次世代行動計画

Size: px
Start display at page:

Download "次世代行動計画"

Transcription

1 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 に 関 する ヒアリング ワークショップの 実 施 報 告 4 ヒアリング ワークショップ 実 施 状 況 実 施 日 対 象 対 象 ( 参 加 ) 人 数 場 所 備 考 10 月 27 日 マタニティセミナー 参 加 者 27 人 桑 名 市 中 央 保 健 セ ン ター 第 3 回 会 議 にて 10 月 29 日 高 校 生 ( 桑 名 北 高 校 わくわ くコミュニケーション を 選 択 している2 年 生 ) 35 人 桑 名 市 子 ども 子 育 て 応 援 センター キラキ ラ 第 3 回 会 議 にて 10 月 30 日 高 校 生 ( 桑 名 北 高 校 わくわ くコミュニケーション を 選 択 している2 年 生 ) 33 人 桑 名 市 子 ども 子 育 て 応 援 センター ぽかぽ か 柴 田 委 員 横 山 委 員 参 加 第 3 回 会 議 にて 11 月 11 日 中 学 生 ( 多 度 中 学 校 2 年 生 の 女 子 バレー 部 員 ) 7 人 多 度 中 学 校 第 3 回 会 議 にて 11 月 12 日 中 学 生 ( 陽 和 中 学 校 1 年 生 の 男 子 テニス 部 員 ) 6 人 陽 和 中 学 校 第 3 回 会 議 にて 11 月 14 日 桑 名 子 ども 子 育 て 会 議 市 民 公 募 委 員 応 募 者 7 人 桑 名 市 子 ども 子 育 て 応 援 センター キラキ ラ 第 3 回 会 議 にて 11 月 26 日 11 月 29 日 くわなわいわいワークショ ップ1 ( 旧 桑 名 地 区 ワークショッ プ) 発 達 に 支 援 の 必 要 な 子 ども の 保 護 者 のヒアリング 12 月 1 日 パパの 子 育 て 講 座 &くわな パパトーク( 父 親 座 談 会 ) 12 月 2 日 7 人 8 人 12 人 くわなわいわいワークショ ップ2 10 人 ( 多 度 地 区 ワークショップ) 桑 名 市 子 ども 子 育 て 応 援 センター キラキ ラ 桑 名 市 子 ども 子 育 て 応 援 センター キラキ ラ 桑 名 市 子 ども 子 育 て 応 援 センター ぽかぽ か 多 度 す こ や か セ ン タ ー 横 山 委 員 渡 部 委 員 参 加 第 4 回 会 議 にて 横 山 委 員 濱 内 委 員 参 加 第 4 回 会 議 にて 濱 内 委 員 参 加 第 4 回 会 議 にて 伊 藤 ( 香 ) 委 員 参 加 第 4 回 会 議 にて 1

2 実 施 日 対 象 対 象 ( 参 加 ) 人 数 場 所 備 考 11 月 7 日 ~ 12 月 6 日 子 育 て 中 の 外 国 人 のヒアリ ング 12 人 公 立 保 育 所 等 を 通 じ てヒアリング 第 4 回 会 議 にて 11 月 8 日 ~ 12 月 6 日 一 人 親 家 庭 の 保 護 者 のヒア リング 24 人 公 立 保 育 所 等 を 通 じ てヒアリング 第 4 回 会 議 にて 12 月 19 日 幼 稚 園 教 諭 のヒアリング ~1 月 22 日 1 月 6 日 17 日 1 月 25 日 保 育 士 のヒアリング 各 園 1~ 2 人 各 園 1~ 2 人 くわなわいわいワークショ ップ3 11 人 ( 長 島 地 区 ワークショップ) 各 私 立 幼 稚 園 桑 名 市 役 所 桑 名 市 役 所 長 島 地 域 子 育 て 支 援 センター 渡 部 委 員 参 加 2

3 1 幼 稚 園 教 諭 日 時 : 私 立 平 成 25 年 112 月 19 日 /212 月 20 日 /312 月 24 日 / 平 成 26 年 41 月 22 日 公 立 平 成 26 年 1 月 7 日 場 所 : 私 立 1くわな 幼 稚 園 /2 津 田 ( 桑 名 大 山 田 ) 幼 稚 園 /3コスモス 幼 稚 園 /4 マリア モンテッソーリ 幼 稚 園 公 立 市 役 所 各 幼 稚 園 の 教 諭 に あらかじめヒアリングシートに 記 入 してもらい 私 立 は 各 園 に 訪 問 し 公 立 は 市 役 所 にて ヒアリングを 行 った ヒアリングでは 園 児 の 育 ちを 通 して 感 じること 園 児 の 家 庭 環 境 等 について 感 じる こと 保 育 における 課 題 子 育 てに 必 要 な 支 援 などについて 聴 き 取 りを 行 った 園 児 の 育 ちを 通 して 感 じること 大 人 からの 指 示 待 ちで 日 頃 から 自 分 で 考 える 習 慣 ができていないように 思 う メディアの 影 響 が 大 きく いろいろな 言 葉 を 知 っている 子 どもの 世 界 ではゲームの 話 題 が 多 くなっている 昔 から 受 け 継 がれている 遊 びなどコマ 回 しなど 昔 からの 遊 びに 対 しては 子 どもたち にとっては 新 鮮 で 驚 きを 感 じているようである 我 慢 することや 人 との 関 わりが 苦 手 な 子 どもが 増 えてきている 大 切 にすべき 習 慣 を 身 につけることより 教 育 的 なニーズが 高 くなっているように 感 じる 年 齢 に 応 じた 基 本 的 生 活 習 慣 を 家 庭 で 身 に 付 けないまま 入 園 し 箸 の 持 ち 方 おむつ 卒 業 などは 園 の 先 生 の 仕 事 と 考 えている 親 が 多 いように 思 う 経 験 が 大 切 だと 思 う( 自 然 本 物 地 域 との 関 わりなど) 祖 父 母 がいる 家 庭 といない 家 庭 には いろいろな 面 で 違 いがある 祖 父 母 から 学 ぶこ とも 多 いと 感 じる 車 の 利 用 が 多 いためか 足 腰 が 弱 いような 気 がする 転 んだ 時 に 手 をつかず 顔 から 落 ちるなどケガをしやすい 子 どもが 増 えた 危 険 な 遊 具 が 取 り 外 されたり 不 審 者 情 報 があったりで 外 で 遊 ぶ 機 会 が 少 なくなっ 3

4 ている 給 食 を 食 べない 子 どもは 家 では 食 べなかったら 作 り 直 すなどその 場 しのぎの 対 応 を しているケースがある 野 菜 づくりなど 非 日 常 的 な 行 事 は 有 効 である 野 菜 嫌 いの 子 でも 自 分 で 収 穫 した 野 菜 は 食 べる 親 にとっても 考 えるきっかけとなる 全 般 的 に 人 と 関 わる 力 が 最 近 弱 くなってきているが 毎 日 の 遊 びを 通 して 人 と 関 わ る 力 が 育 ってきたと 感 じている テレビ 等 で 知 識 としてはたくさん 持 っているが 直 接 的 な 体 験 が 少 ない 砂 場 やごっ ご 遊 びを 通 して 実 体 験 を 積 むことで 子 どもたちは 多 くのことを 学 んでいっている 自 発 活 動 = 自 ら 遊 んで 活 動 することで 自 分 たちで 考 え 選 び 表 現 することで 友 達 とのコミュニケーション 能 力 を 発 達 させられる 人 と 関 わる 力 を 育 むにはトラブルも 大 事 だが 子 ども 同 士 で 話 し 合 って 解 決 していこ うという 姿 が 見 られる 成 功 体 験 を 重 ねて 自 信 をつけ 意 欲 的 になっていく 姿 や 試 行 錯 誤 しながら 乗 り 越 え ようとしている 姿 を 見 るたびに 生 きる 力 が 育 まれていると 感 じる 就 園 までに 身 につけておいてほしいと 思 う 基 本 的 な 生 活 習 慣 が 身 についていない 子 が 年 々 増 えている 約 束 やルールを 守 るのが 苦 手 になってきている 先 生 と 一 緒 なら 遊 べても 自 分 で 遊 びを 見 つける 力 が 弱 くなってきている 手 先 が 不 器 用 な 子 どもが 増 えている 園 児 の 家 庭 環 境 等 について 感 じること 核 家 族 化 が 進 んでおり 旧 市 街 と 新 興 住 宅 地 では 若 干 違 いはあるが 隣 近 所 との 関 わ りが 少 なくなっているように 感 じる 働 く 母 親 が 増 えている 子 育 て 雑 誌 やインターネットの 情 報 を 基 準 に 考 えているので 成 長 や 発 育 の 個 人 差 を 大 らかに 受 け 止 められていない 塾 や 英 語 やピアノなど 習 いごとをしている 子 どもが 多 くなっており 外 遊 びをあまり していないようだ ずっとお 家 でも 勉 強 だ とつぶやく 子 どもがいる 4

5 保 護 者 会 はないが 親 同 士 はよく 交 流 しているように 見 受 けられる 幼 稚 園 がきっけ になれば 良 いと 思 う 両 親 ともに 園 の 方 針 に 理 解 があって 両 親 や 祖 父 母 が 園 行 事 にも 積 極 的 に 参 加 する 教 育 に 対 して 熱 心 な 保 護 者 が 増 えている 父 親 も 参 加 することが 増 えている 少 ない 子 どもを 家 族 が 大 切 に 育 てているのがわかる 祖 父 母 も 日 常 的 に 子 育 てに 関 わっている 家 庭 があるが 祖 父 母 が 近 くにいなく 不 安 を 抱 えている 家 族 もある 子 ども 同 士 のトラブルに 保 護 者 が 介 入 しすぎたり 子 どもが 喧 嘩 をしても 自 分 の 子 はまったく 悪 くないと 考 える 親 が 増 えたように 感 じる 子 育 ての 知 識 に 乏 しく 不 安 があっても 頼 れる 所 がない 種 々の 情 報 に 振 り 回 されて しまう 母 親 が 少 なからずいる 保 護 者 は 園 で 基 本 的 な 生 活 習 慣 を 教 えてもらうことが 当 たり 前 と 考 えている とても 叱 る 親 と まったく 叱 らない 親 と 両 極 端 になっている 食 生 活 の 偏 りがあり 早 寝 早 起 き 朝 ごはんの 意 識 が 薄 いように 感 じる 子 どもの 嫌 がることはしないため しつけや 教 育 を 園 にすべて 任 せる 親 もいる 基 本 的 生 活 習 慣 の 重 要 性 をあまり 感 じていないようだ ドロ 遊 びや 虫 取 りなどは 保 護 者 自 身 に 抵 抗 があるように 感 じる 保 護 者 自 身 が 気 の 合 った 仲 間 同 士 で 交 流 し お 互 いに 悩 みを 共 有 してはいるようだが そこから 一 歩 抜 け 出 ることはできにくいようだ 一 人 っ 子 が 増 えており 保 護 者 が 過 剰 に 関 わりすぎることもある 親 はゲームを 与 えていることを 深 刻 には 考 えていない 核 家 族 増 加 中 同 居 していても 祖 父 母 の 意 見 よりも 友 人 やインターネットのつなが りを 重 視 しているひともいる 街 中 で 交 通 量 が 多 く 不 審 者 情 報 も 多 いので 子 どもを 安 心 して 外 で 遊 ばせられない 環 境 にある 保 護 者 が 付 き 添 って 公 園 で 遊 ぶという 形 で 活 動 範 囲 が 限 られている 元 気 に 遊 んで 身 体 面 を 伸 ばすのが 難 しい 近 所 に 年 齢 の 近 い 子 どもがいない いても 既 に 園 に 通 っている 等 で 同 じような 年 齢 の 子 どもと 遊 んだ 経 験 のない 子 どもが 入 園 してくるケースが 増 えている 核 家 族 化 など 周 囲 に 心 から 頼 れる 人 がおらず 子 育 てを 一 人 で 背 負 っている 母 親 が 増 えている 中 には 精 神 的 な 病 を 患 ったり 大 人 の 都 合 に 合 わせて 子 どもまで 夜 型 の 5

6 生 活 リズムになったりして 子 どもにとってしんどい 状 況 が 生 まれている 保 護 者 の 輪 から 外 れてしまうのが 不 安 らしく 自 分 の 子 どもにかける 以 上 に 熱 心 にい ろいろな 活 動 に 取 り 組 んでいる 人 もいる 幼 稚 園 の 保 育 における 課 題 とは? なかなか 日 常 的 に 話 す 機 会 がないので 保 護 者 との 連 携 が 課 題 である 家 族 と 共 通 理 解 のもと 一 人 ひとりに 合 った 支 援 をする 必 要 がある 集 団 生 活 の 中 での 子 どもの 姿 が 保 護 者 に 伝 わらない 子 どもと 保 護 者 の 一 対 一 の 場 合 と 違 うことが 理 解 してもらえない 特 別 な 支 援 が 必 要 な 子 どもが 増 えてきているので 成 長 段 階 に 応 じた 関 わりが 必 要 で ある 対 応 をするためには 人 手 が 必 要 相 談 するところがわからない 人 が 多 い 紹 介 しても 一 歩 が 踏 み 出 せない 場 合 が 多 い 一 番 の 相 談 相 手 は 幼 稚 園 だと 思 う 障 害 に 関 する 知 識 を 得 る 必 要 がある 送 迎 バス 延 長 保 育 など 時 間 的 な 余 裕 がない 公 立 の 学 校 との 連 携 が 足 りないと 感 じる 小 学 校 との 連 携 ということでは 言 葉 だけ では 伝 わらないので 実 際 に 来 てもらうといい 安 心 して 送 り 出 せる 交 流 会 などの 充 実 を 望 む 近 隣 市 町 の 小 学 校 では 年 長 の 先 生 を 対 象 に 授 業 参 観 を 実 施 している 小 学 校 に 入 っ てから 必 要 なことなどがわかるので このように 小 学 校 へ 行 く 機 会 があるといい 安 心 して 色 んなことに 取 り 組 める 環 境 の 工 夫 少 人 数 クラスでは 互 いに 刺 激 し 合 って 育 っていく 機 会 に 乏 しいと 思 う 園 の 先 生 に 保 護 者 を 対 象 としたカウンセラーの 役 割 が 求 められる 特 別 な 支 援 が 必 要 な 子 アレルギーの 子 など 専 門 知 識 を 学 ぶ 必 要 性 が 高 まっている 少 人 数 が 問 題 集 団 における 十 分 な 育 ちを 保 証 できないことが 最 大 の 課 題 ニーズに 合 わせて 延 長 保 育 預 かり 保 育 などが 必 要 一 人 ひとりの 育 ちと 家 庭 環 境 を 見 た 上 で 一 人 ひとりにあった 関 わりをしていくこと が 課 題 核 家 族 化 少 子 化 不 審 者 等 で 遊 ぶ 場 まで 限 られるような 社 会 状 況 で 子 どもたちが 人 と 関 わることすら 制 限 されてきているなか 地 域 の 人 や 異 年 齢 の 子 どもと 積 極 的 に 6

7 交 流 しながら 人 と 関 わる 喜 びや 人 への 親 しみを 感 じさせていくことも 課 題 5 歳 児 が1 年 だけ 通 う 園 なので 1 年 間 で 子 どもや 保 護 者 家 庭 の 状 況 を 掴 んで 対 応 していくのは 難 しい そのため 保 幼 小 の 連 携 が 必 要 家 庭 教 育 の 大 切 さを 園 から 保 護 者 に 発 信 していかなければいけない 現 場 の 職 員 から 見 て 子 育 てに 必 要 な 支 援 とは? 核 家 族 化 が 進 んでいるので 幼 稚 園 保 育 園 が 子 育 て 支 援 をやるべき 子 どもに 社 会 性 を 身 につけるためと 親 のリフレッシュのために 必 要 長 期 の 休 みの 自 由 登 園 保 育 や 預 かり 保 育 が 増 えてきている 教 育 的 な 面 と 保 育 ( 預 かり)のバランスが 重 要 保 護 者 にとって 相 談 できる 環 境 が 必 要 相 談 機 関 の 充 実 が 必 要 ( 園 内 に 相 談 窓 口 があるといい) 公 平 な 支 援 という 視 点 から 公 私 にかかわらず 行 きたい 園 に 行 けるような 経 済 的 な 支 援 があるといい 地 域 の 祖 父 母 世 代 から 知 恵 や 経 験 を 教 えてもらえたり 子 どもに 対 して 悪 いことは 悪 いと 注 意 してもらえたりできると 非 常 にいい 母 親 同 士 の 友 達 づくり 母 親 同 士 が 仲 良 くなれるという 話 を 聞 いて 園 を 選 ぶ 保 護 者 も いる 子 育 ては 大 変 だが 忙 しい 時 期 の 楽 しさを 伝 えていきたい 就 園 前 の 子 どもと 保 護 者 を 対 象 とした 空 き 教 室 のサロン 的 開 放 もやってみたい 常 駐 の 相 談 専 門 の 職 員 がいると 安 心 できると 思 う 専 門 の 相 談 員 相 談 室 があると 保 護 者 の 拠 り 所 支 えになると 思 う 保 育 所 との 連 携 も 密 にし 継 続 した 支 援 ができるようにしたい 預 かり 保 育 が 必 要 子 どもが 安 心 して 遊 べる 場 の 確 保 提 供 支 援 センター 利 用 者 の 既 存 グループに 入 れないので よその 支 援 センターに 行 ってい る 人 がいる センター 職 員 が 親 同 士 をつなぐような 取 り 組 みをしてほしい 保 護 者 の 自 己 肯 定 感 アップも 大 事 子 どもの 頑 張 りとともに 保 護 者 の 頑 張 りにも 目 を 向 けて 声 をかけていく 必 要 があると 思 う 幼 稚 園 の 保 育 時 間 の 延 長 幼 稚 園 教 育 を 受 けさせたくても 保 育 時 間 や 長 期 休 暇 中 の 7

8 過 ごし 方 がネックになって 幼 稚 園 を 諦 めなければいけない 人 もいる 子 育 て 情 報 の 提 供 講 演 会 があるといい 園 開 放 に 来 られない 人 には 民 生 委 員 主 任 児 童 委 員 保 健 センターから 情 報 をもら えると 声 をかけに 行 けるので 他 機 関 とのネットワークがあるといい その 他 大 変 な 仕 事 だと 思 う 人 間 相 手 ですばらしい 面 はたくさんあるが 肉 体 労 働 でもある 女 性 中 心 の 社 会 なので 男 性 教 諭 が 増 えるといい 若 い 人 に 続 けてほしいと 思 う 早 く 辞 めてしまう 人 が 多 い 自 分 の 経 験 からうまくや れば 両 立 が 可 能 だとわかった 市 と 私 立 幼 稚 園 の 関 わりが 希 薄 に 感 じる 就 学 前 に 必 ず 小 学 校 の 先 生 が 園 に 来 てほし い 連 携 が 重 要 である 保 護 者 の 安 心 のためにも 公 立 小 学 校 と 園 の 交 流 会 を 持 つべき 公 立 の 学 校 と 私 立 の 園 の 行 事 が 重 ならないよう 早 めに 情 報 提 供 してほしい 子 ども 医 療 費 の 先 払 い 返 還 システムはニーズに 合 っていない 完 全 無 償 化 に 変 える だけでも 母 親 に 対 する 大 きな 支 援 になる 園 と 保 護 者 が 協 力 して 子 どもを 育 て それで 子 どもが 変 わってきたのを 保 護 者 が 理 解 できると 園 の 信 頼 につながる 保 護 者 が 実 感 できると 自 分 の 役 割 に 気 づき 家 庭 で の 子 育 てに 前 向 きに 関 われるようになる 以 前 に 比 べて 行 事 等 への 父 親 の 参 加 率 が 高 くなったが 実 際 の 子 育 ては 依 然 として 母 親 中 心 が 多 いと 感 じる イクメンパパといわれている 人 でも 仕 事 で 帰 宅 が 夜 10 時 以 降 というのが 多 いと 思 う 桑 名 市 に 住 みたいと 思 ってもらえるような 子 育 て 支 援 を! 8

9 2 保 育 園 保 育 士 日 時 : 私 立 平 成 26 年 1 月 17 日 公 立 平 成 26 年 1 月 6 日 場 所 : 私 立 公 立 市 役 所 各 保 育 園 の 保 育 士 に あらかじめヒアリングシートに 記 入 してもらい 市 役 所 にて 集 団 でヒアリングを 行 った ヒアリングでは 園 児 の 育 ちを 通 して 感 じること 園 児 の 家 庭 環 境 等 について 感 じる こと 保 育 における 課 題 子 育 てに 必 要 な 支 援 などについて 聴 き 取 りを 行 った 園 児 の 育 ちを 通 して 感 じること 自 信 がないせいか 自 分 でやってみようという 気 持 ちが 弱 く 自 尊 感 情 の 低 さをかんじ ることがある 年 齢 にあった 気 持 ちのコントロールができず 友 達 関 係 が 難 しくなってしまうことが 増 えているように 思 う 疲 れやすい じっとしていられない すぐに 寝 ころがる 子 どもが 増 えている 感 動 したり 遊 びに 熱 中 したり もっと 知 りたい!もっとやりたい!という 意 欲 的 な 子 どもが 少 なくなってきている 自 発 的 主 体 的 に 遊 んだり 体 験 したりすることが 苦 手 になってきているのは テレビ やパソコンの 影 響 があるのかも 知 れない 祖 父 母 と 同 居 の 子 どもの 中 には 生 活 の 時 間 的 な 余 裕 もあり 気 持 ちにゆとりのある 子 がいる 家 庭 での 子 育 て 力 が 低 下 しているように 思 う 甘 えたいのに 十 分 に 母 親 に 甘 えられていないためか 保 育 士 に 過 剰 に 甘 える 園 児 も 多 くなってきている 興 味 のあることには 集 中 し 持 続 して 遊 べる 反 面 そうでないことには 取 り 組 まないな ど 極 端 に 違 う インターネットやテレビによる 情 報 を 親 が 整 理 して 子 どもに 与 えていないため 善 悪 の 判 断 がつかないまま 意 味 も 分 からず 死 ね とか ヤバい など 不 適 切 な 言 葉 を 使 う 子 がいる 就 労 時 間 などの 理 由 で 親 が 忙 しいため 家 庭 と 協 力 して 子 育 てができていかない 9

10 体 力 低 下 によって 姿 勢 の 悪 い 子 が 多 いように 思 う 極 端 に 大 人 びた 子 と 幼 い 子 の 差 が 激 しい 家 庭 の 中 で 親 との 関 わりだけで 生 活 してきたせいか 人 とのコミュニケーションがと りにくい 子 がいる 上 手 に 自 分 の 想 いを 伝 えられない 大 事 なことを 互 いに 言 えないため 保 護 者 も 子 ど もも 先 生 に 依 存 している 落 ち 着 き 集 中 力 のない 子 が 増 えたように 思 う 自 己 中 心 的 な 子 が 多 く 人 の 言 うことを 聞 かない 姿 が 見 られる 手 加 減 ができず 思 い 切 り 叩 いたり ぶつかったりする ここまでやったら 痛 い 危 ないの 感 覚 がわからない 子 が 増 えた 転 ぶときに 手 をつかず 顔 から 転 ぶ 子 が 増 えた その 場 に 応 じたあいさつが 上 手 くできない 感 情 をどこにぶつけていいのかわからず 友 達 とのケンカの 際 にキレてしまう 子 がい る 園 児 の 家 庭 環 境 等 について 感 じること 子 育 てを 知 らないことにより 自 分 が 昔 叩 かれて 育 った 経 験 から 自 分 の 子 どもを 叩 い て 育 ててしまう 負 の 連 鎖 もある 保 育 士 はプロだから 全 部 やってくれると 考 える 親 もいる 明 らかに 子 どもにとって 好 ましくないことでも オロオロしてしまって 止 められない 子 どもを 叱 れない 親 が 増 えた 核 家 族 が 増 えてきている 子 育 てがわからない 保 護 者 が 増 えてきているので 子 ども の 落 ち 着 きの 面 で 変 わりつつあるのを 感 じている 母 子 家 庭 父 子 家 庭 が 増 えている 親 の 就 労 時 間 が 長 くなるにつれ 生 活 が 慌 ただしくなり 子 どもと 向 き 合 う 時 間 が 少 ない 家 庭 が 増 えてきている ひとり 親 率 が 高 いが その 分 祖 父 母 との 同 居 で 補 ってもらったり 保 護 者 同 士 のつな がりでフォローしてもらったりできている 子 育 て 等 で 困 ったときはインターネットで 調 べるので 人 に 相 談 したり 聞 いたりしな い そのためで 子 どももインターネットを 使 うのが 当 たり 前 の 人 もある 10

11 ケータイ ゲーム テレビなど 子 どもがメディアに 溢 れた 環 境 におり 人 とのコミュ ニケーションがとれない 家 庭 が 増 えている 親 が 子 どもと 一 緒 になって 遊 んだり 共 感 したりすることが 減 っている 休 日 はどこかへ 出 掛 けて 生 活 リズムが 乱 れるパターンが 多 い 思 い 切 り 体 を 動 かして 遊 ぶ 機 会 が 減 ってきている 子 どもは 保 護 者 とのかかわりを 求 めるが 保 護 者 は 仕 事 が 忙 しいためかかわれない 家 庭 がある 基 本 的 生 活 習 慣 を 園 に 頼 りきり 任 せきりで 園 と 家 とで 協 働 して 子 育 てしていくのが 難 しい 保 育 サービスの1つと 考 えている 人 がいる 子 どもは 親 に 甘 やかされているが 甘 えさせてもらえてないように 感 じる 親 が 子 育 てについて 相 談 する 場 がない 仕 事 があるため 子 どもの 体 調 不 良 に 対 応 しない 対 応 できない 保 護 者 がいる 習 い 事 を 始 めるのは 早 いが 子 どもの 心 の 育 ちには 重 点 を 置 くことが 少 なく 心 の 育 ち が 心 配 生 活 リズムが 大 人 中 心 ( 朝 早 く 夜 遅 い)のため 子 どもの 生 活 が 不 規 則 子 どもとの 関 わり 方 がわからないと 言 う 保 護 者 がふえた 子 どもではなく 私 はすごく 頑 張 っている 私 を 褒 めてほしい と 自 分 の 話 をしたが る 人 が 多 くなってきたように 思 う 核 家 族 の 増 加 地 域 のコミュニティ 力 の 低 下 によって 子 育 てを 継 承 できなくなり 育 児 の 孤 立 化 が 目 立 つ 両 親 ともにフルタイムが 多 く 園 で 過 ごす 時 間 が 長 い 子 が 多 くなっている 両 親 フルタイムであっても 家 事 や 育 児 は 母 親 に 負 担 が 集 中 するため 仕 事 家 事 育 児 で 一 杯 一 杯 の 母 親 もいる 保 育 園 の 保 育 における 課 題 とは? 相 談 できる 人 が 周 りにいない 人 もいるので 保 育 士 がその 役 割 を 担 っていく 必 要 性 を 感 じている 長 時 間 保 育 延 長 保 育 がほとんどなので 保 護 者 と 話 をする 時 間 を 作 るのが 難 しくな ってきている 園 でやっている 遊 びの 目 的 や 将 来 の 子 どもの 姿 を 見 据 え 伝 えながら 家 庭 での 役 割 を 11

12 伝 えることも 大 事 である 個 々の 子 どもの 育 ちを 考 え 保 育 内 容 の 充 実 と 保 育 士 の 資 質 の 向 上 が 課 題 認 定 こども 園 設 置 に 見 据 えて 保 幼 の 保 育 内 容 の 検 討 が 必 要 園 開 放 一 時 保 育 を 安 心 して 利 用 できるよう 気 軽 に 相 談 できるよう 園 を 日 頃 から 地 域 にオープンにできるといい 専 門 の 先 生 に 巡 回 の 形 でみてもらってアドバイスがもらえると 子 どもにあった 支 援 ができる 専 門 職 と 保 育 士 の 連 携 体 制 を 構 築 したい 地 域 の 子 ども 数 にあった 園 整 備 をしていかないと 必 要 な 集 団 生 活 ができない 子 どもだけではなく 親 や 地 域 をまき 込 んで 支 援 していくのが 園 の 仕 事 保 護 者 に 助 言 できるような 関 係 づくり 食 物 アレルギー 等 の 専 門 知 識 など 保 育 士 の 資 質 向 上 が 必 要 0~2 歳 の 低 年 齢 児 が 多 いので 災 害 時 の 避 難 方 法 の 確 立 が 急 務 保 護 者 が 安 心 して 預 けられるように 保 育 士 の 資 質 向 上 が 必 要 保 育 士 の 人 材 確 保 と 待 遇 改 善 が 課 題 現 場 の 職 員 から 見 て 子 育 てに 必 要 な 支 援 とは? 子 育 てがわからない 時 に 気 軽 に 相 談 できる 場 所 が 必 要 家 での 楽 しい 過 ごし 方 をアドバイスできるだけでも 違 う 園 でやっている 遊 びや 聞 い ている 曲 を 紹 介 するのも 良 い 保 護 者 の 背 景 に 配 慮 した 精 神 的 支 援 が 必 要 子 どもの 状 況 について 的 確 に 説 明 できるよう 保 育 士 の 研 修 勉 強 も 必 要 学 童 が 学 校 から 離 れているため 不 安 を 感 じている 保 護 者 もいる 学 童 が 学 校 の 近 くに あるといい 家 にこもっている 人 への 支 援 は 子 育 て 支 援 センター 保 健 センター 主 任 児 童 委 員 な ど 地 域 や 関 係 機 関 との 連 携 が 重 要 おんぶ 紐 の 活 用 など 子 育 てに 役 立 つ 知 識 を 伝 えていくことも 大 事 受 け 入 れることは 簡 単 だが 親 として 何 が 必 要 かを 教 えていく 基 盤 を 皆 が 共 通 して 持 っている 必 要 があると 思 う 一 時 保 育 や 子 育 て 支 援 センターを 利 用 した 人 の 中 に 精 神 疾 患 のある 親 や 障 害 のある 子 どもの 保 護 者 がいるので 関 係 機 関 へとつなぐなどフォローが 必 要 12

13 発 達 支 援 が 必 要 な 子 どもが 多 いので 支 援 と 相 談 機 関 の 連 携 を 切 れ 間 なく 続 けていく ことが 課 題 一 時 保 育 施 設 の 充 実 子 育 て 支 援 センターの 利 用 条 件 の 拡 大 が 必 要 育 児 を 始 めとした 相 談 全 般 精 神 面 のサポート 体 制 相 談 遊 びなどニーズにあわせたスペースの 確 保 保 護 者 のカウンセラー 的 な 相 談 専 門 の 先 生 が 園 に 常 駐 できるといい 家 庭 や 保 育 園 で 少 し 支 援 が 必 要 な 子 と 保 護 者 を 支 援 する 相 談 体 制 親 育 てが 必 要 子 育 ての 主 役 である 親 を 園 や 地 域 がサポートするスタンスが 理 想 保 護 者 同 士 が 気 持 ちを 分 かり 合 えるような 場 づくり 親 同 士 の 交 流 の 機 会 病 児 病 後 児 保 育 の 充 実 親 が 子 育 てを 楽 しめるような 支 援 保 育 サービスの 充 実 だけでなく 子 育 て 中 の 保 護 者 を 支 援 する 社 会 の 雰 囲 気 づくりも 大 事 その 他 行 事 には 関 心 があって 参 加 率 が 良 い 平 日 の 保 育 参 観 に 夫 婦 で 参 加 する 人 が 増 えた 朝 父 親 が 送 ってくる 家 庭 が 多 くなってきた 保 育 士 の 待 遇 改 善! 労 働 環 境 改 善! 13

14 3 くわなわいわいワークショップ3( 長 島 地 区 ) 日 時 : 平 成 26 年 1 月 25 日 場 所 : 長 島 地 域 子 育 て 支 援 センター 市 広 報 紙 の 掲 載 や 幼 稚 園 保 育 所 ( 園 ) 等 を 通 じた 案 内 の 配 布 等 により 参 加 者 を 募 り 参 加 した11 人 にワークショップの 形 式 でヒアリング 調 査 を 行 った ワークショップでは 自 己 紹 介 話 し 合 い 振 り 返 り の 進 行 手 順 で 自 由 に 話 し 合 った 就 園 前 の 子 育 てについて 双 子 の 母 親 は 閉 じこもらざるを 得 ない 地 域 に 出 たくても 出 られない 人 への 参 加 支 援 が 必 要 赤 ちゃん 訪 問 以 降 の 訪 問 があると 良 い ボランティア 等 も 含 めて 訪 問 ちょっとした 手 助 けができると 良 い 離 乳 食 や 子 育 てに 関 する 知 識 を 地 域 住 民 が 教 えてくれると 良 い 娘 がまだ1 歳 なので 子 育 てに 必 死 で 余 裕 がない 離 乳 食 講 座 に 行 きたくても 子 ども の 機 嫌 が 悪 かったら 行 けない 身 近 に 祖 父 母 がいないので 子 どもを 預 けられない 引 っ 越 してきた 人 は 孤 立 しがち 声 かけ 支 援 必 要 3 年 前 に 越 してきたが 出 産 してから 友 人 が 増 えた 育 児 休 暇 中 の 母 親 は 社 会 から 隔 絶 している 感 もある 支 援 センターの 存 在 を 知 っていても 1 人 では 行 きにくいという 人 も 多 い 家 に 閉 じ こもっている 人 も 多 いと 思 う 支 援 センターは 子 どもを 遊 ばせるところかもしれないが 母 親 も 誰 かと 喋 りたい 知 り 合 いになりたいと 思 いながら 来 ている 人 も 多 い 支 援 センターで 知 人 と 会 えるのが うれしい 支 援 センターで 孤 立 してしまうと 孤 独 感 が 倍 増 する 保 護 者 同 士 をつなぐよう 職 員 さ んは 心 がけてほしい マイカルの 近 くには 支 援 センターがたくさんあり 10 分 間 講 座 などをやっているので どこかに 行 けば 同 じ 年 代 の 親 子 に 会 える 小 さい 子 どもと 母 親 への 支 援 は 結 構 充 実 し ているように 感 じている 軽 い 気 持 ちでインターネットをみてしまうと 情 報 が 氾 濫 していて 何 が 本 当 なのかわ 14

15 からなくなる 自 分 から 情 報 を 取 りに 行 けるタイプの 母 親 には 今 の 桑 名 市 は 良 いが 逆 のタイプの 母 親 には 何 らかの 支 援 が 必 要 すくすくだより が 支 援 センターに 置 いてあるが 行 かない 人 は 見 えない ホーム ページで 見 えることを 知 らない 母 親 も 見 る 機 会 がないので マイカルなどの 日 常 生 活 範 囲 に 置 いてあればいいのにと 思 う 子 どもが 未 熟 児 だったので 保 健 師 さんが 訪 問 してくれていたのが 良 かったが 支 援 セ ンターに 行 くのに 躊 躇 した 授 乳 感 覚 が 短 く センターに 授 乳 室 があるのは 行 ってか ら 知 った 行 くまでに 時 間 はかかったが 職 員 さんが 積 極 的 に 話 しかけてくれたので 安 心 して 行 くことができた 子 育 て 環 境 について 市 内 には 施 設 があるが 桑 部 にはほとんどなく 朝 日 町 や 川 越 町 の 方 が 近 いのでそっ ちに 行 っていた 公 園 が 少 なく 連 れて 行 っても 年 齢 にあった 遊 具 がない 特 に 低 年 齢 対 象 の 安 全 なも のがない 管 理 もできていないので 雑 草 虫 がひどく 子 どもが 行 きたがらない 子 どもが 自 転 車 で 集 まれるような 場 所 がほしい 地 域 の 元 気 な 高 齢 者 に 子 どもを 預 かってもらう 仕 組 みができないか 身 近 に 元 気 な 高 齢 者 が 多 い 子 どもの 頃 の 食 事 は 大 事 働 いていた 時 は 朝 夕 の 食 事 に 力 を 入 れられなかったので 保 育 園 の 給 食 が 子 どもの 栄 養 源 だった 園 や 学 校 での 食 育 に 力 を 入 れてほしい 幼 稚 園 保 育 園 について 保 育 園 の 定 員 がすぐにいっぱいになるので 選 択 肢 が 少 ない 3 歳 児 を 近 隣 の 幼 稚 園 で 預 けられると 良 い 桑 部 は 幼 稚 園 がなくなるので 保 育 園 しか 選 択 肢 がない 幼 稚 園 に 行 こうと 思 うと 車 で 送 っていくしかなく 地 域 の 子 どもと 関 わることなく 小 学 校 に 入 学 することになる 私 立 幼 稚 園 には 送 迎 があり 逆 に 公 立 幼 稚 園 は 送 迎 がないから 人 気 がないため 再 編 でなくなってしまうのはわかるが 幼 稚 園 の 保 育 時 間 が 長 くなれば 行 きたがる 人 も 増 える 希 望 としては 近 所 の 園 に 通 えるのがベストだが 条 件 にあった 園 がない 15

16 横 浜 市 では 保 育 園 幼 稚 園 が 連 携 した 取 組 がされていた 桑 名 市 でもできると 良 い 学 童 保 育 について 子 どもが 小 学 生 にあがると 延 長 保 育 がなく 学 童 保 育 も 場 所 が 不 便 等 の 理 由 で 心 配 職 場 を 変 える 必 要 が 出 てくるのか 不 安 桑 部 は 学 童 保 育 がないので 不 安 伊 曽 島 には 学 童 がない 下 校 に1 時 間 近 くかかるため 学 校 と 家 との 中 間 地 点 に 学 童 があると 皆 がそこで 遊 べる 桑 部 は 子 どもが 少 ないので 私 立 幼 稚 園 が 学 童 をしているが そこの 卒 園 児 じゃないと 利 用 できない 将 来 働 くかわからない 親 は 必 然 的 にそこの 幼 稚 園 に 入 園 しなければ ならないので 桑 部 にも 学 童 保 育 がほしい 中 部 には 学 童 があり 北 部 伊 曽 島 の 保 護 者 は 学 童 をどうするか 懸 念 している 一 応 コミュニティバスで 通 えるが そうまでして 通 わせたくないと 考 える 親 もおり 仕 事 を 諦 める 人 も 多 い 交 通 機 関 に 頼 らず 歩 いて 行 ける 距 離 に 学 童 があると 良 い 学 童 は 校 内 にあるのが1 番 いい 学 童 が 学 区 に1つあっても 学 校 から 距 離 がある 場 合 誰 が 送 っていくのか 移 動 が 心 配 小 学 校 入 学 にあわせて 仕 事 を 辞 める 人 もいるし 勤 務 先 や 就 労 形 態 を 変 えないといけ ない 名 古 屋 市 はトワイライト 制 度 があり 学 校 内 に1 室 設 けて 学 童 より 安 くいつでも 預 け られるので 導 入 してほしい 子 ども 医 療 費 について 子 ども 医 療 費 の 償 還 払 いが 面 倒 返 金 も 世 帯 主 の 口 座 なので 煩 わしい 役 所 と 医 療 機 関 がやり 取 りすれば 市 民 は 楽 事 務 コストも 浮 く 診 療 明 細 のハガキがもったいない 後 からハガキを 出 して 入 金 してくれるくらいだっ たら 最 初 からタダにした 方 が 良 い 子 どもが 小 さいうちは 窓 口 で 支 払 いをするのも 大 変 窓 口 で 支 払 う 大 変 さは 男 性 にはわからない 名 古 屋 は 中 学 生 まで 窓 口 支 払 いがなく 楽 だった 16

17 振 り 返 り (ワークショップの 感 想 等 ) 自 分 と 同 じ 意 見 を 持 つ 人 が 多 く 安 心 した 共 有 できてよかった 学 童 医 療 費 等 改 善 すべきところはもっと 意 見 を 言 っていかないといけないのかなと 感 じた 悩 みや 考 えを 共 感 共 有 できると 力 になる この 場 で 人 と 話 すことにプレッシャーもあった 一 歩 を 踏 み 出 すのに 勇 気 がいるので 敷 居 が 低 いと 良 い 子 育 て 中 は 大 人 との 会 話 が 少 なくなる 母 親 であっても 一 人 の 大 人 として 過 ごせる 時 間 が 大 事 今 日 ここで 意 見 を 言 ったことで 桑 名 の 子 育 て 支 援 が 良 くなるといい 他 の 人 の 意 見 で 先 のことを 想 像 したり 準 備 したりしておくことを 勉 強 できた 先 輩 ママの 話 を 聞 いて 自 分 の 行 く 末 を 考 えるきっかけになった 色 々と 共 有 できて よかった 園 は 家 に 近 ければいいと 考 えていたが もう 少 し 違 いを 調 べてみようと 思 った 昔 はそれ 程 考 えなくても 子 育 てができた 今 の 若 い 人 はいろいろ 考 えて 心 配 する 必 要 があることが 多 くて 大 変 意 見 を 市 の 施 策 に 活 かしてもらえればと 思 う 桑 名 市 が 子 育 てしやすくなることを 期 待 している 参 加 して 良 かった 友 達 感 覚 で 話 ができて 良 かった こういう 機 会 がたくさんあれば 話 をしたい 人 が 多 く 参 加 すると 思 う 次 の 機 会 のために 今 日 の 感 想 を 友 人 に 伝 えたい その 他 育 児 休 暇 取 得 前 は 朝 7 時 半 に 保 育 所 に 預 けて 夜 6 時 頃 に 迎 えに 行 く 生 活 をしてい たので 会 話 が 少 なかったが 今 は 絵 本 を 読 んだり 保 育 園 で 何 があったかを 聞 けたり 自 分 の 心 に 余 裕 を 持 てている 娘 が 生 まれてから 名 古 屋 横 浜 と 住 んで 桑 名 市 で3 都 市 目 だが 色 々 比 較 すると 桑 名 市 の 子 育 て 支 援 は 充 実 していると 感 じているが 色 々と 思 うこともあるので 市 政 に 活 かしてほしい 17

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

守山市

守山市 第 1 回 守 山 市 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 25 年 10 月 17 日 資 料 5-1 守 山 市 保 育 * 幼 児 教 育 * 子 育 て 支 援 の 概 要 1 人 口 世 帯 数 ( 1 ) 人 口 世 帯 数 の 推 移 住 民 登 録 基 本 台 帳 より 区 分 人 口 ( 前 年 度 比 ) 世 帯 数 ( 前 年 度 比 ) 1 世 帯 あたり S45.7.1

More information

子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄 付 ( 町 会 全 体 で) 挨 拶 がよくできる 元 気 ハキハキしていて 子 どもらしい すれていない 加 茂 中 学 校 後 援 会 で 寄 付 をしている 学 校 便 りを 町 会 全

子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄 付 ( 町 会 全 体 で) 挨 拶 がよくできる 元 気 ハキハキしていて 子 どもらしい すれていない 加 茂 中 学 校 後 援 会 で 寄 付 をしている 学 校 便 りを 町 会 全 ( 仮 称 ) 次 世 代 育 成 支 援 推 進 条 例 ( 子 ども 条 例 ) 制 定 に 向 けた 地 区 別 懇 話 会 (タウンミーティング) 加 茂 地 区 意 見 等 一 覧 開 催 日 : 平 成 23 年 7 月 22 日 ( 金 ) 会 場 : 加 茂 支 所 会 議 室 子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄

More information

にどうなるかというときに 30 代 40 代 を 含 んで 教 育 会 として 家 庭 教 育 講 座 を やっていかなければならない そのため2つに 分 けている 確 かに 素 直 に 考 えたらそうであるが 特 に0 歳 児 の 親 は 核 家 族 化 になって 子 育 てに 悩 んで 地 域

にどうなるかというときに 30 代 40 代 を 含 んで 教 育 会 として 家 庭 教 育 講 座 を やっていかなければならない そのため2つに 分 けている 確 かに 素 直 に 考 えたらそうであるが 特 に0 歳 児 の 親 は 核 家 族 化 になって 子 育 てに 悩 んで 地 域 No5 0 歳 期 教 育 親 子 教 室 事 業 家 庭 教 育 講 座 事 業 ( 資 料 に 基 づき 事 業 説 明 ) 0 歳 期 教 育 は 1 講 座 30 人 で6 回 開 催 となっている 単 純 に 計 算 したら180 人 になる が 目 標 値 300というのはどのような 數 か 今 年 は50 人 くらい 申 し 込 みがあっているが 6 回 全 部 の 方 や1 回 だけしかでられないと

More information

直 ぐに 役 場 へ ではなくて まずは 自 分 で 地 域 で 考 えてほしい 家 族 を 大 切 にする( 離 れて 暮 らす 親 も 含 め) 余 力 があれば 近 所 を 大 切 にする 町 の 何 か につながる 参 加 する 住 民 でできることは 自 ら 行 う 行 政 だけでできるこ

直 ぐに 役 場 へ ではなくて まずは 自 分 で 地 域 で 考 えてほしい 家 族 を 大 切 にする( 離 れて 暮 らす 親 も 含 め) 余 力 があれば 近 所 を 大 切 にする 町 の 何 か につながる 参 加 する 住 民 でできることは 自 ら 行 う 行 政 だけでできるこ 実 施 日 20130827 20130828 20130829 職 員 向 け 自 治 基 本 条 例 ワークショップ 手 法 ワールドカフェ 参 加 人 数 60 人 ワークショップ 結 果 住 民 の 皆 さんにお 伝 えしたいこと 隣 近 所 の 付 き 合 いを 大 切 にしてほしい 限 られた 財 源 の 中 では 住 民 の 皆 さんに 負 担 をお 願 いすることもある 親 と 一

More information

問 27-1 保 育 サービスについて 1 本 町 地 区 方 面 保 育 料 が 高 い ( 差 が 大 きすぎる) 1 本 町 地 区 方 面 乳 幼 児 が 天 候 に 左 右 されずに 過 ごせる 様 な 室 内 で 遊 べる 児 童 館 又 は 支 援 センターの 様 な 施 設 があると

問 27-1 保 育 サービスについて 1 本 町 地 区 方 面 保 育 料 が 高 い ( 差 が 大 きすぎる) 1 本 町 地 区 方 面 乳 幼 児 が 天 候 に 左 右 されずに 過 ごせる 様 な 室 内 で 遊 べる 児 童 館 又 は 支 援 センターの 様 な 施 設 があると 夕 張 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 策 定 のための アンケート 調 査 ご 協 力 のお 願 い < 就 学 前 児 童 の 保 護 者 アンケート> 自 由 記 入 設 問 記 述 ( 全 文 ) アンケート 自 由 記 入 設 問 への 記 入 内 容 を 以 下 の 居 住 区 域 ( 通 学 区 域 ) 別 に 整 理 し 収 録 したものです 1. 本 町 地 区

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478> 資 料 1 ( 宗 片 委 員 提 出 資 料 ) 災 害 時 における 女 性 のニーズ 調 査 ~なぜ 防 災 災 害 復 興 に 女 性 の 視 点 が 必 要 か~ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 イコールネット 仙 台 宗 片 恵 美 子 はじめに 宮 城 県 沖 地 震 発 生 確 率 10 年 以 内 70% 程 度 20 年 以 内 90% 程 度 以 上 30 年 以 内 99%

More information

Microsoft Word - 議事録

Microsoft Word - 議事録 子 どもの 健 康 と 環 境 に 関 する 全 国 調 査 (エコチル 調 査 ) 第 6 回 神 奈 川 ユニットセンター 連 絡 協 議 会 日 時 : 平 成 27 年 1 月 7 日 ( 水 )15:00~17:00 場 所 :ヨコハマプラザホテル 5 階 芙 蓉 の 間 220-0011 横 浜 市 西 区 高 島 2-12-12(TEL:045-461-1771) 議 事 次 第 1.

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

Ⅲ 単 純 集 計 結 果 1 就 学 前 児 童 調 査 (1)あて 名 のお 子 さんご 本 人 と ご 家 族 の 状 況 などにつ いて 問 1 お 住 まいの 地 区 ( 町 丁 目 )をお 答 えください 問 1 地 区 コミュニティ 区 分 2877 (100.0) 1 湊 町 163

Ⅲ 単 純 集 計 結 果 1 就 学 前 児 童 調 査 (1)あて 名 のお 子 さんご 本 人 と ご 家 族 の 状 況 などにつ いて 問 1 お 住 まいの 地 区 ( 町 丁 目 )をお 答 えください 問 1 地 区 コミュニティ 区 分 2877 (100.0) 1 湊 町 163 Ⅲ 単 純 集 計 結 果 1 就 学 前 児 童 調 査 (1)あて 名 のお 子 さんご 本 人 と ご 家 族 の 状 況 などにつ いて 問 1 お 住 まいの 地 区 ( 町 丁 目 )をお 答 えください 問 1 地 区 コミュニティ 区 分 2877 (100.0) 1 湊 町 163 ( 5.7) 2 宮 本 211 ( 7.3) 3 本 町 53 ( 1.8) 4 海 神 151

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

「子育て中の女性の就労意識に関するアンケート調査」

「子育て中の女性の就労意識に関するアンケート調査」 子 育 て 中 の 女 性 の 就 労 意 識 に 関 する アンケート 調 査 報 告 書 女 性 の 再 チャレンジ 促 進 緊 急 雇 用 創 出 事 業 報 告 書 (2/3) 平 成 26 年 3 月 三 重 県 目 次 1. 調 査 の 概 要... 1 2. 調 査 結 果 の 概 要... 2 3. 調 査 結 果... 6 Ⅰ.あなたご 自 身 について... 6 A.あなたの

More information

目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた

目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた 資 料 5 加 古 川 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 素 案 ) 加 古 川 市 目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた

More information

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc 子 どもの 遊 びの 実 態 に 関 する 研 究 A Study of Actual Conditions of Children s Play 鶴 山 博 之 TSURUYAMA Hiroyuki 橋 爪 和 夫 1) HASHIZUME Kazuo 中 野 綾 2) NAKANO Aya Ⅰ. 緒 言 子 どもは 遊 びを 経 験 することによってさまざまなことを 学 習 していくといわれている

More information

第 7 章 自 由 記 述 第 7 章 自 由 記 述 1 就 学 前 児 童 ( 記 入 者 : 稲 城 市 内 に 居 住 する 就 学 前 児 童 の 保 護 者 ) 主 な 回 答 を 抜 粋 して 掲 載 (1) 子 育 て( 教 育 を 含 む)をする 上 で 周 囲 ( 身 近 な 人 行 政 担 当 者 など)からど のようなサポートを 受 けたいか 問 11 地 域 における 子

More information

<5461726F2D8E968BC68C7689E68F9195BD90AC3238944E6A74642E6A7464>

<5461726F2D8E968BC68C7689E68F9195BD90AC3238944E6A74642E6A7464> 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 野 里 福 祉 会 は え ば る 保 育 園 -1- 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 1. 野 里 福 祉 会 本 部 運 営 法 人 理 念 一 人 ひとりの 生 命 を 守 り 一 人 ひとりの 生 命 を 育 みます 福 祉 施 設 としての 役 割 を 果 たし 地 域 に 根 ざし 地 域 との 信 頼 関 係

More information

Microsoft Word - うまれ変われるとしたら理由P16~19

Microsoft Word - うまれ変われるとしたら理由P16~19 生 まれ 変 われるとしたら の 理 由 児 童 生 徒 / 保 護 者 小 学 生 男 子 小 学 生 女 子 記 述 より 1 ぜ っ た い 男 2 ど ち ら か と い え ば 男 3 ぜ っ た い 女 4 ど ち ら か と い え ば 女 5 ど ち ら で もいい 今 のままがいい 今 男 だから 運 動 スポーツができる 赤 ちゃんを 産 みたくない 力 が 強 い 今 女 なので

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

<88EE91F28E738E9F90A291E388E790AC8E7889875F955C8E8630332E786477>

<88EE91F28E738E9F90A291E388E790AC8E7889875F955C8E8630332E786477> 資 料 編 1 意 見 提 案 の 内 容 ニーズ 調 査 における 主 な 意 見 ニーズ 調 査 において 子 育 て 支 援 に 関 する 意 見 をうかがったところ 就 学 前 児 童 の 保 護 者 から 1,355 件 小 学 生 の 保 護 者 から 1,300 件 が 得 られました 主 な 意 見 は 次 のとおりです 分 類 意 見 提 案 ( 概 要 ) 保 育 園 親 の 就

More information

<95F18D908F912E786477>

<95F18D908F912E786477> 参 考 鹿 児 島 県 民 の 生 活 意 識 実 態 調 査 等 の 結 果 平 成 23 年 3 月 28 日 目 次 I. 世 代 別 にみた 特 徴 と 課 題... 2 1. 20 歳 代... 2 2. 30 歳 代... 3 3. 40 歳 代... 5 4. 50 歳 代... 7 5. 60 歳 代... 8 6. 70 歳 以 上... 10 II. 就 業 形 態 別 にみた

More information

プレスリリース

プレスリリース 報 道 関 係 者 各 位 2013 年 5 月 23 日 マミーズサミット 全 国 ネット 調 べ 育 児 休 業 三 年 抱 っこし 放 題 ママたちはどう 考 えてる? 緊 急! 育 休 アンケート 結 果 速 報 抱 っこし 放 題 よりも 選 択 し 放 題 の 働 き 方 を!! 携 帯 メルマガ あったかめ~る による 地 域 密 着 子 育 て 情 報 の 発 信 や 子 育 てと

More information

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の 大 津 家 庭 裁 判 所 委 員 会 議 事 録 1 日 時 平 成 20 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 2 場 所 大 津 家 庭 裁 判 所 本 館 大 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 五 十 音 順 敬 称 略 飯 田 喜 信, 小 川 素 子, 國 松 完 二, 甲 津 貴 央, 酒 井 康 夫, 十 倉 良

More information

研究の計画・方法

研究の計画・方法 外 来 患 者 を 対 象 とした 緩 和 ケアに 関 するニーズ 調 査 報 告 書 大 友 宣 1) 佐 野 かず 江 2) 橋 本 勉 3) 1) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 内 科 医 長 / 湘 南 国 際 村 クリニック 所 長 2) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 ケアセンター 所 長 3) 社 会 福 祉 法

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円 はじめに あなたご 自 身 のことについてお 伺 いいします F1 あなたのお 住 まいは 次 のどの 地 域 ですか 1 県 北 地 域 3 県 南 地 域 5 南 会 津 地 域 7 いわき 地 域 2 県 中 地 域 4 会 津 地 域 6 相 双 地 域 お 住 まいの 地 域 がわからない 場 合 は 以 下 に 市 町 村 名 をご 記 入 ください ( ) F2 あなたの 出 身 地

More information

『教育』をとりまく現状と課題について

『教育』をとりまく現状と課題について 資 料 3 教 育 をとりまく 現 状 と 課 題 1.アンケート 結 果 から 見 た 教 育 をとりまく 現 状 2. 方 向 性 参 考 61 人 の 声 産 業 構 造 審 議 会 基 本 政 策 部 会 2006 年 11 月 17 日 木 幡 美 子 1 アンケート 結 果 から 見 た 教 育 をとりまく 現 状 アンケート 実 施 期 間 2006 年 10 月 13 日 ~31 日

More information

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 しらとり 保 育 所 目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 向 けた 取 組 -----------------------------------------

More information

緊急コメント160418発表後修正あり

緊急コメント160418発表後修正あり 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 (3 月 28 日 )への 緊 急 コメント 未 来 を 担 う 子 どもを 社 会 全 体 で 育 むための 財 源 の 確 保 を 求 めます 2016 年 4 月 6 日 保 育 園 を 考 える 親 の 会 安 心 できる 保 育 園 ふやして!2016 チーム 3つの 安 心 =1 子 どもが 安 心 して 育 つことができる

More information

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 参 考 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づく 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 ( 市 町 村 関 連 部 分 のみ 抜 粋 ) 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支

More information

のびのび塩竈っ子プラン

のびのび塩竈っ子プラン 第 2 章 子 どもがのびのびと 健 やかに 育 つまち Ⅳ 計 画 の 内 容 ( 第 2 章 ) 第 1 節 多 様 な 生 涯 学 習 の 推 進 現 状 と 課 題 幼 稚 園 の 教 育 幼 稚 園 は 保 育 所 と 並 び 子 どもたちが 集 団 で 生 活 を 経 験 する 最 初 の 場 です 子 どもたち は 家 族 以 外 の 友 だちや 先 生 とのふれあいや 遊 び 体 験

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5> 平 成 25 度 第 1 回 移 動 教 育 委 員 会 懇 談 会 発 言 要 旨 開 催 日 平 成 25 年 5 月 22 日 ( 水 ) 会 場 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 教 職 員 との 懇 談 会 14:40~15:30 参 加 者 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 班 長 主 幹 主 査 担 当 職 員 静 岡 県 教 育 委 員 会 教 育 委 員 会 教 育 委 員 長

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7182C782E082CC93C78F918A8893AE908490698C7689E6816988C4816A8AAE90AC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7182C782E082CC93C78F918A8893AE908490698C7689E6816988C4816A8AAE90AC2E646F63> 北 海 道 - 当 別 町 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 - 平 成 22(2010) 年 度 ~ 平 成 26(2014) 年 度 ふれあいから 学 びの 輪 へ 当 別 町 教 育 委 員 会 1 当 別 町 の 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 策 定 にあたっての 背 景 2001 年 ( 平 成 13 年 )11 月 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関

More information

飾 区 子 ども 子 育 て 支 援 ニーズ 調 査 報 告 書 - 学 童 保 育 クラブ 利 用 等 に 関 する 調 査 - 平 成 26 年 3 月 飾 区 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 1 1. 調 査 目 的 1 2. 調 査 対 象 1 3. 調 査 方 法 1 4. 調 査 期 間 1 5. 回 収 状 況 1 6. 集 計 値 や 図 表 の 表 記 について 1 Ⅱ. 調 査

More information

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 88 年 07 年 東 京 調 査 の 結 果 目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 者 選 択

More information

苦情・相談

苦情・相談 苦 情 相 談 報 告 (かなおか 保 育 園 ) 平 成 25 年 度 時 期 申 出 人 苦 情 相 談 の 内 容 対 応 及 び 結 果 医 師 の 指 示 により 薬 を 不 十 分 な 説 明 で 不 快 にさせた 事 につ 預 けていたが 年 度 が 替 わ いて 主 任 が 謝 罪 する る 為 に 一 度 返 された 薬 の 乳 幼 児 期 は 成 長 が 著 しく 体 調 も 変

More information

カリキュラム 第 1 回 何 故 まちづくりが 必 要 か?~ まち に 商 店 街 が 必 要 なワケ ~ 流 通 科 学 大 学 商 学 部 特 別 教 授 石 原 武 政 氏 第 2 回 エリアマネジメントを 学 ぶ 熊 本 城 東 マネジメント 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 南

カリキュラム 第 1 回 何 故 まちづくりが 必 要 か?~ まち に 商 店 街 が 必 要 なワケ ~ 流 通 科 学 大 学 商 学 部 特 別 教 授 石 原 武 政 氏 第 2 回 エリアマネジメントを 学 ぶ 熊 本 城 東 マネジメント 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 南 株 式 会 社 全 国 商 店 街 支 援 センター 平 成 27 年 度 商 人 塾 支 援 事 業 ( 事 業 報 告 書 概 要 版 ) 実 施 機 関 : 春 日 井 商 工 会 議 所 ( 愛 知 県 春 日 井 市 ) 参 加 商 店 街 : 鳥 居 松 商 店 街 鳥 居 松 広 小 路 商 店 街 勝 川 駅 東 商 店 街 勝 川 駅 前 通 商 店 街 東 野 商 店 街 高 蔵

More information

表紙.indd

表紙.indd コミュニティ 通 訳 の つなぐ 行 為 にみる 橋 渡 しとは 三 木 紅 虹 みなみ 市 民 活 動 多 文 化 共 生 ラウンジ コーディネーター NPO 法 人 MICかながわ 中 国 語 医 療 通 訳 はじめに 近 年 各 自 治 体 や 国 際 交 流 協 会 など 民 間 団 体 において コミュニティ 通 訳 が 無 視 できない 存 在 となりつつあるが その 人 材 の 育 成

More information

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ 第 3 学 年 国 語 科 全 国 学 力 調 査 の 結 果 は 知 識 活 用 能 力 ともに 全 ての 領 域 観 点 で 全 国 及 び 都 の 平 均 を1~6ポイント 程 度 上 回 っている 短 い 言 葉 や 本 文 の 書 き 抜 きで 解 答 する 問 題 は 取 り 組 み 状 況 結 果 ともによいが 作 文 や 論 理 構 成 を 大 事 にした 説 明 を 要 する 問

More information

< E93788EA98CC8935F8C9F2892F18F6F816A2E786477>

< E93788EA98CC8935F8C9F2892F18F6F816A2E786477> . した B. 検 討 したが に 至 らなかった C. 検 討 も もしなかった D. 廃 止 した 計 画 の. 計 画 通 りに できた b.ほぼ 計 画 通 りに できた c. 計 画 には 及 ばなかった NO.1 平 成 27 年 度 自 己 点 検 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 長 坂 保 育 園 評 価 項 目 Ⅰ 福 祉 サービスの 基 本 方 針 と 組 織 1 理 念

More information

ウェブ 出 願 でも 紙 の 入 試 要 項 は 試 験 当 日 にあると 便 利 なので 取 り 寄 せた 方 がよい センター 利 用 の 受 験 校 をぎりぎりで 決 めたので 慌 てた 早 く 取 り 寄 せたほうが 慌 てない 出 願 方 法 封 筒 に 調 査 書 を 入 れ 忘 れてし

ウェブ 出 願 でも 紙 の 入 試 要 項 は 試 験 当 日 にあると 便 利 なので 取 り 寄 せた 方 がよい センター 利 用 の 受 験 校 をぎりぎりで 決 めたので 慌 てた 早 く 取 り 寄 せたほうが 慌 てない 出 願 方 法 封 筒 に 調 査 書 を 入 れ 忘 れてし H27 年 度 匝 瑳 高 校 受 験 体 験 アンケート 集 計 結 果 平 成 28 年 3 月 11 日 進 路 指 導 部 1 出 願 まで [(センター 試 験 を 含 めて) 受 験 科 目 の 決 定 ( 時 期 理 由 等 ) 受 験 校 の 決 定 ( 時 期 理 由 等 ) 願 書 の 取 り 寄 せ 方 出 願 方 法 (ウェブ 郵 送 ) ホテルの 予 約 等 ] 受 験 科

More information

会議録

会議録 第 4 回 秦 野 市 公 立 幼 稚 園 あり 方 検 討 委 員 会 1 日 時 平 成 24 年 2 月 7 日 ( 火 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 2 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 3 階 3A 会 議 室 3 出 席 委 員 逢 坂 委 員 小 林 委 員 佐 藤 委 員 佐 々 木 委 員 桐 山 委 員 横 尾 委 員 大 澤 委 員 梅 原 委 員 野 々 山 委 員

More information

子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 策 定 に 伴 うアンケート 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 白 老 町 目 次 調 査 概 要 1 就 学 前 児 童 調 査 お 住 まいの 地 域 について 5 封 筒 の 宛 名 のお 子 さんとご 家 族 の 状 況 について 5 子 どもの 育 ちをめぐる 環 境 について 7 保 護 者 の 就 労 状 況 について 11

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

基本指針骨子

基本指針骨子 資 料 5 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 1 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 含 め 全 ての 子 どもや 子 育 て

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63> 公 立 幼 稚 園 のあり 方 について( 方 針 ) 平 成 19 年 7 月 いわき 市 教 育 委 員 会 目 次 1 これまでの 公 立 幼 稚 園 P.1 2 今 後 の 公 立 幼 稚 園 の 役 割 について P.1 ⑴ 公 立 幼 稚 園 と 私 立 幼 稚 園 の 役 割 ⑵ 障 がい 児 統 合 保 育 ⑶ 幼 保 連 携 への 対 応 ⑷ 子 育 て 支 援 の 推 進 3 公

More information

4 回 答 者 属 性 (1) 性 別 人 数 構 成 比 男 性 女 性 % 55.9% 1.0% 計 % 1% 男 性 43.1% 女 性 55.9% (2) 年 代 別 人 数 構 成 比 20 歳 代 41.0% 30 歳 代 % 40

4 回 答 者 属 性 (1) 性 別 人 数 構 成 比 男 性 女 性 % 55.9% 1.0% 計 % 1% 男 性 43.1% 女 性 55.9% (2) 年 代 別 人 数 構 成 比 20 歳 代 41.0% 30 歳 代 % 40 発 達 障 がいに 関 するアンケート 調 査 結 果 1 調 査 目 的 障 害 福 祉 課 県 では 発 達 障 がいに 関 する 正 しい 理 解 と 認 識 を 深 めていただくため 理 解 啓 発 事 業 を 推 進 しておりますが 発 達 障 がいについて 県 民 の 皆 さんの 意 識 を 把 握 し より 効 果 的 な 啓 発 の 方 法 など 今 後 の 施 策 の 基 礎 資

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

2

2 資 料 5 結 婚 出 産 子 育 てに 関 する アンケート 調 査 調 査 の 目 的 とお 願 い 皆 様 におかれましては 日 頃 から 市 政 にご 支 援 とご 協 力 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて 現 在 わが 国 では 全 国 的 な 人 口 の 減 少 を 背 景 に 地 方 創 生 に 向 けた 取 組 が 進 めら れております 本 市 においても 少 子

More information

はじめに 平 成 18 年 2 月 に 子 どもが 本 と 出 会 い 読 書 を 楽 しむまち ふじ を 基 本 理 念 とした 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 が 策 定 された この 推 進 計 画 は 子 ども 読 書 に 関 わる 多 くの 富 士 市 民 や 関 係

はじめに 平 成 18 年 2 月 に 子 どもが 本 と 出 会 い 読 書 を 楽 しむまち ふじ を 基 本 理 念 とした 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 が 策 定 された この 推 進 計 画 は 子 ども 読 書 に 関 わる 多 くの 富 士 市 民 や 関 係 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 の 進 捗 状 況 について 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 協 議 会 はじめに 平 成 18 年 2 月 に 子 どもが 本 と 出 会 い 読 書 を 楽 しむまち ふじ を 基 本 理 念 とした 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 が 策 定 された この 推 進 計 画 は 子 ども 読 書 に 関 わる

More information

はじめに 道 では 今 年 7 月 から8 月 にかけて 札 幌 商 工 会 議 所 が 実 施 いたしましたサマータイム 導 入 実 験 2006 北 海 道 サマータイム 月 間 に 参 加 し 実 験 終 了 後 に 参 加 者 等 に 対 しアンケー ト 調 査 を 行 ったので その 結

はじめに 道 では 今 年 7 月 から8 月 にかけて 札 幌 商 工 会 議 所 が 実 施 いたしましたサマータイム 導 入 実 験 2006 北 海 道 サマータイム 月 間 に 参 加 し 実 験 終 了 後 に 参 加 者 等 に 対 しアンケー ト 調 査 を 行 ったので その 結 平 成 18 年 度 サマータイム 導 入 実 験 の 実 施 結 果 について はじめに 道 では 今 年 7 月 から8 月 にかけて 札 幌 商 工 会 議 所 が 実 施 いたしましたサマータイム 導 入 実 験 2006 北 海 道 サマータイム 月 間 に 参 加 し 実 験 終 了 後 に 参 加 者 等 に 対 しアンケー ト 調 査 を 行 ったので その 結 果 について 報 告

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531>

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531> ( 参 考 Ⅱ) 千 葉 県 教 育 委 員 会 と 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 事 業 アンケートの 結 果 A 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 による 基 礎 教 養 講 座 受 講 者 アンケート (アンケート 回 収 数 :76 名 ).あなたは 将 来 教 員 になることを 志 望 していますか?. 教 員 になることを 目 指 している(6 名 ). 教

More information

( 資 料 )

( 資 料 ) 読 書 活 動 の 推 進 に 向 けた 取 り 組 み ~ 学 校 図 書 館 支 援 員 の 有 効 活 用 ~ 越 前 市 王 子 保 小 学 校 本 年 度 より 学 校 図 書 館 支 援 事 業 として 本 校 に 毎 週 月 曜 日 と1 3 5 週 の 木 曜 日 に 図 書 支 援 員 を 迎 えることになった 本 校 の 支 援 員 さんは 図 書 ボ ランティアとしての 経 歴

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

素案1223.xbd

素案1223.xbd 第 2 章 子 どもをとりまく 現 状 と 課 題 第 2 章 子 どもをとりまく 現 状 と 課 題 1. 松 原 市 の 概 況 (1) 市 のあゆみ 昭 和 3 年 2 月 1 日 松 原 町 天 美 町 布 忍 村 恵 我 村 三 宅 村 の2 町 3 村 が 町 村 合 併 促 進 法 により 合 併 し 府 内 21 番 目 の 市 として 松 原 市 が 誕 生 しました その 後

More information

報告書トピックス

報告書トピックス 2014 年 12 月 森 永 乳 業 株 式 会 社 森 永 乳 業 の 育 児 ニュース エンゼル 110 番 レポート 第 71 号 母 乳 への 意 識 100 人 のママに 聞 きました 森 永 乳 業 は 時 代 とともに 変 わりつつある 母 親 像 の 理 解 に 役 立 つことを 願 い 1993 年 4 月 から エンゼル 110 番 レポート を 発 行 しております この エンゼル

More information

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf 四 條 畷 市 幼 児 教 育 ビジョン( 案 ) 平 成 24 年 7 月 四 條 畷 市 教 育 委 員 会 はじめに 1. 幼 児 期 の 教 育 の 重 要 性 1 2. 幼 稚 園 教 育 について 1~2 3. 四 條 畷 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 2~3 (1) 市 立 幼 稚 園 の 現 状 (2) 私 立 幼 稚 園 の 現 状 (3) 保 育 所 ( 園 )の 現 状

More information

FP継続教育セミナー

FP継続教育セミナー FPに 学 ぶお 金 の 常 識 非 常 識 1 お 金 の 知 識 が 必 要 な 時 代 へ だれでも お 金 のある 豊 かな 生 活 をするのが 理 想 です そうなるために 簡 単 な 方 法 が 一 つありま す それは お 金 がある 方 の 常 識 を 自 分 自 身 の 常 識 にすることです お 金 がある 方 の 常 識 は いい かえれば お 金 がない 方 の 非 常 識

More information

目 次 調 査 の 概 要 1 就 学 前 児 童 用 調 査 結 果 1. 居 住 地 域 4 2. 子 どもと 家 族 の 状 況 5 3. 子 どもの 育 ちをめぐる 環 境 7 4-1. 母 親 の 就 労 状 況 8 4-2. 父 親 の 就 労 状 況 15 5. 定 期 的 な 教 育

目 次 調 査 の 概 要 1 就 学 前 児 童 用 調 査 結 果 1. 居 住 地 域 4 2. 子 どもと 家 族 の 状 況 5 3. 子 どもの 育 ちをめぐる 環 境 7 4-1. 母 親 の 就 労 状 況 8 4-2. 父 親 の 就 労 状 況 15 5. 定 期 的 な 教 育 四 日 市 市 子 ども 子 育 てに 関 する アンケート 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 0 目 次 調 査 の 概 要 1 就 学 前 児 童 用 調 査 結 果 1. 居 住 地 域 4 2. 子 どもと 家 族 の 状 況 5 3. 子 どもの 育 ちをめぐる 環 境 7 4-1. 母 親 の 就 労 状 況 8 4-2. 父 親 の 就 労 状 況 15 5. 定 期 的

More information

資 料 1-1 ( 仮 称 ) 郡 山 市 人 口 ビジョン 郡 山 市 総 合 戦 略 策 定 のためのアンケート 調 査 集 計 結 果 報 告 書 平 成 27 年 9 月 郡 山 市 政 策 開 発 部 政 策 開 発 課 1 目 次 実 施 概 要... 1 A. 就 学 結 婚 子 育 て 年 代 に 対 するアンケート 調 査... 1 1. 調 査 の 概 要... 1 2. 家

More information

11 市 内 女 性 40 歳 代 班 回 覧 チラシ 議 会 報 告 会 を 定 期 的 に 開 催 してほしい 子 どもたちの 長 期 的 な 健 康 調 査 地 域 内 でのWBC 検 査 尿 検 査 甲 状 腺 エコー 検 査 を 実 施 してほしい 食 品 検 査 はわかりやすく 発 表

11 市 内 女 性 40 歳 代 班 回 覧 チラシ 議 会 報 告 会 を 定 期 的 に 開 催 してほしい 子 どもたちの 長 期 的 な 健 康 調 査 地 域 内 でのWBC 検 査 尿 検 査 甲 状 腺 エコー 検 査 を 実 施 してほしい 食 品 検 査 はわかりやすく 発 表 平 成 24 年 8 月 議 会 報 告 会 アンケート 集 計 票 回 収 率 65.6%(65 人 / 参 加 者 99 人 ) 住 まい 性 別 年 齢 1 市 内 女 性 60 歳 代 班 回 覧 チラシ 分 かりやすかった 2 市 内 女 性 60 歳 代 ホームページ 市 に 望 むことを 議 員 にぶつけていたように 思 う 市 と 議 会 の 報 告 会 の 違 いを 説 明 し 開

More information

南 相 馬 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 案 ) ( 概 要 版 ) 平 成 26 年 11 月 南 相 馬 市 1 計 画 の 概 要 (1) 計 画 の 位 置 づけ 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 61 条 第 7 項 に 定 める 市 町 村 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 あるとともに 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 第 8 条

More information

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 22(2010) 年 3 月 泉 佐 野 市 目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉

More information

0511

0511 関 係 機 関 との 連 携 で 登 校 に 繋 がったケース 祖 父 祖 母 父 母 病 院 姉 本 人 SSW 中 学 校 ( 中 3) 1 気 になる 状 況 当 該 生 徒 は 保 健 室 登 校 はできるようになったが 学 校 への 復 帰 は 難 しい 精 神 的 に 不 安 定 な 状 態 となり 平 成 25 年 6 月 より 精 神 科 を 受 診 している 当 該 生 徒 は 父

More information

1 図書館での児童サービス

1 図書館での児童サービス 第 1 部 第 1 次 計 画 の 成 果 と 課 題 ( 羽 曳 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 : 平 成 19 年 3 月 策 定 分 ) 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 1 これまでの 取 り 組 みと 策 定 の 趣 旨 本 市 教 育 委 員 会 では 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 および 子 ども 読 書 活 動 に 関 す る

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 して いる 1. 事 業 所 が

More information

3 本 の 展 開 (1) 1 1 本 の 目 標 1 ウォーミングアップの エクササイズをす 2 透 明 キャッチボールを す 相 手 の 気 持 ちを 知 るヒントを 知 り, 相 手 の 気 持 ちを 推 測 す 気 持 ちをほぐすエクササイズを 行 い, 楽 しい 雰 囲 気 を つく 友

3 本 の 展 開 (1) 1 1 本 の 目 標 1 ウォーミングアップの エクササイズをす 2 透 明 キャッチボールを す 相 手 の 気 持 ちを 知 るヒントを 知 り, 相 手 の 気 持 ちを 推 測 す 気 持 ちをほぐすエクササイズを 行 い, 楽 しい 雰 囲 気 を つく 友 指 導 例 : 感 情 をコントロールする 力 を 身 に 付 け, 学 校 適 応 感 を 高 める 指 導 の 実 際 廿 日 市 市 立 四 季 が 丘 小 学 校 教 諭 空 田 由 美 1 指 導 のねらい 自 分 や 相 手 の 感 情 に 気 付 き, 感 情 の 適 切 な 処 理 や 表 現 方 法 を 考 え, 実 際 に 体 験 する 活 動 を 通 して, 感 情 をコントロールする

More information

【共通部分】(修正後11/28②Y反映18:00)

【共通部分】(修正後11/28②Y反映18:00) 介 護 予 防 サービス 支 援 計 画 表 の 記 入 の 仕 方 1. 基 本 的 な 事 項 に 関 する 項 目 群 < NO. 欄 > 利 用 者 のを 記 載 する < 利 用 者 名 欄 > 利 用 者 の 氏 名 を 記 載 する < 認 定 年 月 日 欄 > 要 介 護 認 定 の 結 果 を 受 けた 日 を 記 載 する < 認 定 の 有 効 期 間 欄 > 認 定 の 有

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

3 青 年 期 (16~24 歳 ) 進 学 就 職 といった 環 境 の 変 化 から 食 生 活 をはじめ 生 活 リズムが 乱 れが ちになると 同 時 に 外 見 へのこだわりから 栄 養 が 偏 ることもあります コンビニや 外 食 に 頼 り 過 ぎず 栄 養 バランス に 心 がけた

3 青 年 期 (16~24 歳 ) 進 学 就 職 といった 環 境 の 変 化 から 食 生 活 をはじめ 生 活 リズムが 乱 れが ちになると 同 時 に 外 見 へのこだわりから 栄 養 が 偏 ることもあります コンビニや 外 食 に 頼 り 過 ぎず 栄 養 バランス に 心 がけた 3 地 産 地 消 食 育 を 推 進 するための 取 組 (1) ライフステージごとの 食 育 1 乳 幼 児 期 (0~5 歳 ) 食 生 活 をはじめ 生 活 リズム 等 健 康 的 な 生 活 習 慣 を 身 につけることはもち ろん しつけによって 社 会 性 の 基 礎 をも 養 う 重 要 な 時 期 です 早 寝 早 起 き 三 度 の 食 事 を 規 則 的 に 摂 る 等 基 本

More information

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事 基 本 目 標 1 十 分 な 保 育 設 等 の 数 量 を 確 保 するとともに 保 育 環 境 の 改 善 及 び 充 実 を 図 り ま 山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] の 内 容 ( 区 分 ) 事 業 名 事 業 内 容 根 拠 法 令 等 関 連 計 画 担 当 課 (1) 設 型 給 付 地 域 型 保 育 給

More information

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考 職 場 体 験 学 習 11 月 11 日 ( 水 )~13 日 ( 金 ) 2 年 生 が3 日 間 の 職 場 体 験 学 習 に 行 って 来 ました 本 校 では 本 人 の 希 望 する 職 場 を 体 験 できるように 時 間 と 労 力 をかけて 各 事 業 所 を 選 定 し 依 頼 しています 自 分 の 一 番 興 味 のある 職 場 での 仕 事 を 体 験 できるの で 皆

More information

1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児

1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児 11 1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児 期 の 教 育 終 了 前 (5 歳 児 の10 月 ~3 月 ) のカリキュラムです 小 学

More information

( 素 案 ) 燕 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 27 年 度 ~ 31 年 度 ) 26 年 6 月 現 在 燕 市

( 素 案 ) 燕 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 27 年 度 ~ 31 年 度 ) 26 年 6 月 現 在 燕 市 資 料 1 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 について 26 年 7 月 4 日 燕 市 Tsubame City ( 素 案 ) 燕 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 27 年 度 ~ 31 年 度 ) 26 年 6 月 現 在 燕 市 目 次 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって ------------------------------------------

More information

平成15年4月から保育所に入所を希望される乳幼児の申込を次のとおり受付します

平成15年4月から保育所に入所を希望される乳幼児の申込を次のとおり受付します 平 成 27 年 10 月 発 行 多 気 町 平 成 28 年 度 保 育 園 等 入 園 のご 案 内 ( 平 成 28 年 4 月 平 成 29 年 3 月 入 園 分 ) (お 問 合 せ 先 ) 多 気 町 役 場 町 民 福 祉 課 こども 係 電 話 :0598-38-1114 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 とは 子 ども 子 育

More information

Microsoft PowerPoint - ■食生活調査2014・150303完成版_.pptx

Microsoft PowerPoint - ■食生活調査2014・150303完成版_.pptx 1 牛 乳 食 生 活 動 向 調 査 2014 改 めて 確 認 されたこと 新 しく 分 かったこと ~ 最 終 公 表 版 ~ 2015 年 3 月 3 日 目 次 3 P4 調 査 の 概 要 1. 牛 乳 飲 用 に 関 する 行 動 や 意 識 の 主 要 な 変 化 (2012~2014) P6 (1) 牛 乳 類 飲 用 ( 利 用 ) 頻 度 の 変 化 P7 (2) 牛 乳 を

More information

2. 調 査 票 配 布 した 調 査 票 を 以 下 に 示 す 2

2. 調 査 票 配 布 した 調 査 票 を 以 下 に 示 す 2 資 料 2 1. 調 査 の 概 要 中 間 報 告 結 婚 子 育 てに 関 するアンケート 調 査 調 査 目 的 結 婚 子 育 てに 関 するアンケート 調 査 調 査 内 容 回 答 者 自 身 について 回 答 者 の 属 性 ( 性 別 年 齢 居 住 地 域 就 業 状 況 ) 世 帯 状 況 ( 世 帯 の 年 収 家 族 構 成 ) 結 婚 について 婚 姻 状 況 未 婚 者

More information

結 婚 して 相 手 に 満 足 できないときは 離 婚 すればよい 年 代 別 女 性 の 場 合 年 代 が 上 がるにつれて そう 思 う の 割 合 が 低 くなる 傾 向 である 女 性 の 場 合 20 代 では そう 思 う の 割 合 が そう 思 わない を 上 回 るが 30 代

結 婚 して 相 手 に 満 足 できないときは 離 婚 すればよい 年 代 別 女 性 の 場 合 年 代 が 上 がるにつれて そう 思 う の 割 合 が 低 くなる 傾 向 である 女 性 の 場 合 20 代 では そう 思 う の 割 合 が そう 思 わない を 上 回 るが 30 代 ⑶ 結 婚 や 出 産 に 対 する 意 識 1 結 婚 離 婚 出 産 に 対 する 意 識 ( 問 14 ) 全 体 結 婚 は 個 人 の 自 由 であるから 結 婚 してもしなくてもどちらでもよい については そう 思 う (47.5%)が そう 思 わない (26.3%)を 上 回 る 女 性 は 結 婚 したら 自 分 のことよりも 夫 や 子 どもを 中 心 に 生 活 したほうがよい

More information

富 田 林 市

富 田 林 市 ファミリー サポート センターを 上 手 に 活 用 するために 援 助 活 動 補 償 保 険 Q&A 富 田 林 市 ファミリー サポート センター 平 成 27 年 6 月 -1- 富 田 林 市 ファミリー サポート センター ファミリー サポート センターは 子 育 てを 援 助 したい 会 員 と 援 助 を 受 けたい 会 員 の 相 互 援 助 の 会 です ファミリー サポート センター

More information

Microsoft Word - 第4回会議録(公開用)

Microsoft Word - 第4回会議録(公開用) 平 成 26 年 度 第 4 回 鳴 門 市 児 童 福 祉 審 議 会 会 議 概 要 日 時 平 成 26 年 10 月 30 日 ( 木 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 本 庁 舎 3 階 会 議 室 出 席 者 委 員 14 名 関 係 課 事 務 局 職 員 12 名 欠 席 委 員 2 名 議 事 1 開 会 2 議 事 (1) 利 用 調 整 の 取 り 扱 いについて 利 用 調 整

More information

Microsoft Word - 0526_京田辺市子ども(比較グラフなし)_報告書

Microsoft Word - 0526_京田辺市子ども(比較グラフなし)_報告書 京 田 辺 市 子 ども 子 育 て 支 援 に 関 するニーズ 調 査 調 査 結 果 報 告 書 平 成 26 年 3 月 京 田 辺 市 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1 調 査 の 目 的... 1 2 調 査 対 象... 1 3 調 査 期 間... 1 4 調 査 方 法... 1 5 回 収 状 況... 1 6 調 査 結 果 の 表 示 方 法... 1 Ⅱ 調 査

More information

は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は,

は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は, は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は, 平 成 15 年 に 少 子 化 対 策 基 本 法 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法

More information

平 成 27 年 4 月 定 例 東 温 市 教 育 委 員 会 会 議 録 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 4 月 22 日 ( 水 ) 午 前 10 時 15 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 教 育 長 職 務 代 行 者 菅 原 正 夫 委 員 遠 富 英 子 委 員 大 政 美 智 子 委 員 本 田 隆 彦 議

More information

空 間 について 建 物 内 に 一 休 みできる 場 所 も 欲 しい 2 層 程 度 を 想 定 とあるが 吹 き 抜 けの 空 間 や 屋 上 なら 屋 上 庭 園 など 心 地 よい 空 間 をつくってほしい 地 元 の 木 材 なども 使 ってほしい 長 居 できる 居 心 地 の 良 い

空 間 について 建 物 内 に 一 休 みできる 場 所 も 欲 しい 2 層 程 度 を 想 定 とあるが 吹 き 抜 けの 空 間 や 屋 上 なら 屋 上 庭 園 など 心 地 よい 空 間 をつくってほしい 地 元 の 木 材 なども 使 ってほしい 長 居 できる 居 心 地 の 良 い 豊 橋 市 まちなか 図 書 館 ( 仮 称 )について 語 ろう 意 見 交 換 会 1. 意 見 交 換 会 概 要 開 催 日 時 場 所 参 加 人 数 平 成 26 年 6 月 21 日 ( 土 ) 10:00~11:30 豊 橋 市 市 役 所 121 会 議 室 21 名 平 成 26 年 6 月 24 日 ( 火 ) 19:00~21:00 職 員 会 館 5 階 21 名 平 成

More information

児童福祉施設等施設整備費補助金等交付要綱

児童福祉施設等施設整備費補助金等交付要綱 平 成 26 年 度 事 業 報 告 1. 法 人 本 部 事 業 1 役 員 会 種 類 回 次 開 催 日 (1) 理 事 会 第 77 回 平 成 26 年 5 月 22 日 (2) 評 議 員 会 第 35 回 平 成 26 年 5 月 22 日 (3) 理 事 会 第 78 回 平 成 26 年 5 月 22 日 (4) 理 事 会 第 79 回 平 成 26 年 8 月 28 日 (5)

More information

平成23年度学校評価アンケートの分析

平成23年度学校評価アンケートの分析 平 成 24 年 2 月 17 日 平 成 23 年 度 東 京 都 立 保 谷 高 等 学 校 学 校 運 営 連 絡 協 議 会 学 校 評 価 アンケートの 分 析 評 価 基 準 について A:そう 思 う B:ややそう 思 う C:あまりそう 思 わない D そう 思 わない E:わからない A 及 び Bを 肯 定 的 な 意 見 として 全 体 における 割 合 を%で 表 示 した

More information

現 状 把 握 グループ 協 議 結 果 Aグループ 健 康 強 み 健 康 への 意 識 が 高 い 病 院 が 多 い 6 8 年 間 を 通 して 健 康 づくり 活 動 を 行 なっている 高 齢 者 の 学 習 の 場 がたくさんある 運 動 意 識 が 高 い ( 高 齢 者 運 動 会

現 状 把 握 グループ 協 議 結 果 Aグループ 健 康 強 み 健 康 への 意 識 が 高 い 病 院 が 多 い 6 8 年 間 を 通 して 健 康 づくり 活 動 を 行 なっている 高 齢 者 の 学 習 の 場 がたくさんある 運 動 意 識 が 高 い ( 高 齢 者 運 動 会 現 状 把 握 グループ 協 議 結 果 Aグループ 福 祉 強 み 参 考 資 料 河 内 総 合 福 祉 センターまでのバスが 巡 回 ( 温 泉 入 浴 が 可 ) 福 祉 施 設 の 充 実 地 区 内 に 河 内 総 合 福 祉 センターがある 福 祉 の 拠 点 として,もっと 利 用 し よう 介 護 施 設 等 では 軒 先 まで 送 迎 してもらえるので,とても 便 利 に 思 います

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

19

19 資 料 編 18 19 1) 村 民 アンケート 調 査 結 果 ( 結 婚 出 産 子 育 て 定 住 移 住 に 関 するアンケート 調 査 ) ( 定 住 移 住 に 関 するアンケート 調 査 ) 1アンケート 概 要 アンケート 実 施 期 間 : 平 成 27 年 11 月 26 日 ~ 平 成 28 年 1 月 15 日 配 布 部 数 800 部 回 答 部 数 :79 部 回 収

More information

はじめに せんてんせいがんけんかすい 先 天 性 眼 瞼 下 垂 という 病 気 について まぶたの 開 かない 新 生 児 に 巡 り 合 ったことはありませんか? 赤 ちゃんのまぶたが 十 分 に 開 かないことは 決 して 珍 しいことではありません 分 娩 時 の 圧 迫 等 の 影 響 で

はじめに せんてんせいがんけんかすい 先 天 性 眼 瞼 下 垂 という 病 気 について まぶたの 開 かない 新 生 児 に 巡 り 合 ったことはありませんか? 赤 ちゃんのまぶたが 十 分 に 開 かないことは 決 して 珍 しいことではありません 分 娩 時 の 圧 迫 等 の 影 響 で 産 科 のスタッフのみなさんへ 贈 る まぶたの 開 かない 赤 ちゃんに 出 会 ったときの 本 特 定 非 営 利 活 動 法 人 眼 瞼 下 垂 の 会 編 ( 監 修 ) 金 子 博 行 帝 京 大 学 医 療 技 術 学 部 視 能 矯 正 学 科 講 師 はじめに せんてんせいがんけんかすい 先 天 性 眼 瞼 下 垂 という 病 気 について まぶたの 開 かない 新 生 児 に 巡

More information

- 56 -

- 56 - 第 3 章 結 果 の 考 察 - 55 - - 56 - 企 画 政 策 部 企 画 政 策 課 今 回 のアンケートでは 移 転 ( 転 入 出 )のきっかけ 移 転 先 の 決 定 に 重 視 したこと 実 際 に 移 転 先 を 決 定 した 理 由 情 報 源 本 市 に 対 する 印 象 の 変 化 などについて 伺 いました ここでは 本 市 の 人 口 動 態 が 近 年 転 出 者

More information

3 子 どもの 有 無 人 数 末 子 年 齢 子 どもの 有 無 については 子 どもありの 比 率 が 9 割 を 超 えている 子 どもの 人 数 については 2 人 が 最 も 多 く 次 いで 1 人 3 人 の 順 に 続 いている 末 子 年 齢 については 3 歳 ~6 歳 未 満

3 子 どもの 有 無 人 数 末 子 年 齢 子 どもの 有 無 については 子 どもありの 比 率 が 9 割 を 超 えている 子 どもの 人 数 については 2 人 が 最 も 多 く 次 いで 1 人 3 人 の 順 に 続 いている 末 子 年 齢 については 3 歳 ~6 歳 未 満 第 2 章 再 チャレンジ 事 例 調 査 結 果 2.1 基 本 集 計 結 果 2.1.1 回 答 者 の 属 性 1 年 齢 再 チャレンジ 支 援 を 受 けた 女 性 の 年 齢 構 成 は 35~39 歳 が 最 も 多 く 次 いで 30~34 歳 40~44 歳 の 順 に 続 いている 図 表 2-1-1 年 齢 (SA) n=505 0% 10% 20% 30% 24 歳 以 下

More information

事 業 概 要 1 趣 旨 子 育 てしやすく 女 性 が 安 心 して 働 くことのできる 環 境 を 整 備 することが 少 子 化 対 策 の 第 一 歩 です また 男 女 共 同 参 画 社 会 の 実 現 を 目 指 す 上 で 最 も 大 切 なことは 女 性 の 立 場 に 立 って

事 業 概 要 1 趣 旨 子 育 てしやすく 女 性 が 安 心 して 働 くことのできる 環 境 を 整 備 することが 少 子 化 対 策 の 第 一 歩 です また 男 女 共 同 参 画 社 会 の 実 現 を 目 指 す 上 で 最 も 大 切 なことは 女 性 の 立 場 に 立 って 町 長 ふれあい 懇 談 会 すこやか 子 育 てミーティング 平 成 26 年 10 月 24 日 ( 土 ) 開 催 実 施 報 告 作 成 境 町 男 女 共 同 参 画 推 進 委 員 会 事 業 概 要 1 趣 旨 子 育 てしやすく 女 性 が 安 心 して 働 くことのできる 環 境 を 整 備 することが 少 子 化 対 策 の 第 一 歩 です また 男 女 共 同 参 画 社 会

More information

平 成 27 年 度 第 3 回 中 央 区 子 ども 子 育 て 会 議 会 議 録 ( 要 旨 ) 平 成 28 年 2 月 10 日 ( 水 ) 午 後 6 時 半 ~ 中 央 区 役 所 8 階 大 会 議 室 1. 開 会 事 務 局 から 委 員 出 欠 と 配 布 資 料 について 説

平 成 27 年 度 第 3 回 中 央 区 子 ども 子 育 て 会 議 会 議 録 ( 要 旨 ) 平 成 28 年 2 月 10 日 ( 水 ) 午 後 6 時 半 ~ 中 央 区 役 所 8 階 大 会 議 室 1. 開 会 事 務 局 から 委 員 出 欠 と 配 布 資 料 について 説 名 称 開 催 年 月 日 場 所 出 席 者 会 議 記 録 平 成 27 年 度 第 3 回 中 央 区 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 28 年 2 月 10 日 ( 水 )18:30~ 中 央 区 役 所 8 階 大 会 議 室 委 員 山 本 真 実 ( 職 務 代 理 者 ) 塙 佳 生 佐 久 間 貴 子 山 下 智 子 鈴 木 和 子 太 田 禎 子 古 田 京 山 下 久 子

More information

別紙3

別紙3 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 方 針 目 次 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 1 2 重 点 的 に 取 り 組 みを 行 う 主 なもの 5 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 (1) 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求

More information

HappyStyle00

HappyStyle00 シアワセアドバイス シアワセアドバイス 宇 都 宮 市 で 暮 らすひとたちは 日 々 どんなシアワセを 感 じているのだろう どんなシアワセを 求 めているのだろう シアワセのカタチは 人 それぞれ だから みんなで 語 ってみた 今 ここで 生 きる 人 たちの シアワセのカタチ それは 宇 都 宮 の 未 来 を 見 つめる 人 たちへの シアワセアドバイス Contents Utsunomiya

More information

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ 平 成 28 年 度 中 小 企 業 振 興 会 議 第 1 回 会 議 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 案 件 及 び 議 事 議 事 要 旨 平 成 28 年 6 月 7 日 ( 火 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 20 分 館 林 市 役 所 502 会 議 室 振 興 会 議 委 員 : 笠 原 委 員 多 田 委 員 三 田 委 員 仁 田 委 員 伊 藤 委 員 藤

More information