美 術 教 育 講 座 教 育 研 究 創 造 力 アップ グローバル プロジェクト 資 料 2 彫 刻 家 冨 長 敦 也 氏 特 別 講 義 L.S.P.(Love Stone Project)について 10 月 28 日 ( 火 )5 限 現 在 世 界 各 地 でアート プロジェクトを 展

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "美 術 教 育 講 座 教 育 研 究 創 造 力 アップ グローバル プロジェクト 資 料 2 彫 刻 家 冨 長 敦 也 氏 特 別 講 義 L.S.P.(Love Stone Project)について 10 月 28 日 ( 火 )5 限 現 在 世 界 各 地 でアート プロジェクトを 展 "

Transcription

1 美 術 教 育 講 座 教 育 研 究 創 造 力 アップ グローバル プロジェクト 資 料 1 自 己 紹 介 スライドショー 屏 東 教 育 大 学 との 交 流 企 画 として 平 成 年 度 現 代 的 教 育 課 題 とアート 受 講 生 による 自 己 紹 介 スライドショーを 作 成 した ここでは そ のスライドの 一 部 を 紹 介 する < 工 夫 した 点 > 自 分 の 興 味 関 心 の 中 から 二 つに 絞 り 高 校 時 代 からの 変 遷 をテーマに 作 成 し た 一 般 にイメージされやすい 書 道 だけではないという 事 も 伝 えたかったため パフォーマンス 書 道 をした 時 の 作 品 も 載 せた 言 葉 が 通 じないためできるだけ 内 容 を 絞 ることにした 自 分 の 顔 写 真 をはじめにして 顔 と 名 前 を 覚 えてもらいやすいようにした 後 に 続 く 写 真 は 私 の 好 きなものや 興 味 のあるものだが 作 ったり 描 いたり 実 際 に 経 験 したことの 写 真 を 多 く 入 れた 自 分 らしさとは 何 かを 探 した 今 までの 作 品 趣 味 や 興 味 などを 書 き 出 し 紹 介 する 内 容 を 考 えた 自 分 が 伝 えたいことと 相 手 が 聞 きたいことがあると 思 った 優 先 順 位 をつけ 一 連 の 流 れが 分 かるよう 工 夫 した できるだけ 単 純 できれいな 写 真 を 撮 ることを 心 掛 けた 余 分 なものが 写 りこまないようにするのは 難 しかっ た 写 真 を 中 心 に 必 要 最 低 限 の 漢 字 を 使 った 作 品 と 自 分 を 取 り 巻 く 環 境 を 入 れた 自 分 の 興 味 関 心 がはっきり 伝 わるよう 写 真 は 被 写 体 を 明 確 にし 余 計 なも のが 写 らないようにした 書 作 品 の 前 に 筆 の 写 真 を 入 れる 等 内 容 が 変 わる 際 スムーズに 理 解 できるよう 配 慮 した 言 葉 が 必 要 なところは 簡 単 な 英 語 を 用 いた 写 真 を 多 く 用 いた 自 分 の 好 きな もの 関 心 のあることを 中 心 にまとめた 自 分 を 証 明 する ID を 利 用 し 様 々な 面 も 紹 介 するようにした - 9 -

2 美 術 教 育 講 座 教 育 研 究 創 造 力 アップ グローバル プロジェクト 資 料 2 彫 刻 家 冨 長 敦 也 氏 特 別 講 義 L.S.P.(Love Stone Project)について 10 月 28 日 ( 火 )5 限 現 在 世 界 各 地 でアート プロジェクトを 展 開 する 彫 刻 家 冨 長 敦 也 氏 を 招 き 特 別 講 演 を 行 った ここでは 講 演 内 容 の 一 部 を 紹 介 する 講 義 前 半 30 分 HP スライド 等 で L.S.P. 活 動 概 要 と 活 動 に 至 っ た 経 緯 についての 解 説 があり 後 半 40 分 でワークショップを 行 った L.S.P. 活 動 は 下 記 HP で 紹 介 d3blog/details.php?bid=260 < L.S.P. の 活 動 概 要 > L.S.P. は 冨 長 氏 が 2013 年 より 始 めた 制 作 方 法 で 氏 がハート 形 に 石 を 彫 り それをできるだけ 多 くの 市 民 と 磨 くというものである そのコンセプトは 石 を 磨 くことを 通 してみんなで 自 然 の 一 部 ということを 共 有 する こと このプロジェクトで 制 作 された 3 つの 3 トンのハートの 石 の 彫 刻 が 2013 年 第 25 回 UBE ビエンナーレ( 現 代 日 本 彫 刻 展 )で 大 賞 を 取 った 受 賞 の 結 果 2015 年 に 宇 部 市 美 術 館 での 展 覧 会 企 画 が 決 まり この 展 覧 会 開 催 に 向 け 2014 年 のゴールデンウィークから 日 本 国 内 にとどまらず 世 界 中 でこのプロジェクトが 展 開 された 活 動 は 北 海 道 から 沖 縄 まで 日 本 各 地 さらにはアメリカ 合 衆 国 メキシコ フランス イタリア ベトナム 等 諸 外 国 で 実 施 されている 40 か 所 以 上 で 市 民 と 一 緒 に 石 を 磨 く ショッピングモールでのイベントとしてパッ ケージされた 中 で 実 施 するケースや 特 に 宣 伝 することなくゲリラ 的 に 始 めたケース 学 校 の 教 材 として 先 生 に 託 すケース 個 人 宅 で 磨 くケース 子 どもたちや 高 齢 者 親 子 と 磨 くケース のべ 200 人 で 磨 くケースなど さまざまな 方 法 で 行 われている < 活 動 に 至 った 経 緯 > プロジェクトは 昨 年 からスタートしたが 冨 長 氏 のこれまで 25 年 間 続 けてきた 作 家 活 動 に 裏 付 けられる 能 勢 の 石 切 り 場 で 彫 刻 を 始 め 石 の 産 地 にこだわり 多 くの 石 切 り 場 をめぐり 鑿 という 原 始 的 な 道 具 を 使 い 制 作 してきた 2011 年 の 東 日 本 大 震 災 後 東 北 の 海 岸 を 歩 き 落 ちている 石 で 人 型 を 彫 るという 活 動 を 行 い この 被 災 地 での 活 動 が 自 分 も 自 然 の 一 部 でしかない というコンセプトを 持 つ 契 機 となった 海 辺 に 落 ちている 石 は 何 百 年 かかって 山 から 転 がり 下 ってきた という 思 いで 四 角 い 石 の 角 を 落 とし 丸 くするという 制 作 を 始 めた 自 分 の 表 現 が 何 か というよりも 美 術 で 何 ができるか ということに 気 持 ちが 変 わってきた そのようなときに 宇 部 市 に 自 分 の 活 動 を 評 価 していただいたことが 後 押 しになり 活 動 を 開 始 した 磨 きながら 思 いついた 言 葉 考 えたタイトルを 書 きハートの 形 に 切 ったもの

3 <ワークショップ> 中 に 滑 り 止 めマットが 敷 かれた 水 の 入 ったバットにハート 型 に 彫 刻 された 石 ( 今 回 は 旧 ユーゴスラビア 産 )を 置 き 4 ~ 5 人 一 組 で 交 代 で 磨 く 山 の 石 が 海 に 行 き 丸 くなるというのがコンセプトであるため 川 の 上 流 から 海 へ 下 るという 感 じで 紙 ヤスリの 番 数 を 変 え 磨 いた 紙 ヤスリは 数 が 大 きくなるほど 粒 度 が 細 かくなるので 最 初 は 120 番 次 に 240 番 400 番 800 番 1500 番 3000 番 6000 番 ( 特 注 )と 倍 になるよう 持 ちかえ 水 をかけながら 磨 く 全 工 程 40 分 のうち 10 分 は 120 番 をかけた 上 流 が 大 切 工 程 はすべての 石 において 同 一 であるが 磨 く 時 間 は 石 の 大 きさによりさまざまである 40 分 での 活 動 はこれまでやってきた 中 で 最 短 であり 時 間 短 縮 のため 紙 ヤスリをどんどん 新 しいものに 変 えよう と 指 示 があった 石 を 磨 いていない 間 は プラス チックシートに 磨 きながら 思 いついた 言 葉 考 えたタイトルを 書 きハートの 形 に 切 る これから 生 まれる 作 品 に はまだ 名 前 がないので 名 前 を 考 えてもらう 活 動 となっている 磨 いた 石 は 2015 年 4 月 ~ 宇 部 市 の 美 術 館 に 集 められ 全 体 で 一 つの 作 品 として 展 示 される シートも 一 緒 にガラス 面 に 展 示 される 予 定 < L.S.P. の 活 動 を 通 して> 本 企 画 のために 多 くの 人 の 協 力 があったこと ポスターを 友 人 が 作 成 してくれたこと ポスターは 石 に 紙 やす りをかける 複 数 の 子 どもの 手 が 写 された 写 真 を 背 景 に LOVE STONE PROJECT の 文 字 が 書 かれたシンプルな デザインであるが それのおかげで 海 外 では 特 に 言 語 での 説 明 もなく 人 が 集 まったこと ある 小 学 校 での 実 践 で クラスで 一 緒 に 磨 いた 経 験 が 亡 くなった 友 達 の 記 憶 を 支 えていたことなどのエピソードが 語 られた プロジェ クト 参 加 者 には 実 施 日 と 場 所 が 書 かれたシートと 磨 いた 石 のかけらが 入 った 袋 をプレゼントしている これは いつか 何 かのきっかけで 参 加 した 人 同 士 が 出 会 い 話 題 を 共 有 できたら 面 白 いと 思 い 始 めた プレゼント 磨 いた 石 記 念 写 真

4 美 術 教 育 講 座 教 育 研 究 創 造 力 アップ グローバル プロジェクト 資 料 3 ワークショップ 漢 字 ボール 企 画 の 立 案 1.いろいろな 紙 ( 材 質 の 違 う 紙 や 雑 誌 新 聞 紙 やチラシなど)を 切 り 抜 き それらを 球 体 にテープで 貼 る 最 終 的 に 屏 東 大 学 で 実 施 した ワークショップ 漢 字 ボール の 計 画 2. 半 紙 に 一 人 ずつ 好 きな 漢 字 を 書 く ( 書 いた 文 字 についてほめる 意 味 を 聞 く) 漢 字 を 書 いた 半 紙 を 共 同 で 制 作 した 球 体 に 貼 る ワークショップ 漢 字 ボール ( 完 成 版 ) 1 新 聞 紙 チラシをちぎり 貼 りやすい 適 当 な 大 きさにしたものをボールにマスキ ングテープで 貼 る 球 体 一 つをグループ で 一 緒 につくる 2 新 聞 紙 で 覆 われたボールでキャッチボー ルする ( 渡 す 際 に 名 前 を 呼 んでもよい) 3 半 紙 をくしゃくしゃに 丸 めた 後 開 き それをボールにマスキングテープを 使 っ て 貼 る 4ボール 全 体 が 半 紙 で 覆 われたら 一 人 ず つ 好 きな 漢 字 ( 名 前 の 一 文 字 でもよい) を 墨 で 書 く 書 いた 文 字 について 意 味 を 聞 く 5 全 面 に 漢 字 を 書 き 終 えたら 漢 字 ボー ル の 完 成 感 想 をグループの 代 表 者 に 聞 く 3. 代 替 案 として 先 に 半 紙 をマスキングテープで 張 り 付 ける 半 紙 は 一 度 くしゃ くしゃにしてから 伸 ばして 貼 るとボールになじみやすいこともわかった 所 要 時 間 : 全 1 時 間 1 10 分 /22 分 /38 分 /4 20 分 /5 20 分 準 備 物 : ビーチボール( 直 径 70cm 程 度 ) 新 聞 紙 ( 台 湾 日 本 ) マスキ ングテープ 半 紙 墨 液 紙 コッ プ 筆 5. 彩 り 豊 かな 美 しい 漢 字 ボール が 完 成 大 学 構 内 にある 三 角 形 のお 題 で 漢 字 ボー ルを 持 って 撮 影 4.あらかじめ 半 紙 を 貼 ったボールに 文 字 を 書 く マスキングテープの 部 分 は 墨 がのらないのでさける

5 美 術 教 育 講 座 教 育 研 究 創 造 力 アップ グローバル プロジェクト 資 料 4 ワークショップ 漢 字 ボール の 実 践 報 告 平 成 26 年 12 月 17 日 ( 水 ) 9:35 ~ 10:35 屏 東 大 学 林 森 キャンパス 六 愛 樓 教 室 中 国 語 は 話 せないが 言 葉 の 壁 を 越 えて 一 緒 に 楽 しく 活 動 したい という 旨 が 司 会 者 から 伝 えられ ワークショ プがスタートした 大 教 大 学 生 1 名 と 屏 東 大 生 3 ~ 4 名 で 構 成 されたグループで 活 動 7 グループのうち 1 グルー プは 司 会 班 となった 各 班 にビーチボール 新 聞 紙 ( 日 本 のもの 台 湾 のもの) マスキングテープが 配 られ ボー ル 全 面 を 新 聞 紙 で 覆 う 活 動 を 行 った 新 聞 紙 をちぎる テープで 留 めるという 作 業 を 司 会 チームが 実 演 を 交 えて 説 明 した 初 めはあまり 会 話 がなく 静 かで 新 聞 紙 を 裂 く 音 と 紙 のすれる 音 が 響 いた 次 第 にテープで 留 めるのを 協 力 する 姿 笑 顔 も 見 らるようになった 新 聞 紙 のボールができたところで グループの 仲 間 とキャッチボール をした 教 室 の 天 井 が 低 く 大 きな 活 動 はできなかったが ボールを 投 げ 合 う 中 で 笑 いも 起 こった 最 初 の 活 動 は 狭 い 範 囲 で 密 着 して 行 ったため メンバーの 活 動 場 所 が 固 定 されていたが キャッチボールをすることで 互 いの 固 定 場 所 が 崩 れ 雰 囲 気 もやわらかくなった 次 に 半 紙 でボール 全 体 を 覆 う 活 動 に 移 った ポイントは 半 紙 を 一 度 くしゃくしゃに 丸 め 広 げてから ボールに 貼 りつけるところ 半 紙 を 丸 める 係 半 紙 を 広 げ 抑 える 係 テー プを 切 る 係 ボールを 支 える 係 と 役 割 分 担 し 活 動 に 取 り 組 んでいた 黙 々と 取 り 組 むグループもあれば 片 言 ず つ 話 し 始 めるグループもあった 丁 寧 に 半 紙 でくるまれたボールが 完 成 したところで 漢 字 を 書 く 活 動 に 入 った 司 会 者 は 書 道 と 板 書 し 墨 液 と 筆 で 好 きな 漢 字 を 書 くよう 伝 えた また 実 際 に 笑 の 漢 字 を 書 いて 披 露 した 机 に 残 った 新 聞 紙 を 引 き 墨 液 の 入 った 紙 コップと 筆 を1セット 配 布 1 人 ずつ 順 番 に 文 字 を 書 いた 好 きな 文 字 や 名 前 を 書 く 際 漢 字 ではなく 英 語 で 書 く 学 生 もいた 名 前 を 書 いた 後 に 名 札 を 見 せ 合 う 姿 が 多 く 見 ら れた この 活 動 では 描 いた 文 字 を 大 いに 褒 め 書 いた 文 字 の 意 味 を 聞 くこととしていたので どの 班 でも 会 話 が 生 まれ 賑 やかになった 団 子 3 兄 弟 や 似 顔 絵 などイラストも 描 かれていた どのグループにも 一 人 が 書 く ところをその 他 のメンバー 皆 でボールを 抑 えながら 真 剣 に 見 守 る 姿 があった 筆 を 持 ったメンバーが 何 を 書 くの か 興 味 を 持 って 活 動 に 取 り 組 む 様 子 が 分 かった 漢 字 ボール が 完 成 した 後 各 グループの 屏 東 大 学 学 生 代 表 者 に 感 想 を 言 ってもらった 活 動 楽 しめた という 感 想 のほか 来 年 の 干 支 の 未 などおめでたい 言 葉 をみんな で 書 いた 台 湾 のおいしいものを 教 えながら 書 いた 友 達 を 作 るというテーマで 活 動 し 名 前 や 住 んでいる ところなど 自 分 たちの 生 活 に 関 する 字 を 書 いた 最 初 は 照 れていたがいろいろ 書 くうちに 仲 良 くなった 話 してみると 大 教 大 学 生 がとてもいい 人 だった などがあり ドラゴンボールに 見 えた ので 一 緒 にカメハメ ハのパフォーマンスをしたグループもあった 最 後 に 司 会 者 から 活 動 を 通 して 全 てのグループで 交 流 がなさ れたと 思 う これからも 交 流 を 深 めていきたい という 感 想 があり ワークショップが 終 了 した

6 生 でふれよう 日 本 の 美 術!プロジェクト 資 料 1 プロジェクトポスター 資 料 3 金 箔 はりの 工 程 錆 漆 ( 砥 粉 と 漆 が 混 ざったもの)を 塗 布 した 10cm2の 板 水 で 湿 らせたトグサで 凸 凹 を 削 り 布 で 拭 き 上 げる 木 地 の 上 に 漆 を 塗 布 する デザイン: 三 木 千 代 教 育 学 研 究 科 美 術 教 育 専 攻 1 回 生 資 料 2 ホームページでの 紹 介 竹 はさみで 箔 上 の 和 紙 の 角 をこすりめくり 上 げる 和 紙 ごとつまんで 運 ぶ 皺 がよる 場 合 は 軽 く 息 をかける 箔 の 上 から 真 綿 で 押 さえる 完 成

7 生 でふれよう 日 本 の 美 術!プロジェクト 資 料 4 略 式 乾 漆 法 の 工 程 1 粘 土 で 原 型 を 作 る 獅 噛 の 輪 郭 見 本 を 見 ながら 同 じ 大 きさに 作 る 粘 土 を 平 らにの ばし 中 心 をと り 目 耳 鼻 歯 牙 などをき め 量 を 減 らし たりつけたりす る だいたいの 厚 み 大 きさが 分 かればよい 2 離 形 ティッシュを 一 枚 にし 粘 土 の 上 にかぶせる 麻 布 を 必 要 な 分 カットする 原 型 より 上 下 3 cm くらい 大 き めに 切 る 3のりをつくる 小 麦 粉 に 少 しず つ 水 を 加 えペー スト 状 にする 6 麻 布 をかぶせ る 糊 漆 をつけた 方 をティッシュ 側 にしてかぶせ ヘラや 串 を 使 い 原 型 の 形 を 起 こしていく 7 木 屎 漆 をつく る 糊 漆 に 木 屑 (の こぎりで 挽 いた ときに 出 る 木 の 粉 )を 混 ぜる 手 で 触 ったとき にべとつかなく なるぐらいまで 木 屑 を 混 ぜ 粘 土 のような 固 さ にする 乾 燥 し やすいので 必 要 な 分 だけ 作 る 8 木 屎 漆 をつけ る 手 を 使 わずヘラ でつける 木 屎 漆 で 生 地 の 編 み 目 を 埋 める ボリュームの 足 りないところを 加 えてもよい 4 糊 漆 をつくる 紙 パレットにヘ ラで 糊 をとる のりの 半 分 の 量 の 木 工 用 ボンド を 加 え 均 等 に 混 ざるようヘラ をまわして 錬 る 練 る 9 成 形 縁 は 板 に 添 うよ うにしっかり 角 をつける ( 形 が 崩 れる 要 因 に なるため) 細 かな 部 分 の 形 も 作 る 5 麻 布 に 糊 漆 を 塗 る 麻 目 を 糊 漆 で 埋 めるようにヘラ で 塗 る 10 完 成 表 面 が 乾 いた ら 裏 から 粘 土 を 取 り 出 す

8 生 でふれよう 日 本 の 美 術!プロジェクト 資 料 5 日 本 画 授 業 講 義 資 料 胡 粉 団 子 をつくる 日 本 画 の 絵 具 は 膠 と 練 り 合 わせて 使 用 する 膠 の 分 量 を 上 手 に 調 整 することが 日 本 画 を 描 くときの 基 本 となる その 練 習 として 胡 粉 と 膠 を 練 り 合 わせた 胡 粉 団 子 を 作 った 用 意 するもの: 胡 粉 ( 乳 鉢 で 擦 っておくと きめの 細 かい 白 にな る) 膠 水 小 皿 スポイト 乳 鉢 で 擦 った 胡 粉 膠 水 胡 粉 (ごふん): 日 本 で 現 在 使 用 されている 最 高 品 質 の 胡 粉 は 天 然 のいたぼ 牡 蠣 の 貝 殻 で 製 造 されたもの 他 にホタテの 貝 殻 のものもある 胡 粉 に 始 まって 胡 粉 に 終 わる とまで 言 われるように 日 本 の 画 材 の 中 で は 古 来 より 最 も 重 要 で なくてはならない 色 材 単 に 白 としてではなく 下 地 盛 り 上 げ, 混 色 など 多 くの 技 法 がある 基 本 的 に 日 本 画 は 手 で 絵 の 具 を 作 る 胡 粉 に 加 える 膠 の 適 量 を 判 断 するためには 人 間 の 手 の 感 覚 が 必 要 となる 小 皿 に 必 要 な 量 の 胡 粉 を 入 れ 胡 粉 にスポ イトで 少 しずつ 膠 を 加 えなが ら 塊 をつくる ( 白 玉 団 子 を 作 るようなかんじ) 胡 粉 がまとまってきたところ で よく 練 る 中 の 方 が 粉 っぽ かったりするので 膠 をなじませ る だいたい 全 体 に 膠 が 定 着 し たと 思 ったら 胡 粉 を 丸 める 丸 めた 胡 粉 団 子 を 小 皿 に 投 げ つける 百 叩 き と 言 い 百 回 叩 く 人 もいる 叩 くことで 胡 粉 団 子 内 の 膠 がすみずみまで 行 き 渡 る ( 外 側 から 押 されて 隣 同 士 くっつく 感 じ) 胡 粉 の 細 粉 一 つ 一 つに 膠 が 着 く 叩 くとき に 空 気 に 触 れ 乾 燥 するので 百 叩 き をせずに 手 で 押 す 人 もい る 団 子 は 少 し 光 沢 ある 感 じに なる 耳 たぶくらいの 柔 らかさ 団 子 ができたら 手 などの 汚 れを 取 るために ( 蛇 のように) 細 くする 胡 粉 の 中 全 体 に 膠 が 適 量 で 混 ぜられている 場 合 細 く 長 く 伸 ばすことができる 途 中 で 切 れる 場 合 は 粘 着 力 が 弱 いので 膠 を 加 え 調 整 する 絵 の 具 を 水 で 解 く 汚 れなどをと る 場 合 は ぬるま 湯 に1 分 ほどつけ る 表 面 積 を 広 く し 水 を 入 れる 毒 性 のある 絵 の 具 は 手 で 混 ぜたり しない 胡 粉 の 解 き 方 が 一 番 難 しい ので これができ れば 岩 絵 具 も 溶 け る 天 然 岩 絵 具 : 天 然 の 鉱 物 を 砕 いてできた 絵 具 粒 子 の 大 きさにより 色 の 濃 淡 が 分 かれ 絵 具 を 焼 くことで 色 を 変 えることができる 日 本 画 絵 具 の 最 大 の 特 徴 でも ある 発 色 の 美 しさは 天 然 岩 絵 具 の 粒 子 の 大 きさの 違 いにある 不 純 物 の 混 入 や 色 の 変 化 などにより 微 妙 で 複 雑 な 色 合 いが 生 み 出 される 中 心 が 鉱 物 は 新 岩 絵 具 ( 人 工 的 に 色 付 けしたガラス 質 の 固 まりを 砕 いた もの)

パン作り

パン作り ク ラ フ ト クラフト 名 実 施 可 能 期 間 所 要 時 間 料 金 対 象 学 年 活 動 場 所 焼 き 板 4~11 月 2 時 間 記 念 バッヂ ストラップ 1 時 間 30 分 材 料 代 1 人 340 円 アクリル 絵 の 具 1 箱 830 円 山 からの 便 り ネイチャー クラフト 1~2 時 間 材 料 代 1 人 290 円 アクリル 絵 の 具 1 箱 830 円

More information

に 半 丸 形 ヤスリで 刻 みを 入 れて 最 後 に 針 先 を 尖 らせて 完 成 となる 針 先 の 加 工 では 針 先 が 濡 れているとヤスリをかけても 先 端 が 尖 らない ( 註 3)ため 素 材 を 乾 燥 させた 後 水 を 使 わずに 紙 やすりで 先 端 を 尖 らせた

に 半 丸 形 ヤスリで 刻 みを 入 れて 最 後 に 針 先 を 尖 らせて 完 成 となる 針 先 の 加 工 では 針 先 が 濡 れているとヤスリをかけても 先 端 が 尖 らない ( 註 3)ため 素 材 を 乾 燥 させた 後 水 を 使 わずに 紙 やすりで 先 端 を 尖 らせた 國 井 秀 紀 1 はじめに 当 館 では 縄 文 時 代 に 使 用 された 鹿 角 製 釣 り 針 をつくる 実 技 講 座 をこれまでに5 回 実 施 して きた ( 註 1) 筆 者 は 平 成 24 年 度 の 講 座 を 担 当 し その 中 で 硬 い 鹿 の 角 の 加 工 に 大 変 時 間 が かかることを 感 じた また 講 座 では 参 加 者 の 半 分 以 上 を 占 めた

More information

普通科三年生「生物」勉強報告会

普通科三年生「生物」勉強報告会 幼 児 生 活 団 生 活 の 全 てから 繋 がる 美 術 木 村 佳 代 子 幼 児 生 活 団 の 美 術 は 特 別 な 才 能 教 育 として 教 え 込 むのでなく 自 然 の 中 にある 色 形 音 に 美 しさを 見 出 す 感 性 と 感 じたことを 表 そうとする 思 いと 力 が 子 ども 達 が 友 だちと 楽 しく 励 み 合 う 日 々の 生 活 の 中 で 育 まれていくようにと

More information

<32303135944E9378817598618F9182CC82B382DC82B482DC817693578EA691D682A68358835083578385815B838B91E68754959481468FED90DD935793578EA68C7689E62028323031363033303974616B617368696E61292E786C73>

<32303135944E9378817598618F9182CC82B382DC82B482DC817693578EA691D682A68358835083578385815B838B91E68754959481468FED90DD935793578EA68C7689E62028323031363033303974616B617368696E61292E786C73> 国 文 学 研 究 資 料 館 通 常 展 示 和 書 のさまざま 第 Ⅰ 部 2016/3/14 版 番 号 名 称 解 説 年 代 Ⅰ 形 態 と 素 材 (1) 和 書 の 装 訂 このセクションでは 物 としての 和 書 を 考 えるという 観 点 か ら 和 書 が 何 を 素 材 にしてどのように 作 られているか 装 訂 書 型 各 部 位 の 名 称 料 紙 その 他 について 解

More information

研究成果報告

研究成果報告 平 成 21 22 年 度 助 成 研 究 ゴールドサンドウィッチガラス 碗 における 截 金 技 法 研 究 ~ 大 英 博 物 館 蔵 金 箔 入 りガラス 碗 を 中 心 として~ 並 木 秀 俊 Ⅰ- 研 究 目 的 東 京 藝 術 大 学 図 1 本 研 究 では ヨーロッパにおいて 紀 元 前 に 製 造 された とされる 大 英 博 物 館 所 蔵 金 箔 入 りガラス 碗 ( 図 1)

More information

2と 続 く 5は 塗 装 そのものの 目 的 としては 重 要 だが 水 を 態 々かけることはないし かかるというシチュエーションも 洪 水 以 外 はなさそうなので 気 にしないことにする いかにして 手 抜 きの 割 に 美 しい 仕 上 げにするかに 挑 戦 してみた 塗 装 のプロほどの

2と 続 く 5は 塗 装 そのものの 目 的 としては 重 要 だが 水 を 態 々かけることはないし かかるというシチュエーションも 洪 水 以 外 はなさそうなので 気 にしないことにする いかにして 手 抜 きの 割 に 美 しい 仕 上 げにするかに 挑 戦 してみた 塗 装 のプロほどの 手 軽 なスピーカーシステムの 表 面 仕 上 方 法 鈴 木 茂 2011 年 7 月 9 日 はじめに 自 分 が 中 心 に 立 ち 上 げた 会 でありながら スピーカー 再 生 技 術 研 究 会 という 難 しい 名 称 の 会 は ちょっと 敷 居 が 高 すぎる 感 じも 受 ける 難 しい 理 論 や 数 式 を 並 べても 近 寄 りが たい 感 じがするのだが スピーカー 工

More information

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子 学 年 B() 太 陽 と 地 面 の 様 子 全 10 間 学 年 1 単 元 のねらい ここでは, 太 陽 と 地 面 の 様 子 について 興 味 関 心 をもって 追 究 する 活 動 を 通 して, 日 陰 の 位 置 の 変 化 と 太 陽 の 動 きと を 関 係 付 けたり, 日 なたと 日 陰 の 地 面 の 様 子 の 違 いを 比 較 したりする 能 力 を 育 てるとともに,それらについての

More information

カシュー塗装法

カシュー塗装法 木 製 品 カシュー 塗 装 法 カシュー 株 式 会 社 NO.20 カシュー カシュー の 商 品 名 について 当 社 は 昭 和 2 3 年 に カ シ ュ ー 樹 脂 塗 料 を 発 明 し そ の 主 原 料 の 名 称 で あるカシュー(Cashew)に ち な ん で 商 品 名 を カシュー と 名 付 け ました カ シ ュ ー の 名 称 は 会 社 名 主 原 料 名 塗 料

More information

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 伝 えたいふる 里 の 味 美 作 市 栄 養 委 員 会 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 ぼた 餅 米 A

More information

Taro11-小2指導案.jtdc

Taro11-小2指導案.jtdc 小 学 部 生 活 単 元 学 習 学 習 指 導 案 日 時 平 成 20 年 9 月 24 日 2,3 校 時 場 所 小 学 部 プレイルーム 授 業 者 (T1) (T2) (T3) 1 単 元 名 おおきなかぶ のえほんをつくろう 2 目 標 絵 本 のできあがりを 楽 しみにして 自 分 から 活 動 を 進 めたり 自 分 からやってみようと 手 を 伸 ばしたりすることができる (2)

More information

( 資 料 )

( 資 料 ) 読 書 活 動 の 推 進 に 向 けた 取 り 組 み ~ 学 校 図 書 館 支 援 員 の 有 効 活 用 ~ 越 前 市 王 子 保 小 学 校 本 年 度 より 学 校 図 書 館 支 援 事 業 として 本 校 に 毎 週 月 曜 日 と1 3 5 週 の 木 曜 日 に 図 書 支 援 員 を 迎 えることになった 本 校 の 支 援 員 さんは 図 書 ボ ランティアとしての 経 歴

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 歯 並 びが 気 になる これでわかる! 矯 正 治 療 歯 並 びを 治 すには 色 々な 方 法 があります 歯 を 削 らず デコボコがなくなって 自 分 の 歯 でずっと 噛 めるのが 矯 正 治 療! 初 めての 矯 正 わからないことだらけ 少 しの 不 安 もなくなるように 日 々のカウンセリングの 中 で 質 問 が 多 かったことや 基 本 的 なことについてまとめてみました 目

More information

ひな 人 形 市 場 は 400 億 円 市 場 と 推 測 ( 吉 德 調 べ) 子 どもの 出 生 数 の 減 少 により ひな 人 形 市 場 への 影 響 が 懸 念 されがちですが 本 来 ひな 人 形 は 初 節 句 を 迎 える 長 女 市 場 を 中 心 に 展 開 されるため その

ひな 人 形 市 場 は 400 億 円 市 場 と 推 測 ( 吉 德 調 べ) 子 どもの 出 生 数 の 減 少 により ひな 人 形 市 場 への 影 響 が 懸 念 されがちですが 本 来 ひな 人 形 は 初 節 句 を 迎 える 長 女 市 場 を 中 心 に 展 開 されるため その 商 戦 は 親 王 飾 り が 中 心 平 均 価 格 帯 は 17~20 万 円 前 後 ひな 人 形 選 びのポイントは 顔 そして 衣 裳 の 色 目 目 次 ひな 人 形 マーケットは 400 億 円 市 場 ひな 商 戦 の 主 役 は 親 王 飾 り そして 三 段 飾 り ひな 人 形 選 択 のポイントは 顔 衣 裳

More information

VISAについて

VISAについて 住 宅 建 設 技 術 設 計 書 I. 工 事 全 般 1. 工 事 は 以 下 を 含 む a. 土 壌 掘 下 げ 工 事 は 以 下 を 含 む: 基 礎 浄 化 槽 上 下 水 道 トイレ 排 水 / 家 庭 排 水 b. 基 礎 の 隙 間 に 土 砂 を 戻 し 平 地 化 する 工 事 c. 基 礎 の 敷 石 工 事 d. レンガ 積 み 工 事 e. モルタル 作 業 f. ドア

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

製 品 概 要 本 製 品 は 粉 末 状 です 清 水 で 練 って 下 さい 着 色 は 色 粉 を 使 用 します 内 容 量 10kg/ 袋 施 工 可 能 面 積 約 6.5 m2/ 袋 標 準 色 プレーン ( 色 粉 不 使 用 ) Uカラー 6 色 濃 淡 (12 色 ) シトラスイ

製 品 概 要 本 製 品 は 粉 末 状 です 清 水 で 練 って 下 さい 着 色 は 色 粉 を 使 用 します 内 容 量 10kg/ 袋 施 工 可 能 面 積 約 6.5 m2/ 袋 標 準 色 プレーン ( 色 粉 不 使 用 ) Uカラー 6 色 濃 淡 (12 色 ) シトラスイ 平 成 28 年 7 月 1 日 改 訂 施 工 要 領 書 監 督 大 工 左 官 用 Tel 076-263-2034 Fax 076-263-2060 E-Mail h-muramoto@muramoto-sp.com 製 品 概 要 本 製 品 は 粉 末 状 です 清 水 で 練 って 下 さい 着 色 は 色 粉 を 使 用 します 内 容 量 10kg/ 袋 施 工 可 能 面 積 約

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63> 2. 図 面 の 記 載 の 基 本 意 匠 法 の 保 護 対 象 となる 物 品 の 形 態 は 大 半 が 立 体 状 の 形 態 をしています しかし そ の 立 体 状 の 形 態 を 意 匠 登 録 出 願 する 際 には 平 面 上 に 記 載 した 図 面 等 によって 表 す 規 定 と なっています つまり 意 匠 権 の 客 体 は 現 実 の 立 体 物 ではなく その 図

More information

イメージアップ戦略企画コンペ説明書

イメージアップ戦略企画コンペ説明書 平 成 28 年 度 建 設 産 業 イメージアップ 戦 略 事 業 業 務 委 託 企 画 コンペ 説 明 書 1 業 務 委 託 名 平 成 28 年 度 建 設 産 業 イメージアップ 戦 略 事 業 業 務 委 託 2 目 的 将 来 的 な 建 設 産 業 の 担 い 手 確 保 のため 主 に 学 生 や 児 童 等 を 対 象 に 建 設 産 業 の 役 割 や 業 務 内 容 について

More information

写 真 3 点 灯 している 手 回 し 交 流 発 電 機 磁 石 を 回 転 させる 構 造 であるため 発 光 ダイオード との 接 続 も 簡 単 で 回 路 が 単 純 で 分 かりやすい 接 点 が 少 ないため 接 触 不 良 がなく 安 定 して 発 電 できる 発 光 ダイオードは

写 真 3 点 灯 している 手 回 し 交 流 発 電 機 磁 石 を 回 転 させる 構 造 であるため 発 光 ダイオード との 接 続 も 簡 単 で 回 路 が 単 純 で 分 かりやすい 接 点 が 少 ないため 接 触 不 良 がなく 安 定 して 発 電 できる 発 光 ダイオードは 中 学 第 一 分 野 簡 単 にできる 手 回 し 交 流 発 電 機 の 開 発 と 交 流 電 流 の 学 習 * 福 井 県 坂 井 市 立 三 国 中 学 校 月 僧 秀 弥 目 的 Ⅱ. 発 電 機 の 構 造 中 学 校 理 科 における 新 学 習 指 導 要 領 1) において 交 流 電 流 に 関 しての 学 習 が 追 加 された 交 流 電 流 は 家 庭 で 使 われている

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

Microsoft Word - 玉野防災マニュアル0424.doc

Microsoft Word - 玉野防災マニュアル0424.doc 災 害 図 上 訓 練 (DIG)で 地 域 の 防 災 力 を 高 めよう! STEP3 災 害 時 のイメージを 地 図 に 落 としてみよう! 作 業 の 流 れ 1. 地 図 の 下 準 備 2. 透 明 シートのセット 3. 基 本 図 の 作 成 4. 避 難 経 路 の 確 認 5. 項 目 の 書 き 出 し 6. 津 波 被 害 の 想 定 7. 全 体 発 表 用 意 するもの

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

untitled

untitled 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 10 八 幡 市 の 財 政 平 成 22 年 度 一 般 会 計 歳 入 当 初 予 算 ( 単 位 : 千 円 ) 府 支 出 金 (6.1%)1,426,220 繰 入 金 (4.5%)1,031,131 市 債 (10.6%)2,458,500 国 庫 支 出 金 (14.4%)3,350,029 地 方 消 費

More information

風致地区条例許可事務マニュアル

風致地区条例許可事務マニュアル 立 川 市 風 致 区 条 例 申 請 の 手 引 き 平 成 26 年 4 月 都 市 計 画 課 風 致 区 とは 都 市 の 良 好 な 自 然 的 景 観 を 維 持 するために 都 市 計 画 法 で 定 められた 区 です 立 川 市 風 致 区 条 例 に 定 められている 一 定 の 行 為 を 行 う 場 合 は 市 長 の 許 可 を 受 けることが 必 要 です 風 致 区 内

More information

< F2D91E F E682CC82C882A98BB38EBA817696CA>

< F2D91E F E682CC82C882A98BB38EBA817696CA> H27.10.29 行 事 名 第 5 回 よのなか 教 室 日 時 平 成 27 年 11 月 5 日 ( 木 ) 礼 法 指 導 14:10~16:00 場 所 体 育 館 各 教 室 対 象 者 9 年 生 生 徒 (101 名 ) ね ら い 日 向 市 の よのなか 教 室 の 授 業 に 参 加 することで, 生 徒 たちのキャリア 能 力 を 伸 ばす (1) 今 中 学 校 で 学

More information

プロジェクトの 経 緯 と 想 い 2011 年 3 月 11 日 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 が 発 生 しました あまりにも 多 くを 失 い 今 も 厳 しい 寒 さの 中 ただ 耐 えて 命 をつないでいる 方 々を 目 の 当 たりにして 黙 って 通 り 過 ぎ ることができ

プロジェクトの 経 緯 と 想 い 2011 年 3 月 11 日 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 が 発 生 しました あまりにも 多 くを 失 い 今 も 厳 しい 寒 さの 中 ただ 耐 えて 命 をつないでいる 方 々を 目 の 当 たりにして 黙 って 通 り 過 ぎ ることができ 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 復 興 プロジェクト Heart on Coin 絆 プロジェクト 企 画 書 Heart on Coin 絆 プロジェクトチーム プロジェクトの 経 緯 と 想 い 2011 年 3 月 11 日 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 が 発 生 しました あまりにも 多 くを 失 い 今 も 厳 しい 寒 さの 中 ただ 耐 えて 命 をつないでいる 方

More information

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 一 肉 作 線 維 芽 作 表 活 発 肉 芽 コ ラ ゲ ン 線 維 呼 増 殖 埋 縮 併 進 先

More information

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 公 共 土 木 施 設 の 被 災 状 況 と 斜 面 被 害 愛 媛 県 技 術 士 会 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 1 被 災 調 査 員 : 愛 媛 県 技 術 士 会 会 長 須 賀 幸 一 ( 芙 蓉 コンサルタント) 副 会 長 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 副 会 長 米 虫 聡 ( アースコンサルタント)

More information

kaiin-kakunin_sho

kaiin-kakunin_sho ラッピングトラック ラッピングトラック 懸 賞 アンケート 調 査 報 告 書 1. 調 査 目 的 会 津 若 松 商 工 会 議 所 卸 物 流 部 会 では 会 津 ナンバー 支 援 協 議 会 の 関 連 事 業 として 平 成 18 年 10 月 の 会 津 ナンバー 発 給 開 始 時 期 にあわせて 全 国 を 走 行 する 大 型 貨 物 の 荷 台 をキャンパスに 見 立 てて 会

More information

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月 豪 雨 による 奄 美 肝 付 町 道 路 被 災 箇 所 調 査 工 学 部 北 村 良 介 酒 匂 一 成 1.はじめに 奄 美 大 島 加 計 呂 麻 島 では,21 年,212 年, 肝 付 町 では 212 年 に 豪 雨 に 伴 う 斜 面 崩 壊 によ り 多 くの 道 路 が 被 災 している 著 者 らは, 奄 美 での 21 年 1 月 2 日,212 年 6 月 1 日 に 発

More information

113066

113066 第 28 回 山 﨑 賞 3 分 解 者 のキチナーゼ 活 性 に 関 する 研 究 1. はじめに 夏 にはいろいろなところでセミの 抜 け 殻 を 見 つけることができる しかし 夏 以 降 になると 発 見 できなくなる 何 がぬけがらを 分 解 しているのだろう これが 先 輩 が 疑 問 に 思 ったことであ り この 研 究 の 始 まりだった 文 献 を 調 べ セミの 抜 け 殻 のキチン

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 仮 設 住 宅 1. 仮 設 住 宅 ( 正 式 名 称 : 応 急 仮 設 住 宅 )とは? 2014.4.28 竹 原 谷 川 野 田 災 害 救 助 法 という 法 律 に 基 づき 被 災 者 に 対 して 供 与 するものであり 1 新 たに 建 設 することによって 提 供 される 住 宅 (プレハブ) 2 民 間 の 賃 貸 住 宅 等 の 借 上 げによって 被 災 者 に 提 供

More information

象 を 見 た 直 後 に 感 想 を 聞 く な ど 事 象 提 示 に 関 す る 手 立 て が 多 く 挙 げ ら れ た り し た も の の, 仮 説 の 設 定 に つ な が る 事 象 の 見 方 や 考 え 方 な ど, 思 考 を 支 援 す る 指 導 法 に 直 結 す

象 を 見 た 直 後 に 感 想 を 聞 く な ど 事 象 提 示 に 関 す る 手 立 て が 多 く 挙 げ ら れ た り し た も の の, 仮 説 の 設 定 に つ な が る 事 象 の 見 方 や 考 え 方 な ど, 思 考 を 支 援 す る 指 導 法 に 直 結 す 第 4 章 仮 説 設 定 の 指 導 方 略 (4 QS) 開 発 物 語 は じ め に - The Four Question Strategy と の 出 会 い - 筆 者 は 平 成 14 年 4 月 に 上 越 教 育 大 学 へ 赴 任 し た 学 部 修 士 の 学 生 を 受 け 入 れ 始 め た の は 翌 年 の 平 成 15 年 度 か ら で あ る こ の 年 に 受

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2014.8.9 懇 親 会 にて 第 4 号 朝 日 塾 中 学 高 等 学 校 / 朝 日 塾 中 等 教 育 学 校 同 窓 生 父 母 の 会 お 問 い 合 わせ 先 709-2136 岡 山 市 北 区 御 津 紙 工 2590 電 話 0867-26-01111 ( 担 当 : 山 内 ) - 1 - 誇 れる 母 校 に 副 校 長 鳥 海 望 美 4 月 の 高 等 部 の 学 習

More information

Microsoft Word - 4施工計画・施工図

Microsoft Word - 4施工計画・施工図 資 料 4 ( 1 / 2) 施 工 計 画 書 及 び 施 工 図 について 1 総 合 施 工 計 画 書 ----------------------------------------------------------------- 工 事 着 手 に 先 立 ち 工 事 の 総 合 的 な 計 画 をまとめた 総 合 施 工 計 画 書 を 作 成 し 担 当 職 員 に 提 出 すること

More information

2011年度 幼児才能教室「まいと」 募集要項

2011年度 幼児才能教室「まいと」 募集要項 2016 年 度 幼 児 才 能 教 室 まいと 募 集 要 項 新 年 長 Marvelous コース (マーヴェラス コース) 入 会 金 は 入 会 時 のみとさせて 頂 きます 新 年 長 Mavelous 総 合 コース 入 会 金 54,000 円 (50,000 円 + 税 ) キャンペーン 入 会 &ご 紹 介 入 会 の 場 合 の 金 額 は 上 記 と 異 なります キャンペーン

More information

表紙

表紙 現 況 の 指 定 容 積 率 をすべて 使 い 切 った 場 合 に 現 況 容 積 率 の 2.25 倍 以 上 になるかどうかを 確 認 する 現 況 の 街 区 面 積 は 3,569,759m2 延 べ 床 面 積 は 3,569,759m2であるから 目 標 とする 延 べ 床 面 積 はその 2.25 倍 の 8,031,958m2である 一 方 指 定 容 積 率 をすべて 使 い

More information

いろいろな 遊 びの 中 で 自 分 なりの 目 的 をもち 試 したり 考 えたり 工 夫 したりしながら 遊 びに 取 り 組 む 梅 雨 期 や 夏 の 生 活 に 興 味 関 心 をもって 生 活 しようとする 4 週 のねらい (6 月 4 週 ) 皆 で 一 緒 に 体 を 動 かして

いろいろな 遊 びの 中 で 自 分 なりの 目 的 をもち 試 したり 考 えたり 工 夫 したりしながら 遊 びに 取 り 組 む 梅 雨 期 や 夏 の 生 活 に 興 味 関 心 をもって 生 活 しようとする 4 週 のねらい (6 月 4 週 ) 皆 で 一 緒 に 体 を 動 かして 5 歳 児 つき 組 保 育 指 導 案 1 研 究 主 題 主 体 的 な 幼 児 を 育 てるための 援 助 のあり 方 ~ 運 動 的 な 遊 びを 通 して~ 2 学 級 の 実 態 ( 男 児 16 名 女 児 19 名 計 35 名 転 入 園 児 1 名 含 む) 全 体 的 な 学 級 の 様 子 比 較 的 穏 やかである スキンシップを 取 りたがる 幼 児 が 多 い 集 まりの

More information

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術 技 術 資 料 九 州 の 温 暖 な 気 象 条 件 を 活 用 し 冬 季 生 産 を 可 能 にする アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 2011 年 3 月 独 立 行 政 法 人 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 九 州 沖 縄 農 業 研 究 センター 暖 地 施 設 野 菜 花 き 研 究 チーム アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 とは アスパラガスの 伏

More information

スライド 1

スライド 1 岩 手 県 立 博 物 館 における 文 化 財 レスキューの 現 状 と 課 題 - 岩 手 県 陸 前 高 田 市 救 出 資 料 を 中 心 にー 岩 手 県 立 博 物 館 赤 沼 英 男 表 1 東 日 本 大 震 災 と 余 震 に 伴 う 主 な 国 指 定 文 化 財 の 主 な 被 害 状 況 市 町 村 種 別 物 件 被 害 概 要 岩 手 大 学 農 学 部 ( 旧 盛 岡

More information

神奈川県西部県有施設等調査報告書

神奈川県西部県有施設等調査報告書 2012/1 豊 島 区 庁 舎 整 備 事 業 に 関 する 調 査 報 告 書 251659264 作 成 :みんなの 党 横 浜 市 会 市 会 議 員 大 岩 まさかず 写 真 : 豊 島 区 庁 舎 ( 新 庁 舎 ) 調 査 の 概 要 調 査 概 要 項 目 内 容 豊 島 区 庁 舎 整 備 事 業 豊 島 区 では 新 区 庁 舎 の 整 備 にあたり 一 般 財 源 の 負 担

More information

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の ( 別 紙 ) 簡 易 型 総 合 評 価 落 札 方 式 における 施 工 計 画 評 価 に 関 する 留 意 事 項 について 施 工 計 画 型 では 技 術 的 な 工 夫 の 余 地 の 小 さい 工 事 において 工 事 の 条 件 や 現 場 条 件 等 を 踏 まえて 目 標 を 達 成 するための 施 工 上 の 配 慮 を 評 価 します 施 工 計 画 を 作 成 する 場

More information

開 講 日 時 申 込 科 目 講 座 名 講 座 内 容 1 模 試 から 学 ぶ 得 点 力 アップ 講 座 (ハイレベル 編 ) ~ベネッセ( 進 研 ) 模 試 ~ 高 2ベネッセ( 進 研 ) 模 試 の を 復 習 します テキストはみなさんの 受 けた 模 試 そのもの 正 答 率 の

開 講 日 時 申 込 科 目 講 座 名 講 座 内 容 1 模 試 から 学 ぶ 得 点 力 アップ 講 座 (ハイレベル 編 ) ~ベネッセ( 進 研 ) 模 試 ~ 高 2ベネッセ( 進 研 ) 模 試 の を 復 習 します テキストはみなさんの 受 けた 模 試 そのもの 正 答 率 の KATEKYO 新 高 2 新 高 3 対 象 科 目 選 択 制 春 期 講 習 講 座 一 覧 講 座 申 込 書 学 年 新 年 生 受 講 者 氏 名 各 時 間 から1 科 目 を 選 択 し 合 計 14コマ 選 んで 春 期 講 習 申 込 書 と 同 時 にご 提 出 ください 例 開 講 日 時 申 込 科 目 講 座 名 講 座 内 容 ( 必 須 ) ガイダンス テキスト 配

More information

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ 第 3 学 年 国 語 科 全 国 学 力 調 査 の 結 果 は 知 識 活 用 能 力 ともに 全 ての 領 域 観 点 で 全 国 及 び 都 の 平 均 を1~6ポイント 程 度 上 回 っている 短 い 言 葉 や 本 文 の 書 き 抜 きで 解 答 する 問 題 は 取 り 組 み 状 況 結 果 ともによいが 作 文 や 論 理 構 成 を 大 事 にした 説 明 を 要 する 問

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

第2章 学校環境衛生基準 第3

第2章 学校環境衛生基準 第3 の 等 及 び 等 の の 基 準 の A 検 査 項 目 及 び 基 準 値 の 設 定 根 拠 等 の 解 説 検 査 項 目 基 準 (1) 大 掃 除 の 実 施 大 掃 除 は 定 期 に 行 われていること (2) 雨 水 の 排 水 溝 等 屋 上 等 の 雨 水 排 水 溝 に 泥 や 砂 等 が 堆 積 していないこと また 雨 水 配 水 管 の 末 端 は 砂 や 泥 等 により

More information

T_00051-001

T_00051-001 く 付 表 2> 墨 書 石 の 位 置 及 び 内 容 一 覧 石 坦 の 部 位 石 記 号 墨 書 内 容 南 東 隅 隅 石 a 根 石 の 積 み 面 に 2 点 と, 三 月 十 七 日 たのも 云 々とも 読 める 不 明 文 字, 検 出 時 は 逆 さに 見 えていた. 脇 石 b a 石 と 東 に 隣 接 する 脇 石 で, 積 み 面 に 2 点, 上 面 に 1 点 c a

More information

「フクイ生まれの建設技術フェア2008」報告書

「フクイ生まれの建設技術フェア2008」報告書 開 催 報 告 書 平 成 27 年 10 月 建 設 技 術 フェア 実 行 委 員 会 目 次 1 概 要 1 2 詳 細 2 (1) 開 会 式 ( 本 館 1 階 多 目 的 ホール) (2) 展 示 会 (1 号 館 展 示 場 ) (3)その 他 展 示 ( 本 館 1 階 多 目 的 ホール) (4)その 他 企 画 ( 屋 外 展 示 場 ) (5) 同 時 開 催 事 業 :フクイ

More information

技能職ハンドブック

技能職ハンドブック 伝 統 を 知 る 職 人 の 技 と 心 PROLOGUE 01 CONTENTS 01 02 03 14 PROLOGUE CONTENTS 04 050607 080910 111213 151617 1819 20 32 70 2122232425 262728 293031 333435 36373839 404142 434445 464748 495051 52535455 565758

More information

           目    次

           目    次 第 10 章 維 持 管 理 第 10 章 維 持 管 理 1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 給 水 装 置 は 年 月 の 経 過 に 伴 う 材 質 の 劣 化 により 故 障 漏 水 等 の 事 故 が 発 生 す ることがある 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 又 は 最 小 限 に 抑 えるためには 維 持 管 理 を 行 うことが 重 要 である (1) 給 水 装 置 工

More information

平成14年4月22日

平成14年4月22日 地 盤 品 質 判 定 士 通 信 40 地 盤 品 質 判 定 士, 地 盤 品 質 判 定 士 補,ならびに 判 定 士 協 議 会 関 係 者 の 皆 様 へ 地 盤 品 質 判 定 士 による 熊 本 地 震 地 盤 災 害 現 地 調 査 速 報 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 )と 16 日 ( 本 震 )の 地 震 によって, 熊 本 から 大 分 にかけての 広 い

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083438347838D815B837B815B8368338C8E8D86205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083438347838D815B837B815B8368338C8E8D86205B8CDD8AB78382815B83685D> 花 粉 症 と 微 小 粒 子 状 物 質 (PM2.5) 参 考 文 献 : 環 境 省 ホームページ http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html 微 小 粒 子 状 物 質 (PM2.5)とは1 大 気 中 に 漂 う 粒 径 2.5μm (1μm=0.001mm) 以 下 の 小 さな 粒 子 の ことで 従 来 から 環 境 基 準 を 定 めて 対

More information

Microsoft Word - 研修報告書(0324)

Microsoft Word - 研修報告書(0324) 学 校 における 再 登 校 支 援 について 校 内 における 別 室 登 校 の 在 り 方 の 一 考 察 ー 1 問 題 意 識 と 研 究 目 的 文 部 科 学 省 の 今 後 の 不 登 校 への 対 応 の 在 り 方 について( 報 告 ) (2009)によると 不 登 校 の 問 題 が 教 育 の 課 題 として 認 識 されて 以 来 行 政 や 学 校 は スクールカウンセラーの

More information

大規模システムへの効果的対応

大規模システムへの効果的対応 パネルディスカッション: USDM で 良 かったことと 困 ったこと 2014-11-21 派 生 開 発 推 進 協 議 会 Copyrights 派 生 開 発 推 進 協 議 会 2014 2014-11-21 0 パネリスト 南 部 妙 水 アンリツエンジニアリング 技 術 の 利 用 者 内 部 推 進 者 技 術 者 斎 藤 芳 明, 富 士 ゼロックス 技 術 の 利 用 者 内 部

More information

発行:東京農工大学工学部

発行:東京農工大学工学部 2.3 繊 維 から 分 子 へ (1) 工 業 社 会 と 1950 年 代 前 半 に 我 が 国 は 第 二 次 世 界 大 戦 で 受 けた 重 大 なダメージから 徐 々に 立 ち 直 り 経 済 は 本 格 的 な 拡 大 期 に 入 った この 期 間 に 高 度 成 長 の 波 に 乗 って 繊 維 工 業 や 工 業 などの 重 工 業 が 大 きく 発 展 したが そのような 最

More information

18 18 18 18 18 18 18 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため

More information

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」 資 料 2 生 ごみの 堆 肥 飼 料 利 用 に 関 するヒアリングについて 1. 概 要 飼 料 化 堆 肥 化 等 の 生 ごみ 利 用 について 食 品 製 造 工 場 から 排 出 されるものから 家 庭 から 排 出 されるものに 至 るまでの 生 ごみを 想 定 し 主 に 飼 料 堆 肥 のユーザー 側 の 関 係 団 体 にインタビュー 形 式 でヒアリングを 行 った インタビューでは

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081795765628CF68A4A977082C992B290AE817A48323193A496DD8CA48B8695F18D9081698DB2815896D88D81816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081795765628CF68A4A977082C992B290AE817A48323193A496DD8CA48B8695F18D9081698DB2815896D88D81816A> 十 勝 産 豆 類 を 用 いた 商 品 の 開 発 ( 平 成 21 年 度 ) 研 究 開 発 課 佐 々 木 香 子 共 同 研 究 紫 竹 ガーデン 1. 背 景 と 目 的 十 勝 は 日 本 有 数 の 豆 類 生 産 地 であり 近 年 では 雑 豆 を 原 料 とした 穀 物 酢 や 製 餡 煮 汁 を 用 いた 色 付 け 剤 常 温 流 通 可 能 な 豆 腐 の 薫 製 品 などの

More information

(佐賀県カスタネット)H26委託事業実施内容報告書(A)

(佐賀県カスタネット)H26委託事業実施内容報告書(A) 委 託 事 業 実 施 内 容 報 告 書 平 成 年 度 生 活 者 としての 外 国 人 のための 日 本 語 教 育 事 業 地 域 日 本 語 教 育 実 践 プログラム(A). 事 業 名 称 受 託 団 体 名 佐 賀 県 日 本 語 学 習 支 援 カスタネット 佐 賀 県 在 住 の 外 国 籍 住 民 への 日 本 語 教 育 支 援 事 業 サガン 日 本 語 モデル プロジェクト

More information

わいわい文庫2_061~065

わいわい文庫2_061~065 活 用 の 幅 を 広 げよう 盲 学 校 での 試 み 視 覚 支 援 学 校 における 実 践 事 例 東 京 都 立 久 我 山 青 光 学 園 視 覚 障 害 教 育 部 門 名 取 恵 津 子 障 害 の 実 態 に 応 じたさまざまな 活 用 の 可 能 性 を 探 る 今 年 度 の 本 校 の 視 覚 障 害 教 育 部 門 の 在 籍 数 は 幼 稚 部 13 名 小 学 部 17

More information

<4D F736F F D E982D182C882B5816A8C6F8DCF8E598BC68FC88F8A8AC78E968BC695AA96EC82C982A882AF82E98FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E8E77906A88C42E646F6378>

<4D F736F F D E982D182C882B5816A8C6F8DCF8E598BC68FC88F8A8AC78E968BC695AA96EC82C982A882AF82E98FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E8E77906A88C42E646F6378> 経 済 産 業 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 す る 対 応 指 針 ( 案 ) 第 一 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 権 利 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 の 改 正 を

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 2 5 年 度 第 6 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 2 5 年 8 月 3 0 日 ( 金 ) 午 前 1 1 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 住 民 票 の 写 し 等 第 三 者 交 付 に 関 す る 本 人 通 知 制 度 子 育 て き ら き ら カ ー ド の 利 用 が 始 ま り ま す 地 域 支 え 合 い 団 体 の

More information

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73%

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73% 自 民 接 戦 1 人 区 を 重 点 民 進 共 産 3 分 の 2 阻 止 を 前 面 参 院 選 最 終 盤 攻 防 朝 日 新 聞 2016 年 7 月 8 日 10 日 投 開 票 の 参 院 選 は 選 挙 戦 の 最 終 盤 を 迎 えている 安 倍 晋 三 首 相 ( 自 民 党 総 裁 ) は7 日 福 島 県 を 遊 説 接 戦 の1 人 区 を 重 点 的 に 回 り 単 独

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478> 資 料 1 ( 宗 片 委 員 提 出 資 料 ) 災 害 時 における 女 性 のニーズ 調 査 ~なぜ 防 災 災 害 復 興 に 女 性 の 視 点 が 必 要 か~ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 イコールネット 仙 台 宗 片 恵 美 子 はじめに 宮 城 県 沖 地 震 発 生 確 率 10 年 以 内 70% 程 度 20 年 以 内 90% 程 度 以 上 30 年 以 内 99%

More information

エアコンフィルター清掃業務仕様書

エアコンフィルター清掃業務仕様書 国 保 京 丹 波 町 病 院 清 掃 業 務 仕 様 書 1 目 的 当 業 務 は 単 に 施 設 の 美 観 維 持 のためだけではなく 院 内 感 染 防 止 及 び 衛 生 管 理 上 の 観 点 から 極 めて 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 患 者 サービスについても 最 大 限 配 慮 し 国 保 京 丹 波 町 病 院 の 運 営 に 寄 与 することを 目 的 とする

More information

1. 本 報 告 の 位 置 付 け 本 報 告 は, 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 伴 う 土 砂 災 害 および 構 造 物 被 害 ( 特 に 橋 梁 )について 調 査 した 結 果 を 報 告 するものである.また, 調 査 によって 得 られた 事 実 に 基 づいて 工 学 的

1. 本 報 告 の 位 置 付 け 本 報 告 は, 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 伴 う 土 砂 災 害 および 構 造 物 被 害 ( 特 に 橋 梁 )について 調 査 した 結 果 を 報 告 するものである.また, 調 査 によって 得 られた 事 実 に 基 づいて 工 学 的 平 成 28 年 6 月 3 日 公 開 平 成 28 年 6 月 7 日 修 正 平 成 28 年 熊 本 地 震 調 査 報 告 書 ( 速 報 ) ~ 東 北 大 学 災 害 科 学 国 際 研 究 所 構 造 物 土 砂 災 害 調 査 チーム~ < 調 査 対 象 > 土 砂 災 害 地 盤 災 害 構 造 物 被 害 など < 調 査 対 象 地 域 > 熊 本 県 阿 蘇 郡 南 阿

More information

別 紙 1 事 故 の 概 要 と 原 因 教 育 委 員 会 の 対 応 異 物 混 入 防 止 のための 注 意 事 項 事 故 事 案 1 A 町 学 校 給 食 共 同 調 理 場 から 提 供 された 小 中 学 校 4 校 の 給 食 手 ごねハンバーグ の 一 部 に 乾 燥 剤 のシ

別 紙 1 事 故 の 概 要 と 原 因 教 育 委 員 会 の 対 応 異 物 混 入 防 止 のための 注 意 事 項 事 故 事 案 1 A 町 学 校 給 食 共 同 調 理 場 から 提 供 された 小 中 学 校 4 校 の 給 食 手 ごねハンバーグ の 一 部 に 乾 燥 剤 のシ 教 健 体 第 7 0 7 号 平 成 26 年 10 月 8 日 各 教 育 局 長 様 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 長 学 校 給 食 への 異 物 混 入 防 止 と 安 全 確 保 の 徹 底 について( 通 知 ) このことについては 平 成 26 年 6 月 23 日 付 け 教 健 体 第 347 号 で 通 知 し 対 応 いただいている ところですが 8 月 以 降 道

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation ~ 花 粉 症 ~ 今 年 の 花 粉 情 報 と 治 療 セルフケア 花 粉 症 基 礎 知 識 花 粉 症 とは? 花 粉 症 とは スギやヒノキなどの 植 物 の 花 粉 が 原 因 となって 目 のかゆみ 鼻 水 な どのアレルギー 症 状 を 起 こす 病 気 です なぜ 花 粉 症 でくしゃみや 涙 が 出 るの? 身 体 が 花 粉 を 敵 だと 判 断 するために 花 粉 を 自 分

More information

那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活 発 な 地 震 活 動 が 認 められ 県 内 においても 過 去 に 多 くの 地 震 被

那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活 発 な 地 震 活 動 が 認 められ 県 内 においても 過 去 に 多 くの 地 震 被 那 覇 市 耐 震 診 断 耐 震 改 修 のすすめ あなたの 家 は 地 震 に 耐 えられますか? ホップ ステップ ジャンプで 地 震 に 強 い 建 築 物 を!! ナハタイシンジャー 那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活

More information

草 む 座 語 話 題 ね(ね) び 鬼 火 焚 呼 び 名 言 鬼 追 払 五 穀 豊 穣 無 病 息 災 祈 願 小 正 月 火 祭 毎 1 月 炎 囲 竹 弾 音 厄 払 ぐ 央 竹 柱 立 竹 倒 向 幸 福 豊 作 恵 言 風 向 せ 毎 体 同 じ 向 倒 ( 笑 )ね 夜 カッポ 酒

草 む 座 語 話 題 ね(ね) び 鬼 火 焚 呼 び 名 言 鬼 追 払 五 穀 豊 穣 無 病 息 災 祈 願 小 正 月 火 祭 毎 1 月 炎 囲 竹 弾 音 厄 払 ぐ 央 竹 柱 立 竹 倒 向 幸 福 豊 作 恵 言 風 向 せ 毎 体 同 じ 向 倒 ( 笑 )ね 夜 カッポ 酒 馬 頭 観 音 馬 農 耕 用 使 切 馬 安 全 祈 願 馬 頭 観 音 言 現 在 牛 無 病 息 災 安 産 祈 願 主 毎 5 月 畜 産 農 以 前 丘 上 馬 頭 観 音 酔 ぱ 下 迫 落 続 ( 笑 ) 安 全 下 畜 産 繁 栄 発 展 願 焼 酎 酌 交 盛 上 前 以 外 時 期 内 各 前 拝 む 祭 林 管 理 歴 史 百 以 上 言 木 材 薪 取 林 管 理 重 要 視

More information

2006年11月28日

2006年11月28日 2012 年 7 月 23 日 西 阪 研 究 室 研 究 プロジェクトにおけるデータの 使 用 および 管 理 のための 指 針 (2012 年 度 版 ) 明 治 学 院 大 学 社 会 学 部 西 阪 仰 この 手 引 きは 2012 年 度 以 降 の 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 西 阪 代 表 )の 助 成 による 調 査 (ビデオ もしくはテープレコーダによる 取 材 )において

More information

事 項 に 関 する 指 針 ( 以 下 配 慮 指 針 ) を 勘 案 しつつ, 周 辺 の 生 活 環 境 保 持 の 観 点 から 意 見 を 有 する 場 合 は, 設 置 者 に 対 し 届 出 日 から 8 ヶ 月 以 内 に 意 見 を 述 べる 生 活 環 境 に 配 慮 され 意

事 項 に 関 する 指 針 ( 以 下 配 慮 指 針 ) を 勘 案 しつつ, 周 辺 の 生 活 環 境 保 持 の 観 点 から 意 見 を 有 する 場 合 は, 設 置 者 に 対 し 届 出 日 から 8 ヶ 月 以 内 に 意 見 を 述 べる 生 活 環 境 に 配 慮 され 意 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 の 現 状 と 課 題 解 析 事 業 部 環 境 解 析 部 石 原 一 史 1. は じ め に 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 ( 以 下 大 店 立 地 法 ) は, 大 規 模 小 売 店 舗 法 ( 以 下 大 店 法 に 変 わ る 法 律 として 平 成 12 年 6 月 1 日 に 施 行 された 大 店 法 は, 近 隣 の 中 小

More information

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx 防 災 気 象 講 習 会 1 平 成 25 年 2 月 25 日 の 栃 木 県 北 部 で 発 生 した 地 震 とその 後 の 状 況 について 2 緊 急 地 震 速 報 を 活 用 した 避 難 訓 練 について 平 成 25 年 5 月 31 日 宇 都 宮 地 方 気 象 台 防 災 業 務 課 藤 崎 発 生 時 刻 平 成 25 年 2 月 25 日 16 時 23 分 震 源 栃

More information

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部 2015 年 度 事 業 計 画 ( 2 0 1 5. 4. 1 ~ 2016. 3.31) 一 般 財 団 法 人 少 林 寺 拳 法 連 盟 目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する

More information

2 新 規 に 日 本 女 性 薬 剤 師 会 の 生 涯 研 修 制 度 が 本 日 午 前 中 の 理 事 会 で 承 認 された 3 新 規 申 請 の 日 本 大 学 薬 学 部 の 生 涯 研 修 制 度 の 評 価 結 果 を 日 本 大 学 薬 学 部 の 方 へ 送 付 した 1.3

2 新 規 に 日 本 女 性 薬 剤 師 会 の 生 涯 研 修 制 度 が 本 日 午 前 中 の 理 事 会 で 承 認 された 3 新 規 申 請 の 日 本 大 学 薬 学 部 の 生 涯 研 修 制 度 の 評 価 結 果 を 日 本 大 学 薬 学 部 の 方 へ 送 付 した 1.3 公 益 社 団 法 人 薬 剤 師 認 定 制 度 認 証 機 構 平 成 24 年 度 薬 剤 師 認 定 制 度 委 員 連 絡 会 議 事 メモ 日 時 : 平 成 24 年 12 月 14 日 ( 金 )14:00~16:30 場 所 :ニッショーホール 第 2 会 議 室 出 席 者 ( 敬 称 略 ) 委 員 :17 名 理 事 : 堀 内 龍 也 厚 生 労 働 省 : 中 井 企 画

More information

Microsoft Word - 07fiida

Microsoft Word - 07fiida 富 里 高 校 における 台 湾 の 学 校 との 学 校 交 流 について 千 葉 県 立 富 里 高 等 学 校 教 諭 飯 田 太 (1)はじめに 本 校 は, 成 田 空 港 に 隣 接 した 場 所 に 立 地 しており, 教 育 目 標 の 一 つを 国 際 社 会 の 中 で 広 く 活 躍 できる 積 極 的 な 人 間 の 育 成 をめざす としている 一 昨 年 度 から 海 外

More information

Taro-①【各種基準】建設副産物の

Taro-①【各種基準】建設副産物の 建 設 副 産 物 の 処 理 基 準 及 び 再 生 資 材 の 利 用 基 準 平 成 22 年 4 月 改 正 千 葉 県 目 次 建 設 副 産 物 について 1 建 設 副 産 物 とは 1 2 建 設 副 産 物 と 再 生 資 源 廃 棄 物 との 関 係 1 建 設 副 産 物 の 処 理 基 準 及 び 再 生 資 材 の 利 用 基 準 1 目 的 3 2 対 象 事 業 3 3

More information

1.施工パッケージ型積算方式の概要

1.施工パッケージ型積算方式の概要 施 工 パッケージ 型 積 算 方 式 に 関 する 説 明 会 千 葉 県 県 土 整 備 部 技 術 管 理 課 平 成 26 年 8 月 27 日 施 工 パッケージ 型 積 算 方 式 とは 国 が 平 成 24 年 10 月 から 試 行 導 入 を 開 始 した 新 たな 積 算 方 式 直 接 工 事 費 の 算 出 従 来 の 積 上 げ 方 式 : 歩 掛 施 工 パッケージ 型

More information

第1回厚生常任委員会会議記録

第1回厚生常任委員会会議記録 第 1 回 総 務 経 済 常 任 委 員 会 会 議 記 録 開 閉 会 日 時 会 議 場 所 出 席 委 員 氏 名 説 明 員 平 成 28 年 6 月 21 日 ( 火 曜 ) 午 後 3 時 00 分 開 会 休 憩 15:46-15:48 16:37-16:37 16:38 16:38 午 後 4 時 43 分 閉 会 役 場 3 階 第 1 委 員 会 室 委 員 長 梅 津 伸 子

More information

第1学年1組美術科学習指導案

第1学年1組美術科学習指導案 平 成 22 年 度 授 業 力 向 上 研 修 ( 小 中 ) 実 践 のまとめ(1 年 美 術 ) 平 成 22 年 11 月 17 日 ( 水 ) 指 導 者 三 条 市 立 第 三 中 学 校 教 諭 高 橋 淳 一 1 題 材 不 思 議 な 視 覚 の 世 界 動 き 出 す 絵 (ゾートロープ) 2 題 材 の 目 標 (1) 手 作 りのアニメーションに 関 心 をもち 意 欲 的

More information

はじめに 編 入 学 のためには 様 々な 手 続 きが 必 要 となります 本 マニュアルは 編 入 学 の 資 料 請 求 から 出 願 入 学 手 続 きなど 様 々な 手 続 きを 行 う 上 で 必 要 な 事 項 をまとめています 目 次 1. 資 料 請 求 の 仕 方 3 1)HPに

はじめに 編 入 学 のためには 様 々な 手 続 きが 必 要 となります 本 マニュアルは 編 入 学 の 資 料 請 求 から 出 願 入 学 手 続 きなど 様 々な 手 続 きを 行 う 上 で 必 要 な 事 項 をまとめています 目 次 1. 資 料 請 求 の 仕 方 3 1)HPに 2016 年 度 版 編 入 学 手 続 きマニュアル 京 都 経 済 短 期 大 学 はじめに 編 入 学 のためには 様 々な 手 続 きが 必 要 となります 本 マニュアルは 編 入 学 の 資 料 請 求 から 出 願 入 学 手 続 きなど 様 々な 手 続 きを 行 う 上 で 必 要 な 事 項 をまとめています 目 次 1. 資 料 請 求 の 仕 方 3 1)HPにて 申 込 み

More information

1 記 載 日 平 成 年 月 日 目 次 1.わたしの 生 い 立 ち 思 い 出 の 記 録 P2 2. 家 系 図 家 訓 ( 残 しておきたいこと) P4 3.お 墓 納 骨 埋 葬 法 について P5 4. 葬 儀 について P6 5. 医 療 介 護 について P8 6.セカンドライフ( 終 の 棲 家 ) P10 7. 財 産 について( 遺 言 書 ) P11 8. 後 見 について P12

More information

Microsoft Word - 091009SurveyRelease_Jukensei_final.doc

Microsoft Word - 091009SurveyRelease_Jukensei_final.doc 報 道 関 係 各 位 2009 年 10 月 9 日 インペアード パフォーマンス ゼロプロジェクト 皮 膚 のアレルギーを 抱 えた 受 験 生 の 母 親 約 300 人 に 聞 きました お 子 さんの 勉 強 に 与 える かゆみ の 影 響 は? 約 半 数 が 子 供 の 勉 学 への 支 障 を 感 じ うち8 割 以 上 がかゆみによる 子 供 の 集 中 力 の 低 下 を 経

More information

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「やまなし」

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「やまなし」 第 6 学 年 国 語 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 表 現 を 味 わい, 豊 かに 想 像 しよう( 教 材 やまなし イーハトーヴの 夢 ) 2 目 標 場 面 の 情 景 や 独 特 の 表 現 に 興 味 をもち, 想 像 豊 かに 読 もうとしたり, 宮 沢 賢 治 の 作 品 や 生 き 方 を 知 ろうと したりす ( 国 語 への 関 心 意 欲 態 度 ) 情 景 を

More information

事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 23 時 43 分 工 事 関 係 者 区 分 二 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 ー 業 種 区 分 土 木 被 災 程 度 水 道 管 ( 給 水 管 φ40

事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 23 時 43 分 工 事 関 係 者 区 分 二 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 ー 業 種 区 分 土 木 被 災 程 度 水 道 管 ( 給 水 管 φ40 公 共 工 事 等 事 故 情 報 事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 11 時 40 分 工 事 関 係 者 区 分 一 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 業 種 区 分 設 備 被 災 程 度 汚 水 管 の 破 損 事 故 レベル Ⅱ 休 業 見 込 日 数 照 明 灯 の 建 替 え 照 明

More information

健 康 食 品 に 安 全 性 と 有 効 性 を 求 めるなら GMP 認 定 マークの 製 品 を 選 びましょう!

健 康 食 品 に 安 全 性 と 有 効 性 を 求 めるなら GMP 認 定 マークの 製 品 を 選 びましょう! 医 療 法 人 社 団 千 禮 会 医 療 健 康 科 学 研 究 所 健 康 食 品 GMP 教 育 ツール 健 康 食 品 に 安 全 性 と 有 効 性 を 求 めるなら GMP 認 定 マークの 製 品 を 選 びましょう! 健 康 食 品 を 選 ぶ 時 皆 さんはどんな 情 報 を 参 考 にしていますか? 友 人 知 人 の 勧 め? 有 名 人 の 体 験 談? 博 士 の 推 奨

More information

<4831382E30372E3131814081758CF68BA48C9A927A89FC8F438D488E9682CC90CF8E5A837D836A83858341838B81768D758F4B89EF82CC8EBF96E2816989F1939A816A2E786C73>

<4831382E30372E3131814081758CF68BA48C9A927A89FC8F438D488E9682CC90CF8E5A837D836A83858341838B81768D758F4B89EF82CC8EBF96E2816989F1939A816A2E786C73> No. ページ 改 修 工 事 とは? 1 7 (3)の2 改 修 工 事 における 数 量 基 準 第 8 編 は 建 物 を 使 用 しながら 部 分 的 な 改 修 を 行 なう 場 合 の 基 本 的 な 考 え 方 を 示 しており 全 面 的 な 改 修 工 事 は 対 象 としない と 記 載 されているが 全 面 的 な 改 修 工 事 とはどのような 場 合 か この 数 量 基

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2097888FEA8ED2834183938350815B8367918D8D878E9696B18BC78267826F97702E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2097888FEA8ED2834183938350815B8367918D8D878E9696B18BC78267826F97702E707074> 結 果 報 告 書 2008.12 アンケート 結 果 1 1 Q1. 近 年 異 常 ともいえる 規 模 や 頻 度 の 洪 水 高 潮 土 砂 災 害 等 が 全 国 各 地 で 発 生 しています あなたの 地 域 でも 今 後 このような 水 害 が 起 こりうると 予 想 していますか Q3. 日 頃 から 災 害 に 備 えるために 知 っておきたい 情 報 は 何 ですか ( 複 数

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 地 盤 工 学 会 平 成 28 年 熊 本 地 震 地 盤 災 害 調 査 団 液 状 化 班 報 告 ( 平 成 28 年 6 月 21 日 ) 平 成 28 年 熊 本 地 震 液 状 化 被 害 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 熊 本 平 野 で 生 じた 液 状 化 とその 被 害 について(その2)( 速 報 ) 村 上 哲 ( 福 岡 大 学 ) 石 蔵 良 平 ( 九 州

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス 化 学 物 質 等 安 全 データシート 整 理 番 号 05 Ar 作 成 平 成 5 年 3 月 31 日 改 訂 平 成 11 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 21 年 12 月 15 日 [ 連 絡 先 ] 製 品 名 アルゴンガス アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及

More information

みなかみ 美 人 プロジェクト は 8 月 から 11 月 まで 4 回 行 われ 毎 回 テーマに 合 わせて 現 在 活 躍 中 の 講 師 を 招 き みなかみ 町 の 女 性 たちの 美 と 健 康 のさらなる 向 上 に 役 立 ててもらおうと 企 画 したものです 毎 回 講 師 から

みなかみ 美 人 プロジェクト は 8 月 から 11 月 まで 4 回 行 われ 毎 回 テーマに 合 わせて 現 在 活 躍 中 の 講 師 を 招 き みなかみ 町 の 女 性 たちの 美 と 健 康 のさらなる 向 上 に 役 立 ててもらおうと 企 画 したものです 毎 回 講 師 から みなかみ 町 パピネス 計 画 ビューティ&ヘルスタウン プロジェクト みなかみ 美 人 プロジェクト イベントレポート 第 一 回 脳 と 心 のアンチエイジング フランス 式 ほめ 若 返 りのすすめ 講 師 : 高 木 美 也 子 様 実 施 :2013/8/28 みなかみ 町 ハピネス 計 画 ビューティ&ヘルスタウンプロジェクト みなかみ 美 人 プロジェクト 第 1 回 講 演 会 が

More information

病児保育室 ぞうさん

病児保育室 ぞうさん 病 児 保 育 室 ぞうさん お 子 さんが 病 気 で 保 育 所 への 通 園 等 ができず かつ 保 護 者 の 仕 事 の 都 合 等 で 家 庭 での 保 育 が 困 難 な 場 合 に 院 内 保 育 所 ぞうさんで 一 時 的 にお 子 さんをお 預 かりします 病 気 等 の 回 復 期 に 至 らない 病 状 からお 預 かりできます < 施 設 概 要 > 保 育 日 月 曜 日

More information

Microsoft Word - 読者の広場_I_.doc

Microsoft Word - 読者の広場_I_.doc 核 データニュース,No.102 (2012) 読 者 の 広 場 (I) 吉 田 研 究 室 で 過 ごした 日 々 元 武 蔵 工 業 大 学 吉 田 研 究 室 OB 羽 倉 尚 人 naoto_hagura@hotmail.com 1. 特 別 な 日 東 急 大 井 町 線 尾 山 台 駅 の 改 札 を 出 て 左 に 進 むと ハッピーロード 尾 山 台 という 商 店 街 が 環 八

More information

最終処分場の市場動向 調査分科会報告書

最終処分場の市場動向 調査分科会報告書 A-1グループ 最 終 処 分 場 市 場 動 向 調 査 研 究 報 告 書 第 Ⅰ 期 調 査 研 究 期 間 平 成 25 年 9 月 27 日 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 研 究 調 査 の 目 的 1. 最 終 処 分 場 の 市 場 予 測 を 行 い 会 員 のビジ ネス 戦 略 に 資 する 2.LSAの 会 員 の 最 終 処 分 場 分 野 の 活 動 状 況 を 調

More information

Microsoft Word - 2011.03 銘傳大學學術研討會.doc

Microsoft Word - 2011.03 銘傳大學學術研討會.doc 複 合 動 詞 - 回 す と - 回 る の 前 項 動 詞 の 特 徴 について 杉 村 泰 名 古 屋 大 學 大 學 院 国 際 言 語 文 化 研 究 科 准 教 授 1.はじめに 本 発 表 では(1)~(4)のような 日 本 語 の 複 合 動 詞 - 回 す と - 回 る の 前 項 動 詞 の 特 徴 について 論 じる (1) 検 察 は 必 要 以 上 に 権 力 を 振 り

More information

13061800121-001.xls

13061800121-001.xls 建 設 廃 棄 物 処 分 業 者 名 簿 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 注 1:この 名 簿 には 収 集 運 搬 業 のみの 許 可 業 者 は 掲 載 していません 注 2:この 名 簿 は 原 則 として 建 設 廃 棄 物 の 処 分 を 行 っている 産 業 廃 棄 物 処 分 業 者 のみを 掲 載 しています 従 って 建 設 廃 棄 物 以 外 の 産 業 廃

More information