HP掲載用_定款

Size: px
Start display at page:

Download "HP掲載用_定款20160530"

Transcription

1 一 般 社 団 法 人 日 本 手 外 科 学 会 会 員 各 位 平 成 28 年 5 月 30 日 一 般 社 団 法 人 日 本 手 外 科 学 会 編 集 委 員 会 担 当 理 事 坪 川 直 人 委 員 長 谷 口 泰 德 日 本 手 外 科 学 会 雑 誌 投 稿 に 関 する 規 程 改 訂 の 件 拝 啓 残 春 の 候 先 生 におかれましてはますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 しあげます 平 素 は 格 別 のご 高 配 を 賜 り 厚 くお 礼 申 しあげます この 度 編 集 委 員 会 では 第 4 条 ( 投 稿 論 文 )に 2 項 および 第 7 条 ( 論 文 の 様 式 )に 8 項 9 項 をそれぞれ 追 加 改 訂 致 しました 今 後 は 論 文 投 稿 に 当 たり 改 訂 された 規 程 にそって 論 文 作 成 投 稿 をお 願 い 申 しあげ ます 末 筆 ですが 先 生 方 の 益 々のご 健 勝 をお 祈 り 申 しあげます 敬 具

2 一 般 社 団 法 人 日 本 手 外 科 学 会 雑 誌 投 稿 に 関 する 規 程 ( 適 用 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 手 外 科 学 会 ( 以 下 本 学 会 という)は, 本 学 会 の 雑 誌 投 稿 について 別 に 定 めがあるものの 他 にこの 規 程 を 定 める. ( 論 文 の 発 行 ) 第 2 条 日 本 手 外 科 学 会 雑 誌 ( 以 下, 本 誌 という)は, 投 稿 論 文 ( 学 術 集 会 発 表 論 文, 自 由 投 稿 論 文 ), 依 頼 論 文 などを 掲 載 し, 年 6 回 発 刊 する. ( 著 者 ) 第 3 条 投 稿 論 文 の 著 者 ( 共 著 者 を 含 む)は, 本 学 会 会 員 であることを 要 する. 附 則 : 投 稿 時 に, 共 著 者 の 非 会 員 チェックを 行 い, 非 会 員 で 投 稿 する 場 合,1 論 文 につき,7,000 円 支 払 う. 請 求 は 投 稿 後 に 本 学 会 事 務 局 が 行 う. ( 投 稿 論 文 ) 第 4 条 投 稿 論 文 は 未 発 表 のものであることを 要 し, 掲 載 後 の 再 投 稿, 他 誌 への 転 載 は 編 集 委 員 会 の 許 可 を 必 要 とする. 2. 投 稿 論 文 は 十 分 に 推 敲 を 重 ねて( 日 本 手 外 科 学 会 雑 誌 投 稿 に 関 する 規 程 第 7 条 参 照 のこと), 指 導 者 の 校 閲 を 受 け, 承 認 を 得 て 提 出 する. ( 論 文 の 著 作 権 ) 第 5 条 本 誌 へ 掲 載 された 論 文 の 著 作 権 は, 採 用 が 決 定 した 日 をもってすべて 本 学 会 に 譲 渡 されるものとする. ( 投 稿 者 の 責 任 ) 第 6 条 論 文 投 稿 者 は, 論 文 の 題 名, 著 者 名, 所 属, 内 容 など, 著 作 権 を 除 く 全 ての 事 項 に ついて 責 任 を 負 う. 2. 症 例 報 告, 個 人 のプライバシーについては, 症 例 報 告 を 含 む 医 学 論 文 及 び 学 会 研 究 会 発 表 における 患 者 プライバシー 保 護 に 関 する 指 針 (http://www.jssoc.or.jp/other/info/privacy.html) ( 外 科 学 会 関 連 学 会 協 議 会 ;2004 年 4 月 6 日 ) を 遵 守 すること 3. 重 複 又 は 二 重 掲 載 やプライバシーに 関 する 患 者 の 権 利 の 保 護 などについては, 医 学 雑 誌 編 集 者 国 際 委 員 会 ( International Committee of Medical Journal Editors (ICMJE))の 提 示 する 生 物 医 学 雑 誌 への 統 一 投 稿 規 程

3 (http://www.icmje.org/icmje-recommendations.pdf)2013 年 8 月 改 訂 版 ) に 準 じ て 投 稿 する. 参 考 : (http://www.honyakucenter.jp/usefulinfo/pdf/uniform_requirements2010.pdf) 2010 年 4 月 改 訂 版 ( 日 本 語 翻 訳 ) 4. 本 誌 は 寄 稿 されるすべての 論 文 の 内 容 に 影 響 及 ぼしうる 資 金 提 供, 雇 用 関 係 を 明 示 することを 求 める. 研 究 に 対 する 営 利 企 業, 支 援 団 体 からの 支 援 ( 金 銭, 物 品, 無 形 の 便 宜 )を 開 示 し なければならない. 本 文 の 末 尾 ( 謝 辞 または 文 献 の 前 )に 利 益 相 反 の 有 無 について 明 記 する. 利 益 相 反 がある 場 合 は,その 企 業, 団 体 名 を 明 記 したうえで, 著 者 全 員 について 日 本 手 外 科 学 会 倫 理 利 益 相 反 委 員 会 の 日 本 手 外 科 学 会 雑 誌 :COI 自 己 申 告 書 様 式 3 (http://www.jssh.or.jp/doctor/jp/about/coi.html)に 記 入 し, 申 告 書 を 学 会 事 務 局 に 郵 送 する. ( 論 文 の 様 式 ) 第 7 条 論 文 の 様 式 は 下 記 のとおりとする. 論 文 は 和 文 とする. (1) 形 式 : 本 学 会 の 指 定 するオンライン 投 稿 システムの 投 稿 手 順 に 従 い, 入 力 を 行 う. 論 文 は 和 文 とする. (2) 書 式 : 本 文 の 入 力 に 際 する 注 意 事 項 は, 別 紙 註 1に 従 う. (3) 画 像 データ: 本 文 中 に 挿 入 する 図 表 等 の 画 像 データはカラー 白 黒 を 問 わ ず,データサイズは1 個 あたり 最 大 5MB までを10 個 以 内 とする. 但 し,カラーで 登 録 された 画 像 データについても, 雑 誌 掲 載 時 には 白 黒 で 印 刷 される.その 際, 複 数 の 図 表 を 組 み 合 わせて1 個 の 画 像 データとし た 場 合 には, 画 像 データ 内 のレイアウトに 注 意 する. 又 ファイル 形 式 はJPEG,GIF,TIF のいずれかに 限 る. 解 像 度 は 確 認 画 面 上 では 72dpi, 製 本 時 では400dpi 相 当 となる. 画 像 データは 下 記 のいずれかのサイズを 指 定 して 登 録 することができ る. 1 通 常 サイズ: 横 幅 約 69mm 以 内 に 自 動 調 整 される. 2 幅 広 サイズ: 横 幅 約 148mm 以 内 に 自 動 調 整 される. (4) 枚 数 : 入 力 内 容 のPDF 確 認 画 面 において, 画 像 データを 含 む3 頁 以 内 を 推 奨 する.なお,1 頁 の 文 字 数 は1,800 字 程 度 である. (5) 投 稿 : 学 術 集 会 発 表 論 文 は, 原 則 として 学 術 集 会 発 表 後,その 年 の7 月 1 日 までに 本 学 会 指 定 のオンライン 投 稿 システムから 投 稿 すること.この 期 日 に 遅 れた 場 合 には, 自 由 投 稿 論 文 として 受 付 ける. 自 由 投 稿 論 文 は, 随 時

4 オンライン 投 稿 システムで 受 付 ける. (6) 論 文 は, 常 用 漢 字, 新 かなづかい, 新 医 学 用 語 を 用 い, 且 つ 整 形 外 科 用 語 集 形 成 外 科 用 語 集 手 外 科 学 用 語 集 および 日 本 医 学 会 医 学 用 語 辞 典 WEB 版 に 準 拠 すること. 数 量 を 示 す 文 字 は,cm, ml, l, g な どを 使 用 する. 文 中 の 数 字 はアラビア 数 字 (1,2,3, )を 使 う. 1 人 名 はできるだけカナ 書 きを 避 け, 原 語 で 記 載 すること. 例 )Heberden 結 節, Volkmann 拘 縮 2 図 の 説 明 文 は, 現 在 形 を 用 いる. 3 図 の 挿 入 部 位 は, していた( 図 1). とする. 4 1 ヶ 所,3 ヶ 月 等,ヶは 使 わず,3 か 月 とする. 5 個 人 が 特 定 されるような 書 き 方 はしない. 例 ) 平 成 19 年 12 月 1 日 に 交 通 事 故 で 6 われわれは 我 々は などは, 著 者 らは という 記 載 に 統 一 す る. 7 である,であった 調 に 統 一 する. 8 症 例 を 出 す 場 合 には, 以 下 のフォーマットを 基 本 とする. 症 例 提 示 症 例 1: 45 歳, 男 性. 主 訴 : 現 病 歴 : 身 体 所 見 検 査 所 見 : 手 術 所 見 : 術 後 経 過 : 9 表 を 出 す 場 合 には,エクセルを 基 本 に 使 用 する 歳 以 下 の 場 合 には, 男 児 又 は 女 児 とする. (7) 著 者 の 数 は 筆 頭 著 者 1 名 を 含 む6 名 までとする. (8) 著 書 のローマ 字 は 名 姓 になるように 登 録, 修 正 をする. 例 ) 手 外 科 太 郎 の 場 合 は Taro Tegeka (9) 論 文 英 文 タイトルでは 接 続 詞, 冠 詞 以 外 は 大 文 字 で 入 力 する. 例 )Clinical Results of Carpal Tunnel Syndrome by Surgical Treatment with Small Skin Incision (10) 図 表 及 び 説 明 文 は, 和 文 とする. 図, 表 の 番 号 は, 図 1, 図 2, 表 1, 表 2,などを 使 用 する. (11) 学 術 集 会 発 表 論 文 は,できるだけ 学 術 集 会 での 質 疑 応 答 の 内 容 をとり 入 れて 作 成 する. (12) 引 用 文 献 は 重 要 なものにとどめ, 雑 誌, 単 行 書, 英 文 論 文 など 合 計 10 文 献

5 までを 画 面 に 従 い 引 用 順 に 入 力 を 行 った 後,Pubmed でのチェックを 行 う こととする. 本 文 中 に 見 出 し 番 号 を 入 れ,オンライン 投 稿 システムに 従 う. ( 論 文 投 稿 先 ) 第 8 条 英 文 論 文 は,Hand Surgery (Asian Volume)へ 投 稿 する. 投 稿 先 は, 下 記 の 通 りオ ンラインで 行 う.(http://www.worldscinet.com/hs/mkt/guidelines.shtml) ( 校 正 ) 第 9 条 初 校 ( 著 者 校 正 )は, 本 学 会 の 指 定 するオンラインの 専 用 ページにて, 著 者 が 責 任 をもって 定 められた 期 限 までに, 著 者 の 責 任 をもって 行 うものとし, 定 められた 期 限 までに 著 者 校 正 を 完 了 できなかった 場 合 でも, 期 限 日 をもって 著 者 校 正 完 了 とみ なす. 2. 校 正 は, 誤 字 脱 字 等 の 修 正 だけで, 新 たな 加 筆, 改 編 は 認 めない. 3. 著 者 校 正 の 連 絡 をもらった 会 員 は, 速 やかにこれを 完 了 させ,その 後 の 変 更 は 認 めないものとする. ( 論 文 の 採 否 ) 第 10 条 論 文 の 採 否 については, 代 議 員 で 構 成 される 査 読 委 員 による 査 読 後, 編 集 委 員 会 に おいてこれを 決 定 する.なお, 編 集 委 員 会 は, 論 文 中 の 用 語, 字 句, 表 現 などにつ き 著 者 の 承 諾 を 得 ることなしに 修 正 することがある. 2. 投 稿 論 文 においては 個 人 情 報 保 護 の 観 点 から,たとえ 学 術 論 文 であっても 容 易 に 個 人 が 特 定 されないように, 症 例 の 記 載 については 十 分 に 配 慮 しなければならない. 3. ヘルシンキ 宣 言 (http://www.med.or.jp/wma/helsinki02_j.html)に 違 反 して いると 判 断 された 論 文 は 採 用 されない. 4. 論 文 は 査 読 前 の 最 終 更 新 日 を 受 付 日 とし, 採 用 が 決 定 した 日 を 受 理 日 とする. 5. 翌 年 2 月 1 日 までに 採 用 されなければ, 自 由 投 稿 として 再 投 稿 を 要 する. ( 論 文 掲 載 料 及 び 著 作 負 担 費 用 ) 第 11 条 論 文 の 掲 載 料 は 次 のとおりとする. 但 し, 掲 載 料 の 払 込 が 確 認 されなければ,その 論 文 は 掲 載 されないものとする. (1) 学 術 集 会 発 表 論 文 の 場 合, 本 文, 図 表 を 含 む4 頁 以 内 は10,000 円 とし,こ れを 超 えるものは1 頁 につき7,000 円 を 実 費 負 担 とする. (2) 自 由 投 稿 論 文 の 場 合,10 頁 以 内 は1 頁 につき7,000 円 とし,これを 超 える ものは 実 費 負 担 とする.また, 他 の 手 外 科 関 連 学 会 の 抄 録 などは1 頁 につき 4,000 円 とする. 2. 著 作 負 担 費 用 については 事 前 予 告 を 通 じ, 編 集 委 員 会 が 変 更 できるものとする.

6 3. 著 作 負 担 費 用 の 支 払 方 法 については, 編 集 委 員 会 が 別 途 通 知 する. ( 別 冊 の 取 扱 い) 第 12 条 別 刷 は,PDF ファイルによりこれに 替 えるものとする.PDFファイルは 入 金 が 確 認 できた 後 に, 投 稿 システムからダウンロードできる. 附 則 1. この 規 程 の 変 更 は, 理 事 会 において 行 う. 2. この 規 程 は, 平 成 22 年 5 月 13 日 から 施 行 する. 3. この 改 訂 規 程 は, 平 成 23 年 5 月 11 日 から 施 行 する. 4. この 改 訂 規 程 は, 平 成 23 年 6 月 30 日 から 施 行 する. 5. この 改 訂 規 定 は, 平 成 26 年 1 月 12 日 より 施 行 する. 6. この 改 訂 規 定 は, 平 成 27 年 4 月 15 日 より 施 行 する. 7. この 改 訂 規 定 は, 平 成 28 年 1 月 11 日 より 施 行 する. 8. この 改 訂 規 定 は, 平 成 28 年 5 月 28 日 より 施 行 する.

7 別 紙 註 1;オンライン 投 稿 システムにおける 特 殊 文 字 の 入 力 方 法 について 1. 装 飾 文 字 について 上 付 き 文 字, 下 付 き 文 字,イタリック 文 字, 太 文 字,アンダーライン 文 字 などは, 必 ず 下 記 にならって 装 飾 する 文 字 の 前 後 に 直 接 タグを 入 力 するか, 又 は 画 面 上 の 雛 形 より 該 当 するタグをコピー&ペーストして 入 力 を 行 うこと.MS-Word やPDF 等 から のコピー&ペーストは 反 映 されない. 1) 上 付 き 文 字 : <SUP>~</SUP> 例 ) Na<SUP>+</SUP> Na+ 2) 下 付 き 文 字 : <SUB>~</SUB> 例 )H<SUB>2</SUB> H2 3)イタリック 文 字 : <I>~</I> 例 )<I>イタリック</I> イタリック 4) 太 文 字 : <B>~</B> 例 )<B> 太 文 字 </B> 太 文 字 5)アンダーライン: <U>~</U> 例 )<U>アンダーライン</U> アンダーライン 2. < > について 本 文 中 にタグ 以 外 の 目 的 で < 又 は > を 使 用 する 際 は(たとえばa<0.01), 必 ず 全 角 の < 及 び > を 入 力 する. 3. 改 行 について 本 文 中 で 改 行 する 場 合, 改 行 したい 文 の 頭 に 必 ず<BR>を 入 力 する.スペースを 挿 入 することによる 改 行 は 認 めない. 4. スペースについて 全 ての 論 文 は, 必 ず 左 詰 めで 入 力 すること. 文 頭 のスペースは 反 映 されない. 5. 文 献 番 号 について 文 献 番 号 は, 表 示 したい 箇 所 に<_ref _>を 入 力 する( 黒 丸 は 半 角 数 字 で1~10 のい ずれかを 使 用 ).

例 2)2 枚 組 写 真 2 つ,4 枚 組 写 真 2 つ,6 枚 組 写 真 1 つの 場 合,(200 2)+(400 2)+800 で 2,000 文 字 と 換 算 されるため, 本 文 文 献 は 3,000 文 字 までとなる. 2 原 著, 総 説 図 表, 文 献 を 含 め 1

例 2)2 枚 組 写 真 2 つ,4 枚 組 写 真 2 つ,6 枚 組 写 真 1 つの 場 合,(200 2)+(400 2)+800 で 2,000 文 字 と 換 算 されるため, 本 文 文 献 は 3,000 文 字 までとなる. 2 原 著, 総 説 図 表, 文 献 を 含 め 1 骨 折 投 稿 規 定 1. 本 誌 は 学 術 集 会 発 表 論 文, 自 由 投 稿 論 文 ( 原 著, 症 例 報 告 ), 依 頼 論 文 ( 総 説 など)を 掲 載 し, 年 4 回 発 刊 する. 総 説 : 編 集 委 員 会 からの 依 頼 によるもの 原 著 : 基 礎 研 究, 臨 床 研 究 ともに 独 創 性 に 富 み, 目 的 と 結 論 が 明 確 な 論 文 症

More information

文 字 と 換 算 されるため, 本 文 文 献 は 3,000 文 字 までとなる. 2 原 著, 総 説 図 表, 文 献 を 含 め 16,000 文 字 以 内 3 症 例 報 告 図 表, 文 献 を 含 め 8,000 文 字 以 内 英 文 論 文 は A4 用 紙 に 十 分 余 白

文 字 と 換 算 されるため, 本 文 文 献 は 3,000 文 字 までとなる. 2 原 著, 総 説 図 表, 文 献 を 含 め 16,000 文 字 以 内 3 症 例 報 告 図 表, 文 献 を 含 め 8,000 文 字 以 内 英 文 論 文 は A4 用 紙 に 十 分 余 白 骨 折 投 稿 規 定 1. 本 誌 は 学 術 集 会 発 表 論 文, 自 由 投 稿 論 文 ( 原 著, 症 例 報 告 ), 依 頼 論 文 ( 総 説 など)を 掲 載 し, 年 4 回 発 刊 する. 総 説 : 編 集 委 員 会 からの 依 頼 によるもの 原 著 : 基 礎 研 究, 臨 床 研 究 ともに 独 創 性 に 富 み, 目 的 と 結 論 が 明 確 な 論 文 症

More information

日 本 獣 医 師 会 学 会 学 術 誌 編 集 申 合 せ 事 項 目 次 1 目 的 2 審 査 の 手 順 3 留 意 すべき 事 項 (1) 編 集 にあたって (2) 審 査 にあたって (3) その 他 別 紙 審 査 原 稿 の 流 れ 図 ( 基 本 ) 審 査 原 稿 の 流 れ

日 本 獣 医 師 会 学 会 学 術 誌 編 集 申 合 せ 事 項 目 次 1 目 的 2 審 査 の 手 順 3 留 意 すべき 事 項 (1) 編 集 にあたって (2) 審 査 にあたって (3) その 他 別 紙 審 査 原 稿 の 流 れ 図 ( 基 本 ) 審 査 原 稿 の 流 れ 別 添 日 本 獣 医 師 会 学 会 学 術 誌 編 集 申 合 せ 事 項 平 成 2 3 年 4 月 1 日 改 訂 社 団 法 人 日 本 獣 医 師 会 獣 医 学 術 学 会 誌 編 集 委 員 会 日 本 獣 医 師 会 学 会 学 術 誌 編 集 申 合 せ 事 項 目 次 1 目 的 2 審 査 の 手 順 3 留 意 すべき 事 項 (1) 編 集 にあたって (2) 審 査 にあたって

More information

看 護 保 健 科 学 研 究 誌 投 稿 規 程 1. 学 術 論 文 誌 発 行 の 目 的 論 文 誌 は, 大 学 短 期 大 学 の 教 員 または 臨 地 で 実 践 している 看 護 専 門 職 などによる 自 主 的 な 看 護 学 及 び 保 健 科 学 研 究 を 促 進 奨 励

看 護 保 健 科 学 研 究 誌 投 稿 規 程 1. 学 術 論 文 誌 発 行 の 目 的 論 文 誌 は, 大 学 短 期 大 学 の 教 員 または 臨 地 で 実 践 している 看 護 専 門 職 などによる 自 主 的 な 看 護 学 及 び 保 健 科 学 研 究 を 促 進 奨 励 2016 年 8 月 1 日 会 員 各 位 全 国 看 護 管 理 教 育 地 域 ケアシステム 学 会 第 17 巻 看 護 保 健 科 学 研 究 誌 編 集 委 員 会 第 17 巻 看 護 保 健 科 学 研 究 誌 論 文 投 稿 のご 案 内 拝 啓 時 下 ますます 御 清 祥 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 日 頃 から 当 学 会 への 御 協 力 をいただきまして 誠

More information

≪投稿募集≫

≪投稿募集≫ 機 関 誌 地 下 水 技 術 投 稿 案 内 < 投 稿 のご 案 内 > 本 誌 は 地 下 水 に 関 する 正 しい 知 識 の 普 及 と 技 術 の 発 展 向 上 を 主 たる 目 的 の1つとする( 社 ) 地 下 水 技 術 協 会 の 機 関 誌 として 発 刊 されています 機 関 誌 編 集 委 員 会 では 本 協 会 の 特 性 を 活 かした 紙 面 づ くりに 今 後

More information

2 論 文 原 稿 ( 原 本 ) 各 1 部 (Word,PDF) 3 審 査 用 原 稿 ( 第 1 ページの 著 者 名 所 属, 及 び 謝 辞 を 除 いたもの) - 各 1 部 (Word,PDF) 4 投 稿 前 チェックリスト( 所 定 の 様 式 ) 1 部 なお, 同 一 号 に

2 論 文 原 稿 ( 原 本 ) 各 1 部 (Word,PDF) 3 審 査 用 原 稿 ( 第 1 ページの 著 者 名 所 属, 及 び 謝 辞 を 除 いたもの) - 各 1 部 (Word,PDF) 4 投 稿 前 チェックリスト( 所 定 の 様 式 ) 1 部 なお, 同 一 号 に 人 間 教 育 学 研 究 投 稿 要 領 (JOURNAL FOR HUMANISTIC EDUCATION) 平 成 16 年 3 月 15 日 編 集 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 12 月 1 日 最 近 改 正 平 成 28 年 8 月 一 般 事 項 について 1. 人 間 教 育 学 研 究 は, 日 本 人 間 教 育 学 会 が 定 期 的 に 刊 行 する 研 究

More information

Microsoft Word - 00表紙(管理・運営編).doc

Microsoft Word - 00表紙(管理・運営編).doc 第 1 章 手 続 きの 概 要 1 手 続 きの 概 要 (1) 手 続 きの 種 類 NPO 法 人 を 運 営 する 上 では,さまざまな 手 続 きが 発 生 します 所 轄 庁 ( 福 岡 市 )への 手 続 き, 法 務 局 への 登 記 手 続 き, 県 税 事 務 所 あるいは 市 役 所 への 税 金 関 係 の 手 続 きのほか, 収 益 事 業 を 行 う 場 合 の 税 務

More information

Microsoft Word - 最新投稿規定2016(20160420)

Microsoft Word - 最新投稿規定2016(20160420) 日 本 味 と 匂 学 会 誌 1 号 2 号 の 投 稿 規 定 および 執 筆 要 領 (2016 年 4 月 20 日 改 訂 ) Ⅰ. 投 稿 規 定 1. 味 と 匂 に 関 する 未 公 刊 論 文 であること 原 著 短 報 総 説 技 術 ノート 等 他 誌 に 掲 載 さ れたものを 重 複 して 投 稿 してはならない 2. 筆 頭 著 者 は 本 学 会 の 会 員 に 限 る

More information

ìäçeãKíˆÅEç◊ë•Åiç≈èIî≈àÛç¸ópÅj

ìäçeãKíˆÅEç◊ë•Åiç≈èIî≈àÛç¸ópÅj 農 業 食 料 工 学 会 誌 投 稿 規 程 ( 昭 和 12 年 4 月 制 定 ) ( 平 成 6 年 1 月 改 正 ) ( 平 成 13 年 9 月 改 正 ) ( 昭 和 52 年 6 月 改 正 ) ( 平 成 7 年 5 月 改 正 ) ( 平 成 15 年 12 月 改 正 ) ( 昭 和 57 年 4 月 改 正 ) ( 平 成 9 年 1 月 改 正 ) ( 平 成 18 年

More information

Microsoft Word - 最終版H21総会資料2009.doc

Microsoft Word - 最終版H21総会資料2009.doc 平 成 21 年 度 北 日 本 看 護 学 会 総 会 資 料 日 時 :2009 年 9 月 26 日 ( 土 曜 日 )10:00~11:00 会 場 : 第 1 講 義 室 Ⅰ 報 告 事 項 1 理 事 会 評 議 員 会 報 告 資 料 1(p.1) 2 庶 務 報 告 資 料 2(p.2) 3 編 集 委 員 会 報 告 資 料 3(p.3) 4 研 究 奨 励 会 報 告 資 料 4(p.4)

More information

仕様書

仕様書 仕 様 書 1 件 名 平 成 28 年 度 ムスリム 旅 行 者 受 入 対 応 施 設 紹 介 パンフレット( 地 図 部 分 を 含 む ) 制 作 及 び 印 刷 業 務 委 託 2 目 的 東 京 を 訪 れるムスリム 旅 行 者 に 対 し ムスリム 旅 行 者 の 受 入 に 取 り 組 んでいる 施 設 を 紹 介 するパンフレットを 制 作 することで ムスリムの 訪 都 に 対

More information

様式Z-6_Z-7作成上の注意

様式Z-6_Z-7作成上の注意 様 式 Z-6 Z-7 作 成 上 の 注 意 < 対 応 事 業 > 基 盤 研 究 (B) 若 手 研 究 (A) 平 成 24 年 度 以 降 採 択 のみ ( 直 接 経 費 の 配 分 総 額 が500 万 円 以 下 の 研 究 課 題 を 除 く ) 科 研 費 は 国 民 から 徴 収 された 税 金 等 でまかなわれるものであり 研 究 者 は その 成 果 を 社 会 国 民 にで

More information

□ 2015 年 度 社 会 学 部 スタイルガイド 2015 年 4 月 関 西 学 院 大 学 社 会 学 部 このガイドは 社 会 学 部 に 卒 業 論 文 定 期 リポート 平 常 リポートを 提 出 する 際 の 必 要 最 小 限 の 原 則 を 履 修 者 の 皆 さんに 示 すことを 目 的 としています 社 会 学 部 開 講 科 目 を 履 修 するすべ ての 学 生 を 対 象

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

Microsoft Word - 養生学研究投稿規定(改)

Microsoft Word - 養生学研究投稿規定(改) よ う せ い 養 生 学 研 究 投 稿 規 定 2000 年 3 月 11 日 施 行 2006 年 5 月 01 日 改 正 1. 養 生 学 研 究 ( 以 下 本 誌 と い う ) の 編 集 及 び 発 行 に 関 し て は こ の 規 定 の 定 め る と こ ろ に よ る. 2. 投 稿 資 格 本 誌 に 原 稿 を 投 稿 で き る 筆 頭 著 者 は, 原 則 と し

More information

様式F-6-1_様式F-7-1作成上の注意

様式F-6-1_様式F-7-1作成上の注意 様 式 F-6-3 F-7-3 作 成 上 の 注 意 < 対 応 事 業 > 国 際 共 同 研 究 加 速 基 金 ( 国 際 共 同 研 究 強 化 ) 科 研 費 は 国 民 から 徴 収 された 税 金 等 でまかなわれるものであり 研 究 者 は その 成 果 を 社 会 国 民 にで きるだけ 分 かりやすく 説 明 することが 求 められている 研 究 実 施 状 況 報 告 書 は

More information

Microsoft Word - 執筆の手引き-1-20060210.doc

Microsoft Word - 執筆の手引き-1-20060210.doc 1 1. 原 稿 の 体 裁 1.1 提 出 形 態 執 筆 の 手 引 き (2006 年 2 月 10 日 改 正 ) (1) 印 刷 物 ( 図 写 真 表 を 含 む) A4 用 紙 ( 白 地 ) 上 マージン 30 mm 下 マージン 30 mm 左 マージン 30 mm 右 マージン 30 mm (2) 電 子 ファイル( 図 写 真 表 を 含 む) 1.2 原 稿 の 項 目 原

More information

山梨みらいファンド事業費助成金交付要領(案)

山梨みらいファンド事業費助成金交付要領(案) 市 場 調 査 展 示 会 等 支 援 事 業 費 助 成 金 交 付 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 山 梨 県 が 定 める 山 梨 県 市 場 調 査 展 示 会 出 展 等 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づいて 公 益 財 団 法 人 やまなし 産 業 支 援 機 構 ( 以 下 支 援 機 構 という )が 実 施 する 市 場 調 査 展

More information

第27回長野県看護研究学会実施要綱

第27回長野県看護研究学会実施要綱 公 益 社 団 法 人 長 野 県 看 護 協 会 390-0802 松 本 市 旭 2-11-34 TEL 0263-35-0421 FAX 0263-34-0311 目 次 Ⅰ 第 37 回 長 野 県 看 護 研 究 学 会 開 催 について 1 ページ Ⅱ 演 題 発 表 に 関 すること 2~5 Ⅲ 抄 録 に 関 すること 6~8 Ⅳ 口 演 発 表 (パワーポイント 使 用 )について

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

150401 執筆要項 

150401 執筆要項  政 策 科 学 会 学 会 誌 政 策 科 学 執 筆 要 項 発 信 文 書 番 号 :PSA-160401 1. 本 年 度 の 編 集 体 制 と 刊 行 予 定 別 紙 刊 行 予 定 &スケジュール に 掲 載 2. 投 稿 の 有 資 格 者 と 投 稿 の 条 件 1) 政 策 科 学 会 員 本 年 度 政 策 科 学 部 所 属 の 教 授 准 教 授 政 策 科 学 研 究 科

More information

5. 投 稿 期 限 査 読 を 伴 う 論 文 については 毎 年 3 月 末 日 を 提 出 最 終 日 とし 4 月 1 日 以 降 に 提 出 され 受 理 された 原 稿 は 翌 年 出 版 分 の 原 稿 として 取 り 扱 う 提 出 は 原 則 として 電 子 メー ルの 送 信 日

5. 投 稿 期 限 査 読 を 伴 う 論 文 については 毎 年 3 月 末 日 を 提 出 最 終 日 とし 4 月 1 日 以 降 に 提 出 され 受 理 された 原 稿 は 翌 年 出 版 分 の 原 稿 として 取 り 扱 う 提 出 は 原 則 として 電 子 メー ルの 送 信 日 2015/09/17 テクニカルアナリストジャーナル 投 稿 の 手 引 き NTAA 事 務 局 1. まえがき 日 本 テクニカルアナリスト 協 会 ( NTAA)は 定 款 第 3 条 に 定 める 通 り 証 券 投 資 等 におけるテクニカル 分 析 理 論 の 教 育 普 及 活 動 を 行 い テクニカル 分 析 理 論 の 向 上 およ びテクニカル 分 析 業 務 に 従 事 する

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

(2) TTF / 2014 台 中 国 際 旅 展 ( 台 湾 ) 以 下 TTF という 日 程 : 平 成 26 年 10 月 3 日 ( 金 )から 10 月 6 日 ( 月 )までの 4 日 間 ( 予 定 ) ブース 数 :2 ブース 程 度 (3m 6m=18 m2 想 定 ) 6.

(2) TTF / 2014 台 中 国 際 旅 展 ( 台 湾 ) 以 下 TTF という 日 程 : 平 成 26 年 10 月 3 日 ( 金 )から 10 月 6 日 ( 月 )までの 4 日 間 ( 予 定 ) ブース 数 :2 ブース 程 度 (3m 6m=18 m2 想 定 ) 6. 仕 様 書 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 1. 件 名 平 成 26 年 度 マレーシア 台 湾 におけるセールスコール 手 配 及 び 旅 行 博 出 展 に 係 る 企 画 運 営 広 告 掲 出 等 業 務 委 託 2. 目 的 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 TCVB という )は 訪 都 旅 行 者 数 が 増 加 傾 向 にあるマ レーシア

More information

医学中央雑誌(医中誌)とは

医学中央雑誌(医中誌)とは 4.5 医 中 誌 Web 医 中 誌 Web は 国 内 で 発 行 された 医 学 看 護 学 薬 学 歯 学 などの 雑 誌 文 献 情 報 を 検 索 することができます 検 索 できるデータは 1977 年 から 現 在 までのデータ 約 1040 万 件 です (2016 年 3 月 現 在 ) 検 索 結 果 から 電 子 ジャーナルへのリンクが 貼 られており 全 文 を 読 める

More information

公 認 会 計 士 の 登 録 について 公 認 会 計 士 となる 資 格 を 有 する 者 が 公 認 会 計 士 となり 公 認 会 計 士 業 務 を 行 うためには 日 本 公 認 会 計 士 協 会 に 備 える 公 認 会 計 士 名 簿 に 登 録 を 受 けなければなりません (

公 認 会 計 士 の 登 録 について 公 認 会 計 士 となる 資 格 を 有 する 者 が 公 認 会 計 士 となり 公 認 会 計 士 業 務 を 行 うためには 日 本 公 認 会 計 士 協 会 に 備 える 公 認 会 計 士 名 簿 に 登 録 を 受 けなければなりません ( 公 認 会 計 士 開 業 登 録 の 手 引 目 次 公 認 会 計 士 の 登 録 について 1 公 認 会 計 士 開 業 登 録 申 請 に 必 要 な 提 出 書 類 3 登 録 に 係 る 費 用 振 込 先 8 登 録 後 の 会 費 10 書 類 の 提 出 先 11 登 録 審 査 会 開 催 日 程 一 覧 11 申 請 書 の 作 成 方 法 12 付 録 ( 旧 姓 使 用

More information

ミャンマー 会 社 法 第 一 部 前 文 1. * * * 2. (1) 本 法 において 主 題 又 は 文 脈 に 反 するものがない 限 り 下 記 の 文 言 は 以 下 の 意 味 を 有 する (1) 付 属 定 款 とは 会 社 の 原 始 付 属 定 款 又 は 特 別 決 議 に

ミャンマー 会 社 法 第 一 部 前 文 1. * * * 2. (1) 本 法 において 主 題 又 は 文 脈 に 反 するものがない 限 り 下 記 の 文 言 は 以 下 の 意 味 を 有 する (1) 付 属 定 款 とは 会 社 の 原 始 付 属 定 款 又 は 特 別 決 議 に ミャンマー 連 邦 共 和 国 会 社 法 The Burma Companies Act (1914) 本 資 料 は 国 家 計 画 経 済 開 発 省 企 業 投 資 管 理 局 (DICA) 発 表 のミャンマー 会 社 法 をもとに 国 際 機 関 日 本 アセアンセンターが 株 式 会 社 icubeに 委 託 し 日 本 語 に 仮 訳 したものです なお 本 資 料 はあくまで 仮

More information

花 巻 市 条 件 付 一 般 競 争 入 札 について 花 巻 市 では 入 札 における 透 明 性 公 平 性 の 向 上 を 図 り より 一 層 の 競 争 性 を 確 保 するために 条 件 付 一 般 競 争 入 札 を 実 施 します 条 件 付 一 般 競 争 入 札 について 条

花 巻 市 条 件 付 一 般 競 争 入 札 について 花 巻 市 では 入 札 における 透 明 性 公 平 性 の 向 上 を 図 り より 一 層 の 競 争 性 を 確 保 するために 条 件 付 一 般 競 争 入 札 を 実 施 します 条 件 付 一 般 競 争 入 札 について 条 花 巻 市 条 件 付 一 般 競 争 入 札 説 明 書 入 札 参 加 者 用 ( 建 設 工 事 用 ) 花 巻 市 花 巻 市 条 件 付 一 般 競 争 入 札 について 花 巻 市 では 入 札 における 透 明 性 公 平 性 の 向 上 を 図 り より 一 層 の 競 争 性 を 確 保 するために 条 件 付 一 般 競 争 入 札 を 実 施 します 条 件 付 一 般 競 争

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 関 係 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 個 人 住 民 税 関 係 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱

More information

連 がある 者 でないこと (5) 自 己 又 は 自 己 の 役 員 等 が 次 のいずれにも 該 当 しない 者 であること 及 び 次 に 掲 げる 者 が その 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していない 者 であること ア 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の

連 がある 者 でないこと (5) 自 己 又 は 自 己 の 役 員 等 が 次 のいずれにも 該 当 しない 者 であること 及 び 次 に 掲 げる 者 が その 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していない 者 であること ア 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 平 成 28 年 3 月 8 日 社 会 医 療 法 人 社 団 大 久 保 病 院 理 事 長 大 久 保 健 作 大 久 保 病 院 救 急 外 来 等 増 改 築 工 事 請 負 契 約 に 係 る 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 について ( 公 告 ) 大 久 保 病 院 救 急 外 来 等 増 改 築 工 事 請 負 契 約 に 係 る 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

平成■■年■■月■■日

平成■■年■■月■■日 入 札 公 告 事 後 審 査 型 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 及 び 西 宮 市 上 下 水 道 局 契 約 規 程 ( 昭 和 42 年 西 宮 市 水 道 局 管 理 規 程 第 13 号 )において 準 用 する 西 宮 市 契 約 規 則 ( 昭 和

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097988976918A94BD837D836C83578381839383678B4B92F62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097988976918A94BD837D836C83578381839383678B4B92F62E646F6378> 一 般 社 団 法 人 日 本 ジェネリック 医 薬 品 学 会 利 益 相 反 マネジメント 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 ジェネリック 医 薬 品 学 会 ( 以 下 本 学 会 と 略 す)は その 活 動 におい て 社 会 的 責 任 と 倫 理 性 が 求 められていることに 鑑 み 利 益 相 反 マネジメント 規 程 を 策 定 する その 目

More information

名称未設定

名称未設定 日 本 心 臓 病 学 会 利 益 相 反 (COI)マネジメントに 関 するガイドライン の 細 則 日 本 心 臓 病 学 会 ( 以 下 本 学 会 と 略 す)は 利 益 相 反 (COI)に 関 するガイドライン を 策 定 し 本 学 会 会 員 などの 利 益 相 反 (COI) 状 態 を 公 正 にマネジメントするために 利 益 相 反 に 関 す る 指 針 の 細 則 を 次

More information

電気学会技術報告(A4判)原稿執筆の手引き

電気学会技術報告(A4判)原稿執筆の手引き 電 気 学 会 技 術 報 告 原 稿 執 筆 の 手 引 き 技 術 報 告 は, 委 員 会 で 作 成 した 原 稿 を PDF 化 しオンデマンド 版 (1) および PDF ダウンロード 版 (2) とし 電 子 図 書 館 で 出 版, 販 売 します そのため 原 稿 は 次 の 事 項 にしたがい 作 成 して 下 さい 作 成 された 電 子 原 稿 は 電 子 図 書 館 のサーバに

More information

戦略担当者のための

戦略担当者のための アーカイブに 登 録 するための ナレッジ 作 成 方 法 1.ナレッジの 整 理 2.ナレッジの 文 章 化 (1)タイトルと 目 次 の 設 定 (2) 本 文 の 作 成 (3) 体 裁 の 整 備 と 校 正 (4)PDFの 作 成 2008 年 8 月 http://www.darecon.com 1.ナレッジの 整 理 初 めにナレッジ( 知 識 ノウハウ)を 整 理 します 以 下 の4

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 三 島 市 は 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり

More information

 【ウォールストリート・ジャーナルのDM(原文)】

 【ウォールストリート・ジャーナルのDM(原文)】 商 材 としての マニュアルの 作 り 方 CONTENTS 1. 商 材 としてのマニュアルについて 2.マニュアルの 作 り 方 http://www.darecon.com 1. 商 材 としてのマニュアルについて (1)ナレッジ 起 業 ではマニュアルは 必 須 の 商 材 コンサルタントのように 自 らのナレッジ( 知 識 やノウハウ)をもとに 起 業 する 場 合 マニュアルは 欠 かすことのできない

More information

事業計画

事業計画 平 成 22 年 度 事 業 計 画 平 成 22 年 5 月 6 日 1. の 充 実 (1) 会 員 の 増 員 に 向 けて 会 員 数 452 名 ( 平 成 22 年 5 月 6 日 現 在 ) 前 年 度 末 日 +17 名 新 入 職 者 への 入 会 勧 誘 の 実 施 臨 床 系 教 授 加 入 率 100%を 目 指 す (2) 医 師 会 費 の 徴 収 金 額 について 添

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1 クラウド 型 シラバスシステム クラシラ 利 用 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 基 本 機 能 に 関 する 定 義 ) 本 規 約 において 用 いられる 語 の 定 義 は, 次 号 の 通 りとする Web 入 稿 シラバス 登 録 編 集 管 理 シラバスの 科 目 情 報 講 義 内 容 および 教 員 情 報 の 登 録 編 集 管 理 を Web 上 でおこな うサービス

More information

支 出 費 目 別 の 注 意 事 項 ( 別 表 1) 学 術 定 期 刊 行 物 支 出 費 目 品 名 等 ( 例 ) 注 意 事 項 直 接 出 版 費 組 版 代 製 版 代 学 術 誌 の 刊 行 に 直 接 必 要 となる 経 費 のうち 以 下 の 刷 版 代 印 刷 代 経 費 に

支 出 費 目 別 の 注 意 事 項 ( 別 表 1) 学 術 定 期 刊 行 物 支 出 費 目 品 名 等 ( 例 ) 注 意 事 項 直 接 出 版 費 組 版 代 製 版 代 学 術 誌 の 刊 行 に 直 接 必 要 となる 経 費 のうち 以 下 の 刷 版 代 印 刷 代 経 費 に 3-1 補 助 金 の 適 正 な 管 理 執 行 等 について 本 資 料 は 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 研 究 成 果 公 開 促 進 費 )( 以 下 補 助 金 という )につ いて 補 助 金 を 管 理 執 行 する 際 にご 留 意 いただきたい 点 を 簡 潔 にまとめたものです 本 経 費 は 国 の 補 助 金 であり 会 計 検 査 院 等 の 検 査 の 対 象 となっているものですので

More information

はじめに PDFインフラストラクチャ 解 説 は: プリントオンデマンド( POD) 方 式 とKDPによるセルフ 出 版 の 事 例 であ り ワンソースマルチユース 方 式 制 作 の 実 践 事 例 でもある この 事 例 から 学 んだことや 今 後 の 課 題 を 報 告 する

はじめに PDFインフラストラクチャ 解 説 は: プリントオンデマンド( POD) 方 式 とKDPによるセルフ 出 版 の 事 例 であ り ワンソースマルチユース 方 式 制 作 の 実 践 事 例 でもある この 事 例 から 学 んだことや 今 後 の 課 題 を 報 告 する 専 門 的 書 籍 の 新 しい 制 作 流 通 のケーススタディとして PDFインフラストラクチャ 解 説 学 びと 課 題 2016 年 2 月 16 日 アンテナハウス 株 式 会 社 小 林 徳 滋 はじめに PDFインフラストラクチャ 解 説 は: プリントオンデマンド( POD) 方 式 とKDPによるセルフ 出 版 の 事 例 であ り ワンソースマルチユース 方 式 制 作 の 実

More information

大学病院治験受託手順書

大学病院治験受託手順書 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 運 営 手 順 書 第 1 条 目 的 本 手 順 書 は 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 各 種 委 員 会 規 程 の 定 めるところにより 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )の 運 営 方 法 を 定 め 医 薬 品 等 の 治 験 製 造

More information

地域総合研究第38巻第2号

地域総合研究第38巻第2号 全 国 都 道 府 県 統 計 協 会 刊 行 の 統 計 資 料 調 査 について 地 域 総 合 研 究 所 池 端 真 理 本 研 究 所 では, 現 在 37 都 道 府 県 の 統 計 協 会 に 加 入 しており, 統 計 年 鑑 をはじめ, 毎 月 発 行 される 統 計 資 料 を 受 け 入 れています 人 口 労 働 賃 金 産 業 物 価 家 計 経 済 教 育 など 各 種

More information

先 端 技 術 紹 介 出 展 要 綱 (1) 展 示 期 間 : 2012 年 3 月 14 日 ( 水 )~3 月 16 日 ( 金 ) (2) 展 示 会 場 : 首 都 大 学 東 京 南 大 沢 キャンパス( 東 京 都 八 王 子 市 ) (3) 展 示 方 法 : バックパネル: 幅

先 端 技 術 紹 介 出 展 要 綱 (1) 展 示 期 間 : 2012 年 3 月 14 日 ( 水 )~3 月 16 日 ( 金 ) (2) 展 示 会 場 : 首 都 大 学 東 京 南 大 沢 キャンパス( 東 京 都 八 王 子 市 ) (3) 展 示 方 法 : バックパネル: 幅 2012 年 1 月 ご 関 係 者 各 位 公 益 社 団 法 人 精 密 工 学 会 2012 年 度 精 密 工 学 会 春 季 大 会 学 術 講 演 会 先 端 技 術 紹 介 カタログ 書 籍 展 示 会 参 加 および 広 告 掲 載 のご 案 内 拝 啓 時 下 ますますご 隆 盛 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 貴 社 におかれましては 常 々 本 会 の 諸 事 業 に

More information

<8E9696B195D28169483238944E378C8E816A2E786264>

<8E9696B195D28169483238944E378C8E816A2E786264> 市 町 村 職 員 の 退 職 手 当 の 手 引 き ~ 事 務 編 ~ ( 平 成 28 年 7 月 ) 福 島 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 ~ 事 務 編 ~ 目 次 第 1 職 員 関 係 の 報 告 等 事 項 1 職 員 を 採 用 したとき( 又 は 特 別 職 が 就 任 したとき) 1 (1) 特 別 職 (2) 一 般 職 2 退 職 したとき 2 (1) 特 別 職

More information

1.PASREG への 入 力 前 に 準 備 すること( 効 率 的 に 作 業 するために) インターネット(PASREG)による 発 表 申 込 み 時 には 研 究 発 表 要 旨 をはじめ 多 くの 項 目 を 入 力 しなくては なりません あらかじめワープロのファイル 等 に 入 力

1.PASREG への 入 力 前 に 準 備 すること( 効 率 的 に 作 業 するために) インターネット(PASREG)による 発 表 申 込 み 時 には 研 究 発 表 要 旨 をはじめ 多 くの 項 目 を 入 力 しなくては なりません あらかじめワープロのファイル 等 に 入 力 インターネット(PASREG)による 研 究 発 表 申 込 みマニュアル 申 込 期 間 :2016 年 4 月 1 日 ( 金 )14 時 ~ 4 月 8 日 ( 金 )12 時 ( 締 切 日 間 際 の 登 録 は 混 雑 が 予 想 されますので 早 めに 申 込 みをしてください) よくある 間 違 い 1.パソコンの 機 種 依 存 文 字 は 使 えません これらの 文 字 は 使

More information

1. 提 出 書 類 作 成 の 留 意 事 項 1) 共 通 事 項 各 提 出 書 類 は 千 曲 市 新 庁 舎 等 建 設 工 事 ( 本 体 工 事 ) 様 式 集 ( 以 下 本 書 という )に 示 された 指 定 の 様 式 順 番 用 紙 サイズ 及 び 枚 数 制 限 に 従 い

1. 提 出 書 類 作 成 の 留 意 事 項 1) 共 通 事 項 各 提 出 書 類 は 千 曲 市 新 庁 舎 等 建 設 工 事 ( 本 体 工 事 ) 様 式 集 ( 以 下 本 書 という )に 示 された 指 定 の 様 式 順 番 用 紙 サイズ 及 び 枚 数 制 限 に 従 い 千 曲 市 新 庁 舎 等 建 設 工 事 ( 本 体 工 事 ) 様 式 集 平 成 28 年 1 月 千 曲 市 1. 提 出 書 類 作 成 の 留 意 事 項 1) 共 通 事 項 各 提 出 書 類 は 千 曲 市 新 庁 舎 等 建 設 工 事 ( 本 体 工 事 ) 様 式 集 ( 以 下 本 書 という )に 示 された 指 定 の 様 式 順 番 用 紙 サイズ 及 び 枚 数 制

More information

Ⅰ 調 査 の 対 象 平 成 7 年 6 月 日 から 平 成 8 年 5 月 日 までの 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 取 引 について, 報 告 し てください 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っているか 否 かについては, 次 の 第 取 引 の 内 容

Ⅰ 調 査 の 対 象 平 成 7 年 6 月 日 から 平 成 8 年 5 月 日 までの 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 取 引 について, 報 告 し てください 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っているか 否 かについては, 次 の 第 取 引 の 内 容 公 取 下 第 50 号 平 成 8 年 6 月 4 日 代 表 者 殿 公 正 取 引 委 員 会 下 請 事 業 者 との 取 引 に 関 する 調 査 について 公 印 省 略 公 正 取 引 委 員 会 は, 下 請 取 引 の 公 正 化 を 図 るため, 下 請 代 金 支 払 遅 延 等 防 止 法 ( 以 下 下 請 法 といいます )を 中 小 企 業 庁 と 協 力 して 運 用

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

Microsoft Word - 生物学技研報告ONLINE ガイドブック.doc

Microsoft Word - 生物学技研報告ONLINE ガイドブック.doc 生 物 学 技 研 報 告 ONLINE ガイドブック 基 礎 生 物 学 研 究 所 技 術 課 2010 年 2 月 第 1 版 1. 生 物 学 技 研 報 告 ONLINE へのアクセス URL 生 物 学 技 研 報 告 ONLINE は 基 生 研 技 術 課 Web サイト TechDivWeb(techdiv.nibb.ac.jp) のコンテンツです 上 記 よりリンクをたどるか 下

More information

2015 年 4 月 調 達 ガイドライン 以 前 コンサルタントは P/Q 基 準 ( 案 )を 作 成 し 基 準 設 定 の 根 拠 公 示 新 聞 名 想 定 さ れる 有 資 格 者 数 について 今 後 の 入 札 スケジュールと 併 せ JICAの 確 認 を 得 ることと なります

2015 年 4 月 調 達 ガイドライン 以 前 コンサルタントは P/Q 基 準 ( 案 )を 作 成 し 基 準 設 定 の 根 拠 公 示 新 聞 名 想 定 さ れる 有 資 格 者 数 について 今 後 の 入 札 スケジュールと 併 せ JICAの 確 認 を 得 ることと なります 第 2 章 詳 細 設 計 入 札 4. 入 札 参 加 資 格 事 前 審 査 (P/Q) 及 び 入 札 公 告 ( 公 示 ) JICA では 標 準 的 な 公 告 例 ( 英 語 )をはじめとした 入 札 書 式 を 以 下 の JICA Web サイト の 入 札 で 公 表 していますので この 書 式 を 利 用 することをお 勧 めします http://www.jica.go.jp/activities/schemes/grant_aid/guideline/format/nyusatsu/nyusatsu_j.html

More information

Microsoft Word - 専門職学位論文執筆要領_2014-01-06.docx

Microsoft Word - 専門職学位論文執筆要領_2014-01-06.docx 商 学 研 究 科 ビジネス 専 攻 ( 早 稲 田 大 学 ビジネススクール) プログラム プログラム 専 門 職 学 位 論 文 執 筆 要 領 注 : 以 下 専 門 職 学 位 論 文 を 論 文 と 表 記 する 各 種 フォーマットは 下 記 URL からダウンロードすること http://www.waseda.jp/gradcom/student/degree_thesis_mba_fulltime_global_jp.html

More information

< 入 力 にあたっての 注 意 事 項 > 応 募 基 本 情 報 の 申 請 は 代 表 申 請 方 式 の 場 合 は 代 表 申 請 を 行 う 応 募 者 が 連 名 申 請 方 式 の 場 合 は 連 名 申 請 する 応 募 者 のうちのいずれかの1 者 が 研 究 体 を 代 表 し

< 入 力 にあたっての 注 意 事 項 > 応 募 基 本 情 報 の 申 請 は 代 表 申 請 方 式 の 場 合 は 代 表 申 請 を 行 う 応 募 者 が 連 名 申 請 方 式 の 場 合 は 連 名 申 請 する 応 募 者 のうちのいずれかの1 者 が 研 究 体 を 代 表 し 平 成 24 年 度 地 域 イノベーション 創 出 実 証 研 究 補 助 事 業 e-rad 応 募 基 本 情 報 申 請 マニュアル 本 事 業 への 応 募 にあたっては 事 前 に e-rad( 府 省 共 通 研 究 開 発 管 理 システム) へ 研 究 機 関 の 登 録 研 究 者 の 登 録 を 行 ったう えで 応 募 基 本 情 報 を 申 請 することが 必 要 となります

More information

Microsoft Word - 20150512「デジタル・データ入稿の手引き」改訂案.docx

Microsoft Word - 20150512「デジタル・データ入稿の手引き」改訂案.docx デジタル データ 入 稿 の 手 引 き 文 書 ファイルの 形 式 などについて 原 則 として 本 文 は Word 形 式 (.doc ないし.docx)あるいは Rich Text File(.rtf)のい ずれかでご 提 出 ください ウムラウトやアクサン 付 きの 文 字 などの 特 殊 文 字 を や で 置 き 換 える 必 要 はありませんが 特 殊 文 字 を 朱 で 囲 むなどの

More information

Microsoft Word - TVSJ_youryou20140927.docx

Microsoft Word - TVSJ_youryou20140927.docx 平 成 12 年 6 月 7 日 制 定 平 成 13 年 3 月 7 日 改 定 平 成 17 年 12 月 15 日 改 定 平 成 20 年 9 月 3 日 改 定 平 成 26 年 9 月 27 日 改 定 可 視 化 情 報 学 会 論 文 集 投 稿 要 領 1. 可 視 化 情 報 学 会 論 文 集 の 内 容 1.1 可 視 化 情 報 学 会 論 文 集 に 掲 載 される 論

More information

別表(第6条、第8条関係)

別表(第6条、第8条関係) 政 務 活 動 費 の 取 り 扱 いマニュアル 平 成 25 年 4 月 1 日 伊 勢 市 議 会 事 務 局 目 次 1 制 度 の 概 要 1ページ 2 政 務 活 動 費 について 1ページ 3 政 務 活 動 費 交 付 の 根 拠 となる 法 律 条 例 等 について 1ページ 4 政 務 活 動 費 の 交 付 の 概 要 1ページ 5 政 務 活 動 費 の 申 請 から 交 付

More information

2 2-1 HTMLの 構 造 等 公 開 URLが 静 的 なHTMLであること 判 読 不 可 能 な 文 字 を 含 むものや 文 字 数 が 多 すぎるURL(いわゆる 動 的 なHTML)は 原 則 として 不 可 とする 2-2 任 意 なURLが 使 用 でき コンテンツ 作 成 時

2 2-1 HTMLの 構 造 等 公 開 URLが 静 的 なHTMLであること 判 読 不 可 能 な 文 字 を 含 むものや 文 字 数 が 多 すぎるURL(いわゆる 動 的 なHTML)は 原 則 として 不 可 とする 2-2 任 意 なURLが 使 用 でき コンテンツ 作 成 時 1 1-1 サイト 全 般 デザイン 等 サイト 全 体 が 標 準 化 統 一 化 されたページデザインとすること ただし サイトで 異 なるデザインで 作 成 表 示 することができること 1-2 ヘッダー フッターは 原 則 すべてのページで 統 一 したデザインとすること 1-3 ロゴ イラスト バナーなどサイトに 応 じたデザインで 作 成 すること 1-4 スマートフォンやタブレット 端

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領 宮 古 島 市 ふるさと 納 税 寄 附 金 委 託 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 1. 趣 旨 宮 古 島 市 ( 以 下 本 市 という )では ふるさと 納 税 制 度 を 活 用 し ふるさと 宮 古 島 市 の 役 に 立 ちたい 宮 古 島 市 に 関 心 があり 応 援 したい と 考 えてくださる 方 々 に 対 し 本 市 の PRやふるさと 納 税 寄 附 金

More information

協 賛 の 内 容 とお 申 込 方 法 などのご 説 明 今 回 お 願 いします 5 つの 協 賛 についてのご 説 明 です 協 賛 一 覧 に 続 き,それぞれの 協 賛 内 容 の 説 明 があり, 別 紙 で 申 込 用 紙 がついております 一 括 してお 申 し 込 みいただいてもか

協 賛 の 内 容 とお 申 込 方 法 などのご 説 明 今 回 お 願 いします 5 つの 協 賛 についてのご 説 明 です 協 賛 一 覧 に 続 き,それぞれの 協 賛 内 容 の 説 明 があり, 別 紙 で 申 込 用 紙 がついております 一 括 してお 申 し 込 みいただいてもか 関 係 者 各 位 2014 年 5 月 23 日 日 本 行 動 計 量 学 会 第 42 回 大 会 実 行 委 員 会 副 委 員 長 ( 協 賛 担 当 ) 倉 元 直 樹 ( 東 北 大 学 高 度 教 養 教 育 学 生 支 援 機 構 ) 日 本 行 動 計 量 学 会 第 42 回 大 会 への 協 賛 のお 願 い 拝 啓 時 下 ますますご 清 祥 のこととお 慶 び 申 し 上

More information

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下 中 小 企 業 再 生 支 援 協 議 会 等 の 支 援 による 経 営 者 保 証 に 関 する ガイドラインに 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 手 順 本 手 順 は 産 業 競 争 力 強 化 法 第 127 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 中 小 企 業 再 生 支 援 業 務 を 行 う 者 として 認 定 を 受 けた 者 ( 以 下 認 定 支 援 機 関 という )

More information

常磐新線沿線開発地区周辺井戸水位及び地下水調査業務

常磐新線沿線開発地区周辺井戸水位及び地下水調査業務 H25.10.15 版 田 町 駅 東 口 北 地 区 公 園 引 継 図 書 作 成 その 他 設 計 業 務 特 記 仕 様 書 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 東 日 本 都 市 再 生 本 部 基 盤 整 備 部 緑 環 境 チーム チームリータ ー 担 当 1 田 町 駅 東 口 北 地 区 公 園 引 継 図 書 作 成 その 他 設 計 業 務 特 記 仕 様 書 第

More information

ホームページ制作業務委託契約書

ホームページ制作業務委託契約書 ホームページ 制 作 業 務 委 託 契 約 書 ( 以 下 甲 という )と 株 式 会 社 フロリシュコーポレーション ( 以 下 乙 という )とは 甲 乙 間 において 次 の 通 り 契 約 を 締 結 する 甲 及 び 乙 は 以 下 のとおり 契 約 が 成 立 したので これを 証 するため 本 書 2 通 を 作 成 し 甲 乙 それぞれ 記 名 押 印 のうえ 各 1 通 を 保

More information

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 ( 英 語 名 :The Japan Association of College English Teachers 略 称 JACET )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事

More information

平 成 23 年 9 月 吉 日 会 員 各 位 会 長 伊 阪 洋 平 成 23 年 度 OB 会 年 度 行 事 ( 見 学 会 )のご 案 内 拝 啓 仲 秋 の 候 ますます 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます この 度 主 催 による 下 記 見 学 会 を 開 催 する

平 成 23 年 9 月 吉 日 会 員 各 位 会 長 伊 阪 洋 平 成 23 年 度 OB 会 年 度 行 事 ( 見 学 会 )のご 案 内 拝 啓 仲 秋 の 候 ますます 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます この 度 主 催 による 下 記 見 学 会 を 開 催 する 平 成 23 年 9 月 吉 日 会 員 各 位 会 長 伊 阪 洋 送 付 のご 案 内 拝 啓 菊 薫 る 候 ますます 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます の 皆 様 には 平 素 は 格 別 のご 厚 誼 にあずかり 厚 く 御 礼 申 し 上 げます この 度 平 成 23 年 度 OB 会 年 度 行 事 として 見 学 会 総 会 懇 親 会 を 開 催 いたしますの

More information

Microsoft PowerPoint - 20150825_総合マニュアル.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 20150825_総合マニュアル.ppt [互換モード] 1 自 動 翻 訳 のご 利 用 方 法 TOP 画 面 の 見 方 P.0 1.テキスト 翻 訳 の 使 い 方 1-Ⅰ: 翻 訳 原 文 の 投 入 1-Ⅱ: 翻 訳 原 文 の 確 認 1-Ⅲ: 翻 訳 結 果 の 確 認 1-Ⅳ: 翻 訳 結 果 の 修 正.ファイル 翻 訳 の 使 い 方 -Ⅰ: 翻 訳 原 文 の 投 入 -Ⅱ: 翻 訳 原 文 の 確 認 P.0 P.0 P.05 P.06

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

Microsoft Word 差替_【900】(旧69)「交代」120111CL.docx

Microsoft Word 差替_【900】(旧69)「交代」120111CL.docx 監 査 基 準 委 員 会 報 告 書 900 監 査 人 の 交 代 平 成 23 年 12 月 22 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 監 査 基 準 委 員 会 ( 報 告 書 : 第 6 9 号 ) 項 番 号 Ⅰ 本 報 告 書 の 範 囲 及 び 目 的 1. 本 報 告 書 の 範 囲... 1 2. 監 査 人 の 責 任... 3 3. 本 報 告 書 の 目 的... 4

More information

シンポジウム登録マニュアル

シンポジウム登録マニュアル シンポジウム 登 録 マニュアル 第 135 年 会 のシンポジウムに 関 する 登 録 は,Pharm パスポートサイトから 世 話 人 に 行 っ ていただきます 世 話 人 とは 採 択 メールが 届 いた 方 で,シンポジウム 開 催 までの 連 絡 業 務 全 般 をお 取 りま とめいただくことになりますが,オーガナイザーやシンポジストが 兼 任 していただいて 構 いません また, 世

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

株 主 総 会 等 に 関 する 実 態 調 査 集 表 平 成 10 月 全 国 株 懇 連 会 は し が き 当 会 におきましては 従 来 から 各 種 の 研 究 活 動 のほか 調 査 活 動 として 昭 和 58 年 以 降 毎 年 株 主 総 会 の 実 態 調 査 を 実 施 し その 結 果 を 会 員 各 位 のご 参 考 に 供 して 参 りましたが 本 年 度 も 株 主

More information

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 取 扱 規 定 ( ダイワFX 取 扱 規 定 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 規 定 の 趣 旨 この 規 定 ( 以 下 本 規 定 といいます )は お 客 様 と 大 和 証 券 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 とい います )との 間 でインターネットを 利 用 して 行 う 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 (ダイワFX)(

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

ていないこと ただし 更 生 手 続 開 始 の 決 定 又 は 再 生 計 画 認 可 の 決 定 が 参 加 申 込 期 日 以 前 になされている 場 合 はこの 限 りではない (8) 明 石 市 の 指 名 停 止 期 間 中 でないこと なお 公 告 日 から 参 加 申 込 書 等 の

ていないこと ただし 更 生 手 続 開 始 の 決 定 又 は 再 生 計 画 認 可 の 決 定 が 参 加 申 込 期 日 以 前 になされている 場 合 はこの 限 りではない (8) 明 石 市 の 指 名 停 止 期 間 中 でないこと なお 公 告 日 から 参 加 申 込 書 等 の 受 託 者 選 定 要 領 ( 平 成 24 年 度 大 規 模 盛 土 造 成 地 変 動 予 測 調 査 業 務 委 託 ) この 要 領 は 平 成 24 年 度 大 規 模 盛 土 造 成 地 変 動 予 測 調 査 業 務 委 託 にかかる 受 託 者 の 選 定 を 適 正 に 行 うために 定 める 1 業 務 の 概 要 (1) 業 務 名 平 成 24 年 度 大 規 模 盛 土

More information

問 題 1 個 人 商 人 の 商 号 又 は 営 譲 渡 に 関 する 次 の 記 述 のうち, 正 しいものの 組 合 せとして 最 も 適 切 な 番 号 を 一 つ 選 びなさい ( 5 点 ) ア. 自 己 の 商 号 を 使 用 して 営 を 行 うことを 他 人 に 許 諾 した 商

問 題 1 個 人 商 人 の 商 号 又 は 営 譲 渡 に 関 する 次 の 記 述 のうち, 正 しいものの 組 合 せとして 最 も 適 切 な 番 号 を 一 つ 選 びなさい ( 5 点 ) ア. 自 己 の 商 号 を 使 用 して 営 を 行 うことを 他 人 に 許 諾 した 商 試 験 試 験 問 題 1 試 験 開 始 の 合 図 があるまで,この 問 題 冊 子 や 筆 記 用 具 に 触 れないでください 触 れた 場 合 は, 不 正 受 験 とみなすことがあります 注 意 事 項 2 試 験 中 の 使 用 が 認 められたもの 以 外 は, 全 てかばん 等 の 中 にしまい, 足 元 に 置 いてください 衣 服 のポケット 等 にも 入 れないでください 試

More information

DIACERTサービス利用規約

DIACERTサービス利用規約 DIACERT サービス 利 用 規 約 ( 利 用 者 同 意 書 ) 2015 年 12 月 8 日 版 第 1 条 ( 総 則 ) 1. DIACERT サービス 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という )は ジャパンネット 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )が 提 供 する DIACERT サービス ( 以 下 本 サービス という )の 利 用 に 関 し て 定 めたものです

More information

「シンセツくん」簡易マニュアル 低圧新増設 街灯一括申込み編

「シンセツくん」簡易マニュアル 低圧新増設 街灯一括申込み編 05 年 月 目 次. お 申 込 みいただける 工 事 いただけない 工 事 00. シンセツくん のご 利 用 方 法 003 3. シンセツくん ご 利 用 にあたって 4.スタート 画 面 5.お 申 込 みの 流 れ 6. 竣 工 届 の 流 れ 005 008 00 00 7. 申 込 内 容 訂 正 の 受 付 07 お 申 込 みいただける 工 事 いただけない 工 事 お 申 込

More information

研究者情報システムご利用の手引き

研究者情報システムご利用の手引き 平 成 2 5 年 10 月 1 日 研 究 推 進 部 研 究 推 進 課 日 本 大 学 研 究 者 情 報 システム 入 力 の 手 引 き 本 システムは, 本 学 研 究 者 ( 専 任 教 員 )の 研 究 業 績 等 をホームページ 上 で 広 く 社 会 に 公 開 するとともに, 研 究 者 データの 活 用 を 図 ることを 目 的 としています したが って, 本 システムのデータは,

More information

につき 過 誤 納 となった 税 ( 金 ) 額 を 基 礎 金 額 として 端 数 計 算 を 行 うこと (2) 還 付 加 算 金 確 定 金 額 に100 円 未 満 の 端 数 があるとき 又 はその 全 額 が1,000 円 未 満 であるときは その 端 数 金 額 又 はその 全 額

につき 過 誤 納 となった 税 ( 金 ) 額 を 基 礎 金 額 として 端 数 計 算 を 行 うこと (2) 還 付 加 算 金 確 定 金 額 に100 円 未 満 の 端 数 があるとき 又 はその 全 額 が1,000 円 未 満 であるときは その 端 数 金 額 又 はその 全 額 ら 順 次 さか のぼって 過 誤 納 金 が 納 付 された ものとみ なして 計 算 すること (4) 還 付 又 は 充 当 をすべき 金 額 に 加 算 還 付 加 算 金 を 過 誤 納 金 に 加 算 して 還 付 し 又 は 充 当 を す る こ と を い う も の で あ る こ と オ 過 誤 納 金 債 権 の 質 入 れの 通 知 を 受 けた 場 合 に おいて そ の

More information

種 目 の 方 法 第 1 次 種 目 基 礎 能 力 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 記 述 式 ) 労 働 基 準 監 督 A 労 働 基 準 監 督 B 比 率 公 務 員 として 必 要 な 基 礎 的 な 能 力 ( 知 能 及 び 知 識 )に

種 目 の 方 法 第 1 次 種 目 基 礎 能 力 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 記 述 式 ) 労 働 基 準 監 督 A 労 働 基 準 監 督 B 比 率 公 務 員 として 必 要 な 基 礎 的 な 能 力 ( 知 能 及 び 知 識 )に 平 成 28 年 度 国 家 公 務 員 労 働 基 準 監 督 官 採 用 大 学 卒 業 程 度 受 験 案 内 人 事 院 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 監 督 官 は 5,200 万 人 の 労 働 者 の 職 業 生 活 や 生 命 と 健 康 を 守 り 人 間 尊 重 の 基 本 理 念 に 立 脚 した 法 定 の 労 働 条 件 を 確 保 することを 任 務 とし 厚 生

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に ライフティポイント 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) ライフティ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)は ライフティポイント 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という)に 基 づき 当 社 指 定 の 方 法 により 当 社 に 対 して 登 録 を 行 ったお 客 様 ( 以 下 会 員 と いう)に 対 して 当 社 が 発 行 するポイントである ライフティポイント に

More information

Taro-委託マニュアル【H27

Taro-委託マニュアル【H27 委 託 業 務 に 係 る 事 務 処 理 マニュアル 平 成 2 5 年 3 月 平 成 2 6 年 2 月 改 定 平 成 2 7 年 4 月 改 定 沖 縄 県 商 工 労 働 部 雇 用 政 策 課 目 次 1 本 マニュアルの 位 置 づけ 1 2 委 託 業 務 について 2 3 人 件 費 に 関 する 経 理 処 理 4 4 謝 金 に 関 する 経 理 処 理 7 5 旅 費 に

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

公益財団法人プラン・ジャパン定款

公益財団法人プラン・ジャパン定款 定 款 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン( 以 下 本 財 団 という ) と 称 し その 英 文 名 を Plan International Japan と 称 する (

More information

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会 日 本 小 児 アレルギー 学 会 会 則 第 一 章 総 則 本 会 は 日 本 小 児 アレルギー 学 会 (Japanese Society of Pediatric Allergy and Clinical Immunology )と 称 す る 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 台 東 区 上 野 1-13-3MYビル4 階 におく 第 二 章 目 的 および 事 業 本

More information

事務連絡「障害・遺族給付金の支給対象となる受給者の確認について」

事務連絡「障害・遺族給付金の支給対象となる受給者の確認について」 事 務 連 絡 平 成 2 8 年 4 月 1 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 年 金 生 活 者 等 支 援 臨 時 福 祉 給 付 金 担 当 課 ( 室 ) 御 中 中 核 市 厚 生 労 働 省 簡 素 な 給 付 措 置 支 給 業 務 室 低 所 得 の 障 害 遺 族 基 礎 年 金 受 給 者 向 けの 年 金 生 活 者 等 支 援 臨 時 福 祉 給 付 金 の 支 給

More information

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3 平 成 歳 出 明 細 表 要 求 19 内 閣 府 所 管 ( 沖 縄 振 興 局 ) 対 ( 単 位 : 千 円 ) 010 内 閣 本 府 189, 647 239, 682, 941 214, 506, 706 24, 010 内 閣 本 府 共 通 費 832 76, 342 77, 510 1 01-95 内 閣 本 府 一 般 行 政 に 必 要 な 経 費 176 沖 縄 振 興 局

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FA967B89E6919C8A7789EF8E8F8EB7954D97768D805F93FA967B8CEA5F3134303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FA967B89E6919C8A7789EF8E8F8EB7954D97768D805F93FA967B8CEA5F3134303430312E646F63> 日 本 画 像 学 会 誌 原 稿 執 筆 要 項 (2014 年 04 月 01 日 改 訂 ) 一 般 社 団 法 人 日 本 画 像 学 会 編 集 委 員 会 1. 投 稿 形 式 投 稿 原 稿 は, 以 下 の MS-Word 原 稿 とする. 専 用 のテンプレートが 用 意 してあるので, 利 用 されたい*.なお,MS-Word 原 稿 は 投 稿 の 際 に 自 動 的 に PDF

More information

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの 東 京 工 業 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 18 条 ~ 第 42 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 43 条 ~ 第 66 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 67 条 ~ 第

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

ひらがなを 入 力 する 濁 点 などを 入 力 する 漢 字 を 入 力 する 漢 字 に 変 換 する 一 度 入 力 した 文 字 の 再 変 換 は 全 角 半 角 文 字 を 切 り 替 える 文 章 を 入 力 し 漢 字 変 換 する 数 字 を 入 力 する 英 文 字 を 入 力

ひらがなを 入 力 する 濁 点 などを 入 力 する 漢 字 を 入 力 する 漢 字 に 変 換 する 一 度 入 力 した 文 字 の 再 変 換 は 全 角 半 角 文 字 を 切 り 替 える 文 章 を 入 力 し 漢 字 変 換 する 数 字 を 入 力 する 英 文 字 を 入 力 目 次 及 びページ 内 容 見 本 目 次 起 動 する 新 規 文 書 作 成 する 既 存 の 文 書 を 開 く 編 集 する 作 成 文 書 を 保 存 する 終 了 する パソコンのキーと 操 作 方 法 ソフトがフリーズした 場 合 の 操 作 法 キー 操 作 Word 2013 Word 2010 Word 2007 Word 2000/2003 Writer 日 本 語 入 力

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員

目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員 公 益 社 団 法 人 日 本 臨 床 工 学 技 士 会 規 程 規 則 平 成 25 年 5 月 目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information