Oracle HTML DBユーザーズ・ガイド, リリース1.5

Size: px
Start display at page:

Download "Oracle HTML DBユーザーズ・ガイド, リリース1.5"

Transcription

1 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド リリース 1.5 部 品 番 号 : B 年 6 月

2 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド, リリース 1.5 部 品 番 号 : B 原 本 名 :Oracle HTML DB User s Guide, Release 1.5 原 本 部 品 番 号 :B 原 本 著 者 :Terri Winters 原 本 協 力 者 :Christina Cho Michael Hichwa Joel Kallman Sergio Leunissen Raj Mattamal Tyler Muth Marc Sewtz Scott Spadafore Jason Straub Copyright 2003 Oracle Corporation. All rights reserved. Printed in Japan. 制 限 付 権 利 の 説 明 このプログラム(ソフトウェアおよびドキュメントを 含 む)には オラクル 社 およびその 関 連 会 社 に 所 有 権 のある 情 報 が 含 まれています このプログラムの 使 用 または 開 示 は オラクル 社 およびその 関 連 会 社 との 契 約 に 記 された 制 約 条 件 に 従 うものとします 著 作 権 特 許 権 およびその 他 の 知 的 財 産 権 と 工 業 所 有 権 に 関 する 法 律 により 保 護 されています 独 立 して 作 成 された 他 のソフトウェアとの 互 換 性 を 得 るために 必 要 な 場 合 もしくは 法 律 によって 規 定 される 場 合 を 除 き このプログラムのリバース エンジニアリング 逆 アセンブル 逆 コンパイル 等 は 禁 止 されています このドキュメントの 情 報 は 予 告 なしに 変 更 される 場 合 があります オラクル 社 およびその 関 連 会 社 は このドキュメントに 誤 りが 無 いことの 保 証 は 致 し 兼 ねます これらのプログラムのライセンス 契 約 で 許 諾 されている 場 合 を 除 き プログラムを 形 式 手 段 ( 電 子 的 または 機 械 的 ) 目 的 に 関 係 なく 複 製 また は 転 用 することはできません このプログラムが 米 国 政 府 機 関 もしくは 米 国 政 府 機 関 に 代 わってこのプログラムをライセンスまたは 使 用 する 者 に 提 供 される 場 合 は 次 の 注 意 が 適 用 されます U.S. GOVERNMENT RIGHTS Programs, software, databases, and related documentation and technical data delivered to U.S. Government customers are "commercial computer software" or "commercial technical data" pursuant to the applicable Federal Acquisition Regulation, and agency-specific supplemental regulations. As such, use, duplication, disclosure, modification, and adaptation of the Programs, including documentation and technical data, shall be subject to the licensing restrictions set forth in the applicable Oracle license agreement, and, to the extent applicable, the additional rights set forth in FAR , Commercial Computer Software--Restricted Rights (June 1987). Oracle Corporation, 500 Oracle Parkway, Redwood City, CA このプログラムは 核 航 空 産 業 大 量 輸 送 医 療 あるいはその 他 の 危 険 が 伴 うアプリケーションへの 用 途 を 目 的 としておりません このプログラムをかかる 目 的 で 使 用 する 際 上 述 のアプリケーションを 安 全 に 使 用 するために 適 切 な 安 全 装 置 バックアップ 冗 長 性 (redundancy) その 他 の 対 策 を 講 じ ることは 使 用 者 の 責 任 となります 万 一 かかるプログラムの 使 用 に 起 因 して 損 害 が 発 生 いたしましても オラクル 社 およびその 関 連 会 社 は 一 切 責 任 を 負 いかねます Oracle は Oracle Corporation およびその 関 連 会 社 の 登 録 商 標 です その 他 の 名 称 は Oracle Corporation または 各 社 が 所 有 する 商 標 または 登 録 商 標 です

3 目 次 はじめに はじめに... xvii 対 象 読 者... xviii このマニュアルの 構 成... xviii 関 連 ドキュメント... xx 表 記 規 則... xxi 第 I 部 Oracle HTML DB を 使 用 する 前 に 1 Oracle HTML DB の 概 要 Oracle HTML DB Application Builder SQL Workshop Data Workshop クイック スタート Oracle HTML DB ユーザー ロールの 理 解 Oracle HTML DB へのログイン 作 業 領 域 のリクエスト 作 業 領 域 へのログイン パスワードの 再 設 定 作 業 領 域 のログアウト Oracle HTML DB ユーザー インタフェースの 概 要 タスク リストの 使 用 の 概 要 その 他 の 参 照 先 アプリケーションの 作 成 ウィザードを 使 用 したアプリケーションの 作 成 i

4 アプリケーションの 実 行 デモンストレーション アプリケーションの 実 行 デモンストレーション アプリケーションの 表 示 およびインストール デモンストレーション アプリケーションの 実 行 デモンストレーション アプリケーションからのアプリケーションの 実 行 Application Builder からのアプリケーションの 実 行 サンプル アプリケーションの 概 要 Home ページ Orders ページ Products ページ Customers ページ 印 刷 用 モードでのページの 表 示 デモンストレーション アプリケーションの 変 更 開 発 者 ツールバー デモンストレーション アプリケーションの 編 集 基 礎 となるデータベース オブジェクトの 表 示 第 II 部 Oracle HTML DB の 使 用 4 Data Workshop を 使 用 したデータの 管 理 Data Workshop データのインポート テキスト ファイルのインポート XML 文 書 のインポート スプレッドシート データのインポート データのエクスポート テキスト ファイルへのエクスポート XML 文 書 へのエクスポート SQL Workshop を 使 用 したデータベース オブジェクトの 管 理 SQL Workshop トランザクションのサポート SQL*Plus コマンドのサポート ii

5 データベース オブジェクトの 表 示 SQL コマンド プロセッサの 使 用 コマンドの 終 了 実 行 計 画 の 使 用 データベース オブジェクトの 参 照 例 示 問 合 せ オブジェクト タイプ 別 のデータベース オブジェクトの 表 示 データベース オブジェクトの 管 理 データベース オブジェクトの 参 照 データベース オブジェクトの 作 成 データベース オブジェクトの 削 除 削 除 されたデータベース オブジェクトのリストア SQL スクリプト リポジトリの 使 用 SQL スクリプト リポジトリ 内 のスクリプト ファイルの 管 理 スクリプト ファイルのアップロードおよび 作 成 スクリプトでのパラメータの 使 用 スクリプトへの SQL 問 合 せの 追 加 スクリプト ファイルのエクスポート SQL アーカイブに 保 存 されたコマンドへのアクセス SQL コマンドの 履 歴 へのアクセス DDL の 生 成 制 御 ファイルの 管 理 制 御 ファイルの 実 行 履 歴 の 表 示 制 御 ファイル ジョブのステータスの 表 示 表 の 管 理 ユーザー インタフェースのデフォルト 値 の 管 理 UI のデフォルト 値 を 使 用 した 表 の 管 理 表 またはビューへの UI のデフォルト 値 の 適 用 UI のデフォルト 値 のエクスポート データ ディクショナリの 参 照 Application Builder の 概 要 ページ レンダリングおよびページ プロセス ページの 概 要 Application Builder でテンプレートを 使 用 する 方 法 ページ テンプレート iii

6 リージョン テンプレート リスト テンプレート レポート テンプレート ラベル テンプレート メニュー テンプレート ポップアップ LOV テンプレート ページ レンダリングおよびページ プロセスの 動 作 共 有 コンポーネントの 概 要 標 準 タブおよび 親 タブ ナビゲーション バー LOV メニュー リスト テンプレート 条 件 付 きのレンダリングおよびプロセスの 理 解 カレント ページ = 式 存 在 する PL/SQL 式 ビルド オプションを 使 用 した 構 成 の 制 御 ビルド オプションの 作 成 ビルド オプション レポートの 表 示 ユーザーの 本 人 確 認 コンポーネントへのアクセスの 制 御 セッション ステートの 管 理 の 概 要 セッション ID の 概 要 セッション ステートの 表 示 セッション ステート 値 の 管 理 セッション ステートの 参 照 セッション ステートの 設 定 セッション ステートの 消 去 アイテムごとのキャッシュの 消 去 ページごとのキャッシュの 消 去 アプリケーション 全 体 のキャッシュの 消 去 カレント ユーザー セッションのキャッシュの 消 去 バインド 変 数 SQL 問 合 せまたは LOV に 基 づいたリージョンでのバインド 変 数 の 使 用 PL/SQL プロシージャでのバインド 変 数 の 使 用 iv

7 URL 構 文 の 概 要 f?p 構 文 を 使 用 したページのリンク アプリケーションおよびページの 別 名 を 使 用 したページのコール ボタンの URL からのページのコール 置 換 文 字 列 の 使 用 組 込 み 置 換 文 字 列 APP_SESSION APP_USER IMAGE_PREFIX WORKSPACE_IMAGES APP_IMAGES BROWSER_LANGUAGE PRINTER_FRIENDLY HOME_LINK PROXY SERVER REQUEST SYSDATE_YYYYMMDD DEBUG APP_ID APP_PAGE_ID APP SCHEMA OWNER SQLERRM AUTHENTICATED_URL_PREFIX LOGOUT_URL PUBLIC_URL_PREFIX CURRENT_PARENT_TAB_TEXT APP_ALIAS APP_UNIQUE_PAGE_ID Application Builder の 使 用 ページの 定 義 の 理 解 Application Builder へのアクセス 選 択 可 能 なアプリケーション リストの 概 要 ページを 編 集 リストの 概 要 アプリケーションのナビゲーション ペインの 概 要 ページ 定 義 の 表 示 ページ ナビゲーション ペインの 使 用 v

8 ページ レポートの 表 示 すべての 条 件 イベント ビュー 履 歴 ページの 詳 細 関 連 ページ すべてのページのサマリー ツリー ビュー 開 発 者 ツールバーの 使 用 アプリケーションの 作 成 新 しいアプリケーションの 作 成 アプリケーションの 削 除 ウィザードを 使 用 した 新 しいページの 作 成 SVG チャートのサポート ページ 定 義 の 表 示 中 のページ 作 成 開 発 者 ツールバーからのページの 作 成 ウィザードを 使 用 したページの 作 成 ページの 削 除 テンプレートでの 操 作 既 存 のテンプレートの 表 示 カスケード スタイルシート カスタム テンプレートの 作 成 テンプレートの 編 集 ページ テンプレートの 編 集 リージョン テンプレートの 編 集 レポート テンプレートの 編 集 リスト テンプレートの 編 集 ラベル テンプレートの 編 集 メニュー テンプレートの 編 集 ボタン テンプレートの 編 集 ポップアップ LOV テンプレートの 編 集 アプリケーション 属 性 の 表 示 アプリケーション 属 性 の 編 集 アプリケーション 定 義 認 可 セッション 管 理 ユーザー インタフェース テンプレート vi

9 テンプレートのデフォルト 値 グローバリゼーション アプリケーションの 可 用 性 グローバル 通 知 Virtual Private Database(VPD) 静 的 置 換 文 字 列 ビルド オプション アプリケーション コメント ページ 属 性 の 表 示 ページ 定 義 の 編 集 ページ レンダリング のコンポーネントの 管 理 ページ リージョン ボタン アイテム ページ 計 算 ページ プロセス ページ プロセス のコンポーネント 検 証 ブランチ 処 理 ページ 属 性 の 編 集 プライマリ ページの 属 性 HTML ヘッダー ページ ヘッダー フッターおよびテキストの 属 性 ロード 時 の JavaScript セキュリティ ページ 送 信 の 重 複 確 認 構 成 管 理 エラー 発 生 時 のテキスト ページ ヘルプ テキスト コメント ページの 実 行 アプリケーション コンポーネントの 構 築 各 ページのコンポーネントの 表 示 ナビゲーションの 追 加 vii

10 タブ セットの 作 成 テンプレートのサポートの 概 要 タブ マネージャを 使 用 したタブ 情 報 の 管 理 標 準 タブのタスク リストの 概 要 ナビゲーション バーの 作 成 ナビゲーション バー エントリの 作 成 メニューの 作 成 メニューの 作 成 メニュー テンプレートの 作 成 ページへのメニューの 追 加 動 的 メニューの 作 成 の 概 要 ツリーの 作 成 リストの 作 成 リストの 作 成 ページへのリストの 追 加 リスト テンプレートの 作 成 の 概 要 ブランチの 作 成 リージョンの 作 成 新 しいリージョンの 作 成 リージョンを 使 用 したフォームの 構 築 リージョンを 使 用 したレポートの 構 築 URL に 基 づくリージョン PL/SQL 動 的 コンテンツに 基 づくリージョン ボタンの 作 成 ボタンの 作 成 ウィザードの 使 用 HTML ボタンの 作 成 LOV の 作 成 LOV の 作 成 LOV 内 でのセッション ステートの 参 照 インライン 静 的 LOV ポップアップ LOV フォームの 作 成 ウィザードを 使 用 したフォームの 構 築 フォームの 手 動 作 成 フォームの 処 理 行 の 自 動 処 理 プロセスの 作 成 つ 以 上 の 挿 入 文 を 含 むプロセスの 作 成 viii

11 PL/SQL API を 使 用 したフォーム 値 の 処 理 フォームの 移 入 フォームでのユーザー 入 力 の 検 証 レポートの 作 成 ウィザードを 使 用 したレポートの 構 築 レポート 属 性 の 管 理 レポート 属 性 の 表 示 列 ソートの 有 効 化 レポートのエクスポート 列 リンクの 作 成 更 新 可 能 な 列 の 定 義 LOV としての 列 定 義 列 の 表 示 条 件 の 制 御 列 ブレークの 制 御 ページ 区 切 りのあるレポートの 作 成 チャートの 作 成 カレンダの 作 成 レイアウトおよびユーザー インタフェースの 指 定 複 数 列 レイアウトの 作 成 複 数 列 のリージョンの 作 成 複 数 列 のページ テンプレートの 作 成 LOV を 使 用 した 別 の LOV の 駆 動 出 力 プレビュー モードの 指 定 アプリケーションに 対 する 出 力 モード テンプレートの 設 定 f?p 構 文 を 使 用 した 出 力 モードの 切 替 え ショートカットの 使 用 ショートカットの 定 義 ヘルプ ページの 作 成 ヘルプ ページおよびヘルプ リージョンの 作 成 ヘルプ テキストの 定 義 ヘルプ ナビゲーション バー アイコンの 作 成 アプリケーションからの 電 子 メールの 送 信 アプリケーションのデバッグ パフォーマンス チューニング セッション ステートの 確 認 ix

12 デバッグ モードへのアクセス SQL トレースの 有 効 化 および TKPROF の 使 用 アプリケーションとページのリソース 使 用 の 監 視 ページ レポートの 表 示 問 題 のある SQL 問 合 せのデバッグ コンポーネントの 削 除 による 問 題 の 特 定 アプリケーションの 管 理 Application Builder ユーティリティへのアクセス アプリケーションのサマリー レポートおよび 使 用 率 レポートの 表 示 アプリケーションのエクスポートおよびインポート アプリケーションをエクスポートする 方 法 データベース オブジェクトの 管 理 アプリケーションおよび 関 連 ファイルのエクスポート 関 連 アプリケーション ファイルのエクスポート エクスポートされたアプリケーション ファイルのインポート ビュー エクスポート リポジトリからのファイルのインストール CSS イメージおよび 静 的 ファイルのアップロード セキュリティの 理 解 セキュリティ ナビゲーション ペインの 使 用 認 証 を 介 したユーザーの 本 人 確 認 認 証 の 仕 組 みの 理 解 認 証 スキームの 作 成 認 証 スキーム リポジトリの 使 用 アプリケーションのカレント 認 証 スキームの 表 示 事 前 構 成 済 の 認 証 スキーム DAD 資 格 証 明 の 検 証 HTML DB アカウント 資 格 証 明 LDAP 資 格 証 明 の 検 証 Single Sign-On Server の 検 証 の 概 要 認 証 スキームを 最 初 から 作 成 する 方 法 セッション 管 理 セキュリティ ログイン ページの 構 築 ディープ リンクの 概 要 認 可 を 介 したセキュリティの 提 供 認 可 スキームの 動 作 方 法 x

13 認 可 スキームの 作 成 評 価 ポイント 属 性 認 可 スキーム ステートのリセット アプリケーション ページまたはコンポーネントへの 認 可 スキームの 割 当 て 認 可 スキームの 使 用 率 レポートの 表 示 開 発 作 業 領 域 の 管 理 管 理 者 ロールの 理 解 ユーザーの 管 理 新 しいユーザー アカウントの 作 成 既 存 のユーザー アカウントの 編 集 パスワードの 変 更 ユーザーの 監 視 セッション ステートおよびユーザー 設 定 項 目 の 管 理 カレント セッションのセッション ステートおよびユーザー 設 定 項 目 の 管 理 最 近 のセッションの 管 理 作 業 領 域 のレポートの 表 示 開 発 者 アクティビティの 監 視 ログ ファイルの 管 理 開 発 サービスの 管 理 現 行 の 作 業 領 域 のステータスの 表 示 データベース スキーマのリクエスト 追 加 の 記 憶 域 のリクエスト サービスの 終 了 のリクエスト 高 度 なプログラミング 手 法 データベース リンクを 使 用 したデータへのアクセス コレクションの 使 用 HTMLDB_COLLECTION API の 使 用 コレクションの 名 前 の 指 定 コレクションの 作 成 コレクションの 切 捨 て コレクションの 削 除 コレクションへのメンバーの 追 加 コレクション メンバーの 更 新 コレクション メンバーの 削 除 xi

14 コレクション ステータスの 判 別 コレクションのマージ コレクションの 管 理 コレクションのセッション ステートの 消 去 バックグラウンド PL/SQL の 実 行 HTMLDB_PLSQL_JOB パッケージの 概 要 システム ステータスの 更 新 プロセスを 使 用 したバックグラウンド PL/SQL の 実 装 Web サービスの 実 装 Web サービスの 作 成 プロセスとしての Web サービスの 起 動 ユーザー 設 定 項 目 の 管 理 ユーザー 設 定 項 目 の 表 示 ユーザー 設 定 項 目 の 設 定 ページ プロセスを 使 用 したユーザー 設 定 項 目 の 設 定 ユーザー 設 定 項 目 に 基 づいたアイテムのソースの 設 定 プログラムでのユーザー 設 定 項 目 の 設 定 手 動 でのユーザー 設 定 項 目 のリセット ページ プロセスを 使 用 した 設 定 項 目 のリセット Oracle HTML DB API HTMLDB_UTIL CLEAR_APP_CACHE プロシージャ CLEAR_USER_CACHE プロシージャ COUNT_CLICK プロシージャ GET_FILE プロシージャ GET_NUMERIC_SESSION_STATE ファンクション GET_PREFERENCE ファンクション GET_SESSION_STATE ファンクション PUBLIC_CHECK_AUTHORIZATION ファンクション REMOVE_PREFERENCE プロシージャ REMOVE_SORT_PREFERENCES プロシージャ RESET_AUTHORIZATIONS プロシージャ SET_PREFERENCE プロシージャ SET_SESSION_STATE プロシージャ xii

15 STRING_TO_TABLE ファンクション TABLE_TO_STRING ファンクション URL_ENCODE ファンクション HTMLDB_ITEM CHECKBOX ファンクション DATE_POPUP ファンクション HIDDEN ファンクション MD5_CHECKSUM ファンクション MD5_HIDDEN ファンクション MULTI_ROW_UPDATE プロシージャ SELECT_LIST ファンクション SELECT_LIST_FROM_LOV ファンクション SELECT_LIST_FROM_LOV_XL ファンクション SELECT_LIST_FROM_QUERY ファンクション SELECT_LIST_FROM_QUERY_XL ファンクション TEXT ファンクション TEXT_FROM_LOV ファンクション RADIOGROUP ファンクション POPUP_FROM_LOV ファンクション POPUP_FROM_QUERY ファンクション POPUPKEY_FROM_LOV ファンクション POPUPKEY_FROM_QUERY ファンクション HTMLDB_APPLICATION 配 列 の 参 照 送 信 時 プロセス 内 の 値 の 参 照 配 列 の 単 一 値 への 変 換 HTMLDB_CUSTOM_AUTH APPLICATION_PAGE_ITEM_EXISTS ファンクション CURRENT_PAGE_IS_PUBLIC ファンクション DEFINE_USER_SESSION プロシージャ GET_NEXT_SESSION_ID ファンクション GET_SECURITY_GROUP_ID ファンクション GET_SESSION_ID ファンクション GET_USER ファンクション SESSION_ID_EXISTS ファンクション xiii

16 SET_USER プロシージャ SET_SESSION_ID プロシージャ SET_SESSION_ID_TO_NEXT_VALUE プロシージャ 第 III 部 管 理 14 作 業 領 域 の 管 理 Oracle HTML DB 管 理 者 の 概 要 作 業 領 域 のレポートの 表 示 作 業 領 域 の 作 成 割 当 てモードの 指 定 サービス リクエストおよび 変 更 リクエストの 管 理 保 留 中 のサービス リクエストまたは 変 更 リクエストの 表 示 サービス リクエストまたは 変 更 リクエストの 承 認 リクエストなしの 作 業 領 域 の 作 成 作 業 領 域 のユーザーの 管 理 作 業 領 域 と 関 連 付 けられたスキーマの 管 理 作 業 領 域 の 削 除 作 業 領 域 のエクスポートおよびインポート サービスの 管 理 ログの 管 理 開 発 者 アクティビティ ログ エントリの 削 除 クリック カウント ログ エントリの 削 除 SQL Workshop ログの 削 除 ユーザー アクティビティ ログ エントリの 削 除 セッション ステートの 管 理 経 過 時 間 ごとのセッションの 消 去 セッションの 詳 細 を 表 示 した 後 の 消 去 セッションの 統 計 を 表 示 した 後 の 消 去 アクティビティの 監 視 エンジン 設 定 の 管 理 xiv

17 16 グローバリゼーションの 管 理 アプリケーションの 言 語 変 換 およびグローバリゼーション サポート 言 語 の 指 定 言 語 変 換 済 アプリケーションのレンダリング 方 法 言 語 変 換 可 能 なコンポーネント メッセージ テキスト 文 字 列 の 動 的 言 語 変 換 テンプレートの 言 語 変 換 アプリケーションのプライマリ 言 語 の 指 定 アイテム 用 の 書 式 マスクの 使 用 マルチバイト 言 語 へのアプリケーションの 言 語 変 換 言 語 変 換 処 理 の 理 解 アプリケーションを 言 語 変 換 ページへのナビゲート プライマリ アプリケーション ID とターゲット アプリケーション ID のマップ 言 語 変 換 ファイルへのテキストのシードおよびエクスポート 言 語 変 換 可 能 なテキストのシード 言 語 変 換 ファイルへのテキストのエクスポート XLIFF ファイルの 言 語 変 換 言 語 変 換 済 XLIFF ドキュメントのアップロードおよび 公 開 PL/SQL プロシージャで 使 用 するメッセージの 言 語 変 換 言 語 変 換 可 能 なメッセージの 定 義 HTMLDB_LANG.MESSAGE API LOV をサポートするデータの 言 語 変 換 動 的 言 語 変 換 の 定 義 HTMLDB_LANG.LANG API Oracle HTML DB のグローバリゼーション コード A 使 用 可 能 な 条 件 索 引 Oracle HTML DB で 使 用 可 能 な 条 件... A-2 xv

18 xvi

19 はじめに このマニュアルでは Oracle HTML DB 開 発 環 境 を 使 用 して データベース 集 中 型 の Web アプリケーションを 構 築 および 配 置 する 方 法 について 説 明 します Oracle HTML DB は 複 数 の 作 業 領 域 が 別 々のデータベースで 実 行 しているように それらの 作 業 領 域 でアプリケー ションを 構 築 し そのアプリケーションにアクセスできるようにして 単 一 の Oracle デー タベースを 共 有 サービスに 変 換 します ここでは 次 の 項 目 について 説 明 します 対 象 読 者 このマニュアルの 構 成 関 連 ドキュメント 表 記 規 則 xvii

20 対 象 読 者 このマニュアルは Oracle HTML DB を 使 用 してデータベース 集 中 型 の Web アプリケー ションを 構 築 するアプリケーション 開 発 者 を 対 象 としています このマニュアルでは Oracle HTML DB 開 発 環 境 を 使 用 して アプリケーションを 構 築 デバッグ 管 理 および 配 置 する 方 法 について 説 明 します このマニュアルを 使 用 するには リレーショナル データ ベースの 概 念 および Oracle HTML DB を 実 行 するオペレーティング システム 環 境 につい て 理 解 しておく 必 要 があります このマニュアルの 構 成 このマニュアルの 構 成 は 次 のとおりです 第 I 部 Oracle HTML DB を 使 用 する 前 に 第 I 部 では Oracle HTML DB の 基 本 的 な 概 念 を 説 明 し Oracle HTML DB の 概 要 を 示 しま す 第 1 章 Oracle HTML DB の 概 要 この 章 では Oracle HTML DB の 概 要 およびデータベース 集 中 型 の Web アプリケーショ ンを 開 発 するために 使 用 する Oracle HTML DB のコンポーネントの 概 要 を 示 します 第 2 章 クイック スタート この 章 では Oracle HTML DB の 使 用 方 法 の 概 要 を 説 明 します 第 3 章 デモンストレーション アプリケーションの 実 行 この 章 では デモンストレーション アプリケーションを 実 行 する 方 法 を 説 明 し Oracle HTML DB に 固 有 の 基 礎 概 念 を 説 明 します 第 II 部 Oracle HTML DB の 使 用 第 II 部 では Data Workshop SQL Workshop および Application Builder を 使 用 してデータ ベース ドリブンのアプリケーションを 開 発 する 方 法 を 説 明 します 第 4 章 Data Workshop を 使 用 したデータの 管 理 この 章 では Data Workshop を 使 用 して ホスティングされたデータベースとの 間 でデータ をインポートまたはエクスポートする 方 法 を 説 明 します 第 5 章 SQL Workshop を 使 用 したデータベース オブジェクトの 管 理 この 章 では SQL Workshop を 使 用 してデータベース オブジェクトを 表 示 および 管 理 する 方 法 およびデータ ディクショナリを 参 照 する 方 法 を 説 明 します xviii

21 第 6 章 Application Builder の 概 要 この 章 では Application Builder の 概 要 を 説 明 します 第 7 章 Application Builder の 使 用 この 章 では Application Builder を 使 用 して アプリケーションを 構 成 するページを 構 築 す る 方 法 を 説 明 します 第 8 章 アプリケーション コンポーネントの 構 築 この 章 では Oracle HTML DB で ナビゲーション リージョン ボタン LOV フォー ム レポート チャート ヘルプ ページなどのアプリケーション コンポーネントを 構 築 する 方 法 を 説 明 します 第 9 章 アプリケーションのデバッグ この 章 では デバッグ モードの 表 示 SQL トレースの 有 効 化 ページ レポートの 表 示 な ど アプリケーションの 様 々なデバッグ 方 法 を 説 明 し コンポーネントを 手 動 で 削 除 して 問 題 を 分 離 する 方 法 を 説 明 します 第 10 章 アプリケーションの 管 理 この 章 では Application Builder ユーティリティに 関 する 情 報 を 示 し アプリケーションを エクスポートおよびインポートする 方 法 およびアプリケーション セキュリティを 管 理 する 方 法 を 説 明 します 第 11 章 開 発 作 業 領 域 の 管 理 この 章 では 作 業 領 域 管 理 者 が 使 用 可 能 なツールおよびレポートについて 説 明 します 第 12 章 高 度 なプログラミング 手 法 この 章 では データベース リンクの 確 立 コレクションの 使 用 バックグラウンド SQL の 実 行 Web サービスの 使 用 ユーザー 設 定 項 目 の 管 理 など 高 度 なプログラミング 手 法 に ついて 説 明 します 第 13 章 Oracle HTML DB API この 章 では 使 用 可 能 な Oracle HTML DB API について 説 明 します 第 III 部 管 理 第 III 部 では 作 業 領 域 の 作 成 と 管 理 アプリケーションの 変 換 アクティビティ ログ ファイルおよびセッションの 管 理 など Oracle HTML DB の 管 理 に 関 連 するタスクについて 説 明 します xix

22 第 14 章 作 業 領 域 の 管 理 この 章 では 作 業 領 域 の 管 理 時 に Oracle HTML DB 管 理 者 が 実 行 するタスクについて 説 明 し ます 第 15 章 サービスの 管 理 この 章 では 電 子 メールの 送 信 ユーザー アクティビティの 監 視 ログ ファイルの 管 理 セッションの 管 理 など 管 理 者 が Oracle HTML DB で 実 行 可 能 なその 他 のアクティビ ティについて 説 明 します 第 16 章 グローバリゼーションの 管 理 この 章 では Oracle HTML DB で 作 成 されたアプリケーションを 言 語 変 換 する 方 法 について 説 明 します 付 録 A 使 用 可 能 な 条 件 この 付 録 では Oracle HTML DB で 使 用 可 能 な 条 件 のリストを 示 します 関 連 ドキュメント 詳 細 は 次 の Oracle リソースを 参 照 してください Oracle Database 概 要 Oracle Database アプリケーション 開 発 者 ガイド - 基 礎 編 Oracle Database 管 理 者 ガイド Oracle Database SQL リファレンス このマニュアルに 記 載 されている 多 数 の 例 は Oracle とともにデフォルトでインストールさ れる シード データベースのサンプル スキーマを 使 用 しています これらのスキーマが どのように 作 成 されているかと その 使 用 方 法 については Oracle Database サンプル ス キーマ を 参 照 してください リリース ノート インストール 関 連 ドキュメント ホワイト ペーパーまたはその 他 の 関 連 ドキュメントは OTN-J(Oracle Technology Network Japan)から 無 償 でダウンロード できます OTN-J を 使 用 するには オンラインでの 登 録 が 必 要 です 登 録 は 次 の Web サ イトから 無 償 で 行 えます すでに OTN-J のユーザー 名 およびパスワードを 取 得 している 場 合 は 次 の URL で OTN-J Web サイトのドキュメントのセクションに 直 接 接 続 できます xx

23 表 記 規 則 この 項 では このマニュアルの 本 文 およびコード 例 で 使 用 される 表 記 規 則 について 説 明 しま す この 項 の 内 容 は 次 のとおりです 本 文 の 表 記 規 則 コード 例 の 表 記 規 則 本 文 の 表 記 規 則 本 文 では 特 定 の 項 目 が 一 目 でわかるように 次 の 表 記 規 則 を 使 用 します 次 の 表 に その 規 則 と 使 用 例 を 示 します 規 則 意 味 例 太 字 固 定 幅 フォントの 大 文 字 固 定 幅 フォントの 小 文 字 太 字 は 本 文 中 で 定 義 されている 用 語 およ び 用 語 集 に 記 載 されている 用 語 を 示 しま す 固 定 幅 フォントの 大 文 字 は システム 指 定 の 要 素 を 示 します このような 要 素 には パラメータ 権 限 データ 型 Recovery Manager キーワード SQL キーワード SQL*Plus またはユーティリティ コマン ド パッケージおよびメソッドがありま す また システム 指 定 の 列 名 データ ベース オブジェクト データベース 構 造 ユーザー 名 およびロールも 含 まれま す 固 定 幅 フォントの 小 文 字 は 実 行 可 能 ファ イル ファイル 名 ディレクトリ 名 および ユーザーが 指 定 する 要 素 のサンプルを 示 し ます このような 要 素 には コンピュータ 名 およびデータベース 名 ネット サービ ス 名 および 接 続 識 別 子 があります また ユーザーが 指 定 するデータベース オブ ジェクトとデータベース 構 造 列 名 パッ ケージとクラス ユーザー 名 とロール プ ログラム ユニットおよびパラメータ 値 も 含 まれます この 句 を 指 定 すると 索 引 構 成 表 が 作 成 されます NUMBER 列 に 対 してのみ この 句 を 指 定 できます BACKUP コマンドを 使 用 して データベースの バックアップを 作 成 できます USER_TABLES データ ディクショナリ ビュー 内 の TABLE_NAME 列 を 問 い 合 せます DBMS_STATS.GENERATE_STATS プロシージャを 使 用 します sqlplus と 入 力 して SQL*Plus をオープンしま す パスワードは orapwd ファイルで 指 定 します /disk1/oracle/dbs ディレクトリ 内 のデータ ファイルおよび 制 御 ファイルのバックアップを 作 成 します hr.departments 表 には department_id department_name および location_id 列 があ ります QUERY_REWRITE_ENABLED 初 期 化 パラメータを true に 設 定 します oe ユーザーとして 接 続 します 注 意 : プログラム 要 素 には 大 文 字 と 小 文 JRepUtil クラスが 次 のメソッドを 実 装 します 字 を 組 み 合 せて 使 用 するものもあります これらの 要 素 は 記 載 されているとおりに 入 力 してください xxi

24 規 則 意 味 例 固 定 幅 フォントの 固 定 幅 フォントの 小 文 字 のイタリックは 小 文 字 のイタリック プレースホルダまたは 変 数 を 示 します parallel_clause を 指 定 できます Uold_release.SQL を 実 行 します ここで old_release とはアップグレード 前 にインス トールしたリリースを 示 します コード 例 の 表 記 規 則 コード 例 は SQL PL/SQL SQL*Plus または 他 のコマンドライン 文 の 例 です 次 のように 固 定 幅 フォントで 表 示 され 通 常 のテキストと 区 別 されます SELECT username FROM dba_users WHERE username = 'MIGRATE'; 次 の 表 に コード 例 で 使 用 される 表 記 規 則 とその 使 用 例 を 示 します 規 則 意 味 例 [ ] 大 カッコは カッコ 内 の 項 目 を 任 意 に 選 択 することを 表 します 大 カッコは 入 力 し ないでください { } 中 カッコは カッコ 内 の 項 目 のうち 1 つが 必 須 であることを 表 します 中 カッコは 入 力 しないでください 縦 線 は 大 カッコまたは 中 カッコ 内 の 複 数 の 選 択 項 目 の 区 切 りに 使 用 します 項 目 の うちの 1 つを 入 力 します 縦 線 は 入 力 し ないでください DECIMAL (digits [, precision ]) {ENABLE DISABLE} {ENABLE DISABLE} [COMPRESS NOCOMPRESS]... 水 平 の 省 略 記 号 は 次 のいずれかを 示 しま す 例 に 直 接 関 連 しないコードの 一 部 が 省 略 されている CREATE TABLE... AS subquery; コードの 一 部 を 繰 り 返 すことができる SELECT col1, col2,..., coln FROM employees;... 垂 直 の 省 略 記 号 は 例 に 直 接 関 連 しない 複 数 の 行 が 省 略 されていることを 示 します SQL> SELECT NAME FROM V$DATAFILE; NAME /fsl/dbs/tbs_01.dbf /fs1/dbs/tbs_02.dbf... /fsl/dbs/tbs_09.dbf 9 rows selected. xxii

25 規 則 その 他 の 記 号 イタリック 体 大 文 字 小 文 字 意 味 大 カッコ 中 カッコ 縦 線 および 省 略 記 号 以 外 の 記 号 は 記 載 されているとおりに 入 力 する 必 要 があります イタリック 体 は 特 定 の 値 を 指 定 する 必 要 があるプレースホルダや 変 数 を 示 します 大 文 字 は システム 指 定 の 要 素 を 示 します これらの 要 素 は ユーザー 定 義 の 要 素 と 区 別 するために 大 文 字 で 示 されます 大 カッ コ 内 にないかぎり 表 示 されているとおり の 順 序 および 綴 りで 入 力 します ただし 大 / 小 文 字 が 区 別 されないため 小 文 字 で も 入 力 できます 小 文 字 は ユーザー 指 定 のプログラム 要 素 を 示 します たとえば 表 名 列 名 または ファイル 名 などです 例 acctbal NUMBER(11,2); acct CONSTANT NUMBER(4) := 3; CONNECT SYSTEM/system_password DB_NAME = database_name SELECT last_name, employee_id FROM employees; SELECT * FROM USER_TABLES; DROP TABLE hr.employees; SELECT last_name, employee_id FROM employees; sqlplus hr/hr 注 意 : プログラム 要 素 には 大 文 字 と 小 文 字 を 組 み 合 せて 使 用 するものもあります こ れらの 要 素 は 記 載 されているとおりに 入 力 してください CREATE USER mjones IDENTIFIED BY ty3mu9; xxiii

26 xxiv

27 第 I 部 Oracle HTML DB を 使 用 する 前 に 第 I 部 では Oracle HTML DB の 概 要 を 示 します Oracle HTML DB の 基 本 的 な 概 念 を 説 明 します 第 I 部 に 含 まれる 章 は 次 のとおりです 第 1 章 Oracle HTML DB の 概 要 第 2 章 クイック スタート 第 3 章 デモンストレーション アプリケーションの 実 行

28

29 1 Oracle HTML DB の 概 要 この 章 では Oracle HTML DB の 概 要 およびデータベース 集 中 型 の Web アプリケーショ ンを 開 発 するために 使 用 する Oracle HTML DB のコンポーネントの 概 要 を 示 します この 章 の 内 容 は 次 のとおりです Oracle HTML DB Application Builder SQL Workshop Data Workshop Oracle HTML DB の 概 要 1-1

30 Oracle HTML DB Oracle HTML DB Application Builder Oracle HTML DB は データベース 集 中 型 の Web アプリケーションを 開 発 および 配 置 する ための ホスティングされた 宣 言 的 な 開 発 環 境 です Oracle HTML DB は 複 数 の 作 業 領 域 が 別 々のデータベースで 実 行 しているように それらの 作 業 領 域 でアプリケーションを 構 築 し そのアプリケーションにアクセスできるようにして 単 一 の Oracle データベースを 共 有 サービスに 変 換 します Oracle HTML DB を 使 用 すると 設 計 テーマ ナビゲーション コントロール フォーム ハンドラ 自 由 度 が 高 いレポートなどの 組 込 み 機 能 を 使 用 して アプリケーション 開 発 プロセスを 短 縮 できます HTML DB エンジンは データベース 表 に 格 納 されたデータから リアルタイムでアプリ ケーションをレンダリングします アプリケーションを 作 成 または 拡 張 すると Oracle HTML DB はメタデータを 作 成 するか またはデータベース 表 に 格 納 されたメタデータを 変 更 します アプリケーションを 実 行 した 後 HTML DB エンジンは メタデータを 読 み 込 み アプリケーションを 表 示 します Oracle HTML DB は コーディングの 必 要 なく 自 動 的 にセッション ステートを 保 持 しま す アプリケーションでステートフルな 動 作 を 行 うために Oracle HTML DB はデータベー スのセッション ステートを 透 過 的 に 管 理 します アプリケーション 開 発 者 は 標 準 的 な SQL バインド 変 数 構 文 および 単 純 な 置 換 処 理 によって セッション ステートを 取 得 および 設 定 できます Oracle HTML DB 開 発 プラットフォームは 次 のコンポーネントで 構 成 されています Application Builder SQL Workshop Data Workshop Application Builder を 使 用 すると 表 やプロシージャなどのデータベース オブジェクトの 最 上 位 に HTML インタフェース(またはアプリケーション)を 構 築 することができます アプリケーションは タブ ボタンまたはハイパー テキスト リンクを 使 用 して 相 互 にリ ンクされた データベース ドリブンの Web ページのコレクションです アプリケーショ ンの 作 成 後 指 定 したテンプレートおよび UI 要 素 を 使 用 して HTML DB エンジンでアプ リケーションがレンダリングされます ページは アプリケーションの 基 本 的 なビルディング ブロックです 各 ページにはボタン およびフィールドを 配 置 でき アプリケーション ロジック(またはプロセス)を 含 めるこ とができます ページでは 条 件 付 きナビゲーションを 使 用 したあるページから 次 のページ へのブランチ 計 算 の 実 行 検 証 ( 編 集 確 認 など)の 実 行 レポート フォームおよび チャートの 表 示 を 行 うことができます 1-2 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド

31 Data Workshop SQL Workshop Data Workshop SQL Workshop を 使 用 すると データベース オブジェクトを Web ブラウザから 表 示 およ び 管 理 できます SQL Workshop を 使 用 すると データの 格 納 や 取 得 SQL コマンドの 実 行 および 次 のタスクの 実 行 を 行 うことができます 参 照 : 6-1 ページの Application Builder の 概 要 を 参 照 してください 7-1 ページの Application Builder の 使 用 を 参 照 してください 8-1 ページの アプリケーション コンポーネントの 構 築 を 参 照 し てください SQL コマンドの 実 行 SQL スクリプトのアップロードおよび 実 行 実 行 済 SQL の 履 歴 の 保 持 データベース オブジェクトの 作 成 または 変 更 データの 例 示 問 合 せ データ ディクショナリの 参 照 ドリルアップおよびドリルダウンを 使 用 したデータベース 参 照 の 有 効 化 参 照 : 5-1 ページの SQL Workshop を 使 用 したデータベース オブジェ クトの 管 理 を 参 照 してください Data Workshop を 使 用 すると ホスティングされたデータベースとの 間 でデータをインポー トまたはエクスポートすることができます インポート 可 能 な 形 式 には テキスト(カンマ 区 切 りデータやタブ 区 切 りデータ) XML 文 書 およびスプレッドシートが 含 まれます エク スポート 可 能 な 形 式 には テキスト(カンマ 区 切 りやタブ 区 切 りデータ)および XML 文 書 が 含 まれます たとえば スプレッドシートのインポート ウィザードを 使 用 して スプレッドシートを データベース 表 に 変 換 することによって 複 数 のユーザーでデータをすばやく 共 有 できま す このウィザードを 実 行 すると SQL の 知 識 がなくても 新 しい 表 を 作 成 し データを ロードできます データをデータベース 表 にロードすると 他 のデータベース 表 と 同 様 に そのデータベース 表 の 最 上 位 でアプリケーションを 構 築 できます Oracle HTML DB の 概 要 1-3

32 Data Workshop 参 照 : 4-1 ページの Data Workshop を 使 用 したデータの 管 理 を 参 照 して ください 4-3 ページの スプレッドシート データのインポート を 参 照 して ください 1-4 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド

33 2 クイック スタート この 章 では Oracle HTML DB の 使 用 方 法 の 概 要 を 説 明 します インストール 処 理 が 完 了 し ていることを 前 提 としています この 章 の 内 容 は 次 のとおりです Oracle HTML DB ユーザー ロールの 理 解 Oracle HTML DB へのログイン Oracle HTML DB ユーザー インタフェースの 概 要 アプリケーションの 作 成 ウィザードを 使 用 したアプリケーションの 作 成 参 照 : 3-1 ページの デモンストレーション アプリケーションの 実 行 を 参 照 してください 6-1 ページの Application Builder の 概 要 を 参 照 してください 7-1 ページの Application Builder の 使 用 を 参 照 してください クイック スタート 2-1

34 Oracle HTML DB ユーザー ロールの 理 解 Oracle HTML DB ユーザー ロールの 理 解 Oracle HTML DB 開 発 環 境 では ユーザーは 作 業 領 域 という 作 業 用 の 共 有 領 域 にログインし ます ユーザーは 次 の 3 つの 主 なロールに 分 類 されます 開 発 者 作 業 領 域 管 理 者 Oracle HTML DB 管 理 者 開 発 者 は アプリケーションを 作 成 および 編 集 できます 作 業 領 域 管 理 者 は 作 業 領 域 固 有 の 管 理 タスクを 実 行 します Oracle HTML DB 管 理 者 は Oracle HTML DB 開 発 環 境 インス タンス 全 体 を 管 理 します Oracle HTML DB へのログイン Oracle HTML DB へログインするときは 作 業 領 域 にログインします 作 業 領 域 は Oracle HTML DB 開 発 環 境 内 の 領 域 で 複 数 の 開 発 者 がアプリケーションを 作 成 できます この 項 の 内 容 は 次 のとおりです 参 照 : 6-1 ページの Application Builder の 概 要 を 参 照 してください 11-1 ページの 開 発 作 業 領 域 の 管 理 を 参 照 してください 14-1 ページの 作 業 領 域 の 管 理 を 参 照 してください 作 業 領 域 のリクエスト 作 業 領 域 へのログイン パスワードの 再 設 定 作 業 領 域 のログアウト 注 意 : ユーザーが 作 業 領 域 をリクエストしたり パスワードを 変 更 する には Oracle HTML DB 管 理 者 がエンジン 設 定 を 構 成 する 必 要 がありま す 参 照 : 15-6 ページの エンジン 設 定 の 管 理 を 参 照 してください 2-2 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド

35 Oracle HTML DB へのログイン 作 業 領 域 のリクエスト 注 意 : この 項 は Oracle HTML DB 管 理 者 が 作 業 領 域 のリクエストを サポートするために Oracle HTML DB を 構 成 済 である 場 合 にのみ 適 用 され ます 参 照 : 作 業 領 域 のリクエストを 有 効 にする 方 法 の 詳 細 は 14-4 ページの 割 当 てモードの 指 定 を 参 照 してください Oracle HTML DB へログインする 前 に 作 業 領 域 をリクエストする 必 要 があります 各 作 業 領 域 には 一 意 の ID と 名 前 があります 適 切 な 資 格 証 明 を 持 つ 管 理 者 のみが 新 しい 作 業 領 域 を 作 成 できます 作 業 領 域 をリクエストするには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. Web ブラウザで Oracle HTML DB のログイン ページにナビゲートします デフォル トでは Oracle HTML DB は 次 の 場 所 にインストールされます Authentication Descriptor/htmldb ログイン ページが 表 示 されます 2. タスク で 作 業 領 域 をリクエスト をクリックします サービスのリクエスト ウィザードが 表 示 されます 3. 続 行 をクリックし 画 面 に 表 示 される 手 順 に 従 います 参 照 : 14-3 ページの 作 業 領 域 の 作 成 を 参 照 してください 作 業 領 域 へのログイン 作 業 領 域 のリクエストが 承 認 されると Oracle HTML DB 管 理 者 から 作 業 領 域 名 ユーザー 名 およびパスワードが 提 供 されます Oracle HTML DB にログインするには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. Web ブラウザで Oracle HTML DB のログイン ページにナビゲートします デフォル トでは Oracle HTML DB は 次 の 場 所 にインストールされます Authentication Descriptor/htmldb ログイン ページが 表 示 されます クイック スタート 2-3

36 Oracle HTML DB へのログイン 2. ログイン で 次 のように 入 力 します 作 業 領 域 で 作 業 領 域 名 を 入 力 します ユーザー 名 で ユーザー 名 を 入 力 します パスワード で パスワードを 大 / 小 文 字 を 区 別 して 入 力 します パスワードの 再 設 定 作 業 領 域 のログアウト 3. ログイン ログイン をクリックします Oracle HTML DB のログイン ページにある パスワードを 再 設 定 リンクをクリックする と パスワードを 再 設 定 できます パスワードを 再 設 定 するには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. Web ブラウザで Oracle HTML DB のログイン ページにナビゲートします デフォル トでは Oracle HTML DB は 次 の 場 所 にインストールされます Authentication Descriptor/htmldb 2. タスク で パスワードを 再 設 定 をクリックします 3. 作 業 領 域 名 および 電 子 メール アドレスを 入 力 して パスワードを 再 設 定 をクリッ クします 新 しいパスワードが 指 定 した 電 子 メール アドレスに 送 信 されます Oracle HTML DB をログアウトするには ウィンドウの 右 上 にある ログアウト ログアウト アイコン をクリックします 2-4 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド

37 Oracle HTML DB ユーザー インタフェースの 概 要 Oracle HTML DB ユーザー インタフェースの 概 要 Oracle HTML DB にログインすると 図 2-1 に 示 す Oracle HTML DB のホームページが 表 示 されます 図 2-1 Oracle HTML DB のホームページ Oracle HTML DB 開 発 環 境 は 3 つのコンポーネントで 構 成 されています Application Builder: Application Builder を 使 用 すると 表 やプロシージャなどのデー タベース オブジェクトの 外 観 として HTML インタフェース(またはアプリケーショ ン)を 構 築 できます SQL Workshop: SQL Workshop を 使 用 すると データベース オブジェクトを Web ブ ラウザから 表 示 および 管 理 できます Data Workshop: Data Workshop を 使 用 すると ホスティングされたデータベースとの 間 でデータをインポートまたはエクスポートできます これらのコンポーネントにアクセスするには ページ 中 央 の 大 きいアイコンをクリックする か 右 上 にあるナビゲーション バー アイコンをクリックします 管 理 を 使 用 すると 管 理 サービス ページにアクセスできます クイック スタート 2-5

38 アプリケーションの 作 成 ウィザードを 使 用 したアプリケーションの 作 成 タスク リストの 使 用 の 概 要 その 他 の 参 照 先 多 くの Oracle HTML DB ページでは ページの 右 側 にタスク リストがあります リスト アイテムを 選 択 すると 共 通 の 手 順 にすばやくリンクされます Oracle HTML DB のほとんどのページには ページ レベル ヘルプがあります ページ 右 側 のテキスト ボックスに 表 示 されるページ レベル ヘルプでは そのページの 機 能 の 簡 単 な 説 明 が 表 示 されます Oracle HTML DB には 次 の 2 つの 形 式 のオンライン ヘルプも あります 手 続 き 型 オンライン ヘルプ : ヘルプ ナビゲーション バー アイコンをクリックす ると HTML ベースのオンライン ヘルプにアクセスできます フィールド レベル ヘルプ : Oracle HTML DB のほとんどの LOV 選 択 リスト チェック ボックスおよびフィールドには アイテム ヘルプがあります アイテム ヘルプが 使 用 可 能 な 場 合 は カーソルを 合 わせると アイテム ラベルがハイライト 表 示 されます アイテム ラベルをクリックすると 別 のウィンドウに 説 明 が 表 示 されま す アプリケーションの 作 成 ウィザードを 使 用 したアプリケーション の 作 成 エンド ユーザーが Oracle データベースのデータにすばやくアクセスできるようにするた めの 簡 単 な 方 法 は アプリケーションの 作 成 ウィザードを 使 用 することです このウィザー ドでは 最 大 5 ページで 構 成 される 基 本 的 なアプリケーションを 作 成 します このアプリ ケーションには 次 のコンポーネントが 含 まれます 参 照 : 6-1 ページの Application Builder の 概 要 を 参 照 してください 7-1 ページの Application Builder の 使 用 を 参 照 してください 5-1 ページの SQL Workshop を 使 用 したデータベース オブジェクト の 管 理 を 参 照 してください 4-1 ページの Data Workshop を 使 用 したデータの 管 理 を 参 照 して ください 11-1 ページの 開 発 作 業 領 域 の 管 理 を 参 照 してください メニューが 含 まれるホームページ 検 索 可 能 レポート 2-6 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド

39 アプリケーションの 作 成 ウィザードを 使 用 したアプリケーションの 作 成 編 集 ページ 挿 入 ページ チャート 作 成 ページ アプリケーションの 作 成 ウィザードでは レポートの 作 成 およびデータの 更 新 挿 入 対 象 となる 単 一 の 表 または 関 連 性 のない 複 数 の 表 が 存 在 することを 想 定 しています 生 成 した アプリケーションは Application Builder を 使 用 して 変 更 できます アプリケーションの 作 成 ウィザードでアプリケーションを 作 成 するには 次 の 手 順 を 実 行 し ます ページの Oracle HTML DB へのログイン の 説 明 に 従 って Oracle HTML DB に ログインします 2. ウィンドウの 右 上 にある ビルド ビルド ナビゲーション バー アイコンをクリックします ( 図 2-2 を 参 照 ) 図 2-2 ビルド ナビゲーション バー アイコン Application Builder が 表 示 されます 3. アプリケーションを 作 成 をクリックします( 図 2-3 を 参 照 ) 図 2-3 アプリケーションを 作 成 アイコン アプリケーションの 作 成 ウィザードが 表 示 されます クイック スタート 2-7

40 アプリケーションの 作 成 ウィザードを 使 用 したアプリケーションの 作 成 アプリケーションの 実 行 4. 作 成 方 法 を 選 択 で 既 存 の 表 に 基 づく をクリックし 次 へ をクリックします へ 指 定 した 既 存 の 表 に 基 づく 完 全 なアプリケーションが 作 成 されます デフォルトのオプ ションを 選 択 すると メニュー 軌 跡 メニュー レポート ページ フォーム ページ およびチャート ページを 含 むアプリケーションが 作 成 されます 5. アプリケーションの 基 になる 表 またはビューを 選 択 し 次 へ をクリックします へ 各 アプリケーションは 特 定 のデータベース スキーマが 所 有 する 表 またはビューに 基 づきます 6. アプリケーション 名 を 指 定 します 7. 必 要 であれば 次 のオプションを 選 択 して 次 へ をクリックします へ 軌 跡 リンク ナビゲーション 機 能 を 含 む レポート ページの 主 キーの 非 表 示 8. 選 択 内 容 を 確 認 して 完 了 をクリックします 確 認 ページに 次 の 2 つのアイコンが 表 示 されます アプリケーションを 実 行 アプリケーションを 編 集 参 照 : クイック アプリケーションの 確 認 ページからのアプリケーショ ンの 実 行 の 詳 細 は 2-8 ページの アプリケーションの 実 行 を 参 照 してください Application Builder からのアプリケーションの 実 行 の 詳 細 は 7-57 ページの ページの 実 行 を 参 照 してください アプリケーション 属 性 の 詳 細 は 7-29 ページの アプリケーション 属 性 の 編 集 を 参 照 してください クイック アプリケーションの 確 認 ページの アプリケーションを 実 行 アイコンをク リックすると アプリケーションを 実 行 できます クイック アプリケーションの 確 認 ページからアプリケーションを 実 行 するには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. アプリケーションを 実 行 をクリックします ログイン ページが 表 示 されます 2-8 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド

41 アプリケーションの 作 成 ウィザードを 使 用 したアプリケーションの 作 成 2. 作 業 領 域 のユーザー 名 およびパスワードを 入 力 して ログイン ログイン をクリックし アプ リケーションにログインします アプリケーションが 表 示 されます 開 発 者 ツールバーがページの 下 部 に 表 示 されま す( 図 2-4 を 参 照 ) 図 2-4 Application Builder の 開 発 者 ツールバー 開 発 者 ツールバーを 使 用 すると カレント ページの 編 集 新 しいページ コント ロールまたはコンポーネントの 作 成 セッション ステートの 表 示 または 編 集 リンクの オン / オフを 簡 単 に 切 り 替 えられます 3. アプリケーションの 内 容 を 表 示 します 4. アプリケーションを 終 了 し Application Builder に 戻 るには 開 発 者 ツールバーの ページを 編 集 をクリックします 図 2-5 に 示 すとおり ページ 定 義 が 表 示 されます 図 2-5 ページ 定 義 ページは アプリケーションの 基 本 的 なビルディング ブロックです ページ 定 義 を 使 用 すると ページを 定 義 するコンポーネントを 表 示 作 成 および 編 集 できます クイック スタート 2-9

42 アプリケーションの 作 成 ウィザードを 使 用 したアプリケーションの 作 成 5. Application Builder のホームページに 戻 るには アプリケーション アプリケーション タブを 選 択 しま す 参 照 : 6-1 ページの Application Builder の 概 要 を 参 照 してください 7-2 ページの ページの 定 義 の 理 解 を 参 照 してください 7-10 ページの 開 発 者 ツールバーの 使 用 を 参 照 してください 2-10 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド

43 3 デモンストレーション アプリケーションの 実 行 この 章 では Oracle HTML DB とともにインストールされたデモンストレーション アプリ ケーションを 実 行 および 変 更 する 方 法 を 説 明 します これらのアプリケーションを 実 行 した り 動 作 方 法 を 分 析 すると Oracle HTML DB を 使 用 して 独 自 のアプリケーションを 構 築 す る 方 法 を 理 解 するのに 役 立 ちます この 章 の 内 容 は 次 のとおりです デモンストレーション アプリケーションの 表 示 およびインストール デモンストレーション アプリケーションの 実 行 サンプル アプリケーションの 概 要 デモンストレーション アプリケーションの 変 更 基 礎 となるデータベース オブジェクトの 表 示 参 照 : 第 1 章 Oracle HTML DB の 概 要 を 参 照 してください 第 2 章 クイック スタート を 参 照 してください 第 6 章 Application Builder の 概 要 を 参 照 してください 第 7 章 Application Builder の 使 用 を 参 照 してください デモンストレーション アプリケーションの 実 行 3-1

44 デモンストレーション アプリケーションの 表 示 およびインストール デモンストレーション アプリケーションの 表 示 およびインス トール Oracle HTML DB とともに 多 くのデモンストレーション アプリケーションがインストール されます これらのアプリケーションを 使 用 して アプリケーションに 組 み 込 むことができ る 多 様 な 機 能 について 学 習 してください Oracle HTML DB に 含 まれるデモンストレーション アプリケーションを 表 示 するには 次 の 手 順 を 実 行 します ページの Oracle HTML DB へのログイン の 説 明 に 従 って Oracle HTML DB に ログインします Oracle HTML DB が 表 示 されます 2. ページの 右 側 の タスク リストから デモンストレーション アプリケーションを レビュー を 選 択 します デモンストレーション アプリケーション ページに 次 のアプリケーションへのリ ンクが 表 示 されます サンプル アプリケーション には 基 本 的 な 設 計 概 念 に 焦 点 をあてた 実 用 的 な デモンストレーションが 表 示 されます コレクション 展 示 には ショッピング カートの 概 要 が 表 示 されます Web サービス には Web サービスの 使 用 方 法 の 例 が 表 示 されます 大 統 領 就 任 演 説 には Oracle Text のデモンストレーションが 表 示 されます 参 照 : ページの Web サービスの 実 装 を 参 照 してください デモンストレーション アプリケーション ページの ステータス 列 には 現 在 アプリ ケーションがインストールされているかどうかが 示 されます デモンストレーション アプリケーションを 再 インストールするには 次 の 手 順 を 実 行 しま す 1. 前 述 の 手 順 に 従 って デモンストレーション アプリケーション ページにナビゲート します 2. インストールするアプリケーションが 表 示 されるまでスクロールして 再 インストー ル をクリックします 3. 画 面 に 表 示 される 手 順 に 従 います 3-2 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド

45 デモンストレーション アプリケーションの 実 行 デモンストレーション アプリケーションの 実 行 Oracle HTML DB とともに 多 くのデモンストレーション アプリケーションがインストール されます インストール 後 にデモンストレーション アプリケーションを 実 行 するには 複 数 の 方 法 があります デモンストレーション アプリケーションからのアプリケーションの 実 行 デモンストレーション アプリケーションを 実 行 する 最 も 簡 単 な 方 法 は デモンストレー ション アプリケーション ページにナビゲートすることです デモンストレーション アプリケーション ページからデモンストレーション アプリ ケーションを 実 行 するには 次 の 手 順 を 実 行 します ページの Oracle HTML DB へのログイン の 説 明 に 従 って Oracle HTML DB に ログインします Oracle HTML DB が 表 示 されます 2. ページの 右 側 の タスク リストから デモンストレーション アプリケーションを レビュー を 選 択 します デモンストレーション アプリケーション ページが 表 示 されます 3. 実 行 するアプリケーションを 検 索 します 4. アクション 列 で 実 行 をクリックします 5. Oracle HTML DB のユーザー 名 およびパスワードを 入 力 して ログイン ログイン をクリック します デモンストレーション アプリケーションの 実 行 3-3

46 デモンストレーション アプリケーションの 実 行 Application Builder からのアプリケーションの 実 行 デモンストレーション アプリケーションは Application Builder から 実 行 することもでき ます Application Builder は アプリケーションを 構 成 するページを 構 築 するためのツール です Application Builder からデモンストレーション アプリケーションを 実 行 するには 次 の 手 順 を 実 行 します ページの Oracle HTML DB へのログイン の 説 明 に 従 って Oracle HTML DB に ログインします Oracle HTML DB が 表 示 されます 2. ウィンドウの 右 上 にある ビルド ビルド ナビゲーション バー アイコンをクリックしま す Application Builder が 表 示 されます 3. 選 択 可 能 なアプリケーション リストから 適 切 なデモンストレーション アプリケー ションを 選 択 し 実 行 をクリックします 4. 実 行 をクリックします( 図 3-1 を 参 照 ) 図 3-1 実 行 アイコン 5. Oracle HTML DB のユーザー 名 およびパスワードを 入 力 して ログイン ログイン をクリック します 3-4 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド

47 サンプル アプリケーションの 概 要 サンプル アプリケーションの 概 要 各 デモンストレーション アプリケーションは それぞれが 異 なる 一 連 の 機 能 に 特 化 してい ます この 項 では デモンストレーション アプリケーション(サンプル アプリケーショ ン)について 説 明 します 図 3-2 に 示 すとおり サンプル アプリケーションでは 電 気 製 品 およびコンピュータ 製 品 の 注 文 および 顧 客 情 報 を 表 示 更 新 および 検 索 するための 使 用 しやすいインタフェースが 特 徴 です Home Orders Products および Customers タブを 使 用 して ページ 間 を 移 動 できます 図 3-2 サンプル アプリケーション サンプル アプリケーションでは 次 の 機 能 を 示 します 顧 客 の 検 索 注 文 および 顧 客 の 詳 細 表 示 顧 客 および 製 品 情 報 の 編 集 すべての 注 文 製 品 または 顧 客 の 表 示 注 文 製 品 および 顧 客 情 報 の 列 ヘッダーによるソート 新 しい 注 文 製 品 および 顧 客 の 作 成 印 刷 用 モードでのページの 表 示 デモンストレーション アプリケーションの 実 行 3-5

48 サンプル アプリケーションの 概 要 次 の 項 では 各 ページで 使 用 可 能 な 特 定 の 機 能 について 説 明 します 参 照 : 6-2 ページの ページの 概 要 を 参 照 してください Home ページ Orders ページ Home ページは 独 立 した 3 つのセクションで 構 成 されています Customer Search フィールド Tasks リスト 注 文 顧 客 および 製 品 のレポート 顧 客 を 検 索 するには Customer Search フィールドを 使 用 します 顧 客 の 名 前 を Customer Search フィールドに 入 力 して Go をクリックします Home ページの 右 側 には 2 つの 異 なるレポート 形 式 および 棒 グラフが 表 示 されます Top Orders レポートで 注 文 番 号 を 選 択 すると 注 文 の 詳 細 にリンクできます Top Customers レポートで 顧 客 の 名 前 を 選 択 すると 顧 客 の 詳 細 にリンクできます Tasks リストは アプリケーション 内 の 他 のページに 移 動 する 一 連 のリンクで 構 成 されま す Home ページの Tasks リストで 使 用 可 能 なリンクは 次 のとおりです Enter New Order: 新 しい 注 文 の 作 成 処 理 のウィザードにリンクします 最 初 に 顧 客 の 名 前 を 選 択 してから 注 文 にアイテムを 追 加 します Enter New Order: 新 しい 顧 客 の 情 報 を 入 力 できるフォームにリンクします About this Application: このアプリケーションについて 説 明 している 情 報 ページにリン クします Orders ページを 使 用 すると 注 文 情 報 を 検 索 表 示 および 入 力 できます デフォルトで は ページの 右 側 に 現 在 の 注 文 が 表 示 されます 注 文 を 検 索 するには Search for フィー ルドに 注 文 番 号 を 入 力 し Go をクリックします 情 報 をソートするには 列 ヘッダーを クリックします 特 定 の 注 文 の 詳 細 を 表 示 するには 表 示 アイコンをクリックします( 図 3-3 を 参 照 ) 図 3-3 表 示 アイコン 新 しい 注 文 の 入 力 または 注 文 収 益 の 月 ごとの 表 示 および 注 文 の 顧 客 ごとの 表 示 を 行 うに は ページの 左 側 の Tasks リストを 使 用 します 3-6 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド

49 デモンストレーション アプリケーションの 変 更 Products ページ Customers ページ Products ページを 使 用 すると 製 品 情 報 を 表 示 および 編 集 できます デフォルトでは ページの 右 側 に 現 在 の 製 品 が 表 示 されます 情 報 をソートするには 列 ヘッダーをクリック します Edit をクリックすると 製 品 の 説 明 を 編 集 できます 新 しい 製 品 を 追 加 したり カテゴリごとに 製 品 を 示 すグラフを 表 示 するには ページの 左 側 の Tasks リストを 使 用 します Customers ページを 使 用 すると 顧 客 情 報 を 表 示 および 編 集 できます 顧 客 を 検 索 するに は Search for フィールドに 顧 客 の 名 前 を 入 力 し Go をクリックします デフォルト では ページの 右 側 に 顧 客 情 報 が 表 示 されます 情 報 をソートするには 列 ヘッダーをク リックします Edit をクリックすると 顧 客 情 報 を 更 新 できます すべての 顧 客 を 表 示 したり 新 しい 顧 客 レコードを 入 力 するには ページの 左 側 の Tasks リストを 使 用 しま す 印 刷 用 モードでのページの 表 示 ページの 右 上 の Print をクリックすると 現 行 のページが 印 刷 用 モードで 表 示 されま す 印 刷 用 モードの 場 合 HTML DB エンジンは HTML 内 のすべてのテキストを フィールドからテキストとして 表 示 します アプリケーションで 印 刷 用 モードでの 表 示 を 使 用 可 能 にするには アプリケーション 属 性 を 編 集 ページで 出 力 モード ページ テンプレートを 作 成 してから 指 定 する 必 要 があ ります 参 照 : 出 力 モード ページ テンプレートを 指 定 する 方 法 の 詳 細 は 7-16 ページの テンプレートでの 操 作 および 7-34 ページの ユーザー インタフェース テンプレート を 参 照 してください デモンストレーション アプリケーションの 変 更 デモンストレーション アプリケーションで 使 用 可 能 な 機 能 の 種 類 を 理 解 した 後 で 各 ペー ジの 構 成 方 法 の 詳 細 を 学 習 します アプリケーションの 編 集 には Application Builder を 使 用 します Application Builder を 使 用 すると アプリケーションの 既 存 のページの 編 集 ページのアプリケーションへの 追 加 または 完 全 に 新 しいアプリケーションの 作 成 を 行 うこと ができます デモンストレーション アプリケーションの 実 行 3-7

50 デモンストレーション アプリケーションの 変 更 開 発 者 ツールバー 開 発 者 権 限 で Oracle HTML DB にログインしてアプリケーションを 実 行 すると すべての ページの 下 部 に 開 発 者 ツールバーが 表 示 されます 図 3-4 に 示 すとおり 開 発 者 ツー ルバーでは 現 在 実 行 されているページの 編 集 新 しいページ コントロールまたはコン ポーネントの 作 成 セッション ステートの 表 示 または 編 集 リンクのオン / オフを 簡 単 に 切 り 替 えられます 図 3-4 サンプル アプリケーションの 開 発 者 ツールバー 開 発 者 ツールバーは 次 のリンクで 構 成 されています Edit Application: Application Builder のホームページにリンクします(7-5 ページの ページ 定 義 の 表 示 を 参 照 ) Edit Page: 現 在 実 行 されているページのページ 定 義 にアクセスします(7-37 ページの ページ 属 性 の 表 示 を 参 照 ) New: 新 しい 空 白 ページ コンポーネント(レポート チャートまたはフォーム) ペー ジ コントロール(リージョン ボタンまたはアイテム)または 共 有 コンポーネント (メニュー リストまたはタブ)を 作 成 できるウィザードにリンクします Session: カレント ページのセッション ステート 情 報 にリンクします(6-14 ページの セッション ステートの 表 示 を 参 照 ) Debug: デバッグ モードでカレント ページを 実 行 します(9-2 ページの デバッグ モードへのアクセス を 参 照 ) Show Edit Links: Show Edit Links と Hide Edit Links を 切 り 替 えます Show Edit Links をクリックすると (4 つのグレーのドットに 見 える) 編 集 リンクがペー ジ コンポーネントまたはコントロールの 右 側 に 表 示 されます 編 集 リンクをクリック すると 選 択 したコンポーネントまたはコントロールを 編 集 できます デモンストレーション アプリケーションの 編 集 デモンストレーション アプリケーションは 次 の 2 つの 方 法 で 編 集 できます デモンストレーション アプリケーション ページで 編 集 するアプリケーションの 横 の 編 集 をクリックする アプリケーションを 実 行 している 場 合 は 開 発 者 ツールバーの Edit Application をクリックする 3-8 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド

51 デモンストレーション アプリケーションの 変 更 図 3-5 に 示 すとおり Application Builder のホームページの 上 部 に 選 択 可 能 なアプリケー ション リストが 表 示 されます 選 択 可 能 なアプリケーション リストには カレント アプリケーションの 名 前 が 表 示 されることに 注 意 してください 図 3-5 選 択 可 能 なアプリケーション リスト カレント アプリケーション ID 最 終 更 新 日 認 証 スキーム 別 名 所 有 者 および 選 択 済 テンプレートがリストの 直 下 に 表 示 されます 次 のアイコンをクリックして 既 存 のアプリ ケーションの 実 行 新 しいアプリケーションの 作 成 アプリケーション 属 性 の 編 集 または 情 報 のエクスポートを 行 うことができます 実 行 : カレント アプリケーションのページを HTML DB エンジンに 送 信 し アプリ ケーション 属 性 に 指 定 された ホーム リンク で 始 まる 表 示 可 能 な HTML をレンダ リングします アプリケーションを 作 成 : アプリケーションの 作 成 ウィザードを 使 用 して 新 しいアプ リケーションを 作 成 します 属 性 を 編 集 : アプリケーション 属 性 を 編 集 ページを 表 示 します エクスポート / インポート : エクスポート / インポート ウィザードにリンクします デモンストレーション アプリケーションの 実 行 3-9

52 基 礎 となるデータベース オブジェクトの 表 示 3-10 ページの 図 3-6 に 示 すとおり Application Builder のホームページの 下 部 には 現 在 選 択 されているアプリケーションのすべてのページのリストが 表 示 されます 図 3-6 ページ リスト ビュー 特 定 のページにアクセスするには ページを 編 集 フィールドにページ ID を 入 力 して 実 行 をクリックします ページを 編 集 するには そのページ 名 にドリルダウンします 図 3-6 のアプリケーションは 16 ページで 構 成 されています 参 照 : Application Builder のホームページの 使 用 方 法 の 詳 細 は 7-2 ページ の Application Builder へのアクセス を 参 照 してください ページを 定 義 するコンポーネントおよびコントロールの 表 示 作 成 お よび 編 集 の 詳 細 は 7-5 ページの ページ 定 義 の 表 示 を 参 照 してく ださい 基 礎 となるデータベース オブジェクトの 表 示 HTML DB エンジンは データベース 表 に 格 納 されたデータに 基 づいて リアルタイムでア プリケーションをレンダリングします SQL Workshop にデモンストレーション アプリ ケーションのデータベース オブジェクトを 表 示 できます 参 照 : 5-1 ページの SQL Workshop を 使 用 したデータベース オブジェ クトの 管 理 を 参 照 してください 3-10 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド

53 基 礎 となるデータベース オブジェクトの 表 示 アプリケーションに 使 用 されているデータベース オブジェクトを 表 示 するには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. SQL アイコンをクリックします スキーマおよびタイプ 別 に 表 示 された 後 名 前 順 に 表 示 されます データ ブラウザ の 下 で データベース オブジェクト タイプを 選 択 して 既 存 のデータベース オブ ジェクトを 選 択 できます 2. データ ブラウザ で 表 を 選 択 します 3. 検 索 を 作 成 するには 次 の 手 順 を 実 行 します スキーマ で 作 業 領 域 を 選 択 します タイプ で 表 を 選 択 します 検 索 で DEMO と 入 力 します 実 行 をクリックします DEMO という 文 字 列 を 含 む 名 前 を 持 つすべての 表 が 表 示 されます 4. 表 の 詳 細 を 表 示 するには 適 切 な 表 名 の 横 にある 表 示 アイコンをクリックします オブジェクトの 詳 細 ページが 表 示 されます 5. ページの 右 側 の タスク リストから タスクを 選 択 します(オプション) デモンストレーション アプリケーションの 実 行 3-11

54 基 礎 となるデータベース オブジェクトの 表 示 3-12 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド

55 第 II 部 Oracle HTML DB の 使 用 第 II 部 では Data Workshop SQL Workshop および Application Builder を 使 用 してデータ ベース ドリブンのアプリケーションを 開 発 する 方 法 を 説 明 します 第 II 部 に 含 まれる 章 は 次 のとおりです 第 4 章 Data Workshop を 使 用 したデータの 管 理 第 5 章 SQL Workshop を 使 用 したデータベース オブジェクトの 管 理 第 6 章 Application Builder の 概 要 第 7 章 Application Builder の 使 用 第 8 章 アプリケーション コンポーネントの 構 築 第 9 章 アプリケーションのデバッグ 第 10 章 アプリケーションの 管 理 第 11 章 開 発 作 業 領 域 の 管 理 第 12 章 高 度 なプログラミング 手 法 第 13 章 Oracle HTML DB API

56

57 4 Data Workshop を 使 用 したデータの 管 理 この 章 では Data Workshop を 使 用 して ホスティングされたデータベースとの 間 でデータ をインポートおよびエクスポートする 方 法 を 説 明 します この 章 の 内 容 は 次 のとおりです Data Workshop データのインポート データのエクスポート 参 照 : 第 1 章 Oracle HTML DB の 概 要 を 参 照 してください 第 2 章 クイック スタート を 参 照 してください Data Workshop を 使 用 したデータの 管 理 4-1

58 Data Workshop Data Workshop Oracle HTML DB は Oracle データベースに 格 納 された 情 報 をレンダリングして データ ベース ドリブンの Web ページのコレクション(アプリケーション アプリケーション)を 作 成 します Data Workshop を 使 用 すると ホスティングされたデータベースとの 間 でデータをインポートま たはエクスポートすることができます インポート 可 能 な 形 式 は 次 のとおりです カンマ 区 切 りデータやタブ 区 切 りデータなどのテキスト XML 文 書 スプレッドシート エクスポート 可 能 な 形 式 は 次 のとおりです カンマ 区 切 りデータやタブ 区 切 りデータなどのテキスト XML 文 書 Data Workshop にアクセスするには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. データ アイコンをクリックします( 図 4-1 を 参 照 ) 図 4-1 データ アイコン データのインポート 2. データのインポート および データのエクスポート で 適 切 なリンクをクリックし ます Data Workshop を 使 用 すると テキスト ファイル XML 文 書 およびスプレッドシートに 格 納 されたデータを Oracle データベースにインポートできます この 項 の 内 容 は 次 のとおりです テキスト ファイルのインポート XML 文 書 のインポート スプレッドシート データのインポート 4-2 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド

59 データのインポート テキスト ファイルのインポート XML 文 書 のインポート 30KB 未 満 のファイルの 場 合 タブ 区 切 りデータをテキストのインポート ウィザードに 直 接 コピー アンド ペーストできます 30KB より 大 きいファイルの 場 合 別 のファイルを アップロードする 必 要 があります テキスト ファイルをロードするには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. データ データ アイコンをクリックします 2. データのインポート の 下 にある テキスト データをインポート テキスト データをインポート をクリックしま す テキスト データのインポート ウィザードが 表 示 されます 3. インポート 先 で 既 存 の 表 または 新 しい 表 を 選 択 します 4. インポート 元 で ファイルをアップロード ファイルをアップロード または コピー アンド ペースト コピー アンド ペースト を 選 択 します 5. 画 面 に 表 示 される 手 順 に 従 います Data Workshop では 標 準 XML 仕 様 に 準 拠 した XML 文 書 のインポートがサポートされて います XML 文 書 をインポートするには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. データ データ アイコンをクリックします 2. データのインポート の 下 にある XML データ をクリックします XML のインポート ウィザードが 表 示 されます 3. 画 面 に 表 示 される 手 順 に 従 います スプレッドシート データのインポート テキストをコピー アンド ペーストするか またはファイルをインポートして スプレッ ドシート データをロードできます テキストをコピー アンド ペーストするには スプ レッドシート ファイルが 30KB 未 満 である 必 要 があります 30KB より 大 きいファイルの 場 合 区 切 り 形 式 (カンマ 区 切 り(.csv)やタブ 区 切 りなど)でファイルをインポートして から そのファイルをアップロードして データを 新 しい 表 または 既 存 の 表 にロードしま す Data Workshop を 使 用 したデータの 管 理 4-3

60 データのエクスポート スプレッドシート データをインポートするには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. データ データ アイコンをクリックします 2. データのインポート の 下 にある スプレッドシート データをインポート スプレッドシート データをインポート をク リックします スプレッドシート データのインポート ウィザードが 表 示 されます 3. インポート 先 で 既 存 の 表 または 新 しい 表 を 選 択 します 4. インポート 元 で コピー アンド ペースト コピー アンド ペースト または ファイルをアップロード ファイルをアップロード を 選 択 します 5. 画 面 に 表 示 される 手 順 に 従 います データのエクスポート Data Workshop を 使 用 すると 表 のコンテンツをテキスト ファイルまたは XML 文 書 にエ クスポートすることもできます この 項 の 内 容 は 次 のとおりです テキスト ファイルへのエクスポート XML 文 書 へのエクスポート テキスト ファイルへのエクスポート テキストのエクスポート ウィザードを 使 用 すると 表 のコンテンツをテキスト ファイル にエクスポートできます たとえば 表 全 体 をカンマ 区 切 りファイル(.csv)にエクスポー トできます 表 をテキスト ファイルにエクスポートするには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. データ データ アイコンをクリックします 2. データのエクスポート の 下 にある テキスト データをエクスポート テキスト データをエクスポート をクリック します テキスト データのエクスポート ウィザードが 表 示 されます 3. 画 面 に 表 示 される 手 順 に 従 います スキーマを 選 択 し エクスポートする 表 と 列 を 選 択 します 列 値 を 区 切 るセパレータのタイ プ および 一 重 引 用 符 または 二 重 引 用 符 を 使 用 して 列 のテキスト 文 字 列 を 識 別 するかどうか も 指 定 できます 4-4 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド

61 データのエクスポート XML 文 書 へのエクスポート XML のエクスポート ウィザードを 使 用 すると 表 のコンテンツを 標 準 XML 仕 様 に 準 拠 し た XML 文 書 にエクスポートできます 表 を XML 文 書 にエクスポートするには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. データ データ アイコンをクリックします 2. データのエクスポート の 下 にある XML のエクスポート をクリックします XML のエクスポート ウィザードが 表 示 されます 3. 画 面 に 表 示 される 手 順 に 従 います スキーマを 選 択 し エクスポートする 表 と 列 を 選 択 します Data Workshop を 使 用 したデータの 管 理 4-5

62 データのエクスポート 4-6 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド

63 5 SQL Workshop を 使 用 したデータベース オブジェクトの 管 理 この 章 では SQL Workshop を 使 用 してデータベース オブジェクトを 表 示 および 管 理 する 方 法 およびデータ ディクショナリを 参 照 する 方 法 を 説 明 します この 章 の 内 容 は 次 のとおりです SQL Workshop データベース オブジェクトの 表 示 データベース オブジェクトの 管 理 ユーザー インタフェースのデフォルト 値 の 管 理 データ ディクショナリの 参 照 参 照 : 第 1 章 Oracle HTML DB の 概 要 を 参 照 してください 第 2 章 クイック スタート を 参 照 してください SQL Workshop を 使 用 したデータベース オブジェクトの 管 理 5-1

64 SQL Workshop SQL Workshop SQL Workshop を 使 用 すると データベース オブジェクトを Web ブラウザから 表 示 およ び 管 理 できます SQL Workshop には 次 のナビゲーション タブが 含 まれています SQL Workshop: このタブでは SQL コマンド プロセッサ SQL スクリプト リポジ トリおよびデータベース ブラウザにすばやくアクセスできます 例 示 問 合 せウィザー ド DDL(データ 定 義 言 語 )の 生 成 ウィザードおよび 表 作 成 ウィザードへのリンクも 含 まれています SQL: SQL 文 や PL/SQL 文 を 実 行 するための SQL コマンド プロセッサにアクセスしま す スクリプト : SQL スクリプト リポジトリおよび 制 御 ファイル リポジトリにアクセス します 参 照 : データベース ブラウザを 使 用 して 既 存 のデータベース オブジェクトおよび データ ディクショナリを 表 示 します SQL Workshop にアクセスするには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. SQL アイコンをクリックします( 図 5-1 を 参 照 ) 図 5-1 SQL アイコン 2. SQL Workshop で 適 切 なリンクを 選 択 するか またはページ 上 部 の SQL タブ スクリプト スクリプト タブまたは 参 照 タブをクリックします トランザクションのサポート Oracle HTML DB は HTTP 経 由 で 通 信 を 行 う 開 発 環 境 に 基 づくブラウザです HTTP はス テートレスなプロトコルであるため SQL Workshop を 使 用 して 発 行 するコマンドは 自 動 的 にコミットされます SQL Workshop の 複 数 のページにまたがるトランザクションはサ ポートされていません たとえば SQL Workshop のあるページで UPDATE 文 を 発 行 した 後 ROLLBACK コマンドを 使 用 して 後 続 のページでその 文 を 元 に 戻 すことはできません コマンド COMMIT ROLLBACK および SAVEPOINT は 1 つのトランザクションとして 実 行 さ れるため スクリプトを 使 用 して これらのコマンドを SQL Workshop に 含 めることができ ます 5-2 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド

65 データベース オブジェクトの 表 示 SQL*Plus コマンドのサポート 参 照 : スクリプトを 実 行 する 方 法 の 詳 細 は 5-8 ページの SQL スクリプ ト リポジトリの 使 用 を 参 照 してください SQL Workshop では SQL*Plus コマンドがサポートされていません SQL Workshop で SQL*Plus コマンドを 入 力 しようとすると エラー メッセージが 表 示 されます サポート されていない SQL*Plus のコマンドの 例 を 次 に 示 します SET ECHO OFF SET ECHO ON SET VERIFY ON SET LONG 600 COLUMN dummy NOPRINT COLUMN name FORMAT A20 DEFINE ACCEPT PROMPT REMARK SHOW データベース オブジェクトの 表 示 SQL Workshop を 使 用 すると データベース オブジェクトを 表 示 できます たとえば Oracle ディクショナリを 問 い 合 せて データベース オブジェクトの 詳 細 を 表 示 できます また SQL コマンド プロセッサで SQL コマンドや SQL スクリプトを 実 行 したり データ ベース ブラウザでデータベース オブジェクトを 表 示 することもできます この 項 の 内 容 は 次 のとおりです SQL コマンド プロセッサの 使 用 データベース オブジェクトの 参 照 オブジェクト タイプ 別 のデータベース オブジェクトの 表 示 SQL コマンド プロセッサの 使 用 権 限 を 所 有 している Oracle データベース スキーマに 対 して SQL コマンドおよび SQL スク リプトを 実 行 するには SQL コマンド プロセッサを 使 用 します SQL コマンド プロセッサを 使 用 するには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. SQL アイコンをクリックして SQL タブを 選 択 します SQL コマンド プロセッサが 表 示 されます SQL Workshop を 使 用 したデータベース オブジェクトの 管 理 5-3

66 データベース オブジェクトの 表 示 2. リストからスキーマを 選 択 し 画 面 に 表 示 される 手 順 に 従 います 3. 入 力 したコマンドを 実 行 するには SQL を 実 行 をクリックします 4. 入 力 したコマンドを 保 存 するには 保 存 をクリックします コマンドの 終 了 SQL コマンド プロセッサ 内 でセミコロン(;)またはスラッシュ(/)のいずれかを 使 用 し ます 次 に 例 を 示 します INSERT INTO emp (50,'John Doe','Developer',10,SYSDATE,1000,10); INSERT INTO emp (50,'John Doe','Developer',10,SYSDATE,1000,10) / 最 初 の 例 では セミコロン(;)を 使 用 しています 2 番 目 の 例 では スラッシュ(/)を 使 用 しています 実 行 計 画 の 使 用 実 行 計 画 リンクを 使 用 すると Oracle オプティマイザで SQL コマンドの 実 行 に 使 用 する 計 画 を 表 示 できます 実 行 計 画 を 表 示 するには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. SQL アイコンをクリックします 2. SQL タブを 選 択 して 計 画 を 選 択 します 実 行 計 画 が 表 示 されます 3. 表 示 されるフィールドにコマンドを 入 力 して 実 行 計 画 をクリックします データベース オブジェクトの 参 照 参 照 : 保 存 されたコマンドおよび 問 合 せを 表 示 する 方 法 の 詳 細 は 5-12 ページの SQL アーカイブに 保 存 されたコマンドへのアクセス を 参 照 し てください データベース オブジェクトを 表 示 するには データ ブラウザを 使 用 します データベー ス オブジェクトを 検 索 するには 表 示 するスキーマを 選 択 します スキーマで 使 用 可 能 な 値 は ユーザーのリソース 権 限 によって 異 なります データベース オブジェクトを 参 照 するには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. SQL アイコンをクリックして 参 照 タブを 選 択 します データ ブラウザが 表 示 されます 5-4 Oracle HTML DB ユーザーズ ガイド

67 データベース オブジェクトの 表 示 2. 特 定 のオブジェクトの 詳 細 を 表 示 するには 表 示 アイコンをクリックします データベース オブジェクトを 検 索 するには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. SQL アイコンをクリックします 2. 参 照 タブを 選 択 して オブジェクトを 検 索 を 選 択 します 3. 表 示 されるフィールドに 検 索 基 準 を 入 力 して 実 行 をクリックします 表 内 の 列 またはソース コード 内 のテキストを 検 索 するには 検 索 フィールドに 検 索 文 字 列 を 入 力 し ページ 上 部 の 検 索 オプションを 選 択 します 検 索 では 大 / 小 文 字 は 区 別 され ず ワイルド カードや 引 用 符 を 使 用 する 必 要 もありません 例 示 問 合 せ 特 定 の 表 を 検 索 すると Oracle データ ディクショナリを 問 い 合 せて 詳 細 を 確 認 できま す 例 示 問 合 せを 行 うには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. SQL アイコンをクリックして 参 照 タブを 選 択 します データ ブラウザが 表 示 されます 2. 特 定 のオブジェクトの 詳 細 を 表 示 するには 表 示 アイコンをクリックします オブジェクトの 詳 細 が 表 示 されます 3. タスク リストから 例 示 問 合 せ を せ 選 択 します 4. 画 面 に 表 示 される 手 順 に 従 います オブジェクト タイプ 別 のデータベース オブジェクトの 表 示 データ ブラウザを 使 用 すると データベース オブジェクトをタイプ 別 に 表 示 することも できます データベース オブジェクトをオブジェクト タイプ 別 に 表 示 するには 次 の 手 順 を 実 行 し ます 1. SQL アイコンをクリックします 2. データ ブラウザ データ ブラウザ の 下 で オブジェクト タイプを 選 択 します データ ブラウザが 表 示 されます 3. 特 定 のオブジェクトの 詳 細 を 表 示 するには 表 示 アイコンをクリックします 4. 画 面 に 表 示 される 手 順 に 従 います SQL Workshop を 使 用 したデータベース オブジェクトの 管 理 5-5

Copyright(c) 2011, Oracle. All rights reserved. 2 / 28

Copyright(c) 2011, Oracle. All rights reserved. 2 / 28 Oracle Application Express 4.0 を 使 用 した データベース オブジェクトの 操 作 Copyright(c) 2011, Oracle. All rights reserved. Copyright(c) 2011, Oracle. All rights reserved. 2 / 28 Oracle Application Express 4.0 を 使 用 した

More information

Microsoft AccessからOracle Application Expressへの移行の概要

Microsoft AccessからOracle Application Expressへの移行の概要 Microsoft Access から Oracle Application Express への 移 行 の 概 要 Oracle ホワイト ペーパー 2009 年 5 月 Microsoft Access から Oracle Application Express への 移 行 の 概 要 はじめに... 3 Oracle Application Express へ 移 行 する 理 由...

More information

ワークスペースでのコンテンツへのアクセス for Oracle Planning and Budgeting Cloud Service

ワークスペースでのコンテンツへのアクセス for Oracle Planning and Budgeting Cloud Service Oracle Cloud Accessing Content with Workspace for Oracle Planning and Budgeting Cloud Service 2015 年 9 月 コピーライト Accessing Content with Workspace for Oracle Planning and Budgeting Cloud Service Copyright

More information

ノートをクラウドで 管 理 する [ 共 有 ] タブについて OneNote を 初 めて 起 動 すると クラウドに 接 続 するように 求 められ そのクラウドに 最 初 のノートブックが 作 成 されます OneNote では Microsoft アカウント (MSN Hotmail Mes

ノートをクラウドで 管 理 する [ 共 有 ] タブについて OneNote を 初 めて 起 動 すると クラウドに 接 続 するように 求 められ そのクラウドに 最 初 のノートブックが 作 成 されます OneNote では Microsoft アカウント (MSN Hotmail Mes クイック スタート ガイド Microsoft OneNote 2013 は レイアウトがこれまでのバージョンから 変 わりました このガイドは 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにそれらの 違 いをまとめたものです タッチとマウスを 切 り 替 える タッチ デバイスで OneNote を 使 う 場 合 クイック アクセス ツール バーにこのスイッチを 追 加 できます リボンの 表

More information

Oracle Database 2日でApplication Express開発者ガイド, リリース3.0

Oracle Database 2日でApplication Express開発者ガイド, リリース3.0 Oracle Database 2 日 で Application Express 開 発 者 ガイド リリース 3.0 部 品 番 号 : E05691-01 2007 年 9 月 Oracle Database 2 日 で Application Express 開 発 者 ガイド, リリース 3.0 部 品 番 号 : E05691-01 原 本 名 : Oracle Database 2 Day

More information

Excel 2010 の 使 用 を 開 始 する 長 い 間 Microsoft Excel 2003 を 使 用 していたユーザーが Excel 2010 に 移 行 する と Excel 2003 のコマンドやツール バー ボタンがどこにあるのかわからなくなることがよ くあります そのため ト

Excel 2010 の 使 用 を 開 始 する 長 い 間 Microsoft Excel 2003 を 使 用 していたユーザーが Excel 2010 に 移 行 する と Excel 2003 のコマンドやツール バー ボタンがどこにあるのかわからなくなることがよ くあります そのため ト このガイドの 内 容 Microsoft Excel 2010 の 外 観 は Excel 2003 と 大 きく 異 なるため Excel 2003 のユーザーが 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにこのガイドが 作 られました このガイドを 読 むと 新 しいインターフェイスの 主 な 要 素 について 学 んだり Excel 2010 の 無 償 のトレーニングを 見 つけたり *

More information

クイック スタート ガイド PowerPoint 2013 を 開 くと 最 初 にいくつかのオプションが 表 示 され テンプレート テーマ 最 近 使 ったファイル 白 紙 のプレゼンテーションのどれを 使 って 作 業 を 始 めるかを 選 択 できます オンラインのテンプレートやテーマを 探

クイック スタート ガイド PowerPoint 2013 を 開 くと 最 初 にいくつかのオプションが 表 示 され テンプレート テーマ 最 近 使 ったファイル 白 紙 のプレゼンテーションのどれを 使 って 作 業 を 始 めるかを 選 択 できます オンラインのテンプレートやテーマを 探 クイック スタート ガイド Microsoft PowerPoint 2013 は レイアウトがこれまでのバージョンから 変 わりました このガイドは 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにそれらの 違 いをまとめたものです 必 要 な 機 能 を 見 つける リボンのタブをクリックすると そのタブのボタンと コマンドが 表 示 されます コンテキスト タブを 使 う リボンのタブには 必

More information

Oracle Data Integrator Adapter for Hyperion Financial Managementスタート・ガイド, リリース9.3.1.1

Oracle Data Integrator Adapter for Hyperion Financial Managementスタート・ガイド, リリース9.3.1.1 リリース 9.3.1.1 Oracle Data Integrator Adapter for Hyperion Financial Management スタート ガイド 目 次 練 習 用 サンプル ファイル...2 Financial Management サンプル アプリケーションの 前 提 条 件...3 環 境 の 設 定...3 サンプル インタフェースを 使 用 したデータのロードおよび

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.52 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.54 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

Sun Netra 6000 モジュラーシステムご使用にあたって

Sun Netra 6000 モジュラーシステムご使用にあたって Sun Netra 6000 モジュラーシステム ご 使 用 にあたって Part No.: 821-1853-11, 2010 年 11 月 Revision A Copyright 2010, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. このソフトウェアおよび 関 連 ドキュメントの 使 用 と 開 示 は ライセンス 契 約 の 制 約

More information

スライド 1

スライド 1 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 登 録 作 業 者 用 Ver. 2 バージョン 改 訂 日 付 改 訂 内 容 Ver. 1 2010/3/15 初 版 Ver. 2 2010/8/9 ファイル 取 り 込 み 時 の 同 一 レコードの 判 定 についての 記 載 を 追 記 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 目 次 1.

More information

I

I I II III IV V VI VII VIII IX X XI XII XIII XIV XV XVI XVII XVIII XIX XX XXI XXII XXIII XXIV XXV XXVI XXVII XXVIII 1 1. 2 3 2. 4 1 5 6 7 8 9 10 1 2 3 11 3. 12 13 14 1 2 3 15 4 5 16 1 2 3 17 4 18 4. 1 2

More information

XTM ログ&レポート設定ガイド

XTM ログ&レポート設定ガイド WatchGuard XTM ログ&レポート 設 定 ガイド Ver. 11.7 11.9 ウォッチガード テクノロジー ジャパン 株 式 会 社 2014 年 8 月 Rev-01 目 次 ログサーバーおよびレポートサーバーについて... 3 ログサーバー... 3 レポートサーバー... 3 注 意 点... 3 ログサーバーおよびレポートサーバーのインストール... 4 ログサーバーの 構 成...

More information

困ったときのQ&A

困ったときのQ&A Help i 1 ii iii v iv 2 C Alt Delete v iv vii vi vii vi viii ix x http://121ware.com/support/ 0120-977-121 x xi xii xii xii 1 2 3 4 5 xiii xiv xv xvi xvii xviii xix xx P A R T 1 P A R T 2 xxi P A R T 3

More information

03 CMS機能審査表.xls

03 CMS機能審査表.xls 厚 真 町 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 ( 別 紙 ) 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1 1.システム 基 本 要 件 Windows

More information

すべての 文 書 は テンプレートから 作 成 を 開 始 します 空 白 のテンプレートから 開 始 することもできます 完 成 した 文 書 のイメージに 最 も 近 いテンプレートを 見 つけてください Publisher 2013 にはテンプレートが 付 属 しております 1. [ファイル]

すべての 文 書 は テンプレートから 作 成 を 開 始 します 空 白 のテンプレートから 開 始 することもできます 完 成 した 文 書 のイメージに 最 も 近 いテンプレートを 見 つけてください Publisher 2013 にはテンプレートが 付 属 しております 1. [ファイル] Publisher 2013 の 基 本 的 使 い 方 TO_takatsuki Publisher の 向 いている 文 書 枚 数 の 少 ない 文 書 ポスター チラシ グリーティングカード ニュースレター など 記 載 枠 画 像 などの 挿 入 枠 の 大 きさを 固 定 し 文 書 や 画 像 を 配 置 したい 文 書 文 書 を 作 成 する まず テンプレートを 探 し そこから

More information

Microsoft Word - 150410_e-Gov提出マニュアル(化審法3条).doc

Microsoft Word - 150410_e-Gov提出マニュアル(化審法3条).doc e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 提 出 マニュアル 平 成 27 年 4 月 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 化 学 物 質 管 理 課 化 学 物 質 安 全 室 e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 の 提 出 マニュアル 目 次 提 出

More information

Microsoft Word - FrontMatter.doc

Microsoft Word - FrontMatter.doc SAS 認 定 プロフェッショナルのための Base Programming for SAS 9 完 全 ガイド ii このマニュアルの 正 確 な 書 誌 情 報 は 以 下 のとおりです SAS 認 定 プロフェッショナルのための Base Programming for SAS 9 完 全 ガイド Copyright 2009, SAS Institute Inc., Cary, NC, USA

More information

Microsoft Word - Developer_Tools

Microsoft Word - Developer_Tools Developer Tools : Windows Internet Explorer 8 Beta 1 for Developers Web 作 業 の 操 作 性 を 向 上 2008 年 3 月 詳 細 の 問 い 合 わせ 先 ( 報 道 関 係 者 専 用 ) : Rapid Response Team Waggener Edstrom Worldwide (503) 443 7070 rrt@waggeneredstrom.com

More information

1 Wacom sign pro PDF のインストール 1. 起 動 したコンピュータに 管 理 者 としてログインし インターネットに 接 続 します 2. 開 いているすべてのアプリケーションを 終 了 します 3. STU-300 をコンピュータの 空 いている USB ポートに 接 続 し

1 Wacom sign pro PDF のインストール 1. 起 動 したコンピュータに 管 理 者 としてログインし インターネットに 接 続 します 2. 開 いているすべてのアプリケーションを 終 了 します 3. STU-300 をコンピュータの 空 いている USB ポートに 接 続 し 手 書 き 電 子 サインセット 簡 単 ご 利 用 マニュアル 株 式 会 社 ワコム 目 次 1 Wacom sign pro PDF のインストール 2 Wacom sign pro PDF の 起 動 と 初 期 設 定 A) Wacom sign pro PDF の 起 動 方 法 B) Wacom sign pro PDF の 初 期 設 定 方 法 1. 署 名 証 明 書 作 成 2.

More information

Microsoft Word - TechSmith Deployment Tool Documentation.docx

Microsoft Word - TechSmith Deployment Tool Documentation.docx TechSmith Deployment Tool マニュアル TechSmith Deployment Tool は Snagit や Camtasia Studio の 組 織 全 体 への 展 開 を 担 当 する Windows IT 管 理 者 のために 設 計 されたツールです このツールのイン ターフェイスを 使 用 することで 効 率 的 かつエラーのない 方 法 で MST ( 変

More information

5 4 一 覧 画 面 上 で Preview アイコン にカーソルを 合 わせる だけで その 論 文 の 情 報 を 見 ることが 出 来 ます 左 右 の 列 は をクリックすることで 折 りたたむ ことが 出 来 ます 検 索 結 果 一 覧 列 の 中 央 に 表 示 されます 検 索 の

5 4 一 覧 画 面 上 で Preview アイコン にカーソルを 合 わせる だけで その 論 文 の 情 報 を 見 ることが 出 来 ます 左 右 の 列 は をクリックすることで 折 りたたむ ことが 出 来 ます 検 索 結 果 一 覧 列 の 中 央 に 表 示 されます 検 索 の 画 面 は 一 例 です お 客 様 によって 画 面 デザイン 仕 様 表 記 などがマニュアルの 記 載 と 異 なる 場 合 がございます 基 本 検 索 画 面 論 理 演 算 子 AND:つの 検 索 語 のうち 両 方 の 単 語 が 入 っている ものを 検 索 します OR:つの 検 索 語 のうち そのどちらかの 単 語 が 入 って いるものを 検 索 します NOT:つの 検

More information

困ったときのQ&A

困ったときのQ&A Help i 1 ii iii v iv 2 C Alt Delete v iv vii vi vii vi viii ix x x xi 1 2 3 4 5 xii xiii xiv xv xvi xvii c c c xviii xix P A R T 1 P A R T 2 xx P A R T 3 xxi P A R T 4 xxii xxiii P A R T 1 2 1 1 2 3

More information

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基 ( 別 紙 ) 志 摩 市 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1-1 1.システム 基 本 要 件

More information

EMC Documentum Webtop ユーザガイド

EMC Documentum Webtop ユーザガイド EMC Documentum Webtop バージョン 6.5 SP2 ユーザ ガイド P/N 300-010-113 A01 EMC Corporation 本 社 : Hopkinton, MA 01748-9103 1-508-435-1000 www.emc.com Copyright 1994-2009 EMC Corporation.All rights reserved. 2009 年

More information

技術報告会原稿フォーマット

技術報告会原稿フォーマット Web 情 報 共 有 サービス 利 用 マニュアル 1. ファイルの 保 存 ブラウザを 開 き https://webshare.kyokyo-u.ac.jp を 開 く.ログイン 画 面 が 表 示 されるので,ユーザ ID(メールの ID) とパスワードを 入 力 し,ログインボタンをクリックする( 図 2). ログインに 成 功 すると,TOP フォルダの 一 覧 が 表 示 される (

More information

クーポン販売かんたんインストールガイド

クーポン販売かんたんインストールガイド インストールガイド 目 次 セットアップの 流 れ... 3 シリアル 番 号 の 登 録... 4 M2Plus 会 員 に 登 録 していない 方... 4 すでに M2Plus 会 員 の 方... 6 M2Plus Launcher のダウンロード... 7 ipod touch/iphone/ipad から 直 接 ダウンロードする 場 合... 7 コンピュータからダウンロードする 場

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Ver.20160315 1 A.G.K. 目 次 出 品 者 マニュアルの 使 い 方 このマニュアルの 使 い 方 を 確 認 できます 既 にA.G.K.の 会 員 登 録 が 完 了 している 方 が 対 象 となります 2-1. 出 品 者 ログイン 2-2. 出 品 者 管 理 者 画 面 3-1. 注 文 一 覧 注 文 の 確 認 ステータス 変 更 注 文 確 認 書 兼 領 収

More information

コマンド対応表 Excel2013

コマンド対応表 Excel2013 コマンド 対 応 表 (Excel 2003 Excel 2013) Excel 2003のコマンドがExcel 2013のコマンドにどのように 対 応 しているかを 記 載 しています コマンド 対 応 表 (Excel 2003 Excel 2013) ファイル メニュー 新 規 作 成 リボン: ファイル タブ 新 規 開 く リボン: ファイル タブ 開 く コンピューター 参 照 閉 じる

More information

はじめに このたびは フリーウェイ 顧 客 管 理 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 顧 客 管 理 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお

はじめに このたびは フリーウェイ 顧 客 管 理 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 顧 客 管 理 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお フリーウェイ 顧 客 管 理 操 作 マニュアル はじめに このたびは フリーウェイ 顧 客 管 理 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 顧 客 管 理 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお 本 書 の 内 容 は 本 システムの 操 作 に

More information

- 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2

- 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2 操 作 マニュアル 学 生 編 - (204 年 3 月 ) - 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2 ポータル 画 面 の 構 成... 4

More information

CDM 2.3.0 Installation Guide

CDM 2.3.0 Installation Guide 目 次 ( 一 )CDM LOG-IN 方 法... 2 ( 二 )データベースの 画 面... 3 ( 三 )EXCEL へのダウンロード... 4 (1)データの 選 択... 4 (2)ダウンロード 設 定... 5 (3)データの 更 新... 6 (4)ダウンロード 内 容 の 変 更... 7 ( 四 )チャート... 9 ( 五 )MY SERIES... 11 (1)My Series

More information

Ver2.2.0 新機能ガイド

Ver2.2.0 新機能ガイド アプリケーション 新 機 能 ガイド ~Version 2.9.0~ 1 目 次 1 はじめに... 3 2 新 機 能... 3 3 機 能 紹 介 フォトレポート... 4 3.1 売 場 ノート フォトレポート の PC 画 面 対 応 #902... 4 4 機 能 紹 介 お 知 らせ... 18 4.1 店 舗 スタッフ 回 答 の 店 長 閲 覧 不 可 オプション 追 加 #916...

More information

管理者ガイド

管理者ガイド 用 紙 とお 気 に 入 り バージョン 5.1 管 理 者 ガイド 2016 年 7 月 www.lexmark.com 内 容 2 内 容 変 更 履 歴... 3 概 要... 4 アプリケーションの 設 定... 5 内 蔵 Web サーバーにアクセスする... 5 ブックマークの 設 定... 5 アプリケーションアイコンをカスタマイズする... 5 設 定 ファイルをインポートまたはエクスポートする...

More information

(Microsoft PowerPoint - \217\211\212\372\220\335\222\350\203}\203j\203\205\203A\203\213_NEW200904.ppt)

(Microsoft PowerPoint - \217\211\212\372\220\335\222\350\203}\203j\203\205\203A\203\213_NEW200904.ppt) Salesforce 初 期 設 定 マニュアル 目 次 1 初 期 設 定 (システム 管 理 者 ) 初 期 設 定 について カスタム 項 目 設 定 入 力 項 目 のカスタマイズ ページレイアウト 入 力 画 面 のレイアント 変 更 データインポート - 顧 客 データの 一 括 インポート ロール 設 定 - 組 織 図 設 定 ユーザ 設 定 - Salesforce 利 用 者 の

More information

IBM SPSS Statistics for Linux のインストール手順 (ネットワーク ライセンス)

IBM SPSS Statistics for Linux のインストール手順 (ネットワーク ライセンス) IBM SPSS Statistics for Linux のイ ンストール 手 順 (ネットワーク ライ センス) 以 下 に 示 すのは ネットワーク ライセンス を 使 用 したIBM SPSS Statistics バー ジョン 21 のインストール 手 順 です この 文 書 は デスクトップ コンピュータに SPSS Statistics をインストールするエンド ユーザーが 対 象 です

More information

V-CUBE One

V-CUBE One V-CUBE One Office 365 連 携 マニュアル ブイキューブ 2016/06/03 この 文 書 は V-CUBE One の Office 365 連 携 用 ご 利 用 マニュアルです 更 新 履 歴 更 新 日 内 容 2016/02/09 新 規 作 成 2016/03/11 Office 365 ID を 既 存 の One 利 用 者 と 紐 付 ける 機 能 に 関 する

More information

Microsoft PowerPoint - webmail_manual-estore_482.ppt

Microsoft PowerPoint - webmail_manual-estore_482.ppt 店 舗 メール 利 用 マニュアル 2013.04 04.08 08 ver.2.3 1 1. 目 次 表 紙... 1 1. 目 次... 2 2.ログイン(PC)... 3 3. 受 信... 4 4.メール 閲 覧,,,,,... 5 5.メール 削 除... 6 6.メール 作 成... 7 7.メール 作 成 ( 添 付 ファイル)... 12 8.メール 返 信... 13 9.フォルダ

More information

mos-user-account-guide-079778-ja.pdf

mos-user-account-guide-079778-ja.pdf My Oracle Support ユーザー アカウントの 作 成 と 管 理 日 本 オラクル 株 式 会 社 グローバル カスタマー サポート 作 成 日 : 2009 年 8 月 19 日 更 新 日 : 2014 年 5 月 23 日 バージョン: 4.4 1 目 次 My Oracle Support にサインインするユーザー アカウントを 作 成... 3 新 規 のシングル サインオンのユーザー

More information

Mindjet MindManager 8 クイック スタート ガイド

Mindjet MindManager 8 クイック スタート ガイド ク イ ッ ク ス タ ー ト ガ イ ド バージョン 8.1.001 2008-2009 Mindjet. All rights reserved. 目 次 Mindjet MindManager へようこそ... 1 Mindjet MindManager のインストールとライセンス 認 証... 1 パーソナル プロダクト キー... 1 インストール メニュー... 1 Mindjet MindManager

More information

ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台 につき 1セット 購 入 が 原 則 となっ

ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台 につき 1セット 購 入 が 原 則 となっ Multi LABELIST V5 練 習 マニュアル - - 2014.3 第 2 版 2014 年 3 月 18 日 株 式 会 社 サトー ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台

More information

Acrobat早分かりガイド

Acrobat早分かりガイド Adobe PDF を 加 工 編 集 する PDF を 再 利 用 する PDF ファイルの Word 文 書 書 き 出 し [ 名 前 を 付 けて 保 存 ] ダイアログが 開 くので ファイルの 書 き 出 し 先 を 指 定 し [ 保 存 ] ボタンをクリックします Acrobat を 使 用 すると Adobe PDF から Word の フォーマットに 書 き 出 してファイルを

More information

Web Publisher プラグイン Web Publisher プラグインにより BPMN プロセス モデル を HTML Web として 発 行 することができます エクス ポートされた Web は クリックしてサブプロセスにド リルダウンできます Web Publisher プラグインについ

Web Publisher プラグイン Web Publisher プラグインにより BPMN プロセス モデル を HTML Web として 発 行 することができます エクス ポートされた Web は クリックしてサブプロセスにド リルダウンできます Web Publisher プラグインについ ActiveModeler Avantage プロセス モデル Web パブリッシング ユーザー ガイド 2008 KAISHA-Tec Co. Ltd. Japan 5-17-8 Inokashira, Mitaka-shi, Tokyo, 181-0001 JAPAN Document Revision: 1.131 Date: 05/26/2008 Time: 10:51:35 AM ActiveModeler

More information

検 索 結 果 一 覧 列 の 中 央 に 表 示 されます 検 索 結 果 の 絞 り 込 み 列 の 左 側 に 表 示 されます 現 在 の 検 索 式 について 検 索 条 件 の 確 認 変 更 ができます 現 在 の 検 索 検 索 条 件 ( 使 用 キーワード)などを 表 示 します

検 索 結 果 一 覧 列 の 中 央 に 表 示 されます 検 索 結 果 の 絞 り 込 み 列 の 左 側 に 表 示 されます 現 在 の 検 索 式 について 検 索 条 件 の 確 認 変 更 ができます 現 在 の 検 索 検 索 条 件 ( 使 用 キーワード)などを 表 示 します 基 本 検 索 画 面 機 能 タブ キーワード 以 外 の 検 索 モードや 図 書 館 OPAC 電 子 ジャーナルカタログへのリンクなどが 表 示 されます 検 索 ボックス 検 索 する 語 句 を 入 力 します 検 索 オプション クリックすることで 詳 細 画 面 と 同 様 検 索 オプション( 検 索 モードおよび 拡 張 検 索 条 件 の 限 定 )が 展 開 します 論 理

More information

内 容 @fukuoka-u.ac.jp へアクセスする... 1 A.fu ポータルからアクセスする 方 法... 1 B. 総 合 情 報 処 理 センターの Web サイトからアクセスする 方 法... 1 C.URL を 直 接 入 力 してアクセスする 方 法... 1 @fukuoka-

内 容 @fukuoka-u.ac.jp へアクセスする... 1 A.fu ポータルからアクセスする 方 法... 1 B. 総 合 情 報 処 理 センターの Web サイトからアクセスする 方 法... 1 C.URL を 直 接 入 力 してアクセスする 方 法... 1 @fukuoka- 教 職 員 用 メール マニュアル 2013/07/01 総 合 情 報 処 理 センター 内 容 @fukuoka-u.ac.jp へアクセスする... 1 A.fu ポータルからアクセスする 方 法... 1 B. 総 合 情 報 処 理 センターの Web サイトからアクセスする 方 法... 1 C.URL を 直 接 入 力 してアクセスする 方 法... 1 @fukuoka-u.ac.jp

More information

BkGeForceExperience_UG.book

BkGeForceExperience_UG.book NVIDIA GeForce Experience DU-05620-001_v02 2012 年 10 月 9 日 ユーザー ガイド 目 次 1 NVIDIA GeForce Experience ユーザー ガイド... 1 GeForce Experience について... 1 GeForce Experience のインストールと 設 定... 2 システム 要 件... 2 全 般 的 なシステム

More information

Copyright 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 です HP 製 品 およびサービスに 関 する 保

Copyright 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 です HP 製 品 およびサービスに 関 する 保 バックアップおよび 復 元 ユーザー ガイド Copyright 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 です HP 製 品 およびサービスに 関 する 保 証 は 当 該 製 品 およびサービスに 付 属 の 保

More information

Webページ 内 のリンク 先 に 移 動 する 1 し ページ 内 のリンク( 文 字 ボタンなど) にカーソルを 合 わせて し 2 表 示 されたメニューで し [ リンクへ 移 動 ]を 選 択 して し または リンク 上 で を 長 押 しし ブラウザ 機 能 基 本 操 作 2 表 示

Webページ 内 のリンク 先 に 移 動 する 1 し ページ 内 のリンク( 文 字 ボタンなど) にカーソルを 合 わせて し 2 表 示 されたメニューで し [ リンクへ 移 動 ]を 選 択 して し または リンク 上 で を 長 押 しし ブラウザ 機 能 基 本 操 作 2 表 示 ブラウザ 機 能 BlackBerry デバイスのブラウザは 様 々な 機 能 や 複 数 のブラウザ 設 定 のサポートにより 最 適 なインター ネット 環 境 をお 楽 しみいただけ ご 利 用 のサービスによりブラウザのアイコンが 異 なり 詳 しくは アイコン P.16を 参 照 してください 基 本 操 作 インターネットにアクセスする 1 ホームスクリーンで し [ ブラウザ ]を 選

More information

(Microsoft Word - AADS\212\307\227\235\203T\201[\203o\201[\211^\227p\203}\203j\203\205\203A\203\213v1.3.docx)

(Microsoft Word - AADS\212\307\227\235\203T\201[\203o\201[\211^\227p\203}\203j\203\205\203A\203\213v1.3.docx) Ahkun AutoDaily Server AADS 管 理 サーバー 運 マニュアル 株 式 会 社 アークン 目 次 1. Ahkun AutoDaily Server の 特 徴... 2 2. AutoDaily Server の 設 置... 2 3. クライアント PC へ AutoDaily をインストールする... 2 4. AutoDaily Manager( 管 理 コンソール)へのログイン...

More information

Oracle BI Publisher 11gの新機能

Oracle BI Publisher 11gの新機能 Oracle BI Publisher 11gの 新 機 能 Mike Donohue Director, BI Product Management 以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組

More information

e-class

e-class e-class ユーザマニュアル v10.01(jun. 2016) 簡 易 マニュアル 目 次 ようこそ e-class へ 3 e-class を 利 用 する 前 に 3 e-class にログインする 3 表 示 する 言 語 を 切 り 替 える 4 スマートフォンからログインする 5 e-class をログアウトする 5 科 目 に 参 加 する 6 科 目 選 択 について 6 利 用

More information

学校ホームページ管理ツール導入委託提案要求仕様書

学校ホームページ管理ツール導入委託提案要求仕様書 ... 1... 1... 1... 1 CMS... 1... 1... 2 PC... 2 CMS... 3... 3... 3... 4... 5... 6... 6... 6... 7... 7... 8... 8... 8... 9... 9... 9... 11... 11... 12... 13... 13... 14... 14... 14... 15... 15... 15...

More information

サポート技術方法

サポート技術方法 キャッシュと 同 期 の 推 奨 設 定 イントロダクション このドキュメントでは Curl RTE のパフォーマンスを 最 大 限 に 活 用 できるように Curl RTE の 設 定 と Web ブラウザのキャッシュの 特 徴 について 説 明 します この 設 定 を 採 用 することで 正 確 なプログラムの 動 作 を 維 持 しながら Curl アプリケー ションにおいて 最 も 効

More information

ユーザーガイド

ユーザーガイド 印 刷 の 管 理 バージョン 1.1 ユーザーガイド 2016 年 7 月 www.lexmark.com 内 容 2 内 容 変 更 履 歴... 3 概 要... 4 アプリケーションを 使 用 する... 5 アプリケーションへのアクセス... 5 アプリケーションを 管 理 する... 5 問 題 に 対 処 する... 7 アプリケーションが 適 切 にロードできない...7 アプリケーションにログインできない...

More information

Microsoft Word - Mindjet MindManager 8.0 Quick Start Guide.doc

Microsoft Word - Mindjet MindManager 8.0 Quick Start Guide.doc クイック スタート ガイド Version 8.0.003 2008 Mindjet.All rights reserved. へようこそ のインストールとライセンス 認 証 目 次 カスタム パーソナル インストール プロダクト メニュー キー Mindjet... 1 ライセンス Mindjet... 1 インストールに の 標 準 インストール... 1 テクニカル インストール... 1 このクイック

More information

IBM SPSS Statistics for Mac OS のインストール手順 (シングル ユーザー)

IBM SPSS Statistics for Mac OS のインストール手順 (シングル ユーザー) IBMSPSSStatisticsforMacOSの インストール 手 順 (シングル ユー ザー) 以 下 に 示 すのは シングル ユーザー ライセンス を 使 用 した IBM SPSS Statistics バージョン 20 のインストール 手 順 です シングルユーザー ライセンス を 使 用 すると 最 大 2 台 のコンピュータに SPSS Statistics をインストールできま

More information

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01  

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01   intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 Copyright 2016 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目 次 intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 1. 改 訂 情 報 2. はじめに 3.

More information

検 索 結 果 一 覧 列 の 中 央 に 表 示 されます 検 索 結 果 の 絞 り 込 み 列 の 左 側 に 表 示 されます 現 在 の 検 索 式 について 検 索 条 件 の 確 認 変 更 ができます 現 在 の 検 索 検 索 条 件 ( 使 用 キーワード)などを 表 示 します

検 索 結 果 一 覧 列 の 中 央 に 表 示 されます 検 索 結 果 の 絞 り 込 み 列 の 左 側 に 表 示 されます 現 在 の 検 索 式 について 検 索 条 件 の 確 認 変 更 ができます 現 在 の 検 索 検 索 条 件 ( 使 用 キーワード)などを 表 示 します 基 本 検 索 画 面 機 能 タブ キーワード 以 外 の 検 索 モードや 図 書 館 OPAC 電 子 ジャーナルカタログへのリンクなどが 表 示 されます 検 索 ボックス 検 索 する 語 句 を 入 力 します 検 索 オプション クリックすることで 詳 細 画 面 と 同 様 検 索 オプション( 検 索 モードおよび 拡 張 検 索 条 件 の 限 定 )が 展 開 します 論 理

More information

情報活用の基礎 2015年度版 目次

情報活用の基礎 2015年度版 目次 情 報 活 用 の 基 礎 -これだけは 知 っておきたいコンピューターの 使 い 方 - 2015 年 度 版 神 戸 学 院 大 学 情 報 支 援 事 務 室 編 商 標 について Windows Windows 1.0 Windows 95 Windows 98 Windows Me Windows XP Windows Vista Windows 7 Windows 8 Windows 8.1

More information

Copyright 2008 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows および Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 商 標 または 登 録 商 標

Copyright 2008 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows および Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 商 標 または 登 録 商 標 バックアップおよび 復 元 ユーザ ガイド Copyright 2008 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows および Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 商 標 または 登 録 商 標 です 製 品 についての 注 意 事 項 このユーザ ガイドでは

More information



 スタートアップガイド Ver. 3.0 管 理 者 編 株 式 会 社 アバンセシステム クラウド コンピューティング 事 業 部 JECC E-mail jecc_support@avancesys.co.jp URL http://www.avancesys.co.jp/ ANPIC スタートアップガイド 管 理 者 編 2 ごあいさつ このたびは 安 否 情 報 システム ANPIC をご 導

More information

目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作 ( 初 めてのログインと 言 語 設 定 パスワードの 変 更 )... 4 1.3 BMC のメール 通 知

目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作 ( 初 めてのログインと 言 語 設 定 パスワードの 変 更 )... 4 1.3 BMC のメール 通 知 TECHNICAL GUIDE: ARCSERVE UDP 7000 SERIES Arcserve UDP 7000 シリーズ ハードウェアエラーの メール 通 知 設 定 2016 年 2 月 REV: 1.0 目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作

More information

目 次 1. ログイン ログアウト... 4 1.1 ログイン... 4 1.2 ログアウト... 6 1.3 セッション 切 れ... 7 2. マイページ... 8 2.1 マイページの 見 方... 8 2.2 最 近 の 更 新... 9 3. マイキャビ... 11 3.1 マイキャビの

目 次 1. ログイン ログアウト... 4 1.1 ログイン... 4 1.2 ログアウト... 6 1.3 セッション 切 れ... 7 2. マイページ... 8 2.1 マイページの 見 方... 8 2.2 最 近 の 更 新... 9 3. マイキャビ... 11 3.1 マイキャビの マイキャビ Powered By SmartDocs TM web 版 ユーザーマニュアル 2012/12/12 ニフティ 株 式 会 社 1 / 36 目 次 1. ログイン ログアウト... 4 1.1 ログイン... 4 1.2 ログアウト... 6 1.3 セッション 切 れ... 7 2. マイページ... 8 2.1 マイページの 見 方... 8 2.2 最 近 の 更 新... 9

More information

1-2 PDF ファイルの 編 集 テキストを 追 加 画 像 を 追 加 リンクを 追 加 コメントの 追 加 図 形 標 記 の 追 加 注 釈 の 非 表 示 PDF ページの 処 理 PDF ファイルに 透 かしを 追 加 PDF ファイルの 背 景 の 編 集 ベイツ 番 号 の 編 集

1-2 PDF ファイルの 編 集 テキストを 追 加 画 像 を 追 加 リンクを 追 加 コメントの 追 加 図 形 標 記 の 追 加 注 釈 の 非 表 示 PDF ページの 処 理 PDF ファイルに 透 かしを 追 加 PDF ファイルの 背 景 の 編 集 ベイツ 番 号 の 編 集 スーパーPDF 変 換 編 集 作 成 (Windows 版 ) 製 品 ガイド ご 登 録 に 関 する 注 意 事 項 : 登 録 メールのメールアドや 登 録 コードなどの 情 報 をコピー&ペーストする 際 には スペースがないことをご 確 認 お 願 いいたします ほかご 登 録 時 に 何 かご 問 題 がありましたら 弊 社 サポートセンター http://www.wondershare.jp/ask-a-question.html

More information

- 目 次 - 1. はじめに...... 2 1.1 サービス 内 容... 2 1.2 メールアーカイブの 仕 組 み...... 2 2. メール 検 索 ツール.......3 3. 検 索... 5 3.1 簡 易 検 索...... 5 3.2 複 合 条 件 検 索... 6 3.3

- 目 次 - 1. はじめに...... 2 1.1 サービス 内 容... 2 1.2 メールアーカイブの 仕 組 み...... 2 2. メール 検 索 ツール.......3 3. 検 索... 5 3.1 簡 易 検 索...... 5 3.2 複 合 条 件 検 索... 6 3.3 GMOホスティング&セキュリティ 株 式 会 社 - 目 次 - 1. はじめに...... 2 1.1 サービス 内 容... 2 1.2 メールアーカイブの 仕 組 み...... 2 2. メール 検 索 ツール.......3 3. 検 索... 5 3.1 簡 易 検 索...... 5 3.2 複 合 条 件 検 索... 6 3.3 検 索 結 果 画 面... 11 4. システムレポート(

More information

情報活用の基礎 2015年度版 PDF ファイルおよびAdobe Reader XI の活用方法

情報活用の基礎 2015年度版 PDF ファイルおよびAdobe Reader XI の活用方法 PDF ファイルおよび Adobe Reader XI の 活 用 方 法 1.PDF (Portable Document Format) とは PDF とは Adobe Systems 社 によって 開 発 された 電 子 文 書 のためのフォーマットです Word Excel PowerPoint その 他 レイアウトソフトなど どんなソフトウェアで 作 成 した 文 書 も PDF 化 することで

More information

内 容 Moodle 2 システムの 概 要...1 1.1 Moodle とは...1 1.2 Moodle でできること...1 1.3 利 用 上 の 注 意...1 1.4 Moodle サーバへのログイン...1 富 山 大 学 Web ページから...1 総 合 情 報 基 盤 センター

内 容 Moodle 2 システムの 概 要...1 1.1 Moodle とは...1 1.2 Moodle でできること...1 1.3 利 用 上 の 注 意...1 1.4 Moodle サーバへのログイン...1 富 山 大 学 Web ページから...1 総 合 情 報 基 盤 センター Moodle 2 入 門 2015.4 富 山 大 学 総 合 情 報 基 盤 センター 内 容 Moodle 2 システムの 概 要...1 1.1 Moodle とは...1 1.2 Moodle でできること...1 1.3 利 用 上 の 注 意...1 1.4 Moodle サーバへのログイン...1 富 山 大 学 Web ページから...1 総 合 情 報 基 盤 センターWeb ページから...2

More information

Untitled

Untitled 地 域 ポータルサイト ータルサイト こむねっと ひろしま 地 域 のホームページ 管 理 者 向 け 操 作 手 順 書 ( 基 本 編 ) 初 版 :00 年 0 月 日 広 島 市 役 所 市 民 局 市 民 活 動 推 進 課 目 次 目 次. 地 域 のホームページ 作 成 手 順 概 要... 4.. 全 体 構 成...4.. 地 域 のホームページのサイズ 制 限...4. 利 用

More information

Excel basics

Excel basics Excel 入 門 Excel は 表 計 算 およびデータ 分 析 のための 効 果 的 なアプリケーションです 最 も 効 果 的 に 使 用 するためには 最 初 にその 基 礎 を 理 解 する 必 要 があります このチュートリ アルでは すべてのブックで 使 用 する 作 業 と 機 能 をいくつか 紹 介 します 開 始 する 前 に... 1 1. 新 しい 空 白 のブックを 作

More information

ご 注 意 下 さい 1. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 で 転 記 することは 禁 止 します 2. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 は サービス 内 容 の 変 更 に 伴 い 訂 正 する 場 合 があります また 記 載 している 内

ご 注 意 下 さい 1. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 で 転 記 することは 禁 止 します 2. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 は サービス 内 容 の 変 更 に 伴 い 訂 正 する 場 合 があります また 記 載 している 内 第 1.0 版 2013 年 12 月 東 京 大 学 情 報 基 盤 センター ご 注 意 下 さい 1. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 で 転 記 することは 禁 止 します 2. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 は サービス 内 容 の 変 更 に 伴 い 訂 正 する 場 合 があります また 記 載 している 内 容 についての 修

More information

ITF Finder ヘルプ

ITF Finder ヘルプ もくじ 1.はじめに 1-1.ITF Finder について 1-2. 動 作 環 境 2.ITF Finder の 起 動 と 終 了 2-1.ITF Finder を 起 動 する 2-2.ITF Finder を 終 了 する 3.ITF Finder の 画 面 概 要 4.ITFファイルを 閲 覧 する 5.ITFファイルを 印 刷 する 6.ITFファイルをメールに 添 付 する 7.NETセキュリティのセキュリティ

More information

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401 CEAS/Sakai 連 携 システム 困 ったときのヘルプ 集 (version 1.1) 2015.4.1. 本 書 では 問 い 合 わせ 口 に 寄 せられる 問 い 合 わせの 内 頻 度 の 高 い 物 を 中 心 にリスト アップし 主 な 対 処 法 をまとめて 掲 載 しています エラー 画 面 が 表 示 されたり 問 題 が 発 生 した 際 に 参 考 にしてください なお

More information

JasperReports Server Ver4.1

JasperReports Server Ver4.1 JasperReports Server Ver4.2 体 験 デモ シナリオ 2012/02/28 第 1 版 ワークブレイン ジャパン 株 式 会 社 はじめに 本 書 は JasperReports Server を 多 くの 方 々に 体 験 頂 けるように ご 用 意 させて 頂 いたデモ 環 境 についての 操 作 手 順 を 記 述 した 資 料 です 分 析 手 法 やビジネスに 必

More information

製品システム要件の確認方法v5

製品システム要件の確認方法v5 < 写 真 欄 > 製 品 システム 要 件 の 確 認 方 法 v5 2008/11 日 本 オラクル 株 式 会 社 はじめに Oracle 製 品 のシステム 要 件 については まず 第 一 に 各 製 品 のインストレーション ガイドをご 確 認 ください Oracle Technology Network Japan ドキュメント http://www.oracle.com/technology/global/jp/documentation/index.html

More information

石 川 県 結 婚 支 援 ポータルサイト( 仮 称 ) 調 達 仕 様 書 1 事 業 の 目 的 いしかわ 子 育 て 支 援 財 団 では 進 行 する 未 婚 化 晩 婚 化 に 対 応 し 平 成 17 年 度 より 各 種 結 婚 支 援 事 業 に 取 り 組 んでいるところであるが

石 川 県 結 婚 支 援 ポータルサイト( 仮 称 ) 調 達 仕 様 書 1 事 業 の 目 的 いしかわ 子 育 て 支 援 財 団 では 進 行 する 未 婚 化 晩 婚 化 に 対 応 し 平 成 17 年 度 より 各 種 結 婚 支 援 事 業 に 取 り 組 んでいるところであるが 石 川 県 結 婚 支 援 ポータルサイト( 仮 称 ) に 係 る 調 達 仕 様 書 平 成 27 年 10 月 公 益 財 団 法 人 いしかわ 子 育 て 支 援 財 団 石 川 県 結 婚 支 援 ポータルサイト( 仮 称 ) 調 達 仕 様 書 1 事 業 の 目 的 いしかわ 子 育 て 支 援 財 団 では 進 行 する 未 婚 化 晩 婚 化 に 対 応 し 平 成 17 年 度

More information

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7.

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. Web メール 操 作 説 明 書 京 都 与 謝 野 町 有 線 テレビ 0 目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. メール 一 覧 画 面...

More information

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 目 次 2 目 次 第 1 章 : 製 品 を 使 用 するには...3 1.1 インストールした 後 に...4 1.1.1 ライセンスの 管 理...4 1.1.2 本 製 品 を 起 動 する...4 1.2 コンピュータの 保 護 状 況 を 確 認 するには...4 1.2.1 全 体 の 保 護 ステータスを 表 示 する...4

More information

マイクロソフトオフィス機能比較表 KINGSOFT Writer

マイクロソフトオフィス機能比較表 KINGSOFT Writer マイクロソフトオフィス 機 能 比 較 表 KINGSOFT Writer メニュータブ ツールバー メニュー サブメニュー KSOfA KSO2013 MSO2010 MSO2013 基 本 機 能 拡 張 子.xml 形 式 のファイルへの 対 応 OpenOffice 形 式 での 保 存 OpenOffice 形 式 ファイルの 読 み 込 み UI リボン 機 能 対 応 する 印 刷 方

More information

Sophos SafeGuard Native Device Encryption for Mac クイック スタートアップガイド

Sophos SafeGuard Native Device Encryption for Mac クイック スタートアップガイド Sophos SafeGuard Native Device Encryption for Mac クイックスタートアップ ガイド 製 品 バージョン: 7 ドキュメント 作 成 日 : 2014 年 12 月 目 次 1 SafeGuard Native Device Encryption for Mac について...3 2 SafeGuard Native Device Encryption

More information

Microsoft Word - MC_v4.1.1_Release_Notes_Japanese.doc

Microsoft Word - MC_v4.1.1_Release_Notes_Japanese.doc MANUSCRIPT CENTRAL v4.1.1 リリース ノート 2008 年 8 月 26 日 にリリースされる Manuscript Central v4.1.1 で 予 定 されている 機 能 の 更 新 内 容 は 以 下 のとおりです この 文 書 では 各 機 能 のデフォルト 設 定 値 と 機 能 の 設 定 に 必 要 な 時 間 を 説 明 しています 質 問 がある 場 合

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし 情 報 分 析 演 習 (2010) Access 第 1 回 はじめに データベースソフトにおいて 世 界 市 場 のトップシェアを 占 め るORACLE 社 に データは21 世 紀 最 大 の 資 源 である という 宣 伝 コピーがあった この 言 葉 に 象 徴 されるように 現 代 の 企 業 が 抱 えるデータの 重 要 性 はますます 増 大 し 扱 うデータ 量 は 増 加 の

More information

2007 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する

2007 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する Microsoft Office Visio 2007 自 習 書 データリンク 2007 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する 市 場 に 対 応

More information

変 更 履 歴 版 日 付 区 分 変 更 内 容 変 更 個 所 1 1.00 2015/11/30 新 規 初 版 作 成 2 1.01 2015/12/10 修 正 資 料 カバー 画 像 設 定 の 操 作 内 容 を 追 加 5.1.3. 資 料 カバー 画 像 設 定 i

変 更 履 歴 版 日 付 区 分 変 更 内 容 変 更 個 所 1 1.00 2015/11/30 新 規 初 版 作 成 2 1.01 2015/12/10 修 正 資 料 カバー 画 像 設 定 の 操 作 内 容 を 追 加 5.1.3. 資 料 カバー 画 像 設 定 i J-STAGE 操 作 マニュアル 資 料 情 報 の 各 種 設 定 変 更 方 法 < 第 1.01 版 > 平 成 27 年 12 月 国 立 研 究 開 発 法 人 科 学 技 術 振 興 機 構 変 更 履 歴 版 日 付 区 分 変 更 内 容 変 更 個 所 1 1.00 2015/11/30 新 規 初 版 作 成 2 1.01 2015/12/10 修 正 資 料 カバー 画 像

More information

KeySQL R8.0 Release Note

KeySQL R8.0 Release Note KeySQL R8.0リリース ノート 2014 年 05 月 1 目 次 動 作 環 境... 3 インストール アンインストールに 関 して... 5 インストール... 5 ライセンスキーの 登 録... 5 修 正 パッチのインストール... 6 アンインストール... 6 KeySQL R7.0 からの 変 更 点 および 互 換 性 について... 7 新 機 能 と 変 更 点...

More information

2008 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する

2008 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する Microsoft Office Visio 2007 自 習 書 ネットワーク 図 でデータ 連 携 第 二 版 (2009 年 7 月 10 日 更 新 ) 2008 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです

More information

ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル

ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル B5FW-0341-01 Z0 目 次 マニュアルの 表 記... 3 1.ワンタッチプライバシーへようこそ... 4.ワンタッチプライバシーを 使 うための 準 備... 5-1. 初 回 起 動 時 の 設 定... 5 -. 起 動 時 のパスワード 入 力... 8 3.データを 登 録 する... 9 3-1. データを 登 録 するうえでの

More information

1. アクセスする 2. 簡 易 検 索 画 面 (fig. 1) アクセスすると 最 初 に 出 る 画 面 です 検 索 語 入 力 ボックスにキーワードを 入 力 して 論 文 検 索 ボタンをクリックし ます 3. ボックス 下 部 のチェック 項

1. アクセスする  2. 簡 易 検 索 画 面 (fig. 1) アクセスすると 最 初 に 出 る 画 面 です 検 索 語 入 力 ボックスにキーワードを 入 力 して 論 文 検 索 ボタンをクリックし ます 3. ボックス 下 部 のチェック 項 CiNii Articles を 使 う 2013 芳 野 明 / 京 都 嵯 峨 芸 術 大 学 西 洋 美 術 史 博 物 館 学 研 究 室 1. アクセスする http://ci.nii.ac.jp/ 2. 簡 易 検 索 画 面 (fig. 1) アクセスすると 最 初 に 出 る 画 面 です 検 索 語 入 力 ボックスにキーワードを 入 力 して 論 文 検 索 ボタンをクリックし

More information

3G Watcher の 終 了 3G Watcher を 終 了 するには 次 の 手 順 に 従 ってください 1. 3G Watcher ツールバーから [3G Watcher] > [3G Watcher を 終 了 ] を 選 択 します 3G Watcherに 表 示 されるアイコン と

3G Watcher の 終 了 3G Watcher を 終 了 するには 次 の 手 順 に 従 ってください 1. 3G Watcher ツールバーから [3G Watcher] > [3G Watcher を 終 了 ] を 選 択 します 3G Watcherに 表 示 されるアイコン と SoftBank 3G Watcherのヘルプ (Mac OS X 用 ) 3G Watcher は 以 下 のような C01SW USB モデムとネット ワーク 間 の 接 続 状 態 を 確 認 できます 電 波 の 強 さ ローミングサービス 3G 無 線 通 信 サービス その 他 のネットワークサービスの 状 態 ネットワークへの 接 続 および 切 断 3G Watcher のアンインストール

More information

Gmail移行に対する回答集(職員向け)

Gmail移行に対する回答集(職員向け) 目 次 初 期 設 定... 2 Q1)Gmail を 便 利 に 利 用 したい (Google Chrome をインストールしたい )... 2 Q2)メールを 簡 単 に 見 れるようにしたい (デスクトップへアイコンが 欲 しい )... 2 Q3)メールを 個 別 に 開 かずに 一 覧 で 内 容 を 見 れるようにしたい (ウインドウ 分 割 )... 2 Q4) 使 用 しているアドレス

More information

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル ファイル 管 理 マニュアル Copyright (C) 20 10 Cybozu, Inc. 目 次 管 理 者 マニュアル はじめに 1 ファイル 管 理 のシステム 管 理 について 2 システム 管 理 の 設 定 ファイル 管 理 の 一 般 設 定 を 変 更 する 3 フォルダにアクセス 権 を 設 定 する 5 ファイルサイズの 制 限 を 設 定 する 6 ファイルを 一 括 削

More information

CMS操作説明書

CMS操作説明書 CMS 操 作 説 明 書 第 1.0 版 目 次 1.はじめに 2.CMSについて 3.MODXについて 4. 項 目 説 明 4.1.ログイン 4.2. 管 理 画 面 5. 操 作 説 明 5.1.リソースの 投 稿 ( 作 成 ) 5.2.テンプレートの 編 集 5.3.その 他 6. 特 記 事 項 7. 参 考 URL 8.お 問 い 合 わせ P2 P3 P4 P5 P6 P7 P19

More information

Oracle Business Intelligence Answers, Delivers, and Interactive Dashboardsユーザーズ・ガイド, リリース10.1.3.2

Oracle Business Intelligence Answers, Delivers, and Interactive Dashboardsユーザーズ・ガイド, リリース10.1.3.2 Oracle Business Intelligence Answers, Delivers, and Interactive Dashboards ユーザーズ ガイド リリース 10.1.3.2 2007 年 3 月 , リリース 10.1.3.2 部 品 番 号 : E05029-01 原 本 名 : Dashboards User Guide, Version 10.1.3.2 原 本 部 品

More information

PDF Quick Reference

PDF Quick Reference PDF クイックリファレンス Oracle Health Sciences InForm CRF Submit リリース 3.1.2 部 品 番 号 :E40031-01 目 次 目 次 PDF と Adobe Reader 1 PDF のファイル 構 造... 1 PDF を 開 く... 2 PDF の 印 刷... 2 PDF ナビゲーション... 3 PDF の 表 示 4 症 例 データと

More information

Webアプリケーション脆弱性診断 ~WebSiteScan Pro~

Webアプリケーション脆弱性診断 ~WebSiteScan Pro~ エヌシーアイ Webアプリケーション 脆 弱 性 診 断 について ~WebSiteScan~ エヌシーアイ 株 式 会 社 の Webアプリケーション 脆 弱 性 診 断 とは? エヌシーアイ 株 式 会 社 のWebアプリケーション 診 断 とは WEBサイト 新 設 もしくはリニューア ル 時 のセキュリティ 診 断 として 広 くご 利 用 頂 いております SaaS 型 サービスの 為 お

More information

2 2-1 HTMLの 構 造 等 公 開 URLが 静 的 なHTMLであること 判 読 不 可 能 な 文 字 を 含 むものや 文 字 数 が 多 すぎるURL(いわゆる 動 的 なHTML)は 原 則 として 不 可 とする 2-2 任 意 なURLが 使 用 でき コンテンツ 作 成 時

2 2-1 HTMLの 構 造 等 公 開 URLが 静 的 なHTMLであること 判 読 不 可 能 な 文 字 を 含 むものや 文 字 数 が 多 すぎるURL(いわゆる 動 的 なHTML)は 原 則 として 不 可 とする 2-2 任 意 なURLが 使 用 でき コンテンツ 作 成 時 1 1-1 サイト 全 般 デザイン 等 サイト 全 体 が 標 準 化 統 一 化 されたページデザインとすること ただし サイトで 異 なるデザインで 作 成 表 示 することができること 1-2 ヘッダー フッターは 原 則 すべてのページで 統 一 したデザインとすること 1-3 ロゴ イラスト バナーなどサイトに 応 じたデザインで 作 成 すること 1-4 スマートフォンやタブレット 端

More information

教員用

教員用 高 知 大 学 教 員 用 moodle2 1.1.moodle を 利 用 するためには 1.2.コースの 保 全 1.3.moodle へのログイン 1.4.ログアウト 2.1.コースの 説 明 2.2.ブロック 一 覧 2.3.HTML テキストエディタを 利 用 する 2.4.アイコン 編 集 アイコンの 説 明 3.1.ユーザを 登 録 する 3.2.ユーザを 削 除 する 4.1.ファイルのアップロード

More information

ことばを覚える

ことばを覚える 業 務 部 門 の 担 当 者 による 担 当 者 のための 業 務 アプリケーションの 作 り 方 (その2) 過 去 データの 活 用 が 可 能 な 見 積 り 作 成 ツールの 構 築 コンテキサー 操 作 演 習 コンテキサー チュートリアル(バージョン2.2 用 ) 20121113 コンテキサーのバージョンは 2.2.09 以 降 で 行 ってください 目 次 ステップ1 Excel

More information

POWER EGG V2.01 ユーザーズマニュアル ファイル管理編

POWER EGG V2.01 ユーザーズマニュアル ファイル管理編 POWER EGG V2.0 ユーザーズマニュアル ファイル 管 理 編 Copyright 2009 D-CIRCLE,INC. All Rights Reserved 2009.4 はじめに 本 書 では POWER EGG 利 用 者 向 けに 以 下 の POWER EGG のファイル 管 理 機 能 に 関 する 操 作 を 説 明 しま す なお 当 マニュアルでは ファイル 管 理 機

More information