Made in Japanが日本の情報産業を救う

Size: px
Start display at page:

Download "Made in Japanが日本の情報産業を救う"

Transcription

1 上 野 則 男 のブログ 602 ケネディ 暗 殺 事 件 の 新 事 実 ですって?? ケネディ 暗 殺 事 件 の 新 事 実 ですって?? ケネディ 事 件 の 新 事 実 が 分 かったというので 期 待 して 見 たら 何 と 低 レベルの 今 更 そんなこと 言 っているの? というものでした シャープななぜ 落 ちた? 日 本 の 誇 る 名 門 電 機 企 業 シャープが 身 売 りをす る 羽 目 になったのは 日 本 の 電 器 産 業 共 通 の 欠 点 のせいかと 思 って 分 析 を 始 めたらそうではなか ったらしいという 報 告 です 組 体 操 一 律 規 制 せず となりましたが? 組 体 操 に 対 する 文 科 省 の 方 針 についてコメント しました まずはよかったよかったです ザ ゴール2コミック 版 のご 紹 介 この 前 編 ザ ゴールコミック 版 の 続 編 です どういう 人 がこれを 読 もうとするのかが 興 味 あ りますね デザイン 思 考 って 素 晴 らしいもののようですね だいぶ 前 から 話 題 になってきているデザイン 思 考 についての 雑 誌 の 紹 介 特 集 記 事 のご 紹 介 です ケネディ 暗 殺 の 真 実 はいまだに 明 かされていない ことを 確 認 いただきます こんな 重 大 なことがなぜ 闇 に 葬 られているのか 疑 問 に 思 っていただきます 1 週 間 ほど 前 テレビで( 世 界 のトピックス 紹 介 番 組 で しょうかね 詳 細 不 明 です) アメリカの 誰 かが(マスコ ミ 関 係 者 らしい) ケネディ 暗 殺 の 新 事 実 を 発 見 したと いうテレビ 画 像 が 紹 介 されていました それによると 3 発 発 射 された 弾 丸 の 内 の2 発 はオズワ ルドがいたとされるビルから 撃 たれたが 致 命 傷 になっ たのは 別 だというのです その 根 拠 は 初 めの 弾 はケネディの 胸 を 貫 通 しているが ( 貫 通 されたのは 同 乗 していたコナリーテキサス 州 知 事 ですが)3 発 目 の 致 命 傷 になったケネディの 頭 の 弾 丸 は 当 ると 破 裂 する 性 質 のもので 初 めのとは 違 う というの です (たしか 銃 も 違 うと 言 っていたように 思 います) 撃 たれた 方 角 も 違 うと 言 っていました その3 発 目 は 誰 が 撃 ったのか については ケネディの 後 続 の 車 に 乗 っていたシークレットサービスで 凶 弾 後 に 左 に 乗 っていた 同 乗 者 が 飛 び 降 りたのでその 反 動 で 身 体 が 揺 れ 持 っていた 銃 が 暴 発 したという 推 理 でした 推 理 ですから 勝 手 ですが そんなバカな!ですね 第 一 発 射 された 弾 丸 は 全 部 で5 発 です 6 秒 間 ではい くら 連 射 の 達 人 でも5 発 は 撃 てないでしょうから3 発 と いうことになっていたのです 問 題 解 決 の 極 意 岸 良 裕 司 さんの 哲 学 集 または 禅 問 答 集 です ずい 分 多 くの 考 える 刺 激 が 与 えられます 弾 丸 の 種 類 が 違 うということに 着 目 したのは 新 しい 点 ですが そんなことはきちんと 捜 査 をしていればすぐに 判 明 したことでしょうに いまだに ケネディ 暗 殺 の 真 理 は 周 知 の 事 実 になってい ないのですね このテーマに 関 心 ある 方 は 落 合 信 彦 さんの 命 がけの 報 告 書 ケネディ 暗 殺 の 真 実 20 世 紀 最 大 の 謀 略 を ご 紹 介 した 以 下 のブログをご 覧 ください この 報 告 では 暗 殺 者 は7 人 で 多 額 の 報 酬 を 受 け 取 った が その 後 全 員 消 された そうです このブログは 上 野 則 男 のブログ の 歴 代 2 位 で1 万 回 以 上 のアクセス 数 です 落 合 信 彦 さんの 解 明 によれば 陰 謀 の 全 貌 はこうなります 1 上 野 則 男 のブログ

2 1. 首 謀 者 がそれぞれ 自 分 の 利 益 で 企 画 した (N 次 期 大 統 領 FBI KGB マフィア) 2. オズワルドを 単 独 犯 にする (そのために 後 でさもありなんと 思 わせる 事 前 活 動 (ライフル 練 習 など)をさせた 事 件 後 の 逃 走 ル ートで 犯 人 と 思 わせる 行 動 をとらせた 偽 装 も 多 数 ある) 3. 7 人 のヒットマンを 雇 った(その 後 全 員 消 された) 4. ケネディの 司 法 解 剖 を 地 元 でさせずにFBIの 管 轄 下 で 行 った 5. 口 封 じのためルービーにオズワルドを 殺 させた (2 日 間 の 拘 留 中 にオズワルドは 一 切 調 書 をとられ ていない) 6. その 後 多 くの 証 人 になりそうな 者 真 相 解 明 に 首 を 突 っ 込 んでくる 者 を 葬 った それを 組 み 立 てるという 極 めて 厳 密 でロジカルな 製 造 プ ロセスがビジネスの 骨 格 です 型 にはめる という 発 想 が 主 流 になります 変 なことをすれば 不 良 品 が 発 生 してしまうのです どうしても 発 想 が 守 りになってしまうでしょう きちんとした どちらかと 言 えばがんじがらめの 型 には める 思 考 が 会 社 を 支 配 してしまうのです 主 力 製 品 が 落 ち 目 になっても そのブレークスルーを 起 こす 新 しい 発 想 がでにくいのです その 点 リクルート 社 は 設 備 にも 技 術 にも 依 存 してい ませんので 自 由 な 発 想 でいろいろな 新 規 ビジネスを 展 開 できています 流 通 業 もそうですね たとえばイオンは 小 売 りの 新 業 態 だけでなく 金 融 業 自 転 車 屋,ペットショップ 結 婚 紹 介 のようなサービス 業 にも 何 にでも 進 出 します これだけのことを 仕 組 むニクソンですから 大 統 領 の 時 に 田 中 元 首 相 を 陥 れるなど 赤 子 の 手 をひねるようなもの だったでしょう 上 野 則 男 のブログ 天 才 って 誰 のこと?をご 参 照 く ださい 603 シャープななぜ 落 ちた? シャープがなぜ 落 ち 目 になったのかを 考 えてみま す 日 本 の 組 立 型 製 造 業 の 弱 点 を 確 認 します シャープに 頑 張 っていただきましょう!! 3 月 31 日 シャープが 台 湾 のEMS 企 業 ホンハイ 精 密 工 業 の 傘 下 に 入 ることが 正 式 決 定 したと 報 じられました 最 後 の 交 渉 過 程 が 長 引 き シャープ 側 あるいは 日 本 側 に とってはすっきりしない 決 着 でした 日 本 のお 家 芸 の 電 機 産 業 の 大 手 が 外 資 に 身 売 り するの は 初 めてのケースです 何 でこういうことになったのでしょうか 私 はこう 見 ます 日 本 の 電 機 産 業 は 品 質 の 良 い 製 品 を 安 く 作 る 技 術 で 発 展 しました 日 立 東 芝 パナソニック 三 菱 日 本 電 気 富 士 通 の ような 伝 統 的 な 大 企 業 も 例 外 ではありません 家 電 製 品 で このどこかの 企 業 が 画 期 的 な 発 明 をしてそ れで 伸 びたということは 記 憶 にありません なぜなのでしょうか 電 機 製 品 のような 組 立 型 製 造 業 は 製 品 の 設 計 をして それをコンポーネント 部 品 に 分 解 して 製 造 し 上 野 則 男 のブログ 2 ここで 思 い 出 すことがあります ダイエーは 店 舗 や 倉 庫 設 備 など 自 社 所 有 方 式 でした イトーヨーカドーは 賃 借 方 式 でした しがらみのない 後 者 が 勝 ちました 私 は 多 くの 企 業 に 関 わってきて 上 記 のような 企 業 体 質 の 差 = 社 員 の 思 考 特 性 の 差 をつくづく 感 じます ダイソンのサイクロン 式 ハンディ 掃 除 機 かなりのヒッ ト 商 品 です 我 が 家 も 過 去 何 台 かハンディ 掃 除 機 を 購 入 してどれも 使 い 物 になりませんでした 最 近 購 入 したダイソンのは 目 下 クレームなしです 情 けないですね 日 本 のお 家 芸 の 家 電 製 品 でイギリスの 会 社 にやられるのは!!でも 案 の 定 日 本 の 日 立 東 芝 三 菱 は 類 似 品 を 出 しています ある 部 分 でダイ ソンよりもましな 改 良 を 加 えて 技 術 があっても 発 想 力 がないのです 日 本 の 製 品 企 画 者 や 技 術 者 は そんなもの 使 い 物 ならない と 言 って 開 発 しなかったのでしょう 彼 らは 問 題 指 摘 が 得 意 なのです ソニーはヒット 商 品 を 発 明 してそれで 伸 びたという 戦 後 の 新 興 企 業 です カシオは 計 算 機 で 伸 びました ですが いったんある 製 品 が 売 れてそれが 会 社 を 支 える ようになると それに 対 する 依 存 心 と 守 りに 入 る 保 守 性 が 会 社 を 支 配 してしまうのです ソニーもずい 分 長 い 間 不 振 に 喘 ぎました シャープは シャープペンシル 電 卓 電 子 レンジなど 世 界 初 商 品 を 出 し 続 けて 成 長 するという 電 機 業 界 では 珍 しいビジネスモデルの 企 業 です 現 在 も 太 陽 電 池 は 世 界 2 位 のシェアを 持 っているそうです 組 立 型 製 造 業 の 保 守 体 質 のせいだけで 落 ち 目 になったの ではないようです ここまで 書 いてきて 分 かりました ( 本 稿 を 書 き 出 したときにはシャープは 立 ち 直 れないの ではないか と 思 っていました)

3 太 陽 電 池 事 業 や 液 晶 事 業 は 電 機 関 連 事 業 かもしれません が 組 立 型 製 造 業 ではないのです 装 置 型 製 造 業 です 組 立 型 製 造 業 の 体 質 にはならないのですね ではなぜ 経 営 不 振 になったのか? 液 晶 事 業 を 本 格 的 に 始 めてから20 数 年 たっています アクオスが 世 界 シェアを 取 ってから10 年 です どうしても1 点 集 中 依 存 心 は 強 いのでしょう これが 不 振 原 因 の 一 つではあるでしょう この 点 は 製 造 業 に 限 らない 弱 点 です さらに 得 意 とする 液 晶 事 業 が( 不 幸 なことに) 世 界 で 競 争 する 事 業 になってしまい 投 資 規 模 が 大 きすぎて 手 に 負 えないということになったのです 単 純 にお 金 が 足 りなくなったのです それなら ホンハイのお 金 注 入 によって 立 ち 直 れるので はないでしょうか それはこれからの 経 営 陣 の 投 資 戦 略 次 第 です 頑 張 っていただきましょう!! 604 組 体 操 一 律 規 制 せず となりましたが? 組 体 操 の 実 施 に 対 する 文 部 科 学 省 方 針 を 評 価 する 何 でも 危 ないからやめる に 歯 止 めがかかったこ とを 喜 びましょう 今 後 も 前 向 き 指 針 を 期 待 したいですね 私 は 2 月 29 日 のブログ 組 体 操 は 危 険? で 何 でも 危 険 だからやめろ となったら 日 本 はます ますじり 貧 だ 良 い 点 も 評 価 しよう と 主 張 しました 今 回 文 部 科 学 省 が 出 した 指 針 のポイントは 以 下 のよう なもので 組 体 操 を 否 定 しないスタンスは 評 価 できます ホッとしました 実 施 する 狙 いを 明 確 にし 教 職 員 で 共 通 理 解 を 得 る 練 習 状 況 に 応 じて 演 技 内 容 や 指 導 計 画 を 適 切 に 見 直 す 万 が 一 練 習 中 に 負 傷 者 が 出 た 場 合 速 やかに 原 因 究 明 して 安 全 対 策 を 選 択 する 事 故 が 多 く 体 格 差 の 大 きい 小 学 校 は 特 に 慎 重 に 演 技 内 容 を 選 択 する 具 体 的 な 事 故 事 例 などの 情 報 を 現 場 の 教 員 に 周 知 徹 底 する しかしよく 見 ると 国 としては 責 任 をどこかに 投 げてい ますね 教 育 委 員 会 と 学 校 です 現 に 学 校 の 先 生 方 はテレビの 取 材 で 任 せると 言 われるのは 困 る と 言 っていました 私 としては 今 回 の 結 論 は 早 く 出 したことがお 役 所 仕 事 らしくなくて 良 いのですが 今 一 歩 踏 み 込 み 不 足 だと 思 います たとえば 前 掲 ブログでご 紹 介 した ように 組 体 操 の 学 習 指 導 要 領 を 早 急 に 作 るべきですね それをいつま でに 作 るとい うような コミ ットも 欲 しかったです でもこの 指 針 は60 点 は 取 れてい ます 今 後 に 期 待 します 605 ザ ゴール2コミック 版 のご 紹 介 ザ ゴール2コミック 版 が 出 たことを 知 って いただく どんな 内 容 かのあらすじを 知 っていただく ご 関 心 ある 方 はお 読 みください 2014 年 12 月 に 刊 行 された ザ ゴールコミック 版 がヒットし たのを 受 けて 柳 の 下 のドジョ ウ の 続 編 です ザ ゴール2 日 本 語 版 は 2002 年 に 出 されましたが 細 かい 字 で びっしりの 375 ページです これをコミックにして 238 ペー ジですからストーリ 展 開 特 に 思 考 プロセス と 言 われる 手 法 の 部 分 の 解 説 は 粗 くなってしまいます ですから この 本 をザ ゴール2の 代 りに 読 んで 原 理 を 理 解 しようというのは 若 干 ムリでしょうね と 書 きましたが 訂 正 です ゆっくり 考 えながら 読 めば 手 法 の 理 解 もできるかもしれません 手 法 の 理 解 を 目 的 にするのではなく ダメだと 思 っていることでも 考 えようによってやりよ うがあるものなのだ ということが 分 かれば 読 む 甲 斐 が あると 言 えるでしょう 取 りあげられる 例 題 主 人 公 の 家 族 の 問 題 中 1の 娘 が 夜 のライブショーに 友 達 と 行 っていいか どうか 親 子 とも 幸 せな 家 族 生 活 を 望 んでいる でも 親 は 娘 に 行 って 欲 しくない それをどう 解 決 するか これを Cloud( 雲 )( 対 立 解 消 図 )で 解 決 する 2. 息 子 が 父 親 のバイクを 使 いたがっている 父 親 は 貸 したくない どうして 解 決 するか なぜか 貸 したくないかを 分 析 する 現 状 ツリー( 因 果 関 係 図 )を 使 って その 原 因 を 解 明 し 解 決 策 に 至 っている 3 上 野 則 男 のブログ

4 物 語 上 の 解 決 すべき 課 題 はユニコの 子 会 社 3 社 は 業 績 不 振 なので 売 却 するということになっている これを3か 月 のうちに 利 益 が 上 がる 会 社 にして 食 い 止 めよう ということです 1 社 目 は 印 刷 会 社 ここは 大 型 最 新 鋭 の 印 刷 機 械 を 持 っていない そこで 現 状 の 印 刷 機 でお 客 様 から 菓 子 袋 の 印 刷 を 小 ロッ トでその 代 り 安 く(しかし 利 益 は 出 る) 受 注 するようにす る するとお 客 様 も 安 くなるので 大 ロットで 発 注 していたが 廃 却 ロスが 出 ていた 小 ロットはウェルカムだった 2 社 めは 化 粧 品 会 社 ここに 委 託 販 売 方 式 を 取 り 入 れて 売 れた 分 だけを 請 求 す る 在 庫 補 充 出 荷 は 毎 日 するという 方 法 で 売 上 を 伸 ばし た 3 社 目 は 高 圧 蒸 気 発 生 設 備 の 販 売 メンテナンスをする 会 社 設 備 を 売 らずに 自 社 が 高 圧 蒸 気 の 提 供 を 行 うサービス 会 社 になる 解 決 策 を 出 した これらの 事 業 の 解 決 策 を 各 種 ツールを 使 用 して 従 業 員 た ちと 検 討 して 見 つけ 出 しています 今 更 ながらこのような 事 例 を 考 えた 原 作 のゴールドラッ ト 博 士 は 偉 い 方 ですね 606 デザイン 思 考 って 素 晴 らしいもののようですね デザイン 思 考 とは 何 かを 知 っていただく 名 案 を 考 えだす 方 法 を 研 究 いただく あらためて デザイン 思 考 を 研 究 なさってくださ い 2016 年 3 月 31 日 号 の 日 経 コンピュータ は デザイン 思 考 革 新 を 量 産 するシリコンバレー とい う 特 集 でした 以 下 の 冒 頭 のメッセージから 始 まっています シリコンバレーにはイノベーションを 生 み 出 す 秘 伝 のマ ニュアルがある シリコンバレーの 有 力 大 学 が 生 み 出 し コンサルティン グ 会 社 などが 定 式 化 した 手 法 を ベンチャーキャピタル がスタートアップ( 新 興 企 業 )に 手 とり 足 とり 教 え 広 めている そのマニュアルこそが デザイン 思 考 である デザイン 思 考 のプロセスは 1) 共 感 :ユーザーに 共 感 することで 本 当 の 問 題 をあぶ り 出 す(そのために 現 場 に 張 り 付 いたりする) 2) 問 題 定 義 : 実 は 何 がユーザーが 解 決 したい 本 当 の 問 題 なのかを 突 き 止 める この 特 集 でも 問 題 の 発 見 が 本 質 という 大 見 出 しが 付 いています 3) 創 造 :その 問 題 を 解 決 する 方 法 を 考 える いくつかのツールが 用 意 されている 4) 試 作 :すぐにプロトタイプを 作 って 試 す 3Dプリンターなども 使 う 5) 評 価 :すぐに 解 決 策 に 反 映 させる この 手 法 を 忠 実 に 実 行 することで 成 功 したいくつかの 事 例 が 紹 介 されています アメリカらしいですね 日 本 だ と 四 の 五 の 言 ってなかなか 本 気 でやらないでしょう 例 : 従 業 員 がスマホなどのアプリケーションからオフ ィスの 空 調 を 制 御 できるようにする 従 業 員 による 空 調 制 御 を 機 械 学 習 し 人 工 知 能 が 従 業 員 一 人 ひとりにとって 最 適 な 温 度 を 割 り 出 す と 共 に 最 小 のエネルギーでこの 温 度 を 実 現 する 空 調 設 定 を 割 り 出 す 一 つ 一 つの 手 法 は それほど 画 期 的 なものはありません が(KJ 法 なども 使 われているよう) それを 会 社 の 社 長 以 下 キーマンが 缶 詰 状 態 で 検 討 する というところがすばらしいと 思 います 必 死 で 知 恵 を 出 すというところがミソです どんな 手 法 であっても 関 係 者 が 必 死 で 知 恵 を 出 せばよい 答 えは 得 られます 当 社 の 過 去 のヒット 商 品 であるMIND-VIPという 業 務 改 革 プログラムは 優 れた 手 法 も 使 っていますが 半 年 間 部 長 以 下 が 必 死 で 対 策 を 実 施 することで 巨 大 な 改 善 利 益 を 生 み 出 しました この 日 経 コンピュータの 特 集 で 感 心 したのは 記 者 自 身 がシリコンバレー 現 地 でデザイン 思 考 訓 練 を 実 践 したこ とです その 事 例 の 紹 介 はたいへん 良 く 分 かりました 取 材 はこ うでなくてはいけませんね まさに 現 場 主 義 です 私 なりに デザイン 思 考 の 本 質 をこう 理 解 しました 1. 責 任 者 が 必 死 で 取 り 組 む 2. 現 場 を 徹 底 的 に 観 察 または 分 析 する 3. 短 期 間 で 結 果 を 出 す 4. 試 行 錯 誤 で 練 り 上 げる 因 みに 問 題 の 発 見 がカギということですが 参 考 まで に 今 回 の 特 集 に 登 場 している 問 題 がどういうものかを 整 理 してみました 問 題 には2 種 類 あって 先 ずは 入 り 口 でニーズを 把 握 す るところ 次 はそのニーズを 実 現 するための 方 法 ( 解 決 策 )を 検 討 するところ です 案 件 によってそのウェートが 異 なります ニーズが 分 か れば 実 現 方 法 は 思 いつくものと ニーズが 分 かってから 実 現 方 法 をどうするかが 重 要 なもの とです その 一 部 については 当 社 の 問 題 点 連 関 図 手 法 でも 対 応 可 能 です 上 野 則 男 のブログ 4

5 デザイン 思 考 事 例 の 問 題 発 見 の 分 析 案 件 問 題 点 解 決 策 問 題 の 性 格 ルームサービスをロボッ トが 代 行 する 通 常 はクレジットカード を 持 てないサブプライム 向 けにスマホ 等 を 信 用 販 売 する オフィスで 個 人 ごとに 希 望 空 調 を 実 現 する 車 の 運 転 中 でもスマホを 利 用 できるようにする ECで 画 面 と 面 倒 なやり 取 りをしないで 買 い 物 が できる 利 用 者 が 不 安 を 感 じる 回 収 不 能 個 人 の 希 望 はバ ラバラ 対 応 は 煩 雑 運 転 中 スマホを みることは 禁 止 なのでスマホ 等 を 利 用 できない 画 面 とのやり 取 りが 煩 雑 でEC を 利 用 しない ipadを 使 って 対 話 をする 支 払 いが 滞 ったらスマホを 使 用 不 能 にする スマホなどで 個 人 の 希 望 を 入 れ それを 機 械 学 習 して 空 調 コ ントロール カーナビにアプリを 加 え メー ル 等 を 着 信 した 場 合 合 成 音 声 で 伝 える 回 答 も 音 声 で 可 能 初 めの 振 り 分 け 後 オペレータ (コンシェルジェ)とのやり 取 りで 買 い 物 をする 目 的 達 成 の 阻 害 要 因 ニーズ 把 握 目 的 達 成 ( 売 上 確 保 )の 阻 害 要 因 ニーズ 把 握 目 的 達 成 ( 案 件 テー マ)の 阻 害 要 因 ニーズ 把 握 目 的 達 成 ( 案 件 テー マ)の 阻 害 要 因 ニーズ 発 見 問 題 点 連 関 図 手 法 での 対 応 607 問 題 解 決 の 極 意 それって 何 だろう? と 考 えることを 実 用 的 に 追 求 した 図 書 を 知 っていただきます 問 題 解 決 の 極 意 を 頭 を 使 う 材 料 に 利 用 してみて ください この 本 は 故 ゴ ールドラ ット 博 士 の 一 番 弟 子 であ る 岸 良 祐 司 さ んが 書 かれたものです はじめに ではこういうことが 書 かれています 知 識 を 頭 の 中 に 入 れることと それを 適 切 に 処 理 する 知 恵 は 違 うということだ 知 識 も 頭 を 使 って 適 切 に 処 理 する 能 力 がなければ 成 果 に 結 び 付 けるのは 難 しいともいえる ( 岸 良 さんは 遠 慮 した 表 現 ですがそのとおりです 私 の 表 現 では 記 憶 力 と 判 断 力 は 別 物 ということです) 考 えてみれば 当 たり 前 だが 頭 の 中 に 何 を 入 れるか と 頭 をどうやって 使 うか は 別 の 問 題 なのだ 頭 の 中 に 入 れた 知 識 をどうやって 使 うかという 頭 の 使 い 方 にこそ 成 果 を 出 すか 出 さないかのギャップを 埋 める 鍵 があるはず ( 私 もかねがねそう 主 張 していますが 今 やそのことは 常 識 かも) この 本 は 一 つひとつのテーマに 描 かれている ラットく ん と 一 緒 に 1 日 3 分 間 日 常 のありふれた 一 つひとつ の 質 問 に ちょっとだけ 立 ち 止 まって 頭 の 使 い 方 を 変 え て 考 えることで 頭 も 心 もやわらかくしながら 問 題 解 決 の 極 意 を 楽 しく 学 んでもらうようにデザインされて いる 取 りあげているテーマは 以 下 のとおりの37 項 目 です 因 果 関 係 認 識 理 想 意 欲 抵 抗 仮 定 理 由 失 敗 要 望 実 行 論 理 懸 念 現 実 競 争 性 善 説 必 要 条 件 考 える 情 報 直 感 全 体 集 中 効 率 混 同 無 駄 責 任 感 目 標 順 序 最 適 化 惰 性 答 え 事 例 対 立 合 理 的 科 学 理 論 常 識 訓 練 上 から 目 線 的 で 申 し 訳 ありませんが これだけの 専 門 的 でない 用 語 に 実 用 的 な 解 説 を 付 けられるということは 素 晴 らしいことです それぞれご 自 分 で それって 何? と 質 問 してみるとよ いでしょう どういう 答 えが 出 るか 楽 しみですね 岸 良 さんのご 意 見 の 例 として 現 実 を 取 りあげてみます 副 題 は 思 っ た よ う に 行 か な い こ と か ら 学 ぶ 心 構 え と は? となっています 問 題 解 決 の 極 意 のタイトルですが 一 般 的 問 題 解 決 の 手 引 書 のような 問 題 解 決 はこうしたらよいですよ という 内 容 ではありません 5 上 野 則 男 のブログ

6 問 題 解 決 する 時 には こういう 考 え 方 をしましょう というものです なるほどたしかに 問 題 解 決 に 対 して 有 効 なアプローチです 現 実 は 厳 しい 思 ったようにうまくいかない 事 も 多 い 特 に 人 が 絡 む 現 実 の 社 会 では 思 うようにいかないも の とあきらめてしまうことも 少 なくない ところで 自 然 科 学 の 実 験 で 思 ったような 結 果 が 出 なか った 現 実 に 直 面 した 時 研 究 者 はどうするだろうか その 現 実 を 結 果 としてとらえて 思 うようにいかなかった ことの 原 因 を 考 察 し 解 決 策 を 考 えていくことになる ここでの 現 実 は 決 して 思 うようにいかないものではな く やり 方 次 第 で 思 うように 解 決 できるものだと 考 えてい るからだ 人 が 絡 む 現 実 の 社 会 でも 同 じように 思 ったような 結 果 が 出 なかった 場 合 に 現 実 を 結 果 としてとらえ 原 因 を 考 察 することはできないだろうか 自 然 科 学 とは 違 って 人 が 絡 むことであるならば なぜうま くいかなかったのかという 原 因 を 一 緒 に 話 し 合 うことだ ってできる もしもお 互 いに 同 じ 目 標 を 持 っているなら 一 緒 に 協 力 して 解 決 策 を 考 えることができる もしも 同 じ 目 標 を 共 有 する 人 が 多 ければ 多 くの 人 の 協 力 を 得 ることができる そして ここでの 現 実 は 決 して 思 うようにいかないもので はなく 我 々のやり 方 次 第 で 思 うように 解 決 できるものに なっていく 思 ったような 結 果 が 出 なかった 現 実 に 直 面 した 時 その 現 実 から 逃 げないで 現 実 を 結 果 として 受 け 入 れる 勇 気 を 持 つ 現 実 は すでにたくさんのことを 我 々に 伝 えてくれてい る 現 実 から 学 べるか 学 べないかは それを 受 け 入 れる 我 々の 姿 勢 次 第 なのだ 奥 深 いですね ぜひ 他 も 読 んでみてください ところでこの37 語 の 中 に 問 題 と 解 決 という 2 語 が 入 っていません システム 企 画 研 修 社 の 価 値 目 標 思 考 でそれをどう 言 って いるかを 以 下 に 示 します テーマ 定 義 付 言 問 題 目 標 と 現 状 の 差 である したがって 目 標 がなければいくら 現 実 を 見 ても 問 題 は 分 からない 問 題 意 識 目 標 意 識 問 題 であると 思 う 心 目 標 に 近 づきたいと 思 う 心 問 題 意 識 はややもすると 単 に 現 状 を 否 定 することが 多 い 例 : 給 料 が20 万 円 では 安 い それでは 前 進 しない 現 状 の 否 定 ではなく どうありたいか と 考 える 例 : 給 料 が30 万 円 欲 しい そうすると ではどうしたらよいか と 問 題 解 決 に 向 かって 前 進 する 問 題 解 決 問 題 を 無 くすこと 解 決 策 の 実 施 により 現 状 = 目 標 となる 上 野 則 男 のブログ 6

資 料 2-1 円 滑 な 資 金 調 達 のためのQ&A ~ 目 次 ~ 問 1 問 2 問 3 問 4 問 5 問 6 問 7 問 8 問 9 問 10 問 11 問 12 問 13 融 資 申 込 にあたってどういう 準 備 が 必 要 か (1) 融 資 を 断 られた どうすればいいか (

資 料 2-1 円 滑 な 資 金 調 達 のためのQ&A ~ 目 次 ~ 問 1 問 2 問 3 問 4 問 5 問 6 問 7 問 8 問 9 問 10 問 11 問 12 問 13 融 資 申 込 にあたってどういう 準 備 が 必 要 か (1) 融 資 を 断 られた どうすればいいか ( 資 料 2 試 算 表 資 金 繰 り 表 事 業 計 画 書 を 作 成 していない 中 小 企 業 者 向 け 支 援 について 作 成 しない 理 由 必 要 性 を 感 じないから という 企 業 向 け 資 料 2-1 円 滑 な 資 金 調 達 のためのQ&A 作 成 しない 理 由 作 成 方 法 がわからないから という 企 業 向 け 資 料 2-2 お 試 し 試 算 表 お 試

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

(2) 今 年 の 主 な 改 正 点 昨 年 と 比 べて 変 わった 点 は 主 として 下 記 のとおりです 1 住 宅 ローン 控 除 が7 月 から 変 更 6 月 までに 居 住 した 方 は ローン 控 除 の 期 間 が15 年 でした 7 月 以 降 居 住 は10 年 になってい

(2) 今 年 の 主 な 改 正 点 昨 年 と 比 べて 変 わった 点 は 主 として 下 記 のとおりです 1 住 宅 ローン 控 除 が7 月 から 変 更 6 月 までに 居 住 した 方 は ローン 控 除 の 期 間 が15 年 でした 7 月 以 降 居 住 は10 年 になってい 確 定 申 告 真 っ 盛 り 今 年 の 申 告 の 注 意 点 は? 本 日 2 月 24 日 確 定 申 告 真 っ 盛 りの 時 期 ですね 皆 様 はもう 確 定 申 告 はお 済 みで すか 申 告 が 必 要 な 方 は なるべく 早 めに 準 備 をして 税 務 署 に 行 くか あるいは 私 ども まで 資 料 をお 持 ち 下 さい 資 料 不 足 のこともずい 分 ありますので

More information

質 問 1 法 人 による 実 績 のみで 融 資 を 受 けるには どれ 位 の 規 模 が 目 安 ですか? 法 人 による 実 績 のみで 融 資 を 受 けるには どれ 位 の 規 模 が 目 安 ですか? ここでいう 規 模 とは 取 得 物 件 数 や 物 件 評 価 額 CF や 借

質 問 1 法 人 による 実 績 のみで 融 資 を 受 けるには どれ 位 の 規 模 が 目 安 ですか? 法 人 による 実 績 のみで 融 資 を 受 けるには どれ 位 の 規 模 が 目 安 ですか? ここでいう 規 模 とは 取 得 物 件 数 や 物 件 評 価 額 CF や 借 ご 注 意 この 回 答 はライフデザイン 実 践 会 の 会 員 にのみ 提 供 しているものです お 取 扱 いには 十 分 注 意 して 頂 き 事 前 許 可 無 く 本 レポートの 一 部 または 全 部 をあらゆる データ 蓄 積 手 段 ( 印 刷 物 電 子 ファイルなど)により 複 製 流 用 をしないようにご 協 力 をお 願 いします また 回 答 に 記 載 した 内 容 は

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

任意売却体験記

任意売却体験記 任 意 売 却 体 験 記 Chapter 1 任 意 売 却 とは? 任 意 売 却 という 言 葉 がだいぶ 浸 透 してきたようです 実 際 この 言 葉 と 債 務 整 理 などを 組 み 合 わせて ネット 上 で 検 索 すると 任 意 売 却 をビジネスにするところが 大 変 多 いことに 驚 きます 私 は 不 動 産 業 に 従 事 しているわけではありませんので 自 らの 債 務

More information

(仮称)社長が知らない経営管理の話

(仮称)社長が知らない経営管理の話 広 くて 浅 い 経 営 者 のワンポイント 勉 強 会 Ver.130806 はじめに 企 業 経 営 者 はプロ 業 として 最 も 人 口 が 多 い 職 種 であるが 以 外 にもセミプロが 多 い のも 事 実 です プロとしての 年 収 は 幾 ら? ご 自 分 は( 千 円 ) 心 の 中 で 現 実 と 目 標 をイメージ このテキストは 経 営 者 として 知 っておくべき 最 低

More information

平成19年企業活動基本調査に係る調査事項の新旧対照表(案)

平成19年企業活動基本調査に係る調査事項の新旧対照表(案) 2 事 業 組 織 及 び 従 業 者 数 (1) 事 業 組 織 別 事 業 所 数 及 び 常 時 従 業 者 数 ( 年 度 末 現 在 ) 店 店 外 機 能 部 門 現 業 部 門 国 内 ( クレジットカード 割 賦 金 融 事 業 部 門 情 報 サービス 事 業 部 門 その 他 の 部 門 ( 記 外 の 部 門 ) 現 業 部 門 B 他 企 業 等 へ の 出 向 者 1( A

More information

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表 北 海 道 青 少 年 健 全 育 成 条 例 ( 昭 和 30 年 4 月 2 日 条 例 第 17 号 ) 沿 革 昭 和 35 年 4 月 27 日 条 例 第 18 号 38 年 3 月 26 日 第 4 号 41 年 4 月 11 日 第 23 号 48 年 4 月 1 日 第 27 号 53 年 3 月 31 日 第 7 号 平 成 2 年 3 月 31 日 第 8 号 4 年 3 月

More information

(資料‐6)マンション管理の実態

(資料‐6)マンション管理の実態 資 料 -6 マンション 管 理 の 実 態 < 目 次 > 1 管 理 組 合 の 運 営 1 2 計 画 的 な 維 持 管 理 への 取 組 10 3 マンションの 取 引 時 におけるマンション 管 理 情 報 の 提 供 等 17 1 1 管 理 組 合 の 運 営 管 理 組 合 管 理 規 約 の 有 無 管 理 規 約 の 改 正 状 況 2 総 会 役 員 会 理 事 会 の 開

More information

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億 平 成 27 年 3 月 25 日 所 得 税 法 等 改 正 案 民 主 党 新 緑 風 会 おだち 源 幸 はじめに 民 主 党 新 緑 風 会 のおだち 源 幸 です 会 派 を 代 表 して 所 得 税 法 等 改 正 案 について 質 問 を 致 します まず 数 字 をあげたいと 思 います 1,200 億 9,784 万 大 変 大 きな 数 字 ですが みなさん 何 の 数 字 かお

More information

2 宅 建 業 法 難 易 度 としては やはり 昨 年 に 比 べて Aランクの 問 題 が 13 問 から 11 問 に 減 り 逆 にCラ ンクの 問 題 が2 問 から4 問 に 増 えました(この4 問 とも 個 数 問 題 であり 個 数 問 題 対 策 が 決 定 的 に 重 要 とい

2 宅 建 業 法 難 易 度 としては やはり 昨 年 に 比 べて Aランクの 問 題 が 13 問 から 11 問 に 減 り 逆 にCラ ンクの 問 題 が2 問 から4 問 に 増 えました(この4 問 とも 個 数 問 題 であり 個 数 問 題 対 策 が 決 定 的 に 重 要 とい 宅 建 士 初 年 度 試 験 から 見 えた 傾 向 と 平 成 28 年 度 宅 建 士 試 験 の 効 果 的 な 対 策 TAC 宅 建 士 講 座 主 任 講 師 木 曽 計 行 Ⅰ 平 成 27 年 度 宅 建 士 本 試 験 の 傾 向 分 析 と 今 後 の 方 向 性 1. 数 字 で 見 る 本 試 験 ( 最 近 5 年 間 の 本 試 験 の 受 験 者 数 合 格 率 合

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

エフエム長崎放送番組基準

エフエム長崎放送番組基準 エフエム 長 崎 放 送 番 組 基 準 株 式 会 社 エフエム 長 崎 は 放 送 事 業 を 通 じて 平 和 な 社 会 の 実 現 と 公 共 の 福 祉 文 化 の 向 上 に 寄 与 し 産 業 と 経 済 の 繁 栄 に 貢 献 する この 自 覚 に 基 づき 民 主 主 義 の 精 神 に 従 い 基 本 的 人 権 と 世 論 を 尊 重 し 言 論 と 表 現 の 自 由 を

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839395578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9182CC89FC90B382CC837C8343839383672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839395578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9182CC89FC90B382CC837C8343839383672E646F63> マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 の 改 正 ポイント 平 成 22 年 7 月 1 マンションの 管 理 業 務 の 委 託 マンションの 管 理 組 合 の 管 理 業 務 には 管 理 費 等 の 収 支 の 調 定 出 納 建 物 設 備 の 維 持 又 は 修 繕 に 関 する 企 画 又 は 実 施 等 標 準 的 にはマンション 標 準 管 理 規 約 ( 単 棟 型 )(

More information

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx 開 業 1 2 年 目 の 会 社 が 成 長 していくために 私 たちの 事 務 所 には 開 業 間 もない 会 社 様 などから 毎 年 150 件 以 上 の 無 料 相 談 のご 依 頼 があります また 顧 問 契 約 先 の 会 社 様 の 中 にも 開 業 1 2 年 目 の 会 社 様 が 数 多 く いらっしゃいます こうしたご 相 談 やお 付 き 合 いを 通 じて 分 かってきたことは

More information

しかし 主 に 欧 州 の 一 部 の 回 答 者 は 受 託 責 任 について 資 源 配 分 の 意 思 決 定 の 有 用 性 とは 独 立 の 財 務 報 告 の 目 的 とすべきであると 回 答 した 本 ED に 対 する ASBJ のコメント レターにおける 意 見 経 営 者 の 受

しかし 主 に 欧 州 の 一 部 の 回 答 者 は 受 託 責 任 について 資 源 配 分 の 意 思 決 定 の 有 用 性 とは 独 立 の 財 務 報 告 の 目 的 とすべきであると 回 答 した 本 ED に 対 する ASBJ のコメント レターにおける 意 見 経 営 者 の 受 第 337 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 (2)-3 2016 年 5 月 31 日 プロジェクト 項 目 概 念 フレームワーク 概 念 フレームワークの 見 直 しに 関 する IASB における 議 論 の 状 況 Ⅰ. 本 資 料 の 目 的 1. 2016 年 5 月 の 国 際 会 計 基 準 審 議 会 (IASB)ボード 会 議 では 公 開

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

Microsoft Word - trend.doc

Microsoft Word - trend.doc トレンド 基 礎 編 はじめに 推 奨 環 境 このレポート 上 に 書 かれている URL はクリックできます できない 場 合 は 最 新 の AdobeReader をダウンロードしてください ( 無 料 ) http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html 著 作 権 について 当 レポートは 著 作 権 法 で 保 護 されている

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

初 心 者 でも! 女 性 でも! 皆 さんが 日 常 的 に 使 っている Amazon ヤフオクといったサイトを 使 い サラリーマンの 副 業 時 代 でも 余 裕 で 月 商 100 万 円 オーバーという 結 果 です! これは 本 当 の 話 です ぶっちゃけ こんな 話 を 聞 いてや

初 心 者 でも! 女 性 でも! 皆 さんが 日 常 的 に 使 っている Amazon ヤフオクといったサイトを 使 い サラリーマンの 副 業 時 代 でも 余 裕 で 月 商 100 万 円 オーバーという 結 果 です! これは 本 当 の 話 です ぶっちゃけ こんな 話 を 聞 いてや 誰 もが 手 にした 事 がある ある 商 材 だけを 販 売 して 月 商 300 万 円 オーバー!しかも 利 益 率 50% 超 え! こんな 夢 のようなノウハウを 公 開 するのですが この 方 法 に 興 味 がある 方 はいませんか? 今 すぐ 申 し 込 み 方 はこちらをクリック! http://www.infocart.jp/a.php?item=55234 まずはこの 結 果

More information

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版 年 金 相 談 マニュアル 相 談 事 例 編 2010.07 - 目 次 - 1. 資 格 記 録 1 受 給 要 件 10 厚 生 年 金 の 適 用 関 係 10 2. 国 民 年 金 保 険 料 納 付 還 付 15 納 付 17 任 意 加 入 期 間 の 保 険 料 還 付 23 3. 過 去 記 録 整 備 27 4.ユーザID パスワード 39 5. ねんきん 定 期 便 ( 平 成

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

〆 私 は 私 の 行 動 がプロ 野 球 界 や 企 業 社 会 におけるコンブライアンスのあり 方 や GM 制 度 のあり 方 など 生 産 的 な 議 論 につながることを 心 から 願 ってい ます 私 に 対 する 解 任 は 何 とか お 家 騒 動 J r 泥 仕 合 に 持 ち 込

〆 私 は 私 の 行 動 がプロ 野 球 界 や 企 業 社 会 におけるコンブライアンスのあり 方 や GM 制 度 のあり 方 など 生 産 的 な 議 論 につながることを 心 から 願 ってい ます 私 に 対 する 解 任 は 何 とか お 家 騒 動 J r 泥 仕 合 に 持 ち 込 ずー 関 係 者 各 位 1 年 1 1 月 2 5 日 清 武 英 利 私 が 本 日 皆 さんに 主 に 訴 えたいことは 6 点 です まず 第 1 点 は 今 回 の 問 題 は 株 式 会 社 読 売 巨 人 軍 の 適 正 手 続 に 従 って 決 ま っていたコーチ 人 事 を 巨 人 軍 の 取 締 役 会 長 である 渡 遁 恒 雄 氏 の 鶴 の 一 声 で 違 法 不 当 にも

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

Microsoft Word - 文書 1

Microsoft Word - 文書 1 若 は 出 世 願 望 がない? の 謎 を 解 く 東 洋 経 済 オンライン 城 幸 司 出 世 という 葉 を 最 近 に 出 したことはありますか? 出 世 して 親 を 喜 ばせたい いい 家 を 買 って 供 を 学 に かせる 分 だけでなく 家 族 も 望 んでいる 希 望 出 世 には 昔 も 今 も 変 わらず そういう 響 きがあります 本 における 出 世 の 歴 史 体 は

More information

財団法人宝塚市スポーツ教育振興公社

財団法人宝塚市スポーツ教育振興公社 写 監 査 結 果 報 告 書 宝 監 第 80 号 平 成 27 年 12 月 24 日 (2015 年 ) 宝 塚 市 長 中 川 智 子 様 宝 塚 市 監 査 委 員 徳 田 逸 男 同 井 上 芳 治 同 冨 川 晃 太 郎 定 期 監 査 ( 教 育 委 員 会 事 務 局 管 理 部 学 校 教 育 部 社 会 教 育 部 )の 結 果 について( 報 告 ) 地 方 自 治 法 第

More information

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874>

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874> 信 託 編 第 1 信 託 の 意 味 を 理 解 してしまおう 1 信 託 の 思 想 を 理 解 するところからはじまります 2 登 場 人 物 を 理 解 してください 3 委 任 と 信 託 の 違 い 4 信 託 の 成 立 原 因 5 受 託 種 には 誰 がなれるのだろうか 第 2 信 託 の 課 税 の 原 則 第 3 受 益 者 等 課 税 信 託 の 基 本 的 な 課 税 関

More information

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 & 相 続 税 の はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 続 が 実 際 に 起 こってみると 思 わぬトラブルが 発 生 するものです そんなとき

More information

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島 民 放 連 放 送 基 準 条 文 対 照 表 現 新 第 10 章 犯 罪 表 現 第 10 章 犯 罪 表 現 (70) 鉄 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注 意 する (70) 銃 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082508255824F82538251824F81408381838B837D834B98418DDA81408FEE95F1835683588365838082CC967B8EBF82C9949782E981408250824F82568140906B8DD0959C8BBB82CC8FEE95F183568358836583808A7781698FB3914F816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082508255824F82538251824F81408381838B837D834B98418DDA81408FEE95F1835683588365838082CC967B8EBF82C9949782E981408250824F82568140906B8DD0959C8BBB82CC8FEE95F183568358836583808A7781698FB3914F816A2E646F63> 芳 賀 正 憲 新 国 立 競 技 場 の 建 設 費 は 2012 年 デザイン 公 募 時 の 目 標 が1300 億 円 でしたが 採 用 された 案 では 設 計 業 者 の 見 積 もりが3000 億 円 を 超 え その 後 修 正 を 重 ねましたが 最 終 的 に 目 標 値 をはるかにオーバーすることが 確 実 になり 2015 年 7 月 白 紙 撤 回 仕 切 り 直 しとなりました

More information

事 務 所 通 信 はじめに 1. 年 末 調 整 と 今 月 の 記 事 今 年 も 残 すところあと 2 か 月 を 切 り 10 月 初 旬 まで の 暑 さが 嘘 のような 冷 え 込 みとなって 体 調 を 崩 した というお 話 をよく 聞 きます 季 節 の 変 わり 目 は 気 を

事 務 所 通 信 はじめに 1. 年 末 調 整 と 今 月 の 記 事 今 年 も 残 すところあと 2 か 月 を 切 り 10 月 初 旬 まで の 暑 さが 嘘 のような 冷 え 込 みとなって 体 調 を 崩 した というお 話 をよく 聞 きます 季 節 の 変 わり 目 は 気 を No.2 2013 年 11 月 号 11 月 5 日 発 刊 事 務 所 通 信 教 育 資 金 贈 与 の 非 課 税 措 置 と 税 制 改 正 大 綱 はじめに 1. 年 末 調 整 と 今 月 の 記 事 11 月 の 税 務 処 理 として 代 表 的 な 年 末 調 整 今 回 は 簡 単 に 備 忘 録 として 取 上 げました 今 月 のワンポイント 解 説 は 話 題 の 教 育

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

労 働 保 険 年 度 更 新 毎 年 7 月 は 労 働 保 険 の 年 度 更 新 並 びに 社 会 保 険 算 定 基 礎 届 の 提 出 時 期 です それぞれに ついて 法 改 正 情 報 も 交 え 解 説 します 毎 年 7 月 には 労 働 保 険 ( 労 災 雇 用 保 険 )の

労 働 保 険 年 度 更 新 毎 年 7 月 は 労 働 保 険 の 年 度 更 新 並 びに 社 会 保 険 算 定 基 礎 届 の 提 出 時 期 です それぞれに ついて 法 改 正 情 報 も 交 え 解 説 します 毎 年 7 月 には 労 働 保 険 ( 労 災 雇 用 保 険 )の 事 務 所 レポート 2016 年 6 月 号 June 2016 6 m 労 働 保 険 年 度 更 新 注 目 トピックス 01 労 働 保 険 年 度 更 新 毎 年 7 月 は 労 働 保 険 の 年 度 更 新 並 びに 社 会 保 険 算 定 基 礎 届 の 提 出 時 期 です それぞれについて 法 改 正 情 報 も 交 え 解 説 します 特 集 02 就 業 規 則 を 社 員

More information

本 来 ここまでのツールを 僕 が 開 発 できていれば 5ステップのコンテンツとして 配 布 したかったのですが とてもじゃないけどこれ 以 上 のクオリティのものは 作 れない という 事 で 今 回 は パンドラ2と 言 うツール そしてパンドラ2に 特 化 した 5ステップ PPC アフィリ

本 来 ここまでのツールを 僕 が 開 発 できていれば 5ステップのコンテンツとして 配 布 したかったのですが とてもじゃないけどこれ 以 上 のクオリティのものは 作 れない という 事 で 今 回 は パンドラ2と 言 うツール そしてパンドラ2に 特 化 した 5ステップ PPC アフィリ 上 田 です 今 回 は 某 ツール と そのツールを 使 ったアフィリエイト 戦 略 について 少 し 紹 介 したいと 思 います 某 ツール というのは ご 存 知 の 方 も 居 るかもしれませんが こちらのツール パンドラ2 http://www.info-trend.net/tyny/20150622231422.html 実 は このパンドラ2というのは 月 額 版 と 言 うものが

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203039303532362D3039303630395F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203039303532362D3039303630395F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63> 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは 090526 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その1 昨 日 (090524)は 増 築 の 契 約 に 立 ち 会 うことがありました OB のお 客 様 で 築 13 年 の2 階 建 てのお 住 まいです お 父 様 名 義 の 家 を 娘 様 がローンを 利 用 して2 階 に 一 部 屋 増 築 そのため 屋 根 の 全 面 葺 き

More information

Q6. 私 は11 月 30 日 に 退 職 しますが 調 書 を 提 出 する 必 要 がありますか? A 退 職 予 定 の 場 合 でも 平 成 26 年 10 月 1 日 時 点 での 確 認 になりますので 記 載 内 容 を 確 認 のうえ 添 付 書 類 と 一 緒 に 事 業 主 へ

Q6. 私 は11 月 30 日 に 退 職 しますが 調 書 を 提 出 する 必 要 がありますか? A 退 職 予 定 の 場 合 でも 平 成 26 年 10 月 1 日 時 点 での 確 認 になりますので 記 載 内 容 を 確 認 のうえ 添 付 書 類 と 一 緒 に 事 業 主 へ 平 成 26 年 度 被 扶 養 者 資 格 再 確 認 に 関 するQ&A 調 書 について ( 被 保 険 者 用 ) Q1.なぜ 毎 年 被 扶 養 者 資 格 再 確 認 ( 調 書 )を 行 うのですか? A 健 康 保 険 法 施 行 規 則 第 50 条 に 基 づき 保 険 者 として 被 扶 養 者 資 格 の 再 確 認 を 実 施 し ています 就 職 や 収 入 超 過 等

More information

第1 地方公務員災害補償制度の概要

第1 地方公務員災害補償制度の概要 第 1 制 度 の 概 要 - 1 - - 2 - 1 制 度 とは 制 度 とは 公 務 遂 行 又 は 通 勤 に 伴 って 生 じた 地 方 公 務 員 の 災 害 に 対 して 補 償 を 行 う 制 度 です 法 ( 地 公 災 法 )を 根 拠 とし 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 ( 労 災 法 )や 国 家 公 務 員 災 害 補 償 法 ( 国 公 災 法 )に 基 づく

More information

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ 平 成 28 年 度 中 小 企 業 振 興 会 議 第 1 回 会 議 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 案 件 及 び 議 事 議 事 要 旨 平 成 28 年 6 月 7 日 ( 火 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 20 分 館 林 市 役 所 502 会 議 室 振 興 会 議 委 員 : 笠 原 委 員 多 田 委 員 三 田 委 員 仁 田 委 員 伊 藤 委 員 藤

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868FAC8AE98BC693998C6F89638BAD89BB964082C98AEE82C382AD8CC592E88E918E5990C593C197E1915B927582CC8EE888F882AB816991E63194C5816A3230313630383139>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868FAC8AE98BC693998C6F89638BAD89BB964082C98AEE82C382AD8CC592E88E918E5990C593C197E1915B927582CC8EE888F882AB816991E63194C5816A3230313630383139> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 に 基 づく 固 定 資 産 税 特 例 措 置 の 手 引 き < 第 1 版 > この 手 引 きは 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 認 定 経 営 力 向 上 計 画 に 基 づき 中 小 事 業 者 等 がファイナンス リース 取 引 により 設 備 を 導 入 した 場 合 に 適 用 が 受 けられる 固 定 資 産 税 特 例 措 置

More information

著 作 権 に つ い て 当 レ ポ ー ト は 上 記 発 行 者 の 日 本 国 の 法 律 ( 著 作 権 法 ) に よ っ て 守 ら れ て い る 著 作 物 で す 発 行 者 の 書 面 に よ る 許 可 無 く 当 レ ポ ー ト の 一 部 を あ ら ゆ る 媒 体 (

著 作 権 に つ い て 当 レ ポ ー ト は 上 記 発 行 者 の 日 本 国 の 法 律 ( 著 作 権 法 ) に よ っ て 守 ら れ て い る 著 作 物 で す 発 行 者 の 書 面 に よ る 許 可 無 く 当 レ ポ ー ト の 一 部 を あ ら ゆ る 媒 体 ( SE 大 家 たくちゃん 流 ノーリスクで 不 動 産 投 資 を 始 める 賃 貸 併 用 住 宅 投 資 法 SE 大 家 たくちゃん http://ameblo.jp/se-takuchan 現 役 SEが 発 信 する 不 動 産 投 資 講 座 著 作 権 に つ い て 当 レ ポ ー ト は 上 記 発 行 者 の 日 本 国 の 法 律 ( 著 作 権 法 ) に よ っ て 守 ら

More information

区 税 ガイドブック 2 会 社 員 と 税 金 について Q6 私 はサラリーマンなので 住 民 税 は 給 料 から 差 し 引 きされています しかし 今 回 普 通 徴 収 の 通 知 が 届 きました 二 重 に 課 税 されているのではないですか? 6 主 な 給 与 以 外 に 所 得

区 税 ガイドブック 2 会 社 員 と 税 金 について Q6 私 はサラリーマンなので 住 民 税 は 給 料 から 差 し 引 きされています しかし 今 回 普 通 徴 収 の 通 知 が 届 きました 二 重 に 課 税 されているのではないですか? 6 主 な 給 与 以 外 に 所 得 1 申 告 と 税 額 について Q1 世 田 谷 区 は 住 民 税 が 高 いと 聞 きましたが 本 当 ですか? 1 住 民 税 は 均 等 割 と 所 得 割 の 合 計 額 ですが それぞれの 税 率 は 法 律 に 基 づいており 原 則 としてどの 区 市 町 村 でも 同 じです 税 金 が 高 くなるのは 世 田 谷 区 に 住 んでいる からではなく 前 年 に 比 べて 所 得

More information

どうやら 違 ったみたいなんだ 物 件 を 勧 められて その 人 を 信 用 していたの であまり 考 えずに 購 入 を 決 めたら 銀 行 融 資 の 段 取 りなども 全 部 やってくれた みたいだよ そしてさあ 契 約 という 時 に 仲 介 会 社 を 名 乗 る 人 がやってきて 重

どうやら 違 ったみたいなんだ 物 件 を 勧 められて その 人 を 信 用 していたの であまり 考 えずに 購 入 を 決 めたら 銀 行 融 資 の 段 取 りなども 全 部 やってくれた みたいだよ そしてさあ 契 約 という 時 に 仲 介 会 社 を 名 乗 る 人 がやってきて 重 第 28 回 宅 建 業 の 免 許 が 必 要 な 取 引 について 掲 載 している 記 事 写 真 イラスト 動 画 などのコンテンツの 著 作 権 は ( 一 社 ) 大 阪 府 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 ま たは 正 当 な 権 利 を 有 する 第 三 者 に 帰 属 しておりますので 無 断 転 載 について 禁 止 しております こんにちは 今 回 は 収 益 不 動 産

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

京都市職員共済組合被扶養者認定基準

京都市職員共済組合被扶養者認定基準 京 都 市 職 員 共 済 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 平 成 22 年 12 月 1 日 最 近 改 正 平 成 26 年 3 月 5 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

平 成 26 年 6 月 30 日 までに 応 募 する 方 平 成 26 年 10 月 1 日 平 成 25 年 度 補 正 予 算 創 業 補 助 金 創 業 左 記 交 付 決 定 日 ( 仮 定 )から 事 業 完 了 予 定 日 までの 期 間 ( 最 長 11ヶ 月 間 ) (2) 事

平 成 26 年 6 月 30 日 までに 応 募 する 方 平 成 26 年 10 月 1 日 平 成 25 年 度 補 正 予 算 創 業 補 助 金 創 業 左 記 交 付 決 定 日 ( 仮 定 )から 事 業 完 了 予 定 日 までの 期 間 ( 最 長 11ヶ 月 間 ) (2) 事 平 成 25 年 度 補 正 予 算 創 業 補 助 金 創 業 事 業 計 画 書 創 業 の 記 入 要 領 認 定 支 援 機 関 の 方 は 事 業 計 画 の 策 定 支 援 の 一 環 として 応 募 者 が 本 補 助 金 の 応 募 書 類 の 各 項 目 を 記 載 する 際 に 応 募 者 の 伝 えたい 内 容 を 引 き 出 しながら 第 三 者 が 読 んで 理 解 できる

More information

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63>

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63> 遺 失 物 取 扱 いのしおり ( 施 設 占 有 者 の 皆 様 方 へ) 愛 知 県 警 察 は じ め に 皆 様 方 が 管 理 している 建 物 などの 施 設 内 で お 客 様 が 落 とし 物 を 拾 って 届 出 があっても 手 続 が 分 からないために 警 察 に 提 出 せ ず そのままにされているようなことはないでしょうか そのままでは その 落 とし 物 が 持 ち 主

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 死 亡 後 遺 障 害 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送 車

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし 催 眠 術 師 物 語 ~ 催 眠 術 師 への 道 ~ この 物 語 は 私 自 身 が 催 眠 術 に 出 会 って 催 眠 術 師 の 道 に 進 むまでの 出 来 事 を 書 いたも のです 第 1 章 催 眠 術 との 出 会 い 催 眠 術 この 言 葉 が 私 の 頭 の 中 に 突 然 浮 かんできました まるで 頭 に 電 気 が 走 ったような 感 じで いつもと 違 う 感 覚

More information

15. 営 業 活 動 を 組 織 的 かつ 効 率 的 に 遂 行 するためには 必 要 な 職 務 分 掌 および 職 務 権 限 を 明 確 にする 16. 営 業 部 門 の 基 本 的 職 務 は 商 品 開 発 仕 入 れ 販 売 組 織 人 事 経 理 財 務 ならびに 情 報 処 理

15. 営 業 活 動 を 組 織 的 かつ 効 率 的 に 遂 行 するためには 必 要 な 職 務 分 掌 および 職 務 権 限 を 明 確 にする 16. 営 業 部 門 の 基 本 的 職 務 は 商 品 開 発 仕 入 れ 販 売 組 織 人 事 経 理 財 務 ならびに 情 報 処 理 販 売 管 理 に 関 する 内 部 監 査 の 留 意 事 項 1. 販 売 戦 略 は 顧 客 を 消 費 者 としてではなく 生 活 者 としてとらえ 顧 客 のライフスタイルにおけ る 質 の 向 上 および 地 域 社 会 への 貢 献 など 豊 かな 人 間 生 活 に 寄 与 する 販 売 理 念 を 基 本 とする 2. 販 売 政 策 は 販 売 理 念 に 基 づく 販 売 活

More information

平成26年第Ⅱ回短答式試験-財務会計論

平成26年第Ⅱ回短答式試験-財務会計論 平 成 26 年 公 認 会 計 士 試 験 第 Ⅱ 回 短 答 式 試 験 財 務 会 計 論 講 評 ~ 計 算 の 講 評 ~ 財 務 会 計 論 計 算 問 題 に 関 しては, 個 別 問 題 (10 問 )に 加 えて, 問 題 19 以 降, 総 合 問 題 形 式 の 出 題 が 個 別 論 点 の 総 合 問 題 (7 問 )と 連 結 会 計 の 総 合 問 題 (7 問 )の2

More information

中 小 企 業 の 健 全 性 支 援 マガジン( 毎 月 1 日 発 行 ) BUSINESS ONE POINT ニュースレター 2015.9No.289 今 月 のコンテンツ 健 全 性 支 援 実 績 No1を 目 指 す! & roup 税 理 士 法 人 株 式 会 社 東 亜 経 営 総 研 検 索 550-001 大 阪 市 西 区 阿 波 座 1-4-4-8F TEL(06)6538-0872(

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63> ( 第 6 回 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する 検 討 会 川 渕 委 員 配 布 資 料 ) 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 1 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 < 高 額 介 護 合 算 療 養 費 関 連 > ( 問 1) 高 額 介 護 合 算 療 養 費 は 医 療 保 険 に 係 る

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF)

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF) 1 相 発 生 後 にやるべきこと POINT 1 相 発 生 後 には 税 務 申 告 だけでなく 生 活 に 関 連 する 諸 手 など やるべきこ とが 数 多 くあります 2 期 限 に 注 意 して 手 きを 進 める 必 要 があります 174 第 4 章 相 と 税 金 1 相 発 生 後 にやるべきこと 第 6 節 1 相 発 生 直 後 に 行 う 手 き( 遺 言 書 の 確 認

More information

Microsoft Word - 160118資産申告問題要望書(案)

Microsoft Word - 160118資産申告問題要望書(案) 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎 恭 久 殿 2016( 平 成 27) 年 2 月 1 日 資 産 申 告 書 に 関 する 保 護 課 長 通 知 の 撤 回 等 を 求 める 要 望 書 生 活 保 護 問 題 対 策 全 国 会 議 代 表 幹 事 尾 藤 廣 喜 第 1 要 望 の 趣 旨 1 生 活 保 護 利 用 者 に 対 して 最 低 年 1 回 の 資 産 申 告 を 行 わせるよう

More information

本 質 を 教 えてくれる 人 がいない 副 業 在 宅 で 片 手 間 で 簡 単 に 稼 げると 思 い3ヶ 月 頑 張 ってみたものの 一 銭 にもならない と 言 う 話 はゴロゴロ 転 がっています それは ネットビジネスの 本 質 を 教 えてくれる 人 が 居 なかったのが 原 因 で

本 質 を 教 えてくれる 人 がいない 副 業 在 宅 で 片 手 間 で 簡 単 に 稼 げると 思 い3ヶ 月 頑 張 ってみたものの 一 銭 にもならない と 言 う 話 はゴロゴロ 転 がっています それは ネットビジネスの 本 質 を 教 えてくれる 人 が 居 なかったのが 原 因 で 子 供 だましのテクニックはやめにしましょう 6 月 1 日 19:00 菊 地 哲 夫 引 きこもりニートが 12 週 間 で 月 20 万 円 を 稼 ぐことは 本 当 に 可 能 なのか? はい 可 能 です! ネットビジネスで1 年 後 も 稼 ぎたいのなら 子 供 だましのテクニックは 忘 れてください ネット 環 境 の 爆 発 的 普 及 で 一 瞬 のうちに 情 報 が 世 界 中

More information

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条 / 公 益 団 法 丸 池 町 書 浜 尚 川 氏 齢 働 No. TEL9 email kochisc@sjc.ne.jp 笑 福 引 々 写 真 ォ 告 他 詳 細 副 祝 辞 職 群 班 設 準 備 ポ 訪 問 記 ポ ユ 紹 ゆぞ 紹 筋 回 紙 館 白 鳳 広 貢 献 験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬

More information

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番 マイナンバー 制 度 と その 対 策 と 対 応 評 議 員 経 営 労 務 コンサルタント 部 部 長 大 阪 兵 庫 支 部 長 靱 隆 幸 マイナンバーは 国 内 に 住 所 のある 人 に 割 り 当 てられる12 桁 の 番 号 です 制 度 の 開 始 にあたり 個 人 も 企 業 も 準 備 が 要 ります 各 世 帯 には10 月 に 入 るとマイナンバーを 記 載 した 通 知

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

所得拡大促進税制 のガイドライン

所得拡大促進税制 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 説 明 会 用 - 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 - 経 営 力 向 上 計 画 策 定 活 用 の 手 引 き 案 目 次 1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 経 営 力 向 上 計 画 の 概 要 (1) 制 度 の 概 要 2 (2) 制 度 利 用 のポイント 2 (3) 中 小 企 業 中 小 企 業 者 等 の 範 囲 3 (4) 制 度 活

More information

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し 整 理 解 雇 の 実 務 労 務 管 理 Ⅰ 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 1. 整 理 解 雇 の 効 果 2. 整 理 解 雇 の 問 題 点 Ⅱ 整 理 解 雇 の 実 施 手 順 1. 解 雇 基 準 の 決 定 2. 解 雇 実 施 の 発 表 3. 解 雇 者 の 人 選 4. 解 雇 の 予 告 5. 解 雇 辞 令 の 交 付 Ⅲ 労 働 組 合 との 関 係 1.

More information

1.アドセンスについて 詳 しく 知 る アドセンスを 知 らないかもしれないので まずはアドセンスについて 紹 介 していきます アドセンスはクリックされるごとに 報 酬 が 発 生 し トレンドサイトの 場 合 は1クリックあたり 30 円 ~40 円 程 度 になります また クリックされた

1.アドセンスについて 詳 しく 知 る アドセンスを 知 らないかもしれないので まずはアドセンスについて 紹 介 していきます アドセンスはクリックされるごとに 報 酬 が 発 生 し トレンドサイトの 場 合 は1クリックあたり 30 円 ~40 円 程 度 になります また クリックされた アドセンスの 利 用 方 法 &ルール 目 次 1.アドセンスについて 詳 しく 知 る 2.アドセンス 無 効 化 とは? 3.アドセンス 停 止 の 10 の 要 因 4.アドセンス 刈 り 5.アドセンス 取 得 6.アドセンス 再 取 得 1.アドセンスについて 詳 しく 知 る アドセンスを 知 らないかもしれないので まずはアドセンスについて 紹 介 していきます アドセンスはクリックされるごとに

More information

Microsoft Word - ③140310記入要領(創業)

Microsoft Word - ③140310記入要領(創業) 事 業 計 画 書 創 業 の 記 入 要 領 認 定 支 援 機 関 の 方 は 事 業 計 画 の 策 定 支 援 の 一 環 として 応 募 者 が 本 補 助 金 の 応 募 書 類 の 各 項 目 を 記 載 する 際 に 応 募 者 の 伝 えたい 内 容 を 引 き 出 しながら 第 三 者 が 読 んで 理 解 できる 内 容 となるよう 助 言 を 行 ってください 事 業 テーマ

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

2016 vol.265 論 考 えていると 考 えられる さらにマイナンバーは 一 企 業 が 発 行 しているお 客 様 番 号 とは 異 なり どの 企 業 行 政 機 関 組 織 に とっても 同 一 人 を 同 一 番 号 で 特 定 することができ る したがって 組 織 をまたぐ 情

2016 vol.265 論 考 えていると 考 えられる さらにマイナンバーは 一 企 業 が 発 行 しているお 客 様 番 号 とは 異 なり どの 企 業 行 政 機 関 組 織 に とっても 同 一 人 を 同 一 番 号 で 特 定 することができ る したがって 組 織 をまたぐ 情 マイナンバー 制 度 の 概 要 とリスク 対 応 み ず ま ち 水 ま さ こ 町 雅 子 五 番 町 法 律 事 務 所 弁 護 士 1.はじめに 2016 年 1 月 より マイナンバー 制 度 が 本 格 始 動 した 既 に 勤 務 先 からマイナンバーを 聞 かれた り 地 方 公 共 団 体 窓 口 でマイナンバーの 提 示 を 求 められたりした 方 もいるだろう 一 方 で マスコ

More information

第1 謝罪・名誉回復について

第1 謝罪・名誉回復について 2012 年 5 月 17 日 厚 生 労 働 大 臣 小 宮 山 洋 子 殿 平 成 24 年 度 ハンセン 病 問 題 対 策 協 議 会 統 一 要 求 書 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 原 告 団 協 議 会 全 国 ハンセン 病 療 養 所 入 所 者 協 議 会 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 弁 護 団 連 絡 会 第 1 謝 罪 名 誉

More information

手 順 1: 管 理 会 社 との 役 割 分 担 の 確 認 マンション 管 理 組 合 の 業 務 を 管 理 会 社 に 委 託 している 場 合 滞 納 者 への 督 促 業 務 について 具 体 的 にどのよう に 委 託 しているかを 管 理 委 託 契 約 書 で 確 認 します 意

手 順 1: 管 理 会 社 との 役 割 分 担 の 確 認 マンション 管 理 組 合 の 業 務 を 管 理 会 社 に 委 託 している 場 合 滞 納 者 への 督 促 業 務 について 具 体 的 にどのよう に 委 託 しているかを 管 理 委 託 契 約 書 で 確 認 します 意 2013 年 8 月 第 19 回 管 理 費 を 払 わない 区 分 所 有 者 への 対 応 公 認 不 動 産 コンサルティングマスター 矢 島 尚 司 概 要 マンション 等 の 区 分 所 有 物 件 の 管 理 組 合 の 役 員 になると 不 慣 れなことをやらなければならなくなることがあ ります その 中 でも 管 理 費 を 滞 納 する 区 分 所 有 者 への 督 促 の 対

More information

さねよし社会保険労務士事務所

さねよし社会保険労務士事務所 事 務 所 だより 2012 年 6 月 号 SR-KUBO OFFICE NEWS LETTER June 2012 6 ぶら 下 がり 社 員 の 実 像 を 見 抜 く 注 目 トピックス 01 ぶら 下 がり 社 員 の 実 像 を 見 抜 く 近 年 話 題 の ぶら 下 がり 社 員 彼 らに 成 果 を 上 げさせる ために 会 社 はどのような 取 り 組 みをすべきでしょうか 特

More information

1 記 載 日 平 成 年 月 日 目 次 1.わたしの 生 い 立 ち 思 い 出 の 記 録 P2 2. 家 系 図 家 訓 ( 残 しておきたいこと) P4 3.お 墓 納 骨 埋 葬 法 について P5 4. 葬 儀 について P6 5. 医 療 介 護 について P8 6.セカンドライフ( 終 の 棲 家 ) P10 7. 財 産 について( 遺 言 書 ) P11 8. 後 見 について P12

More information

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L)

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L) 平 成 24 年 度 稚 内 市 財 務 書 類 報 告 書 ( 新 地 方 公 会 計 制 度 - 総 務 省 方 式 改 訂 モデル) 貸 借 対 照 表 行 政 コ ス ト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 北 海 道 稚 内 市 平 成 26 年 3 月 はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088EA94CA8EBF96E294AD8CBE97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088EA94CA8EBF96E294AD8CBE97702E646F63> 一 般 質 問 発 言 通 告 書 平 成 24 年 9 月 定 例 会 蒲 郡 市 議 会 1 青 山 義 明 1 フルマラソン 大 会 誘 致 に 向 けて (1)マラソン 大 会 実 行 委 員 会 との 連 携 について (2) 市 制 60 周 年 事 業 に 向 けて 2 大 型 店 進 出 による 交 通 量 の 増 加 について (1) 宮 成 西 交 差 点 の 渋 滞 緩 和 について

More information

2. 発 注 契 約 Q1 預 け 金 (プール 金 )とはどのような 行 為 をいうのですか A1 消 耗 品 等 の 納 品 があったように 見 せかけて, 架 空 の 取 引 により 大 学 に 代 金 を 支 払 わせ 業 者 に 預 け 金 (プール 金 )として 管 理 させることを い

2. 発 注 契 約 Q1 預 け 金 (プール 金 )とはどのような 行 為 をいうのですか A1 消 耗 品 等 の 納 品 があったように 見 せかけて, 架 空 の 取 引 により 大 学 に 代 金 を 支 払 わせ 業 者 に 預 け 金 (プール 金 )として 管 理 させることを い よくある 質 問 (FAQ) 1. 予 算 管 理 ( 執 行 管 理 ) Q1 目 的 外 使 用 は 可 能 ですか A1 公 的 研 究 費 にはそれぞれ 目 的 があり 予 算 措 置 されています 補 助 金 については 補 助 金 適 正 化 法 の 適 用 を 受 け 交 付 目 的 以 外 の 他 の 用 途 への 使 用 が 禁 止 されています Q2 A2 予 算 を 翌 年 度

More information

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 別 紙 2 工 事 一 時 中 止 ガイドライン Ⅰ 策 定 の 目 的 森 林 整 備 保 全 事 業 の 工 事 の 実 施 において 自 然 的 人 為 的 な 事 象 や 地 元 調 整 各 種 協 議 の 状 況 等 により 準 備 工 本 体 工 事 に 着 手 できない 事 態 や 工 事 の 施 工 途 中 で 中 断 を 余 儀 なくされる 事 態 が 生 じることがある このような

More information

1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害

1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害 刑 法 弁 護 士 内 藤 慎 太 郎 1 1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害 罪 の 共 同 正 犯 の 成 立 範 囲 決 定 要 旨

More information

「クローズアップ現代」報道に関する中間報告

「クローズアップ現代」報道に関する中間報告 平 成 27 年 4 月 9 日 クローズアップ 現 代 報 道 に 関 する 調 査 委 員 会 クローズアップ 現 代 報 道 に 関 する 中 間 報 告 本 委 員 会 は 平 成 26 年 5 月 14 日 に 放 送 した クローズアップ 現 代 追 跡 出 家 詐 欺 ~ 狙 われる 宗 教 法 人 ~ ( 以 下 クロ 現 )に 対 して いわゆる やらせ があった との 指 摘 を

More information

野村資本市場研究所|課税繰延措置を導入した中国の確定拠出型企業年金の展望(PDF)

野村資本市場研究所|課税繰延措置を導入した中国の確定拠出型企業年金の展望(PDF) 特 集 1: 私 的 年 金 拡 充 策 課 税 繰 延 措 置 を 導 入 した 中 国 の 確 定 拠 出 型 企 業 年 金 の 展 望 1 課 税 繰 延 措 置 を 導 入 した 中 国 の 確 定 拠 出 型 企 業 年 金 の 展 望 関 根 栄 一 杜 進 ( 翻 訳 協 力 ) 要 約 1. 中 国 では 2013 年 12 月 6 日 財 政 部 人 力 資 源 社 会 保 障

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ 問 1 次 の 設 例 に 基 づき 相 続 の 概 要 に 関 する 以 下 の 設 問 A~Jについて それぞれの 答 えを1~4の 中 か ら1つ 選 んでください < 設 例 > 東 京 都 内 で 飲 食 店 を 営 んでいる 杉 野 和 弘 さん( 以 下 杉 野 さん という)は 将 来 の 相 続 対 策 につ いて 検 討 している 平 成 26 年 6 月 末 の 杉 野 さんの

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

Microsoft Word - 新HOT-13-03.doc

Microsoft Word - 新HOT-13-03.doc 2013.3 月 ( 323) UMS 税 理 士 法 人 ユーマス 会 計 株 式 会 社 ユーマス 経 営 新 今 月 の 視 点 平 成 25 年 度 税 制 改 正 の 行 方 自 民 党 税 制 調 査 会 ( 平 成 25 年 1 月 29 日 閣 議 決 定 ) 現 在 の 経 済 情 勢 を 踏 まえて 成 長 と 富 の 好 循 環 の 実 現 に 向 けて 民 間 投 資 喚 起

More information

瑞 穂 農 芸 ( 園 芸 科 学 畜 産 科 学 食 品 ) 1/26 作 文, 集 団 討 論 1/27 個 人 面 接 集 団 討 論 のテーマ 受 検 生 試 験 官 進 行 ここにいる 皆 さんは 学 校 から 防 災 活 動 ボランティアとして 土 砂 災 害 の 避 難 所 へ 徒 歩

瑞 穂 農 芸 ( 園 芸 科 学 畜 産 科 学 食 品 ) 1/26 作 文, 集 団 討 論 1/27 個 人 面 接 集 団 討 論 のテーマ 受 検 生 試 験 官 進 行 ここにいる 皆 さんは 学 校 から 防 災 活 動 ボランティアとして 土 砂 災 害 の 避 難 所 へ 徒 歩 平 成 27 年 度 都 立 高 推 薦 入 試 実 施 状 況 新 教 育 調 べ < 農 業 科 家 庭 科 商 業 科 ビジネスコミュニケーション 科 産 業 科 > 園 芸 ( 園 芸 食 品 動 物 ) 1/26 作 文, 集 団 討 論 1/27 個 人 面 接 集 団 討 論 のテーマ 受 検 生 試 験 官 進 行 クラスの 話 し 合 いで 多 数 決 によって ものごとを 決 めることについて

More information

表 1. 技 術 と 技 能 特 性 技 術 技 能 依 存 性 習 熟 性 スキル 性 格 知 識 依 存 性 強 弱 五 感 依 存 性 弱 強 習 熟 体 制 組 織 中 心 個 人 中 心 習 熟 方 法 経 験 中 心 頭 で 覚 える 体 験 中 心 体 で 覚 える 所 要 期 間 中

表 1. 技 術 と 技 能 特 性 技 術 技 能 依 存 性 習 熟 性 スキル 性 格 知 識 依 存 性 強 弱 五 感 依 存 性 弱 強 習 熟 体 制 組 織 中 心 個 人 中 心 習 熟 方 法 経 験 中 心 頭 で 覚 える 体 験 中 心 体 で 覚 える 所 要 期 間 中 化 学 装 置 2008 年 1 月 号 掲 載 プラントエンジニアリング 産 業 の 技 術 伝 承 (その 1) (はじめに) 環 境 企 画 松 村 眞 昭 和 22 年 から 昭 和 24 年 生 まれの 団 塊 世 代 が 60 歳 で 定 年 退 職 を 迎 える 時 期 になっ た 2007 年 から 3 年 間 は 退 職 者 の 大 量 発 生 により 三 つの 社 会 現 象 が

More information

コンプライアンス憲章

コンプライアンス憲章 コンプライアンス 憲 章 第 1 条 ( 目 的 ) この 憲 章 は 三 井 ハイテック( 全 三 井 ハイテックグループ 会 社 を 含 む 以 下 同 じ)の 全 て の 役 員 (これに 準 ずるものを 含 む 以 下 同 じ)および 従 業 員 一 人 一 人 が 三 井 ハイテック で 働 く 者 としての 誇 りを 持 ち あらゆる 企 業 活 動 の 場 面 において 関 係 法 令

More information

(Microsoft Word - \203A\203\201\201[\203o\214o\211c\227\235\211\360.doc)

(Microsoft Word - \203A\203\201\201[\203o\214o\211c\227\235\211\360.doc) 1. 経 営 管 理 フレームとしての 基 本 的 な 特 徴 アメーバ 経 営 は 経 営 管 理 の 仕 組 みの 側 面 から 見 ると 時 間 当 り という 利 益 効 率 指 標 を 中 核 に 置 いた 部 門 別 採 算 管 理 手 法 であると 言 える 以 下 にその 重 要 な 特 徴 について 述 べる 1 時 間 当 り という 指 標 時 間 当 り の 求 め 方 は

More information