01_トビラ.indd

Size: px
Start display at page:

Download "01_トビラ.indd"

Transcription

1 特 別 支 援 教 育 研 究 論 文 集 平 成 25 年 度 特 別 支 援 教 育 研 究 助 成 事 業 研 究 協 力 : 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 重 度 知 的 障 害 を 併 せ 有 する 肢 体 不 自 由 児 の タブレッ 端 末 を 用 いた 意 図 的 行 動 の 指 導 に 用 いる 実 態 把 握 表 やアリ 段 階 表 評 価 の 方 法 の 整 理 の 試 み 香 川 県 立 高 松 養 護 学 校 教 諭 佐 野 将 大 平 成 26 年 3 月 公 益 財 団 法 人 みずほ 教 育 福 祉 財 団

2 目 次 要 旨 1 第 1 章 研 究 の 目 的 と 背 景 2 Ⅰ 目 的 2 Ⅱ 背 景 3 第 2 章 研 究 の 進 め 方 5 第 3 章 研 究 の 実 際 6 Ⅰ 実 態 把 握 表 の 試 案 の 作 成 6 Ⅱ アリ 段 階 表 の 試 案 の 作 成 7 第 4 章 事 例 を 通 しての 検 証 17 Ⅰ 自 発 的 行 動 を 引 き 出 す 指 導 を 行 う 際 の 評 価 方 法 の 整 理 17 Ⅱ 実 態 把 握 表 とアリ 段 階 表 の 検 証 22 Ⅲ 検 証 の 実 際 24 第 5 章 アケーによる 検 証 41 第 6 章 研 究 の 考 察 44 終 わりに 47 謝 辞 48 参 考 文 献 引 用 文 献 参 考 Web サイ 49 資 料 51

3 重 度 知 的 障 害 を 併 せ 有 する 肢 体 不 自 由 児 の タブレッ 端 末 を 用 いた 意 図 的 行 動 を 引 き 出 す 指 導 の 際 に 用 いる 実 態 把 握 表 とアリ 段 階 表 の 整 理 の 試 み 香 川 県 立 高 松 養 護 学 校 佐 野 将 大 要 旨 : 重 度 知 的 障 害 を 併 せ 有 する 肢 体 不 自 由 児 に 対 して タブレッ 端 末 を 用 いて 意 図 的 行 動 を 形 成 することを 目 標 とした 教 育 実 践 がはじめられている しかし その 際 にどの ようにして 実 態 把 握 を 行 い どのようにして 評 価 をするのかということについて 検 討 して いる 研 究 は 少 ない そこで 本 研 究 では 意 図 的 行 動 を 引 き 出 す 際 に 対 象 児 の 実 態 を 把 握 するための 実 態 把 握 表 と タッパネルへの 入 力 方 法 に 着 目 したアリの 段 階 表 を 作 成 し その 活 用 につい て 検 討 を 行 った 6 名 の 指 導 事 例 を 通 して 検 証 したことで 実 態 把 握 から 指 導 目 標 の 設 定 指 導 後 の 評 価 時 において 幅 広 く 活 用 できる 可 能 性 があるということが 示 された KEYWORD: 実 態 把 握 表 アリ 段 階 表 タッパネル 意 図 的 行 動 評 価 方 法 1

4 第 1 章 研 究 の 目 的 と 背 景 Ⅰ 目 的 近 年 重 度 の 知 的 障 害 を 併 せ 有 する 肢 体 不 自 由 児 の 意 図 的 行 動 をタブレッ 端 末 などの ハイテク 機 器 を 用 いて 引 き 出 し 生 活 のなかでの 意 味 のあるコミュニケーショにつなげ ていこうとする 教 育 実 践 が 幾 つか 行 われてきている( 佐 野 ら 2012) しかし このような 教 育 実 践 を 進 めていくにあたって 大 きく 以 下 にあげる2つの 問 題 点 があると 考 えている 1つ 目 の 問 題 は 実 態 把 握 の 方 法 である 生 活 のなかでのコミュニケーショの 充 実 を 目 的 とした 教 育 実 践 は 児 童 の 環 境 への 理 解 や 興 味 関 心 など 実 態 把 握 を 行 うことから 始 ま る 重 度 の 知 的 障 害 を 併 せ 有 する 肢 体 不 自 由 児 の 実 態 把 握 を 行 う 場 合 その 方 法 は 環 境 を 変 えていきながら 児 童 の 身 体 の 動 きを 比 較 観 察 していくことが 中 心 となる しかし 身 体 の 動 きと 言 っても 児 童 の 意 図 を 感 じない 動 きもあれば 明 らかに 意 図 をもった 身 体 の 動 きもある そのような 複 数 のレベルがあると 考 えられる 身 体 の 動 きをどのように 段 階 分 け し どのように 観 察 するのかという 視 点 や 方 法 は 明 らかではない 子 どもの 身 体 の 動 きか ら 実 態 を 観 察 評 価 していかざるを 得 ないにも 関 わらず その 子 どもの 身 体 の 動 きにどの 程 度 の 意 図 性 が 含 まれているのかということについて 十 分 に 観 察 評 価 されていないというこ とが 問 題 であると 考 えている 2つ 目 の 問 題 は ハイテク 機 器 を 使 い 分 ける 方 法 である これまでも 意 図 的 行 動 を 引 き 出 すためにッシュ 型 イッ(ablenet 社 ジェリービーイッ 等 )などを 用 いた 教 育 実 践 が 行 われてきた 近 年 ではさらに kinect のカメラを 用 いたモーショセサーのイ ッ(OAK)などの 開 発 も 進 んできている 支 援 者 にとってハイテク 機 器 を 使 う 上 で 選 択 肢 が 増 えてきていると 言 える 意 図 的 行 動 を 引 き 出 すためにどの 機 器 を 用 いるのか 目 の 前 の 児 童 の 意 図 的 行 動 を 引 き 出 すのにはタブレッ 端 末 なのか ッシュ 型 イッなの か カメラを 用 いたイッなのかという 見 分 けが 教 育 実 践 をする 上 でさらに 重 要 になっ てきており それを 見 分 けるための 視 点 やノウハウが 教 育 実 践 者 から 求 められるようにな ってきている しかし タブレッ 端 末 の 教 育 実 践 に 絞 ってみたとしても タブレッ 端 末 を 用 いて 意 図 的 行 動 を 引 き 出 すことができるということはいくつかの 教 育 実 践 報 告 で 紹 介 されている( 佐 野 2012, 中 村 2014)ものの どのような 意 図 的 行 動 を 引 き 出 すのにタブ レッ 端 末 が 向 いているのか どのようなアリ 選 びの 視 点 が 必 要 であるかということに ついて 十 分 に 整 理 されているとは 言 えず 視 点 やノウハウは 明 らかではない そこで 本 研 究 では 身 体 の 動 きにどの 程 度 の 意 図 性 が 含 まれているのかということを 把 握 するための 実 態 把 握 表 と 身 体 の 動 き( 以 下 自 発 的 行 動 )に 応 じてタブレッ 端 末 のアリ 選 びをするためのアリ 段 階 表 を 作 成 することとした そして 整 理 した 表 を 用 いながら 実 際 の 指 導 事 例 を 整 理 しなおすことで その 活 用 や 評 価 の 方 法 について 考 察 を 行 うことを 本 研 究 の 目 的 とする 2

5 Ⅱ 背 景 (1) 自 発 的 行 動 の 評 価 近 年 タブレッ 端 末 やマーホを 用 いた 教 育 実 践 が 行 われるようになってきてい る( 坂 井 ら 2012) また 教 育 委 員 会 が 積 極 的 にタブレッ 端 末 を 導 入 し 機 器 の 整 備 が 進 んでいる 県 もある 魔 法 のロジェクの 実 践 では タブレッ 端 末 を 用 いて 重 度 の 知 的 障 害 を 併 せ 有 する 肢 体 不 自 由 児 の 自 発 的 行 動 を 引 き 出 す 教 育 実 践 もいくつか 報 告 されてき ており 中 村 (2014)は 児 童 の 変 容 として 心 拍 数 の 変 化 や 不 随 意 運 動 の 抑 制 手 の 動 きの 変 容 が 見 られたことを 報 告 している また 佐 野 (2012)はタブレッ 端 末 を 用 いて 指 導 すること で もぞもぞ すりすり などの 擬 態 語 で 表 現 されるような 児 童 の 自 発 的 な 行 動 が 見 られたことを 報 告 している 佐 野 ら(2012)は 児 童 の 自 発 的 行 動 のビデオ 観 察 を 行 い 探 索 活 動 を 評 価 する 方 法 について 提 案 しているが 行 動 の 変 容 については 測 定 でき たもののそれが 児 童 の 自 発 的 行 動 が 意 図 的 行 動 に 変 容 した 根 拠 とは 言 えないという 問 題 を 残 している これらの 報 告 から タブレッ 端 末 を 用 いて 自 発 的 行 動 を 引 き 出 すことがで きる 可 能 性 は 十 分 にあると 考 えるが 観 察 された 自 発 的 な 行 動 が 意 図 的 なものであるのか そうでないのかということの 評 価 手 続 きは 行 っておらず あくまで 行 動 の 変 容 を 観 察 評 価 している 実 践 であると 言 える (2) タブレッ 端 末 活 用 の 視 点 近 年 は 児 童 の 自 発 的 行 動 を 引 き 出 す 支 援 機 器 の 選 択 肢 が 広 がってきており タブレッ 端 末 を 活 用 するための 視 点 の 整 理 が 急 務 になっているといえる これまでは アリをど のようなカテゴリーで 整 理 を 行 うかという 視 点 ( 表 1)が 主 流 であり タブレッ 端 末 の 種 類 によって 作 成 された 東 京 都 障 害 者 IT 地 域 支 援 セターによる iphone ipad 用 障 害 のある 人 に 便 利 なアリ 一 覧 Android 携 帯 用 障 害 のある 人 に 便 利 なアリ 一 覧 困 難 の 種 類 や 障 害 種 によってマリック 状 に 整 理 された 魔 法 のロジェクによる アリ レビュー なども 上 記 のようなカテゴリーによる 整 理 しかしていない 表 1 アリの 情 報 源 とアリ 整 理 の 視 点 アリの 情 報 源 整 理 項 目 整 理 の 視 点 iphone ipad 用 障 害 コミュニケーショを 支 援 する アリ 種 別 のある 人 に 便 利 なア 音 声 入 力 再 生 端 末 種 別 リ 一 覧 / Android 携 帯 拡 大 用 障 害 のある 人 に 便 利 筆 談 字 幕 なアリ 一 覧 書 籍 タイムエイド ケジュール 管 理 暮 らしに 役 立 つ リモコ 点 字 学 習 手 話 学 習 3

6 魔 法 のロジェクサ 知 的 障 害 知 的 障 害 を 伴 う 自 閉 症 障 害 別 分 類 イ アリレビュー 高 機 能 自 閉 症 アペルガー 症 候 群 読 み 書 き 障 害 (ディレクシア ティグ ラフィア) 注 意 欠 損 多 動 性 障 害 (AD/HD) 肢 体 不 自 由 聴 覚 障 害 構 音 障 害 視 覚 障 害 記 憶 障 害 病 弱 重 度 重 複 障 害 電 子 メール アリ 種 別 ブラウザ/ネッ 検 索 / 辞 書 コミュニケーショ エイド 地 図 GPS メモ 帳 ワーロ 音 声 認 識 概 念 マッ(マイドマッ) ペイ/お 絵 かき カメラ/ 動 画 や 静 止 画 の 撮 影 録 画 閲 覧 ビデオ 会 議 / 動 画 配 信 /ャッ 音 楽 再 生 録 音 デジタル 教 科 書 / 教 材 シルテクノロジー/おもちゃ 時 間 管 理 (タイマー/ケジュール/リマ イダー/アラーム/タイムエイド) レゼテーショ/ライド ファイル 共 有 アクセシビリティ 機 能 しかし 重 度 の 知 的 障 害 を 有 する 場 合 や 肢 体 不 自 由 を 有 する 児 童 や 生 徒 がタブレッ 端 末 を 活 用 する 場 合 には 端 末 やアリの 検 討 に 加 えて 身 体 の 動 きに 応 じた 適 切 な 入 力 方 法 のための 検 討 が 重 要 となる 場 合 がある タッ や ワイ といった 基 本 操 作 の 視 点 に 加 え 佐 野 ら(2012)が 整 理 した もぞもぞ すりすり とんとん の 観 察 の 視 点 は アリの 整 理 の 視 点 としても 活 用 可 能 であろう 4

7 第 2 章 研 究 の 進 め 方 Ⅰ 情 報 収 集 関 係 する 文 献 や Web 等 の 調 査 市 販 されているソフやダウロード 可 能 なソフの 調 査 ipad のアリの 調 査 指 導 事 例 に 関 する 調 査 (Web や 国 内 のセミナー 等 での 情 報 収 集 ) 指 導 事 例 の 収 集 研 究 助 言 者 との 研 究 協 議 関 係 する 学 会 セミナー 等 への 参 加 と 情 報 収 集 (ATAC カファレ 魔 法 のロ ジェク DO-IT school 日 本 特 殊 教 育 学 会 等 ) Ⅱ 試 案 の 作 成 本 研 究 で 活 用 する 実 態 把 握 表 の 試 案 の 作 成 アリ 段 階 表 の 試 案 の 作 成 Ⅲ 試 案 と 事 例 の 対 応 事 例 を 振 り 返 るための 評 価 方 法 の 整 理 それぞれの 試 案 ( 実 態 把 握 表 アリ 段 階 表 )と 筆 者 のこれまでの 実 践 の VTR(201X 年 ~201X+3)を 対 応 させながらの 試 案 の 修 正 Ⅳ 試 案 を 用 いた 複 数 観 察 者 での 評 価 複 数 観 察 者 による 試 案 を 用 いた 評 価 とそのまとめ Ⅴ アケーの 実 施 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 のホームページ i ライブラリー 上 でのアケーの 実 施 と 集 計 Ⅵ 考 察 5

8 第 3 章 研 究 の 実 際 Ⅰ 実 態 把 握 表 の 試 案 の 作 成 (1) 自 発 的 行 動 とコミュニケーショの 発 達 段 階 自 発 的 行 動 の 発 達 は コミュニケーショの 発 達 と 関 連 付 けられて 説 明 されることが 多 い 自 発 的 行 動 をどのように 段 階 に 分 けて 考 えるのかということに 関 して Dunst & Lowe(1986)は 誕 生 から2 歳 までに 獲 得 すると 考 えられるコミュニケーショ 能 力 の 発 達 を7 段 階 に 分 けて 説 明 している( 表 2) そこでは 自 発 的 行 動 は 見 られるがそれが 覚 醒 の 状 態 の 変 化 に 留 まる 場 合 や 状 況 に 引 き 起 こされて 出 現 した 行 動 であると 考 えられる 行 動 している 段 階 から 特 定 の 文 脈 以 外 で 活 用 できるコミュニケーショ 手 段 の 獲 得 までを 7つの 段 階 に 分 けて 整 理 をしている この 段 階 表 では 子 どもの 認 知 や 子 どもの 行 動 が どのようなコミュニケーショ 機 能 を 果 たしているかという 点 を 含 めて 整 理 されているが 具 体 的 な 観 察 の 方 法 や 評 価 の 方 法 までは 説 明 されていない そのため 児 童 がどの 段 階 に あるのかを 評 価 し 活 用 する 際 には 指 導 者 の 知 識 や 経 験 が 必 要 であろう また Ellin B.Sigel & Cynthia J.Cress(2002)は Bates ら(1979)が 述 べた 定 型 発 達 児 の コミュニケーショ 発 達 を 参 考 にして 自 発 的 行 動 から 記 号 的 コミュニケーショの 間 を4 つの 段 階 に 整 理 し それぞれのコミュニケーショキルを 対 応 させた 表 を 作 成 している ( 表 3) より 具 体 的 なコミュニケーショの 様 子 と 対 応 されていることや 4つの 段 階 の 定 義 の 言 葉 が 簡 潔 であることから 指 導 者 にとって 理 解 しやすいものであると 考 える しか し 児 童 の 実 態 把 握 を 行 う 際 には どのような 状 況 を 準 備 すればそのコミュニケーショ キルが 見 られるのかという 点 において 指 導 者 の 知 識 や 経 験 が 必 要 であろう つまり 両 者 ともコミュニケーショ 段 階 の 説 明 はされているものの どのような 状 況 を 準 備 し 観 察 評 価 を 行 えばよいのかということについては 触 れられていないため 観 察 者 や 実 践 者 に 実 態 把 握 をするための 知 識 やキルが 求 められることになると 考 えられる このことから 実 態 把 握 を 行 いつつ どのような 指 導 場 面 を 準 備 すれば 良 いかということ が 表 裏 一 体 の 関 係 で 分 かるような 実 態 把 握 段 階 表 の 開 発 が 必 要 であると 考 えた 6

9 表 2 コミュニケーショレベルとその 定 義 Dunst & Lowe(1986) コミュニケーショレベル 定 義 レベル1 0-3 ヶ 月 子 どもの 非 言 語 行 動 がコミュニケーショの 意 図 をもつ 状 況 行 動 している 1 覚 醒 状 態 2 状 況 の 変 化 3 状 況 に 関 連 する 行 動 の 変 化 が 揃 った 時 レベル2 1-6 ヶ 月 子 どもが 認 識 した 物 や 人 出 来 事 を 周 囲 の 人 に 伝 える 行 動 認 知 している レベル3 偶 発 的 レベル4 手 段 的 レベル ヶ 月 8-12 ヶ 月 ヶ 月 他 者 の 注 意 を 引 きつける 維 持 する ために 使 われる 自 発 的 な 行 動 事 前 に 選 択 された 目 標 や 望 まれた 結 果 を 得 る ために 使 われる 社 会 的 に 認 識 され 定 義 された 非 言 語 行 動 他 者 の 注 意 をひくために 物 を 使 う または 欲 しい 物 や 出 来 事 を 三 項 関 係 成 立 レベル ヶ 月 言 語 的 文 脈 依 存 一 語 の 発 声 レベル ヶ 月 得 るために 人 を 使 う 行 動 ある 状 況 をきっかけとして 思 い 出 された 社 会 的 / 文 化 的 に 認 知 された 言 葉 1 語 上 記 言 葉 2 語 言 語 的 文 脈 依 存 2 語 の 発 声 レベル ヶ 月 言 語 的 非 文 脈 依 存 2 語 の 発 声 レベル ヶ 月 人 や 物 や 出 来 事 などを 思 い 出 させるために 使 われる 言 葉 で 社 会 的 / 文 化 的 に 認 知 され あるものを 説 明 する 時 に 使 われる 言 葉 2 語 上 記 言 葉 3 語 言 語 的 非 文 脈 依 存 3 語 の 発 声 表 3 発 達 レベルとコミュニケーショキル Ellin B.Sigel & Cynthia J.Cress(2002) 発 達 レベル 対 話 者 理 解 型 コミュニケーショ ( 自 発 的 行 動 ) コミュニケーショキル 反 射 的 または 環 境 的 に 誘 発 された 行 為 子 どもの 行 動 をコミュニケーショとして 理 解 する 推 測 された 子 どもの 非 意 図 的 行 動 に 応 答 する 対 話 者 理 解 型 コミュニケーショ ( 意 図 的 行 動 ) 子 どもがある 目 的 をもっておもちゃや 活 動 にはたらきかける 子 どもがおもちゃ(またはおもちゃとしての 対 話 者 )とかかわり 対 話 者 はコミュニケーショ 行 為 を 推 測 する 意 図 的 コミュニケーショ 声 ジェャー 視 線 で 大 人 にはたらきかける コミュニケーショを 始 発 し 望 む 結 果 が 得 られるまで 維 持 する 言 葉 でなくても 明 確 なメッセージをもって 大 人 にはたらきかける 記 号 的 コミュニケーショ 単 語 シボル 対 話 者 へのジェャーを 用 いる 対 話 者 の 質 問 や 言 葉 かけに 対 し 自 分 の 考 えを 伝 える 時 間 的 空 間 的 に 離 れた( 目 の 前 には 無 い) 事 柄 に 関 する 自 分 の 考 え を 対 話 者 に 伝 える 7

10 (2) 対 象 児 童 や 活 用 目 的 の 想 定 重 度 の 知 的 障 害 を 併 せ 有 する 肢 体 不 自 由 児 で 身 体 の 動 きがわずかであれ 観 察 できる 児 童 / 生 徒 から 文 脈 非 依 存 の 記 号 的 なコミュニケーショを 扱 うことができるようになり つつある 児 童 / 生 徒 までを 対 象 として 実 態 把 握 表 の 試 案 を 作 成 した ここでは 児 童 / 生 徒 がどのレベルで 環 境 を 理 解 できているのかということを 身 体 の 動 き に 注 目 して 実 態 把 握 できるようにすることを 第 1の 目 的 としているが それに 加 え て 観 察 すべき 行 動 指 標 や その 際 の 状 況 設 定 が 想 定 しやすいものであること また 一 つ 一 つの 段 階 がそのまま 指 導 の 内 容 として 参 考 になるよう 考 慮 している そして このような 実 態 把 握 表 が 必 要 となってくる 児 童 / 生 徒 は 文 脈 に 依 存 してコミュニケーショをとって いると 想 定 し 活 用 目 的 を 発 達 段 階 の 把 握 のためとするのではなく 準 備 された 学 習 活 動 や 生 活 環 境 などの 具 体 的 活 動 場 面 において 児 童 / 生 徒 がどのレベルで 環 境 を 理 解 できて いるかを 把 握 するため のものとした (3) 作 成 した 項 目 について 作 成 した 項 目 は 段 階 と 観 察 のポイ とした 段 階 の 分 け 方 については 児 童 の 実 態 のイメージの 持 ちやすさから Dunst&Lowe(1986)の7 段 階 を 段 階 の 名 称 については 言 葉 のわかりやすさから Ellin B.Sigel(2002)の4 段 階 を 参 考 にしながら 筆 者 が 各 段 階 に 名 称 をつけた( 表 4) また それぞれの 段 階 の 説 明 としては 子 どもの 認 知 やコミュニケーショの 機 能 コ ミュニケーショキルに 焦 点 をあてないように 配 慮 した どの 段 階 にあるかを 支 援 者 が 理 解 するために 主 として 観 察 すべき 子 どもの 行 動 は 何 かが 分 かるようにすることを 重 視 した それは 段 階 の 説 明 とせず 観 察 のポイ とした 点 にも 現 れている 作 成 した 段 階 は1~8の 項 目 に 分 けている 自 発 的 行 動 とコミュニケーショの 発 達 の 視 点 に 加 え 定 位 反 応 随 意 運 動 手 段 - 目 的 関 係 の 理 解 についての 視 点 も 参 考 にし ている 項 目 1と2は 定 位 反 応 の 有 無 を 観 察 しているものである 項 目 3と4は 随 意 運 動 の 有 無 と 関 連 している また 項 目 5と6は 手 段 - 目 的 的 な 行 動 の 有 無 を 観 察 してい るものである しかし 子 どもの 認 知 機 能 の 獲 得 段 階 を 行 動 観 察 によってのみ 把 握 しよう とすることは 信 頼 性 が 確 保 されないと 判 断 し 直 接 的 な 表 現 は 控 えることとした また 複 数 の 文 脈 で 共 通 したコミュニケーショ 能 力 を 発 揮 する 段 階 として8 記 号 的 コ ミュニケーショ 中 期 を 設 定 している それ 以 前 の 段 階 では 一 人 の 子 どもであっても 活 動 によって 評 価 が 異 なるということが 想 定 されるため 1から7の 段 階 で 観 察 のポイ としている 行 動 は 様 々な 場 面 で 共 通 して 見 られる 必 要 性 はないと 考 えている 8

11 (4) 実 態 把 握 表 ( 試 作 )について 目 的 方 法 準 備 された 学 習 活 動 や 生 活 環 境 などの 具 体 的 活 動 場 面 において 児 童 / 生 徒 がど の 段 階 で 環 境 を 理 解 できているかを 把 握 する 観 察 のポイで 示 された 内 容 を 説 明 できればその 段 階 であるとする 段 階 1 自 発 的 行 動 初 期 2 自 発 的 行 動 中 期 3 意 図 的 行 動 初 期 4 意 図 的 行 動 中 期 5 意 図 的 コミュニケー ショ 初 期 6 意 図 的 コミュニケー ショ 中 期 7 記 号 的 コミュニケー ショ 初 期 8 記 号 的 コミュニケー ショ 中 期 表 4 実 態 把 握 表 観 察 のポイ 子 どもの 身 体 の 動 き は 見 られる 外 界 からの 刺 激 やその 環 境 に 対 応 した 子 どもの 身 体 の 動 き が 見 られない ある 外 界 からの 刺 激 やその 環 境 に 対 応 した 子 どもの 身 体 の 動 き が( 常 にではなくとも) 見 られ 他 の 刺 激 や 状 況 との 違 い を 説 明 できる 外 界 ( 物 や 人 )の 変 化 が 子 どもの 身 体 の 動 き に 伴 って 生 じていることに 子 ども 自 身 が 気 づいている ということを 説 明 できる 子 どもの 行 動 に 明 らかな 意 図 が 感 じられる 外 界 ( 物 や 人 )の 変 化 を 期 待 した 子 どもの 身 体 の 動 き が 見 られるということが 説 明 できる 外 界 ( 物 や 人 )の 変 化 が もう 一 つの 外 界 ( 変 化 する 外 界 以 外 の 物 や 人 )に 対 する 子 どもの 身 体 の 動 き に 伴 って 生 じてい ることに 子 ども 自 身 が 気 づいている ということを 説 明 でき る 外 界 ( 物 や 人 )の 変 化 を 期 待 した もう 一 つの 外 界 ( 物 や 人 ) に 対 する 子 どもの 身 体 の 動 き が 見 られるということが 説 明 で きる 特 定 の 文 脈 下 におけるもう 一 つの 外 界 の 変 化 を 期 待 して 支 援 者 に 伝 わりやすい 手 段 (カードや VOCA ジェャーなど) を 用 いる ことができているということが 説 明 できる 複 数 の 文 脈 下 における 共 通 した 外 界 の 変 化 を 期 待 して 支 援 者 に 伝 わりやすい 手 段 (カードや VOCA ジェャーなど) を 用 いる ことができているということが 説 明 できる 9

12 Ⅱ アリ 段 階 表 の 試 案 の 作 成 (1) 対 象 児 童 や 活 用 目 的 の 想 定 重 度 の 知 的 障 害 や 肢 体 不 自 由 障 害 を 有 するなどの 理 由 で タブレッ 端 末 のタッパネ ルへの 入 力 が 制 限 される 児 童 / 生 徒 が 活 用 すること 想 定 して 作 成 した 具 体 的 には タッ パネルに 直 接 触 れることができるものの 画 面 の 上 で 微 細 な 動 きをしている 場 合 や 不 随 意 運 動 が 伴 うため 一 瞬 であれば 触 ることができる 場 合 などの 状 況 が 考 えられる その ような 場 合 に 児 童 / 生 徒 のそのままの 動 きで 活 用 できるアリが 検 索 できる ことを 第 1の 目 的 としてアリ 段 階 表 を 構 成 している アリ 段 階 表 で 扱 う 児 童 や 生 徒 の 身 体 の 動 きのレベルの 範 囲 については タッパネル に 手 を 触 れることができるというレベルから 不 慣 れではあるがタッやワイ ピ の 操 作 になんとか 取 り 組 める というレベルまでを 想 定 して 作 成 した また タッパネルを 搭 載 したタブレッ 端 末 全 てを 網 羅 するような 視 点 になるように しているが 本 研 究 で 行 う 具 体 的 なアリの 整 理 については ipad のアリのみを 対 象 と した 今 後 Windows タブレッや Android タブレッなども 想 定 に 入 れた 整 理 ができれ ばと 考 えている 今 回 は タッパネルへの 入 力 方 法 で 整 理 を 行 ったため イッイターフェイを 用 いた 入 力 は 対 象 外 とした (2)タッパネルへの 入 力 方 法 について タッパネルへの 入 力 方 法 には 一 般 的 にタッやワイ ピがあるが 重 度 の 知 的 障 害 を 併 せ 有 する 肢 体 不 自 由 児 などの 場 合 は それらの 操 作 の 練 習 も 含 めて その 前 段 階 と 考 えられる 動 作 に 対 応 した 入 力 について 考 える 視 点 が 必 須 である 筆 者 のこれまで の 教 育 経 験 から 肢 体 不 自 由 と 重 度 の 知 的 障 害 を 併 せ 有 する 児 童 / 生 徒 がタブレッ 端 末 に 入 力 操 作 する 際 に2つの 系 統 があると 考 え( 表 5) それぞれを 探 索 行 動 系 コ ロール 系 と 呼 ぶことにした 入 力 の 系 統 探 索 行 動 系 コロール 系 タッ 系 ワイ 系 ピ 系 表 5 入 力 の 系 統 とその 内 容 内 容 もぞもぞ とんとん ばんばん すりすり という 擬 態 語 があて はまるようなタブレッ 端 末 上 での 探 索 的 な 身 体 の 動 きのこと 児 童 や 生 徒 が 明 らかな 意 図 をもってタブレッ 端 末 を 操 作 しようとし ている 動 きのこと 人 差 し 指 などを 用 いた タッの 入 力 動 作 のこと 人 差 し 指 などを 用 いた ワイの 入 力 動 作 のこと ピイ ピアウの 入 力 動 作 のこと 10

13 (3) 入 力 方 法 の 下 位 項 目 の 作 成 それぞれの 系 統 において アリの 整 理 の 視 点 を 明 らかにするため 下 位 項 目 を 作 成 し た( 表 6~10) 探 索 行 動 系 に 関 しては 近 年 のタブレッ 端 末 ならではの 操 作 方 法 である マルタッやクラブ( 指 を 液 晶 につけたまま 動 かすことで 操 作 する 方 法 のこと) などの 用 語 を 参 考 にしながら 他 の 下 位 項 目 は 筆 者 が 名 称 をつけ 項 目 を 作 成 した( 表 6) コロール 系 に 関 しては Stages Software Solutions for Special Needs second edition (2002 Madalaine Pugliese portions) 等 でッシュ 型 イッの 入 力 評 価 の 際 に 活 用 され ている レ ホールド リリー の 下 位 項 目 を 準 備 した( 表 7) タッ 系 に 関 して は イッ 操 作 の 評 価 用 ソフ SSPT の 評 価 項 目 activation test を 参 考 にした まず タ イミグ の 項 目 を 作 成 し タッするタイミグや 場 所 操 作 の 精 度 を 問 わない ゆる タッ タッする 場 所 を 問 われる 操 作 としての 場 所 タッの 操 作 の 精 度 が 問 われ るものとして タッ という 項 目 の4 項 目 を 作 成 した( 表 8) ワイ 系 に 関 しては ワイする 方 向 を 問 わない ワイ ワイするター 地 点 がある 程 度 制 限 され ている 操 作 を 指 して ター 地 点 ワイする 方 向 が 問 われる 操 作 については 方 向 またマウの 操 作 にもある ドラッグ という 項 目 を 付 け 加 えて4 項 目 を 準 備 した( 表 9) ピ 系 に 関 しては タブレッ 端 末 の 操 作 方 法 を 参 考 に ピイ ピアウ の2 項 目 とした( 表 10) それぞれの 下 位 項 目 に 関 する 説 明 を 以 下 の 表 6~10 に 示 す 下 位 項 目 微 細 な 入 力 へ の 対 応 マルタッ 連 続 入 力 への 対 応 クラブ 表 6 探 索 行 動 系 の 下 位 項 目 アリ 整 理 の 視 点 タブレッ 端 末 上 に 置 いた 手 をもぞもぞと 少 し 動 かすなど 微 細 な 身 体 の 動 きに 対 応 したアリであるかどうか 画 面 の 上 に 手 などを 置 いた 状 態 で 指 や 手 首 をと 動 かすような 身 体 の 動 きに 対 応 するための 条 件 となる 複 数 箇 所 へのタッ に 対 応 したアリであるかどうか 画 面 にババとたたくような 手 の 動 きに 対 応 することができる 連 続 入 力 に 対 応 したアリであるかどうか 画 面 をすりすりするような 手 の 動 きに 対 応 することができる クラブ ( 指 を 画 面 につけたまま 動 かす 入 力 )に 対 応 したアリであるかどうか 下 位 項 目 レ ホールド リリー 表 7 コロール 系 の 下 位 項 目 アリ 整 理 の 視 点 タッパネルに 触 れた 瞬 間 に 反 応 するアリであるかどうか タッパネルに 触 れている 間 反 応 するアリであるかどうか タッパネルから 手 を 離 した 瞬 間 に 反 応 するアリであるかどうか 11

14 下 位 項 目 ゆるタッ タイミグ 場 所 タッ 表 8 タッ 系 の 下 位 項 目 アリ 整 理 の 視 点 タッ 入 力 する 際 に 多 少 ワイ 状 の 入 力 をしてしまってもタッの 入 力 と 変 わらない 反 応 を 示 してくれるアリであるかどうか タッするタイミグが 求 められるが その 操 作 ができることでより 楽 しむことができるアリであるかどうか タッする 場 所 を 判 断 して 入 力 する 必 要 があるが その 操 作 ができるこ とでより 楽 しむことができるアリであるかどうか ワイの 動 きとタッの 動 きを 明 確 に 分 けて 入 力 することが 求 めら れ タッ 入 力 の 際 に 操 作 の 精 度 が 求 められるアリであるかどうか 下 位 項 目 ワイ ター 地 点 方 向 ドラッグ 表 9 ワイ 系 の 下 位 項 目 アリ 整 理 の 視 点 画 面 を 触 ったところから 上 下 左 右 に 指 を 動 かすなど ワイする 動 作 ができれば 楽 しむことができるアリであるかどうか ワイを 始 める 場 所 がある 程 度 制 限 されているアリ ワイする 方 向 には 制 限 があるが その 操 作 ができることでより 楽 し むことができるアリであるかどうか あるオブジェクをタッし 特 定 の 場 所 まで 運 ぶという ドラッグ の 操 作 を 含 むアリであるかどうか 下 位 項 目 ピイ ピアウ 表 10 ピ 系 の 下 位 項 目 アリ 整 理 の 視 点 2 点 入 力 したものを 縮 めるような 操 作 (ピイ)が 必 要 とされるア リであるかどうか 2 点 入 力 したものを 広 げるような 操 作 (ピアウ)が 必 要 とされる アリであるかどうか なお 作 成 したアリ 段 階 表 の 一 覧 は 資 料 として 添 付 した 作 成 した 項 目 を 活 用 し 実 態 把 握 を 行 うための 表 やその 際 活 用 する 記 録 表 またアリ 段 階 表 を3つに 分 けて 一 つ 一 つ の 構 成 ごとにしたものを 表 11~15 に 示 すこととした 12

15 (4)アリ 段 階 表 ( 試 作 )について 目 的 児 童 / 生 徒 の 今 ある 身 体 の 動 きですぐに 楽 しめるアリケーショを 見 つけ ど のような 活 動 ができるか? ということを 検 討 する 方 法 児 童 / 生 徒 の 身 体 の 動 きを 観 察 し それに 対 応 するアリケーショを 見 つける 視 覚 的 フィードバックがあるものは 聴 覚 的 フィードバックがあるものは で 示 している 表 11 アリ 段 階 表 (1) 実 態 把 握 編 項 目 番 号 実 態 把 握 の 視 点 1-1 もぞもぞが 主 もしくは 可 能 である 1-2 が 主 もしくは 可 能 である 1-3 ババが 主 もしくは 可 能 である 1-4 すりすりが 主 もしくは 可 能 である 2-1 レで 操 作 することが 主 もしくは 可 能 である 2-2 ホールドで 操 作 することが 主 もしくは 可 能 である 2-3 リリーで 操 作 することが 主 もしくは 可 能 である 3-1 ゆるタッであればタッの 操 作 をすることができる 3-2 タイミグが 求 められるタッ 操 作 が 可 能 である 3-3 タッする 場 所 を 判 断 して 操 作 することが 可 能 である 3-4 全 般 的 なタッの 操 作 が 可 能 である 4-1 ワイの 操 作 が 可 能 である 4-2 ワイを 指 定 された 場 所 から 始 めることが 可 能 である 4-3 方 向 を 指 定 されたワイが 可 能 である 4-4 ドラッグの 操 作 が 可 能 である 5-1 ピイが 可 能 である 5-2 ピアウが 可 能 である 表 12 アリ 段 階 表 (2) 実 態 ェック 表 探 索 行 動 系 タイミグ タッ 系 ワイ 系 ピ 系

16 表 13 アリ 段 階 表 (3) 探 索 行 動 / 意 図 的 行 動 編 も ぞ も ぞ バ バ す り す り ロー コ ル 系 タ ッ 系 ワ イ 系 ピ 系 微 細 な 入 力 へ の 対 応 マ ル タ ッ 連 続 入 力 へ の 対 応 ク ラ ブ レ ホー ル ド リ ゆ リー る タ ッ タ ッ タ イ ミ グ 場 所 ワ イ ター 地 点 方 向 ド ラ ッ グ ピ イ ピ ア ウ 探 索 行 動 / 意 図 的 行 動 Real Fireworks Artwork 4-in-1 HD Magic Zither 画 面 を 触 るときれいな 花 火 を 打 ち 上 げることが できます 花 火 の 大 きさの 設 定 が 可 能 です 画 id 面 を 触 っている 間 花 火 が 打 ち 上 がり 続 けます 琴 のアリです 画 面 を 触 ると 琴 の 音 とカラフ id ルなアニメーショを 楽 しむことができます 194 Magic Piano MadPad HD - Remix Your Life Awesome Xylophone ピアノのアリです いくつかモードがあります が ソロ 演 奏 時 での 背 景 が 黒 くなるモードで Magic は タッした 部 分 が 黄 色 の 円 となり 視 覚 的 に Piano も 分 かりやすくなっています 数 秒 の 動 画 をiPadの 画 面 上 に 散 りばめ 画 面 を タッすることでその 音 や 映 像 を 楽 しむアリで id す 子 どもの 興 味 関 心 に 応 じた 音 おもちゃ を 682 作 成 できます きれいな 音 とカラフルな 画 面 のシロフォアリ です 高 音 の 心 地 良 い 音 を 楽 しむことができま id す Percussive Pocket Pond HD ilovefireworks Lite/ 打 ち 上 げ 花 火 Baby Symbolizer: High-Contrast Infant Stimulation Sensory Just Touch - 楽 しいビジュアル エフェク Cause and Effect Sensory Light Box たっちゃんのコネク 島 FREE 版 : 親 子 コ ミュニケーショア リ 保 育 ア リ の し ゃ ぼん 玉 あそび 赤 ち ゃ ん 向 け の 教 育 知 育 アリ お や こ で リ ズ ム え ほ ん 音 が 出 る お 絵 か き for ipad 音 楽 ボック Mr.shape の タ ッ カ ード お や こ で 遊 べて 子 供 が 喜 ぶ 知 育 アリ 木 琴 鉄 琴 カリバ シロフォ ビブラフォ id の 音 を 楽 しむことができます 589 日 本 庭 園 の 池 のようなアリ アリを 開 くと 心 地 よい 環 境 音 が 流 れます 画 面 を 触 ると 水 の Pocket 音 がします 花 火 のアリです 画 面 に 手 を 触 れた 後 画 面 ilovefire から 手 を 離 したタイミグで 花 火 が 打 ち 上 がりま works Lite/ 打 ち す 上 げ 花 火 子 どもたちが 見 たくなるような シマシマの 模 様 がたくさん 掲 載 されています ipadを 提 示 す id る 場 所 や 角 度 を 調 整 しながら お 子 さんの 視 反 656 応 を 観 察 する 際 に 便 利 です タッやワイ クラブなどの 簡 単 な 操 作 を すると 画 面 が 変 化 します 画 面 の 変 化 と タッ id パネルの 簡 単 な 操 作 との 因 果 関 係 理 解 を 見 809 ることができます 21 種 類 の 環 境 音 ときれいなアニメーショ を Cause 楽 しむことのできるアリです 音 声 入 力 や and イッ 入 力 にも 対 応 細 かな 入 力 の 設 定 もあり Effect Sensory ます Light Box タッすることでカエルがジャしたり ちょう ちょが 飛 んだりします 支 援 者 とやりとりしながら id 楽 しむことを 想 定 して 作 られたアリで 他 にも 602 シリーズがあります しゃぼん 玉 遊 びができるアリです しゃぼん 保 育 ア 玉 かくれんぼ というモードでは 背 景 に 写 真 を リ の しゃ 設 定 することができるため 係 活 動 の 発 表 や 活 ぼん 玉 あ 動 の 提 示 に 活 用 できます そび 歌 に 合 わせて 楽 器 遊 びをすることができます 画 面 を 触 ることができれば 歌 に 合 わせて 楽 器 id の 演 奏 が 可 能 です 曲 を 購 入 していく 必 要 があ 728 ります Pond HD お 絵 かきアリです 画 面 を 触 っている 間 面 白 い 音 がするため 効 果 音 を 楽 しむこともできま id す 画 面 をタッしたり 傾 けたりすることで 楽 しい 音 がなります 出 できた 音 をワイしたり ホー id ルドしたりして 楽 しむこともできます タッまたはワイの 動 きで 楽 しむことができ id るアリで 様 々なモードがあります

17 表 14 アリ 段 階 表 (4) 教 材 作 成 /VOCA/ 写 真 動 画 提 示 編 も ぞ も ぞ 微 細 な 入 力 へ の 対 応 マ ル タ ッ バ バ 連 続 入 力 へ の 対 応 す り す り ク ラ ブ レ コ 系 ロー ル ホー ル ド リ ゆ リー る タ ッ タ ッ タ ッ 系 タ イ ミ グ 場 所 ワ イ ター 地 点 ワ イ 系 方 向 ド ラ ッ グ ピ イ ピ 系 ピ ア ウ 教 材 作 成 Switch Accessible Puzzles Bitsboard - 言 語 語 彙 やその 他 の 学 習 のための 10の 教 育 ゲーム VOCA 動 物 おもちゃ 数 字 色 などのパズルのピー のマッグ 課 題 用 アリで 2 択 から5 択 の 問 id 題 が 準 備 されています いくつかの 入 力 方 法 に 287 対 応 しています 写 真 と 文 字 と 録 音 データをセッにしてカードを 作 成 しておくことで マッグや 文 字 ならべな id ど10の 課 題 に 取 り 組 めるようになります 設 定 で 変 更 可 TapSpeak Button TapSpeak Sequence Standard SoundingBoard DropTalk HD かなーク ーキグエイド for ipad テキ 入 力 版 STD 画 面 に1つのメッセージを 録 音 し タッすること でそれを 再 生 させることができます 挨 拶 した id り 先 生 を 呼 んだり もう 一 回 して と 言 った り VOCAとして 活 用 できます 画 面 に 順 番 にメッセージを 録 音 していくことが TapSpeak できます 司 会 をしたり だるまさんがころんだな Sequenc どのゲームで 活 用 できます 1つのメッセージご e とに 色 を 変 えることができます Standard VOCAアリです イッキャモードもあ り キャ 時 のヒ 用 の 音 声 も 録 音 すること id ができます 選 択 ボードとして VOCAとして 係 活 動 で 活 用 できます VOCAアリです メッセージが 再 生 されている 間 そのシボルが 拡 大 表 示 されるため 相 手 DropTalk にも 伝 わりやすくなっています 司 会 や 活 動 選 HD 択 やりとりに 活 用 できます 入 力 した 文 字 を 読 み 上 げるアリです 設 定 画 面 で 文 字 入 力 の 設 定 が 可 能 で 押 した 時 離 id した 時 を 切 り 替 えられます 入 力 した 文 字 を 読 み 上 げるアリです 設 定 画 面 で 細 かな 入 力 方 法 やイッ 入 力 を 想 定 した id キャ 方 法 の 設 定 が 可 能 です 写 真 / 動 画 提 示 iworknote! タッしたりドラッグしたり ワイしたりして 操 id 作 する 簡 単 な 教 材 を 作 成 することができます 436 AVPlayerHD ( 無 エ コード 字 幕 再 生 速 度 調 節 ) Kids Maker Flashcard Little Story Maker Keynote 写 真 ロイロノー タッやワイに 再 生 / 一 時 停 止 次 の AVPlayer 動 画 にする などの 機 能 を 割 り 当 てることがで HD ( 無 エ き 子 どもの 動 きに 応 じた 動 画 コロール 環 境 コ ー ド 字 幕 再 を 提 示 することができます 生 速 度 調 選 択 肢 の 提 示 や 活 動 の 予 告 で 活 用 することが できます 絵 と 音 声 動 画 を 分 けて 提 示 すること id で 伝 え 方 の 違 いによる 子 どもの 理 解 を 見 ると 683 きに 便 利 です タッやワイ 操 作 でページをめくることがで きる 音 声 付 きライドを 作 成 することができま id す 興 味 のある 絵 本 を 電 子 化 することで 余 暇 659 での 活 用 ができます ライドショーアリです ライドやアニメーショ を 用 いて 教 材 を 提 示 できます 音 声 や 動 画 id に 対 しては 使 いづらい 部 分 があります カメラで 写 真 や 動 画 を 撮 影 し フォルダにまとめ て 整 理 することで 次 の 活 動 を 提 示 したり 手 順 やヒを 示 したり 選 択 肢 を 提 示 したりすること ができます 動 画 と 写 真 をつなげたライドショーを 作 成 する ことができます 動 画 や 写 真 には 簡 単 に 字 幕 も id 付 けられます 動 画 を 多 用 して 提 示 したいときに 391 オメです 15

18 表 15 アリ 段 階 表 (3)タッ ワイ ピ 編 も ぞ も ぞ 微 細 な 入 力 へ の 対 応 マ ル タ ッ バ バ 連 続 入 力 へ の 対 応 す り す り ク ラ ブ レ コ 系 ロー ル ホー ル ド リ ゆ リー る タ ッ タ ッ タ ッ 系 タ イ ミ グ 場 所 ワ イ ター 地 点 ワ イ 系 方 向 ド ラ ッ グ ピ イ ピ 系 ピ ア ウ タッ なんでやねん Tap To Pop ナイティナ イ ルシー! HD PinBoo リ 画 面 をタッすると いろいろな 言 い 方 で なんで やねん という 音 声 が 再 生 されます 魅 惑 の id 唇 モードにすると 画 面 の 唇 の 動 きも 楽 しむこ 345 とができます 下 から 浮 き 上 がってくる 風 船 をタッするゲーム です 上 まで 風 船 が 上 がってしまうとゲームオー id バーです タッする 様 子 を 観 察 することができ 190 ます 寝 る 前 に 読 む 寝 物 語 アリです 可 愛 らしい 動 物 や 子 守 唄 ナレーショが 入 っており 動 物 id たちを 寝 かしつけるーリーを 楽 しむことがで 588 きます 5 種 類 の 正 解 音 と 不 正 解 音 を 楽 しむことがで id きる ピポブーアリです 731 ワイ 時 玉 -TOKITAMA- 色 彩 玉 時 計 癒 しの 音 楽 と 目 覚 まし 時 計 Falling Stars by Trident Vitality Gum さわって 歩 く! どう ぶつ 大 行 進 森 の 冒 険 ティッシュ レイ ラボ Fruit Ninja HD Free モジルー YumYum か た ち パ ズル 目 覚 まし 時 計 のアリですが 癒 やしの 効 果 音 ときれいなアニメーショを 楽 しめます ipadの id 傾 きや 画 面 上 のオブジェクをフリックする 動 き 471 で 楽 しむことができます ドラッグで 木 の 枝 を 描 いていくと その 枝 の 上 に Starsが 落 ちてきて 素 敵 な 音 楽 を 奏 でます リ id ラック 環 境 を 準 備 する 際 に 活 用 できます 画 面 にワイの 操 作 で 線 を 描 くと その 上 を 動 物 が 歩 いていきます ワイの 操 作 の 様 子 の id 観 察 に 使 えます かわいい 主 人 公 の 鳥 を 指 でワイさせて 移 動 させていきます 特 定 の 場 所 で 指 を 離 すと 楽 id しいアニメーショが 始 まります タッまたはワイでティシュを 出 すピード や 枚 数 を 競 います 1 人 から4 人 までで 楽 しむこ id とができます カラフルな 図 形 をタッしたり 特 定 のところに 移 動 させたりして 図 形 や 色 数 字 に 触 れていくア id リです 飛 んでくるフルーツを ワイでカッしていく ゲームです フルーツをねらって 操 作 することや id タイミグが 求 められるワイ 操 作 を 観 察 する 161 ことができます 運 筆 を 道 路 と 乗 り 物 に 例 えて 鉛 筆 を 動 かす 向 きや 順 番 が 分 かりやすいアリです 途 中 でハ id ズレ 判 定 になっても 乗 り 物 が 止 まってくれている 257 ため 導 入 期 に 向 いています 簡 単 なパズルや 型 はめを 楽 しむことができま id す 931 ピ Cut the Buttons HD Google Earth はさみでボタをカッするゲームです ボタ は 飛 んでくるため タイミグも 必 要 ですが ピ id イとピアウの 操 作 の 様 子 を 観 察 するこ 540 とができます 地 球 儀 アリです タッ ワイ ピイ ピアウなどの 操 作 の 様 子 を 観 察 するこ id とができます 16

19 第 4 章 事 例 を 通 しての 検 証 本 章 では 第 4 章 で 作 成 した 実 態 把 握 表 とアリ 段 階 表 の 評 価 の 枠 組 みを 用 いて その 活 用 について 検 証 する 筆 者 の 実 践 のビデオから 6 名 の 児 童 を 任 意 に 抽 出 し 検 証 を 行 う こととした 実 践 のビデオを 振 り 返 り 検 証 を 行 うために 実 態 把 握 表 とアリ 一 覧 表 に 加 えて 文 献 やいくつかの 指 導 実 践 から 評 価 方 法 を 整 理 し 評 価 方 法 の 一 覧 を 作 成 した Ⅰ 自 発 的 行 動 を 引 き 出 す 指 導 を 行 う 際 の 評 価 方 法 の 整 理 実 態 把 握 表 とアリ 段 階 表 を 用 いることでも 児 童 / 生 徒 の 実 態 を 観 察 評 価 することは 可 能 であるが それだけでは 十 分 ではない ここでは いくつかの 指 導 事 例 や 市 販 されてい る 評 価 用 ソフウェア 文 献 などを 参 考 に 評 価 の 方 法 について 整 理 を 試 みる (1) 整 理 の 方 法 本 論 文 で 対 象 とする 重 度 の 知 的 障 害 を 併 せ 有 する 肢 体 不 自 由 児 に 対 して 実 態 把 握 や 指 導 後 の 評 価 に 活 用 できるものとしての 評 価 方 法 を 整 理 した 実 態 把 握 を 行 うためのものとし ては 発 達 検 査 やコミュニケーショの 実 態 把 握 のためのアセメを 参 考 とした また イッ 入 力 を 評 価 するためのソフウェアや 評 価 することが 目 的 ではなくても 入 力 方 法 を 細 かく 設 定 することができるソフウェアやアリケーショからその 視 点 を 抽 出 す ることとした そして イッやタブレッ 端 末 を 用 いたいくつかの 実 践 でどのような 評 価 を 行 っているかということも 参 考 とした 17

20 (2) 意 図 的 行 動 を 引 き 出 す 指 導 の 際 に 用 いることができる 評 価 の 視 点 抽 出 の 結 果 表 16 実 態 把 握 を 行 うための 検 査 から 視 点 を 抽 出 したもの アセメの 方 法 評 価 の 観 点 乳 幼 児 精 神 発 達 診 断 法 質 問 紙 法 発 達 の 観 点 から 子 どもを 総 合 的 に 捉 え る 新 板 K 式 発 達 検 査 検 査 法 発 達 のバラの 全 体 像 を 捉 える 情 動 的 コミュニケーシ ョアセメ 観 察 法 反 射 的 なレベル/ 反 応 的 なレベル/ 積 極 的 なレベルという 観 点 から 子 どもの 様 子 を 捉 える 表 17 本 論 文 で 作 成 した 実 態 把 握 表 の 視 点 を 抽 出 したもの アセメの 方 法 評 価 の 観 点 実 態 把 握 表 ( 試 作 ) ターゲッとなる 行 動 の 有 無 の 観 察 定 位 反 応 の 有 無 / 随 意 運 動 の 有 無 / 手 段 目 的 関 係 の 理 解 の 観 点 から 子 ども の 様 子 を 捉 える アリ 段 階 表 ( 試 作 ) アリの 比 較 による 観 察 法 タッパネルへの 入 力 方 法 の 視 点 から 子 どもの 様 子 を 捉 える 表 18 操 作 の 習 熟 度 を 評 価 するためのソフウェアから 抽 出 したもの アセメの 方 法 評 価 の 観 点 StagesⅠ (Single Switch Performance Test) ソフウェアによるイッ 操 作 評 価 イッ タッパネルの 操 作 の 入 力 数 / 押 し 続 けた 時 間 / 必 要 であったヒ の 種 類 と 回 数 / 課 題 を 達 成 した 時 間 の 視 点 から 子 どもの 様 子 を 捉 える SSPT イッ 操 作 能 力 の 評 価 ヒが 出 てから 何 秒 でイッを 押 せるか/イッから 手 を 離 すことが 上 手 にできるか/イッの 連 打 をど れぐらいのピードでできるかという 視 点 から 子 どもの 様 子 を 捉 える 18

21 表 19 イッの 入 力 設 定 を 行 うことができるソフウェアから 抽 出 したもの アセメの 方 法 評 価 の 観 点 Shiny learning 設 定 の 比 較 による 観 察 法 イッを 押 した 瞬 間 ターする/ イッを 押 している 間 のみ 動 作 する という 視 点 から 子 どもの 様 子 を 捉 える Ian bean 設 定 の 比 較 による 観 察 法 イッディレイ( 無 反 応 時 間 の 設 定 ) /イッを 押 したらターと ッが 交 互 に 行 われるという 視 点 から 子 どもの 様 子 を 捉 える 表 20 タッパネルへの 入 力 設 定 ができる ipad 用 アリや 設 定 から 抽 出 したもの アセメの 方 法 評 価 の 観 点 Couse & effect sensory light box 設 定 の 比 較 による 観 察 法 マルタッ/シグルタッ/どこ をタッしてもよい 設 定 / 音 声 入 力 に よる 操 作 / 入 力 したら 一 定 時 間 反 応 が ある 設 定 / 入 力 したらオとオフが 切 り 替 わる 設 定 / 連 続 入 力 の 無 効 時 間 と いう 視 点 から 子 どもの 様 子 を 捉 える Touch speak sequence 設 定 の 比 較 による 観 察 法 タッパネルへの 入 力 無 効 時 間 / 入 力 無 効 距 離 という 視 点 から 子 どもの 様 子 を 捉 える Talking aid for ipad 設 定 の 比 較 による 観 察 法 キャ 入 力 直 接 入 力 の 切 り 替 え/ 無 効 時 間 / 保 持 時 間 /キーロックとい う 視 点 から 子 どもの 様 子 を 捉 える かなーク 設 定 の 比 較 による 観 察 法 入 力 の 仕 方 ( 押 した 時 離 した 時 )/ 文 字 が 入 力 されるまでの 反 応 時 間 とい う 視 点 から 子 どもの 様 子 を 捉 える カタムジェャと いう 機 能 で タッ や ワイ 入 力 の ジェャを 作 成 する 設 定 の 比 較 による 観 察 法 実 際 的 なアリケーショの 反 応 のタ イミグ(タッパネルを 触 った 時 離 した 時 )の 違 いという 視 点 から 子 ど もの 様 子 を 捉 える 19

22 表 21 実 践 事 例 で 行 われていた 評 価 の 方 法 アセメの 方 法 評 価 の 観 点 コミュニケーショ サル 観 察 法 実 際 的 な 場 面 で 子 どもから 自 発 され るコミュニケーショの 様 子 を 機 能 文 脈 形 態 内 容 の 側 面 から 捉 える イッやタブレッ に 向 かう 運 動 を 観 察 す 観 察 法 実 際 的 な 場 面 で 子 どもから 自 発 され る 行 動 の 様 子 を 捉 える る 視 点 を 下 位 項 目 に 分 類 しての 観 察 イッやタブレッ に 入 力 をする 際 のエラ ーの 様 子 の 計 測 観 察 法 実 際 的 な 場 面 で 操 作 環 境 や 活 動 の 種 類 による 子 どもの 行 動 の 違 いについ て 操 作 時 間 / 目 的 的 エラー/ 無 目 的 エラーの 観 点 から 捉 える 場 面 比 較 観 察 観 察 法 あるきっかけによって 定 位 反 射 や 随 意 運 動 が 正 起 するかどうかを 場 面 比 較 に より 観 察 する 活 動 の 参 加 レベルの 観 察 評 定 法 複 数 観 察 者 で 活 動 の 参 加 レベルを1 点 から4 点 で 評 価 し その 一 致 度 や 平 均 値 から 積 極 的 に 参 加 できている 活 動 とそうではない 活 動 の 傾 向 を 捉 える ICF を 用 いた 評 価 関 連 図 の 作 成 心 身 機 能 参 加 活 動 環 境 因 子 個 人 因 子 の 要 素 から 児 童 の 実 態 や 指 導 後 の 変 化 を 捉 える 心 拍 数 の 計 測 による 評 価 バイタルサイ 心 拍 数 の 減 速 反 応 加 速 反 応 の 視 点 か ら 環 境 への 定 位 反 応 の 様 子 を 自 律 神 経 系 の 働 きから 捉 えようとする 唾 液 アミラーゼ 活 性 値 の 計 測 による 評 価 バイタルサイ 交 感 神 経 作 用 によって 分 泌 される 成 分 を 計 測 することで 急 性 のレの 状 況 を 把 握 し 刺 激 への 快 不 快 反 応 を 読 み 取 ろうとする 20

23 (3) 抽 出 された 観 点 の 整 理 評 価 方 法 から 抽 出 した 観 点 を 参 考 にし タブレッ 端 末 を 用 いて 意 図 的 行 動 を 引 き 出 す 指 導 の 際 に 必 要 なものは 何 かを 考 え 整 理 した 抽 出 した 観 点 を 並 べ 直 し 不 足 と 感 じる 項 目 については 筆 者 が 付 け 足 しながら 評 価 方 法 一 覧 の 作 成 を 試 みた 1 実 態 把 握 を 行 う 際 に 必 要 な 評 価 A 発 達 段 階 や 発 達 のバラを 観 るための 評 価 B 定 位 反 応 や 随 意 運 動 手 段 目 的 関 係 の 理 解 を 観 るための 評 価 C タッパネルやイッなどへの 行 動 の 引 き 出 され 方 を 観 るための 評 価 D 活 動 へのレや 定 位 反 応 の 実 態 をバイタルサイから 読 み 取 る 評 価 2 タブレッ 端 末 の 設 定 に 必 要 な 評 価 E 操 作 評 価 E-1 画 面 を 触 ることができるか E-2 画 面 を 触 り 続 けることができるか E-3 画 面 から 手 を 離 すことができるか E-4 何 度 も 画 面 を 触 ることができるか E-5 タイミグよく 画 面 を 触 ることができるか E-6 状 況 に 応 じて 画 面 を 触 ることができるか F フィードバックの 必 要 性 評 価 F-1 音 によるフィードバックが 必 要 か F-2 映 像 によるフィードバックが 必 要 か G 反 応 の 設 定 の 仕 方 の 評 価 G-1 タイマー 機 能 が 必 要 か G-2 ラッ 機 能 が 必 要 か G-3 しきい 値 の 設 定 が 必 要 か G 4 無 効 時 間 の 設 定 が 必 要 か G-5 無 効 操 作 範 囲 の 設 定 が 必 要 か H アリケーショの 選 定 のための 評 価 3 子 どもの 学 習 評 価 I 評 価 I-1 コミュニケーショの 変 容 による 評 価 I-2 定 位 反 応 や 随 意 運 動 手 段 目 的 関 係 の 理 解 の 観 察 による 評 価 I-3 操 作 方 法 の 変 容 による 評 価 I-4 活 動 の 様 子 の 場 面 比 較 による 評 価 I-5 活 動 へのレや 定 位 反 応 の 様 子 をバイタルサイから 読 み 取 る 評 価 I 6 参 加 の 方 法 や 状 況 比 較 による 評 価 21

24 Ⅱ 実 態 把 握 表 とアリ 段 階 表 の 検 証 (1) 検 証 の 方 法 筆 者 のこれまでの6 名 の 児 童 に 対 する 実 践 を 実 態 把 握 表 アリ 段 階 表 評 価 方 法 整 理 表 を 用 いて 振 り 返 るという 方 法 で 検 証 した 検 証 の 手 順 は 以 下 の 通 りである ア) 作 成 した 整 理 表 を 用 いて 実 態 把 握 から 目 標 設 定 指 導 後 の 評 価 を 再 度 行 う イ) 実 態 把 握 目 標 設 定 指 導 後 の 評 価 で 活 用 した 評 価 方 法 を 整 理 する ウ) 実 態 把 握 表 と アリ 段 階 表 を 用 いて 指 導 前 と 指 導 後 を 比 較 する このような 手 順 で 実 践 を 振 り 返 り 評 価 した 際 に 矛 盾 点 がないか 説 明 できない 点 は 無 いか 等 を 検 討 していくこととした その 際 K 大 学 で 毎 週 行 われている 学 習 会 の 参 加 者 の 意 見 も 参 考 にした 学 習 会 に 参 加 しているのは 大 学 教 員 特 別 支 援 学 校 教 員 ST 学 生 などである (2) 6 名 の 対 象 児 の 実 態 U 児 重 度 の 知 的 障 害 を 併 せ 有 する5 年 生 の 男 児 である 息 止 めや 指 先 で 自 分 の 舌 を 触 るな ど 感 覚 を 自 分 で 感 じるような 過 ごし 方 をしていたり 体 をゆらゆらと 揺 らして 過 ごして いたりすることが 多 い 見 ることや 周 囲 のことをどのように 把 握 しているのか 何 に 興 味 をもっているのかということを 支 援 者 が 自 信 をもって 説 明 することができるような 行 動 を 示 すことがほぼ 見 られないため 実 態 把 握 が 困 難 な 児 童 である V 児 重 度 の 知 的 障 害 を 併 せ 有 する5 年 生 ( 指 導 開 始 時 )の 女 児 である 上 肢 下 肢 ともにマ ヒがあり 感 覚 刺 激 を 求 める 自 発 的 行 動 ( 手 の 動 き)が 主 である 不 随 意 運 動 や 筋 緊 張 は 見 られない 肌 に 感 じる 感 覚 以 外 を 目 的 としての 意 図 的 行 動 はほとんど 見 られず 支 援 者 と 一 緒 に 手 を 使 って 活 動 する 際 には 手 を 引 っ 込 める 行 動 がよく 見 られた テポの 良 い 音 楽 が 好 きなようで 音 楽 を 聞 くと 体 を 動 かす 様 子 が 見 られた 22

25 W 児 重 度 の 知 的 障 害 を 併 せ 有 する6 年 生 ( 指 導 開 始 時 )の 男 児 である 上 肢 下 肢 ともにマ ヒがあり ひもを 引 っ 張 るなどの 引 き 込 む 動 きは 可 能 であるが それ 以 外 の 上 肢 を 用 い ての 操 作 はできない 動 画 を 見 たりパソコを 見 たりすることが 好 きではあるが イ ッを 用 いての 動 画 の 切 り 替 え 操 作 を 自 分 ですることができない 支 援 者 を 呼 ぶための VOCA を 押 す 動 作 は 可 能 であるが 動 画 が 見 られない 時 などに 自 分 で 判 断 して 支 援 者 を 呼 ぶこともできなかった X 児 重 度 の 知 的 障 害 を 併 せ 有 する5 年 生 ( 指 導 開 始 時 )の 男 児 である 上 肢 下 肢 ともにマ ヒがあり 原 始 反 射 (STNR)が 残 存 している そのため 上 肢 を 用 いての 物 の 操 作 は 容 易 ではないが おもちゃやパソコが 好 きであり 触 ろうと 手 を 動 かすこともあるが 操 作 はできない 支 援 者 の 動 きをよく 見 ており 隠 れた 支 援 者 が 出 てくることなど 予 測 が ついたことがその 通 りになる 支 援 者 とのかかわり 遊 びを 楽 しみ 声 を 出 して 笑 うことが できる Y 児 重 度 の 知 的 障 害 を 併 せ 有 する4 年 生 の 男 児 ( 指 導 開 始 時 )である 下 肢 にマヒがある が 上 肢 を 用 いての 簡 単 な 物 の 操 作 は 可 能 である タッパネルの 操 作 は 自 分 ではでき ない 支 援 者 が 操 作 した 動 画 を 見 ることは 好 きであるが 日 によって 見 たいものが 変 わ っており 自 分 の 見 たいものが 映 らないとパニックになることが 多 い Z 児 重 度 の 知 的 障 害 を 併 せ 有 する5 年 生 の 男 児 である 言 語 を 用 いた 簡 単 なコミュニケー ショが 可 能 である タブレッ 端 末 には 興 味 をもっており タッについての 操 作 は 可 能 であるが ワイやピについての 操 作 は 十 分 ではない 23

26 Ⅲ 検 証 の 実 際 (1) 実 態 把 握 から 目 標 設 定 指 導 後 の 評 価 U 児 について ア) 実 態 把 握 と 目 標 設 定 表 22 実 態 把 握 評 価 の 方 法 評 価 の 結 果 内 容 B 定 位 反 応 や 随 意 運 動 手 段 目 的 関 係 の 理 解 を 観 るための 評 価 実 態 把 握 表 2 自 発 的 行 動 中 期 ( 一 致 度 66%) ある 外 界 からの 刺 激 やその 環 境 に 対 応 し た 子 どもの 身 体 の 動 き が( 常 にでは なくとも) 見 られ 他 の 刺 激 や 状 況 と の 違 い を 何 らかの 方 法 で 説 明 できる C タッパネルや アリ 段 階 表 が 主 もしくは 可 能 である イッなどへの 行 動 の 引 き 出 され 方 を 観 るた めの 評 価 1-2 ( 一 致 度 100%) F フィードバックの F-1が 必 要 音 によるフィードバックが 必 要 必 要 性 評 価 I-4 活 動 の 様 子 の 場 面 比 較 による 評 価 児 童 が 環 境 の 変 化 に 気 がついている 時 に は 身 体 の 動 きの 減 少 が 見 られた U 児 が 環 境 の 変 化 に 対 して 定 位 の 反 応 を 示 している 時 には 身 体 の 動 きの 現 象 が 見 られる 可 能 性 が 高 い 表 23 目 標 や 環 境 の 設 定 目 標 の 観 点 目 標 とする 行 動 内 容 B 定 位 反 応 や 随 意 運 動 手 段 目 的 関 係 の 理 解 を 観 るための 評 価 実 態 把 握 表 3 意 図 的 行 動 初 期 外 界 ( 物 や 人 )の 変 化 が 子 どもの 身 体 の 動 き に 伴 って 生 じていることに 子 ども 自 身 が 気 づいている というこ とを 何 らかの 方 法 で 説 明 できる C タッパネルや イッなどへの 行 動 の 引 き 出 され 方 を 観 るた めの 評 価 アリ 段 階 表 2-1 レで 操 作 することが 主 もしくは 可 能 である 24

27 表 24 アリケーショ 選 定 選 定 の 評 価 選 定 の 観 点 条 件 に 見 合 うアリケーショ G アリケーショ の 選 定 のための 評 価 C 評 価 1-2 C 目 標 2-1 F-1 音 によるフ ィードバック Real Fireworks Artwork 4-in-1 HD 2012 Magic Zither Magic Piano MadPad HD - Remix Your Life Awesome Xylophone Percussive Pocket Pond HD たっちゃんのコネク 島 FREE 版 イ) 指 導 の 実 際 目 標 U 児 の 主 体 的 な 動 きに 意 図 があるかどうかは 判 断 できなくても 画 面 から 離 れた 手 を ipad の 上 に 動 かすことで 音 がなったということに 気 がつくことができる 時 間 自 立 活 動 の 時 間 ( 週 に 一 時 間 ) 学 習 活 動 内 容 及 び 留 意 点 授 業 の 始 まりを 伝 える U 児 の 左 手 をタッピグし 言 葉 かけをする 車 いすからセラピーマッに 降 り 仰 向 けに 寝 る 活 動 1の 予 告 をする ipad でシロフォ Awesome Xylophone の 音 を U 児 の 耳 元 でしばらく 鳴 らす ipad を U 児 のお 腹 の 上 に 置 く そのまましばらく 観 察 する 活 動 2の 予 告 をする ipad とドライヤーの 連 動 ドライヤーの 音 を U 児 の 耳 元 でしばらく 聞 かせる ipad とドライヤーを ipad でおもちゃを 動 かす 機 器 を 用 いてつなぐ ドライヤーを 児 童 の 体 に 向 けてセッティグする ipad を U 児 のお 腹 の 上 に 置 く そのまましばらく 観 察 する 活 動 3の 予 告 をする ipad と 振 動 マッサージャー(ク ッショ 型 )との 連 動 振 動 マッサージャー(クッショ 型 )の 音 を U 児 の 耳 元 でしばらく 聞 かせる ipad と 振 動 マッサージャー(クッショ 型 )を ipad でおもちゃを 動 かす 機 器 を 用 いてつなぐ 25

28 振 動 マッサージャー(クッショ 型 )を 児 童 の 背 中 の 下 に 敷 く ipad を U 児 のお 腹 の 上 に 置 く そのまましばらく 観 察 する ipad を U 児 の 目 の 前 に 提 示 する そのまましばらく 観 察 する ウ) 活 動 の 様 子 授 業 の 様 子 ( 指 導 記 録 ビデオから) 写 真 1 U 児 が 目 の 前 のタブレッ 端 末 を 触 っている 様 子 エ) 指 導 後 の 評 価 表 25 学 習 評 価 評 価 の 視 点 評 価 の 結 果 評 価 の 内 容 I-2 実 態 把 握 表 3 ( 一 致 度 75%) 音 のフィードバックを 期 待 して 身 体 を 動 かしたかどうかは 観 察 からは 不 明 だが 身 体 の 動 きに 伴 う ipad の 音 には 気 が 付 いているように 見 える U 児 は 自 分 の 手 が ipad に 当 たって 音 が 出 たり 振 動 が 動 いたりすることに 注 意 を 向 けて 身 体 の 動 きを 減 少 させてい たことが 観 察 できた I-3 アリ 段 階 表 2-1 ( 一 致 度 66.6%) U 児 が ipad への レ の 動 きが 見 られた 26

29 V 児 について ア) 実 態 把 握 と 目 標 設 定 表 26 実 態 把 握 評 価 の 方 法 評 価 の 結 果 内 容 B 定 位 反 応 や 随 意 運 動 手 段 目 的 関 係 の 理 解 を 観 るための 評 価 実 態 把 握 表 2 自 発 的 行 動 中 期 ( 一 致 度 100%) ある 外 界 からの 刺 激 やその 環 境 に 対 応 した 子 どもの 身 体 の 動 き が( 常 に ではなくとも) 見 られ 他 の 刺 激 や 状 況 との 違 い を 何 らかの 方 法 で 説 明 で きる C タッパネルや アリ 段 階 表 もぞもぞが 主 もしくは 可 能 である イッなどへの 行 動 の 引 き 出 され 方 を 観 るた めの 評 価 1-1 ( 一 致 度 100%) F フィードバックの 必 要 性 評 価 F-1が 必 要 音 によるフィードバックが 必 要 表 27 目 標 や 環 境 の 設 定 目 標 の 観 点 目 標 とする 行 動 内 容 B 定 位 反 応 や 随 意 運 動 手 段 目 的 関 係 の 理 解 を 観 るための 評 価 実 態 把 握 表 3 意 図 的 行 動 初 期 外 界 ( 物 や 人 )の 変 化 が 子 どもの 身 体 の 動 き に 伴 って 生 じていること に 子 ども 自 身 が 気 づいている とい うことを 何 らかの 方 法 で 説 明 できる C タッパネルや イッなどへの 行 動 の 引 き 出 され 方 を 観 るた めの 評 価 アリ 段 階 表 1-1 もぞもぞの 動 きのままで 楽 しめる 活 動 を 探 す 表 28 アリケーショ 選 定 選 定 の 評 価 選 定 の 観 点 条 件 に 見 合 うアリケーショ G アリケーショ の 選 定 のための 評 価 C 評 価 1-1 C 目 標 1-1 F-1 音 によるフィ ードバック Magic Zither Magic Piano MadPad HD - Remix Your Life Awesome Xylophone Percussive AVPlayerHD ( 無 エコード 字 幕 再 生 速 度 調 節 ) 27

30 イ) 指 導 の 実 際 目 標 V 児 の 主 体 的 な 動 きに 意 図 があるかどうかは 判 断 できなくても 画 面 に 置 いた 手 を もぞもぞ と 動 かすことで 音 が 変 化 したということに 気 がつくことができる 時 間 自 立 活 動 の 時 間 ( 週 に 二 時 間 ) 学 習 活 動 内 容 及 び 留 意 点 授 業 の 始 まりを 伝 える V 児 の 手 をタッピグし 言 葉 かけをする 決 まった 場 所 に 移 動 し V 児 の 隣 に 座 る 活 動 1の 予 告 をする Awesome Xylophone の 音 を V 児 の 前 でしばらく 鳴 ipad でシロフォ らす ipad を 車 いすの 机 の 上 に 置 く そのまましばらく 観 察 する 活 動 2の 予 告 をする クラシックギターを V 児 の 前 でしばらく 鳴 らす ipad とギターの 連 動 ipad を 車 いすの 机 の 上 に 置 く そのまましばらく 観 察 する ipad から 音 が 出 たらその 音 に 合 わせてギターのテ ポや 演 奏 の 仕 方 を 変 化 させる 活 動 3の 予 告 をする 振 動 マッサージャー(クッショ 型 )の 音 を V 児 ipad と 振 動 マッサージャー(ク の 耳 元 でしばらく 聞 かせる ッショ 型 )との 連 動 ipad と 振 動 マッサージャー(クッショ 型 )を ipad でおもちゃを 動 かす 機 器 を 用 いてつなぐ 振 動 マッサージャー(クッショ 型 )を V 児 の 足 に 巻 きつけるように 敷 く ipad を 車 いすの 机 の 上 に 置 く そのまましばらく 観 察 する ウ) 活 動 の 様 子 授 業 の 様 子 ( 指 導 記 録 ビデオから) 写 真 2 V 児 が 自 らタブレッ 端 末 を 触 っている 様 子 28

31 エ) 指 導 後 の 評 価 表 29 学 習 評 価 評 価 の 視 点 評 価 の 結 果 評 価 の 内 容 I-2 I-3 実 態 把 握 表 3 ( 一 致 50%) アリ 段 階 表 1-1 ( 一 致 度 100%) 担 任 や 筆 者 など 身 近 な 評 価 者 は 動 きに 関 係 した 音 のフィードバックへの 気 付 きが 見 られるだろうと 評 価 したが 観 察 者 によ って 評 価 のばらつきが 見 られた 操 作 の 方 法 自 体 に 変 化 は 見 られなかった 詳 細 に 観 察 するためには 追 加 の 評 価 が 必 要 である オ) 追 加 で 実 施 した 学 習 評 価 V 児 の 主 な 入 力 方 法 である もぞもぞ するような 手 の 動 きと それ 以 外 の 手 の 動 きに 費 やしている 時 間 をビデオ 観 察 によって 計 測 した ( 秒 ) もぞもぞ それ 以 外 図.1 もぞもぞ とそれ 以 外 の 入 力 方 法 の 回 数 の 計 測 結 果 もぞもぞの 入 力 回 数 の 継 続 的 な 増 加 ( 図.1)から 身 体 の 動 きに 対 する 音 のフィードバ ックを 児 童 が 感 じられていることが 予 想 される 29

32 W 児 について ア) 実 態 把 握 と 目 標 設 定 表 30 実 態 把 握 評 価 の 方 法 評 価 の 結 果 内 容 B 定 位 反 応 や 随 意 運 動 手 段 目 的 関 係 の 理 解 を 観 るための 評 価 実 態 把 握 表 3 意 図 的 行 動 初 期 ( 一 致 度 100%) 外 界 ( 物 や 人 )の 変 化 が 子 どもの 身 体 の 動 き に 伴 って 生 じていることに 子 ども 自 身 が 気 づいている というこ とを 何 らかの 方 法 で 説 明 できる C タッパネルや アリ 段 階 表 すりすりが 主 もしくは 可 能 である イッなどへの 行 動 の 引 き 出 され 方 を 観 るた めの 評 価 1-4 ( 一 致 度 100%) E 操 作 評 価 E-1 + E-2 + E-3 ± 画 面 を 触 ることができる 画 面 を 触 り 続 けることができる 画 面 から 手 を 離 すことが 上 手 ではない 表 31 目 標 や 環 境 の 設 定 目 標 の 観 点 目 標 とする 行 動 内 容 B 定 位 反 応 や 随 意 運 動 手 段 目 的 関 係 の 理 解 を 観 るための 評 価 実 態 把 握 表 4 意 図 的 行 動 中 期 子 どもの 行 動 に 明 らかな 意 図 が 感 じられ る 外 界 ( 物 や 人 )の 変 化 を 期 待 した 子 どもの 身 体 の 動 き が 見 られるというこ とが 何 らかの 方 法 で 説 明 できる C タッパネルや イッなどへの 行 動 の 引 き 出 され 方 を 観 るた めの 評 価 アリ 段 階 表 3-1 ゆるタッで 意 図 的 な 操 作 をすることが できる 表 32 アリケーショ 選 定 選 定 の 評 価 選 定 の 観 点 条 件 に 見 合 うアリケーショ H アリケーショ の 選 定 のための 評 価 B 目 標 4 C 評 価 1-4 C 目 標 3-1 E-3 ± AVPlayerHD ( 無 エコード 字 幕 再 生 速 度 調 節 ) 30

33 イ) 指 導 の 実 際 目 標 W 児 の 手 の 動 きで 動 画 をコロールできる 環 境 を 設 定 し 自 分 で 動 画 を 切 り 替 えて 好 きな 動 画 を 楽 しむことができる 時 間 自 立 活 動 の 時 間 ( 週 に 一 時 間 ) 学 習 活 動 内 容 及 び 留 意 点 取 り 組 みたい 活 動 を 選 ぶ ipad パソコ 絵 本 の 絵 カードを W 児 に 提 示 しながら 意 思 を 確 認 し 笑 顔 や 発 声 が 出 た 活 動 に 取 り 組 むようにする ipad を 選 んだ 場 合 AVPlayerHD はどのような 入 力 があっても 次 の ipad で 好 きな 動 画 を 見 る 再 生 になるように ジェャーの 設 定 を 変 更 し ておく W 児 のタッパネルへの 入 力 を 助 けるため 硬 筆 用 下 敷 きに 穴 を 開 けたキーガードを 準 備 しておく 用 事 があった 時 困 ったときに 教 師 を 呼 ぶことがで きるように ipad の 隣 に 教 師 を 呼 ぶための VOCA を 置 いておく キーガードの 穴 の 位 置 や 大 きさは 随 時 違 うものを 用 いて W 児 が 操 作 しやすいものに 変 えていく ウ) 活 動 の 様 子 授 業 の 様 子 ( 指 導 記 録 ビデオから) 写 真 3 硬 筆 用 下 敷 きを 加 工 した 自 作 キーガード 活 用 の 様 子 エ) 指 導 後 の 評 価 表 33 学 習 評 価 評 価 の 視 点 評 価 の 結 果 評 価 の 内 容 H-2 実 態 把 握 表 4 選 択 的 に 動 画 を 見 るという 目 的 を 達 成 する 場 面 が 観 察 可 能 となった ( 一 致 度 100%) H-3 アリ 段 階 表 3-1 ( 一 致 度 100%) キーガードの 活 用 により ゆるタッ の 操 作 が 可 能 となり 選 択 的 に 動 画 を 見 ることが 可 能 となった 31

34 X 児 について ア) 実 態 把 握 と 目 標 設 定 表 34 実 態 把 握 評 価 の 方 法 評 価 の 結 果 内 容 B 定 位 反 応 や 随 意 運 動 手 段 目 的 関 係 の 理 解 を 観 るための 評 価 実 態 把 握 表 4 意 図 的 行 動 初 期 ( 一 致 度 66.6%) 子 どもの 行 動 に 明 らかな 意 図 が 感 じら れる 外 界 ( 物 や 人 )の 変 化 を 期 待 した 子 どもの 身 体 の 動 き が 見 られるという ことが 何 らかの 方 法 で 説 明 できる C タッパネルや イッなどへの 行 動 の アリ 段 階 表 2-1 レで 操 作 することが 主 もしくは 可 能 である 引 き 出 され 方 を 観 るた めの 評 価 ( 一 致 度 100%) E 操 作 評 価 E-1 + E-2 ± E-3 ± E-4 ± E-5 - 画 面 を 触 ることができる 画 面 を 触 り 続 けることは 上 手 ではない 画 面 から 手 を 離 すことが 上 手 ではない 何 度 も 画 面 を 触 ることは 上 手 ではない タイミグよく 画 面 を 触 ることはでき ない 表 35 目 標 や 環 境 の 設 定 目 標 の 観 点 目 標 とする 行 動 内 容 B 定 位 反 応 や 随 意 運 動 手 段 目 的 関 係 の 理 解 を 観 るための 評 価 実 態 把 握 表 6 意 図 的 コミュニケ ーショ 中 期 外 界 ( 物 や 人 )の 変 化 を 期 待 した も う 一 つの 外 界 ( 物 や 人 )に 対 する 子 ど もの 身 体 の 動 き が 見 られるというこ とが 何 らかの 方 法 で 説 明 できる C タッパネルや イッなどへの 行 動 の 引 き 出 され 方 を 観 るた めの 評 価 アリ 段 階 表 2-3 リリーの 操 作 でよりコロール 性 を 高 めた 操 作 をすることができる 表 36 アリケーショ 選 定 選 定 の 評 価 選 定 の 観 点 条 件 に 見 合 うアリケーショ G アリケーショ の 選 定 のための 評 価 B 目 標 6 C 目 標 2-3 D ± AVPlayerHD ( 無 エコード 字 幕 再 生 速 度 調 節 )+カタムジェャ TapSpeak Sequence Standard 32

35 イ) 指 導 の 実 際 目 標 X 児 の 手 の 動 きで リリーの 操 作 ができるように 環 境 を 設 定 すること で 動 画 や VOCA のコロール 性 を 高 めることができる 時 間 自 立 活 動 の 時 間 ( 週 に 二 時 間 ) 学 習 活 動 内 容 及 び 留 意 点 VOCA を 使 ったやりとり 遊 びを TapSpeak Sequence Standard に せんせー とメ する (かごめかごめ/だるまさ ッセージを 録 音 しておき やりとり 遊 びをする んがころんだ/ 隠 れていた 先 生 が 出 てくる) ipad で 好 きな 動 画 を 見 る AVPlayerHD には 好 きそうな 動 画 を3 本 から5 本 程 度 入 れておく どのような 入 力 があっても 次 の 再 生 になるよう に ジェャーの 設 定 を 変 更 しておく リリー したタイミグで 動 画 が 変 わるように カタムジェャの 設 定 をしておく ウ) 活 動 の 様 子 授 業 の 様 子 ( 指 導 記 録 ビデオから) 写 真 4 AVplayerHD で 動 画 をコロールしている 様 子 エ) 指 導 後 の 評 価 表 37 学 習 評 価 評 価 の 視 点 評 価 の 結 果 評 価 の 内 容 H-2 実 態 把 握 表 6 ( 一 致 度 100%) 人 の 動 きや 環 境 の 変 化 を 期 待 している 様 子 は 表 情 や 視 線 発 声 の 観 察 から 評 価 可 能 であった それらの 表 現 の 後 ipad の 画 面 を 触 るという 期 待 操 作 行 動 の 順 番 で 児 童 の 表 出 が 見 られた H-3 アリ 段 階 表 2-3 ( 一 致 度 100%) 操 作 の 様 子 から 意 図 をどれほど 反 映 したコロールができているかとい うことは 明 らかではないが リリー の 操 作 自 体 は 観 察 可 能 であった 33

36 Y 児 について ア) 実 態 把 握 と 目 標 設 定 表 38 実 態 把 握 評 価 の 方 法 評 価 の 結 果 内 容 B 定 位 反 応 や 随 意 運 動 手 段 目 的 関 係 の 理 解 を 観 るための 評 価 実 態 把 握 表 5 意 図 的 コミュニ ケーショ 初 期 ( 一 致 度 100%) 外 界 ( 物 や 人 )の 変 化 が もう 一 つ の 外 界 ( 変 化 する 外 界 以 外 の 物 や 人 ) に 対 する 子 どもの 身 体 の 動 き に 伴 っ て 生 じていることに 子 ども 自 身 が 気 づいている ということを 何 らかの 方 法 で 説 明 できる C タッパネルや イッなどへの 行 動 の アリ 段 階 表 1-3 レで 操 作 することが 主 もしくは 可 能 である 引 き 出 され 方 を 観 るた めの 評 価 ( 一 致 度 100%) E 操 作 評 価 E-1 + E-2 ± E-3 ± E-4 ± E-5 - 画 面 を 触 ることができる 画 面 を 触 り 続 けることは 上 手 ではない 画 面 から 手 を 離 すことが 上 手 ではない 何 度 も 画 面 を 触 ることは 上 手 ではない タイミグよく 画 面 を 触 ることが 不 可 表 39 目 標 や 環 境 の 設 定 目 標 の 観 点 目 標 とする 行 動 内 容 B 定 位 反 応 や 随 意 運 動 手 段 目 的 関 係 の 理 解 を 観 るための 評 価 実 態 把 握 表 6 意 図 的 コミュニケ ーショ 中 期 外 界 ( 物 や 人 )の 変 化 を 期 待 した も う 一 つの 外 界 ( 物 や 人 )に 対 する 子 ど もの 身 体 の 動 き が 見 られるというこ とが 何 らかの 方 法 で 説 明 できる C タッパネルや イッなどへの 行 動 の 引 き 出 され 方 を 観 るた めの 評 価 アリ 段 階 表 2-3 リリーの 操 作 でよりコロール 性 を 高 めた 操 作 をすることができる 表 40 アリケーショ 選 定 選 定 の 評 価 選 定 の 観 点 条 件 に 見 合 うアリケーショ G アリケーショ の 選 定 のための 評 価 B 目 標 6 C 目 標 2-3 D ± 写 真 +イッコローラー AVPlayerHD ( 無 エコード 字 幕 再 生 速 度 調 節 ) 34

37 イ) 指 導 の 実 際 目 標 Y 児 の 手 の 動 きで リリーの 操 作 ができるように 環 境 を 設 定 すること で 動 画 のコロール 性 を 高 めることができる 時 間 自 立 活 動 の 時 間 ( 週 に 二 時 間 ) 学 習 活 動 内 容 及 び 留 意 点 ipad で 好 きな 動 画 を 見 る イッ 標 準 の 機 能 で 動 画 のレイリを 作 成 しておく Y 児 が 自 分 で 動 画 を 切 り 替 えることができるよう に イッコローラーを 準 備 しておく キーガード+タッパネル AVPlayerHD には 好 きそうな 動 画 を10 本 から1 5 本 程 度 入 れておく どのような 入 力 があっても 次 の 再 生 になるよう に ジェャーの 設 定 を 変 更 しておく Y 児 の 手 の 動 きで 操 作 ができるように 硬 筆 用 下 敷 きを 用 いたキーガードを 準 備 する ウ) 活 動 の 様 子 授 業 の 様 子 写 真 5 ipod touch の 画 面 を 触 って 動 画 を 観 ている 様 子 エ) 指 導 後 の 評 価 表 41 学 習 評 価 評 価 の 視 点 評 価 の 結 果 評 価 の 内 容 H-2 実 態 把 握 表 6 ( 一 致 度 100%) 選 択 的 に 動 画 を 見 るためにイッや タッパネルを 操 作 している 様 子 が 観 察 され 観 察 者 の 評 価 は 一 致 して 意 図 的 に 操 作 している となった H-3 アリ 段 階 表 3-1 ( 一 致 度 100%) ゆるタッ の 操 作 の 様 子 が 観 察 可 能 であった 35

38 Z 児 について ア) 実 態 把 握 と 目 標 設 定 表 42 実 態 把 握 評 価 の 方 法 評 価 の 結 果 内 容 B 定 位 反 応 や 随 意 運 動 手 段 目 的 関 係 の 理 解 を 観 るための 評 価 実 態 把 握 表 6 意 図 的 コミュニ ケーショ 初 期 ( 一 致 度 66.6%) 外 界 ( 物 や 人 )の 変 化 を 期 待 した も う 一 つの 外 界 ( 物 や 人 )に 対 する 子 ど もの 身 体 の 動 き が 見 られるというこ とが 何 らかの 方 法 で 説 明 できる C タッパネルや アリ 段 階 表 全 般 的 なタッの 操 作 が 可 能 である イッなどへの 行 動 の 引 き 出 され 方 を 観 るた めの 評 価 3-4 ( 一 致 度 100%) E 操 作 評 価 E-4 + E-5 ± E-6 - 何 度 も 画 面 を 触 ることができる タイミグよく 画 面 を 触 ることは 上 手 ではない 状 況 に 応 じて 画 面 を 触 ることは 不 可 表 43 目 標 や 環 境 の 設 定 目 標 の 観 点 目 標 とする 行 動 内 容 C タッパネルや イッなどへの 行 動 の 引 き 出 され 方 を 観 るための 評 価 ワイ ドラッグ ピイ ピ アウの 操 作 を 修 得 する 表 44 アリケーショ 選 定 選 定 の 評 価 選 定 の 観 点 条 件 に 見 合 うアリケーショ G アリケーショ の 選 定 のための 評 価 C 目 標 Switch Accessible Puzzles Bitsboard 写 真 レイラボ モジルー Cut the Buttons HD 36

39 イ) 指 導 の 実 際 目 標 文 字 学 習 やマッグの 学 習 などを 通 して ワイ ドラッグ ピ イ ピアウの 操 作 の 向 上 もねらう 時 間 自 立 活 動 の 時 間 ( 週 に 一 時 間 ) 学 習 活 動 内 容 及 び 留 意 点 マッグの 学 習 に 取 り 組 む 数 字 や 図 形 のマッグ Switch Accessible Puzzles を 用 いて ドラッグの 操 作 で 数 字 や 図 形 のマッグを 行 うようにする 平 仮 名 カードのマッグ 絵 カードと ipad の 写 真 のマッグができるよう にフォルダを 整 理 しておく ipad の 写 真 をワイ 操 作 でめくりながら 提 示 された 絵 カードと 同 じものを 探 すようにする 文 字 ならべの 課 題 に 取 り 組 む Bitsboard を 用 いて ドラッグの 操 作 で 文 字 ならべ の 学 習 に 取 り 組 む なぞり 書 きをする モジルーを 用 いて なぞり 書 きをする タッパ ネル 用 のペを 用 いて 取 り 組 む お 楽 しみゲームをする Cut the Buttons HD というアリで ピイ ピアウの 操 作 をしながらゲームを 楽 しむ ウ) 活 動 の 様 子 授 業 の 様 子 ( 指 導 記 録 ビデオから) 写 真 6 大 宮 ら(2013)が 開 発 した 肢 体 不 自 由 者 に 対 する タブレッ 端 末 の 操 作 訓 練 アリケーショ 活 用 の 様 子 37

40 エ) 指 導 後 の 評 価 表 45 学 習 評 価 評 価 の 視 点 評 価 の 結 果 評 価 の 内 容 H-3 アリ 段 階 表 5-2 ( 一 致 度 66.6%) ピイ ピアウの 操 作 が 見 られるようになった ビデオ 観 察 から は 評 価 にばらつきが 見 られた アリを 用 いた 追 加 評 価 を 行 った オ) 追 加 で 実 施 した 学 習 評 価 操 作 の 様 子 の 評 価 については 大 宮 ら(2013)が 開 発 した Android タブレッのア リである 肢 体 不 自 由 者 に 対 するタブレッ 端 末 の 操 作 訓 練 アリケーショ を 用 いて の 評 価 を 追 加 で 実 施 した 結 果 は 以 下 のとおりである ( 秒 ) タッ ドラッグ ピアウ ピイ 回 目 2 回 目 3 回 目 4 回 目 5 回 目 6 回 目 7 回 目 図.2 Z 児 の タッ ドラッグ ピ の 評 価 結 果 タッとドラッグの 操 作 については 課 題 達 成 にかかる 時 間 が 減 少 しており 操 作 が 上 達 したと 考 えられるが 1 回 目 からできていたとも 言 える ピアウの 操 作 については 40 秒 ほどかかっていたのが7 回 目 になると10 秒 以 内 で 達 成 可 能 となり 理 解 して 操 作 が 可 能 になったと 評 価 された ピアウの 操 作 が 難 しかったことからピイの 練 習 に 関 しては 評 価 の 初 期 には 行 わなかった 38

41 (2) 事 例 で 活 用 した 評 価 方 法 6 名 の 指 導 事 例 を 振 り 返 る 際 に 活 用 した 評 価 方 法 を 抽 出 して 一 覧 とした 整 理 した 評 価 方 法 一 覧 で 用 いた 観 点 を 示 した( 表 46) 表 46 事 例 で 活 用 した 評 価 方 法 一 覧 U 児 V 児 W 児 X 児 Y 児 Z 児 実 態 把 握 B B B B B B C C C C C C F F E E E E H-4 目 標 設 定 B B B B B C C C C C C アリ 選 定 B B B C C C C C C E-3 E-2 E-3 E-4 E-2 E-3 E-4 F-1 F-1 学 習 評 価 I-2 I-2 I 2 I 2 I-3 I 3 I-3 I-3 I-3 I-3 追 加 で 実 施 し た 学 習 評 価 I-3 ( 観 察 法 ) I-3 ( 評 価 用 アリ) 39

42 (3) 実 態 把 握 時 の 評 価 と 指 導 後 の 評 価 の 比 較 評 価 者 は 筆 者 に 加 えて 担 任 と 自 立 活 動 専 任 の 教 諭 の 協 力 を 得 た 指 導 のビデオを 振 り 返 り 実 態 把 握 表 と アリ 段 階 表 に 基 いて 評 価 を 行 い 3 名 の 評 価 の 一 致 度 を 算 出 した 実 態 把 握 表 を 用 いた 事 後 評 価 についてはこれらの 中 で 最 も 評 価 が 難 しいと 考 え 追 加 で 外 部 専 門 家 にもビデオ 評 価 を 依 頼 しその 項 目 のみ4 名 で 評 価 した なお 特 別 支 援 学 校 での22 年 の 教 員 歴 を 有 し 福 祉 情 報 技 術 コーディネーター1 級 の 資 格 を もつ 外 部 専 門 家 に 評 価 を 依 頼 した 表 47 実 態 把 握 表 を 用 いた 実 態 把 握 時 と 指 導 後 の 評 価 の 比 較 U 児 V 児 W 児 X 児 Y 児 Z 児 筆 者 担 任 自 立 活 動 専 任 実 態 把 握 時 ( 一 致 度 ) (66.6%) (100%) (100%) (66.6%) (100%) (66.6%) 筆 者 担 任 自 立 活 動 専 任 外 部 専 門 家 指 導 後 評 価 ( 一 致 度 ) (75%) (50%) (100%) (100%) (100%) (100%) 表 48 アリ 段 階 表 を 用 いた 実 態 把 握 時 と 指 導 後 の 評 価 の 比 較 U 児 V 児 W 児 X 児 Y 児 Z 児 筆 者 担 任 自 立 活 動 専 任 実 態 把 握 時 ( 一 致 度 ) (100%) (100%) (100%) (100%) (100%) (100%) 筆 者 担 任 自 立 活 動 専 任 指 導 後 評 価 ( 一 致 度 ) (66.6%) (100%) (100%) (66.6%) (100%) (66.6%) 40

43 第 5 章 アケーによる 検 証 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 の 管 理 するホームページ i ライブラリー 内 にて 本 論 文 で 作 成 した アリ 段 階 表 を 2014 年 1 月 14 日 から 31 日 までの 間 アケー 付 きで 公 開 したところ 49 件 の 回 答 を 得 た アケーの 結 果 は 以 下 の 通 りである 年 齢 20 代 未 満 1 20 代 3 30 代 代 代 代 以 上 3 図.3 年 齢 所 属 職 業 保 護 者 福 祉 関 係 特 別 支 援 学 校 大 学 大 学 院 など 小 学 校 の 特 別 支 援 学 級 作 業 療 法 士 言 語 療 法 士 教 育 セター その 他 図.4 所 属 職 業 41

44 入 手 の 理 由 ( 複 数 回 答 ) アリの 情 報 を 求 めているから 31 肢 体 不 自 由 児 を 担 当 しているから 15 重 度 重 複 障 がい 児 への 活 用 の 仕 方 を 模 索 して いるから 32 情 報 端 末 の 活 用 を 推 進 する 立 場 であるから 25 色 々な 視 点 を 求 めているから 17 新 しい 活 用 方 法 を 模 索 するため 1 図.5 入 手 理 由 どのように 活 用 したいですか ( 複 数 回 答 ) アリを 見 つける 30 タブレッへの 入 力 方 法 を 検 討 する 29 研 修 の 資 料 とする 27 支 援 者 に 伝 える 23 図.6 どのように 活 用 したいですか 42

45 どのような 情 報 を 求 めていますか ( 複 数 回 答 ) アリを 見 分 けていくための 情 報 いろいろな 視 点 でまとめられたアリ 情 報 事 例 を 中 心 としたアリ 情 報 情 報 端 末 ごとのアリ 情 報 類 似 アリの 違 い 特 徴 実 態 把 握 のためのアリ アリの 使 い 方 有 料 アリのレビュー 図.7 どのような 情 報 を 求 めていますか 43

46 第 6 章 研 究 の 考 察 (1)アリ 段 階 表 の 活 用 6 名 の 児 童 への 筆 者 の 指 導 事 例 を 本 論 文 で 作 成 した 評 価 法 で 振 り 返 った 検 証 の 結 果 か ら いくつかの 傾 向 が 見 てとれた U 児 から Z 児 までの 実 践 を 振 り 返 る 検 証 の 際 に 最 も 多 く 活 用 されたのは アリ 段 階 表 ( 評 価 方 法 C I-3)であった( 表 46) アリ 段 階 表 は 実 態 把 握 目 標 設 定 ア リ 選 定 学 習 評 価 で6 名 の 児 童 全 てを 対 象 に 活 用 可 能 であったことから この 表 を 用 いることで 一 貫 した 視 点 で 実 態 把 握 から 評 価 まで 活 用 することができる 可 能 性 が 示 唆 さ れた また 実 態 把 握 時 と 指 導 後 の 評 価 の 際 の 一 致 度 が 高 く 出 ている( 表 48)ことから 観 察 指 標 として 複 数 の 観 察 者 で 評 価 しやすいものであることが 考 えられる V 児 以 外 の 児 童 については 指 導 後 の 変 容 を アリ 段 階 表 で 説 明 できた( 表 48)ことから 児 童 の 操 作 が 明 らかに 変 容 した 場 合 には 簡 潔 に 説 明 できるツールとして 活 用 可 能 であると 思 われる しかし V 児 や Z 児 の 様 に 追 加 の 学 習 評 価 があるとより 良 い 場 合 ( 表 46)も 存 在 した 両 者 とも 操 作 の 様 子 をより 詳 しく 計 測 する 方 法 で 追 加 評 価 を 行 っているが その 際 Z 児 が 用 いたような 評 価 用 アリケーショの 存 在 は 支 援 者 の 負 担 軽 減 や 客 観 性 の 意 味 から も 重 要 であると 考 えている (2) 実 態 把 握 表 の 活 用 実 態 把 握 表 ( 評 価 法 B I-2)についてもほとんどの 場 面 で 活 用 することができた( 表 46) しかし Z 児 の 目 標 設 定 では 活 用 されなかったこと アリの 選 定 で W 児 X 児 Y 児 で 活 用 されたこと 学 習 評 価 の 際 に W 児 Z 児 で 活 用 されなかったという 事 実 ( 表 46)は 大 変 重 要 なことであると 考 える Z 児 の 場 合 は 実 態 把 握 の 結 果 から( 表 47) 8 記 号 的 コミュニケーショ 中 期 にある と 考 えられる そのような 評 価 をされる 段 階 にある 児 童 の 場 合 環 境 把 握 やコミュニケ ーショのための 指 導 目 標 とタブレッ 端 末 を 操 作 するための 目 標 が 明 確 に 分 かれる 可 能 性 があることを 示 している そのため Z 児 の 場 合 目 標 設 定 と 学 習 評 価 で 活 用 されなか ったのだろうと 考 えている その 反 対 に W 児 X 児 Y 児 では 実 態 把 握 表 の 結 果 が 目 標 設 定 だけではなくアリ の 選 定 まで 影 響 を 与 えている( 表 46) このことから 3 意 図 的 行 動 初 期 ~6 意 図 的 コミ ュニケーショ 中 期 であると 評 価 される 児 童 に 対 しタブレッ 端 末 を 用 いた 指 導 を 計 画 する 時 には 環 境 の 理 解 とコミュニケーショの 実 態 操 作 の 様 子 アリ 選 びのそれぞ れの 視 点 が 切 り 離 せないものとして 密 接 に 関 連 し 合 っていると 考 えられる W 児 の 場 合 目 標 設 定 では 活 用 されたのに 対 し 学 習 評 価 において 実 態 把 握 表 は 活 用 されなかった そ れは 意 図 的 な 行 動 を 環 境 の 設 定 によって 適 切 に 引 き 出 すことに 重 点 を 置 いた 目 標 設 定 44

47 だったこと つまりコミュニケーショや 環 境 の 把 握 の 目 標 に 比 して 操 作 面 に 重 点 を 置 いた 目 標 であったことと 関 係 していると 考 えられる 操 作 環 境 の 適 正 化 のために 学 習 指 導 を 行 うのか それとも 環 境 把 握 やコミュニケーショ 力 の 向 上 を 合 わせてねらって 行 うのかということを 考 えて 指 導 目 標 を 立 て 環 境 を 作 っていくことが 重 要 である すなわ ち 児 童 の 実 態 によって もしくは 指 導 者 によって 実 態 把 握 表 の 活 用 のされ 方 が 異 なる 可 能 性 を 示 すものであり 児 童 が 混 乱 しないように 指 導 を 進 めていくための 方 法 を 検 討 していく 必 要 がある また 複 数 名 で 評 価 を 行 った 際 比 較 的 一 致 度 にばらつきが 見 られた 項 目 があった( 表 47) これは どのような 資 料 を 共 有 して 実 施 するのかという 手 続 き 上 の 問 題 と 観 察 方 法 の 問 題 が 含 まれていると 考 えている 観 察 可 能 な 指 標 を 目 指 して 作 成 したものではある が 実 際 には1と2の 段 階 で 定 位 の 様 子 を 3や4の 段 階 では 随 意 運 動 の 様 子 を 5や 6の 段 階 では 手 段 - 目 的 運 動 の 様 子 を 観 察 しなければならない それらの 観 察 がそもそ も 行 動 観 察 によってどの 程 度 可 能 なのかということを 合 わせて 今 後 整 理 していく 必 要 が ある その 問 題 を 少 しでも 回 避 するため 実 態 把 握 の 際 に 一 致 度 にばらつきがみられな いことを 目 指 してよりシルな 指 標 を 作 成 することも 検 討 しなければならない しか し 一 方 では 指 導 後 の 評 価 で1 段 階 上 昇 したと 評 価 されたもの( 表 47)が6 事 例 中 4 事 例 あることから 目 標 の 設 定 や 指 導 後 の 評 価 のために 現 在 の 指 標 を 活 用 することができ るとも 考 えられる 活 用 の 目 的 やその 方 法 と 合 わせて 今 後 の 検 討 課 題 としたい (3) 事 例 で 活 用 したその 他 の 評 価 方 法 について 事 例 で 活 用 した 評 価 方 法 の 一 覧 ( 表 46)から U 児 V 児 には F フィードバック の 必 要 性 評 価 を W 児 X 児 Y 児 Z 児 には E 操 作 評 価 を 実 態 把 握 に 活 用 して いることが 分 かる U 児 V 児 のように 実 態 把 握 表 の 結 果 ( 表 47)で1~3の 評 価 がつ くような 段 階 にある 児 童 の 活 動 設 定 の 際 には 音 のフィードバックか 映 像 のフィード バックか という 視 点 を 重 視 される 傾 向 があるということだろう タブレッ 端 末 では 以 上 の2つのフィードバックしか 検 討 できないが 本 来 この 段 階 にある 児 童 の 場 合 には 振 動 や 風 などの 体 性 感 覚 に 直 にフィードバックのある 教 材 も 合 わせて 検 討 した 実 践 計 画 を 立 てるべきであると 考 えている それと 比 べて W 児 X 児 Y 児 Z 児 のように 実 態 把 握 の 結 果 ( 表 47)にて3~8の 評 価 がつく 段 階 にある 児 童 の 場 合 タブレッ 端 末 の 操 作 方 法 の 評 価 が 重 要 となる 可 能 性 が 示 された 実 態 把 握 表 から 見 える 環 境 把 握 やコ ミュニケーショの 実 態 によっては 評 価 するべき 項 目 が 変 容 していく 可 能 性 があると いうことである この 点 について 今 後 も 継 続 して 整 理 を 試 みていきたい U 児 においては この 実 践 をするにあたって 別 段 階 での 実 態 評 価 (I-4 活 動 の 様 子 の 場 面 比 較 による 評 価 )も 合 わせて 行 う 必 要 があった( 表 46) それは U 児 が 環 境 から の 刺 激 をどのように 受 け 止 めているかを 観 察 するための 基 礎 評 価 として 有 効 であったと 考 えている このような 評 価 方 法 の 組 み 合 わせについても 今 後 の 検 討 課 題 である 45

48 (4) アケー 結 果 から アリ 段 階 表 のダウロード 実 施 者 とアケー 回 答 者 は 40 代 が 最 も 多 かった ( 図.3) 情 報 端 末 の 活 用 を 推 進 する 立 場 であり 情 報 を 求 めたり 活 用 の 仕 方 を 模 索 したり している( 図.5)のに 加 えて そのような 情 報 をイターネッを 用 いて 収 集 している 人 が 40 代 中 心 であると 考 えることができる このような 情 報 の 入 手 理 由 や 活 用 目 的 で 多 かったものから 求 められているものはま ずアリそのものの 情 報 であるということができるだろう( 図.5 図.6) アリ 一 覧 表 を 入 手 した 人 の 半 数 以 上 が 指 導 で 肢 体 不 自 由 児 を 担 当 しているわけではない( 図.5) 活 用 目 的 がアリを 見 つける 研 修 の 資 料 とするという 回 答 が 多 い( 図.6)ことからも 現 在 の 段 階 ではアリの 情 報 そのものへのニーズがあると 考 えられる しかしその 一 方 で どのような 情 報 を 求 めているかという 質 問 に 対 しては いろいろ な 視 点 でまとめられたアリ 情 報 アリを 見 分 けるための 情 報 という 回 答 が 多 く( 図.7) また 活 用 目 的 にあるタブレッへの 入 力 方 法 を 検 討 する( 図.6) 求 めている 情 報 とし ての 事 例 を 中 心 としたアリ 情 報 ( 図.7)の 回 答 も 多 いことからもアリ 自 体 の 情 報 に 加 え アリの 少 しの 違 い 見 分 けていく 視 点 をもち 児 童 のニーズに 合 わせて 活 用 するた めの 情 報 が 求 められているということであろう これらの 結 果 は 本 論 文 の 目 的 の1つ である ハイテク 機 器 を 使 いこなす 方 法 の 整 理 とも 共 通 している タブレッ 端 末 や アリがありきで 教 育 目 標 を 考 えていくのではなく 教 育 目 標 達 成 のために 情 報 端 末 を 選 択 し どのようにアリを 選 ぶのかということが 重 要 であるということである その ように 児 童 の 目 的 に 合 わせて 情 報 端 末 を 適 切 に 選 ぶための 資 料 や 情 報 端 末 を 選 んだ 後 にどのようなアリを 使 うのかという 資 料 はまだまだ 少 ない 教 育 の 目 的 とマッグ させて 活 用 できる 資 料 の 構 築 を 目 指 して 今 後 も 情 報 が 収 集 整 理 していきたいと 考 えて いる (5) 全 体 を 通 して 本 論 文 では 筆 者 のこれまでの 実 践 を 評 価 方 法 の 一 覧 を 用 いて 全 体 観 を 眺 めなが ら 実 態 把 握 表 アリ 段 階 表 を 中 心 に 活 用 を 検 討 してきた 検 証 を 行 う 際 には 評 価 方 法 の 一 覧 が 重 要 な 役 割 を 果 たした とはいえ 整 理 する 時 間 も 十 分 ではなく 現 段 階 ではまだまだ 不 十 分 である 評 価 方 法 の 整 理 は 実 践 の 全 体 観 を 捉 えるために 重 要 な ので 継 続 して 取 り 組 み 完 成 させたいと 考 えている 実 践 事 例 が 筆 者 の 取 り 組 みだけになってしまったことは 課 題 である 今 後 実 践 者 の 異 なる 他 の 実 践 でも 活 用 してもらい その 効 果 を 検 証 することが 求 められる このよう な 実 践 を 続 けることで 重 度 知 的 障 害 を 併 せ 有 する 肢 体 不 自 由 児 への 教 育 活 動 が 充 実 し 生 活 場 面 で 豊 かなコミュニケーショとなって 実 際 的 に 展 開 していくことに 貢 献 してい きたいと 考 えている 46

使 用 アプリについて アプリ 名 safari 美 術 の 時 間 に 画 像 の 検 索 に 使 用 ( 中 学 部 ) 世 界 史 の 調 べ 学 習 に 使 用 生 徒 は 数 回 で 操 作 に 慣 れ 喜 んで 使 用 不 随 意 な 指 の 動 きでパネルに 数 回 タッチしてしまい

使 用 アプリについて アプリ 名 safari 美 術 の 時 間 に 画 像 の 検 索 に 使 用 ( 中 学 部 ) 世 界 史 の 調 べ 学 習 に 使 用 生 徒 は 数 回 で 操 作 に 慣 れ 喜 んで 使 用 不 随 意 な 指 の 動 きでパネルに 数 回 タッチしてしまい 使 用 頻 度 の 高 い 機 能 備 品 アプリとその 活 用 状 況 操 作 について A; 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 に 準 じた 教 育 課 程 の 児 童 生 徒 C; 知 的 障 害 特 別 支 援 学 校 に 準 じた 教 育 課 程 の 児 童 生 徒 D; 自 立 活 動 を 主 とする 教 育 課 程 の 児 童 生 徒 施 設 内 ; 自 立 活 動 を 主 とする

More information

はじめに

はじめに 主 題 移 行 期 の 連 携 に おける 教 育 的 ニーズに 応 じた 支 援 の 充 実 ~ 小 学 校 から 中 学 校 に 効 果 的 な 支 援 を 引 き 継 ぐ た めに ~ 熊 本 市 立 山 ノ 内 小 学 校 教 諭 森 川 義 幸 要 約 小 学 校 から 中 学 校 へと 児 童 のライフステージが 変 化 する 際 それぞれの 機 関 が 一 貫 性 のない 支 援 をしてしまえば

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え 数 学 的 な 見 方 や 考 え 方 を 育 む 数 学 的 活 動 の 工 夫 ~ 資 料 の 活 用 領 域 におけるICT 活 用 を 通 して~ 研 究 のキーワード 統 計 的 な 見 方 や 考 え 方 統 計 ソフト stathist 表 計 算 ソ フト Excel 学 び 合 い 那 覇 市 立 首 里 中 学 校 教 諭 山 里 毅 目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理

More information

日程第3号・一般質問・一覧表

日程第3号・一般質問・一覧表 3 月 定 例 会 一 般 質 問 予 定 者 一 覧 平 成 28 年 3 月 4 日 ( 金 ) 午 前 10 時 開 議 日 程 第 1. 一 般 質 問 質 問 順 位 1 藤 村 郁 人 議 員 1. 火 葬 場 共 同 整 備 方 針 の 町 民 説 明 会 の 開 催 を (1) 火 葬 炉 の 必 要 数 が 予 備 を 含 め て 4 基 と し た 根 拠 は (2) 平 成 25

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

校 庭 や 鳥 屋 野 潟 公 園 は 人 の 手 が 入 り 整 備 さ れ て は い る も の の 草 木 が 豊 富 で 小 さ い 虫 も 多 い と い う 利 点 を 十 分 に 活 用 し 遊 具 が な く て も で き る 鬼 ご っ こ な ど の 遊 び は も ち ろ

校 庭 や 鳥 屋 野 潟 公 園 は 人 の 手 が 入 り 整 備 さ れ て は い る も の の 草 木 が 豊 富 で 小 さ い 虫 も 多 い と い う 利 点 を 十 分 に 活 用 し 遊 具 が な く て も で き る 鬼 ご っ こ な ど の 遊 び は も ち ろ 第 1 学 年 3 組 生 活 科 学 習 指 導 案 平 成 1 8 年 9 月 2 7 日 ( 水 ) 第 3 校 時 授 業 者 教 諭 小 林 貴 美 子 1 単 元 名 ぎ ら ぎ ら お ひ さ ま げ ん き い っ ぱ い 2 単 元 の 目 標 校 庭 や 公 園 で 遊 ん だ り い ろ い ろ な も の を 見 つ け た り す る 活 動 を 通 し て 樹 木 や 草

More information

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お 保 健 体 育 科 投 動 作 の 習 得 と 投 力 ア ッ プ を 目 指 し た 運 動 の 実 践 と 指 導 の 在 り 方 - 楽 し く 活 動 で き る 場 の 設 定 と 教 材 の 工 夫 を 通 し て - ひ た ち な か 市 立 那 珂 湊 第 二 小 学 校 矢 吹 美 左 子 1 は じ め に ( 1 ) 子 ど も た ち の 日 常 の 遊 び 近 年, 運

More information

ことばだより

ことばだより 高 校 十 六 歳 歌 デ ビ ュ テ ビ 番 女 優 ナ シ ョ 楽 曲 供 衣 装 デ ザ ジ ャ ル ご 縁 篠 原 今 芸 能 十 切 ぁ 日 々 歌 唄 好 ラ ヴ 唄 嬉! 緒 歌 詞 景 色 追 験 切 切 届 番 呼 鮮 選 楽 親 近 女 優 演 役 声 音 色 呼 吸 稽 古 ナ シ ョ 響 テ ポ 聞 渡 覚 衣 装 デ ザ 世 界 衣 装 ル キ ワ ド ス ッ フ 共 有

More information

われる 授 業 研 究 ( 校 内 研 究 )で 買 い 物 学 習 を 題 材 として 研 究 を 進 めた 21 円 や 32 円 とい った 小 さな2 桁 までの 数 に 対 して 同 額 を 準 備 して 支 払 うという 内 容 で お 金 を 使 った 活 動 に 子 どもたちはとても

われる 授 業 研 究 ( 校 内 研 究 )で 買 い 物 学 習 を 題 材 として 研 究 を 進 めた 21 円 や 32 円 とい った 小 さな2 桁 までの 数 に 対 して 同 額 を 準 備 して 支 払 うという 内 容 で お 金 を 使 った 活 動 に 子 どもたちはとても われる 授 業 研 究 ( 校 内 研 究 )で 買 い 物 学 習 を 題 材 として 研 究 を 進 めた 21 円 や 32 円 とい った 小 さな2 桁 までの 数 に 対 して 同 額 を 準 備 して 支 払 うという 内 容 で お 金 を 使 った 活 動 に 子 どもたちはとても 意 欲 的 に 活 動 をするこ とができた また 買 い 物 という 日 常 生 活 の 指 導

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅳ. 保 育 シ ス テ ム の も た ら す 困 難 性 Ⅴ. 全 体 考 察 1. 保 護

目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅳ. 保 育 シ ス テ ム の も た ら す 困 難 性 Ⅴ. 全 体 考 察 1. 保 護 保 育 相 談 支 援 の 困 難 性 に 関 する 要 因 の 検 討 - 保 育 所 保 育 士 の 感 じる 保 護 者 とのかかわりの 難 しさを 手 が かりに- 亀 﨑 美 沙 子 1 目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

2 各 グ ル ー プ の 実 践 報 告 (1) 1 2 年 グ ル ー プ ア は じ め に ~ グ ル ー プ の 目 標 1 2 年 の じ り つ の 学 習 内 容 の 情 報 交 換 と 事 例 学 習 入 学 し た ば か り の 1 年 生 は ま ず は 実 態 を 把 握

2 各 グ ル ー プ の 実 践 報 告 (1) 1 2 年 グ ル ー プ ア は じ め に ~ グ ル ー プ の 目 標 1 2 年 の じ り つ の 学 習 内 容 の 情 報 交 換 と 事 例 学 習 入 学 し た ば か り の 1 年 生 は ま ず は 実 態 を 把 握 小 学 部 の 実 践 テーマ 個 々 の 目 標 の 達 成 に 向 け た 自 立 活 動 の 時 間 に お け る 指 導 の あり 方 1 は じ め に (1)テ ー マ に つ い て 昨 年 度 は 先 進 校 や 他 校 の 実 践 を 聞 き 自 立 活 動 に つ い て 理 解 を 深 め た り 各 グ ル ー プ ご と に 数 名 を 抽 出 し 自 立 指 導 計 画

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各 平 成 27 年 度 証 券 ゼ ミ ナ ー ル 大 会 第 1 テ ー マ A ブ ロ ッ ク 日 本 において 今 後 必 要 とされる 金 融 リテラシーについて 1 2 和 歌 山 大 学 簗 田 ゼ ミ ナ ー ル ( A 班 ) 1 目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必

More information

Microsoft Word - 05.doc

Microsoft Word - 05.doc DEIM2009 E3-2 地 理 的 情 報 を 考 慮 したウェブ 画 像 検 索 方 法 の 提 案 和 田 修 平 井 上 潮 東 京 電 機 大 学 工 学 部 情 報 通 信 工 学 科 101-8457 東 京 都 千 代 田 区 神 田 錦 町 2-2 E-mail: 05kc116@ed.cck.dendai.ac.jp, inoue@c.dendai.ac.jp あらまし 近 年,ウェブ

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

は じ め に Ⅰ 研 究 の 共 有 化 活 性 化 1 ワ ー ク シ ョ ッ プ 型 研 修 の 具 体 的 事 例 1 K J 法 2 2 た す き が け K J 法 4 3 次 時 の 指 導 案 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 6 4 単 元 計 画 作 成 ワ ー ク シ ョ

は じ め に Ⅰ 研 究 の 共 有 化 活 性 化 1 ワ ー ク シ ョ ッ プ 型 研 修 の 具 体 的 事 例 1 K J 法 2 2 た す き が け K J 法 4 3 次 時 の 指 導 案 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 6 4 単 元 計 画 作 成 ワ ー ク シ ョ 三 次 市 立 三 和 小 学 校 平 成 22 年 2 月 Web 版 1 は じ め に Ⅰ 研 究 の 共 有 化 活 性 化 1 ワ ー ク シ ョ ッ プ 型 研 修 の 具 体 的 事 例 1 K J 法 2 2 た す き が け K J 法 4 3 次 時 の 指 導 案 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 6 4 単 元 計 画 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 7 2 校 内

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc)

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc) S D B(SchoolDataBase)に よ る データ( 教 務 事 務 保 健 ) 処 理 の 一 元 化 宇 部 市 立 黒 石 中 学 校 教 諭 小 柴 成 吾 1 は じ め に S D B (SchoolDataBase) 構 想 の 最 初 の 芽 生 え は お よ そ 1 9 8 0 年 代 前 半 で 第 一 世 代 S D B 1 は 生 徒 氏 名 住 所 定 期 テ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

は じ め に 本 校 の 子 ど も た ち に む し 歯 は 病 気 で す か? と 聞 く と 病 気 と は 違 う み た い で す と か ど う か な あ と い う 答 え が 多 く 返 っ て き た こ れ が 本 校 の 実 態 だ っ た さ ら に 校 区 内 に

は じ め に 本 校 の 子 ど も た ち に む し 歯 は 病 気 で す か? と 聞 く と 病 気 と は 違 う み た い で す と か ど う か な あ と い う 答 え が 多 く 返 っ て き た こ れ が 本 校 の 実 態 だ っ た さ ら に 校 区 内 に 平 成 18 年 度 教 育 論 文 生 きる 力 をはぐくむ 歯 口 の 健 康 教 育 ~よりよい 自 分 を 目 指 して 行 動 する 子 どもを 求 めて~ 熊 本 市 立 弓 削 小 学 校 は じ め に 本 校 の 子 ど も た ち に む し 歯 は 病 気 で す か? と 聞 く と 病 気 と は 違 う み た い で す と か ど う か な あ と い う 答 え

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A> 早 期 からの 教 育 相 談 支 援 体 制 構 築 への 取 組 ~ 教 育 委 員 会 と 福 祉 部 局 との 連 携 ~ 秋 田 県 大 館 市 教 育 委 員 会 教 育 研 究 所 山 本 多 鶴 子 忠 犬 ハチ 公 のふるさと 青 森 県 大 館 市 人 口 78,000 人 地 図 秋 田 県 岩 手 県 2 < 学 校 教 育 推 進 目 標 > ふるさとに 根 ざし 自 立

More information

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ 無 料 レポート 懸 賞 プレゼント 超 効 率 的 で 安 全 な 応 募 の 裏 ワザ 懸 賞 プレゼント 当 選 研 究 会 Copyright (C) 2006 Interface All Rights Reserved 許 可 な く 本 書 の 一 部 ま た は 全 部 を 複 製 転 載 す る こ と を 禁 じ ま す - 1 - は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

jouhoukyouikubukai

jouhoukyouikubukai 情 報 教 育 部 会 の 取 組 に つ い て 1 は じ め に 旧 各 市 町 で 推 進 し て き た 情 報 教 育 に つ い て の 調 査 研 究 を 行 い 新 生 栃 木 市 の 情 報 教 育 の 方 向 性 を 検 討 す る と と も に 新 規 導 入 情 報 機 器 の 使 用 法 に つ い て の 周 知 を 図 り 各 学 校 で の 効 果 的 な 活 用

More information

bunko_shinrai_bp_0108.indd

bunko_shinrai_bp_0108.indd 1 2 3 じ じ 誰 法 突 然 質 問? ド キ ッ 多 豊 築 切 理 解 構 築 音 約 〇 年 様 々 グ ロ バ ル 企 業 秘 外 国 エ グ ゼ 4 5 じ 二 エ グ ゼ ア ス タ ( 秘 ) 対 等 ビ ジ ネ ス パ ナ 三 日 在 住 数 年 契 約 赴 任 決 期 ミ ッ ョ 達 成 緊 迫 ね 環 境 三 理 由 心 同 体 げ 聞 深 パ ナ ッ プ 二 三 脚 エ

More information

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ )

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ ) 知 多 理 科 同 好 会 広 報 部 会 報 第 29 号 平 成 23 年 11 月 18 日 流 星 今 か ら 1 0 年 前, 2 0 0 1 年 1 1 月 小 学 生 2 年 生 の 息 子 と と も に 夜 中 に 起 き 出 し て, 庭 に シ ー ト を 引 き, 東 の 空 を 見 て い た こ と が あ り ま す 一 つ の 寝 袋 に 二 人 で 潜 り 込 ん

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc Ⅰ Ⅱ 研 究 主 題 主 題 設 定 理 由 1 社 会 要 請 教 育 的 課 題 から 表 現 力 向 上 を 目 指 した 学 習 指 導 研 究 ~ 言 語 力 を 高 める 指 導 実 践 を 通 して~ 21 世 紀 は 新 しい 知 識 情 報 技 術 が 政 治 経 済 文 化 をはじめ 社 会 あらゆる 領 域 で 活 動 基 盤 として 飛 躍 的 に 重 要 性 を 増 す

More information

一般資料選定基準

一般資料選定基準 一 般 資 料 選 定 基 準 平 成 13 年 3 月 30 日 館 長 決 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 3 月 31 日 改 正 1 図 書 資 料 (1) 一 般 図 書 国 内 で 出 版 さ れ る 一 般 図 書 に つ い て は 基 礎 的 入 門 的 な も の か ら 専 門 的 な も の ま で 各 分 野 に わ た り 広 範 囲 に

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49 生 きる 力 をはぐくむ 家 庭 科 教 育 - 生 活 の 自 立 を 目 指 した 指 導 と 評 価 の 工 夫 - 指 導 主 事 竹 川 春 美 Takegawa Harumi 要 旨 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 高 齢 社 会 の 到 来 など 社 会 の 変 化 が 著 しい このような 社 会 状 況 の 中 で 男 女 を 問 わず 生 活 の 自 立 に 必 要

More information

<5461726F2D8FF28F918CB48D65208DC58F4994C52E6A7464>

<5461726F2D8FF28F918CB48D65208DC58F4994C52E6A7464> 群 E01-01 教 セ 平 19.239 集 学 校 における 保 護 者 対 応 に 関 する 調 査 研 究 長 期 研 修 Ⅰ 研 修 員 金 子 真 人 研 究 の 概 要 学 校 における 保 護 者 対 応 の 中 のクレーム 対 応 に 焦 点 を 当 て 群 馬 県 の 実 態 を 把 握 するた め 公 立 の 全 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 を 対 象 に 調 査

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

施設事業計画案

施設事業計画案 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 平 成 2 6 年 4 月 1 日 ~ 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 社 会 福 祉 法 人 ポ プ ラ 福 祉 会 ポ プ ラ 保 育 園 1. 保 育 事 業 の 目 的 児 童 福 祉 法 第 24 条 及 び 37 条 の 規 定 に 基 づ き 乳 児 及 び 幼 児 の 保 育 を 行 う 2 施 設 運 営 の 全 般 の 方 針 (1)

More information

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 検 討 結 果 報 告 書 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 平 成 26 年 3 月 1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル

More information

理数科1年校外研修しおり

理数科1年校外研修しおり 理 数 科 1 年 生, 蒜 山 研 修 に 行 っ て き ま し た 8 月 1 日 ( 木 ) 最 初 の 研 修 : 岡 山 大 学 地 球 物 質 科 学 研 究 セ ン タ ー ( 鳥 取 県 三 朝 ) 研 究 セ ン タ ー の 研 究 に つ い て の 講 演 の 後, 班 別 に 分 か れ, 隕 石 や 地 球 を つ く る 物 質 の 観 察, 超 高 圧 発 生 装 置

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63> 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 会 議 記 録 平 成 21 年 4 月 23 日 ( 木 ) 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 概 要 Ⅰ 日 時 平 成 2 1 年 4 月 2 3 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 Ⅱ 場 所 都 道 府 県 会 館 1 階 1 0 1 大 会 議 室 Ⅲ 会 議 次 第 1 開 会 2 座

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

目 次 は じ め に... 1 Ⅰ 研 究 主 題... 2 Ⅱ 主 題 設 定 の 理 由... 2 Ⅲ 研 究 の 視 点... 3 Ⅳ 研 究 の 仮 説 研 究 の 方 法... 4 Ⅴ 実 践... 5 1 小 学 校 ( 1) 第 2 学 年 学 級 活 動... 5 ( 2) 第 3

目 次 は じ め に... 1 Ⅰ 研 究 主 題... 2 Ⅱ 主 題 設 定 の 理 由... 2 Ⅲ 研 究 の 視 点... 3 Ⅳ 研 究 の 仮 説 研 究 の 方 法... 4 Ⅴ 実 践... 5 1 小 学 校 ( 1) 第 2 学 年 学 級 活 動... 5 ( 2) 第 3 平 成 19 年 度 教 育 論 文 児 童 生 徒 のライフスキル 育 成 に 関 する 研 究 第 二 報 ~ 小 中 学 生 のセルフエスティームを 育 てる 実 践 を 通 して~ 熊 本 市 立 桜 木 小 学 校 桑 田 奈 津 子 熊 本 市 立 城 北 小 学 校 澤 栄 美 熊 本 市 立 桜 木 小 学 校 濱 本 泰 平 熊 本 市 立 松 尾 北 小 学 校 桝 本 典 明

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

untitled

untitled Special Feature Part T.U. T.U. Masato Kato Special Feature T.U. Special Feature Column Special Feature 週 刊 ダイヤモド // T.U. 特 集 徹 底 比 較 週 刊 ダイヤモド // Special Feature 留 目 分 身 将 来 実 現 話 口 ご 少 留 目 手 段 分 将 来 げ

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

みどりと 環 境 誯 よ り 経 過 説 明 公 園 管 理 の 現 状 と し て 市 内 に は 約 150 か 所 の 公 園 が あ り 緊 急 性 等 に 応 じ て 優 先 順 位 を つ け て 整 備 し て い る が 日 常 の 管 理 は 行 政 だ け で は 困 難 現 在

みどりと 環 境 誯 よ り 経 過 説 明 公 園 管 理 の 現 状 と し て 市 内 に は 約 150 か 所 の 公 園 が あ り 緊 急 性 等 に 応 じ て 優 先 順 位 を つ け て 整 備 し て い る が 日 常 の 管 理 は 行 政 だ け で は 困 難 現 在 市 民 活 動 のはじめ 方 ~ 地 域 のためになにから 始 める? ~ 開 催 日 時 1 平 成 24 年 9 月 2 日 ( 日 ) 10:00~ 12:00 2 平 成 24 年 9 月 16 日 ( 日 ) 13:30~16:30 3 平 成 24 年 10 月 14 日 ( 日 ) 10:00~11:30 開 催 場 所 1 3 東 村 山 市 役 所 北 庁 舎 第 2 会 議 室

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

N E W S H I G A S H I K A G A W A Nice Shot 同 暴 力 団 資 格 現 在 同 同 親 族 決 カ 婚 姻 届 提 出 含 む 離 婚 前 提 別 せ 収 基 準 世 帯 全 体 得 算 諸 控 除 差 収 営 万 千 下 裁 量 万 千 下 特 万 千 超 え 万 千 下 そ 他 東 わ 営 住 宅 条 例 等 規 条 件 備 え 必 書 類 書 住 票

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

野 田 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 1 8 年 3 月 野 田 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 はじめに 1 第 2 章 基 本 方 針 2 1 計 画 策 定 の 目 的 2 2 計 画 の 基 本 方 針 2 (1) どもが 子 読 書 に 親 しむ 機 会 の 提 供 と 充 実 2 (2) 家 庭 地 域 学 校 を 通 社 じた 会 全 体 での

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 についての 意 見 募 集 の 結 果 平 成 28 年 3 月 29 日 総 務 省 行 政 評 価 局 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 について 平 成 28 年 2 月 2 日 ( 火 )から 同 年 3 月 2 日 ( 水 )までの 間 国 民 の 皆 様 から 広 く

More information

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 2. 目 的 こ の 業 務 は 越 前 お お の 雇 用 創 造 推 進 協 議 会 ( 以 下 協 議 会 と い う )が 実 施 す る 実 践

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1 季 刊 Vol.4 2010 11 月 毎 格 別 愛 顧 賜 厚 御 礼 度 弊 8 月 相 順 導 鞭 撻 賜 謝 平 12 初 秋 候 担 待 産 声 10 返 ろ ろ 表 通 貴 経 験 積 通 築 ゆ 資 源 糧 如 態 屈 更 遂 度 節 機 同 新 ズ 応 懸 命 努 卒 倍 旧 援 協 拝 眉 挨 拶 略 儀 告 10 返 号 ボ ュ 増 未 届 致 忙 材 協 祝 辞 賜 謝 致

More information

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ボ ヴ ォ ワ ( 思 想 家 ) 人 2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ハ 肌 ツ ヤ ツ ヤ 3 じ 髪 瞳 特 有 美 手 入 ケ

More information

2 本 校 の 読 解 力 のとらえ 方 読 解 力 とは, 文 章 を 読 んでその 意 味 を 理 解 し, 解 釈 する 力 ( 広 辞 苑 ) とある そこで 本 校 では, 読 解 力 を 文 章 を 読 み, 正 確 に 読 み 取 ったことをもとに, 経 験 や 体 験 を 踏 まえ

2 本 校 の 読 解 力 のとらえ 方 読 解 力 とは, 文 章 を 読 んでその 意 味 を 理 解 し, 解 釈 する 力 ( 広 辞 苑 ) とある そこで 本 校 では, 読 解 力 を 文 章 を 読 み, 正 確 に 読 み 取 ったことをもとに, 経 験 や 体 験 を 踏 まえ 平 成 27 年 度 校 内 研 究 Ⅰ 研 究 主 題 Ⅱ 研 究 の 概 要 国 語 科 における 読 解 力 を 高 める 複 式 指 導 のあり 方 1 研 究 主 題 設 定 の 理 由 (1) 本 校 のこれまでの 研 究 の 取 組 から こだわりの 視 点 まとめる 力 の 育 成 ポストテスト100%の 達 成 平 成 26 年 度 は 教 科 等 ( 外 国 語, 道 徳 )における,

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

目 次 は じ め に... 3 1 地 域 の 概 要... 3 ( 1 ) 橘 東 和 地 域 の 特 色... 3 ( 2 ) 本 地 域 の 目 指 す 中 高 一 貫 教 育... 4 ( 3 ) こ れ ま で の 取 組 み... 4 2 実 践 研 究 の 概 要... 6 ( 1

目 次 は じ め に... 3 1 地 域 の 概 要... 3 ( 1 ) 橘 東 和 地 域 の 特 色... 3 ( 2 ) 本 地 域 の 目 指 す 中 高 一 貫 教 育... 4 ( 3 ) こ れ ま で の 取 組 み... 4 2 実 践 研 究 の 概 要... 6 ( 1 平 成 17 年 度 報 告 書 橘 東 和 地 域 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 ~ 豊 か な 自 然 環 境 の 中 で 一 人 ひ と り の 夢 を 実 現 す る 学 校 づ く り ~ 山 口 県 立 安 下 庄 高 等 学 校 周 防 大 島 町 立 安 下 庄 中 学 校 周 防 大 島 町 立 日 良 居 中 学 校 周 防 大 島 町 立 東 和 中 学 校 目 次 は

More information

目 次 1. サ ッ カ ー ビ ジ ネ ス の 基 礎 知 識 射 場 本 綾 2. 地 域 密 着 が 成 功 の 鍵! 日 本 一 の チ ー ム を つ く る 米 田 真 3. ス ポ ー ツ を 仕 事 に す る! 関 航 4. オ タ ク の 行 動 経 済 学 者 ス ポ ー ツ

目 次 1. サ ッ カ ー ビ ジ ネ ス の 基 礎 知 識 射 場 本 綾 2. 地 域 密 着 が 成 功 の 鍵! 日 本 一 の チ ー ム を つ く る 米 田 真 3. ス ポ ー ツ を 仕 事 に す る! 関 航 4. オ タ ク の 行 動 経 済 学 者 ス ポ ー ツ 2012 年 同 志 社 大 学 スポーツ 健 康 科 学 部 二 宮 ゼミ 3 期 生 スポーツ マネジメント 関 連 図 書 書 評 目 次 1. サ ッ カ ー ビ ジ ネ ス の 基 礎 知 識 射 場 本 綾 2. 地 域 密 着 が 成 功 の 鍵! 日 本 一 の チ ー ム を つ く る 米 田 真 3. ス ポ ー ツ を 仕 事 に す る! 関 航 4. オ タ ク の 行

More information

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子 学 年 B() 太 陽 と 地 面 の 様 子 全 10 間 学 年 1 単 元 のねらい ここでは, 太 陽 と 地 面 の 様 子 について 興 味 関 心 をもって 追 究 する 活 動 を 通 して, 日 陰 の 位 置 の 変 化 と 太 陽 の 動 きと を 関 係 付 けたり, 日 なたと 日 陰 の 地 面 の 様 子 の 違 いを 比 較 したりする 能 力 を 育 てるとともに,それらについての

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 5 平 成 2 0 年 8 月 2 9 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

象 を 見 た 直 後 に 感 想 を 聞 く な ど 事 象 提 示 に 関 す る 手 立 て が 多 く 挙 げ ら れ た り し た も の の, 仮 説 の 設 定 に つ な が る 事 象 の 見 方 や 考 え 方 な ど, 思 考 を 支 援 す る 指 導 法 に 直 結 す

象 を 見 た 直 後 に 感 想 を 聞 く な ど 事 象 提 示 に 関 す る 手 立 て が 多 く 挙 げ ら れ た り し た も の の, 仮 説 の 設 定 に つ な が る 事 象 の 見 方 や 考 え 方 な ど, 思 考 を 支 援 す る 指 導 法 に 直 結 す 第 4 章 仮 説 設 定 の 指 導 方 略 (4 QS) 開 発 物 語 は じ め に - The Four Question Strategy と の 出 会 い - 筆 者 は 平 成 14 年 4 月 に 上 越 教 育 大 学 へ 赴 任 し た 学 部 修 士 の 学 生 を 受 け 入 れ 始 め た の は 翌 年 の 平 成 15 年 度 か ら で あ る こ の 年 に 受

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

目 次 Ⅰ 研 究 の 概 要 3 1 研 究 主 題 設 定 の 理 由 と そ の 背 景 3 2 研 究 の 目 的 4 3 研 究 の 方 法 4 Ⅱ 調 査 1 < ア ン ケ ー ト 調 査 > 5 1 調 査 の 目 的 5 2 調 査 の 方 法 5 3 結 果 5 ( 1 ) 特

目 次 Ⅰ 研 究 の 概 要 3 1 研 究 主 題 設 定 の 理 由 と そ の 背 景 3 2 研 究 の 目 的 4 3 研 究 の 方 法 4 Ⅱ 調 査 1 < ア ン ケ ー ト 調 査 > 5 1 調 査 の 目 的 5 2 調 査 の 方 法 5 3 結 果 5 ( 1 ) 特 研 究 報 告 書 第 371 号 彩 の 国 埼 玉 県 特 別 支 援 学 校 及 び 特 別 支 援 学 級 における 知 的 障 害 のある 児 童 生 徒 の 自 立 活 動 に 関 する 調 査 研 究 Ⅱ (1か 年 研 究 ) 特 別 支 援 教 育 担 当 目 次 Ⅰ 研 究 の 概 要 3 1 研 究 主 題 設 定 の 理 由 と そ の 背 景 3 2 研 究 の 目 的 4

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 2 5 年 度 第 6 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 2 5 年 8 月 3 0 日 ( 金 ) 午 前 1 1 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 住 民 票 の 写 し 等 第 三 者 交 付 に 関 す る 本 人 通 知 制 度 子 育 て き ら き ら カ ー ド の 利 用 が 始 ま り ま す 地 域 支 え 合 い 団 体 の

More information

1 調 査 地 コ ス タ リ カ, オ サ 半 島, プ エ ル ト ヒ メ ネ ス ( Puerto Jimenez, Osa Peninsula, Costa Rica) 2 期 間 2 0 1 3 年 8 月 4 日 ~ 8 月 1 0 日 ( 7 日 間 ) 3 概 要 (1) 本 プ ロ

1 調 査 地 コ ス タ リ カ, オ サ 半 島, プ エ ル ト ヒ メ ネ ス ( Puerto Jimenez, Osa Peninsula, Costa Rica) 2 期 間 2 0 1 3 年 8 月 4 日 ~ 8 月 1 0 日 ( 7 日 間 ) 3 概 要 (1) 本 プ ロ 2013 年 花 王 教 員 フ ェ ロ ー シ ッ プ 活 動 報 告 書 Safeguarding Whales and Dolphins in Costa Rica ~コスタリカのクジラとイルカの 行 動 調 査 ~ 名 古 屋 市 立 愛 知 小 学 校 吉 村 恵 美 - 1 - 1 調 査 地 コ ス タ リ カ, オ サ 半 島, プ エ ル ト ヒ メ ネ ス ( Puerto Jimenez,

More information

会 議 録

会 議 録 会 議 録 会 議 の 名 称 第 1 回 行 田 市 産 業 交 流 拠 点 整 備 基 本 計 画 検 討 委 員 会 開 催 日 時 平 成 28 年 6 月 23 日 ( 木 ) 開 会 : 18 時 30 分 閉 会 :20 時 30 分 開 催 場 所 産 業 文 化 会 館 2 階 2 A 会 議 室 氏 出 席 委 員 名 小 林 乙 三 ( 行 田 市 環 境 経 済 部 長 )

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

異世界で「マインクラフト」 ID:24410

異世界で「マインクラフト」 ID:24410 kouji 注 意 事 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 起 事 話 ぜ! 付 わ ね お さ わ 頭 ど 転 生 憑 依 じ ゃ 断 じ ね 恐 片 鱗 味 わ ぜ 後 続 編 み 逝 誤 字 非 ず 八 五 次 1 八

More information

積 極 的 な 児 童 の 発 想 や 活 動 を 引 き 出 していきたい 共 通 事 項 の 視 点 自 分 の 感 覚 や 活 動 を 通 し て 形 や 色 組 合 せ な ど の 感 じ を と ら え る こ と 形 や 色 などの 感 じを 基 に 自 分 のイメージをもつこと 4 テ

積 極 的 な 児 童 の 発 想 や 活 動 を 引 き 出 していきたい 共 通 事 項 の 視 点 自 分 の 感 覚 や 活 動 を 通 し て 形 や 色 組 合 せ な ど の 感 じ を と ら え る こ と 形 や 色 などの 感 じを 基 に 自 分 のイメージをもつこと 4 テ 図 画 工 作 科 学 習 指 導 案 横 浜 市 立 西 寺 尾 小 学 校 指 導 者 関 根 明 一 1 日 平 成 2 7 年 1 月 2 8 日 ( 水 ) 5 校 2 学 年 組 第 3 学 年 1 組 28 名 体 育 館 3 学 習 主 題 か ら 題 材 へ 学 習 の 主 題 材 料 や 場 所 などの 特 徴 を 基 に 工 夫 してつくり 続 け る こ と を 楽 し む

More information

- 1 -

- 1 - 平 成 27 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 27 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示

こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示 平 成 23 年 度 環 境 経 済 の 政 策 研 究 持 続 可 能 な 発 展 の た め の 新 し い 社 会 経 済 シ ス テ ム の 検 討 と そ れ を 示 す 指 標 群 の 開 発 に 関 す る 研 究 最 終 研 究 報 告 書 平 成 24 年 3 月 京 都 大 学 上 智 大 学 九 州 大 学 農 林 水 産 政 策 研 究 所 名 古 屋 学 院 大 学 こ の

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成 若 い 先 生 のための 学 級 経 営 講 座 月 別 編 7 月 4 通 知 表 ( 票 ) 通 信 簿 の 作 成 ~ 学 期 の 学 校 生 活 の 様 子 を 伝 える 連 絡 簿 ~ 埼 玉 県 教 育 局 東 部 教 育 事 務 所 学 期 末 になれば 担 任 教 師 は 当 該 学 期 の 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 学 習 や 生 活 の 状 況 をま とめ 通 知 表

More information

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて 学 校 防 災 マニュアル ( 修 正 版 ) 本 マニュアルは 平 成 24 年 3 月 に 全 面 改 定 した 学 校 防 災 マニュアルを 平 成 25 年 3 月 に 修 正 された 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 と 整 合 性 を 図 るため 平 成 25 年 6 月 に 一 部 修 正 したものである 平 成 25 年 6 月 目 黒 区 教 育 委 員 会 目 次 災 害 時

More information

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解 幼 児 教 育 と 小 学 校 教 育 の 円 滑 な 接 続 の 在 り 方 幼 児 教 育 係 長 植 松 利 晴 Uematsu Toshiharu 研 究 指 導 主 事 廣 岡 由 美 Hirooka Yumi 主 査 中 村 美 喜 江 Nakamura Mikie 要 旨 平 成 20 年 3 月 に 新 幼 稚 園 教 育 要 領 が 公 示 された その 改 訂 に 伴 い 発 達

More information

Gマップマニュアル

Gマップマニュアル 2013.08.13 地 図 クラブ 例 会 資 料 Googleマップ マニュアル Gマップの 使 い 方 1 Gマップの 検 索 とトップ 画 面 01 2 Gマップの 部 位 名 称 と 概 要 02 3 目 的 地 の 表 示 03 4 建 物 から 地 図 を 検 索 03 5 電 話 番 号 から 店 舗 を 検 索 04 6 航 空 写 真 を 表 示 させる 04 7 Gアースの 表

More information

平 成 28 年 第 1 回 尾 鷲 市 議 会 定 例 会 所 信 表 明 ( 附 提 案 説 明 ) 尾 鷲 市 ( 登 壇 ) 平 成 2 8 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 平 成 2 8 年 度 当 初 予 算 並 び に そ の 他 の 諸 議 案 に つ い て の ご 説 明 に 先 立 ち ま し て 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べ 議 員 各 位

More information

目 次 Ⅰ. 調 査 実 施 概 要 3 Ⅱ.メディア 利 用 概 況 4 Ⅲ.その 他 メディア 利 用 環 境 動 向 12 2

目 次 Ⅰ. 調 査 実 施 概 要 3 Ⅱ.メディア 利 用 概 況 4 Ⅲ.その 他 メディア 利 用 環 境 動 向 12 2 報 告 書 < 公 表 サンプル 版 > 2012 年 2 月 株 式 会 社 キネマ 旬 報 映 画 総 合 研 究 所 株 式 会 社 フィールドワークス 目 次 Ⅰ. 調 査 実 施 概 要 3 Ⅱ.メディア 利 用 概 況 4 Ⅲ.その 他 メディア 利 用 環 境 動 向 12 2 Ⅰ. 調 査 実 施 概 要 調 査 対 象 者 :13~69 才 男 女 サンプル 数 :5027 人 調

More information

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N 2013 年 2 月 1 日 公 益 社 団 法 人 日 本 環 境 教 育 フ ォ ー ラ ム 外 務 省 主 催 セ ミ ナ ー 平 成 24 年 度 NGO 研 究 会 国 際 協 力 NGO の フ ァ ン ド レ イ ジ ン グ ~ 資 金 調 達 の 真 髄 を 探 る!~ 1. 日 時 : 2013 年 2 月 1 日 12 時 00 分 ~ 17 時 00 分 2. 場 所 : TKP

More information

目 次 調 査 の 概 要 1 就 学 前 児 童 用 調 査 結 果 1. 居 住 地 域 4 2. 子 どもと 家 族 の 状 況 5 3. 子 どもの 育 ちをめぐる 環 境 7 4-1. 母 親 の 就 労 状 況 8 4-2. 父 親 の 就 労 状 況 15 5. 定 期 的 な 教 育

目 次 調 査 の 概 要 1 就 学 前 児 童 用 調 査 結 果 1. 居 住 地 域 4 2. 子 どもと 家 族 の 状 況 5 3. 子 どもの 育 ちをめぐる 環 境 7 4-1. 母 親 の 就 労 状 況 8 4-2. 父 親 の 就 労 状 況 15 5. 定 期 的 な 教 育 四 日 市 市 子 ども 子 育 てに 関 する アンケート 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 0 目 次 調 査 の 概 要 1 就 学 前 児 童 用 調 査 結 果 1. 居 住 地 域 4 2. 子 どもと 家 族 の 状 況 5 3. 子 どもの 育 ちをめぐる 環 境 7 4-1. 母 親 の 就 労 状 況 8 4-2. 父 親 の 就 労 状 況 15 5. 定 期 的

More information