等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に "

Transcription

1 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導 入 する あわせて 少 子 化 対 策 教 育 再 生 や 地 方 創 生 の 推 進 等 に 取 り 組 むとともに グローバルなビジネスモデルに 適 合 した 国 際 課 税 ルールの 再 構 築 を 行 うための 税 制 上 の 措 置 を 講 ずる このほか 震 災 からの 復 興 を 支 援 するための 税 制 上 の 措 置 等 を 講 ずる 具 体 的 には 次 のとおり 税 制 改 正 を 行 うものとする 一 個 人 所 得 課 税 1 住 宅 土 地 税 制 ( 国 税 ) 新 設 (1) 空 き 家 に 係 る 譲 渡 所 得 の 特 別 控 除 の 特 例 の 創 設 相 続 の 開 始 の 直 前 において 被 相 続 人 の 居 住 の 用 に 供 されていた 家 屋 ( 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 建 築 された 家 屋 ( 区 分 所 有 建 築 物 を 除 く )であって 当 該 相 続 の 開 始 の 直 前 において 当 該 被 相 続 人 以 外 に 居 住 をしていた 者 がいなか ったものに 限 る 以 下 被 相 続 人 居 住 用 家 屋 という ) 及 び 当 該 相 続 の 開 始 の 直 前 において 当 該 被 相 続 人 居 住 用 家 屋 の 敷 地 の 用 に 供 されていた 土 地 等 を 当 該 相 続 により 取 得 をした 個 人 が 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 31 年 12 月 31 日 までの 間 に 次 に 掲 げる 譲 渡 ( 当 該 相 続 の 時 から 当 該 相 続 の 開 始 があった 日 以 後 3 年 を 経 過 する 日 の 属 する 年 の 12 月 31 日 までの 間 にしたものに 限 るものと し 当 該 譲 渡 の 対 価 の 額 が1 億 円 を 超 えるものを 除 く )をした 場 合 には 当 該 譲 渡 に 係 る 譲 渡 所 得 の 金 額 について 居 住 用 財 産 の 譲 渡 所 得 の 3,000 万 円 特 別 控 除 を 適 用 することができることとする 1 当 該 被 相 続 人 居 住 用 家 屋 ( 次 に 掲 げる 要 件 を 満 たすものに 限 る )の 譲 渡 又 は 当 該 被 相 続 人 居 住 用 家 屋 とともにするその 敷 地 の 用 に 供 されている 土 地 -1-

2 等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 適 合 するものであること 2 当 該 被 相 続 人 居 住 用 家 屋 (イに 掲 げる 要 件 を 満 たすものに 限 る )の 除 却 をした 後 におけるその 敷 地 の 用 に 供 されていた 土 地 等 (ロに 掲 げる 要 件 を 満 たすものに 限 る )の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 除 却 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ( 注 1) 当 該 譲 渡 の 対 価 の 額 と 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 をした 日 以 後 3 年 を 経 過 する 日 の 属 する 年 の 12 月 31 日 までの 間 に 当 該 相 続 に 係 る 相 続 人 が 行 っ た 当 該 被 相 続 人 居 住 用 家 屋 と 一 体 として 当 該 被 相 続 人 の 居 住 の 用 に 供 され ていた 家 屋 又 は 土 地 等 の 譲 渡 の 対 価 の 額 との 合 計 額 が1 億 円 を 超 える 場 合 には 本 特 例 は 適 用 しない ( 注 2) 本 特 例 は 確 定 申 告 書 に 地 方 公 共 団 体 の 長 等 の 当 該 被 相 続 人 居 住 用 家 屋 及 び 当 該 被 相 続 人 居 住 用 家 屋 の 敷 地 の 用 に 供 されていた 土 地 等 が 上 記 1 又 は2の 要 件 を 満 たすことの 確 認 をした 旨 を 証 する 書 類 その 他 の 書 類 の 添 付 がある 場 合 に 適 用 するものとする ( 注 3) 相 続 財 産 に 係 る 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 との 選 択 適 用 とするほか 居 住 用 財 産 の 買 換 え 等 の 特 例 との 重 複 適 用 その 他 所 要 の 措 置 を 講 ずる (2) 住 宅 の 三 世 代 同 居 改 修 工 事 等 に 係 る 特 例 の 創 設 1 住 宅 の 三 世 代 同 居 改 修 工 事 等 に 係 る 住 宅 借 入 金 等 を 有 する 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 の 控 除 額 の 特 例 イ 個 人 が その 者 の 所 有 する 居 住 用 の 家 屋 について 一 定 の 三 世 代 同 居 改 修 工 事 を 含 む 増 改 築 等 ( 以 下 三 世 代 同 居 改 修 工 事 等 という )をして 当 該 居 住 用 の 家 屋 を 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 31 年 6 月 30 日 までの 間 にその 者 の 居 住 の 用 に 供 した 場 合 を 特 定 の 増 改 築 等 に 係 る 住 宅 借 入 金 等 を -2-

3 有 する 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 の 控 除 額 に 係 る 特 例 の 対 象 に 追 加 し そ の 三 世 代 同 居 改 修 工 事 等 に 充 てるために 借 り 入 れた 次 に 掲 げる 住 宅 借 入 金 等 の 年 末 残 高 (1,000 万 円 を 限 度 )の 区 分 に 応 じ それぞれ 次 に 定 める 割 合 に 相 当 する 金 額 の 合 計 額 を 所 得 税 の 額 から 控 除 する この 特 例 は 住 宅 の 増 改 築 等 に 係 る 住 宅 借 入 金 等 を 有 する 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 との 選 択 適 用 とし 控 除 期 間 は5 年 とする (イ) 一 定 の 三 世 代 同 居 改 修 工 事 に 係 る 工 事 費 用 (250 万 円 を 限 度 )に 相 当 する 住 宅 借 入 金 等 の 年 末 残 高 2% (ロ)(イ) 以 外 の 住 宅 借 入 金 等 の 年 末 残 高 1% ( 注 1) 上 記 の 一 定 の 三 世 代 同 居 改 修 工 事 とは 1 調 理 室 2 浴 室 3 便 所 又 は4 玄 関 のいずれかを 増 設 する 工 事 ( 改 修 後 1から4までの いずれか2つ 以 上 が 複 数 となるものに 限 る )であって その 工 事 費 用 ( 補 助 金 等 の 交 付 がある 場 合 には 当 該 補 助 金 等 の 額 を 控 除 した 後 の 金 額 )の 合 計 額 が 50 万 円 を 超 えるものをいう ( 注 2) 適 用 対 象 となる 住 宅 借 入 金 等 は 償 還 期 間 5 年 以 上 の 住 宅 借 入 金 等 とする ( 注 3) 三 世 代 同 居 改 修 工 事 等 の 証 明 書 の 発 行 は 住 宅 の 品 質 確 保 の 促 進 等 に 関 する 法 律 に 規 定 する 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 建 築 基 準 法 に 規 定 す る 指 定 確 認 検 査 機 関 建 築 士 法 の 規 定 により 登 録 された 建 築 士 事 務 所 に 所 属 する 建 築 士 又 は 特 定 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 の 履 行 の 確 保 等 に 関 する 法 律 の 規 定 による 指 定 を 受 けた 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 が 行 うもの とする 下 記 2イにおいて 同 じ ( 注 4)その 他 の 要 件 は 現 行 の 住 宅 の 増 改 築 等 に 係 る 住 宅 借 入 金 等 を 有 す る 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 の 要 件 と 同 様 とする ロ 二 以 上 の 増 改 築 等 をした 場 合 の 控 除 額 の 計 算 の 調 整 措 置 その 他 所 要 の 措 置 を 講 ずる 2 既 存 住 宅 に 係 る 三 世 代 同 居 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 イ 個 人 が その 者 の 所 有 する 居 住 用 の 家 屋 について 一 定 の 三 世 代 同 居 改 修 工 事 をして 当 該 居 住 用 の 家 屋 を 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 31 年 6 月 30 日 までの 間 にその 者 の 居 住 の 用 に 供 した 場 合 を 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の -3-

4 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 の 適 用 対 象 に 追 加 し その 三 世 代 同 居 改 修 工 事 に 係 る 標 準 的 な 工 事 費 用 相 当 額 (250 万 円 を 限 度 )の 10% に 相 当 する 金 額 をその 年 分 の 所 得 税 の 額 から 控 除 する ( 注 1) 上 記 の 一 定 の 三 世 代 同 居 改 修 工 事 とは 1 調 理 室 2 浴 室 3 便 所 又 は4 玄 関 のいずれかを 増 設 する 工 事 ( 改 修 後 1から4までの いずれか2つ 以 上 が 複 数 となるものに 限 る )であって その 工 事 に 係 る 標 準 的 な 工 事 費 用 相 当 額 ( 補 助 金 等 の 交 付 がある 場 合 には 当 該 補 助 金 等 の 額 を 控 除 した 後 の 金 額 )が 50 万 円 を 超 えること 等 の 要 件 を 満 たすものをいう ( 注 2) 上 記 の 標 準 的 な 工 事 費 用 相 当 額 とは 三 世 代 同 居 改 修 工 事 の 改 修 部 位 ごとに 標 準 的 な 工 事 費 用 の 額 として 定 められた 金 額 に 当 該 三 世 代 同 居 改 修 工 事 を 行 った 箇 所 数 を 乗 じて 計 算 した 金 額 をいう ( 注 3)その 年 の 前 年 以 前 3 年 内 の 各 年 分 において 本 税 額 控 除 の 適 用 を 受 け た 者 は その 年 分 においては 本 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることはできな い ( 注 4)その 年 分 の 合 計 所 得 金 額 が 3,000 万 円 を 超 える 場 合 には 本 税 額 控 除 は 適 用 しない ロ 上 記 イの 税 額 控 除 は 確 定 申 告 書 に 当 該 控 除 に 関 する 明 細 書 三 世 代 同 居 改 修 工 事 が 行 われた 家 屋 である 旨 を 証 する 書 類 及 び 登 記 事 項 証 明 書 そ の 他 の 書 類 の 添 付 がある 場 合 に 適 用 するものとする ハ 上 記 イの 税 額 控 除 は 住 宅 借 入 金 等 を 有 する 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 又 は 特 定 の 増 改 築 等 に 係 る 住 宅 借 入 金 等 を 有 する 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 の 控 除 額 に 係 る 特 例 の 適 用 を 受 ける 場 合 には 適 用 しない 延 長 拡 充 (1) 都 市 再 開 発 法 の 改 正 を 前 提 に 次 の 措 置 を 講 ずる( 法 人 税 についても 同 様 と する ) 1 換 地 処 分 等 に 伴 い 資 産 を 取 得 した 場 合 の 課 税 の 特 例 の 適 用 対 象 に 第 一 種 市 街 地 再 開 発 事 業 が 施 行 された 場 合 においてその 資 産 に 係 る 権 利 変 換 により 個 別 利 用 区 内 の 宅 地 等 を 取 得 したときを 加 える 2 収 用 等 の 場 合 の 5,000 万 円 特 別 控 除 等 について 第 一 種 市 街 地 再 開 発 事 業 -4-

5 が 施 行 された 場 合 のやむを 得 ない 事 情 により 個 別 利 用 区 内 の 宅 地 への 権 利 変 換 を 希 望 せず 一 定 の 補 償 金 を 取 得 するときを 対 象 とするとともに そのや むを 得 ない 事 情 は 用 途 の 制 限 につき 既 存 不 適 格 であることとする 3 その 他 所 要 の 措 置 を 講 ずる (2) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 施 行 令 の 改 正 を 前 提 に 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 の 農 村 地 域 に 係 る 人 口 規 模 要 件 の 緩 和 後 も 引 き 続 き 同 法 の 規 定 により 農 村 地 域 においてのみ 定 めることができる 実 施 計 画 に 定 められた 工 業 等 導 入 地 区 内 の 一 定 の 土 地 等 を 工 場 用 地 等 の 用 に 供 するために 譲 渡 した 場 合 を 農 地 保 有 の 合 理 化 等 のために 農 地 等 を 譲 渡 した 場 合 の 800 万 円 特 別 控 除 の 対 象 とする (3) 特 定 の 居 住 用 財 産 の 買 換 え 及 び 交 換 の 場 合 の 長 期 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (4) 居 住 用 財 産 の 買 換 え 等 の 場 合 の 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 等 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (5) 特 定 居 住 用 財 産 の 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 等 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (6) 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 現 行 の 居 住 者 が 満 たすべき 要 件 と 同 様 の 要 件 の 下 で 非 居 住 者 期 間 中 に 住 宅 の 新 築 若 しくは 取 得 又 は 増 改 築 等 をした 場 合 についても 適 用 できることとする 1 住 宅 借 入 金 等 を 有 する 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 2 特 定 の 増 改 築 等 に 係 る 住 宅 借 入 金 等 を 有 する 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 の 控 除 額 に 係 る 特 例 3 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 4 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 5 認 定 住 宅 の 新 築 等 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 6 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 等 に 係 る 住 宅 借 入 金 等 を 有 する 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 等 の 重 複 適 用 に 係 る 特 例 7 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 等 に 係 る 住 宅 借 入 金 等 を 有 する 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 の 控 除 額 に 係 る 特 例 ( 注 ) 上 記 の 改 正 は 非 居 住 者 が 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 住 宅 の 新 築 若 しくは 取 得 又 は 増 改 築 等 をする 場 合 について 適 用 する 縮 減 -5-

6 (1) 住 宅 借 入 金 等 を 有 する 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 及 び 特 定 の 増 改 築 等 に 係 る 住 宅 借 入 金 等 を 有 する 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 の 控 除 額 に 係 る 特 例 の 適 用 対 象 となる 省 エネ 改 修 工 事 に 係 る 省 エネ 要 件 の 緩 和 措 置 は 適 用 期 限 の 到 来 をも って 廃 止 する ( 地 方 税 ) 新 設 (1) 空 き 家 に 係 る 譲 渡 所 得 の 特 別 控 除 の 特 例 の 創 設 相 続 の 開 始 の 直 前 において 被 相 続 人 の 居 住 の 用 に 供 されていた 家 屋 ( 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 建 築 された 家 屋 ( 区 分 所 有 建 築 物 を 除 く )であって 当 該 相 続 の 開 始 の 直 前 において 当 該 被 相 続 人 以 外 に 居 住 をしていた 者 がいなか ったものに 限 る 以 下 被 相 続 人 居 住 用 家 屋 という ) 及 び 当 該 相 続 の 開 始 の 直 前 において 当 該 被 相 続 人 居 住 用 家 屋 の 敷 地 の 用 に 供 されていた 土 地 等 を 当 該 相 続 により 取 得 をした 個 人 が 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 31 年 12 月 31 日 までの 間 に 次 に 掲 げる 譲 渡 ( 当 該 相 続 の 時 から 当 該 相 続 の 開 始 があった 日 以 後 3 年 を 経 過 する 日 の 属 する 年 の 12 月 31 日 までの 間 にしたものに 限 るものと し 当 該 譲 渡 の 対 価 の 額 が1 億 円 を 超 えるものを 除 く )をした 場 合 には 当 該 譲 渡 に 係 る 譲 渡 所 得 の 金 額 について 居 住 用 財 産 の 譲 渡 所 得 の 3,000 万 円 特 別 控 除 を 適 用 することができることとする 1 当 該 被 相 続 人 居 住 用 家 屋 ( 次 に 掲 げる 要 件 を 満 たすものに 限 る )の 譲 渡 又 は 当 該 被 相 続 人 居 住 用 家 屋 とともにするその 敷 地 の 用 に 供 されている 土 地 等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 適 合 するものであること 2 当 該 被 相 続 人 居 住 用 家 屋 (イに 掲 げる 要 件 を 満 たすものに 限 る )の 除 却 をした 後 におけるその 敷 地 の 用 に 供 されていた 土 地 等 (ロに 掲 げる 要 件 を 満 たすものに 限 る )の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 除 却 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと -6-

7 ロ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ( 注 1) 当 該 譲 渡 の 対 価 の 額 と 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 をした 日 以 後 3 年 を 経 過 する 日 の 属 する 年 の 12 月 31 日 までの 間 に 当 該 相 続 に 係 る 相 続 人 が 行 っ た 当 該 被 相 続 人 居 住 用 家 屋 と 一 体 として 当 該 被 相 続 人 の 居 住 の 用 に 供 され ていた 家 屋 又 は 土 地 等 の 譲 渡 の 対 価 の 額 との 合 計 額 が1 億 円 を 超 える 場 合 には 本 特 例 は 適 用 しない ( 注 2) 本 特 例 は 個 人 住 民 税 の 申 告 書 に 地 方 公 共 団 体 の 長 等 の 当 該 被 相 続 人 居 住 用 家 屋 及 び 当 該 被 相 続 人 居 住 用 家 屋 の 敷 地 の 用 に 供 されていた 土 地 等 が 上 記 1 又 は2の 要 件 を 満 たすことの 確 認 をした 旨 を 証 する 書 類 その 他 の 書 類 の 添 付 がある 場 合 に 適 用 するものとする ( 注 3) 相 続 財 産 に 係 る 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 との 選 択 適 用 とするほか 居 住 用 財 産 の 買 換 え 等 の 特 例 との 重 複 適 用 その 他 所 要 の 措 置 を 講 ずる 延 長 拡 充 (1) 都 市 再 開 発 法 の 改 正 を 前 提 に 次 の 措 置 を 講 ずる 1 換 地 処 分 等 に 伴 い 資 産 を 取 得 した 場 合 の 課 税 の 特 例 の 適 用 対 象 に 第 一 種 市 街 地 再 開 発 事 業 が 施 行 された 場 合 においてその 資 産 に 係 る 権 利 変 換 により 個 別 利 用 区 内 の 宅 地 等 を 取 得 したときを 加 える 2 収 用 等 の 場 合 の 5,000 万 円 特 別 控 除 等 について 第 一 種 市 街 地 再 開 発 事 業 が 施 行 された 場 合 のやむを 得 ない 事 情 により 個 別 利 用 区 内 の 宅 地 への 権 利 変 換 を 希 望 せず 一 定 の 補 償 金 を 取 得 するときを 対 象 とするとともに そのや むを 得 ない 事 情 は 用 途 の 制 限 につき 既 存 不 適 格 であることとする 3 その 他 所 要 の 措 置 を 講 ずる (2) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 施 行 令 の 改 正 を 前 提 に 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 の 農 村 地 域 に 係 る 人 口 規 模 要 件 の 緩 和 後 も 引 き 続 き 同 法 の 規 定 により 農 村 地 域 においてのみ 定 めることができる 実 施 計 画 に 定 められた 工 業 等 導 入 地 区 内 の 一 定 の 土 地 等 を 工 場 用 地 等 の 用 に 供 するために 譲 渡 した 場 合 を 農 地 保 有 の 合 理 化 等 のために 農 地 等 を 譲 渡 した 場 合 の 800 万 円 特 別 控 除 の 対 象 とする (3) 特 定 の 居 住 用 財 産 の 買 換 え 及 び 交 換 の 場 合 の 長 期 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する -7-

8 (4) 居 住 用 財 産 の 買 換 え 等 の 場 合 の 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 等 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (5) 特 定 居 住 用 財 産 の 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 等 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (6) 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 現 行 の 居 住 者 が 満 たすべき 要 件 と 同 様 の 要 件 の 下 で 非 居 住 者 期 間 中 に 住 宅 の 新 築 若 しくは 取 得 又 は 増 改 築 等 をした 場 合 についても 適 用 できることとする 1 住 宅 借 入 金 等 を 有 する 場 合 の 個 人 住 民 税 額 の 特 別 控 除 2 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 等 に 係 る 住 宅 借 入 金 等 を 有 する 場 合 の 個 人 住 民 税 額 の 特 別 控 除 等 の 重 複 適 用 に 係 る 特 例 3 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 等 に 係 る 住 宅 借 入 金 等 を 有 する 場 合 の 個 人 住 民 税 額 の 特 別 控 除 の 控 除 額 に 係 る 特 例 ( 注 ) 上 記 の 改 正 は 非 居 住 者 が 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 住 宅 の 新 築 若 しくは 取 得 又 は 増 改 築 等 をする 場 合 について 適 用 する 2 金 融 証 券 税 制 ( 国 税 地 方 税 ) 延 長 拡 充 (1) 非 課 税 口 座 内 の 少 額 上 場 株 式 等 に 係 る 配 当 所 得 及 び 譲 渡 所 得 等 の 非 課 税 措 置 (NISA)について 次 の 措 置 を 講 ずる 1 非 課 税 適 用 確 認 書 の 交 付 申 請 書 について 基 準 日 における 国 内 の 住 所 の 記 載 及 び 当 該 住 所 を 証 する 書 類 の 添 付 を 不 要 とする これに 伴 い 平 成 30 年 以 後 の 勘 定 設 定 期 間 を 平 成 30 年 1 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までと する 2 平 成 29 年 分 の 非 課 税 管 理 勘 定 が 設 定 されている 非 課 税 口 座 を 平 成 29 年 10 月 1 日 において 開 設 している 居 住 者 等 で 同 日 においてその 者 の 個 人 番 号 を 当 該 非 課 税 口 座 が 開 設 されている 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 の 長 に 告 知 をしているものは 同 日 に 当 該 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 の 長 に 対 し 平 成 30 年 1 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 勘 定 設 定 期 間 が 記 載 され るべき 非 課 税 適 用 確 認 書 の 交 付 申 請 書 の 提 出 をしたものとみなす ただし 当 該 居 住 者 等 から 当 該 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 の 長 に 対 し 平 成 29 年 9 月 30 日 までに 非 課 税 適 用 確 認 書 の 交 付 申 請 書 の 提 出 があったものとみ -8-

9 なされることを 希 望 しない 旨 の 申 出 があった 場 合 には この 限 りでない な お 当 該 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 の 長 は 当 該 居 住 者 等 に 対 し 平 成 29 年 10 月 15 日 までに 非 課 税 適 用 確 認 書 の 交 付 申 請 書 が 提 出 されたこと となる 旨 の 通 知 をしなければならない 3 非 課 税 口 座 を 開 設 している 居 住 者 等 が 出 国 により 非 課 税 口 座 を 廃 止 する 場 合 において その 者 が 出 国 の 日 の3 月 前 の 日 における 有 価 証 券 等 の 価 額 によ り 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 適 用 を 受 けるときは その 非 課 税 口 座 内 の 上 場 株 式 等 を 出 国 の 日 の3 月 前 の 日 の 価 額 により 譲 渡 し かつ 再 び 取 得 したものとして 譲 渡 所 得 等 の 非 課 税 措 置 を 適 用 する ( 注 1) 上 記 1の 改 正 は 平 成 30 年 以 後 の 勘 定 設 定 期 間 に 係 る 非 課 税 適 用 確 認 書 の 交 付 申 請 書 について 適 用 する ( 注 2) 上 記 3の 改 正 については 未 成 年 者 口 座 内 の 少 額 上 場 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 の 非 課 税 措 置 (ジュニアNISA)についても 同 様 とする (2) 地 域 再 生 法 施 行 規 則 の 改 正 を 前 提 に エンジェル 税 制 ( 特 定 新 規 中 小 会 社 が 発 行 した 株 式 を 取 得 した 場 合 の 課 税 の 特 例 )の 適 用 対 象 となる 株 式 の 範 囲 に 特 定 地 域 再 生 事 業 を 行 う 株 式 会 社 で 次 の1に 掲 げる 要 件 を 満 たすことにつき 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 30 年 3 月 31 日 までの 間 に 認 定 地 方 公 共 団 体 の 確 認 を 受 けたものが 当 該 確 認 を 受 けた 日 から3 年 以 内 に 発 行 する 株 式 ( 居 住 者 等 と の 投 資 契 約 の 締 結 日 において 当 該 株 式 会 社 が 次 の1イからヌまで 及 び2に 掲 げ る 要 件 を 満 たす 場 合 における 当 該 株 式 に 限 る )を 加 える これに 伴 い エン ジェル 税 制 ( 特 定 中 小 会 社 が 発 行 した 株 式 の 取 得 に 要 した 金 額 の 控 除 等 の 特 例 及 び 特 定 中 小 会 社 が 発 行 した 株 式 に 係 る 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 等 の 特 例 )の 適 用 対 象 となる 株 式 の 範 囲 から 特 定 地 域 再 生 事 業 を 行 う 株 式 会 社 が 発 行 する 株 式 を 除 外 する 1 認 定 地 方 公 共 団 体 の 確 認 の 日 において 次 に 掲 げる 要 件 を 満 たしていること イ 次 に 掲 げる 事 業 を 専 ら 行 う 株 式 会 社 であること((イ)に 掲 げる 事 業 を 専 ら 行 う 株 式 会 社 を 除 く ) (イ) 集 落 生 活 圏 の 住 民 の 共 同 の 福 祉 又 は 利 便 のために 必 要 な 施 設 の 整 備 又 は 運 営 に 関 する 事 業 (ロ) 集 落 生 活 圏 における 就 業 の 機 会 の 創 出 に 資 する 施 設 の 整 備 又 は 運 営 に -9-

10 関 する 事 業 ロ 常 時 雇 用 する 従 業 員 の 数 が2 人 以 上 であること ハ 前 事 業 年 度 の 売 上 高 に 占 める 営 業 利 益 の 割 合 が2%を 超 えていないこと ( 設 立 事 業 年 度 を 経 過 していない 会 社 を 除 く ) ニ 設 立 の 日 後 10 年 未 満 であること ホ 中 小 企 業 者 であること ヘ 特 定 の 株 主 グループの 有 する 株 式 の 総 数 が 発 行 済 株 式 の 総 数 の6 分 の5 を 超 える 会 社 でないこと ト 金 融 商 品 取 引 所 に 上 場 されている 株 式 等 の 発 行 者 である 会 社 でないこと チ 発 行 済 株 式 の 総 数 の2 分 の1を 超 える 数 の 株 式 が 一 の 大 規 模 法 人 及 び 当 該 大 規 模 法 人 と 特 殊 の 関 係 のある 法 人 の 所 有 に 属 している 会 社 又 は 発 行 済 株 式 の 総 数 の3 分 の2 以 上 が 大 規 模 法 人 及 び 当 該 大 規 模 法 人 と 特 殊 の 関 係 のある 法 人 の 所 有 に 属 している 会 社 でないこと リ 払 込 みにより 当 該 会 社 の 株 式 の 取 得 をする 者 と 投 資 契 約 ( 当 該 投 資 契 約 に 係 る 払 込 金 を 事 業 実 施 計 画 に 記 載 された 事 業 の 用 に 供 する 旨 の 記 載 が あるものに 限 る )を 締 結 する 会 社 であること ヌ その 会 社 の 営 む 事 業 が 公 序 良 俗 に 反 しておらず かつ 風 俗 営 業 に 該 当 しないこと 2 投 資 契 約 の 締 結 日 において 次 に 掲 げる 要 件 を 満 たしていること イ 設 立 の 日 後 10 年 未 満 であること ロ 常 時 雇 用 する 従 業 員 の 数 が 認 定 地 方 公 共 団 体 の 確 認 を 受 けた 日 における 数 以 上 であること ハ 当 該 確 認 を 受 けた 日 の 属 する 事 業 年 度 の 翌 事 業 年 度 以 後 に 出 資 を 受 ける 場 合 には 常 時 雇 用 する 従 業 員 の 数 が 前 事 業 年 度 末 の 数 よりも2 人 ( 商 業 又 はサービス 業 に 属 する 事 業 を 主 たる 事 業 として 営 む 会 社 にあっては1 人 ) 以 上 増 加 していること (3) 総 合 特 別 区 域 法 施 行 規 則 の 改 正 を 前 提 に 特 定 新 規 中 小 会 社 が 発 行 した 株 式 を 取 得 した 場 合 の 課 税 の 特 例 について 適 用 対 象 となる 総 合 特 別 区 域 法 の 指 定 会 社 を 地 域 活 性 化 総 合 特 別 区 域 のうち 市 街 化 区 域 の 区 域 又 は 区 域 区 分 に 関 する 都 市 計 画 が 定 められていない 都 市 計 画 区 域 ( 用 途 地 域 が 定 められている 区 -10-

11 域 に 限 る ) 内 においてのみ 特 定 地 域 活 性 化 事 業 を 行 う 株 式 会 社 とした 上 同 法 の 指 定 会 社 に 係 る 同 法 の 指 定 期 限 を2 年 延 長 する ( 注 ) 上 記 の 改 正 は 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 総 合 特 別 区 域 法 の 指 定 を 受 ける 指 定 会 社 について 適 用 する (4) 上 場 株 式 等 に 係 る 譲 渡 損 失 の 損 益 通 算 及 び 繰 越 控 除 の 対 象 となる 上 場 株 式 等 の 譲 渡 の 範 囲 に 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 又 は 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 適 用 により 行 ったものとみ なされた 譲 渡 を 加 える (5) 個 人 が 次 に 掲 げる 告 知 又 は 告 知 書 の 提 出 ( 以 下 告 知 等 という )をする 場 合 において その 告 知 等 を 受 ける 者 が その 告 知 等 をする 者 の 個 人 番 号 その 他 の 事 項 を 記 載 した 帳 簿 を 備 えているときは 当 該 告 知 等 をする 者 は 当 該 告 知 等 を 受 ける 者 に 対 して 当 該 告 知 等 をする 者 の 個 人 番 号 の 告 知 又 は 告 知 書 へ のその 者 の 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しないものとする 1 利 子 配 当 等 の 受 領 者 の 告 知 2 無 記 名 公 社 債 の 利 子 等 に 係 る 告 知 書 の 提 出 3 譲 渡 性 預 金 の 譲 渡 等 に 関 する 告 知 書 の 提 出 4 株 式 等 の 譲 渡 の 対 価 の 受 領 者 の 告 知 5 交 付 金 銭 等 の 受 領 者 の 告 知 6 償 還 金 等 の 受 領 者 の 告 知 7 信 託 受 益 権 の 譲 渡 の 対 価 の 受 領 者 の 告 知 8 先 物 取 引 の 差 金 等 決 済 をする 者 の 告 知 9 金 地 金 等 の 譲 渡 の 対 価 の 受 領 者 の 告 知 10 特 定 口 座 開 設 届 出 書 の 提 出 をする 者 の 告 知 11 非 課 税 適 用 確 認 書 の 交 付 申 請 書 の 提 出 をする 者 の 告 知 12 非 課 税 口 座 開 設 届 出 書 の 提 出 をする 者 の 告 知 13 未 成 年 者 非 課 税 適 用 確 認 書 の 交 付 申 請 書 の 提 出 をする 者 の 告 知 14 未 成 年 者 口 座 開 設 届 出 書 の 提 出 をする 者 の 告 知 15 国 外 送 金 等 をする 者 の 告 知 書 の 提 出 16 国 外 証 券 移 管 等 をする 者 の 告 知 書 の 提 出 廃 止 縮 減 -11-

12 (1) 無 記 名 の 公 社 債 無 記 名 の 株 式 又 は 無 記 名 の 投 資 信 託 等 の 受 益 証 券 について その 元 本 の 所 有 者 以 外 の 者 が 利 子 配 当 等 の 支 払 を 受 ける 場 合 には その 元 本 の 所 有 者 が 利 子 配 当 等 の 支 払 を 受 けるものとみなす 措 置 を 廃 止 する (2) 特 定 の 取 締 役 等 が 受 ける 新 株 予 約 権 等 の 行 使 による 株 式 の 取 得 に 係 る 経 済 的 利 益 の 非 課 税 等 (ストックオプション 税 制 )のうち 特 定 多 国 籍 企 業 による 研 究 開 発 事 業 等 の 促 進 に 関 する 特 別 措 置 法 に 係 る 措 置 について 適 用 期 限 の 到 来 を もって 廃 止 する (3) 先 物 取 引 に 係 る 雑 所 得 等 の 課 税 の 特 例 及 び 先 物 取 引 の 差 金 等 決 済 に 係 る 損 失 の 繰 越 控 除 について 適 用 対 象 となる 先 物 取 引 の 範 囲 から 次 に 掲 げる 取 引 を 除 外 する 1 商 品 先 物 取 引 業 者 以 外 の 者 を 相 手 方 として 行 う 店 頭 商 品 デリバティブ 取 引 2 金 融 商 品 取 引 業 者 等 ( 金 融 商 品 取 引 業 者 のうち 第 一 種 金 融 商 品 取 引 業 を 行 う 者 又 は 登 録 金 融 機 関 をいう ) 以 外 の 者 を 相 手 方 として 行 う 店 頭 デリバテ ィブ 取 引 ( 注 ) 上 記 の 改 正 は 平 成 28 年 10 月 1 日 以 後 に 開 始 する 先 物 取 引 について 適 用 する 3 復 興 支 援 のための 税 制 上 の 措 置 ( 国 税 ) (1) 特 定 住 宅 被 災 市 町 村 の 区 域 内 の 土 地 等 を 地 方 公 共 団 体 等 に 譲 渡 した 場 合 の 2,000 万 円 特 別 控 除 について 適 用 対 象 となる 事 業 は 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 事 業 であることを 明 確 化 した 上 適 用 期 限 を5 年 延 長 する( 法 人 税 に ついても 同 様 とする ) (2) 特 定 被 災 区 域 内 において 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 と 一 体 で 行 われる 一 団 地 の 津 波 防 災 拠 点 市 街 地 形 成 施 設 の 整 備 に 準 ずる 事 業 の 用 に 買 い 取 られる 土 地 等 であ ることにつき 国 土 交 通 大 臣 等 の 証 明 を 受 けたものを 地 方 公 共 団 体 に 譲 渡 した 場 合 の 5,000 万 円 特 別 控 除 等 の 簡 易 証 明 制 度 の 適 用 期 限 を3 年 延 長 する( 法 人 税 についても 同 様 とする ) (3) 復 興 指 定 会 社 が 発 行 した 株 式 を 取 得 した 場 合 の 課 税 の 特 例 について 対 象 と なる 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 区 域 法 の 指 定 会 社 に 係 る 同 法 の 指 定 期 限 を5 年 延 長 する -12-

13 (4) 被 災 した 法 人 について 債 務 処 理 計 画 が 策 定 された 場 合 の 課 税 の 特 例 について 適 用 対 象 となる 内 国 法 人 の 範 囲 を その 内 国 法 人 が 金 融 機 関 から 受 けた 事 業 資 金 の 貸 付 けに 係 る 債 務 の 弁 済 につき 中 小 企 業 者 等 に 対 する 金 融 の 円 滑 化 を 図 る ための 臨 時 措 置 に 関 する 法 律 の 施 行 の 日 ( 平 成 21 年 12 月 4 日 )から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 間 に 条 件 の 変 更 が 行 われたものとした 上 適 用 期 限 を3 年 延 長 する ( 地 方 税 ) (1) 特 定 住 宅 被 災 市 町 村 の 区 域 内 の 土 地 等 を 地 方 公 共 団 体 等 に 譲 渡 した 場 合 の 2,000 万 円 特 別 控 除 について 適 用 対 象 となる 事 業 は 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 事 業 であることを 明 確 化 した 上 適 用 期 限 を5 年 延 長 する (2) 特 定 被 災 区 域 内 において 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 と 一 体 で 行 われる 一 団 地 の 津 波 防 災 拠 点 市 街 地 形 成 施 設 の 整 備 に 準 ずる 事 業 の 用 に 買 い 取 られる 土 地 等 であ ることにつき 国 土 交 通 大 臣 等 の 証 明 を 受 けたものを 地 方 公 共 団 体 に 譲 渡 した 場 合 の 5,000 万 円 特 別 控 除 等 の 簡 易 証 明 制 度 の 適 用 期 限 を3 年 延 長 する (3) 被 災 した 法 人 について 債 務 処 理 計 画 が 策 定 された 場 合 の 課 税 の 特 例 について 適 用 対 象 となる 内 国 法 人 の 範 囲 を その 内 国 法 人 が 金 融 機 関 から 受 けた 事 業 資 金 の 貸 付 けに 係 る 債 務 の 弁 済 につき 中 小 企 業 者 等 に 対 する 金 融 の 円 滑 化 を 図 る ための 臨 時 措 置 に 関 する 法 律 の 施 行 の 日 ( 平 成 21 年 12 月 4 日 )から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 間 に 条 件 の 変 更 が 行 われたものとした 上 適 用 期 限 を3 年 延 長 する 4 租 税 特 別 措 置 等 ( 国 税 ) 新 設 (1)セルフメディケーション( 自 主 服 薬 ) 推 進 のためのスイッチOTC 薬 控 除 ( 医 療 費 控 除 の 特 例 )の 創 設 適 切 な 健 康 管 理 の 下 で 医 療 用 医 薬 品 からの 代 替 を 進 める 観 点 から 健 康 の 維 持 増 進 及 び 疾 病 の 予 防 への 取 組 として 一 定 の 取 組 を 行 う 個 人 が 平 成 29 年 1 月 1 日 から 平 成 33 年 12 月 31 日 までの 間 に 自 己 又 は 自 己 と 生 計 を 一 にする 配 偶 者 その 他 の 親 族 に 係 る 一 定 のスイッチOTC 医 薬 品 の 購 入 の 対 価 を 支 払 っ た 場 合 において その 年 中 に 支 払 ったその 対 価 の 額 ( 保 険 金 損 害 賠 償 金 その -13-

14 他 これらに 類 するものにより 補 塡 される 部 分 の 金 額 を 除 く )の 合 計 額 が1 万 2 千 円 を 超 えるときは その 超 える 部 分 の 金 額 (その 金 額 が8 万 8 千 円 を 超 え る 場 合 には 8 万 8 千 円 )について その 年 分 の 総 所 得 金 額 等 から 控 除 する ( 注 1) 上 記 の 一 定 の 取 組 とは 次 の 検 診 等 又 は 予 防 接 種 ( 医 師 の 関 与 があ るものに 限 る )をいう 1 特 定 健 康 診 査 2 予 防 接 種 3 定 期 健 康 診 断 4 健 康 診 査 5 がん 検 診 ( 注 2) 上 記 の 一 定 のスイッチOTC 医 薬 品 とは 要 指 導 医 薬 品 及 び 一 般 用 医 薬 品 のうち 医 療 用 から 転 用 された 医 薬 品 ( 類 似 の 医 療 用 医 薬 品 が 医 療 保 険 給 付 の 対 象 外 のものを 除 く )をいう ( 注 3) 本 特 例 の 適 用 を 受 ける 場 合 には 現 行 の 医 療 費 控 除 の 適 用 を 受 けること ができない 延 長 拡 充 等 (1) 公 益 法 人 等 に 寄 附 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 制 度 について 次 の 措 置 を 講 ずる 1 適 用 対 象 となる 公 益 法 人 等 の 年 平 均 の 判 定 基 準 寄 附 者 数 により 判 定 する 要 件 (いわゆる パブリック サポート テストの 絶 対 値 要 件 )について 公 益 法 人 等 の 各 事 業 年 度 の 公 益 目 的 事 業 費 用 等 の 額 の 合 計 額 が1 億 円 に 満 た ない 場 合 には 年 平 均 の 判 定 基 準 寄 附 者 数 が 100 人 以 上 であることとする 要 件 ( 現 行 要 件 )を その 公 益 目 的 事 業 費 用 等 の 額 の 合 計 額 を1 億 で 除 した 数 に 100 を 乗 じた 数 ( 最 低 10 人 ) 以 上 であることとするとともに その 判 定 基 準 寄 附 者 に 係 る 寄 附 金 の 額 の 年 平 均 の 金 額 が 30 万 円 以 上 であることとす る 要 件 を 加 える ( 注 1) 上 記 の 公 益 法 人 等 とは 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 学 校 法 人 及 び 準 学 校 法 人 社 会 福 祉 法 人 並 びに 更 生 保 護 法 人 をいう ( 注 2) 上 記 の 公 益 目 的 事 業 費 用 等 とは 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 にあっては 公 益 目 的 事 業 費 用 学 校 法 人 及 び 準 学 校 法 人 にあっては 私 立 -14-

15 学 校 等 の 経 営 に 関 する 事 業 の 費 用 社 会 福 祉 法 人 にあっては 社 会 福 祉 事 業 費 用 更 生 保 護 法 人 にあっては 更 生 保 護 事 業 費 用 をいう 2 特 例 の 対 象 となる 寄 附 金 の 範 囲 に 国 立 大 学 法 人 公 立 大 学 法 人 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 又 は 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 のうちいわ ゆる パブリック サポート テスト 要 件 及 び 情 報 公 開 に 関 する 要 件 を 満 たすものに 対 する 寄 附 金 であって その 寄 附 金 が 学 生 等 に 対 する 修 学 の 支 援 のための 事 業 ( 以 下 修 学 支 援 事 業 という )に 充 てられることが 確 実 な ものとして 次 に 掲 げる 要 件 を 満 たすことを 所 管 庁 が 確 認 したものを 加 える イ 各 法 人 が 当 該 寄 附 金 を 修 学 支 援 事 業 のための 独 立 した 基 金 ( 以 下 修 学 支 援 事 業 基 金 という )を 設 けて 管 理 し 他 の 財 源 と 区 分 して 経 理 して いること ロ 修 学 支 援 事 業 基 金 からの 使 途 が 各 法 人 の 行 う 次 に 掲 げる 事 業 ( 経 済 的 理 由 により 修 学 が 困 難 な 学 生 等 を 対 象 とするものに 限 る )に 限 定 されてい ること (イ) 授 業 料 入 学 料 又 は 寄 宿 料 の 全 部 又 は 一 部 の 免 除 その 他 学 生 等 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 事 業 (ロ) 学 資 を 貸 与 又 は 支 給 する 事 業 (ハ) 法 人 が 教 育 研 究 上 の 必 要 があると 認 めた 学 生 等 による 海 外 への 留 学 に 係 る 費 用 を 負 担 する 事 業 (ニ) 各 法 人 の 規 則 で 定 めるところにより 当 該 法 人 が 学 生 の 資 質 を 向 上 さ せることを 主 たる 目 的 として 学 生 を 教 育 研 究 に 係 る 業 務 に 雇 用 するた めの 費 用 を 負 担 する 事 業 ハ 各 法 人 は 事 業 年 度 終 了 後 3 月 以 内 に 修 学 支 援 事 業 基 金 への 受 入 額 修 学 支 援 事 業 基 金 からの 支 出 額 等 の 明 細 書 を 監 査 を 経 た 上 で 所 管 庁 に 提 出 する こと ( 注 ) 上 記 の 改 正 は 平 成 28 年 分 以 後 の 所 得 税 について 適 用 する (2) 国 等 に 対 して 重 要 有 形 民 俗 文 化 財 を 譲 渡 した 場 合 の 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (3) 給 付 金 の 非 課 税 について 次 の 措 置 を 講 ずる 1 簡 素 な 給 付 措 置 ( 臨 時 福 祉 給 付 金 ) として 給 付 される 給 付 金 について -15-

16 引 き 続 き 所 得 税 を 課 さない 2 低 所 得 の 高 齢 者 等 を 対 象 に 給 付 される 年 金 生 活 者 等 支 援 臨 時 福 祉 給 付 金 について 所 得 税 を 課 さない 縮 減 等 (1) 債 務 処 理 計 画 に 基 づき 資 産 を 贈 与 した 場 合 の 課 税 の 特 例 について 適 用 対 象 となる 内 国 法 人 の 範 囲 を その 内 国 法 人 が 金 融 機 関 から 受 けた 事 業 資 金 の 貸 付 けに 係 る 債 務 の 弁 済 につき 中 小 企 業 者 等 に 対 する 金 融 の 円 滑 化 を 図 るための 臨 時 措 置 に 関 する 法 律 の 施 行 の 日 ( 平 成 21 年 12 月 4 日 )から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 間 に 条 件 の 変 更 が 行 われたものとした 上 適 用 期 限 を3 年 延 長 する ( 地 方 税 ) 新 設 (1)セルフメディケーション( 自 主 服 薬 ) 推 進 のためのスイッチOTC 薬 控 除 ( 医 療 費 控 除 の 特 例 )の 創 設 適 切 な 健 康 管 理 の 下 で 医 療 用 医 薬 品 からの 代 替 を 進 める 観 点 から 健 康 の 維 持 増 進 及 び 疾 病 の 予 防 への 取 組 として 一 定 の 取 組 を 行 う 個 人 が 平 成 29 年 1 月 1 日 から 平 成 33 年 12 月 31 日 までの 間 に 自 己 又 は 自 己 と 生 計 を 一 にする 配 偶 者 その 他 の 親 族 に 係 る 一 定 のスイッチOTC 医 薬 品 の 購 入 の 対 価 を 支 払 っ た 場 合 において その 年 中 に 支 払 ったその 対 価 の 額 ( 保 険 金 損 害 賠 償 金 その 他 これらに 類 するものにより 補 塡 される 部 分 の 金 額 を 除 く )の 合 計 額 が1 万 2 千 円 を 超 えるときは その 超 える 部 分 の 金 額 (その 金 額 が8 万 8 千 円 を 超 え る 場 合 には 8 万 8 千 円 )について その 年 分 の 総 所 得 金 額 等 から 控 除 する ( 注 1) 上 記 の 一 定 の 取 組 とは 次 の 検 診 等 又 は 予 防 接 種 ( 医 師 の 関 与 があ るものに 限 る )をいう 1 特 定 健 康 診 査 2 予 防 接 種 3 定 期 健 康 診 断 4 健 康 診 査 5 がん 検 診 ( 注 2) 上 記 の 一 定 のスイッチOTC 医 薬 品 とは 要 指 導 医 薬 品 及 び 一 般 用 医 薬 品 のうち 医 療 用 から 転 用 された 医 薬 品 ( 類 似 の 医 療 用 医 薬 品 が 医 療 -16-

17 保 険 給 付 の 対 象 外 のものを 除 く )をいう ( 注 3) 本 特 例 の 適 用 を 受 ける 場 合 には 現 行 の 医 療 費 控 除 の 適 用 を 受 けること ができない 延 長 拡 充 等 (1) 国 等 に 対 して 重 要 有 形 民 俗 文 化 財 を 譲 渡 した 場 合 の 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (2) 給 付 金 の 非 課 税 について 次 の 措 置 を 講 ずる 1 簡 素 な 給 付 措 置 ( 臨 時 福 祉 給 付 金 ) として 給 付 される 給 付 金 について 引 き 続 き 個 人 住 民 税 を 課 さない 2 低 所 得 の 高 齢 者 等 を 対 象 に 給 付 される 年 金 生 活 者 等 支 援 臨 時 福 祉 給 付 金 について 個 人 住 民 税 を 課 さない (3) 中 小 企 業 者 等 の 少 額 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 を 必 要 経 費 に 算 入 する 特 例 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (4) 探 鉱 準 備 金 制 度 及 び 新 鉱 床 探 鉱 費 の 特 別 控 除 制 度 について 次 の 措 置 を 講 ず る 1 積 立 てをした 年 の 翌 年 1 月 1 日 から5 年 ( 現 行 :3 年 )を 経 過 した 準 備 金 の 金 額 について 取 り 崩 すこととする 見 直 しを 行 う 2 探 鉱 準 備 金 制 度 の 適 用 期 限 を3 年 延 長 する 縮 減 等 (1) 債 務 処 理 計 画 に 基 づき 資 産 を 贈 与 した 場 合 の 課 税 の 特 例 について 適 用 対 象 となる 内 国 法 人 の 範 囲 を その 内 国 法 人 が 金 融 機 関 から 受 けた 事 業 資 金 の 貸 付 けに 係 る 債 務 の 弁 済 につき 中 小 企 業 者 等 に 対 する 金 融 の 円 滑 化 を 図 るための 臨 時 措 置 に 関 する 法 律 の 施 行 の 日 ( 平 成 21 年 12 月 4 日 )から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 間 に 条 件 の 変 更 が 行 われたものとした 上 適 用 期 限 を3 年 延 長 する (2) 金 属 鉱 業 等 鉱 害 防 止 準 備 金 制 度 について 準 備 金 積 立 率 を 80%( 現 行 : 100%)に 引 き 下 げた 上 その 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (3) 特 定 災 害 防 止 準 備 金 制 度 について 先 行 積 立 てに 係 る 積 立 額 が 必 要 経 費 に 算 入 できないことを 明 確 化 した 上 その 適 用 期 限 を2 年 延 長 する 5 その 他 ( 国 税 ) -17-

18 (1) 非 課 税 所 得 について 次 の 措 置 を 講 ずる 1 義 務 教 育 学 校 の 児 童 又 は 生 徒 が その 学 校 の 長 の 指 導 を 受 けて 預 入 等 をし た 預 貯 金 等 の 利 子 等 について 小 学 校 及 び 中 学 校 の 児 童 又 は 生 徒 と 同 様 に 所 得 税 を 課 さない 2 通 勤 手 当 の 非 課 税 限 度 額 を 月 額 15 万 円 ( 現 行 :10 万 円 )に 引 き 上 げる 3 学 資 に 充 てるため 給 付 される 金 品 のうち 非 課 税 所 得 とならない 給 与 その 他 対 価 の 性 質 を 有 するものから 給 与 所 得 を 有 する 者 がその 使 用 者 から 通 常 の 給 与 に 加 算 して 受 けるものであって 次 に 掲 げるもの 以 外 のものを 除 外 する イ 法 人 である 使 用 者 からその 法 人 の 役 員 に 対 して 給 付 されるもの ロ 法 人 である 使 用 者 からその 法 人 の 使 用 人 ( 役 員 を 含 む )の 配 偶 者 その 他 のその 使 用 人 の 特 殊 関 係 者 に 対 して 給 付 されるもの ハ 個 人 事 業 主 からその 個 人 事 業 主 の 営 む 事 業 に 従 事 する 親 族 ( 生 計 を 一 に する 者 を 除 く )に 対 して 給 付 されるもの ニ 個 人 事 業 主 からその 個 人 事 業 主 の 使 用 人 の 配 偶 者 その 他 のその 使 用 人 の 特 殊 関 係 者 に 対 して 給 付 されるもの ( 注 1) 上 記 2の 改 正 は 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 受 けるべき 通 勤 手 当 につい て 適 用 する ( 注 2) 上 記 3の 改 正 は 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 給 付 される 金 品 について 適 用 する (2) 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 又 は 寄 附 金 控 除 の 適 用 を 受 ける 際 に 確 定 申 告 書 等 に 添 付 等 をすることとされている 控 除 証 明 書 又 は 領 収 書 の 範 囲 に 保 険 会 社 等 又 は 寄 附 金 の 受 領 者 から 電 磁 的 方 法 により 交 付 を 受 けた 当 該 控 除 証 明 書 又 は 領 収 書 に 記 載 すべき 事 項 が 記 録 された 電 磁 的 記 録 を 一 定 の 方 法 により 印 刷 した 書 面 で 真 正 性 を 担 保 するための 所 要 の 措 置 が 講 じられているものとして 国 税 庁 長 官 が 定 めるものを 加 える ( 注 ) 上 記 の 改 正 は 平 成 30 年 分 以 後 の 所 得 税 について 適 用 する (3) 農 業 協 同 組 合 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 の 施 行 に 伴 い 次 の 措 置 を 講 ず る 1 農 林 中 央 金 庫 が 主 務 大 臣 の 認 可 を 受 けて 子 会 社 とした 特 定 業 務 を 営 む 特 定 承 継 会 社 について 銀 行 と 同 様 の 取 扱 いとする 所 要 の 措 置 を 講 ずる -18-

19 2 農 業 生 産 法 人 制 度 の 見 直 しに 伴 う 所 要 の 措 置 を 講 ずる 3 その 他 所 要 の 措 置 を 講 ずる (4) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 等 の 改 正 を 前 提 に 企 業 年 金 等 の 掛 金 等 の 必 要 経 費 算 入 の 対 象 に 次 の 掛 金 等 を 加 えるとともに その 掛 金 等 に 係 る 従 業 員 の 給 与 所 得 の 金 額 の 計 算 上 その 掛 金 等 を 収 入 金 額 に 算 入 しないこととするほか 確 定 給 付 企 業 年 金 法 に 基 づく 給 付 等 について 現 行 の 税 制 上 の 措 置 を 適 用 する 1 事 業 主 が 将 来 の 財 政 悪 化 を 想 定 して 計 画 的 に 拠 出 する 掛 金 2 事 業 主 が 拠 出 する 掛 金 で 給 付 増 減 調 整 により 運 用 リスクを 事 業 主 と 加 入 者 とで 分 担 する 企 業 年 金 に 係 るもの 3 複 数 事 業 主 制 度 における 厚 生 労 働 大 臣 の 承 認 等 を 受 けて 実 施 事 業 所 を 減 少 させる 特 例 によりその 減 少 の 対 象 となる 事 業 主 が 一 括 拠 出 する 掛 金 (5) 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 の 対 象 となる 特 定 支 出 の 範 囲 から 雇 用 保 険 法 の 教 育 訓 練 給 付 金 及 び 母 子 及 び 父 子 並 びに 寡 婦 福 祉 法 の 自 立 支 援 教 育 訓 練 給 付 金 が 支 給 される 部 分 の 支 出 を 除 外 する (6) 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ( 以 下 国 外 転 出 時 課 税 制 度 とい う ) 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ( 以 下 贈 与 等 時 課 税 制 度 という )について 次 の 措 置 を 講 ずる 1 相 続 の 開 始 の 日 の 属 する 年 分 の 所 得 税 について 贈 与 等 時 課 税 制 度 の 適 用 を 受 けた 居 住 者 につき 次 に 掲 げる 事 由 が 生 じたことにより 非 居 住 者 に 移 転 し た 有 価 証 券 等 又 は 未 決 済 信 用 取 引 等 若 しくは 未 決 済 デリバティブ 取 引 に 係 る 契 約 ( 以 下 対 象 資 産 という )が 当 初 申 告 と 異 なることとなった 場 合 に は その 居 住 者 の 相 続 人 は その 事 由 が 生 じた 日 から4 月 以 内 に その 相 続 の 開 始 の 日 の 属 する 年 分 の 所 得 税 について 税 額 が 増 加 する 場 合 等 には 修 正 申 告 書 を 提 出 しなければならないこととし 税 額 が 減 少 する 場 合 等 には 更 正 の 請 求 ができることとする イ 未 分 割 財 産 について 民 法 の 規 定 による 相 続 分 の 割 合 に 従 って 対 象 資 産 の 移 転 があったものとして 贈 与 等 時 課 税 制 度 の 適 用 があった 後 に 遺 産 分 割 が 行 われたこと ロ 強 制 認 知 の 判 決 の 確 定 等 により 相 続 人 に 異 動 が 生 じたこと ハ 遺 留 分 による 減 殺 の 請 求 に 基 づき 返 還 すべき 又 は 弁 償 すべき 額 が 確 定 -19-

20 したこと ニ 遺 贈 に 係 る 遺 言 書 が 発 見 され 又 は 遺 贈 の 放 棄 があったこと ホ 相 続 等 により 取 得 した 財 産 についての 権 利 の 帰 属 に 関 する 訴 えについて の 判 決 があったこと ヘ 条 件 付 きの 遺 贈 について 条 件 が 成 就 したこと 2 対 象 となる 有 価 証 券 等 の 範 囲 から 新 株 予 約 権 その 他 これに 類 する 権 利 で 株 式 を 無 償 又 は 有 利 な 価 額 により 取 得 することができるもののうち その 行 使 による 所 得 の 全 部 又 は 一 部 が 国 内 源 泉 所 得 となるものを 除 外 する 3 国 外 転 出 時 課 税 制 度 又 は 贈 与 等 時 課 税 制 度 の 適 用 がある 場 合 の 納 税 猶 予 に 係 る 期 限 の 満 了 に 伴 う 納 期 限 を 国 外 転 出 の 日 又 は 贈 与 の 日 若 しくは 相 続 の 開 始 の 日 ( 以 下 国 外 転 出 等 の 日 という )から5 年 4 月 を 経 過 する 日 ( 現 行 :5 年 を 経 過 する 日 )とする 4 国 外 転 出 等 の 日 の 属 する 年 分 の 所 得 税 につき 国 外 転 出 時 課 税 制 度 又 は 贈 与 等 時 課 税 制 度 の 適 用 を 受 けていない 場 合 には その 国 外 転 出 の 時 に 保 有 等 を している 対 象 資 産 又 は 贈 与 若 しくは 相 続 により 移 転 した 対 象 資 産 について 取 得 価 額 をその 国 外 転 出 の 時 又 は 贈 与 若 しくは 相 続 の 時 における 価 額 をもっ て 取 得 したものとみなす 措 置 等 を 適 用 しない 5 国 外 転 出 時 課 税 制 度 の 適 用 を 受 けた 者 で 納 税 猶 予 の 適 用 を 受 けている 者 が 国 外 転 出 の 後 に 有 価 証 券 等 の 譲 渡 等 をした 場 合 において その 譲 渡 等 をした 有 価 証 券 等 がその 国 外 転 出 の 時 において 有 していたものであるかどうかの 判 定 は 次 に 定 めるところによる イ 納 税 猶 予 の 適 用 を 受 けている 有 価 証 券 等 と 納 税 猶 予 の 適 用 を 受 け ていない 有 価 証 券 等 に 区 分 し 納 税 猶 予 の 適 用 を 受 けていない 有 価 証 券 等 から 先 に 譲 渡 したものとする この 場 合 の 納 税 猶 予 の 適 用 を 受 け ている 有 価 証 券 等 には 贈 与 等 により 取 得 した 有 価 証 券 等 でその 贈 与 者 等 が 納 税 猶 予 の 適 用 を 受 けているものを 含 むものとする ロ 納 税 猶 予 の 適 用 を 受 けている 有 価 証 券 等 を 譲 渡 したものとされる 場 合 には 先 に 取 得 したものから 先 に 譲 渡 したものとする 6 その 他 所 要 の 措 置 を 講 ずる ( 注 1) 上 記 1の 改 正 は 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 上 記 1イからヘまでの 事 由 -20-

21 が 生 じた 場 合 について 適 用 する ( 注 2) 上 記 2の 改 正 は 平 成 28 年 分 以 後 の 所 得 税 について 適 用 する ( 注 3) 上 記 3の 改 正 は 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 納 税 猶 予 に 係 る 期 限 の 満 了 日 が 到 来 する 場 合 について 適 用 する ( 注 4) 上 記 4の 改 正 は 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 帰 国 等 をした 場 合 について 適 用 する ( 注 5) 上 記 5の 改 正 は 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 の 譲 渡 等 について 適 用 する (7) 給 与 等 公 的 年 金 等 又 は 退 職 手 当 等 の 支 払 者 に 対 して 次 に 掲 げる 申 告 書 の 提 出 をする 場 合 において その 支 払 者 が 当 該 提 出 をする 者 の 個 人 番 号 及 び 当 該 申 告 書 に 記 載 すべき 控 除 対 象 配 偶 者 又 は 扶 養 親 族 等 の 個 人 番 号 その 他 の 事 項 を 記 載 した 帳 簿 を 備 えているときは 当 該 提 出 をする 者 は 当 該 申 告 書 に その 帳 簿 に 記 載 された 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しないものとする 1 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 ( 異 動 ) 申 告 書 2 従 たる 給 与 についての 扶 養 控 除 等 ( 異 動 ) 申 告 書 3 退 職 所 得 の 受 給 に 関 する 申 告 書 4 公 的 年 金 等 の 受 給 者 の 扶 養 親 族 等 申 告 書 ( 注 ) 上 記 の 改 正 は 平 成 29 年 分 以 後 の 所 得 税 について 適 用 する (8) 外 国 親 法 人 等 から 付 与 された 株 式 等 を 取 得 する 権 利 の 行 使 等 に 関 する 調 書 の 対 象 となる 経 済 的 利 益 の 供 与 等 を 受 けた 者 の 範 囲 に 次 に 掲 げる 者 を 加 える 1 外 国 法 人 の 子 会 社 である 内 国 法 人 等 の 役 員 又 は 使 用 人 であった 居 住 者 2 外 国 法 人 の 子 会 社 である 内 国 法 人 等 の 役 員 又 は 使 用 人 である 非 居 住 者 ( 当 該 内 国 法 人 等 の 役 員 又 は 使 用 人 であった 者 を 含 む )で 国 内 源 泉 所 得 となる 経 済 的 な 利 益 の 供 与 等 を 受 けた 者 (9) 原 子 力 発 電 における 使 用 済 燃 料 の 再 処 理 等 のための 積 立 金 の 積 立 て 及 び 管 理 に 関 する 法 律 の 改 正 を 前 提 に 使 用 済 燃 料 再 処 理 等 機 構 ( 仮 称 )を 公 共 法 人 等 ( 所 得 税 法 別 表 第 一 )とする (10) 特 定 B 型 肝 炎 ウイルス 感 染 者 給 付 金 等 の 支 給 に 関 する 特 別 措 置 法 の 改 正 を 前 提 に 同 法 の 特 定 B 型 肝 炎 ウイルス 感 染 者 給 付 金 等 について 引 き 続 き 所 得 税 を 課 さないこととする (11) 児 童 扶 養 手 当 法 の 改 正 を 前 提 に 同 法 の 児 童 扶 養 手 当 について 引 き 続 き -21-

22 次 の 措 置 を 講 ずる 1 所 得 税 を 課 さない 2 国 税 の 滞 納 処 分 による 差 押 えを 禁 止 する (12) 母 子 及 び 父 子 並 びに 寡 婦 福 祉 法 の 自 立 支 援 教 育 訓 練 給 付 金 及 び 高 等 職 業 訓 練 促 進 給 付 金 について 所 要 の 法 令 改 正 を 前 提 に 引 き 続 き 次 の 措 置 を 講 ずる 1 所 得 税 を 課 さない 2 国 税 の 滞 納 処 分 による 差 押 えを 禁 止 する (13) 戦 傷 病 者 等 の 妻 に 対 する 特 別 給 付 金 支 給 法 の 一 部 改 正 により 新 たに 支 給 さ れることとなる 特 別 給 付 金 について 次 の 措 置 を 講 ずる 1 所 得 税 を 課 さない 2 国 税 の 滞 納 処 分 による 差 押 えを 禁 止 する (14) 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 の 改 正 を 前 提 に 同 法 の 自 立 支 援 給 付 について 引 き 続 き 次 の 措 置 を 講 ずる 1 所 得 税 を 課 さない 2 国 税 の 滞 納 処 分 による 差 押 えを 禁 止 する (15) 児 童 福 祉 法 の 改 正 を 前 提 に 同 法 の 障 害 児 通 所 給 付 費 等 として 支 給 される 金 品 について 引 き 続 き 次 の 措 置 を 講 ずる 1 所 得 税 を 課 さない 2 国 税 の 滞 納 処 分 による 差 押 えを 禁 止 する (16) 雇 用 保 険 法 の 失 業 等 給 付 等 について 雇 用 保 険 法 等 の 改 正 を 前 提 に 引 き 続 き 次 の 措 置 を 講 ずる 1 所 得 税 を 課 さない 2 国 税 の 滞 納 処 分 による 差 押 えを 禁 止 する ( 地 方 税 ) 個 人 住 民 税 (1) 非 課 税 所 得 について 次 の 措 置 を 講 ずる 1 義 務 教 育 学 校 の 児 童 又 は 生 徒 が その 学 校 の 長 の 指 導 を 受 けて 預 入 等 をし た 預 貯 金 等 の 利 子 等 について 小 学 校 及 び 中 学 校 の 児 童 又 は 生 徒 と 同 様 に 個 人 住 民 税 を 課 さない 2 通 勤 手 当 の 非 課 税 限 度 額 を 月 額 15 万 円 ( 現 行 :10 万 円 )に 引 き 上 げる -22-

23 3 学 資 に 充 てるため 給 付 される 金 品 のうち 非 課 税 所 得 とならない 給 与 その 他 対 価 の 性 質 を 有 するものから 給 与 所 得 を 有 する 者 がその 使 用 者 から 通 常 の 給 与 に 加 算 して 受 けるものであって 次 に 掲 げるもの 以 外 のものを 除 外 する イ 法 人 である 使 用 者 からその 法 人 の 役 員 に 対 して 給 付 されるもの ロ 法 人 である 使 用 者 からその 法 人 の 使 用 人 ( 役 員 を 含 む )の 配 偶 者 その 他 のその 使 用 人 の 特 殊 関 係 者 に 対 して 給 付 されるもの ハ 個 人 事 業 主 からその 個 人 事 業 主 の 営 む 事 業 に 従 事 する 親 族 ( 生 計 を 一 に する 者 を 除 く )に 対 して 給 付 されるもの ニ 個 人 事 業 主 からその 個 人 事 業 主 の 使 用 人 の 配 偶 者 その 他 のその 使 用 人 の 特 殊 関 係 者 に 対 して 給 付 されるもの ( 注 1) 上 記 2の 改 正 は 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 受 けるべき 通 勤 手 当 につい て 適 用 する ( 注 2) 上 記 3の 改 正 は 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 給 付 される 金 品 について 適 用 する (2) 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 又 は 寄 附 金 控 除 の 適 用 を 受 ける 際 に 個 人 住 民 税 の 申 告 書 等 に 添 付 等 をすることとされている 控 除 証 明 書 又 は 領 収 書 の 範 囲 に 保 険 会 社 等 又 は 寄 附 金 の 受 領 者 から 電 磁 的 方 法 により 交 付 を 受 けた 当 該 控 除 証 明 書 又 は 領 収 書 に 記 載 すべき 事 項 が 記 録 された 電 磁 的 記 録 を 一 定 の 方 法 に より 印 刷 した 書 面 で 真 正 性 を 担 保 するための 所 要 の 措 置 が 講 じられているも のを 加 える ( 注 ) 上 記 の 改 正 は 平 成 31 年 度 以 後 の 年 度 分 の 個 人 住 民 税 について 適 用 する (3) 農 業 協 同 組 合 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 の 施 行 に 伴 い 農 業 生 産 法 人 制 度 の 見 直 しに 伴 う 所 要 の 措 置 を 講 ずる (4) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 等 の 改 正 を 前 提 に 企 業 年 金 等 の 掛 金 等 の 必 要 経 費 算 入 の 対 象 に 次 の 掛 金 等 を 加 えるとともに その 掛 金 等 に 係 る 従 業 員 の 給 与 所 得 の 金 額 の 計 算 上 その 掛 金 等 を 収 入 金 額 に 算 入 しないこととするほか 確 定 給 付 企 業 年 金 法 に 基 づく 給 付 等 について 現 行 の 税 制 上 の 措 置 を 適 用 する 1 事 業 主 が 将 来 の 財 政 悪 化 を 想 定 して 計 画 的 に 拠 出 する 掛 金 2 事 業 主 が 拠 出 する 掛 金 で 給 付 増 減 調 整 により 運 用 リスクを 事 業 主 と 加 入 者 とで 分 担 する 企 業 年 金 に 係 るもの -23-

24 3 複 数 事 業 主 制 度 における 厚 生 労 働 大 臣 の 承 認 等 を 受 けて 実 施 事 業 所 を 減 少 させる 特 例 によりその 減 少 の 対 象 となる 事 業 主 が 一 括 拠 出 する 掛 金 (5) 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 の 対 象 となる 特 定 支 出 の 範 囲 から 雇 用 保 険 法 の 教 育 訓 練 給 付 金 及 び 母 子 及 び 父 子 並 びに 寡 婦 福 祉 法 の 自 立 支 援 教 育 訓 練 給 付 金 が 支 給 される 部 分 の 支 出 を 除 外 する (6) 所 得 税 における 国 立 大 学 法 人 等 への 個 人 寄 附 に 係 る 税 額 控 除 の 導 入 等 に 伴 い 所 要 の 措 置 を 講 ずる (7) 特 定 B 型 肝 炎 ウイルス 感 染 者 給 付 金 等 の 支 給 に 関 する 特 別 措 置 法 の 改 正 を 前 提 に 同 法 の 特 定 B 型 肝 炎 ウイルス 感 染 者 給 付 金 等 について 引 き 続 き 個 人 住 民 税 を 課 さないこととする (8) 児 童 扶 養 手 当 法 の 改 正 を 前 提 に 同 法 の 児 童 扶 養 手 当 について 引 き 続 き 次 の 措 置 を 講 ずる 1 個 人 住 民 税 を 課 さない 2 地 方 税 の 滞 納 処 分 による 差 押 えを 禁 止 する (9) 母 子 及 び 父 子 並 びに 寡 婦 福 祉 法 の 自 立 支 援 教 育 訓 練 給 付 金 及 び 高 等 職 業 訓 練 促 進 給 付 金 について 所 要 の 法 令 改 正 を 前 提 に 引 き 続 き 次 の 措 置 を 講 ずる 1 個 人 住 民 税 を 課 さない 2 地 方 税 の 滞 納 処 分 による 差 押 えを 禁 止 する (10) 戦 傷 病 者 等 の 妻 に 対 する 特 別 給 付 金 支 給 法 の 一 部 改 正 により 新 たに 支 給 され ることとなる 特 別 給 付 金 について 次 の 措 置 を 講 ずる 1 個 人 住 民 税 を 課 さない 2 地 方 税 の 滞 納 処 分 による 差 押 えを 禁 止 する (11) 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 の 改 正 を 前 提 に 同 法 の 自 立 支 援 給 付 について 引 き 続 き 次 の 措 置 を 講 ずる 1 個 人 住 民 税 を 課 さない 2 地 方 税 の 滞 納 処 分 による 差 押 えを 禁 止 する (12) 児 童 福 祉 法 の 改 正 を 前 提 に 同 法 の 障 害 児 通 所 給 付 費 等 として 支 給 される 金 品 について 引 き 続 き 次 の 措 置 を 講 ずる 1 個 人 住 民 税 を 課 さない 2 地 方 税 の 滞 納 処 分 による 差 押 えを 禁 止 する -24-

25 (13) 雇 用 保 険 法 の 失 業 等 給 付 等 について 雇 用 保 険 法 等 の 改 正 を 前 提 に 引 き 続 き 次 の 措 置 を 講 ずる 1 個 人 住 民 税 を 課 さない 2 地 方 税 の 滞 納 処 分 による 差 押 えを 禁 止 する (14) 寄 附 金 税 額 控 除 制 度 について 特 定 公 益 増 進 法 人 である 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 が 国 際 会 議 等 の 主 催 者 に 代 わって 寄 附 金 を 募 集 し その 国 際 会 議 等 の 主 催 者 に 交 付 する 制 度 の 対 象 となる 国 際 会 議 等 の 要 件 を 緩 和 する (15) 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 制 度 について 対 象 となる 国 庫 補 助 金 等 の 範 囲 に 国 立 研 究 開 発 法 人 新 エネルギー 産 業 技 術 総 合 開 発 機 構 法 に 基 づく 助 成 金 で 次 世 代 火 力 発 電 等 技 術 開 発 ( 仮 称 ) 等 に 係 るものを 加 える (16) 国 税 における 諸 制 度 の 取 扱 い 等 を 踏 まえ その 他 所 要 の 措 置 を 講 ずる (17) 農 林 中 央 金 庫 及 び 特 定 農 水 産 業 協 同 組 合 等 による 信 用 事 業 の 再 編 及 び 強 化 に 関 する 法 律 の 改 正 により 農 業 協 同 組 合 等 の 信 用 事 業 の 譲 渡 先 として 特 定 承 継 会 社 が 暫 定 的 に 設 けられることに 伴 い 所 要 の 措 置 を 講 ずる 国 民 健 康 保 険 税 (18) 国 民 健 康 保 険 税 の 基 礎 課 税 額 等 に 係 る 課 税 限 度 額 について 次 のとおりと する 1 基 礎 課 税 額 に 係 る 課 税 限 度 額 を 54 万 円 ( 現 行 :52 万 円 )に 引 き 上 げる 2 後 期 高 齢 者 支 援 金 等 課 税 額 に 係 る 課 税 限 度 額 を 19 万 円 ( 現 行 :17 万 円 ) に 引 き 上 げる (19) 国 民 健 康 保 険 税 の 減 額 の 対 象 となる 所 得 の 基 準 について 次 のとおりとす る 1 5 割 軽 減 の 対 象 となる 世 帯 の 軽 減 判 定 所 得 の 算 定 において 被 保 険 者 の 数 に 乗 ずべき 金 額 を 26.5 万 円 ( 現 行 :26 万 円 )に 引 き 上 げる 2 2 割 軽 減 の 対 象 となる 世 帯 の 軽 減 判 定 所 得 の 算 定 において 被 保 険 者 の 数 に 乗 ずべき 金 額 を 48 万 円 ( 現 行 :47 万 円 )に 引 き 上 げる 二 資 産 課 税 1 復 興 支 援 のための 税 制 上 の 措 置 ( 国 税 ) -25-

26 新 設 登 録 免 許 税 (1) 復 興 整 備 事 業 ( 被 災 市 町 村 が 集 団 移 転 促 進 事 業 により 取 得 した 土 地 を 利 用 す る 事 業 に 限 る )が 実 施 される 一 定 の 区 域 内 の 土 地 に 関 する 権 利 を 有 する 者 が 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 までの 間 に 当 該 復 興 整 備 事 業 の 用 に 供 するため 当 該 土 地 に 関 する 権 利 を 当 該 被 災 市 町 村 に 対 し 交 換 により 譲 渡 し 当 該 交 換 により 当 該 区 域 外 の 土 地 の 所 有 権 を 取 得 した 場 合 における 当 該 土 地 の 所 有 権 の 移 転 登 記 に 対 する 登 録 免 許 税 を 免 税 とする 措 置 を 講 ずる 延 長 登 録 免 許 税 等 (1) 株 式 会 社 商 工 組 合 中 央 金 庫 が 受 ける 抵 当 権 の 設 定 登 記 等 に 対 する 登 録 免 許 税 の 税 率 の 特 例 に 係 る 適 用 期 間 の 延 長 の 特 例 について 次 のとおり その 適 用 期 限 を 平 成 33 年 3 月 31 日 まで 延 長 する 1 不 動 産 等 の 抵 当 権 の 設 定 の 登 記 又 は 登 録 ( 本 則 :1,000 分 の4) イ 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 1,000 分 の2 ロ 平 成 31 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 まで 1,000 分 の3 2 航 空 機 等 の 抵 当 権 の 設 定 の 登 記 又 は 登 録 ( 本 則 :1,000 分 の3) イ 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 1,000 分 の 1.5 ロ 平 成 31 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 まで 1,000 分 の 工 場 財 団 等 の 抵 当 権 等 の 設 定 の 登 記 又 は 登 録 ( 本 則 :1,000 分 の 2.5) イ 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 1,000 分 の 1.5 ロ 平 成 31 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 まで 1,000 分 の2 (2) 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 鉄 道 事 業 者 が 取 得 した 鉄 道 施 設 に 係 る 土 地 の 所 有 権 の 保 存 登 記 等 に 対 する 登 録 免 許 税 の 免 税 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (3) 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 が 建 築 した 仮 設 建 築 物 に 係 る 所 有 権 の 保 存 登 記 に 対 する 登 録 免 許 税 の 免 税 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (4) 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 が 作 成 する 不 動 産 の 譲 渡 に 関 する 契 約 書 等 の 印 紙 税 の 非 課 税 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する ( 地 方 税 ) 延 長 -26-

27 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 (1) 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 が 行 う 仮 設 施 設 整 備 事 業 により 整 備 した 施 設 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 非 課 税 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (2) 東 日 本 大 震 災 により 滅 失 損 壊 した 償 却 資 産 に 代 わるものとして 一 定 の 被 災 地 域 内 で 取 得 等 をした 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を3 年 延 長 する 不 動 産 取 得 税 (3) 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 が 行 う 仮 設 施 設 整 備 事 業 により 取 得 する 施 設 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 非 課 税 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する 2 農 地 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 ( 地 方 税 ) 新 設 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 について 次 のとおりとする 1 農 地 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構 の 農 地 中 間 管 理 権 の 取 得 に 関 する 協 議 の 勧 告 を 受 けた 遊 休 農 地 について 固 定 資 産 税 における 農 地 の 評 価 において 農 地 売 買 の 特 殊 性 を 考 慮 し 正 常 売 買 価 格 に 乗 じられている 割 合 ( 平 成 27 年 度 の 評 価 替 えにおいて 0.55)を 乗 じないこととする 等 の 評 価 方 法 の 変 更 を 平 成 29 年 度 から 実 施 するため 所 要 の 措 置 を 講 ずる 2 農 地 保 有 に 係 る 課 税 の 軽 減 所 有 する 全 ての 農 地 (10a 未 満 の 自 作 地 を 除 く )に 農 地 中 間 管 理 事 業 の ための 賃 借 権 等 を 新 たに 設 定 し かつ 当 該 賃 借 権 等 の 設 定 期 間 が 10 年 以 上 である 農 地 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 について 課 税 標 準 を 最 初 の 3 年 間 価 格 の2 分 の1( 賃 借 権 等 の 設 定 期 間 が 15 年 以 上 である 農 地 につい ては 最 初 の5 年 間 価 格 の2 分 の1)とする 措 置 を2 年 間 に 限 り 講 ずる 3 租 税 特 別 措 置 等 ( 国 税 ) 新 設 印 紙 税 -27-

28 (1) 高 等 学 校 大 学 等 の 生 徒 又 は 学 生 で 経 済 的 理 由 により 修 学 に 困 難 がある 者 に 対 して 無 利 息 その 他 一 定 の 条 件 で 行 われる 学 資 としての 資 金 の 貸 付 け( 文 部 科 学 大 臣 の 確 認 を 受 けたものに 限 る )に 係 る 消 費 貸 借 契 約 書 のうち 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 までの 間 に 作 成 されるものには 印 紙 税 を 課 さないこととする 延 長 拡 充 等 相 続 税 贈 与 税 (1) 農 地 等 に 係 る 相 続 税 贈 与 税 の 納 税 猶 予 制 度 について 次 の 見 直 しを 行 う 1 贈 与 税 の 納 税 猶 予 を 適 用 している 場 合 の 特 定 貸 付 けの 特 例 について 農 地 中 間 管 理 事 業 のために 貸 し 付 ける 場 合 にあっては 受 贈 者 の 納 税 猶 予 の 適 用 期 間 要 件 ( 現 行 :10 年 以 上 ( 貸 付 け 時 において65 歳 未 満 の 場 合 には 20 年 以 上 ))は 適 用 しない 2 贈 与 税 の 納 税 猶 予 の 適 用 を 受 けることができる 者 を 認 定 農 業 者 等 に 限 るこ ととする 3 特 例 適 用 農 地 等 に 区 分 地 上 権 が 設 定 された 場 合 においても 農 業 相 続 人 等 がその 特 例 適 用 農 地 等 の 耕 作 を 継 続 しているときは 納 税 猶 予 の 期 限 は 確 定 しないこととする 4 農 地 法 の 改 正 に 伴 い 農 業 生 産 法 人 制 度 の 見 直 しに 伴 う 所 要 の 措 置 を 講 ず る ( 注 ) 上 記 1の 改 正 は 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 の 貸 付 けについて 上 記 2の 改 正 は 同 日 以 後 の 贈 与 について 上 記 3の 改 正 は 同 日 以 後 の 区 分 地 上 権 の 設 定 に ついて それぞれ 適 用 する (2) 直 系 尊 属 から 結 婚 子 育 て 資 金 の 一 括 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 の 非 課 税 措 置 について その 対 象 となる 不 妊 治 療 に 要 する 費 用 には 薬 局 に 支 払 われるもの が 含 まれること 等 を 明 確 化 する 登 録 免 許 税 (3) 特 定 創 業 支 援 事 業 による 支 援 を 受 けて 行 う 株 式 会 社 の 設 立 の 登 記 に 対 する 登 録 免 許 税 の 税 率 の 軽 減 措 置 について 次 の 措 置 を 講 じた 上 その 適 用 期 限 を2 年 延 長 する 1 適 用 対 象 に 次 に 掲 げる 会 社 の 設 立 の 登 記 を 加 え 当 該 登 記 に 対 する 登 録 免 -28-

29 許 税 の 税 率 をそれぞれ 次 のとおり 軽 減 する イ 合 同 会 社 1,000 分 の 3.5( 最 低 税 額 3 万 円 )( 本 則 :1,000 分 の7( 最 低 税 額 6 万 円 )) ロ 合 名 会 社 又 は 合 資 会 社 1 件 につき3 万 円 ( 本 則 :1 件 につき6 万 円 ) 2 事 業 を 開 始 した 日 以 後 5 年 を 経 過 していない 個 人 が 特 定 創 業 支 援 事 業 によ る 支 援 を 受 けた 場 合 における 会 社 の 設 立 の 登 記 を 適 用 対 象 に 加 える (4) 国 際 船 舶 の 所 有 権 の 保 存 登 記 等 に 対 する 登 録 免 許 税 の 税 率 の 軽 減 措 置 につい て 次 の 適 用 要 件 の 見 直 しを 行 った 上 その 適 用 期 限 を2 年 延 長 する 1 総 トン 数 1 万 トン 以 上 の 国 際 船 舶 に 限 定 する 2 建 造 された 日 から5 年 を 経 過 していないことに 代 えて 寄 港 国 検 査 (いわ ゆる ポートステートコントロール )による 拘 留 実 績 がないこととする (5) 鉄 道 事 業 者 が 取 得 した 特 定 の 鉄 道 施 設 に 係 る 土 地 等 の 所 有 権 の 移 転 登 記 等 に 対 する 登 録 免 許 税 の 免 税 措 置 について 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 及 び 日 本 貨 物 鉄 道 株 式 会 社 に 関 する 法 律 の 改 正 に 伴 う 所 要 の 規 定 の 整 備 を 行 った 上 その 適 用 期 限 を7 年 延 長 する (6) 特 定 の 社 債 的 受 益 権 に 係 る 特 定 目 的 信 託 の 終 了 に 伴 い 信 託 財 産 を 買 い 戻 した 場 合 の 所 有 権 の 移 転 登 記 等 に 対 する 登 録 免 許 税 の 免 税 措 置 の 適 用 期 限 を3 年 延 長 する (7) 特 定 認 定 長 期 優 良 住 宅 の 所 有 権 の 保 存 登 記 等 に 対 する 登 録 免 許 税 の 税 率 の 軽 減 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (8) 認 定 低 炭 素 住 宅 の 所 有 権 の 保 存 登 記 等 に 対 する 登 録 免 許 税 の 税 率 の 軽 減 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (9) 特 定 の 増 改 築 等 がされた 住 宅 用 家 屋 の 所 有 権 の 移 転 登 記 に 対 する 登 録 免 許 税 の 税 率 の 軽 減 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (10)マンション 建 替 事 業 の 施 行 者 等 が 受 ける 権 利 変 換 手 続 開 始 の 登 記 等 に 対 す る 登 録 免 許 税 の 免 税 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (11) 農 地 中 間 管 理 機 構 が 農 用 地 等 を 取 得 した 場 合 の 所 有 権 の 移 転 登 記 に 対 する 登 録 免 許 税 の 税 率 の 軽 減 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (12) 産 業 競 争 力 強 化 法 に 規 定 する 認 定 事 業 再 編 計 画 等 又 は 認 定 中 小 企 業 承 継 事 業 再 生 計 画 に 基 づき 行 う 登 記 に 対 する 登 録 免 許 税 の 税 率 の 軽 減 措 置 について -29-

30 その 適 用 対 象 から 認 定 中 小 企 業 承 継 事 業 再 生 計 画 に 係 る 登 記 を 除 外 した 上 そ の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (13) 預 金 保 険 法 に 規 定 する 第 一 号 措 置 を 行 うべき 旨 の 内 閣 総 理 大 臣 の 決 定 等 に 基 づく 預 金 保 険 機 構 による 金 融 機 関 等 の 株 式 の 引 受 け 等 に 伴 い 当 該 金 融 機 関 等 が 受 ける 資 本 金 の 額 の 増 加 の 登 記 等 に 対 する 登 録 免 許 税 の 税 率 の 軽 減 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (14) 認 定 特 定 民 間 中 心 市 街 地 経 済 活 力 向 上 事 業 計 画 に 基 づき 不 動 産 を 取 得 した 場 合 の 所 有 権 の 移 転 登 記 等 に 対 する 登 録 免 許 税 の 税 率 の 軽 減 措 置 の 適 用 期 限 を 2 年 延 長 する (15) 金 融 機 能 の 強 化 のための 特 別 措 置 に 関 する 法 律 に 規 定 する 経 営 強 化 計 画 に 基 づき 行 う 登 記 に 対 する 登 録 免 許 税 の 税 率 の 軽 減 措 置 の 適 用 期 限 を1 年 延 長 す る 廃 止 登 録 免 許 税 (1) 特 定 空 港 運 営 事 業 に 係 る 公 共 施 設 等 運 営 権 の 設 定 登 録 に 対 する 登 録 免 許 税 の 税 率 の 軽 減 措 置 は 適 用 期 限 の 到 来 をもって 廃 止 する (2) 信 託 会 社 等 が 地 方 公 共 団 体 との 信 託 契 約 に 基 づき 建 築 する 特 定 施 設 に 係 る 土 地 等 の 所 有 権 の 信 託 登 記 に 対 する 登 録 免 許 税 の 免 税 措 置 は 適 用 期 限 の 到 来 を もって 廃 止 する ( 地 方 税 ) 新 設 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 (1) 景 観 法 の 規 定 により 指 定 を 受 けた 景 観 重 要 建 造 物 のうち 世 界 遺 産 に 登 録 され た 一 定 の 固 定 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 について 課 税 標 準 を 価 格 の3 分 の1とする 措 置 を 講 ずる (2) 中 小 企 業 の 生 産 性 向 上 に 関 する 法 律 ( 仮 称 )の 制 定 を 前 提 に 中 小 企 業 者 等 が 同 法 の 施 行 の 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 までの 間 において 同 法 に 規 定 す る 認 定 生 産 性 向 上 計 画 ( 仮 称 )に 記 載 された 生 産 性 向 上 設 備 ( 仮 称 )のうち 一 定 の 機 械 及 び 装 置 の 取 得 をした 場 合 には 当 該 機 械 及 び 装 置 に 係 る 固 定 資 産 税 について 課 税 標 準 を 最 初 の3 年 間 価 格 の2 分 の1とする 措 置 を 講 ずる -30-

31 ( 注 1) 上 記 の 中 小 企 業 者 等 とは 次 の 法 人 又 は 個 人 をいう 1 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 が1 億 円 以 下 の 法 人 2 資 本 若 しくは 出 資 を 有 しない 法 人 の 場 合 常 時 使 用 する 従 業 員 の 数 が 1,000 人 以 下 の 法 人 3 常 時 使 用 する 従 業 員 の 数 が 1,000 人 以 下 の 個 人 ( 注 2) 上 記 の 一 定 の 機 械 及 び 装 置 とは 次 の1から3までのいずれにも 該 当 するものとする 1 販 売 開 始 から 10 年 以 内 のもの 2 旧 モデル 比 で 生 産 性 ( 単 位 時 間 当 たりの 生 産 量 精 度 エネルギー 効 率 等 )が 年 平 均 1% 以 上 向 上 するもの 3 1 台 又 は1 基 の 取 得 価 額 が 160 万 円 以 上 のもの (3) 防 災 上 重 要 な 道 路 における 無 電 柱 化 のため 道 路 の 地 下 に 埋 設 するために 新 設 した 電 線 等 に 係 る 固 定 資 産 税 について 課 税 標 準 を 最 初 の4 年 間 価 格 の3 分 の2( 道 路 法 に 基 づき 道 路 上 における 電 柱 の 占 用 を 禁 止 する 区 域 として 指 定 さ れた 区 域 の 道 路 の 地 下 に 埋 設 するために 新 設 した 電 線 等 については 最 初 の4 年 間 価 格 の2 分 の1)とする 措 置 を3 年 間 に 限 り 講 ずる 不 動 産 取 得 税 (4) 中 小 企 業 者 が 取 得 する 健 康 サポート 薬 局 の 用 に 供 する 不 動 産 に 係 る 不 動 産 取 得 税 について 当 該 不 動 産 の 価 格 の6 分 の1に 相 当 する 額 を 価 格 から 控 除 する 課 税 標 準 の 特 例 措 置 を2 年 間 に 限 り 講 ずる 事 業 所 税 (5) 原 子 力 発 電 における 使 用 済 燃 料 の 再 処 理 等 のための 積 立 金 の 積 立 て 及 び 管 理 に 関 する 法 律 の 改 正 に 伴 い 使 用 済 燃 料 再 処 理 等 機 構 ( 仮 称 )の 行 う 収 益 事 業 以 外 の 事 業 に 係 る 事 業 所 税 について 非 課 税 とする 措 置 を 講 ずる 延 長 拡 充 等 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 (1) 電 気 事 業 者 による 再 生 可 能 エネルギー 電 気 の 調 達 に 関 する 特 別 措 置 法 に 規 定 する 一 定 の 認 定 発 電 設 備 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 次 のとおり 見 直 しを 行 った 上 その 適 用 期 限 を2 年 延 長 する 1 太 陽 光 発 電 設 備 については 同 法 に 規 定 する 認 定 発 電 設 備 の 対 象 外 であっ -31-

32 て 政 府 の 補 助 を 受 けて 取 得 した 一 定 の 設 備 に 適 用 対 象 を 見 直 した 上 価 格 に 次 の 割 合 を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 とする イ 大 臣 配 分 資 産 又 は 知 事 配 分 資 産 3 分 の2 ロ その 他 の 資 産 3 分 の2を 参 酌 して2 分 の1 以 上 6 分 の5 以 下 の 範 囲 内 において 市 町 村 の 条 例 で 定 める 割 合 2 風 力 発 電 設 備 については 価 格 に 次 の 割 合 を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 とす る イ 大 臣 配 分 資 産 又 は 知 事 配 分 資 産 3 分 の2 ロ その 他 の 資 産 3 分 の2を 参 酌 して2 分 の1 以 上 6 分 の5 以 下 の 範 囲 内 において 市 町 村 の 条 例 で 定 める 割 合 3 水 力 発 電 設 備 及 び 地 熱 発 電 設 備 については 価 格 に 次 の 割 合 を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 とする イ 大 臣 配 分 資 産 又 は 知 事 配 分 資 産 2 分 の1 ロ その 他 の 資 産 2 分 の1を 参 酌 して3 分 の1 以 上 3 分 の2 以 下 の 範 囲 内 において 市 町 村 の 条 例 で 定 める 割 合 4 バイオマス 発 電 設 備 については 適 用 対 象 を 一 定 の 規 模 未 満 の 設 備 に 限 定 した 上 価 格 に 次 の 割 合 を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 とする イ 大 臣 配 分 資 産 又 は 知 事 配 分 資 産 2 分 の1 ロ その 他 の 資 産 2 分 の1を 参 酌 して3 分 の1 以 上 3 分 の2 以 下 の 範 囲 内 において 市 町 村 の 条 例 で 定 める 割 合 (2) 鉄 軌 道 事 業 者 が 政 府 の 補 助 を 受 けて 取 得 した 車 両 の 運 行 の 安 全 性 の 向 上 に 資 する 一 定 の 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 対 象 に 係 る 補 助 金 の 範 囲 を 拡 充 する (3) 鉄 道 事 業 者 等 がその 事 業 の 用 に 供 する 鉄 道 施 設 等 を 高 齢 者 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 に 規 定 する 公 共 交 通 移 動 等 円 滑 化 基 準 に 適 合 さ せるために 実 施 する 一 定 の 鉄 道 駅 等 の 改 良 工 事 により 取 得 した 一 定 の 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について ホ ームドアの 対 象 範 囲 に 高 齢 者 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 移 動 等 円 滑 化 基 本 構 想 に 位 置 付 けられた 鉄 道 駅 等 を 加 えた 上 その 適 用 期 限 を2 年 延 長 する -32-

33 (4) 流 通 業 務 の 総 合 化 及 び 効 率 化 の 促 進 に 関 する 法 律 の 認 定 を 受 けた 事 業 者 が 総 合 効 率 化 計 画 に 基 づき 取 得 した 一 定 の 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 対 して 同 法 の 改 正 を 前 提 に 2 年 間 に 限 り 次 の 措 置 を 講 ずる 1 認 定 を 受 けた 事 業 者 が 総 合 効 率 化 計 画 に 基 づき 取 得 した 特 定 倉 庫 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 について 課 税 標 準 を 最 初 の5 年 間 価 格 の2 分 の1 とし 当 該 特 定 倉 庫 の 附 属 機 械 設 備 に 係 る 固 定 資 産 税 について 課 税 標 準 を 最 初 の5 年 間 価 格 の4 分 の3とする 2 認 定 を 受 けた 日 本 貨 物 鉄 道 株 式 会 社 以 外 の 鉄 道 事 業 者 等 が 総 合 効 率 化 計 画 に 基 づき 取 得 した 貨 物 用 鉄 道 車 両 を 鉄 軌 道 事 業 者 が 取 得 した 新 造 車 両 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 対 象 に 加 える 3 認 定 を 受 けた 日 本 貨 物 鉄 道 株 式 会 社 以 外 の 鉄 道 事 業 者 等 が 総 合 効 率 化 計 画 に 基 づき 取 得 した 貨 物 搬 送 装 置 に 係 る 固 定 資 産 税 について 課 税 標 準 を 最 初 の5 年 間 価 格 の5 分 の3とする (5) 耐 震 改 修 等 を 行 った 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 について 次 のとおり 見 直 しを 行 う 1 耐 震 改 修 を 行 った 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 3 月 延 長 する 2 バリアフリー 改 修 を 行 った 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 について 次 のとおり 見 直 しを 行 った 上 その 適 用 期 限 を2 年 延 長 する イ 対 象 となる 住 宅 について 平 成 19 年 1 月 1 日 に 存 していた 住 宅 から 新 築 された 日 から 10 年 以 上 を 経 過 した 住 宅 とする ロ 床 面 積 要 件 ( 改 修 後 の 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 )を 追 加 する ハ 工 事 費 要 件 について 50 万 円 超 ( 地 方 公 共 団 体 からの 補 助 金 等 をもっ て 充 てる 部 分 を 除 く )から 50 万 円 超 ( 国 又 は 地 方 公 共 団 体 からの 補 助 金 等 をもって 充 てる 部 分 を 除 く )とする 3 省 エネ 改 修 を 行 った 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 について 次 のとお り 見 直 しを 行 った 上 その 適 用 期 限 を2 年 延 長 する イ 床 面 積 要 件 ( 改 修 後 の 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 )を 追 加 する ロ 工 事 費 要 件 について 50 万 円 超 から 50 万 円 超 ( 国 又 は 地 方 公 共 団 体 か らの 補 助 金 等 をもって 充 てる 部 分 を 除 く )とする -33-

34 (6) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 に 基 づく 特 定 中 核 事 業 のうち 医 療 分 野 における 一 定 の 研 究 開 発 に 関 する 事 業 の 実 施 主 体 として 同 法 の 認 定 区 域 計 画 に 定 められた 者 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 内 において 取 得 した 当 該 研 究 開 発 の 用 に 供 する 一 定 の 設 備 等 ( 法 人 税 の 特 別 償 却 の 対 象 となるものに 限 る )に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (7)ラジオ 放 送 を 行 う 基 幹 放 送 事 業 者 又 は 基 幹 放 送 局 提 供 事 業 者 が 取 得 した 災 害 対 策 のための 一 定 の 無 線 設 備 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (8) 農 林 漁 業 有 機 物 資 源 のバイオ 燃 料 の 原 材 料 としての 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 の 認 定 を 受 けた 事 業 者 が 取 得 した 一 定 のバイオ 燃 料 製 造 設 備 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (9) 都 市 再 生 特 別 措 置 法 に 規 定 する 認 定 誘 導 事 業 者 が 誘 導 施 設 の 整 備 に 係 る 事 項 が 記 載 された 立 地 適 正 化 計 画 に 基 づき 整 備 した 公 共 施 設 等 の 用 に 供 する 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 次 のとおり 見 直 しを 行 った 上 その 適 用 期 限 を2 年 延 長 する 1 家 屋 については 価 格 に5 分 の4を 参 酌 して 10 分 の7 以 上 10 分 の9 以 下 の 範 囲 内 において 市 町 村 の 条 例 で 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 とす る 2 償 却 資 産 については 価 格 に 次 の 割 合 を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 とする イ 大 臣 配 分 資 産 又 は 知 事 配 分 資 産 5 分 の4 ロ その 他 の 資 産 5 分 の4を 参 酌 して 10 分 の7 以 上 10 分 の9 以 下 の 範 囲 内 において 市 町 村 の 条 例 で 定 める 割 合 (10) 東 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 西 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 及 び 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 が 一 定 の 事 業 の 用 に 供 する 固 定 資 産 並 びに 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 が 一 定 の 業 務 の 用 に 供 する 固 定 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 非 課 税 措 置 の 適 用 期 限 を 10 年 延 長 する (11) 国 内 路 線 に 就 航 する 航 空 機 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (12) 整 備 新 幹 線 の 開 業 に 伴 い 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 等 より 譲 渡 を 受 けた 並 行 在 来 線 -34-

35 の 鉄 道 施 設 の 用 に 供 する 一 定 の 固 定 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を7 年 延 長 する (13) 新 築 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 税 額 の 減 額 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (14) 新 築 の 認 定 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 税 額 の 減 額 措 置 の 適 用 期 限 を 2 年 延 長 する (15) 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 に 規 定 する 推 進 計 画 区 域 において 同 法 に 規 定 する 推 進 計 画 に 基 づき 新 たに 取 得 等 された 津 波 対 策 の 用 に 供 する 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 次 のとおり 見 直 しを 行 っ た 上 その 適 用 期 限 を4 年 延 長 する 1 大 臣 配 分 資 産 又 は 知 事 配 分 資 産 2 分 の1 2 その 他 の 資 産 2 分 の1を 参 酌 して3 分 の1 以 上 3 分 の2 以 下 の 範 囲 内 に おいて 市 町 村 の 条 例 で 定 める 割 合 不 動 産 取 得 税 (16) 農 地 等 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 徴 収 猶 予 制 度 について 次 の 見 直 しを 行 う 1 不 動 産 取 得 税 の 徴 収 猶 予 を 適 用 している 場 合 の 特 定 貸 付 けの 特 例 について 農 地 中 間 管 理 事 業 のために 貸 し 付 ける 場 合 にあっては 受 贈 者 の 徴 収 猶 予 の 適 用 期 間 要 件 ( 現 行 :10 年 以 上 ( 貸 付 け 時 において65 歳 未 満 の 場 合 には 20 年 以 上 ))は 適 用 しない 2 不 動 産 取 得 税 の 徴 収 猶 予 の 適 用 を 受 けることができる 者 を 認 定 農 業 者 等 に 限 ることとする 3 特 例 適 用 農 地 等 に 区 分 地 上 権 が 設 定 された 場 合 においても 受 贈 者 がその 特 例 適 用 農 地 等 の 耕 作 を 継 続 しているときは 徴 収 猶 予 の 期 限 は 確 定 しない こととする ( 注 ) 上 記 1の 改 正 は 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 の 貸 付 けについて 上 記 2の 改 正 は 同 日 以 後 の 不 動 産 の 取 得 について 上 記 3の 改 正 は 同 日 以 後 の 区 分 地 上 権 の 設 定 について それぞれ 適 用 する (17) 都 市 再 開 発 法 の 改 正 を 前 提 に 第 一 種 市 街 地 再 開 発 事 業 に 新 たに 導 入 され る 個 別 利 用 区 への 権 利 変 換 手 法 により 従 前 の 権 利 者 が 取 得 する 個 別 利 用 区 内 の 土 地 に 係 る 不 動 産 取 得 税 について 現 行 の 市 街 地 再 開 発 事 業 の 施 行 に 伴 い 従 前 の 権 利 者 が 従 前 の 宅 地 等 に 対 応 して 取 得 する 不 動 産 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 課 -35-

36 税 標 準 の 特 例 措 置 と 同 様 の 措 置 を 講 ずる (18) 河 川 法 に 規 定 する 高 規 格 堤 防 の 整 備 に 係 る 事 業 のために 使 用 された 土 地 の 上 に 建 築 されていた 家 屋 について 移 転 補 償 金 を 受 けた 者 が 当 該 土 地 の 上 に 取 得 する 代 替 家 屋 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (19) 東 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 西 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 及 び 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 が 取 得 する 一 定 の 事 業 の 用 に 供 する 不 動 産 並 びに 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 が 取 得 する 一 定 の 業 務 の 用 に 供 する 不 動 産 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 非 課 税 措 置 の 適 用 期 限 を 10 年 延 長 する (20) 不 動 産 取 得 税 について 新 築 住 宅 を 宅 地 建 物 取 引 業 者 等 が 取 得 したものと みなす 日 を 住 宅 新 築 の 日 から1 年 ( 本 則 6 月 )を 経 過 した 日 に 緩 和 する 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (21) 新 築 住 宅 特 例 適 用 住 宅 用 土 地 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 減 額 措 置 ( 床 面 積 の2 倍 (200 m2を 限 度 ) 相 当 額 の 減 額 )について 土 地 取 得 後 の 住 宅 新 築 までの 経 過 年 数 要 件 を 緩 和 する 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (22)マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 に 規 定 する 施 行 者 又 はマンシ ョン 敷 地 売 却 組 合 が 取 得 する 要 除 却 認 定 マンション 及 びその 敷 地 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 非 課 税 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する (23) 整 備 新 幹 線 の 開 業 に 伴 い 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 等 より 譲 渡 を 受 けた 並 行 在 来 線 の 鉄 道 施 設 の 用 に 供 する 一 定 の 不 動 産 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 非 課 税 措 置 につい て 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 及 び 日 本 貨 物 鉄 道 株 式 会 社 に 関 する 法 律 の 改 正 に 伴 う 所 要 の 措 置 を 講 じた 上 その 適 用 期 限 を7 年 延 長 する (24) 新 築 の 認 定 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を2 年 延 長 する 事 業 所 税 (25) 民 間 都 市 開 発 推 進 機 構 が 行 う 共 同 型 都 市 再 構 築 業 務 について 都 市 再 生 特 別 措 置 法 の 改 正 後 も 引 き 続 き 収 益 事 業 以 外 の 事 業 として 事 業 所 税 の 非 課 税 措 置 を 講 ずる (26) 特 定 農 産 加 工 業 経 営 改 善 臨 時 措 置 法 に 規 定 する 承 認 計 画 に 基 づき 特 定 農 産 -36-

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却 Q65 平 成 7 年 月 に 平 成 8 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 発 表 されました 税 制 改 正 の 概 要 を 教 えてください A: 各 税 目 別 のトピックは 以 下 のとおりです 所 得 税 健 康 診 断 等 をきちんと 受 けている 人 専 用 の 医 療 費 控 除 が 創 設 されます 法 人 税 法 人 税 率 が 現 行 の.9%から 段 階 的 に.4%.%へ

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

控 除 を 受 けるための 要 件 と 必 要 な 添 付 書 類 (マイホームの 新 築 や 購 入 増 改 築 等 をして 平 成 28 年 中 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 ) 1 新 築 住 宅 2 中 古 住 宅 増 改 築 等 要 件 イ 住 宅 取 得 後 6か 月 以 内 に 入 居 し 引 き 続 き 居 住 していること ロ 家 屋 の 床 面 積 ( 登 記 面 積

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378>

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378> 別 紙 1_ 確 定 申 告 書 に 関 するファイル 記 録 項 目 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 2 申 告 書 第 一 表 3 申 告 書 見 出 し 部 ( 第 一

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 税 制 ) 平 成 25 年 2 月 中 小 企 業 庁 1. 事 業 承 継 税 制 の 拡 充 1 ( 相 続 税 贈 与 税 ) 拡 充 中 小 企 業 経 営 者 の 平 均 年 齢 が 約 60 歳 となっており 事 業 承 継 の 円 滑 化 は 喫 緊 の 課 題 事 業 承 継 税 制

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

課 税 ベ ー ス の 拡 大 等 : - 租 税 特 別 措 置 の 見 直 し ( 後 掲 ) - 減 価 償 却 の 見 直 し ( 建 物 附 属 設 備 構 築 物 の 償 却 方 法 を 定 額 法 に 一 本 化 ) - 欠 損 金 繰 越 控 除 の 更 な る 見 直 し ( 大

課 税 ベ ー ス の 拡 大 等 : - 租 税 特 別 措 置 の 見 直 し ( 後 掲 ) - 減 価 償 却 の 見 直 し ( 建 物 附 属 設 備 構 築 物 の 償 却 方 法 を 定 額 法 に 一 本 化 ) - 欠 損 金 繰 越 控 除 の 更 な る 見 直 し ( 大 Article 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 要 課 題 を 見 る ( 1 ) 拓 殖 大 学 准 教 授 稲 葉 知 恵 子 平 成 27 年 12 月 24 日 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 が 閣 議 決 定 さ れた 平 成 28 年 度 税 制 改 正 は 経 済 の 好 循 環 を 確 実 な も の とする 観 点 から 成 長 志 向

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

平成10年第4回市議会定例会

平成10年第4回市議会定例会 平 成 27 年 第 2 回 市 議 会 定 例 会 提 出 予 定 議 案 の 概 要 新 座 市 提 出 議 案 ( 合 計 16 件 )の 内 訳 専 決 処 分 の 承 認 を 求 める 案 件 2 件 条 例 2 件 ( 新 座 市 税 条 例 等 の 一 部 を 改 正 する 条 例 ほか1 件 ) 条 例 案 件 4 件 一 部 改 正 4 件 ( 新 座 市 個 人 情 報 保 護

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 14-15 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2014 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 生 保 顧 客 資 産 相 談 業 務 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 1ハ 2ニ 3ト 国 民 年 金 の 毎 月 の 保

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

住民税

住民税 住 民 個 人 住 民 は 平 成 23 年 1 月 1 日 現 在 東 神 楽 町 に 住 がある 方 に 課 されます なお 他 市 町 村 に 住 がある 方 でも 生 活 関 係 の 面 で 東 神 楽 町 に 本 拠 地 をおかれている 場 合 は 課 されます ただし 次 の 方 には 課 されません 割 均 等 割 とも 非 課 生 活 保 護 法 の 規 定 による 生 活 扶 助

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

国税

国税 Guide to Metropolitan Taxes for 2016 (3) 年 金 所 得 者 公 的 年 金 等 の 収 入 金 額 が400 万 円 以 下 であり かつ その 公 的 年 金 等 の 全 部 が 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 場 合 において 公 的 年 金 等 に 係 る 雑 所 得 以 外 の 所 得 金 額 が20 万 円 以 下 である 場 合 には 確 定

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒)

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒) 市 府 民 税 ( 住 民 税 )の 課 税 のしくみ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 度 の 市 府 民 税 の 課 税 は 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 住 所 地 の 市 町 村 で 課 税 されます 平 成 27 年 1 月 2 日 以 降 亀 岡 市 に 在 住 しなくなった 場 合 ( 転 出 した 場 合 または 死 亡 した 場 合 )に ついても 平

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378> 総 税 市 第 5 3 号 平 成 21 年 11 月 6 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 住 宅 借 入 金 等 特 税 額 控 除 に 係 る 取 扱 いについて 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 附 則 第 5 条 の 4 及 び 第 5 の

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5 資 料 3 番 号 制 度 で 何 ができるようになるか 2011 年 1 月 31 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 ( 注 )ここで 示 される 利 用 場 面 については 関 係 者 にシステム 対 応 等 の 負 担 を 求 める 可 能 性 があることや 個 人 情 報 等 の 取 扱 い 等 に 特 に 留 意 が 必 要 な 場 合 もあることから 引 き 続 き

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告 市 役 所 窓 口 等 においてマイナンバーの 記 入 が 必 要 となる 手 続 き 等 手 続 きの 通 知 カード 通 知 カード 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )の 変 更 等 引 越 し 婚 姻 などで 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )に 変 更 が 生 じた 市 民 課 住 民 登 録 係 0533-89-2272 手 続 時 には

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

PR版

PR版 平 成 2 9 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> 1 < 健 康 医 療 > 1 < 医 療 保 険 > 3 < 介 護 社 会 福 祉 > 3 < 年 金 > 4 < 雇 用 > 4 < 生 活 衛 生 > 5 6 * 印 を 付 している 項 目 は 他 省 庁 が 主 管 で 要 望 をしている

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

平成21年分 確定申告書作成シート

平成21年分 確定申告書作成シート 所 得 税 確 定 申 告 チェックシステム 申 告 書 Bタイプ 氏 名 住 所 等 様 フリカ ナ ノエタロウ ( 半 角 で 入 力 してください) 氏 名 野 江 太 郎 生 年 月 日 年 28 月 5 日 1 性 別 1 ( 男 =1, 女 =2) 住 所 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 3-2-1 (または) H22.1.1の 住 所 同 上 郵 便 番 号 540-0008 電

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

Microsoft Word - 19年度3(70-104)修.doc

Microsoft Word - 19年度3(70-104)修.doc 3. 地 方 率 等 推 移 一 覧 表 -1- 区 分 昭 和 25 年 昭 和 26 年 昭 和 27 年 均 等 割 標 準 率 400~ 800 円 制 限 率 500~1,000 円 所 得 割 第 1 課 方 式 ( 所 得 ) 制 限 率 100 分 18 制 限 率 100 分 20 第 2 課 方 式 制 限 率 100 分 20 第 3 課 方 式 制 限 率 100 分 20

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx (1) 被 災 地 の 雇 用 機 会 の 確 保 のための 税 制 上 の 特 例 措 置 (~28 年 3 月 末 ) 復 興 産 業 集 積 区 域 内 において 雇 用 に 大 きな 被 害 が 生 じた 地 域 の 雇 用 機 会 の 確 保 に 寄 与 する 事 業 を 行 う 個 人 事 業 者 又 は 法 人 ( 新 規 立 地 促 進 税 制 は 法 人 のみ)を 対 象 として

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

平 成 24 年 分 年 末 調 整 チェックシート 氏 名 男 女 年 末 調 整 の 時 期 となりました 下 記 項 目 のチェックと 該 当 書 類 の 提 出 をお 願 いします 今 年 入 社 である はい 本 年 中 前 職 がある 方 は 前 職 の 源 泉 徴 収 票 を 提 出 して 下 さい 源 泉 徴 収 票 の 提 出 有 ( 社 ) 無 住 宅 借 入 金 等 特 別 控

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者 財 務 省, 内 定 者 総 務 省 会 計 部 門 定 員 要 求 書 内 示 書 人 事 記 録 ( 甲 ) 記 載 事 項 の 変 更 申 請 退 職 申 請 ( 辞 職 願 ) 定 年 日 通 知 書 人 事 異 動 通 知 書 内 定 通 知 書 採 用 決 定 通 知 書 任 命 結 果 俸 給 関 係 審 議 協 議 採 用 状 況 報 告 提 示 請 求 選 択 結 果 通 知 派

More information

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 の 手 引 き この 手 引 きは 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 書 の 記 載 にあたって 一 般 的 な 事 項 について 説 明 しています 申 告 や 各 種 計 算 方 法 などについてお 分 かりにならない 点 がありましたら 北 広 島

More information

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 貸 借 対 照 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 当 年 度 前 年 度 ( 注 ) 増 減 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 286,929,827 217,799,894 69,129,933 未 収 金 24,691,586 24,68,834 82,752 前 払 金 2,857,973 2,75,243

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E937890C590A789FC90B382CC8EE582C893E09765>

<4D F736F F D2095BD90AC E937890C590A789FC90B382CC8EE582C893E09765> 平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 実 施 年 度 等 にご 注 意 ください 1 軽 自 動 車 税 の 見 直 し 2 住 宅 ローン 減 税 の 期 限 延 長 3 納 税 に 係 る 特 例 額 の 拡 充 及 び 申 告 手 続 きの 簡 素 化 4 固 定 資 産 税 等 の 負 担 調 整 措 置 及 び 特 例 措 置 5 旧 3 級 品 の 製 造 たばこに

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査 別 紙 1 簡 易 水 道 事 業 勘 定 科 目 は 規 則 別 表 第 一 号 に 定 める 水 道 事 業 の 勘 定 科 目 を 考 慮 して 区 分 すること 港 湾 整 備 事 業 ( 埋 立 ) 収 益 埋 立 事 業 収 益 営 業 収 益 土 地 売 却 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 営 業 収 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 及 び 配 当 金 預 金 利 息

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個 所 得 税 ( 国 税 )のあらまし 税 額 の 計 算 方 法 市 県 民 税 所 得 割 の 計 算 方 法 とほぼ 同 じです 総 合 課 税 ( 所 得 金 額 - 所 得 控 除 額 ) 税 率 - 税 額 控 除 額 ( 課 税 される 所 得 金 額 ) 分 離 課 税 退 職 所 得 山 林 所 得 土 地 建 物 株 式 等 の 譲 渡 所 得 などは 他 の 所 得 と 分 離

More information