地質ニュース509号,35-42頁,1997年1月

Size: px
Start display at page:

Download "地質ニュース509号,35-42頁,1997年1月"

Transcription

1 地 質 ニュース509 号,35-42 頁,1997 年 1 月 ChishitsuNewsno.509,p.35-42,Janua 吋,1997 つくば 噴 石 のミクロの 世 界 奥 山 ( 楠 瀬 ) 康 子 1トン 富 樫 茂 子 2) 木 多 紀 子 2) て.はじめに 正 月 の 松 飾 りも 取 れない1996 年 1 月 7 日 の 夕 刻 に 落 下 した つくば 明 石 は,さっそくその 晩 のニュー スの 話 題 をさらった.テレビ 画 面 に 見 る 隈 石 は, 玉 子 犬 の 破 片 状 で, 白 く 鮮 やかな 割 れ 口 が 印 象 的 だ った.ひょっとしたら 他 にも 落 下 破 片 があるか,など と 考 えているうちに,9 日 になって, 第 1 号 発 見 地 点 からかなり 離 れたつくば 市 内 で 第 2 号 が 見 つかった との 知 らせ. 著 者 の 一 人 の 富 樫 はすぐに 駆 けつけ, 問 題 の 物 体 を 噴 石 と 同 定 し,ただちに 最 初 の 発 見 個 体 を 同 定 した 国 立 科 学 博 物 館 に 連 絡 した.が, 電 話 でやりとりする 明 石 の 特 徴 が,どうも 噛 み 合 わない. 変 だと 思 ううちに,やがて 謎 が 解 ける.つくば 明 石 は, 異 なった 性 質 の 明 石 がまじりあった, 角 礫 岩 と 呼 ばれるタイフの 明 石 だったのだ. 角 礫 岩 の 構 造 を 持 つ 隈 石 は, 部 分 ごとに 歴 史 が 違 うことが 珍 しくない.そしてそれを 解 明 するには, 顕 微 鏡 や 各 種 の 分 析 装 置 を 用 いた 研 究 が 不 可 欠 で ある. 明 石 の 形 成 史 を 調 べることにより, 地 球 を 含 めた 太 陽 系 の 形 成 過 程 を 明 らかにする 上 で 重 要 な 情 報 がもたらされるが,それにはミクロの 世 界 に 踏 み 込 んだ 詳 しい 研 究 が 必 要 である.ここでは, 顕 微 鏡 の 下 でのつくば 明 石 の 素 顔 を 紹 介 したい. 2. 慣 石 の 薄 片 づくば 明 石 は, 石 質 明 石 の 中 で 最 も 多 数 派 の 普 通 コンドライト に 属 する.はじめに 角 礫 岩 である と 書 いたが, 実 は 回 収 された23 個 の 個 体 の 中 で 角 礫 岩 の 構 造 がはっきりしているのは,2 号 6 号 11 号 ( 写 真 1),そして17 号 である(もちろん, 全 体 が 熔 融 殻 で 覆 われた 個 体 の 中 に, 角 礫 岩 タイプのものが ないとは 限 らないのだが ). 角 礫 岩 タイフの 明 石 は, 白 っぽい 角 ばったブロック(クラストと 呼 ぶ)と, その 問 を 埋 めるやや 暗 い 灰 色 で 細 粒 のマトリックス からなる. 角 礫 岩 の 構 造 を 持 たない 明 石 は 自 っぽい 均 質 な 組 織 を 示 し, 角 礫 岩 中 のクラストによく 似 る ( 写 真 2).どちらの 場 合 も, 銀 白 色 の 金 属 鉄 ( 正 確 に は 鉄 ニッケル 合 金 )の 細 かな 粒 が 数 多 く 認 められる ことが, 地 球 上 の 岩 石 と 異 なる(つくば 明 石 の 肉 眼 的 特 徴 は, 奥 山 ( 楠 瀬 )ほか(1996)に 詳 しい).しか 写 真 1つくば 明 石 11 号 の 個 体 写 真. 発 見 者 は, 松 本 写 真 2 茂 氏 (つくば 市 ).スケール バー=1cm. ' 畔 蝉 坤 碑 串 つくば 明 石 10 号 の 個 体 写 真. 発 見 者 は, 池 辺 琢 之 氏 ( 阿 見 町 ).スケール バー 二 1cm. 1) 地 質 調 査 所 地 質 標 本 館 2) 地 質 調 査 所 地 殻 化 学 部 キーワード:つくば 噴 石, 普 通 コンドライト,コンドリュール, 多 源 的 角 礫 岩, 岩 石 学 的 タイプ, 衝 突 1997 年 1 月 号

2 一 36 一 奥 山 ( 楠 瀬 ) 康 子 富 樫 茂 子 木 多 紀 子 しこれ 以 上 のことは,ごく 細 かな 鉱 物 が 集 まってで きている 明 石 だけに, 肉 眼 ではわからない. 顕 微 鏡 で 調 べるにしても, 不 透 明 な 石 みたいなものをどう やって 観 察 するのだろうか?ここで 必 要 となるの が, 明 石 試 料 を 光 が 通 るほど 薄 い 板 にして 顕 微 鏡 観 察 ができるようにする, 特 殊 な 技 術 である. この 技 術,すなわち 薄 片 作 成 の 技 術 は, 元 来 は 地 球 上 の 岩 石 を 研 究 するために 用 いられてきた. 明 石 の 薄 片 の 場 合 も 作 成 法 は 基 本 的 に 地 球 上 の 岩 石 と 同 じで, 明 石 を 薄 く 切 断 し, 合 成 樹 脂 製 の 接 着 剤 で スライドグラス と 呼 ぶガラス 板 に 貼 り 付 けた 後,グ ラインダーの 上 で 力 一 ボランダムをはじめとする 研 磨 剤 を 使 って, 厚 さ 約 O.03mmまですり 減 らしてい く. 細 粒 の 研 磨 剤 を 使 って 研 磨 面 をある 程 度 滑 かに 仕 上 げた 後,スライドグラスよりずっと 薄 いカバーグ ラスをかけて 樹 脂 封 入 する.これが, 私 たちが 研 究 用 に 使 った 薄 片 である. 薄 片 になった 明 石 の 厚 さは, 身 近 にあるものでは 新 聞 紙 程 度 の 厚 みしかな い.こうなればさしもの 噴 石 も(そして 地 球 上 の 岩 石 も), 一 部 の 鉱 物 をのぞき 光 を 通 すようになり, 顕 微 鏡 での 観 察 が 可 能 になる.つくば 明 石 はかんらん 石 など 脆 い 珪 酸 塩 鉱 物 とともに, 多 量 の 金 属 鉄 を 含 む が, 薄 片 製 作 の 過 程 でこの 金 属 鉄 がグラインダーの うえでずるずる 延 びて, 作 成 にあたった 技 術 者 の 方 は 大 変 苦 労 なさったそうである 明 石 でなくても, 力 学 的 な 性 質 の 違 う 物 質 が 混 在 する 試 料 の 薄 片 製 作 は, 概 してむずかしい. この 金 属 鉄 は,O.03mmに 薄 くしても 不 透 明 なま まだ. 同 じく 明 石 中 に 含 まれるトロイライト( 硫 化 鉱 物 )も, 同 様 だ.この 種 の 不 透 明 鉱 物 を 調 べる 場 合 は, 薄 片 の 一 面 を 鏡 のように 磨 き 上 げカバーグラス をかけない 研 磨 薄 片 を 作 り, 反 射 光 を 観 察 する. 電 子 線 を 用 いた 微 小 分 析 にかける 試 料 も, 同 じく 研 磨 薄 片 とする. 研 磨 薄 片 の 製 作 では, 鏡 のように 磨 き 上 げた 一 面 を 保 護 をかねて 一 度 スライドグラスに 貼 り 付 け, 反 対 側 からすり 減 らして 所 定 の 厚 さにした 後,そちらを 別 のスライドグラスに 貼 り 付 けて, 改 め て 鏡 のように 磨 いた 側 を 表 に 出 す 反 転 処 理 がかか せない. 性 質 の 違 う 鉱 物 からなる 明 石 試 料 について 研 磨 薄 片 を 作 るのは 普 通 の 薄 片 を 作 る 以 上 に 難 し く,まさに 特 殊 技 術 申 の 特 殊 技 術 といえる. 3 偏 光 顕 微 鏡 の 世 界 私 たちが 最 初 に 顕 微 鏡 で 見 ることができたつくば 明 石 は, 個 体 番 号 でいう7 号 だった.1 月 12 日 に, 著 者 の 一 人 木 多 が,7 号 の 発 見 者 ( 大 和 田 善 孝 氏 )とと もに 落 下 地 点 付 近 をくまなく 捜 し, 落 下 によって 傷 の ついたアスファルト 舗 装 の 隙 間 から 小 さなかけらを 採 取 したものである.このかけらはその 日 のうちに, 地 質 標 本 館 試 料 調 製 課 の 大 和 田 朗 氏 の 手 により, 薄 片 となった. 顕 微 鏡 で 見 るつくば 明 石 7 号 は,かんらん 石 や 斜 方 輝 石 の 無 色 の 結 晶 が 密 に 詰 まった, 完 晶 質 の 組 織 を 持 っていた( 口 絵 写 真 1 左 ). 真 っ 暗 にみえるの は, 金 属 鉄 とトロイライトで, 両 者 は 透 過 光 では 区 別 がつかない. 視 野 を 暗 い 状 態 にすると( 直 交 ポーラ ーという, 後 述 ), 赤 青 黄 色 の 色 とりどりに 見 える かんらん 石 の 粒 が 非 常 に 多 く,ついで 白 ないし 灰 色 に 見 表 る 斜 方 輝 石 が 目 についた( 口 絵 写 真 1 右 ). 地 質 ニュー 一 ス 第 499 号 の 表 紙 を 飾 ったのは,7 号 の 暗 い 視 野 の 状 態 での 顕 微 鏡 写 真 である. ここまで 顕 微 鏡 と 書 いてきたが,これは 生 物 試 料 を 調 べる 普 通 の 光 学 顕 微 鏡 とはかなり 違 った 顕 微 鏡 である. 生 物 顕 微 鏡 で 使 う 光 源 (たとえば, 反 射 鏡 を 介 した 太 陽 光 や 電 球 の 光 )は, 光 の 振 動 方 向 が そろっていなし. これは, 明 石 や 地 球 の 岩 石 のよう に 結 晶 が 集 まってできているものを 調 べるのには 適 していない. 結 晶 には, 方 向 によって 光 の 伝 わる 速 度 や, 光 を 吸 収 する 割 合 が 違 うものが 多 い.このよ うな 性 質 を, 光 学 的 異 方 性 という. 異 方 性 を 持 った 結 晶 を 調 べるには, 波 としての 振 動 方 向 がそろった 光 (これを 専 門 的 には 平 面 偏 光 という)を 使 う 必 要 がある. 噴 石 や 岩 石 を 調 べるための 顕 微 鏡 には, 光 の 振 動 方 向 をそろえるための 偏 光 板 が 組 み 込 まれ ており,このためこのような 顕 微 鏡 を 特 に 偏 光 顕 微 鏡 と 呼 ぶ. 偏 光 顕 微 鏡 の 偏 光 板 (ポーラー)は, 試 料 ( 薄 片 ) をはさんで 上 下 に 一 枚 ずつ 組 み 込 まれており, 上 の 偏 光 板 は 着 脱 できるようになっている. 視 野 の 明 る い 状 態 は 上 の 偏 光 板 をぬいた 状 態 であり, 下 の 偏 光 板 を 通 った 平 面 偏 光 で 試 料 を 観 察 することになる. 上 の 偏 光 板 を 入 れると, 下 方 ポーラーのみの 状 態 か ら 一 転 して 視 野 は 暗 くなり, 無 色 だった 鉱 物 は 黄 色 や 青 など 原 色 に 近 い 色 に 見 える. 下 の 偏 光 板 を 通 地 質 ニュース509 号

3 つくば 隈 石 のミクロの 世 界 一 37 一 写 真 3つくば 明 石 7 号 中 のコンドリュール. 斜 方 輝 石 の 放 射 状 結 晶 から 成 り, 完 全 に 再 結 晶 したマトリックスに 囲 ま れる. 左 が, 下 方 ポーラーのみ, 右 が 直 行 ポーラー.ともに 画 面 横 幅 =1mm. った 平 面 偏 光 は, 試 料 中 の 結 晶 を 通 過 する 時 に, 結 晶 の 光 学 的 異 方 性 のために 二 つに 分 かれて 進 む. この 二 つの 光 が 互 いに 干 渉 することによって, 鮮 や かな 色 が 生 まれるのだ.これを 専 門 的 には, 鉱 物 の 干 渉 色 という. 干 渉 色 を 観 察 する 視 野 の 暗 い 状 態 を, 直 交 ポーラーと 呼 ぶ. 上 の 偏 光 板 を 通 過 できる 光 の 振 動 方 向 が, 下 の 偏 光 板 を 通 過 した 光 と 直 交 する 向 きにあるからだ. 偏 光 顕 微 鏡 を 使 うことで, 私 たちは 薄 片 の 中 の 鉱 物 の 種 類 や, 結 晶 学 的 な 向 き などを 知 ることができる. 干 渉 色 は, 鉱 物 自 体 の 光 学 的 性 質 だけではなく, 薄 片 の 厚 さによっても 異 な る. 薄 片 を0.03mmの 標 準 の 厚 さに 仕 上 げるには, 鉱 物 の 干 渉 色 を 見 ながら 最 後 の 研 磨 を 行 っている. 4. 顕 微 鏡 で 見 るつくぱ 唄 ; 百 一 結 晶 質 のクラス トー 私 たちが 顕 微 鏡 ではじめてみたつくば 明 石 は, 角 礫 岩 の 構 造 を 持 たない, 組 織 の 均 質 な7 号 であっ た. 鏡 下 でもこの 隈 石 は 結 晶 質 で,かんらん 石 や 斜 方 輝 石 が 大 部 分 を 占 め, 明 石 に 特 徴 的 なコンドリュ ールもはっきりしなかった( 口 絵 写 真 1). 結 晶 粒 に はかんらん 石 も 斜 方 輝 石 も,O.1mm 程 度 の 大 型 の (!)ものと,その 間 を 埋 める 大 きさにしてその1/10な いし1/20のきわめて 細 粒 のものがあった.いずれも コロッとした 粒 状 であったり,やや 不 規 則 な 形 をして いたりする.かんらん 石 や 斜 方 輝 石 は,マグマから の 生 成 のように 比 較 的 自 由 に 成 長 できると, 四 角 柱 に 似 た 本 来 の 形 ( 臼 形 )の 結 晶 になる.7 号 に 見 るよ うな 粒 状 の 結 晶 は, 地 球 の 岩 石 では, 地 質 学 的 な 変 動 が 比 較 的 少 ない 静 穏 な 環 境 で, 熱 の 影 響 だけを 受 けて 鉱 物 が 成 長 したような 形 成 史 の 岩 石 によく 見 られる.たとえば, 地 下 に 貫 入 したマグマ( 深 成 岩 体 )のまわりの 岩 石 がマグマの 熱 によって 変 化 した (これを, 再 結 晶 作 用 という) 接 触 変 成 岩 や,マント ルを 作 るかんらん 岩 の 一 部 に,このような 組 織 を 持 つものがある. 大 型 の 斜 方 輝 石 の 中 には,かんらん 石 の 丸 い 結 晶 粒 を 包 みこんだ 面 白 い 組 織 のものがあった( 口 絵 写 真 3).これは,ゆっくり 冷 却 固 化 した 地 球 の 深 成 岩 の 中 の 輝 石 に 時 々 見 られる 組 織 だが, 変 成 岩 の 中 にも 認 められないわけではない. では, 普 通 コンドライトには 欠 かせない コンドリュ ール はどこにあるのだろうか?7 号 には 写 真 3の ような 斜 方 輝 石 の 放 射 状 結 晶 集 合 体 が, 所 々に 認 め られる.これがコンドリュールに 相 当 する. 集 合 体 の 外 形 は 丸 味 を 持 つが, 全 体 としては 破 片 状 に 見 える. コンドリュールの 内 部 も, 明 らかに 再 結 晶 カミ 進 んで いる. 変 成 岩 のようだと 繰 り 返 すが, 実 際, 普 通 コンドラ イトには7 号 のように 再 結 晶 作 用 の 形 跡 を 色 濃 くとど めるものが 少 なくない. 普 通 コンドライトは, 第 一 に は 鉄 分 全 体 の 量 と, 鉄 の 酸 化 状 態 によって 分 類 され る.つくば 明 石 は, 鉄 に 冨 むH( 孤 幼 iron)コンドラ イトである( 分 類 については 冨 樫 ほか, 六 号,に 詳 し い). 分 類 のもう 一 つの 軸 が 組 織 的 組 成 的 な 変 化 の 程 度 で( 地 球 の 岩 石 に 対 して 使 う 変 成 度 に 相 当 ), 明 石 の 場 合 は 岩 石 学 的 タイプ という 言 葉 で あらわされる. 普 通 コンドライトの 変 成 度 は 岩 石 学 的 タイプ3から6までとされ, 数 字 が 大 きいほど 変 成 度 1997 年 1 月 号

4 一 38 一 奥 山 ( 楠 瀬 ) 康 子 富 樫 茂 子 木 多 紀 子 写 真 4つくば 明 石 1 号 ( 発 見 者 は,つくば 市, 小 宮 恒 夫 氏 ).7 号 と 同 様, 全 体 が 結 晶 質.かんらん 石, 輝 石 ( 明 るく 見 える 部 分 ), 金 属 鉄,トiコイライト ( 不 透 明 な 部 分 )などからなる. 画 面 横 幅 二 2.6mm. 下 方 ポーラーのみ. が 高 い. 岩 石 学 的 タイフ1から3は, 水 や 有 機 物 に 富 む 炭 素 質 コンドライトに 限 られる. 変 成 度 の 低 い 普 通 コンドライトは, 丸 いコンドリュールと 結 晶 化 していな いマトリックスを 持 つ.7 号 のように,コンドリュール 以 外 の 部 分 が 完 全 に 結 晶 化 し,コンドリュール 自 体 にも 再 結 晶 の 跡 を 認 めるものは, 最 も 変 成 度 の 高 い タイプ6にランクされる(コンドリュールまで 著 しく 再 結 晶 して 特 有 の 組 織 が 失 われてしまったものを,そ の 上 のランクであるタイフ7とする 分 類 もある). 普 通 コンドライトには,タイフ5ないし6の よく 焼 かれた" ものが 珍 しくない.つくば 明 石 の 前 年 に 石 川 県 に 落 下 した 根 上 噴 石 は, 鉄 分 に 乏 しく( 工 Wircm) 変 成 度 の 高 いL6 型 のコンドライトだった.この 明 石 の 顕 微 鏡 写 真 は, 地 質 ニュース492 号 の 表 紙 に 掲 載 さ れている( 石 渡,1995).499 号 のつくば 明 石 と 比 較 していただきたい. その 後, 薄 片 を 作 ることのできた 個 体 が 増 えるに 連 れて,7 号 のほかにも 変 成 度 の 高 い 完 晶 質 の 組 織 を 持 つ 明 石 があることがわかってきた. 写 真 4に 見 る1 号 も,また14 号 もこのタイフであった.これらは, 割 れ 口 に 白 い 均 質 な 内 部 組 織 がのぞく 共 通 した 肉 眼 的 特 徴 を 持 っている.このような 見 かけのものは, 7 号 などとともに 完 晶 質 の 個 体 と 考 えてよいだろう. さらに 角 礫 岩 質 の 組 織 を 持 つ 明 石 のクラストの 部 分 も, 同 じような 見 かけを 示 し 完 晶 質 で 変 成 度 が 高 い ことを, 私 たちは11 号 の 薄 片 を 観 察 することで 確 認 写 真 5 つくば 噴 石 11 号 中 の 各 種 のコシドリュール( 矢 印 ). 細 粒 臼 形 のかんらん 石 が 密 に 詰 まった コンドリュール( 上 ),ブレード 状 のかんらん 石 急 冷 結 晶 から 成 るコンドリュール( 中 ), 斜 方 輝 石 の 細 針 状 の 急 冷 結 晶 から 成 るコンドリュール( 下 ) などが 認 められる. 画 面 横 幅 =0.8mm. 下 方 ポ ーラーのみ.あわせて 口 絵 写 真 5 参 照. した.つまり 角 礫 岩 の 構 造 の 認 められない 個 体 (た とえば7 号 など)は, 大 きなクラストの 一 部 と 考 えら れるのだ. 5 角 礫 岩 質 の 唄 ; 百 一 さまざまなコンドリュー ルー 11 号 は 角 礫 岩 質 の 個 体 で, 落 下 地 点 では 大 小 さ まざまの 破 片 になって, 道 路 や 芝 畑 など 約 20m 四 方 に 散 らばっていた. 発 見 者 の 松 本 茂 氏 のご 厚 意 に より, 私 たちは 研 究 用 の 小 片 を 譲 り 受 け, 一 部 を 薄 片 にした. 11 号 中 のクラストには, 肉 眼 的 に 多 少 色 が 違 うも のがあり( 豊 ほか,1996, 参 照 ), 岩 石 学 的 タイフや 組 織 が 互 いに 異 なるかもしれないと 当 初 は 予 想 し た.しかし 薄 片 によると( 口 絵 写 真 4),クラストの 部 分 は 金 属 鉄 に 富 み 完 晶 質 で,1 号 や7 号 と 良 く 似 て いる.クラストでの 岩 石 学 的 タイプのはっきりした 違 いは, 今 のところ 見 出 されていない. 地 質 ニュース509 号

5 つくば 明 石 のミクロの 世 界 一 39 一 写 真 6 斜 方 輝 石 の 放 射 状 結 晶 から 成 る 犬 型 のコンドリ ュール.つくば 明 石 11 号. 下 方 ポーラーのみ. 画 面 横 幅 =1.3mm.11 号 のコンドリュールは 全 般 に 外 形 を 良 く 保 存 するが, 写 真 に 見 るような 大 型 のコンドリュールは,しばしば 破 片 状 であ る. 11 号 で 最 も 注 目 されるのは, 肉 眼 で 暗 灰 色 に 見 完 る 角 礫 岩 のマトリックスの 部 分 である. 薄 片 で 見 る マトリックスには,かんらん 石 輝 石 の 自 形 に 近 いば らばらの 結 晶 や, 数 多 くの 丸 っこいものが 浮 かんで いる.これぞコンドリュール1しかもその 内 部 の 組 織 は, 実 にさまざまだ. 最 も 目 立 ち,かつ 美 しい" のは,かんらん 石 を 含 むコンドリュールで,ブレード ( 刃 ) 状 の 放 射 状 あるいはほぼ 平 行 な 結 晶 が 内 部 を 埋 めるもの( 写 真 5および 口 絵 写 真 5)だけではなく, 外 形 は 自 形 だが 中 身 が 一 部 ぬけたかんらん 石 の 骸 晶 "が 一 杯 に 詰 まっていたり( 口 絵 写 真 4),コロッと した 自 形 のかんらん 石 以 外 の 部 分 はバサバサした 樹 枝 状 結 晶 の 集 まりが 占 めるもの( 口 絵 写 真 7)など 写 真 7ごく 細 い 斜 方 輝 石 の 放 射 状 結 晶 から 成 るコンド リュール( 中 央 右 側 ).つくば 噴 石 11 号. 下 方 ポ ーラーのみ, 画 面 横 幅 =O.8mm. もある. 斜 方 輝 石 からなるコンドリュールもある. 内 部 を 放 射 状 の 斜 方 輝 石 が 占 めるコンドリュールでは,かん らん 石 のコンドリュールに 似 た 太 目 の 結 晶 ができる こともあるが( 写 真 6および 口 絵 写 真 6), 絹 糸 のよう にずっと 細 い 結 晶 の 集 合 である 場 合 ( 写 真 7)もある. 丸 いコンドリュールいっぱいに 柱 状 の 自 形 に 近 い 斜 方 輝 石 の 結 晶 が 詰 まっているものもあるが,よく 見 る とその 隙 間 は 樹 枝 状 の 結 晶 が 埋 めている( 写 真 8). 骸 晶 や 樹 枝 状 結 晶 は, 地 球 上 でのある 種 の 玄 武 岩 でも 見 ることができ,いずれも 噴 出 したマグマが 急 冷 された 証 拠 と 考 えられている.では,コンドリュ ールも 微 惑 星 での 噴 火 活 動 でできたのだろうか?コ ンドリュールの 丸 い 外 形 は, 無 重 力 の 宇 宙 空 間 に 放 写 真 8 斜 方 輝 石 の 自 形 結 晶 が 密 に 詰 まり, 間 を 急 冷 結 晶 が 埋 めるコンド.リュール( 中 央 ). 下 方 ポーラーのみ, 右 が 直 行 ポーラー.ともに 画 面 横 幅 =1.3mm 年 1 月 号

6 一 40 一 奥 山 ( 楠 瀬 ) 康 子 富 樫 茂 子 木 多 紀 子 り 出 された 液 滴 の 形 である.しかしコンドリュールの 化 学 組 成 を 調 べてみると,マグマからできたとすれ ば 濃 集 していると 期 待 されるいくつかの 元 素 がそれ ほど 濃 集 しセおらず, 潰 石 の 母 天 体 から 噴 出 したマ グマの 液 滴 とは 考 えられない.コンドリュールは, 太 陽 系 をつくったガスと 塵 の 雲 の 中 ( 原 始 太 陽 系 星 雲 ) で 生 じたメルトなのだろう.コンドリュールの 内 部 に 急 冷 結 晶 ができているということばニコンドリュール になるメルトが 急 に 冷 やされたことを 意 味 している. コンドリュール 内 部 の 組 織 が 写 真 のようなさまざまで あることから, 溶 けた 状 態 からの 冷 却 速 度 は 一 様 で はなかったと 考 えられる.このような 急 冷 組 織 は, 実 験 室 の 装 置 の 中 で,コンドリュールの 化 学 組 成 に 対 応 するメルトを 冷 却 速 度 を 変 えて 固 化 させることで 再 現 できる(ただし, 一 般 的 にはコンドリュールの 冷 却 速 度 は, 地 球 上 の 急 冷 玄 武 岩 などの 冷 却 速 度 よ りずっと 大 きい). 原 始 太 陽 系 星 雲 で 一 度 熔 けたも のがどのように 急 冷 されたのかは,いまのところわ かっていない.いずれにせよ, 現 在 手 にする 隈 石 に は, 冷 却 史 の 異 なるさまざまなコンドリュールがはき よせられているのだ. 11 号 のコンドリュールは,7 号 と 比 べて 内 部 の 組 織 が 良 く 保 存 されている.このことは,11 号 が7 号 よ り 変 成 度 が 低 いことを 意 味 する. 明 石 の 分 類 の 上 か らは,コンドリュールに 冨 む11 号 のマトリックスは 岩 石 学 的 タイプ5に 相 当 すると 考 えられる.11 号 のマ トリックスは, 全 体 にクラストの 部 分 に 比 べてずっと 細 粒 であるが, 粒 状 のかんらん 石 などが 集 まった 完 晶 質 組 織 であり, 一 応 再 結 晶 している.もしも 急 冷 し てできたガラスが 残 っていれば,より 変 成 度 の 低 い タイプ4にランクされたであろう. 角 礫 岩 質 の 明 石 は, 回 収 されたつくば 明 石 の 中 で も 少 量 で, 私 たちが 薄 片 としてみることができたの もこの11 号 の 他 は2 号 だけである.2 号 もここに 記 し た11 号 と 良 く 似 た 組 織 であった( 口 絵 写 真 2). 6 多 源 的 角 礫 岩 " 太 陽 系 の 生 成 の 初 期 には, 太 陽 のまわりを 公 転 す る 惑 星 の もと"( 微 惑 星 )が 互 いに 衝 突 し 合 って, 集 合 離 散 を 繰 り 返 していたと 考 えられる. 一 大 きな 微 惑 星 の 表 層 の 一 部 が 衝 突 のショックで 一 部 粉 々にな れば, 固 まり(クラスト)と 粉 砕 されてできたマトリッ クスがもともと 同 じ 物 質 からなる 角 礫 岩 ができるで あろう. 角 礫 岩 質 のつくば 明 石 でも,クラストとマトリ ックスはともに 鉄 に 富 むHコンドライトで, 化 学 的 に はあまり 違 いがなさそうだ.しかしつくば 明 石 のクラ ストとマトリックスでは 勲 履 歴 が 異 っていることを,そ れぞれの 微 細 組 織 ははっきりと 示 している. 明 らか にクラストの 方 が 変 成 度 が 蔦 く, 長 時 間 高 温 にさらさ れていた 塵 史 を 持 つのだ.それに 比 べていかにも 生 々しい11 号 は, 一 応 再 結 晶 しているが, 全 体 が 粒 状 組 織 に 近 づくほど 組 織 的 再 調 整 が 進 んでいない. 高 温 にさらされたものの, 加 熱 時 間 "はあまり 長 くな かったのかもしれない.つまり, 角 礫 岩 質 の11 号 は クラストに 相 当 する 部 分 が 単 純 に 細 粒 化 されてマト リックスになったのではなく, 再 結 晶 が 進 んでいるも のと 進 んでないものという 二 種 類 (あるいはそれ 以 上 )の 物 質 が 混 合 してできているのだ.このようなも のを, 多 源 的 角 礫 岩 "(polymictbreccia)という. つくば 明 石 のうち 角 礫 岩 質 でない 個 体 の 特 徴 が11 号 のクラストの 部 分 に 似 ていることから, 私 たちは, つくば 明 石 全 体 が 大 きな 角 礫 岩 質 の 明 石 だったと 考 えている. 落 下 明 石 にとって 空 気 との 摩 擦 は 大 変 な ストレ ス"のようで, 国 分 寺 明 石 に 見 るように, 完 晶 質 の 大 型 の 明 石 であっても 最 後 に 四 分 五 裂 することがある. 再 結 晶 が 進 んでいない 弱 い 部 分 を 含 むつくば 明 石 では,なおさらであったろう. 回 収 されたつくば 明 石 は 総 量 8009 程 度 であるが,ダストを 含 む 落 下 噴 石 の 総 量 はその10 倍 以 上 だとしても 不 思 議 ではない. 7 つくば 隅 石 の 衝 案 史 " では,つくば 明 石 はどこでどのようにして 角 礫 岩 化 したのだろうか? クラストは 強 く,またマトリックスも 弱 いながらも 再 結 晶 していることから,この 二 つはともにかなりの 大 きさの 天 体 の 一 部 であったと 考 えられる.つくば 明 石 のクラストでは,かんらん 石 と 輝 石 が 十 分 に 粒 成 長 して 完 晶 質 の 組 織 を 作 っているが,このような 変 化 は 地 球 上 の 変 成 岩 についての 知 識 からは, 少 な くとも700 位 の 高 温 のもとである 程 度 長 い 時 間 経 過 しなければおこらないと 考 えられる.といっても, 地 球 や 月 のような 大 きさは 必 要 ないだろう. 太 陽 系 の 創 成 期 には 短 寿 命 の 放 射 性 元 素 がかなり 大 量 に 地 質 ニュース509 号

7 つくば 隅 石 のミクロの 世 界 一 41 一 勧 ) 20 〆 あ) 第 1 図 つくば 明 石 の 衝 突 モデル.a) 深 部 ほど 高 温 で 高 変 成 度 の 物 質 から 成 るHコンドライト 相 当 の 小 惑 星 に, 微 惑 星 が 衝 突.b) 衝 突 の 衝 撃 で, 衝 突 した 微 惑 星 と 小 惑 星 表 層 の 低 変 成 度 の 物 質 は 飛 散 し, 掘 り 返 された 深 部 のH6 相 当 の 物 質 とそれより 浅 い 所 にあるH5 相 当 の 物 質 が 混 じりあって, 角 礫 岩 を 作 った. あり, 天 体 を 内 側 から 暖 める 熱 源 "には 事 欠 かなか った.たとえば 半 径 km 程 度 の 大 きさの 天 体 であれば, 内 部 でこの 組 織 的 変 化 をおこすことは 可 能 であっただろう.これに 対 してマトリックスになる 部 分 は,それほど 高 温 になる 必 要 はない.つくば 明 石 のクラストはより 大 きな 微 惑 星 の,マトリックスの 側 はより 小 さなものの 一 部 だったのかもしれない.そ うではなくて,クラストもマトリックスもともにHコンド ライト 相 当 の 一 つの 微 惑 星 に 起 源 を 持 ち,それぞれ その 深 部 と 表 層 近 くを 占 めていたのかもしれない. クラストの 部 分 について,もう 少 し 想 像 を 邊 しくし てみよう. 完 晶 質 の7 号 のコンドリュールは, 全 体 が 再 結 晶 しているだけでなく, 写 真 3のように 破 片 状 で ある.これに 対 して11 号 中 のマトリックスのコンドリ ュールは, 全 般 に 保 存 が 良 い. 地 球 上 の 変 成 作 用 で も, 元 々あった 組 織 構 造 は 案 外 残 ることが 多 い. 破 片 状 のものが 多 い7 号 の 組 織 を 見 ていると, 生 々し い11 号 のようなものが 単 純 に 再 結 晶 して7 号 が 導 か れたとの 考 え 方 に 多 少 抵 枕 を 覚 える( 再 結 晶 作 用 の 過 程 に 化 学 反 応 が 伴 うにせよ). 一 度 どこかで 破 砕 されたものが 改 めて 再 結 晶 したのではないかとも 思 われる.これは,クラストとマトリックスが 破 砕 の 程 度 が 違 う 別 の 微 惑 星 に 由 来 するという 考 え 方 につなが る. 微 惑 星 同 士 の 衝 突 の 結 果 は 一 般 的 には 衝 突 の 相 対 速 度 や 角 度 にもよるが, 衝 突 実 験 の 知 識 からは 同 じような 大 きさのもの 同 士 が 衝 突 すれば 互 いにバラ バラになると 考 えられている.これでは, 衝 突 後 に 一 度 固 まって つくば 明 石 "のもとを 作 ってもらうのに は 都 合 が 悪 い.つまり,マトリックスとクラストがHコ ンドライト 相 当 の 別 の 微 惑 星 に 起 源 するとはあまり 考 えられない. H6の 破 片 が 大 き 目 の 微 惑 星 に 衝 突 して,その 表 層 付 近 の 物 質 と 混 じりあったのが,つくば 明 石 のク ラストとマトリックスなのだろうか?まったく 考 えら れないわけではないが, 同 じような 衝 突 を 数 多 く 経 験 している 月 についての 知 識 からは,これも 怪 しげ であるらしい. 月 の 石 の 中 には 多 源 的 角 礫 岩 が 結 構 あるが,その 中 から 明 石 のような 物 質 はほとんど 見 出 されていない.つまり, 大 きな 天 体 に 小 さなカゲラ がぶつかると,カゲラは 残 らず, 大 きな 天 体 側 の 異 なる 深 度 にあった 物 が 掘 り 返 され, 混 じりあって 多 源 的 角 礫 岩 を 作 るらしいのだ. このように, 多 くの 明 石 や 月 の 石 の 研 究 からこれ までに 得 られた 知 識 からは,クラストとマトリックスが 別 の 天 体 に 起 源 するという 考 え 方 は 支 持 されないよ うだ. 大 規 模 な 衝 突 により 小 惑 星 がやや 深 いところ まで 掘 り 起 こされ, 深 部 にあった 高 温 で 変 成 の 進 ん 1997 年 1 月 号

8 一 42 一 奥 山 ( 楠 瀬 ) 康 子 富 樫 茂 子 木 多 紀 子 だ 物 質 と, 比 較 的 浅 い 所 にあったより 低 温 の 物 質 が いっしょに 掘 り 返 され, 再 び 固 まったのが,つくば 明 石 の 起 源 についてのもっともらしいモデルである( 第 1 図 ).クラストの 方 がより 破 砕 された 物 質 であるらし いことに 対 しては, 微 惑 星 の 中 には 破 砕 "の 程 度 に も 深 度 に 応 じた 勾 配 があり( 深 いところの 物 質 ほど 微 惑 星 形 成 の 初 期 段 階 で 集 積 したものであり, 激 し い 衝 突 で 著 しく 破 砕 された), 変 成 度 の 高 い 物 ほど 破 片 状 の 物 質 が 多 くても 差 し 交 差 ないと 考 える 人 も いる.クラストのような 変 成 度 の 高 い 部 分 は, 高 温 の 影 響 で 昔 の 記 憶 "を 失 っていることが 多 いが, 今 後 の 研 究 でその 起 源 に 結 びつく 情 報 が 得 られることを 期 待 したい. 富 樫 ほか( 六 号 )で 述 べるように, 角 礫 岩 の 構 造 を 作 った 衝 突 は 遅 くとも 約 40 億 年 前 までに 起 こってい たらしい.この 年 代 は, 他 の 角 礫 岩 質 のコンドライト の 年 代 と 比 べてもあまりおかしなものではない. 微 惑 星 での 角 礫 岩 化 は, 太 陽 系 の 歴 史 の 比 較 的 早 い 時 期 のことであるようだ. 一 方, 宇 宙 線 の 照 射 によ って 生 成 した 核 種 の 測 定 からは, 今 から 約 1,900 万 年 前 につくば 明 石 のもとはメートルサイズになってい たことがわかっている. 角 礫 岩 となった 後 に, 希 ガ スの 保 存 状 態 をあまりかえることなくだんだんと 小 さ くなっていくプロセスがあったのであろうが, 残 念 な がら 具 体 的 なことは 今 のところわかっていない. 8.あとがき ここでは,つくば 隈 石 の 薄 片 による 岩 石 学 的 な 情 報 から,その 生 い 立 ちに 迫 ってみた. 鉱 物 の 化 学 組 成 など, 微 小 分 析 によるデータが 加 わることで,より 正 しい 生 い 立 ちの 記 "を 書 くことができるのは, 言 うまでもない. 角 礫 岩 質 のつくば 明 石 は, 極 端 にい えば 調 べる 部 分 ごとに 細 かな 様 相 が 違 う 可 能 性 も ある. 多 様 な 情 報 をより 多 く 得 るための 努 力 は, 今 後 もさらに 続 けなければいけない. 貴 重 な 明 石 試 料 を 薄 片 作 1 成 のために 快 く 提 供 してくださった 発 見 者 の 皆 さんに,ここで 改 めて 感 謝 するとともに, 今 後 も ご 協 力 いただけるよう 重 ねてお 願 いいたしたい. あわせて 読 者 の 皆 さんには, 隈 石 のような 特 殊 な 固 体 試 料 の 研 究 が, 専 門 の 技 術 者 集 団 に 支 えられ ていることを 知 っていただければ 幸 いである. 地 球 や 惑 星 の 物 質 科 学 の 研 究 には,こういった 人 々の 存 在 が 欠 かせない.つくば 明 石 について 比 較 的 早 くか ら 微 細 卒 組 織 についての 情 報 を 集 め, 公 表 すること ができたのは, 回 収 の 窓 口 となった 地 質 調 査 所 に 試 料 調 整 課 という 技 術 者 集 団 があったことが 非 常 に 大 きい. 同 課 の 佐 藤 芳 治 課 長 ほか 課 員 の 皆 さんに,い ろいろ 無 理 を 聞 いていただいたことを 改 めて 感 謝 し たい. 謝 辞 : 隈 石 の 岩 石 学 的 な 特 徴 については, 岡 田 昭 彦 氏 ( 理 化 学 研 究 所 )と 小 島 秀 康 氏 ( 極 地 研 )から 多 くの 有 益 な 助 言 をいただきました.また, 投 稿 原 稿 は 平 野 英 雄 氏 ( 地 質 調 査 所 )に 目 を 通 していただき ました. 以 上 の 方 々に 厚 く 御 礼 申 し 上 げます. 引 用 文 献 呈 艦 秋 奥 山 ( 楠 瀬 ) 康 子 佐 藤 芳 治 當 樫 茂 子 木 多 紀 子 佐 藤 岱 生 (1996):つくば 蹟 石. 地 質 ニュース,no.499,iii-iv( 口 絵 ). 石 渡 明 (1995): 根 上 明 石. 地 質 ニュース,no,492( 表 紙 ). 奥 山 ( 楠 瀬 ) 康 子 木 多 紀 子 大 和 田 朗 (1996):つくば 隈 石 の 顕 微 鏡 写 真. 地 質 ニュース,no.499( 表 紙 ). 奥 山 ( 楠 瀬 ) 康 子 豊 蓬 秋 富 樫 茂 子 木 多 紀 子 佐 藤 岱 生 米 田 成 一 島 正 子 岡 田 昭 彦 矢 吹 貞 代 村 山 定 男 (1996): つくば 噴 石 の 組 織 的 特 徴. 地 調 月 報.vo1.47, 富 樫 茂 子 奥 山 ( 楠 瀬 ) 康 子 豊 遊 秋 木 多 紀 子 (1997):W 泓 nted!つくば 明 石 一 太 陽 系 惑 星 地 夢 の 誕 生 の 秘 密 を 解 く 鍵. 地 質 ニュース,m,509,7-15. 佋 啙 䅍 䄭 䭕 獕 丰 獅 奡 獵 歯 ⱔぇ 䅳 䡉 卨 楧 敫 潡 湤 䭉 呁 乯 物 歯 㤹 㜩 㩔 獵 歵 扡 浥 瑥 潲 楴 敵 湤 敲 瑨 攀 浩 捲 潳 捯 灥 < 受 付 :1996 年 10 月 21 日 > 地 質 ニュース509 号

10 117 5 1 121841 4 15 12 7 27 12 6 31856 8 21 1983-2 - 321899 12 21656 2 45 9 2 131816 4 91812 11 20 1887 461971 11 3 2 161703 11 13 98 3 16201700-3 - 2 35 6 7 8 9 12 13 12 481973 12 2 571982 161703 11

More information

0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2

0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2 24 11 10 24 12 10 30 1 0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2 23% 29% 71% 67% 6% 4% n=1525 n=1137 6% +6% -4% -2% 21% 30% 5% 35% 6% 6% 11% 40% 37% 36 172 166 371 213 226 177 54 382 704 216

More information

030801調査結果速報版.PDF

030801調査結果速報版.PDF 15 8 1 15 7 26 1. 2. 15 7 27 15 7 28 1 2 7:13 16:56 0:13 3km 45 346 108 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.8 3.9 3.10 3.11 3. 3.1 26 7 10 1 20cm 2 1 2 45 1/15 3 4 5,6 3 4 3 5 6 ( ) 7,8 8 7 8 2 55 9 10 9 10

More information

67.5km 299.4km 2 2 2 16km 1/6 47km 2 1 1 (m) (km 2 ) 2,700 7.6 9,927 47.1 8,100 13.4 8,120 4.8 52 0.4 1,100 6.0 2,200 3.8 6,982 45.3 4,473 14.4 5,000 9.5 2 (km 2 ) (km) 1 299.4 67.5 2 284.5 38.8 3 267.0

More information

56cm 1 15 1960 2 8 2 2 1 2008 1992 2 1992 2 3562mm 3773mm 2 1980 1991 2008 2007 2003 5 2 3 2003 2005 2008 2010 2005 2008 2012 2010 2012 4 7 4 5 2 1975 1994 8 2008 NPO 2 2010 3 2013 2016 3 2008 2009 14

More information

-----------------------------------------------------------------------------------------1 --------------------------------------------------------------------------------------1 -------------------------------------------------------------------------------------1

More information

›¼’à”v“lŠÍ1−ª

›¼’à”v“lŠÍ1−ª 3 1 1 2 3 4 5 6 7 8 8 10 12 14 16 18 20 22 24 2 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 26 28 30 32 34 36 38 40 42 44 46 48 50 4 3 1 2 3 4 5 52 54 56 58 60 6 62 7 8 9 10 64 66 68 70 72 5 1 1 4 2 5 6 6 7 1 8 1 9 2 10

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 12 3 4

1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 12 3 4 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 1 2 1 2 1 2 1 2 1 2 3 4 12 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 12 3 4 1 2 3 4 5 6 7 8 1 2 3 46 7 1 2 3 4 5 6 7 1 2 3 4 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 16 7 8 92 3 46 7 :

More information

- 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 - 11 2-12 - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 1 - 2 - 3 6 1 1-4 - 5 - 6 - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 130 3 130 5 2 50 1.5 48 59 62 63-9 - 1 - 2 - 3 () - 4 - 5 -

More information

S1460...........\1.E4

S1460...........\1.E4 3 4 3 4 5 3 4 5 3 4 3 4 3 3 3 3 4 3 4 3 3 4 4 3 3 3 3 4 3 4 3 3 3 3 3 3 4 3 4 3 4 5 4 3 5 4 3 3 4 5 3 4 5 4 3 4 3 3 4 3 4 3 3 3 3 3 4 3 3 4! "! " " 0 6 ! " 3 4 3 3 4 3 ! " 3 3 4 5 4 5 6 3 3

More information

... 1... 2... 2... 3... 4... 16... 18... 19... 23... 26... 29... 31... 35... 36... 38... 40... 40... 41... 41... 41... 42... 42... 44... 44... 44 1 2 3 1707 10 28 (4104) 1854 12 24 ([ 1 ]11 5 ) 8.6 33.2

More information

平成14年10月3日(日)

平成14年10月3日(日) .......................................................................................................................................... - - - - - - - - - - 1.5 - - - - relocation= - - - - - - - - cm

More information

レジャー産業と顧客満足の課題

レジャー産業と顧客満足の課題 1 1983 1983 2 3700 4800 5500 3300 15 3 100 1000 JR 4 14 2000 55% 72% 1878 2000 5 ( ) 22 1,040 5 946 42 15 25 30 30 4 14 39 1 24 8 6 390 33 800 34 34 3 35 () 37 40 1 50 40 46 47 2 55 4.43 4 16.98 40 55

More information

8 8 0

8 8 0 ,07,,08, 8 8 0 7 8 7 8 0 0 km 7 80. 78. 00 0 8 70 8 0 8 0 8 7 8 0 0 7 0 0 7 8 0 00 0 0 7 8 7 0 0 8 0 8 7 7 7 0 j 8 80 j 7 8 8 0 0 0 8 8 8 7 0 7 7 0 8 7 7 8 7 7 80 77 7 0 0 0 7 7 0 0 0 7 0 7 8 0 8 8 7

More information

1 1 1 11 25 2 28 2 2 6 10 8 30 4 26 1 38 5 1 2 25 57ha 25 3 24ha 3 4 83km2 15cm 5 8ha 30km2 8ha 30km2 4 14

1 1 1 11 25 2 28 2 2 6 10 8 30 4 26 1 38 5 1 2 25 57ha 25 3 24ha 3 4 83km2 15cm 5 8ha 30km2 8ha 30km2 4 14 3 9 11 25 1 2 2 3 3 6 7 1 2 4 2 1 1 1 11 25 2 28 2 2 6 10 8 30 4 26 1 38 5 1 2 25 57ha 25 3 24ha 3 4 83km2 15cm 5 8ha 30km2 8ha 30km2 4 14 60 m3 60 m3 4 1 11 26 30 2 3 15 50 2 1 4 7 110 2 4 21 180 1 38

More information

平成9年度水道事業年報 1概況 2施設

平成9年度水道事業年報 1概況 2施設 () (mm) 12 3 31 12 3 31 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 145,085 146,117 146,352 146,409 146,605 146,685 146,807 147,014 147,002 147,277

More information

km2 km2 km2 km2 km2 22 4 H20 H20 H21 H20 (H22) (H22) (H22) L=600m L=430m 1 H14.04.12 () 1.6km 2 H.14.05.31 () 3km 3 4 5 H.15.03.18 () 3km H.15.06.20 () 1.1km H.15.06.30 () 800m 6 H.15.07.18

More information

1 2 http://www.japan-shop.jp/ 3 4 http://www.japan-shop.jp/ 5 6 http://www.japan-shop.jp/ 7 2,930mm 2,700 mm 2,950mm 2,930mm 2,950mm 2,700mm 2,930mm 2,950mm 2,700mm 8 http://www.japan-shop.jp/ 9 10 http://www.japan-shop.jp/

More information

第18回海岸シンポジウム報告書

第18回海岸シンポジウム報告書 2011.6.25 2011.6.26 L1 2011.6.27 L2 2011.7.6 2011.12.7 2011.10-12 2011.9-10 2012.3.9 23 2012.4, 2013.8.30 2012.6.13 2013.9 2011.7-2011.12-2012.4 2011.12.27 2013.9 1m30 1 2 3 4 5 6 m 5.0m 2.0m -5.0m 1.0m

More information

1 911 34/ 22 1012 2/ 20 69 3/ 22 69 1/ 22 69 3/ 22 69 1/ 22 68 3/ 22 68 1/ 3 8 D 0.0900.129mm 0.1300.179mm 0.1800.199mm 0.1000.139mm 0.1400.409mm 0.4101.199mm 0.0900.139mm 0.1400.269mm 0.2700.289mm

More information

液晶ディスプレイ取説TD-E432/TD-E502/TD-E552/TD-E652/TD-E432D/TD-E502D

液晶ディスプレイ取説TD-E432/TD-E502/TD-E552/TD-E652/TD-E432D/TD-E502D 1 2 3 4 5 6 7 1 2 3 4 5 6 7 2 2 2 1 1 2 9 10 11 12 13 14 15 16 17 1 8 2 3 4 5 6 7 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 9 11 12 13 13 14 15 16 17 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 12

More information

000-.\..

000-.\.. 1 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 e e 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 10mm 150mm 60mm 25mm 40mm 30mm 25 26 27 1 28 29 30 31 32 e e e e e e 33 e 34 35 35 e e e e 36 37 38 38 e e 39 e 1 40 e 41 e 42 43

More information

1 1 36 223 42 14 92 4 3 2 1 4 3 4 3429 13536 5 6 7 8 9 2.4m/ (M) (M) (M) (M) (M) 6.67.3 6.57.2 6.97.6 7.27.8 8.4 5 6 5 6 5 5 74 1,239 0 30 21 ( ) 1,639 3,898 0 1,084 887 2 5 0 2 2 4 22 1 3 1 ( :) 426 1500

More information

1 C 2 C 3 C 4 C 1 C 2 C 3 C

1 C 2 C 3 C 4 C 1 C 2 C 3 C 1 e N >. C 40 41 2 >. C 3 >.. C 26 >.. C .mm 4 C 106 e A 107 1 C 2 C 3 C 4 C 1 C 2 C 3 C 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124

More information

9 3 12 17 15 19 10 19 13 16 16 17 11 17 14 16 17 19

9 3 12 17 15 19 10 19 13 16 16 17 11 17 14 16 17 19 9 3 12 17 15 19 10 19 13 16 16 17 11 17 14 16 17 19 4 4 5 11 11 13 1,739m 1,722m 25km 17km 6,817 1,052m 1,018m 14 1,858,070 668,446 35 1,101,872 59 4 5 6 22 1889 7 20 52 228 1619 5.3.17 32.5 130.6

More information

阪神5年PDF.PDF

阪神5年PDF.PDF 1995.1.17 N 0km 10 20 31 4,569 14,679 67,421 55,145 6,965 80 1,471 3,383 13,687 5,538 327 22 933 1,112 12,757 5,675 465 2 243 3,782 6,344 6,641 65 17 555 1,755 9,533 8,109 940 15 12 817 271 3,140 1 918

More information

一太郎 13/12/11/10/9/8 文書

一太郎 13/12/11/10/9/8 文書 (1) 17 3 (2) (3) (1) 1 (2) 2 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) 3 (1) 50 12.5km 1km (2) 16 1900 (3) 65 65 19 14 17.5 (4) 34 31 22 335 133 (5) 104 321 3 4 4 43 4 4 4 () 5 6 (1) (2) 7 8 (1) (2)24 24 (3) 9 (4)

More information

28 7 1 27 9 27 12 10 28 5 18-1 - - 2 - 13 8 11 11,969 22 9 3,000m 3 /s 709 2079 18,279 5,990 42 52 57 7 10 10 9 5 27 9 1/100-3 - 20 2 50 50 22 60.4km 46 27 3 5m 150km 2 20-4 - - 5 - - 6 - 情 報 - 7 - -

More information

! 1 m 43 7 1 150 ( ) 100 ( ) 11.3m 30 800 ( ) 1680 20 15 1,253 ( ) 1,500 51 52 300 1 4 134 1000 3 600 ( ) 30 , 402 km (1702) ( 1 402 67 12 23 10 ( ) ( 25,000 ) (1701 ) 485 ( 20 ) 400 (1860 ) (1) (2)

More information

untitled

untitled 60 547 547 4km [ ] 14 20 18 2,400 5,500 24 15 10,000 [ ] [ ] 1779 1779 1471-76 1914 1471-76 1779 1914 1779 1779 1914 1471-7676 1779 1471-76 1946 1914 59 8 25 30 1986 3km 2m 5 2km 18 6 [ ]

More information

Microsoft Word - 01_表紙

Microsoft Word - 01_表紙 1 2 3 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 7.0 190 km 30 62 63 64

More information

渋谷区耐震改修促進計画

渋谷区耐震改修促進計画 1 2 3 2 1,000 ( ) 1,500 ( ) 3 1,000 1 1,000 2,000 3 1,000 2,000 3 1,000 2,000 3 1,000 2,000 3 1,000 2,000 3 1,000 2,000 3 1,000 3 1,000 2,000 3 1,000 2,000 3 1,000 3 1,000 2 1,000 2,000 2 1,000 2,000 2

More information

農中総研 調査と情報 2013年11月号

農中総研 調査と情報 2013年11月号 農 林 中 金 総 合 研 究 所 1 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 1 2 3 2 3 4 農 林 中 金 総 合 研 究 所 4 1 13 8 11 2 13 4 24 3 13 4 14 4 3 2 50 5 13 5 15 6 13 5 15 9 6 15 7 13 8 8 5 6 7 農 林 中 金

More information

1,000m 875m1 6km

1,000m 875m1 6km 1,000m 875m1 6km 1,000m 875m 30 13 14 11 2 14 23 27 50 30 3 () 23 24 25 16,534 16,792 18,017 13,946 17,884 18,712 30,480 34,676 36,729 1 (25 ) () 395 1,420 1,343 1,756 1,364 1,599 1,184 1,278 1,619 1,324

More information

私にとっての沖縄と独自性.PDF

私にとっての沖縄と独自性.PDF 6902117 2 1200km 48 11 46 36 40 (1) ( ) 3 1 1-1 1-2 2 (= ) 3 1. 14 14 ( ) ( 2001) ( ) ( ) 1390 1474 ( 2001) ( 4 ) ( ) 46 3000 ( ) = 5 1609 1602 ( 2001) 1-1 1-2 1-1 1-2 15 (2) 6 1314 ( ) (3) ( ) 1 ( 1993:48)

More information

-1 - -2 - -3 - -4 - -5 - -6- -7 - 260-8 - -9 - - 10-104km2 194km 340 104km2 194km 340 -11 - - 12-10km 20km 30km 260 260 1km 2km 2000 10km 20km 30km 260 260 1km 2km 2000 260 260 1km 2km 2000 - 13 - ( 3

More information

180 30 30 180 180 181 (3)(4) (3)(4)(2) 60 180 (1) (2) 20 (3)

180 30 30 180 180 181 (3)(4) (3)(4)(2) 60 180 (1) (2) 20 (3) 12 12 72 (1) (2) (3) 12 (1) (2) (3) (1) (2) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (1) (2) 180 30 30 180 180 181 (3)(4) (3)(4)(2) 60 180 (1) (2) 20 (3) 30 16 (1) 31 (2) 31 (3) (1) (2) (3) (4) 30

More information

untitled

untitled 1....1 2....2 2.1...2 2.2...2 3....14 3.1...14 3.2...14 4....15 4.1...15 4.2...18 4.3...21 4.4...23 4.5...26 5....27 5.1...27 5.2...35 5.3...54 5.4...64 5.5...75 6....79 6.1...79 6.2...85 6.3...94 6.4...

More information

113 120cm 1120cm 3 10cm 900 500+240 10 1 2 3 5 4 5 3 8 6 3 8 6 7 6 8 4 4 4 4 23 23 5 5 7

More information

( )

( ) ( ) () () 3 cm cm cm cm cm cm 1000 1500 50 500 1000 1000 1500 1000 10 50 300 1000 2000 1000 1500 50 10 1000 2000 300 50 1000 2000 1000 1500 50 10 1000 2000 300 30 10 300 1000 2000 1000 1500 1000

More information

2002 (1) (2) (3) (4) (5) (1) (2) (3) (4) (5) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (1) (2) (3) (4) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) No 2,500 3 200 200 200 200 200 50 200 No, 3 1 2 00 No 2,500 200 7 2,000 7

More information