美 術 教 育 講 座 教 育 研 究 創 造 力 アップ グローバル プロジェクト 資 料 2 彫 刻 家 冨 長 敦 也 氏 特 別 講 義 L.S.P.(Love Stone Project)について 10 月 28 日 ( 火 )5 限 現 在 世 界 各 地 でアート プロジェクトを 展

Size: px
Start display at page:

Download "美 術 教 育 講 座 教 育 研 究 創 造 力 アップ グローバル プロジェクト 資 料 2 彫 刻 家 冨 長 敦 也 氏 特 別 講 義 L.S.P.(Love Stone Project)について 10 月 28 日 ( 火 )5 限 現 在 世 界 各 地 でアート プロジェクトを 展 "

Transcription

1 美 術 教 育 講 座 教 育 研 究 創 造 力 アップ グローバル プロジェクト 資 料 1 自 己 紹 介 スライドショー 屏 東 教 育 大 学 との 交 流 企 画 として 平 成 年 度 現 代 的 教 育 課 題 とアート 受 講 生 による 自 己 紹 介 スライドショーを 作 成 した ここでは そ のスライドの 一 部 を 紹 介 する < 工 夫 した 点 > 自 分 の 興 味 関 心 の 中 から 二 つに 絞 り 高 校 時 代 からの 変 遷 をテーマに 作 成 し た 一 般 にイメージされやすい 書 道 だけではないという 事 も 伝 えたかったため パフォーマンス 書 道 をした 時 の 作 品 も 載 せた 言 葉 が 通 じないためできるだけ 内 容 を 絞 ることにした 自 分 の 顔 写 真 をはじめにして 顔 と 名 前 を 覚 えてもらいやすいようにした 後 に 続 く 写 真 は 私 の 好 きなものや 興 味 のあるものだが 作 ったり 描 いたり 実 際 に 経 験 したことの 写 真 を 多 く 入 れた 自 分 らしさとは 何 かを 探 した 今 までの 作 品 趣 味 や 興 味 などを 書 き 出 し 紹 介 する 内 容 を 考 えた 自 分 が 伝 えたいことと 相 手 が 聞 きたいことがあると 思 った 優 先 順 位 をつけ 一 連 の 流 れが 分 かるよう 工 夫 した できるだけ 単 純 できれいな 写 真 を 撮 ることを 心 掛 けた 余 分 なものが 写 りこまないようにするのは 難 しかっ た 写 真 を 中 心 に 必 要 最 低 限 の 漢 字 を 使 った 作 品 と 自 分 を 取 り 巻 く 環 境 を 入 れた 自 分 の 興 味 関 心 がはっきり 伝 わるよう 写 真 は 被 写 体 を 明 確 にし 余 計 なも のが 写 らないようにした 書 作 品 の 前 に 筆 の 写 真 を 入 れる 等 内 容 が 変 わる 際 スムーズに 理 解 できるよう 配 慮 した 言 葉 が 必 要 なところは 簡 単 な 英 語 を 用 いた 写 真 を 多 く 用 いた 自 分 の 好 きな もの 関 心 のあることを 中 心 にまとめた 自 分 を 証 明 する ID を 利 用 し 様 々な 面 も 紹 介 するようにした - 9 -

2 美 術 教 育 講 座 教 育 研 究 創 造 力 アップ グローバル プロジェクト 資 料 2 彫 刻 家 冨 長 敦 也 氏 特 別 講 義 L.S.P.(Love Stone Project)について 10 月 28 日 ( 火 )5 限 現 在 世 界 各 地 でアート プロジェクトを 展 開 する 彫 刻 家 冨 長 敦 也 氏 を 招 き 特 別 講 演 を 行 った ここでは 講 演 内 容 の 一 部 を 紹 介 する 講 義 前 半 30 分 HP スライド 等 で L.S.P. 活 動 概 要 と 活 動 に 至 っ た 経 緯 についての 解 説 があり 後 半 40 分 でワークショップを 行 った L.S.P. 活 動 は 下 記 HP で 紹 介 d3blog/details.php?bid=260 < L.S.P. の 活 動 概 要 > L.S.P. は 冨 長 氏 が 2013 年 より 始 めた 制 作 方 法 で 氏 がハート 形 に 石 を 彫 り それをできるだけ 多 くの 市 民 と 磨 くというものである そのコンセプトは 石 を 磨 くことを 通 してみんなで 自 然 の 一 部 ということを 共 有 する こと このプロジェクトで 制 作 された 3 つの 3 トンのハートの 石 の 彫 刻 が 2013 年 第 25 回 UBE ビエンナーレ( 現 代 日 本 彫 刻 展 )で 大 賞 を 取 った 受 賞 の 結 果 2015 年 に 宇 部 市 美 術 館 での 展 覧 会 企 画 が 決 まり この 展 覧 会 開 催 に 向 け 2014 年 のゴールデンウィークから 日 本 国 内 にとどまらず 世 界 中 でこのプロジェクトが 展 開 された 活 動 は 北 海 道 から 沖 縄 まで 日 本 各 地 さらにはアメリカ 合 衆 国 メキシコ フランス イタリア ベトナム 等 諸 外 国 で 実 施 されている 40 か 所 以 上 で 市 民 と 一 緒 に 石 を 磨 く ショッピングモールでのイベントとしてパッ ケージされた 中 で 実 施 するケースや 特 に 宣 伝 することなくゲリラ 的 に 始 めたケース 学 校 の 教 材 として 先 生 に 託 すケース 個 人 宅 で 磨 くケース 子 どもたちや 高 齢 者 親 子 と 磨 くケース のべ 200 人 で 磨 くケースなど さまざまな 方 法 で 行 われている < 活 動 に 至 った 経 緯 > プロジェクトは 昨 年 からスタートしたが 冨 長 氏 のこれまで 25 年 間 続 けてきた 作 家 活 動 に 裏 付 けられる 能 勢 の 石 切 り 場 で 彫 刻 を 始 め 石 の 産 地 にこだわり 多 くの 石 切 り 場 をめぐり 鑿 という 原 始 的 な 道 具 を 使 い 制 作 してきた 2011 年 の 東 日 本 大 震 災 後 東 北 の 海 岸 を 歩 き 落 ちている 石 で 人 型 を 彫 るという 活 動 を 行 い この 被 災 地 での 活 動 が 自 分 も 自 然 の 一 部 でしかない というコンセプトを 持 つ 契 機 となった 海 辺 に 落 ちている 石 は 何 百 年 かかって 山 から 転 がり 下 ってきた という 思 いで 四 角 い 石 の 角 を 落 とし 丸 くするという 制 作 を 始 めた 自 分 の 表 現 が 何 か というよりも 美 術 で 何 ができるか ということに 気 持 ちが 変 わってきた そのようなときに 宇 部 市 に 自 分 の 活 動 を 評 価 していただいたことが 後 押 しになり 活 動 を 開 始 した 磨 きながら 思 いついた 言 葉 考 えたタイトルを 書 きハートの 形 に 切 ったもの

3 <ワークショップ> 中 に 滑 り 止 めマットが 敷 かれた 水 の 入 ったバットにハート 型 に 彫 刻 された 石 ( 今 回 は 旧 ユーゴスラビア 産 )を 置 き 4 ~ 5 人 一 組 で 交 代 で 磨 く 山 の 石 が 海 に 行 き 丸 くなるというのがコンセプトであるため 川 の 上 流 から 海 へ 下 るという 感 じで 紙 ヤスリの 番 数 を 変 え 磨 いた 紙 ヤスリは 数 が 大 きくなるほど 粒 度 が 細 かくなるので 最 初 は 120 番 次 に 240 番 400 番 800 番 1500 番 3000 番 6000 番 ( 特 注 )と 倍 になるよう 持 ちかえ 水 をかけながら 磨 く 全 工 程 40 分 のうち 10 分 は 120 番 をかけた 上 流 が 大 切 工 程 はすべての 石 において 同 一 であるが 磨 く 時 間 は 石 の 大 きさによりさまざまである 40 分 での 活 動 はこれまでやってきた 中 で 最 短 であり 時 間 短 縮 のため 紙 ヤスリをどんどん 新 しいものに 変 えよう と 指 示 があった 石 を 磨 いていない 間 は プラス チックシートに 磨 きながら 思 いついた 言 葉 考 えたタイトルを 書 きハートの 形 に 切 る これから 生 まれる 作 品 に はまだ 名 前 がないので 名 前 を 考 えてもらう 活 動 となっている 磨 いた 石 は 2015 年 4 月 ~ 宇 部 市 の 美 術 館 に 集 められ 全 体 で 一 つの 作 品 として 展 示 される シートも 一 緒 にガラス 面 に 展 示 される 予 定 < L.S.P. の 活 動 を 通 して> 本 企 画 のために 多 くの 人 の 協 力 があったこと ポスターを 友 人 が 作 成 してくれたこと ポスターは 石 に 紙 やす りをかける 複 数 の 子 どもの 手 が 写 された 写 真 を 背 景 に LOVE STONE PROJECT の 文 字 が 書 かれたシンプルな デザインであるが それのおかげで 海 外 では 特 に 言 語 での 説 明 もなく 人 が 集 まったこと ある 小 学 校 での 実 践 で クラスで 一 緒 に 磨 いた 経 験 が 亡 くなった 友 達 の 記 憶 を 支 えていたことなどのエピソードが 語 られた プロジェ クト 参 加 者 には 実 施 日 と 場 所 が 書 かれたシートと 磨 いた 石 のかけらが 入 った 袋 をプレゼントしている これは いつか 何 かのきっかけで 参 加 した 人 同 士 が 出 会 い 話 題 を 共 有 できたら 面 白 いと 思 い 始 めた プレゼント 磨 いた 石 記 念 写 真

4 美 術 教 育 講 座 教 育 研 究 創 造 力 アップ グローバル プロジェクト 資 料 3 ワークショップ 漢 字 ボール 企 画 の 立 案 1.いろいろな 紙 ( 材 質 の 違 う 紙 や 雑 誌 新 聞 紙 やチラシなど)を 切 り 抜 き それらを 球 体 にテープで 貼 る 最 終 的 に 屏 東 大 学 で 実 施 した ワークショップ 漢 字 ボール の 計 画 2. 半 紙 に 一 人 ずつ 好 きな 漢 字 を 書 く ( 書 いた 文 字 についてほめる 意 味 を 聞 く) 漢 字 を 書 いた 半 紙 を 共 同 で 制 作 した 球 体 に 貼 る ワークショップ 漢 字 ボール ( 完 成 版 ) 1 新 聞 紙 チラシをちぎり 貼 りやすい 適 当 な 大 きさにしたものをボールにマスキ ングテープで 貼 る 球 体 一 つをグループ で 一 緒 につくる 2 新 聞 紙 で 覆 われたボールでキャッチボー ルする ( 渡 す 際 に 名 前 を 呼 んでもよい) 3 半 紙 をくしゃくしゃに 丸 めた 後 開 き それをボールにマスキングテープを 使 っ て 貼 る 4ボール 全 体 が 半 紙 で 覆 われたら 一 人 ず つ 好 きな 漢 字 ( 名 前 の 一 文 字 でもよい) を 墨 で 書 く 書 いた 文 字 について 意 味 を 聞 く 5 全 面 に 漢 字 を 書 き 終 えたら 漢 字 ボー ル の 完 成 感 想 をグループの 代 表 者 に 聞 く 3. 代 替 案 として 先 に 半 紙 をマスキングテープで 張 り 付 ける 半 紙 は 一 度 くしゃ くしゃにしてから 伸 ばして 貼 るとボールになじみやすいこともわかった 所 要 時 間 : 全 1 時 間 1 10 分 /22 分 /38 分 /4 20 分 /5 20 分 準 備 物 : ビーチボール( 直 径 70cm 程 度 ) 新 聞 紙 ( 台 湾 日 本 ) マスキ ングテープ 半 紙 墨 液 紙 コッ プ 筆 5. 彩 り 豊 かな 美 しい 漢 字 ボール が 完 成 大 学 構 内 にある 三 角 形 のお 題 で 漢 字 ボー ルを 持 って 撮 影 4.あらかじめ 半 紙 を 貼 ったボールに 文 字 を 書 く マスキングテープの 部 分 は 墨 がのらないのでさける

5 美 術 教 育 講 座 教 育 研 究 創 造 力 アップ グローバル プロジェクト 資 料 4 ワークショップ 漢 字 ボール の 実 践 報 告 平 成 26 年 12 月 17 日 ( 水 ) 9:35 ~ 10:35 屏 東 大 学 林 森 キャンパス 六 愛 樓 教 室 中 国 語 は 話 せないが 言 葉 の 壁 を 越 えて 一 緒 に 楽 しく 活 動 したい という 旨 が 司 会 者 から 伝 えられ ワークショ プがスタートした 大 教 大 学 生 1 名 と 屏 東 大 生 3 ~ 4 名 で 構 成 されたグループで 活 動 7 グループのうち 1 グルー プは 司 会 班 となった 各 班 にビーチボール 新 聞 紙 ( 日 本 のもの 台 湾 のもの) マスキングテープが 配 られ ボー ル 全 面 を 新 聞 紙 で 覆 う 活 動 を 行 った 新 聞 紙 をちぎる テープで 留 めるという 作 業 を 司 会 チームが 実 演 を 交 えて 説 明 した 初 めはあまり 会 話 がなく 静 かで 新 聞 紙 を 裂 く 音 と 紙 のすれる 音 が 響 いた 次 第 にテープで 留 めるのを 協 力 する 姿 笑 顔 も 見 らるようになった 新 聞 紙 のボールができたところで グループの 仲 間 とキャッチボール をした 教 室 の 天 井 が 低 く 大 きな 活 動 はできなかったが ボールを 投 げ 合 う 中 で 笑 いも 起 こった 最 初 の 活 動 は 狭 い 範 囲 で 密 着 して 行 ったため メンバーの 活 動 場 所 が 固 定 されていたが キャッチボールをすることで 互 いの 固 定 場 所 が 崩 れ 雰 囲 気 もやわらかくなった 次 に 半 紙 でボール 全 体 を 覆 う 活 動 に 移 った ポイントは 半 紙 を 一 度 くしゃくしゃに 丸 め 広 げてから ボールに 貼 りつけるところ 半 紙 を 丸 める 係 半 紙 を 広 げ 抑 える 係 テー プを 切 る 係 ボールを 支 える 係 と 役 割 分 担 し 活 動 に 取 り 組 んでいた 黙 々と 取 り 組 むグループもあれば 片 言 ず つ 話 し 始 めるグループもあった 丁 寧 に 半 紙 でくるまれたボールが 完 成 したところで 漢 字 を 書 く 活 動 に 入 った 司 会 者 は 書 道 と 板 書 し 墨 液 と 筆 で 好 きな 漢 字 を 書 くよう 伝 えた また 実 際 に 笑 の 漢 字 を 書 いて 披 露 した 机 に 残 った 新 聞 紙 を 引 き 墨 液 の 入 った 紙 コップと 筆 を1セット 配 布 1 人 ずつ 順 番 に 文 字 を 書 いた 好 きな 文 字 や 名 前 を 書 く 際 漢 字 ではなく 英 語 で 書 く 学 生 もいた 名 前 を 書 いた 後 に 名 札 を 見 せ 合 う 姿 が 多 く 見 ら れた この 活 動 では 描 いた 文 字 を 大 いに 褒 め 書 いた 文 字 の 意 味 を 聞 くこととしていたので どの 班 でも 会 話 が 生 まれ 賑 やかになった 団 子 3 兄 弟 や 似 顔 絵 などイラストも 描 かれていた どのグループにも 一 人 が 書 く ところをその 他 のメンバー 皆 でボールを 抑 えながら 真 剣 に 見 守 る 姿 があった 筆 を 持 ったメンバーが 何 を 書 くの か 興 味 を 持 って 活 動 に 取 り 組 む 様 子 が 分 かった 漢 字 ボール が 完 成 した 後 各 グループの 屏 東 大 学 学 生 代 表 者 に 感 想 を 言 ってもらった 活 動 楽 しめた という 感 想 のほか 来 年 の 干 支 の 未 などおめでたい 言 葉 をみんな で 書 いた 台 湾 のおいしいものを 教 えながら 書 いた 友 達 を 作 るというテーマで 活 動 し 名 前 や 住 んでいる ところなど 自 分 たちの 生 活 に 関 する 字 を 書 いた 最 初 は 照 れていたがいろいろ 書 くうちに 仲 良 くなった 話 してみると 大 教 大 学 生 がとてもいい 人 だった などがあり ドラゴンボールに 見 えた ので 一 緒 にカメハメ ハのパフォーマンスをしたグループもあった 最 後 に 司 会 者 から 活 動 を 通 して 全 てのグループで 交 流 がなさ れたと 思 う これからも 交 流 を 深 めていきたい という 感 想 があり ワークショップが 終 了 した

6 生 でふれよう 日 本 の 美 術!プロジェクト 資 料 1 プロジェクトポスター 資 料 3 金 箔 はりの 工 程 錆 漆 ( 砥 粉 と 漆 が 混 ざったもの)を 塗 布 した 10cm2の 板 水 で 湿 らせたトグサで 凸 凹 を 削 り 布 で 拭 き 上 げる 木 地 の 上 に 漆 を 塗 布 する デザイン: 三 木 千 代 教 育 学 研 究 科 美 術 教 育 専 攻 1 回 生 資 料 2 ホームページでの 紹 介 竹 はさみで 箔 上 の 和 紙 の 角 をこすりめくり 上 げる 和 紙 ごとつまんで 運 ぶ 皺 がよる 場 合 は 軽 く 息 をかける https://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~bijutsu/kiji/kiji101.html 箔 の 上 から 真 綿 で 押 さえる https://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~bijutsu/kiji/kiji106.html 完 成

7 生 でふれよう 日 本 の 美 術!プロジェクト 資 料 4 略 式 乾 漆 法 の 工 程 1 粘 土 で 原 型 を 作 る 獅 噛 の 輪 郭 見 本 を 見 ながら 同 じ 大 きさに 作 る 粘 土 を 平 らにの ばし 中 心 をと り 目 耳 鼻 歯 牙 などをき め 量 を 減 らし たりつけたりす る だいたいの 厚 み 大 きさが 分 かればよい 2 離 形 ティッシュを 一 枚 にし 粘 土 の 上 にかぶせる 麻 布 を 必 要 な 分 カットする 原 型 より 上 下 3 cm くらい 大 き めに 切 る 3のりをつくる 小 麦 粉 に 少 しず つ 水 を 加 えペー スト 状 にする 6 麻 布 をかぶせ る 糊 漆 をつけた 方 をティッシュ 側 にしてかぶせ ヘラや 串 を 使 い 原 型 の 形 を 起 こしていく 7 木 屎 漆 をつく る 糊 漆 に 木 屑 (の こぎりで 挽 いた ときに 出 る 木 の 粉 )を 混 ぜる 手 で 触 ったとき にべとつかなく なるぐらいまで 木 屑 を 混 ぜ 粘 土 のような 固 さ にする 乾 燥 し やすいので 必 要 な 分 だけ 作 る 8 木 屎 漆 をつけ る 手 を 使 わずヘラ でつける 木 屎 漆 で 生 地 の 編 み 目 を 埋 める ボリュームの 足 りないところを 加 えてもよい 4 糊 漆 をつくる 紙 パレットにヘ ラで 糊 をとる のりの 半 分 の 量 の 木 工 用 ボンド を 加 え 均 等 に 混 ざるようヘラ をまわして 錬 る 練 る 9 成 形 縁 は 板 に 添 うよ うにしっかり 角 をつける ( 形 が 崩 れる 要 因 に なるため) 細 かな 部 分 の 形 も 作 る 5 麻 布 に 糊 漆 を 塗 る 麻 目 を 糊 漆 で 埋 めるようにヘラ で 塗 る 10 完 成 表 面 が 乾 いた ら 裏 から 粘 土 を 取 り 出 す

8 生 でふれよう 日 本 の 美 術!プロジェクト 資 料 5 日 本 画 授 業 講 義 資 料 胡 粉 団 子 をつくる 日 本 画 の 絵 具 は 膠 と 練 り 合 わせて 使 用 する 膠 の 分 量 を 上 手 に 調 整 することが 日 本 画 を 描 くときの 基 本 となる その 練 習 として 胡 粉 と 膠 を 練 り 合 わせた 胡 粉 団 子 を 作 った 用 意 するもの: 胡 粉 ( 乳 鉢 で 擦 っておくと きめの 細 かい 白 にな る) 膠 水 小 皿 スポイト 乳 鉢 で 擦 った 胡 粉 膠 水 胡 粉 (ごふん): 日 本 で 現 在 使 用 されている 最 高 品 質 の 胡 粉 は 天 然 のいたぼ 牡 蠣 の 貝 殻 で 製 造 されたもの 他 にホタテの 貝 殻 のものもある 胡 粉 に 始 まって 胡 粉 に 終 わる とまで 言 われるように 日 本 の 画 材 の 中 で は 古 来 より 最 も 重 要 で なくてはならない 色 材 単 に 白 としてではなく 下 地 盛 り 上 げ, 混 色 など 多 くの 技 法 がある 基 本 的 に 日 本 画 は 手 で 絵 の 具 を 作 る 胡 粉 に 加 える 膠 の 適 量 を 判 断 するためには 人 間 の 手 の 感 覚 が 必 要 となる 小 皿 に 必 要 な 量 の 胡 粉 を 入 れ 胡 粉 にスポ イトで 少 しずつ 膠 を 加 えなが ら 塊 をつくる ( 白 玉 団 子 を 作 るようなかんじ) 胡 粉 がまとまってきたところ で よく 練 る 中 の 方 が 粉 っぽ かったりするので 膠 をなじませ る だいたい 全 体 に 膠 が 定 着 し たと 思 ったら 胡 粉 を 丸 める 丸 めた 胡 粉 団 子 を 小 皿 に 投 げ つける 百 叩 き と 言 い 百 回 叩 く 人 もいる 叩 くことで 胡 粉 団 子 内 の 膠 がすみずみまで 行 き 渡 る ( 外 側 から 押 されて 隣 同 士 くっつく 感 じ) 胡 粉 の 細 粉 一 つ 一 つに 膠 が 着 く 叩 くとき に 空 気 に 触 れ 乾 燥 するので 百 叩 き をせずに 手 で 押 す 人 もい る 団 子 は 少 し 光 沢 ある 感 じに なる 耳 たぶくらいの 柔 らかさ 団 子 ができたら 手 などの 汚 れを 取 るために ( 蛇 のように) 細 くする 胡 粉 の 中 全 体 に 膠 が 適 量 で 混 ぜられている 場 合 細 く 長 く 伸 ばすことができる 途 中 で 切 れる 場 合 は 粘 着 力 が 弱 いので 膠 を 加 え 調 整 する 絵 の 具 を 水 で 解 く 汚 れなどをと る 場 合 は ぬるま 湯 に1 分 ほどつけ る 表 面 積 を 広 く し 水 を 入 れる 毒 性 のある 絵 の 具 は 手 で 混 ぜたり しない 胡 粉 の 解 き 方 が 一 番 難 しい ので これができ れば 岩 絵 具 も 溶 け る 天 然 岩 絵 具 : 天 然 の 鉱 物 を 砕 いてできた 絵 具 粒 子 の 大 きさにより 色 の 濃 淡 が 分 かれ 絵 具 を 焼 くことで 色 を 変 えることができる 日 本 画 絵 具 の 最 大 の 特 徴 でも ある 発 色 の 美 しさは 天 然 岩 絵 具 の 粒 子 の 大 きさの 違 いにある 不 純 物 の 混 入 や 色 の 変 化 などにより 微 妙 で 複 雑 な 色 合 いが 生 み 出 される 中 心 が 鉱 物 は 新 岩 絵 具 ( 人 工 的 に 色 付 けしたガラス 質 の 固 まりを 砕 いた もの)

パン作り

パン作り ク ラ フ ト クラフト 名 実 施 可 能 期 間 所 要 時 間 料 金 対 象 学 年 活 動 場 所 焼 き 板 4~11 月 2 時 間 記 念 バッヂ ストラップ 1 時 間 30 分 材 料 代 1 人 340 円 アクリル 絵 の 具 1 箱 830 円 山 からの 便 り ネイチャー クラフト 1~2 時 間 材 料 代 1 人 290 円 アクリル 絵 の 具 1 箱 830 円

More information

普通科三年生「生物」勉強報告会

普通科三年生「生物」勉強報告会 幼 児 生 活 団 生 活 の 全 てから 繋 がる 美 術 木 村 佳 代 子 幼 児 生 活 団 の 美 術 は 特 別 な 才 能 教 育 として 教 え 込 むのでなく 自 然 の 中 にある 色 形 音 に 美 しさを 見 出 す 感 性 と 感 じたことを 表 そうとする 思 いと 力 が 子 ども 達 が 友 だちと 楽 しく 励 み 合 う 日 々の 生 活 の 中 で 育 まれていくようにと

More information

に 半 丸 形 ヤスリで 刻 みを 入 れて 最 後 に 針 先 を 尖 らせて 完 成 となる 針 先 の 加 工 では 針 先 が 濡 れているとヤスリをかけても 先 端 が 尖 らない ( 註 3)ため 素 材 を 乾 燥 させた 後 水 を 使 わずに 紙 やすりで 先 端 を 尖 らせた

に 半 丸 形 ヤスリで 刻 みを 入 れて 最 後 に 針 先 を 尖 らせて 完 成 となる 針 先 の 加 工 では 針 先 が 濡 れているとヤスリをかけても 先 端 が 尖 らない ( 註 3)ため 素 材 を 乾 燥 させた 後 水 を 使 わずに 紙 やすりで 先 端 を 尖 らせた 國 井 秀 紀 1 はじめに 当 館 では 縄 文 時 代 に 使 用 された 鹿 角 製 釣 り 針 をつくる 実 技 講 座 をこれまでに5 回 実 施 して きた ( 註 1) 筆 者 は 平 成 24 年 度 の 講 座 を 担 当 し その 中 で 硬 い 鹿 の 角 の 加 工 に 大 変 時 間 が かかることを 感 じた また 講 座 では 参 加 者 の 半 分 以 上 を 占 めた

More information

研究成果報告

研究成果報告 平 成 21 22 年 度 助 成 研 究 ゴールドサンドウィッチガラス 碗 における 截 金 技 法 研 究 ~ 大 英 博 物 館 蔵 金 箔 入 りガラス 碗 を 中 心 として~ 並 木 秀 俊 Ⅰ- 研 究 目 的 東 京 藝 術 大 学 図 1 本 研 究 では ヨーロッパにおいて 紀 元 前 に 製 造 された とされる 大 英 博 物 館 所 蔵 金 箔 入 りガラス 碗 ( 図 1)

More information

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 伝 えたいふる 里 の 味 美 作 市 栄 養 委 員 会 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 ぼた 餅 米 A

More information

カシュー塗装法

カシュー塗装法 木 製 品 カシュー 塗 装 法 カシュー 株 式 会 社 NO.20 カシュー カシュー の 商 品 名 について 当 社 は 昭 和 2 3 年 に カ シ ュ ー 樹 脂 塗 料 を 発 明 し そ の 主 原 料 の 名 称 で あるカシュー(Cashew)に ち な ん で 商 品 名 を カシュー と 名 付 け ました カ シ ュ ー の 名 称 は 会 社 名 主 原 料 名 塗 料

More information

<32303135944E9378817598618F9182CC82B382DC82B482DC817693578EA691D682A68358835083578385815B838B91E68754959481468FED90DD935793578EA68C7689E62028323031363033303974616B617368696E61292E786C73>

<32303135944E9378817598618F9182CC82B382DC82B482DC817693578EA691D682A68358835083578385815B838B91E68754959481468FED90DD935793578EA68C7689E62028323031363033303974616B617368696E61292E786C73> 国 文 学 研 究 資 料 館 通 常 展 示 和 書 のさまざま 第 Ⅰ 部 2016/3/14 版 番 号 名 称 解 説 年 代 Ⅰ 形 態 と 素 材 (1) 和 書 の 装 訂 このセクションでは 物 としての 和 書 を 考 えるという 観 点 か ら 和 書 が 何 を 素 材 にしてどのように 作 られているか 装 訂 書 型 各 部 位 の 名 称 料 紙 その 他 について 解

More information

( 資 料 )

( 資 料 ) 読 書 活 動 の 推 進 に 向 けた 取 り 組 み ~ 学 校 図 書 館 支 援 員 の 有 効 活 用 ~ 越 前 市 王 子 保 小 学 校 本 年 度 より 学 校 図 書 館 支 援 事 業 として 本 校 に 毎 週 月 曜 日 と1 3 5 週 の 木 曜 日 に 図 書 支 援 員 を 迎 えることになった 本 校 の 支 援 員 さんは 図 書 ボ ランティアとしての 経 歴

More information

2と 続 く 5は 塗 装 そのものの 目 的 としては 重 要 だが 水 を 態 々かけることはないし かかるというシチュエーションも 洪 水 以 外 はなさそうなので 気 にしないことにする いかにして 手 抜 きの 割 に 美 しい 仕 上 げにするかに 挑 戦 してみた 塗 装 のプロほどの

2と 続 く 5は 塗 装 そのものの 目 的 としては 重 要 だが 水 を 態 々かけることはないし かかるというシチュエーションも 洪 水 以 外 はなさそうなので 気 にしないことにする いかにして 手 抜 きの 割 に 美 しい 仕 上 げにするかに 挑 戦 してみた 塗 装 のプロほどの 手 軽 なスピーカーシステムの 表 面 仕 上 方 法 鈴 木 茂 2011 年 7 月 9 日 はじめに 自 分 が 中 心 に 立 ち 上 げた 会 でありながら スピーカー 再 生 技 術 研 究 会 という 難 しい 名 称 の 会 は ちょっと 敷 居 が 高 すぎる 感 じも 受 ける 難 しい 理 論 や 数 式 を 並 べても 近 寄 りが たい 感 じがするのだが スピーカー 工

More information

ひな 人 形 市 場 は 400 億 円 市 場 と 推 測 ( 吉 德 調 べ) 子 どもの 出 生 数 の 減 少 により ひな 人 形 市 場 への 影 響 が 懸 念 されがちですが 本 来 ひな 人 形 は 初 節 句 を 迎 える 長 女 市 場 を 中 心 に 展 開 されるため その

ひな 人 形 市 場 は 400 億 円 市 場 と 推 測 ( 吉 德 調 べ) 子 どもの 出 生 数 の 減 少 により ひな 人 形 市 場 への 影 響 が 懸 念 されがちですが 本 来 ひな 人 形 は 初 節 句 を 迎 える 長 女 市 場 を 中 心 に 展 開 されるため その 商 戦 は 親 王 飾 り が 中 心 平 均 価 格 帯 は 17~20 万 円 前 後 ひな 人 形 選 びのポイントは 顔 そして 衣 裳 の 色 目 目 次 ひな 人 形 マーケットは 400 億 円 市 場 ひな 商 戦 の 主 役 は 親 王 飾 り そして 三 段 飾 り ひな 人 形 選 択 のポイントは 顔 衣 裳

More information

Microsoft Word - 玉野防災マニュアル0424.doc

Microsoft Word - 玉野防災マニュアル0424.doc 災 害 図 上 訓 練 (DIG)で 地 域 の 防 災 力 を 高 めよう! STEP3 災 害 時 のイメージを 地 図 に 落 としてみよう! 作 業 の 流 れ 1. 地 図 の 下 準 備 2. 透 明 シートのセット 3. 基 本 図 の 作 成 4. 避 難 経 路 の 確 認 5. 項 目 の 書 き 出 し 6. 津 波 被 害 の 想 定 7. 全 体 発 表 用 意 するもの

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 歯 並 びが 気 になる これでわかる! 矯 正 治 療 歯 並 びを 治 すには 色 々な 方 法 があります 歯 を 削 らず デコボコがなくなって 自 分 の 歯 でずっと 噛 めるのが 矯 正 治 療! 初 めての 矯 正 わからないことだらけ 少 しの 不 安 もなくなるように 日 々のカウンセリングの 中 で 質 問 が 多 かったことや 基 本 的 なことについてまとめてみました 目

More information

Taro11-小2指導案.jtdc

Taro11-小2指導案.jtdc 小 学 部 生 活 単 元 学 習 学 習 指 導 案 日 時 平 成 20 年 9 月 24 日 2,3 校 時 場 所 小 学 部 プレイルーム 授 業 者 (T1) (T2) (T3) 1 単 元 名 おおきなかぶ のえほんをつくろう 2 目 標 絵 本 のできあがりを 楽 しみにして 自 分 から 活 動 を 進 めたり 自 分 からやってみようと 手 を 伸 ばしたりすることができる (2)

More information

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 公 共 土 木 施 設 の 被 災 状 況 と 斜 面 被 害 愛 媛 県 技 術 士 会 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 1 被 災 調 査 員 : 愛 媛 県 技 術 士 会 会 長 須 賀 幸 一 ( 芙 蓉 コンサルタント) 副 会 長 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 副 会 長 米 虫 聡 ( アースコンサルタント)

More information

製 品 概 要 本 製 品 は 粉 末 状 です 清 水 で 練 って 下 さい 着 色 は 色 粉 を 使 用 します 内 容 量 10kg/ 袋 施 工 可 能 面 積 約 6.5 m2/ 袋 標 準 色 プレーン ( 色 粉 不 使 用 ) Uカラー 6 色 濃 淡 (12 色 ) シトラスイ

製 品 概 要 本 製 品 は 粉 末 状 です 清 水 で 練 って 下 さい 着 色 は 色 粉 を 使 用 します 内 容 量 10kg/ 袋 施 工 可 能 面 積 約 6.5 m2/ 袋 標 準 色 プレーン ( 色 粉 不 使 用 ) Uカラー 6 色 濃 淡 (12 色 ) シトラスイ 平 成 28 年 7 月 1 日 改 訂 施 工 要 領 書 監 督 大 工 左 官 用 Tel 076-263-2034 Fax 076-263-2060 E-Mail h-muramoto@muramoto-sp.com 製 品 概 要 本 製 品 は 粉 末 状 です 清 水 で 練 って 下 さい 着 色 は 色 粉 を 使 用 します 内 容 量 10kg/ 袋 施 工 可 能 面 積 約

More information

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子 学 年 B() 太 陽 と 地 面 の 様 子 全 10 間 学 年 1 単 元 のねらい ここでは, 太 陽 と 地 面 の 様 子 について 興 味 関 心 をもって 追 究 する 活 動 を 通 して, 日 陰 の 位 置 の 変 化 と 太 陽 の 動 きと を 関 係 付 けたり, 日 なたと 日 陰 の 地 面 の 様 子 の 違 いを 比 較 したりする 能 力 を 育 てるとともに,それらについての

More information

VISAについて

VISAについて 住 宅 建 設 技 術 設 計 書 I. 工 事 全 般 1. 工 事 は 以 下 を 含 む a. 土 壌 掘 下 げ 工 事 は 以 下 を 含 む: 基 礎 浄 化 槽 上 下 水 道 トイレ 排 水 / 家 庭 排 水 b. 基 礎 の 隙 間 に 土 砂 を 戻 し 平 地 化 する 工 事 c. 基 礎 の 敷 石 工 事 d. レンガ 積 み 工 事 e. モルタル 作 業 f. ドア

More information

kaiin-kakunin_sho

kaiin-kakunin_sho ラッピングトラック ラッピングトラック 懸 賞 アンケート 調 査 報 告 書 1. 調 査 目 的 会 津 若 松 商 工 会 議 所 卸 物 流 部 会 では 会 津 ナンバー 支 援 協 議 会 の 関 連 事 業 として 平 成 18 年 10 月 の 会 津 ナンバー 発 給 開 始 時 期 にあわせて 全 国 を 走 行 する 大 型 貨 物 の 荷 台 をキャンパスに 見 立 てて 会

More information

「フクイ生まれの建設技術フェア2008」報告書

「フクイ生まれの建設技術フェア2008」報告書 開 催 報 告 書 平 成 27 年 10 月 建 設 技 術 フェア 実 行 委 員 会 目 次 1 概 要 1 2 詳 細 2 (1) 開 会 式 ( 本 館 1 階 多 目 的 ホール) (2) 展 示 会 (1 号 館 展 示 場 ) (3)その 他 展 示 ( 本 館 1 階 多 目 的 ホール) (4)その 他 企 画 ( 屋 外 展 示 場 ) (5) 同 時 開 催 事 業 :フクイ

More information

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月 豪 雨 による 奄 美 肝 付 町 道 路 被 災 箇 所 調 査 工 学 部 北 村 良 介 酒 匂 一 成 1.はじめに 奄 美 大 島 加 計 呂 麻 島 では,21 年,212 年, 肝 付 町 では 212 年 に 豪 雨 に 伴 う 斜 面 崩 壊 によ り 多 くの 道 路 が 被 災 している 著 者 らは, 奄 美 での 21 年 1 月 2 日,212 年 6 月 1 日 に 発

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2014.8.9 懇 親 会 にて 第 4 号 朝 日 塾 中 学 高 等 学 校 / 朝 日 塾 中 等 教 育 学 校 同 窓 生 父 母 の 会 お 問 い 合 わせ 先 709-2136 岡 山 市 北 区 御 津 紙 工 2590 電 話 0867-26-01111 ( 担 当 : 山 内 ) - 1 - 誇 れる 母 校 に 副 校 長 鳥 海 望 美 4 月 の 高 等 部 の 学 習

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63> 2. 図 面 の 記 載 の 基 本 意 匠 法 の 保 護 対 象 となる 物 品 の 形 態 は 大 半 が 立 体 状 の 形 態 をしています しかし そ の 立 体 状 の 形 態 を 意 匠 登 録 出 願 する 際 には 平 面 上 に 記 載 した 図 面 等 によって 表 す 規 定 と なっています つまり 意 匠 権 の 客 体 は 現 実 の 立 体 物 ではなく その 図

More information

< F2D91E F E682CC82C882A98BB38EBA817696CA>

< F2D91E F E682CC82C882A98BB38EBA817696CA> H27.10.29 行 事 名 第 5 回 よのなか 教 室 日 時 平 成 27 年 11 月 5 日 ( 木 ) 礼 法 指 導 14:10~16:00 場 所 体 育 館 各 教 室 対 象 者 9 年 生 生 徒 (101 名 ) ね ら い 日 向 市 の よのなか 教 室 の 授 業 に 参 加 することで, 生 徒 たちのキャリア 能 力 を 伸 ばす (1) 今 中 学 校 で 学

More information

開 講 日 時 申 込 科 目 講 座 名 講 座 内 容 1 模 試 から 学 ぶ 得 点 力 アップ 講 座 (ハイレベル 編 ) ~ベネッセ( 進 研 ) 模 試 ~ 高 2ベネッセ( 進 研 ) 模 試 の を 復 習 します テキストはみなさんの 受 けた 模 試 そのもの 正 答 率 の

開 講 日 時 申 込 科 目 講 座 名 講 座 内 容 1 模 試 から 学 ぶ 得 点 力 アップ 講 座 (ハイレベル 編 ) ~ベネッセ( 進 研 ) 模 試 ~ 高 2ベネッセ( 進 研 ) 模 試 の を 復 習 します テキストはみなさんの 受 けた 模 試 そのもの 正 答 率 の KATEKYO 新 高 2 新 高 3 対 象 科 目 選 択 制 春 期 講 習 講 座 一 覧 講 座 申 込 書 学 年 新 年 生 受 講 者 氏 名 各 時 間 から1 科 目 を 選 択 し 合 計 14コマ 選 んで 春 期 講 習 申 込 書 と 同 時 にご 提 出 ください 例 開 講 日 時 申 込 科 目 講 座 名 講 座 内 容 ( 必 須 ) ガイダンス テキスト 配

More information

スライド 1

スライド 1 岩 手 県 立 博 物 館 における 文 化 財 レスキューの 現 状 と 課 題 - 岩 手 県 陸 前 高 田 市 救 出 資 料 を 中 心 にー 岩 手 県 立 博 物 館 赤 沼 英 男 表 1 東 日 本 大 震 災 と 余 震 に 伴 う 主 な 国 指 定 文 化 財 の 主 な 被 害 状 況 市 町 村 種 別 物 件 被 害 概 要 岩 手 大 学 農 学 部 ( 旧 盛 岡

More information

大規模システムへの効果的対応

大規模システムへの効果的対応 パネルディスカッション: USDM で 良 かったことと 困 ったこと 2014-11-21 派 生 開 発 推 進 協 議 会 Copyrights 派 生 開 発 推 進 協 議 会 2014 2014-11-21 0 パネリスト 南 部 妙 水 アンリツエンジニアリング 技 術 の 利 用 者 内 部 推 進 者 技 術 者 斎 藤 芳 明, 富 士 ゼロックス 技 術 の 利 用 者 内 部

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 仮 設 住 宅 1. 仮 設 住 宅 ( 正 式 名 称 : 応 急 仮 設 住 宅 )とは? 2014.4.28 竹 原 谷 川 野 田 災 害 救 助 法 という 法 律 に 基 づき 被 災 者 に 対 して 供 与 するものであり 1 新 たに 建 設 することによって 提 供 される 住 宅 (プレハブ) 2 民 間 の 賃 貸 住 宅 等 の 借 上 げによって 被 災 者 に 提 供

More information

113066

113066 第 28 回 山 﨑 賞 3 分 解 者 のキチナーゼ 活 性 に 関 する 研 究 1. はじめに 夏 にはいろいろなところでセミの 抜 け 殻 を 見 つけることができる しかし 夏 以 降 になると 発 見 できなくなる 何 がぬけがらを 分 解 しているのだろう これが 先 輩 が 疑 問 に 思 ったことであ り この 研 究 の 始 まりだった 文 献 を 調 べ セミの 抜 け 殻 のキチン

More information

風致地区条例許可事務マニュアル

風致地区条例許可事務マニュアル 立 川 市 風 致 区 条 例 申 請 の 手 引 き 平 成 26 年 4 月 都 市 計 画 課 風 致 区 とは 都 市 の 良 好 な 自 然 的 景 観 を 維 持 するために 都 市 計 画 法 で 定 められた 区 です 立 川 市 風 致 区 条 例 に 定 められている 一 定 の 行 為 を 行 う 場 合 は 市 長 の 許 可 を 受 けることが 必 要 です 風 致 区 内

More information

最終処分場の市場動向 調査分科会報告書

最終処分場の市場動向 調査分科会報告書 A-1グループ 最 終 処 分 場 市 場 動 向 調 査 研 究 報 告 書 第 Ⅰ 期 調 査 研 究 期 間 平 成 25 年 9 月 27 日 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 研 究 調 査 の 目 的 1. 最 終 処 分 場 の 市 場 予 測 を 行 い 会 員 のビジ ネス 戦 略 に 資 する 2.LSAの 会 員 の 最 終 処 分 場 分 野 の 活 動 状 況 を 調

More information

Principal's Message 未 来 に 挑 戦 する 力 を 聖 望 学 園 での3 年 間 で 受 験 生 の 皆 さんは 大 学 などの 高 等 教 育 機 関 に 進 学 するための 基 本 的 学 力 をつけます そして 学 習 活 動 だけでなく 精 神 的 な 向 上 のため

Principal's Message 未 来 に 挑 戦 する 力 を 聖 望 学 園 での3 年 間 で 受 験 生 の 皆 さんは 大 学 などの 高 等 教 育 機 関 に 進 学 するための 基 本 的 学 力 をつけます そして 学 習 活 動 だけでなく 精 神 的 な 向 上 のため 2016 年 度 入 試 受 験 ガイド 2016 Examination Guidebook Principal's Message 未 来 に 挑 戦 する 力 を 聖 望 学 園 での3 年 間 で 受 験 生 の 皆 さんは 大 学 などの 高 等 教 育 機 関 に 進 学 するための 基 本 的 学 力 をつけます そして 学 習 活 動 だけでなく 精 神 的 な 向 上 のために キリス

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083438347838D815B837B815B8368338C8E8D86205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083438347838D815B837B815B8368338C8E8D86205B8CDD8AB78382815B83685D> 花 粉 症 と 微 小 粒 子 状 物 質 (PM2.5) 参 考 文 献 : 環 境 省 ホームページ http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html 微 小 粒 子 状 物 質 (PM2.5)とは1 大 気 中 に 漂 う 粒 径 2.5μm (1μm=0.001mm) 以 下 の 小 さな 粒 子 の ことで 従 来 から 環 境 基 準 を 定 めて 対

More information

(佐賀県カスタネット)H26委託事業実施内容報告書(A)

(佐賀県カスタネット)H26委託事業実施内容報告書(A) 委 託 事 業 実 施 内 容 報 告 書 平 成 年 度 生 活 者 としての 外 国 人 のための 日 本 語 教 育 事 業 地 域 日 本 語 教 育 実 践 プログラム(A). 事 業 名 称 受 託 団 体 名 佐 賀 県 日 本 語 学 習 支 援 カスタネット 佐 賀 県 在 住 の 外 国 籍 住 民 への 日 本 語 教 育 支 援 事 業 サガン 日 本 語 モデル プロジェクト

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 2 5 年 度 第 6 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 2 5 年 8 月 3 0 日 ( 金 ) 午 前 1 1 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 住 民 票 の 写 し 等 第 三 者 交 付 に 関 す る 本 人 通 知 制 度 子 育 て き ら き ら カ ー ド の 利 用 が 始 ま り ま す 地 域 支 え 合 い 団 体 の

More information

写 真 3 点 灯 している 手 回 し 交 流 発 電 機 磁 石 を 回 転 させる 構 造 であるため 発 光 ダイオード との 接 続 も 簡 単 で 回 路 が 単 純 で 分 かりやすい 接 点 が 少 ないため 接 触 不 良 がなく 安 定 して 発 電 できる 発 光 ダイオードは

写 真 3 点 灯 している 手 回 し 交 流 発 電 機 磁 石 を 回 転 させる 構 造 であるため 発 光 ダイオード との 接 続 も 簡 単 で 回 路 が 単 純 で 分 かりやすい 接 点 が 少 ないため 接 触 不 良 がなく 安 定 して 発 電 できる 発 光 ダイオードは 中 学 第 一 分 野 簡 単 にできる 手 回 し 交 流 発 電 機 の 開 発 と 交 流 電 流 の 学 習 * 福 井 県 坂 井 市 立 三 国 中 学 校 月 僧 秀 弥 目 的 Ⅱ. 発 電 機 の 構 造 中 学 校 理 科 における 新 学 習 指 導 要 領 1) において 交 流 電 流 に 関 しての 学 習 が 追 加 された 交 流 電 流 は 家 庭 で 使 われている

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2097888FEA8ED2834183938350815B8367918D8D878E9696B18BC78267826F97702E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2097888FEA8ED2834183938350815B8367918D8D878E9696B18BC78267826F97702E707074> 結 果 報 告 書 2008.12 アンケート 結 果 1 1 Q1. 近 年 異 常 ともいえる 規 模 や 頻 度 の 洪 水 高 潮 土 砂 災 害 等 が 全 国 各 地 で 発 生 しています あなたの 地 域 でも 今 後 このような 水 害 が 起 こりうると 予 想 していますか Q3. 日 頃 から 災 害 に 備 えるために 知 っておきたい 情 報 は 何 ですか ( 複 数

More information

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術 技 術 資 料 九 州 の 温 暖 な 気 象 条 件 を 活 用 し 冬 季 生 産 を 可 能 にする アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 2011 年 3 月 独 立 行 政 法 人 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 九 州 沖 縄 農 業 研 究 センター 暖 地 施 設 野 菜 花 き 研 究 チーム アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 とは アスパラガスの 伏

More information

神奈川県西部県有施設等調査報告書

神奈川県西部県有施設等調査報告書 2012/1 豊 島 区 庁 舎 整 備 事 業 に 関 する 調 査 報 告 書 251659264 作 成 :みんなの 党 横 浜 市 会 市 会 議 員 大 岩 まさかず 写 真 : 豊 島 区 庁 舎 ( 新 庁 舎 ) 調 査 の 概 要 調 査 概 要 項 目 内 容 豊 島 区 庁 舎 整 備 事 業 豊 島 区 では 新 区 庁 舎 の 整 備 にあたり 一 般 財 源 の 負 担

More information

プロジェクトの 経 緯 と 想 い 2011 年 3 月 11 日 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 が 発 生 しました あまりにも 多 くを 失 い 今 も 厳 しい 寒 さの 中 ただ 耐 えて 命 をつないでいる 方 々を 目 の 当 たりにして 黙 って 通 り 過 ぎ ることができ

プロジェクトの 経 緯 と 想 い 2011 年 3 月 11 日 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 が 発 生 しました あまりにも 多 くを 失 い 今 も 厳 しい 寒 さの 中 ただ 耐 えて 命 をつないでいる 方 々を 目 の 当 たりにして 黙 って 通 り 過 ぎ ることができ 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 復 興 プロジェクト Heart on Coin 絆 プロジェクト 企 画 書 Heart on Coin 絆 プロジェクトチーム プロジェクトの 経 緯 と 想 い 2011 年 3 月 11 日 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 が 発 生 しました あまりにも 多 くを 失 い 今 も 厳 しい 寒 さの 中 ただ 耐 えて 命 をつないでいる 方

More information

みなかみ 美 人 プロジェクト は 8 月 から 11 月 まで 4 回 行 われ 毎 回 テーマに 合 わせて 現 在 活 躍 中 の 講 師 を 招 き みなかみ 町 の 女 性 たちの 美 と 健 康 のさらなる 向 上 に 役 立 ててもらおうと 企 画 したものです 毎 回 講 師 から

みなかみ 美 人 プロジェクト は 8 月 から 11 月 まで 4 回 行 われ 毎 回 テーマに 合 わせて 現 在 活 躍 中 の 講 師 を 招 き みなかみ 町 の 女 性 たちの 美 と 健 康 のさらなる 向 上 に 役 立 ててもらおうと 企 画 したものです 毎 回 講 師 から みなかみ 町 パピネス 計 画 ビューティ&ヘルスタウン プロジェクト みなかみ 美 人 プロジェクト イベントレポート 第 一 回 脳 と 心 のアンチエイジング フランス 式 ほめ 若 返 りのすすめ 講 師 : 高 木 美 也 子 様 実 施 :2013/8/28 みなかみ 町 ハピネス 計 画 ビューティ&ヘルスタウンプロジェクト みなかみ 美 人 プロジェクト 第 1 回 講 演 会 が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839394C596688DD0837D836A83858341838B90978C5E816991E6825094C52D32816A32303130313132332E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839394C596688DD0837D836A83858341838B90978C5E816991E6825094C52D32816A32303130313132332E646F63> < 居 住 者 配 布 用 > 首 都 直 下 型 地 震 に 備 えて XXXXXXマンション 管 理 組 合 防 災 委 員 会 目 次 Ⅰ. 解 説 編 1. 防 災 マニュアルの 目 的 2. 前 提 としている 大 地 震 の 被 害 想 定 ( 大 田 区 地 域 防 災 計 画 より) 3. 地 域 防 災 計 画 からみる 避 難 所 の 実 態 ( 大 田 区 地 域 防 災 計

More information

エアコンフィルター清掃業務仕様書

エアコンフィルター清掃業務仕様書 国 保 京 丹 波 町 病 院 清 掃 業 務 仕 様 書 1 目 的 当 業 務 は 単 に 施 設 の 美 観 維 持 のためだけではなく 院 内 感 染 防 止 及 び 衛 生 管 理 上 の 観 点 から 極 めて 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 患 者 サービスについても 最 大 限 配 慮 し 国 保 京 丹 波 町 病 院 の 運 営 に 寄 与 することを 目 的 とする

More information

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向 市 民 懇 談 会 市 民 との 懇 談 概 要 開 催 場 所 久 喜 総 合 文 化 会 館 平 成 23 年 7 月 3 日 ( 日 ) 開 催 日 時 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 12 分 まで 参 加 者 数 42 人 発 言 者 数 9 人 質 問 書 受 理 件 数 7 件 出 席 者 田 中 市 長 牧 副 市 長 吉 田 教 育 長 早 野 総 務 部 長 井

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081795765628CF68A4A977082C992B290AE817A48323193A496DD8CA48B8695F18D9081698DB2815896D88D81816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081795765628CF68A4A977082C992B290AE817A48323193A496DD8CA48B8695F18D9081698DB2815896D88D81816A> 十 勝 産 豆 類 を 用 いた 商 品 の 開 発 ( 平 成 21 年 度 ) 研 究 開 発 課 佐 々 木 香 子 共 同 研 究 紫 竹 ガーデン 1. 背 景 と 目 的 十 勝 は 日 本 有 数 の 豆 類 生 産 地 であり 近 年 では 雑 豆 を 原 料 とした 穀 物 酢 や 製 餡 煮 汁 を 用 いた 色 付 け 剤 常 温 流 通 可 能 な 豆 腐 の 薫 製 品 などの

More information

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ 第 3 学 年 国 語 科 全 国 学 力 調 査 の 結 果 は 知 識 活 用 能 力 ともに 全 ての 領 域 観 点 で 全 国 及 び 都 の 平 均 を1~6ポイント 程 度 上 回 っている 短 い 言 葉 や 本 文 の 書 き 抜 きで 解 答 する 問 題 は 取 り 組 み 状 況 結 果 ともによいが 作 文 や 論 理 構 成 を 大 事 にした 説 明 を 要 する 問

More information

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx 防 災 気 象 講 習 会 1 平 成 25 年 2 月 25 日 の 栃 木 県 北 部 で 発 生 した 地 震 とその 後 の 状 況 について 2 緊 急 地 震 速 報 を 活 用 した 避 難 訓 練 について 平 成 25 年 5 月 31 日 宇 都 宮 地 方 気 象 台 防 災 業 務 課 藤 崎 発 生 時 刻 平 成 25 年 2 月 25 日 16 時 23 分 震 源 栃

More information

いろいろな 遊 びの 中 で 自 分 なりの 目 的 をもち 試 したり 考 えたり 工 夫 したりしながら 遊 びに 取 り 組 む 梅 雨 期 や 夏 の 生 活 に 興 味 関 心 をもって 生 活 しようとする 4 週 のねらい (6 月 4 週 ) 皆 で 一 緒 に 体 を 動 かして

いろいろな 遊 びの 中 で 自 分 なりの 目 的 をもち 試 したり 考 えたり 工 夫 したりしながら 遊 びに 取 り 組 む 梅 雨 期 や 夏 の 生 活 に 興 味 関 心 をもって 生 活 しようとする 4 週 のねらい (6 月 4 週 ) 皆 で 一 緒 に 体 を 動 かして 5 歳 児 つき 組 保 育 指 導 案 1 研 究 主 題 主 体 的 な 幼 児 を 育 てるための 援 助 のあり 方 ~ 運 動 的 な 遊 びを 通 して~ 2 学 級 の 実 態 ( 男 児 16 名 女 児 19 名 計 35 名 転 入 園 児 1 名 含 む) 全 体 的 な 学 級 の 様 子 比 較 的 穏 やかである スキンシップを 取 りたがる 幼 児 が 多 い 集 まりの

More information

那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活 発 な 地 震 活 動 が 認 められ 県 内 においても 過 去 に 多 くの 地 震 被

那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活 発 な 地 震 活 動 が 認 められ 県 内 においても 過 去 に 多 くの 地 震 被 那 覇 市 耐 震 診 断 耐 震 改 修 のすすめ あなたの 家 は 地 震 に 耐 えられますか? ホップ ステップ ジャンプで 地 震 に 強 い 建 築 物 を!! ナハタイシンジャー 那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活

More information

全 校 研 究 で 取 り 上 げることにした 主 な 理 由 は2つ 一 つは 学 習 指 導 要 領 に 新 たに 加 わった 領 域 なので その 意 味 す るところを 全 校 職 員 で 共 通 理 解 して 指 導 に 当 たっていくため もう 一 つは 近 年 本 校 でも 児 児 童

全 校 研 究 で 取 り 上 げることにした 主 な 理 由 は2つ 一 つは 学 習 指 導 要 領 に 新 たに 加 わった 領 域 なので その 意 味 す るところを 全 校 職 員 で 共 通 理 解 して 指 導 に 当 たっていくため もう 一 つは 近 年 本 校 でも 児 児 童 本 校 の 自 立 活 動 と 教 材 について 本 校 の 自 立 活 動 の 取 り 組 みは 個 別 の 指 導 計 画 に 基 づいて 行 ってい る その 個 別 の 指 導 計 画 の 作 成 手 順 1は 情 報 の 収 集 前 年 度 からの 引 き 継 ぎ 事 項 や 観 察 検 査 また 本 人 保 護 者 の 願 い 等 も 聞 いて 実 態 を 把 握 する 手 順 2は 上

More information

生 ごみの 減 量 化 資 源 化 方 法 このハンドブックでは 次 の5つの 方 法 を 紹 介 します 1. 段 ボール 箱 コンポスト 2. ミミズコンポスト 3. 紙 製 米 袋 発 酵 コンポスト 4. エコちゃんコンポスト 5. 電 気 式 生 ごみ 処 理 機 1~4のコンポストタイプ

生 ごみの 減 量 化 資 源 化 方 法 このハンドブックでは 次 の5つの 方 法 を 紹 介 します 1. 段 ボール 箱 コンポスト 2. ミミズコンポスト 3. 紙 製 米 袋 発 酵 コンポスト 4. エコちゃんコンポスト 5. 電 気 式 生 ごみ 処 理 機 1~4のコンポストタイプ 生 ごみ 減 量 化 ハンドブック 岡 山 市 の 家 庭 から 出 されるごみの 量 は 年 間 16 万 t( 平 成 20 年 度 )にもなり そのうち 約 4 割 ( 約 7 万 t)を 生 ごみ( 食 品 廃 棄 物 )が 占 めています 生 ごみは 水 分 が 多 くにおいもあるため 家 庭 の 中 からゴミステーション 収 集 作 業 焼 却 処 理 でも 多 くの 問 題 があります

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478> 資 料 1 ( 宗 片 委 員 提 出 資 料 ) 災 害 時 における 女 性 のニーズ 調 査 ~なぜ 防 災 災 害 復 興 に 女 性 の 視 点 が 必 要 か~ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 イコールネット 仙 台 宗 片 恵 美 子 はじめに 宮 城 県 沖 地 震 発 生 確 率 10 年 以 内 70% 程 度 20 年 以 内 90% 程 度 以 上 30 年 以 内 99%

More information

平成14年4月22日

平成14年4月22日 地 盤 品 質 判 定 士 通 信 40 地 盤 品 質 判 定 士, 地 盤 品 質 判 定 士 補,ならびに 判 定 士 協 議 会 関 係 者 の 皆 様 へ 地 盤 品 質 判 定 士 による 熊 本 地 震 地 盤 災 害 現 地 調 査 速 報 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 )と 16 日 ( 本 震 )の 地 震 によって, 熊 本 から 大 分 にかけての 広 い

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation ~ 花 粉 症 ~ 今 年 の 花 粉 情 報 と 治 療 セルフケア 花 粉 症 基 礎 知 識 花 粉 症 とは? 花 粉 症 とは スギやヒノキなどの 植 物 の 花 粉 が 原 因 となって 目 のかゆみ 鼻 水 な どのアレルギー 症 状 を 起 こす 病 気 です なぜ 花 粉 症 でくしゃみや 涙 が 出 るの? 身 体 が 花 粉 を 敵 だと 判 断 するために 花 粉 を 自 分

More information

油 濁 事 故 における 適 正 な 廃 棄 物 処 理 のために 写 真 1 2 エマルジョン 回 収 既 に 66%の 海 水 を 含 む(H 2. 1 京 都 府 伊 根 C 重 油 900 トン) (2) 砂 石 海 浜 の 漂 着 油 は 時 間 が 経 つと 潮 間 帯 で 油 砂 小

油 濁 事 故 における 適 正 な 廃 棄 物 処 理 のために 写 真 1 2 エマルジョン 回 収 既 に 66%の 海 水 を 含 む(H 2. 1 京 都 府 伊 根 C 重 油 900 トン) (2) 砂 石 海 浜 の 漂 着 油 は 時 間 が 経 つと 潮 間 帯 で 油 砂 小 記 事 油 濁 事 故 における 適 正 な 廃 棄 物 処 理 のために O.S.C 油 濁 コンサルタント 佐 々 木 邦 昭 1 油 濁 防 除 措 置 の 基 本 的 考 え 油 濁 事 故 が 発 生 した 時 実 施 される 油 の 回 収 等 の 活 動 について 船 舶 油 濁 損 害 賠 償 法 に 次 の 記 述 がある( 抜 粋 ) 1 その 損 害 を 防 止 し 又 は 軽

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

Ⅰ.はじめに この 調 査 は 史 跡 唐 招 提 寺 旧 境 内 ( 奈 良 市 五 条 町 )に 所 在 する 旧 開 山 堂 解 体 修 理 に 伴 う 発 掘 調 査 です( 図 一 ) 唐 招 提 寺 では 平 成 25 年 の 鑑 真 和 上 1250 年 忌 に 向 けて 旧 開 山

Ⅰ.はじめに この 調 査 は 史 跡 唐 招 提 寺 旧 境 内 ( 奈 良 市 五 条 町 )に 所 在 する 旧 開 山 堂 解 体 修 理 に 伴 う 発 掘 調 査 です( 図 一 ) 唐 招 提 寺 では 平 成 25 年 の 鑑 真 和 上 1250 年 忌 に 向 けて 旧 開 山 報 道 発 表 資 料 史 跡 唐 招 提 寺 旧 境 内 ( 旧 開 山 堂 ) 発 掘 調 査 の 概 要 平 成 25 年 3 月 21 日 唐 招 提 寺 奈 良 県 立 橿 原 考 古 学 研 究 所 調 査 地 奈 良 市 五 条 町 ( 唐 招 提 寺 ) 調 査 原 因 唐 招 提 寺 旧 開 山 堂 解 体 修 理 工 事 調 査 期 間 平 成 24 年 4 月 13 日 ~7

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

九 重 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 20 年 3 月 九 重 町 目 次 第 1 章 総 則 - 1-1 目 的 - 1-2 位 置 付 け - 3-3 計 画 期 間 - 3 - 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 - 4-1 地 震 被 害 の 想 定 - 4 - (1) 九 重 町 に 被 害 をもたらした 過 去 の 地 震

More information

2 新 規 に 日 本 女 性 薬 剤 師 会 の 生 涯 研 修 制 度 が 本 日 午 前 中 の 理 事 会 で 承 認 された 3 新 規 申 請 の 日 本 大 学 薬 学 部 の 生 涯 研 修 制 度 の 評 価 結 果 を 日 本 大 学 薬 学 部 の 方 へ 送 付 した 1.3

2 新 規 に 日 本 女 性 薬 剤 師 会 の 生 涯 研 修 制 度 が 本 日 午 前 中 の 理 事 会 で 承 認 された 3 新 規 申 請 の 日 本 大 学 薬 学 部 の 生 涯 研 修 制 度 の 評 価 結 果 を 日 本 大 学 薬 学 部 の 方 へ 送 付 した 1.3 公 益 社 団 法 人 薬 剤 師 認 定 制 度 認 証 機 構 平 成 24 年 度 薬 剤 師 認 定 制 度 委 員 連 絡 会 議 事 メモ 日 時 : 平 成 24 年 12 月 14 日 ( 金 )14:00~16:30 場 所 :ニッショーホール 第 2 会 議 室 出 席 者 ( 敬 称 略 ) 委 員 :17 名 理 事 : 堀 内 龍 也 厚 生 労 働 省 : 中 井 企 画

More information

1. 長 岡 京 市 環 境 の 都 づくり 会 議 竹 林 再 生 プロジェクト への 竹 チップ 粉 砕 技 術 の 指 導 と 協 働 竹 を 粉 砕 しチップ 化 することで 竹 チップが 得 られる 竹 チップと 竹 粉 の 違 いは 粒 径 であり 竹 チップは 竹 粉 より 粒 径 の

1. 長 岡 京 市 環 境 の 都 づくり 会 議 竹 林 再 生 プロジェクト への 竹 チップ 粉 砕 技 術 の 指 導 と 協 働 竹 を 粉 砕 しチップ 化 することで 竹 チップが 得 られる 竹 チップと 竹 粉 の 違 いは 粒 径 であり 竹 チップは 竹 粉 より 粒 径 の 平 成 23 年 度 ( 第 26 回 )タカラ ハーモニストファンド 活 動 助 成 報 告 放 置 竹 林 問 題 についての 実 践 的 啓 蒙 活 動 一 般 社 団 法 人 里 山 資 源 の 利 活 用 推 進 ネットワーク 京 都 府 概 要 放 置 竹 林 問 題 対 策 として 竹 林 に 再 び 収 益 性 をもたらす 産 業 などを 提 言 することによ って 竹 林 の 活

More information

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx 熊 本 地 震 による 農 地 農 業 用 施 設 の 被 災 状 況 と 対 応 について 目 次 熊 本 地 震 の 概 要 2 熊 本 地 震 による 農 林 水 産 関 係 被 害 の 概 要 5 農 地 農 業 用 施 設 の 被 害 の 状 況 6 被 災 後 の 対 応 ( 職 員 等 の 派 遣 ) 13 被 災 後 の 対 応 ( 災 害 復 旧 事 業 の 実 施 ) 15 1

More information

イメージアップ戦略企画コンペ説明書

イメージアップ戦略企画コンペ説明書 平 成 28 年 度 建 設 産 業 イメージアップ 戦 略 事 業 業 務 委 託 企 画 コンペ 説 明 書 1 業 務 委 託 名 平 成 28 年 度 建 設 産 業 イメージアップ 戦 略 事 業 業 務 委 託 2 目 的 将 来 的 な 建 設 産 業 の 担 い 手 確 保 のため 主 に 学 生 や 児 童 等 を 対 象 に 建 設 産 業 の 役 割 や 業 務 内 容 について

More information

2 月 20 日 に 実 施 した 現 地 調 査 では 2014 年 11 月 25 日 以 降 の 噴 火 活 動 により 中 岳 第 一 火 口 南 側 付 近 に 火 山 灰 やスコリア 6) が6~26cm 堆 積 しているのを 確 認 しました 2 月 23 日 に 熊 本 県 及 び2

2 月 20 日 に 実 施 した 現 地 調 査 では 2014 年 11 月 25 日 以 降 の 噴 火 活 動 により 中 岳 第 一 火 口 南 側 付 近 に 火 山 灰 やスコリア 6) が6~26cm 堆 積 しているのを 確 認 しました 2 月 23 日 に 熊 本 県 及 び2 平 成 27 年 (2015 年 )の の 火 山 活 動 福 岡 管 区 気 象 台 火 山 監 視 情 報 センター 2014 年 11 月 25 日 から 始 まった 噴 火 は5 月 21 日 まで 続 きました 8 月 8 日 から 時 々ごく 小 規 模 な 噴 火 が 発 生 した 後 9 月 14 日 09 時 43 分 に 小 規 模 な 火 砕 流 1) を 伴 う 噴 火 が

More information

5.1 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 1931 昭 和 6 年 38 1932 昭 和 7 年 39 1933 昭 和 8 年 40 7.5 久 布 白 落 実 に 代 わり 婦 選 獲 得 同 盟 総 務 理 事 に 就 任 2.28 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 貴

5.1 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 1931 昭 和 6 年 38 1932 昭 和 7 年 39 1933 昭 和 8 年 40 7.5 久 布 白 落 実 に 代 わり 婦 選 獲 得 同 盟 総 務 理 事 に 就 任 2.28 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 貴 市 川 房 枝 年 譜 西 暦 和 暦 年 齢 月 日 年 譜 事 項 関 連 主 要 事 項 1893 明 治 26 年 0 愛 知 県 中 島 郡 明 地 村 ( 現 尾 西 市 )の 農 家 の 三 女 に 生 まれ 5.15 ふさゑ と 命 名 1907 明 治 40 年 14 4 朝 日 尋 常 高 等 小 学 校 卒 業 1908 明 治 41 年 15 3 単 身 上 京 女 子 学

More information

オモニ太平記

オモニ太平記 小 田 実 全 集 評 論 第 18 巻 太 平 記 目 次 フ 7 想 家 17 29 ミ ヨ 丸 デ ワ 39 ウ 首 相 妓 セ 遊 ノ 51 59 ゲ 68 海 東 海 ヘ 78 ご 飯 ソ 食 86 へ 93 宝 島 シ ネ ケ 102 明 治 111 号 120 学 士 館 化 石 129 洋 0 ダ ウ ソ 137 フ 雪 儲 146 シ ソ ウ ル 155 ベ ル 記 163 172

More information

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて 学 校 防 災 マニュアル ( 修 正 版 ) 本 マニュアルは 平 成 24 年 3 月 に 全 面 改 定 した 学 校 防 災 マニュアルを 平 成 25 年 3 月 に 修 正 された 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 と 整 合 性 を 図 るため 平 成 25 年 6 月 に 一 部 修 正 したものである 平 成 25 年 6 月 目 黒 区 教 育 委 員 会 目 次 災 害 時

More information

活 動 を 始 めた 直 接 のきっかけは 2009 年 の 世 界 遺 産 登 録 5 周 年 記 念 事 業 である 三 重 県 主 催 で 熊 野 古 道 国 際 交 流 シンポジウム が 尾 鷲 と 伊 勢 で プレミーティング 1 2 が 熊 野 と 尾 鷲 で 開 催 された 三 重 大

活 動 を 始 めた 直 接 のきっかけは 2009 年 の 世 界 遺 産 登 録 5 周 年 記 念 事 業 である 三 重 県 主 催 で 熊 野 古 道 国 際 交 流 シンポジウム が 尾 鷲 と 伊 勢 で プレミーティング 1 2 が 熊 野 と 尾 鷲 で 開 催 された 三 重 大 三 重 大 学 三 重 大 学 ユネスコクラブ 活 動 報 告 世 界 遺 産 熊 野 古 道 を 守 り 継 承 していきます! 団 体 名 : 三 重 大 学 ユネスコクラブ 事 務 局 : 三 重 県 津 市 栗 真 町 屋 町 1577 三 重 大 学 共 通 教 育 棟 103 三 重 大 学 ユネスコクラブ 事 務 局 ( 宮 崎 研 究 室 気 付 ) 1. 活 動 の 目 的 2008

More information

3. 理 想 と 当 面 の 対 応 理 想 : 来 園 者 が 自 然 環 境 保 全 受 動 喫 煙 防 止 の 趣 旨 に 賛 同 し 緑 地 内 ではタバコは 一 切 吸 わない 状 態 現 状 : 緑 地 内 禁 煙 は 原 則 ではあるが 喫 煙 可 能 箇 所 がある 禁 煙 と 分

3. 理 想 と 当 面 の 対 応 理 想 : 来 園 者 が 自 然 環 境 保 全 受 動 喫 煙 防 止 の 趣 旨 に 賛 同 し 緑 地 内 ではタバコは 一 切 吸 わない 状 態 現 状 : 緑 地 内 禁 煙 は 原 則 ではあるが 喫 煙 可 能 箇 所 がある 禁 煙 と 分 平 成 27 年 10 月 23 日 第 3 回 運 営 会 議 資 料 資 料 8 生 田 緑 地 のルールについて Ⅰ. 生 田 緑 地 でのたばこルールについて 1. 前 回 運 営 会 議 での 意 見 分 煙 は 仕 方 がないが 生 田 緑 地 内 の 原 則 禁 煙 は 崩 したくない 喫 煙 場 所 を 設 けると そばを 歩 く 人 が 受 動 喫 煙 になるのではないか 各 館

More information

病児保育室 ぞうさん

病児保育室 ぞうさん 病 児 保 育 室 ぞうさん お 子 さんが 病 気 で 保 育 所 への 通 園 等 ができず かつ 保 護 者 の 仕 事 の 都 合 等 で 家 庭 での 保 育 が 困 難 な 場 合 に 院 内 保 育 所 ぞうさんで 一 時 的 にお 子 さんをお 預 かりします 病 気 等 の 回 復 期 に 至 らない 病 状 からお 預 かりできます < 施 設 概 要 > 保 育 日 月 曜 日

More information

第2章 学校環境衛生基準 第3

第2章 学校環境衛生基準 第3 の 等 及 び 等 の の 基 準 の A 検 査 項 目 及 び 基 準 値 の 設 定 根 拠 等 の 解 説 検 査 項 目 基 準 (1) 大 掃 除 の 実 施 大 掃 除 は 定 期 に 行 われていること (2) 雨 水 の 排 水 溝 等 屋 上 等 の 雨 水 排 水 溝 に 泥 や 砂 等 が 堆 積 していないこと また 雨 水 配 水 管 の 末 端 は 砂 や 泥 等 により

More information

untitled

untitled 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 10 八 幡 市 の 財 政 平 成 22 年 度 一 般 会 計 歳 入 当 初 予 算 ( 単 位 : 千 円 ) 府 支 出 金 (6.1%)1,426,220 繰 入 金 (4.5%)1,031,131 市 債 (10.6%)2,458,500 国 庫 支 出 金 (14.4%)3,350,029 地 方 消 費

More information

2. 活 動 履 歴 平 成 21 年 度 1. 国 交 省 H21 地 域 木 造 住 宅 市 場 活 性 化 推 進 事 業 1 金 山 杉 住 宅 仕 様 書 の 構 築 2 金 山 杉 原 産 地 証 明 システムの 構 築 3 金 山 杉 の 品 質 証 明 表 示 手 法 の 構 築 4

2. 活 動 履 歴 平 成 21 年 度 1. 国 交 省 H21 地 域 木 造 住 宅 市 場 活 性 化 推 進 事 業 1 金 山 杉 住 宅 仕 様 書 の 構 築 2 金 山 杉 原 産 地 証 明 システムの 構 築 3 金 山 杉 の 品 質 証 明 表 示 手 法 の 構 築 4 すぎのこ. たより たより 金 山 杉 住 宅 をつくる 会 の 活 動 や 金 山 杉 のふるさと 情 報 などを 発 信 して 会 員 の 方 々との 交 流 の 場 に なれるように 発 行 いたします 金 山 杉 住 宅 をつくる 会 http://kaneyamasugi.jp 金 山 杉 住 宅 をつくる 会 会 報 創 刊 号 会 報 編 集 委 員 会 1. 金 山 杉 住 宅 をつくる

More information

2011年度 幼児才能教室「まいと」 募集要項

2011年度 幼児才能教室「まいと」 募集要項 2016 年 度 幼 児 才 能 教 室 まいと 募 集 要 項 新 年 長 Marvelous コース (マーヴェラス コース) 入 会 金 は 入 会 時 のみとさせて 頂 きます 新 年 長 Mavelous 総 合 コース 入 会 金 54,000 円 (50,000 円 + 税 ) キャンペーン 入 会 &ご 紹 介 入 会 の 場 合 の 金 額 は 上 記 と 異 なります キャンペーン

More information

科 学 的 な 用 語 や 本 格 的 な 実 験 器 具 を 用 いた 実 験 で UISでの 実 験 の 雰 囲 気 や 感 覚 がつかめ とても 有 意 義 なものでした ポスターを 用 いたプレゼンテーションの 練 習 など 初 めてで 英 語 でのプレゼンテー ションを 行 い 講 師 の

科 学 的 な 用 語 や 本 格 的 な 実 験 器 具 を 用 いた 実 験 で UISでの 実 験 の 雰 囲 気 や 感 覚 がつかめ とても 有 意 義 なものでした ポスターを 用 いたプレゼンテーションの 練 習 など 初 めてで 英 語 でのプレゼンテー ションを 行 い 講 師 の * 数 と 式 大 きな 数 や 少 数 分 数 累 乗 等 の 読 み 方 四 則 等 式 の 読 み 方 * 図 形 円 多 角 形 などの 平 面 図 形 球 立 方 体 円 錐 などの 立 体 図 形 * 実 験 器 具 顕 微 鏡 試 験 管 など 2 生 活 に 関 する 英 語 ( 会 話 ) 出 入 国 のシミュレーション 3 科 学 英 語 講 座 ( 読 解 ) * 最 新 技

More information

(4) 洪 水 注 意 報 及 び 警 報 洪 水 注 意 報 洪 水 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 洪 水 警 報 洪 水 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 (5) 気 象 情 報 の 伝 達 系 統 札 幌 管 区 気

(4) 洪 水 注 意 報 及 び 警 報 洪 水 注 意 報 洪 水 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 洪 水 警 報 洪 水 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 (5) 気 象 情 報 の 伝 達 系 統 札 幌 管 区 気 災 情 報 通 信 計 画 災 に 関 する 情 報 通 信 及 び 予 報 ( 注 意 報 を 含 む) 警 報 並 びに 情 報 等 の 伝 達 に 関 する 事 項 は この 計 画 の 定 めるところによる 第 1 節 予 報 ( 注 意 報 を 含 む) 警 報 並 びに 情 報 等 の 伝 達 計 画 1 気 象 情 報 の 種 類 及 び 伝 達 系 等 (1) 気 象 注 意 報 及

More information

表 1 主 な 種 子 伝 染 性 病 害 に 対 する 種 子 消 毒 薬 剤 および 庄 土 消 毒 剤 適 用 病 害 名 ば い ご も 使 用 回 薬 剤 名 有 効 成 分 か も ま み 使 用 時 期 希 釈 倍 数 使 用 方 法 苗 ち 葉 枯 数 の 制 病 病 枯 細 使 用

表 1 主 な 種 子 伝 染 性 病 害 に 対 する 種 子 消 毒 薬 剤 および 庄 土 消 毒 剤 適 用 病 害 名 ば い ご も 使 用 回 薬 剤 名 有 効 成 分 か も ま み 使 用 時 期 希 釈 倍 数 使 用 方 法 苗 ち 葉 枯 数 の 制 病 病 枯 細 使 用 水 稲 病 害 虫 防 除 対 策 (3 月 ~4 月 ) 農 薬 の 登 録 内 容 の 掲 載 については 慎 重 に 校 閲 しておりますが 登 録 内 容 は 随 時 変 更 が 行 われます また 農 薬 名 が 同 じでも 農 薬 製 造 会 社 により 登 録 内 容 が 異 なる 場 合 があります 農 林 水 産 省 のホームページ(http:// www.maff.go.jp/j/nouyaku/)

More information

市費アンケート集約.xls

市費アンケート集約.xls 監 査 に 向 けて 準 備 したこと 市 費 監 査 アンケート 報 告 該 当 校 8 校 のうち 8 校 に 回 答 をいただきました 被 服 消 耗 品 出 納 簿 の 作 成 確 認 物 品 処 理 書 ( 受 入 払 出 ) 作 成 ( 図 書 エプロン) 確 認 切 手 はがき 回 数 券 SUGOCA 現 物 確 認 ICカード 管 理 簿 貸 出 簿 作 成 確 認 USB 管 理

More information

Microsoft Word - 4施工計画・施工図

Microsoft Word - 4施工計画・施工図 資 料 4 ( 1 / 2) 施 工 計 画 書 及 び 施 工 図 について 1 総 合 施 工 計 画 書 ----------------------------------------------------------------- 工 事 着 手 に 先 立 ち 工 事 の 総 合 的 な 計 画 をまとめた 総 合 施 工 計 画 書 を 作 成 し 担 当 職 員 に 提 出 すること

More information

象 を 見 た 直 後 に 感 想 を 聞 く な ど 事 象 提 示 に 関 す る 手 立 て が 多 く 挙 げ ら れ た り し た も の の, 仮 説 の 設 定 に つ な が る 事 象 の 見 方 や 考 え 方 な ど, 思 考 を 支 援 す る 指 導 法 に 直 結 す

象 を 見 た 直 後 に 感 想 を 聞 く な ど 事 象 提 示 に 関 す る 手 立 て が 多 く 挙 げ ら れ た り し た も の の, 仮 説 の 設 定 に つ な が る 事 象 の 見 方 や 考 え 方 な ど, 思 考 を 支 援 す る 指 導 法 に 直 結 す 第 4 章 仮 説 設 定 の 指 導 方 略 (4 QS) 開 発 物 語 は じ め に - The Four Question Strategy と の 出 会 い - 筆 者 は 平 成 14 年 4 月 に 上 越 教 育 大 学 へ 赴 任 し た 学 部 修 士 の 学 生 を 受 け 入 れ 始 め た の は 翌 年 の 平 成 15 年 度 か ら で あ る こ の 年 に 受

More information

(Microsoft PowerPoint - 20150914

(Microsoft PowerPoint - 20150914 平 成 27 年 度 九 州 工 業 塗 装 協 同 組 合 セミナー 困 った 静 電 気 嬉 しい 静 電 気 IPCOアドバイザー 田 村 吉 宣 http://gikogaku.blog.fc2.com/ 静 電 気 とは 何 か? 静 電 気 とは 何 か? 静 電 気 の 源 原 子 を 見 てみよう 静 電 気 の 源 は 原 子 に 在 り その 原 子 って? 原 子 核 電 子

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

           目    次

           目    次 第 10 章 維 持 管 理 第 10 章 維 持 管 理 1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 給 水 装 置 は 年 月 の 経 過 に 伴 う 材 質 の 劣 化 により 故 障 漏 水 等 の 事 故 が 発 生 す ることがある 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 又 は 最 小 限 に 抑 えるためには 維 持 管 理 を 行 うことが 重 要 である (1) 給 水 装 置 工

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B8DD08A5194688CAD96F28DDC8E7481458BE38F428375838D8362834E8CBB926E8A8893AE95F18D905F4E6F31362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B8DD08A5194688CAD96F28DDC8E7481458BE38F428375838D8362834E8CBB926E8A8893AE95F18D905F4E6F31362E646F63> 熊 本 地 震 災 害 派 遣 薬 剤 師 九 州 ブロック 現 地 活 動 報 告 No.16 平 成 28 年 5 月 12 日 派 遣 日 程 4 月 21 日 ( 木 )~4 月 22 日 ( 金 ) 報 告 者 佐 賀 県 川 内 信 幸 メンバー 宇 都 宮 圭, 吉 富 靖 浩, 川 内 信 幸 派 遣 先 益 城 町 保 健 福 祉 センター 活 動 内 容 21 日 8 時 45

More information

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「やまなし」

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「やまなし」 第 6 学 年 国 語 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 表 現 を 味 わい, 豊 かに 想 像 しよう( 教 材 やまなし イーハトーヴの 夢 ) 2 目 標 場 面 の 情 景 や 独 特 の 表 現 に 興 味 をもち, 想 像 豊 かに 読 もうとしたり, 宮 沢 賢 治 の 作 品 や 生 き 方 を 知 ろうと したりす ( 国 語 への 関 心 意 欲 態 度 ) 情 景 を

More information

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス 化 学 物 質 等 安 全 データシート 整 理 番 号 05 Ar 作 成 平 成 5 年 3 月 31 日 改 訂 平 成 11 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 21 年 12 月 15 日 [ 連 絡 先 ] 製 品 名 アルゴンガス アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及

More information

第1学年1組美術科学習指導案

第1学年1組美術科学習指導案 平 成 22 年 度 授 業 力 向 上 研 修 ( 小 中 ) 実 践 のまとめ(1 年 美 術 ) 平 成 22 年 11 月 17 日 ( 水 ) 指 導 者 三 条 市 立 第 三 中 学 校 教 諭 高 橋 淳 一 1 題 材 不 思 議 な 視 覚 の 世 界 動 き 出 す 絵 (ゾートロープ) 2 題 材 の 目 標 (1) 手 作 りのアニメーションに 関 心 をもち 意 欲 的

More information

実 践 1 学 期 1.おはなしよんで( 情 報 科 3 時 間 ) (1) 目 標 先 生 が 読 むお 話 を 聞 き お 話 の 世 界 を 楽 しんで 興 味 を 広 げる 1 先 生 の 読 み 聞 かせを 興 味 を 持 って 聞 く 図 書 室 での 約 束 使 い 方 を 確 認 す

実 践 1 学 期 1.おはなしよんで( 情 報 科 3 時 間 ) (1) 目 標 先 生 が 読 むお 話 を 聞 き お 話 の 世 界 を 楽 しんで 興 味 を 広 げる 1 先 生 の 読 み 聞 かせを 興 味 を 持 って 聞 く 図 書 室 での 約 束 使 い 方 を 確 認 す 1 年 間 計 画 1 年 の 取 り 組 み 単 元 名 4 月 おはなし よんで 主 な 学 習 内 容 読 み 聞 かせに 興 味 を 持 つ 図 書 室 での 約 束 使 い 方 を 身 につけ る 好 きな 本 を 探 して 読 み 読 書 の 楽 しさを 知 る 使 用 ソフト 機 器 指 導 時 間 3 5 月 どうぞ よろしく 自 分 を 紹 介 する 名 刺 を 見 せて 学 級

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

検 討 の 対 象 とする 水 中 遺 跡 としては 海 ( 地 方 公 共 団 体 の 区 域 内 )と 湖 沼 にある 遺 跡 (ただし ダムや 溜 め 池 等 人 為 的 要 因 により 水 没 した 遺 跡 は 対 象 としない) 水 中 における 周 知 の 埋 蔵 文 化 財 包 蔵 地

検 討 の 対 象 とする 水 中 遺 跡 としては 海 ( 地 方 公 共 団 体 の 区 域 内 )と 湖 沼 にある 遺 跡 (ただし ダムや 溜 め 池 等 人 為 的 要 因 により 水 没 した 遺 跡 は 対 象 としない) 水 中 における 周 知 の 埋 蔵 文 化 財 包 蔵 地 第 2 回 水 中 遺 跡 調 査 検 討 委 員 会 概 要 日 程 : 平 成 25 年 7 月 17 日 ( 水 ) 会 場 : 長 崎 県 松 浦 市 高 島 支 所 9:30~12:00 西 谷 委 員 長 開 会 に 先 立 ち 長 崎 県 オブザーバー 高 野 氏 急 逝 のお 知 らせ 文 化 庁 記 念 物 課 榎 本 課 長 挨 拶 松 浦 市 長 崎 県 のこれまでの 鷹 島

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 生 活 科 学 習 2 学 期 は 自 分 の 鉢 でラディッシュを 栽 培 しまし た 初 めは 小 さい 芽 でしたが 葉 が 大 きくなってき て 赤 いラディッシュが 土 からのぞくほど 育 ちま した のりものたんけんの 前 に 鉄 道 のお 仕 事 を している おうちの 方 からお 話 を 聞 かせてい ただきました そして 当 日 駅 にはどんなものがある のかな? バスの 中 には

More information

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73%

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73% 自 民 接 戦 1 人 区 を 重 点 民 進 共 産 3 分 の 2 阻 止 を 前 面 参 院 選 最 終 盤 攻 防 朝 日 新 聞 2016 年 7 月 8 日 10 日 投 開 票 の 参 院 選 は 選 挙 戦 の 最 終 盤 を 迎 えている 安 倍 晋 三 首 相 ( 自 民 党 総 裁 ) は7 日 福 島 県 を 遊 説 接 戦 の1 人 区 を 重 点 的 に 回 り 単 独

More information

本 校 10 年 間 の 歴 史 を 振 り 返 る( 後 半 ) 学 校 だより12 月 号 に 続 き 本 校 開 校 十 周 年 行 事 の 折 の 式 辞 をもとに 本 校 の 歴 史 を 振 り 返 り 本 校 のあゆみを 掲 載 させていただきます 4 高 岡 正 見 校 長 先 生 時

本 校 10 年 間 の 歴 史 を 振 り 返 る( 後 半 ) 学 校 だより12 月 号 に 続 き 本 校 開 校 十 周 年 行 事 の 折 の 式 辞 をもとに 本 校 の 歴 史 を 振 り 返 り 本 校 のあゆみを 掲 載 させていただきます 4 高 岡 正 見 校 長 先 生 時 千 寿 常 東 小 だより1 月 号 第 9 号 平 成 24 年 1 月 10 日 ( 火 ) 発 行 足 立 区 立 千 寿 常 東 小 学 校 長 山 田 誠 平 成 24 年 を 迎 えて 千 寿 常 東 小 学 校 長 山 田 誠 あけましておめでとうございます 昨 年 中 は 本 校 の 教 育 活 動 につきまして 大 変 ご 理 解 とご 協 力 をいただきまして ありがとうござ いました

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA8E7889878A778D5A814590B68A8892508CB38A778F4B81698FC08C4793C18E78816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA8E7889878A778D5A814590B68A8892508CB38A778F4B81698FC08C4793C18E78816A2E646F63> 特 別 支 援 学 校 : 知 的 障 害 生 活 単 元 学 習 学 習 指 導 案 県 立 沼 隈 特 別 支 援 学 校 指 導 者 村 上 大 樹 (T1) 高 橋 美 紀 子 (T2) 1 日 時 平 成 22 年 10 月 15 日 ( 金 ) 第 2 校 時 (10:20~11:05) 2 学 部 学 年 小 学 部 第 1 2 学 年 ( 計 4 名 ) 3 場 所 小 学 部 第

More information

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 一 肉 作 線 維 芽 作 表 活 発 肉 芽 コ ラ ゲ ン 線 維 呼 増 殖 埋 縮 併 進 先

More information

エゾアワビの 生 態 学 特 性 に 基 づいた 資 源 管 理 - 東 日 本 大 震 災 の 影 響 とその 後 の 動 向 - 所 属 ( 独 ) 水 産 総 合 研 究 センター 東 北 区 水 産 研 究 所 職 氏 名 資 源 生 産 部 主 任 研 究 員 高 見 秀 輝 東 日 本

エゾアワビの 生 態 学 特 性 に 基 づいた 資 源 管 理 - 東 日 本 大 震 災 の 影 響 とその 後 の 動 向 - 所 属 ( 独 ) 水 産 総 合 研 究 センター 東 北 区 水 産 研 究 所 職 氏 名 資 源 生 産 部 主 任 研 究 員 高 見 秀 輝 東 日 本 浜 と 水 試 の 情 報 交 換 会 開 催 要 領 - 東 日 本 大 震 災 に 関 する 平 成 24 年 度 第 2 回 水 産 試 験 研 究 取 組 報 告 会 - 1 目 的 東 日 本 大 震 災 後 に 宮 城 県 水 産 技 術 総 合 センター 気 仙 沼 水 産 試 験 場 等 が 実 施 した 調 査 等 の 内 容 を 漁 業 関 係 者 及 び 水 産 関 係 団 体

More information

Microsoft Word - 研修報告書(0324)

Microsoft Word - 研修報告書(0324) 学 校 における 再 登 校 支 援 について 校 内 における 別 室 登 校 の 在 り 方 の 一 考 察 ー 1 問 題 意 識 と 研 究 目 的 文 部 科 学 省 の 今 後 の 不 登 校 への 対 応 の 在 り 方 について( 報 告 ) (2009)によると 不 登 校 の 問 題 が 教 育 の 課 題 として 認 識 されて 以 来 行 政 や 学 校 は スクールカウンセラーの

More information