2016 年 3 月期 第 2 四半期決算説明会 2015 年 11 月 20 日 住友精密工業株式会社 本資料で記述されている業績予想並びに将来予測は 現時点で入手可能な情報に基づき当社が判断した予想であり 潜在的なリスクや不確実性が含まれています そのため様々な要因の変化により 実際の業績は記述

Size: px
Start display at page:

Download "2016 年 3 月期 第 2 四半期決算説明会 2015 年 11 月 20 日 住友精密工業株式会社 本資料で記述されている業績予想並びに将来予測は 現時点で入手可能な情報に基づき当社が判断した予想であり 潜在的なリスクや不確実性が含まれています そのため様々な要因の変化により 実際の業績は記述"

Transcription

1 2016 年 3 月期 第 2 四半期決算説明会 2015 年 11 月 20 日 住友精密工業株式会社 本資料で記述されている業績予想並びに将来予測は 現時点で入手可能な情報に基づき当社が判断した予想であり 潜在的なリスクや不確実性が含まれています そのため様々な要因の変化により 実際の業績は記述されている将来見通しとは異なる結果となる可能性があることをご承知おきください

2 資料構成 報告セグメントの見直しについて P 年 3 月期第 2 四半期決算及び通期見通し P 3 航空宇宙関連事業概況 P 7 熱エネルギー 環境関連事業概況 P 17 ICT 関連事業概況 P 19 中期計画の進捗状況 P 21 企業価値の向上を目指して 研究開発の進め方と取り組み状況 P 24 コーポレートガバナンス強化 P 25 < 参考資料 > 財務補足データ ~ 過年度実績及び 2015 年度見通し P 27

3 報告セグメントの見直しについて これまでの航空宇宙関連と産業機器の 2 つの報告セグメントから 航空宇宙関連事業, 熱エネルギー 環境関連事業,ICT( 情報 通信 ) 関連事業の 3 つの報告セグメントに見直し 事業体制の拡充 製品分野の多様化に伴い 従来以上に各事業の特質や製品マーケットを意識の上 ステークホルダーにより適切な情報開示を目指す 2015 年 3 月期売上高 ( 億円 ) 従来報告セグメント通期新報告セグメント通期構成比実績実績 構成比 航空宇宙関連事業 % 航空宇宙関連事業 % 熱交換器 % 熱交換器 % その他産業機器等 54 11% 環境システム他 マイクロテクノロシ ー (*) 27 6% 含燃料電池 19 4% 環境システム 18 4% 熱エネルキ ー 環境関連事業 % 新規事業他 ICT 関連事業 燃料電池, 液晶, MEMSテ ハ イス, SNW 9 2% 産業機器事業 % MEMS 半導体製造装置 液晶製造装置 MEMSテ ハ イス, SNW (ICT:Information and Communication Technologyies) 35 7% 計 % 計 % *: MEMS 半導体製造装置 Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 2

4 2016 年 3 月期第 2 四半期までの総括 対当初計画では 上半期段階においては販売面での未達はあるが 損益面ではコスト改善や開発費を主体とした固定費の下半期へのずれこみ等の影響により各損益とも当初計画を上回る しかしながら 原油価格の下落 中国経済の減速等のマクロ環境影響により 事業によっては 足元の停滞感に加え先々への不透明感も拡がる 航空宇宙関連事業ではカナダにおいて独立系の表面処理事業会社を買収 Global Tier 1 サプライヤーを目指した体制構築が概ね完了 MEMS 半導体製造装置事業では米国を本拠とする半導体熱処理炉関連事業 を買収 業容拡大と共に 今後に向けた独自製品の海外販路の確保 及び 当社現有技術とのシナジー発揮を目指す Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 3

5 2016 年 3 月期第 2 四半期決算実績及び通期予想 ~ ハイライト < 上期実績 > < 通期予想 > 売上高 215 億円 (211 億円 ) 565 億円 (471 億円 ) 営業損益 2.9 億円 ( 1.5 億円 ) 20.0 億円 (15.9 億円 ) 経常損益 7.0 億円 (2.9 億円 ) 17.0 億円 (20.2 億円 ) 当期純損益 7.1 億円 (4.0 億円 ) 10.0 億円 (14.5 億円 ) EPS 13.4 円 (7.5 円 ) 18.9 円 (27.4 円 ) ROE ー 2.8% (4.3%) () 内は前年同期 [ 当初計画に対しては 7 月に売上高を見直し ] 対前年上半期比 販売面では 航空宇宙関連では脚関連を主体に増収も L NG 気化装置を主体とした熱交換器事業の減収により 全体では 4 億円の増加にとどまる 海外売上高は 106 億円で 海外比率は略 50% を維持 営業損益は 固定費の増加 販売構成面の影響等により若干後退 営業外で円安進行の一段落等に伴い昨年の為替差益から差損に転じたこと また昨年には SPTS 社株式の償還による一時的な受取利息や売却益があっ たことなどから 経常損益 当期純損益の段階では大幅減益 Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 4

6 2016 年 3 月期第 2 四半期決算及び通期予想 - セグメント業績 航空宇宙 : 上期対前期比で為替影響も含め増収 事業強化に向けた固定費増加を吸収して増益 通期 マクロ傾向は上期と同様 熱エネルキ ー : 上期高水準であった前期に比べ LNG 気化装置を主体とした大幅減収に伴い損益も後退 環境通期対計画では中国環境事業の受注遅れにより減収減益 ICT : 上期 下期ヘビーの傾向の中 対前期では増収なるも 今後の事業確立に向けた開発費増加等により減益 通期 下期には大幅増収増益も 本年度では上期の赤字を挽回しきれず ( 参考 ) < 対米ドル為替水準 > <102> <116> <122> <115> ( 億円 ) <115> 2015 年 3 月期 2016 年 3 月期 対前期 当初 上期 下期 通期 上期 下期 通期 通期 計画 実績 実績 実績 実績 予想 予想 増減 通期 売上高 航空宇宙関連 熱エネルギー 環境 ICT 営業利益 % 3.5% 0.2% 3.6% 航空宇宙関連 % 5.5% 0.2% 4.9% 熱エネルギー 環境 % 2.1% -0.8% 3.2% ICT % -3.8% 6.7% -2.8% ( 各期のセグメント別営業利益は 本年上期実績に準じて試算 ) Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 5

7 2015 年度 (2016 年 3 月期 ) 見通し ~ 概要 当初計画に対し 2 件の買収事業の連結編入による増収あるも のれん償却により営業利益段 階での貢献は軽微 営業外損益に関しては 為替の安定化等もあり 今年度が比較的定常的な水準 (14 年 3 月期 15 年 3 月期は特殊要因多 ) 通期 7 円の安定配当継続予定 < 上期 122> ( 億円 ) ( 参考 ) < 対米ドル為替水準 > <99> <110> < 下期 115> <115> 2014 年 2015 年 2016 年 対前期 2016 年 3 月期 3 月期 3 月期 通期 3 月期 実績 実績 予想 増減 当初計画 売上高 売上原価 売上総利益 ( 売上総利益率 ) 21.7% 23.0% 21.2% -1.7% 20.9% 販売費及び一般管理費 営業利益 ( 営業利益率 ) 2.1% 3.4% 3.5% 0.2% 3.6% 営業外収益 営業外費用 経常利益 ( 経常利益率 ) 3.1% 4.3% 3.0% -1.3% 3.1% 特別損益 税引前当期利益 当期純利益 EPS( 円 / 株 ) ROE 1.8% 4.3% 2.8% -1.5% 2.8% 配当 ( 円 / 通期 ) Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 6

8 航空宇宙関連事業 - MRJ 初飛行 年 11 月 11 日 M R J 初飛行 当社も開発から参画する三菱航空機の次世代リージョナルジェット機 MRJ (Mitsubishi Regional Jet) 飛行試験機初号機による初飛行実施 県営名古屋空港を離陸後 太平洋側の空域を利用し 上昇 下降 旋回などの基本特性の確認を約 1 時間半かけ実施 Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 7

9 民間航空機市場予測 - データ出所 : 日本航空機開発協会 40,000 30, 年運航機数 20,000 10,000 0 ジェット旅客機需要予測 19,877 (3,279) 2034 年時点総運航機数 37,147 (3,952) 年新規納入機数 32,688 (3,452) 内 既存機注 :() 内リージョナル ジェット 4,459 (500) 2014 年 2034 年 MRJ 受注状況 (2015 年 1 月 28 日三菱航空機発表 ) 発注元エアライン機数 確定 オプション購入権 全日本空輸株式会社 JALグループ トランス ステーツ ホールテ ィンク ス社 ( 米 ) スカイ ウェスト社 ( 米 ) エア マンタ レイ社 ( ミャンマー ) イースタン航空 ( 米 ) 計 ,000 40,000 30,000 20,000 10,000 0 ビジネス ジェット需要予測 2014 年運航機数 19, 年時点総運航機数 38, 年新規納入機数 26,011 内 既存機 12,326 ジェット旅客機全体 ビジネス ジェット共に向こう 20 年の納入機数は順次増加見通し これに伴い運航機数も右肩上がりが想定され 取替 修理等のアフターマーケットでの着実なビジネス拡大も期待される 2014 年 2034 年 Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 8

10 航空機関連主要製品群と当社の強み 当 社 の コ ア コ ン ピ タ ン ス 高強度金属材料の精密加工技術 熱マネジメント技術 及び 金属材料の接合技術 航空機用脚システムの機能 航空機用熱交換器の機能 降着装置 空調用熱交換器の例 主脚 着陸時の衝撃を吸収 前脚 移動時の進行方向を変えるステアリング機能 空調用空気 + 離着陸 地上走行時に機体を制御するシステム 機外の空気 脚揚降システム 主脚ブレーキ制御システム 前脚ステアリング システム 等 当 社 が 機外空気で 空調用空気を冷やす 熱交換 空調用空気の熱は 機外に放出 エンジン用途では エンジンオイルと ジェット燃料 若しくは機外空気とを熱交換 主 と 脚システム 100席未満クラス航空機 脚システム リージョナル ジェット ビジネス ジェット 代表機種 Bombardier社 CRJ700 三菱航空機 MRJ Honda Aircraft社 HA-420Honda Jet 他 し て 目 指 す 市 場 熱制御システム 航空機エンジン用熱交換器 航空機空調用熱交換器 他各種熱交換器 代表品種 Rolls-Royce社 Trent 1000 用熱交換器(B787向) Trent XWB 用熱交換器(A350向) Embraer社 ERJ向空調システム用熱交換器 三菱航空機 MRJ向空調システム用熱交換器 他 Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 9

11 事業の軸足は 官需から民需へ推移 民需官需民需割合 2 割強 7 割超 2008 年 1 月 MRJ 脚開発受注 2006 年 7 月 HJ 脚開発受注 2012 年 4 月カナダ体制構築開始 2014 年 12 月量産 D 社 Seastar 脚受注開始予定早期量産化へ 量産開始 有りたい姿 Global Tier 1 サプライヤーへ 各種開発フ ロク ラム本格化 脚システム Global Tier 1 サフ ライヤーへ熱制御システム開発 / 量産サイクル入り 民需用途本格化 脚システム インテク レーターへの成長熱制御システムの多様化 100 売上高 ( 億円 ) 官需用途民需向部品納入 (Tier 2) 予 2020 年 営業利益率 5.3% 5.5% 各製品群の販売規模 ( 新たな 3 セク メント基準 ) 熱制御システム約 15% 油圧制御機器約 15% 脚システム約 70% 2000 年代に入り 民需用途への取組みを本格化 現在は カナダに構築した推進体制を足掛りに 2020 年のありたい姿である海外も含めた Tier 1 サプライヤーに向かって着実に受注活動展開 Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 10

12 民間航空機用事業強化の歴史 - 揺籃期 ~1995 年頃 ( 脚システム事業 ) 航空機関連事業は従来 官需用途を主体に展開していたが 徐々に民需分野に ビジネスの裾野を広げてきた 戦後初の国産中型旅客機 YS-11 への参画 1959 年 当社脚開発に参画 1962 年 試作機初飛行成功量産へ 1971 年 総数 182 機を完納し量産完了 以降は補用品販売主体 国産旅客機 YS-11 海外 Tier1 メーカーへの部品供給開始 1979 年旧 Menasco 社 ( 現 UTAS 社 ) より B767 用脚部品を海外向け案件として初受注 YS-11 機用主脚 脚関連では YS-11 の実績を契機に 海外民間機向けにも Tier2 メーカーとして 民間航空機用途に関する経験を蓄えていった ( 注 ) Tier 1 : 機体メーカーと直接契約し 初期段階から脚システムの開発 ~ 量産に携わる Tier 2 : Tier 1 脚メーカーに対し 部品を納入 Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 11

13 民間航空機用事業強化の歴史 - 黎明期 ~2010 年頃 ( 脚システム事業 ) 官需用途から民需主体への軸足シフトを加速すべく 契機として目指した案件の開発に着手 Bombardier 社 CRJ700 脚システム共同開発 1996 年当社は旧 Menasco 社 ( 現 UTAS 社 ) と共同開発契約を締結し CRJ700 の脚システムを受注 CRJ 700 同案件の受注を契機に Tier 2 部品サプライヤーから 脚システム インテグレーターへの脱皮を図る 脚システム Tier 1 案件受注 2007 年 HA-420 Honda Jet 脚システム 2008 年 三菱 MRJプロジェクト参画 Honda Jet 更なる事業のステップアップへ Sumitomo Precision Products Co., Ltd. MRJ 12

14 民間航空機用事業強化の歴史 - 発展期 現在 ~ ( 脚システム事業 ) 住友精密 (SPP) グループの Global Tier 1サプライヤーを目指した各種施策 グローバルな生産体制の強化 ( 海外 ) 2012 年 SPP Canada Aircraft, Inc. (SPPCA) 設立 < 開発 設計 最終組立 > 2013 年 CFN Precision Ltd. (CFN) 買収 < 部品機械加工 > 2015 年 Tecnickrome Aeronautique Inc. 買収 < 表面処理 ( 特殊工程 )> ( 国内 ) 2013 年 ジャパンエアロネットワーク (JAN) 発足 傘下企業の育成に協力すると共に 調達を強化 MRO 体制の強化 (Maintenance, Repair and Overhaul) Tier1サプライヤーとして求められる修理などのアフターマーケットでのサービス提供力 (MRO) の強化 ( 国内 ) 2014 年 ANAグループの脚メンテナンス事業 ( 大型脚 特殊工程もカバー ) を買収し SPP 長崎エンジニアリング (SPPNECO) を新たに設立 ( 海外 ) 2014 年 Lufthansa Tech 社と業務提携 同社の修理ネットワークにて 技術開発力の強化 当社脚システムの海外におけるMROを担う体制を構築 CRJの量産 /MRJ Honda Jetの開発で培った技術力を更にブラッシュアップし 次期機種 派生機種等に求められる新世代技術も開発 Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 13

15 民間航空機用事業強化の歴史 - 発展期 現在 ~ <Global Tier 1 サプライヤーに向けた事業体制 > 部品加工 中間組立 開発 設計 MRO / 最終組立 ( アフターマーケット ) 大型主要部品 SPP SPP SPP 国内顧客 SPPNECO 中小型部品 SPPから 関係会社 ジャパンエアロネットワーク (JAN) 他に主体を移管中 海 CFN 社 CFN 社 SPPCA 外 Lufthansa Tech 社 ( 機械加工 ) Tecnickrome 社 顧客 ( 業務提携 ) ( 特殊工程 ) 同左技術開発力強化 2014 年 12 月 Dornier 社 Seastar CD2 降着システム受注 ( 海外 Tier1 案件第 1 号 ) 当社の実績 技術力と 諸々の体制強化取組が評価される 2015 年 6 月 Tecnickrome Aeronautique Inc. 買収により上図の体制構築が完成 2020 年ありたい姿 Global Tier1 サプライヤーとしての 更なる飛躍の実現 Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 14

16 民間航空機用事業強化の歴史 - 揺籃 / 黎明期 ~2010 年頃 ( 熱制御システム事業 ) 民間機エンジン用熱交換器海外展開開始 1981 年 Dornier 社 Do228 型機用 1982 年 Beech 社 Kingair90シリーズ機用等 Rolls-Royce 社との関係強化 1985 年 Rolls-Royce 社を含む 日米欧 5 か国 7 社の共同開発による 150 席級旅客機用エンジン V2500 向け熱交換器受注 この実績を通じて同社から当社の技術力と信頼性は高く評価され 以降 今日の Trent1000, Trent XWB 等同社の主要エンジンには当社の熱交換器が採用されるに至る Embraer 社 ERJ 用空調装置用熱交換器受注 Do228 機用エンシ ン オイルクーラー 1999 年 Hamilton 社 ( 現 UTAS 社 ) とリージョナルジェット機への適用を目的とした空調システムを共同開発 Embraer 社 ERJ170/190 向け空調装置を共同受注 V2500 用 FCOC この受注を契機に 民間航空機用途においてエンジン用のみならず 空調用等の多様な熱交換器に対応する技術力を備えるに至る ERJ 空調装置用熱交換器 Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 15

17 民間航空機用事業強化の歴史 - 発展期 現在 ~ ( 熱制御システム事業 ) 開発 ~ 量産サイクルの加速化及び用途拡大 Rolls-Royce 社との関係の更なる深化 2010 年 Trent 1000 (B787 向 ) 用熱交換器量産開始 2013 年 Trent XWB-84K (A350 向 ) 用熱交換器量産開始 2014 年 Trent XWB-97K (A350 向 ) 用熱交換器開発開始 2015 年 Trent 7000 (A330neo 向 ) 用熱交換器開発開始 その他の開発案件 Bombardier 社 Cシリーズ機防爆システム用熱交換器 G/E 社 新型エンジン Passport20 用熱交換器 MRJ 空調用熱交換器 等 開発 ~ 量産サイクルを加速し 製品ラインアップの更なる拡充を図る Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 16

18 熱エネルギー 環境関連事業 売上高 300 環境システム 他 - 熱交換器 環境システム 燃料電池 熱交換器 ありたい姿 SOFC商用化 環境システム 200 中国水処理他 143億円 143億円 145億円 予 営業利益率 2.9% 2.1% 100 熱交換器 海外展開強化 C-GTL社 商用案件 0 億円 2020年 (売上高 利益率は新たな 3セグメント基準に依るもの) 熱交換器事業では本年度当初計画売上高120億円は維持の見通しなるも 原 油価格下落等による不透明感は否めず これまで北米を主体に実施してきた新たなアプリケーションの マーケティング活動を更に広げて展開する 中国での環境システム事業は 中国経済低迷などの状況も踏まえ 戦略再構築に取組中 Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 17

19 熱エネルギー 環境関連事業 - 事業概況 ( 主要案件 ) Compact GTL 社向触媒反応器 ( 熱交換器事業 ) - 石油随伴ガスの処理に向けた世界初の小型 GTL プロセスの中核機構 ( カザフスタン案件進捗状況 ) 2014 年 2 月当社高温工業用ステンレス製熱交換器増強新工場建設完了 2014 年 3 月 C-GTL 社がカザフスタン政府との間でプラント建設に関する協力覚書を締結 2014 年 7 月 C-GTL 社がカザフスタン案件取り進めのための資金として $50 百万の調達決定 2015 年 3 月 C-GTL 社が KazakhOil Aktobe 社とガス供給契約につき合意 (*) KazakhOil Aktobe 社は現地の石油掘削会社で 環境規制対応 資源有効活用のための随伴ガス対策が急務 これに対応すべく C-GTL 社は複数の投資家と共に 随伴ガスの供給を受け 設置 保有する処理プラントにてディーゼル油に改質し販売する事業スキームを構築中 上記の通り カザフスタン案件について事業化に向けた取組は進められているものの 原油価格下落による現下の石油業界全体の不透明感は払拭し切れず 当社にて可能な働きかけも限定的であることを考慮すると 現時点で具体的な商用化時期を明示することは困難であり 当初の受注予測を見直し 今期の当社の受注予測には織込まず カザフスタンでは 従来より国策として随伴ガスの燃焼削減を強く推し進めており 現状も燃焼処理には罰則金が課せられている状況を考慮すると プロジェクト自体の価値 有効性は継続していると判断 随伴ガスの燃焼削減の強化はブラジル他各国における状況も同様で 本プロセス適用の動きが待たれる Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 18

20 ICT関連事業 - MEMS 半導体製造装置 液晶製造装置 MEMSデバイス センサーネットワーク 売上高 SPTS(譲渡事業) 200 液晶 MEMSデバイス 他 MEMS 半導体製造装置 SPTS社譲渡 MEMSデバイス他 商用化 航空機 熱交換器 関連 強化 億円 21 0 億円 41億円 億円 営業利益率 -10.6% ありたい姿 予 マイクロテクノロジー 新規装置 市場投入 海外展開 等 2020年 -3.8% (売上高 利益率は新たな 3セグメント基準に依るもの) MEMS 半導体製造装置事業では 安定的な米国事業を買収すると共に 独自新製 品の開発 上市を加速し 将来的な海外展開を含む更なる拡販を目指す 液晶製造装置では改造及び従来品の販売を中心に増加 MEMSデバイス他の新規事業においては早期の商用化を目指す Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 19

21 ICT 関連事業 TP 事業買収 (MEMS 半導体製造装置事業 ) - 事業概況 ( 主要案件 ) *: 半導体製造用熱処理装置の製造 販売 サービス提供 2015 年 6 月 SPTS Technologies UK Limited 社より Thermal Products 事業 (* 以下 TP 事業 ) を譲受 SPT USA, Inc.( 当社孫会社 ) 他を新たに設立 ( 事業買収の狙い ) 安定的な TP 事業を傘下に取り込むことによる確実な業容拡大 当社独自製品の今後の海外販路確保 当社現有技術と TP 事業技術のシナジー引出しによる新製品の上市 熱処理装置 ミニマル ファブ向けプラズマエッチャー及びプラズマ CVD 装置開発 (MEMS 半導体製造装置事業 ) ( 経済産業省 革新的製造プロセス技術開発プロジェクト 参画 ) ミニマル ファブは日本発の革新的新規格の半導体 MEMS 製造技術であり 当社はプラズマプロセス装置で貢献 中期計画では2016 年度の販売を目指すとしていたが 今般前倒しで本年度からの商用販売を開始 ミニマル ファブ装置 Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 20

22 中期計画の進捗状況 年度に向けた当初想定との環境変化 マクロ環境の影響 原油価格下落 中国経済の減速 航空宇宙関連エネルギー 環境情報 通信 影響小 ( 運航コスト等は軽減 ) ( 油圧機器 ) これまで堅調であった射出成型機用油圧ポンプにも減速感 ( 熱交換器 ) 新規プラント他客先での投資決定に係る不透明感 ( 環境システム ) 中国各地自治体案件引合照会あるも 決定に時間を要す 影響小 ( マイクロテクノロジー ) アプリケーション側での需要減速による部品製造側設備投資の意思決定遅れ懸念 航空宇宙関連事業 2014 年 12 月 Dornier 社 Seastar CD2 脚開発受注 海外 Tier 1 案件第 1 号 2015 年 5 月ロールスロイス社 Trent7000エンジン開発参画 開発 ~ 量産サイクル加速化の実現 当初予定の新規品一部立上り遅れ 収益への反映遅れ Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 21

23 中期計画の進捗状況 年度に向けた当初想定との環境変化 熱エネルギー 環境関連 工業用大型熱交換器における空気分離装置用途以外の開拓 LNG 製造プロセス関連他大型案件受注 ( 但し 更なる新規案件については不透明感 ) 日本の鉄道車両メーカーの海外進出旺盛 当社鉄道用熱交換器についても追い風 水素ステーション用熱交換器納入 (2015 年 10 月 ) ステンレス製熱交換器における今後の有望なアプリケーション C-GTL 社案件商用化時期 不透明化による当社受注時期への影響 燃料電池 (SOFC) 経済産業省水素 燃料電池ロードマップ概要 業務 産業用の市場投入予定 2017 年度に ( 中期計画策定時は 2016 年度を想定 ) Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 22

24 中期計画の進捗状況 年度に向けた当初想定との環境変化 ICT 関連事業 MEMS 半導体製造装置事業 Thermal Products 事業買収 安定事業の取得による業容拡大海外直接販路確保と技術シナジー ミニマル ファブ向けプラズマエッチャー及びプラズマ CVD 装置開発進捗 当初計画を前倒しに 本年度より商用販売開始 新規事業 (MEMS デバイス センサーネットワーク ) ユーザー側での実用化に向けた開発 市場開拓に遅れ感 Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 23

25 企業価値の向上を目指して ~ 研究開発の進め方と取組み状況 将来に向け社会的要請にも沿ったテーマを中心に 共同開発や外部助成も活用し 絶えざる技術革新を追求 事業分野 研究開発 研究開発の 外部助成 テーマ 貢献事項 ( 共同先 ) 航空宇宙 脚揚降システムの電動アクチュエーター化 次世代電動化航空機への対応化 NEDO ( エアバス ) 電動タキシー ( 電動自走 ) NEDO 電磁ブレーキ 騒音低減研究 (FQUROH フ ロシ ェクト ) 静音型脚システムへの対応化 ( 離着陸時の風切音の低減化 ) ( 宇宙航空研究開発機構 / 三菱重工 / 川崎重工 / 三菱航空機 ) エンジン用 高性能オイルクーラー エンジンの高性能化 ( 低燃費 ) NEDO ( 日欧共同研究 ) エネルギー環境 燃料電池 業務用燃料電池の市場化 NEDO ( 三浦工業 ) 情報通信 金属充填 絶縁層形成 車載用障害物検知デバイスのプ ロセスの低コスト化 NEDO ( ラピスセミコンダクタ ) 異分野融合共同研究 農業への情報通信技術適用 の実証化 農水省生研センター ( 東京大学 ) NEDO :New Energy and Industrial Technology Development Organization 新エネルギー 産業技術総合開発機構 Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 24

26 企業価値の向上を目指して ~ コーポレート ガバナンス強化 社外取締役 2 名の就任 ( 本年 6 月 26 日株主総会 ) 川村群太郎氏 ダイキン工業 取締役兼副社長執行役員 白井文氏 前尼崎市長 株主工場見学会 今月 3 4 日両日にて開催 初めての試みであったが 参加された方々にはご満足頂き 見学後の質疑応答も活発なものとなり 実りある対話が実現 コーポレート ガバナンス コード 本年 12 月コーポレートガバナンス報告書提出予定 Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 25

27 < 参考資料 > 財務補足データ ~ 過年度実績及び 2015 年度見通し Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 26

28 2015 年度見通し ~ 売上高 ( 億円 ) < 参考 > < 対米ドル為替水準 > <102> <116> <122> <115> <115> 事業分野 2015 年 3 月期 2016 年 3 月期 対前期 上期 下期 通期 上期 下期 通期 通期 実績 実績 実績 実績 予想 予想 増減 官需 % 100 民需 % 240 航空宇宙関連 % 340 熱交換器 (*) % 120 環境システム 燃料電池 % 37 熱エネルギー 環境関連 % 157 MEMS 半導体製造装置 % 35 液晶 SNW MEMS % 18 ICT 関連 % 53 計 % 550 (*) 熱交換器内訳 LNG 気化装置 % 45 工業用大型品 % 40 汎用品 % 25 高温工業用 % 10 Sumitomo Precision Products Co., Ltd 年 3 月期 当初計画の値 27

29 2015 年度見通し ~ 受注残高 ICT 熱エネルギー 環境航空宇宙 ( 億円 ) C-GTL 社案件含まず 見通 Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 28

30 2015 年度見通し ~ 設備投資及び資金調達 ( 億円 ) 設備 ( 検収 ) 減価償却費 ( 有形 ) 有利子負債残高 事業投資を含まず (10) 9 (1) 見通 注 ) 12 年 3 月期は SPTS を除く ( ) 内 SPTS 上期分 Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 29

31 2015 年度見通し ~ 財務指標 ( 億円 ) 2012 年 2013 年 2014 年 2015 年 2016 年 3 月期 3 月期 3 月期 3 月期 3 月期 実績 実績 実績 実績 予想 総資産 有利子負債合計 自己資本 ( 純資産 ) D/E レシオ 自己資本比率 45.6% 44.1% 41.0% 42.4% 42.2% ROE 0.3% 0.8% 1.8% 4.3% 2.8% * フリーキャッシュフロー *: 当期利益については譲渡事業の影響を除外して算出 内 2 件の事業買収費 -27 Sumitomo Precision Products Co., Ltd. 30

目次 1. 経営成績営業利益分析 / 海外売上高 / 貸借対照表 2. 業績予想 ( 修正 : 有 ) 3. 研究開発費 / 減価償却費 / 設備投資 4. 株価の状況 5. トピックス P.2 P.10 P.14 P.16 P

目次 1. 経営成績営業利益分析 / 海外売上高 / 貸借対照表 2. 業績予想 ( 修正 : 有 ) 3. 研究開発費 / 減価償却費 / 設備投資 4. 株価の状況 5. トピックス P.2 P.10 P.14 P.16 P 横河電機株式会社 2016 年 3 月期第 3 四半期 決算説明会 2016 年 2 月 2 日 常務執行役員経営管理本部長鈴木周志 - 0 - 目次 1. 経営成績営業利益分析 / 海外売上高 / 貸借対照表 2. 業績予想 ( 修正 : 有 ) 3. 研究開発費 / 減価償却費 / 設備投資 4. 株価の状況 5. トピックス P.2 P.10 P.14 P.16 P.17-1 - 決算サマリー

More information

2017年度 決算説明会資料

2017年度 決算説明会資料 217 年度 決算説明会 218 年 5 月 15 日 目次 Ⅰ 217 年度決算実績 P.2~P.151 Ⅱ 218 年度業績予想 P.16~P.281 Copyright (C) 218 KAJIMA CORPORATION All Rights Reserved. 1 Ⅰ 217 年度 決算実績 1 事業環境等の振り返り 2 業績ハイライト 3 事業別の概況 4 財政状態 5 配当金 Copyright

More information

2018年度第2四半期 決算説明資料

2018年度第2四半期 決算説明資料 2018 年度第 2 四半期決算説明資料 2018 年 10 月 31 日 目次 Ⅰ.2018 年度第 2 四半期決算実績 決算実績ハイライト 連結経営成績サマリー 定常収益 セグメント別内訳 連結財政状態 主要財務指標/ キャッシュ フローセグメント情報 受注高 受注残高 3 4 5 6 7 8 9 Ⅱ.2018 年度業績見通し 業績見通しサマリー 定常収益 セグメント別内訳 Ⅲ. 三菱航空機の資本増強

More information

証券コード : 年 3 月期第 2 四半期決算 2018 年 10 月 30 日 ( 火 )

証券コード : 年 3 月期第 2 四半期決算 2018 年 10 月 30 日 ( 火 ) 証券コード :6770 2019 年 3 月期第 2 四半期決算 2018 年 10 月 30 日 ( 火 ) 目次 2019 年 3 月期第 2 四半期連結業績実績 P3~13 2019 年 3 月期連結業績予想 P14~16 配当金の見通し P17 持株会社体制における株主還元 P18~19 2 2019 年 3 月期第 2 四半期連結業績実績 第 2 四半期連結業績ポイント 連結 売上高 営業利益は前年同期比で増収減益

More information

スライド 1

スライド 1 2016 年 3 月期 決算説明会 2016 年 5 月 24 日 岩谷産業株式会社 将来にわたる部分につきましては 予想に基づくものであり 確約や保証を与えるものではございません 当然のことながら 予想と違う結果と成ることがあることを十分にご認識の上ご活用ください 目次 2016 年 3 月期決算概況 中期経営計画 PLAN18 2017 年 3 月期通期業績予想 1 2016 年 3 月期 決算概況

More information

決算サマリー 2019 年 3 月期第 1 四半期業績概要 売上高 596 億円 ( 前四半期比横ばい ) 営業利益 60 億円 ( 同 34% 増 ) 自動車向けの需要が コンデンサ中心に堅調 2019 年 3 月期業績予想 上期の業績予想を上方修正 自動車 産業機器の電子化やスマートフォンの高機

決算サマリー 2019 年 3 月期第 1 四半期業績概要 売上高 596 億円 ( 前四半期比横ばい ) 営業利益 60 億円 ( 同 34% 増 ) 自動車向けの需要が コンデンサ中心に堅調 2019 年 3 月期業績予想 上期の業績予想を上方修正 自動車 産業機器の電子化やスマートフォンの高機 2019 年 3 月期第 1 四半期決算連結業績概要 2018 年 8 月 6 日 太陽誘電株式会社経営企画本部長増山津二 決算サマリー 2019 年 3 月期第 1 四半期業績概要 売上高 596 億円 ( 前四半期比横ばい ) 営業利益 60 億円 ( 同 34% 増 ) 自動車向けの需要が コンデンサ中心に堅調 2019 年 3 月期業績予想 上期の業績予想を上方修正 自動車 産業機器の電子化やスマートフォンの高機能

More information

2018年度第1四半期 決算説明資料

2018年度第1四半期 決算説明資料 2018 年度第 1 四半期決算説明資料 2018 年 8 月 3 日 目次 Ⅰ.2018 年度第 1 四半期決算実績 連結経営成績サマリー 定常収益 4 セグメント別内訳 5 連結財政状態 6 主要財務指標/ キャッシュ フロー 7 セグメント情報 受注高 受注残高 8 売上収益 9 事業利益 10 3 Ⅱ.2018 年度業績見通し 業績見通しサマリー 定常収益 セグメント別内訳 Ⅲ. 補足資料

More information

2019 年 3 月期第 3 四半期連結業績概要 2019 年 3 月期通期見通しについて 常務執行役員山西哲司 2019 年 3 月期第 3 四半期決算説明会 TDK 株式会社 2019 広報グループ 2019/1/30 3

2019 年 3 月期第 3 四半期連結業績概要 2019 年 3 月期通期見通しについて 常務執行役員山西哲司 2019 年 3 月期第 3 四半期決算説明会 TDK 株式会社 2019 広報グループ 2019/1/30 3 2019 年 3 月期第 3 四半期連結業績概要 2019 年 3 月期通期見通しについて 常務執行役員山西哲司 広報グループ 2019/1/30 3 2019 年 3 月期第 3 四半期決算のポイント 第 3 四半期売上高は前年同期比 2.8% 増 営業利益は前年同期比 2.1% 減 9 ヶ月累計ベースでは売上 営業利益 税引前利益 当期純利益が過去最高を更新 自動車市場向け販売が好調なコンデンサが受動部品全体の収益基盤を底上げ

More information

Microsoft PowerPoint - 3rdQuarterPresentations2013_J03.ppt

Microsoft PowerPoint - 3rdQuarterPresentations2013_J03.ppt 1 NSG グループ 213 年 3 月期第 3 四半期決算報告 (212 年 4 月 1 日 ~ 12 月 31 日 ) 日本板硝子株式会社 213 年 1 月 31 日 2 ( ブランクページ ) 3 213 年 3 月期第 3 四半期決算報告 (212 年 4 月 1 日 ~12 月 31 日 ) アジェンダ要点決算概要事業状況リストラクチャリング施策の進捗リファイナンス進捗まとめ 4 要点

More information

2009年3月期 第2四半期決算説明会

2009年3月期    第2四半期決算説明会 2015 年 3 月期第 2 四半期決算補足資料 2014 年 11 月 19 日 ( 水 ) 2014 年度 (2015 年 3 月期 ) 第 2 四半期決算について 1 決算概要 売上高は前年同期比 1.9% の増収 営業利益は前年同期比 31.7% の増益 営業利益率は 0.4 ホ イント増の 1.9% ( 単位 : 億円 < >:%) 2013 年度 2Q 累計 (A) 2014 年度 2Q

More information

P01-14

P01-14 Future 15 L N G 19 195 1961 2 471 178 38% 293 62% 3 6 7 1 13 15 17 19 21 24 25 26 1 2 1 8 9 7 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 22 1 215 22 CompactGTL 22 21416 214 LufthansaMRO 214 LNG

More information

Microsoft PowerPoint _FY162Q決算説明会プレゼン資料QQ_final_web

Microsoft PowerPoint _FY162Q決算説明会プレゼン資料QQ_final_web ミスミグループ 17 年 3 月期決算報告 16 年度決算の概要 16 年 11 月 1 日代表取締役社長 CEO 大野龍隆 為替レート ( 対円 ) FY1 USドル 121. 円 16.4 円 ユーロ 4.6 円 119.1 円 人民元 19.4 円 16.1 円 1 16 年度決算概要 売上高 利益ともに決算として過去最高を更新円高影響を吸収し 増収増益で概ね計画線上の着地 FY1 増減率計画対前年対計画

More information

<4D F736F F F696E74202D A4A8EA A F AFA96968C888E5A90E096BE89EF C835B83938E9197BF5F5A5A35>

<4D F736F F F696E74202D A4A8EA A F AFA96968C888E5A90E096BE89EF C835B83938E9197BF5F5A5A35> 目 次 ミスミグループ 218 年 3 月期決算報告 1.17 年度決算の概要 2 2.18 年度通期連結業績見通し 9 218 年 月 11 日代表取締役社長 CEO 大野龍隆 1 17 年度決算の概要 為替レート ( 対円 ) USドル 19. 円 11.9 円 ユーロ 119.4 円 129.4 円 人民元 16.2 円 16.7 円 17 年度決算概要 売上 利益ともに 7 期連続で過去最高を更新売上は堅調な自動化需要を取り込みほぼ計画通り営業利益は持続成長に向けた先行投資増により若干未達

More information

Microsoft PowerPoint - 決算説明資料2(日).ppt

Microsoft PowerPoint - 決算説明資料2(日).ppt NSG グループ 2013 年 3 月期第 2 四半期決算報告 (2012 年 4 月 1 日 ~9 月 30 日 ) 日本板硝子株式会社 2012 年 10 月 31 日 2 吉川恵治 代表執行役社長兼 CEO クレメンス ミラー 代表執行役副社長兼 COO マーク ライオンズ 代表執行役 CFO 3 2013 年 3 月期第 2 四半期決算報告 (2012 年 4 月 1 日 ~9 月 30 日

More information

平成26年(2014年)3月期第1四半期決算説明会資料.ppt

平成26年(2014年)3月期第1四半期決算説明会資料.ppt 214 年 3 月期第 1 四半期決算説明会 取締役専務執行役員佐々木康夫 213 年 8 月 26 日フタバ産業株式会社 (#7241) 目次 2 1.214 年 3 月期第 1 四半期決算概況 連結連結 個別個別 2.214 年 3 月期通期業績見通し 連結連結 個別個別 3 連結決算概況 連結連結 214 年 3 月期第 1 四半期決算要約 4 214 年 3 月期第 1 四半期 213 年

More information

2019 年 3 月期決算説明会 2019 年 3 月期連結業績概要 2019 年 5 月 13 日 太陽誘電株式会社経営企画本部長増山津二 TAIYO YUDEN 2017

2019 年 3 月期決算説明会 2019 年 3 月期連結業績概要 2019 年 5 月 13 日 太陽誘電株式会社経営企画本部長増山津二 TAIYO YUDEN 2017 2019 年 3 月期決算説明会 2019 年 3 月期連結業績概要 2019 年 5 月 13 日 太陽誘電株式会社経営企画本部長増山津二 決算サマリー 2019 年 3 月期業績概要 売上高 2,743 億円 ( 前期比 12% 増 ) 営業利益 352 億円 ( 同 74% 増 ) で増収増益 コンデンサは前期比 19% 増収 すべての用途で売上が増加 特に自動車向けが牽引 売上高と当期純利益は

More information

2017 年度決算概要 Ⅰ 年度連結業績概要 Ⅱ 年度連結業績予想 Ⅲ. 補足資料 シャープ株式会社 2018 年 4 月 26 日 見通しに関する注意事項 本資料に記載されている内容には シャープ株式会社及び連結子会社 ( 以下 総称して シャープ という ) の計画 戦略

2017 年度決算概要 Ⅰ 年度連結業績概要 Ⅱ 年度連結業績予想 Ⅲ. 補足資料 シャープ株式会社 2018 年 4 月 26 日 見通しに関する注意事項 本資料に記載されている内容には シャープ株式会社及び連結子会社 ( 以下 総称して シャープ という ) の計画 戦略 度決算概要 Ⅰ. 度連結業績概要 Ⅱ. 2018 年度連結業績予想 Ⅲ. 補足資料 シャープ株式会社 2018 年 4 月 26 日 見通しに関する注意事項 本資料に記載されている内容には シャープ株式会社及び連結子会社 ( 以下 総称して シャープ という ) の計画 戦略 業績など将来の見通しに関する記述が含まれています これらの記述は過去または現在の事実ではなく 現時点で入手可能な情報から得られたシャープの仮定や判断に基づくものであり

More information

2018 Brother Industries, Ltd. All Rights Reserved 年度第 3 四半期連結業績概要 16Q3 増減 増減率 () は為替影響 除く増減率 売上収益 1,878 1, % (+6.4%) 事業セグメント利益 224

2018 Brother Industries, Ltd. All Rights Reserved 年度第 3 四半期連結業績概要 16Q3 増減 増減率 () は為替影響 除く増減率 売上収益 1,878 1, % (+6.4%) 事業セグメント利益 224 2017 年度 第 3 四半期連結決算説明資料 2018 年 2 月 7 日 当資料に掲載されている情報のうち歴史的事実以外のものは 発表時点で入手可能な情報に基づく当社の経営陣の判断による将来の業績に関する見通しであり 当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません 実際の業績は 経済動向 為替レート 市場需要 税制や諸制度等に関するさまざまなリスクや不確実要素により大きく異なる結果となる可能性があることをご承知おきください

More information

2019年度第1四半期決算説明資料

2019年度第1四半期決算説明資料 2019 年度 第 1 四半期決算説明資料 2019.7.25 将来の見通しに関する注意事項このプレゼンテーションに掲載されている当社の現在の計画 見通し 戦略 その他の歴史的事実でないものは 将来の業績に関する見通しであり これらは現在入手可能な情報から得られた当社の経営者の判断に基づいております 実際の業績は さまざまな重要な要素により これらの業績見通しとは大きく異なる結果となりうることをご承知おきください

More information

2017(平成29)年3月期第2四半期決算プレゼンテーション資料

2017(平成29)年3月期第2四半期決算プレゼンテーション資料 2016 年度第 2 四半期決算 取締役兼執 役員常務 財務 調達本部 兼グループ グローバル経営推進本部 荻原弘之 2016 年 11 2 古河電気 業株式会社 将来情報についての注意事項この資料に記載されております売上高及び利益等の計画のうち 過去または現在の事実に関するもの以外は 当社グループの各事業に関する業界の動向についての見通しを含む経済状況 ならびに為替レートの変動その他の業績に影響を与える要因について

More information

General Presentation

General Presentation 2013 年 3 月期第 3 四半期決算 2013 年 1 月 31 日 ( 木 ) COPYRIGHT(C) 2011 ALPS ELECTRIC CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. Ⅰ.2013 年 3 月期第 3 四半期累計実績 1. 業績サマリー [ 単位 : 億円 ] 2012 年 3 月期 2013 年 3 月期 増減 増減 第 3 四半期累計 第 1 四半期

More information

本日の説明内容 総括 2019 年 3 月期第 1 四半期実績 2019 年 3 月期通期見通し 主要施策の進捗 1

本日の説明内容 総括 2019 年 3 月期第 1 四半期実績 2019 年 3 月期通期見通し 主要施策の進捗 1 2019 年 3 月期第 1 四半期決算説明会 本日の説明内容 総括 2019 年 3 月期第 1 四半期実績 2019 年 3 月期通期見通し 主要施策の進捗 1 総括 2019 年 3 月期第 1 四半期実績 グローバル販売台数は対前年 7% 増の 40 万 3 千台と過去最高 クロスオーバー系車種の好調な販売及び商品改良モデルの投入による販売モメンタムの改善 地域別では 日本 米国や ASEAN

More information

Microsoft PowerPoint - ★決算説明資料_0110

Microsoft PowerPoint - ★決算説明資料_0110 2019 年 5 期第 2 四半期 決算説明資料 タマホーム株式会社 < 1419 > 2019 年 1 15 1 1. 発表のポイント 注 住宅事業は受注が好調に推移し 引渡棟数が前年同期で増加 受注 5,525 棟前年同期 +21.0% 引渡 3,561 棟前年同期 +5.7% 2 2. 受注実績 注 住宅事業 地域限定商品を42 都道府県で展開し 好調に推移 注 住宅事業 受注棟数 2018/5

More information

untitled

untitled 1 東燃ゼネラル石油株式会社 2010 年 12 月期第 3 四半期決算概要 および通期業績予想の修正 2010 年 11 月 12 日 見通しに関する注意事項この資料に記載されている当社および当社グループ各社の現在の計画 見通しに関する事項は 日本および世界経済の動向 原油価格 円ドルの為替レート 需給の変動に大きく左右される業界の競争状況などにより影響を受けます これらの影響により 実際の業績は本資料で記載した見通しとは大きく異なる可能性があることにご留意ください

More information

<4D F736F F F696E74202D C888E5A90E096BE8E9197BF A B88F38DFC816A>

<4D F736F F F696E74202D C888E5A90E096BE8E9197BF A B88F38DFC816A> 10 年度第 2 四半期 ( 累計 ) 決算説明資料 2010 年 11 月 12 日 億円単位の数値の表示方法について : 各項目の数値は それぞれの数値の億円未満を四捨五入して表示しています また増減については 億円単位の数値を元に計算しています 本資料における予想 見通し 計画等は 現時点における事業環境に基づくものであり 今後の事業環境の変化により実際の業績が異なる可能性があります Copyright

More information

( 億円 ) ( 億円 ) 営業利益 経常利益 当期純利益 金 25, 2, 15, 12, 営業利益率 経常利益率 額 15, 9, 当期純利益率 6. 1, 6, 4. 5, 3, 2.. 2IFRS 適用企業 8 社 214 年度 215 年度前年度差 ( 単位 : 億円 ) 前年

( 億円 ) ( 億円 ) 営業利益 経常利益 当期純利益 金 25, 2, 15, 12, 営業利益率 経常利益率 額 15, 9, 当期純利益率 6. 1, 6, 4. 5, 3, 2.. 2IFRS 適用企業 8 社 214 年度 215 年度前年度差 ( 単位 : 億円 ) 前年 215 年度自動車部品工業の経営動向 216 年 6 月 14 日 一般社団法人日本自動車部品工業会一般社団法人日本自動車部品工業会は 216 年 5 月 1 日現在での会員企業 4 4 1 社のうち 上場企業で自動車部品の比率が5 以上 かつ前年同期比較が可能な自動車部品専門企業 81 社の 2 1 5 年度 (4~3 月 ) の経営動向を各社の連結決算短信 ( 連結決算を行っていない企業は単独決算

More information

決算概要

決算概要 決算概要 2016 年 4 28 富 通株式会社 次 本 のご説明内容 1. 連結業績概要 (1). 経営成績 / 事業別セグメント情報 (2). キャッシュ フローの状況 (3). 資産 負債 資本の状況 2. 2016 年度連結業績予想 (1). 業績 通し / 事業別セグメント情報 ( ご参考 ) (1). 連結業績予想の前提条件等 (2). 海外拠点の損益情報 1 次 本 のご説明内容 1.

More information

2015 Template Japanese 4×3

2015 Template Japanese 4×3 証券コード :6770 2018 年 3 月期通期決算 2018 年 4 月 26 日 ( 木 ) 目次 2018 年 3 月期連結業績実績 P3~14 2019 年 3 月期連結業績予想 P15~19 配当金の見通し P20~21 2 2018 年 3 月期連結業績実績 2018 年 3 月期連結業績ポイント 連結 売上高 営業利益とも通期ベースで過去最高を更新 売上高は前年比 13.9% 増加

More information

2017年度決算説明会資料

2017年度決算説明会資料 2017 年度 決算説明会資料 2018 年 5 月 9 日 目次 1. 2017 年度通期業績 2. 2018 年度通期業績見通し 1 1. 2017 年度通期業績 2 2017 年度通期業績の概要 経常利益 194 億円 ( ほぼ前期並み ) 数量 : 前期比増 UATH *1 缶材 自動車材 半導体 液晶製造装置向けが増加 経常利益 : 前期比 4 億円 (2.1%) 減 ( ほぼ前期並み )

More information

平成 23 年 3 月期 決算説明資料 平成 23 年 6 月 27 日 Copyright(C)2011SHOWA SYSTEM ENGINEERING Corporation, All Rights Reserved

平成 23 年 3 月期 決算説明資料 平成 23 年 6 月 27 日 Copyright(C)2011SHOWA SYSTEM ENGINEERING Corporation, All Rights Reserved 平成 23 年 3 月期 決算説明資料 平成 23 年 6 月 27 日 目 次 平成 23 年 3 月期決算概要 1 業績概要 4 2 経営成績 5 3 業績推移 6 4 売上高四半期推移 7 5 事業別業績推移 ( ソフトウェア開発事業 ) 8 6 事業別業績推移 ( 入力データ作成事業 ) 9 7 事業別業績推移 ( 受託計算事業 ) 10 8 業種別売上比率 ( 全社 ) 11 9 貸借対照表

More information

a

a a .. / / 平成 17 年 10 月 27 日キヤノン株式会社 第 3 四半期決算補足資料 ( 連結 ) ( 平成 17 年 7 月 1 日 ~ 平成 17 年 9 月 30 日 ) 目次 頁 1. 地域別 製品別売上高... 補 1 2. 事業の種類別セグメント情報... 補 2 3. 営業外収益及び費用... 補 2 4. 製品別売上高構成比... 補 3 5. 売上高現地通貨ベース伸び率

More information

キヤノンマーケティングジャパングループ2016年決算説明資料

キヤノンマーケティングジャパングループ2016年決算説明資料 キヤノンマーケティングジャパングループ 2016 年度決算説明 2017 年 1 月 31 日 キヤノンマーケティングジャパン株式会社 取締役常務執行役員 松阪喜幸 本資料では 億円単位未満の端数は四捨五入により表示しております 本資料で記述されている業績予想並びに将来予測は 現時点で入手可能な情報に基づき当社が判断した予想であり 潜在的なリスクや不確実性が含まれています そのため 様々な要因の変化により

More information

2018年度(2019年3月期)第3四半期決算説明資料

2018年度(2019年3月期)第3四半期決算説明資料 2018 年度 (2019 年 3 月期 ) 第 3 四半期決算説明資料 2019 年 1 月株式会社富士通ゼネラル 本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は 当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており その達成を当社として約束する趣旨のものではありません また 実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります 目次 1. 第 3 四半期の業績

More information

2010年3月期決算説明会

2010年3月期決算説明会 株式会社ニコン 26 年月 5 月 15 日 広報 IR 部 21 年 3 月期決算説明会 21 年 5 月 11 日 株式会社ニコン 本資料で記述されている業績予想並びに将来予測は 現在における入手可能な情報に基づき当社が判断した内容であり 潜在的リスク及び不確実性が含まれます 従いまして 様々な要因の変化によって 実際の業績は記述されている内容と大きく乖離する結果となる可能性があることをご承知おきください

More information

( 億円 ) ( 億円 ) 営業利益 経常利益 当期純利益 2, 15, 1. 金 16, 額 12, 12, 9, 営業利益率 経常利益率 当期純利益率 , 6, 4. 4, 3, 2.. 2IFRS 適用企業 1 社 ( 単位 : 億円 ) 215 年度 216 年度前年度差前年度

( 億円 ) ( 億円 ) 営業利益 経常利益 当期純利益 2, 15, 1. 金 16, 額 12, 12, 9, 営業利益率 経常利益率 当期純利益率 , 6, 4. 4, 3, 2.. 2IFRS 適用企業 1 社 ( 単位 : 億円 ) 215 年度 216 年度前年度差前年度 216 年度自動車部品工業の経営動向 217 年 6 月 12 日 一般社団法人日本自動車部品工業会 一般社団法人日本自動車部品工業会は 217 年 5 月 1 日現在での会員企業 4 4 社 のうち 上場企業で自動車部品の比率が5 以上 かつ前年同期比較が可能な自動車 部品専門企業 79 社の 2 1 6 年度 (4~3 月 ) の経営動向を各社の連結決算短信 ( 連結 決算を行っていない企業は単独決算

More information

2018 年度 第 2 四半期決算説明会資料 2018 年 11 月 6 日 当資料に掲載されている情報のうち歴史的事実以外のものは 発表時点で入手可能な情報に基づく当社の経営陣の判断による将来の業績に関する見通しであり 当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません 実際の業績は 経済動向

2018 年度 第 2 四半期決算説明会資料 2018 年 11 月 6 日 当資料に掲載されている情報のうち歴史的事実以外のものは 発表時点で入手可能な情報に基づく当社の経営陣の判断による将来の業績に関する見通しであり 当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません 実際の業績は 経済動向 2018 年度 第 2 四半期決算説明会資料 2018 年 11 月 6 日 当資料に掲載されている情報のうち歴史的事実以外のものは 発表時点で入手可能な情報に基づく当社の経営陣の判断による将来の業績に関する見通しであり 当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません 実際の業績は 経済動向 為替レート 市場需要 税制や諸制度等に関するさまざまなリスクや不確実要素により大きく異なる結果となる可能性があることをご承知おきください

More information

2016年1月期 第1四半期 決算概要

2016年1月期 第1四半期 決算概要 積水ハウス株式会社 2016年1月期 第1四半期 2015 2 1 2015 4 30 2015 2 1 2015 4 30 決算概要 1 業績概要 2 財政状態 3 セグメント情報 請負型ビジネス ストック型ビジネス 開発型ビジネス 参考 通期見通し 2015年6月4日 2014年度中期経営計画の基本方針 グループシナジーの強化による 住 関連ビジネスの新たな挑戦 戸建住宅事業 賃貸住宅事業 請負型

More information

プレゼン

プレゼン 本日はご多用のところ お集まりいただき 誠にありがとうございます それでは 決算概要について 説明させていただきます 1 最初に 第 3 四半期の決算概要をご説明します 今回は 3 ヶ月ベースの業績を中心に説明いたします 2 第 3 四半期の決算のポイントは ご覧の 2 点であります 1 点目は 中期計画のテーマであります赤字事業の改善が 着実に進んだことなどにより 営業利益が前年から大きく増加したことであります

More information

2018年度第2四半期 決算概要

2018年度第2四半期 決算概要 2018 年度 第 2 四半期 2018 年 10 26 決算概要 富 通株式会社 次 本 のご説明内容 1. 2018 年度第 2 四半期連結業績概要 (1) 経営成績 / 事業別セグメント情報 (2) キャッシュ フローの状況 (3) 資産 負債 資本の状況 2. 2018 年度連結業績予想 (1) 業績 通し / 事業別セグメント情報 ( ご参考 ) (1) 事業別セグメント情報 (2Q/ 四半期別損益推移

More information

スライド 1

スライド 1 平成 26 年 3 月期第 1 四半期 決算補足説明資料 ( 連結 ) 平成 25 年 8 月 9 日 株式会社アイフラッグ http://www.iflag.co.jp/ 目次 中期経営方針 事業構造改革 の概要 3 補足資料 事業構造改革による損益構造の変化 4 平成 26 年 3 月期業績予想 ( 通期 ) 16 事業構造改革の推進状況と当期経営方針 5 平成 26 年 3 月期業績予想 (

More information

2018年3月期 決算説明会

2018年3月期 決算説明会 218 年 3 月期決算説明会資料 218 年 5 月 15 日リンテック株式会社 218 年 3 月期連結業績の概要 1 17/3 月期累計 18/3 月期累計 ( 率 ) 7, 7, 6,75 63,439 62,57 6, 6, 54,868 62,379 51,2 51,672 5, 4,719 5, 4, 48,415 4, 3,721 3, 5,775 4,96 4,51 5,84 4,276

More information

キヤノン株式会社 2015 年 12 月期決算説明会 2016 年 1 月 27 日 代表取締役副社長 CFO 田中稔三 本資料で記述されている業績見通し並びに将来予測は 現時点で入手可能な情報に基づき当社が判断した見通しで あり 潜在的なリスクや不確実性が含まれています そのため 様々な要因の変化

キヤノン株式会社 2015 年 12 月期決算説明会 2016 年 1 月 27 日 代表取締役副社長 CFO 田中稔三 本資料で記述されている業績見通し並びに将来予測は 現時点で入手可能な情報に基づき当社が判断した見通しで あり 潜在的なリスクや不確実性が含まれています そのため 様々な要因の変化 キヤノン株式会社 215 年 12 月期決算説明会 216 年 1 月 27 日 代表取締役副社長 CFO 田中稔三 本資料で記述されている業績見通し並びに将来予測は 現時点で入手可能な情報に基づき当社が判断した見通しで あり 潜在的なリスクや不確実性が含まれています そのため 様々な要因の変化により 実際の業績は記述されて いる将来見通しとは大きく異なる結果となる可能性があることをご承知おき下さい

More information

第 1 四半期の売上収益は 1,677 億円となり 前年からプラス 6.5% 102 億円の増収となりました 売上収益における為替の影響は 前年 で約マイナス 9 億円でしたので ほぼ影響はありませんでした 事業セグメント利益は 175 億円となり 前年から 26 億円の減益となりました 在庫未実現

第 1 四半期の売上収益は 1,677 億円となり 前年からプラス 6.5% 102 億円の増収となりました 売上収益における為替の影響は 前年 で約マイナス 9 億円でしたので ほぼ影響はありませんでした 事業セグメント利益は 175 億円となり 前年から 26 億円の減益となりました 在庫未実現 1 第 1 四半期の売上収益は 1,677 億円となり 前年からプラス 6.5% 102 億円の増収となりました 売上収益における為替の影響は 前年 で約マイナス 9 億円でしたので ほぼ影響はありませんでした 事業セグメント利益は 175 億円となり 前年から 26 億円の減益となりました 在庫未実現利益の計算 法の 直しにより 前年に べ 22 億円のマイナス影響がありましたので その影響を除けば

More information

<4D F736F F F696E74202D2081A E328C8E8AFA816995BD90AC E328C8E8AFA816A91E6328E6C94BC8AFA8C888E5A95E291AB8E9197BF2E >

<4D F736F F F696E74202D2081A E328C8E8AFA816995BD90AC E328C8E8AFA816A91E6328E6C94BC8AFA8C888E5A95E291AB8E9197BF2E > 世界トップクラスを目指す国際フォワーダー 2019 年 ( 平成 31 年 )2 月期 第 2 四半期決算補足資料 2018 年 10 月 10 日 株式会社エーアイテイー 東証第一部 証券コード 9381 目 次 業績概要 (2019 年 2 月期第 2 四半期決算概要 ) 2019 年 2 月期第 2 四半期連結決算 ( 業績 ) 概要 業績ハイライト ------------------ 4

More information

2017年度第1四半期決算説明会

2017年度第1四半期決算説明会 2017 年度決算説明会 2017 年 7 月 31 日株式会社村田製作所 1 Copyright Murata Manufacturing Co., Ltd. All rights reserved. 1. 2017 年度業績概要 2017 年 4 月 ~2017 年 6 月連結会計期間 2 Copyright Murata Manufacturing Co., Ltd. All rights reserved.

More information

目次 212 年の実績 P3~5 213 年の見通し P6~9 事業別詳細 (212 年 4Q 年間実績 /213 年最新見通し ) 財務状況参考資料 P1~15 P16~18 P19~24 2

目次 212 年の実績 P3~5 213 年の見通し P6~9 事業別詳細 (212 年 4Q 年間実績 /213 年最新見通し ) 財務状況参考資料 P1~15 P16~18 P19~24 2 キヤノン株式会社 212 年 12 月期決算説明会 213 年 1 月 3 日 代表取締役副社長 CFO 田中稔三 本資料で記述されている業績見通し並びに将来予測は 現時点で入手可能な情報に基づき当社が判断した見通しで あり 潜在的なリスクや不確実性が含まれています そのため 様々な要因の変化により 実際の業績は記述されて いる将来見通しとは大きく異なる結果となる可能性があることをご承知おき下さい

More information

2019年3月期 第2四半期決算報告

2019年3月期 第2四半期決算報告 2019年3月期 第2四半期決算報告 2018年11月8日 本資料で記述されている業績予想並びに将来予測は 現在における入手可能な情報に基づき当社が 判断した内容であり 潜在的リスクおよび不確実性が含まれます このため 今後様々な要因の変化によって 実際の業績は記述されている内容と大きく異なる場合があることをご承知おきください 本資料で使用している数値は 億円未満は切り捨ててあります アジェンダ 1.

More information

平成22年3月期 決算概要

平成22年3月期 決算概要 平成 22 年 3 月期 決算概要 目次 平成 21 年度決算 決算概要 1 販売電力量 2 発受電電力量 3 個別収支比較表 1 4 個別収支比較表 2 5 個別収支比較表 3 6 連結収支比較表 7 セグメント情報 8 連結財政状態の概要 9 連結キャッシュ フロー比較表 10 平成 22 年度見通し 業績見通しの概要 11 個別業績見通し 12 配当について ( 個別 ) 13 平成 21 年度決算

More information

cover_a

cover_a C O N T E N T S 1 3 5 9 11 1. 15 16 17 4 35 2. http://www.ricoh.co.jp/dc/photostyle/ 1.7 3. A+ AA- AA- 2,771 2,896 2,94 2,573 2,411 2,456 2,485 2,349 2,326 2,263 82 83 77 61 61 2 26.3 27.3 28.3 29.3 21.3

More information

2016 年 3 月期第 2 四半期 (4-9 月 ) 決算補足説明資料 2015 年 11 月 6 日 石油資源開発株式会社

2016 年 3 月期第 2 四半期 (4-9 月 ) 決算補足説明資料 2015 年 11 月 6 日 石油資源開発株式会社 2016 年 3 月期第 2 四半期 (4-9 月 ) 決算補足説明資料 2015 年 11 月 6 日 石油資源開発株式会社 2 注意事項 本資料に掲載されている当社の現在の計画 見通し 戦略 その他歴史的事実でないものは 将来の業績に関する見通しを示したものです 実際の業績は さまざまな要素により これら業績見通しとは大きく異なる結果となり得ることをご承知おき下さい 本資料は投資勧誘を目的としたものではありません

More information

部品メーカーの状況 自動車部品メーカー 75 社の 2017 年度通期 (2017 年 年 3 月 ) の業績は 以下のとおりとなった 1. 決算状況 1 日本基準適用企業 63 社 ( ) 前年同期差 前年同期比 売上高 14,135,817 15,044, ,912 +

部品メーカーの状況 自動車部品メーカー 75 社の 2017 年度通期 (2017 年 年 3 月 ) の業績は 以下のとおりとなった 1. 決算状況 1 日本基準適用企業 63 社 ( ) 前年同期差 前年同期比 売上高 14,135,817 15,044, ,912 + 2018 年 6 月 18 日 2017 年度通期の自動車部品工業の経営動向 一般社団法人日本自動車部品工業会 一般社団法人日本自動車部品工業会は 2018 年 5 月 1 日現在での会員企業 436 社のうち 上場企業で自動車部品の売上高比率が 50% 以上 かつ前年同期比較が可能な自動車部品専門企業 75 社の 2017 年度通期 (2017 年 4 月 -2018 年 3 月 ) の経営動向を各社の連結決算短信

More information

Ⅰ. 経営状況 A.2019 年 3 月期第 1 四半期決算の概要 1) 概要 ( 連結 ) ( 単位 : 億円 %) 2019/3 期 1Q 実績 /3 期 1Q 実績 2 額 ( 前年比 ) 3=1-2 率 ( 前年比 ) 4=3 2 X100 上期予想 (4/27 発表 ) 5 進

Ⅰ. 経営状況 A.2019 年 3 月期第 1 四半期決算の概要 1) 概要 ( 連結 ) ( 単位 : 億円 %) 2019/3 期 1Q 実績 /3 期 1Q 実績 2 額 ( 前年比 ) 3=1-2 率 ( 前年比 ) 4=3 2 X100 上期予想 (4/27 発表 ) 5 進 2019 年 3 月期第 1 四半期ご参考資料 日本通運株式会社経営企画部 (IR) Ⅰ. 経営状況 A.2019 年 3 月期第 1 四半期決算の概要 P.1 B. セグメント別状況 P.2- Ⅱ. 外部環境の変化およびその他の変動要素 A. 要素 P.6-2018 年 7 月 31 日 B. 変動要素を考慮した売上高 営業利益内訳 P.8 Ⅲ.2019 年 3 月期の業績予想 A. 連結業績予想

More information

2015年1月期 決算概要

2015年1月期 決算概要 積水ハウス株式会社 2015 年 1 月期 (2014.2.1~2015.1.31) 2 1~2015 1 決算概要 1. 業績概要 2. 財政状態 3. セグメント情報 請負型ビジネス ストック型ビジネス 開発型ビジネス 4. 通期見通し 2015 年 3 月 5 日 2014 年度中期経営計画の基本方針 グループシナジーの強化による 住 関連ビジネスの新たな挑戦 リフォーム事業 不動産フィー事業

More information

四半期事業セグメント 事業セグメント ( 四半期累計 ) ( 百万円 ) 1Q 1-2Q 1-3Q 1-4Q 1Q 1-2Q 1-3Q 1-4Q 売上高 2,866 5,897 8,705 11,352 3,019 6,323 9,245 12,311 前期比 -72.9% 6.8% 8.0% 7.

四半期事業セグメント 事業セグメント ( 四半期累計 ) ( 百万円 ) 1Q 1-2Q 1-3Q 1-4Q 1Q 1-2Q 1-3Q 1-4Q 売上高 2,866 5,897 8,705 11,352 3,019 6,323 9,245 12,311 前期比 -72.9% 6.8% 8.0% 7. 当 PDF 文書は上に示されている企業に関する詳細レポートのアップデート版として作成されたものです 詳細レポート全体につきましては弊社ウェブサイトをご覧下さい 2018 年 11 月 8 日 株式会社ティアは 20通期決算を発表した 四半期業績推移 ( 累計 ) ( 百万円 ) 1Q 1-2Q 1-3Q 1-4Q 1Q 1-2Q 1-3Q 1-4Q ( 進捗率 ) 通期会予 売上高 2,866 5,897

More information

決算説明会資料

決算説明会資料 20第 3 四半期決算報告 2018 年 2 月 8 日 本資料で記述されている業績予想並びに将来予測は 現在における入手可能な情報に基づき当社が判断した内容であり 潜在的リスクおよび不確実性が含まれます このため 今後様々な要因の変化によって 実際の業績は記述されている内容と大きく異なる場合があることをご承知おきください 本資料で使用している数値は 億円未満は切り捨ててあります アジェンダ 1.

More information

経営ビジョン 私たちが目指すヤーマン 1 業績ハイライト 5 セグメント別売上 6 セグメント別営業利益 7 売上構成 8 財務ハイライト 9 第 3 四半期以降の取り組み 10 業績予想について 11 配当について 12

経営ビジョン 私たちが目指すヤーマン 1 業績ハイライト 5 セグメント別売上 6 セグメント別営業利益 7 売上構成 8 財務ハイライト 9 第 3 四半期以降の取り組み 10 業績予想について 11 配当について 12 第 45 期 (2019 年 4 月期 ) 第 2 四半期 ヤーマン株式会社 経営ビジョン 私たちが目指すヤーマン 1 業績ハイライト 5 セグメント別売上 6 セグメント別営業利益 7 売上構成 8 財務ハイライト 9 第 3 四半期以降の取り組み 10 業績予想について 11 配当について 12 経営ビジョン 私たちが目指すヤーマン ( スローガン ) 第 45 期 2Q 1 ( ミッション )

More information

2019 年 3 月期通期決算説明会 TDK 株式会社広報グループ 2019 年 4 月 26 日

2019 年 3 月期通期決算説明会 TDK 株式会社広報グループ 2019 年 4 月 26 日 TDK 株式会社広報グループ 2019 年 4 月 26 日 2019 年 3 月期連結業績概要常務執行役員山西哲司 2020 年 3 月期連結業績見通し代表取締役社長石黒成直 広報グループ 2019/4/26 2 2019 年 3 月期連結業績概要 常務執行役員山西哲司 広報グループ 2019/4/26 3 2019 年 3 月期通期決算のポイント 売上高 営業利益 税引前利益 当期純利益が過去最高を更新

More information

決算概況

決算概況 2019 年 3 月期第 2 四半期 決算説明会 2018 年 12 月 4 日 決算概況 2019 年 3 月期第 2 四半期累計実績前年同期比 連結 18 年 3 月期 2Q 累計実績 19 年 3 月期 2Q 累計実績 差異 増減率 19 年 3 月期 2Q 期初予想 情報 印刷 産業システム機材 10,177 10,001 176 1.7% 11,333 金融汎用 選挙システム機材 2,641

More information

2011年3月期決算説明会

2011年3月期決算説明会 2019 年 3 月期 決算説明会 2019 年 6 月 4 日 決算概況 2019 年 3 月期実績前期比 連結 18 年 3 月期 実績 19 年 3 月期 実績 差異 増減率 情報 印刷 産業システム機材 21,541 21,501 40 0.2% 金融汎用 選挙システム機材 7,018 5,506 1,512 21.5% 紙 紙加工品 8,531 9,885 1,354 15.9% 不動産賃貸

More information

2019年3月期決算説明会

2019年3月期決算説明会 219 年 3 期決算説明会 219 年 5 13 Copyright(C) 219 Isuzu Motors Limited All rights reserved 説明内容 Ⅰ. 代表取締役社 : 正則 1.219 年 3 期実績及び22 年 3 期 通し 総括 Ⅱ. 取締役常務執 役員 企画 財務部 統括 : 南 真介 1. 事業状況 2.219 年 3 期 実績 3.22 年 3 期 業績

More information

平成21年3月期 決算補足説明資料

平成21年3月期 決算補足説明資料 平成 21 年 3 月期 決算 補足説明資料 株式会社 大京 平成 21 年 5 月 14 日 ~1~ 平成 21 年 5 月 14 日 平成 21 年 3 月期 決算 補足説明資料 株式会社 大京 連結決算概要 厳しい事業環境のもと 主力の不動産販売事業における営業収入が 2,678 億円 ( 前年同期比 14.2% 減 ) と大幅に減少したことにより 全体の営業収入は 3,516 億円 ( 前年同期比

More information

通期 連結の売上高 営業利益 経常利益としては 過去最高 のれん及び固定資産に係る減損損失を特別損失として 517 億円計上 当期純利益が 3 月 30 日付での予想数値より増加したのは 予想数値公表時の見込み額と比べ 最終決算数値により確定した減損損失額が 53 億円 減少したことによる 事業環境

通期 連結の売上高 営業利益 経常利益としては 過去最高 のれん及び固定資産に係る減損損失を特別損失として 517 億円計上 当期純利益が 3 月 30 日付での予想数値より増加したのは 予想数値公表時の見込み額と比べ 最終決算数値により確定した減損損失額が 53 億円 減少したことによる 事業環境 通期 連結の売上高 営業利益 経常利益としては 過去最高 のれん及び固定資産に係る減損損失を特別損失として 517 億円計上 当期純利益が 3 月 30 日付での予想数値より増加したのは 予想数値公表時の見込み額と比べ 最終決算数値により確定した減損損失額が 53 億円 減少したことによる 事業環境に関する認識と確認 ( 経済環境 ) 海外経済が緩やかな回復を継続するなか 輸出や生産活動等の持ち直しによって

More information

21世紀に向けての 東京ガス・経営ビジョン -中期経営計画を中心として-

21世紀に向けての 東京ガス・経営ビジョン -中期経営計画を中心として- 0 まず 2 ページで決算の概況をご説明します 2014 年度第 2 四半期の業績は 5 期連続の増収 3 期連続の増益となっております 上期業績としては売上高 三利益そろって歴代 1 位となりました まず 売上高合計は 前年同期比 10.4% 975 億円の増収となり 1 兆 310 億円となりました 内訳として 都市ガス売上高は ガス販売量の増加 7.8% 5 億 1 千 9 百万 m3 および円安

More information

2014年3月期決算説明会

2014年3月期決算説明会 広報 IR 部 2014 年 3 月期決算説明会 2014 年 5 月 13 日株式会社ニコン 本資料で記述されている業績予想並びに将来予測は 現在における入手可能な情報に基づき当社が判断した内容であり 潜在的リスク及び不確実性が含まれます 従いまして 様々な要因の変化によって 実際の業績は記述されている内容と大きく乖離する結果となる可能性があることをご承知おきください Agenda Ⅰ. 2014

More information

タイトルを入力

タイトルを入力 2017 年度第 2 四半期決算説明資料 2017 年 11 月 10 日 目次 Ⅰ.2017 年度第 2 四半期実績 P02 Ⅱ.2017 年度通期見通し P10 1 Ⅰ.2017 年度第 2 四半期実績 連結損益計算書 2017 2Q 実績 2016 2Q 実績増減備考 2017 2Q 計画対計画増減 営業収益 282,870 277,526 5,344 運輸 +256 レジャー +2,316

More information

当期実績前期実績 ( 平成 ~ 平成 ) ( 平成 ~ 平成 ) 業績予想前期比業績予想比 売 上 高 186, , ,400 +7,438 3,331 営 業 利 益 10,971 12,750 11,410 1,779

当期実績前期実績 ( 平成 ~ 平成 ) ( 平成 ~ 平成 ) 業績予想前期比業績予想比 売 上 高 186, , ,400 +7,438 3,331 営 業 利 益 10,971 12,750 11,410 1,779 各位 平成 30 年 5 月 8 日会社名株式会社 TOKAIホールディングス代表者名代表取締役社長鴇田勝彦 ( コード番号 3167 東証第 1 部 ) 問合せ先執行役員広報部 IR 室担当谷口芳浩 (TEL. 03-5404-2891) 平成 30 年 3 月期決算と平成 31 年 3 月期業績予想について ~V 字回復を果たして 2 期ぶりの過去最高益を更新する今期の業績予想 ~ 当社は 本日

More information

Ⅰ. 経営状況 A.2017 年 3 月期決算の概要 1) 概要 ( 連結 ) 2017/3 期実績 /3 期実績 2 増減額 ( 前年比 ) 3=1-2 増減率 ( 前年比 ) 4=3 2x100 通期予想 (1 月 31 日発表 ) 5 差額 6=1-5 進捗率 7=1 5 x100

Ⅰ. 経営状況 A.2017 年 3 月期決算の概要 1) 概要 ( 連結 ) 2017/3 期実績 /3 期実績 2 増減額 ( 前年比 ) 3=1-2 増減率 ( 前年比 ) 4=3 2x100 通期予想 (1 月 31 日発表 ) 5 差額 6=1-5 進捗率 7=1 5 x100 2017 年 3 月期決算説明会 日本通運株式会社 Ⅰ. 経営状況 Ⅱ. 外部環境の変化 Ⅲ.2018 年 3 月期の業績予想 Ⅳ. 経営計画の進捗状況 Ⅴ. 配当の状況 P. 1- P. 9 P.10- P.16- P.19 2017 年 5 月 9 日 Copyright 2017 NIPPON EXPRESS, All rights reserved. 2017 年 3 月期決算説明会資料 Ⅰ.

More information

2013年3月期 決算説明会

2013年3月期 決算説明会 広報 IR 部 213 年 3 月期決算説明会 213 年 5 月 9 日株式会社ニコン 本資料で記述されている業績予想並びに将来予測は 現在における入手可能な情報に基づき当社が判断した内容であり 潜在的リスク及び不確実性が含まれます 従いまして 様々な要因の変化によって 実際の業績は記述されている内容と大きく乖離する結果となる可能性があることをご承知おきください Agenda Ⅰ. 213 年 3

More information

Results Presentation

Results Presentation NSG グループ 2013 年 3 月期通期決算報告 (2012 年 4 月 1 日 ~ 2013 年 3 月 31 日 ) 日本板硝子株式会社 2013 年 5 月 16 日 2 吉川恵治 代表執行役社長兼 CEO クレメンス ミラー 代表執行役副社長兼 COO マーク ライオンズ 代表執行役 CFO 3 2013 年 3 月期通期決算報告 (2012 年 4 月 1 日 ~2013 年 3 月

More information

2020年1月期第1四半期 決算概要

2020年1月期第1四半期 決算概要 積水ハウス株式会社 2020 年 1 月期第 1 四半期 (2019.2.1~2019.4.30) 2 1 決算概要 1. 業績概要 2. 財政状態 3. セグメント情報請負型ビジネスストック型ビジネス開発型ビジネス国際ビジネス < 参考 > 通期見通し 2019 年 6 月 7 日 経営方針 事業ドメインを 住 に特化した成長戦略の展開 第 4 次中期経営計画の基本方針 BEYOND2020 に向けた

More information

<4D F736F F F696E74202D2091E682588AFA91E C888E5A90E096BE8E9197BF5F E B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D F736F F F696E74202D2091E682588AFA91E C888E5A90E096BE8E9197BF5F E B93C782DD8EE682E890EA97705D> M&A キャピタルパートナーズ株式会社 2014 年 9 月期第 2 四半期決算説明資料 クライアントへの最大貢献と全従業員の幸せを求め 世界最高峰の投資銀行を目指す 2014 年 4 月 30 日 目次 Ⅰ 会社概要と当社の強み 2 Ⅱ 実績と見通し 8 Ⅲ 成長戦略 16 Copyright M&A Capital Partners Co.,Ltd. All rights reserved. 1

More information

2017年度 第2四半期 決算概要

2017年度 第2四半期 決算概要 2017 年度 第 2 四半期 決算概要 2017 年 10 26 富 通株式会社 次 本 のご説明内容 1. 2017 年度第 2 四半期連結業績概要 (1). 経営成績 / 事業別セグメント情報 (2). キャッシュ フローの状況 (3). 資産 負債 資本の状況 2. 2017 年度連結業績予想 (1). 業績 通し / 事業別セグメント情報 ( ご参考 ) (1). 事業別セグメント情報 (2Q/

More information

スライド 1

スライド 1 平成 26 年 3 月期第 3 四半期 決算補足説明資料 ( 連結 ) 平成 26 年 2 月 7 日 株式会社アイフラッグ http://www.iflag.co.jp/ 目次 中期経営方針 事業構造改革 の概要 3 補足資料 事業構造改革による損益構造の変化 4 業績予想 ( 通期 ) 16 事業構造改革の推進状況と当期経営方針 5 サービス別売上高予想 ( 通期 ) 17 損益計算書 6 サービス別売上高

More information

目次 年度第 3 四半期決算 (1) 概要 (2) セグメント別情報 年度業績予想 (1) 概要 (2) セグメント別情報 3. 参考資料 1

目次 年度第 3 四半期決算 (1) 概要 (2) セグメント別情報 年度業績予想 (1) 概要 (2) セグメント別情報 3. 参考資料 1 2017 年度 第 3 四半期決算説明資料 出光興産株式会社 2018 年 2 月 14 日 目次 1.2017 年度第 3 四半期決算 (1) 概要 (2) セグメント別情報 2.2017 年度業績予想 (1) 概要 (2) セグメント別情報 3. 参考資料 1 原油価格の推移 ドバイ原油価格の月次推移と業績予想前提水準 2 円 / 米 $ 為替レート (TTS) の推移 円 / 米 $ 為替レート

More information

第 2 四半期累計として 連結の売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益とも 過去最高 上期で初の売上高 1 兆円を達成 4 月 27 日に発表した連結業績予想数値との比較でも それぞれプラス 事業環境に関する認識と確認 ( 物流業界の状況 ) 国内外ともに 景気の回復基調は続き 荷動きは おおむね

第 2 四半期累計として 連結の売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益とも 過去最高 上期で初の売上高 1 兆円を達成 4 月 27 日に発表した連結業績予想数値との比較でも それぞれプラス 事業環境に関する認識と確認 ( 物流業界の状況 ) 国内外ともに 景気の回復基調は続き 荷動きは おおむね 第 2 四半期累計として 連結の売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益とも 過去最高 上期で初の売上高 1 兆円を達成 4 月 27 日に発表した連結業績予想数値との比較でも それぞれプラス 事業環境に関する認識と確認 ( 物流業界の状況 ) 国内外ともに 景気の回復基調は続き 荷動きは おおむね堅調に推移 6 月の大阪北部地震に加え 7 月の西日本豪雨 9 月の台風 21 号および 24 号北海道胆振東部地震と

More information

2018 年度上期の振り返り 代表取締役社長 小郷三朗 2018 SUNTORY BEVERAGE & FOOD LIMITED. All Rights Reserved. 2

2018 年度上期の振り返り 代表取締役社長 小郷三朗 2018 SUNTORY BEVERAGE & FOOD LIMITED. All Rights Reserved. 2 2018 年度第 2 四半期決算概要 2018 年 8 月 6 日サントリー食品インターナショナル株式会社 2018 SUNTORY BEVERAGE & FOOD LIMITED. All Rights Reserved. 1 2018 年度上期の振り返り 代表取締役社長 小郷三朗 2018 SUNTORY BEVERAGE & FOOD LIMITED. All Rights Reserved.

More information

スライド 1

スライド 1 平成 25 年 3 月期第 3 四半期 決算補足説明資料 ( 連結 ) 平成 25 年 2 月 8 日 当社は 平成 24 年 1 月 4 日に 商号を株式会社 SBR から株式会社アイフラッグに変更いたしました 株式会社アイフラッグ http://www.iflag.co.jp/ 目次 中期経営方針 事業構造改革 の概要 3 補足資料 事業構造改革による損益構造の変化 4 平成 25 年 3 月期業績予想

More information

決算補足説明資料 2011年3月期(10/4~11/3)

決算補足説明資料 2011年3月期(10/4~11/3) 決算補足説明資料 2018 年 3 月期 (17/4~18/3) 2018 年 4 月 25 日 本資料に記載されております業績見通し等の将来に関する記述は 当社が現在入手している情報および合理的であると判断する一定の前提に基づいております 実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性がございます 当年度より IFRS ( 国際会計基準 ) を適用しております なお 比較年度数値についても 日本基準から

More information

<4D F736F F F696E74202D2091E682588AFA91E C888E5A90E096BE8E9197BF5F E B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D F736F F F696E74202D2091E682588AFA91E C888E5A90E096BE8E9197BF5F E B93C782DD8EE682E890EA97705D> M&A キャピタルパートナーズ株式会社 2014 年 9 月期第 3 四半期決算説明資料 クライアントへの最大貢献と全従業員の幸せを求め 世界最高峰の投資銀行を目指す 2014 年 7 月 30 日 目次 Ⅰ 会社概要と当社の強み 2 Ⅱ 実績と見通し 8 Ⅲ 成長戦略 15 Copyright M&A Capital Partners Co.,Ltd. All rights reserved. 1

More information

2017年3月期 決算説明会

2017年3月期 決算説明会 株式会社椿本チエイン 2017 年 5 月 23 日 1 2017 年 3 月期連結業績報告 注 ) 本資料で表記する 通期 は 当該連結会計年度における 4 月 1 日 ~ 翌年 3 月 31 日 ) を示します ( 海外子会社の一部は 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 1. 17 年 3 月期レヒ ュー連結決算ハイライト 前期比で減収となるも 営業利益 純利益で増益を達成 ( 営業利益

More information

スライド 1

スライド 1 2011 年 12 月期決算説明資料 2012 年 2 月 23 日 シークス株式会社 ( 証券コード :7613) 目次 PAGE: 1 2011 年 12 月期 2012 年 12 月期連結業績予想基本戦略 成長戦略 中期計画株主還元 1.2011 年度決算総括 東日本大震災 10 月初旬のタイの大洪水 長期化する欧州債務問題 円高の定着等の厳しい経営状況が続いた PAGE: 2 東日本大震災の影響は限定的であったが

More information

2018(平成30)年3月期第3四半期決算プレゼンテーション資料

2018(平成30)年3月期第3四半期決算プレゼンテーション資料 2017 年度第 3 四半期決算 取締役兼執行役員専務財務 調達本部長 荻原弘之 2018 年 2 月 6 日 古河電気工業株式会社 将来情報についての注意事項この資料に記載されております売上高及び利益等の計画のうち 過去または現在の事実に関するもの以外は 当社グループの各事業に関する業界の動向についての見通しを含む経済状況 ならびに為替レートの変動その他の業績に影響を与える要因について 現時点で入手可能な情報をもとにした当社グループの仮定及び判断に基づく見通しを前提としております

More information

将来見通しに係わる記述についての注意事項 本説明資料に記載されている将来の業績に関する見通しは 公表時点で入手可能な情報に基づく将来の予測であり 潜在的なリスクや不確定要素を含んだものです そのため 実際の業績はさまざまな要素により 記載された見通しと大きく異なる結果となり得ることをご承知おきくださ

将来見通しに係わる記述についての注意事項 本説明資料に記載されている将来の業績に関する見通しは 公表時点で入手可能な情報に基づく将来の予測であり 潜在的なリスクや不確定要素を含んだものです そのため 実際の業績はさまざまな要素により 記載された見通しと大きく異なる結果となり得ることをご承知おきくださ 213 年度 (214 年 3 月期 ) 第 4 四半期決算説明会 214 年 4 月 3 日 SEIKO EPSON CORPORATION 214. All rights reserved. 将来見通しに係わる記述についての注意事項 本説明資料に記載されている将来の業績に関する見通しは 公表時点で入手可能な情報に基づく将来の予測であり 潜在的なリスクや不確定要素を含んだものです そのため 実際の業績はさまざまな要素により

More information

2017(平成29)年度第1四半期 決算説明資料

2017(平成29)年度第1四半期 決算説明資料 2017( 平成 29) 年度第 1 四半期 決算説明資料 2017 年 7 月 28 日 目次 01 2017 年度第 1 四半期決算概要決算概要販売電力量発受電電力量 ( 参考 ) 燃料費と燃料費調整額の期ずれ影響のイメージ ( 実績 ) 2017 年度業績見通しの概要 ( 参考 ) 燃料費と燃料費調整額の期ずれ影響のイメージ ( 年度見通し ) 01 04 05 06 07

More information

2009 年 12 月期第 2 四半期決算 ( 平成 21 年 12 月期 ) 補足説明資料 FACT SHEETS 2009 年 7 月 31 日 東京建物株式会社 目次 2009 年 ( 平成 21 年 )12 月期第 2 四半期決算 ( 連結 )

2009 年 12 月期第 2 四半期決算 ( 平成 21 年 12 月期 ) 補足説明資料 FACT SHEETS 2009 年 7 月 31 日 東京建物株式会社   目次 2009 年 ( 平成 21 年 )12 月期第 2 四半期決算 ( 連結 ) 2009 年 12 月期第 2 四半期決算 ( 平成 21 年 12 月期 ) 補足説明資料 FCT SHEETS 2009 年 7 月 31 日 http://www.tatemono.com 目次 2009 年 ( 平成 21 年 )12 月期第 2 四半期決算 ( 連結 ) 損益計算書 P.1 セグメント情報 P.2 キャッシュフロー計算書 P.3 財務の状況 P.3 主要財務指標 P.3 2009

More information

Tri Chemical Laboratories Inc. 株式会社トリケミカル研究所 第 39 期 (2017 年 1 月期 ) 決算説明資料 東京証券取引所 JASDAQ 市場 証券コード : 年 3 月 Copyright 2017 Tri Chemical Laborat

Tri Chemical Laboratories Inc. 株式会社トリケミカル研究所 第 39 期 (2017 年 1 月期 ) 決算説明資料 東京証券取引所 JASDAQ 市場 証券コード : 年 3 月 Copyright 2017 Tri Chemical Laborat 株式会社トリケミカル研究所 第 39 期 (217 年 1 月期 ) 決算説明資料 東京証券取引所 JASDAQ 市場 証券コード :4369 217 年 3 月 Copyright 217 All rights reserved. Page 1 1. 217 年 1 月期業績 Copyright 217 All rights reserved. Page 2 217 年 1 月期業績の概要 16.1

More information

キヤノン株式会社 2018 年第 1 四半期決算説明会 2018 年 4 月 25 日 代表取締役副社長 CFO 田中稔三 本資料で記述されている業績見通し並びに将来予測は 現時点で入手可能な情報に基づき当社が判断した見通しで あり 潜在的なリスクや不確実性が含まれています そのため 様々な要因の変

キヤノン株式会社 2018 年第 1 四半期決算説明会 2018 年 4 月 25 日 代表取締役副社長 CFO 田中稔三 本資料で記述されている業績見通し並びに将来予測は 現時点で入手可能な情報に基づき当社が判断した見通しで あり 潜在的なリスクや不確実性が含まれています そのため 様々な要因の変 キヤノン株式会社 第 1 四半期決算説明会 4 月 25 日 代表取締役副社長 CFO 田中稔三 本資料で記述されている業績見通し並びに将来予測は 現時点で入手可能な情報に基づき当社が判断した見通しで あり 潜在的なリスクや不確実性が含まれています そのため 様々な要因の変化により 実際の業績は記述されている 将来見通しとは大きく異なる結果となる可能性があることをご承知おき下さい 1 目次 最新見通し

More information

2017 年 12 月期第 2 四半期決算 ( 平成 29 年 12 月期第 2 四半期決算 ) 補足説明資料 FACT SHEETS 2017 年 8 月 7 日 目次 2017 年 12 月期 ( 平成 29 年 12 月期 ) 第 2 四半期決算

2017 年 12 月期第 2 四半期決算 ( 平成 29 年 12 月期第 2 四半期決算 ) 補足説明資料 FACT SHEETS 2017 年 8 月 7 日   目次 2017 年 12 月期 ( 平成 29 年 12 月期 ) 第 2 四半期決算 2017 年 12 月期第 2 四半期決算 ( 平成 29 年 12 月期第 2 四半期決算 ) 補足説明資料 FACT SHEETS 2017 年 8 月 7 日 http://www.tatemono.com 目次 2017 年 12 月期 ( 平成 29 年 12 月期 ) 第 2 四半期決算 ( 連結 ) 損益計算書 P.1 セグメント情報 P.2 キャッシュフロー P.3 財務の状況 P.3

More information

Microsoft PowerPoint 年3月期決算発表0510用(最終版).pptx

Microsoft PowerPoint 年3月期決算発表0510用(最終版).pptx 各位 平成 28 年 5 月 1 日会社名株式会社 TOKAIホールディングス代表者名代表取締役社長鴇田勝彦 ( コード番号 3167 東証第 1 部 ) 問合せ先理事広報 IR 室担当谷口芳浩 (TEL. 54-273-4878) 216 年 3 月期決算と 217 年 3 月期業績予想について ~ 全ての利益項目最高値更新と大幅増配を予定する今期の業績予想について ~ 株式会社 TOKAI ホールディングス

More information

決算概要

決算概要 2016 年度 第 1 四半期 決算概要 2016 年 7 28 富 通株式会社 次 本 のご説明内容 1. 2016 年度第 1 四半期連結業績概要 (1). 経営成績 / 事業別セグメント情報 (2). キャッシュ フローの状況 (3). 資産 負債 資本の状況 2. 2016 年度連結業績予想 (1). 業績 通し / 事業別セグメント情報 ( ご参考 ) (1). 連結業績予想の前提条件等

More information

第 45 期 3Q 決算補足説明資料 第 45 期 (2019 年 4 月期 ) 第 3 四半期決算補足説明資料 ヤーマン株式会社 Copyright C YA-MAN LTD. All Rights Reserved.

第 45 期 3Q 決算補足説明資料 第 45 期 (2019 年 4 月期 ) 第 3 四半期決算補足説明資料 ヤーマン株式会社 Copyright C YA-MAN LTD. All Rights Reserved. 第 45 期 (2019 年 4 月期 ) 第 3 四半期 ヤーマン株式会社 経営ビジョン 私たちが目指すヤーマン 1 業績ハイライト 5 セグメント別売上 6 セグメント別営業利益 7 売上構成 8 財務ハイライト 9 第 4 四半期以降の取り組み 10 業績予想について 11 配当について 12 経営ビジョン 私たちが目指すヤーマン ( スローガン ) 1 ( ミッション ) 美しさを実現するものづくり

More information

2019 年 3 月期第 3 四半期決算 ご参考資料 2019 年 1 月 31 日日本通運株式会社経営企画部

2019 年 3 月期第 3 四半期決算 ご参考資料 2019 年 1 月 31 日日本通運株式会社経営企画部 2019 年 3 月期第 3 四半期決算 ご参考資料 2019 年 1 月 31 日日本通運株式会社経営企画部 目次 Ⅰ. 2019 年 3 月期第 3 四半期業績 Ⅲ. 2019 年 3 月期セグメント概況 A. 2019 年 3 月期第 3 四半期決算の概要 P.2 A. 日本セグメント P.13 B. セグメント別実績 P.3 B. 米州セグメント P.14 C. 外部環境の変化およびその他の変動要素

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 214 年 5 月 29 日 証券コード :7872 東証 2 部 目 次 Ⅰ. 214 年 3 月期決算概要 2 Ⅱ. 今後の方向性 14 1 Ⅰ.214 年 3 月期決算概要 1.214/3 期決算ハイライト 2.214/3 期決算サマリー 3. 損益の状況 4. 既存店売上高の動向 (As-meエステール単体ベース) 5. 財政状態 6. 財務の状況 7. 連結キャッシュ フローの状況 8.

More information

Microsoft Word 決算短信修正( ) - 反映.doc

Microsoft Word 決算短信修正( ) - 反映.doc 各 位 平成 22 年 3 月 19 日 会 社 名 株式会社カッシーナ イクスシー 代表者名 代表取締役社長高橋克典 (JASDAQ コード番号: 2777) 問合せ先 取締役管理本部長小林要介 電 話 03-5725-4171 ( 訂正 数値データ訂正あり ) 平成 21 年 12 月期決算短信 の一部訂正に関するお知らせ 平成 22 年 2 月 19 日に発表いたしました 平成 21 年 12

More information

スライド 1

スライド 1 株式会社ノエビアホールディングス 2014 年 9 月期決算説明会 (2013 年 10 月 1 日 ~2014 年 9 月 30 日 ) 2014 年 11 月 13 日株式会社ノエビアホールディングス代表取締役社長大倉俊 Copyright (C) 2014 Noevir Holdings Co., Ltd All Rights Reserved. 1 コーポレートデータ 株式会社ノエビアホールディングス

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2018 年 3 月期決算説明資料 株式会社イントラスト < 証券コード :7191> 本資料に記載された意見や予測などは資料作成時点での当社の判断であり その情報の正確性を保証するものではありません さまざまな要因の変化により実際の業績や結果とは大きく異なる可能性があることをご承知おきください 1. 会社概要 2. 2018 年 3 月期業績 3. 2019 年 3 月期業績見通し 4. トピックス

More information

電通、平成24年3月期連結決算を発表

電通、平成24年3月期連結決算を発表 平成 24 年 5 月 14 日株式会社電通代表取締役社長執行役員石井直 ( 東証第 1 部コード番号 :4324) 電通 平成 24 年 3 月期連結決算を発表 - 売上高 1 兆 8,930 億円 ( 前期比 3.3% 増 ) 営業利益 519 億円 ( 同 2.0% 増 ) 経常利益 628 億円 ( 同 16.0% 増 ) 当期純利益 295 億円 ( 同 36.7% 増 )- 株式会社電通

More information

10年分の主要財務データ

10年分の主要財務データ 10 年分の主要財務データ 2013 年 3 月期株式会社日立製作所 目次 1. 連結損益計算書 ( 要約 ) 2. 連結貸借対照表 ( 要約 ) 3. 連結キャッシュ フロー計算書 ( 要約 ) 4. 収益性の指標 5. 効率性の指標 6. 安定性および流動性の指標 7. 連結損益計算書 8. 連結貸借対照表 9. 連結キャッシュ フロー計算書 10. 設備投資額 減価償却費 研究開発費他 11.

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation Silicon Studio: 2016 年 11 月期決算説明会資料 2017 年 1 月 24 日シリコンスタジオ株式会社東証マザーズ証券コード : 3907 CONTENTS 業績動向 P.3 今後の取り組み P.15 成長戦略 P.20 本資料で記述している将来予測および業績予想は 現時点で入手可能な情報に基づき当社が判断した予想であり 潜在的なリスクや不確実性が含まれています そのため 様々な要因の変化により実際の業績は記述している将来見通しとは大きく異なる可能性があることをご承知おき下さい

More information

スライド 1

スライド 1 2017 年 6 月期第 3 四半期決算説明資料 2017 年 5 月 12 日 ( 証券コード :7747 東証二部 名証二部 ) All Rights Reserved.Copyright 2017 ASAHI INTECC CO.,LTD. 1 2017 年 6 月期 ( ) 決算のポイント -1 メディカル事業 ~ 外部要因影響が大きいものの 国内 海外市場共に需要堅調により増加 ~ 国内

More information