以 上 のような 目 標 に 向 けて 放 射 光 X 線 の 構 造 解 析 研 究 を 進 めるに 当 たって,ヒト 角 層 の 構 造 を 明 らかにすること が 最 大 の 目 標 である それも 生 きている 人 体 の 皮 膚 上 にあ るヒト 角 層 の 構 造 を 明 らかにしたいと

Size: px
Start display at page:

Download "以 上 のような 目 標 に 向 けて 放 射 光 X 線 の 構 造 解 析 研 究 を 進 めるに 当 たって,ヒト 角 層 の 構 造 を 明 らかにすること が 最 大 の 目 標 である それも 生 きている 人 体 の 皮 膚 上 にあ るヒト 角 層 の 構 造 を 明 らかにしたいと"

Transcription

1 放 射 光 を 用 いた 皮 膚 角 層 の 構 造 研 究 : 基 礎 から 応 用 へ 八 田 一 郎 財 高 輝 度 光 科 学 研 究 センター 兵 庫 県 佐 用 郡 佐 用 町 太 田 昇 財 高 輝 度 光 科 学 研 究 センター 兵 庫 県 佐 用 郡 佐 用 町 八 木 直 人 財 高 輝 度 光 科 学 研 究 センター 兵 庫 県 佐 用 郡 佐 用 町 要 旨 皮 膚 角 層 の 応 用 研 究 を 展 開 するに 当 たって,その 基 礎 となる 分 子 レベルでの 構 造 情 報 は 欠 かせない ところが 角 層 内 の 構 造 について 現 在 なお 数 々の 論 争 があるところである ここでは 2 つの 問 題, 角 層 中 にある 細 胞 間 脂 質 分 子 が 配 列 してとる 2 つのラメラ 構 造 とラメラ 周 期 と 直 交 する 面 内 の 2 つの 炭 化 水 素 鎖 の 充 てん 構 造 の 関 係 およびラメラ 構 造 の 層 間 に 水 層 が 存 在 するか,を 取 り 上 げ, 放 射 光 X 線 回 折 実 験 をいかに 駆 使 して 解 決 したかを 紹 介 する さらに, 角 層 の 構 造 に 基 づいて 応 用 研 究 を 進 めるに 当 たっての 指 針 を 示 す 1. はじめに 皮 膚 は 人 の 体 において, 体 外 からの 異 物 の 侵 入 を 防 ぎ, 一 方, 体 内 の 水 分 の 蒸 散 を 防 ぐという 2 つの 重 要 な 役 割 をもっており,それらはバリアー 機 能 と 呼 ばれ 表 皮 最 上 部 にある 角 層 が 担 っている 表 皮 中 の 細 胞 であるケラチノサ イトが 分 化 して 最 終 的 に 角 層 が 形 成 される 角 層 の 厚 さは 場 所 によるがおおよそ20 mm 程 度 である 面 の 皮 は 結 構 薄 い 足 のかかとでは 相 当 厚 い 海 水 浴 に 行 ったとき 日 焼 け して 皮 膚 の 皮 がむけることがあるが,あれが 角 層 である 表 皮 最 下 部 にある 基 底 細 胞 皮 膚 は 細 胞 分 裂 し, 絶 えず 代 謝 を 繰 り 返 し, 最 後 に 表 皮 最 上 部 の 角 層 は 垢 となってはく 離 する 角 層 は 主 として 角 層 細 胞 (この 中 には 最 早 核 はない) と 細 胞 間 脂 質 から 成 っている それは Fig. 1( 図 の 説 明 中,stratum corneum 角 層,corneocyte 角 層 細 胞,intercellular lipid 細 胞 間 脂 質,stratum granulosum 顆 粒 層 )に 示 すように 平 坦 化 した 角 層 細 胞 の 周 りを 細 胞 間 脂 質 が 囲 んだ 構 造 を 形 成 している したがって,Fig. 1 で 示 す 角 層 の 構 造 はレンガモルタル モデルといわれ, 角 層 細 胞 は 細 胞 間 脂 質 の 中 に 埋 め 込 まれている 細 胞 間 脂 質 はセラ ミド, 脂 肪 酸,コレステロールなどの 多 成 分 から 成 ってい る 角 層 細 胞 の 中 にはソフトケラチンと 呼 ばれるタンパク 質 が 詰 まっている 角 層 細 胞 周 辺 にはコーニファイドエン ヴェロープ(Fig. 1 中,corneocyte( 角 層 細 胞 )の 周 りを 取 り 囲 む 太 い 黒 線 の 部 分 )と 呼 ばれる 構 造 がある(コーニ ファイドエンヴェロープはインボルクリンやロリクリンな どのタンパク 質 とそれに 結 合 した 脂 質 により 構 成 され,タ ンパク 質 は 角 層 細 胞 膜 の 補 強 の 役 割 を 果 たしており,これ らの 結 合 した 脂 質 は 細 胞 間 脂 質 と 向 き 合 っている) 角 層 Fig. 1 Bricks-and-mortar model of stratum corneum of skin. Corneocytes as bricks are surrounded by intercellular lipid matrix as mortar. 中 のこれらの 構 造 は 機 能 発 現 においてお 互 いに 関 わりをも って 働 いている 1) われわれが 放 射 光 X 線 を 用 いてかくも 複 雑 な 角 層 の 構 造 解 析 研 究 を 行 っている 原 動 力 は 次 のような 点 にある 角 層 の 機 能 を 改 善 し 高 める 化 粧 品 や, 皮 膚 を 大 きく 傷 めるこ となく 皮 膚 を 通 して 薬 の 投 与 を 可 能 とする 経 皮 吸 収 促 進 剤 の 創 製 において, 分 子 レベルのエヴィデンスに 基 づいたそ れらの 開 発 に 寄 与 したい 大 それた 夢 かもしれないが,そ の 目 標 の 一 つとして 患 者 数 が 増 加 の 一 途 をたどっているア トピー 性 皮 膚 炎 の 皮 膚 の 乾 燥 した 特 異 な 性 状 に 対 処 し 治 療 に 役 立 つような 保 湿 剤 の 開 発 につなげることができればと 願 っている そのためには 分 子 レベルで 皮 膚 角 層 内 の 構 造 に 関 する 知 見 が 必 要 である このように 応 用 を 目 指 した 研 究 をするために,それに 必 要 な 基 礎 研 究 を 展 開 においても 応 用 研 究 を 絶 えず 念 頭 におき, 最 終 目 標 を 見 失 うことなく 行 うことが 肝 要 であると 考 えている 放 射 光 Nov Vol.21 No (C) 2008 The Japanese Society for Synchrotron Radiation Research

2 以 上 のような 目 標 に 向 けて 放 射 光 X 線 の 構 造 解 析 研 究 を 進 めるに 当 たって,ヒト 角 層 の 構 造 を 明 らかにすること が 最 大 の 目 標 である それも 生 きている 人 体 の 皮 膚 上 にあ るヒト 角 層 の 構 造 を 明 らかにしたいところであるが,それ に 代 わるものを 用 いることになる 実 験 に 用 いる 角 層 は 大 きく 分 けて 5 つある ヒトの 皮 膚 からテープストリッ ピングにより 低 侵 襲 で 採 取 した 角 層 ( 接 着 剤 付 のテープを ヒトの 皮 膚 に 押 し 付 け 剥 し,テープ 上 に 角 層 を 写 し 取 った もの), 外 科 手 術 により 表 皮 を 切 り 出 しトリプリン 処 理 して 得 たヒトの 角 層, ヒト 以 外 で 生 きている 哺 乳 動 物 の 皮 膚 上 にある 角 層, ヒト 以 外 の 哺 乳 動 物 において 外 科 手 術 により 切 り 出 した 表 皮 上 にある 角 層, ヒト 以 外 の 哺 乳 動 物 において 外 科 手 術 により 表 皮 を 切 り 出 しトリプリン 処 理 して 得 た 角 層 である これらにより 生 きているヒト 皮 膚 上 にある 角 層 の 構 造 についての 特 徴 を 明 らかすることが 応 用 を 目 指 すときの 重 要 な 課 題 である ヒトの 角 層 に 代 わる ものとして 培 養 表 皮, 三 次 元 培 養 皮 膚, 再 構 成 膜 や 脂 質 多 成 分 系 などで 構 造 研 究 を 行 なうことできるようになればさ らに 深 く 分 子 さらには 原 子 レベルの 構 造 研 究 を 展 開 でき る その 場 合,ヒトの 角 層 で 確 立 されたどの 構 造 に 着 目 し て 研 究 をしようとしているかに 応 じて,それぞれの 代 替 物 質 を 選 んで 研 究 を 行 なうことになる ここではヒト 角 層 に 非 常 に 近 い 角 層 内 の 構 造 をもつへアレスマウス 角 層 につい て 放 射 光 X 線 を 用 いた 構 造 研 究 について 述 べる 2. 細 胞 間 脂 質 がつくる 構 造 この 節 では 放 射 光 小 角 広 角 X 線 回 折 像 の 時 間 変 化 測 定 を 行 うことにより, 多 成 分 から 成 る 細 胞 間 脂 質 の 集 合 体 がつくる 複 雑 に 絡 み 合 った 構 造 をいかに 解 き 明 かしたかを 紹 介 する 一 般 に 炭 化 水 素 鎖 をもつ 脂 質 分 子 より 成 る 集 合 体 では 2 つの 特 徴 的 な 周 期 構 造 が 現 れる 分 子 の 長 軸 方 向 への 配 向 により 現 れる 周 期 構 造 はラメラ 構 造 と 呼 ばれて いる したがって, 周 期 は 分 子 長 の 2 倍 あるいはそれに 関 連 するものとなる それは 数 nm から 数 十 nm であり, 小 角 X 線 回 折 像 として 観 測 される 一 方,ラメラ 周 期 の 方 向 に 直 交 する 横 断 面 では 炭 化 水 素 鎖 が 充 填 してつくる 構 造 が 現 れる 電 子 密 度 の 高 い 分 子 軸 の 中 心 部 分 の 炭 化 水 素 鎖 の 配 列 は 六 方 晶, 斜 方 晶 などをとる その 格 子 定 数 はほ ぼ0.4 nm であり, 広 角 X 線 回 折 像 として 観 測 される 細 胞 間 脂 質 集 合 体 がつくる 構 造 を 解 くには 小 角 広 角 同 時 測 定 が 不 可 欠 であり, 温 度 走 査 して 小 角 広 角 同 時 測 定 を 行 い 相 転 移 挙 動 を 明 らかにすることにより 構 造 解 析 をさらに 推 し 進 めることができる 哺 乳 動 物 の 細 胞 間 脂 質 集 合 体 のつくる 構 造 については 多 くの 研 究 が 行 なわれているが,まだ 基 本 構 造 に 関 して 定 説 が 確 立 されるまでに 至 っていない 生 きているヒトの 皮 膚 から 低 侵 襲 で 採 取 した 角 層 の 構 造 の 実 験 としては 電 子 線 回 折 実 験 のためのメッシュを 糊 付 けしそれに 依 ってテープス Fig. 2 Hydrocarbon-chain packing structure in intercellular lipid matrix. There are two kinds of packing: One is hexagonal and the other is orthorhombic. トリッピングして 採 取 した 角 層 についての 電 子 線 回 折 実 験 が 行 われている(メッシュの 穴 の 部 分 に 残 った 角 層 に 対 し て 実 験 を 行 う) 2) その 結 果,Fig. 2 に 示 すように 室 温 で 細 胞 間 脂 質 中 の 炭 化 水 素 鎖 の 充 てん 格 子 には 六 方 晶 ( 格 子 定 数 は0.41 nm)と 斜 方 晶 ( 格 子 定 数 は0.37 nm と0.41 nm) があることが 報 告 されている 前 者 と 比 べて 後 者 が 観 測 さ れる 頻 度 が 高 いことが 指 摘 されている そこではさらに 重 要 な 二 つの 実 験 が 行 われている 一 つは 電 子 線 ビームの 位 置 を 動 かして 実 験 を 行 っていることである もう 一 つは 温 度 を 変 えて 実 験 を 行 っていることである これらについて は 後 で 触 れる 一 方, 炭 化 水 素 鎖 の 充 てん 格 子 と 直 交 する 方 向 の 周 期 構 造 であるラメラ 構 造 については, 電 子 顕 微 鏡 観 察 および X 線 小 角 散 乱 により 実 験 が 行 われている Bouwstra ら 3) は 外 科 手 術 により 切 り 取 ったヒトの 表 皮 を トリプシン 処 理 して 得 た 角 層 に 対 する X 線 小 角 散 乱 から 次 のような 報 告 をしている ヒト 角 層 において 室 温 でブ ロードではあるが 強 い6.4 nm の 周 期 をもつラメラ 構 造 ( 短 周 期 ラメラ 構 造 )と 弱 い13.4 nm の 周 期 をもつラメラ 構 造 ( 長 周 期 ラメラ 構 造 )のピークが 観 測 された(Fig. 3 を 参 照 Fig. 3 の 説 明 中,ceramide セラミド,long lamellar structure 長 周 期 ラメラ 構 造,short lamellar structure 短 周 期 ラメラ 構 造 後 で 示 すように 長 周 期 ラ メラ 構 造 中 には 水 層 は 無 いが, 短 周 期 ラメラ 構 造 中 には 水 層 がある) 温 度 を120 Cまで 上 げ 室 温 に 下 ろすと 細 胞 間 脂 質 の 結 晶 化 が 起 こり 鋭 い13.4 nm の 周 期 をもつラメラ 構 造 の 4 次 ピークまで 観 測 された その 角 層 中 の 水 分 量 を 調 節 すると20 wt の 辺 りで 長 周 期 ラメラ 構 造 による 小 角 領 域 のピークがさらに 鋭 くなる 一 方,ピーク 位 置 は 水 分 量 に 依 らない Bouwstra らはこれ 以 降 の 研 究 において, 長 周 期 ラメラ 構 造 は 研 究 した 全 ての 哺 乳 動 物 において 現 れ,これが 角 層 の 細 胞 間 脂 質 がつくる 特 徴 的 な 構 造 であっ て,このラメラ 構 造 が 皮 膚 のバリアー 機 能 においておそら く 最 も 重 要 な 働 きをしていると 主 張 している 4) また, RuO 4 で 染 色 した 皮 膚 角 層 のラメラ 構 造 の 電 子 顕 微 鏡 観 察 では 長 周 期 ラメラ 構 造 は 観 測 されているが 5), 短 周 期 ラメ ラ 構 造 の 電 子 顕 微 鏡 についての 報 告 は 現 在 までのところな い 疑 問 として 残 っていることは,このように 長 周 期 ラメ ラ 構 造 は 常 に 観 測 される 主 たる 構 造 であって,ヒト 角 層 で 298 放 射 光 Nov Vol.21 No.6

3 解説 放射光を用いた皮膚角層の構造研究 基礎から応用へ 熱処理する前にブロードであるが強いピークとして観測さ くる全ての構造が X 線回折で観測される訳ではない わ れている短周期ラメラ構造は機能に直接関わりない構造で れわれはラメラ周期構造と炭化水素鎖の充てん格子の関係 あって無視して良いかということである また 炭化水素 を X 線構造解析と熱力学に基づいて明らかにすることに 鎖の充てん格子の六方晶と斜方晶の共通の格子定数 0.41 よって これらの構造における混乱している状況の一端を nm はいわゆる 多結晶 の X 線回折ではデバイ シェラー 解きほぐした リングが重なり識別することが難しい さらに 電子線 一般にあるものの状態が安定かどうかを検討するとき 回折実験の結果が示すように斜方晶に比べて六方晶が出現 に 構造と熱力学の両面からの研究が重要な役割を果た する頻度が少なく 六方晶の存在の影が薄い このような す そこでヒト角層に非常に近い構造をもつへアレスマウ 場合に六方晶の存在を無視してよいのかということもあ ス皮膚角層の高感度示差走査熱量測定を行なった6) その る ここで強調しておきたいことは 角層中の細胞間脂質 結果 32, 39, 51, 71, 103 Cに熱異常を検出し 57 Cにも は脂質分子多成分から成っており それがつくる構造は必 サーモグラムの折れ曲がりを検出した 32 C の熱異常は ずしも鋭い回折ピークを示す規則正しい構造ばかりではな われわれが始めて見つけたものである 103 Cの熱異常は いということである また 規則正しい構造であるから機 これまでの実験で蛋白質に由来する熱異常と言われてい 能にとって重要であるとは一概には言えない さらに 脂 る 次に放射光 X 線を用いて 小角 広角 X 線回折像測 質分子多成分から成る細胞間脂質の構造においてそれがつ 定の温度走査速度 0.5 C /min で行なった7) それぞれの等 高線図の温度変化の結果を Fig. 4a と 4b に示す 横軸が散 乱ベクトル S ( 2 / l ) sin u ( nm 1 l は X 線の波長 2u は散乱角 であり 縦軸が温度 C である Fig. 4a と 4b 中に示す横線は熱異常が観測された温度 転移温度 を示す 細い横線は57 C の線を示す 詳細な議論につい ては論文7)を見ていただくことにして ここでは要点と論 文では詳しく触れなかった点について述べる これまで報告が無かった 32 C の相転移に着目して放射 光小角 広角 X 線回折像の温度変化の高感度測定結果を 見ると 微妙であるが確かな変化が起きている これはこ れまでの X 線回折実験では分からなかったことである Fig. 3 Lamellar structure in intercellular lipid matrix composed of ceramides, fatty acids and cholesterol are drawn schematically. There are two kinds of lamellar structures: One is long lamellar structure in which the repeat distance is 13.6 nm and the other is short lamellar structure in which the repeat distance is around 6 nm and depends on the water content in stratum corneum. In the latter, water molecules are illustrated by blue dots. Fig. 4 Fig. 4a を 見る と 室温 で 13.6 nm ヒ ト角 層 の場 合 は 13.4 nm このように細胞間脂質のラメラ周期は哺乳動物によ って多少異なるが それは脂質成分の違いによっていると 言われてる の長周期ラメラ構造の 1 次反射から 5 次反 射のピークが現れている この構造は約 56 C まで残って いるが ピーク位置は 32 C を境にして広角側に折れ曲が Intensity contour plots of SAXD/WASD as a function of temperature. Horizontal lines indicate the transition temperatures obtained from DSC. The color representations for the intensity are given in the bars of the righthand side. a: SAXD, b: WASD. 放射光 Nov Vol.21 No.6 299

4 っている すなわち,この 温 度 を 境 にしてラメラ 周 期 が 急 に 短 くなる また,Fig. 4b を 見 ると32 C 辺 りで2.24 nm -1 付 近 のブロードなピークの 等 高 線 が 折 れ 曲 がっており, 新 しいブロードなピークが 出 現 し 始 める 次 に Fig. 4a と 4b を 比 べることにより, 容 易 に 一 つの 結 論 を 下 せる Fig. 4a を 見 ると 短 周 期 ラメラ 構 造 によるピー クは 長 周 期 ラメラ 構 造 の 2 次 反 射 と 3 次 反 射 のピークの 間 に 埋 もれているが, 温 度 を 上 げるに 従 い 長 周 期 ラメラ 構 造 によるピークは 約 51 Cで 消 失 し51~71 Cで 一 つのピー クが 残 る( 曲 線 B) これが 短 周 期 ラメラ 構 造 の 1 次 反 射 のピークである 温 度 が 上 がるに 従 いピーク 位 置 が 広 角 側 に 移 動 しており,これは 短 周 期 ラメラ 構 造 の 周 期 が 短 くな っていることを 示 す 一 方,Fig. 4b を 見 ると39 Cで 斜 方 晶 から 六 方 晶 へ 明 確 な 相 転 移 を 起 こしている 前 に 挙 げた 電 子 線 回 折 実 験 によっても 斜 方 晶 から 六 方 晶 への 相 転 移 が 指 摘 されている 2) ここで 注 意 すべきことは 電 子 線 回 折 実 験 では20 Cで 現 れている 六 方 晶 と39 C 以 上 で 現 れる 六 方 晶 の 関 係 ついては 言 及 していないということである 室 温 で は2.4 nm -1 付 近 のピークは 六 方 晶 の 約 4.1 nm の 格 子 定 数 と 斜 方 晶 の 約 4.1 nm の 格 子 定 数 の 重 畳 したものから 成 っ ている 温 度 を 上 げると39 C 直 下 で2.40 nm -1 (0.417 nm) であったピークが 直 上 で2.44 nm -1 (0.410 nm)と 格 子 定 数 が 小 さい 方 向 に 飛 んでいる 一 般 に 温 度 が 上 昇 すること により 炭 化 水 素 鎖 の 充 てんの 格 子 定 数 は 大 きくなる 上 の 場 合 を 見 ると 六 方 晶 の 格 子 定 数 は39 Cの 直 上 で 小 さくな っているので,39 C 以 下 と 以 上 の 六 方 晶 はそれぞれ 異 な る 細 胞 間 脂 質 の 部 分 に 由 来 していると 言 える 一 つの 部 分 において39 Cで 斜 方 晶 から 高 温 六 方 晶 への 明 確 な 相 転 移 が 起 こるが, 別 の 部 分 にある 低 温 六 方 晶 はどうなったかを 明 らかにしなければならない この 低 温 六 方 晶 が32 Cで 相 転 移 を 起 こし, 液 晶 様 構 造 になるとすると 矛 盾 なく 説 明 できる 高 温 六 方 晶 に 話 を 戻 すと,39 C 以 上 で 現 れる 高 温 六 方 晶 は 温 度 が 上 がるに 従 い 小 角 側 に 移 動 し( 膨 張 し), 71 Cでピークが 消 失 する( 曲 線 D) 高 温 六 方 晶 が 出 現 す る 温 度 領 域 ( 曲 線 D)と 短 周 期 ラメラ 構 造 が 出 現 する 温 度 領 域 ( 曲 線 B)が 対 応 している したがって, 室 温 では 短 周 期 ラメラ 構 造 の 炭 化 水 素 鎖 の 充 てんは 斜 方 晶 から 成 っ ていると 定 性 的 に 結 論 できる さらに,32 Cの 相 転 移 で の 振 舞 から 残 りの 長 周 期 ラメラ 構 造 の 炭 化 水 素 鎖 の 充 てん は 低 温 六 方 晶 から 成 っていると 間 接 的 に 結 論 される 以 上 のことを 定 量 的 に 解 析 するために, 臨 界 充 てんパラ メーター8) の 概 念 を 改 変 した 脂 質 のいわゆる 頭 部 の 断 面 積 だけでなくその 厚 さをも 考 慮 し,さらに 水 層 の 厚 さも 考 慮 した 新 しい 臨 界 充 てんパラメーター(ここでは 改 良 形 状 因 子 と 呼 ぶ)を 定 義 する Fig. 5 に 示 すように, 炭 化 水 素 鎖 一 本 からなる 脂 質 分 子 を 考 え, 水 中 で 脂 質 2 分 子 の 外 側 には 水 層 があり, 次 に 頭 部 があり, 内 側 に 炭 化 水 素 鎖 が 向 き 合 っているのが, 脂 質 2 分 子 膜 の 基 本 構 造 である 断 面 積 を a 0 とし,Fig. 5 の 2 分 子 の 上 端 から 下 端 までの 長 Fig. 5 A pair of lipid molecules (illustrated by orange for hydrocarbon chain and by dark orange for headgroup) with water (illustrated by blue) shown by two cylinders. Modiˆed shape factor n/a 0 l c is given by the cross-section a 0 of cylinder, the length l c from the top to the bottom and the total volume n. さを l c とし, 全 体 の 体 積 が n であるとすると, 改 良 形 状 因 子 は n a 0 l c と 定 義 できる 脂 質 2 分 子 膜 は 平 板 を 形 成 するので, 改 良 形 状 因 子 の 値 は 1 となる すなわち,n=a 0 l c の 関 係 が 成 り 立 つ 角 層 中 の 細 胞 間 脂 質 の 場 合 に 当 てはめて, 炭 化 水 素 鎖 の 状 態 が 脂 質 分 子 集 合 体 の 構 造 形 成 において 重 要 な 役 割 を 果 たしているとすると,Fig. 5 の 筒 状 体 の 断 面 積 は ほぼ 炭 化 水 素 鎖 の 乱 れによって 規 定 され,それに 伴 い 平 板 を 保 つように 水 層 や 頭 部 は 変 形 する したがって,ラメラ 構 造 (l c はラメラ 周 期 に 相 当 する)と 炭 化 水 素 鎖 の 充 てん の 格 子 定 数 ( 断 面 積 a 0 を 見 積 もることができる)から a 0 l c が 計 算 できる 一 つの 相 の 中 の 狭 い 温 度 領 域 では,ラ メラ 構 造 の 周 期 が 短 くなれば 反 対 に 炭 化 水 素 鎖 の 充 てんの 格 子 定 数 は 大 きくなり, 体 積 n はほぼ 一 定 に 保 たれると 考 える Fig. 4a の 曲 線 B と Fig. 4b の 曲 線 D について,a 0 l c を 計 算 すると,Table I( 表 の 説 明 中,modiˆed shape factor 改 良 形 状 因 子 )に 示 す 値 が 求 まる a 0 l c は nm 3 の 間 にありほぼ 一 定 の 値 なっており,これから 曲 線 B が 曲 線 D に 対 応 していることが 定 量 的 にも 示 された 詳 しく 見 ると a 0 l c の 値 は 温 度 の 上 昇 とともに 僅 かではあるが 減 少 している 現 在 のところこの 要 因 については 分 かって いないが,ここで 扱 った 細 胞 間 脂 質 は 多 成 分 から 成 ってお り 必 ずしもここで 提 案 した 改 良 形 状 因 子 の 枠 組 みで 扱 い 切 れないかもしれない さらに 詳 しい 解 析 をするためには 単 成 分 系 で 改 良 形 状 因 子 の 考 え 方 について 厳 密 に 検 討 する 必 要 がある 曲 線 C については 少 し 説 明 を 要 する 32 C 以 下 では 液 晶 様 構 造 の 核 が 形 成 され,そのピーク 強 度 が 温 度 の 上 昇 とともに 増 大 する 32 Cでほぼ 全 体 に 液 晶 様 構 造 300 放 射 光 Nov Vol.21 No.6

5 解 説 放 射 光 を 用 いた 皮 膚 角 層 の 構 造 研 究 基 礎 から 応 用 へ Table I Analysis based upon the modiˆed shape factor for the short lamellar structure in intercellular lipid matrix of stratum corneum. The cross-sectional area, a 0, obtained from the lattice constant of the high-temperature hexagonal structure, the lamellar repeat distance, l c, and the calculated volume, a 0 l c Temperature ( C) a 0 (nm 2 ) l c (nm) a 0 l c (nm 3 ) Table II Analysis based upon the modiˆed shape factor for the long lamellar structure in intercellular lipid matrix of stratum corneum. The cross-sectional area, a 0, obtained from the lattice constant of the liquid-crystalline-like structure, the lamellar repeat distance, l c, and the calculated volume, a 0 l c Temperature ( C) a 0 (nm 2 ) l c (nm) a 0 l c (nm 3 ) Fig. 6 X-ray dišraction intensity for the stratum corneum of hairless mouse at the water content of 0 wt (A), 12wt (B), 21 wt (C), 35wt (D), 50wt (E), 70wt (F) and 80 wt (G). Open arrows indicate the 1st to 5th order dišraction peaks for the long lamellar structure and closed arrows indicate the 1st and 2nd order dišraction peaks for the short lamellar structure. になり,さらに 温 度 が 上 昇 するとともに 液 晶 に 近 づく そ れを 滑 らかに 結 んだものが Fig. 4b の 曲 線 C(32~56 C) である 同 じ 温 度 領 域 でラメラ 構 造 のピークは Fig. 4a の 曲 線 A である Fig. 4a の 曲 線 A と Fig. 4b の 曲 線 C つい て,を 計 算 すると,Table II( 表 の 説 明 中,liquid-crystalline-like structure 液 晶 様 構 造 )に 示 す 値 が 求 まる a 0 l c は nm 3 の 間 にありほぼ 一 定 の 値 なっており, ここに 曲 線 A と 曲 線 C が 対 応 していると 言 える このよ うに 定 量 的 な 解 析 を 行 なった 結 果, 長 周 期 ラメラ 構 造 の 炭 化 水 素 鎖 の 充 てんは 低 温 六 方 晶 であり, 短 周 期 ラメラ 構 造 の 炭 化 水 素 鎖 の 充 てん 格 子 は 斜 方 晶 であると 結 論 できる 前 に 示 した 電 子 線 回 折 実 験 において 電 子 線 ビーム 位 置 を 動 かし, 炭 化 水 素 鎖 の 充 てん 格 子 の 六 方 晶 と 斜 方 晶 の 領 域 の 測 定 をしているが,これはドメインの 存 在 を 示 唆 してい る X 線 回 折 実 験 で 回 折 ピークとして 観 測 されるために は 同 一 の 構 造 の 繰 り 返 しがあることを 意 味 する したがっ て, 角 層 中 の 細 胞 間 脂 質 はここで 得 られた 結 果 も 低 温 六 方 晶 の 炭 化 水 素 鎖 の 充 てん 格 子 をもつ 長 周 期 ラメラ 構 造 と 斜 方 晶 の 炭 化 水 素 鎖 の 充 てん 格 子 をもつ 短 周 期 ラメラ 構 造 の 2 つのドメインを 形 成 している 角 層 の 機 能 発 現 における 細 胞 間 脂 質 の 役 割 を 検 討 するに 当 たり,それぞれのドメイ ンの 役 割,また,ドメイン 間 の 相 互 作 用 に 着 目 して 分 子 レ ベルの 機 構 解 明 に 取 り 組 むことが 次 の 課 題 となる 3. 皮 膚 角 層 の 水 分 調 節 機 構 と 構 造 この 節 では 細 胞 間 脂 質 集 合 体 がつくるラメラ 構 造 による 小 角 X 線 回 折 像 の 精 密 な 解 析 により, 皮 膚 角 層 の 機 能 に おいて 重 要 な 保 湿 機 能 さらには 水 分 調 節 機 構 について 新 し く 提 案 した 結 果 について 紹 介 する これにおいてはラメラ 構 造 の 回 折 像 の 精 密 な 解 析 が 不 可 欠 であり, 輝 度 の 高 い 放 射 光 X 線 を 用 いた 実 験 によりはじめて 可 能 となった 角 層 の 役 割 として 保 湿 機 能 がある 健 康 な 皮 膚 において 角 層 中 には 約 20 wt の 水 分 が 蓄 えられており,そのほと んどは 角 層 細 胞 中 にあることは 知 られている(Fig. 1 を 参 照 ) 一 方, 角 層 へは 体 内 から 絶 えず 水 分 が 供 給 されてお り 角 層 表 面 から 外 界 へほぼ 5mgcm -2 h -1 の 割 合 で 水 分 が 蒸 散 している したがって, 角 層 中 の 約 20 wt の 水 分 は 供 給 排 出 を 繰 り 返 しの 定 常 状 態 にあり, 角 層 中 の 水 分 子 の 振 舞 は 非 平 衡 状 態 にあると 言 える 前 に 述 べた Bouwstra らの 長 周 期 ラメラ 構 造 が 皮 膚 のバリアー 機 能 において 重 要 な 働 きをしているという 主 張 とかれらの 長 周 期 ラメラ 構 造 の 周 期 は 水 分 量 に 依 らないということから, 細 胞 間 脂 質 中 には 水 分 が 無 いと 信 じている 研 究 者 が 多 い このような 状 況 下 にあって,われわれはヘアレスマウス 角 層 において 角 層 中 の 水 分 量 を 変 えて 小 角 X 線 回 折 実 験 を 行 った 9) 小 角 X 線 回 折 像 の 水 分 量 依 存 性 を Fig. 6 に 示 す 下 の 赤 線 で 示 放 射 光 Nov Vol.21 No.6 301

6 Fig. 7 (a) Spacing obtained from the 2nd order dišraction peak for the long lamellar structure and spacing obtained from the 1st order dišraction peak for the short lamellar structure as a function of the water content. (b) Full widths at the half maximum for the 2nd order dišraction peak for the long lamellar structure and for the 1st order dišraction peak for the short lamellar structure as a function of the water content. す 像 A から 上 の 紫 線 で 示 す 像 G に 向 かって 角 層 中 の 水 分 量 が 増 加 している 白 抜 きの 矢 印 で 示 すピークが 周 期 13.6 nm -1 の 長 周 期 ラメラ 構 造 による X 線 回 折 ピークであって, 5 次 反 射 まで 観 測 されている 黒 色 の 矢 印 で 示 すピークが 周 期 約 6nmの 短 周 期 ラメラ 構 造 による X 線 回 折 ピークで あって,2 次 反 射 まで 観 測 されている 短 周 期 ラメラ 構 造 は 角 層 中 の 水 分 量 とともに 膨 潤 していることが 分 かる 散 乱 ベクトル nm -1 付 近 のピークを 2 つのローレ ンツ 関 数 で 表 し 解 析 した Fig. 7a は 長 周 期 ラメラ 構 造 (2 次 反 射 13.6/2=6.8 nm)と 短 周 期 ラメラ 構 造 (1 次 反 射 nm)の spacing の 皮 膚 角 層 中 の 水 分 量 依 存 性 を 示 す 長 周 期 ラメラ 構 造 の 周 期 は 不 変 であるのに 対 し, 短 周 期 ラメラ 構 造 の 周 期 は 水 分 量 とともにほぼ 直 線 的 に 膨 潤 し ていることが 分 かる すなわち, 短 周 期 ラメラ 構 造 の 脂 質 層 間 に 水 層 が 入 っており, 角 層 全 体 の 水 分 量 の 増 加 ととも に 水 層 の 厚 さが 増 加 していると 考 えられる(Fig. 3 参 照 ) Fig. 7b に 短 周 期 ラメラ 構 造 ( )と 長 周 期 ラメラ 構 造 ( ) の 小 角 X 線 回 折 像 の 半 値 幅 の 水 分 量 依 存 性 を 示 す この 結 果 は 短 周 期 ラメラ 構 造 の 小 角 X 線 回 折 像 の 半 値 幅 は 水 分 量 20~30 wt で 狭 くなり, 水 分 量 がそれより 少 なくて も 多 くても 半 値 幅 が 広 がることを 示 している( ) それ に 伴 い, 長 周 期 ラメラ 構 造 の 小 角 X 線 回 折 像 の 半 値 幅 も 水 分 量 20~30 wt で 狭 くなり, 水 分 量 がそれより 少 なく ても 多 くても 広 がる( ) われわれはこの 現 象 を 次 のよ うに 説 明 している 10) 角 層 中 にある 水 分 量 の20~30 wt の 水 のほとんどは 角 層 細 胞 の 中 にあるが, 少 量 の 水 が 細 胞 間 脂 質 をつくる 短 周 期 ラメラ 構 造 の 水 層 に 滲 みだしてい る 短 周 期 ラメラ 構 造 の 小 角 X 線 回 折 像 の 半 値 幅 は 角 層 中 の 水 分 量 が20~30 wt のときに 狭 くなることは,この 水 分 量 のときに 短 周 期 ラメラ 構 造 が 安 定 化 することを 意 味 している このとき 長 周 期 ラメラ 構 造 の 小 角 X 線 回 折 像 の 周 期 は 変 わらないが20~30 wt で 半 値 幅 は 最 も 狭 くな っており, 長 周 期 ラメラ 構 造 と 短 周 期 ラメラ 構 造 の 間 に 相 互 作 用 が 働 いており, 両 構 造 が 同 時 に 安 定 化 していること を 意 味 している その 相 互 作 用 は 角 層 中 の 水 分 量 が20~ 30 wt より 少 なくなっても 多 くなっても 水 分 量 を20~30 wt に 戻 すような 調 節 機 構 として 働 いているといえる したがって, 細 胞 間 脂 質 は 角 層 中 の 水 分 調 節 の 役 割 を 果 た している 短 周 期 ラメラ 構 造 の 膨 潤 現 象 も 細 胞 間 脂 質 の 基 本 的 な 性 質 であるが, 世 界 で 受 け 入 れられている 訳 ではない これ を 支 持 する 結 果 としては, 軽 水 に 代 わって 重 水 を 用 いたヒ ト 角 層 の 短 周 期 ラメラ 構 造 の 時 間 変 化 の 中 性 子 散 乱 実 験 の 報 告 がある 11) 中 性 子 散 乱 の 実 験 の 良 い 点 は 水 層 がある 短 周 期 ラメラ 構 造 を 際 出 せて 観 測 できる 点 にある Charalambopoulou ら 11) は 短 周 期 ラメラ 構 造 が 膨 潤 してい ることをあまり 強 調 していないが, 本 文 中 で 角 層 を 重 水 中 に 入 れたところ 時 間 とともに5.7から6.2 nm にわたって 周 期 が 長 くなると 述 べている 22 時 間 経 つと 短 周 期 ラメラ 構 造 による 回 折 ピークは 消 えるというデータを 示 している 2007 年 になって,Bouwstra はヒト 角 層 を 水 中 に 入 れて 短 周 期 ラメラ 構 造 の 時 間 変 化 を 測 定 したところ, 乾 燥 状 態 で は 周 期 は6.06 nm,3 時 間 後 には6.13 nm,20 時 間 後 には 6.26 nm になると 口 頭 で 発 表 している このように 短 周 期 ラメラ 構 造 は 観 測 し 難 いところがあるが, 角 層 と 水 の 関 係 においては 重 要 な 役 割 をしているという 認 識 は 高 まりつつ あることは 確 実 である X 線 構 造 解 析 の 結 果 から, 角 層 中 の 水 分 量 がほぼ20 wt 302 放 射 光 Nov Vol.21 No.6

7 解 説 放 射 光 を 用 いた 皮 膚 角 層 の 構 造 研 究 基 礎 から 応 用 へ になるように 調 節 する 機 構 があることを 示 した これが 正 常 な 皮 膚 の 角 層 中 の 水 分 量 とほぼ 一 致 していることは 注 目 すべきことである 角 層 中 の 水 分 調 節 機 構 を 正 常 な 皮 膚 の 状 態 に 保 つことにおいて 重 要 な 役 割 を 果 たしていること の 分 子 レベルでの 機 構 を 示 唆 している 以 上 では 角 層 内 は 一 様 な 構 造 より 成 っているとして 扱 ってきたが,これは 議 論 のあるところである ここでは Warner らの 皮 膚 の 水 分 量 の 厚 さ 方 向 への 変 化 の 測 定 例 を 挙 げる 12) 角 層 中 では 真 皮 の 方 向 に 向 かって 水 分 量 は15 wt から40 wt へ 徐 々 に 増 加 している( 角 層 に 真 皮 側 から 水 分 が 供 給 され, 外 界 に 向 かって 蒸 散 して 定 常 に 保 たれていることから, 角 層 の 構 造 が 一 様 であっても 水 分 量 は 勾 配 をもち 角 層 中 の 深 さに 依 るはずである) 角 層 全 体 をならした 実 験 ではこの 平 均 値 を 測 定 していると 言 える 注 目 すべきことは 角 層 と 顆 粒 層 の 間 の 急 激 な 水 分 量 の 増 加 である 顆 粒 層 では 最 終 的 に は70 wt 程 度 にまで 達 する 顆 粒 層 中 で 細 胞 接 着 に 寄 与 している tight junction が 皮 膚 中 の 水 分 保 持 機 能 において 重 要 な 役 割 を 果 たしているとの 指 摘 があるが,これはまさ に 顆 粒 層 によって 体 内 と 角 層 の 水 分 量 の 大 きな 差 を 支 えて いることを 意 味 する したがって,tight junction に 異 常 があれば, 角 層 中 の 水 分 調 節 機 構 が 最 早 追 従 できなくな り, 水 の 角 層 表 面 からの 異 常 な 蒸 散 が 加 速 され, 体 内 の 水 が 急 激 に 失 われ, 終 には 死 に 至 ることになる 4. おわりに 以 上 のように 角 層 の 放 射 光 X 線 構 造 解 析 の 研 究 は 着 実 に 進 みつつあり,その 重 要 性 も 認 識 されつつある 応 用 へ の 展 開 もこれから 飛 躍 的 に 進 むと 期 待 される とくに, 化 粧 料 や 経 皮 吸 収 促 進 剤 の 効 果 を 角 層 の X 線 構 造 解 析 によ り 分 子 レベルで 解 明 することは 重 要 な 課 題 である 現 在, われわれはこれに 向 けての 研 究 に 取 り 組 んでいるところで ある ここで 述 べたように 細 胞 間 脂 質 のラメラ 構 造 には 長 周 期 ラメラ 構 造 と 短 周 期 ラメラ 構 造 があり, 炭 化 水 素 鎖 の 充 てん 格 子 には 六 方 晶 と 斜 方 晶 があって,これまで 着 目 さ れていなかったこれらの 構 造 それぞれへの 化 学 物 質 の 効 果 やそれぞれの 構 造 変 化 間 の 相 関 を 明 らかにすることへと 研 究 を 展 開 している また, 角 層 に 化 学 物 質 を 作 用 させたと きの 構 造 変 化 を 観 測 する 方 法 を 提 案 した 13) そのための 試 料 容 器 に 角 層 試 料 を 収 め, 試 料 が 動 かないように 保 ちな がら 目 的 の 溶 液 を 外 から 注 入 し, 試 料 の 周 りを 溶 液 で 満 た し, 溶 液 中 の 化 学 物 質 が 試 料 の 中 に 浸 透 させ,その 結 果 生 ずる 角 層 中 の 細 胞 間 脂 質 の 構 造 変 化 を X 線 回 折 像 の 時 間 変 化 の 高 分 解 能 観 測 で 行 なおうというものである 生 体 由 来 の 角 層 を 用 いる 実 験 における 大 きな 問 題 の 一 つは, 同 一 種 類 の 動 物 での 実 験 であっても 個 体 差 の 問 題 を 避 けて 通 る ことは 出 来 ないことである この 方 法 を 用 いることによっ て,その 問 題 を 回 避 できる また, 化 学 物 質 を 作 用 したと きの 微 少 変 化 の 観 測 も 大 きな 課 題 の 一 つであるが,これも 克 服 できる 前 者 は, 逐 次 に 変 化 する X 線 回 折 像 を 解 析 することにより, 化 学 物 質 の 作 用 による 構 造 の 微 小 変 化 に 個 体 差 による 大 小 の 差 があったとしても 個 体 に 依 らず 構 造 の 変 化 が 起 きるということは 検 出 できることよる 後 者 に ついては, 化 学 物 質 の 作 用 により 変 化 した 像 から 作 用 する 前 の 像 を 引 くことによる 強 度 差 に 着 目 することによって 回 折 像 の 微 妙 な 変 化 を 検 出 することができる さらに, 微 妙 な 構 造 変 化 が 検 出 可 能 になったことにより, 角 層 細 胞 中 の ソフトケラチンの 構 造 変 化 の 測 定 も 可 能 になった これら の 成 果 の 報 告 については 別 の 機 会 に 譲 る 謝 辞 本 研 究 を 進 めるに 当 たって, 坂 貞 徳 (メナード 化 粧 品 ), 井 上 勝 晶 (JASRI, 現 在,DIAMOND), 中 沢 寛 光 ( 関 学 ), 國 澤 直 美 ( 資 生 堂 ), 小 幡 誉 子 ( 星 薬 大 )の 皆 さんに は 大 変 お 世 話 になった ここに 謝 意 を 表 します ここで 紹 介 した 研 究 成 果 の 一 部 は 科 研 費 基 盤 研 究 (C)( ) で 行 なわれた この 分 野 の 放 射 光 利 用 研 究 の 推 進 に 当 たっ て,SPring-8 利 用 推 進 協 議 会 のご 支 援 に 感 謝 します 参 考 文 献 1) B. Forslind and M. Lindberg: Skin, Hair, and Nails (Marcel Dekker, New York, 2004). 2) G.S.K.Pilgram,A.M.Engelsma-vanPelt,J.A.Bouwstra andh.k.koerten:j.invest.dermatol.113, 403(1999). 3) J.A.Bouwstra,G.S.Gooris,J.A.vanderSpekandW. Bras: J. Invest. Dermatol. 97, 1005(1991). 4) J. A. Bouwstra, F. E. R. Dubbelaar, G. S. Gooris and M. Ponec: Acta Derm. Venereol. Supp. 208, 23(2000). 5) S. Y. E. Hou, A. K. Mitra, S. H. White, G. K. Menon, R. Ghadially and P. M. Elais: J. Invest. Dermatol. 96, 215 (1991). 6) I. Hatta, K. Nakanishi and K. Ishikiriyama: Thermochim. Acta 431, 94(2005). 7) I. Hatta, N. Ohta, K. Inoue and N. Yagi: Biochim. Biophys. Acta 1758, 1830 (2006). 8) J. Israelachvili: Intermolecular & Surface Forces, 2nd edition (Academic Press, London, 1991). 9) N. Ohta, S. Ban, H. Tanaka, S. Nakata and I. Hatta: Chem. Phys. Lipids 123, 1(2003). 10) I. Hatta and N. Ohta: Photon Factory Activity Report 2003 Part A, Highlights 49 (2004). 11) G. Ch. Charalambopoulou, Th. A. Steriotis, Th. Hauss, A. K. Stubos and N. K. Kanellopoulos: Physica B 350, e603 (2004). 12) R.R.Warner,M.C.MyersandD.A.Taylor:J.Invest.Dermatol. 90, 218(1988). 13) 八 田 一 郎, 涌 井 義 一 特 願 放 射 光 Nov Vol.21 No.6 303

8 著 者 紹 介 八 田 一 郎 財 団 法 人 高 輝 度 光 科 学 研 究 センター 産 業 利 用 推 進 室 コーディネーター 専 門 生 物 物 理 学 [ 略 歴 ] 1967 年 東 京 工 業 大 学 大 学 院 理 工 学 研 究 科 博 士 課 程 修 了 ( 物 理 学 専 攻 ) 理 学 博 士 東 京 工 業 大 学 理 学 部 物 理 学 科 助 手, 名 古 屋 大 学 工 学 部 応 用 物 理 学 科 助 教 授, 名 古 屋 大 学 工 学 部 応 用 物 理 学 科 教 授,2002 年 4 月 名 古 屋 大 学 名 誉 教 授, 福 井 工 業 大 学 工 学 部 教 授 を 経 て,2006 年 8 月 よ り 現 職 八 木 直 人 財 団 法 人 高 輝 度 光 科 学 研 究 センター 利 用 研 究 促 進 部 門 副 部 門 長 専 門 非 結 晶 X 線 回 折 [ 略 歴 ] 1975 年 東 京 大 学 物 理 工 学 科 卒 業,1980 年 東 北 大 学 医 学 部 助 手,1982 年 医 学 博 士,1990 年 東 北 大 学 医 学 部 講 師,1997 年 財 団 法 人 高 輝 度 光 科 学 研 究 センター 主 席 研 究 員,2007 年 より 現 職 太 田 昇 財 団 法 人 高 輝 度 光 科 学 研 究 センター 利 用 研 究 促 進 部 門 研 究 員 専 門 X 線 回 折 [ 略 歴 ] 2003 年 3 月 名 古 屋 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 後 期 課 程 修 了,2003 年 4 月 財 団 法 人 高 輝 度 光 科 学 研 究 センター 協 力 研 究 員,2008 年 9 月 より 現 職 Synchrotron X-ray scattering study on stratum corneum of skin: Toward applied research based upon basic research Ichiro HATTA Noboru OHTA Naoto YAGI Japan Synchrotron Radiation Research Institute/SPring Kouto, Sayo, Hyogo , Japan Japan Synchrotron Radiation Research Institute/SPring Kouto, Sayo, Hyogo , Japan Japan Synchrotron Radiation Research Institute/SPring Kouto, Sayo, Hyogo , Japan Abstract On considering the applied research on stratum corneum of skin, it is indispensable to know the structure at the molecular level. However, there is even now in a controversy among the researchers who are performing its X-ray scattering study. Here we introduce our solution for the two problems: One is the correlation between the lamellar structures and hydrocarbon-chain packings in intercellular lipid matrix and the other is the existence of water layers in the short lamellar structure. These studies have become possible for the ˆrst time by making good use of synchrotron small-angle/wide-angle X-ray dišraction. Based upon the structural evidence, we can further carry out the applied research in stratum corneum. 304 放 射 光 Nov Vol.21 No.6

Microsoft PowerPoint - 図材料科学基礎Ⅰ14_応用編1.pptx

Microsoft PowerPoint - 図材料科学基礎Ⅰ14_応用編1.pptx 材 料 科 学 基 礎 Ⅰ 材 料 科 学 の 枠 組 み 基 礎 編 元 素 の 結 晶 構 造 いろいろな 金 属 間 化 合 物, 合 金 の 結 晶 いろいろなセラミックスの 結 晶 とイオン 結 晶 格 子, 晶 系, 点 群 X 線 と 結 晶 応 用 編 電 子 顕 微 鏡 放 射 光 中 性 子 線 結 晶 の 格 子 定 数 結 晶 の 欠 陥 と 組 織 1 電 子 顕 微 鏡

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

( 図 )STIM1 のストア 作 動 性 カルシウム 流 入 活 性 化 メカニズム

( 図 )STIM1 のストア 作 動 性 カルシウム 流 入 活 性 化 メカニズム 60 秒 でわかるプレスリリース 2007 年 12 月 3 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 アレルギー 反 応 を 制 御 する 重 要 分 子 STIM1 を 発 見 - 細 胞 外 からのカルシウム 流 入 が アレルギー 反 応 を 引 き 起 こす - 鼻 がむずむずして くしゃみが 止 まらない 体 中 がかゆくて ついつい 引 っかいて しまう 花 粉 症 やアレルギー

More information

檜皮の確保と檜皮採取者の育成

檜皮の確保と檜皮採取者の育成 檜 皮 の 確 保 と 檜 皮 採 取 者 の 育 成 岡 山 理 科 大 学 江 面 嗣 人 1.はじめに 文 化 財 建 造 物 の 檜 皮 葺 の 建 物 は 現 在 788 棟 ( 平 成 19 年 末 現 在 )が 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 されている これは 指 定 された 重 要 文 化 財 建 造 物 の 約 18.8パーセントにあたり 重 要 文 化 財 建 造 物

More information

定 性 が 良 いこと 上 皮 細 胞 により 浸 透 することを 報 告 した 今 回 NANOEGG -atra が 従 来 の atra 製 剤 と 比 較 して 刺 激 が 少 なく 両 親 媒 性 であることから 点 眼 剤 として 使 用 できる 可 能 性 に 着 目 した 本 論 文

定 性 が 良 いこと 上 皮 細 胞 により 浸 透 することを 報 告 した 今 回 NANOEGG -atra が 従 来 の atra 製 剤 と 比 較 して 刺 激 が 少 なく 両 親 媒 性 であることから 点 眼 剤 として 使 用 できる 可 能 性 に 着 目 した 本 論 文 ( 様 式 甲 5) 氏 名 出 垣 昌 子 ( ふ り が な ) (いでがき まさこ) 学 位 の 種 類 博 士 ( 医 学 ) 学 位 授 与 番 号 甲 第 号 学 位 審 査 年 月 日 平 成 24 年 1 月 31 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 1 項 該 当 学 位 論 文 題 名 Effects of All-Trans Retinoic Acid

More information

香 川 高 等 専 門 学 校 研 究 紀 要 4(213) した 1 つは 振 動 台 に 剛 結 し, 入 力 加 速 度 を 計 測 し た もう 一 方 はブロック 木 枠 の 天 端 にピン 留 めして, 応 答 加 速 度 を 計 測 した 実 験 開 始 前 には, 重 力 加 速 度

香 川 高 等 専 門 学 校 研 究 紀 要 4(213) した 1 つは 振 動 台 に 剛 結 し, 入 力 加 速 度 を 計 測 し た もう 一 方 はブロック 木 枠 の 天 端 にピン 留 めして, 応 答 加 速 度 を 計 測 した 実 験 開 始 前 には, 重 力 加 速 度 抵 抗 板 を 設 置 した 空 積 みブロック 模 型 の 地 震 時 加 速 度 応 答 特 性 に 関 する 一 考 察 向 谷 光 彦 *, 末 松 吉 生 **, 水 越 睦 視 ***, 乃 村 智 子 *, 松 原 三 郎 *** Seismic Accelerative Response of Dry Masonry Block Retaining Wall Structure with

More information

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを 用 語 解 説 1 共 通 事 項 用 語 算 出 方 法 解 説 経 常 収 支 比 率 (%) ( 法 適 用 企 業 ) 経 常 収 益 経 常 費 用 損 益 計 算 書 の 項 目 間 の 分 析 であり 企 業 にとっては 最 も 重 要 な 指 標 の 一 つである この 比 率 は 主 たる 営 業 活 動 によって 得 た 収 益 と 他 の 関 連 する 収 益 の 合 算 を

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対 第 二 章 IH 加 熱 時 の 伝 熱 特 性 調 理 は 単 に 食 材 を 加 熱 するだけではなく 食 材 出 来 上 がりのこげ 加 減 など 視 覚 的 に 食 欲 を 促 進 させるためには 加 熱 性 能 も 重 要 な 要 素 になる IH とガス 加 熱 で 調 理 した 場 合 に 味 が 変 わると 言 われているが IH とガス 加 熱 で 直 接 味 に 影 響 す ることは

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

皮膚と表皮と角層なら新しい皮膚科学|皮膚病全般に関する最新情報を載せた皮膚科必携テキスト

皮膚と表皮と角層なら新しい皮膚科学|皮膚病全般に関する最新情報を載せた皮膚科必携テキスト B. 表 皮 3 cutis)という.そして,このいくつかの 皮 丘 が,より 深 い 皮 溝 によって 囲 まれて 多 角 形 の 皮 野 (area cutanea)を 形 成 する. 毛 は 深 い 皮 溝 から 生 えており, 汗 腺 の 汗 孔 は 皮 丘 に 開 口 する( 図.2). この 皮 溝 の 走 行 方 向 は 身 体 部 位 により 定 まっており 皮 膚 紋 理 と 呼

More information

Microsoft Word - 重点研究_20101213_[提出版][1].docx

Microsoft Word - 重点研究_20101213_[提出版][1].docx I N I I Pwel PMD DARC 25nm P N well 研 究 テーマ 量 子 ビームを 用 いた 材 料 生 体 の 構 造 と 機 能 の 研 究 材 料 生 体 の 構 造 と 機 能 を 原 子 分 子 電 子 スケールで 解 明 して 環 境 と 生 命 を 守 る 社 会 基 盤 技 術 の 創 成 に 生 かす(❶ ❼) グリーンイノベーションとライフ イノベーションの

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

目 次 はじめに... - 1-1. 面 接 等 の 種 類... - 2-1.1 面 接 とは... - 2-1.2 面 接 の 代 表 例 とその 概 要... - 2-2. 面 接 等 が 可 能 な 期 間 及 び 面 接 を 行 う 場 所... - 4-3. 面 接 の 要 請 と 受

目 次 はじめに... - 1-1. 面 接 等 の 種 類... - 2-1.1 面 接 とは... - 2-1.2 面 接 の 代 表 例 とその 概 要... - 2-2. 面 接 等 が 可 能 な 期 間 及 び 面 接 を 行 う 場 所... - 4-3. 面 接 の 要 請 と 受 面 接 ガイドライン 特 許 審 査 編 ( 平 成 26 年 10 月 1 日 改 訂 版 ) 平 成 26 年 10 月 特 許 庁 目 次 はじめに... - 1-1. 面 接 等 の 種 類... - 2-1.1 面 接 とは... - 2-1.2 面 接 の 代 表 例 とその 概 要... - 2-2. 面 接 等 が 可 能 な 期 間 及 び 面 接 を 行 う 場 所... - 4-3.

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB48D65814093FA8AA78C9A90DD8BC6905695B7208F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB48D65814093FA8AA78C9A90DD8BC6905695B7208F4390B32E646F63> 日 刊 建 設 産 業 新 聞 : 平 成 8 年 5 月 5 日 掲 載 次 世 代 の 耐 震 設 計 法 : 地 震 リスクを 考 える 武 蔵 工 業 大 学 教 授 吉 川 弘 道 篠 塚 研 究 所 主 席 研 究 員 中 村 孝 明 リスク とは 将 来 における 不 確 かな 損 失 あるいは 不 利 益 と 定 義 できる これを 定 量 的 に 記 述 すると 被 害 の 発 生

More information

伊勢崎市障害者社会参加促進事業実施要綱

伊勢崎市障害者社会参加促進事業実施要綱 別 表 第 1 日 常 生 活 給 付 事 業 重 度 障 害 者 の 日 常 生 活 の 種 目 等 区 分 種 目 対 象 者 性 能 耐 年 数 介 護 訓 練 特 殊 寝 台 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 2 級 以 上 の 身 体 障 害 者 ( 寝 返 りや 起 き 上 がりが 困 難 な 者 に 限 る ) 特 殊 マ ッ ト 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 1 級

More information

Microsoft Word - 210202菊地

Microsoft Word - 210202菊地 中 耳 炎 の 病 態 と 予 防 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 耳 鼻 咽 喉 科 菊 地 茂 1.はじめに 中 耳 炎 とは 中 耳 に 生 じる 炎 症 の 総 称 で 中 耳 炎 には 急 性 中 耳 炎 慢 性 中 耳 炎 滲 出 性 中 耳 炎 真 珠 腫 性 中 耳 炎 癒 着 性 中 耳 炎 結 核 性 中 耳 炎 壊 疽 性 中 耳 炎 航 空 性 中 耳 炎

More information

Microsoft Word - H24_技研論文130110

Microsoft Word - H24_技研論文130110 平 成 24 年 度 凍 害 および 塩 分 環 境 下 における 埋 設 型 枠 工 法 の 耐 久 性 について ( 独 ) 土 木 研 究 所 寒 地 土 木 研 究 所 耐 寒 材 料 チーム 嶋 田 久 俊 田 口 史 雄 吉 田 行 塩 分 環 境 下 において 凍 害 を 受 けるコンクリート 構 造 物 への 有 効 な 対 策 として, 種 々の 表 面 被 覆 工 法 が 適 用

More information

研究報告20年度(ai配置).indd

研究報告20年度(ai配置).indd 経 常 研 究 無 機 材 料 の 遠 赤 外 線 放 射 特 性 と 応 用 製 品 に 関 する 研 究 研 究 開 発 科 山 口 典 男 高 松 宏 行 九 州 大 学 栃 原 裕 要 約 遠 赤 外 線 放 射 率 が 高 い 材 料 の 開 発 および 遠 赤 外 線 が 及 ぼす 生 体 への 生 理 学 的 作 用 の 解 明 を 目 的 に セメント と 釉 薬 の 遠 赤 外 線

More information

いは 親 の 離 婚 等 によって 生 じたものであり 逆 に 言 うと 子 供 と 同 居 していない 母 親 も 存 在 するということになる しかし 表 1を 見 て 分 るとおり 非 同 居 児 は 同 居 児 に 比 して 圧 倒 的 に 少 ないことから 非 同 居 児 の 存 在 は

いは 親 の 離 婚 等 によって 生 じたものであり 逆 に 言 うと 子 供 と 同 居 していない 母 親 も 存 在 するということになる しかし 表 1を 見 て 分 るとおり 非 同 居 児 は 同 居 児 に 比 して 圧 倒 的 に 少 ないことから 非 同 居 児 の 存 在 は 国 勢 調 査 による 最 近 の 有 配 偶 無 子 女 性 の 動 向 総 務 省 統 計 研 修 所 松 村 迪 雄 はじめに 我 が 国 の 合 計 特 殊 出 生 率 (TFR)は 近 年 人 口 の 置 換 水 準 を 下 回 って 大 きく 低 下 して おり 25 年 には 1.26 にまで 低 下 した その 後 は 若 干 上 昇 しているが それでも 29 年 のTFRは 1.37

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.27

コンクリート工学年次論文集 Vol.27 論 文 浸 透 性 吸 水 防 止 材 で 被 覆 したポーラスコンクリートの 品 質 改 善 吉 田 知 弘 *1 国 枝 稔 *2 小 澤 淳 *3 *4 六 郷 恵 哲 要 旨 : 乾 湿 の 激 しい 環 境 下 での 劣 化 が 懸 念 されているポーラスコンクリートに 対 して, 2 種 類 の 浸 透 性 吸 水 防 止 材 で 被 覆 することにより 乾 湿 繰 返 しに 対 する

More information

ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 自 己 歯 髄 組 織 由 来 幹 細 胞 を 用 いた 抜 髄 後 歯 髄 組 織 再 生 療 法 開 発 申 請 年 月 日 平 成 24 年 4 月 12 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 実 施

ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 自 己 歯 髄 組 織 由 来 幹 細 胞 を 用 いた 抜 髄 後 歯 髄 組 織 再 生 療 法 開 発 申 請 年 月 日 平 成 24 年 4 月 12 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 実 施 3 ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 自 己 歯 髄 組 織 由 来 幹 細 胞 を 用 いた 抜 髄 後 歯 髄 組 織 再 生 療 法 開 発 申 請 年 月 日 平 成 24 年 4 月 12 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 実 施 施 設 : 国 立 長 寿 医 療 研 究 センター 研 究 責 任 者 : 中 島 美 砂 子

More information

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86>

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86> 第 9 号 平 成 16 年 7 月 1 日 発 行 愛 知 県 がんセンター Tel.052-762-6111 代 私 たちは 病 む 人 の 立 場 にたって 最 新 の 研 究 成 果 に 基 づく 最 良 の 心 あるがん 医 療 を 提 供 します The mission of Aichi Cancer Center is to provide patients suffering from

More information

113066

113066 第 28 回 山 﨑 賞 3 分 解 者 のキチナーゼ 活 性 に 関 する 研 究 1. はじめに 夏 にはいろいろなところでセミの 抜 け 殻 を 見 つけることができる しかし 夏 以 降 になると 発 見 できなくなる 何 がぬけがらを 分 解 しているのだろう これが 先 輩 が 疑 問 に 思 ったことであ り この 研 究 の 始 まりだった 文 献 を 調 べ セミの 抜 け 殻 のキチン

More information

Microsoft Word - DSC測定データ集ver3.1_2014年版.doc

Microsoft Word - DSC測定データ集ver3.1_2014年版.doc 測 定 データ 集 株 式 会 社 リガク 熱 分 析 事 業 部 1 ポリエチレンテレフタレートのガラス 転 移 3.00 2.00 1st run 77.2 1 - -3.00 2nd run 72.1-4.00 2-5.00-6.00 50.0 60.0 70.0 80.0 90.0 100.0 110.0 アモルファス( 非 晶 質 )PET のガラス 転 移 の 測 定 例 です 通 常

More information

会 員 各 位 2011 年 8 月 12 日 日 本 化 粧 品 技 術 者 会 事 務 局 第 38 回 SCCJセミナー 開 催 のご 案 内 本 セミナーは 化 粧 品 を 創 るための 必 要 な 技 術 情 報 からテーマを 選 定 し 化 粧 品 技 術 者 の 皆 様 へ 提 供 す

会 員 各 位 2011 年 8 月 12 日 日 本 化 粧 品 技 術 者 会 事 務 局 第 38 回 SCCJセミナー 開 催 のご 案 内 本 セミナーは 化 粧 品 を 創 るための 必 要 な 技 術 情 報 からテーマを 選 定 し 化 粧 品 技 術 者 の 皆 様 へ 提 供 す 会 員 各 位 2011 年 8 月 12 日 日 本 化 粧 品 技 術 者 会 事 務 局 第 38 回 SCCJセミナー 開 催 のご 案 内 本 セミナーは 化 粧 品 を 創 るための 必 要 な 技 術 情 報 からテーマを 選 定 し 化 粧 品 技 術 者 の 皆 様 へ 提 供 すべく 取 り 組 んで 参 りました 折 しも2011 年 7 月 厚 生 労 働 省 から 化 粧

More information

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について 報 道 発 表 資 料 平 成 25 年 9 月 2 7 日 文 部 科 学 省 経 済 産 業 省 気 象 庁 環 境 省 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC) 第 5 次 評 価 報 告 書 第 1 作 業 部 会 報 告 書 ( 自 然 科 学 的 根 拠 )の 公 表 について 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC) 第 36 回 総 会 及 び

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

で 減 厚 率 50%(ε=0.69)で 加 工 し 50 /sで 室 温 まで 冷 却 した 単 軸 圧 縮 の 歪 み 速 度 は0.4/sと 一 定 である 実 験 方 法 を Fig.5-1に 示 す なお 各 試 料 を 1273K で 加 熱 後 K/sで 冷 却 時 の 膨 張 測 定

で 減 厚 率 50%(ε=0.69)で 加 工 し 50 /sで 室 温 まで 冷 却 した 単 軸 圧 縮 の 歪 み 速 度 は0.4/sと 一 定 である 実 験 方 法 を Fig.5-1に 示 す なお 各 試 料 を 1273K で 加 熱 後 K/sで 冷 却 時 の 膨 張 測 定 第 5 章 Ti 析 出 物 による 局 部 伸 びに 優 れた 熱 延 鋼 板 の 開 発 5-1 緒 言 第 2 章 から 第 4 章 において フェライト 相 単 相 鋼 である 極 低 炭 素 鋼 を 対 象 として 固 溶 元 素 の 存 在 形 態 によるr 値 への 影 響 を 検 討 した この 結 果 固 溶 C N Bの 存 在 形 態 の 制 御 によってr 値 を 向 上 させ

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63> 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアについて - 正 しい 理 解 とより 良 い 治 療 を 受 けるために- 金 明 博 [はじめに] 整 形 外 科 の 外 来 を 訪 れる 患 者 さんの 多 くは 腰 痛 を 主 訴 にされてい ます その 腰 痛 の 患 者 さんが 心 配 している 病 気 の 中 で 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアほ ど 有 名 な 病 気 はないでしょう 腰 椎 椎 間 板

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378> 子 宮 頚 がんはワクチンで 予 防 できる 50 歳 代 に 多 い 子 宮 体 がん 子 宮 体 がんは 女 性 ホルモンのエストロゲンの 割 合 がプロゲステロンより 高 くなる 状 態 が 長 く 続 くと 発 生 します ちょうど 更 年 期 から 閉 経 期 がその 時 期 に 一 致 するので 50 歳 代 がピークとなるわけです エストロゲンは 卵 巣 だけ でなく 脂 肪 からも

More information

香 川 高 等 専 門 学 校 研 究 紀 要 4(2013) 2. 試 料, 実 験 装 置, 実 験 の 概 要 模 型 は 木 製 で 作 成 し, 中 詰 材 ( 礫 5mm 以 下 )は 現 場 での 1/10 スケールをそれぞれ 想 定 している 模 型 にはコンクリートと 比 重 を

香 川 高 等 専 門 学 校 研 究 紀 要 4(2013) 2. 試 料, 実 験 装 置, 実 験 の 概 要 模 型 は 木 製 で 作 成 し, 中 詰 材 ( 礫 5mm 以 下 )は 現 場 での 1/10 スケールをそれぞれ 想 定 している 模 型 にはコンクリートと 比 重 を 抵 抗 板 を 設 置 した 空 積 みブロックの 動 的 変 形 特 性 向 谷 光 彦 *, 末 松 吉 生 **, 水 越 睦 視 ***, 乃 村 智 子 *, 岡 崎 芳 行 *** Seismic Characteristics of Dry Masonry Block Retaining Wall Structure with a Resistance Plate Mitsuhiko

More information

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認 泥 炭 地 盤 における 盛 土 の 地 震 時 沈 下 の 簡 易 予 測 と 補 強 技 術 - 盛 土 底 部 の 液 状 化 による 沈 下 の 発 生 機 構 から 対 策 まで- 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 地 盤 チーム 同 上 同 上 林 宏 親 西 本 聡 橋 本 聖 北 海 道 において 発 生 したいくつかの 大 規 模 地 震 によって 泥 炭 地 盤 上 の 道 路

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

2A6D27DDE053A89D49256DB3000DDC9

2A6D27DDE053A89D49256DB3000DDC9 平 成 14 年 ( 行 ケ) 第 130 号 特 許 取 消 決 定 取 消 請 求 事 件 平 成 15 年 5 月 22 日 口 頭 弁 論 終 結 判 決 原 告 東 京 応 化 工 業 株 式 会 社 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 稲 元 富 保 訴 訟 代 理 人 弁 理 士 小 山 有 被 告 特 許 庁 長 官 太 田 信 一 郎 指 定 代 理 人 西 川 恵 雄 同 氏 原 康

More information

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 一 肉 作 線 維 芽 作 表 活 発 肉 芽 コ ラ ゲ ン 線 維 呼 増 殖 埋 縮 併 進 先

More information

薬物とは

薬物とは 薬 理 学 とは 薬 と 生 体 との 相 互 作 用 の 結 果 起 こる 現 象 を 研 究 する 科 学 である 1) 病 気 病 態 についての 知 識 が 必 要 2) 薬 物 そのものや 薬 物 とその 薬 物 を 与 えられるヒト( 患 者 )との 関 係 についての 十 分 な 知 識 が 必 要 この 知 識 を 重 点 的 に 与 えるのが 薬 理 学 である 病 気 の 治 療

More information

えて さらに 賃 金 の 半 分 の 年 金 減 額 を 行 うことになる 4 したがって 年 金 減 額 を 賃 金 月 額 wと 年 金 月 額 ɑによって 表 すと max(0.5{w+min(ɑ,28)-28},0)+ max(0.5(w-48),0) [1] となる また 高 年 齢 雇

えて さらに 賃 金 の 半 分 の 年 金 減 額 を 行 うことになる 4 したがって 年 金 減 額 を 賃 金 月 額 wと 年 金 月 額 ɑによって 表 すと max(0.5{w+min(ɑ,28)-28},0)+ max(0.5(w-48),0) [1] となる また 高 年 齢 雇 第 4 章 在 職 老 齢 年 金 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 が 企 業 の 継 続 雇 用 者 賃 金 決 定 に 及 ぼす 影 響 第 1 節 はじめに 在 職 老 齢 年 金 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 については 高 齢 者 だけでなく 雇 用 する 企 業 にも 影 響 を 及 ぼし 企 業 による 賃 金 引 下 げ 等 の 反 応 が 起 こるとの 議 論 がある 1

More information

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する 地 価 公 示 と 都 道 府 県 地 価 調 査 との 関 係 1. 国 土 利 用 計 画 法 制 定 時 の 公 示 価 格 の 活 用 方 法 とその 後 の 変 遷 (1) 国 土 利 用 計 画 法 の 制 定 時 の 議 論 国 土 利 用 計 画 法 は 人 口 産 業 の 大 都 市 への 集 中 に 伴 う 地 価 高 騰 等 といった 土 地 問 題 の 解 決 を 図 るために

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FC797E182DC82C682DF81698AE2924A90E690B6816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FC797E182DC82C682DF81698AE2924A90E690B6816A> 症 例 1 70 歳 代, 男 性 食 道 症 例 提 供 : 佐 久 医 療 センター 高 橋 亜 紀 子 読 影 は 三 枝 ( 県 立 須 坂 病 院 )が 担 当 した 胸 部 下 部 食 道 後 壁 に 10 mm 大 の IIa+IIc 病 変 を 認 め, 陥 凹 部 の 空 気 変 形 が 乏 しく, 周 囲 の 隆 起 も 認 めることから SM 深 部 浸 潤 を 伴 う 食 道

More information

は し が き 本 号 は 学 位 規 則 ( 昭 和 28 年 4 月 1 日 文 部 省 令 第 9 号 ) 第 8 条 による 公 表 を 目 的 として 2015 年 3 月 19 日 に 本 学 において 博 士 の 学 位 を 授 与 した 者 の 論 文 内 容 の 要 旨 及 び 論

は し が き 本 号 は 学 位 規 則 ( 昭 和 28 年 4 月 1 日 文 部 省 令 第 9 号 ) 第 8 条 による 公 表 を 目 的 として 2015 年 3 月 19 日 に 本 学 において 博 士 の 学 位 を 授 与 した 者 の 論 文 内 容 の 要 旨 及 び 論 博 士 学 位 論 文 内 容 の 要 旨 及 び 論 文 審 査 結 果 の 要 旨 第 11 号 2015 年 3 月 武 蔵 野 大 学 大 学 院 は し が き 本 号 は 学 位 規 則 ( 昭 和 28 年 4 月 1 日 文 部 省 令 第 9 号 ) 第 8 条 による 公 表 を 目 的 として 2015 年 3 月 19 日 に 本 学 において 博 士 の 学 位 を 授 与

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

Microsoft Word - 05藤本.doc

Microsoft Word - 05藤本.doc 安 藤 建 設 技 術 研 究 所 報 造 建 物 の 振 動 特 性 地 震 時 挙 動 と 振 動 特 性 のモニタリング 藤 本 利 昭 * 野 中 康 友 ** 清 水 秀 哲 *** Vibration Characteristic of CFT Buildings Earthquake response and monitoring on the vibration characteristics

More information

目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前 準 備 7 3.2 面

目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前 準 備 7 3.2 面 面 接 ガイドライン 審 判 編 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 改 訂 版 ) 平 成 27 年 2 月 特 許 庁 目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

Clustering in Time and Periodicity of Strong Earthquakes in Tokyo Masami OKADA Kobe Marine Observatory (Received on March 30, 1977) The clustering in time and periodicity of earthquake occurrence are investigated

More information

に 半 丸 形 ヤスリで 刻 みを 入 れて 最 後 に 針 先 を 尖 らせて 完 成 となる 針 先 の 加 工 では 針 先 が 濡 れているとヤスリをかけても 先 端 が 尖 らない ( 註 3)ため 素 材 を 乾 燥 させた 後 水 を 使 わずに 紙 やすりで 先 端 を 尖 らせた

に 半 丸 形 ヤスリで 刻 みを 入 れて 最 後 に 針 先 を 尖 らせて 完 成 となる 針 先 の 加 工 では 針 先 が 濡 れているとヤスリをかけても 先 端 が 尖 らない ( 註 3)ため 素 材 を 乾 燥 させた 後 水 を 使 わずに 紙 やすりで 先 端 を 尖 らせた 國 井 秀 紀 1 はじめに 当 館 では 縄 文 時 代 に 使 用 された 鹿 角 製 釣 り 針 をつくる 実 技 講 座 をこれまでに5 回 実 施 して きた ( 註 1) 筆 者 は 平 成 24 年 度 の 講 座 を 担 当 し その 中 で 硬 い 鹿 の 角 の 加 工 に 大 変 時 間 が かかることを 感 じた また 講 座 では 参 加 者 の 半 分 以 上 を 占 めた

More information

福島赤十字病院産婦人科における内視鏡下手術

福島赤十字病院産婦人科における内視鏡下手術 1 福 島 赤 十 字 病 院 産 婦 人 科 内 視 鏡 下 手 術 について はじめに: 内 視 鏡 下 手 術 は 患 者 様 の 体 の 負 担 をできるだけ 少 なくする 手 術 ( 低 侵 襲 手 術 :minimally invasive surgery)として 外 科 系 各 科 において 広 く 実 施 されるようになってきております 産 婦 人 科 領 域 でも 近 年 急 速

More information

<4D F736F F F696E74202D AB28DD F A282E997D58FB08CA48B8682C98AD682B782E98E77906A C982C282A282C4>

<4D F736F F F696E74202D AB28DD F A282E997D58FB08CA48B8682C98AD682B782E98E77906A C982C282A282C4> 再 生 医 療 / 細 胞 組 織 加 工 製 品 実 用 化 のための 薬 事 講 習 会 平 成 21 年 7 月 3 日 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 会 議 室 ヒト 幹 細 胞 を 用 いる 臨 床 研 究 に 関 する 指 針 等 について 厚 生 労 働 省 医 政 局 研 究 開 発 振 興 課 ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 対 策 専 門 官 田 邊 裕 貴 1

More information

堆堆堆

堆堆堆 メリット-1 についての 解 説 エアコン 内 部 に 堆 積 した 汚 れは 熱 交 換 効 率 を 下 げ それを 補 うためにエアコンは 長 時 間 運 転 を 続 けてし まいます そのため 必 要 以 上 に 電 気 を 使 ってしまうのです エアコン 洗 浄 による 省 エネ 効 果 の 実 証 例 実 施 施 設 : 都 内 某 居 酒 屋 のエアコン 2 系 統 各 4 台 計 8

More information

もとにした 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 を 以 下 の 検 討 に 用 いた (3) 大 分 県 の 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 の 推 移 県 単 位 の 地 域 差 指 数 は 県 庁 所 在 都 市 を 比 較 したものとはかなり 異 なった 推 移 をたど っている

もとにした 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 を 以 下 の 検 討 に 用 いた (3) 大 分 県 の 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 の 推 移 県 単 位 の 地 域 差 指 数 は 県 庁 所 在 都 市 を 比 較 したものとはかなり 異 なった 推 移 をたど っている 大 分 県 の 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 の 上 昇 について 7.3 統 計 調 査 課 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 の 推 移 と 内 訳 () 大 分 市 の 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 県 庁 所 在 都 市 ( 北 九 州 市 川 崎 市 を 含 む 都 市 )の 物 価 を 調 べる 小 売 物 価 統 計 調 査 を 元 にした 消 費 者 物 価

More information

Microsoft Word - 6.大谷

Microsoft Word - 6.大谷 論 壇 特 保 と 並 ぶ 新 たな 食 品 の 機 能 性 表 示 制 度 について 大 谷 敏 郎 ( 独 ) 農 業 食 品 産 業 総 合 研 究 機 構 理 事 食 品 総 研 究 所 所 長 平 成 25 年 6 月 いわゆるアベノミクスの 一 貫 として 加 工 食 品 及 び 農 林 水 産 物 に 関 し 企 業 等 の 責 任 において 科 学 的 根 拠 をもとに 機 能 性

More information

連 続 講 座 断 層 映 像 法 の 基 礎 第 34 回 : 篠 原 広 行 他 図 2 放 射 状 に 線 を 照 射 し 対 面 に 検 出 器 の 列 を 置 い ておき 一 度 に 1 つの 角 度 データを 取 得 する 後 は 全 体 を 1 回 転 しながら 次 々と 角 度 デー

連 続 講 座 断 層 映 像 法 の 基 礎 第 34 回 : 篠 原 広 行 他 図 2 放 射 状 に 線 を 照 射 し 対 面 に 検 出 器 の 列 を 置 い ておき 一 度 に 1 つの 角 度 データを 取 得 する 後 は 全 体 を 1 回 転 しながら 次 々と 角 度 デー 連 続 講 座 断 層 映 像 法 の 基 礎 第 34 回 : 篠 原 広 行 他 篠 原 広 行 桑 山 潤 小 川 亙 中 世 古 和 真 断 層 映 像 法 の 基 礎 第 34 回 スパイラルスキャン CT 1) 軽 部 修 平 2) 橋 本 雄 幸 1) 小 島 慎 也 1) 藤 堂 幸 宏 1) 3) 首 都 大 学 東 京 人 間 健 康 科 学 研 究 科 放 射 線 科 学 域

More information

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策 vol.9 2015 社 会 動 向 レポート 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 チーフコンサルタント 環 境 エネルギー 第 1 部 高 木 重 定 食 品 リサイクル 法 の 見 直 しの 議 論 を 踏 まえ 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 理 由 と 解 決 策 について 考 察 を 行 った 1. 食

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

<92E183528358836796D88DDE8AA39187908490698C7689E630392E332E32332E786C73>

<92E183528358836796D88DDE8AA39187908490698C7689E630392E332E32332E786C73> 1 求 められる 木 材 の 乾 燥 1.1 木 材 乾 燥 の 必 要 性 (1) 現 場 で 求 められる 木 材 木 材 の 需 要 の 多 くは 住 宅 資 材 によりますが 本 県 では 平 成 19 年 度 の 全 着 工 戸 数 の 約 7 割 が 木 造 住 宅 であり しかもその 約 8 割 が 在 来 木 造 工 法 によるもの です( 図 1 参 照 ) このことから 県 内

More information

活 環 境 を 築 くための 科 学 的 基 礎 資 料 を 提 供 したいと 考 えている 2. 研 究 実 施 内 容 目 的 都 市 大 気 浮 遊 粒 子 状 物 質 の 約 40%はディーゼル 排 気 由 来 であることから 本 研 究 では (1)ディーゼル 排 ガス(DE)に 含 まれ

活 環 境 を 築 くための 科 学 的 基 礎 資 料 を 提 供 したいと 考 えている 2. 研 究 実 施 内 容 目 的 都 市 大 気 浮 遊 粒 子 状 物 質 の 約 40%はディーゼル 排 気 由 来 であることから 本 研 究 では (1)ディーゼル 排 ガス(DE)に 含 まれ 内 分 泌 かく 乱 物 質 平 成 12 年 度 採 択 研 究 代 表 者 武 田 健 ( 東 京 理 科 大 学 薬 学 部 教 授 ) 大 気 中 に 存 在 する 新 しいタイプの 内 分 泌 撹 乱 物 質 1. 研 究 実 施 の 概 要 我 々は 本 プロジェクトにおいて 大 気 中 に 存 在 する 内 分 泌 撹 乱 物 質 に 注 目 した 都 市 大 気 浮 遊 粒 子 状

More information

Microsoft Word - ②茨城県沖の水温環境と犬吠埼沖の黒潮位置との関係について_高島さん修正).docx

Microsoft Word - ②茨城県沖の水温環境と犬吠埼沖の黒潮位置との関係について_高島さん修正).docx 茨 城 水 試 研 報 41,7~17(2010) 茨 城 県 近 海 の 黒 潮 位 置 と 変 動 並 びに 水 温 環 境 との 関 係 について 7 茨 城 県 近 海 の 黒 潮 の 位 置 と 変 動 並 びに 水 温 環 境 との 関 係 について 小 日 向 寿 夫 Position and change of the Kuroshio,and their relationship

More information

し,99 年 度 の 98 kg から 年 近 く 減 少 傾 向 にあ り,9 年 度 は 9 kg であった. 図 - わが における 人 当 たりセメント 消 費 量 の 推 移 9~9 年 度 わが 体 としての 減 少 傾 向 の 一 方 で, 減 少 傾 向 には 地 域 差 も 認 め

し,99 年 度 の 98 kg から 年 近 く 減 少 傾 向 にあ り,9 年 度 は 9 kg であった. 図 - わが における 人 当 たりセメント 消 費 量 の 推 移 9~9 年 度 わが 体 としての 減 少 傾 向 の 一 方 で, 減 少 傾 向 には 地 域 差 も 認 め 土 学 会 論 文 集 F( 建 設 マネジメント), Vol., No., I_9-I_8,. 各 府 県 の 人 増 減 が コンクリート 需 要 に 及 ぼす 影 響 工 科 学 内 雅 博 * By Masahiro OUCHI コンクリート 構 造 物 や 建 築 物 のストックが 量 的 に 充 足 した 段 階 においては, 人 増 加 率 の 小 がコンクリートの 規 需 要 の 差

More information

Microsoft Word - 201006_convertech.doc

Microsoft Word - 201006_convertech.doc 1.はじめに 現 在 のフレキソ 印 刷 業 界 において 最 も 重 要 となる 問 題 のひとつは いかに 高 品 質 の 印 刷 を 維 持 するかという 問 題 です 特 にアニロックスロールはフレキソ 印 刷 にとって 心 臓 と もいえるものであり 適 切 に 洗 浄 管 理 されていないと 版 インキ あるいはドクター ブレードが 適 切 に 管 理 されていたとしても 印 刷 品 質

More information

Microsoft Word - _2013目次

Microsoft Word - _2013目次 大 阪 湾 における 水 環 境 変 化 と 水 産 資 源 の 変 遷 木 下 歩 * 宇 野 宏 司 ** Temporal Spatial Variation on Water Environment and Fishery Resources in Osaka Bay Ayumi KINOSHITA* Kohji UNO** ABSTRACT The industrial development

More information

エアコンフィルター清掃業務仕様書

エアコンフィルター清掃業務仕様書 国 保 京 丹 波 町 病 院 清 掃 業 務 仕 様 書 1 目 的 当 業 務 は 単 に 施 設 の 美 観 維 持 のためだけではなく 院 内 感 染 防 止 及 び 衛 生 管 理 上 の 観 点 から 極 めて 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 患 者 サービスについても 最 大 限 配 慮 し 国 保 京 丹 波 町 病 院 の 運 営 に 寄 与 することを 目 的 とする

More information

症 状 正 常 歩 行 と 尖 足 位 歩 行 症 状 は 運 動 時 や 運 動 後 の 踵 の 痛 みで す 悪 化 す ると 跛 行 を 認 めます ( 痛 み の ために 踵 がつけられず つま 先 立 ち で 歩 行 するようになります) ア キ レ ス 腱 や 足 底 腱 膜 の 牽 引

症 状 正 常 歩 行 と 尖 足 位 歩 行 症 状 は 運 動 時 や 運 動 後 の 踵 の 痛 みで す 悪 化 す ると 跛 行 を 認 めます ( 痛 み の ために 踵 がつけられず つま 先 立 ち で 歩 行 するようになります) ア キ レ ス 腱 や 足 底 腱 膜 の 牽 引 踵 骨 骨 端 炎 と アキレス 腱 炎 との 関 係 山 形 支 部 森 谷 広 子 はじめに 近 年 低 学 年 を はじめとして スポーツ を 主 体 的 に 運 動 す る 子 ども 達 に 多 く の 障 害 が 出 現 し ています 成 長 の 段 階 における 必 要 以 上 の 運 動 量 が 体 に ストレスとして 起 き 色 々 な 病 気 の 原 因 を 発 生 し 体 を 酷

More information

水 道 水 で30 日 間 栽 培 した その 結 果 全 ての 水 槽 でDOが3.0 mg/l 以 下 そのうち2つが 1.0mg/l 以 下 に 減 少 した( 図 2) このことから WHがDOを 低 下 させる 一 因 であるこ とが 確 かめられた このDOの 降 下 が 従 属 栄 養

水 道 水 で30 日 間 栽 培 した その 結 果 全 ての 水 槽 でDOが3.0 mg/l 以 下 そのうち2つが 1.0mg/l 以 下 に 減 少 した( 図 2) このことから WHがDOを 低 下 させる 一 因 であるこ とが 確 かめられた このDOの 降 下 が 従 属 栄 養 第 53 回 日 本 学 生 科 学 賞 入 選 3 等 第 53 回 静 岡 県 学 生 科 学 賞 県 教 育 長 賞 3 ホテイアオイのつくるバイオループ 学 校 法 人 静 岡 理 工 科 大 学 静 岡 北 高 等 学 校 科 学 部 水 質 班 2 年 五 島 菜 々 鈴 木 圭 祐 高 橋 周 平 瀧 田 祐 介 村 田 稔 恭 1.はじめに ホテイアオイ( 以 後 は 英 語 名 がWater

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.29

コンクリート工学年次論文集 Vol.29 論 文 細 片 化 した 木 材 を 混 合 したコンクリートの 基 礎 的 性 状 *1 *2 *3 新 藤 健 太 平 松 靖 宮 武 敦 要 旨 : 木 材 とセメントを 混 練 する 場 合, 木 材 の 樹 種 や 部 位 によってはセメントの 硬 化 を 阻 害 することが 知 られている 本 研 究 では, 細 片 化 した 木 材 =スギ 心 材 をコンクリート( 本 研 究 ではモルタルに

More information

2. 研 究 手 法 と 成 果 研 究 チームは 高 分 子 材 料 にイオンビームを 照 射 することによって, 高 分 子 表 面 を 改 質 し, 抗 血 栓 性, 細 胞 接 着 性 などの 性 質 を 制 御 することができ, 生 体 材 料 への 応 用 が 可 能 であることを 報

2. 研 究 手 法 と 成 果 研 究 チームは 高 分 子 材 料 にイオンビームを 照 射 することによって, 高 分 子 表 面 を 改 質 し, 抗 血 栓 性, 細 胞 接 着 性 などの 性 質 を 制 御 することができ, 生 体 材 料 への 応 用 が 可 能 であることを 報 報 道 発 表 資 料 2004 年 1 月 30 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 東 京 女 子 医 科 大 学 イオンビーム 照 射 で 人 工 硬 膜 の 生 体 適 合 性 が 大 幅 に 向 上 - 脳 外 科 手 術 後 の 髄 液 漏 を 防 ぎ 動 脈 瘤 治 療 にも 有 効 な 新 手 法 - 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 ( 野 依 良 治

More information

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子 学 年 B() 太 陽 と 地 面 の 様 子 全 10 間 学 年 1 単 元 のねらい ここでは, 太 陽 と 地 面 の 様 子 について 興 味 関 心 をもって 追 究 する 活 動 を 通 して, 日 陰 の 位 置 の 変 化 と 太 陽 の 動 きと を 関 係 付 けたり, 日 なたと 日 陰 の 地 面 の 様 子 の 違 いを 比 較 したりする 能 力 を 育 てるとともに,それらについての

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

アスファルトルーフィングフェルト

アスファルトルーフィングフェルト RK 改 質 アスファルトルーフィング 下 葺 き 材 RK 04 s -03 :2006 平 成 17 年 3 月 18 日 制 定 平 成 18 年 3 月 17 日 改 定 平 成 18 年 12 月 22 日 改 定 アスファルトルーフィング 工 業 会 ( 日 本 規 格 協 会 発 行 ) (1) 目 次 ページ 1. 適 用 範 囲 3 2. 引 用 規 格 3 3. 種 類 3 4.

More information

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2 第 3 回 [ミネラルウォーターに 関 する 税 ] 検 討 会 2005.11.15 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 森 林 と 地 下 水 の 関 係 を 中 心 に 東 京 農 業 大 学 太 田 猛 彦 1 森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001

More information

(Microsoft Word - \203u\203h\203E\222\205\220F\214\374\217\343\213Z\217p.doc)

(Microsoft Word - \203u\203h\203E\222\205\220F\214\374\217\343\213Z\217p.doc) 瀬 戸 内 沿 岸 部 におけるブドウ 安 芸 クイーン の 着 色 向 上 技 術 の 開 発 広 島 県 立 総 合 技 術 研 究 所 農 業 技 術 センター 果 樹 研 究 部 山 根 崇 嘉 はじめに ブドウ 安 芸 クイーン の 特 徴 近 年 は 種 なしに 対 する 需 要 が 高 まっており ジベレリン 処 理 によって 容 易 に 種 なし 果 実 を 生 産 できる ピオーネ

More information

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード] 南 堺 病 院 で 大 腸 癌 の 治 療 をお 受 けになる 方 に 南 堺 病 院 では 患 者 さんの 人 権 を 尊 重 し 患 者 さんにご 満 足 頂 け 喜 んで 退 院 して 頂 けるよう な 治 療 を 目 指 しています 手 術 前 には 十 分 な 説 明 をし ご 納 得 頂 いた 上 で 最 も 良 いと 思 われる 治 療 法 を 選 択 して 頂 くことにしております

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

消 防 庁 危 険 物 保 安 室 殿 ドラム 缶 に 係 る 可 燃 性 蒸 気 対 流 シミュレーション 分 析 業 務 成 果 報 告 書 2013 年 1 月 アドバンスソフト 株 式 会 社

消 防 庁 危 険 物 保 安 室 殿 ドラム 缶 に 係 る 可 燃 性 蒸 気 対 流 シミュレーション 分 析 業 務 成 果 報 告 書 2013 年 1 月 アドバンスソフト 株 式 会 社 参 考 資 料 4 ドラム 缶 に 係 る 可 燃 性 蒸 気 滞 留 シミュレ ーション 分 析 業 務 成 果 報 告 書 消 防 庁 危 険 物 保 安 室 殿 ドラム 缶 に 係 る 可 燃 性 蒸 気 対 流 シミュレーション 分 析 業 務 成 果 報 告 書 2013 年 1 月 アドバンスソフト 株 式 会 社 目 次 1.はじめに... 2 2 ドラム 缶 によるガソリン 及 び

More information

図 動 植 物 異 種 核 多 次 元 NMR メタボローム 解 析 のスキーム

図 動 植 物 異 種 核 多 次 元 NMR メタボローム 解 析 のスキーム 60 秒 でわかるプレスリリース 2008 年 11 月 25 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 独 立 行 政 法 人 科 学 技 術 振 興 機 構 (JST) 動 植 物 などすべての 生 体 の 代 謝 経 路 全 体 を 鳥 観 する 新 解 析 法 を 開 発 - 13 C 安 定 同 位 体 標 識 や 異 種 核 多 次 元 NMR 計 測 代 謝 経 路 全 体

More information

Ni 基超合金の熱間鍛錬方法の最適化

Ni 基超合金の熱間鍛錬方法の最適化 技 術 報 告 Ni 基 超 合 金 の 熱 間 鍛 錬 方 法 の 最 適 化 Ni 基 超 合 金 の 熱 間 鍛 錬 方 法 の 最 適 化 Optimum Pass Scheduling System for the Forging Operation of Ni-based Super-Alloys 青 山 明 祐 奥 野 寛 人 清 水 章 裕 熊 谷 保 之 Akihiro Aoyama

More information

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月 豪 雨 による 奄 美 肝 付 町 道 路 被 災 箇 所 調 査 工 学 部 北 村 良 介 酒 匂 一 成 1.はじめに 奄 美 大 島 加 計 呂 麻 島 では,21 年,212 年, 肝 付 町 では 212 年 に 豪 雨 に 伴 う 斜 面 崩 壊 によ り 多 くの 道 路 が 被 災 している 著 者 らは, 奄 美 での 21 年 1 月 2 日,212 年 6 月 1 日 に 発

More information

目 次 頁 < 審 議 の 経 緯 >... 2 < 食 品 安 全 委 員 会 委 員 名 簿 >... 2 < 食 品 安 全 委 員 会 新 開 発 食 品 専 門 調 査 会 専 門 委 員 名 簿 >... 2 要 約... 3 Ⅰ. 評 価 対 象 品 目 の 概 要... 4 1. 製

目 次 頁 < 審 議 の 経 緯 >... 2 < 食 品 安 全 委 員 会 委 員 名 簿 >... 2 < 食 品 安 全 委 員 会 新 開 発 食 品 専 門 調 査 会 専 門 委 員 名 簿 >... 2 要 約... 3 Ⅰ. 評 価 対 象 品 目 の 概 要... 4 1. 製 ( 案 ) 特 定 保 健 用 食 品 評 価 書 素 肌 ウォーター 2014 年 3 月 食 品 安 全 委 員 会 新 開 発 食 品 専 門 調 査 会 目 次 頁 < 審 議 の 経 緯 >... 2 < 食 品 安 全 委 員 会 委 員 名 簿 >... 2 < 食 品 安 全 委 員 会 新 開 発 食 品 専 門 調 査 会 専 門 委 員 名 簿 >... 2 要 約... 3

More information

情 報 処 理 学 会 研 究 報 告 日 本 語 英 語 2. データおよび 分 析 方 法 2.1 日 本 語 版 Wikipedia の 概 況 日 本 語 版, 英 語 版 それぞれについて,2011 年 6 月 1 日 現 在 の Wikipedia の 概 況 [5]を 示 す 基 本

情 報 処 理 学 会 研 究 報 告 日 本 語 英 語 2. データおよび 分 析 方 法 2.1 日 本 語 版 Wikipedia の 概 況 日 本 語 版, 英 語 版 それぞれについて,2011 年 6 月 1 日 現 在 の Wikipedia の 概 況 [5]を 示 す 基 本 情 報 処 理 学 会 研 究 報 告 日 本 語 版 Wikipedia の 専 門 分 野 比 較 山 村 あずさ 芳 鐘 冬 樹 本 研 究 では, 日 本 語 版 Wikipedia において, 図 書 館 情 報 学 と 結 晶 成 長 学 の 専 門 用 語 の 釈 義 を 観 察 し, 分 野 による 違 いを 探 る.そのために,Wikipedia 記 事 の 文 字, 画 像, 表,

More information

貧 血 とは 貧 血 とは 循 環 している 血 液 中 の 赤 血 球 数 が 少 ない 場 合 の 総 称 です 貧 血 になり 現 れる 症 状 として めまい 立 ちくらみ 顔 色 が 悪 い 動 悸 息 切 れ 頭 痛 食 欲 不 振 疲 れやすい などがあります 走 査 電 顕 で 見

貧 血 とは 貧 血 とは 循 環 している 血 液 中 の 赤 血 球 数 が 少 ない 場 合 の 総 称 です 貧 血 になり 現 れる 症 状 として めまい 立 ちくらみ 顔 色 が 悪 い 動 悸 息 切 れ 頭 痛 食 欲 不 振 疲 れやすい などがあります 走 査 電 顕 で 見 -- - 0 - -- 貧 血 とは 貧 血 とは 循 環 している 血 液 中 の 赤 血 球 数 が 少 ない 場 合 の 総 称 です 貧 血 になり 現 れる 症 状 として めまい 立 ちくらみ 顔 色 が 悪 い 動 悸 息 切 れ 頭 痛 食 欲 不 振 疲 れやすい などがあります 走 査 電 顕 で 見 た 赤 血 球 これらの 状 況 は 体 の 各 器 官 の 酸 素 不 足

More information

鍛造解析に用いられる

鍛造解析に用いられる 1. はじめに 鍛 造 解 析 におけるメッシュ 生 成 法 に 関 する いくつかの 考 察 Some investigations of mesh generation scheme used in forging analysis 岡 田 達 夫 * * 理 化 学 研 究 所 VCADシステム 研 究 プログラム 加 工 成 形 シミュレーションチーム t-okada@riken.jp 任

More information

図 3. ア ル テ ミアの 雌 が 産 む 幼 生 と 耐 久 卵 ( 予 備 実 験 ) 1 ア ル テ ミ ア 耐 久 卵 の 大 き さ 今 回 の 実 験 で は 材 料 と し て テ ト ラ ブ ラ イ ン シ ュ リ ン プ エッグスを 用 いた( 図 4) テ ト ラ ブ ラ イ

図 3. ア ル テ ミアの 雌 が 産 む 幼 生 と 耐 久 卵 ( 予 備 実 験 ) 1 ア ル テ ミ ア 耐 久 卵 の 大 き さ 今 回 の 実 験 で は 材 料 と し て テ ト ラ ブ ラ イ ン シ ュ リ ン プ エッグスを 用 いた( 図 4) テ ト ラ ブ ラ イ 最 強 のシェルター!アルテミアの 耐 久 卵 を させるには? 研 究 者 担 当 職 員 小 山 田 渓 乃 村 上 史 佳 安 江 望 清 水 加 奈 1. ア ル テ ミ ア と は? アルテミアは 節 足 動 物 門 甲 殻 亜 門 無 甲 目 ア ル テ ミ ア 属 に 属 す る 種 の 総 称 で ホウ ネ ン エ ビ と 同 じ 目 に 属 す る 今 回 材 料 に 用 いた a

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

発 表 内 容 研 究 目 的 : 光 による 無 侵 襲 血 糖 値 モニターを 開 発 する 発 表 内 容 : 1. 光 血 糖 値 モニター 様 々な 方 式 の 提 案 実 現 における 問 題 点 2. 偏 光 保 存 フォトン 検 出 法 による 血 糖 値 モニター 原 理 基 礎

発 表 内 容 研 究 目 的 : 光 による 無 侵 襲 血 糖 値 モニターを 開 発 する 発 表 内 容 : 1. 光 血 糖 値 モニター 様 々な 方 式 の 提 案 実 現 における 問 題 点 2. 偏 光 保 存 フォトン 検 出 法 による 血 糖 値 モニター 原 理 基 礎 大 阪 府 立 大 学 Osaka Prefecture University 光 血 糖 値 センサーの 開 発 状 況 工 学 研 究 科 電 子 物 理 工 学 分 野 堀 中 博 道 発 表 内 容 研 究 目 的 : 光 による 無 侵 襲 血 糖 値 モニターを 開 発 する 発 表 内 容 : 1. 光 血 糖 値 モニター 様 々な 方 式 の 提 案 実 現 における 問 題 点

More information

Microsoft PowerPoint - せん断強さ

Microsoft PowerPoint - せん断強さ 土 の 強 さ 土 が 外 力 を 受 けると 土 の 中 にせん 断 応 力 ([kn/m 2 ]) が 生 じて,その 中 でせん 断 抵 抗 を 越 える 箇 所 があると, 図 に 示 したようなせん 断 破 壊 が 起 こる 破 壊 する 面 をす べり 面 といい,せん 断 応 力 に 抵 抗 する 最 大 のせん 断 抵 抗 をせん 断 強 さ(s[kN/m 2 ])という せん 断

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63> 2. 図 面 の 記 載 の 基 本 意 匠 法 の 保 護 対 象 となる 物 品 の 形 態 は 大 半 が 立 体 状 の 形 態 をしています しかし そ の 立 体 状 の 形 態 を 意 匠 登 録 出 願 する 際 には 平 面 上 に 記 載 した 図 面 等 によって 表 す 規 定 と なっています つまり 意 匠 権 の 客 体 は 現 実 の 立 体 物 ではなく その 図

More information

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫 廃 棄 物 埋 立 地 から 発 生 する 硫 化 水 素 とその 対 策 - 埼 玉 の 環 境 と 地 域 産 業 を 見 据 えた 埋 立 工 法 の 開 発 に 向 けて- 廃 棄 物 管 理 担 当 小 野 雄 策 1 廃 棄 物 埋 立 地 における 硫 化 水 素 問 題 最 近 廃 棄 物 最 終 処 分 場 において 発 生 した によって 処 分 場 の 作 業 員 が 死 亡

More information

ABSTRACT The Social Function of Boys' Secondary Schools in Modern Japan: From the Perspectives of Repeating and Withdrawal TERASAKI, Satomi (Graduate School, Ochanomizu University) 1-4-29-13-212, Miyamaedaira,

More information

( ) ( ) (action chain) (Langacker 1991) ( 1993: 46) (x y ) x y LCS (2) [x ACT-ON y] CAUSE [BECOME [y BE BROKEN]] (1999: 215) (1) (1) (3) a. * b. * (4)

( ) ( ) (action chain) (Langacker 1991) ( 1993: 46) (x y ) x y LCS (2) [x ACT-ON y] CAUSE [BECOME [y BE BROKEN]] (1999: 215) (1) (1) (3) a. * b. * (4) 1 1 (lexical conceptual structure, LCS) 2 LCS 3 4 LCS 5 6 2 LCS (1999) LCS 2 (1) [x ACT(-ON y)] CAUSE [BECOME [z BE-AT w]] 1 (1993) ( ) V1 V2 2 (1) y z y z (5.3 ) ( ) ( ) (action chain) (Langacker 1991)

More information

Fig. 1 Structure of a Sebaceous Follicle (Ref.1).

Fig. 1 Structure of a Sebaceous Follicle (Ref.1). Importance and Countermeasures for Sebum Control in Application of Makeup Cosmetics Koichi NOMURA POLA Chemical Industries, Inc., R&D Planning Department 27-1, Takashimadai, Kanagawa-ku, Yokohama 221-0833,

More information

Vol.9, 30-40, May ) ) ) ) 9), 10) 11) NHK Table Table 1 分 類 回 答 ( 抜 粋 ) 1マスメデ

Vol.9, 30-40, May ) ) ) ) 9), 10) 11) NHK Table Table 1 分 類 回 答 ( 抜 粋 ) 1マスメデ Vol.9, 30-40, May 2012 COGNITION ANALYSIS OF THE NUCLEAR ENERGY INDUSTRY PUBLIC RELATIONS STAFF WITH REGARDS TO THEIR ACTIVITIES TOWARD THE MASS MEDIA DURING ORDINARY TIMES 1 2 1 (E-mail:tsuchida.tatsuro@jaea.go.jp)

More information