中国四国教育学会教育学研究ジャーナル第 6 号 音楽演奏活動における動機づけおよび心理的欲求 畑田麻由美 ( 直方市立植木中学校 ) 菅 裕 ( 宮崎大学 ) Psychological Factors which Motivate Learners to Continue M

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "中国四国教育学会教育学研究ジャーナル第 6 号 音楽演奏活動における動機づけおよび心理的欲求 畑田麻由美 ( 直方市立植木中学校 ) 菅 裕 ( 宮崎大学 ) Psychological Factors which Motivate Learners to Continue M"

Transcription

1 中国四国教育学会教育学研究ジャーナル第 6 号 音楽演奏活動における動機づけおよび心理的欲求 畑田麻由美 ( 直方市立植木中学校 ) 菅 裕 ( 宮崎大学 ) Psychological Factors which Motivate Learners to Continue Musical Performance Activities. Mayumi HATADA Hiroshi SUGA The purpose of this research is to explore the psychological factors which motivate learners to continue or discontinue musical performance activities, playing of musical instruments, and to construct a psychological model showing relationships between the factors and outcomes. A questionnaire based on the self-determination theory and the achievement goal theory was created and administered and the responses of eighty university students were analyzed using factor analysis and path analysis. The results suggested a positive causal relationship between the intrinsic regulation (fulfillments) and the period of the musical activity, and a negative causal relationship between an indentified regulation and the period of musical activity. They also suggested a strong causal relationship between all the psychological needs factors we examined and intrinsic regulation (fulfillments). Furthermore task orientation strongly correlated with the with the learners relationship with both instructor and classmates. 1 はじめに 本研究の目的は, ピアノ 吹奏楽などの音楽演奏活動継続あるいは離脱を動機づける心理的要因の探索と, それらの相互影響関係を示す心理的モデルを構築することにある Schmidt(2007) は, コンサートバンド活動に参加している6~12 学年の生徒 456 人に対する調査により, 内発的 - 熟達要因 (intrinsic-mastery), 協調的適応, 自己効力感など音楽活動への動機づけを規定する6つの因子を1つの潜在因子によって説明する高次因子モデルを構築し, この潜在因子が内発的 - 熟達要因と最も関連が深いことを明らかにした また Sichivista(2007) は, 合唱に参加している, 音楽を専攻としない大学生 130 名に対する調査にもとづき, 親のサポートや先行する音楽経験などの背景要因から, 将来の音楽参加の意思に至るパスモデルを構築している 分析の結果, このモデルは, 学生の将来の音楽参加意思の変数の42パーセントを説明するものであった これらの研究は, いずれも音楽活動継続を動機づけ る内的 外的要因の相互関係を説明するものであるが, どちらかといえば背景的な経験や価値観あるいは効力感などの個人的な要因に焦点が当てられており, これらの要因と指導者の指導方針や活動内容などの環境要因との関係についての考察は不十分である Hallam(2002) は 能動的な音楽活動への参加の動機づけは, 個人とそれを取り巻く環境の複雑な相互作用によって決定づけられる (p.238) と述べている 学習者の音楽学習活動継続を促進するための実践的課題を明らかにするためには, 個人的な要因だけでなく, 指導者自身によって調整することが可能な, 指導方針や集団の雰囲気などの活動環境要因との相互関係を考慮に入れた分析が不可欠である 藤田 杉原 (2007a, 2007b) は, スポーツの分野において, 動機づけ雰囲気が心理的欲求に影響を及ぼし, さらに心理的欲求が動機づけスタイルに影響を及ぼすモデルについて検証している この結果, 大学生活や大学卒業後の運動参加を促進する要因が高校時代の体育授業における内発的動機づけであったこと, その内発的動機づけを促進する要因が心理的欲求を媒介とする課題関与的雰囲気であったことが明らかとなった 11

2 音楽演奏活動における動機づけおよび心理的欲求 これは大学生の運動参加を長期的に動機づける要因について, 過去の運動体験における集団の心理的風土と活動者の欲求充足の程度などとの相互関係から, 複合的な説明を試みるものである 本研究の目的は, 動機づけ雰囲気から心理的欲求を経由して動機づけスタイルに至る影響関係を分析することによって, 個人的要因と環境的要因相互の影響を考慮に入れた, 音楽活動継続促進の動機づけモデルを得ることにある 2 研究の方法 2.1 質問紙の作成自己決定理論と達成目標理論に基づくスポーツ, 学習, 友人関係の分野の先行研究 (Newton et al. 2000; 岡田 2005; 岡田 中谷 2006; 藤田 杉原 2007ab) の中で使用されている質問項目について, 重複する内容を削除し, 音楽の演奏活動状況に当てはまるように語句の修正を行った 最終的に 動機づけ雰囲気に関する質問項目 34 個, 心理的欲求に関する質問項目 17 個, 動機づけスタイルに関する質問項目 47 個が得られた これらの全 98 項目の質問に活動の種目, 活動継続年数を問う項目, 現在の活動状況を問う項目を加え質問紙を作成した 2.2 調査方法前述の質問紙を, 教員養成学部に所属する大学生 124 名に配布し, 回答のあった80 名 ( 男性 19 名, 女性 61 名 ) を分析対象とした 80 名の活動種目の内訳は, オーケストラ 吹奏楽が47 名, 合唱が6 名, ピアノ エレクトーンが24 名, その他が3 名であった 動機づけ雰囲気に関する項目, 心理的欲求に関する項目, 動機づけを測定する98 項目への回答方法は, まったく当てはまらない(1) から 非常に当てはまる (7) までの7 段階による評定尺度とした また活動の継続期間については, 1 年未満 (1) 1~3 年 (2) 4~6 年 (3) 7~9 年 (4) 10 年以上 (5) の 5 段階, 現在の活動状況を 今もしている (1) 以前していたが今はしていない (2) していない(3) の3 段階で評定させた 2.3 分析本調査の分析は, 探索的因子分析, 検証的因子分析, パス解析によって行われた 検証的因子分析及びパス解析におけるパラメータの推定法は最尤法とした また, モデルの推定値には標準解を示した モデルの全体的評価については, モデル適合度指標である GFI (Goodness of Fit Index),CFI (Comparative Fit Index),RMSEA (Root Mean Square Error of Approximation) を用いた モデル内のパス係数の有意水準は5% 未満とした 以上の統計解析には, Windows 版 SPSS17.0 及び AMOS17.0を使用した 2.4 結果 因子分析動機づけ雰囲気を想定した項目, 計 34 個について平均 ± 標準偏差の値が得点範囲 (1-7) を超えた6 個の質問項目を, 天井効果またはフロア効果が生じたものと判断し, 因子分析に持ち込まなかった 残りの項目 28 個について, 係数により内的整合性を求めたところ, =.90であり, 満足する水準であった 主因子法プロマックス回転による探索的因子分析を繰り返し行い, 因子負荷量が.40 以上で解釈可能な項目であることを選定基準とし, 各 14 項目からなる2 因子を抽出した ( 表 1) 第 1 因子は 協力的な学習 (cooperative learning) 重要な役割(important role) 努力/ 向上 (effort/ improvement) に関連する項目である Newton ら (2000) の研究により, この3つは, チームの課題関与的雰囲気 (task-involving climate) を構成する下位要因であることが明らかとなっている これに対し第 2 因子は, 失敗への罰(punishment for mistakes) 不平等な評価 (unequal recognition) チーム内のメンバーとの競争 (intra-team member rivalry) に関連する項目である 同様にこの3つは, チームの自我関与的雰囲気 (ego-involving climates) を構成する下位要因であることがわかっている そこで課題関与的雰囲気を想定した項目 14 個と自我関与的雰囲気を想定した項目 14 個で構成される因子モデルについて検証的因子分析を行い, ワルド検定により, 有意水準に達しないパスを削除することで, モデル修正を繰り返した その結果, 課題関与的雰囲気に関する項目 5 個, 自我関与的雰囲気に関する項目 2 個が残り,GFI =0.950, CFI =0.996, RMSEA =0.037の良好なモデル適合度が示された 潜在変数から観測変数へのパス係数は, すべて有意 (p<.01) で, 強い正の値が示された ( 図 1) 以上のことは,7 項目で構成される動機づけ雰囲気の因子モデルが妥当であることを示している 心理的欲求を想定した項目, 計 17 個について平均 ± 標準偏差の値が得点範囲を超えた2 個の質問項目を, 天井効果またはフロア効果が生じたものと判断し, 因子分析に持ち込まなかった 残りの項目 15 個について, 係数により内的整合性を求めたところ, =.75 12

3 畑田麻由美 菅 裕 表 1: 探索的因子分析の結果 ( 動機づけ雰囲気尺度 ) 図 1: 動機づけ雰囲気の因子モデル であり, ほぼ満足する水準であった 主因子法プロマックス回転による探索的因子分析を繰り返し行い, 因子負荷量が.40 以上で解釈可能な項目であることを選定基準として, 有能さへの欲求 (6 個 ), 関係性 ( 指導者 ) への欲求 (3 個 ), 関係性 ( 仲間 ) への欲求 (6 個 ) と いう3 因子を構成した ( 表 2) 自律性への欲求を想定した項目を含んでいたが, 因子としては抽出できなかった 13

4 音楽演奏活動における動機づけおよび心理的欲求 表 2:: 探索的因子分析の結果 ( 心理的欲求尺度 ) 有能さへの欲求に関する項目 6 個, 関係性 ( 指導者 ) への欲求に関する項目 3 個, 関係性 ( 仲間 ) への欲求に関する項目 6 個について検証的因子分析を行い, ワルド検定により, 有意水準に達しないパスを削除することで, モデル修正を繰り返した その結果, 有能さへの欲求に関する項目 3 個, 関係性 ( 指導者 ) への欲求に関する項目 3 個, 関係性 ( 仲間 ) への欲求に関す る項目 2 個が残り, モデル適合度指標は GFI =0.910, CFI =0.950, RMSEA =0.102, であった RMSEA の値が0.1を超えており良好とは言えないが, これ以上のモデル適合度を示すモデルを作成することはできなかった 潜在変数から観測変数へのパス係数はすべて有意 (p<.01) で強い正の値が示された ( 図 2) 図 2: 心理的欲求の因子モデル 動機づけスタイルを想定した項目, 計 47 個について平均 ± 標準偏差の値が得点範囲 (1-7) を超えた2 個の質問項目を, 天井効果またはフロア効果が生じたものと判断し, 因子分析に持ち込まなかった 残りの28 個について, 係数により内的整合性を求めたところ, =.90であり, 満足する水準であった 主因子法プロマックス回転による探索的因子分析を繰り返し行い, 因子負荷量が.40 以上で解釈可能な項目であることを選定基準として, 内発的動機づけ ( 向上心 )(10 個 ), 内発的動機づけ ( 充足感 )(8 個 ), 取り入れ的調整ス タイル (7 個 ), 同一化的調整スタイル (3 個 ) という4 因子を構成した ( 表 3) 外的調整スタイルや非動機づけを想定する項目を含んでいたが, 今回の分析では, 外的調整と非動機づけの因子は抽出できなかった また, 内発的動機づけは向上心に関するものと充足感に関するものの2 因子に分かれた 内発的動機づけ ( 向上心 ) に関する項目 10 個, 内発的動機づけ ( 充足感 ) に関する項目 8 個, 取り入れ的調整スタイルに関する項目 7 個, 同一化的調整スタイルに関する項目 3 個について検証的因子分析を行い, 14

5 畑田麻由美 菅 裕 表3 探索的因子分析の結果 動機づけスタイル尺度 図3 動機づけスタイルの因子モデル 15

6 音楽演奏活動における動機づけおよび心理的欲求 ワルド検定により, 有意水準に達しないパスを削除することで, モデル修正を繰り返した その結果, 内発的動機づけ ( 向上心 ) に関する項目 2 個, 内発的動機づけ ( 充足感 ) に関する項目 3 個, 取り入れ的調整スタイルに関する項目 3 個, 同一化的調整スタイルに関する項目 3 個が残り, モデル適合度指標は GFI=0.863, CFI=0.887,RMSEA=0.106, であった どの値も良好とは言えないが, これ以上のモデル適合度を示すモデルを作成することはできなかった 潜在変数から観測変数へのパス係数はすべて有意 (p<.01) で中程度以上の正の値が示された ( 図 3) パス解析課題関与的雰囲気, 自我関与的雰囲気, 有能さへの欲求, 関係性 ( 指導者 ) への欲求, 関係性 ( 仲間 ) への欲求, 内発的動機づけ ( 向上心 ), 内発的調整 ( 充足感 ), 取り入れ的調整スタイル, 同一化的調整スタイル, 活動参加 ( 現在の活動参加状況及び活動継続期間の値を観測変数とした ) という10 個の潜在変数で構成されるモデルを構築し, 推定値を求めたところ, 良好なモデル適合度を得ることができなかった この原因は, パラメータの数に対してサンプル数が少なすぎたためであると考えられる そこで, 検証的因子分析によって因子構造が確認さ れた有能さへの欲求に関する3 個の質問項目, 関係性 ( 指導者 ) への欲求に関する3 個の質問項目, 関係性 ( 仲間 ) への欲求に関する2 個の質問項目, 内発的調整 ( 向上心 ) に関する2 個の質問項目, 内発的調整 ( 充足感 ) に関する3 個の質問項目, 取り入れ的調整スタイルに関する3 個の質問項目, 同一化的調整スタイルに関する3 個の質問項目に対する回答の各平均値をそれぞれの因子の得点と定義し, 動機づけ雰囲気から心理的欲求得点, 心理的欲求から動機づけスタイル尺度得点, 動機づけスタイル尺度から活動参加という3つのモデルをパス解析により構成した 課題関与的雰囲気 5 項目, 自我関与的雰囲気 2 項目から各心理的欲求得点についてパス解析を行い, 探索的モデル特定化によってモデル修正を繰り返したところ, 最終的に GFI=0.860,CFI=0.959,RMSEA=0.082 のモデルが示された ( 図 4) GFI の値は良好とは言えないが, 動機づけ雰囲気と心理的欲求の関係についての理論的整合性の見地からこのモデルが妥当と判断した 各動機づけ雰囲気から各心理的欲求への影響関係について, 課題関与的雰囲気からは, 関係性 ( 指導者 ) への欲求と関係性 ( 仲間 ) への欲求へ有意な正の影響が示され, 自我関与的雰囲気からは, 有意な関連は示されなかった 図 4: 動機づけ雰囲気から心理的欲求へのパスモデル 有能さへの欲求 3 項目, 関係性 ( 指導者 ) への欲求 3 項目, 関係性 ( 仲間 ) への欲求 2 項目から各動機づけスタイル尺度得点についてパス解析を行い, 探索的モデル特定化によりモデル修正を繰り返したところ, 最終的に GFI=0.851, CFI=0.919, RMSEA=0.099のモデルが示された ( 図 5) GFI の値については良好とは言えないが, 心理的欲求と動機づけスタイルの関係についての理論的整合性の見地からこのモデルが妥当であると判断した 各心理的欲求から各動機づけスタイルへの影響関係について, 有能さへの欲求からは内発的調整 ( 向上心 ), 内発的調整 ( 充足感 ) へ有意な正 の影響, 関係性 ( 指導者 ) への欲求からは内発的調整 ( 充足感 ) へ有意な正の影響, 関係性 ( 仲間 ) への欲求からは内発的調整 ( 充足感 ), 同一化的調整スタイルへ有意な正の影響が示された すべての欲求から, 内発的調整 ( 充足感 ) へ正の影響があることから, 充足感を得るには, どの欲求を満たすことも有効だと言える また, 関係性 ( 仲間 ) への欲求から同一化的調整に強い正の影響が示されていることは, 同一化的調整に, 仲間を強く意識した項目が残った点からみても妥当な結果であると言える 16

7 畑田麻由美 菅 裕 図 5: 心理的欲求から動機づけスタイルへのパスモデル 内発的調整 ( 向上心 )2 項目, 内発的調整 ( 充足感 ) 3 項目, 取り入れ的調整スタイル3 項目, 同一化的調整スタイル3 項目から現在の活動状況と活動期間についてパス解析を行い, 探索的モデル特定化によりモデル修正を繰り返したところ, 最終的に GFI=0.855,CFI =0.884,RMSEA=0.090のモデルが示された ( 図 6) GFI と CFI の値は良好とは言えないが, 動機づけ尺度と現在の活動状況 継続期間の関係についての理論 的整合性の見地からこのモデルが妥当と判断した 各動機づけスタイル尺度から現在の活動状況 期間への影響関係について, 内発的調整 ( 充足感 ) からは活動継続期間へ有意な正の影響, 同一化的調整スタイルからは活動継続期間へ有意な負の影響が示された なお, 取り入れ的調整から現在の活動状況へのパスは示されたが, 有意ではなかった 図 6: 動機づけスタイルから活動状況 期間へのパスモデル 3 考察 本研究の結果, まず第 1に課題関与的雰囲気から関係性 ( 指導者 ) および関係性 ( 仲間 ) の欲求の充足, さらに内発的調整 ( 充足感 ) を経由して音楽活動継続に正の影響を与える動機づけモデルが得られた ( 図 7) 課題関与的雰囲気からは関係性 ( 指導者 ) への欲求と関係性 ( 仲間 ) への欲求に正の影響が示されたが, 自我関与的雰囲気からは有意な影響がなかった つまり, 競争を促すよりも, 参加者同士が協力して活動に取り組める雰囲気, 弱点の克服を励まし合う雰囲気の方が, 関係性への欲求の充足につながるといえる このことは, 藤田らによるスポーツ領域での研究結果と 一致するものである 内発的調整 ( 充足感 ) には, すべての心理的欲求から強い影響が示された つまり, 自信を持たせる, 仲間 指導者との関係を良好にすることは, 活動における充足感を高めることに有効だといえる 有能さへの欲求充足が内発的動機づけに正の影響を与えている点は藤田らの研究と一致する しかし関係性の欲求については, 藤田らの研究では関係性 ( 仲間 ) から同一化的調整に正の影響関係があるのみで, 内発的調整への影響は示されていない 音楽活動では, 良好な人間関係を構築することが内発的動機づけを高める上で非常に重要であることが伺える また内発的調整が活動の継続に正の影響を与えるこ 17

8 音楽演奏活動における動機づけおよび心理的欲求 図 7: 影響関係の模式図 とは, 藤田らの研究結果とも一致する ただし今回の調査結果の因子分析では, 内発的調整は向上心にかかわるものと充足感にかかわる2つの因子に分かれた このうち, 内発的調整 ( 向上心 ), つまりパフォーマンスの向上や知識 技能の向上よりも, 内発的調整 ( 充足感 ), つまり好奇心が満たされる, 新しいことに挑戦する楽しみに動機づけられている方が, 音楽活動継続につながりやすいことが示されている 第 2に, 同一化的調整スタイルから活動継続に負の影響が示されたことから, 同一化的調整スタイルは, 活動継続を妨げる危険をはらんでいることが明らかとなった 同一化的調整スタイルは, 対象となる行為が個人的に重要であるとの認識に基づく, 比較的自己決定性の高い動機づけである しかしながら Ryan らによれば同一化的価値は, その人が持つ他の個人的信念や価値観とは一致しないケースがあり, それゆえその活動における全体的な (overarching) 価値観を反映するとは限らない (Ryan & Deci 2002, pp.17-18) 今回の調査項目において, 同一化的調整スタイルを構成する項目は, 音楽活動への参加の理由として 仲間とのきずなを深める いろいろな人たちと知り合える 仲間に迷惑をかけたくない の3つであった これらの理由は, 例えばスポーツやボランティア活動など, 音楽以外の活動でも代替可能であり, 必ずしも音楽活動自体についての個人的価値観を反映したものとはいえない さらに Deci & Ryan (1991) は, 他者との関係が親密であると同時に自律支援的 (autonomy supportive) であるような状況は, 個々の成員の基本的な要求を満足させ, 発達のための最適の条件となるのに対し, 条件付きの (contingent) 愛情や承認が活動をコントロー ルしている状況は, 自律性の要求と関係性の要求の葛藤を生み, 発達を損なわせると述べている これらの点を考慮すると, 今回の調査で 関係性 ( 仲間 ) への欲求が充足されていた つまり 仲間との結束は強かった 仲間とのコミュニケーションは取れていた と回答し, なおかつ音楽活動参加の動機づけスタイルが同一化的であった, つまり活動の動機について 仲間とのきずなを深めるため 迷惑をかけないため と回答した者は, 音楽活動への参加を主体的に選択していたというよりも, 仲間社会の中で 条件付きの愛情や承認 にコントロールされている状況にあり, このことが長期的な音楽活動継続への負の影響となって現れていると解釈できる 藤田らの研究では, 同一化的調整スタイルから活動離脱意図への影響は示されていないことから, スポーツ領域とは異なる, 音楽活動に特徴的な影響関係であることが伺える 第 3に, 今回の因子分析では, 心理的欲求において想定されていた 自律性の欲求 因子を抽出することができなかった このことは1つには今回の調査で援用したスポーツの活動状況に基づく自律性への欲求に関する質問項目が想定する場面と, 音楽活動における自律性要求場面との間にズレがあったからかもしれない 音楽活動のなかで自律性欲求の充足の程度は, 練習方法や活動内容に対する単なる意思表示だけでなく, 主体的な演奏解釈表現がどれだけ認められていたかに左右される こうした音楽活動独特の自律性要求場面について, 今回の質問項目では十分にすくい上げることができなかった しかしながら自律的行動が, 音楽活動継続に重要な役割を果たしていることは, 次の点から伺うことができる 自律性因子を想定していた項目, 自分の意見や考えがあるときは, はっきりと意思表示をした 試 18

9 畑田麻由美 菅 裕 したいことがあるときは, 自分の判断で積極的に実行していた は, 今回の分析結果において 有能さの欲求 因子を構成する要素となっていた つまり今回の結果からみる限り, これらの自己決定的な行動と音楽的な有能さについての自己認識には, 非常に密接な関連性があったといえる Hallam (2002) は, 中学校時代の若い音楽家のパーソナリティが, まじめさ (conscientiousness) や従順さ (submissiveness) に特徴づけられるのに対し, より上級の専門的な音楽学校で学ぶ才能ある学生では, それらの特徴が, 個人的衝動 (personal urge) や自己主張 (assertiveness) に変化していることを示す先行研究の結果について, より自律性の劣る者が途中で脱落していった と考え, 長期的に重要なことは, 音楽それ自体に対する個人の傾倒 (commitment) である (p.236) と述べている この見解は, 自己決定的行動と深い関連を持つ有能さの欲求満足が内発的動機づけ ( 充足感 ) を高め, 音楽活動継続につながる今回の調査結果と一致するものである 4 おわりに 今回の調査から, 長期にわたる音楽活動継続のためには, 音楽についての有能さの欲求が満たされることによって生まれる達成感や充足感に動機づけられていること, さらにそのためには, 個々の演奏者が自己決定的に行動する機会を与えることが重要であることが示された 菅 (2009) は, 経験年数の異なる吹奏楽指導者の指導観の比較から, 熟練した指導者ほど演奏者の主体的表現を引き出そうとするファシリテーターとしての役割を強く意識していることを明らかにしている ただ和気藹々と楽しく演奏するだけの活動でもなく, また指導者の独裁的指導によってコンクール成績上位を目指す活動でもなく, 個々の演奏者による, 質の高い, 主体的な音楽表現を通して, 音楽それ自体が内包する喜びを深く味わうことのできる活動環境を構築していくこと それが生涯にわたって音楽に親しむ態度を育てるために, 音楽指導者が果たすべき最も重要な役割であると考える 引用文献 1)Newton, M., Duda, J. L. & Yin, Z. (2000). Examination of the psychometric properties of the Perceived Motivational Climate in Sport Questionnaire-2 in a sample of female athletes. Journal of Sports Sciences, 18, pp )Deci, E. L. & Ryan, R. M. (1990). A motivational approach to self: integration in personality. Nebraska symposium on motivation: Developmental perspectives on motivation, 38, pp )Hallam, S. (2002). Musical motivation: towards a model synthesising the research. Music Education Research, 4(2), pp )Ryan, R. M. & Connell, J. P. (1989)Perceived locus of causality and internalization: Examining reasons for acting in two domains. Journal of Personalities and Social Psychology, 57, pp )Ryan, R. M. & Deci, E. L. (2002). Overview of selfdetermination theory: an organismic dialectical perspective. In R. M. Ryan & E. L. Deci (Eds), Handbook of self-determination research, pp University of Rochester press. 6)Schmidt, C. P. (2007). Intrinsic-mastery motivation in instrumental music: Extension of a higher order construct. Bulletin of the Council for Research in Music Education, 173, pp )Sichivitsa, V. O. (2007). The influences of parents, teachers, peers and other factors on students motivation in music. Research Studies in Music Education, 29(1), pp ) 岡田涼 (2005) 友人関係への動機づけ尺度の作成および妥当性 信頼性の検討 - 自己決定理論の枠組みから パーソナリティ研究 14(1), 頁. 9) 岡田涼 中谷素之 (2006) 動機づけスタイルが課題への興味に及ぼす影響 - 自己決定理論の枠組みから- 教育心理学研究 54,1-11 頁. 10) 菅裕 (2009) 経験年数の異なる5 名の吹奏楽指導者の演奏指導方法と指導観の比較 音楽教育学 39(1),13-24 頁. 11) 藤田勉 杉原隆 (2007a) 大学生の運動参加を予測する高校体育授業における内発的動機づけ 体育学研究 52,19-28 頁. 12) 藤田勉 杉原隆 (2007b) スポーツ文脈における心理的欲求と動機づけの関係 学校教育学研究論集 16,81-94 頁. 19

10

+深見将志.indd

+深見将志.indd .. A B WHO WHO Danish GOAL GOAL WHO GOAL Hodge et al., a Danish, Bailey. Deci & Ryan Self-determination theory Deci & Ryan. Finkel SEM 1 2 e1 e2 Time,Time Time Time... Ryan & Deci. SEM Time1 Time2 e1 e2

More information

Japanese Journal of Applied Psychology

Japanese Journal of Applied Psychology Japanese Journal of Applied Psychology 2015, Vol. 41, No. 1, 65 76 1 1 PAC * Motivational Factors, Valence, and Time Perspectives in Student Job Hunting: A Personal Attitude Construct Analysis of a Female

More information

Human Developmental Research 2009.Vol.23, 親の動機づけスタイル, 動機づけ支援と子どもの自律的動機づけの関連 ( 中間報告 ) 愛知教育大学 伊藤崇達 The relationships among parents motivational s

Human Developmental Research 2009.Vol.23, 親の動機づけスタイル, 動機づけ支援と子どもの自律的動機づけの関連 ( 中間報告 ) 愛知教育大学 伊藤崇達 The relationships among parents motivational s Human Developmental Research 2009.Vol.23,201-208 親の動機づけスタイル, 動機づけ支援と子どもの自律的動機づけの関連 ( 中間報告 ) 愛知教育大学 伊藤崇達 The relationships among parents motivational styles, motivational supports, and children s autonomous

More information

発達研究第 25 巻 問題と目的 一般に, 授業の中でよく手を挙げるなどの授業に積極的に参加している児童は授業への動機づけが高いと考えられている ( 江村 大久保,2011) したがって, 教師は授業に積極的に参加している児童の行動を児童の関心 意欲の現われと考えるのである 授業場面における児童の積

発達研究第 25 巻 問題と目的 一般に, 授業の中でよく手を挙げるなどの授業に積極的に参加している児童は授業への動機づけが高いと考えられている ( 江村 大久保,2011) したがって, 教師は授業に積極的に参加している児童の行動を児童の関心 意欲の現われと考えるのである 授業場面における児童の積 Human Developmental Research 2011.Vol.25,173-178 授業に積極的に参加している児童は動機づけが高いのか? 授業雰囲気による学級別の検討 ( 中間報告 ) 香川大学 神戸市立北須磨小学校 大久保智生 江村早紀 Were school pupils who were positively participating in the class high motivated?

More information

43 小学生と中学生の体育授業における動機づけの比較検討 藤田勉 * ** 佐藤善人 (2009 年 10 月 27 日受理 ) Comparison of Motivation in Physical Education between Elementary and Junior High School Students FUJITA Tsutomu, SATO Yoshihito 要約 本研究の目的は,

More information

01伊藤森年.indd

01伊藤森年.indd 44 49 57 22 12 49 スポーツにおける目標志向性とチームの動機づけ構造がセルフ ハンディキャッピングに及ぼす影響 Masako MORITOSHI and Toyohiko ITO Influence of the Goal Orientation and Perceived Motivational Structure on Self-handicapping in Sport 要約

More information

The Journal of the Japan Academy of Nursing Administration and Policies Vol 12, No 1, pp 49 59, 2008 資料 看護師におけるメンタリングとキャリア結果の関連 Relationship between M

The Journal of the Japan Academy of Nursing Administration and Policies Vol 12, No 1, pp 49 59, 2008 資料 看護師におけるメンタリングとキャリア結果の関連 Relationship between M The Journal of the Japan Academy of Nursing Administration and Policies Vol 12, No 1, pp 49 59, 2008 資料 看護師におけるメンタリングとキャリア結果の関連 Relationship between Mentoring and Career Outcomes of Nurses 今堀陽子 1) 作田裕美

More information

論文内容の要旨

論文内容の要旨 論文の内容の要旨 大腸癌検診における精密検査の受診に関連する要因 指導教員甲斐一郎教授東京大学大学院医学系研究科平成 16 年 4 月進学博士課程健康科学 看護学専攻氏名鄭迎芳 第 Ⅰ 章緒言日本の大腸癌による死亡者数は急増し 年齢調整死亡率は諸外国に比べて上位の水準に達している しかし 日本の大腸癌検診では 一次検診で精密検査 ( 以下 精査と略す ) が必要と判定された者の精査受診率は 60%

More information

博士論文 考え続ける義務感と反復思考の役割に注目した 診断横断的なメタ認知モデルの構築 ( 要約 ) 平成 30 年 3 月 広島大学大学院総合科学研究科 向井秀文

博士論文 考え続ける義務感と反復思考の役割に注目した 診断横断的なメタ認知モデルの構築 ( 要約 ) 平成 30 年 3 月 広島大学大学院総合科学研究科 向井秀文 博士論文 考え続ける義務感と反復思考の役割に注目した 診断横断的なメタ認知モデルの構築 ( 要約 ) 平成 30 年 3 月 広島大学大学院総合科学研究科 向井秀文 目次 はじめに第一章診断横断的なメタ認知モデルに関する研究動向 1. 診断横断的な観点から心理的症状のメカニズムを検討する重要性 2 2. 反復思考 (RNT) 研究の歴史的経緯 4 3. RNT の高まりを予測することが期待されるメタ認知モデル

More information

e.g., Mahoney, Vandell, Simpkins, & Zarrett, Bohnert, Fredricks, & Randall2010 breadth intensitydurationengagement e.g., Mahone

e.g., Mahoney, Vandell, Simpkins, & Zarrett, Bohnert, Fredricks, & Randall2010 breadth intensitydurationengagement e.g., Mahone 2014 25 4 453465 1 670 6 1 2 2008, 2009 2002 e.g., 2002; 1999 100 1 2 2013; 2002; 1999 1 2007 2009 2006; 20082006 2013 454 254 e.g., Mahoney, Vandell, Simpkins, & Zarrett, 2009 1 23 2013 Bohnert, Fredricks,

More information

Exploring the Art of Vocabulary Learning Strategies: A Closer Look at Japanese EFL University Students A Dissertation Submitted t

Exploring the Art of Vocabulary Learning Strategies: A Closer Look at Japanese EFL University Students A Dissertation Submitted t Exploring the Art of Vocabulary Learning Strategies: A Closer Look at Japanese EFL University Students MIZUMOTO, Atsushi Graduate School of Foreign Language Education and Research, Kansai University, Osaka,

More information

04-p45-67cs5.indd

04-p45-67cs5.indd Journal of Sport and Exercise Psychology Motivation in sport and exercise. Journal of Sport and Exercise Psychology Journal of Applied Sport Psychology Psychological Review International Journal of Behavioral

More information

motivation motivating motivation theory Dörnyei, a motivating theory Epstein taskauthority reward groupingevaluationtime TARGET 1 研究例 モデルの名称 具体的な動機づけ要

motivation motivating motivation theory Dörnyei, a motivating theory Epstein taskauthority reward groupingevaluationtime TARGET 1 研究例 モデルの名称 具体的な動機づけ要 Abstract Recent research investigating how the motivation to learn an L can be enhanced has included several studies that detail and organize numerous motivational strategies, as well as a number of educational

More information

Newgarten, BL., Havighrst, RJ., & Tobin, S.Life Satisfaction Index-A LSIDiener. E.,Emmons,R.A.,Larsen,R.J.,&Griffin,S. The Satisfaction With Life Scal

Newgarten, BL., Havighrst, RJ., & Tobin, S.Life Satisfaction Index-A LSIDiener. E.,Emmons,R.A.,Larsen,R.J.,&Griffin,S. The Satisfaction With Life Scal 青年期における人生に対する 積極的態度に関する研究 KJ 法による検討と尺度の構成を中心として 海老根 理 絵 臨床心理学コース The research of the positive attitude toward life in adolescence Rie EBINE The purpose of this study is to assess qualitatively the structure

More information

論文題目 大学生のお金に対する信念が家計管理と社会参加に果たす役割 氏名 渡辺伸子 論文概要本論文では, お金に対する態度の中でも認知的な面での個人差を お金に対する信念 と呼び, お金に対する信念が家計管理および社会参加の領域でどのような役割を果たしているか明らかにすることを目指した つまり, お

論文題目 大学生のお金に対する信念が家計管理と社会参加に果たす役割 氏名 渡辺伸子 論文概要本論文では, お金に対する態度の中でも認知的な面での個人差を お金に対する信念 と呼び, お金に対する信念が家計管理および社会参加の領域でどのような役割を果たしているか明らかにすることを目指した つまり, お 論文題目 大学生のお金に対する信念が家計管理と社会参加に果たす役割 氏名 渡辺伸子 論文概要本論文では, お金に対する態度の中でも認知的な面での個人差を お金に対する信念 と呼び, お金に対する信念が家計管理および社会参加の領域でどのような役割を果たしているか明らかにすることを目指した つまり, お金に対する信念の構造の把握と関連領域の整理を試みた 第 Ⅰ 部の理論的検討は第 1 章から第 5 章までであった

More information

Microsoft PowerPoint - 譫礼峩荵

Microsoft PowerPoint - 譫礼峩荵 2011 3 11 323 25 HP 2013 JOC 2014 JOC HP 2014 Go for it 2011 J A 1 2 3 2013bj 2013 Human Welfare 7 1 2015 CiNii 1980 3 1990 17 2000 63 2010 46 2014 7 29 2004 2012 20132007 2003 2003 2002 3 1 20 70 1 2013

More information

kenkyujo_kiyo_09.ren

kenkyujo_kiyo_09.ren 立正大学心理学研究所紀要 第9号 (2011) 付表1 94 F p F p F p F p F P T F P T F P T F P T Neuron Evolutionary Psychology Behavioral and Brain Sciences Journal of Personality and Social Psychology Journal of Personality

More information

11号02/百々瀬.indd

11号02/百々瀬.indd Vol. 112011 ピア エデュケーションによる栄養学科学生の栄養教育の実践 Nutrition Education by College Students of Nutrition Science through the Peer Education System 百々瀬いづみ IzumiMOMOSE 山部秀子 Shuko YAMABE A ºpeer education" system has

More information

1. 緒言 p 問題の所在 ) p

1. 緒言 p 問題の所在 ) p 体育科教育学研究 32(2):19-32.2016 原著論文 ランニングの魅力が形成されるプロセスに関する研究 学習者にとっての魅力を中心とした持久走の学習を求めて 齋藤祐一 ( 東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科 ) 鈴木直樹 ( 東京学芸大学 ) Developing an Attraction to Running: Clarification of the Process and Implications

More information

56 56 The Development of Preschool Children s Views About Conflict Resolution With Peers : Diversity of changes from five-year-olds to six-year-olds Y

56 56 The Development of Preschool Children s Views About Conflict Resolution With Peers : Diversity of changes from five-year-olds to six-year-olds Y 56 56 The Development of Preschool Children s Views About Conflict Resolution With Peers : Diversity of changes from five-year-olds to six-year-olds Yukari KUBO 311615 1 1 1 97 43-2 2005 Rubin, Bukowski,

More information

2 251 Barrera, 1986; Barrera, e.g., Gottlieb, 1985 Wethington & Kessler 1986 r Cohen & Wills,

2 251 Barrera, 1986; Barrera, e.g., Gottlieb, 1985 Wethington & Kessler 1986 r Cohen & Wills, 2014 25 1 1 11 1 3,085 100 1 1988 e.g., 2000 3 e.g., 2005; 1999 100 1960 100 2012 2 6 23 1 98.2 1999 1999 3 65.3 1999 1996 1 21 e.g., 1999 3 1 2 251 Barrera, 1986; 1993 1 2 2001 3 2001 Barrera, 1981 1993

More information

<4D F736F F F696E74202D2091E63989F1837D815B F A B836093C1985F D816A2E >

<4D F736F F F696E74202D2091E63989F1837D815B F A B836093C1985F D816A2E > 共分散構造分析 マーケティング リサーチ特論 2018.6.11 補助資料 ~ 共分散構造分析 (SEM)~ 2018 年度 1 学期 : 月曜 2 限 担当教員 : 石垣司 共分散構造分析とは? SEM: Structural Equation Modeling 複数の構成概念 ( ) 間の影響を実証 因子分析ではは直交の仮定 演繹的な仮説検証や理論実証に利用 探索的アプローチには不向き CB-SEM

More information

Adams, B.N.,1979. "Mate selection in the United States:A theoretical summarization," in W.R.Burr et.al., eds., Contemporary Theories about the Family, Vol.1 Reserch - Based Theories, The Free Press, 259-265.

More information

教育工学会研究会原稿見本

教育工学会研究会原稿見本 ARCS 動機づけモデルに基づく Course Interest Survey 日本語版尺度の検討 Making an Evaluation of the Japanese Edition of Course Interest Survey Scale Based on ARCS Motivational Model 川上祐子 * 向後千春 ** Yuko Kawakami* Chiharu Kogo**

More information

Atkinson, J. W., Heyns, R. W., & Veroff, J. 1954 The effect of experimental arousal of the affiliation motives on thematic apperception. Journal of Abnormal and Social Psychology, 49, 405 Horner, M. S.

More information

Berndt, T. J., & Keefe, K. 1995 Friends' influence on adolescents' adjustment to school. Child Development, 66, 1312-1329. Birch, S. H., & Ladd, G. W. 1996 Interpersonal relationships in the school environment

More information

174 JALT Journal aspect of human beings that apply to all people, regardless of gender, group, or culture. Deci and Ryan (1985) postulate three psycho

174 JALT Journal aspect of human beings that apply to all people, regardless of gender, group, or culture. Deci and Ryan (1985) postulate three psycho 学習者の動機づけは何によって高まるのか 自己決定理論による高校生英語学習者の動機づけの検討 What Enhances Language Learners Motivation? High school English learners motivation from the perspective of Self-Determination Theory 廣森友人 ( ひろもりともひと ) 北海道大学

More information

Water Sunshine

Water Sunshine 全国英語教育学会 2016 年 8 月 20 日 ( 土 ) 第 42 回埼玉大会 獨協大学 中高生の英語学習に関する実態調査 2014 学習実態と学習への意識の関係性などを探る 工藤洋路 ( 玉川大学 ) 大規模調査 調査の背景 2008 年 中学校英語に関する基本調査 ( 教員調査 ) 2009 年 中学校英語に関する基本調査 ( 生徒調査 ) ヒアリング調査 2013 年 中高生に対する聞き取り調査

More information

(Microsoft Word

(Microsoft Word 中学生におけるにおける勤労観勤労観と進路選択進路選択に対するする自己効力自己効力とのとの関連 職場体験職場体験 を中心中心に The Relationship between Working Consciousness and Career Decision-Making Self-Efficacy in Junior High School Students Focus on Work Experience

More information

137 Author s E-mail Address: torii@shoin.ac.jp Relationship between appearance modifying behavior and narcissistic tendency in Japanese males TORII Sakura Faculty of Human Sciences, Kobe Shoin Women s

More information

<30315F985F95B65F90B490852E696E6464>

<30315F985F95B65F90B490852E696E6464> Modeling for Change by Latent Difference Score Model: Adapting Process of the Student of Freshman at Half Year Intervals Kazuaki SHIMIZU and Norihiro MIHO Abstract The purpose of this paper is to present

More information

課題研究の進め方 これは,10 年経験者研修講座の各教科の課題研究の研修で使っている資料をまとめたものです 課題研究の進め方 と 課題研究報告書の書き方 について, 教科を限定せずに一般的に紹介してありますので, 校内研修などにご活用ください

課題研究の進め方 これは,10 年経験者研修講座の各教科の課題研究の研修で使っている資料をまとめたものです 課題研究の進め方 と 課題研究報告書の書き方 について, 教科を限定せずに一般的に紹介してありますので, 校内研修などにご活用ください 課題研究の進め方 これは,10 年経験者研修講座の各教科の課題研究の研修で使っている資料をまとめたものです 課題研究の進め方 と 課題研究報告書の書き方 について, 教科を限定せずに一般的に紹介してありますので, 校内研修などにご活用ください 課題研究の進め方 Ⅰ 課題研究の進め方 1 課題研究 のねらい日頃の教育実践を通して研究すべき課題を設定し, その究明を図ることにより, 教員としての資質の向上を図る

More information

九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository 在日中国人留学生における対人的自己効力感が対人ストレスコーピングに及ぼす影響 陳, 香蓮九州大学大学院人間環境学府 Chen, KaoruRen Graduate School of Human-Environment Studies, Kyushu University https://doi.org/10.15017/20083

More information

研究報告用MS-Wordテンプレートファイル

研究報告用MS-Wordテンプレートファイル SNS の使用状況と性格特性との間の関係 斉藤祐成 野村竜也 mixi や Facebook,Twitter などの SNS 使用者の性格特性にどのような共通点や関係性が存在するかについて明らかにするために, 大学生を対象とした質問紙調査を行った. 第 1 回調査においては,SNS の使用と外向性との間に関連性が見出された. 本稿では, さらに第 2 回調査の結果として, 社会への信頼感や友人関係との関連性について報告する.

More information

Akhtar, S., & Thomson, J. A. 1982 Overview: Elson, M (Ed.) 1987 The Kohut seminars on self psychology and psychotherapy with adolescents and young adults. New York: W.W.Norton & Company. Gabbard, G.O.

More information

大谷教育福祉研究 39号☆/1.熊野

大谷教育福祉研究 39号☆/1.熊野 2 5 4 30 846 418 428 SWLSPANAS e.g. 2012 e.g. 20062006 2011 a2011 b 2 20121 2 2 2 2011 c2012 1 Figure 1 2 2006 2 2 1966 20122006 2012 30 Figure 1 2 4 2 5 4 2012 2011 Diener1984 the Satisfaction with Life

More information

012 27-28 29 3 3 2 2 19 29 3 1 2 27-28,, 5 19 5 1 275 7,643 1 1 2 3 1 2 Class size Motivation -0.016 p =.036 1 0 2 Student level (Level 1) Class level (Level 2) Item 3 Item 13 Item 23 Item 33 Item 43

More information

IPSJ SIG Technical Report Vol.2014-CE-123 No /2/8 Bebras 1,a) Bebras,,, Evaluation and Possibility of the Questions for Bebras Contest Abs

IPSJ SIG Technical Report Vol.2014-CE-123 No /2/8 Bebras 1,a) Bebras,,, Evaluation and Possibility of the Questions for Bebras Contest Abs Bebras 1,a) 2 3 4 Bebras,,, Evaluation and Possibility of the Questions for Bebras Contest Abstract: Problems that Japan has includes the disinterest in mathematics and science. In elementary and secondary

More information

共栄大学研究論集

共栄大学研究論集 女性看護師の職業継続を規定する要因の検討 A Look at the Factors that Determine Career Continuation Among Female Nurses : A Comparison of Different Career Stages Kieko HORII 801 Abstract The goal of this paper is to suggest

More information

J53-01

J53-01 53 Bulletin of Hiroshima Jogakuin University : 126Dec. 2003 1 TAT 200310 Object relations in TAT analysis Kyoko YAMASHITA Abstract I carried out TAT with 54 female university students as subjects, and

More information

Microsoft Word - 209J4009.doc

Microsoft Word - 209J4009.doc 修士論文要旨 2011 年 1 月 キャリア アダプタビリティが大学生の就職活動に与える影響 指導種市康太郎准教授 心理学研究科臨床心理学専攻 209J4009 藤原智佳子 目次 Ⅰ. 問題の背景と所在 3 1. 若年労働者のキャリアに関する問題 3 2. 企業が求める人材 3 2-1. 高度成長期以降に望まれた人材像 3 2-2. 今日望まれている人材像 4 3. 若年労働者へのキャリア支援の変遷

More information

Jpn. J. Personality 19(2): (2010)

Jpn. J. Personality 19(2): (2010) 2010 19 2 94 106 2010 1) BRS Cloninger (TCI) (BRS) 246 TCI 7 759 BRS TCI Cloninger (resilience) 2002 (Grotberg, 2003) 1) 2008 2002 (2004) 3 (2007) 95 2002 Wagnild & Young, 1993 2005 Luthar, Cicchetti,

More information

フトを用いて 質問項目間の相関関係に着目し 分析することにした 2 研究目的 全国学力 学習状況調査結果の分析を通して 本県の児童生徒の国語及び算数 数学の学習 に対する関心 意欲の傾向を考察する 3 研究方法平成 25 年度全国学力 学習状況調査の児童生徒質問紙のうち 国語及び算数 数学の学習に対

フトを用いて 質問項目間の相関関係に着目し 分析することにした 2 研究目的 全国学力 学習状況調査結果の分析を通して 本県の児童生徒の国語及び算数 数学の学習 に対する関心 意欲の傾向を考察する 3 研究方法平成 25 年度全国学力 学習状況調査の児童生徒質問紙のうち 国語及び算数 数学の学習に対 学習に対する関心 意欲等についてのデータ分析 平成 25 年度全国学力 学習状況調査質問紙調査から 教科教育部 要旨平成 25 年度 全国学力 学習状況調査 の学習に対する関心 意欲等に関する質問項目に対する本県の児童生徒の回答状況について 統計処理ソフトを用いて 質問項目間の相関関係に着目し分析したところ 国語の学習に対する意識と算数 数学の学習に対する意識に校種間で違いがあることが分かった キーワード

More information

日本人英語学習者の動機付け―JGSS-2003のデータ分析を通して―

日本人英語学習者の動機付け―JGSS-2003のデータ分析を通して― 日本版 General Social Surveys 研究論文集 [4] JGSS で見た日本人の意識と行動 JGSS Research Series No.1 Motivation of Japanese English learners From the data of JGSS-2003 Kaoru KOISO By analyzing the data of JGSS-2003 with χ

More information

02総福研-06_辻.indd

02総福研-06_辻.indd Differences in the Needs of Depending on the Type of Self-Reliance Support Service Facilities for People with Mental Disorders Questionnaire Survey for Users of Facilities in City A, Osaka Prefecture 精神障害者が利用する自立支援サービス事業種別によるニーズの相違について

More information

( 別刷 ) 中年期女性のジェネラティヴィティと達成動機 相良順子伊藤裕子 生涯学習研究 聖徳大学生涯学習研究所紀要 第 16 号別冊 2018 年 3 月

( 別刷 ) 中年期女性のジェネラティヴィティと達成動機 相良順子伊藤裕子 生涯学習研究 聖徳大学生涯学習研究所紀要 第 16 号別冊 2018 年 3 月 ( 別刷 ) 相良順子伊藤裕子 生涯学習研究 聖徳大学生涯学習研究所紀要 第 16 号別冊 2018 年 3 月 就業形態による差異 要旨 本研究は,40 代と 50 代の中年期の女性を対象として, 就業形態によるジェネラティヴィティにおける差異および達成動機との関連における差異を検討した ジェネラティヴィティを構成する世代性意識と社会貢献の意志の 2 つの下位尺度についてフルタイム, パート, 無職の3つの就業形態別の差を検討したところ,

More information

FJ-USER

FJ-USER 1 コーチ 競技者間の人間関係質問紙 (CART-Q) の開発と妥当性の検討 The coach-athlete relationship questionnaire (CART-Q): development and initial validation. Sophia Jowett, Nikos Ntoumanis Scandinavian Journal of Medicine & Science

More information

The Japanese Journal of Health Psychology, 29(S): (2017)

The Japanese Journal of Health Psychology, 29(S): (2017) Journal of Health Psychology Research 2017, Vol. 29, Special issue, 139 149Journal of Health Psychology Research 2016, J-STAGE Vol. Advance 29, Special publication issue, 139 149 date : 5 December, 2016

More information

理科教育学研究

理科教育学研究 Vol.No. 資料論文 doi:. /sjst.sp 昆虫の体のつくり の学習前後における児童の認識状態の評価 自由記述法と描画法を併用して A B AB A A B B [ キーワード ] 1. はじめに 1.1 問題の所在 Cinici Shepardson Shepardson Cinici 1.2 評価実施の目的 2. 評価の実施の方法 2.1 評価ツールの選定, 及び評価シートの作成 B

More information

04_奥田順也.indd

04_奥田順也.indd 82016 pp. 45~58 STUDIES IN ART 8 Bulletin of Tamagawa University, College of Arts 2016 This study aimed to identify the contemporary issues considered necessary in today s keyboard harmonica instruction,

More information

THE JAPANESE JOURNAL OF PERSONALITY 2007, Vol. 15 No. 2, 217–227

THE JAPANESE JOURNAL OF PERSONALITY 2007, Vol. 15 No. 2, 217–227 2007 15 2 217 227 2007 1 2 445 238 207 1 7 7 (2005) (2005) (2006a) 2006a (2004) (assumed-competence) 218 15 2 1 2005 2004 (2004) (2004) (2004) 16PF (2006) 4 Hayamizu, 2002 2006a (2006a) 1 Hayamizu, Kino,

More information

評論・社会科学 85号(よこ)(P)/3.佐分

評論・社会科学 85号(よこ)(P)/3.佐分 well-being well-being well-being well-being QOL well-being satisfaction appraisal 69 well-being 2025 520 http : //www.mhlw.go.jp/ 2000 2004 2005 well-being 1 Walker 1996 ; Picot 1997 2003 2004 Zarit 1980

More information

スポーツ教育学研究(2017. Vol.37, No1 pp.19-31)

スポーツ教育学研究(2017. Vol.37, No1 pp.19-31) 2017. Vol.37, No.1, pp. 19-31 小学校高学年児童を対象とした 状況判断能力を高めるバスケットボールの授業実践事例 Case Study of Increasing the Decision Making Capacity Using Basketball for Elementary School Students Tomoki NAKASHIMA 1 Takamasa

More information

Effects of running ability and baton pass factor on race time in mr Daisuke Yamamoto, Youhei Miyake Keywords track and field sprint baton pass g

Effects of running ability and baton pass factor on race time in mr Daisuke Yamamoto, Youhei Miyake Keywords track and field sprint baton pass g Effects of running ability and baton pass factor on race time in 4100 mr Daisuke Yamamoto, Youhei Miyake Keywords track and field sprint baton pass gain time Abstracts The purpose of this study was to

More information

37_02_三田・栗田・マウラー02.indd

37_02_三田・栗田・マウラー02.indd (1-5) : (6-10) : 5 :2 1 ( ) 2 Do you interested in sports? 2 Do No. 1. 26 Mita, Isticioaia- Budura & Lavey, 2015 2. ELPA 60 60 100 100 100 300 3. manaba 4. manaba course 5. English Central

More information

05_藤田先生_責

05_藤田先生_責 This report shows innovation of competency of our faculty of social welfare. The aim of evaluation competency is improvement in the Social welfare education effects, by understanding of studentʼs development

More information

高齢期における幸福感規定要因の男女差について―JGSS-2000/2001統合データに基づく検討―

高齢期における幸福感規定要因の男女差について―JGSS-2000/2001統合データに基づく検討― 日本版 General Social Surveys 研究論文集 [6] JGSS で見た日本人の意識と行動 JGSS Research Series No.3 JGSS-2000/2001 Difference between Men's Happiness and Women's Happiness in Later Life An Analysis Based on JGSS Integrated

More information

2 教科に関する調査の結果 (1) 平均正答率 % 小学校 中学校 4 年生 5 年生 6 年生 1 年生 2 年生 3 年生 国語算数 数学英語 狭山市 埼玉県 狭山市 61.4

2 教科に関する調査の結果 (1) 平均正答率 % 小学校 中学校 4 年生 5 年生 6 年生 1 年生 2 年生 3 年生 国語算数 数学英語 狭山市 埼玉県 狭山市 61.4 平成 29 年度埼玉県学力 学習状況調査の結果の概要 狭山市立小学校 中学校 埼玉県学力 学習状況調査は 埼玉県内の小中学校を対象とした学力調査です 平成 27 年度からは 調査対象を小学校 4 年生以上の児童生徒に広げ 毎年実施することにより 児童生徒一人一人の学習内容の定着状況や学力の伸びの様子が把握できるものとなっています このような 一人一人の学力の伸び に注目した調査は 全国でも初めての取組となります

More information

Microsoft Word - 210J4061.docx

Microsoft Word - 210J4061.docx 修士論文 ( 要旨 ) 2014 年 1 月 ネットワーク社会における大学生のコミュニケーションの現状 オンライン コンテンツの利用形態と友人ネットワークおよび心理的影響との関連性 指導石川利江教授 心理学研究科健康心理学専攻 210J4061 山本健太郎 目次 はじめに 1 研究史 1 目的 1 方法 1 調査協力者調査機関場所手続き質問項目 まとめ 2 引用文献 3 はじめに 現在, インターネットは日常生活や職場などにおいて広く用いられており,

More information

た 観衆効果は技能レベルによって作用が異なっ 計測をした た 平均レベル以下の選手は観衆がいると成績が 下がったが, 平均以上の選手は観衆に見られると成績が上がった 興味深いことに, 観衆効果は観衆の数に比例してその効果を増すようである ネビルとキャン (Nevill and Cann, 1998)

た 観衆効果は技能レベルによって作用が異なっ 計測をした た 平均レベル以下の選手は観衆がいると成績が 下がったが, 平均以上の選手は観衆に見られると成績が上がった 興味深いことに, 観衆効果は観衆の数に比例してその効果を増すようである ネビルとキャン (Nevill and Cann, 1998) 観衆効果が競技パフォーマンスに与える影響 1170419 口羽雄吾高知工科大学マネジメント学部 1. 序論自分ではない他者が傍らに存在することで, 作るという つまり, 十分な学習がなされている場合 業の効率が上がる, または下がる このような経験はないだろうか 心理学では, 他者の存在によって作業効率やパフォーマンスが高まることを社会的促進, 逆に他者の存在によって作業効率やパフォーマンスが低下することを社会的抑制という

More information

‰gficŒõ/’ÓŠ¹

‰gficŒõ/’ÓŠ¹ The relationship between creativity of Haiku and idea search space YOSHIDA Yasushi This research examined the relationship between experts' ranking of creative Haiku (a Japanese character poem including

More information

272 11) 12) 1 Barrera 13) 1fl social embeddedness 2fl perceived support 3fl enacted support 3 14) 15) 3 2fl 13) 16;17) 1 14;15;18 21) 2 22;23) 4 24;25

272 11) 12) 1 Barrera 13) 1fl social embeddedness 2fl perceived support 3fl enacted support 3 14) 15) 3 2fl 13) 16;17) 1 14;15;18 21) 2 22;23) 4 24;25 Vol. 13 No. 2 2003 271 281 I Λ1 Λ2 I 162 II 286 3 4 1 > 2 3 1) 13 11 36 1 275 1 7 21 2;3) 17 4 6) 7;8) 9) 10) Λ1 Λ2 701-0193 288 271 272 11) 12) 1 Barrera 13) 1fl social embeddedness 2fl perceived support

More information

0a-p1-12-会告.indd

0a-p1-12-会告.indd 研究報告 Drawing up of Structural Equation Modeling for Family Needs and Coping Strategies in Critical Care Settings Hiroaki Yamase cns-face Key Words family needs, coping, cns-face, critical care nursing,

More information

Japanese Journal of Applied Psychology

Japanese Journal of Applied Psychology Japanese Journal of Applied Psychology 2017, Vol. 42, No. 3, 234 246 1 * Establishment of a Structural Framework for Problematic Situations in Romantic Relationships of University Students Miyuki AIBA

More information

Adult Attachment Projective AAP PARS PARS PARS PARS Table

Adult Attachment Projective AAP PARS PARS PARS PARS Table PARS PARS PARS PARS IWM IWM SATSAT Adult Attachment Projective AAP PARS PARS PARS PARS Table PARS PARS PARS PARS PARS AAP George, West, & Pettem Bowlby Bowlby George et al.,, Pp. - Geroge & West, PARS

More information

Japanese Journal of Applied Psychology

Japanese Journal of Applied Psychology Japanese Journal of Applied Psychology 2018, Vol. 43, No. 3, 256 266 1 * ** Factors of Interest in Young Children among University Students: The Influences of Contact Experience with Infants, Internal

More information

17.indd

17.indd 原著 出生前診断に関する大学生の意識調査 村上 ( 横内 ) 理絵吉利宗久 A Study on Recognition and Attitude of University Students Concerning the Prenatal Diagnosis ; Present Status and Future Perspective in Japan Rie MURAKAMI(YOKOUCHI),Munehisa

More information

ゼミ名    岸ゼミナールB(演習Ⅱ)

ゼミ名    岸ゼミナールB(演習Ⅱ) 2014 年度岐阜経済大学 学内ゼミナール大会参加論文 ゼミ名テーマ代表者参加者 岸ゼミナール A スポーツ指導者の指導タイプによる選手の競技意欲への影響渡邉知将相崎友歌佐藤唯登坪岡良尚戸田汐里菜畑中昂平澤智大 目次 1. 序論 2. 方法 (1) 対象者と調査時期 (2) 調査内容 (3) 統計処理 3. 結果と考察 (1) 指導タイプの割合 (2) 指導タイプ別の TSMI の比較 4. まとめ

More information

学習指導要領の領域等の平均正答率をみると 各教科のすべての領域でほぼ同じ値か わずかに低い値を示しています 国語では A 問題のすべての領域で 全国の平均正答率をわずかながら低い値を示しています このことから 基礎知識をしっかりと定着させるための日常的な学習活動が必要です 家庭学習が形式的になってい

学習指導要領の領域等の平均正答率をみると 各教科のすべての領域でほぼ同じ値か わずかに低い値を示しています 国語では A 問題のすべての領域で 全国の平均正答率をわずかながら低い値を示しています このことから 基礎知識をしっかりと定着させるための日常的な学習活動が必要です 家庭学習が形式的になってい 平成 30 年度全国学力 学習状況調査の結果から ( 平成 30 年 4 月 17 日実施 ) 小諸市教育委員会文部科学省では 次の目的で小学校第 6 学年 中学校第 3 学年 原則として全児童生徒を対象に 全国学力 学習状況調査 を毎年実施しています 義務教育の機会均等とその水準の維持向上の観点から 全国的な児童生徒の学力や学習状況を把握分析し 教育施策の成果と課題を検証し その改善を図る そのような取組を通じて

More information

蝨ー蝓溯・豐サ縺ィ繧ウ繝溘Η繝九ユ繧」蠖「謌舌↓髢「縺吶k螳滓・隱ソ譟サ・域擲莠ャ迚茨シ峨€仙悸邵ョ縺ェ縺励€・indd

蝨ー蝓溯・豐サ縺ィ繧ウ繝溘Η繝九ユ繧」蠖「謌舌↓髢「縺吶k螳滓・隱ソ譟サ・域擲莠ャ迚茨シ峨€仙悸邵ョ縺ェ縺励€・indd 15 35 1 1 1 1 2 2 2 1 2 2 3 3 1 3 2 4 4 1 4 2 2014 7 11 2014 9 30 1 1 1 2011 6 766 2012 2014 1991 11 2007 12 2008 2012 152011 9.3 1 2011 79 2010 33 1990 8.9 20 4 2013 b 2012 ; 2013 20122000 2 2006 a 2005

More information

Microsoft Word - 12_田中知恵.doc

Microsoft Word - 12_田中知恵.doc シニアマーケットにおける広告戦略について ~ 幸福感をもたらす広告メッセージ ~ 代表研究者田中知恵昭和女子大学人間社会学部専任講師共同研究者村田光二一橋大学大学院社会学研究科教授道家瑠見子 一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程 1. 問題平成 18 年度版の高齢社会白書によれば 高齢化率は 2015 年に 26.0% 2050 年には 35.7% に達し 国民の約 3 人に 1 人が 65 歳以上という極めて高齢化の進んだ社会の到来が見込まれている

More information

ISO9001:2015規格要求事項解説テキスト(サンプル) 株式会社ハピネックス提供資料

ISO9001:2015規格要求事項解説テキスト(サンプル) 株式会社ハピネックス提供資料 テキストの構造 1. 適用範囲 2. 引用規格 3. 用語及び定義 4. 規格要求事項 要求事項 網掛け部分です 罫線を引いている部分は Shall 事項 (~ すること ) 部分です 解 ISO9001:2015FDIS 規格要求事項 Shall 事項は S001~S126 まで計 126 個あります 説 網掛け部分の規格要求事項を講師がわかりやすく解説したものです

More information

越智59.qxd

越智59.qxd Social Skills Training; SST SST Social Skills, SST, ;, SST, SST SST, ;, ; DeRosier & Marcus,, ;, a b SST Ladd & Mize, ; Hansen, Nagle, & Meyer,,, A BC SST SST SST SST SST SST, SST Goldstein & McGinnis,

More information

Microsoft Word - 概要3.doc

Microsoft Word - 概要3.doc 装い としてのダイエットと痩身願望 - 印象管理の視点から - 東洋大学大学院社会学研究科鈴木公啓 要旨 本論文は, 痩身願望とダイエットを装いの中に位置づけたうえで, 印象管理の視点からその心理的メカニズムを検討することを目的とした 全体として, 明らかになったのは以下のとおりである まず, 痩身が装いの一つであること, そして, それは独特の位置づけであり, また, 他の装いの前提条件的な位置づけであることが明らかになった

More information

Web Stamps 96 KJ Stamps Web Vol 8, No 1, 2004

Web Stamps 96 KJ Stamps Web Vol 8, No 1, 2004 The Journal of the Japan Academy of Nursing Administration and Policies Vol 8, No 1, pp 43 _ 57, 2004 The Literature Review of the Japanese Nurses Job Satisfaction Research Which the Stamps-Ozaki Scale

More information

平成23年度全国学力・学習状況調査問題を活用した結果の分析   資料

平成23年度全国学力・学習状況調査問題を活用した結果の分析   資料 平成 23 年度全国学力 学習状況調査問題を活用した結果の分析 1 調査結果の概要 (1) 全体的な傾向 伊達市教育委員会 市内の小 中学校においては 全体として以下のような特徴がみられた 平成 23 年度全国学力 学習状況調査問題を活用した北海道における学力等調査は 札 幌市を除く178 市町村 及び特別支援学校小学部 特別支援学校中学部 中等教育学校 が実施をした 実施した学校数と児童生徒数については

More information

46

46 An Empirical Analysis of the Relationships among Distribution Channels in the Japanese Music Market ABSTRACT This study constructed a simultaneous equation model of CD sales and rentals, using the data

More information

調査会社から提供された予想回答率から配信数を決定し調査を行った結果, 配信数 名に対し, 名の回答が回収された ( 調査協力率 :14.5%) さらに, スクリーニング調査の 1 週間後に本調査の 1 回目を実施した スクリーニング調査において 過去一ヵ月以内に インターネ

調査会社から提供された予想回答率から配信数を決定し調査を行った結果, 配信数 名に対し, 名の回答が回収された ( 調査協力率 :14.5%) さらに, スクリーニング調査の 1 週間後に本調査の 1 回目を実施した スクリーニング調査において 過去一ヵ月以内に インターネ 平成 22 年度共同研究報告書 自殺関連行動とネット上の情報との関連についての研究 共同研究担当末木新 ( 東京大学大学院教育学研究科 日本学術振興会 ) 稲垣正俊 ( 国立精神 神経医療研究センター精神保健研究所自殺予防総合対策センター ) 竹島正 ( 国立精神 神経医療研究センター精神保健研究所自殺予防総合対策センター ) 1. 研究の概要わが国では, 年間の自殺者数が 3 万人を超える状態が続いており,

More information

p.1~2◇◇Ⅰ調査の概要、Ⅱ公表について、Ⅲ_1教科に対する調査の結果_0821_2改訂

p.1~2◇◇Ⅰ調査の概要、Ⅱ公表について、Ⅲ_1教科に対する調査の結果_0821_2改訂 平成 26 年度全国学力 学習状況調査 ( 文部科学省 ) 島根県 ( 公立 ) の結果概要 Ⅰ 調査の概要 1 調査の目的義務教育の機会均等とその水準の維持向上の観点から 全国的な児童生徒の学力や学習状況を把握 分析し 教育施策の成果と課題を検証し その改善を図るとともに 学校における児童生徒への教育指導の充実や学習状況の改善等に役立てる さらに そのような取組を通じて 教育に関する継続的な検証改善サイクルを確立する

More information

成績評価を「学習のための評価」に

成績評価を「学習のための評価」に 成績評価を 学習のための評価 に 群馬県立高崎高等学校 SSHの評価に関する情報交換会 2017 年 1 月 10 日 ( 火 )13:10~15:30 田中正弘 ( 筑波大学 ) 成績評価を 学習のための評価 に Page 2 学習のための評価 学習のための評価 とは, 評価に関する情報を, 生徒の学習成果を高める目的に用いることである 学習のための評価は, 形成的評価と呼ばれる 総括的評価は,

More information

.A...ren

.A...ren 15 6 2 6 1 7 11 2 11 4 3 2 Keywords 1 1 e. g., 2006 6 1 1 6 2 2008 11 28 2007 2007 2008 7 5 e. g., 1998 1995 16 1996 1995 2007 6 2 2 1995 1996 30 e. g., 1989 1988 1983 Shimizu et al., 1986 1996 2 2 6 2

More information

:... a

:... a Title 発達障害と睡眠困難 に関する研究の動向と課題 ( fulltext ) Author(s) 柴田, 真緒 ; 髙橋, 智 Citation 東京学芸大学紀要. 総合教育科学系, 69(2): 107-121 Issue Date 2018-02-28 URL http://hdl.handle.net/2309/148914 Publisher 東京学芸大学学術情報委員会 Rights

More information

Jpn. J. Personality 19(2): (2010)

Jpn. J. Personality 19(2): (2010) 2010 19 2 146 156 2010 1) 2) 2 120 60 2 (e.g., Mikulincer & Shaver, 2007) 1) (B) 20730415 69 2008 2) 3) Hazan & Shaver (1987) (Mikulincer & Shaver, 2007) 3 3 3 1 3) 2 2 (e.g., 2001) (Bowlby, 1969/1982)

More information

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために 3 30/ /31 3 3 体の動かし方やコツがわかる授業 体育の授業で体の動かし方やうまくなるためのコツが わかった と回答した小学生は 男子46.0 女子38.0 であり 保健体育の授業で わかった と回答した中学生は男子 30.5 女子20.7 と 中学生に比べ小学生が 体の動かし方やコツに関する理解を得てい ることが分かった 一方で 体の動かし方やコツを理解できていない児童生徒も存在して いた

More information

Ainsworth, M. D. S., Blehar, M. D., Waters, E., & Wall, S. 1978 Patterns of attachment: A psychological study of the strange Hillsdale, NJ: Erlbaum. situation. H. 1983 On the relation between "fear of

More information

Ⅱ. 用語の操作的定義 Ⅲ. 対象と方法 1. 対象 WAM NET 2. 調査期間 : 3. 調査方法 4. 調査内容 5. 分析方法 FisherMann-Whitney U Kruskal-Wallis SPSS. for Windows 6. 倫理的配慮 Vol. No.

Ⅱ. 用語の操作的定義 Ⅲ. 対象と方法 1. 対象 WAM NET 2. 調査期間 : 3. 調査方法 4. 調査内容 5. 分析方法 FisherMann-Whitney U Kruskal-Wallis SPSS. for Windows 6. 倫理的配慮 Vol. No. 研究報告 The Relation Between the Manager s Administrative Abilities Including Business Activities in Visiting Nursing Stations and the Station s Financial Profits Chisato Fujii Akiko Akama Mariko Ohtake Ikuko

More information

J14Åi ÅjóÈñÿê ÅEäÆ.pdf

J14Åi ÅjóÈñÿê ÅEäÆ.pdf 14 J. Higher Education and Lifelong Learning 14(2006) What Kind of Class Improves Students Academic Motivation? 2 Improvement of a Class by Feedback of the Students Opinions about it Makoto Suzuki** Center

More information

Microsoft Word - Malleable Attentional Resources Theory.doc

Microsoft Word - Malleable Attentional Resources Theory.doc Malleable Attentional Resources Theory: A New Explanation for the Effects of Mental Underload on Performance Mark S. Young & Neville A. Santon Human Factors, Vol. 44, No. 3, pp. 365-375 (2002) Introduction

More information

2 教科に関する調査の結果 ( 各教科での % ) (1) 小学校 国語 4 年生 5 年生 6 年生 狭山市埼玉県狭山市埼玉県狭山市埼玉県 平領均域正等答別率 話すこと 聞くこと 書くこと

2 教科に関する調査の結果 ( 各教科での % ) (1) 小学校 国語 4 年生 5 年生 6 年生 狭山市埼玉県狭山市埼玉県狭山市埼玉県 平領均域正等答別率 話すこと 聞くこと 書くこと 平成 27 年度埼玉県学力 学習状況調査の結果の概要 狭山市立小学校 中学校 埼玉県学力 学習状況調査は 埼玉県内の小中学校を対象とした学力調査として 本年度から新たな形で実施することとなりました 本調査は 小学校 4 年生以上の児童生徒を対象に毎年実施されます そのことにより 児童生徒一人一人の学力がどれだけ伸びているのか と言う視点で 教師が一人一人の学力の伸びを把握できることや児童生徒が学力の伸びを実感することによって

More information

報告書9(資料6)

報告書9(資料6) OECD 高等教育における学習成果の評価 (AHELO) フィージビリティ スタディの実施のあり方に関する調査研究第 3 回研究会 ( 平成 25 年 3 月 19 日 ) OECD AHELO FS データの分析にむけて 深堀聰子国立教育政策研究所 1 OECD AHELO のフィージビリティは検証されたか テスト問題の妥当性 信頼性 フェーズ 1(2011 年 5 月 10 大学 75 人 )

More information

順天堂大学スポーツ健康科学研究第 7 号 (2003) external feedback) といった内的標準を利用した情報処理活動を促進することを意図したものであった. 上記のように, 運動学習におけるフィードバックの研究は, フィードバックそのもののみに焦点が当てられてきた. そこで, 学習場面

順天堂大学スポーツ健康科学研究第 7 号 (2003) external feedback) といった内的標準を利用した情報処理活動を促進することを意図したものであった. 上記のように, 運動学習におけるフィードバックの研究は, フィードバックそのもののみに焦点が当てられてきた. そこで, 学習場面 80 順天堂大学スポーツ健康科学研究第 7 号,80~84 (2003) 報告 フィードバックを用いた情報処理活動の活性化が運動学習に及ぼす影響 澁谷智久 中村剛 中島宣行 The ešect of activation of information processing activity used feedback for motor learning Tomohisa SHIBUYA, Tsuyoshi

More information

名古屋学院大学論集 1. はじめに津村 (2013) は共同学習の最も単純な形態であるペア学習の導入を躊躇する最大の理由として, ペアワークなどに対して消極的, 否定的な意識をもつ学生の存在を指摘する ペアワークを嫌う学生の特徴として習熟度が低く英語嫌いの者が多いことが挙げられている 習熟度の低い学

名古屋学院大学論集 1. はじめに津村 (2013) は共同学習の最も単純な形態であるペア学習の導入を躊躇する最大の理由として, ペアワークなどに対して消極的, 否定的な意識をもつ学生の存在を指摘する ペアワークを嫌う学生の特徴として習熟度が低く英語嫌いの者が多いことが挙げられている 習熟度の低い学 名古屋学院大学論集言語 文化篇第 28 巻第 2 号 pp. 115-123 論文 ペア学習を楽しめない学生はやる気がないのか 自己決定理論からのアプローチ 城野博 志 名古屋学院大学経済学部 要 旨 ペア学習やグループ学習を敬遠しがちな学生は, 共同学習を進めていくうえで放置できない存在である しかしながら, その内面を詳細に探索した研究は見当たらない 本研究では, そうしたペア学習を楽しめていない学生や不本意ながら参加している学生に対して学習スタイルの好みと動機づけとの関連の中で考察を加えることで,

More information

< F C18D E93788EF38D7590B B CC8F578C76834F E786C73>

< F C18D E93788EF38D7590B B CC8F578C76834F E786C73> 平成 23 年度未来の科学者養成講座 受講生アンケート全体集計 & グラフ アンケート実施 : 平成 23 年 12 月 16 日 ~ 平成 24 年 1 月 16 日 平成 24 年 3 月 1 日 JST 未来の科学者養成講座事務局 H23 未来の科学者養成講座 参加者アンケート全機関集計グラフ 問 1. 参加しようと思った動機は何ですか?( 複数回答 ) 選択肢 回答数 割合 1. 面白そうだから

More information

DOUSHISYA-sports_R12339(高解像度).pdf

DOUSHISYA-sports_R12339(高解像度).pdf Doshisha Journal of Health & Sports Science, 4, 41-50 2012 41 A Case Study of the Comprehensive community sports clubs that People with Disability Participate in. Motoaki Fujita In this study, the interview

More information

Ⅰ. 緒言 Suzuki, et al., Ⅱ. 研究方法 1. 対象および方法 1 6 表 1 1, 調査票の内容 図

Ⅰ. 緒言 Suzuki, et al., Ⅱ. 研究方法 1. 対象および方法 1 6 表 1 1, 調査票の内容 図 The Journal of the Japan Academy of Nursing Administration and Policies Vol 12, No 1, pp 515, 2008 原著 病棟勤務看護師の勤務状況とエラー ニアミスのリスク要因 Relationship between Risk Factors Related Medical Errors and Working Conditions

More information

研究論文 経験年数の異なる 5 名の吹奏楽指導者の 演奏指導方法と指導観の比較 要旨 VTR PAC 4 キーワード PAC A comparative analysis of instruction styles and philosophies of five band instructors

研究論文 経験年数の異なる 5 名の吹奏楽指導者の 演奏指導方法と指導観の比較 要旨 VTR PAC 4 キーワード PAC A comparative analysis of instruction styles and philosophies of five band instructors 研究論文 経験年数の異なる 5 名の吹奏楽指導者の 演奏指導方法と指導観の比較 要旨 VTR PAC 4 キーワード PAC A comparative analysis of instruction styles and philosophies of five band instructors with careers of varying lengths Hiroshi SUGA Abstract

More information

中学生における「スクールカースト」とコミュニケーション・スキル及び学校適応感の関係 : 教室内における個人の地位と集団の地位という視点から

中学生における「スクールカースト」とコミュニケーション・スキル及び学校適応感の関係 : 教室内における個人の地位と集団の地位という視点から Title 中学生における とコミュニケーション スキル及び学校適応感の関係 : 教室内における個人の地位と集団の地位という視点から Author(s) 水野, 君平 ; 加藤, 弘通 ; 川田, 学 Citation 子ども発達臨床研究, 7: 13-22 Issue Date 2015-03-25 DOI 10.14943/rcccd.7.13 Doc URL http://hdl.handle.net/2115/58515

More information

32-1_会告.indd

32-1_会告.indd 原 著 Relationship between Urinary Incontinence and Childbirth Among Women who Have Given Birth within the Last Three Years The Role of Midwives in the Prevention and Improvement of Urinary Incontinence

More information

Jpn. J. Personality 18(2): (2009)

Jpn. J. Personality 18(2): (2009) 2010 18 2 140 151 2010 1) 115 35 5 5 1996; 1995 1) 3 3 Bigelow1977; 1988 La Gaipa (1977) 5 (Self-Disclosure) (Authenticity) (Helping Behavior) (Acceptance) (Positive Regard) (Strength of Character) (Similarity)

More information

ブック 1.indb

ブック 1.indb Graduate School of Policy and Management, Doshisha University 17 職務満足度からみる学校図書館の現状 概要 5 1. 差異と認識のズレ 学校図書館に影響するネガティブ要因の探索 1 18 1 2.2 2 1 3 4,5,6 図 1 学校図書館で働く人の雇用上の立場の差異 1 1953 1997 2014 1990 2 28 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/dokusho/link/

More information