PowerPoint プレゼンテーション

Save this PDF as:
Size: px
Start display at page:

Download "PowerPoint プレゼンテーション"

Transcription

1 星 惑星系の形成過程入門 中本泰史 ( 東工大 ) 1. 形成過程の概観 2. 分子雲の重力収縮 3. 原始惑星系円盤 4. 固体微粒子の進化 5. 微惑星から惑星へ 6. 惑星系の形成 2012 年 9 月 日惑星科学フロンティアセミナー : 北海道むかわ町 1

2 星間雲 分子雲の状態 2

3 星形成領域 (1) オリオン座 巨大分子雲距離 :1500 光年 大質量星 小質量星が生まれている 3

4 3x10 AU 6 オリオン星雲 ( 阪本他 ) 4

5 星形成領域 (2) おうし座 ぎょしゃ座 暗黒星雲距離 140pc 小質量星のみが生まれている 5

6 6 10 AU おうし座分子雲 :CO(2-1) 電波強度 ( 東大 -NRO 60cm) 6

7 分子雲 密度 :10 3 個 cm -3 ; H 2, He 温度 : 約 10K 数十 K 加熱 : 周囲の星からの輻射宇宙線冷却 : 輻射 ( 原子 ) 分子雲コア 密度 :10 5 個 cm -3 以上温度 : 約 10K サイズ : 数万 AU 参考 : 地球大気 密度 : 個 cm -3 温度 : 約 290K 加熱 : 太陽からの放射冷却 : 宇宙空間への放射 7

8 塵 大きさ ~0.1μm = mm 質量 : ガスの約 100 分の1 数 : 水素分子 : 塵粒子 = 1:10-12 水素分子 10 4 個 cm -3 のとき塵粒子 10-8 個 cm -3 参考 : 黄砂大きさ ~0.1μm 数空気分子 : 黄砂粒子 = 1:10-15 黄砂粒子 10 4 個 cm -3 8

9 渦巻き銀河 9

10 渦巻き銀河 (M64) Hubble Space Telescope 10

11 銀河の構造 星間雲の形成 Baba et al. ApJ (2009) 国立天文台 4 次元デジタル宇宙プロジェクト提供 11

12 分子雲内での星形成 孤立 単独星形成モード 集団的星形成 NGC1333 ~1pc ~10 3 M 星 ~150 個星形成効率 ~10% ほとんどの星は星団で誕生する (Lada & Lada 03, Allen et al. 07) 1. 多くの分子質量は分子雲にある 2. 分子雲中では, 若い星が内部に多く, 周辺部に少ない ( 例., L1630, Mon OB1, Rosette) 30 pc おうし座分子雲 : ~10 4 M, 星 ~200 個, 星形成効率 ~1% 13

13 Herschel 望遠鏡による観測結果 Andre et al Aquila Polaris Herschel: 70, 100, 160, 500 μm 14

14 コアの質量分布 Andre et al

15 銀河系内の磁場 ( 向き ) 可視光偏光観測 1970MmRAS M Mathewson & Ford (1970) 16

16 星間雲中の磁場強度 Zeeman 効果を使って測定 Troland & Heiles

17 Fiebig & Gusten

18 エネルギー密度 u m = B2 8p = æ B ö ç è100 mgauss ø 2 erg cm -3 u p = 5 2 æ n nkt = ç è10 3 cm -3 öæ T ö ç erg cm -3 øè10 K ø u m > u p u m < u p Troland & Heiles

19 超音速乱流 + 磁場 Li & Nakamura

20 星間雲 赤色巨星 超新星爆発 星 惑星系形成 星の進化 21

21 Inter Stellar Dust Matsuura et al SN1987A から放出された物質が固体微粒子になっている 22

22 Matsuura et al

23 Molster et al 赤外線天文衛星 (ISO) で AGB 星周りの固体微粒子を観測 たくさんある 結晶質シリケイトもある 24

24 結晶 ( 水晶 ) 非晶質 ( 石英ガラス ) 25

25 Kemper et al 赤外線 (ISO) で, 銀河中心方向の星間ダストのスペクトルを観測 星間ダストのシリケイトで結晶質のもの : 0.2 ± 0.2 % 星間空間には, 結晶質の固体微粒子は存在しない 結晶質固体微粒子は, 星間空間で, 速やかにアモルファス化される 26

26 Mathis et al 紫外線 可視光の星間吸収 星間固体微粒子の組成とサイズ分布を推定 :MRN モデル n(a) ~ a μm < a < 0.25 μm グラファイト + オリビン 27

27 香内晃 2008 宇宙 惑星化学 28

28 重力収縮 重力 ガス圧力 重力 > 圧力 重力不安定 重力収縮する 重力不安定 29

29 星形成, 分子雲の重力収縮 ガスは冷えないと収縮できない pv = nrt du = nc V dt = TdS - pdv r 0 断熱変化のとき pv g = const. p = Kr g M r - 1 dp r dr» 1 p r r µ r-3(g-1)-1 - GM r 2 µ r -2-3γ+2 f pres f grav = æ ç è f pres f grav ö ø 0 æ r ç 0 è r ö ø 3g-4 30

30 Jeans 不安定 温度 = 一定 c s = 一定 p = r m kt = c 2 s r r l f pres = - 1 dp r dr» 1 p r l = c s l f grav = - Grl3 l 2 2 d 2 r dt = f + f = c 2 s 2 pres grav l - æ Grl3 2 c = l s l 2 l -Gr ö ç è 2 ø l J = c s æ Gr Jeans 波長 M J = l J3 r = ç è > < c ö s Gr ø 0 安定不安定 3 r Jeans 質量 31

31 重力不安定 (Jeans 不安定 ) w 2 ガス雲 : 無限, 一様, 等方, 等温磁場, 回転無し 重力と圧力のみ作用 0 k J k Jeans 不安定 r 1 t v 1 t + r 0 Ñ v 1 = 0 = - c 2 s Ñr r 1 + g 1 0 Jeans 波長 l ³ l J = 2p æ = c ç p k s J è Gr 0 1/ 2 ö ø Ñ g 1 = -4pGr 1 Jeans 質量 w 2 = c s 2 k 2-4pGr 0 M ³ M J = 4p 3 r 0 æ è l J 2 3 ö ø = p 5/2 6 c s 3 G 3/2 r 0 1/2 32

32 自由落下時間 (Free Fall Time) M r m d 2 r dt = - GM 2 r 2 初期条件 : v = 0 τ ff : 質点 m が原点に達する時間 r t ff 2 = GM r 2 t ff = 1 Gr r = M r 3 r r d 2 r dt = - GM 2 r 2 圧力 p = 0 初期条件 : v = 0 τ: 球の半径が 0 になる時間 r t ff 2 = GM r 2 t ff = 1 Gr 33

33 分子雲コアの自由落下時間 t ff = 1 Gr = 2 æ n 105 ç è10 5 cm -3 ö ø -1/2 yr 質量降着率 M» M J t ff ( ) 3 r = c st ff t ff æ T ö = ç è10 K ø = c 3 s G = 1 æ ç G è 3/2 M sun /yr kt m ö ø 3/2 34

34 log 密度 球対称 (1D) な重力収縮 : 時間変化 Larson 1969, MNRAS 145, 271 参考 t = 1 Gr 時間変化 log 距離 35

35 輻射流体力学基礎方程式系 Dr Dt + rñ v = 0 Dv Dt = - 1 r Ñp + g + k c F D Dt æ ç è e gas + E rad r ö + 1 ø r Ñ F = G + G + G dyn g CR 基本的な流体の式 輻射輸送が関与する式 De gas Dt = G dyn + G abs - L dust + G CR p = k B rt = ( g -1)re gas mm H 36

36 収縮は, 不均質に進行 Masunaga, Miyama, & Inutsuka

37 38

38 フィラメント状分子雲の収縮と分裂 Ogochi, Nakamoto (in prep.) 初期フィラメント状分子雲 動径方向への収縮 軸方向への分裂 : 静水圧平衡天体の形成 動径方向への収縮の停止 : 状態方程式の変化 40

39 中心密度 温度の進化 光学的に薄い r Rad crit = De Dt ì ï í ï î ï gas r s r s æ ç è æ T init ç è T s T init ö T s ø ö ø = G - L + G dyn 6+2 b (4-2 b ) / 3 for T init T s for T init >T s dust rad 厚い断熱圧縮加熱輻射加熱 輻射冷却 41

40 Goodman et al 分子雲コアの回転を観測 w = ( 1-10) rad s -1 44

41 IRAM Belloche et al

42 Belloche et al

43 938 A. Belloche et al.: Velocity structure of the IRAM protostar Belloche et al Fig. 12. Infall a), turbulence b), and rotation c) velocity fi elds inferred in the IRAM envelope based on our 1D (Sect. 4) and 2D (Sect. 5) radiative transfer modeling. The shaded areas show the estimated domains where the models match the CS and C 34 Sobservations reasonably well. In a) and b),the solid lines show the infall velocity and turbulent velocity dispersion in both the 1D and 2D models (cf. Figs. 8 and 14, respectively) as a function of radius from envelope center. In c), the solid line represents the profi le of the azimuthal rotation velocity in the 2D envelope model (cf. Fig. 14) as a function of radius from the outflow/rotation axis. The point with error bar at AU corresponds to the velocity gradient observed in C 18 O(cf. Sect. 3.2). Panel d) shows the corresponding angular velocity profi le. by the width of the CS(2 1) and CS(3 2) dips is obtained for implies a mass infall rate of Ṁ inf M yr 1 at 47

44 1300AU アウトフロー ( 双極分子流 ) 原始惑星系円盤 48

45 49

46 分子雲コアの重力収縮の数値シミュレーション 回転している分子雲コアの収縮円盤 バー構造の形成 松本倫明氏 ( 法政大学 ) 3D 自己重力流体計算 Nested Grid 法 50

47 星コアの形成 密度分布 1/2 細かい格子 51

48 52

49 連星系の形成 Matsumoto & Hanawa 2003 国立天文台 4 次元デジタル宇宙プロジェクト提供 53

50 磁場の効果, ジェットの形成 工藤哲洋氏 ( 国立天文台 ) 54

51 アウトフローの生成 Matsumoto & Tomisaka 2004 松本倫明氏 ( 法政大学 ) 55

52 Tsuribe & Inutsuka

53 Matsumoto & Hanawa

54 原始惑星系円盤 1300AU 58

55 原始惑星系円盤の形成 M w r 角運動量 j = r 2 w 重力 = 遠心力 GM R CF 2 = j2 3 R CF R CF R CF = j2 GM = r4 w 2 GM R CF = 25 æ r ç è 10 4 AU ö ø 2 æ w ö æ ç ç è s -1 ø è 4 M M sun ö ø -1 AU 59

56 星 + 円盤系の形成 分子雲 原始星 T タウリ型星 太陽 収縮 ガスが晴れ上がる 60

57 Dauphas & Chaussidon

58 モデル 2 次元軸対称 観測者 i θ bp エンベロープ 4 成分 ; 中心コア 星周円盤 星周円盤 エンベロープ 双極分子流 モデルを特徴付ける物理量 中心コア ; 光度 L star 星周円盤 ; 面密度分布 æ r ( ) = S 1 S r エンベロープ ; 密度分布 ö è 1AUø -q - p æ r ( r) = r ö 1 è 1AU ø 100AU 中心コア bipolar outflow;opening angle θ bp 観測角度 ; i 双極分子流 62

59 原始星 Nakazato, Nakamoto, & Kikuchi 観測角度を変えたときの SED の変化 振動数 [Hz] 63

60 フラックス Beckwith et al. 1990, AJ 99, 924 T タウリ型星のスペクトル 中心星 + 円盤 高温高振動数 低温低振動数 振動数 フラットスペクトル T タウリ型星 65

61 ディスク ハローモデル ハロー : エンベロープの内側 100 AU 程度の領域 中心星の放射をエンベロープが散乱 加熱されたディスクからの赤外放射 中心星からの放射を直接吸収するよりも多くの輻射を吸収する エンベロープはディスクからの赤外放射に対して光学的薄い 66

62 基礎方程式 1. 輻射輸送方程式 : 輻射によるエネルギー輸送を記述 di n ds abs abs sca sca 1 = -c I + B - I + ò n n cn n cn n cn In dw 4p 吸収 2. 輻射平衡 : 物質の温度分布を決定 ò 0 c abs n 放射 B n dn = ò 0 c abs n J 放射吸収 n dn 散乱 I n : 輻射強度 B n : プランク関数 J n : 平均輻射強度 c c abs n sca n : 吸収係数 : 散乱係数 67

63 2D 輻射平衡計算 T Tauri 型星 HL Tau 2 次元軸対称 輻射平衡,VEF Kikuchi, Nakamoto, & Ogochi

64 密度 温度分布 ディスク中心星ハロー 69

65 近赤外散乱光イメージ 観測 (HL Tau) モデル計算 (i = 60 o ) Close et al. (1997) 70

66 参考文献 André, P., Men shchikov,a., Bontemps,S. et al., 2010: From filamentary clouds to prestellar cores to the stellar IMF : Initial highlights from the Herschel Gould Belt Survey, Astronomy and Astrophysics,518 : p. L102. André, P. et al. 2002: Molecular line study of the very young protostar IRAM in Taurus: infall, rotation, and outflow, Astronomy and Astrophysics, v.393, p BO REIPURTH, DAVID JEWITT, AND KLAUS KEIL, (Lori Allen, S.Thomas Megeath, Robert Gutermuth, Philip C. Myers, Scott Wolk, Fred C. Adams, James Muzerolle, Erick Young, Judith L. Pipher) 2007: Protostars and Planets V(The Structure and Evolution of Young Stellar Clusters), The University of Arizona Press pp683 (pp361) Beckwith, Steven V. W et al. 1990: A survey for circumstellar disks around young stellar objects, Astronomical Journal, vol. 99, p Baba Junichi et al. 2009: The Origin of Large Peculiar Motions of Star-Forming Regions and Spiral Structures of Our Galaxy, The Astrophysical Journal, vol. 706, no. 1, pp

67 参考文献 Fiebig, D. et al. 1989: Strong magnetic fields in interstellar H2O maser clumps, Astronomy and Astrophysics, vol. 214, no. 1-2, April 1989, p Goodman, A. et al. 1993: Dense cores in dark clouds. VIII - Velocity gradientsastrophysical Journal, vol. 406, p Inutsuka, Shu-Ichiro; Miyama, Shoken M. 1992: Self-similar solutions and the stability of collapsing isothermal filamentsastrophysical Journal, vol. 388, p Kikuchi, Nobuhiro; Nakamoto, Taishi; Ogochi, Koji 2002: Disk-Halo Model for Flat-Spectrum T Tauri Stars, Publications of the Astronomical Society of Japan, Vol.54, No.4, pp Kemper, F, Vriend, W. J, Tielens, A. G. G. M 2004: The Absence of Crystalline Silicates in the Diffuse Interstellar Medium, The Astrophysical Journal, Volume 609, Issue 2, pp Charles J. Lada & Elizabeth A. Lada 2003: Embedded Clusters in Molecular Clouds, Annual Reviews of Astronomy and Astrophysics, Vol. 41, pg. 57. Larson, R. B. 1969: Numerical calculations of the dynamics of collapsing proto-star Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Vol. 145, p

68 参考文献 F. J. Molster, et al. 2001: IRAS : A carbon star surrounded by highly crystalline silicate dust, Astronomy&Astrophysics, 366, pp 松田准一, 圦本尚義 2008: 宇宙 惑星化学 ( 地球化学講座 2), 培風館 pp.291 Masunaga, Hirohiko; Miyama, Shoken M.; Inutsuka, Shu-Ichiro1998: A Radiation Hydrodynamic Model for Protostellar Collapse. I. The First Collapse, Astrophysical Journal v.495, p.346 S. Matsuura et al. 2011: DETECTION OF THE COSMIC FAR-INFRARED BACKGROUND IN AKARI DEEP FIELD SOUTH The Astrophysical Journal, 737:2 (19pp) Mathewson, D. S.; Ford, V. L. 1970: Polarization observations of 1800 stars, Mem. R. Astron. Soc., 74, 139 Mathis, J. S, Rumpl, W, Nordsieck, K. H, 1977: The size distribution of interstellar grains, Astrophysical Journal, Part 1, vol. 217, p

69 参考文献 Tomoaki Matsumoto; and Tomoyuki Hanawa 2003: FRAGMENTATION OF A MOLECULAR CLOUD CORE VERSUS FRAGMENTATION OF THE MASSIVE PROTOPLANETARY DISK IN THE MAIN ACCRETION PHASE The Astrophysical Journal, 595: Tomoaki Matsumoto and Kohji Tomisaka 2004: Directions of Outflows, Disks, Magnetic Fields, and Rotation of Young Stellar Objects in Collapsing Molecular Cloud Cores, The Astrophysical Journal, 616: Takeshi Nakazato, Taishi Nakamoto, and Masayuki Umemura 2003: A Spectrophotometric Method to Determine the Inclination of Class I Objects, The Astrophysical Journal, 583:

70 参考文献 Sakamoto, Seiichi; Hayashi, Masahiko; Hasegawa, Tetsuo; Handa, Toshihiro; Oka, Tomoharu 1994: A large area CO (J = 2 goes to 1) mapping of the giant molecular clouds in Orion, The Astrophysical Journal, vol. 425, no. 2, pp Toru Tsuribe and Shu-ichiro Inutsuka 1999: Criteria for Fragmentation of Rotating Isothermal Clouds Revisited, The Astrophysical Journal, 523:L155-L158 Troland, T. H. & Heiles, C. 1986: Interstellar magnetic field strengths and gas densities Observational and theoretical perspectives, Astrophysical Journal, vol. 301, Feb. 1, 1986, pp Zhi-Yun Li and Fumitaka Nakamura 2004: Magnetically Regulated Star Formation in Turbulent Clouds, The Astrophysical Journal, 609:L83-L86 75

Microsoft Word - 惑星科学フロンティアセミナー2012ノート_修正版.docx

Microsoft Word - 惑星科学フロンティアセミナー2012ノート_修正版.docx i 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 vsini 12 13 14 15 16 17 18 [分子雲のフィラメント構造] 分子雲内には フィラメント ひも 状の構造が見えている Ph. André et al.: The Herschel Gould Belt Survey 上図は Aquilla と Polaris という別の領域の画像 分子雲内にまずフィラメント状の構造がうまれ そのフィラメントがぶちぶちと切れて星形成へ

More information

NRO談話会 key

NRO談話会 key Probing the growth of IC5146 by filamentary accretion Yoshito SHIMAJIRI (CEA/Saclay) 1. 誘発的星団形成の観測的研究 2. フィラメント形成に関する観測的研究 フィラメント形成シナリオ フィラメント形成シナリオにおける問題点 Probing the mass accretion by the surrounding

More information

スライド 1

スライド 1 II 太陽近傍の星形成 概観 : 星間ガスから星へ Dame 他 水野ほか大西ほか (1998) (1995) HI 雲 (10-100/cc, 80K) 分子雲 (10 2-3 /cc, 10K ) 分子雲コア (>10 4 /cc, 10K) 原始星 ( 質量獲得中 ) 前主系列星 (T タウリ型星 Herbig Ae/Be 星 ) 主系列星 原始星 M17-SO1 大西ほか (2002) 5000AU

More information

2011 年度第 41 回天文 天体物理若手夏の学校 2011/8/1( 月 )-4( 木 ) 星間現象 18b 初代星形成における水素分子冷却モデルの影響 平野信吾 ( 東京大学 M2) 1. Introduction 初代星と水素分子冷却ファーストスター ( 初代星, PopIII) は重元素を

2011 年度第 41 回天文 天体物理若手夏の学校 2011/8/1( 月 )-4( 木 ) 星間現象 18b 初代星形成における水素分子冷却モデルの影響 平野信吾 ( 東京大学 M2) 1. Introduction 初代星と水素分子冷却ファーストスター ( 初代星, PopIII) は重元素を 2011 年度第 41 回天文 天体物理若手夏の学校 2011/8/1( 月 )-4( 木 ) 星間現象 18b 初代星形成における水素分子冷却モデルの影響 平野信吾 ( 東京大学 M2) 1. Introduction 初代星と水素分子冷却ファーストスター ( 初代星, PopIII) は重元素を含まない原始ガスから形成される 宇宙で最初に誕生する星である 初代星はその後の星形成や再電離など宇宙初期の天文現象に強く関係し

More information

超新星残骸Cassiopeia a と 非球対称爆発

超新星残骸Cassiopeia  a と 非球対称爆発 物理学専攻 松尾康秀 宇宙物理理論 指導教員 : 橋本正章 < 超新星残骸 > 星の外層が超新星爆発により吹き飛ばされ 爆発の際の衝撃波によって周囲の物質 ( 星周物質 ) を加熱し 輝いている天体 かに星雲 Kepler Cas A http://www.spacetelescope.o rg/images/large/heic0515a.j pg http://apod.nasa.gov/apod/i

More information

スライド 1

スライド 1 理論懇シンポ 2011 年 11 月 5 日国立天文台 星形成理論の進展 : 現在と宇宙初期の星形成について 大向一行京大物 2 天体核 I. 現在の星形成 II. 宇宙初期の星形成 目次 I. 現在の星形成 - 標準理論とその展開ー 小質量星形成と星周円盤の進化 より現実的な計算 後の進化段階へ 大質量星形成 いかにして輻射フィードバックを乗り越えるか? 星団形成と IMF 星形成効率や IMF

More information

hosokwtk

hosokwtk 細川隆史 ( 京大物 2 天体核 ) OUTLINE I. The First Stars, II. The First SMBHs 26.Dec.2017 理論懇 symposium@ 東大本郷 I. The First Stars 宇宙にはじまりがある以上 いつかどこかで宇宙最初の星 ( 天体 ) が生また いつ どうやって最初の星が生まれたのか? 一体どんな星だったのか? 典型 mass, mass

More information

SFN

SFN THE STAR FORMATION NEWSLETTER No.291-14 March 2017 2017/04/28 16-20 16. X-Shooter spectroscopy of young stellar objects in Lupus. Atmospheric parameters, membership and activity diagnostics 17. The evolution

More information

Formation process of regular satellites on the circumplanetary disk Hidetaka Okada Department of Earth Sciences, Undergraduate school of Scie

Formation process of regular satellites on the circumplanetary disk Hidetaka Okada Department of Earth Sciences, Undergraduate school of Scie Formation process of regular satellites on the circumplanetary disk Hidetaka Okada 22060172 Department of Earth Sciences, Undergraduate school of Science, Hokkaido University Planetary and Space Group

More information

3 6 6.1: ALMA 6.1 galaxy, galaxies the Galaxy, our Galaxy, Milky Way Galaxy G. Galilei W. Herschel cm J.C. Kapteyn H. Sharpley 30 E.P. Hubble 6.2 6.2.1 b l 6.2 b = 0 6.2: l = 0 6.2.2 6.1 6.3 ( 60-100µm)

More information

ポリトロープ、対流と輻射、時間尺度

ポリトロープ、対流と輻射、時間尺度 宇宙物理学 ( 概論 ) 6/6/ 大阪大学大学院理学研究科林田清 ポリトロープ関係式 1+(1/) 圧力と密度の間にP=Kρ という関係が成り立っていると仮定する K とは定数でをポリトロープ指数と呼ぶ 5 = : 非相対論的ガス dlnp 3 断熱変化の場合 断熱指数 γ, と dlnρ 4 = : 相対論的ガス 3 1 = の関係にある γ 1 等温変化の場合は= に相当 一様密度の球は=に相当

More information

g µν g µν G µν = 8πG c 4 T µν (1) G µν T µν G c µ ν 0 3 (1) T µν T µν (1) G µν g µν 2 (1) g µν 1 1 描

g µν g µν G µν = 8πG c 4 T µν (1) G µν T µν G c µ ν 0 3 (1) T µν T µν (1) G µν g µν 2 (1) g µν 1 1 描 419 特集 宇宙における新しい流体力学 - ブラックホールと SASI- SASI Study of SASI in Black Hole Accretion Flows by Employing General Relativistic Compressive Hydrodynamics Hiroki NAGAKURA, Yukawa Institute for Theoretical Physics,

More information

, 0707

, 0707 始原的ガス雲の non-biased カタログ : 始原星の初期質量関数 平野信吾 1 細川隆史 1 吉田直紀 1,2 千秋元 1 梅田秀之 1 et al 1 東京大学 2 Kavli IPMU 初代星 初代銀河研究会 2014@ 鹿児島大学 (2014/01/22-24) 始原星の質量 : 星形成過程 始原星 ( 種族 III の星 ; zero-metallicity star) 宇宙の初期進化を左右

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 原始惑星系円盤内でロスビー波不安定性によって形成される渦 小野智弘 ( 京都大 ), 武藤恭之 ( 工学院大 ), 富田賢吾 ( 大阪大 ), 野村英子 ( 東工大 ) Dec. 20th, 2016 理論懇シンポジウム 2016@ 東北大 1 様々な原始惑星系円盤構造 若い星の周りにあるガス円盤 円盤内のダストが合体成長し 惑星を形成 近年 詳細な円盤構造が明らかになってきている ALMA によるダスト連続光観測

More information

三裂星雲M20に付随する分子雲:分子雲衝突による大質量星形成

三裂星雲M20に付随する分子雲:分子雲衝突による大質量星形成 銀河中心領域の分子雲観測と MHD 鳥居和史 ( 野辺山宇宙電波観測所 ) 福井康雄, 榎谷玲依 ( 名大 ) 町田真美 ( 九大 ), 松元亮治 ( 千葉大 ), 鈴木健 ( 東大 ), 柿内健佑 ( 名大 / 東大 ) 銀河系中心部 8.5 kpc 銀河系中心? Rg ~ 0.001pc 1kpc Central Molecular Zone (CMZ) (Morris & Serabyn 1996)

More information

Microsoft PowerPoint _nakagawa_kagoshima.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint _nakagawa_kagoshima.ppt [互換モード] Mira 型変光星プロジェクト現状とKVN の利用 A.Nakagawa, T.Kurayama (Kagoshima University) Mira Project Observation Current Status KVN + VERA 大マゼラン雲 (LMC) のミラ型変光星周期光度関係 実視等級を元に得られた関係 距離に対してLMCの厚みは小さくすべて同じ距離にあるとみなせるため実視等級を利用できる

More information

木曽シュミットによる銀河系最外縁の星生成の観測

木曽シュミットによる銀河系最外縁の星生成の観測 2006 木曽シュミットシンポジウム 上松 木曽シュミットによる 銀河系最外縁の星生成の観測 東大天文センター 小林 尚人 安井 千香子 共同研究者 斎藤正雄 (ALMA 国立天文台 Alan Tokunaga ハワイ大学 内容 1. 銀河系最外縁部 現在の理解 2. Extreme Outer Galaxy Rg>18kpc 研究の意義 3つ 3. Digel Cloud2 best example

More information

Kerr 時空における球対称流に対するコリメーション効果 ( CQG, 26, , 2009 ) 髙見健太郎 ( 広島大学 / Albert-Einstein-Institute) 共同研究者 : 小嶌康史 ( 広島大学 ) 2009 年 10 月 01 日駒場宇宙コロキウム

Kerr 時空における球対称流に対するコリメーション効果 ( CQG, 26, , 2009 ) 髙見健太郎 ( 広島大学 / Albert-Einstein-Institute) 共同研究者 : 小嶌康史 ( 広島大学 ) 2009 年 10 月 01 日駒場宇宙コロキウム Kerr 時空における球対称流に対するコリメーション効果 ( CQG, 26, 085013, 2009 ) 髙見健太郎 ( 広島大学 / Albert-Einstein-Institute) 共同研究者 : 小嶌康史 ( 広島大学 ) 2009 年 10 月 01 日駒場宇宙コロキウム 目 次 導入 Kerr 時空と測地線方程式 粒子のコリメーション条件 粒子流に対するコリメーション効果 まとめ

More information

総研大恒星進化概要.dvi

総研大恒星進化概要.dvi The Structure and Evolution of Stars I. Basic Equations. M r r =4πr2 ρ () P r = GM rρ. r 2 (2) r: M r : P and ρ: G: M r Lagrange r = M r 4πr 2 rho ( ) P = GM r M r 4πr. 4 (2 ) s(ρ, P ) s(ρ, P ) r L r T

More information

Formation of hot jupiters by slingshot model Naoya Okazawa Department of Earth Sciences, Undergraduate school of Science, Hokkaido University

Formation of hot jupiters by slingshot model Naoya Okazawa Department of Earth Sciences, Undergraduate school of Science, Hokkaido University Formation of hot jupiters by slingshot model Naoya Okazawa 22070283 Department of Earth Sciences, Undergraduate school of Science, Hokkaido University Planetary and Space Group 2011 4 18 1,.,,.,.,.,..,.,.,,.,.,,,.,.,.,.,,,..

More information

木村の物理小ネタ ケプラーの第 2 法則と角運動量保存則 A. 面積速度面積速度とは平面内に定点 O と動点 P があるとき, 定点 O と動点 P を結ぶ線分 OP( 動径 OP という) が単位時間に描く面積を 動点 P の定点 O に

木村の物理小ネタ   ケプラーの第 2 法則と角運動量保存則 A. 面積速度面積速度とは平面内に定点 O と動点 P があるとき, 定点 O と動点 P を結ぶ線分 OP( 動径 OP という) が単位時間に描く面積を 動点 P の定点 O に ケプラーの第 法則と角運動量保存則 A. 面積速度面積速度とは平面内に定点 O と動点 P があるとき, 定点 O と動点 P を結ぶ線分 OP( 動径 OP という が単位時間に描く面積を 動点 P の定点 O に関する面積速度の大きさ という 定点 O まわりを回る面積速度の導き方導き方 A ( x( + D, y( + D v ( q r ( A ( x (, y( 動点 P が xy 座標平面上を時刻

More information

Ando_JournalClub_160708

Ando_JournalClub_160708 Independent discoveries of a tidally disrupting dwarf galaxy around NGC 253! A Tidally Disrupting Dwarf Galaxy in the Halo of NGC 253 Toloba, E. et al. 2016, ApJL, 816, L5 (hereafter T16, accepted 2015.12.07)

More information

基礎地学

基礎地学 生命存在可能領域の新しい見積もり : Kopparapu et al (2013) のレビュー Kopparapu et al (2013) Habitable zones around main-sequence stars : New estimates, Astrophysical J., 765, 131 石渡正樹 ( 北大 理 ) 2013 年 06 月 05 日 WTK オンラインセミナー

More information

O-1-1

O-1-1 ALMA 最長基線による VLBIスケールでの大質量原始星観測元木業人 ( 山口大学 ) Co-I: 廣田朋也 (NAOJ), 町田正博 ( 九州大学 ), 米倉覚則 ( 茨城大学 ) 本間希樹 (NAOJ) 高桑繁久 ( 鹿児島大学 ), 松下聡樹 (ASIAA) 2018.12. 1 V コン @ 熊本大学 絶好調 二日酔いです 世はALMA時代 星形成の高分解能観測はALMA抜きには語れ ない

More information

ブラックホール磁気流体円盤コロナからのX線放射とX線連星への応用

ブラックホール磁気流体円盤コロナからのX線放射とX線連星への応用 ブラックホール磁気流体円盤コロナ からの X 線放射と X 線連星への応用 東大 RESCEU KEK (2008/10~) 川中宣太 共同研究者 : 加藤成晃 ( 宇宙研 ) 嶺重慎 ( 京都大 ) RESCEU 夏の学校 2008@ 青森 浅虫温泉 2008/8/30 ブラックホール候補天体のスペクトル 降着円盤からの熱輻射 + 冪型 X 線放射 + 蛍光鉄輝線 (6-7 kev) + 反射成分

More information

Microsoft Word - note02.doc

Microsoft Word - note02.doc 年度 物理化学 Ⅱ 講義ノート. 二原子分子の振動. 調和振動子近似 モデル 分子 = 理想的なバネでつながった原子 r : 核間距離, r e : 平衡核間距離, : 変位 ( = r r e ), k f : 力の定数ポテンシャルエネルギー ( ) k V = f (.) 古典運動方程式 [ 振動数 ] 3.3 d kf (.) dt μ : 換算質量 (m, m : 原子, の質量 ) mm

More information

1. 2. 3. 2010-02- 22-24 1.1 1.1.1 1.1.2 1.1.3 F10.7 1.2 1.2.1 1.2.2 1.2.3 14 C 1.2.4 10 Be 1.2.5 14 C 10 Be 1.1 太陽放射とその変動 20100223-24森羅万象学校 1.1.1 (from Encyclopedia of Earth) op1cal depth (Lean et al.,

More information

: 8.2: A group (i.e. a very small cluster) of galaxies superimposed on a x-ray image from the ROSAT satellite

: 8.2: A group (i.e. a very small cluster) of galaxies superimposed on a x-ray image from the ROSAT satellite 1 8 8.1 8.1.1 8.1: ( Ω = ρ/ρ c ) (Fukugita, M. et al., APJ 503 (1998) 518) ( 15%) (z 0 ) 1.................. 0.0026 h 1 0.0043 h 1 0.0014 h 1 A 2..................... 0.00086 h 1 0.00129 h 1 0.00051 h

More information

2 g g = GM R 2 = 980 cm s ;1 M m potential energy E r E = ; GMm r (1.4) potential = E m = ;GM r (1.5) r F E F = ; de dr (1.6) g g = ; d dr (1.7) g g g

2 g g = GM R 2 = 980 cm s ;1 M m potential energy E r E = ; GMm r (1.4) potential = E m = ;GM r (1.5) r F E F = ; de dr (1.6) g g = ; d dr (1.7) g g g 1 1 (gravitation) 1.1 m F a ma = F (1.1) F a m F 1.1 m F a (1.1) m a F m F a m a F F a m 0 0 1.2 (universal gravitation) (potential) M m gravitational force F r F = ; GMm r 2 (1.2) G = 6:67 10 ;8 dyn cm

More information

観測量と物理量の関係.pptx

観測量と物理量の関係.pptx (I! F! ( (! "! (#, $ #, $!! di! d"! =!I! + B! (T ex T ex : "! n 2 / g 2 = exp(! h! n 1 / g 1 kt ex " I! ("! = I! (0e "! +! e ("! " #! B! [T ex ("! ]d " d! " = # " ds = h" 4$ %("(n dsb h" 1 12 [1! exp(!

More information

A Precise Calculation Method of the Gradient Operator in Numerical Computation with the MPS Tsunakiyo IRIBE and Eizo NAKAZA A highly precise numerical

A Precise Calculation Method of the Gradient Operator in Numerical Computation with the MPS Tsunakiyo IRIBE and Eizo NAKAZA A highly precise numerical A Precise Calculation Method of the Gradient Operator in Numerical Computation with the MPS Tsunakiyo IRIBE and Eizo NAKAZA A highly precise numerical calculation method of the gradient as a differential

More information

H+He H+He M > 10 M He He Wolf-Rayet Minit = 13 ~ 100 M, Zinit = 0.0001 ~ 0.02 CNO SN 2007bi (Type Ic) progenitor Minit > 100 M, Zinit = 0.004 WO star? Core collapse Rotating star model Saio, Nomoto, and

More information

領域シンポ発表

領域シンポ発表 1 次元の減衰運動の中の強制振動 ) ( f d d d d d e f e ce ) ( si ) ( 1 ) ( cos ω =ω -γ とおくと 一般解は 外力 f()=f siω の場合 f d d d d si f ce f ce si ) cos( cos si ) cos( この一般解は 1 φ は外力と変位との間の位相差で a 時間が経つと 第 1 項は無視できる この場合の振幅を

More information

1. 内容と成果研究チームは 天の川銀河の中心を含む数度の領域について 一酸化炭素分子が放つ波長 0.87mm の電波を観測しました 観測に使用した望遠鏡は 南米チリのアタカマ砂漠 ( 標高 4800m) に設置された直径 10m のアステ望遠鏡です 観測は 2005 年から 2010 年までの長期

1. 内容と成果研究チームは 天の川銀河の中心を含む数度の領域について 一酸化炭素分子が放つ波長 0.87mm の電波を観測しました 観測に使用した望遠鏡は 南米チリのアタカマ砂漠 ( 標高 4800m) に設置された直径 10m のアステ望遠鏡です 観測は 2005 年から 2010 年までの長期 プレスリリース報道解禁 : 7 月 20 日 ( 金 )15 時 (7/24 関連論文のリンクを追記 ) 2012 年 7 月 12 日 報道関係者各位 天の川銀河の中心部に巨大ブラックホールの 種 を発見 ~7 月 20 日 ( 金 ) に記者発表を開催 ~ 慶應義塾大学国立天文台 慶應義塾大学物理学科の岡朋治准教授らの研究チームは いて座方向 太陽系から約 3 万光年の距離にある天の川銀河の中心部において

More information

プランクの公式と量子化

プランクの公式と量子化 Planck の公式と量子化 埼玉大学理学部物理学科 久保宗弘 序論 一般に 量子力学 と表現すると Schrödinger の量子力学などの 後期量子力学 を指すことが多い 本当の量子概念 には どうアプローチ? 何故 エネルギーが量子化されるか という根本的な問いにどうこたえるか? どのように 量子 の扉は叩かれたのか? 序論 統計力学 熱力学 がことの始まり 総括的な動き を表現するための学問である

More information

A

A A04-164 2008 2 13 1 4 1.1.......................................... 4 1.2..................................... 4 1.3..................................... 4 1.4..................................... 5 2

More information

森羅万象2018のコピー

森羅万象2018のコピー PD Stellar Irradiation Mineral Atmosphere Na, K, SiO, O 2, O gas (MgO, Al, AlO, FeO etc ) https://www.nasa.gov/topics/universe/features/rocky_planet.html / (2018.5.9) Magma Ocean Ito et al. (2015) (HRE)

More information

atomic line spectrum emission line absorption line atom proton neutron nuclei electron Z atomic number A mass number neutral atom ion energy

atomic line spectrum emission line absorption line atom proton neutron nuclei electron Z atomic number A mass number neutral atom ion energy 1 22 22.1 atomic line spectrum emission line absorption line atom proton neutronnuclei electron Z atomic number A mass number neutral atom ion energy level ground stateexcited state ionized state 22.2

More information

理論懇2014

理論懇2014 Proposal for a project of high-precision stellar radial velocity work, Struve (1952)! But there seems to be no compelling reason why the hypothetical stellar planets should not, in some instances, be much

More information

MW鹿児島

MW鹿児島 NGC1068 Dark Matter Halo baryon gas stars SMBH SMBH 1 SMBHs? (AGN) AGN Seyfertization Taniguchi 1987, ApJ, 317, L57 AGN The dead quasar problem (Rees 1990, Science, 247, 817) T AGN ~ 10 8 yrs AGN AGN

More information

SFN saigo

SFN saigo 2017年10月20日 西合 SFN 296 #36 Chandra X-ray observation of the young stellar cluster NGC 3293 in the Carina Nebula Complex T. Preibisch, S. Flaischlen, B. Gaczkowski, L. Townsley and P. Broos Accepted by

More information

スライド 1

スライド 1 精度銀河形成 シミュレーション時代の幕開け 斎藤貴之国 天 台天 シミュレーションプロジェクト 共同研究者松井秀典 久保英 郎 和 桂 富阪幸治 牧野淳 郎 (NAOJ) 台坂博 ( 橋 ) 吉 直紀 ( 東 ) 岡本崇 ( 筑波 ) 場淳 ( 東北 ) 初期条件 我々の宇宙がどのような進化をするかは極めて正確にわかっている 冷たい暗 物質が 配する宇宙 宇宙背景放射 銀河サーベイなどの結果から さな構造が先にでき

More information

ブラックホールを コンピュータ上で 創る 柴田大 ( 京都大学基礎物理学研究所 )

ブラックホールを コンピュータ上で 創る 柴田大 ( 京都大学基礎物理学研究所 ) ブラックホールを コンピュータ上で 創る 柴田大 ( 京都大学基礎物理学研究所 ) 内容 1. 一般相対論と万有引力 2. ブラックホールの証拠 3. ブラックホールはどのように誕生するのか 4. 重力波でブラックホールを探る 5. ブラックホールを創る 1 一般相対論と万有引力 u ニュートンの万有引力理論 : 2 つの物体がひきつけあう 2 10 30 kg 引力 ja.wikipedia.org

More information

爆発的星形成? AGN関係を 生み出す物理機構の観測的示唆

爆発的星形成? AGN関係を 生み出す物理機構の観測的示唆 Umemura, Fukue & Mineshige 1997, 1998 Ohsuga et al. 1998 R ring ~100pc dv r = v 2 ϕ dt r 1 dp ρ dr dφ 1 r d(rv ϕ ) dt = 3χE 2c typical timescale dr + χ c F r 3 2 Myr r R ring V ring 3χE 2c v ϕ Umemura,

More information

BH BH BH BH Typeset by FoilTEX 2

BH BH BH BH Typeset by FoilTEX 2 GR BH BH 2015.10.10 BH at 2015.09.07 NICT 2015.05.26 Typeset by FoilTEX 1 BH BH BH BH Typeset by FoilTEX 2 1. BH 1.1 1 Typeset by FoilTEX 3 1.2 2 A B A B t = 0 A: m a [kg] B: m b [kg] t = t f star free

More information

1 (Berry,1975) 2-6 p (S πr 2 )p πr 2 p 2πRγ p p = 2γ R (2.5).1-1 : : : : ( ).2 α, β α, β () X S = X X α X β (.1) 1 2

1 (Berry,1975) 2-6 p (S πr 2 )p πr 2 p 2πRγ p p = 2γ R (2.5).1-1 : : : : ( ).2 α, β α, β () X S = X X α X β (.1) 1 2 2005 9/8-11 2 2.2 ( 2-5) γ ( ) γ cos θ 2πr πρhr 2 g h = 2γ cos θ ρgr (2.1) γ = ρgrh (2.2) 2 cos θ θ cos θ = 1 (2.2) γ = 1 ρgrh (2.) 2 2. p p ρgh p ( ) p p = p ρgh (2.) h p p = 2γ r 1 1 (Berry,1975) 2-6

More information

kawaguchi2.pdf

kawaguchi2.pdf Dusty Clumpy Torus (AGN) (BH) BH 3 BH 1 AGN () 1/3 (i) (ii) Kawaguchi(2003) 1/5 (iii) AGN : T. Kawaguchi & M. Mori, ApJL, 2010, 724, 183 187 T. Kawaguchi & M. Mori, ApJ, 2011, 737, 105 120 Toshihiro KAWAGUCHI

More information

Contents 1 Jeans (

Contents 1 Jeans ( Contents 1 Jeans 2 1.1....................................... 2 1.2................................. 2 1.3............................... 3 2 3 2.1 ( )................................ 4 2.2 WKB........................

More information

Microsoft PowerPoint - DobashiKazuhito.ppt

Microsoft PowerPoint - DobashiKazuhito.ppt 2006 年木曽シンポジウム 木曽可視広視野カメラを用いた暗黒星雲のマルチバンド観測 ー減光量と散乱光と分子輝線ー 土橋一仁 ( 東京学芸大学 ) 内容 [1] 木曽広視野カメラは暗黒星雲の研究に適している! [2] DSS に基づく暗黒星雲アトラス [3] 木曽シュミット鏡を用いたこれまでの研究 (@ 学芸大学 ) [4] 電波望遠鏡等とのタイアップ ( ガスとダストのマルチバンド観測 ) 木曽広視野カメラは暗黒星雲の研究に適している!

More information

1. : 1.5 2. ( ): 2.5 3. : 1 ( ) / minimum solar nebula model ( ) http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/ap950917.html ( ) http://www-astro.physics.ox.ac.uk/~wjs/apm_grey.gif ( ) SDSS : d 2 r i dt 2 ÿ j i

More information

スーパー地球の熱進化と 磁場の寿命 立浪千尋 千秋博紀 井田茂 衛星系形成小研究会 2012 小樽

スーパー地球の熱進化と 磁場の寿命 立浪千尋 千秋博紀 井田茂 衛星系形成小研究会 2012 小樽 スーパー地球の熱進化と 磁場の寿命 立浪千尋 千秋博紀 井田茂 衛星系形成小研究会 2012 夏 @ 小樽 地球型惑星 岩石マントル 金属コア 岩石マントル 金属コア (e.g. Ida and Lin, 2008) HARPS CoRoT Kepler 観測された系外惑星と スーパー地球候補 赤 : トランジット法緑 : 視線速度法 惑星質量 ( 地球質量 ) 平均密度 (g/cm 3 ) 軌道長半径

More information

Bull. Cent. Astron. Univ. Hyogo 3, (2015) VTOS 1 1 * Speckle observations of Betelgeuse and its neighbor stars using Visual Target Obser

Bull. Cent. Astron. Univ. Hyogo 3, (2015) VTOS 1 1 * Speckle observations of Betelgeuse and its neighbor stars using Visual Target Obser Bull. Cent. Astron. Univ. Hyogo 3, 21 26 (2015) VTOS 1 1 * 1 2 3 4 Speckle observations of Betelgeuse and its neighbor stars using Visual Target Observation System Noriaki Miura 1, Masato Yagi 1, Susumu

More information

vol5-honma (LSR: Local Standard of Rest) 2.1 LSR R 0 LSR Θ 0 (Galactic Constant) 1985 (IAU: International Astronomical Union) R 0 =8.5

vol5-honma (LSR: Local Standard of Rest) 2.1 LSR R 0 LSR Θ 0 (Galactic Constant) 1985 (IAU: International Astronomical Union) R 0 =8.5 2.2 1 2.2 2.2.1 (LSR: Local Standard of Rest) 2.1 LSR R 0 LSR Θ 0 (Galactic Constant) 1985 (IAU: International Astronomical Union) R 0 =8.5 kpc, Θ 0 = 220 km s 1. (2.1) R 0 7kpc 8kpc Θ 0 180 km s 1 270

More information

銀河風の定常解

銀河風の定常解 2011年 国立天文台プラズマセミナー 2011/12/02 球対称定常銀河風の遷音速解 銀河の質量密度分布との関係 筑波大学 教育研究科 教科教育専攻 つちや まさみ 理科教育コース 2年 土屋 聖海 共同研究者 森正夫 筑波大学 新田伸也 筑波技術大学 発表の流れ はじめに 銀河風とは 流出過程 エネルギー源 周囲に及ぼす影響 研究内容 問題の所在 研究の目的 方法 理論 銀河の質量密度分布 研究成果

More information

高軌道傾斜角を持つメインベルト 小惑星の可視光分光観測

高軌道傾斜角を持つメインベルト 小惑星の可視光分光観測 高軌道傾斜角を持つメインベルト小惑星の可視光分光観測 天文 天体物理夏の学校 @ 福井神戸大学 M2 岩井彩 背景 小惑星岩石質の太陽系小天体であり 彗星活動を行わない 分類軌道長半径による空間分布可視光波長域のスペクトル形状 ( 大きく 5 種類 ) 空間分布による分類 メインベルト ( 小惑星帯 ) 太陽から 2.1-3.3AU 離れた環状の領域軌道が確定した小惑星の約 9 割が存在 トロヤ群木星のラグランジュ点

More information

Journal of the Combustion Society of Japan Vol.58 No.185 (2016) ORIGINAL PAPER 火災旋風近傍の流れに関する研究 Flow Around a Fire Whirl *

Journal of the Combustion Society of Japan Vol.58 No.185 (2016) ORIGINAL PAPER 火災旋風近傍の流れに関する研究 Flow Around a Fire Whirl * 58 185 2016 167-171 Journal of the Combustion Society of Japan Vol.58 No.185 (2016) 167-171 ORIGINAL PAPER 火災旋風近傍の流れに関する研究 Flow Around a Fire Whirl * ONISHI, Hiroyuki and KUWANA, Kazunori 992-8510 4-3-16

More information

大宇宙

大宇宙 大宇宙 銀河団 大規模構造 膨張宇宙 銀河群 数個 ~ 数十個の銀河の群れ 天の川銀河 250 万光年 アンドロメダ銀河 局所銀河群 http://www.astronomy.com/en/web%20extras/2005/02/ Dominating%20the%20Local%20Group.aspx 銀河団 100 個程度以上の集まり 銀河群との明確な区別はない 天の川銀河 6200 万光年

More information

観測的宇宙論WS2013.pptx

観測的宇宙論WS2013.pptx ì コンテンツ イントロダクション 球対称崩壊モデル ビリアル平衡 結果 まとめ イントロダクション 宇宙磁場 銀河や銀河団など様々なスケールで磁場が存在 起源や進化について未だに謎が多い 宇宙の構造形成に影響 P(k)[h -3 Mpc 3 ] 10 6 10 5 10 4 10 3 10 10 1 10 0 10-1 10-10 -3 10-4 10-4 10-3 10-10 -1 10 0 10

More information

H21環境地球化学6_雲と雨_ ppt

H21環境地球化学6_雲と雨_ ppt 1 2 3 40 13 (0.001%) 71 24,000 (1.7%) 385 425 111 1,350,000 (97%) 125 (0.009%) 40 10,000 (0.7%) 25 (0.002%) 10 3 km 3 10 3 km 3 /y 4 +1.3 +5.8 (21) () ( ) 5 HNO 3, SO 2 etc 6 7 2009年度 環境地球化学 大河内 10種雲形と発生高度

More information

銀河団衝突にともなう 高温ガスの運動がひきおこす特徴的な磁場構造 (Takizawa 2008 ApJ, 687, 951)

銀河団衝突にともなう 高温ガスの運動がひきおこす特徴的な磁場構造 (Takizawa 2008 ApJ, 687, 951) JVLA S-band and X-band Polarimetry of Abell 2256 Ozawa,,,,,Takizawa, Takahashi,,,,et al. to be submitted to PASJ 滝沢元和 2015.5.8 研究室談話会 Introduction: 銀河団 可視光 ( 数 100 個の銀河の集まり ) X 線数 kev の高温ガス ( シンクロトロン )

More information

Optical Lenses CCD Camera Laser Sheet Wind Turbine with med Diffuser Pitot Tube PC Fig.1 Experimental facility. Transparent Diffuser Double Pulsed Nd:

Optical Lenses CCD Camera Laser Sheet Wind Turbine with med Diffuser Pitot Tube PC Fig.1 Experimental facility. Transparent Diffuser Double Pulsed Nd: *1 *2 *3 PIV Measurement of Field of the Wind Turbine with a med Diffuser Kazuhiko TOSHIMITSU *4, Koutarou NISHIKAWA and Yuji OHYA *4 Department of Mechanical Engineering, Matsue National Collage of Technology,

More information

Microsoft PowerPoint - komaba ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - komaba ppt [互換モード] 宇宙科学 II ( 電波天文学 ) 第 6 回 ビッグバン宇宙 ( 続 ) & 星の一生 前回の復習 1 黒体放射 黒体 ( すべての周波数の電磁波を吸収し 再放射する仮想的物体 ) から出る放射 黒体輻射の例 : 溶鉱炉からの光 電波領域 可視光 八幡製鉄所 黒体輻射の研究は 19 世紀末に溶鉱炉の温度計測方法として発展 Bν のプロット (10 0 ~ 10 8 K) 黒体輻射関連の式 すべて温度で決まる

More information

SN 2007bi Yoshida, T. & Umeda, H., MNRAS 412, L78-L82 (2011)

SN 2007bi Yoshida, T. & Umeda, H., MNRAS 412, L78-L82 (2011) SN 2007bi Yoshida, T. & Umeda, H., MNRAS 412, L78-L82 (2011) SN 2007bi SN 2007bi (Gal-Yam et al. 2009) 2007 4 6.5 Type Ic subluminous dwarf galaxy Z ~ (0.2-0.4) Z (Young et al. 2010) 36 (Young et al. 2010)

More information

( ) 2 self-consistent 1 3) ( ) 2.1 ( ) ( 1 kpc 10 8 M 10 4 K) 1024 2 4096 2 100 1680 ( 1) 10 K 10 4 5 K tangled-web model ( ) 2

( ) 2 self-consistent 1 3) ( ) 2.1 ( ) ( 1 kpc 10 8 M 10 4 K) 1024 2 4096 2 100 1680 ( 1) 10 K 10 4 5 K tangled-web model ( ) 2 Numerical Modeling of the Interstellar Medium WADA Keiichi (National Astronomical Observatory of Japan) Abstract The interstellar medium in galaxies has a complicated multi-phase structure. However, in

More information

2 X-ray 6 gamma-ray 7 1 17.1 0:38m 0:77m nm 17.2 Hz Hz 1 E p E E = h = ch= (17.2) p = E=c = h=c = h= (17.3) continuum continuous spectrum line spectru

2 X-ray 6 gamma-ray 7 1 17.1 0:38m 0:77m nm 17.2 Hz Hz 1 E p E E = h = ch= (17.2) p = E=c = h=c = h= (17.3) continuum continuous spectrum line spectru 1 17 object 1 observation 17.1 X electromagnetic wave photon 1 = c (17.1) c =3 10 8 ms ;1 m mm = 10 ;3 m m =10 ;6 m nm = 10 ;9 m 1 Hz 17.1 spectrum radio 2 infrared 3 visual light optical light 4 ultraviolet

More information

Microsoft Word _鹿児島用(正式版).docx

Microsoft Word _鹿児島用(正式版).docx 超巨大ブラックホールを取り巻くドーナツ構造の正体を暴く 1/7 概要 国立天文台の泉拓磨氏 鹿児島大学の和田桂一氏を中心とする研究チームは アルマ望遠鏡を使ってコンパス座銀河の中心に位置する超巨大ブラックホールを観測し その周囲のガスの分布と動きをこれまでになく詳細に明らかにすることに成功しました 活動的な超巨大ブラックホールの周囲にはガスや塵のドーナツ状構造が存在すると考えられてきましたが その成因は長年の謎でした

More information

Fig. 1. Horizontal displacement of the second and third order triangulation points accompanied with the Tottori Earthquake of (after SATO, 1973)

Fig. 1. Horizontal displacement of the second and third order triangulation points accompanied with the Tottori Earthquake of (after SATO, 1973) Journal of the Geodetic Society of Japan Vol. 27, No. 3, (1981), pp. 183-191 Research on Fault Movement by means of Aero-Triangulation ( T) (An experiment on the earthquake fault of the Izu-Oshima Kinkai

More information

第43回夏の学校2013(馬場).key

第43回夏の学校2013(馬場).key 渦状腕の正体 発生 維持メカニズムは -どのように回転しているか -持続時間はどのくらいか -渦状腕の本数は何で決まるのか (多様性の起源)...etc. M83 棒状構造 M74 Grand-Design型渦状腕 M101 Multi-Arm型渦状腕 2 M63 Flocculent型渦状腕 1964ApJ...140..646L 渦状腕論争(1960 s ) 渦状腕 = 実体 or 準定常波 Lin

More information

1 a b cc b * 1 Helioseismology * * r/r r/r a 1.3 FTD 9 11 Ω B ϕ α B p FTD 2 b Ω * 1 r, θ, ϕ ϕ * 2 *

1 a b cc b * 1 Helioseismology * * r/r r/r a 1.3 FTD 9 11 Ω B ϕ α B p FTD 2 b Ω * 1 r, θ, ϕ ϕ * 2 * 448 8542 1 e-mail: ymasada@auecc.aichi-edu.ac.jp 1. 400 400 1.1 10 1 1 5 1 11 2 3 4 656 2015 10 1 a b cc b 22 5 1.2 * 1 Helioseismology * 2 6 8 * 3 1 0.7 r/r 1.0 2 r/r 0.7 3 4 2a 1.3 FTD 9 11 Ω B ϕ α B

More information

素材

素材 七夕星の色とスペクトル 福江純 ( 大阪教育大学 ) 光とスペクトル 光の分解 ( 分光 ) ニュートン 2011/7/13 天体色彩学入門 2 X 線 電磁波のスペクトル 可視光 赤外線 電波 ガンマ線 2011/7/13 天体色彩学入門 3 色の認識 2011/7/13 天体色彩学入門 4 連続スペクトル 白熱電球 ホタル 2011/7/13 天体色彩学入門 5 こと座 α 星ベガ alphalyr.dat

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 星 惑星系の形成過程入門 中本泰史 ( 東工大 ) 1. 形成過程の概観 2. 分子雲の重力収縮 3. 原始惑星系円盤 4. 固体微粒子の進化 5. 微惑星から惑星へ 6. 惑星系の形成 7. 特論 : 隕石の起源と惑星形成 2012 年 9 月 10-13 日惑星科学フロンティアセミナー : 北海道むかわ町 1 1mm 隕石 隕石 鉄隕石 5% 石鉄隕石 1% 石質隕石 エイコンドライト 8% コンドライト

More information

スライド 1

スライド 1 グループ発表天体核研究室 低光度ガンマ線バーストの起源 D2 当真賢二 宇宙ひもを重力レンズで探る D3 須山輝明 2006 年度物理学第二教室教室発表会 @ 第四講義室 天体核研究室の大雑把な研究グループ 天体物理学中村 犬塚 井岡 山田 PD: 町田 石津 三浦 D3: 道越 宇宙論中村 田中 早田 D3: 須山 D2: 横山 D1: 泉 M2: 棚橋 村田 D2: 井上 ( 剛 ) 当真 D1:

More information

( ) Note Ω m = 1 Ω m : ( ) r-process α 1: 2 32T h(t 1/2 = y) 2 38U(t 1/2 = y) 2 35U(t 1/2 = 7.038

( ) Note Ω m = 1 Ω m : ( ) r-process α 1: 2 32T h(t 1/2 = y) 2 38U(t 1/2 = y) 2 35U(t 1/2 = 7.038 ( ) Note 4 19 11 22 6 6.1 1 Ω m = 1 Ω m.3 6.1.1 : ( ) r-process α 1: 2 32T h(t 1/2 = 1.45 1 1 y) 2 38U(t 1/2 = 4.468 1 9 y) 2 35U(t 1/2 = 7.38 1 8 y) 2 44Pu(t 1/2 = 8.26 1 7 y) β / (J.A.Johnson and M.Bolte:

More information

JPS-Niigata pptx

JPS-Niigata pptx l l 1916 Ø 2016/12/10 日本物理学会新潟支部 2 l l 1916 Ø l 2016/12/10 日本物理学会新潟支部 3 l 2015 9 14 UTC Ø Advanced LIGO l 2016 2 11 2 12 Ø LIGO & Virgo https://losc.ligo.org/events/gw150914/ http://media1.s-nbcnews.com/

More information

スライド 1

スライド 1 TMT/ 可視高分散分光器等による 系外地球型惑星の大気吸収探索 国立天文台 太陽系外惑星探査プロジェクト室 成田憲保 背景 目次 系外惑星の大気吸収探索の方法論 ホットジュピターに対する先行研究 トランジットサーベイの現状 TMT で可能になるサイエンス ターゲットとなる吸収線と達成可能な精度 検討結果と好ましい観測ターゲットについて 補足 (cf. CoRoT-7b の場合 ) (cf. 月食を用いた地球大気吸収の模擬観測

More information

( ) ,

( ) , II 2007 4 0. 0 1 0 2 ( ) 0 3 1 2 3 4, - 5 6 7 1 1 1 1 1) 2) 3) 4) ( ) () H 2.79 10 10 He 2.72 10 9 C 1.01 10 7 N 3.13 10 6 O 2.38 10 7 Ne 3.44 10 6 Mg 1.076 10 6 Si 1 10 6 S 5.15 10 5 Ar 1.01 10 5 Fe 9.00

More information

(Microsoft PowerPoint _4_25.ppt [\214\335\212\267\203\202\201[\203h])

(Microsoft PowerPoint _4_25.ppt [\214\335\212\267\203\202\201[\203h]) 平成 25 年度化学入門講義スライド 第 3 回テーマ : 熱力学第一法則 平成 25 年 4 月 25 日 奥野恒久 よく出てくる用語 1 熱力学 (thermodynamcs) 系 (system) 我々が注意を集中したい世界の特定の一部分外界 (surroundngs) 系以外の部分 系 外界 系に比べてはるかに大きい温度 体積 圧力一定系の変化の影響を受けない よく出てくる用語 2 外界との間で開放系

More information

系外惑星大気

系外惑星大気 http://hubblesite.org/newscenter/archive/2001/38/ 2004 9 30 1781 1846 1930 50 2 3 radial velocity HDS 5m/s HD209458 HD209458+I 2 cell Subaru/HDS 4 (Mayor & Queloz 1995) 4.2 5 2 1.5% HST 4 orbits Brown

More information

Nov 星形成ゼミ速報中村文隆 The Star Formation Newslette No. 237 September 2012, p No. 238 October 2012, p.1-2 Spectral classification of the brighte

Nov 星形成ゼミ速報中村文隆 The Star Formation Newslette No. 237 September 2012, p No. 238 October 2012, p.1-2 Spectral classification of the brighte Nov 9 2012 星形成ゼミ速報中村文隆 The Star Formation Newslette No. 237 September 2012, p.20-22 No. 238 October 2012, p.1-2 Spectral classification of the brightest objects in the galactic star forming region W40

More information

太陽系における地球型惑星の水の起源ーー惑星形成の大域シミュレーションーー 小南淳子 ( 東京工業大学地球生命研究所 ) 台坂博 ( 一橋 ) 似鳥啓吾 ( 理研 ) 牧野淳一郎 ( 東工大 )

太陽系における地球型惑星の水の起源ーー惑星形成の大域シミュレーションーー 小南淳子 ( 東京工業大学地球生命研究所 ) 台坂博 ( 一橋 ) 似鳥啓吾 ( 理研 ) 牧野淳一郎 ( 東工大 ) 太陽系における地球型惑星の水の起源ーー惑星形成の大域シミュレーションーー 小南淳子 ( 東京工業大学地球生命研究所 ) 台坂博 ( 一橋 ) 似鳥啓吾 ( 理研 ) 牧野淳一郎 ( 東工大 ) 太陽系 http://www.astroarts.co.jp/news/2006/08/28planet_5/ 惑星の形成シナリオ 微惑星 (~km サイズ ) 暴走成長 寡占成長 原始惑星 ( 火星サイズ

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 2010 KEK (Japan) (Japan) (Japan) Cheoun, Myun -ki Soongsil (Korea) Ryu,, Chung-Yoe Soongsil (Korea) 1. S.Reddy, M.Prakash and J.M. Lattimer, P.R.D58 #013009 (1998) Magnetar : ~ 10 15 G ~ 10 17 19 G (?)

More information

Microsoft PowerPoint - TominagaHokudai.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - TominagaHokudai.ppt [互換モード] 2 nd Mar 2011 恒星進化 星形成から探る銀河の形成 進化の研究宇宙最初の星から太陽系形成まで Fe Si NS/BH Massive Star (>10M ) e - -capture SNe (8-10M ) O C He H SN Ic SN Ib SN II Temp [10 8 K] 0.2 1.5 7 15 30 40 50 Burning Stage H He C Ne

More information

現代物理化学 1-1(4)16.ppt

現代物理化学 1-1(4)16.ppt (pdf) pdf pdf http://www1.doshisha.ac.jp/~bukka/lecture/index.html http://www.doshisha.ac.jp/ Duet -1-1-1 2-a. 1-1-2 EU E = K E + P E + U ΔE K E = 0P E ΔE = ΔU U U = εn ΔU ΔU = Q + W, du = d 'Q + d 'W

More information

110 JAXA JAXA / /

110 JAXA JAXA / / 109 JAXA 4 1 2015 3 31 15 40 27 82 / 7/13 6/2 9/13 22/28 13 8 12 8 8 7 10 9 1 1 21 20 19 17 1988 63 2000 15 5 2 26 5 1 10 0 10 3 8 4 6 4 8 13 2 110 JAXA JAXA 9 12 80 60 40 20 / 50 40 30 20 10 / 0 0 3 18

More information

SFN saigo_v2

SFN saigo_v2 2015 年 10 月 30 日西合 SFN 274 #11 Orbital motions and light curves of young binaries XZ Tau and VY Tau A. V. Dodin, N. V. Emelyanov, A. V. Zharova, S. A. Lamzin E. V. Malogolovets, J. M. Roe Accepted by Astronomy

More information

Microsoft PowerPoint - 熱力学Ⅱ2FreeEnergy2012HP.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 熱力学Ⅱ2FreeEnergy2012HP.ppt [互換モード] 熱力学 Ⅱ 第 章自由エネルギー システム情報工学研究科 構造エネルギー工学専攻 金子暁子 問題 ( 解答 ). 熱量 Q をある系に与えたところ, 系の体積は膨張し, 温度は上昇した. () 熱量 Q は何に変化したか. () またこのとき系の体積がV よりV に変化した.( 圧力は変化無し.) 内部エネルギーはどのように表されるか. また, このときのp-V 線図を示しなさい.. 不可逆過程の例を

More information

Hidetaka Okada Department of Cosmosciences, Graduate School of Science, Hokkaido University

Hidetaka Okada Department of Cosmosciences, Graduate School of Science, Hokkaido University Hidetaka Okada 21372 Department of Cosmosciences, Graduate School of Science, Hokkaido University 212 2 28 , N 2.,.,.,. N 2, Ar. Ar, N 2, NH 3 N 2.. Kuramoto and Matsui (1994),,., 1 5, 5 K,,., Ar, Ar.,,

More information

激変星の進化問題について最近の話題 ver. 2009

激変星の進化問題について最近の話題 ver. 2009 激変星の進化問題について 最近の話題 ver. 2009 植村 090706@ 雑誌会 今日の話 激変星の進化問題とはなにか 特に Period minimum 問題 について Period minimum 問題について最近の研究 Gansicke, et al., 2009, astro-ph/0905.3476 激変星の進化問題とは何か レビューとしては King 1988, QJRAS, 29,

More information

Study of the "Vortex of Naruto" through multilevel remote sensing. Abstract Hydrodynamic characteristics of the "Vortex of Naruto" were investigated b

Study of the Vortex of Naruto through multilevel remote sensing. Abstract Hydrodynamic characteristics of the Vortex of Naruto were investigated b Study of the "Vortex of Naruto" through multilevel remote sensing. Abstract Hydrodynamic characteristics of the "Vortex of Naruto" were investigated based on the remotely sensed data. Small scale vortices

More information

ニュートン重力理論.pptx

ニュートン重力理論.pptx 3 ニュートン重力理論 1. ニュートン重力理論の基本 : 慣性系とガリレイ変換不変性 2. ニュートン重力理論の定式化 3. 等価原理 4. 流体力学方程式とその基礎 3.1 ニュートン重力理論の基本 u ニュートンの第一法則 = 力がかからなければ 等速直線運動を続ける u 等速直線運動に見える系を 慣性系 と呼ぶ ² 直線とはどんな空間の直線か? ニュートン理論では 3 次元ユークリッド空間

More information

数値計算で学ぶ物理学 4 放物運動と惑星運動 地上のように下向きに重力がはたらいているような場においては 物体を投げると放物運動をする 一方 中心星のまわりの重力場中では 惑星は 円 だ円 放物線または双曲線を描きながら運動する ここでは 放物運動と惑星運動を 運動方程式を導出したうえで 数値シミュ

数値計算で学ぶ物理学 4 放物運動と惑星運動 地上のように下向きに重力がはたらいているような場においては 物体を投げると放物運動をする 一方 中心星のまわりの重力場中では 惑星は 円 だ円 放物線または双曲線を描きながら運動する ここでは 放物運動と惑星運動を 運動方程式を導出したうえで 数値シミュ 数値計算で学ぶ物理学 4 放物運動と惑星運動 地上のように下向きに重力がはたらいているような場においては 物体を投げると放物運動をする 一方 中心星のまわりの重力場中では 惑星は 円 だ円 放物線または双曲線を描きながら運動する ここでは 放物運動と惑星運動を 運動方程式を導出したうえで 数値シミュレーションによって計算してみる 4.1 放物運動一様な重力場における放物運動を考える 一般に質量の物体に作用する力をとすると運動方程式は

More information

JFE.dvi

JFE.dvi ,, Department of Civil Engineering, Chuo University Kasuga 1-13-27, Bunkyo-ku, Tokyo 112 8551, JAPAN E-mail : atsu1005@kc.chuo-u.ac.jp E-mail : kawa@civil.chuo-u.ac.jp SATO KOGYO CO., LTD. 12-20, Nihonbashi-Honcho

More information

物理学 II( 熱力学 ) 期末試験問題 (2) 問 (2) : 以下のカルノーサイクルの p V 線図に関して以下の問題に答えなさい. (a) "! (a) p V 線図の各過程 ( ) の名称とそのと (& きの仕事 W の面積を図示せよ. # " %&! (' $! #! " $ %'!!!

物理学 II( 熱力学 ) 期末試験問題 (2) 問 (2) : 以下のカルノーサイクルの p V 線図に関して以下の問題に答えなさい. (a) ! (a) p V 線図の各過程 ( ) の名称とそのと (& きの仕事 W の面積を図示せよ. #  %&! (' $! #!  $ %'!!! 物理学 II( 熱力学 ) 期末試験問題 & 解答 (1) 問 (1): 以下の文章の空欄に相応しい用語あるいは文字式を記入しなさい. 温度とは物体の熱さ冷たさを表す概念である. 物体は外部の影響を受けなければ, 十分な時間が経過すると全体が一様な温度の定常的な熱平衡状態となる. 物体 と物体 が熱平衡にあり, 物体 と物体 が熱平衡にあるならば, 物体 と物体 も熱平衡にある. これを熱力学第 0

More information

測光 分光同時モニター観測によるアウトフローの電離状態変動シナリオの検証 信州大学大学院総合工学系研究科 D1 堀内貴史

測光 分光同時モニター観測によるアウトフローの電離状態変動シナリオの検証 信州大学大学院総合工学系研究科 D1 堀内貴史 測光 分光同時モニター観測によるアウトフローの電離状態変動シナリオの検証 信州大学大学院総合工学系研究科 D1 堀内貴史 目次 導入 研究の目的 観測 結果 電離状態変動シナリオの考察 展望 まとめ アウトフローガスの重要性 クェーサーの降着円盤より放出される アウトフローは 1) 降着円盤より角運動量を排除し 新たなガスの降着を促進する. そのため クェーサーの成長に不可欠な要素である (Murray

More information

太陽系外惑星探査

太陽系外惑星探査 http://hubblesite.org/newscenter/archive/2001/38/ Terra MODIS http://modarch.gsfc.nasa.gov/ http://www.nasa.gov/home/index.html / 2 Are we alone? Origins Where are they? (Fermi 1950) 3 4 0.5 arcsec 10pc

More information

[ , , ィ

[ , , ィ 13040509010708 1999 03. 070503 169, 02 11 0806 タ07 09 090908090107060109 04030801 縺0408 縺0505 030107080302060405 タ05 縺04020703 05000409050600020808000707 05.06. 040508010904 縺01080507 0605080209050504

More information

大阪大学物理 8 を解いてみた Ⅱ. 問 ( g cosq a sin q ) m - 台 B 上の観測者から見ると, 小物体は, 斜面からの垂直抗力 N, 小物体の重力 mg, 水平左向きの慣性力 ma を受け, 台 B の斜面と平行な向きに運動する したがって, 小物体は台 B の斜面に垂直な方

大阪大学物理 8 を解いてみた Ⅱ. 問 ( g cosq a sin q ) m - 台 B 上の観測者から見ると, 小物体は, 斜面からの垂直抗力 N, 小物体の重力 mg, 水平左向きの慣性力 ma を受け, 台 B の斜面と平行な向きに運動する したがって, 小物体は台 B の斜面に垂直な方 大阪大学物理 8 を解いてみた Ⅰ. 問 g 最高点の座標を y max とすると, 力学的エネルギー保存則より \ y m mgy 補足 max g max 小物体の運動方向に対する仕事は重力 ( 保存力 ) の斜面に沿った成分のみであり, 垂直抗力 ( 非保存力 ) の仕事は である よって, 力学的エネルギー保存則が成り立つ これを確かめてみよう 小物体は重力の斜面に沿った外力を受けながらその運動エネルギーを失っていく

More information

l ηµν hµν g µν = η µν + h µν, h µν 1 l Transvers-Traceless (TT) h TT 0µ = 0, η ij i h TT jk = 0, η ij h TT ij = 0, η µν µ ν h TT ij = 2 c 2 t + Δ 2 h TT = 0 ij 2 Polarization l From the TT condition, h

More information

The Evaluation of LBB Behavior and Crack Opening Displacement on Statically Indeterminate Piping System Subjected to Monotonic Load The plastic collap

The Evaluation of LBB Behavior and Crack Opening Displacement on Statically Indeterminate Piping System Subjected to Monotonic Load The plastic collap The Evaluation of LBB Behavior and Crack Opening Displacement on Statically Indeterminate Piping System Subjected to Monotonic Load The plastic collapse and LBB behavior of statically indeterminate piping

More information