理学療法科学 20(2): ,2005 研究論文 術後早期における人工股関節置換術患者の歩行分析 - 歩行中の股関節伸展角度の減少が重心移動に及ぼす影響 - Gait Analysis of Patients in Early Stages after Total Hip Arthrop

Size: px
Start display at page:

Download "理学療法科学 20(2): ,2005 研究論文 術後早期における人工股関節置換術患者の歩行分析 - 歩行中の股関節伸展角度の減少が重心移動に及ぼす影響 - Gait Analysis of Patients in Early Stages after Total Hip Arthrop"

Transcription

1 理学療法科学 20(: ,2005 研究論文 術後早期における人工股関節置換術患者の歩行分析 - 歩行中の股関節伸展角度の減少が重心移動に及ぼす影響 - Gait Analysis of Patients in Early Stages after Total Hip Arthroplasty Surgery Effects of Reduced Hip Extension while Walking on Displacement of the Center of Gravity 南角学 神先秀人 石倉隆 川那辺圭一 中村孝志 MANABU NANKAKU, RPT, HIDETO KANZAKI, RPT, TAKASHI ISHIKURA, RPT, PhD, KEIICHI KAWANABE, MD, TAKASHI NAKAMURA, MD Department of Physical Therapy, Kyoto University Hospital: 54 Kawahara-cho, Shogoin, Sakyo-ku, Kyoto , Japan. TEL , FAX , Department of Physical Therapy, Yamagata Prefectural University of Health Sciences Department of Rehabilitation Medicine, Shibata Hospital Department of Orthopedic Surgery, Faculty of Medicine, Kyoto University Rigakuryoho Kagaku 20(: , Submitted Nov. 29, Accepted Feb. 5, ABSTRACT: The present study was undertaken to examine the effects of reduced hip extension while walking on displacement of the center of gravity in patients soon after total hip arthroplasty (THA). The subjects of this study were 9 women who had undergone unilateral THA 4 weeks previously and 11 healthy women. Using a force plate and a three-dimensional motion analyzer we measured: gait velocity, flexion-extension motion of hip and knee joints, displacement of the center of gravity, positive work volume during each double-supporting phase, and 5) the total internal work done per unit mass and distance walked. In the THA group, the hip extension decreased and flexionextension motion of the knee was absent during the stance phase. When the amount of positive work during each double-supporting phase was analyzed for the THA group, the amount of positive work after the heel contact phase was significantly greater on the operated side than on the intact side. The data obtained concerning the total internal work done per unit mass and distance walked indicated a lack of efficient displacement of the center of gravity. These results suggest that the decrease in hip extension while walking after THA can reduce the upward driving force in pushing off and inhibit knee motion control during the stance phase on the side where surgery was performed, suppressing smooth displacement of the center of gravity. Key words: total hip arthroplasty, gait analysis, displacement of the center of gravity 要旨 : 本研究の目的は, 人工股関節置換術術後早期での歩行中の股関節伸展角度の減少が重心移動に与える影響について検討することである 対象は片側 THA 術後 4 週が経過した女性 9 名と健常女性 11 名であった 床反力計,3 次元動作解析装置を用いて歩行速度, 股 膝関節の屈曲 - 伸展運動, 重心移動, 各両脚支持期における正の仕事量, 一歩行周期及び体重 1 kg 進行距離 1 m 当りの重心の仕事量を算出した THA 群で股関節伸展角度の減少を示し, 立脚期での膝の屈曲 - 伸展運動が認められなかった また,THA 群の各両脚支持期における正の仕事量は, 非術側の踵接地後の正の仕事量が術側と比較して有意に低い値を示した 重心移動に関しては, 術側の立脚中期の重心位置が非術側と比較して有意に高い値を示した 一歩行周期及び体重 1 kg 進行距離 1 m 当りの重心の仕事量の値から効率良い重心移動が行われていないことを示した THA 術後患者の歩行中における股関節伸展角度の減少は, 蹴り出しによる上方への推進力を低下させるとともに, 術側立脚期での膝関節のコントロールを阻害し, 円滑な重心移動を阻害する一因となることが示唆された キーワード : 人工股関節置換術, 歩行分析, 重心移動 京都大学医学部附属病院理学療法部 : 京都府京都市左京区聖護院川原町 54( )TEL FAX 山形県立保健医療大学理学療法学科 医療法人柴田病院リハビリテーション科 京都大学医学部整形外科 受付日 2004 年 11 月 29 日受理日 2005 年 2 月 5 日

2 122 理学療法科学第 20 巻 2 号 I. はじめに近年, セメントレス人工股関節置換術 ( 以下,THAと略 ) 術後のリハビリテーションプログラムにおいて, 術式の改良やX 線所見での短期 中期成績から 1, 早期荷重が容認されるとともに, 入院期間の短縮が図られている 3, このような流れの中で術後早期での歩容上の問題点として, 股関節伸展角度の減少が臨床においてしばしば観察される 歩行中の矢状面での股関節運動域の回復は術後の股関節疾患患者において歩行能力を左右する最も重要な課題の1つである 5) THA 術後長期間経過した症例においても, 歩行中の立脚後期での股関節伸展角度の減少が残存することが指摘されている 6-1 THA 術後患者や高齢者の歩行中における股関節伸展角度の減少が他の歩行のパラメータに与える影響として, 歩行速度や重複歩距離の減少, 骨盤の代償運動, 筋活動パターンの変化などが挙げられている 7-10, 1 歩行速度や重複歩距離の減少を部分的に補うために, 骨盤の前 後傾の代賞運動が生じることはこれまで多く報告されている 8-10, 1 また,Perronら 9) は骨盤の代償運動だけではなく膝や足関節の運動にも影響を及ぼし, 立脚後期に健常人と比較して, 早期に膝関節の屈曲角度が大きくなることを報告している 歩行中の筋活動パターンについては, 立脚後期での膝伸展筋の筋活動の増加が認められている 9) このように歩行中の股関節伸展角度の減少が骨盤を含めた他の関節運動や筋活動に与える影響についての検討はされているが, これらの動きや筋活動の変化に伴う身体の重心移動への影響に関する報告は見当たらず, 不明な点が多い また,THA 術後の歩行に関するこれまでの多くの報告は術後数ヶ月を経過し, すでに一定の歩行パターンができあがった後, すなわち他関節運動や骨盤による代償運動が確立した後の研究が多い 6-1 したがって, 術後早期に歩行分析を行い他関節による代償運動が確立する前に運動療法の立案に役立てる必要性があると考えられる そこでTHA 術後早期における歩行中の股関節伸展角度の減少が重心移動に与える影響について検討した II. 対象と方法 1. 対象片側セメントレスTHA 術後 4 週を経過した女性 9 名である 年齢は44.0±9.0 歳 (29~53 歳 ), 身長は154.3±3.6 cm, 体重は46.9±5.8 kgである 手術は全例前外側アプローチで行い, 術後のリハビリテーションプログラム 1 も同様 であった 日本リハビリテーション医学会が定める関節可動域の測定法により, 術側の股関節伸展の可動域は10 ~15, 非術側は15~20 であった また, 術側の股関節周囲筋は徒手筋力テストにて2~3, 非術側は4~5レベルであった また, 対照群として整形外科的及び神経学的疾患を有しない健常女性 11 名の歩行分析を行った 年齢は44.7± 10.7 歳 (26~58 歳 ), 身長は155.8±4.3 cm, 体重は49.3± 5.1 kgである 左右の股関節伸展の可動域は15~20, 左右の股関節周囲筋は徒手筋力テストにて5レベルであった 対象者には本実験の趣旨および目的を詳細に説明し, 研究への参加に対する同意を得た 2. 測定装置と歩行条件測定には2 基の床反力計 (Bertec 社製,9090S 型 ) と4 台のCCDカメラで構成される3 次元動作解析装置 ( 住友金属社製,GATAL-ITS-60 型 ) を用いた サンプリング周波数は床反力データが240 Hz,3 次元解析データが60 Hzである 対象者に両側肩峰, 上前腸骨棘, 大腿骨大転子, 膝関節外側上顆, 足関節外果中央に反射マーカーを貼り付け, 自由速度での独歩 ( ここでの独歩は杖等の歩行補助具を用いない場合 ) を行わせた また, 棘果長を測定し, 脚長差が1 cm 以内で対象者が最も快適となるよう補高板にて調節した 測定前に数回練習を行わせ, 歩行に慣れてから測定を開始した 3. 測定項目と算出方法測定項目は歩行速度, 重複歩距離, 歩行率, 一歩行周期における股および膝関節運動の屈曲 - 伸展の経時的変化と股関節最大伸展角度, 術側の踵接地 ( 以下,HC) 後の両脚支持期ならびに非術側 HC 後の両脚支持期における正の仕事量, 術側と非術側の立脚中期における垂直方向の重心の高さ ( 一歩行周期の重心の最低位に対する高さ ) である また, 重心移動の円滑性を表すパラメータとして,Iidaら 1 の方法を用いて, 一歩行周期及び体重 1 kg 進行距離 1 m 当りの重心の仕事量 ( 以下,Wt/kg/m) を求めた 歩行中の股関節の屈曲 - 伸展運動角度は, 矢状面上における大腿骨大転子と膝関節外側上顆を結ぶ線と, 床面に対する垂線とでなす角度から算出した 両脚支持期における正の仕事量は, 総エネルギーを微分して得られる power 曲線から算出した 1 歩行中の垂直 左右方向への重心移動幅に関しては, 左右の床反力の和 ( 総床反力 ) を2 回積分して求めた 1 さらに床反力計とフットスイッチを用いて, 一歩行周期における術側と非術側の片脚支

3 術後早期における人工股関節置換術患者の歩行分析 123 図 1 一歩行周期における股 膝関節の屈曲 - 伸展の経時的変化 持期の時間比率を求めた 4. 統計処理床反力計への接地とマーカー追跡が良好であった3 データを分析対象とした 統計処理には,THA 群と健常群の比較およびTHA 群内における術側と非術側の比較には対応のないt 検定を用いた また,THA 群の術側と非術側および健常群の3 群間の比較には一元配置分散分析と Tukey 法による多重比較を行った 統計学的有意水準はすべて5% 未満とした III. 結果歩行の速度因子の結果を表 1に示す THA 群は健常群と比較して歩行速度, 重複歩距離, 歩行率の速度因子すべてにおいて有意に低い値を示した THA 代表例と健常人の一歩行周期における股 膝関節の屈曲 - 伸展運動の経時的変化を図 1に示す 術側下肢では立脚後期の股関節伸展が健常者と比較して少なく, 同時期の膝関節屈曲角度は逆に大きいパターンを示した また,THA 群では非術側は健常群と同様のパターンを示したが, 術側では立脚初期から踵離地に至る膝の屈曲 - 伸展運動が認められなかった THA 群の術側の股関節最大伸展角度は, 非術側は平均 10.2±3.4, 術側は平均 4.6 ±3.7 であり, 術側は非術側と比べて有意に低値を示した (p<0.005) また, 健常群の左右の平均は11.2±3.9 であり,THA 群の術側と比較すると有意に大きい値を示したが (p<0.00, 非術側との間で有意な差は認められなかった ( 図 THA 群と健常群の平均のpower 曲線を図 3に示す 健常群では左右のHC 後の両脚支持期における正の仕事量は対称性を示した 一方,THA 群は術側 HC 後の両脚支持期 図 2 一歩行周期における股関節最大伸展角度図 3 一歩行周期におけるTHA 群と健常群のpower 曲線における正の仕事量は平均 11.7±3.0ジュール, 非術側 HC 後は平均 3.8±1.9ジュールであり, 非術側 HC 後の正の仕事量が有意に低い値を示した (p<0.00 一歩行周期の垂直方向ならびに前額面上への重心移動の投影図を図 3に示す 健常群では左右の立脚中期における重心の高さは同等で, 垂直方向の重心移動は対称的な

4 124 理学療法科学第 20 巻 2 号 図 4 一歩行周期における重心移動の投影図左 : 垂直方向の重心移動右 : 前額面上での重心移動の投影図 ( 上 : 健常群, 下 :THA 群 ) 表 1 速度因子と重心移動の円滑さの比較 THA group Control group (n=9) (n=1 Velocity (m/min) 48.67± ± 6.00 p<0.001 Stride (m) 1.01± ± 0.10 p<0.001 Cadence (step/min) ± ± 4.4 p<0.001 Wt/Kg/m 0.85± ± 0.12 p<0.01 正弦曲線を示した しかし,THA 群では, 立脚中期の重心の高さが術側で平均 3.51±0.57 cm, 非術側で平均 1.99 ±0.71 cmと, 術側の立脚中期の重心位置が有意に高い値を示した (p<0.00 一歩行周期における術側と非術側の片脚支持期の時間比率はそれぞれ平均 34.3±3.8% 及び37.5±2.0% であり, 術側の片脚支持期が有意に短縮していた (p<0.05) 重心移動の円滑性を表すWt/kg/mに関しては,THA 群が平均 0.85±0.16(Wt/kg/m) で, 健常群の0.66±0.12(Wt/ kg/m) と比較して有意に大きな値を示し, 重心移動が効率良く行われていないことを示した ( 表 IV. 考察本研究において,THA 術後患者の歩行の特徴として, 歩行の速度因子の低下, 術側の立脚後期での股関節伸展角度の減少がみられた THA 術後 6ヶ月以上経過した症例や高齢者では, 歩行中の股関節伸展角度の減少が重複歩距離の低下を招き, 歩行速度低下の原因となることが多くの研究者たちにより報告されている 6-1 本研究においても歩行中の股関節伸展角度の減少が歩行の速度因子を 低下させる一因となったと考えられる 歩行中における股関節伸展角度の減少の原因としては, 関節拘縮 9) などの構造上の問題とともに下肢の筋力低下やバランス機能の低下 1 などが挙げられる Elaineら 15) はTHA 術後 1 年以上経過した症例に対して片脚立位での重心動揺を測定し, 術側下肢のバランス機能が回復していないことを指摘している また,THA 術後においては, 股関節周囲筋の筋力が十分に回復しない状態での退院となる 本研究においても, 疼痛が全例において認められなかったにもかかわらず, 術側の片脚支持期の短縮がみられたことは, 術側下肢の支持性の低下や筋力を含めたバランス機能の低下が原因として考えられた 術後早期で股関節周囲筋の筋力回復が不十分であることに加えて, 手術によるアライメント変化とそれに伴う股関節周囲筋群の協調性が確立していないことにより術側下肢の支持性が低下し, そのことが歩行中の股関節伸展角度減少をもたらした要因と推察される しかし, 術前の関節可動域や筋力さらに歩行パターンの影響も関与すると推察されるため, 今後のさらなる検討が必要であると思われる 歩行中の重心移動に注目すると,THA 群では非術側より術側の立脚期の重心位置が高く, 非対称であることがわかった また,Wt/kg/mの値が健常者と比較して約 22.4 % 高かったことは, 身体の前進にそれだけ多くの仕事を要したという意味で, 効率的な重心移動での歩行が行われていないことを示している これらの要因として, 歩行中の股関節伸展角度の減少に伴い, 術側での蹴り出し期に産出される推進力の減少と, 後述するように術側の二重膝作用の欠如が考えられた 一般に歩行の推進力には足部の機能等が関与するが, 今回は股 膝関節を中心

5 術後早期における人工股関節置換術患者の歩行分析 125 に検討した 蹴り出しによる推進力の減少に関しては, 非術側 HC 後の両脚支持期における正の仕事量が術側 HC 後のそれよりも低値を示した 蹴り出しは垂直方向には身体重心を重力に抗して上方へ持ち上げるように作用する また, 歩行中の股関節伸展角度の増加は立脚後期での推進力の増加につながると指摘されている 5) これらのことから歩行中の股関節伸展角度の減少は, 術側での蹴り出しによる仕事量を低下させ, 上方への推進力が十分に得られなかったと推察される 術側の膝関節運動に関しては, 他の研究同様 9, 1 に術側の立脚後期で膝の屈曲角度が増し, 立脚期での膝の屈曲 - 伸展運動が認められなかった Perronら 9) は, 歩行中の股関節伸展角度の減少による立脚後期での膝伸展筋の余分な筋活動は, 次のHCからの膝伸展筋による膝関節の制御を阻害すると報告している 歩行中の二重膝作用は垂直方向の重心移動を減少させる役割をもつ 16) が, 本研究の結果から, 歩行中の股関節伸展角度の減少による立脚後期の余分な膝伸展筋の筋活動が次のHCからの筋活動パターンに影響を与えて, 術側の二重膝作用の欠如につながり, その結果術側立脚期の重心位置が高くなったと考えられる これらのことからTHA 術後患者の歩行中における股関節伸展角度の減少は, 蹴り出しによる上方への推進力を低下させるとともに, 術側の二重膝作用を阻害し, 円滑な重心移動での歩行ができなくなる一因となることが示唆された THA 術後の歩行中における股関節伸展の回復については,Mikiら 10) は片側 THA 術後患者では術後 1 年で股関節最大伸展角度が術側と非術側で有意差が無くなったと報告している さらに経過とともに改善していく症例がいることも報告されている 7) また,THA 術後の歩行中における重心移動の変化については,Iidaら 1 がTHA 術後 18ヶ月で重心移動は健常人とほぼ同様パターンになり,Wt/kg/m についても有意差がなくなったと報告している これらのことがどのような過程を経て改善されるのかを理解し, また理学療法介入の必要性を検討するためには, 運動学的データと運動力学的データを合わせた長期的な評価の継続が必要であると考える 変形性股関節症患者に対するclosed kinetic chainでのトレーニングの必要性が述べられている 17) 当院においては, 主に前額面上での体幹の動揺やトレンデンブルグ歩行に対して重錘を用いた歩行練習や鏡を使用したバイオフィードバック訓練は取り入れているが, 矢状面に注目したトレーニングは十分に行えていない 本研究の結果より, 特に術側の立脚後期での重心移動を伴うclosed kinetic chainでの協調性のトレーニングが必要であることが示唆され, 股関節疾患患者の歩行中における股関節伸 展角度の減少に対する運動療法の立案の一助となることが期待された 引用文献 Rao R, Sharkey F, Hozack J, et al.: Immediate weightbearing after uncemented total hip arthroplasty. Clin Orthop, 1998, 349: Kushida Y, Sugano N, Sakai T, et al.: Full weight-bearing after cementless total hip arthroplasty. Int Orthop, 2001, 25: 森田定男, 窪田浩平, 神野哲也 他 : セメントレス人工股関節置換術 3 週間入院リハビリテーションプログラムの検討. 総合リハ,2003, 31: 内田賢一, 斉藤幸広, 友井貴子 他 : 変形性関節症術後の早期理学療法 - 人工股関節置換術を中心に-.PTジャーナル, 2003, 32: ) 遠藤祐介, 三谷茂, 川井章 他 : 寛骨臼回転骨切り術前後の三次元動作解析による歩行解析. 関節外科,2003, 153: ) Long T, Dorr L, Healy B, et al.: Functional recovery of noncemented total hip arthroplasty. Clin Orthop, 1993, 288: ) Tanaka Y: Gait analysis of patients with osteoarthritis of the hip and those with total hip arthroplasty. J Jpn Orthop Assoc, 1993, 67: ) Dujardin F, Aucouturier G, Bocquet F, et al.: Kinematics of the hip joint during gait in normal subjects and osteoarthritic patients. Rev Chir Orthop Reparatrice Appar Mot, 1998, 84: ) Perron M, Malouin F, Moffet H, et al.: Three-dimensional gait analysis in women with a total hip arthroplasty. Clin Biomech, 2000, 15: ) Miki H, Sugano N, Hagio K, et al.: Recovery of walking speed and symmetrical movement of the pelvis and lower extremity joints after unilateral THA. J Biomech, 2004, 30: 田中義孝, 井村慎一, 大森弘則 他 : 歩行における股関節伸展可動域の重要性 -THA 施行例の歩行分析 -. 日整会誌, 1995, 69: Kerrigan D, Lee L, Collins J, et al.: Reduced hip extension during walking: health elderly and fallers versus young adult. Arch Phys Med Rehabil, 2001, 80: 川那辺圭一, 田村冶郎, 清水基行 他 : 人工関節手術 - 股関節 -. 総合リハ,2003, 31: Iida H, Yamamuro Y: Kinetic analysis of the center of gravity of the human body in normal and pathological gait. J Biomech, 1987, 20: ) Elaine J, Roger E, Sue S, et al.: Outcomes of total hip arthroplasty: A study of patients one year postsurgery. J Orthop Sports Phys Ther, 2002, 32: ) Inman T: Human Walking. Williams & Wilkins, Baltimore, 1981, pp ) Elaine J, Sue S: Effects of a late-phase exercise program after total hip arthroplasty: a randomized controlled trial. Arch Phys Med Rehabil, 2004, 85:

2 片脚での体重支持 ( 立脚中期, 立脚終期 ) 60 3 下肢の振り出し ( 前遊脚期, 遊脚初期, 遊脚中期, 遊脚終期 ) 64 第 3 章ケーススタディ ❶ 変形性股関節症ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2 片脚での体重支持 ( 立脚中期, 立脚終期 ) 60 3 下肢の振り出し ( 前遊脚期, 遊脚初期, 遊脚中期, 遊脚終期 ) 64 第 3 章ケーススタディ ❶ 変形性股関節症ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー PT OT ビジュアルテキスト 姿勢 動作 歩行分析 contents 序ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー畠中泰彦 3 本書の使い方ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

More information

要旨一般的に脚長差が3cm 以下であれば 著明な跛行は呈しにくいと考えられているが客観的な根拠を示すような報告は非常に少ない 本研究の目的は 脚長差が体幹加速度の変動性に与える影響を 加速度センサーを用いて定量化することである 対象者は 健常若年成人男性 12 名とした 腰部に加速度センサーを装着し

要旨一般的に脚長差が3cm 以下であれば 著明な跛行は呈しにくいと考えられているが客観的な根拠を示すような報告は非常に少ない 本研究の目的は 脚長差が体幹加速度の変動性に与える影響を 加速度センサーを用いて定量化することである 対象者は 健常若年成人男性 12 名とした 腰部に加速度センサーを装着し 脚長差が歩行中の体幹加速度の変動性に及ぼす 影響について 柿本信一 西村拓真林尚孝 秀村碧斗 目 次 Ⅰ. はじめに 71 Ⅱ. 対象と方法 71 Ⅲ. 結果 73 Ⅳ. 考察 74 69 要旨一般的に脚長差が3cm 以下であれば 著明な跛行は呈しにくいと考えられているが客観的な根拠を示すような報告は非常に少ない 本研究の目的は 脚長差が体幹加速度の変動性に与える影響を 加速度センサーを用いて定量化することである

More information

愛知県理学療法学会誌(24巻1号).indd

愛知県理学療法学会誌(24巻1号).indd 坂本梨香 : 人工膝関節全置換術患者の心理状態が関節可動域獲得に及ぼす影響 23 研究報告 人工膝関節全置換術患者の心理状態が 関節可動域獲得に及ぼす影響 * 坂本梨香 瀧昌也 荒木清美 中村康治 大嶋さゆり 高見千由里 小野木啓子 2) 加賀谷斉 2) 小宮浩一郎 3) 要旨 今回, 人工膝関節全置換術施行患者の術前の心理状態が, 術後の関節可動域の改善と術後在院日数に与える影響について検討した.

More information

安定性限界における指標と条件の影響 伊吹愛梨 < 要約 > 安定性限界は体重心 (COM) の可動範囲に基づいて定義づけられるが, 多くの研究では足圧中心 (COP) を測定している. 本研究は, 最大荷重移動時の COM 変位量を測定して COP 変位量と比較すること, 上肢 位置の違いが COP

安定性限界における指標と条件の影響 伊吹愛梨 < 要約 > 安定性限界は体重心 (COM) の可動範囲に基づいて定義づけられるが, 多くの研究では足圧中心 (COP) を測定している. 本研究は, 最大荷重移動時の COM 変位量を測定して COP 変位量と比較すること, 上肢 位置の違いが COP 安定性限界における指標と条件の影響 伊吹愛梨 < 要約 > 安定性限界は体重心 (COM) の可動範囲に基づいて定義づけられるが, 多くの研究では足圧中心 (COP) を測定している. 本研究は, 最大荷重移動時の COM 変位量を測定して COP 変位量と比較すること, 上肢 位置の違いが COP や COM の変位量に与える影響について検討することを目的とした. 対象は健常若年者 12 名とした.2

More information

COP (1 COP 2 3 (2 COP ± ±7.4cm 62.9±8.9kg 7m 3 Fig cm ±0cm -13cm Fig. 1 Gait condition

COP (1 COP 2 3 (2 COP ± ±7.4cm 62.9±8.9kg 7m 3 Fig cm ±0cm -13cm Fig. 1 Gait condition A method for evaluating the effects of leg motion on center of foot pressure during walking 06M40191 Hiroki WATANABE COP : Center Of Pressure COP COP 11 +13cm 0cm -13cm 7m 44 9 2 3 COP COM COM : Center

More information

膝関節運動制限による下肢の関節運動と筋活動への影響

膝関節運動制限による下肢の関節運動と筋活動への影響 膝関節運動制限による下肢の関節運動と筋活動への影響 支持面の前後傾斜刺激による検討 山岸祐太 < 要約 > 本研究の目的は, 膝関節装具により膝関節運動を制限し, 支持面の前後回転傾斜刺激を与えた場合の下肢関節や姿勢筋への影響を調べ, 膝関節運動の働きを明確にすること, および股 足関節運動が膝関節運動をどのように補償しているのかを明確にすることである. 被験者は健常若年者 10 名とした. 傾斜刺激は周波数

More information

Vol. No. Honda, et al.,

Vol. No. Honda, et al., A Study of Effects of Foot Bath before Exercise on Fall Prevention Yoko Honda Yoko Aso Aki Ibe Megumi Katayama Tomoko Tamaru Key Words fall prevention, foot bath, elderly, fall prevention programs Honda,

More information

Postoperative Assessment by Using a Torque Machine (BIODEX) and MRIs in Patients treated for a Recurrent Anterior Dislocation or Subluxation of the Sh

Postoperative Assessment by Using a Torque Machine (BIODEX) and MRIs in Patients treated for a Recurrent Anterior Dislocation or Subluxation of the Sh Postoperative Assessment by Using a Torque Machine (BIODEX) and MRIs in Patients treated for a Recurrent Anterior Dislocation or Subluxation of the Shoulder by HATA Yukihiko MURAKAMI Narumichi Department

More information

<4D F736F F D CA48B8695F18D908F918C639CE496BC9171>

<4D F736F F D CA48B8695F18D908F918C639CE496BC9171> 1/8 膝靭帯損傷患者の 3 次元動作解析 - より高いパフォーマンス獲得を目指して 慶應義塾大学医学部整形外科 名倉武雄 緒言膝前十字靭帯 ( 以下 ) は膝関節の安定性に最も重要な靭帯であり 損傷による膝の不安定性は日常生活やスポーツ活動に大きな支障を生じる 特にアスリートが を切ってしまうと その 2/3 は同じレベルでスポーツを続けることが出来なくなると言われている また 一般的に 損傷患者に対する治療は再建術が行われるが

More information

Kobe University Repository : Kernel タイトル Title 著者 Author(s) 掲載誌 巻号 ページ Citation 刊行日 Issue date 資源タイプ Resource Type 版区分 Resource Version 権利 Rights DOI JaLCDOI URL 変形性膝関節症に対する人工膝関節全置換術後の膝伸展不全について (Extensor

More information

Immediate Effects of the Self-control Intervention of Trunk Movement on Postural Stability in College Female Athletes MIYOSHI, Eiji IWATA, Shinichi The purpose of this study was to investigate the immediate

More information

8 The Bulletin of Meiji University of Integrative Medicine API II 61 ASO X 11 7 X-4 6 X m 5 X-2 4 X 3 9 X 11 7 API 0.84 ASO X 1 1 MR-angio

8 The Bulletin of Meiji University of Integrative Medicine API II 61 ASO X 11 7 X-4 6 X m 5 X-2 4 X 3 9 X 11 7 API 0.84 ASO X 1 1 MR-angio 7-14 2010 1 1 1 2 1 1 1 2 Fontaine II ASO61 3 API ASO ASO ASO API API KKKKKKKKKK ASO Fontaine II API Received April 14, 2009; Accepted July 16, 2009 I arteriosclerosis obliterans: ASO ASO 50 70 1,2 Fontaine

More information

<95DB8C9288E397C389C88A E696E6462>

<95DB8C9288E397C389C88A E696E6462> 2011 Vol.60 No.4 p.332 338 Usefulness of regional education program for dietary salt reduction: Self-monitoring of urinary salt excretion Kenichiro YASUTAKE[1] Kayoko SAWANO[1] Shoko YAMAGUCHI[1] Hiroko

More information

2 The Bulletin of Meiji University of Integrative Medicine 3, Yamashita 10 11

2 The Bulletin of Meiji University of Integrative Medicine 3, Yamashita 10 11 1-122013 1 2 1 2 20 2,000 2009 12 1 2 1,362 68.1 2009 1 1 9.5 1 2.2 3.6 0.82.9 1.0 0.2 2 4 3 1 2 4 3 Key words acupuncture and moxibustion Treatment with acupuncture, moxibustion and Anma-Massage-Shiatsu

More information

理学療法科学 23(6): ,2008 原著 整形外科疾患患者に対する体重免荷トレッドミル歩行トレーニングの即時効果 Immediate Effects of the Body Weight Supported Treadmill Training for the Patient wit

理学療法科学 23(6): ,2008 原著 整形外科疾患患者に対する体重免荷トレッドミル歩行トレーニングの即時効果 Immediate Effects of the Body Weight Supported Treadmill Training for the Patient wit 理学療法科学 23(6):753 757,2008 原著 整形外科疾患患者に対する体重免荷トレッドミル歩行トレーニングの即時効果 Immediate Effects of the Body Weight Supported Treadmill Training for the Patient with Orthopedics Diseases 1) 1) 1) 太田恵大畑光司建内宏重西村純 2) 3)

More information

Vol. 16 No. 2 2006 209 220 Λ1 Λ2 compensatology residual function Compensatory movement activities of daily living ADL compensation 1) adaptation " " 2) 1 2) 2 3) Λ1 Λ2 701-0193 288 E-Mail: ptyo@go7.enjoy.ne.jp

More information

理学療法科学 20(4): ,2005 研究論文 高齢女性の自由歩行における立脚中の膝屈曲角度, 膝伸展力, 歩行パラメータとの関係 Relationships among Knee Flexion in Stance, Knee Extension Torque and Gait Pa

理学療法科学 20(4): ,2005 研究論文 高齢女性の自由歩行における立脚中の膝屈曲角度, 膝伸展力, 歩行パラメータとの関係 Relationships among Knee Flexion in Stance, Knee Extension Torque and Gait Pa 理学療法科学 20(4):273 277,2005 研究論文 高齢女性の自由歩行における立脚中の膝屈曲角度, 膝伸展力, 歩行パラメータとの関係 Relationships among Knee Flexion in Stance, Knee Extension Torque and Gait Parameters during Normal Walking for Elderly Women 河合恒

More information

260 理学療法科学第 17 巻 4 号 では退院時の速度は術前よりも遅れる傾向にあった 基礎疾患により術前の状態は異なり, 同手術, 理学療法を行なってもその回復過程は異なるため, 疾患に合わせたゴール設定, 及びプログラムを施行していく必要がある キーワード : TKA,RA,OA, 筋力 岡山

260 理学療法科学第 17 巻 4 号 では退院時の速度は術前よりも遅れる傾向にあった 基礎疾患により術前の状態は異なり, 同手術, 理学療法を行なってもその回復過程は異なるため, 疾患に合わせたゴール設定, 及びプログラムを施行していく必要がある キーワード : TKA,RA,OA, 筋力 岡山 理学療法科学 17(4):259 264,2002 研究論文 人工膝関節置換術術前後における下肢筋力, および歩行速度の推移 - 関節リウマチと変形性膝関節症症例における比較 - Progress in Leg Muscle Strength and Walking Speed before and after Total Knee Arthroplasty Comparision between

More information

Mix*: 2 bilateral Syme's amputation, 3 Syme's-B/K, 1 Syme's-A/K 1 bilateral through knee, 1 A/K through hip 2. Kegel, B., Carpenter, M. L. and Burgess, E. M.: Functional Capabilities of Lower Extremity

More information

2 94

2 94 32 2008 pp. 93 106 1 Received October 30, 2008 The purpose of this study is to examine the effects of aerobics training class on weight loss for female students in HOKURIKU UNIVERSITY. Seventy four female

More information

公益社団法人東京都理学療法士協会 平成 24 年度研究機器貸し出し助成報告書 1. 人工膝関節置換術後患者に対する臨床的歩容評価尺度の開発と信頼性 妥当性の検討 苑田会人工関節センター病院リハビリテーション科廣幡健二先生 2. 日本人の人工膝関節置換術後患者における患者立脚型アウトカムによる QOL

公益社団法人東京都理学療法士協会 平成 24 年度研究機器貸し出し助成報告書 1. 人工膝関節置換術後患者に対する臨床的歩容評価尺度の開発と信頼性 妥当性の検討 苑田会人工関節センター病院リハビリテーション科廣幡健二先生 2. 日本人の人工膝関節置換術後患者における患者立脚型アウトカムによる QOL 公益社団法人東京都理学療法士協会 平成 24 年度研究機器貸し出し助成報告書 1. 人工膝関節置換術後患者に対する臨床的歩容評価尺度の開発と信頼性 妥当性の検討 苑田会人工関節センター病院リハビリテーション科廣幡健二先生 2. 日本人の人工膝関節置換術後患者における患者立脚型アウトカムによる QOL 評価へのレスポンスシフト現 象の影響 苑田会人工関節センター病院リハビリテーション科美崎定也先生 3.

More information

理学療法検査技術習得に向けた客観的臨床能力試験(OSCE)の試行

理学療法検査技術習得に向けた客観的臨床能力試験(OSCE)の試行 An Application of an Objective Structured Clinical Examination for Learning Skills in Assessment of Physical Therapy A Task Involving Measurements on the Range of Motion Test Chikako Fujita1) Hiroyasu

More information

I. はじめに Anterior Cruciate Ligament; ACL Anterior Tibial Translation; ATT ACL ACL 1,2) 3) ACL anterior shear force Houck 4) ACL ACL Berchuck 5

I. はじめに Anterior Cruciate Ligament; ACL Anterior Tibial Translation; ATT ACL ACL 1,2) 3) ACL anterior shear force Houck 4) ACL ACL Berchuck 5 30 2 291 295 2015 原著 9 1 Correlation of Knee Extension Moment during Walking with Anterior Tibial Translation at 1 Year after Anterior Cruciate Ligament Reconstruction with Hamstring Tendon Autografts

More information

untitled

untitled 関節疾患理学療法研究会セミナー 臨床的推論に役立つ 機能解剖学 最新の知見 平成19 年 4月 28日 東京ウィメンズプラザ 主催 関節疾患理学療法研究会 http://jt-disease.hp.infoseek.co.jp/ Knee Rt 脛骨上関節面への半月周縁の固定力の違い 伸展時の半月運動制動 内側 : 半膜様筋 外側 : 膝窩筋 屈曲における半月運動と膝窩筋 膝窩筋は 半月を誘導する!?!?

More information

2001 Received November 28, 2014 Current status and long-term changes of the physique and physical fitness of female university students Shiho Hiraku Y

2001 Received November 28, 2014 Current status and long-term changes of the physique and physical fitness of female university students Shiho Hiraku Y 2001 Received November 28, 2014 Current status and long-term changes of the physique and physical fitness of female university students Shiho Hiraku Yoshie Soga and Yuki Nakamura Abstract Understanding

More information

Effects of restricted ankle joint mobility on lower extremities joint motions during a stop-jump task The purposes of this study were to examine the e

Effects of restricted ankle joint mobility on lower extremities joint motions during a stop-jump task The purposes of this study were to examine the e 足関節の可動域の制限が跳躍時の下肢関節の動作に及ぼす影響 Effects of restricted ankle joint mobility on lower extremities joint motions during a stop-jump task 09M55049 夏雷 Xia Lei 指導教員 : 丸山剛生准教授 審査員 : 石井源信教授, 須田和裕准教授 本研究の目的は, 足関節の可動域と下肢関節の動作との関係性を検討するため,

More information

...S.....\1_4.ai

...S.....\1_4.ai * ** ** * ** 20 10 19 61 19 31.1% 20 14 19 [ ] [ ] 13 [ ] [ ] 2007 U22 W 2008 W 114 [ ] J [ ] [ ] over use [ ] [ ] [10] [11][12][13] 19 O 61 20.4 115 1.20 18 23 19 10 10 12 22 [14] A [15] 1 PedscopeVTS120

More information

06_学術_関節単純X線画像における_1c_梅木様.indd

06_学術_関節単純X線画像における_1c_梅木様.indd Arts and Sciences X The formulation of femoral heard measurement corrected enlargement ratio using hip joints X-ray Imaging 1 2 1 1 1 2 Key words: Bipolar Hip Arthroplasty (BHA) Preoperative planning Enlargement

More information

The Journal of the Japan Academy of Nursing Administration and Policies Vol 12, No 1, pp 49 59, 2008 資料 看護師におけるメンタリングとキャリア結果の関連 Relationship between M

The Journal of the Japan Academy of Nursing Administration and Policies Vol 12, No 1, pp 49 59, 2008 資料 看護師におけるメンタリングとキャリア結果の関連 Relationship between M The Journal of the Japan Academy of Nursing Administration and Policies Vol 12, No 1, pp 49 59, 2008 資料 看護師におけるメンタリングとキャリア結果の関連 Relationship between Mentoring and Career Outcomes of Nurses 今堀陽子 1) 作田裕美

More information

untitled

untitled 11-19 2012 1 2 3 30 2 Key words acupuncture insulated needle cervical sympathetick trunk thermography blood flow of the nasal skin Received September 12, 2011; Accepted November 1, 2011 I 1 2 1954 3 564-0034

More information

2 14 The Bulletin of Meiji University of Integrative Medicine 7 8 V ,15 16,17 18,19 20,21 22 Visual analogue scale VAS Advanced trai

2 14 The Bulletin of Meiji University of Integrative Medicine 7 8 V ,15 16,17 18,19 20,21 22 Visual analogue scale VAS Advanced trai 14 1-11 2015 20 23 2 Visual analogue scale 15 10 P 0.001 P 0.01 Key words acupuncture static visual acuity dynamic visual acuity Advanced trail making test fliker fusion frequency Received October 30;

More information

(Microsoft Word - mizuno\225\361\215\220\217\221.docx)

(Microsoft Word - mizuno\225\361\215\220\217\221.docx) 1 / 10 足部形態を踏まえた足部機能評価と運動パフォーマンスの関係性 足部臨床評価の再考ならびに運動パフォーマンスに及ぼす影響を検討する 近藤崇史 1), 大竹祐子 1), 福井勉 1) 2) 1) 文京学院大学スポーツマネジメント研究所 2) 文京学院大学大学院保健医療科学研究科 1. はじめに足部は日常生活動作 スポーツ動作において唯一地面と接し, 直接地面から外力をうけることから, 動作に果たす役割とその影響は大きい.

More information

高齢者の椅子からの立ち上がり動作における上体の動作と下肢関節動態との関係 The relationship between upper body posture and motion and dynamics of lower extremity during sit-to-stand in eld

高齢者の椅子からの立ち上がり動作における上体の動作と下肢関節動態との関係 The relationship between upper body posture and motion and dynamics of lower extremity during sit-to-stand in eld 高齢者の椅子からの立ち上がり動作における上体の動作と下肢関節動態との関係 The relationship between upper body posture and motion and dynamics of lower extremity during sit-to-stand in elderly person 08M40062 佐藤妙 Tae Sato 指導教員 : 丸山剛生准教授 審査員

More information

untitled

untitled 2008/04/27 1. 1 2 staticdynamics etc 3 Hedberg A, Carlberg EB, Forssberg H, Hadders-Algra M. Development of postural adjustments in sitting position during the first half year of life. Dev Med Child Neurol.

More information

JJRM5005/04.短報.責了.indd

JJRM5005/04.短報.責了.indd Jpn J Rehabil Med 2013 ; : 319.327 1 2 3 4 5 6 Survey of the Electronic Medical Recoding System Used in Kaifukuki Rehabilitation Wards Hidekazu SUGAWARA, 1 Tetsutaro YAHATA, 2 Hideto OKAZAKI, 3 Mitsuhiro

More information

方向の3 成分を全て合成したもので 対象の体重で除して標準化 (% 体重 ) した 表 1を見ると 体格指数 BMI では変形無しと初期では差はなく 中高等度で高かった しかし 体脂肪率では変形の度合が増加するにつれて高くなっていた この結果から身長と体重だけで評価できる体格指数 BMI では膝 O

方向の3 成分を全て合成したもので 対象の体重で除して標準化 (% 体重 ) した 表 1を見ると 体格指数 BMI では変形無しと初期では差はなく 中高等度で高かった しかし 体脂肪率では変形の度合が増加するにつれて高くなっていた この結果から身長と体重だけで評価できる体格指数 BMI では膝 O 新潟県健康づくり スポーツ医科学センター 動作分析事業の分析例 診療及び健康運動指導 研究編 1 変形性膝関節症患者の歩行分析 ~ 床反力の検討 ~ 変形性膝関節症 ( 膝 OA) は 膝関節面上の軟骨がすり減り 関節面が変形する疾患である 関節面の変形が進行するにつれて痛みが強まり 立ち座りや歩行等の生活動作に支障が生じる 日本国内における膝 OA の人口はX 線による診断でも 1,700 万人

More information

<30388DE288E42E696E6464>

<30388DE288E42E696E6464> Doshisha Journal of Health & Sports Science, 1, 53-60, 2009 53 1 Effects of Step Exercise in Healthy Older People Tomoaki Sakai 1 The purpose of this study was to determine the effect of step exercise

More information

indd

indd 12 61 1 2011 原著 1)2)5) 1) 1)2) 1)2)5) 1)3)5) 1)2) 1)2)5) 1)2) 1)2) 2) 2) 4) 1) 1) 2) 3) 4) 5) 2010 10 6 2010 12 6 A Comparative Study of the Effect and Discomfort Produced by Pharyngeal Anesthesia with

More information

ABSTRACT The movement to increase the adult literacy rate in Nepal has been growing since democratization in 1990. In recent years, about 300,000 peop

ABSTRACT The movement to increase the adult literacy rate in Nepal has been growing since democratization in 1990. In recent years, about 300,000 peop Case Study Adult Literacy Education as an Entry Point for Community Empowerment The Evolution of Self-Help Group Activities in Rural Nepal Chizu SATO Masamine JIMBA, MD, PhD, MPH Izumi MURAKAMI, MPH Massachusetts

More information

い膝関節間距離が変化することから, 膝足比率と同 等の意味を有し, 片脚で計測可能な指標であるため, 3D 膝外反角度および 3D 膝外反モーメントを検出 するために有用な二次元的指標の一つになるのでは ないかと考える. 本研究の目的は,DVJ における 3D 膝外反角度お よび 3D 膝外反モーメ

い膝関節間距離が変化することから, 膝足比率と同 等の意味を有し, 片脚で計測可能な指標であるため, 3D 膝外反角度および 3D 膝外反モーメントを検出 するために有用な二次元的指標の一つになるのでは ないかと考える. 本研究の目的は,DVJ における 3D 膝外反角度お よび 3D 膝外反モーメ デジタルビデオカメラを用いた二次元的指標による膝前十字靱帯損傷リスクの検討 馬場周 < 要約 > 女性の drop vertical jump(dvj) 中の膝外反角度およびモーメントの増加は膝前十字靱帯損傷リスクとされている. 二次元的指標の一つである膝関節足関節距離比率 ( 膝足比率 ) は, 三次元動作解析による (3D) 膝外反角度およびモーメントとの間に相関関係があるとされているが, 片脚ごとの計測はできない.

More information

短距離スプリントドリルが大学生野球選手の短距離走速度向上に与える効果

短距離スプリントドリルが大学生野球選手の短距離走速度向上に与える効果 The Effect of Sprint Drills for Improving Short Sprinting Ability of University Baseball Players AKAIKE, Kohei The ability to generate speed during short sprints is one of the most important abilities

More information

07-内田 fm

07-内田 fm No.110, 2007 93 * A study on the connection between family relationship and children's depression and fear Toshihiro UCHIDA, Takashi FUJIMORI* Accepted November 29, 2006 抄録 : 14.6 5 6 5 索引語 : Abstract

More information

Yamagata Journal of Health Sciences, Vol. 16, 2013 Tamio KEITOKU 1 2 Katsuko TANNO 3 Kiyoko ARIMA 4 Noboru CHIBA 1 Abstract The present study aimed to

Yamagata Journal of Health Sciences, Vol. 16, 2013 Tamio KEITOKU 1 2 Katsuko TANNO 3 Kiyoko ARIMA 4 Noboru CHIBA 1 Abstract The present study aimed to Yamagata Journal of Health Sciences, Vol. 16, 2013 Tamio KEITOKU 12Katsuko TANNO 3Kiyoko ARIMA 4Noboru CHIBA 1 Abstract The present study aimed to clarify differences in awareness regarding future residence

More information

2011ver.γ2.0

2011ver.γ2.0 Rehabilitation after Anterior Cruciate Ligament Reconstruction In any rehabilitation, the important factor is your belief. Without belief there can be no successful outcome. TABLE OF CONTENTS Continued

More information

Table 1 Muscle weight (g) and those ratio (%) in M. quadriceps femoris Table 2 Cross-sectional area (mm2) and those ratio (%) in M, quadriceps femoris

Table 1 Muscle weight (g) and those ratio (%) in M. quadriceps femoris Table 2 Cross-sectional area (mm2) and those ratio (%) in M, quadriceps femoris Table 1 Muscle weight (g) and those ratio (%) in M. quadriceps femoris Table 2 Cross-sectional area (mm2) and those ratio (%) in M, quadriceps femoris Fig. 1 Comparison of cross-sectional area in human

More information

doi: /jjsnr 研究報告 - 2 Reality Shock in Nurses in their Second Year after Graduation Yoko Suzuki Yoshiko Kawatsu Key Words nurse, r

doi: /jjsnr 研究報告 - 2 Reality Shock in Nurses in their Second Year after Graduation Yoko Suzuki Yoshiko Kawatsu Key Words nurse, r doi:10.15065/jjsnr.20170525014 - 研究報告 - Reality Shock in Nurses in their Second Year after Graduation Yoko Suzuki Yoshiko Kawatsu Key Words nurse, reality shock, workplace はじめに 2 2014 2 2010school to work

More information

Japan J. Phys. Educ. Hlth. Sport Sci. 54(1): (2009)

Japan J. Phys. Educ. Hlth. Sport Sci. 54(1): (2009) 54 15 28 2009 15 1,2 3 3) 3) Tomohiro Noda 1,2, Masao Asaoka 3, Kiyonao Hasegawa 3 and Sawao Kato 3 : Effects of differences in methods of presenting visual information on the understanding of movement

More information

The Most Effective Exercise for Strengthening the Supraspinatus : Evaluation by Magnetic Resonance Imaging by TAKEDA Yoshitsugu and ENDO Kenji Departm

The Most Effective Exercise for Strengthening the Supraspinatus : Evaluation by Magnetic Resonance Imaging by TAKEDA Yoshitsugu and ENDO Kenji Departm The Most Effective Exercise for Strengthening the Supraspinatus : Evaluation by Magnetic Resonance Imaging by TAKEDA Yoshitsugu and ENDO Kenji Department of Orthopedic Surgery, The University of Tokushima

More information

596 Dementia Japan 29 : , 2015 原著 1,2 1,2 1,3 1,4 1,4 1,5 1,5 1,6 1,7 1,8 要 旨 Activity of Initial - phase Intensive Support Team for Dementia o

596 Dementia Japan 29 : , 2015 原著 1,2 1,2 1,3 1,4 1,4 1,5 1,5 1,6 1,7 1,8 要 旨 Activity of Initial - phase Intensive Support Team for Dementia o 596 Dementia Japan 29 : 596-604, 2015 原著 1,2 1,2 1,3 1,4 1,4 1,5 1,5 1,6 1,7 1,8 要 旨 Activity of Initial - phase Intensive Support Team for Dementia of Kobe City Hiroyuki Kajita 1,2, Kiyoshi Maeda 1,2,

More information

研究報告 国内トップリーグ男子バレーボール選手における一側性トレーニングが 両側性筋力および跳躍能力に及ぼす影響 Effect of Single legged Squat Exercises on Bilateral Strength and Physical Ability in the Top

研究報告 国内トップリーグ男子バレーボール選手における一側性トレーニングが 両側性筋力および跳躍能力に及ぼす影響 Effect of Single legged Squat Exercises on Bilateral Strength and Physical Ability in the Top 研究報告 国内トップリーグ男子バレーボール選手における一側性トレーニングが 両側性筋力および跳躍能力に及ぼす影響 Effect of Single legged Squat Exercises on Bilateral Strength and Physical Ability in the Top Level Male Volleyball Players 抄録 1 2 8 1RM 4 4 4 8

More information

I. はじめに Activities of daily living ADL 1) Osteoarthritis of the knee OAK Anterior cruciate ligament ACL OAK Open kinetic chain OKC 2) OKC OAK

I. はじめに Activities of daily living ADL 1) Osteoarthritis of the knee OAK Anterior cruciate ligament ACL OAK Open kinetic chain OKC 2) OKC OAK 32 1 51 55 2017 原著 Motor Control of Quadriceps Femoris during Isometric Knee Flexion Contraction 1) 2) TAKAHIRO UCHIDA, RPT 1), TOSHIO SOMA, RPT, PhD 2) 1) Department of Rehabilitation Center, Kanazawa

More information

1) Garner J. S.: The Hospital Infection Control Practices Advisory Committee, CDC, Guidelines for Isolation Precautions in Hospitals, 1996. http://wonder.cdc.gov/wonder/prevguid/ p0000419/p0000419.asp.

More information

Ⅱ. 研究目的 Ⅲ. 研究方法 1. 対象者 J.. 2. 用具.... Ledraplastic GYMNIC cm 3. 大型ボールを用いたトレーニング内容 DVD DVD

Ⅱ. 研究目的 Ⅲ. 研究方法 1. 対象者 J.. 2. 用具.... Ledraplastic GYMNIC cm 3. 大型ボールを用いたトレーニング内容 DVD DVD 研究ノート 大型ボールの身体的効果に関する研究 平衡性機能と姿勢保持のトレーニング効果に着目して Study of Effect of Large-sized ball on Human Body Shedding light on the effect of training on balance function and posture retention Yoshika MarikoYoshinori

More information

理学療法科学 33(4): ,2018 原著 腹臥位股関節伸展運動時の筋活動パターンと歩行時股関節 骨盤運動との関係 Relationship between the Muscle Recruitment Pattern during Prone Hip Extension and Pe

理学療法科学 33(4): ,2018 原著 腹臥位股関節伸展運動時の筋活動パターンと歩行時股関節 骨盤運動との関係 Relationship between the Muscle Recruitment Pattern during Prone Hip Extension and Pe 理学療法科学 33(4):689 693,2018 原著 腹臥位股関節伸展運動時の筋活動パターンと歩行時股関節 骨盤運動との関係 Relationship between the Muscle Recruitment Pattern during Prone Hip Extension and Pelvic-Hip Motion during Gait 1) 雨宮耕平 2) 来間弘展 3) 山内智之

More information

SICE東北支部研究集会資料(2011年)

SICE東北支部研究集会資料(2011年) 269 (2011.12.12) 269-10 Basic analysis of coaching in sprint motion using three dimensional motion capture data Masahiro Nagayama,Takayuki Takahashi *, ** *Graduate School Fukushima University,**Fukushima

More information

I Jpn Prosthodont Soc 47: 779-786, 2003 A Study of Masticatory Ability in the Elderly A Comparison between Dentulous Subjects and Denture - Wearers- Nakashima Mihoko, Okimoto Kimie, Matsuo Koichi and Terada

More information

I. はじめに 1) ASIS PSIS 2) PSIS ASIS X 2) II. 対象と方法 cm kg body mass index X 3) computed tomography:

I. はじめに 1) ASIS PSIS 2) PSIS ASIS X 2) II. 対象と方法 cm kg body mass index X 3) computed tomography: 29 1 39 43 2014 原著 Effects of the Dominant Leg and Leg-crossing Preference on Pelvic Anteversion Angle 1,2) 2) HARUKI KOGO, RPT, MS 1,2), JUN MURATA, OTR, PhD 2) 1) Faculty of Rehabilitation Science, Nishikyushu

More information

Vol. 51 No (2000) Thermo-Physiological Responses of the Foot under C Thermal Conditions Fusako IWASAKI, Yuri NANAMEKI,* Tomoko KOSHIB

Vol. 51 No (2000) Thermo-Physiological Responses of the Foot under C Thermal Conditions Fusako IWASAKI, Yuri NANAMEKI,* Tomoko KOSHIB Vol. 51 No. 7 587-593 (2000) Thermo-Physiological Responses of the Foot under 22-34 C Thermal Conditions Fusako IWASAKI, Yuri NANAMEKI,* Tomoko KOSHIBA and Teruko TAMURA * Junior College Division, Bunka

More information

NODERA, K.*, TANAKA, Y.**, RAFAEL, F.*** and MIYAZAKI, Y.**** : Relationship between rate of success and distance of shooting on fade-away shoot in fe

NODERA, K.*, TANAKA, Y.**, RAFAEL, F.*** and MIYAZAKI, Y.**** : Relationship between rate of success and distance of shooting on fade-away shoot in fe 大学生女子バスケットボール選手におけるフェイダウェ Titleイシュートのシュート距離と成功率との関係について ( fulltext ) Author(s) 野寺, 和彦 ; 田中, 勇人 ; Figueroa, Rafael; 宮崎, Citation 東京学芸大学紀要. 芸術 スポーツ科学系, 63: 71-77 Issue Date 2011-10-31 URL http://hdl.handle.net/2309/111959

More information

村 田 図 1. 測定環境ベッド端より後方 2 m にデジタルカメラを設置 垂直に立てた棒を基準とし画面上でカメラが水平になっていることを確認した 図 2. マーカー貼付位置対象者には予め第 7 頸椎 (C7) 第 12 胸椎 (Th12) 第 5 腰椎の棘突起 (L5) 両側上後腸骨棘 ( 両 P

村 田 図 1. 測定環境ベッド端より後方 2 m にデジタルカメラを設置 垂直に立てた棒を基準とし画面上でカメラが水平になっていることを確認した 図 2. マーカー貼付位置対象者には予め第 7 頸椎 (C7) 第 12 胸椎 (Th12) 第 5 腰椎の棘突起 (L5) 両側上後腸骨棘 ( 両 P 山形医学 (ISSN0288-030X)2017;35(2):101-107 人工股関節全置換術後患者の体幹運動評価 DOI10.15022/00004203 人工股関節全置換術後患者における体幹運動機能について 村田 宙 山形大学医学部大学院生生命環境医科学専攻リハビリテーション医療学講座 ( 平成 29 年 3 月 1 日受理 ) 抄 録 背景 人工股関節全置換術(THA) の対象となる股関節疾患患者は股関節のみならず体幹にも機能障害を有することが報告されている

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 ISSN TECHNICAL NOTE of National Institute for Land and Infrastructure Management No256 September 2005 Experimental Study on Seismic Behavior of Seawalls for Controlled Waste Disposal Shingo KANO, Katsuya

More information

Effects of developed state of thigh muscles on the knee joint dynamics during side cutting The purpose of this study was to investigate the effects of

Effects of developed state of thigh muscles on the knee joint dynamics during side cutting The purpose of this study was to investigate the effects of 大腿筋群の発達状態がサイドカッティングにおける 膝関節動態に及ぼす影響 Effects of developed state of thigh muscles on the knee joint dynamics during side cutting 12M40217 馮超然 Feng Chaoran 指導教員 : 丸山剛生准教授 審査員 : 林直亨教授 須田和裕教授 本研究では 大腿四頭筋および大腿二頭筋の発達状態がサイドカッティング動作における膝関節動態に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした

More information

32-1_会告.indd

32-1_会告.indd 原 著 Relationship between Urinary Incontinence and Childbirth Among Women who Have Given Birth within the Last Three Years The Role of Midwives in the Prevention and Improvement of Urinary Incontinence

More information

Microsoft PowerPoint - ①濱説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - ①濱説明資料.pptx ( 股関節後方にある ) 殿部外側溝を圧迫する 骨盤帯による体幹 骨盤の安定と促通効果 : スポーツ分野への利用の可能性について 広島大学医学部脳神経外科学研究員 ( 信愛会日比野病院 ) 濱聖司 ( 株 ) 大坪義肢製作所 ( 故 ) 大坪政文 83 研究背景 ( 麻痺患者への使用 1) 脳卒中や各種神経筋疾患の患者 下肢 + 体幹 骨盤の筋力が低下 立つ時に 膝が折れ 腰が引けてしまい バランスが保てない

More information

Fig. 1 Trends of TB incidence rates for all forms and smear-positive pulmonary TB in Kawasaki City and Japan. Incidence=newly notified cases of all fo

Fig. 1 Trends of TB incidence rates for all forms and smear-positive pulmonary TB in Kawasaki City and Japan. Incidence=newly notified cases of all fo Kekkaku Vol. 79, No. 1: 17-24, 2004 17 (Received 21 Aug. 2003/Accepted 18 Nov. 2003) Fig. 1 Trends of TB incidence rates for all forms and smear-positive pulmonary TB in Kawasaki City and Japan. Incidence=newly

More information

Ⅱ. 用語の操作的定義 Ⅲ. 対象と方法 1. 対象 WAM NET 2. 調査期間 : 3. 調査方法 4. 調査内容 5. 分析方法 FisherMann-Whitney U Kruskal-Wallis SPSS. for Windows 6. 倫理的配慮 Vol. No.

Ⅱ. 用語の操作的定義 Ⅲ. 対象と方法 1. 対象 WAM NET 2. 調査期間 : 3. 調査方法 4. 調査内容 5. 分析方法 FisherMann-Whitney U Kruskal-Wallis SPSS. for Windows 6. 倫理的配慮 Vol. No. 研究報告 The Relation Between the Manager s Administrative Abilities Including Business Activities in Visiting Nursing Stations and the Station s Financial Profits Chisato Fujii Akiko Akama Mariko Ohtake Ikuko

More information

学位論文の要約 Postural and Chronological Change in Pelvic Tilt Five Years after Total Hip Arthroplasty in Patients with Developmental Dysplasia of the Hip:

学位論文の要約 Postural and Chronological Change in Pelvic Tilt Five Years after Total Hip Arthroplasty in Patients with Developmental Dysplasia of the Hip: 学位論文の要約 Postural and Chronological Change in Pelvic Tilt Five Years after Total Hip Arthroplasty in Patients with Developmental Dysplasia of the Hip: A Three-Dimensional Analysis. ( 発育性股関節形成不全患者に対する人工股関節全置換術後

More information

理学療法科学 25(5): ,2010 原著 変形性膝関節症における椅子からの立ち上がり動作の運動学的分析 Kinematic Analysis of Sit-to-Stand Motion in Knee Osteoarthritis 阿南雅也 1) 徳田一貫 2) 木藤伸宏 3) 新

理学療法科学 25(5): ,2010 原著 変形性膝関節症における椅子からの立ち上がり動作の運動学的分析 Kinematic Analysis of Sit-to-Stand Motion in Knee Osteoarthritis 阿南雅也 1) 徳田一貫 2) 木藤伸宏 3) 新 理学療法科学 25(5):755 760,2010 原著 変形性膝関節症における椅子からの立ち上がり動作の運動学的分析 Kinematic Analysis of Sit-to-Stand Motion in Knee Osteoarthritis 阿南雅也 徳田一貫 2) 木藤伸宏 3) 新小田幸一 MASAYA ANAN, RPT, MS, KAZUKI TOKUDA, RPT 2), NOBUHIRO

More information

10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) (Period 法 ) Key Point 1 の相対生存率は 1998 年以降やや向上した 日本で

10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) (Period 法 ) Key Point 1 の相対生存率は 1998 年以降やや向上した 日本で 151 10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) 82 76 79 61 60 53 52 51 46 1993 1997 1998 2001 2002 2006 2002 2006 (Period 法 ) 44 40 43 Key Point 1 の相対生存率は 1998 年以降やや向上した 日本でパクリタキセル カルボプラチン併用療法が標準治療となった時期と一致する 0 1 2 3 4 5

More information

A 18 B 6 AB p >0.05 A1A2B1B2 A3B3 t p > ο =0 1 =12 =2 0 ο14 10=0ο= ο144 0 ο4041ο64 65ο144 WAIS R Wilcoxon

A 18 B 6 AB p >0.05 A1A2B1B2 A3B3 t p > ο =0 1 =12 =2 0 ο14 10=0ο= ο144 0 ο4041ο64 65ο144 WAIS R Wilcoxon Vol. 16 No. 2 2006 305 313 WAIS R Rehab Λ1 Λ2 36 WAIS R Rehab Rehabilitation Evaluation of Hall and Baker Rehab 1) 2) WAIS RWechsler Adult Intelligence Scale Revised1990 3) IQ IQ IQ IQ WAIS R Wechsler

More information

75 Author s Address: Possibility of Spatial Frequency Analysis of the Three-dimensional Appearance and Texture of Facial Skin

75 Author s  Address: Possibility of Spatial Frequency Analysis of the Three-dimensional Appearance and Texture of Facial Skin 75 Author s E-mail Address: torii@shoin.ac.jp Possibility of Spatial Frequency Analysis of the Three-dimensional Appearance and Texture of Facial Skin in Male Portraits TORII Sakura Faculty of Human Sciences,

More information

学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 庄司仁孝 論文審査担当者 主査深山治久副査倉林亨, 鈴木哲也 論文題目 The prognosis of dysphagia patients over 100 years old ( 論文内容の要旨 ) < 要旨 > 日本人の平均寿命は世界で最も高い水準であり

学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 庄司仁孝 論文審査担当者 主査深山治久副査倉林亨, 鈴木哲也 論文題目 The prognosis of dysphagia patients over 100 years old ( 論文内容の要旨 ) < 要旨 > 日本人の平均寿命は世界で最も高い水準であり 学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 庄司仁孝 論文審査担当者 主査深山治久副査倉林亨, 鈴木哲也 論文題目 The prognosis of dysphagia patients over 100 years old ( 論文内容の要旨 ) < 要旨 > 日本人の平均寿命は世界で最も高い水準であり, 高齢者の人口は全人口の約 25% を占め, 介護の問題なども含め, 高齢化は深刻な問題である. 平均寿命の延伸とともに,100

More information

146 理学療法科学第 23 巻 1 号 I. はじめに 膝前十字靭帯 (Anterior Cruciate Ligament;ACL) 損傷は, スポーツ外傷の中で発生頻度が高く, スポーツ活動を続行するためには靭帯再建を余儀なくされることが多い 近年,ACL 損傷を予防することの重要性が認識され

146 理学療法科学第 23 巻 1 号 I. はじめに 膝前十字靭帯 (Anterior Cruciate Ligament;ACL) 損傷は, スポーツ外傷の中で発生頻度が高く, スポーツ活動を続行するためには靭帯再建を余儀なくされることが多い 近年,ACL 損傷を予防することの重要性が認識され 理学療法科学 23(:145 149,2008 原著 着地動作における膝関節運動の解析 Analysis of Dynamic Knee Motion during Drop-Jump Landing 菅田由香里 田中浩介 浦辺幸夫 YUKARI SUGATA, RPT, KOSUKE TANAKA, RPT, YUKIO URABE, PhD, RPT Department of Rehabilitation,

More information

リハビリテーションにおける立ち上がり訓練とブリッジ動作の筋活動量の検討 リハビリテーションにおける立ち上がり訓練とブリッジ動作の筋活動量の検討 中井真吾 1) 館俊樹 1) 中西健一郎 2) 山田悟史 1) Examination of the amount of muscle activity i

リハビリテーションにおける立ち上がり訓練とブリッジ動作の筋活動量の検討 リハビリテーションにおける立ち上がり訓練とブリッジ動作の筋活動量の検討 中井真吾 1) 館俊樹 1) 中西健一郎 2) 山田悟史 1) Examination of the amount of muscle activity i 中井真吾 1) 館俊樹 1) 中西健一郎 2) 山田悟史 1) Examination of the amount of muscle activity in standing training and bridge motion in rehabilitation Shingo NAKAI,Toshiki Tachi,Kenichiro NAKANISHI,Satoshi YAMADA Abstract:The

More information

descente-37.indd

descente-37.indd 電磁ゴニオメータによる肩甲骨から体幹の三次元動作解析 : 健常者とパラカヌー選手の比較 Three Dimensional Motion Analysis of Upper Limb and Trunk With an Electromagnetic Tracking Device: Comparison of a Healthy Canoe Athlete and a Para Canoe Athlete

More information

外来化学療法を受けるがん患者のケアプログラム試案の作成 患者の困難や苦悩とニーズに焦点を当てて 1 2 2 Abstract A purpose of this study is to develop the tentative care program of cancer out-patients undergoing chemotherapy. We did the literature reviews

More information

膝の傷害予防トレーニング a b a.マーカー貼付位置 測定には 3 次元動作解析システムVICONMX VICON社製 床反力計 AMTI社製 2 枚 サンプリング周波数 100Hzの赤外線カメラ 8 台を用い 直径14mmの赤外線反射マーカーを 22個貼付した b. 片脚着地動作 20cm台の線

膝の傷害予防トレーニング a b a.マーカー貼付位置 測定には 3 次元動作解析システムVICONMX VICON社製 床反力計 AMTI社製 2 枚 サンプリング周波数 100Hzの赤外線カメラ 8 台を用い 直径14mmの赤外線反射マーカーを 22個貼付した b. 片脚着地動作 20cm台の線 9 大見頼一 スポーツ傷害予防チームリーダー 日本鋼管病院リハビリテーション科理学療法士 保健医療学修士スポーツ現場からすると 予防トレーニングは予防のためだけであれば なかなか実施しにくい面があるだろう 今回は予防トレーニングを行うことで 動作がどのように変化するかについてまとめている 果をみていく際には 実施前後にジ前回は 予防トレーニングによるャンプやカッティングなどの動作解予防効果について紹介しました

More information

研究成果報告書

研究成果報告書 様式 C-19 科学研究費助成事業 ( 科学研究費補助金 ) 研究成果報告書 平成 25 年 5 月 24 日現在 機関番号 :33916 研究種目 : 若手研究 (B) 研究期間 :2009~2012 課題番号 :21700553 研究課題名 ( 和文 ) トレッドミル歩行分析 リサージュ図形表現による分析法の開発と妥当性の検討 研究課題名 ( 英文 )Treadmill Gait Analysis

More information

Resection Arthroplasty for Rheumatoid Forefoot Deformity -A 5-year Follow-up Study - Hiroyuki HATTORI, et al. Department of Orthopedic Surgery, Tokyo

Resection Arthroplasty for Rheumatoid Forefoot Deformity -A 5-year Follow-up Study - Hiroyuki HATTORI, et al. Department of Orthopedic Surgery, Tokyo Resection Arthroplasty for Rheumatoid Forefoot Deformity -A 5-year Follow-up Study - Hiroyuki HATTORI, et al. Department of Orthopedic Surgery, Tokyo Metropolitan Ohtsuka Hospital Abstract The results

More information

The Journal of the Japan Academy of Nursing Administration and Policies Vol 7, No 2, pp 19 _ 30, 2004 Survey on Counseling Services Performed by Nursi

The Journal of the Japan Academy of Nursing Administration and Policies Vol 7, No 2, pp 19 _ 30, 2004 Survey on Counseling Services Performed by Nursi The Journal of the Japan Academy of Nursing Administration and Policies Vol 7, No 2, pp 19 _ 30, 2004 Survey on Counseling Services Performed by Nursing Professionals for Diabetic Outpatients Not Using

More information

高齢者におけるサルコペニアの実態について みやぐち医院 宮口信吾 我が国では 高齢化社会が進行し 脳血管疾患 悪性腫瘍の増加ばかりでなく 骨 筋肉を中心とした運動器疾患と加齢との関係が注目されている 要介護になる疾患の原因として 第 1 位は脳卒中 第 2 位は認知症 第 3 位が老衰 第 4 位に

高齢者におけるサルコペニアの実態について みやぐち医院 宮口信吾 我が国では 高齢化社会が進行し 脳血管疾患 悪性腫瘍の増加ばかりでなく 骨 筋肉を中心とした運動器疾患と加齢との関係が注目されている 要介護になる疾患の原因として 第 1 位は脳卒中 第 2 位は認知症 第 3 位が老衰 第 4 位に 高齢者におけるサルコペニアの実態について みやぐち医院 宮口信吾 我が国では 高齢化社会が進行し 脳血管疾患 悪性腫瘍の増加ばかりでなく 骨 筋肉を中心とした運動器疾患と加齢との関係が注目されている 要介護になる疾患の原因として 第 1 位は脳卒中 第 2 位は認知症 第 3 位が老衰 第 4 位に関節疾患 5 位が骨折 転倒であり 4,5 位はいずれも運動器が関係している 骨粗しょう症のメカニズムの解明

More information

<303491BA8FE32E696E6464>

<303491BA8FE32E696E6464> 26 Doshisha Journal of Health & Sports Science, 2, 26-37, 2010 1 2 3 4 The Characteristics of Kinetic Vision in Women s Table Tennis Players Hiromi Murakami 1, Kenji Yamaoka 2, Takeshi Yamamoto 3, Tokio

More information

対象 :7 例 ( 性 6 例 女性 1 例 ) 年齢 : 平均 47.1 歳 (30~76 歳 ) 受傷機転 運転中の交通外傷 4 例 不自然な格好で転倒 2 例 車に轢かれた 1 例 全例後方脱臼 : 可及的早期に整復

対象 :7 例 ( 性 6 例 女性 1 例 ) 年齢 : 平均 47.1 歳 (30~76 歳 ) 受傷機転 運転中の交通外傷 4 例 不自然な格好で転倒 2 例 車に轢かれた 1 例 全例後方脱臼 : 可及的早期に整復 石川県立中央病院整形外科 堀井健志高田宗知島貫景都菅沼省吾虎谷達洋引地俊文安竹秀俊 対象 :7 例 ( 性 6 例 女性 1 例 ) 年齢 : 平均 47.1 歳 (30~76 歳 ) 受傷機転 運転中の交通外傷 4 例 不自然な格好で転倒 2 例 車に轢かれた 1 例 全例後方脱臼 : 可及的早期に整復 骨折型 :Pipkin 分類 Pipkin. JBJS 39-A. 1957 Type 1 Type

More information

日本職業・災害医学会会誌第51巻第1号

日本職業・災害医学会会誌第51巻第1号 内野ら 下腿骨骨折におけるハイブリッド創外固定器の有用性 31 図 2 軟部組織損傷程度と機能成績 Gustilo IIIB 以上の開放骨折では Gustilo IIIA 以下の開放骨折 及び皮下骨折よりも明らかに機能低下が認められた 図 1 年齢と機能成績 60 歳未満の若年者の方が明らかに良好な成績を示した a b c 図 3 a Gustilo Type IIIB b, c AO 分類 Type

More information

Title Author(s) Kobe University Repository : Kernel 認知症高齢者と家族介護者間のコミュニケーション改善のために訪問看護師が実施した支援のプロセス : 共依存事例について (The Support Process in Improving Communication Between Elderly with Dementia and the Family

More information

東洋医学雑誌

東洋医学雑誌 Vol.67 No.2 123-130, 2016 Akiyo GUSHI a Chihaya KORIYAMA b Ryo YOSHINAGA c Hiromi YANO c Junichi TSUMAGARI d Eiichi TAHARA c a Gushi Dermatological Clinic, 45-3 Higashiohsyoji, Satsumasendai city, Kagoshima

More information

Arthrodesis of the Carpometacarpal Joint of the Thumb by Umeo NISHIKAWA, Tetsuya NISHIKOORI Naotaka SHU and Hayato HIROTANI Department of Orthopaedics

Arthrodesis of the Carpometacarpal Joint of the Thumb by Umeo NISHIKAWA, Tetsuya NISHIKOORI Naotaka SHU and Hayato HIROTANI Department of Orthopaedics Arthrodesis of the Carpometacarpal Joint of the Thumb by Umeo NISHIKAWA, Tetsuya NISHIKOORI Naotaka SHU and Hayato HIROTANI Department of Orthopaedics Shimane Medical School Shimane Japan We performed

More information

HiAT Report 2012 変形性関節症者を対象とした異常歩行の定量的評価手法の研究 Study on Quantitative Evaluation Method for Abnormal Gait with Osteoarthritis 原良昭赤澤康史 HARA Yoshiaki, AKA

HiAT Report 2012 変形性関節症者を対象とした異常歩行の定量的評価手法の研究 Study on Quantitative Evaluation Method for Abnormal Gait with Osteoarthritis 原良昭赤澤康史 HARA Yoshiaki, AKA HiAT Report 2012 変形性関節症者を対象とした異常歩行の定量的評価手法の研究 Study on Quantitative Evaluation Method for Abnormal Gait with Osteoarthritis 原良昭赤澤康史 HARA Yoshiaki, AKAZAWA Yasushi 占部貴大清水俊行大門守雄趙源一菅美由紀椎名祥子丸山洋司大島隆司中野直樹小田崇弘北川篤津村暢宏

More information

原 著 放射線皮膚炎に対する保湿クリームの効果 耳鼻科領域の頭頸部照射の患者に保湿クリームを使用して * 要旨 Gy Key words はじめに 1 70Gy 2 2 QOL

原 著 放射線皮膚炎に対する保湿クリームの効果 耳鼻科領域の頭頸部照射の患者に保湿クリームを使用して * 要旨 Gy Key words はじめに 1 70Gy 2 2 QOL 原 著 放射線皮膚炎に対する保湿クリームの効果 耳鼻科領域の頭頸部照射の患者に保湿クリームを使用して * 1 2 1 2 要旨 2011 1 2013 9 33 0 1 6 16 17 60Gy Key words はじめに 1 70Gy 2 2 QOL 3 4 2014 6 16 2015 4 17 連絡先 359 0042 3 2 Phone 04 2995 1511 Fax 04 2995 0633

More information

旗影会H29年度研究報告概要集.indb

旗影会H29年度研究報告概要集.indb 高齢者のサルコペニア対策におけるタマゴ摂取の意義 京都女子大学家政学部食物栄養学科 教授田中清 緒言ロコモティブシンドローム ( 以下ロコモ ) は加齢に伴う運動器障害であり 要介護 要支援の重要な原因 健康寿命短縮の大きな要因である ロコモの構成疾患のうち 骨粗鬆症については治療薬が多数開発され 栄養面からの研究も多数存在するが 変形性関節症 サルコペニアに関しては研究報告が乏しい サルコペニアは

More information

07_学術_荷重位X線撮影法の違いによる_山口様.indd

07_学術_荷重位X線撮影法の違いによる_山口様.indd Arts and Sciences X Radiological assessment of joint space width using different weight-bearing radiographic methods for knee osteoarthritis 1 2 1 3 1 3 1 2 3 Key words: knee, osteoarthritis, radiography,

More information

Effects of Diet Class on Overweight Middle-aged Women Analysis of Nutritional Intake Pattern YAMAGUCHI Shizue*, MATSUMOTO Tomoko**, MIMURA Kan-ichi***, ASAI Hitoshi****, OKUDA Toyoko***** * O saka Shin-ai

More information

中京大学体育研究所紀要 Vol 研究報告 ソフトボールのバッティングにおけるストライド長と外力モーメントの関係 堀内元 1) 平川穂波 2) 2) 桜井伸二 Relationship between stride length and external moment in softb

中京大学体育研究所紀要 Vol 研究報告 ソフトボールのバッティングにおけるストライド長と外力モーメントの関係 堀内元 1) 平川穂波 2) 2) 桜井伸二 Relationship between stride length and external moment in softb 中京大学体育研究所紀要 Vol.31 2017 研究報告 ソフトボールのバッティングにおけるストライド長と外力モーメントの関係 堀内元 1) 平川穂波 2) 2) 桜井伸二 Relationship between stride length and external moment in softball batting Gen HORIUCHI, Honami HIRAKAWA, Shinji SAKURAI

More information

Ⅰ. 緒言 Suzuki, et al., Ⅱ. 研究方法 1. 対象および方法 1 6 表 1 1, 調査票の内容 図

Ⅰ. 緒言 Suzuki, et al., Ⅱ. 研究方法 1. 対象および方法 1 6 表 1 1, 調査票の内容 図 The Journal of the Japan Academy of Nursing Administration and Policies Vol 12, No 1, pp 515, 2008 原著 病棟勤務看護師の勤務状況とエラー ニアミスのリスク要因 Relationship between Risk Factors Related Medical Errors and Working Conditions

More information

平成 29 年 8 月 31 日 ( 木 ) 発売の週刊文春 (9 月 7 日号 ) 誌上において当院人工関節セン ターの活動内容が取り上げられることになりました 人工関節センターの概要をご案内させて頂きます はじめに近年の高齢化社会の到来により また人工関節自体の耐久性 精度が向上した事により本邦

平成 29 年 8 月 31 日 ( 木 ) 発売の週刊文春 (9 月 7 日号 ) 誌上において当院人工関節セン ターの活動内容が取り上げられることになりました 人工関節センターの概要をご案内させて頂きます はじめに近年の高齢化社会の到来により また人工関節自体の耐久性 精度が向上した事により本邦 2017.8 平成 29 年 8 月 31 日 ( 木 ) 発売の週刊文春 (9 月 7 日号 ) 誌上において当院人工関節セン ターの活動内容が取り上げられることになりました 人工関節センターの概要をご案内させて頂きます はじめに近年の高齢化社会の到来により また人工関節自体の耐久性 精度が向上した事により本邦の人工関節置換術の手術件数は膝関節及び股関節共にこの 10 年で約 2 倍に増加したと報告されております

More information

甲第 号 藤高紘平学位請求論文 審査要 ヒ二 A 日 奈良県立医科大学

甲第 号 藤高紘平学位請求論文 審査要 ヒ二 A 日 奈良県立医科大学 甲第 号 藤高紘平学位請求論文 審査要 ヒ二 A 日 奈良県立医科大学 論文審査の要旨及び担当者 報論告一環番一査号一日 l 日甲一第者 号 氏名 藤高紘平 委員長 教授 西尾健治 委員 教授川手健次 委員 ( 指導教員 ) 教授 田中康仁 主論文 Pathogenesis of Fifth Metatarsal Fractures in Colege Socer Players ( 和訳 ) 大学サッカー選手における第

More information

ec6

ec6 Yamagata Journal of Health Sciences, Vol. 8, 2005 Chikako SAITOU, Miharu NISHIWAKI This study has been undertaken to make clear the relationship of menstruation pattern to self-awareness, premenstrual

More information

スライド 1

スライド 1 本日の内容 姿勢 動作観察の基本 G 制御 P 制御 関節モーメント 方向制御と瞬間中心 文京学院大学福井勉 本日の内容 姿勢 動作と運動器疾患 G 制御 P 制御 関節モーメント 方向制御と瞬間中心 姿勢 動作が原因である可能性が高いもの 変形性関節症スポーツ障害習慣 姿勢 動作が結果である可能性の高いもの 外傷手術後疼痛を有する どこが ( 最も ) 動いているのか? どこか ( 最も ) 動かないでいるのか?

More information