kg です オペレータは 220 VAC ジェネレーターセットと 液体窒素の入った 10 L 容器も必要です オシロスコープの左側には ポラロイドのアタッチメント (6 kg) があります 図 : FLIR One iphone および Android 携帯電話のアクセサリ 重量 : 90 g FLIR Systems は カメラシステムの重要機構および電子部品をすべて自社製造しています 検出素子設計 レンズおよび電子システムの製造から 最終検査およびキャリブレーションまで すべての生産プロセスは当社の技術者が実行し 指揮しています これらの赤外線の専門家の豊富な経験により 赤外線カメラを構成するすべての部品の正確さと信頼性が確証されています 20.1 赤外線カメラを超える機能 FLIR Systems は 高性能の赤外線カメラシステムを生産する以上のことが求められていることを認識しています 当社の使命は 最高のカメラとソフトウェアを提供することにより 当社の赤外線カメラシステムを利用するすべてのユーザーの生産性を向上することです 予測メンテナンス用のカスタムソフトウェアについては 研究開発およびプロセス監視を社内で行っています ほとんどのソフトウェアは 多数の言語で使用可能です すべての赤外線カメラに付属品を提供し サポートしており 必要な赤外線の用途に応じて機器を適合させることができます 20.2 知識の共有 当社のカメラは使いやすく設計されていますが 使い方に加えて サーモグラフィについての知識を得ることも重要です そのため FLIR Systems は 独立した Infrared Training Center (ITC) を設立し 認定トレーニングコースを提供しています ITC のコースに参加することにより 実践に基づいた専門知識を学ぶことができます ITC のスタッフは 赤外線理論を実行するために必要な適用サポートの提供も行っております #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 74

85 20 FLIR Systems について 20.3 カスタマーサポート FLIR Systems は 世界的なサービスネットワークを運営して お客様のカメラがいつでも動作できるようにサポートしています カメラに問題がある場合は お近くのサービスセンターにある機器やノウハウを活用して できる限り短い時間で問題を解決します そのため カメラを遠方 ( 地球の反対側 ) に郵送したり 言葉の通じない担当者に問い合わせる必要はありません #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 75

86 21 赤外線技術の歴史 1800 年まで 電磁波スペクトルに赤外線部分が存在することなど誰も想像していませんでした 熱放射の一種としての赤外線スペクトル ( または 赤外線 ) そのものの重要性は Harschel によって 1800 年に赤外線部分が発見されたときよりも特筆すべきものではなくなっています 図 21.1 William Herschel 卿 ( ) 新しい光学材料の研究中に偶然発見されたものでした William Herschel 卿 ( イギリス王ジョージ三世の王室天文学者 天王星の発見で有名 ) は 太陽観測中に望遠鏡の太陽画像の明るさを低減するための光学フィルタ材料を研究していました 異なる色ガラスのサンプルでテストを行うと 明るさは同じように低減されていましたが サンプルの中には太陽熱をほとんどまったく通さないことに興味をそそられました それに対し 他のサンプルでは太陽熱をほとんど透過させ数秒観察するだけで目を損傷する危険があるほどでした Herschel は 熱を最大限に減少させると同時に明るさも希望通りに減少させるただ 1 つの素材を見つけるために ただちに系統だった実験を行う必要あると確信しました 実験は 実際にニュートンのプリズム実験を繰り返す方法で始まりましたが スペクトルの視覚的な光の分布強度よりも 加熱効果を探すものでした まず 感度の高い水銀封入ガラス温度計のバルブをインクで黒くし これを放射線検出器として使用して 太陽光をガラスプリズムに通すことで机の上にさまざまな色のスペクトルを形成させ その加熱効果をテストしていきました 太陽光の外に置いた他の温度計は 制御の役目を果たしました 黒くした温度計をスペクトルの色に沿ってゆっくり動かしていくと 青紫の端から赤い端へ向かうにしたがって 温度計の目盛りは一定に上昇していきました これは まったくの予想外の結果というわけではありませんでした イタリアの研究者 Landriani が すでに 1777 年に似たような実験を行い 同様の結果を得ていたからです ただし Herschel の特筆すべき点は 加熱効果が最大に達するポイントがあるはずであり スペクトルの可視部分に限定された測定では このポイントの検索に失敗したと初めて気付いたことにあります 図 21.2 Marsilio Landriani (1746 ~ 1815) 温度計を赤いスペクトルの端から暗い領域に動かしたところ Herschel は温度が引き続き上昇することを確認しました 彼が発見した最高点は 赤色の端を越えたところにありました これが今日 赤外線波長域 として知られている部分です Herschel がこの発見を発表したとき 彼は電磁波スペクトルのこの新しい領域を 熱スペクトル と表現しました Herschel は その放射そのものを 黒体熱 や単に 不可視光線 と呼びました 皮肉なことに 一般的な見方とは異なり 赤外線 #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 76

87 21 赤外線技術の歴史 という用語は Herschel から発しているのではありません その言葉は 75 年ほど後に印刷物に登場しましたが 依然としてだれから端を発しているかは分かっていません Herschel の初期実験でのプリズムガラスの使用は 赤外線波長域の実在性について 当初同時代の研究者との間に論議を呼びました 別の研究者が Herschel の研究を実証するため いろいろな種類のガラスを見境なく使用して 赤外線部の異なる透明性を見出しました 彼の実験によって Herschel は制限されたガラスの透明性から熱放射の新たな発見に気づきました 彼は 赤外線の研究が反射要素によって排他的に使用される運命にあると結論せざるを得ませんでした 幸いにも イタリア人の研究者によって 彼の理論の正しさが証明されました Melloni は 自然岩塩 (NaCl) が赤外線を通すことを発見しました 岩塩は レンズやプリズムを作ることができるほど大きな天然の結晶です この結果により 岩塩は主な赤外光学材料となり 1930 年に合成結晶成長の技術が習得されるまで 100 年ほどにわたって使用されました 図 21.3 Macedonio Melloni (1798 ~ 1854) 温度計は 放熱検出器として 1829 年まで使用されました この年に Nobili が熱電対を発明しました (Herschel の温度計は 0.2 C まで読むことができましたが 後のモデルでは 0.05 C まで読むことができるようになりました ) その後 飛躍的な進歩があり Melloni が 複数の熱電対を接続して最初の熱電対列を作成しました この新しい機器は 当時熱放射の検出に使用されていた温度計の 40 倍以上も感度が高いものでした 人からの熱を 3 メートル離れたところから検出する能力がありました 初めての 熱写真 の撮影は John Herschel の研究の結果 1840 年に可能になりました John Herschel は赤外線の発見者および有名な天文学者の息子であり 親譲りの才能がありました 薄い油膜の蒸発の違いによって 露出した熱パターンを油膜に当てると 反射光によって熱画像を見ることができます 油膜の干渉効果によって肉眼で画像を確認できます John は 紙に熱画像の簡単な記録を取ることも考案し サーモグラフ と呼びました 図 21.4 Samuel P. Langley (1834 ~ 1906) 赤外線検出器の感度の向上は 非常にゆっくりしたものでした 次の飛躍的な前進は Langley によるもので 1880 年にボロメータが発明されました この装置は ホイートストンブリッジ回路の 1 つのアームに接続された白金の黒い薄片で構成され その上に赤外線が焦点を合わせ それに対して感度の高い検流計が反応するものです この装置では 400 メートル離れたところにいる牛の熱を検出できたと言われています #T559946; r. BA/41938/41970; ja-jp 77