目 次 はじめに 事 業 概 要 事 業 目 的 事 業 内 容 位 置 情 報 を 利 用 した 各 種 サービスごとに 求 められる 精 度 信 頼 性 のセキ ュリティ 要 件 の 整 理

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 はじめに... 1 1. 事 業 概 要... 6 1.1. 事 業 目 的... 6 1.2. 事 業 内 容... 9 1.2.1. 位 置 情 報 を 利 用 した 各 種 サービスごとに 求 められる 精 度 信 頼 性 のセキ ュリティ 要 件 の 整 理... 9 1.2.2. "

Transcription

1 平 成 24 年 度 情 報 セキュリティ 対 策 推 進 事 業 ( 位 置 情 報 の 精 度 信 頼 性 に 関 する 調 査 事 業 ) 調 査 報 告 書 平 成 25 年 3 月 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会

2 目 次 はじめに 事 業 概 要 事 業 目 的 事 業 内 容 位 置 情 報 を 利 用 した 各 種 サービスごとに 求 められる 精 度 信 頼 性 のセキ ュリティ 要 件 の 整 理 評 価 指 標 の 普 及 及 び 国 際 標 準 化 に 向 けた 課 題 整 理 とアクションプランの 検 討 人 位 置 時 間 の 認 証 によるモデルの 設 計 検 証 検 討 会 の 設 置 実 施 体 制 事 業 の 詳 細 位 置 情 報 を 利 用 した 各 種 サービスごとに 求 められる 精 度 信 頼 性 のセキュリテ ィ 要 件 の 整 理 位 置 情 報 サービスの 類 型 化 と 要 件 整 理 位 置 情 報 サービス 端 末 の 実 測 調 査 セキュリティ 要 件 の 取 りまとめ 位 置 情 報 の 品 質 基 準 と 評 価 指 標 の 作 成 位 置 情 報 サービス 事 業 者 向 け 手 引 書 の 作 成 評 価 指 標 の 普 及 及 び 国 際 標 準 化 に 向 けた 課 題 整 理 とアクションプランの 検 討 評 価 指 標 の 普 及 に 向 けた 課 題 整 理 国 際 標 準 化 に 向 けた 課 題 整 理 具 体 的 なアクションプランの 検 討 人 位 置 時 間 の 認 証 によるモデルの 設 計 検 証 モデルの 内 容 モデルの 検 証 モデル 検 証 実 証 実 験 概 要 モデル 検 証 実 証 実 験 結 果 モデル 設 計 実 証 総 括 総 括 位 置 情 報 を 利 用 した 各 種 サービスごとに 求 められる 精 度 信 頼 性 のセキュリテ ィ 要 件 の 整 理 評 価 指 標 の 普 及 及 び 国 際 標 準 化 に 向 けた 課 題 整 理 とアクションプランの 検 討 100 i

3 3.3. 人 位 置 時 間 の 認 証 によるモデルの 設 計 検 証 今 後 に 向 けた 課 題 巻 末 資 料 ii

4 はじめに 事 業 の 背 景 我 が 国 では 国 民 生 活 の 向 上 と 産 業 の 発 展 への 貢 献 を 目 的 の 一 つとして 地 理 空 間 情 報 活 用 推 進 基 本 法 ( 平 成 19 年 5 月 30 日 法 律 第 63 号 )が 制 定 された ここでは 地 理 空 間 情 報 に 係 る 施 策 の 相 乗 効 果 を 求 めるだけでなく 信 頼 性 の 高 い 衛 星 測 位 サ ービスを 安 定 的 に 享 受 できる 環 境 の 確 保 も 目 的 とされている また それに 基 づく 地 理 空 間 情 報 活 用 推 進 基 本 計 画 ( 平 成 24 年 3 月 27 日 閣 議 決 定 )では 屋 外 屋 内 の 測 位 環 境 を 充 実 させることによってサービスの 高 度 化 や 新 サービスの 創 出 を 目 指 してい る また 経 済 産 業 省 は 経 済 産 業 省 地 理 空 間 情 報 サービス 産 業 の 将 来 ビジョン ( 平 成 20 年 9 月 )において それらの 環 境 が 整 備 されることによって 10 兆 円 規 模 の 市 場 試 算 を 行 っており 産 業 界 もそのようなトレンドにのって 様 々なサービスを 作 り 上 げてきた 表 1 地 理 空 間 情 報 サービス 産 業 最 近 では スマートフォンの 普 及 によって 位 置 情 報 を 取 得 してサービスを 行 うもの も 増 えてきており 最 近 では 位 置 情 報 をスタンプとして 用 いることで 高 度 なセキュリテ ィを 実 現 することなどが 試 みられようとしている しかし それらの 推 進 には いくつかの 課 題 がある 具 体 的 には 1

5 1) 屋 外 の 測 位 については GPS(Global Positioning System)の 測 位 情 報 に 差 異 があり それを 担 保 したサービスができない 2) 屋 内 の 測 位 については 屋 内 GPS 無 線 LAN 可 視 光 など 様 々な 方 法 があ り 提 供 される 測 位 データについて 精 度 基 準 がないため それを 担 保 した サービスができない などがあげられる 上 記 1)については 一 般 的 に GPS(Global Positioning System)は 米 国 による 衛 星 測 位 システムであり 2000 年 から 一 般 利 用 ができるようになり 日 本 においても 様 々な 分 野 で 使 用 されている しかし GPS は 本 来 米 軍 の 保 有 する 測 位 基 盤 であり ベストエフォート 型 のサービスとして 提 供 されているものである そのため 基 盤 として の 担 保 は 十 分 ではない また デバイス 側 にも 課 題 がある 特 にスマートフォンでは その OS(android など)での 処 理 などはブラックボックスとなっており アプリケーション 開 発 者 は そこから 返 される 情 報 を 信 じて 使 用 するしかない 状 況 にある 例 えば android において ACCURACY_FINE ( 位 置 情 報 を 取 得 する 命 令 の 一 つ)を 用 い 高 精 度 位 置 情 報 のみにしてしまうと 高 精 度 位 置 情 報 プロバイダの 挙 動 に 依 存 して しまうので 屋 内 やビル 密 集 地 の 場 合 位 置 ずれが 酷 くなる( 場 合 によっては 数 100 メートルずれるなど)ことが 判 っている また 上 記 2)については 地 理 空 間 情 報 を 利 活 用 したいとする 産 業 界 の 意 欲 によっ て 様 々な 方 式 が 実 現 されるようになっている 表 2 利 活 用 されている 位 置 測 位 技 術 方 式 方 式 仕 組 み デバイス 可 視 光 通 信 LED 照 明 から 可 視 光 で 位 置 専 用 デバイスが 必 要 情 報 を 配 信 赤 外 線 通 信 赤 外 線 通 信 装 置 から 位 置 情 報 を 配 信 既 存 の 赤 外 線 通 信 モジュ ール(アプリケーションの 書 き 換 えは 必 要 )で 対 応 でき る 無 線 LAN 無 線 LAN アクセスポイントの Mac アドレスから 位 置 情 報 を 既 存 の 無 線 LAN 機 能 で 対 応 できる 計 算 IMES( 屋 内 GPS) 専 用 装 置 から GPS と 互 換 性 のある 信 号 を 配 信 既 存 の GPS モジュール (アプリケーションの 書 き 換 えは 必 要 )が 利 用 できる 2

6 方 式 仕 組 み デバイス RFID タグ タグの 中 に 位 置 情 報 を 記 述 専 用 デバイスが 必 要 する QR コード/マーカー Web 経 由 で 位 置 情 報 を 取 得 する 既 存 の 内 蔵 カメラで 対 応 で きる これらは 多 様 な 測 位 ができるようになった 反 面 デバイスの 差 異 や 位 置 情 報 を 提 供 する 事 業 者 によって 提 供 される 情 報 の 精 度 が 異 なる(その 品 質 は 保 証 されていな い)などの 課 題 がある 以 上 のような 背 景 から 位 置 情 報 を 利 用 したサービスを 提 供 する 事 業 者 は 利 用 者 との 約 款 等 において 取 得 される 位 置 情 報 は 参 考 情 報 として と 書 かざるを 得 ず その 位 置 情 報 の 精 度 に 応 じたサービスレベルの 設 定 ( 価 格 など)を 設 定 することなどが 難 しい 状 況 になっている 一 方 で 位 置 情 報 は 時 間 情 報 と 合 わせることによって その 対 象 を 特 定 できること から 測 位 された 位 置 情 報 に 対 する 送 信 時 の 意 図 しないデータの 変 更 欠 落 や 作 為 的 な 改 ざん 漏 洩 なども 課 題 になっている 例 えば 自 律 移 動 支 援 システムでは い つどこにいたかという 位 置 情 報 の 履 歴 が 第 三 者 に 漏 洩 し 悪 用 される 恐 れや 位 置 ゲ ームでは 位 置 の 改 ざんによるポイントなどの 不 正 入 手 がゲームバランスやエコシステ ムを 壊 す 事 例 が 報 告 されており 米 国 では 長 距 離 トラックの 運 転 手 が 自 己 位 置 を 取 得 させないようにジャミング 機 器 を 搭 載 して 走 行 するため 周 辺 の 測 位 情 報 が 狂 い 携 帯 電 話 が 不 通 になるなどの 障 害 が 報 告 されている 以 上 のような 状 況 は 位 置 情 報 の 精 度 や その 信 頼 性 などのセキュリティに 関 する 整 理 が 行 われておらず 共 通 となる 尺 度 などが 存 在 しないことから 起 きているものと 思 われる この 点 は gコンテンツ 流 通 推 進 協 議 会 ( 会 長 : 柴 崎 亮 介 東 大 教 授 )の シームレス 測 位 委 員 会 ( 座 長 : 春 山 真 一 郎 慶 應 大 教 授 )において 海 外 では SPS(Standard Positioning Service: 民 生 用 測 位 )に 準 拠 し 品 質 を 担 保 しているが 国 際 標 準 化 に は 至 っておらず 衛 星 測 位 というグローバルなサービスを 考 えた 場 合 国 際 標 準 が 必 要 ではないか という 課 題 提 示 がなされ 測 位 した 位 置 情 報 に 対 して 精 度 レベル 安 全 性 レベルの 定 量 評 価 手 法 を 作 成 することや それを 満 たす 標 準 的 な 認 証 フレーム ワークの 作 成 の 必 要 性 が 確 認 されている そこで 本 事 業 では 国 内 外 における 位 置 情 報 を 利 用 したサービスについて その 精 度 や 信 頼 性 の 担 保 等 のセキュリティが 必 要 なサービスについて 調 査 整 理 を 行 うこと で 位 置 情 報 に 関 する 精 度 信 頼 性 の 評 価 指 標 を 設 計 すると 共 に 位 置 情 報 を 認 証 用 途 として 利 用 するユースケースから 取 り 扱 い 方 を 示 す 手 引 書 を 作 成 することを 目 指 3

7 す また 策 定 される 評 価 指 標 は 衛 星 測 位 というグローバルなサービスを 考 えた 場 合 に 必 須 となるため 国 際 提 案 を 視 野 に 入 れ そのアクションプランを 策 定 する これによって 位 置 情 報 の 正 しさを 担 保 することが 可 能 となり 例 えば 口 コミサイト の 信 頼 性 向 上 やナビゲーションサービスの 精 度 向 上 等 が 期 待 できる 位 置 情 報 サー ビス 事 業 者 にとって 正 しい 位 置 情 報 であるかどうかという 問 題 は 自 らが 提 供 するサー ビスの 根 幹 を 成 すものであり 位 置 情 報 の 正 しさが 担 保 されることで 自 社 が 提 供 する サービスに 対 する 正 確 性 や 信 頼 性 を 大 幅 に 向 上 できる( 高 齢 者 や 子 供 の 見 守 りサー ビスや 大 規 模 災 害 時 における 安 否 確 認 サービスなど 位 置 情 報 に 対 してクリティカル な 精 度 や 信 頼 性 が 求 められるサービスにおいても 情 報 の 精 度 や 信 頼 性 を 担 保 する ということは 非 常 にニーズが 高 い 等 )という 大 きなメリットが 具 体 化 する 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 ( 以 下 当 協 会 )では ネットワーク 環 境 がもはやツー ルではなく 私 たちの 生 活 の 場 として 機 能 していると 考 えており 私 たち 一 人 ひとりの 生 活 が 簡 単 便 利 で 安 心 安 全 で 信 頼 性 がある 環 境 つまり 確 かな 本 人 に その 個 人 にとって 望 ましいサービス を 確 実 に 提 供 するための 本 人 確 認 基 盤 の 調 査 研 究 を 推 進 している また gコンテンツ 流 通 推 進 協 議 会 など 産 業 界 と 共 に 地 理 空 間 情 報 を 利 用 した 市 場 拡 大 の 検 討 を 技 術 面 制 度 面 から 推 進 している 今 回 本 事 業 に 提 案 を 行 い 手 引 書 や 評 価 指 標 を 具 体 化 することによって 本 人 確 認 基 盤 の 具 体 化 を 加 速 す ること 及 びgコンテンツ 流 通 推 進 協 議 会 を 通 じて 手 引 きをガイドライン 化 することで 産 業 界 の 早 期 な 取 り 組 みができることが 期 待 できると 考 えている 本 事 業 のスコープ 本 事 業 において 作 成 する 位 置 情 報 のセキュリティのための 評 価 指 標 は 主 に 位 置 情 報 サービス 事 業 者 と 利 用 者 に 対 して 提 示 するものであり 位 置 情 報 を 活 用 したビジ ネス(エコシステム)における 制 度 的 アプローチによる 課 題 解 決 のひとつと 位 置 づける ことができる 一 方 技 術 的 なアプローチによる 課 題 解 決 の 手 法 としては 測 位 デバイスや 測 位 エ ンジン 等 具 体 的 な 測 位 手 法 や 技 術 に 対 する 確 からしさの 可 視 化 ( 認 証 など)に 関 す る 検 討 が 必 要 と 考 えている 本 調 査 の 成 果 により 技 術 的 アプローチによる 課 題 検 討 に 関 しても 早 期 に 実 施 されることが 期 待 できる 多 くの 位 置 情 報 サービスは これまで GPS という 米 国 のベストエフォート 型 サービス に 依 存 してサービスを 展 開 していたために 現 状 の 測 位 基 盤 で 得 られる 位 置 情 報 は 誤 差 を 含 む 曖 昧 なものである という 前 提 のうえでサービスが 行 われており 新 たなサ ービスが 生 まれにくいという 課 題 や セキュリティに 関 して 各 社 独 自 の 規 定 を 作 成 し てサービスを 行 っているなど そのレベルにバラつきがあった しかし 本 事 業 の 成 果 によって 位 置 情 報 をどう 取 り 扱 うべきかの 指 針 ができることとなり 位 置 情 報 を 利 用 す るサービスにおいて 位 置 情 報 に 対 する 精 度 レベルや 信 頼 性 レベルに 対 し 一 定 の 4

8 対 策 を 行 うことができるようになることが 期 待 できる 現 状 課 題 : 現 状 の 測 位 基 盤 で 測 位 できる 位 置 情 報 はベストエフォートでしかない サービスに 位 置 情 報 を 利 用 する 際 は あくまでも 参 考 情 報 としての 扱 いしか できない 原 因 : 位 置 情 報 の 精 度 が 担 保 されていない 位 置 情 報 の 信 頼 性 が 担 保 されていない 解 決 策 : 位 置 情 報 の 精 度 を 担 保 するしくみの 検 討 と 構 築 位 置 情 報 の 信 頼 性 を 担 保 するしくみの 検 討 と 導 入 技 術 的 な 具 体 策 : 測 位 機 器 の 認 証 測 位 エンジン( 測 位 手 法 )の チェックリスト 既 存 測 位 基 盤 を 補 完 する 位 置 特 定 技 術 の 検 討 アプリケーションの 認 証 フレー ムワーク 検 討 アプリケーションの 認 証 制 度 的 な 具 体 策 : 利 用 指 針 の 整 備 過 去 の 事 業 等 で 明 らかとなっ た 課 題 事 業 者 ヒアリングや 検 討 委 員 会 での 検 討 結 果 等 を もとに 整 備 技 術 実 証 : 各 々の 技 術 的 な 具 体 策 について 実 証 実 験 等 ( 必 要 なソフトウェア 開 発 を 含 む)によりその 効 果 を 検 証 する 別 途 必 要 と 思 われる 検 討 事 項 位 置 情 報 を 利 用 した 各 種 サービスごと に 求 められる 精 度 信 頼 性 セキュリ ティ 要 件 の 整 理 ヒアリングや 現 状 調 査 等 による 位 置 情 報 のセキュリティ 要 件 の 整 理 評 価 指 標 の 作 成 と 手 引 書 の 作 成 評 価 指 標 の 普 及 及 び 国 際 標 準 化 に 向 け た 課 題 整 理 とアクションプランの 検 討 評 価 指 標 や 手 引 書 の 普 及 施 策 検 討 人 位 置 時 間 の 認 証 によるモデルの 設 計 検 証 モデルによる 検 証 今 回 の 実 施 事 項 検 討 委 員 会 ヒアリング: 有 識 者 や 事 業 者 の 意 見 収 集 検 討 図 1 位 置 情 報 のセキュリティを 担 保 するために 必 要 となる 検 討 事 項 図 2 位 置 情 報 サービス 業 界 への 期 待 5

9 1. 事 業 概 要 1.1. 事 業 目 的 新 たな 情 報 通 信 技 術 戦 略 ( 平 成 22 年 5 月 11 日 高 度 情 報 通 信 ネットワーク 社 会 推 進 戦 略 本 部 決 定 )では 空 間 位 置 情 報 サービスその 他 の 電 子 情 報 を 活 用 した 新 市 場 の 創 出 に 向 けて 関 係 府 省 の 連 携 のもとに 新 サービス 実 現 に 必 要 な 空 間 位 置 情 報 コードの 発 行 管 理 システムの 構 築 データベースの 整 備 サービスモデルの 検 討 実 証 等 の 取 り 組 みを 推 進 することとしている こうした 地 理 空 間 情 報 を 用 いたサービスの 利 活 用 の 推 進 が 行 われている 中 で 様 々な 新 しいサービスの 創 出 が 期 待 されており その 中 の 一 つとして サービスのセキ ュリティを 高 めるために 位 置 情 報 を 認 証 用 途 として 利 用 することがあげられる 位 置 情 報 を 認 証 するということは 確 かにその 場 にいる ことを 証 明 できるようになる ということであり サービス 利 用 者 の 本 人 確 認 ( 人 の 認 証 )やタイムスタンプ( 時 間 の 認 証 ) 等 と 組 み 合 わせることで より 高 度 な 認 証 を 伴 うサービスを 提 供 することが 期 待 でき る しかしながら 位 置 情 報 の 利 活 用 に 関 しては サービスごとに 求 められる 位 置 情 報 の 精 度 やセキュリティ 等 の 要 件 が 整 理 されておらず 位 置 情 報 を 認 証 用 途 として 使 う 場 合 に 求 められる 精 度 についてのルールもないことから サービス 事 業 者 の 独 自 ルー ルの 下 で 提 供 するしかない 例 えば 測 位 された 位 置 情 報 に 対 する 送 信 時 の 意 図 し ないデータの 変 更 欠 落 や 作 為 的 な 改 ざんによる 利 用 や 秘 匿 すべき 性 質 を 持 った 位 置 情 報 の 漏 えいなどの 位 置 情 報 に 関 するセキュリティが 欧 米 を 含 めて 問 題 となってい るが このような 位 置 情 報 の 精 度 や 情 報 の 信 頼 性 等 のセキュリティについて 事 業 者 は 個 別 に 対 処 する 必 要 があり 新 しいサービスを 創 出 するリスクの 一 つになっている 換 言 すれば 位 置 情 報 に 対 する 担 保 保 証 する 手 段 が 現 状 存 在 しない という 点 が 位 置 情 報 を 利 用 するサービスを 提 供 する 事 業 者 にとって 大 きな 課 題 の 一 つとなっ てる 本 事 業 で 作 成 される 位 置 情 報 の 精 度 や 信 頼 性 に 対 する 評 価 指 標 や 位 置 情 報 サービス 事 業 者 向 けの 手 引 書 は その 課 題 を 解 決 し 信 頼 できる 位 置 情 報 を 取 り 扱 い 信 頼 性 の 高 いサービスの 提 供 を 可 能 にすることが 期 待 できる 6

10 図 3 本 事 業 の 背 景 ( 位 置 情 報 セキュリティに 対 する 潜 在 的 なニーズ)と 本 事 業 にお いて 作 成 する 位 置 情 報 の 評 価 指 標 の 導 入 によって 期 待 される 効 果 本 事 業 では 国 内 外 における 位 置 情 報 を 利 用 したサービスについて その 精 度 や 信 頼 性 の 担 保 が 必 要 なサービス( 安 心 安 全 広 告 配 信 健 康 など)について 調 査 を 行 い 位 置 情 報 に 関 する 精 度 信 頼 性 の 評 価 指 標 の 設 計 を 行 うと 同 時 に 各 種 サービ スごとに 精 度 信 頼 性 の 基 準 や 個 人 情 報 としての 扱 い 方 等 のセキュリティを 検 討 しを 判 断 するための 手 引 書 を 作 成 した 同 時 に 本 評 価 指 標 を 配 慮 して 位 置 情 報 を 認 証 用 途 として 用 いたモデルの 設 計 検 証 を 行 った 以 下 に 本 事 業 での 調 査 フローを 示 す 7

11 図 4 本 事 業 での 調 査 フロー 上 記 を 実 施 する 上 での 配 慮 事 項 本 事 業 を 実 施 するにあたり 以 下 の 点 に 配 慮 した (1) 評 価 指 標 は 正 しい 位 置 情 報 を 如 何 に 担 保 するか という 視 点 で 現 状 で 利 用 可 能 な 位 置 情 報 に 対 し その 位 置 情 報 はどの 程 度 の 精 度 を 持 ち どの 程 度 の 信 頼 性 を 持 つのか ということを 示 すための 評 価 指 標 を 提 示 するように 心 がける (2)また その 作 成 にあたっては 様 々な 位 置 情 報 サービスを 想 定 し 特 定 のサー ビスに 偏 った 指 標 となることがないよう 汎 用 的 な 評 価 指 標 の 作 成 を 目 指 す 具 体 的 に は 作 成 する 評 価 指 標 に 関 しては 位 置 情 報 サービス 事 業 者 が 現 行 サービスに 導 入 することが 新 たな 負 担 とならないよう 検 討 委 員 会 でのレビューや 事 業 者 へのヒアリン グ 等 を 通 じ 導 入 に 際 して 現 実 的 なものとなるよう 留 意 する (3) 人 位 置 時 間 の 認 証 によるモデルの 設 計 と 検 証 の 検 討 を 通 じて 実 際 のサ ービスにおける 実 効 性 を 検 証 した 評 価 指 標 の 普 及 に 関 しては 特 に 位 置 情 報 サービ ス 事 業 者 を 中 心 に 据 え サービス 提 供 側 とサービス 利 用 側 双 方 にとってのメリットを 明 確 に 示 すと 共 に 事 業 者 の 海 外 展 開 の 視 点 から 海 外 における 位 置 情 報 サービス 業 界 への 標 準 化 提 案 も 視 野 に 入 れる 8

12 1.2. 事 業 内 容 位 置 情 報 を 利 用 した 各 種 サービスごとに 求 められる 精 度 信 頼 性 のセキ ュリティ 要 件 の 整 理 国 内 外 における 位 置 情 報 を 利 用 したサービス( 例 えば ナビゲーションサービス 店 舗 情 報 等 のコンテンツ 提 供 サービス 高 齢 者 子 どもの 見 守 り 等 安 全 安 心 に 関 するサ ービス)に 求 められる 位 置 情 報 に 関 する 精 度 や 信 頼 性 等 のセキュリティ 要 件 を 調 査 し それを 確 保 するために 必 要 な 要 素 を 取 りまとめ 評 価 指 標 を 作 成 し 手 引 書 を 作 成 し た 具 体 的 には 実 施 手 順 は 以 下 のとおりである 1) 国 内 外 における 様 々な 位 置 情 報 サービスに 対 し それぞれのサービスが 必 要 とする 位 置 情 報 に 対 する 精 度 や 信 頼 性 のレベルを 調 査 分 類 整 理 する 2) サービスの 対 象 や 用 途 等 によるサービスの 類 型 化 を 行 い 類 型 化 したサー ビスごとに 必 要 な 位 置 情 報 の 精 度 レベルや 信 頼 性 レベルを 分 析 整 理 する ことで サービスで 利 用 される 位 置 情 報 に 対 する 精 度 や 信 頼 性 の 要 件 を 指 標 化 する 3) 作 成 した 評 価 指 標 については 実 際 のサービスに 適 用 するうえで 必 要 とな る 手 順 等 を 整 理 し 手 引 書 としてとりまとめる 図 5 位 置 情 報 の 精 度 信 頼 性 のセキュリティ 要 件 整 理 の 手 法 9

13 評 価 指 標 の 普 及 及 び 国 際 標 準 化 に 向 けた 課 題 整 理 とアクションプランの 検 討 作 成 する 位 置 情 報 の 精 度 信 頼 性 に 関 する 評 価 指 標 を 広 く 普 及 および 国 際 標 準 化 するための 課 題 整 理 とその 課 題 解 決 のためのアクションプランの 検 討 を 行 った 本 事 業 で 作 成 する 評 価 指 標 は 位 置 情 報 サービス 事 業 者 等 からその 必 要 性 を 強 く 求 められているものであるが 位 置 情 報 サービス 業 界 (サービスを 提 供 する 側 )だけで なく 利 用 者 に 対 しても 広 く 普 及 することも 重 要 である また 昨 今 の 世 界 的 な 衛 星 測 位 基 盤 の 急 速 な 整 備 状 況 (EU のガリレオ ロシアのグローナス 中 国 の 北 斗 など)に も 考 慮 し 評 価 指 標 を 標 準 化 し 国 際 的 な 標 準 として 広 く 広 めることも 重 要 である 上 記 の 観 点 から 評 価 指 標 の 普 及 にあたり 段 階 的 かつ 戦 略 的 な 普 及 活 動 を 計 画 し アクションプランとしてとりまとめた 図 6 評 価 指 標 の 普 及 及 び 国 際 標 準 化 に 向 けた 課 題 整 理 の 手 法 人 位 置 時 間 の 認 証 によるモデルの 設 計 検 証 位 置 情 報 の 精 度 信 頼 性 のセキュリティが 確 保 できるモデル( 位 置 情 報 の 精 度 信 頼 性 のセキュリティに 関 する 情 報 をセキュアに 送 受 信 するモデル)を 上 記 で 調 査 した 各 サービスに 適 用 できることを 確 認 するためのモデルの 設 計 検 証 を 行 った 本 事 業 において 作 成 する 位 置 情 報 の 評 価 指 標 を 実 サービスへの 適 用 することを 目 標 に それを 採 り 入 れたサービスとして 人 位 置 時 間 の 認 証 による 具 体 的 なモデル の 設 計 を 行 った ここで 設 計 したモデルは 特 にナビゲーションのような 従 来 の 位 置 情 報 サービスに 特 化 したものとせず 配 送 サービスや 訪 問 医 療 や 見 守 りなど 様 々なサ ービスに 対 して 人 位 置 時 間 による 認 証 を 行 い サービス 事 業 者 と 利 用 者 間 で 高 度 に 信 頼 性 の 高 いサービスの 実 現 を 目 指 すものとして 位 置 付 けられるようにした 10

14 設 計 したモデルについては 簡 易 的 なプロトタイプとして 実 装 し 実 際 に 認 証 サービ スとして 試 験 運 用 を 行 うことで 設 計 した 内 容 の 検 証 を 実 施 した 図 7 人 位 置 時 間 の 認 証 によるモデル 検 討 会 の 設 置 位 置 情 報 の 精 度 信 頼 性 に 関 する 調 査 を 実 施 するにあたって 有 識 者 からなる 検 討 会 を 設 置 し 高 次 的 かつ 包 括 的 な 検 討 を 行 った 検 討 委 員 会 に 関 しては 地 理 情 報 関 連 の 事 業 や 標 準 化 に 数 多 く 携 わってこられた 青 山 学 院 大 学 の 岡 部 篤 行 教 授 に 委 員 長 に 就 任 いただき その 他 委 員 のメンバーに 関 しては 特 に 位 置 情 報 分 野 や 情 報 セキュリティ 分 野 の 専 門 家 の 方 を 招 聘 し 本 事 業 に て 作 成 する 位 置 情 報 の 評 価 指 標 や 標 準 化 に 向 けた 活 動 に 関 して 広 く 意 見 を 頂 き 取 りまとめられる 成 果 の 充 実 を 目 指 した 本 事 業 では 位 置 情 報 に 関 する 精 度 信 頼 性 の 評 価 指 標 の 設 計 を 行 うと 同 時 に 各 種 サービスごとにその 精 度 信 頼 性 の 評 価 指 標 や 個 人 情 報 としての 扱 い 方 等 のセキ ュリティを 検 討 し 位 置 情 報 を 認 証 用 途 として 用 いたモデルの 設 計 検 証 を 行 う 必 要 が あるため 幅 広 い 視 点 で 検 討 できる 委 員 を 選 定 し 位 置 情 報 の 精 度 信 頼 性 のセキュ リティに 関 する 技 術 的 知 見 個 人 情 報 保 護 法 制 に 関 する 知 見 位 置 情 報 の 機 器 端 末 に 関 する 知 見 等 を 有 する 有 識 者 と 位 置 情 報 を 利 活 用 するサービスを 行 っている 事 業 者 等 の 各 分 野 からメンバーを 選 定 した 11

15 (1) 検 討 会 の 構 成 員 表 3 検 討 会 メンバー ( 敬 称 略 順 不 同 ) # 氏 名 所 属 1 岡 部 篤 行 ( 検 討 会 委 員 長 ) 青 山 学 院 大 学 総 合 文 化 政 策 学 部 教 授 2 渡 辺 恭 人 千 葉 商 科 大 学 政 策 情 報 学 部 准 教 授 3 佐 久 間 淳 筑 波 大 学 准 教 授 4 山 口 利 恵 産 業 技 術 総 合 研 究 所 セキュアシステム 研 究 部 門 5 田 中 俊 昭 KDDI 研 究 所 執 行 役 員 6 今 井 修 有 限 会 社 ジー サーチ 7 永 瀬 淳 ソフトバンクモバイル 8 坂 下 裕 明 株 式 会 社 パスコ 9 松 澤 有 三 インディゴ 株 式 会 社 10 松 本 泰 セコム 株 式 会 社 11 笹 田 忠 靖 GeoHex (2) 開 催 日 時 本 検 討 会 は 下 記 のとおり 平 成 24 年 度 において 3 回 開 催 した 第 1 回 平 成 24 年 10:00~12:00 JIPDEC 第 2 第 3 会 議 室 12 月 25 日 ( 火 ) 第 2 回 平 成 25 年 10:00~12:00 機 械 振 興 会 館 6D-4 会 議 室 1 月 16 日 ( 水 ) 第 3 回 平 成 25 年 2 月 13 日 ( 水 ) 17:00~19:00 JIPDEC 第 2 第 3 会 議 室 (3) 検 討 状 況 本 検 討 委 員 会 の 開 催 概 要 を 以 下 の 表 4 に 示 す (なお 議 事 の 詳 細 は 巻 末 資 料 を 参 照 のこと ) 12

16 表 4 検 討 会 の 議 事 概 要 ( 全 三 回 ) 回 数 第 1 回 開 催 日 平 成 24 年 12 月 25 日 ( 火 ) 議 事 事 業 説 明 位 置 情 報 の 精 度 や 信 頼 性 の 評 価 指 標 の 検 討 国 内 外 の 調 査 事 例 を 通 じた 課 題 整 理 手 引 書 骨 子 案 の 確 認 審 議 内 容 と 事 業 のスコープについての 議 論 結 果 今 年 度 は 機 器 認 証 等 まではスコープとせず 端 末 が 取 得 した 位 置 情 報 をアプリ 等 で 利 用 する 場 合 のセキュリティ 要 件 につ いて 議 論 する ただし 来 年 度 以 降 に 機 器 認 証 等 の 議 論 に 発 展 できるよう 留 意 して 進 める 調 査 のすすめ 方 についての 議 論 精 度 レベルや 表 現 について 利 用 者 がわかりやすい 表 現 を 検 討 したほうがよい 測 位 情 報 だけでなく 地 図 やコンテンツを 含 めた 複 合 的 な 評 価 についても 検 討 したほうがよい セキュリティ 要 件 の 検 討 について 脅 威 を 明 確 に 提 示 し 対 策 を 具 体 的 に 検 討 したほうがよい 回 数 第 2 回 開 催 日 平 成 25 年 1 月 16 日 ( 水 ) 議 事 第 1 回 議 事 録 確 認 手 引 書 ( 案 )のレビュー 国 際 標 準 化 へのアクションプラン( 案 )のレビュー 人 位 置 時 間 の 認 証 によるモデルの 設 計 案 のレビュー 審 議 内 容 と 位 置 情 報 に 関 するセキュリティについて 結 果 スマートフォンアプリの 一 般 的 な 脅 威 について 外 部 で 検 討 さ れている 成 果 と 連 携 を 行 い 特 に 位 置 情 報 を 取 り 扱 う 際 のリス クについて 検 討 を 行 う 人 位 置 時 間 の 認 証 モデルについて 測 位 手 法 人 時 間 の 認 証 手 法 については 既 存 のサービス 技 術 を 仮 定 し 正 しい 情 報 が 得 られることを 前 提 に 位 置 認 証 の プラットフォームサービスを 検 討 する 13

17 回 数 第 3 回 開 催 日 平 成 25 年 2 月 13 日 ( 水 ) 議 事 第 2 回 議 事 録 確 認 モデルの 検 証 結 果 のレビュー 手 引 書 ( 案 )の 確 認 国 際 標 準 化 へのアクションプラン( 案 )の 確 認 審 議 内 容 と 測 位 情 報 の 指 標 について 結 果 定 量 的 かつ 客 観 的 な 指 標 を 検 討 し 今 後 の 国 際 標 準 化 を 視 野 に 入 れ 実 際 のサービスへの 適 用 例 を 検 討 する 位 置 情 報 利 用 手 引 について 今 年 度 はシンプルなモデルで 脅 威 とリスクを 示 し 今 後 の 詳 細 な 議 論 につながるものを 作 成 する (4) ヒアリング 検 討 会 と 併 せて 位 置 情 報 を 利 用 する 各 種 サービスを 行 っている 事 業 者 に 位 置 情 報 の 精 度 や 信 頼 性 社 会 的 ニーズなどについてヒアリングを 実 施 した ヒアリングの 主 な 観 点 について 以 下 に 示 す 表 5 事 業 者 ヒアリングの 主 な 観 点 事 業 内 容 位 置 情 報 を 利 用 した 各 種 サービスごとに 求 めら れる 精 度 信 頼 性 のセキュリ ティ 要 件 の 整 理 評 価 指 標 の 普 及 及 び 国 際 標 準 化 に 向 けた 課 題 整 理 とアクションプランの 検 討 人 位 置 時 間 の 認 証 によるモデルの 設 計 検 証 観 点 評 価 指 標 の 要 件 位 置 情 報 の 精 度 信 頼 性 真 正 性 個 人 情 報 としての 位 置 情 報 の 取 扱 評 価 指 標 の 普 及 社 会 的 ニーズの 明 確 化 に 関 する 課 題 国 際 標 準 化 への 課 題 モデルの 妥 当 性 法 律 等 に 与 える 効 果 や 影 響 評 価 端 末 を 保 有 しない 人 に 対 し てサービスが 取 る 対 処 ヒアリング 対 象 としては g コンテンツ 流 通 推 進 協 会 の 会 員 ( 後 述 )および 位 置 情 報 サービスの 各 分 野 の 事 業 者 を 対 象 とした 14

18 実 施 体 制 以 下 に 本 調 査 事 業 の 実 施 体 制 を 示 す 図 8 実 施 体 制 実 施 体 制 図 において 記 載 の 役 割 担 当 は 以 下 のとおりである 表 6 実 施 事 業 者 実 施 事 業 者 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 外 注 株 式 会 社 アイリッジ 外 注 株 式 会 社 ゼンリン 担 当 実 施 内 容 位 置 情 報 を 利 用 した 各 種 サービスごとに 求 め られる 精 度 信 頼 性 の 整 理 ( 手 引 書 作 成 ) 評 価 指 針 の 普 及 及 び 国 際 標 準 化 に 向 けた 課 題 整 理 とアクションプランの 検 討 検 討 委 員 会 の 運 営 位 置 情 報 を 利 用 した 各 種 サービスごとに 求 め られる 精 度 信 頼 性 の 整 理 ( 実 証 実 験 ) 人 位 置 時 間 の 認 証 によるモデルの 設 計 検 証 15

19 2. 事 業 の 詳 細 2.1. 位 置 情 報 を 利 用 した 各 種 サービスごとに 求 められる 精 度 信 頼 性 のセキュ リティ 要 件 の 整 理 国 内 外 における 位 置 情 報 を 利 用 したサービス( 例 えば ナビゲーションサービス 店 舗 情 報 等 のコンテンツ 提 供 サービス 高 齢 者 子 どもの 見 守 り 等 安 全 安 心 に 関 するサ ービス)について その 精 度 や 信 頼 性 の 担 保 が 必 要 なサービスを 求 められる 精 度 や 信 頼 性 等 のセキュリティのレベルを 分 けて 10 種 程 度 抽 出 し 企 業 ヒアリングや 文 献 調 査 等 を 通 じて 現 状 の 測 位 情 報 の 利 用 に 関 する 調 査 ( 特 に 情 報 の 信 頼 性 測 位 基 盤 個 人 情 報 としての 扱 い 方 デバイスなどの 課 題 を 明 確 にする)を 行 った 調 査 に 当 たっては スマートフォンなどの 利 用 頻 度 が 高 く 幅 広 く 普 及 している 端 末 を 利 用 したサービスを 対 象 とした 成 果 として 位 置 情 報 の 精 度 や 信 頼 性 のセキュリティを 確 保 するのに 必 要 な 技 術 要 素 制 度 項 目 をとりまとめた また 精 度 信 頼 性 に 関 する 評 価 指 標 を 作 成 し 位 置 情 報 を 利 活 用 する 各 種 サービスごとに 必 要 となる 精 度 信 頼 性 等 のセキュリティを 検 討 し 判 断 することができる 手 引 書 を 作 成 した 将 来 的 に 想 定 する 位 置 情 報 によるユーザー 認 証 などの 高 度 な 位 置 情 報 利 用 サー ビスを 実 現 するためには 現 在 の 端 末 には 技 術 的 制 度 的 課 題 がある 例 えば 技 術 的 課 題 では 測 位 方 式 ハードウェア OS メーカー 等 の 差 異 により 利 用 できる 位 置 情 報 は ベストエフォート として 位 置 精 度 位 置 情 報 の 信 頼 性 位 置 情 報 の 真 正 性 が 保 証 されておらず また 位 置 情 報 の 統 一 的 な 品 質 基 準 も 無 いため サービスに 利 用 する 位 置 情 報 の 品 質 が 十 分 であるかどうか 利 用 者 にどこまでの 品 質 のサービスを 提 供 できるかが 曖 昧 なものとなっている( 測 位 情 報 を 参 考 情 報 としてしか 使 えていないな ど)ことがあげられる また 制 度 的 課 題 では 個 人 の 持 つ 情 報 端 末 で 取 得 した 位 置 情 報 の 取 扱 について 利 用 者 への 位 置 情 報 取 得 の 通 知 やサービス 他 者 が 利 用 するケ ースの 取 扱 方 法 など 個 人 に 紐 付 く 情 報 としての 位 置 情 報 の 取 扱 をどうすべきか 位 置 情 報 の 品 質 が 曖 昧 であると 同 時 に 位 置 情 報 の 取 扱 についても 曖 昧 なままとなって いる 本 事 業 では 位 置 情 報 サービスの 高 度 化 や 新 サービスの 創 出 の 実 現 に 焦 点 をあて 位 置 情 報 サービスにおける 位 置 情 報 の 品 質 要 件 取 扱 指 針 と 品 質 基 準 評 価 指 標 の 作 成 を 行 った 具 体 的 には 位 置 情 報 のセキュリティ 品 質 要 件 の 項 目 として 1 位 置 情 報 の 精 度 2 位 置 測 位 基 盤 技 術 の 災 害 妨 害 などへの 耐 用 性 ( 可 用 性 信 頼 性 ) 3 位 置 情 報 が 確 かに 信 頼 できるものか( 真 正 性 ) という 三 つの 項 目 を 想 定 し サービ ス 側 からの 視 点 と 位 置 情 報 の 測 位 技 術 側 からの 視 点 で 調 査 整 理 を 行 い サービス に 必 要 とされる 位 置 情 報 の 分 類 を 行 った 16

20 また サービス 側 からの 視 点 として 携 帯 端 末 OS や Web サービスに 関 する 技 術 調 査 や 実 事 業 者 である g コンテンツ 流 通 推 進 協 議 会 等 へのヒアリングを 行 い 現 状 の 位 置 情 報 サービスをサービスが 必 要 とする 位 置 情 報 の 品 質 レベルごとに 類 型 化 し 各 レベルの 求 める 位 置 情 報 の 品 質 要 件 個 人 に 紐 付 く 情 報 としての 位 置 情 報 の 位 置 情 報 の 取 扱 位 置 取 得 の 際 に 利 用 者 へ 求 めるべき 同 意 など サービスに 関 する 注 意 事 項 を 取 りまとめた 更 に 位 置 情 報 の 測 位 技 術 側 からの 視 点 として 位 置 情 報 の 精 度 信 頼 性 真 正 性 測 位 方 法 測 位 基 盤 測 位 デバイスなどに 着 目 し 現 在 主 流 となっている 測 位 技 術 と 測 位 基 盤 に 関 する 技 術 制 度 調 査 測 位 チップや 携 帯 端 末 OS に 関 する 技 術 調 査 及 び g コンテンツ 流 通 推 進 協 議 会 へのヒアリングと 現 在 普 及 している 位 置 情 報 サー ビスの 基 盤 であるスマートフォンについて 技 術 調 査 実 測 調 査 を 行 い サービスが 位 置 情 報 に 求 める 品 質 要 件 がどの 程 度 満 たされているかを 調 査 することで 位 置 情 報 を 取 得 する 個 人 利 用 者 向 け 端 末 の 実 態 を 明 らかにした 以 上 の 調 査 検 討 を 通 じて 位 置 情 報 サービスと 測 位 基 盤 測 位 技 術 の 現 状 把 握 か ら 位 置 情 報 の 品 質 要 件 や 評 価 が 必 要 な 要 件 を 洗 い 出 し 位 置 情 報 によるユーザー 認 証 などユースケースに 求 められる 位 置 情 報 の 精 度 信 頼 性 真 正 性 など 位 置 情 報 の 項 目 ごとの 品 質 評 価 要 件 をまとめると 共 に 位 置 情 報 の 精 度 信 頼 性 真 正 性 など の 品 質 と 評 価 指 標 並 びに 位 置 情 報 の 取 扱 指 針 に 関 する 手 引 書 を 作 成 した 位 置 情 報 サービス 調 査 類 型 化 位 置 情 報 関 連 法 制 度 調 査 事 業 者 ヒアリング サービス 類 型 ごとの 位 置 情 報 要 件 作 成 (1) 位 置 情 報 サービス 調 査 検 討 セキュリティ 要 件 調 査 検 討 (2) 要 件 の 取 りまとめ 端 末 の 実 測 調 査 (3) 端 末 の 実 測 調 査 技 術 要 件 制 度 要 件 位 置 情 報 の 品 質 位 置 情 報 端 末 の 実 態 ユースケース 調 査 検 討 位 置 情 報 の 実 評 価 作 業 モデル 検 証 (5) 手 引 書 の 作 成 位 置 測 位 技 術 仕 様 調 査 事 業 者 ヒアリング (4) 位 置 測 位 技 術 調 査 検 討 位 置 情 報 の 品 質 項 目 評 価 基 準 作 成 図 9 位 置 情 報 の 精 度 信 頼 性 のセキュリティ 要 件 整 理 の 実 施 内 容 17

21 位 置 情 報 サービスの 類 型 化 と 要 件 整 理 位 置 情 報 サービス 側 からの 視 点 として 位 置 情 報 サービスが 求 める 位 置 情 報 の 品 質 を 調 査 した 調 査 対 象 とする 位 置 情 報 サービスとして 文 献 調 査 や Web 調 査 による 国 内 外 の 事 例 収 集 に 加 え g コンテンツ 流 通 推 進 協 議 会 会 員 企 業 等 へヒアリングを 行 い 実 際 のサービス 事 業 者 の 意 見 を 基 に 調 査 対 象 の 抽 出 と 類 型 化 を 行 った サービスの 類 型 化 の 際 に 想 定 する 位 置 情 報 に 求 めるレベル 分 けの 基 準 としては まず 大 まかに 位 置 情 報 の 精 度 や 測 位 頻 度 などを 基 準 とした 分 類 を 行 ってサービスを 抽 出 し さらに 表 7 に 示 す 5 つの 基 準 により それぞれ 類 型 化 したサービスが 求 める 位 置 情 報 の 要 件 を 整 理 した 表 7 サービス 類 型 化 の 基 準 # サービスの 類 型 概 要 1 自 己 位 置 参 照 サービス 対 人 のナビゲーションサービスや 自 位 置 表 示 な ど 利 用 者 自 らの 取 得 した 位 置 情 報 が 自 明 なもの 2 他 者 位 置 参 照 サービス 見 守 りや 他 者 位 置 検 索 など 他 者 の 位 置 情 報 を 参 照 するもの 3 地 図 参 照 サービス 位 置 情 報 を 基 に 地 図 地 理 情 報 を 参 照 するもの 4 緊 急 通 報 利 用 者 の 位 置 を 正 確 かつ 迅 速 に 参 照 するもの 5 位 置 情 報 に 基 づくユーザー 認 証 利 用 者 からの 申 告 により 現 在 もしくは 過 去 の 位 置 情 報 を 取 得 参 照 するもの なお 上 記 に 示 したサービスの 類 型 化 と 位 置 情 報 に 求 める 要 件 の 抽 出 にあたって は 表 8 に 示 す g コンテンツ 流 通 推 進 協 議 会 の 会 員 企 業 や 検 討 委 員 会 委 員 等 にヒ アリングを 実 施 し 民 間 事 業 者 ならびに 有 識 者 からの 知 見 をもとに 整 理 した 表 8 ヒアリング 先 (g コンテンツ 流 通 推 進 協 議 会 会 員 企 業 一 覧 ) KDDI( 株 ) ( 株 )ゼンリン ( 株 )NTT ドコモ アクリーグ( 株 ) 国 際 航 業 ( 株 ) インディゴ( 株 ) アジア 航 測 ( 株 ) ( 株 )セック トヨタ 自 動 車 ( 株 ) 富 士 通 ( 株 ) 測 位 衛 星 技 術 ( 株 ) 表 示 灯 ( 株 ) ( 株 ) 野 村 総 合 研 究 所 NTT 空 間 情 報 ( 株 ) ( 株 ) 価 値 総 合 研 究 所 ( 株 )マイスター 18 ( 株 ) 三 恵 エンジニアリング 日 本 デェイブレイク( 株 ) パナソニック 電 工 ( 株 ) ( 株 ) 東 京 地 図 研 究 社 ドコモ システムズ( 株 ) マルティスープ( 株 ) 日 本 電 気 ( 株 ) 日 本 加 除 出 版 ( 株 )

22 ( 株 ) 明 電 舎 ( 株 ) 昭 文 社 日 本 加 除 出 版 ( 株 ) ( 株 )ゼンリンデータコム ( 株 )NTT データ ( 株 )パスコ ( 株 )デンソー 東 京 都 ビジネスサービス( 株 ) ( 株 )カナエジオマチックス エヌ ティ ティ ソフトウェア ( 株 ) ( 株 )マピオン 大 日 本 印 刷 ( 株 ) 独 立 行 政 法 人 防 災 科 学 技 術 研 究 所 特 定 非 営 利 活 動 法 人 GIS 総 合 研 究 所 独 立 行 政 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 (1) 調 査 対 象 とするサービスの 抽 出 まず 調 査 対 象 とする 位 置 情 報 サービスを 抽 出 するために サービスが 利 用 する 位 置 情 報 の 精 度 と 測 位 頻 度 という 2 軸 を 用 いて 既 存 の 位 置 情 報 サービスを 抽 出 し 分 類 を 行 った( 図 10) 図 10 サービス 分 類 ( 測 位 精 度 測 位 頻 度 ) この 分 類 手 法 により 17 の 代 表 的 な 位 置 情 報 サービスを 抽 出 し 精 度 の 高 低 と 測 位 頻 度 により 4 つのグループに 分 類 した( 表 9) 19

23 表 9 サービス 分 類 と 測 位 精 度 測 位 頻 度 の 対 応 グループ 分 野 具 体 的 サービス 例 ( 事 業 者 例 ) 要 人 警 護 警 備 (セコム 等 ) グループ 1 (リアルタイム/ 精 度 高 ) 重 機 建 設 重 機 (コマツ 等 ) 現 金 輸 送 車 警 備 (セコム 等 ) 港 湾 行 政 ( 国 土 交 通 省 港 湾 局 等 ) 環 境 気 象 天 気 予 報 サービス(ウェザーニューズ 等 ) プローブ 自 動 車 ( 本 田 技 研 トヨタ 等 ) 安 心 安 全 警 備 通 信 (セコム ドコモ システムズ 等 ) グループ 2 ( 頻 度 低 / 精 度 高 ) HEMS 家 電 (シャープ 日 立 等 ) 介 護 医 療 健 康 健 康 器 具 (タニタ オムロン 等 ) 施 工 管 理 建 設 ( 清 水 建 設 等 ) 車 両 管 理 タクシー 運 送 (ヤマト 運 輸 等 ) 運 送 運 輸 物 流 ( 日 本 郵 船 日 本 通 運 等 ) グループ 3 ( 頻 度 低 / 精 度 低 ) グループ 4 (リアルタイム/ 精 度 低 ) 保 守 支 援 施 設 管 理 ( 東 京 ガス NTT 空 間 情 報 等 ) モバイルサービス 情 報 サービス(マピオン インディゴ 等 ) 観 光 観 光 (JTB 地 域 の 観 光 協 会 等 ) 人 員 管 理 移 動 体 管 理 ( 三 井 造 船 システム 等 ) 常 時 接 続 型 モバイル サービス キャリア(NTT ドコモ 等 ) 上 記 表 9 によるグループ 1 からグループ 4 の 分 類 は 測 位 精 度 の 高 さと 測 位 頻 度 によってサービスを 類 型 化 したものであるが 本 事 業 の 主 な 対 象 である スマートフォ ン 等 の 携 帯 端 末 による 測 位 によりサービスを 実 現 しているサービスを 抽 出 すると 主 に 以 下 の 表 10 に 示 すサービスが 抽 出 できた サービスの 類 型 化 から 要 求 される 位 置 情 報 の 要 件 の 抽 出 としては 表 10 に 示 すサービスを 対 象 とすることとした 20

24 表 10 サービス 分 類 と 測 位 精 度 測 位 頻 度 の 対 応 グループ 分 野 具 体 的 サービス 例 グループ 1 環 境 気 象 天 気 予 報 サービス(ウェザーニューズ 等 ) グループ 2 グループ 3 安 心 安 全 警 備 通 信 (セコム ドコモ システムズ 等 ) 介 護 医 療 健 康 健 康 器 具 (タニタ オムロン 等 ) モバイルサービス 情 報 サービス(マピオン インディゴ 等 ) 観 光 観 光 (JTB 地 域 の 観 光 協 会 等 ) グループ 4 常 時 接 続 型 モバイル サービス キャリア(NTT ドコモ 等 ) (2) サービスの 類 型 化 と 位 置 情 報 に 求 める 要 件 これらの 類 型 化 し 精 度 頻 度 などでレベル 分 けを 行 ったサービスについて 類 型 ごと のサービスを 実 現 するために 求 められる 位 置 情 報 の 精 度 信 頼 性 真 正 性 などの 品 質 要 件 と 個 人 情 報 としての 位 置 情 報 を 取 扱 う 場 合 の 要 件 を 調 査 整 理 した 位 置 情 報 に 求 める 要 件 の 整 理 にあたっては 品 質 項 目 と 評 価 基 準 として 精 度 信 頼 性 真 正 性 測 位 時 間 測 位 頻 度 を 想 定 し サービスの 類 型 ごとに 位 置 情 報 が 満 たすべき 要 件 を 整 理 した 表 11 サービスの 類 型 化 と 評 価 指 標 の 整 理 サービス 精 度 信 頼 性 測 位 時 間 真 正 性 測 位 頻 度 1) 自 己 位 置 参 照 サ 高 速 測 位 中 ~ 高 低 ~ 中 ービス 低 頻 度 2) 他 者 位 置 参 照 サ ービス 低 ~ 高 高 低 ~ 中 頻 度 3) 地 図 参 照 サービ 高 速 測 位 中 ~ 高 中 ~ 高 ス 低 頻 度 4) 緊 急 通 報 高 高 高 速 測 位 低 頻 度 5) 位 置 情 報 による ユーザー 認 証 中 ~ 高 高 低 頻 度 精 度 と 信 頼 性 以 外 の 課 題 プライバシーに 関 する 課 題 ジオタグなど 位 置 情 報 の 第 三 者 利 用 の 課 題 測 位 精 度 の 課 題 端 末 利 用 者 の 本 人 確 認 が 課 題 21

25 1) 自 己 位 置 参 照 サービス 自 己 位 置 参 照 サービスは 主 に 対 人 向 けのサービスであり 利 用 者 自 らの 取 得 し た 位 置 情 報 が 自 明 なものである 具 体 的 には 歩 行 者 ナビゲーションなどが 該 当 す るサービスである a) 精 度 対 人 のナビゲーションに 代 表 されるように 利 用 者 自 身 がどこにいるか とい うことを 把 握 することが 目 的 のため 利 用 者 が 携 帯 端 末 と 現 実 世 界 の 光 景 を 比 較 しながら 自 己 位 置 を 認 識 することができる 程 度 の 精 度 が 要 求 される b) 信 頼 性 真 正 性 精 度 と 同 じく 利 用 者 が 自 己 位 置 を 把 握 する 際 に 現 実 世 界 とサービス 内 の 画 面 等 を 比 較 することで 自 己 位 置 を 認 識 できる 程 度 の 信 頼 性 真 正 性 が 要 求 される c) 測 位 時 間 頻 度 測 位 頻 度 は 低 い( 利 用 者 が 自 己 位 置 を 参 照 するときのみ)であるが 対 人 の ナビゲーションのような 用 途 では 1 地 点 につき 数 秒 程 度 の 測 位 時 間 しか 確 保 できない 比 較 的 短 時 間 の 測 位 時 間 となる d) その 他 精 度 と 信 頼 性 以 外 の 要 件 特 になし 2) 他 者 位 置 参 照 サービス 利 用 者 自 身 の 位 置 情 報 ではなく 老 人 や 幼 児 の 見 守 りなど 利 用 者 本 人 ではな い 他 者 の 位 置 を 参 照 するものである a) 精 度 他 者 位 置 参 照 サービスの 場 合 参 照 する 対 象 となる 他 者 がどのような 立 場 で あるかによって 求 める 精 度 は 大 きく 異 なる たとえば 高 齢 者 見 守 りなどの 場 合 は 自 宅 にいることがわかれば 良 いレベルである 場 合 もあれば 幼 児 の 見 守 り などの 場 合 では 河 川 などの 危 険 な 場 所 ( 土 手 なのか 河 原 なのか 川 の 中 なの か)にいるのかを 正 確 に 知 りたい 場 合 もある したがって 求 める 精 度 には 幅 が あると 言 える b) 信 頼 性 真 正 性 精 度 と 比 較 し 情 報 の 信 頼 性 真 正 性 には 高 いレベルが 求 められる c) 測 位 時 間 頻 度 測 位 時 間 と 頻 度 は サービス 内 容 に 大 きく 依 存 する 参 照 する 対 象 とする 他 者 が 常 時 動 いているような 場 合 は 測 位 頻 度 が 多 くなる 必 要 があるが 高 齢 者 の 見 守 りなどの 場 合 は 1 日 1 回 確 認 できればよい というような 場 合 もある 22

26 d) その 他 精 度 と 信 頼 性 以 外 の 要 件 利 用 者 本 人 ではなく 利 用 者 は 参 照 したい 対 象 である 他 者 の 位 置 を 参 照 す ることになるため プライバシーーに 関 する 課 題 が 存 在 する 3) 地 図 参 照 サービス 位 置 情 報 を 基 に 地 図 地 理 情 報 を 参 照 するもので 携 帯 端 末 上 に 地 図 を 表 示 し 地 図 上 に 他 のコンテンツ(お 店 のおすすめ 情 報 など)をオーバーレイ 表 示 させて 利 用 するタイプのサービスである 地 図 検 索 や 情 報 検 索 などが 主 な 具 体 的 サービスと なる a) 精 度 地 図 上 の 場 所 を 参 照 することから 位 置 情 報 の 精 度 としては 背 景 となる 地 図 情 報 の 精 度 レベルに 応 じた 精 度 が 確 保 できればよく 要 求 する 精 度 には 幅 がある b) 信 頼 性 真 正 性 地 図 上 のコンテンツとしての 情 報 の 信 頼 性 真 正 性 に 関 しては 高 いものが 要 求 されるが 測 位 した 位 置 情 報 とは 異 なる 測 位 した 位 置 情 報 という 意 味 では 自 己 位 置 参 照 サービスと 同 程 度 の 信 頼 性 真 正 性 が 要 求 される c) 測 位 時 間 頻 度 自 己 位 置 参 照 サービスと 同 じく 測 位 頻 度 は 利 用 者 がサービスを 利 用 する 際 となるため 低 頻 度 であるが 測 位 にかける 時 間 は 比 較 的 短 時 間 となる d) その 他 精 度 と 信 頼 性 以 外 の 要 件 ジオタグなど 位 置 情 報 の 第 三 者 利 用 の 課 題 がある 4) 緊 急 通 報 利 用 者 の 位 置 を 正 確 かつ 迅 速 に 参 照 するもの 緊 急 通 報 は 文 字 通 り 緊 急 性 の 高 いサービスであり 人 命 にかかわるようなケー スも 想 定 されるため 精 度 信 頼 性 真 正 性 ともに 高 精 度 な 位 置 情 報 が 要 求 される a) 精 度 緊 急 通 報 の 結 果 救 助 や 対 応 人 員 が 現 地 に 向 かう 場 合 が 多 いため 位 置 情 報 の 精 度 は 高 いものが 要 求 される ただし 対 応 するのが 人 間 であることを 想 定 すると 現 状 の GPS 測 位 における 最 も 精 度 が 高 いレベルの 精 度 が 要 求 さ れるレベルであると 言 える b) 信 頼 性 真 正 性 信 頼 性 真 正 性 については 原 則 として 誤 った 情 報 は 許 されないため 高 い 信 頼 性 真 正 性 が 要 求 される 23

27 c) 測 位 時 間 頻 度 測 位 頻 度 に 関 しては 常 時 測 位 するような 場 面 ではなく 突 発 的 な 測 位 で かつ 瞬 間 的 な 短 時 間 の 測 位 時 間 で 精 度 信 頼 性 ともに 高 いことが 要 求 される d) その 他 精 度 と 信 頼 性 以 外 の 要 件 現 状 の 測 位 機 器 の 誤 差 で 運 用 を 行 っているが より 高 い 測 位 精 度 が 要 求 さ れてきている 5) 位 置 情 報 によるユーザー 認 証 利 用 者 からの 申 告 により 現 在 もしくは 過 去 の 位 置 情 報 を 取 得 参 照 するもので ある 現 状 の 位 置 情 報 サービスでは 位 置 情 報 を 活 用 したユーザー 認 証 の 事 例 は ほとんどないが 本 事 業 において 人 位 置 時 間 の 認 証 モデル を 設 計 検 証 する ことから 机 上 検 討 として 同 サービスに 対 する 位 置 情 報 の 要 件 を 整 理 した a) 精 度 認 証 しようとする 対 象 ( 人 )がどこにいるか/いたかということが 判 別 できるレベ ルが 要 求 される 認 証 のレベルによって 特 定 の 場 所 ( 座 標 値 )か 建 物 の 中 か ある 地 点 を 中 心 として 半 径 m 以 内 なのか という 幅 がある 可 能 性 があるた め 絶 対 的 に 求 める 精 度 要 件 はない b) 信 頼 性 真 正 性 認 証 しようとする 対 象 ( 人 )が 確 かにその 場 所 にいる/いたということを 確 実 に 証 明 する 必 要 があるため 信 頼 性 真 正 性 は 高 いレベルが 要 求 される c) 測 位 時 間 頻 度 認 証 を 行 うタイミングで 測 位 を 行 うため 常 時 測 位 を 行 う 必 要 はなく 必 要 な ときに 測 位 を 行 う d) その 他 精 度 と 信 頼 性 以 外 の 要 件 位 置 情 報 や 測 位 とは 直 接 関 係 しないが 端 末 を 利 用 する 利 用 者 の 本 人 確 認 をどのようにして 行 うか という 点 が 課 題 として 指 摘 されている 24

28 (3) まとめ 上 記 の 整 理 により 位 置 情 報 に 対 して 要 求 される 精 度 や 信 頼 性 に 関 しては 位 置 情 報 を 利 用 するサービスが 何 を 実 現 するかにより 大 きな 幅 があることがわかった 一 方 位 置 情 報 の 精 度 や 信 頼 性 は 利 用 する 測 位 技 術 に 大 きく 依 存 しており サービスがど の 測 位 技 術 を 採 用 しているか ということがわかれば 測 位 技 術 に 依 存 した 精 度 や 信 頼 性 も 得 られることになることがわかった 1) サービスとの 依 存 関 係 本 調 査 では 様 々な 位 置 情 報 サービスを 分 類 し それぞれのサービスが 要 求 す る 位 置 情 報 の 精 度 や 信 頼 性 の 要 件 について 整 理 を 行 ったが 結 果 としてはサービ スそれぞれが 求 める 位 置 情 報 の 精 度 や 信 頼 性 には 幅 がある ということが 明 らかと なった また ヒアリング 等 を 通 じた 事 業 者 との 会 話 では 事 業 者 は 現 在 利 用 しうる 測 位 技 術 を 前 提 としたサービスを 展 開 しており 精 度 や 信 頼 性 は 採 用 する 測 位 技 術 が 持 っ ているものが 前 提 となっていた したがって 実 現 したいサービスによって 測 位 技 術 を 利 用 しているというよりは 測 位 技 術 があるという 前 提 で 位 置 情 報 サービスを 構 築 している という 実 情 が 明 らかとなった 2) 測 位 方 法 との 依 存 関 係 上 記 のとおり 現 行 の 位 置 情 報 サービスのほぼ 全 てにおいて 位 置 情 報 の 取 得 は 現 行 で 利 用 可 能 な 測 位 技 術 が 前 提 となっていることが 明 らかとなった したがって サービスが 採 用 する 測 位 技 術 が 持 つ 技 術 的 な 限 界 が そのままサービスが 利 用 す る 位 置 情 報 の 要 件 となっているというのが 実 情 であった 3) 取 得 できる 情 報 の 実 態 さらに 事 業 者 ヒアリングを 通 じて 明 らかとなった 課 題 として 精 度 や 信 頼 性 を 担 保 するための 情 報 が 絶 対 的 に 少 ないという 点 が 挙 げられる スマートフォンを 通 じて 位 置 情 報 サービスを 行 う 場 合 は 測 位 状 況 を 知 るパラメータとして 精 度 (Accuracy) の 情 報 が 取 得 できる API(GeoLocation API: 下 記 表 12)が 存 在 するが 測 位 した 状 況 等 により 正 しい 精 度 が 返 されないケースや そもそも 精 度 パラメータが 空 白 で あるケースなどもあるようである また GeoLocation API で 返 される 結 果 は 携 帯 端 末 が 測 位 した 結 果 ではあるが どのような 手 段 (GPS/WiFi/ 基 地 局 )であるのかの 情 報 が 欠 如 しているという 点 も 問 題 視 されている 25

29 表 12 GeoLocation API が 提 供 する 3 つのメソッド メソッド 機 能 getcurrentposition() 利 用 者 の 現 在 の 位 置 情 報 を 一 回 だけ 取 得 する watchposition() 利 用 者 の 位 置 情 報 を 定 期 的 に 監 視 する clearwatch() watchposition()による 位 置 情 報 の 監 視 をクリアする 携 帯 端 末 を 通 じて 位 置 情 報 を 取 得 する 場 合 は 上 記 表 12 における 3 つのメソッ ドを 利 用 して 位 置 情 報 の 取 得 を 行 うのが 一 般 的 である サービスの 特 性 や 利 用 場 面 に 応 じ 3 つのメソッドを 使 い 分 ける 表 13 Geolocation API で 取 得 できる 情 報 属 性 名 値 の 内 容 値 の 単 位 latitude 緯 度 (-180~180) 度 longitude 経 度 (-90~90) 度 altitude 高 度 m accuracy 緯 度 経 度 の 誤 差 m altitudeaccuracy 高 度 の 誤 差 m heading 方 角 (0~360) 度 speed 速 度 m/ 秒 利 用 者 の 端 末 が 測 位 し た 情 報 を 取 得 す る に は 上 記 表 12 に 示 し た getcurrentposition()( 都 度 位 置 情 報 を 取 得 する 場 合 )もしくは watchposition() ( 定 期 的 に 位 置 情 報 を 取 得 する 場 合 )を 利 用 する その 際 GeoLocation API の 仕 様 上 は 表 13 に 示 す 情 報 が 取 得 できることになっているが 端 末 側 の 対 応 状 況 や 測 位 状 況 などにより 測 位 誤 差 に 関 する 情 報 (Accuracy)は 必 ずしも 取 得 できるとは 限 らない 4) 新 たな 測 位 技 術 に 対 する 期 待 いっぽう 準 天 頂 衛 星 システムや 近 接 無 線 等 の 新 たな 測 位 技 術 により より 精 度 が 高 い 測 位 が 実 現 することに 関 心 がある 事 業 者 も 多 く 測 位 技 術 の 選 択 肢 が 広 がる ことで 本 来 サービスが 要 求 する 精 度 や 信 頼 性 が 得 られなかったものが 得 られるよう になり 新 たなサービスが 誕 生 することに 対 する 期 待 も 高 い 26

30 位 置 情 報 サービス 端 末 の 実 測 調 査 現 在 の 位 置 情 報 利 用 サービスの 基 盤 としてもっとも 普 及 している 端 末 として スマー トフォンが 挙 げられる 2015 年 には 携 帯 出 荷 台 数 におけるスマートフォン 比 率 が 74% になるという 予 測 もあり 今 後 の 位 置 情 報 利 用 サービスはスマートフォンを 前 提 として 発 展 していくと 考 えられている 一 方 で 位 置 情 報 については その OS(Android ios など)での 処 理 などがブラックボックスとなっており アプリケーション 開 発 者 は そ こから 返 される 情 報 を 信 じて 使 用 するしかない 状 況 にある 要 件 に 関 するヒアリングで は スマートフォンにおける 位 置 情 報 サービスについて 今 後 様 々な 用 途 に 広 がって いくという 展 望 と これまでの 専 用 端 末 やフィーチャーフォンとは 取 得 できる 位 置 情 報 が 異 なっているという 意 見 があった そこで 本 事 業 ではスマートフォンを 対 象 とし どの 程 度 の 品 質 の 位 置 情 報 を 取 得 でき 利 用 できるのか 前 述 の 要 件 をどの 程 度 充 足 しているのか 実 測 を 含 めた 技 術 調 査 を 行 い 現 状 把 握 すると 共 に 位 置 情 報 を 用 いた 認 証 サービスなどの 将 来 的 に 想 定 される 高 度 な 位 置 情 報 サービス 実 現 のために 必 要 な 措 置 (データの 確 からしさ 機 器 の 認 証 など)を 整 理 した (1) 実 施 内 容 位 置 情 報 の 精 度 信 頼 性 の 実 測 調 査 では スマートフォンの 端 末 比 較 として OS に Android を 採 用 している 機 種 の 中 で GPS チップ メーカー キャリア OS バージョン それぞれが 異 なるケースで 移 動 時 静 止 時 での 端 末 の 緯 度 経 度 測 位 時 間 誤 差 目 安 値 等 の 実 測 調 査 と 比 較 を 行 った また 気 象 地 形 移 動 速 度 などの 条 件 による 測 位 結 果 の 比 較 を 行 った 今 回 の 実 証 実 験 では 以 下 の 理 由 から Android 端 末 に 限 定 して 実 験 を 行 った Android 端 末 は ios 端 末 (iphone ipad など)に 比 べ 様 々なメーカー 端 末 が 存 在 しており 端 末 ごとの 測 位 精 度 などの 差 異 によって 統 一 的 なサービス 提 供 が 困 難 もしくは 対 応 にコストがかかっており 実 測 調 査 のニーズが 高 いこと Android 向 けアプリケーションは ios 向 けアプリケーションに 比 べ 審 査 や 配 布 の 制 限 が 緩 いため セキュリティに 関 する 課 題 が 存 在 するといわれていること ios 端 末 の 場 合 端 末 から GPS 情 報 が 取 得 できないなど 検 証 アプリの 構 築 と インストールに 制 約 があること 可 能 な 限 り 共 通 の 条 件 で 測 位 結 果 を 取 得 し 比 較 を 行 うことを 考 えた 場 合 ios と Android では 方 式 に 違 いがあり 純 粋 な 比 較 が 難 しいこと 27

31 具 体 的 な 実 測 調 査 方 法 は 以 下 のとおりである 表 14 測 位 試 験 実 施 端 末 リスト 端 末 キャリア メーカー チップセット 発 売 時 期 1 F-10D docomo 富 士 通 Tegra3 AP /07 2 N-07D docomo NEC カシオモバイル MSM /07 コミュニケーションズ Gen8A 3 ISW13HT au HTC MSM8660A 2012/05 Gen8A 4 SC-06D docomo サムスン MSM /06 Gen8A 5 SH-09D docomo シャープ MSM /05 Gen8A 6 SO-03D docomo ソニーモバイルコミュ MSM /03 ニケーションズ Gen8 with GLONASS 7 F-05D docomo 富 士 通 OMAP /12 8 SO-01B docomo ソニーエリクソンモバ QSD /04 イルコミュニケーショ ンズ Gen7 9 T-01C docomo 富 士 通 東 芝 モバイル QSD /12 コミュニケーションズ Gen7 10 IS03 au シャープ QSD /11 Gen7 11 SC-02B docomo サムスン S5PC / SH softbank シャープ MSM /12 Gen8 with GLONASS (2) 比 較 項 目 測 位 試 験 では 同 時 期 発 売 端 末 でチップセットの 違 い 同 時 期 発 売 同 一 チップ 端 末 でメーカーの 違 い 同 一 キャリア 同 一 ブランドでの 発 売 時 期 の 違 い 同 時 期 発 売 同 一 チップ 端 末 でメーカーの 違 い 同 一 キャリア 同 一 ブランドでの 発 売 時 期 の 違 い を 調 査 した 28

32 表 15 測 位 試 験 実 施 端 末 比 較 チップセット 比 較 メーカー 比 較 ( 同 一 チップ) 発 売 時 期 比 較 メーカー 比 較 ( 同 一 キャリア) キャリア 比 較 ( 同 一 メーカー) 比 較 機 種 ( 表 中 1~12の 数 字 は 表 14 の 番 号 を 示 す) (3) 実 験 項 目 1) 移 動 時 測 位 試 験 移 動 時 の 端 末 の 測 位 状 況 を 試 験 する 移 動 状 況 として 徒 歩 と 電 車 等 の 移 動 と いう 2 つの 条 件 を 設 定 し 試 験 を 行 った 1) 徒 歩 移 動 試 験 徒 歩 移 動 試 験 では 渋 谷 周 辺 の 約 2km を 時 速 4.5km で 歩 いた 2) 電 車 移 動 試 験 電 車 移 動 試 験 では 山 手 線 に 乗 車 し 渋 谷 駅 から 外 回 りで 一 周 ( 約 34km)した 2) 静 止 時 測 位 試 験 静 止 時 の 様 々な 掩 蔽 率 (ある 場 所 の 天 空 が 覆 われている 割 合 ) 環 境 での 端 末 の 測 位 状 況 を 試 験 した 1) 見 通 しの 良 い 屋 外 ( 掩 蔽 率 0~25% 都 内 公 園 など 10 か 所 ) 2) 見 通 しの 悪 い 屋 外 ( 掩 蔽 率 25~75% 林 野 高 層 ビル 街 高 架 下 など 10 か 所 ) 3) 屋 内 ( 掩 蔽 率 75~100% 駅 構 内 店 舗 内 地 下 街 地 下 鉄 ホームな ど 10 か 所 ) を 条 件 として 設 定 し 端 末 の 測 位 キャッシュクリアをした 上 で 実 施 した 3) 雨 天 時 測 位 試 験 雨 天 時 測 位 試 験 では 見 通 しの 良 い 屋 外 見 通 しの 悪 い 屋 外 屋 内 の 晴 天 時 と 同 じ 地 点 で 2 か 所 ずつ 測 位 した 29

33 表 16 実 測 試 験 実 施 項 目 シチュエーション 具 体 的 な 場 所 移 動 時 測 位 試 験 歩 行 時 渋 谷 など 繁 華 街 電 車 移 動 時 山 手 線 車 内 静 止 時 測 位 試 験 見 通 しの 良 い 屋 外 ( 掩 蔽 率 0~25%) 代 々 木 公 園 皇 居 海 辺 見 通 しの 悪 い 屋 外 ( 掩 蔽 率 25~75%) 林 野 部 山 間 部 渋 谷 新 宿 など 高 層 ビル 街 高 架 下 屋 内 ( 掩 蔽 率 75~100%) ショッピングモール 地 下 街 地 下 鉄 ホーム 天 候 試 験 晴 天 時 雨 天 時 図 11 測 位 環 境 30

34 (4) 実 験 環 境 実 測 調 査 のために 独 自 に Android 用 測 位 アプリケーションを 開 発 した 測 位 アプ リケーションは 移 動 時 測 位 試 験 静 止 時 測 位 試 験 で 次 のように 動 作 し 表 17 の 情 報 を 端 末 より 取 得 する (なお 端 末 の 測 位 状 態 や 電 池 の 充 電 状 態 は 一 律 の 条 件 の 下 で 実 施 した) 表 17 実 測 データ 項 目 API 名 LocationListener GpsStatus.NmeaList ener GpsStatus.Listener 取 得 可 能 なデータ 1 latitude: 緯 度 2 longitude: 経 度 3 accuracy: 位 置 情 報 の 精 度 4 altitude: 高 度 5 bearing: 方 位 6 provider: 位 置 情 報 を 測 定 したプロバイダの 名 前 7 speed: 速 度 8 time: 時 刻 National Marine Electronics Association(NMEA) 形 式 データ 1 受 信 可 能 衛 星 数 2 衛 星 番 号 3 仰 角 ( 度 ) 4 方 位 ( 度 ) 5 SNR(デシベル) GPS 状 態 (オンかオフか) 1) 移 動 時 測 位 試 験 GPS は 常 時 起 動 させておく 形 で 位 置 情 報 を 取 得 する 位 置 情 報 の 変 化 を 端 末 が 検 知 すると 取 得 した 情 報 を 端 末 内 にテキスト 形 式 で 記 録 する 2) 静 止 時 測 位 試 験 常 時 GPS 測 位 せず 試 験 地 点 に 到 達 した 後 に 端 末 からアプリ 内 の GPS 起 動 ボ タンを 押 して GPS を 新 規 に 起 動 し 5 分 間 毎 秒 位 置 情 報 を 取 得 し 続 け 取 得 した 情 報 を 端 末 内 にテキスト 形 式 で 記 録 する 上 記 a) b)で 使 用 するテストアプリケーションのイメージを 図 12 に それによって 測 位 した 結 果 イメージを 図 13 に 示 す 31

35 図 12 測 位 試 験 アプリイメージ 図 13 電 車 移 動 時 測 位 試 験 結 果 可 視 化 イメージ 32

36 (5) 実 験 結 果 結 果 の 詳 細 については 別 紙 実 験 結 果 報 告 参 照 (6) 考 察 1) 端 末 の 測 位 精 度 誤 差 について 今 回 の 実 測 試 験 では 端 末 から 取 得 できる 精 度 目 安 である Accuracy( 単 位 :メー トル)を 取 得 した Accuracy とは Android 側 で 演 算 された 緯 度 経 度 の 正 確 性 を 知 る 上 で の 目 安 値 確 率 誤 差 と し て 測 定 された 緯 度 経 度 を 中 心 と し て 半 径 Accuracy(m)の 円 を 描 けば 68%の 確 率 で 正 しい 位 置 がその 円 内 に 存 在 する と 定 義 されている 実 測 では Accuracy を 取 得 するとともに 真 の 値 が 自 明 な 地 点 で の 測 位 を 行 い 測 位 結 果 と 真 の 値 との 誤 差 を 測 定 した 実 測 実 験 の 端 末 ごとの 測 位 結 果 から 実 際 の 測 位 誤 差 と Accuracy の 相 関 を 表 18 にまとめた 表 18 Accuracy(m)と 誤 差 (m)の 相 関 係 数 機 種 代 々 木 公 園 中 央 広 場 日 比 谷 公 園 駒 沢 オリンピ ック 公 園 世 田 谷 公 園 皇 居 前 広 場 1 F-10D N-07D ISW13HT SC-06D SH-09D SO-03D F-05D SO-01B T-01C IS SC-02B SH この 結 果 から 実 際 の 測 位 誤 差 と Accuracy に 有 意 な 相 関 関 係 は 認 められなかっ た Accuracy の 算 出 ロジック 根 拠 が 明 確 になっていないこと また 実 際 の 測 位 誤 差 との 間 に 相 関 が 無 いことから 本 報 告 書 では 測 位 結 果 の 指 標 としては Accuracy を 用 いず 実 際 の 測 位 誤 差 を 用 いることとした 測 位 を 開 始 した 直 後 はいずれの 端 末 環 境 でも 大 きな 誤 差 が 発 生 しており 誤 差 が 20m 以 下 になるまでに 数 秒 ~ 数 十 秒 要 していた このことは 測 位 直 後 は 補 足 し 33

37 ている 衛 星 の 数 が 少 ないこと また GPS 衛 星 から 最 低 限 測 位 に 必 要 なメッセージ を 受 信 するための 時 間 と 考 えられる 測 位 精 度 については ほとんどのケースで 時 間 の 経 過 とともに 良 好 になっていく ことが 確 認 できた しかし 受 信 状 況 が 良 好 であった 場 合 でも ある 一 定 の 誤 差 まで は 集 束 するものの 同 じ 値 に 収 束 すること 誤 差 0m になることは 無 かった このこと は ハードウェアの 限 界 Android OS の 誤 差 または 測 位 地 点 のズレなどが 考 えら れる 2) 移 動 速 度 の 測 位 への 影 響 a) 徒 歩 移 動 試 験 徒 歩 移 動 時 では 良 好 な 測 位 環 境 ではほぼ 歩 行 ルート 通 り 10m 以 下 の 誤 差 で 測 位 できている ビルなどの 建 物 の 陰 などでは 30~40m の 誤 差 が 発 生 し た 測 位 結 果 からは 移 動 速 度 に 拠 る 誤 差 などは 見 られなかった このことから 良 好 な 測 位 環 境 であれば 現 在 のスマートフォンで 歩 行 者 向 けのナビゲーショ ンは 可 能 と 考 えられる b) 電 車 移 動 試 験 電 車 移 動 時 では 場 所 によって 測 位 結 果 に 大 きな 差 が 見 られた 駅 舎 での 電 車 停 車 時 に 大 幅 に 測 位 結 果 が 悪 化 していることから 遮 蔽 物 の 影 響 を 強 く 受 けていることが 判 る また 走 行 中 では 電 車 の 方 向 が 大 きく 変 わった 際 に 大 きく 測 位 結 果 が 悪 化 していることが 判 る 3) 受 信 環 境 の 測 位 への 影 響 受 信 環 境 による 測 位 結 果 の 違 いについて 静 止 時 測 位 試 験 ( 晴 天 時 )を 対 象 に 比 較 すると 結 果 としては 見 通 しの 良 い 屋 外 見 通 しの 悪 い 屋 外 屋 内 の 順 に 誤 差 が 大 きくなってくることが 分 かった 至 当 な 結 果 であると 評 価 できる また 見 通 しの 良 い 屋 外 は ほとんどが 誤 差 20m 以 内 に 収 まっており データ 個 数 も 一 番 多 く 位 置 情 報 を 取 得 できているが 見 通 しの 悪 い 屋 外 においては 誤 差 が 40m 以 内 に 収 まっているものは 6 割 程 度 である 4) 天 候 の 測 位 への 影 響 晴 天 時 雨 天 時 の 測 位 結 果 から 見 通 しの 良 い 屋 外 見 通 しの 悪 い 屋 外 それぞ れ 測 位 精 度 が 低 下 していた また 特 徴 的 な 点 として 晴 天 時 と 雨 天 時 の 階 級 分 布 の 性 質 が 大 きく 異 なり 見 通 しの 良 い 屋 外 の 時 と 比 べて 見 通 しの 悪 い 屋 外 では 天 候 による 影 響 をさらに 大 きく 受 けていることが 判 る 雨 天 曇 天 時 には 空 気 中 の 水 蒸 気 の 影 響 により GPS からの 信 号 の 伝 播 速 度 が 低 下 することによって 測 位 精 度 34

38 が 低 下 することが 言 われている 今 回 の 測 位 結 果 については 伝 播 速 度 が 影 響 するほどの 精 度 ではないスマート フォンでの 測 位 であること 伝 播 速 度 の 見 通 しの 悪 い 屋 外 ではより 一 層 天 候 の 影 響 を 受 けたことから おそらく 水 滴 によって 樹 木 やビルなどの 遮 蔽 物 の 反 射 マルチパ スが 増 加 したことによるものと 考 えられる 5) 端 末 による 測 位 結 果 の 違 い 受 信 環 境 の 良 い 場 所 においては 性 能 にさほど 違 いは 出 ない 今 回 対 象 とした 全 ての 端 末 においては 誤 差 20m 以 内 の 良 好 な 位 置 情 報 が 大 半 であり 一 般 的 な 実 用 面 での 懸 念 はさほど 感 じられなかった 一 方 受 信 環 境 の 悪 い 場 所 においては 端 末 ごとに 傾 向 が 異 なり その 個 性 性 能 の 差 が 如 実 に 現 れるようである しかしながら チップやメーカーなどの 個 別 の 要 素 の 違 いによる 法 則 について 今 回 の 試 験 では 把 握 することはできなかった おそらく 今 回 対 象 とした 要 素 以 外 にも 筐 体 の 設 計 など 複 数 の 要 素 が 影 響 し その 組 み 合 わせによって 傾 向 が 変 わってくるためであると 考 えられる 35

39 セキュリティ 要 件 の 取 りまとめ 位 置 情 報 のセキュリティ 要 件 について 実 測 調 査 や 実 態 調 査 リアリング また 実 際 に 起 きたセキュリティインシデントを 基 に 技 術 要 件 と 精 度 要 件 の 二 つの 要 件 に 分 類 し て 検 討 した 位 置 情 報 サービス 特 有 の 脅 威 脆 弱 性 として 改 ざん(Tampering) と 情 報 漏 え い(Information Disclosure) の 二 つが 該 当 する 一 般 的 な 情 報 サービスに 加 え 位 置 情 報 は 物 理 的 存 在 と 結 びつくこと 他 の 情 報 と 結 びつきやすいことから 脅 威 に 対 するリスクの 増 大 が 考 えられる また 位 置 情 報 によってチェックインやアクセスコント ロールを 行 う 場 合 には 位 置 情 報 が 脆 弱 性 と 成 り 得 ることが 考 えられる スマートフォンでの 位 置 情 報 に 関 するセキュリティインシデントとして SNS や 位 置 ゲームなどでの 景 品 ランキングなどを 目 当 てに 位 置 情 報 ゲームの 位 置 情 報 を 詐 称 す る 事 例 他 者 のスマートフォンに 無 断 で 位 置 情 報 を 取 得 するアプリケーションをインスト ールする 利 用 者 の 意 図 しない 位 置 情 報 の 取 得 を 行 うアプリケーションなどが 存 した (1) 技 術 要 件 について 位 置 情 報 のセキュリティに 関 する 技 術 要 件 として 測 位 方 法 測 位 基 盤 測 位 端 末 (ハードウェア ソフトウェア) アプリケーションのレイヤーごとに セキュリティ 要 件 とし て 精 度 耐 用 性 ( 可 用 性 信 頼 性 ) 真 正 性 について 具 体 的 な 位 置 測 位 に 関 する 技 術 的 な 要 件 を 調 査 整 理 した 1) 測 位 方 法 測 位 基 盤 に 関 する 要 件 携 帯 電 話 スマートフォン 向 け 位 置 情 報 サービスのための 測 位 方 法 や 測 位 基 盤 インフラについて 現 状 では 米 国 の 全 地 球 航 法 衛 星 システムである Global Positioning System(GPS)を 用 いることが 一 般 となっている GPS 測 位 基 盤 の 停 止 もしくは 恣 意 的 な 妨 害 に 関 するリスクについては 平 成 21 年 度 時 空 間 情 報 サ ービスの 技 術 と 市 場 に 関 する 調 査 研 究 報 告 書 1 にまとめられており サービス 基 盤 サービス 安 全 保 障 を 含 めた 広 い 分 野 に 影 響 がある このことについては GPS が 全 世 界 的 に 用 いられているデファクトの 測 位 基 盤 で あり GPS への 依 存 度 が 非 常 に 高 い 状 態 であること また GPS が 米 国 によって 所 有 管 理 されているためであり 準 天 頂 衛 星 など GPS 以 外 の 衛 星 測 位 基 盤 の 必 要 性 は 非 常 に 高 いと 言 える ヒアリングでは GPS や WiFi 測 位 など 測 位 インフラに 求 めるものとして サービス が 中 断 することなく 恒 常 的 に 利 用 できる 可 用 性 信 頼 性 を 前 提 とする 意 見 が 多 数 であった またそれに 加 えて 対 応 する 端 末 が 普 及 していること エリアを 限 定 せず 全 域 的 に 測 位 が 可 能 なこと インフラを 整 備 するのに 投 資 が 不 要 であることが 重 要 と 1 36

40 いう 意 見 があった 特 定 の 測 位 インフラへの 依 存 を 避 ける また 位 置 情 報 の 詐 称 を 防 ぐなどの 意 味 か らも 複 数 の 測 位 方 法 を 用 いて 位 置 情 報 を 取 得 することが 望 ましい 2) 測 位 端 末 の 要 件 検 討 対 象 の 端 末 には 実 測 調 査 と 同 様 に 携 帯 電 話 特 に 測 位 情 報 の 利 活 用 が 見 込 まれ 端 末 ごとの 測 位 性 能 に 差 異 があるとされるスマートフォンでのセキュリティ 要 件 を 対 象 とした 現 在 の 携 帯 電 話 スマートフォンのデータ 通 信 音 声 通 話 GPS WiFi などを 含 めた 通 信 機 能 は ベースバンドプロセッサと 呼 ばれるプロセッサに 統 合 されている 場 合 がほとんどである また 後 述 する 基 地 局 からの 補 正 を 利 用 した GPS 測 位 につい ても チップレベルでサポートするものもある これらの 携 帯 電 話 向 け 測 位 チップの 基 礎 技 術 では Snaptrack 社 の 技 術 が 広 く 使 われている ハードウェアに 関 するセキュリティインシデントとしては 通 信 機 器 などの 分 野 でプ ロセッサなどの 半 導 体 製 品 の 偽 造 模 造 が 起 きている 携 帯 電 話 スマートフォンで の 半 導 体 の 偽 造 模 造 事 例 は 現 在 確 認 されていないが 普 及 台 数 や 用 途 から 重 大 なリスクとなると 考 えられる また スマートフォン 端 末 として 出 荷 された 製 品 に バ ックドアと 思 われる 機 能 脆 弱 性 が 含 まれていた 事 例 があり 同 様 の 脅 威 となり 得 る 将 来 的 な 測 位 端 末 と 測 位 情 報 の 真 正 性 検 証 方 法 として 現 在 ではスマートフォ ンなどの 端 末 では 一 部 のソリューションサービスで 電 子 証 明 書 を 用 いた 識 別 とアク セス 制 御 などがはじまっており 今 後 こういった 活 用 が 一 般 的 になることで 測 位 端 末 の 識 別 測 位 情 報 への 電 子 署 名 などを 行 うことで 測 位 端 末 と 測 位 情 報 の 真 正 性 を 担 保 することが 可 能 となり 制 度 的 な 位 置 情 報 の 品 質 保 証 につながると 考 えられ る 3) 端 末 のソフトウェア スマートフォンのセキュリティに 関 する 事 例 として OS に 関 する 事 例 と アプリケー ションに 関 する 事 例 に 分 けられる OS については OS の 改 ざんによる 位 置 情 報 等 の 詐 称 が 考 えられる スマートフ ォンでは Jailbreak と 呼 ばれる OS の 改 ざんによる 利 用 者 権 限 の 昇 格 が 行 われて おり このことは 位 置 情 報 に 限 らず スマートフォン 一 般 の 課 題 として 携 帯 電 話 キ ャリア 端 末 メーカー 共 通 の 課 題 となっている アプリケーションについては 悪 意 あるソフトウェア(マルウェア)による 利 用 者 の 意 図 しない 位 置 情 報 の 流 出 取 得 が 考 えられる 現 在 広 く 普 及 している Android 端 末 ios 端 末 では そのアーキテクチャ 上 自 動 的 なウィルス 感 染 は 発 生 しない スマートフォンのアプリケーションは インストール 37

41 の 際 に 情 報 を 取 得 する 編 集 する 送 信 するなどの 動 作 を 利 用 者 に 示 し 許 諾 (パ ーミッション)を 得 た 上 でインストールされる そのため スマートフォンのマルウェア は その 本 来 の 動 作 を 偽 る 隠 す 錯 誤 させることで インストールを 誘 導 し 利 用 者 の 許 諾 を 得 て 動 作 している OS の 改 ざんと 同 様 に マルウェアによる 脅 威 の 対 象 となるのは 位 置 情 報 に 限 ら ず スマートフォン 一 般 の 課 題 となっている また スマートフォンの 利 用 者 へのパーミッションの 確 認 スマートフォンのマルウ ェアに 関 する 検 討 として 総 務 省 による スマートフォンを 安 心 して 利 用 するために 実 施 されるべき 方 策 2 スマートフォンプライバシーイニシアティブ- 利 用 者 情 報 の 適 正 な 取 扱 いとリテラシー 向 上 による 新 時 代 イノベーション- 3 産 業 技 術 総 合 研 究 所 セキュアシステム 研 究 部 門 で 検 討 されている スマートフォンにおけるパーミッ ションの 有 効 性 調 査 で 過 剰 なパーミッションの 許 諾 利 用 者 に 理 解 しづらい 表 示 組 合 せた 動 作 の 許 諾 など 課 題 が 指 摘 されている 4) サービスアプリケーションの 設 計 スマートフォン 等 の 携 帯 端 末 で 測 位 した 情 報 をサービスで 利 用 する 際 には 一 般 的 なサービスアプリケーションと 同 様 に 情 報 処 理 推 進 機 構 (IPA)による セキュア プログラミング 講 座 4などを 参 照 し 位 置 情 報 を 含 めた 情 報 の 漏 洩 などセキュリティ 脆 弱 性 の 低 減 に 努 める 必 要 がある 位 置 情 報 サービスアプリケーション 特 有 の 要 件 として サービスの 対 象 として 適 切 な 端 末 で 確 かに 取 得 した 位 置 情 報 であることを 確 かめる 必 要 がある 携 帯 端 末 向 けの 位 置 情 報 Web サービスでは 携 帯 電 話 スマートフォンのみを 対 象 としてサービスを 設 計 するケースが 多 い これらのサービスでは 位 置 情 報 を HTTP で 送 信 することが 一 般 的 である そのため 位 置 情 報 取 得 用 URL へ 直 接 偽 の 位 置 情 報 を 送 信 する( 位 置 情 報 の 改 ざん 詐 称 )ということが 発 生 し 得 る こういった 位 置 情 報 の 改 ざん 詐 称 を 防 ぐために リダイレクトを 行 うなど 位 置 情 報 を 送 信 する URL を 隠 蔽 する Cookie や Referer を 利 用 して URL へのアクセスを 制 限 するなど 悪 意 ある 利 用 者 にサービス 構 成 を 隠 匿 する 手 法 が 採 られている 携 帯 電 話 向 けサービスでは 携 帯 電 話 網 からのアクセスかどうかを 確 認 すること 携 帯 基 地 局 からの 位 置 情 報 と 照 合 することで 端 末 から 送 信 されてくる 位 置 情 報 の 真 正 性 を 確 認 することが 可 能 である ただし この 手 法 は 現 在 増 えているスマートフ ォンの 場 合 携 帯 電 話 網 以 外 の 無 線 LAN などからのアクセスの 場 合 に 判 別 するこ とができない https://www.ipa.go.jp/security/awareness/vendor/programming/index.html 38

42 また その 他 の 手 法 として 送 信 されてくるデータそのものを 正 規 の 位 置 情 報 かど うかを 判 別 する 手 法 がある 今 回 の 実 測 実 証 からも 判 る 通 り GPS による 位 置 測 位 情 報 が 一 つの 値 に 収 束 することは 起 きていない そのため 複 数 回 の 位 置 情 報 の 取 得 を 行 い この 値 が 変 わっていない 場 合 は 位 置 情 報 が 改 ざん 詐 称 されている 可 能 性 が 高 いと 判 る また 複 数 回 の 取 得 から 物 理 的 制 限 から 不 可 能 な 移 動 をして いるものを 改 ざん 詐 称 とするなど 位 置 情 報 の 選 別 については サービス 事 業 者 ご とのノウハウとなっている (2) 制 度 要 件 について 位 置 情 報 の 品 質 要 件 について 既 存 の 制 度 的 な 取 り 組 みを 調 査 し 要 件 を 検 討 し た 位 置 情 報 の 測 位 に 関 す る 精 度 要 件 と し て ISO/TC172 SC6 ( 測 量 機 器 ) ISO17123 シリーズで GNSS( 衛 星 測 位 ) 測 量 機 器 の 性 能 基 準 が 定 められている 日 本 国 内 では ISO17123 シリーズを 基 に 作 成 された JIS B 7912 シリーズが 相 当 する 実 際 の 測 量 作 業 での 規 定 については 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 基 本 測 量 測 量 機 器 性 能 基 準 基 本 測 量 測 量 機 器 登 録 機 種 5によって 定 められている 測 量 分 野 で の 位 置 情 報 の 品 質 要 件 は 位 置 情 報 測 位 情 報 そのものではなく 測 位 機 器 の 要 件 と 測 位 手 法 測 位 環 境 を 定 めるものとなっている これらの 標 準 規 格 は 基 準 点 などで 長 時 間 測 量 を 行 うためのものであり 今 回 のタ ーゲットであるスマートフォンなど 携 帯 端 末 向 けの 位 置 情 報 サービスでの 位 置 情 報 の 要 件 に これらの 測 量 機 器 の 精 度 要 件 をそのまま 用 いることは 適 切 ではない しかし 測 量 分 野 での 位 置 情 報 の 精 度 要 件 を 測 位 機 器 と 測 位 手 法 測 位 環 境 の 組 み 合 わせによる 精 度 表 現 規 定 は 携 帯 端 末 向 けの 位 置 情 報 の 精 度 指 標 に 適 用 できると 考 えられる 測 位 機 器 である 携 帯 電 話 やスマートフォンの 端 末 については 技 術 要 件 で 述 べ たとおり 測 位 に 用 いられるチップや 端 末 に 模 造 品 の 可 能 性 があること 測 位 手 法 測 位 アルゴリズムなどブラックボックスとなっている 領 域 があることが 端 末 で 取 得 できる 測 位 情 報 の 品 質 担 保 のための 課 題 となっている 端 末 の 模 造 品 対 策 としては 米 国 で は 国 防 省 をはじめとした 政 府 調 達 への 模 造 品 の 流 入 対 策 として 入 国 税 関 管 理 局 下 部 組 織 である National Intellectual Property Rights Coordination Center が 中 心 となり FBI 国 防 犯 罪 調 査 局 国 防 兵 站 局 を 含 めた 体 制 で 模 造 品 対 策 を 進 めてお り この 中 には 電 子 署 名 を 用 いたサプライチェーンの 監 視 体 制 も 含 まれている 現 状 では 携 帯 電 話 など 民 生 品 端 末 での 事 例 対 策 は 聞 かれていないが 携 帯 端 末 の 信 頼 性 担 保 に 関 する 制 度 を 検 討 する 場 合 には 端 末 の 真 正 性 を 検 証 する 手 法 として こ 5 39

43 ういった 手 法 が 必 要 となると 考 えられる 携 帯 電 話 やスマートフォンにおける 測 位 手 法 測 位 環 境 について 現 状 では 測 位 手 法 アルゴリズムなどを チップ 端 末 メーカー OS ベンダー キャリアなどそれぞれ が 独 自 に 改 善 を 図 っている 状 態 であり 統 一 的 な 標 準 はできていない また スマート フォンでアプリケーションが 取 得 できる 位 置 情 報 の 精 度 情 報 についても 実 測 調 査 結 果 で 述 べたとおり 算 出 方 法 は 明 らかになっておらず またその 表 現 も OS 間 で 統 一 さ れていない 位 置 情 報 の 要 件 に 関 する 制 度 検 討 や サービスでの 利 用 を 考 えた 場 合 測 位 手 法 アルゴリズム そして 位 置 情 報 の 精 度 情 報 について 協 調 領 域 を 標 準 化 す る 必 要 性 があると 考 えられる 40

44 位 置 情 報 の 品 質 基 準 と 評 価 指 標 の 作 成 で 実 施 した 位 置 情 報 サービスの 類 型 化 と 要 件 整 理 および で 実 施 した 位 置 情 報 サービス 端 末 の 実 測 調 査 の 結 果 を 踏 まえ 位 置 情 報 の 測 位 技 術 側 からの 視 点 として 現 在 の 位 置 測 位 技 術 を 調 査 し 位 置 情 報 の 品 質 基 準 とその 評 価 指 標 を 作 成 した スマートフォンの 位 置 測 位 技 術 としては 大 きく 分 けて1GPS2Wi-Fi 基 地 局 測 位 3 可 視 光 通 信 赤 外 線 通 信 RFID QR コード 他 を 利 用 した 近 距 離 無 線 などの 三 つ に 大 別 できる スマートフォン OS である Android でも アプリケーションに 対 してこの 三 つの 区 分 で 位 置 情 報 を 提 供 している その 際 アプリケーションで 利 用 する 位 置 情 報 の 精 度 を ACCURACY_FINE( 高 精 度 だがバッテリー 消 費 が 大 きい) とした 場 合 には 1GPS を そうでない 場 合 には2Wi-Fi 基 地 局 測 位 を 利 用 している また 3 その 他 の 近 距 離 無 線 については 端 末 ごとの 機 能 の 搭 載 非 搭 載 が 統 一 されていな いことや 機 器 インフラの 普 及 率 の 問 題 から 一 般 的 な 位 置 測 位 になっていない 表 19 Android での 位 置 測 位 機 能 利 用 状 況 精 度 バッテリ 消 費 普 及 率 その 他 1GPS 高 高 高 精 度 は 測 位 状 況 に 依 存 2Wi-Fi 基 地 局 低 ~ 中 低 高 インフラ 整 備 状 況 に 依 存 3その 他 近 接 無 線 など 高 低 低 位 置 測 位 ではなく 特 定 の 場 所 へのチェックインが 主 流 そのため ここでは1GPS2Wi-Fi 基 地 局 測 位 の 二 つを 対 象 として 技 術 仕 様 調 査 として 測 位 チップ OS API SDK 位 置 情 報 に 関 する Web 標 準 などでの 位 置 情 報 のセキュリティ 要 件 に 関 わる 仕 様 の 調 査 整 理 し 位 置 情 報 の 品 質 基 準 と 評 価 指 標 を 作 成 した また g コンテンツ 流 通 推 進 協 議 会 会 員 企 業 などの 事 業 者 にヒアリングを 行 い その 内 容 を 反 映 させたものとした 作 成 した 位 置 情 報 のセキュリティ 等 品 質 項 目 と 評 価 指 標 については 現 在 のスマー トフォンに 広 く 普 及 している A-GPS(アシスト 型 GPS) 測 位 技 術 である Qualcomm 社 の gpsone スナップトラック 方 式 などの 仕 様 Android OS の API 経 由 で 取 得 できる 位 置 情 報 の 仕 様 など 測 位 技 術 に 関 する 調 査 に 加 え JIS Q 情 報 セキュリティ JIS X 5070 コモンクライテリアなどの 視 点 から 端 末 で 測 位 した 位 置 情 報 の 品 質 項 目 を 定 め 評 価 基 準 を 作 成 した 位 置 情 報 の 品 質 項 目 と 評 価 基 準 としては 精 度 真 正 性 信 頼 性 ( 可 用 性 ) を 想 定 し それぞれの 項 目 を 評 価 するために 必 要 な 位 置 情 報 のセキュリティ 品 質 の 評 41

45 価 指 標 となるメタデータ として 定 義 し 実 証 検 証 を 通 じて 定 量 的 な 指 標 を 作 成 した 表 20 位 置 情 報 の 品 質 評 価 指 標 と 観 点 項 目 指 標 観 点 精 度 DOP( 精 度 低 下 率 ) GPS の 衛 星 状 況 2DRMS GPS の 測 位 結 果 の 分 布 確 率 誤 差 目 安 値 (Accuracy) 端 末 API などでの 指 標 測 位 方 法 測 位 方 法 ごとの 公 称 精 度 真 正 性 測 位 機 器 信 頼 できる 測 位 機 器 であること 信 頼 性 ( 可 用 性 ) セキュア 通 信 測 位 情 報 が 改 ざんされていないこと 測 位 方 法 信 頼 できる 測 位 方 法 であること 誰 が 測 位 したのかが 明 らかであること 測 位 時 間 (タイムスタンプ) いつ 測 位 されたのかを 判 断 できること (1) 評 価 指 標 の 考 え 方 作 成 した 位 置 情 報 の 評 価 指 標 は 位 置 情 報 サービスが 利 用 する 位 置 情 報 につ いて どの 程 度 の 精 度 や 信 頼 性 を 持 つものなのかのレベルを 相 対 的 に 分 類 したもの である したがって 位 置 情 報 の 良 し 悪 しを 規 定 しているのではなく その 位 置 情 報 は どのような 性 質 であり どの 程 度 の 誤 差 を 含 むものであるかを 定 量 的 に 示 したものであ る (2) 精 度 観 点 からの 整 理 調 査 ヒアリングから 検 討 した 位 置 情 報 サービスにおける 位 置 情 報 の 要 件 につい て 精 度 観 点 から 整 理 すると 共 に 既 存 の 測 位 精 度 表 現 距 離 表 現 について 調 査 を 行 い 位 置 情 報 の 品 質 評 価 指 標 の 表 現 について 整 理 した 現 在 位 置 測 位 情 報 を 利 用 する 際 に 位 置 情 報 の 精 度 を 評 価 するには 測 位 機 器 測 位 方 法 が 何 であるかが 前 提 となり それに 加 えて 測 位 機 器 測 位 方 法 に 対 応 した 機 器 測 位 結 果 の 精 度 指 標 を 基 に 用 途 に 合 わせた 判 断 を 行 っている 例 えば 測 量 などで 高 精 度 が 求 められる 場 合 には DGPS や RTK-GPS などの 測 位 手 法 2DRMS などで 表 わされる 機 器 の 公 称 精 度 と 測 位 時 の 衛 星 など 環 境 測 位 に 要 した 時 間 などで 総 合 的 に 精 度 を 表 現 している 今 回 の 事 業 で 特 に 検 討 対 象 とし た スマートフォンなど 携 帯 端 末 向 け 位 置 情 報 サービスの 場 合 では 現 状 は 基 地 局 測 位 WiFi 測 位 GPS 測 位 などの 測 位 手 法 と 端 末 の 返 す 精 度 目 安 値 (Accuracy)を 基 に 判 断 している ただし Accuracy は 算 出 方 法 が 明 らかでないこと 実 際 の 測 位 精 度 を 正 確 に 反 映 しているとは 言 えず 扱 いやすいとは 言 えないという 意 見 があった 42

46 また サービス 事 業 者 からは 特 定 の 測 位 手 法 と 位 置 情 報 の 用 途 に 依 存 せず 幅 広 く 表 現 可 能 な 誤 差 精 度 の 表 現 が 使 いやすいという 意 見 が 多 く 得 られた (3) セキュリティ 観 点 からの 整 理 セキュリティ 観 点 からも 精 度 観 点 からと 同 様 に 調 査 ヒアリングから 検 討 した 位 置 情 報 サービスにおける 位 置 情 報 のセキュリティ 要 件 について 整 理 すると 共 に 既 存 の 位 置 情 報 のセキュリティ 対 策 について 調 査 を 行 い 位 置 情 報 の 品 質 評 価 指 標 の 表 現 に ついて 整 理 した 位 置 測 位 情 報 を 利 用 する 場 合 のセキュリティ 対 策 の 前 提 として どういった 機 器 で いつ 測 位 したのかを 明 確 にすることが 重 要 となる 例 えば 公 共 測 量 では 測 量 に 利 用 可 能 な 機 器 が 明 確 に 定 められ 機 器 そのものの 検 定 を 行 う 必 要 がある また 位 置 情 報 サービスでは 例 えば 携 帯 電 話 のみを 対 象 とするなど 機 器 利 用 者 を 特 定 する ことで 位 置 情 報 の 信 頼 性 を 確 保 している 測 位 された 情 報 が 測 位 がいつ 行 われたのか 改 ざんがされていないか 等 の 観 点 については 既 存 のタイムスタンプ 技 術 電 子 署 名 セキュア 通 信 など 既 存 の 個 別 技 術 によって 保 証 できる 要 素 となる また 誰 が 測 位 機 器 を 用 いて 測 位 したのかについては 測 位 機 器 そのもののユー ザー 認 証 の 課 題 となる 位 置 情 報 のセキュリティ 観 点 からの 指 標 としては どういった 測 位 機 器 で いつ 測 位 されたのかという 情 報 が 得 られることが 前 提 となり その 情 報 を 基 に 判 断 することにな る (4) 作 成 した 評 価 指 標 技 術 調 査 並 びにヒアリングから GPS 測 位 を 前 提 とした 位 置 情 報 サービスでは 絶 対 的 な 位 置 情 報 の 精 度 や 信 頼 性 を 担 保 するということは 非 常 に 困 難 であることがわか った しかし 位 置 情 報 サービスで 利 用 する 位 置 情 報 が どの 程 度 の 精 度 を 持 っている のか ということを 段 階 的 に 示 し 利 用 する 位 置 情 報 がどのレベルにあるのか というこ とを 示 すことは 可 能 である 事 業 者 ヒアリングや 検 討 委 員 会 での 意 見 も 標 準 的 な 指 標 を 作 成 し 提 示 することに 意 義 がある というものが 多 数 であった さらに セキュリティ 観 点 からの 検 討 も 実 施 したが 少 なくとも 現 行 機 種 においては 位 置 情 報 と 同 じくセキュリティ 観 点 からの 正 しさを 評 価 することは 非 常 に 困 難 であるとい うことが 明 らかとなった これは スマートフォン OS から 位 置 情 報 を 取 得 する 際 に 利 用 する API において その 位 置 情 報 の 完 全 性 や 真 正 性 等 を 判 断 するパラメータが 存 在 しないためであり 現 状 では 端 末 が 測 位 した 位 置 情 報 は 正 しいもの として 利 用 せざ るをえないという 状 況 であるためである この 課 題 については 別 途 端 末 機 器 そのもの 43

47 の 認 証 やトラストフレームワークのような 信 頼 性 担 保 のためのしくみが 必 要 となる したがって 本 事 業 で 作 成 した 位 置 情 報 の 評 価 指 標 は 測 位 した 位 置 情 報 の 正 しさ や 確 からしさを 担 保 する 性 格 のものではなく 測 位 結 果 として 現 状 入 手 可 能 な 情 報 を もとに 位 置 情 報 の 精 度 レベルを 段 階 的 に 示 し 評 価 できるものと 位 置 づけた 上 記 の 観 点 から 位 置 情 報 の 評 価 指 標 として 調 査 結 果 を 整 理 したものが 表 21 に 示 す 評 価 指 標 である 44

48 表 21 位 置 情 報 の 評 価 指 標 測 位 方 法 測 位 誤 差 レベル 参 考 具 体 的 用 途 サービスでの 表 現 基 地 局 測 位 1km 以 上 m 未 満 9 地 図 サービス 天 気 予 報 など 広 域 エリア 情 報 地 図 サービス 広 域 エリア 情 報 検 索 256m 未 満 8 町 字 レベルを 判 別 できる エリア 情 報 検 索 駅 名 地 名 検 索 WiFi 測 位 128m 未 満 7 64m 未 満 6 街 区 (ストリート)レベルを 判 別 できる カーナビで 次 の 交 差 点 を 判 別 できる 歩 行 者 ナビゲーションが 可 能 街 区 (ストリート)レベルを 判 別 できる カーナビで 次 の 曲 がり 角 を 判 別 できる 歩 行 者 ナビゲーションが 可 能 GPS 測 位 32m 未 満 5 16m 未 満 4 GPS 測 位 に 代 表 される 携 帯 端 末 による 測 位 は 測 位 の 状 況 などによる 誤 差 を 考 慮 する と レベル 4~7 のいずれかに 分 類 できる 準 天 頂 衛 星 8m 未 満 3 4m 未 満 2 2m 未 満 1 自 動 車 がどの 道 ( 車 線 )を 入 っているのかが 判 別 できる 隣 り 合 う 店 舗 が 判 別 できる 自 動 車 がどの 道 ( 車 線 )を 入 っているのかが 判 別 できる 隣 り 合 う 店 舗 が 判 別 できる オフィスなどで 椅 子 や 机 のレイアウトが 判 別 で きる NFC など 1m 未 満 0 8cm 未 満 -3 点 字 ブロックやマンホールの 位 置 が 判 別 できる オフィスなどで 椅 子 や 机 のレイアウトが 判 別 で きる 書 棚 に 並 べられている 本 や 店 舗 に 陳 列 されてい る 商 品 などが 判 別 できる 45

端末堅牢化ガイドライン

端末堅牢化ガイドライン スマートデバイスの 堅 牢 化 ガイド β 版 2012 年 6 月 5 日 日 本 スマートフォンセキュリティ 協 会 技 術 部 会 デバイスワークグループ デバイス 堅 牢 化 タスクフォース 本 書 では OS の 設 計 方 針 に 反 する 不 正 なアプリケーションが 実 行 された 場 合 において も OS やアプリケーションが 設 計 意 図 通 りに 動 作 するために 配 慮

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

SPECIAL COLUMN 業 種 別 のインシデント 件 数 の 人 数 区 分 を 図 3に 示 す 1 件 あたりの 漏 えい 人 数 が100 人 以 下 の 漏 えい 件 数 は 公 務 が469 件 中 375 件 (80.0%)でもっとも 多 い 次 いで 金 融 保 険 業 の15

SPECIAL COLUMN 業 種 別 のインシデント 件 数 の 人 数 区 分 を 図 3に 示 す 1 件 あたりの 漏 えい 人 数 が100 人 以 下 の 漏 えい 件 数 は 公 務 が469 件 中 375 件 (80.0%)でもっとも 多 い 次 いで 金 融 保 険 業 の15 特 集 個 人 情 報 漏 えいインシデントを 減 らすためには セキュリティ 被 害 調 査 WG ( 株 )NTTデータ 大 谷 尚 通 1. はじめに 2008 年 は 2007 年 と 比 較 して 個 人 情 報 漏 えいインシデント( 以 下 インシデントとする)の 件 数 が 大 幅 に 増 加 し 1,373 件 (+509 件 )となった これは 教 育 学 習 支 援 業 金 融

More information

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す 第 332 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (6)-3 2016 年 3 月 23 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 税 効 果 会 計 に 関 する 開 示 の 検 討 - 合 理 的 な 説 明 に 関 連 する 開 示 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 税 効 果 会 計 に 係 る 開 示 に 関 する 論 点 のうち

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

【セット】サイバー戦略指針

【セット】サイバー戦略指針 防 衛 省 自 衛 隊 によるサイバー 空 間 の 安 定 的 効 果 的 な 利 用 に 向 けて 平 成 24 年 9 月 防 衛 省 目 次 1. 趣 旨 2. 基 本 認 識 (1)サイバー 空 間 の 意 義 性 格 (2)サイバー 空 間 におけるリスク 1 サイバー 攻 撃 2 その 他 のリスク 3. 基 本 方 針 (1) 防 衛 省 自 衛 隊 の 能 力 態 勢 強 化 (2)

More information

目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法

目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 街 頭 防 犯 カメラ 整 備 運 用 の 手 引 き( 案 ) 目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 4 3 マッピング 等 4 第 2

More information

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告 資 料 1 建 替 え 関 連 書 式 1. 参 考 様 式 (1) 建 替 え 決 議 の 手 続 きに 関 わる 書 式 書 式 1-1 建 替 え 決 議 集 会 招 集 通 知 書 ( 説 明 会 開 催 通 知 書 と 併 せた 場 合 ) A... 資 1~3 書 式 1-2 議 決 権 行 使 書 ( 建 替 え 決 議 ) A... 資 4 書 式 1-3 議 決 権 行 使 者 選

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63> 第 四 部 入 札 契 約 手 続 きについて 1 契 約 方 法 ( 調 達 先 選 定 方 法 ) 決 定 の 概 略 フロー 検 討 開 始 判 断 1 政 府 調 達 に 関 する 協 定 の 対 象 か? 判 断 2 特 例 政 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? 判 断 3 地 方 自 治 法 施 行 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? ( 少 額 随

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A>

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A> 国 土 交 通 省 直 轄 工 事 における 技 術 提 案 交 渉 方 式 の 運 用 ガイドライン 平 成 27 年 6 月 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 地 方 課 大 臣 官 房 技 術 調 査 課 大 臣 官 房 官 庁 営 繕 部 計 画 課 目 次 1. 本 運 用 ガイドラインの 位 置 付 け... 1 1.1 背 景 及 び 目 的... 1 1.2 本 運 用 ガイドラインの

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 について 平 成 27 年 3 月 経 済 産 業 省 目 次 1. 概 要 3ページ 2. 対 象 設 備 4ページ 3. 対 象 者 7ページ 4.A 類 型 ( 先 端 設 備 ) 8ページ 5.B 類 型 ( 生 産 ラインやオペレーションの 改 善 に 資 する 設 備 ) 11ページ 6. 中 小 企 業 者 等 の 上 乗 せ 措 置

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 一 般 社 団 法 人 地 方 税 電 子 化 協 議 会 は じ め に 一 般 社 団 法 人 地 方 税 電 子 化 協 議 会 ( 以 下 協 議 会 という )は 地 方 公 共 団 体 の 相 互 協 力 を 基 本 理 念 とし 納 税 者 の 利 便 性 の 向 上 と 地 方 税 務 行 政 の 高 度 化 及 び 効 率 化 に 寄 与

More information

スマートフォン 時 代 における 安 心 安 全 な 利 用 環 境 の 在 り 方 に 関 するWG 最 終 取 りまとめ( 案 ) スマートフォン 安 心 安 全 強 化 戦 略 ( 案 ) 平 成 25 年 7 月 利 用 者 視 点 を 踏 まえたICTサービスに 係 る 諸 問 題 に 関 する 研 究 会 目 次 はじめに 1 第 Ⅰ 部 スマートフォン プライバシー イニシアティブⅡ

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

表 -2 一 般 政 府 期 末 貸 借 対 照 表 勘 定 の 概 要 ( 単 位 :10 億 円 ) 平 成 20 暦 年 末 項 目 非 金 融 資 産 491,152.4 (1) 生 産 資 産 358,775.5 a. 在 庫 3,368.4 b. 固 定 資 産 355,

表 -2 一 般 政 府 期 末 貸 借 対 照 表 勘 定 の 概 要 ( 単 位 :10 億 円 ) 平 成 20 暦 年 末 項 目 非 金 融 資 産 491,152.4 (1) 生 産 資 産 358,775.5 a. 在 庫 3,368.4 b. 固 定 資 産 355, 社 会 資 本 の 老 朽 化 に 伴 う 建 て 替 え 改 修 には 検 証 と 工 夫 が 必 要 ~ 公 共 施 設 白 書 の 必 要 性 について~ はじめに 戦 後 の 荒 廃 から 65 年 この 間 非 常 に 多 くのビルや 橋 梁 道 路 などの 社 会 資 本 が 建 設 されるなど 日 本 は 世 界 でも 有 数 の 豊 かな 国 となった しかし 65 歳 以 上 人

More information

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF>

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF> 問 1 キャンプ 座 間 への 米 陸 軍 新 司 令 部 の 移 転 は 世 界 的 な 米 軍 の 改 編 の 一 環 として 行 われ また 沖 縄 の 負 担 軽 減 も 含 む 日 米 再 編 協 議 の 中 で 統 合 任 務 可 能 な 作 戦 司 令 部 として 米 国 本 土 より 移 転 してくる 唯 一 の 基 地 であり ます このことは 機 能 強 化 として 認 められたところでありますが

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

地図表示アプリ取扱い説明書

地図表示アプリ取扱い説明書 表 紙 地 図 表 示 アプリ 取 扱 説 明 書 第 1.00 版 2012 年 06 月 18 日 東 朋 エンジニアリング 株 式 会 社 1 / 21 ページ 概 要 概 要 主 な 機 能 No. 機 能 1 地 図 表 示 地 図 の 縮 小 拡 大 2 点 間 直 線 距 離 の 表 示 緯 度 経 度, 住 所, 天 気 情 報 の 表 示 GPS/ネットワーク 基 地 局 より 取

More information

05 p197-p214 田中先生.indd

05 p197-p214 田中先生.indd BYOD に 関 する 利 用 実 態 の 調 査 研 究 スマートデバイスの 利 用 者 に 焦 点 をあてて Research of the current BYOD conditions: focusing on users of smart devices 大 学 院 情 報 学 環 学 際 情 報 学 府 田 中 秀 幸 1.はじめに スマートフォンやタブレット 端 末 などのいわゆるスマートデバイスが

More information

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と 住 宅 団 地 の 再 生 のあり 方 について 取 りまとめ 1. 趣 旨 我 が 国 では 高 度 経 済 成 長 期 以 降 に 都 市 近 郊 を 中 心 に 大 規 模 な 住 宅 団 地 が 供 給 された これらの 中 には 既 に 建 物 や 設 備 の 老 朽 化 が 進 み 建 替 え 改 修 を 含 めた 再 生 を 図 る 必 要 に 迫 られているものも 多 くなっている

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

目 次 1 章 マニュアルの 概 要 背 景 目 的 位 置 づけ 想 定 読 者 活 用 範 囲 章 用 語 定 義 章 本 マニュアルの 使 い 方 政 府 調

目 次 1 章 マニュアルの 概 要 背 景 目 的 位 置 づけ 想 定 読 者 活 用 範 囲 章 用 語 定 義 章 本 マニュアルの 使 い 方 政 府 調 情報システムに係る政府調達における セキュリティ要件策定マニュアル 2015 年 5 月 21 日 内閣サイバーセキュリティセンター 目 次 1 章 マニュアルの 概 要... 4 1.1 背 景... 4 1.2 目 的... 4 1.3 位 置 づけ... 5 1.4 想 定 読 者... 5 1.5 活 用 範 囲... 5 2 章 用 語 定 義... 6 3 章 本 マニュアルの 使 い

More information

スライド 1

スライド 1 民 間 利 用 実 証 状 況 報 告 013 年 月 13 日 一 般 財 団 法 人 衛 星 測 位 利 用 推 進 センター 利 用 実 証 推 進 プロジェクト リーダ 松 岡 繁 1 JAXA 宇 宙 関 係 インフラ 開 発 実 験 整 備 民 間 利 用 実 証 の 推 進 体 制 QZS 0 年 9 月 ~ GPS 補 完 検 証 L1C/A L1C LC L5 L1-SAIF LEX

More information

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量 Ⅰ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 マニュアルの 目 的 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 の 各 自 治 体 においてこれからの 本 格 的 な 復 興 を 円 滑 に 実 現 するために は 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 にあたり その 計 画 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 調 査 測 量 や 用 地 取 得 等 のため その

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

e-Probatio PS2サービス利用約款

e-Probatio PS2サービス利用約款 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 本 約 款 の 目 的 と 範 囲 ) 第 1 条 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)は 株 式 会 社 エヌ テ ィ ティ ネオメイト( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する 電 子 認 証 局 ( 以 下 認 証 局 とい います)が 提 供 する e-probatio

More information

目 次 ICTの の 普 及 および 利 活 用 の 状 況 2 情 報 セキュリティに 関 する 問 題 発 生 の 状 況 10 政 府 おける 情 報 セキュリティの 状 況 22 企 業 における 情 報 セキュリティの 状 況 30 個 人 における 情 報 セキュリティの 状 況 33

目 次 ICTの の 普 及 および 利 活 用 の 状 況 2 情 報 セキュリティに 関 する 問 題 発 生 の 状 況 10 政 府 おける 情 報 セキュリティの 状 況 22 企 業 における 情 報 セキュリティの 状 況 30 個 人 における 情 報 セキュリティの 状 況 33 情 報 セキュリティに 関 する 各 種 データ 2008 年 1 月 16 日 ( 水 ) 内 閣 官 房 情 報 セキュリティセンター(NISC) http://www.nisc.go.jp/ 資 料 4-2 目 次 ICTの の 普 及 および 利 活 用 の 状 況 2 情 報 セキュリティに 関 する 問 題 発 生 の 状 況 10 政 府 おける 情 報 セキュリティの 状 況 22

More information

5. 履 行 内 容 ( 1 ) 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 本 事 業 の 受 託 者 は 別 紙 1 : 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 で 指 示 する 内 容 に 基 づき Android 及 び iphone のスマートフォンで 動 作 するアプリを 構

5. 履 行 内 容 ( 1 ) 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 本 事 業 の 受 託 者 は 別 紙 1 : 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 で 指 示 する 内 容 に 基 づき Android 及 び iphone のスマートフォンで 動 作 するアプリを 構 平 成 27 年 度 駒 ヶ 根 市 子 育 て 支 援 アプリ 開 発 事 業 仕 様 書 仕 様 書 1. 件 名 平 成 27 年 度 駒 ヶ 根 市 子 育 て 支 援 アプリ 開 発 事 業 業 務 委 託 2. 目 的 結 婚 妊 娠 出 産 子 育 てに 関 する 情 報 について 親 しみやすいスマートフォンアプリケ ーションを 開 発 活 用 し 結 婚 から 子 育 てまでの 情

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 広 域 巨 大 災 害 に 備 えた 仮 設 期 の 住 まいづくりガイドライン ~ 概 要 版 ~ 平 成 25 年 2 月 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 建 政 部 住 宅 整 備 課 ガイドラインの 背 景 問 題 意 識 等 背 景 問 題 意 識 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 (P21) 迅 速 な 対 応 と 同 時 に 長 期 化 に 備 えたきめ 細 かい 配

More information

2016 vol.265 論 考 えていると 考 えられる さらにマイナンバーは 一 企 業 が 発 行 しているお 客 様 番 号 とは 異 なり どの 企 業 行 政 機 関 組 織 に とっても 同 一 人 を 同 一 番 号 で 特 定 することができ る したがって 組 織 をまたぐ 情

2016 vol.265 論 考 えていると 考 えられる さらにマイナンバーは 一 企 業 が 発 行 しているお 客 様 番 号 とは 異 なり どの 企 業 行 政 機 関 組 織 に とっても 同 一 人 を 同 一 番 号 で 特 定 することができ る したがって 組 織 をまたぐ 情 マイナンバー 制 度 の 概 要 とリスク 対 応 み ず ま ち 水 ま さ こ 町 雅 子 五 番 町 法 律 事 務 所 弁 護 士 1.はじめに 2016 年 1 月 より マイナンバー 制 度 が 本 格 始 動 した 既 に 勤 務 先 からマイナンバーを 聞 かれた り 地 方 公 共 団 体 窓 口 でマイナンバーの 提 示 を 求 められたりした 方 もいるだろう 一 方 で マスコ

More information

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 についての 意 見 募 集 の 結 果 平 成 28 年 3 月 29 日 総 務 省 行 政 評 価 局 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 について 平 成 28 年 2 月 2 日 ( 火 )から 同 年 3 月 2 日 ( 水 )までの 間 国 民 の 皆 様 から 広 く

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

ムービーLIFE for iOS ご利用規約

ムービーLIFE for iOS ご利用規約 ムービーLIFE for ios ご 利 用 規 約 ソフトバンクモバイル 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )が 提 供 するムービーLIFE for ios ( 以 下 本 サービス といいます)は 本 サービスご 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 従 っ て 提 供 されます また 当 社 の 携 帯 電 話 通 信 サービスを 通 じて 本 サービスを

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

●●サービス利用規約

●●サービス利用規約 d ポイントクラブ 特 約 株 式 会 社 NTTドコモ( 以 下 当 社 といいます )は この d ポイントクラブ 特 約 ( 以 下 本 特 約 といいます )に 従 って 共 通 ポイントサービス ( 以 下 本 サービス とい います )を 提 供 します 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) 1. 本 特 約 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 味 は 当 該 各

More information

(4) 受 託 者 は, 契 約 締 結 後 速 やかに 次 の 書 類 を 作 成 し, 協 議 会 に 提 出 1 スケジュール 表 ( 行 程 表 ) 2 実 施 管 理 責 任 者, 連 絡 事 務 担 当 者 及 び 各 業 務 担 当 者 一 覧 表 3 外 部 の 協 力 者 がある

(4) 受 託 者 は, 契 約 締 結 後 速 やかに 次 の 書 類 を 作 成 し, 協 議 会 に 提 出 1 スケジュール 表 ( 行 程 表 ) 2 実 施 管 理 責 任 者, 連 絡 事 務 担 当 者 及 び 各 業 務 担 当 者 一 覧 表 3 外 部 の 協 力 者 がある 平 成 28 年 度 明 治 日 本 の 産 業 革 命 遺 産 情 報 発 信 アプリ 開 発 等 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 平 成 28 年 度 明 治 日 本 の 産 業 革 命 遺 産 情 報 発 信 アプリ 開 発 等 業 務 2. 目 的 2015 年 7 月 に 世 界 文 化 遺 産 に 登 録 された 明 治 日 本 の 産 業 革 命 遺 産 ( 以 下, 当 資 産

More information

目 次 はじめに... - 1-1. 面 接 等 の 種 類... - 2-1.1 面 接 とは... - 2-1.2 面 接 の 代 表 例 とその 概 要... - 2-2. 面 接 等 が 可 能 な 期 間 及 び 面 接 を 行 う 場 所... - 4-3. 面 接 の 要 請 と 受

目 次 はじめに... - 1-1. 面 接 等 の 種 類... - 2-1.1 面 接 とは... - 2-1.2 面 接 の 代 表 例 とその 概 要... - 2-2. 面 接 等 が 可 能 な 期 間 及 び 面 接 を 行 う 場 所... - 4-3. 面 接 の 要 請 と 受 面 接 ガイドライン 特 許 審 査 編 ( 平 成 26 年 10 月 1 日 改 訂 版 ) 平 成 26 年 10 月 特 許 庁 目 次 はじめに... - 1-1. 面 接 等 の 種 類... - 2-1.1 面 接 とは... - 2-1.2 面 接 の 代 表 例 とその 概 要... - 2-2. 面 接 等 が 可 能 な 期 間 及 び 面 接 を 行 う 場 所... - 4-3.

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203038303232328D5C91A290528DB88C9F8DB882CC895E977089F090E081698DC58F4994C5816A476F6A6F4B6F4F7381698D589056959495AA82CC90D48F9182AB816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203038303232328D5C91A290528DB88C9F8DB882CC895E977089F090E081698DC58F4994C5816A476F6A6F4B6F4F7381698D589056959495AA82CC90D48F9182AB816A2E646F63> 編 集 : 日 本 建 築 行 政 会 議 構 造 審 査 検 査 の 運 用 解 説 平 成 19 年 10 月 10 日 ( 修 正 : 平 成 20 年 2 月 22 日 ) 指 針 研 修 等 検 討 委 員 会 指 針 等 検 討 WG 目 次 本 書 について...4 1. 本 書 の 位 置 づけ...4 2. 本 書 の 取 扱 いに 関 する 留 意 事 項...4 3. 本 書

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

( 企 画 立 案 取 材 撮 影 flash gif アニメーション イラストレーション 掲 出 用 バナー 等 の 作 成 デザイン 原 稿 データ 作 成 レイアウト 翻 訳 等 ) 受 託 者 が 業 務 を 遂 行 する 上 で 必 要 な 資 料 等 は 受 託 者 において 入 手 す

( 企 画 立 案 取 材 撮 影 flash gif アニメーション イラストレーション 掲 出 用 バナー 等 の 作 成 デザイン 原 稿 データ 作 成 レイアウト 翻 訳 等 ) 受 託 者 が 業 務 を 遂 行 する 上 で 必 要 な 資 料 等 は 受 託 者 において 入 手 す こうふ 開 府 500 年 観 光 PR 用 特 設 ホームページ 制 作 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 こうふ 開 府 500 年 観 光 PR 用 特 設 ホームページ 制 作 業 務 2 業 務 の 目 的 多 様 化 する 情 報 発 信 に 対 応 すべく また 海 外 にも 効 果 的 に 情 報 発 信 を 行 うことを 目 的 に 甲 府 市 が 株 式 会 社 カプコンと

More information

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス 第 1 条 ( 本 サービスの 内 容 ) いつでも 書 店 ( 以 下 本 サービス といいます )は いつでも 書 店 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )がお 客 様 に 対 し いつでも 書 店 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 提 供 するサービスをいいます 第 2 条 ( 本 サービスの 利 用 ) 1. 本 サービスの 利 用 を 希 望

More information

Microsoft Word - 収益認識意見書20160530.doc

Microsoft Word - 収益認識意見書20160530.doc 企 業 会 計 基 準 委 員 会 御 中 2016 年 5 月 30 日 株 式 会 社 プロネクサス プロネクサス 総 合 研 究 所 収 益 認 識 に 関 する 包 括 的 な 会 計 基 準 の 開 発 についての 意 見 の 募 集 に 関 する 意 見 2016 年 2 月 4 日 に 公 表 4 月 22 日 に 改 訂 されました 標 記 公 開 草 案 について 当 研 究 所

More information

背景と目的

背景と目的 リフォーム 見 積 相 談 対 応 マニュアル 2012 年 4 月 公 益 財 団 法 人 住 宅 リフォーム 紛 争 処 理 支 援 センター ( 愛 称 住 まいるダイヤル ) 本 マニュアルの 目 的 本 マニュアルは 地 方 自 治 体 等 が 住 宅 リフォーム 工 事 に 係 る 消 費 者 からの 相 談 に 対 応 する 際 の 手 順 や 技 術 に 関 する 情 報 を 提 供

More information

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いについて 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的

More information

いということか 特 定 個 人 情 報 の 利 用, 提 供 の 制 限 について,どのようなことに 注 意 し 見 直 しをするのか 激 甚 災 害 時 等 の 速 やかな 対 応 のた め, 番 号 法 第 9 条 第 4 項 に 基 づく 目 的 外 利 用 を 追 加 すべきではないか 条

いということか 特 定 個 人 情 報 の 利 用, 提 供 の 制 限 について,どのようなことに 注 意 し 見 直 しをするのか 激 甚 災 害 時 等 の 速 やかな 対 応 のた め, 番 号 法 第 9 条 第 4 項 に 基 づく 目 的 外 利 用 を 追 加 すべきではないか 条 御 意 見 の 要 旨 と 1 総 括 的 意 見 (18 件 ) 個 人 情 報 の 保 護 をより 厳 しく 徹 底 する 内 容 になっており, 見 直 しに より 良 い 条 例 になることを 期 待 し ている 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 しては, 引 条 例 では, 個 人 情 報 の 収 集 の 制 限, 利 用, き 続 き 慎 重 にしてほしい 提 供 の 制 限, 電

More information

我が国EEZの総合的監視に向けて

我が国EEZの総合的監視に向けて 我 が 国 EEZの 総 合 的 監 視 に 向 けて 2015 年 9 月 12 日 一 般 財 団 法 人 総 合 研 究 奨 励 会 理 事 堀 雅 文 1 目 次 1 総 合 研 究 奨 励 会 のご 紹 介 2 日 本 のEEZの 現 状 3 グローバル オブザベーション 研 究 会 (GOS 研 究 会 )のご 紹 介 2 総 合 研 究 奨 励 会 のご 紹 介 3 設 立 昭 和 16

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030378EC08E7B967B95948BC696B1837D836A83858341838B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030378EC08E7B967B95948BC696B1837D836A83858341838B> 実 施 本 部 業 務 マニュアル 平 成 26 年 3 月 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 連 絡 協 議 会 このマニュアルでは 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 を 迅 速 かつ 的 確 に 活 用 し その 目 的 であ る2 次 災 害 の 軽 減 防 止 住 民 の 安 全 確 保 を 確 実 に 行 うために 実 施 本 部 業 務 の 作 成 につ いて 具 体 的 に

More information

ガイドライン(案)に対する修文案

ガイドライン(案)に対する修文案 不 動 産 業 における 個 人 情 報 保 護 のあり 方 に 関 する 研 究 会 報 告 ( 不 動 産 流 通 業 における 個 人 情 報 保 護 法 の 適 用 の 考 え 方 ) 平 成 1 7 年 1 月 ( 改 正 : 平 成 2 4 年 6 月 ) 目 次 1. はじめに 2 2. 論 点 一 覧 3 3. 論 点 とその 考 え 方 6 不 動 産 業 における 個 人 情 報

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

目 次 第 1 業 務 名 1 第 2 業 務 の 目 的 1 第 3 全 体 仕 様 1 第 4 財 務 会 計 システム 導 入 業 務 仕 様 3 第 5 財 務 会 計 システム 保 守 業 務 仕 様 6 第 6 提 案 書 作 成 要 領 7 第 7 機 能 要 件 確 認 書 作 成

目 次 第 1 業 務 名 1 第 2 業 務 の 目 的 1 第 3 全 体 仕 様 1 第 4 財 務 会 計 システム 導 入 業 務 仕 様 3 第 5 財 務 会 計 システム 保 守 業 務 仕 様 6 第 6 提 案 書 作 成 要 領 7 第 7 機 能 要 件 確 認 書 作 成 砥 部 町 財 務 会 計 システム 更 新 事 業 仕 様 書 平 成 25 年 10 月 砥 部 町 企 画 財 政 課 目 次 第 1 業 務 名 1 第 2 業 務 の 目 的 1 第 3 全 体 仕 様 1 第 4 財 務 会 計 システム 導 入 業 務 仕 様 3 第 5 財 務 会 計 システム 保 守 業 務 仕 様 6 第 6 提 案 書 作 成 要 領 7 第 7 機 能 要

More information

(Microsoft PowerPoint - No.1 20151029\203}\203C\203i\203\223\203o\201[\202\311\221\316\211\236\202\265\202\275\203Z\203L\203\205\203\212\203e\203B.pptx)

(Microsoft PowerPoint - No.1 20151029\203}\203C\203i\203\223\203o\201[\202\311\221\316\211\236\202\265\202\275\203Z\203L\203\205\203\212\203e\203B.pptx) マイナンバーに 対 応 した 情 報 システム 設 計 と セキュリティ 対 策 立 命 館 大 学 情 報 理 工 学 部 上 原 哲 太 郎 情 報 システムと 法 情 報 システムが 法 的 義 務 を 満 たす 必 要 がある 例 が 増 えてきている 特 定 電 子 メール 法 や 特 定 商 取 引 法 における 表 示 義 務 割 賦 販 売 法 におけるクレジット 番 号 の 安 全

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

スライド 1

スライド 1 買 い 物 困 難 対 策 の 方 向 性 と 進 め 方 ( 農 林 水 産 省 平 成 26 年 度 食 料 品 アクセス 改 善 対 策 事 業 実 施 報 告 書 ) 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 流 通 経 済 研 究 所 102-0074 東 京 都 千 代 田 区 九 段 南 4-8-21 山 脇 ビル10 階 :03-5213-4532 Fax:03-5276-5457

More information

アンケート 全 省 庁 統 一 資 格 あり なし 不 明 自 治 体 の 資 格 あり なし 不 明 資 格 名 ( あり の 場 合 ) 入 札 経 験 あり なし 不 明 落 札 経 験 あり なし 不 明 ご 意 見 ご 質 問 等 ござい ましたらご 記 入 ください

アンケート 全 省 庁 統 一 資 格 あり なし 不 明 自 治 体 の 資 格 あり なし 不 明 資 格 名 ( あり の 場 合 ) 入 札 経 験 あり なし 不 明 落 札 経 験 あり なし 不 明 ご 意 見 ご 質 問 等 ござい ましたらご 記 入 ください 入 札 なう ご 利 用 申 込 書 お 申 込 み 日 : 年 月 日 * 必 須 項 目 代 理 店 ID 会 社 名 * 会 社 名 かな* 印 支 店 名 郵 便 番 号 * 住 所 * 電 話 番 号 * 携 帯 電 話 番 号 部 署 名 FAX 番 号 役 職 名 ご 契 約 担 当 者 名 * 姓 名 ご 契 約 担 当 者 名 かな* 姓 名 メールアドレス* 入 札 なうメルマガを

More information

本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF 資 料 をご 確 認 ください 本 資 料 は 要 約 です 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2015.html Co

本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF 資 料 をご 確 認 ください 本 資 料 は 要 約 です 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2015.html Co 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 ~ 被 害 に 遭 わないために 実 施 すべき 対 策 は?~ Copyright 2015 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 (IPA) 技 術 本 部 セキュリティセンター 2015 年 3 月 本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF

More information

(データ 分 析 ) 災 害 時 にミニブログ 等 のデータを 集 めて 解 析 して 危 険 情 報 を 抽 出 する 技 術 を 開 発 して いる 去 年 の 筑 波 の 竜 巻 ではテレビ 局 の 緊 急 放 送 よりも 10 分 20 分 早 く 警 報 を 出 せた 可 能 性 があった

(データ 分 析 ) 災 害 時 にミニブログ 等 のデータを 集 めて 解 析 して 危 険 情 報 を 抽 出 する 技 術 を 開 発 して いる 去 年 の 筑 波 の 竜 巻 ではテレビ 局 の 緊 急 放 送 よりも 10 分 20 分 早 く 警 報 を 出 せた 可 能 性 があった 資 料 1 第 3 回 検 討 会 における 主 な 意 見 ( 案 ) NICT( 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 )では 1ネットワーク 基 盤 技 術 2ユニバ ーサルコミュニケーション 基 盤 技 術 3 電 磁 波 センシング 基 盤 技 術 4 未 来 ICT 基

More information

大 阪 市 エリアマネジメント 活 動 促 進 制 度 活 用 ガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 市 都 市 計 画 局 本 ガイドラインについて エリアマネジメントとは 地 域 (エリア)における 公 共 的 な 空 間 などのまちの 質 を 高 め それを 持 続 的 に 維 持 発 展 させていくための 地 域 の 市 民 民 間 事 業 者 等 の 主 体 的 な 取 組 みを

More information

Microsoft Word - seitan-group.doc

Microsoft Word - seitan-group.doc 平 成 26 年 度 Ⅰ 研 究 テーマ 生 単 グループ 研 究 のまとめ 五 十 嵐 曜 三 橋 道 順 松 本 成 男 野 本 篤 美 茶 谷 泰 久 河 野 真 貴 五 十 嵐 友 澤 岡 麻 衣 子 満 田 任 昭 北 村 淳 中 島 秀 樹 千 葉 久 幸 山 崎 英 哉 キャリア 教 育 の 視 点 による 教 育 課 程 の 改 善 と 授 業 づくりの 実 践 研 究 今 既 にある

More information

1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高 等 教 育 機 関 の 質 保 証 の 観 点 から

1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高 等 教 育 機 関 の 質 保 証 の 観 点 から 教 材 共 有 システム 開 発 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 9 月 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 - 1 - 1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高

More information

インテリジェント 基 準 点 :ICタグが 組 み 込 まれた 基 準 点 専 用 機 器 により 基 準 点 に 関 す る 位 置 情 報 などを 呼 び 出 すことができる ウェブGIS:インターネット 上 で 機 能 するGISのこと ウェブはワールド ワイド ウェブ(WorldWideWe

インテリジェント 基 準 点 :ICタグが 組 み 込 まれた 基 準 点 専 用 機 器 により 基 準 点 に 関 す る 位 置 情 報 などを 呼 び 出 すことができる ウェブGIS:インターネット 上 で 機 能 するGISのこと ウェブはワールド ワイド ウェブ(WorldWideWe 用 語 の 説 明 参 考 資 料 2 CAD:Computer-AidedDesignの 略 計 算 機 を 利 用 して 設 計 製 図 を 行 うこと G alileo: 欧 州 連 合 ( E U ) が 計 画 を 進 め て い る 全 世 界 的 衛 星 航 法 シ ス テ ム (GNSS)のひとつ GIS:GeographicInformationSystemの 略 地 理 情 報

More information

29条の2

29条の2 電 磁 的 方 法 による 交 付 に 係 るQ&A( 平 成 26 年 11 月 版 ) 平 成 26 年 11 月 21 日 日 本 証 券 業 協 会 法 律 施 行 令 関 係 1 書 面 を 電 磁 的 に 交 付 することについての 顧 客 の 承 諾 ( 目 論 見 書 にあっては 同 意 以 下 承 諾 等 という )は 書 面 の 交 付 毎 ではなく 包 括 的 に 得 る ことも

More information

日本システムウエア株式会社

日本システムウエア株式会社 ファイル 共 有 サービス AppNow! AppNow! 以 下 の 試 用 の 流 れ および 試 用 条 件 AppNow!サービス 試 用 規 約 をご 確 認 の 上 お 申 込 みください お 申 込 みをもって 試 用 条 件 および 試 用 規 約 に 同 意 いただいたものとみなし 試 用 環 境 のご 用 意 を 行 います 急 遽 キャンセル 等 が 必 要 になりましたら お

More information

柳川市固定資産評価支援業務仕様書(案)

柳川市固定資産評価支援業務仕様書(案) 柳 川 市 固 定 資 産 評 価 見 直 し 業 務 委 託 基 本 仕 様 書 平 成 27 年 5 月 柳 川 市 役 所 市 民 部 税 務 課 第 1 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 柳 川 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 受 託 者 ( 以 下 受 注 者 という )に 委 託 する 柳 川 市 固 定 資 産 評 価 見 直 し 業 務 (

More information

携 帯 電 話 とスマートフォンの 相 違 について 1 スマートフォンは 機 能 的 構 造 的 にPCに 近 い 特 徴 を 有 しているため 従 来 の 携 帯 電 話 が 高 機 能 化 したものではなく 電 話 機 能 の 付 いたPC とみるべき スマートフォン について 統 一 した

携 帯 電 話 とスマートフォンの 相 違 について 1 スマートフォンは 機 能 的 構 造 的 にPCに 近 い 特 徴 を 有 しているため 従 来 の 携 帯 電 話 が 高 機 能 化 したものではなく 電 話 機 能 の 付 いたPC とみるべき スマートフォン について 統 一 した 資 料 1 スマートフォンのセキュリティについて 平 成 23 年 6 月 16 日 総 務 省 総 合 通 信 基 盤 局 電 気 通 信 事 業 部 消 費 者 行 政 課 携 帯 電 話 とスマートフォンの 相 違 について 1 スマートフォンは 機 能 的 構 造 的 にPCに 近 い 特 徴 を 有 しているため 従 来 の 携 帯 電 話 が 高 機 能 化 したものではなく 電 話 機

More information

ウ 既 存 のホームページからのデータの 移 行 の 際 は 最 新 の 情 報 へ 更 新 なお 既 存 の 観 光 情 報 等 に 不 足 する 項 目 があれば 収 集 したうえで 移 行 すること エ 写 真 その 他 のコンテンツ 及 びその 利 用 に 必 要 な 権 利 は 受 託 者

ウ 既 存 のホームページからのデータの 移 行 の 際 は 最 新 の 情 報 へ 更 新 なお 既 存 の 観 光 情 報 等 に 不 足 する 項 目 があれば 収 集 したうえで 移 行 すること エ 写 真 その 他 のコンテンツ 及 びその 利 用 に 必 要 な 権 利 は 受 託 者 出 水 市 観 光 情 報 サイト 構 築 業 務 仕 様 書 第 1 委 託 業 務 名 出 水 市 観 光 情 報 サイト 構 築 業 務 ( 以 下 本 業 務 という ) 第 2 委 託 業 務 の 目 的 出 水 市 の 観 光 情 報 サイト( 以 下 観 光 情 報 サイト という )の 日 本 語 サイトを 構 築 するとともに 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 のみ

More information

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 12 号 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 平 成 11 年 3 月 31 日 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 項 Ⅰ 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 はじめに 1-1-2 研 究 開 発 の 範

More information

Microsoft Word - HELPNET ケータイ会員規約20160701

Microsoft Word - HELPNET ケータイ会員規約20160701 HELPNET ケータイ 会 員 規 約 (KDDI) この HELPNET ケータイサービス 会 員 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます)は 株 式 会 社 日 本 緊 急 通 報 サービ ス( 以 下 当 社 といいます)が 提 供 する 緊 急 通 報 サービス と 緊 急 通 報 サービス+ロードサービス ( 以 下 本 サービス といいます)の 利 用 について 定 めます Ⅰ 緊

More information

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年 2009 年 5 月 18 日 発 行 増 加 が 見 込 まれる 低 年 金 者 ~ 早 急 な 実 施 が 求 められる 低 年 金 対 策 ~ 要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超

More information

Dアプリ取扱説明書(確定版WORD)

Dアプリ取扱説明書(確定版WORD) スマ 保 災 害 時 ナビ アプリ 取 扱 説 明 書 2016 年 6 月 10 日 改 定 1-1 目 次 1. 注 意 事 項 と 制 限 事 項... 1-3 1.1 1.2 注 意 事 項... 1-3 制 限 事 項... 1-3 2. スマ 保 災 害 時 ナビアプリについて... 2-4 2.1 端 末 ホームキー 押 下 時 のアプリ 動 作... 2-4 3. 災 害 時 ナビの

More information

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc)

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc) 中 津 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 大 分 県 中 津 市 ( 平 成 27 年 3 月 ) 目 次 第 1 章 総 則 1. 目 的 2. 位 置 付 け 3. 計 画 期 間 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の 現 状 3. 耐 震 改 修 等 の 目 標

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 2 IoT 社 会 に 向 けたデータ 利 活 用 施 策 及 び サイバーセキュリティ 戦 略 を 受 けた 今 後 の 対 応 2015 年 9 月 29 日 商 務 情 報 政 策 局 2 0.IoT 社 会 に 向 けた 取 組 当 面 の 政 策 対 応 < 利 活 用 環 境 整 備 > 1.IoT ビッグデータ AIに 関 する ビジョンの 策 定

More information

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文)

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文) 栃 木 県 教 育 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定

More information

(6)パスワード 正 当 な 利 用 者 であることを 識 別 認 証 するために 使 用 される 文 字 列 情 報 をいう (7)アクセス コンピュータ ネットワーク 及 び 情 報 システムを 通 じて データの 検 索 入 力 更 新 消 去 等 を 行 うことをいう (8) 不 正 アクセ

(6)パスワード 正 当 な 利 用 者 であることを 識 別 認 証 するために 使 用 される 文 字 列 情 報 をいう (7)アクセス コンピュータ ネットワーク 及 び 情 報 システムを 通 じて データの 検 索 入 力 更 新 消 去 等 を 行 うことをいう (8) 不 正 アクセ 情 報 セキュリティ 対 策 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 草 加 市 の 情 報 資 産 に 関 するセキュリティ 対 策 の 考 え 方 を 示 した 草 加 市 情 報 セキュリティ 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 3 月 25 日 制 定 以 下 基 本 方 針 という )に 基 づき 当 該 セキュリティ 対 策 の 有 効 性 効 率 性 の 確 保 を 目 的 として

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc) 富 士 山 モール 出 店 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) 本 規 約 は 富 士 吉 田 市 富 士 河 口 湖 町 西 桂 町 鳴 沢 村 忍 野 村 山 中 湖 村 ( 以 下 甲 という)がイ ンターネット 上 で 運 営 する 総 合 情 報 サイト 富 士 山 モール ( 以 下 モール という)への 出 店 に 関 し 甲 と 出 店 申 込 者 ( 以 下 乙 という)との 間

More information

Microsoft PowerPoint - 05_miyohara.ppt

Microsoft PowerPoint - 05_miyohara.ppt 日 本 におけるヘルスケアPKI (HPKI)の 最 新 動 向 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 セキュリティ 委 員 会 委 員 長 茗 原 秀 幸 1. 情 報 セキュリティとは 情 報 セキュリティとは 情 報 資 産 の 機 密 性 完 全 性 及 び 可 用 性 を 維 持 すること 機 密 性 (confidentiality): 情 報 にアクセスすることが 認

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2015 年 度 経 済 産 業 省 次 世 代 物 流 システム 構 築 事 業 費 補 助 金 ( 次 世 代 物 流 システム 構 築 に 関 する 調 査 事 業 ) クレート 等 の 標 準 化 に 関 する 調 査 概 要 版 公 益 社 団 法 人 日 本 ロジスティクスシステム 協 会 ( 委 託 先 : 株 式 会 社 日 通 総 合 研 究 所 ) 2016 年 3 月 1. 調

More information

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用 ステップ2の 完 了 を 受 けた 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 の 見 直 し に 関 する 基 本 的 考 え 方 及 び 今 後 の 検 討 課 題 について 1. はじめに 平 成 23 年 12 月 26 日 原 子 力 災 害 対 策 本 部 ( 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 に 関 する 経 緯 及 び 現 状 ) (1) 本 年 3 月 11 日

More information

徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 平 成 26 年 3 月 国 土 交 通 省 四 国 地 方 整 備 局 徳 島 県 目 次 徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 1. 被 災 想 定 1 2. 参 集 体 制 設 置 7 3. 被 災 施 設 応 急 復 旧 活 動 13 4. 救 援 物 資 輸 送 活 動 43 5. 人

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 平 成 26 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 資 料 熊 本 市 障 がい 保 健 福 祉 課 目 次 Ⅰ 指 導 監 査 について 1~ 5 Ⅱ 平 成 26 年 度 指 導 監 査 方 針 6~13 Ⅲ 過 去 の 実 地 指 導 の 結 果 14~36 Ⅳ 請 求 関 係 について 37~43 Ⅴ その 他 44~49 Ⅰ 指 導 監 査 について 1

More information

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc)

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc) 資 料 4 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 集 団 指 導 ~ 居 宅 介 護 支 援 ~ 香 川 県 健 康 福 祉 部 長 寿 社 会 対 策 課 在 宅 サービスグループ 高 松 市 健 康 福 祉 局 介 護 保 険 課 平 成 25 年 3 月 18 日 - 0 - 1 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 実 地 指 導 等 における 主 な 指 導 内

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CF68A4A97705F8D8296A79378834E8389834583688C5E926E906B835A83938354815B836C83628367838F815B834E8D5C927A82C98CFC82AF82BD8EE682E8916782DD2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CF68A4A97705F8D8296A79378834E8389834583688C5E926E906B835A83938354815B836C83628367838F815B834E8D5C927A82C98CFC82AF82BD8EE682E8916782DD2E70707478> 高 密 度 クラウド 型 地 震 センサーネットワーク 構 築 に 向 けた 取 り 組 み 内 藤 昌 平 ( 防 災 科 研 ) 2015/1/18 名 古 屋 大 学 - 防 災 科 研 研 究 交 流 会 本 日 の 発 表 内 容 研 究 の 背 景 と 目 的 気 象 庁 や 自 治 体 防 災 科 研 が 管 理 する 震 度 計 等 を 合 わせる と 日 本 全 国 に4,000

More information

ご 提 供 価 格 1 配 信 数 無 制 限 月 額 2,000 円 圧 倒 的 な 低 価 格 プラン 名 登 録 アドレス 数 月 額 料 金 初 期 費 用 ( 初 回 のみ) 3,000 3,000 2,000 円 5,000 5,000 3,000 円 7,000 7,000 4,000

ご 提 供 価 格 1 配 信 数 無 制 限 月 額 2,000 円 圧 倒 的 な 低 価 格 プラン 名 登 録 アドレス 数 月 額 料 金 初 期 費 用 ( 初 回 のみ) 3,000 3,000 2,000 円 5,000 5,000 3,000 円 7,000 7,000 4,000 メール 配 信 システムのご 案 内 ご 提 供 価 格 1 配 信 数 無 制 限 月 額 2,000 円 圧 倒 的 な 低 価 格 プラン 名 登 録 アドレス 数 月 額 料 金 初 期 費 用 ( 初 回 のみ) 3,000 3,000 2,000 円 5,000 5,000 3,000 円 7,000 7,000 4,000 円 10,000 10,000 5,000 円 ご 契 約 期

More information