令和元年度 学校基本調査の結果速報の概要 この速報は, 令和元年 5 月 1 日現在で実施された学校基本調査の調査結果のうち, 広島県内の学校 ( 大学, 短期大学及び高等専門学校を除く ) について基本的事項をまとめたものです なお, 確報については, 令和 2 年 1 月頃に公表する予定です 学

Save this PDF as:

Size: px
Start display at page:

Download "令和元年度 学校基本調査の結果速報の概要 この速報は, 令和元年 5 月 1 日現在で実施された学校基本調査の調査結果のうち, 広島県内の学校 ( 大学, 短期大学及び高等専門学校を除く ) について基本的事項をまとめたものです なお, 確報については, 令和 2 年 1 月頃に公表する予定です 学"

Transcription

1 令和元年度 学校基本調査の結果速報の概要 この速報は, 令和元年 5 月 1 日現在で実施された学校基本調査の調査結果のうち, 広島県内の学校 ( 大学, 短期大学及び高等専門学校を除く ) について基本的事項をまとめたものです なお, 確報については, 令和 2 年 1 月頃に公表する予定です 学校基本調査 統法 ( 平成 19 年法律第 53 号 ) に基づく文部科学省所管の基幹統調査 ( 昭和 23 年度から毎年実施 ) 調査項目 学校数, 在学者数, 教員数, 卒業者数, 進学者数, 就職者数等 理由別長期欠席児童生徒数は, 平成 28 年度から調査項目から削除 ( 文部科学省が行う 児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査 に統合されたため ) 1 令和元年度調査結果のポイント 1 園児 児童 生徒数 幼稚園の園児数は 24,365 人で, 前年度より 1,665 人 (6.4%) 減少 7 年連続の減少 幼保連携型認定こども園の園児数は 17,392 人で, 前年度より 2,679 人 (18.2%) 増加 調査開始から 4 年連続の増加で, 過去最多 小学校の児童数は 15,797 人で, 前年度より 982 人 (.6%) 減少 2 年ぶりの減少で, 過去最少 中学校の生徒数は 74,399 人で, 前年度より 65 人 (.9%) 減少 8 年連続の減少で, 過去最少 義務教育学校の生徒数は 1,56 人で, 前年度より 153 人 (11.3%) 増加 3 年連続の増加で, 過去最多 高等学校の生徒数は 73,967 人で, 前年度より 1,124(1.5%) 減少 5 年連続の減少 中等教育学校の生徒数は 699 人で, 前年度より 114 人 (19.5%) 増加 6 年連続の増加で, 過去最多 特別支援学校の在学者数は 2,788 人で, 前年度より 33 人 (1.2%) 増加 平成 12 年度以降 2 年連続の増加で, 過去最多 2 高等学校卒業者 ( 全日制 定時制 通信制 ) の状況 大学等進学率は 59.4% で, 前年度より.1 ポイント低下 就職率 ( 進学等しながら就職した者を含み, 卒業者総数に占める割合 ) は 15.4% で, 前年度より.1 ポイント低下

2

3 結果速報の概要 Ⅰ 概況 令和元年 5 月 1 日現在で実施した学校基本調査 ( 大学, 短期大学, 高等専門学校を除く ) の結果の概要は, 次のとおりである (1) 学校数 幼稚園は 241 園で, 前年度より 11 園減少 幼保連携型認定こども園は 13 園で, 前年度より 2 園増加 小学校は 479 校で, 前年度より 6 校減少 中学校は 268 校で, 前年度と同じ 義務教育学校は 4 校で, 前年度より1 校増加 高等学校は 136 校で, 前年度より 1 校減少 中等教育学校は 1 校で, 前年度と同じ 特別支援学校は 18 校で, 前年度と同じ 専修学校は 76 校で, 前年度と同じ 各種学校は 24 校で, 前年度より 1 校減少 (2) 在学者数 幼稚園園児数は 24,365 人で, 前年度より 1,665 人減少 幼保連携型認定こども園園児数は 17,392 人で, 前年度より 2,679 人増加 小学校児童数は 15,797 人で, 前年度より 982 人減少 中学校生徒数は 74,399 人で, 前年度より 65 人減少 義務教育学校児童生徒数は 1,56 人で, 前年度より 153 人増加 高等学校生徒数は 73,967 人で, 前年度より 1,124 人減少 中等教育学校生徒数は 699 人で, 前年度より 114 人増加 特別支援学校在学者数は 2,788 人で, 前年度より 33 人増加 専修学校生徒数は 12,531 人で, 前年度より 94 人減少 各種学校生徒数は 2,11 人で, 前年度より 125 人減少 参考 小学校及び義務教育学校前期課程の児童を合した児童数 ( 以下 小学校相当児童数 という ) は 151,773 人で, 前年度より 886 人減少 中学校, 義務教育学校後期課程及び中等教育学校前期課程の生徒を合した生徒数 ( 以下 中学校相当生徒数 という ) は,75,287 人で, 前年度より 592 人減少 高等学校及び中等教育学校後期課程の生徒を合した生徒数 ( 以下 高等学校相当生徒数 という ) は,74,38 人で, 前年度より 1,11 人減少 (3) 教員数 ( 本務者 ) 幼稚園教員数 ( 本務者 ) は 1,96 人で, 前年度より 12 人増加 幼保連携型認定こども園教育 保育職員数 ( 本務者 ) は 2,912 人で, 前年度より 513 人増加 小学校教員数 ( 本務者 ) は 9,78 人で, 前年度より 62 人増加 中学校教員数 ( 本務者 ) は 5,493 人で, 前年度より 42 人増加 義務教育学校教員数 ( 本務者 ) は 135 人で, 前年度より 26 人増加 高等学校教員数 ( 本務者 ) は 5,391 人で, 前年度より 13 人減少 中等教育学校教員数 ( 本務者 ) は 53 人で, 前年度より 13 人増加 特別支援学校教員数 ( 本務者 ) は 1,563 人で, 前年度より 13 人増加 専修学校教員数 ( 本務者 ) は 791 人で, 前年度より 2 人減少 各種学校教員数 ( 本務者 ) は 169 人で, 前年度より 4 人増加 区分 学校数 対前年度増減 在学者数 対前年度増減 教員数 ( 本務者 ) 対前年度増減 校 ( 園 ) 人 人 幼 稚 園 ,365 1,665 1,96 12 幼保連携型認定こども園 ,392 2,679 2, 小 学 校 , ,78 62 中 学 校 , , 義 務 教 育 学 校 4 1 1, 前 期 課 程 後 期 課 程 高 等 学 校 ,967 1,124 5, 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 後 期 課 程 特 別 支 援 学 校 18-2, , 専 修 学 校 76-12, 各 種 学 校 ,

4 35, 3, 25, 2, 15, 1, 5, 幼稚園園児数は, ピーク時 ( 昭和 53 年度 58,81 人 ) の 41.4% 小学校児童数は, 第二次ピーク時 ( 昭和 57 年度 285,573 人 ) の 52.8% で, 過去最少 中学校生徒数は, 第二次ピーク時 ( 昭和 62 年度 145,362 人 ) の 51.2% で, 過去最少 高等学校生徒数は, 第二次ピーク時 ( 平成 2 年度 139,679 人 ) の 53.% 図 1 在学者数の推移 ( 昭和 23 年度 ~) 小学校昭 ,54 人 ( 過去最多 ) 小学校昭 ,573 人 中学校昭 37 17,151 人 ( 過去最多 ) 中学校昭 ,362 人高等学校昭 4 139,73 人 ( 過去最多 ) 高等学校平 2 139,679 人 幼稚園昭 53 58,81 人 ( 過去最多 ) 小学校令元 15,797 人 ( 過去最少 ) 中学校令元 74,399 人 ( 過去最少 ) 高等学校令元 73,967 人 幼稚園令元 24,365 人 幼保連携型認定こども園令元 17,392 人 義務教育学校令元 1,56 人 中等教育学校令元 699 人 ( 年度 ) 昭和平成令和 特別支援学校在学者数は, 過去最多 専修学校生徒数は, ピーク時 ( 平成 5 年度 23,85 人 ) の 52.5% 各種学校生徒数は, ピーク時 ( 昭和 38 年度 29,421 人 ) の 7.1% 35, 3, 25, 図 2 在学者数の推移 ( 昭和 23 年度 ~) 各種学校昭 38 29,421 人 ( 過去最多 ) 専修学校平 5 23,85 人 ( 過去最多 ) 2, 15, 1, 5, 専修学校令元 12,531 人 特別支援学校令元 2,788 人 ( 過去最多 ) 各種学校令元 2,11 人 ( 年度 ) 昭和平成令和 2

5 < 中学校卒業後の状況 > 進学率は前年度より.1 ポイント上昇し 98.7%, 就職率は前年度より.1 ポイント低下し.2% である < 高等学校卒業後の状況 > 進学率は前年度より.1 ポイント低下し 59.4%, 就職率は前年度より.1 ポイント低下し 15.4% である (%) 1 9 図 3 進学率 就職率の推移 ( 昭和 25 年度 ~) 高等学校等進学率令元 98.7% 中学校就職率昭 % ( 過去最高 ) 高等学校就職率昭 % ( 過去最高 ) 大学等進学率平 % ( 過去最高 ) 大学等進学率令元 59.4% 3 2 高等学校就職率令元 15.4% 1 中学校就職率令元.2% ( 年度 ) 昭和平成令和 注 ) 昭和 25 年度以前の進学率及び昭和 35 年度以前の就職率は不詳 3

6 幼稚園 幼保連携型認定こども園 幼保連携型認定こども園 は, 以下, 図中は こども園 とする (1) 学校数 園児数 45, 4, 35, 3, 25, 2, 15, 1, 5, 幼保連携型認定こども園への移行により, 幼稚園の園数 園児数は減少している [ 図 4] 幼稚園では 5 歳児が最も多い [ 図 5] 幼保連携型認定こども園では 3~5 歳児が 72.1% を占めている [ 図 6] 幼保連携型認定こども園の認定号別では, 保育が必要な 2 号認定及び 3 号認定が 72.3% を占めている [ 図 7] 図 4 幼稚園及びこども園の園数 園児数 ( 園 ) , ,785 27,1 26,3 24, ,685 8,646 11,945 14,713 17,392 平成 令和元 5 歳 8,764 人 36.% 24,365 人 3 歳 7,253 人 29.8% 5 歳 4,169 人 24.% 園児数 ( 幼稚園 ): 左目盛 園児数 ( こども園 ): 左目盛 園数 ( 幼稚園 ): 右目盛 園数 ( こども園 ): 右目盛 1 号認定 : 教育標準時認定 ( 満 3 歳以上の子どもで,2 号認定を除く ) 2 号認定 : 保育認定 ( 満 3 歳以上の子どもで, 保育を必要とする ) 3 号認定 : 保育認定 ( 満 3 歳未満の子どもで, 保育を必要とする ) 17,392 人 歳 52 人 3.% 1 歳 2,23 人 11.6% 2 歳 2,315 人 13.3% 3 号認定 4,858 人 27.9% 17,392 人 1 号認定 4,812 人 27.7% 4 歳 8,348 人 34.3% 4 歳 4,117 人 23.7% 3 歳 4,248 人 24.4% 2 号認定 7,722 人 44.4% 図 5 幼稚園園児数内訳 図 6 こども園園児数内訳 図 7 こども園認定号内訳 (2) 教員, 教育 保育職員数 ( 本務者 ) 幼稚園の教員数 ( 本務者 ), 幼保連携型認定こども園の教育 保育職員数 ( 本務者 ) ともに増加した [ 図 8] 教員, 教育 保育職員に占める女性の割合はいずれも 9% 台で推移している 管理職に占める女性の割合は, 幼稚園は 6% 台で推移している 幼保連携型認定こども園は前年度は 7% を上回ったが, 今年度は 6% 台に低下した [ 図 8] 6, 5, 4, 3, 2, 1, 図 8 幼稚園及びこども園の教員, 教育 保育職員数 教員, 教育 保育職員に占める女性の割合 管理職に占める女性の割合 (%) ,61 2,38 1,986 1,948 1, , ,917 2,399 2,912 平成 令和元 教員数 ( 幼稚園 ): 左目盛教育 保育職員数 ( こども園 ): 左目盛教員に占める女性の割合 ( 幼稚園 ): 右目盛教育 保育職員に占める女性の割合 ( こども園 ): 右目盛管理職に占める女性の割合 ( 幼稚園 ): 右目盛管理職に占める女性の割合 ( こども園 ): 右目盛 管理職とは 幼稚園, 幼保連携型認定こども園 : 園長, 副園長, 教頭 小学校, 中学校, 義務教育学校, 高等学校, 中等教育学校, 特別支援学校 : 校長, 副校長, 教頭

7 小学校 学校数は前年度より 6 校減少した 児童数も 982 人減少に転じた [ 図 9] 教員数 ( 本務者 ) は増加傾向が続いている また, 教員に占める女性の割合は 6% 台後半で推移している 管理職に占める女性の割合は平成 29 年度以降 4% を上回り, 上昇傾向にある [ 図 1] 155, 154, 153, 152, 151, 15, 中学校 ,74 図 9 小学校の学校数 児童数 152,8 151, ,779 15,797 平成 令和元児童数 ( 左目盛 ) 学校数 ( 右目盛 ) ( 校 ) 学校数は前年度と同数 生徒数は減少傾向が続いている [ 図 11] 教員数 ( 本務者 ) は 4 年ぶりに増加に転じた 教員に占める女性の割合は 4% 台半ばで推移している 管理職に占 9,7 9,6 9,5 9,4 9,3 9,2 9,1 める女性の割合は今年度は 16% を上回り, 上昇傾向にある [ 図 12] 図 1 小学校の教員数 ( 本務者 ) 教員に占める女性の割合 管理職に占める女性の割合 (%) ,525 9,534 9,64 9,646 9, 平成 令和元 教員数 ( 左目盛 ) 教員に占める女性の割合 ( 右目盛 ) 管理職に占める女性の割合 ( 右目盛 ) , 79, 78, 77, 76, 75, 74, 73, 72, 71, 図 11 中学校の学校数 生徒数 ,31 78,536 76,52 75,49 74,399 平成 令和元生徒数 ( 左目盛 ) 学校数 ( 右目盛 ) ( 校 ) ,6 5,55 5,5 5,45 5,4 5,35 5,3 5,25 図 12 中学校の教員数 ( 本務者 ) 教員に占める女性の割合 管理職に占める女性の割合 5,582 5,577 5,524 5,451 5, 平成 令和元 教員数 ( 左目盛 ) 教員に占める女性の割合 ( 右目盛 ) 管理職に占める女性の割合 ( 右目盛 ) (%) 義務教育学校 今年度 1 校新設され,4 校となった 児童生徒数は 1,56 人で前年度より 153 人増加した 教員数 ( 本務者 ) は 135 人で前年度より 26 人増加した 5

8 高等学校 (1) 学校数 生徒数 高等学校は全日制が前年度より 1 校減少した 生徒数は減少傾向にある [ 図 13] 8, 78, 図 13 高等学校の学校数 生徒数 ( 校 ) , 3,773 3,517 3,283 74, 3,143 1,937 72, 1,841 1,787 1,845 7, ,83 8 1, , 71,687 71, ,127 7,13 66, 68, , 平成 令和元 生徒数 ( 通信制 ): 左目盛生徒数 ( 定時制 ): 左目盛生徒数 ( 全日制 ): 左目盛学校数 ( 右目盛 ) 学科別生徒数では, 普通科が 73.3% を占めている [ 図 14] 男子では, 普通科が 71.8% を占め最も多く, 次いで工業科, 総合学科の順である [ 図 15] 女子では, 普通科が 74.8% を占め最も多く, 次いで総合学科, 商業科の順である [ 図 16] 家庭科 798 人 1.1% 看護科 215 人.3% 商業科 3,94 人 5.3% 工業科 5,141 人 7.% 農業科 1,479 人 2.% 福祉科 6 人.1% その他 987 人 1.3% 総合 7,179 人 9.7% 73,888 人 図 14 学科別生徒数 普通科 54,125 人 73.3% 家庭科 35 人.1% 商業科 1,358 人 3.6% 工業科 4,645 人 12.4% 農業科 928 人 2.5% 福祉科 11 人.% その他 459 人 1.2% 総合 3,135 人 8.4% 37,444 人 普通科 26,873 人 71.8% 図 15 学科別生徒数 ( 男 ) 看護科 215 人家庭科.6% 763 人 2.1% 商業科 2,546 人 7.% 工業科 496 人 1.4% 農業科 551 人 1.5% 福祉科 49 人.1% その他 528 人 1.4% 36,444 人 総合 4,44 人 11.1% 普通科 27,252 人 74.8% 図 16 学科別生徒数 ( 女 ) (2) 教員数 ( 本務者 ) 注 ) 図 14, 図 15 及び図 16 は本科生の学科別生徒数を表したもので, 専攻科生 79 名は除く 図 17 高等学校の教員数 ( 本務者 ) 教員に占める 女性の割合 管理職に占める女性の割合 (%) 5, ,45 5,477 5,461 5, ,4 5,44 6 5,391 5, , , ,2 平成 令和元 教員数 ( 本務者 ) は,3 年連続で減少している [ 図 17] 教員に占める女性の割合は 3% 台前半で推移している 管理職に占める女性の割合は増加傾向にあるが, 今年度は前年度より.7 ポイント低下した [ 図 17] 教員数 ( 左目盛 ) 教員に占める女性の割合 ( 右目盛 ) 管理職に占める女性の割合 ( 右目盛 ) 中等教育学校 学校数は 1 校で後期課程の開始から 3 年目 前 後期課程合わせて生徒数は 699 人で前年度より 114 人増加した 教 員数 ( 本務者 ) は 53 人で前年度より 13 人増加した 6

9 特別支援学校 今年度の在学者数は 2,788 人で前年度より 33 人増加し, 過去最多を更新した [ 図 18] 教員数は前年度より 13 人増加した また, 教員に占める女性の割合は 6% 台で推移している 管理職に占める女性の割合は増加傾向にあり, 今年度は前年度より 4.3 ポイント上昇し 42.6% となった [ 図 19] 図 18 特別支援学校の学校数 在学者数 ( 校 ) 3, 3 2,5 2, 1,5 1, 5 1,286 1,289 1,331 1,315 1, 平成 令和元 在学者数 ( 高等部 )( 左目盛 ) 在学者数 ( 中学部 )( 左目盛 ) 在学者数 ( 小学部 )( 左目盛 ) 在学者数 ( 幼稚部 )( 左目盛 ) 学校数 ( 右目盛 ) 図 19 特別支援学校の教員数 ( 本務者 ) 教員に占める女性の割合 管理職に占める女性の割合 (%) 1,6 1,5 1,4 1,3 1,2 1,1 1, 9 1,496 1,537 1,555 1,55 1, 平成 令和元教員数 ( 左目盛 ) 教員に占める女性の割合 ( 右目盛 ) 管理職に占める女性の割合 ( 右目盛 ) 専修学校 各種学校 専修学校の学校数は前年度と同数 生徒数は減少傾向が続く中, 過去 2 年は増加していたが, 今年度は減少に転じ た 各種学校の学校数は平成 26 年度以降 5 年連続で減少し, 生徒数は 3 年連続で減少した [ 図 2] 14, 12, 1, 8, 2, 図 2 専修学校及び各種学校の学校数 生徒数 ( 校 ) , 12,62 12,449 12,552 12,625 12, , ,488 2,69 2,35 2,226 2,11 平成 令和元 生徒数 ( 専修 )( 左目盛 ) 生徒数 ( 各種 )( 左目盛 ) 学校数 ( 専修 )( 右目盛 ) 学校数 ( 各種 )( 右目盛 ) 専修学校の学科別生徒数は, 医療関係が 32.5% を占め最も多く, 次いで 文化 教養関係, 工業関係の順である [ 図 21] 各種学校の課程別生徒数は, 各種学校のみにある課程が 71.7% を占め最 も多く, 次いで文化 教養関係, 医療関係の順である また, 各種学校 のみにある課程では, 予備校の生徒数が 8.8% を占めている [ 図 22] 図 21 学科別生徒数 ( 専修学校 ) 服飾 家政関係 487 人 3.9% 文化 教養関係 3,239 人 25.8% 商業実務関係 984 人 7.9% 教育 社会福祉関係 765 人 6.1% 12,531 人 衛生関係 1,396 人 11.1% 工業関係 1,541 人 12.3% 医療関係 4,68 人 32.5% 農業関係 51 人.4% 工業関係 18 人.9% 医療関係 266 人 12.7% 文化 教養関係 311 人 14.8% 7 2,11 人 図 22 課程別生徒数 ( 各種学校 ) 各種学校のみにある課程 1,56 人 71.7% 外国人学校 288 人 19.1% 学習 補修 1 人.1% 1,56 人 予備校 1,217 人 8.8%

10 中学校卒業後の状況 (1) 卒業後の状況 28, 27,5 27, 26,5 26, 25,5 25, 24,5 24, 23,5 図 23 中学校卒業者数 高等学校等への進学率 就職率 ,71 26,566 26,747 25,863 25, 平成 令和元 (%) 中学校の卒業者数は 2 年連続で減少 高等学校等への進学率は前年度より.1 ポイント上昇し, 就職率は前年度より.1 ポイント低下した [ 図 23] 卒業者数 ( 左目盛 ) 高等学校等への進学率 ( 右目盛 ) 就職率 ( 右目盛 ) (2) 高等学校等進学者 通信制 443 人 3.4% 定時制 297 人 2.3% 高等専門学校 266 人 2.1% 特別支援学校高等部 145 人 1.1% 定時制 29 人 1.7% 通信制 412 人 3.3% 中等教育学校後期課程 1 人.% 高等専門学校 79 人.6% 特別支援学校高等部 79 人.6% 12,88 人 全日制 11,729 人 91.1% 12,425 人 全日制 11,645 人 93.7% 女子の進学者に占める全日制進学者の 割合は 93.7% で, 男子を 2.6 ポイント上 回っている [ 図 24],[ 図 25] 図 24 高等学校等進学者内訳 ( 男 ) 図 25 高等学校等進学者内訳 ( 女 ) (3) 就職者 男女ともに第 3 次産業への就職が最も多くを占めている 地域別の就職は男性の 91.5%, 女性の 92.3% が県内で 就職している [ 図 26]~[ 図 29] 左記以外 不詳 2 人 4.3% 第 3 次産業 23 人 48.9% 47 人 第 2 次産業 22 人 46.8% 県外 4 人 8.5% 47 人 県内 43 人 91.5% 左記以外 不詳 1 人 7.7% 第 3 次産業 1 人 76.9% 13 人 第 2 次産業 2 人 15.4% 県外 1 人 7.7% 13 人 県内 12 人 92.3% 図 26 就職者内訳 ( 男 ) 図 27 地域別 ( 男 ) 図 28 就職者内訳 ( 女 ) 図 29 地域別 ( 女 ) 注 ) 就職者とは, 卒業者のうち自営業主等, 無期雇用労働者, 進学 入学した者のうち就職している者及び有期雇用労働者のう ち雇用契約期間が 1 年以上かつフルタイム勤務相当の者の占める割合である 義務教育学校卒業後の状況 167 人が卒業し労働者のうち雇用契約期間が, 156 人が高等学校全日制に 1 年以上かつフルタイム勤務相当の者のである,3 人が高等学校定時制に,2 人が高等学校通信制に,4 人が高 等専門学校に,1 人が特別支援学校高等部に進学した 進学率は 99.4% である 8

11 高等学校卒業後の状況 (1) 卒業後の状況 25,5 25, 24,5 24, 23,5 図 3 高等学校卒業者数 大学等への進学率 就職率 (%) 高等学校の卒業者数は 2 年連続で減少 進学率, 就職率ともに前年度より.1 ポイント低下した [ 図 3] 23, 22,5 22, 21,5 24,598 24,26 24,51 23,896 23, 平成 令和元 卒業者数 ( 左目盛 ) 大学等への進学率 ( 右目盛 ) 就職率 ( 右目盛 ) (2) 大学等進学者 短期大学 43 人.6% 通信教育部 5 人.1% 大学 短期大学の別科 1 人.% 短期大学 727 人 1.% 通信教育部 9 人.1% 大学 短期大学の別科 2 人.% 高等学校の専攻科 37 人.5% 男子では大学進学者が 99.3% を占め 6,939 人 7,25 人 ている [ 図 31] 女子では大学進学者が 89.3% を占め, 次いで短期大学進学者が 1.% を 大学 6,89 人 99.3% 大学 6,475 人 89.3% 占めている [ 図 32] 図 31 大学等進学者内訳 ( 男 ) 図 32 大学等進学者内訳 ( 女 ) (3) 専修学校等進学 入学者 公共職業能力開発施設等 175 人 7.7% 各種学校 326 人 11.7% 公共職業能力開発施設等 11 人.4% 男女ともに専修学校 ( 専門課程 ) が 各種学校 763 人 33.4% 専修学校 ( 一般課程 ) 363 人 15.9% 2,285 人 専修学校 ( 専門課程 ) 984 人 43.1% 専修学校 ( 一般課程 ) 564 人 2.3% 図 33 専修学校等進学 入学者内訳 ( 男 ) 2,784 人 専修学校 ( 専門課程 ) 1,883 人 67.6% 図 34 専修学校等進学 入学者内訳 ( 女 ) 最も多くを占めているが, 男子では次いで各種学校が 33.4% を占め, 女子では専修学校 ( 一般課程 ) が 2.3% を占めている [ 図 33],[ 図 34] 9

12 (4) 就職者 < 産業別 > 男子では 製造業 が 5.6% を占め最も多く, 次いで 建設業, 公務( 他に分類されるものを除く ) の順である [ 図 35] 女子では 製造業 が 28.3% を占め最も多く, 次いで 卸売業, 小売業, 宿泊業, 飲食サービス業 の順である [ 図 36] 医療, 福祉生活関連サービス業, 24 人 1.% 娯楽業 24 人 1.% 宿泊業, 飲食サービス業 67 人 2.8% 学術研究, 専門 技術サービス業 5 人 2.1% 複合サービス業 24 人 1.% 卸売業, 小売業 148 人 6.2% サービス業 ( 他に分類されないもの ) 95 人 4.% 運輸業, 郵便業 148 人 6.2% 建設業 263 人 11.1% 電気 ガス 熱供給 水道業 33 人 1.4% 図 35 産業別就職者 ( 男 ) 公務 ( 他に分類されるものを除く ) 218 人 9.2% 2,373 人 製造業 1,2 人 5.6% 公務 ( 他に分類される農業, 林業サービス業ものを除く ) 漁業建設業 ( 他に分類されないもの ) 69 人 5.2% 鉱業, 採石業, 砂利採取業 28 人 4 人 3.% 建設業 2.1% 製造業複合サービス事業電気 ガス 熱供給 水道業 46 人 3.5% 情報通信業医療, 福祉運輸業 119, 郵便業人 9.% 製造業卸売業教育, 学習支援業小売業 373 人金融業 14, 人保険業 1.1% 28.3% 不動産業, 物品賃貸業生活関連サービス業, 学術研究, 専門 技術サービス業娯楽業 1,316 人宿泊業 79 人, 飲食サービス業 6.% 生活関連サービス業, 娯楽業宿泊業, 飲食サービス業教育, 学習支援業 131 人 1.% 医療, 福祉卸売業, 複合サービス事業学術研究, 専門 小売業サービス業技術サービス業 ( 他に分類されないもの ) 249 人 18.9% 33 人 2.5% 公務 ( 他に分類されるものを除く ) 金融業, 左記以外のもの不動産業, 物品賃貸業 1 人.8% 保険業 42 人 3.2% 図 36 産業別就職者 ( 女 ) 運輸業, 郵便業 58 人 4.4% 情報通信業 8 人.6%.6% 以上を占めるもののみ表示 は全数表示 < 地域別 > 全体として転入超過で, 特に男子の転入者が多い 転入元として最も多いのは山口県で, 次いで岡山県, 島根県 の順である 転出先として最も多いのは大阪府で, 次いで東京都, 岡山県の順である [ 図 37] 3 図 37 就職のため広島県に転入した者 広島県から転出した者 転出 ( 女 ) 転出 ( 男 ) 転入 ( 女 ) 転入 ( 男 ) 北青岩宮秋山福茨栃群埼千東神新富石福山長岐静愛三滋京大兵奈和鳥島岡山徳香愛高福佐長熊大宮鹿沖そ海奈歌児の道森手城田形島城木馬玉葉京川潟山川井梨野阜岡知重賀都阪庫良山取根山口島川媛知岡賀崎本分崎島縄他 棒グラフの数値は 2 以上及び 2 以下の場合表示 転入 転出 入 出 1,221 男 1,3 女 男 351 女 男 652 女 75 1

13 中等教育学校前期課程修了後の状況 119 人が前期課程を修了し, うち 116 人が中等教育学校後期課程に,3 人が高等学校全日制に進学した 進学率 は 1% である 特別支援学校卒業後の状況 < 中学部 > 184 人が中学部を卒業し, うち 181 人が特別支援学校高等部に,1 人が高等学校定時制に進学,2 人が左記以外の者となっている 進学率は 98.9% である < 高等部 > (1) 卒業後の状況 431 人が高等部を卒業し, うち 3 人が大学等進学,1 人が専修学校 ( 専門課程 ) 進学,1 人が専修学校 ( 一般課程 ) 入学,1 人が公共職業能力開発施設等,176 人が就職,249 人が左記以外の者となっている 左記以外の者のうち, 社会福祉施設等入所 通所者は, 児童福祉施設 8 人, 障害者支援施設等 228 人, 医療機関 1 人などである また, 障害者支援施設等のうち就労系支援事業利用者は 114 人である 進学率は.7% で, 就職率は全体で 4.8%, 男子 43.2%, 女子 36.% である (2) 大学等進学者 進学者数は 3 人で, うち 2 人が大学 ( 学部 ) に,1 人が特別支援学校高等部専攻科に進学した (3) 就職者 男子では, 製造業 が 48.4% を占め, 次いで 卸売業, 小売業, サービス業 ( 他に分類されないもの ) の順である [ 図 38] 女子では, 製造業 が 36.% を占め, 次いで 卸売業, 小売業, 医療, 福祉 の順である [ 図 39] サービス業 ( 他に分類されないもの ) 13 人 1.3% 宿泊業, 飲食サービス業 5 人 4.% 金融業, 保険業 1 人.8% 医療, 福祉 12 人 9.5% 卸売業, 小売業 22 人 17.5% 運輸業, 郵便業 9 人 7.1% 公務 ( 他に分類されるものを除く ) 1 人.8% 126 人 図 38 産業別就職者 ( 男 ) 農業, 林業 1 人.8% 建設業 1 人.8% 製造業 61 人 48.4% 農業, 林業漁業鉱業, 採石業, 砂利採取業建設業製造業電気 ガス 熱供給 水道業情報通信業運輸業, 郵便業卸売業, 小売業金融業, 保険業不動産業教育,, 学習支援業物品賃貸業 1 人 2.% 学術研究, 専門 技術サービス業宿泊業, 飲食サービス業生活関連サービス業 娯楽業宿泊業, 飲食サービス業教育, 学習支援業 4 人 8.% 医療, 福祉複合サービス事業サービス業 ( 他に分類されないもの金融業, 保険業 ) 公務 ( 他に分類されるものを除く 1 人 2.% ) 左記以外のもの サービス業 ( 他に分類されないもの ) 1 人 2.% 医療, 福祉 11 人 22.% 5 人 卸売業, 小売業 12 人 24.% 図 39 産業別就職者 ( 女 ) 製造業 18 人 36.% 運輸業, 郵便業 2 人 4.% 不就学学齢児童生徒調査 就学免除者数は 11 人で, 就学猶予者数は 人である 1 年以上居所不明者数は 1 人である 学齢児童生徒死亡者数 ( 前年度間 ) は 15 人である 11

14 参考 小学校相当児童数, 中学校相当生徒数及び高等学校相当生徒数について 小学校相当 ( 小学校 + 義務教育学校前期課程 ) 児童数は, 減少に転じた [ 図 4] 中学校相当 ( 中学校 + 義務教育学校後期課程 + 中等教育学校前期課程 ) 生徒数は, 減少傾向である [ 図 4] 高等学校相当 ( 高等学校 + 中等教育学校後期課程 ) 生徒数は, 減少傾向である [ 図 4] 図 4 小学校 中学校 高等学校相当の児童 生徒数 15, 152,74 152, , ,8 151,773 1, 79,533 78,885 77,293 75,879 75,287 77,397 76,775 76,313 75,319 74,38 5, 小学校相当児童数 中学校相当生徒数 高等学校相当生徒数 小学校相当児童数 平成 27 年度 令和元 小学校 152,74 152,8 151, ,779 15,797 義務教育学校前期課程 合 152,74 152,8 152, , ,773 中学校相当生徒数 平成 27 年度 令和元 中学校 79,31 78,536 76,52 75,49 74,399 義務教育学校後期課程 中等教育学校前期課程 合 79,533 78,885 77,293 75,879 75,287 高等学校相当生徒数 平成 27 年度 令和元 高等学校 77,397 76,775 76,197 75,91 73,967 中等教育学校後期課程 合 77,397 76,775 76,313 75,319 74,38 12

(4) 教員数 [ 表 3] 教員数 は 1,295 人で 前より 43 人減少しました そのうち 女性教員の占める比率は 95.9% となっています (5) 小学校第 1 学年児童数に対する幼稚園修了者数の比率 [ 表 4] 当該の奈良県内の小学校第 1 学年の児童数に対する その年の 3 月の県

(4) 教員数 [ 表 3] 教員数 は 1,295 人で 前より 43 人減少しました そのうち 女性教員の占める比率は 95.9% となっています (5) 小学校第 1 学年児童数に対する幼稚園修了者数の比率 [ 表 4] 当該の奈良県内の小学校第 1 学年の児童数に対する その年の 3 月の県 Ⅰ 学校調査 1. 幼稚園 (1) 園数 [ 表 1] 園数は 175 園で前より 8 園減少しました (2) 学級数 [ 表 1] 学級数は 698 学級で 前より 21 学級減少しました (3) 園児数 [ 表 1 2 図 1] 園児数は 13,754 人で 前より 638 人減少しました 昭和 54 の 32,032 人をピークに減少傾向が続いています 表 1 園数 学級数 園児数 園数学級数

More information

Ⅲ 卒業後の状況調査 1 中学校 (1) 卒業者数平成 29 年 3 月の中学校卒業者数は 7 万 8659 人で 前年度より 655 人 (0.8%) 減少している [ 表 57 図 25 統計表 ] 専修学校 ( 一般課程 ) 等入学者 58 人 (0.1%) 専修学校 (

Ⅲ 卒業後の状況調査 1 中学校 (1) 卒業者数平成 29 年 3 月の中学校卒業者数は 7 万 8659 人で 前年度より 655 人 (0.8%) 減少している [ 表 57 図 25 統計表 ] 専修学校 ( 一般課程 ) 等入学者 58 人 (0.1%) 専修学校 ( Ⅲ 卒業後の状況調査 1 中学校 (1) 卒業者数平成 29 年 3 月の中学校卒業者数は 7 万 8659 人で 前年度より 655 人 (.8%) 減少している [ 表 57 図 25 統表 134 135 136] 専修学校 ( 一般課程 ) 等入学者 58 人 (.1%) 専修学校 ( 高等課程 ) 進学者 218 人 (.3%) 図 25 卒業者の進路別割合 ( 中学校 ) 公共職業能力開発施設等入学者

More information

(2) 幼保連携型認定こども園 1 園数 20 園 ( 公立 9 園 私立 11 園 : 前年度比 3 園増 ) 表 1 2 園児数 2,189 人 ( 前年度比 416 人増 ) 図 1 表 2 3 教員数 ( 本務者 ) 307 人 ( 前年度比 83 人増 ) 表 3 4 就園率 ( 本年度小

(2) 幼保連携型認定こども園 1 園数 20 園 ( 公立 9 園 私立 11 園 : 前年度比 3 園増 ) 表 1 2 園児数 2,189 人 ( 前年度比 416 人増 ) 図 1 表 2 3 教員数 ( 本務者 ) 307 人 ( 前年度比 83 人増 ) 表 3 4 就園率 ( 本年度小 平成 30 年度学校基本統計 ( 学校基本調査の結果 ) 速報 平成 3 0 年 (2018 年 ) 8 月 山口県総合企画部統計分析課 この速報は 文部科学省が平成 30 年度に実施した 学校基本調査 ( 基幹統計調査 ) のうち 山口県の調査結果 ( 大学 短期大学及び高等専門学校に関する調査結果を除く ) を取りまとめたものである なお 12 月に公表が予定されている文部科学省の公表数値が確定数である

More information

2 幼保連携型認定こども園 [ 表 3] 主要指標の推移 教育 保育職員数 1 学級当たり教育 保育職員 ( 本務者 ) 園数学級数在園者数 ( 本務者 ) の在園者数 1 当たりの在園者数対前対前対前対前 (3~5 対前 (0~5 対前増減数増減率増減率増減率歳児 ) 増減数歳児 ) 増減数 園

2 幼保連携型認定こども園 [ 表 3] 主要指標の推移 教育 保育職員数 1 学級当たり教育 保育職員 ( 本務者 ) 園数学級数在園者数 ( 本務者 ) の在園者数 1 当たりの在園者数対前対前対前対前 (3~5 対前 (0~5 対前増減数増減率増減率増減率歳児 ) 増減数歳児 ) 増減数 園 Ⅰ 学校調査 1 幼稚園 [ 表 1] 主要指標の推移 対前対前対前対前対前対前増減数増減率増減率増減率増減数増減数 園 学級 % % 平成 26 766 8 4,734 1.5 116,952 1.8 7,596 0.3 24.7 0.1 15.4 0.2 27 693 73 4,149 12.4 102,095 12.7 6,758 11.0 24.6 0.1 15.1 0.3 28 679 14

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要

Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 調査結果の概要 [ 学校調査 学校通信教育調査 ] 1 幼稚園図 1 園数 園児数及び教員数の推移 園児数 ( 万人 ) 教員数 ( 千人 ) (1) 園数 ( 表 1 図 1) 1 1 園数は 393 園 ( 本園 389 園 分園 4 園 ) で 前年度に比べ 23 園減少した (2) 学級数 ( 表 1) 9 8 7 6 園児数 学級数は 1,983 学級で 前年度に比べ 174 学級減少した

More information

< F2D A8A778D5A8AEE967B95F18D908CB48D65>

< F2D A8A778D5A8AEE967B95F18D908CB48D65> Ⅰ. 結果の概要 この概要は 平成 22 年 5 月 1 日現在で実施された学校基本調査のうち 奈良県内の学校 ( 文部科学省が直接調査する大学 短期大学 高等専門学校を除く について 学校教育に関する基本的事項である学校数 在学者数 教職員数 卒業者数を取りまとめたものである [1] 学校調査 幼稚園 小学校では 園児 児童数の減少が続く ( 図 1 図 1. 園児 児童児童 生徒数生徒数の推移

More information

平成24年経済センサス-活動調査

平成24年経済センサス-活動調査 平成 28 年経済センサス - 活動調査 結果確報 ( 和歌山県分 ) 和歌山県企画部企画政策局調査統計課平成 31 年 1 月 ~ 経済の国勢調査 ~ 経済センサス 目 次 平成 28 年経済センサス - 活動調査の概要 1 平成 28 年経済センサス - 活動調査結果確報 ( 和歌山県分 ) の概要 2 Ⅰ 結果の概況 2 Ⅱ 及び従業者数 4 1 産業別及び従業者数 4 (1) 産業大分類別

More information

Ⅰ 事業所に関する集計 1 概況平成 26 年 7 月 1 日現在の本道の事業所数 ( 国及び地方公共団体の事業所を含む 事業内容不詳の事業所を含む ) は 25 万 3,139 事業所 従業者数は 245 万 7,843 人となっており 全国順位は 事業所数 従業者数ともに 東京都 大阪府 愛知県

Ⅰ 事業所に関する集計 1 概況平成 26 年 7 月 1 日現在の本道の事業所数 ( 国及び地方公共団体の事業所を含む 事業内容不詳の事業所を含む ) は 25 万 3,139 事業所 従業者数は 245 万 7,843 人となっており 全国順位は 事業所数 従業者数ともに 東京都 大阪府 愛知県 平成 26 年経済センサス - 基礎調査速報結果の概要 平成 27 年 7 月 北海道総合政策部情報統計局統計課 060-8588 札幌市中央区北 3 条西 7 丁目北海道総合政策部情報統計局統計課経済統計グループ電話 011-204-5145( ダイヤルイン ) URL http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tuk/ Ⅰ 事業所に関する集計 1 概況平成 26 年 7

More information

事業所

事業所 事業所 1. 経営組織別事業所数及び従業者数 総数民営国 地方公共団体総数民営国 地方公共団体総数民営国 地方公共団体 旧新利根町 平成 8 年 旧桜川村 旧東町 事業所数 817 473 404 557 従業者数 7,046 3,907 3,286 5,315 事業所数 779 452 382 530 741 421 379 505 従業者数 6,261 3,648 3,035 5,008 5,807

More information

結  果  の  概  要

結  果  の  概  要 平成 24 年 経済センサス - 活動調査 ( 平成 24 年 2 月 1 日現在 ) により 大田区の事業所を概観すると 次のとおりになっている 1 大田区の概況 事業所数は 3 万 463 事業所で都全体の 4.9% を占め 23 区中第 5 位である ( 図 1) 従業者数は 33 万 4046 人で都全体の 3.9% を占め 23 区中第 7 位である ( 図 2) 1 2 従業者規模 (11

More information

平成 21 年経済センサス 基礎調査確報集計結果 (2) 産業分類別 - 従業者数 ( 単位 : 人 %) 北海道 全国 従業者数従業者数 (*2 (*2 A~S 全産業 A~R 全産業 (S 公務を除く )

平成 21 年経済センサス 基礎調査確報集計結果 (2) 産業分類別 - 従業者数 ( 単位 : 人 %) 北海道 全国 従業者数従業者数 (*2 (*2 A~S 全産業 A~R 全産業 (S 公務を除く ) 平成 21 年経済センサス 基礎調査確報集計結果 9 産業分類別の 従業者数 本道の産業分類別の事業所の割合は I 卸売業 小売業 の24.5% が最も高く M 宿泊業 飲食ス業 (14.5%) D 建設業 (9.8%) が続く 従業者でも I 卸売業 小売業 が20.6 療 福祉 (11.7%) M 宿泊業 飲食サービス業 (9.4%) が続く また 全国と比べると A~B 農林漁業 の割合が高く

More information

Microsoft PowerPoint - ★グラフで見るH30年度版(完成版).

Microsoft PowerPoint - ★グラフで見るH30年度版(完成版). グラフで見る 福井県の女性労働 平成 30 年 8 月 福井労働局雇用環境 均等室 910-8559 福井市春山 1 丁目 1-54 福井春山合同庁舎 9 階 TEL 0776-22-3947 FAX 0776-22-4920 https://jsite.mhlw.go.jp/fukui-roudoukyoku/ 1 女性の労働力状態 福井県における女性労働力人口は 196,200 人 ( 平成 28

More information

1小学校

1小学校 平成 27 年度学校基本統計速報 ( 学校基本調査の結果速報 ) 富山県分 学校基本統計 ( 統計法に基づく基幹統計調査 ) は 幼稚園 幼保連携型認定こども園 小学校 中学校 高等学校 大学 短期大学 高等専門学校 特別支援学校 専修学校及び各種学校等に関する基本的事項を調査し 学校教育行政上の基礎資料を得ることを目的として 文部科学省が昭和 23 年から毎年実施しているものです この速報は 本年

More information

1 概況 ( 調査産業計 ) 賃金 労働時間及び雇用の動きについては (1) 現金給与総額が事業所規模 5 人以上で前年比 0.2% 減少 30 人以上で0.4% 増加 (2) 総実労働時間が事業所規模 5 人以上で前年比 0.9% 減少 30 人以上では変化なかった (3) 推計常用労働者数が事業

1 概況 ( 調査産業計 ) 賃金 労働時間及び雇用の動きについては (1) 現金給与総額が事業所規模 5 人以上で前年比 0.2% 減少 30 人以上で0.4% 増加 (2) 総実労働時間が事業所規模 5 人以上で前年比 0.9% 減少 30 人以上では変化なかった (3) 推計常用労働者数が事業 1 概況 ( 調査産業計 ) 賃金 労働時間及び雇用の動きについては (1) 現金給与総額が事業所規模 5 人以上で前年比.2% 減少 3 人以上で.4% 増加 (2) 総実労働時間が事業所規模 5 人以上で前年比.9% 減少 3 人以上では変化なかった (3) 推計常用労働者数が事業所規模 5 人以上で前年比 1.7% 減少 3 人以上で2.7% 減少 < 主要指標 > 事業所規模 5 人以上 平成

More information

平成25年毎月勤労統計調査

平成25年毎月勤労統計調査 ( 金額単位円 ) 年 月次 第 1 表勤労者の月 第 1 表 ~ 第 3 表は 厚生労働省所管の毎月勤労統計調査 ( 基幹統計調査 ) の地方調査による本 1. 調査対象は 日本標準産業分類による鉱業 採石業 砂利採取業 建設業 製造業 電気 学術研究 専門 技術サービス業 宿泊業 飲食サービス業 生活関連サービス業 娯楽業 人以上を雇用している事業所である 本市独自集計では このうち常用労働者

More information

鎌倉市

鎌倉市 資料 5 鎌倉市における産業の現状 ( 補足資料 ) 平成 27 年 10 月 30 日 1. 事業所の活動状況 1. 民営事業所の産業別の及びと増減数 全体では 事業所で -455 従業者で -1,259 人と減少が顕著になっている 平成 21 年から 26 年までの事業所及び従業者の増減数を産業別にみると P 医療, 福祉 で事業所が 86 件 従業者で 2,8141 人となっており ともに最も高くなっている

More information

18 歳人口予測 ( 全体 : :217~228 年 ) 年 45,961 人 228 年 4,98 人 (5,863 人減少 ) は 12 年間で 5,863 人 12.8% 減少し 全国の減少率 9.6% を 3.2 ポイント上回る 223 年に 41,13 人まで減少した後 224

18 歳人口予測 ( 全体 : :217~228 年 ) 年 45,961 人 228 年 4,98 人 (5,863 人減少 ) は 12 年間で 5,863 人 12.8% 減少し 全国の減少率 9.6% を 3.2 ポイント上回る 223 年に 41,13 人まで減少した後 224 1 マーケットリポート Vol.47 218 年 1 月号 18 歳人口予測大学 短期大学 専門学校進学率地元残留率の動向版 将来予測 217~228 年 18 歳人口予測 P2~P4 217 年 45,961 人 228 年 4,98 人 (5,863 人減少 ) 経過推移 27~216 年 ( 現役 ) の推移 P5~P7 進学者数 大学は 27 年 16,294 人 216 年 16,26 人

More information

1 15 歳以上人口の就業状態 富山県の 15 歳以上人口 人のうち 有業者は 人 ( 全国 6621 万 3 千人 ) と 平成 24 年と比べると 人減少しています 有業率 (15 歳以上人口に占める有業者の割合 ) についてみると 59.5%( 全国 5

1 15 歳以上人口の就業状態 富山県の 15 歳以上人口 人のうち 有業者は 人 ( 全国 6621 万 3 千人 ) と 平成 24 年と比べると 人減少しています 有業率 (15 歳以上人口に占める有業者の割合 ) についてみると 59.5%( 全国 5 経営管理部統計調査課 News Release 担当 : 人口労働係松本 高堂 電話 :( 直通 )076-444-3192( 内線 )2555 2565 平成 30 年 10 月 24 日 平成 29 年就業構造基本調査結果 ( 富山県分 ) 総務省から 7 月 13 日 ( 金 ) に公表された 平成 29 年就業構造基本調査 ( 平成 29 年 10 月 1 日 現在 ) の結果について 本県の特徴などを次のとおりとりまとめましたのでお知らせします

More information

平成 22 年国勢調査 < 産業等基本集計結果 ( 大阪 平成 24 年 5 月 大阪市計画調整局

平成 22 年国勢調査 < 産業等基本集計結果 ( 大阪 平成 24 年 5 月 大阪市計画調整局 平成 22 年国勢調査 < 産業等基本集計結果 ( 大阪 平成 2 年 5 月 大阪市計画調整局 平成 22 年国勢調査 < 産業等基本集計結果 ( 大阪市 )> 平成 22 年 10 月 1 日現在で実施した 平成 22 年国勢調査の産業等基本集計結果が こ のたび総務省統計局から公表されましたので 大阪市分の概要をお知らせします 目 次 1 労働力状態 1 2 従業上の地位 5 3 産業 教育

More information

事業所規模 5 人以上 (1 表 ) 月間現金給与額 産 業 ( 単位 : 円 %) 現金給与総額 きまって支給する給与 所定内給与 特別に支払われた給与 対前月増減差 対前年同月増減差 全国 ( 調査産業計 確報値 ) 278, , ,036

事業所規模 5 人以上 (1 表 ) 月間現金給与額 産 業 ( 単位 : 円 %) 現金給与総額 きまって支給する給与 所定内給与 特別に支払われた給与 対前月増減差 対前年同月増減差 全国 ( 調査産業計 確報値 ) 278, , ,036 毎月勤労統計調査地方調査 < 平成 28 年 3 月分 > 高知県統計課 823-9345 平成 28 年 3 月 事業所規模 5 人以上 1. 賃金の動き (1 表参照 ) 対前月比 ( 差 ) 対前年同月比 ( 差 ) 現金給与総額 259,874 円 4.7 % 2.2 % きまって支給する給与 246,102 円 0.2 % 1.4 % 特別に支払われた給与 13,772 円 11,286

More information

調査結果の概要(高等教育機関)

調査結果の概要(高等教育機関) Ⅱ 調査結果の概要 [ 学校調査 ] 1 大学 (1) 学校数 ( 表 1) 学校数は 777 校 ( 国立 86 校, 公立 91 校, 私立 600 校 通信教育のみを行う学校 ( 私立 7 校 ) を除く ) で, 前年度より 2 校減少している 表 1 大学の設置者別学校数 ( 単位 : 校,%) 国立公立私立私立の割合 平成 18 年度 744 87 89 568 76.3 23 780

More information

目次. 独立行政法人労働政策研究 研修機構による調査 速報値 ページ : 企業調査 ページ : 労働者調査 ページ. 総務省行政評価局による調査 ページ

目次. 独立行政法人労働政策研究 研修機構による調査 速報値 ページ : 企業調査 ページ : 労働者調査 ページ. 総務省行政評価局による調査 ページ 参考資料 第 回労働政策審議会雇用環境 均等分科会資料 - 民間事業主における 女性活躍に関する取組状況等について 未定稿 平成 年 月 日 雇用環境 均等局 目次. 独立行政法人労働政策研究 研修機構による調査 速報値 ページ : 企業調査 ページ : 労働者調査 ページ. 総務省行政評価局による調査 ページ < 趣旨 > 独立行政法人労働政策研究 研修機構が厚生労働省の要請を受けて調査を実施

More information

事業所規模 5 人以上 (1 表 ) 月間現金給与額 産 業 ( 単位 : 円 %) 現金給与総額 きまって支給する給与 所定内給与 特別に支払われた給与 対前月増減差 対前年同月増減差 全国 ( 調査産業計 確報値 ) 262, , ,075

事業所規模 5 人以上 (1 表 ) 月間現金給与額 産 業 ( 単位 : 円 %) 現金給与総額 きまって支給する給与 所定内給与 特別に支払われた給与 対前月増減差 対前年同月増減差 全国 ( 調査産業計 確報値 ) 262, , ,075 毎月勤労統計調査地方調査 < 平成 28 年 2 月分 > 高知県統計課 823-9345 平成 28 年 2 月 事業所規模 5 人以上 1. 賃金の動き (1 表参照 ) 対前月比 ( 差 ) 対前年同月比 ( 差 ) 現金給与総額 248,191 円 0.4 % 0.3 % きまって支給する給与 245,705 円 0.4 % 0.4 % 特別に支払われた給与 2,486 円 1,878 円

More information

一企業当たりの事業所数は 14. 事業所 ( 前年度差.6 事業所減 ) 常時従業者数 499 人 ( 前年度比.8% 減 ) 売上高は 23.4 億円 ( 同 2.9% 減 ) 製造企業の一企業当たりの売上高は 億円 ( 前年度比 3.9% 減 ) 営業利益は 1 億円 ( 同.6%

一企業当たりの事業所数は 14. 事業所 ( 前年度差.6 事業所減 ) 常時従業者数 499 人 ( 前年度比.8% 減 ) 売上高は 23.4 億円 ( 同 2.9% 減 ) 製造企業の一企業当たりの売上高は 億円 ( 前年度比 3.9% 減 ) 営業利益は 1 億円 ( 同.6% 調査結果の概要 1. 概要 平成 29 年 3 月 31 日現在で実施した経済産業省企業活動基本調査の企業数 ( 総合計 ) は 2 万 997 社 うち 経済産業省企業活動基本調査の対象業種に格付けされた企業数 ( 合計 ) は 2 万 855 社 企業 ( 以下合計値で記載 ) が保有する事業所数は 4.1 万事業所 常時従業者数は 1,426 万人 売上高は 657.7 兆円 企業の営業利益は

More information

人口推計 平成26年10月1日現在 結果の概要 都道府県別人口の動向

人口推計 平成26年10月1日現在 結果の概要 都道府県別人口の動向 Ⅱ 別人口 1 人口の動向東京都が全国人口の10.5% を 10 月 1 日現在の別の人口は, 東京都が1339 万人と最も多く, 次いで神奈川県 (909 万 6 千人 ), 大阪府 (883 万 6 千人 ), 愛知県 (745 万 5 千人 ), 埼玉県 (723 万 9 千人 ) となっており, 以下人口 600 万人台が1 県,500 万人台が3 道県,300 万人台が1 県,200 万人台が7

More information

C 労働 (1) 総数 ( 単位人 ) 年齢 (5 歳階級 ) 総 総数主に仕事 C-1 労働力状態 (8 区分 ), 年齢 家事のほか仕事 通勤のかたわら仕事 休業者 98,762 59,160 56,303 45,585 8,703 1, ~19 歳 6,689 1,108 9

C 労働 (1) 総数 ( 単位人 ) 年齢 (5 歳階級 ) 総 総数主に仕事 C-1 労働力状態 (8 区分 ), 年齢 家事のほか仕事 通勤のかたわら仕事 休業者 98,762 59,160 56,303 45,585 8,703 1, ~19 歳 6,689 1,108 9 (1) 主に仕事 C-1 労働力状態 (8 区分 ), 年齢 98,762 59,160 56,303 45,585 8,703 1,081 934 15~19 歳 6,689 1,108 979 432 25 512 10 20~24 6,374 4,578 4,149 3,444 151 506 48 25~29 6,731 5,609 5,180 4,743 314 41 82 30~34 7,816

More information

平成 22 年国勢調査産業等基本集計結果 ( 神奈川県の概要 ) 平成 22 年 10 月 1 日現在で実施された 平成 22 年国勢調査 ( 以下 22 年調査 という ) の産業等基本集計結果が平成 24 年 4 月 24 日に総務省統計局から公表されました 産業等基本集計は 人口の労働力状態

平成 22 年国勢調査産業等基本集計結果 ( 神奈川県の概要 ) 平成 22 年 10 月 1 日現在で実施された 平成 22 年国勢調査 ( 以下 22 年調査 という ) の産業等基本集計結果が平成 24 年 4 月 24 日に総務省統計局から公表されました 産業等基本集計は 人口の労働力状態 平成 22 年国勢調査産業等基本集計結果 ( 神奈川県の概要 ) 平成 22 年 10 月 1 日現在で実施された 平成 22 年国勢調査 ( 以下 22 年調査 という ) の産業等基本集計結果が平成 24 年 4 月 24 日に総務省統計局から公表されました 産業等基本集計は 人口の労働力状態 就業者の産業別構成 母子世帯及び父子世帯等に関する集計であり 神奈川県の概要は 次のとおりです なお

More information

経済センサス活動調査速報

経済センサス活動調査速報 平成 30 年 6 月 28 日 平成 28 年経済センサス - 活動調査確報集計結果の概要 総務省及び経済産業省から 全産業分野の事業所及び企業を調査した 平成 28 年経済センサス - 活動調査 確報集計結果が公表されました 本県分の概要は次のとおりです 今回のポイント 1 全産業における事業所数は 51,785 事業所 ( 前回比 3.2%) 従業者数は 504,554 人 ( 同 0.5%)

More information

経済センサス活動調査速報

経済センサス活動調査速報 平成 29 年 5 月 31 日 平成 28 年経済センサス - 活動調査速報集計結果の概要 総務省統計局及び経済産業省から 全産業分野の事業所及び企業を調査した 平成 28 年経済センサス - 活動調査 速報集計結果が公表されました 本県分の概要は次のとおりです 今回のポイント 1 全産業における事業所数は 51,986 事業所 ( 前回比 2.9%) 従業者数は 512,317 人 ( 同 1.0%)

More information

(Microsoft Word - 11 \212T\227v\201i\216\226\213\306\217\212\201j.doc)

(Microsoft Word - 11 \212T\227v\201i\216\226\213\306\217\212\201j.doc) Ⅰ 及びの状況 ( 事業所に関するする集計 1 概況 (1 及び 平成 21 年経済センサス 基礎調査による平成 21 年 7 月 1 日現在の広島県のは 142,589 事業所 ( 全国に占める割合 2.4%, は 1,439,492( 同 2.3% となっている 都道府県別にみると, 及びは, ともに全国で 11 位となっている 1 事業所当たりのは 10.1 人となり, 全国に比べ 0.3 人少なくなっている

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 健診率の基礎資料第 1 版 (16 年度データ版 ) 目的 本資料は 協会けんぽ島根支部が県や市町村 健診機関等の関係者と連携して実施する健診事業の効果を上げるための基礎資料として 協会けんぽ島根支部の実施する健診実施状況についてまとめたものである 留意事項など 統計データを使用しているため 他資料で公開している実績値とは相違する場合がある 集計対象としたのは 協会けんぽ島根支部加入者である ( 他支部加入者は除外している

More information

人口増加に転じた宮城県, 人口減少幅が縮小した福島県及び岩手県 人口増減率を別にみると, 増加は8 都県となっており, 東京都が0.53% と最も高く, 次いで沖縄県が4%, 愛知県が1%, 埼玉県が0.14%, 神奈川県が0.13% などとなっている 一方, 減少は39 道府県となっており, 秋田

人口増加に転じた宮城県, 人口減少幅が縮小した福島県及び岩手県 人口増減率を別にみると, 増加は8 都県となっており, 東京都が0.53% と最も高く, 次いで沖縄県が4%, 愛知県が1%, 埼玉県が0.14%, 神奈川県が0.13% などとなっている 一方, 減少は39 道府県となっており, 秋田 Ⅱ 別人口 1 人口の動向 人口順位 東京都が全国人口の 1% を占める 平成 25 年 10 月 1 日現在の別の人口は, 東京都が1330 万人と最も多く, 次いで神奈川県 (907 万 9 千人 ), 大阪府 (884 万 9 千人 ), 愛知県 (744 万 3 千人 ), 埼玉県 (722 万 2 千人 ) となっており, 以下人口 600 万人台が1 県,500 万人台が3 道県,300

More information

所4. 事業所 1. 経営組織別全事業所数 男女別従業者数 総 数 事業所数 1km ( 人 ) 当たり市区町村従業者数 ( 事業内容等事業所数不詳を含む ) ( 注 ) 事業所数事業所数男女 従業者数 鹿 児 島 県 82,752 81, , , ,505 9.

所4. 事業所 1. 経営組織別全事業所数 男女別従業者数 総 数 事業所数 1km ( 人 ) 当たり市区町村従業者数 ( 事業内容等事業所数不詳を含む ) ( 注 ) 事業所数事業所数男女 従業者数 鹿 児 島 県 82,752 81, , , ,505 9. 所4. 事業所. 経営組織別全 男女別従業者数 総 数 km ( 人 ) 当たり市区町村従業者数 ( 事業内容等不詳を含む ) 男女 従業者数 鹿 児 島 県,,0 4,,04,0.0..4 鹿 児 島 市,0,0,0, 4,04 4.. 4. 鹿 屋 市,0 4, 4, 4,,.4. 04.4 枕 崎 市,4, 0,4 4,,...4 阿 久 根 市,,, 4, 4,.4.4. 出 水 市,,4,,

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平成 29 年 9 月 29 日 地方創生 行財政改革調査特別委員会資料政策企画監室 資料 1-2 島根県の概況 人 口 1 人口動態 県人口は 平均して年間約 5 千人の減少が継続 少子 高齢化が進行し 生産活動の中核をなす 15~64 歳の人口も減少傾向 ( 万人 ) 県人口 ( 年齢 3 区分別 ) の推移 8 74.2 71.7 総人口 69.7 69.4 69. 7 年齢 3 区分別人口

More information

①-1公表資料(本文 P1~9)

①-1公表資料(本文 P1~9) Press Release 100% 98% 96% 94% 92% 100.0% 100.0% 100.0% 99.8% 100.0% 100.0% 99.8% 100.0%100.0% 99.3% 99.2% 99.6% 99.8% 99.8% 98.4% 98.1% 99.1% 99.5% 99.8% 99.8% 98.9% 99.2% 99.7% 99.7% 98.8% 99.1% 99.6%

More information

⑤資料4~8高卒状況の推移

⑤資料4~8高卒状況の推移 厚生労働省鳥取労働局 Press Release 鳥取労働局発表担職業安定部職業安定課平成 30 年 12 月 28 日 ( 金 ) 職業安定課長花倉隆当地方職業指導官中嶋隆行電話 0857-29-1707 高校生の就職内定率は 92.9% ~ 平成 6 年 11 月末以降最高を記録 ~ - 平成 31 年 3 月新規高等学校卒業予定者の求人 就職希望 就職内定状況 - まるやまよういち鳥取労働局

More information

毎月勤労統計調査地方調査の説明 1 調査の目的この調査は 統計法に基づく基幹統計で 常用労働者の給与 出勤日数 労働時間数及び雇用について 東京都における毎月の変動を明らかにすることを目的としています 2 調査の対象本調査の産業分類は 平成 2 年 10 月改定の日本標準産業分類に基づき 鉱業, 採

毎月勤労統計調査地方調査の説明 1 調査の目的この調査は 統計法に基づく基幹統計で 常用労働者の給与 出勤日数 労働時間数及び雇用について 東京都における毎月の変動を明らかにすることを目的としています 2 調査の対象本調査の産業分類は 平成 2 年 10 月改定の日本標準産業分類に基づき 鉱業, 採 東京都の賃金 労働時間 及び雇用の動き - 毎月勤労統計調査地方調査結果月報 - 賃金現金給与総額 0.0% 労働時間総実労働時間数 3.8% 減少 平成 年 2 月の主な動き 雇用常用雇用者数 2.2% 増加 ( 調査産業計 常用労働者 ) 付. 特別給与 ( 平成 29 年冬季賞与 ) の調査結果 平成 年 2 月分 毎月勤労統計調査地方調査の説明 1 調査の目的この調査は 統計法に基づく基幹統計で

More information

26公表用 栃木局版(グラフあり)(最終版)

26公表用 栃木局版(グラフあり)(最終版) 厚生労働省栃木労働局 Press Release 報道関係者各位 平成 26 年 10 月 31 日 照会先 栃木労働局職業安定部職業対策課 職業対策課長 課長補佐 渡辺邦行 金田宏由 高齢者対策担当官阿見正浩 ( 電話 )028-610-3557 (FAX)028-637-8609 高年齢者雇用確保措置 実施済み企業 99.7%( 全国 2 位 ) ~ 平成 26 年 高年齢者の雇用状況 集計結果

More information

30付属統計表(全体)

30付属統計表(全体) 第 13 表特別休暇制度のある事業所数 中小企業 夏季休暇 病気休暇 リフレッシュ休暇 ボランティア休暇 教育訓練休暇 ( 自己啓発のための休暇 ) 骨髄ドナー休暇 その他 調査計 309 182 98 30 38 12 940 C00 鉱業, 採石業, 砂利採取業 1 1 D00 建設業 60 25 15 4 12 147 E00 製造業 70 34 15 2 3 1 213 E09 食料品 10

More information

目次 Ⅰ 調査の概要 1 Ⅱ 調査結果の概要 1 学校調査 (1) 全体の状況 3 (2) 幼稚園 4 (3) 幼保連携型認定こども園 6 (4) 小学校 7 (5) 中学校 9 (6) 義務教育学校 11 (7) 高等学校 a 全日制課程 定時制課程 13 b 通信制課程 15 (8) 特別支援学

目次 Ⅰ 調査の概要 1 Ⅱ 調査結果の概要 1 学校調査 (1) 全体の状況 3 (2) 幼稚園 4 (3) 幼保連携型認定こども園 6 (4) 小学校 7 (5) 中学校 9 (6) 義務教育学校 11 (7) 高等学校 a 全日制課程 定時制課程 13 b 通信制課程 15 (8) 特別支援学 平成 29 年度 学校基本調査結果 平成 30 年 3 月 熊本県企画振興部交通政策 情報局統調査課 目次 Ⅰ 調査の概要 1 Ⅱ 調査結果の概要 1 学校調査 (1) 全体の状況 3 (2) 幼稚園 4 (3) 幼保連携型認定こども園 6 (4) 小学校 7 (5) 中学校 9 (6) 義務教育学校 11 (7) 高等学校 a 全日制課程 定時制課程 13 b 通信制課程 15 (8) 特別支援学校

More information

28付属統計表(全体)

28付属統計表(全体) 第 13 表特別休暇制度のある事業所数 中小企業 夏季休暇 病気休暇 リフレッシュ休暇 ボランティア休暇 教育訓練休暇 ( 自己啓発のための休暇 ) 骨髄ドナー休暇 その他 調査計 264 194 90 37 33 25 926 C00 鉱業, 採石業, 砂利採取業 1 2 1 3 D00 建設業 40 30 12 4 11 4 153 E00 製造業 68 33 12 3 2 1 217 E09

More information

29付属統計表(全体)

29付属統計表(全体) 第 4 表学歴別 職種別新規学卒者 中小企業 高校卒専門学校卒短大 高専卒大学卒大学院卒 事務 技術生産事務 技術生産事務 技術 生産事務 技術生産事務 技術 生産 産業 人 円 人 円 人 円 人 円 人 人 円 人 人 円 人 人 円 人 人 円 人 人 円 人 人 円 調査産業計 49 156,996 205 162,384 85 169,640 37 158,695 36 6 167,222

More information

28付属統計表(全体)

28付属統計表(全体) 第 4 表学歴別 職種別新規学卒者 中小企業 高校卒専門学校卒短大 高専卒大学卒大学院卒 事務 技術生産事務 技術生産事務 技術 生産事務 技術生産事務 技術生産 産業 人 円 人 円 人 円 人 円 人 人 円 人 人 円 人 人 円 人 人 円 人 人 円 人 人 円 調査産業計 89 163,312 162 156,753 94 164,264 18 165,906 48 7 167,222

More information

(Microsoft Word - \214\213\211\312\202\314\212T\227v.doc)

(Microsoft Word - \214\213\211\312\202\314\212T\227v.doc) 結果の概要 Ⅰ 概況 平成 26 年 5 月 1 日現在で実施した学校基本調査 ( 大学, 短期大学, 高等専門学校を除く ) の 結果の概要は, 次のとおりである 1 幼稚園園児数は 0.9% 減少, ピーク時 ( 昭和 53 年度 ) の 56.9% 園児数は 33,467 人, 前年度より 312 人 (0.9%) 減少した 2 小学校児童数は調査開始以来最少, 第二次ピーク時 ( 昭和 57

More information

第 10 表 産業大中分類別, 性別, 常用労働者の1 人平均月間現金給与額 規模 5 人以上 TL 調査産業計 年次及び月次 平成 17 年 313, , ,854 50, , ,534 61, , ,321 36,193 平

第 10 表 産業大中分類別, 性別, 常用労働者の1 人平均月間現金給与額 規模 5 人以上 TL 調査産業計 年次及び月次 平成 17 年 313, , ,854 50, , ,534 61, , ,321 36,193 平 第 10 表 産業大中分類別, 性別, 常用労働者の1 人平均月間現金給与額 TL 調査産業計 平成 17 年 313,278 262,700 244,854 50,578 387,218 325,534 61,684 217,514 181,321 36,193 平成 18 年 310,646 259,413 240,540 51,233 387,352 322,872 64,480 213,152

More information

結果の概要

結果の概要 II. 結果の概要 1 昼間人口平成 27 年 10 月 1 日現在 仙台市を従業地 通学地として他市町村から流入する人口は 128,827 人 仙台市内に常住し市外を従業地 通学地として流出する人口は 62,597 人で 流入人口から流出人口を引いた流入超過人口は 66,230 人となっています 仙台市の常住人口 ( 夜間人口 ) は 1,082,159 人で これに流入超過人口を加えた昼間人口は

More information

平成 31 年 3 月 25 日公表 資料第 号 広島県 Hiroshima Pref. 広島県の賃金, 労働時間及び雇用の動き ( 基幹統計毎月勤労統計調査地方調査結果 ) 平成 31 年 1 月分 ( 速報 ) 調査対象事業所の入替について平成 30 年 1 月分から第一種

平成 31 年 3 月 25 日公表 資料第 号 広島県 Hiroshima Pref. 広島県の賃金, 労働時間及び雇用の動き ( 基幹統計毎月勤労統計調査地方調査結果 ) 平成 31 年 1 月分 ( 速報 ) 調査対象事業所の入替について平成 30 年 1 月分から第一種 平成 31 年 3 月 2 日公表 資料第 77-6 9 0 1 号 広島県 Hiroshima Pref. 広島県の賃金, 労働時間及び雇用の動き ( 基幹統毎月勤労統調査地方調査結果 ) 平成 31 年 1 月分 ( 速報 ) 調査対象事業所の入替について平成 年 1 月分から第一種事業所 ( 事業所 ) の調査対象事業所の 2 分の 1 の入替えを行っています 参考として, 平成 年 1 月分における入替前後の事業所による調査結果を掲載しています

More information

第5回 企業の取引リスクに対する意識調査

第5回 企業の取引リスクに対する意識調査 第 5 回 企業の取引リスクに対する意識 調査 2018 年 12 月 http://www.riskmonster.co.jp 1 調査の概要 1. 調査名称 第 5 回 企業の取引リスクに対する意識 調査 2. 調査方法 インターネット調査およびダイレクトメール調査 3. 調査エリア 全国 4. 期間 2018 年 10 月 29 日 ( 月 )11 月 28 日 ( 水 ) 5. 調査対象者

More information

⑤資料4~8高卒状況の推移(更新)_

⑤資料4~8高卒状況の推移(更新)_ 厚生労働省鳥取労働局 Press Release 鳥取労働局発表担職業安定部職業安定課平成 30 年 10 月 30 日職業安定課長花倉隆当地方職業指導官中嶋隆行電話 0857-29-1707 高校生の就職内定率は 62.7% ~ 平成 6 年 9 月末以降最高を記録 ~ - 平成 31 年 3 月新規高等学校卒業予定者の求人 就職希望 就職内定状況 - まるやまよういち鳥取労働局 ( 局長丸山陽一

More information

若年者雇用実態調査

若年者雇用実態調査 若年者雇用実態調査 一般統計調査 実施機関 厚生労働省政策統括官付参事官付雇用 賃金福祉統計室 目的 事業所における若年労働者の雇用状況及び 若年労働者の就業に関する状況等を把握することにより 各種の若年者雇用対策に資する 沿革 調査の実施年は次のとおり 平成 25 年 21 年 17 年 ( 企業における若年者雇用実態調査 ) 9 年 ( 若年者就業実態調査 ) 以下 平成 21 年調査の公表 構成

More information

第 10 表 産業大中分類別, 性別, 常用労働者の1 人平均月間現金給与額 規模 5 人以上 TL 調査産業計 年次及び月次 平成 20 年 300, , ,080 48, , ,954 60, , ,246 32,505 平

第 10 表 産業大中分類別, 性別, 常用労働者の1 人平均月間現金給与額 規模 5 人以上 TL 調査産業計 年次及び月次 平成 20 年 300, , ,080 48, , ,954 60, , ,246 32,505 平 第 10 表 産業大中分類別, 性別, 常用労働者の1 人平均月間現金給与額 TL 調査産業計 平成 20 年 300,392 252,116 233,080 48,276 374,753 313,954 60,799 206,751 174,246 32,505 平成 21 年 285,885 244,231 230,309 41,654 355,498 304,152 51,346 202,279

More information

平成26年経済センサス‐基礎調査(確報)結果の公表

平成26年経済センサス‐基礎調査(確報)結果の公表 平成 26 年経済センサス 基礎調査 ( 確報 ) 結果の公表 平成 27 年 11 月 30 日 総務省統計局は 我が国の経済活動を同一時点で網羅的に把握する統計調査として平成 26 年 7 月に実施した 経済センサス 基礎調査 の確報結果を公表いたします 平成 26 年 7 月 1 日現在の我が国の民営は 577 万 9 千事業所で 24 年活動調査結果 ( 平成 24 年 2 月 1 日 )

More information

< アンケート結果 > 健康経営等に関する設問 Q. 貴社において 改善 解決したい課題はありますか Q. 貴社において 従業員が健康的に働けるよう独自に取り組んでいること ( または今後 取り組んでみたいことは何ですか Q. ご自身の健康のために独自に取り組んでいること ( または今後取り組んでみ

< アンケート結果 > 健康経営等に関する設問 Q. 貴社において 改善 解決したい課題はありますか Q. 貴社において 従業員が健康的に働けるよう独自に取り組んでいること ( または今後 取り組んでみたいことは何ですか Q. ご自身の健康のために独自に取り組んでいること ( または今後取り組んでみ 平成 30 年 8 月 27 日 ~ 法人会青年部会 ( 全法連青連協 ) による企画 ~ 財政健全化のための健康経営 に関する アンケート結果について 公益財団法人全国法人会総連合 法人会青年部会 ( 全法連青連協 ) では 昨年より 財政健全化のための健康経営プロジェクト を立ち上げ 健康経営を軸とした取り組みを進めるべく検討を行っております その検討における基礎的なデータ収集のために このたび法人会会員企業を対象としたアンケートを実施いたしました

More information

第 2 章 我が国における IT 関連産業及び IT 人材の動向 1. IT IT IT 2-1 IT IT 大分類 A 農業, 林業 B 漁業 C 鉱業, 採 業, 砂利採取業 D 建設業 E 製造業 F 電気 ガス 熱供給 水道業 G 情報通信業 H 運輸業, 郵便業 I 卸売業, 小売業 J

第 2 章 我が国における IT 関連産業及び IT 人材の動向 1. IT IT IT 2-1 IT IT 大分類 A 農業, 林業 B 漁業 C 鉱業, 採 業, 砂利採取業 D 建設業 E 製造業 F 電気 ガス 熱供給 水道業 G 情報通信業 H 運輸業, 郵便業 I 卸売業, 小売業 J 第 2 章 我が国における IT 関連産業及び IT 人材の動向 1. IT IT IT 2-1 IT IT 大分類 A 農業, 林業 B 漁業 C 鉱業, 採 業, 砂利採取業 D 建設業 E 製造業 F 電気 ガス 熱供給 水道業 G 情報通信業 H 運輸業, 郵便業 I 卸売業, 小売業 J 融業, 保険業 K 不動産業, 物品賃貸業 L 学術研究, 専門 技術サービス業 M 宿泊業, 飲食サービス業

More information

ユースフル労働統計 2014 労働統計加工指標集

ユースフル労働統計 2014 労働統計加工指標集 13 所定内給与の賃金格差 13.1 所定内給与の賃金格差 1 指標の解説所定内給与額の性 年齢 学歴などの労働者の属性による違いや 産業 企業規模 地域による違いをみるために 年齢間賃金格差指数 産業間賃金格差指数 企業規模間賃金格差指数 都道府県 地域間賃金格差指数を作成する すべて フルタイムの労働者 ( 賃金構造基本統計調査 にいう 一般労働者 ) における格差である 所定内給与額は 所定内給与に該当する給与の額の合計である

More information

労働力調査(基本集計)平成29年(2017年)平均(速報)結果の概要

労働力調査(基本集計)平成29年(2017年)平均(速報)結果の概要 第 1 就業状態の動向 1 就業状態別人口 (1) 労働力人口は 47 万人の増加労働力人口 (15 歳以上人口のうち, 就業者と完全失業者を合わせた人口 ) は,217 年平均で 672 万人と, 前年に比べ 47 万人の増加 (5 年連続の増加 ) となった 男女別にみると, 男性は 3784 万人と3 万人の増加, 女性は 2937 万人と 45 万人の増加となった また, ( 生産年齢人口に当たる年齢

More information

0107時点①24かがみ・本文

0107時点①24かがみ・本文 平成 25 年 1 月 9 日 国立の教員養成大学 学部 ( 教員養成課程 ) 等の平成 24 年 3 月卒業者の就職状況について 小 中 高等学校等の教員養成を目的とする国立の教員養成大学 学部卒業者 (44 大学 学部 ) の教員養成課程の就職状況については 毎年 文部科学省において取りまとめ公表しています 今回 平成 24 年 3 月に教員養成課程を卒業した者についての平成 24 年 9 月末までの就職状況を

More information

職業別 求人 求職バランスシート ( パート除く常用 ) 令和元年 6 月内容 有効求人数有効求職者数 1,400 ハローワーク旭川パート除く常用有効求人倍率 ,200 1, ,

職業別 求人 求職バランスシート ( パート除く常用 ) 令和元年 6 月内容 有効求人数有効求職者数 1,400 ハローワーク旭川パート除く常用有効求人倍率 ,200 1, , 職業別 求人 求職バランスシート ( パート除く常用 ) 令和元年 6 月内容 有効求人数有効求職者数 1,400 ハローワーク旭川パート除く常用有効求人倍率 5.00 1,200 1,158 4.37 4.50 3.95 4.00 1,000 905 918 3.50 800 2.75 800 3.00 600 400 520 1.74 584 489 2.23 502 2.31 1.44 531

More information

平成 29 年度 高校 中学新卒者のハローワーク求人に係る 求人 求職状況 取りまとめ ~ 高校生の求人倍率は 2.08 倍 求人数は前年比 15.7% 増 ~ 厚生労働省は このほど 平成 30 年 3 月に高校や中学を卒業する生徒について 平成 29 年 7 月末現在の公共職業安定所 ( ハロー

平成 29 年度 高校 中学新卒者のハローワーク求人に係る 求人 求職状況 取りまとめ ~ 高校生の求人倍率は 2.08 倍 求人数は前年比 15.7% 増 ~ 厚生労働省は このほど 平成 30 年 3 月に高校や中学を卒業する生徒について 平成 29 年 7 月末現在の公共職業安定所 ( ハロー 平成 29 年度 高校 中学新卒者のハローワーク求人に係る 求人 求職状況 取りまとめ ~ 高校生の求人倍率は 2.08 倍 求人数は前年比 15.7% 増 ~ 厚生労働省は このほど 平成 30 年 3 月に高校や中学を卒業する生徒について 平成 29 年 7 月末現在の公共職業安定所 ( ハローワーク ) 求人における求人 求職状況を取りまとめ ました 対象は 学校やハローワークからの職業紹介を希望した生徒です

More information

1 はじめに

1 はじめに 平成 30 年 9 月 27 日発行 京都市総合企画局情報化推進室統計解析担当 京都市の就業構造の概況 - 平成 29 年就業構造基本調査集計結果 - 統計解析 99 1 はじめに就業構造基本調査は 国民の就業及び不就業の状態を調査し 全国及び地域別の就業構造に関する基礎資料を得ることを目的とした調査です 昭和 31 年 (1956 年 ) の第 1 回調査以来 昭和 57 年 (1982 年 )

More information

06本文(病院報告)

06本文(病院報告) Ⅱ 病院報告 1 患者数 (1)1 日平均在院 新入院 退院患者数中における全国の病院の 1 日平均在院患者数は 1,250,769 人で 前年に比べ 0.4% 減少している このうち 精神科病院 は 218,581 人で 前年に比べ 1.0% 減少し 一般病院 は 1,032,188 人で 前年に比べ 0.2% 減少している 一般病院の 1 日平均在院患者数を病床の種類別にみると 精神病床 は 70,050

More information

正 島根 公表資料(1P)

正 島根 公表資料(1P) 厚生労働省 島根労働局 Press Release 島根労働局発表 平成 30 年 1 月 26 日 ( 金 ) 担 当 島根労働局職業安定部職業対策課職業対策課長米原幸男地方雇用開発担当官藤原健次 0852-20-7021 外国人雇用状況 の届出状況まとめ ( 平成 29 年 10 月末現在 ) ~ 外国人労働者数は 3,777 人 届出義務化以来 過去最高を更新 ~ あさのしげみつ 島根労働局

More information

平成29年3月高等学校卒業者の就職状況(平成29年3月末現在)に関する調査について

平成29年3月高等学校卒業者の就職状況(平成29年3月末現在)に関する調査について 平成 29 年 3 月新規高等学校卒業者の就職状況 ( 平成 29 年 3 月末現在 ) に関する調査について < 調査の概要 > 本調査は 高校生の就職問題に適切に対処するための参考資料を得るために 今春の高等学校卒業者で就職を希望する者の就職状況を10 月末現在 12 月末現在 3 月末現在の状況を調査しており 今回は 3 月末現在で取りまとめたものである 本調査は昭和 51 年度から実施しており

More information

平成22年「国勢調査」-従業地・通学地による人口・産業等集計結果の概要

平成22年「国勢調査」-従業地・通学地による人口・産業等集計結果の概要 平成 22 年 国勢調査 従業地 通学地 による人口 産業等集計結果の概要 平成 24 年 8 月 札幌市市長政策室政策企画部企画課 用語の解説や利用上の注意などについては 総務省統計局のホームページ (http://www.stat.go.jp/data/kokusei/21/index.htm) をご覧ください 平成 22 年 1 月 1 日現在で実施された平成 22 年国勢調査の従業地 通学地による人口

More information

平成 23 年 12 月 27 日 国立の教員養成大学 学部 ( 教員養成課程 ) 等の平成 23 年 3 月卒業者の就職状況について 小 中 高等学校等の教員養成を目的とする国立の教員養成大学 学部卒業者 (44 大学 学部 ) の教員養成課程の就職状況については 毎年 文部科学省において取りまと

平成 23 年 12 月 27 日 国立の教員養成大学 学部 ( 教員養成課程 ) 等の平成 23 年 3 月卒業者の就職状況について 小 中 高等学校等の教員養成を目的とする国立の教員養成大学 学部卒業者 (44 大学 学部 ) の教員養成課程の就職状況については 毎年 文部科学省において取りまと 平成 23 年 12 月 27 日 国立の教員養成大学 学部 ( 教員養成課程 ) 等の平成 23 年 3 月卒業者の就職状況について 小 中 高等学校等の教員養成を目的とする国立の教員養成大学 学部卒業者 (44 大学 学部 ) の教員養成課程の就職状況については 毎年 文部科学省において取りまとめ公表しています 今回 平成 23 年 3 月に教員養成課程を卒業した者についての平成 23 年 9

More information

国勢調査結果の農業集落別集計論理書 国勢調査結果を用いて 以下の手法により農業集落別各種世帯数 人口 就業者数の集計 データを市区町村ごとに作成する 1 データ収集 整理 1.1 収集データ (1) 農業集落地図データ (GISデータ): 集落ごとのポリゴンデータ (2) 小地域 ( 町丁 字等 )

国勢調査結果の農業集落別集計論理書 国勢調査結果を用いて 以下の手法により農業集落別各種世帯数 人口 就業者数の集計 データを市区町村ごとに作成する 1 データ収集 整理 1.1 収集データ (1) 農業集落地図データ (GISデータ): 集落ごとのポリゴンデータ (2) 小地域 ( 町丁 字等 ) 国勢調査結果の農業集落別集計論理書 国勢調査結果を用いて 以下の手法により農業集落別各種世帯数 人口 就業者数の集計 データを市区町村ごとに作成する 1 データ収集 整理 1.1 収集データ (1) 農業集落地図データ (GISデータ): 集落ごとのポリゴンデータ (2) 小地域 ( 町丁 字等 ) 地図データ (GISデータ): 町丁 字等ごとのポリゴンデータ (3) 小地域 ( 町丁 字等 )

More information

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) を前年度と比較すると 男子は 5~8,10,11,16 歳で 女子は 7~12,15,17 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 7 減少 4 女子は増加 8 減少 3) 全国平均と比較すると 男子は全ての年齢で 女子は 9~11 歳を除

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) を前年度と比較すると 男子は 5~8,10,11,16 歳で 女子は 7~12,15,17 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 7 減少 4 女子は増加 8 減少 3) 全国平均と比較すると 男子は全ての年齢で 女子は 9~11 歳を除 平成 28 年度学校保健統計調査結果速報 ( 香川県分 ) 文部科学省から公表された平成 28 年度学校保健統計調査結果速報のうち 香川県分をまとめたものです 調査の概要学校保健統計調査は 幼児 児童及び生徒 ( 以下 児童等 という ) の発育及び健康の状態を明らかにするために 昭和 23 年度から毎年実施されている基幹統計調査です 文部科学大臣が指定した県内 149 校 ( 幼稚園 ( 幼保連携型認定こども園を含む

More information

所4. 事業所 1. 経営組織別全事業所数 男女別従業者数 総 数 事業所数 1km 市区町村従業者数 ( 人 ) 当たり ( 事業内容等事業所数不詳を含む ) ( 注 ) 事業所数事業所数従業者数男女 鹿 児 島 県 82,752 81, , , ,505 9.

所4. 事業所 1. 経営組織別全事業所数 男女別従業者数 総 数 事業所数 1km 市区町村従業者数 ( 人 ) 当たり ( 事業内容等事業所数不詳を含む ) ( 注 ) 事業所数事業所数従業者数男女 鹿 児 島 県 82,752 81, , , ,505 9. 所4. 事業所. 経営組織別全 別従業者数 総 数 km 市区町村従業者数 ( 人 ) 当たり ( 事業内容等不詳を含む ) 従業者数 鹿 児 島 県,7,0 747,66,04,0.0..4 鹿 児 島 市,70,0,0 6,6 4,04 4.6.6 46. 鹿 屋 市,0 4,66 46,77 4,,76.4. 04.4 枕 崎 市,4,6 0,4 4,7, 7. 7..4 阿 久 根 市,,7,76

More information

平成26年「経済センサス-基礎調査」結果の概要

平成26年「経済センサス-基礎調査」結果の概要 平成 26 年 経済センサス - 基礎調査 結果の概要 平成 27 年 12 月 札幌市市長政策室政策企画部企画課 用語の解説や利用上の注意などについては 務省統計局のホームページ (http://www.stat.go.jp/data/e-census/214/index.htm) をご覧ください 平成 26 年 7 月 1 日現在で実施した平成 26 年 経済センサス- 基礎調査 の結果がまとまりましたので

More information

2015 年 6 月 19 日 ジェトロバンコク事務所 タイ日系企業進出動向調査 2014 年 調査結果について ~ 日系企業 4,567 社の活動を確認 ~ 1. 調査目的 タイへの日系企業の進出状況については 2008 年当時の状況について ( 独 ) 中小企業基盤 整備機構が タイ日系企業進出

2015 年 6 月 19 日 ジェトロバンコク事務所 タイ日系企業進出動向調査 2014 年 調査結果について ~ 日系企業 4,567 社の活動を確認 ~ 1. 調査目的 タイへの日系企業の進出状況については 2008 年当時の状況について ( 独 ) 中小企業基盤 整備機構が タイ日系企業進出 2015 年 6 月 19 日 ジェトロバンコク事務所 タイ日系企業進出動向調査 2014 年 調査結果について ~ 日系企業 4,567 社の活動を確認 ~ 1. 調査目的 タイへの日系企業の進出状況については 2008 年当時の状況について ( 独 ) 中小企業基盤 整備機構が タイ日系企業進出動向調査 2008 年 ( 以下 前回調査 1 ) を実施しました その 後 タイの内外の投資環境の変化などを背景に

More information

< 結果の要約 > 1. 概況 平成 21 年 7 月 1 日現在の我が国の企業グループ数は2 万 7 千 会社企業 180 万 7 千企業のうち 企業グループに属する会社企業数は9 万企業 (%) 子会社数は6 万 3 千社で 1 企業グループ当たりの子会社数は2.4 社 会社企業の従業者 412

< 結果の要約 > 1. 概況 平成 21 年 7 月 1 日現在の我が国の企業グループ数は2 万 7 千 会社企業 180 万 7 千企業のうち 企業グループに属する会社企業数は9 万企業 (%) 子会社数は6 万 3 千社で 1 企業グループ当たりの子会社数は2.4 社 会社企業の従業者 412 平成 21 年経済センサス 基礎調査親会社と子会社の名寄せによる集計 ( 我が国の企業グループの状況 ) 平成 23 年 12 月 20 日 総務省統計局では 我が国の経済活動を同一時点で網羅的に把握する統計調査として創設された 経済センサス の第 1 回目の調査として 平成 21 年 7 月に 経済センサス 基礎調査 を実施し 本年 6 月 3 日に確報集計結果を公表したところです この度 会社企業のデータについて

More information

調査の概要 1 調査の目的主要産業における入職 離職及び未充足求人の状況並びに入職者 離職者に係る個人別の属性及び入職 離職に関する事情を調査し 雇用労働力の産業 規模 職業及び地域間の移動の実態を明らかにすることを目的とする 2 調査の範囲 (1) 地域全国 (2) 産業日本標準産業分類 ( 平成

調査の概要 1 調査の目的主要産業における入職 離職及び未充足求人の状況並びに入職者 離職者に係る個人別の属性及び入職 離職に関する事情を調査し 雇用労働力の産業 規模 職業及び地域間の移動の実態を明らかにすることを目的とする 2 調査の範囲 (1) 地域全国 (2) 産業日本標準産業分類 ( 平成 平成 29 年 12 月 20 日 照会先 政策統括官付参事官付雇用 賃金福祉統室 参 事 官 石 原 典 明 室長補佐 野々部 恵美子 雇用第一係 ( 代表電話 ) 03-5253-1111( 内線 7616) ( 直通電話 ) 03-3595-3145 平成 29 年上半期雇用動向調査結果の概況 目 次 調査の概要 1 ページ 利用上の注意 3 主な用語の定義 4 結果の概要 1 入職と離職の推移

More information

①公表資料本文【ワード軽量化版】11月8日手直し版【1025部長レク⑤後】平成30年61本文(元データあり・数値1004版)

①公表資料本文【ワード軽量化版】11月8日手直し版【1025部長レク⑤後】平成30年61本文(元データあり・数値1004版) 厚生労働省北海道労働局 Press Release 厚生労働省北海道労働局発表平成 30 年 11 月 19 日 担 当 厚生労働省北海道労働局職業安定部職業対策課職業対策課長本間信弘高齢者対策担当官佐々木和己電話 011-709-2311( 内線 3683) 平成 30 年 高年齢者の雇用状況 集計結果 ふくし北海道労働局 ( 局長福士 わたる亘 ) では このほど 高年齢者を 65 歳まで雇用するための

More information

職業別 求人 求職バランスシート ( パート除く常用 ) 平成 30 年 8 月内容 ハローワーク旭川パート除く常用 有効求人数有効求職者数 1,400 有効求人倍率 ,200 1, ,

職業別 求人 求職バランスシート ( パート除く常用 ) 平成 30 年 8 月内容 ハローワーク旭川パート除く常用 有効求人数有効求職者数 1,400 有効求人倍率 ,200 1, , 職業別 求人 求職バランスシート ( パート除く常用 ) 平成 30 年 8 月内容 ハローワーク旭川パート除く常用 有効求人数有効求職者数 1,400 有効求人倍率 5.00 4.75 1,200 1,195 4.50 4.00 1,000 3.44 3.50 800 3.15 860 862 753 3.00 2.57 2.50 600 400 551 1.56 600 476 1.96 465

More information

職業別 求人 求職バランスシート ( パート除く常用 ) 平成 30 年 9 月内容 有効求人数有効求職者数 1,400 ハローワーク旭川パート除く常用有効求人倍率 ,200 1, ,

職業別 求人 求職バランスシート ( パート除く常用 ) 平成 30 年 9 月内容 有効求人数有効求職者数 1,400 ハローワーク旭川パート除く常用有効求人倍率 ,200 1, , 職業別 求人 求職バランスシート ( パート除く常用 ) 平成 30 年 9 月内容 有効求人数有効求職者数 1,400 ハローワーク旭川パート除く常用有効求人倍率 5.00 4.71 4.50 1,200 1,167 4.00 3.80 1,000 800 815 847 3.00 600 522 621 473 1.96 464 2.52 2.40 474 2.03 1.90 719 2.50

More information

職業別 求人 求職バランスシート ( パート除く常用 ) 平成 31 年 3 月内容 有効求人数有効求職者数 1,400 ハローワーク旭川パート除く常用有効求人倍率 , , ,

職業別 求人 求職バランスシート ( パート除く常用 ) 平成 31 年 3 月内容 有効求人数有効求職者数 1,400 ハローワーク旭川パート除く常用有効求人倍率 , , , 職業別 求人 求職バランスシート ( パート除く常用 ) 平成 31 年 3 月内容 有効求人数有効求職者数 1,400 ハローワーク旭川パート除く常用有効求人倍率 4.00 1,200 3.38 1,192 3.29 3.50 1,000 984 969 3.00 800 675 2.18 2.35 2.40 2.07 850 2.50 2.00 600 568 1.73 495 507 543

More information

平成19年度学校保健統計調査結果

平成19年度学校保健統計調査結果 平成 30 年度学校保健統計調査結果 ( 速報 ) 和歌山県の概要 学校保健統計調査についてこの調査は 学校保健安全法により毎年定期的に行われている健康診断の結果に基づき 学校における児童 生徒及び幼児の発育及び健康の状態を明らかにし 学校保健行政上の基礎資料を得ることを目的に 統計法に基づく基幹統計調査として文部科学省が毎年実施しています 調査の範囲は 小学校 ( 義務教育学校の第 1 学年 ~6

More information

健康保険・船員保険          被保険者実態調査報告

健康保険・船員保険          被保険者実態調査報告 健康保険 船員保険被保険者実態調査報告 平成 28 年 10 月 厚生労働省保険局 5. 標準報酬月額別扶養率 標準報酬月額別にみた扶養率を示したものが表 7 及び図 3 である 男性についてみると 協会 ( 一般 ) は概ね標準報酬月額 19 万円から 53 万円の間で 組合健保は概ね標準報酬月額 22 万円から 79 万円の間で 標準報酬月額の上昇に伴い扶養率も増加する傾向にある また 男性は標準報酬月額

More information

毎月勤労統計調査 地方調査結果速報 平成30年11月分

毎月勤労統計調査 地方調査結果速報 平成30年11月分 平成 31 年 1 月 31 日 山形県企画振興部統計企画課 毎勤でみた山形県の賃金 労働時間 雇用の動き 主な動き: 事業所規模 5 人以上 賃金の動ききまって支給する給与 ( ) 233,467 円前年同月比 -2.5% < 減少 > ( 一人平均 ) きまって支給する給与 = 所定内給与 + 超過労働給与 労働時間の動き総実労働時間 ( 一人平均 ) 雇用の動き常用労働者数 毎月勤労統計調査地方調査結果速報

More information

第3章 総務省統計局が提供する地域メッシュ統計の編成項目_2 経済センサス

第3章 総務省統計局が提供する地域メッシュ統計の編成項目_2 経済センサス 2 経済センサス 平成 21 年経済センサス 基礎調査 ( 世界測地系による編成結果 ) 対象地域 : 全国編成区画 : 基準地域メッシュ,2 分の1 地域メッシュ ( 実数 ) < 産業別事業所数 > 001 A~S 全産業 C~E 第 2 次産業 C05 鉱業, 採石業, 砂利採取業 002 D06~08 建設業 06 総合工事業 07 職別工事業 ( 設備工事業を除く ) 003 08 設備工事業

More information

01 表紙(進路調査編)

01 表紙(進路調査編) 6 中学校特別支援学級卒業者の進路状況卒業者の進路状況は 表 18 のとおりである 卒業者 1,625 人のうち ( のうち就業している者を含む ) が 1,573 人で 96.8% となり 前年度 (96.7%) より 0.1 ポイント増加した (Ⅲ 統計表 : 第 28 表参照 ) (1) の状況 ( のうち就業している者を含む )1,573 人のうち 特別支援学校の高等部へ 1,018 人 (

More information

調査項目の一覧 1. 企業選定の際に重視するもの 2. 就職活動の開始時期 3. 志望先が明確になり始めた時期 4. エントリー開始時の志望先の決定状況 5. エントリーした業種 6. エントリー企業数 7. エントリーした企業のうち第一志望群の数 8. 第一志望群以外の企業にエントリーするきっかけ

調査項目の一覧 1. 企業選定の際に重視するもの 2. 就職活動の開始時期 3. 志望先が明確になり始めた時期 4. エントリー開始時の志望先の決定状況 5. エントリーした業種 6. エントリー企業数 7. エントリーした企業のうち第一志望群の数 8. 第一志望群以外の企業にエントリーするきっかけ 資料 6 大卒者等のインターネットを通じた就職活動に関する調査 結果平成 26 年 10 月職業安定局派遣 有期労働対策部企画課若年者雇用対策室 調査概要 1. 調査の趣旨 インターネットを活用した就職活動に関する現状や学生の意識を把握する 2. 調査委託先 楽天リサーチ株式会社 3. 調査対象者 2015 年大学等卒業予定者 ( 大学院 短大 高専 専門学校含む ) で 就活サイトを活用し就職活動を行っている者

More information

平成 28 年経済センサス - 活動調査 奈良県結果 ( 確報 ) ~ 事業所に関する集計の概要 ~ 概要 事業所数 46,487 事業所 ( 全国 40 位全国シェア 0.87%) 上位 3 産業 1 位 卸売業, 小売業 12,047 事業所 2 位 宿泊業, 飲食サービス業 5,278 事業所

平成 28 年経済センサス - 活動調査 奈良県結果 ( 確報 ) ~ 事業所に関する集計の概要 ~ 概要 事業所数 46,487 事業所 ( 全国 40 位全国シェア 0.87%) 上位 3 産業 1 位 卸売業, 小売業 12,047 事業所 2 位 宿泊業, 飲食サービス業 5,278 事業所 平成 28 年経済センサス - 活動調査 結果 ( 確報 ) ~ 事業所に関する集計の概要 ~ 概要 事業所数 46,487 事業所 ( 全国 40 位全国シェア 0.87%) 上位 3 産業 1 位 卸売業, 小売業 12,047 事業所 2 位 宿泊業, 飲食サービス業 5,278 事業所 3 位 製造業 4,651 事業所 従業者数 434,135 人 ( 全国 37 位全国シェア 0.76%)

More information

2.調査結果の概要

2.調査結果の概要 Ⅱ 調査結果の概要 1 学習費総額 (1) 学校種別の学習費総額及び構成比 ( 表 1 及び図 1-1~3 参照 ) 幼稚園は公立約 23 万円, 私立約 48 万 7 千円, 小学校は公立約 3 万 6 千円, 私立約 142 万 2 千円, 中学校は公立約 45 万円, 私立約 129 万 5 千円, 高等学校 ( 全日制, 以下同じ ) は公立約 38 万 6 千円, 私立約 96 万 7 千円となっている

More information

第1

第1 1 会社企業数の推移 (1) 東京都の会社企業数の推移平成 8 年調査をピークに減少傾向東京都の会社企業数は 25 万 5400 企業で 平成 13 年調査 ( 以下 前回調査 という ) と比較すると 1 万 5428 企業減少 (5.7 減 ) した 昭和 56 年調査からの推移をみると 平成 8 年調査 (28 万 9451 事業所 ) をピークに減少に転じ 今回調査まで 2 回連続の減少となった

More information

第 18 表都道府県 産業大分類別 1 人平均月間現金給与額 ( 平成 27 年平均 ) 都道府県 鉱業, 採石業, 砂利採取業建設業製造業 円円円円円円円円円 全国 420, , , , , , , ,716 28

第 18 表都道府県 産業大分類別 1 人平均月間現金給与額 ( 平成 27 年平均 ) 都道府県 鉱業, 採石業, 砂利採取業建設業製造業 円円円円円円円円円 全国 420, , , , , , , ,716 28 第 18 表都道府県 産業大分類別 1 人平均月間現金給与額 ( 平成 27 年平均 ) 都道府県 調査産業計きまって支給する給与 特別に支払われた給与 円 円 円 円 全 国 357,949 288,508 263,402 69,441 北 海 道 292,805 245,191 226,328 47,614 青 森 281,915 237,494 213,666 44,421 岩 手 289,616

More information

雇用失業情勢2908

雇用失業情勢2908 Press Release 厚生労働省新潟労働局発表 平成 29 年 9 月 29 日 ( 金 担 当 厚生労働省新潟労働局 職業安定部職業安定課 課 長 萩原義博 課長補佐 星野 浩 労働市場情報官 小池 誠 電話 025(2883507 一般職業紹介状況 ( 平成 29 年 8 月分 県内の雇用情勢は着実に改善が進んでいる 有効求人倍率 ( 季節調整値 は 1.51 倍で 前月に比べて 0.01

More information

第 8 表 ( 続 ) 適用状況 資格取得者数 総 数 第 1 号 被 保 険 者 ( 再掲 ) ( 再掲 ) 任 意 加 入 被 保 険 者 第 3 号 被 保 険 者 学生の 20 歳到達に 合 計 男 子 女 子 合 計 男 子 女 子 新規加入 よる新規加入 合 計 男 子 女 子 合 計

第 8 表 ( 続 ) 適用状況 資格取得者数 総 数 第 1 号 被 保 険 者 ( 再掲 ) ( 再掲 ) 任 意 加 入 被 保 険 者 第 3 号 被 保 険 者 学生の 20 歳到達に 合 計 男 子 女 子 合 計 男 子 女 子 新規加入 よる新規加入 合 計 男 子 女 子 合 計 第 8 表 適用状況 被保険者数 総 数 第 1 号 被 保 険 者 任 意 加 入 被 保 険 者 ( 再掲 ) ( 再掲 ) 第 3 号 被 保 険 者 60~64 歳 65 歳以上 合 計 男 子 女 子 合 計 男 子 女 子 合 計 男 子 女 子 任意加入 任意加入 合 計 男 子 女 子 付加年金被保険者数 平成 22 年 10 月 29,488,929 10,004,665 19,484,264

More information

平成19年度学校保健統計調査結果

平成19年度学校保健統計調査結果 平成 29 年度学校保健統計調査結果 和歌山県の概要 学校保健統計調査についてこの調査は 学校保健安全法により毎年定期的に行われている健康診断の結果に基づき 学校における児童 生徒及び幼児の発育及び健康の状態を明らかにし 学校保健行政上の基礎資料を得ることを目的に 統計法に基づく基幹統計調査として文部科学省が毎年実施しています 調査の範囲は 小学校 中学校 高等学校 幼稚園 ( 幼保連携型認定こども園を含む

More information

宮崎労働局 宮崎労働局発表平成 26 年 8 月 29 日解禁 報道関係者各位 雇用失業情勢 ( 平成 26 年 7 月分 ) Press Release 照会先 宮崎労働局職業安定部 部 長 上村有輝 職業安定課長 森山成人 労働市場情報官 多田真理子 ( 代表電話 )0985(38)8823 平

宮崎労働局 宮崎労働局発表平成 26 年 8 月 29 日解禁 報道関係者各位 雇用失業情勢 ( 平成 26 年 7 月分 ) Press Release 照会先 宮崎労働局職業安定部 部 長 上村有輝 職業安定課長 森山成人 労働市場情報官 多田真理子 ( 代表電話 )0985(38)8823 平 宮崎労働局 宮崎労働局発表平成 26 年 8 月 29 日解禁 報道関係者各位 雇用失業情勢 ( 平成 分 ) Press Release 照会先 宮崎労働局職業安定部 部 長 上村有輝 職業安定課長 森山成人 労働市場情報官 多田真理子 ( 代表電話 )0985(38)8823 平成 の有効求人倍率 ( ) は 0.93 倍と前月より 0.04 ポイント減少 新規求人は増勢が一服するものの 4 ヶ月連続で有効求人倍率

More information

平成24年「就業構造基本調査」結果の概要

平成24年「就業構造基本調査」結果の概要 平成 24 就業構造基本調査 結果の概要 平成 25 11 月 札幌市市長政策室政策企画部企画課 用語の解説や利用上の注意などについては 務省統計局のホームページ (http://www.stat.go.jp/data/shugyou/212/index.htm) をご覧ください 平成 24 1 月 1 日現在で実施した平成 24 就業構造基本調査 の結果が公表されましたので その概 要を紹介します

More information

1 大学等を卒業して小学校教諭普通免許状を取得する ( 免許法別表第 1) 基礎資格 種類 基礎資格 専修 修士の学位 ( 大学 ( 短期大学を除く ) の専攻科又は大学院に1 年以上在学し,30 単位以上修得した場合を含む ) 一種 学士の学位 ( 学校教育法第 102 条第 2 項により大学院へ

1 大学等を卒業して小学校教諭普通免許状を取得する ( 免許法別表第 1) 基礎資格 種類 基礎資格 専修 修士の学位 ( 大学 ( 短期大学を除く ) の専攻科又は大学院に1 年以上在学し,30 単位以上修得した場合を含む ) 一種 学士の学位 ( 学校教育法第 102 条第 2 項により大学院へ 小学校教諭普通免許状の取得 所有する免許等により, 様々な取得方法があります 次により該当するページをクリックしてください〇大学等を卒業して初めて免許状を取得する方, すでに取得した免許状の単位を流用して免許状を取得する方は, 別表第 1(2ページ ) を参照してください (1) 小学校教諭二種免許状 別表第 1(2 ページ ) の他に, 在職年数を利用して, 表の方法により取得することもできます

More information

Microsoft Word - コピー ~ (確定) 61発表資料(更新)_

Microsoft Word - コピー ~ (確定) 61発表資料(更新)_ 厚生労働省大分労働局 Press Release 報道関係者各位 平成 29 年 10 月 31 日 照会先 大分労働局職業安定部職業対策課課長髙橋博徳雇用対策係長三木紫穂 ( 電話 )097(535)2090( 内線 304) 高年齢者の働く場が広がりました ~ 大分県内の平成 29 年 高年齢者の雇用状況 集計結果 ~ 高年齢者雇用確保措置の実施企業 は 2 年連続 100% を達成 ( 全国で

More information

平成 28 年経済センサス 活動調査結果 ( 確報 ) < 産業横断的集計大阪市 > 結果の概要 Ⅰ 事業所の概況 1 1 産業大分類別の事業所数及び従業者数 1 2 売上高 ( 外国の会社及び法人でない団体を除く ) の状況 5 3 付加価値額 ( 外国の会社及び法人でない団体を除く ) の状況

平成 28 年経済センサス 活動調査結果 ( 確報 ) < 産業横断的集計大阪市 > 結果の概要 Ⅰ 事業所の概況 1 1 産業大分類別の事業所数及び従業者数 1 2 売上高 ( 外国の会社及び法人でない団体を除く ) の状況 5 3 付加価値額 ( 外国の会社及び法人でない団体を除く ) の状況 平成 28 年経済センサス 活動調査結果 ( 確報 ) < 産業横断的集計大阪市 > 結果の概要 Ⅰ 事業所の概況 1 1 産業大分類別の事業所数及び従業者数 1 2 売上高 ( 外国の会社及び法人でない団体を除く ) の状況 5 3 付加価値額 ( 外国の会社及び法人でない団体を除く ) の状況 7 4 区別の状況 8 Ⅱ 企業等の概況 ( 外国の会社及び法人でない団体を除く ) 22 1 産業大分類別の企業等数等

More information

平成 22 年 12 月 8 日 国立の教員養成大学 学部 ( 教員養成課程 ) の平成 22 年 3 月卒業者の就職状況について 小 中 高等学校等の教員養成を目的とする国立の教員養成大学 学部卒業者 (45 大学 学部 ) の教員養成課程の就職状況については 毎年 文部科学省において取りまとめ公

平成 22 年 12 月 8 日 国立の教員養成大学 学部 ( 教員養成課程 ) の平成 22 年 3 月卒業者の就職状況について 小 中 高等学校等の教員養成を目的とする国立の教員養成大学 学部卒業者 (45 大学 学部 ) の教員養成課程の就職状況については 毎年 文部科学省において取りまとめ公 平成 22 年 12 月 8 日 国立の教員養成大学 学部 ( 教員養成課程 ) の平成 22 年 3 月卒業者の就職状況について 小 中 高等学校等の教員養成を目的とする国立の教員養成大学 学部卒業者 (45 大学 学部 ) の教員養成課程の就職状況については 毎年 文部科学省において取りまとめ公表しています 今回 平成 22 年 3 月に教員養成課程を卒業した者についての平成 22 年 9 月末までの就職状況を

More information

以前 製造業 食料品製造業 畜産食料品製造業

以前 製造業 食料品製造業 畜産食料品製造業 参考 業種目 以前 以前 建設業 1 4.7 46 308 283 292 334 340 345 289 292 340 345 341 総合工事業 2 4.4 50 289 284 291 336 345 345 289 291 345 345 336 建築工事業 ( 木造建築工事業を除く ) 3 5.0 62 268 352 356 425 420 428 357 356 420 428 417

More information

奈良県のすがた.indd

奈良県のすがた.indd 千葉県第 4 部経済 産業 県外就業率 第 7 章労働 奈良県は県外就業率 ( 他県で従業する人の割合 ) が 28.8% で全国 2 位 市町村別では 生駒市が 53.7% で最も高い 15 歳以上就業者のうち 県外就業者の割合は 28.8% で全国 2 位になっています 1 位は埼玉県で 29.4% 3 位は千葉県で 27.6% 4 位は神奈川県で 25.5% と 2% を超えるのは4 県で いずれも大都市周辺の県となっています

More information

調査分析シリーズ(冊子用).indb

調査分析シリーズ(冊子用).indb 6 4,036 79.6 3.1 27.1 22.9 17.9 11.4 20.7 53.6 33.0 58.1 16.3 4.0 3.1 10.0 9.7 1,993 80.0 2.9 30.8 22.8 17.2 10.0 19.2 60.7 35.8 55.3 17.0 6.1 3.7 12.0 8.9 2,043 79.3 3.2 23.4

More information

<8CB48D655F345B8BB388E75D E707562>

<8CB48D655F345B8BB388E75D E707562> 1 人口 自然 4 2 産業 労働 3 県民生活 教育 4 教 育 5 安全 医療 37 4. 教育 幼稚園数 731 園 指標 2011 年度 ( 平成 23 年度 ) の神奈川県内の幼稚園数は731 園で 前年度より 2 園減少しましたが 学級数は 5632 学級で1 学級増加しました 10 年前の2001 年度からは 幼稚園数は 40 園 ( 5.2%) 減少しましたが 学級数は110 学級

More information

08飯山(__26.2月).xls

08飯山(__26.2月).xls 業務月報 ( 平成 26 年 2 月分 ) 飯山公共職業安定所 2 月の有効求人倍率 ( ) は.07 倍で前月を 0. ポイント下回り 前年同月を 0.03 ポイント下回った 新規求人は 496 人で前月比 3.9% 減 対前年同月比.8% 増となった 新規求職者は 34 人で前月比 5.% 減 対前年同月比で 0.9% 減となった 就職者は 2 人で対前年同月比 2.8% 増となった 求人 求職の状況

More information