Journal of MMIJ

Size: px
Start display at page:

Download "Journal of MMIJ"

Transcription

1 Journal of MMIJ Vol.124 p (2008) 2008 The Mining and Materials Processing Institute of Japan 第 82 回渡辺賞受賞 Process Development and Commissioning of HPAL Plant for Recovery of Nickel and Cobalt from Low Grade Laterite Nickel Ore by Naoyuki TSUCHIDA a a. Executive Officer, Deputy General Manager of Non-Ferrous Metals Division, Sumitomo Metal Mining Co. Ltd. (Corresponding author 1 Sumitomo Metal Mining Co., Ltd. (SMMC) has been producing nickel and cobalt by MCLE process at Nickel Refinery in Niihama, Japan. Coral Bay Nickel Co. (CBNC), which is a subsidiary company of SMMC, has been producing the mixed sulfide of nickel and cobalt (MS) at Rio Tuba in Palawan, Philippines. The project that utilizes high pressure acid leach (HPAL) process was commenced in The construction of the plant was completed in September Since then, the HPAL plant of CBNC has been commissioned and the production rate of nickel at CBNC was exceeded over Ni-ton in 2007, which is the design capacity. This is the first track record in the laterite nickel operations. The mixed sulfide of nickel and cobalt produced at CBNC, is further refined to electrolytic nickel of 99.99% purity at Niihama Nickel Refinery of SMMC. The technology for production high purity nickel from low-grade laterite ore has been established and commercialized by the Coral Bay Nickel Project. KEY WORDS: Laterite Nickel, HPAL, MS 1. はじめに ニッケルの消費量は最近 10 年間で, 年率約 4% の大幅な伸び を示している 特に中国のステンレス需要に支えられ,2008 年 の消費量は 1400 千 t と予想されている この急激なニッケル需 要の伸びは, 資源の争奪戦と資源メジャーによる寡占化を急速に加速した このような環境下で, 新たなニッケル原料への関心が, 低品位ニッケル酸化鉱石からニッケルを回収できる技術の開発を促進させた ニッケルはその鉱石が硫化鉱と酸化鉱に大別される ニッケル製品の 70% は硫化鉱から生産されるが, その存在量は 62 百万 t と言われている 一方, 酸化鉱は 140 百万 t の存在が知られているが, ニッケル品位 2% 以上のサプロライト鉱石がフェロニッケル原料として利用されてきたに過ぎない さらに, このサプロライト鉱は酸化鉱全体の約 30% で, 残りの 70% の酸化鉱はニッケル品位 1% 程度のリモナイト鉱石でその処理は限られていた 住友金属鉱山 ( 株 ) では, その関係会社である日向製錬所でフェロニッケル, そして新居浜ニッケル工場では電気ニッケルを生産している 住友金属鉱山 ( 株 ) でも 1990 年代半ばからこの低品 土田直行氏 *2008 年 6 月 12 日受付 8 月 11 日受理資源 素材学会 131 次通常総会において第 82 回渡辺賞受賞 1. 普通会員住友金属鉱山 ( 株 ) 執行役員 金属事業本部副本部長 [ 著者連絡先 ] FAX: キーワード : ラテライトニッケル, 高温硫酸浸出, 混合硫化物 位酸化鉱の資源化を検討してきた その中で高圧硫酸浸出 (HPAL) 法はこの低品位酸化鉱を経済的に処理できる方法として期待された 住友金属鉱山 ( 株 ) は湿式製錬での技術開発力, エンジニヤリング力と長年の操業で培った生産技術力により, 高いエネルギー効率, 高いニッケル実収率の製造プロセスによる高い稼働率の工場を 2004 年にフィリピンパラワン島のリオツバに完成させた ここから生産されるニッケル コバルト混合硫化物は, 新居浜のニッケル工場で MCLE 法により高純度電気ニッケルに精製されている パラワン島の HPAL 工場では 3 年目で設計能力を上回る生産量を達成し, ここに世界で始めて低品位酸化鉱から高純度ニッケルを生産するプロセスの商業化に成功した 2. コーラルベイニッケルプ口ジェクト 2 1 プロジェクト概要プロジェクトは Fig. 1 の地図に示されるパラワン島のリオツバで実施された リオツバはパラワン島の州都プエルトプリンセサから南約 250km に立地している ここでは 1977 年以来リオツバニッケル鉱山が操業を行っており, フェロニッケル用原料としてサプロライト鉱石を日本へ出荷してきた リオツバの人口は住友金属鉱山 ( 株 ) のプロジェクト開始当初は 6,000 人だったが, 現在では 16,000 人まで増加している プロジェクトは, フェロニッケル用原料として輸出できずに, 積み立てられていた低品位ニッケル酸化鉱石を原料としている 鉱石量としては 22 百万 t が確認されていた 鉱石の平均ニッケル品位は 1.26% で, 高圧硫酸浸出 (HPAL) 法にて処理し, ニッケルとコバルトの混合硫化物を生産することが計画された この低品位ニッケル酸化鉱石から生産される混合硫化物のニッケルとコ 1

2 土田直行 Fig.2 Block Flowsheet for Coral Bay Nickel Process. Table 1 Fig.1 Chemical Reaction in HPAL Process. Location of Coral Bay Nickel Project. バルトの品位はそれぞれ 57% 4% 程度であり 住友金属鉱山 のニッケル工場で電気ニッケル及び電気コバルトに精製される つまり このプロジェクトの意義はニッケル品位 1.26% の鉱石 Table 2 から 99.99% の高純度ニッケルを生産する技術を商業的に実証 Chemical Reaction in MS Process. することにあった HPAL 工場の年間生産量は ニッケル量で 10,000t コバルト量で 720t であり 投資総額 180MUSD が投じ られた 2 2 プロジェクトの実行 除去法 HPAL 蒸気回収システム HPAL 反応制御 などの 2000 年初めに住友金属鉱山 ( 株 ) では このストックパイルさ れた鉱石を処理するための技術調査を開始した これに続き 工 自社技術を開発した これらを含め工場設計は 2002 年 6 月まで に終了した 場建設の経済性の評価を実施 2001 年 8 月にはプロジェクトの 一方 2002 年末には税制優遇地域の指定が得られ 翌年から 実施を決定した プロジェクトの実施に当たっては 4 つの重点 現地工事が開始された 工事は雨期の豪雨と辺境での資材物流に 項目に人員を配置した 具体的には プロセス技術開発 環境影 困難を極めたが 2004 年 8 月末には予定通り完工に至った 完 響調査と環境適合証審査 フィリピン人従業員の操業訓練 プラ 工に先立ち 2004 年 2 月からユーティリティ関係の試運転を開 ント設計施工を重点管理項目とした 始した この頃より日本人操業人員 30 名が現地に赴任し 工場 珊瑚礁の発達したパラワン島での工場立地から 環境影響調査 立ち上げ準備に入った これに対して フィリピン人は日本で訓 の重要性は充分に認識されていた そこで フィリピンとオース 練を受けた 40 名に 現地での採用を加え 2004 年 9 月には約 トラリアの環境調査会社を起用し 工場を含む周辺の環境設計に 200 名に達した ここから本格的に生産設備のコミッショニング は徹底した地域調査の結果から 安全性や環境保全を最優先した を開始したが 実機での訓練を兼ねて水による試運転を 11 月ま この基本設計をもとに 住民説明会を繰り返し 工場建設に対す で行い 11 月中旬にはオートクレーブでの鉱石の硫酸浸出反応 る地元住民の了解を得るに至った 調査と環境適合性審査には約 を開始した そして 12 月末までに全設備へのプロセス液の液張 2 年の歳月を費やしたが 2002 年 7 月にはフィリピン政府の環境 りを終了し 最初の MS を回収した ここに僅か 5 年で技術的水 適合証明が得られた 準の高い HPAL 工場が誕生した 環境保全に次いで プロジェクト推進の戦術的課題はフィリピ ン人従業員の教育 訓練と操業管理技術の構築だった HPAL 技 術は 世界的にも操業経験者が少なく ノウハウの蓄積が全くと 言って良いほどなかった 住友金属鉱山 ( 株 ) では生産ラインの 3 低品位ニッケル酸化鉱からの電気ニッケル製造プ口セス 3 1 HPAL 法によるコーラルベイニッケル社の MS 製造プ ロセス 幹部をオーストラリアの HPAL プロセスを有する工場に長期の実 Fig. 2 にコーラルベイニッケルのフローシートを示す 工程は 習に派遣した これにより 必要技能の見極めと制御技術 操業 大きく 8 工程から構成される 最初の鉱石処理工程では 給鉱さ ソフトの開発に注力した さらに フィリピン人従業員に対する れ た赤 土 状 の 鉱 石 は 回 転 式の ド ラ ム ウ オ シ ャーで 水洗浄 し 教育や訓練プログラムを作成し 新居浜のニッケル工場にて訓練 25mm のトロンメルで大塊部分を分離除去した後 最終的には を実施した この訓練は 40 名のフィリピン人従業員に対して 1mm の振動篩で篩下の鉱石がスラリー化される そして スラ 2002 年 5 月から 2 年以上の長期間にわたり行われた リーはシックナーで濃縮され 段階的に昇温 昇圧した後 オー プラントの基礎設計はプロセス開発試験 パイロット試験を含 トクレーブに供給され高圧硫酸浸出される オートクレーブでは めて 約 2 年で終了した この中で後述のように コア技術とな る ニッケル コバルト混合硫化物 (MS) の低温硫化法 亜鉛 高圧蒸気で 245 までスラリーを昇温し Table 1 の反応式に見 られるように 硫酸を添加してニッケルやコバルトを鉱石から浸

3 低品位ニッケル酸化鉱からのニッケル, コバルトの回収に関する技術開発および商業化 Fig.4 Change in Mixed Sulfide Production at Coral Bay Nickel Corporation. Fig.3 Block Flowsheet for MCLE Process. 出させる ニッケルを硫酸ニッケル溶液として回収したスラリーはオートクレーブから排出され, 後述のように徐々にその温度を低下させる 100 でまで降温された反応後スラリーのニッケル濃度は 7g/l で,CCD (Counter Current Decantation) 工程へ供給される CCD では 7 基シックナーにより, 浸出残渣と硫酸ニッケル溶液の分離と浸出残渣の洗浄が行われる 残渣の洗浄液は硫化工程でニッケル コバルト混合硫化物 (MS) を析出した後の硫化後液が使用され, 浸出残渣に付着するニッケル分を回収する 洗浄後の浸出残渣は最終中和工程に供給され, 石灰石, 消石灰で中和処理し, 無害化された浸出残渣は残渣ダムに送られる 一方, 回収された硫酸ニッケル液は,CCD に供給した硫化後液 ( 洗浄水 ) で希釈されるため, ニッケル濃度は 4g/l 程度となる この硫酸ニッケル液は鉄やアルミニウム等の不純物を含有しており, 中和工程にて石灰石での中和法にて, これら不純物が除去される 次に, 硫化水素ガスにより亜鉛を硫化亜鉛として選択析出させ, 亜鉛濃度 <0.00lg/l まで亜鉛を除去する その後硫化工程で再び硫化水素ガスにより, ニッケルとコバルトを混合硫化物として回収する このニッケル及びコバルトを回収した後の液は, ニッケル濃度が <0.05g/l になり, 浸出残渣を洗浄するために CCD 工程へ, そして余剰分は最終中和工程へそれぞれ払い出される 3 2 MCLE 法による住友金属鉱山の電気ニッケル製造プロセス Fig. 3 にニッケル工場のフローシートを示す 新居浜に送られた混合硫化物は電気ニッケルの生産工程である MCLE プロセスで処理される この MCLE は基本的には塩素浸出と電解採取からなり, 塩素浸出工程はセメンテーション工程, 塩素浸出工程, 脱銅電解工程に分かれている ニッケルメタルを含まないニッケルマット原料は, セメンテーション工程に供給され, 溶液中の銅イオンによりニッケルが浸出され, 回収される 一方, メタル成分のない混合硫化物は塩素浸出工程に供給され, 塩素ガスでほぼ 99 % のニッケルが浸出され, その後脱銅電解工程, セメンテーション工程を経て, 鉄やコバルト分離した後, 電解採取法により電気ニッケルに精製される このとき, 亜鉛が含まれていると, ニッケルと一緒に電着してしまうため, 混合硫化物の亜鉛管理は非常に重要となる 4. 生産状況 Fig. 4 に四半期毎のニッケル コバルト混合硫化物 (MS) 生産量 (Ni-t/Q) の推移を示した 2004 年 12 月に設備ヘの液張りを開始し同年末に MS を回収した 2005 年 1 月からは設備手直しを繰り返しながら, 工程流量の確保や化学反応制御を確立し,3 月には連続操業が可能な状態になった 4 月には事業所開所式を行 い, 正式に商業生産を開始した その後, 徐々に MS 生産量を伸ばし,2005 年の第 4 四半期には 2,000Ni-t の生産量に到達した この年の9 月には1ヶ月の整備休転を実施し, ボトルネックであった幾つかの設備を増強した その結果,11 月と 12 月にほぼ設計生産量を超え, 安定した生産体制を構築できた 2006 年の第 1 四半期ではさらに生産量を伸ばし,3 月には月産の生産量が設計値を超える 1,002Ni-t を達成した その後も順調に生産量を伸ばし, 2007 年は年間生産量 10,078Ni-t を達成し, 設計値生産量の 1 万 Ni-t を突破した これに対して,1990 年代後半に操業を開始したオーストラリアの 3 工場では, 当初の計画通りの生産ができなかった Bulong プロジェクト 1) は 4 年目にして生産不調のため工場閉鎖に追い込まれた また操業成績の最も良かった Cawse プロジェクト 2) は 3 年目に 80% 弱まで生産を伸ばしたものの, 高純度のニッケルが生産できなかったため, 製品の形態を中間物に変更した さらに最も規模の大きい Murrin Murrin プロジェクト 3) は現在も継続して操業されているが, その生産量は 70% 程度に止まっている このように, オーストラリアの 3 工場はいずれも成功と言い難い状況にあった そこで, 住友金属鉱山 ( 株 ) ではコーラルベイニッケルプロジェクトを開始するに当たり, 前述の HPAL 工場の長期操業実習を行った さらに,HPAL の操業経験技術者をコンサルタントとして, その操業, 設計の問題点を検討した これらを通して, 必要な技術開発, 操業員の訓練をプロジェクトの重要課題として位置づけ, 精力的に展開した その結果, コーラルベイの工場では 2 年目の操業で能力の 80 % 以上, そして 3 年目の昨年は 100 % 以上の生産を達成することができた 5. コーラルベイプロジェクトの技術開発 高い稼動率, 高いエネルギー効率, 高いニッケル実収率, そして 高い製品品質 を目指し, 様々な角度から技術開発の検討を進めた 技術開発ではプロセス技術, 設備技術, 生産技術に分類できる プロセス開発については, その詳細を別途に紹介している 4) 本稿では設備技術と生産技術の開発を中心に述べる 5 1 プラント稼働率とエネルギー効率従来のプラントでは低い稼働率がその生産を阻害していた プラントの稼働率を低下させる原因は, 高圧硫酸浸出工程ではヒーターやオートクレーブの内壁に析出するスケールの除去等, 操業に関連する停止とポンプやバルブの機械故障である 機械故障は高温 高圧, 酸による腐食, 磨耗がその原因と推定された スケールに起因する操業停止は硫化工程でも深刻な問題だった これに対して, 本プロジェクトでは HPAL 工程や硫化工程でのスケール生成抑制技術,HPAL 工程での硫酸飛散防止により, 高い稼働率を達成している Fig. 5 には四半期毎の HPAL 工程と硫化工程の稼働率の推移を示した 2006 年の第三四半期以降は計画稼動の 90% を超え, 平均稼働率でも HPAL 工程で 94.4%, 硫化工程では 3

4 土田直行 Fig.5 Change in Plant Availability. Fig.7 Relation between Ni content of Leach Residue and Free Acid Concentration of Leach Solution. Table 3 Mixed Sulfide Formation Reaction by H 2 S and NaSH. Fig.6 Steam Recovery System of HPAL Process. 94.5% を達成している 1) 高圧硫酸浸出 (HPAL) 工程での技術開発 Fig. 6 にオートクレーブシステムの機器構成を示す 高圧硫酸浸出の原理自体は, 既にキューバの Moa Bay 工場にて 50 年前から知られており, 低品位ニッケル酸化鉱が処理されていた しかし,Moa Bay 工場では 100 以上の高温蒸気が回収されておらず, エネルギー的にロスの多いシステムで, その後類似の工場の建設はなかった 近年, オートクレーブ技術の発展により,200 以上の高圧蒸気を回収し, 鉱石スラリーの加熱に使用することが可能となった しかし, 蒸気を回収するフラシュタンクの制御技術に多くの問題があり, 反応後のスラリーが高圧蒸気と一緒にヒーター側に混入する現象が見られた オートクレーブでの浸出反応後のスラリーには未反応の硫酸が含まれるため, 結果としてポンプや配管機器における腐食を引き起こし, 機器故障の原因となっていた この蒸気回収システム, 特にフラシュタンクの新たな制御技術を開発したことにより, 機器故障や回収蒸気のロスが減少して, エネルギー使用量が設計値より 15% 改善された 先にも述べたように, オートクレーブのスケール生成はその稼動に大きな影響を及ぼす Bulong の操業では年間 mm のスケール生成が予想され 5), 実際の操業でも 3 ヶ月に一度のスケール除去が行われていた これに対して, コーラルベイでは使用水の管理と適正な鉱石のブレンドにより 4), 半年で 10mm 程度のスケール成長に管理されている 2) 硫化工程でのスケール防止硫化工程では析出した硫化ニッケル (NiS) が, 反応槽や攪拌機に付着する結果, プラントの稼動率に大きな影響を与えていた スケールの生成速度は条件によるが, 実験室的には 1 日 1mm 程度のスケール成長が報告されている 6) キューバの Moa Bay 工場では, スケールの成長を抑制するため, 多くの技術的試みがなされている Moa Bay では 121,H 2 S 圧力 800kPa の高温 高圧法を採用しているが, コーラルベイでは 70 ~ 80 の低温での硫化反応を採用することによ り, スケールの成長を効果的に抑制している この結果,Fig. 5 に見られるように高い稼働率を維持できている 5 2 ニッケル実収率高いニッケル実収率を確保するためには, 高圧硫酸浸出で高いニッケル浸出率を維持することが重要である このため, 使用する鉱石のブレンド管理を操業技術として確立した また, 硫化工程で未反応ニッケルを最小限にするために, 反応 ph を制御している さらには CCD 工程で低 ph 操業を実施したことにより, 水溶性ニッケルからの水酸化ニッケル析出によるニッケルロスを減少し, 高いニッケル実収率の達成に寄与した 1) 高圧硫酸浸出工程 Fig. 7 に高圧硫酸浸出工程直後における浸出液中のフリー硫酸濃度と浸出残渣中のニッケル品位の関係を示す 浸出液中のフリー硫酸濃度が上昇すると, 浸出残渣中のニッケル品位は低下する しかし, 鉱石スラリー中のマグネシウム品位やアルミニウム品位が高いと, 全体的にニッケル浸出が低下することが判る これはマグネシウムの存在が,SO 2-4 / HSO - 4 の平行を HSO - 4 側にずらすことに起因する 7) このため, コーラルベイでは鉱石スラリー中のマグネシウム, アルミニウムの品位を管理し, 高いニッケル浸出率を確保している 2) 硫化工程硫化工程では, 硫化水素ガスと溶液中のニッケルやコバルトが反応し, 混合硫化物が生成する 反応させるニッケル量やコバルト量が多くなると, 溶液に残留するすなわち回収できないニッケルが増加する これは Table 3 の化学反応式に示すように, 硫化ニッケル (NiS) が, 生成する酸に再溶解するためであると考えられる したがって, 硫化反応の ph を制御すれば, 再溶解は抑制できる コーラルベイのような低温硫化法では Moa Bay のような高温硫化に比較して, 通常では残留ニッケルが多くなる コーラルベイでは反応中の ph を制御することによって, 低温硫化法でもニッケル回収率は 99% 以上を達成している 反応槽から排出される未反応の硫化水素ガスと苛性ソーダを反応させ, 水硫化ソーダ (NaSH) を精製 回収している この水硫化ソーダ (NaSH) を再度硫化反応に使用している この場合は, 直接硫化水素ガスによる硫化反応に比較して, 酸の生成が半分になり, ph の低下を防止できる すなわちこの ph 制御と低温硫化の組み合わせにより, スケール生成の無い, 高い実収率のニッケル回収が可能になった 5 3 品質 4

5 低品位ニッケル酸化鉱からのニッケル, コバルトの回収に関する技術開発および商業化 Table 4 Quality of Mixed Sulfide in Coral Bay Nickel Corporation. あることを示している Fig.8 Relation Between ORP and Fe Concentration of Leach Solution in HPAL. 今回のプロジェクトでは, 世界で始めて硫化水素による選択的亜鉛除去技術を開発した この技術が低品位ニッケル酸化鉱からの高純度ニッケルの生産を可能にした また, 鉱石処理工程における適正な鉱石ブレンド管理や高圧硫酸浸出工程における酸化還元電位の制御により鉄の制御技術も確立できた 1) 高圧硫酸浸出工程鉄は不純物として HPAL 操業や新居浜の MCLE 操業にコスト的な影響が大きい つまり, 鉄の溶解を抑制することにより, 硫酸使用量や中和剤の使用量のコストを低減することが可能となる 鉱石スラリー中の鉄は通常ゲーサイトで存在するため, オートクレーブで硫酸により一度溶解するものの, 熱加水分解反応によりヘマタイトとして析出する その結果, 浸出液ではほぼヘマタイトの溶解度見合いの濃度になる 8) Fig. 8 に硫酸浸出後の鉄濃度と ORP の関係をまとめた ORP が 550mV 以下では鉄の溶出が増加する一方,ORP を 550mV 以上に保持すれば鉄は 4g/l 以下に抑制されることが判る 鉄の溶解を抑制するためには ORP を制御する必要があるが,ORP を低下させる要因としては, 鉱石スラリー中の炭素と硫黄が挙げられる この 2 元素についても鉱石のブレンド管理項目とした さらに, 高圧空気をオートクレーブに吹き込み,ORP を調整することにより, 鉄の溶解を抑制し, 混合硫化物中の鉄品位も 0.5% 以下で管理されている 2) 脱亜鉛工程初期の研究開発で, 硫化水素ガスによる亜鉛除去において, 温度が低下するほど亜鉛は硫化反応されやすく, 一方ニッケルは 60 以上の温度で硫化反応が開始されるということを見出した 4) この発見から本格的な技術開発に取り組み, 小規模連続試験, パイロット試験を経て, 工業的に可能な亜鉛除去を開発した Table 4 にコーラルベイニッケルの混合硫化物 (MS) の化学分析を示す 脱亜鉛技術の開発により, 亜鉛は 100ppm 程度に管理されている また, 鉄も低温硫化法の採用により,0.5% 以下に維持されている これは高温硫化法 9) に比較するとはるかに低い鉄品位で管理されている これらはコーラルベイで開発された低温硫化法がニッケルの実収, 操業性, 品質管理に優れた方法で 6. おわりに 住友金属鉱山 ( 株 ) のコーラルベイニッケルプロジェクトにより, ニッケルやコバルトの回収に関して, 低品位ニッケル酸化鉱から高純度のニッケルやコバルトを生産する技術を商業化することができ, その結果ニッケルの製錬に新しい時代を築き上げることができた 今後の技術的な展望としては, より低品位のニッケル酸化鉱からの処理技術への挑戦, 鉱石中のクロマイトや浸出残渣中に含まれるヘマタイトの分離回収も資源の有効利用の点からも大きな意味がある さらに生産される中間物は, 硫化物, 水酸化物と種々の形態が可能で, フェロニッケル原料への利用も考えられる この場合, 現状未回収のコバルトが回収され, 燃料使用の削減, CO 2 ガス排出の削減への道筋にも繋がる このように HPAL 技術の確立により, 今後もさまざまな技術革新が期待できる 最後に, 住友金属鉱山 ( 株 ) による本技術の商業化により, 資源 素材学会における 渡辺賞 を授与されるに値すると評価されたことに関し, 心から深く感謝の意を捧げます そしてお世話になった関係者各位に厚く御礼申し上げるとともに終わりの言葉とさせて頂く次第です References 1) A. Griffin and G. Becker: Bulong Nickel Operations Post Commissioning, ALTA Nickel/ Cobalt Conference, (Perth, Australia, May 2000). 2) T. Kindred: Cawse Nickel Operations Process Description and Production Ramp Up, ALTA Nickel/Cobalt Conference, (Perth, Australia, May 2000). 3) F. Campbell, et al.: Startup and Reliability of Nickel Laterite Plant, Int. Laterite Sympo. 2004, Ed. W.P. Imrie et al., TMS, pp ) N. Tsuchida et al.: Development of Process Design for Coral Bay Nickel Project, Int. Laterite Sympo. 2004, Ed. W.P. Imrie et al., TMS, pp ) C.J. Czerny and B. Whittington: An Investigation of Autoclave Scales Formed in Commercial Nickel Laterite Pressure Acid Leaching Operations, ALTA Nickel/Cobalt Conference, (Perth, Australia, May 2000). 6) E.C. Chou, et al.: Development of Nickel/Cobalt Sulfide Precipitation Process From Laterite Pressure Acid Leach Liquor, ALTA Nickel/Cobalt Conference, (Perth, Australia, May 1999). 7) D. Marshall and M. Buarzaiga: Effect Of Magnesium Content on Sulphuric Acid Consumption During High Acid Pressure Leaching Of Laterite Ores, Int. Laterite Sympo. 2004, Ed. W.P. Imrie et al., TMS, pp ) M. Reid and V. G. Papangelakis: New Data On Hematite Solubility In Sulphuric Acid Solution From 130 To 270, In Iron Control Technologies, Eds. J.E. Dutrizac and P.A. Riveros, (Proc. 3rd. Int. Sympo. Iron Control in Hydromet., Montreal Canada, Oct. 1-4, 2006), pp ) R. P. Kofluk and G. K. W. Freeman: Iron Control in the Moa Bay Laterite Operation In Iron Control Technologies, Eds. J.E. Dutrizac and P. A. Riveros, (Proc. 3rd. Int. Sympo. Iron Control in Hydromet., Montreal Canada, Oct. 1-4, 2006), pp

品目 1 四アルキル鉛及びこれを含有する製剤 (1) 酸化隔離法多量の次亜塩素酸塩水溶液を加えて分解させたのち 消石灰 ソーダ灰等を加えて処理し 沈殿濾過し更にセメントを加えて固化し 溶出試験を行い 溶出量が判定基準以下であることを確認して埋立処分する (2) 燃焼隔離法アフターバーナー及びスクラバ

品目 1 四アルキル鉛及びこれを含有する製剤 (1) 酸化隔離法多量の次亜塩素酸塩水溶液を加えて分解させたのち 消石灰 ソーダ灰等を加えて処理し 沈殿濾過し更にセメントを加えて固化し 溶出試験を行い 溶出量が判定基準以下であることを確認して埋立処分する (2) 燃焼隔離法アフターバーナー及びスクラバ 品目 1 四アルキル鉛及びこれを含有する製剤 (1) 酸化隔離法多量の次亜塩素酸塩水溶液を加えて分解させたのち 消石灰 ソーダ灰等を加えて処理し 沈殿濾過し更にセメントを加えて固化し 溶出試験を行い 溶出量が判定基準以下であることを確認して埋立処分する (2) 燃焼隔離法アフターバーナー及びスクラバー ( 洗浄液にアルカリ液 ) を具備した焼却炉の火室へ噴霧し焼却する 洗浄液に消石灰ソーダ灰等の水溶液を加えて処理し

More information

Microsoft PowerPoint プレゼン資料(基礎)Rev.1.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint プレゼン資料(基礎)Rev.1.ppt [互換モード] プレゼン資料 腐食と電気防食 本資料は当社独自の技術情報を含みますが 公開できる範囲としています より詳細な内容をご希望される場合は お問い合わせ よりご連絡願います 腐食とは何か? 金属材料は金や白金などの一部の貴金属を除き, 自然界にそのままの状態で存在するものではありません 多くは酸化物や硫化物の形で存在する鉱石から製造して得られるものです 鉄の場合は鉄鉱石を原料として精錬することにより製造されます

More information

鉱物資源マテリアルフロー ニッケル (Ni) 1 需給動向 1-1. 世界の需給動向ニッケルの主な用途はステンレス鋼への添加材であり フェロニッケル ( 以下 FeNi) が主に用いられている ステンレスの防錆効果はクロムやモリブデンが担うが ニッケルはオーステナイトの組織を安定化さ

鉱物資源マテリアルフロー ニッケル (Ni) 1 需給動向 1-1. 世界の需給動向ニッケルの主な用途はステンレス鋼への添加材であり フェロニッケル ( 以下 FeNi) が主に用いられている ステンレスの防錆効果はクロムやモリブデンが担うが ニッケルはオーステナイトの組織を安定化さ 鉱物資源マテリアルフロー 2016 8. ニッケル (Ni) 1 需給動向 1-1. 世界の需給動向ニッケルの主な用途はステンレス鋼への添加材であり フェロニッケル ( 以下 FeNi) が主に用いられている ステンレスの防錆効果はクロムやモリブデンが担うが ニッケルはオーステナイトの組織を安定化させることで 耐熱 耐寒性の向上や粒間腐食防止などの機能を有するため 結果として防錆効果を高める ニッケル地金は特殊鋼

More information

鉄鋼協会・材料系主要大学講義資料(22年度)rev.ppt

鉄鋼協会・材料系主要大学講義資料(22年度)rev.ppt 2 3 / 2007 1973200712,152197312,001 200820099,65010 1 140 120 100 112 106 99 97 101 100 101 103 91 98 107 102 110 111 113 113 118 122 106 97 80 60 40 20 0 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999

More information

<4D F736F F D2093C58C8088C38B4C A F94708AFC96405F2E646F63>

<4D F736F F D2093C58C8088C38B4C A F94708AFC96405F2E646F63> 廃棄法暗記プリント 希釈法 : 多量の水で希釈して処理する 希釈法 : 多量の水で希釈して処理する 中和法 : 水を加えて希薄な水溶液とし 酸 ( 希塩酸 希硫酸など ) で中和させた後 多量の水で希釈して処理する 中和法 : 水を加えて希薄な水溶液とし 酸 ( 希塩酸 希硫酸など ) で中和させた後 多量の水で希釈して処理する 中和法 : 水で希薄な水溶液とし 酸 ( 希塩酸 希硫酸など ) で中和させた後

More information

Table 2 DENSO Port Injection Fuel Injectors Fig.1 Port Fuel Injection System and Module 1996 CO ポート噴射システム 1 ( 1) HC 2 UC [2] (

Table 2 DENSO Port Injection Fuel Injectors Fig.1 Port Fuel Injection System and Module 1996 CO ポート噴射システム 1 ( 1) HC 2 UC [2] ( 52 161 2010 189-197 Journal of the Combustion Society of Japan Vol.52 No.161 (2010) 189-197 FEATURE Evolution of Element and Peripheral Technologies in Engine Combustion 燃料噴射系製品のこれまでの歩みと将来の展望 History and

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 水素製造システム ( 第 7 回 ) 熱化学水素製造 松本 第 3 回 2 本日の講義の目的 水の熱分解 熱化学水素製造の考え方 エネルギー効率 実際の熱化学水素製造プロセス UT-3 IS 本スライドには以下の資料を参考にした : 吉田 エクセルギー工学 - 理論と実際 原子力辞典 ATOMICA http://www.rist.or.jp/atomica/index.html 再生可能エネルギーを利用した水素製造

More information

渡辺(2309)_渡辺(2309)

渡辺(2309)_渡辺(2309) [ 29 p. 241-247 (2011)] ** *** ** ** Development of a nickel-based filler metal containing a small amount of silicon by WATANABE Takehiko, WAKATSUKI Ken, YANAGISAWA Atsusi and SASAKI Tomohiro Authors tried

More information

Mikio Yamamoto: Dynamical Measurement of the E-effect in Iron-Cobalt Alloys. The AE-effect (change in Young's modulus of elasticity with magnetization

Mikio Yamamoto: Dynamical Measurement of the E-effect in Iron-Cobalt Alloys. The AE-effect (change in Young's modulus of elasticity with magnetization Mikio Yamamoto: Dynamical Measurement of the E-effect in Iron-Cobalt Alloys. The AE-effect (change in Young's modulus of elasticity with magnetization) in the annealed state of iron-cobalt alloys has been

More information

394-04

394-04 Change and Development of Continuous Casting Technology Abstract It is about 60 years that history of continuous casting process in our country. From the start of commercial operation of the first continuous

More information

2004 年度センター化学 ⅠB p1 第 1 問問 1 a 水素結合 X HLY X,Y= F,O,N ( ) この形をもつ分子は 5 NH 3 である 1 5 b 昇華性の物質 ドライアイス CO 2, ヨウ素 I 2, ナフタレン 2 3 c 総電子数 = ( 原子番号 ) d CH 4 :6

2004 年度センター化学 ⅠB p1 第 1 問問 1 a 水素結合 X HLY X,Y= F,O,N ( ) この形をもつ分子は 5 NH 3 である 1 5 b 昇華性の物質 ドライアイス CO 2, ヨウ素 I 2, ナフタレン 2 3 c 総電子数 = ( 原子番号 ) d CH 4 :6 004 年度センター化学 ⅠB p 第 問問 a 水素結合 X HLY X,Y= F,O,N ( ) この形をもつ分子は 5 NH である 5 b 昇華性の物質 ドライアイス CO, ヨウ素 I, ナフタレン c 総電子数 = ( 原子番号 ) d CH 4 :6+ 4 = 0個 6+ 8= 4個 7+ 8= 5個 + 7= 8個 4 + 8= 0個 5 8= 6個 4 構造式からアプローチして電子式を書くと次のようになる

More information

Microsoft PowerPoint - 第12回PCB講演会 ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 第12回PCB講演会 ppt [互換モード] 第 12 回 PCB 講演会 蒸留の基礎と溶剤回収 平成 28 年 8 月 8 日 名古屋工業大学大学院工学研究科ながれ領域生命 応用化学専攻森秀樹 No.1 らんびき (Alambique) 消毒用蒸留酒の製造 (16 世紀後半 ) No.2 蒸留の原理 成分の沸点の差を利用する エタノール 78.2 水 100 < 蒸気 > エタノール :100 % 水 :0 % < 液 > エタノール :10

More information

<4D F736F F D E9197BF815B A8DC58F498F8895AA8FEA82C982A882AF82E997B089BB E646F63>

<4D F736F F D E9197BF815B A8DC58F498F8895AA8FEA82C982A882AF82E997B089BB E646F63> 長崎県環境保健研究センター 3, (7) 資料 最終処分場における硫化水素ガス発生対策に関する研究 坂本陵治 竹野大志 Research on Measures against Hydrogen Sulfide Gas Generated in Industrial Waste Landfill Sites Ryoji SAKAMOTO and Taiji TAKENO Key words: industrial

More information

資源と素材

資源と素材 (Shigen to Sozai) Vol.116 p. 285 290 (2000) 共存硫酸塩を含む強酸性 MnSO 4 溶液中のオゾン酸化によって生成した沈殿の X 線回折および放電特性 * 西村忠久 1 梅津良昭 2 X-ray Diffraction and Discharge Behavior of Precipitates Produced by Ozone Oxidation in

More information

品目 1 エチルパラニトロフェニルチオノベンゼンホスホネイト ( 別名 EPN) 及びこれを含有する製剤エチルパラニトロフェニルチオノベンゼンホスホネイト (EPN) (1) 燃焼法 ( ア ) 木粉 ( おが屑 ) 等に吸収させてアフターバーナー及びスクラバーを具備した焼却炉で焼却する ( イ )

品目 1 エチルパラニトロフェニルチオノベンゼンホスホネイト ( 別名 EPN) 及びこれを含有する製剤エチルパラニトロフェニルチオノベンゼンホスホネイト (EPN) (1) 燃焼法 ( ア ) 木粉 ( おが屑 ) 等に吸収させてアフターバーナー及びスクラバーを具備した焼却炉で焼却する ( イ ) 品目 1 エチルパラニトロフェニルチオノベンゼンホスホネイト ( 別名 EPN) 及びこれを含有する製剤エチルパラニトロフェニルチオノベンゼンホスホネイト (EPN) ( イ ) 可燃性溶剤とともにアフターバーナー及びスクラバーを具備した焼却炉の火室へ噴霧し 焼却する 2 ジエチル-S-( エチルチオエチル )-ジチオホスフェイト及びこれを含有する製剤ジエチル-S-( エチルチオエチル )-ジチオホスフェイト

More information

報道関係者各位 平成 24 年 4 月 13 日 筑波大学 ナノ材料で Cs( セシウム ) イオンを結晶中に捕獲 研究成果のポイント : 放射性セシウム除染の切り札になりうる成果セシウムイオンを効率的にナノ空間 ナノの檻にぴったり収容して捕獲 除去 国立大学法人筑波大学 学長山田信博 ( 以下 筑

報道関係者各位 平成 24 年 4 月 13 日 筑波大学 ナノ材料で Cs( セシウム ) イオンを結晶中に捕獲 研究成果のポイント : 放射性セシウム除染の切り札になりうる成果セシウムイオンを効率的にナノ空間 ナノの檻にぴったり収容して捕獲 除去 国立大学法人筑波大学 学長山田信博 ( 以下 筑 報道関係者各位 平成 24 年 4 月 13 日 筑波大学 ナノ材料で Cs( セシウム ) イオンを結晶中に捕獲 研究成果のポイント : 放射性セシウム除染の切り札になりうる成果セシウムイオンを効率的にナノ空間 ナノの檻にぴったり収容して捕獲 除去 国立大学法人筑波大学 学長山田信博 ( 以下 筑波大学 という ) 数理物質系 系長三明康郎 守友浩教授は プルシャンブルー類似体を用いて 水溶液中に溶けている

More information

電子配置と価電子 P H 2He 第 4 回化学概論 3Li 4Be 5B 6C 7N 8O 9F 10Ne 周期表と元素イオン 11Na 12Mg 13Al 14Si 15P 16S 17Cl 18Ar 価電子数 陽

電子配置と価電子 P H 2He 第 4 回化学概論 3Li 4Be 5B 6C 7N 8O 9F 10Ne 周期表と元素イオン 11Na 12Mg 13Al 14Si 15P 16S 17Cl 18Ar 価電子数 陽 電子配置と価電子 P11 1 2 13 14 15 16 17 18 1H 2He 第 4 回化学概論 3Li 4Be 5B 6C 7N 8O 9F 10Ne 周期表と元素イオン 11Na 12Mg 13Al 14Si 15P 16S 17Cl 18Ar 1 2 3 4 5 6 7 0 陽性元素陰性元素安定電子を失いやすい電子を受け取りやすい 原子番号と価電子の数 P16 元素の周期表 P17 最外殻の電子配置と周期表

More information

LAGUNA LAGUNA 8 p Saline wedge at River Gonokawa, Shimane Pref., Japan Saline water intrusion at estuary r

LAGUNA LAGUNA 8 p Saline wedge at River Gonokawa, Shimane Pref., Japan Saline water intrusion at estuary r LAGUNA8 67 78 2001 3 LAGUNA 8 p.67 78 2001 1 1 2 3 4 5 6 7 8 Saline wedge at River Gonokawa, Shimane Pref., Japan Saline water intrusion at estuary river and its relation to the underground water Observation

More information

ステンレス鋼用高性能冷間鍛造油の開発

ステンレス鋼用高性能冷間鍛造油の開発 Development of High Performance Cold Forging Oil for Stainless Steel Toshihide Ohmori, Kazuhiko Kitamura ClP ( ) Cl P-Zn ( P ) ClP-Zn High performance cold forging oil for stainless steel has been developed

More information

第3類危険物の物質別詳細 練習問題

第3類危険物の物質別詳細 練習問題 第 3 類危険物の物質別詳細練習問題 問題 1 第 3 類危険物の一般的な消火方法として 誤っているものは次のうちいくつあるか A. 噴霧注水は冷却効果と窒息効果があるので 有効である B. 乾燥砂は有効である C. 分子内に酸素を含むので 窒息消火法は効果がない D. 危険物自体は不燃性なので 周囲の可燃物を除去すればよい E. 自然発火性危険物の消火には 炭酸水素塩類を用いた消火剤は効果がある

More information

第 11 回化学概論 酸化と還元 P63 酸化還元反応 酸化数 酸化剤 還元剤 金属のイオン化傾向 酸化される = 酸素と化合する = 水素を奪われる = 電子を失う = 酸化数が増加する 還元される = 水素と化合する = 酸素を奪われる = 電子を得る = 酸化数が減少する 銅の酸化酸化銅の還元

第 11 回化学概論 酸化と還元 P63 酸化還元反応 酸化数 酸化剤 還元剤 金属のイオン化傾向 酸化される = 酸素と化合する = 水素を奪われる = 電子を失う = 酸化数が増加する 還元される = 水素と化合する = 酸素を奪われる = 電子を得る = 酸化数が減少する 銅の酸化酸化銅の還元 第 11 回化学概論 酸化と還元 P63 酸化還元反応 酸化数 酸化剤 還元剤 金属のイオン化傾向 酸化される = 酸素と化合する = 水素を奪われる = 電子を失う = 酸化数が増加する 還元される = 水素と化合する = 酸素を奪われる = 電子を得る = 酸化数が減少する 銅の酸化酸化銅の還元 2Cu + O 2 2CuO CuO + H 2 Cu + H 2 O Cu Cu 2+ + 2e

More information

Decomposition and Separation Characteristics of Organic Mud in Kaita Bay by Alkaline and Acid Water TOUCH NARONG Katsuaki KOMAI, Masataka IMAGAWA, Nar

Decomposition and Separation Characteristics of Organic Mud in Kaita Bay by Alkaline and Acid Water TOUCH NARONG Katsuaki KOMAI, Masataka IMAGAWA, Nar Decomposition and Separation Characteristics of Organic Mud in Kaita Bay by Alkaline and Acid Water TOUCH NARONG Katsuaki KOMAI, Masataka IMAGAWA, Narong TOUCH and Tadashi HIBINO Aggravation of water qualities

More information

Microsoft Word - basic_15.doc

Microsoft Word - basic_15.doc 分析の原理 15 電位差測定装置の原理と応用 概要 電位差測定法は 溶液内の目的成分の濃度 ( 活量 ) を作用電極と参照電極の起電力差から測定し 溶液中のイオン濃度や酸化還元電位の測定に利用されています また 滴定と組み合わせて当量点の決定を電極電位変化より行う電位差滴定法もあり 電気化学測定法の一つとして古くから研究 応用されています 本編では 電位差測定装置の原理を解説し その応用装置である

More information

事故調査委員会中間報告 2013 年 1 月 18 日 事故調査委員会 1. はじめに 2012 年 9 月 29 日 ( 土 ) 兵庫県姫路市の株式会社日本触媒姫路製造所において アクリル酸中間タンクの爆発 火災事故 ( 死者 1 名 負傷者 36 名 ) が発生したことを受けて 10 月 5 日

事故調査委員会中間報告 2013 年 1 月 18 日 事故調査委員会 1. はじめに 2012 年 9 月 29 日 ( 土 ) 兵庫県姫路市の株式会社日本触媒姫路製造所において アクリル酸中間タンクの爆発 火災事故 ( 死者 1 名 負傷者 36 名 ) が発生したことを受けて 10 月 5 日 事故調査委員会中間報告 2013 年 1 月 18 日 事故調査委員会 1. はじめに 2012 年 9 月 29 日 ( 土 ) 兵庫県姫路市の株式会社日本触媒姫路製造所において アクリル酸中間タンクの爆発 火災事故 ( 死者 1 名 負傷者 36 名 ) が発生したことを受けて 10 月 5 日 社外委員 4 名 社内委員 3 名で構成される事故調査委員会が設置された 事故調査委員会の目的は まず

More information

Slide 1

Slide 1 3. 溶解 沈殿反応 天然水の化学組成 大陸地殻表層 (mg kg ) 河川水 (mg kg ) Al 77.4.5 Fe 3.9.4 Ca 9.4 3.4 Na 5.7 5. 8.6.3 Mg 3.5 3.4 Andrews et al. (3) An introduction to Environmental Chemistry 天然水の特徴 天然水の金属イオンは主に岩石の風化により生じる ただし

More information

- 5 -

- 5 - - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - 7 8 9 10 11 12 1 2 3-9 - - 10 - - 11 - - 12 - - 13 - - 14 - - 15 - 2,060kg 39kg 281kg 31kg 445kg 796kg / 1.9% 13.6% 1.5% 21.6% 38.7% / 5.0% 35.3% 3.9% 55.9% 2060kg,

More information

無電解析出

無電解析出 無電解めっきの析出機構 無電解めっきは広い意味では外部電源を用いずに金属めっき膜を成膜する技術と定義される 大別すると 1 素地金属の溶解に伴って遊離する電子によって溶液中の金属イオンが還元されて電極上に析出する置換めっき 2 不均化反応に基づく金属析出 3 溶液中に含まれる還元剤が電極上で酸化される際に遊離する電子によって溶液中の金属イオンが金属皮膜として析出する自己触媒的な無電解めっき がある

More information

Rate of Oxidation of Liquid Iron by Pure Oxygen Shiro BAN-YA and Jae-Dong SHIM Synopsis: The rate of oxidation of liquid iron by oxygen gas has been s

Rate of Oxidation of Liquid Iron by Pure Oxygen Shiro BAN-YA and Jae-Dong SHIM Synopsis: The rate of oxidation of liquid iron by oxygen gas has been s Rate of Oxidation of Liquid Iron by Pure Oxygen Shiro BAN-YA and Jae-Dong SHIM Synopsis: The rate of oxidation of liquid iron by oxygen gas has been studied using a volume constant technique. The process

More information

Development of a Mine in Andes Mountains, Peru by Yumisaburo NURAI The development of Huanzala Mine was started in October 1966 after the completion of prospecting and production began at 500M.T./day crude

More information

目 次 1. はじめに 年市況概観 - 2. ニッケル生産フロー - 鉱石が製品になるまで- 3. 鉱石 製品市場動向 - 生産国動向 - 4. 需要について -ステンレス市況と電池の可能性- 5. おわりに 年の注目点とまとめ- 2

目 次 1. はじめに 年市況概観 - 2. ニッケル生産フロー - 鉱石が製品になるまで- 3. 鉱石 製品市場動向 - 生産国動向 - 4. 需要について -ステンレス市況と電池の可能性- 5. おわりに 年の注目点とまとめ- 2 平成 29 年度第 10 回 JOGMEC 金属資源セミナー 00 ニッケルの需給動向 2017 年 3 月 10 日 2018 年 2 月 28 日調査部金属資源調査課新井裕実子 目 次 1. はじめに -2017 年市況概観 - 2. ニッケル生産フロー - 鉱石が製品になるまで- 3. 鉱石 製品市場動向 - 生産国動向 - 4. 需要について -ステンレス市況と電池の可能性- 5. おわりに

More information

植物23巻2号

植物23巻2号 (J.SHITA)23(2):37-43. 2011. 37 520-0531 1-13-15 Operation Should be Automated and not so in Plant Factory for Leafy Vegetables Touichi OGURA Goodgoal Inc, 1-13-15 Suimei Otsu-shi, Shiga 520-0531, Japan

More information

* Meso- -scale Features of the Tokai Heavy Rainfall in September 2000 Shin-ichi SUZUKI Disaster Prevention Research Group, National R

* Meso- -scale Features of the Tokai Heavy Rainfall in September 2000 Shin-ichi SUZUKI Disaster Prevention Research Group, National R 38 2002 7 2000 9 * Meso- -scale Features of the Tokai Heavy Rainfall in September 2000 Shin-ichi SUZUKI Disaster Prevention Research Group, National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention,

More information

( ) 2. ( ) 1. 1, kg CO2 1 2,000 kg 1 CO2 19 % 2,000 2, CO2 (NEDO) (COURSE50) 2008 COURSE50 CO2 CO2 10 % 20 %

( ) 2. ( ) 1. 1, kg CO2 1 2,000 kg 1 CO2 19 % 2,000 2, CO2 (NEDO) (COURSE50) 2008 COURSE50 CO2 CO2 10 % 20 % 53 164 2011 97-103 Journal of the Combustion Society of Japan Vol.53 No.164 (2011) 97-103 SERIAL LECTURE Roles of Combustion Science and Technology toward Low-Carbon Society 工業炉の省エネルギーへの取り組み Efforts for

More information

図 維持管理の流れと診断の位置付け 1) 22 22

図 維持管理の流れと診断の位置付け 1) 22 22 第 2 章. 調査 診断技術 2.1 維持管理における調査 診断の位置付け (1) 土木構造物の維持管理コンクリート部材や鋼部材で構成される土木構造物は 立地環境や作用外力の影響により経年とともに性能が低下する場合が多い このため あらかじめ設定された予定供用年数までは構造物に要求される性能を満足するように適切に維持管理を行うことが必要となる 土木構造物の要求性能とは 構造物の供用目的や重要度等を考慮して設定するものである

More information

indd

indd * * * * * * * 要旨 : キーワード : 1. はじめに 2. 融雪 融氷剤による物理 化学的劣化現象の特徴 393 Table 1 Chemical compositions of ordinary Portland cement and crushed andesitic stone(%) * * * * Table 2 Types of alkaline and alkaline

More information

F7-10 エンジンの Design of F7-10 High Bypass Turbofan Engine for P-1 Maritime Patrol Aircraft 空 部 ス 部 空エンジン 部 空 部 ス 部 空エンジン 部 F7-10 エンジン の P-1 の ファン エンジン 部

F7-10 エンジンの Design of F7-10 High Bypass Turbofan Engine for P-1 Maritime Patrol Aircraft 空 部 ス 部 空エンジン 部 空 部 ス 部 空エンジン 部 F7-10 エンジン の P-1 の ファン エンジン 部 F7-0 Design of F7-0 High Bypass Turbofan Engine for P- Maritime Patrol Aircraft 空 空 空 空 F7-0 P- ファ ( : ) 00 量 量 F7-0 6 tf F7-0 The F7-0, a turbofan engine for the P- maritime patrol aircraft operated by

More information

表 1 ポリエチレン, ポリプロピレンにおける多品種生産の国際比較 -,,,

表 1 ポリエチレン, ポリプロピレンにおける多品種生産の国際比較 -,,, 査読論文 石油化学工業における多品種大量生産プロセスの成立と展開 ポリプロピレン生産プロセスを事例に * 中村真悟 要旨 キーワード : * / E-mail nakamura-s@tortuga.sakura.ne.jp 表 1 ポリエチレン, ポリプロピレンにおける多品種生産の国際比較 -,,, 1. チーグラー触媒の発見とプロピレン生産プロセスへの応用 I.C.I., I.C.I. I.C.I.

More information

Taro-通知文

Taro-通知文 26. 土木コンクリート構造物の品質確保について 技第 198 号 平成 15 年 3 月 31 日 26-1 . 26-2 骨材のアルカリシリカ反応性試験 ( 化学法またはモルタルバー法 ) の結果で注無害と確認された骨材を使用する 土木コンクリート構造物の品質確保のための運用方針について 1. 土木コンクリート構造物の耐久性を向上させるため 一般の環境条件の場合のコンク リート構造物に使用するコンクリートの水セメント比は

More information

1 EPDM EPDM EPDM 耐塩素水性に優れた EPDM の開発 - 次亜塩素酸による EPDM の劣化と耐塩素水性に優れた EPDM の開発 - Development of EPDM with Excellent Chlorine Water Resistance - EPDM: Degr

1 EPDM EPDM EPDM 耐塩素水性に優れた EPDM の開発 - 次亜塩素酸による EPDM の劣化と耐塩素水性に優れた EPDM の開発 - Development of EPDM with Excellent Chlorine Water Resistance - EPDM: Degr 1 耐塩素水性に優れた の開発 - 次亜塩素酸による の劣化と耐塩素水性に優れた の開発 - Development of with Excellent Chlorine Water Resistance - : Degradation by Hypochlous Acid and Development of Excellent Resistance to Chlorine Water - 機器部品事業部技術開発部

More information

平成27年度 前期日程 化学 解答例

平成27年度 前期日程 化学 解答例 受験番号 平成 27 年度前期日程 化学 ( その 1) 解答用紙 工学部 応用化学科 志願者は第 1 問 ~ 第 4 問を解答せよ 農学部 生物資源科学科, 森林科学科 志願者は第 1 問と第 2 問を解答せよ 第 1 問 [ 二酸化炭素が発生する反応の化学反応式 ] 点 NaHCO 3 + HCl NaCl + H 2 O + CO 2 CO 2 の物質量を x mol とすると, 気体の状態方程式より,

More information

2 私たちは生活の中で金属製の日用品をたくさん使用していますが 錆びるので困ります 特に錆びやすいのは包丁や鍋などの台所用品です 金属は全て 水と酸素により腐食されて錆を生じますが 台所は水を使う湿気の多い場所なので 包丁や鍋を濡れたまま放置しておくと水と空気中の酸素により腐食されて錆びるのです こ

2 私たちは生活の中で金属製の日用品をたくさん使用していますが 錆びるので困ります 特に錆びやすいのは包丁や鍋などの台所用品です 金属は全て 水と酸素により腐食されて錆を生じますが 台所は水を使う湿気の多い場所なので 包丁や鍋を濡れたまま放置しておくと水と空気中の酸素により腐食されて錆びるのです こ 第 1 章 錆はどのようにして できるか 2 私たちは生活の中で金属製の日用品をたくさん使用していますが 錆びるので困ります 特に錆びやすいのは包丁や鍋などの台所用品です 金属は全て 水と酸素により腐食されて錆を生じますが 台所は水を使う湿気の多い場所なので 包丁や鍋を濡れたまま放置しておくと水と空気中の酸素により腐食されて錆びるのです この鉄が錆びる様子を化学の眼でみると次のようになります 金属鉄は鉄原子と自由電子から構成されています

More information

高 1 化学冬期課題試験 1 月 11 日 ( 水 ) 実施 [1] 以下の問題に答えよ 1)200g 溶液中に溶質が20g 溶けている この溶液の質量 % はいくらか ( 整数 ) 2)200g 溶媒中に溶質が20g 溶けている この溶液の質量 % はいくらか ( 有効数字 2 桁 ) 3) 同じ

高 1 化学冬期課題試験 1 月 11 日 ( 水 ) 実施 [1] 以下の問題に答えよ 1)200g 溶液中に溶質が20g 溶けている この溶液の質量 % はいくらか ( 整数 ) 2)200g 溶媒中に溶質が20g 溶けている この溶液の質量 % はいくらか ( 有効数字 2 桁 ) 3) 同じ 高 1 化学冬期課題試験 1 月 11 日 ( 水 ) 実施 [1] 以下の問題に答えよ 1)200g 溶液中に溶質が20g 溶けている この溶液の質量 % はいくらか ( 整数 ) 2)200g 溶媒中に溶質が20g 溶けている この溶液の質量 % はいくらか ( 有効数字 2 桁 ) 3) 同じ溶質の20% 溶液 100gと30% 溶液 200gを混ぜると質量 % はいくらになるか ( 有効数字

More information

History of Miike mine Kiyoomi KODAMA (Formerly, Mitsui Mining Co., Ltd.) SYNOPSIS: It has been described that coal was discovered at Miike, Japan in 1465.In Edo era, Miike mine had been operated systematically

More information

2014 年度大学入試センター試験解説 化学 Ⅰ 第 1 問物質の構成 1 問 1 a 1 g に含まれる分子 ( 分子量 M) の数は, アボガドロ定数を N A /mol とすると M N A 個 と表すことができる よって, 分子量 M が最も小さい分子の分子数が最も多い 分 子量は, 1 H

2014 年度大学入試センター試験解説 化学 Ⅰ 第 1 問物質の構成 1 問 1 a 1 g に含まれる分子 ( 分子量 M) の数は, アボガドロ定数を N A /mol とすると M N A 個 と表すことができる よって, 分子量 M が最も小さい分子の分子数が最も多い 分 子量は, 1 H 01 年度大学入試センター試験解説 化学 Ⅰ 第 1 問物質の構成 1 問 1 a 1 g に含まれる分子 ( 分子量 M) の数は, アボガドロ定数を N A /mol とすると M N A 個 と表すことができる よって, 分子量 M が最も小さい分子の分子数が最も多い 分 子量は, 1 = 18 N = 8 3 6 = 30 Ne = 0 5 = 3 6 l = 71 となり,1 が解答 (

More information

イオン化傾向 イオン化傾向 1 金属の単体はいずれも酸化されて陽イオンになりうる 金属のイオンのなりやすさを表したものをイオン化傾向という イオン化傾向 K Ca Na Mg Al Zn Fe Ni Sn Pb (H) Cu Hg Ag Pt Au e- を出してイオンになりやすい酸化されやすい イ

イオン化傾向 イオン化傾向 1 金属の単体はいずれも酸化されて陽イオンになりうる 金属のイオンのなりやすさを表したものをイオン化傾向という イオン化傾向 K Ca Na Mg Al Zn Fe Ni Sn Pb (H) Cu Hg Ag Pt Au e- を出してイオンになりやすい酸化されやすい イ イオン化傾向 イオン化傾向 金属の単体はいずれも酸化されて陽イオンになりうる 金属のイオンのなりやすさを表したものをイオン化傾向という イオン化傾向 K Ca Na Mg Al Zn Fe Ni Sn Pb (H) Cu Hg Ag Pt Au e- を出してイオンになりやすい酸化されやすい イオンになりにくい酸化されにくい イオン化傾向の覚え方 K かそう Ca か Na な Mg ま Al あ

More information

平成 29 年度第 4 回 JOGMEC 金属資源セミナー バイオリーチング技術開発 平成 29 年 8 月 29 日 金属資源技術部生産技術課古川創

平成 29 年度第 4 回 JOGMEC 金属資源セミナー バイオリーチング技術開発 平成 29 年 8 月 29 日 金属資源技術部生産技術課古川創 平成 29 年度第 4 回 JOGMEC 金属資源セミナー バイオリーチング技術開発 平成 29 年 8 月 29 日 金属資源技術部生産技術課古川創 事業概要 1 背景 1 次硫化銅鉱は乾式により製錬されているが 鉱石の低品位化が進んでおり 製錬コストが上昇している 一方 酸化鉱や低品位 2 次硫化鉱はコストが安く 環境不可も少ない湿式で処理されている 目的低品位 1 次硫化銅鉱からの経済的な銅回収を可能とするリーチング技術開発

More information

指導計画 評価の具体例 単元の目標 単元 1 化学変化とイオン 化学変化についての観察, 実験を通して, 水溶液の電気伝導性や中和反応について理解するとともに, これらの事物 現象をイオンのモデルと関連づけて見る見方や考え方を養い, 物質や化学変化に対する興味 関心を高め, 身のまわりの物質や事象を

指導計画 評価の具体例 単元の目標 単元 1 化学変化とイオン 化学変化についての観察, 実験を通して, 水溶液の電気伝導性や中和反応について理解するとともに, これらの事物 現象をイオンのモデルと関連づけて見る見方や考え方を養い, 物質や化学変化に対する興味 関心を高め, 身のまわりの物質や事象を 指導計画 評価の具体例 単元の目標 単元 化学変化とイオン 化学変化についての観察, 実験を通して, 水溶液の電気伝導性や中和反応について理解するとともに, これらの事物 現象をイオンのモデルと関連づけて見る見方や考え方を養い, 物質や化学変化に対する興味 関心を高め, 身のまわりの物質や事象を新たな見方や考え方でとらえさせる 教科書 P.0 7 (7) 時間 章水溶液とイオン 章の目標 水溶液に電流を流す実験を行い,

More information

Microsoft PowerPoint - D.酸塩基(2)

Microsoft PowerPoint - D.酸塩基(2) D. 酸塩基 (2) 1. 多塩基酸の ph 2. 塩の濃度と ph 3. 緩衝溶液と ph 4. 溶解度積と ph 5. 酸塩基指示薬 D. 酸塩基 (2) 1. 多塩基酸の ph 1. 多塩基酸の ph (1) 硫酸 H 2 SO 4 ( 濃度 C) 硫酸 H 2 SO 4 は2 段階で電離する K (C) (C) K a1 [H+ ][HSO 4 ] [H 2 SO 4 ] 10 5 第 1

More information

溶接棒

溶接棒 溶接材料カタログ - ニッケル合金 耐熱合金鋼用溶接材料 - TOKUY RODE 特殊溶接棒株式会社 590-0982 大阪府堺市堺区海山町 3 丁 156 電話 :072-229-6677 FAX:072-227-1239 各種特殊溶接材料を取り扱っております 弊社 HPをご覧ください URL:http://tokusyu-yousetsubou.com 0 (1) ニッケル合金 耐熱合金用被覆アーク溶接棒

More information

Table 1. Main specifications of VAD plant. Fig. 2. Typical operating pattern of low alloy steel.

Table 1. Main specifications of VAD plant. Fig. 2. Typical operating pattern of low alloy steel. UDC 669. 184. 244. 66-251: 669. 046. 554-982 On the Operations of LD-VAD Process and Product Qualities Takaharu MORIYA and Masanori TAWARA Synopsis: VAD (Vacuum Arc Degassing) plant is characterized by

More information

<4D F736F F F696E74202D BA90E690B65F94F BB98428B5A8F7082CC89DB91E882C D2E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D BA90E690B65F94F BB98428B5A8F7082CC89DB91E882C D2E B8CDD8AB B83685D> 非鉄製錬技術の課題と展望 東北大学多元物質科学研究所中村崇 年間生産量とクラーク数の関係 roduction. ton / year) log T (pr 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 Ⅰ Chalcophile group Ⅱ Siderophile group Ⅲ Lithophile group ZnCu Pb Sb Hg Cd Au Bi Se In Te Pt Tl Sn Ni

More information

.C.O \..1_4

.C.O \..1_4 オーストリアにおけるバイオ燃料規制の現状 ( その 1) オーストリアのバイオ燃料規制のセミナーを 2009 年 6 月 3 日に受講した その内容について 数回にわたって報告する 主催は ofi(österreichisches Forschungsinstitut für Chemie und Technik: オーストリア化学技術研究協会 ) で 私的な検査研究機関である 従業員数は 130

More information

パナソニック技報

パナソニック技報 Panasonic Technical Journal Vol. 64 No. 2 Nov. 2018 Optical Disc Archiving System with 100 Years Lifespan of Digital Data Takuto Yamazaki Yasushi Kobayashi Blu-ray Disc 1 Archival Disc 2 3300 GB 10012

More information

<4D F736F F D208A658EED B834A838A A834A94BD899E90AB8E8E8CB182C982E682E98D9C8DDE8B7982D E838A815B836782CC94BD899E90AB955D89BF C668DDA816A2E646F63>

<4D F736F F D208A658EED B834A838A A834A94BD899E90AB8E8E8CB182C982E682E98D9C8DDE8B7982D E838A815B836782CC94BD899E90AB955D89BF C668DDA816A2E646F63> 各種アルカリシリカ反応性試験による骨材及びコンクリートの反応性評価 愛知県生コンクリート工業組合技術委員会 1. 試験目的骨材のアルカリシリカ反応性を判定するために化学法 (JIS A 1145) 及びモルタルバー法 (JIS A 1146) が使用されてきたが これら以外にモルタルバー迅速法 (JIS A 1804) 及びコンクリート自体の反応性を調べる迅速試験法 (ZKT 206) も導入されている

More information

排水の処理方法と日常の維持管理(1)

排水の処理方法と日常の維持管理(1) 平成 30 年度排水管理責任者資格認定講習 ( 平成 30 年 11 月 19 日 20 日於 : 神戸国際会館 9 階大会場 ) 排水の管理 2 処理施設の維持管理 建設局下水道部計画課 2 前講義にて 処理対象物質ごとの排水処理方法 ( 例 ) 処理対象物質 排水処理方法 高温排水 水冷法 酸 アルカリ排水 中和法 浮遊物質 自然沈殿法 凝集沈殿法 加圧浮上法 BODの高い排水 活性汚泥法 回転生物接触法

More information

< イオン 電離練習問題 > No. 1 次のイオンの名称を書きなさい (1) H + ( ) (2) Na + ( ) (3) K + ( ) (4) Mg 2+ ( ) (5) Cu 2+ ( ) (6) Zn 2+ ( ) (7) NH4 + ( ) (8) Cl - ( ) (9) OH -

< イオン 電離練習問題 > No. 1 次のイオンの名称を書きなさい (1) H + ( ) (2) Na + ( ) (3) K + ( ) (4) Mg 2+ ( ) (5) Cu 2+ ( ) (6) Zn 2+ ( ) (7) NH4 + ( ) (8) Cl - ( ) (9) OH - < イオン 電離練習問題 > No. 1 次のイオンの名称を書きなさい (1) + (2) Na + (3) K + (4) Mg 2+ (5) Cu 2+ (6) Zn 2+ (7) N4 + (8) Cl - (9) - (10) SO4 2- (11) NO3 - (12) CO3 2- 次の文中の ( ) に当てはまる語句を 下の選択肢から選んで書きなさい 物質の原子は (1 ) を失ったり

More information

化学 1( 応用生物 生命健康科 現代教育学部 ) ( 解答番号 1 ~ 29 ) Ⅰ 化学結合に関する ⑴~⑶ の文章を読み, 下の問い ( 問 1~5) に答えよ ⑴ 塩化ナトリウム中では, ナトリウムイオン Na + と塩化物イオン Cl - が静電気的な引力で結び ついている このような陽イ

化学 1( 応用生物 生命健康科 現代教育学部 ) ( 解答番号 1 ~ 29 ) Ⅰ 化学結合に関する ⑴~⑶ の文章を読み, 下の問い ( 問 1~5) に答えよ ⑴ 塩化ナトリウム中では, ナトリウムイオン Na + と塩化物イオン Cl - が静電気的な引力で結び ついている このような陽イ 化学 1( 応用生物 生命健康科 現代教育学部 ) ( 解答番号 1 ~ 29 ) Ⅰ 化学結合に関する ⑴~⑶ の文章を読み, 下の問い ( 問 1~5) に答えよ ⑴ 塩化ナトリウム中では, ナトリウムイオン Na + と塩化物イオン Cl - が静電気的な引力で結び ついている このような陽イオンと陰イオンの静電気的な引力による結合を 1 1 という ⑵ 2 個の水素原子は, それぞれ1 個の価電子を出し合い,

More information

特-2.indd

特-2.indd LNG IHI-SPB IHI-SPB Tank for LNG Fueled Ship NO x SO x 3 2015 ECA ( Emission Control Area ) 2 NO x 80 0.1 LNG IHIMU IHI-SPB LNG LNG IHIMU IHI-SPB LNG Much attention is being paid to LNG fueled vessels

More information

(2) 現況水質等 A ポンプ場から圧送される汚水の水質分析及び硫化水素濃度測定結果を表 -2 図 -2 に示す 表 -2 水質分析 計量項目 単位 計量場所ピット吐出口 BOD mg/l CODcr mg/l 硫酸イオン濃度 mg/l 全硫化物 mg/l

(2) 現況水質等 A ポンプ場から圧送される汚水の水質分析及び硫化水素濃度測定結果を表 -2 図 -2 に示す 表 -2 水質分析 計量項目 単位 計量場所ピット吐出口 BOD mg/l CODcr mg/l 硫酸イオン濃度 mg/l 全硫化物 mg/l 硫化水素抑制対策実証試験の事例報告 極東技工コンサルタント広島事務所 吉本英敏 1. はじめに実証試験を行ったA 市は 気候穏和な人口 24 万人の臨海都市である 市街地の周囲は 起伏が大きい地形に囲まれているため 汚水幹線を圧力輸送する 圧力式下水道輸送システム としている箇所が多い その中の一つであるA 汚水幹線は 圧送距離が約 3km あり その間の圧送管は起伏が激しく 最大約 32m の高低差がある

More information

バリデーション基準 1. 医薬品 医薬部外品 GMP 省令に規定するバリデーションについては 品質リスクを考慮し 以下の バリデーション基準 に基づいて実施すること 2. バリデーション基準 (1) バリデーションの目的バリデーションは 製造所の構造設備並びに手順 工程その他の製造管理及び品質管理の

バリデーション基準 1. 医薬品 医薬部外品 GMP 省令に規定するバリデーションについては 品質リスクを考慮し 以下の バリデーション基準 に基づいて実施すること 2. バリデーション基準 (1) バリデーションの目的バリデーションは 製造所の構造設備並びに手順 工程その他の製造管理及び品質管理の バリデーション基準 1. 医薬品 医薬部外品 GMP 省令に規定するバリデーションについては 品質リスクを考慮し 以下の バリデーション基準 に基づいて実施すること 2. バリデーション基準 (1) バリデーションの目的バリデーションは 製造所の構造設備並びに手順 工程その他の製造管理及び品質管理の方法 ( 以下この基準において 製造手順等 という ) が期待される結果を与えることを検証し これを文書とすることによって

More information

注 ) 材料の種類 名称及び使用量 については 硝酸化成抑制材 効果発現促進材 摂取防止材 組成均一化促進材又は着色材を使用した場合のみ記載が必要になり 他の材料については記載する必要はありません また 配合に当たって原料として使用した肥料に使用された組成均一化促進材又は着色材についても記載を省略す

注 ) 材料の種類 名称及び使用量 については 硝酸化成抑制材 効果発現促進材 摂取防止材 組成均一化促進材又は着色材を使用した場合のみ記載が必要になり 他の材料については記載する必要はありません また 配合に当たって原料として使用した肥料に使用された組成均一化促進材又は着色材についても記載を省略す 保証票記載例 1 生産業者保証票 ( 汚泥肥料等以外の登録肥料の場合 ) 生産業者保証票 登録番号 生第 12345 号 肥料の種類 化成肥料 肥料の名称 有機入り化成肥料 1 号 保証成分量 (%) 窒素全量 10.0 内アンモニア性窒素 8.0 りん酸全量 10.0 内可溶性りん酸 9.6 内水溶性りん酸 5.0 水溶性加里 5.0 原料の種類 ( 窒素全量を保証又は含有する原料 ) 尿素 動物かす粉末類

More information

資バルブの材質 青銅 ( 砲金 ) バルブ 料JIS H 5111 CAC402 (BC2) CAC403 (BC3) CAC406 (BC6) CAC407 (BC7) 銅 (Cu) 錫 (Sn) 化学成分 (%) 機械的性質 亜鉛 (Zn) 鉛 (Pb) その他 引張強さ 伸び (N/mm2)

資バルブの材質 青銅 ( 砲金 ) バルブ 料JIS H 5111 CAC402 (BC2) CAC403 (BC3) CAC406 (BC6) CAC407 (BC7) 銅 (Cu) 錫 (Sn) 化学成分 (%) 機械的性質 亜鉛 (Zn) 鉛 (Pb) その他 引張強さ 伸び (N/mm2) 青銅 ( 砲金 ) バルブ 料JIS H 5111 CAC402 (BC2) CAC403 (BC3) CAC406 (BC6) CAC407 (BC7) 銅 (Cu) 錫 (Sn) 亜鉛 (Zn) 鉛 (Pb) その他 () () 86.0 90.0 7.0 9.0 3.0 5.0 1.0 残部 245 86.5 89.5 9.0 11.0 1.0 3.0 1.0 残部 245 15 83.0 87.0

More information

<4D F736F F F696E74202D A E90B6979D89C8816B91E63195AA96EC816C82DC82C682DF8D758DC03189BB8A7795CF89BB82C68CB48E AA8E E9197BF2E >

<4D F736F F F696E74202D A E90B6979D89C8816B91E63195AA96EC816C82DC82C682DF8D758DC03189BB8A7795CF89BB82C68CB48E AA8E E9197BF2E > 中学 2 年理科まとめ講座 第 1 分野 1. 化学変化と原子 分子 物質の成り立ち 化学変化 化学変化と物質の質量 基本の解説と問題 講師 : 仲谷のぼる 1 物質の成り立ち 物質のつくり 物質をつくる それ以上分けることができない粒を原子という いくつかの原子が結びついてできたものを分子という いろいろな物質のうち 1 種類の原子からできている物質を単体 2 種類以上の原子からできている物質を化合物という

More information

水素ステーション用耐水素脆性材料 「EXEO-316」

水素ステーション用耐水素脆性材料 「EXEO-316」 NACHI TECHNICAL REPORT Materials Vol.27B4 May/2014 マテリアル事業 水素ステーション用耐水素脆性材料 "EXEO-316" Hydrogen embrittlement resistance alloy for hydrogen station キーワード 水素ステーション 燃料電池車 水素脆性 電気自動車 水素 真空溶解 VIM 溶解炉 ESR 溶解炉

More information

Taro-化学3 酸塩基 最新版

Taro-化学3 酸塩基 最新版 11 酸 塩基の反応 P oint.29 酸 塩基 ブレンステッドの酸 塩基 酸 水素イオンを 物質 塩基 水素イオンを 物質 NH3 + H2O NH4 + + OH - 酸 塩基の性質 1 リトマス紙 2 フェノールフタレイン溶液 3BTB 液 4 メチルオレンジ 5 金属と反応 6 味 7 水溶液中に存在するイオン 酸 塩基 酸 塩基の分類 1 価数による分類 1 価 2 価 3 価 酸 塩基

More information

生産技術を紹介する 一 塩湖鹹水の蒸発濃縮析出法一部の塩湖はその鹹水に硫酸塩鉱物 特に硫酸マグネシウムが多量含んでいて 硫酸塩湖と呼ばれる 例えば アメリカ Great salt lake は鹹水に硫酸イオン (SO4 2- ) が 25g/kg があり ほとんど硫酸マグネシウムとして存在する また

生産技術を紹介する 一 塩湖鹹水の蒸発濃縮析出法一部の塩湖はその鹹水に硫酸塩鉱物 特に硫酸マグネシウムが多量含んでいて 硫酸塩湖と呼ばれる 例えば アメリカ Great salt lake は鹹水に硫酸イオン (SO4 2- ) が 25g/kg があり ほとんど硫酸マグネシウムとして存在する また 硫酸苦土 硫酸マグネシウム (MgSO4 nh2o) は農業以外にも工業や医薬品に多く使われる化学品である 農業分野では硫酸苦土肥料と呼ばれるが 工業や医薬品分野では硫酸マグネシウムをそのまま使い 硫酸苦土という名称を使わない 硫酸マグネシウムはその結晶水の数により無水硫酸マグネシウム 1 水硫酸マグネシウム 7 水硫酸マグネシウムがよく使われる 他にも 2~6 水和物があるが 不安定のため 目に触れることがほとんどない

More information

硫化水素の 特集管路資器材腐食劣化の予防保全 図 -1 硫化水素による腐食のメカニズム 4+C(H)2 CS4 2H2( 水 ) C(H)2+4+C 2+2H2 C 2 CS4 2H2( トリン ト ) +2 4 硫 の H2 硫 化 度 に よる S4 2- S4 2- ム 硫化水素の 域 S4

硫化水素の 特集管路資器材腐食劣化の予防保全 図 -1 硫化水素による腐食のメカニズム 4+C(H)2 CS4 2H2( 水 ) C(H)2+4+C 2+2H2 C 2 CS4 2H2( トリン ト ) +2 4 硫 の H2 硫 化 度 に よる S4 2- S4 2- ム 硫化水素の 域 S4 腐食に強い管路資器材 ビックリート ( 下水道用耐食性コンクリート ) 製品 ビックリート製品協会本部技術委員畑実 1はじめに 1900 年に米国ロサンゼルス市内の下水道管において 微生物によるコンクリートの腐食劣化が顕在化してから 100 年以上が経過した この間 国内では 1982( 昭和 57) 年に排水路の腐食報告がなされ 1985( 昭和 60) 年には下水道管の腐食による道路陥没が初めて報告されている

More information

) ) 20 15) 16) ) 18) 19) (2) ha 8% 20) ) 22)

) ) 20 15) 16) ) 18) 19) (2) ha 8% 20) ) 22) 1 1 326-8558 268-1 E-mail: yanase.norihiko@v90.ashitech.ac.jp 1899 1975 1995 Key Words: land readjustment act, reconstruction project from disaster, compulsory implementation, replotting disposition 1.

More information

満州国 商工業都市 1930 年代の奉天の経済発展 Commercial and Industrial City of "Manchoukuo" The Economic Development of Fengtian in 1930's 張暁紅 (Xiaohong Zhang) 1930 年代奉天

満州国 商工業都市 1930 年代の奉天の経済発展 Commercial and Industrial City of Manchoukuo The Economic Development of Fengtian in 1930's 張暁紅 (Xiaohong Zhang) 1930 年代奉天 Powered by TCPDF (www.tcpdf.org) Title Sub Title Author Publisher 満州国 商工業都市 : 1930 年代の奉天の経済発展 Commercial and industrial city of "Manchoukuo": the economic development of Fengtian in 1930's 張, 暁紅 (Zhang,

More information

資料2 紙類の判断の基準等の設定に係る検討経緯について

資料2   紙類の判断の基準等の設定に係る検討経緯について 資料 2 紙類の判断の基準等の設定に係る検討経緯について 1. 率先実行計画における推奨リストの策定 (1) 率先実行計画第一次環境基本計画 ( 平成 6 年 12 月閣議決定 ) における 4 つの長期的な目標の 参加 の施策の一つの柱として 国の事業者 消費者としての環境保全に向けた取組の率先実行 が掲げられ これに基づき 国の各行政機関共通の実行計画として 平成 7 年 6 月に 国の事業者

More information

特-4.indd

特-4.indd 1 000 Ni-Cr Tribological Characteristics of Ni-Cr Alloy at 1 000 C in Air R&D 1 000 Ni-Cr 1 000 Ni-Cr alloy sliding tests in atmosphere at 1 000 C were carried out and the process in which a glazed oxide

More information

平成 29 年 7 月 地域別木質チップ市場価格 ( 平成 29 年 4 月時点 ) 北東北 -2.7~ ~1.7 南東北 -0.8~ ~ ~1.0 変動なし 北関東 1.0~ ~ ~1.8 変化なし 中関東 6.5~ ~2.8

平成 29 年 7 月 地域別木質チップ市場価格 ( 平成 29 年 4 月時点 ) 北東北 -2.7~ ~1.7 南東北 -0.8~ ~ ~1.0 変動なし 北関東 1.0~ ~ ~1.8 変化なし 中関東 6.5~ ~2.8 平成 30 年 2 月 地域別木質チップ市場価格 ( 平成 29 年 10 月時点 ) 北東北 南東北 0.5~4.5 1.0~4.5-1.5~1.0 変動なし 北関東 0.5~4.0 2.3~5.0-0.6~2.0 変動なし 南関東 6.5~8.0-0.5~4.0-0.8~1.8 チップの余剰感が強く 値下げの動きもあり 燃料チップの飽和状態が続いている為 価格の低下を懸念している 生木チップの燃料が減ってきた

More information

Fig. 4. Configuration of fatigue test specimen. Table I. Mechanical property of test materials. Table II. Full scale fatigue test conditions and test

Fig. 4. Configuration of fatigue test specimen. Table I. Mechanical property of test materials. Table II. Full scale fatigue test conditions and test (J. Soc. Mat. Sci., Japan), Vol. 52, No. 11, pp. 1351-1356, Nov. 2003 Fatigue Life Prediction of Coiled Tubing by Takanori KATO*, Miyuki YAMAMOTO*, Isao SAWAGUCHI** and Tetsuo YONEZAWA*** Coiled tubings,

More information

プロセスオートメーションの システム DCS ERP MES Ethernet backbone 現場レベルと IT レベルでデータ交換をする場合にはプロジェクトごとに対応方法を考えなくてはいけない PA coupler PA link PA 7 8 PA 7 8 DP JPO/PI Press C

プロセスオートメーションの システム DCS ERP MES Ethernet backbone 現場レベルと IT レベルでデータ交換をする場合にはプロジェクトごとに対応方法を考えなくてはいけない PA coupler PA link PA 7 8 PA 7 8 DP JPO/PI Press C オートメーションの新領域へ : プロセスオートメーション用の は組み立て産業用オートメーション (FA) そしてモーション制御用で採用が拡大しているが プロセス制御 (PA) にも適用できるよう検討が進んでいる のコア技術は変更なしに そのままプロセスオートメーションに対応できる 基礎技術として IO( の FA 用リアルタイム技術 ) を採用する JPO/PI Press Conference/

More information

(Shigen to Sozai) Vol.116 p (2000) 石炭灰フライアッシュからのゼオライトのアルカリ水熱合成と生成物の陽イオン交換特性 * 1 1 村山憲弘山川洋亮 2 3 小川和男芝田隼次 Alkali Hydrothermal Synthesis of Zeol

(Shigen to Sozai) Vol.116 p (2000) 石炭灰フライアッシュからのゼオライトのアルカリ水熱合成と生成物の陽イオン交換特性 * 1 1 村山憲弘山川洋亮 2 3 小川和男芝田隼次 Alkali Hydrothermal Synthesis of Zeol 石炭灰フライアッシュからのゼオライトのアルカリ水 Title 熱合成と生成物の陽イオン交換特性 Author(s) 村山, 憲弘, 山川, 洋亮, 小川, 和男, 芝田, 隼次 Citation 資源と素材 : 資源 素材学会誌, 116(4): 279-284 Issue Date 2000 URL http://hdl.handle.net/10112/5454 資源 素材学会 (http://www.jstage.jst.go.

More information

<4D F736F F D2089BB8A778AEE E631358D E5F89BB8AD28CB3>

<4D F736F F D2089BB8A778AEE E631358D E5F89BB8AD28CB3> 第 15 講 酸化と還元 酸化 還元とは切ったリンゴをそのまま放置すると, 時間が経つにつれて断面が変色します これはリンゴの断面が酸化した現象を示しています ピカピカの10 円玉も, しばらくすると黒く, くすんでいきます これも酸化です この10 円玉を水素ガスのなかに入れると, 元のきれいな10 円玉に戻ります これが還元です 1 酸化還元の定義 2 酸化数とは? 3 酸化剤 還元剤についての理解

More information

73-5 大友

73-5 大友 373 73 5 20 9 373 377 Journal of the Japanese Association for Petroleum Technology Vol. 73, No. 5 Sept., 2008 pp. 373 377 Lecture HSQE * ** Received July 31, 2008 accepted September 11, 2008 Implementation

More information

14 15 12 17 3 24 iii 1 1. 1 1 1. 2 1 1. 3 2 1. 4 3 2 2. 1 6 2. 2 7 2. 2. 1 7 2. 2. 2 12 3 3. 1 14 3. 2 15 4 4. 1 17 4. 2 17 4. 2. 1 17 4. 2. 2 17 4. 2. 3 20 4. 2. 4 22 4. 2. 5 25 4. 3 25 4. 3. 1 25 4.

More information

HPIS

HPIS HPIS 設備等のリスクマネジメントに 関する技術者の認証基準 Certification Procedure of Risk Management Engineer for Plant and Equipment HPIS F 102:2017 2017 年 11 月 28 日改正 一般社団法人日本高圧力技術協会 High Pressure Institute of Japan HPIS F102:20XX

More information

日本機械学会 生産システム部門研究発表講演会 2015 資料

日本機械学会 生産システム部門研究発表講演会 2015 資料 ( 社 ) 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会 2015 製造オペレーションマネジメント入門 ~ISA-95 が製造業を変える ~ 事例による説明 2015-3-16 Ver.1 IEC/SC65E/JWG5 国内委員アズビル株式会社村手恒夫 目次 事例によるケーススタディの目的 事例 : 果汁入り飲料水製造工場 情報システム構築の流れ 1. 対象問題のドメインと階層の確認 2. 生産現場での課題の調査と整理

More information

第 2 章 産業社会の変化と勤労者生活

第 2 章 産業社会の変化と勤労者生活 第 2 章 産業社会の変化と勤労者生活 戦後日本経済と産業構造 1 節 2 第章産業社会の変化と勤労者生活 1950 年代から 70 年代にかけ 急速な工業化を通じて高度経済成長を達成した我が国経済第は その後 サービス化 情報化を伴いながら進展する ポスト工業化 の時代の中を進んでいる ポスト工業化 社会では 社会の成熟化に伴い 物質的な豊かさだけでなく精神 1 節第的な充足も重視され 企業には

More information

Microsoft Word - 2.はじめに.doc

Microsoft Word - 2.はじめに.doc 13 コバルト (Co) 13. コバルト (Co) 13.1 マテリアルフロ - 分析 コバルトの主要用途は携帯電話 ノートパソコン等に使用されるリチウムイオン二次電池で その他の応用製品としては切削工具等超硬合金用の粉末冶金 航空機 プラント等に使用される高速度鋼や耐熱鋼等の特殊鋼 ビデオテープ 磁性材塗料 家庭電化製品 音響機器等に使用されるアルニコ磁石 サマリウム コバルト磁石等の永久磁石

More information

特-3.indd

特-3.indd Development of Automation Technology for Precision Finishing Works Employing a Robot Arm There is demand for the automation of finishing processes that require technical skills in the manufacturing of

More information

スライド 0

スライド 0 Copyright 2013 Oki Engineering Co., Ltd. All rights reserved 2013 OEG セミナー 硫黄系アウトガスによる電子機器の障害事例 身近に潜む腐蝕原因ガス 2013 年 7 月 9 日 環境事業部 鈴木康之 Copyright 2013 Oki Engineering Co., Ltd. All rights reserved 2 目次 1.

More information

Estimation of Photovoltaic Module Temperature Rise Motonobu Yukawa, Member, Masahisa Asaoka, Non-member (Mitsubishi Electric Corp.) Keigi Takahara, Me

Estimation of Photovoltaic Module Temperature Rise Motonobu Yukawa, Member, Masahisa Asaoka, Non-member (Mitsubishi Electric Corp.) Keigi Takahara, Me Estimation of Photovoltaic Module Temperature Rise Motonobu Yukawa, Member, Masahisa Asaoka, Non-member (Mitsubishi Electric Corp.) Keigi Takahara, Member (Okinawa Electric Power Co.,Inc.) Toshimitsu Ohshiro,

More information

イオン交換樹脂の試験方法 1 原液の調製 イオン交換樹脂に接触させる原液は できるだけ懸濁物 油分 酸化剤を除去すること 2 樹脂銘柄の選定 樹脂銘柄の選定や吸着挙動を大まかに確認するための方法としては バッチ法 カラム 法の二通りの方法がある 以下にそれぞれの方法について示す 2.1 バッチ法バッ

イオン交換樹脂の試験方法 1 原液の調製 イオン交換樹脂に接触させる原液は できるだけ懸濁物 油分 酸化剤を除去すること 2 樹脂銘柄の選定 樹脂銘柄の選定や吸着挙動を大まかに確認するための方法としては バッチ法 カラム 法の二通りの方法がある 以下にそれぞれの方法について示す 2.1 バッチ法バッ 三菱ケミカル株式会社東京都品川区大崎 1-11-2 ゲートシティ大崎イーストタワー 141-0032 イオン交換樹脂の試験方法 三菱ケミカル株式会社 アクア 分離ソリューション本部イオン交換樹脂事業部 141-0032 東京都品川区大崎一丁目 11-2 ゲートシティ大崎イーストタワー 10 階 TEL 03-6748-7146 FAX 03-5487-6810 イオン交換樹脂の試験方法 1 原液の調製

More information

新興国市場開拓事業平成 27 年度概算要求額 15.0 億円 (15.0 億円 ) うち優先課題推進枠 15.0 億円 通商政策局国際経済課 商務情報政策局生活文化創造産業課 /1750 事業の内容 事業の概要 目的 急速に拡大する世界市場を獲得するためには 対象となる国 地

新興国市場開拓事業平成 27 年度概算要求額 15.0 億円 (15.0 億円 ) うち優先課題推進枠 15.0 億円 通商政策局国際経済課 商務情報政策局生活文化創造産業課 /1750 事業の内容 事業の概要 目的 急速に拡大する世界市場を獲得するためには 対象となる国 地 新興国市場開拓事業平成 27 年度概算要求額 15.0 億円 (15.0 億円 ) うち優先課題推進枠 15.0 億円 通商政策局国際経済課 商務情報政策局生活文化創造産業課 03-3501-1990/1750 事業の内容 事業の概要 目的 急速に拡大する世界市場を獲得するためには 対象となる国 地域の経済発展の度合い 我が国企業の進出の程度 他国との競争環境等の差異を勘案し 限られた政策資源を戦略的

More information

Table 1. St-VAc blockcopolymers Table 2. Stability of dispersion of blockcopolymers in unsaturated polyester

Table 1. St-VAc blockcopolymers Table 2. Stability of dispersion of blockcopolymers in unsaturated polyester 97 Table 1. St-VAc blockcopolymers Table 2. Stability of dispersion of blockcopolymers in unsaturated polyester (a) (b) (c) Fig. 1. Phase reversions of poly (St-b-VAc) in unsaturated polyester. Fig. 2.

More information

インドネシア

インドネシア Mineral Production of Myanmar 1994/95 1995/96 1996/97 1997/98 (Provisional) 1998/99 (Plan) 1 Tin Concentrates 65% ton 648 575 327 401 401 2 Tungsten Concentrates 65% ton 152 148 37 57 57 3 Tin & Tungsten

More information

Word Pro - matome_7_酸と塩基.lwp

Word Pro - matome_7_酸と塩基.lwp 酸と 酸と 酸 acid 亜硫酸 pka =.6 pka =.9 酸 acid ( : 酸, すっぱいもの a : 酸の, すっぱい ) 酸性 p( ) 以下 酸っぱい味 ( 酸味 ) を持つ リトマス ( ) BTB( ) 金属と反応して ( ) を発生 ( 例 )Z l Zl リン酸 P pka =.5 pka =. pka =.8 P P P P P P P 酸性のもと 水素イオン 塩化水素

More information

パナソニック技報

パナソニック技報 Smaller, Lighter and Higher-output Lithium Ion Battery System for Series Hybrid Shinji Ota Jun Asakura Shingo Tode 24 ICECU Electronic Control Unit46 16 We have developed a lithium-ion battery system with

More information

渋谷清掃工場 平成 28 年度環境測定結果 1 排ガス測定結果 1 (1) 煙突排ガス 1 (2) 煙道排ガス 2 2 排水測定結果 3 3 焼却灰等測定結果 5 (1) 不燃物 ( 含有 性状試験 ) 5 (2) 飛灰 ( 含有試験 ) 6 4 周辺大気環境調査結果 7 5 試料採取日一覧 8 (

渋谷清掃工場 平成 28 年度環境測定結果 1 排ガス測定結果 1 (1) 煙突排ガス 1 (2) 煙道排ガス 2 2 排水測定結果 3 3 焼却灰等測定結果 5 (1) 不燃物 ( 含有 性状試験 ) 5 (2) 飛灰 ( 含有試験 ) 6 4 周辺大気環境調査結果 7 5 試料採取日一覧 8 ( 渋谷清掃工場 平成 28 年度環境測定結果 1 排ガス測定結果 1 (1) 煙突排ガス 1 (2) 煙道排ガス 2 2 排水測定結果 3 3 焼却灰等測定結果 5 (1) 不燃物 ( 含有 性状試験 ) 5 (2) 飛灰 ( 含有試験 ) 6 4 周辺大気環境調査結果 7 5 試料採取日一覧 8 ( 参考 ) 測定項目及び測定箇所 9 ( 参考 ) 定量下限値一覧 10 平成 29 年 6 月 東京二十三区清掃一部事務組合

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation PWR プラントにおけるスケール付着事象 平成 25 年 6 月 27 日原子力学会水化学部会定例研究会 関西電力株式会社 寺地巧 2 主要なスケール付着問題 2 鉄スケール 1 コバルト付着 11 次系スケール中のコバルト 被ばく低減の観点から問題 2SG2 次側に持ち込まれる鉄のスケール付着 伝熱管性能低下や材料健全性などの観点から問題 スケール付着は 本定例研究会でも過去に取り扱われているため

More information

PC農法研究会

PC農法研究会 おおむね窒素過剰 その他は不足 作物の生産力と生育の傾向がわかったら 過不足を調整するための養水分は基本的に土壌から供給することになる そのためには土壌中にどれくらいの養分が存在しているかを把握する必要がある ここではまず 現在の土壌でそれぞれの養分が基本的にどのような状態になっているかを述べておく 今までみてきたところでは おおむね窒素は過剰で 作物体が吸収できるリン酸 カリ 石灰 苦土は不足している

More information

IC-PC法による大気粉じん中の六価クロム化合物の測定

IC-PC法による大気粉じん中の六価クロム化合物の測定 Application Note IC-PC No.IC178 IC-PC 217 3 IC-PC ph IC-PC EPA 1-5.8 ng/m 3 11.8 ng/m 3 WHO.25 ng/m 3 11.25 ng/m 3 IC-PC.1 g/l. g/l 1 1 IC-PC EPA 1-5 WHO IC-PC M s ng/m 3 C = C 1/1 ng/m 3 ( M s M b ) x

More information

303 Human Factors in Nuclear Power Plant with Focus on Application of Man-machine Interface and Advanced Data Processing Technologies to Nuclear Power Industry Abstract We discuss issues involved in a

More information

Microsoft PowerPoint - 1.プロセス制御の概要.pptx

Microsoft PowerPoint - 1.プロセス制御の概要.pptx プロセス制御工学 1. プロセス制御の概要 京都大学 加納学 Division of Process Control & Process Systems Engineering Department of Chemical Engineering, Kyoto University manabu@cheme.kyoto-u.ac.jp http://www-pse.cheme.kyoto-u.ac.jp/~kano/

More information

Table 1 Utilization of Data for River Water Table 2 Utilization of Data for Groundwater Quality Analysis5,6,9,10,13,14) Quality Analysis5-13) Fig. 1 G

Table 1 Utilization of Data for River Water Table 2 Utilization of Data for Groundwater Quality Analysis5,6,9,10,13,14) Quality Analysis5-13) Fig. 1 G Key Words: river water quality, groundwater quality, manpower development, sewerage Table 1 Utilization of Data for River Water Table 2 Utilization of Data for Groundwater Quality Analysis5,6,9,10,13,14)

More information

Taro-bussitu_T1

Taro-bussitu_T1 P 気体の性質 ~ 気体の発生 次の表の ~4 にあてはまる言葉を後のア ~ シから選び, それぞれ記号で答えなさい 酸素二酸化炭素水素アンモニア窒素 空気より 4 少し軽い 水に 5 6 7 8 9 その他 0 4 ~4の選択肢 ア. もっとも軽いイ. 軽いウ. 少し重いエ. 重い 5~9の選択肢 オ. 溶けにくいカ. 少し溶けるキ. 溶けやすい 0~4の選択肢 ク. 他の物が燃えるのを助けるケ.

More information

1102_cover.qxd

1102_cover.qxd Top Interview ! Top Interview " # $ % & ' 1108_本文.qxd 11.11.8 16:48 ページ 10 先進環境技術紹介 Eco Frontiers 去が困 しやす 題があ 海水淡水化の前処理コストを低減する TT TEP Trap 処理技術 去でき 膜の性 る その 世界的な水不足が懸念される中 逆浸透膜 RO 法を用いた海水淡水化技術への関心が高まっている

More information