Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover構成ガイド

Size: px
Start display at page:

Download "Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover構成ガイド"

Transcription

1 Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド オラクル ホワイト ペーパー 2006 年 10 月

2 Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 1. 概要 OracleAS 10gにおけるFast Connection Failoverの構成 Fast Connection FailoverをサポートしているJDBC 接続 URLのタイプ OracleAS 10g 中間層でImplicit Connection CacheおよびFast Connection Failoverを有効にする OracleAS 10g R2 データソースでImplicit Connection CacheおよびFast Connection Failoverを有効にする OracleAS 10g R3 データソースでImplicit Connection CacheおよびFast Connection Failoverを有効にする RACノードから中間層にイベントを伝播するためのOracle Notification Serverの構成 g R1 DbにおけるFCF ONS 構成 g R2 DbにおけるFCF ONS 構成 OracleAS 10g R2 におけるFCF ONS 構成 OracleAS 10g R3 におけるFCF ONS 構成 OracleAS 環境におけるFast Connection Failoverのテストと検証 RACノードと中間層間のONS 通信の検証 JDBCドライバがONSイベントを処理し 正しくフェイルオーバーしていることを検証する まとめ 付録 Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 2

3 Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 1. 概要 Oracle Application Sever の高可用性ソリューションは Oracle データベースの高可 用性機能と連携して使用でき 他に匹敵するものがないエンドツーエンドな高可用性を提供します Fast Connection Failover は オラクル環境における中間層テクノロジとデータベース層テクノロジの高度な統合を明確に実証しています この 2 つの層の障害通知メカニズムは Oracle Notification Server(ONS) に基づき統合され DB インスタンスに障害が起きた場合 データベースはただちに中間層に通知します 実装面から見ると Fast Connection Failover(FCF) は Oracle 10g JDBC ドライバの機能である JDBC Implicit Connection Cache(ICC) が提供する Real Application Cluster(RAC)10g クライアントです その第一の目的は キャッシュで接続の妥当性と可用性を保証することです 主に次の機能を提供します Implicit Connection Cacheにおける接続の迅速なDead Connection Detection (DCD) キャッシュからの古い接続や不良な接続の削除 上位層での再試行を容易にするコール元へのエラーの伝播 新しいデータベース インスタンスが Real Application Cluster と結合するときの接続再配分 ONS サービス停止通知 ONS サービス開始通知 Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 3

4 Oracle Application Server 10g R3 以降 Implicit Connection Cache および Fast Connection Failover は Oracle Containers for J2EE(OC4J) データソースに完全に統合されました そのため この機能の構成が非常に簡単になり FCF と組み合せた場合に使用できるデータソース関連の機能 (EJB に対するコンテナ管理永続性など ) もすべて利用できます Oracle Application Server の以前のリリースでも FCF の機能を十分に活用しながら最大可用性が得られますが いくつかの特別な構成変更も必要です このホワイト ペーパーの目的は次のとおりです 1. Oracle Application Server の各リリースで Fast Connection Failover を有効にする構成ガイドを提供 2. OracleAS 中間層と Oracle Database RAC 間の Fast Connection Failover が正しく機能していることを検証するテストのセットとトラブルシューティングのヒントを提供このホワイト ペーパーでは Fast Connection Failover で使用される様々な機能やテクノロジの技術的な説明はしません 付録に掲載したその他のドキュメントや詳細を参照してください 2. OracleAS 10g における Fast Connection Failover の構成 Oracle Application Server 10g のリリースが異なっても Fast Connection Failover の構成に必要な手順は同じです JDBC 接続 URLは データベースに接続するサービス名を使用する必要があります サービスIDは使用できません 対応するOracle Containers for J2EEデータソースでImplicit Connection CacheとFCFが有効になります データベース (10g R1または10g R2のReal Application Clusters(RAC)) とOracleAS 中間層の間でイベントを伝播するように Oracle Notification Server(ONS) が構成されます 以降では この各手順について OracleAS 10g の各リリースごとに詳しく説明します 環境固有の問題の発生を防ぐため Metalink(Metalink.oracle.com) を通じて両方の層 ( データベースと中間層 ) に最新のパッチが適用されているか確認することを強くお薦めします 2.1 Fast Connection Failover をサポートしている JDBC 接続 URL のタイプ FCF を有効にする場合 OracleAS のデータソース定義で使用された URL のサービス名識別子のみを使用できます 次に OracleAS で使用される有効な URL の例を示します Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 4

5 or (LOAD_BALANCE=on) (ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=host1) (PORT=1521)) (ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=host2)(PORT=1521)) (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=service_name)))" or (ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=cluster_alias) (PORT=1521)) (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=service_name)))" or url = url = or (LOAD_BALANCE=on) (ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=host1) (PORT=1521)) (ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=host2)(PORT=1521)) (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=service_name)))" or url = (ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=cluster_alias) (PORT=1521)) (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=service_name)))" service_name ベースの URL のみが許されます すなわち データベース用の SID に基づいた従来の URL は無効です 無効な使用方法 : url = 2.2 OracleAS 10g 中間層で Implicit Connection Cache および Fast Connection Failover を有効にする Implicit Connection Cache の OracleAS データソースへの統合は OracleAS のリリース に伴い進化してきました 1 最初の OracleAS 10g リリース (10g R1 および 10g R2) では そのデータソースを Implicit Connection Cache のデータソースに直接置き換 えることができました 最新リリース (10g R3 および 10g SOA) では OracleAS は Implicit Connection Cache を OracleAS が管理するデータソースに完全に統合しま す 以降では 10g の各リリースに対して OracleAS データソース構成で ICC を有効 にする方法を説明します 1 他のデータソースの詳細は ここを参照してください Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 5

6 2.2.1 OracleAS 10g R2 データソースで Implicit Connection Cache および Fast Connection Failover を有効にする OracleAS 10g R2 では Implicit Connection Cacheサポートはネイティブなデータソースに限られます [1] エミュレート データソースと非エミュレート データソースは この機能をサポートしません ( つまり このリリースでは コンテナ管理永続性 EJBをFCFと一緒に使用できません ) OracleAS 10g R2 およびR3 に含まれるデフォルトJDBCドライバは JDBC である点に注意してください 2 構成するトポロジで使用するデータベース リリースによっては JDBCドライバのアップグレードが必要な場合があります OracleASに含まれるJDBCドライバのアップグレードと証明書は これらのJDBCドライバの特定のバージョンに限られます 使用可能 / 証明済ドライバと必要なパッチは Metalinkで確認してください JDBC thin driversのアップグレードまたは変更は ここで説明します テストとデバッグには 既存のドライバを更新バージョンで直接オーバーライドします ただし この直接置換にはクラスローディング問題の可能性があるため 通常は避けてください OracleAS インスタンスで ICC と FCF を有効にするには データソース構成 (OracleASInstanceHOME/j2ee/oc4j_home/config 下の data-sources.xml ファイル ) を次のように変更する必要があります データソース クラスとして oracle.jdbc.pool.oracledatasource を指定 connectioncachename プロパティと connectioncachingenabled=true プロパティを指定 fastconnectionfailoverenabled=true プロパティを指定次の data-sources.xml のサンプルでは これらの変更を赤で示しています <data-source class="oracle.jdbc.pool.oracledatasource" name="oracleds" location="jdbc/oraclecache" connection-driver="oracle.jdbc.driver.oracledriver" username="scott" password="tiger" (LOAD_BALANCE=on) (ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=host1) (PORT=1521)) (ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=host2)(PORT=1521)) (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=service_name)))"> <property name="connectioncachename" value="icc"/> <property name="connectioncachingenabled" value="true"/> <property name="fastconnectionfailoverenabled" value="true"/> </data-source> / Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 6

7 2.2.2 OracleAS 10g R3 データソースで Implicit Connection Cache および Fast Connection Failover を有効にする OracleAS 10g R3 では Implicit Connection Cacheは 管理されたデータソースとネイティブなデータソース両方でサポートされます [2] 必要に応じて OracleAS 10g R3 に含まれるJDBCドライバをアップグレードできます 使用可能 / 証明済ドライバとパッチは 常にMetalinkで確認してください このアップグレードの実行に必要な手順は OracleAS 10g R2 のJDBCドライバをアップグレードする手順とは異なります その手順については ここで説明します OracleAS 10g R3 の管理されたデータソースで ICC を有効にするには 次の手順を実行します 同じファイルの各 XML 要素でconnection-pool-name 属性を使用して この管理されたデータソースがその接続のプールに使用する接続キャッシュの名前を指定します connectioncachename プロパティと connectioncachingenabled=true プロパティを指定します fastconnectionfailoverenabled=true プロパティを指定します 次の data-sources.xml のサンプルでは OracleAS 10gR3 の管理されたデータソースで ICC と FCF を有効にするための変更を赤で示しています <managed-data-source jndi-name="jdbc/managedds" description="managed DataSource" connection-pool-name="myconnectionpool name="managedds"/> <connection-pool name="myconnectionpool min-connections="10" max-connections="30" inactivity-timeout="30"> <connection-factory factory-class="oracle.jdbc.pool.oracledatasource" user="scott" password="tiger" (LOAD_BALANCE=on) (ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=host1) (PORT=1521)) (ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=host2)(PORT=1521)) (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=service_name)))"> <property name="logintimeout" value="30"/> <property name="connectioncachingenabled" value="true"/> <property name="fastconnectionfailoverenabled" value="true"/> </connection-factory> </connection-pool> ネイティブなデータソースの場合 変更点は OracleAS 10g R2 の場合と同じです データソース クラスとして oracle.jdbc.pool.oracledatasource を使用する必要があります connectioncachename プロパティと connectioncachingenabled=true プロパティを指定する必要があります fastconnectionfailoverenabled=true プロパティを指定します Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 7

8 次の data-sources.xml のサンプルでは OracleAS 10gR3 のネイティブなデータソー スで ICC と FCF を有効にするための変更を赤で示しています <native-data-source name="nativedatasource" jndi-name="jdbc/nativeds" description="native DataSource" data-source-class="oracle.jdbc.pool.oracledatasource" user="scott" password="tiger" (LOAD_BALANCE=on) (ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=host1) (PORT=1521)) (ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=host2)(PORT=1521)) (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=service_name)))"> <property name="connectioncachename" value="icc"/> <property name="connectioncachingenabled" value="true"/> <property name="fastconnectionfailoverenabled" value="true"/> </native-data-source> 2.3 RAC ノードから中間層にイベントを伝播するための Oracle Notification Server の構成 これは Fast Connection Failover を正しく構成するための最重要部分です 中間層 による JDBC 接続の検出とクリーンアップは RAC ノードから中間層へのデータ ベース イベントの正しい伝播に完全に依存します すでに説明したとおり これらの通知は Oracle Notification Server(ONS) により発行されます Oracle Application Server のリリースごとに異なる ONS バージョンが使用されます 次に 各製品にバンドルされた Oracle Notification Server のリリースを示します Oracleデータベース (10g R1または10g R2) には ONS が入っています OracleAS 10g R2 は ONS を使用します OracleAS 10g R3 は ONS を使用します 各 ONS の構成は それぞれの製品 / リリースの組合せにより多少異なります 各製品リリース用の構成が置かれるファイルは次のとおりです RACノード (10g R1または10g R2) のONS 定義は OHOME/opmn/conf /ons.configに置かれます OracleAS 10g R2のONS 構成は OHOME/opmn/ons.confで指定されます OracleAS 10g R3のONS 構成は OHOME/opmn/conf/opmn.xmlで指定されます Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 8

9 Fast Connection Failover に関して これらのファイルには通知を送受信する ONS のアドレスとポートが入ります ONS が Fast Connection Failover イベントに使用するポートは remoteport というタグが付いたポートです ONS 通信は 中間層と RAC ノード ONS 構成の両方で正しいウォレット構成を指定することにより SSL を通じて保護できます ただし 一般に Db ノードはセキュアな層で実行するものであるため ONS に対しては SSL を無効にするほうが適しています ([4] [5]) その場合 RAC ノードおよび RAC ノードと直接通信するすべての中間層で 無効にする必要があります 最終パラメータを保存する場所とは関係なく ONS 構成の方法は製品リリースによっても異なる場合があります 一般に Db クライアントは Db ノードのアドレスを使用して構成しますが その逆はありません ( すなわち すべての中間層の ONS リスナーのアドレスで Db ノードを構成する必要はありません ) ただし OracleAS 10g R2 中間層では例外があります それについては次に説明します g R1 Db における FCF ONS 構成 Oracle 10g R1 DB では OracleDB_HOME/opmn/conf 下の ons.config ファイルを編集する必要があります 次に例を示します localport=6100 remoteport=6202 nodes=rac_node1.us.oracle.com:6200, rac_node2.us.oracle.com:6200 この変更を有効にするには onsctl reconfig コマンドを使用して ONS を再起動する必要があります ONS タイムアウトと接続性問題を回避するため RAC クラスタのすべてのインスタンスとすべての DB インスタンスでこれを実行し すべてのノードに同じ ONS 構成を共有させる必要があります g R2 Db における FCF ONS 構成 DBCA を使用して作成された Oracle 10g R2 Db の場合 ONS のホスト / ポート構成は自動的に追加されます それ以外では Oracle Clusterware ホームから racgons [8] ユーティリティを使用して手動でホストを追加する必要があります ホストを手動で追加するには ONS デーモンがクラスタで稼働しており 各デーモンが構成に存在する他のすべてのホストを認識している必要があります Oracle Clusterware bin ディレクトリ (ORA_CRS_HOME/bin/racgons) から racgons を次のように使用します racgons add_config hostname:port [hostname:port]... 例 (rac_node2 を rac_node1 ONS に追加 ): racgons add_config rac_node2.us.oracle.com:6200 Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 9

10 2.3.3 OracleAS 10g R2 における FCF ONS 構成 ファームの構成管理に DCM を使用していない OracleAS スタンドアロン インス タンスの場合 OracleASHome/opmn/conf 下にある ons.conf ファイルを直接編集す ることにより ONS 構成を変更できます 次に例を示します localport=6100 remoteport=6202 nodes=rac_node1.us.oracle.com:6200, rac_node2.us.oracle.com:6200, mt_node1.us.oracle.com:6202, mt_node2.us.oracle.com: ただし 中間層インスタンスがファーム ( ファイル ベースまたはデータベース ベース ) の一部である場合 OracleAS Distributed Configuration Management(DCM) は ONS 構成ファイルに対して加えられたすべての構成変更を OracleAS 構成リポジトリがレポートするファームのインスタンスに関する情報で上書きします OracleAS 構成リポジトリは OracleAS インスタンスのみをレポートし データベース インスタンスはレポートしません したがって このタイプの ファーム シナリオ では DCM は ons.conf に対する変更を常に上書きし RAC ノードの追加をすべて削除します ( これは DCM による構成のアップグレードが発生した場合に起こります ) この場合 Db ノードの ONS 構成に中間層ノードを含める必要があります これにより 中間層ノードが ONS トポロジ情報を管理する RAC ノードとなるため DCM が実行する変更はなんら影響しません たとえば Db ノード rac_node1.us.oracle.com と rac_node2.us.oracle.com を持つ FCF 構成で中間層 mt_node1.us.oracle.com と mt_node2.us.oracle.com を構成するには RAC ノードで次の構成が必要です (OracleDBHome/opmn/conf 下の ons.config を編集するか 前述の および のように Db バージョンに応じて racgons を使用します ) localport=6100 remoteport=6202 nodes=rac_node1.us.oracle.com:6200, rac_node2.us.oracle.com:6200, mt_node1.us.oracle.com:6202, mt_node2.us.oracle.com 中間層 ONS 構成は DCM による管理に委ねることができます ( すなわち ファームのリポジトリによりレポートされる中間層のみを含めることができます ) Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 10

11 2.3.4 OracleAS 10g R3 における FCF ONS 構成 OracleAS 10g R3 中間層の場合 中間層ホームの opmn.xml を変更して RAC ノード を含めることができます (DCM の問題なしに ) これは RAC ONS にすべて中 間層を追加するより よい方法です (ONS トポロジを結合および分離する中間層 が多数ある場合 [5] DB サイドで構成を管理するのは困難になります ) また ONS は OracleAS 10g R3 で拡張され ([5]) より優れた柔軟性と効率性を提供 する別のトポロジを許可します 中間層の ONS 構成への RAC ノードの追加は 中間層の opmn.xml ファイルの直接編集により このリリースで達成されました 次に例を示します <notification-server> <port local="6104" remote="6204" request="6007"/> <ssl enabled="false" walletfile="$ ORACLE_HOME\opmn\conf\ssl.wlt\default"/> <topology> <nodes list="mt_node1.us.oralce.com:6200,rac_node1.us.oracle.com:6200,rac_node2.us,oracle. com:6200"/> </topology> </notification-server> nodes ノードの後のリストは RAC ノードの ons.config に指定されている RAC ノードのアドレスとポートです ファイアウォールが Db と中間層の間に存在する場合 代替トポロジを使用できます ( ゲートウェイ トポロジ [5]) RAC ノードの <nodes> 要素は ONS トポロジ構成に対する追加です すなわち OracleAS インスタンスのトポロジ構成には 変更や削除を行ってはならない追加の <nodes> 要素または <discovery> 要素 ([5]) があります この変更を有効にするには opmn.xml ファイルを変更および保存後 opmnctl reload を実行する必要があります OracleAS 10 R3 SOA では これらの変更は OracleAS Control 画面から直接実行できます ( この場合 opmnctl reload を実行する必要はありません ) これを行うには OracleAS Control のメインの Cluster Topology 画面から 右下の Topology Network Configuration リンクをクリックします トポロジに対して利用できる各フィールドに RAC ノードのリストを入力します [5] Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 11

12 ただし OracleAS Control で定義できるのは 1 つのタイプのトポロジのみです す なわち 次のように opmn.xml のトポロジ要素に複数のトポロジ タイプに含まれ る場合 <topology> <nodes list= "mt_node1.us.oracle.com:6200, mt_node2.us.oracle.com:6200, rac_node1.us.oracle.com:6200,rac_node2.us,oracle.com:6200"/> <discover list="* :6879"/> </topology> 検出エントリを管理しながら OracleAS Control を使用してノード リストに要素 を追加することはできません (OracleAS Control では この画面に示したように 1 つのトポロジ タイプのみ構成できます ) 3. OracleAS 環境における Fast Connection Failover のテストと検証 前述した構成手順により JDBC ドライバは ONS を通じてデータベース イベン トを処理するように準備されています ( 無効な接続のフェイルオーバーと新しい RAC ノードへの接続の再割当ては Db インスタンスの可用性の変化に基づいて実行することが必要です ) それでも ONS が正しく機能し ファイアウォールや他のネットワーク ピースなどの中間要素が正しい動作を妨害していないことを確認してください Fast Connection Failover が正しく機能しているかを調べるには 次の検証が必要です Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 12

13 RACノードと中間層間のONS 通信が正しく機能し データベース インスタンスが生成したONSイベントを中間層が正しく受信していること JDBCドライバがこれらのONSイベントを正しく処理し フェイルオーバーと接続クリーンアップが正しく機能していること 3.1 RAC ノードと中間層間の ONS 通信の検証 まず ONS が RAC ノードで稼働していることを検証します そのためには OHOME/opmn/bin から次を実行します onsctl ping このコマンドは 各 RAC ノードにおける ONS の稼働を確認します 中間層ノードでは OHOME/opmn/bin から次を実行します opmnctl ping このコマンドは ONS の可用性をレポートします 次に RAC ノードと中間層間の ONS 通信が正しく行われているかを検証する必要があります RAC ノードで OHOME/opmn/bin から次を呼び出します onsctl debug このコマンドは ONS デバッグ情報をレポートします 中間層接続と他のデータベース接続は 次の画面のようにリストされます Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 13

14 中間層ノードで OHOME/opmn/bin から次を実行します opmnctl debug このコマンドは デバッグ レポートのすべての層 中間層とデータベース ノー ド からの接続をリストします Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 14 Oracle Corporation 発行 Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover Configuration Guide の翻訳版です

15 さらに 異なる層間のONS通信をテストするためにONSテスターを利用できます 3 テスターは ONS通知のsenderとしてもreceiverとしても実行できます テス ターを実行するには RACノードの 1 つでファイルを解凍し 次を実行します java -Doracle.ons.oraclehome=$ORACLE_HOME ONSTest -s 1 -r 0 p n 30 これにより RAC ノードで sender スレッドを開始し タイプ ons/test/shutdown の 30 個の ONS メッセージを送信します 次に OracleAS ノードの 1 つで次を実 行して ONS receiver を開始します java -Doracle.ons.oraclehome=$ORACLE_HOME ONSTest -s 0 r 1 p 通知の受領は receiver のコンソール OracleAS ノードの に記録され RAC ノー ドと OracleAS ノード間で ONS 通知が正しく流れていることを証明する必要があ ります 次の図に テスターによりレポートされるサンプル出力を示します 他 の中間層も ONS イベントを生成することがあるため 受信したイベントの中に テスターの sender スレッドが発行するイベントであるタイプ ons/test/ のイベント があることを確認する必要があります 3 このテスターは デバッグとテストのみを目的としています Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 15 Oracle Corporation 発行 Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover Configuration Guide の翻訳版です

16 3.2 JDBC ドライバが ONS イベントを処理し 正しくフェイルオーバーしていることを検証する JDBC ドライバが ONS イベントを正しく受信し処理していることを検証するには JDBC トレースを使用する必要があります Oracle 10g JDBC の JDBC トレースに は 特別な JDBC ライブラリが必要です このライブラリは OracleAS で使用で きるデフォルトまたはインストールされた JDBC ドライバをオーバーライドする 必要があります トレース ドライバには jdk1.4.jar が必要です これは 次か らダウンロードできます 注意 : 10g R1 RAC と 10g R2 には それぞれ異なるライブラリがあります OracleAS 10g R2 の oc4j.jar にあるマニフェスト クラスパスは $OH/jdbc/lib/classes12dms.jar を実効クラスパスに含めますが ojdbc14dms.jar は含めないため $OH/jdbc/lib/classes12dms.jar を $OH/jdbc/lib/ojdbc14dms_g.jar に置き換える必要があります これは単にトレースのためであり トレース検証の完了後は元に戻す必要があります JDBC トレースを有効にするには 次を実行する必要があります 1. 次の行を追加します oracle.jdbc.driver.level=finest この行を デフォルト $OH/jdk/jre/lib/logging.properties ファイルの最後に追加します 2. 次のシステム プロパティを持つ OC4J VM を開始するように $OH/opmn/conf/opmn.xml を編集します Doracle.jdbc.LogFile=jdbc.log. これにより JDBC ドライバのロギング出力のみが入ったファイル $OH/j2ee/Oc4J_home/jdbc.log が生成されます Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 16

17 または 独立したトレース プロパティ ファイルを作成および使用することにより 特別なロギング構成を使用します このファイルの位置は java.util.logging.config.file 環境変数を使用して パラメータとして OC4J JVM に渡されます トレースは 次のシステム プロパティを使用して有効にします oracle.jdbc.trace=true 例 : opmn.xml java-options は 次の指定で FCF アプリケーションを実行している OC4J コンテナに対して変更されます -Doracle.jdbc.trace=true -Djava.util.logging.config.file= c:\tracing.properties... c:\tracing.properties ファイルには 次が入っています handlers= java.util.logging.filehandler.level= INFO # default file output is in user's home directory java.util.logging.filehandler.pattern = jdbc.log java.util.logging.filehandler.limit = java.util.logging.filehandler.count = 1 java.util.logging.filehandler.formatter = java.util.logging.xmlformatter. # Setting this to SEVERE avoids duplicate output from default logger java.util.logging.consolehandler.level = SEVERE java.util.logging.consolehandler.formatter = java.util.logging.simpleformatter oracle.jdbc.level = FINEST oracle.jdbc.pool.level = FINEST 上述のいずれかの手順によりトレースが有効になると RAC DB 障害と接続フェイルオーバーが JDBC ドライバにより記録されます すなわち JDBC ドライバにより処理された FCF イベントに関する対応メッセージが jdbc_tracing.log ファイルに入れられます 次のようなイベントが含まれます initfailoverparametersに対するコール 4 FCF eventtypeおよびeventbody( 完全イベントを示す ) abortconnectionに対するコール ( クリーンアップする接続について ) 次の部分には jdbc_tracing.log サンプル ファイルに記録されるメッセージが含まれています Mar 3, :07:43 PM oracle.jdbc.pool.oraclefailovereventhandlerthread handleevent FINE: OracleFailoverEventHandlerThread.handleEvent():<database/event/service> 4 DB サイドで障害が発生した場合 このネットワーク障害を通知する中間層の ONS ではなく 生き残っている RAC ノードからトリガーされた通知に基づいて 接続のフェイルオーバーが発生します そのため フェイルオーバー期間は ONS チューニングではなく RAC チューニングには基づきます この障害検出期間はデータベース依存であり チューニングできます [9][10] Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 17

18 Mar 3, :07:43 PM oracle.jdbc.pool.oracleconnectioncachemanager verifyandhandleevent FINER: eventtype=256eventbody=<version=1.0 service=serv1 instance=rac3 database=racstres host=hpcpq-7 status=down reason=user > Mar 3, :07:43 PM oracle.jdbc.pool.oracleimplicitconnectioncache processfailoverevent FINE:OracleImplicitConnectionCache.processFailoverEvent(eventType=256,instName= Rac3,dbUniqName=RacStres,hostName=hpcpq-7,status=down, card=0) Mar 3, :07:43 PM oracle.jdbc.pool.oracleimplicitconnectioncache markdownlostconnections FINE:OracleImplicitConnectionCache.markDownLostConnections(serviceDownEvent=tr uehostdownevent=false,instname=rac3,dbuniqname=racstres,hostname=hpcpq-7,stat us=down) Mar 3, :07:43 PM oracle.jdbc.pool.oracleimplicitconnectioncache cleanupfailoverconnections FINE:OracleImplicitConnectionCache.cleanupFailoverConnections(serviceDownEvent=t ruehostdown Event=false,instName=Rac3,dbUniqName=RacStres,hostName=hpcpq-7,status=down) Mar 3, :07:43 PM oracle.jdbc.pool.oracleimplicitconnectioncache doforeverycachedconnection FINE: OracleImplicitConnectionCache.doForEveryCachedConnection(task=2) Mar 3, :07:49 PM oracle.jdbc.pool.oraclefailovereventhandlerthread handleevent Long Query Exception: java.sql.sqlexception: Io exception: Socket closed FINE: OracleFailoverEventHandlerThread.handleEvent():<database/event/service> Mar 3, :07:49 PM oracle.jdbc.pool.oracleconnectioncachemanager verifyandhandleevent FINER: eventtype=256eventbody=<version=1.0 service=serv1 instance=rac1 database=racstres host=hpcpq-5 status=up card=1 reason=user > (JDBC ドライバ レベルのトレース出力で SQL 例外 invalid ons event received が見られることがあります 関連のない ONS イベントの一部が JDBC 処理で拒否されただけであり 無視します ) まとめ Fast Connection Failover は OracleAS 中間層と Oracle Real Application Cluster(RAC) データベース間の高度な統合を明確に実証します FCF は JDBC Implicit Connection Cache(ICC) が提供する 10g RAC クライアントであり この 2 層間でのイベント通信の通信手段として Oracle Notification Server(ONS) を使用します Fast Connection Failover では 中間層とデータベース間に正しいデータソースと ONS 構成が必要です この構成は OracleAS と Oracle DB リリースによって変わります この 2 層間での ONS 通知の流れと JDBC ドライバによるそれらの正し Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 18

19 い使用は 正しい Fast Connection Failover 構成にとって重要です ここで説明した ように両方を検証することを強くお薦めします 付録 JDBC 構成 ONS 構成 Fast Connection Failover Real Application Clusters に関する その他のドキュメントと詳細は 次から入手できます [1] OracleAS 10g R2 データ ソース [2] OracleAS 10g R3 Datasources [3] Implicit Connection Cache and OC4J datasources [4] OracleAS 10g R2 OPMN ドキュメント [5] OracleAS 10g R3 OPMN ドキュメント [6] Oracle 10g R1 DB FCF documentation [7] Oracle 10g R2 DB FCF ドキュメント [8] Oracle 10g R2 DB racgons utility [9] Oracle 10g R2 DB CSS reconfiguration [10] Oracle 10g R1 DB CSS reconfiguration Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 19

20 Oracle Application Server 10g Fast Connection Failover 構成ガイド 2006 年 10 月著者 : Fermin Castro Product Management Oracle Application Server Oracle Corporation World Headquarters 500 Oracle Parkway Redwood Shores, CA U.S.A. 海外からのお問合せ窓口 : 電話 : ファックス : Copyright 2006, Oracle. 無断転載を禁ず この文書はあくまで参考資料であり 掲載されている情報は予告なしに変更されることがあります オラクル社は 本ドキュメントの無謬性を保証しません また 本ドキュメントは 法律で明示的または暗黙的に記載されているかどうかに関係なく 商品性または特定の目的に対する適合性に関する暗黙の保証や条件を含む一切の保証または条件に制約されません オラクル社は 本書の内容に関していかなる保証もいたしません また 本書により 契約上の直接的および間接的義務も発生しません 本書は 事前の書面による承諾を得ることなく 電子的または物理的に いかなる形式や方法によっても再生または伝送することはできません Oracle JD Edwards PeopleSoft および Retek は Oracle Corporation および関連会社の登録商標です 他の製品名は それぞれの所有者の商標です

Oracle Application Server 10g Release 3(10.1.3)- アジャイル・エンタープライズ(俊敏な企業)のためのデータ・アクセス

Oracle Application Server 10g Release 3(10.1.3)- アジャイル・エンタープライズ(俊敏な企業)のためのデータ・アクセス Oracle Application Server 10g Release 3 10.1.3 2005 8 Oracle Application Server 10g Release 3 10.1.3... 3 Oracle Application Server 10g Release 3 10.1.3 3... 4... 4 RAC... 6 JDBC... 7 JMX... 8... 9 Oracle...

More information

Oracle Web CacheによるOracle WebCenter Spacesパフォーマンスの向上

Oracle Web CacheによるOracle WebCenter Spacesパフォーマンスの向上 Oracle ホワイト ペーパー 2010 年 2 月 Oracle Web Cache による Oracle WebCenter Spaces パフォーマンスの向上 免責事項 以下の事項は 弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです また 情報提供を唯一の目的とするものであり いかなる契約にも組み込むことはできません 以下の事項は マテリアルやコード 機能を提供することをコミットメント

More information

スケーラビリティおよび高可用性を目的としたOracle Content Database中間層の構成についてのベスト・プラクティス

スケーラビリティおよび高可用性を目的としたOracle Content Database中間層の構成についてのベスト・プラクティス スケーラビリティおよび高可用性を目的とした Oracle Content Database 中間層の構成 : そのベスト プラクティス オラクル ホワイト ペーパー 2006 年 8 月 概要 このホワイト ペーパーでは Oracle Content Database(Oracle Content DB) の中間層を複数インスタンス構成する際に 特にスケーラブルで高可用性が必要な環境でのベスト プラクティスについて説明します

More information

Oracle DatabaseとIPv6 Statement of Direction

Oracle DatabaseとIPv6 Statement of Direction Oracle ホワイト ペーパー 2011 年 2 月 Oracle Database と IPv6 Statement of Direction 免責事項 以下の事項は 弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです また 情報提供を唯一の目的とするものであり いかなる契約にも組み込むことはできません 以下の事項は マテリアルやコード 機能の提供をコミットメント ( 確約 ) するものではなく

More information

Microsoft Windows向けOracle Database 12cでのOracleホーム・ユーザーの導入

Microsoft Windows向けOracle Database 12cでのOracleホーム・ユーザーの導入 Oracle ホワイト ペーパー 2013 年 7 月 Microsoft Windows 向け Oracle Database 12c での Oracle ホーム ユーザーの導入 はじめに Oracle Database 12c Release 1(12.1) 以降では Microsoft Windows 上のOracle Databaseで インストール時に指定したOracleホーム ユーザーの使用がサポートされています

More information

Oracle DatabaseとIPv6 Statement of Direction

Oracle DatabaseとIPv6 Statement of Direction Oracle ホワイト ペーパー 2017 年 10 月 Oracle Database と IPv6 Statement of Direction 免責事項 下記事項は 弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです また 情報提供を唯一の目的とするものであり いかなる契約にも組み込むことはできません マテリアルやコード 機能の提供をコミットメント ( 確約 ) するものではなく 購買を決定する際の判断材料になさらないで下さい

More information

untitled

untitled Oracle Enterprise Manager 10g Oracle Application Server 2003 11 Oracle Enterprise Manager 10g Oracle Application Server... 3 Application Server... 4 Oracle Application Server... 6... 6... 7 J2EE... 8...

More information

富士通Interstage Application Server V10でのOracle Business Intelligence の動作検証

富士通Interstage Application Server V10でのOracle Business Intelligence の動作検証 富士通 Interstage Application Server V10 での Oracle Business Intelligence の動作検証 Fujitsu Oracle ホワイト ペーパー 2011 年 11 月 富士通 Interstage Application Server V10 での Oracle Business Intelligence の動作検証 1. はじめに 日本オラクル株式会社と富士通株式会社は

More information

Oracle Application Server 10g (9.0.4): Manually Managed Cluster

Oracle Application Server 10g (9.0.4): Manually Managed Cluster Oracle Application Server 10g 9.0.4 : 2004 6 Oracle Application Server 10g 9.0.4 : Oracle Application Server... 3... 3 Oracle Application Server... 3... 3... 4 Oracle Application Server... 6 Oracle Application

More information

intra-mart Accel Platform

intra-mart Accel Platform セットアップガイド (WebSphere 編 ) 第 4 版 2014-01-01 1 目次 intra-mart Accel Platform 改訂情報 はじめに 本書の目的 前提条件 対象読者 各種インストール 設定変更 intra-mart Accel Platform 構成ファイルの作成 WebSphereの設定 Java VM 引数の設定 トランザクション タイムアウトの設定 データベース接続の設定

More information

Oracle Secure Enterprise Search 10gクイック・スタート・ガイド

Oracle Secure Enterprise Search 10gクイック・スタート・ガイド Oracle Secure Enterprise Search 10g クイック スタート ガイド Oracle ホワイト ペーパー 2006 年 9 月 Oracle Secure Enterprise Search 10g クイック スタート ガイド 1 Oracle Corporation 発行 Oracle Secure Enterprise Quick Start Guide の翻訳版です

More information

JD Edwards EnterpriseOneリアルタイム・イベントのOracle Enterprise Service Busへのパブリッシュ

JD Edwards EnterpriseOneリアルタイム・イベントのOracle Enterprise Service Busへのパブリッシュ JD Edwards EnterpriseOne リアルタイム イベントの Oracle Enterprise Service Bus へのパブリッシュ 概要 このチュートリアルでは JD Edwards EnterpriseOne(JDE E1) のリアルタイム イベント (RTE) を Oracle Enterprise Service Bus(Oracle ESB) にパブリッシュする手順について説明します

More information

Oracle Enterprise Linux 5における認証

Oracle Enterprise Linux 5における認証 Oracle Enterprise Linux 5 における認証 ORACLE Oracle Enterprise Linux 5 Oracle Enterprise Linux 5 は Red Hat Enterprise Linux 5 と完全互換 ( ソース バイナリとも ) Oracle Enterprise Linux 5 は完全 kabi 準拠 オープン ソースとしてご利用いただける Oracle

More information

MAA/Data Guard 10g Release 2セットアップ・ガイド – RACプライマリのためのRACロジカル・スタンバイ作成

MAA/Data Guard 10g Release 2セットアップ・ガイド – RACプライマリのためのRACロジカル・スタンバイ作成 MAA/Data Guard 10g Release 2 セットアップ ガイド - RAC プライマリのための RAC ロジカル スタンバイ作成 Oracle ホワイト ペーパー 2006 年 5 月 Maximum Availability Architecture Oracle Best Practices For High Availability MAA/Data Guard 10g Release

More information

— intra-mart Accel Platform セットアップガイド (WebSphere編)   第7版  

— intra-mart Accel Platform セットアップガイド (WebSphere編)   第7版   Copyright 2013 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目次 intra-mart Accel Platform セットアップガイド (WebSphere 編 ) 第 7 版 2016-12-01 改訂情報はじめに本書の目的前提条件対象読者各種インストール 設定変更 intra-mart Accel Platform 構成ファイルの作成 WebSphereの設定

More information

SESにおけるCustom Searchインタフェースの実装 - search.oracle.comでのケース・スタディ

SESにおけるCustom Searchインタフェースの実装 - search.oracle.comでのケース・スタディ Oracle Secure Enterprise Search におけるカスタム検索インタフェースの実装 - search.oracle.com の事例 オラクル ホワイト ペーパー 2006 年 6 月 Oracle Secure Enterprise Search におけるカスタム検索インタフェースの実装 - search.oracle.com の事例 概要... 3 カスタム検索 UI...

More information

Oracle Warehouse Builder 10 g Release 2 ビジネス・ルール主導によるデータ統合

Oracle Warehouse Builder 10 g Release 2 ビジネス・ルール主導によるデータ統合 Oracle Warehouse Builder 10g Release 2 ビジネス ルール主導によるデータ統合 オラクル ホワイト ペーパー 2007 年 1 月 注意 : このドキュメントは情報提供のみを目的としています 資料 コードまたは機能を提供するものでもなく 購入決定を行う際にその根拠として使用されるものでもありません Oracle 製品についてここに記述した特徴や機能の開発 リリースおよび実現時期については

More information

AJAXを使用した高い対話性を誇るポートレットの構築

AJAXを使用した高い対話性を誇るポートレットの構築 Oracle Application Server Portal テクニカル ノート AJAX 2006 7 概要 Web Web Web UI Web Web Web Web Ajax Asynchronous JavaScript and XML Ajax Ajax 1 API JSR 168 Web Java JSR 168 JavaScript AJAX: 画面の背後にあるテクノロジ Web

More information

Oracle Application Expressの機能の最大活用-インタラクティブ・レポート

Oracle Application Expressの機能の最大活用-インタラクティブ・レポート Oracle Application Express 4.0 を使用した データベース アプリケーションへのセキュリティの追加 Copyright(c) 2011, Oracle. All rights reserved. Copyright(c) 2011, Oracle. All rights reserved. 2 / 30 Oracle Application Express 4.0 を使用した

More information

faq Oracle Application Server 10g Oracle HTTP Server

faq Oracle Application Server 10g Oracle HTTP Server faq ORACLE FUSION MODDLEWARE Oracle Application Server 10g Oracle HTTP Server Frequently Asked Questions 2006 年 2 月 この FAQ では Oracle Application Server 10g Release 3(10.1.3) に関してよくある質問を取り上げます この FAQ は

More information

Oracle Enterprise Managerシステム監視プラグイン・インストレーション・ガイドfor Juniper Networks NetScreen Firewall, 10gリリース2(10.2)

Oracle Enterprise Managerシステム監視プラグイン・インストレーション・ガイドfor Juniper Networks NetScreen Firewall, 10gリリース2(10.2) Oracle Enterprise Manager システム監視プラグイン インストレーション ガイド for Juniper Networks NetScreen Firewall 10g リリース 2(10.2) 部品番号 : B28468-01 原典情報 : B28041-01 Oracle Enterprise Manager System Monitoring Plug-in Installation

More information

Oracle9i Application Server for Windows NT/2000 リリース・ノート追加情報 リリース

Oracle9i Application Server for Windows NT/2000 リリース・ノート追加情報 リリース Oracle9i Application Server for Windows NT/2000 リリース ノート追加情報 リリース 1.0.2.1 2001 年 5 月 部品番号 : J03818-01 原典情報 : Oracle9i Application Server Release Notes Addendum, Release 1.0.2.1 for Windows NT/2000 (A88731-02)

More information

Oracle Warehouse Builder: 製品ロードマップ

Oracle Warehouse Builder: 製品ロードマップ Oracle Warehouse Builder: 製品ロードマップ Oracle ホワイト ペーパー 2006 年 10 月 Oracle Warehouse Builder: 製品ロードマップ はじめに Oracle Warehouse Builder(OWB) は オラクルの代表的な ETL ソリューションで Oracle データベースのユーザーを対象に 世界中の何千ものサイトで利用されています

More information

Oracle Enterprise Manager System Monitoring Plug-inインストレーション・ガイドfor Microsoft SQL Server, リリース4( )およびリリース3( )

Oracle Enterprise Manager System Monitoring Plug-inインストレーション・ガイドfor Microsoft SQL Server, リリース4( )およびリリース3( ) Oracle Enterprise Manager System Monitoring Plug-in インストレーション ガイド for Microsoft SQL Server リリース 4(3.0.2.1.0) およびリリース 3(3.0.2.0.0) 部品番号 : E05532-01 原典情報 : B28049-05 Oracle Enterprise Manager System Monitoring

More information

Oracle Enterprise Manager 10g System Monitoring Plug-In for IBM WebSphere Application Server

Oracle Enterprise Manager 10g System Monitoring Plug-In for IBM WebSphere Application Server Oracle Enterprise Manager 10g System Monitoring Plug-In for IBM WebSphere Application Server Oracle System Monitoring Plug-In for IBM WebSphere Application Server のと アプリケーション パフォーマンス管理 エンドユーザーのパフォーマンス監視

More information

Oracle Real Application Clusters 10g: 第4世代

Oracle Real Application Clusters 10g: 第4世代 Oracle Real Application Clusters 10g: Angelo Pruscino, Oracle Gordon Smith, Oracle Oracle Real Application Clusters RAC 10g Oracle RAC 10g Oracle Database 10g Oracle RAC 10g 4 Oracle Database 10g Oracle

More information

Oracle Application Server 10g Oracle HTTP Server FAQ

Oracle Application Server 10g Oracle HTTP Server FAQ faq ORACLE FUSION MODDLEWARE Oracle Application Server 10g Oracle HTTP Server Frequently Asked Questions 2006 年 10 月 この FAQ では Oracle Application Server 10g Release 3(10.1.3.1.0) バージョンの Oracle HTTP Server(OHS)

More information

Oracle SOA Suite 11gコンポジットに対するSOASchedulerの構成

Oracle SOA Suite 11gコンポジットに対するSOASchedulerの構成 Oracle SOA Suite 11g コンポジットに対する SOAScheduler の構成 オラクル Senior Solution Architect Robert Baumgartner 2010 年 11 月 Oracle SOA Suite 11g コンポジットに対する SOAScheduler の構成 1 前提条件 https://soasamples.samplecode.oracle.com/

More information

Microsoft Word - MOPatch-1.doc

Microsoft Word - MOPatch-1.doc Oracle for SAP MOPatch 利用マニュアル 2007 年 12 月 5 日日本オラクル株式会社 SAP サポート チーム Ver1.1-1 - MOPatch とは... 3 前提条件... 3 MOPatch の入手方法... 3 MOPatch dry-run モードでの実行... 4 MOPatch の実行... 5-2 - MOPatch とは MOPatch は Multiple

More information

Microsoft Word - J-jdev_dba_db_developers.doc

Microsoft Word - J-jdev_dba_db_developers.doc Oracle JDeveloper 2006 1 : Oracle Oracle JDeveloper 2 Oracle JDeveloper :... 2... 4... 4... 4... 5... 6 SQL... 7... 8... 8 SQL... 10 PL/SQL... 11 PL/SQL... 11 Code Editor PL/SQL... 12 Navigator Structure...

More information

Microsoft Word - J-sap-availability-on-rac-twp.doc

Microsoft Word - J-sap-availability-on-rac-twp.doc SAP リソースの高可用性の実現 オラクル ホワイト ペーパー 2006 年 4 月 SAP リソースの高可用性の実現 SAP リソースの高可用性の実現... 3 高可用性を実現する SAP のサポート... 3 Oracle Clusterware... 4 SAPCTL 実装について... 4 サポートされる構成... 4 インストールと管理... 5 SAPCTL を実行するための要件...

More information

橡CoreTechAS_HighAvailability.PDF

橡CoreTechAS_HighAvailability.PDF Oracle Application Server 10g Oracle Developer Suite 10g High Availability Page 1 1 Oracle Application Server 10g (9.0.4) 10g(9.0.4) Oracle Application Server 10g(9.0.4) New Enhanced Page 2 2 OracleAS

More information

Oracle Data Pumpのパラレル機能

Oracle Data Pumpのパラレル機能 Oracle Data Pump のパラレル機能 Carol Palmer オラクル社 Principal Product Manager はじめに Oracle Database 10g 上の Oracle Data Pump により 異なるデータベース間のデータとメタデータを高速で移動できます Data Pump の最も便利な機能の 1 つは エクスポート ジョブとインポート ジョブをパラレルに実行しパフォーマンスを高める機能です

More information

Oracle SALTを使用してTuxedoサービスをSOAP Webサービスとして公開する方法

Oracle SALTを使用してTuxedoサービスをSOAP Webサービスとして公開する方法 Oracle SALT を使用して Tuxedo サービスを SOAP Web サービスとして公開する方法 概要 このドキュメントは Oracle Service Architecture Leveraging Tuxedo(Oracle SALT) のユースケースをほんの数分で実装できるように作成されています Oracle SALT を使用すると プロジェクトをゼロからブートストラップし 既存のプロジェクトに

More information

Oracle Application Server 10g: Oracle Enterprise Messaging Service FAQ

Oracle Application Server 10g: Oracle Enterprise Messaging Service FAQ faq ORACLE FUSION MODDLEWARE Oracle Application Server 10g Oracle Enterprise Messaging Service Frequently Asked Questions 2006 年 10 月 この FAQ では Oracle Enterprise Messaging Service に関してよく寄せられる質問を取り上げます

More information

Slide 1

Slide 1 Oracle Data Guard の構築とフェイルオーバー実行例 日本オラクル株式会社 以下の事項は 弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです また 情報提供を唯一の目的とするものであり いかなる契約にも組み込むことはできません 以下の事項は マテリアルやコード 機能を提供することをコミットメント ( 確約 ) するものではないため 購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい

More information

Spring Frameworkに対するオラクルのサポート

Spring Frameworkに対するオラクルのサポート Spring Framework に対するオラクルのサポート Oracle ホワイト ペーパー 2007 年 5 月 Spring Framework に対するオラクルのサポート はじめに ソフトウェア開発という独自の世界では 選択の自由も抽象的な概念ではありません 要件に合った方法でのアプリケーション構築を可能にするテクノロジーやフレームワークを選ぶ自由は 絶対不可欠なものです オラクルはこの要求を理解しており

More information

Oracleセキュア・エンタープライズ・サーチ

Oracleセキュア・エンタープライズ・サーチ Oracle Secure Enterprise Search Secure Connector Software Development Kit Oracle Secure Enterprise Search バージョン 10.1.6 2006 年 6 月 概要 Oracle Secure Enterprise Search 10.1.6 は Web サーバー データベース表 IMAP サーバー

More information

Microsoft Word - J-migratingjdevelope#110A7A.doc

Microsoft Word - J-migratingjdevelope#110A7A.doc JDeveloper 10.1.3 2005 2 JDeveloper 10.1.3... 3 JDeveloper 10.1.2... 3... 3... 4 10.1.2... 4 JDeveloper 10.1.3... 5... 5... 5 10.1.3... 5 JDeveloper... 5... 6... 7... 8... 9... 9... 11... 11... 11 JDeveloper

More information

WebOTX V6 JDBCアプリケーションのトラブルシューティング(JDBCデータソース)

WebOTX V6 JDBCアプリケーションのトラブルシューティング(JDBCデータソース) WebOTX V6 JDBC アプリケーションのトラブルシューティング (JDBC データソース ) 2006 年 12 月初版 改版履歴 i 目次 1 はじめに...1 2 障害の切り分け方法...1 3 障害発生時の対処...2 3.1 Oracleデータベースリンク利用時のトランザクション障害への対応...2 3.2 Oracleデータベースリンクの再接続障害への対応...4 3.3 JDBCデータソースの設定変更が効かない現象への対応...6

More information

Microsoft Word - nvsi_080188jp_r1_netvault_oracle_rac_backup_complemental_guide_j_174x217.doc

Microsoft Word - nvsi_080188jp_r1_netvault_oracle_rac_backup_complemental_guide_j_174x217.doc Oracle RAC 環境における NetVault Backup バックアップ & リストア補足資料 バックボーン ソフトウエア株式会社 Doc# NVSI-080188JP Copyrights 著作権 2009 BakBone Software Oracle RAC 環境における NetVault Backup バックアップ & リストア補足資料 Version 1.1 本ガイドは Oracle

More information

Oracle ADF 11g入門

Oracle ADF 11g入門 Oracle ADF 11g 入門 Oracle Fusion Web アプリケーションの構成要素の概要 Oracle ホワイト ペーパー 2007 年 4 月 Oracle ADF 11g 入門 開発者ガイドは Oracle JDeveloper に付属されているので すぐに使用できます これらのガイドは Oracle JDeveloper のスタート ページまたはオンラインの Oracle Technology

More information

Oracle Access ManagerとOracle Identity Managerの同時配置

Oracle Access ManagerとOracle Identity Managerの同時配置 Oracle Access Manager と Oracle Identity Manager の同時配置 オラクル ホワイト ペーパー 2006 年 11 月 Oracle Access Manager と Oracle Identity Manager の同時配置 概要... 3 はじめに... 3 Oracle Identity Manager 中心の配置... 5 説明... 5 配置ガイドライン...

More information

Polycom RealConnect for Microsoft Office 365

Polycom RealConnect for Microsoft Office 365 ユーザガイド Polycom RealConnect for Microsoft Office 365 1.0 4 月 2017 年 3725-06676-005 A Copyright 2017, Polycom, Inc. All rights reserved. 本書のいかなる部分も Polycom, Inc. の明示的な許可なしに いかなる目的でも 電子的または機械的などいかなる手段でも 複製

More information

付録

付録 Cisco HyperFlex ノードの設置 1 ページ Cisco UCS ファブリック インターコネクトのセット アップ 2 ページ WinSCP を使用してインストーラ VM に iso と img ファイルをアップロードするには 6 ページ DNS レコード 9 ページ HX サービス アカウント パスワードの更新 9 ページ Cisco HyperFlex ノードの設置 HyperFlex

More information

Symantec AntiVirus の設定

Symantec AntiVirus の設定 CHAPTER 29 Symantec AntiVirus エージェントを MARS でレポートデバイスとしてイネーブルにするためには Symantec System Center コンソールをレポートデバイスとして指定する必要があります Symantec System Center コンソールはモニタ対象の AV エージェントからアラートを受信し このアラートを SNMP 通知として MARS に転送します

More information

Oracle Data Pumpのパラレル機能

Oracle Data Pumpのパラレル機能 Oracle ホワイト ペーパー 2009 年 2 月 Oracle Data Pump のパラレル機能 はじめに Oracle Database 10gから使用できるようになったOracle Data Pumpは データベース間でのデータおよびメタデータの高速移動を実現します Data Pumpが提供するもっとも実用的な機能の1つに エクスポート ジョブとインポート ジョブのパフォーマンスの最大化を目的としたパラレル化機能があります

More information

透過的アプリケーション・フェイルオーバー

透過的アプリケーション・フェイルオーバー 透過的アプリケーション フェイルオーバー オラクル ホワイト ペーパー 2006 年 6 月 透過的アプリケーション フェイルオーバー 概要... 3 フェイルオーバーの概念... 3 TAF 機能... 4 自動再接続... 4 パッケージおよびセッション状態のリストア... 4 再開可能な問合せ... 5 セッションの移行... 6 TAF の構成... 6 サポートされる構成... 7 3 層環境...

More information

Interstage Interaction Manager V9 Oracle Database 11g 適用手順書

Interstage Interaction Manager V9 Oracle Database 11g 適用手順書 Interstage Interaction Manager V9 Oracle Database 11g 適用手順書 はじめに Interstage Interaction Manager V9 ポータル機能は データベースにOracle Database 11gを使用する場合 Oracle Database 10gのJDBCドライバを使用します 本書は 製品マニュアル Interstage Portalworks

More information

Oracle Enterprise Manager 10g R2 Grid Control: データベース管理の新機能

Oracle Enterprise Manager 10g R2 Grid Control: データベース管理の新機能 Oracle Enterprise Manager 10g R2 Grid Control: 2005 8 Oracle Enterprise Manager 10g R2 Grid Control:... 3... 3 GRID CONTROL... 4... 4... 4... 5... 5 GRID CONTROL... 5... 5 SQL /... 6... 7 HANG ANLYSIS...

More information

Oracle Real Application Clusters 10g Release 2: Microsoft SQL Server 2005との技術的比較

Oracle Real Application Clusters 10g Release 2: Microsoft SQL Server 2005との技術的比較 Oracle Real Application Clusters 10g Release 2: Microsoft SQL Server 2005 2005 9 Oracle Real Application Clusters 10g Release 2: Microsoft SQL Server 2005... 3 ORACLE REAL APPLICATION CLUSTERS... 4 SQLSERVER

More information

スライド 1

スライド 1 Tivoli Access Manager for Enterprise Single Sign-On v8.1 Unofficial Installation Guide 2010 SRCHACK.ORG 本資料について IBM のシングルサインオン製品 Tivoli Access Manager for Enterprise Single Sign-On v8.1 の導入手順を srchack.org

More information

HP Device Manager4.7インストール・アップデート手順書

HP Device Manager4.7インストール・アップデート手順書 Technical white paper HP Device Manager4.7 インストール アップデート手順書 目次 はじめに 2 HPDM の構成の概要 3 1. インストール先のサーバーの準備 4 2.HPDM Softpaq の入手と展開 6 3.HPDM の新規インストール 9 4. マスターリポジトリの設定 17 5.HPDM のアップデート 20 1 はじめに 本資料では HP

More information

IPM Release 2.6 へのアップグ レード

IPM Release 2.6 へのアップグ レード CHAPTER 3 この章では 以前のリリースの IPM を IPM Release 2.6 にアップグレードする方法について説明します 取り上げる項目は次のとおりです 前のリリースの IPM からのアップグレード (P.3-2) IPM 2.6 の移行パス (P.3-3) Windows でのリモートデータの移行 (P.3-4) Solaris でのリモートデータの移行 (P.3-6) IPM サーバと

More information

Troubleshooting SSH connections with Reflection X

Troubleshooting SSH connections with Reflection X Reflection X の SSH 接続のトラブルシューティング 最終改訂日 : 2011 年 3 月 31 日注意 : 最新の情報は まず 英語版の技術ノート 1814 ( 英語 ) で公開されます 英語版の最終改訂日がこの版の最終改訂日よりも後である場合は 英語版に新しい情報が含まれている可能性があります 適用対象 Reflection X 2011 Reflection Suite for

More information

Microsoft Word - J-10REASONSWHYSQLSERVERISNOTTHEBESTDECISIONFORSAP_reviewed.doc

Microsoft Word - J-10REASONSWHYSQLSERVERISNOTTHEBESTDECISIONFORSAP_reviewed.doc SQL Server が SAP にとって最適な選択ではない 10 の理由 オラクル ホワイト ペーパー 2008 年 1 月 SQL Server が SAP にとって最適な選択ではない 10 の理由 1. SAP の開発プラットフォーム Oracle Database は 20 年間 SAP アプリケーションの開発プラットフォームとして選択されてきたデータベースです オラクルと SAP 社間の契約は

More information

F5のBlG-IPロード・バランサによる高可用性を持つOracleASインフラストラクチャの構成

F5のBlG-IPロード・バランサによる高可用性を持つOracleASインフラストラクチャの構成 F5 BIG-IP OracleAS Oracle-F5 Networks 2004 8 F5 BIG-IP OracleAS... 3 -... 4 AFC... 4 AFC... 4... 5... 5 -... 6 F5 BIG-IP... 7... 7 BIG-IP -... 9... 9... 11... 11... 12 /... 12... 13 BIG-IP... 14... 14

More information

DBMSリポジトリへの移行マニュアル

DBMSリポジトリへの移行マニュアル DBMS Repository Guide by SparxSystems Japan Enterprise Architect 日本語版 (2018/05/16 最終更新 ) 1 1. はじめに Enterprise Architect コーポレート版では 外部のデータベース管理ソフトウェア ( 以下 DBMS) 上にプロジェクトを配置することができます これにより DBMS が持つ堅牢性 安定性

More information

クラスタ構築手順書

クラスタ構築手順書 InterSecVM/LBc V1.0 Windows Azure 向け 二重化構成構築手順書 2013 年 5 月第 1 版 商標について CLUSTERPRO X は日本電気株式会社の登録商標です Microsoft Windows Windows Server Windows Azure は 米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です

More information

Oracle Application Server 10gリリース2( )Oracle HTTP Serverの概要

Oracle Application Server 10gリリース2( )Oracle HTTP Serverの概要 Oracle Application Server 10g 2 10.1.2.0.2 Oracle HTTP Server 2005 10 Oracle Application Server 10g Oracle HTTP Server... 3 OHS:... 4 Web... 4... 4 OHS: Web... 5... 5 Oracle HTTP Server... 5... 7 OHS...

More information

< 写真欄 > 11g R2 Real Application Clusters スキルチェック ポイント解説

< 写真欄 > 11g R2 Real Application Clusters スキルチェック ポイント解説 < 写真欄 > 11g R2 Real Application Clusters スキルチェック ポイント解説 Agenda 11g R2 RAC Expert 資格 スキルチェック問題の解説 トレーニング オンデマンドのご紹介 2 11g R2 RAC Expert 資格 試験名 :Oracle Real Application Clusters 11g Release 2 and Grid Infrastructure

More information

Microsoft Word - JDBC-ODBCu691cu8a3c docx

Microsoft Word - JDBC-ODBCu691cu8a3c docx ASTERIA WARP 4.9/1703 でのサードパーティ製 JDBC-ODBC ブリッジドライバー動作検証報告書 2017 年 7 インフォテリア株式会社 本書は著作権法により保護されています インフォテリア株式会社による事前の許可無く 本書のいかなる部分も無断転載 複製 複写を禁じます 本書の内容は予告無しに変更する事があります Infoteria インフォテリア ASTERIA WARP

More information

自己管理型データベース: 自動SGAメモリー管理

自己管理型データベース: 自動SGAメモリー管理 自己管理型データベース : 自動 SGA メモリー管理 オラクル ホワイト ペーパー 2004 年 8 月 自己管理型データベース : 自動 SGA メモリー管理 概要... 3 現在の課題... 3 自動共有メモリー管理の導入... 4 SGA_TARGET パラメータ... 4 SGA コンポーネントの自動管理... 4 手動でサイズを指定する SGA コンポーネント... 6 利点... 7

More information

Oracle Application Server 10g(9

Oracle Application Server 10g(9 Oracle Application Server 10g (9.0.4) for Microsoft Windows J2EE Oracle Application Server 10g (9.0.4) for Microsoft Windows J2EE and Web Cache...2...3...3...4...6...6...6 OS...9...10...12...13...24...24

More information

製品組み込み手順書 Oracle Tuxedo (Linux版)  

製品組み込み手順書 Oracle Tuxedo (Linux版)   製品組込み手順書 Oracle Tuxedo (Linux 版 ) 作成日 : Aug 13, 2009 更新日 : May 18, 2009 版 : 1.1 製品組込み手順書 Oracle Tuxedo (Linux 版 ) 目次 はじめに... 1 目的...1 環境...1 関連文書...1 作業概要... 2 作業内容...2 作業フロー...2 作業ステップ詳細...2 管理対象...3

More information

使用する前に

使用する前に この章では Cisco Secure ACS リリース 5.5 以降から Cisco ISE リリース 2.4 システムへのデー タ移行に使用される Cisco Secure ACS to Cisco ISE Migration Tool について説明します 移行の概要 1 ページ Cisco Secure ACS から データ移行 1 ページ Cisco Secure ACS to Cisco ISE

More information

日本語タイトルを入力

日本語タイトルを入力 Oracle Enterprise Manager 10g Grid Control 2005 8 Enterprise Manager Grid Control Oracle Enterprise Manager 10g Grid Control Oracle Oracle Grid 1 Grid Control 2 1 Grid Control 2 Grid Control Oracle Grid

More information

第 2 版

第 2 版 第 2 版 改版履歴 版数 改版日付 改版内容 1 2015/04 新規作成 2 2016/08 アップグレード時の注意事項を追加 URLをSQL Server 2014 用のURLに変更 2 目次 1. 使用しているデータベースを SQL Server 2014 へアップグレードする手順... 5 2. SQL Server 2014 にデータベースを構築する手順... 6 2.1. データベースの作成...

More information

Oracle Application Server高可用性ガイド, 10gリリース3( )

Oracle Application Server高可用性ガイド, 10gリリース3( ) Oracle Application Server 高可用性ガイド 10g リリース 3(10.1.3.1.0) 部品番号 : B31835-01 2006 年 12 月 Oracle Application Server 高可用性ガイド, 10g リリース 3(10.1.3.1.0) 部品番号 : B31835-01 原本名 : Oracle Application Server High Availability

More information

Oracle Cloud Adapter for Oracle RightNow Cloud Service

Oracle Cloud Adapter for Oracle RightNow Cloud Service Oracle Cloud Adapter for Oracle RightNow Cloud Service Oracle Cloud Adapter for Oracle RightNow Cloud Service を使用すると RightNow Cloud Service をシームレスに接続および統合できるため Service Cloud プラットフォームを拡張して信頼性のある優れたカスタマ

More information

Oracle Database 10g Release 2:Maximum Availability Architectureへのロードマップ

Oracle Database 10g Release 2:Maximum Availability Architectureへのロードマップ Oracle Database 10g Release 2: Maximum Availability Architecture へのロードマップ Oracle Maximum Availability Architecture ホワイト ペーパー 2006 年 4 月 Maximum Availability Architecture 高可用性の Oracle ベスト プラクティス Oracle

More information

改版履歴 版数 改版日付 改版内容 /03/14 新規作成 2013/03まで製品サイトで公開していた WebSAM DeploymentManager Ver6.1 SQL Server 2012 製品版のデータベース構築手順書 ( 第 1 版 ) を本 書に統合しました 2

改版履歴 版数 改版日付 改版内容 /03/14 新規作成 2013/03まで製品サイトで公開していた WebSAM DeploymentManager Ver6.1 SQL Server 2012 製品版のデータベース構築手順書 ( 第 1 版 ) を本 書に統合しました 2 第 1 版 改版履歴 版数 改版日付 改版内容 1 2013/03/14 新規作成 2013/03まで製品サイトで公開していた WebSAM DeploymentManager Ver6.1 SQL Server 2012 製品版のデータベース構築手順書 ( 第 1 版 ) を本 書に統合しました 2 目次 1. 使用しているデータベース (DPMDBI インスタンス ) を SQL Server

More information

(Veritas\231 System Recovery 16 Monitor Readme)

(Veritas\231 System Recovery 16 Monitor Readme) Veritas System Recovery 16 Monitor Readme この README について Veritas System Recovery 16 Monitor でサポートされなくなった機能 Veritas System Recovery 16 Monitor について システムの必要条件 ホストコンピュータの前提条件 クライアントコンピュータの前提条件 Veritas System

More information

Oracle Application Server 10g( )インストール手順書

Oracle Application Server 10g( )インストール手順書 Oracle Application Server 10g (10.1.2) for Microsoft Windows J2EE Oracle Application Server 10g (10.1.2) for Microsoft Windows J2EE and Web Cache...2...3...3...4...6...6...6 OS...9...10...12...13...25...25

More information

CLUSTERPRO MC ProcessSaver 2.1 for Windows 構築ガイド 2016(Mar) NEC Corporation はじめに 責任範囲 適用範囲 概要 事前準備 クラスタ設定

CLUSTERPRO MC ProcessSaver 2.1 for Windows 構築ガイド 2016(Mar) NEC Corporation はじめに 責任範囲 適用範囲 概要 事前準備 クラスタ設定 CLUSTERPRO MC ProcessSaver 2.1 for Windows 構築ガイド 2016(Mar) NEC Corporation はじめに 責任範囲 適用範囲 概要 事前準備 クラスタ設定 改版履歴 版数 改版 内容 1.0 2015.03 新規作成 2.0 2016.03 CLUSTERPRO 対応バージョン修正 i はしがき 本書では CLUSTERPRO MC ProcessSaver

More information

<Documents Title Here>

<Documents Title Here> Oracle Application Server 10g Release 2 (10.1.2) for Microsoft Windows Business Intelligence Standalone Oracle Application Server 10g Release 2 (10.1.2) for Microsoft Windows Business Intelligence Standalone

More information

Red Hat Enterprise Linuxのcron(8)デーモンにデフォルト定義されたtmpwatch命令の動作による、WebOTXのトラブル対処方法

Red Hat Enterprise Linuxのcron(8)デーモンにデフォルト定義されたtmpwatch命令の動作による、WebOTXのトラブル対処方法 Red Hat Enterprise Linux の cron(8) デーモンにデフォルト定義された tmpwatch 命令の動作による WebOTX のトラブル対処方法 2009 年 2 月 NEC 第二システムソフトウェア事業部 1. 概要 Red Hat Enterprise Linux では OS インストール後の初期状態において cron(8) デーモンによって実行される命令が複数定義されます

More information

Microsoft Word - XOOPS インストールマニュアルv12.doc

Microsoft Word - XOOPS インストールマニュアルv12.doc XOOPS インストールマニュアル ( 第 1 版 ) 目次 1 はじめに 1 2 XOOPS のダウンロード 2 3 パッケージの解凍 4 4 FFFTP によるファイルアップロード手順 5 5 ファイルアップロード後の作業 11 6 XOOPS のインストール 15 7 インストール後の作業 22 8 XOOPS ログイン後の作業 24 愛媛県総合教育センター情報教育研究室 Ver.1.0.2

More information

Oracle Data Provider for .NET の新機能

Oracle Data Provider for .NET の新機能 Oracle ホワイト ペーパー 2009 年 9 月 Oracle Data Provider for.net 11.1.0.7.20 の新機能 はじめに... 1 Oracle Streams Advanced Queuing... 2 ODP.NET Oracle Streams AQの機能... 2 昇格可能なトランザクション... 4 パフォーマンス... 5 アプリケーションのセルフチューニング...

More information

MIB サポートの設定

MIB サポートの設定 CHAPTER 2 この章では Cisco 10000 シリーズに SNMP および MIB のサポートを設定する手順について説明します 具体的な内容は次のとおりです Cisco IOS リリースに対応する MIB サポートの判別 (p.2-1) MIB のダウンロードおよびコンパイル (p.2-2) シスコの SNMP サポート (p.2-4) Cisco IOS リリースに対応する MIB サポートの判別

More information

Statement of Direction: Oracle Fusion Middleware Oracle Business Intelligence Discoverer

Statement of Direction: Oracle Fusion Middleware Oracle Business Intelligence Discoverer はじめに Oracle Business Intelligence Discoverer(Oracle BI Discoverer) は 90 年代初めに開発されて以来 機能およびデプロイメント アーキテクチャが大幅に改善されました 使いやすい非定型問合せおよびレポート ツールを活用して 多数の顧客がより適切な意思決定を行っています この文書では オラクルの優れたビジネス インテリジェンス戦略の中で

More information

Visual Basic Oracle Database 11 Release 1

Visual Basic Oracle Database 11 Release 1 Visual Basic 2008 + Oracle Database 11 Release 1 2008.01.26 初音玲 Part.1 Oracle Database 製品について Oracleクライアントコンポーネントについて ODP.NETについて OracleConnectionクラスについて Oracle Database 製品について Oracleクライアントコンポーネントについて

More information

Oracle Fusion Middleware 10g R2

Oracle Fusion Middleware 10g R2 Oracle Fusion Middleware 10g R2 Oracle Enterprise Messaging Service オラクル ホワイト ペーパー 2006 年 10 月 注意 : この文書は 一般的な製品用に概説したもので 情報提供のみを目的としており いかなる契約も意図するものではなく また いかなる契約にも組み込まれるものではありません 何らかの資料 コードまたは機能を提供する意図はありません

More information

Microsoft® Windows® Server 2008/2008 R2 の Hyper-V 上でのHP ProLiant用ネットワークチーミングソフトウェア使用手順

Microsoft® Windows® Server 2008/2008 R2 の Hyper-V 上でのHP ProLiant用ネットワークチーミングソフトウェア使用手順 Microsoft Windows Server 2008/2008 R2 の Hyper-V 上での HP ProLiant 用ネットワークチーミングソフトウェア使用手順 設定手順書第 4 版 はじめに...2 ソフトウェア要件...2 インストール手順...2 チーミングソフトウェアのアンインストール...3 HP Network Teamの作成...5 HP Network Teamの解除...10

More information

Microsoft Word - JDBCドラバーの設定.doc

Microsoft Word - JDBCドラバーの設定.doc JDBC ドライバーの設定方法 対象バージョン : 2007 SP7 および 9.0.0 ページ - 1 - はじめに このガイドは Fiorano SOA プラットフォームの DB コンポーネントからデータベースにアクセスする際に必要となる JDBC ドライバーについて その設定方法を説明するものです Fiorano SOA プラットフォームのサーバーアーキテクチャや DB コンポーネントの使用方法

More information

Oracle Solarisゾーンによるハード・パーティショニング

Oracle Solarisゾーンによるハード・パーティショニング Oracle ホワイト ペーパー 2014 年 10 月 はじめに このドキュメントでは Oracle Solarisゾーン (Oracle Solarisコンテナとしても知られる ) によるハード パーティショニングを パーティション化された環境向けのオラクル ライセンス ポリシーに準拠するために使用する方法について説明します 以下に説明する承認済みのハード パーティション構成は あらゆるタイプのOracle

More information

Oracle Un お問合せ : Oracle Data Integrator 11g: データ統合設定と管理 期間 ( 標準日数 ):5 コースの概要 Oracle Data Integratorは すべてのデータ統合要件 ( 大量の高パフォーマンス バッチ ローブンの統合プロセスおよ

Oracle Un お問合せ : Oracle Data Integrator 11g: データ統合設定と管理 期間 ( 標準日数 ):5 コースの概要 Oracle Data Integratorは すべてのデータ統合要件 ( 大量の高パフォーマンス バッチ ローブンの統合プロセスおよ Oracle Un お問合せ : 0120- Oracle Data Integrator 11g: データ統合設定と管理 期間 ( 標準日数 ):5 コースの概要 Oracle Data Integratorは すべてのデータ統合要件 ( 大量の高パフォーマンス バッチ ローブンの統合プロセスおよびSOA 対応データ サービスへ ) を網羅する総合的なデータ統合プラットフォームです Oracle

More information

WebOTX V6 J2EEアプリケーションのトラブルシューティング

WebOTX V6 J2EEアプリケーションのトラブルシューティング WebOTX V6 J2EE アプリケーションのトラブルシューティング ( リソース参照 EJB 参照 ) 2006 年 11 月初版 改版履歴 i 目次 1 はじめに...1 2 リソース参照 EJB 参照について...1 3 リソース参照 EJB 参照の設定に問題がある時のエラーと対処方法について...2 4 設定方法...2 4.1 リソース参照...3 4.1.1 WebOTX 配備ツールを使用する場合...3

More information

新OS使用時の留意事項

新OS使用時の留意事項 2014 年 3 月富士通株式会社 新 OS 使用時の留意事項 Fujitsu Software Interstage Print Manager( 以降 Interstage Print Manager) の動作オペレーティングシステムに以下をサポートします Windows 8 Windows 8.1 2012 2012 R2 この動作環境においても従来と同等の機能をご利用になれますが ご利用に関しての留意事項について説明します

More information

クラスタ環境でのデータベースのアップグレード手順

クラスタ環境でのデータベースのアップグレード手順 クラスタ環境でのデータベースのアップグレード手順 対象バージョン : SSC3.1~3.6 本手順は クラスタ環境に構築された SigmaSystemCenter 3.1 / 3.2 / 3.3 / 3.4 / 3.5 / 3.6 で使用しているデータベースを SQL Server 2012 へアップグレードする手順について記載しています アップグレードの対象となるのは SQL Server で作成された

More information

目次 はじめに... 2 無料トライアルのサインアップ方法... 3 トライアル環境へのアクセス 参考情報

目次 はじめに... 2 無料トライアルのサインアップ方法... 3 トライアル環境へのアクセス 参考情報 2018 年 11 月 日本オラクル株式会社 目次 はじめに... 2 無料トライアルのサインアップ方法... 3 トライアル環境へのアクセス... 11 参考情報... 14 1 はじめに このガイドは Oracle Cloud の無料トライアルを利用登録 ( サインアップ ) するための手順書です 本お申込みでご利用いただけるサービスについては 以下サイトの [ ご利用可能な Oracle サービス

More information

Oracle Identity Managementの概要およびアーキテクチャ

Oracle Identity Managementの概要およびアーキテクチャ Oracle Identity Management 2003 12 Oracle Identity Management... 3 ID... 3 ID... 4 ID... 4 Oracle Identity Management... 5 Oracle Identity Management... 6 Oracle Identity Management... 7 ID... 8 Application

More information

VPN 接続の設定

VPN 接続の設定 VPN 接続の設定 AnyConnect 設定の概要, 1 ページ AnyConnect 接続エントリについて, 2 ページ ハイパーリンクによる接続エントリの追加, 2 ページ 手動での接続エントリの追加, 3 ページ ユーザ証明書について, 4 ページ ハイパーリンクによる証明書のインポート, 5 ページ 手動での証明書のインポート, 5 ページ セキュアゲートウェイから提供される証明書のインポート,

More information

Microsoft Word - バーチャルクラス(Blackboard)ログイン方法ガイド.docx

Microsoft Word - バーチャルクラス(Blackboard)ログイン方法ガイド.docx 最終更新日 :2017 年 8 月 23 日 バーチャルクラス (ILO) ログイン方法 (Blackboard) 株式会社アイ ラーニング 1 1. 受講環境の確認手順バーチャルクラスにログインする前に 以下の URL にアクセスして お使いの環境がバーチャルクラスを受講できる OS であるかどうか JavaVM がインストールされているかどうか確認してください 動作環境 OS:Windows7

More information

Oracle Secure Enterprise Search 10gを使用したセキュアな検索

Oracle Secure Enterprise Search 10gを使用したセキュアな検索 Oracle Secure Enterprise Search 10g 2006 3 Oracle Secure Enterprise Search 10g... 3... 3... 3... 4 Oracle Internet Directory... 4 Microsoft Active Directory... 5... 5 1... 5 2... 6 3 ACL... 6 4 ACL...

More information

インテル(R) Visual Fortran コンパイラ 10.0

インテル(R) Visual Fortran コンパイラ 10.0 インテル (R) Visual Fortran コンパイラー 10.0 日本語版スペシャル エディション 入門ガイド 目次 概要インテル (R) Visual Fortran コンパイラーの設定はじめに検証用ソースファイル適切なインストールの確認コンパイラーの起動 ( コマンドライン ) コンパイル ( 最適化オプションなし ) 実行 / プログラムの検証コンパイル ( 最適化オプションあり ) 実行

More information

CLUSTERPRO MC ProcessSaver 1.0 for Windows 構築ガイド 2012(Sep) NEC Corporation はじめに責任範囲適用範囲概要事前準備クラスタ設定

CLUSTERPRO MC ProcessSaver 1.0 for Windows 構築ガイド 2012(Sep) NEC Corporation はじめに責任範囲適用範囲概要事前準備クラスタ設定 CLUSTERPRO MC ProcessSaver 1.0 for Windows 構築ガイド 2012(Sep) NEC Corporation はじめに責任範囲適用範囲概要事前準備クラスタ設定 改版履歴 版数改版内容 1.0 2012.09 新規作成 i はしがき 本書では CLUSTERPRO MC ProcessSaver 1.0 for Windows ( 以後 ProcessSaver

More information

APEX Spreadsheet ATP HOL JA - Read-Only

APEX Spreadsheet ATP HOL JA  -  Read-Only Oracle APEX ハンズオン ラボ スプレッドシートからアプリケーションを作成 Oracle Autonomous Cloud Service 用 2019 年 7 月 (v19.1.3) Copyright 2018, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2 概要 このラボでは スプレッドシートを Oracle データベース表にアップロードし

More information

Microsoft Word - OCSv2_Calendar_PSR9042.doc

Microsoft Word - OCSv2_Calendar_PSR9042.doc Oracle Calendar Oracle Collaboration Suite リリース 2 (9.0.4) PSR9.0.4.2 での変更点 Creation Date: Apr 19, 2004 Last Update: Sep 2, 2004 Version: 1.2 1. はじめに...3 2. Calendar Web Client...3 2.1 ユーザー検索時のメール アドレス利用...3

More information

Oracle BI Publisherの概要

Oracle BI Publisherの概要 Oracle BI Publisher の概要 本書は 弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです また 情報提供を唯一の目的とするものであり いかなる契約にも組み込むことはできません 下記の事項は マテリアルやコード 機能の提供を確約するものではなく また 購買を決定する際の判断材料とはなりえません オラクルの製品に関して記載されている機能の開発 リリース および時期については 弊社の裁量により決定いたします

More information