若者の就職 進学に関する意識調査 簡易集計結果 速報版( 抜粋 ) 高校生向けアンケート ( 質問 1) 高校 高専卒業後に希望する進路別添 P4 その他, 14, 1.1% 就職, 492, 38.0% 進学, 770, 59.5% 無回答, 18, 1.4% (n=1,294) 進学希望者が 5

Save this PDF as:

Size: px
Start display at page:

Download "若者の就職 進学に関する意識調査 簡易集計結果 速報版( 抜粋 ) 高校生向けアンケート ( 質問 1) 高校 高専卒業後に希望する進路別添 P4 その他, 14, 1.1% 就職, 492, 38.0% 進学, 770, 59.5% 無回答, 18, 1.4% (n=1,294) 進学希望者が 5"

Transcription

1 若者の就職 進学に関する意識調査 簡易集計結果 速報版( 抜粋 ) ( 質問 1) 高校 高専卒業後に希望する進路別添 P4 その他, 14, 1.1% 就職, 492, 38.0% 進学, 770, 59.5%, 18, 1.4% (n=1,294) 進学希望者が 59.5% 就職希望者が 38.0% となった 最も強く希望する進路 1 つを選択する設問に対し 複数の進路を選択した回答があったが いずれも進学の進路を選択していたため 進学に含めた 進路希望 最も強く希望する進路 1 つ 回答数構成比 進学 1 大学進学 ( 国公立文系 ) % 2 大学進学 ( 国公立理系 ) % 3 大学進学 ( 私立文系 ) % 4 大学進学 ( 私立理系 ) % 5 短大 専門学校進学 % 6 専攻科進学 ( 高専生 ) % 複数回答 5 0.4% % 7 就職 % 8 その他 % % 合計 1, % 1 ( 質問 3-1) 地元 ( 庄内地域 ) への就職希望 ( 将来のUターンも含む ) 進学希望者 別添 P16, 14, 4 全く希望 1.8% しない, 113, 14.7% 1 希望する 3 どちらかというと希望しない, 291, 37.8% 2 どちらかというと希望する 3 どちらかというと希望しない 4 全く希望しない 1 希望する, 143, 18.6% 2 どちらかというと希望する, 209, 27.1% (n=770) 総計 進学希望者のうち 地元への就職を希望する (1 希望する +2 どちらかというと希望する ) は 45.7% であった 一方 希望しない (3 どちらかというと希望しない 4 全く希望しない ) は 52.5% であった % 27.1% 37.8% 14.7% 1.8% 100.0% 45.7%(352 人 ) 52.5%(404 人 ) 2

2 ( 質問 3-3) 地元就職を検討する際に 重視すること 別添 P20 希望者非希望者者合計回答数構成比回答数構成比回答数構成比回答数構成比 1 地元にどのような企業があるか 情報を豊富に入手することができる 2 就職する前にインターンシップで職場体験をすることができる 3U ターンする場合に 引越しや住居の費用負担をしてもらえる 4 進学等で借り入れた奨学金の返済を肩代わりしてくれる % % % % % % % % % % 5 2.6% % % % 2 1.0% % 5 その他 % % % % 合計 % % % % 地元 ( 庄内地域 ) への就職希望 ( 将来の U ターンも含む ) の希望者 非希望者ともに 地元企業の情報入手を挙げている また希望者は職場体験 非希望者は奨学金の返済肩代わりの構成比が高い 3 ( 質問 4-1) 地元 ( 庄内地域 ) の企業を知る機会 手段進学希望者就職希望者 1 学校の授業 実習 課外活動など 53.5% 1 学校の授業 実習 課外活動など 別添 P % 6 家族からの話 26.0% 5 先生からの話 40.0% 9 知る機会はあまりない 23.2% 6 家族からの話 37.4% 5 先生からの話 18.2% 3 就職を考えており 自分で調べた 32.7% 4 進学希望で すぐの就職は考えていないが自分で調べた 12.2% 2 趣味の活動など個人的なつながり 8.7% 2 趣味の活動など個人的なつながり 11.3% 9 知る機会はあまりない 5.5% 3 就職を考えており 自分で調べた 7.3% 7 つるおか大産業まつり 3.5% 7 つるおか大産業まつり 2.2% (n=770) 4 進学希望で すぐの就職は考えていないが自分で調べた 2.2% (n=492) 8 その他 1.2% 8 その他 1.0% 進学希望者は 6 家族からの話 9 知る機会はあまりない の回答が多い 就職希望者は 5 先生からの話 6 家族からの話 の回答が多い 4

3 ( 質問 ) その地域を希望する理由 複数回答 別添 P34 1 鶴岡市内 41.9% 42.7% 4.0% 33.2% 3.2% (n=253) 2 庄内地域 ( 鶴岡市除く ) 3 山形県内 ( 庄内地域除く ) 4 宮城県 その他東北地方 0.9% 13.3% 7 新潟県 23.0% 0.6% 8 東京都近郊 21.0% 1.4% 1.4% その他 0.7% 2.1% 1 自宅からの距離が近い 38.8% 35.5% 38.1% 20.4% 1.6% 8.2% 2.4% 3 都市部の方が生活の利便性が良い 5 本人の意思を尊重している 2.1% 7.1% 9.2% 8.0% 4.8% 4.8% 4.8% 3.3% 75.2% 50.0% 71.9% 62.8% 75.4% 47.6% 5.0% 46.8% 2 自宅から通勤 通学してほしい 4 進学後の経済的負担に制約がある 6 その他 26.3% 5.7% (n=141) 6.2% (n=113) 9.5% 7.8% 9.9% 2.5% (n= 80) (n= 21) 3.3% (n= 61) (n=167) (n=141) 山形県内 (1~3) への進学 就職を希望する理由としては 1 自宅からの距離が近い 2 自宅から通勤 通学してほしい が多く 進学後の経済的負担に制約がある との回答も一定数ある 東京都近郊をはじめ 県外への進学 就職を希望する理由としては 5 本人の意思を尊重している との回答が多い 5 ( 質問 5) 本人に対して あなたの気持ちとして将来的には地元 ( 庄内地域 ) に残ってほしい 戻ってきてほしいと思う (n=977), 61, 6.2% 別添 P43 1 そう思う 2 どちらかと言えば思う が合わせて 53.5% 5 どちらでもよい, 341, 34.9% 4 そう思わない, 34, 3.5% 2どちらかと言えば思う, 3どちら 253, かと言え25.9% ば思わない, 18, 1.8% 1 そう思う, 270, 27.6% 3 どちらかと言えば思わない 4 そう思わない が合わせて 5.3% 5 どちらでもよい も 34.9% を占めている 6

4 ( 質問 3-2) 地元就職を希望しない理由 複数回答 別添 P19 4 都会の方が便利だから 44.3% 6 志望する企業 職種がなさそうだから 37.4% 7 地域にとらわれず働きたいから 28.4% 3 給料が安そうだから 1 実家に住みたくない ( 離れたい ) から 23.3% 21.9% 5 大手企業がないから 16.2% 9 特別に暮らしたい地域が他にあるから 10.5% 8 地元の風土が好きではないから 7.1% 10その他 2 地元に友人が少ないから 1.3% 6.7% (n=524) 0.0% 5.0% 10.0% 15.0% 20.0% 25.0% 30.0% 35.0% 40.0% 45.0% 50.0% 地元就職を希望しない理由として多かったのは 4 都会の方が便利だから に次いで ( 地元に ) 志望する企業 職種がなさそうだから 7 ( 質問 4) 本人が大学等の卒業後一定期間内にUターンすると 奨学資金の返済額に対して支援する制度があるとしたら 別添 P41 2 どちらとも言えない, 184, 33.2% 3 利用し, ない, 43, 14, 2.5% 7.7% 1 利用したい, 314, 56.6% 本人に対して 進学を希望すると保護者のうち 本人が大学等の卒業後一定期間内に U ターンすると 奨学資金の返済額に対して支援する制度があるとしたら について 全体 56.6% が 利用したい と回答している (n=555) P41 ( 抜粋 ) 8

5 ( 質問 3-3) 地元就職を検討する際に 重視すること 別添 P20 再掲 希望者非希望者者合計回答数構成比回答数構成比回答数構成比回答数構成比 1 地元にどのような企業があるか 情報を豊富に入手することができる 2 就職する前にインターンシップで職場体験をすることができる 3U ターンする場合に 引越しや住居の費用負担をしてもらえる 4 進学等で借り入れた奨学金の返済を肩代わりしてくれる % % % % % % % % % % 5 2.6% % % % 2 1.0% % 5 その他 % % % % 合計 % % % % 地元 ( 庄内地域 ) への就職希望 ( 将来の U ターンも含む ) の希望者 非希望者ともに 地元企業の情報入手を挙げている また希望者は職場体験 非希望者は奨学金の返済肩代わりの構成比が高い 9 ( 質問 7-1 ) あなたの地元 ( 庄内地域 ) に対する愛着度 別添 P30 1 強く愛着を感じる 2 愛着を感じる 3 愛着を感じない 4 全く愛着を感じない 43.0% 20.6% 25.2% 11.0% 13.4% 32.3% 17.1% 4.9% 14.6% 16.6% 17.9% 32.4% 5.4% 17.0% (n=223) 8.2% 13.7% (n=834) 32.3% 11.0% (n=127) 46.3% 17.1% (n= 41) 20.3% 10.1% 23.2% 15.9% 30.4% (n= 69) 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 1 希望する 3 どちらかというと希望しない 2 どちらかというと希望する 4 全く希望しない 地元 ( 庄内地域 ) に対する愛着度 と 地元 ( 庄内地域 ) への就職希望 ( 将来の U ターンも含む ) を集計 1 強く愛着を感じる 2 愛着を感じる と回答した人は 地元 ( 庄内地域 ) への就職希望 を希望する割合が大きい 10

組合員対象 奨学金制度に関するアンケート の集計状況 1. はじめに調査概要とサンプル特性について < 調査概要 > 調査実施期間 2016 年 11 月 16 日 ~12 月 28 日 調査対象 全国の国公立および私立大学の学部学生 院生 回収数 1,745 有効回答数 文責 : 加藤

組合員対象 奨学金制度に関するアンケート の集計状況 1. はじめに調査概要とサンプル特性について < 調査概要 > 調査実施期間 2016 年 11 月 16 日 ~12 月 28 日 調査対象 全国の国公立および私立大学の学部学生 院生 回収数 1,745 有効回答数 文責 : 加藤 組合員対象 奨学金制度に関するアンケート の集計状況 1. はじめに調査概要とサンプル特性について < 調査概要 > 調査実施期間 2016 年 11 月 16 日 ~12 月 28 日 調査対象 全国の国公立および私立大学の学部学生 院生 回収数 1,745 有効回答数 1.727 文責 : 加藤有貴 < サンプル特性 > Q1 性別 ( 人 %) 男性 851 49.3% 女性 876 50.7%

More information

問題解決プロジェクト 若者はなぜグンマーを出ていくのか? ~ 高校生 3 年生からみる群馬県の未来調査 ~ 橋本万梨奈 大澤善康 茂木寛和 後藤悦子

問題解決プロジェクト 若者はなぜグンマーを出ていくのか? ~ 高校生 3 年生からみる群馬県の未来調査 ~ 橋本万梨奈 大澤善康 茂木寛和 後藤悦子 問題解決プロジェクト 若者はなぜグンマーを出ていくのか? ~ 高校生 3 年生からみる群馬県の未来調査 ~ 橋本万梨奈 大澤善康 茂木寛和 後藤悦子 発表概要 テーマ 群馬県内の高校生が高校卒業後に群馬県から出て行ってしまう 流出現象について進学に着目して アンケート調査の結果から分析 高校を卒業した若者はなぜ 群馬から出て行ってしまうのか? どんな高校生が流出しやすいのか?? 2 発表概要 結果

More information

3-1. 新学習指導要領実施後の変化 新学習指導要領の実施により で言語活動が増加 新学習指導要領の実施によるでの教育活動の変化についてたずねた 新学習指導要領で提唱されている活動の中でも 増えた ( かなり増えた + 少し増えた ) との回答が最も多かったのは 言語活動 の 64.8% であった

3-1. 新学習指導要領実施後の変化 新学習指導要領の実施により で言語活動が増加 新学習指導要領の実施によるでの教育活動の変化についてたずねた 新学習指導要領で提唱されている活動の中でも 増えた ( かなり増えた + 少し増えた ) との回答が最も多かったのは 言語活動 の 64.8% であった Ⅲ での教育活動 での新しい学力 能力の育成と大学入試平成 25 年度からでの新学習指導要領が全面実施されている 新学習指導要領では 新しい学力観やその育成方法について示されているが 本調査でも 重視して取り組むべき事項として掲げられている学習や活動について 実施前との変化をたずねた その結果 言語活動 は 64.8% のが 増えた ( かなり増えた + 少し増えた の%) と回答 アクティブラーニング

More information

H31 入学時アンケート 全学科 専攻 平成 31 年度入学時アンケート報告用.xlsx 平成 31 年度入学時アンケート 全学科 専攻 実施日 : 平成 31 年 4 月 3 日 ( 水 )~5 日 ( 金 ) 調査方法 : 集合法 ( 学科 / クラス ) による 自記入式質問紙調査 調査対象

H31 入学時アンケート 全学科 専攻 平成 31 年度入学時アンケート報告用.xlsx 平成 31 年度入学時アンケート 全学科 専攻 実施日 : 平成 31 年 4 月 3 日 ( 水 )~5 日 ( 金 ) 調査方法 : 集合法 ( 学科 / クラス ) による 自記入式質問紙調査 調査対象 平成 31 年度入学時アンケート 全学科 専攻 実施日 : 平成 31 年 4 月 3 日 ( 水 )~5 日 ( 金 ) 調査方法 : 集合法 ( 学科 / クラス ) による 自記入式質問紙調査 調査対象 : 平成 31 年度全学科入学者 272 名回収率 : 99.6 % ( 回収数 271 名 / 在籍者数 272 名 ) 分析方法 : 回収した回答のうち 信頼性のない回答に関しては分析対象から外したため

More information

Microsoft Word - 20150310北九州市報告書(確定版)

Microsoft Word - 20150310北九州市報告書(確定版) 2)-3 やりたい 仕 事 学 生 がやりたい 仕 事 は Web 系 SI 系 とも 情 報 システム 設 計 開 発 職 が 最 も 多 かった 図 表 4-11 やりたい 仕 事 ( 複 数 回 答 ) 111 2)-4 やりたい職種 2)-4 やりたい職種としては Web 系 SI 系とも システムエンジニア SE とシステム開発技術者が大半 を占めている やりたい職種 やりたい職種としては

More information

l. 職業以外の幅広い知識 教養を身につけたいから m. 転職したいから n. 国際的な研究をしたかったから o. その他 ( 具体的に : ) 6.( 修士課程の学生への設問 ) 修士課程進学を決めた時期はいつですか a. 大学入学前 b. 学部 1 年 c. 学部 2 年 d. 学部 3 年 e

l. 職業以外の幅広い知識 教養を身につけたいから m. 転職したいから n. 国際的な研究をしたかったから o. その他 ( 具体的に : ) 6.( 修士課程の学生への設問 ) 修士課程進学を決めた時期はいつですか a. 大学入学前 b. 学部 1 年 c. 学部 2 年 d. 学部 3 年 e 1. 大学院生対象アンケート 実施期間 : 平成 21 年 3 月 1 日 ~ 3 月 19 日 対象 : 大学院生 回収率 :25.6% [ アンケート内容 ] 1. あなたは次のどの学生に属しますか a. 一般学生 b. 留学生 2. あなたは現在どの専攻に在籍していますか 修士課程 a. 美術専攻 b. デザイン専攻 博士後期課程 c. 造形芸術専攻 3. あなたの学年は a. 修士課程 1

More information

表 6.1 横浜市民の横浜ベイスターズに対する関心 (2011 年 ) % 特に何もしていない スポーツニュースで見る テレビで観戦する 新聞で結果を確認する 野球場に観戦に行く インターネットで結果を確認する 4.

表 6.1 横浜市民の横浜ベイスターズに対する関心 (2011 年 ) % 特に何もしていない スポーツニュースで見る テレビで観戦する 新聞で結果を確認する 野球場に観戦に行く インターネットで結果を確認する 4. 6. 横浜ベイスターズに対する関心や考え方 本章では 横浜市民の横浜ベイスターズに対する関心や考え方を検討する まず 横浜ベイスターズに対する関心の程度について単純集計の結果を示したあと 回答者の性別 年齢による差異を分析 考察する 最後に 横浜ベイスターズへの好意の有無 好意を有する理由を検討する 6.1 横浜ベイスターズに対する関心 1) 単純集計の結果 横浜ベイスターズに対する関心を示した図

More information

47回学調コメント

47回学調コメント データの無断転載はお断りします 第 48 回学生生活実態調査概要報告 2013 年 2 月 13 日 第 48 回学生生活実態調査概要報告 全国大学生活協同組合連合会 本日の報告内容 1. 学生の経済状況 2. 就職について 3. 大学生の勉強時間 はじめに調査概要とサンプル特性について < 調査概要 > 調査実施時期 2012 年 10~11 月対象全国の国公立および私立大学の学部学生回収数 8,609(

More information

平成 26 年度生徒アンケート 浦和北高校へ入学してよかったと感じている 1: 当てはまる 2: だいたい当てはまる 3: あまり当てはまらない 4: 当てはまらない 5: 分からない 私の進路や興味に応じた科目を選択でき

平成 26 年度生徒アンケート 浦和北高校へ入学してよかったと感じている 1: 当てはまる 2: だいたい当てはまる 3: あまり当てはまらない 4: 当てはまらない 5: 分からない 私の進路や興味に応じた科目を選択でき 平成 6 年度生徒アンケート 6 7 8 9 0 6 浦和北高校へ入学してよかったと感じている : 当てはまる : だいたい当てはまる : あまり当てはまらない : 当てはまらない : 分からない 私の進路や興味に応じた科目を選択できた : 当てはまる : だいたい当てはまる : あまり当てはまらない : 当てはまらない : 分からない 科目選択の際に先生と必要な相談ができた : 当てはまる : だいたい当てはまる

More information

Microsoft Word 年度入学時調査報告.docx

Microsoft Word 年度入学時調査報告.docx 2013 年度入学時アンケートの結果 ( 報告 ) FD 委員会 Ⅰ. アンケートの概要 2013 年 5 月 ~6 月に1 年生を対象にユニパのアンケート機能を用いて実施した アンケートは 回答者の属性 東北福祉大学入学前に重視した内容についての項目 35 項目 学部 学科の志望順位各 1 項目 アドミッションポリシーの参考度についての項目 1 項目 学科ウェブサイト閲覧及び影響度についての項目

More information

第 1 章アンケートの概要 1-1 調査の目的 1-2 対象者 1-3 調査方法 1-4 実施期間 1-5 調査結果サンプル数 第 2 章アンケート調査結果 2-1 回答者自身について (1) 問 2: 年齢 (2) 問 5: 同居している家族 2-2 結婚について (1) 問

第 1 章アンケートの概要 1-1 調査の目的 1-2 対象者 1-3 調査方法 1-4 実施期間 1-5 調査結果サンプル数 第 2 章アンケート調査結果 2-1 回答者自身について (1) 問 2: 年齢 (2) 問 5: 同居している家族 2-2 結婚について (1) 問 柏原市地方創生に向けた戦略策定アンケート結果速報版 ( 年齢別 / 結婚 出産 子育て 定住 ) 平成 27 年 8 月 4 日 第 1 章アンケートの概要 1-1 調査の目的 1-2 対象者 1-3 調査方法 1-4 実施期間 1-5 調査結果サンプル数 1 1 1 1 1 第 2 章アンケート調査結果 2-1 回答者自身について (1) 問 2: 年齢 (2) 問 5: 同居している家族 2-2

More information

表 回答科目数と回答数 前期 後期 通年 ( 合計 ) 科目数 回答数 科目数 回答数 科目数 回答数 外国語 ( 英語 ) 120 / 133 3,263 / 4, / 152 3,051 / 4, / 285 6,314 / 8,426 外国語 ( 英語以

表 回答科目数と回答数 前期 後期 通年 ( 合計 ) 科目数 回答数 科目数 回答数 科目数 回答数 外国語 ( 英語 ) 120 / 133 3,263 / 4, / 152 3,051 / 4, / 285 6,314 / 8,426 外国語 ( 英語以 表 6-2-1 回答科目数と回答数 前期 後期 通年 ( 合計 ) 科目数 回答数 科目数 回答数 科目数 回答数 外国語 ( 英語 ) 120 / 133 3,263 / 4,262 130 / 152 3,051 / 4,164 250 / 285 6,314 / 8,426 外国語 ( 英語以外 ) 48 / 48 994 / 1,168 41 / 43 836 / 1,003 89 / 91

More information

学生確保の見通し等を記載した書類2

学生確保の見通し等を記載した書類2 資料目次 資料 1 創生学部に関するリーフレット 資料 2 新潟大学 創生学舎 ( 仮称 ) 設置に関するアンケート調査 高校生対象調査 結果報告書 資料 3 要望書 新潟県 資料 4 要望書 新潟市 資料 5 新潟大学 創生学舎 ( 仮称 ) 設置に関するアンケート調査 企業対象調査 結果報告書 College of Liberal Studies,Niigata University 1 2 資料

More information

2.3.事前に調べておこう

2.3.事前に調べておこう 中学 高校入試明光義塾進学相談会主催 : 明光義塾 個別相談ノート 注意事項 できるだけ保護者同伴で参加しましょう 制服 ( もしくはそれに準ずる服装 ) で参加しましょう 面接 と同じです 言葉遣いや態度に注意しましょう 事前に聞きたいことをまとめておきましょう ( 個別相談ノート 内にリストがあります ) 過去の模試や学力テスト 通知表の成績を用意しておきましょう * 原紙を持参する場合は絶対になくさないようにして下さい

More information

2

2 2 4 5 6 1 10 2 11 12 13 1 16 17 2 3 18 19 4 1 22 23 2 3 24 1 26 2 27 28 29 30 32 33 36 37 38 39 40 1 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 2 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 1 70 71 2

More information

ニュースリリース 高止まりする家計の教育費負担 平成 23 年 11 月 18 日株式会社日本政策金融公庫国民生活事業 ~ 教育費は減少に転じるも 世帯年収に占める割合は過去最高水準で推移 ~ 教育費負担の実態調査結果 ( 国の教育ローン利用勤務者世帯 ) ( 平成 23 年度 ) 1 高校入学から

ニュースリリース 高止まりする家計の教育費負担 平成 23 年 11 月 18 日株式会社日本政策金融公庫国民生活事業 ~ 教育費は減少に転じるも 世帯年収に占める割合は過去最高水準で推移 ~ 教育費負担の実態調査結果 ( 国の教育ローン利用勤務者世帯 ) ( 平成 23 年度 ) 1 高校入学から ニュースリリース 高止まりする家計の教育費負担 平成 23 年 11 月 18 日株式会社日本政策金融公庫国民生活事業 ~ 教育費は減少に転じるも 世帯年収に占める割合は過去最高水準で推移 ~ 教育費負担の実態調査結果 ( 国の教育ローン利用勤務者世帯 ) ( 平成 23 年度 ) 1 高校入学から大学卒業までの費用は減少し 子供 1 人当たり 1,42 ( 本文 5 6 ページ ) 高校入学から大学卒業までに必要な費用は

More information

スライド 1

スライド 1 市民意識調査結果 ( 概要版 ) 1. 市民意識調査概要 今回の市民意識調査では 自然増減 社会増減に影響を与える大きな要因は 住まい 結婚 子育て 就業 雇用であると考え 下記調査項目に沿って調査票を作成した 調査対象は天理市民のほか 参考情報としてデータを収集するため 天理大学 奈良県立大学 天理市役所より天理市民対象の調査項目同等の意識調査を実施した 調査項目 自然増減 社会増減 住まい 結婚

More information

Q2 あなたの性別はどちらにあてはまりますか (SA) 全体

Q2 あなたの性別はどちらにあてはまりますか (SA) 全体 (2) 集計表 集計結果について の別に 全体 ( ウエイト補正前 ) 全体( ウエイト補正後 ) 性別 文系 理系別 設置主体別 地域別 の結果を調査項目の順番に示した 集計表中の記号について NU は数字で回答 SA は選択肢よりひとつだけ回答 MA は選択肢より複数回答 の設問であったことを意味する 文系 理系別 性別 設置主体別 地域別 の集計結果はウエイト補正後のものである これらウエイト補正後の集計値に関しては

More information

TOPICS 就職観では 楽しく働きたい が不動の 1 位 前年より 3.6pt 上昇 (P3) 20 学生の就職観は 楽しく働きたい が 20 からみても不動の 1 位を継続しており 今年は 3 割 (33.3%) を超える結果となった 特に文系男子は前年の 27.3% から 4.8pt 上昇し

TOPICS 就職観では 楽しく働きたい が不動の 1 位 前年より 3.6pt 上昇 (P3) 20 学生の就職観は 楽しく働きたい が 20 からみても不動の 1 位を継続しており 今年は 3 割 (33.3%) を超える結果となった 特に文系男子は前年の 27.3% から 4.8pt 上昇し 20 マイナビ大学生就職意識調査 20 年 4 月 株式会社マイナビ代表取締役社長中川信行 本社 0-00 東京都千代田区一ツ橋 1-1-1 株式会社マイナビ ( 本社 : 東京都千代田区 / 代表取締役中川信行 ) は 79 (78 年調査 ) 以来 大学生の就職意識 ( 大手企業志向 企業選択のポイント 就職希望度など ) を調査 発表しております このたび調査回答数,894 件にて 20 年

More information

1. 交際や結婚について 4 人に3 人は 恋人がいる または 恋人はいないが 欲しいと思っている と回答している 図表 1 恋人が欲しいと思わない理由は 自分の趣味に力を入れたい 恋愛が面倒 勉強や就職活動に力を入れたい の順に多い 図表 2 結婚について肯定的な考え方 ( 結婚はするべきだ 結婚

1. 交際や結婚について 4 人に3 人は 恋人がいる または 恋人はいないが 欲しいと思っている と回答している 図表 1 恋人が欲しいと思わない理由は 自分の趣味に力を入れたい 恋愛が面倒 勉強や就職活動に力を入れたい の順に多い 図表 2 結婚について肯定的な考え方 ( 結婚はするべきだ 結婚 結婚 出産 子育て 仕事に関するアンケート 大学生調査 ( 概要版 ) ~ 県内の高等教育機関で学ぶすべての学生約 1 万 6 千人にお聞きしました ~ 本調査は 三重県の少子化対策の計画である 希望がかなうみえ子どもスマイルプラン にもとづいて 結婚 妊娠 子育てなどの希望がかない すべての子どもが豊かに育つことのできる三重をめざして取組を推進する上での参考とするため 内閣府の地域少子化対策重点推進交付金を活用して

More information

東北地域の大学進学問題 東京圏に進学する生徒と地元で進学する生徒の特質の差

東北地域の大学進学問題 東京圏に進学する生徒と地元で進学する生徒の特質の差 東北地域の大学進学問題東京圏に進学する生徒と地元で進学する生徒の特質の差 田中正弘 ( 筑波大学 ) 渡部芳栄 ( 岩手県立大学 ) 高森智嗣 ( 福島大学 ) 村山詩帆 ( 佐賀大学 ) 津多成輔 ( 筑波大学大学院 ) 1 1. 研究の目的 2 研究の背景 東北地域の人口流出が, 特に大震災以降, 加速している このままでは, 東北地方は急激に衰退してしまう 人口流出に歯止めを掛けるには, 東北の大学の魅力が重要となる

More information

TOPICS 就職観の 1 位は前年同様 楽しく働きたい 2 位 個人の生活と仕事を両立させたい が 5 年連続の増加 (P3) 学生の就職観を全体で見ると 1 位は前年同様 楽しく働きたい (29.7% 対前年 0.2pt 減 ) で この十数年変わらずトップで 全体で見るとほぼ前年並みだが 理系

TOPICS 就職観の 1 位は前年同様 楽しく働きたい 2 位 個人の生活と仕事を両立させたい が 5 年連続の増加 (P3) 学生の就職観を全体で見ると 1 位は前年同様 楽しく働きたい (29.7% 対前年 0.2pt 減 ) で この十数年変わらずトップで 全体で見るとほぼ前年並みだが 理系 20 マイナビ大学生就職意識調査 20 年 4 月 株式会社マイナビ代表取締役社長中川信行 本社 0-00 東京都千代田区一ツ橋 1-1-1 株式会社マイナビ ( 本社 : 東京都千代田区 / 代表取締役中川信行 ) は 1979 (1978 年調査 ) 以来 大学生の就職意識 ( 大手企業志向 企業選択のポイント 就職希望度など ) を調査 発表しております このたび調査回答数,621 件にて 20

More information

Microsoft Word - 単純集計_センター職員.docx

Microsoft Word - 単純集計_センター職員.docx 認知症高齢者を支える地域づくり に向けた業務環境改善に関する調査 _ 単純集計結果 ( センター職員用調査 ) 回答者 ( センター職員 ) の属性 問 1 性別 度数 パーセント 男性 277 23.2 女性 917 76.8 1194 100.0 無回答 1 問 2 年齢 度数 パーセント 20 歳代 73 6.1 30 歳代 295 24.7 40 歳代 428 35.8 50 歳代 316

More information

< F C18D E93788EF38D7590B B CC8F578C76834F E786C73>

< F C18D E93788EF38D7590B B CC8F578C76834F E786C73> 平成 23 年度未来の科学者養成講座 受講生アンケート全体集計 & グラフ アンケート実施 : 平成 23 年 12 月 16 日 ~ 平成 24 年 1 月 16 日 平成 24 年 3 月 1 日 JST 未来の科学者養成講座事務局 H23 未来の科学者養成講座 参加者アンケート全機関集計グラフ 問 1. 参加しようと思った動機は何ですか?( 複数回答 ) 選択肢 回答数 割合 1. 面白そうだから

More information

< DDD8A7790B E90B688C88A4F816A B83678F578C762E786C7378>

< DDD8A7790B E90B688C88A4F816A B83678F578C762E786C7378> 旭川高専に関する調査 ( 在 ) 1 / 6 旭川高専 ( 独立行政法人国立高等専門学校機構旭川工業高等専門学校 ) に関する調査在校生対象 旭川高専の将来構想に係る今後の参考とするため アンケートの記入にご協力をお願いします 問 1 あなたの学年を教えてください ( 該当するものに をつけてください ) 1.2 年生 2.3 年生 3.4 年生 4.5 年生問 2 あなたの性別を教えてください (

More information

大学進学者の志望校検討時の重視項目 “教育内容”と“地元進学・学費”への関心が高まるー高校生の進路選択に関する調査「進学センサス2013」より、進路選択意識についてー

大学進学者の志望校検討時の重視項目 “教育内容”と“地元進学・学費”への関心が高まるー高校生の進路選択に関する調査「進学センサス2013」より、進路選択意識についてー 13 年 7 月 4 日 大学進学者の志望校検討時の重視項目 教育内容 と 地元進学 学費 への関心が高まるー高校生の進路選択に関する調査 進学センサス 13 より 進路選択意識についてー 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ ( 本社 : 東京都千代田区代表取締役社長 : 冨塚優 ) が運営する リクルート進学総研 ( 所長 : 小林浩 ) では 高校生の進路選択の現状を明らかにするため

More information

5 宮城大学に入学した理由は何ですか 入学時アンケート調査結果について (6) 自分の能力レベルに相応, 38 (5) 両親や先生から強く勧められた, 6 (4) 専門的な資格取得のため, 41 (7) 大学の入学金 授業料等が適切なため, 19 (8) 自宅等からの通学に便利, 15 (9) 何と

5 宮城大学に入学した理由は何ですか 入学時アンケート調査結果について (6) 自分の能力レベルに相応, 38 (5) 両親や先生から強く勧められた, 6 (4) 専門的な資格取得のため, 41 (7) 大学の入学金 授業料等が適切なため, 19 (8) 自宅等からの通学に便利, 15 (9) 何と 入学時アンケート調査結果について 2 進路選択に役立つ情報を 3 つ選択してください (6) 受験会社携帯サイト, 32 (12) 家族 親戚, 60 (11) 予備校, 36 (10) 高校の先生, 108 (9) 入試相談 説明会, 34 (7) 新聞広告, 4 (8) オープンキャンパス, 197 (5) 受験会社 W EB サイト, 40 (13) 知人 先輩, 78 (4) 受験雑誌, 66

More information

調査結果報告書(速報版)

調査結果報告書(速報版) 別添 2-2 2018 年度 就職 採用活動に関する調査 ( 企業 ) 調査結果 速報版 2018 年 10 月 本調査結果 ( 速報版 ) は 分析 検討 データの更なる精査を経て 最終版を公表することとして いる 1 調査の概要 (1) 調査の目的 就職 採用活動については早期化 長期化の是正のため 国公私立の大学 短期大学及び高等専門学校関係団体で構成する就職問題懇談会が経済団体等に対し 要請を行い

More information

Microsoft Word - (日付なし)【0402確定】大学生調査報告書

Microsoft Word - (日付なし)【0402確定】大学生調査報告書 厚生労働省生活保護世帯出身の大学生等の生活実態の調査 研究等一式報告書 株式会社インテージリサーチ 目次 1. 調査の概要... - 1-1-1. 調査目的... - 1-1-2. 調査設計... - 1-1-3. 調査項目... - 2-1-4. 報告書の見方... - 2-2. 調査結果まとめ... - 3-2-1. 大学進学までの支援のあり方... - 4-2-2. 現在の生活について...

More information

2016 年度春学期授業アンケート結果集計 実技科目 ( 科目別 ) < 補足 > 集計グループ授業科目別集計 < 集計明細 > 評価平均方法 アンケート回答数 1. 担当教員名 橋本早予 平均点 は回答番号を下記のように点数化して算出してあります 履修者数 授業科目 健康 スポーツⅠ

2016 年度春学期授業アンケート結果集計 実技科目 ( 科目別 ) < 補足 > 集計グループ授業科目別集計 < 集計明細 > 評価平均方法 アンケート回答数 1. 担当教員名 橋本早予 平均点 は回答番号を下記のように点数化して算出してあります 履修者数 授業科目 健康 スポーツⅠ アンケート回答数. 担当教員名 橋本早予 履修者数 4 2. 授業科目 健康 スポーツⅠ. 教室番号 G9 回答率 88.2% 4. 曜日 / 時限 金曜日 / 2 時限 欠損値 ( 判読不能等 ) 空欄は 無回答 とし 集計対象外としてあります 実技授業は 楽しい ものであった 授業を通じて適切な運動量が確保された 授業を通じて運動技術が改善された 運動 スポーツに関する新しい知識を得られた. 授業を通して友人

More information

Microsoft Word - 報告書.doc

Microsoft Word - 報告書.doc 第 2 節 東北地域における電力小売市場の状況 本調査では 電力小売自由化の影響を把握するため 業務用需要に該当する施設を多く所有する自治体 大学 病院に絞った需要家の電力調達の状況及び電力自由化に関する認識についてアンケート調査を実施した また 電力自由化に関する需要家の認識を詳細に把握するために ヒアリング調査も合わせて実施した 以下には 上記のアンケート調査 ヒアリング調査の結果を示すとともに

More information

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に 王権 働く目的 モチベーション に関する実態調査 働く目的 第 1 位は 生活 家族のため 若年層ほど お金 を重視 働くモチベーション 76.8% が 給料がもらえること と回答 一方 出世 昇給 はわずか 8.8% 12 月から就職活動が解禁となる 就活生の多くが 一度は 何のために働くのか という質問を 他人から受けたり 自問したことがあるのではないだろうか しかし現実問題 働いてみないと分からない

More information

(2) あなたは選挙権年齢が 18 歳以上 に引き下げられたことに 賛成ですか 反対ですか 年齢ごとにバラツキはあるものの概ね 4 割超の人は好意的に受け止めている ここでも 18 歳の選択率が最も高く 5 割を超えている (52.4%) ただ 全体の 1/3 は わからない と答えている 選択肢や

(2) あなたは選挙権年齢が 18 歳以上 に引き下げられたことに 賛成ですか 反対ですか 年齢ごとにバラツキはあるものの概ね 4 割超の人は好意的に受け止めている ここでも 18 歳の選択率が最も高く 5 割を超えている (52.4%) ただ 全体の 1/3 は わからない と答えている 選択肢や 18 歳選挙権認知度調査 明るい選挙推進協会では 選挙権年齢を 20 歳以上から 18 歳以上に引き下げる改正公職選挙法の成立直後に 15 歳 ( 中学生は含まない ) から 24 歳の男女 3 千人を対象としたインターネット調査を実施し 今回の選挙権年齢の引き下げの認知や賛否 また政治や選挙への関心などを尋ねた 以下 調査結果より抜粋 ( 調査実施 6 月 19 日から 6 月 23 日 ) 1

More information

2017 年度春学期授業アンケート結果集計 実技科目 ( 科目別 ) < 補足 > 集計グループ授業科目別集計 < 集計明細 > 評価平均方法 アンケート回答数 1. 担当教員名 加藤健志 平均点 は回答番号を下記のように点数化して算出してあります 履修者数 授業科目 健康 スポーツⅢ

2017 年度春学期授業アンケート結果集計 実技科目 ( 科目別 ) < 補足 > 集計グループ授業科目別集計 < 集計明細 > 評価平均方法 アンケート回答数 1. 担当教員名 加藤健志 平均点 は回答番号を下記のように点数化して算出してあります 履修者数 授業科目 健康 スポーツⅢ アンケート回答数. 担当教員名 加藤健志 履修者数 2 2. 授業科目 健康 スポーツⅢ 22. 教室番号 G22 回答率 4.8% 4. 曜日 / 時限 金曜日 / 時限 欠損値 ( 判読不能等 ) 空欄は 無回答 とし 集計対象外としてあります 実技授業は 楽しい ものであった 授業を通じて適切な運動量が確保された 授業を通じて運動技術が改善された 運動 スポーツに関する新しい知識を得られた.

More information

◎公表用資料

◎公表用資料 中学生を対象とした 男女の役割分担意識に関するアンケート 結果報告書 平成 27 年 3 月 栃木県県民生活部人権 青少年男女参画課 目 次 Ⅰ 概要 1 Ⅱ 調査結果 2 Ⅰ 概要 1 調査目的 中学生を対象に 家庭や学校における男女の役割分担意識や異性間の暴力に関する認識などを調査し その結果を とちぎ男女共同参画プラン ( 四期計画 ) の策定にあたり参考として活用します また 今後若年層に向けた男女共同参画の啓発事業を推進する上で

More information

=平成22年度調査結果の概要===============

=平成22年度調査結果の概要=============== 調査結果のポイント 1 市政への満足度と要望 満足度が最も高いのは バス 地下鉄などの便 で 10 年連続要望は 地震などの災害対策 が 23 年度以降 7 年連続 12 1 満足 要望ともに 昨年度調査と比べて上位 5 項目に変動はありませんでした 要望は 地震などの災害対策 が 23 年度以降 7 年連続で1 位ですが 減少傾向にあります 順位 (%) 60 50 40 満足の上位 5 項目 (

More information

Microsoft Word - 修正Notes1304(的場).docx

Microsoft Word - 修正Notes1304(的場).docx NOTES 大学 3 年生の就職に関する意識と情報収集の実態 研究開発室的場康子 - 要旨 - 1 就職活動本格開始直前の 2012 年 11 月下旬に大学 3 年生を対象に就職についてのアンケー 2 3 4 ト調査を実施した 多くの学生は働くことに前向きであり 就職先についての検討もすでに始めている 他方 卒業までに就職先が決まるか不安である が 8 割以上であるなど 就職に対する不安も多くの学生が感じている

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 東京都受動防止条例案 に関する東京都在住生活者調査 概要版報告書 2018.06.22 東京都調べ ( 実査委託先 : 株式会社マクロミル ) 調査回答者 : 東京都在住の 20~79 才の男女 1000 名調査期間 :2018/6/8~2018/6/12 調査手法 : インターネット調査 調査概要 1 調査目的 先般発表された 東京都受動防止条例案 を念頭に東京都民の 受動に関わる意識や行動 受動に関わる飲食店等のイメージや利用意向等を把握する

More information

<915391CC288EC08B5A89C896DA816A2E786C7378>

<915391CC288EC08B5A89C896DA816A2E786C7378> 26 年度秋学期授業アンケート結果集計 実技科目 ( 科目別 ) 平均方法 アンケート回答数. 担当教員名 阿部太輔 履修者数 4 2. 授業科目 健康 スポーツⅡ そう思う 5 点 ややそう思う 4 点 どちらともいえない 点 42. 教室番号 G24 あまり 2 点 点 回答率 97.7% 4. 曜日 / 時限 火曜日 / 時限 欠損値 ( 判読不能等 ) 空欄は 無回答 とし 集計対象外としてあります

More information

2017 年度秋学期授業アンケート結果集計 実技科目 ( 科目別 ) < 補足 > 集計グループ授業科目別集計 < 集計明細 > 評価平均方法 アンケート回答数 1. 担当教員名 阿部太輔 平均点 は回答番号を下記のように点数化して算出してあります 履修者数 授業科目 健康 スポーツⅡ

2017 年度秋学期授業アンケート結果集計 実技科目 ( 科目別 ) < 補足 > 集計グループ授業科目別集計 < 集計明細 > 評価平均方法 アンケート回答数 1. 担当教員名 阿部太輔 平均点 は回答番号を下記のように点数化して算出してあります 履修者数 授業科目 健康 スポーツⅡ アンケート回答数. 担当教員名 阿部太輔 履修者数. 授業科目 健康 スポーツⅡ 4. 教室番号 G4 回答率.9% 4. 曜日 / 時限 火曜日 / 時限 欠損値 ( 判読不能等 ) 空欄は 無回答 とし 集計対象外としてあります 構成 ( 件数 ) 平均 そう思う ややそう思うどちらともいえないあまり Ⅰ # # Ⅰ # # Ⅰ 4. 4. Ⅰ # # 4. Ⅰ Ⅱ # # Ⅰ # # 4. Ⅰ

More information

<915391CC288EC08B5A89C896DA816A2E786C7378>

<915391CC288EC08B5A89C896DA816A2E786C7378> アンケート回答数. 担当教員名 橋本早予 履修者数 24 2. 授業科目 健康 スポーツⅡ 22. 教室番号 G9 回答率 9.7% 4. 曜日 / 時限 金曜日 / 時限 欠損値 ( 判読不能等 ) 空欄は 無回答 とし 集計対象外としてあります 構成 ( 件数 ) 平均 そう思う ややそう思うどちらともいえないあまり 4 Ⅰ # # 4.5 5 2 4.27 2 7 4.2 2 2.7 2 Ⅰ

More information

平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」報告書(全体版)

平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」報告書(全体版) < 結婚観 > 8. 結婚観 (Q25 Q25) < 全ての方に > Q25 あなたは 結婚についてどのようにお考えですか 最もよく当てはまるものをお選びください ( は 1 つ ) 1 必ずしたほうが良い 2 できればしたほうが良い 3 無理してしなくても良い 4 しなくて良い 全体では できればしたほうが良い が 54.1% 結婚したほうが良い 計 ( 必ずしたほうが良い できればしたほうが良い

More information

3-2 学びの機会 グループワークやプレゼンテーション ディスカッションを取り入れた授業が 8 年間で大きく増加 この8 年間で グループワークなどの協同作業をする授業 ( よく+ある程度あった ) と回答した比率は18.1ポイント プレゼンテーションの機会を取り入れた授業 ( 同 ) は 16.0

3-2 学びの機会 グループワークやプレゼンテーション ディスカッションを取り入れた授業が 8 年間で大きく増加 この8 年間で グループワークなどの協同作業をする授業 ( よく+ある程度あった ) と回答した比率は18.1ポイント プレゼンテーションの機会を取り入れた授業 ( 同 ) は 16.0 3-1 大学教育観 大学に指導や支援を求める意見が 8 年間で増加 3 大学生の学びこの8 年間で 学習方法を 自分で工夫 するよりも 大学の指導 を受けたいと考える学生が11.4ポイント 学生生活について 学生の自主性に任せる よりも 教員の指導 支援 を受けたいと考える学生が22.9ポイント増加しており 大学に指導を求める声が大きくなっている また 単位取得が難しくても興味のある授業 よりも あまり興味がなくても楽に単位を取得できる授業

More information

調査結果報告書(2)

調査結果報告書(2) 105 (7) 就職活動等の準備ができたかどうか卒業 修了前年度において 将来の進路 職業選択にあたり就職活動等の準備ができたか伺ったところ 大いにそう思う 大体そう思う と回答した学生が 52.0% 全くそう思わない あまりそう思わない と回答した学生が 34.0% であった 全体大いにそう思う大体そう思うあまりそう思わない全くそう思わないわからない無回答 7,975 833 3,318 1,941

More information

問題意識若者の地域移動言説再考 最近の若者は地方から都市 ( 大都市圏 ) に流出するようになっている という言説は本当なのだろうか? 1 社人研 人口移動調査 (2011) の二次分析世代別に若者の3 時点の地域移動パターンについて 全体像を把握する 調査は 国民生活基礎調査 実施に際して層化無作

問題意識若者の地域移動言説再考 最近の若者は地方から都市 ( 大都市圏 ) に流出するようになっている という言説は本当なのだろうか? 1 社人研 人口移動調査 (2011) の二次分析世代別に若者の3 時点の地域移動パターンについて 全体像を把握する 調査は 国民生活基礎調査 実施に際して層化無作 若者の地域移動はどのような 状況にあるのか 地方から都市への移動を中心に 労働政策研究 研修機構 / 日本学術会議特任連携会員 堀有喜衣 問題意識若者の地域移動言説再考 最近の若者は地方から都市 ( 大都市圏 ) に流出するようになっている という言説は本当なのだろうか? 1 社人研 人口移動調査 (2011) の二次分析世代別に若者の3 時点の地域移動パターンについて 全体像を把握する 調査は 国民生活基礎調査

More information

03/ŁŠfiy‰L/2010.4-5

03/ŁŠfiy‰L/2010.4-5 シリーズ 新 受験風土記 第17回 熊本県 このコーナーでは 各都道府県の 大学進学に対する取り組みを紹介 する 今回は熊本県を取り上げる 阿蘇山火口 阿蘇市 天草五橋 上天草市 玉名 玉名市 済々黌 県北学区 熊本市 熊本 宇土市 第ニ 宇土 県央学区 八代 八代市 県南学区 熊本城 熊本市 記事中の先生方の所属 分掌は すべて取材時 2010年2月 のものです 熊本県の人口 1,815,391人

More information

< 受験生トレンド > 受験生に必須のアイテム 受験生の半数以上が勉強に SNS を活用 3 人に 1 人以上が活用している Twitter が第 1 位に 目的は モチベーションを上げたい 記録に残したい 共有して安心したい が上位に 勉強専門アカウントについては約 5 割が興味 約 2 割が活用

< 受験生トレンド > 受験生に必須のアイテム 受験生の半数以上が勉強に SNS を活用 3 人に 1 人以上が活用している Twitter が第 1 位に 目的は モチベーションを上げたい 記録に残したい 共有して安心したい が上位に 勉強専門アカウントについては約 5 割が興味 約 2 割が活用 2017 年 3 月 28 日学校法人高宮学園代々木ゼミナール - 受験生に関する実態調査 - 受験生の半数以上が勉強に SNS を活用 勉強専門アカウントについては約 5 割が興味 約 2 割が活用 受験生の約 6 割が 英語 4 技能 を意識 対策を始めているのは 4 人に 1 人 自身の英語力 7 割以上が 自信がない と回答しながら 6 割が海外志向 ~ 塾 予備校選びで最も参考にするのは

More information

2. 調査結果 1. 回答者属性について ( 全体 )(n=690) (1) 回答者の性別 (n=690) 回答数 713 のうち 調査に協力すると回答した回答者数は 690 名 これを性別にみると となった 回答者の性別比率 (2) 回答者の年齢層 (n=6

2. 調査結果 1. 回答者属性について ( 全体 )(n=690) (1) 回答者の性別 (n=690) 回答数 713 のうち 調査に協力すると回答した回答者数は 690 名 これを性別にみると となった 回答者の性別比率 (2) 回答者の年齢層 (n=6 平成 30 年 11 月 25 日 H29 年度医師 研究者支援センター調査調査報告 調査の概要 1. 調査要綱 (1) 調査の目的職員の就労状況 育児 介護の状況 仕事への満足度等を把握し対策立案に活かすことを目的とする (2) 調査の対象調査の対象は 帝京大学板橋キャンパス 八王子キャンパス 宇都宮キャンパス 福岡キャンパス 霞ヶ関キャンパスに所属する教員および医学部附属病院 医学部附属溝口病院

More information

「07年新入社員意識調査」より

「07年新入社員意識調査」より 新入社員意識調査 より 協調性 意欲 やる気は増加 責任感 社交性は減少 東日本大震災に端を発した電力供給不安や 欧州債務問題など企業を取り巻く環境は依然厳しさを増している そのなかで 厳しい就職活動を終え 県内でも多くの新入社員が社会人生活の第一歩を踏み出している 当社では毎年 3 月から4 月にかけて 県内企業の新入社員を対象にアンケート調査を実施している 今年の調査結果 ( 有効回答数 673

More information

51066_hontai.indd

51066_hontai.indd 9. LiveCampus LiveCampus を利用した中間アンケート実施結果 前期中間アンケート 1. 実施日時 :2013 年 5 月 20 日 ~2013 年 5 月 31 日 2. 実施科目数 :30 科目 ( 対象者が 10 人未満の科目を除く場合 :26 科目 ) 3. 実施対象者数 ( 履修登録者数 ): 延べ 2,192 人 ( 対象者が 10 人未満の科目を除く場合 :2,174

More information

調査結果概要 ( 旭川市の傾向 ) 健康状態等 子どもを病院に受診させなかった ( できなかった ) 経験のある人が 18.8% いる 参考 : 北海道 ( 注 ) 17.8% 経済状況 家計について, 生活のため貯金を取り崩している世帯は 13.3%, 借金をしている世帯は 7.8% となっており

調査結果概要 ( 旭川市の傾向 ) 健康状態等 子どもを病院に受診させなかった ( できなかった ) 経験のある人が 18.8% いる 参考 : 北海道 ( 注 ) 17.8% 経済状況 家計について, 生活のため貯金を取り崩している世帯は 13.3%, 借金をしている世帯は 7.8% となっており 旭川市子どもの生活実態調査調査結果 速報版 平成 29 年 11 月 2 日 調査目的子どもの生活環境や家庭の実態を把握することにより, 本市の課題や特性を踏まえた子どもの貧困に係る施策展開の基礎資料とする 調査対象市内の小中学校 高等学校に在籍する対象学年の全児童生徒及び保護者対象学年学校数保護者児童 / 生徒対象者数 2 年生 2,514 人 (2,514 人 1) 55 校 5 年生 5,450

More information

man2

man2 通勤勤務時間が長いの父親 20 代を除いて の父親の通勤勤務時間の平均はより 1 時間以上長いことがわかった もも 年代が高いほど通勤勤務時間が長い傾向にあるが の父親のほうがその傾向が 顕著である 父親の通勤勤務時間の平均 平均通勤勤務時間 年代 ( ) ( ) 20 代 10.63 9.75 30 代 10.88 9.90 40 代 11.13 9.83 50 代 11.80 9.97 25~29

More information

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF322D B83678C8B89CA816995CA8DFB816A2E >

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF322D B83678C8B89CA816995CA8DFB816A2E > 資料 2-3 アンケート調査結果 ( 第 1 回資料からの抜粋 ) 平成 20 年 5 月 22 日 事務局 アンケート調査結果 1( アンケート調査方法 ) 電報及び電報類似サービスの利用状況等を把握するため 総務省の委託による郵送アンケート調査を実施 調査対象 地域 調査対象者 全国 平成 19 年 11 月現在で 15 歳から 70 歳までの男女 調査方法 調査対象者の 選定及び集計 結果について

More information

2. 主な経済的支援の概要 減免制度 ( 受験料 入学料 授業料 ) 減免 とは 本来納めなければならない費用の 減額 もしくは 免除 のことです 減免の対象となるのは 主に各大学に納める受験料や入学料 授業料です 減免制度を利用したい場合は 本人が 各大学 ( 入試課や学生支援課といった担当課があ

2. 主な経済的支援の概要 減免制度 ( 受験料 入学料 授業料 ) 減免 とは 本来納めなければならない費用の 減額 もしくは 免除 のことです 減免の対象となるのは 主に各大学に納める受験料や入学料 授業料です 減免制度を利用したい場合は 本人が 各大学 ( 入試課や学生支援課といった担当課があ Ⅱ 支援のメニュー 1 進学に対する経済的支援の全体像 進学費用が必要になる時期や家庭の状況に応じて さまざまな経済的支援制度があります 用途や利用条件に応じて どの制度を利用するか いくつかの制度を組み合わせるか 事前に よく調べて申し込む必要があります 主な経済的支援制度は4種類 減免 給付型奨学金 貸与型奨学金 教育ローン 減 免 制 度 給付型奨学金 日本学生支援機構や各大学 民間など 各大学で実施

More information

3 学校の部活動部活動についてについてお聞きします 問 7: あなたは 学校の部活動に参加していますか 学校の部活動に参加していますか 部活動部活動に参加している人は 所属している部活動の名前も記入してください 1. 運動部活動に参加 ( 問 8へ ) 2. 文化部活動に参加 ( 問 9へ ) 3.

3 学校の部活動部活動についてについてお聞きします 問 7: あなたは 学校の部活動に参加していますか 学校の部活動に参加していますか 部活動部活動に参加している人は 所属している部活動の名前も記入してください 1. 運動部活動に参加 ( 問 8へ ) 2. 文化部活動に参加 ( 問 9へ ) 3. 中学 高校学 高校生のスポーツに関するアンケート このアンケートにおいて スポーツ 運動 とは 競技としての運動のほか 健康づくり のために行う散歩 サイクリングやレクリエーションなど身体を使う運動全般を指します 1 あなた自身についてお聞き聞きします 該当する番号に をご記入下さい ( 回答は各 1 つ ) 問 1: あなたは中学生ですか 高校生ですか 1. 中学生 2. 高校生 問 2: あなたの性別を教えてください

More information

< F2D EC08E7B95F18D908F E C8FA48BC6>

< F2D EC08E7B95F18D908F E C8FA48BC6> 8 参考資料 () 平成 8 年度電話応対コンクール の様子 月 6 日 ( 水 ) に公益財団法人日本電信電話ユーザ協会主催の大会 平成 8 年度電話応対コンクール ( テープ審査 ) に 年生 名が出場した 各企業や事業所などの一般社会人の参加が多いなか 北海道の高校生として初めて参加した 日頃学んだビジネスマナーや電話応対スキルを十分に発揮することができた () ホスピタリティ原論 ( 講演

More information

<4D F736F F D D8297EE90A291D182CC8F5A88D38EAF92B28DB8838A838A815B83588DC58F4994C5>

<4D F736F F D D8297EE90A291D182CC8F5A88D38EAF92B28DB8838A838A815B83588DC58F4994C5> 中高年の生活 住まいに関する意識調査 について 自立し コンパクトに モノにしばられず暮らしたい! 2018 年 11 月 7 日株式会社住環境研究所 積水化学工業株式会社住宅カンパニー ( プレジデント : 関口俊一 ) の調査研究機関である株式会社住環境研究所 ( 所長 : 小池裕人 千代田区神田須田町 1-1) は このほど 中高年の生活 住まいに関する意識調査 を実施し 結果をまとめましたのでお知らせします

More information

質問 1 企業 団体にお勤めの方への質問 あなたの職場では定年は何歳ですか?( 回答者数 :3,741 名 ) 定年は 60 歳 と回答した方が 63.9% と最も多かった 従業員数の少ない職場ほど 定年は 65 歳 70 歳 と回答した方の割合が多く シニア活用 が進んでいる 定年の年齢 < 従業

質問 1 企業 団体にお勤めの方への質問 あなたの職場では定年は何歳ですか?( 回答者数 :3,741 名 ) 定年は 60 歳 と回答した方が 63.9% と最も多かった 従業員数の少ない職場ほど 定年は 65 歳 70 歳 と回答した方の割合が多く シニア活用 が進んでいる 定年の年齢 < 従業 ニッセイインターネットアンケート ~ セカンドライフ に関する意識調査 ~ 2018 年 9 月 1 1 日日本生命保険相互会社 日本生命保険相互会社 ( 社長 : 清水博 ) は ずっともっとサービス のサンクスマイルメニューのひとつ として ホームページ (http://www.nissay.co.jp) 内の ご契約者さま専用サービス にて セカンドライフ に関するアンケート調査を実施いたしました

More information

①働き方アンケートプレスリリース

①働き方アンケートプレスリリース 厚生労働省栃木労働局 Press Release 報道関係者各位 平成 29 年 3 月 3 日 照会先 栃木労働局雇用環境 均等室雇用環境 均等室長吉永佳代雇用環境改善 均等推進監理官髙橋拓 ( 電話 )028-633-2795 (FAX)028-637-5998 栃木の若者は男女ともに育休取得に高い関心を示す ~ 県内初! 働き方に関するアンケート調査 を栃木県と共同で実施しました ~ しろかねとしき栃木労働局

More information

7割以上の学生が卒業時、大学に「満足している」と回答。総合満足度と最も相関が高い項目は「教育方針や校風に魅力がある」ー「卒業時満足度調査2015」よりー

7割以上の学生が卒業時、大学に「満足している」と回答。総合満足度と最も相関が高い項目は「教育方針や校風に魅力がある」ー「卒業時満足度調査2015」よりー 7 割以上の学生が卒業時 大学に 満足している と回答総合満足度と最も相関が高い項目は 教育方針や校風に魅力がある ー 卒業時満足度調査 2015 よりー 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ ( 本社 : 東京都中央区代表取締役社長山口文洋 ) が運営する 高等教育機関 高校生 進路選択に関する各種調査や社外に向けての情報発信を行う リクルート進学総研 ( 所長 : 小林浩 ) は 大学生の卒業時満足度に関する調査を実施いたしました

More information

庁内文書

庁内文書 まちづくりへの関心について (10) あなたは雫石町のまちづくりに関心がありますか. 大いに関心がある と回答した割合が 16.2% 関心がある と回答した割合が 46.2% であり 合わせて 62.4% の方々が町のまちづくりに関心を持っているという結果となった 一方で あまり関心がない 全く関心がない 合わせた回答も 21.9% あった ただし も 15.6% あった また 前回との比較では 大いに関心がある

More information

(Microsoft PowerPoint - \201y\222\371\220\ \201z\220A\227\3215\222e\203\214\203|\201[\203g.ppt)

(Microsoft PowerPoint - \201y\222\371\220\ \201z\220A\227\3215\222e\203\214\203|\201[\203g.ppt) 目指すのは 幸せな省エネ生活! エネルギーに関する調査 < 第 5 回アンケートに答えて地球に木を植えようPJT 結果より > < 要約 > エネルギーを日頃から意識している人の割合は全体で 75.8% 年齢が高くなるに伴い意識も高くなる傾向 東日本大震災をきっかけに関心が高まった人の割合は全体で 76.2% 60 代以上 50 代 60 代以上は 8 割を超える 少ないエネルギー消費でも幸せになれると思う人の割合は全体で

More information

参考 男女の能力発揮とライフプランに対する意識に関する調査 について 1. 調査の目的これから結婚 子育てといったライフ イベントを経験する層及び現在経験している層として 若年 ~ 中年層を対象に それまでの就業状況や就業経験などが能力発揮やライフプランに関する意識に与える影響を把握するとともに 家

参考 男女の能力発揮とライフプランに対する意識に関する調査 について 1. 調査の目的これから結婚 子育てといったライフ イベントを経験する層及び現在経験している層として 若年 ~ 中年層を対象に それまでの就業状況や就業経験などが能力発揮やライフプランに関する意識に与える影響を把握するとともに 家 資料 2 女性の仕事や働き方に対する希望と 初職 現職の状況 ~インターネット調査 男女の能力発揮とライフプランに対する意識に関する調査 の結果から~ 参考 男女の能力発揮とライフプランに対する意識に関する調査 について 2 今回の調査結果 Ⅰ 現在の勤め先の状況と管理職志向 専門職志向 3 1 正社員 正規職員 2 有期契約社員 嘱託社員 / パート アルバイト / 派遣社員 Ⅱ 現職の状況と管理職志向

More information

140307トビタテ学生用説明資料

140307トビタテ学生用説明資料 トビタテ! 留学 JAPAN 日本代表プログラムで世界へ 自分自身で留学プランをデザイン! 奨学金を手に世界へ!! 1 0. 海外留学の促進に取り組む姿勢を示した政府方針 政府として 日本人の海外留学促進のため 企業 大学等と協力して取り組みます 日本再興戦略 ( 平成 25 年 6 月 14 日閣議決定 ) 抜粋 2020 年までに日本人留学生を 6 万人 (2010 年 ) から 12 万人へ倍増させる

More information

1. 調査の概要アンケート調査 ( 平成 28 年 1 月実施 ) 調査会社に登録しているウェブ調査登録モニターを対象にスクリーニング調査を実施し 出身地と現在の居住地 地域移動経験に基づく 4 つの割付区分 ( 図 1 参照 ) を抽出した上 各区分の目標サンプル数 ( 図 1 の 1~3 が各

1. 調査の概要アンケート調査 ( 平成 28 年 1 月実施 ) 調査会社に登録しているウェブ調査登録モニターを対象にスクリーニング調査を実施し 出身地と現在の居住地 地域移動経験に基づく 4 つの割付区分 ( 図 1 参照 ) を抽出した上 各区分の目標サンプル数 ( 図 1 の 1~3 が各 平成 28 年 6 月 7 日 ( 火 ) 独立行政法人労働政策研究 研修機構 ( 理事長菅野和夫 ) 経済社会と労働部門研究員高見具広直通電話 03-5903-6198 URL:http://www.jil.go.jp UIJ ターン促進に向けて就業支援のニーズ大きい (JILPT 調査シリーズ No.152 UIJ ターンの促進 支援と地方の活性化 より ) 労働政策研究 研修機構 (JILPT)

More information

リーフレット原稿(生保のみ)1版入稿[A4]

リーフレット原稿(生保のみ)1版入稿[A4] 生活保護世帯から 大学 専門学校へ進学するために 反貧困ネットワーク神奈川 反貧困ネットワーク神奈川は 貧困問題に取り組む多様な NPO 市民団体 労働組合などで活動し あるいは 貧困問題に関心を寄せる個人 弁護士 司法書士などが集まり 人間らしい生活と労働の保障を実現し 貧困問題を解決するために 交流や連携をすることを目的として (1) 毎月の定例相談会や年末等の特別相談会 (2) 学習会 イベント

More information

城陽市総合計画策定に係る

城陽市総合計画策定に係る 第 4 次城陽市総合計画策定に係る まちづくり市民アンケート 調査結果報告書 平成 28 年 12 月 城陽市 はじめに 本市では 市の計画的なまちづくりの根幹となる総合計画を昭和 59 年に策定し 以降 現在の総合計画に至るまで2 回の改定を行ってまいりました 現在の第 3 次総合計画は 当初からの 緑と太陽 やすらぎのまち 城陽 を目指すべき都市像とし 平成 19 年 3 月に策定したもので

More information

Ⅰ 調査概要 目 次 1 調査目的 1 2 調査項目 1 3 対象者 1 4 調査方法 1 5 調査期間 1 6 回収結果 2 7 調査結果の表し方 2 Ⅱ 調査項目別分析 1 進路希望について 3 2 進学を希望する地域 4 3 進学を決めるときに重視すること 6 4 進学を希望する大学等の設置主

Ⅰ 調査概要 目 次 1 調査目的 1 2 調査項目 1 3 対象者 1 4 調査方法 1 5 調査期間 1 6 回収結果 2 7 調査結果の表し方 2 Ⅱ 調査項目別分析 1 進路希望について 3 2 進学を希望する地域 4 3 進学を決めるときに重視すること 6 4 進学を希望する大学等の設置主 別冊 2 高校卒業後の進路及び旭川大学をベースとした 公立大学の設置に関するアンケート調査結果 ( 高校 2 年生アンケート ) 平成 3 0 年 2 月 旭川市総合政策部政策調整課 Ⅰ 調査概要 目 次 1 調査目的 1 2 調査項目 1 3 対象者 1 4 調査方法 1 5 調査期間 1 6 回収結果 2 7 調査結果の表し方 2 Ⅱ 調査項目別分析 1 進路希望について 3 2 進学を希望する地域

More information

Microsoft Word - 報告書( ).doc

Microsoft Word - 報告書( ).doc 平成 27 年度 人口減少対策に係る市民アンケート ~2025 年の総人口 70 万人維持に向けて ~ 結果報告書 平成 27 年 8 月 静岡市企画局企画課人口減少対策室 平成 27 年度人口減少対策に係る市民アンケート ~2025 年の総人口 70 万人維持に向けて ~ 目 次 Ⅰ 調査の概要 Ⅱ 調査の結果 現在の状況 : 働いている パート アルバイト その他 Q3 現在 静岡市に住んでいる理由を教えてください

More information

2

2 介護福祉士を取り巻く環境とニーズに関する調査 WEB 調査一般生活者対象 結果報告書 1 2 Ⅰ. 調査概要 1. 調査目的本調査は 平成 26 年に日本介護福祉士会が設立 20 周年を迎えるに際し 介護福祉士の現状とニーズについて把握し 日本介護福祉士会の今後のあり方とについて検討するための基礎資料とすることを目的として実施した 2. 調査対象 男女 20 代 ~60 代以上の一般生活者 調査票回収数

More information

1 施設で生活する高校生の本音アンケート 3 2 調査項目 4 3 施設で生活する高校生の自己肯定感について...5 (1) 一般高校生との比較 5 4 施設で生活する高校生の進路について.7 (1) 希望職種の有無と希望進路 7 (2) 性別 学年による進路の違い 8 5 施設で生活する高校生のア

1 施設で生活する高校生の本音アンケート 3 2 調査項目 4 3 施設で生活する高校生の自己肯定感について...5 (1) 一般高校生との比較 5 4 施設で生活する高校生の進路について.7 (1) 希望職種の有無と希望進路 7 (2) 性別 学年による進路の違い 8 5 施設で生活する高校生のア 全国児童養護施設調査 2014 施設で生活する高校生の本音アンケート 認定 NPO 法人ブリッジフォースマイル 調査チーム 2014 年 12 月 1 施設で生活する高校生の本音アンケート 3 2 調査項目 4 3 施設で生活する高校生の自己肯定感について...5 (1) 一般高校生との比較 5 4 施設で生活する高校生の進路について.7 (1) 希望職種の有無と希望進路 7 (2) 性別 学年による進路の違い

More information

< 目次 > 調査結果報告書要旨 調査結果報告書要旨... 3 (1) 調査の概要... 3 (2) 本調査の主な結果... 4 調査結果報告書本文 1. 調査の概要 回答者属性 報告書構成等 (1) 調査の概要 (2) 回答者の基本属性 (3) ウエイトによる補

< 目次 > 調査結果報告書要旨 調査結果報告書要旨... 3 (1) 調査の概要... 3 (2) 本調査の主な結果... 4 調査結果報告書本文 1. 調査の概要 回答者属性 報告書構成等 (1) 調査の概要 (2) 回答者の基本属性 (3) ウエイトによる補 内閣府度委託調査事業 就職 採用活動開始時期の後ろ倒しに係る学生の就職活動等調査 調査結果報告書 平成 28 年 1 月 15 日 株式会社浜銀総合研究所 < 目次 > 調査結果報告書要旨 調査結果報告書要旨... 3 (1) 調査の概要... 3 (2) 本調査の主な結果... 4 調査結果報告書本文 1. 調査の概要 回答者属性 報告書構成等... 13 (1) 調査の概要... 13 (2)

More information

睡眠調査(概要)

睡眠調査(概要) 睡眠を中心とした生活習慣と子供の自立等との関係性に関する調査の結果 ( 概要 ) 調査の概要 調査目的 : 睡眠を中心とした生活習慣等についての調査を実施し 全国的な実態を把握するとともに 自立や心身の不調等についても質問を行い 生活習慣との関係性を明らかにする 調査対象 : 小学校第 5 学年から高等学校第 3 学年までの学年毎に100 校 ( 各校 1クラス 計 800 クラス ) を抽出 (

More information

問 1-1 現在の成人のつどいの内容等についてどう思いますか?(1 つ選択 ) 11.4% 19.0% 69.6% 現在のままでよい 213 名 分からない 58 名 変更したほうがよい 35 名 問 1-2 成人のつどいに参加又はお子様等が参加したことがありますか?(1 つ選択 ) 45.1% あ

問 1-1 現在の成人のつどいの内容等についてどう思いますか?(1 つ選択 ) 11.4% 19.0% 69.6% 現在のままでよい 213 名 分からない 58 名 変更したほうがよい 35 名 問 1-2 成人のつどいに参加又はお子様等が参加したことがありますか?(1 つ選択 ) 45.1% あ 平成 30 年度まちづくりネットモニター第 10 回調査結果テーマ 成人年齢引き下げに伴う成人のつどいのあり方について 郡山市では 民法改正に伴い 2022 年 4 月から成人年齢が現在の 20 歳から 18 歳へ引き下げとなることを受け 今後の 成人のつどい のあり方について 市民の皆様の意見をお伺いし検討を進めるため アンケートを実施しましたので その結果についてお知らせいたします ( 生涯学習課

More information

03 奨学金 ( 無利子 ) 返還支援額 Example of scholarship support 年間で 45 万円の奨学金 4 年間で 180 万の奨学金 (120 万タイプもございます ) 国家 1 級自動車整備士コース奨学金には早期資格取得優遇制度があります 国家 1 級自動車整備士コー

03 奨学金 ( 無利子 ) 返還支援額 Example of scholarship support 年間で 45 万円の奨学金 4 年間で 180 万の奨学金 (120 万タイプもございます ) 国家 1 級自動車整備士コース奨学金には早期資格取得優遇制度があります 国家 1 級自動車整備士コー 札幌日産奨学金未来の国家一級整備士を応援します 01 応募要件 Application Requirements 1 自動車整備四年制 1 級コース大学校の入学予定者 2 本人が自動車関連企業への就職を強く希望する場合 3 経済的事情により就学が困難な方 4 高校在籍期間の成績が優秀な方 5 学校長もしくは進路指導責任者の推薦書がある場合 6 入学後の家庭環境 経済状況の変化により 継続困難となる学生

More information

コメコメ人生設計 アンケート結果

コメコメ人生設計 アンケート結果 回収数 :377 件 年齢 婚姻歴 50 代以上 20% 40 代 28% 20 代 27% 30 代 25% 未婚 41% 離婚 8% 既婚 51% N=371 N=374 N=175( ソロ NS) 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 適当な相手にめぐり合わないから自由や気楽さを失いたくないから結婚後の生活資金が足りないと思うから雇用が安定しないから結婚の必要性を感じないから結婚資金が足りないから趣味や娯楽を楽しみたいから異性とうまくつきあえないからまだ若すぎるから仕事が忙しすぎるから仕事を優先したいから住宅のめどが立たないから親や周囲が同意しないから結婚するつもりはないからその他

More information

2018年1月31日

2018年1月31日 2019 年 1 月 28 日 ~ 保護者に対する教育に関する意識調査から ~ 調査 静岡県民の教育観 について 文部科学省の 学習指導要領 が新たに改訂され 教育を取り巻く環境が大きく変わろうとしている こうした中 静岡県民の 教育に関する保護者の意識アンケート調査 を実施し 親の立場からみた子どもの教育への意識や教育観などを明らかにした 調査結果によると 約 7 割の親が子どもに大学以上の進学を期待しているが

More information

一般的な学生 & 企業の活動フロー 各選考ステップ例 エントリー 会社説明会 一次選考 筆記試験二次選考 ~ 最終選考内々定 約 30% 4% 2~3 名採用 合計 600~700 名 ( エントリー数目標 ) 約 200 名 ( 目標 ) 約 100 名 ( 目標 ) 約 30 名 ~50 名 (

一般的な学生 & 企業の活動フロー 各選考ステップ例 エントリー 会社説明会 一次選考 筆記試験二次選考 ~ 最終選考内々定 約 30% 4% 2~3 名採用 合計 600~700 名 ( エントリー数目標 ) 約 200 名 ( 目標 ) 約 100 名 ( 目標 ) 約 30 名 ~50 名 ( 新卒採用戦線の現状と 学生から見た就職先選定のポイント 7 月 25 日 ( 水 ) IT ビジネスプラザ武蔵北陸携帯電話販売店協会セミナー 1 一般的な学生 & 企業の活動フロー 各選考ステップ例 エントリー 会社説明会 一次選考 筆記試験二次選考 ~ 最終選考内々定 約 30% 4% 2~3 名採用 合計 600~700 名 ( エントリー数目標 ) 約 200 名 ( 目標 ) 約 100 名

More information

記者発表「大学生・大学院生の多様な採用に対するニーズ調査」(平成29年12月26日)|労働政策研究・研修機構(JILPT)

記者発表「大学生・大学院生の多様な採用に対するニーズ調査」(平成29年12月26日)|労働政策研究・研修機構(JILPT) 訂正箇所 平成 29 年 12 月 26 日 ( 火 ) 独立行政法人労働政策研究 研修機構 ( 理事長菅野和夫 ) 雇用構造と政策部門特任研究員浅尾裕経済社会と労働部門副主任研究員中野諭 ( 電話 )03-5903-6111 URL:http://www.jil.go.jp/ 大学生 大学院生の多様な採用に対するニーズ調査 労働政策研究 研修機構 (JILPT) では 2018 年春以降に就職することを予定している大学生

More information

調査協力者の年齢 年齢 人数 % 20 代 183 (15.2) 30 代 238 (19.8) 40 代 276 (23.0) 50 代 364 (30.3) 60 代以上 140 (11.7) A-2 保育士登録について 調査協力者のうち 全体の 70.0%(820 名 ) が 保育士登録を行っ

調査協力者の年齢 年齢 人数 % 20 代 183 (15.2) 30 代 238 (19.8) 40 代 276 (23.0) 50 代 364 (30.3) 60 代以上 140 (11.7) A-2 保育士登録について 調査協力者のうち 全体の 70.0%(820 名 ) が 保育士登録を行っ 就実短期大学潜在保育士アンケート結果報告 1. アンケート調査の概要は以下のとおりである 1) アンケートの構成アンケートは 以下のような内容で構成されている ( 詳細は アンケート調査表原本を参照 ) A 調査協力者の属性 B 保育士 幼稚園教諭現職者に対する質問 C 保育士 幼稚園教諭経験者 ( 現在未就労 ) に対する質問 D 保育士 幼稚園教諭として就労経験がない方への質問 E 保育士復職研修会

More information

平成25年4月26日

平成25年4月26日 入社動機 企業イメージよい が 2 年連続の 1 位 転職 志望高まる 当社では例年 3 月から 4 月にかけて県内企業の新入社員を対象に意識調査を実施している 今年は 645 名から有効回答を得た 企業イメージがよい が 2 年連続で入社動機のトップとなり また 新入社員の 5 割以上が就職した企業に 定年まで勤めたい と回答するなど安定志向は根強いものの 2 割は 転職 を選択肢に入れており 5

More information

< D8A878CE394BC93C18F57817B B835E E786C7378>

< D8A878CE394BC93C18F57817B B835E E786C7378> 学生の動向 1. 学生の就職観 大手企業志向 P51 2015 マイナビ大学生就職意識調査 より 学生の就職観 ( 楽しく働きたい 個人の生活と仕事を両立させたい 人のためになる仕事をしたい等 ) 大手志向 就職希望度( 何が何でも就職したい 就職しなくてもよい ) について掲載 2. 企業選択のポイント P52 2015 マイナビ大学生就職意識調査 より 企業選択の際良いと思う会社 行きたくない会社について掲載

More information

Microsoft PowerPoint アンケート結果(速報)Ver1.1 - コピー.pptx

Microsoft PowerPoint アンケート結果(速報)Ver1.1 - コピー.pptx 資料 2 市川市の将来人口に関する市民アンケート ( 結果速報 ) 1 調査概要 ➊ 対象者 市川市に居住する満 18 歳以上の男女 4,000 人 ( 平成 27 年 7 月 1 日時点 住民基本台帳 ) 調査方法 無作為抽出 郵送によりアンケートの配布 無記名で回収 調査期間 平成 27 年 8 月 回答結果 回答件数 1,266 件 ( 回答率 31.7%) ➋ 対象者 市川市に居住する満 18

More information

ニッセイインターネットアンケート ~ 夏のボーナス について ~ 2019 年 6 月 2 8 日日本生命保険相互会社 日本生命保険相互会社 ( 社長 : 清水博 ) は ずっともっとサービス のサンクスマイルメニューのひとつ として ホームページ (

ニッセイインターネットアンケート ~ 夏のボーナス について ~ 2019 年 6 月 2 8 日日本生命保険相互会社 日本生命保険相互会社 ( 社長 : 清水博 ) は ずっともっとサービス のサンクスマイルメニューのひとつ として ホームページ ( ニッセイインターネットアンケート ~ 夏のボーナス について ~ 2019 年 6 月 2 8 日日本生命保険相互会社 日本生命保険相互会社 ( 社長 : 清水博 ) は ずっともっとサービス のサンクスマイルメニューのひとつ として ホームページ (http://www.nissay.co.jp) 内の ご契約者さま専用サービス にて 夏のボーナス に関するアンケート調査を実施いたしました アンケート概要

More information

7 応募書類の 奨学金貸与証明 書 とは何ですか 日本学生支援機構へ申請することにより入手できます 奨学生証とは別のものです 申請方法については 日本学生支援機構のHPをご確認ください ( 就職後の状況報告の際に提出いただく 奨学金返還証明書 も同様です )

7 応募書類の 奨学金貸与証明 書 とは何ですか 日本学生支援機構へ申請することにより入手できます 奨学生証とは別のものです 申請方法については 日本学生支援機構のHPをご確認ください ( 就職後の状況報告の際に提出いただく 奨学金返還証明書 も同様です ) 1 募集対象者 交付対象者について 1 募集対象者 と 交付対象者 の違いは何ですか 募集対象者 は本事業の応募資格を有する方のことです 応募いただき 選考の結果 補助金による支援が適当と認められた方のことを 交付対象者 といいます 2 福島県出身者ではないが 募 集対象者となりますか なります 本県産業の将来を担う人材を募集し 本県に定着していただくことを目的としており 出 身地や在籍する大学等の所在地は問いません

More information

スライド 1

スライド 1 プロ野球への関心を行動で聞いたところ スポーツニュースで見ると答えた人の割合が 52.9% と最も高く 続いてテレビで観戦する 新聞で結果を確認すると続く 好きなプロ野球チームの有無を聞いたところ 半数をやや超える 52.4% があると答えている 1 プロ野球への関心 スポーツニュースで見る 2 好きなプロ野球チームの有無 52.9% 0.2% テレビで観戦する 39.0% 新聞で結果を確認する 32.8%

More information

< 調査概要 ( 経営者版 )> 調査期間 : 平成 29 年 8 月 2 日 ( 水 )~10 月 20 日 ( 金 ) 調査地域 : 全国 調査方法 : 当社営業職員によるアンケート回収 回答数 :13,854 部無作為に 5,000 サンプル ( 男性 :4,025 名 :975 名 ) を抽

< 調査概要 ( 経営者版 )> 調査期間 : 平成 29 年 8 月 2 日 ( 水 )~10 月 20 日 ( 金 ) 調査地域 : 全国 調査方法 : 当社営業職員によるアンケート回収 回答数 :13,854 部無作為に 5,000 サンプル ( 男性 :4,025 名 :975 名 ) を抽 平成 29 年 10 月 30 日 朝日生命保険相互会社 働き方意識調査アンケート 調査結果 朝日生命保険相互会社 ( 社長 : 木村博紀 ) は 長時間労働の改善等 働き方改革に関心 が高まる中 健康や生きがいに直結する一人ひとりの働き方に関する 働き方意識調査 アンケート 働き方意識調査アンケート ( 経営者版 ) を実施しました < 調査概要 > 調査期間 : 平成 29 年 8 月 2 日

More information

q8 GPA 1.49 未満 以上 合計 q9 高校所在地 大阪府 京都府 74

q8 GPA 1.49 未満 以上 合計 q9 高校所在地 大阪府 京都府 74 q1 性別 男 163 44.1 女 207 55.9 合計 370 100.0 第 5 回社会学部卒業時調査単純集計表 q2 学科 専攻 社会学 94 25.4 社会福祉学 93 25.1 メディア学 66 17.8 教育文化学 60 16.2 産業関係学 57 15.4 合計 370 100.0 q3 入学年度 2005 2 0.5 2006 3 0.8 2007 5 1.4 2008 31 8.4

More information

県別 大学進学 37県で流出超過!|旺文社教育情報センター

県別 大学進学 37県で流出超過!|旺文社教育情報センター 県別大学進学 流入 v.s. 流出 37 県で流出超過! 地方創生と大学進学 大学進学で若者が出て行く! ( 株 ) 旺文社教育情報センター 28 年 9 月 地方創生 が叫ばれる今 各地域における人口減少は非常に大きな問題だ 人口移動が起きる大きな契機は 特に 進学 就職 時と推察される 本稿ではこのうち 進学 に焦点を当て 文部科学省の 学校基本調査 を基に 大学進学時における学生の都道府県別の流出入

More information

「女性のコミュニケーション実態とニオイの意識」に関する調査

「女性のコミュニケーション実態とニオイの意識」に関する調査 130-8644 東京都墨田区本所 1-3-7 女性 3 世代を徹底分析 女性のコミュニケーション実態とニオイの意識 に関する調査 イマドキ女子は半径 36 cmで臭活中ニオイ不安を解消し 親しみ距離 にエントリーしよう!! メールや SNS サイトなどを介したバーチャルなコミュニケーションが主流化している便利な時代 そんな時代を当 たり前と感じて育ってきた 20 代 イマドキ女子 のコミュニケーションは

More information

学校基本調査 ( 文部科学省 ) にほぼ近い分布となっている (2) 調査分析結果については 分析委員会で検討を行った 第 2 本アンケート調査の主な結果 1 学生 ( 大学生 大学院生 ) の就職に関する意識 (1) 卒業後の予定進路は 大学生 大学院生ともに8 割以上が 民間企業に就職 を希望し

学校基本調査 ( 文部科学省 ) にほぼ近い分布となっている (2) 調査分析結果については 分析委員会で検討を行った 第 2 本アンケート調査の主な結果 1 学生 ( 大学生 大学院生 ) の就職に関する意識 (1) 卒業後の予定進路は 大学生 大学院生ともに8 割以上が 民間企業に就職 を希望し 就職 採用活動開始時期の変更に伴う学生の意識等調査報告書 ( 概要 ) 第 1 調査概要 1 目的平成 27 年度卒業 修了予定者からの就職 採用活動開始時期変更の円滑な実施に供するとともに アンケート調査実施を通じ 就職 採用活動開始時期変更に関する学生の理解を深める 2 調査実施期間平成 26 年 10 月 8 日 ~ 同年 10 月 29 日 ( 計 22 日間 ) 3 調査対象地域全国 4

More information

1. 調査の目的 初めての給料日は 新入社員が皆胸を躍らせるイベントだ 家族への感謝の気持ちを伝える機会に 1 ヶ月間頑張った自分へのご褒美に と 使い道を考えている時間が一番楽しいかもしれない しかし最近の若者は 車や高級品に興味がない 海外旅行に関心が薄い 節約志向で無駄遣いはしない などと言わ

1. 調査の目的 初めての給料日は 新入社員が皆胸を躍らせるイベントだ 家族への感謝の気持ちを伝える機会に 1 ヶ月間頑張った自分へのご褒美に と 使い道を考えている時間が一番楽しいかもしれない しかし最近の若者は 車や高級品に興味がない 海外旅行に関心が薄い 節約志向で無駄遣いはしない などと言わ 新入社員の お金の使い方 に関する意識調査 調査結果のポイント 初任給の使い道 :1 位 家族へのプレゼント 2 位 貯蓄 初任給記念には 1 万円以上 ~5 万円程度を使う予定 学生時代よりお金をかけたいのは 1 位 趣味 2 位 貯蓄 3 位以下は男女の違いが明確に 男性は自動車 バイク 住空間にこだわり 女性はファッション 美容 旅行に高い関心 貯蓄の目的は 将来の生活費 調査要綱 1. 調査対象

More information

それぞれのとやま色 先輩たちの就職はどうだった? 若者の正規雇用率 15 34歳 は 全国1位 新規大卒者等の 就職率は98.8 非正規雇用者が 拡大する中 富山は 若者の正規雇用率が 高くなっています 産業が集積している 富山では 企業は 新卒採用に意欲的に 取り組んでいます 77.8% 富山 1

それぞれのとやま色 先輩たちの就職はどうだった? 若者の正規雇用率 15 34歳 は 全国1位 新規大卒者等の 就職率は98.8 非正規雇用者が 拡大する中 富山は 若者の正規雇用率が 高くなっています 産業が集積している 富山では 企業は 新卒採用に意欲的に 取り組んでいます 77.8% 富山 1 U 自分だけの 人生を描く それぞれのとやま色 先輩たちの就職はどうだった? 若者の正規雇用率 15 34歳 は 全国1位 新規大卒者等の 就職率は98.8 非正規雇用者が 拡大する中 富山は 若者の正規雇用率が 高くなっています 産業が集積している 富山では 企業は 新卒採用に意欲的に 取り組んでいます 77.8% 富山 1位 総務省 平成 29年就業構造基本調査 全国 平均 一人ひとりが思う 富山の魅力

More information

労働力調査(詳細集計)平成29年(2017年)平均(速報)結果の概要

労働力調査(詳細集計)平成29年(2017年)平均(速報)結果の概要 第 1 雇用者 ( 正規, 非正規の職員 従業員別の動向など ) 1 正規の職員 従業員は56 万人増加, 非正規の職員 従業員は13 万人増加 217 年平均の役員を除く雇用者は546 万人と, 前年に比べ69 万人の増加となった このうち正規の職員 従業員は3423 万人と56 万人の増加となった 一方, 非正規の職員 従業員は236 万人と13 万人の増加となった 別にみると, 性は正規の職員

More information

地震と地震保険に関するアンケート調査結果について

地震と地震保険に関するアンケート調査結果について 各位 2013 年 8 月 29 日 SBI 少額短期保険株式会社 地震と地震保険に関するアンケート調査結果について SBI 少額短期保険株式会社 ( 本社 : 東京都千代田区 代表取締役 : 新村光由 ) は 2013 年 8 月 9 日 ~8 月 10 日の 2 日間 全国の持家に住む 20 代 ~60 代の方を対象に 地震災害に関するアンケート調査を実施し 563 名の有効回答を得ましたので

More information

第4回18歳意識調査「テーマ:働くについて」要約版

第4回18歳意識調査「テーマ:働くについて」要約版 18 歳意識調査 第 4 回 働く - 要約版 日本財団 2018 年 11 月 21 日 目次 調査概要 3 なりたい職業はあるか 5 進路は職業をイメージして決めているか 6 働きたい場所 7 仕事 orプライベート 8 働き方 9 希望の働き方 理由 10 転職希望 11 何歳まで働きたいか 12 調査概要 18 歳意識調査 - 働く - 調査対象 全国の 17 歳 ~19 歳男女 回答数 800

More information

高校生の生活と意識に関する調査 問 1 あなたの性別を教えてください 1. 男 2. 女 問 2 あなたが在学している高校は次のどれですか ( は 1 つ ) 1. 普通科高校 2. 職業科高校 問 3 あなたの学年を教えてください ( は 1 つ ) 1. 高校 1 年生 2. 高校 2 年生 3

高校生の生活と意識に関する調査 問 1 あなたの性別を教えてください 1. 男 2. 女 問 2 あなたが在学している高校は次のどれですか ( は 1 つ ) 1. 普通科高校 2. 職業科高校 問 3 あなたの学年を教えてください ( は 1 つ ) 1. 高校 1 年生 2. 高校 2 年生 3 高校生の生活と意識に関する調査 について 国立青少年教育振興機構 この調査は 日本 中国 韓国 米国の高校生の生活と意識を探り 我が国の青少年教育の参考にすることを目的としています ご記入に際してのお願い (1) あなたの名前を書く必要はありません 調査の結果は と回答した日本の高校生が何 % といったように集計等されますので 個人がどの質問に どのように回答したかなど 学校名や個人の名前が明らかになることはありませんので

More information

1 調査目的 本市をより魅力的で活気のある 住みやすいまちにするにはどうしたらいいのか について これからの社会を担う高校生 大学生に対し 考えや思いを聞くことで 人口の社会減対策として有効な 若者の市内就職施策の方向性を見出すために実施した 2 調査内容の背景と設問設定理由本市においても 人口の社

1 調査目的 本市をより魅力的で活気のある 住みやすいまちにするにはどうしたらいいのか について これからの社会を担う高校生 大学生に対し 考えや思いを聞くことで 人口の社会減対策として有効な 若者の市内就職施策の方向性を見出すために実施した 2 調査内容の背景と設問設定理由本市においても 人口の社 資料 3 進学や就職に関するアンケート調査結果報告 平成 27 年 7 月 津山市総合企画部地域創生戦略室 1 調査目的 本市をより魅力的で活気のある 住みやすいまちにするにはどうしたらいいのか について これからの社会を担う高校生 大学生に対し 考えや思いを聞くことで 人口の社会減対策として有効な 若者の市内就職施策の方向性を見出すために実施した 2 調査内容の背景と設問設定理由本市においても 人口の社会減は進行しており

More information

調査の概要 1 調査目的 人口減少社会に関する意識の傾向を分析するため 全世代を対象に 子育てや親世代と の同居 近所づきあいや移住に関する意識調査を実施した 2 調査方法 アンケート調査をエム アール アイリサーチアソシエイツ株式会社に委託し インタ ーネットモニター会社に登録しているモニターに対

調査の概要 1 調査目的 人口減少社会に関する意識の傾向を分析するため 全世代を対象に 子育てや親世代と の同居 近所づきあいや移住に関する意識調査を実施した 2 調査方法 アンケート調査をエム アール アイリサーチアソシエイツ株式会社に委託し インタ ーネットモニター会社に登録しているモニターに対 Press Release 報道関係者各位 平成 27 年 10 月 27 日 照会先 政策統括官付政策評価官室アフターサービス推進官土肥克己室長補佐肥沼由佳 ( 代表電話 )03(5253)1111( 内線 7777) ( 直通電話 )03(3595)2160 人口減少社会に関する意識調査 の結果を公表します 厚生労働省は 人口減少社会に関する意識調査 を実施し その結果をとりまとめましたので 公表します

More information