対 象 製 品 このマニュアルの 対 象 製 品 は AX-Networker s-utility ( 障 害 復 旧 サポートツール Version 1.10)です 輸 出 時 の 注 意 本 製 品 を 輸 出 される 場 合 には, 外 国 為 替 及 び 外 国 貿 易 法 の 規 制 なら

Size: px
Start display at page:

Download "対 象 製 品 このマニュアルの 対 象 製 品 は AX-Networker s-utility ( 障 害 復 旧 サポートツール Version 1.10)です 輸 出 時 の 注 意 本 製 品 を 輸 出 される 場 合 には, 外 国 為 替 及 び 外 国 貿 易 法 の 規 制 なら"

Transcription

1 AX-Networker s-utilityユーザーズガイド 障 害 復 旧 サポートツール 編 第 11 版

2 対 象 製 品 このマニュアルの 対 象 製 品 は AX-Networker s-utility ( 障 害 復 旧 サポートツール Version 1.10)です 輸 出 時 の 注 意 本 製 品 を 輸 出 される 場 合 には, 外 国 為 替 及 び 外 国 貿 易 法 の 規 制 ならびに 米 国 の 輸 出 管 理 規 則 など 外 国 の 輸 出 関 連 法 規 をご 確 認 のうえ, 必 要 な 手 続 きをお 取 りください なお, 不 明 な 場 合 は, 弊 社 担 当 営 業 にお 問 い 合 わせください 商 標 一 覧 IPX は,Novell,Inc.の 商 標 です Oracle と Java は,Oracle Corporation 及 びその 子 会 社, 関 連 会 社 の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 です Linux は,Linus Torvalds 氏 の 日 本 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 または 商 標 です Microsoft は, 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 および 商 標 です UNIX は,The Open Group の 米 国 ならびに 他 の 国 における 登 録 商 標 です Windows は, 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 および 商 標 です Windows Server は, 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 または 商 標 で す インテル Core は, 米 国 およびその 他 の 国 における Intel Corporation の 商 標 です そのほかの 記 載 の 会 社 名, 製 品 名 は,それぞれの 会 社 の 商 標 もしくは 登 録 商 標 です ご 注 意 このマニュアルの 内 容 については, 改 良 のため, 予 告 なく 変 更 する 場 合 があります 発 行 2014 年 3 月 ( 第 11 版 ) 著 作 権 All Rights Reserved, Copyright(C),2009, 2014, ALAXALA Networks, Corp.

3 変 更 内 容 Ver 表 変 更 履 歴 章 節 項 タイトル 追 加 変 更 内 容 1.3 利 用 環 境 表 1-1 装 置 側 環 境 で, 以 下 を 更 新 しました: 対 象 ソフトウェアバージョン AX4600S シリーズを 追 加 表 1-2 障 害 復 旧 管 理 PC 側 環 境 で, 以 下 を 更 新 し ました: 推 奨 OS から Windows XP を 削 除 推 奨 OS へ Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 を 追 加 動 作 確 認 済 み Java 実 行 環 境 1.4 使 用 上 の 注 意 事 項 (7) AX1240S Ver.2.4 より 前 のバージョンで 利 用 す る 場 合 の 注 意 を 追 加 しました 2.1 障 害 復 旧 サポートツールの (2) 起 動 確 認 の 手 順 を 更 新 しました インストール 2.3 障 害 復 旧 管 理 PC の 設 定 を 行 表 2-1 装 置 モデルとバックアップ 情 報 収 集 先 の 対 う 応 で,AX4600S シリーズの 記 述 を 追 加 しました 2.4 ツールの 設 定 を 行 う (x) 利 用 可 能 な 最 大 メモリサイズを 更 新 する の [ 変 更 手 順 ] の 説 明 で,3を 更 新 しました コンフィグレーションや 装 収 集 したバックアップファイルに 含 まれる 情 報 に 置 情 報 を 収 集 する ついて,AX4600S シリーズの 記 述 を 追 加 しました また,AX2200S/AX1250S/AX1240S シリーズから 収 集 したバックアップファイルに 含 まれる 情 報 へ, オプションライセンス 情 報 を 追 加 しました バックアップ 用 MC 作 成 注 意 事 項 へ AX4600S シリーズの 記 述 を 追 加 しまし た ソフトウェア 更 新 AX4600S シリーズのソフトウェアファイル 名 を 追 加 しました 4.2 設 定 項 目 一 覧 項 番 19 telnet.pager.enable および 6 で, AX4600S シリーズの 記 述 を 追 加 しました 5.1 トラブル 発 生 時 の 対 応 表 5-1 トラブル 発 生 時 の 対 応 方 法 の 項 番 4 で, AX4600S シリーズの 記 述 を 追 加 しました 各 章 スクリーンショットを 更 新 しました なお, 単 なる 誤 字 脱 字 などはお 断 りなく 訂 正 しました

4 はじめに 対 象 製 品 およびバージョン このマニュアルは AX-Networker s-utility ( 障 害 復 旧 サポートツール) を 対 象 に 記 載 しています また, ツールバージョン Ver の 機 能 について 記 載 しています 操 作 を 行 う 前 にこのマニュアルをよく 読 み, 書 かれている 指 示 や 注 意 を 十 分 に 理 解 してください また,このマニュアルは 必 要 なときにすぐ 参 照 できるよう 使 いやすい 場 所 に 保 管 してください 対 象 読 者 本 製 品 を 利 用 したネットワークシステムを 構 築 し, 運 用 するシステム 管 理 者 の 方 を 対 象 としています また, 次 に 示 す 知 識 を 理 解 していることを 前 提 としています ネットワークシステム 管 理 の 基 礎 的 な 知 識 装 置 に 関 する 基 礎 的 な 知 識 このマニュアルの URL このマニュアルの 内 容 は 下 記 URL に 掲 載 しております このマニュアルでの 表 記 略 語 を 以 下 に 示 します API Application Programming Interface AXCM AlaxalA Config Master(AX-Config-Master) CA Certificate Authority CLI Command Line Interface CSV Comma Separated Values DB Data Base GUI Graphical User Interface HTTP HyperText Transfer Protocol ID Identifier IP Internet Protocol IPv4 Internet Protocol version 4 IPv6 Internet Protocol version 6 IPX Internetwork Packet Exchange JRE Java SE Runtime Environment L2 Layer 2 L3 Layer 3 LAN Local Area Network LLDP Link Layer Discovery Protocol MAC Media Access Control MC Memory Card OAN Open Autonomic Networking ON Open Networking PC Personal Computer SDK Software Development Kit

5 SFP SMTP SQL SSL TCP VLAN VRF XFP XML Small Form factor Pluggable Simple Mail Transfer Protocol Structured Query Language Secure Socket Layer Transmission Control Protocol Virtual LAN Virtual Routing and Forwarding 10 gigabit small Form factor Pluggable Extensible Markup Language 製 品 の 正 式 名 称 と,このマニュアルでの 表 記 を 次 の 表 に 示 します 正 式 名 称 このマニュアルでの 表 記 Java SE Runtime Environment Java Microsoft Windows Server 2008 Enterprise Windows Server 2008 または Windows Operating System Microsoft Windows Server 2008 Standard Operating System Microsoft Windows Server 2008 R2 Enterprise Windows Server 2008 R2 または Windows Operating System Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard Operating System Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard Windows Server 2012 R2 または Windows Operating System Microsoft Windows Vista Business Windows Vista または Windows Microsoft Windows Vista Enterprise Microsoft Windows Vista Ultimate Microsoft Windows 7 Professional Windows 7 または Windows Microsoft Windows 7 Enterprise Microsoft Windows 7 Ultimate Microsoft Windows 8.1 Pro Windows 8.1 または Windows Microsoft Windows 8.1 Enterprise Service Pack SP kb(バイト) 等 の 単 位 表 記 について 1kB(キロバイト),1MB(メガバイト),1GB(ギガバイト),1TB(テラバイト)はそれぞれ 1,024 バイト,1,024 1,024 バイト,1,024 1,024 1,024 バイト,1,024 1,024 1,024 1,024 バイトです このマニュアルで 使 用 する 記 号 このマニュアルで 使 用 する 記 号 について 説 明 します 記 号 説 明 [ ]( 角 括 弧 ) メニュー 名, 画 面 名,またはフィールド 名 を 表 し ます メニュー 名 を 表 す 場 合 は, 上 位 メニューから 下 位 メニューへとメニューが 階 層 化 されていて, 下 位 のメニューを 示 す 場 合 は, 上 位 と 下 位 のメニュー 名 の 間 をハイフンでつないで 表 記 します 例 :[ファイル] [ 終 了 ] 画 面 名 を 表 す 場 合 は, 角 括 弧 内 に 画 面 名 を 表 記 し ます 例 :[IP アドレスの 入 力 ] 画 面

6 フィールド 名 を 表 す 場 合 は, 角 括 弧 内 にフィール ド 名 を 表 記 します 例 :[IP アドレス] 欄 (きっ 甲 ) ダイアログボックス 内 のボタン 名 を 表 します ダイアログボックス 内 のボタン 名 は, 括 弧 内 にそ のボタンのラベル 名 を 表 記 します 例 : 終 了 ボタン

7 目 次 1. はじめに こんなことができます 収 容 条 件 利 用 環 境 注 意 事 項 準 備 障 害 復 旧 サポートツールのインストール 装 置 の 設 定 を 行 う 障 害 復 旧 管 理 PCの 設 定 を 行 う ツールの 設 定 を 行 う 障 害 の 復 旧 障 害 復 旧 ウィザードを 利 用 する エキスパートメニューを 利 用 する ツールの 設 定 ファイル 設 定 ファイル 設 定 項 目 一 覧 トラブルシューティング トラブル 発 生 時 の 対 応 メッセージ 一 覧 ログファイル

8 1. はじめに この 章 では, 障 害 復 旧 サポートツールの 概 要 について 説 明 します 1.1 こんなことができます 1.2 収 容 条 件 1.3 利 用 環 境 1.4 注 意 事 項 1

9 1.1 こんなことができます AX-Networker s-utility( 障 害 復 旧 サポートツール)は, 日 常 の 保 守 作 業 ( 装 置 のコンフィグレーションや 設 定 情 報,ソフトウェアのバックアップ)と, 装 置 に 障 害 が 発 生 した 際 の 復 旧 作 業 をサポートします 装 置 のコンフィグレーション(ランニングコンフィグレーション)を 即 時 で 収 集 することができます(コンフィグレーション 収 集 ) あるいは,スケジ ュールに 従 って 定 期 収 集 することができます また 装 置 一 覧 テーブル 上 でコ ンフィグレーション 収 集 を 行 った 日 時 を 確 認 できます 装 置 のコンフィグレーション(スタートアップコンフィグレーション)や 設 定 情 報,ソフトウェアを 一 括 してバックアップすることができます(バック アップ 収 集 ) なお,バックアップ 対 象 にソフトウェアを 含 まないよう 設 定 を 切 り 替 えることもできます また 装 置 一 覧 テーブル 上 でバックアップ 収 集 を 行 った 日 時 を 確 認 できます 装 置 に 障 害 が 発 生 した 際 には, 障 害 復 旧 ウィザード により 復 旧 に 必 要 な MC を 作 成 することができ,また,ウィザードに 従 い 復 旧 を 行 うことで 作 業 者 の 負 荷 を 軽 減 できます これにより, 日 常 の 保 守 作 業 や 装 置 に 障 害 が 発 生 した 際 の 復 旧 作 業 を 容 易 に 行 えるようになります 2

10 1.1.1 障 害 復 旧 サポートツール 構 成 障 害 復 旧 サポートツールの 構 成 を 図 に 示 します 図 1-1 障 害 復 旧 サポートツールの 構 成 装 置 情 報 ファイル スケジュール 情 報 ファイル 2 3 (1)ファイルから 装 置 の 情 報,スケジュール 設 定 情 報 を 読 み 込 む 障 害 復 旧 管 理 PC 障 害 復 旧 ウィザード (2)コンフィグレーシ ョン 収 集 /バックアッ プ 収 集 1 グループ A AX スイッチ 1 AX スイッチ グループ B グループ C AX スイッチ 3 AX スイッチ 4 AX スイッチ 5 MC (3) 障 害 発 生 時 にウィザードを 起 動 し 復 旧 AX スイッチ 5( 代 替 機 ) 構 成 要 素 を 以 下 に 示 します 1 障 害 復 旧 管 理 PC AX-Networker's-Utility( 障 害 復 旧 サポートツール)をインストールした PC です 各 装 置 のコンフィグレーションや 設 定 情 報,ソフトウェアを 即 時 で,あるいは,スケジュールに 従 って 収 集 します また, 収 集 したコンフ ィグレーションや 設 定 情 報,ソフトウェアを 利 用 して, 装 置 復 旧 用 の MC を 作 成 し, 障 害 復 旧 ウィザードによって 障 害 復 旧 の 作 業 をサポートします 2 装 置 情 報 ファイル 3

11 グループとグループに 所 属 する 装 置 の 情 報 を 記 載 した,CSV 形 式 のファイル です 障 害 復 旧 サポートツールから,グループ, 装 置 の 登 録 を 行 って 作 成 するか,スプレッドシートアプリケーションやテキストエディタで 作 成 し ます 3 スケジュール 情 報 ファイル コンフィグレーション 収 集 及 びバックアップ 収 集 スケジュールの 情 報 を 記 載 した,CSV 形 式 のファイルです 障 害 復 旧 サポートツールから,スケジュ ールの 登 録 を 行 って 作 成 するか,スプレッドシートアプリケーションやテ キストエディタで 作 成 します 4 グループ コンフィグレーション 収 集 またはバックアップ 収 集 を 実 施 する 操 作 単 位 で す グループへは 複 数 の 装 置 を 登 録 することができます 5 装 置 コンフィグレーション 収 集 またはバックアップ 収 集 を 実 施 する 対 象 の 装 置 です 画 面 構 成 障 害 復 旧 サポートツールの 画 面 構 成 を 以 下 に 示 します 図 1-2 障 害 復 旧 サポートツールの 画 面 構 成 (1)

12 図 1-3 障 害 復 旧 サポートツールの 画 面 構 成 (2) 画 面 を 構 成 する 要 素 の 説 明 を 以 下 に 示 します 1 メインメニュー 障 害 復 旧 サポートツールの 操 作 を 行 うためのメニュー 項 目 が 定 義 されてい ます 2 装 置 一 覧 ツリー 装 置 をグループ 毎 にツリー 表 示 します グループの 追 加 / 変 更 / 削 除, 装 置 の 追 加 / 変 更 / 削 除 操 作 や, 運 用 バージョン 取 得,コンフィグレーショ ン 収 集,バックアップ 収 集, 障 害 復 旧 ウィザード 起 動 等 の 各 操 作 を 実 行 で きます 3 装 置 情 報 テーブル 各 グループに 所 属 する 装 置 の 情 報 を 一 覧 表 示 します テーブルの 左 から 順 に 以 下 の 情 報 を 表 示 します ヘッダをクリックすると,クリックした 列 の 内 容 でソートできます (ただしチェックボックス 列 はソートできません ) 処 理 対 象 かどうか(チェックボックス 列 ) 装 置 操 作 ボタンを 押 下 した 際, 装 置 が 処 理 対 象 かどうかを 示 します IP アドレス 装 置 へ 付 与 した IPv4 アドレスを 示 します 装 置 名 装 置 へ 付 与 した 装 置 名 を 示 します 運 用 バージョン 装 置 で 現 在 利 用 しているソフトウェアのバージョ ンを 示 します 5

13 コンフィグレーション 収 集 日 時 最 新 のコンフィグレーション 収 集 日 時 を 示 します バックアップ 収 集 日 時 最 新 のバックアップ 収 集 日 時 を 示 します 更 新 バージョン ソフトウェア 更 新 を 行 う 際 のソフトウェアファイ ルのバージョンを 示 します ステータス 装 置 の 処 理 状 況 を 示 します 処 理 実 行 中 は 緑 色 で 表 示 され, 処 理 失 敗 時 はピンク 色 で 表 示 されます 処 理 には, 運 用 バー ジョン 取 得,コンフィグレーション 収 集,バックアップ 収 集,MC 作 成,アップロード,ソフトウェア 更 新, 再 起 動 確 認 があります 状 態 には, 実 行 待 ち, 実 行 中, 終 了 ( 成 功 ), 終 了 ( 失 敗 ), 終 了 ( 中 止 )があります 表 示 される 内 容 としては, 処 理 および 状 態 の 文 字 列 の 組 み 合 わせになります 冗 長 構 成 を 取 ることができる 装 置 の 場 合 には,さらに 処 理 を 実 施 している 系 の 文 字 列, 運 用 系, 待 機 系, 旧 運 用 系 も 組 み 合 わされます 4 装 置 操 作 ボタン 以 下 の 操 作 を 行 うボタンです 障 害 復 旧 ウィザード 装 置 一 覧 ツリー 上 で 選 択 されている 装 置 に 対 して, 障 害 復 旧 ウィザードを 起 動 します 5 スケジュール 情 報 テーブル 各 グループに 設 定 されているスケジュール 情 報 を 一 覧 表 示 します テーブ ルの 左 から 順 に 以 下 の 情 報 を 表 示 します ヘッダをクリックすると,クリ ックした 列 の 内 容 でソートできます グループ 名 グループ 名 を 示 します スケジュール 対 象 のグループに 設 定 されているスケジュールの 内 容 を 示 します スケジュールには 毎 日, 毎 週, 毎 月, 指 定 日 時 があ り,スケジュール 設 定 が 有 効 な 場 合 には, 以 下 のように 表 示 されま す 毎 日 H 時 mm 分 毎 週 E 1 [,E 2,...,E n ] 曜 日 H 時 mm 分 毎 月 d 日 H 時 mm 分 指 定 日 時 YYYY 年 M 月 D 日 H 時 mm 分 H 0~23,mm 00~55(5 分 刻 み) E n 月, 火, 水, 木, 金, 土, 日 から 1 つ 以 上 6

14 d 日 1~28 日, 月 末 のいずれか(29 日,30 日,31 日 は 指 定 できません また, 月 末 を 指 定 した 場 合 には, 月 の 最 終 日 を 指 定 したことになります ) YYYY 4 桁 の 年 で, 指 定 時 から 20 年 後 まで M 1~12 D 1~31 スケジュール 設 定 が 無 効 な 場 合 には,なし と 表 示 されます ステータス スケジュールの 実 行 状 況 を 示 します スケジュールダ ウンロード 実 行 中 は 緑 色 で 表 示 されます また, 処 理 失 敗 時 はピン ク 色 で 表 示 されます 実 際 には 以 下 が 表 示 されます スケジュール 実 行 中 スケジュールでのアップロード 実 行 中 終 了 ( 成 功 ) スケジュールでのアップロード 成 功 終 了 ( 失 敗 ) スケジュールでのアップロード 失 敗 6 スケジュール 操 作 ボタン 以 下 の 操 作 を 行 うボタンです 追 加 装 置 一 覧 ツリー 上 で 選 択 されているグループに 対 して,コン フィグレーション 収 集 やバックアップ 収 集 を 行 うスケジュールの 登 録 を 行 います 編 集 スケジュール 一 覧 上 で 選 択 されているスケジュールの 内 容 を 変 更 します 削 除 スケジュール 一 覧 上 で 選 択 されているスケジュールを 削 除 し ます 7 ログ 情 報 テーブル 画 面 操 作, 処 理 状 況 を 時 系 列 に 表 示 します ヘッダをクリックすると,ク リックした 列 の 内 容 でソートできます 7

15 1.1.3 使 用 例 本 節 では, 各 ユースケースに 応 じた, 障 害 復 旧 サポートツールの 使 用 例 を 説 明 します 例 1: 装 置 に 対 して 定 期 的 にバックアップ 収 集 を 行 い, 障 害 発 生 時 にリストア 用 MC を 作 成 して 装 置 を 復 旧 する(リストアする) 装 置 に 対 してバックアップ 収 集 を 行 うことでリストア 用 MC が 作 成 可 能 となり, 装 置 に 障 害 が 発 生 した 際 にはリストア 用 MC 1 枚 で 装 置 を 復 旧 できます 図 1-4 装 置 に 対 して 定 期 的 にバックアップ 収 集 を 行 い, 障 害 発 生 時 にリスト ア 用 MC を 作 成 して 装 置 を 復 旧 する(リストアする) 障 害 復 旧 管 理 PC MC ツールからメモリカ ードへ 装 置 情 報 を 書 き 込 み,リストア 用 MC を 作 成 普 段 は 定 期 的 にバック アップ 収 集 を 実 施 代 替 機 にメモリカード 挿 入 し 復 旧 (リストアを 実 施 ) 復 旧 後, 装 置 交 換 MC 障 害 発 生 会 議 室 オフィスルーム 8

16 例 2:アプリケーション 起 動 ツール 等 から 本 ツールを 起 動 したい 場 合 コマンドライン 文 字 列 を 登 録 してアプリケーションを 起 動 するツール(アプリ ケーションランチャ) 等 から 本 ツールを 起 動 したい 場 合 には, 以 下 の 作 業 ディ レクトリ(カレントディレクトリ)およびコマンドライン 文 字 列 を 指 定 してく ださい [ 作 業 ディレクトリ] <TARGETDIR> BackupRecoveryTool [コマンドライン 文 字 列 ] 1 行 で 記 述 します "<TARGETDIR> BackupRecoveryTool BackupRecoveryTool.bat" <TARGETDIR> AX-Networker s-utility インストールディレクトリ デフォルトはC: Alaxala AX-Networker s-utility 9

17 1.2 収 容 条 件 障 害 復 旧 サポートツールの 収 容 条 件 を 示 します (1) 同 時 処 理 数 同 時 に 処 理 できる 装 置 台 数 の 上 限 は 5 台 です (2) ログ 情 報 テーブルのレコード 数 ログ 情 報 テーブルのレコード 数 の 上 限 は 3000 エントリです 10

18 1.3 利 用 環 境 障 害 復 旧 サポートツールの 利 用 環 境 を 以 下 に 示 します 表 1-1 装 置 側 環 境 対 象 装 置 AX6700S/AX6600S/AX6300S/AX4600S AX3800S/AX3600S/AX2500S/AX2400S AX2200S/AX1250S/AX1240S/AX1230S 対 象 ソフトウェア バージョン AX6700S/AX6300S 10.8~11.9.G AX6600S 11.1~11.9.G AX4600S B 1 AX3800S 11.6~ AX3650S 11.5~ AX3640S 10.8~11.12 AX3630S 10.8~11.11.B AX2500S 3.1.A~3.5.B AX2400S 10.8~11.7.G AX2200S 2.4~2.4.B AX1250S 2.2~2.4.B AX1240S 2.1~2.4.B AX1230S 1.4~1.4.K 1 AX4600S/AX3800S/AX3650S のスタック 構 成 時 は 未 サポートです 表 1-2 障 害 復 旧 管 理 PC 側 環 境 推 奨 OS 32bit 版 Windows Vista Business(x86)SP2 32bit 版 Windows Vista Enterprise(x86)SP2 32bit 版 Windows Vista Ultimate(x86)SP2 32bit 版 Windows Server 2008 Standard Edition(x86)SP2 11

19 32bit 版 Windows Server 2008 Enterprise Edition(x86)SP2 32bit 版 Windows 7 Professional(x86)SP なし, SP1 32bit 版 Windows 7 Enterprise(x86)SP なし, SP1 32bit 版 Windows 7 Ultimate(x86)SP なし, SP1 32bit 版 Windows 8.1 Pro(x86)SP なし 32bit 版 Windows 8.1 Enterprise(x86)SP なし 64bit 版 Windows Vista Business(x64)SP2 64bit 版 Windows Vista Enterprise(x64)SP2 64bit 版 Windows Vista Ultimate(x64)SP2 64bit 版 Windows Server 2008 R2 Standard(x64)SP なし, SP1 64bit 版 Windows Server 2008 R2 Enterprise(x64)SP なし, SP1 64bit 版 Windows Server 2012 R2 Standard(x64)SP なし 64bit 版 Windows 7 Professional (x64)sp なし, SP1 64bit 版 Windows 7 Enterprise (x64)sp なし, SP1 64bit 版 Windows 7 Ultimate (x64)sp なし, SP1 64bit 版 Windows 8.1 Pro(x64)SP なし 64bit 版 Windows 8.1 Enterprise(x64)SP なし CPU メモリ HDD Java インテル Core 2 Duo 以 上 2GB 以 上 1.9GB 以 上 JRE 7 1 実 行 環 境 1 動 作 確 認 済 みの Java 実 行 環 境 は 以 下 になります JRE 7 Update 51 上 記 より 新 しいアップデートリリースについては 動 作 保 証 外 になります 12

20 1.4 注 意 事 項 障 害 復 旧 サポートツールを 利 用 する 上 での 注 意 事 項 を 以 下 に 示 します (1) ファイルパスの 最 大 長 本 ツールで 扱 うファイルについて,そのファイルパスの 最 大 長 は, 本 ツールを 利 用 するオペレーティングシステムで 決 まります そのため,オペレーティン グシステムがサポートしているファイルパスの 最 大 長 を 越 えるようなファイル を 指 定 しないでください (2) 障 害 復 旧 管 理 PC の 時 刻 障 害 復 旧 管 理 PC の 時 刻 を 過 去 の 時 刻 へ 変 更 しないでください 変 更 した 場 合, 本 ツールが 装 置 から 収 集 したコンフィグレーションファイル,バックアップフ ァイルの 新 旧 を 正 しく 認 識 できなくなります (3) 装 置 から 収 集 したコンフィグレーションファイル,バックア ップファイル 以 下 を 行 わないでください 変 更 した 場 合, 本 ツールが 装 置 から 収 集 したコン フィグレーションファイル,バックアップファイルの 新 旧 を 正 しく 認 識 できな くなります コンフィグレーション 格 納 先 ディレクトリに 格 納 されているコンフィグレー ションファイルのファイル 名 を 変 更 する コンフィグレーション 格 納 先 ディレクトリへディレクトリやファイルを 追 加 する バックアップファイル 格 納 先 ディレクトリに 格 納 されているバックアップフ ァイルのファイル 名 を 変 更 する バックアップファイル 格 納 先 ディレクトリへディレクトリやファイルを 追 加 する 13

21 (4) 本 ツールが 利 用 するディレクトリ 本 ツールでは 装 置 のコンフィグレーションファイルを 収 集 する 際 に, 下 記 の 作 業 ディレクトリを 利 用 します 作 業 ディレクトリの 名 前 の 変 更, 削 除 およびア クセス 権 の 設 定 等 は 行 わないでください なお,ツールインストール 時 は 作 業 ディレクトリが 存 在 しないため, 初 回 操 作 時 にツールが 自 動 的 に 作 成 します [ 作 業 ディレクトリ] <TARGETDIR> BackupRecoveryTool file <TARGETDIR> AX-Networker s-utility インストールディレクトリ デフォルトはC: Alaxala AX-Networker s-utility (5) 装 置 情 報 ファイル 装 置 情 報 ファイルは AX-Networker s-utility の 他 のツールと 内 容 が 異 なるため, 共 用 できません ツール 毎 に 装 置 情 報 ファイルの 作 成 および 保 存 を 行 うように してください (6) バックアップ 用 MC を 利 用 して 装 置 から 装 置 情 報 を 収 集 する 際 の 注 意 装 置 でレイヤ 2/レイヤ 3 のプロトコルによる 隣 接 装 置 の 監 視 時 間 や 送 信 間 隔 を 初 期 値 より 短 くしている 場 合, 本 ツールで 作 成 したバックアップ 用 MC を 装 置 へ 挿 入 し 装 置 から 装 置 情 報 を 収 集 する 際 に,レイヤ 2/レイヤ 3 のプロトコルの 切 断 が 発 生 して 通 信 が 途 切 れる 場 合 があります 14

22 (7) AX1240S Ver.2.4 より 前 のバージョンで 利 用 する 場 合 の 注 意 AX1240S Ver.2.4 より 前 のバージョン 間 ( 例 :Ver.2.2 Ver.2.3)でソフトウェア 更 新 または,リストア 用 MC を 利 用 したリストアを 行 う 場 合, 以 下 のエラーメッ セージが 出 力 されることがあります ソフトウェア 更 新 の 場 合 Can't update software. [ Hardware rev.x ] 本 メッセージが 出 力 された 場 合, 一 度 Ver.2.4 以 降 のソフトウェアに 更 新 し,そ の 後, 手 動 で Ver.2.4 より 前 のソフトウェアへバージョンダウンする 必 要 があり ます 詳 細 については, 装 置 のアップデートガイドをご 確 認 ください リストア 用 MC を 利 用 したリストアの 場 合 (MC 内 に 以 下 のメッセージが 出 力 されます ) Restore operation failed. 本 メッセージが 出 力 された 場 合, 一 度 Ver.2.4 以 降 のソフトウェアに 更 新 し,そ の 後,リストア 用 MC を 挿 入 してください 詳 細 については, 装 置 のアップデ ートガイドをご 確 認 ください 15

23 2. 準 備 この 章 では, 障 害 復 旧 サポートツールを 実 行 するために 必 要 な 事 前 準 備 につい て 説 明 します 2.1 障 害 復 旧 サポートツールのインストール 2.2 装 置 の 設 定 を 行 う 2.3 障 害 復 旧 管 理 PCの 設 定 を 行 う 2.4 ツールの 設 定 を 行 う 16

24 2.1 障 害 復 旧 サポートツールのインストール (1) インストール AX-Networker s-utility ユーザーズガイド(インストール 編 )を 参 照 し, AX-Networker s-utility を 障 害 復 旧 管 理 PC へインストールしてください (2) 起 動 確 認 インストールが 完 了 した 後,ツールの 起 動 確 認 を 行 います ツールを 起 動 する には, 以 下 の 操 作 を 行 ってください エクスプローラから 以 下 のファイル( 1)を 右 クリックし, 表 示 されたポップ アップメニューから[ 管 理 者 として 実 行 ]を 選 択 する 1 <TARGETDIR> BackupRecoveryTool BackupRecoveryTool.bat <TARGETDIR> AX-Networker s-utility インストール 先 ディレクトリ デフォルトは C: Alaxala AX-Networker's-Utility ツールを 起 動 すると, 以 下 の 画 面 が 表 示 されます 17

25 図 2-1 ツール 起 動 時 の 画 面 アプリケーションが 起 動 した 旨 のログメッセージが 表 示 されることを 確 認 して ください ツールの 起 動 を 確 認 した 後,[ファイル]-[ 終 了 ]メニューを 選 択 して, 一 旦 ツー ルを 終 了 してください 18

26 2.2 装 置 の 設 定 を 行 う 利 用 を 開 始 するにあたり, 以 下 の 準 備, 設 定 を 行 います (1) 障 害 復 旧 管 理 PC から 対 象 装 置 へ,IPv4 ネットワーク 的 に 到 達 可 能 とします 障 害 復 旧 管 理 PC と 対 象 装 置 が IP 通 信 できるように,ネットワーク 接 続 してく ださい そのためには, 対 象 装 置 上 に IPv4 アドレスを 設 定 します また, 障 害 復 旧 管 理 PC と 対 象 装 置 の 間 にスイッチやルータ 等 のネットワーク 装 置 が 存 在 する 場 合, 障 害 復 旧 管 理 PC と 対 象 装 置 の 間 で 通 信 可 能 なように,それらのネ ットワーク 装 置 に 対 してルーティング 設 定 を 行 います (2) 対 象 装 置 のコンフィグレーションを 保 存 またはバックアップ します 必 要 に 応 じて 対 象 装 置 上 で 未 保 存 のコンフィグレーションを 保 存 します また は, 対 象 装 置 のコンフィグレーションをバックアップします (3) 対 象 装 置 の 情 報 を 収 集,およびソフトウェアを 更 新 できるよ うに,netconf 機 能 を 有 効 にします 続 いて, 装 置 が 障 害 復 旧 サポートツールから 要 求 を 受 け 付 けられるよう, 装 置 側 の 設 定 を 行 います 装 置 を 起 動 し, 装 置 にログイン 後, 装 置 の CLI から 次 の コマンドを 入 力 します netconf 機 能 に 関 するコマンドの 詳 細 については AX-Networker s-utility ユーザーズガイド(インストール 編 )の 5. 付 録 を ご 確 認 ください >enable # configure!(config)# netconf!(config-netconf)# top!(config)# save (config)# exit 19

27 (4) ソフトウェア 更 新 機 能 用 のユーザを 登 録 します netconf 機 能 を 有 効 にした 後, 装 置 がソフトウェア 更 新 処 理 を 実 行 できるように, 装 置 にソフトウェア 更 新 機 能 用 のユーザを 登 録 します 装 置 を 起 動 し, 装 置 に ログイン 後, 装 置 の CLI から 次 のコマンドを 入 力 します 1 ソフトウェア 更 新 機 能 用 のユーザ 登 録 のコマンドの 詳 細 については AX-Networker s-utility ユーザーズガイド(インストール 編 )の 5. 付 録 を ご 確 認 ください なお,この 手 順 は AX1230S シリーズの 装 置 では 不 要 です >enable 装 置 管 理 者 モードに 移 行 します # set software-update user user001 登 録 するユーザの 名 前 2 を 入 力 します (ここでは user001 です) New password : xxxxxxxx Retype new password : xxxxxxxx パスワード 3 を 入 力 します 確 認 のためパスワードを 再 入 力 します # commit software-update user 登 録 したユーザを 保 存 します Commit software-update user data. Are you sure? (y/n):y y を 入 力 します # 1 装 置 が 冗 長 構 成 を 取 っている 場 合, 運 用 系 でコマンドを 実 行 してください 2 ユーザ 名 は 6~16 文 字 の 半 角 英 数 字 で 指 定 してください 3 パスワードは 6~16 文 字 の 半 角 英 数 字 で 指 定 してください (5) 管 理 対 象 装 置 の 設 定 情 報 が 収 集 できるように,telnet セッショ ンを 確 保 できるようにします 障 害 復 旧 サポートツールは 管 理 対 象 装 置 から 設 定 情 報 を 収 集 するために telnet セッションを 1 つ 利 用 します そのため, 障 害 復 旧 サポートツール 用 に telnet セッションを 1 つ 確 保 してください 20

28 2.3 障 害 復 旧 管 理 PCの 設 定 を 行 う 障 害 復 旧 サポートツールの 利 用 を 開 始 するにあたり, 以 下 の 準 備, 設 定 を 行 い ます (1) 障 害 復 旧 管 理 PC 上 で,FTP サーバを 設 定 します 監 視 対 象 装 置 が 送 信 してくるバックアップ 情 報 を 障 害 復 旧 サポートツールで 受 信 できるように, 障 害 復 旧 管 理 PC 上 でFTPサーバを 設 定 し,ファイアウォール 設 定 でFTPポート(TCP: 21 および 1024~65535 以 下 を 参 照 )の 受 信 を 許 可 します 設 定 方 法 については, 障 害 復 旧 管 理 PCのOSのファイアウォール 設 定, またはご 利 用 のアンチウイルス 製 品 のマニュアルを 参 照 ください 障 害 復 旧 管 理 PCにFTPを 実 行 するユーザおよびパスワードについては, 4.2 設 定 項 目 一 覧 を 参 照 し 登 録 してください FTP サーバを 設 定 する 場 合,インターネット インフォメーション サービス (IIS)にて 行 ってください その 他 の FTP サーバを 設 定 する 場 合, 事 前 に 障 害 復 旧 サポートツールが 正 常 に 動 作 するか 確 認 してください なお,FTP クライア ント( 監 視 対 象 装 置 )はパッシブ 転 送 モードで 動 作 します IIS(デフォルト 設 定 ) の 場 合,データ 転 送 用 のポート 番 号 は 1024~65535 の 間 のポート 番 号 を 使 用 し ます 障 害 復 旧 管 理 PC 上 のファイアウォール 設 定 では,データ 転 送 用 のポー ト 番 号 が 使 用 できるように 設 定 してください なお, 監 視 対 象 装 置 が AX2500S Ver.3.2.A 以 下 および AX1200S シリーズの 場 合, バックアップ 情 報 の 送 信 先 として FTP サーバを 利 用 しません そのため, 監 視 対 象 装 置 が AX2500S Ver.3.2.A 以 下 および AX1200S シリーズのみである 場 合, FTP サーバを 設 定 する 必 要 はありません 21

29 表 2-1 装 置 モデルとバックアップ 情 報 収 集 先 の 対 応 装 置 モデル AX6700S/ AX4600S/ AX6600S/ AX6300S AX3800S/ AX3600S/ AX2500S AX2200S/ AX1200S バックアップ 情 報 収 集 先 障 害 復 旧 管 理 PC (FTP サーバの 設 定 は 必 須 ) AX2400S (Ver.3.2.B 以 上 ) (Ver.3.2.A 以 下 ) MC (FTP サーバの 設 定 は 不 要 ) 凡 例 :サポート, : 未 サポート 22

30 2.4 ツールの 設 定 を 行 う 利 用 を 開 始 するにあたり, 以 下 の 準 備, 設 定 を 行 います 利 用 可 能 な 最 大 メモリサイズを 変 更 する 本 ツールから 大 きなコンフィグレーションを 持 つ 装 置 に 対 してコンフィグレー ション 収 集 を 行 うと,ツールが 使 用 するメモリ 量 が 利 用 可 能 な 最 大 メモリサイ ズを 超 える 場 合 があります 対 象 の 装 置 が 大 きなコンフィグレーションを 持 つ 場 合 1 には, 下 記 の 手 順 で 本 ツールが 利 用 可 能 な 最 大 メモリサイズを 変 更 し てください 1 目 安 として, 装 置 のコンフィグレーションの 行 数 が 6000 行 を 超 える 場 合 が 該 当 し ます ( 最 もメモリを 使 用 する,5 台 以 上 の 装 置 が 存 在 するグループに 対 してコンフィ グレーション 収 集 を 行 うケースを 想 定 した 場 合 の 目 安 になります 装 置 1 台 だけのグル ープに 対 してコンフィグレーション 収 集 を 行 うケースでは, 装 置 のコンフィグレーショ ンの 行 数 が 行 を 超 える 場 合 が 該 当 します なお,6 台 以 上 の 装 置 が 存 在 するグル ープに 対 してコンフィグレーション 収 集 を 行 うケースは,5 台 のケースと 同 様 になりま す ) [ 変 更 手 順 ] 1<TARGETDIR> BackupRecoveryTool BackupRecoveryTool.bat をマウスで 右 ク リックし, 表 示 されたポップアップメニューから[ 編 集 ]を 選 択 します <TARGETDIR> AX-Networker s-utility インストール 先 ディレクトリ デフォルトは C: Alaxala AX-Networker's-Utility 2 表 示 された 中 身 の set PARAMETERS=-Xmx1024m -jar %JARFILE% の -Xmx1024m ( 上 記 の 下 線 部 )を 変 更 し, 上 書 き 保 存 します この 指 定 例 で は,ツールへ 割 り 当 てるメモリの 量 を 1024MB で 指 定 しています 3<TARGETDIR> BackupRecoveryTool BackupRecoveryTool.bat をマウスで 右 ク リックし, 表 示 されたポップアップメニューから[ 管 理 者 として 実 行 ]を 選 択 し て 本 ツールを 起 動 します コンフィグレーションや 装 置 情 報 を 収 集 する に 記 載 の 方 法 でコンフ ィグレーション 収 集 を 行 い, 正 常 終 了 するか 確 認 してください メッセージ 処 理 中 にメモリ 不 足 エラーが 発 生 しました が 表 示 される 場 合 には,3で 指 定 23

31 する Xmx1024m の 1024 をより 大 きな 値 に 設 定 し 直 して 再 度 確 認 してくだ さい ツール 全 体 の 設 定 を 行 う まず,ツール 全 体 の 設 定 を 行 います 障 害 復 旧 サポートツールを 起 動 し,[ 設 定 ]-[ 設 定 ]メニューを 選 択 して,[ツール 設 定 ] 画 面 を 表 示 します 図 2-2 ツール 設 定 画 面 (1) 24

32 図 2-3 ツール 設 定 画 面 (2) 図 2-4 ツール 設 定 画 面 (3) [ツール 設 定 ] 画 面 では 以 下 の 項 目 を 設 定 します 表 2-2 ツール 設 定 画 面 の 設 定 項 目 [ディレ クトリ] タブ 項 目 コンフィグレーション 格 納 先 ディレクトリ 指 定 値 コンフィグレーション 収 集 によって 装 置 から 収 集 されたコンフィグレーショ ンファイルを 格 納 するディレクトリを 指 定 します デフォルトは configuration-files(= <TARGETDIR> BackupRecoveryTool co 25

33 nfiguration-files)です 1 2 [ 装 置 ]タ ブ [バック アップ 収 集 ]タブ バックアップファイル 格 納 先 ディレクトリ MC のドライブ ソフトウェアファイル 格 納 先 ディレクトリ ログインユーザ 名 パスワード ソフトウェア 更 新 ユー ザ 名 (ソフトウェア 更 新 )パ スワード ソフトウェアをバック アップする バックアップ 収 集 によって 装 置 から 収 集 されたバックアップファイルを 格 納 するディレクトリを 指 定 します デフォルトは backup-files(= <TARGETDIR> BackupRecoveryTool ba ckup-files)です 1 障 害 復 旧 管 理 PC へ MC リーダ/ライタを 接 続 した 際 に,MC 用 に 割 り 当 てられた ドライブを 選 択 します デフォルトは 未 設 定 です ソフトウェア 更 新 によって 利 用 するソ フトウェアファイルを 格 納 するディレ クトリを 指 定 します デフォルトは software-files(= <TARGETDIR> BackupRecoveryTool sof tware-files)です 1 バックアップ 収 集 時 に 利 用 する,telnet 用 の 装 置 ログインユーザ 名 です デフォルトは operator です 上 記 telnet 用 装 置 ログインユーザ 名 に 対 応 するパスワードです デフォルトは 未 設 定 です ソフトウェア 更 新 用 のユーザ 名 です 2.2 装 置 の 設 定 を 行 う (4)ソフトウェ ア 更 新 機 能 用 のユーザを 登 録 します で 指 定 したユーザ 名 を 指 定 してください デフォルトは 未 設 定 です AX1230S シリーズの 装 置 では,この 設 定 項 目 は 使 用 されません ソフトウェア 更 新 用 ユーザ 名 に 対 応 す るパスワードです 2.2 装 置 の 設 定 を 行 う (4)ソフトウェア 更 新 機 能 用 のユー ザを 登 録 します で 指 定 したパスワード を 指 定 してください デフォルトは 未 設 定 です AX1230S シリーズの 装 置 では,この 設 定 項 目 は 使 用 されません バックアップ 収 集 の 際,バックアップフ ァイルに 装 置 ソフトウェアを 含 めるか どうかを 指 定 します デフォルトはチェックありです 1 <TARGETDIR> AX-Networker s-utility インストール 先 ディレクトリ デフォルトは C: Alaxala AX-Networker's-Utility 26

34 2 コンフィグレーション 収 集 ツールと 本 ツールを 併 用 している 場 合,コンフ ィグレーション 収 集 ツールのコンフィグレーションの 格 納 先 とは 別 のディレク トリを 指 定 してください 設 定 項 目 を 指 定 した 後, OK ボタンを 押 下 します 設 定 項 目 を 設 定 ファイル へ 保 存 し,[ツール 設 定 ] 画 面 を 閉 じます 次 に, 設 定 ファイルへ 装 置 の 管 理 者 モードのパスワードを 設 定 します 装 置 に 管 理 者 モードのパスワードを 設 定 している 場 合 には, 以 下 の 手 順 を 実 施 してく ださい 障 害 復 旧 サポートツールを 停 止 し, 設 定 ファイル BackupRecoveryTool.properties をエディタなどで 開 きます プロパティ telnet.command.administrator.mode.password へ 装 置 の 管 理 者 モードの パスワードを 設 定 してください このプロパティが 設 定 ファイルに 無 い 場 合, 追 加 してください この 設 定 の 詳 細 については, 4.2 設 定 項 目 一 覧 を 参 照 してください 装 置 を 登 録 する 障 害 復 旧 サポートツールから 装 置 の 障 害 復 旧 ができるようにするには,まず 始 めに,ツール 上 で 装 置 の 登 録 を 行 います 装 置 の 登 録 方 法 には, 以 下 の3 通 り の 方 法 があります 方 法 1:GUIから 登 録 する( GUIから 登 録 する 参 照 ) 方 法 2: 装 置 情 報 ファイルから 登 録 する( 装 置 情 報 ファイルから 登 録 する 参 照 ) 方 法 3: 装 置 情 報 のインポート エクスポートで 登 録 する( 装 置 情 報 のインポート エクスポート 参 照 ) 障 害 復 旧 サポートツールを 起 動 すると,ツール 終 了 前 に 正 常 に 読 み 込 んだか 保 存 を 行 った 装 置 情 報 ファイルを 自 動 的 に 読 み 込 み, 装 置 ツリー 上 に 表 示 します なお,GUI からの 操 作 はメニュー,メニューに 設 定 されているキーボードショ ートカット(Ctrl+キー),ボタンのいずれか 任 意 の 方 法 で 行 えます 27

35 2.4.4 GUIから 登 録 する (1) グループを 登 録 する まず 始 めに,ツールを 起 動 しグループの 登 録 を 行 います ツールの 起 動 方 法 に ついては, 2.1 障 害 復 旧 サポートツールのインストール (2) 起 動 確 認 を 参 照 してください グループを 登 録 するには, 装 置 一 覧 ツリー 上 で[ 装 置 一 覧 ]ノードを 選 択 して,[グ ループ]-[ 追 加 ]メニューを 選 択 し,[グループ 情 報 設 定 ] 画 面 を 開 きます 図 2-5 グループ 登 録 (1) 1[グループ]-[ 追 加 ]メニューを 選 択 します [グループ 情 報 設 定 ] 画 面 を 開 いたら,グループ 名 (1~32 文 字 )を 入 力 し,[OK] ボタンを 押 下 します [ 注 意 事 項 ] グループ 名 として HTML タグやタブ 文 字 を 使 用 しないでください HTML タグ やタブ 文 字 を 使 用 すると,ツール 上 で 正 しく 表 示 されない 場 合 があります 28

36 図 2-6 グループ 登 録 (2) 2グループ 名 を 入 力 します 3OK ボタンを 押 下 します 図 2-7 グループ 登 録 (3) 4 装 置 一 覧 ツリー 上 にグループが 追 加 されます (2) グループ 名 を 変 更 する/ 登 録 したグループを 削 除 する グループ 名 の 変 更 を 行 うには, 装 置 一 覧 ツリー 上 でグループを 選 択 して,[グル ープ]-[ 編 集 ]メニューを 選 択 し,[グループ 情 報 設 定 ] 画 面 を 開 きます [グループ 情 報 設 定 ] 画 面 を 開 いたら,グループ 名 (1~32 文 字 )を 入 力 し,[OK] ボタンを 押 下 します グループの 削 除 を 行 うには, 装 置 一 覧 ツリー 上 でグループを 選 択 して,[グルー プ]-[ 削 除 ]メニューを 選 択 します 29

37 [ 注 意 事 項 ] グループの 削 除 を 行 う 際 に, 削 除 するグループ 内 の 装 置 がコンフィグレーショ ン 収 集 済 み,もしくはバックアップ 収 集 済 みである 場 合,グループ 削 除 の 操 作 によってこれらの 収 集 情 報 が 削 除 されることはありません これらの 収 集 情 報 も 併 せて 削 除 する 場 合 ( 装 置 を 完 全 に 削 除 する 場 合 )には, 別 途 5.1 トラブル 発 生 時 の 対 応 に 記 載 の 方 法 に 従 いディレクトリ 内 の 該 当 のファイルを 削 除 してください (3) 装 置 を 登 録 する グループを 登 録 した 後,グループに 装 置 を 登 録 します 装 置 を 登 録 するには, 装 置 一 覧 ツリー 上 でグループを 選 択 して,[ 装 置 ]-[ 追 加 ] メニューを 選 択 し,[ 装 置 情 報 設 定 ] 画 面 を 開 きます 図 2-8 装 置 登 録 (1) 1グループを 選 択 します 2[ 装 置 ]-[ 追 加 ]メニューを 選 択 します [ 装 置 情 報 設 定 ] 画 面 を 開 いたら,IP アドレス(10 進 ドット 記 法 の IPv4 アドレ ス), 装 置 名 (0~64 文 字 ),を 入 力 して,[OK]ボタンを 押 下 します なお, 装 置 名 は 入 力 を 省 略 することができます 30

38 [ 注 意 事 項 ] 装 置 名 として HTML タグやタブ 文 字 を 使 用 しないでください HTML タグやタ ブ 文 字 を 使 用 すると,ツール 上 で 正 しく 表 示 されない 場 合 があります 図 2-9 装 置 登 録 (2) 3 装 置 名,IP アドレスを 入 力 します 装 置 名 は 入 力 を 省 略 することができます 図 2-10 装 置 登 録 (3) 4OK ボタンを 押 下 します 5 装 置 一 覧 ツリーに 装 置 が 追 加 されます 31

39 (4) 装 置 情 報 を 変 更 する/ 登 録 した 装 置 を 削 除 する 装 置 情 報 の 変 更 を 行 うには, 装 置 一 覧 ツリー 上 で 装 置 を 選 択 して,[ 装 置 ]-[ 編 集 ] メニューを 選 択 し,[ 装 置 情 報 設 定 ] 画 面 を 開 きます [ 装 置 情 報 設 定 ] 画 面 を 開 い たら, 必 要 な 情 報 を 入 力 し,[OK]ボタンを 押 下 します 装 置 の 削 除 を 行 うには, 装 置 一 覧 ツリー 上 で 装 置 を 選 択 して,[ 装 置 ]-[ 削 除 ]メ ニューを 選 択 します [ 注 意 事 項 ] 装 置 の 削 除 を 行 う 際 に, 削 除 する 装 置 がコンフィグレーション 収 集 済 み,もし くはバックアップ 収 集 済 みである 場 合, 装 置 削 除 の 操 作 によってこれらの 収 集 情 報 が 削 除 されることはありません これらの 収 集 情 報 も 併 せて 削 除 する 場 合 ( 装 置 を 完 全 に 削 除 する 場 合 )には, 別 途 5.1 トラブル 発 生 時 の 対 応 に 記 載 の 方 法 に 従 いディレクトリ 内 の 該 当 のファイルを 削 除 してください 装 置 情 報 ファイルから 登 録 する グループや 装 置 は,グループや 装 置 の 情 報 を 定 義 した 装 置 情 報 ファイルを, 障 害 復 旧 サポートツールから 読 み 込 んで 登 録 することもできます (1) 装 置 情 報 ファイル 装 置 情 報 ファイルは,[ファイル]-[ 名 前 を 付 けて 保 存 ],または,[ファイル]-[ 上 書 き 保 存 ]メニューを 実 行 した 際 に 保 存 される,ツール 上 のグループ,および, 装 置 の 情 報 を 記 録 したファイルです ツールから 保 存 した 装 置 情 報 ファイルは, [ファイル]-[ 開 く]メニューから, 再 びツール 上 に 読 み 込 むことができます 装 置 情 報 ファイルのフォーマットは CSV 形 式 のテキストファイルです 従 って, テキストエディタやスプレッドシートアプリケーションを 利 用 して 作 成 するこ ともできます 装 置 情 報 ファイルの 例 と, 装 置 情 報 ファイルをテーブル 形 式 で 表 示 したイメージを 次 図 および 次 表 に 示 します 32

40 [ 注 意 事 項 ] 装 置 情 報 ファイル/スケジュール 情 報 ファイルをスプレッドシートアプリケー ションで 編 集 する 場 合 は, 各 フィールドの 値 ( 例 :グループ 名 や 装 置 名 )に " (ダブルクォート)や, (カンマ)を 使 用 しないでください グループ 名 や 装 置 名 等 に " (ダブルクォート)や, (カンマ)を 使 用 す ると,ツールからファイルを 読 み 込 んだ 際 に,グループ 名 や 装 置 名 等 が 正 しく 表 示 されない,または,ファイルの 読 み 込 みに 失 敗 する 場 合 があります 各 フィールドの 値 として HTML タグやタブ 文 字 を 使 用 しないでください HTML タグやタブ 文 字 を 使 用 すると,ツール 上 で 正 しく 表 示 されない 場 合 があ ります 図 2-11 装 置 情 報 ファイルの 例 グループ 名,チェックボックスのチェック 状 態,IP アドレス, 装 置 名, 装 置 モデル グループA,true, , 装 置 1,AX6708S グループA,true, , 装 置 2,AX6708S グループA,true, ,,AX6708S グループA,true, , 装 置 4,AX6708S グループB,false, , 装 置 1, グループB,false, , 装 置 2, グループC,,,, グループD,false, , 装 置 1, 1 行 目 (ヘッダ) 表 2-3 装 置 情 報 ファイルをテーブル 形 式 で 表 示 したイメージ # A B C D E 1 グループ 名 チェックボッ クスのチェッ ク 状 態 IP アドレス 装 置 名 装 置 モデル 2 グループ A true 装 置 1 AX6708S 3 グループ A true 装 置 2 AX6708S 33

41 4 グループ A true AX6708S 5 グループ A true 装 置 4 AX6708S 6 グループ B false 装 置 1 7 グループ B false 装 置 2 8 グループ C 9 グループ D false 装 置 1 装 置 情 報 ファイル 作 成 する 場 合,1 行 目 にはヘッダ 情 報 を 記 述 し,2 行 目 以 降 に 各 装 置 の 装 置 情 報 を 記 述 します 1 3 A 列 :グループ 名 は 1~32 文 字 で 設 定 可 能 です B 列 :チェックボックスのチェック 状 態 は true または false で 設 定 可 能 です C 列 :IP アドレスは 10 進 ドット 記 法 の IPv4 アドレスで 設 定 可 能 です D 列 : 装 置 名 は 0~64 文 字 で 設 定 可 能 です E 列 : 装 置 モデルはツールからの[ 運 用 バージョン 取 得 ] 操 作 により 取 得 可 能 なため, 装 置 情 報 ファイルを 作 成 し 障 害 復 旧 サポートツールから 読 み 込 んで 登 録 する 際 この 項 目 の 指 定 は 不 要 です 4 行 目 の D 列 には, 装 置 名 の 指 定 がありませんが,このように, 装 置 名 は 指 定 を 省 略 することができます また,6 行 目 ~9 行 目 の E 列 には, 装 置 モデ ルの 指 定 がありませんが, 装 置 モデルも 装 置 名 と 同 様 に 指 定 を 省 略 すること ができます(その 他 の 項 目 は 指 定 が 必 須 であり, 省 略 することはできません) また,8 行 目 は A 列 のグループ 名 のみ 指 定 されていますが,このような 装 置 情 報 は, 装 置 情 報 のエントリがないグループ という 特 別 な 意 味 を 持 ちま す 2 各 列 の 指 定 値 が 不 正 ( 範 囲 外 )な 場 合, 装 置 情 報 ファイル 読 み 込 み 時 にエラー となります 1 1 行 目 (ヘッダ 情 報 )は 省 略 できませんが,ヘッダ 情 報 の 記 述 内 容 は 任 意 です ( 上 図 の 例 と 同 様 の 記 述 にする 必 要 はありません ) 2 グループ 名 のみ 指 定 した 装 置 情 報 を, 同 一 のグループ 名 で 複 数 件 登 録 した 場 合,2 件 目 以 降 は 無 視 されます 3 装 置 情 報 ファイルには 空 行 ( 改 行 だけの 行 )を 記 述 できません 記 述 した 場 合 には エラーになります 34

42 (2) 作 成 した 装 置 情 報 ファイルを 読 み 込 む 作 成 したファイルをツールに 読 み 込 むには,[ファイル]-[ 開 く]メニューを 選 択 し,ファイル 選 択 画 面 を 開 きます 図 2-12 装 置 情 報 ファイルの 読 み 込 み(1) 1[ファイル]-[ 開 く]メニューを 選 択 します ファイル 選 択 画 面 を 開 いたら, 作 成 した 装 置 情 報 ファイルを 選 択 し,[ 開 く]ボ タンを 押 下 します 35

43 図 2-13 装 置 情 報 ファイルの 読 み 込 み(2) 2 作 成 したファイルを 選 択 します 3[ 開 く]ボタンを 押 下 します 図 2-14 装 置 情 報 ファイルの 読 み 込 み(3) 4ファイルの 内 容 がツール 上 に 反 映 されます [ 注 意 事 項 ] スケジュール 情 報 ファイルに 関 して: 障 害 復 旧 サポートツールから, [ファイル]-[ 名 前 を 付 けて 保 存 ],または,[ファ イル]-[ 上 書 き 保 存 ]メニューを 実 行 すると, 装 置 情 報 ファイルと 併 せてスケジュ ール 情 報 ファイル(ファイル 名 が, [ 装 置 情 報 ファイル 名 の 拡 張 子 (.csv)を 除 36

44 いた 部 分 ]_schedule.csv のファイル 1)も 生 成 されます また,[ファイル]-[ 開 く]メニューから, 装 置 情 報 ファイルの 読 み 込 みを 行 う 際 に, 同 ファイル 格 納 デ ィレクトリ 内 に, 装 置 情 報 ファイルと 同 名 のスケジュール 情 報 ファイルが 存 在 すると, 障 害 復 旧 サポートツールは, 併 せてスケジュール 情 報 ファイルの 読 み 込 みも 行 います 従 って, 用 意 した 装 置 情 報 ファイルの 読 み 込 みを 行 う 際 には, 同 ファイル 格 納 ディレクトリに, 同 名 のスケジュール 情 報 ファイルが 存 在 して いないことを 確 認 するか, 存 在 する 場 合 は, 用 意 した 装 置 情 報 ファイルと 整 合 性 がとれており, 併 せて 読 み 込 み 可 能 なスケジュール 情 報 ファイルであること を 確 認 してください ( 詳 しくは, スケジュール 情 報 ファイル を 参 照 して ください ) 1 装 置 情 報 ファイル 名 が node.csv の 場 合,スケジュール 情 報 ファイルとし て 生 成 されるファイルは node_schedule.csv になります 装 置 情 報 ファイル,スケジュール 情 報 ファイルをスプレッドシートアプリケー ションで 編 集 する 場 合 の 注 意 事 項 : 装 置 情 報 ファイル/スケジュール 情 報 ファイルをスプレッドシートアプリケー ションで 編 集 する 場 合 は,グループ 名 や 装 置 名 等 に " (ダブルクォート)や, (カンマ)を 含 めないようにしてください 装 置 情 報 のインポート エクスポート 本 ツールに 登 録 したグループや 装 置 の 情 報 は, 共 通 フォーマットファイルを 介 して, AX-Networker s-utility の 他 ツールと 相 互 にエクスポート インポートすることがで きます つまり, 本 ツールに 登 録 したグループや 装 置 の 情 報 を AX-Networker s-utility の 他 ツール 用 にエクスポート,および AX-Networker s-utility の 他 ツールへ 登 録 した グループや 装 置 の 情 報 を 本 ツールへインポートできます (1) 共 通 フォーマットファイル 共 通 フォーマットファイルは, 本 ツールへ 登 録 した 装 置 情 報 を AX-Networker s-utility の 他 ツール 用 にエクスポート,または AX-Networker s-utility の 他 ツールへ 登 録 した 装 置 情 報 を 本 ツールへインポートするためのファイルです [ファイル]-[ 共 通 フォーマット]-[エクスポート ]メニューを 選 択 することで, 共 通 フォーマットファイル 形 式 で 装 置 情 報 をエクスポートし,[ファイル]-[ 共 通 フォーマ ット]-[インポート ]メニューを 選 択 することで, 共 通 フォーマットファイル 形 式 で 37

45 装 置 情 報 をインポートすることができます 共 通 フォーマットファイルのフォーマットは CSV 形 式 のテキストファイルです 従 って,テキストエディタやスプレッドシートアプリケーションを 利 用 して 作 成 す ることもできますが,ツールの 共 通 フォーマットファイルのエクスポートで 作 成 す ることをおすすめします エクスポート 後, 必 要 に 応 じて,エクスポートした 共 通 フォーマットファイルをテキストエディタやスプレッドシートアプリケーション で 修 正 することが 可 能 です AX-Networker s-utility の 他 ツールでエクスポートした 共 通 フォーマットファイルか ら 本 ツールへのインポートを 行 う 際, 共 通 フォーマットファイルに 本 ツールでの 必 須 指 定 項 目 が 指 定 されていない 場 合 には,その 指 定 されていない 項 目 をテキストエ ディタやスプレッドシートアプリケーションで 追 加 してからインポートを 行 って ください 共 通 フォーマットファイルの 項 目 と 本 ツールでの 指 定 値 を 次 表 に 示 します 38

46 表 2-4 共 通 フォーマットファイルの 項 目 と 本 ツールでの 指 定 値 項 目 指 定 値 グループ 名 チェックボックスのチェッ ク 状 態 IP アドレス 装 置 名 場 所 ソフトウェア 更 新 機 能 アカ ウント ソフトウェア 更 新 機 能 パス ワード Web 認 証 画 面 入 れ 替 え 機 能 アカウント Web 認 証 画 面 入 れ 替 え 機 能 パスワード メール 通 知 制 限 装 置 モデル 省 電 力 モード 電 力 制 御 設 定 NIF ボード 情 報 NIF ボード LED 動 作 スイッチングユニット 設 定 スイッチングユニットの 枚 数 設 定 グループ 名 を 1~32 文 字 で 指 定 します 必 須 指 定 項 目 です チェックボックスのチェック 状 態 を true( 選 択 状 態 )または false( 非 選 択 状 態 )で 指 定 します 任 意 指 定 項 目 です 省 略 された 場 合,false が 指 定 されたものと 解 釈 して 動 作 します IP アドレスを 10 進 ドット 記 法 の IPv4 アドレスで 指 定 します 必 須 指 定 項 目 です 装 置 名 を 0~64 文 字 で 指 定 します 任 意 指 定 項 目 です 本 ツールでは 利 用 しません 本 ツールでは 利 用 しません 本 ツールでは 利 用 しません 本 ツールでは 利 用 しません 本 ツールでは 利 用 しません 本 ツールでは 利 用 しません 装 置 モデルを 指 定 します ツールの[ 運 用 バージョン 取 得 ] 操 作 で 取 得 した 装 置 モデルが 格 納 されるため, 共 通 フォーマッ トファイルを 作 成 する 際 には,この 項 目 の 指 定 は 不 要 です 任 意 指 定 項 目 です 本 ツールでは 利 用 しません 本 ツールでは 利 用 しません 本 ツールでは 利 用 しません 本 ツールでは 利 用 しません 本 ツールでは 利 用 しません 本 ツールでは 利 用 しません 39

47 待 機 系 スイッチングユニッ トの 給 電 設 定 スイッチ 種 別 アカウント 更 新 時 刻 Web 認 証 証 明 書 有 効 期 限 Web 認 証 証 明 書 確 認 時 刻 前 回 アップロード 時 に 選 択 した 証 明 書 のファイルパス 前 回 アップロード 時 に 選 択 した 秘 密 鍵 のファイルパス 前 回 アップロード 時 に 選 択 した 中 間 CA 証 明 書 のファ イルパス 本 ツールでは 利 用 しません 本 ツールでは 利 用 しません 本 ツールでは 利 用 しません 本 ツールでは 利 用 しません 本 ツールでは 利 用 しません 本 ツールでは 利 用 しません 本 ツールでは 利 用 しません 本 ツールでは 利 用 しません [ 注 意 事 項 ] 表 2-4 共 通 フォーマットファイルの 項 目 と 本 ツールの 指 定 値 で,[ 指 定 値 ] 列 が 本 ツールでは 利 用 しません になっている 項 目 も,CSV フォーマットとしての 列 は 必 要 ですので 省 略 しないでください AX-Networker s-utility の 他 ツールでエクスポートした 共 通 フォーマットファイル をインポートする 際, 表 2-4 共 通 フォーマットファイルの 項 目 と 本 ツールの 指 定 値 で,[ 指 定 値 ] 列 に 必 須 指 定 項 目 です がある 項 目 は,インポートの 前 にエ ディタやスプレッドシートアプリケーションを 利 用 し,インポート 対 象 の 共 通 フ ォーマットファイルへその 項 目 の 指 定 値 を 追 加 してください 共 通 フォーマットファイルをスプレッドシートアプリケーションで 編 集 する 場 合 は, 各 フィールドの 値 ( 例 :グループ 名 や 装 置 名 )に " (ダブルクォート) や, (カンマ)を 使 用 しないでください グループ 名 や 装 置 名 等 に " (ダブルクォート)や, (カンマ)を 使 用 する と,ツールから 共 通 フォーマットファイルをインポートした 際 に,グループ 名 や 装 置 名 等 が 正 しく 表 示 されない,または, 共 通 フォーマットファイルのインポー トに 失 敗 する 場 合 があります 各 フィールドの 値 として HTML タグやタブ 文 字 を 使 用 しないでください HTML タグやタブ 文 字 を 使 用 すると,ツール 上 で 正 しく 表 示 されない 場 合 があります 40

48 (2) 装 置 情 報 を 共 通 フォーマットファイルへエクスポートする ツールへ 登 録 した 装 置 情 報 を 共 通 フォーマットファイルへエクスポートするには, [ファイル]-[ 共 通 フォーマット]-[エクスポート ]メニューを 選 択 し,ファイル 選 択 画 面 を 開 きます 図 2-15 装 置 情 報 のエクスポート(1) 1 [ファイル]-[ 共 通 フォーマット]-[エクスポート ]メニューを 選 択 します ファイル 選 択 画 面 が 表 示 されたら,エクスポート 先 の 共 通 フォーマットファイルの 名 前 を 指 定 し, 保 存 ボタンを 押 します 41

49 図 2-16 装 置 情 報 のエクスポート(2) 2エクスポート 先 ファイルを 指 定 します 3[ 保 存 ]ボタンを 押 下 します 装 置 情 報 のエクスポートが 成 功 すると,エクスポート 成 功 のメッセージが 表 示 され ます 図 2-17 装 置 情 報 のエクスポート(3) 4 装 置 情 報 をエクスポートしました が 表 示 されます 42

50 (3) 装 置 情 報 を 共 通 フォーマットファイルからインポートする 共 通 フォーマットファイルから 装 置 情 報 をインポートするには,[ファイル]-[ 共 通 フ ォーマット]-[インポート ]メニューを 選 択 し,ファイル 選 択 画 面 を 開 きます 図 2-18 装 置 情 報 のインポート(1) 1 [ファイル]-[ 共 通 フォーマット]-[インポート ]メニューを 選 択 します ファイル 選 択 画 面 が 表 示 されたら,インポート 元 の 共 通 フォーマットファイルの 名 前 を 指 定 し, 開 く ボタンを 押 します 43

51 図 2-19 装 置 情 報 のインポート(2) 2インポート 元 ファイルを 指 定 します 3[ 開 く]ボタンを 押 下 します 装 置 情 報 のインポートが 成 功 すると, 装 置 一 覧 ツリーが 更 新 され,インポート 成 功 のメッセージが 表 示 されます 図 2-20 装 置 情 報 のインポート(3) 4インポートした 装 置 情 報 で 装 置 一 覧 ツリーが 更 新 されます 5 装 置 情 報 をインポートしました が 表 示 されます 44

52 2.4.7 装 置 の 運 用 バージョンを 取 得 する 装 置 を 登 録 する でツールに 登 録 した 装 置 に 対 して 障 害 復 旧 ( 障 害 復 旧 ウィザードの 起 動 や,MC 作 成,ソフトウェア 更 新 )を 行 うには, 事 前 に, 対 象 装 置 の 現 在 のソフトウェアバージョン( 運 用 バージョン)を 取 得 しておく 必 要 があります 本 節 では,ツール 上 に 登 録 した 装 置 に 対 して, 運 用 バージョン 取 得 を 行 う 方 法 について 説 明 します 図 2-21 運 用 バージョン 情 報 取 得 (1) 1 装 置 情 報 テーブルで, 運 用 バージョン 取 得 を 行 う 装 置 をチェックします テーブルヘッダのチェックボックスをチェックすると,グループ 内 のすべ ての 装 置 がチェック 状 態 になります 2[ 実 行 ]-[ 運 用 バージョン 取 得 ]メニューを 選 択 します [ 運 用 バージョン 取 得 確 認 ]ダイアログが 表 示 されたら, [はい]ボタンを 押 下 し ます 45

53 3[はい]ボタンを 押 下 します 図 2-22 運 用 バージョン 情 報 取 得 (2) 図 2-23 運 用 バージョン 情 報 取 得 (3) 4 装 置 の 運 用 バージョンが 表 示 されます 46

54 2.4.8 コンフィグレーションや 装 置 情 報 を 収 集 する (1) 即 時 実 行 で 収 集 する コンフィグレーション 収 集 や 装 置 情 報 収 集 ( 以 下 バックアップ 収 集 と 記 す)を 実 行 するには,まず 始 めにコンフィグレーションの 格 納 先 ディレクトリ,およ びバックアップファイルの 格 納 先 ディレクトリを 指 定 します [ 設 定 ]-[ 設 定 ]メ ニューから,[ツール 設 定 ] 画 面 を 開 きます 図 2-24 コンフィグレーション 格 納 場 所 の 指 定 (1) 1[ 設 定 ]-[ 設 定 ]メニューを 選 択 します [ツール 設 定 ] 画 面 を 開 いたら,コンフィグレーション 格 納 先 ディレクトリとバ ックアップファイル 格 納 先 ディレクトリを 指 定 します 指 定 できたら,[OK]ボ タンを 押 下 します 47

55 図 2-25 コンフィグレーション 格 納 場 所 の 指 定 (2) 2コンフィグレーション 格 納 場 所 を 3バックアップファイル 格 納 場 所 を 選 択 します 指 定 します 4[OK]ボタンを 押 下 します 装 置 から 収 集 されたランニングコンフィグレーション,およびバックアップフ ァイルは, 指 定 した 格 納 場 所 へ, 以 下 のファイル 名 で 格 納 されます コンフィグレーション: [コンフィグレーション 格 納 先 ディレクトリ] [IP アドレス]-[YYYYMMDD][hhmmss].cfg [コンフィグレーション 格 納 先 ディレクトリ] [ツール 設 定 ] 画 面 で 指 定 した,コンフィグレーション 格 納 先 ディレ クトリ [IP アドレス] コンフィグレーション 収 集 対 象 装 置 の IP アドレス [YYYYMMDD] コンフィグレーション 収 集 日 付 [hhmmss] コンフィグレーション 収 集 時 刻 48

56 例 : 装 置 の IP アドレスが ,コンフィグレーション 収 集 日 付 および 時 刻 が 2009 年 11 月 25 日 午 前 3 時 0 分 3 秒 の 場 合,フ ァイル 名 は 以 下 になります cfg バックアップファイル: [バックアップファイル 格 納 先 ディレクトリ] [IP アドレス]-[YYYYMMDD][hhmmss].dat [バックアップファイル 格 納 先 ディレクトリ] [ツール 設 定 ] 画 面 で 指 定 した,バックアップファイル 格 納 先 ディレ クトリ [IP アドレス] バックアップ 収 集 対 象 装 置 の IP アドレス [YYYYMMDD] バックアップ 収 集 日 付 [hhmmss] バックアップ 収 集 時 刻 例 : 装 置 の IP アドレスが ,バックアップ 収 集 日 付 および 時 刻 が 2009 年 11 月 25 日 午 前 3 時 0 分 3 秒 の 場 合,ファイル 名 は 以 下 になります dat コンフィグレーションファイルの 収 集 の 実 施 単 位 はグループです グループに 対 してコンフィグレーションファイルの 収 集 を 即 時 実 行 するには, 装 置 一 覧 ツ リー 上 のグループを 選 択 して[ 実 行 ]-[ 実 行 ]メニューを 選 択 するか, 装 置 一 覧 ツ リー 上 のグループをマウスで 右 クリックして, 表 示 されたポップアップメニュ ーから 実 行 を 選 択 します 49

57 図 2-26 即 時 実 行 (1) 1グループを 選 択 します 2[ 実 行 ]-[コンフィグレーション 収 集 ]メニューを 選 択 します 実 行 確 認 ダイアログが 表 示 されたら,[はい]ボタンを 押 下 します 図 2-27 即 時 実 行 (2) 3[はい]ボタンを 押 下 します 50

58 装 置 からコンフィグレーションファイルの 収 集 が 行 われ, 装 置 情 報 テーブル 上 にコンフィグレーション 収 集 日 時 が 表 示 されます 図 2-28 即 時 実 行 (3) 4 装 置 情 報 テーブル 上 にコンフィグレーション 収 集 日 時 が 表 示 されます また, 収 集 したファイルは ツール 全 体 の 設 定 を 行 う で 指 定 したコンフ ィグレーション 格 納 先 ディレクトリに 格 納 されます 図 2-29 即 時 実 行 (4) 4 指 定 の 格 納 場 所 に 収 集 したファイルが 格 納 されます 51

59 バックアップ 収 集 の 実 施 単 位 も,コンフィグレーション 収 集 同 様 にグループで す グループに 対 してバックアップ 収 集 を 即 時 実 行 するには, 装 置 一 覧 ツリー 上 のグループを 選 択 して[ 情 報 収 集 ]-[ 実 行 ]-[バックアップ 収 集 ]メニューを 選 択 するか, 装 置 一 覧 ツリー 上 のグループをマウスで 右 クリックして, 表 示 された ポップアップメニューから[バックアップ 収 集 ]を 選 択 します 装 置 からバックアップ 収 集 が 行 われ, 装 置 情 報 テーブル 上 にバックアップ 収 集 日 時 が 表 示 されます また, 収 集 したファイルは ツール 全 体 の 設 定 を 行 う で 指 定 した 格 納 場 所 に 格 納 されます なお, 収 集 したバックアップファイルには 以 下 の 情 報 が 含 まれます AX6700S/AX6600S/AX6300S/AX4600S/AX3800S/AX3600S/AX2400S シリーズ の 場 合 パスワード 情 報 コンフィグレーション 電 源 運 用 モード ライセンス 情 報 Web 認 証 データベース( 内 蔵 Web 認 証 DB) Web 認 証 証 明 書 ファイル Web 認 証 用 に 登 録 された 認 証 画 面 ファイル MAC 認 証 データベース( 内 蔵 MAC 認 証 DB) IPv6 DHCP サーバ DUID ファイル OAN 機 能 用 証 明 書 ファイル ソフトウェアファイル( 含 まないように 設 定 することもできます 設 定 については, ツール 全 体 の 設 定 を 行 う を 参 照 してください ) AX2500S シリーズの 場 合 パスワード 情 報 スタートアップコンフィグレーション ライセンスキーファイル オプションライセンス 情 報 52

60 Web 認 証 データベース( 内 蔵 Web 認 証 DB) Web 認 証 /OAN 機 能 用 証 明 書 ファイル Web 認 証 用 に 登 録 された 認 証 画 面 ファイル MAC 認 証 データベース( 内 蔵 MAC 認 証 DB) DHCP snooping バインディングデータベース セキュア Wake on LAN 端 末 情 報 データベース(WOL 端 末 認 証 DB) ソフトウェアファイル( 含 まないように 設 定 することもできます 設 定 については, ツール 全 体 の 設 定 を 行 う を 参 照 してください ) CLI 環 境 情 報 (set exec-timeout / set terminal pager) Ver.3.3.A 以 降 [ 注 意 事 項 ] 本 ツールからバックアップ 収 集 を 行 った 場 合,バックアップファイル に 格 納 されている CLI 環 境 情 報 のページング 設 定 (set terminal pager)は, 常 に ページングしない(disable) になります AX2200S/AX1250S/AX1240S シリーズの 場 合 パスワード 情 報 スタートアップコンフィグレーション オプションライセンス 情 報 自 動 ログアウト 設 定 ページング 設 定 CONSOLE ポート 速 度 設 定 運 用 ログのモニタ 表 示 設 定 装 置 の 障 害 ログ 情 報 Web 認 証 データベース( 内 蔵 Web 認 証 DB) Web 認 証 /OAN 機 能 用 証 明 書 ファイル Web 認 証 用 に 登 録 された 認 証 画 面 ファイル MAC 認 証 データベース( 内 蔵 MAC 認 証 DB) DHCP snooping バインディングデータベース セキュア Wake on LAN 端 末 情 報 データベース(WOL 端 末 認 証 DB) セキュア Wake on LAN ユーザ 認 証 データベース(WOL ユーザ 認 証 DB) ソフトウェアファイル( 含 まないように 設 定 することもできます 設 定 については, ツール 全 体 の 設 定 を 行 う を 参 照 してください ) 53

61 AX1230S シリーズの 場 合 パスワード 情 報 スタートアップコンフィグレーション 自 動 ログアウト 設 定 ページング 設 定 CONSOLE ポート 速 度 設 定 運 用 ログのモニタ 表 示 設 定 装 置 の 障 害 ログ 情 報 Web 認 証 データベース( 内 蔵 Web 認 証 DB) Web 認 証 /OAN 機 能 用 証 明 書 ファイル Web 認 証 用 に 登 録 された 認 証 画 面 ファイル MAC 認 証 データベース( 内 蔵 MAC 認 証 DB) DHCP snooping バインディングデータベース ソフトウェアファイル( 含 まないように 設 定 することもできます 設 定 については, ツール 全 体 の 設 定 を 行 う を 参 照 してください ) (2) 予 約 実 行 で 収 集 する スケジュールの 登 録 を 行 うことで, 指 定 した 間 隔 ( 毎 日, 毎 週, 毎 月 )の 定 刻, または 指 定 した 日 時 にコンフィグレーション 収 集 やバックアップ 収 集 を 予 約 実 行 することができます スケジュール 情 報 は 1 つのグループに 対 して 複 数 設 定 可 能 です スケジュール の 登 録 を 行 うには, 装 置 一 覧 ツリー 上 でスケジュールを 登 録 するグループを 選 択 して,[スケジュール]-[ 追 加 ]メニューを 選 択 するか,[ 情 報 収 集 スケジュール 一 覧 ]の 下 にある 追 加 ボタンを 押 下 して,[スケジュール 設 定 ] 画 面 を 開 きま す 54

62 図 2-30 予 約 実 行 (1) 1グループを 選 択 します 2[ 情 報 収 集 ]-[スケジュール]-[ 追 加 ]メニュー を 選 択 します 2 または, 追 加 ボタンを 押 下 します [スケジュール 情 報 設 定 ] 画 面 を 開 いたら,[スケジュール 設 定 を 有 効 にする]チェ ックボックスにチェックを 入 れ,スケジュール 実 行 内 容 を 選 択 したうえで,[ 毎 日 ],[ 毎 週 ],[ 毎 月 ],[ 指 定 日 時 ]の 4 種 類 のスケジュールのいずれかを 選 択 しま す 毎 日 のスケジュール 毎 日 1 回, 指 定 した 時 間 にスケジュール 実 行 内 容 で 選 択 した 操 作 を 行 います 時 間 : 欄 で 時 間 を 指 定 し,[OK]ボタンを 押 下 してください 毎 週 のスケジュール 毎 週, 指 定 した 曜 日 の, 指 定 した 時 間 にスケジュール 実 行 内 容 で 選 択 した 操 作 を 行 います 曜 日 は 複 数 指 定 できます スケジュール 実 行 内 容 で 選 択 した 操 作 を 行 う 曜 日 にチェックを 入 れ, 時 間 : 欄 で 時 間 を 指 定 して,[OK]ボタンを 押 下 してください 毎 月 のスケジュール 毎 月 1 回, 指 定 した 日 の, 指 定 した 時 間 にスケジュール 実 行 内 容 で 選 択 した 操 作 を 行 います 日 には,1 日 ~28 日 と, 月 末 を 指 定 できます 55

63 日 : 欄 で 日 を, 時 間 : 欄 で 時 間 を 指 定 して,[OK]ボタンを 押 下 してく ださい 指 定 日 時 のスケジュール 指 定 した 年 月 日 の, 指 定 した 時 間 にスケジュール 実 行 内 容 で 選 択 した 操 作 を 行 います 年 : 欄 で 年 を, 月 日 : 欄 で 月 と 日 を, 時 間 : 欄 で 時 間 を 指 定 して, [OK]ボタンを 押 下 してください 図 2-31 予 約 実 行 (2) 3チェックを 入 れます 4スケジュール 実 行 内 容 を 選 択 します (この 例 ではコンフィグレーション 収 集 を 選 択 しています ) 6 時 間 を 指 定 します 7OK ボタンを 押 下 します 5 毎 日 毎 週 毎 月 指 定 日 時 のスケジュールのいずれかを 選 択 します ここでは 毎 日 のスケジュールを 選 択 しています 56

64 図 2-32 予 約 実 行 (3) 8スケジュール 一 覧 にスケジュールが 追 加 されます 以 上 で 予 約 実 行 の 設 定 は 完 了 です ここでの 例 では,この 後 22 時 00 分 になっ た 時 点 で,グループ A に 属 する 4 台 の 装 置 に 対 してコンフィグレーション 収 集 が 自 動 で 実 行 され,その 後 も, 毎 日 22 時 00 分 にコンフィグレーション 収 集 が 自 動 で 実 行 されます なお,[スケジュール 設 定 ] 画 面 の[スケジュール 実 行 内 容 ] でバックアップ 収 集 を 選 択 した 場 合 は,バックアップ 収 集 が 毎 日 22 時 00 分 に 自 動 で 実 行 され,コンフィグレーション 収 集 とバックアップ 収 集 の 両 方 を 選 択 した 場 合 は,コンフィグレーション 収 集 とバックアップ 収 集 の 両 方 が 毎 日 22 時 00 分 に 自 動 で 実 行 されます ) なお, 予 約 実 行 はツールを 終 了 すると 実 施 されません 予 約 実 行 を 行 っている 期 間 中 は,ツールを 終 了 せず 起 動 させたままの 状 態 にしておいてください 57

65 (3) 予 約 実 行 によるコンフィグレーション 収 集,バックアップ 収 集 を 解 除 する 予 約 実 行 によるコンフィグレーション 収 集,バックアップ 収 集 を 解 除 する 方 法 には, 登 録 されているスケジュールを 無 効 にする 方 法 と, 登 録 されているスケ ジュールを 削 除 する 方 法 との 2 通 りがあります 1 スケジュールを 無 効 にする 登 録 されているスケジュールを 無 効 にするには,スケジュール 一 覧 で, 無 効 に したいスケジュールを 選 択 した 後,[スケジュール]-[ 編 集 ]メニューを 実 行 し,[ス ケジュール 設 定 ] 画 面 を 開 きます [スケジュール 設 定 ] 画 面 を 開 いたら, スケジュール 設 定 を 有 効 にする チ ェックボックスからチェックを 外 し,[OK]ボタンを 押 下 します 無 効 になったスケジュールは,スケジュール 一 覧 の[スケジュール] 列 上 で な し と 表 示 されます 無 効 になったスケジュールは, 定 刻 になってもコンフィ グレーション 収 集,バックアップ 収 集 の 予 約 実 行 の 動 作 を 行 いません 図 2-33 スケジュールの 無 効 化 無 効 になったスケジュールは なし が 表 示 されます 58

66 2 スケジュールを 削 除 する 登 録 されているスケジュールを 削 除 にするには,スケジュール 一 覧 で, 削 除 し たいスケジュールを 選 択 した 後,[スケジュール]-[ 削 除 ]メニューを 実 行 します [ 削 除 確 認 ] 画 面 が 開 いたら,[はい]ボタンを 押 下 します 図 2-34 スケジュールの 削 除 登 録 されていたスケジュールがスケジュール 一 覧 から 削 除 されます (4) スケジュール 情 報 ファイルからスケジュールを 登 録 する 装 置 情 報 ファイルから 登 録 する では,グループ,および, 装 置 の 情 報 を 定 義 した 装 置 情 報 ファイルを 用 意 して,ツールに 読 み 込 ませる 方 法 について 説 明 しました ここでは,スケジュール 情 報 ファイルを 用 意 して, 装 置 情 報 フ ァイルと 併 せて 読 み 込 みを 行 う 方 法 について 説 明 します 1 スケジュール 情 報 ファイル スケジュール 情 報 ファイルは,[ファイル]-[ 名 前 を 付 けて 保 存 ],または,[ファ イル]-[ 上 書 き 保 存 ]メニューを 実 行 した 際 に, 装 置 情 報 ファイルのファイル 名 ( 拡 張 子.csv を 除 いた 部 分 )に _schedule を 付 与 したファイル 名 で, 装 置 情 報 フ ァイルと 併 せて 保 存 される,ツール 上 のスケジュール 情 報 を 記 録 したファイル です 例 えば, 装 置 情 報 ファイル 名 が node.csv ならば, 対 応 するスケジュ ール 情 報 ファイルは, node_schedule.csv になります スケジュール 情 報 ファイルは, 直 接,[ファイル]-[ 開 く]メニューからファイル 59

67 を 開 くことはできません(ファイル 名 に _schedule が 含 まれるファイルは, ファイル 選 択 画 面 に 表 示 されず, 選 択 することができません) 装 置 情 報 ファ イルを 読 み 込 んだ 際 に, 同 じディレクトリに, 装 置 情 報 ファイルと 同 名 のスケ ジュール 情 報 ファイルも 存 在 していれば, 併 せて 読 み 込 まれます つまり,ス ケジュール 情 報 ファイルは, 直 接 編 集 したり, 作 成 したりするといったことを しなければ, 普 段 は, 存 在 を 意 識 することのないファイルです スケジュール 情 報 ファイルのフォーマットは, 装 置 情 報 ファイル 同 様,CSV 形 式 のテキストファイルであり, 装 置 情 報 ファイルと 同 様 に,テキストエディタ やスプレッドシートアプリケーションを 利 用 して 作 成 し,ツールに 読 み 込 ませ ることができます ただし, 上 述 したように,スケジュール 情 報 ファイルの 読 み 込 みは, 装 置 情 報 ファイルの 読 み 込 み 操 作 によって 行 います スケジュール 情 報 ファイルの 例 を 下 記 表 に 示 します 図 2-35 スケジュール 情 報 ファイル グループ 名,スケジュール 有 効,コンフィグレーション 収 集 有 効,バックアップ 収 集 有 効, 繰 り 返 し 期 間, 毎 日 時 間, 毎 日 分, 毎 週 月 曜 有 効, 毎 週 火 曜 有 効, 毎 週 水 曜 有 効, 毎 週 木 曜 有 効, 毎 週 金 曜 有 効, 毎 週 土 曜 有 効, 毎 週 日 曜 有 効, 毎 週 時 間, 毎 週 分, 毎 月 日, 毎 月 時 間, 毎 月 分, 指 1 行 目 (ヘッダ) 定 年, 指 定 月, 指 定 日, 指 定 時 間, 指 定 分 グループ A,true,true,false, 毎 日,0,0,false,false,false,false,false,false,false,0,0,0,0,0,2009,1,1,0,0 グループ A,true,true,false, 毎 週,0,0,false,false,true,false,false,false,false,12,0,0,0,0,2009,1,1,0,0 グループ A,true,false,true, 毎 月,0,0,false,false,false,false,false,false,false,0,0,1,16,0,2009,1,1,0,0 1 行 目 にはヘッダ 情 報 を 記 述 し,2 行 目 以 降 にグループのスケジュール 情 報 を 記 述 します 1 2 各 指 定 値 が 不 正 ( 範 囲 外 )な 場 合,スケジュール 情 報 ファイル 読 み 込 み 時 にエ ラーとなります スケジュール 情 報 の 各 項 目 は,すべて 指 定 が 必 須 であり, 省 略 することはで きません 各 項 目 の 指 定 値 は 次 表 の 通 りです 60

68 表 2-5 スケジュール 情 報 ファイルの 指 定 値 グループ 名 項 目 スケジュール 有 効 コンフィグレーション 収 集 有 効 バックアップ 収 集 有 効 繰 り 返 し 期 間 毎 日 時 間 毎 日 分 毎 週 月 曜 有 効 毎 週 火 曜 有 効 毎 週 水 曜 有 効 毎 週 木 曜 有 効 毎 週 金 曜 有 効 指 定 値 スケジュール 対 象 のグループの 名 前 を 1~32 文 字 で 指 定 します このスケジュールを 有 効 にするか 無 効 にする かを 指 定 します true スケジュールが 有 効 false スケジュールが 無 効 このスケジュールでコンフィグレーション 収 集 を 行 うかどうかを 指 定 します true コンフィグレーション 収 集 を 行 う false コンフィグレーション 収 集 を 行 わな い このスケジュールでバックアップ 収 集 を 行 う かどうかを 指 定 します true バックアップ 収 集 を 行 う false バックアップ 収 集 を 行 わない スケジュール 実 行 内 容 で 選 択 した 操 作 を 実 施 する 間 隔 を 指 定 します 毎 日 毎 日 指 定 の 時 刻 に 実 施 毎 週 毎 週 指 定 の 曜 日 時 刻 に 実 施 毎 月 毎 月 指 定 の 日 時 刻 に 実 施 指 定 日 時 指 定 の 日 時 刻 に 実 施 繰 り 返 し 期 間 が 毎 日 の 場 合, 選 択 した 操 作 を 実 行 する 時 刻 の 時 間 を 0~23 の 値 で 指 定 します 繰 り 返 し 期 間 が 毎 日 以 外 の 場 合 には 0 を 指 定 してください 繰 り 返 し 期 間 が 毎 日 の 場 合, 選 択 した 操 作 を 実 行 する 時 刻 の 分 を 0~55 の 値 で 指 定 します 設 定 可 能 な 値 は 5 分 単 位 になります 繰 り 返 し 期 間 が 毎 日 以 外 の 場 合 には 0 を 指 定 してください 繰 り 返 し 期 間 が 毎 週 の 場 合, 選 択 した 操 作 を 実 行 する 曜 日 かどうかを 指 定 します true 入 れ 替 えを 実 行 する 曜 日 false 入 れ 替 えを 実 行 しない 曜 日 繰 り 返 し 期 間 が 毎 週 以 外 の 場 合 には false を 指 定 してください 毎 週 土 曜 有 効 毎 週 日 曜 有 効 毎 週 時 間 繰 り 返 し 期 間 が 毎 週 の 場 合, 選 択 した 操 作 を 実 61

69 行 する 時 刻 の 時 間 を 0~23 の 値 で 指 定 します 繰 り 返 し 期 間 が 毎 週 以 外 の 場 合 には 0 を 指 定 してください 毎 週 分 毎 月 日 毎 月 時 間 毎 月 分 指 定 日 時 年 指 定 日 時 月 指 定 日 時 日 指 定 日 時 時 間 指 定 日 時 分 繰 り 返 し 期 間 が 毎 週 の 場 合, 選 択 した 操 作 を 実 行 する 時 刻 の 分 を 0~55 の 値 で 指 定 します 設 定 可 能 な 値 は 5 分 単 位 になります 繰 り 返 し 期 間 が 毎 週 以 外 の 場 合 には 0 を 指 定 してください 繰 り 返 し 期 間 が 毎 月 の 場 合, 選 択 した 操 作 を 実 行 する 日 を 0~28 の 値 で 指 定 します 0 は 月 末 を 表 す 値 です 繰 り 返 し 期 間 が 毎 月 以 外 の 場 合 には 0 を 指 定 してください 繰 り 返 し 期 間 が 毎 月 の 場 合, 選 択 した 操 作 を 実 行 する 時 刻 の 時 間 を 0~23 の 値 で 指 定 します 繰 り 返 し 期 間 が 毎 月 以 外 の 場 合 には 0 を 指 定 してください 繰 り 返 し 期 間 が 毎 月 の 場 合, 選 択 した 操 作 を 実 行 する 時 刻 の 分 を 0~55 の 値 で 指 定 します 設 定 可 能 な 値 は 5 分 単 位 になります 繰 り 返 し 期 間 が 毎 月 以 外 の 場 合 には 0 を 指 定 してください 繰 り 返 し 期 間 が 指 定 日 時 の 場 合, 選 択 した 操 作 を 実 行 する 年 月 日 の 年 を 現 在 の 年 から 20 年 先 までの 値 で 指 定 します 繰 り 返 し 期 間 が 指 定 日 時 以 外 の 場 合 には 2009 を 指 定 してください 繰 り 返 し 期 間 が 指 定 日 時 の 場 合, 選 択 した 操 作 を 実 行 する 年 月 日 の 月 を 1~12 の 値 で 指 定 し ます 3 4 繰 り 返 し 期 間 が 指 定 日 時 以 外 の 場 合 には 1 を 指 定 してください 繰 り 返 し 期 間 が 指 定 日 時 の 場 合, 選 択 した 操 作 を 実 行 する 年 月 日 の 日 を 1~31 の 値 で 指 定 し ます 3 4 繰 り 返 し 期 間 が 指 定 日 時 以 外 の 場 合 には 1 を 指 定 してください 繰 り 返 し 期 間 が 指 定 日 時 の 場 合, 選 択 した 操 作 を 実 行 する 時 刻 の 時 間 を 0~23 の 値 で 指 定 し ます 4 繰 り 返 し 期 間 が 指 定 日 時 以 外 の 場 合 には 0 を 指 定 してください 繰 り 返 し 期 間 が 指 定 日 時 の 場 合, 選 択 した 操 作 を 実 行 する 時 刻 の 分 を 0~55 の 値 で 指 定 しま す 設 定 可 能 な 値 は 5 分 単 位 になります 4 繰 り 返 し 期 間 が 指 定 日 時 以 外 の 場 合 には 0 を 62

70 指 定 してください 1 1 行 目 (ヘッダ 情 報 )は 省 略 できませんが,ヘッダ 情 報 の 記 述 内 容 は 任 意 です ( 図 2-29 と 同 様 の 記 述 にする 必 要 はありません ) 2 スケジュール 情 報 ファイルには 空 行 ( 改 行 だけの 行 )を 記 述 できません 記 述 した 場 合 にはエラーになります 3 年 月 日 の 組 み 合 わせがカレンダ 上 に 存 在 しない 日 ( 例 :2009 年 2 月 31 日 や 2009 年 2 月 29 日 )の 場 合 にはエラーになります 4 過 去 の 年 月 日 時 刻 を 入 力 した 場 合 には,スケジュールが 無 効 の 状 態 で 登 録 されます 5 20 年 以 上 先 を 指 定 した 場 合, 過 去 の 年 月 日 時 刻 指 定 時 同 様 にスケジュールが 無 効 の 状 態 で 登 録 されます ( 例 :2009 年 ならば 2009~2029 が 指 定 可 能,2030 年 1 月 1 日 0:00 以 降 は 無 効 状 態 で 登 録 されます ) [ 装 置 情 報 ファイルとの 整 合 性 に 関 する 注 意 事 項 ] スケジュール 情 報 は, 装 置 情 報 ファイル 上 に 存 在 しないグループに 対 して 定 義 しないでください このような 定 義 があるスケジュール 情 報 ファイル を 読 み 込 むと,ツール 上 からスケジュール 情 報 を 正 常 に 扱 えなくなります ( 逆 のケース,つまり,スケジュール 情 報 が 未 定 義 のグループを, 装 置 情 報 ファイルに 定 義 することは 問 題 ありません ) [その 他 の 注 意 事 項 ] 文 字 列 _schedule は,スケジュール 情 報 ファイルのファイル 名 に 予 約 さ れているため, 装 置 情 報 ファイル 名 に 文 字 列 _schedule を 含 めることは できません グループ 数 がそれほど 多 くない 場 合 ( 数 グループ 程 度 以 内 の 場 合 )は,ツ ールからの 操 作 でスケジュールを 登 録 することをお 勧 めします (ツール からの 操 作 でスケジュールを 登 録 する 方 がより 簡 単 です ) スケジュール 情 報 ファイルの 各 フィールドの 値 として HTML タグやタブ 文 字 を 使 用 しないでください HTML タグやタブ 文 字 を 使 用 すると,ツール 上 で 正 しく 表 示 されない 場 合 があります 2 作 成 したスケジュール 情 報 ファイルを 読 み 込 む スケジュール 情 報 ファイルの 読 み 込 みは, 装 置 情 報 ファイルの 読 み 込 み 操 作 に よって 行 います 用 意 したスケジュール 情 報 ファイルを, 対 応 する 装 置 情 報 フ 63

71 ァイルと 同 じディレクトリに 配 置 し, 装 置 情 報 ファイルから 登 録 する (2) 作 成 した 装 置 情 報 ファイルを 読 み 込 む に 記 載 の 手 順 で, 装 置 情 報 ファイル の 読 み 込 みを 行 ってください MCから 装 置 情 報 を 収 集 する ここでは,MC から 装 置 情 報 を 収 集 する 方 法 について 説 明 します (1) バックアップ 用 MC を 作 成 する 装 置 から 最 新 の 装 置 情 報 を 収 集 するために,まず,バックアップ 用 MCを 作 成 します バックアップ 用 MCとして 利 用 する,フォーマット 済 みのMCを 1 枚 用 意 してください 障 害 復 旧 管 理 PCに 接 続 されたMCリーダ/ライタへフォーマッ ト 済 みのMCを 挿 入 します MCリーダ/ライタへアクセスできる 状 態 になったら, バックアップ 用 MC 作 成 を 参 照 し,バックアップ 用 MCを 作 成 してく ださい (2) 装 置 から 装 置 情 報 を 収 集 する (1) バックアップ 用 MCを 作 成 する で 作 成 したバックアップ 用 MCを 装 置 に 挿 入 すると, 自 動 的 に 装 置 情 報 のバックアップが 行 われ, 収 集 された 装 置 情 報 がバックアップ 用 MCに 格 納 されます 装 置 でMCへのアクセスが 完 了 した 後, バックアップ 用 MCを 取 り 出 します MCの 中 に 格 納 されている 詳 細 ログ ax_mlog.txtのメッセージ 内 容 を 確 認 し, 装 置 情 報 のバックアップが 正 常 終 了 し たことを 確 認 してください 詳 細 については, 5.2 メッセージ 一 覧 (3) MCの 詳 細 ログに 格 納 されるメッセージ 一 覧 を 参 照 してください (3) MC から 装 置 情 報 を 収 集 する (2) 装 置 から 装 置 情 報 を 収 集 する でバックアップ 用 MCを 利 用 して 装 置 から 装 置 情 報 を 収 集 できたら, 収 集 した 装 置 情 報 を 障 害 復 旧 サポートツールへ 読 み 込 み, 保 存 します ここで 保 存 した 装 置 情 報 は, 装 置 障 害 発 生 時, 代 替 機 用 の リストア 用 MCを 作 成 するのに 利 用 できます 装 置 から 装 置 情 報 を 収 集 したバックアップ 用 MCを, 障 害 復 旧 管 理 PCに 接 続 さ 64

72 れたMCリーダ/ライタへ 挿 入 します MCリーダ/ライタへアクセスできる 状 態 になったら, MCからバックアップ 収 集 を 参 照 し,バックアップ 用 MC から, 収 集 した 装 置 情 報 を 障 害 復 旧 サポートツールへ 読 み 込 み, 保 存 してくだ さい 65

73 3. 障 害 の 復 旧 この 章 では, 障 害 復 旧 サポートツールの 操 作 方 法 について 説 明 します 3.1 障 害 復 旧 ウィザードを 利 用 する 3.2 エキスパートメニューを 利 用 する 66

74 3.1 障 害 復 旧 ウィザードを 利 用 する この 節 では, 障 害 復 旧 ウィザードを 利 用 して 装 置 の 復 旧 を 行 う 方 法 について 説 明 します 装 置 が 故 障 した 際, 故 障 前 にコンフィグレーション 収 集,バックアップ 収 集 の いずれか,または 両 方 の 実 施 実 績 がある 場 合 には, 障 害 復 旧 ウィザードを 起 動 して 代 替 機 の 復 旧 を 行 うことができます 障 害 復 旧 ウィザードを 起 動 する 前 に, 復 旧 対 象 装 置 のコンフィグレーション 収 集 日 時 とバックアップ 収 集 日 時 が 表 示 されていることを 確 認 してください コンフィグレーション 収 集 日 時 とバックアップ 収 集 日 時 が 表 示 されていない 場 合 は, 障 害 復 旧 ウィザード ボタンおよび[ 障 害 復 旧 ウィザード]メニュー は 非 活 性 状 態 になっており,ウィザードを 起 動 することはできません コンフィグレーション 収 集 日 時 とバックアップ 収 集 日 時 が 表 示 されていない 場 合 は, 実 際 に 収 集 実 績 がないケースと,コンフィグレーション 格 納 先 ディレ クトリとバックアップファイル 格 納 先 ディレクトリが 正 しく 設 定 されていない ケースの 2 つが 考 えられますので, 収 集 実 績 があるにもかかわらず 収 集 日 時 が 表 示 されていない 場 合 は,[ツール 設 定 ] 画 面 を 開 きディレクトリの 設 定 を 確 認 してください 図 3-1 障 害 復 旧 ウィザードを 利 用 した 装 置 の 復 旧 (1) 1 復 旧 対 象 の 装 置 を 選 択 します 2コンフィグレーション 収 集 日 時,バックアップ 収 集 日 時 のいずれか,もしくは 両 方 が 表 示 されていることを 確 認 します 5 障 害 復 旧 ウィザードボタン を 押 下 します 67

75 コンフィグレーション 収 集 日 時 とバックアップ 収 集 日 時 のいずれか,または 両 方 が 表 示 されていることを 確 認 した 後, [ツール 設 定 ] 画 面 を 開 き MC のドライ ブ 設 定 を 選 択 します 図 3-2 障 害 復 旧 ウィザードを 利 用 した 装 置 の 復 旧 (2) 3MC のドライブを 選 択 します 4 OK ボタンを 押 下 します MC のドライブを 選 択 した 後, 障 害 復 旧 ウィザード ボタンを 押 下 しウィザ ードを 起 動 します ウィザードを 起 動 した 後, 画 面 の 指 示 に 従 い 復 旧 を 行 いま す 下 記 に 障 害 復 旧 ウィザードを 利 用 した 復 旧 の 流 れを 示 します なお, 障 害 復 旧 ウィザードの 流 れは, 対 象 装 置 の 構 成 ( 冗 長 構 成 装 置 であるか 否 か)や,コンフィグレーション 収 集,バックアップ 収 集 の 有 無 等 により 幾 通 りかのパターンがあります 以 下 に 示 す 例 は, 冗 長 構 成 装 置 の 待 機 系 を 復 旧 す る 場 合 の 例 になります 68

76 図 3-3 障 害 復 旧 ウィザードを 利 用 した 装 置 の 復 旧 (3) 6 はい ボタンを 押 下 します 対 象 装 置 が 冗 長 構 成 の 場 合 は,リストアを 行 う 系 の 選 択 画 面 が 表 示 されます ( 対 象 装 置 が 冗 長 構 成 でない 場 合, 本 画 面 は 表 示 されません ) 図 3-4 障 害 復 旧 ウィザードを 利 用 した 装 置 の 復 旧 (4) 7リストアを 行 う 系 を 選 択 します 8 次 へ ボタンを 押 下 します 次 画 面 で 復 旧 の 流 れが 表 示 されます この 例 では,リストア 用 MC とコンフィ グレーション 復 帰 用 MC との 2 種 類 の MC を 作 成 するため, 空 の MC を 2 枚 用 意 してください 用 意 ができたら 次 へ ボタンを 押 下 して 先 に 進 みます 69

対 象 製 品 このマニュアルの 対 象 製 品 は AX-Networker s-utility ( 証 明 書 配 布 ツール Version 1.4)です 輸 出 時 の 注 意 本 製 品 を 輸 出 される 場 合 には, 外 国 為 替 及 び 外 国 貿 易 法 の 規 制 ならびに

対 象 製 品 このマニュアルの 対 象 製 品 は AX-Networker s-utility ( 証 明 書 配 布 ツール Version 1.4)です 輸 出 時 の 注 意 本 製 品 を 輸 出 される 場 合 には, 外 国 為 替 及 び 外 国 貿 易 法 の 規 制 ならびに AX-Networker s-utilityユーザーズガイド 証 明 書 配 布 ツール 編 第 5 版 対 象 製 品 このマニュアルの 対 象 製 品 は AX-Networker s-utility ( 証 明 書 配 布 ツール Version 1.4)です 輸 出 時 の 注 意 本 製 品 を 輸 出 される 場 合 には, 外 国 為 替 及 び 外 国 貿 易 法 の 規 制 ならびに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208366815B835E9197904D8363815B838B91808DEC90E096BE8F915F91E6312E3194C55F5F4A453030303234322E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208366815B835E9197904D8363815B838B91808DEC90E096BE8F915F91E6312E3194C55F5F4A453030303234322E444F43> 東 洋 ワイヤレス 計 測 システム データ 送 信 ツール 操 作 説 明 書 第 1.1 版 2012 年 4 月 25 日 JE000242 はじめに て この 操 作 をお 買 い 上 げいただき 誠 にありがとうございます なお 解 説 したものです 本 説 明 書 このたびは μturtle-monitor は μturtle-monitorの に 記 載 正 の しくお 会 社 名 使

More information

目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3 ディスプレイ 解 像 度 要 件...9 1

目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3 ディスプレイ 解 像 度 要 件...9 1 商 工 中 金 外 為 Web 為 替 予 約 サービス ご 利 用 マニュアル 1ログイン 編 Ver.1.2 2015 年 3 月 - 1 - 目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3

More information

POWER EGG V2.01 ユーザーズマニュアル グループウェア編

POWER EGG V2.01 ユーザーズマニュアル グループウェア編 POWER EGG V2.0 ユーザーズマニュアル グループウェア 編 Copyright 2009 D-CIRCLE,INC. All Rights Reserved 2009.4 はじめに 本 書 では POWER EGG 利 用 者 向 けに POWER EGG のグループウェア 機 能 に 関 する 操 作 を します 当 マニュアルでは グループウェア 機 能 に 関 する のみ 行 います

More information

ITF Finder ヘルプ

ITF Finder ヘルプ もくじ 1.はじめに 1-1.ITF Finder について 1-2. 動 作 環 境 2.ITF Finder の 起 動 と 終 了 2-1.ITF Finder を 起 動 する 2-2.ITF Finder を 終 了 する 3.ITF Finder の 画 面 概 要 4.ITFファイルを 閲 覧 する 5.ITFファイルを 印 刷 する 6.ITFファイルをメールに 添 付 する 7.NETセキュリティのセキュリティ

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 25 年 4 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

入札情報サービスシステム(職員)

入札情報サービスシステム(職員) 那 須 塩 原 市 電 子 入 札 システム 受 注 者 向 け クライアント 設 定 マニュアル 目 次 1. はじめに...1 1.1. 設 定 手 順...1 1.2. 準 備...1 2. 環 境 設 定...2 2.1. 機 器 等 の 準 備...2 2.2. 電 子 証 明 書 (IC カード)の 準 備...2 2.3. IC カード 等 のセットアップ...2 2.4. Java

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Excel Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Excel Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 XBRL から CSV への 変 換 ツール 操 作 ガイド 平 成 25 年 8 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Excel Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその

More information



 スタートアップガイド Ver. 3.0 管 理 者 編 株 式 会 社 アバンセシステム クラウド コンピューティング 事 業 部 JECC E-mail jecc_support@avancesys.co.jp URL http://www.avancesys.co.jp/ ANPIC スタートアップガイド 管 理 者 編 2 ごあいさつ このたびは 安 否 情 報 システム ANPIC をご 導

More information

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01  

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01   intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 Copyright 2016 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目 次 intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 1. 改 訂 情 報 2. はじめに 3.

More information

スライド 1

スライド 1 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 登 録 作 業 者 用 Ver. 2 バージョン 改 訂 日 付 改 訂 内 容 Ver. 1 2010/3/15 初 版 Ver. 2 2010/8/9 ファイル 取 り 込 み 時 の 同 一 レコードの 判 定 についての 記 載 を 追 記 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 目 次 1.

More information

利用のためのPC環境設定

利用のためのPC環境設定 利 用 のためのPC 環 境 設 定 電 子 入 札 に 参 加 するためには 下 記 のハードウェア ソフトウェアが 必 要 です ご 準 備 をお 願 いします ()ハードウェア Windows XP の 場 合 CPU PentiumⅢ800MHz 同 等 以 上 (.GHz 以 上 推 奨 ) メモリ 56MB 以 上 (5MB 以 上 推 奨 ) HDD ドライブの 空 きが 500MB

More information

本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動 作 致 します OS 日 本 語 Microso

本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動 作 致 します OS 日 本 語 Microso 兵 庫 県 物 品 電 子 調 達 システム 物 品 関 係 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 ~ ~ 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 28 年 3 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

intra-mart EX申請システム version.7.2 操作説明書(システム利用者編)

intra-mart EX申請システム version.7.2 操作説明書(システム利用者編) intra-mart EX 申 請 システム Ver.7.2 操 作 説 明 書 (システム 利 用 者 編 ) 第 三 版 2014 年 4 月 23 日 株 式 会 社 NTT データイントラマート > 変 更 年 月 日 変 更 内 容 2011/2/28 初 版 2011/10/3 第 二 版 メッセージ 一 覧 のワーニングメッセージを 追 記 しました 2014/4/23

More information

(Microsoft Word - FileZillaServer_\212\310\210\325FTP\203T\201[\203o_\216g\227p\203K\203C\203h_\216Q\215l\227p__JE000267.DOC)

(Microsoft Word - FileZillaServer_\212\310\210\325FTP\203T\201[\203o_\216g\227p\203K\203C\203h_\216Q\215l\227p__JE000267.DOC) はFileZilla のFileZilla 年 月 日 東 洋 電 機 製 造 株 式 会 社 を ためにFTPサーバを FileZilla 本 μturtle-monitorを 推 奨 しますが 簡 易 必 的 要 にFTPサーバ とします 使 用 するにあたり 実 機 運 能 用 を を 用 東 行 意 洋 う し ワイヤレス 際 運 はデータの 用 する 場 計 合 測 信 も システムからの

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.54 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

home-box2_quickguide_clienttool_v1.4

home-box2_quickguide_clienttool_v1.4 HOME-BOX 2 クライアントツール クイックガイド Ver1.4 HOME-BOX 2 クライアントツール でできること 1. HOME-BOX2 クライアントツールとは HOME-BOX2 クライアントツールは Windows OS で HOME-BOX2 をご 利 されているお 客 様 を 対 象 に WebDAV の 初 期 設 定 および PC 上 のデータを HOME-BOX2 の

More information

たよれーる どこでもキャビネット ご利用の手引き(Windows版アプリ)

たよれーる どこでもキャビネット ご利用の手引き(Windows版アプリ) Windows 版 アプリ 操 作 マニュアル 2016 年 7 月 版 目 次 目 次 サービス 内 容... 2 どこでもキャビネットとは... 2 Windows 版 アプリの 概 要... 2 お 問 い 合 わせ 窓 口... 2 インストール/アンインストール... 3 インストールする... 3 アカウントを 設 定 する... 6 アンインストールする... 8 基 本 操 作...

More information

DNS設定ツールご利用マニュアル

DNS設定ツールご利用マニュアル DNS 設 定 ツール 操 作 マニュアル 平 成 26 年 5 月 12 日 第 1.3 版 アルテリア ネットワークス 株 式 会 社 目 次 1. はじめに... 3 2. 動 作 環 境 と 操 作 上 の 注 意 事 項... 3 2.1. 動 作 環 境... 3 2.2. 操 作 上 の 注 意 事 項... 3 3. 開 始 と 終 了... 4 3.1. 開 始... 4 3.2.

More information

- 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2

- 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2 操 作 マニュアル 学 生 編 - (204 年 3 月 ) - 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2 ポータル 画 面 の 構 成... 4

More information

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i -

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - ( 事 業 者 向 け) 1.0 版 2015 年 3 月 31 日 改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - 目 次 1. はじめに... 1 2. システム 動 作 環 境... 1 2.1. 動 作 の 条 件 注 意 事 項... 1 2.1.1. JAVA スクリプトの 設 定... 1 2.1.2.

More information

技術報告会原稿フォーマット

技術報告会原稿フォーマット Web 情 報 共 有 サービス 利 用 マニュアル 1. ファイルの 保 存 ブラウザを 開 き https://webshare.kyokyo-u.ac.jp を 開 く.ログイン 画 面 が 表 示 されるので,ユーザ ID(メールの ID) とパスワードを 入 力 し,ログインボタンをクリックする( 図 2). ログインに 成 功 すると,TOP フォルダの 一 覧 が 表 示 される (

More information

Microsoft Word - (20070728)化審法3条.doc

Microsoft Word - (20070728)化審法3条.doc e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 提 出 マニュアル 平 成 19 年 7 月 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 化 学 物 質 管 理 課 化 学 物 質 安 全 室 e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 の 提 出 マニュアル 目 次 1. 提

More information

1. はじめに 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム( 以 下 電 子 申 請 システム という ) は 申 請 者 申 請 者 の 所 属 研 究 機 関 担 当 者 ( 以 下 所 属 研 究 機 関 担 当 者 という ) と 日 本 学 術

1. はじめに 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム( 以 下 電 子 申 請 システム という ) は 申 請 者 申 請 者 の 所 属 研 究 機 関 担 当 者 ( 以 下 所 属 研 究 機 関 担 当 者 という ) と 日 本 学 術 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム 研 究 者 向 け 操 作 手 引 ( 一 部 基 金 ) ( 交 付 内 定 時 決 定 後 用 ) 第 2.3 版 1. はじめに 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 科 研 費 電 子 申 請 システム( 以 下 電 子 申 請 システム という ) は 申 請 者 申 請 者 の 所 属

More information

返還金同意書作成支援ツール_操作説明書

返還金同意書作成支援ツール_操作説明書 20131101_ 東 北 厚 生 局 返 還 金 同 意 書 等 作 成 支 援 ツール 操 作 説 明 書 平 成 25 年 12 月 東 北 厚 生 局 1. はじめに 返 還 金 同 意 書 作 成 支 援 ツールは 保 険 医 療 機 関 及 び 保 険 薬 局 において 診 療 報 酬 を 誤 って 請 求 したこと 等 により 保 険 者 に 診 療 報 酬 を 返 還 する 場 合

More information

Microsoft Word - 150410_e-Gov提出マニュアル(化審法3条).doc

Microsoft Word - 150410_e-Gov提出マニュアル(化審法3条).doc e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 提 出 マニュアル 平 成 27 年 4 月 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 化 学 物 質 管 理 課 化 学 物 質 安 全 室 e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 の 提 出 マニュアル 目 次 提 出

More information

はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業

はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業 フリーウェイマイナンバー 操 作 マニュアル はじめに このたびは フリーウェイマイナンバー をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 では フリーウェイマイナンバーの 操 作 方 法 について 説 明 しています マイナンバー 管 理 者 の 方 は 1 マイナンバー 管 理 者 用 を 従 業 員 の 方 は 2 従 業 員 用 を 参 照 してください 改 訂 履 歴 版 数

More information

Contents 1.セットアップの 前 に 1 2.USB キー 2 3.セットアップ 3 4. TACTiCS 財 務 の 起 動 方 法 10 5. TACTiCS 経 営 羅 針 盤 の 起 動 方 法 12 6.WEBメニュー 13 7.データの 共 有 15 8.TACTiCS 達 人 Ⅲからのコンバート 17 1 セットアップの 前 に TACTiCS 財 務 を 使 う 上 での

More information

e-Gov電子申請システムを利用した

e-Gov電子申請システムを利用した e-gov 電 子 申 請 システムを 利 用 した RPS 法 に 係 る 申 請 書 提 出 マニュアル -ITEM2000 形 式 のファイルを 利 用 した 申 請 方 法 について- 平 成 22 年 4 月 資 源 エネルギー 庁 省 エネルギー 新 エネルギー 部 新 エネルギー 等 電 気 利 用 推 進 室 電 子 政 府 の 実 現 に 向 けた 政 府 全 体 の 取 組 みの

More information

Microsoft Word - 学生向け取扱説明書1.0_簡易版_20121011.docx

Microsoft Word - 学生向け取扱説明書1.0_簡易版_20121011.docx 学 校 法 人 関 西 大 学 ODLE システム 運 用 編 学 生 向 け 取 扱 説 明 書 ( 簡 易 版 ) 平 成 24 年 10 月 11 日 1.0 版 改 訂 履 歴 版 数 章 番 号 区 分 改 訂 内 容 改 定 日 1.0 初 版 2012/10/11 目 次 1. ODECS システムと ODLE システムとの 違 い...... 1 2. 新 機 能 について.........

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 草 津 市 電 子 入 札 システム 説 明 会 平 成 26 年 9 月 目 次 1. 電 子 入 札 システムについて 2 2.ご 利 用 までの 流 れ 4 3. 利 用 者 登 録 手 順 18 4. 指 名 競 争 入 札 操 作 手 順 41 5.よくある 質 問 問 合 せ 先 118 1 1. 電 子 入 札 システムについて (1) 電 子 入 札 システム 運 用 時 間 システムの

More information

も く じ はじめに... 4 InfoViewer SaaS とは... 4 準 備 するもの... 4 動 作 環 境... 4 システム 構 成... 5 導 入 編... 6 運 用 開 始 までの 流 れ... 6 OS の 設 定 変 更... 6 Windows 場 合... 6 Ma

も く じ はじめに... 4 InfoViewer SaaS とは... 4 準 備 するもの... 4 動 作 環 境... 4 システム 構 成... 5 導 入 編... 6 運 用 開 始 までの 流 れ... 6 OS の 設 定 変 更... 6 Windows 場 合... 6 Ma InfoViewer SaaS ユーザー 向 け 取 扱 説 明 書 Ver1.0 も く じ はじめに... 4 InfoViewer SaaS とは... 4 準 備 するもの... 4 動 作 環 境... 4 システム 構 成... 5 導 入 編... 6 運 用 開 始 までの 流 れ... 6 OS の 設 定 変 更... 6 Windows 場 合... 6 Macintosh の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2049548354837C815B836782B297989770834B8343836881698343839383588367815B838B95D2816A312E392E3394C52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2049548354837C815B836782B297989770834B8343836881698343839383588367815B838B95D2816A312E392E3394C52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> ITサポートご 利 用 ガイド (インストール 編 ) 1.9.3 版 東 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 1 はじめに このたびは NTT 東 日 本 の オフィスまるごとサポート ITサポート をお 申 し 込 みくださいま して 誠 にありがとうございます 本 書 では オフィスまるごとサポート ITサポート ( 以 下 ITサポート )のインストール 方 法 についてご 案 内 しておりますので

More information

本 書 は 電 子 証 明 書 に 関 する 資 料 となります ます 本 書 で サービスにログインした 後 は 改 めて 各 サービスのマニュアルのご 参 照 をお 願 いいたし 重 要 動 作 環 境 により マニュアルの 記 載 内 容 と 差 異 が 発 生 する 場 合 がございます

本 書 は 電 子 証 明 書 に 関 する 資 料 となります ます 本 書 で サービスにログインした 後 は 改 めて 各 サービスのマニュアルのご 参 照 をお 願 いいたし 重 要 動 作 環 境 により マニュアルの 記 載 内 容 と 差 異 が 発 生 する 場 合 がございます 本 書 は 電 子 証 明 書 に 関 する 資 料 となります ます 本 書 で サービスにログインした 後 は 改 めて 各 サービスのマニュアルのご 参 照 をお 願 いいたし 重 要 動 作 環 境 により マニュアルの 記 載 内 容 と 差 異 が 発 生 する 場 合 がございます 1. 動 作 確 認 状 況... 1 2. 事 前 準 備... 2 2.1. OS 共 通 設 定...2

More information

fusion_place は 株 式 会 社 フュージョンズの 商 標 です Oracle, Java は 米 国 Oracle Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 商 標 または 登 録 商 標 です Microsoft, Windows, Windows Vis

fusion_place は 株 式 会 社 フュージョンズの 商 標 です Oracle, Java は 米 国 Oracle Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 商 標 または 登 録 商 標 です Microsoft, Windows, Windows Vis fusion_place インストールマニュアル スタンドアロン 編 対 応 製 品 バージョン:3.0 第 3.0 版 :2014 年 10 月 15 日 Copyright 2014- fusions corporation fusion_place は 株 式 会 社 フュージョンズの 商 標 です Oracle, Java は 米 国 Oracle Corporation の 米 国 およびその

More information

目 次 1. はじめに...... 3 2. 動 作 環 境...... 3 3. 機 器 構 成 結 線...... 4 3.1 ETC カードリーダーと 接 続 する 場 合... 4 3.2 卓 上 プリンタ( 別 売 ) 連 動 の 場 合... 5 4. 操 作 方 法 と 各 種 設 定

目 次 1. はじめに...... 3 2. 動 作 環 境...... 3 3. 機 器 構 成 結 線...... 4 3.1 ETC カードリーダーと 接 続 する 場 合... 4 3.2 卓 上 プリンタ( 別 売 ) 連 動 の 場 合... 5 4. 操 作 方 法 と 各 種 設 定 第 6.0 版 利 用 履 歴 管 理 ETCPRO5 ソフトウェアパッケージ 取 扱 説 明 書 (Ver5.001) 第 6 版 Windows 8 対 応 を 追 加 しました 第 5 版 カードリーダー モデル 変 更 (DU211 表 示 付 き DU530 表 示 なし)に 伴 い ETCPRO5 へバ ージョンアップ グループ 名 追 加 ( 管 理 上 の 分 類 をし 易 くしました)

More information

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401 CEAS/Sakai 連 携 システム 困 ったときのヘルプ 集 (version 1.1) 2015.4.1. 本 書 では 問 い 合 わせ 口 に 寄 せられる 問 い 合 わせの 内 頻 度 の 高 い 物 を 中 心 にリスト アップし 主 な 対 処 法 をまとめて 掲 載 しています エラー 画 面 が 表 示 されたり 問 題 が 発 生 した 際 に 参 考 にしてください なお

More information

ファイル格納通知ツール 取扱説明書

ファイル格納通知ツール 取扱説明書 ファイル 格 納 通 知 ツール 取 扱 説 明 書 本 ツールは ネットワーク 上 の MFP から SEND 機 能 を 使 って 送 信 したファイルをクライアン ト PC が 受 信 格 納 したときに PC のディスプレイ 上 に 通 知 するツールです ファイルが 送 信 されたことを 音 やバルーン 表 示 などでお 知 らせするので 他 の 業 務 に 専 念 するこ とができます

More information

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル CloudDisk 操 作 マニュアル ver.2.3 PC クライアント 版 株 式 会 社 目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイルの 一

More information

再セットアップ手順書(Windows XP用)

再セットアップ手順書(Windows XP用) JN-R-20120411-V04 電 子 入 札 コアシステム 用 再 セットアップ 手 順 書 (Windows XP 用 ) ジャパンネット 株 式 会 社 目 次 1 再 セットアップ 手 順... 2 2 電 子 入 札 用 ソフトウェアのアンインストール( 削 除 )... 3 2.1 Java ランタイム 環 境 のアンインストール... 3 2.2 電 子 入 札 コアシステム 専

More information

Microsoft Word - 2.doc

Microsoft Word - 2.doc 政 治 資 金 業 務 システム 訂 正 補 正 用 収 支 報 告 書 作 成 ソフト 操 作 説 明 書 目 次 第 1 章 概 要... 3 1. 目 的... 3 2. 機 能 概 要... 4 3. 動 作 前 提... 5 4. 報 告 書 様 式 一 覧... 5 5. 操 作 の 流 れ... 6 第 2 章 詳 細... 8 第 1 節 初 期 設 定 処 理... 8 1.マクロの

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.52 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

はじめに 本 説 明 書 は Web Caster 600MSにおいて Universal Plug&Play(UPnP)を 利 用 するための 設 定 方 法 につ いて 説 明 したものです Web Caster 600MS 本 体 に 添 付 されている 取 扱 説 明 書 とあわせてお 読

はじめに 本 説 明 書 は Web Caster 600MSにおいて Universal Plug&Play(UPnP)を 利 用 するための 設 定 方 法 につ いて 説 明 したものです Web Caster 600MS 本 体 に 添 付 されている 取 扱 説 明 書 とあわせてお 読 Web Caster 600MS Universal Plug & Play(UPnP UPnP) 使 用 説 明 書 はじめに 本 説 明 書 は Web Caster 600MSにおいて Universal Plug&Play(UPnP)を 利 用 するための 設 定 方 法 につ いて 説 明 したものです Web Caster 600MS 本 体 に 添 付 されている 取 扱 説 明 書

More information

1 14 15 2 10 () 学 校 図 書 簡 易 検 索 システム 導 入 マニュアル( 改 訂 版 ) 目 次......... 1............ 2......... 3 MICROSOFT ACCESS 2000...... 6... 9 ODBC...... 10......... 13 INTERNET EXPLORER......... 16 1. 学 校 図 書 簡 易 検

More information

28年オンライン調査システム操作説明書

28年オンライン調査システム操作説明書 平 成 28 年 科 学 技 術 研 究 調 査 オ ン ラ イ ン 調 査 シ ス テ ム 操 作 説 明 書 科 学 技 術 研 究 調 査 では 郵 送 に 加 えてオンライン 調 査 システムを 利 用 した インターネットによるご 回 答 も 可 能 となっています オンライン 調 査 システムの 利 用 には フリーソフトである AdobeReader の 所 定 バージョン 等 の 利

More information

目 次 第 1 章 はじめに 1 1.1 電 子 入 札 システムを 使 用 するまでの 流 れ 1 第 2 章 Java ポリシーを 設 定 する 前 に 2 2.1 前 提 条 件 の 確 認 2 第 3 章 Java のバージョンについて 4 3.1 Java バージョン 確 認 方 法 5

目 次 第 1 章 はじめに 1 1.1 電 子 入 札 システムを 使 用 するまでの 流 れ 1 第 2 章 Java ポリシーを 設 定 する 前 に 2 2.1 前 提 条 件 の 確 認 2 第 3 章 Java のバージョンについて 4 3.1 Java バージョン 確 認 方 法 5 電 子 入 札 サービス IC カードを 利 用 しない 事 業 者 向 け Java ポリシー 設 定 マニュアル (Windows Vista/Windows 7/ Windows 8.1 用 ) 平 成 28 年 6 月 目 次 第 1 章 はじめに 1 1.1 電 子 入 札 システムを 使 用 するまでの 流 れ 1 第 2 章 Java ポリシーを 設 定 する 前 に 2 2.1 前

More information

ア ク セス 統 計 の 確 認 月 ごとのアクセス 数 を 確 認 する 1 ア クセス 統 計 画 面 を 表 示 し 確 認 する 月 を 選 択 しま アクセス 統 計 画 面 の 表 示 方 法 アクセス 統 計 画 面 を 表 示 する (P.70) 最 も 古 い 月 の 統 計 デー

ア ク セス 統 計 の 確 認 月 ごとのアクセス 数 を 確 認 する 1 ア クセス 統 計 画 面 を 表 示 し 確 認 する 月 を 選 択 しま アクセス 統 計 画 面 の 表 示 方 法 アクセス 統 計 画 面 を 表 示 する (P.70) 最 も 古 い 月 の 統 計 デー ア ク セス 統 計 の 確 認 ア ク セス 統 計 の 確 認 お 客 様 のホームページへアクセスされた 回 数 を 確 認 しま 統 計 データの 保 証 期 間 統 計 デー タの 保 証 期 間 は 1 年 (12ヶ 月 ) で ア ク セス 統 計 画 面 を 表 示 す る 1 管 理 者 メ ニ ューを 表 示 し ア クセス 統 計 をクリックしま 管 理 者 メニューの 表 示

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション エコプラス インストール 版 マニュアル < 送 り 状 印 刷 編 > Ver,1.00 1 目 次 推 奨 動 作 環 境 3 エコ 配 送 り 状 支 援 システム メインメニュー 4 1.システムへのログイン 5 2. 送 り 状 作 成 ( 送 り 状 を 個 々に 作 成 ) 7 3.お 届 け 先 データ 読 込 (ファイルに 格 納 されたリストを 使 って 送 り 状 を 作 成

More information

Ver.30 改 版 履 歴 版 数 日 付 内 容 担 当 V..00 007/09/5 初 版 発 行 STS V..0 009/0/8 証 明 書 バックアップ 作 成 とインストール 手 順 追 加 STS V..0 009/0/7 文 言 と 画 面 修 正 STS V..30 0//6

Ver.30 改 版 履 歴 版 数 日 付 内 容 担 当 V..00 007/09/5 初 版 発 行 STS V..0 009/0/8 証 明 書 バックアップ 作 成 とインストール 手 順 追 加 STS V..0 009/0/7 文 言 と 画 面 修 正 STS V..30 0//6 Ver.30 証 明 書 発 行 マニュアル Mozilla Firefox 0 年 月 6 日 セコムトラストシステムズ 株 式 会 社 Copyright 0 SECOM Trust Systems CO.,LTD. All Rights Reserved i Ver.30 改 版 履 歴 版 数 日 付 内 容 担 当 V..00 007/09/5 初 版 発 行 STS V..0 009/0/8

More information

目 次. 電 子 入 札 サービスの 環 境 設 定. クライアント 環 境 の 確 認.2 ICカード 及 びICカードリーダの 準 備 4.3 ソフトウェアのインストール 5.4 環 境 設 定 (Javaポリシー) 5 2. 利 用 者 登 録 2. 前 提 条 件 6 2.2 ICカードの

目 次. 電 子 入 札 サービスの 環 境 設 定. クライアント 環 境 の 確 認.2 ICカード 及 びICカードリーダの 準 備 4.3 ソフトウェアのインストール 5.4 環 境 設 定 (Javaポリシー) 5 2. 利 用 者 登 録 2. 前 提 条 件 6 2.2 ICカードの 電 子 入 札 サービス 操 作 概 要 マニュアル 受 注 者 用 ( 工 事 /コンサル) 導 入 編 平 成 26 年 7 月 仙 台 市 目 次. 電 子 入 札 サービスの 環 境 設 定. クライアント 環 境 の 確 認.2 ICカード 及 びICカードリーダの 準 備 4.3 ソフトウェアのインストール 5.4 環 境 設 定 (Javaポリシー) 5 2. 利 用 者 登 録 2.

More information

CarrityNW電話帳編集ソフトマニュアル

CarrityNW電話帳編集ソフトマニュアル Carrity-NW 用 電 話 帳 編 集 ソフトウェア マニュアル 1/38 2015.01(1.1 版 ) 目 次 1 概 要... 3 1.1 はじめに... 3 1.2 動 作 環 境... 3 1.3 ご 利 用 時 の 注 意 点... 3 2 ソフトウェアのインストール... 4 2.1 インストール... 4 2.2 アンインストール... 7 3 電 話 帳 データの 編 集...

More information

前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel

前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel 広 域 機 関 システム 操 作 マニュアル 共 通 2016-01-00 前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel Word Internet

More information

■コンテンツ

■コンテンツ Joruri CMS 1.3.2 基 本 マニュアル (2013.6.28) 2012.2.15 コンテンツ 記 事 コンテンツ 記 事 では 以 下 のような 機 能 特 徴 を 備 えた 記 事 ページの 作 成 を 行 うこと が 出 来 ます TinyMCE の 使 用 で HTML 等 の 複 雑 な 知 識 を 必 要 とせず WORD のような 感 覚 でページを 作 成 ページの 公

More information

管理者ガイド

管理者ガイド ニフティクラウド ビジネスメール ドメイン 管 理 者 ガイド 第 4.1 版 平 成 26 年 05 月 19 日 ニフティ 株 式 会 社 目 次 はじめに... 4 第 1 章 ドメイン 管 理 機 能 の 概 要... 5 第 2 章 ドメイン 管 理 機 能 のログイン... 8 第 3 章 ドメイン 管 理 機 能 のログアウト... 10 第 4 章 上 司 承 認 機 能 の 管 理...

More information

迷惑メールフィルタリングコントロールパネル利用者マニュアル

迷惑メールフィルタリングコントロールパネル利用者マニュアル 迷 惑 メールフィルタリングサービス コントロールパネル 利 用 者 マニュアル( 一 般 ユーザ 向 け) 第 1.6 版 目 次 1. 本 マニュアルについて... 1 2. はじめに... 1 3. 使 用 方 法... 2 3.1. ご 使 用 の 前 に... 2 3.2. ログイン / ログアウト 操 作... 2 3.2.1. ログイン 操 作... 2 3.2.2. ログアウト 操

More information

変 更 履 歴 日 付 変 更 ページ 変 更 内 容 2006/08/28 新 規 作 成 1

変 更 履 歴 日 付 変 更 ページ 変 更 内 容 2006/08/28 新 規 作 成 1 (Ver.2.0) 2006 年 8 月 30 日 ハルディン 変 更 履 歴 日 付 変 更 ページ 変 更 内 容 2006/08/28 新 規 作 成 1 目 次 Ⅰ.はじめに... 3 1.システム 環 境...3 2.ユーザー 登 録...3 3. 留 意 事 項...3 (1)ご 注 文 の 受 付 時 間... 3 (2) 出 荷 日... 3 Ⅱ. 概 略... 4 1.WebShopの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817989E6919C8EE68D9E817A979897708ED2837D836A83858341838B2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817989E6919C8EE68D9E817A979897708ED2837D836A83858341838B2E646F63> 住 My Note お 客 様 マ ニ ュ ア ル ID パスワード 情 報 お 名 前 お 客 様 I D パスワード1 パスワード2 更 新 日 ID パスワード 情 報 を 忘 れないよう システム 利 用 時 に 記 入 してください ID パスワード 情 報 は 紛 失 しないよう 管 理 してください 平 成 27 年 6 月 住 宅 金 融 支 援 機 構 目 次 1.ご 利 用 案

More information

目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項... 11 3 利 用 環 境 の 確 認...

目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項... 11 3 利 用 環 境 の 確 認... 関 西 学 院 大 学 教 育 研 究 システム リモート PC 利 用 マニュアル (Windows 版 ) 2.1 版 2016 年 6 月 1 日 目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項...

More information

000表紙.ai

000表紙.ai かんたん シンプルな 給 与 計 算 ソフト Simple Client 共 通 マニュアル 給 与 くん 2016 マニュアル ( 平 成 28 年 版 ) 目 次 Ⅰ 給 与 くんの 概 要 1 ご 利 用 条 件 2 サポートについて 3 給 与 計 算 まで 全 体 の 流 れ 4 申 込 み~ダウンロード 5 インストール 6 バージョンアップについて ------------------

More information

PACSPLUS Clinic Viewer Free Install Manual

PACSPLUS Clinic Viewer Free Install Manual フィルムレス 環 境 への 第 一 歩 PACSPLUS Clinic Viewer Single User 無 料 配 布 版 インストールガイド! このユーザガイドをよくお 読 みのうえ 正 しくご 使 用 ください フィルムレス 環 境 への 第 一 歩 株 式 会 社 PACSPLUS 所 在 地 : 東 京 都 中 央 区 八 丁 堀 1-11-3 八 重 洲 YSビル8F TEL:(03)3553-1201(

More information

はじめに でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7( 以 下 でんでん 記 録 とする)をご 利 用 いただきまして 誠 にありがとうございます 本 マニュアルを 参 照 して インストールを 行 ってください セキュリティについて 本 システムのデータを 保 存 する 共 有 データファイルは

はじめに でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7( 以 下 でんでん 記 録 とする)をご 利 用 いただきまして 誠 にありがとうございます 本 マニュアルを 参 照 して インストールを 行 ってください セキュリティについて 本 システムのデータを 保 存 する 共 有 データファイルは でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7 インストールマニュアル 第 4 版 2016/8/16 はじめに でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7( 以 下 でんでん 記 録 とする)をご 利 用 いただきまして 誠 にありがとうございます 本 マニュアルを 参 照 して インストールを 行 ってください セキュリティについて 本 システムのデータを 保 存 する 共 有 データファイルは

More information

平成21年5月26日

平成21年5月26日 電 納 ASPer 簡 易 マニュアル Ver5. 株 式 会 社 建 設 総 合 サービス ( 西 日 本 建 設 業 保 証 グループ) TEL : 06-65-8 FAX : 06-65-86 mail : office@wingbeat.net 目 次.システムへのログイン P. 総 工 事 一 覧 メニュー P. 各 工 事 サイト P5.ワークフローの 設 定 P6 5. 工 事 打 合

More information

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル ファイル 管 理 マニュアル Copyright (C) 20 10 Cybozu, Inc. 目 次 管 理 者 マニュアル はじめに 1 ファイル 管 理 のシステム 管 理 について 2 システム 管 理 の 設 定 ファイル 管 理 の 一 般 設 定 を 変 更 する 3 フォルダにアクセス 権 を 設 定 する 5 ファイルサイズの 制 限 を 設 定 する 6 ファイルを 一 括 削

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993B998488CF68ED0817A8BC68ED290E096BE89EF5F955C8E862E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993B998488CF68ED0817A8BC68ED290E096BE89EF5F955C8E862E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 福 岡 北 九 州 高 速 道 路 公 社 電 子 入 札 システム 説 明 資 料 平 成 27 年 11 月 10 日 電 子 入 札 システムご 利 用 のためのPC 環 境 設 定 電 子 入 札 に 参 加 するためには 下 記 のハードウェア ソフトウェアが 必 要 です ご 準 備 をお 願 いします 他 団 体 の 電 子 入 札 システムをご 利 用 の 場 合 は IC カードやパソコン

More information

ご 注 意 下 さい 1. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 で 転 記 することは 禁 止 します 2. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 は サービス 内 容 の 変 更 に 伴 い 訂 正 する 場 合 があります また 記 載 している 内

ご 注 意 下 さい 1. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 で 転 記 することは 禁 止 します 2. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 は サービス 内 容 の 変 更 に 伴 い 訂 正 する 場 合 があります また 記 載 している 内 第 1.0 版 2013 年 12 月 東 京 大 学 情 報 基 盤 センター ご 注 意 下 さい 1. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 で 転 記 することは 禁 止 します 2. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 は サービス 内 容 の 変 更 に 伴 い 訂 正 する 場 合 があります また 記 載 している 内 容 についての 修

More information

沖縄科学技術研究基盤整備機構

沖縄科学技術研究基盤整備機構 第 3 章 Microsoft Outlook 利 用 マニュアル ( 利 用 者 向 け)/Windows 版 第 1.2 版 作 成 日 :2011/10/21 株 式 会 社 オーシーシー. 更 新 履 歴 日 付 版 更 新 内 容 2011/05/31 1.0 初 版 の 作 成 2011/10/14 1.1 文 言 修 正 by 尾 崎 @OIST 2011/10/21 1.2 文 言

More information

目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作 ( 初 めてのログインと 言 語 設 定 パスワードの 変 更 )... 4 1.3 BMC のメール 通 知

目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作 ( 初 めてのログインと 言 語 設 定 パスワードの 変 更 )... 4 1.3 BMC のメール 通 知 TECHNICAL GUIDE: ARCSERVE UDP 7000 SERIES Arcserve UDP 7000 シリーズ ハードウェアエラーの メール 通 知 設 定 2016 年 2 月 REV: 1.0 目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作

More information

Microsoft Word - セキュアMyNUMBER_詳細マニュアル_20151208.docx

Microsoft Word - セキュアMyNUMBER_詳細マニュアル_20151208.docx 管 理 者 向 け 詳 細 マニュアル Ver.1.0 目 次 1. 管 理 画 面... - 3-1.1. ご 利 用 環 境 について... - 3-1.2. ログイン... - 4-1.3. ログアウト... - 4-1.4. 管 理 画 面 について... - 5-1.4.1. 管 理 画 面 の 表 示 項 目... - 5-1.5. 始 めにご 確 認 頂 く 事 項 と 初 期 設 定

More information

目 次 第 1 章 はじめに... 3 第 2 章 動 作 環 境... 3 1 Microsoft Excel のバージョン... 3 2 Excel マクロのセキュリティレベル... 3 3 ActiveXコントロールの 設 定... 3 第 3 章 会 員 利 用 手 順... 4 1 データ

目 次 第 1 章 はじめに... 3 第 2 章 動 作 環 境... 3 1 Microsoft Excel のバージョン... 3 2 Excel マクロのセキュリティレベル... 3 3 ActiveXコントロールの 設 定... 3 第 3 章 会 員 利 用 手 順... 4 1 データ 振 込 依 頼 書 作 成 ツール ご 利 用 説 明 書 (データ 作 成 機 能 編 ) 第 1 版 2015 年 3 月 中 国 労 働 金 庫 1 Ver2.8 目 次 第 1 章 はじめに... 3 第 2 章 動 作 環 境... 3 1 Microsoft Excel のバージョン... 3 2 Excel マクロのセキュリティレベル... 3 3 ActiveXコントロールの 設 定...

More information

目 次 1. はじめに...- 3-2. ご 利 用 に 際 して 必 要 なもの...- 3-2-1 インターネット 回 線...- 3-2-2 機 器...- 3-2-3 FeliCa ポートソフトウェア...- 4-2-4 Adobe AIR...- 4-2-5 打 刻 アプリ...- 4-3

目 次 1. はじめに...- 3-2. ご 利 用 に 際 して 必 要 なもの...- 3-2-1 インターネット 回 線...- 3-2-2 機 器...- 3-2-3 FeliCa ポートソフトウェア...- 4-2-4 Adobe AIR...- 4-2-5 打 刻 アプリ...- 4-3 InternetTimeRecorder 打 刻 ア プ リ 勤 務 先 管 理 者 向 け マ ニ ュ ア ル 2014 年 6 月 23 日 Version 1.2 bit- drive - 1 - 目 次 1. はじめに...- 3-2. ご 利 用 に 際 して 必 要 なもの...- 3-2-1 インターネット 回 線...- 3-2-2 機 器...- 3-2-3 FeliCa ポートソフトウェア...-

More information

変 更 履 歴 版 日 付 区 分 変 更 内 容 変 更 個 所 1 1.00 2012/3/31 新 規 初 版 作 成 2 1.10 2012/4/16 修 正 タグが 使 用 できる 個 所 に 記 述 を 追 加 4.2. 号 の 追 加 4.4. 号 の 編 集 11.3.1. セクショ

変 更 履 歴 版 日 付 区 分 変 更 内 容 変 更 個 所 1 1.00 2012/3/31 新 規 初 版 作 成 2 1.10 2012/4/16 修 正 タグが 使 用 できる 個 所 に 記 述 を 追 加 4.2. 号 の 追 加 4.4. 号 の 編 集 11.3.1. セクショ 資 料 番 号 : J-STAGE 操 作 マニュアル 編 集 登 載 編 < 第 2.20 版 > 平 成 28 年 8 月 国 立 研 究 開 発 法 人 科 学 技 術 振 興 機 構 i 変 更 履 歴 版 日 付 区 分 変 更 内 容 変 更 個 所 1 1.00 2012/3/31 新 規 初 版 作 成 2 1.10 2012/4/16 修 正 タグが 使 用 できる 個 所 に 記

More information

目 次 1. はじめに 3 2. システム 要 件 4 3. HDD Password Tool のインストール 5 Windows の 場 合 5 Mac の 場 合 8 4. HDD Password Tool の 使 い 方 10 4-1 HDD Password Tool を 起 動 する

目 次 1. はじめに 3 2. システム 要 件 4 3. HDD Password Tool のインストール 5 Windows の 場 合 5 Mac の 場 合 8 4. HDD Password Tool の 使 い 方 10 4-1 HDD Password Tool を 起 動 する HDD Password Tool USB3.0/2.0 東 芝 製 外 付 けハードディスク CANVIO 用 パスワードツールソフトウェア 取 扱 説 明 書 1.10 版 - 1 - 目 次 1. はじめに 3 2. システム 要 件 4 3. HDD Password Tool のインストール 5 Windows の 場 合 5 Mac の 場 合 8 4. HDD Password Tool

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204550505F4944504153538343839383588367815B838B8EE88F878F91566572322E325F834983938389834383938EB88CF882A082E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204550505F4944504153538343839383588367815B838B8EE88F878F91566572322E325F834983938389834383938EB88CF882A082E82E646F6378> Enterprise Premium 電 子 証 明 書 発 行 サービス 電 子 証 明 書 インストール 手 順 書 Ver2.2 ジャパンネット 株 式 会 社 目 次 1.はじめに... 4 1.1.ご 利 用 条 件... 4 1.2. 注 意 事 項 制 限 事 項... 4 2. 実 施 手 順... 5 2.1. 電 子 証 明 書 の 取 得 手 順... 5 2.2. Windows

More information

電子証明書の更新

電子証明書の更新 < 電 子 証 明 書 更 新 マニュアル > 電 子 証 明 書 の 更 新 は 有 効 期 限 の 前 後 で 手 順 が 異 なります 下 図 をご 確 認 いただき 更 新 をお 願 いします 30 日 前 有 効 期 限 終 了 日 90 日 ログイン 後 電 子 証 明 書 更 新 ボタン から 更 新 します 電 子 証 明 書 取 得 ボタン から 更 新 します 再 発 行 の 申

More information

はじめに このたびは フリーウェイ 顧 客 管 理 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 顧 客 管 理 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお

はじめに このたびは フリーウェイ 顧 客 管 理 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 顧 客 管 理 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお フリーウェイ 顧 客 管 理 操 作 マニュアル はじめに このたびは フリーウェイ 顧 客 管 理 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 顧 客 管 理 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお 本 書 の 内 容 は 本 システムの 操 作 に

More information

改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改

改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改 災 害 アーカイブデータベースシステム 運 営 主 体 管 理 者 用 運 用 マニュアル 改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改 訂 履 歴

More information

( 受 信 したメッセージの 確 認 検 索 ) ( 申 請 届 出 書 類 や 説 明 会 資 料 等 の 確 認 ダウンロード) (スケジュール/ToDo の 登 録 確 認 更 新 削 除 ) (ブックマークの 登 録 確 認 更 新 削 除 ) ( 受 信 したメッセージの 転 送 設 定

( 受 信 したメッセージの 確 認 検 索 ) ( 申 請 届 出 書 類 や 説 明 会 資 料 等 の 確 認 ダウンロード) (スケジュール/ToDo の 登 録 確 認 更 新 削 除 ) (ブックマークの 登 録 確 認 更 新 削 除 ) ( 受 信 したメッセージの 転 送 設 定 F-Station パソコン 版 マニュアル ( 受 信 したメッセージの 確 認 検 索 ) ( 申 請 届 出 書 類 や 説 明 会 資 料 等 の 確 認 ダウンロード) (スケジュール/ToDo の 登 録 確 認 更 新 削 除 ) (ブックマークの 登 録 確 認 更 新 削 除 ) ( 受 信 したメッセージの 転 送 設 定 ) ( 講 義 に 関 するお 知 らせの 確 認 )

More information

前 書 き 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 システム( 広 域 機 関 システム) System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-0

前 書 き 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 システム( 広 域 機 関 システム) System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-0 広 域 機 関 システム スタートアップガイド 計 画 提 出 者 向 け 簡 易 操 作 マニュアル 2016-01-00 前 書 き 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 システム( 広 域 機 関 システム) System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00

More information

FOCUSシステムへのSSL-VPNによるログイン手順

FOCUSシステムへのSSL-VPNによるログイン手順 FOCUS システム SSL-VPN 利 用 者 マニュアル 第 1.05 版 (2013 年 1 月 版 ) SSL-VPN を 利 用 する 際 の 動 作 環 境 - 1 - ( 第 1.05 版 ) FOCUS システムへの SSL-VPN 接 続 では Java によるポートフォワーディング 方 式 を 用 いて FOCUS 内 のサーバと 接 続 します その 際 に 使 用 する 利

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D375F6F6E746865487562979897708ED2837D836A83858341838B32303136303833305F8D8296D882A282EB82A282EB8F4390B32E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D375F6F6E746865487562979897708ED2837D836A83858341838B32303136303833305F8D8296D882A282EB82A282EB8F4390B32E646F6378> 学 向 け onthehub 利 者 マニュアル 次 概 要 利 条 件 3 2 近 畿 学 学 向 け 専 サイトでのアカウント 登 録 について 3 3 プロダクトキーの 発 について 4 4 インストール 5 4. 事 前 確 認 5 4.2 インストールメディア 作 成 6 4.2. 7 4.2.2 8 4.2.3

More information

送信アイコン操作ガイド

送信アイコン操作ガイド 送 信 アイコン 操 作 ガイド 日 本 ワムネット 株 式 会 社 技 術 部 2016 年 6 月 第 2.12 版 1 目 次 1 はじめに... 3 2 インストール... 4 Windows でのインストール 方 法... 5 MacOS X でのインストール 方 法... 6 3 アンインストール... 8 Windows でのアンインストール 方 法... 8 MacOS X でのアンインストール

More information

Microsoft Word - 工事サイトマニュアル2.doc

Microsoft Word - 工事サイトマニュアル2.doc 電 納 ASPer 工 事 サイト マニュアル 2 KSS サポートセンター 電 話 番 号 :06-6543-2841 代 表 メールアドレス:office@wingbeatnet 1 工 事 サイト 2 目 次 標 準 帳 票 様 式 3 標 準 帳 票 様 式 3 新 規 登 録 4 フォルダ 管 理 5 検 索 6 共 通 文 書 7 閲 覧 7 打 合 せ 簿 登 録 10 文 書 登 録

More information

目 次. 電 子 入 札 サービスの 環 境 設 定. クライアント 環 境 の 確 認.2 ICカード 及 びICカードリーダの 準 備 4.3 ソフトウェアのインストール 5.4 環 境 設 定 (Javaポリシー) 5 2. 利 用 者 登 録 2. 前 提 条 件 6 2.2 ICカードの

目 次. 電 子 入 札 サービスの 環 境 設 定. クライアント 環 境 の 確 認.2 ICカード 及 びICカードリーダの 準 備 4.3 ソフトウェアのインストール 5.4 環 境 設 定 (Javaポリシー) 5 2. 利 用 者 登 録 2. 前 提 条 件 6 2.2 ICカードの 電 子 入 札 サービス 操 作 概 要 マニュアル ( 工 事 /コンサル) 導 入 編 平 成 27 年 6 月 目 次. 電 子 入 札 サービスの 環 境 設 定. クライアント 環 境 の 確 認.2 ICカード 及 びICカードリーダの 準 備 4.3 ソフトウェアのインストール 5.4 環 境 設 定 (Javaポリシー) 5 2. 利 用 者 登 録 2. 前 提 条 件 6 2.2

More information

<『みずほ e-ビジネスサイト』操作マニュアル>

<『みずほ e-ビジネスサイト』操作マニュアル> みずほ e-ビジネスサイト 操 作 マニュアル 個 人 住 民 税 一 括 納 付 編 Copyright 2016 Mizuho Bank, Ltd. この 操 作 マニュアルについて 表 記 について このマニュアルでは 操 作 方 法 を 説 明 するために 以 下 の 表 記 を 使 用 しています メニュー 名 アイコン 名 ボタン 名 項 目 名 は[ ]で 囲 んでいます ( 例 )[OK]ボタンをクリックしてください

More information

Microsoft PowerPoint - webmail_manual-estore_482.ppt

Microsoft PowerPoint - webmail_manual-estore_482.ppt 店 舗 メール 利 用 マニュアル 2013.04 04.08 08 ver.2.3 1 1. 目 次 表 紙... 1 1. 目 次... 2 2.ログイン(PC)... 3 3. 受 信... 4 4.メール 閲 覧,,,,,... 5 5.メール 削 除... 6 6.メール 作 成... 7 7.メール 作 成 ( 添 付 ファイル)... 12 8.メール 返 信... 13 9.フォルダ

More information

Windows Vista 使 用 時 の 注 意 事 項 < 現 象 1 > ブラウザーアクセス 時 ポップアップが 表 示 されログインできない ( 下 図 参 照 ) 音 声 機 能 が 使 用 できない H.264 画 像 または MPEG-4 画 像 がライブ 画 表 示 されない (ネッ

Windows Vista 使 用 時 の 注 意 事 項 < 現 象 1 > ブラウザーアクセス 時 ポップアップが 表 示 されログインできない ( 下 図 参 照 ) 音 声 機 能 が 使 用 できない H.264 画 像 または MPEG-4 画 像 がライブ 画 表 示 されない (ネッ Windows Vista Windows 7 使 用 時 の 注 意 事 項 Microsoft Windows Vista または Microsoft Windows 7 をお 使 いの 場 合 に 本 書 に 記 載 の 現 象 が 発 生 することがあります 現 象 が 発 生 した 場 合 には 各 に 従 って 操 作 してください Windows Vista で 発 生 する 現 象

More information

(i) 更 新 履 歴 版 数 日 付 更 新 内 容 1.0 2015 年 3 月 新 規 作 成 1.1 2015 年 3 月 ログイン 画 面 変 更 住 まい 問 合 せ 先 追 加 1.2 2015 年 4 月 問 い 合 わせ 先 入 力 画 面 追 加 i

(i) 更 新 履 歴 版 数 日 付 更 新 内 容 1.0 2015 年 3 月 新 規 作 成 1.1 2015 年 3 月 ログイン 画 面 変 更 住 まい 問 合 せ 先 追 加 1.2 2015 年 4 月 問 い 合 わせ 先 入 力 画 面 追 加 i 全 国 移 住 ナビ 操 作 説 明 書 民 間 不 動 産 業 者 用 第 1.2 版 2015 年 4 月 総 務 省 (i) 更 新 履 歴 版 数 日 付 更 新 内 容 1.0 2015 年 3 月 新 規 作 成 1.1 2015 年 3 月 ログイン 画 面 変 更 住 まい 問 合 せ 先 追 加 1.2 2015 年 4 月 問 い 合 わせ 先 入 力 画 面 追 加 i ご 注

More information

Microsoft Word - Gmailユーザ向け利用マニュアル_20131105v6.docx

Microsoft Word - Gmailユーザ向け利用マニュアル_20131105v6.docx 目 次 1. Gmail のログイン ログアウト 方 法... 1 1.1. ログイン 方 法... 1 1.2. ログアウト 方 法... 4 2. Gmail 作 成 方 法... 5 2.1. 新 規 メールの 作 成... 5 3. メールデータの 移 行... 8 3.1. GraceMail のデータをバックアップ( 保 存 )する... 8 3.2. Thunderbird の 入 手

More information

サーバセキュリティサービス 導入手順書 Deep Security 9.5SP1 (Linux) プロキシ非経由編

サーバセキュリティサービス 導入手順書 Deep Security 9.5SP1 (Linux) プロキシ非経由編 サーバセキュリティサービス 導 入 手 順 書 Deep Security 9.5SP1 (Linux) プロキシ 非 経 由 編 NEC 第 2 版 2016/01/22 本 資 料 に 関 して 本 資 料 はサーバセキュリティサービス with Trend Micro Deep Security をご 利 用 中 のお 客 様 向 けの 資 料 になります Linux かつ プロキシを 利 用

More information

はじめに このたびは フリーウェイ 確 定 申 告 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 確 定 申 告 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお

はじめに このたびは フリーウェイ 確 定 申 告 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 確 定 申 告 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお フリーウェイ 確 定 申 告 操 作 マニュアル はじめに このたびは フリーウェイ 確 定 申 告 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 確 定 申 告 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお 本 書 の 内 容 は 本 システムの 操 作 に

More information

ビデオ起動ツール「再生くん」 マニュアル

ビデオ起動ツール「再生くん」 マニュアル ビデオ 起 動 ツール 再 生 くん マニュアル 補 足 資 料 LimeChat を 利 用 してリアルタイムでインデックスを 作 る 方 法 (Windows 版 ) ~ 再 生 くん マニュアルと 併 せてご 利 用 下 さい~ 2014 年 6 月 19 日 文 責 : 高 悠 史 この 資 料 はビデオ 起 動 ツール 再 生 くん マニュアルの 補 足 資 料 です 本 編 で 紹 介

More information

目 次. はじめに..... 本 書 の 対 象 者..... ご 利 用 環 境.... 電 子 証 明 書 更 新 手 順..... 医 療 資 格 証 電 子 証 明 書 オンライン 更 新 サービス 画 面... 4... ご 利 用 パソコン 環 境 の 確 認... 5... JAVA

目 次. はじめに..... 本 書 の 対 象 者..... ご 利 用 環 境.... 電 子 証 明 書 更 新 手 順..... 医 療 資 格 証 電 子 証 明 書 オンライン 更 新 サービス 画 面... 4... ご 利 用 パソコン 環 境 の 確 認... 5... JAVA 医 師 資 格 証 電 子 証 明 書 オンライン 更 新 サービス 操 作 説 明 書 日 本 医 師 会 電 子 認 証 センター 目 次. はじめに..... 本 書 の 対 象 者..... ご 利 用 環 境.... 電 子 証 明 書 更 新 手 順..... 医 療 資 格 証 電 子 証 明 書 オンライン 更 新 サービス 画 面... 4... ご 利 用 パソコン 環 境 の

More information

Microsoft Word - ブラウザ設定編.doc

Microsoft Word - ブラウザ設定編.doc さいしん 外 為 インターネットサービス 操 作 マニュアル ブラウザ 設 定 編 最 終 更 新 日 :2015 年 5 月 18 日 変 更 履 歴 変 更 履 歴 No. 日 付 ページ 対 象 箇 所 変 更 箇 所 変 更 前 変 更 後 1 2012/7/31 1 1.1 インターネッ トブラウザの 設 定 について 記 述 さいしん 外 為 インターネット サービスを 利 用 するにあた

More information

1.はじめに 本 手 順 書 は インテリジェントウェイブ 社 ( 以 下 IWI 社 )の 株 主 のお 客 様 が IWI 社 から 株 主 優 待 として 配 布 された Doctor Web 社 のアンチウイルス 製 品 ( 以 下 Dr.Web Anti-Virus)のバージョン 7 もし

1.はじめに 本 手 順 書 は インテリジェントウェイブ 社 ( 以 下 IWI 社 )の 株 主 のお 客 様 が IWI 社 から 株 主 優 待 として 配 布 された Doctor Web 社 のアンチウイルス 製 品 ( 以 下 Dr.Web Anti-Virus)のバージョン 7 もし Dr.Web Anti-Virus for Windows バージョン 9 アップグレード 手 順 書 株 式 会 社 Doctor Web Pacific 2014 年 10 月 ( 改 版 ) 目 次 1.はじめに... 2 2. 前 提 条 件... 2 3. 利 用 中 の Dr.Web Anti-Virus のアンインストール... 3 アンインストール 手 順 : 共 通 の 手 順...

More information

はじめに この 度 は inaho Digital DoorLock Access Control System をご 導 いただき ありがとうございます 本 ソフトウェアは Microsoft.NET Framework 2.0 以 上 を 搭 載 の WindowsXp WindowsVista

はじめに この 度 は inaho Digital DoorLock Access Control System をご 導 いただき ありがとうございます 本 ソフトウェアは Microsoft.NET Framework 2.0 以 上 を 搭 載 の WindowsXp WindowsVista inaho Digital DoorLock Access Control System 管 理 ソフト 操 作 マニュアル 2011 年 1 版 Copyright (C) 2011 FUKI co.,ltd. All Rights Reserved. はじめに この 度 は inaho Digital DoorLock Access Control System をご 導 いただき ありがとうございます

More information

はじめに

はじめに 3 3 AppleTalk 共 有 istorage NS から Macintosh クライアントへ 公 開 する 共 有 を 設 定 します クライアントがアクセス するための 共 有 名 と その 共 有 を istorage NS 内 のどのフォルダに 作 成 するかを 指 定 します 工 場 出 荷 時 にはサービスは 無 効 に 設 定 されています AppleTalk 共 有 を 行 なう

More information

変 更 履 歴 変 更 履 歴 No. 日 付 ページ 対 象 箇 所 変 更 箇 所 変 更 前 変 更 後 1 2012/7/31 1 1.1 インターネッ トブラウザの 設 定 について 記 述 朝 日 外 為 WEB を 利 用 する にあたり インターネットブ ラウザに 設 定 作 業 が

変 更 履 歴 変 更 履 歴 No. 日 付 ページ 対 象 箇 所 変 更 箇 所 変 更 前 変 更 後 1 2012/7/31 1 1.1 インターネッ トブラウザの 設 定 について 記 述 朝 日 外 為 WEB を 利 用 する にあたり インターネットブ ラウザに 設 定 作 業 が 朝 日 外 為 WEB 操 作 マニュアル ブラウザ 設 定 編 最 終 更 新 日 :2013 年 1 月 31 日 変 更 履 歴 変 更 履 歴 No. 日 付 ページ 対 象 箇 所 変 更 箇 所 変 更 前 変 更 後 1 2012/7/31 1 1.1 インターネッ トブラウザの 設 定 について 記 述 朝 日 外 為 WEB を 利 用 する にあたり インターネットブ ラウザに

More information

出退勤の登録方法

出退勤の登録方法 タイムカード メーカー for サイボウズ Office 管 理 者 マニュアル 2014/12/18 版 ファイブクリック 合 同 会 社 目 次 はじめに 商 標 について 前 準 備 1.サイボウズ Office のシステム 管 理 者 設 定 について 2.インストール 直 後 の 設 定 画 面 について 各 種 設 定 1. 設 定 方 法 と 設 定 画 面 2. 通 信 関 連 の

More information

(Microsoft Word - 0102_00_\223\261\223\374\225\322_H24.doc)

(Microsoft Word - 0102_00_\223\261\223\374\225\322_H24.doc) 電 子 入 札 サービス 受 注 者 用 操 作 マニュアル 導 入 編 ( 環 境 設 定 ~ 利 用 者 登 録 ) 平 成 24 年 4 月 京 丹 後 市 目 次. 電 子 入 札 サービスの 環 境 設 定. クライアント 環 境 の 確 認.2 ICカード 及 びICカードリーダの 準 備 4.3 ソフトウェアのインストール 6.4 環 境 設 定 (Javaポリシー) 6 2. 利 用

More information