Japanese Sooiety Society of French Frenoh Linguistics Linguistios フランス語学研究, 第 42 号, 2008 年, pp 移動表現における様態動詞と接置詞の機能一日仏対照の一視, 点から La fonctiondes v

Size: px
Start display at page:

Download "Japanese Sooiety Society of French Frenoh Linguistics Linguistios フランス語学研究, 第 42 号, 2008 年, pp 移動表現における様態動詞と接置詞の機能一日仏対照の一視, 点から La fonctiondes v"

Transcription

1 Japanese Sooiety Society of French Frenoh Linguistics Linguistios フランス語学研究, 第 42 号, 2008 年, pp 移動表現における様態動詞と接置詞の機能一日仏対照の一視, 点から La fonctiondes verbes de mani さre et des adpositions dans I expression du d6placemerlt une 6tudecontrastive entre lejaponais et lefrangais 一 L 守田貴弘 (Takahiro MoRITA ) objectif de cet article est d 6tudierlafonctionde 1 adposition dans 1 expression du d6placement spatial en frangaiset en japonais.ces deux langues sont class6es dans une m6me cat6gorie typologique appe16e la < langue a cadre verbal > (verb frαmed lαng α ge), dans laquellela trajec toire de d6pユacement est exprim6e par le verbe principa1.cependant, 1adposition de ces deux Iangues montre une diff6rencesyst6matique quand elle est utilis6e avec les verbes de mani6re.le pr6sent article montre que la pr6position du frangais participe a l expression de la trajectoire avec certains types de verbes de mani さ re et constitue la construction S cadre satellite ( s α tezlite f ナα rned ) ce qui n est pas possible,.l pour la postposition du japonais approche statistique de cet article permettra d 61uciderl existence de sous cat6gories des verbes de mani さ一 re erl frangais キーワード : 移動表現 (expression du d6placement), 様態動詞 (verbes de mani さ一 re ), 経路 (trajectoire>, 接置詞 (adposition ), 類型論 (typologie) 1. 導入 1.1. 研究の粋組み 空間移動とは, 移動主体が時間経過の中で存在する位置を変化させることである. したがって, 空間移動は必然的に 移動の事実そのもの, 移動主体, 主体がた どる 移動経路, 経路を位置づける 基準物, そして 移動様態 / 移動の原因 といった概念要素を伴うことになる. 経路 は,. 移動の開始地点から終了地点まで, 主体が通るすべての地点を含み, 起点, 巾間点, 着点および, 上や下といっ た方向 で構成される. また, 様態は移動に直接関与する移動手段や手足の動きを意味する 一 31 一 NII-Electronic N 工工一 Eleotronio Library Service

2 Japanese Soolety Society of French Frenoh Linguistics Llngulstlos ものである (cf. 松本 1997, 1 AT,TvTY 2000). 近年の移動表現の研究では, これらの 概念と, 概念を言語的に実現する統語要素との対応関係を分析する手法が用いられており (cf. 松本 1997, TAI. {Y 2000, SLoB N 2004, etc.), この枠組みにおいて, 口 本語とフランス語はその対応関係が非常に類似していることが指摘されている. (1 ) a. 子供が部屋に走って入った 1). b. Un enfant est entr6 dans la salle en courant. (2) a. 掃除婦が 3 階にヒった. b. La femme de m6nage est mont6e au deuxi6me 6tage. まず (1) のペアで考えると, 移動主体は主語である 子供 と un enfant で表さ れ 移動の某準物は 部屋, la salle で表現されている. ここでの移動経路は基準 物の外から中への境界を越えるものであり, それぞれ 入る, entrer という動詞 で表され, 様態は 走って, en courant という動詞の従属形でコードされている. (2) でも同様である. 経路は上という方向を含んでおり, 動詞である 上る と monter が表している. このように, 移動に関わる概念とそれらを表す統語要素の 対応関係は, 日本語とフランス語で共通していると言える. この共通性は, 別の方法で移動を表現する言語との対比によって明確となる. (3 ) a, Achild ran illtothe room. b. The cleaning lady went up to the second floor. 移動主休と基準物の表現では差がないが, (3 ) a. では 入る に相当する意味を前 置詞 into が表し, 主動詞は様態を表す run となっている.(3 ) b. でも 上る や monter が表す方向性を動詞の付随要素である up が表している 2 ). 現在の類型論で は, フランス語や日本語のように移動経路を主として動詞が表す言語 (Verb framed language, 以ド V 言詒 ) と, 英語やスラブ系言語のように動詞の付随要素 (satellite > が表す言語 (Satellite framed language, 以下 S 言語 ) に大別されている (TALMY 1991,2000). L2. 本論の目的 移動事象に関する既存の類型は 1 つのモデルであり, それ自体が経験的に検証さ れるべき性質を持っている. そのため, 実証的な研究やより多くの言語の観察によ り, サテライトという概念の不備を指摘するものや,TAT,TL, TY が提案するほど類型が 明確に分けられるわけではないことを指摘する研究が出てきている (MATSUMOTO 2003,KoPEclLI 2eO4, SLoBIN2006, etc.. この中で本稿が問題とするのは, 様態動 詞との組み合わせで用いられたときの, フランス語の前置詞と日本語の後置詞 ( 以 下, まとめて接置詞とする が担う機能である, V 言語であっても, 歩く 1 や 走る といった様態動詞が主動詞で用いられる ことはある, このとき, 通常, 接置詞は活動が行われる場所を導入する機能を持つ. (4 ) a. 太郎は部屋の中 { で / 柑コ歩いた, 一 32 一 NII-Electronic N 工工一 Eleotronlo Llbrary Library Service

3 Japanese Soolety Society of French Frenoh Linguistics Llngulstlos b, Paul a march6 dans Ia salle. 日本語では着点二を表す 格が排除され, 助詞デが活動の場所を表す. フランス 語で も前置詞 dans が部屋の中で歩行とい う活動が起こっ たことを表し, 着点の解釈は 受けない. したがっ て, 両言語とも (4) の文が 部屋の中に歩いて入っ た とい う状況を表すことはない. だが, 様態動詞によっ ては, フランス 語では前置詞が移動経路を表して S 言語型 の構造 (S 型構造 ) が可能となる場合がある. (5) a. 子供がトイレに 1?? 走っ た / 走っ て入っ た / 駆け込んだ1, b, Un enfant a couru dans le cabinet de toilettes. 基準物の中へ の移動を表すために, 口本語では 人る 込む といっ た経路動詞 が必要となるが, フランス語では dans がそれに相当する意昧を表していると考え られる, 本稿の目的は, 様態動詞との組み合わせにおけるフランス語と日本語の接置詞機 能の差を分析することである. 特に, 様態動詞として分類されている動詞を統計的 手法も交えて輻広く扱うことにより. (i) フランス語の様態動詞が S 型構造を許容 するものと v 型構造しか許容しない ものに分けられることを示し, (ii) その分類が 生じる要因を考察するとともに, 同じ類型に属する日本語との差異を分析すること を目的とする. 2. 分析 2.L 接置詞の動的意味と静的意味 日本語後置詞の基本的用法として, 着点を表すには二格を使い, 活動場所を表す にはデを用いるという使い分けがなされる. これらに対し, フランス語では着点と 活動場所の両方に同じ前置詞を使うことができる. (6 ) a. 太郎は東京に行った. b. 太郎は東京で働いている. (7) a. Paul est all6 a Paris. b. Paul travaillea Paris. よる着点の導入が不可能となる. フランス語でも a は着点の解釈が難しく, ほとん どの場合, 活動場所として解釈される. (8 ) abc. 親子連れが公園 拶に / で / まで 1 散歩した. (9) a, 6cole, b ( 着点 ( 活動場所 ) ( 着点 ) ( 活動場所 だが, 様態動詞との組み合わせでは, 日本語では本米着点を導入するはずの二格に 子供が学校 1??? に / で / まで 1 歩いた. 警官が駅 1?? に / で / まで } 走った. Un enfant a march6 { h/ jusqu a } 1 エノ agent de police a couru {??a! jusqu査 } la gare. 一 33 一 NII-Electronic N 工工一 Eleotronlo Llbrary Library Service

4 Japanese Sooiety Society of French Frenoh Linguistics Linguistios c, Des couples ayant des enfantg se sont promen6s 轄 au / jusqu au }parc. 二格を格助詞 へ の代わりに方向の意味 に向かって として捉えれば, (8)a., (8>b. は容認できるかもしれないが, たとえば 歩いて行った 走って行った と比べ ると容認性は低いだろう, フランス語でも a を口本語のデに相当する活動場 所として解釈すれば容認できるが, 着点としての解釈はいずれの文でも難しい,/ }, 両言語とも, マデや jusqu a のような範囲を導入する接置詞を使えば, 活動範囲を 限定することになるため不自然さが解消され, 容認可能となる ( cf. 影山 1996, 松 木 1997 ). このように, 様態動詞との組み合わせ における二 格と訌による着点表示とい う点 では類似性が見られるわけだが, 他の前置詞を用い た場合には差異が観察される, (10) a. 落とした糸巻きがベッ ドの下に 1? 転がっ た / 入った / 転がっ ていっ た }. b, J ai laiss6tomber une bobine qui a roul ( sous le it. c. 魚を取ろうとしたら流しに }?? 滑っ た / 落ちた / 滑っ て落ちだ. d. J ai essay6 de prendre le poisson mais i1a gliss6dansl 6vier. ここでも二 格を に向かっ て の意味で考えれば, 転がっ た や 滑っ た とい う様態動詞のみでも許容できるかもしれない. だが, やはり 入っ た 落ちた い っ た のように経路動詞を加えた方が安定し, 位置変化も明確になると思われる, こ れに対し, フランス語では (10>b., (10)d, のそれぞれにおいて, sous, dans に よってベッドの ドに入る, 流しの 中に入る ( 落ちる という意味まで表して いる. 動詞はそれぞれ 転がる 滑る という様態を表しており, 前置詞が担っ ているのは, 日本語で 入る などの経路動詞が表す, 外から中への境界を越える 移動 (boundary crossing ) だと考えられる, つまり, ここでのフランス語の構造は, (5>b. で示したものと同様, S 型構造になっている, (11 ) a, Un enfant a couru dans le cabinet de toilettes, ( = (5)b.) b. Achild ran intothe toilet. (11 > では, 動詞 courir と run はそれぞれ移動様態を表しており, 経路は前置詞で ある dans, into が担っ ている. 口本語とフランス語は様態動詞との組み合わせに おいてこ, 格助詞と前置詞 A による着点表示という点では同じ振る舞いを示すことが多いのだが, このように他の前置詞による経路表現にこでは境界横断を含む移動 ) では共通性が保持されるとは言えない. ここで問題となるのは, フランス語でも様態動詞の種類によって前置詞の解釈に差が生じるということである. (12 ) a. Ila march6 dans la salle. b. 11acouru dans la salle. (12)a. では 男が部屋の内部で歩いた という活動場所としての解釈しかできない 一 34 一 NII-Electronic N 工工一 Eleotronio Library Service

5 Japanese Sooiety Society of French Frenoh Linguistics Linguistios が, (12 ) b では 部屋の中で走った ( 活動場所 ) と 部屋に走って入った ( 経路 ) という二通りの解釈が可能である.(12 ) a. との対比から, marcher では前置詞を経路として捉えることはできず, courir では可能となることから, 動詞の性質が前置詞の解釈に影響を与えていると考えることができる 1 :, フランス語の前置詞に関し, 英語などと比較して静的な意味しか表さないとする 立場と ( 本稿での活動場所としての解釈 cf.lev エ N & RAppApORT HovAv 1998 ) [ )}, (12 ) b. のような例を考慮して 前置詞だけで位置変化に関わる動的な意味も表すこ とがあるとする立場がある ( 本稿での経路としての解釈 cf.y ONG & POULIN 1998, SLoBIN 2006, KopEcKA 2007 ). だが, 今までの研究では断片的にフランス語の S 型構造を扱うのみで, 様態動詞を幅広く扱い, 動的な解釈を許容する動詞とそうで はない動詞を分けるといった実証的な試みに乏しい. 様態動詞と前置詞の組み合わ せにおいて, 前置詞が動的な意味を表すときの語彙や文法的条件を特定していく必 要があるのである コーパス分析 上記の問題を扱うためには, フランス語において S 型構造がどの程度一般的であ るのか評価し, S 型構造を許容する様態動詞を特定する必要がある, このセクショ ンでは, 統計的手法を用いて, 様態動詞との組み合わせにおいて前置詞が活動場所 を表すケースと経路を表すケースの頻度を調査していく. 調査に用いたプロトコルと結果は以下の通りである. プロ トコル サンプル動詞タイプによってヒット件数が大幅に異なるため, 条件を 2 つ 検索方法 統計手法 対象動詞 対象前置詞 その他 設定した. 以下の範囲 (a ) および (b} は 対象動詞 の (a ) (b ) に対応する, (a )FRANTEXT version cat6goris66, , 319textes (b)frantext vcrsion cat6goris ぐ e, , 665textes 動詞と前置詞の距離を 1 3 で設定. 95 % 信頼区間の母平均 μ による比較. 必要に応じてズ検定を用 いて有意差を判定した 6 }, (a )( se )glisser marcher, se ramper, pr6cipiter, rou, er sauter, (b) courir,d6ambuler,errer,se faufiler, fianer, flotter, nager, dans, trotter,voler sur, sous7 ) 活動場所を表す場合と経路を表す場合の両方が考えられる曖昧 なケースと, 虚構移動 (fictivemotion ) はサンフ ルから除外し た s ), 一 35 一 NII-Electronic N 工工一 Eleotronio Library Service

6 Japanese Sooiety Society of French Frenoh Linguistics Linguistios 結果 表 1 : 様態動詞と前置詞機能の分布 Loc.= LDcalisation: 活動場所, Path : 経路 dans sur sous ij 言 合計 Loc. Path Loc. Path Loc Path Loc. Path CDurir d6ambuler errer 65 se fau 且 ler fl 合 ner flotter ユ isser se glisser ] marcher nager se pr6cipiter ramper rouler sauter voler ] trotter 合計 表 1 から分かるように, 多くの動詞との組み合わせにおいて, 前置詞は活動場所を 表す場合と経路を表す場合に分かれている. 前置詞の種類によっ ても機能の分布に 差があるが, これらをまとめて S 型構造になりやすい動詞をランク化すると表 2 の ようになる. なお, 各語彙の生起回数が異なるため, 得られたサンプルから境界横 断が起こる確率の母平均 μ を区間推定し (p < O.05>, 明確な差が見られない場合や, 隣接する動詞の間に語形成あるいは文法的特徴で類似性が見られる場合には同. 一一ラ ンクにまとめている. 表 2 : S 型構造になりやすい様態動詞のランク 語彙 μ (% 5voler 4, ノ,, 1 se prec1plter ramper se glisser d6ambuler. sauterse 65,01 76,26 errer faufiler 40,91 7L29 flaner. 29hsser 24, flotter. 3rouler courlr 10,59 17,90 1].08 18,08 4marcher nage trotter 一 一 36 一 NII-Electronic N 工工一 Eleotronio Library Service

7 Japanese Soolety Society of French Frenoh Linguistics Llngulstlos 前置詞が経路を最も表しやすいのは se pr6cipiter, se glisser, sauter そして se faufiler である. これら 4 つの動詞は他の動詞と比べて語彙的に異なる特徴を持っ てい る. まず se pr6cipiter, se glisser, se faufiler は再帰動詞である点が重要であ る. ここでは扱わないが, 使役移動表現ではフランス譜においても S 型構造を形成 することが多いことが指摘されている (ef.fong & PolJLIN 1998 ). これら 3 動詞 は対応する他動詞を持っており, 再帰構文では事象としては自律移動であっても, 他動詞による使役移動と同様に前置詞が経路を表す傾向が強いと考えられる. また, もう 1 つの動詞 sauter は他の動詞とはアスペクトが異なる. たとえば glisserや se faufilerが継続的な動作が可能であるのに対し, sauter は瞬間的な動作という特徴を持っている 9. 次のグループ glisser は再帰形に比べて頻度が低く, 上位グループとは形態的にも区別することができ, rouler と courir からなるグループとも統計的に区別される, marcher は以上の動詞とは異なり, 経路を表すときには前置詞がほぼ sur に限定されるという特徴をもっているため, 独立したランクとした. さらに下位に位置する ramper と voler でも, 頻度は低くとも前置詞が経路を担うことがある. 用例がまったく確認されていない太線から下の動詞では, 前置詞による動的な経路の表現がまずありえず, 活動場所に意味が限定されるということである. ランクを形作る決定的な要因を絞ることはできないが, 瞬問的な動作や他動性の高い再帰動詞では S 型構造となる頻度は高い. 逆に, 継続的な動作であり, 移動のスピードや力動性が低いものは全般的に低いランクとなっている. また, 例外もあるが, 用例が確認できなかった動詞では, marcher あるいは courir の下 1 立様態 として位置づけられるものが多く, 様態が複雑である. 様態動詞の中に marcher 匚 [d6ambuler ] [errer ] [flaner] ] のような階層を設定することができ, ド位の階層に含まれる動詞との組み合わせでは 前置詞が経路を表すことは難しいと言えるだろう. 従来, 力動性を中心にして様態動詞の振る舞いが説明される傾向にあったが (cf.sloblts 2006 ), それだけでは ramper などで S 型構造が n 能となり, 逆 にスピードとしては比較的速い trotter で S 型構造が排除されることの説明になら ない. これだけが決定的な要因ではないが, 様態の階層性を考慮することで説明可 能となる部分もあると考えられる. このように, フランス語でも S 型構造が十分に可能であるが, 頻度としても上位 から下位までで非常に大きな開きがあること, 語彙によってかなり振る舞いが異な り, S 型構造を許容する語彙数も限定的であることが分かる. 23. 用例分析と他言語との比較ここからは統計的手法では扱うことのできない 理論的な側面ならびに, 他言語と の比較の観点から分析を進めてい く. フランス語で前置詞による経路表現が普通に起こる上位グルー プの動詞であっ て 一 37 一 NII-Electronic N 工工一 Eleotronlo Llbrary Library Service

8 Japanese Sooiety Society of French Frenoh Linguistics Linguistios も, 日本語では常に経路動詞が必要となる. (13 ) a. Il avait mang 色 une choucroute en lisantfrance Soir, puis saut6 dans un autobus avec sa valise, C. )( JAPRIso r : L α (iα me d α ns 翫伽 ) b, フランス ソワールを読みながらシュークルートを食べ, スーツケー スを持ってバス ( の中 ) にトとび / とび乗りL (14 ) a. D6vor6 d impatience,je me pr6cipite dans la grande d6vale la route jusqu tirazac.(bataille :L arbre de Noe 1 ) b. 耐えられなくなり, 大きな巾 ( の中 ) に 1 voiture et 急いで / 急いで乗って 1 ラザックまで大急ぎで下っていった. (15 ) a. S il y a un contr61e,on se faufilesous une banquette, ilsne viendront quand m 色 me pas nous ehercher lh. (JOFFO : Jn s α c de bilzes ) b. 検札がきたらシート ( のド ) に 1? 潜る / 潜り込む } んだ. あいつ らもそこまでは探しにこないだろう, 状況的に考えて,( 13 ) a. ではバスの中でとび跳ねたわけではなく, とび乗ったもの と考えられる. 対応する日本語としては, とぶ だけでは不十分であり, 経路動 詞として 乗る を補う必要が出てくる, (14 ), (15 ) でも同様であり,dans が車 に 乗る 動作まで表し, sous がシートの 下に入る ところまで表していると 考えられるが, 口本語ではそれぞれ経路動詞を必要とするか, 経路動詞を付加した 場合に容認性が高くなる川. また, 最も低い頻度グループに含まれる voler などでも, 以トのグループで観察 された日本語とフランス語の差異は観察される. (16 ) a.ii aceompagne son camarade jusqu a la porte et le regarde s 610ignertandis que la neige vole dans la pi さ ce. (CHAR ; Trois coups sous lesarbres ) b. 彼は門まで仲間を見送り, その伸間が遠ざかっていくのを見ていた のだが, その間も雪は部屋 ( の中 ) にト飛んだ / 込んだ / 舞い込んだ 1. 舞っ た / 飛び (17 ) a. Lude 1 aidait a d6placerlesbahuts,rampait sous le grand lit,(_) (QUEFFELEC :Les noces bα r わα 尸 es ) b. ルドは彼が棚を動かすのを手伝って, ベッドの下に 1 * 這い / 這っ て人り }, やはり, (16 ) b. では 飛ぶ 舞う,(17 ) b. でも 這う という様態動詞だけでは 不十分であり, 込む 入る のような経路動詞が必要となる. さらに, 前置詞がほぼ sur に固定されるが, marcher でも S 型構造は観察される. 一 38 一 NII-Electronic N 工工一 Eleotronio Library Service

9 Japanese Sooiety Society of French Frenoh Linguistics Linguistios 用例数として 5g 例あったとはいえ, marcher との組み合わせにおける前置詞の経 路表現に生産性はなく, その他の動詞とは性質が異なっている, (18 ) Certains voulaient marcher sur Paris, d autres entrer en Bretagne. (LEFEBVRE :L α re volution 加 ng α ise ) ここでは パリで歩く ことを望んでいたわけではなく, パリに進行 / 侵入する ことだと考えられる. 辞書的な説明では 踏み込む ということになり, 実質的に 経路動詞化していると考えられる. 実際, 難しいとはいえ, 以下のような様態を付 加することも不可能ではない. 歩行とい (19 ) Certainsvoulaient marcher sur Paris { a cheval!avec des chars }. う移動様態と矛盾する移動手段や様態が付加できることを考慮すると, 動 詞 marcher は従来の様態を失っていると考えざるをえない. だが同時に,marcher sur という句では marcher sur lestrottoirs のように, 活動場所を指示することが 圧倒的に多いことも確かであるため, marcher sur を句単位で捉え, 経路動詞とし て扱うことにも無理が出てくる. 経路の意味を表すときは, ほとんどの場合に軍事 的な文脈で marcher sur + 地名 といった構造になるため, 動詞単独, あるいは 動 詞 + 前置詞 といっ た単位を超えて, 基準物まで含んだより広い単位で捉える必要 があると考えられる (c GOLDBERG 1995 ). ここまでは日仏間, つまり V 言語内で差が見られる動詞であったが, さらに下位 の動詞ではこの差がなくなり, 両言諳とも接置詞が活動場所を導入するのみとなる. 以下の例では ふらふら歩いて市場に入った や 泳いで洞窟に入った という解 釈はできない. (20 ) a, Ila fl 盒 n6 dans lesmarch6s.( ilest entr6 dans lesmarch6s ) b. 市場の中 } で / を / に } ぶらぶら歩いた. (21 ) a. 11anag6 dans la caverne.( ilest entr6 dans la caverne tila nage ) b, 洞窟の中 1 で / を / 雪こ } 泳いだ. フランス語が S 型構造を許容することがあるのは確かだがlflAner nager trotter,,, d6ambuler などでは排除され, このような振る舞いをする語彙数も決して少なくな い. 対照的に, 英語のような S 言語であれば, これらの様態動詞と動詞の付随要素 との組み合わせでも, 前置詞が経路を表すことができる. (22 ) a. aglamorous blue eyed model with long legs in a short black designerdresshad wandered intothe wrong room,(asahi Weekly 9116!2007 ) b After checking both ends thoroughly,we swam into the cave, (Web ) (22 ) a.,(22 ) b. ではそれぞれ,into によって部屋や洞窟の外部から内部への移動が 一 39 一 NII-Electronic N 工工一 Eleotronio Library Service

10 Japanese Soolety Society of French Frenoh Linguistics Llngulstlos 起こっ ていると考えられるが, 日本語やフランス語で同じ状況を表すためには経路 動詞を使わざるをえない. 様態は動詞の従属形や前胃詞句に置かれることになる. (23 ) a, 洞窟 ( の中 ) に泳いで人り, b, Nous sommes entr6s dans la caverne a la nage, 表 2 に即して言えば, 太線の上に含まれる動詞では日本語とフランス語の問で対 立が起こりうるのに対し, ということである, 太線の下に含まれる動詞ではそのような対立が生じない フランス語が類型的に交雑していることは以前から指摘されていたが (HlcKMANN 2006, ST.onTN 2006, KoPEGKA 2007 >, この指摘はあらゆる移動事象で いつも V 型構造と S 型構造の両方が可能であるとか, どのような様態動詞でも S 型構造が可能であるという意味ではない. S 型構造と V 型構造の両方を許容する動詞がある 方で, 許容しない動詞も存在しており, 許容する動詞の間でも頻度に大 きな差があるのである. 3. 結論と今後の課題 まず, 導入セクションで設定した問題に対する結論を簡潔に述べる, (i) フランス語の様態動詞には s 型構造を許容する動詞からしない動詞まで頻度に大きな違いがあり, 様態動詞 として 括りにできない下位グルー プを含んでいる. (ii) 様態動詞との組み合わせにおいて, フランス語の前置詞は動的な意味を表 すことも多いが, 目本語の後置詞にこの機能はない, 様態動詞との組み合わせにおいて, 日本語とフランス語の接置詞は以上の差異を 示す. S 言語と V 言語の境界は明自なものではなく, 段階的である. 本稿ではそ の段階を可能な限り計測し, 統計的手法も用いて問題となる語彙を区別する試みを 行った. フランス語では元来, 同じ前置詞が着点と活動場所を表すことができ, 日本語の デと二, 英語の in と into, on と onto などに相当する使い分けがあるわけではない, そのため, 本稿で様態動詞として扱った動詞, 特に表 2 の太線から上のグループと の組み合わせにおいて前置詞が経路を表すということは自明と考えられるかもしれ ない. しかし, 様態動詞との組み合わせで前置詞が経路を表すということは, 経路 動詞との組み合わせで前置詞が着点を表すこととは意味が異なる. 経路動詞 entrer に付随して dans が用いられたとき, dans は位置変化後の存在場所を導入し, その 場所が空間であることを示す. 様態動詞 glisser に付随する dans が経路を表すと いうとき, 前置詞が位置変化そのものに参与しているため, 担う情報に差があるの である, 様態を実現する統語要素と経路を実現する統語要素という, 語彙化パタン の枠組みを導入することで, 単なる着点を超えた動的な意味を見出すことがで きる 40 NII-Electronic N 工工一 Eleotronlo Llbrary Library Service

11 Japanese Soolety Society of French Frenoh Linguistics Llngulstlos と考えられる, 最後に, 今後の分析および定式化の可能性について述べ ておく. 本稿は Talmy の類型論を起点としており, フランス語で V 型構造が崩れる際には, 貰して前置 詞が経路を担って S 型構造になるという立場をとってきた. しかし, フランス語内 部で考えた場合, 特に g. auter + 前置詞や se glisser + 前置詞のように高頻度で経 路を含む表現の場合には, 動詞そのものが多義であると考える可能性は否定できな い. 換言すれば, 本稿では前置詞側に多義を認め, たとえば境界横断を表す動的な dans と活動場所にしか関与しない静的な dans というエントリを立て, 様態動詞に よって両方と結びつくものと, 静的な dans としか結びつかないものに分けるとい う発想であっ たのに対し,courir とい う動詞そのものに多義を認め, 様態に加えて 境界を越える経路の意味も書き込むという方法である. この もう 1 つ の方法を本稿 で排除した理由を説明しておく, 動詞に多義を認めるとい うことは, たとえば (12) を例にとれば 走る とい う意味と, 走っ て入る とい う意味を動詞 courir に書き込むとい うことである. この多義性の記述は, 様態 + 経路 の意味を書き込むことだけではなく, 動詞が 備えたアスペクトとしては, 走る であれば activity, 走っ て入る で あれば active accomplishment となることを意味している. 入る とい う意眛を語彙的 に含んでい れば, 事象は必然的に終結性 (telicity, 内在的な終結点の有無 ) を持つ と考えざるをえないからである この方法を採用した場合, 経路動詞との区別に関して問題が起こる. たとえ ば, 経路動詞に分類される atteindre や arriver などは achievement, したがっ て終結的な動詞であり,b による着点表示が可能で ある. 様態動詞に予め active accomplishment を書き込んでしまうと, なぜ同じ終結性アスペ ク トを備えた courir では tiによる着点導入が不可能になるのか, 説明がつ かなくなる. 本稿では この問題を避けるために, 予め動詞に多義を認める立場は採らなかっ たのだが, 前 置詞が単独で経路を担っているのか, 動詞側からも何らかの意味の供給があって, 全体の組み合わせとして経路も含んだ意味となるのかといっ にかかる中心的な課題である. た点は, 今後の定式化 ここから考えられるように, 今後の定式化についてはいくつかの可能性がある. 前置詞に多義性を認め, 様態動詞との組み合わせから構成的 (compositional ) に動的な意味や静的な意味が出てくると考えるのか (PusTEJovsKY I995, 小野 2005 ), 経路動詞との区別については別で解決した で動詞側に多義性を認め, 問題となる動詞の項構造を検討するのか (cf.levln & RAPPAPoRT HovAv 1998), あるいは, 動詞 + 前置詞 (+ 基準物 ) というように, 語を超えた単位で扱うのかと いった可能性である (cf.goldberg 1995). このような定式化については稿を改めて検討していくこととしたい. (EHESS / 東京大学大学院 ) 一 41 NII-Electronic N 工工一 Eleotronlo Llbrary Library Service

12 Japanese Sooiety Society of French Frenoh Linguistics Linguistios [ 注 ] 1) 出典を明示しない場合は作例である. 2) 英語にも enter という動詞があり, 上方 への移動を表す場合にも ascend といっ た動詞があるため V 型構造が可能である. しかし. これらの動詞はロマンス語, 主にフランス語からの借用であるため, 通常, 英語は S 型言語と考えられている. 3 ) courir A のみ, くだけた場面なら許容で きるという人もいるが ( インフォーマン ト 5 人中 2 人 ),jusque を加えた方がよいという意見は一致している. 4 ) 論理的には前置詞ではなく, c urir という様態動詞が経路性を帯びていると考え る方法も可能で あるが, 本稿では採用し ていない. 詳しくは結論部分を参照されたい. 5 ) In French,the sense conveyed by the English accemplishmcnt uses Df verbs of manner of motion cannot be expressed by the addition of a goal phrase to a verb of manner of motion. Instead,such meanings must be expressed periphrastically (LEvlN & RAppApoiゼ ilhovav ユ 998 :256 ). 6) 単純な平均値や % ランクは正しい頻度を表さない. たとえば,10 例中 3 例でも 1000 例中 300 例でも同じ 30 % だが,10 例中 3 例というサンプルが実体 ( = 母集団 ) を正確に反映しているとは考えにくい. 計算式は紙面の都合上, 割愛するが, ここで用いた母平均とは, サンプルにお ける平均から推定できる母集団での平均 であって, 一定の幅を持ち. サンプル数 が少ない場合と, 信頼度を高めた場合に は信頼区間の幅が広がるとい う性質があ る. 95 % の信頼区間 とは,5 % 未満の 危険率 ( = 間違う確率,p 0.05 とも表記する ) で正しいと考えられるという意味 である. また, ズ検定は, 例えばある数 A と別の数 B を比べて A の方が多い というような場合, その差が偶然多かっ たというレベルなのか, 偶然では起こり 冖 ) 8) えない差 ( 有意差 なのかということを判定するテストのユつである フランス語の a による着点表示は (9) の ようにほぼ不可能であり, 別の動詞に 変えても解釈に揺れが観察されることはほとんどない. 一部には se pr6cipiter ti のように, 着点の導入が可能と考えられ るこ ともあるが, 到着が語彙的に表示さ れているのか vers よりも到着に対す る意志が強いだけであって到着が含意さ れるだけなのか, 明確に区別することは 難しい. 本論では ti による着点表示をこ れ以降の議論の対象には含めない ことと し, 経路 というときには他の前置詞による動的意味, 主に境界横断を指す. 虚構移動とは [ 高速道路が山の中を走っ ている といった例を指す. 実際の移動 ではなく, 話者の視線が移動していると 考えられる表現である (cf.m X rg.umoto 1996,TALMY 2000 ), 9) 筆者はその他の様態動詞のアスペ ク ト クラスが活動 (activity > であるのに対し, sauter のアスペク トを semulfactive だと 捉えている Semulfactive は VENDI ER よる分類 (state,activity, achievement, accomplishment ) にはないクラスであ り, 瞬間的である点で accomplishmcn と区別され, 内在的な終結点を持たない 点 (atelic ) で achievement とも区別さ れる. また. 継続の解釈をした場合には 同じ事態が反復的に起こる iterativeのた特徴も備えたクラス 読みになるといっ である, 他の動詞としては 咳をする ちらっと見る ( 肩などをぽんと ) たたく ( ピカッと ) 光る など. 10) 松本 (1997 > では 潜る が様態動詞に 分類されているが, この中では突出して 容認性が高い. ここではこれ以上の追求はしないが, フランス語ほどでなくても, 日本語にも S 型構造を許容する様態動詞がある可能性も考えられる. に ヒ 匚参考文献 ] AsKE,J,(1989 ), Path predicates in English and Spanish.A closer look BLS, 15, 1 14, BoRILLo, A.(1998 ), Esp α ce et son expression en か α 几 g is,paris α, Ophrys. FoNG, V.& C.PouLIN ( 1998 ), Locating Linguistic Variation in Semantic _ 42 _ NII-Electronic N 工工一 Eleotronio Library Service

13 JapaneseSociety Society offrench of French Linguistics Mnguistics Templates", KOENIG, J-P. (ed),discourse and Cognition, Stanford, CSLI Publications, GoLDBERG, A. (1995),Constructions, A ConstructionGrantmar Approach to Argument Str"cture,Chicago Țhe Universityof Chicago PTess, HIcKMANN, M, (2006), "The Relativityof Motion in First Language Acquisition", HIcKrv[ANN,M, & S. RoBERFv (eds), Spacein Lang"(rges:Ling"isticSystenis and CbgnttiveCatagortes,Amsterdam, John Benjamins, KopEcl<A, A. (2004), EtLedet}Lpologique de l'etzpression de Z'espace: Loealisation et d({placementen francaiset en polonais, Thbse de Doctorat,Universite Lumibre Lyon 2. march6 sur une branche morte..,': Une etude ":J'ai KopEcKA, A. (2007), s6mantique des interactionsentre verbes et pr6positions", PT6sentation orale a la journeed'6tudeapproches rticentes de la preposition, Universit6d'Artois, Arras. LEvlN,B, & M. RAppApoR'r HovAv, (1998), "Morphology and LexicalSemantics", SpENcER, A. & A. N. ZwlcKy (eds),ilhe handbook of Morphology, Oxferd, Blackwell "Subjective MATsu>to'ro,Y, <1996), Motion and the English and Japanese Verbs", CognitiveLinguistics7, "Typologies MArrsuMoTo, Y. (2003), of Lexiealization Patterns and Event Int egration:clarificationand Reformulations", Chiba, S., et al. (eds), Empirical and TheoreticalJnvesttgattonsinto Language: A Flestschriftfbr Masaru Kdjita,Tokyo, Kaitakusha, du mouvement spatial et les types de dennees: Une etude contrastive entre le japonais et le frangais",presentationerale au Deuxidme colloque internationalde 1'Association Frangaise de Linguistique "[I]ypologie MoRITA, T. (2007), Cognitive,Universit6Lille3,France. PusTEJovsKy, J. (1995), 77ieGenerativeLexicon, Massachusetts, The MIT Press. SLoBIN,D, I.(1997), "Mind, Code, and Text",Bybee, J.L, et al. (eds)essays on Zanguage fztnction and lang"age mpe: Dedicated to 1'almorGiv6n. Amsterdam, John Benjamins, , SLoBIN,D. I.(2004), "The Many Ways to Search fbra Frog:LinguisticTypo]ogy. and the Expression ef ]NIotionEvents",STRbMQvisrrS. & L. VERHoEvEN (eds), RelatingEvents in IVarrative:7'ypologicaland Contextual Perspectives, Mahwah, Lawrence Erlbaum, , "What SLoBIN, D. I.(2006), Makes ManneT of Motion Salient?Explorationsin Lingui$ticTypology, Discourse,and Cognition",HIcKMANN, M. & S. RoBERrv (eds)șpace in Languages: Linguistic Systernsand Cognitive Categortes, Amsterdam, John Benjamins, TALMy, L. (1991), "Path to Realization,A typology of Event Conflation]', BLS 17, TALMy,L. (2000), 7brvard a CQgnttiveSernanticslr'bl.2: 7Iypologyand Processin ConceptStructuring, Massachusetts, The MIT Press. VANDELolsE, C.(1986), Espace en francais, Paris,Seuil. VAN VALIN, R. D. Jr. (2005),Explorin.a the Syntax-Semantics Jnterftice, Cambridge, Cambridge UniversityPress, -43- NII-Electronic Library Service

14 Japanese Soolety Society of French Frenoh Linguistics Llngulstlos 青木三郎 (2005 ) 日仏語の空間表現の対照的研究一 dans とナカの意味分析 木 下教授喜寿記念論文集編集委員会 フランス 語学研究の現在 白水社, 荒井文雄 (1993 ) 日本語及びフランス語における空間表現の対照意味論 京都産 業大学論集 24 2, 小野尚之 (2005 ) 生成語彙意昧論 くろしお出版. 影山太郎 (1996) 日英語の移動動詞 関西学院大学英米文学 40 2, 松本曜 (1997 ) 空間移動の言語表現とその拡張 田中茂範, の表現 研究社 , 松本曜 空間と移動 守田貴弘 (2008 ) 日本語とフランス語の空間移動表現一動詞枠付け言語と類型内 の多様性 ラーマル クリスティーン, 大堀壽夫, 守田貴弘 ( 編 ) 空間移動の言語表現の類型論的研究 2, 東京大学 21 世紀 COE プログラム, 45 68, _ 44 _ NII-Electronic N 工工一 Eleotronlo Llbrary Library Service

els08ws-kuroda-slides.key

els08ws-kuroda-slides.key NICT 26 2008/11/15, Word Sketch Engine (Kilgarriff & Tugwell 01; Srdanovic, et al. 08) ( ) I-Language Grammar is Grammar and Usage is Usage (Newmeyer 03) (is-a ) ( )?? () // () ()???? ? ( )?? ( ) Web ??

More information

The bottle floated out of the cave. Figure (Talmy 1985, 1991, 2000) Ground Motion Path Manner Cause Coevent Talmy 1985 Typology of Lexicalization Patterns The bottle floated out (of the cave) Figure Motion

More information

Corrected Version NICT /11/15, 1 Thursday, May 7,

Corrected Version NICT /11/15, 1 Thursday, May 7, Corrected Version NICT 26 2008/11/15, 1 1 Word Sketch Engine (Kilgarriff & Tugwell 01; Srdanovic, et al. 08) 2 2 3 3 ( ) I-Language Grammar is Grammar and Usage is Usage (Newmeyer 03) 4 4 (is-a ) ( ) (

More information

Excelによる統計分析検定_知識編_小塚明_5_9章.indd

Excelによる統計分析検定_知識編_小塚明_5_9章.indd 第7章57766 検定と推定 サンプリングによって得られた標本から, 母集団の統計的性質に対して推測を行うことを統計的推測といいます 本章では, 推測統計の根幹をなす仮説検定と推定の基本的な考え方について説明します 前章までの知識を用いて, 具体的な分析を行います 本章以降の知識は操作編での操作に直接関連していますので, 少し聞きなれない言葉ですが, 帰無仮説 有意水準 棄却域 などの意味を理解して,

More information

Ensemble en français

Ensemble en français 9 J ai un grand frère, il a 33 ans - parler de son âge et de sa famille avec le verbe «avoir» - 1 Avec «vous» (poliment) «vous» を用いて ( 丁寧に ) A : Quel âge avez-vous? 何歳ですか? B : J ai 31 ans 31 歳です A : Avez-vous

More information

Japanese Society of French Linguistics フランス語学研究, 第 45 号,2011 年,pp 移動表現研究における経路と様態の概念 移動動詞の分類 On the Notions of Path and Manner of Motion in the

Japanese Society of French Linguistics フランス語学研究, 第 45 号,2011 年,pp 移動表現研究における経路と様態の概念 移動動詞の分類 On the Notions of Path and Manner of Motion in the フランス語学研究, 第 45 号,2011 年,pp.53 61 移動表現研究における経路と様態の概念 移動動詞の分類 On the Notions of Path and Manner of Motion in the Expression of Motion Events: Categorization of Motion Verbs 守田貴弘 (Mo r i ta Takahiro) The

More information

Elémentaire Leçon7-3 (初級7-3)

Elémentaire Leçon7-3 (初級7-3) FRANTIÈRE オフィシャル教材 Elémentaire Leçon7-3 ( 初級 7-3) Combien êtes-vous dans vorte famille? ( あなたは何人家族ですか?7-3) L'objectif de cette leçon ( このレッスンの目的 ) 疑問副詞 について学習します 単語学習では 家族に関わる単語 について学習します Partie 1 ~ La

More information

コーパスからの構文頻度の抽出と辞書への活用 : 現状と課題 大羽良 1. はじめに 2. 構文とは 2.1. Goldberg (1995, p1) Particular semantic structures together with their associated formal expres

コーパスからの構文頻度の抽出と辞書への活用 : 現状と課題 大羽良 1. はじめに 2. 構文とは 2.1. Goldberg (1995, p1) Particular semantic structures together with their associated formal expres コーパスからの構文頻度の抽出と辞書への活用 : 現状と課題 大羽良 1. はじめに 2. 構文とは 2.1. Goldberg (1995, p1) Particular semantic structures together with their associated formal expression must be recognized as constructions independent

More information

1. 1.1 (1) The bottle floated out of the cave. Figure (Talmy 1985, 1991, 2000) Ground Motion Path Manner Cause 1.2 Talmy 1985 Typology of Lexicalization Patterns The bottle floated out (of the cave) Figure

More information

Sommaire Etude Comparative sur les Deux Romans d' Adultère - Les Bourgeois de Molinchart de Champfleury, Madame Bovary de Flaubert- Hisashi TAKIZAWA Les Bourgeois de Molinchart et Madame Bovary, ces deux

More information

RSS Higher Certificate in Statistics, Specimen A Module 3: Basic Statistical Methods Solutions Question 1 (i) 帰無仮説 : 200C と 250C において鉄鋼の破壊応力の母平均には違いはな

RSS Higher Certificate in Statistics, Specimen A Module 3: Basic Statistical Methods Solutions Question 1 (i) 帰無仮説 : 200C と 250C において鉄鋼の破壊応力の母平均には違いはな RSS Higher Certiicate in Statistics, Specimen A Module 3: Basic Statistical Methods Solutions Question (i) 帰無仮説 : 00C と 50C において鉄鋼の破壊応力の母平均には違いはない. 対立仮説 : 破壊応力の母平均には違いがあり, 50C の方ときの方が大きい. n 8, n 7, x 59.6,

More information

53 image Le Musée imaginaire La Tentation de l Occident La Voie royale, pp. -. Le Musée imaginaire «imaginaire», p.. Ibid., pp. -. André Malraux, Œuvr

53 image Le Musée imaginaire La Tentation de l Occident La Voie royale, pp. -. Le Musée imaginaire «imaginaire», p.. Ibid., pp. -. André Malraux, Œuvr Title Author(s) アンドレ マルロー作品におけるモノクローム写真についての考察 井上, 俊博 Citation Gallia. 50 P.53-P.62 Issue Date 2011-03-03 Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/11094/11819 DOI rights 53 image Le Musée imaginaire

More information

Exploring the Art of Vocabulary Learning Strategies: A Closer Look at Japanese EFL University Students A Dissertation Submitted t

Exploring the Art of Vocabulary Learning Strategies: A Closer Look at Japanese EFL University Students A Dissertation Submitted t Exploring the Art of Vocabulary Learning Strategies: A Closer Look at Japanese EFL University Students MIZUMOTO, Atsushi Graduate School of Foreign Language Education and Research, Kansai University, Osaka,

More information

Ensemble en français

Ensemble en français 17. Ça te dit d aller au cinéma? - faire une proposition - 1. Avec «vous» A : Que faites-vous vendredi soir? B : Rien de spécial. Pourquoi? A : Ça vous dirait de dîner ensemble? B : Oui, volontiers. A

More information

Les journaux de deux bourgeois de Paris sous le règne de François rr (première partie) - nouvelles et bruits jusqu'à la défaite de Pavie - RIRA TE Tomohiko On dispose de journaux, de chroniques, de livres

More information

2 1000 3500 10 3 1 3,3 184 1 338 17 70% 4 1969 1988 Commissariat aux langues officielles, 2012 1969 5 1974 1977 1971 1988 Citoyenneté et Immigration Canada, 2012 1867 1861 34% 100 1951 29% 2006 22% Statistique

More information

甲37号

甲37号 氏名 ( 本籍地 ) LE CAM NHUNG( ベトナム ) 学位の種類 博士 ( 文学 ) 学位記番号 甲第 75 号 学位授与年月日 平成 28 年 3 月 16 日 学位授与の要件 昭和女子大学学位規則第 5 条第 1 項該当 論 文 題 目 ベトナム人日本語学習者の産出文章に見られる視点の表し方及びその指導法に関する研究 - 学習者の< 気づき>を重視する指導法を中心に- 論文審査委員 (

More information

第 3 回講義の項目と概要 統計的手法入門 : 品質のばらつきを解析する 平均と標準偏差 (P30) a) データは平均を見ただけではわからない 平均が同じだからといって 同一視してはいけない b) データのばらつきを示す 標準偏差 にも注目しよう c) 平均

第 3 回講義の項目と概要 統計的手法入門 : 品質のばらつきを解析する 平均と標準偏差 (P30) a) データは平均を見ただけではわからない 平均が同じだからといって 同一視してはいけない b) データのばらつきを示す 標準偏差 にも注目しよう c) 平均 第 3 回講義の項目と概要 016.8.9 1.3 統計的手法入門 : 品質のばらつきを解析する 1.3.1 平均と標準偏差 (P30) a) データは平均を見ただけではわからない 平均が同じだからといって 同一視してはいけない b) データのばらつきを示す 標準偏差 にも注目しよう c) 平均 :AVERAGE 関数, 標準偏差 :STDEVP 関数とSTDEVという関数 1 取得したデータそのものの標準偏差

More information

2

2 1 2000 2 3 4 5 Ses yeux s attachèrent presque avidement Il lança sur cette ruche bourdonnant un regard 6 7 8 absorbé tour à tour par le pompeux spectacle du ballet du cinquième acte, si célèbre

More information

11/27/2003 ( ) 1 UC Berkely FrameNet (FN) ( Frame Semantics (FS) Lexical Unit (LU) Commercial Transaction Fram

11/27/2003 ( ) 1 UC Berkely FrameNet (FN) (  Frame Semantics (FS) Lexical Unit (LU) Commercial Transaction Fram 11/27/2003 ( ) 1 UC Berkely FrameNet (FN) (http://www.icsi.berkeley.edu/~framenet/) Frame Semantics (FS) Lexical Unit (LU) Commercial Transaction Frame Japanese FrameNet (JFN) FS 2 フレームネットとは何か 狭義にはフレーム意味論(後述)に基づく電子辞書

More information

Die Aufklärung und Halb-Asien Versuch über Karl Emil Franzos (1) Takashi NAITO Vers la fin de l ère Meiji et au début de l ère Taisho, la peinture japonaise a été obligée d envisager une modernisation

More information

L'amour suxuel dans la pensée russe ( I ) "La sonate à kreuzer" de L. Tolstoï AOUAMA Taro Dans "La sonate à Kreuzer" (1890) Tolstoï prêche l'abstinence complète de l'amour sexuel. L'acte sexuel est un

More information

Japanese Society of French Linguistics シンポジウム報告 ことばに主体はどのようにあらわれるか フランス語と認知言語学 日時 :2009 年 5 月 23 日 10:00-12:30 場所 : 中央大学理工学部後楽園キャンパス 5 号館 5534 室パネリスト

Japanese Society of French Linguistics シンポジウム報告 ことばに主体はどのようにあらわれるか フランス語と認知言語学 日時 :2009 年 5 月 23 日 10:00-12:30 場所 : 中央大学理工学部後楽園キャンパス 5 号館 5534 室パネリスト シンポジウム報告 ことばに主体はどのようにあらわれるか フランス語と認知言語学 日時 :2009 年 5 月 23 日 10:00-12:30 場所 : 中央大学理工学部後楽園キャンパス 5 号館 5534 室パネリスト : 武本雅嗣 阿部宏 鍋島弘治朗司会 : 大久保朝憲 はじめに 平塚徹 1990 年の国際認知言語学会 (ICLA) 設立と Mouton de Gruyter 社の Cognitive

More information

Microsoft Word - 佐々木和彦_A-050(校了)

Microsoft Word - 佐々木和彦_A-050(校了) 教育総研発 A-050 号 知識が活かされる英語の指導とは ~ 使い途 あっての知識 ~ 代々木ゼミナール英語講師 佐々木和彦 文法や構文など 英語の知識を生徒に与えると そのような知識を与える前よりも生徒の読解スピードが圧倒的に遅くなることがあります 特に 教えられた知識を使おうとする真面目な生徒にそのような傾向があります もちろん 今までいい加減に読んでいた英文を それまでは意識したことがなかったルールや知識を意識しながら読むのですから

More information

柴山 専門英語の教育とコーパスの利用 動詞の判定基準は省略するが 検索の都合で 同じ語 図1 介入の語彙リスト最上部 の同じ語形が動詞と他品詞の両方に使われている場 合は動詞とした ただし後の用例検索では他品詞を除 外した 表4 動詞 助動詞のリスト 上位20位まで 介入 図2 根拠の語彙リスト最上部 図1と図2で目に付くことがある 両図の5位まで に入っている語が全く同じで すべて機能語(冠詞 前

More information

本文②.indd

本文②.indd Hiroshima Journal of International Studies Volume Les contes populaires du type AT400 et les contes japonais du type Femme céleste Chiwaki SHINODA Le conte de la Vierge cygne se trouve partout dans le

More information

早稲田大学大学院日本語教育研究科 修士論文概要書 論文題目 ネパール人日本語学習者による日本語のリズム生成 大熊伊宗 2018 年 3 月

早稲田大学大学院日本語教育研究科 修士論文概要書 論文題目 ネパール人日本語学習者による日本語のリズム生成 大熊伊宗 2018 年 3 月 早稲田大学大学院日本語教育研究科 修士論文概要書 論文題目 ネパール人日本語学習者による日本語のリズム生成 大熊伊宗 2018 年 3 月 本研究は ネパール人日本語学習者 ( 以下 NPLS) のリズム生成の特徴を明らかにし NPLS に対する発音学習支援 リズム習得研究に示唆を与えるものである 以下 本論文 の流れに沿って 概要を記述する 第一章序論 第一章では 本研究の問題意識 意義 目的 本論文の構成を記した

More information

T_BJPG_ _Chapter3

T_BJPG_ _Chapter3 第 3 章 研究方法 3.1 研究のデザイン本研究では 処理されたデータが数字ではない その上 本研究に処理されることは言葉や物事の実際の状況である そのために使用される研究方法は定性的記述法 (Qualitative Descriptive) である (Sudaryanto, 1992: 62). 記述する方法では研究者がデータ分類によって データに関する特徴を挙げられる それに そのデータの性質的及びほかのデータとの関係に関することを判断する

More information

Elémentaire Leçon5-3 (初級5-3)

Elémentaire Leçon5-3 (初級5-3) FRANTIÈRE オフィシャル教材 Elémentaire Leçon5-3 ( 初級 5-3) L expression de la négation. ( 否定の表現 5-3) L'objectif de cette leçon ( このレッスンの目的 ) 否定の表現 について学習します 単語学習では 国名 言語 国籍 について学習します Partie 1 ~ La conversation(

More information

3†ı02àVfic19-36

3†ı02àVfic19-36 1950 1945 1960 2 1959-1961 1957 1958 5 3 10 4 1940 FL., p. 16 / p. 14 5 FL., p. 30 / p. 28 FL., p. 31 / pp. 28-29 FL., p. 141 / pp. 142-143 FL., pp. 147-148 / pp. 148-149 6 7 1 10 Entretiens, p. 166 Ibid.

More information

〈論文〉認知言語学的視座におけるスペイン語前置詞por の概念研究(その1)--英語前置詞for, through・ルーマニア語前置詞prin との比較・対照も交えて

〈論文〉認知言語学的視座におけるスペイン語前置詞por の概念研究(その1)--英語前置詞for, through・ルーマニア語前置詞prin との比較・対照も交えて + sentido + concomitancia + 方向性 + 同時生起性 認知言語学的視座におけるスペイン語前置詞 の概念研究 その1 福森 森山 が挙げられている点が関係している また concomitancia 同時生起 性 の sema 意義素 を持つ前置詞として も挙げられているが Morera 1988 では これも 着点 到達点 に関係する前置詞として捉えられてい る その証拠に

More information

Fukuda

Fukuda Repas français et repas japonais le boire et le manger comme mise en corrélation de l espace et du temps FUKUDA Ikuhiro Résumé Un repas est généralement constitué de plusieurs plats que l on consomme dans

More information

EBNと疫学

EBNと疫学 推定と検定 57 ( 復習 ) 記述統計と推測統計 統計解析は大きく 2 つに分けられる 記述統計 推測統計 記述統計 観察集団の特性を示すもの 代表値 ( 平均値や中央値 ) や ばらつきの指標 ( 標準偏差など ) 図表を効果的に使う 推測統計 観察集団のデータから母集団の特性を 推定 する 平均 / 分散 / 係数値などの推定 ( 点推定 ) 点推定値のばらつきを調べる ( 区間推定 ) 検定統計量を用いた検定

More information

Microsoft PowerPoint - sc7.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - sc7.ppt [互換モード] / 社会調査論 本章の概要 本章では クロス集計表を用いた独立性の検定を中心に方法を学ぶ 1) 立命館大学経済学部 寺脇 拓 2 11 1.1 比率の推定 ベルヌーイ分布 (Bernoulli distribution) 浄水器の所有率を推定したいとする 浄水器の所有の有無を表す変数をxで表し 浄水器をもっている を 1 浄水器をもっていない を 0 で表す 母集団の浄水器を持っている人の割合をpで表すとすると

More information

Microsoft Word - L4 Ex.doc

Microsoft Word - L4 Ex.doc 4 Leçon quatre / 1 提出日 : 月日 4 Leçon quatre 確認練習 :L4-1-1 ( Exercice 1 ) Est-ce que と主語代名詞をつけて, 疑問文を作りなさい エリズィオンに注意 1) ( ) est étudiante? ( 彼女は ) 2) ( ) sont professeurs? ( 彼らは ) 3) ( ) a vingt ans? ( 彼女は

More information

Common European Framework of Reference for Languages The Threshold Level threshold p.trim capable de se débrouiller en voyage dans le pays de la langu

Common European Framework of Reference for Languages The Threshold Level threshold p.trim capable de se débrouiller en voyage dans le pays de la langu B A propos du niveau B 1 selon Le Cadre européen commun de référence Le niveau B1 selon le CECR correspond à la notion du «niveau seuil» ou «threshold level» en anglais : la capacité de se débrouiller

More information

日本語「~ておく」の用法について

日本語「~ておく」の用法について 論文要旨 日本語 ~ ておく の用法について 全体構造及び意味構造を中心に 4D502 徐梓競 第一章はじめに研究背景 目的 方法本論文は 一見単純に見られる ~ておく の用法に関して その複雑な用法とその全体構造 及び意味構造について分析 考察を行ったものである 研究方法としては 各種辞書 文法辞典 参考書 教科書 先行研究として ~ておく の用法についてどのようなもの挙げ どのようにまとめているかをできる得る限り詳細に

More information

literary play La Philosophie CRD p CRD p cf. Peter Caws, Sartre. The Arguments of the Philosophers, Routledge

literary play La Philosophie CRD p CRD p cf. Peter Caws, Sartre. The Arguments of the Philosophers, Routledge 14 19 34 2017 6 19 Le problème de la raison dans la Critique de la raison dialectique de J.-P. Sartre Kazuhiro TANIGUCHI 1 Sartre, pour qui la raison n est pas seulement la faculté de raisonner au sens

More information

Ensemble en français

Ensemble en français Voyage de 7 jours en France Cinquième jour 3 : Annuler / Changer sa réservation 1. Annuler sa réservation 予約をキャンセルする A (Réceptionniste) : Hôtel Concorde, bonjour! : Bonjour, je voudrais annuler ma réservation.

More information

87 1. 先行研究 調査方法

87 1. 先行研究 調査方法 86 12 4 2016.10.1 キーワード 要 旨 A D 4 A B C D D B C はじめに 1 2 3 4 1 11-1 52 14 2 12-34 185 16 3 1-18 90 1 4 12-13 146 11 1995 1996 2012 2006 2013 87 1. 先行研究 1 1933 2 2. 調査方法 3 1965 1969 4-4 88 2 5 6 3. より を

More information

(Microsoft Word - \207U\202P.doc)

(Microsoft Word - \207U\202P.doc) ( 科目別結果別結果の経年変化 平均通過率 通過率 % 以上の生徒の割合 通過率 % 以上の生徒の割合 国語数学外国語 A 問題 B 問題 A 問題 B 問題 A 問題 B 問題国語国語数学数学 Ⅰ 数学数学 Ⅰ OCⅠ 英語 Ⅰ OCⅠ 英語 Ⅰ 総合総合基礎基礎 H3 7.3 73. 35. 9..1. 5.1 9.7.5 7. H 73. 7. 3. 71. 57. 73.. 9.9 5.5

More information

フランス語学習者の自由会話における動詞使用 西南学院大学博士後期課程小澤南海

フランス語学習者の自由会話における動詞使用 西南学院大学博士後期課程小澤南海 フランス語学習者の自由会話における動詞使用 西南学院大学博士後期課程小澤南海 (s21dd001@seinan-gakuin.jp) はじめに 日本語母語話者であるフランス語学習者の自由会話に現れる全ての動詞を 動詞の持つ語彙アスペクトの観点を導入しながら分析を行う 2 語彙アスペクトとは Dowty(1979 : 52) アスペクトマーカーは 以下のことを区別するのに役立つ 言及された出来事は 開始地点にあるのか

More information

Présentation PowerPoint

Présentation PowerPoint 学習の可視化 多様化に関する研究会 2013 年 12 月 11 日 フランス語学習者における CEFR-J を用いた自己評価と 客観評価との関係 杉山香織 ( 東京外国語大学大学院博士課程 ) 川口裕司 ( 東京外国語大学 ) フランス語での取り組みの一例 学習の可視化に向けて CEFR-J を基にした can-do の調査 ( 自己評価 ) CEFR-J を基にしたタスクの作成 調査 ( 客観評価

More information

Microsoft Word - 博士論文概要.docx

Microsoft Word - 博士論文概要.docx [ 博士論文概要 ] 平成 25 年度 金多賢 筑波大学大学院人間総合科学研究科 感性認知脳科学専攻 1. 背景と目的映像メディアは, 情報伝達における効果的なメディアの一つでありながら, 容易に感情喚起が可能な媒体である. 誰でも簡単に映像を配信できるメディア社会への変化にともない, 見る人の状態が配慮されていない映像が氾濫することで見る人の不快な感情を生起させる問題が生じている. したがって,

More information

V. Des noms Le nom «désigne» Ne peut se trouver seul. Il est suivi : i. D une particule ii. De です (dans toutes ses formes) c. «morphologie» cf. です VI.

V. Des noms Le nom «désigne» Ne peut se trouver seul. Il est suivi : i. D une particule ii. De です (dans toutes ses formes) c. «morphologie» cf. です VI. ひらけ日本語 第一課から第十二課まで Grammaticalement parlant, on a vu : I. Des fonctions a. Conclusive b. Déterminante c. Suspensive d. Adverbiale II. III. Des temps et des formes a. Des temps i. atemporel ii. perfectif

More information

...P.....\1_4.ai

...P.....\1_4.ai 1 20 16 1867 1867 11 9 1800-1914 18 1867 ( ) 18 29 19 = N.B. / N.B. / / A. / 1867 1867 / / 440 1867 3 31 20 440 21 1861 9 / 1868 ( 4 ) /1875 ( 8 ) A Guide-book to Nikko A.G.S. A Handbook for Travelers

More information

Elémentaire Leçon11-4 (初級11-4)

Elémentaire Leçon11-4 (初級11-4) FRANTIÈRE オフィシャル教材 Elémentaire Leçon11-4 ( 初級 11-4) Tu as bien dormi? ( よく眠れましたか?) L'objectif de cette leçon ( このレッスンの目的 ) 動詞 aider について学習します 単語学習では 頻度を表す表現 について学習します Partie 1 ~ La conversation ( 会話 )

More information

Microsoft Word - LSJ155_口頭発表予稿集原稿_江口他.docx

Microsoft Word - LSJ155_口頭発表予稿集原稿_江口他.docx D-3 移動表現における着点の有無 : 通言語的実験研究 江口清子 ( 宮崎大学 ) 吉成祐子 ( 岐阜大学 ) 眞野美穂 ( 鳴門教育大学 ) アンナ ボルジロフスカヤ ( 立教大学 ) 松本曜 ( 国立国語研究所 / 神戸大学 ) 1. はじめに本研究では 描写する移動事象において 移動物が着点に到達するか否かによって 言語表現にどのような差異が生じるのかを通言語的に考察する 移動表現に関する研究では

More information

IPFCプロジェクトの概要

IPFCプロジェクトの概要 IPCF プロジェクトから対照中間言語分析へ フランス語, ポルトガル語, 日本語, トルコ語の対照中間言語分析国際ワークショップ 言語コーパスと学習者言語をめぐって 2018 年 11 月 5 日 ( 於東京外国語大学 ) 鈴木拓真 ( 東京外国語大学博士前期課程 ) 中川亮 ( 東京大学大学院修士課程 ) 川口裕司 ( 東京外国語大学 ) 1 現代フランス語の中間言語音韻論 (IPCF) IPCF

More information

1 (1) (5) ( ) 1 ( 10 ) (1) Il est content de ( ) voiture noire. sa ses son (2) Je cherche ( ) jupe courte. des un une (3) Tu as encore ( ) argent? de

1 (1) (5) ( ) 1 ( 10 ) (1) Il est content de ( ) voiture noire. sa ses son (2) Je cherche ( ) jupe courte. des un une (3) Tu as encore ( ) argent? de 2011 年度秋季 SAMPLE 実用フランス語技能検定試験 試験問題冊子 5 級 問題冊子は試験開始の合図があるまで開いてはいけません 筆記試験 聞き取り試験 30 分 ( 休憩なし ) 約 15 分 問題冊子は表紙を含め 16 ページ 筆記試験が 7 問題 聞き取り試験が 4 問題です 注意事項 1 途中退出はいっさい認めません 2 筆記用具は HB または B の黒鉛筆 ( シャープペンシルも可

More information

Microsoft PowerPoint - 04_01_text_UML_03-Sequence-Com.ppt

Microsoft PowerPoint - 04_01_text_UML_03-Sequence-Com.ppt システム設計 (1) シーケンス図 コミュニケーション図等 1 今日の演習のねらい 2 今日の演習のねらい 情報システムを構成するオブジェクトの考え方を理解す る 業務プロセスでのオブジェクトの相互作用を考える シーケンス図 コミュニケーション図を作成する 前回までの講義システム開発の上流工程として 要求仕様を確定パソコンを注文するまでのユースケースユースケースから画面の検討イベントフロー アクティビティ図

More information

<4D F736F F D208EC08CB18C7689E68A E F AA957A82C682948C9F92E82E646F63>

<4D F736F F D208EC08CB18C7689E68A E F AA957A82C682948C9F92E82E646F63> 第 7 回 t 分布と t 検定 実験計画学 A.t 分布 ( 小標本に関する平均の推定と検定 ) 前々回と前回の授業では, 標本が十分に大きいあるいは母分散が既知であることを条件に正規分布を用いて推定 検定した. しかし, 母集団が正規分布し, 標本が小さい場合には, 標本分散から母分散を推定するときの不確実さを加味したt 分布を用いて推定 検定しなければならない. t 分布は標本分散の自由度 f(

More information

Cours-Japonais.fr

Cours-Japonais.fr 1 sur 5 30/03/2007 21:55 何 + un spécificatif numéral + も, いくつも " 何 + un spécificatif numéral + も " et いくつも indiquent le nombre indéfini et correspondent à "plusieurs" en français. はこえんぴつなんぼん箱の中に鉛筆が何本もあります

More information

040402.ユニットテスト

040402.ユニットテスト 2. ユニットテスト ユニットテスト ( 単体テスト ) ユニットテストとはユニットテストはプログラムの最小単位であるモジュールの品質をテストすることであり その目的は結合テスト前にモジュール内のエラーを発見することである テストは機能テストと構造テストの2つの観点から行う モジュールはプログラムを構成する要素であるから 単体では動作しない ドライバとスタブというテスト支援ツールを使用してテストを行う

More information

身体語彙を含む日本語の慣用句の分析 : ペルシア語との Title対照を通して 目 手 口 身 を用いた表現 を中心に Author(s) ファルザネ, モラディ Citation Issue Date Type Thesis or Dissertation Text Vers

身体語彙を含む日本語の慣用句の分析 : ペルシア語との Title対照を通して 目 手 口 身 を用いた表現 を中心に Author(s) ファルザネ, モラディ Citation Issue Date Type Thesis or Dissertation Text Vers 身体語彙を含む日本語の慣用句の分析 : ペルシア語との Title対照を通して 目 手 口 身 を用いた表現 を中心に Author(s) ファルザネ, モラディ Citation Issue 2014-10-31 Date Type Thesis or Dissertation Text Version ETD URL http://doi.org/10.15057/26937 Right Hitotsubashi

More information

ビジネス統計 統計基礎とエクセル分析 正誤表

ビジネス統計 統計基礎とエクセル分析 正誤表 ビジネス統計統計基礎とエクセル分析 ビジネス統計スペシャリスト エクセル分析スペシャリスト 公式テキスト正誤表と学習用データ更新履歴 平成 30 年 5 月 14 日現在 公式テキスト正誤表 頁場所誤正修正 6 知識編第 章 -3-3 最頻値の解説内容 たとえば, 表.1 のデータであれば, 最頻値は 167.5cm というたとえば, 表.1 のデータであれば, 最頻値は 165.0cm ということになります

More information

145_mori.indd

145_mori.indd Gengo Kenkyu 145: 1 26 2014 V V V V V 2 1 2 V * 1. 1 a. b. 1a 1b 2 a. b. 2a 2b * JSPS 23720217 2 2 1 2b V 1 V V 2 1 V V 1a 1b 1991 V V V 3 4 5 2. V V 2.1. V 1 V V V 1 1975 V 1 Ono 2000; Ono 1992 V 3 3

More information

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅰ 12 回目クラス 今日の講義で学ぶ内容 クラスとは クラスの宣言と利用 クラスの応用 クラス クラスとは 異なる複数の型の変数を内部にもつ型です 直観的に表現すると int 型や double 型は 1 1 つの値を管理できます int 型の変数 配列型は 2 5 8 6 3 7 同じ型の複数の変数を管理できます 配列型の変数 ( 配列変数 ) クラスは double

More information

Microsoft Word - N1222_Risk_in_ (和訳案).docx

Microsoft Word - N1222_Risk_in_ (和訳案).docx ISO 9001:2015 における リスク 1. 本文書の目的 - ISO 9001 でリスクがどのように扱われているかについて説明する - ISO 9001 で 機会 が何を意味しているかについて説明する - リスクに基づく考え方がプロセスアプローチに置き換わることに対する懸念に応える - 予防処置が ISO 9001 から削除されたことに対する懸念に応える - リスクに基づくアプローチの各要素を簡潔な言葉で説明する

More information

様々なミクロ計量モデル†

様々なミクロ計量モデル† 担当 : 長倉大輔 ( ながくらだいすけ ) この資料は私の講義において使用するために作成した資料です WEB ページ上で公開しており 自由に参照して頂いて構いません ただし 内容について 一応検証してありますが もし間違いがあった場合でもそれによって生じるいかなる損害 不利益について責任を負いかねますのでご了承ください 間違いは発見次第 継続的に直していますが まだ存在する可能性があります 1 カウントデータモデル

More information

Elémentaire Leçon18-2 (初級18-2)

Elémentaire Leçon18-2 (初級18-2) FRANTIÈRE オフィシャル教材 Elémentaire Leçon18-2 ( 初級 18-2) J en ai vu en allant à la place.( 広場に行く途中で見かけました ) L'objectif de cette leçon ( このレッスンの目的 ) ジェロンディフ について学習します 単語学習では 道案内の単語 について学習します Partie 1 ~ La conversation(

More information

博士論文概要 タイトル : 物語談話における文法と談話構造 氏名 : 奥川育子 本論文の目的は自然な日本語の物語談話 (Narrative) とはどのようなものなのかを明らかにすること また 日本語学習者の誤用 中間言語分析を通じて 日本語上級者であっても習得が難しい 一つの構造体としてのまとまりを

博士論文概要 タイトル : 物語談話における文法と談話構造 氏名 : 奥川育子 本論文の目的は自然な日本語の物語談話 (Narrative) とはどのようなものなのかを明らかにすること また 日本語学習者の誤用 中間言語分析を通じて 日本語上級者であっても習得が難しい 一つの構造体としてのまとまりを 博士論文概要 タイトル : 物語談話における文法と談話構造 氏名 : 奥川育子 本論文の目的は自然な日本語の物語談話 (Narrative) とはどのようなものなのかを明らかにすること また 日本語学習者の誤用 中間言語分析を通じて 日本語上級者であっても習得が難しい 一つの構造体としてのまとまりを構成する 談話展開技術がどのようなものか明らかにすることである そのため 日本語母語話者と学習者に言葉のないアニメーションのストーリーを書いてもらった物語談話を認知機能言語学の観点から分析し

More information

6-‘¬‘¼ŠS”q.ec6

6-‘¬‘¼ŠS”q.ec6 66 RTBF. 2002, p.1030 67 principe de la territorialité 68 Libération 69 70 Eurobaromètre Van Parys and Wauters.. FR NL NL FR Van Parys & Wauters (2006) Van Parijs (2007) 71 FR NL EN Van Parys & Wauters(2006)

More information

Elémentaire Leçon4-4 (初級4-4)

Elémentaire Leçon4-4 (初級4-4) FRANTIÈRE オフィシャル教材 Elémentaire Leçon4-4 ( 初級 4-4) Qu est-ce que vous aimez? ( あなたの趣味は何ですか 4-4) L'objectif de cette leçon ( このレッスンの目的 ) 何? を表す 疑問代名詞 について学習します 単語学習では 趣味 ~アウトドア~ に関わる単語を学習します Partie 1 ~ La

More information

1 (1) (4) ( ) 1 ( 8 ) (1) Ce sont ( ) frères de Paul. (2) Elle porte ( ) pantalon noir. (3) Je voudrais manger ( ) viande. (4) Nous allons ( ) école.

1 (1) (4) ( ) 1 ( 8 ) (1) Ce sont ( ) frères de Paul. (2) Elle porte ( ) pantalon noir. (3) Je voudrais manger ( ) viande. (4) Nous allons ( ) école. 2008 年度秋季 実用フランス語技能検定試験 試験問題冊子 4 級 SAMPLE 問題冊子は試験開始の合図があるまで開いてはいけません 筆記試験 聞き取り試験 45 分 ( 休憩なし ) 約 15 分 問題冊子は表紙を含め 16 ページ 筆記試験が 8 問題 聞き取り試験が 4 問題です 注意事項 1 途中退出はいっさい認めません 2 筆記用具は HB または B の黒鉛筆 ( シャープペンシルも可

More information

自動車感性評価学 1. 二項検定 内容 2 3. 質的データの解析方法 1 ( 名義尺度 ) 2.χ 2 検定 タイプ 1. 二項検定 官能検査における分類データの解析法 識別できるかを調べる 嗜好に差があるかを調べる 2 点比較法 2 点識別法 2 点嗜好法 3 点比較法 3 点識別法 3 点嗜好

自動車感性評価学 1. 二項検定 内容 2 3. 質的データの解析方法 1 ( 名義尺度 ) 2.χ 2 検定 タイプ 1. 二項検定 官能検査における分類データの解析法 識別できるかを調べる 嗜好に差があるかを調べる 2 点比較法 2 点識別法 2 点嗜好法 3 点比較法 3 点識別法 3 点嗜好 . 内容 3. 質的データの解析方法 ( 名義尺度 ).χ 検定 タイプ. 官能検査における分類データの解析法 識別できるかを調べる 嗜好に差があるかを調べる 点比較法 点識別法 点嗜好法 3 点比較法 3 点識別法 3 点嗜好法 : 点比較法 : 点識別法 配偶法 配偶法 ( 官能評価の基礎と応用 ) 3 A か B かの判定において 回の判定でAが選ばれる回数 kは p の二項分布に従う H :

More information

Ensemble en français

Ensemble en français Voyage de 7 jours en France Quatrième jour 1 : Demander son chemin - Partie 2 1. Je suis perdu(e) 道に迷っています A (Sato) : Excusez-moi, monsieur! A : Je suis perdue, vous pouvez m aider? B : Pas de problème!

More information

6回目

6回目 ir05b.web 情報検索課題提出項目の確認 1. 検索課題の設定 2.Googleによる日本語キーワード検索 3. Google 以外の日本語キーワード検索 4. 英語検索エンジンによるキーワード検索 5. Web 情報検索のまとめ 6. 情報収集結果のまとめかた : サイトの信頼度 重点項目 (Web 情報検索のねらい ) 1 目的 目標の設定 4,5,6,7(kw11,12,13 ) 2 蓋然的信頼性

More information

NO95-1_62173.pdf

NO95-1_62173.pdf 1. Krashen 1982 1980 Swain 1985 Swain Muranoi, 2007a 3 1 2010 11 3 51 2. Swain 1985, 1995, 1998, 2005 de Bot 1996 1 4 1 2 Doughty & Williams, 1998 ; Swain, 1998 : 1 2 gap selective attention involvement

More information

( 続紙 1 ) 京都大学博士 ( 人間 環境学 ) 氏名中野研一郎 論文題目 言語における 主体化 と 客体化 の認知メカニズム 日本語 の事態把握とその創発 拡張 変容に関わる認知言語類型論的研究 ( 論文内容の要旨 ) 本論文は 日本語が 主体化 の認知メカニズムに基づく やまとことば の論理

( 続紙 1 ) 京都大学博士 ( 人間 環境学 ) 氏名中野研一郎 論文題目 言語における 主体化 と 客体化 の認知メカニズム 日本語 の事態把握とその創発 拡張 変容に関わる認知言語類型論的研究 ( 論文内容の要旨 ) 本論文は 日本語が 主体化 の認知メカニズムに基づく やまとことば の論理 言語における 主体化 と 客体化 の認知メカニズム Title 日本語 の事態把握とその創発 拡張 変容に関わる認知言語類型論的研究 ( Abstract_ 要旨 ) Author(s) 中野, 研一郎 Citation Kyoto University ( 京都大学 ) Issue Date 2015-03-23 URL https://doi.org/10.14989/doctor.k19 Right

More information

次は三段論法の例である.1 6 は妥当な推論であり,7, 8 は不妥当な推論である. [1] すべての犬は哺乳動物である. すべてのチワワは犬である. すべてのチワワは哺乳動物である. [3] いかなる喫煙者も声楽家ではない. ある喫煙者は女性である. ある女性は声楽家ではない. [5] ある学生は

次は三段論法の例である.1 6 は妥当な推論であり,7, 8 は不妥当な推論である. [1] すべての犬は哺乳動物である. すべてのチワワは犬である. すべてのチワワは哺乳動物である. [3] いかなる喫煙者も声楽家ではない. ある喫煙者は女性である. ある女性は声楽家ではない. [5] ある学生は 三段論法とヴェン図 1. 名辞と A, E, I, O 三段論法 (syllogism) は推論の一種であり, そこに含まれる言明の形式は次の四つに分類される. A すべての F は G である ( 全称肯定 universal affirmative) E いかなる F も G ではない ( 全称否定 universal negative) I ある F は G である ( 特称肯定 particular

More information

Microsoft PowerPoint - 7.pptx

Microsoft PowerPoint - 7.pptx 通信路 (7 章 ) 通信路のモデル 情報 送信者 通信路 受信者 A a,, a b,, b B m = P( b ),, P( b m ) 外乱 ( 雑音 ) n = P( a,, P( a ) n ) 送信情報源 ( 送信アルファベットと生成確率 ) 受信情報源 ( 受信アルファベッと受信確率 ) でもよい 生成確率 ) 受信確率 ) m n 2 イメージ 外乱 ( 雑音 ) により記号 a

More information

4 学習の活動 単元 Lesson 1 (2 時間 ) 主語の決定 / 見えない主語の発見 / 主語の it 外国語表現の能力 適切な主語を選択し英文を書くことができる 外国語理解の能力 日本の年中行事に関する内容の英文を読んで理解できる 言語や文化についての知識 理解 適切な主語を選択 練習問題の

4 学習の活動 単元 Lesson 1 (2 時間 ) 主語の決定 / 見えない主語の発見 / 主語の it 外国語表現の能力 適切な主語を選択し英文を書くことができる 外国語理解の能力 日本の年中行事に関する内容の英文を読んで理解できる 言語や文化についての知識 理解 適切な主語を選択 練習問題の 学校番号 310 平成 29 年度英語科 教科科目単位数指導学年教材名 副教材名 英語英語表現 4(2 単位 2) 第 2 学年 Vision Quest English Expression Ⅱ( 啓林館 ) 同 WORKBOOK Hope ( 啓林館 ) 1 担当者からのメッセージ ( 学習方法等 ) 英語表現 4 単位を 2 年生 3 年生で 2 単位ずつ履修する 教科書は 3 つのパートに分かれており

More information

Livre d'exercices

Livre d'exercices Entrainement à la lecture et à la traduction. Niveau débutant Textes de 1 à 7. Cahier d exercices www.japprendslejaponais.com Lecture et traduction : Table des notions grammaticales Notions grammaticales

More information

橡恋愛小説の翻訳(王虹).PDF

橡恋愛小説の翻訳(王虹).PDF 79 La Dame aux Camélias 19 1899 (1852-1924) ( ) La Dame aux Camélias 35 (1902 ) (1871-1915) 197 La Dame aux Camélias 80 La Dame aux Camélias Alphonsine Plessis Marie Duplessis La dame aux camélias Dumas

More information

論文題目 大学生のお金に対する信念が家計管理と社会参加に果たす役割 氏名 渡辺伸子 論文概要本論文では, お金に対する態度の中でも認知的な面での個人差を お金に対する信念 と呼び, お金に対する信念が家計管理および社会参加の領域でどのような役割を果たしているか明らかにすることを目指した つまり, お

論文題目 大学生のお金に対する信念が家計管理と社会参加に果たす役割 氏名 渡辺伸子 論文概要本論文では, お金に対する態度の中でも認知的な面での個人差を お金に対する信念 と呼び, お金に対する信念が家計管理および社会参加の領域でどのような役割を果たしているか明らかにすることを目指した つまり, お 論文題目 大学生のお金に対する信念が家計管理と社会参加に果たす役割 氏名 渡辺伸子 論文概要本論文では, お金に対する態度の中でも認知的な面での個人差を お金に対する信念 と呼び, お金に対する信念が家計管理および社会参加の領域でどのような役割を果たしているか明らかにすることを目指した つまり, お金に対する信念の構造の把握と関連領域の整理を試みた 第 Ⅰ 部の理論的検討は第 1 章から第 5 章までであった

More information

nlp1-05.key

nlp1-05.key 実用的な構文解析 自然言語処理論 I 今までの例に挙げた文法は非常に単純 実用的な文法 いろいろな文に対応しなければならない それだけ規則の数も増える 5. 文法 3( 素性構造と ) 規則を効率的に管理する必要がある 1 2 一致の例 英語における一致 (agreement) 数 ( 単数形, 複数形 ) 人称 (1 人称,2 人称,3 人称 ) 名詞句の例 a desk the desks a

More information

3†ı’¼Ÿe37-50

3†ı’¼Ÿe37-50 (1) (2) (3) (4) «Monade» «Monas» «unité» «perception» (5) (6) (7) 37 (8) (9) 1921 (10) «l Harmonie» «Harmonie préétablie» (11) 38 17 (12) 20 20 (13) «Unité ultérieure» (14) 20 (15) 39 «Longtemps» «dans

More information

博士論文 考え続ける義務感と反復思考の役割に注目した 診断横断的なメタ認知モデルの構築 ( 要約 ) 平成 30 年 3 月 広島大学大学院総合科学研究科 向井秀文

博士論文 考え続ける義務感と反復思考の役割に注目した 診断横断的なメタ認知モデルの構築 ( 要約 ) 平成 30 年 3 月 広島大学大学院総合科学研究科 向井秀文 博士論文 考え続ける義務感と反復思考の役割に注目した 診断横断的なメタ認知モデルの構築 ( 要約 ) 平成 30 年 3 月 広島大学大学院総合科学研究科 向井秀文 目次 はじめに第一章診断横断的なメタ認知モデルに関する研究動向 1. 診断横断的な観点から心理的症状のメカニズムを検討する重要性 2 2. 反復思考 (RNT) 研究の歴史的経緯 4 3. RNT の高まりを予測することが期待されるメタ認知モデル

More information

O-27567

O-27567 そこに そこがあるのか? 自明性 (Obviousness) における固有性 (Inherency) と 機能的クレーム (Functional Claiming) 最近の判決において 連邦巡回裁判所は 当事者系レビューにおける電気ケーブルの製造を対象とする特許について その無効を支持した この支持は 特許審判部 (Patent and Trial and Appeal Board (PTAB))

More information

Elémentaire Leçon6-2 (初級6-2)

Elémentaire Leçon6-2 (初級6-2) FRANTIÈRE オフィシャル教材 Elémentaire Leçon6-2 ( 初級 6-2) Il y a du vin et de l eau. ( ワインと水があります 6-2) L'objectif de cette leçon ( このレッスンの目的 ) Il y a ~ 構文 不定代名詞 on について学習します 単語学習では 食卓に関わる単語 について学習します Partie 1

More information

スライド 1

スライド 1 データ解析特論重回帰分析編 2017 年 7 月 10 日 ( 月 )~ 情報エレクトロニクスコース横田孝義 1 ( 単 ) 回帰分析 単回帰分析では一つの従属変数 ( 目的変数 ) を 一つの独立変数 ( 説明変数 ) で予測する事を考える 具体的には y = a + bx という回帰直線 ( モデル ) でデータを代表させる このためにデータからこの回帰直線の切片 (a) と傾き (b) を最小

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ロボットの計画と制御 マルコフ決定過程 確率ロボティクス 14 章 http://www.probabilistic-robotics.org/ 1 14.1 動機付けロボットの行動選択のための確率的なアルゴリズム 目的 予想される不確かさを最小化したい. ロボットの動作につての不確かさ (MDP で考える ) 決定論的な要素 ロボット工学の理論の多くは, 動作の影響は決定論的であるという仮定のもとに成り立っている.

More information

_09田村.indd

_09田村.indd 84 3 2016 3 1935-2011 1956 4 1986 2 3 4 = 1 Agota Kristof, Le Grand Cahier, in Romans, Nouvelles, Theâtre complet, Edition du Seuil, 2011. 1991. 17 8 1995 p. 104. 2 p. 103. 3 2013. 4 35 1 1994 57 1 2007.

More information

La Societe Japonaise de Didactique du Francais Notes de recherche (Analyse des méthodes et élaboration des procédures pédagoqiques) HIRASHIMA Rika Rés

La Societe Japonaise de Didactique du Francais Notes de recherche (Analyse des méthodes et élaboration des procédures pédagoqiques) HIRASHIMA Rika Rés Notes de recherche (Analyse des méthodes et élaboration des procédures pédagoqiques) Résumé Si l on veut améliorer sa compétence d enseignant, il est indispensable de connaître les procédures pédagogiques

More information

Questions de méthode dans la Critique de la raison dialectique de J.-P. Sartre première partie Kazuhiro TANIGUCHI Dans son articl

Questions de méthode dans la Critique de la raison dialectique de J.-P. Sartre première partie Kazuhiro TANIGUCHI Dans son articl 16 69 79 2018 6 69 Questions de méthode dans la Critique de la raison dialectique de J.-P. Sartre première partie Kazuhiro TANIGUCHI Dans son article, Questions de méthode, Sartre a proposé une nouvelle

More information

Microsoft PowerPoint - R-stat-intro_12.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - R-stat-intro_12.ppt [互換モード] R で統計解析入門 (12) 生存時間解析 中篇 準備 : データ DEP の読み込み 1. データ DEP を以下からダウンロードする http://www.cwk.zaq.ne.jp/fkhud708/files/dep.csv /fkh /d 2. ダウンロードした場所を把握する ここでは c:/temp とする 3. R を起動し,2. 2 の場所に移動し, データを読み込む 4. データ

More information

使用上の注意 はじめに ( 必ずお読みください ) この SIGN FOR CLASSROOM の英語の動画資料について 作成の意図の詳細は 2 ページ以降に示されているので できるだけすべてを読んでいただきたい 要約 このビデオは 聴覚障がいを持つ生徒たちに英語を教える時 見てわかる会話を表 出さ

使用上の注意 はじめに ( 必ずお読みください ) この SIGN FOR CLASSROOM の英語の動画資料について 作成の意図の詳細は 2 ページ以降に示されているので できるだけすべてを読んでいただきたい 要約 このビデオは 聴覚障がいを持つ生徒たちに英語を教える時 見てわかる会話を表 出さ 使用上の注意 はじめに ( 必ずお読みください ) この SIGN FOR CLASSROOM の英語の動画資料について 作成の意図の詳細は 2 ページ以降に示されているので できるだけすべてを読んでいただきたい 要約 このビデオは 聴覚障がいを持つ生徒たちに英語を教える時 見てわかる会話を表 出させることや 書く力を育てる 学習活動に活用できるようにという目的のために 作成されたものである 1 おすすめの見てわかる英語の表現和洋折衷案

More information

切片 ( 定数項 ) ダミー 以下の単回帰モデルを考えよう これは賃金と就業年数の関係を分析している : ( 賃金関数 ) ここで Y i = α + β X i + u i, i =1,, n, u i ~ i.i.d. N(0, σ 2 ) Y i : 賃金の対数値, X i : 就業年数. (

切片 ( 定数項 ) ダミー 以下の単回帰モデルを考えよう これは賃金と就業年数の関係を分析している : ( 賃金関数 ) ここで Y i = α + β X i + u i, i =1,, n, u i ~ i.i.d. N(0, σ 2 ) Y i : 賃金の対数値, X i : 就業年数. ( 統計学ダミー変数による分析 担当 : 長倉大輔 ( ながくらだいすけ ) 1 切片 ( 定数項 ) ダミー 以下の単回帰モデルを考えよう これは賃金と就業年数の関係を分析している : ( 賃金関数 ) ここで Y i = α + β X i + u i, i =1,, n, u i ~ i.i.d. N(0, σ 2 ) Y i : 賃金の対数値, X i : 就業年数. ( 実際は賃金を就業年数だけで説明するのは現実的はない

More information

講義「○○○○」

講義「○○○○」 講義 信頼度の推定と立証 内容. 点推定と区間推定. 指数分布の点推定 区間推定 3. 指数分布 正規分布の信頼度推定 担当 : 倉敷哲生 ( ビジネスエンジニアリング専攻 ) 統計的推測 標本から得られる情報を基に 母集団に関する結論の導出が目的 測定値 x x x 3 : x 母集団 (populaio) 母集団の特性値 統計的推測 標本 (sample) 標本の特性値 分布のパラメータ ( 母数

More information

Microsoft PowerPoint Java基本技術PrintOut.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint Java基本技術PrintOut.ppt [互換モード] 第 3 回 Java 基本技術講義 クラス構造と生成 33 クラスの概念 前回の基本文法でも少し出てきたが, オブジェクト指向プログラミングは という概念をうまく活用した手法である. C 言語で言う関数に似ている オブジェクト指向プログラミングはこれら状態と振る舞いを持つオブジェクトの概念をソフトウェア開発の中に適用し 様々な機能を実現する クラス= = いろんなプログラムで使いまわせる 34 クラスの概念

More information

回答者のうち 68% がこの一年間にクラウドソーシングを利用したと回答しており クラウドソーシングがかなり普及していることがわかる ( 表 2) また 利用したと回答した人(34 人 ) のうち 59%(20 人 ) が前年に比べて発注件数を増やすとともに 利用したことのない人 (11 人 ) のう

回答者のうち 68% がこの一年間にクラウドソーシングを利用したと回答しており クラウドソーシングがかなり普及していることがわかる ( 表 2) また 利用したと回答した人(34 人 ) のうち 59%(20 人 ) が前年に比べて発注件数を増やすとともに 利用したことのない人 (11 人 ) のう 2017 年 10 月 3 日 クラウドソーシング利用調査結果 帝京大学中西穂高 ワークシフト ソリューションズ株式会社 企業からみたクラウドソーシングの位置づけを明らかにするため クラウドソーシングの利用企業に関する調査を実施した この結果 1 クラウドソーシングは 新規事業や一時的な業務において多く活用されている 2 自社に不足する経営資源を補うことがクラウドソーシングの大きな役割となっている

More information

October COE pp. pp. âme V Spp.p. V Sp.p. V Sp.p. V Sp.p.V Sp.p. V Sp.pp. V Sp.p. V Sp.p. V Sp.pp. V Sp.pp. V Sp.p. October disproportion esprit âme V Sp.p. V Sp.p. «imagination» V Sp.p. V Spp.pp. V Sp.p.

More information

untitled

untitled Pour Travailler comme interprète KIKUCHI Utako CNN BS CNN BS NHK DVD C est quelqu un qui jongle avec les mots de la langue française. PR Ça marche pour vous? Très très bien, ça marche très bien. Ça fait

More information

Microsoft Word - 【セット版】別添資料2)環境省レッドリストカテゴリー(2012)

Microsoft Word - 【セット版】別添資料2)環境省レッドリストカテゴリー(2012) 別添資料 2 環境省レッドリストカテゴリーと判定基準 (2012) カテゴリー ( ランク ) 今回のレッドリストの見直しに際して用いたカテゴリーは下記のとおりであり 第 3 次レッド リスト (2006 2007) で使用されているカテゴリーと同一である レッドリスト 絶滅 (X) 野生絶滅 (W) 絶滅のおそれのある種 ( 種 ) Ⅰ 類 Ⅰ 類 (hreatened) (C+) (C) ⅠB

More information

[ 演習 3-6AA] ウェブページの検索結果の表示順序 ( 重要 ) 10D H 坂田侑亮 10D F 岩附彰人 10D D 財津宏明 1.1 ページランクとは ページランクとは グーグルが開発した検索エンジンのウェブページの重要度を判定する技術である サーチエ

[ 演習 3-6AA] ウェブページの検索結果の表示順序 ( 重要 ) 10D H 坂田侑亮 10D F 岩附彰人 10D D 財津宏明 1.1 ページランクとは ページランクとは グーグルが開発した検索エンジンのウェブページの重要度を判定する技術である サーチエ 1.1 ページランクとは ページランクとは グーグルが開発した検索エンジンのウェブページの重要度を判定する技術である サーチエンジンは質の高いウェブページをどれだけ上位に並べられるかということが重要です 従来の検索エンジンでは検索された単語とそのページの関連性を元に評価をしていましたが ここに どれだけ注目されているか という指標を盛り込んだことが特筆すべきポイントです 具体的には 質の良い ( ページランクの高い

More information

青焼 1章[15-52].indd

青焼 1章[15-52].indd 1 第 1 章統計の基礎知識 1 1 なぜ統計解析が必要なのか? 人間は自分自身の経験にもとづいて 感覚的にものごとを判断しがちである 例えばある疾患に対する標準治療薬の有効率が 50% であったとする そこに新薬が登場し ある医師がその新薬を 5 人の患者に使ったところ 4 人が有効と判定されたとしたら 多くの医師はこれまでの標準治療薬よりも新薬のほうが有効性が高そうだと感じることだろう しかし

More information

1 ( ) (1) (2) Pattern 1 (P1)// Pattern 2 (P2) (V1 = V2) (alternation) (SPRAY-PAINT alternation/ hypallage) (1) (2) P1: (Z ) X Y V1 P2: (Z ) X Y

1 ( ) (1) (2) Pattern 1 (P1)// Pattern 2 (P2) (V1 = V2) (alternation) (SPRAY-PAINT alternation/ hypallage) (1) (2) P1: (Z ) X Y V1 P2: (Z ) X Y 1 ( ) 1 1.1 (1) (2) Pattern 1 (P1)// Pattern 2 (P2) (V1 = V2) (alternation) (SPRAY-PAINT alternation/ hypallage) (1) (2) P1: (Z ) X Y V1 P2: (Z ) X Y V2 1.1.1 : (1) P2 (3) : (3) [ X [ X [ X ] ] ] [ Y ]

More information