としている. 2.1 学 習 および 訓 練 特 殊 化 の 特 徴 DITA1.2 仕 様 の 特 徴 は, Technical Content と Learning & Training の 2 つの 専 門 分 野 について 特 殊 化 をしたことである.DITA では, 汎 用 トピックとし

Size: px
Start display at page:

Download "としている. 2.1 学 習 および 訓 練 特 殊 化 の 特 徴 DITA1.2 仕 様 の 特 徴 は, Technical Content と Learning & Training の 2 つの 専 門 分 野 について 特 殊 化 をしたことである.DITA では, 汎 用 トピックとし"

Transcription

1 教 材 活 用 共 有 のための DITA と CMS 利 用 の 一 考 察 高 橋 慈 子 関 根 哲 也 山 口 琢 中 野 賢 大 場 みち 子 大 学 の 授 業 で 使 われ, 配 付 資 料 として 広 く 利 用 されている PowerPoint で 作 成 さ れた 資 料 を,より 効 率 良 く 作 成 し, 教 員 間 で 共 有 し, 再 利 用 するためのコンテン ツとして 文 書 の 標 準 化 規 格 である DITA を 採 用 してコンテンツ 管 理 する 方 法 を 考 察 する. 大 学 の 授 業 で 使 われる 教 材 の PowerPoint ファイルのスライドを DITA によりト ピック 単 位 に 分 け, 編 集, 再 利 用 し,DITA のマップによって 内 容 を 吟 味 しやす くすることも 狙 いである. さらに, 複 数 の 教 員 間 でコンテンツが 共 有 できるように,CMS を 活 用 し, 授 業 内 容 の 標 準 化 を 図 るために 役 立 つ 方 法 についても 探 る. The challenges and considerations deploying DITA CCMS, for creating, reusing and sharing training slides as DITA topics. Shigeko Takahashi Tetsuya Sekine Ken Nakano Michiko Ohba and Taku Yamaguchi In university classes, PowerPoint slides are often used as handouts by instructors. In this paper, we discuss how OASIS standard DITA can be adapted for managing slides; creating efficiently, sharing among different instructors, and reusing them. A single PowerPoint file is chunked as DITA topic components, authored as DITA topics, and reused. Componentized topic files are given context by DITA map mechanism to reduce instructors' hours spent for planning the handouts. We further extend the discussion on how collaborated and information sharing CCMS(Component Content Management Systems) features can influence the quality of the classes themselves, given by instructors varied in teaching experience levels. 1. はじめに 現 在, 大 学 の 授 業 ではスタイルは 教 員 によって 異 なるが, 情 報 に 関 連 する 講 義 の 教 材 については Microsoft Power Point を 使 ってスライドを 作 成 し,スクリーンに 表 示 するケースが 多 い.1 回 の 授 業 には, 複 数 のスライドから 構 成 される 1 ファイルが 作 成 されている. 半 期 なら 15 のファイルが 作 成 される. 1 人 の 教 員 が 複 数 の 科 目 を 担 当 する 場 合 に 共 通 する 内 容 を 使 いたいときは,ファイ ル 間 でスライドをコピーして 再 利 用 する.また, 教 員 間 での 教 材 の 流 用 でも 同 様 に, ファイルを 交 換 し, 必 要 なスライドをコピーしたり, 手 直 ししたりして 使 われている. こうした 作 業 では,いったんファイルを 開 かないと,スライド 全 体 を 確 認 できず, 必 要 な 内 容 が 記 載 されたファイルを 探 し 出 す 手 間 がかかる.また, 翌 年 以 降 に 再 利 用 す る 際 は,フォルダごとコピーして, 必 要 に 応 じてファイルの 内 容 を 更 新 する. 本 研 究 では, 授 業 で 扱 われるファイルに 含 まれる 内 容 をトピックに 分 けてコンテン ツ 管 理 することを 提 案 する. 教 材 の 再 利 用 を 効 率 的 に 行 うことを 目 的 に, 手 法,ツー ル,コンテンツ 管 理 を 検 討 する. 手 法 には 技 術 文 書 作 成 の 標 準 として 注 目 されている DITA[a]を 採 用 すし,コンテンツ 管 理 システムを 活 用 する.トピック 単 位 で 教 材 コンテ ンツを 作 成, 管 理 することで, 教 材 の 内 容 を 検 討 しやすく, 複 数 の 科 目 で 標 準 化 され た,より 良 い 内 容 の 授 業 を 実 施 することを 目 的 としている. 2. DITA 1.2 仕 様 Learning &Training の 活 用 と CMS DITA は,2005 年 5 月 に OASIS が DITA1.0 仕 様 を 承 認, 公 開 されて 以 来, 構 造 化 さ れた 文 書 制 作, 管 理, 活 用 のニーズに 合 わせて, 仕 様 が 検 討 されてきた. 現 在 の 最 新 仕 様 である DITA1.2 は,2010 年 12 月 14 日 に OASIS 標 準 として 承 認 され, 公 開 され ている.リリースでは DITA1.2 仕 様 の 特 徴 として, 教 育 アプリケーションのサポー トを 提 供 する 新 しい 学 習 とトレーニング 専 門 家,および, 機 械 マニュアルを 参 照 する のに DTIA が 非 常 に 役 立 つ 危 険 有 害 性 情 報 と 機 械 作 業 専 門 化 などが 含 まれ [b]ている 株 式 会 社 ハーティネス Heartiness co. インフォパース 株 式 会 社 InfoParse Inc. ネクストソリューション 株 式 会 社 NEXTSOLUTION co., ltd. 公 立 はこだて 未 来 大 学 Future University Hakodate a) Darwin Information Typing Architecture の 略 で,OASIS による 仕 様 が 公 開 されている 構 造 化 文 書 の 標 準 化 のア ーキテクチャである.http://www.oasis-open.org/jp/ b) OASIS ニュース OASIS 会 長 が Darwin Information Typing Architecture (DITA) Version 1.2 を OASIS 標 準 とし て 承 認. より 引 用. 1

2 としている. 2.1 学 習 および 訓 練 特 殊 化 の 特 徴 DITA1.2 仕 様 の 特 徴 は, Technical Content と Learning & Training の 2 つの 専 門 分 野 について 特 殊 化 をしたことである.DITA では, 汎 用 トピックとして,concept,task, reference と 呼 ばれる 3 種 類 のトピックがあらかじめ 用 意 されており, 必 要 に 応 じて 特 殊 化 もできる.DITA1.2 では, 学 習 および 訓 練 分 野 で 利 用 しやすいトピックを 特 殊 化 して 用 意 し, 学 習 および 訓 練 の 分 野 のコンテンツ 作 成 と 活 用 を 効 率 し, 効 果 的 に 活 用 できるようにしている. DITA コンソーシアムジャパン( 以 下,DCJ と 略 )では,DITA 1.2 仕 様 の 中 から Technical Content と Learning & Training について DITA ボキャブラリモジュール の 各 要 素 に 関 する 情 報 を 言 語 リファレンス( 日 本 語 版 )として,Web で 公 開 [c]してい る. DCJ 言 語 リファレンスの 学 習 および 訓 練 の 要 素 では, 学 習 コンテンツをマップ 上 に 編 成 するための 学 習 メタデータ, 学 習 に 関 するやり 取 りの 記 述 のための 特 殊 化 ド メイン 要 素 が 含 まれている. (1) 学 習 および 訓 練 コンテンツ 用 のトピック 情 報 タイプ(5 つの 情 報 型 ) 学 習 および 訓 練 用 のトピックを 作 成 するための 特 殊 化 されたトピックタイプとし て, 次 の 学 習 トピックタイプが 用 意 されている. Learning Plan topic type Learning Overview topic type Learning Content topic type Learning Summary topic type Learning Assessment topic type (2) 学 習 および 訓 練 用 のマップドメイン トピックを 構 造 化 するマップについては,larningMap と learningbookmap 要 素 に 次 のようなマップドメインがドメインの 特 殊 化 として 用 意 されている. learninggroup learningobject learningplanref learningpreassessmentref learningoverviewref learningcontentref learningcontentcomponentref c)dita コンソーシアムジャパンサイト OASIS1.2 言 語 リファレンス( 日 本 語 版 ) learningsummaryref learningpostassessmentref (3) 学 習 および 訓 練 のその 他 の 要 素 これらのほか,インタラクションドメインの 要 素 やメタデータの 要 素 が 用 意 されて いる.e ラーニングシステムとの 連 携 も 可 能 である. 2.2 Learning & Training 分 野 での 利 用 事 例 2010 年 12 月 に 公 開 された DITA1.2 仕 様 は,OASIS のメンバー 企 業 では 既 にこの 仕 様 を 利 用 した 事 例 も 発 表 されている.2011 年 6 月 に 米 ボルチモアで 開 催 された CMS/DITA 北 米 カンファレンス では,ERP システムのベンダーである SAP から, 同 社 の 教 育 プログラムのコンテンツ 制 作, 運 用 に DITA1.2 Learning & Training 特 殊 化 を 採 用 し, 多 様 な 教 育 コンテンツの 制 作 や e ラーニングに 活 用 していることが 報 告 さ れている. 2.3 CMS DocZone の 活 用 DITA を 採 用 し, 効 率 的 かつ 効 果 的 に 文 書 作 成 と 運 用 管 理 を 実 現 するには,コンテ ンツを 管 理 するコンテンツマネジメントシステム( 以 下,CMS と 略 )が 欠 かせない. 大 量 の 技 術 文 書 を 作 成 している 企 業 では, 大 規 模 ドキュメントの CMS として,Trisoft などが 利 用 されている.コンテンツ 作 成 には,XML エディタを 組 み 込 んで 利 用 する. 本 研 究 では, 専 任, 非 常 勤 の 両 方 の 教 員 がコンテンツ 作 成 を 各 自 の 仕 事 の 場 で 行 い, 管 理 できる 環 境 を 実 現 するものとして,Really Strategies 社 の DocZone を 利 用 する ことを 想 定 した.DocZone は, 編 集 環 境, 翻 訳 環 境, 出 力 環 境 を 含 んだ 包 括 的 なシス テムである.DITA1.2 に 対 応 したコンテンツを 作 成, 編 集 する Syncro Soft 社 の XML エディタ oxygen が FireFox などのインタネットブラウザーのアプレットとして 標 準 で 組 み 込 まれているので,スムーズにコンテンツを 作 成, 管 理 できる.また, 高 価 な XMetaL などの DITA エディタを 別 途 購 入 する 必 要 が 無 く, 標 準 で PDF や WebHelp などの HTML5 ベースのオンラインヘルプや 翻 訳 メモリ, 用 語 集 が 利 用 可 能 な 点 にも 注 目 した.クラウド 環 境 での 使 用 が 前 提 で, 教 員 の OS 環 境 に 依 存 せず, 学 内 だけで なく, 自 宅 など 学 外 からでも 使 用 できることもメリットである. 2.4 教 材 作 成 活 用 の 全 体 像 と 流 れ DITA1.2 と CMS を 活 用 することにより, 教 員 が 各 自 で 作 成 し, 管 理 していた 教 材 コ ンテンツが 教 員 間 で 共 有, 活 用 できるようになる. (1) 教 材 作 成, 運 用 の 全 体 像 DITA,CMS を 採 用 し, 教 材 を 作 成, 運 用 するときの 全 体 イメージを, 次 の 図 に 示 す. 既 存 の PowerPoint ファイルから DTIA のトピックを 作 成 したり, 新 規 にトピック を 作 成 したりする.トピックはマップによって 整 理 され, 目 的 に 応 じた 出 力 形 式 を 指 定 して 発 行 する 2

3 既 存 の 教 材 授 業 用 授 授 業 業 用 用 資 料 資 資 料 料 配 布 用 資 料 トピック 単 位 でコンテンツを 作 成 必 要 があれば 説 明 画 像 などを 作 成 PowerPoint ファイル PowerPoint 配 布 資 料 CMS で 管 理 授 業 用 のマップを 作 成 DITA でトピック 化 新 規 教 材 の 作 成 管 理 トピック 1 トピック 2 トピック n CMSに 格 納 スライドや 配 布 資 料 形 式 で 発 行 授 業 用 スライド 異 なる 授 業 用 スライド 配 布 用 資 料 DITA ファイル(トピック+マップ) PDF ファイルとして 発 行 からスライド 表 示 へ 図 1 DTIA,CMS 活 用 による 教 材 作 成, 管 理 の 全 体 イメージ (2) 教 材 作 成, 運 用 の 新 規 作 成 の 流 れ 教 員 は,CMS に 含 まれる XML エディタや 単 体 の XML エディタ,XML オーサリン グツールを 利 用 して, 教 材 のコンテンツを 作 成 する.コンテンツはトピック 単 位 で 作 成 する. 出 力 形 式 はコンテンツとは 分 離 されているので,スライドの 枚 数 や 分 量 を 気 にする 必 要 はない. 新 規 に 教 材 を 作 成 するときの 流 れを, 次 の 図 に 示 す. 電 子 教 科 書 EPUB ファイルとして 発 行 図 2 DTIA,CMS 活 用 による 教 材 作 成, 管 理 の 流 れ (3) 既 存 の 教 材 再 利 用 の 流 れ PowerPoint で 作 成 されている 教 材 を 再 利 用 するときの 流 れを, 次 の 図 に 示 す. PowerPoint からアウトラインを 抽 出 oxygen で 編 集 必 要 があれば 説 明 画 像 などを 編 集 授 業 用 のマップを 作 成 CMSに 格 納 スライドや 配 布 資 料 形 式 で 発 行 図 3 DTIA,CMS 活 用 による 既 存 の 教 材 再 利 用 のフロー 3

4 3. 教 材 コンテンツ 試 作 3.1 トピック 単 位 でコンテンツを 作 成 新 規 で 教 材 を 作 成 する 際 は,learning に 用 意 されたトピックタイプを 利 用 しながら, コンテンツを 作 成 する.たとえば 授 業 の 概 要 説 明 は,learningOverview に 作 成 しておけ ば,スライドだけでなく 配 布 資 料 などにも 再 利 用 できる. 1 回 の 授 業 の 教 材 は, 複 数 のトピックで 構 成 する.トピックに, 見 出 し, 本 文 を 入 力 する. 教 材 の 場 合 は, 箇 条 書 きを 使 う 事 が 多 いのでリスト 形 式 で 作 成 しておく. 画 像 は,1 つ 1 つの 画 像 ファイルとして 作 成 しておき,トピックに 挿 入 する. 図 4 トピックの 作 成 3.2 マップによって 教 材 を 構 造 化 する 作 成 したトピックは,マップを 使 って 構 造 化 する.トピック 単 位 で 構 成 できるので, 全 体 を 把 握 しながら, 順 番 は 自 由 に 並 べ 替 えできる. トピックにどの 程 度 の 情 報 を 入 れるかは, 作 成 する 教 員 によって 決 められるが, 受 講 対 象 により,1 回 の 授 業 で 適 切 なトピック 量 を 検 討 しながら 作 成 できるのは, PowerPoint のスライド 作 成 とは 異 なり,マップを 使 っての 利 点 と 言 えるだろう. 図 5 マップの 作 成 と 編 集 3.3 DITA ファイルとして CMS に 保 存 作 成 したコンテンツは,DITA ファイルとして CMS に 保 存 する.1 つの 授 業 の 教 材 として 使 用 されるトピック,マップ, 各 種 のファイルはまとめて 格 納 される. CMS への 格 納 の 際 は,フォルダ 作 成 やフォルダ 名 のルールを 決 めておき, 再 利 用 し やすくしておく. 3.4 配 布 資 料 の 発 行 受 講 者 に 配 布 する 資 料 を 作 成 したいときは, 教 材 として 見 やすい 出 力 形 式 にフォー マッターによって 整 え, 発 行 する. 発 行 形 式 は,PDF を 選 択 すると, 使 い 勝 手 が 良 い. 電 子 データとして 受 講 者 に 配 布 する, 印 刷 して 配 布 するなど, 状 況 に 合 わせて 選 択 で きる. 3.5 トピック 化 した 表 示 用 スライドの 発 行 作 成 した 教 材 は,スライドとして 教 室 のパソコンに 接 続 されたプロジェクターから 出 力 して 表 示 し, 講 義 をしていく.XHTML 形 式 データを 共 有 再 利 用 してスライド ショー 形 式 で 表 示 するシステムについては, 研 究 発 表 としてジャストシステム 山 口 琢 らの Slide Show for XHTML [d]がある.dita を 採 用 する 本 研 究 との 比 較 候 補 の 1 つである. Slide Show for XHTML は,1 つの XHTML ファイルを 複 数 のスライドか らなる 1 つのプレゼンとして 操 作 できる.さらに, 複 数 の XHTML ファイルを RSS/Atom d) 情 報 処 理 学 会 研 究 報 告. DD, [デジタル ドキュメント] 2006(83), 55-58,

5 フィードで 束 ねて, 全 体 として 1 つのプレゼンとして 操 作 できる.ブログを CMS と して 利 用 し,ブログの 記 事 (エントリー)を 取 捨 選 択 して 1 つのプレゼンとしてまと めあげる 使 い 方 を 想 定 している. 記 事 の 選 択 は, 記 事 にカテゴリーを 割 り 当 てること などで 実 現 される. DITA で 作 成 したトピックをスライド 形 式 に 出 力 するツールとしては,W3C のオー プンソースである HTML Slidy [e]をベースに 開 発 することも 検 討 している.このツ ールは,HTML または XTHML で 作 成 されたトピックのデータを,ブラウザでスライ ドショーのように 表 示 できる.DITA マップの 内 容 を 反 映 し,1 画 面 ずつにトピックを 分 ける. 表 示 された 教 材 は,クリックするだけで 次 の 画 面 を 表 示 できる. 3.6 簡 易 スライドショー 画 面 としての 活 用 HTML Slidy を 使 い, 教 材 内 容 を 表 示 したのが, 図 6 画 面 である. 見 出 しのスタイル を 整 え, 画 面 に 表 示 する.クリックすると, 次 の 画 面 が 表 示 される. 右 クリックする ことで, 前 の 画 面 に 戻 ることもできる. 図 6 HTML Slidy で 出 力 したスライドショー 画 面 このツールを 使 うことで,ブラウザを 使 って 教 材 を 表 示 することができるようにな る.PowerPoint を 用 意 することなく, 多 様 なブラウザで 表 示 できるため, 教 員 や 学 生 にとって 利 便 性 の 高 いツールとなる. 3.7 出 力 形 式 のカスタマイズ 今 後 は 表 紙 スライドの 出 力 やロゴを 入 れた 背 景 の 指 定 など,より 見 栄 えのよい 教 材 としての 出 力 ができるようカスタマイズしていく. 大 学 のブランドイメージや, 学 科 や 科 目 によるスライドイメージの 統 一 など, 出 力 とコンテンツを 切 り 離 して, 見 栄 え のよいスライドの 表 示 が 期 待 できる. e)html Slidy 4. コンテンツ 管 理 の 検 討 DocZone で 管 理 されたファイルは,インターネットから 接 続 するサーバーに 管 理 さ れる. 本 研 究 では,1 つの 授 業 単 位 でコンテンツを 管 理 することを 想 定 したが, 複 数 の 教 員 による 利 用 や, 科 目 をまとめてグループ 間 でコンテンツを 共 有, 再 利 用 する 際 は,あらかじめフォルダ 構 成 を 共 有, 再 利 用 を 想 定 して 設 計 してことがポイントとな る. 企 業 のドキュメントでは,インフォメーションアーキテクトと 呼 ばれる 専 門 職 の 担 当 者 が, 情 報 を 調 査, 分 析 して 設 計 する. 教 材 の 共 有, 再 利 用 を 目 指 す 場 合 も, 同 様 のノウハウをもったコンテンツ 作 成 管 理 担 当 者 が 必 要 となるだろう. 5. 提 案 方 式 の 考 察 と 今 後 の 取 り 組 み 試 作 では, 情 報 関 連 の 授 業 の PowerPoint ファイルを 既 存 のコンテンツとして,DITA ファイルを 作 成 してみた.コンテンツの 粒 度 をどのようにすると 再 利 用 しやすいかは, 教 材 の 内 容 によって 変 わるが, 作 成, 再 利 用 しやすい 単 位 を 検 討 し, 異 なる 科 目, 教 員 の 教 材 に 適 用 し, 評 価 していきたい. また, 教 員 間 での 教 材 の 共 有, 再 利 用 を 促 進 するためにコンテンツの 作 成 方 法,ワ ークフロー, 作 成 ルールの 整 備 などが 必 要 となる. 以 下 に 今 後 の 検 討 課 題 を 述 べる. 5.1 コンテンツ 作 成 管 理 ツールの 使 用 説 明 の 提 供 本 研 究 では,oXygen と DocZone を 活 用 することを 前 提 としている. 現 状 では XML エディタやドキュメントの CMS の 知 識 がないと, 教 員 がすぐに 使 いこなすことは 難 しいと 思 われる. サンプル 教 材 の 提 供 や 操 作 マニュアルなど, 使 用 説 明 のコンテンツを 充 実 させ, 短 時 間 で 教 材 作 成 ができるようなサポートが 必 要 である. 5.2 オンデマンド 印 刷 による 書 籍, 電 子 教 科 書,e ラーニングなどマルチユースの 検 討 DITA の 利 点 は,シングルソース,マルチユースと 呼 ばれる 多 彩 な 出 力 形 式 を 選 べ ることにある.たとえば, 教 材 の 中 で, 知 識 として 覚 える, 理 解 することが 重 要 なコ ンテンツについては,マップを 作 成 し, 教 科 書 のような 書 籍 形 式 に 出 力 することも 可 能 である. 受 講 数 に 合 わせて 少 部 数 ならばオンデマンド 印 刷 を, 多 人 数 ならば 商 業 印 刷 製 本 を 行 うことで,コストを 抑 えることができる. 利 便 性 と 費 用 のバランスを 検 討 しながら, 教 材 を 提 供 する 環 境 を 整 えられる. DITA 仕 様 の 実 装 のひとつである DITA Open Toolkit は, 拡 張 プラグインにより, 電 子 書 籍 の 標 準 的 なフォーマットである EPUB 出 力 ができる.パソコンやタブレット 型 の 端 末 に 表 示 する 電 子 書 籍 への 出 力 も, 特 別 な 変 換 などを 必 要 しないで 行 える. 電 子 教 科 書 として 使 うフォーマットとして, 見 やすい 出 力 形 式 を 検 討 していきたい. 画 面 を 使 った e ラーニングについても, 演 習 や 理 解 度 の 確 認 に 利 用 できる.DITA1.2 5

6 のインタラクション 要 素 に 対 応 したトピックの 作 成 方 法 と, 成 績 管 理 システムとの 連 携 などを 検 討 していく. 5.3 最 新 の 外 部 情 報 との LOD によるリンクの 検 討 授 業 によっては, 外 部 の 資 料 を 提 示 しながら, 講 義 を 行 いたい 場 合 がある.このよ うな 場 合, 現 在 では URL をハイパーリンクで 指 定 し,リンク 先 を 提 示 している.また, 前 提 知 識 や 関 連 知 識 として 学 内 の 他 教 員 の 資 料 の 一 部 を 利 用 したいケースもある. 再 利 用 生 が 高 く, 最 新 の 情 報 が 学 べる 教 材 にするために,セマンティック Web をベース とした Linked Data の 活 用 が 期 待 できる.どこからでも 参 照 可 能 な Linked Data を Linked Open Data(LOD)と 呼 ばれる.LOD によって, 各 教 育 コンテンツの 内 容 や 所 在 を 定 義, 公 開 / 非 公 開 する.これにより, 従 来 の 教 育 コンテンツ 同 士 や 新 たな 教 育 コンテン ツとの 関 係, 内 部 コンテンツと 外 部 コンテンツとの 関 係, 公 開 非 公 開 などの 設 定 の 定 義 により, 教 育 コンテンツの 統 合 的 な 管 理 が 実 現 できる. 教 材 から, 世 界 中 の 知 へ のアクセス 手 段 として,LOD 活 用 の 可 能 性 を 検 討 していく. 5.4 コンテンツのフェアユースの 検 討 教 材 を 共 有 化 していく 際 に, 知 的 所 有 権 の 課 題 をどのように 解 消 していくかも 今 後 の 課 題 となるだろう. 自 分 が 研 究 し, 蓄 積 してきた 教 材 を 公 開, 再 利 用 可 能 にするこ とに 対 する, 抵 抗 も 懸 念 される. コンテンツの 共 有 化 の 環 境 を 整 備 し, 公 平 な 利 用 を 促 進 するためには,メタデータ で 著 者 や 利 用 状 況, 編 集 履 歴 などを 蓄 積 する 仕 組 みが 必 要 となるだろう. 過 去 の 成 果 を 踏 まえ, 互 いに 協 力 していくための 情 報 を 記 録 し, 相 互 に 活 用 するための 手 法 を 検 討 したい.クリエイティブコモンズの 採 用 など,Web コンテンツの 相 互 利 用 の 方 法 に ついて 検 討 していく. 3) 中 澤 遊 CMS/DTIA North America 2011 視 察 報 告 DITA Festa2011(2011) 4) SAP How We Design How does DITA help us design educational content? CMS/DTIA North America 2011(2011) 5) DITA コンソーシアムジャパン DITA1.2 言 語 リファレンス( 日 本 語 版 ) 6. おわりに 本 研 究 では, 大 学 の 専 任 教 員, 研 究 者,ドキュメントシステムのソリューションベ ンダー,インフォメーションアーキテクチャのコンサルタント,テクニカルライター と, 立 場 や 経 験 が 異 なるメンバーでプロジェクトを 結 成 している. 今 回 の 考 察 を 第 一 歩 として, 教 育 現 場 で 検 証 をしながら, 教 材 作 成, 活 用 の 新 たな 方 法 として 有 効 な 提 案 を 行 っていきたい. 参 考 文 献 1) 山 口 琢 Web 文 書 の 有 用 性 を 高 める Slide Show for XHTML, 情 報 処 理 学 会 研 究 報 告 デジタ ル ドキュメント(DD),2006(83(2006-DD-056)), pp ( ) 2) 高 橋 慈 子 多 言 語 展 開, 再 利 用 を 促 進 する 構 造 化 文 書 の 作 成 動 向 -DITA を 利 用 した 文 書 作 成 活 用 -, 情 報 処 理 学 会 研 究 報 告 デジタル ドキュメント(DD),2010-DD (2010) 6

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 記 事 を 作 成 する Copyright Diverta inc. All right reserved. 1 目 次 1. 記 事 とは 1-1 記 事 とは 1-2 記 事 モジュール 概 要 2. 記 事 の 内 容 を 書 く 2-1 記 事 モジュール 2-2 記 事 グループの 作 成 2-3 記 事 グループを 編 集 する 2-4 記 事 を 編 集 する 2-5 記 事 編 集

More information

1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高 等 教 育 機 関 の 質 保 証 の 観 点 から

1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高 等 教 育 機 関 の 質 保 証 の 観 点 から 教 材 共 有 システム 開 発 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 9 月 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 - 1 - 1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高

More information

はじめに PDFインフラストラクチャ 解 説 は: プリントオンデマンド( POD) 方 式 とKDPによるセルフ 出 版 の 事 例 であ り ワンソースマルチユース 方 式 制 作 の 実 践 事 例 でもある この 事 例 から 学 んだことや 今 後 の 課 題 を 報 告 する

はじめに PDFインフラストラクチャ 解 説 は: プリントオンデマンド( POD) 方 式 とKDPによるセルフ 出 版 の 事 例 であ り ワンソースマルチユース 方 式 制 作 の 実 践 事 例 でもある この 事 例 から 学 んだことや 今 後 の 課 題 を 報 告 する 専 門 的 書 籍 の 新 しい 制 作 流 通 のケーススタディとして PDFインフラストラクチャ 解 説 学 びと 課 題 2016 年 2 月 16 日 アンテナハウス 株 式 会 社 小 林 徳 滋 はじめに PDFインフラストラクチャ 解 説 は: プリントオンデマンド( POD) 方 式 とKDPによるセルフ 出 版 の 事 例 であ り ワンソースマルチユース 方 式 制 作 の 実

More information

Microsoft Word - CMS操作説明会資料.docx

Microsoft Word - CMS操作説明会資料.docx 平 成 25 年 6 月 24 日 株 式 会 社 ネクストワン 1 今 回 の 操 作 説 明 会 では 次 のようなサンプル 記 事 を 作 成 してみたいと 思 います 2 管 理 画 面 にログインする 1. 九 重 町 役 場 ホームページにアクセスします 2.アドレスバーのホームページ URL の 後 ろに admin と 入 力 します http://www.town.kokonoe.oita.jp/admin/index.php

More information

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基 ( 別 紙 ) 志 摩 市 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1-1 1.システム 基 本 要 件

More information

高知大学 学生用

高知大学 学生用 高 知 大 学 学 生 用 moodle2 moodle(ムードル)は Web を 通 じて 利 用 する 授 業 サポートのシステムです 学 生 ユーザは 参 加 している 科 目 (コース)の 授 業 コンテンツを 使 って 受 講 ( 活 動 ) することができます ご 利 用 の 推 奨 ブラウザ Internet Explorer 8 以 上 Firefox 4 以 上 Google Chrome

More information

■新聞記事

■新聞記事 PowerPoint2013 基 本 操 作 P.1 PowerPoint2013 基 本 操 作 1.PowerPoint2013 の 起 動... 2 2.スライドのサンプル... 3 3.スライドの 作 成... 4 4. 文 字 の 入 力 とテキストボックス... 5 5. 図 の 作 成 と 書 式 設 定... 5 6.グラフの 作 成... 6 7. 背 景 デザインと 配 色...

More information

03 CMS機能審査表.xls

03 CMS機能審査表.xls 厚 真 町 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 ( 別 紙 ) 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1 1.システム 基 本 要 件 Windows

More information

2.ページ 作 成 機 能 2-13 Wordデータを 取 り 込 める(もしくはコピー&ペーストできる)こその 際 アプリケーション 特 有 のHTML(CSS) 表 現 を 自 動 的 に 削 除 できるこ 他 データの 流 用 表 2-14 Excelデータを 取 り 込 める(もしくはコピー

2.ページ 作 成 機 能 2-13 Wordデータを 取 り 込 める(もしくはコピー&ペーストできる)こその 際 アプリケーション 特 有 のHTML(CSS) 表 現 を 自 動 的 に 削 除 できるこ 他 データの 流 用 表 2-14 Excelデータを 取 り 込 める(もしくはコピー 1. 基 本 情 報 1-1 CMS 利 用 にあたって 各 職 員 のPC 端 末 に 特 別 なアプリケーションなどをインストールす る 必 要 が 無 いこと(ウェブブラウザから 利 用 できること) 1-2 各 職 員 PC 端 末 から InternetExplorerを 通 じ ID PASSWORD 認 証 にてログインできるこ 1-3 閲 覧 者 のパソコン 機 種 OS ブラウザ

More information

Microsoft Word - chapter06_080328-1.docx

Microsoft Word - chapter06_080328-1.docx Chapter 6 箇 条 書 きのポイント~PowerPoint の 基 本 操 作 ~ この Chapter では 箇 条 書 き(アウトライン) 形 式 の 記 述 に 慣 れること 階 層 構 造 について 理 解 すること そして 他 人 に 伝 わりやすいように 話 を 構 成 することを 学 びます この Chapter は Chapter7 から 始 まる レポート 作 成 の 基

More information

Untitled

Untitled QuarkXPress 2016の 新 機 能 目 次 目 次 QuarkXPress 2016の 新 機 能...3 ネイティブのQuarkXPressオブジェクト...4 既 存 のアイテムからネイティブのQuarkXPressオブジェクトへの 変 換...4 新 しいアイテムをネイティブのQuarkXPressオブジェクトとしてペーストする..4 HTML5 出 版 物...5 色 の 選 択

More information

ウ 既 存 のホームページからのデータの 移 行 の 際 は 最 新 の 情 報 へ 更 新 なお 既 存 の 観 光 情 報 等 に 不 足 する 項 目 があれば 収 集 したうえで 移 行 すること エ 写 真 その 他 のコンテンツ 及 びその 利 用 に 必 要 な 権 利 は 受 託 者

ウ 既 存 のホームページからのデータの 移 行 の 際 は 最 新 の 情 報 へ 更 新 なお 既 存 の 観 光 情 報 等 に 不 足 する 項 目 があれば 収 集 したうえで 移 行 すること エ 写 真 その 他 のコンテンツ 及 びその 利 用 に 必 要 な 権 利 は 受 託 者 出 水 市 観 光 情 報 サイト 構 築 業 務 仕 様 書 第 1 委 託 業 務 名 出 水 市 観 光 情 報 サイト 構 築 業 務 ( 以 下 本 業 務 という ) 第 2 委 託 業 務 の 目 的 出 水 市 の 観 光 情 報 サイト( 以 下 観 光 情 報 サイト という )の 日 本 語 サイトを 構 築 するとともに 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 のみ

More information

改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改

改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改 災 害 アーカイブデータベースシステム 一 般 向 け 検 索 マニュアル 改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改 訂 履 歴 改 訂 履 歴

More information

1 目 次 1. 業 務 可 視 化 資 料 作 成 の 目 的 2. 業 務 可 視 化 の 生 成 物 3. 業 務 可 視 化 の 記 述 方 法 4. 業 務 階 層 と 生 成 物 イメージ 5. 業 務 可 視 化 資 料 の 活 用 とその 効 果 について 6. 業 務 可 視 化

1 目 次 1. 業 務 可 視 化 資 料 作 成 の 目 的 2. 業 務 可 視 化 の 生 成 物 3. 業 務 可 視 化 の 記 述 方 法 4. 業 務 階 層 と 生 成 物 イメージ 5. 業 務 可 視 化 資 料 の 活 用 とその 効 果 について 6. 業 務 可 視 化 資 料 3 特 許 庁 業 務 システム 最 適 化 計 画 の 実 施 について (3) 業 務 可 視 化 2012 年 12 月 20 日 特 許 庁 1 目 次 1. 業 務 可 視 化 資 料 作 成 の 目 的 2. 業 務 可 視 化 の 生 成 物 3. 業 務 可 視 化 の 記 述 方 法 4. 業 務 階 層 と 生 成 物 イメージ 5. 業 務 可 視 化 資 料 の 活

More information

教員用

教員用 高 知 大 学 教 員 用 moodle2 1.1.moodle を 利 用 するためには 1.2.コースの 保 全 1.3.moodle へのログイン 1.4.ログアウト 2.1.コースの 説 明 2.2.ブロック 一 覧 2.3.HTML テキストエディタを 利 用 する 2.4.アイコン 編 集 アイコンの 説 明 3.1.ユーザを 登 録 する 3.2.ユーザを 削 除 する 4.1.ファイルのアップロード

More information

青空文庫1997~2012

青空文庫1997~2012 青 空 文 庫 1997 2012 ある 私 設 テキスト アーカイブの 試 み 富 田 倫 生 2012 年 11 月 20 日 1991 電 子 書 籍 元 年 米 ボイジャー Expanded Bookを 開 発 テキストをしかるべきソフトで 加 工 す ると 画 面 上 に 本 を 再 現 できる 失 われた 簡 易 製 版 印 刷 ツール ガ リ 版 の 世 界 が デジタルで 復 活 する

More information

DITAの 構 成 (トピックとマップ) マップ HTML 用 トピック トピック マップ 社 内 向 けPDF 用 マップ EPUB 用 トピック トピック マップ 社 外 向 けPDF 用 3 AntennaHouse, Inc. 2011 トピックとは 見 出 しと 内 容 をもつ 情 報 の

DITAの 構 成 (トピックとマップ) マップ HTML 用 トピック トピック マップ 社 内 向 けPDF 用 マップ EPUB 用 トピック トピック マップ 社 外 向 けPDF 用 3 AntennaHouse, Inc. 2011 トピックとは 見 出 しと 内 容 をもつ 情 報 の DITA 入 門 DITA 概 要 と 主 要 な 機 能 について 2011 年 6 月 27 日 DITAの 背 景 Darwin Information の 略 Typing 技 術 文 書 の 生 成 および 管 理 仕 様 2005 年 5 月 OASIS 3 日 として 標 準 承 認 情 報 のモジュール 化 と 再 利 用 がテーマ 2010 年 12 V1.2 月 1 日 が 承

More information

ウェブアクセシビリティガイドライン

ウェブアクセシビリティガイドライン 兵 庫 県 小 野 市 ウェブアクセシビリティガイドライン 第 1 版 平 成 24 年 12 月 情 報 管 理 課 目 次 1 ガイドライン 策 定 の 目 的... 1 2 ガイドラインの 適 用 範 囲... 1 3 ウェブアクセシビリティの 必 要 性... 1 4 根 拠 となる 規 格... 1 5 配 慮 の 対 象 となる 利 用 者... 2 6 達 成 等 級 と 達 成 基

More information

SuperHand SuperHand ユーザー マニュアル @Copyright 2010-2015 BEUP CO., LTD. このソフトウェアおよび 説 明 ドキュメントを 使 用 したことにより 発 生 あ るいは 関 連 したいかなるリスクも 使 用 者 自 身 の 責 任 となります ソフト ウェア 使 用 許 諾 書 に 明 確 に 記 載 されている 以 外 のことは いかなる

More information

沖 縄 市 戦 後 デジタル 資 料 公 開 システム 構 築 業 務 概 仕 様 書 1. 業 務 名 称 沖 縄 市 戦 後 デジタル 資 料 公 開 システム 構 築 業 務 2. 業 務 の 目 的 沖 縄 市 は 戦 後 米 軍 基 地 の 影 響 を 受 けながら 個 性 的 な 都 市

沖 縄 市 戦 後 デジタル 資 料 公 開 システム 構 築 業 務 概 仕 様 書 1. 業 務 名 称 沖 縄 市 戦 後 デジタル 資 料 公 開 システム 構 築 業 務 2. 業 務 の 目 的 沖 縄 市 は 戦 後 米 軍 基 地 の 影 響 を 受 けながら 個 性 的 な 都 市 沖 縄 市 戦 後 デジタル 資 料 公 開 システム 構 築 業 務 概 仕 様 書 平 成 28 年 6 月 沖 縄 市 総 務 部 総 務 課 市 史 編 集 担 当 沖 縄 市 戦 後 デジタル 資 料 公 開 システム 構 築 業 務 概 仕 様 書 1. 業 務 名 称 沖 縄 市 戦 後 デジタル 資 料 公 開 システム 構 築 業 務 2. 業 務 の 目 的 沖 縄 市 は 戦

More information

2 2-1 HTMLの 構 造 等 公 開 URLが 静 的 なHTMLであること 判 読 不 可 能 な 文 字 を 含 むものや 文 字 数 が 多 すぎるURL(いわゆる 動 的 なHTML)は 原 則 として 不 可 とする 2-2 任 意 なURLが 使 用 でき コンテンツ 作 成 時

2 2-1 HTMLの 構 造 等 公 開 URLが 静 的 なHTMLであること 判 読 不 可 能 な 文 字 を 含 むものや 文 字 数 が 多 すぎるURL(いわゆる 動 的 なHTML)は 原 則 として 不 可 とする 2-2 任 意 なURLが 使 用 でき コンテンツ 作 成 時 1 1-1 サイト 全 般 デザイン 等 サイト 全 体 が 標 準 化 統 一 化 されたページデザインとすること ただし サイトで 異 なるデザインで 作 成 表 示 することができること 1-2 ヘッダー フッターは 原 則 すべてのページで 統 一 したデザインとすること 1-3 ロゴ イラスト バナーなどサイトに 応 じたデザインで 作 成 すること 1-4 スマートフォンやタブレット 端

More information

目 次 1. 提 案 依 頼 にあたって... 3 1.1. 本 件 の 目 的... 3 2. 岩 手 県 立 大 学 ウェブサイトリニューアルの 概 要... 3 2.1. 概 要... 3 2.2. スケジュールの 目 安... 3 2.3. 契 約 期 間... 3 2.4. 費 用...

目 次 1. 提 案 依 頼 にあたって... 3 1.1. 本 件 の 目 的... 3 2. 岩 手 県 立 大 学 ウェブサイトリニューアルの 概 要... 3 2.1. 概 要... 3 2.2. スケジュールの 目 安... 3 2.3. 契 約 期 間... 3 2.4. 費 用... 公 立 大 学 法 人 岩 手 県 立 大 学 岩 手 県 立 大 学 ウェブサイトリニューアル 業 務 に 係 る 提 案 仕 様 書 1 目 次 1. 提 案 依 頼 にあたって... 3 1.1. 本 件 の 目 的... 3 2. 岩 手 県 立 大 学 ウェブサイトリニューアルの 概 要... 3 2.1. 概 要... 3 2.2. スケジュールの 目 安... 3 2.3. 契 約 期

More information

MadCap Flare V6 クイック スタート ガイド

MadCap Flare V6 クイック スタート ガイド クイック スタート ガイド Version 6.0 エクセルソフト 株 式 会 社 はじめに はじめに このたびは MadCap Software 社 製 品 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます このクイック スタート ガイドでは 初 めてこの 製 品 を 使 用 される 方 を 対 象 に インストールの 手 順 およ びサンプル プロジェクトの 使 用 方 法 について 説 明

More information

SCTM12.0_Product Release Notice_V1

SCTM12.0_Product Release Notice_V1 製 品 リリース 案 内 製 品 名 : SilkCentral Test Manager 12.0 出 荷 開 始 日 : 2012 年 4 月 16 日 1. はじめに マイクロフォーカスは テスト 管 理 ツールの 新 バージョンである SilkCentral Test Manager 12.0 をリリー スいたします 2. システム 要 件 SilkCentral Test Manger 12.0

More information

改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改

改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改 災 害 アーカイブデータベースシステム 運 営 主 体 管 理 者 用 運 用 マニュアル 改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改 訂 履 歴

More information

Microsoft Word - ppt_1.docx

Microsoft Word - ppt_1.docx パワポ 講 習 会 ~ひとつ 上 の 発 表 を 目 指 して~ PowerPoint は 研 究 発 表 会 会 社 でのプレゼンなどでよく 使 われているプレゼンテーションソフトの 定 番 中 の 定 番 で す! 一 つ 上 の 発 表 を 目 指 して 使 いこなせるようになろう 今 回 は 2 部 構 成 の 講 習 会 うちの 1 つです 入 門 編 として Power Point の

More information

歌 山 フリーWi-Fi 設 置 事 業 者 の 情 報 を 組 み 込 むこと また 上 記 現 在 の 和 歌 山 県 多 言 語 観 光 サイトにある Attraction of Wakayama の 各 カテゴリー 別 情 報 ページ とリンクした 仕 組 みを 構 築 すること 項 目 1

歌 山 フリーWi-Fi 設 置 事 業 者 の 情 報 を 組 み 込 むこと また 上 記 現 在 の 和 歌 山 県 多 言 語 観 光 サイトにある Attraction of Wakayama の 各 カテゴリー 別 情 報 ページ とリンクした 仕 組 みを 構 築 すること 項 目 1 和 歌 山 県 多 言 語 観 光 サイトリニューアルの 制 作 保 守 管 理 等 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 和 歌 山 県 多 言 語 観 光 サイトリニューアルの 制 作 保 守 管 理 等 業 務 委 託 2 委 託 期 間 本 業 務 の 委 託 契 約 期 間 は 契 約 締 結 の 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までとし 本 業 務 に よる 和 歌

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20695475746F7290BB956990E096BE8376838C835B83938365815B8356838783938E9197BF4149542E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20695475746F7290BB956990E096BE8376838C835B83938365815B8356838783938E9197BF4149542E707074> 製 品 説 明 資 料 2009 年 10 月 株 式 会 社 ブルーポート とは? は パソコン 画 面 上 での マウス 操 作 キー 入 力 など 通 常 の 操 作 を 自 動 的 効 果 的 にキャプチャリング キャプチャリングし 目 的 のドキュメント ドキュメント 動 画 インタラクティブコンテンツ を 作 成 することができるツール ツールです です 操 作 履 歴 の 自 動 取

More information

目 次 1. 件 名... 1 2. 作 業 の 概 要... 1 2.1 背 景 と 目 的... 1 2.2 新 統 合 システム 導 入 の 基 本 方 針... 2 2.3 用 語 の 定 義... 3 2.4 業 務 の 概 要... 7 2.5 作 業 内 容 納 入 成 果 物...

目 次 1. 件 名... 1 2. 作 業 の 概 要... 1 2.1 背 景 と 目 的... 1 2.2 新 統 合 システム 導 入 の 基 本 方 針... 2 2.3 用 語 の 定 義... 3 2.4 業 務 の 概 要... 7 2.5 作 業 内 容 納 入 成 果 物... 高 専 学 生 情 報 統 合 システム 入 試 教 務 業 務 機 能 の 設 計 開 発 業 務 委 託 基 本 設 計 書 ( 調 達 仕 様 書 )( 案 ) 平 成 27 年 4 月 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 目 次 1. 件 名... 1 2. 作 業 の 概 要... 1 2.1 背 景 と 目 的... 1 2.2 新 統 合 システム 導 入

More information

スライド 1

スライド 1 2014.10 版 Ver.5.04 遠 藤 照 明 設 計 支 援 ツール:Jobサポート 2 次 元 照 度 計 算 ソフト Luxsheet マニュアル ルクスシート 1 P 3 型 番 入 力 による 検 索 P 4 P 5 P 7 P 9 P10 P11 P12 P13 P14 P16 P17 P18 P19 P21 2 平 均 照 度 計 算 を 一 覧 表 で 簡 単 に 作 成 できます

More information

ア CMS によるホームページであること イ ページ 内 に Twitter や Facebook のアイコンを 作 成 し リンクを 張 れるように すること ウ サイト 内 検 索 ができること エ ページ 内 に Google マップなどの 地 図 情 報 が 掲 載 できること オ ページ

ア CMS によるホームページであること イ ページ 内 に Twitter や Facebook のアイコンを 作 成 し リンクを 張 れるように すること ウ サイト 内 検 索 ができること エ ページ 内 に Google マップなどの 地 図 情 報 が 掲 載 できること オ ページ 足 利 市 創 業 支 援 ホームページ 作 成 業 務 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 名 足 利 市 創 業 支 援 ホームページ 作 成 業 務 2 業 務 の 目 的 本 業 務 は 主 に 市 内 外 の 創 業 希 望 者 をターゲットに 必 要 な 情 報 を 網 羅 的 に 取 得 可 能 なホームページを 開 設 し かつ 元 々 本 市 へ 関 心

More information

電 子 教 科 書 とは 従 来 の 紙 媒 体 の 教 科 書 コンテンツをタブレットや ノートPCで 表 示 操 作 PCで 実 現 可 能 な 各 種 機 能 を 追 加 クイズの 動 判 定 達 成 度 のサーバ 転 送 対 話 的 /マルチメディアの 再 生 操 作 アクセシビリティ 対

電 子 教 科 書 とは 従 来 の 紙 媒 体 の 教 科 書 コンテンツをタブレットや ノートPCで 表 示 操 作 PCで 実 現 可 能 な 各 種 機 能 を 追 加 クイズの 動 判 定 達 成 度 のサーバ 転 送 対 話 的 /マルチメディアの 再 生 操 作 アクセシビリティ 対 電 子 教 材 の 現 在 と 未 来 ASUKA Academy セミナー 2014-9-19 明 治 大 学 国 際 総 合 研 究 所 上 智 大 学 田 村 恭 久 1 電 子 教 科 書 とは 従 来 の 紙 媒 体 の 教 科 書 コンテンツをタブレットや ノートPCで 表 示 操 作 PCで 実 現 可 能 な 各 種 機 能 を 追 加 クイズの 動 判 定 達 成 度 のサーバ 転

More information

4.プレゼンテーション 用 ソフトウェア(PowerPoint) プレゼンテーション 用 の 資 料 を 作 成 するには Microsoft 社 の PowerPoint をはじめとするいわゆる プ レゼンテーションソフト を 利 用 するのが 一 般 的 です 最 近 ではフリーのソフトも 利

4.プレゼンテーション 用 ソフトウェア(PowerPoint) プレゼンテーション 用 の 資 料 を 作 成 するには Microsoft 社 の PowerPoint をはじめとするいわゆる プ レゼンテーションソフト を 利 用 するのが 一 般 的 です 最 近 ではフリーのソフトも 利 プレゼンテーションの 基 礎 1.プレゼンテーションとは プレゼンテーションとは あるテーマについての 自 分 の 考 えや 調 査 した 内 容 プロジェクトや 製 品 に 関 す る 概 要 などを 他 の 人 に 発 表 したり 説 明 したりすることです 大 学 生 には 研 究 を 行 った 結 果 を 発 表 したり 自 分 の 考 えをまとめて 説 明 したりする 能 力 が 求 められます

More information

ホームページリニューアル業務委託

ホームページリニューアル業務委託 平 成 25 年 度 総 務 委 1 号 ホームページリニューアル 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 山 元 町 総 務 課 1. 業 務 の 目 的 山 元 町 公 式 ホームページは 平 成 13 年 度 に 開 設 以 来 町 の 重 要 施 策 や 住 民 等 の 身 近 な 生 活 情 報 などを 掲 載 し 町 内 外 に 行 政 情 報 を 始 めとした 各 種 の 情 報 を 発

More information

Microsoft PowerPoint - Server_機能集.pptx

Microsoft PowerPoint - Server_機能集.pptx Visible & Smart Office 可 視 化 で 仕 事 をスマートに 本 デジタルオフィス 全 11ページ( 表 紙 含 む) DO!Cat Server 機 能 ご 紹 介 日 本 デジタルオフィス 株 式 会 社 P1 DO!Cat Server のご 紹 介 ファイルが 見 える! 活 かせる! Microsoft SharePoint Server 2007に 対 応! INDEX

More information

Microsoft PowerPoint - 09製-FL ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 09製-FL ppt [互換モード] 文 書 番 号 :09 製 -FL040025-04 2010/9/16 機 能 一 覧 優 れた 操 作 性 進 化 したページめくり 操 作 ダイナミックサイジング 保 存 可 能 な 手 書 きメモ 付 箋 多 段 階 ズーム 高 品 位 印 刷 クリッピング 機 能 コピー&ペースト 堅 牢 性 大 量 ページ 数 に 対 応 柔 軟 性 リンク 設 定 音 声 ビデオ 再 生 レイヤーデザイン

More information

(1) 多 言 語 においては 日 本 語 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 簡 体 字 )の4 言 語 以 上 に 対 応 し て 選 択 表 示 選 択 音 声 を 可 能 とすること 音 声 ガイダンス 用 のデータは 発 注 者 より 提 供 する (2)PC スマートフォン

(1) 多 言 語 においては 日 本 語 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 簡 体 字 )の4 言 語 以 上 に 対 応 し て 選 択 表 示 選 択 音 声 を 可 能 とすること 音 声 ガイダンス 用 のデータは 発 注 者 より 提 供 する (2)PC スマートフォン 宇 城 市 観 光 情 報 WEB アプリケーション 設 計 構 築 保 守 運 用 委 託 業 務 公 募 型 プロポーザルに 係 る 仕 様 書 1 業 務 名 宇 城 市 観 光 情 報 WEB アプリケーション 設 計 構 築 保 守 運 用 委 託 業 務 ( 以 下 本 業 務 という ) 2 業 務 の 目 的 世 界 遺 産 三 角 西 港 をはじめとした 宇 城 市 の 魅 力 をPRして

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F18F88979D826081408EF68BC697708376838A839383678169506F776572506F696E7491808DEC816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F18F88979D826081408EF68BC697708376838A839383678169506F776572506F696E7491808DEC816A2E646F63> PowerPoint 基 本 操 作 P.1 PowerPoint 基 本 操 作 - 目 次 - 1.PowerPoint の 起 動... 2 2.スライドのサンプル... 3 3.スライドの 作 成... 4 4. 文 字 の 入 力... 5 5. 図 の 作 成 (クリップアート)... 6 6.グラフの 作 成... 6 7. 背 景 デザインと 配 色... 7 8.アニメーション 効

More information

(3)sb フォルダを 開 き,フォルダ 内 にある history.txt readme.txt util フォルダを 削 除 する (4)sb_ext フォルダ 内 にある ext フォルダを sb フォルダ 内 にコピーする (5)sb フォルダ 名 を 変 更 する ここで 設 定 したフォ

(3)sb フォルダを 開 き,フォルダ 内 にある history.txt readme.txt util フォルダを 削 除 する (4)sb_ext フォルダ 内 にある ext フォルダを sb フォルダ 内 にコピーする (5)sb フォルダ 名 を 変 更 する ここで 設 定 したフォ シ リ ー ン Serene バ ッ チ Bachの 設 定 と 運 用 1 Serene Bach のダウンロードと 展 開 (1)2つの 圧 縮 ファイルをデスクトップにダウンロードする 仙 台 市 教 育 センター 教 育 の 情 報 化 研 究 委 員 会 校 務 情 報 化 部 会 教 育 センター 参 考 URL http://www.sendai-c.ed.jp/hoka.html http://serenebach.net/download/

More information

2 : Open Clip Art Library [4] 2 3 4 5 6 2. 2 2. 1 Microsoft Office PowerPoint Web PowerPoint 2 Yahoo! Web [5] SlideShare 2. 1. 1 Yahoo! Web Yahoo! Web

2 : Open Clip Art Library [4] 2 3 4 5 6 2. 2 2. 1 Microsoft Office PowerPoint Web PowerPoint 2 Yahoo! Web [5] SlideShare 2. 1. 1 Yahoo! Web Yahoo! Web DEWS2008 E4-4 606-8501 E-mail: {hsato,oyama,tanaka}@dl.kuis.kyoto-u.ac.jp.. Supporting the Selection of Images Based on Referential Semantics from Surrounding Information of the Image in Presentation Files

More information

< 事 業 の 概 要 > 1. はじめに 札 幌 医 科 大 学 公 式 ホームページ( 日 本 語 サイト 英 語 サイト)は ウェブアクセビリティに 配 慮 し すべての 人 にと って 見 やすく 使 いやすい HP を 構 築 し 学 内 においては 限 られた 人 的 物 的 資 源 の

< 事 業 の 概 要 > 1. はじめに 札 幌 医 科 大 学 公 式 ホームページ( 日 本 語 サイト 英 語 サイト)は ウェブアクセビリティに 配 慮 し すべての 人 にと って 見 やすく 使 いやすい HP を 構 築 し 学 内 においては 限 られた 人 的 物 的 資 源 の 札 幌 医 科 大 学 公 式 ホームページ( 日 本 語 サイト 英 語 サイト) 再 構 築 に 係 るプロポーザル 実 施 要 領 北 海 道 公 立 大 学 法 人 札 幌 医 科 大 学 事 務 局 企 画 管 理 部 経 営 企 画 課 ( 平 成 21 年 10 月 9 日 ) < 事 業 の 概 要 > 1. はじめに 札 幌 医 科 大 学 公 式 ホームページ( 日 本 語 サイト

More information

1ページ_0518

1ページ_0518 for 2.5 1 授 業 を 始 める 前 に 1 ログイン 通 常 ログインの 場 合 ロイロノート スクールを 起 動 し 学 校 ID ユーザー ID パスワードを 入 力 してログインします かんたんログインの 場 合 タブレットを 複 数 のクラスで 共 有 して 使 う 場 合 ID やパスワードではなく リストから 学 年 組 名 前 を 選 択 するだけでログインすることができます

More information

oooug-jp-logo

oooug-jp-logo LibreOfficeで で 電 子 書 籍 を 創 ろう OSSで で 作 成 するEPUB3 形 式 書 籍 オープンソースカンファレンス2013 Shimane 2013 年 8 月 24 日 土 曜 日 会 場 : 松 江 テルサ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 OpenOffice.org 日 本 ユーザー 会 鎌 滝 雅 久 自 己 紹 介 IT/ 演 劇 を 専 門 とするフリーライター

More information

itutor の 機 能 について 製 品 紹 介 や 操 作 手 順 の PC 操 作 システム 運 用 手 順 の マニュアル 動 画 教 育 効 果 の 高 い eラーニング 教 材 時 間 をかけず 簡 単 に 作 成 できる 2

itutor の 機 能 について 製 品 紹 介 や 操 作 手 順 の PC 操 作 システム 運 用 手 順 の マニュアル 動 画 教 育 効 果 の 高 い eラーニング 教 材 時 間 をかけず 簡 単 に 作 成 できる 2 マニュアル 動 画 eラーニング 教 材 作 成 ツール 販 売 元 日 本 システムクオリティ 株 式 会 社 2015 年 5 月 itutor の 機 能 について 製 品 紹 介 や 操 作 手 順 の PC 操 作 システム 運 用 手 順 の マニュアル 動 画 教 育 効 果 の 高 い eラーニング 教 材 時 間 をかけず 簡 単 に 作 成 できる 2 導 入 効 果 1.iTUtorは

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 家 庭 で 使 われるWebマニュアルの 将 来 像 Webコミュニケーション 調 査 研 究 WG(2008 年 度 ) 発 表 者 : 大 野 高 橋 指 田 矢 野 August 27, 2008 TC 協 会 発 表 Page 1 August 27, 2008 TC 協 会 発 表 Page 2 Webコミュニケーション 調 査 研 究 WG 活 動 メンバー 大 野 邦 夫 (リーダー):

More information

石 川 県 結 婚 支 援 ポータルサイト( 仮 称 ) 調 達 仕 様 書 1 事 業 の 目 的 いしかわ 子 育 て 支 援 財 団 では 進 行 する 未 婚 化 晩 婚 化 に 対 応 し 平 成 17 年 度 より 各 種 結 婚 支 援 事 業 に 取 り 組 んでいるところであるが

石 川 県 結 婚 支 援 ポータルサイト( 仮 称 ) 調 達 仕 様 書 1 事 業 の 目 的 いしかわ 子 育 て 支 援 財 団 では 進 行 する 未 婚 化 晩 婚 化 に 対 応 し 平 成 17 年 度 より 各 種 結 婚 支 援 事 業 に 取 り 組 んでいるところであるが 石 川 県 結 婚 支 援 ポータルサイト( 仮 称 ) に 係 る 調 達 仕 様 書 平 成 27 年 10 月 公 益 財 団 法 人 いしかわ 子 育 て 支 援 財 団 石 川 県 結 婚 支 援 ポータルサイト( 仮 称 ) 調 達 仕 様 書 1 事 業 の 目 的 いしかわ 子 育 て 支 援 財 団 では 進 行 する 未 婚 化 晩 婚 化 に 対 応 し 平 成 17 年 度

More information

受 注 者 は 本 仕 様 書 に 示 した 事 項 に 基 づき 成 果 品 が 作 成 されているか 工 程 ごとに 検 査 を 行 い 記 録 しなければならない 業 務 完 了 時 には 検 査 に 必 要 な 成 果 品 及 び 関 係 書 類 を 町 へ 提 出 し 完 了 検 査 を

受 注 者 は 本 仕 様 書 に 示 した 事 項 に 基 づき 成 果 品 が 作 成 されているか 工 程 ごとに 検 査 を 行 い 記 録 しなければならない 業 務 完 了 時 には 検 査 に 必 要 な 成 果 品 及 び 関 係 書 類 を 町 へ 提 出 し 完 了 検 査 を 下 仁 田 町 移 住 定 住 ホームページ 作 成 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 6 月 27 日 Ⅰ 業 務 概 要 1. 業 務 名 下 仁 田 町 移 住 定 住 ホームページ 作 成 業 務 2. 目 的 下 仁 田 町 は 人 口 減 少 や 少 子 高 齢 化 に 歯 止 めをかけるため 下 仁 田 町 まち ひと し ごと 総 合 戦 略 では 定 住 移 住 対 策

More information

WebコアCMSご紹介資料

WebコアCMSご紹介資料 FUJITSU Enterprise Application WebコアCMS:Webコンテンツ 管 理 システム 株 式 会 社 富 士 通 ソーシアルサイエンスラボラトリ WebコアCMSとは WebコアCMSの 概 要 WebコアCMSの 優 位 性 1 WebコアCMSの 概 要 WebコアCMS( 1) は 散 在 するWebコンテンツを 一 元 管 理 し 簡 単 編 集 承 認 フロー

More information

Google AppsFAQ_r2

Google AppsFAQ_r2 サイオス コンシェルジュ Google Apps FAQ (2010/01/06 版 ) サイオステクノロジー 株 式 会 社 目 次 全 般 的 な 質 問 質 問 1-1. Google Apps とはどのようなツールですか? 質 問 1-2. Google Apps を 導 入 するメリットは 何 ですか? 質 問 1-3. Standard Edition と Premier Edition

More information

地方独立行政法人広島市立病院機構 広島市立安佐市民病院ホームページ更新業務仕様書

地方独立行政法人広島市立病院機構 広島市立安佐市民病院ホームページ更新業務仕様書 仕 様 書 1 業 務 名 広 島 市 立 病 院 機 構 広 島 市 立 舟 入 市 民 病 院 ホームページ 更 新 業 務 2 契 約 期 間 契 約 締 結 の 日 から 平 成 29 年 1 月 31 日 まで ただし 平 成 28 年 11 月 1 日 からは 運 用 調 整 期 間 とし 構 築 したホームページを 当 院 で 閲 覧 しながら 内 容 の 修 正 や 運 用 方 法

More information

紙と電書の両立時代へ 新書籍制作方式のご提案

紙と電書の両立時代へ 新書籍制作方式のご提案 Copyright 2013 Antenna House, Inc. CAS-UB 電 子 マニュアルの 作 成 と 活 用 CAS-UBのご 紹 介 2013 年 2 月 28 日 アンテナハウス 株 式 会 社 www.cas-ub.com www.antenna.co.jp 会 社 概 要 1 1984 年 設 立 2 事 業 所 : 東 京 本 社 伊 那 支 店 ( 長 野 県 伊 那 市

More information

Microsoft Word - 生物学技研報告ONLINE ガイドブック.doc

Microsoft Word - 生物学技研報告ONLINE ガイドブック.doc 生 物 学 技 研 報 告 ONLINE ガイドブック 基 礎 生 物 学 研 究 所 技 術 課 2010 年 2 月 第 1 版 1. 生 物 学 技 研 報 告 ONLINE へのアクセス URL 生 物 学 技 研 報 告 ONLINE は 基 生 研 技 術 課 Web サイト TechDivWeb(techdiv.nibb.ac.jp) のコンテンツです 上 記 よりリンクをたどるか 下

More information

2. 更 新 内 容 下 記 機 能 改 善 仕 様 変 更 不 具 合 対 応 を 行 いました 動 作 環 境 の 追 加 3.1. 受 講 者 / 管 理 者 クライアントの 動 作 環 境 に 下 記 の OS と Web ブラウザを 追 加 しました Windows 10 Microsof

2. 更 新 内 容 下 記 機 能 改 善 仕 様 変 更 不 具 合 対 応 を 行 いました 動 作 環 境 の 追 加 3.1. 受 講 者 / 管 理 者 クライアントの 動 作 環 境 に 下 記 の OS と Web ブラウザを 追 加 しました Windows 10 Microsof 2015 年 10 月 23 日 株 式 会 社 デジタル ナレッジ KnowledgeDeliver 6.1 リリースノート 日 頃 は 弊 社 KnowledgeDeliver / KnowledgeClassroom をご 愛 顧 いただき 誠 にありがとうございます 本 ドキュメントでは KnowledgeDeliver の 最 新 バージョン 6.1 と KnowledgeClassroom

More information

産 農 産 物 の 地 産 地 消 の 推 進 と 置 賜 産 農 産 物 の 愛 用 運 動 を 実 施 することにより 置 賜 地 域 における 農 業 の 活 性 化 並 びに 地 域 の 活 性 化 を 図 ることを 目 的 に 平 成 年 度 に 設 立 したものである 設 立 以 降 生

産 農 産 物 の 地 産 地 消 の 推 進 と 置 賜 産 農 産 物 の 愛 用 運 動 を 実 施 することにより 置 賜 地 域 における 農 業 の 活 性 化 並 びに 地 域 の 活 性 化 を 図 ることを 目 的 に 平 成 年 度 に 設 立 したものである 設 立 以 降 生 おきたま 食 の 応 援 団 ウェブサイトの 作 成 及 び 運 用 仕 様 書 委 託 業 務 の 名 称 置 賜 産 農 産 物 愛 用 運 動 推 進 事 業 業 務 委 託 委 託 業 務 の 概 要 () 委 託 業 務 の 目 的 平 成 年 度 に 設 立 した おきたま 食 の 応 援 団 活 動 を 充 実 させるため おき たま 食 の 応 援 団 ウェブサイト( 以 下 本 サイト

More information

訪問介護勤務スケジュール作成

訪問介護勤務スケジュール作成 訪 問 介 護 勤 務 スケジュール 作 成 勤 務 表 作 成 編 (Ver. 6.0.0) Microsoft Excel 2003 対 応 Microsoft Excel 2007 対 応 Microsoft Excel 2010 対 応 こんなことができます!! 登 録 者 情 報 のチェック ( 基 本 登 録 情 報 のチェック) 対 象 月 の 情 報 チェック 勤 務 表 作 成 勤

More information

ムードルコースクリエイター基礎

ムードルコースクリエイター基礎 ムードルコースクリエイター 基 礎 演 習 テキスト Copyrigh(C) e-learning co., ltd. 1 演 習 0: 前 準 備 この 演 習 に 入 る 前 に コースを 確 認 しましょう 内 容 標 準 時 間 成 果 物 割 り 当 てられた id で 講 師 としてログインし コースを 確 認 する 5 分 ブラウザ 起 動 下 記 URL に 接 続 する URL http://ellabo01.e-learning.co.jp

More information

ホームページとは何?

ホームページとは何? ホームページ 作 成 にあたっての 基 本 事 項 ホームページとは? インターネットを 介 して 誰 もが 閲 覧 できるように 作 られたものを ホームページ と 言 います ホームページには 文 字 だけでなく 画 像 や 動 画 音 楽 なども 埋 め 込 むことができま す またホームページに 掲 載 されている 情 報 の 中 でひとまとめに 括 られたものを コンテ ンツ と 呼 んでいます

More information

スライド 1

スライド 1 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 登 録 作 業 者 用 Ver. 2 バージョン 改 訂 日 付 改 訂 内 容 Ver. 1 2010/3/15 初 版 Ver. 2 2010/8/9 ファイル 取 り 込 み 時 の 同 一 レコードの 判 定 についての 記 載 を 追 記 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 目 次 1.

More information

教員用

教員用 高 知 大 学 教 員 用 moodle2 1.1.moodle を 利 用 するためには 1.2.コースの 保 全 1.3.moodle へのログイン 1.4.ログアウト 2.1.コースの 説 明 2.2.ブロック 一 覧 2.3.HTML テキストエディタを 利 用 する 2.4.アイコン 編 集 アイコンの 説 明 3.1.ユーザを 登 録 する 3.2.ユーザを 削 除 する 4.1.ファイルのアップロード

More information

Acrobat早分かりガイド

Acrobat早分かりガイド Adobe PDF を 加 工 編 集 する PDF を 再 利 用 する PDF ファイルの Word 文 書 書 き 出 し [ 名 前 を 付 けて 保 存 ] ダイアログが 開 くので ファイルの 書 き 出 し 先 を 指 定 し [ 保 存 ] ボタンをクリックします Acrobat を 使 用 すると Adobe PDF から Word の フォーマットに 書 き 出 してファイルを

More information

CMS操作手順書

CMS操作手順書 モーハワイ ブログ 操 作 マニュアル 目 次 No タイトル 1 フォルダ ファイル 構 成 2 Wordpress の 操 作 3 その 他 のページの 編 集 4 用 語 集 P1 1 フォルダ ファイル 構 成 この 項 ではウェブサイトを 構 成 するフォルダ ファイルについて 説 明 します 1.1 フォルダ 構 造 ファイル 名 フォルダ/ファイル 名 ページ 名 称 フォルダ 内 容

More information

オペガイド サポートシステム itutorはオペガイド オペガイドのマニュアル マニュアルを 始 め 各 種 ドキュメントを 驚 くほど 簡 単 に 作 成 必 要 に 応 じてそのマニュアル マニュアル コンテンツ コンテンツの 一 元 的 な 管 理 とユーザー ユーザーからの からのアク セス

オペガイド サポートシステム itutorはオペガイド オペガイドのマニュアル マニュアルを 始 め 各 種 ドキュメントを 驚 くほど 簡 単 に 作 成 必 要 に 応 じてそのマニュアル マニュアル コンテンツ コンテンツの 一 元 的 な 管 理 とユーザー ユーザーからの からのアク セス オペガイド サポートシステム 株 式 会 社 ケイアイティー 株 式 会 社 ブルーポート 株 式 会 社 エコー システム 株 式 会 社 ケイアイティー 2010 年 11 月 オペガイド サポートシステム itutorはオペガイド オペガイドのマニュアル マニュアルを 始 め 各 種 ドキュメントを 驚 くほど 簡 単 に 作 成 必 要 に 応 じてそのマニュアル マニュアル コンテンツ コンテンツの

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208356838783628376837A815B83808379815B83574543834C8385815B83752E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208356838783628376837A815B83808379815B83574543834C8385815B83752E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D> EC-CUBE CUBEショッピングカート ホームページ 制 作 ご 提 案 資 料 2011 年 6 月 有 限 会 社 ケイズ アートオフィス EC-CUBE CUBE 導 入 メリット ショッピングカートとは お 客 様 が 買 い 物 カゴに 購 入 したい 商 品 を 自 由 に 入 れていく 仕 組 みです お 届 け 先 の 情 報 を 読 み 取 って 自 動 的 に 配 送 料 金

More information

Microsoft Word - XOOPS_input_m.doc

Microsoft Word - XOOPS_input_m.doc 学 校 WebサイトへのXOOPS 導 入 マニュアル (コンテンツ 入 力 ) Ver.0.9 (2008.6.24) 愛 媛 県 総 合 教 育 センター 情 報 教 育 研 究 室 目 次 第 1 章 このマニュアルについて... 1 1 はじめに... 1 2 このマニュアルの 使 い 方... 2 第 2 章 編 集 するためのサイトへのログイン 方 法... 3 第 3 章 各 モジュールへの

More information

PowerPoint活用マニュアル

PowerPoint活用マニュアル PowerPoint 活 用 マニュアル スライドショーにせず そのまま 見 てね スライドショー 編 キーボードの F5ボタンをクリック してください スライト ショーでここまで 戻 ってきたら ESCボタンを 押 してくださいね 次 にキーボードの Shift-F5ボタンを 押 してみてください いきなりこの 画 面 になるはずです 確 認 できたらESCボタン 次 に スライドショー 中 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF342D8EC08F4B87428EF68BC68341815B834A834383752E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF342D8EC08F4B87428EF68BC68341815B834A834383752E646F6378> NAIST 電 子 図 書 館 学 講 座 電 子 化 作 業 実 習 資 料 No.4 実 習 3 授 業 アーカイブ 実 習 作 業 手 順 本 学 授 業 アーカイブシステムでは RealMedia の 画 像 にパワーポイントのスライドを 同 期 させた 形 式 で 授 業 映 像 を 提 供 しています 授 業 アーカイブの 収 録 には 1. 教 室 の 後 方 に 設 置 したカメラから

More information

Contents 1. 製 品 概 略 2. 主 要 機 能 3. 適 合 業 種 4. 稼 動 環 境 価 格 Hitachi Systems, Ltd. 2013. All rights reserved. 1

Contents 1. 製 品 概 略 2. 主 要 機 能 3. 適 合 業 種 4. 稼 動 環 境 価 格 Hitachi Systems, Ltd. 2013. All rights reserved. 1 報 告 書 集 計 システム ReportConnectionⅡ for クラウド Hitachi Systems, Ltd. 2013. All rights reserved. Contents 1. 製 品 概 略 2. 主 要 機 能 3. 適 合 業 種 4. 稼 動 環 境 価 格 Hitachi Systems, Ltd. 2013. All rights reserved. 1 1.

More information

目 次 1. 本 マニュアルについて... 3 2. D-Case ステンシルの 導 入... 3 2.1. 概 要... 3 2.2. インストール... 3 3. D-Case 編 集... 4 3.1. D-Case メニュー... 4 3.2.1. ノード... 5 3.2.2. リンク..

目 次 1. 本 マニュアルについて... 3 2. D-Case ステンシルの 導 入... 3 2.1. 概 要... 3 2.2. インストール... 3 3. D-Case 編 集... 4 3.1. D-Case メニュー... 4 3.2.1. ノード... 5 3.2.2. リンク.. PowerPoint Add-in for D-Case (D-Case ステンシル) 操 作 マニュアル 1 目 次 1. 本 マニュアルについて... 3 2. D-Case ステンシルの 導 入... 3 2.1. 概 要... 3 2.2. インストール... 3 3. D-Case 編 集... 4 3.1. D-Case メニュー... 4 3.2.1. ノード... 5 3.2.2.

More information

お 知 らせ Anko DRS Manual Version 1.0.0 c2014-2015 Ankosoft Inc. 本 マニュアルに 記 載 されている 事 柄 は 製 品 の 性 能 向 上 または 機 能 改 善 などにより 将 来 予 告 なしに 変 更 する 場 合 があります An

お 知 らせ Anko DRS Manual Version 1.0.0 c2014-2015 Ankosoft Inc. 本 マニュアルに 記 載 されている 事 柄 は 製 品 の 性 能 向 上 または 機 能 改 善 などにより 将 来 予 告 なしに 変 更 する 場 合 があります An Anko DRS マニュアル Ver.1.0.0 株 式 会 社 Ankosoft c2014-2015 Ankosoft Inc. お 知 らせ Anko DRS Manual Version 1.0.0 c2014-2015 Ankosoft Inc. 本 マニュアルに 記 載 されている 事 柄 は 製 品 の 性 能 向 上 または 機 能 改 善 などにより 将 来 予 告 なしに 変 更

More information

デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技 術 開 発 を 促 すとともに クリ エーターの 創 作 インセンティブを 高 める 知 財 制 度 を 構 築 する 情

デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技 術 開 発 を 促 すとともに クリ エーターの 創 作 インセンティブを 高 める 知 財 制 度 を 構 築 する 情 参 考 資 料 デジタル ネット 時 代 における 知 財 制 度 の 在 り 方 について 平 成 20 年 12 月 知 的 財 産 戦 略 本 部 デジタル ネット 時 代 における 知 財 制 度 専 門 調 査 会 デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技

More information

はじめに

はじめに 目 次 第 1 章 情 報 リテラシーの 必 要 性 1 1.1 情 報 リテラシーの 必 要 性 1 情 報 リテラシーとは/ 医 療 薬 学 と 情 報 リテラシー 章 末 問 題 1 7 第 2 章 パソコンの 仕 組 みとハードウェア 10 2.1 コンピュータ 内 部 の 情 報 伝 達 と 2 進 数 10 2.2 論 理 回 路 11 2.3 パソコンの 基 本 構 成 13 2.4

More information

目 的 予 算 の 状 況 資 金 の 流 使 れ 途 費 目 活 動 実 績 成 果 実 績 事 業 所 管 部 局 による 点 検 評 価 項 目 評 価 に 関 する 説 明 支 出 先 の 選 定 は 妥 当 か 競 争 性 が 確 保 されているか 単 位 あたりコストの 削 減 に 努

目 的 予 算 の 状 況 資 金 の 流 使 れ 途 費 目 活 動 実 績 成 果 実 績 事 業 所 管 部 局 による 点 検 評 価 項 目 評 価 に 関 する 説 明 支 出 先 の 選 定 は 妥 当 か 競 争 性 が 確 保 されているか 単 位 あたりコストの 削 減 に 努 事 業 番 号 平 成 24 年 行 政 事 業 レビューシート ( 総 務 省 ) 事 業 名 電 子 政 府 関 連 事 業 ( 行 政 効 率 化 支 援 ) 担 当 部 局 庁 行 政 管 理 局 作 成 責 任 者 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 昭 和 35 年 度 開 始 担 当 課 室 行 政 情 報 システム 企 画 課 課 長 吉 牟 田 剛 会 計 区 分 一

More information

1 目 的 秦 野 市 公 式 ホームページは 平 成 24 年 2 月 にコンテンツマネジメントシ ステム( 以 下 CMS という )を 導 入 して 以 来 各 課 等 でページの 更 新 を 行 っており 全 ページで 統 一 感 のある 見 やすい 分 かりやすいページの 提 供 に 努

1 目 的 秦 野 市 公 式 ホームページは 平 成 24 年 2 月 にコンテンツマネジメントシ ステム( 以 下 CMS という )を 導 入 して 以 来 各 課 等 でページの 更 新 を 行 っており 全 ページで 統 一 感 のある 見 やすい 分 かりやすいページの 提 供 に 努 平 成 28 年 度 秦 野 市 公 式 ホームページ 管 理 シス テム 更 新 及 び 保 守 委 託 業 務 ( 長 期 継 続 契 約 ) 仕 様 書 1 目 的 秦 野 市 公 式 ホームページは 平 成 24 年 2 月 にコンテンツマネジメントシ ステム( 以 下 CMS という )を 導 入 して 以 来 各 課 等 でページの 更 新 を 行 っており 全 ページで 統 一 感 のある

More information

Microsoft Word - 全婦連システム委託開発仕様書(募集用)

Microsoft Word - 全婦連システム委託開発仕様書(募集用) システム 委 託 開 発 仕 様 書 全 日 本 婦 人 子 供 服 工 業 組 合 連 合 会 1. 事 業 のテーマ クラウド 技 術 を 活 用 した 営 業 力 向 上 ツール 2. 開 発 の 目 的 とターゲット 組 合 員 企 業 の 業 務 効 率 化 と 販 売 戦 略 ツールとして 売 上 拡 大 3.システム 開 発 にかかわる 前 提 条 件 (1) 従 来 の 事 務 系

More information

ス コンテンツの 容 量 については 50MB を 上 限 とする (4) 作 成 したコンテンツの 修 正 ( 保 守 ) 業 務 コンテンツ 完 成 後 も 修 正 や 改 善 の 必 要 な 事 項 や 市 民 の 意 見 などにより 改 善 することが 望 ましい 内 容 などがあれば 速

ス コンテンツの 容 量 については 50MB を 上 限 とする (4) 作 成 したコンテンツの 修 正 ( 保 守 ) 業 務 コンテンツ 完 成 後 も 修 正 や 改 善 の 必 要 な 事 項 や 市 民 の 意 見 などにより 改 善 することが 望 ましい 内 容 などがあれば 速 消 費 者 教 育 デジタルコンテンツ 作 成 業 務 にかかる 仕 様 書 1 委 託 業 務 名 称 消 費 者 教 育 デジタルコンテンツ 作 成 業 務 委 託 2 目 的 及 び 委 託 業 務 内 容 (1) 目 的 主 に 中 学 生 を 対 象 として 悪 質 商 法 やクーリング オフ 等 に 関 する 正 しい 知 識 など 消 費 生 活 に 関 する 知 識 を 習 得 させ

More information

サポート技術方法

サポート技術方法 キャッシュと 同 期 の 推 奨 設 定 イントロダクション このドキュメントでは Curl RTE のパフォーマンスを 最 大 限 に 活 用 できるように Curl RTE の 設 定 と Web ブラウザのキャッシュの 特 徴 について 説 明 します この 設 定 を 採 用 することで 正 確 なプログラムの 動 作 を 維 持 しながら Curl アプリケー ションにおいて 最 も 効

More information

2 サイトの 構 築 ( 現 在 のコンテンツの 移 行 を 含 む) 3 業 務 実 施 にあたっての 必 要 なライセンス 等 使 用 権 の 取 得 を 行 うこと 4 アクセシビリティについては, JIS X 8341-3:2016 高 齢 者 障 害 者 等 配 慮 設 計 指 針 - 情

2 サイトの 構 築 ( 現 在 のコンテンツの 移 行 を 含 む) 3 業 務 実 施 にあたっての 必 要 なライセンス 等 使 用 権 の 取 得 を 行 うこと 4 アクセシビリティについては, JIS X 8341-3:2016 高 齢 者 障 害 者 等 配 慮 設 計 指 針 - 情 ( 資 料 2) 福 岡 地 区 水 道 企 業 団 ホームページリニューアル 業 務 委 託 仕 様 書 1 事 業 名 称 福 岡 地 区 水 道 企 業 団 ホームページリニューアル 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 福 岡 地 区 水 道 企 業 団 ( 以 下 企 業 団 という )の 事 業 内 容 や 施 設 を 紹 介 し, 福 岡 都 市 圏 の 水 事 情, 企 業 団 や

More information

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 2 履 行 期 間 システム 運 用 構 築 導 入 業 務 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 2 月 28 日 まで システム 利 用 にかかる 業 務 平 成 29 年 3 月 1 日 から

More information

Microsoft Word - 資料4-実習③学位論文web確認.doc

Microsoft Word - 資料4-実習③学位論文web確認.doc NAIST 電 子 図 書 館 学 講 座 電 子 化 作 業 実 習 資 料 No.4 実 習 3 学 位 論 文 の 電 子 化 電 子 化 資 料 の Web 確 認 図 書 館 見 学 等 Web ブラウザをたちあげて 学 位 論 文 PDF 提 出 システム( https://thesis.naist.jp/

More information

新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 福 井 県 若 狭 町 における 就 農 の 魅 力 や 就 農 支 援 を 広 くPRし

新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 福 井 県 若 狭 町 における 就 農 の 魅 力 や 就 農 支 援 を 広 くPRし 平 成 27 年 度 次 世 代 就 農 リーダー 育 成 事 業 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 平 成 27 年 11 月 福 井 県 若 狭 町 1 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務

More information

Microsoft Word - jin2.doc

Microsoft Word - jin2.doc PowerPoint ファイルの HTML ファイルへの 変 換 ツール MakeHTML 1 瀬 河 久 美 子 2 井 上 仁 1. はじめに 現 在, 九 州 大 学 ではコース 管 理 システム WebCT を 運 用 しており[1], 多 くの 授 業 で 活 用 されてい る[2-10] WebCT には, 教 材 の 作 成 と 提 示,シラバス,メールや 掲 示 板 等 のコミュニケーションツ

More information

シラバスの作成と管理用Webシステムの開発

シラバスの作成と管理用Webシステムの開発 シラバスの 作 成 と 管 理 用 Web システムの 開 発 徳 永 秀 和 現 在,シラバスの 作 成 方 法 は,マイクロソフトの WORD の 罫 線 の 記 入 された 雛 形 を 用 い るか,EXCEL で 独 自 に 作 成 するかを 選 択 している.このため 複 数 ページとなる 場 合 には, 罫 線 の 処 理 に 苦 労 している.また,フォントなどの 書 式 までの 統

More information

目 次 1 ログインする 1 2 研 修 情 報 を 登 録 する 2 step1 登 録 フォームに 入 力 する 2 step2 プレビューで 入 力 内 容 を 確 認 する 18 step3 下 書 き 保 存 する 20 step4 登 録 する 21 step5 管 理 者 による 承

目 次 1 ログインする 1 2 研 修 情 報 を 登 録 する 2 step1 登 録 フォームに 入 力 する 2 step2 プレビューで 入 力 内 容 を 確 認 する 18 step3 下 書 き 保 存 する 20 step4 登 録 する 21 step5 管 理 者 による 承 京 都 市 社 会 福 祉 研 修 情 報 システム 京 福 祉 の 研 修 情 報 ネット 操 作 マニュアル - 主 催 者 編 - 第 1.3 版 2016 年 5 月 16 日 目 次 1 ログインする 1 2 研 修 情 報 を 登 録 する 2 step1 登 録 フォームに 入 力 する 2 step2 プレビューで 入 力 内 容 を 確 認 する 18 step3 下 書 き 保

More information

改 訂 履 歴 Ver 変 更 内 容 改 訂 日 1.0 初 版 H26.3.31 1.1 公 共 情 報 コモンズに 関 する 注 意 事 項 の 追 記 H26.6.10

改 訂 履 歴 Ver 変 更 内 容 改 訂 日 1.0 初 版 H26.3.31 1.1 公 共 情 報 コモンズに 関 する 注 意 事 項 の 追 記 H26.6.10 導 入 ガイドライン Ver.1.1 平 成 26 年 6 月 改 訂 履 歴 Ver 変 更 内 容 改 訂 日 1.0 初 版 H26.3.31 1.1 公 共 情 報 コモンズに 関 する 注 意 事 項 の 追 記 H26.6.10 - 目 次 - 1. はじめに... 3 2. 概 要... 3 2.1. 開 発 コンセプト... 3 (1) 人 命 にかかわる 初 動 の 災 害 対 応

More information

プレゼンテーション入門

プレゼンテーション入門 パワーポイントで 学 ぶ プレゼンテーションの 基 礎 パワーポイントで 学 ぶプレゼンテーションの 基 礎 1 要 旨 効 果 的 なプレゼンテーションの 為 のポイント パワーポイントを 使 ったスライドの 作 成 スライドにエクセルの 表 やグラフを 挿 入 アニメーションで 動 的 なスライドを 作 成 パワーポイントで 学 ぶプレゼンテーションの 基 礎 2 目 次 1 章 プレゼンテーションの

More information

情報活用の基礎 2015年度版 目次

情報活用の基礎 2015年度版 目次 情 報 活 用 の 基 礎 -これだけは 知 っておきたいコンピューターの 使 い 方 - 2015 年 度 版 神 戸 学 院 大 学 情 報 支 援 事 務 室 編 商 標 について Windows Windows 1.0 Windows 95 Windows 98 Windows Me Windows XP Windows Vista Windows 7 Windows 8 Windows 8.1

More information

< 目 次 > はじめに... - 適 用 基 準... -2 作 業 の 流 れ... 2 動 作 条 件... 2 3 フォルダ 構 成... 3 4 システム(シート) 構 成... 4 5 システム 操 作 方 法... 5 5- システム 基 本 操 作... 5 5-- 起 動 方 法.

< 目 次 > はじめに... - 適 用 基 準... -2 作 業 の 流 れ... 2 動 作 条 件... 2 3 フォルダ 構 成... 3 4 システム(シート) 構 成... 4 5 システム 操 作 方 法... 5 5- システム 基 本 操 作... 5 5-- 起 動 方 法. 道 路 巡 視 業 務 支 援 ツール 操 作 マニュアル 平 成 28 年 月 < 目 次 > はじめに... - 適 用 基 準... -2 作 業 の 流 れ... 2 動 作 条 件... 2 3 フォルダ 構 成... 3 4 システム(シート) 構 成... 4 5 システム 操 作 方 法... 5 5- システム 基 本 操 作... 5 5-- 起 動 方 法... 5 5--2

More information

Office 365 のセキュリティ 保 護 Microsoft Office 365 は 企 業 の 注 目 を 集 めて いますが そのセキュリティ 機 能 は 十 分 な コンテンツ スキャンを 提 供 していると 言 える でしょうか 既 にマイクロソフトの Office 365 クラウド

Office 365 のセキュリティ 保 護 Microsoft Office 365 は 企 業 の 注 目 を 集 めて いますが そのセキュリティ 機 能 は 十 分 な コンテンツ スキャンを 提 供 していると 言 える でしょうか 既 にマイクロソフトの Office 365 クラウド Office 365 のセキュリティ 保 護 ホスト 型 電 子 メール サービスの コンテンツ フィルタリング Microsoft Office 365 は 企 業 の 注 目 を 集 めていますが そのセキュリティ 機 能 は 十 分 な コンテンツ スキャンを 提 供 していると 言 えるでしょうか Office 365 のセキュリティ 保 護 Microsoft Office 365 は 企

More information

oooug-jp-logo

oooug-jp-logo 約 6 万 の 漢 字 データベース IPAの の 文 字 情 報 基 盤 活 用 様 々な 人 名 の 異 体 字 処 理 がいよいよ 実 現 オープンソースカンファレンス2013 Tokyo/Spring 2013 年 2 月 22 日 会 場 : 明 星 大 学 28 号 館 304 主 催 :オープンソースカンファレンス 実 行 委 員 会 協 賛 : 明 星 大 学 明 星 大 学 情 報

More information

秋 田 大 学 WebClass 利 用 マニュアル 学 生 用 -2016.3- 総 合 学 務 課 教 務 担 当 目 次 WebClassとは p1 内 部 構 成 と 利 用 の 流 れ p1 内 部 構 成 利 用 の 流 れ WebClassへのアクセス(ログイン) 方 法 p3 ログアウト ページ 移 動 p4 ログアウト ページ 移 動 コースリスト コースメニュー 画 面 p5

More information

< 目 次 > ネットコモンズ(NetCommons)の 仕 組 み CMS の1つであるネットコモンズ 3 ネットコモンズの 仕 組 み 3 県 立 学 校 間 ネットワークの 仕 組 み 4 参 考 Windows パソコン 上 へのネットコモンズのインストール 5 ネットコモンズ(NetCom

< 目 次 > ネットコモンズ(NetCommons)の 仕 組 み CMS の1つであるネットコモンズ 3 ネットコモンズの 仕 組 み 3 県 立 学 校 間 ネットワークの 仕 組 み 4 参 考 Windows パソコン 上 へのネットコモンズのインストール 5 ネットコモンズ(NetCom 平 成 25 年 度 NetCommons 活 用 研 修 会 グループウェア: 活 用 編 NetCommons 演 習 テキスト 埼 玉 県 立 総 合 教 育 センター < 目 次 > ネットコモンズ(NetCommons)の 仕 組 み CMS の1つであるネットコモンズ 3 ネットコモンズの 仕 組 み 3 県 立 学 校 間 ネットワークの 仕 組 み 4 参 考 Windows パソコン

More information

Microsoft Word - 成田市保全情報システム仕様書(案)

Microsoft Word - 成田市保全情報システム仕様書(案) 成 田 市 公 共 施 設 保 全 情 報 システム 構 築 業 務 委 託 仕 様 書 ( 案 ) 成 田 市 保 全 情 報 システム 構 築 業 務 委 託 の 主 な 業 務 内 容 及 びその 範 囲 は 本 仕 様 書 に 定 めるも のとする 1 件 名 成 田 市 公 共 施 設 保 全 情 報 システム 構 築 業 務 委 託 2 委 託 期 間 委 託 業 務 契 約 を 締 結

More information

 【ウォールストリート・ジャーナルのDM(原文)】

 【ウォールストリート・ジャーナルのDM(原文)】 商 材 としての マニュアルの 作 り 方 CONTENTS 1. 商 材 としてのマニュアルについて 2.マニュアルの 作 り 方 http://www.darecon.com 1. 商 材 としてのマニュアルについて (1)ナレッジ 起 業 ではマニュアルは 必 須 の 商 材 コンサルタントのように 自 らのナレッジ( 知 識 やノウハウ)をもとに 起 業 する 場 合 マニュアルは 欠 かすことのできない

More information

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401 CEAS/Sakai 連 携 システム 困 ったときのヘルプ 集 (version 1.1) 2015.4.1. 本 書 では 問 い 合 わせ 口 に 寄 せられる 問 い 合 わせの 内 頻 度 の 高 い 物 を 中 心 にリスト アップし 主 な 対 処 法 をまとめて 掲 載 しています エラー 画 面 が 表 示 されたり 問 題 が 発 生 した 際 に 参 考 にしてください なお

More information

試 作 ツールは MIT ライセンスによって 提 供 いたします その 他 内 包 されたオ ープンソース ソフトウェアについてはそれぞれのライセンスに 従 ってご 利 用 くださ い 2

試 作 ツールは MIT ライセンスによって 提 供 いたします その 他 内 包 されたオ ープンソース ソフトウェアについてはそれぞれのライセンスに 従 ってご 利 用 くださ い 2 情 報 連 携 用 語 彙 データベースと 連 携 するデータ 設 計 作 成 支 援 ツール 群 の 試 作 及 び 試 用 並 びに 概 念 モデルの 構 築 ( 浦 安 市 都 市 整 備 部 市 街 地 開 発 課 液 状 化 対 策 推 進 室 ) 操 作 説 明 書 2014 年 9 月 30 日 実 施 企 業 : インディゴ 株 式 会 社 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推

More information

登 載 システム 操 作 説 明 Ⅰ. 登 載 システムでの 公 開 までの 流 れ Ⅱ. 基 本 操 作 Ⅲ. 推 奨 動 作 環 境 2

登 載 システム 操 作 説 明 Ⅰ. 登 載 システムでの 公 開 までの 流 れ Ⅱ. 基 本 操 作 Ⅲ. 推 奨 動 作 環 境 2 資 料 2 登 載 システム 操 作 説 明 1 登 載 システム 操 作 説 明 Ⅰ. 登 載 システムでの 公 開 までの 流 れ Ⅱ. 基 本 操 作 Ⅲ. 推 奨 動 作 環 境 2 Ⅰ. 登 載 システムでの 公 開 までの 流 れ 3 登 載 システムでの 公 開 までの 流 れ J-STAGE2 制 作 支 援 システムの 流 れと 変 わりません 作 業 内 容 詳 細 公 開 データ

More information

5.1 H24 H25GIS データの 公 開 方 法 検 討 及 び 公 開 用 データ 作 成 (1)H24 H25GIS データの 公 開 方 法 の 検 討 H24 25 の GIS データの 公 開 方 法 の 検 討 に 当 たっては 以 下 の 点 に 留 意 した 1) 従 来 の

5.1 H24 H25GIS データの 公 開 方 法 検 討 及 び 公 開 用 データ 作 成 (1)H24 H25GIS データの 公 開 方 法 の 検 討 H24 25 の GIS データの 公 開 方 法 の 検 討 に 当 たっては 以 下 の 点 に 留 意 した 1) 従 来 の 第 5 章 ゾーニング 基 礎 の 公 開 提 供 及 びシステム 検 討 平 成 21 年 度 より 環 境 省 において 調 査 整 備 されてきた 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 ポテン シャルマップやゾーニング 基 礎 は 再 生 可 能 エネルギー 普 及 の 基 礎 資 料 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 果 たしてきた また 再 生 可 能 エネルギーの 今 後 の 更

More information

著 作 権 このドキュメントに 記 載 されている 情 報 (URL 等 のインターネット Web サイトに 関 する 情 報 を 含 む) は 将 来 予 告 な しに 変 更 することがあります 別 途 記 載 されていない 場 合 このソフトウェアおよび 関 連 するドキュメントで 使 用 し

著 作 権 このドキュメントに 記 載 されている 情 報 (URL 等 のインターネット Web サイトに 関 する 情 報 を 含 む) は 将 来 予 告 な しに 変 更 することがあります 別 途 記 載 されていない 場 合 このソフトウェアおよび 関 連 するドキュメントで 使 用 し Microsoft SharePoint 2010 機 能 評 価 ガイド エンドユーザー 機 能 編 (SharePoint Online 対 応 版 ) 付 録 1:サイト テンプレート 一 覧 2011 年 9 月 著 作 権 このドキュメントに 記 載 されている 情 報 (URL 等 のインターネット Web サイトに 関 する 情 報 を 含 む) は 将 来 予 告 な しに 変 更

More information

(Microsoft PowerPoint - 120924EPUB\203Z\203~\203i\201[.ppt)

(Microsoft PowerPoint - 120924EPUB\203Z\203~\203i\201[.ppt) スマートマニュアルの 時 代 平 成 24 年 9 月 24 日 片 貝 システム 研 究 所 研 究 員 木 村 修 三 マニュアルの 現 状 A4 B5サイズなど 紙 を 基 本 としたマニュアル 最 初 は 読 まれるが その 後 は 保 存 のみとなるマニュ アル 現 状 が 改 訂 されてもそのままのマニュアル マニュアルの 改 善 要 求 が 反 映 しにくいマニュアル 必 要 でも 帯

More information