地区整備計区分面積約 1.8 ha 約 0.5 ha 建築物等に関する画地区の細事項建名称駅前センター地区鉄道施設地区 築物の用途の制限次に掲げる建築物は 建築してはならない 1 住宅 ( 建築基準法 ( 昭和 25 年法律第 201 号 ) 別表第 2 ( い ) 項第 1 号に係るもの ) 2

Size: px
Start display at page:

Download "地区整備計区分面積約 1.8 ha 約 0.5 ha 建築物等に関する画地区の細事項建名称駅前センター地区鉄道施設地区 築物の用途の制限次に掲げる建築物は 建築してはならない 1 住宅 ( 建築基準法 ( 昭和 25 年法律第 201 号 ) 別表第 2 ( い ) 項第 1 号に係るもの ) 2"

Transcription

1

2 地区整備計区分面積約.8 ha 約 0.5 ha 建築物等に関する画地区の細事項建名称駅前センター地区鉄道施設地区 築物の用途の制限次に掲げる建築物は 建築してはならない 住宅 ( 建築基準法 ( 昭和 25 年法律第 20 号 ) 別表第 2 ( い ) 項第 号に係るもの ) 2 住宅で事務所 店舗その他これらに類する用途を 兼ねるもののうち建築基準法施行令 ( 昭和 25 年 政令第 338 号 ) 第 30 条の 3 に規定するもの 3 寄宿舎又は下宿 4 神社 寺院 教会その他これらに類するもの 5 工場 ただし パン屋 米屋 豆腐屋 菓子屋そ の他これらに類する食品製造業を営むものを除 く 6 マージャン屋 ぱちんこ屋 射的場 勝馬投票券 発売所 場外車券売場その他これらに類するもの 7 劇場 映画館 演芸場又は観覧場 8 自動車教習所 9 畜舎 ( ペットとして飼育する犬 猫等の小動物の 畜舎で床面積の合計が 5 平方メートル以下のも の並びに動物病院及びペットショップの用途に供 するものを除く ) 0 倉庫業を営む倉庫 別表に定める数量を超える危険物 ( 同表に数量の 定めのない場合にあってはその数量を問わない ものとし 地下貯蔵槽により貯蔵される第 石油 類 アルコール類 第 2 石油類 第 3 石油類及び 第 4 石油類並びに国土交通大臣が安全上及び防 火上支障がない構造と認めて指定する蓄電池に より貯蔵される硫黄及びナトリウムを除く ) の 貯蔵又は処理に供する建築物 次に掲げる建築物は 建築してはならない 住宅 ( 建築基準法別表第 2 ( い ) 項第 号に係 るもの ) 2 住宅で事務所 店舗その他これらに類する用途を 兼ねるもののうち建築基準法施行令第 30 条 の 3 に規定するもの 3 共同住宅 4 寄宿舎又は下宿 5 工場 ただし パン屋 米屋 豆腐屋 菓子屋そ の他これらに類する食品製造業を営むものを除 く 6 マージャン屋 ぱちんこ屋 射的場 勝馬投票券 発売所 場外車券売場その他これらに類するもの 7 ホテル又は旅館 8 ボーリング場 スケート場 スキー場 ゴルフ練 習場及びバッティング練習場の用に供する施設 9 カラオケボックスその他これに類するもの 0 劇場 映画館 演芸場又は観覧場 自動車教習所 2 畜舎 ( ペットとして飼育する犬 猫等の小動物の 畜舎で床面積の合計が 5 平方メートル以下の もの並びに動物病院及びペットショップの用途 に供するものを除く ) 3 倉庫業を営む倉庫 4 別表に定める数量を超える危険物 ( 同表に数量の 定めのない場合にあってはその数量を問わない ものとし 地下貯蔵槽により貯蔵される第 石油 類 アルコール類 第 2 石油類 第 3 石油類及び 第 4 石油類並びに国土交通大臣が安全上及び防 火上支障がない構造と認めて指定する蓄電池に より貯蔵される硫黄及びナトリウムを除く ) の 貯蔵又は処理に供する建築物

3 細区分築物の敷地面積地500 平方メートル建築物の壁面の位置の区の計画地区整備築物に関する事土地の利用に関する事名称駅前センター地区鉄道施設地区の最低限度建制限項建項緑地帯の保全に関する制限建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から敷地境界線までの距離は.0 メートル以上とする ただし 物置その他これに類する用途に供し 軒の高さが2.3メートル以下で かつ 床面積の合計が5 平方メートル以内である場合はこの限りでない 都市計画道路真弓芝線に面する側については 敷地境界線から3.0 メートル以上 都市計画道路奈良阪南田原線に面する側については 敷地境界線から.0 メートル以上の緑地帯を原則設置するものとする ただし 本地区に建設された建築物への進入口 車の出入口 歩道 階段その他の建築物の付帯施設及び消防水利等公共公益の用に供する部分は除く 区域 地区の細区分の配置は計画図表示のとおり

4 別表 危険物数量危険物数量火薬締法(昭和25年法律第49号)の火薬類(玩具煙火を除く) 引火性固体,000 キログラム和2火薬 20 キログラム鉄粉 500 キログラム2爆薬類第 2 種可燃性固体 500 キログラム 工業雷管 電気雷管及び信号雷管 カリウム 銃用雷管 30,000 個 実包及び空包 2,000 個 ナトリウム 信管及び火管 アルキルアルミニウム 消アルキルリチウム導爆線第 導火線 キロメートル 第 種自然発火性物質及び禁水性物質 電気導火線 黄りん 20 キログラム 信号炎管 信号火箭及び煙火 25 キログラム 第 2 種自然発火性物質及び禁水性物質 50 キログラム 当該火工品の原料を 第 3 種自然発火性物質及び なす火薬又は爆薬の 禁水性物質 その他の火薬又は爆薬を使用した数量に応じて 火薬火工品又は爆薬の数量のそ 特殊引火物 50 リットル れぞれの限度によ 非水溶性液体,000 リットル る 第 石油類 マッチ 5マッチトン 水溶性液体 2,000 リットル 圧縮ガス 350 立方メートル アルコール類 400 リットル 非水溶性液体 5,000 リットル液化ガス 3.5 トン第 2 石油類水溶性液体 0,000 リットル可燃性ガス 35 立方メートル険物第第 種酸化性固体 50 キログラム 第 類 第 3 石油類第 2 種酸化性固体 300 キログラム 水溶性液体 20,000 リットル 防法(昭3類3年法律第86号)第2条第7項に規定する危300 キログラム第4類非水溶性液体 0,000 リットル消防法(昭和23年法律第86号)第2条第7項に規定する危険物第 2 類 第 3 種酸化性固体,000 キログラム 硫化りん 第赤りん 硫黄 第第 種可燃性固体 5類6類第 4 石油類 動植物油類 第 種自己反応性物質 第 2 種自己反応性物質 30,000 リットル 0,000 リットル 300 キログラム 備考 この表において 可燃性ガス及び圧縮ガスの容積の数値は 温度が零度で かつ 気圧が水銀柱で 760 ミリメートルの状態に換算した数値とする 2 土木工事又はその他の事業に一時的に使用するためにその事業中臨時に貯蔵する危険物の数量の限度及び支燃性又は不燃性の圧縮ガス又は液化ガスの数量の限度は 無制限とする 3 この表において 消防法第 2 条第 7 項に規定する危険物の区分は 危険物の規制に関する政令 ( 昭和 34 年政令第 306 号 ) 別表第 3 の類別欄に掲げる類 同表の品名欄に掲げる品名及び同表の性質欄に掲げる性状による区分とする 4 この表に掲げる危険物の 2 種類以上を同一の建築物に貯蔵しようとする場合においては この表に掲げる危険物の数量の限度は それぞれ当該各項の危険物の数量の限度の数値で貯蔵しようとする危険物の数値を除し それらの商を加えた数値が である場合における数量とする ただし この表に掲げる火薬類の貯蔵については この限りでない

5 計 画図 :2,000 四季の森公園 はんな線 学研北生駒駅 北大和トンネル 第北 大公和園 北大和第 公園 真弓一丁目 地区計画区域 地区整備計画区 域 メートル 公共公益施設地区 凡 例 駅前センター地区 鉄道施設地区 真

通行制限品目 積載することができる車両は 普通自動車及び四輪以上の小型自動車に限られます 1. 火薬類及びがん具煙火 表示 要件 項目 品名 積載数量 その他 黒色火薬 火薬類取締法その他 火薬 無煙火薬関係法令に定める事 10キログラム以下その他火薬類取締法に規定する火項を遵守すること 爆薬 薬カ

通行制限品目 積載することができる車両は 普通自動車及び四輪以上の小型自動車に限られます 1. 火薬類及びがん具煙火 表示 要件 項目 品名 積載数量 その他 黒色火薬 火薬類取締法その他 火薬 無煙火薬関係法令に定める事 10キログラム以下その他火薬類取締法に規定する火項を遵守すること 爆薬 薬カ 通行制限品目 積載することができる車両は 普通自動車及び四輪以上の小型自動車に限られます 1. 火薬類及びがん具煙火 表示 要件 項目 品名 積載数量 その他 黒色火薬 火薬類取締法その他 火薬 無煙火薬関係法令に定める事 10キログラム以下その他火薬類取締法に規定する火項を遵守すること 爆薬 薬カーリットダイナマイト硝安爆薬テリトルトリニトロトルエントリメチレントリニトロアミンピクリン酸その他火薬類取締法に規定する爆薬工業雷管電気雷管信号雷管導火管付き雷管

More information

伊勢原市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例 ( 素案 ) 伊勢原市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例 ( 昭和 63 年伊勢原市条 例第 5 号 ) の一部を次のように改正する 別表第 1に次のように加える 横浜伊勢原線沿道地区 都市計画法第 20 条

伊勢原市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例 ( 素案 ) 伊勢原市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例 ( 昭和 63 年伊勢原市条 例第 5 号 ) の一部を次のように改正する 別表第 1に次のように加える 横浜伊勢原線沿道地区 都市計画法第 20 条 伊勢原市地区計画区域内における建築物制限に関する条例一部を改正する条例 ( 素案 ) 伊勢原市地区計画区域内における建築物制限に関する条例 ( 昭和 63 年伊勢原市条 例第 5 号 ) 一部を次ように改正する 別表第 1に次ように加える 横浜伊勢原線沿道地区 都市計画法第 20 条第 1 項規定により告示された伊勢原 地区整備計画区域 都市計画横浜伊勢原線沿道地区地区計画区域うち 地 区整備計画が定められた区域

More information

< F2D30315F95FB906A81798B6A8D5B93EC817A2E6A7464>

< F2D30315F95FB906A81798B6A8D5B93EC817A2E6A7464> 函館圏都市計画地区計画の変更 ( 函館市決定 ) 都市計画桔梗南地区地区計画を次のように変更する 平成平成 24 年 89 月 2810 日日函館市告示第 255 号 1 地区計画の方針 ( 変更変更 ) 名称桔梗南地区地区計画 位置函館市桔梗町および桔梗 2 丁目の各一部 区域計画図表示のとおり 面積約 15.1 ヘクタール 地区計画の目標 本地区は,JR 函館駅の北約 7.0 キロメートルに位置し,

More information

面する側にあっては2メートル以上 精華台みずき通り線に面する側及び精華大通り線に面する区域にあっては5メートル以上 精華台地区計画により別に定める側にあっては10 メートル以上後退しなければならない 3 前 2 項の規定は 守衛室その他これに類するもので 延べ面積が50 平方メートル以下かつ地階を除

面する側にあっては2メートル以上 精華台みずき通り線に面する側及び精華大通り線に面する区域にあっては5メートル以上 精華台地区計画により別に定める側にあっては10 メートル以上後退しなければならない 3 前 2 項の規定は 守衛室その他これに類するもので 延べ面積が50 平方メートル以下かつ地階を除 相楽都市計画精華台地区地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例平成 8 年 7 月 1 日条例第 19 号改正平成 17 年 12 月 26 日条例第 35 号平成 20 年 6 月 30 日条例第 21 号平成 26 年 9 月 30 日条例第 21 号 ( 目的 ) 第 1 条この条例は 建築基準法 ( 昭和 25 年法律第 201 号 以下 法 という ) 第 68 条の2 第 1 項の規定に基づき

More information

地区 の 区分 名称駅南口西街区地区駅南口東街区地区駅北口駅前広場地区 面積約 2.8 ha 約 0.6 ha 約 1.7 ha 用途地域による用途制限の他に 次の各号に掲げる建築物は 建築し てはならない 地区整備計画 建築物等に関する事項 建築物の 用途の制限 1. 指定道路 1 に面する敷地の

地区 の 区分 名称駅南口西街区地区駅南口東街区地区駅北口駅前広場地区 面積約 2.8 ha 約 0.6 ha 約 1.7 ha 用途地域による用途制限の他に 次の各号に掲げる建築物は 建築し てはならない 地区整備計画 建築物等に関する事項 建築物の 用途の制限 1. 指定道路 1 に面する敷地の 区域の整備 開発及び保全の方針伊勢崎都市計画地区計画の変更 ( 伊勢崎市決定 ) 伊勢崎駅周辺地区を次のように変更する 名 称 伊勢崎駅周辺地区 位 置 伊勢崎市喜多町 太田町 柳原町 曲輪町 大手町 平和町の各一部 面 積 約 44.4 ha 本地区は伊勢崎市の中心市街地に位置し JR 東武伊勢崎駅に隣接する地区である 本地区は伊勢崎駅周辺第一土地区画整理事業及び伊勢崎駅周辺第二 地区計画の目標

More information

区域の整備 開発及び保全に関する方針地区施設の整備の方針建築物等の整備の方針 (2) 公園 緑地の整備方針地域に親しまれる やすらぎと憩いの空間を形成するとともに 西武立川駅から玉川上水に向けて形成される緑のネットワークの拠点となるよう公園や緑地を配置する (3) その他の公共空地の整備方針各敷地の

区域の整備 開発及び保全に関する方針地区施設の整備の方針建築物等の整備の方針 (2) 公園 緑地の整備方針地域に親しまれる やすらぎと憩いの空間を形成するとともに 西武立川駅から玉川上水に向けて形成される緑のネットワークの拠点となるよう公園や緑地を配置する (3) その他の公共空地の整備方針各敷地の 立川都市計画地区計画の決定 ( 立川市決定 ) 都市計画西武立川駅南口地区地区計画を次のように決定する 名称位置 面積 地区計画の目標 西武立川駅南口地区地区計画立川市西砂町一丁目地内約 6.9ha 本地区は 北側を西武鉄道拝島線 南側を玉川上水に囲まれた昭島市に隣接する地区であり 高い交通利便性と水と緑が豊かな自然環境を兼ね備えた地区である 立川市都市計画マスタープランにおいては 地域拠点に位置づけられており

More information

届出の手引き

届出の手引き 届出の手引き 地区計画は 従来の用途地域を中心とした広域的な都市計画では十分に対応できなかった 地区レベルでのきめ細やかなまちづくりを行う都市計画の制度です 地区の良好な生活環境とまちづくりを進めるため 地区の特性に応じた区画道路 公園などの地区施設や 建物の用途 形態 敷地の規模などに関する詳細な計画を定め これをもとに開発行為や建築行為を規制誘導していきます 地区計画の区域内において 建築行為や土地の区画形質の変更などを行う場合

More information

< F2D30315F95FB906A81798B6A8D5B928682CC91F2817A2E6A7464>

< F2D30315F95FB906A81798B6A8D5B928682CC91F2817A2E6A7464> 函館圏都市計画地区計画の変更 ( 函館市決定 ) 都市計画桔梗中の沢地区地区計画を次のように変更する 1 地区計画の方針 平成 24 年 8 月 10 日函館市告示第 254 号 ( 変更 ) 名 称 桔梗中の沢地区地区計画 位 置 函館市桔梗 5 丁目および桔梗町の各一部 区 域 計画図表示のとおり 面 積 約 21.6ヘクタール 地区計画の目標 本地区は,JR 函館駅の北約 8.5 キロメートルに位置し,

More information

Microsoft Word - 別表第2.docx

Microsoft Word - 別表第2.docx 項目品名積載数量その他火別表第 2( 通行制限品目 ) 1 火薬類及びがん具煙火表示 薬5キログラム以下爆薬火工品がん具煙火黒色火薬無煙火薬その他火薬類取締法に規定する火薬カーリット硝安爆薬ダイナマイトテトリルトリニトロトルエントリメチレントリニトロアミンピクリン酸その他火薬類取締法に規定する爆薬 工業雷管電気雷管信号雷管導火管付き雷管銃用雷管実包空包導爆線制御発破用コード導火線信号えん管信号火せんその他火薬類取締法に規定する火工品がん具煙火

More information

南部地区 地区の名称 南部地区建築物の用途の制限 ( ほなみ町 桜新町 ) 敷地面積の最低限度 ( 東原町 苗津町 長者町の各一部 ) 22.5ha 沿道業務地区 17.6ha 合計 40.1ha 建築物等の形態又は意匠の制限 沿道業務地区には 次に掲げる建物は建築してはならない マージャン屋 ぱち

南部地区 地区の名称 南部地区建築物の用途の制限 ( ほなみ町 桜新町 ) 敷地面積の最低限度 ( 東原町 苗津町 長者町の各一部 ) 22.5ha 沿道業務地区 17.6ha 合計 40.1ha 建築物等の形態又は意匠の制限 沿道業務地区には 次に掲げる建物は建築してはならない マージャン屋 ぱち 伊勢横内地区 地区の名称 建築物の用途の制限 なし 伊勢横内 敷地面積の最低限度 230m2 ( 伊勢原町 ) 原則として盛土は行わないこととする ただし 盛土を行う場合は前面道路より0.5m 以下とする 道路界から1.5m 以上 軒高 2.3m 以下の場合道路界から1m 以上 21.3ha 隣地界から1.2m 以上 軒高 2.3m 以下の場合隣地界から0.5m 以上 道路の角切り部分は外壁等の中心線の長さの合

More information

23 12 - 1 - - 2 - - 3 - (k) () (k) - 4 - ( ) ( ) - 5 - Ⅰ 市 勢 (2) 人口集中地区 (D.I.D) 人口集中地区は 国勢調査調査区を基礎単位地域として用い 市区町村の境域内で人口密度の高い調査区 (原則として人口密度が1平方キロメートル当たり約4,000人以上) が隣接して 人口5,000人以上を有する 地域である なお 個別の人口集中地区のなかには

More information

< 千代田五丁目地区地区計画運用基準 > 1 建築物等に関する制限について 閑静な住宅地として良好な住環境の形成 保全及び向上を図るため 地区計画 で次のように定めています (1) 建築物の用途 地区計画で次のような建築物の用途の制限をしています 1 住宅地区 A 2 住宅地区 B 下記の建築物は

< 千代田五丁目地区地区計画運用基準 > 1 建築物等に関する制限について 閑静な住宅地として良好な住環境の形成 保全及び向上を図るため 地区計画 で次のように定めています (1) 建築物の用途 地区計画で次のような建築物の用途の制限をしています 1 住宅地区 A 2 住宅地区 B 下記の建築物は 住みよいまちづくりのために 千代田五丁目地区 地区計画の手引 はじめに 千代田五丁目地区 は 千葉県住宅供給公社が計画的な住宅地として整備を行い 健全で良好な居住環境が形成されています この環境を保全するために 都市計画法や建築基準法等により 一定の基準が定められています しかしながらこれらの制度だけでは 街並みがそろった雰囲気の良い住宅地でも 将来における建築物等の建て替え 敷地の細分化等により

More information

名古屋都市計画地区計画の決定計画書 ( ノリタケの森地区計画 ) ( 名古屋市決定 )

名古屋都市計画地区計画の決定計画書 ( ノリタケの森地区計画 ) ( 名古屋市決定 ) 名古屋都市計画地区計画の決定計画書 ( ノリタケの森地区計画 ) ( 名古屋市決定 ) 名古屋都市計画地区計画の決定 ( 名古屋市決定 ) 都市計画ノリタケの森地区計画を次のように決定する 区域の整備 開発及び保全に関する方針 名称ノリタケの森地区計画 位置名古屋市西区則武新町三丁目の一部 面積約 11.8ha 地区計画の目標 土地利用に関する基本方針 本地区は 名古屋駅 亀島駅及び栄生駅に近接した交通利便性の高い地区である

More information

地区整備地区施設の配置及び規模道計画3 の他の公共空名 称 幅 員 延 長 備考 歩行者専用道路 1 号 12 ~ 16 m 約 200 m 緑道 1 号 4 m 約 15 m 緑道 2 号 7 m 約 125 m 緑道 3 号 5 m 約 30 m 緑道 4 号 4 m 約 35 m 緑道 5 号

地区整備地区施設の配置及び規模道計画3 の他の公共空名 称 幅 員 延 長 備考 歩行者専用道路 1 号 12 ~ 16 m 約 200 m 緑道 1 号 4 m 約 15 m 緑道 2 号 7 m 約 125 m 緑道 3 号 5 m 約 30 m 緑道 4 号 4 m 約 35 m 緑道 5 号 地区計画の内容 習志野市都市計画地区計画の決定 ( 習志野市決定 ) 名称 JR 田沼駅南口地区地区計画 位置習志野市谷 1 丁目 5 丁目 6 丁目及び 7 丁目の各一部の区域 面積約 34.3ha 地区計画の目標 本地区は 土地区画整理事業による新たな都市機能配置と良好な都市基盤整備のもと JR 田沼駅周辺の広域都市拠点と一体となり 本市の玄関口にふさわしい中心地としての整備拡充に向けた新たな市街地の形成を目指している

More information

Microsoft Word - æ›‰æŁ°æŒŽ.docx

Microsoft Word - æ›‰æŁ°æŒŽ.docx 省エネ適合性判定業務料金表 モデル建物法 延べ面積 ( m2 ) 用途種別 ( 別表 1 による ) 料金 ( 円 税込 ) A 種 B 種 C 種 2,000 m2未満 90,000 円 72,000 円 135,000 円 2,000 m2~3,000 m2未満 108,000 円 90,000 円 180,000 円 3,000 m2~4,000 m2未満 135,000 円 108,000

More information

区域の整備 開発及び保全に関する方針地建築区物等整に関備する計事項画地区計画ガイド八日市出町地区 八日市出町地区 地区計画の内容 名称八日市出町地区地区計画 位 置 金沢市八日市出町の一部 面積地区計画の目標土地利用の方針建築物等の整備方針 約 10.7 ha 本地区は 市中心部の南西約 4kmに位

区域の整備 開発及び保全に関する方針地建築区物等整に関備する計事項画地区計画ガイド八日市出町地区 八日市出町地区 地区計画の内容 名称八日市出町地区地区計画 位 置 金沢市八日市出町の一部 面積地区計画の目標土地利用の方針建築物等の整備方針 約 10.7 ha 本地区は 市中心部の南西約 4kmに位 区域の整備 開発及び保全に関する方針地建築区物等整に関備する計事項画地区計画ガイド八日市出町地区 八日市出町地区 地区計画の内容 名称八日市出町地区地区計画 位 置 金沢市八日市出町の一部 面積地区計画の目標土地利用の方針建築物等の整備方針 約 10.7 ha 本地区は 市中心部の南西約 4kmに位置し 国道 8 号線に近接した地域で 金沢中環状道路の整備に伴い 今後交通量の増加と市街地の骨格としての発展が予想される地区である

More information

大和都市計画 ( 奈良国際文化観光都市建設計画 ) 地区計画の変更 ( 奈良市決定 ) 平成 24 年 12 月 5 日変更都市計画あやめ池遊園地跡地地区計画を次のように変更する 名称 位置 面積 あやめ池遊園地跡地地区計画 奈良市あやめ池北一丁目 あやめ池北二丁目及びあやめ池北三丁目の各一部 約

大和都市計画 ( 奈良国際文化観光都市建設計画 ) 地区計画の変更 ( 奈良市決定 ) 平成 24 年 12 月 5 日変更都市計画あやめ池遊園地跡地地区計画を次のように変更する 名称 位置 面積 あやめ池遊園地跡地地区計画 奈良市あやめ池北一丁目 あやめ池北二丁目及びあやめ池北三丁目の各一部 約 大和都市計画 ( 奈良国際文化観光都市建設計画 ) 地区計画の変更 ( 奈良市決定 ) 平成 24 年 12 月 5 日変更都市計画あやめ池遊園地跡地地区計画を次のように変更する 名称 位置 面積 あやめ池遊園地跡地地区計画 奈良市あやめ池北一丁目 あやめ池北二丁目及びあやめ池北三丁目の各一部 約 20.8 ha 区保域全のに整関備す る開方発針及び 地区計画の目標 土地利用の方針 地区施設の整備の方針

More information

< E8BE68C7689E696BC8FCC A2E6169>

< E8BE68C7689E696BC8FCC A2E6169> 区域の整備 開発及び保全に関する方針 名称五月台地区地区計画 位 置 川崎市麻生区五力田 1 丁目 五力田 2 丁目 五力田 3 丁目 片平 1 丁目 片平 2 丁目及び片平 5 丁目 面積約 24.6 ha 地区計画の目標 本地区は 小田急多摩線五月台駅に近接した地区であり 土地区画整理事業によって道路や公園などの基盤施設が整備され 低層の住宅を中心とした良好な居住環境が形成されている 本計画によって

More information

良好な操業環境の創出のために 船形地区では 土地区画整理事業により道路 公園等の都市基盤施設の整備を行い 周辺環境との調和に配慮した良好な工業地の形成を進めています そこで地区の特性に応じた 適切な土地利用の誘導を図り 国道 16 号の利便性を生かした良好な操業環境を創出していきたいと考えています

良好な操業環境の創出のために 船形地区では 土地区画整理事業により道路 公園等の都市基盤施設の整備を行い 周辺環境との調和に配慮した良好な工業地の形成を進めています そこで地区の特性に応じた 適切な土地利用の誘導を図り 国道 16 号の利便性を生かした良好な操業環境を創出していきたいと考えています 船形地区地区計画 良好な操業環境の創出のために 野田市 良好な操業環境の創出のために 船形地区では 土地区画整理事業により道路 公園等の都市基盤施設の整備を行い 周辺環境との調和に配慮した良好な工業地の形成を進めています そこで地区の特性に応じた 適切な土地利用の誘導を図り 国道 16 号の利便性を生かした良好な操業環境を創出していきたいと考えています そのためのきめ細やかなまちづくりのルールが 地区計画

More information

地区計画について用途地域等の都市計画に加えて 地区単位で建物等の用途や形態 敷地などに対する制限を総合的に計画し 規制 誘導することにより 地区の特性を活かした良好な市街地環境の形成を図る制度です 野中地区地区計画の目的野中地区では 道路や公園等の都市基盤施設を一体的に整備改善し 健全で良好な住宅地

地区計画について用途地域等の都市計画に加えて 地区単位で建物等の用途や形態 敷地などに対する制限を総合的に計画し 規制 誘導することにより 地区の特性を活かした良好な市街地環境の形成を図る制度です 野中地区地区計画の目的野中地区では 道路や公園等の都市基盤施設を一体的に整備改善し 健全で良好な住宅地 野中地区地区計画 大利根町 地区計画について用途地域等の都市計画に加えて 地区単位で建物等の用途や形態 敷地などに対する制限を総合的に計画し 規制 誘導することにより 地区の特性を活かした良好な市街地環境の形成を図る制度です 野中地区地区計画の目的野中地区では 道路や公園等の都市基盤施設を一体的に整備改善し 健全で良好な住宅地の形成を図るとともに 地域住民の公共の福祉の増進に資することを目的として

More information

<4D F736F F D B756B65696B616B752D31332D3293E096EC81458CB48E528BDF97D7835A E815B926E8BE6>

<4D F736F F D B756B65696B616B752D31332D3293E096EC81458CB48E528BDF97D7835A E815B926E8BE6> 地区計画運用基準 内野 原山近隣センター地区 印西市都市計画課 平成 30 年 4 月 - 目 次 1 建築物等の用途の制限 1 2 建築物の敷地面積の最低限度 6 3 壁面の位置の制限 7 - 1. 建築物等の用途の制限 良好な市街地環境を維持 保全するため 用途地域による制限に加え 以下の建築物等の用途について制限しています 地区名用途地域建築してはならない建築物 近隣センター地区 公益的施設地区

More information

< F2D30315F95FB906A817990BC8B6A8D5B93EC817A2E6A7464>

< F2D30315F95FB906A817990BC8B6A8D5B93EC817A2E6A7464> 函館圏都市計画地区計画の変更 ( 函館市決定 ) 都市計画西桔梗南地区地区計画を次のように変更する 平成 24 年 8 月 10 日函館市告示第 253 号 1 地区計画の方針 ( 変更 ) 名称西桔梗南地区地区計画 位置函館市西桔梗町および昭和町の各一部 区域計画図表示のとおり 面積約 53.1 ヘクタール 地区計画の目標 当地区は,JR 線函館駅の北側約 5 キロメートルに位置し, 北側を都市計画道路

More information

大谷周辺地区 及び 役場周辺地区 地区計画について 木原市街地 国道 125 号バイパス 役場周辺地区 (43.7ha) 美駒市街地 大谷周辺地区 (11.8ha) 地区計画の概要 地区計画とは住民の身近な生活空間である地区や街区を対象とする都市計画で, 道路や公園などの公共施設の配置や, 建築物の

大谷周辺地区 及び 役場周辺地区 地区計画について 木原市街地 国道 125 号バイパス 役場周辺地区 (43.7ha) 美駒市街地 大谷周辺地区 (11.8ha) 地区計画の概要 地区計画とは住民の身近な生活空間である地区や街区を対象とする都市計画で, 道路や公園などの公共施設の配置や, 建築物の 大谷周辺地区 及び 役場周辺地区 地区計画について 木原市街地 国道 125 号バイパス 役場周辺地区 (43.7ha) 美駒市街地 大谷周辺地区 (11.8ha) 地区計画の概要 地区計画とは住民の身近な生活空間である地区や街区を対象とする都市計画で, 道路や公園などの公共施設の配置や, 建築物の建て方などに関するルールを定めることにより, 地区の良好な環境を整備 保全するための制度です 地区計画の構成

More information

★0-2_配付資料表紙.doc

★0-2_配付資料表紙.doc 青森都市計画地区計画の変更 ( 青森市決定 ) 諮問第 2 号 都市計画石江地区計画を次のように変更する 名称 位置 区域 面積 地区計画の目標 石江地区計画 青森市大字石江字高間 大字新城字平岡 字福田 大字新田字忍の各一部計画図表示のとおり約 47.3 ha 本地区は 本市のみならず津軽地域をも見据えた広域交通 交流拠点としての機能並びに本市西部地域における生活交流拠点としての機能が求められている地区である

More information

新千里西町B団地地区地区計画

新千里西町B団地地区地区計画 千里中央地区地区計画 このパンフレットは 千里中央地区地区計画 の概要を説明したものです 詳しくは 計画書 計画図 条例をご覧ください 千里中央東地区. 建築物等の用途の制限 東 A 地区 階又は 階に住戸等を設けることはできない 容積率が300% を超える建築物は建築してはならない 住戸等住戸等住戸等住戸等 住戸等 附属駐車場共用部分 住戸等住戸等住戸等住戸等の共用部分附属駐車場

More information

計画書 阪神間都市計画防災街区整備地区計画の変更 ( 尼崎市決定 ) 都市計画今福 杭瀬寺島地区防災街区整備地区計画を次のように変更する 名称 位置 面積 地区計画の目標 区域の整備 開発及び保全に関する方針土地利用の方針 地区施設及び地区防災施設の整備の方針 建築物等の整備の方針 その他当該区域の

計画書 阪神間都市計画防災街区整備地区計画の変更 ( 尼崎市決定 ) 都市計画今福 杭瀬寺島地区防災街区整備地区計画を次のように変更する 名称 位置 面積 地区計画の目標 区域の整備 開発及び保全に関する方針土地利用の方針 地区施設及び地区防災施設の整備の方針 建築物等の整備の方針 その他当該区域の 計画書 阪神間都市計画防災街区整備地区計画の変更 ( 尼崎市決定 ) 都市計画今福 杭瀬寺島地区防災街区整備地区計画を次のように変更する 名称 位置 面積 地区計画の目標 区域の整備 開発及び保全に関する方針土地利用の方針 地区施設及び地区防災施設の整備の方針 建築物等の整備の方針 その他当該区域の整備 開発及び保全に関する方針 今福 杭瀬寺島地区防災街区整備地区計画 尼崎市今福 2 丁目及び杭瀬寺島

More information

条例解説6~11条

条例解説6~11条 第三章特殊建築物の敷地 構造及び建築設備第一節通則 ( 第 6 条 ~ 第 11 条 ) 第三章特殊建築物の敷地 構造及び建築設備第一節通則 解説 一本条は 本章の規定が適用される 特殊建築物 の範囲を定めたものである 二第一号は 法別表第一( い ) 欄( 一 ) 項の劇場 映画館 演芸場 観覧場 公会堂 集会場その他これらに類するもので政令で定めるもの 法別表第一( い ) 欄( 二 ) 項の病院

More information

区域の整備 開発及び保全に関する方針 地区施設の整備の方針 建築物等の整備の方針 (1) 道路の整備方針区域内外との円滑な交通ネットワークの形成と歩行者等の安全で快適な歩行環境の向上を図るため 街区幹線道路及び区画道路を整備する 生活利便施設や良質な街並みを形成する住宅等の立地を誘導し 地域拠点にふ

区域の整備 開発及び保全に関する方針 地区施設の整備の方針 建築物等の整備の方針 (1) 道路の整備方針区域内外との円滑な交通ネットワークの形成と歩行者等の安全で快適な歩行環境の向上を図るため 街区幹線道路及び区画道路を整備する 生活利便施設や良質な街並みを形成する住宅等の立地を誘導し 地域拠点にふ 立川都市計画地区計画の決定 ( 立川市決定 ) 都市計画西国立駅西地区地区計画を次のように決定する 名称 位置 面積 地区計画の目標 区域の整備 開発及び保全に関する方針 土地利用の方針 西国立駅西地区地区計画 立川市錦町一丁目 錦町三丁目 錦町四丁目及び羽衣町三丁目各地内 約 9.7ha 本地区は 立川市の南東部に位置し 地区の南側及び西側には立川南通り及び立川通りの地区幹線道路 東側には JR

More information

3) 危険物の規制に関する規則 ( 避雷設備 ) 第十三条の二の二令第九条第一項第十九号 ( 令第十九条第一項において準用する場合を含む ) 令第十条第一項第十四号 ( 同条第二項及び第三項においてその例による場合を含む ) 及び令第十一条第一項第十四号の総務省令で定める避雷設備は 日本工業規格 A

3) 危険物の規制に関する規則 ( 避雷設備 ) 第十三条の二の二令第九条第一項第十九号 ( 令第十九条第一項において準用する場合を含む ) 令第十条第一項第十四号 ( 同条第二項及び第三項においてその例による場合を含む ) 及び令第十一条第一項第十四号の総務省令で定める避雷設備は 日本工業規格 A 消防法関係 1) 消防法第三章危険物第十条指定数量以上の危険物は 貯蔵所 ( 車両に固定されたタンクにおいて危険物を貯蔵し 又は取り扱う貯蔵所 ( 以下 移動タンク貯蔵所 という ) を含む 以下同じ ) 以外の場所でこれを貯蔵し 又は製造所 貯蔵所及び取扱所以外の場所でこれを取り扱つてはならない ただし 所轄消防長又は消防署長の承認を受けて指定数量以上の危険物を 十日以内の期間 仮に貯蔵し 又は取り扱う場合は

More information

新しいまちづくりのために

新しいまちづくりのために 加須大利根工業団地 ( 西 ) 地区計画 地区計画の方針 名 称 加須大利根工業団地 ( 西 ) 地区計画 位 置 加須市古川一丁目 二丁目の全部 面 積 約 40.1ha 区域の整備 開発及び保全に関する方針 地区計画の目標 土地利用の方針 地区施設の整備の方針 建築物等の整備の方針 本地区は加須市北東部に位置し 東武鉄道伊勢崎線加須駅及び花崎駅から約 5 km 東北自動車道加須 IC から約 2

More information

次に掲げるものは 同一の車両に積載して移動しないこと イ充てん容器等と消防法 ( 昭和 23 年法律第 186 号 ) 第 2 条第 7 項に規定する危険物 ( 圧縮天然ガス又は不活性ガスの充てん容器等 ( 内容積 120l 未満のものに限る ) と同法別表に掲げる第四類の危険物との場合及びアセチレ

次に掲げるものは 同一の車両に積載して移動しないこと イ充てん容器等と消防法 ( 昭和 23 年法律第 186 号 ) 第 2 条第 7 項に規定する危険物 ( 圧縮天然ガス又は不活性ガスの充てん容器等 ( 内容積 120l 未満のものに限る ) と同法別表に掲げる第四類の危険物との場合及びアセチレ 資料 2-4 論点 2 制限品目の積載数量等の規制内容について 1 号火薬類 運搬時に標識をつけなければならない数量に一致 ただし 信号雷管 導火線 信号えん管及び信号火せんについては 羽田トンネル供用時 ( 昭和 39 年 8 月 ) の公示以降継続して採用 火薬類の運搬に関する内閣府令第 16 条 ( 標識 ) 第 16 条火薬類を運搬する車両は 火薬類の運搬中であることを明示するため 次の各号に定めるところにより標識をつけなければならない

More information

用途地域変更の考え方 ( 素案 ) 1 駅 駅前広場 アクセス道路沿道の土地利用の促進 駅 北側沿道 25m 以内及び沿道南側街区を近隣商業地域へ変更 18

用途地域変更の考え方 ( 素案 ) 1 駅 駅前広場 アクセス道路沿道の土地利用の促進 駅 北側沿道 25m 以内及び沿道南側街区を近隣商業地域へ変更 18 用途地域変更の考え方 ( 素案 ) 第二種住居地域 ( 建ぺい率 60% 容積率 200%) 主に住居の環境を守るための地域です 店舗 事務所 ホテル パチンコ屋 カラオケボックスなどは建てられます 近隣商業地域 ( 建ぺい率 80% 容積率 200%) 近隣の住民が日用品の買い物をする店舗等の業務の利便の増進を図る地域です 住宅や店舗のほかに小規模の工場も建てられます 17 用途地域変更の考え方

More information

区域の整備 開発及び保全の方針地区整備計画 久世荒内 寺田塚本地区地区計画 名称久世荒内 寺田塚本地区地区計画 位置城陽市久世荒内 寺田塚本及び平川広田 面積約 22.1ha 建 築 物 等 に 関 す る 事 項 地区計画の目標 土地利用の方針 地区施設の整備方針 建築物等の整備方針 地区の区分

区域の整備 開発及び保全の方針地区整備計画 久世荒内 寺田塚本地区地区計画 名称久世荒内 寺田塚本地区地区計画 位置城陽市久世荒内 寺田塚本及び平川広田 面積約 22.1ha 建 築 物 等 に 関 す る 事 項 地区計画の目標 土地利用の方針 地区施設の整備方針 建築物等の整備方針 地区の区分 区域の整備 開発及び保全の方針 久世荒内 寺田塚本地区地区計画 名称久世荒内 寺田塚本地区地区計画 位置城陽市久世荒内 寺田塚本及び平川広田 面積約 22.1ha 建 築 物 等 に 関 す る 事 項 地区計画の目標 土地利用の方針 地区施設の整備方針 建築物等の整備方針 地区の区分 区分の名称 区分の面積 ( 平成 24 年 7 月 6 日城陽市告示第 78 号 ) ( 平成 27 年 6 月

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 当麻宿地区地区計画の概要 檜原村 相模湖駅 中央自動車道 N JR 中央本線 上野原市 藤野駅 国道 412 号線 八王子市国道 20 号線さがみ縦貫道路国道 413 号線 橋本駅 京王相模原線 相模原駅矢部駅 淵野辺駅 町田市 JR 横浜線 古淵駅 南橋本駅 国道 16 号線 道志村 国道 413 号線 国道 412 号線 上溝駅 番田駅 町田駅 愛川町 国道 129 号線 原当麻駅 相模大野駅

More information

金沢都市計画地区計画の変更

金沢都市計画地区計画の変更 野々市市御経塚第二地区地区計画 1. 地区計画の方針 名 称 野々市市御経塚第二地区地区計画 位 置 野々市市御経塚一 二 三丁目 二日市一丁目 長池の各一部 面 積 約 60.1ha 地区計画の目標 本地区は 御経塚第二土地区画整理事業施行地区であり 公共施設の整備とと 区域の もに 建築物に関する誘導を行い 用途の混在 あるいは敷地の細分化などによる居住環境の悪化を防止し良好な市街化の形成が図られることを地区計画の目標とする

More information

上野原市規則第××号

上野原市規則第××号 上野原市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例をここ に公布する 平成 26 年 12 月 15 日 上野原市長 上野原市条例第 38 号上野原市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例 ( 目的 ) 第 1 条この条例は 建築基準法 ( 昭和 25 年法律第 201 号 以下 法 という ) 第 68 条の2 第 1 項の規定に基づき 地区計画の区域内において 建築物に関する制限を定めることにより

More information

地区計画とは 安全で快適な街並みの形成や良好な環境の保全などを目的に, 地区の特性にあったきめ細かな計画を都市計画として定めるものです 建築物等の計画については, 用途, 敷地の最低面積, 壁面の後退, 垣又はさくの構造のルールを定め, 健康で良好な市街地の形成を促し, 周辺の街並みと調和した市街地

地区計画とは 安全で快適な街並みの形成や良好な環境の保全などを目的に, 地区の特性にあったきめ細かな計画を都市計画として定めるものです 建築物等の計画については, 用途, 敷地の最低面積, 壁面の後退, 垣又はさくの構造のルールを定め, 健康で良好な市街地の形成を促し, 周辺の街並みと調和した市街地 拠点形成 柏 第二地区 地区計画 柏 市 地区計画とは 安全で快適な街並みの形成や良好な環境の保全などを目的に, 地区の特性にあったきめ細かな計画を都市計画として定めるものです 建築物等の計画については, 用途, 敷地の最低面積, 壁面の後退, 垣又はさくの構造のルールを定め, 健康で良好な市街地の形成を促し, 周辺の街並みと調和した市街地形成を目指しています 次の行為に着手する日の 30 日前までに届出を

More information

種別 名称 幅員等 延長又は面積 摘要 道路 区画道路 1 号区画道路 2 号区画道路 3 号区画道路 4 号区画道路 5 号区画道路 6 号区画道路 7 号 12.0m 12.0m 0.8~5.0m 2.6~8.3m 2.25m 1.65m 1.65m 約 790m 約 220m 約 700m 約

種別 名称 幅員等 延長又は面積 摘要 道路 区画道路 1 号区画道路 2 号区画道路 3 号区画道路 4 号区画道路 5 号区画道路 6 号区画道路 7 号 12.0m 12.0m 0.8~5.0m 2.6~8.3m 2.25m 1.65m 1.65m 約 790m 約 220m 約 700m 約 坂戸都市計画地区計画の変更 ( 鶴ヶ島市決定 ) 坂戸都市計画圏央鶴ヶ島インターチェンジ東側地区地区計画を 次のように決定する 決定告示年月日 平成年月日 名称圏央鶴ヶ島インターチェンジ東側地区地区計画 位置鶴ヶ島市大字太田ヶ谷の一部 面積約 39.7ha 区域の整備 開発及び保全の方針 地区計画の目標土地利用の方針地区施設の整備の方針建築物等の整備の方針その他当該地区の整備 開発及び保全に関する方針

More information

道路 市道久喜 1470 号線市道久喜 1028 号線市道久喜 1111 号線市道久喜 1471 号線市道久喜 1274 号線市道久喜 1472 号線市道久喜 1473 号線市道久喜 225 号線市道久喜 1084 号線 名称幅員延長 16.0m 15.0m 14.0m 12.5m 9.0m 6.0

道路 市道久喜 1470 号線市道久喜 1028 号線市道久喜 1111 号線市道久喜 1471 号線市道久喜 1274 号線市道久喜 1472 号線市道久喜 1473 号線市道久喜 225 号線市道久喜 1084 号線 名称幅員延長 16.0m 15.0m 14.0m 12.5m 9.0m 6.0 名称清久工業団地地区地区計画 位置久喜市所久喜及び清久町各地内 区域の整備 開発及び保全の方針 面積約 106.1 ha 地区計画の目標 土地利用の方針 地区施設の整備の方針 建築物等の整備の方針 その他当該地区の整備 開発及び保全に関する方針 本地区は 既存の清久工業団地とその北側の新市街地であり 首都圏中央連絡自動車道の白岡菖蒲インターチェンジ及び東北自動車道の久喜インターチェンジに近接するという交通の利便性を生かしつつ

More information

地区整備築計画建物等に関する事項地区の 細区分 建築物の 敷地面積の 最低限度 壁面の位置の 制 限 建築物等の高さの最高限度 建築物等の形態又は色彩その他の意匠の制限 垣又は柵の構造の制限 拠点サービス地区沿道サービス地区 A 沿道サービス地区 B 沿道サービス地区 C 一般住宅地区 160 m2

地区整備築計画建物等に関する事項地区の 細区分 建築物の 敷地面積の 最低限度 壁面の位置の 制 限 建築物等の高さの最高限度 建築物等の形態又は色彩その他の意匠の制限 垣又は柵の構造の制限 拠点サービス地区沿道サービス地区 A 沿道サービス地区 B 沿道サービス地区 C 一般住宅地区 160 m2 区施設の配置及び規模地区計画ガイド米泉町 10 丁目地区 名称米泉町 10 丁目地区地区計画 位置金沢市米泉町 10 丁目の一部 面積約 10.6 ha 区域の整備開発及び保全に関する地区計画の 目 標 本地区は 金沢駅の南西約 3.5 kmにある JR 西金沢駅前の JT 金沢工場の跡地であり 自然豊かな伏見川に隣接し 周辺には住宅地が形成されている 本地区を 西金沢駅周辺にふさわしい 快適な居住環境の創出や利便性を高める商業サービス施設の整備など

More information

< F2D30315F95FB906A817990CE90EC966B A2E6A7464>

< F2D30315F95FB906A817990CE90EC966B A2E6A7464> 函館圏都市計画区計画の変更 ( 函館市決定 ) 都市計画石川北第 3 区区計画を次のうに変更する 平成 30 年 4 月 1 日函館市告示第 134 号 1 区計画の方針 ( 変更 ) 名称石川北第 3 区区計画 位置函館市石川町おび桔梗町の各一部 区域計画図表示のとおり 面積約 32.9 ヘクタール 区計画の目標 本区は,JR 函館駅の北約 7.0 キロメートルに位置し, 西側は函館圏の交通の骨格をなす都市計画石川新

More information

地区整備計画書地区整備計画建築物等に関する事項地区の区分 地区の名称地区の面積 建築物等の用途の制限 建築物の敷地面積の最低限度 建築物の延べ床面積の敷地面積に対する割合の最高限度建築物の建築面積の敷地面積に対する割合の最高限度 壁面の位置の制限 独立住宅地区 A 約 21.9 ha (1) 長屋

地区整備計画書地区整備計画建築物等に関する事項地区の区分 地区の名称地区の面積 建築物等の用途の制限 建築物の敷地面積の最低限度 建築物の延べ床面積の敷地面積に対する割合の最高限度建築物の建築面積の敷地面積に対する割合の最高限度 壁面の位置の制限 独立住宅地区 A 約 21.9 ha (1) 長屋 印西都市計画地区計画の変更 ( 印西市決定 ) 都市計画戸神台 武西学園台地区地区計画を次のように変更する 名 称 戸神台 武西学園台地区地区計画 位 置 印西市武西字掛塚 武西学園台一丁目 武西学園台三丁目 戸神台一丁目 戸神台二丁目 中央南二丁目及び内野二丁目の各一部の区域 面 積 約 40.2 ha 印西都市計画区域は 首都圏整備法に基づく近郊整備地帯に位置し 首都東京を中心とする過密地域からの人口流入に適切に対処し

More information

1 地区計画の方針 名 称 りんくうタウン北地区地区計画 位 置 泉佐野市りんくう往来北およびりんくう往来南地内 面 積 約 134.1ha 区域の整備 開発及び保全の方針 地区計画の目標 土地利用の方針 りんくうタウンは関西国際空港の支援 補完と地域の環境改善を図ることを目的としており 日本で初め

1 地区計画の方針 名 称 りんくうタウン北地区地区計画 位 置 泉佐野市りんくう往来北およびりんくう往来南地内 面 積 約 134.1ha 区域の整備 開発及び保全の方針 地区計画の目標 土地利用の方針 りんくうタウンは関西国際空港の支援 補完と地域の環境改善を図ることを目的としており 日本で初め 1 地区計画の方針 名 称 りんくうタウン北地区地区計画 位 置 泉佐野市りんくう往来北およびりんくう往来南地内 面 積 約 134.1ha 区域の整備 開発及び保全の方針 地区計画の目標 土地利用の方針 りんくうタウンは関西国際空港の支援 補完と地域の環境改善を図ることを目的としており 日本で初めての 24 時間運用の海上空港の対岸部に立地するという好条件を活かし 世界と日本の交流の場として国際性を持つ都市

More information

地区計画の目標 方針 名称下連雀五丁目第二地区地区計画 位置三鷹市下連雀五丁目地内 面積約 6.5ha 地区計画の 目 区域の整備 開発及び保全に関する方針 整備の方針 標 土地利用の方針 地区施設の整備の方針 建築物等の 本地区は 市の中心部に位置し 住宅や工場などが混在する地域にあり 日本無線株

地区計画の目標 方針 名称下連雀五丁目第二地区地区計画 位置三鷹市下連雀五丁目地内 面積約 6.5ha 地区計画の 目 区域の整備 開発及び保全に関する方針 整備の方針 標 土地利用の方針 地区施設の整備の方針 建築物等の 本地区は 市の中心部に位置し 住宅や工場などが混在する地域にあり 日本無線株 三鷹都市計画地区計画 みんなでつくるみたかのまち 下連雀五丁目第二地区 地区計画 三鷹市 平成 30 年 4 月改定 ( 平成 29 年 8 月都市計画変更 ) 地区計画の目標 方針 名称下連雀五丁目第二地区地区計画 位置三鷹市下連雀五丁目地内 面積約 6.5ha 地区計画の 目 区域の整備 開発及び保全に関する方針 整備の方針 標 土地利用の方針 地区施設の整備の方針 建築物等の 本地区は 市の中心部に位置し

More information

<8CF582AA8B F38DFC816A D32>

<8CF582AA8B F38DFC816A D32> 光が丘地区地区計画 光が丘地区では 緑豊かで良好な住環境を将来にわたり維持 保全していくとともに 社会状況の変化に対応したまちづくりを推進していくため 一団地の住宅施設 を廃止し 地区計画 を平成 23 年 月に都市計画決定しました 練馬区 光が丘地区地区計画の基本的な考え方 本地区の 地区計画 は 従前の都市計画である 一団地の住宅施設 の内容の多くを継承するものです 一団地の住宅施設 で形成された現状の公園

More information

合計 ( 同一敷地内に2 以上の建築物がある場合は, それらの建築物の各階の床面積の合計の和 ) の5 分の1を限度として算入しない (2) 延べ面積には, 建築物の地階でその天井が地盤面からの高さ1メートル以下にあるものの住宅の用途に供する部分の床面積 ( 当該床面積が当該建築物の住宅の用途に供す

合計 ( 同一敷地内に2 以上の建築物がある場合は, それらの建築物の各階の床面積の合計の和 ) の5 分の1を限度として算入しない (2) 延べ面積には, 建築物の地階でその天井が地盤面からの高さ1メートル以下にあるものの住宅の用途に供する部分の床面積 ( 当該床面積が当該建築物の住宅の用途に供す 鹿嶋市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例平成 22 年 3 月 18 日条例第 3 号改正平成 25 年 9 月 30 日条例第 26 号平成 27 年 3 月 19 日条例第 24 号平成 27 年 12 月 17 日条例第 44 号 ( 目的 ) 第 1 条この条例は, 建築基準法 ( 昭和 25 年法律第 201 号 以下 法 という ) 第 68 条の2 第 1 項の規定に基づき,

More information

地建築区物等整に関備する計事項画地区の細区分 1. 低層住宅地区 2. 一般住宅地区 3. 沿道サービス地区 4. 流通 業務地区 5. 工業地区 建築物等の用途の制限 ー ー ぱちんこ屋 まあじゃん屋 射的場 勝馬投票券発売所 場外車券売場その他これらに類する施設 風俗営業等の規制及び業務の適性化

地建築区物等整に関備する計事項画地区の細区分 1. 低層住宅地区 2. 一般住宅地区 3. 沿道サービス地区 4. 流通 業務地区 5. 工業地区 建築物等の用途の制限 ー ー ぱちんこ屋 まあじゃん屋 射的場 勝馬投票券発売所 場外車券売場その他これらに類する施設 風俗営業等の規制及び業務の適性化 域の整備 開発及び保全に関する方針地区計画ガイド安原中央地区 安原中央地区 地区計画の内容 名称安原中央地区地区計画 位 面 置 積 金沢市上安原 1 丁目及び中屋 2 丁目の全部並びに上安原町 上安原 2 丁目 中屋 1 丁目 福増町南及び北並びにみどり3 丁目の各一部 約 71.8 ha 地区計画の目標区地区整備計画建築物等に関する事項 危険物貯蔵 処理を行う施設 本地区は 金沢市中心部から西方約

More information

(案)

(案) 印西都市計地区計の変更 ( 印西市決定 ) 都市計印旛日本医大駅前周辺地区地区計を次のように変更する 名称印旛日本医大駅前周辺地区地区計 位 置 印西市瀬戸 萩原 鎌苅 舞姫一丁目 舞姫二丁目 舞姫三丁目及び若萩一丁目の各一部の区域 面積約 18.2 ha 地区計の目標 区域の整備 開発及び保全に関する方針 印西都市計区域は 首都圏整備法に基づく近郊整備地帯に位置し 首都東京を中心とする過密地域からの人口流入に適切に対処し

More information

位 置 新宿区赤城下町 中里町 天神町 赤城元町 矢来町及び改代町各地内 面 積 約 4.6ha 地区名称住宅地区住工共存地区 A 住工共存地区 B 幹線道路沿道地区の区面積約 3.7ha 約 0.3ha 約 0.4ha 約 0.2ha 分 1 マージャン屋 ぱちんこ屋 射的場 勝馬投票券発売所 場

位 置 新宿区赤城下町 中里町 天神町 赤城元町 矢来町及び改代町各地内 面 積 約 4.6ha 地区名称住宅地区住工共存地区 A 住工共存地区 B 幹線道路沿道地区の区面積約 3.7ha 約 0.3ha 約 0.4ha 約 0.2ha 分 1 マージャン屋 ぱちんこ屋 射的場 勝馬投票券発売所 場 東京都市計画地区計画の変更 ( 新宿区決定 ) 都市計画赤城周辺地区地区計画を次のように変更する 名 称 赤城周辺地区地区計画 位 置 新宿区赤城下町 中里町 天神町 神楽坂六丁目 赤城元町 矢来町 東榎町 築地町及び改代町各地内 面 積 約 11.6ha 本地区は 東京メトロ東西線神楽坂駅の北側に位置し 地区外周部の江戸川橋通りと早稲田通り沿いには中高層の耐火建築物が建ち並んでいるが 地区内部には木造建築物が密集し

More information

住宅地区 A 約 41.1 ha (1) 長屋 ( 住戸の数が 2 戸のものを除く ) (2) 建築基準法 ( 昭和 25 年法律第 201 号 以下 建基法 という ) 別表第 2( い ) 項第 3 号に掲げる共同住宅 ( 住戸の数が 2 戸のものを除く ) 寄宿舎又は下宿 (3) 建基法別表第

住宅地区 A 約 41.1 ha (1) 長屋 ( 住戸の数が 2 戸のものを除く ) (2) 建築基準法 ( 昭和 25 年法律第 201 号 以下 建基法 という ) 別表第 2( い ) 項第 3 号に掲げる共同住宅 ( 住戸の数が 2 戸のものを除く ) 寄宿舎又は下宿 (3) 建基法別表第 印西都市計画地区計画の変更 ( 印西市決定 ) 都市計画印西牧の原南地区地区計画を次のように変更する 名称印西牧の原南地区地区計画 位 置 印西市草深字原及び字地獄穴台 東の原一丁目 東の原二丁目 東の原三丁目 つくりや台一丁目 竜腹寺字五斗蒔及び竜腹寺字向原の各一部の区域 面 積 約 54.9 ha 印西都市計画区域は 首都圏整備法に基づく近郊整備地帯に位置し 首都東京を中心とする過密地域からの人口流入に適切に対処し

More information

公津西地区地区計画運用基準

公津西地区地区計画運用基準 公津西地区地区計画運用基準 1. 目的この運用基準は 成田市公津西地区地区計画 ( 以下 地区計画 という ) の都市計画決定に伴い 地区整備計画に規定する事項に関する運用の基準を定めることにより 適正な都市機能と健全な都市環境 良好な居住環境の形成及び保持を図ることを目的とする 2. 適用区域 この運用基準は 地区計画を定める区域内について適用する 3 建築物等の用途の制限本地区は 東側に隣接する成田ニュータウンと一体となった住宅地として

More information

< 成台中地区地区計画運用基準 > 1 建築物等に関する制限について 地域核として良好な商業及び住居系市街地の形成 保全及び向上を図るため 地区 計画で次のように定めています (1) 建築物の用途 地区計画で次のような建築物の用途の制限をしています 1 一般住宅地区 下記の建築物は 建築することがで

< 成台中地区地区計画運用基準 > 1 建築物等に関する制限について 地域核として良好な商業及び住居系市街地の形成 保全及び向上を図るため 地区 計画で次のように定めています (1) 建築物の用途 地区計画で次のような建築物の用途の制限をしています 1 一般住宅地区 下記の建築物は 建築することがで 住みよいまちづくりのために 成台中地区 地区計画の手引 はじめに 成台中地区 は 四街道市の東部 JR 総武本線四街道駅から東に5km 物井駅から南に 3 km 東関道自動車道四街道 I.C 及び佐倉 I.C から約 3 kmに位置し 地区東側には佐倉市行政界 南側には国道 51 号線が接しています また 西側には都市計画道路 3 3 1 号山梨臼井線が計画されています 本地区では 土地区画整理事業により居住機能や商業業務機能等の導入が計画されるとともに

More information

鹿島臨海都市計画地区計画の決定

鹿島臨海都市計画地区計画の決定 鹿島臨海都市計画地区計画の決定 ( 鹿嶋市決定 ) 平成 25 年 4 月 鹿嶋市 鹿島臨海都市計画地区計画の決定 ( 鹿嶋市決定 ) 鹿島臨海都市計画神宮北宮中地区地区計画を次のように決定する 名 称 神宮北宮中地区 位 置 鹿嶋市大字宮中の一部 面 積 約 9.2ha 地区計画の目標 本地区は JR 鹿島線鹿島神宮駅と茨城県立カシマサッカースタジアムの中間に位置し 国道 51 号バイパスや国道

More information

<4D F736F F F696E74202D F819A93738E738C7689E690528B6389EF90E096BE8E9197BF BC205B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D F819A93738E738C7689E690528B6389EF90E096BE8E9197BF BC205B8CDD8AB B83685D> 資料 3 JR 島本駅西地区の都市計画 島本町 平成 30 年 10 月 本日の説明内容 1. 前回の都市計画審議会から現在までの経過 2. JR 島本駅西地区の都市計画の概要 3. 今後の予定 1. 前回の都市計画審議会から 現在までの経過 3 1. 前回の都市計画審議会から現在までの経過第一回都市計画審議会7/26 8/9~11 8 月末 9/19 10/2 タウンミーティング開催(計6回)タウンミーティングでいただいた意見等を踏まえ

More information

藤沢市地区計画運用基準 施行平成 30 年 4 月 1 日 る 本運用基準は, 地区計画の届出に際しての審査の画一化及び円滑化を図るため, 必要な事項を定め 項目第 1 建築物等の用途の制限に関する事項第 2 建築物の容積率の最高限度に関する事項第 3 建築物の建蔽率の最高限度に関する事項第 4 建

藤沢市地区計画運用基準 施行平成 30 年 4 月 1 日 る 本運用基準は, 地区計画の届出に際しての審査の画一化及び円滑化を図るため, 必要な事項を定め 項目第 1 建築物等の用途の制限に関する事項第 2 建築物の容積率の最高限度に関する事項第 3 建築物の建蔽率の最高限度に関する事項第 4 建 藤沢市地区計画運用基準 2018 年 4 月 藤沢市 藤沢市地区計画運用基準 施行平成 30 年 4 月 1 日 る 本運用基準は, 地区計画の届出に際しての審査の画一化及び円滑化を図るため, 必要な事項を定め 項目第 1 建築物等の用途の制限に関する事項第 2 建築物の容積率の最高限度に関する事項第 3 建築物の建蔽率の最高限度に関する事項第 4 建築物の面積の最低限度に関する事項第 5 壁面の位置の制限に関する事項第

More information

<4D F736F F D20926E8BE68C7689E68FF097E FC90B3816A>

<4D F736F F D20926E8BE68C7689E68FF097E FC90B3816A> 富士見市計画の域内における建築物の制限に関する条例 ( 目的 ) 第 1 条この条例は 建築基準法 ( 昭和 25 年法律第 201 号 以下 法 という ) 第 68 条の2 第 1 項の規定に基づき 計画の域 ( 整備計画が定められている域に限る 以下 整備計画域 という ) 内における建築物に関する制限を定めることにより 調和のとれた良好な都市環境を確保することを目的とする ( 定義 ) 第

More information

新市街地東地区地区計画

新市街地東地区地区計画 新市街地東地区のまちづくり 地区計画のルールブック 地区整備計画の運用について 流山市 目 次 新市街地東地区地区計画計画書新市街地東地区地区計画計画図新市街地東地区地区計画運用基準地区整備計画の運用について運用基準の解説 1P 6P 7P 10P 11P (1) 建築物等の用途の制限 11P (2) 建築物の敷地面積の最低限度 18P (3) 建築物の容積率の最高限度 19P (4) 壁面の位置の制限

More information

1 東駿河湾広域都市計画地区計画の変更 ( 沼津市決定 ) 都市計画町方町 大門町 通横町地区計画を次のように変更する 名称 町方町 大門町 通横町地区計画 位置 沼津市町方町 大門町 通横町 面積 約 2.1ha 区域の整備 開発及び保全に関する方針 地区計画の目標 本地区は JR 沼津駅南口より南へ約 600mに位置し 近隣 8つの商店街の南端にある 昭和 29 年 日本で初めての防火建築 共同建築様式による商店街として誕生し発展してきたが

More information

市原都市計画地区地区計画の変更(市原市決定)

市原都市計画地区地区計画の変更(市原市決定) 市原都市計画地区計画の変更について ( 市原市決定 ) 都市計画ちはら台中央地区地区計画を次のように変更する 名称ちはら台中央地区地区計画 位 置 面積約 160.3ha 地区計画の目標 平成 5 年 3 月 9 日決定市原市告示第 29 号 平成 11 年 12 月 24 日変更市原市告示第 199 号 平成 15 年 3 月 14 日変更市原市告示第 85 号 平成 19 年 12 月 28 日変更市原市告示第

More information

<333196EC8FE3CADFDDCCDAAFC4288DC A2E786C73>

<333196EC8FE3CADFDDCCDAAFC4288DC A2E786C73> 31 野上地区地区計画 地区の概要 名称野上地区地区計画 平成 21 年 9 月 30 日決定 位 区 面 置 域 積 宝塚市野上 2 丁目の一部 3 丁目 4 丁目の一部 5 丁目及び 6 丁目の一部 計画図表示のとおり 約 42.2ha 区域の整備 開発及び保全に関する方針 地区計画の目標 当地区は 阪急逆瀬川駅の西 六甲山系の東山麓部に位置し 周囲の山なみの緑に恵まれた良好な低層住宅地及び駅前周辺地区から形成されている

More information

Microsoft Word - 13 花井東.doc

Microsoft Word - 13 花井東.doc 花井東地区地区計画 緑豊かでゆとりのあるまちづくりのために 野田市 . 緑豊かでゆとりのあるまちづくりのために 花井東地区では 土地区画整理事業により道路 公園等の都市基盤施設の整備を行い 良好な居住環境の形成を進めています そこで地区の特性に応じた 適切な土地利用の誘導と魅力的な街並みの形成を図り 将来にわたって良好な居住環境を保全していきたいと考えています そのためのきめ細やかなまちづくりのルールが

More information

《○○○○○》

《○○○○○》 域の整 開発及び保全の方針地区計画の内容 開成都市計画地区計画の変更 ( 開成町決定 ) 都市計画南部地区地区計画を次のように変更する 名称南部地区地区計画 位 置 足柄上郡開成町宮台 牛島 みなみ一丁目 みなみ二丁目 みなみ三丁目 みなみ四丁目及びみなみ五丁目 面積約 30.8ha 区地区計画の目標 土地利用の方針 地 区 施 設 の 整 の 方 針 建 築 物 等 の 整 の 方 針 緑化の方針

More information

平方・中野久木物流施設地区

平方・中野久木物流施設地区 平方 中野久木物流施設地区のまちづくり 地区計画のルールブック 地区整備計画の運用について 流山市 目 次 平方 中野久木物流施設地区地区計画計画書 平方 中野久木物流施設地区地区計画計画図 平方 中野久木物流施設地区地区計画 地区整備計画 の内容の解説 1P 3P 4P (1) 建築物等の用途の制限 5P (2) 建築物の敷地面積の最低限度 6P (3) 建築物等の高さの最高限度 6P (4) 壁面の位置の制限

More information

エ建替え後の建築物の絶対高さ制限を超える建築物の部分の水平投影面積の合計は 現に存する建築物又は現に建築の工事中の建築物の絶対高さ制限を超える建築物の部分の水平投影面積の合計を超えないこと オ建替え後の建築物の絶対高さ制限を超える建築物の部分の水平投影部分の形状は 現に存する建築物又は現に建築の工事

エ建替え後の建築物の絶対高さ制限を超える建築物の部分の水平投影面積の合計は 現に存する建築物又は現に建築の工事中の建築物の絶対高さ制限を超える建築物の部分の水平投影面積の合計を超えないこと オ建替え後の建築物の絶対高さ制限を超える建築物の部分の水平投影部分の形状は 現に存する建築物又は現に建築の工事 平成 26 年 3 月 17 日 25 文都計第 10304 号 東京都市計画高度地区 ( 文京区決定 ) 特例の認定に関する基準 都市計画法 ( 昭和 43 年法律第 100 号 以下 法 という ) 第 8 条第 1 項第 3 号の規定により 定める東京都市計画高度地区 ( 文京区決定 ) 計画書 ( 以下 計画書 という ) 第 3 項に関する基準 を 以下のとおり定める 第 1 用語の定義

More information

(2) 地区整備計画 地区整備計画 内 容 市道千里丘新町 1 号線幅員約 7.0~19.1m 延長約 530m 地区施設の道路市道千里丘新町 2 号線幅員約 14.0~23.6m 延長約 120m 配置及び規模市道千里丘 44 号線幅員約 14.0m 延長約 300m 医療 健康創生 地区の区分

(2) 地区整備計画 地区整備計画 内 容 市道千里丘新町 1 号線幅員約 7.0~19.1m 延長約 530m 地区施設の道路市道千里丘新町 2 号線幅員約 14.0~23.6m 延長約 120m 配置及び規模市道千里丘 44 号線幅員約 14.0m 延長約 300m 医療 健康創生 地区の区分 北部大阪都市計画地区計画の変更 ( 摂津市決定 ) 都市計画千里丘新町地区地区計画を次のように変更す (1) 地区計画の方針 区域の整備 開発及び保全の方針 名 称 千里丘新町地区地区計画 位 置 摂津市千里丘新町及び千里丘四丁目地内 面 積 約 12.2ha 当地区は 摂津市北西部に位置し 土地区画整理事業によ基盤整備が進 められとともに 正雀下水処理場及びクリーンセンターの跡地利用も含め た土地利用転換の検討が進められており

More information

(2) 路地街区 ア路地街区の内部で 防火性の向上と居住環境の改善を図るため 地区施設等に沿った建築物の高さの最高限度及び壁面の位置の制限を定めることにより 道路斜線制限を緩和し 3 階建て耐火建築物の連続した街並みを形成する イ行き止まりの路地空間では 安全性の確保のため 2 方向の避難を目的とし

(2) 路地街区 ア路地街区の内部で 防火性の向上と居住環境の改善を図るため 地区施設等に沿った建築物の高さの最高限度及び壁面の位置の制限を定めることにより 道路斜線制限を緩和し 3 階建て耐火建築物の連続した街並みを形成する イ行き止まりの路地空間では 安全性の確保のため 2 方向の避難を目的とし 東京都市計画地区計画の変更 ( 中央区決定 ) 都市計画佃二 三丁目地区地区計画を次のように決定する 名称佃二 三丁目地区地区計画 区域の整備 開発及び保全に関する方針 位置 面積 地区計画の目標 土地利用の方針 地区施設の整備の方針 建築物等の規制 誘導の方針 中央区佃二丁目及び佃三丁目各地内 約 13.1ha 路地を中心とした居住の場と商業や地場産業が混在したまちとして発展してきた本地区の特性を活かしながら

More information

Microsoft Word - 10用途地域.docx

Microsoft Word - 10用途地域.docx (8) 用途地域 1 第一種低層住居専用地域 第一種低層住居専用地域は 401.9ha を指定しており 用途地域 (4,810.0ha) の 8.4% を占めています 第一種低層住居専用地域は 低層住宅に係る良好な住居の環境を守る地域として下図の地域を指定しています 住宅以外に建てられるのは 高校以下の学校 図書館 銭湯 診療所 老人ホーム 保育所など 併用住宅の場合は 住居部分が全体の 2 分の

More information

目 次 流山インターチェンジ北部物流センター地区地区計画計画書 1P 流山インターチェンジ北部物流センター地区地区計画計画図 3P 流山インターチェンジ北部物流センター地区地区計画運用基準 4P 地区整備計画の運用について 運用基準の解説 5P 6P (1) 建築物等の用途の制限 6P (2) 建築

目 次 流山インターチェンジ北部物流センター地区地区計画計画書 1P 流山インターチェンジ北部物流センター地区地区計画計画図 3P 流山インターチェンジ北部物流センター地区地区計画運用基準 4P 地区整備計画の運用について 運用基準の解説 5P 6P (1) 建築物等の用途の制限 6P (2) 建築 流山インターチェンジ北部物流センター地区 のまちづくり 地区計画のルールブック 地区整備計画の運用について 流山市 目 次 流山インターチェンジ北部物流センター地区地区計画計画書 1P 流山インターチェンジ北部物流センター地区地区計画計画図 3P 流山インターチェンジ北部物流センター地区地区計画運用基準 4P 地区整備計画の運用について 運用基準の解説 5P 6P (1) 建築物等の用途の制限 6P

More information

目 次 平方北部物流施設地区地区計画計画書 1P 平方北部物流施設地区地区計画計画図 3P 平方北部物流施設地区地区計画 地区整備計画 の内容の解説 4P (1) 建築物等の用途の制限 5P (2) 建築物の敷地面積の最低限度 6P (3) 建築物等の高さの最高限度 6P (4) 壁面の位置の制限

目 次 平方北部物流施設地区地区計画計画書 1P 平方北部物流施設地区地区計画計画図 3P 平方北部物流施設地区地区計画 地区整備計画 の内容の解説 4P (1) 建築物等の用途の制限 5P (2) 建築物の敷地面積の最低限度 6P (3) 建築物等の高さの最高限度 6P (4) 壁面の位置の制限 平方北部物流施設地区のまちづくり 地区計画のルールブック 地区整備計画の運用について 流山市 目 次 平方北部物流施設地区地区計画計画書 1P 平方北部物流施設地区地区計画計画図 3P 平方北部物流施設地区地区計画 地区整備計画 の内容の解説 4P (1) 建築物等の用途の制限 5P (2) 建築物の敷地面積の最低限度 6P (3) 建築物等の高さの最高限度 6P (4) 壁面の位置の制限 7P (5)

More information

tosho_koudotiku

tosho_koudotiku 東京都市計画の変更 ( 新宿区決定 ) 都市計画を次のように変更する 面積欄の ( ) 内は変更前を示す 種類面積建築物の高さの最高限度又は最低限度備考 第 1 種 第 1 種第 2 種 第 2 種 30m 第 2 種最高第 3 種限 度第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 約 ha 建築物の各部分の高さ ( 地盤面からの高さによる 以下同じ ) は 当該部分から 121.2

More information

及びその周辺の地域における自然的条件 建築物の建築その他の土地利用の状況等を勘案し 集落の一体性を確保するために特に必要と認められるときは この限りでない (2) 区域内の主要な道路が 環境の保全上 災害の防止上 通行の安全上又は事業活動の効率上支障がないような規模及び構造で適当に配置されており か

及びその周辺の地域における自然的条件 建築物の建築その他の土地利用の状況等を勘案し 集落の一体性を確保するために特に必要と認められるときは この限りでない (2) 区域内の主要な道路が 環境の保全上 災害の防止上 通行の安全上又は事業活動の効率上支障がないような規模及び構造で適当に配置されており か 滑川町都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例 平成 29 年 12 月 18 日条例第 28 号 滑川町都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例 ( 趣旨 ) 第 1 条この条例は 都市計画法 ( 昭和 43 年法律第 100 号 以下 法 という ) 第 3 章第 1 節の規定に基づき 開発許可等の基準に関し必要な事項を定めるものとする ( 定義 ) 第 2 条この条例において使用する用語の意義は

More information

地区計画とは 地区計画制度とは 地区住民の合意により それぞれの地区の特性にふさわしいまちづくりを誘導するための計画であり それを市の 都市計画 として定め 良好な環境の街区を整備し 開発し 及び保全するための制度です 地区計画は 街区などの一定のエリアや共通した特徴を持つ地域ごとに 地域住民が主体

地区計画とは 地区計画制度とは 地区住民の合意により それぞれの地区の特性にふさわしいまちづくりを誘導するための計画であり それを市の 都市計画 として定め 良好な環境の街区を整備し 開発し 及び保全するための制度です 地区計画は 街区などの一定のエリアや共通した特徴を持つ地域ごとに 地域住民が主体 岩見沢駅前通り地区地区計画 岩見沢市 地区計画とは 地区計画制度とは 地区住民の合意により それぞれの地区の特性にふさわしいまちづくりを誘導するための計画であり それを市の 都市計画 として定め 良好な環境の街区を整備し 開発し 及び保全するための制度です 地区計画は 街区などの一定のエリアや共通した特徴を持つ地域ごとに 地域住民が主体となって計画づくりを行う 住民参加のまちづくり手法 です 地区計画の構成

More information

調布都市計画深大寺通り沿道観光関連産業保護育成地区の概要

調布都市計画深大寺通り沿道観光関連産業保護育成地区の概要 新たな高度地区のあらまし 平成 18 年 4 月 3 日に都市計画変更の告示を行った調布都市計画高度地区の概要 です 平成 18 年 4 月 調布市 高度地区対象表 用途地域種別 建ぺい率 (%) 容積率 (%) 高度地区 ( 変更前 ) 新高度地区 ( 変更後 ) 第一種低層住居専用地域 第一種中高層住居専用地域 第二種中高層住居専用地域 30 50 30 60 40 80 50 100 50 100

More information

都市計画図 外神田二・三丁目地区(PDF)

都市計画図 外神田二・三丁目地区(PDF) 東京都市計画地区計画の変更 ( 千代田区決定 ) 平 成 28 年 6 月 24 日 区 告 示 第 73 号 都市計画外神田二 三丁目地区地区計画を次のように変更する 名 称 外神田二 三丁目地区地区計画 位 置 千代田区外神田二丁目 外神田三丁目各地内 面 積 約 15.1ha 地区計画の目標 本地区内の中央通り沿道の賑わいを活かしながら 住宅と商業 業務施設等が共存 調和した良好な市街地を形成するため

More information

長崎市民間建築物耐震化推進事業の概要

長崎市民間建築物耐震化推進事業の概要 平成 27 年度版 お問合せ先 長崎市建築指導課指導係電話 095-829-1174 長崎市民間建築物耐震化推進事業の概要 地震による建築物の倒壊による被害を軽減するため 民間の特定建築物の耐震診断および耐震改修設計に要する費用の一部を助成します ( 耐震改修工事に要する費用の助成は ありません ) 本補助制度につきましては 長崎市暴力団排除条例 の制定に伴い 申請者が暴力団員か暴力団関係者の場合は受け付けることができません

More information

<4D F736F F D CF8D5888C48C7689E68F91817A948E91BD B8A58926E8BE62E646F63>

<4D F736F F D CF8D5888C48C7689E68F91817A948E91BD B8A58926E8BE62E646F63> 区域の整備 開発及び保全に関する方針区域の整備 開発及び保全に関する方針福岡都市計画地区計画の変更 ( 福岡市決定 ) 都市計画博多駅中央街地区地区計画を次のように変更する 名称位置面積 地区計画の目標 土地利用の方針 都市基盤施設及び 地区施 設 の 整備の 方 針 博多駅中央街地区地区計画福岡市博多区博多駅中央街約 16.2ha 当地区は本市都心部に位置し JR 博多駅やバスターミナルが立地するなど

More information

東京都建築安全条例(昭和二十五年東京都条例第八十九号)新旧対照表(抄)

東京都建築安全条例(昭和二十五年東京都条例第八十九号)新旧対照表(抄) 東京都建築安全条例 昭和二十五年東京都条例第八十九号 新旧対照表 抄 改正後改正前目次第一章 第一節から第七節まで 第八節自動回転ドア 第八条の七 第八条の十八 第九節特殊の構造方法又は建築材料等の適用の除外 第八条の十九 第二章から第六章まで 附則目次第一章 第一節から第七節まで 第八節自動回転ドア 第八条の七 第八条の十八 新設 第二章から第六章まで 附則第一条から第八条の十八まで 第一条から第八条の十八まで

More information

に基づく保安林指定計画地 (8) 自然環境保全法 ( 昭和 47 年法律第 85 号 ) 第 14 条第 1 項に規定する原生自然環境保全地域及び同法第 22 条第 12 項に規定する自然環境保全地域が指定されている土地の区域 (9) 自然公園法 ( 昭和 32 年法律第 161 号 ) 第 13

に基づく保安林指定計画地 (8) 自然環境保全法 ( 昭和 47 年法律第 85 号 ) 第 14 条第 1 項に規定する原生自然環境保全地域及び同法第 22 条第 12 項に規定する自然環境保全地域が指定されている土地の区域 (9) 自然公園法 ( 昭和 32 年法律第 161 号 ) 第 13 呉市市街化調整区域における地区計画制度の運用基準 ( 目的 ) 第 1 条この運用基準は, 本市の市街化調整区域における地区計画制度の運用に関し必要な事項を定めることにより, 市街化調整区域の秩序ある土地利用の形成を図ることを目的とする ( 定義 ) 第 2 条この運用基準における用語の意義は, 都市計画法 ( 昭和 43 年法律第 100 号 以下 法 という ) 及び建築基準法 ( 昭和 25

More information

第 6 条建築物の敷面積は 別表第 2に特別の定めがある場合を除き 同表の計画に応じ 同表エ欄に掲げる数値以上でなければならない ( 壁面の位置の制限 ) 第 7 条建築物の外壁又はこれに代わる柱 ( 以下 外壁等 という ) の面から道路境界線又は隣境界線までの距離は 別表第 2に特別の定めがある

第 6 条建築物の敷面積は 別表第 2に特別の定めがある場合を除き 同表の計画に応じ 同表エ欄に掲げる数値以上でなければならない ( 壁面の位置の制限 ) 第 7 条建築物の外壁又はこれに代わる柱 ( 以下 外壁等 という ) の面から道路境界線又は隣境界線までの距離は 別表第 2に特別の定めがある 伊勢原市計画の域内における建築物の制限に関する条例昭和 63 年 3 月 30 日条例第 5 号 ( 目的 ) 第 1 条この条例は 建築基準法 ( 昭和 25 年法律第 201 号 以下 法 という ) 第 68 条の2 第 1 項の規定に基づき 計画の域 ( 整備計画が定められている域に限る ) 内において 建築物の敷 構造又は用途に関する制限を定めることにより 当該域内における適正な都市機能と健全な都市環境を確保することを目的とする

More information

- 2 - 及び規模 地区の 区分 地区施設の配置 道路 3 路線 幅員 ~ m 延長 約 m 公園 1 箇所 面積 約 m2 公共緑地 4 箇所 面積 約 m2 2 箇所 幅員 m 面積 約 m2 ( の幅員 mのうち 以上を高木植栽空間とする ただ し 門柱 門扉等の施設については この限りでは

- 2 - 及び規模 地区の 区分 地区施設の配置 道路 3 路線 幅員 ~ m 延長 約 m 公園 1 箇所 面積 約 m2 公共緑地 4 箇所 面積 約 m2 2 箇所 幅員 m 面積 約 m2 ( の幅員 mのうち 以上を高木植栽空間とする ただ し 門柱 門扉等の施設については この限りでは 名称 菖蒲インター地区地区計画 位置 久喜市菖蒲町台字南の一部 三箇字新堀向の一部 面積 約 地区計画の目標 本地区は久喜市菖蒲地区の南東部 首都圏中央連絡自動車道 ( 圏央道 ) と一般国道 号の結節点に位置する地区である また 地区周辺には星川や水田などに囲まれた優れた田園風景 景観が形成されている 本地区の特徴を活かし 緑に囲まれた田園環境と調和した産業基盤を計画的に整備することを目標とする

More information

許可及び認定申請等

許可及び認定申請等 第四十八号様式 ( 第十条の四の二関係 )(A4) 認定申請書 ( 第一面 ) 建築基準法第 条 第 項第号の規定による認定を申請します この申請書 同法施行令第 条 第 項 及び添付図書の記載の事項は 事実に相違ありません 特定行政庁 様 平成年月日 申請者氏名 印 1. 申請者 イ. 氏名のフリガナ ロ. 氏名 ハ. 郵便番号 ニ. 住所 ホ. 電話番号 2. 設計者 イ. 資格 ( ) 建築士

More information

(案)

(案) 印西都市計画地区計画の変更 ( 印西市決定 ) 都市計画印西牧の原北地区地区計画を次のように変更する 名称印西牧の原北地区地区計画 位 置 印西市草深字八反割台の全部の区域並びに別所字原上割及び字上大木戸 宗甫字東割 小林字瓜坪台 草深字石道台 字石道谷津及び字原 牧の原一丁目 牧の原二丁目 牧の原三丁目 牧の原四丁目及び牧の原五丁目の各一部の区域 面積約 88.6ha 地区計画の目標 区域の整備

More information

広島圏都市計画(広島平和記念都市建設計画)地区計画の変更(広島市決定)

広島圏都市計画(広島平和記念都市建設計画)地区計画の変更(広島市決定) 配布用 ( 参考 ) 21. リバーフロント地区地区計画 決定平成 8 年 3 月 25 日広島市告示第 92 号最終変更平成 30 年 2 月 28 日広島市告示第 95 号 名称リバーフロント地区地区計画 位 置 広島市中区の上幟町 橋本町 銀山町 西平塚町及び東平塚町の各一部広島市南区の京橋町 稲荷町 比治山町 比治山本町 松川町 的場町一丁目 的場町二丁目 段原四丁目 大須賀町 松原町 猿猴橋町

More information

多摩都市計画地区計画の決定(多摩市決定)

多摩都市計画地区計画の決定(多摩市決定) 方針区域の整備 開発及び保全に関する多摩都市計画地区計画の決定 ( 多摩市決定 )( 参考 ) 都市計画聖蹟桜ヶ丘北地区地区計画を次のように決定する 29-10-20 名称聖蹟桜ヶ丘北地区地区計画 位置 多摩市関戸一丁目及び一ノ宮二丁目各地内 面積 約 6.5ha 地区計画の目標 土地利用の方針 本地区は 多摩地域の生活拠点である聖蹟桜ヶ丘駅の北側に位置しており 地区内には大規模な商業施設や業務施設等が立地しているほか

More information

稲毛海岸5丁目地区

稲毛海岸5丁目地区 千葉銀座地区 地区計画の手引き 千葉市 建築確認を申請する場合は 地区計画の届け出は不要です 目 次 はじめに 1 地区計画について 2 地区計画の運用基準 5 1 建築物に関する制限について 5 (1) 建築物の用途の制限について 5 2 届出の手続き 8 (1) 届出の必要な行為 8 (2) 届出先 8 はじめに 千葉銀座地区は JR 千葉駅東口から南東へ約 700mの距離に位置する商業 業務地区であり

More information

多摩都市計画地区計画の決定(多摩市決定)

多摩都市計画地区計画の決定(多摩市決定) 多摩都市計画地区計画の決定 ( 多摩市決定 )( 参考 ) 都市計画聖蹟桜ヶ丘北地区地区計画を次のように決定する 29-10-20 名称聖蹟桜ヶ丘北地区地区計画 位置 多摩市関戸一丁目及び一ノ宮二丁目各地内 面積 約 6.5ha 地区計画の目標 本地区は 多摩地域の生活拠点である聖蹟桜ヶ丘駅の北側に位置しており 地区内には大規模な商業施設や業務施設等が立地しているほか 多摩川の隣接街区には低未利用地を抱えている

More information

Microsoft Word - 条例.doc

Microsoft Word - 条例.doc 神栖市都市計画法の規定による開発行為の 許可等の基準に関する条例 神栖市条例第 29 号 ( 平成 19 年 10 月 1 日施行 ) ( 平成 21 年 7 月 1 日改正 ) ( 平成 21 年 10 月 1 日改正 ) ( 趣旨 ) 第 1 条この条例は, 都市計画法 ( 昭和 43 年法律第 100 号 以下 法 という ) 第 33 条第 4 項, 第 34 条第 11 号及び同条第 12

More information

富士見市都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例

富士見市都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例 改正案 都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例 ( 趣旨 ) 第 1 条この条例は 都市計画法 ( 昭和 43 年法律第 100 号 以下 法 という ) 第 3 章第 1 節の規定に基づき 開発許可等の基準に関し必要な事項を定めるものとする ( 法第 33 条第 4 項の規定による最低敷地面積 ) 第 2 条市街化区域 ( 法第 12 条の5 第 2 項の規定により地区整備計画が定められている区域を除く

More information

印西都市計画地区計画の変更 ( 印西市決定 ) 都市計画滝野地区地区計画を次のように変更する 名称滝野地区地区計画 位 置 印西市滝字新野及び字大割 滝野一丁目 滝野二丁目 滝野四丁目 滝野五丁目 滝野六丁目及び滝野七丁目の全部の区域並びに滝字大門及び滝野三丁目の各一部の区域 面積約 56.3 ha

印西都市計画地区計画の変更 ( 印西市決定 ) 都市計画滝野地区地区計画を次のように変更する 名称滝野地区地区計画 位 置 印西市滝字新野及び字大割 滝野一丁目 滝野二丁目 滝野四丁目 滝野五丁目 滝野六丁目及び滝野七丁目の全部の区域並びに滝字大門及び滝野三丁目の各一部の区域 面積約 56.3 ha 印西都市計画地区計画の変更 ( 印西市決定 ) 都市計画滝野地区地区計画を次のように変更する 名称滝野地区地区計画 位 置 印西市滝字新野及び字大割 滝野一丁目 滝野二丁目 滝野四丁目 滝野五丁目 滝野六丁目及び滝野七丁目の全部の区域並びに滝字大門及び滝野三丁目の各一部の区域 面積約 56.3 ha 地区計画の目標 印西都市計画区域は 首都圏整備法に基づく近郊整備地帯に位置し 首都東京を中心とする過密地域からの人口流入に適切に対処し

More information

[ 例 1] 敷地の分割例 1270 m2の敷地を 135 m2ずつに分割する場合 270 m2 135 m2 135 m m2の敷地を 140 m2と 130 m2に分割する場合 270 m2 140 m2 130 m2 2

[ 例 1] 敷地の分割例 1270 m2の敷地を 135 m2ずつに分割する場合 270 m2 135 m2 135 m m2の敷地を 140 m2と 130 m2に分割する場合 270 m2 140 m2 130 m2 2 柳窪地区地区計画運用基準 平成 29 年 11 月〇〇日制定 Ⅰ 目的 この運用基準は 柳窪地区地区計画 の地区整備計画の運用を円滑に行うためこれを定める Ⅱ 地区整備計画の内容及び運用基準 1. 建築物等に関する事項 (1) 建築物の敷地面積の最低限度地区整備計画全地区敷地面積は 135m2以上とする < 解説 > 1 敷地 を分割し 敷地面積が135m2未満となった敷地には建築物を建築することはできない

More information

物の建ぺい率の最高限度の項に定めるとおりとする ( 建築物の敷地面積の最低限度 ) 第 8 条適用区域内における建築物の敷地面積の最低限度は 適用区域ごとの別表第 2の建築物の敷地面積の最低限度の項に定めるとおりとする 2 前項の規定の施行又は適用の際 現に建築物の敷地として使用されている土地で同項

物の建ぺい率の最高限度の項に定めるとおりとする ( 建築物の敷地面積の最低限度 ) 第 8 条適用区域内における建築物の敷地面積の最低限度は 適用区域ごとの別表第 2の建築物の敷地面積の最低限度の項に定めるとおりとする 2 前項の規定の施行又は適用の際 現に建築物の敷地として使用されている土地で同項 静岡市計画の区域内における建築物の制限に関する条例 < 改正後 > ( 目的 ) 第 1 条この条例は 建築基準法 ( 昭和 25 年法律第 201 号 以下 法 という ) 第 68 条の2 第 1 項の規定に基づき 計画の区域 ( 整備計画が定められている区域 ( 以下 整備計画区域 という ) に限る ) 内における建築物の敷地 構造及び用途に関する制限を定めることにより 適正な都市機能と健全な都市環境を確保することを目的とする

More information

役場周辺地域の都市計画の 見直しについて

役場周辺地域の都市計画の 見直しについて 資料 2 平成 25 年度 第 1 回 島本町都市計画審議会 役場周辺地域の都市計画の見直しについて 日時 : 平成 25 年 10 月 17 日 ( 木 ) 午後 2 時 島本町総合政策部政策推進課 1 本日の付議案件 議第 29 号北部大阪都市計画用途地域の変更 議第 30 号北部大阪都市計画高度地区の変更 議第 31 号北部大阪都市計画桜井三丁目北地区地区計画の決定 2 はじめに 役場周辺の既存の研究所を含む一体の区域について

More information

渚地区計画について 地区計画とは? 一般にまちづくりは 都市 都市圏単位で広域的に定めた都市計画に基づき 都市計画法や建築基準法等によって土地利用や建築 開発行為等を規制することで進められていますが 都市の中には 特徴や条件の異なる様々な地域があり それぞれの地域で暮らしやすい環境を形成するには 地

渚地区計画について 地区計画とは? 一般にまちづくりは 都市 都市圏単位で広域的に定めた都市計画に基づき 都市計画法や建築基準法等によって土地利用や建築 開発行為等を規制することで進められていますが 都市の中には 特徴や条件の異なる様々な地域があり それぞれの地域で暮らしやすい環境を形成するには 地 渚地区計画ガイド 飛島村 - 1 - 渚地区計画について 地区計画とは? 一般にまちづくりは 都市 都市圏単位で広域的に定めた都市計画に基づき 都市計画法や建築基準法等によって土地利用や建築 開発行為等を規制することで進められていますが 都市の中には 特徴や条件の異なる様々な地域があり それぞれの地域で暮らしやすい環境を形成するには 地域の実情に応じたまちづくりの計画が必要となる場合もあります 地区計画は

More information

別紙 40 東京都市計画高度地区の変更 都市計画高度地区を次のように変更する 面積欄の ( ) 内は変更前を示す 種類面積建築物の高さの最高限度又は最低限度備考 第 1 種 約 ha 建築物の各部分の高さ ( 地盤面からの高さによる 以下同じ ) は 当該部分から前面道路の反対側の境界線 高度地区

別紙 40 東京都市計画高度地区の変更 都市計画高度地区を次のように変更する 面積欄の ( ) 内は変更前を示す 種類面積建築物の高さの最高限度又は最低限度備考 第 1 種 約 ha 建築物の各部分の高さ ( 地盤面からの高さによる 以下同じ ) は 当該部分から前面道路の反対側の境界線 高度地区 別紙 40 東京都市計画の変更 都市計画を次のように変更する 面積欄の ( ) 内は変更前を示す 種類面積建築物の高さの最高限度又は最低限度備考 第 1 種 建築物の各部分の高さ ( 地盤面からの高さによる 以下同じ ) は 当該部分から前面道路の反対側の境界線 0.1 又は隣地境界線までの真北方向の水平距離の 0.6 倍に 5 メートルを加えたもの以下とする 建築物の各部分の高さは 当該部分から前面道路の反

More information

(2) 区域内の主要な道路が 環境の保全上 災害の防止上 通行の安全上又は事業活動の効率上支障がないような規模及び構造で適当に配置されており かつ 区域外の相当規模の道路と接続していること (3) 区域内の排水路その他の排水施設が その区域内の下水を有効に排出するとともに その排出によって区域及びそ

(2) 区域内の主要な道路が 環境の保全上 災害の防止上 通行の安全上又は事業活動の効率上支障がないような規模及び構造で適当に配置されており かつ 区域外の相当規模の道路と接続していること (3) 区域内の排水路その他の排水施設が その区域内の下水を有効に排出するとともに その排出によって区域及びそ 嵐山町都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例 平成 28 年 12 月 15 日 条例第 27 号 ( 趣旨 ) 第 1 条この条例は 都市計画法 ( 昭和 43 年法律第 100 号 以下 法 という ) 第 3 章第 1 節の規定に基づき 開発許可等の基準に関し必要な事項を定めるものとする ( 定義 ) 第 2 条この条例において使用する用語の意義は 次項及び第 3 項に定めるものを除き

More information

大和都市計画 ( 奈良国際文化観光都市建設計画 ) 地区計画の決定 ( 奈良市決定 ) 都市計画鶴舞東町地区地区計画を次のように決定する ( 平成 25 年 3 月 15 日決定 ) 名称鶴舞東町地区地区計画 位置奈良市鶴舞東町及び学園朝日町の各一部 面積約 11.6 ha 区域の 地区計画の 本地

大和都市計画 ( 奈良国際文化観光都市建設計画 ) 地区計画の決定 ( 奈良市決定 ) 都市計画鶴舞東町地区地区計画を次のように決定する ( 平成 25 年 3 月 15 日決定 ) 名称鶴舞東町地区地区計画 位置奈良市鶴舞東町及び学園朝日町の各一部 面積約 11.6 ha 区域の 地区計画の 本地 大和都市計画 ( 奈良国際文化観光都市建設計画 ) 地区計画の決定 ( 奈良市決定 ) 都市計画東町地区地区計画を次のように決定する ( 平成 25 年 3 月 15 日決定 ) 名称東町地区地区計画 位置奈良市東町及び学園朝日町の各一部 面積約 11.6 ha 区域の 地区計画の 本地区は 市の西部丘陵地に位置し 昭和 30 年代後半に日本住 目標 宅公団 ( 現 独立行政法人都市再生機構 ) によって開発された大規

More information

Microsoft Word - 岡崎駅南リーフレット案【最終】

Microsoft Word - 岡崎駅南リーフレット案【最終】 岡崎駅南 おかざきえきみなみ 地区計画のしおり Okazaki eki minami 良好な住環境と利便性の高い市街地の形成をめざして 地区計画の目標 当地区は JR 岡崎駅より 1km 圏に位置し 一部の区域が都心ゾーンに含まれ 商業 業務を始めとして土地の高度利用が期待される地区です また 土地区画整理事業の施行により 住宅地を主体としつつ医療施設や商業施設などの生活に必要な機能を備えた市街地の形成を目標に

More information

(暫定逆線引き地区)地区地区計画運用基準

(暫定逆線引き地区)地区地区計画運用基準 地区計画運用基準 この運用基準は 地区計画の運用を円滑に行うため 必要な事項を定める 北本市決定 平成 22 年 2 月 5 日告示第 21 号 平成 30 年 4 月 1 日告示第 102 号 北本都市計画地区計画 1 緑一丁目 本町四丁目地区地区計画 2 下石戸一丁目 緑三丁目地区地区計画 3 下石戸一丁目地区地区計画 4 緑四丁目 下石戸五丁目地区地区計画 5 二ツ家一丁目 二丁目地区地区計画

More information

目次 Ⅰ 背景 目的 1 Ⅱ 運用指針 1 1 基本的事項 2 2 対象地の要件 3 3 対象地の区域 4 4 地区施設等に関する事項 5 5 建築物等に関する事項 6 Ⅲ 附則 6 別表 -A 対象地区の要件 7 別表 -B 建築物等の制限 8

目次 Ⅰ 背景 目的 1 Ⅱ 運用指針 1 1 基本的事項 2 2 対象地の要件 3 3 対象地の区域 4 4 地区施設等に関する事項 5 5 建築物等に関する事項 6 Ⅲ 附則 6 別表 -A 対象地区の要件 7 別表 -B 建築物等の制限 8 稲沢市 市街化調整区域内地区計画 運用指針 平成 28 年 11 月 稲沢市 1 目次 Ⅰ 背景 目的 1 Ⅱ 運用指針 1 1 基本的事項 2 2 対象地の要件 3 3 対象地の区域 4 4 地区施設等に関する事項 5 5 建築物等に関する事項 6 Ⅲ 附則 6 別表 -A 対象地区の要件 7 別表 -B 建築物等の制限 8 Ⅰ 背景 目的これまでの拡大成長を前提とするまちづくりのあり方を転換し

More information

Microsoft Word - 08 清水公園駅東.doc

Microsoft Word - 08 清水公園駅東.doc 清水公園駅東地区地区計画 緑豊かでゆとりのあるまちづくりのために 野田市 . 緑豊かでゆとりのあるまちづくりのために 清水公園駅東地区では 土地区画整理事業により形成された安全で快適な居住環境を維持し 緑豊かでゆとりのあるまちづくりを目標としています そのためのきめ細やかなまちづくりのルールが 地区計画 です このルールを守り育てることが このまちへの愛着と誇りにつながるよう ご理解とご協力をお願いいたします

More information