参考資料 1 安全衛生経費の実態に関する調査結果単純集計等 ( 速報 ) 速報値のため今後数値が変わる可能性があります

Save this PDF as:

Size: px
Start display at page:

Download "参考資料 1 安全衛生経費の実態に関する調査結果単純集計等 ( 速報 ) 速報値のため今後数値が変わる可能性があります"

Transcription

1 参考資料 1 安全衛生経費の実態に関する調査結果単純集計等 ( 速報 ) 速報値のため今後数値が変わる可能性があります

2 会社概要 工事概要 - 2 -

3 a) 会社概要 工事概要 会社の形態 全データ元請中間次最終次 ( 調査票 A) 1. 法人 2. 個人 N=1,689 N=998 N=374 N=317 建設業許可 ( 調査票 A) 1. 国土交通大臣 ( 特定 ) 2. 国土交通大臣 ( 一般 ) 3. 都道府県知事 ( 特定 ) 4. 都道府県知事 ( 一般 ) N=1,677 N=992 N=369 N=316 従業員数 ( 調査票 A) 1. 1 人 2. 2~9 人 3. 10~29 人 4. 30~99 人 ~299 人 ~499 人 ~999 人 8. 1,000 人以上 N=1,665 N=986 N=367 N=

4 平成 29 年度 完成工事高 ( 調査票 A) 全データ元請中間次最終次 1. 1,000 万円未満 2. 1,000 万円以上 ~ 3,000 万円未満 3. 3,000 万円以上 ~ 5,000 万円未満 4. 5,000 万円以上 ~ 1 億円未満 5. 1 億円以上 ~ 5 億円未満 6. 5 億円以上 ~ 50 億円未満 億円以上 工事発注者 ( 調査票 B) N=1,685 N=995 N=372 N= 公共発注工事 ( 国 地方公共団体関係の発注 ) 2. 公益企業発注工事 (NEXCO J- Power JR UR 電力 ガス等 ) 3. 民間発注工事 ( 民間企業等 ) 4. 個人発注工事 ( 戸建て住宅等 ) 5. わからない N=1,690 N=996 N=375 N=

5 請負金額 ( 調査票 B) 全データ元請中間次最終次 選択した工事の請負金額 ( 税込価格 ) 万円未満 万円以上 ~300 万円未満 万円以上 ~500 万円未満 万円以上 ~ 1,000 万円未満 万円以上 ~ 5,000 万円未満 6. 5,000 万円以上 ~3 億円未満 7. 3 億円以上 N=1,575 N=919 N=357 N=299 下請の階層 ( 調査票 B) 施工体制の次数を選 択 1 次 ~13 次 N=698 N=222 N=278 N=198 工事の区分 ( 調査票 B) 1. 土木工事 2. 建築工事 3. わからない N=1,634 N=965 N=361 N=

6 請負金額 ( 調査票 C) 選択した下請け ( 再下請け ) 業者に支払った請負金額 ( 税込価格 ) 万円未満 万円以上 ~100 万円未満 万円以上 ~500 万円未満 万円以上 ~ 1,000 万円未満 5. 1,000 万円以上 ~ 5,000 万円未満 6. 5,000 万円以上 ~1 億円未満 7. 1 億円以上 全データ元請中間次最終次 N=1,195 N=862 N=333 工事の区分 ( 調査票 C) 1. 土木工事 2. 建築工事 3. わからない N=1,286 N=920 N=

7 単純集計 - 7 -

8 (1) 安全衛生に係る費用の社内ルール等元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 元-1 工事の見積りを行う際 設計図書に基づく数量や工程等の確認 またそれに基づく請負代金の額の設定を 主にどのように行っていますか 元 -1 下 -1 最終 自社で行っている 2. 自社でも行うが 一部は設計 コンサルタント会社に外注している 3. 設計 コンサルタント会社に外注している 4. 注文者から提示される条件や金額に従うことが多い N=997 N=376 N=318 元 -2 工事現場等において 労働者の安全と健康を確保するため 元請 下請の立場や現場での作業内容等に応じて 必要な対策を行うことが 労働安全衛生法 等の法律で 安全衛生対策 として義務付けられていますが これらの法律等について知っていますか 元 -2 下 -2 最終 受注する工事内容に応じて 安全と健康を確保するために実施しなければならない対策の内容と 根拠になっている法律等をある程度知っている 2. 受注する工事内容に応じて 安全と健康を確保するために実施しなければならない対策の内容は知っているが 法律等の根拠は知らない 3. 受注する工事内容について 安全と健康を確保するために実施しなければならない対策の内容を知らない 4. 設問の意味がわからない N=995 N=376 N=

9 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 元-3 工事内容に応じて 実施する 安全衛生対策 を決めるための社内ルールやマニュアルがありますか 1. 社内ルール マニュアルがある 2. 社内ルール マニュアルがないので 工事毎に 安全衛生対策 を検討して決めている 3. 社内ルール マニュアルがないので 注文者の指示に従うことが多い 中間次のみ選択肢 4. 社内ルール マニュアルがないので定めておらず 下請業者に任せることが多い 元 -3 下 -3 N=991 N=377 元 -4 請負代金を算定する時 主にどのように行っていますか 元 -4 下 最新の 物価本や積算資料等 の資料を元に 必要な金額を足し合わせて算定している 2. 過去に受注した似た内容の工事の金額を元に 工期や作業量の増減を考えて算定している 3. 注文者から提示された金額を元に調整している 4. その他 ( 自由記入 ) 物価本や積算資料等 とは 建設物価 積算資料 土木コスト情報 のような建設工事に関わる資機材の価格や歩掛 賃貸料金等が掲載された市販の書籍 又は同様の内容を定めた会社独自の資料を指しています N=995 N=

10 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 元-5 請負代金を算定するための 社内ルールやマニュアルがありますか 元 -5 下 -5 最終 社内ルール マニュアルがある 2. 社内ルール マニュアルはない N=996 N=317 N=373 元 -6 元 -5 の回答が 1. 社内ルール マニュアルがある の場合 どのように請負代金を算定することになっていますか 元 -6 下 -6 最終 直接工事費 共通仮設費 現場管理費 一般管理費等を分けて算定する 2. 工事費とそれ以外の経費を分けて算定する 3. 選択肢 1. や 2. のように内訳は作らず 請負代金の総額のみを算定する 4. 設問の意味がわからない N=504 N=151 N=

11 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 元-7 元 -5の回答が 2. 社内ルール マニュアルはない の場合 どのように請負代金を算定していますか 元 -7 下 -7 最終 発注者との協議できめている 2. 過去の受注実績を参考に 工事日数などの見積条件を考慮して決めている 3. その他 ( 自由記入 ) N=488 N=220 N=175 元 -8 元 -5 の回答が 1. 社内ルール マニュアルがある の場合 その社内ルール マニュアルには 安全衛生対策 のための費用の算定に関する記載がありますか 元 -8 下 安全衛生対策 のための費用そのものを算定する方法が記載されている 2. 安全衛生対策 のための費用と他の費用をまとめて算定する方法が記載されている 3. 記載されていない N=501 N=

12 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 元-9 元 -8の回答が 1. 安全衛生対策 のための費用そのものを算定する方法が記載されている又は 2. 安全衛生対策 のための費用と他の費用をまとめて算定する方法が記載されている の場合 安全衛生対策 のための費用の算定はどのように行っていますか 元 -9 下 直接工事費等 特定の費用区分の総額に一定率をかける 2. 安全衛生対策 の細目ごとに積み上げ 3. 選択肢 1. 及び 2. の方法を両方使っている N=306 N=94 元 -10 元 -8 の回答が 3. 記載されていない の場合 安全衛生対策 のための費用の算定はどのように行っていますか 元 -10 下 工事毎に利益との兼ね合いを考えて計上している 2. 設計 コンサルタント会社に外注している 3. 計上していない 4. その他 ( 自由記入 ) N=190 N=

13 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 元-11 元 -4 又は元 -7で回答した方法の中で 安全衛生対策 のための費用が含まれている費用区分はどこですか ( 複数選択可 ) 元 -11 元 -11 最終 直接工事費 2. 共通仮設費 3. 現場管理費 4. 一般管理費等 5. 工事費 6. 選択肢 1. から 5. 以外の費用区分 7. 請負代金に含まれているはずだが どこに含まれているかわからない 8. 設問の意味がわからない のべ回答数 N=2,032 のべ回答数 N=678 のべ回答数 N=

14 (2) 受注工事における安全衛生に係る費用の支払等元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 元-12 元 -12 下 -12 最終 -7 発注者から提示された見積 条件の中には 工事現場で 実施する 安全衛生対策 の具体的な内容がありまし たか A. 見積条件の提示 1. 具体的な内容があった 2. 具体的な内容はなかった 3. 安全衛生対策 の内容があったかどうか分からない N=987 N=376 N=315 元 -13 元 -12 の回答が 1. 具体的な内容があった の場合 安全衛生対策 が見積条件としてどのように提示されていましたか 元 -13 下 -13 最終 設計図書 仕様書等の紙面に記載されていた 2. 見積依頼時の打合せなどで言葉で伝えられた 3. その他 ( 自由記入 ) N=339 N=118 N=

15 A. 見積条件の提示 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 元-14 元 -14 下 -14 最終 -9 発注者から提示された見積 条件の中で おおむね 円くらいになると思って いる 等 請負代金の目安 となるような金額がありま したか 1. あった 2. なかった N=982 N=373 N=312 元 -15 元 -14 の回答が 1. あった の場合 その金額のうち 安全衛生対策 のための費用がいくらか具体的に明示されていましたか 元 -15 下 -15 最終 明示されていた 2. 明示されていなかった 3. 明示されていたかわからない 4. 設問の意味がわからない N=156 N=83 N=

16 A. 見積条件の提示 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 元-16 元 -16 下 -16 元 -12の回答が 1. 具体的 な内容があった の場合 見 積条件として 安全衛生対 策 のための費用はどのよ うに明示されていました か 1. 数量と項目を記載 2. 一式で金額のみを計上 3. 請負代金の内数で計上 4. その他 ( 自由記入 ) N=331 N=113 最終 -11 最終 -10 の回答が 1. 明示されていた の場合 安全衛生対策 のための費用はどのように提示されましたか 最終 設計図書 仕様書等の紙面に記載されていた 2. 見積依頼時の打合せなどで言葉で伝えられた 3. その他 ( 自由記入 ) N=

17 B. 見積書の提出 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 元-17 元 -17 下 -17 発注者に提出した見積金額 は 元 -6 又は元 -7で回答 した請負代金の算定方法で計 算した金額から削りました か 1. 計算した金額から削った 2. 計算した金額のままだった 3. 発注者と協議しながら決めたので分からない 4. 設問の意味がわからない N=982 N=376 元 -18 元 -17 の回答が 2. 計算した金額のままだった の場合 金額を削らなかったのはなぜですか 1. 見積条件として提示された請負代金の目安となるような金額の範囲内であったため 2. 見積条件として提示された請負代金の目安となるような金額を超えたが 施工上必要であったため 3. 見積条件では請負代金の目安となるような金額が提示されていなかったため 元 -18 下 -18 N=383 N=

18 B. 見積書の提出 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 元-19 元 -19 下 -19 元 -17の回答が 1. 計算し た金額から削った の場合 削った金額の中に 安全衛生 対策 のための費用が含まれ ていましたか 1. 削った費用は 安全衛生対策 のための費用だけだった 2. 安全衛生対策 のための費用と それ以外の費用も削った 3. 安全衛生対策 のための費用は削っていない 4. 分からない N=318 N=100 元 -20 元 -19 の回答が 1. 削った費用は 安全衛生対策 のための費用だけだった 又は 2. 安全衛生対策のための費用と それ以外の費用も削った の場合 削ったのはなぜですか 1. 安全衛生対策 のための費用を計上しても認められないと思ったから 2. 他の費用を減らすことができなかったから 3. 安全衛生対策 のための費用を削るつもりはなかったが総額を削ったから 4. その他 ( 自由記入 ) 元 -20 下 -20 N=166 N=

19 B. 見積書の提出 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 元-21 元 -21 下 -21 元 -19の回答が 3. 安全 衛生対策 のための費用は削 っていない の場合 削らな かったのはなぜですか 1. 安全衛生対策 のための費用は削るべきではないため 2. 会社利益など他の費用を削ることで十分であったため 3. その他 ( 自由記入 ) N=101 N=21 最終 -12 工事に必要な金額をどのような形で注文者に伝えましたか 最終 見積書や請書等の書類に書いて提出した 2. 言葉で伝えた N=

20 B. 見積書の提出 元請を例とした設問内容元請中間次最終次 最終-13 最終 -13 注文者に伝えた金額には 安全衛生対策 のための費用を含めていましたか 1. 含めていた 2. 含めていなかった 3. 含めていたかわからない N=312 最終 -14 注文者に伝えた金額は 最終 -4 又は最終 -6 で回答した方法で計算した金額通りでしたか 最終 計算した金額通りだった 2. 計算した金額から一部削った 3. 注文者と協議しながら決めたので分からない 4. 設問の意味がわからない N=

21 C. 価格交渉 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 元-22 元 -22 下 -22 見積書を提出する際に 見積 条件で提示されていなかった 新たな 安全衛生対策 を提 案しましたか 1. 提案した 2. 提案しなかった 3. 設問の意味がわからない N=987 N=372 元 -23 元 -22 下 -22 の回答が 1. 提案した の場合 提案した 安全衛生対策 の実施は認められましたか 元 -23 下 認められた 2. 認められなかった N=92 N=

22 C. 価格交渉 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 元-25 元 -25 下 -25 元 -23の回答が 1. 認めら れた の場合 認められた 安全衛生対策 のための費 用の増額が認められました か 1. 全額認められた 2. 一部認められた 3. 全く認められなかった 4. 増額は求めなかった N=76 N=46 元 -26 元 -23 の回答が 2. 認められなかった の場合 又は元 -25 で 2. 一部認められた 3. 全く認められなかった のいずれかの場合 その費用等はどのように調整しましたか 1. その 安全衛生対策 の実施を取りやめた ( 下請負人が実施する予定だったものを含む ) 2. 会社利益から削って確保した 3. 会社利益以外の費用から削って確保した 4. その他 ( 自由記入 ) 元 -26 下 -26 N=40 N=

23 C. 価格交渉 元請を例とした設問内容元請中間次最終次 最終-15 最終 -15 注文者に伝えた金額はそのまま認められましたか 1. その金額のまま認められた 2. 認められなかったため金額を削った N=305 最終 -16 最終 -15 の回答が 2. 認められなかったため金額を削った の場合 削った金額の中に 安全衛生対策 のための費用は含まれていましたか 最終 削った費用は 安全衛生対策 のための費用だけだった 2. 安全衛生対策 のための費用と それ以外の費用も削った 3. 安全衛生対策 のための費用は削っていない 4. 分からない N=

24 D. 書面による契約締結 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 下-27 下 -27 最終 -17 注文者とは書面で契約しまし たか 1. した 2. していない N=374 N=312 元 -27 請負代金内訳書に 安全衛生対策 のための費用を記載しましたか 元 -27 下 -28 最終 記載した 2. 記載しなかった 3. 記載したかどうか分からない 4. 設問の意味がわからない N=988 N=371 N=

25 D. 書面による契約締結 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 元-28 元 -28 下 -29 元 -27 下-28の回答が 1. 記載した の場合 請負代 金内訳書にどのような形で 安全衛生対策 のための費 用を記載しましたか 1. 数量と項目を記載 2. 一式で金額のみを記載 3. その他 ( 自由記入 ) N=295 N=128 元 -29 元 -27 の回答が 1. 記載した の場合 必要な 安全衛生対策 のための費用は請負代金内訳書のどの費用区分に計上しましたか 元 -29 下 直接工事費 2. 共通仮設費 3. 現場管理費 4. 一般管理費等 5. 選択肢 1. から 4. 以外の費用区分 6. 請負代金に含まれているはずだが どこに含まれているかわからない 7. 設問の意味がわからない N=598 N=

26 E. 契約変更 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 元-30 元 -30 下 -31 工事に着手した後に 追加工 事や現場条件等に変更があっ た場合 安全衛生対策 の ための費用について 増額を 求めましたか 1. 求めた 2. 求めなかった 3. 設問の意味がわからない N=981 N=370 元 -31 元 -30 下 -31 の回答が 1. 求めた の場合 増額を求めた 安全衛生対策 のための費用は認められましたか 1. 認められた を回答した場合 具体的な項目を記入ください 元 -31 下 認められた ( 自由記入 ) 2. 認められなかった N=207 N=

27 E. 契約変更 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 元-32 元 -32 下 -33 元 -31の回答が 1. 認められ た の場合 増額が認められ た 安全衛生対策 のための 費用の金額はどのように認め られましたか 1. 希望どおりの金額で認められた 2. 価格交渉により希望した金額から減額された N=167 N=68 元 -33 元 -31 下 -32 の回答が 2. 認めらなかった の場合 その費用等はどのように調整しましたか 1. その 安全衛生対策 の実施を取りやめた ( 下請負人が実施する予定だったものを含む ) 2. 自社で費用負担して実施した ( 下請負人が実施したものを含む ) 3. 下請負人の負担で実施した ( 下請負人が実施したものに限る ) 4. その他 ( 自由記入 ) 5. 設問の意味がわからない 元 -33 下 -34 N=40 N=

28 E. 契約変更 元請を例とした設問内容元請中間次最終次 最終-19 最終 -19 工事に着手した後に 追加作業や現場条件等に変更があった場合 契約額の増額を求めましたか 1. 求めた 2. 求めなかった N=309 最終 -20 最終 -19 の回答が 1. 求めた の場合 増額を求めた費用の中には 安全衛生対策に要する費用が含まれていましたか 最終 増額を求めたのは安全衛生対策のための費用だけだった 2. 増額を求めた費用の中には安全衛生対策のための費用も含んでいた 3. 増額を求めた費用の中には安全衛生対策のための費用は含まれていなかった 4. 含まれていたか分からない 5. その他 N=

29 E. 契約変更 元請を例とした設問内容元請中間次最終次 最終-21 最終 -21 最終 -20の回答が 1. 増額を求めたのは 安全衛生対策 のための費用だけだった 又は 2. 増額を求めた費用の中には 安全衛生対策 のための費用も含んでいた の場合 その費用の増額が認められましたか 1. 認められた 2. 認められなかった 3. 認められたのが安全衛生対策のための費用かわからない N=

30 (3) 下請けへの発注工事における安全衛生に係る費用の支払い等 A. 見積条件の提示 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 注-1 元注 -1 下注 -1 下請業者に提示した見積条件 の中には 工事現場で実施さ せる 安全衛生対策 の具体 的な内容がありましたか 1. あった 2. なかった 3. 注文者から提示された見積条件をそのまま使ったため 具体的な内容があったかわからない N=940 N=367 注 -2 注 -1 の回答が 1. あった の場合 見積条件として 安全衛生対策 の内容をどのように提示しましたか 元注 -2 下注 設計図書 仕様書等の紙面に記載した 2. 見積依頼時の打合せなどで言葉で伝えた 3. その他 ( 自由記入 ) N=264 N=

31 A. 見積条件の提示 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 注-3 元注 -3 下注 -3 下請け業者に示した見積条件 の中で おおむね 円く らいになると思っている 等 下請工事の請負代金の目 安となるような金額を提示し ましたか 1. 提示した 2. 提示していない N=927 N=363 注 -4 注 -3 の回答が 1. 提示した の場合 その金額のうち 安全衛生対策 のための費用の金額を具体的に明示しましたか 元注 -4 下注 明示した 2. 明示しなかった 3. 設問の意味がわからない N=163 N=

32 A. 見積条件の提示 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 注-5 元注 -5 下注 -5 注 -1の回答が 1. あった の 場合 見積条件として 安全 衛生対策 のための費用をど のように明確にしましたか 1. 数量と項目を記載 2. 一式で金額のみを計上 3. 請負代金の内数で計上 4. その他 ( 自由記入 ) N=261 N=98 注 -6 注 -1 の回答が 2. なかった の場合 見積条件として具体的な 安全衛生対策 を提示しなかった理由は何ですか 元注 -6 下注 受注者に任せているため 2. 必要な 安全衛生対策 がわからなかったため 3. 見積依頼時に施工環境が不明だったため 4. 安全衛生対策は全て自社で実施したため 5. その他 N=508 N=

33 B. 見積書の提出 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 注-7 元注 -7 下注 -7 下請業者は見積書において 安全衛生対策 のための費 用を計上してきましたか 1. 計上してきた 2. 計上してこなかった 3. 設問の意味がわからない N=940 N=367 注 -8 注 -7 の回答が 1. 計上してきた の場合 どのような形で 安全衛生対策 のための費用を記載してきましたか 元注 -8 下注 数量と項目を記載 2. 一式で金額のみを記載 3. 請負代金の内数で記載 4. その他 N=344 N=

34 B. 見積書の提出 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 注-9 元注 -9 下注 -9 注 -7の回答が 2. 計上してこ なかった の場合 下請業者 が実施すべき 安全衛生対 策 がわかるよう見積書の再 提出を求めましたか 1. 求めた 2. 求めなかった N=549 N=241 注 -10 注 -9 の回答が 1. 求めた の場合 再提出された見積書に 安全衛生対策 のための費用を記載してきましたか 元注 -10 下注 記載してきた 2. 記載してこなかった N=6 N=4-34 -

35 C. 価格交渉 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 注-11 元注 -11 下注 -11 見積書が提出された際に 見 積依頼時に予定していなかっ た新たな 安全衛生対策 が 提案されましたか 1. 提案された 2. 提案されなかった 3. 設問の意味がわからない 注 -12 注 -11 の回答が 1. 提案された の場合 実施を認めた 安全衛生対策 はありますか 1. 実施を認めた対策がある 2. 実施を認めた対策はなかった N=937 元注 -12 下注 -12 N=365 N=49 N=

36 C. 価格交渉 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 注-13 元注 -13 下注 -13 注 -12の回答が 1. 実施を認 めた対策がある の場合 そ の 安全衛生対策 のための 費用はどうしましたか 1. 見積書どおりの金額で増額した 2. 価格交渉を行い増額した 3. 増額は認めなかった 4. 増額を求められなかった N=46 N=18 注 -14 注 -13 の回答が 2. 価格交渉を行い増額した 又は 3. 増額は認めなかった の場合 見積書どおりの金額としなかった理由は何ですか 元注 -14 下注 受注者の責任施工の範囲であったから 2. 請負代金の総額予算が決まっていたから 3. 社内基準と合っていなかったから 4. 発注者と交渉したが認められなかったから 5. その他 ( 自由記入 ) N=26 N=9-36 -

37 C. 価格交渉 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 注-15 元注 -15 下注 -15 注 -13の回答が 1. 見積どお りの金額で増額した 又は 2. 価格交渉を行い増額した の 場合 その費用を発注者に要 求しましたか 1. 要求した 2. 要求しなかった 注 -17 下請業者に請負代金の削減を求めましたか 1. 削減を求めた 2. 削減を求めなかった N=43 元注 -17 下注 -17 N=17 N=930 N=

38 C. 価格交渉 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 注-18 元注 -18 元注 -18 注 -17で 1. 削減を求めた と回答した場合 削減を求め た理由は何ですか 1. 単価が過去の実績より高いから 2. 単価が積算資料等の市場価格より高いから 3. 見積条件と仕様や数量が異なっていたから 4. 相見積を取った他社の総価と比較して高かったため 5. 自社の積算基準と比較して高かったから 6. その他 ( 自由記入 ) N=281 N=101 注 -19 注 -17 で 1. 削減を求めた と回答した場合 削減を求めた金額の中に 安全衛生対策 のための費用は含まれていましたか 元注 -19 下注 含まれていた 2. 含まれていなかった 3. 内訳が不明だったため わからない N=283 N=

39 D. 書面による契約締結 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 注-20 元注 -20 下注 -20 下請業者と書面で契約しまし たか 1. した 2. していない N=940 N=365 注 -21 請負代金内訳書に 安全衛生対策 のための費用が記載されていましたか 元注 -21 下注 記載されていた 2. 記載されていなかった 3. 設問の意味がわからない N=939 N=

40 D. 書面による契約締結 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 注-22 元注 -22 下注 -22 注 -21の回答が 1. 記載され ていた の場合 請負代金内 訳書にどのように 安全衛生 対策 のための費用を記載し てきましたか 1. 数量と項目を記載 2. 一式で金額のみを計上 3. その他 ( 自由記入 ) N=260 N=86 注 -23 注 -21 の回答が 1. 記載されていた の場合 必要な 安全衛生対策 のための費用は請負代金内訳書のどの費用区分に記載されていましたか ( 複数回答可 ) 1. 直接工事費 2. 共通仮設費 3. 現場管理費 4. 一般管理費等 5. 選択肢 1. から 4. 以外の費用区分 6. 請負代金に含まれているはずだが どこに含まれているかわからない 7. 設問の意味がわからない 元注 -23 下注 -23 N=441 N=

41 E. 変更契約について 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 注-24 元注 -24 下注 -24 安全衛生対策 のための費 用について 下請けから増額 を求められましたか 1. 求められた 2. 求められなかった 3. 設問の意味がわからない 注 -25 注 -24 の回答が 1. 求められた の場合 そのための費用を認めましたか 1. 認めた を回答した場合 具体的な項目を記入ください 1. 認めた ( 自由記入 ) 2. 認めなかった N=936 元注 -25 下注 -25 N=364 N=62 N=

42 E. 変更契約について 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 注-26 元注 -26 下注 -26 注 -25の回答が 1. 認めた の場合 増額を認めた 安全 衛生対策 のための費用の金 額はどうしましたか 1. 希望どおりの金額で認めた 2. 価格交渉より希望した金額から減額した N=60 N=21 注 -27 注 -25 の回答が 1. 認めた の場合 その費用を発注者に要求しましたか 元注 -27 下注 要求した 2. 要求しなかった N=60 N=

43 E. 変更契約について 元請を例とした設問内容 元請 中間次 最終次 注-28 元注 -28 下注 -28 注 -25の回答が 2. 認めなか った の場合 増額を認めな かった理由は何ですか 1. 受注者の責任施工の範囲であったから 2. 請負代金の総額予算が決まっていたから 3. 社内基準と合っていなかったから 4. 発注者と調整できなかったから N=2 N=1-43 -

44 クロス集計

45 元 -3 下 -3 従業員数工事内容に応じて 実施する 安全衛生対策 を決めるための社内ルールやマニュアルがありますか 1. 社内ルール マニュアルがある 2. 社内ルール マニュアルがないので 工事毎に 安全衛生対策 を検討して決めている 3. 社内ルール マニュアルがないので 注文者の指示に従うことが多い 4. 社内ルール マニュアルがないので定めておらず 下請業者に任せることが多い 従業員数 1: 元請 ある 32% ない ( 工事毎検討 ) 60% ない ( 注文者指示 ) 8% 1,000 人以上 ある 100% 500~999 人 ある 55% ない ( 工事毎検討 ) 36% ない ( 注文者指示 ) 9% 300~499 人 ある 88% ない ( 工事毎検討 ) 13% 100~299 人 30~99 人 10~29 人 2~9 人 ある 55% ある 43% ある 31% ある 21% ない ( 工事毎検討 ) 42% ない ( 注文者指示 ) ない ( 工事毎検討 ) 53% ない ( 注文者指示 ) 4% ない ( 工事毎検討 ) 65% ない ( 注文者指示 ) 4% ない ( 工事毎検討 ) 66% ない ( 注文者指示 ), 13% 1 人 ある 15% ない ( 工事毎検討 ) 37% ない ( 注文者指示 ), 48% N=991 従業員数 2: 中間次 ある 31% ない ( 工事毎検討 ) 34% ない ( 注文者指示 ) 32% ない ( 下請に任せる ) 3% 1,000 人以上 ある 100% 500~999 人 ある 25% ない ( 工事毎検討 ) 25% ない ( 注文者指示 ) 50% 300~499 人 ある 50% ない ( 工事毎検討 ) 25% ない ( 注文者指示 ) 25% 100~299 人 ある 45% ない ( 工事毎検討 ) 36% ない ( 注文者指示 ) 15% ない ( 下請に任せる ) 3% 30~99 人 ある 61% ない ( 工事毎検討 ) 27% ない ( 注文者指示 ) 11% ない ( 下請に任せる ) 2% 10~29 人 ある 28% ない ( 工事毎検討 ) 34% ない ( 注文者指示 ) 36% ない ( 下請に任せる ) 2~9 人 ある 17% ない ( 工事毎検討 ) 39% ない ( 注文者指示 ) 41% ない ( 下請に任せる ) 2% 1 人 ある 19% ない ( 工事毎検討 ) 38% ない ( 注文者指示 ) 31% ない ( 下請に任せる ) 13% N=

46 元 -12 下 -12 最終 -7 発注者発注者から提示された見積条件の中には 工事現場で実施する 安全衛生対策 の具体的な内容がありましたか 1. 具体的な内容があった 2. 具体的な内容はなかった 3. 安全衛生対策 の内容があったかどうか分からない 発注者 1: 元請 1. 具体的な内容があった 35% 2. 具体的な内容はなかった 53% 3. 分からない 13% 個人発注 2. 具体的な内容はなかった 72% 3. 分からない 18% 1. 具体的な内容があった 10% 民間発注 1. 具体的な内容があった 24% 2. 具体的な内容はなかった 65% 3. 分からない 12% 公益企業発注 1. 具体的な内容があった 46% 2. 具体的な内容はなかった 46% 3. 分からない 8% 公共発注 1. 具体的な内容があった 40% 2. 具体的な内容はなかった 47% 3. 分からない 12% N=987 発注者 2: 中間次 1. 具体的な内容があった 32% 2. 具体的な内容はなかった 51% 3. 分からない 17% 個人発注 1. 具体的な内容があった 19% 2. 具体的な内容はなかった 69% 3. 分からない 12% 民間発注 1. 具体的な内容があった 32% 2. 具体的な内容はなかった 51% 3. 分からない 17% 公益企業発注 1. 具体的な内容があった 39% 2. 具体的な内容はなかった 44% 3. 分からない 17% 公共発注 1. 具体的な内容があった 35% 2. 具体的な内容はなかった 48% 3. 分からない 17% N=376 発注者 3: 最終 1. 具体的な内容があった 30% 2. 具体的な内容はなかった 54% 3. 分からない 16% 個人発注 2. 具体的な内容はなかった 20% 3. 分からない 80% 民間発注 1. 具体的な内容があった 25% 2. 具体的な内容はなかった 57% 3. 分からない 17% 公益企業発注 1. 具体的な内容があった 42% 2. 具体的な内容はなかった 46% 3. 分からない 12% 公共発注 1. 具体的な内容があった 39% 2. 具体的な内容はなかった 50% 3. 分からない 11% N=

47 元 -12 下 -12 最終 -7 工事の区分発注者から提示された見積条件の中には 工事現場で実施する 安全衛生対策 の具体的な内容がありましたか 1. 具体的な内容があった 2. 具体的な内容はなかった 3. 安全衛生対策 の内容があったかどうか分からない 工事の区分 1: 元請 1. 具体的な内容があった 35% 2. 具体的な内容はなかった 53% 3. 分からない 13% 建築工事 1. 具体的な内容があった 29% 2. 具体的な内容はなかった 58% 3. 分からない 13% 土木工事 1. 具体的な内容があった 38% 2. 具体的な内容はなかった 50% 3. 分からない 12% N=987 工事の区分 2: 中間次 1. 具体的な内容があった 32% 2. 具体的な内容はなかった 51% 3. 分からない 17% 建築工事 1. 具体的な内容があった 31% 2. 具体的な内容はなかった 52% 3. 分からない 16% 土木工事 1. 具体的な内容があった 32% 2. 具体的な内容はなかった 50% 3. 分からない 18% N=376 工事の区分 3: 最終 1. 具体的な内容があった 30% 2. 具体的な内容はなかった, 54% 3. 分からない, 16% 建築工事 1. 具体的な内容があった 27% 2. 具体的な内容はなかった, 56% 3. 分からない, 18% 土木工事 1. 具体的な内容があった 34% 2. 具体的な内容はなかった, 51% 3. 分からない, 15% N=

48 元 -15 下 -15 最終 -10 発注者元 -14 下 -14 最終 -9 の回答が 1. あった の場合 その金額のうち 安全衛生対策 のための費用がいくらか具体的に明示されていましたか 1. 明示されていた 2. 明示されていなかった 3. 明示されていたかわからない 4. 設問の意味がわからない 発注者 1: 元請 1. 明示されていた 28% 2. 明示されていなかった 54% 3. 明示されていたかわからない 17% 4. 設問の意味がわからない 2% 個人発注 2. 明示されていなかった 62% 3. 明示されていたかわからない 23% 1. 明示されていた 8% 4. 設問の意味がわからない 8% 民間発注 1. 明示されていた 24% 2. 明示されていなかった 57% 3. 明示されていたかわからない 19% 公益企業発注 1. 明示されていた 43% 2. 明示されていなかった 43% 4. 設問の意味がわからない 14% 公共発注 1. 明示されていた 32% 2. 明示されていなかった 52% 3. 明示されていたかわからない 16% N=156 発注者 2: 中間次 1. 明示されていた 22% 2. 明示されていなかった 57% 3. 明示されていたかわからない 19% 4. 設問の意味がわからない 2% 個人発注 1. 明示されていた 14% 2. 明示されていなかった 71% 4. 設問の意味がわからない, 14% 民間発注 1. 明示されていた 23% 2. 明示されていなかった 54% 3. 明示されていたかわからない 21% 4. 設問の意味がわからない 2% 公益企業発注 1. 明示されていた 40% 2. 明示されていなかった 40% 3. 明示されていたかわからない 20% 公共発注 1. 明示されていた 12% N=83 2. 明示されていなかった 71% 3. 明示されていたかわからない 18% 発注者 3: 最終 1. 明示されていた 23% 2. 明示されていなかった 60% 3. 明示されていたかわからない 17% 民間発注 1. 明示されていた 22% 2. 明示されていなかった 43% 3. 明示されていたかわからない 35% 公益企業発注 1. 明示されていた 43% 2. 明示されていなかった 57% 公共発注 1. 明示されていた 21% 2. 明示されていなかった 79% N=

49 元 -15 下 -15 最終 -10 工事の区分元 -14 下 -14 最終 -9 の回答が 1. あった の場合 その金額のうち 安全衛生対策 のための費用がいくらか具体的に明示されていましたか 1. 明示されていた 2. 明示されていなかった 3. 明示されていたかわからない 4. 設問の意味がわからない 工事の区分 1: 元請 1. 明示されていた 28% 2. 明示されていなかった 54% 3. 明示されていたかわからない 17% 4. 設問の意味がわからない, 2% 建築工事 1. 明示されていた 21% 2. 明示されていなかった 55% 3. 明示されていたかわからない 21% 4. 設問の意味がわからない, 4% 土木工事 1. 明示されていた 37% 2. 明示されていなかった 53% 3. 明示されていたかわからない 11% N=156 工事の区分 2: 中間次 1. 明示されていた 22% 2. 明示されていなかった 57% 3. 明示されていたかわからない 19% 4. 設問の意味がわからない 2% 建築工事 1. 明示されていた 22% 2. 明示されていなかった 58% 3. 明示されていたかわからない 17% 4. 設問の意味がわからない 3% 土木工事 1. 明示されていた 31% 2. 明示されていなかった 44% 3. 明示されていたかわからない 25% N=83 工事の区分 3: 最終 1. 具体的な内容があった 23% 2. 具体的な内容はなかった 60% 3. 分からない 17% 建築工事 1. 具体的な内容があった 20% 2. 具体的な内容はなかった 53% 3. 分からない 28% 土木工事 1. 具体的な内容があった 24% 2. 具体的な内容はなかった 74% N=83 3. 分からない 3%

50 元 -19 下 -19 発注者元 -17 の回答が 1. 計算した金額から削った の場合 削った金額の中に 安全衛生対策 のための費用が含まれていましたか 1. 削った費用は 安全衛生対策 のための費用だけだった 2. 安全衛生対策 のための費用と それ以外の費用も削った 3. 安全衛生対策 のための費用は削っていない 4. 分からない 発注者 1: 元請 2. 安全衛生対策 と 以外費用も削った 49% 3. 安全衛生対策 費用は削っていない 32% 4. 分からない 15% 1. 安全衛生対策 費用だけ 4% 個人発注 2. 安全衛生対策 と 以外費用も削った 41% 3. 安全衛生対策 費用は削っていない 36% 4. 分からない 14% 1. 安全衛生対策 費用だけ 9% 民間発注 2. 安全衛生対策 と 以外費用も削った 38% 3. 安全衛生対策 費用は削っていない 50% 4. 分からない 12% 公益企業発注 2. 安全衛生対策 と 以外費用も削った 44% 3. 安全衛生対策 費用は削っていない 33% 4. 分からない 22% 公共発注 2. 安全衛生対策 と 以外費用も削った 51% 3. 安全衛生対策 費用は削っていない 28% 4. 分からない 16% 1. 安全衛生対策 費用だけ 4% N=318 発注者 2: 中間次 2. 安全衛生対策 と 以外費用も削った 60% 3. 安全衛生対策 費用は削っていない 21% 4. 分からない 17% 1. 安全衛生対策 費用だけ 2% 個人発注 2. 安全衛生対策 と 以外費用も削った 33% 3. 安全衛生対策 費用は削っていない 33% 4. 分からない 33% 民間発注 2. 安全衛生対策 と 以外費用も削った 62% 3. 安全衛生対策 費用は削っていない 22% 4. 分からない 15% 1. 安全衛生対策 費用だけ 2% 公益企業発注 1. 安全衛生対策 費用だけ 33% 2. 安全衛生対策 と 以外費用も削った 67% 公共発注 2. 安全衛生対策 と 以外費用も削った 57% 3. 安全衛生対策 費用は削っていない 22% 4. 分からない 22% N=

51 元 -19 下 -19 工事の区分元 -17 の回答が 1. 計算した金額から削った の場合 削った金額の中に 安全衛生対策 のための費用が含まれていましたか 1. 削った費用は 安全衛生対策 のための費用だけだった 2. 安全衛生対策 のための費用と それ以外の費用も削った 3. 安全衛生対策 のための費用は削っていない 4. 分からない 工事の区分 1: 元請 2. 安全衛生対策 と 以外費用も削った 49% 3. 安全衛生対策 費用は削っていない 32% 4. 分からない 15% 1. 安全衛生対策 費用だけ 4% 建築工事 2. 安全衛生対策 と 以外費用も削った 43% 3. 安全衛生対策 費用は削っていない 39% 4. 分からない 14% 1. 安全衛生対策 費用だけ 5% 土木工事 2. 安全衛生対策 と 以外費用も削った 54% 3. 安全衛生対策 費用は削っていない 28% 4. 分からない 16% 1. 安全衛生対策 費用だけ 3% N=318 工事の区分 2: 中間次 2. 安全衛生対策 と 以外費用も削った 60% 3. 安全衛生対策 費用は削っていない 21% 4. 分からない 17% 1. 安全衛生対策 費用だけ 2% 建築工事 2. 安全衛生対策 と 以外費用も削った 60% 3. 安全衛生対策 費用は削っていない 24% 4. 分からない 15% 1. 安全衛生対策 費用だけ 1% 土木工事 2. 安全衛生対策 と 以外費用も削った 50% 3. 安全衛生対策 費用は削っていない 17% 4. 分からない 33% N=

52 元 -23 下 -23 発注者元 -22 下 -22 の回答が 1. 提案した の場合 提案した 安全衛生対策 の実施は認められましたか 1. 認められた 2. 認められなかった 発注者 1: 元請 1. 認められた 83% 2. 認められなかった 17% 個人発注 1. 認められた 86% 2. 認められなかった 14% 民間発注 1. 認められた 90% 2. 認められなかった 10% 公益企業発注 1. 認められた 100% 公共発注 1. 認められた 76% 2. 認められなかった 24% N=92 発注者 2: 中間次 1. 認められた 82% 2. 認められなかった 18% 個人発注 1. 認められた 50% 2. 認められなかった 50% 民間発注 1. 認められた 88% 2. 認められなかった 12% 公益企業発注 1. 認められた 75% 2. 認められなかった 25% 公共発注 1. 認められた 73% 2. 認められなかった 27% N=

53 元 -23 下 -23 工事の区分元 -22 下 -22 の回答が 1. 提案した の場合 提案した 安全衛生対策 の実施は認められましたか 1. 認められた 2. 認められなかった 工事の区分 1: 元請 1. 認められた 83% 2. 認められなかった 17% 建築工事 1. 認められた 86% 2. 認められなかった 14% 土木工事 1. 認められた 85% 2. 認められなかった 15% N=92 工事の区分 2: 中間次 1. 認められた 82% 2. 認められなかった 18% 建築工事 1. 認められた 81% 2. 認められなかった 19% 土木工事 1. 認められた 82% 2. 認められなかった 18% N=

54 下 -27 最終 -17 発注者注文者とは書面で契約しましたか 1. した 2. していない 発注者 2: 中間次 1. した 92% 2. していない 8% 個人発注 1. した 73% 2. していない 27% 民間発注 1. した 91% 2. していない 9% 公益企業発注 1. した 94% 2. していない 6% 公共発注 1. した 99% 2. していない 1% N=374 発注者 3: 最終 1. した 88% 2. していない 13% 個人発注 1. した 20% 2. していない 80% 民間発注 1. した 86% 2. していない 14% 公益企業発注 1. した 92% 2. していない 8% 公共発注 1. した 94% 2. していない 6% N=

55 下 -27 最終 -17 工事の区分注文者とは書面で契約しましたか 1. した 2. していない 工事の区分 2: 中間次 1. した 92% 2. していない 8% 建築工事 1. した 91% 2. していない 9% 土木工事 1. した 98% 2. していない 2% N=374 工事の区分 3: 最終 1. した 88% 2. していない 13% 建築工事 1. した 84% 2. していない 16% 土木工事 1. した 89% 2. していない 11% N=

56 元 -27 下 -28 最終 -18 発注者請負代金内訳書に 安全衛生対策 のための費用を記載しましたか 1. 記載した 2. 記載しなかった 3. 記載したかどうか分からない 4. 設問の意味がわからない 発注者 1: 元請 1. 記載した 30% 2. 記載しなかった 65% 3. 記載したか分からない 5% 個人発注 1. 記載した 26% 2. 記載しなかった 68% 3. 記載したか分からない 6% 民間発注 1. 記載した 44% 2. 記載しなかった 54% 3. 記載したか分からない 2% 公益企業発注 1. 記載した 46% 2. 記載しなかった 46% 3. 記載したか分からない 8% 公共発注 1. 記載した 27% 2. 記載しなかった 68% 3. 記載したか分からない 5% N=988 発注者 2: 中間次 1. 記載した 35% 2. 記載しなかった 62% 3. 記載したか分からない 4% 個人発注 1. 記載した 38% 2. 記載しなかった 54% 3. 記載したか分からない 8% 民間発注 1. 記載した 34% 2. 記載しなかった 63% 3. 記載したか分からない 4% 公益企業発注 1. 記載した 59% 2. 記載しなかった 41% 公共発注 1. 記載した 33% 2. 記載しなかった 63% 3. 記載したか分からない 4% N=371 発注者 3: 最終 1. 記載した 20% 2. 記載しなかった 67% 3. 記載したか分からない 11% 4. 設問の意味がわからない 2% 個人発注 3. 記載したか分からない 100% 民間発注 1. 記載した 18% 2. 記載しなかった 65% 3. 記載したか分からない 15% 4. 設問の意味がわからない 2% 公益企業発注 1. 記載した 29% 2. 記載しなかった 63% 3. 記載したか分からない 8% 公共発注 1. 記載した 21% 2. 記載しなかった 71% 3. 記載したか分からない N= 設問の意味がわからない 2%

57 元 -27 下 -28 最終 -18 工事の区分請負代金内訳書に 安全衛生対策 のための費用を記載しましたか 1. 記載した 2. 記載しなかった 3. 記載したかどうか分からない 4. 設問の意味がわからない 工事の区分 1: 元請 1. 記載した 30% 2. 記載しなかった 65% 3. 記載したか分からない 5% 建築工事 1. 記載した 34% 2. 記載しなかった 63% 3. 記載したか分からない 3% 土木工事 1. 記載した 27% 2. 記載しなかった 67% N= 記載したか分からない 6% 工事の区分 2: 中間次 1. 記載した 35% 2. 記載しなかった 62% 3. 記載したか分からない 4% 建築工事 1. 記載した 31% 2. 記載しなかった 65% 3. 記載したか分からない 4% 土木工事 1. 記載した 42% 2. 記載しなかった 57% N= 記載したか分からない 2% 工事の区分 3: 最終 1. 記載した 20% 2. 記載しなかった 67% 3. 記載したか分からない 11% 4. 設問の意味がわからない 2% 建築工事 1. 記載した 15% 2. 記載しなかった 74% 3. 記載したか分からない 10% 4. 設問の意味がわからない 1% 土木工事 1. 記載した 22% 2. 記載しなかった 66% 3. 記載したか分からない 9% N= 設問の意味がわからない 3%

58 元注 -1 下注 -1 発注者下請業者に提示した見積条件の中には 工事現場で実施させる 安全衛生対策 の具体的な内容がありましたか 1. あった 2. なかった 3. 注文者から提示された見積条件をそのまま使ったため 具体的な内容があったかわからない 発注者 1: 元請 1. あった 28% 2. なかった 55% 3. わからない 17% 個人発注 1. あった 14% 2. なかった 79% 3. わからない 7% 民間発注 1. あった 32% 2. なかった 55% 3. わからない 12% 公益企業発注 1. あった 50% 2. なかった 41% 3. わからない 9% 公共発注 1. あった 29% 2. なかった 51% 3. わからない 20% N=940 発注者 2: 中間次 1. あった 28% 2. なかった 55% 3. わからない 17% 個人発注 1. あった 27% 2. なかった 65% 3. わからない 8% 民間発注 1. あった 29% 2. なかった 54% 3. わからない 16% 公益企業発注 1. あった 24% 2. なかった 53% 3. わからない 24% 公共発注 1. あった 28% 2. なかった 55% 3. わからない 17% N=

59 元注 -1 下注 -1 工事の区分下請業者に提示した見積条件の中には 工事現場で実施させる 安全衛生対策 の具体的な内容がありましたか 1. あった 2. なかった 工事の区分 1: 元請 1. あった 28% 2. なかった 55% 3. わからない 17% 建築工事 1. あった 27% 2. なかった 57% 3. わからない 16% 土木工事 1. あった 29% 2. なかった 54% 3. わからない 17% N=940 工事の区分 2: 中間次 1. あった 28% 2. なかった 55% 3. わからない 17% 建築工事 1. あった 28% 2. なかった 57% 3. わからない 15% 土木工事 1. あった 26% 2. なかった 55% 3. わからない 19% N=

60 元注 -4 下注 -4 発注者注 -3 の回答が 1. 提示した の場合 その金額のうち 安全衛生対策 のための費用の金額を具体的に明示しましたか 1. 明示した 発注者 1: 元請 1. あった 39% 2. なかった 59% 3. わからない 2% 個人発注 1. あった 11% 2. なかった 79% 3. わからない 11% 民間発注 1. あった 38% 2. なかった 62% 公益企業発注 1. あった 100% 公共発注 1. あった 41% 2. なかった 57% N= わからない 2% 発注者 2: 中間次 1. あった 29% 2. なかった 68% 3. わからない 3% 個人発注 1. あった 22% 2. なかった 78% 民間発注 1. あった 30% 2. なかった 67% 3. わからない 3% 公益企業発注 1. あった 43% 2. なかった 57% 公共発注 1. あった 26% 2. なかった 74% N=

61 元注 -4 下注 -4 工事の区分注 -3 の回答が 1. 提示した の場合 その金額のうち 安全衛生対策 のための費用の金額を具体的に明示しましたか 1. 明示した 2. 明示しなかった 工事の区分 1: 元請 1. あった 39% 2. なかった 59% 3. わからない 2% 建築工事 1. あった 28% 2. なかった 69% 3. わからない 3% 土木工事 1. あった 45% 2. なかった 53% 3. わからない 2% N=163 工事の区分 2: 中間次 1. あった 29% 2. なかった 68% 3. わからない 3% 建築工事 1. あった 31% 2. なかった 65% 3. わからない 4% 土木工事 1. あった 31% 2. なかった 69% N=

62 元注 -7 下注 -7 発注者下請業者は見積書において 安全衛生対策 のための費用を計上してきましたか 1. 計上してきた 2. 計上してこなかった 3. 設問の意味がわからない 発注者 1: 元請 1. 計上してきた 37% 2. 計上してこなかった 59% 3. 設問の意味がわからない 4% 個人発注 1. 計上してきた 19% 2. 計上してこなかった 74% 3. 設問の意味がわからない 7% 民間発注 1. 計上してきた 49% 2. 計上してこなかった 49% 3. 設問の意味がわからない 1% 公益企業発注 1. 計上してきた 50% 2. 計上してこなかった 41% 3. 設問の意味がわからない 9% 公共発注 1. 計上してきた 36% 2. 計上してこなかった 59% N= 設問の意味がわからない 4% 発注者 2: 中間次 1. 計上してきた 29% 2. 計上してこなかった 66% 3. 設問の意味がわからない 5% 個人発注 1. 計上してきた 35% 2. 計上してこなかった 62% 3. 設問の意味がわからない 4% 民間発注 1. 計上してきた 26% 2. 計上してこなかった 69% 3. 設問の意味がわからない 4% 公益企業発注 1. 計上してきた 56% 2. 計上してこなかった 31% 3. 設問の意味がわからない 13% 公共発注 1. 計上してきた 32% 2. 計上してこなかった 65% N= 設問の意味がわからない 3%

63 元注 -7 下注 -7 工事の区分下請業者は見積書において 安全衛生対策 のための費用を計上してきましたか 1. 計上してきた 2. 計上してこなかった 3. 設問の意味がわからない 工事の区分 1: 元請 1. 計上してきた 37% 2. 計上してこなかった 59% 3. 設問の意味がわからない 4% 建築工事 1. 計上してきた 38% 2. 計上してこなかった 59% 3. 設問の意味がわからない 3% 土木工事 1. 計上してきた 36% 2. 計上してこなかった 59% 3. 設問の意味がわからない 5% N=940 工事の区分 2: 中間次 1. 計上してきた 29% 2. 計上してこなかった 66% 3. 設問の意味がわからない 5% 建築工事 1. 計上してきた 28% 2. 計上してこなかった 68% 3. 設問の意味がわからない 4% 土木工事 1. 計上してきた 34% 2. 計上してこなかった 63% N= 設問の意味がわからない 3%

64 元注 -17 下注 -17 発注者下請業者に請負代金の削減を求めましたか 1. 削減を求めた 2. 削減を求めなかった 発注者 1: 元請 1. 削減を求めた 31% 2. 削減を求めなかった 69% 個人発注 1. 削減を求めた 25% 2. 削減を求めなかった 75% 民間発注 1. 削減を求めた 42% 2. 削減を求めなかった 58% 公益企業発注 1. 削減を求めた 29% 2. 削減を求めなかった 71% 公共発注 1. 削減を求めた 29% 2. 削減を求めなかった 71% N=930 発注者 2: 中間次 1. 削減を求めた 28% 2. 削減を求めなかった 72% 個人発注 1. 削減を求めた 12% 2. 削減を求めなかった 88% 民間発注 1. 削減を求めた 26% 2. 削減を求めなかった 74% 公益企業発注 1. 削減を求めた 31% 2. 削減を求めなかった 69% 公共発注 1. 削減を求めた 37% 2. 削減を求めなかった 63% N=

65 元注 -20 下注 -20 発注者下請業者と書面で契約しましたか 1. した 2. していない 発注者 1: 元請 1. した 88% 2. していない 12% 個人発注 1. した 51% 2. していない 49% 民間発注 1. した 79% 2. していない 21% 公益企業発注 1. した 91% 2. していない 9% 公共発注 1. した 95% 2. していない 5% N=940 発注者 2: 中間次 1. した 81% 2. していない 19% 個人発注 1. した 54% 2. していない 46% 民間発注 1. した 79% 2. していない 21% 公益企業発注 1. した 100% 公共発注 1. した 92% 2. していない 8% N=

66 元注 -20 下注 -20 工事の区分下請業者と書面で契約しましたか 1. した 2. していない 工事の区分 1: 元請 1. した 88% 2. していない 12% 建築工事 1. した 78% 2. していない 22% 土木工事 1. した 96% 2. していない 4% N=940 工事の区分 2: 中間次 1. した 81% 2. していない 19% 建築工事 1. した 79% 2. していない 21% 土木工事 1. した 90% 2. していない 10% N=

67 元注 -21 下注 -21 発注者請負代金内訳書に 安全衛生対策 のための費用が記載されていましたか 1. 記載されていた 2. 記載されていなかった 3. 設問の意味がわからない 発注者 1: 元請 1. 記載されていた 28% 2. 記載されていなかった 68% 3. 設問の意味がわからない, 4% 個人発注 1. 記載されていた 14% 2. 記載されていなかった 80% 3. 設問の意味がわからない, 6% 民間発注 1. 記載されていた 31% 2. 記載されていなかった 66% 3. 設問の意味がわからない, 3% 公益企業発注 1. 記載されていた 36% 2. 記載されていなかった 55% 3. 設問の意味がわからない, 9% 公共発注 1. 記載されていた 29% 2. 記載されていなかった 68% 3. 設問の意味がわからない, 4% N=939 発注者 2: 中間次 1. 記載されていた 23% 2. 記載されていなかった 72% 3. 設問の意味がわからない 4% 個人発注 1. 記載されていた 28% 2. 記載されていなかった 60% 3. 設問の意味がわからない 12% 民間発注 1. 記載されていた 23% 2. 記載されていなかった 72% 3. 設問の意味がわからない 4% 公益企業発注 1. 記載されていた 44% 2. 記載されていなかった 56% 公共発注 1. 記載されていた 22% 2. 記載されていなかった 76% 3. 設問の意味がわからない 2% N=

68 元注 -21 下注 -21 工事の区分請負代金内訳書に 安全衛生対策 のための費用が記載されていましたか 1. 記載されていた 2. 記載されていなかった 3. 設問の意味がわからない 工事の区分 1: 元請 1. 記載されていた 28% 2. 記載されていなかった 68% 3. 設問の意味がわからない 4% 建築工事 1. 記載されていた 23% 2. 記載されていなかった 73% 3. 設問の意味がわからない 4% 土木工事 1. 記載されていた 31% 2. 記載されていなかった 65% 3. 設問の意味がわからない 4% N=939 工事の区分 2: 中間次 1. 記載されていた 23% 2. 記載されていなかった 72% 3. 設問の意味がわからない 4% 建築工事 1. 記載されていた 23% 2. 記載されていなかった 73% 3. 設問の意味がわからない 4% 土木工事 1. 記載されていた 23% 2. 記載されていなかった 74% 3. 設問の意味がわからない 3% N=

社会保険等加入及び法定福利費を内訳明示した見積書に関する実態調査について 1. 調査の目的 これまでに実施してきた各施策に関する各建設企業における取組状況および施策の現場への浸透状況等を総合的に把握し 社会保険等未加入対策の目標達成を見据えた加入徹底方策を検討することを目的とする 2. 調査の概要

社会保険等加入及び法定福利費を内訳明示した見積書に関する実態調査について 1. 調査の目的 これまでに実施してきた各施策に関する各建設企業における取組状況および施策の現場への浸透状況等を総合的に把握し 社会保険等未加入対策の目標達成を見据えた加入徹底方策を検討することを目的とする 2. 調査の概要 資料 1 社会保険未加入対策に関連する 各種調査の結果について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 社会保険等加入及び法定福利費を内訳明示した見積書に関する実態調査について 1. 調査の目的 これまでに実施してきた各施策に関する各建設企業における取組状況および施策の現場への浸透状況等を総合的に把握し 社会保険等未加入対策の目標達成を見据えた加入徹底方策を検討することを目的とする

More information

法定福利費の明示について 1 社会保険等未加入対策 建設業者の社会保険等未加入対策として 社会保険等への加入を一層推進していくためには 必要な法定福利費が契約段階でも確保されていることが重要です 建設工事における元請 下請間では 各専門工事業団体が法定福利費を内訳明示した 標準見積書 を作成しており

法定福利費の明示について 1 社会保険等未加入対策 建設業者の社会保険等未加入対策として 社会保険等への加入を一層推進していくためには 必要な法定福利費が契約段階でも確保されていることが重要です 建設工事における元請 下請間では 各専門工事業団体が法定福利費を内訳明示した 標準見積書 を作成しており 法定福利費の内訳明示について 平成 29 年 12 月以降に入札公告等を行う工事から ~ 工事費構成内訳書 の提出が必要となります ~ 平成 29 年 10 月 法定福利費の明示について 1 社会保険等未加入対策 建設業者の社会保険等未加入対策として 社会保険等への加入を一層推進していくためには 必要な法定福利費が契約段階でも確保されていることが重要です 建設工事における元請 下請間では 各専門工事業団体が法定福利費を内訳明示した

More information

工事費構成内訳書の提出について ~ 法定福利費の明示が必要になります ~ 平成 29 年 12 月 6 日 中日本高速道路株式会社

工事費構成内訳書の提出について ~ 法定福利費の明示が必要になります ~ 平成 29 年 12 月 6 日 中日本高速道路株式会社 工事費構成内訳書の提出について ~ 法定福利費の明示が必要になります ~ 平成 29 年 12 月 6 日 中日本高速道路株式会社 法定福利費の明示 1 法定福利費を明示する趣旨 建設業者の社会保険等未加入対策として 当社の発注する工事では 平成 29 年 4 月 1 日より全ての下請負人に対し 社会保険等への加入を義務化 ( 法令により適用除外となる場合を除く ) 社会保険等への加入を一層推進していくためには

More information

資料6 標準見積書の活用グラフ道塗連全体

資料6 標準見積書の活用グラフ道塗連全体 資料 6 標準見積書の活用及び社会保険等加入に関するアンケート調査結果 ( 道塗連 ) 道塗連全体 31 組合 522 社中 回答は 358 社 ( 回答率 68.5%) H27.6.22 道塗連事務局 1 法定福利費を内訳明示した見積書の活用について 設問 1 注文者に対して標準見積書を提出していますか 1 全ての工事で提出している 59 社 2 一部の工事で提出している 109 社 3 提出していない

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 熊本県発注工事における社会保険等未加入対策の強化について 建設産業における課題 下請企業を中心に 医療 年金 雇用保険について 法定福利費を適正に負担しない企業が存在 技能労働者の処遇が低下し 若年入職者減少の一因 適正に法定福利費を負担する企業ほど受注競争上不利 社会保険等 = 健康保険 厚生年金保険及び雇用保険 関係者を挙げて 社会保険等未加入問題への対策を進めることで 技能労働者の処遇の向上

More information

A4 経営事項審査の受審状況により確認方法が異なります なお 適用除外は 労働者の就業形態等によって適用除外とならない場合もあることから 元請負人は 年金事務所等に適用除外となる要件を確認した上で判断してください 経営事項審査を受審している場合 有効期間にある経営規模等評価結果通知書総合評定値通知書

A4 経営事項審査の受審状況により確認方法が異なります なお 適用除外は 労働者の就業形態等によって適用除外とならない場合もあることから 元請負人は 年金事務所等に適用除外となる要件を確認した上で判断してください 経営事項審査を受審している場合 有効期間にある経営規模等評価結果通知書総合評定値通知書 Q&A 集 Q1 社会保険等とは何か A1 社会保険等とは 健康保険 ( 協会けんぽ 健康保険組合等 ) 厚生年金保険 及び雇用保険をいいます Q2 国民健康保険組合に加入しているが 社会保険等未加入建設業者となるのか A2 法人や常時 5 人以上の従業員を使用する国民健康保険組合に加入している建設業者であっても 従前から国民健康保険組合に加入している個人事業主が法人化したとき 又は常時使用する従業者が5

More information

1. 休日 適正工期の確保について 働き方改革関連法がいよいよ今年 4 月に施行します そんな中で建設業界でも 大手ゼネコンで組織する日本建設業連合会 ( 日建連 ) が 2019 年度末までに 4 週 6 閉所以上を実現することを中間目標とし 2021 年度末までにすべての事業所で週休二日 ( 土

1. 休日 適正工期の確保について 働き方改革関連法がいよいよ今年 4 月に施行します そんな中で建設業界でも 大手ゼネコンで組織する日本建設業連合会 ( 日建連 ) が 2019 年度末までに 4 週 6 閉所以上を実現することを中間目標とし 2021 年度末までにすべての事業所で週休二日 ( 土 建設現場における 働き方改革 関連施策の浸透状況調査 (2019 年 1 月 ) 該当箇所にチェック してください 回答欄の は単一回答 は複数回答可 印の付いた質問項目は必須項目 Q1 所属団体名 ( 貴社の所属する団体にチェックしてください ) 関東圧接業協同組合 東京都管工事業協同組合連 東日本基礎工業協同組合 全国クレーン建設業協会 合会 ( 関東地域 ) 全国建設室内工事業協会 全国コンクリート圧送事業団

More information

貴社についてご記入下さい 貴社の概要について 会社名会社の形態 ( は一つ ) 1 法 2 個 本社所在地 [ ] 都道府県 建設業許可 ( は一つ ) 複数の許可をお持ちの場合 年間完成工事高が一番多いものを一つ回答して下さい 主な許可業種 ( はいくつでも ) 従業者数 ( は一つ ) 期間の定

貴社についてご記入下さい 貴社の概要について 会社名会社の形態 ( は一つ ) 1 法 2 個 本社所在地 [ ] 都道府県 建設業許可 ( は一つ ) 複数の許可をお持ちの場合 年間完成工事高が一番多いものを一つ回答して下さい 主な許可業種 ( はいくつでも ) 従業者数 ( は一つ ) 期間の定 平成 30 年度社会保険の加入及び賃金の状況等に関する調査ウェブアンケート 現時点で既に建設業を廃業等した方へ現時点で建設業の事業活動を終了 ( 解散 廃業 吸収合併されたなど ) している場合は 以降の設問に回答する必要はありません 下記の項目にチェック ( ) のうえ 送信して下さい 既に建設業の事業活動を終了 ( 解散 廃業 吸収合併 ) しているため 回答できません はじめに 本調査は 建設業における社会保険の加入実態や法定福利費の支払い状況

More information

れている者 個人事業所で5 人以上の作業員が記載された作業員名簿において 健康保険欄に 国民健康保険 と記載され 又は ( 及び ) 年金保険欄に 国民年金 と記載されている作業員がある場合には 作業員名簿を作成した下請企業に対し 作業員を適切な保険に加入させるよう指導すること なお 法人や 5 人

れている者 個人事業所で5 人以上の作業員が記載された作業員名簿において 健康保険欄に 国民健康保険 と記載され 又は ( 及び ) 年金保険欄に 国民年金 と記載されている作業員がある場合には 作業員名簿を作成した下請企業に対し 作業員を適切な保険に加入させるよう指導すること なお 法人や 5 人 社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン新旧対照表 改訂前第 1( 略 ) 第 2 元請企業の役割と責任 (1)~(4) 略 (5) 作業員名簿を活用した確認 指導施工体制台帳及び再下請負通知書に関する規則の規定の改正に合わせて 各団体等が作成している作業員名簿の様式においても 各作業員の加入している健康保険 年金保険及び雇用保険の名称及び被保険者番号等の記載欄が追加されている ( 別紙 3) この作業員名簿を活用することで

More information

Q&A 集 Q1 社会保険等とは何か A1 社会保険等とは 健康保険 ( 協会けんぽ 健康保険組合等 ) 厚生年金保険 及び雇用保険をいいます Q2 国民健康保険組合に加入しているが 社会保険等未加入建設業者となるのか A2 法人や常時 5 人以上の従業員を使用する国民健康保険組合に加入している建設

Q&A 集 Q1 社会保険等とは何か A1 社会保険等とは 健康保険 ( 協会けんぽ 健康保険組合等 ) 厚生年金保険 及び雇用保険をいいます Q2 国民健康保険組合に加入しているが 社会保険等未加入建設業者となるのか A2 法人や常時 5 人以上の従業員を使用する国民健康保険組合に加入している建設 平成 28 年 9 月 15 日 県発注工事における社会保険等未加入対策について お知らせ 岡山県土木部 平成 28 年 10 月 1 日以降に 入札公告 指名通知 随意契約のための見積依頼を行う工事から 元請業者が社会保険等未加入建設業者を相手方として下請契約を締結することについて 当該下請契約の請負代金総額にかかわらず 原則禁止することについては 同年 3 月にお知らせしたところですが その趣旨の徹底を図るため

More information

公共建築改善プロジェクト(仮)

公共建築改善プロジェクト(仮) 資料 4 公共建築事業の発注フローにおける課題 事例等について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 公共建築事業の発注までのフロー 段階 企画 基本設計 実施設計 積算 概算工事費算出 1 概略工期算出 1 概算工事費算出 2 概略工期算出 2 概算工事費算出 3 概略工期算出 3 工期設定 実施内容 企画立案予算措置 諸条件把握発注条件とりまとめ

More information

< F2D ED089EF95DB8CAF939996A289C193FC91CE8DF42082A8>

< F2D ED089EF95DB8CAF939996A289C193FC91CE8DF42082A8> 県発注工事における社会保険等未加入対策について お知らせ 岡山県土木部 建設業の持続的な発展に必要な人材の確保等の観点から 県発注工事における社会保険等 ( 健康保険 厚生年金保険及び雇用保険 ) 未加入対策として 元請負人及び一次下請負人を社会保険等加入業者 ( 社会保険等の加入が義務付けられていない業者を含む ) に限定する取組を 平成 27 年 4 月から順次実施いたしますので お知らせします

More information

(2) 法定福利費の基本的な算出方法 法定福利費 = 労務費総額 法定保険料率 法定福利費は 通常 年間の賃金総額に各保険の保険料率を乗じて計算します しかし 各工事の見積りでは 労働者の年間賃金を把握することは不可能です そのため 見積額に計上した 労務費 を賃金とみなして それに各保険の保険料率

(2) 法定福利費の基本的な算出方法 法定福利費 = 労務費総額 法定保険料率 法定福利費は 通常 年間の賃金総額に各保険の保険料率を乗じて計算します しかし 各工事の見積りでは 労働者の年間賃金を把握することは不可能です そのため 見積額に計上した 労務費 を賃金とみなして それに各保険の保険料率 法定福利費を内訳明示した見積書の作成手順 1. 法定福利費を内訳明示した見積書とは建設産業では 公平で健全な競争環境を構築するとともに 就労環境の改善による建設業の持続的発展に必要な人材の確保を図るため 関係者を挙げて社会保険等未加入対策に取り組んでいます 社会保険等未加入対策を進めていく中では法定福利費の確保が重要ですが これまでの取引慣行では トン単価や平米単価による見積が一般的で 法定福利費がどのように取り扱われているのかが分かりにくい状況でした

More information

202000歩掛関係(151001) END.xls

202000歩掛関係(151001) END.xls 工事費の積算 1 直接工事費 1 材料費 材料費は, 工事を施工するために必要な材料の費用とし, その算定は次の (1) 及び (2) によるものとする (1) 数量 数量は, 標準使用量に運搬, 貯蔵及び施工中の損失量を実状に即して加算するものとする (2) 価格 一般土木資材単価 の 資材単価 の 資材単価の決定について (p 総則 -1~) を参照 2 諸経費 (1) 諸雑費 1) 諸雑費の定義諸雑費は

More information

国土入企第 5 4 号 平成 31 年 2 月 22 日 建設業団体の長殿 国土交通省土地 建設産業局長 技能労働者への適切な賃金水準の確保について 技能労働者の確保 育成のためには 適切な賃金水準の確保等による処遇改善が極めて重要です 国土交通省においては これまでの 6 度にわたる公共工事設計労

国土入企第 5 4 号 平成 31 年 2 月 22 日 建設業団体の長殿 国土交通省土地 建設産業局長 技能労働者への適切な賃金水準の確保について 技能労働者の確保 育成のためには 適切な賃金水準の確保等による処遇改善が極めて重要です 国土交通省においては これまでの 6 度にわたる公共工事設計労 国土入企第 5 4 号 平成 31 年 2 月 22 日 建設業団体の長殿 国土交通省土地 建設産業局長 技能労働者への適切な賃金水準の確保について 技能労働者の確保 育成のためには 適切な賃金水準の確保等による処遇改善が極めて重要です 国土交通省においては これまでの 6 度にわたる公共工事設計労務単価の上昇 ( 平成 25 年 4 月 平成 26 年 2 月 平成 27 年 2 月 平成 28

More information

2. 提出資料一覧表 落札予定者に求める提出資料は 要請書に示す調査区分 ( 基本調査または重点調査 ) に応じて下表に を付している内容とする なお 調査区分が 基本調査 の場合は 3 頁 ~4 頁に基づき作成すること 調査区分が 重点調査 の場合は 5 頁 ~7 頁に基づき作成すること 様式番号

2. 提出資料一覧表 落札予定者に求める提出資料は 要請書に示す調査区分 ( 基本調査または重点調査 ) に応じて下表に を付している内容とする なお 調査区分が 基本調査 の場合は 3 頁 ~4 頁に基づき作成すること 調査区分が 重点調査 の場合は 5 頁 ~7 頁に基づき作成すること 様式番号 低入札価格調査資料作成要領 落札予定者は 必ず本要領と別途通知される低入札価格調査資料提出要請書を熟読のうえ 調査資料を作成し提出して下さい 1. 共通事項 1 落札予定者は 別途通知される低入札価格調査資料提出要請書 ( 以下 要請書 という ) に示す期日 ( 以下 提出期限 という ) までに 要請書に示された調査区分 ( 基本調査または重点調査 ) 及び本要領 2 提出資料一覧表 及び本要領

More information

< F2D8B5A8F708ED290A E342E31>

< F2D8B5A8F708ED290A E342E31> 建設業法等における技術者制度に係る Q&A 建設業法における技術者の配置等について 本県に寄せられた質問のうち参考になると思料されるものについて Q&Aとしてとりまとめたので 参考にしてください なお 建設業法第 26 条において規定される 工事現場における建設工事の施工の技術上の管理をつかさどる技術者の配置等については 監理技術者制度運用マニュアル ( 平成 16 年 3 月 1 日国総建第 315

More information

<4D F736F F D F92CA926D95B681698E7793B18BAD89BB5F88EA95948F4390B3816A2E646F63>

<4D F736F F D F92CA926D95B681698E7793B18BAD89BB5F88EA95948F4390B3816A2E646F63> 技管第 3 8 3 号 平成 30 年 6 月 7 日 森林環境部長農政部長企業局長県土整備部各課 ( 室 ) 長県土整備部各出先機関の長殿 県土整備部長 県工事における社会保険の加入に関する指導強化の一部修正について ( 通知 ) このことについて 平成 29 年 7 月より 県工事における社会保険の加入に関する指導強化 により 下請契約における未加入企業に対する加入指導の強化を実施しているところですが

More information

財営第   号

財営第   号 静岡県発注建設工事における社会保険等加入対応マニュアル 1 下請契約における社会保険等未加入建設業者の確認等発注者は 受注者から提出された施工体制台帳及び再下請負通知書に記載された全ての建設業者 ( 建設業法 ( 昭和 24 年法律第 100 号 ) 第 2 条第 3 項に定める建設業者 以下同じ ) について 健康保険 厚生年金保険及び雇用保険 ( 以下 社会保険等 という ) 未加入者 ( 以下に定める届出の義務を履行していない者

More information

山形県県土整備部資材単価及び歩掛等決定要領

山形県県土整備部資材単価及び歩掛等決定要領 山形県県土整備部における資材単価及び歩掛等の決定方法について 1 資材単価について使用頻度の高い資材等については 県土整備部建設企画課において 以下に基づき 土木関係設計単価 ( 以下 県単価表 という ) として決定する なお 県単価表に掲載されていない資材等については 実勢取引価格 ( 消費税相当分は含めない ) を採用することとし 以下により決定することを標準とする 1-1 資材単価の決定方法単価決定方法の優先順位は以下の

More information

<30362D FC90B38CE B6817A8D488E9694EF93E096F38F918B4C93FC97E181698BBE816A2E786477>

<30362D FC90B38CE B6817A8D488E9694EF93E096F38F918B4C93FC97E181698BBE816A2E786477> 工事費内訳書の記入例等について ( 平成 30 年 6 月 ~) 質問が多い事項を中心とした記入例等です 工事費内訳書作成の参考にしてください 1 工事費内訳書について 適正な見積りを伴わないダンピングによる入札参加や下請等へのしわ寄せ等を防止し, 元請 下請間の 対等な立場における合意に基づく公正な契約の締結 を促進するため, 入札時に工事費内訳書の提出を求め, 契約後においてもその内容の妥当性を調査しています

More information

適正化法に係る書類 ( 様式目次 ) 下記書類は( 甲 ) 第 23 号に添付の上提出のこと 名 称 様 式 備 考 頁 請負工事において 元 施工体制台帳 請が下請契約を締結し工事適正化推進要領様式第 1 号た場合に提出する 110 再下請負通知書工事適正化推進要領様式第 2 号 112 施工体系

適正化法に係る書類 ( 様式目次 ) 下記書類は( 甲 ) 第 23 号に添付の上提出のこと 名 称 様 式 備 考 頁 請負工事において 元 施工体制台帳 請が下請契約を締結し工事適正化推進要領様式第 1 号た場合に提出する 110 再下請負通知書工事適正化推進要領様式第 2 号 112 施工体系 適正化法に係る書類 - 108 - 適正化法に係る書類 ( 様式目次 ) 下記書類は( 甲 ) 第 23 号に添付の上提出のこと 名 称 様 式 備 考 頁 請負工事において 元 施工体制台帳 請が下請契約を締結し工事適正化推進要領様式第 1 号た場合に提出する 110 再下請負通知書工事適正化推進要領様式第 2 号 112 施工体系図兼安全衛生協議会組織図 工事適正化推進要領様式第 3 号 114-109

More information

Microsoft Word - 01社会保険等加入対策に係る事務処理要領

Microsoft Word - 01社会保険等加入対策に係る事務処理要領 平成 30 年 6 月 29 日契第 1142 号通知 建設業における社会保険等加入対策に係る事務処理要領 建設工事における技能労働者の処遇の向上を図り 建設業の持続的な発展に必要な 人材の確保につなげるとともに 法定福利費を適正に負担する業者による公平で健全 な競争環境の構築を目的とし 社会保険等加入対策を推進する 第 1 対策の内容 (1) 県が入札手続を行う建設工事において 社会保険等未加入建設業者を下請負人

More information

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF ED089EF95DB8CAF91CE8DF481698BC68A458CFC82AF816A2E >

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF ED089EF95DB8CAF91CE8DF481698BC68A458CFC82AF816A2E > 資料 3 国土交通省直轄工事における 社会保険等未加入対策について 国土交通省大臣官房地方課 技術調査課土地 建設産業局建設業課平成 26 年 7 月 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 基本問題小委員会における提言 ( 平成 26 年 1 月 ) 社会保険等未加入対策関係 1. これまでの中央建設業審議会 社会資本整備審議会基本問題小委員会における提言

More information

別記様式 2 地方整備局長 知事 支社支社長 印 公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律第 11 条 社会保険等未加入 業者 の通知について 公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律 ( 以下 法 という ) 第 11 条に基づき 弊社の発注工事において社会保険等未加入業者の存在が

別記様式 2 地方整備局長 知事 支社支社長 印 公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律第 11 条 社会保険等未加入 業者 の通知について 公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律 ( 以下 法 という ) 第 11 条に基づき 弊社の発注工事において社会保険等未加入業者の存在が 別記様式 1 支社長契約責任者監督員 支社 事務所点検実施者 印 施工体制点検の結果について 下記の工事について施工体制点検を行った結果 公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律第 11 条に該当すると疑うに足りる 契約書第 7 条の 2 に違反すると認められる 事実がありましたので報告します 記 1. 工事名 2. 施工場所 3. 請負業者名代表者名住所建設業許可番号 4. 法第 11 条に該当すると疑うに足りる事実について

More information

1 これまでの社会保険加入状況 2 社会保険の加入及び賃金の状況等に 関する調査結果 3 入札契約適正化法に基づく実施状況 調査結果 4 建設業許可業者の加入率 ( 推計値 ) 1

1 これまでの社会保険加入状況 2 社会保険の加入及び賃金の状況等に 関する調査結果 3 入札契約適正化法に基づく実施状況 調査結果 4 建設業許可業者の加入率 ( 推計値 ) 1 資料 3 社会保険加入等の状況について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 1 これまでの社会保険加入状況 2 社会保険の加入及び賃金の状況等に 関する調査結果 3 入札契約適正化法に基づく実施状況 調査結果 4 建設業許可業者の加入率 ( 推計値 ) 1 社会保険加入状況調査結果について 公共事業労務費調査 ( 平成 28

More information

< F2D A982E CA817A975C8E5A8C888E5A>

< F2D A982E CA817A975C8E5A8C888E5A> 110401 土木工事積算基準 ( 電気通信編 ) による電気設備工事 受変電設備工事 通信設備工事にかかる取扱い 予算決算及び会計令第 86 条の調査について 1. 予決令第 85 条に基づく基準価格を下回る価格で入札を行った者に対し 予決令第 86 条の調査 ( 低入札価格調査 ) を実施する ここで 基準価格は 予定価格算出の基礎となった次に掲げる額に 100 分の105を乗じて得た額の合計額とする

More information

基本問題小委員会における提言 ( 平成 26 年 1 月 ) 社会保険等未加入対策関係 1. これまでの中央建設業審議会 社会資本整備審議会基本問題小委員会における提言 1 行政 元請企業による加入指導 法定福利費確保に向けた取組等の総合的な対策を推進すべき 2 平成 29 年度を目途に 事業者単位

基本問題小委員会における提言 ( 平成 26 年 1 月 ) 社会保険等未加入対策関係 1. これまでの中央建設業審議会 社会資本整備審議会基本問題小委員会における提言 1 行政 元請企業による加入指導 法定福利費確保に向けた取組等の総合的な対策を推進すべき 2 平成 29 年度を目途に 事業者単位 国土交通省直轄工事における 社会保険等未加入対策について 国土交通省大臣官房地方課 技術調査課土地 建設産業局建設業課平成 26 年 5 月 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 基本問題小委員会における提言 ( 平成 26 年 1 月 ) 社会保険等未加入対策関係 1. これまでの中央建設業審議会 社会資本整備審議会基本問題小委員会における提言

More information

使用する様式一覧 様式番号 名称 凡例 様式及び添付資料を提出 様式のみ提出 施工体制確認型総合評価 低入札価格調査 様式 1 当該価格で入札した理由 様式 2-1 積算内訳書 ( 兼 ) コスト縮減額算定調書 1 様式 2-1( 営繕 ) 積算内訳書 ( 兼 ) コスト縮減額算定調書 1 様式 2-2 内訳書に対する明細書 ( 兼 ) コスト縮減額算定調書 2 様式 2-2( 営繕 ) 内訳書に対する明細書

More information

(2) 法定福利費の算出方法 1 法定福利費 = 労務費総額 社会保険料率法定福利費は 通常 年間の賃金総額に各保険の保険料率を乗じて計算します しかし 各工事の見積りでは 労働者の年間賃金を把握することは不可能です そのため 見積額に計上した 労務費 を賃金とみなして それに各保険の保険料を乗じて

(2) 法定福利費の算出方法 1 法定福利費 = 労務費総額 社会保険料率法定福利費は 通常 年間の賃金総額に各保険の保険料率を乗じて計算します しかし 各工事の見積りでは 労働者の年間賃金を把握することは不可能です そのため 見積額に計上した 労務費 を賃金とみなして それに各保険の保険料を乗じて 法定福利費を内訳明示した見積書の作成について 1. 法定福利費を内訳明示した見積書とは建設業では 公平で健全な競争環境を構築するとともに 就労環境の改善による建設業の持続的発展に必要な人材の確保を図るため 関係者を挙げて社会保険等未加入対策に取り組んでいます 社会保険等未加入対策を進めていく中では法定福利費の確保が重要ですが これまでの取引慣行では トン単価や平米単価による見積が一般的で 法定福利費がどのように取り扱われているのかがわかりにくい状況でした

More information

中央建設業審議会による提言について ( 平成 24 年 3 月 14 日 ) 建設産業における社会保険の徹底について ( 提言 ) 建設産業においては 下請企業を中心に 雇用 医療 年金保険について 法定福利費を適正に負担しない企業 ( すなわち保険未企業 ) が存在し 技能労働者の医療 年金など

中央建設業審議会による提言について ( 平成 24 年 3 月 14 日 ) 建設産業における社会保険の徹底について ( 提言 ) 建設産業においては 下請企業を中心に 雇用 医療 年金保険について 法定福利費を適正に負担しない企業 ( すなわち保険未企業 ) が存在し 技能労働者の医療 年金など 社会保険促進対策の状況について ( 報告 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 中央建設業審議会による提言について ( 平成 24 年 3 月 14 日 ) 建設産業における社会保険の徹底について ( 提言 ) 建設産業においては 下請企業を中心に 雇用 医療 年金保険について 法定福利費を適正に負担しない企業 ( すなわち保険未企業

More information

変更理由 備考 地区単価適用年月工期経費適用年月 ( 000 ) 県南 ( H3004 ) 平成 30 年 04 月自当初日数変更平成 30 年 04 月 至 至 当初金額 変更金額 設計 請負 業務価格消費税相当額業務価格消費税相当額 請負増減額 n0-00-V 狭山

変更理由 備考 地区単価適用年月工期経費適用年月 ( 000 ) 県南 ( H3004 ) 平成 30 年 04 月自当初日数変更平成 30 年 04 月 至 至 当初金額 変更金額 設計 請負 業務価格消費税相当額業務価格消費税相当額 請負増減額 n0-00-V 狭山 平成 30 年度 委託仕様書 委託名 市街化調整区域実施設計業務委託 (5 その 5) 委託箇所 狭山市大字堀兼 大字青柳地内 路河川名称 事業名 業務大要 実施設計業務 開削工法 推進工法測量業務 用地測量 L=,223m L= 40m A=38,040 m2 836300n0-00-V-0000-3 狭山市 変更理由 備考 地区単価適用年月工期経費適用年月 ( 000 ) 県南 ( H3004

More information

福井県建設リサイクルガイドライン 第 1. 目的資源の有効な利用の確保および建設副産物の適正な処理を図るためには 建設資材の開発 製造から土木構造物や建築物等の設計 建設資材の選択 分別解体等を含む建設工事の施工 建設廃棄物の廃棄等に至る各段階において 建設副産物の排出の抑制 建設資材の再使用および

福井県建設リサイクルガイドライン 第 1. 目的資源の有効な利用の確保および建設副産物の適正な処理を図るためには 建設資材の開発 製造から土木構造物や建築物等の設計 建設資材の選択 分別解体等を含む建設工事の施工 建設廃棄物の廃棄等に至る各段階において 建設副産物の排出の抑制 建設資材の再使用および 福井県建設リサイクルガイドライン 平成 16 年 3 月 福井県 福井県建設リサイクルガイドライン 第 1. 目的資源の有効な利用の確保および建設副産物の適正な処理を図るためには 建設資材の開発 製造から土木構造物や建築物等の設計 建設資材の選択 分別解体等を含む建設工事の施工 建設廃棄物の廃棄等に至る各段階において 建設副産物の排出の抑制 建設資材の再使用および建設副産物の再資源化等の促進という観点を持ち

More information

Ⅱ 取組み強化のためのアンケート調査等の実施 (1) 建設技能労働者の賃金水準の実態調査国土交通省から依頼を受けて都道府県建設業協会 ( 被災 3 県及びその周辺の7 県を除く ) に対し調査を四半期ごとに実施 (2) 適切な賃金水準の確保等の取組み状況のアンケート調査国は 平成 25 年度公共工事

Ⅱ 取組み強化のためのアンケート調査等の実施 (1) 建設技能労働者の賃金水準の実態調査国土交通省から依頼を受けて都道府県建設業協会 ( 被災 3 県及びその周辺の7 県を除く ) に対し調査を四半期ごとに実施 (2) 適切な賃金水準の確保等の取組み状況のアンケート調査国は 平成 25 年度公共工事 社会保険加入促進計画の推進状況について 平成 27 年 1 月 19 日 一般社団法人全国建設業協会 Ⅰ 取組み強化キャンペーンの実施 目的 全建社会保険加入促進計画 の推進及び 適切な賃金水準の確保 の趣旨の徹底イ. 取組み強化セミナー等の実施都道府県協会関係者に対してセミナーを開催 全建協議員会において国土交通省労働資材対策室長の講話( 平成 2 5 年 9 月 19 日 ( 木 )) 全国建設労働問題連絡協議会においてセミナーを実施(

More information

<4D F736F F D CA926D95B68F A91CE937393B9957B8CA78EE58AC795948BC72E646F6378>

<4D F736F F D CA926D95B68F A91CE937393B9957B8CA78EE58AC795948BC72E646F6378> 国土建第 272 号平成 26 年 2 月 3 日 都道府県主管部局長あて 国土交通省土地 建設産業局建設業課長 建設工事の技術者の専任等に係る取扱いについて ( 改正 ) 建設工事の現場に置くこととされている主任技術者又は監理技術者 ( 以下 監理技術者等 という ) 及び現場代理人について 建設工事の技術者の専任等に係る取扱いについて ( 平成 25 年 2 月 5 日付け国土建第 348 号

More information

Microsoft Word - QandA-tyougai

Microsoft Word - QandA-tyougai 社会保険等未加入対策 Q&A 庁外向け 更新日 : 平成 30 年 3 月 22 日 一次 二次以下共通 Q1 社会保険等とは何か Q2 社会保険等の適用除外とは どのような場合か Q3 適用除外の場合 加入と未加入のどちらの扱いと同様か Q4 建設業者としての社会保険等の加入状況を確認するのか それとも個々 の労働者の加入状況を確認するのか Q5 どのような場合でも 社会保険等に未加入である下請業者

More information

変更理由 備考 地区単価適用年月工期経費適用年月 ( 000 ) 県南 ( H3004 ) 平成 30 年 04 月自当初日数変更平成 30 年 04 月 至 至 当初金額 変更金額 設計 請負 業務価格消費税相当額業務価格消費税相当額 請負増減額 V 狭

変更理由 備考 地区単価適用年月工期経費適用年月 ( 000 ) 県南 ( H3004 ) 平成 30 年 04 月自当初日数変更平成 30 年 04 月 至 至 当初金額 変更金額 設計 請負 業務価格消費税相当額業務価格消費税相当額 請負増減額 V 狭 平成 30 年度 委託仕様書 県単 委託名 市街化調整区域実施設計業務委託 (35 その ) 委託箇所 狭山大字堀兼 大字青柳地内 路河川名称 事業名 業務大要 実施設計業務開削工法 L= 687m 推進工法 L= 37m 測量業務 用地測量 A=24,720m2 874000002-00-V-0000-3 狭山市 変更理由 備考 地区単価適用年月工期経費適用年月 ( 000 ) 県南 ( H3004

More information

2. 提出資料一覧表 落札予定者に求める提出資料は 要請書に示す調査区分 ( 基本調査または重点調査 ) に応じて下表のとおりとする なお 調査区分が 基本調査 の場合は 3 頁 ~5 頁に基づき作成すること 調査区分が 重点調査 の場合は 6 頁 ~20 頁に基づき作成すること 様式番号 項目 基

2. 提出資料一覧表 落札予定者に求める提出資料は 要請書に示す調査区分 ( 基本調査または重点調査 ) に応じて下表のとおりとする なお 調査区分が 基本調査 の場合は 3 頁 ~5 頁に基づき作成すること 調査区分が 重点調査 の場合は 6 頁 ~20 頁に基づき作成すること 様式番号 項目 基 低入札価格調査資料作成要領 落札予定者は 必ず本要領と別途通知される低入札価格調査資料提出要請書を熟読のうえ 調査資料を作成し提出して下さい 1. 共通事項 1 落札予定者は 別途通知される低入札価格調査資料提出要請書 ( 以下 要請書 という ) に示す期日 ( 以下 提出期限 という ) までに 要請書に示された調査区分 ( 基本調査または重点調査 ) 及び本要領 2 提出資料一覧表 及び本要領

More information

(2) 共通費 第 3 編共通費 2 第 1 章共通事項 1 共通費算定に関する数値の取り扱い (1) 率による算定共通費基準の率により算定した金額は 一円未満切捨てとする (2) 積み上げによる算定積み上げによる算定は第 4 編 1に準ずる (3) 一般管理費等イ. 算出された金額の範囲内で 原則

(2) 共通費 第 3 編共通費 2 第 1 章共通事項 1 共通費算定に関する数値の取り扱い (1) 率による算定共通費基準の率により算定した金額は 一円未満切捨てとする (2) 積み上げによる算定積み上げによる算定は第 4 編 1に準ずる (3) 一般管理費等イ. 算出された金額の範囲内で 原則 工事費積算における数値の取扱い ( 例 ) 1. はじめに 工事費積算における単価採用や単価算定等に係る数値の取扱いについては 公共建 築工事積算基準等資料 ( 以下 積算基準資料 という ) にその運用等が定められて おり 本資料は その取扱い例等を取りまとめたものである 2. 工事費積算に関する数値の取扱い (1) 工事費について 第 2 編工事費 1 数値の取り扱い 1 設計変更における工事価格については

More information

標準見積書に計上する 法定福利費 の算出は次の2つの方法とし 手順は以下の通り 1 施工見積の取付費総額から労務費を算出し それに法定福利費の保険料率を乗じる 2 これまでの施工実績をもとに施工従事者に支払った正味労務費から各商品の単位当りの法定福利費をあらかじめ算出した上で 法定福利費を簡便に算出

標準見積書に計上する 法定福利費 の算出は次の2つの方法とし 手順は以下の通り 1 施工見積の取付費総額から労務費を算出し それに法定福利費の保険料率を乗じる 2 これまでの施工実績をもとに施工従事者に支払った正味労務費から各商品の単位当りの法定福利費をあらかじめ算出した上で 法定福利費を簡便に算出 2013.09.12 修正 法定福利費を別枠計上する 標準見積書 の作成手順 社会保険未加入対策を進めていくためには 法定福利費の確保が重要です 見積時から労務費や法定福利費が明確になっていないため 法定福利費がどのように扱われているのかが分かりにくい状況となっています このため 従来の総額単価による見積だけでなく その中に含まれる法定福利費を内訳として明示することで 必要な金額を確保していくこととします

More information

目次 1. この手引きについて 変更交付申請について 変更交付申請書の書類の作成 住宅リフォーム補助金変更交付申請書 ( 様式第 4 号 ) 変更する内容の分かる見積書の写し 変更する内容の分かる現場写

目次 1. この手引きについて 変更交付申請について 変更交付申請書の書類の作成 住宅リフォーム補助金変更交付申請書 ( 様式第 4 号 ) 変更する内容の分かる見積書の写し 変更する内容の分かる現場写 安中市住宅リフォーム補助金変更交付申請 完了報告の手引き 平成 30 年度安中市 お問い合わせ 提出先 379-0192 安中市安中一丁目 23-13 安中市役所建設部建築住宅課指導係 ( 本庁 1 階 ) 電話 :027-382-1111( 内線 1255 1256 1257) FAX:027-381-7020-1 - 目次 1. この手引きについて... 3 2. 変更交付申請について... 4

More information

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF D4E455482C982A882AF82E E8959F979894EF82CC955C8EA695FB964082C982C282A282C45F DC58F4994C5292E >

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF D4E455482C982A882AF82E E8959F979894EF82CC955C8EA695FB964082C982C282A282C45F DC58F4994C5292E > CI-NET における法定福利費の示方法について 2015 年 月 1 日 一般財団法人建設業振興基金建設産業情報化推進センター情報化評議会 Copyright 1997.6-,CI-NET 0 1. 本書のねらい 今般 社会保険等未加入対策の一つに 社会保険等への加入原資となる法定福利費を適切に確保するため 法定福利費を内訳示した見積書を下請企業から元請企業へ提出するよう求められています 各専門工事業団体においては標準見積書が策定され

More information

                            技管第  号

                            技管第  号 段階確認の運用について 工事監督の主たる目的である 契約の適正な履行の確保 を図るため 土木工事共通仕様書 3-1-1-6に基づき 段階確認 を実施しているところであるが この 段階確認 が合理的かつ確実に実施されることにより 所謂 粗雑工事の防止 工事目的物の品質の確保 がなされるよう 土木工事共通仕様書 等に規定されている事項と合わせて遵守すべき 段階確認 の手続きについて以下のとおり示すものとする

More information

平成19年  月  日

平成19年  月  日 8 再生資源利用計画書 ( 実施書 ) 再生資源利用促進計画書 ( 実施書 ) 及び再資源化関連資料の作成について 8-1 8-2 再生資源利用計画書 ( 実施書 ) 再生資源利用促進計画書 ( 実施書 ) 及び再資源化関連資料の作成について (1) 請負者は 工事の施工前及び完成時においては 次のとおり 再生資源利用 促進 計画 書 ( 実施書 ) を作成し 本市監督職員に提出すること 1 当初契約金額が100

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 法定福利費の内訳を明示するための標準見積書 - 造園工事 - 作成手順書 平成 24 年 10 月 一般社団法人日本造園建設業協会 Ⅰ 概説 1 法定福利費の内訳を明示するための標準見積書 - 造園工事 - 作成手順書 ( 案 ) の主旨 この法定福利費の内訳を明示するための標準見積書作成手順書 - 造園工事 -( 案 )( 以下 作成手順書 ( 案 ) という ) は 法定福利費の内訳を明示するための標準見積書

More information

<81A68CF6955C D C A819A976C8EAE2D345F DA95575F8CF6955C977093E096F3976C8EAE81798EE688B5928D88D3817A81698BC696B195D2816A2E786C7378>

<81A68CF6955C D C A819A976C8EAE2D345F DA95575F8CF6955C977093E096F3976C8EAE81798EE688B5928D88D3817A81698BC696B195D2816A2E786C7378> 様式4 公表用内訳様式 平成 29 年度目標設定 ( 業務編 ) 取扱注意 1. 予定価格の適正な設定 1 最新積算基準の適用状況 区分 目標実績自己評価その他 最新基準 (H28) を適用最新基準 (H29) を適用最新基準を適用 最新基準 (H28) を適用最新基準 (H29) を適用最新基準を適用 最新基準 (H28) を適用最新基準 (29) を適用最新基準を適用 最新積算基準 (H28)

More information

年度予算の範囲内で受付先着順となります 注意! 住宅耐震改修補助を受けようとする場合は 別途書類が必要です 2 補助金の 交付決定 書類審査後 補助金の交付が決定したら 市から連絡します 都市建築課窓口で 補助金交付決定通知書 をお渡しします 注意! 交付決定があるまで 工事に着手することができませ

年度予算の範囲内で受付先着順となります 注意! 住宅耐震改修補助を受けようとする場合は 別途書類が必要です 2 補助金の 交付決定 書類審査後 補助金の交付が決定したら 市から連絡します 都市建築課窓口で 補助金交付決定通知書 をお渡しします 注意! 交付決定があるまで 工事に着手することができませ 富良野市住宅改修促進助成事業申請の手続 建設水道部都市建築課 1 申請する ( 平成 30 年 4 月 2 日から ) 申請書 ( 第 1 号様式 ) 同意書に加え 次の書類一式を提出してください 1 住民票の写し ( 発行から3ヶ月以内 市民環境課 1 番窓口へ ) 窓口で発行されたものが住民票の写しとなりますのでコピーせず提出してください 2 納税証明書 ( 市税の滞納がないことを証明 税務課

More information

<4D F736F F D2092CA D89BF8C5F96F BF8D8788D395FB8EAE82CC8EC08E7B2E646F63>

<4D F736F F D2092CA D89BF8C5F96F BF8D8788D395FB8EAE82CC8EC08E7B2E646F63> 総価契約単価合意方実施要領 1. 目的及び内容総価契約単価合意方は 工事請負契約における受発注者間の双務性の向上の観点から 請負代金額の変更があった場合の金額の算定や部分払金額の算定を行うための単価等を前もって協議し 合意しておくことにより 設計変更や部分払に伴う協議の円滑化を図ることを目的として実施するものである 2. 対象工事の範囲建設工事有資格業者認定要領 ( 平成 9 年 4 月 1 日水公達平成

More information

下請契約からの社会保険等未加入建設業者の排除等に係る Q&A Q1 社会保険等とはなんですか A1: 雇用保険 健康保険 厚生年金保険の 3 保険のことをいいます Q2 社会保険等に未加入 というのはどういう場合か A2: 社会保険等に未加入 とは 社会保険等の適用を受ける事業所でありながら 各保険

下請契約からの社会保険等未加入建設業者の排除等に係る Q&A Q1 社会保険等とはなんですか A1: 雇用保険 健康保険 厚生年金保険の 3 保険のことをいいます Q2 社会保険等に未加入 というのはどういう場合か A2: 社会保険等に未加入 とは 社会保険等の適用を受ける事業所でありながら 各保険 下請契約からの社会保険等未加入建設業者の排除等に係る Q&A について 平成 28 年 2 月 26 日建管第 2567 号各部長 各種委員会事務局長 議会事務局長 各部局長 各地方部局長あて農政部長 水産林務部長 建設部長 沿革 平成 30 年 3 月 23 日建管第 1885 号改正 下請契約からの社会保険等未加入建設業者の排除等に係る Q&A について このことについて 別紙のとおり質疑応答を作成しましたので

More information

2. その他 (1) 現場事務所や工事現場の出入口等の 建退共対象労働者の見やすい場所に 建設業退職金共済制度適用事業主工事現場標識 を貼り付けてください (2) 元請業者においては 下請業者に建退共制度への加入指導に努めるとともに 下請業者の建退共制度の事務処理能力が十分でない場合には 下請業者に

2. その他 (1) 現場事務所や工事現場の出入口等の 建退共対象労働者の見やすい場所に 建設業退職金共済制度適用事業主工事現場標識 を貼り付けてください (2) 元請業者においては 下請業者に建退共制度への加入指導に努めるとともに 下請業者の建退共制度の事務処理能力が十分でない場合には 下請業者に 建設業退職金共済関係の提出書類について 建設業退職金共済制度は 建設現場で働く労働者の福祉の向上を図るために設けられたもので 建 設労働者が建設業の仕事に従事できなくなったときの退職金制度であり その掛金相当額は工事費の 中に含まれています この制度の普及については 国 県などにおいて加入促進を図っているところであり 春日部市におい ても この趣旨をご理解の上 広くこの制度への加入をお願いするものです

More information

技術者等及び現場代理人の適正配置について

技術者等及び現場代理人の適正配置について 技術者等及び現場代理人の適正配置について 平成 28 年 6 月 1 日以降適用 建設業法施行令の一部を改正する政令 の施行に伴い 平成 28 年 6 月 1 日以降に発注する建設工事において 建設業法に基づく主任技術者又は監理技術者 ( 以下 技術者等 という ) 及び現場代理人の配置についての基準を次のとおりとします 各建設業者におかれましては 当該基準を遵守の上適正な施工を行っていただきますようお願いします

More information

現場代理人及び主任(監理)技術者の適正な配置等について

現場代理人及び主任(監理)技術者の適正な配置等について 及び主任 ( 監理 ) 技術者の適正な配置等について 平成 28 年 6 月 1 日 建設工事の適正な施工体制の確保を図るため 及び主任 ( 監理 ) 技術者の適正な配置については これまでもお願いしてきたところですが 今般 相模原市発注の建設工事における技術者の配置条件等を建設 業法等に基づき次のとおりまとめましたので 再度ご確認の上 遵守くださいますようお願いします 1 建設業法における技術者制度建設業者は

More information

様式 2-2 平成 27 年度耐震対策緊急促進事業補助金交付 申請 決定 額表 事業主体名 ( 単位 : 千 ) 都道府県名 市町村名 耐震診断 補強設計 耐震改修対象建築物の名称 補助金額 摘要 ( 備考 ) 1 本表は別に 2 部作成し 提出すること 2 本表は 事業ごとに作成すること

様式 2-2 平成 27 年度耐震対策緊急促進事業補助金交付 申請 決定 額表 事業主体名 ( 単位 : 千 ) 都道府県名 市町村名 耐震診断 補強設計 耐震改修対象建築物の名称 補助金額 摘要 ( 備考 ) 1 本表は別に 2 部作成し 提出すること 2 本表は 事業ごとに作成すること 様式 2-1 番 号 年 月 日 地方整備局長等殿 申請者 印 平成 27 年度耐震対策緊急促進事業補助金交付申請書 平成 27 年度耐震対策緊急促進事業について 補助金の交付を受けたいので 補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律第 5 条の規定により 関係書類を添え 別紙のとおり申請します ( 備考 ) 1 本様式に様式 2-2 及び 2-3 を併せたものが申請書である 2 申請書は事業ごとに作成すること

More information

所において施工する場合 2 施工にあたり相互に調整を要する工事で かつ 工事現場の相互の間隔が 10km 程度の近接した場所において同一の建設業者が施工する場合 ( 別添 建設工事における現場代理人の常駐義務の緩和に係る取扱いについて に示す 参考 第 2 第 1 項第 3 号に定める該当工事 参照

所において施工する場合 2 施工にあたり相互に調整を要する工事で かつ 工事現場の相互の間隔が 10km 程度の近接した場所において同一の建設業者が施工する場合 ( 別添 建設工事における現場代理人の常駐義務の緩和に係る取扱いについて に示す 参考 第 2 第 1 項第 3 号に定める該当工事 参照 現場代理人及び技術者等の適正配置について平成 28 年 6 月 1 日 現場代理人 技術者等に関する留意事項公共工事においては 現場代理人 主任技術者 監理技術者の配置が必要となります また 建設業の許可要件として 建設業者は営業所ごとに また許可を受けようとする建設業ごとに専任の技術者を置かなければならないこととされています 以下の内容はこれら現場代理人 技術者等に関する留意事項です 1 現場代理人について

More information

プレゼンテーションタイトル

プレゼンテーションタイトル 品確法の改正等と国土交通省におけるガイドライン策定等 品確法の改正等 公共工事の品質確保の促進に関する法律 ( 品確法 ) の改正 ( 平成 26 年 6 月 4 日公布 施行 ) (P.24-25) 公共工事の品質確保に関する施策を総合的に推進するための基本的な方針 ( 基本方針 ) の改正 ( 平成 26 年 9 月 30 日閣議決定 ) (P.26) 発注関係事務の運用に関する指針 ( 運用指針

More information

2 低入札対策の拡充

2 低入札対策の拡充 建設工事の入札参加資格登録をされている皆様へ 平成 30 年 3 月 1 3 日 八尾市 建設工事における社会保険等未加入対策の取組強化について 八尾市では 法定福利費を適正に負担する企業による公平で健全な競争環境を構 築するとともに 建設産業の持続的な発展に必要な人材確保等の観点から 本市の 競争入札参加資格審査において入札参加資格者を社会保険等加入業者に限定し 工事施工時において社会保険等の未加入業者に加入するよう指導する取組みを進

More information

働き方改革 魅力ある建設業の構築に向けて 特集 域によっても大きな差があり, 北陸地方や北海道 など一部の地方では平成 28 年 10 月調査の加入率が 80% を超えているのに対し, 大都市部のある関東 地方 (55%) や近畿地方 (60%) は低い加入率に 留まっている ( ) 建設マネジメン

働き方改革 魅力ある建設業の構築に向けて 特集 域によっても大きな差があり, 北陸地方や北海道 など一部の地方では平成 28 年 10 月調査の加入率が 80% を超えているのに対し, 大都市部のある関東 地方 (55%) や近畿地方 (60%) は低い加入率に 留まっている ( ) 建設マネジメン 建設業における社会保険未加入対策について 国土交通省土地 建設産業局建設市場整備課労働資材対策室 1. はじめに 2. 社会保険未加入対策の経緯等 建設産業では, 将来にわたる担い手の確保が大きな課題となっている 特に高齢化の進行が顕著であるうえ, 今後は国全体の生産年齢人口が減少していくことが見込まれるため, 他産業との競争の中で労働者を確保していく必要がある 他産業に負けない処遇を確立していくための方策の一つとして,

More information

特別の事情 が認められる場合( 2) 特殊な技術 機器又は設備等 ( 以下 特殊技術等 という ) を必要とする工事で 特殊技術等を有する者と下請契約を締結しなければ契約の目的を達することができないことや その下請業者でなければ目的を達することが困難となることが明らかな場合 特別の事情 に該当しない

特別の事情 が認められる場合( 2) 特殊な技術 機器又は設備等 ( 以下 特殊技術等 という ) を必要とする工事で 特殊技術等を有する者と下請契約を締結しなければ契約の目的を達することができないことや その下請業者でなければ目的を達することが困難となることが明らかな場合 特別の事情 に該当しない 社会保険等未加入対策に係る契約約款の改正について 平成 30 年 10 月 1 日以降 入札公告又は指名通知等 ( 随意契約を含む ) を行う工事のうち 下請総額が3,000 万円 ( 建築一式工事は4,500 万円 ) 以上の工事について 一次下請業者は原則社会保険等加入業者に限定することに伴い 以下のとおり契約約款の条項を追加することとしますのでお知らせします 1 工事請負契約書の追加条項 (

More information

(案)

(案) 様式第 1 号 ( 第 5 条関係 ) 低入札価格調査に係る書類の提出について 年月日 私が下記の工事の入札において申込みを行った金額は 調査基準価格を下回りましたが 失格基準による低入札価格調査に該当しなかったため 書類及び意見聴取による低入札価格調査の書類を別添のとおり提出します 記 1 工事名 2 履行場所 3 開札日 ( あて先 ) さいたま市長 住所氏名 印 様式第 2 号 ( 第 5 条関係

More information

様式 3 社会保険等一括管理届 ( 一括適用 継続事業一括 ) 11 ページ 本社や支社等ごとに適用されている適用事業所について 本社で人事 給与等が集中的に管理されており 事業主が同一である等 一定の基準を満たすときは 本社において支社等を含めた一つの適用事業所とされる場合があります ( 健康保険

様式 3 社会保険等一括管理届 ( 一括適用 継続事業一括 ) 11 ページ 本社や支社等ごとに適用されている適用事業所について 本社で人事 給与等が集中的に管理されており 事業主が同一である等 一定の基準を満たすときは 本社において支社等を含めた一つの適用事業所とされる場合があります ( 健康保険 社会保険等未加入対策の運用手続きに使用する各種様式集 太字 網掛け の様式等は 受注者に提出していただく書類です 様式 A 社会保険等に関する誓約書 3 ページ 落札候補者となった場合 入札参加資格審査 ( 事後審査 ) の際に提出してくだ さい (4 ページに誓約内容の概要説明を掲載しています ) 様式 B 請負代金内訳書 5ページ 建設工事請負契約書第 3 条の規定に基づき 契約締結後 14 日以内に

More information

当初は 請負金額が 500 万円未満でしたが 契約変更により 500 万円を超えた場合は どうすればいいですか? まず 登録する必要があるかどうか 発注機関にご確認ください 登録する場合は 現在の情報 ( 変更後の情報 ) で 受注登録を行ってください その後 必要に応じて変更登録を行い 工事完了後

当初は 請負金額が 500 万円未満でしたが 契約変更により 500 万円を超えた場合は どうすればいいですか? まず 登録する必要があるかどうか 発注機関にご確認ください 登録する場合は 現在の情報 ( 変更後の情報 ) で 受注登録を行ってください その後 必要に応じて変更登録を行い 工事完了後 一般財団法人日本建設情報総合センター コリンズ テクリスセンターヘルプデスク編 コリンズのよくある質問集 ( 登録ルール編 Ver.1.3) はじめに 本書は 日頃ヘルプデスクに寄せられる質問の中で 特に登録のルールについてまとめたものです 日頃からご利用の皆さまはもちろんのこと 年 1 回しか登録する機会がないという方にもご利用いただけるよう できるだけ簡単な説明になるよう努めておりますので お問い合わせの前にどうぞご利用ください

More information

ごみ焼却施設建設工事 優先交渉権者決定基準 ( 抜粋 ) 平成 29 年 3 月 有明生活環境施設組合 有明生活環境施設組合ごみ焼却施設建設工事 優先交渉権者決定基準 ( 抜粋 ) 目 次 1 優先交渉権者選定の審査手順 1 1) 優先交渉権者決定基準の位置付け 1 2) 審査の手順 1 3) 審査の流れ 2 2 プロポーザル参加資格審査 3 1) 審査方法 3 2) 審査する内容 3 3 技術提案書類及び最終見積書等の審査

More information

標準請負契約約款の概要 標準請負契約約款は 請負契約の片務性の是正と契約関係の明確化 適正化のため 当該請負契約における当事者間の具体的な権利義務関係の内容を律するものとして 中央建設業審議会が公正な立場から作成し 当事者にその実施を勧告するもの 建設業法第 34 条第 2 項 建設業法 ( 昭和

標準請負契約約款の概要 標準請負契約約款は 請負契約の片務性の是正と契約関係の明確化 適正化のため 当該請負契約における当事者間の具体的な権利義務関係の内容を律するものとして 中央建設業審議会が公正な立場から作成し 当事者にその実施を勧告するもの 建設業法第 34 条第 2 項 建設業法 ( 昭和 建設工事標準請負契約約款の改正について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 標準請負契約約款の概要 標準請負契約約款は 請負契約の片務性の是正と契約関係の明確化 適正化のため 当該請負契約における当事者間の具体的な権利義務関係の内容を律するものとして 中央建設業審議会が公正な立場から作成し 当事者にその実施を勧告するもの 建設業法第

More information

別紙 1 提出書類一覧様式番号 様式 1 様式 2-1 様式 2-2 様式 3 様式 4 様式名 施工体制確認調査報告書積算内訳書内訳明細書工程計画配置予定技術者名簿 次に該当する場合は 様式 4を提出する必要はありません 一般競争入札の場合 ( 開札後に提出のある 配置予定技術者の資格 工事経歴報

別紙 1 提出書類一覧様式番号 様式 1 様式 2-1 様式 2-2 様式 3 様式 4 様式名 施工体制確認調査報告書積算内訳書内訳明細書工程計画配置予定技術者名簿 次に該当する場合は 様式 4を提出する必要はありません 一般競争入札の場合 ( 開札後に提出のある 配置予定技術者の資格 工事経歴報 別紙 1 提出書類一覧様式番号 様式 1 様式 2-1 様式 2-2 様式 3 様式 4 様式名 施工体制確認調査報告書積算内訳書内訳明細書工程画配置予定技術者名簿 次に該当する場合は 様式 4を提出する必要はありません 一般競争入札の場合 ( 開札後に提出のある 配置予定技術者の資格 工事経歴報告書 に基づき調査を行います ) 様式 5 品質確保体制 ( 品質管理画 ) 書類作成 提出上の注意事項

More information

発注者支援業務(工事監督支援業務)のポイント

発注者支援業務(工事監督支援業務)のポイント 発注者支援業務 ( 工事監督支援業務 積算資料作成業務 ) の概要 1 目的公共土木施設整備等に関する各種工事や災害復旧工事 ( 災害復旧に関連する工事等含む ) の実施に際し工事監督支援業務や積算資料作成業務を外部委託することで 迅速かつ円滑な工事進捗を図るもの 2 適用工事と適用基準 (1) 適用工事岩手県県土整備部が発注する下水道及び建築 設備関係事業を除く工事に適用するものとする (2) 適用基準設計業務等共通仕様書

More information

なお 受注者から指定した期日までに保険加入を確認できる書類が提出されない場合は 埼玉県流域下水道事業建設工事標準請負契約約款第 7 条の3 第 1 項の規定に違反することとなる旨を併せて通知します 3 発注者が 理由書 ( 一次 ) によっても当該特別の事情を有すると認めないと判断した場合は 受注者

なお 受注者から指定した期日までに保険加入を確認できる書類が提出されない場合は 埼玉県流域下水道事業建設工事標準請負契約約款第 7 条の3 第 1 項の規定に違反することとなる旨を併せて通知します 3 発注者が 理由書 ( 一次 ) によっても当該特別の事情を有すると認めないと判断した場合は 受注者 受注者用 下請企業の社会保険等未加入対策の取扱い 1 対策の内容 平成 30 年 4 月 1 日以降に埼玉県と契約を締結する全ての建設工事においては 社会 保険等未加入企業を下請負人とすることを原則禁止します 2 社会保険等未加入企業の定義次のいずれかの届出を履行していない建設業者 ( 届出の義務がない者を除く ) をいいます (1) 健康保険法 ( 大正 11 年法律第 70 号 ) 第 48 条の規定による届出

More information

土木工事書類スリム化ガイドの発行にあたり 関東地方整備局では 平成 20 年度の 土木工事書類作成マニュアル 策定を契機に 工事書類の簡素化に努めています また 平成 27 年度より 工事書類の提出方法を事前協議で明確にすることで 紙媒体の提出に加えて電子データを提出する二重提出の防止に向けて取り組

土木工事書類スリム化ガイドの発行にあたり 関東地方整備局では 平成 20 年度の 土木工事書類作成マニュアル 策定を契機に 工事書類の簡素化に努めています また 平成 27 年度より 工事書類の提出方法を事前協議で明確にすることで 紙媒体の提出に加えて電子データを提出する二重提出の防止に向けて取り組 平成 30 年 2 月関東地方整備局発行 本ガイドでは工事関係書類を必要最小限にスリム化するため 削減可能な工事書類を紹介しています 本ガイドを活用し 工事書類削減に向けた積極的な取り組みをお願いします ただし 受注者の社内で必要とされる工事書類の作成を妨げるものではありません 法令等に規定された書類の作成は適正に行って下さい 土木工事書類作成マニュアル 土木工事書類作成マニュアルは平成 20 年より運用を開始しましたが

More information

3. 現地工事実施にかかる許認可業務対象国にて現地工事を実施する場合 現地工事の対象となる土地の所有者の確認 使用の許可や現地工事を管轄する省庁からの許認可の必要の有無を受注者が必ず確認してください 許認可や利用許諾等が必要な場合は それらを取得してから下請負先と契約締結し 現地工事の発注を行うよう

3. 現地工事実施にかかる許認可業務対象国にて現地工事を実施する場合 現地工事の対象となる土地の所有者の確認 使用の許可や現地工事を管轄する省庁からの許認可の必要の有無を受注者が必ず確認してください 許認可や利用許諾等が必要な場合は それらを取得してから下請負先と契約締結し 現地工事の発注を行うよう 現地工事契約管理ガイドライン 1. 本ガイドラインの目的本ガイドラインは 受注者が業務対象国において建設 土木 設置工事等 ( 以下 現地工事 という ) を第三者に 下請負 として発注する場合の選定方法や契約理等について ガイドラインとして取りまとめたものです 受注者は 仕様書作成 下請負先選定及び契約締結等の手続きを自らの責任の下で実施して頂きますが 日本国の税金を原資とする本事業の特性を考慮の上

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 建設リサイクル法 建設リサイクル法の届出の手引き 島根県 建設リサイクル法 特定建設資材を用いた建築物等の解体工事 特定建設資材を使用する新築工事等で一定規模以上の工事 ( 対象建設工事 ) については 特定建設資材廃棄物を基準に従って工事現場で分別 ( 分別解体等 ) し 再資源化等することが義務付けられています 分別解体等 コンクリート塊 アスファルト塊 建設発生木材 再資源化等 再生骨材 再生アスファルト合材

More information

二重床下地 という 参考図参照) として施工する方法がある 二重床下地は 支持脚の高さを一定程度容易に調整することができること また コンクリートスラブと床パネルとの間には給排水管等を配置できる空間があることから 施工が比較的容易なものとなっている 2 本院の検査結果 ( 検査の観点 着眼点 対象及

二重床下地 という 参考図参照) として施工する方法がある 二重床下地は 支持脚の高さを一定程度容易に調整することができること また コンクリートスラブと床パネルとの間には給排水管等を配置できる空間があることから 施工が比較的容易なものとなっている 2 本院の検査結果 ( 検査の観点 着眼点 対象及 是正改善の処置を求めたものの全文 公営住宅等整備事業等における二重床下地に係る工事費の積算について ( 平成 29 年 9 月 28 日付け国土交通大臣宛て ) 標記について 会計検査院法第 34 条の規定により 下記のとおり是正改善の処置を求める 記 1 工事の概要 (1) 公営住宅等の整備の概要地方公共団体は 公営住宅法 ( 昭和 26 年法律第 193 号 ) 住宅地区改良法 ( 昭和 35

More information

<4D F736F F D A6D92E8817A89BF8A CC8CF08FC28C8B89CA81698A C5816A>

<4D F736F F D A6D92E8817A89BF8A CC8CF08FC28C8B89CA81698A C5816A> 価格等の交渉の結果 第 1 回価格等の交渉の概要 ( 平成 28 年 8 月 26 日 ) 当初見積書等の受領 新国立競技場整備事業大成建設 梓設計 隈研吾建築都市設計事務所共同企業体 ( 以下 事業者 という ) より 当初見積書等が提出され 内容を確認 第 2 回 ~ 第 5 回価格等の交渉の概要 ( 平成 28 年 8 月 26 日,29 日,30 日,31 日 ) 工程計画 施工方法の妥当性確認

More information

4. 施工者とは 当該工事の受注者をいう ( 品質証明者 ) 5. 品質証明者とは 一定の資格及び実務経験を有し 施工者と品質証明業務について契約した組織又は個人で 以下の要件に該当しないものをいう 1 組織においては 以下のいずれかに該当する者 (1) 当該工事の施工者 (2) 当該工事の施工者と

4. 施工者とは 当該工事の受注者をいう ( 品質証明者 ) 5. 品質証明者とは 一定の資格及び実務経験を有し 施工者と品質証明業務について契約した組織又は個人で 以下の要件に該当しないものをいう 1 組織においては 以下のいずれかに該当する者 (1) 当該工事の施工者 (2) 当該工事の施工者と 4. 施工者とは 当該工事の受注者をいう ( 品質証明者 ) 5. 品質証明者とは 一定の資格及び実務経験を有し 施工者と品質証明業務について契約した組織又は個人で 以下の要件に該当しないものをいう 1 組織においては 以下のいずれかに該当する者 (1) 当該工事の施工者 (2) 当該工事の施工者と資本若しくは人事面において関連のある者又は元下関係 (2 次以下も含む ) にある者 2 個人においては

More information

動の徹底に関する決議 を行い 会員企業に適正価格での受注の徹底を要請したとこ ろである 今後の取り組み事項その 1 日建連は主な民間発注者団体に対し 法定福利費を適正に考慮した金額により見積及び契約締結を行うよう要請を行う予定であり 要請次第 会員企業に当該要請を踏まえた対応の周知を行う (2) 見

動の徹底に関する決議 を行い 会員企業に適正価格での受注の徹底を要請したとこ ろである 今後の取り組み事項その 1 日建連は主な民間発注者団体に対し 法定福利費を適正に考慮した金額により見積及び契約締結を行うよう要請を行う予定であり 要請次第 会員企業に当該要請を踏まえた対応の周知を行う (2) 見 法定福利費を内訳明示した見積書の活用のマニュアル 平成 25 年 7 月 23 日 一般社団法人日本建設業連合会 1. はじめに建設業の社会保険未加入対策については 日建連会員企業では平成 24 年 4 月 19 日付 社会保険加入促進計画 および同年 10 月 1 日付 日建連会員企業が実施する社会保険の加入に関する下請指導の指針 ( 以下 日建連指針 という ) 等に即して取り組んでいただいているところである

More information

Microsoft Word - 特記例

Microsoft Word - 特記例 下記の例を参考に建設副産物に関する事項を特記仕様書等に記載すること 建設工事に係る特記仕様書への記載例 建設副産物 1. 共通事項 1) 千葉県建設リサイクル推進計画 2016ガイドライン に基づき 本工事に係る 再生資源利用計画書 及び 再生資源利用促進計画書 を 建設副産物情報交換システム (COBR IS) により作成し 施工計画書に含め各 1 部提出すること また 計画の実施状況 ( 実績

More information

(花蒔) _youshiki.xls

(花蒔) _youshiki.xls 確認様式ー 1 契約後確認調査の概要 ( 契約締結後 10 日以内に提出 ) 件名 : 平成 23 年度県単道路橋梁維持 ( 舗装修繕 ) 工事業者名 : 株式会社昌栄土建興業住所 : 長野県諏訪郡原村 8923 番地 1 契約後確認調査の概要 項目 1 その価格により入札した理由 内容 1. 現在 公共 民間ともに手持ち工事が少なく仕事を確保したい 2. 共通仮設費に係る資機材について自社保有物を使用し経費の削減を行う

More information

Taro-町耐震改修助成要綱 j

Taro-町耐震改修助成要綱 j 木造住宅耐震診断 耐震改修補助制度のご案内 町では 地震に対する建築物の安全性の向上をはかり安全で安心して暮らせるまちづくりを推進するため 戸建て木造住宅の所有者に対し耐震診断 耐震改修の費用の一部を補助します 音更町 木造住宅耐震診断費の補助 1 補助の対象 耐震診断の補助を受けるには 次のいずれにも該当しなければなりません (1) 木造の戸建住宅 ( 併用住宅で床面積の1/2 以上が居住用のものを含む

More information

工事の定義 1. 工事 建設業法等に定義なし 建設業法における用例 : この法律において 建設工事 とは 土木建築に関する工事で別表第一の上欄に掲げるものをいう ( 建設業法第 2 条第 1 項 ) 出典 意味 広辞苑 明鏡国語辞典 デジタル大辞泉 振動規制法 ( 昭和 51 年法律第 64 号 )

工事の定義 1. 工事 建設業法等に定義なし 建設業法における用例 : この法律において 建設工事 とは 土木建築に関する工事で別表第一の上欄に掲げるものをいう ( 建設業法第 2 条第 1 項 ) 出典 意味 広辞苑 明鏡国語辞典 デジタル大辞泉 振動規制法 ( 昭和 51 年法律第 64 号 ) 資料 3 建設業法等における定義 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 工事の定義 1. 工事 建設業法等に定義なし 建設業法における用例 : この法律において 建設工事 とは 土木建築に関する工事で別表第一の上欄に掲げるものをいう ( 建設業法第 2 条第 1 項 ) 出典 意味 広辞苑 明鏡国語辞典 デジタル大辞泉 振動規制法

More information

表紙1_4

表紙1_4 国土交通省官庁営繕部では 平成 23 年 6 月に 官庁施設の設計段階におけるコスト管理ガイドライン ( 以下 ガイドライン という ) をとりまとめました 今後 地方整備局等が実施する官庁営繕事業の新築 増築に係る設計業務におけるコスト管理についてはガイドラインに基づき実施することとしています 本稿では 国土交通省の官庁営繕事業における設計段階におけるコスト管理の取組みについて ガイドラインの内容を中心に紹介します

More information

目 次 1. 京都府電子納品運用ガイドライン ( 建築工事及び建築設計業務等 ) について 1.1 位置づけ 適用する事業 本ガイドラインに関わる規定類の関係 電子納品の対象とする書類の考え方 2 2. 建築工事 ( または業務 ) における電子納品の流れ 3 3

目 次 1. 京都府電子納品運用ガイドライン ( 建築工事及び建築設計業務等 ) について 1.1 位置づけ 適用する事業 本ガイドラインに関わる規定類の関係 電子納品の対象とする書類の考え方 2 2. 建築工事 ( または業務 ) における電子納品の流れ 3 3 Ver3.00 京都府電子納品運用ガイドライン ( 建築工事及び建築設計業務等 ) 京都府建設交通部営繕課 1 目 次 1. 京都府電子納品運用ガイドライン ( 建築工事及び建築設計業務等 ) について 1.1 位置づけ 1 1.2 適用する事業 1 1.3 本ガイドラインに関わる規定類の関係 2 1.4 電子納品の対象とする書類の考え方 2 2. 建築工事 ( または業務 ) における電子納品の流れ

More information

事務連絡 平成 29 年 10 月 25 日 建設業団体の長殿 国土交通省土地 建設産業局建設業課長 平成 28 年熊本地震の被災地域での建設工事等における 予定価格の適切な設定等について 公共工事の予定価格の設定については 市場における労務及び資材等の最新の実勢価格を適切に反映させつつ 実際の施工

事務連絡 平成 29 年 10 月 25 日 建設業団体の長殿 国土交通省土地 建設産業局建設業課長 平成 28 年熊本地震の被災地域での建設工事等における 予定価格の適切な設定等について 公共工事の予定価格の設定については 市場における労務及び資材等の最新の実勢価格を適切に反映させつつ 実際の施工 事務連絡 平成 29 年 10 月 25 日 建設業団体の長殿 国土交通省土地 建設産業局建設業課長 平成 28 年熊本地震の被災地域での建設工事等における 予定価格の適切な設定等について 公共工事の予定価格の設定については 市場における労務及び資材等の最新の実勢価格を適切に反映させつつ 実際の施工に要する通常妥当な経費について適正な積算を行う必要があります 今般 阿蘇地域および上益城地域において

More information

株式会社殿 住所 株式会社 見積金額 L ( 消費税込 ) ( 内訳 ) 項目数量歩掛単価金額 工事材料費 A 労務費 B 経費 ( を除く ) D=A+B +C 事業主負担額対象金額金額雇用保険料 B 1.050% p E B p 消費税等合計 御見積書 ( 例 ) 料率 健康保険料 ( 1 )

株式会社殿 住所 株式会社 見積金額 L ( 消費税込 ) ( 内訳 ) 項目数量歩掛単価金額 工事材料費 A 労務費 B 経費 ( を除く ) D=A+B +C 事業主負担額対象金額金額雇用保険料 B 1.050% p E B p 消費税等合計 御見積書 ( 例 ) 料率 健康保険料 ( 1 ) を内訳明示した見積書の作成手順 ( 簡易版 ) ( 平成 28 年度実施 セミナー 教材より作成 ) 平成 29 年 2 月 日国土交通省土地 建設産業局建設市場整備課 目次 はじめに 作成手順 参考 最後に を内訳明示した見積書 とは P1 を内訳明示した見積書の作成手順 P2 0 見積書に記載する内訳を確認する P3 1 工事ごとの労務費を算出する P3 2 労務費をもとにを算出する P5 3

More information

懸念事項

懸念事項 資料 7 法定福利費の確保 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 法定福利費の確保 (1 概要 ) 概 要 発注者への周知徹底 元請業者への指導 保険加入を促進するとともに 事業主負担分の労働者への賃金へのしわ寄せを防ぐため 法定福利費を確保し 下請業者に流れるようにするための取組を行う 民間発注者への要請 周知 元請業者への指導

More information

1 医療保険 年金保険についての確認書類 弊社が施工する建設現場に入場する協力業者および作業員の方には 作業所長の指示により 見積書提出時 新規入場時 安全書類提出時に 医療保険 年金保険の加入状況を確認する書 類 ( 下記 A~E いずれか一点 ) を提出または呈示していただきます A. 直近の保

1 医療保険 年金保険についての確認書類 弊社が施工する建設現場に入場する協力業者および作業員の方には 作業所長の指示により 見積書提出時 新規入場時 安全書類提出時に 医療保険 年金保険の加入状況を確認する書 類 ( 下記 A~E いずれか一点 ) を提出または呈示していただきます A. 直近の保 平成 29 年 3 月 21 日 協力会社各位 共同建設株式会社 社会保険未加入問題への対応について 国土交通省は 社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン ( 以下 ガイドライン とする ) を制定し 元請企業の責任として 施工体制台帳 再下請負通知書 作業員名簿等により下請企業や作業員の保険加入状況を確認 指導すること と明記されています 弊社はこのガイドラインに基づき 平成 27 年 6 月以降

More information

<81A68CF6955C CA AD97DF8E73817A819A976C8EAE2D345F DA95575F8CF6955C977093E096F3976C8EAE81798EE688B5928D88D3817A81698BC696B195D2816A2E786C7378>

<81A68CF6955C CA AD97DF8E73817A819A976C8EAE2D345F DA95575F8CF6955C977093E096F3976C8EAE81798EE688B5928D88D3817A81698BC696B195D2816A2E786C7378> 様式-4 公表用内訳様式 平成 29 年度目標設定 ( 業務編 ) 取扱注意 1. 予定価格の適正な設定 1 最新積算基準の適用状況 区分 目標実績自己評価その他 最新基準 (H28) を適用最新基準 (H29) を適用最新基準を適用 最新基準 (H28) を適用最新基準 (H29) を適用最新基準を適用 最新基準 (H28) を適用最新基準 (H29) を適用最新基準を適用 最新基準 (H28)

More information

<4D F736F F D B5A8F708E6D8BC696B195F18F5692B28DB882DC82C682DF8A4F95948CFC82AF2888C >

<4D F736F F D B5A8F708E6D8BC696B195F18F5692B28DB882DC82C682DF8A4F95948CFC82AF2888C > 平成 25 年 5 月 27 日 ( 月 ) 活用促進委員会 技術士業務報酬アンケート調査報告 < 概要 > 技術士の報酬の実態を調査するため平成 25 年 2 月に実施された 技術士業務報酬調査 の結果をまとめた 1. まえがき平成 13 年 10 月 24 日 ( 水 ) 付けで 公正取引委員会より 資格者団体の活動に関する独占禁止法上の考え方 なる通達が出され その中で業務報酬の表示について

More information

株式会社殿 住所 株式会社 見積金額 L ( 消費税込 ) ( 内訳 ) 項目数量歩掛単価金額 工事材料費 A 労務費 B 経費 ( を除く ) D=A+B +C 事業主負担額対象金額金額雇用保険料 B 1.050% p E B p 消費税等合計 御見積書 ( 例 ) 料率 健康保険料 ( 1 )

株式会社殿 住所 株式会社 見積金額 L ( 消費税込 ) ( 内訳 ) 項目数量歩掛単価金額 工事材料費 A 労務費 B 経費 ( を除く ) D=A+B +C 事業主負担額対象金額金額雇用保険料 B 1.050% p E B p 消費税等合計 御見積書 ( 例 ) 料率 健康保険料 ( 1 ) ( 平成 28 年度実施 セミナー 教材より作成 ) 平成 29 年 2 月 28 日国土交通省土地 建設産業局建設市場整備課 目次 はじめに 作成手順 参考 最後に を内訳明示した見積書 とは P1 を内訳明示した見積書の作成手順 P2 0 見積書に記載する内訳を確認する P3 1 工事ごとの労務費を算出する P3 2 労務費をもとにを算出する P5 3 見積書にを明示する P6 1 工事ごとにかかるの計算例

More information

ukeoi.xls

ukeoi.xls 欄のみ入力単位を選択 ( 千円 or 百万円 ) 記入例 ( 単位 : 千円 ) ( 平成 22 明細書 1 明細書 2 実行予算請負金額原価率利益率工事原価利益額 294, 86.% 14.% 252,71 41,29 124,5 7,5 年 12 11 末日現在 ) 直近の末基準で作成 1 2 3 4 1 36, 17, 54, 7,5 52, 27, 47, 3, 6, 5 以降 本店営業部

More information

ただし 受注者が下請業者と直接契約を締結 ( 以下 一次下請契約 という ) した請負代金の総額が3,000 万円 ( 建築一式工事の場合は4,500 万円 ) 以上の場合は 次のとおり取り扱うものとする ア主管部長 ( 岐阜市契約規則 ( 昭和 39 年規則第 7 号 ) 第 4 条に規定する部長

ただし 受注者が下請業者と直接契約を締結 ( 以下 一次下請契約 という ) した請負代金の総額が3,000 万円 ( 建築一式工事の場合は4,500 万円 ) 以上の場合は 次のとおり取り扱うものとする ア主管部長 ( 岐阜市契約規則 ( 昭和 39 年規則第 7 号 ) 第 4 条に規定する部長 建設業者の社会保険等未加入対策について 平成 27 年 3 月 31 日決裁 第 1 状況近年のダンピング受注による下請業者へのしわ寄せが 労働者の賃金水準の低下や社会保険等への未加入といった処遇悪化を招き 産業の継続に不可欠な若年者層の確保に大きな支障となっている 建設工事には 元来 健康保険料や厚生年金保険料など企業が負担すべき法定福利費が 現場管理費 として計上されている しかし いまだに医療保険

More information

【中小実】04_調査票甲個人.indd

【中小実】04_調査票甲個人.indd ( 調査票甲個事業者用 ) このマークを目印に三つ折りしてください秘平成 29 年中小企業実態基本調査 平成 29 年 8 月 経済産業省中小企業庁 事業所の所在地 個事業者の名称 電話番号 ( 代表 ) 整理番号 AM フリガナ 政府統計コード調査対象者 ID( 半角数字 ) 確認コード ( 半角英数字 ) B U P E 記入者の所属 氏名 ( 調査票内容の照会に回答いただける方 ) 記入者の電話番号

More information

様式第55号の3(第102条関係)

様式第55号の3(第102条関係) 提出書類等様式集 工事請負契約書 工事請負変更契約書 工事請書 工事変更請書 委託業務 工事 履行届 工程表 現場代理人等選任通知書 現場代理人等変更通知書 一部下請負通知書 工期変更協議書 工事完成届 工事目的物引渡申出書 課税 免税事業者届出書 説明書 ( 添付資料含む ) 資材の再資源化等に関する事項 工事打合簿 段階確認書 様式第 55 号の 3( 第 102 条関係 ) 工事請負契約書 紙

More information

p10 建設産業における社会保険加入の徹底について(提言)

p10 建設産業における社会保険加入の徹底について(提言) 建設産業における社会保険加入の徹底について ( 提言 ) 平成 24 年 3 月 14 日 中央建設業審議会 建設産業においては 下請企業を中心に 雇用 医療 年金保険について 法定福利費を適正に負担しない企業 ( すなわち保険未加入企業 ) が存在し 技能労働者の医療 年金など いざというときの公的保障が確保されず 若年入職者減少の一因となっているほか 関係法令を遵守して適正に法定福利費を負担する事業者ほど競争上不利になるという矛盾した状況が生じている

More information

2 業務請負 1980 年代 ~

2 業務請負 1980 年代 ~ 付録静岡県外国労働実態調査 ( 企業調査 ) 単純集計結果一覧 派遣元 受託事業所調査 企業調査の単純集計では次の 2 つの場合に分けて表示している 1 選択肢のひとつを回答する場合無回答分も合わせて合計値 ( 有効回収総数の 83 部 ) を表示 2 複数回答が可能な場合選択肢ごとの度数と比率を表示 合計値は表示しない 1 事業所の概要 問 1 事業所の所在地 掛川市 11 13.3 湖西市 4

More information

1 標準見積書とは 1-1 目的は 法定福利費 の原資確保 社会保険未加入の対策を進めるためには法定福利費の原資確保が重要である しかし従来は見積時から法定福利費が明確になっておらず その扱いが分かりにくい状況となっていた 今後は工事費総額ではなく その中に含まれる法定福利費を明示して必要な原資を確

1 標準見積書とは 1-1 目的は 法定福利費 の原資確保 社会保険未加入の対策を進めるためには法定福利費の原資確保が重要である しかし従来は見積時から法定福利費が明確になっておらず その扱いが分かりにくい状況となっていた 今後は工事費総額ではなく その中に含まれる法定福利費を明示して必要な原資を確 法定福利費の内訳を明示した 標準見積書 と法定福利費の算出手順について 初版 2015 年 3 月 4 日 2015 年 3 月キッチン バス工業会材工課題専門委員会 1 標準見積書とは 1-1 目的は 法定福利費 の原資確保 社会保険未加入の対策を進めるためには法定福利費の原資確保が重要である しかし従来は見積時から法定福利費が明確になっておらず その扱いが分かりにくい状況となっていた 今後は工事費総額ではなく

More information

taisyokukinnseido_31.4.xls

taisyokukinnseido_31.4.xls 提出が必要な工事請負契約 契約額 ( 消費税含む ) が 100 万円以上の工事請負契約の場合 契約時に提出が必要な書類 ( 提出先 : 契約検査課 ) 貝塚市契約検査課 下記 1) 2) の例から受注者の状況に応じ 1~3 の必要書類を選択し 提出してください ( 下記のうち 複数に該当する場合は それぞれの書類が必要です ) 1) 元請受注者が 建退共の対象者を現場で従事させる予定の場合 契約工期内における配置計画上の人工数により証紙を購入する場合

More information

1 補助の対象 耐震診断の補助を受けるには 次のいずれにも該当しなければなりません (1) 木造の戸建住宅 ( 併用住宅で床面積の1/2 以上が居住用のものを含む ) で昭和 56 年 5 月 31 日以前に着工した地上 2 階建てまでのものであること (2) 所有者自らが居住していること (3)

1 補助の対象 耐震診断の補助を受けるには 次のいずれにも該当しなければなりません (1) 木造の戸建住宅 ( 併用住宅で床面積の1/2 以上が居住用のものを含む ) で昭和 56 年 5 月 31 日以前に着工した地上 2 階建てまでのものであること (2) 所有者自らが居住していること (3) 町では 地震に対する建築物の安全性の向上をはかり安全で安心して暮らせるまちづくりを推進するため 戸建て木造住宅の所有者に対し耐震診断 耐震改修の費用の一部を補助します 音更町 1 補助の対象 耐震診断の補助を受けるには 次のいずれにも該当しなければなりません (1) 木造の戸建住宅 ( 併用住宅で床面積の1/2 以上が居住用のものを含む ) で昭和 56 年 5 月 31 日以前に着工した地上 2

More information

2 採用する受注者選定方式の検討について廃棄物処理施設整備事業で一般的に採用されている受注者選定方式は表 -2のとおりです 受注者選定方式の検討に際しての論点を下記に整理しましたので 採用する受注者選定方式について審議をお願いいたします 本施設に求められる5つの整備基本方針に合致した施設の整備運営に

2 採用する受注者選定方式の検討について廃棄物処理施設整備事業で一般的に採用されている受注者選定方式は表 -2のとおりです 受注者選定方式の検討に際しての論点を下記に整理しましたので 採用する受注者選定方式について審議をお願いいたします 本施設に求められる5つの整備基本方針に合致した施設の整備運営に 資料 -2-2 受注者選定方式と発注方式について可燃物処理施設 ( 以下 本施設 という ) の整備事業に関する業者選定方式と発注方式については 本組合にとって有利な調達が可能な方式であり 且つ事業スケジュールに合致したものである必要があります 本日の委員会では 本施設に採用する受注者選定方式について審議 決定して頂きますよう 宜しくお願い致します 1. 廃棄物処理施設整備事業の受注者選定方式と発注方式について従来の受注者選定方式では

More information

参考 : 施工体制台帳様式例 -1 [ ] [ 事業所名 ] 施工体制台帳 建設業の許可 許可業種 業 業 大臣知事大臣知事 許可番号 特定一般 第 特定一般 第 許可 ( 更新 ) 号 年 月 日 号 年 月 日 名称及び内容発注者名及び住所工期 自至 契約日 契約営業所 区分 名 称 元請契約 下請契約 住 所 健康保険等の加入状況 保険加入の 事業所整理記号等 健康保険加入未加入区分営業所の名称元請契約下請契約

More information

4 受注者による社会保険等の加入状況の確認 (1) 確認方法 1 下請負契約の締結前に, 相手方の社会保険等への加入状況を, 保険料の領収済通知書等により確認してください ( 適用除外の場合, 除外事由を相手方から資料等で確認してください ) 2 下請負契約の締結後, 施工体制台帳等を作成し, 工事

4 受注者による社会保険等の加入状況の確認 (1) 確認方法 1 下請負契約の締結前に, 相手方の社会保険等への加入状況を, 保険料の領収済通知書等により確認してください ( 適用除外の場合, 除外事由を相手方から資料等で確認してください ) 2 下請負契約の締結後, 施工体制台帳等を作成し, 工事 平成 3 0 年 4 月 1 日呉市 呉市発注工事における社会保険等未加入対策に係る手続きについて 呉市 ( 呉市上下水道局を含む 以下について同じ ) では, 本市発注工事において次のとおり社会保険 等の未加入対策を実施することとしましたのでお知らせします なお, 詳細については 社会保険等未加 入対策に係る手続きのフロー図 ( 別添 ) によることとします 1 対象工事 平成 30 年 4 月

More information

一般社団法人送電線建設技術研究会関西支部社会保険等の加入促進計画 1. はじめに 平成 27 年 4 月 24 日制定 建設産業においては 健康保険 厚生年金保険及び雇用保険 ( 以下 社会保険等 という ) の 1 法定福利費を適正に負担しない企業が存在し 技能労働者の医療 年金など いざというと

一般社団法人送電線建設技術研究会関西支部社会保険等の加入促進計画 1. はじめに 平成 27 年 4 月 24 日制定 建設産業においては 健康保険 厚生年金保険及び雇用保険 ( 以下 社会保険等 という ) の 1 法定福利費を適正に負担しない企業が存在し 技能労働者の医療 年金など いざというと 社会保険等の加入促進計画 社会保険等の加入促進計画 1. はじめに 1 2. 基本方針 2 3. 目標 2 4. 送研関西支部が取り組む対策 3 5. 会員会社が取り組む対策 4 6. その他 4 活動スケジュール 5 ( 参考資料 ) 添付資料 1 建設業における労働保険 社会保険の加入義務 添付資料 2 会員会社の社会保険加入状況 一般社団法人 送電線建設技術研究会関西支部 一般社団法人送電線建設技術研究会関西支部社会保険等の加入促進計画

More information

<955C8E8682A082E A C982C282A282C D332E786477>

<955C8E8682A082E A C982C282A282C D332E786477> 流山市 上下水道局発注工事における 社会保険等未加入対策 ( 一次下請 ) について ( 概要 Q&A フロー ) 平成 29 年 7 月 流山市 Ⅰ 概要について 一次下請契約者を社会保険等加入業者に限定します 平成 30 年 2 月 1 日以降に契約締結した工事において 受注者は 原則として社会保険等未加入業者を下請契約 ( 受注者が直接契約締結するものに限る 以下 一次下請契約 という ) の相手方としないこととします

More information