SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成

Size: px
Start display at page:

Download "SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成"

Transcription

1 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 SAP BusinessObjects XI 3.1 Service Pack 4

2 著 作 権 2011 SAP AG. All rights reserved.sap R/3 SAP NetWeaver Duet PartnerEdge ByDesign SAP Business ByDesign および 本 書 に 記 載 されたその 他 のSAP 製 品 サービス ならびにそれぞれのロゴは ドイツおよびその 他 の 国 々にお けるSAP AGの 商 標 または 登 録 商 標 です Business ObjectsおよびBusiness Objects ロゴ BusinessObjects Crystal Reports Crystal Decisions Web Intelligence Xcelsius および 本 書 で 引 用 されているその 他 のBusiness Objects 製 品 サービス ならびにそれぞれのロゴは 米 国 およびその 他 の 国 々におけるBusiness Objects S.A.の 商 標 または 登 録 商 標 です Business ObjectsはSAPのグループ 企 業 です 本 書 に 記 載 されたその 他 すべての 製 品 およびサービス 名 は それぞれの 企 業 の 商 標 です 本 書 に 記 載 されたデータは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 提 供 されています 製 品 仕 様 は 国 ごとに 変 わる 場 合 があります これらの 文 書 の 内 容 は 予 告 なしに 変 更 されることがあります また これらの 文 書 はSAP AGおよびその 関 連 会 社 ( SAP グループ )が 情 報 提 供 のためにのみ 提 供 するもので いかなる 種 類 の 表 明 および 保 証 を 伴 うものではなく SAPグループは 文 書 に 関 する 誤 記 脱 落 等 の 過 失 に 対 す る 責 任 を 負 うものではありません SAPグループの 製 品 およびサービスに 対 する 唯 一 の 保 証 は 当 該 製 品 およびサービスに 伴 う 明 示 的 保 証 がある 場 合 に これに 規 定 されたものに 限 られます 本 書 のいかなる 記 述 も 追 加 の 保 証 となるものではあり ません

3 目 次 第 1 章 Web Intelligence について 7 Web Intelligence が Web 上 でビジネス インテリジェンスを 実 行 する 仕 組 み...8 Web Intelligence がオフラインでビジネス インテリジェンスを 実 行 する 仕 組 み...8 Web Intelligence レポートの 対 話 型 モードでの 表 示...8 Web Intelligence レポートの 表 示 と 印 刷...9 Web Intelligence レポートのドリル...9 オンレポート 分 析 の 実 行...9 Web Intelligence ドキュメントの 作 成 と 編 集...10 Web Intelligence クエリー - HTML...10 Web Intelligence Java レポート パネル...11 Web Intelligence リッチ クライアント...11 Web Intelligence HTML レポート パネル...11 第 2 章 InfoView からの Web Intelligence へのアクセス 13 InfoView にログインする...14 InfoView からログアウトする...14 Web Intelligence InfoView のオプション...15 Web Intelligence ドキュメント 作 成 と 表 示 のオプション...15 Web Intelligence ドリル オプションを 設 定 する...20 Web Intelligence のロケール オプション...22 第 3 章 クエリを 使 用 したデータの 取 得 25 ドキュメントの 作 成 編 集 保 存...26 ドキュメントを 保 存 する...26 クエリーの 作 成 と 使 用...26 クエリーを 作 成 および 実 行 する...26 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 3

4 目 次 クエリ 名 を 変 更 する...28 クエリを 中 断 する...29 クエリを 削 除 する...29 複 数 のクエリー...29 クエリーを 追 加 する...30 クエリを 複 写 する...31 クエリーによって 生 成 された SQL の 表 示...31 分 析 範 囲 の 設 定...32 分 析 範 囲...32 分 析 範 囲 のレベル...33 分 析 範 囲 を 設 定 する...34 クエリー コンテキスト...34 不 明 瞭 なクエリーとは...34 コンテキストとは...34 クエリー 実 行 時 のコンテキストの 選 択...35 Web Intelligence クエリーのプロパティ...35 他 のユーザーによるクエリー プロパティの 編 集 を 許 可...35 [ 最 大 受 信 時 間 ]クエリー プロパティ...35 [ 最 大 受 信 行 数 ]クエリプロパティ...36 クエリー プロンプトの 順 序...36 [ 重 複 する 行 を 無 視 しない]クエリプロパティ...36 クエリー ストリッピング...36 [ 最 新 表 示 時 にコンテキストをリセット]クエリー プロパティ...38 [コンテキストの 削 除 ]クエリー プロパティ...38 [サンプルの 結 果 セット]クエリプロパティ...38 第 4 章 クエリー フィルタを 使 用 したデータのフィルタ 処 理 41 クエリフィルタの 定 義...42 クエリフィルタとレポートフィルタの 比 較...43 クエリフィルタの 種 類...43 定 義 済 みクエリフィルタ SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

5 目 次 カスタムクエリフィルタ...44 クエリー フィルタとプロンプト 演 算 子...47 クエリー フィルタの 結 合...51 キー 日 付 変 数 を 使 用 したクエリーのフィルタ 処 理 つのクエリーのキー 日 付 をクエリー パネルで 設 定 する...54 複 数 のクエリーのキー 日 付 をクエリー パネルで 設 定 する...54 第 5 章 プロンプトを 使 用 したデータのフィルタ 処 理 57 プロンプトについて...58 結 合 プロンプト...59 カスケード プロンプト...59 階 層 的 な 値 の 一 覧...59 クエリー フィルタとプロンプト 演 算 子...60 Equal To 演 算 子...60 Not Equal To 演 算 子...60 Different From 演 算 子...60 Greater Than 演 算 子...60 Greater Than Or Equal To 演 算 子...61 Less Than 演 算 子...61 Less Than Or Equal To 演 算 子...61 Between 演 算 子...61 Not Between 演 算 子...61 In List 演 算 子...62 Not In List 演 算 子...62 Matches Pattern 演 算 子...62 Different From Pattern 演 算 子...62 Both 演 算 子...62 Except 演 算 子...63 クエリー - HTML でプロンプトを 作 成 する...63 プロンプト 表 示 の 定 義...64 プロンプトを 削 除 する...65 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 5

6 目 次 プロンプトの 結 合...65 プロンプトとクエリフィルタの 結 合...65 クエリー - HTML でプロンプトの 順 序 を 変 更 する...65 付 録 A より 詳 しい 情 報 67 索 引 71 6 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

7 Web Intelligence について 1

8 Web Intelligence について 1 Web Intelligence が Web 上 でビジネス インテリジェンスを 実 行 する 仕 組 み Web Intelligence が Web 上 でビジネス インテリジェン スを 実 行 する 仕 組 み Web Intelligence を 使 用 すると ビジネス ユーザーは セキュリティで 保 護 されたイン トラネットやエクストラネット 上 または Web 上 の 会 社 用 データを 基 にしたレポートを 使 いやすい 対 話 型 で 柔 軟 性 のあるユーザー インターフェイスを 通 して 作 成 および 分 析 できます Web Intelligence ソフトウェアは 管 理 者 によって 職 場 のネットワーク 上 に ある Web サーバーにインストールされます ローカル コンピュータから Web Intelligence にアクセスするには インターネット ブラ ウザを 使 ってビジネス インテリジェンス ポータルである InfoView にログインします ロ グイン 後 は 取 得 しているセキュリティ プロファイルに 応 じて 会 社 用 ドキュメントに 保 存 されているレポートの 対 話 型 モードでの 表 示 や 編 集 Web Intelligence レポート パ ネルを 使 ったドキュメントの 作 成 などが 可 能 となります Web Intelligence がオフラインでビジネス インテリジェ ンスを 実 行 する 仕 組 み Web Intelligence は Web Intelligence リッチ クライアントとしてオフラインで 使 用 できま す Web Intelligence リッチ クライアントは Java レポート パネルと 同 じように コンピュー タにインストールできるスタンドアロンの Microsoft Windows アプリケーションです Web Intelligence リッチ クライアントを 使 用 すると CMS に 接 続 できない 場 合 サーバーで はなくローカルで 計 算 を 実 行 する 場 合 および CMS またはアプリケーション サーバー をインストールせずに Web Intelligence ドキュメントを 使 用 する 場 合 に Web Intelligence (WID)ドキュメントを 継 続 して 使 用 することができます Web Intelligence リッチ クライアントは CMS に 接 続 している 場 合 でも 使 用 できます Web Intelligence レポートの 対 話 型 モードでの 表 示 取 得 しているセキュリティ プロファイル および 使 用 環 境 への Web Intelligence の 導 入 形 態 に 応 じて レポートのデータを 表 示 分 析 拡 張 および 編 集 することができま す 8 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

9 Web Intelligence について Web Intelligence レポートの 対 話 型 モードでの 表 示 1 Web Intelligence レポートの 表 示 と 印 刷 ビジネス インテリジェンス ポータルである InfoView にログインした 後 は Web Intelligence ドキュメントにアクセスしてレポートを 表 示 することができます 画 面 上 にあるナビゲー ション ボタンとドキュメント マップにより セクションからセクション レポートからレポー トへと 簡 単 に 移 動 することができます 同 一 のレポートを 使 用 しながら 必 要 なデータのみを 表 示 するようプロンプトで 指 定 す ると そのドキュメントを 開 いた 各 ユーザーのニーズに 合 わせた 情 報 のみをカスタマイ ズして 表 示 することができます レポートを 印 刷 すると Web Intelligence ではレポートのコピーが 最 適 な 印 刷 品 質 とな るように PDF 形 式 で 自 動 生 成 されます レポートの 印 刷 は PDF にエクスポートせず に Web Intelligence Java レポート パネルまたは Web Intelligence リッチ クライアント から 直 接 行 うことができます Web Intelligence レポートのドリル Web Intelligence レポートをドリルすることにより 表 示 されている 結 果 の 裏 側 にあるよ り 詳 細 なデータを 分 析 することができます 表 示 しているレポートをドリル 可 能 なレポー トに 変 更 するか 元 のレポートの 複 製 をドリルすることで ドリル 分 析 前 のバージョンの 結 果 を 保 持 することができます ドリルによって 必 要 な 情 報 に 辿 り 着 いたら その 状 態 のレポートのスナップショットを 保 存 して 他 の Web Intelligence ユーザーとその 分 析 結 果 を 共 有 したり ドキュメントを Excel または PDF 形 式 で 保 存 して 社 外 のユーザーに 電 子 メールで 送 信 したり 印 刷 したりできます オンレポート 分 析 の 実 行 Web Intelligence レポートを 対 話 型 表 示 形 式 で 表 示 すると レポートを 拡 張 し レポー トに 含 まれるデータを 微 調 整 して 最 も 興 味 のある 情 報 を 必 要 に 応 じて 強 調 表 示 でき ます オンレポート 分 析 は 次 のようなユーザーを 対 象 に 設 計 されています クエリーを 作 成 後 レポートを 作 成 したいユーザー 他 の 人 によって 作 成 されたレポートを 操 作 する 必 要 のあるレポート 使 用 者 オンレポート 分 析 では 以 下 が 可 能 です SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 9

10 Web Intelligence について 1 Web Intelligence ドキュメントの 作 成 と 編 集 レポートの 裏 側 のデータを 理 解 し レポートの 構 造 やフィルタの 適 用 方 法 を 確 認 するための ドキュメント メタデータの 表 示 結 果 のフィルタと 並 べ 替 え 新 しいテーブルとチャートの 追 加 式 の 追 加 と 変 数 の 作 成 チャートとテーブルのレイアウトの 書 式 設 定 と 変 更 他 のデータをチャートとテーブルを 追 加 することによるスライス アンド ダイス 結 果 注 管 理 者 が JSP モードで Web Intelligence をデプロイした 場 合 にのみ 対 話 型 表 示 形 式 による Web Intelligence レポートのオンレポート 分 析 を 利 用 することができ ます Web Intelligence ドキュメントの 作 成 と 編 集 Web Intelligence ドキュメントの 作 成 または 編 集 には Web Intelligence HTML レポー ト パネル Web Intelligence クエリー - HTML Web Intelligence の 対 話 型 モード Web Intelligence Java レポート パネル および Web Intelligence リッチ クライアントを 使 用 できます Web Intelligence クエリー - HTML 基 本 的 な HTML 環 境 でのクエリーの 作 成 を 必 要 とするユーザーを 対 象 として 開 発 さ れた Web Intelligence クエリー - HTML により 複 数 のデータ ソースにドキュメントの データ コンテンツを 定 義 できます クエリー - HTML では 新 規 ドキュメントを 作 成 し たり Web Intelligence ツールを 使 って 作 成 したドキュメントに 含 まれているクエリーを 編 集 したりすることが 可 能 です クエリー - HTML は オンレポート 分 析 と 共 に 使 用 することで 基 本 的 な HTML 環 境 でのクエリーの 作 成 と 強 力 なレポートの 設 計 を 可 能 にする 高 度 なソリューションを 提 供 します クエリーを 実 行 して 標 準 レポートを 生 成 すると Web Intelligence オンレポー ト 分 析 機 能 を 利 用 して 複 数 のレポートの 書 式 設 定 式 の 追 加 および 変 数 の 作 成 を 行 うことができます 注 管 理 者 が JSP モードで Web Intelligence をデプロイした 場 合 にのみ 対 話 型 表 示 形 式 の Web Intelligence クエリー - HTML とオンレポート 分 析 を 利 用 できます 10 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

11 Web Intelligence について Web Intelligence ドキュメントの 作 成 と 編 集 1 Web Intelligence Java レポート パネル Java レポート パネルは レポートのレイアウトの 設 計 および 式 や 変 数 の 定 義 に より 柔 軟 性 を 必 要 とするユーザーを 対 象 に 設 計 されています グラフィカルな 式 エディタで は ドラッグ アンド ドロップを 使 用 して 迅 速 に 式 を 作 成 できます 注 Web Intelligence Java レポート パネルは 管 理 者 が Web Intelligence を ASP モー ドまたは JSP モードで 導 入 した 場 合 に 使 用 できます Web Intelligence リッチ クライアント Web Intelligence リッチ クライアントは ローカルにインストールされる Microsoft Windows アプリケーションで ローカルまたは CMS に 格 納 されている Web Intelligence(WID) ドキュメントを 処 理 できます CMS に 接 続 しないで 作 業 する 場 合 は CMS でセキュリティ 保 護 されているドキュメン トまたは 保 護 されていないドキュメントをローカル マシンで 処 理 できます Web Intelligence リッチ クライアントは Web Intelligence Java レポート パネルに 基 づ いているため Java レポート パネルと 同 じドキュメントの 作 成 編 集 書 式 設 定 印 刷 および 保 存 機 能 を 備 えています Web Intelligence リッチ クライアントを 使 用 して WID ドキュメントを 処 理 するのは 次 の ような 場 合 です Web Intelligence ドキュメントを 処 理 する 必 要 があるが CMS に 接 続 できない 場 合 ( 旅 行 中 など) 計 算 のパフォーマンスを 向 上 させる 場 合 Web Intelligence リッチ クライアント ではサーバーではなくローカルで 計 算 を 実 行 し サーバー 計 算 よりもローカル 計 算 の 方 がパフォーマンスが 向 上 します CMS またはアプリケーション サーバーをインストールせずに Web Intelligence ドキュメントを 処 理 する 場 合 Web Intelligence HTML レポート パネル HTML レポート パネルは 基 本 レポートを 作 成 する 必 要 があるユーザーのために 設 計 されているので クエリーおよびレポート 機 能 をシンプルなウィザード 形 式 のインター SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 11

12 Web Intelligence について 1 Web Intelligence ドキュメントの 作 成 と 編 集 フェイスで 提 供 します 各 ドキュメントは 単 一 のデータ ソースを 元 に 作 成 されており 異 なるサブセット 情 報 を 表 示 するレポートを 複 数 含 めることができます さらに HTML レポート パネルは 米 国 リハビリテーション 法 508 条 に 準 拠 しているの で 特 化 されたデプロイメント 用 にカスタマイズできます 注 Web Intelligence HTML レポート パネルは 管 理 者 が Web Intelligence を JSP モードでデプロイした 場 合 にのみ 利 用 できます 12 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

13 InfoView からの Web Intelligence へ のアクセス 2

14 InfoView からの Web Intelligence へのアクセス 2 InfoView にログインする Web Intelligence レポートへのアクセス およびグローバル Web Intelligence オプショ ンの 設 定 は 企 業 のビジネス インテリジェンス ポータルである InfoView で 行 います InfoView にログインする InfoView および Web Intelligence を 使 用 するには 次 の 情 報 が 必 要 です InfoView サーバーの URL InfoView サーバー 名 とポート 番 号 ログイン 名 とパスワード 利 用 可 能 な InfoView リソースを 制 御 する 認 証 情 報 ユーザー 名 とパスワードが 分 からない 場 合 は 管 理 者 に 詳 細 をお 問 合 せください 注 デフォルトでは InfoView ログイン ページに InfoView サーバー 名 と 認 証 方 法 は 表 示 されません 管 理 者 がこれらのオプションを 表 示 するように 設 定 している 場 合 に 限 り この 情 報 を 入 力 する 必 要 があります Web Intelligence にアクセスするには Web ブラウザを 使 用 して 企 業 のビジネス イン テリジェンス ポータルである InfoView にログインします InfoView にアクセスしたら Web Intelligence レポートを 分 析 および 拡 張 できます 1 Web ブラウザを 起 動 します 2 ブラウザで InfoView のブックマーク または URL を 指 定 します InfoView のログイン ページが 表 示 されます 3 [システム]ボックスが 空 白 の 場 合 は InfoView サーバーの 名 前 を 入 力 し その 後 にコロン(:)に 続 けてポート 番 号 を 入 力 します 4 [ユーザー 名 ]ボックスにユーザー 名 を 入 力 します 5 [パスワード]ボックスにパスワードを 入 力 します 6 [ 認 証 ]ボックスで 管 理 者 から 指 定 されている 認 証 を 選 択 します 7 [ログオン]をクリックします InfoView ホーム ページが 表 示 されます InfoView からログアウトする InfoView または Web Intelligence での 作 業 が 終 了 したら 単 にブラウザを 閉 じずに 必 ずログアウトしてください 14 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

15 InfoView からの Web Intelligence へのアクセス Web Intelligence InfoView のオプション 2 InfoView からログアウトすると InfoView セッション 中 に 変 更 したすべての 設 定 が 確 実 に 保 存 されます 管 理 者 は 特 定 の 時 間 にログインしたユーザー 数 を 把 握 して InfoView および Web Intelligence のパフォーマンスを 最 適 化 できます [ログアウト]をクリックします ログイン ページが 表 示 されます これで InfoView からのログアウトが 完 了 しま した Web Intelligence InfoView のオプション Web Intelligence ドキュメント 作 成 と 表 示 のオプション Web Intelligence を 使 用 して ドキュメントの 作 成 方 法 表 示 方 法 対 話 方 法 を 設 定 す る Web Intelligence オプションを 設 定 できます ドキュメントは ドキュメント データを 取 得 するためのクエリーを 作 成 するクエリー エディ タを 使 用 して 作 成 します クエリーによってデータがドキュメントに 返 されると このデー タを 表 示 し 対 話 することができます ドキュメントの 作 成 オプション 説 明 Java レポート パネル Java アプレットを 使 用 してドキュメントを 作 成 してから Web ブラウザで 起 動 します 詳 細 設 定 Java レポート パネルは クエリーの 作 成 レポートの 編 集 データ 分 析 を 行 う 統 合 された 環 境 です ドキュメント 作 成 オプションとして[ 詳 細 設 定 ]を 選 択 した 場 合 クエリーによって 返 されるデータ の 操 作 用 Java レポート パネルも 使 用 します [デフォルトの 表 示 形 式 を 選 択 ] オプションは 無 視 されます Java レポート パネルでは Web Intelli gence クエリーの 作 成 レポートの 編 集 データ 分 析 を 行 う 環 境 をすべて 備 えた 充 実 した 機 能 が 提 供 されます SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 15

16 InfoView からの Web Intelligence へのアクセス 2 Web Intelligence InfoView のオプション ドキュメントの 作 成 オプション 対 話 型 説 明 クエリー - HTML および HTML ベー スのクエリー エディタを 使 用 してクエリー を 作 成 します デスクトップ Web ブラウザの 外 で 実 行 するスタンドア ロン バージョンの Java レポート パネル である Web Intelligence リッチ クライア ントを 使 用 して クエリーの 作 成 レポー トの 編 集 およびデータの 分 析 を 行 い ます Web アクセシビリティ リハビリテーション 法 第 508 条 対 応 のク エリーおよびレポート 構 築 環 境 である HTML レポート パネルを 使 用 してレ ポートを 構 築 することができます 既 存 の Web Intelligence ドキュメント またはクエリー エディタを 使 用 して 作 成 したド キュメントは 次 の 表 示 形 式 を 使 用 して 表 示 し 対 話 することができます 表 示 形 式 説 明 Web レポートを 開 く プロンプトへの 応 答 レ ポートのナビゲート ドリル 分 析 の 実 行 に は Web(HTML) 形 式 を 使 用 します 16 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

17 InfoView からの Web Intelligence へのアクセス Web Intelligence InfoView のオプション 2 表 示 形 式 説 明 フィルタ 並 べ 替 え 計 算 の 適 用 書 式 の 変 更 テーブルやチャートの 表 示 データ の 変 更 ドリル 分 析 の 実 行 には 対 話 型 形 式 を 使 用 します クエリー - HTML を 使 用 してクエリーを 定 義 し これらのクエリーに 基 づいてレ ポートを 書 式 設 定 して 式 と 変 数 を 追 加 する 場 合 は 対 話 型 形 式 を 使 用 します 対 話 型 対 話 型 形 式 と クエリー HTML の 併 用 は 純 粋 な HTML 環 境 では Java レポート パネルまたは Web Intelligence リッチ ク ライアントとほぼ 同 等 の 機 能 をもたらしま す また 対 話 型 形 式 を 使 用 して HTML レ ポート パネルから 生 成 されたレポートを 照 会 および 処 理 することもできます 純 粋 なクエリー 構 築 環 境 であるクエリー - HTML とは 異 なり HTML レポート パネ ルではこれを 使 用 してレポートを 定 義 す ることもできます クエリーの 実 行 後 対 話 型 形 式 を 使 用 するか HTML レポート パネルに 戻 り レポートの 処 理 を 続 行 す ることができます 対 話 型 表 示 形 式 は 管 理 者 が JSP モー ドで Web Intelligence をデプロイした 場 合 にのみ 利 用 できます PDF 静 的 レポートを 表 示 する 場 合 は PDF モードを 使 用 します Web Intelligence クエリー エディタを 選 択 する 1 InfoView ツールバーの[ 基 本 設 定 ]ボタンをクリックします 2 [Web Intelligence ドキュメント]をクリックして Web Intelligence のオプションを 表 示 します SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 17

18 InfoView からの Web Intelligence へのアクセス 2 Web Intelligence InfoView のオプション 3 [デフォルトの 作 成 / 編 集 ツールの 選 択 ]でクエリー エディタを 選 択 します 4 [OK]をクリックします Web Intelligence の 表 示 形 式 を 選 択 する レポートに 表 示 する 情 報 の 使 用 方 法 に 応 じて Web Intelligence ドキュメントのさまざ まな 表 示 形 式 を 選 択 できます Web Intelligence 表 示 オプションは InfoView で 選 択 し ます 表 示 オプションを 変 更 した 場 合 変 更 した 設 定 は 次 に Web Intelligence ドキュメ ントを 開 いたときに 有 効 となります 1 InfoView ツールバーの[ 基 本 設 定 ]ボタンをクリックします 2 [Web Intelligence ドキュメント]をクリックして Web Intelligence のオプションを 表 示 します 3 [ 表 示 形 式 を 選 択 ]セクションで 表 示 形 式 を 選 択 します 新 しいドキュメントに 使 用 するデフォルトのユニバースを 選 択 する 1 InfoView ツールバーの[ 基 本 設 定 ]をクリックします 2 [Web Intelligence ドキュメント]をクリックして Web Intelligence のオプションを 表 示 します 3 [デフォルトのユニバースを 選 択 ]で[ 参 照 ]をクリックし デフォルトとして 選 択 するユニバースを 参 照 します InfoView の 最 新 表 示 オプション SAP BusinessObjects XI 3.1 SP3 では テキスト Excel ファイル およびカスタム デー タ プロバイダ プラグインのようなカスタム データ ソースから 作 成 した Web Intelligece ドキュメントの 最 新 表 示 が InfoView でサポートされています 注 最 新 表 示 オプションが 使 用 できるのは Windows オペレーティング システムだけです テキストまたは Excel ファイルを 最 新 表 示 するには RefreshOnServer レジストリを 次 の 値 に 設 定 します サーバーでの 最 新 表 示 を 無 効 にするには RefreshOnServer = NO または Disable に 設 定 します サーバーでの 最 新 表 示 を 有 効 にするには RefreshOnServer = YES または ENABLE に 設 定 します デフォルトでは YES または Enable に 設 定 されています 18 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

19 InfoView からの Web Intelligence へのアクセス Web Intelligence InfoView のオプション 2 Windows サーバーでのみ 最 新 表 示 を 有 効 にするには RefreshOnServer = ALLOW_USE_WINDOWS_SHARE と 設 定 します レジストリのパスは [HKEY_LOCAL_MACHINE] > [SOFTWARE] > [Business Objects] > [Suite 12.0] > [Default] > [Web Intelligence] > [ Calculator] > [PDP] です InfoViewからドキュメントを 最 新 表 示 する 前 に 次 の 点 に 注 意 してください 1 カスタム データ プロバイダが BOE サーバーにあり クラスタ 化 されている 場 合 各 クラスタにおいて カスタム データ プロバイダの 同 じコピーで 最 新 表 示 を 実 行 する 必 要 があります 2 ブロッカーの 問 題 があり 元 のソースの 場 所 からファイルがアクセスできない 場 合 フィールドを 各 サーバーのデフォルトの 場 所 に 配 置 する 必 要 があります デフォルトのサーバー パスは <インストール ディレクトリ>Business Objects\PersonalDPFilessymantecです レジストリの Server_Path の 値 を 変 更 することで このパスを 変 更 することができます 3 Server Intelligence Agent(SIA)は ネットワーク ドメインで 有 効 なユーザー 認 証 に よって 管 理 する 必 要 があります 通 常 SIA はローカル システム アカウントを 使 用 して 管 理 しますが このプラクティスではサーバーにカスタム データ プロバイダを デプロイしている 場 合 はお 勧 めしません 4 一 般 的 な Web サービスを 基 にしたドキュメントを 最 新 表 示 するために <Installdir>\javasdk\jre\lib にある net.properties ファイルを 次 の 行 で 更 新 し ます http.proxyhost=bluecoat-proxy http.proxyport=8080 http.nonproxyhosts=localhost ここで proxyhost はプロキシ サーバー 名 (たとえば proxy.mydomain.com) proxyport は 使 用 するポート 番 号 (デフォルト 値 は 80) nonproxyhosts は プロキシ サーバーを 無 視 して 直 接 アクセスされる 必 要 がある ホスト 名 一 覧 で で 区 切 られています(デフォルト 値 は localhost および ) 注.pac ファイルはサポートされていないため URL のプロキシ 設 定 にプロキシ サーバー を 明 示 的 に 設 定 する 必 要 があります SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 19

20 InfoView からの Web Intelligence へのアクセス 2 Web Intelligence InfoView のオプション Web Intelligence ドリル オプションを 設 定 する レポートをドリルすることでテーブル チャートまたはセクションに 表 示 されているデー タを 掘 り 下 げ 要 約 された 結 果 に 隠 れている 詳 細 な 内 容 を 発 見 できます ドリル セッ ションを 始 める 前 に InfoView でドリル オプションを 設 定 して ドリルを 実 行 するたびに レポートをどのように 変 更 するかを 指 定 します 1 InfoView ツールバーの[ 基 本 設 定 ]をクリックします 2 [Web Intelligence ドキュメント]をクリックして Web Intelligence のオプションを 表 示 します 3 [ドリル オプション]でドリル オプションを 選 択 し [ドリル セッションの 開 始 ]を 選 択 します ドリルツールバーオプションの 非 表 示 レポートに 表 示 されている 値 をドリルするときに ドリルツールバーが 表 示 され ドリル した 値 が 表 示 されます このツールバーに 表 示 される 値 によって ドリルしたレポートに 表 示 される 結 果 にフィルタが 適 用 されます たとえば 2001 年 をドリルすると ドリルしたテーブルに 表 示 される 結 果 は 2001 年 の 第 1 四 半 期 第 2 四 半 期 第 3 四 半 期 および 第 4 四 半 期 になります これは ドリ ルする 四 半 期 ごとの 値 が 2001 でフィルタされることを 意 味 します 注 ドリルしたレポートに 複 数 のクエリからのディメンションが 含 まれている 場 合 フィル タの 値 にカーソルを 置 くとツールヒントが 表 示 されます ツールヒントには クエリ 名 と 値 のディメンションが 表 示 されます ドリルツールバーを 使 って 同 じレベルで 別 の 値 を 選 択 し 別 の 結 果 を 表 示 することが できます たとえば 上 の 図 のドリル ツールバーを 使 って 2002 を 選 択 すると 2002 年 の 第 1 四 半 期 第 2 四 半 期 第 3 四 半 期 および 第 4 四 半 期 の 結 果 がドリルした テーブルに 表 示 されます ドリルモードの 開 始 時 にドリルツールバーを 表 示 しないよう 設 定 することもできます ド リルツールバーは ドリルセッション 中 にフィルタを 選 択 する 場 合 にのみ 使 用 できます ドリルでさらにデータオプションが 必 要 な 場 合 のプロンプトの 表 示 Web Intelligence レポートに 表 示 される 値 をドリルする 際 ドキュメントの 分 析 範 囲 に 含 まれていない 上 位 または 下 位 レベルの 情 報 にドリル アップまたはドリル ダウンするこ 20 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

21 InfoView からの Web Intelligence へのアクセス Web Intelligence InfoView のオプション 2 とが 必 要 な 場 合 があります そのような 場 合 は Web Intelligence は 新 しいクエリーを 実 行 して データ ソースから 追 加 のデータを 取 得 する 必 要 があります 大 量 のデータに 対 するクエリーは 多 くの 時 間 を 必 要 としますので 新 規 クエリーが 必 要 な 場 合 にはプロンプトを 表 示 させることができます このプロンプトメッセージは 追 加 クエリを 実 行 するかどうかを 問 い 合 わせます また 新 規 クエリに 含 めた 追 加 ディメン ションにこのプロンプトでフィルタを 適 用 することもできます これによりクエリのサイズ を 制 限 し 分 析 に 必 要 なデータだけを 取 得 することができます ドリルセッション 時 に 分 析 範 囲 外 にドリルを 実 行 するには 管 理 者 がその 権 限 を 認 め ている 必 要 があります [レポートのブロックのドリルを 同 期 化 ]オプション [レポートのブロックのドリルを 同 期 化 ]オプションを 選 択 すると すべてのブロックの 表 示 がドリルアクションと 一 致 するようになります たとえば 年 から 四 半 期 へとブロッ クをドリルダウンし レポートにも 年 単 位 のデータを 表 示 するチャートが 含 まれている 場 合 チャートが 四 半 期 単 位 のデータを 表 示 するようになります このオプションを 指 定 しない 場 合 ドリルアクションに 対 してドリルされたブロックのみが 変 更 されます [ドリル セッションの 開 始 ]オプション [ドリル セッションの 開 始 ]オプションは ドリル モードの 開 始 時 の Web Intelligence の 動 作 方 法 を 制 御 します [ 既 存 のレポートでドリルセッションを 開 始 ]オプション [ 既 存 のレポートでドリルセッションを 開 始 ]を 選 択 すると ドリルモードの 開 始 時 に 現 在 のレポートがドリル 可 能 になります ドリルモードを 終 了 すると レポートにはドリルした 値 が 表 示 されます [レポートのコピーでドリルセッションを 開 始 ]オプション [レポートのコピーでドリルを 開 始 ]を 選 択 すると ドリル モードの 開 始 時 に 現 在 のレ ポートのコピーが 作 成 され そのコピーでドリル 操 作 を 行 います この 場 合 元 のレポー トの 結 果 と ドリル 分 析 の 結 果 を 比 較 できます SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 21

22 InfoView からの Web Intelligence へのアクセス 2 Web Intelligence InfoView のオプション Web Intelligence のロケール オプション ロケールは Web Intelligence のインターフェイス(メニュー 項 目 やボタン テキストなど) およびデータ( 日 付 や 数 値 の 書 式 設 定 など)の 表 示 方 法 を 決 定 します Web Intelligence には 以 下 の 3 つのロケールがあります ロケール 製 品 ロケール ドキュメントのロケール 優 先 表 示 ロケール 説 明 Web Intelligence インターフェイスの 表 示 に 使 用 されるロケール 現 在 ドキュメントに 含 まれるデータのロケー ル ドキュメント データの 表 示 に 関 するユー ザーの 優 先 ロケール InfoView の 設 定 によって ドキュメントのロケールと 優 先 表 示 ロケールが 相 互 に 作 用 し てドキュメントデータを 表 示 する 方 法 が 決 定 されます 関 連 項 目 24 ページの ドキュメントとロケールを 永 続 的 に 関 連 付 ける 製 品 ロケール 製 品 ロケールを 設 定 する 製 品 ロケールは Web Intelligence のインターフェイス(メニュー 項 目 やボタン テキスト など)の 表 示 に 使 用 されるロケールです 注 GetLocale 関 数 は 製 品 ロケールを 返 します 1 InfoView メイン ツールバーの[ 基 本 設 定 ]をクリックします 2 [ 全 般 ]をクリックして 一 般 的 なオプションを 表 示 します 3 [ 製 品 ロケール] 一 覧 から 製 品 ロケールを 選 択 します 22 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

23 InfoView からの Web Intelligence へのアクセス Web Intelligence InfoView のオプション 2 ドキュメントのロケール ドキュメントのロケールは ドキュメント 内 のデータの 書 式 設 定 を 行 います たとえば ド キュメントのロケールによって Web Intelligence の 日 付 および 数 値 の 表 示 方 法 が 決 定 されます InfoView の Web Intelligence 設 定 で[データの 書 式 設 定 に 現 在 の 優 先 表 示 ロケール を 使 用 ]が 設 定 されており ユーザーの 優 先 表 示 ロケールが 優 先 されるよう 指 定 され ている 場 合 ユーザーがドキュメントを 開 いた 時 に Web Intelligence がドキュメントのロ ケールを 優 先 表 示 ロケールに 設 定 します ユーザーがドキュメントを 保 存 すると Web Intelligence はドキュメントとともにこのドキュメントのロケールを 保 存 します Web Intelligence 設 定 でユーザーの 優 先 表 示 ロケールが 優 先 されるよう 指 定 されてい ない 場 合 Web Intelligence はドキュメントとともに 保 存 されているドキュメントのロケー ルに 従 ってデータの 書 式 設 定 を 行 います ユーザーがドキュメントを 作 成 すると InfoView の Web Intelligence 設 定 でユーザー の 優 先 表 示 ロケールが 優 先 されるよう 指 定 されているかどうかに 関 係 なく Web Intelligence は 常 にユーザーの 優 先 表 示 ロケールをドキュメントの 初 期 ロケールとして 割 り 当 てます ユーザーは [ 地 域 の 永 続 的 な 書 式 設 定 ]オプションを 選 択 した 状 態 でドキュメントを 保 存 することにより 現 在 のドキュメントのロケールを 永 続 的 にドキュメントに 関 連 付 け ることができます このオプションを 選 択 した 状 態 でドキュメントが 保 存 されると Web Intelligence は InfoView 設 定 を 無 視 し 常 に 保 存 されたドキュメントのロケールを 使 用 してドキュメント データの 書 式 設 定 を 行 います これは [ 地 域 の 永 続 的 な 書 式 設 定 ] オプションを 選 択 したユーザーだけではなく すべてのユーザーに 当 てはまります 注 GetContentLocale 関 数 は ドキュメントのロケールを 返 します 関 連 項 目 24 ページの ドキュメントとロケールを 永 続 的 に 関 連 付 ける ドキュメントのロケールを 設 定 する 1 [Web Intelligence ドキュメント]をクリックして Web Intelligence のオプションを 表 示 します 2 [ドキュメントの 表 示 ]の[データの 書 式 設 定 にドキュメント ロケールを 使 用 ]をク リックします SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 23

24 InfoView からの Web Intelligence へのアクセス 2 Web Intelligence InfoView のオプション 優 先 表 示 ロケール 優 先 表 示 ロケールは ドキュメント データの 表 示 に 使 用 されるユーザーの 優 先 ロケー ルです InfoView 設 定 で 優 先 表 示 ロケールが 優 先 されるよう 指 定 されると ドキュメン トのロケールがユーザーの 優 先 表 示 ロケールになります 注 GetPreferredViewingLocale 関 数 は 優 先 表 示 ロケールを 返 します GetLocalized 関 数 も 翻 訳 された 文 字 列 の 表 示 に 優 先 表 示 ロケールを 使 用 します 優 先 表 示 ロケールを 設 定 する 1 InfoView メイン ツールバーの[ 基 本 設 定 ]をクリックします 2 [ 全 般 ]をクリックして 一 般 的 なオプションを 表 示 します 3 [ 優 先 表 示 ロケール] 一 覧 から 優 先 表 示 ロケールを 選 択 します 4 [Web Intelligence ドキュメント]をクリックして Web Intelligence のオプションを 表 示 します 5 優 先 表 示 ロケールを 使 用 してデータを 書 式 設 定 する 場 合 [ドキュメントの 表 示 ]の[データの 書 式 設 定 に 現 在 の 優 先 表 示 ロケールを 使 用 ]をクリックしま す ドキュメントとロケールを 永 続 的 に 関 連 付 ける 1 Web Intelligence Interactive で メニューから[ドキュメント] > [プロパティ]を 選 択 して[ドキュメント プロパティ]ダイアログ ボックスを 表 示 させ [ 地 域 の 永 続 的 な 書 式 設 定 ]を 選 択 します 2 Web Intelligence Java レポート パネルまたは Web Intelligence リッチ クライア ントで レポートの 空 白 領 域 を 右 クリックし [ドキュメントのプロパティ]を 選 択 し て[ドキュメントのプロパティ] 枠 を 表 示 させ 枠 の[ドキュメントのオプション]セ クションで[ 地 域 の 永 続 的 な 書 式 設 定 ]を 選 択 します 3 ドキュメントを 保 存 します 現 在 のドキュメントのロケールが ドキュメントに 永 続 的 に 関 連 付 けられます 24 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

25 クエリを 使 用 したデータの 取 得 3

26 クエリを 使 用 したデータの 取 得 3 ドキュメントの 作 成 編 集 保 存 ドキュメントの 作 成 編 集 保 存 Web Intelligenceドキュメントを 作 成 するには 最 初 に InfoViewでユニバースを 選 択 し ます 各 ユニバースは 企 業 のビジネス 情 報 が 格 納 されているデータベースにマップ されています ユニバースに 接 続 すると Web Intelligence は InfoView の[Web Intelligence ドキュメント 基 本 設 定 ]ページで 選 択 されたドキュメント エディタを 自 動 的 に 起 動 します ユニバースを 選 択 した 後 ユニバース 内 のオブジェクトを 使 用 してクエリーを 構 築 し データベースから Web Intelligence ドキュメントにデータを 返 します ドキュメントを 作 成 したら このドキュメントを InfoView レポジトリに 保 存 できます ドキュメントを 保 存 する 1 クエリー - HTML ツールバーの 左 側 で [ドキュメントの 保 存 ]ボタンの 右 にあ る 矢 印 をクリックします 2 表 示 されるドロップダウン リストで[ 保 存 ]をクリックすると すでに 保 存 済 みのド キュメントが 再 度 保 存 され [ 名 前 をつけて 保 存 ]をクリックすると ドキュメント が 新 しい 名 前 で 保 存 されます [ 名 前 をつけて 保 存 ]をクリックした 場 合 またはそのドキュメントを 初 めて 保 存 する 場 合 は [ 名 前 をつけて 保 存 ]ダイアログ ボックスが 表 示 されます 3 [ 名 前 をつけて 保 存 ]ダイアログ ボックスを 使 用 して ドキュメントを InfoView リ ポジトリに 保 存 します クエリーの 作 成 と 使 用 クエリーを 作 成 および 実 行 する Web Intelligenceドキュメントを 作 成 するには 最 初 に InfoViewでユニバースを 選 択 し ます 各 ユニバースは 企 業 のビジネス 情 報 が 格 納 されているデータベースにマップ されています ユニバースに 接 続 すると Web Intelligence は InfoView で 選 択 された クエリー エディタを 自 動 的 に 起 動 します クエリー HTML を 開 く 場 合 は ドキュメン トの 作 成 オプションとして 対 話 型 を 選 択 する 必 要 があります 1 InfoView で[ドキュメント 一 覧 ]をクリックし [ 新 規 ] > [Web Intelligence ドキュメ ント]を 選 択 します 26 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

27 クエリを 使 用 したデータの 取 得 クエリーの 作 成 と 使 用 3 2 クエリーを 作 成 するユニバースをクリックします [Web Intelligence クエリー - HTML]が 開 きます 3 [ユニバース] 枠 でオブジェクトを 選 択 して[ 結 果 オブジェクト] 枠 までドラッグし クエリーに 追 加 します クラス 内 のすべてのオブジェクトをクエリーに 追 加 するには クラス フォル ダを[ 結 果 オブジェクト] 枠 にドラッグします クエリーからオブジェクトを 削 除 するには [ 結 果 オブジェクト] 枠 のオブジェ クトをドラッグして[ユニバース] 枠 に 戻 します クエリーからすべてのオブジェクトを 削 除 するには [ 結 果 オブジェクト] 枠 の 右 にある[すべて 削 除 ]をクリックします 4 [ 結 果 オブジェクト] 枠 でオブジェクトを 選 択 し 左 または 右 にドラッグ アンド ド ロップするか [ 結 果 オブジェクト] 枠 の 右 にある[ 左 へ 移 動 ]または[ 右 へ 移 動 ] をクリックします 5 分 析 範 囲 を 設 定 します 6 クエリー フィルタを 定 義 します 7 クエリーのプロパティを 設 定 します 8 [ 実 行 ]をクリックします ユニバース オブジェクトをデータにマップする 方 法 クラスとサブクラス ディメンションオブジェクト オブジェクトは クラスと 呼 ばれるフォルダにグループ 分 けされます また 各 クラスには 1つまたは 複 数 のサブクラスを 含 めることができます サブクラスには そのクラスのオ ブジェクトの 下 位 レベルに 属 するオブジェクトがまとめられます クラスの 役 割 は オブジェクトを 論 理 的 なグループに 分 けることです ユニバースでク エリを 作 成 する 際 クラスを 使 用 することでクエリで 指 定 する 情 報 を 表 すオブジェクトが 簡 単 に 見 つかります ディメンションオブジェクトは レポートで 行 う 分 析 のベースとなるデータを 表 します ディメンションオブジェクトでは 通 常 顧 客 名 リゾート 名 日 付 などの 文 字 型 のデータ を 取 得 します ディメンション オブジェクトは Web Intelligence クエリー パネルに 次 のように 表 示 され ます SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 27

28 クエリを 使 用 したデータの 取 得 3 クエリーの 作 成 と 使 用 詳 細 オブジェクト 詳 細 オブジェクトは ディメンションについての 補 足 データを 提 供 します 詳 細 オブジェ クトは 常 にディメンションに 従 属 し ディメンションに 関 連 付 けられた 詳 細 情 報 を 提 供 し ます たとえば [ 年 齢 ]は 顧 客 ディメンションに 関 連 付 けられた 詳 細 オブジェクトで す 詳 細 オブジェクトは Web Intelligence クエリー パネルに 次 のように 表 示 されます メジャー オブジェクト メジャー オブジェクトは データベース 内 のデータで 行 われた 計 算 の 結 果 を 示 す 数 値 データを 取 得 します たとえば [ 売 上 げ]は 販 売 個 数 に 単 価 を 掛 けた 計 算 結 果 で す メジャー オブジェクトは 通 常 メジャー クラスに 属 します メジャー オブジェクトは Web Intelligence クエリー パネルに 次 のように 表 示 されます メジャーには 次 の 2 種 類 があります クラシック メジャー:Web Intelligence による 計 算 スマート メジャー:ユニバースのベースになるデータベースによる 計 算 スマート メジャーが Web Intelligence の 計 算 結 果 の 表 示 方 法 に 影 響 を 与 えることも あります スマート メジャーに 関 する 詳 細 については SAP BusinessObjects Web Intelligence における 関 数 式 計 算 の 使 い 方 ガイドを 参 照 してください クエリ 名 を 変 更 する 1 変 更 するクエリー 名 が 表 示 されているタブを 右 クリックします 2 メニューの[ 名 前 の 変 更 ]をクリックします 3 新 しい 名 前 を 入 力 し Enter キーを 押 します 50 文 字 を 超 えるクエリー 名 を 指 定 することはできません クエリー 名 に [ は 使 用 できません 2 つのクエリーに 同 じ 名 前 を 付 けることはできません クエリー タブに 新 しくつけた 名 前 が 表 示 されます 28 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

29 クエリを 使 用 したデータの 取 得 クエリーの 作 成 と 使 用 3 クエリを 中 断 する クエリを 中 断 すると 部 分 的 な 結 果 だけがドキュメントに 返 されます ドキュメントに 表 示 される 値 は クエリーの 定 義 を 完 全 に 反 映 したデータではありません 1 [データの 最 新 表 示 進 捗 ]ダイアログ ボックスで[キャンセル]をクリックします [データ 受 信 の 中 止 ]ダイアログ ボックスが 開 きます 2 [OK]をクリックします クエリを 削 除 する 1 該 当 する[クエリ]タブを 右 クリックして 削 除 するクエリを 選 択 します 2 [ 削 除 ]をクリックします 複 数 のクエリー Web Intelligence ドキュメントには 1 つまたは 複 数 のクエリーを 含 めることができます ドキュメントには 1つのユニバースだけでなく InfoViewで 使 用 できる 複 数 のユニバー スに 対 する 複 数 のクエリーを 含 めることができます たとえば 1つのドキュメントに 製 品 の 売 上 げデータと 顧 客 データを 含 めることができま す この 場 合 製 品 の 売 上 げを 記 録 した 企 業 データを 提 供 するユニバースと 顧 客 デー タを 提 供 するユニバースが 別 々にあります 製 品 の 売 上 げ 実 績 と 顧 客 の 年 齢 層 の 情 報 を 同 じレポートに 表 示 することにします これには それぞれのユニバースに 対 する クエリを 含 んだ1つのドキュメントを 作 成 する 必 要 があります 両 方 のクエリー 結 果 を 同 じレポートに 表 示 し 書 式 を 設 定 します ドキュメントで 使 用 するデータが 複 数 のユニバースに 分 散 している 場 合 や 同 じユニ バースに 焦 点 の 異 なるいくつかのクエリーを 作 成 する 場 合 は 同 一 ドキュメントに 複 数 のクエリーを 定 義 する 必 要 があります 新 規 ドキュメントの 作 成 時 に 複 数 のクエリーを 定 義 したり 既 存 のドキュメントにクエリーを 追 加 したりできます すべてのクエリから 得 た 情 報 は 同 一 ドキュメント 内 の1つのレポートや 複 数 のレポートに 表 示 することができ ます SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 29

30 クエリを 使 用 したデータの 取 得 3 クエリーの 作 成 と 使 用 複 数 のクエリ 複 合 クエリ 同 期 クエリの 比 較 Web Intelligence ドキュメントでは 複 数 のクエリーを 様 々な 形 で 関 連 付 けることができ ます 基 礎 となる 複 数 のクエリーによって 異 なるソースから 関 連 しないデータが 引 き 出 されます クエリの 同 期 化 を 実 行 すると 両 方 のクエリに 共 通 するデータを 含 むディメンション を 中 心 に 異 なるクエリのデータが 関 連 付 けられます これらのディメンションは 結 合 ディメンションと 呼 ばれます 複 数 のクエリーを 作 成 して 実 行 した 後 で Web Intelligence レポーティング インター フェイスでディメンションを 結 合 します 複 合 クエリーは Web Intelligence クエリー インターフェイスで 作 成 する 特 殊 なクエ リーです データベースでサポートされている 場 合 は 複 合 クエリーによって UNION INTERSECT および MINUS の 各 演 算 子 を 含 む SQL を 生 成 するか こ れらの 演 算 子 の 効 果 をシミュレートします 複 合 クエリーを 使 用 すると 標 準 のクエリーでは 公 式 化 が 難 しい 複 雑 なビジネス 上 の 質 問 に 答 えることができます クエリー - HTML では 複 合 クエリーを 作 成 できません クエリーを 追 加 する 1 [クエリーの 追 加 ]をクリックします [クエリーの 追 加 ]ウィンドウが 開 きます 2 使 用 するユニバースを 選 択 し クエリーを 作 成 します ドキュメントで 既 に 使 用 しているユニバースを 使 って または 別 のユニバースを 選 択 して 新 しいクエリーを 作 成 することができます デフォルトでは 現 在 のド キュメントで 使 用 されているユニバースが 最 初 に 表 示 されます 3 [OK]をクリックします 4 クエリーのオブジェクト フィルタ 分 析 範 囲 プロパティを 定 義 します ここで 定 義 したデータ コンテンツ 分 析 範 囲 フィルタは 選 択 したクエリーに だけ 適 用 されます ここで 定 義 したクエリーのプロパティは 選 択 したクエリー にだけ 適 用 されます 30 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

31 クエリを 使 用 したデータの 取 得 クエリーの 作 成 と 使 用 3 クエリを 複 写 する ドキュメントですでに 使 用 しているユニバースに 別 のクエリを 作 成 する 場 合 は クエリを 最 初 から 定 義 する 代 わりに そのユニバースに 対 する 既 存 のクエリを 複 写 し それを 変 更 して 利 用 することができます 1 レポートパネルの 下 に 表 示 されている 適 切 なクエリタブを 右 クリックして 複 写 するクエリを 選 択 します 2 [ 複 写 ]を 選 択 します クエリーによって 生 成 された SQL の 表 示 Web Intelligence でクエリーを 構 築 すると データベースに 対 して 実 行 する SQL が 生 成 され クエリーの 結 果 が 返 されます 構 造 化 照 会 言 語 (SQL)はすべてのリレーショ ナル データベースで 認 識 されるクエリー 言 語 です Web Intelligence で 生 成 された SQL は 表 示 および 編 集 することができます 注 データベース ストアド プロシージャを 呼 び 出 すクエリーの SQL を 照 会 することはでき ません 生 成 された SQL を 表 示 および 編 集 する 注 クエリにオプションのプロンプトが 含 まれている 場 合 は クエリ SQL を 編 集 できません SQL を 編 集 する 前 に クエリを 編 集 してオプションのプロンプトを 削 除 してください 1 クエリツールバーで[SQL]をクリックして [SQL ビューア]ダイアログボックスを 表 示 します SQL が 編 集 可 能 でない 場 合 プロンプトに 対 して 入 力 された 値 はクエリに 直 接 表 示 されます たとえば [Country] のプロンプトに 対 して UK と 入 力 すると Resort_country.country In ('UK') 上 記 のような 行 がクエリーに 表 示 されます SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 31

32 クエリを 使 用 したデータの 取 得 3 分 析 範 囲 の 設 定 プロンプトに 値 が 入 力 されない 場 合 は プロンプトの Web Intelligence 構 文 がクエ リーに 表 示 されます 構 文 については 次 に 示 します 2 [カスタム SQL の 使 用 ]をクリックして 生 成 された SQL を 編 集 可 能 にします SQL を 編 集 可 能 にすると プロンプトの Web Intelligence 構 文 がクエリーに 表 示 されます たとえば Resort_Country.country Country:','A','Resort\Country', Mono,Free,Persistent,,User:0) 上 記 のような 行 がクエリに 表 示 されます 3 SQL の 編 集 後 [ 確 認 ]をクリックすると 編 集 が 有 効 かどうかを 確 認 できます 4 [コピー]をクリックすると SQL がクリップボードにコピーされます ただしこれ は Java レポート パネルおよび Web Intelligence リッチ クライアントの 場 合 の みです 5 [ 印 刷 ]をクリックすると SQL が 印 刷 されます ただしこれは クエリー - HTML の 場 合 のみです 分 析 範 囲 の 設 定 分 析 範 囲 クエリの 分 析 範 囲 とは クエリの 各 オブジェクトが 返 す 結 果 をより 詳 細 なレベルで 構 成 させるためにデータベースから 取 得 する 追 加 データのことです この 追 加 データは 初 期 の 結 果 レポートには 表 示 されませんが データ キューブ 内 で 保 持 されるため 追 加 データをレポートに 取 り 込 むことで いつでも 詳 細 な 情 報 にアクセスできます この ようにデータを 下 位 の 詳 細 なレベルまで 絞 り 込 むプロセスのことを オブジェクトをドリ ルダウンするといいます ユニバースでは 分 析 範 囲 はクエリに 選 択 したオブジェクトの 下 位 の 階 層 レベルに 相 当 します たとえば オブジェクト[ 年 ]の 1 レベル 下 の 分 析 範 囲 には [ 年 ]のすぐ 下 に 表 示 される[ 四 半 期 ]オブジェクトが 含 まれることになります このレベルは クエリの 作 成 時 に 設 定 できます これにより [ 結 果 オブジェクト] 枠 に 表 示 せずに 階 層 の 下 位 レベルのオブジェクトをクエリーに 含 めることができます ユニ バースの 階 層 によって 分 析 範 囲 とそれに 応 じてドリル 可 能 なレベルを 選 択 できます 32 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

33 クエリを 使 用 したデータの 取 得 分 析 範 囲 の 設 定 3 また Java レポート パネルおよび Web Intelligence リッチ クライアントでは 特 定 の ディメンションを[ 分 析 範 囲 ] 枠 に 選 択 することで カスタムの 分 析 範 囲 を 作 成 すること もできます 注 クエリー ドリル モードでの 作 業 中 分 析 範 囲 を 設 定 することはできません これ は このドリル モードを 使 用 すると Web Intelligence により ドリル アクションに 呼 応 して 動 的 に 範 囲 が 変 更 されるためです 分 析 範 囲 のレベル 分 析 範 囲 に 設 定 できるレベルは 次 のとおりです レベル なし 1 レベルダウン 2 レべルダウン 3 レべルダウン 説 明 [ 結 果 オブジェクト] 枠 に 表 示 されるオブ ジェクトだけをクエリに 含 めます [ 結 果 オブジェクト] 枠 の 各 オブジェクトに ついて 階 層 ツリーの 下 位 1 2 または 3 レベルまでのオブジェクトをクエリに 含 めます これらのオブジェクトのデータは ドキュメントに 追 加 されるまでキューブ 内 に 保 管 されます カスタム 注 このオプションは Java レポート パネルお よび Web Intelligence リッチ クライアント のみで 使 用 できます [ 分 析 範 囲 ]パネルに 手 動 で 追 加 された すべてのオブジェクトをクエリーに 含 めま す ドキュメントに 分 析 範 囲 を 含 めると ドキュメントのサイズが 増 大 します 指 定 した 範 囲 のデータは ドリル モードを 開 始 してデータをドリル ダウンして 対 応 する 値 を 表 示 する まではレポートに 表 示 されませんが ドキュメントには 保 存 されます ドキュメントのサイズを 最 小 限 に 抑 え パフォーマンスを 最 適 化 するには ユーザーが ドリルを 必 要 とすることが 確 実 な 場 合 にだけ ドキュメントに 分 析 範 囲 を 含 めることをお すすめします クラスとオブジェクトの 階 層 を 表 示 しながら 簡 単 に 分 析 範 囲 を 設 定 する 方 法 を 次 に 示 します SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 33

34 クエリを 使 用 したデータの 取 得 3 クエリー コンテキスト 分 析 範 囲 を 設 定 する 1 クエリー ツールバーで[クエリーのプロパティ]をクリックします 2 ドロップダウン リストから[なし](デフォルト) [1 レベル] [2 レベル] または [3 レベル]を 選 択 します クエリー コンテキスト 不 明 瞭 なクエリーとは 不 明 瞭 なクエリとは 潜 在 的 に2 種 類 の 情 報 を 返 す 可 能 性 があるオブジェクトを 含 んだ クエリのことです ユニバース 内 のディメンションには データベース 内 で 異 なる2つの 目 的 に 使 用 される 値 を 持 ったものもあります たとえば 次 のクエリの[ 国 ]ディメンションは 2 種 類 の 情 報 を 返 すことができます [ 顧 客 ]と 顧 客 が 休 暇 を 過 ごした[ 国 ] [ 顧 客 ]と 顧 客 が 休 暇 を 予 約 した[ 国 ] このクエリでの[ 国 ]の 役 割 はあいまいです 国 は 休 暇 を 過 ごした 国 と 休 暇 が 予 約 され ている 国 のどちらにも 当 てはまります 1つは 現 存 する 情 報 ( 売 上 げ)であり もう1つは 未 来 の 情 報 ( 予 約 )です クエリの 不 明 瞭 さを 避 けるため ユニバースデザイナはユニバース 内 のオブジェクトの さまざまな 用 途 を 識 別 し それらのオブジェクトの 組 み 合 わせ 方 に 制 限 を 適 用 します このような 制 限 をコンテキストと 呼 んでいます コンテキストとは コンテキストとは 共 通 のビジネス 上 の 目 的 を 共 有 するオブジェクトのグループを 定 義 したものです このビジネス 上 の 目 的 とは 通 常 これらの 関 連 オブジェクトが 表 す 情 報 の 種 類 です たとえば 売 上 げコンテキストは 売 上 げに 関 するクエリに 使 用 できるオブ ジェクトをすべて 集 めたグループです 予 約 コンテキストは 予 約 に 関 するクエリーに 使 用 できるオブジェクトのグループです コンテキストは ユニバース デザイナによっ てユニバース 内 に 定 義 されます 同 じコンテキスト 内 のオブジェクトであれば 自 由 に 組 み 合 わせてクエリーを 作 成 でき ます また 異 なるコンテキストのオブジェクトを 組 み 合 わせることもできます 2つのコ 34 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

35 クエリを 使 用 したデータの 取 得 Web Intelligence クエリーのプロパティ 3 ンテキストに 共 通 するオブジェクトを 使 用 した 場 合 Web Intelligenceはクエリー 内 のほ かのオブジェクトに 最 適 と 思 われるコンテキストを 判 断 しようとします コンテキストを 決 定 できない 場 合 は クエリーに 適 用 するコンテキストを 指 定 するよう ユーザーに 問 い 合 わせます クエリー 実 行 時 のコンテキストの 選 択 クエリを 作 成 したり レポートを 最 新 表 示 する 際 クエリが 実 行 される 前 にコンテキストを 選 択 するよう 要 求 される 場 合 があります コンテキストは 不 明 瞭 なクエリーを 回 避 する ためにユニバースに 設 定 されます クエリの 実 行 時 にコンテキストを 選 択 する 1 複 数 のコンテキストを 含 むクエリーを 実 行 します [コンテキストの 選 択 ]ダイアログボックスが 表 示 されます 2 [コンテキストの 選 択 ]ダイアログボックスでコンテキストを 選 択 します Web Intelligence クエリーのプロパティ 他 のユーザーによるクエリー プロパティの 編 集 を 許 可 このオプションを 選 択 すると 編 集 権 限 を 持 った 他 のユーザーもクエリー ビューにアク セスし ドキュメント 内 のクエリーを 変 更 できるようになります このオプションを 選 択 しな い 場 合 は クエリーを 変 更 できるのはレポートの 作 成 者 だけになります このオプショ ンは デフォルトで 選 択 されています 選 択 したクエリーにだけ 適 用 されるほかのクエ リー プロパティとは 異 なり このオプションはドキュメント 内 のすべてのクエリーに 適 用 されます [ 最 大 受 信 時 間 ]クエリー プロパティ クエリーを 停 止 するまでの 最 大 実 行 時 間 データ 超 過 やネットワークの 問 題 でクエリー の 実 行 に 時 間 がかかる 場 合 には このオプションが 役 立 ちます 実 行 時 間 を 制 限 し て クエリーを 制 限 時 間 以 内 に 終 了 させます SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 35

36 クエリを 使 用 したデータの 取 得 3 Web Intelligence クエリーのプロパティ [ 最 大 受 信 行 数 ]クエリプロパティ [ 最 大 受 信 行 数 ]クエリー プロパティは クエリーの 実 行 時 に 表 示 されるデータの 最 大 行 数 を 定 義 します 必 要 なデータ 量 を 限 定 できる 場 合 は このオプションを 使 ってド キュメントのデータ 行 数 を 制 限 することができます [ 最 大 受 信 行 数 ]は データベース レベルでは 動 作 しません [ 最 大 受 信 行 数 ]を 1000 に 設 定 し クエリーで 5000 行 が 返 された 場 合 Web Intelligence はまず 5,000 行 す べてを 取 得 してから 4,000 行 を 破 棄 し 最 初 の 1,000 行 だけを 維 持 します [サンプルの 結 果 セット]クエリー プロパティでもクエリーに 行 数 の 制 限 が 適 用 されます が この 処 理 はデータベース レベルで 行 われます [ 最 大 受 信 行 数 ]を 2000 に 設 定 し [サンプルの 結 果 セット]を 1000 に 設 定 すると クエリーで 取 得 されるのは 最 大 1,000 行 だけです この 設 定 は 管 理 者 がセキュリティ プロファイルに 設 定 した 制 限 値 によって 無 効 にな る 場 合 があります たとえば[ 最 大 受 信 行 数 ]を 400 行 に 設 定 しても セキュリティ プロ ファイルで 受 信 できる 行 数 が 200 行 に 制 限 されている 場 合 クエリーの 実 行 時 に 取 得 できるのは 200 行 のデータだけです クエリー プロンプトの 順 序 プロンプトが 一 覧 表 示 されます 上 下 の 矢 印 を 使 ってプロンプトを 移 動 し プロンプト が 実 行 される 順 序 を 変 更 できます [ 重 複 する 行 を 無 視 しない]クエリプロパティ データベースでは 同 じデータが 何 行 にも 渡 って 繰 り 返 されていることがあります ク エリーでこれらの 繰 り 返 し 行 を 取 得 するか 一 意 の 行 だけを 取 得 するかを 選 択 できま す クエリー ストリッピング クエリー ストリッピングでは クエリーの 生 成 を 自 動 的 に 最 適 化 することができます ク エリー ストリッピングを 有 効 化 すると Web Intelligence は レポートに 効 果 的 な 結 果 を もたらすオブジェクトのみを 含 むクエリーを 生 成 します 接 続 サーバーにストリッピング 済 みクエリーを 送 信 することにより レポートのパフォーマンスが 向 上 します 36 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

37 クエリを 使 用 したデータの 取 得 Web Intelligence クエリーのプロパティ 3 クエリーを 最 新 表 示 するたびに Web Intelligence はレポートに( 直 接 的 または 間 接 的 に) 効 果 的 な 結 果 にならないオブジェクトをレポートから 削 除 します 同 様 に SQL Viewer タブからも 削 除 します レポートに 直 接 関 係 あるクエリーのみを 最 新 表 示 しま す ストリッピング 済 みオブジェクトは レポートから 削 除 され データ マップでは 太 字 で 表 示 されるので ストリッピング 済 みオブジェクトを 簡 単 に 確 認 することができます これらのオブジェクトをレポートにドラッグ アンド ドロップすると 再 度 表 示 することがで きます これらのオブジェクトをドラッグ アンド ドロップすると レポートの 列 ヘッダーに はオブジェクトの 定 義 が 表 示 され データ セルには[#REFRESH]と 表 示 されます ス トリッピング 済 みオブジェクト データをレポートに 表 示 するには 再 度 クエリーを 最 新 表 示 します 注 クエリー ストリッピングは OLAP データベースのユーザーのみ 使 用 できます クエリー ストリッピングが 有 効 なドキュメントでは メジャー オブジェクトでクエリー フィルタが 使 用 されると Web Intelligence がオブジェクトをストリップしません クエリー ストリッピングを 制 御 する 2 レベル つまり クエリーおよびドキュメント レベルのプロパティで[クエリー ストリッピ ング]を 有 効 化 または 無 効 化 して クエリーの 自 動 最 適 化 をコントロールすることができ ます クエリー レベル のプロパティ:クエリー レベルのプロパティでは クエリー スト リッピングは Web Intelligence レポートを 作 成 し レポートのクエリーと 初 期 構 造 を 定 義 するパワー ユーザーのみが 有 効 化 または 無 効 化 することができま す クエリー レベルのプロパティでのクエリー ストリッピングは デフォルトでは 無 効 になっています 同 じドキュメント 内 に 複 数 のクエリーがある 場 合 クエリー ストリッピングのためのクエリー セットが 削 除 され その 他 のクエリーは 影 響 され ずに 残 ります ドキュメント レベルのプロパティ:ドキュメント レベルのプロパティでは クエリー ストリッピングは 分 析 のためにレポート オブジェクトを 変 更 するすべての Web Intelligence のユーザーが 有 効 化 または 無 効 化 することができます ドキュメ ント レベルのプロパティでのクエリー ストリッピングは デフォルトでは 無 効 に なっています Web Intelligence のドキュメントを 作 成 する 場 合 デフォルトではクエリー ストリッピング は 無 効 です パワー ユーザーは 特 定 のクエリー オブジェクトをストリッピング 処 理 す るためには このパラメータを 有 効 化 する 必 要 があります ドキュメント レベルのプロパ ティが 有 効 化 されて クエリー レベルのプロパティが 無 効 化 されている 場 合 (またはそ の 逆 の 場 合 ) Web Intelligence はクエリーのストリッピング 処 理 をできません クエリー SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 37

38 クエリを 使 用 したデータの 取 得 3 Web Intelligence クエリーのプロパティ ストリッピングは クエリー レベルのプロパティとドキュメント レベルのプロパティの 両 方 で 有 効 化 されている 場 合 のみ 動 作 します クエリー ストリッピングがドキュメント レベルのプロパティで 無 効 化 されると Web Intelligence は 接 続 サーバーに 送 信 された 特 定 のクエリーのクエリー パネルで 選 択 された すべてのオブジェクトを 最 新 表 示 するというデフォルトのパターンを 維 持 しま す 1 特 定 のクエリーのクエリー レベルで クエリー ストリッピングを 有 効 化 するには Web Intelligence レポートの 作 成 中 に [クエリーのプロパティ]タブで[クエリー のストリッピングを 有 効 にする]を 選 択 します 注 [クエリーのストリッピングを 有 効 にする]パラメータは クエリーを 編 集 したりク エリーの 権 限 を 作 成 する 必 要 があるパワー ユーザーのみ 設 定 できます レ ポートのユーザーはこのパラメータを 設 定 できません 2 特 定 のクエリーのドキュメント レベルで クエリー ストリッピングを 有 効 化 するに は [ドキュメントのプロパティ]タブで[クエリーのストリッピングを 有 効 にする] を 選 択 します その 結 果 クエリー ストリッピングが 特 定 のクエリーで 有 効 化 されます [ 最 新 表 示 時 にコンテキストをリセット]クエリー プロパティ このオプションを 選 択 すると コンテキストの 必 要 なクエリーを 実 行 するたびに コンテ キストを 選 択 するよう 要 求 されます 選 択 しない 場 合 は Web Intelligence はクエリーを 初 めて 実 行 したときに 指 定 されたコンテキストを 常 に 使 用 します [コンテキストの 削 除 ]クエリー プロパティ このプロパティを 選 択 すると 次 回 クエリーを 実 行 するとき またはデータを 最 新 表 示 するときに Web Intelligence が 一 覧 に 表 示 されているコンテキストを 削 除 します [サンプルの 結 果 セット]クエリプロパティ [サンプルの 結 果 セット]クエリー プロパティは クエリーから 返 される 最 大 行 数 を 定 義 します このプロパティでは データベース レベルで 制 限 が 適 用 されます データベー 38 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

39 クエリを 使 用 したデータの 取 得 Web Intelligence クエリーのプロパティ 3 スがサンプリングをサポートしている 場 合 Web Intelligence はデータを 返 すために 生 成 する SQL にこの 制 限 を 追 加 します [ 固 定 ]オプションを 選 択 すると 固 定 サンプリングが 使 用 されます データを 最 新 表 示 するたびに クエリーは 同 じ 行 数 を 返 します [ 固 定 ]オプションを 設 定 しない 場 合 は ランダム サンプリングが 使 用 されます データを 最 新 表 示 するたびに クエリーは 異 な る 行 数 をサンプリングして 返 します [サンプルの 結 果 セット]は クエリーですべての 行 数 を 取 得 してから 制 限 を 超 える 行 数 を 破 棄 する[ 最 大 受 信 行 数 ]よりも 効 率 的 です すべてのデータベースが 固 定 およびランダム サンプリングをサポートしているわけで はありません 固 定 およびランダム サンプリングがサポートされていない 場 合 それら のプロパティは Java レポート パネルでは 無 効 クエリー - HTML では 非 表 示 になっ ています すべての HTML レポート パネルでサンプリングを 使 用 できるわけではあり ません SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 39

40

41 クエリー フィルタを 使 用 したデータ のフィルタ 処 理 4

42 クエリー フィルタを 使 用 したデータのフィルタ 処 理 4 クエリフィルタの 定 義 クエリフィルタの 定 義 クエリを 定 義 する 際 にフィルタを 適 用 して ドキュメントに 返 されるデータを 制 限 するこ とができます クエリー フィルタを 使 用 することで 特 定 のユーザー グループに 公 開 し ないデータを 保 護 したり ネットワーク 上 に 保 存 するドキュメントのサイズを 制 限 したりす ることができます クエリーをドキュメントに 実 行 すると Web Intelligence はクエリー フィ ルタ 定 義 に 一 致 した 値 だけをドキュメントに 返 します クエリー フィルターは Web Intelligence がドキュメントに 返 すデータを 制 限 します ま た データベースからデータのサブセットを 取 り 出 し 対 応 する 値 だけをドキュメントに 返 します フィルタは ビジネス 上 の 質 問 に 一 致 するように 定 義 します たとえば[ 年 ] ディメンションにフィルタを 適 用 して 2003 年 の 売 上 げだけを 表 示 したり [ 年 収 ]ディメ ンションにフィルタを 適 用 して 年 収 150 万 ドル 以 上 の 顧 客 だけを 表 示 することができま す クエリー フィルタの 目 的 : 特 定 のビジネス 上 の 疑 問 に 答 えるために 必 要 なデータだけを 取 得 する 特 定 のユーザがドキュメントにアクセスしたときにデータを 隠 す ドキュメントに 返 されるデータの 量 を 最 小 限 に 抑 え パフォーマンスを 最 適 化 する 例 担 当 地 域 で 2002 年 の 第 4 四 半 期 に 1,300,000 円 を 超 える 利 益 を 上 げた 店 舗 関 西 のマーケティングマネージャは 関 西 地 区 の 利 益 を 把 握 しておく 必 要 があります が ユニバースには 日 本 全 体 のデータが 含 まれています 利 益 が2002 年 の 第 4 四 半 期 の 四 半 期 目 標 額 である1,300,000 円 に 達 した 店 舗 の 情 報 にも 関 心 があります 必 要 な 情 報 だけを 含 んだドキュメントを 作 成 するためには [ 都 道 府 県 ] [ 年 ] [ 四 半 期 ] のディメンションと[ 利 益 ]メジャーにそれぞれフィルタを 適 用 します " 年 " 等 しい(=)2002 AND " 四 半 期 " 等 しい(=)Q4 " 都 道 府 県 " 等 しい(=) 東 京 [ 利 益 ] 以 上 ( )\ [ 結 果 オブジェクト] 枠 に[ 年 ] [ 四 半 期 ] [ 都 道 府 県 ]オブジェクトを 追 加 せずに フィ ルタの 値 京 都 大 阪 兵 庫 奈 良 2002 第 4 がテーブル 列 の[ 年 ] [ 四 半 期 ] [ 都 道 府 県 ]に 表 示 されないようにします レポートを 生 成 すると 2002 年 42 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

43 クエリー フィルタを 使 用 したデータのフィルタ 処 理 クエリフィルタとレポートフィルタの 比 較 4 第 4 四 半 期 の 利 益 が 1,300,000 円 以 上 の 京 都 大 阪 兵 庫 奈 良 の 店 舗 がレポー トに 表 示 されます 店 舗 名 e-fashion Houston e-fashion Houston Leighton 売 上 げ 307, ,232 利 益 133, ,055 クエリフィルタとレポートフィルタの 比 較 フィルタは2つのレベルで 適 用 できます クエリー フィルタ - クエリーに 定 義 するフィルタで データ ソースから 取 得 し Web Intelligence ドキュメントに 返 すデータを 制 限 します レポート フィルタ - このフィルタはドキュメント 内 のレポート テーブル チャー ト セクションに 表 示 する 値 を 制 限 しますが データ ソースから 取 得 するデー タを 変 更 するのではなく 単 にレポート レベルで 値 を 隠 すだけです クエリフィルタの 種 類 次 の 種 類 のクエリフィルタを 作 成 できます 定 義 済 みフィルタ - 管 理 者 が 作 成 したフィルタ カスタムフィルタ - ユーザがクエリに 定 義 するフィルタ クエリフィルタ 単 純 なフィルタに 使 用 する 簡 易 形 式 のカスタムフィルタ プロンプト - ドキュメントにクエリを 実 行 するたびに 異 なるフィルタ 値 を 選 択 で きるよう 質 問 や 値 の 一 覧 を 表 示 する 動 的 フィルタ 同 じクエリに 異 なる 種 類 のフィルタを 組 み 合 わせて 適 用 することができます 定 義 済 みクエリフィルタ 定 義 済 みフィルタ は レポートで 最 も 必 要 とされる 特 定 のデータを 常 に Web Intelligenceで 使 用 できるようにします このフィルタは 管 理 者 によって 作 成 され ユニ バースに 保 存 されます 定 義 済 みフィルタの 多 くには データベース 構 造 の 詳 細 な 知 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 43

44 クエリー フィルタを 使 用 したデータのフィルタ 処 理 4 クエリフィルタの 種 類 識 を 要 する 複 雑 な 表 現 が 含 まれています ユニバースに 定 義 済 みフィルタを 作 成 して おくことで そのユニバースを 使 って Web Intelligence ドキュメントを 作 成 するたびに 同 じカスタム フィルタを 作 成 する 必 要 がなくなります Web Intelligenceユーザーは 定 義 済 みフィルタのコンポーネントを 表 示 したり フィル タを 編 集 することはできません 定 義 済 みクエリフィルタを 選 択 する 定 義 済 みフィルタをダブルクリックするか [クエリフィルタ] 枠 にドラッグします クエリを 実 行 すると 選 択 したクエリフィルタに 対 応 するデータはレポートに 返 されます カスタムクエリフィルタ カスタムクエリフィルタを 作 成 して ドキュメントのデータを 次 のような 情 報 に 限 定 するこ とができます 特 定 のビジネス 上 の 疑 問 に 答 えるデータ 特 定 のユーザグループのビジネス 情 報 のニーズに 答 えるデータ たとえば カスタムフィルタを 作 成 して 特 定 の 日 付 商 品 サービスの 売 上 げデータ を 取 得 したり 高 収 入 の 顧 客 や 特 定 の 地 域 に 住 む 顧 客 だけの 情 報 を 表 示 したりする ことができます カスタムクエリフィルタの 追 加 と 削 除 1 フィルタを 適 用 するオブジェクトを 選 択 し [クエリフィルタ] 枠 にドラッグします クエリフィルタが[クエリフィルタ] 枠 のアウトラインに 表 示 されます 2 デフォルトの 演 算 子 ([リスト 内 ])の 横 にある 矢 印 をクリックし 演 算 子 の 一 覧 から クエリ 演 算 子 を 選 択 します 3 クエリフィルタの 右 側 に 表 示 される 矢 印 をクリックし 適 用 するフィルタのタイプ を 選 択 します タイプには [ 定 数 ] [ 一 覧 からの 値 ] [プロンプト] [このクエリ からのオブジェクト] [ 他 のクエリからの 結 果 他 のクエリからの 結 果 ( 任 意 )] [ 他 のクエリからの 結 果 (すべて)]があります 44 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

45 クエリー フィルタを 使 用 したデータのフィルタ 処 理 クエリフィルタの 種 類 4 オプション 定 数 一 覧 からの 値 プロンプト このクエリからのオ ブジェクト 他 のクエリからの 結 果 他 のクエリーから の 結 果 ( 任 意 ) 他 のクエリーから の 結 果 (すべて) 説 明 オブジェクトを 定 数 値 と 比 較 して クエリ 結 果 のフィルタ 処 理 を 行 います オブジェクトを 一 覧 からの 値 と 比 較 して クエリー 結 果 のフィ ルタ 処 理 を 行 います データの 最 新 表 示 時 に ユーザがフィルタ 値 を 入 力 する 必 要 があるフィルタを 作 成 します オブジェクトを 同 じクエリからのオブジェクトによって 返 され た 値 と 比 較 します オブジェクトを 他 のクエリ(フィルタクエリ)からのオブジェクト によって 返 された 値 と 比 較 して クエリ 結 果 のフィルタ 処 理 を 行 います オブジェクトを 他 のクエリー(フィルタ クエリー)からのオブジェ クトによって 返 された 任 意 の 値 と 比 較 して クエリー 結 果 のフィ ルタ 処 理 を 行 います オブジェクトを 他 のクエリー(フィルタ クエリー)からのオブジェ クトによって 返 されたすべての 値 と 比 較 して クエリー 結 果 の フィルタ 処 理 を 行 います 4 フィルタに 含 める 定 数 値 の 一 覧 オブジェクトを 入 力 または 選 択 します 5 フィルタを 削 除 するには フィルタを 選 択 して[ 削 除 ]キーをクリックし [クエリ フィルタ]の 右 上 隅 にある[ 削 除 ]をクリックします すべてのフィルタを 削 除 す るには [クエリフィルタ] 枠 の 右 上 隅 にある[すべて 削 除 ]をクリックします 関 連 項 目 58 ページの プロンプトについて 45 ページの 他 のクエリから 返 された 値 に 関 するクエリのフィルタ 処 理 他 のクエリから 返 された 値 に 関 するクエリのフィルタ 処 理 他 のクエリから 返 される 値 を 使 用 してクエリのフィルタ 処 理 を 行 うことができます たとえ ば クエリ 1 で クエリ 2 の 国 に 対 応 する 国 がある 国 に 関 するすべての 結 果 が 返 され SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 45

46 クエリー フィルタを 使 用 したデータのフィルタ 処 理 4 クエリフィルタの 種 類 るようにするには [クエリ 2].[ 国 ] オブジェクトの 値 を 使 用 して [クエリ 1].[ 国 ] オブジェ クトのフィルタ 処 理 を 実 行 することができます フィルタ 対 象 クエリは リレーショナル (RDBMS) データソースを 基 盤 とするユニバース に 含 まれている 必 要 があります フィルタ 値 を 供 給 するクエリ (フィルタクエリ) は リレー ショナルデータソース OLAP データソース またはローカルデータソースを 基 盤 とす ることができます クエリ 上 にクエリを 構 築 する 場 合 フィルタクエリは 実 行 または 保 存 されるまでフィル タクエリとして 使 用 可 能 なクエリの 一 覧 に 表 示 されません フィルタ 対 象 クエリを 最 新 表 示 しても フィルタクエリは 最 新 表 示 されません クエリフィルタは フィルタクエリによって 返 されるすべての 値 または 任 意 の 値 について フィルタ 処 理 を 実 行 することができます サポートされる 演 算 子 とフィルタモードの 組 み 合 わせについて 以 下 の 表 に 示 します 以 下 の 表 にある 演 算 子 を 選 択 しない 場 合 [ 他 のクエリからの 結 果 ]メニュー 項 目 が 表 示 されません 演 算 子 等 しい (=) 等 しくない ( ) より 大 きい (>) 以 上 ( ) より 大 きい (>) 以 上 ( ) フィルタモー ド 任 意 すべて 任 意 すべて 説 明 フィルタクエリによって 返 されるいずれかの 値 と 等 しい フィルタ 対 象 クエリの 値 が 保 持 されます フィルタクエリによって 返 されるすべての 値 と 異 なるフィ ルタ 対 象 クエリの 値 が 保 持 されます フィルタクエリによって 返 されるいずれかの 値 よりも 大 き い またはそれ 以 上 のフィルタ 対 象 クエリの 値 が 保 持 さ れます つまり フィルタクエリによって 返 される 最 小 値 よりも 大 きい またはそれ 以 上 のフィルタ 対 象 クエリの 値 が 保 持 されます フィルタクエリのすべての 値 よりも 大 きいフィルタ 対 象 ク エリの 値 が 保 持 されます つまり フィルタクエリによって 返 される 最 大 値 よりも 大 きい またはそれ 以 上 のフィルタ 対 象 クエリの 値 が 保 持 されます 46 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

47 クエリー フィルタを 使 用 したデータのフィルタ 処 理 クエリフィルタの 種 類 4 演 算 子 より 小 さい (<) 以 下 ( ) より 小 さい (<) 以 下 ( ) InList Not InList フィルタモー ド 任 意 すべて 任 意 任 意 説 明 フィルタクエリによって 返 される 任 意 の 値 よりも 小 さい またはそれ 以 下 のフィルタ 対 象 クエリの 値 が 保 持 されま す つまり フィルタクエリによって 返 される 最 大 値 よりも 小 さい またはそれ 以 下 のフィルタ 対 象 クエリの 値 が 保 持 されます フィルタクエリによって 返 される 任 意 の 値 よりも 小 さい またはそれ 以 下 のフィルタ 対 象 クエリの 値 が 保 持 されま す つまり フィルタクエリによって 返 される 最 小 値 よりも 小 さい またはそれ 以 下 のフィルタ 対 象 クエリの 値 が 保 持 されます フィルタクエリによって 返 される 値 の 一 覧 内 にあるいず れかの 値 と 等 しいフィルタ 対 象 クエリの 値 が 保 持 されま す フィルタクエリによって 返 される 値 の 一 覧 内 にあるいず れかの 値 と 等 しくないフィルタ 対 象 クエリの 値 が 保 持 さ れます クエリー フィルタとプロンプト 演 算 子 Equal To 演 算 子 ある 値 と 等 しいデータを 取 得 するには Equal To 演 算 子 を 使 用 します たとえば US のデータのみを 返 すには 国 Equal To US フィルタを 作 成 します Not Equal To 演 算 子 ある 値 と 等 しくないデータを 取 得 するには Not Equal To 演 算 子 を 使 用 します SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 47

48 クエリー フィルタを 使 用 したデータのフィルタ 処 理 4 クエリフィルタの 種 類 たとえば US 以 外 のすべての 国 のデータを 返 すには 国 Not Equal To US フィル タを 作 成 します Different From 演 算 子 ある 値 と 異 なるデータを 取 得 するには Different From 演 算 子 を 使 用 します たとえば 第 4 四 半 期 以 外 のすべての 四 半 期 のデータを 取 得 するには [ 四 半 期 ] Different From " 第 4 四 半 期 " フィルタを 作 成 します Greater Than 演 算 子 ある 値 よりも 大 きいデータを 取 得 するには Greater Than 演 算 子 を 使 用 します たとえば 60 を 越 える 年 齢 の 顧 客 のデータを 取 得 するには [ 顧 客 の 年 齢 ] Greater than 60 フィルタを 作 成 します Greater Than Or Equal To 演 算 子 ある 値 以 上 のデータを 取 得 するには Greater Than or Equal To 演 算 子 を 使 用 しま す たとえば 売 上 げが 150 万 ドル 以 上 のデータを 取 得 するには [ 売 上 げ] Greater than or equal to フィルタを 作 成 します Less Than 演 算 子 Less Than 演 算 子 は ある 値 よりも 小 さいデータを 取 得 する 場 合 に 使 用 します たとえば 試 験 結 果 が 40 点 より 低 いデータを 取 得 するには [ 試 験 結 果 ] Less Than 40 フィルタを 作 成 します Less Than Or Equal To 演 算 子 ある 値 以 下 のデータを 取 得 するには Less Than Or Equal To 演 算 子 を 使 用 します たとえば 年 齢 が 30 歳 以 下 の 顧 客 のデータを 取 得 するには [ 年 齢 ] Less Than Or Equal To 30 フィルタを 使 用 します 48 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

49 クエリー フィルタを 使 用 したデータのフィルタ 処 理 クエリフィルタの 種 類 4 Between 演 算 子 2 つの 値 およびその 間 の 値 からデータを 取 得 するには Between 演 算 子 を 使 用 しま す たとえば 第 25 週 から 第 36 週 までの 週 ( 第 25 週 と 第 36 週 を 含 む) のデータを 取 得 するには [ 週 ] Between 25 and 36 フィルタを 作 成 します Not Between 演 算 子 2 つの 値 の 範 囲 に 含 まれないデータを 取 得 するには Not Between 演 算 子 を 使 用 し ます たとえば 第 25 週 から 第 36 週 までの 週 を 除 くすべての 週 ( 第 25 週 と 第 36 週 を 含 ま ない) のデータを 取 得 するには [ 週 ] Not between 25 and 36 フィルタを 作 成 します In List 演 算 子 In List 演 算 子 は 値 の 一 覧 の 値 に 対 応 するデータを 取 得 する 場 合 に 使 用 されます たとえば US UK および Japan のデータのみを 取 得 する 場 合 [ 国 ] In List ("US";"UK";"Japan") フィルタを 作 成 します Not In List 演 算 子 複 数 の 値 に 対 応 しないデータを 取 得 するには Not In List 演 算 子 を 使 用 します たとえば US UK および Japan のデータを 取 得 しない 場 合 [ 国 ] Not In ("US";"UK";"Japan") フィルタ を 作 成 します Matches Pattern 演 算 子 Matches Pattern 演 算 子 を 使 用 して 特 定 の 文 字 列 または 文 字 列 の 一 部 を 含 むデー タを 取 得 します たとえば 1972 年 生 まれの 顧 客 を 取 得 するには フィルタ [DOB] Matches Pattern "72" を 作 成 します SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 49

50 クエリー フィルタを 使 用 したデータのフィルタ 処 理 4 クエリフィルタの 種 類 Different From Pattern 演 算 子 Different From Pattern 演 算 子 を 使 用 して 特 定 の 文 字 列 を 含 まないデータを 取 得 し ます たとえば 1972 年 生 まれではない 顧 客 を 取 得 するには フィルタ [DOB] Different From Pattern '72' を 作 成 します Both 演 算 子 Both 演 算 子 を 使 用 して 2 つの 値 に 対 応 するデータを 取 得 します たとえば 固 定 電 話 と 携 帯 電 話 を 所 持 している 顧 客 を 取 得 するには フィルタ [Account Type] Both ' 固 定 ' And ' 携 帯 ' を 作 成 します Except 演 算 子 Except 演 算 子 を 使 用 して 1 つの 値 に 対 応 し もうひとつの 値 を 含 まないデータを 取 得 します たとえば 固 定 電 話 を 所 持 し 携 帯 電 話 を 所 持 していない 顧 客 を 取 得 するには フィ ルタ [Account Type] ' 固 定 ' Except ' 携 帯 ' を 作 成 します Except 演 算 子 は Different From 演 算 子 や Not In List 演 算 子 よりも 制 限 が 厳 格 で す たとえば 顧 客 を 返 すレポートで フィルタが [Lines] Different From 'アクセサリ' の 場 合 'アクセサリ' 行 に 販 売 済 みアイテムが 含 まれている 販 売 レコードはすべて 除 外 されます 同 じ 顧 客 が 購 入 済 みアクセサリとアクセサリ 以 外 のアイテムを 所 持 してい る 場 合 この 顧 客 はレポートに 表 示 されますが 支 払 い 合 計 にはアクセサリ 以 外 の 販 売 額 のみが 含 まれます フィルタが [Lines] Except 'アクセサリ' の 場 合 レポートにはアクセサリを 購 入 してい ない 顧 客 だけが 含 まれます 関 連 項 目 62 ページの Not In List 演 算 子 60 ページの Different From 演 算 子 50 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

51 クエリー フィルタを 使 用 したデータのフィルタ 処 理 クエリフィルタの 種 類 4 クエリー フィルタの 結 合 AND 演 算 子 と OR 演 算 子 クエリー フィルタまたはレポート フィルタを 結 合 およびネストするには AND 演 算 子 ま たは OR 演 算 子 を 使 用 します フィルタの 結 合 に AND を 使 用 すると Web Intelligence には 演 算 子 でリンクされた 両 方 のフィルタの 基 準 を 満 たすデータだけが 表 示 されます OR を 使 用 すると Web Intelligence では 演 算 子 でリンクされたフィルタのいずれか 1 つの 基 準 を 満 たすデータが 返 されます フィルタを 結 合 およびネストするときに AND と OR 演 算 子 を 両 方 とも 使 用 することが できます たとえば (フィルタ 1 OR フィルタ 2)AND フィルタ 3 という 関 係 では 3 つ のフィルタをリンクできます この 場 合 Web Intelligence では 最 初 にフィルタ 1 または フィルタ 2 の 条 件 でデータが 制 限 され 次 に このデータがフィルタ 3 と 比 較 されて この 条 件 に 対 応 するデータだけが 返 されます クエリフィルタの 結 合 典 型 的 なビジネス 上 の 疑 問 では 複 数 の 基 準 に 一 致 した 情 報 が 要 求 されます たとえ ば 顧 客 サービスデータを 分 析 する 場 合 特 定 の 期 間 に 加 えて 特 定 の 地 域 さらには 特 定 の 顧 客 サービス 契 約 レベルに 限 定 して 顧 客 データを 絞 り 込 むといったことは 珍 し くありません 同 じクエリ 内 でフィルタを 結 合 することで このような 複 数 の 基 準 に 対 応 するデータを 取 得 できます 例 床 面 積 が4,000 平 方 フィートを 超 え 今 年 の 売 上 げが1,500,000 円 以 下 の 店 舗 を 分 析 する この 例 のユーザは 小 売 チェーンの 業 務 管 理 者 です 会 社 が 目 標 として 設 定 した 売 上 げ 高 を 達 成 していない チェーン 内 の 大 型 小 売 店 に 関 する 情 報 を 分 析 しようとし ています これには[ 年 ]ディメンションに 定 義 済 みフィルタを 追 加 し 今 年 の 値 だけを 取 り 出 す よう 指 定 します 次 に[ 店 舗 床 面 積 ]ディメンションに 2 つ 目 のフィルタを 作 成 し 床 面 積 が 4,000 平 方 フィートを 超 える 店 舗 のデータだけを 取 り 出 すよう 指 定 します さ らに[ 売 上 げ]メジャーに 3 つ 目 のフィルタを 作 成 し 売 上 げ 高 が 1,500,000 円 以 下 の 店 舗 のデータだけを 取 り 出 すよう 指 定 します 最 後 に これらの3つのフィルタを And 演 算 子 を 使 って 結 合 します SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成 51

52 クエリー フィルタを 使 用 したデータのフィルタ 処 理 4 クエリフィルタの 種 類 去 年 AND 販 売 床 面 積 以 上 ( )4000 売 上 げ より 小 さい (<)1,500,000 クエリを 実 行 すると 3つの 条 件 をすべて 満 たした 店 舗 のデータだけがレポートに 返 されます クエリフィルタを 結 合 する 1 フィルタを 作 成 し それらを[クエリフィルタ] 枠 に 追 加 します デフォルトでは Web Intelligence はフィルタを AND 演 算 子 で 結 合 します 2 演 算 子 をダブルクリック(Java レポート パネル リッチ クライアント およびクエ リー - HTML の 場 合 ) または 演 算 子 のチェックボックスの 横 にある 矢 印 をク リックして 他 の 演 算 子 を 選 択 し(HTML レポート パネルの 場 合 ) AND と OR を 切 り 替 えます クエリフィルタのネスト クエリフィルタをネストして 同 じレベルにあるフィルタを 結 合 した 場 合 よりも 複 雑 なフィ ルタ 条 件 を 作 成 できます フィルタをネストする 場 合 は Web Intelligence でそれらを 評 価 する 順 序 を 設 定 します たとえば Web Intelligence では OR 関 係 (どちらか 一 方 のフィルタ 条 件 が true かど うか)で 結 合 された 2 つのクエリー フィルタで 指 定 されたデータを 返 し 別 のフィルタ をそれに 適 用 してこのデータをさらに 制 限 できます この 場 合 OR 関 係 の 2 つのフィ ルタがネストされてから AND 関 係 で 他 のフィルタと 比 較 されます これについて 次 の 例 を 使 って 説 明 します 例 Q4 または 売 上 げが を 超 える 日 本 でのすべての 販 売 の 一 覧 表 示 この 質 問 に 回 答 するには 次 のネストしたクエリフィルタを 作 成 します 52 SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を 使 用 したクエリーの 作 成

SAP BusinessObjects Web Intelligence HTML レポート パネルを使用したレポートの構築

SAP BusinessObjects Web Intelligence HTML レポート パネルを使用したレポートの構築 SAP BusinessObjects Web Intelligence HTML レポート パネルを 使 用 したレ ポートの 構 築 SAP BusinessObjects XI 3.1 Service Pack 4 著 作 権 2011 SAP AG. All rights reserved.sap R/3 SAP NetWeaver Duet PartnerEdge ByDesign SAP

More information

SAP BusinessObjects Web Intelligence を使用したオンレポート分析の実行

SAP BusinessObjects Web Intelligence を使用したオンレポート分析の実行 SAP BusinessObjects Web Intelligence を 使 用 したオンレポート 分 析 の 実 行 SAP BusinessObjects XI 3.1 Service Pack 4 著 作 権 2011 SAP AG. All rights reserved.sap R/3 SAP NetWeaver Duet PartnerEdge ByDesign SAP Business

More information

著 作 権 2009 SAP AG. All rights reserved.sap R/3 SAP NetWeaver Duet PartnerEdge ByDesign SAP Business ByDesign および 本 書 に 記 載 されたその 他 のSAP 製 品 サービ ス ならびにそれぞれのロゴは ドイツおよびその 他 の 国 々におけるSAP AGの 商 標 または 登 録 商

More information

Excel 2010 の 使 用 を 開 始 する 長 い 間 Microsoft Excel 2003 を 使 用 していたユーザーが Excel 2010 に 移 行 する と Excel 2003 のコマンドやツール バー ボタンがどこにあるのかわからなくなることがよ くあります そのため ト

Excel 2010 の 使 用 を 開 始 する 長 い 間 Microsoft Excel 2003 を 使 用 していたユーザーが Excel 2010 に 移 行 する と Excel 2003 のコマンドやツール バー ボタンがどこにあるのかわからなくなることがよ くあります そのため ト このガイドの 内 容 Microsoft Excel 2010 の 外 観 は Excel 2003 と 大 きく 異 なるため Excel 2003 のユーザーが 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにこのガイドが 作 られました このガイドを 読 むと 新 しいインターフェイスの 主 な 要 素 について 学 んだり Excel 2010 の 無 償 のトレーニングを 見 つけたり *

More information

Acrobat早分かりガイド

Acrobat早分かりガイド Adobe PDF を 加 工 編 集 する PDF を 再 利 用 する PDF ファイルの Word 文 書 書 き 出 し [ 名 前 を 付 けて 保 存 ] ダイアログが 開 くので ファイルの 書 き 出 し 先 を 指 定 し [ 保 存 ] ボタンをクリックします Acrobat を 使 用 すると Adobe PDF から Word の フォーマットに 書 き 出 してファイルを

More information

Microsoft AccessからOracle Application Expressへの移行の概要

Microsoft AccessからOracle Application Expressへの移行の概要 Microsoft Access から Oracle Application Express への 移 行 の 概 要 Oracle ホワイト ペーパー 2009 年 5 月 Microsoft Access から Oracle Application Express への 移 行 の 概 要 はじめに... 3 Oracle Application Express へ 移 行 する 理 由...

More information

JasperReports Server Ver4.1

JasperReports Server Ver4.1 JasperReports Server Ver4.2 体 験 デモ シナリオ 2012/02/28 第 1 版 ワークブレイン ジャパン 株 式 会 社 はじめに 本 書 は JasperReports Server を 多 くの 方 々に 体 験 頂 けるように ご 用 意 させて 頂 いたデモ 環 境 についての 操 作 手 順 を 記 述 した 資 料 です 分 析 手 法 やビジネスに 必

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.54 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

テキスト 中 の 表 記 について 画 面 中 に 表 示 される 文 字 の 表 記 ウィンドウ ボタン メニューなど 画 面 に 表 示 される 文 字 は[]で 囲 んで 表 記 しています 画 面 上 に 表 示 される 選 択 肢 や 入 力 する 文 字 については で 囲 んで 表 記

テキスト 中 の 表 記 について 画 面 中 に 表 示 される 文 字 の 表 記 ウィンドウ ボタン メニューなど 画 面 に 表 示 される 文 字 は[]で 囲 んで 表 記 しています 画 面 上 に 表 示 される 選 択 肢 や 入 力 する 文 字 については で 囲 んで 表 記 はじめに コース 概 要 と 目 的 本 コースはQlikViewの 開 発 者 の 方 を 対 象 に QlikViewの 製 品 概 要 と 基 本 的 なアプリケーション 開 発 についてご 覧 頂 くコースです QlikViewの 製 品 概 要 データベースからデータを 取 り 込 む 方 法 ユーザーインターフェース( 画 面 )の 作 成 方 法 に ついて 身 に 付 けることを 目

More information

Accessの起動と終了

Accessの起動と終了 データベース Access2010 の 使 い 方 ここでは Microsoft Access2010 を 使 って 関 係 データベースである Access を 学 習 します Ⅰ データベースの 基 礎 データベースの 学 習 に 先 立 って すでに 作 成 してあるデータベースを 各 自 のホルダへコピー しておく 必 要 があります ここではサンプルのデータベースである database

More information

ノートをクラウドで 管 理 する [ 共 有 ] タブについて OneNote を 初 めて 起 動 すると クラウドに 接 続 するように 求 められ そのクラウドに 最 初 のノートブックが 作 成 されます OneNote では Microsoft アカウント (MSN Hotmail Mes

ノートをクラウドで 管 理 する [ 共 有 ] タブについて OneNote を 初 めて 起 動 すると クラウドに 接 続 するように 求 められ そのクラウドに 最 初 のノートブックが 作 成 されます OneNote では Microsoft アカウント (MSN Hotmail Mes クイック スタート ガイド Microsoft OneNote 2013 は レイアウトがこれまでのバージョンから 変 わりました このガイドは 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにそれらの 違 いをまとめたものです タッチとマウスを 切 り 替 える タッチ デバイスで OneNote を 使 う 場 合 クイック アクセス ツール バーにこのスイッチを 追 加 できます リボンの 表

More information

Oracle BI Publisher 11gの新機能

Oracle BI Publisher 11gの新機能 Oracle BI Publisher 11gの 新 機 能 Mike Donohue Director, BI Product Management 以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組

More information

スライド 1

スライド 1 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 登 録 作 業 者 用 Ver. 2 バージョン 改 訂 日 付 改 訂 内 容 Ver. 1 2010/3/15 初 版 Ver. 2 2010/8/9 ファイル 取 り 込 み 時 の 同 一 レコードの 判 定 についての 記 載 を 追 記 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 目 次 1.

More information

はじめに

はじめに 1 第 8 回 データーベース Access1 学 習 内 容 1.データベースの 概 要 2.リレーショナルデータベースの 概 要 3.データベースの 作 成 4.データシートの 操 作 はじめに 第 8 回 では,Accessを 使 ってリレーショナルデータベースの 基 本 的 な 考 え 方 やデーターベース 管 理 システムの 使 い 方 を 学 習 していきます. はじめに 2 データベースソフトにおいて

More information

EMC Documentum Webtop ユーザガイド

EMC Documentum Webtop ユーザガイド EMC Documentum Webtop バージョン 6.5 SP2 ユーザ ガイド P/N 300-010-113 A01 EMC Corporation 本 社 : Hopkinton, MA 01748-9103 1-508-435-1000 www.emc.com Copyright 1994-2009 EMC Corporation.All rights reserved. 2009 年

More information

1 Wacom sign pro PDF のインストール 1. 起 動 したコンピュータに 管 理 者 としてログインし インターネットに 接 続 します 2. 開 いているすべてのアプリケーションを 終 了 します 3. STU-300 をコンピュータの 空 いている USB ポートに 接 続 し

1 Wacom sign pro PDF のインストール 1. 起 動 したコンピュータに 管 理 者 としてログインし インターネットに 接 続 します 2. 開 いているすべてのアプリケーションを 終 了 します 3. STU-300 をコンピュータの 空 いている USB ポートに 接 続 し 手 書 き 電 子 サインセット 簡 単 ご 利 用 マニュアル 株 式 会 社 ワコム 目 次 1 Wacom sign pro PDF のインストール 2 Wacom sign pro PDF の 起 動 と 初 期 設 定 A) Wacom sign pro PDF の 起 動 方 法 B) Wacom sign pro PDF の 初 期 設 定 方 法 1. 署 名 証 明 書 作 成 2.

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.52 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

クイック スタート ガイド PowerPoint 2013 を 開 くと 最 初 にいくつかのオプションが 表 示 され テンプレート テーマ 最 近 使 ったファイル 白 紙 のプレゼンテーションのどれを 使 って 作 業 を 始 めるかを 選 択 できます オンラインのテンプレートやテーマを 探

クイック スタート ガイド PowerPoint 2013 を 開 くと 最 初 にいくつかのオプションが 表 示 され テンプレート テーマ 最 近 使 ったファイル 白 紙 のプレゼンテーションのどれを 使 って 作 業 を 始 めるかを 選 択 できます オンラインのテンプレートやテーマを 探 クイック スタート ガイド Microsoft PowerPoint 2013 は レイアウトがこれまでのバージョンから 変 わりました このガイドは 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにそれらの 違 いをまとめたものです 必 要 な 機 能 を 見 つける リボンのタブをクリックすると そのタブのボタンと コマンドが 表 示 されます コンテキスト タブを 使 う リボンのタブには 必

More information

目 次 1.はじめに 1 1.クライアント 環 境 1 2. 初 期 設 定 1 1.システムログイン 1 3.プロジェクト データの 管 理 4 1.プロジェクトの 新 規 作 成 4 2.ファイルのアップロード 5 3.ファイルのダウンロード 6 4.タスク 8 1.タスクの 設 定 8 2.オ

目 次 1.はじめに 1 1.クライアント 環 境 1 2. 初 期 設 定 1 1.システムログイン 1 3.プロジェクト データの 管 理 4 1.プロジェクトの 新 規 作 成 4 2.ファイルのアップロード 5 3.ファイルのダウンロード 6 4.タスク 8 1.タスクの 設 定 8 2.オ InSite Creative Workflow Version 4.1 操 作 ガイド 目 次 1.はじめに 1 1.クライアント 環 境 1 2. 初 期 設 定 1 1.システムログイン 1 3.プロジェクト データの 管 理 4 1.プロジェクトの 新 規 作 成 4 2.ファイルのアップロード 5 3.ファイルのダウンロード 6 4.タスク 8 1.タスクの 設 定 8 2.オートタスクの

More information

Microsoft Word - CMS操作説明会資料.docx

Microsoft Word - CMS操作説明会資料.docx 平 成 25 年 6 月 24 日 株 式 会 社 ネクストワン 1 今 回 の 操 作 説 明 会 では 次 のようなサンプル 記 事 を 作 成 してみたいと 思 います 2 管 理 画 面 にログインする 1. 九 重 町 役 場 ホームページにアクセスします 2.アドレスバーのホームページ URL の 後 ろに admin と 入 力 します http://www.town.kokonoe.oita.jp/admin/index.php

More information

Microsoft Word - Webメール ユーザーマニュアル0414.doc

Microsoft Word - Webメール ユーザーマニュアル0414.doc 兵 庫 大 学 Web メール ユーザーマニュアル Contents 1. はじめに...4 1.1. Outlook Web Access (Web メール)とは... 4 2. ログオン ログオフ...5 2.1. ログオン... 5 2.2. ログオフ... 7 3. TOP 画 面...8 3.1. TOP 画 面 (Internet Explorer のみ)... 8 3.2. TOP 画

More information

IBM SPSS Statistics for Mac OS のインストール手順 (シングル ユーザー)

IBM SPSS Statistics for Mac OS のインストール手順 (シングル ユーザー) IBMSPSSStatisticsforMacOSの インストール 手 順 (シングル ユー ザー) 以 下 に 示 すのは シングル ユーザー ライセンス を 使 用 した IBM SPSS Statistics バージョン 20 のインストール 手 順 です シングルユーザー ライセンス を 使 用 すると 最 大 2 台 のコンピュータに SPSS Statistics をインストールできま

More information

すべての 文 書 は テンプレートから 作 成 を 開 始 します 空 白 のテンプレートから 開 始 することもできます 完 成 した 文 書 のイメージに 最 も 近 いテンプレートを 見 つけてください Publisher 2013 にはテンプレートが 付 属 しております 1. [ファイル]

すべての 文 書 は テンプレートから 作 成 を 開 始 します 空 白 のテンプレートから 開 始 することもできます 完 成 した 文 書 のイメージに 最 も 近 いテンプレートを 見 つけてください Publisher 2013 にはテンプレートが 付 属 しております 1. [ファイル] Publisher 2013 の 基 本 的 使 い 方 TO_takatsuki Publisher の 向 いている 文 書 枚 数 の 少 ない 文 書 ポスター チラシ グリーティングカード ニュースレター など 記 載 枠 画 像 などの 挿 入 枠 の 大 きさを 固 定 し 文 書 や 画 像 を 配 置 したい 文 書 文 書 を 作 成 する まず テンプレートを 探 し そこから

More information

2 データの 表 示 構 造 を 設 定 するビュー データシートビュー: のアイコンをクリックして 表 示 する データを 設 計 されたモードに 従 って 表 示 する のアイコンをクリックして 表 示 する USB メモリーなど 記 憶 媒 体 を 取 り 出 すことについて データベースソフ

2 データの 表 示 構 造 を 設 定 するビュー データシートビュー: のアイコンをクリックして 表 示 する データを 設 計 されたモードに 従 って 表 示 する のアイコンをクリックして 表 示 する USB メモリーなど 記 憶 媒 体 を 取 り 出 すことについて データベースソフ 1 Access2010 使 用 手 引 書 [0]はじめに 1. データベースとは ある 規 則 によってデータを 集 めて 整 理 したもの コンピュータ 上 で 管 理 するソフトウ エアを データベース 管 理 システム(DBMS)という 2. データ 独 立 プログラムから 分 離 したデータを 考 える これにより 1つのデータを 必 要 に 応 じて いろいろなシステムで 共 同 利

More information

Universe Design Tool SDK オブジェクトモデルダイアグラム

Universe Design Tool SDK オブジェクトモデルダイアグラム Universe Design Tool SDK オブジェクトモデルダイアグラム SAP BusinessObjects Business Intelligence platform 4.1 著 作 権 2013 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved. 本 書 のいかなる 部 分 も SAP AG の 明 示 的 許 可 なしに

More information

コマンド対応表 Excel2013

コマンド対応表 Excel2013 コマンド 対 応 表 (Excel 2003 Excel 2013) Excel 2003のコマンドがExcel 2013のコマンドにどのように 対 応 しているかを 記 載 しています コマンド 対 応 表 (Excel 2003 Excel 2013) ファイル メニュー 新 規 作 成 リボン: ファイル タブ 新 規 開 く リボン: ファイル タブ 開 く コンピューター 参 照 閉 じる

More information

Microsoft Word - Gmailの基本操作.docx

Microsoft Word - Gmailの基本操作.docx Gmail の 基 本 操 作 目 次. Google Apps の Gmail の 基 本 操 作..... メールを 読 む/ 受 信 する...... 受 信 トレイとメールの 表 示...... メールのスレッド..... メールを 作 成 / 送 信 する... 3... メールを 送 信 する 前 に... 3... 新 規 にメールを 作 成 送 信... 4..3. 連 絡 先 からメールを

More information

Microsoft Word - TechSmith Deployment Tool Documentation.docx

Microsoft Word - TechSmith Deployment Tool Documentation.docx TechSmith Deployment Tool マニュアル TechSmith Deployment Tool は Snagit や Camtasia Studio の 組 織 全 体 への 展 開 を 担 当 する Windows IT 管 理 者 のために 設 計 されたツールです このツールのイン ターフェイスを 使 用 することで 効 率 的 かつエラーのない 方 法 で MST ( 変

More information

1-2 PDF ファイルの 編 集 テキストを 追 加 画 像 を 追 加 リンクを 追 加 コメントの 追 加 図 形 標 記 の 追 加 注 釈 の 非 表 示 PDF ページの 処 理 PDF ファイルに 透 かしを 追 加 PDF ファイルの 背 景 の 編 集 ベイツ 番 号 の 編 集

1-2 PDF ファイルの 編 集 テキストを 追 加 画 像 を 追 加 リンクを 追 加 コメントの 追 加 図 形 標 記 の 追 加 注 釈 の 非 表 示 PDF ページの 処 理 PDF ファイルに 透 かしを 追 加 PDF ファイルの 背 景 の 編 集 ベイツ 番 号 の 編 集 スーパーPDF 変 換 編 集 作 成 (Windows 版 ) 製 品 ガイド ご 登 録 に 関 する 注 意 事 項 : 登 録 メールのメールアドや 登 録 コードなどの 情 報 をコピー&ペーストする 際 には スペースがないことをご 確 認 お 願 いいたします ほかご 登 録 時 に 何 かご 問 題 がありましたら 弊 社 サポートセンター http://www.wondershare.jp/ask-a-question.html

More information

ITF Finder ヘルプ

ITF Finder ヘルプ もくじ 1.はじめに 1-1.ITF Finder について 1-2. 動 作 環 境 2.ITF Finder の 起 動 と 終 了 2-1.ITF Finder を 起 動 する 2-2.ITF Finder を 終 了 する 3.ITF Finder の 画 面 概 要 4.ITFファイルを 閲 覧 する 5.ITFファイルを 印 刷 する 6.ITFファイルをメールに 添 付 する 7.NETセキュリティのセキュリティ

More information

情報活用の基礎 2015年度版 PDF ファイルおよびAdobe Reader XI の活用方法

情報活用の基礎 2015年度版 PDF ファイルおよびAdobe Reader XI の活用方法 PDF ファイルおよび Adobe Reader XI の 活 用 方 法 1.PDF (Portable Document Format) とは PDF とは Adobe Systems 社 によって 開 発 された 電 子 文 書 のためのフォーマットです Word Excel PowerPoint その 他 レイアウトソフトなど どんなソフトウェアで 作 成 した 文 書 も PDF 化 することで

More information

Microsoft PowerPoint - webmail_manual-estore_482.ppt

Microsoft PowerPoint - webmail_manual-estore_482.ppt 店 舗 メール 利 用 マニュアル 2013.04 04.08 08 ver.2.3 1 1. 目 次 表 紙... 1 1. 目 次... 2 2.ログイン(PC)... 3 3. 受 信... 4 4.メール 閲 覧,,,,,... 5 5.メール 削 除... 6 6.メール 作 成... 7 7.メール 作 成 ( 添 付 ファイル)... 12 8.メール 返 信... 13 9.フォルダ

More information

一括インストールの実行

一括インストールの実行 CHAPTER 3 この 章 では 複 数 のデスクトップに 一 括 インストールを 実 行 する 方 法 について 説 明 します ここでは 次 の 項 目 を 取 り 上 げます 概 要 (P.3-1) 応 答 ファイルの 作 成 (P.3-2) SCCM を 使 用 した (P.3-4) プラグインのコンフィギュレーション ファイルの 変 更 (P.3-17) 概 要 ユーザ グループ 向 けに

More information

迷惑メールフィルタリングコントロールパネル利用者マニュアル

迷惑メールフィルタリングコントロールパネル利用者マニュアル 迷 惑 メールフィルタリングサービス コントロールパネル 利 用 者 マニュアル( 一 般 ユーザ 向 け) 第 1.6 版 目 次 1. 本 マニュアルについて... 1 2. はじめに... 1 3. 使 用 方 法... 2 3.1. ご 使 用 の 前 に... 2 3.2. ログイン / ログアウト 操 作... 2 3.2.1. ログイン 操 作... 2 3.2.2. ログアウト 操

More information

技術報告会原稿フォーマット

技術報告会原稿フォーマット Web 情 報 共 有 サービス 利 用 マニュアル 1. ファイルの 保 存 ブラウザを 開 き https://webshare.kyokyo-u.ac.jp を 開 く.ログイン 画 面 が 表 示 されるので,ユーザ ID(メールの ID) とパスワードを 入 力 し,ログインボタンをクリックする( 図 2). ログインに 成 功 すると,TOP フォルダの 一 覧 が 表 示 される (

More information

SAP BusinessObjects Query as a Web Service Designer

SAP BusinessObjects Query as a Web Service Designer SAP BusinessObjects Query as a Web Service Designer SAP BusinessObjects Business Intelligence platform 4.0 Support Package 5 著 作 権 2012 SAP AG. All rights reserved.sap R/3 SAP NetWeaver Duet PartnerEdge

More information

fxTradeユーザーズ クイックガイド

fxTradeユーザーズ クイックガイド OANDA Japan fxtrade クイックマニュアル OANDA Japan 株 式 会 社 Ver.130711 目 次 お 取 引 いただくための 準 備 取 引 画 面 のログイン ログアウト 一 時 中 断 ダイレクト 入 金 出 金 マーケットオーダー リーブオーダー 決 済 注 文 の 修 正 変 更 トレールストップの 追 加 通 常 の 決 済 方 法 および 特 殊 な 決

More information

システム設計書

システム設計書 二 松 學 舍 大 学 二 松 メール(Gmail) 利 用 マニュアル バージョン 2.00 発 効 日 改 訂 日 2016 年 04 月 06 日 二 松 学 舎 大 学 情 報 センター i 目 次 1. はじめに...1 2. 二 松 メール(Gmail)ログイン ログアウト 方 法...1 2.1. 二 松 メール(Gmail)ログイン 方 法... 1 2.2. 二 松 メール(Gmail)ログアウト

More information

Administration Guide

Administration Guide Web Portal ユーザー ガイド バージョン 6.0 SP1 2013 Pitney Bowes Software Inc. All rights reserved. 本 ドキュメントには Pitney Bowes Inc. またはその 子 会 社 や 関 連 企 業 が 所 有 する 機 密 情 報 と 独 占 情 報 が 含 ま れます Portrait Software Portrait

More information

表紙

表紙 EasyServlet V2 EsScreenEditorを 利 用 した Webアプリケーション 作 成 株 式 会 社 システムズリサーチ 1.1 EsScreenEditor 概 要 第 1 章 概 要 本 章 では EasyServletの 画 面 作 成 ツールであるEsScreenEditorの 概 要 について 説 明 します EasyServletは 本 来 Excelで 記 述 されたインタフェース

More information

ことばを覚える

ことばを覚える 業 務 部 門 の 担 当 者 による 担 当 者 のための 業 務 アプリケーションの 作 り 方 (その2) 過 去 データの 活 用 が 可 能 な 見 積 り 作 成 ツールの 構 築 コンテキサー 操 作 演 習 コンテキサー チュートリアル(バージョン2.2 用 ) 20121113 コンテキサーのバージョンは 2.2.09 以 降 で 行 ってください 目 次 ステップ1 Excel

More information

はじめに

はじめに 1 第 10 回 データーベース Access3 学 習 内 容 1.データベース 講 義 情 報 の 作 成 1.1 データベース 講 義 情 報 について 1.2 Excelからのデータインポート 2. 選 択 クエリの 作 成 2.1 課 題 1 選 択 クエリの 練 習 1 2.2 課 題 2 選 択 クエリの 練 習 2 3.クロス 集 計 クエリの 作 成 3.1 課 題 3 クロス 集

More information

Oracle BI Answersを利用した分析レポートの作成

Oracle BI Answersを利用した分析レポートの作成 第 1 版 作 成 日 :2007 年 7 月 31 日 更 新 日 :2007 年 7 月 31 日 目 次 はじめに... 3 Ⅰ. 事 前 準 備... 3 Ⅰ-1.ログレベルの 設 定... 3 Ⅰ-2.Oracle BI Server 構 成 ファイルの 編 集... 5 Ⅱ.Answersの 利 用... 6 Ⅱ-1.Answersへのログイン... 6 Ⅱ-2.Answersを 利 用

More information

(Microsoft PowerPoint - \217\211\212\372\220\335\222\350\203}\203j\203\205\203A\203\213_NEW200904.ppt)

(Microsoft PowerPoint - \217\211\212\372\220\335\222\350\203}\203j\203\205\203A\203\213_NEW200904.ppt) Salesforce 初 期 設 定 マニュアル 目 次 1 初 期 設 定 (システム 管 理 者 ) 初 期 設 定 について カスタム 項 目 設 定 入 力 項 目 のカスタマイズ ページレイアウト 入 力 画 面 のレイアント 変 更 データインポート - 顧 客 データの 一 括 インポート ロール 設 定 - 組 織 図 設 定 ユーザ 設 定 - Salesforce 利 用 者 の

More information

2010 FileMaker, Inc. All rights reserved. FileMaker ファイルメーカー 及 びファイルフォルダロゴは 米 国 及 び その 他 の 国 において 登 録 された FileMaker, Inc. の 商 標 です その 他 の 商 標 はすべて それぞ

2010 FileMaker, Inc. All rights reserved. FileMaker ファイルメーカー 及 びファイルフォルダロゴは 米 国 及 び その 他 の 国 において 登 録 された FileMaker, Inc. の 商 標 です その 他 の 商 標 はすべて それぞ 知 っていると 便 利 な FileMaker Pro の 使 い 方 FileMaker Customer Support 2010 FileMaker, Inc. All rights reserved. FileMaker ファイルメーカー 及 びファイルフォルダロゴは 米 国 及 び その 他 の 国 において 登 録 された FileMaker, Inc. の 商 標 です その 他 の

More information

CDM 2.3.0 Installation Guide

CDM 2.3.0 Installation Guide 目 次 ( 一 )CDM LOG-IN 方 法... 2 ( 二 )データベースの 画 面... 3 ( 三 )EXCEL へのダウンロード... 4 (1)データの 選 択... 4 (2)ダウンロード 設 定... 5 (3)データの 更 新... 6 (4)ダウンロード 内 容 の 変 更... 7 ( 四 )チャート... 9 ( 五 )MY SERIES... 11 (1)My Series

More information

サポート技術方法

サポート技術方法 キャッシュと 同 期 の 推 奨 設 定 イントロダクション このドキュメントでは Curl RTE のパフォーマンスを 最 大 限 に 活 用 できるように Curl RTE の 設 定 と Web ブラウザのキャッシュの 特 徴 について 説 明 します この 設 定 を 採 用 することで 正 確 なプログラムの 動 作 を 維 持 しながら Curl アプリケー ションにおいて 最 も 効

More information

学生用_目次

学生用_目次 メーリングリストを 削 除 する 1.メーリングリストの 管 理 画 面 にログインします 2. このメーリングリストを 削 除 する のリンクをクリックします 3.リストのパスワードを 入 力 して [このリストを 削 除 ]をクリックしま す * 一 度 削 除 したメーリングリストは 元 に 戻 せませんので 十 分 注 意 してください 自 分 のためのデータの 保 存 場 所 それが ホームディレクトリ

More information

Microsoft Word - Developer_Tools

Microsoft Word - Developer_Tools Developer Tools : Windows Internet Explorer 8 Beta 1 for Developers Web 作 業 の 操 作 性 を 向 上 2008 年 3 月 詳 細 の 問 い 合 わせ 先 ( 報 道 関 係 者 専 用 ) : Rapid Response Team Waggener Edstrom Worldwide (503) 443 7070 rrt@waggeneredstrom.com

More information

アンリツ 研 修 センター IT 教 室 開 講 のご 案 内 社 内 や 職 場 のデータベース 管 理 に 欠 かせない Access のテクニック! 使 いこなせる 様 になれば 業 務 の 効 率 化 間 違 いなし 人 と 差 がつく 技 術 です Excel ユーザの 皆 さんへ Exc

アンリツ 研 修 センター IT 教 室 開 講 のご 案 内 社 内 や 職 場 のデータベース 管 理 に 欠 かせない Access のテクニック! 使 いこなせる 様 になれば 業 務 の 効 率 化 間 違 いなし 人 と 差 がつく 技 術 です Excel ユーザの 皆 さんへ Exc アンリツ 研 修 センター IT 教 室 開 講 のご 案 内 個 人 /グループ/ 企 業 様 向 けの IT 教 室 です 就 職 転 職 に また 社 内 の 業 務 効 率 アップに 必 ず 役 立 つ Access 専 門 の IT 教 室 です 尚 ご 要 望 により Excel 講 座 も 開 講 致 しますのでお 問 い 合 せ 下 さい IT 教 室 5つの Point Point1

More information

版 数 年 月 日 主 な 改 訂 内 容 1.0 平 成 28 年 3 月 1.1 平 成 28 年 4 月 初 版 発 行 5 調 査 報 告 書 を 作 成 する( 入 力 編 ) 入 力 方 法 コンボボックス(リスト) に 入 力 可 能 文 字 数 の 説 明 を 追 加 入 力 補 助

版 数 年 月 日 主 な 改 訂 内 容 1.0 平 成 28 年 3 月 1.1 平 成 28 年 4 月 初 版 発 行 5 調 査 報 告 書 を 作 成 する( 入 力 編 ) 入 力 方 法 コンボボックス(リスト) に 入 力 可 能 文 字 数 の 説 明 を 追 加 入 力 補 助 調 査 報 告 書 作 成 ソフトマニュアル 不 動 産 登 記 規 則 第 93 条 ただし 書 Vol. 1.1 版 数 年 月 日 主 な 改 訂 内 容 1.0 平 成 28 年 3 月 1.1 平 成 28 年 4 月 初 版 発 行 5 調 査 報 告 書 を 作 成 する( 入 力 編 ) 入 力 方 法 コンボボックス(リスト) に 入 力 可 能 文 字 数 の 説 明 を 追 加

More information

目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項... 11 3 利 用 環 境 の 確 認...

目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項... 11 3 利 用 環 境 の 確 認... 関 西 学 院 大 学 教 育 研 究 システム リモート PC 利 用 マニュアル (Windows 版 ) 2.1 版 2016 年 6 月 1 日 目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項...

More information

問 題 1 次 の 文 章 は Word の 作 業 環 境 および 環 境 の 設 定 変 更 について 述 べたものである にあてはまる 適 切 なものを 解 答 群 { }より 選 び その 記 号 で 答 えよ 設 問 1. は [ウィンドウ]メニューの 表 示 したものである {ア.[ 並

問 題 1 次 の 文 章 は Word の 作 業 環 境 および 環 境 の 設 定 変 更 について 述 べたものである にあてはまる 適 切 なものを 解 答 群 { }より 選 び その 記 号 で 答 えよ 設 問 1. は [ウィンドウ]メニューの 表 示 したものである {ア.[ 並 Microsoft Word 文 書 処 理 技 能 認 定 試 験 1 級 サンプル 問 題 知 識 試 験 制 限 時 間 30 分 受 験 会 場 受 験 番 号 氏 名 問 題 1 次 の 文 章 は Word の 作 業 環 境 および 環 境 の 設 定 変 更 について 述 べたものである にあてはまる 適 切 なものを 解 答 群 { }より 選 び その 記 号 で 答 えよ 設

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CDA8B718AC7979D5F8EE688B590E096BE8F912E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CDA8B718AC7979D5F8EE688B590E096BE8F912E70707478> Ver 1.00 用 目 次 製 品 の 導 入 P.4 製 品 概 要 P.5 試 用 版 の 制 限 ライセンスの 購 入 動 作 環 境 P.6 ファイルの 配 置 起 動 方 法 P.7 ログイン 画 面 ログイン 方 法 P.8 ライセンス 登 録 方 法 P.9 メインメニュー 顧 客 管 理 P.11 [ 顧 客 管 理 ] 顧 客 検 索 CSV 出 力 メール 一 斉 送 信 新

More information

BOLJ/ガイドツアー

BOLJ/ガイドツアー ワ ー ク ス ペ ー ス と は? ワークスペースとは ブリタニカ オンライン ジャパンの 記 事 やマルチ メディアへのリンクを 保 存 しておくことができるパーソナルスペースです ワークスペースは ユーザーごとに 作 成 することができ ユーザーが 付 けたユーザー 名 とパスワードで 管 理 され 検 索 や 閲 覧 を 通 して 収 集 した 記 事 やマルチメディアをワークスペース に

More information

Parallels Remote Application Server

Parallels Remote Application Server Parallels Remote Application Server Chrome 用 Parallels Client ユーザーガイド v15 Copyright 1999-2016 Parallels IP Holdings GmbH and its affiliates.all rights reserved. Parallels IP Holdings GmbH Vordergasse 59

More information

品 名 が 表 示 されている サイズが 発 注 できるサイズ です これ 以 外 のサイズをご 利 用 される 場 合 は 弊 社 セール スまでご 連 絡 ください F-LinkNEO の 注 文 画 面 の 初 期 設 定 サイズを 変 更 する 場 合 は サイズの チャンネル(CH) 番

品 名 が 表 示 されている サイズが 発 注 できるサイズ です これ 以 外 のサイズをご 利 用 される 場 合 は 弊 社 セール スまでご 連 絡 ください F-LinkNEO の 注 文 画 面 の 初 期 設 定 サイズを 変 更 する 場 合 は サイズの チャンネル(CH) 番 F-LinkNEO 操 作 マニュアル Ver 9.500 管 理 画 面 の 設 定 問 題 なくインストールが 完 了 した 場 合 右 のような 画 面 が 表 示 されます メインメニューの 管 理 画 面 をクリックすると 各 種 設 定 メニューが 表 示 されます 設 定 が 完 了 したら 必 ず 一 度 プログラムを 終 了 してください 1 サーバー 接 続 設 定 最 初 にサーバー

More information

沖縄科学技術研究基盤整備機構

沖縄科学技術研究基盤整備機構 第 3 章 Microsoft Outlook 利 用 マニュアル ( 利 用 者 向 け)/Windows 版 第 1.2 版 作 成 日 :2011/10/21 株 式 会 社 オーシーシー. 更 新 履 歴 日 付 版 更 新 内 容 2011/05/31 1.0 初 版 の 作 成 2011/10/14 1.1 文 言 修 正 by 尾 崎 @OIST 2011/10/21 1.2 文 言

More information

サイオスマニュアル

サイオスマニュアル 広 島 修 道 大 学 御 中 Gmail 利 用 マニュアル 第.0.0 版 0 年 08 月 0 日 サイオステクノロジー 株 式 会 社 目 次. はじめに..... GoogleApps 対 応 ブラウザ...... Gmail 対 応 状 況 の 最 新 情 報.... Google Apps の Gmail へのアクセス..... Google Apps の Gmail へのログイン 方

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし 情 報 分 析 演 習 (2010) Access 第 1 回 はじめに データベースソフトにおいて 世 界 市 場 のトップシェアを 占 め るORACLE 社 に データは21 世 紀 最 大 の 資 源 である という 宣 伝 コピーがあった この 言 葉 に 象 徴 されるように 現 代 の 企 業 が 抱 えるデータの 重 要 性 はますます 増 大 し 扱 うデータ 量 は 増 加 の

More information

2007 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する

2007 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する Microsoft Office Visio 2007 自 習 書 データリンク 2007 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する 市 場 に 対 応

More information

~ 目 次 ~ 1. 概 要... 2 1. ChattyBooksとChattyBook... 2 2. ユーザーのニーズに 応 じたカスタマイズ 機 能... 2 2. 動 作 環 境 インストール... 3 1. プログラムの 入 手 とインストール... 3 2. ChattyBookの 動

~ 目 次 ~ 1. 概 要... 2 1. ChattyBooksとChattyBook... 2 2. ユーザーのニーズに 応 じたカスタマイズ 機 能... 2 2. 動 作 環 境 インストール... 3 1. プログラムの 入 手 とインストール... 3 2. ChattyBookの 動 新 しいマルチメディアDAISY EPUB3 プレイヤー ChattyBooks 説 明 書 認 定 NPO 法 人 サイエンス アクセシビリティ ネット 2016/1/28 ~ 目 次 ~ 1. 概 要... 2 1. ChattyBooksとChattyBook... 2 2. ユーザーのニーズに 応 じたカスタマイズ 機 能... 2 2. 動 作 環 境 インストール... 3 1. プログラムの

More information

EMC Documentum CenterStage ユーザガイド

EMC Documentum CenterStage ユーザガイド EMC Documentum CenterStage 1.0 SP1 ユーザ ガイド 300-010-256 A02 EMC Corporation 本 社 : Hopkinton, MA 01748-9103 1-508-435-1000 www.emc.com Copyright 2009 EMC Corporation. All rights reserved. 2009 年 12 月 発 行

More information

内 容 @fukuoka-u.ac.jp へアクセスする... 1 A.fu ポータルからアクセスする 方 法... 1 B. 総 合 情 報 処 理 センターの Web サイトからアクセスする 方 法... 1 C.URL を 直 接 入 力 してアクセスする 方 法... 1 @fukuoka-

内 容 @fukuoka-u.ac.jp へアクセスする... 1 A.fu ポータルからアクセスする 方 法... 1 B. 総 合 情 報 処 理 センターの Web サイトからアクセスする 方 法... 1 C.URL を 直 接 入 力 してアクセスする 方 法... 1 @fukuoka- 教 職 員 用 メール マニュアル 2013/07/01 総 合 情 報 処 理 センター 内 容 @fukuoka-u.ac.jp へアクセスする... 1 A.fu ポータルからアクセスする 方 法... 1 B. 総 合 情 報 処 理 センターの Web サイトからアクセスする 方 法... 1 C.URL を 直 接 入 力 してアクセスする 方 法... 1 @fukuoka-u.ac.jp

More information

Gmail 利用者向け      操作マニュアル

Gmail 利用者向け      操作マニュアル Gmail 利 用 者 向 け 操 作 マニュアル 宮 崎 大 学 医 学 部 2013 目 次 1.はじめに... 1 1.1 Gmail のすべての 機 能 を 利 用 できるブラウザ... 1 1.2 Gmail の 対 応 最 新 情 報... 1 1.3 本 手 順 について... 1 2. Google Apps の Gmail へのアクセス... 2 2.1 Google Apps の

More information

第 2 章 開 発 と 運 用 の 効 率 化 6 Q. 例 題 3 で 本 番 用 のパスを 設 定 しないとどうなりますか A. 実 行 ボタンのプロパティ 設 定 時 に 本 番 用 プロジェクトのプロシジャが 参 照 できません 7 Q. 例 題 3 の 最 後 にパスを 削 除 する 手

第 2 章 開 発 と 運 用 の 効 率 化 6 Q. 例 題 3 で 本 番 用 のパスを 設 定 しないとどうなりますか A. 実 行 ボタンのプロパティ 設 定 時 に 本 番 用 プロジェクトのプロシジャが 参 照 できません 7 Q. 例 題 3 の 最 後 にパスを 削 除 する 手 WebFOCUS 管 理 者 コース ~ 研 修 受 講 後 のスキルアップサポート~ 対 応 バージョン:WebFOCUS 8.0.01 本 資 料 は アシスト WebFOCUS 研 修 をご 受 講 いただいたお 客 様 からのご 質 問 や 研 修 ではご 案 内 できなかった 情 報 などを FAQ にまとめたものです 研 修 受 講 後 のスキルアップの 一 助 として 是 非 お 役

More information

Acrobat 8 早分かりガイド

Acrobat 8 早分かりガイド Acrobat の 基 本 操 と PDF 成 Acrobat 操 ガイド Acrobat 操 ガイドではじめる Acrobat を 起 動 するとまず Acorbat 操 ガイドが 表 示 されます PDF の 成 ファイルの 結 合 セキュリティ など Acorbat の 主 要 な 機 能 はここから 開 始 することが 出 来 ま すので 操 に 迷 うことはありません Acrobat 8

More information

Microsoft Word - 学生向け取扱説明書1.0_簡易版_20121011.docx

Microsoft Word - 学生向け取扱説明書1.0_簡易版_20121011.docx 学 校 法 人 関 西 大 学 ODLE システム 運 用 編 学 生 向 け 取 扱 説 明 書 ( 簡 易 版 ) 平 成 24 年 10 月 11 日 1.0 版 改 訂 履 歴 版 数 章 番 号 区 分 改 訂 内 容 改 定 日 1.0 初 版 2012/10/11 目 次 1. ODECS システムと ODLE システムとの 違 い...... 1 2. 新 機 能 について.........

More information

2 / 18 Shift + 任 意 の 方 向 キー ウィンドウ 内 またはデスクトップ 上 の 複 数 の 項 目 を 選 択 する またはドキュメント 内 のテキストを 選 択 する Ctrl + 任 意 の 方 向 キー + Space ウィンドウ 内 またはデスクトップ 上 の 複 数 の

2 / 18 Shift + 任 意 の 方 向 キー ウィンドウ 内 またはデスクトップ 上 の 複 数 の 項 目 を 選 択 する またはドキュメント 内 のテキストを 選 択 する Ctrl + 任 意 の 方 向 キー + Space ウィンドウ 内 またはデスクトップ 上 の 複 数 の 1 / 18 Windows7 コンピュータの 簡 単 操 作 のショートカットキー 右 Shift (8 秒 間 ) フィルター キー 機 能 をオンまたはオフにする 左 Alt + 左 Shift + PrintScreen ハイ コントラストをオンまたはオフにする 左 Alt + 左 Shift + NumLock マウス キー 機 能 をオンまたはオフにする Shift (5 回 ) 固 定

More information

Mindjet 11 for Windows ユーザー ガイド

Mindjet 11 for Windows ユーザー ガイド Mindjet 11 for Windows ユーザー ガイド Version 11.1 1994-2012 Mindjet 目 次 はじめに... 1 Mindjet for Windows の 新 機 能... 2 拡 張 されたトピック プロパティ ( 旧 称 はカスタムプロパティ)... 2 トピック プロパティの 計 算... 3 オンラインの 仕 事 管 理... 4 SharePoint

More information

SCTM12.0_Product Release Notice_V1

SCTM12.0_Product Release Notice_V1 製 品 リリース 案 内 製 品 名 : SilkCentral Test Manager 12.0 出 荷 開 始 日 : 2012 年 4 月 16 日 1. はじめに マイクロフォーカスは テスト 管 理 ツールの 新 バージョンである SilkCentral Test Manager 12.0 をリリー スいたします 2. システム 要 件 SilkCentral Test Manger 12.0

More information

Web Publisher プラグイン Web Publisher プラグインにより BPMN プロセス モデル を HTML Web として 発 行 することができます エクス ポートされた Web は クリックしてサブプロセスにド リルダウンできます Web Publisher プラグインについ

Web Publisher プラグイン Web Publisher プラグインにより BPMN プロセス モデル を HTML Web として 発 行 することができます エクス ポートされた Web は クリックしてサブプロセスにド リルダウンできます Web Publisher プラグインについ ActiveModeler Avantage プロセス モデル Web パブリッシング ユーザー ガイド 2008 KAISHA-Tec Co. Ltd. Japan 5-17-8 Inokashira, Mitaka-shi, Tokyo, 181-0001 JAPAN Document Revision: 1.131 Date: 05/26/2008 Time: 10:51:35 AM ActiveModeler

More information

Microsoft Word - 311Tools_END

Microsoft Word - 311Tools_END 11.1 テキストエディター(TeraPad) 第 11 章 さらに 使 いこなすためのツール Windows の 標 準 で 搭 載 されているテキストエディターのメモ 帳 Word などに 比 べて メモ 帳 は 軽 く ちょっとした 文 章 を 書 くのに 非 常 に 便 利 です しかし メモ 帳 は 軽 いだけに 機 能 性 はそれほど 高 くありません この 章 で 紹 介 する TeraPad

More information

プロセスフロー図(PFD)作成アドイン マニュアル

プロセスフロー図(PFD)作成アドイン マニュアル プロセスフロー 図 (PFD) 作 成 アドインマニュアル バージョン 5.2 (2016 年 1 月 版 ) このアドインは UML モデリングツール Enterprise Architect の 機 能 を 拡 張 し Enterprise Architect でプロセ スフロー 図 (PFD)を 作 成 するためのアドインです PFD についての 概 要 や 書 き 方 については 以 下 のページ(および

More information

Excel basics

Excel basics Excel 入 門 Excel は 表 計 算 およびデータ 分 析 のための 効 果 的 なアプリケーションです 最 も 効 果 的 に 使 用 するためには 最 初 にその 基 礎 を 理 解 する 必 要 があります このチュートリ アルでは すべてのブックで 使 用 する 作 業 と 機 能 をいくつか 紹 介 します 開 始 する 前 に... 1 1. 新 しい 空 白 のブックを 作

More information

EMC Documentum Web Publisher ユーザガイド

EMC Documentum Web Publisher ユーザガイド EMC Documentum Web Publisher 6.5 SP2 ユーザ ガイド P/N 300-010-104 A01 EMC Corporation 本 社 : Hopkinton, MA 01748-9103 1-508-435-1000 www.emc.com Copyright 1994-2009 EMC Corporation.All rights reserved. 2009

More information

1 利 用 環 境 1.1 ご 自 宅 等 で 大 阪 市 立 図 書 館 ホームページ 電 子 書 籍 サービス ページからご 利 用 ください インターネット 接 続 されたパソコン Webブラウザ Adobe Reader が 必 要 です 大 阪 市 立 図 書 館 の 図 書 館 カード

1 利 用 環 境 1.1 ご 自 宅 等 で 大 阪 市 立 図 書 館 ホームページ 電 子 書 籍 サービス ページからご 利 用 ください インターネット 接 続 されたパソコン Webブラウザ Adobe Reader が 必 要 です 大 阪 市 立 図 書 館 の 図 書 館 カード 大 阪 市 立 図 書 館 電 子 書 籍 サービス 利 用 マニュアル 大 阪 市 立 図 書 館 の 電 子 書 籍 サービスでは 学 術 書 専 門 書 を 中 心 とした 図 書 館 向 けの 電 子 書 籍 サービス ebook Collection (EBSCOhost) を 利 用 して 電 子 書 籍 をご 提 供 しています 利 用 料 金 はかかりません 1 利 用 環 境 1.1

More information

2008 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する

2008 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する Microsoft Office Visio 2007 自 習 書 ネットワーク 図 でデータ 連 携 第 二 版 (2009 年 7 月 10 日 更 新 ) 2008 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです

More information

はじめに 本 資 料 のご 対 象 者 SkyVisualEditorの 担 当 になったがどこから 手 をつけて 良 いかわからないご 担 当 者 様 SkyVisualEditorをこれから 検 討 してみたいご 担 当 者 様 向 けの 基 礎 的 な 内 容 です 本 セミナーのゴール Sk

はじめに 本 資 料 のご 対 象 者 SkyVisualEditorの 担 当 になったがどこから 手 をつけて 良 いかわからないご 担 当 者 様 SkyVisualEditorをこれから 検 討 してみたいご 担 当 者 様 向 けの 基 礎 的 な 内 容 です 本 セミナーのゴール Sk SkyVisualEditorスタートアップガイド 2015 Terrasky Co., Ltd. All Rights Reserved. はじめに 本 資 料 のご 対 象 者 SkyVisualEditorの 担 当 になったがどこから 手 をつけて 良 いかわからないご 担 当 者 様 SkyVisualEditorをこれから 検 討 してみたいご 担 当 者 様 向 けの 基 礎 的 な

More information

目 次 1 ログインする 1 2 研 修 情 報 を 登 録 する 2 step1 登 録 フォームに 入 力 する 2 step2 プレビューで 入 力 内 容 を 確 認 する 18 step3 下 書 き 保 存 する 20 step4 登 録 する 21 step5 管 理 者 による 承

目 次 1 ログインする 1 2 研 修 情 報 を 登 録 する 2 step1 登 録 フォームに 入 力 する 2 step2 プレビューで 入 力 内 容 を 確 認 する 18 step3 下 書 き 保 存 する 20 step4 登 録 する 21 step5 管 理 者 による 承 京 都 市 社 会 福 祉 研 修 情 報 システム 京 福 祉 の 研 修 情 報 ネット 操 作 マニュアル - 主 催 者 編 - 第 1.3 版 2016 年 5 月 16 日 目 次 1 ログインする 1 2 研 修 情 報 を 登 録 する 2 step1 登 録 フォームに 入 力 する 2 step2 プレビューで 入 力 内 容 を 確 認 する 18 step3 下 書 き 保

More information

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 目 次 2 目 次 第 1 章 : 製 品 を 使 用 するには...3 1.1 インストールした 後 に...4 1.1.1 ライセンスの 管 理...4 1.1.2 本 製 品 を 起 動 する...4 1.2 コンピュータの 保 護 状 況 を 確 認 するには...4 1.2.1 全 体 の 保 護 ステータスを 表 示 する...4

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 25 年 4 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

目 次 第 1 章 QlikViewの 基 礎 1.1 QlikView 概 要...1-1 1.1.1 ビジネスインテリジェンス(BI)とQlikView...1-1 1.1.2 QlikView Personal Edition...1-2 1.1.3 QlikViewのアプリケーション...1

目 次 第 1 章 QlikViewの 基 礎 1.1 QlikView 概 要...1-1 1.1.1 ビジネスインテリジェンス(BI)とQlikView...1-1 1.1.2 QlikView Personal Edition...1-2 1.1.3 QlikViewのアプリケーション...1 はじめに コース 概 要 と 目 的 本 コースはQlikViewをご 利 用 中 またはご 利 用 をご 検 討 中 のすべての 方 を 対 象 に QlikViewでのデータの 分 析 に ついてご 覧 いただくコースです システム 部 門 の 方 だけでなく QlikView Personal Editionを 個 人 でお 使 いの 方 や QlikViewのご 利 用 をご 検 討 中 の

More information

SOX 点 検 [ 表 示 ]メニューから [SOX 点 検 ]を 選 択 すると [SOX 点 検 ]ダイアログが 表 示 されま す 注 : コンピュータに SOX プラグインがインストールされていない 場 合 は このメニュ ーは 表 示 されません Figure 1. SOX 点 検 ダイア

SOX 点 検 [ 表 示 ]メニューから [SOX 点 検 ]を 選 択 すると [SOX 点 検 ]ダイアログが 表 示 されま す 注 : コンピュータに SOX プラグインがインストールされていない 場 合 は このメニュ ーは 表 示 されません Figure 1. SOX 点 検 ダイア SOX (Sarbanes-Oxley) プラグイン SOX プラグインは 点 検 画 面 定 義 エディタのセット そして コンプ ライアンス レポートを Microsoft Excel に 出 力 するレポート 作 成 から 成 っています 点 検 画 面 を 使 用 して SOX 情 報 を プロセスモデルへ 追 加 編 集 でき ます ダイアグラム エディタ またはワー クスペース ナビゲータで

More information

目 次 1. Internet Explorer の 設 定 3 2. NetISMS ナビゲータへのログイン 15 3. ActiveX コントロールのインストール 17 4. Internet Explorer 以 外 の 設 定 18 1

目 次 1. Internet Explorer の 設 定 3 2. NetISMS ナビゲータへのログイン 15 3. ActiveX コントロールのインストール 17 4. Internet Explorer 以 外 の 設 定 18 1 NetISMS システム 端 末 設 定 ガイド 注 意 事 項 各 社 各 部 門 等 でのセキュリティ 上 の 規 定 と 相 反 する 場 合 があります 必 ずご 自 身 の 使 用 する PC 端 末 のセキュリティ 管 理 者 等 にご 確 認 願 います 第 4.0 版 2016 年 7 月 1 日 目 次 1. Internet Explorer の 設 定 3 2. NetISMS

More information

A

A A. ツールボタン の 使 い 方 下 の 図 は NetCommons の 共 通 エディタで 表 示 されるツールボタンの 一 覧 です 書 式 設 定 左 からフォント サイズ スタイルを 設 定 するためのプルダウンメニューです 効 果 をつけたい 箇 所 の 先 頭 でク リックするか 効 果 をつけたい 箇 所 をカーソルで 選 択 してボタンをクリックします 文 字 効 果 左 から

More information

スライド 1

スライド 1 SkyVisualEditorオンラインセミナー ~ 第 5 回 基 本 編 ~ Salesforceで 見 積 作 成 画 面 を 作 成 しよう 2014 年 9 月 16 日 ( 火 ) はじめに 本 セミナーの 目 的 SkyVisualEditorの 機 能 および 設 定 方 法 の 紹 介 を 目 的 としています 本 日 のセミナーのご 対 象 者 Salesforceで 見 積 画

More information

IBM SPSS Statistics for Mac OS のインストール手順 (シングル ユーザー)

IBM SPSS Statistics for Mac OS のインストール手順 (シングル ユーザー) IBM SPSS Statistics for Mac OS の インストール 手 順 (シングル ユー ザー) 以 下 に 示 すのは シングル ユーザー ライセンス を 使 用 した IBM SPSS Statistics バージョン 19 のインストール 手 順 です シングルユーザー ライセンスを 使 用 すると 最 大 2 台 のコンピュータに SPSS Statistics をインストールできます

More information

SAP BusinessObjects Xcelsius 2008 Service Pack 3 リリース ノート

SAP BusinessObjects Xcelsius 2008 Service Pack 3 リリース ノート SAP BusinessObjects Xcelsius 2008 Service Pack 3 リリース ノート 著 作 権 2010 SAP AG. All rights reserved.sap R/3 SAP NetWeaver Duet PartnerEdge ByDesign SAP Business ByDesign および 本 書 に 記 載 されたその 他 のSAP 製 品 サービス

More information

目 次 1.ログイン 方 法 P2 2.ログアウト 方 法 P3 3. 基 本 設 定 変 更 サイトネーム スローガンの 設 定 P10~11 カラーバリエーションの 選 択 P12 メニュースタイル 色 の 設 定 P12 4.トップページの 画 像 編 集 画 像 の 変 更 P13~14 T

目 次 1.ログイン 方 法 P2 2.ログアウト 方 法 P3 3. 基 本 設 定 変 更 サイトネーム スローガンの 設 定 P10~11 カラーバリエーションの 選 択 P12 メニュースタイル 色 の 設 定 P12 4.トップページの 画 像 編 集 画 像 の 変 更 P13~14 T ホームページングサービス G o o d P a g e E a s y GoodPageASPシリーズ 操 作 マニュアル 基 本 操 作 編 (EASY+のメニュー 操 作 については メニュー 操 作 編 をご 覧 下 さい) ASPシリーズ(SUPERLITE EASY EASY+)の 基 本 操 作 手 順 は 共 通 ですが マニュアルではGoodPageEASYの 画 面 で 説 明

More information

(Microsoft Word - SharePoint\227\230\227p\203K\203C\203h.doc)

(Microsoft Word - SharePoint\227\230\227p\203K\203C\203h.doc) Windows コラボレーションホスティング SharePoint 利 用 ガイド - 目 次 - チーム サイトの 作 成...2 アクセス 権 の 設 定...5 基 本 的 なコンテンツ...9 基 本 的 なページ テンプレートの 一 覧...9 コンテンツの 追 加...9 コンテンツの 利 用... 16 ディスカッション 掲 示 板 でコンテンツの 機 能 を 確 認 する... 16

More information

Polycom RealPresence Content Sharing Suite クイックユーザガイド 1.2

Polycom RealPresence Content Sharing Suite クイックユーザガイド 1.2 Polycom RealPresence Content Sharing Suite クイックユーザガイド バージョン 1.2 3725-69873-001 Rev.A 2013 年 11 月 このガイドでは Polycom RealPresence Content Sharing Suite (CSS) が 導 入 されている 場 合 に コ ンテンツを 共 有 および 閲 覧 する 方 法 についてご

More information

サイオスマニュアル

サイオスマニュアル Gmail 利 用 者 向 け 操 作 マニュアル 2013/11/7 版 目 次 1. Google Apps の Gmail へのアクセス... 1 1.1. Google Apps の Gmail へのログイン 方 法... 1 2. Google Apps の Gmail の 基 本 操 作... 2 2.1. メールを 読 む/ 受 信 する... 2 2.1.1. 受 信 トレイとメールの

More information

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル CloudDisk 操 作 マニュアル ver.2.3 PC クライアント 版 株 式 会 社 目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイルの 一

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Excel Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Excel Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 XBRL から CSV への 変 換 ツール 操 作 ガイド 平 成 25 年 8 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Excel Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその

More information

Ver2.2.0 新機能ガイド

Ver2.2.0 新機能ガイド アプリケーション 新 機 能 ガイド ~Version 2.9.0~ 1 目 次 1 はじめに... 3 2 新 機 能... 3 3 機 能 紹 介 フォトレポート... 4 3.1 売 場 ノート フォトレポート の PC 画 面 対 応 #902... 4 4 機 能 紹 介 お 知 らせ... 18 4.1 店 舗 スタッフ 回 答 の 店 長 閲 覧 不 可 オプション 追 加 #916...

More information

スライド 1

スライド 1 ログイン 登 録 確 認 編 集 Copyright(C)2013 Agilecore Co.,Ltd.All right reserved. 1 ログイン Copyright(C)2013 Agilecore Co.,Ltd.All right reserved. 2 1 パソコンのWEBブラウザから 下 記 URLに 接 続 してください https://www.kintai-ebisu.com/koara-series/

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 28 年 3 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

図 2 エクスポートによるシェープファイルの 新 規 保 存 新 規 保 存 するファイルは,より 分 かりやすい 名 前 をつけて 適 切 なフォルダ(shape フォル ダにまとめておくのがよい) 上 に 保 存 しておく 2 / 10

図 2 エクスポートによるシェープファイルの 新 規 保 存 新 規 保 存 するファイルは,より 分 かりやすい 名 前 をつけて 適 切 なフォルダ(shape フォル ダにまとめておくのがよい) 上 に 保 存 しておく 2 / 10 外 部 データとのやりとり レイヤのエクスポートによるシェープファイルの 作 成 金 沢 区 を 題 材 とした 操 作 練 習 では,すでにマップ 上 に 表 示 されているレイヤを 複 製 する ことで, 同 一 のシェープファイルを, 一 方 は 階 級 区 分 図 に 用 い, 他 方 はチャート 表 示 に 用 いてオーバーレイ 表 現 できることを 体 験 した 同 様 の 操 作 は,

More information

ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル

ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル B5FW-0341-01 Z0 目 次 マニュアルの 表 記... 3 1.ワンタッチプライバシーへようこそ... 4.ワンタッチプライバシーを 使 うための 準 備... 5-1. 初 回 起 動 時 の 設 定... 5 -. 起 動 時 のパスワード 入 力... 8 3.データを 登 録 する... 9 3-1. データを 登 録 するうえでの

More information